Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

Posted in On Monday, Private Cloud by agilecat.cloud on March 30, 2015
Cloud Computing: Why Private Clouds Fail
Dick Weisinger – March 20, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-why-private-clouds-fail/
formtek.png
While many businesses are pursuing the benefits of cloud technology while maintaining a handle on security by building private clouds, increasingly the opinion is that most of these projects are doomed to fail.  Both Gartner and Forrester have noted that the private cloud project failure rate is high.
 
数多くの企業がクラウド・テクノロジーのメリットを追求しているにもかかわらず、さらに言えば、プライベート・クラウドを構築することでセキュリティを制御しているにもかかわらず、こうしたプロジェクトの大半が失敗する運命にあるという意見が後を絶たない。Gartner と Forrester の両者が、プライベート・クラウド・プロジェクトの失敗率が高いことに注目している。
 
Dali_4Tom Bittman, Gartner analyst, reports that 95 percent of attempts by businesses to build private clouds run into serious problems.
 
Gartner の アナリストである Tom Bittman は、企業が構築に取り組むプライベート・クラウドの 95% が、深刻な問題に直面するとレポートしている。
 
Matt Assay, for example explained the problem, saying that “if the whole purpose of cloud computing is to enable elasticity of resources to drive business flexibility, setting up an internal cloud (as opposed to provisioning data center resources) simply won’t get an enterprise far. Companies often dress up virtualization as cloud and predictably fail to get promised cloud benefits.”
 
Matt Assay は、この問題における1つの側面について、「クラウド・コンピューティングにおける全体的な目的が、ビジネスの柔軟性を促進するためのリソースに、拡大収縮性を与える点にあるとするなら、社内に構築するクラウド(DC にリソースをプロビジョニングするのではなく)がエンタープライズの域に達することは、シンプルに言って有り得ない。それらの企業の大半は、あたかもクラウドのように仮想化をドレスアップするが、約束されたクラウドの利点を得ることができずに、失敗にいたるケースが多い」と発言している
 
Assay quotes Andy Jassy, Amazon Web Services (AWS) executive, who said that “companies usually are not able to provision accurately the amount of data center capacity that they require, and this problem recurs when they create their own internal cloud infrastructure.”
 
Assay は Amazon Web Services (AWS) の幹部である Andy Jassy の発言を、「一般的に見て、ユーザー企業が必要とするデータセンター・キャパシティを、彼ら自身が正確にプロビジョニングすることは不可能だ。そして、社内クラウドのインフラを構築するとき、この問題が繰り返して発生することになる」と引用している。
 
As Gartner’s Bittman commented: “jamming cloud into your existing process model and organization structure ain’t gonna work.”
 
Gartner の Bittman がコメントするように、「既存のプロセス・モデルや組織構造に、気軽な気持ちでクラウドを溶けこませようとしても、そんなものは機能しない」となるのだろう。
 
Why do private clouds fail?  The reasons may be no different than why any kind of project can fail, for example:
 
プライベート・クラウドが失敗する理由は、いったい何処にあるのだろうか? その理由は、あらゆるプロジェクトにおける失敗の理由と、同じなのかもしれない。 以下に例を示す
 
  • Expectations aren’t properly managed. Avoid excessive hype of potential benefits.
  • Misunderstood business requirements
  • Evaluated on the wrong metrics. The cloud brings more benefits than just potential cost savings.
  • Lack of strategic planning
  • Lack of a holistic architecture
  • Lack of appropriate technical skills
  • Use of inappropriate IT tools
  • Trying to do too much at once
  • Failure to use the public cloud when appropriate
 
  • 期待値が正しく定義されていない (潜在メリットの過度の期待に惑わされる)
  • ビジネス要件を正確に理解できない
  • 誤った基準で評価してしまう (クラウドの利点はコスト削減だけではない)
  • 戦略的プランニングの欠落
  • トータルなアーキテクチャの欠落
  • 適切なテクニカル・スキルの欠落
  • 不適切な IT ツールの選択
  • 多すぎる目標を、一度に処理しようとする
  • パブリック・クラウドが適しているときに、それが使えなくなる
 
ーーーーー
On Mondayプライベート・クラウドを構築しようとしても、いろいろなレベルに、いろいろな問題が潜んでいるのだろうと思います。文中にもあるように、必要とするだけのコンピューティング・リソースを、ほんとうに社内に展開できるのか、という指摘もあるでしょう。 さらに言えば、構築されたプライベート・クラウドは、容易かつ正確に、運用されなければなりません。 そして、その責任はユーザー企業に委ねられるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!

Posted in Mobile, On Monday by agilecat.cloud on March 23, 2015
Mobile Technology: An Engine of Economic Growth
By Dick Weisinger – March 16th, 2015
http://formtek.com/blog/mobile-technology-an-engine-of-economic-growth/
formtek.png
Mobile technology is a major engine for economic growth.  A recent study by Boston Consulting Group (BCG) found that mobile technologies accounted for $3.3 trillion in revenues and is responsible for 11 million jobs.
 
Mobile technology は、この世界における経済の成長を支える、きわめて重要な推進力である。Boston Consulting Group (BCG) の最新調査によると、Mobile Technology 全般における収益は $3.3 trillion に達し、また、1100 万人の雇用という責任を果たしていることが判明している。
 
Chagall_12David Michael, senior partner of BCG, said that ”the typical U.S. consumer reports that their mobile phone connection creates more than $5,800 in value for them per year, over and above what they pay. That surprised us.  It was amazing to see the value placed on mobile services by consumers in emerging markets.  More than 60% of Chinese and Indian consumers say that mobile services have enabled them to find new income-generating opportunities…  Mobile has been a huge driver of economic growth — creating jobs and improving consumers’ lives.  But much more innovation is still needed. Policymakers have an important role to play in sustaining innovation and R&D investment in mobile technologies.”
 
BCG の Senior Partner である David Michael は、「このレポートは、US における一般的な消費者のモバイル接続により、年間で $5,800 を超える経済効果が生じると述べている。そして、私たちを驚かせたのは、途上国の消費者がモバイル・サービスに見いだしている、新たな価値という観点での数字である。China と India における消費者の 60% 以上が、モバイル・サービスを活用することで、新たな収入を生み出すチャンスが生まれると、発言しているのだ。つまり、モバイルは、新たな雇用を創出し、消費者の生活を向上させるという意味で、グローバル経済を成長させる大きな推進力として機能しているのだ。しかし、イノベーションを推進すべき、数々の領域が残されている。政策の立案者たちは、モバイル・テクノロジーを継続して推進させ、また、R&D への投資を維持していくという観点で、大きな役割を果たさなければならない」と発言している
 
The BCG report found that the small and medium enterprises that adopt mobile technologies increase their revenues up to twice as fast as other businesses and eight times faster than businesses that haven’t.
 
この BCG レポートは、モバイル・テクノロジーを採用する中小企業は、それを持たない企業に対して 2倍の収益を上げることになり、また、成長力に関しては 8倍の速度に達すると述べている。
 
Further, the contribution from mobile to the GDP is growing at a rate of 10 to 20 percent annually and is expected to accelerate even more as businesses and consumers adopt ever more mobile technologies.
 
さらに言えば、モバイルによる GDP への貢献は、年間で10%〜20% という割合で成長している。そして、企業や消費者が、これまで以上にモバイル・テクノロジーを採用することになれば、さらなる加速が生じると予想されている。
 
ーーーーー
On Mondayいやはや、、、もの凄いことになっているのですね! この BCG のレポートは、PDF でダウンロードできるので、よろしければ ど〜ぞ! ちなみに、一人あたりの経済効果は、先進国としての US が $5,800、Germany が$6,300、Korea が $3,150 となっていました。 そこに、途上国としての Brazil が $2,270、China が $3,300、India が $770 というふうに加えられていますが、日本がいないのが寂しいです・・・ 一昨日に、「今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!」という、Cloud News Aisa からのマトメをポストしましたが、モバイルの成長がインフラの成長を促すという縮図が、そこにも表されていると思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している

新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き

Posted in On Monday, Standard by agilecat.cloud on March 16, 2015
Javascript Evolves: Tech Heavyweights Battle Over Statically Typed Javascript
March 13, 2015 – Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/javascript-evolves-tech-heavyweights-battle-over-statically-typed-javascript/
formtek.png
Javascript was ranked as the programming language of 2014 based on the frequency of searches made on public search engines like Google, Bing, Yahoo! and Wikipedia.  While Javascript has long had detractors, the fact that it’s the standard language of the browser has enabled it to remain popular.
 
JavaScript が 2014年のプログラミング言語として最上位を占めたのは、Google/Bing/Yahoo/Wikipedia などのパブリックな検索エンジンで、用いられる頻度に応じた結果である。Javascript は、長年にわたり批判に晒されているが、ブラウザ上の標準言語だという事実により、その人気が保たれている。
 
Rather than try to introduce totally new alternative languages to Javascript that would no doubt be difficult to get universally accepted, increasingly groups are attempting to introduce improvements to the Javascript language or to introduce new languages that ultimately compile to standard Javascript.
 
JavaScript を完全に置き換える言語を導入しても、普遍的に受け入れられる可能性については、間違えなく否定されるだろう。したがって、JavaScript 言語を改善しようとするグループや、スタンダードな JavaScript へ向けてにコンパイルする、新しい言語を導入しようとするグループが増えてきている。
 
The next generation of Javascript standard, ECMAScript 6, or ES6 is in the final rounds of being finalized, now targeted for June 2015.  (ECMA stands for the European Computer Manufacturers Association).  ES6 will include enhancements like promises, the ‘let’ keyword, and iterators.  It’s taken some time to get this far and there have been a number of delays before finalizing the specification.
 
次世代 Javascript スタンダードというか、ECMAScript 6(ES6)というか、その将来を決めるための最終ラウンドが、2015年6月に迫ってきているECMA はEuropean Computer Manufacturers Association の略)。ES6 は、Promises や、キーワードの ‘Let’、そして Iterators といった拡張を取り込んでいる。それらは、いくつかの成功を成し得てきたが、最終的な仕様を決めるまでに、多大な遅延も生じている。
 
Dali_11A quicker alternative to waiting for the ECMA committee to move forward with changes to the Javascript language is to create an ‘improved’ Javascript-based language that ultimately compiles in to Javascript code and will run in today’s browsers.
 
ECMA コミッティの結論を待ちながら、迅速な代替を進めようとしているグループは、JavaScript ベースの言語を作成するために、JavaScript 言語自身の変化を促進したがっている。それは、Javascript コードへとコンパイルされ、今日のブラウザで実行されるものである。
 
One area in particular that people find lacking with standard Javascript is the fact that it isn’t a statically typed language.  Some benefits of static typing include:
 
一般的な人々が、JavaScript スタンダードで見落としがちな領域として、静的言語ではないという現実がある。静的な型付けには、以下のようなメリットがある。
 
  • Detecting program errors early on before even running the program
  • Type declarations adds a minimal amount of auto-documentation that improves the understanding of the program
  • May improve runtime efficiency of the program
  • プログラムを実行する前であっても、エラーを容易に見つけられる。
  • 型宣言は、最小限の自動ドキュメントとしても機能するための、プログラムの理解を促進する。
  • ランタイム化されたプログラムの効率がが高まると思われる。
 
While many people agree that that the benefits of statically typed languages are large, especially for projects of scale, on the flip side, some issues that people have with statically typed languages include:
 
とりわけ、大規模プロジェクトにおいて、静的言語にメリットが生じると、数多くの人々が納得している。 その反対に、静的言語には以下のような問題が含まれると、それらの人々は認識している。
 
  • Verbose
  • Hard to use for prototyping
  • Time spent compiling
  • 冗長である
  • プロトタイプへの適用が困難
  • コンパイルで時間が消費される
 
Recently, three different approaches to creating new languages that support static typing and that ultimately compile into standard Javascript include Microsoft’s TypeScript, Facebook’s Flow, and Google’s AtScript and Closure.  It appears that a new browser battle may be brewing between heavyweight tech companies.
 
このところの動向として、最終的に JavaScript スタンダードへとコンパイルする、新たな静的言語の作成において、3種類のアプローチが錯綜している。 つまり、Microsoft の TypeScript と、Facebook の Flow、そして Google の AtScript と Closure である。その結果として、ブラウザをめぐる新たな戦いが、巨大ハイテク企業の間で激化しているのである。
 
<参考>
ECMAScript – Wiki Pedia
静的型付き言語プログラマから見た動的型付き言語
動的言語vs静的言語に関する議論と深い洞察
 
ーーーー
On Monday訳してみて、この世界も大変なんだなぁと、つくづく思いました。 そして、Microsoft と Facebook と Google がしのぎを削っているようですが、クロス・プラットフォームを標榜している三社なので、当然といえば、当然の成りゆきなのでしょう。 いずれにせよ、EES 6  が妥当なかたちに収まって、デベロッパーたちによるエコシステムが活性化するとよいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準

Posted in On Monday by agilecat.cloud on March 9, 2015
Cloud Computing: Executives Turn to the Cloud to Achieve Business Transformation
By Dick Weisinger – Feb 26, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-executives-turn-to-the-cloud-to-achieve-business-transformation/
formtek.png
The cloud market is expected to grow from its $58 billion market size in 2013 to more than $191 billion by 2020, based on Forrester data presented in a recent KPMG report.
 
最新の KPMG レポートにおける Forrester のデータをベースにすると、クラウド・マーケットは 2013年の $58 billion から、2020年には $191 billion 以上に成長すると予測されている。
 
Gauguin_9How are businesses using the cloud to achieve business transformation?  The KPMG survey of businesses ranging from $100 million to $20+ billion found that top benefits of the cloud are:
 
それぞれの企業は、ビジネスの変革を実現するために、どのようにクラウドを活用しているのだろうか? 売上が $100 million から $20 billion 以上までの企業を、KPMG が調査した結果、以下のようなメリットが、クラウドにあることが分かった。
 
  • To achieve cost efficiencies (49 percent)
  • To enable more flexible and mobile workforce (42 percent)
  • To improve interactions with customers, suppliers and business partners (37 percent)
 
  • コストの削減が達成された(49%)
  • モバイルを用いる柔軟な労働形態が実現された(42%)
  • 顧客/販社/提携先とのコミュニケーションが改善された(37%)
 
While cost efficiencies are a major motivator to get businesses to move to the cloud, businesses are shifting their focus towards leveraging the cloud to better align with customers and to achieve insights with analytics.
 
企業のクラウド移行において、主要なモチベーションとしてコストの削減が挙げられる。そして、クラウドを活用することで、顧客志向を実現し、分析と洞察を達成するために、その方向性をシフトし始めている。
 
The KPMG report also ranked the top three criteria that businesses use when selecting cloud services:
 
また、KPMG レポートは、企業が利用するクラウド・サービスの選定に関して、以下の3つの基準が、高いパーセンテージを示したとしている。
 
  • Security (82 percent)
  • Data Privacy (81 percent)
  • Cost (78 percent)
 
Rick Wright, principal and global cloud enable leader at KPMG, said that ”while the challenge posed by cloud related data loss and privacy threats are less pronounced in the minds of global industry leaders, they are still taking the issue seriously.  The clear trend in the data that we have collected shows that, even in the face of significant media attention paid to recent data breaches, global leaders are still willing to embrace the transformative potential of the cloud.”
 
KPMG の Principal and Global Cloud Enable Leader である Rick Wright は、「グローバルにおける業界リーダーたちの心理として、クラウドに関連するデータ損失や、プライバシー侵害といった懸念が薄れ、チャレンジしていこうとする姿勢が見られるが、それらは、依然として重要な問題として残り続けている。 私たちが集めたデータから、以下のようなトレンドが明らかになった。最近のデータ侵害に対して、メディアの注目が集まっているが、グローバル・リーダーはクラウドによる変革を、依然として受け入れようとし続けている」と述べている
 
ーーーーー
On Monday参照元の Forrester は、有償レポートの申し込みページなので、そこからは何も得られませんしたが、KPMG の方は PDF がダウンロードできますので、よろしければ、ぜひ、ど〜ぞ! そして、その中で 2020年の予測値である、$191 billion の内訳が記載されていました。① Application $133 B、② Platform $44 B、③ Business Services $14 B ですので、すでに花型となっている SaaS が、これからもクラウドをリードしていくわけです。そんなことを前提に考えると、メリットとして、コスト/モバイル/コミュニケーションが挙げられる背景も理解しやすいです。 これから、コモディティ化されたマイクロ・サービスをパーツとして利用し、アプリケーションをアジャイルに組み上げていく、、、というクラウド・ネイティブな手法が全盛を迎えるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
 

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Posted in Government, IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 23, 2015
Internet of Things: Cooperation Between Industry and Government
Dick Weisinger – Feb 18, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-cooperation-between-industry-and-government/
formtek.png
The British government recently published a detailed report about the impact of the Internet of Things (IoT) on government, something that they’re calling the ‘second digital revolution’.  The report is called the Blackett Review, named after the Nobel Prize winner Baron Blackett, a physicist who is known for his operations research contributions during World War II.
 
最近の英国政府が公表したレポートでは、IoT が「Second Digital Revolution」として位置づけされ、その影響に関する詳細が述べられている。ノーベル賞受賞者である Baron Blackett にちなんで、このレポートは Blackett Review と呼ばれるが、この物理学者は第二次世界大戦中に、Operation Reserch で貢献したとして広く知られる存在である。
 
Renoir_5The report looks at how the Internet of Things is expected to radically transform the technologies in government, energy, transport and healthcare sectors.  While much of the data in the report are references to other studies, the Blackett Review does a good job of pulling together information about the current state of IoT.  The report also identifies many areas, particularly from the perspective of governments,  that the technology is expected to affect.
 
このレポートは、行政/エネルギー/輸送/ヘルスケアといった各分野におけるテクノロジーに注目し、それらが IoT により、どれほどまで変革されるのかを予測している。そして、他の調査による多数のデータを参照してはいるが、それらの情報と IoT の現状を結び付けるという意味で、この Blackett Review は良い仕事をしている。そして、さらに、それらのテクノロジーが影響を及ぼすと思われる分野を、とりわけ政府の観点から、このレポートは数多く特定している。
 
Some of the findings of the report include:
 
このレポートから参照される、いくつかの興味深い点を列挙する:
 
  • Recommendation for government to back open, interoperable and secure standards.
  • Establishment of a government advisory board that can advise and coordinate IoT efforts on-going between the private and public sectors.
  • Continue and expand the publishing of real-time government Open Data
  • Government and Industry need to work together to come up with best principles for security and privacy
  • Government and Industry need to work together to maximize connectivity and continuity of IoT devices
  • Data Science needs to be prioritized and encouraged in secondary and tertiary education
 
  • オープン/インターオペラブル/セキュアなスタンダードを支援すべきと、政府に対して推奨する
  • 政府内に諮問委員会を設立し、民間と公共の間で進められる IoT への取り組みに対する、助言と調整を実施すべきだ
  • 政府における Open Data のリアルタイムな公開を、継続するだけではなく拡大すべきだ
  • セキュリティとプライバシーに関する最適な原則を作り出すために、政府と産業界は協調すべきだ
  • IoT デバイスの接続性と継続性を最大にするために、政府と産業界は協調すべきだ
  • Data Science の優先順位を引き上げ、高等教育での取り組みを推奨すべきだ
ーーーーー
Blacket Review of IoTOn Mondayもし、私たちの生活や社会が、インターネットにより変化していないなら、このような IoT に関する議論は、唐突なものに過ぎないでしょう。しかし、誰もが体感しているは、モバイルやクラウドの登場に伴い大きく変化してきた、それぞれの日常 そのものなのです。それならば、IoT の将来についてもイメージが出来るはずであり、怖がらずに先へ進むべきという論調が、このところ強まってきたと感じています。 しかし、行政と民間が二人三脚で進まなければ、それも絵に描いた餅に終わります。 さて、日本は、どのように進むべきなのでしょうか。。。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している

Posted in On Monday by agilecat.cloud on February 16, 2015
SaaS Pricing: SaaS Sales Models Shifting from B2B to B2C
Dick Weisinger – Feb 11, 2015
http://formtek.com/blog/saas-pricing-saas-sales-models-shifting-from-b2b-to-b2c/
formtek.png
More than a quarter (27.8%) of enterprise applications are expected to be SaaS-based by 2018, generating $50.8 billion, up 16% from $22.6 billion in 2013.
 
エンタープライズ・アプリケーションだが、2018年までに、その 1/4 以上(27.8%)が SaaS ベースとなり、$50.8 billion の売上を生じるようだ。 ちなみに、2013年の SaaS は、$22.6 billion を生み出していた。
 
Dali_7Christine Dover, research director at IDC, said that ”demand for SaaS enterprise applications is accelerating and exceeding the demand for on-premise applications by five times [through 2018]. Generally, wherever new enterprise application software is required, the expectation is that SaaS applications are preferred, particularly for customer relationship management and enterprise resource management applications.”
 
IDC の Research Director である Christine Dover は、「 エンタープライズ SaaS アプリケーションが加速しているが、2018年までの需要を予測すると、オンプレミスに対して 5倍以上になると思われる。一般的に言って、エンタープライズが新しいアプリケーション・ソフトウェアが必要とするとき、大半のケースで SaaS アプリケーションが好まれるだろう。その傾向は、とりわけ、Customer Relationship Management と、Enterprise Resource Management で強くなっている」と述べている
 
As the SaaS-based landscape grows, what’s interesting is what is happening with pricing.  A recent Price Waterhouse Cooper (PWC) report, said that “for software companies hoping to pursue new markets and business models by introducing SaaS offerings, pricing management may be the crucial factor determining success and failure.”
 
SaaS ベースの視界が開けるにつれて、何が興味深くなるかと言えば、価格の設定に関連して引き起こされる変化である。 最近の Price Waterhouse Cooper (PWC) レポートは、「 新しいマーケットやビジネス・モデルを追求するために、SaaS の提供を促進しようとするするソフトウェア・プロバイダーにとって、成功と失敗の岐路となる大切な要因は、価格の設定になるだろう」と述べている
 
A study by Seeking Alpha by Tomasz Tunguz looked at SaaS pricing models for SaaS companies during the year the company went IPO.  In 2011 the median customer value of newly-minted IPO SaaS companies was $96,000.  In 2014, the median customer value dropped to $13,000. The article attributes this drop to the ‘consumerization of IT’.
 
Seeking Alpha の Tomasz Tunguz による調査は、この数年の間に IPO を達成した SaaS 企業の、価格モデルに注目している。2011年に IPO に達した SaaS 企業にとって、その顧客が費やす対価の平均は $96,000 であった。 その値が、2014年には $13,000 まで下がっている。この記事は、「 IT のコンシューマライゼーション」がもたらした、対価の引き下げであると結論づけている。
 
”Instead of a centralized IT organization deciding which products to buy, product managers and marketers and engineers and data scientists determine which products they think would serve them best and buy them directly, often using a credit card…  Buyers prefer buying this way – it provides them more control and less financial exposure.
 
「 組織内で IT を集中管理する部門ではなく、プロダクト・マネージャー/マーケッター/エンジニア/データ・サイエンティストたちが、購入すべき製品を判断するようになった。それらの製品は、彼らにとって最適と思われるものであり、また、大半のケースにおいて、クレジットカードによるダイレクトな購入が生じている。買い手が、このような方法を好むことで、プロダクトの購入における管理が行き届き、また、対価も抑制されていく」
 
They are no longer locked into large, company-wide contracts with particular vendors. In addition, startups benefit by reducing their capital needs and creating faster, more repeatable sales processes that often look more like B2C sales than B2B. The impact is dramatic and startups have no incentive to reverse course.”
 
「 もはや、ユーザー企業と特定ベンダーが、全社的な契約を交わすような状況にはない。さらに言えば、迅速に開発を進めるスタートアップたちが、ユーザー企業の資金需要を低減することで、利益を手にするようになってきた。つまり、B2B より B2C に近い、リピートが可能な営業プロセスが、大半のケースで重宝されているのだ。この影響力は絶大なものであり、スタートアップたちに方向を転換させるようなインセンティブは、もう、どこにも存在しない」
 
ーーーーー
On Mondayクラウドのメリットを最大限に活用するスタートアップたちが、エンタープライズにおける特定の部門に対して、最も価値の高いサービスを、簡単かつ安価に提供していくモデルを確立したのです。そして、少数の大口顧客に依存するより、たくさんの小口顧客を持つ方が、SaaS ベンダーの経営の安定につながるはずです。 誰もがワクワクする、素晴らしい展開ですね。クラウドが、益々 面白くなる! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率

IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 9, 2015
Internet of Things (IoT): Driving a Revolution in Digital Manufacturing
By Dick Weisinger – Feb 6, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-driving-a-revolution-in-digital-manufacturing/
 
formtek.png
 
The Internet of Things (IoT) is a vision of a world where almost any kind of object can and many will carry some kind of transmitter to send and receive data from the internet.  Think sensors and smart appliances everywhere, and all able to communicate, both by M2M (machine to machine) and M2H (machine to human).
 
IoT のビジョンとは、あらゆる種類のオブジェクトおよび数多くの人々が、なんらかの転送方式とインターネットを介して、データを送受信する世界のことである。すべてのロケーションにセンサーとスマート家電が配備され、M2M (machine to machine)M2H (machine to human) により、それらが通信し合う状況を想像して欲しい。
 
Dali_1Gartner estimates that in 2020 more than 26 billion devices will be able to communicate and signal via the internet.  Cisco estimates the IoT market will add more than $14 trillion to the global economy, of which McKinsey says $310 billion represents incremental revenue for businesses.
 
Gartner の推定によると、2020年には 260億個のデバイスが、インターネットを介して通信し、信号を交換し合うことになる。Cisco の推定では、IoT は $14 trillion 以上のビジネスを生み出し、グローバル経済に寄与することになる。 また、それにより、年間で $310 billion の増収を、グローバルにおける企業群が、積み上げていくと McKinsey は発言している
 
Susan Hauser, Microsoft Vice President, said that “the challenge for successful companies in the coming year will be to harness this data to act on key insights, improve customer service, reduce time to market, enable new innovation in product and services development, and ultimately transform themselves with new business models and revenue streams.”
 
Microsoft の VP である Susan Hauser は、「来年に成功する企業にとっての課題は、それらのデータを活用することで、顧客サービスの向上や、製品開発に費やす時間の短縮を、重要な洞察をベースにしながら推進し、プロダクトとサービスの開発で新たなイノベーションを達成する点に集約される。そして、最終的には、新たなビジネス・モデルと収益の流れを作りだし、自社の体質を変革させることになる」と述べている
 
One area where IoT is poised to drive innovation in particular is manufacturing. By embedding sensors across all devices and elements of the shop floor, businesses will be able to collect real time manufacturing data, enabling very precise monitoring of the production process.  Companies will be able to do predictive maintenance to reduce downtime, better manage their inventories, and also to become more flexible and responsive to changes in market conditions.  A SAS survey found that 18 percent of industrial machinery companies have already started to use ‘IoT devices’ to increase production and reduce costs.
 
IoT によるイノベーション態勢を整えている分野として、とりわけ注目されるのは製造業だろう。すべてのデバイスなどにセンサーをエンベッドすることで、その工場を運用する企業はデータをリアルタイムで収集し、きわめて正確に生産プロセスをモニタリングできるようになる。その結果として、それらの企業は、生産ラインを止めないための予知メンテナンスや、効率のよい在庫の管理を可能にし、さらには、市況の変化に応じた柔軟な操業を実現していく。SAS の調査によると、産業用機器を製造する企業の 18% が、生産の向上とコストの削減を目指して、すでに IoT デバイスを活用していることが分かっている。
 
Sansa Security predicts that 2015 will be the year where device sensors will by default use common, rather than proprietary, protocols to communicate, enabling devices to better interact and be controlled through a single interface.  But businesses will need to make investments.  Old equipment will need to be upgraded or replaced in order to support the new paradigm of digital manufacturing.
 
Sansa Security の予測によると、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルが、2015年にはプロプライエタリからコモンへと変化するようだ。つまり、デバイス間での対話性が向上し、シングル・インタフェースを介した制御が可能になっていく。ただし、依然として企業は、投資を継続していく必要があるだろう。この、デジタル製造業という新しいパラダイムをサポートするために、旧来からの機器を更新/交換していく必要があるのだ。
 
John Nesi, Vice President at Rockwell Automation, said that IoT technology is needed to address “global competitive pressures that are challenging industrial and manufacturing companies to drive inefficiencies out of their systems, manage workforce skills gaps and uncover new business opportunities.”  Done properly, the benefits will be “faster time to market, improved asset utilization and optimization, lower total cost of ownership, workforce efficiency, enterprise risk management and smarter expenditures.”
 
Rockwell Automation の VP である John Nesi は、「IoT テクノロジーが必要とされるのは、製造に携わる企業から非効率なシステムを排除し、グローバルな競争におけるプレッシャーに取り組んでいくためである。それにより、従業員のスキル・ギャップが管理され、新しいビジネス・チャンスが発見される。あらゆる課題に適切に対処していけば、製造期間の短縮/資産の利活用と最適化/所有コストの低減/労働環境の改善/適正なリスク管理/効果的な投資などの、数多くのメリットが生まれてくる」と述べている
 
ーーーーー
On MondayGE の言う Industrial IoT が、まさに製造業のための IoT であり、そのゴールが明確だと感じていました。 そして、こうしてマトメてもらえると、とても具体的なイメージで、目の前に迫った未来像を捉えられます。 いろいろなメーカーやベンダーが、それぞれの IoT を語っていて、インターフェイスからプロプライエタリを排除できるのかどうか、その辺りが疑問として残っていたのですが、それらが共通化されると、一挙の広まりそうな感じがします。 ただし、それとは裏腹にセキュリティに代表される、さまざまな問題も浮上してくるでしょう。 なにやら、インターネットというエクスペリエンスを持つ人類が、総力戦で臨む DevOps が始まりそうな感じですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測されるz
%d bloggers like this: