Agile Cat — in the cloud

Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動が さらに容易になる

Posted in Container, On Monday, Research by Agile Cat on November 24, 2014

Container Technology/Flocker: Simplifying the Migration of Apps and Data Servers
http://wp.me/pwo1E-82M

By Dick Weisinger – November 18, 2014
http://formtek.com/blog/container-technologyflocker-simplifying-the-migration-of-apps-and-data-servers/

_ formtek

Moving an application installed on one machine to another one has traditionally been a tedious task.  But ClusterHQ provides an elegant solution to the problem that they’re calling Flocker, and today they are announcing an update to that solution, release 0.3.  Flocker makes it possible to move the components of multi-server applications and associated data volumes to different servers.  It’s particularly useful for moving containers running applications, databases, and data-backed services between servers in one or more clouds.

あるマシンにインストールされたアプリケーションを、他のマシンに移動することは、ずっと昔から、ウンザリする作業とされてきた。しかし ClusterHQ は、Flocker という洗練されたソリューションを提供することで、この問題を解決しようとしている。 そして、彼らは、アップデートされた Release 0.3 をアナウンスした。Flocker を用いれば、マルチ・サーバー・アプリケーションのコンポーネントと、それらに関連付けられたデータ・ボリュームを、他のサーバーに移行できる。つまり、複数のクラウド上でサーバー間でコンテナを移動させ、アプリケーション/データベース/データ・バックアップ・サービスを実行するときに、とりわけ有用となる。

 ClusterHQ’s Flocker product is based on the popular Docker software. Docker is a container technology that’s seen phenomenal growth and acceptance since it was first released in March 2013.  A Docker container is similar in concept to a virtual machine, but considerably  lighter weight.  Virtual machines emulate  an entire server device and don’t make good use of the physical resources on the machine where they run.  Containers, on the other hand, abstract just the operating system kernel.  Unlike VMs, individual containers share a single base operating system, making them much leaner, smaller and more efficient.  Their leaner design translates to a much higher possible density of server instances.  It’s possible to run as many as six times the number of containers on a single physical server as the number of VMs that could run on the same machine.

ClusterHQ の Flocker というプロダクトは、人気の Docker をベースにしたものである。そして、言うまでもなく Docker とは、2013年3月にリリースされてから、驚異的な成長と浸透を達成しているコンテナ・テクノロジーのことである。Docker コンテナは、仮想マシンのコンセプトに似ているが、かなりライトウェイトなものになっている。仮想マシンは、全体的なサーバー・デバイスをエミュレートするが、それを実行するマシンの、物理リソースを有効に活用するものではない。その一方で、コンテナは、オペレーティング・システムのカーネルを抽象化する。つまり、仮想マシンとは異なり、それぞれコンテナはベースとなるシングル・オペレーティング·システムを共有するものであり、また、はるかにスリムで、小型で、効率的になっている。そのスリムなデザインにより、きわめて高密度で、サーバー・インスタンスを転送することが可能となる。 そして、同一の物理マシン上で仮想マシンを実行するケースとの対比においては、その6倍にも相当するコンテナを実行することが可能になる。

Flocker lets developers deploy their entire app, including its databases, to multiple hosts, and then migrate them later as operations demands. Benefits of Flocker version 0.3 include:

Flocker を用いることでデベロッパーたちは、データベースも取り込んだアプリ全体を、マルチ・ホストにディプロイできるようになり、また、その後のオペレーションにおける要求に応じて、それらを移動できるようになる。Flocker Ver 0.3 のメリットは、以下のとおりである:

  • Integration with Docker Fig for describing complex applications
  • Entire applications, including databases, queues and key-value stores can be deployed to multiple servers
  • Easily migrate containers and their data between different hosts
  • Docker Fig とのインテグレーションにより、複雑なアプリケーションにも対応できる。
  • DB/Queue/Key-Value などを取り込んだアプリ全体を、多数のサーバーへ向けてディプロイできる。
  • それらのコンテナとデータを、各種のホスト間で容易に移動できる。

Luke Marsden, founder and CTO of ClusterHQ, said that “adding Fig support to Flocker enables enterprise DevOps teams to move their applications and databases from development to staging to production much more easily than before.  This new functionality brings Flocker closer to production readiness and to providing the critical data-backed services that will allow the container industry to scale at an even greater pace.”

ClusterHQ の Founder and CTO である Luke Marsden は、「Flocker に対して、Docker Fig のサポートを加えたことで、エンタープライズ DevOps チームは、これまで以上に効率よく、開発ステージから本番ステージへと、アプリケーションとデータベースを移動できるようになる。この新機能により Flocker は、重要なデータ·バックアップ·サービスを提供し、また、完成へと近づいていく。つまり、コンテナというカテゴリが、より広範囲におよぶペースへと、さらに拡大していくことになる」と述べている。

ーーーーー

Docker のコンセプトがシンプルなだけに、この Flocker のようなバリエーションが、数多く生まれてくるのでしょうね。 ClusterHQ は、そのユーザーを、エンタープライズ DevOps チームに絞っているような感じですが、それ以外にも、さまざまな Docker 拡張版の切り口がありそうで、なんとなくワクワクしてきます。 言うまでもなく、仮想化テクノロジーを活用することでクラウドは普及したわけですが、今度はクラウドを起点として、新しいテクノロジーが生み出されようとしています。 面白いですね!

ーーーーー

<関連>

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Posted in Container, Linux, On Monday, Red Hat by Agile Cat on November 17, 2014

CoreOS: Linux Vendors in the Crosshairs of Disruption
http://wp.me/pwo1E-81Z
By Dick Weisinger – November 11, 2014
http://formtek.com/blog/coreos-linux-vendors-in-the-crosshairs-of-disruption/

_ formtek

Linux distribution vendors like Red Hat, Canonical, and Suse are under threat of disruption from a repackaged and streamlined minimalist product from CoreOS.

Red Hat および、Canonical、SuSE といった Linux ディストリビューション・ベンダーたちは、CoreOS が合理化と最小化を念頭に再考した、新たなプロダクトの脅威にさらされ、混乱に陥っている。

Cloud providers are intrigued with the technology, and CoreOS is now offered on AWS, Google Compute Engine, Rackspace, OpenStack and VMware.

クラウド·プロバイダーたちは CoreOS のテクノロジーに興味を覚え、いまでは AWS および、Google Compute EngineRackspaceOpenStackVMware が提供するという状況にある。

Traditional Linux distributions have become increasingly bloated as vendors have added ever more features.  Matt Assay in an Infoworld article quotes a Linux industry observer as saying that ”CoreOS is the first cloud-native OS to emerge. It is lightweight, disposable, and tries to embed devops practices in its architecture. RHEL has always been about adding value by adding more. CoreOS creates value by giving you less.”

従来からの Linux ディストリビューションは、そのベンダーたちが機能を追加し続けるにつれて、肥大化の一途を辿っている。Infoworld の記事において Matt Assay は、Linux 業界オブザーバーの発言をを引用し、「CoreOS は、初めてのクラウド・ネイティブ OS として登場している。それは、軽量で使い捨てであり、クラウド・アーキテクチャにおける DevOps プラクティスと強く結びついている。RHEL は、常に機能を追加することで、その価値を高めるという方式を取ってきた。 しかし、CoreOS は機能を削ることで、価値を生み出している」と述べている

CoreOS is designed to be cluster ready and easily maintainable.  The ideas behind the CoreOS Linux distribution, which is a fork of Google’s Chrome OS, include:

CoreOS は、クラスタに対応し、その維持が容易になるよう、デザインされている。その背景となるのは、Google Chrome OS からフォークした、CoreOS Linux ディストリビューションであり、以下のように要約できる:

  • Minimalist, consuming less than 40 percent RAM than the average Linux distribution
  • Quick updates to new versions, rather than package by package updates
  • Docker Containers used by most applications
  • Designed for clustering
  • 一般的な Linux ディストリビューションとの比較で、40% 以下の RAM 消費という、最小化のデザイン
  • パッケージのアップデートよりも高速な、新バージョンへのアップデート
  • 数多くのアプリケーションが使用する、Docker Containers に対応
  • クラスタリングに対応したデザイン

The easy upgradability is one of the shining features of CoreOS.  Patches and upgrades to OSes can be disruptive and difficult.  Recent OS vulnerabilities like Shellshock and Xen hypervisor were particularly difficult to guard against because they struck at components of the OS.  CoreOS’s design allows the OS to be non-disruptively patched, minimizing headaches related to installing patches.

容易なアップグレードは、CoreOS の輝ける特徴の1つである。時として、OS へのパッチとアップグレードは破壊的なものとなり、また、困難を伴う場合がある。ShellshockXen hypervisor といった、最近の OS に見られる脆弱性は、とりわけ OS コンポーネントの保護が困難なことに起因している。CoreOS のデザインであれば、パッチによる混乱を排除した OS が実現され、パッチのインストールに関連する問題を最小限に抑えられる。

A year ago, Lew Moorman, former Rackspace president, predicted that CoreOS “is the way a lot of modern applications are going to get built — though it’s very early days.  This is not super-mainstream today… but having a lightweight system like this where you can easily manage a huge number of machines will be very, very valuable.”

Rackspace の President を務めていた Lew Moorman は、「CoreOS は、現代的なアプリケーションを、大量に構築する方法を提供するだろうが、いまは、きわめて初期の段階にある。つまり、いまは主流というわけではないが、大量のマシンを容易に管理できる、この種のライトウェイト・システムは、とても大きな価値を持つものとなるだろう」と、1年ほど前に CoreOS の将来を予測していた

参照: InfoQ:CoreOSの最初の安定版がリリース

参照: deeet:CoreOSに入門した

ーーーーー

話は Open Compute Project に飛びますが、2013年1月の Summit のキーワドは、サーバーやラックの構成要素をゼロから再編していく、Disaggregation という概念に集約されていました。 つまり、これからの時代に必要なハードウェアとは、いったい何なのかという観点で、従来からの常識に因われることなく、再考していこうという取り組みです。 その背景には、クラウドの Before/After で激変してしまったデータセンターのデザインという視点があります。 そして、新しくデザインされるデータセンターに大量導入されるラックやサーバーを、再定義する必要性が生じたのですが、それは、Linux ディストリビューションについても言えることなのですね。 この両者の間に、とても似かよった流れを感じます。

ーーーーー

<関連>

Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

Social の調査:Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく

Posted in On Monday, Research, Social, Twitter by Agile Cat on November 10, 2014

Social Media: Dissecting and Analyzing the Complete Twitter Stream
http://wp.me/pwo1E-80j
By Dick Weisinger – Nov 6, 2014
http://formtek.com/blog/social-media-dissecting-and-analyzing-the-complete-twitter-stream/

_ formtek

Twitter has announced that it is funding a Laboratory for Social Machines (LSM) at MIT initially with $10 million.  LSM will run as a five-year project that is dedicated to analyzing a complete archive of Twitter content, including every tweet ever made, dating all the way back to the first one sent by Jack Dorsey.

Twitter だが、MIT の Laboratory for Social Machines (LSM) に $10 million の資金を、第一弾として提供していることを発表した。 この LSM は、Twitter コンテントのフル・アーカイブを分析するための、5年間におよぶ特別プロジェクトを実施していく。 そして、Jack Dorsey から始まった、これまでの全ツイートを遡ることになるのだ。

 Dick Costolo, CEO of Twitter, said that the investment in LSM will fund ”research to understand the role Twitter and other platforms play in the way people communicate, the effect that rapid and fluid communication can have and apply those findings to complex social issues.”

Twitter の CEO である Dick Costolo は、LSM への資金提供について、「 Twitter や、他のプラットフォームが、人々を結ぶコミュニケーションにおいて、どのような役割を果たしているのかを理解したい。迅速で滑らかなコミュニケーションが、複雑な社会問題を見つけ出し、効果的に適用されていくための研究に供される」と述べている。

Some of the goals of the LSM project at MIT include:

MIT の LSM プロジェクトでは、以下のような目標が定められている:

  • Develop techniques to analyze social systems
  • Build collaboration tools to allows groups to debate, create shared goals and enable organization
  • Deploy social machines
  • ソーシャル・システムを分析するための技術を開発する。
  • グループ間での議論を実現するための、コラボレーション・ツールを構築する。それにより、目標が共有され、組織化が達成される。
  • ソーシャル・マシンを展開していく。

Deb Roy, an associate professor at the Media Lab who will lead the LSM, said that “the Laboratory for Social Machines will experiment in areas of public communication and social organization where humans and machines collaborate on problems that can’t be solved manually or through automation alone.  Social feedback loops based on analysis of public media and data can be an effective catalyst for increasing accountability and transparency — creating mutual visibility among institutions and individuals.”

この LSM をリードしていく、Media Lab の准教授である Deb Roy は、「この Laboratory for Social Machines は、パブリックなコミュニケーションとソーシャルの構成という領域で、実験を推進していく。そして、人間の力だけでも、機械による自動化だけでも、解決することのできない問題に、両者が協調しながら取り組んでいく。パブリックなメディアとデータの分析に基づくソーシャル・フィードバック・ループは、説明責任と透明性を向上させるための効果的な触媒になり得る。つまり、組織と個人との間で、双方向における可視化が実現されていく」と、述べている

ーーーーー

楽しそうだけど、難しそうだし、また、つらい現実を見せつけられそうでもあり、、、という感じがして、期待と躊躇が錯綜しますね。 でも、Twitter というパブリック・コミュニケーションのためのツールが、この世の中に、どのような影響を与えてきたのかという視点で、とても重要な検証が行われるはずですし、また、未来へ向けた知恵が絞り出されると、期待したいところです。 匿名性を担保し、文字数以外にはコレといった制約を定めることもなく、可能な限りシンプルなルールで運用されるのが、Twitter の特徴だと思います。 だからこそ、ステキな何かが、そこから得られるはずです。 そう考えると、ワクワクしてきますね!

ーーーーー

<関連>

Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner

Posted in Data Center Trends, On Monday, Research by Agile Cat on November 4, 2014

Data Centers: Ripe for Dramatic Changes
http://wp.me/pwo1E-7ZO
By Dick Weisinger – Oct 24, 2014
http://formtek.com/blog/data-centers-ripe-for-dramatic-changes/

_ formtek

Data Center spending is expected to exceed $143 billion this year.  And with huge growth of applications and infrastructure moving to the cloud, the future of data center spending looks rosy.  But Gartner warns that the rosy expectations are likely superficial in that the current data center landscape is likely to dramatically change.  While there will be growth, there will also be fierce competition, disruption, and enormous changes in the data center market.

データセンターへの支出だが、今年は $143 billion を超えると予想されている。さらに言えば、アプリとインフラのクラウドへの移行がもたらす大きな巨大な成長により、これからのデータセンターに対する支出はバラ色に見える。しかし Gartner は、現時点におけるデータセンターに関する見通しが、劇的に変化するかもしれないと指摘し、そのバラ色の期待が表層的なものに終わる可能性を警告している。もちろん成長は継続するだろうが、データセンター市場における激しい競争/破壊/変革も起こり得る。

Four significant factors are brewing that are likely to drive disruption and conflict in the data market segment:

このデータセンター市場のセグメントで、混乱や衝突を引き起こす可能性がある、以下の四大要因が発生しようとしている:

  • Fierce Disruptive Competition(極端に破壊的な競合)
  • Big Cloud provider dominance(クラウド大手による占有)
  • Economic Warfare(経済的な戦い)
  • Nationalism(ナショナリズム)

Data Center vendors will likely fall into one of the following three categories:

データセンター事業者たちは、おそらく、以下の 3つのカテゴリに分類される:

  • Protectors – vendors with large installed bases that will attempt to protect their market share, revenue and profit margins
  • Evolutionary Disruptors – vendors that while trying to maintain their own installed base, but also seek to disrupt the business models of Protectors
  • Revolutionary Disruptors – vendors that try to break into the market with simpler and more revolutionary solutions
  • Protectors – マーケットにおいて広大なインストール・ベースを有し、自身の勢力/売上/利幅を守ろうとする事業者。
  • Evolutionary Disruptors – 自身のインストール・ベースを維持する一方で、Protectors のビジネス・モデルを破壊しようとする事業者。
  • Revolutionary Disruptors – よりシンプルで革新的なソリューションで、マーケットに参入しようとする事業者。

Joe Skorupa, vice president at Gartner, said that “underneath this calm surface, increasing market pressures are driving a change in vendor behaviours, which, along with the four disruptive factors, make the market ripe for a period of major disruption. These behaviours will become more obvious as the pace of change increases…  Elements of are already in play, and will become visible no later than early 2016; however, radical action by just one significant player could accelerate the market disruption of any of the factors .”

Gartner の VP である Joe Skorupa は、「表面上は静寂を保っているが、その水面下では、マーケットからの圧力が高まってきたことで、事業者たちの行動に変化が生じている。つまり、前述の4つの破壊的な要因を伴うものであり、マーケットに大変革が起こり得る状況になってきた。それらの行動は、変化のスピートが高まるにつれて、より明白になるだろう。それらの兆候は、すでに見え始めており、遅くとも 2016年の初頭には、よりハッキリとしてくるだろう。とは言え、メジャー・プレイヤーによる過激な行動により、あらゆるマーケットにおける破壊が加速される可能性もある」と述べている。

ーーーーー

データセンターの需要と供給のバランスというのは、ほんとに難しい問題なのだと思います。 テクノロジーの進化により、コンピューティング密度は高まっていますが、その一方で、ハンドリングする処理量も急速に高まっています。 この、正反対の結果を生じる変化が、どんどんスピードを高める一方で、電力とネットワークの供給や、利便性と安全性を考慮した用地の取得などの、とても多様な要因も複雑に絡まり合います。 それらを含めて、投資と回収のモデルを考えなければならないので、とても大変なことなのだと、あらためて感じてしまいます。

ーーーーー

<関連>

Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?

Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?

Posted in Google, On Monday, Security by Agile Cat on October 27, 2014

Security: Google and Dropbox Announce ‘Simply Secure’ Initiative
http://wp.me/pwo1E-7YG
By Dick Weisinger – Oct 23, 2014
http://formtek.com/blog/security-google-and-dropbox-announce-simply-secure-initiative/

_ formtek

In collaboration with Open Technology, Google and Dropbox have announced an open-source initiative called ‘Simply Secure’.  The goal of the project is to make security technology easier to use and more transparent.

Open Technology との連携において、Google と Dropbox は Simply Secure という名の、オープンソース・イニシアティブを発表した。このプロジェクトの目標は、セキュリティ・テクノロジーの容易な利用と、さらなる透明性の推進にある。

As the first step towards realizing that goal, the group will start with some existing open-source projects like Open Whisper Systems, The Guardian Project, Off-the-Record Messaging and try to repackage them into something that is easier for developers, designer and researchers to be able to use.

それを実現するための第一歩として、このグループは、Open Whisper SystemsThe Guardian ProjectOff-the-Record Messaging といった既存のオープンソース・プロジェクトと共に活動を開始し、また、リサーチャー/デベロッパー/デザイナーたちが容易に利用できるようにするため、それらを再パッケージしていく。

The Simply Secure initiative is designed with four principles in mind:

  1. Privacy and security are at the heart of a future internet that is vibrant
  2. Privacy and security needs to be both trustworthy and intuitive
  3. Technology needs to respect users’ desire for security and privacy
  4. Excellent security needs to become commonplace

この Simply Secure イニシアティブは、以下の 4つの項目を念頭において構成されている:

  1. プライバシーとセキュリティは、輝けるインターネットの将来において、心臓部分に位置する
  2. プライバシーとセキュリティは、信頼性と直感性の双方を必要とする
  3. ユーザーが抱えるプライバシーとセキュリティへの要望を、テクノロジーは尊重すべきである
  4. 素晴らしいセキュリティが、普通のものになっていく必要がある

George Danezis, Reader in Security and Privacy Engineering at the University College London, said that “privacy-technologies have come a long way in the lab, but they need to be made accessible and usable by end-users. Simply Secure will bring together developers, designers and users to ensure simple daily tasks can be made private, without increasing their complexity.”

University College London の Reader in Security and Privacy Engineering である George Danezis は、「プライバシーに関するテクノロジーは、私たちのラボにおいて長い道のりを歩んできたが、エンドユーザーによるアクセスと利用を容易にする必要がある。Simply Secure により、デベロッパー/デザイナー/ユーザー間での協調が生まれ、シンプルな日々のタスクにおけるプライバシーが保証されるが、複雑さを増すことはない」と、述べている。

But, Derek Brink, Vice President and Research Fellow at Aberdeen Group, warned that “I’d use caution against the irrational exuberance that tends to build around these initiatives.  Any material impact will probably be the result of a sustained effort over a long period of time…  But, I’m encouraged when smart people put their time and effort where their ideas are and try to effect a positive change.”

Aberdeen Group の VP and Research Fellow である Derek Brink は、「こうした取り組みの周囲には、常軌を逸した熱狂が渦巻くことを、忠告させてもらえると有り難い。おそらく、長期間にわたって持続される努力の結果が、あらゆるものに大きな影響をもたらすだろう。したがって、聡明な人々の時間と労力が、肯定的な変化を導くアイデアに対して、注ぎ込まれるという試みは奨励したい」と、警告を含めて述べている

ーーーーー

この10月の半ばに、「Dropbox の パスワード 700万件 が流出: いまこそ、二段階認証を考えるべきとき!」という抄訳をポストしましたが、Dropbox 自体のセキュリティには問題が無かったことが分かり、数多くのユーザーが胸をなでおろしたと思います。そして、この騒動で浮き彫りになったのが、アプリ関連系とセキュリティの関係です。 こうなってくると、サービス・プロバイダーだけが頑張っても限界があります。 そして、サービスを利用するユーザー側も、もう一歩踏み込んだところで、セキュリティを考えなければなりません。そういう意味で、この Simply Secure には期待したいですし、他のプロバイダーにも広がれば良いなぁと思っています。

ーーーーー

<関連>

Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦

Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Posted in IoT, On Monday, Research by Agile Cat on October 20, 2014

Gartner 2015 Crystal Ball: Top 10 Technology Predictions for the next Five Years
http://wp.me/pwo1E-7XN
Dick Weisinger – October 13th, 2014
http://formtek.com/blog/gartner-2015-crystal-ball-top-10-technology-predictions-for-the-next-five-years/

_ formtek

Gartner recently made ten predictions on how technology will influence businesses over the next five years.  The predictions are grouped into three categories:

先日に Gartner が提供した 10項目の予測は、これからの 5年間において、どのようなかたちのテクノロジーが、企業の在り方に影響を与えるのかというものである。それらの予測は、以下の 3つのカテゴリーに分類される

Smart machines

  • By 2017, a new computer algorithm will enable at least one significant new digital business to be launched
  • By 2018, compared to traditional business models, digital businesses will have halve the number of business process workers and use five times the number of key digital business jobs.
  • By 2018, the introduction of smart machines and industrialized services will reduce the total cost of business operations by 30 percent
  • By 2020, wireless health monitoring technology will add an extra six months to everyone’s life expectancy
  • 2017年まで:未知のコンピュータ・アルゴリズムが考案され、少なくとも1つの重要なデジタル・ビジネスが、新たに具体化されていく。
  • 2018年まで:これまでのビジネス・モデルとは異なり、デジタル・ビジネスにおいては、その作業のプロセスに従事する労働者の数が半数になってしまう。 そして、デジタル・ビジネスにおける主要な作業は、5倍まで膨れ上がる。
  • 2018年まで: スマート・マシンと産業化されたサービスの導入により、企業における全体的な運用コストは 30% ほど削減される。
  • 2020年まで:ワイヤレスのヘルス・モニタリング技術により、平均寿命が半年ほど伸びることになる。

Influence of data on economic decisions

  • By 2016, mobile digital assistants will account for more than $2 billion business in online shopping
  • By 2017, mobile commerce will exceed half of the US digital commerce revenue
  • 2016年まで:モバイル·デジタル·アシスタントにより、オンライン・ショッピングにおける $2 billion 以上の売上が処理されるようになる。
  • 2017年まで:モバイル·コマースの占有率は、米国においては全デジタル・コマースの 50% を超える。

Improving customer experience with data

  • By 2017, 70 percent of digital business models will deliberately factor in unstable rapidly shifting customer needs
  • By 2017, 50 percent of consumer product investments will target innovations in customer experience
  • By 2017, 20 percent of durable goods e-tailers will offer personalized products created by 3D printers
  • By 2020, retailers that message their in-store customers based on the customer location in the store will increase sales by five percent
  • 2017年まで:デジタル・ビジネス・モデルの 70%は、顧客ニーズの不安定かつ急速なシフトに、慎重に対応していくことなる。
  • 2017年まで:コンシューマ・プロダクトに対する投資の 50%が、顧客エクスペリエンスにおけるイノベーションを目指すものとなる。
  • 2017年まで:オンライン・リテールにおける耐久消費財の 20% は、3D プリンタから生成される、パーソナライズ・プロダクトへと変化する。
  • 2020年まで:リアルな店舗内における、ロケーション・ベースのメッセージ・サービスにより、小売業者たちの売上は 5% の上昇を達成する。

ーーーーー

大きな変化と言えなくもないですが、外さない範囲で手堅くまとめた予想という感じもしますね。 TechCrunch の「スマートマシン: 知能と学習能力を持った第二次OAの波が大量の専門職を不要にする」というポストによると、昨年も Gartner は、同じような予測を行っていたことが分かります。個人的には、パーソナル・アシスタントとスマートマシンに興味がありますが、先日にポストした「Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!」を読むと、この2つのテクノロジーを組み合わせたものが Google Now なんだろうと思えてきます。 そして、このようなテクノロジーが台頭する中で、私たちは新たな共存の形態を、どのように見つけ出していくのでしょうか? いずれにしても、いつも未来には、期待と不安が混在するのですね。

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう

Internet of Things の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

Posted in IBM, IoT, On Monday, Research by Agile Cat on October 13, 2014

Internet of Things (IoT): Applying BitCoin Technology to IoT Architecture
http://wp.me/pwo1E-7WP

By Dick Weisinger – October 8th, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-applying-bitcoin-technology-to-iot-architecture/

_ formtek

Morgan Stanley predicts that by 2020 there will be 75 billion devices connected to the Internet of Things (IoT).  But in order for the IoT to be fully realized, we need to be able to build an infrastructure that can support networks of devices that numbering  into the many tens of billions of devices.

Morgan Stanley の予測によると、IoT(Internet of Things)に接続されるデバイスの数は、2020年までに 75 Billion を数えることになる。 しかし、リアリティのある IoT を実現するためには、数百億にものぼるデバイスにナンバリングできるネットワークを、サポートすることが可能なインフラを構築する必要がある。

Paul Brody, working at IBM’s Institute for Business Value and IBM Vice President, said that today’s Internet/Cloud technology just won’t cut it for IoT.  The costs are too high and it’s important to be able to reach many more devices.  Somewhat surprisingly, Brody proposes a solution based on technology developed by BitCoin called Block Chain.

IBM の Institute for Business Value に所属し、同社の VP でもある Paul Brody は、今日の Internet/Cloud テクノロジーを IoT に適用しようとしても、その効率は高まらないと述べている。なぜかというと、そのコストが高すぎ、また、大量のデバイスにアクセスすることが重要になってしまうからだ。そして、意外なことに Brody は、BitCoin が開発した Block Chain というテクノロジーに基づいたソリューションを提案している。

Block Chain is Bitcoin’s transaction ledger.  It contains a record for every Bitcoin transaction ever made.  Each transaction is digitally signed and protected.  Bitcoin uses Block Chain to enable the sending and receiving of money online without the need for a ‘Stack’ trusted third party like PayPal or Google.  But Block Chain can be applied to other things.  It allows interactions on the internet to become decentralized without the need for a controlling authority.  Things that have previously been managed by a central authority can now be managed from a community.

Block Chain とは、Bitcoin におけるトランザクション元帳のことである。そこには、これまでに実施された、すべての Bitcoin のトランザクションの記録が取り込まれている。そして、それぞれのトランザクションは、デジタル署名され、また、保護されている。つまり、Block Chain を用いる Bitcoin は、PayPal や Google といった Stack トラストなサード・パーティを必要とすることなく、オンラインでキャッシュを送受信できるのだ。さらに言えば、この Block Chan は、その他のソリューションにも応用できる。それにより、インターネット上のインタラクションは、オーソリティによる制御から離れて、分散型として展開することが可能になる。結果的に、以前はセンタライズされたオーソリティにより管理されてきた事柄を、これからはコミュニティから管理することが可能になる。

Brody says that a problem that occurs when implementing IoT by “applying a centralized cloud-based business model to these devices will mean decades of expense without decades of associated revenue.”  Instead, Brody says that a better approach is to use “distributed edge-based computing” which would link devices at the “edge of the network” and eliminate the need to use centralized data centers.

Brody は、「それらのデバイスに、センタライズされたクラウド・ベースのビジネス・モデルを適用することで、10年超しの収益が得られないのに、10年越しの支出が生じる」方式で、IoT を実装するときの問題点を指摘している。 それに代わるより良いアプローチとは、「分散エッジ·ベースのコンピューティング」の活用である。 つまり、ネットワークのエッジにデバイスをリンクさせることで、センタライズされたデータセンターの必要性が排除されるだろうと、Brody は述べているのだ。

Brody writes that “The core of this new [IBM] approach [to managing IoT connections] is built upon the Block Chain, a model of distributed computing leveraging the architecture of BitCoin (without the financial component). Using the Block Chain we can implement the typical transaction processing work done by centralized data centers without any of the cost associated with those systems by using compute power generated by individual devices that would, in most cases, go to waste.”

Brody は、「 IoT 接続を管理するための、IBM における新たなアプローチのコアは、Block Chain の上に構築される。 つまり、この分散コンピューティングのモデルは(金融パートを除く)、BitCoin のアーキテクチャを活用するものとなる。この Block Chain を用いることで、センタライズされたデータセンターにおける一般的なシステムとして、IoT のトランザクションを処理できるようになる。つまり、大半のケースにおいて無駄と思われる、それらのシステムに関連するコストを、個々のデバイスにおけるコンピューティング能力で代替できる」と述べている

ーーーーー

BitCoin については不勉強なので、詳しいことは分かりませんが、それが仮想通貨として有用なのは、トランザクションが発生するごとに、センター DC にアクセスする必要がないからと、容易に推測することが可能です。 そして、訳し終えて思うのは、IoT と BitCoin は一卵性双生児だという仮説です。 なんか、考えれば考えるほど、似ていると思えてきます。 そして、Block Chain が適用できるなら、IoT アーキテクチャにおける、主要ベンダー間での綱引きみたいなプロセスを、一挙に飛び越すことも可能になるでしょう。どうあれ、 エッジ・コンピューティングが必要なのは間違いないので、このショート・カットが実現すると良いなぁと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている

SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

Posted in On Monday, SDN by Agile Cat on October 6, 2014

Software Defined Networking (SDN): Growing at a Blistering Rate of 90 Percent Annually
http://wp.me/pwo1E-7Vq

By Dick Weisinger – September 25th, 2014
http://formtek.com/blog/software-defined-networking-sdn-growing-at-a-blistering-rate-of-90-percent-annually/

_ formtek

The Software Defined Network (SDN) market will grow from just $960 million in 2014 to $8 billion by 2018, at an annual growth rate of 90 percent, predicts IDC.  That’s an incredible rate of growth.

Software Defined Network (SDN) のマーケットだが、2014年の時点では、わずか $960 million に過ぎないが、90% という年間成長率で伸び続け、2018年には $8 billion にいたると、IDC は予測している。つまり、信じられないほどのスピードで、成長していくことになる。

Leading vendors in this market include Cisco Systems (CSCO) and VMware (VMW).  Others also in the market include Big Switch, Brocade (BRCD), Dell, Extreme Networks (EXTR), Flextronics, Hewlett-Packard (HPQ), Huawei, Juniper Networks (JNPR), and Oracle (ORCL).

このマーケットをリードするベンダーとしては、Cisco Systems (CSCO) と VMware (VMW) の存在が挙げられる。また、Big Switch および、Brocade (BRCD)、Dell、Extreme Networks (EXTR)、Flextronics、Hewlett-Packard (HPQ)、Huawei、Juniper Networks (JNPR)、Oracle (ORCL) なども、そこには含まれる。

Factors that are driving the growth in the SDN market include:

  • Increasing adoption of cloud applications and services by businesses
  • Increased interest in the software-defined datacenter and the converging of computation, storage and networking
  • Increased demand for networks to be more flexible and to be able to support rapidly changing technologies like mobility, big data, and the Internet of Things (IoT)

このように、SDN マーケットを成長させていく要因としては、以下の項目が挙げられる:

  • クラウド上のアプリケーションおよびサービスを採用する企業が増えている。
  • Doftware-Defined Datacenter および、コンピューティング/ストレージ/ネットワークの集約に関する関心が高まっている。
  • より柔軟なネットワークに対する需要が高まっている。 つまり、Mobility/Big Data/IoT といった類の、新たなテクノロジーへの迅速な対応が求められている。

Rohit Mehra, Vice President, Network Infrastructure at IDC, said that “SDN is taking center stage among innovative approaches to some of the networking challenges brought about by the rise of the 3rd Platform, particularly virtualization and cloud computing.  With SDN’s growing traction in the datacenter for cloud deployments, enterprise IT is beginning to see the value in potentially extending SDN to the WAN and into the campus to meet the demand for more agile approaches to network architecture, provisioning, and operations.”

IDC の VP Network Infrastructure である Rohit Mehra は、「 SDN は、とりわけ仮想化とクラウドの台頭によりもたらされた、いくつかに革新的なアプローチにおいて、つまり、第三のプラットフォームとしてのネットワークへの取り組みにおいて、主役の座を得ようとしている。 エンタープライズ IT は、クラウドをディプロイするデータセンター内で、SDN の成長力を活用し、また、WAN と社内に拡大することの、価値を見出し始めている。 つまり、それにより、ネットワークのアーキテクチャプロビジョニング/オペレーションで必要とされる、より迅速な対応が実現されていく」と、述べている

ーーーーー

昨年の10月に、「 SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ 」という抄訳をポストしましたが、おそらく、ユーザー側は SDN で変化するものを知りたがり、ベンダー側は SDN で何を変えて欲しいのかを知りたがるという、なかなか出口の見つからない、堂々巡りが繰り返されていたのだろうと推測します。 もちろん、そこには、より柔軟なネットワークという合意があるのですが、何のためのという、最後のピースが見つからなかったのでしょう。 そして、SDN の内側ではなく外側に点在する、そのピースが見つかり始めたのだと、この記事は伝えているように思えます。

ーーーーー

<関連>

Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる

%d bloggers like this: