Agile Cat — in the cloud

Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!

Posted in On Monday, Security by agilecat.cloud on April 20, 2015
Security: CFOs Finally Begin to Team up with CIOs to Battle Cyber Security
Dick Weisinger – April 17th, 2015
http://formtek.com/blog/security-cfos-finally-begin-to-team-up-with-cios-to-battle-cyber-security/
_ formtek
A survey by Raytheon/Ponemon in late December 2014 found that there was a steep disconnect between CIOs and their non-CIO C-level executive counterparts.  Chief Information Security Officers portrayed their companies as ill-equipped to combat cyberattacks and lacking the resources to improve cyber defenses.  But two-thirds of the non-CIO C-level executives didn’t think that cybersecurity should be a high priority.
 
survey by Raytheon/Ponemon が 2014年の終わりに実施した調査によると、CEO および COO などの首脳陣と CIO の間に、大きな断絶があったことが分かる。Chief Information Security Officer と呼ばれる人々は、それぞれが所属する企業について、増大するサイバー・アタックに防ぐには脆弱であり、また、防御のためのリソースを欠いていると表現している。しかし、CEO や COO と呼ばれる人々の 2/3 は、サイバー・セキュリティの優先順位を引き上げるべきとは考えていない。
 
vangogh_6Larry Ponemon, chairman and founder of Ponemon Institute, explained that “high-profile cyber security breaches are closing the gap between CISOs and CEOs by forcing meaningful security discussions into corner offices and boardrooms.  In the meantime, … there is still a large delta between resources and needs, as security leaders lack both funding and manpower to adequately protect assets and infrastructure.”
 
Ponemon Institute の Chairman and Founder である Larry Ponemon は、「大騒ぎになったサイバー・セキュリティ侵害により、それに関する真摯な議論が、オフィスや会議室で否応なしに行われるようになった。そして、経営陣と CIO のギャップが狭まってきている。その一方で、リソースとニーズの間には、依然として大きな乖離が見られる。つまり、資産とインフラを適切に保護するための、予算と人材が不足していると、セキュリティのリーダーたちが、言っているとおりの状況だ」と説明している
 
But a newer study by BDO USA LLP found that many CFOs have been convinced that cybersecurity is something that they will need to get behind.  That study found that two-thirds of CFO’s are increasing budgets for security in 2015.  Money is going into creating response plans, buying new software security tools, and bringing in both new employees and consultants to help bolster security efforts.
 
しかし、BDO USA LLP による新しい調査では、サイバー・セキュリティの問題に対して、なんらかの対策を講じるべきと、数多くの CFO が認識していることが明らかになった。この調査は、CFO たちの 2/3 が、2015年のセキュリティ予算を増額していると指摘している。その予算により、新しいソフトウェア・セキュリティ・ツールが購入され、対応策が講じられていくだろう。 また、セキュリティを担当する従業員が増え、コンサルティングが導入されることで、セキュリティへの取り組みが強化されていくだろう。
 
Aftab Jamil, partner and leader of the technology and life sciences practice at BDO, said that “in any organization where you have those types of functionalities, it will be very difficult for the CFO to not have an active role.”
 
BDO の Partner and Leader of the Technology and Life Sciences Practice を担当する Aftab Jamil は、「この種の課題を有する、すべての組織において、CFO が積極的な役割を担わないということは有り得ない」と述べている
 
ーーーーー
On Monday先月のレポートのために調べていた「 Why companies aren’t investing in cyber security 」という記事は、 The Interview で大騒ぎとなった Sony について、財務面からの分析を行なっています。 そして、「同社の 2014年 Q4 財務諸表では、約 $35 milliom の損失が計上さるはずだが、この映画が $50 milliom ほどの売上を得ているため、全体的なダメージは微々たるものだ」と説明しています。 しかし、そのためには、莫大な保険料が費やされており、また、税制面で減免措置が取られているとも述べています。 その税金を、アメリカの国民が負担しているのか、日本の国民が負担しているのか、そのあたりは定かではありませんが、根底においてモラルが欠落していると、厳しく断じています。 つまり、セキュリティ侵害に対して、本気で取り組んでいない企業という、論点を浮き彫りにしているわけです。 今日のポストを訳しながら、望んではいない一致があると、感じてしまいました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き

IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 13, 2015
Internet Of Things (IoT): Businesses That Ignore It Risk Falling Behind
By Dick Weisinger – April 2, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-businesses-that-ignore-it-risk-falling-behind/
_ formtek
Businesses that are ignoring investment in Internet of Thing (IoT) technology risk losing out in terms of future productivity, according to a new report on the Internet of Things (IoT) by Verizon.  The report estimates that adopters will be able to be 10 percent more profitable if they use IoT than if they ignore it because of gains in efficiency, quality and customer satisfaction.
 
Verizon の Internet of Things (IoT) 最新レポートによると、IoT テクノロジーへの投資を無視している企業は、将来における生産性という観点で、敗者になっていくリスクを抱えるという。IoT を採用する企業は、それを無視する企業と比較して、10% 以上の生産性を積み上げると推定されている。なぜなら、効率/品質/顧客満足度が、その分だけ向上するからである。
 
Sisley_5The report finds that “IoT isn’t just for multinational companies investing tens of millions of dollars.  A few dozen sensors and simple automated alerts can cut costs, create new revenue opportunities, and transform customer service.”
 
このレポートは、「数千万ドルの投資が可能な、多国籍企業のためだけに、IoT が存在するのではない。中小の企業においても、数十個のセンサーと、自動化された簡潔なアラートがコストを削減し、新たな収益のチャンスを生み出し、顧客サービスを改善していく」と指摘している。
 
Business sectors that are expected to see the most growth include
 
IoT により最大の成長が期待される業種は、以下などにより構成される:
 
  • Manufacturing (204 percent)
  • Finance and Insurance (128 percent)
  • Media and Entertainment (120 percent)
  • Healthcare and Pharmaceutical (40 percent)
  • 製造業(204%)
  • 金融・保険(128%)
  • メディア・エンタテーメント(120%)
  • ヘルスケア・製薬(40%)
 
Additional benefits from using Internet of Things technology include:
 
また、IoT を採用することで、以下のようなメリットも生じてくる:
 
  • Improved customer experience.  Businesses will be able to speed logistics and delivery of products.  They’ll also be able to better understand and respond to the needs of their customers.
  • Increased productivity.  Businesses that use Internet of Things will be able to improve their efficiency and productivity.
  • Reduced risk.  Businesses will be able to better address regulatory requirements, monitor equipment and improve employee safety
  • 顧客満足度の向上:IoT を導入する企業は、製品に関連する物流および供給の高速化を実現する。そして、さらに、顧客ニーズを適切を理解し、対応していけるようになる。
  • 生産性の向上:IoT を導入する企業は、その効率と生産性の向上を実現する。
  • リスクの削減:IoT を導入する企業は、法的規制への取り組みや、設備を監視、従業員の安全性などについて、より有利な観点で臨めるようになる。
 
Verizon found that there are already more than a billion devices today connected and running business-to-business IoT operations, and by 2020, they expect the number of connected devices to grow to 5.4 billion.
 
Verizon の調査によると、現時点において、すでに 10億を超えるデバイスが接続され、B2B IoT で運用されているという。そして、2020年までに、それらの接続されたデバイス数は、54億個に成長すると予測している。
 
Mark Bartolomeo, vice president IoT Connected Solutions at Verizon, said that “within the past year, amid an improving economy, we’ve seen a number of new entrants starting to use IoT as a roadmap to improve their customers’ experiences, accelerate growth and create new business models that are driving societal innovation.”
 
Verizon の VP IoT Connected Solutions である Mark Bartolomeo は、「この一年の間に、つまり、景気が回復してきた中で、ロードマップとして IoT を採用する、新たな勢力の増大を確認している。それらの企業は、顧客エクスペリエンスを向上させ、自身の成長を加速させ、社会のイノベーションを推進するための、新たなビジネス・モデルを生み出している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、へぇ〜 と思ったのは、Verizon に VP IoT Connected Solutions というタイトルの重役がいることです。 そして、すでに 10億個の B2B IoT デバイスが機能している(Runnning)というのが、かなり新鮮な情報でした。 なぜ Verizon が、分かるのでしょうかね? このポストの冒頭にあるリンクから、20ページ以上もある、立派なサポートが PDFで でダウンロード出来ましたので、これから眺めてみたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
 

IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言

Posted in .Selected, IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 6, 2015
Internet of Things: Security Device Access Rights with Identity Management
By Dick Weisinger − March 27, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-security-device-access-rights-with-identity-management/
_ formtek
The ability to be able to control identity and access rights is a critical component for ensuring the security of devices communicating within the Internet of Things.  But Gartner says that today’s identify and access rights management (IAM) tools are inadequate for handling the scale and complexity of identity management that the IoT will bring.  Within an IoT framework, identity management will expand to include not only people, but also systems and the things that people own, share and use.
 
IoT におけるデバイス間の通信で、そのセキュリティを確保するためには、ID とアクセス権のコントロールが欠かせない。しかし Gartner は、IoT がもたらすスケールと ID 管理の複雑さの取り扱いについて、今日の IAM (Identify and Access rights Management) ツールでは、不十分だと発言している。IoT のフレームワーク内における ID 管理は、人間にだけ適用されるものではなく、システムにまで広がり、また、人々が共有/使用/所有するものも取り込んでいく。
 
Vermeer_5Earl Perkins, research vice president at Gartner, said that ”identity and access management leaders must reconsider how traditional approaches to cybersecurity and identity and access management work in a world where devices and services are so abundant, in so many different forms and positioned at so many different points within the IT ecosystem… ”
 
Gartner の Research VP である Earl Perkins は、「 IAM のリーダーたちは、まだ見ぬ世界のサイバー・セキュリティと、ID およびアクセス管理に対処するため、これまでのアプローチを再考する必要がある。つまり、そこでは、きわめて多様な形態と位置付けを持つデバイスとサービスが、IT エコシステム内の膨大なポイントで接続されていく 」と発言している。
 
Ant Allan, research VP at Gartner, said that ”the Identity of Things (IDoT) requires a new taxonomy for the participants in IAM systems.  People, software that makes up systems, applications and services, and devices will all be defined as entities and all entities will have the same requirements to interact.”
 
Gartner の Research VP である Ant Allan は、「 Identity of Things (IDoT) が要求するのは、IAM システムにおける新たな参加者と分類法である。そこには、人々がいて、システム/アプリケーション/サービス構成するソフトウェアがあり、多様なデバイスもある。そのすべてが、エンティティとして定義され、すべてのエンティティがインタラクトするための共通要件を持つことになる」と述べている。
 
Earl added that “existing identity data and policy planning give IAM leaders and technology service providers (TSPs) a narrow view of entities leading to a static approach that does not consider the dynamic relationships between them. However, the concept of dynamic relationships is vital to the success of future IAM solutions. In fact, the concept of the relationship will become as important as the concept of identity is for IAM in the IDoT. It allows the IDoT to exist and become part of new responsibilities for IAM in the enterprise.”
 
Earl は、「 既存の ID におけるデータとポリシーの発想は、IAM のリーダーや TSP (Technology Service Provider) たちに、きわめて狭い視野を与えるのみである。それは、静的なアプローチであり、すべての接点における動的な関係を考慮していない。つまり、動的な関係というコンセプトが、将来の IAM ソリューションを成功に導くためには不可欠となる。実際のところ、このリレーションシップの概念が重要になっており、それは、IDot における IAM のための ID の概念に等しい。言い換えるなら、エンタープライズにおける IAM のために IDot が存在し、また、新たな責任の一部を担うというシナリオが成り立つ」と付け加えている。
 
ーーーーー
 On Mondayたしかに、IoT を語るなら、その前に Identity of Things (IDoT) の議論が必要ですね。 先週の Weisinger さんは、このコンテントの他にも 「Internet of Things: RFID Makes Strong Comeback as Low-Cost IoT Sensor 」をポストしています。 また、以前には、「BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ! 」という記事もありました。 まぁ、とにかく IoT に関しては、突出した企業がいるわけもなく、文中にもあるように、新たな参加者と分類法が必要なのでしょう。 そして、もちろん、それらをニュートラルな観点で議論していかなければなりません。 人類の叡智が試される、一大事業になるのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

Posted in On Monday, Private Cloud by agilecat.cloud on March 30, 2015
Cloud Computing: Why Private Clouds Fail
Dick Weisinger – March 20, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-why-private-clouds-fail/
formtek.png
While many businesses are pursuing the benefits of cloud technology while maintaining a handle on security by building private clouds, increasingly the opinion is that most of these projects are doomed to fail.  Both Gartner and Forrester have noted that the private cloud project failure rate is high.
 
数多くの企業がクラウド・テクノロジーのメリットを追求しているにもかかわらず、さらに言えば、プライベート・クラウドを構築することでセキュリティを制御しているにもかかわらず、こうしたプロジェクトの大半が失敗する運命にあるという意見が後を絶たない。Gartner と Forrester の両者が、プライベート・クラウド・プロジェクトの失敗率が高いことに注目している。
 
Dali_4Tom Bittman, Gartner analyst, reports that 95 percent of attempts by businesses to build private clouds run into serious problems.
 
Gartner の アナリストである Tom Bittman は、企業が構築に取り組むプライベート・クラウドの 95% が、深刻な問題に直面するとレポートしている。
 
Matt Assay, for example explained the problem, saying that “if the whole purpose of cloud computing is to enable elasticity of resources to drive business flexibility, setting up an internal cloud (as opposed to provisioning data center resources) simply won’t get an enterprise far. Companies often dress up virtualization as cloud and predictably fail to get promised cloud benefits.”
 
Matt Assay は、この問題における1つの側面について、「クラウド・コンピューティングにおける全体的な目的が、ビジネスの柔軟性を促進するためのリソースに、拡大収縮性を与える点にあるとするなら、社内に構築するクラウド(DC にリソースをプロビジョニングするのではなく)がエンタープライズの域に達することは、シンプルに言って有り得ない。それらの企業の大半は、あたかもクラウドのように仮想化をドレスアップするが、約束されたクラウドの利点を得ることができずに、失敗にいたるケースが多い」と発言している
 
Assay quotes Andy Jassy, Amazon Web Services (AWS) executive, who said that “companies usually are not able to provision accurately the amount of data center capacity that they require, and this problem recurs when they create their own internal cloud infrastructure.”
 
Assay は Amazon Web Services (AWS) の幹部である Andy Jassy の発言を、「一般的に見て、ユーザー企業が必要とするデータセンター・キャパシティを、彼ら自身が正確にプロビジョニングすることは不可能だ。そして、社内クラウドのインフラを構築するとき、この問題が繰り返して発生することになる」と引用している。
 
As Gartner’s Bittman commented: “jamming cloud into your existing process model and organization structure ain’t gonna work.”
 
Gartner の Bittman がコメントするように、「既存のプロセス・モデルや組織構造に、気軽な気持ちでクラウドを溶けこませようとしても、そんなものは機能しない」となるのだろう。
 
Why do private clouds fail?  The reasons may be no different than why any kind of project can fail, for example:
 
プライベート・クラウドが失敗する理由は、いったい何処にあるのだろうか? その理由は、あらゆるプロジェクトにおける失敗の理由と、同じなのかもしれない。 以下に例を示す
 
  • Expectations aren’t properly managed. Avoid excessive hype of potential benefits.
  • Misunderstood business requirements
  • Evaluated on the wrong metrics. The cloud brings more benefits than just potential cost savings.
  • Lack of strategic planning
  • Lack of a holistic architecture
  • Lack of appropriate technical skills
  • Use of inappropriate IT tools
  • Trying to do too much at once
  • Failure to use the public cloud when appropriate
 
  • 期待値が正しく定義されていない (潜在メリットの過度の期待に惑わされる)
  • ビジネス要件を正確に理解できない
  • 誤った基準で評価してしまう (クラウドの利点はコスト削減だけではない)
  • 戦略的プランニングの欠落
  • トータルなアーキテクチャの欠落
  • 適切なテクニカル・スキルの欠落
  • 不適切な IT ツールの選択
  • 多すぎる目標を、一度に処理しようとする
  • パブリック・クラウドが適しているときに、それが使えなくなる
 
ーーーーー
On Mondayプライベート・クラウドを構築しようとしても、いろいろなレベルに、いろいろな問題が潜んでいるのだろうと思います。文中にもあるように、必要とするだけのコンピューティング・リソースを、ほんとうに社内に展開できるのか、という指摘もあるでしょう。 さらに言えば、構築されたプライベート・クラウドは、容易かつ正確に、運用されなければなりません。 そして、その責任はユーザー企業に委ねられるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!

Posted in Mobile, On Monday by agilecat.cloud on March 23, 2015
Mobile Technology: An Engine of Economic Growth
By Dick Weisinger – March 16th, 2015
http://formtek.com/blog/mobile-technology-an-engine-of-economic-growth/
formtek.png
Mobile technology is a major engine for economic growth.  A recent study by Boston Consulting Group (BCG) found that mobile technologies accounted for $3.3 trillion in revenues and is responsible for 11 million jobs.
 
Mobile technology は、この世界における経済の成長を支える、きわめて重要な推進力である。Boston Consulting Group (BCG) の最新調査によると、Mobile Technology 全般における収益は $3.3 trillion に達し、また、1100 万人の雇用という責任を果たしていることが判明している。
 
Chagall_12David Michael, senior partner of BCG, said that ”the typical U.S. consumer reports that their mobile phone connection creates more than $5,800 in value for them per year, over and above what they pay. That surprised us.  It was amazing to see the value placed on mobile services by consumers in emerging markets.  More than 60% of Chinese and Indian consumers say that mobile services have enabled them to find new income-generating opportunities…  Mobile has been a huge driver of economic growth — creating jobs and improving consumers’ lives.  But much more innovation is still needed. Policymakers have an important role to play in sustaining innovation and R&D investment in mobile technologies.”
 
BCG の Senior Partner である David Michael は、「このレポートは、US における一般的な消費者のモバイル接続により、年間で $5,800 を超える経済効果が生じると述べている。そして、私たちを驚かせたのは、途上国の消費者がモバイル・サービスに見いだしている、新たな価値という観点での数字である。China と India における消費者の 60% 以上が、モバイル・サービスを活用することで、新たな収入を生み出すチャンスが生まれると、発言しているのだ。つまり、モバイルは、新たな雇用を創出し、消費者の生活を向上させるという意味で、グローバル経済を成長させる大きな推進力として機能しているのだ。しかし、イノベーションを推進すべき、数々の領域が残されている。政策の立案者たちは、モバイル・テクノロジーを継続して推進させ、また、R&D への投資を維持していくという観点で、大きな役割を果たさなければならない」と発言している
 
The BCG report found that the small and medium enterprises that adopt mobile technologies increase their revenues up to twice as fast as other businesses and eight times faster than businesses that haven’t.
 
この BCG レポートは、モバイル・テクノロジーを採用する中小企業は、それを持たない企業に対して 2倍の収益を上げることになり、また、成長力に関しては 8倍の速度に達すると述べている。
 
Further, the contribution from mobile to the GDP is growing at a rate of 10 to 20 percent annually and is expected to accelerate even more as businesses and consumers adopt ever more mobile technologies.
 
さらに言えば、モバイルによる GDP への貢献は、年間で10%〜20% という割合で成長している。そして、企業や消費者が、これまで以上にモバイル・テクノロジーを採用することになれば、さらなる加速が生じると予想されている。
 
ーーーーー
On Mondayいやはや、、、もの凄いことになっているのですね! この BCG のレポートは、PDF でダウンロードできるので、よろしければ ど〜ぞ! ちなみに、一人あたりの経済効果は、先進国としての US が $5,800、Germany が$6,300、Korea が $3,150 となっていました。 そこに、途上国としての Brazil が $2,270、China が $3,300、India が $770 というふうに加えられていますが、日本がいないのが寂しいです・・・ 一昨日に、「今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!」という、Cloud News Aisa からのマトメをポストしましたが、モバイルの成長がインフラの成長を促すという縮図が、そこにも表されていると思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している

新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き

Posted in On Monday, Standard by agilecat.cloud on March 16, 2015
Javascript Evolves: Tech Heavyweights Battle Over Statically Typed Javascript
March 13, 2015 – Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/javascript-evolves-tech-heavyweights-battle-over-statically-typed-javascript/
formtek.png
Javascript was ranked as the programming language of 2014 based on the frequency of searches made on public search engines like Google, Bing, Yahoo! and Wikipedia.  While Javascript has long had detractors, the fact that it’s the standard language of the browser has enabled it to remain popular.
 
JavaScript が 2014年のプログラミング言語として最上位を占めたのは、Google/Bing/Yahoo/Wikipedia などのパブリックな検索エンジンで、用いられる頻度に応じた結果である。Javascript は、長年にわたり批判に晒されているが、ブラウザ上の標準言語だという事実により、その人気が保たれている。
 
Rather than try to introduce totally new alternative languages to Javascript that would no doubt be difficult to get universally accepted, increasingly groups are attempting to introduce improvements to the Javascript language or to introduce new languages that ultimately compile to standard Javascript.
 
JavaScript を完全に置き換える言語を導入しても、普遍的に受け入れられる可能性については、間違えなく否定されるだろう。したがって、JavaScript 言語を改善しようとするグループや、スタンダードな JavaScript へ向けてにコンパイルする、新しい言語を導入しようとするグループが増えてきている。
 
The next generation of Javascript standard, ECMAScript 6, or ES6 is in the final rounds of being finalized, now targeted for June 2015.  (ECMA stands for the European Computer Manufacturers Association).  ES6 will include enhancements like promises, the ‘let’ keyword, and iterators.  It’s taken some time to get this far and there have been a number of delays before finalizing the specification.
 
次世代 Javascript スタンダードというか、ECMAScript 6(ES6)というか、その将来を決めるための最終ラウンドが、2015年6月に迫ってきているECMA はEuropean Computer Manufacturers Association の略)。ES6 は、Promises や、キーワードの ‘Let’、そして Iterators といった拡張を取り込んでいる。それらは、いくつかの成功を成し得てきたが、最終的な仕様を決めるまでに、多大な遅延も生じている。
 
Dali_11A quicker alternative to waiting for the ECMA committee to move forward with changes to the Javascript language is to create an ‘improved’ Javascript-based language that ultimately compiles in to Javascript code and will run in today’s browsers.
 
ECMA コミッティの結論を待ちながら、迅速な代替を進めようとしているグループは、JavaScript ベースの言語を作成するために、JavaScript 言語自身の変化を促進したがっている。それは、Javascript コードへとコンパイルされ、今日のブラウザで実行されるものである。
 
One area in particular that people find lacking with standard Javascript is the fact that it isn’t a statically typed language.  Some benefits of static typing include:
 
一般的な人々が、JavaScript スタンダードで見落としがちな領域として、静的言語ではないという現実がある。静的な型付けには、以下のようなメリットがある。
 
  • Detecting program errors early on before even running the program
  • Type declarations adds a minimal amount of auto-documentation that improves the understanding of the program
  • May improve runtime efficiency of the program
  • プログラムを実行する前であっても、エラーを容易に見つけられる。
  • 型宣言は、最小限の自動ドキュメントとしても機能するための、プログラムの理解を促進する。
  • ランタイム化されたプログラムの効率がが高まると思われる。
 
While many people agree that that the benefits of statically typed languages are large, especially for projects of scale, on the flip side, some issues that people have with statically typed languages include:
 
とりわけ、大規模プロジェクトにおいて、静的言語にメリットが生じると、数多くの人々が納得している。 その反対に、静的言語には以下のような問題が含まれると、それらの人々は認識している。
 
  • Verbose
  • Hard to use for prototyping
  • Time spent compiling
  • 冗長である
  • プロトタイプへの適用が困難
  • コンパイルで時間が消費される
 
Recently, three different approaches to creating new languages that support static typing and that ultimately compile into standard Javascript include Microsoft’s TypeScript, Facebook’s Flow, and Google’s AtScript and Closure.  It appears that a new browser battle may be brewing between heavyweight tech companies.
 
このところの動向として、最終的に JavaScript スタンダードへとコンパイルする、新たな静的言語の作成において、3種類のアプローチが錯綜している。 つまり、Microsoft の TypeScript と、Facebook の Flow、そして Google の AtScript と Closure である。その結果として、ブラウザをめぐる新たな戦いが、巨大ハイテク企業の間で激化しているのである。
 
<参考>
ECMAScript – Wiki Pedia
静的型付き言語プログラマから見た動的型付き言語
動的言語vs静的言語に関する議論と深い洞察
 
ーーーー
On Monday訳してみて、この世界も大変なんだなぁと、つくづく思いました。 そして、Microsoft と Facebook と Google がしのぎを削っているようですが、クロス・プラットフォームを標榜している三社なので、当然といえば、当然の成りゆきなのでしょう。 いずれにせよ、EES 6  が妥当なかたちに収まって、デベロッパーたちによるエコシステムが活性化するとよいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準

Posted in On Monday by agilecat.cloud on March 9, 2015
Cloud Computing: Executives Turn to the Cloud to Achieve Business Transformation
By Dick Weisinger – Feb 26, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-executives-turn-to-the-cloud-to-achieve-business-transformation/
formtek.png
The cloud market is expected to grow from its $58 billion market size in 2013 to more than $191 billion by 2020, based on Forrester data presented in a recent KPMG report.
 
最新の KPMG レポートにおける Forrester のデータをベースにすると、クラウド・マーケットは 2013年の $58 billion から、2020年には $191 billion 以上に成長すると予測されている。
 
Gauguin_9How are businesses using the cloud to achieve business transformation?  The KPMG survey of businesses ranging from $100 million to $20+ billion found that top benefits of the cloud are:
 
それぞれの企業は、ビジネスの変革を実現するために、どのようにクラウドを活用しているのだろうか? 売上が $100 million から $20 billion 以上までの企業を、KPMG が調査した結果、以下のようなメリットが、クラウドにあることが分かった。
 
  • To achieve cost efficiencies (49 percent)
  • To enable more flexible and mobile workforce (42 percent)
  • To improve interactions with customers, suppliers and business partners (37 percent)
 
  • コストの削減が達成された(49%)
  • モバイルを用いる柔軟な労働形態が実現された(42%)
  • 顧客/販社/提携先とのコミュニケーションが改善された(37%)
 
While cost efficiencies are a major motivator to get businesses to move to the cloud, businesses are shifting their focus towards leveraging the cloud to better align with customers and to achieve insights with analytics.
 
企業のクラウド移行において、主要なモチベーションとしてコストの削減が挙げられる。そして、クラウドを活用することで、顧客志向を実現し、分析と洞察を達成するために、その方向性をシフトし始めている。
 
The KPMG report also ranked the top three criteria that businesses use when selecting cloud services:
 
また、KPMG レポートは、企業が利用するクラウド・サービスの選定に関して、以下の3つの基準が、高いパーセンテージを示したとしている。
 
  • Security (82 percent)
  • Data Privacy (81 percent)
  • Cost (78 percent)
 
Rick Wright, principal and global cloud enable leader at KPMG, said that ”while the challenge posed by cloud related data loss and privacy threats are less pronounced in the minds of global industry leaders, they are still taking the issue seriously.  The clear trend in the data that we have collected shows that, even in the face of significant media attention paid to recent data breaches, global leaders are still willing to embrace the transformative potential of the cloud.”
 
KPMG の Principal and Global Cloud Enable Leader である Rick Wright は、「グローバルにおける業界リーダーたちの心理として、クラウドに関連するデータ損失や、プライバシー侵害といった懸念が薄れ、チャレンジしていこうとする姿勢が見られるが、それらは、依然として重要な問題として残り続けている。 私たちが集めたデータから、以下のようなトレンドが明らかになった。最近のデータ侵害に対して、メディアの注目が集まっているが、グローバル・リーダーはクラウドによる変革を、依然として受け入れようとし続けている」と述べている
 
ーーーーー
On Monday参照元の Forrester は、有償レポートの申し込みページなので、そこからは何も得られませんしたが、KPMG の方は PDF がダウンロードできますので、よろしければ、ぜひ、ど〜ぞ! そして、その中で 2020年の予測値である、$191 billion の内訳が記載されていました。① Application $133 B、② Platform $44 B、③ Business Services $14 B ですので、すでに花型となっている SaaS が、これからもクラウドをリードしていくわけです。そんなことを前提に考えると、メリットとして、コスト/モバイル/コミュニケーションが挙げられる背景も理解しやすいです。 これから、コモディティ化されたマイクロ・サービスをパーツとして利用し、アプリケーションをアジャイルに組み上げていく、、、というクラウド・ネイティブな手法が全盛を迎えるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
 

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
%d bloggers like this: