Agile Cat — in the cloud

Digital Realty が 北米 4ヶ所のデータセンターで、Open-IX サーティフィケーションを取得

Posted in Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on July 16, 2014

Digital Realty Receives Open-IX Certification for Four Data Centers in North America
http://wp.me/pwo1E-7Fu

By PR Newswire – April 2, 2014
http://www.sys-con.com/node/3041094

SAN FRANCISCO, April 2, 2014 /PRNewswire/ — Digital Realty Trust, Inc. (NYSE: DLR), the global data center and colocation company, announced today that it has received Open-IX certification for four of the company’s data centers: 111 8th Ave. in New York; 365 Main St. in San Francisco; 2260 E. El Segundo Blvd. in Los Angeles; and 850 E. Collins in Dallas. Clients will also have access to Open-IX from an additional 15 Digital Realty data centers through the Digital Realty ecosystem.

SAN FRANCISCO, April 2, 2014 /PRNewswire/ — 今日(4/2)グローバル・データセンターとコロケーションの事業者である Digital Realty Trust, Inc. (NYSE: DLR) が、同社のデータセンターが、Open‐IX の認定を受けたと発表した。 具体的には、111 8th Ave. in New York および、365 Main St. in San Francisco、2260 E. El Segundo Blvd. in Los Angeles、’850 E. Collins in Dallas の 4ヶ所となる。また、同社の顧客たちは、Digital Realty エコシステムを介して、その他の15箇所の Digital Realty データセンターからも Open-IX にアクセスできるようになる。

Additionally, Digital Realty is in the planning stages to obtain Open-IX certification for facilities in Chicago and Ashburn.

さらに、Digital Realty は、Chicago と Ashburn のファシリティにおいても、Open-IX の認定を得るという計画を進めている。

Interim CEO Bill Stein commented, "Digital Realty has been a strong advocate of providing the market with a more neutral and accessible internet exchange environment. We are delighted that we can now offer our clients access to our Open-IX certification in many of our North American properties. We will continue our commitment to the Open-IX community and internet exchange providers to extend and support a carrier- and ISP-positive environment."

Interim の CEO である Bill Stein は Digital Realty について「より中立的なかたちでアクセスできる、Internet Exchange 環境をマーケットに提供する流れを、強力に支持している。 そして、North American の大半の拠点において、Open-IX サーティフィケーションを顧客に提供できることを、とても嬉しく思っている。 私たちは、キャリアと ISP にとって理想的な環境を拡張しサポートしていくために、Open-IX コミュニティと Internet Exchange プロバイダーに対して、このコミットメントを今後も継続していく」と述べている。

The Open-IX Association is encouraging a more mutual and open model of internet exchanges, and interconnection within data centers, by issuing certification to IXP’s and data center providers who meet the standards set by the community.

Open-IX Association は、Internet Exchange における、より互恵的でオープンなモデルと、データセンター内での相互接続を奨励している。 そのために、このコミュニティにより設定された基準を満たす、Internet Exchange とデータセンターのプロバイダーに対して、サーティフィケーションを発行している。

"The ultimate objective of Open-IX is to reduce interconnection complexity and the associated costs to users in North America, similar to Europe, where the neutral and distributed internet exchange model is very common," added John Sarkis, Digital Realty Vice President of Connectivity. "Everyone benefits – our clients, their customers, and their end users – by having a more open internet exchange environment, bringing new levels of efficiency and resilience to all involved."

Digital Realty の VP of Connectivity である John Sarkis は、「Open-IX の最終的な目標は、North America におけるインターコネクションから複雑さを取り除き、それに付帯するユーザーのコストを削減することにある。 つまり、中立性と分散化が一般的になっている、Europe の Internet Exchange モデルと同じようにすることである。それは、よりオープンな Internet Exchange 環境を有し、すべての関係者であるクライアント/カスタマー/エンドユーザーに対して、より高められた効率性と弾力性および、新しいレベルをもたらすことに他ならない」と述べている。

Link to services and pricing on Digital Realty website.
Link to video of John Sarkis discussing the Digital Realty open internet exchange environment.
Link to photo of Digital Realty datacenter at 365 Main St. in San Francisco.

ーーーーー

Digital Realty は、日本においても大阪に用地を取得し、そのデータセンター・ビジネスを展開し始めたところです。この、2013年末の WSJ のインタビューでは、日本に続いてアジア各国にデータセンターを構築し、グローバルにおける比率を高めたいという方針が述べられています。同社は、データセンター事業者といっても、そのスペースを大口の顧客に提供するという、卸売とも言えるビジネスを主体としているようです。 そして、その顧客には、金融などのユーザーもいれば、コロケーションやクラウドなどをビジネスとして展開するユーザーもいるわけです。 日本において、そして、アジアにおいて、Open-IX を促進する同社の、これからの動向が注目されます。

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する

Open IX と カナダの ISP たち:アメリカの動きと連携できるのか?

Posted in Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on March 26, 2014

Canadian official applauds move to certify Internet exchanges
http://wp.me/pwo1E-7lH
Howard Solomon – January 3rd, 2014
http://www.itworldcanada.com/article/canadian-official-applauds-move-to-certify-internet-exchanges/87993

A non-profit group of Internet supporters is trying to bring standards to North American data centre interconnection facilities called Internet exchanges to lower costs and improve resiliency.

インターネット・サポーターたちによる非営利グループが、インターネット・エクスチェンジと呼ばれる相互接続のためのスタンダードを、北米のデータセンター・ファシリティに取り込み、コストの削減と耐障害性の向上を実現しようとしている。

The Open-IX Association said Thursday it is now accepting applications for all data centre and Internet exchanges to join its group.

この Open-IX Association だが、すべてのデータセンターとインターネット・エクスチェンジからの申し込みを受け付け、このグループに参加してもらうための準備が整ったと、火曜日(12/3)に発表した。

The move was welcomed by Keven Blumberg, chief technical officer of the Toronto Internet service provider called TheWire.ca, a former board member of  the not-for-profit TorIX (the Toronto Internet Exchange) and an Open-IX supporter.

この動きを歓迎しているキーパーソンとして、TheWire.ca と呼ばれる Toronto Internet Service Provider の CTO であり、非営利の TorIX( Toronto Internet Exchange )の Board Member を以前に努め、また、Open-IX サポーターでもある、Keven Blumberg がいる。

The idea, he said “is to pull back the commercialization that has gone on with IX’s” mainly in the United States. There are several Internet exchanges in this country, including ones in Montreal, Vancouver, Victoria, Kelowna, B.C., Kamloops, B.C., Calgary and Winnipeg with TorIX being one of the biggest.

この発想について、主として United States で「 商用化されてしまった IX を取り戻すものだ」と、彼は述べている。  この国にも、Montreal/Vancouver/Victoria/Kelowna/B.C./Kamloops/Calgary/Winnipeg といったインターネット・エクスチェンジが存在するが、その中でも TorIX は最大級のものとなる。

“If new exchanges came into Canada we would want them to follow more of what TorIX or Open-IX is doing from a standardization point of view, which is to keep costs down and make it transparent,” Blumberg said.

「 新しいエクスチェンジが Canada に入ってくるなら、TorIX や Open IX が行っていることに、標準化の観点から追随してほしいと思っている。それにより、コストが低く抑えられ、また、透明性が確保される」と、Blumberg は述べている。

An Internet exchange is a meeting point for enterprises, content providers and ISPs to pass traffic between each other. So, for example, a provider of a hockey game can distribute the feed through an exchange rather than over the Internet. “A significant amount of Internet traffic passes over an exchange somewhere,” Blumberg said.

インターネット・エクスチェンジとは、エンタープライズや、コンテンツ·プロバイダー、ISP などが、トラフィックを双方向で通過させるの接点である。したがって、ホッケー・ゲームの興行主を例にするなら、インターネットを介してというより、エクスチェンジを通過させることで、コンテントを配信することになる。「 なんらかのインターネット・エクスチェンジを介して、大量のトラフィックが、常に受け渡されていることになる」と、Blumberg は述べている。

Ideally they are non-profits that offer settlement-free peering because both sides benefit. The problem is commercial exchanges have pushed connectivity costs up in the U.S., he said, which makes it hard for competitors to enter the market.

理想的には、非営利団体が、決済の発生しないピアリングを提供し、トラフィックを交換する双方にメリットを提供するかたちが良い。何が問題かといえば、アメリカにおける商用エクスチェンジが接続コストを押し上げてきたことであり、それにより、新たなコンペティタに対する参入障壁が作られてしまったことだと、彼は言う。

“We’ve had situations in Canada where data centres have said ‘We’ve got an exchange, you can come in for free.’ and two years later it isn’t free anymore and now you’re on the hook.”

「 この Canada は、それぞれのデータセンターが顧客に対して、エクスチェンジを無償で利用できると、言える状況にある。 しかし、2年後には、もう自由はなくなってしまう。 つまり、あなたは、釣り上げられようとしている 」

Hopefully, he said, Open-IX will encourage non-for-profit or low profit exchanges.

願わくば、Open IX により、無償あるいは低料金のエクスチェンジが推進されて欲しい。

There are two types of standards:

Data centre standard for hosting an Internet exchange (which requires things like at least two separate utility feeds from separate substations, at least two diverse points of underground fibre optic entry, carrier-neutral operations)

Internet exchange をホスティングするデータセンターのための標準: 少なくとも 2系統の変電所から供給される公共電力および、少なくとも 2系統の地中ファイバー·エントリ、そしてキャリア・ニュートラルなオペレーションなどを必要とする。

Internet exchange (which requires a public switch platform allowing any-to-any interconnection, a private VLAN, IEEE 802.3 Ethernet connectivity, backplane capacity to sufficiently handle aggregate traffic of all customer facing ports and other technical specifications).

Internet exchange の標準:多対多の相互接続および、プライベート VLAN、IEEE802. 3イーサネット接続を実現するための、パブリックなスイッチ・プラットフォームを必要とする。また、ポートに接続される、すべての顧客から集められたトラフィックを、余裕を持って処理するための、バックプレーン・キャパシティも必要となる。

ーーーーー

カナダでも、Open IX が待ち望まれているのですね。 しかも、このまま放置すると、あと数年で、商用 IX に飲み込まれてしまうとか。。。 この Open IX のことに限らず、カナダの状況や動向に関する情報は、それほど数多く提供されているというわけではないので、その意味でも興味深い内容ですね。たとえば、日本の北端である北海道から、北極海を通って北米に、海底ケーブルを施設するとなると、カナダに陸揚げされるケースも出てきそうです。そう考えれば、日本にとってカナダは隣国です。 お互いに、夢を共有できるような展開になると良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
Open IX は、アメリカ全土に広がっていくのだろうか?
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX

Open IX は、アメリカ全土に広がっていくのだろうか?

Posted in Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on March 11, 2014

EdgeConneX® and Open-IX Enter an MOU to Certify Its Houston, TX Data Center
http://wp.me/pwo1E-7iM
January 16, 2014 11:19 ET
http://www.marketwired.com/press-release/edgeconnexr-and-open-ix-enter-an-mou-to-certify-its-houston-tx-data-center-1869958.htm

HERNDON, VA–(Marketwired – Jan 16, 2014) – EdgeConneX®, a data center provider specializing in content hosting at the edge of the network, today announced it has entered a Memorandum of Understanding (MOU) with Open-IX (OIX) to certify its Houston, TX Edge Data Center (EDC), along with the intent to certify additional data centers in Denver, Phoenix, Salt Lake City and Las Vegas markets by the end of Q1 2014.

HERNDON, VA–(Marketwired – Jan 16, 2014) -  EdgeConneX®(ネットワーク・エッジにおけるコンテント・ホスティングに特化したデータセンター·プロバイダー)は 1月16日に、Open IX による Houston, TX Edge Data Center (EDC) の承認を得るための、MOU(Memorandum of Understanding)を締結したと発表した。それに加えて、Denver/Phoenix/Salt Lake City/Las Vegas の各マーケットにおけるデータセンターに関しても、2014年 Q1 までに承認を得る意図を明確にしている。

EdgeConneX’s Edge Data Center in Houston is served by multiple network providers including Zayo, Alpheus and Level 3. The Houston EDC is built out to support and deliver high-bandwidth solutions commonly required by content providers and Content Delivery Networks (CDNs). Edge Data Centers optimize the delivery of any content, anywhere, instantly — and are the closest access point to many of the region’s end consumers of content.

Houston における EdgeConneX の Edge Data Center は、Zayo/Alpheus/Level 3 を含む、複数のネットワーク・プロバイダーからサービスを供給されている。この、Houston EDC は、コンテント・プロバイダーや Content Delivery Networks (CDN) が必要とする高帯域ソリューションの、サポートおよび提供のために構築されている。Edge Data Centers は、あらゆるコンテンツを、どこへでも、瞬時に配信するために最適化されている。 そして、多様な地域のエンドユーザーが、コンテントを消費するためのアクセス・ポイントの、きわめて近い場所に配置されている。

"Open-IX’s recent announcement to begin certification of North American data centers and Internet exchanges propelled EdgeConneX to announce its commitment and intent to adhere to the technical and operational standards defined by today’s leading industry professionals," comments Clint Heiden, Chief Commercial Officer of EdgeConneX. "While EdgeConneX executes on an aggressive roll-out of our network Edge Data Centers, we are excited to be one of the first providers to design our data centers and implement the OIX standards required by today’s content delivery networks and service providers.”

「 北米におけるデータセンターとインターネット・エクスチェンジの認定を開始するという、最近の Open IX の発表が、EdgeConneX のアナウンスメントを後押しすることになった。つまり、その意図とコミットメントは、今日の業界をけん引するプロフェッショナルたちた定義した、テクニカルとオペレーションの標準を遵守するものとなっている。EdgeConneX は、私たちのネットワークである Edge Data Centers で積極的に展開されていくが、OIX スタンダードを用いてデータセンターを設計/実装していく、最初のプロバイダ一の仲間になれることを、とても嬉しく思う。それこそが、今日の CDN やサービス·プロバイダーから要求されているものなのだ」と、EdgeConneX の Chief Commercial Officer である Clint Heiden は述べている。

In order to become an OIX-certified data center or Internet Exchange Point (IXP), companies must first initiate the process by submitting an application. The OIX executive board reviews each application and once accepted, data centers and IXPs are required to complete a compliance report to adhere to OIX technical requirements. EdgeConneX will begin implementing best practices and making submissions of its EDC facilities for review to meet certifications, starting with Houston, TX and followed by an additional four locations within the first quarter of 2014.

OIX が認定するデータセンターおよび Internet Exchange Point (IXP) になるためには、申請書を提出するところから、プロセスを開始する必要がある。そして OIX エグゼクティブ・ボードが、それぞれの申請をレビューするが、それが承認されると、データセンターおよび IXP は 、OIX 技術要件を遵守するため、コンプライアンス・レポートの提出を義務付けられる。EdgeConneX は、EDC ファシリティに関する認証の要件を満たすために、ベスト・プラクティスを実装し、レビューのための提出物を作り始めることになる。 最初に、Houston, TX から始まり、2014年 Q1 の間に、他のファシリティも、それに続くことになる。

For more information about EdgeConneX and its leading edge of network solutions for expanding and improving access to mobile and data communications, visit www.edgeconnex.com or email info@edgeconnex.com.

EdgeConneX は、モバイルおよびデータの通信におけるアクセスを拡大/改善していくための、ネットワーク・ソリューションのリーディング・カンパニーである。 詳細については、www.edgeconnex.com の参照もしくは、info@edgeconnex.com へのコンタクトが提供されている。

ーーーーー

この勢いで、Open IX はアメリカ全土に広がっていくのでしょうか? そんな未来を予測させてくれるポストですね。東海岸から Houston へ、そして、Denver/Phoenix/Salt Lake City/Las Vegas へと展開していく EdgeConneX ですが、この記事を読むと、Open IX における申請と承認にプロセスまで見えてきて、きわめてオープンなプロセスが存在していることも分かりますね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

Posted in Netflix, Open IX, Telecom by Agile Cat on March 5, 2014

Netflix becomes first AMS-IX New York customer
Joins NYC internet exchange as result of Open IX initiative
http://wp.me/pwo1E-7h5

3 December 2013 by Yevgeniy Sverdlik
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2013/12/netflix-becomes-first-ams-ix-new-york-customer

_ DC Dynamics

Netflix has become the first customer of AMS-IX New York, the European internet exchange operator’s recent foray into the US market.

Netflix が最初の顧客となった相手とは、Europe のインターネット·エクスチェンジ事業者として、先日にアメリカ市場に進出した AMS-IX New York である。

Netflix headquarters in Los Gatos, California

The deal is a result of the emergence of Open IX, a non-profit industry organization built recently to create standards for internet exchange operators and data center operators that can host those exchanges. The organization’s main goal is to dilute the control a few data center operators, including Equinix, Telx and Verizon Terremark, have of all key US internet exchanges.

この契約には、Open IX の出現という背景がある。つまり、この非営利の業界団体が、最近になって作成した、IX オペレータと DC オペレータのためのスタンダードにより、Netflix などの事業者のためのインターネット・エクスチェンジ機能がホスティングされるのだ。この団体のメインの目的は、Equinix/Telx/Verizon Terremarkといった、少数のデータセンター事業者によるコントロールを希釈することで、アメリカにおける主要インターネット・エクスチェンジを手に入れることである。

No exchange or data center operator has been certified by Open IX, Josh Snowhorn, VP and general manager of interconnection at CyrusOne and a committee member at Open IX, said. The data center and exchange operators that have been involved with the organization have been making Open IX-related announcements, however, expecting they will eventually be endorsed since they know what the requirements are going to be.

Open IX により認定されたエクスチェンジ/データセンター・オペレータは、現時点では、まだ、存在しないと、CyrusOne の VP and GM of Interconnection であり、Open IX の Committee Member である Josh Snowhorn は発言している。このデータセンター/エクスチェンジ・オペレータは、Open IX に関わっていくというアナウンスメントを発している。 そして、その要件策定が進行中であることを、彼らは知っているため、最終的には承認されると推測される。

Job Witteman, CEO of AMS-IX, said, “We are very pleased to have Netflix as the first customer of AMS-IX New York. One of the main reasons to broaden our scope to the US is to offer our US-based customers the value of a neutral and distributed internet exchange.”

AMS-IX の CEOである John Witteman は、「 AMS-IX New York の最初の顧客として、Netflix が手を上げてくれたことに、とても喜んでいる。アメリカ市場においてスコープを拡大していく主な理由として、私たちのアメリカ・ベースの顧客に対して、中立性と分散性を備えたインターネット·エクスチェンジがもたらす、その価値を提供してくことがある」と述べている。

The agreement follows Netflix’ connection to AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) in Amsterdam earlier this year.

今回の契約は、2013年の初めに Netflix が、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)との接続を開始したことに続くものである。

David Temkin, director of network architecture and strategy and Netflix ans chair of the board of directors of the Open IX Association, said the video-streaming company had been one of the key drivers behind the Open IX initiative.

デビッド·テムキン、ネットワークアーキテクチャおよび戦略担当ディレクターとOpen IX協会の理事会のNetflixのANS椅子は、ビデオストリーミング、同社がオープンIXイニシアチブの後ろの主な要因の一つであったと述べた。

Netflix の Director of Network Architecture and Strategy であり、Open IX Association の Chair of The Board of Directors でもある David Temkin は、Open IX Initiative を背後から支える、主要メンバーとしての同社の存在を認めている。

“With our connection to AMS-IX New York we can finally get benefit from the European Internet Exchange model in the US,” he said. “Moreover, our experience with AMS-IX in Amsterdam made it an easy choice to connect to AMS-IX New York as well.”

「 AMS-IX New York への接続により、最終的に私たちはアメリカ市場において、この European Internet Exchange モデルから利益を得るようになる。さらに言えば、Amsterdam における AMS-IX とのエクスペリエンスにより、AMS-IX New York との接続に関しても、容易に判断することができた」と発言している。

AMS-IX’s US subsidiary has recently made deals with Digital Realty Trust, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson to build and operate an Open-IX-endorsed internet exchange within the wholesale data center providers’ facilities in the New York-New Jersey region.

最近のことだが、AMS-IX のアメリカ子会社は、Digital Realty Trust/DuPont Fabros Technology/Sabey Data Centers/325 Hudson などと契約を交わしている。つまり、それにより、New York-New Jersey リージョンの卸売データセンター·プロバイダーのファシリティ内で、Open IX が承認したインターネット·エクスチェンジを構築/運用していくことになる。

Depending on the market demand and the willingness of other data center providers to partner with AMS-IX, additional locations may be added, the exchange operator said. AMS-IX also plans to deploy exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which are currently planned to go live in the first and second quarters of 2014, respectively.

マーケットにおける需要と、AMS-IX との提携を望むデータセンター・プロバイダーに応じて、別のロケーションも追加されるだろうと、このオペレータは述べている。 そして AMS-IX は、Chicago と Silicon Valley のマーケットにエクスチェンジを展開するプランを持っており、現時点では、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するという予定で進行している。

Recommended links

ーーーーー

最近の Netflix といえば、数あるコンテント・プロバイダーの中で、トラフィックを最も多く消費する存在として知られています。この記事は、昨年の 12月にポストされたものであり、同社の Open IX シフトが明示されています。そして、インターネットのタダ乗り論が再燃してきたり、CATV 業界では Comcast と Time Warner の統合が話題になるなど、Netflix をめぐる興味深い展開が、同時多発的に起こっているという感じもします。それらは、これまでにも、何度も繰り返されてきた類のことなのかもしれませんが、そこに Open IX という新たな要因が加わることで、何が起こるのかと考えると、ますます面白くなってきます。目が離せませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 26, 2014

AMS-IX Opens Internet Exchange in the New York Market
http://wp.me/pwo1E-7fD

November 6th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/11/06/ams-ix-opens-internet-exchange-in-the-new-york-market/

_ DC Knowledge

The European Internet exchanges keep coming. The latest provider to enter the US market in AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) today announced plans to create an exchange spanning four data centers in New York and New Jersey. The move reflects growing momentum for Open-IX, the movement to spread the European model for exchanging traffic between major networks.

Europe  のインターネットエクスチェンジがやってくる。 最近になって、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)の米国市場に参入することになった、このプロバイダーだが、本日、New York と New Jersey に展開される 4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画を発表した。この動きは、主要ネットワーク間のトラフィックを交換するために、ヨーロッパモデルを広めるという、Open-IX ムーブメントの勢いを反映したものとなる。

An aerial view of the DuPont Fabros NJ1 data center in Piscataway, New Jersey, which will be one of the sites for a new Internet Exchange from AMS-IX. (Photo: DuPont Fabros Technology.)

AMS-IX USA Inc. has struck deals with Digital Realty, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson in the New York/New Jersey area to build and operate a distributed Internet Exchange, named AMS-IX New York.

AMS-IX USA Inc は、AMS-IX New York という名前の分散インターネットエクスチェンジを構築運用するために、New Jersy エリアにおける Digital Reallity および、DuPont Fabor Technology、Sabey Data Center、325 Hudson などと契約を結んでいる。

AMS-IX says it will also deploy new Open-IX exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which will go live in the first and second quarter of 2014, respectively. This new business initiative is a response to the certification process by the Open-IX Association for the setup of neutral and distributed Internet Exchanges in the United States.

AMS-IX が言うには、Chicago と Silicon Valley にも、新しい Open IX エクスチェンジがディプロイされ、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するらしい。この新しいビジネス·イニシアチブは、アメリカ市場において、中立を維持する分散型インターネットエクスチェンジを構築するための、Open IX Association によるサーティフィケーション・プロセスに責任を持つ。

Surge of Entrants from Europe

This makes AMS-IX the third major European exchange operator to enter the US market this year. The London Internet Exchange (LINX) is launching the LINX NoVa exchange across three sites in northern Virginia, while Frankfurt-based DE-CIX is setting up an exchange in the New York market.

今回の AMS-IX による進出は、アメリカ市場に参入する主要ヨーロッパ・エクスチェンジとして、今年に入ってから三度目の出来事となる。London Internet Exchange(LINX)は、Virginia 北部の 3つのサイト連携する、LINX Nova エクスチェンジを立ち上げている。その一方で、Frankfurt ベースの DE-CIX は、New York 市場におけるエクスチェンジを立ち上げている最中だ。

The recent rise of the Open-IX movement has reinvigorated efforts to bring the European approach to exchanges to the US market. In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model has struggled to establish itself in the U.S., where peering has been focused on commercial exchanges, especially thoses operated by Equinix. The Open-IX framework is emphasizing a neutral governance model and the technical compliance of any participating data center providers.

このところの Open IX ムーブメントの盛り上がりは、アメリカ市場のエクスチェンジに対して、ヨーロッパのアプローチを持ち込もうとする展開を、さらに活発にしている。このヨーロッパ相互接続モデルにおいては、インターネット・トラフィック・エクスチェンジの管理が、インフラをホスティングするコロケーション·プロバイダーではなく、そこへの参加者により行われている。アメリカ市場において、このモデルがポジションを確立するのに苦労しているのは、ピアリングが商用エクスチェンジに集約され、さらに言えば、それらが Equinix により運営されているからである。Open IX フレームワークは、中立的なガバナンス·モデルを大切にし、また、そこに参加する、あらゆるデータセンター·プロバイダーによる、テクニカル・コンプライアンスを重視しているのだ。

The new AMS-IX exchange will be spread across three data centers in Manhattan and one in central New Jersey:

この新しい AMS-IX エクスチェンジは、Manhattan における 3つにデータセンターと、New Jersey のセントラルデータセンターに分散される。

  • Digital Realty Trust, 111 8th Avenue, New York
  • DuPont Fabros Technology, Piscataway, NJ
  • 325 Hudson Street, New York
  • Sabey Data Centers, Intergate.Manhattan (375 Pearl Street) in New York

AMS-IX said it could add more locations in the New York market if it sees market demand and interest from other data center providers. In Amsterdam, the AMS-IX exchange platform is distributed across 12 different data centers serving more than 600 IP networks from around the globe. Established in the early 1990s, AMS-IX has a traffic peak of around 2.5 terabits per second.

AMS-IX が言うには、マーケットにおける需要と、他のデータセンター·プロバイダーからの関心が見いだせるなら、より多くのロケーションを、New York 市場に追加していくようだ。 Amsterdam において、AMS-IX エクスチェンジ・プラットフォームは、12 ヶ所のデータセンターに分散され、世界と連携する 600 以上の IP ネットワーク・サービスを提供している。 1990年代の初頭に設立された AMS-IX は、毎秒約 2.5 Tera Bit のピーク・トラフィックを有する。

“The opportunity to start neutral, distributed Internet Exchanges in the US with the endorsement of the Open-IX community fits our strategy of building Internet Exchanges in connectivity hub locations around the world,” said Job Witteman, Chief Executive Officer of AMS-IX. “We believe the model will bring the North American IP interconnection market tremendous value by decreasing complexity as well as the associated costs. AMS-IX is committed to bringing about this market transformation, and is pleased to have found initial partners in two major market participants Digital Realty and DuPont Fabros Technology.”

「 Open-IX コミュニティ に承認された分散型の Internet Exchanges を、アメリカにおいて中立を維持しながら運営していくチャンスは、世界にまたがる接続ハブに適したロケーションで、Internet Exchanges を構築していくという、私たちの戦略に適合している。このモデルにより、複雑さが低減されるだけではなく、関連するコストが圧縮されることで、North American IP インターコネクションに莫大な価値をもたらされると、私たちは確信している。AMS-IX は、このマーケットに変革をもたらすことを約束し、また、Digital Realty と DuPont Fabros Technology という、2つの初期のパートナーを迎え入れられたことを喜んでいる」と、AMS-IX の Chief Executive Office である Job Witteman は述べている。

“We are pleased to be collaborating with AMS-IX on this important initiative,” said Michael Foust, Chief Executive Officer at Digital Realty (DLR). “By helping establish a truly open Internet Exchange environment, we are supporting the Open-IX community’s desire for neutral exchanges that are more efficient and cost-effective than those available today. The end result for our customers will be access to enhanced interconnectivity and Internet peering capabilities.”

「 私たちは、この重要なイニシアチブにおいて、AMS-IX とコラボレートできることを喜んでいる。真にオープンな Internet Exchange 環境の立ち上げを支援することで、現時点で利用できるものよりも、さらに効率と費用対効果に優れる、中立的なエクスチェンジを望む Open IX コミュニティを支援することになる。そして、強化された相互接続性とインターネット・ピアリング機能へのアクセスが、私たちの顧客にとっての最終的な結果となる」と、 Digital Realty の Chief Executive Office である Michael Foust は述べている。

Customer Benefit Seen

“Building upon our carrier-neutrality principle, we are glad to support the Open-IX Association and encourage the deployment of the AMS-IX New York Internet Exchange in our Piscataway NJ1 data center,” said Hossein Fateh, President and Chief Executive officer of DuPont Fabros Technology (DFT). The AMS-IX Internet Exchange at NJ1 will complement the network providers and the New York Stock Exchange currently providing connectivity services to our customers. We expect our customers to benefit from this open Peering and Interconnectivity environment.”

「 キャリアに対して中立で臨むという、私たちの原則を確立するために、喜んで Open-IX Association を支援していく。 そして、私たちの Piscataway NJ1 データセンター内への、AMS-IX New York Internet Exchange のディプロイメントを推進していく。 NJ1 における AMS-IX Internet Exchange は、私たちの顧客に対して、現時点でサービスを提供している、ネットワーク・プロバイダー や  New York Stock Exchange を補完するものとなる。私たちは、このオープンな Peering と Interconnectivity の環境から、顧客たちが恩恵を被ることを期待している」と、DuPont Fabros Technology の President and Chief Executive Office である Hossein Fateh は述べている。

“We are very happy to partner with AMS-IX New York on this important market-changing initiative. Offering more choice in the New York City market to carriers and customers is good for everyone,” added John Sabey, President of Sabey Data Centers.

「 私たちは、マーケットを変えていこうとする、この重要なイニシアティブを確立するために、喜んで AMS-IX New York と提携していく。キャリアとカスタマのための選択肢が、New York City マーケットで増えることは、誰にとっても素晴らしいことだ」と、Sabey Data Centers の President である John Sabey は述べている。

AMS-IX New York is currently accepting orders in the 111 8th Digital Realty facility, where it says it is ready to provision customer ports.

現時点において AMS-IX New York は、すでにカスタマーにポートを提供する準備を整えている、111 8th の Digital Realty ファシリティでオーダーを受け付けている。

“With our experience of building and managing Internet Exchanges in Europe, Asia, the Caribbean and East Africa we have a blueprint for rolling out new exchange platforms,” Henk Steenman, Chief Technical Officer of AMS-IX. “All of the configurations, management and monitoring systems are pre-defined and ready for deployment. The main priority is to extend the organization, the team and to deploy the equipment and local Dark Fiber between the several data centers, as well as with other companies that are willing to partner with AMS-IX, and are Open-IX certified and commercially feasible.”

「 Europe/Asia/Caribbean/East Africa などで、いくつかの Internet Exchange を確率/運用してきた経験により、新しい Exchange プラットフォームを展開するための青写真を手にしている。すべての、コンフィグレーション/マネージメント/モニタリングのためのシステムが、すでに定義され、また、デプロイメントの準備も整っている。そして、優先されるべき事柄は、この環境をディプロイするための組織とチームを拡張し、いくつかのデータセンター間に、ローカルな Dark Fiber を展開していくことである。 それに加えて、AMS-IX との提携を望む企業と連携し、Open-IX サーティフィケーションを推進し、商業的な可能性を具体化していくことになる」と、AMS-IX の Chief Technical Officer である Henk Steenman は述べている。

RELATED POSTS:

German Internet Exchange DE-CIX Enters NY Market
Open Internet Exchange Movement Organizing
London Internet Exchange Enters U.S. Market With EvoSwitch in Virginia
Digital Realty Launching Open Internet Exchange Initiative
CoreSite Connects With Amsterdam’s AMS-IX

ーーーーー

10月に相次いで発表された、London Internet Exchange (LINX) の Virginia 進出に続いて、11月には AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)のアメリカ市場進出が発表されました。 それが展開されるリージョンは、New York と New Jersey であり、4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画です。そして、本文では触れていませんが、このファシリティは NetFlix にも採用されたようです。昨日の Wireless Wire に「米でネットワーク中立性に赤信号 – ネットフリックス、コムキャストへの支払いに合意」という記事が掲載されていましたが、この Open IX をめぐる動向と、ひょっとすると絡み合っているのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 20, 2014

LINX to Open Exchange in Ashburn With Dupont Fabros
http://wp.me/pwo1E-7dR

October 31st, 2013 – By: Jason Verge
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/31/linx-to-open-exchange-in-ashburn-with-dupont-fabros/

_ DC Knowledge

The London Internet Exchange (LINX) will build and operate a member-owned Internet exchange in Ashburn, Virginia on DuPont Fabros Technology’s Ashburn Corporate Center campus. The deal with LINX supports DuPont Fabros’ plan to host an Open-IX certified Internet exchange in each of its four markets.

The London Internet Exchange (LINX) は、DuPont の Fabros Technology における Virginia Ashburn Corporate Center キャンパスで、そのメンバーたちが所有するインターネット・エクスチェンジを構築/運用していく。LINX との契約において、その 4つのマーケットで、Open IX が公認するインターネット・エクスチェンジをホストするという、Dupont の Fabros 計画がサポートされる。

The LINX node will be at DFT’s ACC5 data center becoming a part of LINX NoVa, a member-owned internet exchange that spans multiple data centers. LINX has already announced nodes at EvoSwitch in Manassas and CoreSite in Reston, and is now hitting all the key campuses in Northern Virginia. This node is particularly notable because it is in Ashburn, literally next door to Equinix, which runs the leading commercial traffic exchange in the area.

この LINX ノードは、DFT の ACC5 データセンターに配置される。 そして、複数のデータセンターにまたがり、また、メンバーたちに所有される、インターネット・エクスチェンジ LINX NoVa の一部になっていく。すでに LINX は、Manassas の EvoSwitch と、Reston の CoreSite におけるノードを発表しており、いまでは Northern Virginia における、すべての主要キャンパスとの接続を持つに至っている。このノードが、とりわけ注目に値するのは、ビジネスにおいて主要なトラフィック・エクスチェンジを運用する、Equinix の文字通り隣にある、Ashburn に置かれるからである。

The London Internet Exchange will open a new internet exchange inside the ACC5 data center in Ashburn, Virginia. (Photo: DuPont Fabros)

The LINX node at DFT’s ACC5 data center is expected to be live before the end of 2013 and LINX will offer incentivized port pricing through the end of 2014.

DFT の ACC5 データセンターにおける LINX ノードは、2013年末までに実運用に入ると予測され、また、LINX からは 2014年内いっぱい、ポート価格に関するインセンティブが提供されるだろう。

“Ashburn has been high on our list of potential sites since the beginning of the LINX NoVA project,” said John Souter, CEO at LINX. ”We are pleased to be partnering with DFT to build a LINX node in their Ashburn campus, which will contribute significantly to the number of networks able to join the LINX NoVA exchange.”

「 Ashburn は、LINX NoVA プロジェクトが始まってからというもの、ずっと候補地リストの上位に位置づけられていた。そして、DFT の Ashburn キャンパスに LINX ノードを構築するため、彼らと提携できることに、とても喜んでいる。それにより、LINX NoVA エクスチェンジに参加できる、数多くのネットワークに対して、とても大きな貢献がもたらされる 」と、LINX の CEO である John Souter は述べている。

DFT’s Ashburn Corporate Campus has an underground conduit system that connects each of the company’s five data center facilities in Ashburn, which will grow to include ACC7 upon completion. There currently are 26 network carriers on DFT’s campus providing connectivity services.

DFT の Ashburn Corporate Campus  は、同社における Ashburn の 5つのデータセンター・ファシリティを結ぶ、地下導管システムを持っており、ACC7(Ashburn Corporate Campus 7?)の完成を含めて、これからの成長が期待されている。そして、現時点で 26 のネットワーク・キャリアが、DFT キャンパスの接続サービスを利用している。

“We are very excited to be partnering with LINX NoVA to provide our customers and the Internet community a neutral Internet exchange ready for Open-IX certification in the fiber- and content-rich Ashburn region,” said Vinay Nagpal, Director of Carrier Relations at DFT. “The LINX NoVA node will enhance network density at our Ashburn campus.  In addition to providing our customers with additional connectivity and peering options, we anticipate the exchange to attract additional content, network and cable providers to our campus to connect to LINX for cost-effective peering and improved network performance.”

「 LINX NoVA およびインターネット・コミュニティと提携することで、Ashburn リージョンでファイバー/コンテント・リッチで、Open IX に認定された中立のインターネット・エクスチェンジを、私たちの顧客に提供できることを、とても喜んでいる。この、LINX NoVA ノードにより、当社の Ashburn キャンパスにおけるネットワーク密度が向上する。私たちの顧客に、付加的な接続とピアリング・オプションを提供することに加えて、LINX に接続するために私たちのキャンパスに参加する、魅力的なコンテンツ/ネットワーク/ケーブルのプロバイダの、エクスチェンジに参加することが可能になる。それにより、費用対効果の高いピアリングと、ネットワーク・パフォーマンスの向上をもたらされるだろう」と DFT の Director of Carrier Relations である Vinay Nagpal は述べている。

More Steam For the Open-IX Movement

In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model had struggled to establish itself in the U.S., barring recently.

この、ヨーロッパ型のインターコネクション・モデルにおいては、インフラストラクチャをホスティングするコロケーション・プロバイダというより、このネットワークへの参加者により、インターネットト・ラフィック・エクスチェンジが管理される。このモデルは、つい最近まで障壁に阻まれ、アメリカ国内でのポジションを確立するのに苦労していた。

Cue the recently-formed Open Internet Exchange (Open-IX), which hopes to import the European model stateside. Open-IX is a member owned, member governed non-profit looking to drive expansion of business-neutral Internet exchanges, reducing complexity, cost, and improving access within critical interconnection markets. The European approach seeks to extend the exchange across multiple data centers, offering participants a choice among providers and facilities.

最近に誕生した Open Internet Exchange (Open-IX) がきっかけとなり、このヨーロッパ型のモデルを、アメリカ本土に輸入するという希望が生じている。Open-IX は、そのメンバーたちに所有され、ビジネス・ニュートラルなインターネット・エクスチェンジを拡大する、非営利な発想により運営されていく。したがって、複雑さが軽減され、コストが低減され、重要なインターコネクション市場へのアクセスが改善されていく。このヨーロッパ型のアプローチは、複数のデータセンター間をまたいだエクスチェンジの拡大を目指し、また、プロバイダやファシリティに対する選択肢をメンバーに提供していく。

The new exchange introduces an approach that has thrived in London, Amsterdam, Frankfurt and several Asian markets. It represents an alternative to the market leadership of Equinix, whose Ashburn campus is the focal point for interconnection activity in northern Virginia.  LINX is now going to be right in the heart of it all: Ashburn, Virginia.

この、新しいエクスチェンジが導入しているアプローチは、London/Amsterdam/Frankfurt/Asia(一部)のマーケットで成功を収めている。それが示すのは、Equinix のマーケットにおけるリーダーシップの代替である。そして、同社の Ashburn キャンパスは、北 Virginia におけるインターコネクションの中心となっている。 つまり LINX は、Ashburn, Virginia  という、すべての中心のど真ん中に入り込もうとしているのだ。

Other activity spurred by Open-IX includes German Exchange DE-CIX entering NY, and Digital Realty’s plans to support the model.

Open-IX により拍車がかかる、他のアクティビティには、German Exchange DE-CIX entering NY や、このモデルをサポートする Digital Realty の計画などが含まれる。

LINX currently connects over 480 networks from mearly 60 countries with more than 1,100 ports. In May LINX announced plans to enter the US market with an initial Northern Virginia node at the EvoSwitch data center in Manassas.

現時点の LINX は、わずか 60カ国から、1,100 以上のポートを用いて、480 以上のネットワークに接続している。この 5月に、LINX が発表した計画は、Manassas の EvoSwitch データセンターに配置された、最初の Northern Virginiaを足がかりに、アメリカ市場に参入するというものである。

RELATED POSTS:

CoreSite to Host LINX Node in Northern Virginia
Open Internet Exchange Movement Organizing
LINX Housing IT Infrastructure in Interxion London
Huge Leasing Deals for DuPont Fabros in Virginia
DuPont Fabros Borrows $180 Million

ーーーーー

一昨日に ご紹介した CoreSite に続いて、DuPont の Virginia Ashburn Corporate Center キャンパスの話してす。ここでも、Open IX がディプロイされ、また、LINX NoVa の一部を構成するものとなるようです。アメリカ東海岸における Open IX の 展開が、さらに加速し始めることになるわけですが、ここに進出しようとしているのは London IX だけではありません。 次回は、Amsterdam Internet Exchange の動向を、ご紹介したいと思っています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる

Posted in Data Center Trends, Open IX, Telecom by Agile Cat on February 18, 2014

CoreSite to Host LINX Node in Northern Virginia
http://wp.me/pwo1E-7di
October 7th, 2013 By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/07/customer-wins/

_ DC Knowledge

At today’s kickoff of NANOG59, CoreSite Realty announced that the London Internet Exchange (LINX) has chosen CoreSite’s Northern Virginia data center campus as one of the locations for its first North American peering exchange, LINX NoVA. The new deployment will enhance CoreSite’s existing carrier density and increase the number of options for Internet peering and customer connectivity. The LINX infrastructure will span CoreSite facilities in Reston, Virginia and Washington, DC, which support 150 customers and more than 45 networks and ISPs.

今日(10/7)の NANOG59 キックオフで、London Internet Exchange(LINX)が 最初の North America ピアリング・エクスチェンジとして、CoreSite Realty の Northern Virginia データセンター・キャンパスを選択したという発表があった。 それが、LINX NOVA である。この新しい展開により、CoreSite における既存のキャリア間の密度が高められ、また、インターネット・ピアリングと顧客を接続するオプションが豊富になっていく。この LINX のインフラストラクチャは、Reston, Virginia と Washington をまたぐ CoreSite ファシリティとなり、150社の顧客および、45以上のネットワークや ISP をサポートしていく。

LINX, one of the world’s largest Internet exchanges, currently connects over 480 networks from nearly 60 countries. In May LINX announced plans to enter the US market with an initial Northern Virginia node at the EvoSwitch data center in Manassas. LINX’s deployment at CoreSite is aligned with the Open IX, a member-governed organization seeking to adopt the European model for Internet exchanges in the United States.

世界でも最大級の IX(Internet eXchanges)である LINX は、現時点で約60ヶ国に浸透し、また、480 のネットワークを接続している。この 5月に LINX は、Manassas の EvoSwitch データセンターから、Northern Virginia ノードに接続し、アメリカ市場に参入する計画を発表した。そして、CoreSite における LINX の展開は、アメリカの IX にヨーロッパ・モデルを採用させようという、メンバーにより統制される組織である、Open IX と足並みを揃えるものとなる。

“We believe that our deployment in CoreSite’s Northern Virginia campus will contribute to us being able to create a successful new exchange in the US,” said John Souter, CEO at LINX. “To demonstrate our commitment to building a world leading Internet Exchange in North America, we will be subsidizing it by providing free 10G ports to any networks who join.”

「 私たちは、Northern Virginia の CoreSite キャンパスにおけるデプロイメントが、アメリカでの新たなエクスチェンジの成功に寄与すると信じている。世界をリードする Internet Exchange を北米に構築するという、私たちのコミットメントを実証するために、あらゆる参加者のネットワークに対して、10G ポートを無償で提供するという、支援策を打ち出していく」と、LINX の CEO である John Souter は述べている。

“The addition of LINX NoVA to our group of peering partners will further enhance the existing network density inherent in CoreSite’s Northern Virginia community and support the development of a more robust Internet peering ecosystem in the important Northern Virginia market,” said Brian Warren, VP Product Management at CoreSite. “As reflected by the introduction of our Open Internet Exchange Hub last year, we believe in the importance of neutral Internet exchanges and our relationship with LINX NoVA in Virginia further strengthens our platform’s value in providing our customers additional opportunities for both connectivity and community.”

「 私たちのピアリング・パートナーのグループに、LINX NoVA を追加することで、CoreSite の Northern Virginia コミュニティに備わっている既存ネットワークの密度を高め、また、きわめて重要な Northern Virginia 市場において、さらに強固なインターネット・ピアリング・エコシステムを促進していく。昨年における Open Internet Exchange Hub の導入が示すように、私たちは Internet Exchange の中立性が重要だと確信している。 そして、Virginia における LINX NOVA との連携により、私たちのプラットフォームの価値を高めることで、接続性とコミュニティの双方において、私たちの顧客に新たなビジネス・チャンスを提供していく」と、CoreSite の VP Product Management である Brian Warrenは述べている。

Twitch Gaming Platform Deploys at Telx

Twitch, a video platform and community for gamers with over 40 million unique visitors per month, has expanded its presence in the Telx SFR1 data center at 200 Paul Avenue data center in San Francisco. Twitch said the ability to connect directly to the world’s top mobile and transit networks within SFR1 will boost Twitch’s growth as a leading video platform for the video games industry, servicing developers, media outlets, organizations, publishers and individual gamers with more than 600,000 unique broadcasters.

Twitch は、ゲーマーたちにビデオ・プラットフォームとコミュニティを提供し、また、1ヶ月あたり 4000万人以上のユニーク・ビジターに対応している。そして、San Francisco における 200 Paul Avenue で、Telx SFR1 データセンターのプレゼンスを拡大してきた。Twitch の発言によると、世界でトップクラスの Mobile/Transit ネットワークと、SFR1 内でダイレクトに接続する能力により、ビデオゲーム業界における主要ビデオ・プラットフォームとしての、同社の成長が促進されているようだ。具体的には、60万以上のユニークなブロードキャスターを用いて、開発者や、メディアの支局、各種の団体、パブリッシャーたちに対して、サービスを提供していくことになると言う。

“Telx has been an important partner in our growth strategy by enabling us to deliver a high performance service of digital media content,” said Jonathan Shipman, EVP Engineering Operations for Twitch. “We were able to expand our presence with Telx in a cost-effective way and scale quickly to support growing demand from new and existing customers. Telx’s facility in San Francisco provides us with a way to expand our user base and improve experience, and we are excited about future opportunities with Telx.”

「 デジタル・メディア・コンテンツの配信において、ハイ・パフォーマンスのサービスを実現していくという、当社の成長戦略において、Telx は重要なパートナーであり続けてきた。 私たちは、費用対効果が高く、迅速にスケールしていく、Telx のプレゼンスを高めることで、新規および既存の顧客において、増大してく需要をサポートすることができた。 San Francisco における Telx のファシリティが提供してくてたのは、私たちのユーザーベースを拡大し、ユーザー・エクスペリエンスを改善するための方式である。 したがって、私たちは将来においても、Telx とのビジネスを拡大していきたいと思っている」と、Twitch の EVP Engineering Operations である Jonathan Shipman は述べている。

The San Francisco Bay Area is the second-largest market for colocation in the United States and is a key strategic growth market for Telx. Telx’s SFR1 facility provides access to dozens of the leading domestic and international carriers, CDN’s, and ISP’s, as well as physical interconnection points to the world’s largest networks and enterprise backbones.

San Francisco の Bay Area は、アメリカで二番目の規模を誇るコロケーション市場であり、また、Telx の成長戦略においても、主要なマーケットを構成している。そして、Telx の SFR1 ファシリティは、国内外の主要なキャリア/CDN/ISP に対して、数十系統のアクセスを提供している。 また、それだけでなく、世界最大のネットワークとエンタープライズへのバックボーンに対する、物理的な相互接続ポイントも提供している。

Latisys Boosts APT Payment Processing

Latisys has announced an IT Infrastructure as a Service (IaaS) agreement with Accelerated Payment Technologies (APT), which provides secure credit card payment solutions. APT chose Latisys to consolidate multiple hosting providers to a private cloud environment with dedicated switching and a PCI compliant hosting environment to underpin its payment processing services. By consolidating at Latisys, APT was also able to deploy a disaster recovery (DR) service to automatically and instantaneously move workloads from one site to another.

Latisys は、セキュアなクレジット・カード決済ソリューションを提供する、Accelerated Payment Technologies (APT) と、Infrastructure as a Service (IaaS) を組み合わせた、IT インフラ・サービスを発表している。 また、APT が Latisys を選んだのは、専用のスイッチングを用いるプライベート・クラウド環境内に、複数のホスティング・プロバイダを統合し、また、PCI 準拠のホスティング環境により、その決済処理サービスを支えるためである。 Latisys におけるコンソリデーションにより、サイト間におけるワークロードの移動を、自動的かつ瞬時に行う DR (Disaster Recovery) サービスのディプロイを、APT は達成している。

Under terms of this multi-year deal, Latisys tailored a managed infrastructure solution to blend APT’s private cloud environment with Latisys’ PCI compliant hosting platform. Latisys deploying an MPLS ring network with dedicated circuits and bandwidth, enabling APT to leverage Latisys’ backbone between data centers.

この複数年にまたがる契約の下で、Latisys が提供するマネージド・インフラス・ソリューションとは、Latisys の PCI 準拠のホスティング・プラットフォームと、APT のプライベート・クラウド環境をブレンドするものである。そして、Latisys がディプロイする MPLS リング・ネットワーク/専用回路/帯域幅を用いることで、APT はデータセンター間をまたがる Latisys のバックボーンを、活用していくことになる。

“APT is a financial services firm with mission critical payment services demanding high levels of IT performance while meeting PCI compliance requirements,” said Pete Stevenson, Chief Executive Officer, Latisys. “Our national platform is ideal for delivering highly flexible and scalable hybrid IT infrastructure solutions including new, customizable outsourced disaster recovery services.”

「 APT は、ハイ・レベルの IT パフォーマンスを要求する、ミッション・クリティカルな決済サービスと金融サービスの会社であるが、PCI コンプライアンス要件を充たすという必要性を有している。私たちのナショナル・プラットフォームは、きわめてフレキシブルでスケーラブルな、ハイブリッド IT インフラ・ソリューションを提供する上で理想的なものであるが、カスタマイズとアウトソーシングに対応する、新たな DR サービスも取り込んでいる」と、Latisys の CEO である Pete Stevenson は発言している。

RELATED POSTS:

ーーーーー

2013年10 月ごろから、Open IX をめぐる動きが具体化してきました。 その先陣を切切ったの は LINX(London Internet Exchange)であり、Northern Virginia の CoreSite キャンパスに Open IX をディプロイすると発表したのです。この LINX のインフラストラクチャは、Reston, Virginia と Washington をまた ぐ CoreSite ファシリティとなり、150 社の顧客および、45 以上のネットワークや ISP をサ ポートするものです。それまで、キャリアなどが支配してきた、アメリカの IX に対して、とてもパワフルなコンペティタが登場することになりました。image

ーーーーー

<関連>

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX, Strategy by Agile Cat on February 12, 2014

Open Internet Exchange Movement Organizing
http://wp.me/pwo1E-7cc

August 28th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/08/28/open-ix/

_ DC Knowledge

A new group is seeking to change the way networks connect with one another in the United States, saying it believes it can improve the cost and reliability of the physical connections that tie the Internet together.

新しいグループが、アメリカ国内におけるネットワーク接続の方法を、別のものに変更しようとしている。そして、インターネットの物理接続における、コストを低減し信頼性を向上させることが可能だと言っている。

Open IX is a new organization seeking to adopt the European model for Internet exchanges in the United States.

Open IX wants to create a new network of Internet exchange points (IXPs), creating neutral, member-governed exchanges that allow participants to trade traffic. The group is embracing a non-profit model that is widely used in Europe and spreads exchange operations across multiple data centers in a market. In the U.S. these exchanges are typically hosted by commercial providers, with interconnections focused in a single facility or campus operated by that provider.

Open IX は、Internet exchange points (IXPs) による新しいネットワークを構成し、メンバーによる中立な管理を実現し、さらには、参加者がトラフィックを交換できる状況を目指している。このグループは、非営利のモデルを採用し、すでにヨーロッパで広く利用され、マーケットにおける複数のデータセンター間でのエクスチェンジ・オペレーションを拡大しているところである。また、アメリカ国内における、これらのエクスチェンジは、商用プロバイダーによりホストされるのが一般であり、それらのプロバイダー運用する単一のファシリティやキャンパスの中で、相互に接続されるように導かれている。

The organizers of Open IX have spent the past year developing the framework for the initiative, which will endorse network operators and data centers to participate, based on their acceptance of the basic principles of Open IX. This week they are creating a non-profit entity to manage the effort, which is coming out of stealth as companies announce ambitions to house Open IX exchanges in northern Virginia and the New York/New Jersey markets.

Open IX の主催者は、このイニシアチブのためのフレームワークを開発するために、つまり Open IX の原則を受け入れるネットワーク事業者やデータセンターの参加を支援するための、枠組みの作り込みに数年を費やしている。そして今週には、こうした取り組みを促進するための、非営利団体が立ち上がる。より具体的に言うと、Virginia 北部と New York/New Jersey のマーケットで、複数の企業が Open IX エクスチェンジをホストするという具合に、この大いなる野望は、水面下で静かに進んできたのだ。

“In the US, interconnection is limited based on the commercial terms that incumbent data center providers enforce on ISPs,” said David Temkin, one of the organizers of Open IX. “Certain service providers have terms that forbid from competing against them. You can’t build competing Internet exchanges.”

「 アメリカにおける相互接続は、既得権を持つデータセンター·プロバイダーが、ISP 上で強制するという商業的な条件により、制限されたものになっている。特定のサービス・プロバイダーが、彼らに対する競合を排除するという規約を持っている。 したがって、それと競合するインターネット・エクスチェンジの構築は不可能だ」と、Open IX の主催者の一人である、David Temkin は発言している。

In addition to the business issues, there are also concerns about the resiliency of the current model, which have been heightened by recent disasters.

こうしたビジネス上の問題に加えて、最近の災害により、現行モデルの弾力性につても懸念が高まっている。

“The idea really is to be able to not have all your servers in one building and all the world’s network connectivity in another,” said Martin Hannigan, a networking industry veteran who has worked with Temkin to launch Open IX. “There are concerns about resiliency, and these were highlighted by Hurricane Sandy in New York.”

「 実際のアイデアは、あなたのサーバーが 1つの建物に閉じ込められないようにすることであり、また、世界のネットワーク接続内を別の場所に移すことである。いまは、弾力性に関する懸念があるが、それが New York での Hurricane Sandy により強調されている」と、Open IX を Temkin と伴に立ち上げたネットワーキング界のベテランである、Martin Hannigan は発言している。

Volunteer Effort

現在の HP ⇒

Temkin and Hannigan are volunteers, and emphasize that Open IX is a grass-roots effort and they’re not representing their employers. Temkin heads network architecture at Netflix, while Hannigan holds a similar post at Akamai Technologies. Other members of the volunteer board have day jobs at Google, Comcast and Iron Mountain, illustrating the new project’s technical experience and familiarity with issues facing large networks.

Temkin と Hannigan の活動はボランティアとしてのものであり、また、Open IX は草の根の取り組みであり、自身が所属する企業を代表していないことを強調している。 Temkin は Netflix におけるネットワーク・アーキテクチャの指導者であり、Hannigan も Akamai Technologies で同様のポジションを担っている。そして、他のボランティア・ボード・メンバーも、Google/Comcast/Iron Mountain などで働いており、この新たなプロジェクトに相応しい技術的経験を持ち、また、大規模ネットワークが直面する課題に取り組んでいる。

Advocates of the European peering model say its strengths are that exchanges are managed by members and distributed across multiple data centers (See Bill Norton’s Dr. Peering site for a broader comparison of U.S. and European models). The London Internet Exchange (LINX), which this week announced plans to launch U.S. operations with EvoSwitch in northern Virginia, has 477 members in London and is spread across 10 data centers operated by four different providers. The AMS-IX in Amsterdam has 611 participants and is spread across 12 different colocation facilities.

ヨーロッパにおける同じモデルの提唱者は、その強みについて、このエクスチェンジがメンバーによて管理され、また、複数のデータセンターに分散している点にあると発言している(See Bill Norton’s Dr. Peering site for a broader comparison of U.S. and European models)。The London Internet Exchange (LINX) は、今週に Virginia 北部で EvoSwitchと共同で、アメリカでの事業を立ち上げる計画を発表しているが、London に 477人のメンバーを持ち、4つのプロバイダーが運用する、10ヶ所のデータセンターに分散されている。また、Amsterdam の AMS-IX は、611人のメンバーにより構成され、12ヶ所のコ・ロケーション・ファシリティに分散されている。

“A crucial part of the Open IX approach is to span the buildings of more than one operator,” said John Souter, the CEO at the London Internet Exchange. “The operator community is saying loudly and clearly that they want to have exchanges that span multiple buildings. The American operator community is saying it wants a level playing field, and we’re modeling what we’ve seen work in the rest of the world.”

「 Open IX のアプローチにおける最も重要な部分は、複数の事業はが提供する、複数のビルディングにまたがることである。 そして、それらの事業者のコミュニティは、複数のビルディングにまたがるエクスチェンジを持ちたいと、大きな声でハッキリと言っている。アメリカの事業者コミュニティは、あるレベルでの、活動の場を望むと発言している。 そして、私たちは、世界の他の地域で見てきたものモデリングしている」と、 London Internet Exchange の CEO である John Souter は言っている。

Role for Data Centers

The Open IX initiative has conducted surveys of U.S. providers and held several meetings to outline their plans, including one at a recent meeting of the North American Network Operators’ Group (NANOG) and another last week in New York. Both meetings were attended by “virtually all” of the major data center service providers, according to Hannigan. The largest data center landlord, Digital Realty Trust, has already announced its intention to earn endorsement.

Open IX イニシアチブは、アメリカのプロバイダに対する調査を実施し、また、自身の計画について概要を説明するために、何度かのミーティングを開催している。 そして、そこには、先週の New York で行われた、 North American Network Operators’ Group (NANOG) とのミーティングも含まれる。Hannigan によると、それぞれのミーティングには " 事実的に全て " の、主要なデータセンター・サービス・プロバイダーが参加したという。そして、データセンター不動産に関する最大の家主である  Digital Realty Trust も、承認を得るという意向を、すでの表明しているという。

“This is great for the entire industry – from the large CDNs, content providers and the end users,” said John Sarkis, Vice President of Connectivity and Carrier Operations at Digital Realty. “The current state of affairs, as an end user, is that service isn’t that great. In Europe, things run more efficiently and effectively. The Internet community here in North America wants to adopt the open structure.”

「 このことは、業界全体にとって、つまり、大規模 CDN や、コンテンツ・プロバイダー、そしてエンドユーザーにとって、素晴らしいことである。 エンドユーザーの視点から見ると、現在のサービスにおける状況は、決して素晴らしいとは言えない。ヨーロッパでは、それらが、より効率的かつ効果的に運用されている。したがって、北米のインターネット・コミュニティは、オープンな構造を採用したいと考えている」と、Digital Realty の VP of Connectivity and Carrier Operations である John Sarkis は発言している。

Open IX will be open to all data centers that meet its criteria. That includes Equinix, which is the leading player in the U.S. interconnection, hosting more than 110,000 cross-connects in its colocation centers. “To the extent that this is seen as a threat to Equinix, it’s because they have so many cross-connects,” said Souter.

Open IX は、その基準を満たす、すべてのデータセンターに対して開かれている。そして、そこには Equinix も含まれる。同社は、そのコロケーション・センターに、11万以上の Corss-connect をホストする、アメリカの相互接続におけるリーディング・プレーヤーである。「 この試みが拡大していくと、Equinix は脅威として見なすかもしれない。 なぜなら、彼らは大量の cross-connect を保持しているからだ」と、Souter は言う。

What About Equinix?

Temkin noted that Equinix has been involved in the Open IX discussions. “They’ve sent people who have collaborated and seem genuinely interested,” said Temkin. “They do have a lot of power in certain markets.”

Temkin は、Open IX の議論に Equinix 関わってきたことを指摘している。「 彼らは、協力するための人員を送り込んできており、純粋な興味を持ってように見える。そして、彼らは、特定のマーケットにおいて、大きなパワーを持っている」と、Temkin は言う。

While Equinix is the dominant player in the U.S. peering paradigm, they know the European model well from their participation in LINX, the AMS-IX in Amsterdam and DE-CIX in Frankfurt. ”We’re trying to make it so everyone can be included,” said Hannigan. “I do think it can work in (Equinix) facilities.”

Equinix は、アメリカ市場における支配的プレーヤーである。その一方で、それと同等のパラダイムである、LINX および、AMS-IX in Amsterdam、DE-CIX in Frankfurt などのヨーロッパ・モデルに、自身がうまく参加できていると認識している。「 私たちは、すべてのプレイヤーを取り込めるように、それを作っていきたい。 そして、(Equinix の)ファシリティでも、それが機能するようにと考えている」と、Hannigan は発言している。

Equinix didn’t want to comment specifically on Open IX. “Equinix’s view is that competition in the marketplace is good and ultimately benefits customers,” the company said in a statement.

Equinix は Open IX に対して、コメントしたがっていない。 そして、「 Equinix の視点は、マーケットにおける競争は善であり、最終的には顧客にメリットをもたらす」と、同社はステートメントで述べている。

Opportunity in the Suburbs?

It’s likely that if Open IX grows and succeeds, it will result in a more distributed ecosystem in which smaller data center operators would be able to offer exchange-level interconnections, including facilities that are some distance from existing network hubs.

Open IX が成長し成功するなら、小規模データセンター事業者が、エスクチェンジ・レベルの相互接続を提供できると思われる、エコシステムが結果として生じるだろう。そして、そこには、既存のネットワーク・ハブから少し離れている、ファシリティも含まれることになる。

“Various vendors have tried solutions in the suburbs,” said Temkin. “No one will move because you can’t get the connection densities.” Easing the ability to connect in secondary facilities, could extend that exchange ecosystem. For example, Equinix hosts a LINX node in Slough, 30 miles west of the exchange’s original site in London’s Telehouse. That could also have reliability benefits.

「 さまざまなベンダーが、郊外での運用というソリューションに取り組んできた。そして、接続密度が得られないため、誰も移動できなかった」と、Temkin は言う。しかし、二次的なファシリティへ接続する機能を容易にすることで、そのエクスチェンジ・エコシステムを拡張できる。たとえば、Equuinix は、London Telehouse のオリジナル・エクスチェンジ・サイトから、西に 30 miles 離れた Slough に、LINX ノードをホストしている。そして、信頼性という面でメリットも享受している。

“One of the biggest problems we see in the current environment, is that numerous cities, all of the density is in one building,” said Temkin. He cites 350 East Cermak in Chicago as one example. “If something happens to that building, the Internet goes down.”

「 いまの環境における、最大の問題の 1つは、数多くの都市で、すべての接続密度が、1つのビルディングに詰め込まれている点である」と、Temkin は言う。彼は、例として、Chicago の 50 East Cermak を挙げている。そして、「もし、そのビルディングに、何かが発生した場合、インターネットがダウンする」と付け加えている。

Hannigan says Open IX has no particular deployment strategy. It has surveyed members to gauge interest in different makets, but will be guided by who has interest and applies for endorsement.

Hannigan が言うには、Open IX には、特定のデプロイメント戦略は無いとのことだ。それぞれのマーケットに対する関心を測定するために、メンバーを対象とする調査を実施したが、興味を持つ人々に導かれ、また、承認されていくことになるだろう。

“There’s definitely room in the market for two exchanges,” said Hannigan. “It has to start organically. For the most part, everything will operate by consensus. The Internet has a long history of volunteers coming together to solve problems.”

「 2つのエクスチェンジのためのマーケットには、一定の空間が必ず存在する、それらは、有機的に起動しなければならない。そして、大半のパートは、合意に基づいて、すべてが動き出す。インターネットには、問題を解決するために、ボランティアが集まってくるという長い歴史がある 」と、Hannigan は言っている。

DCK Industry Analyst Jason Verge contributed to this story.

RELATED POSTS:

ーーーーー

2013年8月の記事ですので、だいぶ時間が経っていますが、文中で紹介されている計画が、今年に入ってから、次々と具体化されているように思えます。 先月末の OCP Summit の会場で、Data Center Knowledge の Rich Miller さんと立ち話したのですが、Open IX には大いに注目していると言っていました。 この記事も、かなり気合の入ったものに仕上がっていますが、その背景には、応援していこうという、彼の思いが有るのだと納得しました。 Agile_Cat も、追いかけていきます! image 

ーーーーー

<関連>

2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる

%d bloggers like this: