Agile Cat — in the cloud

Container の調査: エンタープライズ DevOps を実現するためにも、コンテナは不可欠なテクノロジーとなる!

Posted in Container, DevOps, Enterprise Social, On Monday by agilecat.cloud on February 1, 2016
Containers: Enabling Build-Once-Run-Anywhere Applications
By Dick Weisinger – January 28th, 2016
http://formtek.com/blog/containers-enabling-build-once-run-anywhere-applications/
_ formtek
Containers are stand-alone lightweight packages that provide a isolated environment for an application and its configuration complete with all needed dependencies and libraries.  Containers are easily provisioned in real-time and typically use far fewer resources than virtual machines.
 
コンテナとは、それぞれのアプリケーションのための個別の環境を提供し、また、必要とされる全ての依存関係やライブラリを用いたコフィグレーションを実現する、スタンドアロンで軽量なパッケージのことである。そして、仮想マシンとの比較において、コンテナはリアルタイムでのプロビジョニングを、はるかに少ないリソースで実現するのが一般とされている。
 
Chagall_5Robert Stroud, Forrester analyst, wrote that “Containers are all the rage!… Container adoption is being driven by the promise that containers deliver the ability to build once and run anywhere, allowing increased server efficiency and scalability for technology managers.”
 
Forrester のアナリストである Robert Stroud は、「コンテナは、誰もが熱望するものである。そして、コンテナが約束する Build Once and Run Anywhere の能力により、その採用が促進されている。つまり、テクノロジーの管理者から見ると、サーバーを利用する際の、効率性とスケーラビリティが増大することになるのだ」と記している
 
The results of a survey by Robin Systems being announced today, found that:
 
今日 (1/28)、Robin Systems がアナウンスした調査結果の、以下の項目に注目したい:
 
  • Adoption of containers for running enterprise applications is growing.  More than half of enterprises are using containers in production or are experimenting with containers
  • Containers are being used for both stateless and stateful applications
  • Nearly three-quarters of respondents say that containers are the preferred method for running databases, and 40 percent say that it makes sense to use containers to run Big Data applications like Hadoop and Spark.
 
  • エンタープライズ・アプリケーションを実行する際の、コンテナの採用が増えきてきている。半分以上のエンタープライズが、実運用もしくは実験の環境で、コンテナを利用しているという。
  • コンテナは、ステートレスおよびステートフルのアプリケーションで利用できる。
  • 回答者の約 3/4 が、データベースを実行する際に、コンテナは好ましい手法になると述べている。また、回答者の 40% が、Hadoop や Spark といった、Big Data アプリケーションを運用する際に、コンテナの利用は理にかなっていると述べている。
 
Partha Seetala, chief technology officer at Robin, said that “containers are a natural platform for running performance sensitive applications such as databases, as they enable consolidation without compromising performance or predictability.  This aligns perfectly with our vision of providing enterprises a high-performance and elastic containerized platform for stateful and mission-critical applications.”
 
Robin の CTO である Partha Seetala は、「たとえばデータベースなどの、パフォーマンスを考慮しなければならないアプリケーションを実行する際に、コンテナは自然なプラットフォームとなる。予測の能力と性能を犠牲にすることなく、コンテナによる統合が実現されていくにつれて、このような見方が広まってきた。つまり、ステートフルでミッション・クリティカルなアプリケーションのための、高性能で弾力性のあるプラットフォームを、エンタープライズに提供することが不可欠になるという、私たちのビジョンと完全に一致しているのだ」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday別件で、5 cloud computing predictions for 2016 という長いドキュメントを訳したのですが、その中でも、エンタープライズにおけるコンテナの利用が、今年のトレンドになると解説されていました。つまり、今年はエンタープライズも、クラウド・ネイティ・ブアプリケーションに突入すると予測しているのですが、そうなるとアップデートのサイクルが、年に数回というレベルから、日に数回というレベルに加速していくと述べているのです。この Dick Weisinger さんのポストでも、コンテナの効率が指摘されていますが、大きく変化していく開発/運用の形態を前提に考えると、その重要性がさらに強く感じられます。 つまり、DevOps にとって、コンテナが不可欠なのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
 

Comments Off on Container の調査: エンタープライズ DevOps を実現するためにも、コンテナは不可欠なテクノロジーとなる!

Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?

Posted in .Selected, On Monday, Research by agilecat.cloud on January 25, 2016
Business Disruption: Most Businesses Expect Dramatic Changes, But Few Businesses Feel Prepared
By Dick Weisinger – January 19th, 2016
http://formtek.com/blog/business-disruption-most-businesses-expect-dramatic-changes-but-few-businesses-feel-prepared/
_ formtek
Disruption is now the norm and is to be expected, say three-quarters of global senior executives interviewed by KPMG.  And those executives say the speed of change and disruption can only be expected to increase in the future.
 
いまや、破壊は当たり前のことであり、また、期待されるものになったと、グローバル企業における幹部たちの 3/4 が、KPMG のインタビューで答えている。彼らは、破壊と変化のスピードだけが、将来における成長を担うものだと発言しているのだ。
 
Dali_8But only 17 percent of companies say that they are prepared to address the expected volatility and are unsure of what path to take to counter disruptions.
 
そして、予想される不安定さに取り組めると述べているのは、それらの企業の 17% に過ぎなかった。 しかも、そこから生じる混乱を制御するための、明確な道筋は有していないという。
 
The KPGM report listed the Top Five Potential Disruptors to businesses:
 
この KPG レポートは、企業を破壊していく潜在性について、以下の Top-5 を示している:
 
  • 71 percent – Requirement to respond to regulatory and legislative rules
  • 63 percent – Increased security and cyber security
  • 60 percent – Instantaneous data access from anywhere
  • 58 percent – Digital and mobile workers and consumers
  • 49 percent – Global access to talent and skills
 
  • 71 percent – 規制と立法のルールを変えていく社会的要因
  • 63 percent – サイバー空間で繰り返される攻撃と防御
  • 60 percent – 時間と場所を選ばないデータ・アクセス
  • 58 percent – デジタルとモバイルを使いこなす従業員と顧客
  • 49 percent – 能力と技能に対するグローバル・アクセス
 
As a counterbalance to potential disruption, some businesses are investing.  63 percent are investing to beef up their cybersecurity.  One quarter are adopting cloud computing services like IaaS and PaaS.  And another quarter of businesses are investing in updates to their legacy systems.
 
潜在的な破壊的要因を緩和するために、いくつかの企業は投資を進めている。それらの企業の 63% は、サイバー・セキュリティを強化するために投資している。それらの企業の 25% は、IaaS/PaaS といった、クラウド・コンピューティング・サービスを採用している。そして、その他の 25% は、レガシー・システムへの更新に対して投資している。
 
Steve Chase, KPMG’s U.S. Advisory Management Consulting leader, said that “the fastest-growing and the most profitable organizations are increasingly – and smartly – leveraging these disruptors to continually deploy new business models, accelerate decision-making, convert data into valuable knowledge and focus on the customer.”
 
KPMG U.S. の Advisory Management Consulting Leader である Steve Chase は、「最も高いレベルで成長性と収益性を達成している企業は、一連の混乱を促進する側にまわり、その中で適切なポジションを確保し、その結果を自身のビジネスに活用している。具体的に言うと、新しいビジネス・モデルの展開/意思決定の迅速化/データの価値ある知識への変換/顧客主体の戦略などに、継続して取り組んでいるのだ」と述べている
 
Tudor Aw, KPMG UK Head of Technology, said that “the sectors and the businesses that will enjoy greatest success… will be those prepared to take a chance on something new. That’s not to say they should gamble on the next ‘big thing’ – but they shouldn’t be afraid to try.”
 
KPMG UK の Head of Technology である Tudor Aw は、「何かの新しい出来事を、チャンスにしていくための準備を怠らない企業や部門が、最大の成功を享受するだろう。だからと言って、次の大きな出来事に、ギャンブルのように賭けるべきではないのだ。つまり、トライを恐れないことが大切なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayちょっと文意の掴みにくいポストだったのですが、Top-5 箇条書きのところを意訳していたら、Uber や Airbnb のことをイメージして、訳せばよいのだと分かってきました。そして、訳し終えて、とてもスッキリです :) 先日のことですが、Facebook の Instant Article に、毎日/朝日//産経/東洋経済/日経/読売が参加するという発表がありましたが、これもソーシャル・メディアが既存メディアを破壊したことの現れであり、また、それに類することが、これから多発していくと思えるのです。そして、破壊を促進する側にまわる企業が増えるごとに、そのパワーが相乗的に増大していき、破壊と変化のスピードが加速していくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
 

Comments Off on Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?

Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research by agilecat.cloud on January 18, 2016
Enterprise Software: Enterprise Software no longer Just for Enterprises
Dick Weisinger – January 14th, 2016
http://formtek.com/blog/enterprise-software-enterprise-software-no-longer-just-for-enterprises/
_ formtek
It used to be that enterprises were the main users of enterprise software — that seems logical enough.  But no longer.  A recent survey of businesses by Tech Pro Research found that businesses too small to be classified as enterprises are adopting “enterprise” software.  Enterprise software could soon just become “business software”.
 
これまで、エンタープライズ・ソフトウェアの主たるユーザーは、エンタープライズとされ、また、言葉の意味としても、それは明らかに正しいものであった。しかし、そのロジックが、すでに崩れているようなのだ。 Tech Pro Research の最新調査によると、エンタープライズとして分類するには、あまりにも小規模な企業が、エンタープライズ・ソフトウェアを採用しているという実態が見えてきた。エンタープライズ・ソフトウェアが、単なるビジネス・ソフトウェアへと、あっという間に変容していく可能性すらあるのだ。
 
vangogh_2The report found that 98 percent businesses with more 1000 employees use enterprise software.  Among all companies surveyed, more than two-thirds said that they are using at least one enterprise software application.  Enterprise apps include software for asset management, business intelligence, CRM, document management, data processing, databases, financial applications, identity management, retail software, process management and resource planning.
 
このレポートは、1000人以上の従業員を持つ企業のうち、98% の企業がエンタープライズ・ソフトウェアのユーザーであることを明らかにしている。調査の対象となった、すべての企業のうちの 2/3 以上が、少なくとも1種類以上のエンタープライズ・ソフトウェア・アプリケーションを使用していると、答えているのだ。ここで言うエンタープライズ・アプリケーションに含まれるのは、アセット管理/ビジネス・インテリジェンス/CRM/ドキュメント管理/データ処理/データベース/財務アプリケーション/ID 管理/小売ソフトウェア/プロセス管理/リソース計画などである。
 
A major factor driving the widespread use of enterprise apps has been the rise of the cloud.   Cloud-based apps often come with user-based pricing, making adoption affordable to smaller companies.  In that way, the cloud has become an equalizer between what software enterprise-size and small-size businesses can afford.
 
エンタープライズ・アプリケーションの普及を促進する、主な要因はクラウドの台頭となる。多くのケースにおいて、クラウド・ベースのアプリケーションは、ユーザー・ベースに応じて価格が設定されるため、中小企業にとっても手頃な価格となり、その採用が促進されているのだ。つまり、エンタープライズ規模のソフトウェアと、スモール・サイズの企業との間で、クラウドが等化器として機能していることになる。
 
Frank Gens is senior vice president and chief analyst at IDC, said that “what’s happening now with cloud technologies is that we’re seeing a democratization of the ability to create competitive advantage with IT. We’re seeing companies of all sizes—not just the big guys—being able to digitize every bit of value they create and then bring that value to the marketplace.”
 
IDC の Senior VP and Chief Analyst である Frank Gens は、「クラウド・テクノロジーが広まることで、いま、何が起こっているというなら、IT が作り出す競争優位の民主化であり、それを、私たちは目の当たりにしている。大手企業だけではなく、すべてのサイズの企業を、私たちは見ている。そして、それらすべての企業は、自ら生み出したすべての数値をデジタル化し、その価値をマーケットに展開できている」と述べている
 
Chris Neumann, CEO of  data analysis vendor DataHero, said to “expect vendors to continue driving this trend, as it allows them to target functional areas within companies, regardless of their size.”
 
データ分析ベンダーである DataHero の CEO Chris Neumann は、「実質的なターゲット・エリアが、企業のサイズに関係なく広がるにつれて、ベンダーたちは、このトレンドが継続していくことを期待している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳していて、とても嬉しくなるポストです! これまで、ソフトウェアが高額なだけではなく、それらを走らせるためのハードウェアの購入も、含めて考えなければならなかった、いわゆるエンタープライズ・アプリが、クラウド上で安価に利用できるようになってきたのです。もっと上手い翻訳や日本語があるとは思うのですが、「競争優位の民主化」というのは、なかなかイイ感じです。 企業の経済規模に関係なく、テクノロジーが平等に降り注ぐ時代になるなら、アイデアと情熱に優る中小企業が、大手に一泡吹かすという場面も増えてくるでしょうし、下からも突きあげられる大手も、自身のビジネスをさらに洗練させていくことになるでしょう。クラウドにより、世界が変わったと、実感させてくれるトピックだと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
 

Comments Off on Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた

AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?

Posted in AI ML, Facebook, On Monday by agilecat.cloud on January 11, 2016
Artificial Intelligence: Facebook Building Algorithms to Surpass the Capabilities of all Human Senses
Dick Weisinger – January 7th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-facebook-building-algorithms-to-surpass-the-capabilities-of-all-human-senses/
_ formtek
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, has identified three main areas that Facebook is focusing its R&D effort on:
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerberg だが、同社の R&D が取り組むべき領域として、以下の3つにフォーカスしていく考えのようだ:
 
  • Advanced artificial intelligence — to better determine what Facebook users want to see
  • Virtual reality — the next technology users will want to use for interaction
  • Universal connection — a goal of connecting all humans on the planet to the internet
 
  • 先進的な AI ー Facebook ユーザーの好みを、適切に判別するテクノロジー
  • 仮想現実:VR ー 次世代インタラクションで、有用となるテクノロジー
  • 普遍的接続 ー 世界中の人々が、すべからくインターネットに接続するという目標
 
Chagall_9Zuckerberg said that “We’re working on AI because we think more intelligent services will be much more useful for you to use. For example, if we had computers that could understand the meaning of the posts in News Feed and show you more things you’re interested in, that would be pretty amazing.
 
Zuckerberg は、「私たちが AI に取り組むのは、よりインテリジェントなサービスがあるなら、ユーザーが使用するものが、はるかに有用になると考えるからだ。たとえば、Facebook のコンピュータが、News Feed のポストの意味を理解し、対象となるユーザーの興味に合わせたものを示すならば、とても驚嘆すべきものになるだろう」と述べている
 
Similarly, if we could build computers that could understand what’s in an image and could tell a blind person who otherwise couldn’t see that image, that would be pretty amazing as well. This is all within our reach and I hope we can deliver it in the next 10 years…”
 
そして、彼は、「同様に、私たちのコンピュータが、画像としてのイメージを理解し、盲目の人に言葉で伝えられるなら、それも、また、驚くべきことである。それら、すべては、私たちの手の届くところにあり、これからの 10年間で実現したいと考えている」と続けている。
 
In an interview with FastCompany, he added that “one of our goals for the next five to 10 years is to basically get better than human level at all of the primary human senses: vision, hearing, language, general cognition.  Taste and smell, we’re not that worried about … For now.”
 
また、彼は FastCompany のインタビューおいて、「私たちの最初のゴールは、いまから 5年〜10年で達成できるだろう。基本的な感覚としての視覚/聴覚/言語/認知において、すべてが、人間のレベルを上回ることになる。いまの時点で、味覚と嗅覚については、何も考えていない」と発言している
 
Zuckerberg said that “we’re working on VR [virtual reality] because I think it’s the next major computing and communication platform after phones.  One day, I believe we’ll be able to send full rich thoughts to each other directly using technology. You’ll just be able to think of something and your friends will immediately be able to experience it too if you’d like. This would be the ultimate communication technology.”
 
Zuckerberg は、「Facebook が VR (virtual reality) に取り組んでいるのは、ポスト・スマフォのプラットフォームを構成する、主要なコンピューティングとコミュニケーションの能力が、そこにあると、私が信じているからだ。いつの日にか、私たちの思考と情熱は、こうしたリッチ・テクノロジーを用いて、ダイレクトに交換できるようになると、私は確信している。あなたの持てるイメージを、それにより膨らますことが可能となり、また、あなたの友人も、そのエクスペリエンスを瞬時に共有できるようになる。それこそが、究極のコミュニケーション・テクノロジーだろう」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayすべてにおいて、とても現実味のある、Facebook の AI という感じがします。Facebook は、人々が相互に個体認識することで成立する現実の社会を、ソーシャル・メディアとして抽象化したものであり、そこに参加する人々は、興味/発想/思想/志向/嗜好(数えると切りが無い)などを、自身を意識しながら(ときには無意識の中で)、大量に振り撒いているはずなのです。おそらく、Mark Zuckerberg は、それらを収集/分析して究極のパーソナライズを、と言っているのでしょう。
 
2015年10月に Gartner が発表した、Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 というコンテントが、とても興味深い考察を提供しています。 その中の  Advanced Machine Learning という項目が、「最先端の機械学習の世界では、DNN (deep neural nets) が注目を浴びている。それにより、従来からのコンピューティングと情報管理を超えたところで、現実の世界を知覚するための、自律的な学習を実現するシステムが構築されていく。データソースの爆発と、情報の複雑さにより、手作業による分類と分析は、実現不可能/非経済的になっていく」と論じているのです。
 
今日の、Dick Weisinger さんのポストを訳していて、Gartner の言う、この DNN のことを思い出してしまいました。2016年1月という、いまの時点においても、Facebook は自分のことを上手く調べ上げていると、感じることが多々あります。 それは、Facebook の中に構築されている仮想的な自分に対して、このソーシャルは働きかけていると、言い換えられるものかもしれません。 本文の、最初の方の一段落を考えるだけで、ずいぶんと長い後書きになってしまいましたが、ここから AVATAR が始まりそうな予感すらしてしまう、最近の Facebook です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
 

Comments Off on AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?

IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday by agilecat.cloud on January 4, 2016
Internet of Things (IoT): The Number of Connected IoT Devices Expected to Grow Exponentially
Dick Weisinger – December 24th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-the-number-of-connected-iot-devices-expected-to-grow-exponentially/
 _ formtek
McDonald’s restaurants used to count the number of hamburgers sold.  In 1962 they hit one million.  By the mid-1970’s they were counting in the billions.  In 1976 it was 20 billion.  The signage displayed on the golden arch logo at each restaurant kept a rough tally of the count of how many hamburgers all restaurants had sold.  Eventually the count got too high and the golden arch sign changed to read simply “billions and billions”.  Basically the number got too big to keep tracking.
 
その昔、マクドナルドは、販売されたハンバーガーの数をカウントしており、その数が 100万に達したのは 1962年だとされる。そして、1970年代の半ばには 10億となり、1976年には20億に到達した。それぞれのマクドナルド店に設置された黄金のアーチは、どれだけのハンバーガーが売れたのかという大まかな累計を、サイネージ表示するためのものであった。しかし、最終的には、その数が大きくなり過ぎたので、黄金アーチのディスプレイは、Billions and Billions というシンプルなものに変更された。 なぜなら、継続してトラッキングできないほどに、その数が膨大になっていったからだ。
 
Sisley_24Will the same fate eventually hit the Internet of Things (IoT)?  That we’ll lose track of how many devices we’ve connected to the internet?  In our now digitally- and data-obsessed world, probably not.  Especially since devices aren’t consumed the same way that hamburgers are.  By any count though, there are already a lot of IoT devices.
 
それと同じ運命が、最終的に Internet of Things (IoT) にも訪れるのだろうか? つまり、インターネット接続されたデバイス数も、トラッキングできなくなるのか? 心配は無用だ。現代に生きる私たちは、デジタルとデータをコントロールしているため、そんな事にはならないだろう。さらに言うなら、デバイスはハンバーガーとは異なり、人間の胃袋に収まってしまうものでもない。しかし、大量の IoT デバイスが、すでに存在しているとは言え、その数え方は様々だ。
 
Gartner estimates that by next year there will be about 6 billion internet-connected devices with 5.5 million devices added daily, eventually growing to 20.1 billion by 2020.  Cisco estimates that there are actually 10 billion IoT devices among a pool of potentially 1.5 trillion devices that could be enabled.
 
Gartner の推定によると、2016年は 1日あたり 550万のデバイスが追加され、全体では 60億の IoT デバイス数に達し、2020年には 201億まで成長することになる。 Cisco の推定よると、現時点で 100億の IoT デバイスが存在するが、IoT に対応が可能な母数としてのデバイス数は、1.5兆に至るという。
 
Jim Tully, vice president and analyst at Gartner, said that “IoT services are the real driver of value in IoT, and increasing attention is being focused on new services by end-user organisations and vendors.  Aside from connected cars, consumer uses will continue to account for the greatest number of connected things, while enterprise will account for the largest spending.  Connected things for specialized use are currently the largest category, however, this is quickly changing with the increased use of generic devices. By 2020, cross-industry devices will dominate the number of connected things used in the enterprise.”
 
Gartner の VP and Analyst である Jim Tully は、「IoT の価値という観点では、実際の推進役は IoT サービスとなる。そして、エンドユーザー企業やベンダーたちは、新たなサービスにフォーカスしようとしている。自動車からの接続とは別に、一般の消費者も、あらゆるものを接続しようとし、それに対応する企業は、大規模な支出を求められる。現時点における大規模なカテゴリは、特殊な用途のために IoT 接続されるものだが、汎用的なデバイスの利用が広まるにつれて、カテゴリの構造が大きく変化していく。また、2020年までには、複数の業界を横断するデバイスが、エンタープライズで使用され接続デバイスの、大半を支配するようになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayこのポスト自体は、昨年のクリスマス・イブのものです。 なんか、普段とはちょっと違う、年末・年始モードの Dick Weisinger さんという感じです :) それにしても、1962年から、こんなことをマックは考えていたのですね。 この年は、ビートルズがデビューした年であり、日本の TV 受信者が1000万件を突破した年なのです。一方は伝説という称号を得て、もう一方は主役から降りていくという、50年という時間の長さを感じてしまいますが、やはりコンテントは強いですね! その反面、それらの情報を支える、プラットフォームやインフラの世界は儚いです。 まぁ、儚いからこそ、大きなイノベーションが起こるので、それは、それで良いのでしょう。 それと、こちらが本題なのでですが、そろそろ、それぞれの調査会社による IoT に関する数値が、もう少し歩み寄っても良い頃だと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
 

Comments Off on IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Posted in Enterprise Social, Government, On Monday, Social by agilecat.cloud on December 21, 2015
Social Media Compliance: Businesses Snagged By Social Media Violations
Dick Weisinger – December 9th, 2015
http://formtek.com/blog/social-media-compliance-businesses-snagged-by-social-media-violations/
_ formtek
Many businesses today are now using social media accounts to communicate directly with their customers.  Facebook, Twitter and company blogs are some of the most common social tools businesses use.  While businesses are finding that it’s easy to get started with social media, they also need to be aware of and be able to steer clear of potential compliance risks.
 
いまでは、数多くの企業が、ソーシャル・メディアのアカウントを用いて、顧客とのダイレクトなコミュニケーションを実現している。Facebook や Twitter、そして広報ブログなどが、それらの企業で利用される、最も一般的なソーシャル・ツールとなる。担当者たちはソーシャル・メディアについて、容易に使い始められるものと認識しているが、コンプライアンスに関する潜在リスクも認識すべきであり、また、適切に運用しなければならない。
 
Vermeer_3A study by Nexgate found that there are nine different regulations that have triggered social compliance incidents by Fortune 100 companies.  These include FINRA Retail Communications, FINRA Customer Response, FFIEC/Regulation Z, FTC Sweepstakes, and SEC Regulation FD.
 
Nexgate の調査 により、Fortune 100 企業が引き起こしたコンプライアンスに関する問題が、9種類の規制と関連付けられることが分かってきた。それらの規制には、FINRA Retail Communications および、FINRA Customer Response、FFIEC/Regulation Z、FTC Sweepstakes、SEC Regulation FD などが含まれている。
 
Some of the findings of the Nexgate study include:
 
Nexgate の調査結果には、以下の項目が含まれる:
 
  • Fortune 100 firm average 320 social media accounts and 213,539 followers.  Employees post an average of 500,000 comments and messages every year.
  • Fortune 100 businesses average 69 social compliance issues every year.  Employees were responsible for 12 of those and 57 of the incidents were caused by public commenters.
  • The 21 financial-service firms in the Fortune 100 had an average of 250 compliance issues per firm.
  • Healthcare companies most frequently run into compliance issues with the FDA on reports of reports of adverse drug experience risks
 
  • Fortune 100 企業は、平均で 320 のソーシャル・メディア・アカウントを持ち、また、213,539 のフォロワーを有している。 そして、従業員たちは、年間で 50万本のコメントやメッセージをポストしている。
  • Fortune 100 企業は、ソーシャル・コンプライアンスに関連する問題を、年間平均で 69 件も引き起こしている。その内訳は、従業員に起因するものが 12件であり、また、外部からのコメントに起因するものが 57件である。
  • Fortune 100 の、金融サービス企業 21社に限定すると、1社当たりのコンプライアンス問題は、平均で 250件に跳ね上がる。
  • ヘルスケア企業は、薬物経験におけるリスクという意味で、FDA (Food and Drug Administration) コンプライアンスに抵触する問題を、かなりの頻度で引き起こしている。
 
Devin Redmond, VP and general manager of Nexgate, said that “under FDA guidelines, healthcare firms are required to notify the FDA of any report of an adverse drug experience by a consumer.  Healthcare organizations must, therefore, monitor social channels for such reports.”
 
Nexgate の VP and General Manager である Devin Redmond は、「FDA ガイドラインを順守するヘルスケア企業は、消費者からの有害薬物に関する報告を網羅するために、あらゆるレポートを FDA に提出する必要がある。したがって、ヘルスケアに関連する組織は、そのような報告を見逃さないよう、ソーシャル・チャネルを監視する必要がある」と述べている
 
Ragy Thomas, founder and CEO of Sprinklr, said that “It’s hit critical mass now.  Ten years ago, most brands had some followers; now you look at a top 1,000 brand, and you can have 40 million people in their social audience. People don’t want to call; they just tweet and want a response.”
 
Sprinklr の Founder and CEO である Ragy Thomas は、「 現時点において、ある種の限界に達していると言えるだろう。10年前を振り返ると、大半のブランドは、少数のフォロワーを有しているだけだった。ところが、いまの Top-1000 ブランドを眺めてみると、4,000万人ものソーシャル・オーディエンスを抱えていることが分かる。そして、人々が電話で訴えることは稀である。 彼らは呟くだけで、救いを得たがる」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、ナルホドという話です。この FDA コンプライアンスですが、それに近いものが日本にもあるのでしょうかね?  ヘルスケア企業がソーシャルを持つと、このような、ある種の悩みが生じるのでしょうが、本質論からすると、救うべき人々が、そこに居るわけですから、なんとかしてあげたいですよね。 テクノロジーで必ず解決できるはずなので、FDA コンプライアンスに関係なく、この日本でも期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
 

Comments Off on Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている

Posted in Amazon, On Monday by agilecat.cloud on December 14, 2015
AWS is Used by 40 Percent of Small and Mid-sized SaaS Vendors
Dick Weisinger – December 8th, 2015
http://formtek.com/blog/saas-aws-is-used-by-40-percent-of-small-and-mid-sized-saas-vendors/
_ formtek
Amazon AWS is used by 40 percent of small and medium-sized SaaS businesses, based on a report from Pacific Crest.  That’s amazingly high.  Microsoft Azure and Salesforce only hold 5 percent and 3 percent of the market.
 
Pacific Crest のレポートによると、中小の SaaS 事業者の 40% が、Amazon AWS を使用しているようだ。それは、きわめて高い比率である。このマーケットにおけるシェアを見ると、Microsoft Azure は 5% であり、Salesforce 3% に過ぎない。
 
Sisley_2237 percent of SaaS businesses say that they are managing their own servers.  The report expects AWS market share to grow as the number of businesses managing their own servers declines.
 
また、 SaaS 事業者の 37% は、独自にサーバーを管理していると述べている。したがって、独自にサーバーを管理する企業の数が減るにつれて、AWS のマーケット・シェアが成長していくと、このレポートは予測している。
 
Other findings from the Pacific Crest report include:
 
Pacific Crest レポートに含まれる、興味深い視点を、以下に列挙する:
 
  • Gross Margins from SaaS Subscriptions are up 78 percent in 2015
  • Revenue growth from SaaS subscriptions is up 46 percent in 2015
  • Highest SaaS sales came from channel and inside sales
  • SaaS businesses in the $5M – $7.5M range grew 70 percent in 2014
  • The cost to add new revenue from an existing customer is only one-quarter of the cost required to get revenue from a new customer
 
  • SaaS サブスクリプションからの粗利率は、2015年に 78% もアップしている。
  • SaaS サブスクリプションからの収益率は、2015年に 46% もアップしている。
  • SaaS において、最も売上の多いセールス方式は、チャンネルと非対面である。
  • $5M – $7.5M レンジの SaaS ビジネスは、2014年に 70% も成長している。
  • 既存の顧客から新たな売上を得るために必要なコストは、新規の顧客から売上を得るために必要なコストの、わずか 1/4 に過ぎない。
 
ーーーーー
On MondayAWS のシェアも素晴らしいですが、SaaS の成長率に驚かされました。ホントかなと思い、Pacific Crest のレポートをダウンロードしてみましたが、2015-Pacific-Crest-SaaS-Survey-10.16.15 という PDF の中に、その根拠となるチャートが見つかりました。 メアドを要求されますが、豪華レポート5本セットが DL できるので、お勧めしたいです。 このレポートを読むと、SaaS ベンダーの HQ ローションが、米国に 211社も集中していて、その他の注記が 94社という状況が分かります。とくに、APAC は 13社という寂しさですが、ここも、これから爆発的に成長していく領域となるのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
 

Comments Off on SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている

Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

Posted in .Selected, Hybrid, On Monday, Strategy by agilecat.cloud on December 7, 2015
Cloud Computing: Enterprises Accelerate Move to Public Cloud
Dick Weisinger – November 30th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-enterprises-accelerate-move-to-public-cloud/
_ formtek
The trend to the cloud is accelerating, and many think that ultimately most enterprises will be running their operations in the equivalent of the public cloud.  While many vendors are focusing now on the hybrid cloud, others think that many enterprises may just leapfrog to the public cloud.
 
クラウドへと向けた流れが、加速している。最終的にはパブリック・クラウドと同質の環境で、大半のエンタープライズ・システムが運用されるようになると、数多くの人々が考えている。現時点では、数多くのベンダーがハイブリッド・クラウドにフォーカスしているが、相当数のエンタープライズがパブリック・クラウドへ向けてジャンプすることになるという、可能性を指摘する人たちもいる。
 
Chagall_17In September, GE and Capital One, for example, announced that they are in the process of moving their complete datacenters to the public cloud.  Chris Drumgoole, CIO at GE, said that “one hundred percent public cloud is still our goal… We’re on or slightly ahead of schedule with that march. It hasn’t been without pain, but almost none of the pain has been technical.”
 
たとえば、この 9月のことだが、GE と Capital One が、自社のデータセンターからパブリック・クラウドへと向けて、完全な移行のプロセスにあるとアナウンスしている。 GE の CIO である Chris Drumgoole は、「パブリック・クラウドへ向けた 100% の移行が、私たちの目標である。この流れにおいて、私たちは、少しだけ先行していると思う。それに伴う、痛みが無かったというわけではないが、それら、すべての痛みは、テクニカルなものではなかった」と述べている
 
Richard Villars, VP of data center and cloud market research at IDC, said that “we are seeing a very significant uptake in public cloud use across enterprises.”
 
IDC の VP of Data Center and Cloud Market Research である Richard Villars は、エンタープライズを横断するパブリック・クラウドの使用に対して、本質面での理解が進んでいる状況を、私たちは確認してきた」と述べている
 
Adrian Cockcroft, Technology Fellow at Battery Ventures, said that “it will be impossible to get security certification if you’re not running in the cloud because the tools designed for datacenters are sloppily put together and can’t offer the auditing for PCI and other regulators… Big enterprise has their gold plated, enterprise grade hardware, and all of their enterprise software support and there are huge bills there. With the cloud, this gets cleaned out, all of it, and replaced with open source software, commodity hardware, and those inherent savings, even with the re-engineering, is big. The difference in utilization alone, going from, for example, 10 percent to over 50 percent is how a lot of companies are thinking about this.”
 
Battery Ventures の Technology Fellow である Adrian Cockcroft は、「 セキュリティ認証の取得という観点で、クラウドでの運用が不可能になる場合がある。つまり、自前のデータセンター用にデザインされたツールなどが、整理されないままに混在するような状況だと、PCI(Payment Card Industry)や、その他の規制当局による監査をパスできない。大手のエンタープライズは、金メッキされた環境を好むという性質を持っている。つまり、エンタープライズ・グレードのハードウェアや、エンタープライズ・ソフトウェアのサポートなどに、多額の経費を支払いたがるのだ。クラウドでは、それら、すべてが一掃される。つまり、オープンソース・ソフトウェアや、コモディティ・ハードウェアによる置き換えが進むことになる。そして、本質面でのコスト削減が実現され、さらには組織の再編さえも含む、大きな変革が生じるだろう。ある企業が、単体で考えるケースとは異なり、たとえば、10%〜50% もの企業が、同じことを考えているのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこういう議論が、ユーザー側から出てくる時代になったのですね。 これを訳していて、2010年に James Hamilton さんがポストした、「プライベート・クラウドに未来はない」を思い出しました。この中で、彼は、「プライベート・クラウドを採用するという決定は、より低い活用レベルで運用し、より多くの電力を消費し、より環境に負担をかけ、より高いコストで運営していく、という決定である」と述べています。この時の、プライベートに対する指摘と、パブリック・クラウド 100% という方針を打ち出している、GE や Capital One のハイブリッドにする指摘は、同じ論点に根ざしているとも思えてきます。来年になると、これまでとは、まったく異なる切り口から、Facebook At Work Work Chat というクラウド・サービスが登場します。クラウドは、どうあるべきか? ・・・ という議論が活性化していくことを、とても楽しみにしています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
 

Comments Off on Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

%d bloggers like this: