Agile Cat — in the cloud

Eucalyptus を買収する HP : どのような戦略を展開するのだろう?

Posted in Businesses, HP, OpenStack by Agile Cat on September 16, 2014

HP to buy cloud software startup in rare acquisition
http://wp.me/pwo1E-7Sh

Reuters - Friday, Sep 12, 2014
http://digital.asiaone.com/digital/news/hp-buy-cloud-software-startup-rare-acquisition

SAN FRANCISCO – Hewlett-Packard Co plans to buy cloud software startup Eucalyptus Software, a rare acquisition for the company since its failed US$11 billion (S$13.9 billion) purchase of Britain’s Autonomy Plc in 2011.

Hewlett-Packard Co が、クラウド·ソフトウェアのスタートアップである Eucalyptus Software の買収を検討している。同社は、2011年にイギリスの Autonomy Plc を US$11 billion (S$13.9 billion) を取得しているが、その後の展開に失敗しているため、久々の買収となる。

In this August 20, 2005 file photo, the entrance of Hewlett-Packard (HP) headquarters in Palo Alto, California is shown.

HP did not say how much it will pay for Eucalyptus, which provides open-source software for building private and hybrid clouds, or Internet-based computing services. A source familiar with the deal told Reuters that HP would pay less than US$100 million. Tech blog Re/code first reported the price tag earlier on Thursday.

HP が買収する Eucalyptus は、プライベート/ハイブリッド・クラウドおよび、インターネット・ベースのコンピューティング·サービスを構築するための、オープンソース・ソフトウェアを提供している企業であるが、その対価については口をつぐんでいる。この買収撃に精通する情報筋は Reuters に対して、HP が支払う金額は US$100 million 以下になると語っている。 テック・ブログである RE /code が、その価格について、この木曜日に初めてレポートしている。

The acquisition is expected to close in the fiscal fourth quarter, after which Eucalyptus Chief Executive Officer Marten Mickos, a proponent of open-sourced software, will join HP as senior vice president and head of its cloud business.

この買収により、Eucalyptus の CEO であり、オープンソース・ソフトウェアの支持者でもある Marten Mickos が、HP の Senior VP and Head of Cloud Business に収まる。 そして手続きは、この Q4(HP の会計年度)に完了すると予測される。

He will report to CEO Meg Whitman. Among his duties will be building HP’s "Helion" cloud computing services, the company said on Thursday.

彼のレポート・ラインは CEO の Meg Whitman になり、また、その責任範囲には HP の "Helion" クラウド・コンピューティング・サービスも含まれると、同社は木曜日に説明している。

Martin Fink, who now leads the cloud business, will remain chief technology officer as well as director of HP Labs, which focuses on researching next-generation products.

いま現在、クラウド・ビジネスのリーダーは Martin Fink であるが、彼は CTO の職務を継続し、また、次世代プロダクツを研究する HP Lab の Director も兼務する。

HP, once the world’s largest PC maker but now trying to become a leading provider of hardware and software to corporate and government clients, was forced to write down much of Autonomy after the company said it discovered serious accounting irregularities.

かつての HP は、世界最大の PC メーカーであったが、いまは、企業や政府をクライアントとした、ハードウェアとソフトウェアのリーディング・プロバイダーになろうとしている。また、同社は、Autonomy の会計に問題を発見した後に、大量の損失処理を余儀なくされたと述べている。

It ended the July 2014 quarter with US$4.9 billion in operating company net cash. In August, Whitman told analysts HP was in a position to make acquisitions if needed, though it remains committed to returning half its cash to shareholders.

それも、2014年 7月に終わった。 なぜなら、同社は 4月〜6月期において、US$4.9 billion の純益を手にしたのだ。 そして 8月に、Whitman はアリストたちに、必要に応じて買収を行えるポジションへと、HP が戻ってきたことを説明した。しかし、そのキャッシュの半分は、株主に還元するという約束も残っている。

ーーーーー

先週は、VMware を買収するというウワサに巻き込まれた HP ですが、この Eucalyptus の話は確定のようですね。 それにしても、Helion に関する人事をも含む、大規模な組織改革を、HP は行なっていくようです。 HP は、この OpenStack ベースのクラウドを、インドや中国に持ち込もうとしているようであり、なかなか面白い展開が期待できそうです。 Autonomy ショックから立ち直り、HP に元気が戻ってきた感じですね。

ーーーーー

<関連>

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート
EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている
HP が $10B で 買収する Autonomy は、Big Data のスペシャリスト?
HP も OpenStack への参加を表明
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!

Posted in Asia, OpenStack, SDN by Agile Cat on July 15, 2014

Fujitsu announces $2bn cloud offensive
http://wp.me/pwo1E-7F3

July 14, 2014 Written by Business Cloud News
http://www.businesscloudnews.com/2014/07/14/fujitsu-announces-2bn-cloud-offensive/

Technology vendor Fujitsu has announced major new initiatives aimed at accelerating its capture of market share in cloud computing. The company said it plans to spend more than ¥200bn (US $2bn) over the next 3 years in a bid to bolster its market position amidst IT incumbents.

テクノロジー・ベンダーである Fujitsu が、クラウド・コンピューティング市場におけるシェア獲得を加速するための、大規模な取り組みについてアナウンスした。同社は、これまでに培ってきた IT ビジネスの中心に、クラウドを据えるという賭けにおいて、今後の3年間で ¥200bn (US $2b) もの投資を計画している。

Fujitsu has announced it will invest billions over the next three in cloud computing

The company said it will spend the bulk of the ¥200bn between 2014 and 2016 on building out new datacentre capacity and expanding its managed cloud platform globally.

同社の説明によると、2014年〜2016年の間に ¥200bn の集中的な投資を実施することで、そのデータセンターに新たなキャパシティを加え、また、グローバルにおけるマネージド・クラウド・プラットフォームを拡大することになる。

Fujitsu currently operates seven datacentres offering its public cloud platform globally and plans to add two new datacentres this year: one in the US, the other in the UK. It also plans to add private cloud capacity in two new locations in the US (on the East and West Coast), with additional deployments in six locations across Europe and Asia.

現時点において Fujitsu は、グローバルに展開するパブリック・クラウド・プラットフォームのために、7ヶ所ののデータセンターを運営しているが、US と UK のデータセンターが、年内には追加されるようだ。 また、同社はプライベート・クラウドのためのキャパシティを、US の 2ヶ所(東西の海岸)に追加する予定であり、さらには、Europe や Asia における 6ヶ所のデータセンターにもディプロイしていく。

Overall the company has 25 cloud datacentres globally.

同社の全体的な計画によると、25ヶ所のクラウド・データセンターを、グローバルに展開していくことになる。

“Fujitsu has a vision of a Human Centric Intelligent Society, one where social and business innovation is driven by the intelligent use of information and communication technologies. We see cloud as the natural platform for delivering these new types of applications, which is reflected in both the increase we are seeing in cloud adoption and how it is becoming a standard part of IT service delivery models for many CIOs today,” said Cameron McNaught, executive vice president, solutions, global delivery, Fujitsu.

「 Fujitsu のビジョンである Human Centric Intelligent Society は、ICT(information and communication technologies)のインテリジェントな活用により、社会と企業でのイノベーションを促進するものである。そして、そのような新しいアプリケーションのタイプを展開していくためには、クラウドが自然なプラットフォームになると認識している。それらは、数多くの CIO が IT サービスを提供するための、クラウドの採用において確認している現実と、また、標準的なモデルとして台頭している現象という、2つの要因現を反映したプラットフォームでもある」と、Fujitsu の Executive VP , Solutions, Global Delivery である Cameron McNaught は述べている。

The move comes as Fujitsu looks to strengthen its partnerships with other vendors and its efforts in the open source space. The vendor recently announced a partnership with network virtualisation vendor Midokura which will see both companies integrate Midokura’s MidoNet network virtualization software with Fujitsu’s private cloud platform software, which is based on OpenStack.

この Fujitsu の動きは、オープンソースの領域での取り組みと、他のベンダーとのパートナーシップを、強化するものとも思える。先日に、同社は、SDN ベンダーである Midokura との提携を発表している。この提携においては、OpenStack ベースの Fujitsu プライベート・クラウド·プラットフォームに、Midokura の MidoNet SDN を統合していくための作業が、両社の協業のもとで進んでいくだろう。

The efforts mirror those of another large legacy IT vendor, IBM, which earlier this year announced over $1bn in cloud-related initiatives, and redoubled efforts to bring OpenStack-based commercial offerings to market.

今年の初めに、大手レガシー IT ベンダーである IBM が、クラウド関連する $1B 以上の投資を発表しているが、この Fujitsu の取組は、それに対抗していくものでもある。そして、OpenStack ベースの商用プロダクトを、大きく促進していくという効果をもたらす。

“We also recognize that no single cloud service provider can meet all customer needs, so we are continuing to invest in our cloud integration services,” McNaught added.

そして McNaught は、「 単一のクラウド·サービス·プロバイダーが、すべての顧客のニーズを満たすというシナリオは、成立しないものだと、私たちは認識している。 だからこそ、自身ののクラウド·インテグレーション·サービスに対して、継続的に投資しているのだ」と、付け加えている。

ーーーーー

注記:¥200bn と US $2b の、どちらが正しいのか、他のメディアのポストを見ても、その点が不明だったので、そのまま表記しています。

追記(7/15 11:55 AM):¥200bn も、英語での Billion なので、2000億円の投資額ということなんですね。 つまり、IBM 以上の予算を用意してクラウドに臨むという意味なのです。 スゴイ!

ーーーーー

Fujitsu Makes Bold Bet on Cloud Initiative  – Channelnomics
Fujitsu invests ¥200 billion in cloud – ZDNet
Fujitsu spending $2 billion in cloud to get $3.5 billion in sales – iTWire
Fujitsu targets $US3.5bn in Cloud sales globally – ARNnet

ーーーーー

続々と、大手 IT ベンダーたちのクラウド・シフトが発表されています。 そして、国内外の状況を見ると、「日本市場における、日本のベンダーによる、日本のユーザーのためのクラウド」というのは、すでに成立しないものになっています。 日本のベンダーは世界のマーケットを目指し、日本のユーザーは世界のクラウドから選ぶ、、、という構造が、これからの当たり前になっていくのでしょう。 とは言え、世界を相手に戦っていく、Fujitsu と Midokura という日本タッグ・チームを応援したいですね!

ーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong データセンターにも展開される!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_2

Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong データセンターにも展開される!

Posted in Asia, Bare-Metal, Data Center Trends, OpenStack by Agile Cat on July 10, 2014

Internap Expands Bare-Metal Cloud Servers to London, Hong Kong Data Centers
http://wp.me/pwo1E-7Ek
by Yevgeniy Sverdlik on July 2, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/02/internap-expands-bare-metal-cloud-servers-london-hong-kong-data-centers/

_ DC Knowledge

Data center service provider Internap has expanded its bare-metal public cloud service to data centers in London and Hong Kong. The service was previously available at the company’s Amsterdam, Singapore, Dallas, New York and Santa Clara, California, locations.

データセンター・サービス・プロバイダーである Internap が、そのベアメタル・パブリック・クラウド・サービスのためのデータセンターを、London と Hong Kong へと拡大してきた。 このサービスは、同社における Amsterdam/Singapore/Dallas/New York/Santa Clara/California といったロケーションで、以前から利用できるようになっていた。

Bare-metal cloud servers are essentially dedicated managed servers customers can provision like they provision cloud virtual machines. The offering, also available from Internap rivals like Rackspace and IBM SoftLayer, provides performance of dedicated servers along with elasticity of a public cloud service.

ベアメタル・クラウド・サーバーは、基本的に顧客専用のマネージド・サーバーであり、そのプロビジョニングに関しても、クラウドの仮想マシンのように行えるものとなる。この Internap のサービスも、Rackspace や IBM SoftLayer といったライバルと似たものであり、パブリック・クラウド・サービスのエラスティックな特性と一緒に、専用サーバーによるパフォーマンスを提供する。

Internap said it was addressing demand by companies running globally distributed data-intensive applications, such as Big Data analytics, mobile and digital advertising and online gaming. Such applications can suffer from performance issues when sharing physical resources with other applications.

Internap は、グローバルに分散したデータ集約型アプリケーション(Big Data分析/モバイルとデジタルの広告/オンライン・ゲームなど)を運用している企業の、需要に対して取り組んでいると発言している。このようなアプリケーションは、物理リソースを他のアプリケーションと共有することで、パフォーマンスの問題を生じる場合がある。

The provider’s bare-metal cloud offering, called AgileCloud, is coupled with its patented Managed Internet Route Optimizer technology, which continuously analyses Internet performance and routes customer traffic over the best available path.

この AgileCloud と呼ばれる、ベアメタル・クラウド・サービスは、Managed Internet Route Optimizer テクノロジーの特許と組み合わせて提供される。それにより、インターネット・パフォーマンスを継続的に分析し、顧客のトラフィックを最適な経路へとルーティングすることが可能になる。

“Organizations deploying real-time, data-intensive applications are increasingly seeking cloud services that provide flawless performance, reliability and cost efficiency across globally distributed environments,” said Christian Primeau, senior vice president and general manager of cloud and hosting at Internap. “Our bare-metal cloud uniquely addresses these demands, and the addition of our London and Hong Kong locations delivers broader reach in key end user markets.”

「データ集約型アプリケーションをリアルタイムでディプロイする企業は、完璧な性能/信頼性/コスト効率を、グローバルに分散された環境で提供できる、クラウド・サービスへの需要を高めている。 私たちのベアメタル・クラウドは、それらの要求に独自の発想で対処し、また、London と Hong Kong というロケーションを追加したことで、広範囲におよび主要エンドユーザー・マーケットへの、より幅広いリーチを実現していく」と、Internap の VP and GM of Cloud and Hosting である Christian Primeau は述べている。

Internap’s competitors in the space have been very active.

しかし、この領域における Internap のコンペティタたちも、きわめてアクティブである。

IBM announced earlier this year that it would invest $1.2 billion in expanding physical footprint of the SoftLayer cloud. Earlier this week the company announced the most recent addition to that footprint: a new data center in London.

今年の初めに、IBM は SoftLayer クラウドの物理フットプリントを拡大するために、$12 Billion を投資するとアナウンスしている。そして、今秋には、London の新しいデータセンターを、そのフットプリントへ追加すると発表した。

Rackspace in June rolled out a brand new bare-metal cloud offering, called OnMetal. The company has custom-built servers to support the offering using Open Compute designs as a basis.

そして 6月には、Rackspace も OnMetal という新しいブランドの、ベアメタル・クラウド・サービスを立ち上げた。当社は、そのサービスをサポートするために、Open Compute デザインを基本として用いた、カスタム・サーバーを構築している。

ーーーーー

 Internap と言えば、OpenStack 陣営の中で、最も早くビジネスを立ち上げたプロバイダーですが、その後は、あまり話題になっていなかったようにも思えます。 しかし、この記事を見ると、着実にテクノロジーを積み上げ、ベアメタル・クラウド・サービスでは Rackspace と競合するほどの、ポジションを確保しているような感じがします。 それと、インターネット・パフォーマンスの分析とルーティングの最適化を行ってくれる、Managed Internet Route Optimizer テクノロジーというのが、とても気になります。 これからは、ネットワークも含めた SLA が、クラウドを選ぶ際の要因になっていくのでしょうかね?

ーーーーー

<関連>

Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる
Internap が構築する、OpenStack-Based のオリジナル・パブリック・クラウドとは?
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, Open Compute, OpenStack, Rackspace, Strategy by Agile Cat on July 4, 2014

Rackspace’s OnMetal service eliminates "noisy-neighbor" problems
http://wp.me/pwo1E-7Dx

By Michael Kassner July 1, 2014
http://www.techrepublic.com/article/rackspaces-onmetal-service-eliminates-noisy-neighbor-problems/

Has VM server technology finally outlived its usefulness? Rackspace and some major clients seem to think so.

仮想サーバーのテクノロジーは、その有用性という観点で、長生きし過ぎているのだろうか? Rackspace と、主要な顧客たちは、そう考えているようだ。

Last year, Dell and HP lost a key customer — Rackspace. Up until then, the two companies supplied Rackspace with upwards of 90,000 servers. Rackspace, like Facebook, now designs its own servers using guidelines from the Open Compute Project. Quanta Computer builds the custom servers for Rackspace.

昨年のことだが、Dell と HP は、重要な顧客である Rackspace を失っている。それまで、この両社は、90,000台以上のサーバーを Rackspace に供給してきた。しかし、いまの Rackspace は Facebook のように、Open Compute Project のガイドラインを用いて、自らのサーバーをデザインしている。 そして Quanta Computer が、Rackspace のためのカスタム·サーバーを構築している。

Image: Rackspace

This past week, Taylor Rhodes, President of Rackspace, announced in this video what was in store for these servers — a new Rackspace offering called OnMetal. Put simply, Rackspace, besides providing customers multi-tenant virtual machine (VM) servers, will now rent single-tenant dedicated servers.

先週のことだが、Rackspace の President である Taylor Rhodes は、彼らの OnMetal という新しいサーバーに、ストアされるものをビデオで発表した。簡単に言うと、これからの Rackspace は顧客たちに、マルチテナントの仮想マシン(VM)サーバーを提供するだけではなく、シングルテナントの専用サーバーをレンタルすることになる。

Why single-tenant servers?

Rhodes listed a whole slew of reasons why multi-tenant VM servers were not meeting customer needs, calling the issues "noisy-neighbor" problems. The predicament was first noticed when one tenant on a VM server co-opted most of the server’s resources. Doing so caused variability in how the other VMs behaved and performed, even to the point where availability was not assured.

Rhodes は、マルチテナントVMサーバーが、顧客のニーズを満たせなかった理由を列挙し、すべてが "noisy-neighbor(迷惑な隣人)" の問題だと切り捨てている。この不具合は、VMサーバー上のテナントが、そのサーバーの大半を共有すると選択したときに、初めて気づくものである。 そのような状況では、他の VM の振る舞いや、その処理の内容に応じて、自身の VM に性能のバラつきが生じることになり、可用性が保証できないレベルに至ることもある。

Rhodes stated that clients, not seeing any other choice, attempted to thwart these issues by over-provisioning their server requirements, aggravating the situation even more. Something else often overlooked is that each VM instance adds what Rhodes considers "virtualization tax." The performance hit each additional VM instance places on the physical server.

Rhodes は、こうしたサーバーのオーバー・プロビジョニングによる問題を、他の選択肢を探すことなく阻止しようとする顧客は、さらに状況を悪化させると述べている。その他で見落とされがちなものとしては、それぞれの VM インスタンスが積み上げていく "virtualization tax” があると、Rhodes は考えている。つまり、物理サーバー上に追加された、それぞれの VM インスタンスにより、パフォーマンスが劣化していくことになる。

Image: Rackspace

One solution that eliminates the noisy-neighbor problem is to place critical services on dedicated servers in colocation centers. However, companies renting dedicated hardware lose a lot in the process. According to Rhodes, "In a colocation center, you lose the simplicity and elasticity a multi-tenant cloud gives you."

この、noisy-neighbor の問題を排除するソリューションとして、コロケーション·センター内の専用サーバーに、重要なサービスを配置するという考え方がある。しかし、専用のハードウェアーをレンタルするプロセスの中で、顧客となる企業は大きなロスを生じる。Rhodes は、「コロケーション・センターにおいては、マルチテナント・クラウドが提供するはずの、シンプルでエラスティックという特性が失われる」と述べている。

Elasticity refers to "how well the datacenter can satisfy the growth of the input VMs resource demands under both the limitations of physical machine capacities." So there’s the trade-off: performance variability vs. ease and quickness of provisioning.

ここでい言うエラスティックだが、「物理マシンのキャパシティという制約の下で、要求に応じて VM リソースを投入し、データセンターの成長を達成する」という意味を持つ。したがって、そこには、” パフォーマンスの変動性 vs 迅速で容易なプロビジョニング ” というトレードオフがある。

With Rackspace’s new service, there’s no trade-off

Rackspace took the best parts of the multi-tenant cloud and colocation services and discarded the parts that weren’t working. To do that, Rackspace took its OnMetal server design, enlisted OpenStack cloud software, (specifically Ironic, a provisioning system built for bare-metal servers), and created a service that lets providers work with non-VM servers (OnMetal) in the same manner and flexibility VM servers are provisioned.

Rackspace が選んだ方針は、マルチテナント・クラウドとコロケーション・サービスからの良いとこ取りである。そのためには Rackspace は、OpenStack クラウド·ソフトウェアを組み入れれる(ベアメタル・サーバー用に構築された Ironic プロビジョニング・システムが特徴)、OnMetal サーバーを自身でデザインすることになった。その結果として、顧客であるサービス・プロバイダーたちは、non-VM サーバー(OnMetal)を動かしながら、VM サーバーのプロビジョニングで実現される方式と柔軟性を手に入れられる。

Rhodes stated OnMetal servers:

Rhodes は OnMetal サーバーについて、以下のように述べている:

  • Are 100% solid-state, no heat (other than the Central Processing Unit), and no vibration as fans are outside the server housing;
  • Can be spun up in minutes, just like VMs;
  • Are Application Program Interface (API) driven and accessible just like VMs;
  • Do not use a Hypervisor; and
  • Are hardware specialized for database services, low-latency caching, or web-request handling.
  • 100% の独立性を持ち、自身の CPU 以外に負荷はなく、他のサーバーからの影響も排除される。
  • VM と同様に、数分でプロビジョニングを完了できる。
  • VM と同様に、API を介した駆動とアクセスを実現する。
  • ハイパーバイザーは使用しない。
  • DB サービス/低レイテンシ・キャッシング/Web リクエスト処理などにハードウェアを特化できる。

To give an example of the hardware specialization, a database-focused OnMetal server would have the following specs:

以下は、データベースに特化した OnMetal サーバーの、ハードウェア仕様のサンプルである:

  • Flash storage: 3.2 Terabytes
  • RAM: 128 Gigabytes
  • IOPS: Greater than 200,000

The Rackspace website offers the following additional details for the OnMetal service:

また、Rackspace は OnMetal サービスに関して、以下のような詳細を、その Web サイトで提供している:

  • Fast provisioning: OnMetal Servers can be provisioned in less than five minutes.
  • Integrated administration: Use the same control panel and API interfaces for both OnMetal servers and virtual-cloud servers.
  • Consistent performance: Single-tenant architecture eliminates "noisy neighbors," and no performance hits to the virtualization layer.
  • Open-source standards: Avoid being locked into a proprietary solution, as hardware and software are both open source.
  • High-performance networking: Each cabinet includes two 10Gb/s network connections in a high availability Multi-Chassis Link Aggregation with minimal over-subscription to help increase throughput and performance for your applications.
  • Fast provisioning: OnMetal Servers は 5分以内にプロビジョニングされる。
  • Integrated administration: OnMetal/VM サーバーに対して、同一のコントロール・パネルと API インターフェイスが提供される。
  • Consistent performance: シングル・テナント・アーキテクチャにより "noisy neighbors” を排除し、また、仮想レイヤによるパフォーマンス劣化も排除する。
  • Open-source standards: ハードウェアとソフトウェアはオープンソースであるため、プロプライエタリ・ソリューションにロックインされない。
  • High-performance networking: それぞれのキャビネットには、2つの 10Gb/s ネットワーク接続が含まれる。この、高可用性 Multi-Chassis Link Aggregation と、最小限の over-subscription により、アプリケーションのスループットとパフォーマンスを高レベルに保つ。

Satisfied clients

During the announcement, Rhodes introduced several Rackspace clients that are onboard with the OnMetal approach. Zach Rosen, CEO and cofounder of Pantheon Systems, said, "We’ve all been trained to think of the cloud as generic virtual machines on demand. VMs have had their decade. The future ‘Cloud’ will be built with containers deployed across bare-metal servers provisioned via API. We believe Rackspace’s OnMetal service is the future of Infrastructure as a Service.”

このアナウンスメントにおいて Rhodes は、OnMetal アプローチに賛同する、何社かの Rackspace クライアントを紹介している。Pantheon Systems の coFounder and CEO である Zach Rosen は、「 私たちの、すべてが、オンデマンドで仮想マシンを生成するものが、クラウドだと教えこまれてきた。そして VM は、その十年を享受した。しかし、これからのクラウドは、API を介してプロビジョニングされたベアメタル・サーバー上に、デプロイメントされるコンテナにより構築されるだろう。 私たちは、Rackspace の OnMetal サービスが、IaaS の未来になると信じている」と述べている。

OnMetal is available now through an early availability program, and will be in general availability by late July 2014. To learn more and to sign up for a test drive, head over to this page at Rackspace.

現時点の OnMetal は、early availability program として利用できる。 そして、一般的な運用は、7月の後半から開始される。 テスト・ドライブについては、この Rackspace のページで確認し、Sign Up してほしい。

ーーーーー

ハードウェアの性能が高まり、それかオープンソース化により低価格で提供されるようになると、サーバーを設計/構築する上での発想が、その根底から刷新されます。 ハードウェアが高価であった時代の改革者であった VM も、最先端のポジションを Bare-Metal に明け渡し、それをサポートするものへと、役割を変えていくのかもしれませんね。 San Antonio の Rackspace HQ で、第2回めの OCP Summit が開催されたのが 2012年 5月ですから、そこから 2年の月日が流れています。 頑張りましたねと、声をかけてあげたくなる、Rackspace です!

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?

Posted in Microsoft, OpenStack, Red Hat by Agile Cat on May 14, 2014

Why Microsoft should just pack it in and buy Red Hat
http://wp.me/pwo1E-7uz

By
Barb Darrow – Feb 28, 2014
http://gigaom.com/2014/02/28/why-microsoft-should-just-pack-it-in-and-buy-red-hat/

_ Giga Om

Summary: Sure it would make for strange bedfellows, but Microsoft needs Red Hat Enterprise Linux and an acquisition would signify a bold move by new CEO Satya Nadella.

Summary: たしかに、それは、ちょっと奇妙な関係と言えるだろうが、Microsoft は Red Hat Enterprise Linux を必要としている。 そして、もし、買収にいたるなら、新しい CEO である Satya Nadella の大胆な行動と評価されるだろう。

photo: Jorge Salcedo

Over the past 40 years Microsoft has built its mega-billion-dollar business around the Windows operating system and Windows applications. But as the company seeks to preserve its enterprise power in the cloud era, where Windows is not as huge a deal, here’s a bold proposal: Microsoft should buy Red Hat.

これまでの 40年間において Microsoft は、Windows オペレーティング・システムおよび Windowsアプリケーションを中心にして、巨億のビジネスを構築してきた。しかし、Windows が大きな勢力を持ち得ないクラウドの時代で、その企業の力を同社が維持したいなら、ちょっと大胆な提案をしてみたいと思う。 それが、Microsoft による Red Hat の買収という、必要性の話である。

It’s a counterintuitive move for a company whose former CEO likened Linux to cancer, but here’s why I think Microsoft might want to do it. First, Microsoft is an enterprise software company that hopes to transition its strength in that segment into the cloud-and-mobile era. And for Microsoft’s new CEO Satya Nadella, who will orchestrate that transition, an acquisition of Red Hat would be a bold stroke. Talk about thinking outside the box.

前 CEO が Linux をガンになぞらえていた企業にしては、反対の方向への動きに思えるが、それを Microsoft が望んでいるかもしれないと、私が思う理由を示していく。 まず、Microsoft は、これまでの強みを、クラウドとモバイルの時代におけるセグメントへ向けて、移行したいと考えているエンタープライズ・ソフトウェアの会社である。そして、Microsoft の新しい CEO である Satya Nadella は、その移行を周到に準備するだろうし、その意味で Red Hat の買収は大胆な一撃となる。ただし、いま話していることは、かなり常識はずれなことかもしれない。

Source: IDC

Microsoft is pitching Windows Azure as the public cloud of choice for businesses. A major stumbling block there is the fact that Red Hat Enterprise Linux, the de facto standard Linux in businesses, does not run on Azure. Why not? No one’s really saying, but my take is that Red Hat is dragging its feet because RHEL competes with Windows Server. Red Hat has no such compunction about putting RHEL on AWS, which does run RHEL, because Amazon is not an OS competitor per se — at least as the market is defined now.

Microsoft は、企業向けパブリック・クラウドの選択肢として、Windows Azure を投入している。しかし、ここでの大きな障害は、それらの企業が Linux のデファクト・スタンダードとする Red Hat Enterprise Linux が、Azure では走らないという現実である。当たり前じゃないかい? 誰もが本当のことを言っていないが、RHEL を Windows Serverと競合するため、Red Hat が足を引っ張っているというのが、私の感想である。Red Hat は、AWS 上で RHEL を走らせることについて、そのような躊躇がまったく無い。なぜなら、Amazon は OS の競争相手ではないので、大歓迎なのである。少なくとも、そのような形で、いまのマーケットは構成されてる。

The lack of RHEL on Azure is a big issue for Microsoft. Given that Microsoft has bent over backwards to make Azure hospitable to third-party OSes and tool sets (Ubuntu Linux and SUSE Linux run on it), RHEL’s absence is particularly glaring because when you talk enterprise applications from Oracle, SAP et al., RHEL is Linux (sorry Oracle Linux, you’re not there yet.)

Azure で RHEL が欠落していることは、Microsoft にとって大きな問題である。サードパーティの OS や Tool Set を Azure 上でホストしようと、Microsoft が懸命に努力していることを考えると(Ubuntu Linux と SUSE Linux には対応)、RHEL の不在が目立ってしまう。なぜなら、Oracle や SAP などのエンタープライズ・アプリケーションを前提にすると、RHEL が Linux だからだ(残念ながら Oracle Linux は発展途上)。

Neither Red Hat nor Microsoft would comment on why RHEL won’t run on Azure but sources close to Microsoft said customers ask the company about Red Hat support all the time and it has to refer customers back to Red Hat. Their thinking is that nothing can pressure a company to action more than customer pressure, but still, no dice.

Red Hat も Microsoft も、RHEL が Azure で走らない理由についてはノー・コメントだろう。しかし、Microsoft に近い情報筋によると、いくつかの顧客は Red Hat をサポートするよう要求しており、そのことが Red Hat にも伝わっているようだ。どちらも、顧客からのプレッシャーに勝るものはないと捉えているはずだが、まだ、サイコロは回り始めていない。

Red Hat is affordable

If you look solely at the numbers, Microsoft could do this deal easily. The market value of Red Hat stock is about $11.2 billion. Subtracting its $1.3 billion in cash, Red Hat would cost $9.9 billion. A 20 percent premium would put the purchase price at more like $12 billion. As one of my Wall Street friends put it, since Microsoft has about $84 billion cash in the bank, it could do this acquisition with its eyes closed.

単に数字だけを見るなら、Microsoft は簡単に買収できるだろう。Red Hat の市場評価額は、$11.2 Billion である。そこから、手持ちのキャッシュである  $1.3 Billion を差し引けば、Red Hat の買収に費やされるコストは $9.9 Billion となる。さらに、20% のプレミアムを付けても、$12 Billion で収まる。私の Wall Street フレンドによると、Microsoft の銀行預金は $84 Billion ほどなので、その支出に目をつむれば、買収は可能となる。

Antitrust hurdles are big but not insurmountable

Analysts, including Gigaom Research’s own MSV Janakiram, said no such transaction would pass regulatory muster. Taken together, Red Hat Enterprise Linux (RHEL) and Windows Server would comprise 87 percent of the server operating environment market, according to IDC analyst Al Gillen — who was also dubious about my premise.

Gigaom Research が所有する MSV の Janakiram や、その他のアナリストたちは、そのような取引が、当局に規制されないはずがないと言う。そして、Red Hat Enterprise Linuxに(RHEL)と Windows Server を合算すると、サーバー・オペレーティング市場の 87% に達してしまうと、私の考えに疑問を呈していた、IDC のアナリストである Al Gillen は述べている。

That number would give regulators pause if they define the market as server operating systems running inside company data centers. But if they were to factor in what’s running in Google and Amazon Web Services and other clouds, the picture could be much different. And we all know that lawyers can redefine the affected market when it painting a prospective acquisition in a rosy, competitive light.

この数字の捉え方だが、企業のデータセンター内で実行されるサーバー OS を前提に市場を定義するなら、当局は規制を行うだろう。しかし、Google や AWS といったクラウドで、どのような比率で、何が動いているのかを計算するなら、そのイメージは大きく異なるものになるだろう。買収劇を押し通すことに価値があり、すべてがバラ色に塗り替えられるとなったとき、弁護士たちが影響をうけるだろう市場を再定義してしまうことを、私たちは知っている。

In that universe, Windows Server plus RHEL might not be dominant at all. According to figures from The Cloud Market, nearly 60 percent of all Amazon Machine Images (AMIs) run Ubuntu Linux, while 6.3 percent run Windows and 5.9 percent run Red Hat. And I’m pretty sure Google runs zero Red Hat Linux or Windows.

この世界では、Windows Server だけではなく RHEL も、支配的だとは言えないだろう。The Cloud Market の統計によると、Amazon Machine Images(AMI)の約 60% は Ubuntu Linux を実行しており、Windows と Red Hat の比率は 6.3% と 5.9% に過ぎない。さらに言えば、Google が Red Hat Linux と Windows を実行している確率はゼロだと、私は確信している。

Source
The Cloud Market

And, if regulators can approve the US Airways and American Airline or Comcast and NBC Universal mergers, I think all bets are off. I’ve seen strange things happen in the software world, including Oracle’s acquisitions of Siebel Systems and PeopleSoft in blockbuster deals that consolidated much of the enterprise applications market.

たとえば、US Airways と American Airline もしくは Comcast と NBC Universal の合併を、規制当局が承認するかとなると、そこに一銭も賭ける気はしない。しかし、ソフトウェアの世界では、Oracle による Siebel Systems PeopleSoft の買収といった、エンタープライズ・アプリケーションの市場を統合してしまう、奇妙な光景を目の当たりにしている。

Those transactions taught me to never say never. So go ahead, use the comments below to (politely, please) to let me know what you think.

これらの取引が教えてくれたのは、Never Say Never である。そう、前へ進むしか無いのだ。 あなたの考えがあるなら、以下のコメントで、なるべく丁寧に教えて欲しい。

Feature photo courtesy of Shutterstock user Jorge Salcedo

Related research

An analysis of Windows Azure’s strengths and weaknesses February 2014
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look December 2012
The promise of SDNs in the enterprise November 2012

ーーーーー

TAG indexなかなか、面白い視点からの考察です。 先日に、「 Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける 」という抄訳をポストしましたが、オープンソースを活用することで、ユーザーだけにではなくクラウド・プロバイダーにも、計り知れないメリットがもたらされるはずです。 その名称が、Windows Azure から Microsoft Azure に変わったのも、 Windows の枠組みに制約されない、新たなクラウド戦略の確立という意志の現れだと思います。 Linux は ガンだと言ってしまった CEO も退任したわけですし、これまでのシガラミを解いて、いろいろなことに柔軟に対応して欲しいですね。 image

ーーーーー

<関連>

Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – All About Microsoft
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている

Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部

Posted in .Selected, OpenStack, Research by Agile Cat on December 24, 2013

Cloud Computing: Open Source OpenStack Gains Traction But Still is Rough Around the Edge
http://wp.me/pwo1E-735

By Dick Weisinger – December 4, 2013
http://formtek.com/blog/cloud-computing-open-source-openstack-gains-traction-but-still-is-rough-around-the-edge/

_ FormTek

OpenStack is an Open Source infrastructure product for creating private cloud environments. It’s currently received considerable buzz in the media and is supported by vendors like HP, Red Hat, Cisco and IBM. More than 64 different companies have contributed to OpenStack. The newest release of the product is code named Havana. Features of the OpenStack Havana release include:

OpenStack とは、プライベート・クラウド環境の構築を目的とした、オープンソースによるインフラストラクチャ・プロダクトのことである。それは、メディアでの話題をさらい、また、HPRed HatCiscoIBM といったベンダーから支持を得ている。 そして、64社以上にも昇る企業が、OpenStack にコントリビュートし、その最新リリースは Havana というコードネームを持っている。 その、OpenStack Havana が前面に押し出す機能は、以下のとおりとなる:

  • Improved load-balancing and firewall as a service
  • Heat Orchestration feature allows a cloud administrator to specify the set of services that need to be deployed
  • Ceilometer, a metering and data-collection framework. Includes functions for customer billing, sending alerts, and collecting data that can be fed into systems like HBase and MongoDB
  • 改善されたサービスとして提供される、ロードバランシングとファイアウォール
  • Heat Orchestration : それにより Admin は、ディプロイする必要のあるサービスのセットを、容易に指定できるようになる。
  • Ceilometer: 計測とデータ・コレクションのためのフレームワーク。 顧客による支払いや、アラートの送信、データのコレクションといった機能を取り込み、それらの情報を、HBase や MongoDB といったシステムに供給する。

Jonathan Bryce, OpenStack Foundation executive director, said that “OpenStack is a powerful platform developed by a large number of open source developer community. With over 1,600 developers from 70+ organisation worldwide, we aim to build a software that will create a big impact in cloud computing arena… OpenStack is not driven by a single company, rather it is a community driven by innovation. With deep engagement from the developer community and from our users, today we are able to see adoption of OpenStack from many organisations… We saw a tremendous growth in terms of contribution from individual developers. From 10,000 lines of code in 2011, today, we have 1.74 million lines of code contributed from the OpenStack community.”

OpenStack Foundation の最高責任者である Jonathan Bryce発言をまとめると、「 OpenStack は、オープンソース・コミュニティに参加する、数多くのデベロッパーにより開発される、パワフルなプラットフォームである。 世界中に点在する 70以上の組織と、1600人以上のデベロッパーにより、クラウド・コンピューティングの分野に大きな影響をもたらす、ソフトウェアを構築することを目的としている。 OpenStack は、単一の企業により推進されるものではなく、イノベーションを促進するコミュニティによりドライブされている。 そして、デベロッパーとユーザーの双方によるコミュニティが、このプロダクトに深く関わることにより、いまでは、数多くの組織が OpenStack を採用するに至ってきた。 また、個人としてのデベロッパーから、コントリビューションを得るという側面で、大きな成長がもたらされていることも確認している。 2011年における 10,000行というコードから、今日の 1,740,000行のコードへと、OpenStack コミュニティからコントリビューションは拡大している 」となる。

But, despite the growth that OpenStack has seen, there are many issues with the current state of the project. For example, Randy Bias of CloudScaling told the Register that “downloading an OpenStack deployment is a complex undertaking with a lot of rough edges – there’s a lot of ways to hurt yourself. OpenStack is a very flexible system [but it] presents problems in that there can be certain design decisions that make it hard to upgrade.”

しかし、OpenStack が大きな成長を遂げているにもかかわらず、このプロジェクトは現在において、数多くの問題を抱えている。一例として、CloudScaling の  Randy Bias は、「 OpenStack のデプロイメントをダウンロードするには、荒削りで複雑な数多くの作業に取り組む必要があり、また、時間と神経の浪費につながる。そして OpenStack は、きわめて柔軟なシステムであるが、それ故に、アップグレードが難しくなるような、デザイン上の判断に陥りやすくなる」と、the Register に語っている。

ーーーーー

research_551コミュニティのデベロッパーたちにより、ユーザーが簡単に利用できるプロダクトが生み出されるかというと、なかなか難しいものがあると思います。 おそらく、両者の間に横たわる、テクノロジー・スキルの違いが、こうしたギャップを生み出すのでしょう。 以前に、『OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!』という抄訳をポストしましたが、力量のあるディストリビューターとして、Red Hat あたりが大きく関与してくれる方が、OpenStack にとってシアワセな、方向性をもたらすのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
Hybrid の調査 : ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?

2013年 : OpenStack の マトメ

Posted in .Chronicle, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 19, 2013

着実に成長した1年だが、ライバルたちも強力だ ・・・
http://wp.me/pwo1E-72h

agile_cat_loupe1

_  space

2012年11月に Gartner から発行された、IaaS Magic Quadrant の抄訳として、以前に『 Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?』をポストしましたが、その中で OpenStack の存在が言及されていたのは、わずか 2社のみでした。具体的には、SoftLayer と Rackspace となりますが、前者は IBM に買収され、そのクラウド・ビジネスの中核に置かれ、後者は OpenStack の旗振り役として、プレゼンスを発揮してきました。 そして、つい先日ですが、以下のような動きが生じています(英文へのリンク)。

_  space

12/11: Oracle Embraces OpenStack
12/11: Alcatel now supports OpenFlow, OpenStack on switches
12/12:
Dell and Red Hat team to sell enterprise OpenStack
12/16:
Salesforce.com to Join OpenStack Cloud Project

_  space

面白いもので、誰かが動き出すと、それに追随する者が必ず出てきます。 このオープンソース・コミュニティは、2013年を通じて、そのような形で成長を遂げてきました。そして 2014年ですが、Amazon AWS に対抗する勢力として、さらなる求心力を発揮できるのかどうか、OpenStack の真価が問われる年になりそうですね。

_  space

2/08: Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
3/26: VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
4/19: OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
4/22: Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
4/23: VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
7/17: Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
7/23: OpenStack が3歳になった:素晴らしく成長したが、まだ頑張らねば!
8/18: Rackspace が Sony を支援:PS 用の OpenStack プライベート?
8/20: OpenStack に必要なのはベンダー:インターオペラビリティではない!
8/21: 成長する OpenStack と 呼応する アジア:次のサミットは 11月の 香港だ!
8/22: OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
8/23: Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
8/29: Red Hat と OpenStack:サーティフィケーションとトレーニングとは?
8/29: Pivotal と Piston : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
9/18: OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
10/01: Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
10/08: Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?
12/04: OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

_  space

openstack-55a1この 11月ですが、『 Hey, Enterprise Developers! Get Agile Or Get Steamrollered 』という記事に、Synergy Research Group による、とても興味深いチャートが掲載されていたので、それをご紹介したいと思います。 これは、2012年 Q3 と 2013年 Q3 における、大手クラウド・プロバイダーの売上を比較したものであり、まず目につくのは、Amazon AWS の巨大さです。 そして、OpenStack の視点から眺めてみると、この中に割り込んでいきたいところですが、IBM および Salesforce と連携できるなら、オープンソース・クラウドとしての存在感を示すことも可能なはずです。 来年の OpenStack に期待したいですね!image

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
http://wp.me/pwo1E-70J
By
Barb Darrow -DEC. 4, 2013
http://gigaom.com/2013/12/04/can-openstack-scale-ibm-and-mirantis-say-yes-and-aim-to-prove-it/

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。

ーーーーー

Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research

ーーーーー

openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート

 

%d bloggers like this: