Agile Cat — in the cloud

Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?

Posted in Management, On Monday, Research by Agile Cat on September 29, 2014

Open Source: Companies Use Open Source Because of the Quality and Security
http://wp.me/pwo1E-7Uz

By Dick Weisinger – September 24, 2014
http://formtek.com/blog/open-source-companies-use-open-source-because-of-the-quality-and-security/

_ formtek

Two recent reports have shed some insights about the current state of Open Source. The first of these was conducted by Linux.com and the New Stack.  The result of that report and survey identified the following projects as currently the top five most popular Open Source projects:

最近の2つのレポートが、Open Source の状態について、いくつかの洞察を提供している。その中の1つは、Linux.comNew Stack によるものである。このレポートにおける調査の結果は、現時点で最も人気のある Top-5 Open Source プロジェクトとして、以下のものを特定している。

Docker has come out of nowhere to get to the number two spot on this list.  Steven Vaughan-Nichols of ZDNet commented on Docker’s rapid rise to number two, saying “to go from nowhere to the second most popular project in 12 months? That’s amazing and speaks to its rockstar rise in popularity.”

Docker は、何処からともなくやってきて、このリストにおける二番手のポジションにまで到達している。ZDNet の Steven Vaughan-Nichols は、この Docker の成長ぶりについて「わずか12ヶ月で、一連のプロジェクトにおける人気リストの 、Top-2 にまで上り詰めたというのか? まるで、人気でのロック・スターのようなものであり、驚くべきことだ」とコメントしている

A second report done by Black Duck Software and North Bridge Venture Partners investigated how and why Open Source software is being used today.  Most interestingly, the survey found that the top reason why companies choose Open Source today isn’t because of price considerations.  It’s because of the quality of the software.  80 percent of companies using open source say the number one reason they use open source is because of the quality.  In addition, those same companies say that open source usually wins out when comparing competitive features and technical capabilities of open source against proprietary software.  And 72 percent of companies say that open source software is generally more secure than proprietary.

2つ目のレポートは、Black Duck SoftwareNorth Bridge Venture Partners が実施した、今日の Open Source が利用される理由を調査した結果をまとめたものである。この調査で最も興味深いのは、いまの企業が Open Source を選ぶとき、費用という視点が一番にはならないと指摘している点である。 その代わりに、ソフトウェアの品質が最大の要因とされているのだ。現実に、Open Source を使用している企業の 80% が、その品質が要因になっていると述べている。また、それら企業は、プロプライエタリとオープンソースにおける機能とテクノロジーを比較すると、大半のケースでオープンソースに軍配が上がるとも発言している。 そして、セキュリティに関して両者を比較した場合、オープンソースの方が優れると、72% の企業が答えている。

ーーーーー

それにしても、ほんとうに Docker の人気が凄いですね! 何故なんだろうと考えてみましたが、運用という領域の重要性が浸透してきたことに、理由があると推測しています。 クラウドやマネージド・サービスの事業者から見れば、当たり前のことなのでしょうが、なかなかユーザーには理解されない問題が、徐々にではあっても、解決へと向かっているように思えます。 先日ですが、某 ISE さんと会っていたときに、運用に優秀な人材が集まれば、そのプロセスの自動化が始まり、ボトルネックだった部分の効率化につながるという話を伺いました。 Docker の背景にも、それがあるのだと思えてきます。 そして、オペレーターやユーザーからの要求を、つまり、売る側ではなく使う側の視点を、反映していけるのが OSS の強みであり、それが、本文における2つ目のレポートの、根本からの理由になっているのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる
Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける

Technology の調査:IBM による 7 NANO チップへの取り組みは、ポスト・シリコンへの挑戦でもある

Posted in IBM, On Monday, Research by Agile Cat on September 22, 2014

Technology: IBM Invests Big in Nanometer Technology for Chips
http://wp.me/pwo1E-7Tk

By Dick Weisinger – September 8th, 2014
http://formtek.com/blog/technology-ibm-invests-big-in-nanometer-technology-for-chips/

_ formtek

IBM has announced plans for building a new generation of chips that will push silicon technology to its limits.  They’ve committed to spending $3 billion over the next five years to create a chip based on ’7 nanometer technology’.  That represents 10 percent of IBM’s total research budget.  These next generation of chips are targeting applications for cloud computing, big data, mobility and security.  The money will be dedicated towards research that will help overcome current technical challenges with making chip technology even denser.

IBM は、そのシリコン・テクノロジーを限界までプッシュする、新世代のチップを構築していくためのプランを発表した。同社は、7 NANO テクノロジーをベースにしたチップを開発するために、今後の 5年間で $3 billion を投入すると宣言したのだ。それは IBM における、すべての研究予算の 10% に相当する。それらの、次世代チップは、クラウド・コンピューティング/ビッグ・データ/モビリティ/セキュリティに関連するアプリケーションをターゲットにしている。この、膨大な予算を費やす研究により、高密度チップ・テクノロジーが開発されると、現時点における技術的な課題が克服されていくだろう。

Interestingly, this new generation of chip may not be based on silicon.  IBM is considering material alternatives like carbon nanotubes and also may deviate from standard computing techniques, applying things like machine learning, quantum computing, neuromorphic and cognitive computing.

興味深いことに、この新世代チップはシリコンをベースにしていない。 IBM は、その代案として、カーボン・ナノ・チューブのような素材を検討しており、また、標準的なコンピューティング・テクノロジーから逸脱するものとなるが、マシン・ラーニング/量子コンピューティング/ニューロモーフィック/認知コンピューティングなどに適したものになるという。

Tom Rosamilia, SVP of IBM Systems and Technology Group, said that “in the next ten years computing hardware systems will be fundamentally different as our scientists and engineers push the limits of semiconductor innovations to explore a post-silicon future.”

IBM Systems and Technology Group の SVP である Tom Rosamilia は、「 これからの 10年の間に、私たちの科学者と技術者たちが、将来におけるポスト・シリコンを探求し、半導体のイノベーションを限界まで押し上げるにつれて、コンピューティングのハードウェア・システムは、その根本から異なるものに変化していく」と、述べている

Richard Doherty, technology research director at the Envisioneering Group, said that ”scaling to 7nm and below is a terrific challenge, calling for deep physics competencies in processing nano materials affinities and characteristics. IBM is one of a very few companies who has repeatedly demonstrated this level of science and engineering expertise.”

Envisioneering Group の Technology Research Director である Richard Doherty は、「7 NANO 以下へとスケーリングしていくことは、素晴らしい挑戦である。そこでは、NANO 素材を推進するための親和性と特性に関する、奥行きのある物理学コンピテンシーを要求される。IBM は、このレベルにおいて、サイエンスとエンジニアリングの専門知識を、繰り返して実証していこうとする、きわめて少数派の企業である」と、発言している

John Kelly, senior vice president, IBM Research, said that ”the question is not if we will introduce 7 nanometer technology into manufacturing, but rather how, when, and at what cost.  IBM engineers and scientists, along with our partners, are well suited for this challenge and are already working on the materials science and device engineering required to meet the demands of the emerging system requirements for cloud, big data, and cognitive systems.”

IBM Research の Senior VP である John Kelly は「7 NANO テクノロジーが製造レベルに至るのかどうかというより、どのような形態で、また、どれくらいのコストで、それが実現されるのかを、私たちは知りたいのだ。IBM の技術者と科学者は、当社のパートナーたちと協調している。 そして、このチャレンジに適応するよう、素材サイエンスとデバイス工学に、すでに取り組んでいる。それは、クラウド・コンピューティング/ビッグ・データ/認識システムといった、新たなシステム要件満たすために必要なことである」と、述べている

ーーーーー

もう、2年以上も前のことですが、「0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化」という抄訳をポストしたことがあります。この記事は、オーストラリアの研究チームによる成果を紹介するものであり、美しいインフォグラフィクスも提供されています。 また、Cloud News Asia の TSMC カテゴリを見ると、いまの主要ビジネスが、20 NANO〜28 NANO 辺りのレンジで展開されている様子も見えてきます。7 NANO なんて信じられないと思うでしょうが、そういう時代が、必ずやってくるはずです。

ーーーーー

<関連>

Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる
Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる

Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう

Posted in On Monday, Research, Storage by Agile Cat on September 15, 2014

Cloud Storage: Will Storage Eventually Be Free?
http://wp.me/pwo1E-7RI
By Dick Weisinger – September 9th, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-storage-will-storage-eventually-be-free/

_ formtek

The cloud data storage market, both public and private, is currently on the order of $13.57 billion in 2014, growing at a compound annual rate of 33.1 percent, and on target to exceed $57 billion in market size by 2019, according to a survey by MarketsandMarkets.  The report breaks down the cloud storage market into the categories of cloud storage gateways, backup and recovery, data movement and access, data replication, archiving, security and storage resource management, and professional services.

MarketsandMarkets の調査によると、パブリック/プライベート・クラウド・データ・ストレージ市場は、2014年の時点で $13.57 billion の規模にいたっている。 そして、33.1% の年率で成長し、2019年までに $57 billion という市場規模に到達するようだ。そのレポートにおいて、クラウド・ストレージ市場は、クラウド·ストレージ·ゲートウェイ/バックアップとリカバリ/データの移動とアクセス/データ・リプリケーション/アーカイブ、セキュリティとストレージのリソース管理/プロフェッショナル・サービスといったカテゴリに分類されている。

But while as many as 90 percent of internet users are consumers of cloud-based applications, the use of cloud storage apps, like Dropbox and Google Drive,  is still at a comparatively much lower percent.  Cloud storage is an area that is expected to significantly grow in the near future.

インターネット・ユーザーの 90% が、クラウドベースのアプリケーションを使用している。 その一方で、たとえば Dropbox や Google Droive といったクラウド・ストレージの利用は、かなり低い比率ににとどまっている。つまり、クラウド・ストレージは、近い将来において、大きな成長が期待される領域となっている。

Some see cloud storage as becoming a commodity and eventually becoming a freebie where cloud providers make money from selling software, not storage.  Aaron Levie, Box founder, told the Mercury News that “we knew the cost of storage would eventually decline or drop to zero.”

一部の人々は、クラウド・ストレージが普及するにつれて、その費用は最終的に無償となり、クラウド・プロバイダーたちはストレージではなくソフトウェアを販売することで、対価を得るようになると見ている。Box の Founder である Aaron Levie は、「私たちは、ストレージのコストについて、最終的にはゼロまで低下していくと認識している」と、Mercury News に語っている。

Vineet Jain, co-founder and CEO of Egnyte, said that ”right now there is a huge arms race between Apple, Google, Microsoft, and now Amazon has thrown their hat in the ring.  These four guys are capable of making it free or nearly free, and the price points that you’re seeing from these vendors such as Box will have to come down, or they will have a shrinking user base. You cannot out-compete Microsoft and Google on price — you just can’t.”

Egnyte の Co-Founder and CEO である Vineet Jain は、「いま、まさに、Apple/Google/Microsoft による覇権争いがあり、そこに Amazon が参入しようとしている。それらの 4社は、ストレージの対価を無料もしくは、ほぼ無料というレベルに引き下げることが可能である。そうなると、Box のようなベンダーは、価格を引き下げるか、ユーザー・ベースを縮小するようになる。 価格という視点では、Microsoft や Google などと、競合することは不可能なのだ」と述べている

Mark Peters, senior analyst at Enterprise Strategy Group, told the Enterprise Storage Forum that “Box is often referred to as a storage company, but it is really a SaaS company that happens to have storage.  The value is in the application – streamlining sharing and collaboration across the knowledge worker ecosystem of collaborators and devices. The more people (and therefore data) you get into your ecosystem, the stickier this scenario becomes for the provider – because there might now be a commensurate increase in enterprise licensing fees to balance the increased demand for ‘free’ storage, and for the users – because migration costs become painful… So free storage is good for the provider as it compels usage, and can lead to an inability to go elsewhere, even if the ‘free’ starts to cost sometimes.”

Enterprise Strategy Group の Senior Analyst である Mark Peters は、「多くのケースにおいて、Box はストレージの企業と思われているが、実際のところは、ストレージを持つことで成り立つ SaaS 企業である。その価値は、コラボレーターやデバイス横断する、ナレッジ・ワーカーのためのエコシステムで、共有と協調を効率化するアプリケーションにある。つまり、そのエコシステムに、数多くの人々(データも)が参加することで、このプロバイダーにとって、継続性のあるシナリオが生じてくる。なぜなら、適切なエンタープライズ・ライセンス費用の増加と、無料のストレージへの要求の高まりが、上手くバランスするからである。そして、ユーザーにとっては、マイグレーション・コストが痛みを伴うものとなっていく。そうなると、無料のストレージが、ベンダーにとって求心力として機能するようになる。どこかのタイミングで、無償化が始まるにしても、ユーザーたちは何処かへ移行することはなく、新たなサービスに対価を支払うことになる」と、Enterprise Storage Forum で述べていた。

ーーーーー

データの移行をともなう、クラウド間でのマイグレーションは、オンプレミスで言えばシステムの総入れ替えになるのでしょう。 もちろん、クラウド・プロバイダーに支払う対価は、オンプレミスと比べて低く抑えられます。 しかし、移行したデータが、以前と同じように利用できるかどうかを確認するためのコストは、クラウドだからとって安くなるわけではありあせん。 Box や Dropbox といった新しい勢力が、大手のストレージに顧客を奪われることなく、そのサービスを拡大していけるなら、ユーザーの選択肢が増えることにつながりますので、ここは、ぜひ、頑張り切ってもらいたいですよね〜〜〜 

ーーーーー

<関連>

Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めているが・・・
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる
Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない

Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めているが・・・

Posted in On Monday, Security by Agile Cat on September 8, 2014

Security: Better Email Encryption to be available by Large Email Providers
http://wp.me/pwo1E-7Pn

By Dick Weisinger – September 4th, 2014
http://formtek.com/blog/security-better-email-encryption-to-be-available-by-large-email-providers/

_ formtek

US tech giants are under pressure to incorporate more secure features into their products.  Email, in particular, is one technology that is closely scrutinized, particularly after revelations of snoopings by the NSA.

US のテック・ジャイアントたちは、それぞれのプロダクトに、よりセキュアな機能を組み込むべきというプレッシャーに晒されている。とりわけ、電子メールは、NSA による盗み見が発覚した後、さらに詳細まで精査されるべき、テクノロジーの1つとなってしまった。

Google, Microsoft and most recently Yahoo have announced plans to provide options for sending encrypted emails.  Smaller email providers like ProtonMail and LavaBit (used by Snowden) have are already offering encryption.  The tools being developed by Google and now Yahoo rely on technology called PGP.  Microsoft has adopted something called Transport Layer Security (TLS), although the PGP option offers more security

GoogleMicrosoft が、そして最近になって Yahoo が、暗号化された電子メールを送信するための、オプションを提供するという計画を発表している。また、小規模な電子メール・プロバイダである ProtonMail LavaBit (used by Snowden) などは、以前から暗号化を提供している。それらのツールは Google により開発され、いまは Yahoo も開発しているが、いずれも PGP と呼ばれるテクノロジーに依存している。PGP オプションは、より充実したセキュリティを提供するが、Microsoft は Transport Layer Security (TLS) と呼ばれるものを採用している。

As for PGP, until now it has demonstrated a high level of security, but it has also been clumsy and time-consuming to use.  PGP requires that users, rather than tech companies, store encryption keys on their laptop and smartphone devices.  Those extra steps needed by users though have made it too hard to use for most people

これまで、高度なレベルでのセキュリティを実証している PGP ではあるが、それは使い易いものとはいえず、また、使うには時間も消費してしまう。PGP はハイテク企業側ではなく、ユーザー側に対する要求が大きいのだ。 つまり、それぞれのユーザーには、自身のラップトップやスマートフォンに、暗号化キーをストアする必要が生じる。そして、このユーザーが必要とする追加のステップだが、大半の人々に使ってもらうには、あまりにも難しいと考えられている。

Christopher Soghoian, a security and privacy researcher at the American Civil Liberties Union, commented that “how do you get children to eat their spinach?  PGP is even less tasty than spinach.”

American Civil Liberties Union の Security and Privacy Researcher である Christopher Soghoian は、「どうやって、子どもたちにホウレン草を食べさせるのかという問題に似ている。さらに言えば、PGP は ホウレン草よりも不味いのだ」とコメントしている

Jeremy Gillula, staff technologist at the Electronic Frontier Foundation, said that “for Internet users, this is a huge dea… Before, the NSA was able to easily gather up tons and tons of email. [But with encryption], the NSA can’t read and analyze everyone’s emails without discernment.”

Electronic Frontier Foundation の Staff Technologist である Jeremy Gillula は、「 インターネット・ユーザーにとって、それは、大がかりな DEA(Data Encryption Algorithm?)となる。以前の NSA は、膨大な電子メールを、容易に収集することが可能であった。(しかし暗号化が実現されると)、何らかの洞察力を持たない限り、NSA は人々の電子メールを読解/分析できなくなる」と述べている。

One worry is that the NSA (and possibly others) are already able to crack PGP encryption, although PGP has never known to be hacked.  But even if they can, cracking PGP messages would likely require massive amounts of computing power, so that it wouldn’t be feasible, at least now, to decrypt large numbers of emails, and if it is done, it would need to be done more selectively.

ひとつの懸念は、すでに NSA(もしくは他者が)が PGP 暗号の解読に成功しているという可能性であるが、いまのところ、PGP がハッキングされたという話は聞いたことがない。そして、もし、それが可能だとしても、PGP メッセージのクラッキングには、膨大なコンピューティング・パワーが必要になるので、いまのテクノロジーでは、実質的に対応できない話となるだろう。つまり、電子メールを復号化するにしても、その処理に入る前に、復号化するものを選ぶという必要性が生じてしまう。

Bruce Schneier, a well-known cryptographer, however warns that “these big companies [Google, Microsoft, Yahoo] don’t want to encrypt your stuff because they spy on you, too… Hopefully, the NSA debate is creating incentives for people to build more encryption.”

しかし、暗号研究家として著名な Bruce Schneier は、「 Google/Microsoft/Yahoo といった大手は、ユーザーのために暗号をかけたりしないだろう。 それをすれば、今度は、彼らがスパイの疑いをかけられてしまう。 願わくば、この NSA に関連する議論を契機として、人々に暗号化の重要性を理解してもらいたい」と警告している。

ーーーーー

簡単に使いたいなら、セキュリティとプライバシーが疎かになるし、それらを強化すれば、使い勝手が悪くなる。 まぁ、一番効果的なのは、他者に解読されて不都合なものは、メールなどでは送らないという考え方ですが、ビジネスになると、そうも言っていられません。 とは言え、いまの世の中、通信手段がメールだけに限定されているわけでもありません。 なるべく、情報をカタマリで送受信せず、ソーシャルやメッセンジャーなども活用しながら、断片化された情報をやりとりすれば、ずいぶんとリスクが減るのではないかと思いますが、どうなんでしょうね?

ーーーーー

<関連>

Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる
Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる

Government の調査: 米政府機関がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる

Posted in Government, On Monday, Research by Agile Cat on September 1, 2014

Cloud Computing: Government Agencies Bypass Savings
http://wp.me/pwo1E-7NJ

By Dick Weisinger – Aug 27. 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-government-agencies-bypass-savings/

_ formtek

The cloud could save the government billions if only they were more open to cloud computing. An AT&T study found that the US Federal Government could save nearly $19 billion annually by adopting cloud technology.

私たちの政府は、クラウドを利用することで数十億ドル・レベルで経費を節約できるが、そのためには、クラウド・コンピューティングに対してもっとオープンになる必要がある。 AT&T の調査によると、US Federal Government がクラウド・テクノロジーを活用すると、年間で約 $19 billion も節約できること分かった。

The government has experimented with the cloud, but they’ve used primarily private clouds. The AT&T survey found that 44 percent of federal agencies think that their systems aren’t as cost effective as they could be because they’re avoiding the use of public and hybrid cloud technology.

同政府は、クラウドを実験的に利用してきたが、その主体はプライベートク・ラウドである。そして、AT&T の調査により、連邦政府を構成する組織の 44% で、実現できるはずの費用対効果が達されていないことが分かった。なぜなら、それらの組織が、パブリック/ハイブリッド・クラウド・テクノロジーを採用を回避しているからである。

When asked to self-grade themselves, most agencies say that the cloud isn’t a priority for them, and the majority of agencies give themselves a C-grade or below for their progress on adopting cloud technologies. The primary reason why agencies are reluctant to try the public cloud is security – 71 percent of the agencies cite this as their primary reason.

組織内における格付けについて尋ねると、大半のケースにおいて、クラウドの優先順位は低いという答えが帰ってくる。 そして、クラウド・テクノロジーの導入については、大部分の組織が C-grade 以下であるという、自己評価が下されている。また、それら組織が、パブリック・クラウドに消極的になるのは、主たる要因としてセキュリティの問題があるからだ。 それらの組織の 71% が、この問題を、主たる理由として挙げている。

Chris Smith, AT&T Government Solutions Vice President-Technology, said that “While cloud is not appropriate for every agency, in every instance, there’s no question it can deliver compelling efficiencies for many, if not most, applications and we’re seeing increased appetite from government customers for cloud conversion strategies – especially around community cloud solutions, which, for many agencies, represent an appealing mix of the cost, security, and feature choices that exist around cloud.”

AT&T の Government Solutions VP-Technology である Chris Smith は、「 すべての組織にとって、クラウドが適切という話ではないが、すべての実例において、効率を改善できることに疑問の余地はない。 大半とは言わずとも、そのようなアプリケーションがあるはずだ。さらに言えば、政府筋の顧客において、クラウドへの移行戦略が検討され始めていることも、私たちは確認している。その傾向は、コミュニティ・クラウド・ソリューションの周辺において顕著である。つまり、コスト/セキュリティ/機能といった観点で、既存のクラウドから適切な部分を選び出し、それらを混ぜあわせていくことが、数多くの組織が協調していく上で魅力的なのだろう 」と述べている。

ーーーーー

最後の段落の、コミュニティ・クラウドという表現は、NIST のクラウド定義を指しているはずなので、それを前提に、若干ですが行間を補正しています。 また、よろしければ、カテゴリ NIST も ご利用ください。それにしても、2兆円というのは大きいですね。 そして、思うのは、日本だったら、どれくらいの節約になるのかという点です。 と言うより、国と地方を合わせて、いくらのコストを IT に費やしているのか、そこから計算すべきなんでしょうね。 それとも、どこかに、その数字があるのでしょうかね?

ーーーーー

<関連>

Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?

Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける

Posted in Businesses, On Monday, Research by Agile Cat on August 25, 2014

Cloud Computing Market: Growing at an Annual Rate of 23 Percent
http://wp.me/pwo1E-7Mw
By Dick Weisinger – Aug 19, 2014 
http://formtek.com/blog/cloud-computing-market-growing-at-an-annual-rate-of-23-percent/

_ formtek

The final tally for spending in the Public Cloud Computing market in 2013 comes in at a whopping $45.7 billion according to a recent study by IDC.  IDC also predicts that the cloud market will continue to grow at an average annual rate of 23 percent through 2018.

最近の IDC の調査によると、2013年の Public Cloud Computing 市場における最終的な収益は、驚くべきことに合計で $45.7 billion に達するという。さらに IDC は、クラウド・マーケットは 2018年に至るまで、年間の成長率として 23% 平均を維持し続けると予測している。

Cloud software spending, which includes both SaaS and PaaS, accounts for 86 percent of the cloud services market.  ERP and CRM are the two biggest components of this sector.  In 2013, $10.78 billion was spent on ERP and $8.13 billion was spent on CRM.  Salesforce.com and ADP are the two largest SaaS vendors, followed by Intuit, Oracle and Microsoft, according to IDC’s survey.

SaaS と PaaS の両者を含むクラウド·ソフトウェアにおける支出は、クラウド・サービス市場全体の86% を占めている。そして、この分野では、ERPと CRM が二大構成要素となる。2013年において、ERP には $10,78 billion が費やされ、CRM には  $8.13 billion が費やされた。 IDC の調査によると、Salesforce.com と ADP (Automatic Data Processing) が二大 SaaS ベンダーであり、そこに Intuit と Oracle と Microsoft が続くことになる。

Cloud infrastructure, which includes IaaS and storage solutions, accounts for 14 percent of the market share.  In this market, Amazon.com holds the top position with over 40 percent of market share, followed by RackSpace, IBM, CenturyLink, and Microsoft.

IaaS と Storage のソリューションを含む、クラウド・インフラストラクチャの領域は、クラウド市場全体の 14% を占めることになる。このマーケットでは、Amazon.com が 40% のシェアでトップの座を維持し、そこに、RackSpace および、IBM、CenturyLink、Microsoft などが続く。

Frank Gens, Senior Vice President and Chief Analyst at IDC, said that ”we are at a pivotal time in the battle for leadership and innovation in the cloud. IDC’s Public Cloud Services Tracker shows very rapid growth in customer cloud service spending across 19 product categories and within eight geographic regions. Not coincidentally, we see vendors introducing many new cloud offerings and slashing cloud pricing in order to capture market share. Market share leadership will certainly be up for grabs over the next 2-3 years.”

IDC の Senior VP and Chief Analyst である Frank Gens は、「 私たちは、クラウドのリーダーシップとイノベーションにおける戦いの、きわめて重要な時期に生きている。 IDC の Public Cloud Services Tracker サービスは、8つの地理的ロケーションを横断し、また、19 のプロダクト・カテゴリーを対象とする中で、顧客によるクラウド・サービスへの支出が、きわめて急速に成長していることを示している。そして、偶然ではなく、ベンダーたちがマーケット・シェアを獲得するために、数多くの新しいクラウド・サービスを導入し、それらの価格を切り下げている状況を目にしている。マーケット・シェアにおけるリーダーシップは、これからの 2年〜3年の間に、確実に趨勢を明らかにするだろう」と、述べている。

ーーーーー

昨年の5月の Gigaom で、2013年 Q1 の IaaS/PaaS における売上が、約 $2B に達していると紹介されていました。 そして、この記事では、IaaS の売上が $45.7B の 14% であると、つまり、$6.44 B であるとされているので、大まかなところで一致していると思えます。 それにしても、SaaS の売上が、これほどまで伸びているとは驚きです。 そして、ADP (Automatic Data Processing) という会社が、Salesforce.com と並ぶほどの売上を上げているのにも、驚きました。同社の Web を見ると、その対応分野として、Payroll/Taxes/HR/Time/Talent/Benefits/Retirement/Insurance といった項目が挙げられています。 なんか、ワクワクするような展開ですね。

ーーーーー

<関連>

Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる

Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる

Posted in Businesses, Freemium, On Monday by Agile Cat on August 18, 2014

Software Licensing: Is SaaS the Solution to End Software Piracy?
http://wp.me/pwo1E-7Lt

By Dick Weisinger – July 30th, 2014
http://formtek.com/blog/software-licensing-is-saas-the-solution-to-end-software-piracy/

_ formtek

Pirated software is a problem.  But the size of the problem can be a real shocker.  A recent survey by IDC/BSA found that 43 percent of the software installed on PC’s globally isn’t properly licensed.  Nearly three quarters of the software running on PC’s in emerging nations (India, China, Brazil, Mexico, Thailand and Turkey) is unlicensed.  The value of lost revenues from this software amounted to more than $60 billion in 2013.

ソフトウェアの海賊版は、ひとつの問題である。しかし、その規模の大きさを考えると、きわめて深刻な問題であることが分かる。最近に IDC/BSA が調査した結果では、PC にインストールされているソフトウェアをグローバルで捉えてみると、その 43% が適切にライセンスされていないものだと判明している。とりわけ、PC の新興国(India/China/Brazil/Mexico/Thailand/Turkey)では、使用されているソフトウェアの約 3/4 が、ライセンスを取得していないものとなる。そして、それらのソフトウェアから失われた収益は、2013年の時点で $60 billion を超えているのだ。

Vipin Aggarwal, BSA India Committee chair, said that “we have often seen cases where enterprises may not even be aware that they are using unlicensed software. With software licensing becoming increasingly complex, compounded by fast-paced cloud adoption and proliferation of devices through BYOD, organizations require a fresh approach in the way they manage licenses.”

BSA India Committee のチェアである Vipin Aggarwal 、「 私たちが頻繁に目にするのは、エンタープライズであっても、ライセンスの無いソフトウェアを使用していることを、認識していないケースがあることだ。クラウドの採用が急速に高まり、また、BYOD を介したデバイスが増殖している。この 2つの要因が組み合わされることで、ソフトウェアのライセンスは、ますます複雑になってきている。それぞれの組織は、ライセンスを管理する方式において、新たなアプローチを取らざるを得ない」と、述べている

The move by vendors from packaged software to cloud-based SaaS apps though may begin to change this.  With SaaS, software resides on vendor-managed servers and access is restricted to paying customers.  Adobe is one company that is benefiting now from their shift into SaaS-based software.  The newest versions of Adobe’s best-selling products, like Photoshop, Illustrator and InDesign are now only available via a subscription to their cloud service Creative Cloud.  Initially Adobe revenues fell after they announced the shift, but that’s stabilized, and the popularity of the software is leading many analysts to predict strong growth coming.  90 percent of creative professionals use Adobe products.

しかし、従来からのパッケージ化されたソフトウェアから、クラウドベースの SaaS アプリへと、ベンダーたちが移行することで、こうした問題が解決する可能性がある。 SaaS モデルを用いれば、ソフトウェアはベンダーが管理するサーバー上に置かれ、また、そこへのアクセスも対価を支払う顧客に限定される。 SaaS ベースのソフトウェアへと移行し、その恩恵を受けるようになった、ひとつの事例として Adobe が挙げられる。 同社のベストセラーである、Photoshop/Illustrator/InDesign などの最新バージョンは、すでに Creative Cloud と呼ばれるクラウド・サービスへと移行し、また、そこでしか利用できない方式になっている。 Adobe がクラウドへとシフトした当初、その売上は減少したが、いまでは安定している。 そして、それぞれのソフトウェアが人気を博していることで、数多くのアナリストたちも、その成長を予測するようになってきた。 現実として、クリエイティビティを要求されるプロフェッショナルの 90% が、Adobe のプロダクトを使用している。

Andrew Froehlich, President & Lead Network Architect at West Gate Networks, wrote that “SaaS and other cloud models might be the only real way to eradicate piracy for good. If you can control software and keep it protected inside the cloud, users can access it only when it’s been paid for.”

West Gate Networks の President & Lead Network Architect である Andrew Froehlich は、「 現実的なところで、SaaS を含むクラウド·モデルだけが、著作権侵害を根絶する唯一の方式と言えるだろう。ソフトウェアを供給する側が、それらをクラウド内に配置し、また、保護し続けることができるなら、対価を支払うユーザーだけが、それらにアクセスできるという状況が生じる 」と、述べている

ーーーーー

この、長年に渡る、ソフトウェアの海賊版という問題ですが、すでに根絶という方向へ向かって、進み出しているように思えます。 これまでの、オフラインが前提であったソフトウェア・マーケットでは、侵害と規制という行為が、イタチごっこを繰り返すだけでしたが、クラウドの時代になれば、侵害という行為自体が成り立たなくなるわけです。パッケージからサービスへの移行が進めば、Adobe の例を見るまでもなく、供給側のビジネスも安定するでしょうし、そうなればサービスの単価も引き下げられ、また、マーケットが拡大していくという、好循環が生まれてくるでしょう。 そして、フリーミアム・モデルにより、スタートアップにとっての参入障壁も引き下げられ、それを投資家たちが支援していくという、とても大きなエコシステムが動き始めているように感じます。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する

Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない

Posted in On Monday, Research by Agile Cat on August 11, 2014

Cloud Computing: Rampant Failure of Cloud Implementation Projects
http://wp.me/pwo1E-7Kw
By Dick Weisinger − August 8, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-rampant-failure-of-cloud-implementation-projects/

_ formtek

Yikes!  Despite the stunning growth numbers behind the web, a new report shows a dark side: Cloud implementation failures.

な、なんと! Web の成功を後ろから支える素晴らしい数字にもかかわらず、この、最新レポートは、あるダーク・サイドを示しているのだ。 つまり、クラウド実装における、失敗の確率のことである。

63 percent of Amazon AWS projects are considered failed, compared to 57 percent of projects on Rackspace and 44 percent of Microsoft Azure projects.  That’s according to a report done by VMWare.  VMWare concluded in their study that  failures were least likely to occur on non-VMWare based platforms, which you might expect.  Although VMWare-based failures were also high at 33 percent.

Amazon AWS プロジェクトにおける 63% という失敗率に対して、Rackspace プロジェクトは 57%、Microsoft Azure プロジェクトは 44% と考察されている。このレポートは、VMware により作られたものである。そして、ご想像のとおり、VMWare における失敗の確率は、他のプラットフォームの比較において、最も低いであろうと結論付けている。 とは言え、VMware ベースでの失敗も、33% という高い数字を示しているのだが。。。

注記:上記のリンクから、対象となるレポートをダウンロードしましたが、それによると、「Amazon AWS 57%、Rackspace 63%」の失敗率となっています。Dick Weisinger さんのミスなのか、レポートが修正されたのか、いずれかの理由によるものと思われます。 また、そのレポートの作成に、VMware が関与しているという記述ですが、ダウンロード・サイトである iland が、VMware のビジネス・パートナーだからなのかと推測します。

The report said that “the promise of the cloud remains tantalizingly out of reach, and in its place are technical headaches, pricing challenges and unexpectedly high operational costs…  Respondents reported staggering failure rates across ‘tech giant’ IaaS implementations and identified the support and functionality needed to overcome top challenges.”

このレポートは、「 クラウドにおける約束は、テクニカルな悩み、および、価格設定の課題、予想外に高い運用コストといった領域を、依然として解決できないでいる。そして、調査における回答者たちは、テック・ジャイアントの IaaS を横断するかたちで、かなりの失敗が生じていることをレポートし、また、この最大の課題を克服するために必要な、サポートおよび機能を指摘した」と述べている。

There’s the question of whether these numbers are to be believed and also to understand in more detail just what constitutes a failure, but to put the high failure rates in perspective, in 2008 before the boom of cloud computing, a study found that, on average, 68 percent of IT projects are considered failures.  Maybe things just never change.

ここでの論点は、一連の数字を信じて良いのかというところだろう。 また、失敗の構成要素は、より深く掘り下げられるべきだろう。 しかし、クラウドがブームになる以前の 2008年にも、高い確率でプロジェクトは失敗するという視点の、調査結果がレポートされている。そのときには、IT プロジェクトの 68% が失敗とみなされていた。 おそらく、物事は、そう簡単に変わらないということなのだろう。

Other findings of the report are:

  • 33 percent of customers find cloud pricing confusing
  • 38 percent say that cloud service contracts are expensive and difficult to understand
  • 35 percent of customers experienced unexpected downtimes
  • 33 percent found the learning curve to managing their cloud resources as steep
  • 33 percent say that cloud scalability is more difficult than vendors would have you believe
  • 33% が、クラウドの価格構成に対して混乱している
  • 33% が、クラウドの契約を理解するための、手間と難しさを指摘している
  • 35% が、予期せぬダウンタイムを経験している
  • 33% が、自身のクラウド資産を管理するための、学習曲線に無理があるとしている
  • 33% が、スケーラビリティの達成は、ベンダーが言うほど簡単ではないと述べている

ーーーーー

出だしが凄かったので、ハラハラ・ドキドキの翻訳作業でしたが、上手く着地するものですね。 さすがは、Dick Weisinger さんです。 クラウド・プラットフォームごとに、プロジェクトの失敗率を調べたところで、いったい、どんな意味があるのかと、疑問を投げかけているようもに思えます。 もちろん、自身の記事の材料として、こうして参照しているわけですがら、1つの情報として利用する価値を認めているのだと推測しますが、その背景も理解すべきと言っているのでしょう。 

ーーーーー

<関連>

Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!

%d bloggers like this: