Agile Cat — in the cloud

IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Posted in Government, IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 23, 2015
Internet of Things: Cooperation Between Industry and Government
Dick Weisinger – Feb 18, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-cooperation-between-industry-and-government/
formtek.png
The British government recently published a detailed report about the impact of the Internet of Things (IoT) on government, something that they’re calling the ‘second digital revolution’.  The report is called the Blackett Review, named after the Nobel Prize winner Baron Blackett, a physicist who is known for his operations research contributions during World War II.
 
最近の英国政府が公表したレポートでは、IoT が「Second Digital Revolution」として位置づけされ、その影響に関する詳細が述べられている。ノーベル賞受賞者である Baron Blackett にちなんで、このレポートは Blackett Review と呼ばれるが、この物理学者は第二次世界大戦中に、Operation Reserch で貢献したとして広く知られる存在である。
 
Renoir_5The report looks at how the Internet of Things is expected to radically transform the technologies in government, energy, transport and healthcare sectors.  While much of the data in the report are references to other studies, the Blackett Review does a good job of pulling together information about the current state of IoT.  The report also identifies many areas, particularly from the perspective of governments,  that the technology is expected to affect.
 
このレポートは、行政/エネルギー/輸送/ヘルスケアといった各分野におけるテクノロジーに注目し、それらが IoT により、どれほどまで変革されるのかを予測している。そして、他の調査による多数のデータを参照してはいるが、それらの情報と IoT の現状を結び付けるという意味で、この Blackett Review は良い仕事をしている。そして、さらに、それらのテクノロジーが影響を及ぼすと思われる分野を、とりわけ政府の観点から、このレポートは数多く特定している。
 
Some of the findings of the report include:
 
このレポートから参照される、いくつかの興味深い点を列挙する:
 
  • Recommendation for government to back open, interoperable and secure standards.
  • Establishment of a government advisory board that can advise and coordinate IoT efforts on-going between the private and public sectors.
  • Continue and expand the publishing of real-time government Open Data
  • Government and Industry need to work together to come up with best principles for security and privacy
  • Government and Industry need to work together to maximize connectivity and continuity of IoT devices
  • Data Science needs to be prioritized and encouraged in secondary and tertiary education
 
  • オープン/インターオペラブル/セキュアなスタンダードを支援すべきと、政府に対して推奨する
  • 政府内に諮問委員会を設立し、民間と公共の間で進められる IoT への取り組みに対する、助言と調整を実施すべきだ
  • 政府における Open Data のリアルタイムな公開を、継続するだけではなく拡大すべきだ
  • セキュリティとプライバシーに関する最適な原則を作り出すために、政府と産業界は協調すべきだ
  • IoT デバイスの接続性と継続性を最大にするために、政府と産業界は協調すべきだ
  • Data Science の優先順位を引き上げ、高等教育での取り組みを推奨すべきだ
ーーーーー
Blacket Review of IoTOn Mondayもし、私たちの生活や社会が、インターネットにより変化していないなら、このような IoT に関する議論は、唐突なものに過ぎないでしょう。しかし、誰もが体感しているは、モバイルやクラウドの登場に伴い大きく変化してきた、それぞれの日常 そのものなのです。それならば、IoT の将来についてもイメージが出来るはずであり、怖がらずに先へ進むべきという論調が、このところ強まってきたと感じています。 しかし、行政と民間が二人三脚で進まなければ、それも絵に描いた餅に終わります。 さて、日本は、どのように進むべきなのでしょうか。。。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している

Posted in On Monday by agilecat.cloud on February 16, 2015
SaaS Pricing: SaaS Sales Models Shifting from B2B to B2C
Dick Weisinger – Feb 11, 2015
http://formtek.com/blog/saas-pricing-saas-sales-models-shifting-from-b2b-to-b2c/
formtek.png
More than a quarter (27.8%) of enterprise applications are expected to be SaaS-based by 2018, generating $50.8 billion, up 16% from $22.6 billion in 2013.
 
エンタープライズ・アプリケーションだが、2018年までに、その 1/4 以上(27.8%)が SaaS ベースとなり、$50.8 billion の売上を生じるようだ。 ちなみに、2013年の SaaS は、$22.6 billion を生み出していた。
 
Dali_7Christine Dover, research director at IDC, said that ”demand for SaaS enterprise applications is accelerating and exceeding the demand for on-premise applications by five times [through 2018]. Generally, wherever new enterprise application software is required, the expectation is that SaaS applications are preferred, particularly for customer relationship management and enterprise resource management applications.”
 
IDC の Research Director である Christine Dover は、「 エンタープライズ SaaS アプリケーションが加速しているが、2018年までの需要を予測すると、オンプレミスに対して 5倍以上になると思われる。一般的に言って、エンタープライズが新しいアプリケーション・ソフトウェアが必要とするとき、大半のケースで SaaS アプリケーションが好まれるだろう。その傾向は、とりわけ、Customer Relationship Management と、Enterprise Resource Management で強くなっている」と述べている
 
As the SaaS-based landscape grows, what’s interesting is what is happening with pricing.  A recent Price Waterhouse Cooper (PWC) report, said that “for software companies hoping to pursue new markets and business models by introducing SaaS offerings, pricing management may be the crucial factor determining success and failure.”
 
SaaS ベースの視界が開けるにつれて、何が興味深くなるかと言えば、価格の設定に関連して引き起こされる変化である。 最近の Price Waterhouse Cooper (PWC) レポートは、「 新しいマーケットやビジネス・モデルを追求するために、SaaS の提供を促進しようとするするソフトウェア・プロバイダーにとって、成功と失敗の岐路となる大切な要因は、価格の設定になるだろう」と述べている
 
A study by Seeking Alpha by Tomasz Tunguz looked at SaaS pricing models for SaaS companies during the year the company went IPO.  In 2011 the median customer value of newly-minted IPO SaaS companies was $96,000.  In 2014, the median customer value dropped to $13,000. The article attributes this drop to the ‘consumerization of IT’.
 
Seeking Alpha の Tomasz Tunguz による調査は、この数年の間に IPO を達成した SaaS 企業の、価格モデルに注目している。2011年に IPO に達した SaaS 企業にとって、その顧客が費やす対価の平均は $96,000 であった。 その値が、2014年には $13,000 まで下がっている。この記事は、「 IT のコンシューマライゼーション」がもたらした、対価の引き下げであると結論づけている。
 
”Instead of a centralized IT organization deciding which products to buy, product managers and marketers and engineers and data scientists determine which products they think would serve them best and buy them directly, often using a credit card…  Buyers prefer buying this way – it provides them more control and less financial exposure.
 
「 組織内で IT を集中管理する部門ではなく、プロダクト・マネージャー/マーケッター/エンジニア/データ・サイエンティストたちが、購入すべき製品を判断するようになった。それらの製品は、彼らにとって最適と思われるものであり、また、大半のケースにおいて、クレジットカードによるダイレクトな購入が生じている。買い手が、このような方法を好むことで、プロダクトの購入における管理が行き届き、また、対価も抑制されていく」
 
They are no longer locked into large, company-wide contracts with particular vendors. In addition, startups benefit by reducing their capital needs and creating faster, more repeatable sales processes that often look more like B2C sales than B2B. The impact is dramatic and startups have no incentive to reverse course.”
 
「 もはや、ユーザー企業と特定ベンダーが、全社的な契約を交わすような状況にはない。さらに言えば、迅速に開発を進めるスタートアップたちが、ユーザー企業の資金需要を低減することで、利益を手にするようになってきた。つまり、B2B より B2C に近い、リピートが可能な営業プロセスが、大半のケースで重宝されているのだ。この影響力は絶大なものであり、スタートアップたちに方向を転換させるようなインセンティブは、もう、どこにも存在しない」
 
ーーーーー
On Mondayクラウドのメリットを最大限に活用するスタートアップたちが、エンタープライズにおける特定の部門に対して、最も価値の高いサービスを、簡単かつ安価に提供していくモデルを確立したのです。そして、少数の大口顧客に依存するより、たくさんの小口顧客を持つ方が、SaaS ベンダーの経営の安定につながるはずです。 誰もがワクワクする、素晴らしい展開ですね。クラウドが、益々 面白くなる! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率

IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 9, 2015
Internet of Things (IoT): Driving a Revolution in Digital Manufacturing
By Dick Weisinger – Feb 6, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-driving-a-revolution-in-digital-manufacturing/
 
formtek.png
 
The Internet of Things (IoT) is a vision of a world where almost any kind of object can and many will carry some kind of transmitter to send and receive data from the internet.  Think sensors and smart appliances everywhere, and all able to communicate, both by M2M (machine to machine) and M2H (machine to human).
 
IoT のビジョンとは、あらゆる種類のオブジェクトおよび数多くの人々が、なんらかの転送方式とインターネットを介して、データを送受信する世界のことである。すべてのロケーションにセンサーとスマート家電が配備され、M2M (machine to machine)M2H (machine to human) により、それらが通信し合う状況を想像して欲しい。
 
Dali_1Gartner estimates that in 2020 more than 26 billion devices will be able to communicate and signal via the internet.  Cisco estimates the IoT market will add more than $14 trillion to the global economy, of which McKinsey says $310 billion represents incremental revenue for businesses.
 
Gartner の推定によると、2020年には 260億個のデバイスが、インターネットを介して通信し、信号を交換し合うことになる。Cisco の推定では、IoT は $14 trillion 以上のビジネスを生み出し、グローバル経済に寄与することになる。 また、それにより、年間で $310 billion の増収を、グローバルにおける企業群が、積み上げていくと McKinsey は発言している
 
Susan Hauser, Microsoft Vice President, said that “the challenge for successful companies in the coming year will be to harness this data to act on key insights, improve customer service, reduce time to market, enable new innovation in product and services development, and ultimately transform themselves with new business models and revenue streams.”
 
Microsoft の VP である Susan Hauser は、「来年に成功する企業にとっての課題は、それらのデータを活用することで、顧客サービスの向上や、製品開発に費やす時間の短縮を、重要な洞察をベースにしながら推進し、プロダクトとサービスの開発で新たなイノベーションを達成する点に集約される。そして、最終的には、新たなビジネス・モデルと収益の流れを作りだし、自社の体質を変革させることになる」と述べている
 
One area where IoT is poised to drive innovation in particular is manufacturing. By embedding sensors across all devices and elements of the shop floor, businesses will be able to collect real time manufacturing data, enabling very precise monitoring of the production process.  Companies will be able to do predictive maintenance to reduce downtime, better manage their inventories, and also to become more flexible and responsive to changes in market conditions.  A SAS survey found that 18 percent of industrial machinery companies have already started to use ‘IoT devices’ to increase production and reduce costs.
 
IoT によるイノベーション態勢を整えている分野として、とりわけ注目されるのは製造業だろう。すべてのデバイスなどにセンサーをエンベッドすることで、その工場を運用する企業はデータをリアルタイムで収集し、きわめて正確に生産プロセスをモニタリングできるようになる。その結果として、それらの企業は、生産ラインを止めないための予知メンテナンスや、効率のよい在庫の管理を可能にし、さらには、市況の変化に応じた柔軟な操業を実現していく。SAS の調査によると、産業用機器を製造する企業の 18% が、生産の向上とコストの削減を目指して、すでに IoT デバイスを活用していることが分かっている。
 
Sansa Security predicts that 2015 will be the year where device sensors will by default use common, rather than proprietary, protocols to communicate, enabling devices to better interact and be controlled through a single interface.  But businesses will need to make investments.  Old equipment will need to be upgraded or replaced in order to support the new paradigm of digital manufacturing.
 
Sansa Security の予測によると、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルが、2015年にはプロプライエタリからコモンへと変化するようだ。つまり、デバイス間での対話性が向上し、シングル・インタフェースを介した制御が可能になっていく。ただし、依然として企業は、投資を継続していく必要があるだろう。この、デジタル製造業という新しいパラダイムをサポートするために、旧来からの機器を更新/交換していく必要があるのだ。
 
John Nesi, Vice President at Rockwell Automation, said that IoT technology is needed to address “global competitive pressures that are challenging industrial and manufacturing companies to drive inefficiencies out of their systems, manage workforce skills gaps and uncover new business opportunities.”  Done properly, the benefits will be “faster time to market, improved asset utilization and optimization, lower total cost of ownership, workforce efficiency, enterprise risk management and smarter expenditures.”
 
Rockwell Automation の VP である John Nesi は、「IoT テクノロジーが必要とされるのは、製造に携わる企業から非効率なシステムを排除し、グローバルな競争におけるプレッシャーに取り組んでいくためである。それにより、従業員のスキル・ギャップが管理され、新しいビジネス・チャンスが発見される。あらゆる課題に適切に対処していけば、製造期間の短縮/資産の利活用と最適化/所有コストの低減/労働環境の改善/適正なリスク管理/効果的な投資などの、数多くのメリットが生まれてくる」と述べている
 
ーーーーー
On MondayGE の言う Industrial IoT が、まさに製造業のための IoT であり、そのゴールが明確だと感じていました。 そして、こうしてマトメてもらえると、とても具体的なイメージで、目の前に迫った未来像を捉えられます。 いろいろなメーカーやベンダーが、それぞれの IoT を語っていて、インターフェイスからプロプライエタリを排除できるのかどうか、その辺りが疑問として残っていたのですが、それらが共通化されると、一挙の広まりそうな感じがします。 ただし、それとは裏腹にセキュリティに代表される、さまざまな問題も浮上してくるでしょう。 なにやら、インターネットというエクスペリエンスを持つ人類が、総力戦で臨む DevOps が始まりそうな感じですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測されるz

Open Source の調査:コミュニティとプロプライエタリの間に、商用オープンソースという第3の選択肢が!

Posted in On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on February 2, 2015
Commercial Open Source: Better Rankings for Cost, Quality, Security and Control
http://wp.me/pwo1E-8g9
Dick Weisinger – Jan 28, 2015
http://formtek.com/blog/commercial-open-source-better-rankings-for-cost-quality-security-and-control/
 formtek.png
 Open Source is no longer just about getting low-cost or free software.
 
もはやオープンソースは、低コストや無料で得られるソフトウェアという観点で、単純に語るものではないようだ。
 
Rob Howard, Zimbra CTO, said that “open source provides way more benefit than cost savings alone. Open source delivers on quality and control; it empowers IT to make an impact on more than just the bottom line… there is significant opportunity for open source also to play a central role in the future of security and privacy… ”
 
Zimbra の CTO である Rob Howard が言うには、「オープンソースが提供するものは、単なるコスト削減ではなく、より多くのメリットを実現するための方式である。オープンソースは、クォリティとコントロールを提供する。 つまり、それにより、IT 部門に与えられる権限が、最低限のラインよりも膨れ上がってくるのだ。 さらに言えば、将来におけるセキュリティとプライバシーを、オープンソースが中心となって担っていくという、大きな期待感も存在する」となる。
 
Chagall_11Olivier Thierry, Zimbra CMO, wrote that “with a pure open source model, the community is accountable for security; whereas, in a proprietary model, the software vendor is responsible. A third model exists, commercial open source, which provides a risk-appropriate blend of incentive-based vendor accountability and community-driven code transparency.”
 
Zimbra の CMO である Olivier Thierry は、「純粋なオープンソース・モデルでは、その対象となるコミュニティが、セキュリティについても責任を持つ。 その一方で、プロプライエタリ・モデルでは、ソフトウェアを供給するベンダーが、その責任を持つ。第3のモデルとして、商用オープンソースというものが存在する。 そこでは、インセンティブ・ベースのベンダーによる義務と、コミュニティが主導するコードの透明性というかたちで、最適なリスク・ブレンドが達成される」と述べている
 
A Ponemon/Zimbra survey on Open Source found that IT professionals rank open source software above proprietary software on cost, business continuity, quality and control.  Specific rankings are as follows:
 
オープンソースに関する Ponemon/Zimbra の調査では、そこで生じるソフトウェアのコストおよび、ビジネスの継続性、品質/制御という視点において、オープンソースの方がプロプライエタリを上回っていると、IT プロフェッショナルたちが評価している状況が見えている。いくつかの項目において、オープンソースが得ている評価は、以下のとおりである:
 
  • Better business continuity (67 percent)
  • Higher quality (60 percent)
  • Greater control (57 percent)
ーーーーー
On Monday商用オープンソースというと、CloudStack と Citrix の関係を思い浮かべてしまいますが、規模の大小を問わなければ、それ以外にも数多くのケースが存在するようです。 文中にもリンクが貼られていますが、Wikipedia の List of commercial open-source applications and services を見ると、かなりの数の商用オープンソースが存在しているという実態が見えてきます。とりわけ、セキュリティとプライバシーに関しては、あらゆるオープンソースが取り組むべき、基盤としてのレイヤが確立し、また、ビジネスとして責任をもつ企業が登場してくるというモデルが、充分に考えられると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!

Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

Posted in On Monday, OpenStack, Research by agilecat.cloud on January 26, 2015
OpenStack-as-a-Service: OpenStack to Gain Ground in 2015
http://wp.me/pwo1E-8eO 
By Dick Weisinger – Jan 20, 2015
http://formtek.com/blog/openstack-saas-openstack-to-gain-ground-in-2015/
formtek.png
OpenStack is hot; and interest in containers is emerging [for company IT priorities in 2015],” says Dirk-Peter van Leeuwen, Red hat senior vice president.
 
OpenStack はホットであり、また、[ 2015年の企業 IT の優先順位 ] として、コンテナへの関心が浮上している」と、Red Hat の Senior VP である Dirk-Peter van Leeuwen は述べている
 
OpenStack is an open-source Apache-licensed cloud computing software platform.  It is typically used as the basis of an infrastructure as a service (IaaS) solution. Businesses often choose OpenStack as the foundation software when building private and hybrid clouds.  OpenStack competes against other products that include CloudStack and OpenNebula.
 
OpenStack は、Apache オープンソース・ライセンスの、クラウド・コンピューティング·ソフトウェア·プラットフォームであり、IaaS ソリューションなどの典型的なインフラとして使用されている。そして、大半のユーザー企業が、プライベート/ハイブリッド・クラウドを構築する際に、その基盤ソフトウェアとして OpenStack を選択している。 なお、OpenStackは、CloudStack や OpenNebula などと競合関係にある。
 
 
Sisley_17
Red Hat recently surveyed their existing customers about  their IT plans going into 2015 and found that many customers are already using OpenStack and also plan to invest more in OpenStack during 2015.  The top benefits that those businesses say that they achieve with OpenStack include:
 
最近のことだが、Red Hat は、既存の顧客における 2015年の IT 計画について調査した。 そして、すでに多くの顧客が OpenStack を使用し、2015年には OpenStack に対して、これまで以上の投資を計画しているという状況を把握している。それらの企業が、OpenStack で達成している主なアドバンテージは以下のとおりである。
 
  • Greater Automation (18 percent)
  • Improved agility to meet customer and business demand (17 percent)
  • Lower costs (15 percent)
 
  • 自動化に関連する、適切な運用形態(18%)
  • 顧客/企業の要求に合致する、アジリティの改善(17%)
  • 抑制されたコスト(15%)
 
Udy Gold, Sr. Director of Infrastructure at PubMatic, said that “enterprises that outgrow their initial use of public clouds are looking for a cloud platform to manage their in-house infrastructure.”
 
PubMatic の Senior Director of Infrastructure である Udy Gold は、「パブリック・クラウドにおける、初期的な運用形態からの脱却を図るエンタープライズは、社内のインフラストラクチャを管理するためのクラウド・プラットフォームを探している」と述べている。
 
But one of the challenges of new technologies like OpenStack is complexity.  While many businesses are interested in setting up private or hybrid cloud infrastructure, they don’t have the skills or resources to first build out cloud infrastructure and then also continue to maintain it. For those organizations, a number of fast-track solutions are now becoming available that can help get them up and running with an OpenStack cloud infrastructure much more quickly.
 
しかし、課題として取り組まざるを得ない、たとえば OpenStack のような新しいテクノロジーは複雑である。 プライベート/ハイブリッド・クラウドのインフラストラクチャを、数多くの企業がセットアップしたいと思っていても、それらのクラウド・インフラを構築するためのスキルやリソースは無く、さらに言えば、それを継続して運用していくノウハウも無い。 ただし、そのような組織にとって、これまで以上に迅速に、OpenStack のクラウド·インフラを設定/運用するための、インスタントなソリューションが利用できるようになってきた。
 
The company Blue Box, for example, provides a ‘cloud-as-a-service‘ offering built with OpenStack that uses RackSpace hardware.  Unlike public cloud services like Amazon Web Service or Microsoft Azure where you rent IT infrastructure as needed from a pool of shared hardware, with Blue Box each customer uses dedicated infrastructure.  The infrastructure is managed, updated and maintained off premises by Blue Box.
 
たとえば、Blue Box という企業がが提供するのは、RackSpace のハードウェアを用いて OpenStack を構築していく、cloud-as-a-service という形態のものである。それは、共有ハードウェアのプールから、必要に応じて IT インフラスをレンタルする、Amazon Web Services や Microsoft Azure といったパブリック・クラウド・サービスとは異なり、それぞれの顧客のための専用インフラスを、Blue Box が提供するというものである。 そして、このインフラは、オフ・プレミスにおいて、Blue Box により管理/更新/維持されていく。
 
Another example is Platform9. Today they announced the availability of their Platform9 Managed OpenStack solution. Platform9 uses OpenStack to create a private cloud using the servers that a business already owns.  Sirish Raghuram, Co-founder and CEO of Platform9, said that Platform9 reduces ”the complexity barrier to private clouds… Its SaaS simplicity, production readiness, and seamless integration with existing environments enable every organization to manage their in-house infrastructure with greater agility and efficiency.”
 
もう1つの事例としては、Platform9 が挙げられるだろう。今日 (1/20) のことだが、同社は Platform9 Maneged OpenStack ソリューションを発表している。 Platform9 は OpenStack を用いて、すでに企業が所有しているサーバーを活用しながらプライベート・クラウドを構築していく。Platform9 の Co-Founder and CEO である Sirish Raghuram は、Platform9 により軽減されるのは、「プライベート・クラウドへ移行する際の複雑さという障壁である。。。それは、SaaS のシンプルさと、ただちに運用に入れるスピードを提供するものである。そして、さらに、既存の環境とのシームレスな統合を実現し、すべての組織における社内インフラを、素晴らしいアジリティで効率を高めながら管理していく」と述べている。
ーーーーー
On MondayOpenStack-as-a-Service というのは、なんかイイ感じの響きがしますね。 そもそもですが、Linux という偉大な成功体験があって、それをクラウドでも再現できないかというところから、OpenStack は始まっているはずです。 そして、この OSS プロジェクトを民主的に運営していくために、たいへんな手間と労力と時間をかけてきたはずです。 そのため、商用のクラウドであれば真っ直ぐに飛んでいけるポジションへも、紆余曲折しながら大回りして辿り着くわけです。 でも、その結果として、使う側が主体となり、すべてを決めていけるクラウドへと OpenStack は育ってきています。何が言いたいのかというと、いろいろな ◯◯◯-as-a-Service がありますが、ここに固有名詞を入れる権利は、OpenStack だけに許されるという話なのです。だからと言って、商用クラウドを否定するなんて話ではなく、適材適所のマルチ・クラウドの時代が始まるという話でもあるのです。 でも、そうなると、たいへんになるのが運用です。 そして、Blue Box も Platform9 も、運用を分かっているから成立するビジネスなのでしょう。まだ、詳しくは調べていませんが、おそらく Managed Solution Provider としてのノウハウを昇華させたサービスを、どちらも展開しようとしているはずです。 そして、この Weisinger さんのポストは、まずはオンプレミスをプライベート・クラウドへという範囲で語っていますが、その先に続くのはハイブリッドへの道です。 昨年末は、日本MSP協会も立ち上がりましたし、2015年は彼らがモテ期に突入する年になるのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco

IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on January 19, 2015

Internet of Things (IoT): 10 Predictions for the Future
http://wp.me/pwo1E-8de
By Dick Weisinger – Jan 14, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-10-predictions-for-the-future/

_ formtek

“If you think that the internet has changed your life, think again. The IoT is about to change it all over again!” says Brendan O’Brien, Chief Architect and Co-Founder of Aria Systems

「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」と、 Aria Systems の Chief Architect and Co-Founder である Brendan O’Brien が述べている

Just hype and bluster from another vendor?  What does the future really hold for the Internet of Things (IoT)? In December, IDC published predictions for IoT:

それは、ベンダーによる、単なる妄言や空手形なのか? 実際のところ、IoT は将来において、何をもたらすのか? この 12月に IDC が、IoT に関する予測を発表している

  • The cloud will become the focus of IoT. Within five years 90 percent of all IoT data will be hosted in the cloud
  • IoT data breaches are certain to happen. Within two years, 90 percent of IoT systems will have had a security breach.
  • Processing of IoT data will move closer to ‘the edge‘.  In three years, 40 percent of IoT processing will be done on the edge.
  • IoT data will overwhelm some systems. As many as 10 percent of networks are expected to be affected
  • Data centers and enterprises will need to change their current policies and business models to adopt to BYOD and IoT
  • Within five year, all industries will roll out IoT initiatives. The principle IoT activity today (50+ percent) is centered in manufacturing, transportation, smart city, and consumer applications
  • By 2018, local government spending will account for a quarter of all government spending as local governments attempt to build innovative and sustainable smart cities
  • Within three years, 60 percent of IT solutions that originally were designed as proprietary and closed-source will move to open source
  • Within five years, wearables will challenge smartphones as an alternative
  • In three years, Millennials will be in a position to further accelerate adoption of technologies like IoT
  • クラウドが、IoT においてもフォーカスされる。 5年以内に、全 IoT データの90% が、クラウド上にホストされる
  • IoT データへの侵害は、確実に起こるだろう。 2年以内に、IoT システムの 90%が、セキュリティ侵害に遭遇するだろう。
  • IoT データの処理は、「エッジ」へ向かって移動していく。 これからの 3年以内に、IoT プロセシングの 40% がエッジで行われる。
  • IoT データは、いくつかのシステムの許容量を上回るだろう。最大で 10% のネットワークが、影響を受けると予想される。
  • データセンターとエンタープライズは、BYOD および IoT に対応するために、現行のポリシーやビジネス・モデルの変更が必要になるだろう。
  • 5年以内に、すべての産業が、IoT イニシアティブを展開していく。 今日における基本的な IoT アクティビティ(50% 以上)は、製造/運輸/スマート・シティ、そして、コンシューマ・アプリの中央に配置されている。
  • 2018年までに、地方の自治体は、革新的で持続可能なスマート・シティの構築に取り組むことになる。それにつれて、自治体への支出は、政府における全支出の 1/4 を占めるようになる。
  • 3年以内に、当初はプロプライエタリやクローズド・ソースとしてデザインされた IoT ソリューションの、60% がオープン・ソースへと移行する。
  • 5年以内に、スマホに代わるものとして、ウェアラブルがチャレンジを開始する。
  • 3年以内に、現代に生きる私たちは、IoT のようなテクノロジーを加速させるポジションに座る。

Vernon Turner, SVP of Research at IDC, said that “the Internet of Things will give IT managers a lot to think about.  Enterprises will have to address every IT discipline to effectively balance the deluge of data from devices that are to the corporate network. In addition, IoT will drive tough organizational structure changes in companies to allow innovation to be transparent to everyone, while creating new competitive business models and products.”

IDC の SVP of Research である Vernon Turner は、「 IoT は、IT マネージャーたちに、数多くの考察を提供するだろう。各種のデバイスから企業のネットワークへと向かう、大洪水のようなデータのバランスを効果的にコントロールするために、エンタープライズは全ての IT 規律に対して、取り組んでいく必要があるだろう。それに加えて IoT は、企業における組織構造に対して、断固とした変革を要求する。それにより、誰に対しても透明なイノベーションが実現される一方で、新たな競争のためのビジネス・モデルやプロダクトが生まれてくる」と述べている

ーーーーー

注記:FBページで、Millennials  には「2000年代に成人を迎える人々」という意味があると教えていただき、訳を修正しました。 これで、最後の項目の文脈がはっきりしました。 ありがとうございます!

ーーーーー

あくまでも予測なので、そういうものとして参照すべきなのですが、「2年以内に、IoT システムの 90% がセキュリティ侵害に遭遇する」といのは、早急に対処すべきものが山積みになっているという、警告とも受け取れます。 また、つい先日に、Intel が IoTivity という、IoT のための OSS フレームワークを発表しましたが、「IoT ソリューションの 60% がオープン・ソースへと移行」という予測と、方向性が合致しているようにも思えます。 そして、最後の項目に関してですが、「26年目以降のウェブに必要なもの:WWW の生みの親から4つのヒント  - Wired」という Tim Berners-Lee の寄稿にあるように、まさに Web を知る前の私たちと、いまの私たちの置かれた状況が、重なって見えてくるのです。

ーーーーー

<関連>

SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?

SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率

Posted in Management, On Monday, Research, Security by Agile Cat on January 12, 2015

SaaS: Five Ways to Lose Your Data
http://wp.me/pwo1E-8bI
By Dick Weisinger – Jan 9, 2015
http://formtek.com/blog/saas-five-ways-to-lose-your-data/

_ formtek

While security is typically the biggest worry users have about using cloud services, a related worry is data loss.  In 2013, the Aberdeen Group reported that nearly a third of companies that have used SaaS services in the cloud have lost some of their data.  When selecting a cloud vendor, users are often primarily concerned with uptime SLAs and server performance, but they often overlook data backups when making a decision.

一般的に見て、クラウド・サービス利用するユーザーは、セキュリティを一番に心配するが、それに関連する心配事としてデータ喪失がある。2013年に Aberdeen Group は、クラウド上で SaaS を利用している企業の約 1/3 が、なんらかのデータを失っているとレポートしている。クラウド·ベンダーを選択する際に、数多くのユーザーは、まずは アップタイムに関する SLA と、サーバーのパフォーマンスに関心を示すが、最終的な決定を下すときに至っても、データ・バックアップが見落とされているというケースが多々ある。

Data loss likely happens more frequently than you might imagine.  Dick Csaplar, director of Product Marketing at SDL, wrote that ”once an individual data element in a SaaS application gets changed and the application closed, there is little to no ability to recall the old data.  If a particular data field is over-written by an end-user, co-user, or contributing application, the original data is either lost entirely or becomes difficult and expensive to recover. Some SaaS providers do offer services to recover over-written or deleted data, but those services can take several weeks before the data is produced and be very expensive.”

データの喪失は、誰もが想像する以上に、頻繁に生じていると思われる。SDL の Director of Product Marketing である Dick Csaplar は、「SaaS アプリケーションにおける個々のデータ要素が変更されるとき、あるいは、それらのアプリケーションが終了するときに、ほとんどのケースにおいて、古いデータを呼び戻す能力が失われている。 また、エンド・ユーザーや、データを共有するユーザー、そして、コントリビュートされたアプリなどにより、特定のデータ・フィールドが上書きされている場合には、元データが完全に失われる可能性がある。 また、その回復は困難なものとなり、実施するにしても多額のコストを伴うものとなる。いくつかの SaaS プロバイダーは、上書きされたデータや、削除されたデータを、復旧させるためのサービスを提供しているが、それらのサービスにより、データを再生成するには数週間を要することもあり、また、その費用もきわめて高額だ」と述べている

A report by the Aberdeen Group identified five ways that data is typically lost when using cloud services:

Aberdeen Group のレポートは、クラウド・サービスを利用する際に生じる、データ喪失の典型的な5つの事由について、以下のように指摘している:

User Error.  This is the most frequent reason for data loss.  Users make mistakes.  Nearly two thirds of all data loss incidents are because of mistakes.

データ喪失において、最も可能性の高い事由である。 ユーザーは、ミスを犯すものである。すべてのデータ喪失において、その原因の約 2/3 がユーザーのミスである。

Closed Accounts.  When an employee leaves, if their cloud accounts are closed, access to the data they had created or received may also be deleted.  Ten percent of organizations say that they lose data in this way.

ユーザー企業の従業員が離職する際に、担当していたクラウドのアカウントをクローズしたことで、彼らが作成/利用していたデータへのアクセスが喪失するケースがある。ユーザー組織の 10% が、この事由によりデータを喪失したことがあると発言している。

Hacker/Theft.  Ten percent of users reported that they lost data due to an outsider gaining access to their system and data.  Often it just takes a hacker getting access to a single user’s account in order to compromise your data.

ユーザーの 10% が、部外者によるシステムやデータへのアクセスにより、データを喪失したことがあるとレポートしている。多くの場合において、ハッカーがシングル・ユーザー・アカウントにアクセスしたことで、企業のデータが危険にさられるという結果を生じている。

Malicious Deletion.  Seven percent of organizations report problems where disgruntled employees have purposely deleted data

不満を持つ従業員により、データを故意に削除されたことがあると、ユーザー組織の 7% がレポートしている。

Third-party Software.  Seven percent of organizations also report that they’ve had problems losing data when third party software is used with their SaaS applications, for example, for syncing or importing data.

対象となる SaaS アプリケーションに対して、サードパーティのソフトウェアを用いたときに、データの喪失が生じたと、7% の組織がレポートしている。 たとえば、データの同期やインポートなどが、そのケースとして挙げられる。

While it seems like problems like dealing with closed accounts and hackers may have a slightly higher probability of occurring in the cloud, none of these ways are really unique to SaaS cloud applications, they’re problems that business have had to deal with for some time in the on-premise world too.

アカウントの閉鎖とハッカーによる侵害が、少しだけ確率が高いように思えるが、SaaS クラウド・アプリケーション固有の問題というわけでもない。つまり、時として、オンプレミスの世界においても、ユーザー企業として対応せざるを得ない問題なのである。

ーーーーー

このポストを訳そうと決めて、まず、最初に行なったことは、WordPress からのポストのエクスポートでした :) ほんとうは、お正月にやろうと決めていたことだったのですが、お屠蘇イレーサーにより、そのスケジュールが消去されていたというわけです。 今年は、毎月末のルーチン・ワークとして、カレンダーに埋め込むようにしなければいけませんね。 とは言え、もし、何らかの問題が生じた後に、ポストをインポートして復元したとしても、PV データやコメントなどが、どこまで再現されるのかは分かりません。 ましてや、Facebook から Open Graph を介して流れ込んできた、LIKE に関するデータなどは、いったい、どうなってしまうのでしょう? ブログのような静的なサイトであっても、ちょっと考えるだけでたくさんの心配事が浮かんできます。 もっと動的にデータを取り扱うサイトであり、それがビジネスに直結する場合などは、ほんとうに真剣に考えなければなりません。SaaS ベンダーとクラウド・ストレージ・ベンダーが提携して、自動スナップショットのサービスを提供してくれるのが、理想的な形態なのですが。。。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマへと流れる開発者たち

ーーーーー

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される

Posted in Docker, Hybrid, Microsoft, On Monday, Security by Agile Cat on January 5, 2015

Cloud Computing 2015: Expect Strong Performances from REST, Docker and Hybrid Cloud
http://wp.me/pwo1E-8a7

By Dick Weisinger – Dec 26, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-2015-expect-strong-performances-from-rest-docker-and-hybrid-cloud/

_ formtek

What can we expect will happen with cloud computing in 2015? Forrester has announced their predictions for the 2015 cloud which include:

2015年のクラウド・コンピューティングにおいて、何が起こるのだろう? Forrester がアナウンスした、2015 Cloud に関する予測には、以下の項目が含まれている:

Microsoft cloud revenues will trump Microsoft on-premise revenues – Microsoft Azure is seeing gangbuster growth.  While Microsoft cloud revenues today only account for about 5 percent of of the company’s total revenues, Forrester expects that in 2015 the cloud profit margin percentage for Microsoft will best what Microsoft is able to capture from the rest of their business.

Microsoft ではクラウドとオンプレミスの収益が逆転する – Microsoft は、Azure における大幅な成長を確認している。現時点において、Microsoft のクラウド収益は総売上の 5% 程度に過ぎないが、Forrester の予測によると、2015年の Microsoft におけるクラウドの利益率は、同社のビジネス全体の中で、最高の数字に達するとされる。

RESTful interfaces will rule – This may not be much of a prediction since REST services seems a given nowadays for most apps, although it is less clear how many companies are using them.  James Staten, Forrester analyst notes that, “if you want your back-office applications to be part of this move forward, relying on traditional integration methods such as enterprise service buses, JDBC connections and SOAP is inadequate for modern applications.  You’ll have to evolve your integration architecture to REST in 2015.”

RESTful インターフェイスの支配が強まる – いまでは、大半のアプリケーションにとって REST サービスが前提になっているように思えるが、どれだけの企業が使用しているのかは不明であるため、多くのことを予測するのは難しいだろう。Forrester のアナリストである James Staten は、「 もし、バック・オフィス・アプリケーションも進化の一部に加えたいなら、エンタープライズ・サービス・バスとしての JDBC や SOAP といった、従来からのインテグレーション方式に頼っても、最新の運用環境に追い付くことはできない。つまり、2015年には、REST へと向けて、インテグレーション・アーキテクチャを、進化させる必要性が生じるだろう」と指摘している

Other Forrester 2015 cloud predictions listed by ZDNet include:

また、ZDNet が取り上げた Forrester 2015 Cloud 予測には、以下の項目が含まれる:

Cloud Breaches will continue – Governance failures, poor key management and lax security will continue to leave many cloud applications vulnerable.  This prediction seems likely.

クラウドの脆弱性は止まらない - ガバナンスの欠落/貧弱なキー・マネージメント/不完全なセキュリティなどにより、数多くの脆弱性がクラウド・アプリケーションに残り続ける。この予測が、現実のものとなる可能性はが高いと思われる。

Docker containers will see wide acceptance – With support from EBay, Amazon, Google, Microsoft and other companies, this prediction doesn’t seem too risky.

Docker が広く利用されていく - eBay/Amazon/Google/Microsoft などの IT 企業がサポートしているための、Docker が広まるという予測は、それほどリスキーなものにはならない。

SaaS vendors to provide more Hybrid - Increasingly SaaS providers will offer ways to connect on-premise and cloud applications and data.

SaaS ベンダーが Hybrid を広めていく - オンプレミスとクラウドの間で、アプリケーションとデータを接続していく SaaS プロバイダーが増えていくだろう。

Cloud Storage pricing will claim lives – The cloud storage pricing wars among Google, Amazon and Microsoft is expected to make this market sector a difficult one to compete in.  Backup and disaster recovery services are especially expected to be hit hard.

クラウド・ストレージの価格戦争 - Google/Amazon/Microsoft によるクラウド・ストレージ価格戦争があるため、このセグメントに他社が参入するのは困難になると予測される。バックアップおよび DR(Disaster Recovery)のサービスに関しては、さらに厳しくなるだろう。

ーーーーー

こうして全体を眺めてみると、クラウドへ行くのか行かないのかという議論があったことが、遠い昔のように思えてしまいますが、それは、わずか 2年前のことだったはずです。 そして、Microsoft が新たな Heart&Soul を手にしたことが、端から見ていても、とても嬉しく思えてきます。時代はクラウド、そして運用です。 この記事自体は、年末のものですが、2015年の最初の月曜日に相応しいですよね。 今年も頑張っていきましょう! 

ーーーーー

<関連>

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ
ーーーーー
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れる開発者たち
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に

%d bloggers like this: