Agile Cat — in the cloud

Mobile Enterprise の調査: モバイルの波は コンシューマだけでなく、エンタープライズも 呑み込み始めている

Posted in Enterprise Social, Mobile, On Monday by agilecat.cloud on August 24, 2015
Enterprise Mobility: Consumers Have Mobile and now Enterprises Want it Too
By Dick Weisinger – Aug 21, 2015
http://formtek.com/blog/enterprise-mobility-consumers-have-mobile-and-now-enterprises-want-it-too/
_ formtek
There are more than 7.3 billion mobile devices in a world that only has 7 billion people, says Forrester Research.
 
この世界には、73億台以上のモバイル・デバイスが存在するが、その人口となると、わずか70億人に過ぎないと、Forrester Research は述べている。
 
While the first wave of mobile has been focused primarily on consumers, mobile is beginning to make a strong showing in the enterprise.  IDC projects that there are currently 96 million workers in the US who have used mobile devices to access data related to their jobs.  [Note that total population of the US is now about 320 million]. The number of mobile workers is expected to grow to more than 100 million people by 2020, or about two thirds of the total US workforce.
 
Dali_2モバイルの最初の波は、主としてコンシューマにフォーカスしたものであったが、いまではエンタープライズをも飲み込もうとしている。 アメリカ市場に関する IDC の推測によると、モバイル・デバイスから仕事のデータにアクセスする人々は、現時点で 9600万人を数えることになる。(注記:アメリカの総人口は、現時点で 3億2000万人このモバイルワーカーの数は、2020年までに 1億人を超えることになり、また、アメリカの総労働人口の 2/3 に至ると予想される。
 
The global Enterprise Mobility (EM) market is expected to grow annually by 15 percent every year, eventually reaching $140 billion by 2020.  By 2020 roughly 10-12 percent of the enterprise IT budgets will be spent on mobility, compared to less than 5 percent today.  That’s based on a report by Nasscom made in association with Deloitte.
 
この Global Enterprise Mobility (EM) マーケットは、平均年率で 15% の成長を継続し、2020年には $140 billion という規模に至るとされる。そして、2020年には、エンタープライズ IT 予算の 10%〜12% が、モバイルに関連するパートに費やされるが、現時点における比率となると、わずか 5% に過ぎないとのことだ。この数字は、Deloitte の協力を得て、Nasscom が作成したレーポトをベースにしたものである。
 
A big reason why mobile is taking off in the enterprise is because people are using the technology as consumers.  IDC says that the relatively low cost of smartphones and tablets combined with a “Bring Your Own Device (BYOD)” philosophy at businesses are major drivers of the growth of enterprise mobility.
 
エンタープライズにおいてモバイルが急成長している理由だが、労働者たちが個人的に利用しているテクノロジーが活用され始めたという点につきる。IDC の発言によると、比較的に低コストなスマートフォンおよびタブレットと、企業における “Bring Your Own Device (BYOD)” の概念が組み合わされた結果として、このような変化が訪れたことになる。
 
Advances in mobile technology are forcing businesses to rethink the technologies and strategies used by their organizations.  For example, there has been increasing innovation occurring in the areas of biometric readers, wearables, voice control, near-field communications (NFC) and augmented.  As a result, new mobile technologies are expected to improve and change business workflows, communication and even business cultures.
 
そして、モバイル・テクノロジーの進歩が、組織で用いられてきた技術と戦略のあり方を、強制的に再考させているのだ。その顕著な例として、バイオメトリック認証/ウェアラブル/音声制御/NFC といった領域でイノベーションが生まれ、また、成長している点が挙げられる。その結果、ビジネスにおけるワークフローとコミュニケーションを改善し、さらにはビジネス・カルチャーも変革するものとして、これらの新しいモバイル・テクノロジーが期待を集めているようだ。
 
ーーーーー
On MondayBYOD に関する議論が真っ盛りだったのは、いつ頃だったのかと思って調べてみたら、やはり Dick Weisinger さんが、 2013年の夏に 「BYOD を採用する企業の 52% が、その対策に $500,000 も費やしている」という記事や、「スマホ 利用にマッタをかける、米エンタープライズたち」という記事をポストしていました。 そして、モバイルの波の勢いが、わずか 2年の間にエンタープライズも呑み込んでしまったのですが、その背景には、モバイル・エンタープライズを開発するための、環境やツールの整備もあるはずです。 コンシューマのエクスペリエンスがエンタープライズを変えるとなると、次はソーシャル・メディアの番なのでしょうか? モバイルの浸透により、そのためのベースは整いつつあると思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイルは5倍のスピードで突っ走る!
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
 
 

Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on August 17, 2015
Industry 4.0 and the Internet of Things: Innovation on the Manufacturing Floor
By Dick Weisinger – August 11th, 2015
http://formtek.com/blog/industry-4-0-and-the-internet-of-things/
_ formtek
Manufacturers are talking about moving on to a new phase, Industry 4.0.  It’s a term that started in Germany and is now being used by analysts like McKinsey and Gartner.
 
Industry 4.0 という新たな段階への移行が、製造業界では話題になっている。 この Industry 4.0 は、Germany で始まったものであるが、いまでは McKinsey や Gartner といった調査会社も、利用する用語となっている。
 
Picasso_1But if we’re already at 4.0, then what were the milestones that made up Industry 1.0, 2.0 and 3.0?  In a piece for ZDNet, Joe McKendrick summarizes it nicely:
 
しかし、私たちが 4.0 の段階に至るとするなら、Industry 1.0/2.0/3.0 では何が達成されていたのだろう? Joe McKendrick による ZDNet への寄稿が、その辺りを上手く整理している:
 
  • Industry 1.0: Water/steam power
  • Industry 2.0: Electric power
  • Industry 3.0: Computing power
  • Industry 4:0: Internet of Things (IoT) power
 
The components that are work together to drive this fourth phase of innovation include:
 
そして、第4段階目となるイノベーションは、以下のコンポーネントを組み合わせることで達成される:
 
  • Collaboration tools
  • The Internet of Things
  • Cybersecurity
  • The Cloud
  • Big Data Analytics
  • Simulation
  • Robots
 
Brian Holliday, division director of Siemens Industry Automation, said that “Industry 4.0 is a 20-year journey.  It’s not something that’s going to come about in two or five year’s time … But the work that goes in now to create the platforms, the protocols and the connections between the smart devices that will enable the digitally designed factory environments, that is envisaged by programs like Industry 4.0.”
 
Siemens Industry Automation の Division Director である Brian Holliday は、「 Industry 4.0 は、20年におよぶ旅を経験している。それは、2とか 5年とかの期間で、到達し得るものではない・・・  そして、これまでの取り組みにより、いくつかのプラットフォームが生まれてきた。 スマート・デバイス間を結ぶプロトコルとコネクションは、現場での環境にデジタル的にデザインされた何かを持ち込むだろう。つまり、それが、たとえば Industry 4.0 のような、筋書きにおいて想定されるものだ 」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayたとえば、キャリアが運用するスマート・デバイス間通信は、製造とは切り離された M2M であり、その反対に、製造業が運用するスマート・デバイス間通信は、キャリアとは切り離された M2M であるという、漠然とした切り分けがありましたが、このポストの説明には、曖昧さを切り捨てた心地よさがありますね。 それにしても、ジーメンスは流石です。 これまでの実績は主張しながらも、新たな発想を正当に評価し、それらを取り入れることで、自らの次世代をデザインしようと考えているように受け取れます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイルは5倍のスピードで突っ走る!
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
 
 

Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイル開発は5倍のスピードで突っ走る!

Posted in DevOps, Enterprise Social, Mobile, On Monday by agilecat.cloud on August 10, 2015
Enterprise Mobile App Development: Growing 5x Faster Than IT Can Respond
By Dick Weisinger – August 6th, 2015
http://formtek.com/blog/enterprise-mobile-app-development-growing-5x-faster-than-it-can-respond/
_ formtek
Demand for enterprise mobile applications is expected to grow five times faster than the ability of IT organizations to respond between now and the end of 2017, according to Gartner.  The growth is being fueled by the rapid increase in number of mobile phone devices which is expected to reach 2.1 billion units by 2019.
 
エンタープライズ・モバイル・アプリに関する需要だが、これから 2017年末までの間において、IT 組織の許容力と比べて、5倍というスピードで成長していくと、Gartner は予測している。この成長は、2019年まで 21億台に達すると予想される、モバイル・フォンの急激な増加により加速していく。
 
Dali_5Today employees typically use three different devices on a daily basis, but trends like Internet of Things (IoT) and wearable devices are expected to increase the number of devices used daily to five or six devices.
 
今日において、一般的な企業などに属する従業員たちは、日常的に 3種類のデバイスを使用している。しかし、IoT および Wearable デバイスといったトレンドにより、前述のデバイス数は5種類〜6種類ほどに増加すると予想される。
 
Adrian Leow, principal research analyst at Gartner, said that “organisations increasingly find it difficult to be proactive against competitive pressures, which is resulting in their mobile apps becoming tactical, rather than strategic.  We’re seeing demand for mobile apps outstrip available development capacity, making quick creation of apps even more challenging. Mobile strategists must use tools and techniques that match the increase in mobile app needs within their organizations.”
 
Gartner の Principal Research Analyst である Adrian Leow は、「 競合のプレッシャーに対して、先回りして戦っていくことの困難さに、直面する企業が増加していくだろう。言い換えれば、モバイル・アプリに求めるものが、戦略的というより、戦術的なものになってきているのだ。つまり、モバイル・アプリに対する需要が、調達できる開発能力を上回るという現実に、私たちは直面しているのだ。その結果として、短時間でアプリを開発することが、ますます困難になってきている。モバイル戦略家たちは、組織内で必要とされるモバイル・アプリの増加に適合するように、ツールやテクニックを活用していかなければならない」と述べている
 
In order to be able to keep up with mobile app demand within organizations, Gartner recommends:
 
組織内で増大していくモバイル・アプリの需要に対応していくために、以下の能力を獲得すべきと、Gartner は推奨している:
 
  • Make Application Development a high priority for the business
  • Adopt a bimodal approach
  • Use rapid development app development tools
  • Supplement in-house development skills with outsourcing
 
  • モバイル・アプリ開発の優先順位を、ユーザー企業内で高めていく
  • 多様性のあるアプローチを適用する
  • 迅速なアプリ作成を可能にする、適切な開発ツールを採用する
  • 社内開発のスキルを高めながら、アウトソースも活用する
 
ーーーーー
On Mondayサービス/プロダクトの供給という側から見て、この5年の間に、最も大きく変化してきたのがモバイル開発なら、最も保守的に進んできたのが情シスなのかもしれません。 それぞれの社会における役割が異なるため、このような比較自体に意味はありませんが、モバイルを取り込まざるを得ないという現実が、エンタープライズに対して大きな変化を要求しています。 そうなると、情シスにとっても、モバイル対策が欠かせなくなってきます。 どのようにしたら、両者を隔てる深い溝が埋まるのでしょうか? 考えるべきことが、たくさん有りそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
 
 

IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?

Posted in On Monday by agilecat.cloud on August 3, 2015
ITaaS: Managing IT as a Separate Business Entity
Dick Weisinger – July 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/itaas-managing-it-as-a-separate-business-entity/
_ formtek
IT as a Service (ITaaS) is a business operational model where the IT group is run as a separate entity from the rest of the organization, serving Line of Business (LOB) groups within the organization as its customers.  Often the internal IT group must also compete against external IT options, which would include outsourcing vendors and public cloud providers, to meet the needs of the LOB.
 
IT as a Service (ITaaS) とは、組織内における IT グループを、その他の部門から切り離して運用していくビジネス・モデルのことであり、また、その組織内の Line of Business (LOB) グループを、顧客としてみなしてサービスを提供していくものである。多くのケースにおいて、この種の社内 IT グループは、LOB のニーズを満たすという観点において、アウトソーシング·ベンダーやパブリック・クラウド・プロバイダーといった、外部から採用する IT のオプションと、対抗しなければならない。
 
Gauguin_2Research and Markets estimates that the Global ITaaS Market will grow at a CAGR of 31 percent over the next five years. Benefits of the ITaaS model include:
 
そして、Research and Markets の推測によると、この Global ITaaS Market は、これからの 5年間において、31% の CAGR で成長するとのことだ。ITaaS モデルには、以下のメリットが含まれる:
 
  • Promotes competition
  • Provides better information to the customer to make informed decisions
  • Offers Price Transparency
  • Leads to standardization and commoditization of services
 
  • 競合の促進
  • 顧客に的確な意思決定を促すための、的確な情報の提供
  • 価格に関する透明性の担保
  • サービスにおける標準化と一般化の導入
 
IDC says that “creating a mature, strategic business alignment between IT and its customers requires a clearly defined end-state vision, an empowering IT culture capable of initiating rapid change, and an increasing focus on the financial costs and benefits as measured from a consumption basis versus the traditional cost-budget basis…  The ability of CIOs and IT organisations to grasp how business wants services that serve actual business needs, not traditional IT components, is significantly altering the ways in which service management is defined as successful.”
 
IDC の発言を整理すると、「ここで言う IT グループと顧客の間に、戦略的で成熟した、ビジネスのための整合性が確立される。それにより、最終イメージに対する明確なビジョンが必要となり、また、急激な変化への対応という観点で、IT グループの能力を伸ばすことも可能になる。さらに言えば、伝統的なコスト・ベースの予算と、最近の消費ベースの予算から測定した、双方の費用対効果を、明確に比較できるようになる・・・ CIO と IT グループの持つべき能力とは、実際のビジネス・ニーズに応えるサービスを把握することであり、伝統的な IT グループを維持することではない。それを踏まえて前進していけば、成功するサービス管理の定義という観点で、さまざまな変革が達成されるはずだ」となる。
 
ーーーーー
On Mondayここで言う IT グループを日本語にすると、情報システム部となるわけですが、アメリカの IT と比べて、日本の情シスは SIer への依存度が高いので、同じシナリオが当てはまるわけではありません。 ただ、こういう競合が発生すると、仮に IT グループが勝てなくても、ユーザー企業のニーズは、外部に対して的確に伝わるでしょうし、効率が高まってくるように思えます。 こういう流れに、日本も乗っていけると良いですね_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
 

Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 27, 2015
New Hardware: Enabler of IoT Innovation
By Dick Weisinger – July 21st, 2015
http://formtek.com/blog/new-hardware-enabler-of-iot-innovation/ 
_ formtek
Analysts have been all over the Internet of Things (IoT), predicting how billions and billions of dollars will be spent connecting billions and billions of devices.  But don’t confuse IoT with the many advances that we’re seeing with new hardware and new machines.
 
アナリストたちは、すべての Internet of Things (IoT) を見通すことで、数十億のデバイスを接続するために生じる、膨大な収益を予測しようとする。しかし、IoT と組み合わせるべき、新たなハードウェアとマシンがもたらす先進性と、これまでの概念を混同してはならない。
 
Gauguin_10But in a recent piece for O’Reilly, Jon Brunner identifies the New Machine market as one that is distinct from the Internet of Things.  Brunner says that the rapid rise in innovation in new machines, robots and devices is happening in parallel to IoT and is very distinct from it.
 
そして、O’Reilly の最近の記事ではJon Brunner が New Machine のマーケットを、IoT とは別のものとして識別している。Brunner の言葉によると、新たなマシン/ロボット/デバイスにおける急激なイノベーションは、IoT と平行して起こっているものであり、また、明確に区別すべきものとなる。
 
Brunner says that IoT is all about cheap hardware connected to the Internet, creating lots of data that can be crunched with cheap analytics and fed into machine learning.
 
さらに Brunner は、IoT の全体像について、インターネットに接続された安価なハードウェアがあり、そこで生成された大量のデータが安価に分析され、機械学習に受け渡されるだけのものと発言している。
 
On the other hand, Brunner says that the new tools that form the backbone of the New Hardware industry are being driven by advances in inexpensive hardware in the areas of 3D printing, new-generation CNC tooling, cheap microcontrollers, and new high-level programming languages to control embedded systems.  He sees the New Hardware Movement as more of an enabler of IoT.
 
その一方で Brunner は、安価なハードウェアが進化したことで、New Hardware 産業のバックボーンを形成する新しいツールが、新たな推進力を持ち始めているとも述べている。具体的に言うと、3D プリンティングや、次世代の CNC ツール、安価なマイクロコントローラ、そして、エンベッド・システムを制御するための、新たな高級プログラミング言語などが、その領域を構成していることになる。 つまり、IoT を実現する存在を超えたところで、彼は New Hardware Movement の動きを捉えている。
 
Brunner wrote that “the impact of the new hardware movement goes well beyond electronics and touches any industry that produces physical goods: it won’t be long before we see cars developed in an agile manner. On the other end of the spectrum, the new hardware movement is a primary enabler of the Maker movement; its accessible prototyping tools have become a popular hobbyist pastime.”
 
そして Brunner は、「 新しいハードウェアの動向は、物理的な商品を生産する大半の業界に、これまでのエレクトロニクスの概念を、遥かに超えたレベルで浸透していく。いわゆるアジャイルな手法で、自動車というものが開発されていく状況などが、それほど時間をかけずに現実のものとなっていく。そして、この領域の別のエッジでは、新しいハードウェアの動きが、メーカーの動きを率先して変革していくものとなる。つまり、誰もがアクセスできるプロトタイピング・ツールが、人々が好む趣味や娯楽の対象に変容していくのだ」と述べている。
 
ーーーーー
Youtube Hong KongOn Mondayたしかに、IoT によるイノベーションは、多様なスタイルを持つものになりそうですね。 たとえば、GoPro などのアクション・カメラと、ちょっと高級なドローンを組み合わせが、つまり安価で進化したハードウェアが、現実に大きな変化を生み出しているのです。 この Youtube の画像は、昨年の香港で生じた政権に対する抗議デモの様子を、安価な民生ハードウェアだけで、見事に捉えている実例と言えるでしょう。 もちろん、すべてがオンラインでつながっているわけではなく、人手による作業が介在しているのですが、あと数年で、全体が IoT に載ると、容易に推測できます。 この動画を観たとき、よく目にする「主催者側は10万人と発表し、政権側は3万人と発表」みたいな奇妙な報道が、すでに意味を失っていることに気づきました。 そして、維持費を含めれば何億円という費用がかかる報道ヘリが、都会の人々の動きを追うという範囲では、無用の長物になってしまったことに驚きました。 安価に利用できる IoT と、安価に手にできる高機能なハードウェアが広まるにつれて、ありのままに事実を共有できる、住みやすい世の中になっていくのだと、期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している

Posted in Businesses, On Monday by agilecat.cloud on July 21, 2015
Business Leaders View Technology as Key to Future Growth
By Dick Weisinger – July 13th, 2015
http://formtek.com/blog/business-leaders-view-technology-as-key-to-future-growth/
_ formtek
We’re nearly halfway through 2015 and most CEOs remain positive on business conditions and focusing on improving their use of technology.  A recent survey by Gartner or CEOs found that technology is viewed as a primary tool for achieving growth in 2015 and 2016.
 
すでに、2015年も半分が終わった。 そして、大半の CEO たちはというと、ビジネスの状況をポジティブに保ち、また、テクノロジー活用の向上にフォーカスしている。Gartner および、それらの CEO たちの、最近の観察によると、2015年から 2016年への成長を達成するためには、テクノロジーが最重要な手段であることが分かってきた。
 
Monet_1Mark Raskino, vice president and Gartner fellow, said that “this is the highest position we have ever seen for technology in this survey and it’s our firm belief that CEOs are more focused on this area than at any time since 1999.  When we examine the subtext of the responses, the purpose of CEOs’ interest in technology becomes immediately obvious. Over half of the responses relate to revenue- and growth-related technology issues such as multichannel, e-commerce and m-commerce.”
 
Gartner の VP and Fellow であるMark Raskino は、「今回の調査により、これまでの私たちが経験してきた以上に、テクノロジーが高く評価されている状況にある。1999年以降において、この領域を CEO たちは最も重視していると、当社は確信している。回答者たちの真意を調べたところ、CEO たちの関心がテクノロジーへと向いていることが、すぐに明らかになった。具体的に言うと、回答の半分以上が、マルチ・チャネル/eコマース/mコマースといった、収益と成長に関連するテクノロジーを課題としていた」と述べている
 
注:mコマース = Mobile コマース
 
CEOs are also concerned with the darker side of technology.  Many CEOs also expressed concerns with security and risk.  Three-quarters said that they agreed with the following statement that “the digital world is creating new types and levels of risk for our business,”, and two-thirds said that “Investment in risk management practices is not keeping up with new and higher levels of risk.”
 
その一方で CEO たちは、テクノロジーの暗部にも関心を示している。多くの CEO たちが、セキュリティとリスクに対して懸念を表明しているのだ。CEO たちの 3/4 が、「 デジタルの世界は、私たちのビジネスに対して、リスクに関する新しいタイプとレベルをもたらしている」という状況を認めている。また、彼らの 2/3 が、「リスク管理に対する実質的な投資が、それらの新たなリスク・レベルに追いついていない」と、述べている。
 
Raskino commented that “CEOs are right to be concerned. As products and services become digital they add far greater utility for the customer but also far greater power for those dark forces who might usurp digital control. CEOs and CIOs should collaborate to jolt the executive team out of cyber-risk complacency.”
 
Raskino は、それらの CEO たちが懸念するのは、当然のことだと述べている。そして、「 プロダクツとサービスがデジタル化するにつれて、顧客たちは膨大なメリットを享受している。 ただし、それだけではなく、デジタルによる制御を奪うような、強大なパワーを持つ暗部とも対峙している。CEO と CIO は協力して、現状における自己満足的なサイバー・リスク管理を捨て去り、新たなセキュリティ・チームを立ち上げるべきだ」と説いている。
 
ーーーーー
On Mondayテクノロジーにおける陰陽の両面が取り上げられていますが、それらに正面から取り組むことで、企業は成長を継続していくでしょうし、人々は平和を手にしていく・・・ と信じたいですね。  現実に、食料を大量に廃棄する国もあれば、飢えに苦しむ国もあるわけです。 また、それを解決できない近代国家という枠組みの、限界も見えてきているように思えます。 いま収穫したばかりの米や麦を、西へ向けて出荷すべきなのか、東へ向けて出荷すべきなのかを正確に教えてくれる、といったテクノロジーが待ち望まれますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!

IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

Posted in IBM, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 13, 2015
Internet of Things (IoT): Less Than 10 percent of Mobile and IoT data is ever Analyzed or Acted on
By Formtek
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-less-than-10-percent-of-mobile-and-iot-data-is-ever-analyzed-or-acted-on/
_ formtek
The IoT market is expected to grow rapidly.  IDC estimates that it currently is growing at a rate of 13 percent annually, growing from a value greater than $1.3 trillion this year to more than $3.04 trillion in 2020.  Today there are roughly 9 billion IoT devices installed, and by 2020 that number is expected to rise to 28 billion.
 
IoT マーケットは、急速に成長すると予想されている。IDC の推定によると、その年間成長率は 13% となり、また、市場規模で言うと 2015年の $1.3 trillion が、2020年には $3.04 trillion に至るとされる。そして、現時点で約 90億の IoT デバイスが存在するが、2020年には 280億に達するらしい。
 
Seurat_10But a challenge has to do with how IoT and mobile device data can be effectively used.  IBM estimates that 90 percent of the data generated by IoT/mobile devices is never analyzed or acted on.  Much of the data is realtime and estimates are that 60 percent of this kind of data begins to lose data within just milliseconds after being created.
 
しかし、課題として取り組むべきものに、IoT/Mobile デバイスからのデータの、有効利用という視点がある。IBM の推定によると、IoT/Mobile デバイスが生成したデータの約 90% が、分析されることもなく、活用されることもなく、廃棄されていくという。この種のデータは、その大半がリアルタイムなものであり、さらに言えば、その 60% のデータが、生成された数ミリ秒以内に失われていくという。
 
Bob Picciano, senior vice president of IBM Analytics, said that “our knowledge of the world grows with every connected sensor and device, but too often we are not acting on it, even when we know we can ensure a better result…  [IoT] is a rich and broad-based opportunity where innovation matters.”
 
IBM Analytics の Senior VP である Bob Picciano は、「この世界において、私たちが手にする知識とは、すべての接続されたセンサーやデバイスにより成長していく。しかし、それらを活用しないケースが、あまりにも多すぎるのだ。それが出来るなら、より良い成果が約束されているのだ・・・ つまり、イノベーションが起きるところでは、広範囲におよぶリッチなチャンスを、IoT がもたらすことになる」と述べている
 
A statement from IBM said that up until now the IoT market has been relatively small because it has been too expensive for businesses to tap into.  Developments in cloud, mobile and APIs are expected to lower the cost of entry and enable growth in the market to explode.
 
IBM のステートメントは、企業が IoT を活用しようとしても、あまりにも大きなコストが生じるため、相対的に小規模なものになっていると伝えている。そして、Cloud/Mobile/API を用いた開発が、その参入障壁を引き下げ、また、マーケットの爆発的な成長を実現すると期待されている。
 
ーーーーー
On Mondayそのデータは大量であり、かつ、リアルタイム性を帯びたものになる、というのが IoT なのでしょうね。したがって、Big Data といっても、すべてを Hadoop 系のもので処理できるわけではなく、なんらかの、新しい方式が必要になるのでしょう。 先週にポストした、Snoeflake という Data Warehousing サービスが、Hadoop の排除を特徴としてプッシュしているのが、とても気になっています。そして、ネットワークとデータ処理を、シームレスに接続するという観点では、おそらく、お手本となるものを、Google が提示するのでしょう。 Google Now が提供する音声認識の精度と速度が、その可能性を示しているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
%d bloggers like this: