Agile Cat — in the cloud

Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013

Posted in Cloud Stack, Joyent, Microsoft, Oracle, Research, Virtualization, VMware by Agile Cat on July 8, 2013

Gartner releases its 2013 Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure
http://wp.me/pwo1E-6ly

Posted by Kenneth van Surksum   | July 2nd, 2013
http://virtualization.info/en/news/2013/07/gartner-releases-its-2013-magic-quadrant-for-x86-server-virtualization-infrastructure.html

image

Gartner has released its annual Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure, positioning VMware and Microsoft in the leaders Quadrant. Leaders in this market have a clear strategy and road map for their offerings, understand virtualization’s role in infrastructure and operations transformation, and have a clear vision with respect to cloud computing.

Gartner がリリースした、今年の Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure では、 VMware と Microsoft が、この Quadrant の Reader として位置づけられている。 このマーケットにおける Leader は、自社プロダクトに対して明確な戦略とロードマップを有し、インフラとオペレーションを変革させる仮想化の役割を理解し、さらには、クラウド・コンピューティングに対して明確なビジョンを持つものとなる。

It’s interesting to notice that Citrix has left the leaders Quadrant (where it was in 2012) and can now be found in the visionairies Quadrant. Visionaries in the x86 server virtualization infrastructure market have a differentiated approach or product, but they aren’t meeting their potential from an execution standpoint. It will be interesting to see, if Citrix is able to become a leader again after its recent decision to hand over the development of the Xen Hypervisor to the Linux Foundation. For now, the just released XenServer 6.2, contains new features, but also has lost support of a lot retired and deprecated features as mentioned in the Release notes. For more information also read the post on XenServer 6.2 by Andreas Groth, who also publishes the Virtualization Matrix.

興味深いのは、この Quadrant における Citrix のポジションが、Leader から Visionairies へと後退していることだ(2012年は Leader)。 x86 Server 仮想インフラストラクチャ市場の Visionaries は、差別化が可能なアプローチやプロダクトを持っているが、実行力という観点からすると、そのポテンシャルを満たしていないものとなる。Xen Hypervisor の開発を Linux Foundation に譲り渡すという、Citrix における最近の判断が実施された後に、再び同社が Leader に返り咲くなら、とても興味深い展開となるだろう。いまは、XenServer 6.2 がリリースされたばかりであるが、新機能が含まれるだけではないのだ。 つまり、Rerlease Note に記載されるように、廃止された機能に対するサポートの喪失が問題となっている。詳細については、Virtualization Matrix を発行している Andreas Groth の XenServer 6.2 に関するポストを参照して欲しい。

Oracle stays in the challengers Quadrant. Challengers in this market have a strong ability to execute but a more focused marketing or product vision.And both Parallels and Red Hat stay in the nice player Quadrant. Niche Players have either not capitalized on their opportunity yet or are focused on specific niches where they can be successful versus competitors that have a more general approach.

この Quadrant において、Oracle は Challengers の位置に留まっている。このマーケットにおける Challengers は、その目的を遂行するためのパワフルな能力を有するが、マーケティングとプロダクトにおけるビジョンに対してフォーカスするものとなる。Parallels と Red Hat は、Niche Player のポジションに留まっている。Niche Player の定義は、そのチャンスを具体的なビジネスに転化できていないもの、もしくは、グローバルなアプローチをつ競合他社との比較において、特定されたニッチな市場で、成功することに焦点を当てているものとなる。

ーーーーー

imageこの Gartner の Magic Quadrant ですが、いつ頃からあるのでしょうかね? もう、すっかりお馴染みになってきましたが、今回のように、Leaders/Visionaries/Challengers/Niche Player の定義を完結にまとめてくれる記事は初めてだったので、とても助かりますというのが本音です。 それにしても、この仮想化の分野になると VMware の強さが目立ちます。Microsoft については、何の言及もありませんでしたが、Citrix と Oracle へのコメント見ると、ナルホドと思えてきますね。image

ーーーーー

<関連>

VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する – Gartner

 

Microsoft と Oracle の提携 : その骨子が明らかになった!

Posted in .Selected, Microsoft, Oracle by Agile Cat on June 25, 2013

Microsoft And Oracle Have Teamed Up To Edge Out Rivals In Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-6hP

Reuters Jun. 24, 2013, 5:41 PM
http://www.businessinsider.com/microsoft-oracle-rivals-cloud-computing-2013-6

_ Business Insider

SAN FRANCISCO/SEATTLE, June 24 (Reuters) – Microsoft Corp and Oracle Corp on Monday announced a tie-up to give the once-fierce rivals a leg up against newer Web-based "cloud" computing companies chipping away at their traditional businesses.

SAN FRANCISCO/SEATTLE, June 24 (Reuters) – 月曜日のことだが、Microsoft と Oracle は、これまでのライバル関係に終止符を打ち、また、彼らの伝統的なビジネスを打ち壊すことで、新しい Web ベース・クラウド・コンピューティング企業同士として提携したことを発表した。

The two industry leaders have competed for decades to sell technology to the world’s largest companies. But they face growing pressure from more nimble rivals selling often-cheaper services based in remote data centers and they are rushing to adapt.

この、業界のリーダーである二社は、世界の大手企業に対するテクノロジーの販売という局面で、何十年も競い合ってきた。しかし、この両社は、リモート・データセンターをベースにし、より安価なサービスを提供するライバルたちからのプレッシャーに直面している。 それらのライバルたちは、きわめて機転のきく相手であり、両社とも対応を急ぐ必要があった。

Under the agreement, customers will be able to run Oracle software on Microsoft’s Server Hyper-V and on Windows Azure platforms, the companies said.

今回の協定に基づき、Microsoft の Server Hyper-V および、Windows Azure Platform 上で、顧客たちは Oracle のソフトウェアを走らせることができると、両社は発言している。

Microsoft will offer Oracle’s Java, Oracle Database and Oracle WebLogic Server to Windows Azure customers, while Oracle will also make Oracle Linux available to Windows Azure customers, the companies said in a news release.

また、Microsoft は、Windows Azure の顧客たちに、Oracle Java および、Oracle Database、Oracle WebLogic Serve を提供していく。 その一方で Oracle は、Windows Azure の顧客たちが  Oracle Linux を利用できるようにすると、両社はニュース・リリースで述べている。

No. 3 software maker Oracle last week missed expectations for software sales for the fourth quarter, sending its shares plunging. Investors worried that the company may have trouble competing with software providers like Salesforce.com and Workday, as well as Amazon.com, which has also become a major player in cloud computing infrastructure.

先週のことだが、業界で三番手のソフトウェア・メーカーである Oracle は、Q4 のソフトウェア売上が期待を裏切ったことを発表し、その株価を大きく下落させた。 投資家たちは、Salesforce.com と Workday といったソフトウェア·プロバイダーとの競合に不安を感じているが、それだけではなく、クラウド·コンピューティング·インフラの主要プレーヤーである Amazon.com の存在も恐れている。

Top software maker Microsoft’s large-scale cloud computing initiative, called Azure, has failed to catch up with Amazon’s cloud offering, called AWS (Amazon Web Services), which blazed the trail in elastic online computing services in the cloud.

また、最大手ソフトウェア・メーカーである Microsoft も、大規模クラウド·コンピューティングを主導する Azure の展開において、Amazon のクラウド・サービスに追いつけないでいる。 それが、クラウドにおけるエラスティック・オンライン・コンピューティング・サービスで先鞭をつけた、AWS (Amazon Web Services) である。

Copyright (2013) Thomson Reuters. Click for restrictions

ーーーーー

image実は、5月の連休のとき、この 『 そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! 』 という記事を訳したのですが、タイトルを考えているうちに居眠りをして、夢を見てしまいました。 おそらくラスベガスあたりの高級クラブだと思うのですが、Steve Ballmer さんと Larry Ellison さんが、テーブルを挟んで睨み合っているところに、このオジサンが乱入してきて、一触即発の大乱闘になり、気がついたら、ご両人が気絶していたという夢だったのです。いま考えてみると、このオジサンは、縁結びの神様だったのかもしれませんね :) __AC Stamp 2

ーーーーー

S/N RATIOMicrosoftとOracleが、エンタープライズ パートナーシップを発表

ーーーーー

<関連>

Microsoft と Oracle が、戦略的なパートナーシップを発表するらしい
なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
PC と Tablet を チャートで比較 : わずか 2年で、シェアが 40% も変化している!
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?

 

Microsoft と Oracle が、戦略的なパートナーシップを発表するらしい

Posted in Microsoft, Oracle, Weekend by Agile Cat on June 22, 2013

Confirmed: Microsoft And Oracle Will Be Announcing A New Partnership On Monday
http://wp.me/pwo1E-6gL
Julie Bort ー Jun. 20, 2013
http://www.businessinsider.com/microsoft-oracle-deal-coming-monday-2013-6

_ Business Insider

The plot thickens. First Larry Ellison spills the beans about looming partnerships between Oracle and several big-name cloud companies, including Microsoft.

だんだんと、話が大きくなっているようだ。 Oracle の Larry Ellison が、いくつかのビッグネーム・クラウド企業(Microsoft も含む)とのパートナーシップについて、うっかりと漏らしてしまったところから、この話は広がってきている。

Now Microsoft just hastily sent out invitations to a press conference which will feature Microsoft’s Steve Ballmer, his top cloud guy Satya Nadella and Oracle president Mark Hurd.

Microsoft から、プレス・カンファレンスへの招待状が、大急ぎで送られてきた。 そこには、CEO である Steve Ballmer と、クラウド・チームの責任者である Satya Nadella に加えて、Oracle President である Mark Hurd の姿もあるはずだ。

Given the people involved, it does sound like the news will be big.

それに関係する人々を前提とすると、このニュースは重要なものになりそうだ。

The press conference is on Monday, just a few days before Microsoft hosts its worldwide developer conference in San Francisco next week.

このプレス・カンファレンスは月曜日に行われるが、来週の San Francisco で Microsoft が開催する Worldwide Developer Conference からみて、わずか数日前の出来事となる。

Again, we suspect that this involves Oracles’ new cloud database Oracle 12c, because Ellison all but said so on a conference call with Wall Street Analysts on Thursday.

話は冒頭に戻るが、木曜日の Wall Street Analysts とのカンファレンス・コールで、Ellison が大半について述べているので、Oracle の新しいデータベースでである 12c が関連すると、私たちは推測している。

ーーーーー

imageこの両者は、2000年代の IT 産業を代表する存在だったと思います。 ところが、iPhone および Android といった Post-PC デバイスや、Amazon および Google などが代表するクラウドが、IT 産業を代表する新しい勢力として、新しいルールを作ろうとしているのが、いまの時代の趨勢です。どのような共通の敵を見出したのか、どのような協調の道を見出したのか、そのあたりを楽しみに、月曜日を待ちたいと思います。

ーーーーー

Jun 25: Microsoft and Oracle Team Up To Bring Java, Oracle Database, Linux and WebLogic Server To Azure And Windows Server

ーーーーー

<関連>

BlackBerry 10.2 では、Android 4.2.2 のアプリが走るようになる?
PRISM 特需? Google から DuckDuckGo へ、大量のユーザーが流失
Facebook が 新 HQ を建設 : グリーン と エコ がテーマ?
Salesforce が買収した Clipboard は、Pinterest クローンなのか?

Tagged with: , ,

大手クラウド社員たち: うちの会社を友人に勧められるか? うちの CEO を高く評価できるか?

Posted in Amazon, Google, Microsoft, Oracle, Weekend by Agile Cat on March 24, 2013

The Best Cloud Companies and CEOs to Work For in 2013
http://wp.me/pwo1E-5Ql
by Louis Columbus on February 22, 2013
http://softwarestrategiesblog.com/2013/02/22/the-best-cloud-companies-and-ceos-to-work-for-in-2013/

image

Hiring great people and creating a culture of achievement that is fun, focused and able to get challenging tasks done is not an easy task.

素晴らしい人材を採用し、興味/集中/挑戦というカルチャーのレベルを引き上げることは、容易な職務ではない。

Keeping that culture strong and focused on the customer takes a unique leader that consistently earns trust and respect.  Those are the qualities I think of whenever I’m asked to recommend the best cloud computing companies to work for.  Using the scores from Glassdoor.com I’ve put together the table below comparing cloud computing companies and when available, the percentage of employees who approve of their CEO.

そして、ユーザーに向けて、そのカルチャーを強化していくためには、継続的な信頼と敬意を集めることが可能な、ユニークなリーダーを必要とする。  それが、働く上で最高のクラウド・コンピューティング企業について、私が尋ねられるときに考える、CEO の資質である。  Glassdoor.com からのスコアを用いて、クラウド・コンピューティング企業を較するテーブルを作ってみたが、それらの企業の CEO に対する、従業員からの信任も、可能な範囲で加えてみた。

If you’re not familiar with Glassdoor, it’s a website that gives employees the chance to rate their companies and CEOs anonymously, along with reporting salaries.  Friends in the Human Resources community tell me it’s an effective recruitment site as well.

Glassdoor を知らない人のために説明すると、それぞれの勤先と CEO を評価し、給料を教えあうという Web サイトとなる。 もちろん、匿名であるため、それらの企業と CEO に知られることもない。Human Resources コミュニティの友人たちが言うには、効果的なリクルート・サイトでもあるようだ。

Cloud computing companies are sorted based on the percentage of employees would recommend their company to a friend.  I added in CEO scores to get a sense of which companies have a significant gap between morale and the perception of the CEO.  As of today according to employee rankings, Microsoft has the largest gap between percentage of employees who would recommend the company to a friend (77%) and  CEO rating (48%).

それそれのクラウド・コンピューティング企業は、従業員たちが友人に勧められるという、スコアのパーセンテージにより並べられている。そして CEO のスコアは、彼らのやる気と CEO の能力を隔てる、ギャップを示すために加えたものだ。  今日の時点における、それぞれの従業員たちの評価によると、たとえば Microsoft の場合は、77% が友人に勧められるとしているが、CEO に対しては 48% という評価が下され、そのギャップが大きいと分かる。

The highest rated CEOs you’d want to work for based on their Glassdoor ratings are as follows, with their ratings shown as of today:

あなたが、一緒に働きたいと思うだろう、Glassdoor でスコアの高い CEO は、以下のとおりである:

Jyoti Bansal of AppDynamics (100%)
Drew Houston, Dropbox (100%)
Aneel Bhursi, Workday (100%)
Scott Scherr, Ultimate Software (97%)
Jim Whitehurst, Red Hat (97%)
Larry Page, Google (95%)
Aaron Levie, Box (94%)
Marc Benioff, Salesforce (93%)
Tom Georgens, NetApp (92%)Mark Templeton, Citrix Systems (91%)
Bill McDermott & Jim Hagemann Snabe, SAP (90%)

ーーーーー

image会社に対する評価というのは、仕事の楽しさや辛さ、そして、報酬、休日、労働時間といった、それぞれの社員にとって、きわめて現実的な側面からの採点なんでしょうね。 そして、CEO に対する評価というのは、自分が頑張るためのモチベーションを、どれだけ与えてくれるのかという、心の面からの採点なのでしょうか?  日本でも、こういうランキングを行えば良いのにと、思ってしまいますよね。image

ーーーーー

<関連>

SimCity の新バージョンについて、あの Om Malik さんが語る!
Disney の CEO に、つまらん映画ばかりだと、電話で文句ばかり言っていた Jobs
Apple に負けるな : Google Store が準備されている?
Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ
Google Street View でグランド・キャニオン探検に出かけよう!

Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?

Posted in .Selected, API, Google, Oracle, Patent by Agile Cat on June 4, 2012

Judge Sides With Google Over Oracle: APIs Were “Fair Use”
http://wp.me/pwo1E-4hd

By
Dan Rowinski / May 31, 2012
http://www.readwriteweb.com/mobile/2012/05/judge-sides-with-google-over-oracle-apis-were-fair-use.php

_ Read Write

Oracle has been dealt a final blow in its court case over the use of Java in Android. U.S. District Judge William Alsup dismissed Oracle’s copyright infringement claim, bringing to an end a dramatic court case that saw Google win in nearly every single important aspect. Oracle has said it will appeal.

Android の Java 利用に関する法廷では、結局のところ Oracle が打撃を受けるという結果に落ち着いた。 U.S. District Judge である William Alsup は、 Oracle からの著作権侵害に関するクレームを却下し、ほとんど全ての重要な局面で、Google 勝利を収めたように見えるというドラマチックな結末で、その法廷の幕を閉じた。しかし、Oracleは控訴するだろうと発言している。

The ruling over whether Google violated the structure, sequence and organization (SSO) of 37 copyrighted APIs fell to the hands of Judge Alsup after the jury came to an impasse during the copyright phase of the trial. The jury was asked to determine several questions concerning whether Google had copied code copyrighted by Oracle after it had acquired the Java programming language when it bought Sun Microsystems in 2010. The jury did not return a complete verdict, ruling that Google had copied the SSO of the 37 APIs but could not decide whether or not that was considered fair use.

この裁判の著作権に関する局面で、陪審員たちが手詰まりとなった後に、著作権が存在する 37 のAPI について、Google が SSO(structure, sequence and organization)に違反しているかという裁定が、Judge である Alsup の手に委ねられた。 陪審員たちが尋ねられたのは、2010年に Oracle が Sun Microsystems し買収し、Java プログラミング言語を取得した後に、その著作権つきのコードを、Google が模倣したかどうかという点である。 陪審員たちは、Google は 37 API の SSO をコピーしているとしたが、用法に関する正当性の有無は判断できないとして、完全な判決を下さなかった。

When viewed as a whole, Oracle lost every significant aspect of the case. The jury found that Google had not infringed on any of Oracle’s patents and was innocent on copyright violations except for nine lines of specific code out of the 15 million lines that constitute the Android mobile operating system. Oracle, which was rumored to be seeking billions of dollars from Google, will now likely only be awarded between $150,000 and $300,000 in statutory copyright damages.

その全体を俯瞰すると、この状況における全ての重要な局面を、Oracle が失っていることが分かる。 そして、陪審員の判断は、Google は Oracle のいずれの特許も侵害せず、また、Android モバイル OS構成する 1500ラインのコードの中の、特定された 9ラインのコード以外に、著作権上の違反がなかったと判定した。 Google から $Billions を取ろうとしていると、噂されていた Oracle であるが、今回に関しては法令に定められる著作権損害の規定により、$150,000 ~ $300,000 を得るだけであろう。

“The court’s decision upholds the principle that open and interoperable computer languages form an essential basis for software development. It’s a good day for collaboration and innovation,” Google said in an emailed statement to the Los Angeles Times.

「オープンでインターオペラブルなコンピュータ言語が、ソフトウェア開発における本質的な基底を形成するという原理を、この法廷は支持した。 それは、コラボレーションとイノベーションにとって、GOOD DAY である」と、Google は Los Angeles Times に対して、電子メールでステートメントを配信した

Oracle’s stance on the ruling is profound. While many have viewed the database company’s efforts as a pure money grab, Oracle is trying to present itself and the Java community as victims of what it implies is unabashed theft by Google. As a programming language, Java was created by Sun Microsystems in the 1990s as a way to “write once, run every” and designed to supersede the closed system created by Microsoft Windows. Oracle alleges that Google has violated the promise of Java and betrayed the entire development ecosystem that relies on the code.

この裁定については、Oracle のスタンスにも深みがある。このデータベース会社金のために頑張っていると、多くの人々がみなしているが、Oracle は自身の立場を明確にし、また、Google の恥知らずな盗みにより、Java コミュニティが犠牲になっていることを示したいだけだ。 プログラム言語としての Java が、「Write Once, Run Every」 というコンセプトのもとに、1990年代に Sun Microsystems により作成されたが、それは、Microsoft Windows のクローズドなシステムに取って代わためにデザインされている。 Oracle が主張したいのは、Google が Java の約束を破り、また、コードに根ざす開発エコシステムのすべてを裏切ったことである。

image“Oracle is committed to the protection of Java as both a valuable development platform and a valuable intellectual property asset. It will vigorously pursue an appeal of this decision in order to maintain that protection and to continue to support the broader Java community of over 9 million developers and countless law abiding enterprises. Google’s implementation of the accused APIs is not a free pass, since a license has always been required for an implementation of the Java Specification,” Oracle stated in am email to technology publication The Verge. “And the court’s reliance on ‘interoperability’ ignores the undisputed fact that Google deliberately eliminated interoperability between Android and all other Java platforms. Google’s implementation intentionally fragmented Java and broke the “write once, run anywhere” promise. This ruling, if permitted to stand, would undermine the protection for innovation and invention in the United States and make it far more difficult to defend intellectual property rights against companies anywhere in the world that simply takes them as their own.”

「Oracle は、貴重な開発プラットフォームとしての Java と、貴重な知的財産権として Java という、2つの側面での保護に忠実である。 今回の件は、900万人以上のデベロッパーと、法を遵守する無数の企業により構成される、広範囲におよぶ Java コミュニティを保護し、また、継続的にサポートしていくための、格好の判断材料を提供するだろう。 Google が責任を問われる API の実装は、無料のパスではない。 なぜなら、Java Specification を実装するには、常にライセンスが必要取れさるからだ。 Oracle は、テクニカル系出版社である The Verge に、メールで立場を伝えてある。 「そして、当法廷のインターオペラビリティへの依存は、Android と他の Java プラットフォームの間に存在すべきインターオペラビリティを、Google が意図的に削除したという、動かしがたい事実を無視している。 Google の実装は故意に Java を断片化するものであり、また、Write Once, Run Anywhere の約束を破るものである。 この裁定がまかり通るなら、アメリカにおける革新と発明の保護に、傷がつくことになるだろう。そして世界のいたるところで、自身のものとしてシンプルに、知的財産権を守ろうとしている企業の立場を、難しいものにしていくだろう」。

While Google’s victory in the case is a big win for the company and its Android platform, the legal proceedings are by no means over. Oracle’s eventual appeal will have legs based on both Judge Alsup’s ruling on the fair use aspect and the jury’s split decision over the most important copyright issues.

今回のケースで Google が勝ち得たものは、同社と Android プラットフォームにとって大きな勝利となるが、訴訟の手続きが終了したわけではない。 Oracle による最終控訴が、最も重要とされる著作権の問題に関して、Judge である Alsup が公正な用法であると裁決したこと、そして、陪審員の判断が割れたことに対して、何らかの巻き返しをもたらすかもしれない。

ーーーーー

TAG index昨年の今頃は、Android の特許をめぐる報道が花ざかりで、それこそ毎日のように Android 特許関連のニュースが飛び交っていました。 そして、以下の<関連>にあるように、Note および Motorola の買収で沈静化したように思われましたが、一連の訴訟と一線を隔てるのが、この Java の根本に関わる Oracle からの訴訟でした。 「 モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ! 」というポストでも、「現実の Google を見ると、法的に厳しい状況に追い込まれているのは、モバイル領域における Java の利用について、Oracle から告訴されているところだけとなる」 と紹介されていました。 Oracle は控訴するようですので、今後も目を離せませんね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認
Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報

Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?

Posted in Google, Oracle, Patent by Agile Cat on January 6, 2012

Google Goes On The Offensive In Oracle Fight
http://wp.me/pwo1E-3Mn
Matt Rosoff | Jan. 4, 2012
http://www.businessinsider.com/google-just-got-some-new-ammo-in-its-legal-fight-with-oracle-2012-1

_ Business Insider

Google just picked up a bunch of patents from IBM to help it fight a multibillion dollar lawsuit from Oracle.

Google が IBM から手に入れたばかりの一群の特許は、Oracle から仕掛けられている 数10億ドル訴訟において、その戦いを支援するものとなる。

At the end of 2011, the US Patent Office recorded that Google bought more than 200 patents from IBM, as first noticed by blog SEO By The Sea. It’s the third deal between the two companies in the last year, accounting for more than 2,000 patents.

SEO By The Sea というブログが指摘するように、2011年の終わりに Google が IBM から、200 項目以上の特許を購入したことを、US Patent Office は記録している。 それは、この両社間で行われた、昨年における 3回目の取引であり、その結果として、2,000項目以上の特許が、Google にも利用できるようになった。

clip_image001But the latest batch is particularly interesting because the bulk of them have nothing to do with the mobile business, but instead relate to database technology — Oracle’s core business.

しかし、この直近における取引には、モバイル・ビジネスに関連するものが含まれず、その代わりに、Oracle のコア・ビジネスである、データベース・テクノロジーに集約されている点が興味深い。

Like #5937406, "File System Interface To A Database." Or #7117385, "Method and Apparatus for Recovery of Partitions in a Logical Partitioned Data Processing System." In all, the word "data" appears more than 40 times in the filings. The word "mobile", only six times.

たとえば、#5937406 である "File System Interface To A Database" や、 #7117385 の "Method and Apparatus for Recovery of Partitions in a Logical Partitioned Data Processing System" などが主体となっている。 それら全体において、単語「 data 」は、出願書類に 40 回以上も現われる。 しかし、「 mobile」は、たった 6回しか登場しない。

Oracle sued Google for copyright infringement over Android last year, and is seeking damages of several billion dollars, which is more than Android has earned for Google in its entire lifetime. Now Google is getting a little more offensive in its fight back.

Oracle は昨年、Android が著作権を侵害したとして、Google に対して訴訟を起こしている。そして、数10億ドルの損害賠償金を求めているが、これまでに Android が Google にもたらした金額より、多額なものとなっている。 そして、いま、Google の反撃は、これまで以上に攻撃的なものとなってきている。

Please follow SAI on Twitter and Facebook.
Follow Matt Rosoff on
Twitter.

ーーーーー

TAG indexGoogle は 昨年、Motorola を買収する直前の 6月に、IBM から 1000 項目以上の特許を購入しています。 それが、この両社間における最初の取引であり、その後にも、二度目の取引が行こなわれたようですね。8月にポストした [ モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ! ] では、「現実の Google を見ると、法的に厳しい状況に追い込まれているのは、モバイル領域における Java の利用について、Oracle から告訴されているところだけとなる」という指摘もありました。 基本的に Oracle による SUN Microsystems の買収に、端を発しているわけですが、この訴訟が、どのような決着を見るのか、とても興味深いですね。 それと、以下の <関連> も、ぜひ ご利用くだださい  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

Oracle に断固抗議 – ついに Apache が、Java Executive Committee から脱退

Posted in Apache, Oracle by Agile Cat on December 11, 2010

Apache Software Foundation Packs Its Toys and Goes Home
By Cyndy Aleo Dec. 9, 2010, 2:36pm PDT
http://gigaom.com/cloud/apache-software-foundation-packs-its-toys-and-goes-home/

_ Gigaom

Updated. The Apache Software Foundation resigned its seat on the Java SE/EE Executive Committee Thursday, the steering committee for the direction of the Java programming language as a protest on how Oracle is offering it a license to the technology. The issue is how open Java will remain. According to a blog post and email sent out to apache.org committers, Apache resigned from both the Executive Committee and the Java Community Process organization entirely, citing the Executive Committee’s failure “to demonstrate that the EC has any intent to defend the JCP as an open specification process, and demonstrate that the letter and spirit of the law matter.”

Updated. 木曜日(12/9)のことだが、Apache Software Foundation は、Java SE/EE Executive Committee の委員を辞任した。つまり、Java プログラム言語について、Oracle が提起しているライセンス方式への抗議として、この運営委員会から脱退したことになる。その論点は、オープンな Java が、どのようにして存続していくのかという点である。 apache.org のコミッターたちに送られたブログ・ポストと電子メールによると、『 オープンな仕様のためのプロセスとして、JCP を定義していくことへの注意と、遵守すべき合意への尊重 』を、この運営委員会が怠ったとして、Executive Committee と Java  Community Process 機構の双方から、Apache は完全に撤退したことになる。

image

The post mentions Apache’s 10-year committee membership, as well as its numerous contributions to the Java community, including Java Specification Requests (JSRs), project communities Tomcat, Ant, Xerces, Geronimo, and Velocity. As noted in the post, JSRs for Java 7 and 8 passed, despite Apache’s objections, as well as comments from several other members expressing concern over the Technology Compatibility Kit (TCK) license change. Apache had threatened to leave the committee last month if Oracle refused to grant a Java SE TCK license that would allow Apache to test and distribute the Apache Harmony project under Apache licensing. Apache argues that:

そのポストには、Apache の10年間におよぶ委員会でのメンバーシップだけではなく、Java Specification Requests(JSRs)/Tomcat プロジェクト・コミュニティ/Ant/Xerces/Geronimo/Velocity などを含む、Java コミュニティに対する数多くのコントリビューションが述べられている。 そして更に、Technology Compatibility Kit(TCK)ライセンスの変更に Apache が反対を表明し、他のメンバーも懸念を表明しているにもかかわらず、JSRs for Java 7 and 8 が可決されたことが指摘されている。 Apache ライセンスの下で、Apache Harmony プロジェクトのテストと配布を認める Java SE TCK ライセンスに対して、Oracle が拒否した場合は、Apache は委員会を去ると、先月から表明していた。 Apache 反論は、以下の通りである:

Oracle is violating their contractual obligation as set forth under the rules of the JCP by only offering a TCK license that imposes additional terms and conditions that are not compatible with open source or Free software licenses.

オープンソースあるいは Free software ライセンスと整合しない、その他の契約条件を押し付ける TCK ライセンスだけでも、JCP のルールに説明されているように、Oracle は自身の契約義務に違反している。

Oracle has come under a lot of fire this year from the open-source community, and as Matt Asay noted back in September, companies like Oracle need developers to maintain their market dominance. Oracle sued Google over Android’s Dalvik virtual machine; Stephen Colebourne called out he felt was Oracle stacking the deck for the JCP EC nominations, and back in September, Open Office developers forked the code into the LibreOffice suite to get out from Oracle’s thumb, and the OpenSolaris 2010.05 release was killed back in August, with rumors circulating that the project was essentially dead.

この 9月に Matt Asay が、Oracle などの企業は自身の市場独占を維持することを、デベロッパーに対して要求していると指摘したときから、このオープンソース・コミュニティは Oracle に対して非難を浴びせ続けている。 Android の Dalvik バーチャル・マシンに関して、Oracle はGoogle を告訴した。そのとき Stephen Colebourne は、JCP EC 委員会に対して、Oracle は不正を働いている非難した。そして9月には、Open Office デベロッパーたちが、Oracle の支配から逃れるために、LibreOffice スイートのコードをフォークした。そしてさらに、この 8月には、OpenSolaris プロジェクトは終わったというウワサが流れ、その 2010.05 のリリースが消滅した。

The JCP EC has seen other high-profile defections this year, including Java co-creator James Gosling, Tim Peierls (who cited the same licensing concerns as Apache), and Doug Lea, who refused to seek another term, stating:

そして JCP ECは、今年に起こった数々の逃亡劇にも注目している。 そこには、Java を作った1人である James Gosling や、Tim Peierls(ライセンスに関して Apache と同様に批判している)も含まれる。 そして、(Oracle に有利な)条件の検索を拒否した Doug Lea は、以下のように述べている:

Rather than fixing rules or ceasing violations, Oracle now promises to simply disregard them. If they indeed act as they have promised, then the JCP can never again become more than an approval body for Oracle-backed initiatives.

ルールの修正とか、違反の停止とかいうでベルではなく、いまの Oracle はシンプルに、それらを無視しようと目論んでいる。 その目論見通りに、ほんとうに彼らが行動するなら、Oracle が支援するイニシアティブに対して、JCP が単なる承認団体として機能する以上のことは、二度とあり得ないだろう。

Bob Lee, JSR-330 lead and former EC nominee, has also expressed concern regarding the future of the JCP and Oracle’s involvement with Java. In an interview with Structure, he said:

JSR-330 のリーダーであり、EC における前任の被任命者である Bob Lee も、 JCP の未来と、Oracle による Java への関与について懸念を表明している。 Structure とのインタビューにおいて、彼は以下のように発言している:

While Apache’s departure is huge loss for the JCP, the JCP is not Java. The JCP has been walking dead for years now, little more than a marketing ploy pretending to be a standards organization.

Apache の退席は JCP にとって大きな損失であるが、JCP は Java 自身ではない。 この何年かの間、JCP の活動は停滞しており、標準化団体であるための、マーケティング戦略を講じているに過ぎない。

Java’s future is open source, not so much OpenJDK’s GPLv2 patent booby trap, but in the greater, vital open source coral reef that sprung up around Java. In past years, innovation from the JCP has paled in comparison to contributions from external open source projects, several of which came from Google (Android, GWT, Guava, etc.). Hopefully, this open source competition and innovation continues despite Oracle’s shortsighted best efforts to control and profit from everything Java.

Java は、オープンソースであり続けることで、その将来を照らす。つまり、OpenJDK の GPLv2 特許に仕込まれたトラップではなく、Java を取り囲んで守る、オープンソースの活きたサンゴ礁が重要だ。 何年もの間、Google などから提起された(Android, GWT, Guava, etc.)、オープンソース・プロジェクトによるコントリビューションと比べて、JCP における革新は見劣りしていた。すべての Java を抑制し利益を得ようとする、Oracle の近視眼的な試みに対抗して、オープンにおける競争と革新が、継続されることを望む。

Image courtesy Flickr user Ernst Vikne.

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

文中のリンクからは、Oracle と同じスタンスの企業として、Microsoft や Apple の名前が挙げられています。 おそらく、ソフトウェアとは、膨大な投資のもとに開発される、企業にとっての重要な経営基盤であるべき、、、といった固定概念があるのでしょう。 もちろん、それを否定するものではありませんが、まったく別の視点から生まれたオープンソースにも、もう少し理解を深めてもらいたいと思います。 まぁ、市場での競合がある以上、不可能なことなのかもしれませんが。

ーーー A.C.

 

AMD が Oracle の買い物リストにって ホント? – San Jose Mercury の抄訳です

Posted in Miscs, Oracle by Agile Cat on September 25, 2010

Has Larry Ellison put Intel rival AMD on Oracle’s shopping list?
By Frank Michael Russell
frussell@mercurynews.com
Posted
: 09/24/2010 01:15:04 PM PDT
Updated: 09/24/2010 01:26:43 PM PDT
http://www.mercurynews.com/ci_16165267?source=most_viewed&nclick_check=1

すでに、このトピックは 342 本もポストされているようです。 どれを訳せばと考えましたが、お膝元の San Jose Mercury にしてみました。 ・・・と思ったら、Silicon Valley Mercury とも書かれていて、社名が変わっちゃったんでしょうかね?  ーーー A.C.

image

Shares of Advanced Micro Devices and other Silicon Valley chip stocks were sharply higher today.

AMD (Advanced Micro Devices) をはじめ、Silicon Valley のチップ・メーカーの株価が、今日は大幅に値上がりしている。

L_Ellison

Which is odd considering AMD warned yesterday afternoon that "weaker than expected demand, particularly in the consumer notebook market" would bring its sales in the current quarter down 1 to 4 percent from the $1.65 billion in revenue it reported for its most recent quarter.

『 とりわけ、コンシューマ用のネットブック市場の需要が、予想以上に弱い 』ことが、この四半期における $1.65 billion という収益予測を、1% ~ 4% ほど落ち込ませるというレポートについて、昨日の午後に AMD が警告を発しているのも奇妙な展開である。

What’s not so odd: Larry Ellison, the CEO of acquisitive Redwood City tech giant Oracle said yesterday in his keynote at the Oracle OpenWorld conference that his company was looking to buy more tech companies. "You’re going to see us buying chip companies," Ellison said, according to Bloomberg News.

しかし、昨日の Oracle OpenWorld のキーノートで、同社の CEO である  Larry Ellison が、さらにテクノロジー企業の買収を進めると発言したのは、それほど奇妙ではない。 Bloomberg News によると、『 私たちがチップ・メーカーを買うのを見ることになる 』 と、Ellison は発言している。

Oracle, you might recall, moved into the computer hardware business this year with its $7.4 billion acquisition of server maker Sun Microsystems.

今年になって、Oracle がサーバー・メーカーである Sun Microsystems を $7.4 billion で買収し、コンピュータ・ハードウェア・ビジネスに乗り込んできたことを、あなたは思い出すだろう。

Sunnyvale microprocessor maker AMD, in particular, could be on Ellison’s shopping list, according to at least one analyst. "You’ve got to think it’s focused on enterprise hardware, on the server," Gleacher & Co. analyst Doug Freedman told Bloomberg. "AMD jumps off the screen." Freedman also listed Santa Clara graphics-chip maker Nvidia and IBM’s chip business as possible Oracle acquisition targets.

少なくとも、1人のアナリストによると、Sunnyvale のマイクロ・プロセッサ・メーカーである AMD は、Ellison の買物リストの注目株となる。 『 サーバー上のエンタープライズ・ハードウェアにフォーカスしなければならない 』と、Gleacher & Co のアナリストである Doug Freedman は Bloomberg に対して発言している。 『 AMD は、グラフィックスを捨てるかもしれない(ココ、よく解りません。ATI を売るという意味?)』 さらに Freedman は、Santa Clara のグラフィック・チップ・メーカーである Nvidia と、IBM のチップ・ビジネスが、Oracle の買収目標になり得るとリストアップした。

AMD closed at $6.84, up 44 cents, or 6.9 percent. Nvidia finished at $12.26, up 64 cents, or 5.5 percent. Oracle dropped 16 cents, or 0.2 percent, to $26.96.

AMD の終値は $6.84 で 44 cents (6.9%)のアップ。 Nvidia の終値は $12.26 で 64 cents(5.5%)のアップ。 Oracle は 16 cents (0.2%)のダウンで $26.96 という終値だ。

AMD and Nvidia, of course, both compete fiercely with Santa Clara chip behemoth Intel, the maker of microprocessors for Macs and most Windows computers. Intel stock closed at $19.42, up 44 cents, or 2.3 percent.

もちろん、AMD と Nvidia は、Santa Clara のチップの巨人である Inte と、Mac と Windows コンピュータの市場で常に競合している。

In addition to AMD and Nvidia, Silicon Valley chip stocks with gains of 4 percent or more included: Cypress Semiconductor, Integrated Device Technology, Altera, Atheros Communications, Lam Research, Xilinx, Novellus Systems, LSI and NetLogic Microsystems.

また、AMD と Nvidia だけではなく、Silicon Valley のチップ・メーカーで 4% 以上のゲインを得ている企業としては、Cypress Semiconductor/Integrated Device Technology/Altera/Atheros Communications/Lam Research/Xilinx/ Novellus Systems/LSI/NetLogic Microsystems などがある。

ーーーーー

なんというか、最近は Agile_Cat M&A ブログとかに、こちらも名前を変えなきゃおかしいかと、思ってしまう状況で、トホホ ・・・ です。 ーーー A.C.

クラウド企業の買収リスト Google / HP / IBM / Microsoft / Oracle / Symantic / Yahoo など

ーーーーー

<関連>
HP が Dell の 3割増をオファー – エスカレートする 3PAR 争奪戦
Dell による 3PAR の買収を分析する
iPhone 4 と iPad で Flash 、、、Mark Hurd 事件など
Intel が McAfee を $7.68 billion で買収! – その理由は?
EMC の Greenplum 買収に関する、今朝の報道
EMC も、ついにクラウドへ本格参入?

%d bloggers like this: