Agile Cat — in the cloud

プライバシーとは?(Google 対 China なんて問題外) by Nicholas Carr

Posted in Asia, Facebook, Google, Miscs, Nicholas Carr, Security by Agile Cat on January 21, 2010

Other people’s privacy
Rough Type : Nicholas Carr より
January 17, 2010
http://www.roughtype.com/archives/2010/01/other_peoples_p.php

Rough Type

In the wake of Google’s revelation last week of a concerted, sophisticated cyber attack on many corporate networks, including its own Gmail service, Eric Schmidt’s recent comments about privacy become even more troubling. As you’ll recall, in a December 3 CNBC interview, Schmidt said, “If you have something that you don’t want anyone to know, maybe you shouldn’t be doing it in the first place. But if you really need that kind of privacy, the reality is that search engines – including Google – do retain this information for some time and it’s important, for example, that we are all subject in the United States to the Patriot Act and it is possible that all that information could be made available to the authorities.”

先週に行われた Google の断固とした暴露をきっかけに、Google 自身の Gmail サービスを含めた、多数のコーポレート・ネットワークに対する巧妙なサイバー・アタックが明らかになった。そして、Eric Schmidt は先日に、プライバシーは更に厄介なものになるとコメントしている。2009年12月3日の CNBC インタビューで、 Schmidt が言ったことを思い出そう。「もし、あなたが、誰にも知られたくない何かを持ってしまうなら、最初から、そのような事をすべきではない。しかし、本当にその種類のプライバシーを必要とするにしても、その情報がしばらくの間、Google を含めたサーチ・エンジンに保持されるという現実がある。そして重要なことは、たとえばが United States においては、私たちが Patriot Act の適用を受けることであり、すべての情報が当局に提供される可能性があることだ」

For a public figure to say “If you have something that you don’t want anyone to know, maybe you shouldn’t be doing it in the first place” is, at the most practical of levels, incredibly rash. You’re essentially extending an open invitation to reporters to publish anything about your life that they can uncover. (Ask Gary Hart.) The statement also paints Schmidt as a hypocrite. In 2005, he threw a legendary hissy fit when CNET’s Elinor Mills, in an article about privacy, published some details about his residence, his finances, and his politics that she had uncovered through Google searches. Google infamously cut off all contact with CNET for a couple of months. Schmidt didn’t seem so casual about the value of privacy when his own was at stake.

有名人は言う。「もし、あなたが、誰にも知られたくない何かを持ってしまうなら、最初から、そのような事をすべきではない」 と。もっとも分別のあるレベルにおいて、繰り返される発言だろう。 本質的に、あなた自身がリポーターに対して、暴露されてしまう人生に関して、フリーの招待状を提供しているのだ。(Gary Hart に尋ねよ) このステートメントは、Schmidt をも偽善者として表現している。 2005年に、CNET の Elinor Mills がプライバシーに関する記事で、Schmidt の住まいや、資産、信条について詳細を発表したとき、知ってのとおり彼はカンシャクを起こしたが、それ自体が Google サーチを介して暴露された。 そして不名誉なことに、Google は 2ヵ月にわたって、CNET とのすべての接触を絶った。つまり、Schmidt 自身が危機にあったとき、彼がプライバシーの問題に、それほど拘っていないとは思えなかった。

The China-based cyber attack, which apparently came to Google’s attention just a few days after the CNBC interview, makes Schmidt’s remarks about privacy and deferring to “the authorities” seem not just foolhardy but reprehensible. When the news reached Schmidt that some Gmail accounts had been compromised, perhaps endangering Chinese dissidents, did he shrug his shoulders and say, “If you have something that you don’t want anyone to know, maybe you shouldn’t be doing it in the first place”? Did he say that Gmail customers need to understand that sometimes “the authorities” will have access to their messages? Judging by Google’s reaction to the attack, it takes the privacy of its own networks extremely seriously – as well it should. The next time Schmidt is asked about privacy, he should remember that.

CNBC インタビューの数日後に、Google が気づいたとされる China ベースのサイバー・アタックは、プライバシーについて「当局」に従うという Schmidt の発言を、無謀なものにしたというより、批判に値するものにしたと思われる。いくつかの Gmail アカウントが信用できないものとなり、すでに中国の反体制派を危険にさらしていたというニュースが Schmidt に届いたとき、彼は肩をすくめて、「もし、あなたが、誰にも知られたくない何かを持ってしまうなら、最初から、そのような事をすべきではない」と言っただろうか? そして、Gmail の顧客は、ときには「当局」にメッセージをアクセスされることを、理解しておくべきだと言っただろうか? この攻撃に対する Google の反応により、Google のネットワークにおけるプライバシーが、当然の事として、きわめて深刻に受けとめられる。 プライバシーについて、次に Schmidt が尋ねられるとき、彼はそれを覚えているべきだ。

Of course, Schmidt isn’t the first Silicon Valley CEO to make cavalier comments about privacy. It began back in 1999 when Schmidt’s onetime boss, Sun Microsystems CEO Scott McNealy, proclaimed, “You have zero privacy anyway. Get over it.” Just this month, the idea was repeated by the web’s most amusing philosopher-king, Facebook CEO Mark Zuckerberg. In an on-stage interview, Zuckerberg defended his company’s recent decision to roll back privacy protections on its site by arguing that the desire for privacy was evaporating as a “social norm.” Facebook, said Zuckerberg, was merely responding to that putative shift.

もちろん、プライバシーについて無頓着なコメントした、最初の Silicon Valley の CEO が Schmidt というわけではない。話は 1999年に遡るが、当時の Schmidt の上司である Sun Microsystems CEO の Scott McNealy は、「とにかく、プライバシーなんてないんだ。 それを乗り越えろ」と宣言している。 そして、まさに今月、その考えは、Web の最も面白い哲学の王様である、Facebook CEO の Mark Zuckerberg により繰り返された。インタビューのステージ上で、「社会規範」としてのプライバシーに関する願望が蒸発すると論ずることで、Zuckerberg のサイトにおけるプライバシー保護を縮小するという、自社における最近の決定を弁護した。 Facebook は想定される移行に対応しているだけと、Zuckerberg は言及している。

Reading through these wealthy, powerful people’s glib statements on privacy, one begins to suspect that what they’re really talking about is other people’s privacy, not their own. If you exist within a personal Green Zone of private jets, fenced off hideaways, and firewalls maintained by the country’s best law firms and PR agencies, it’s hardly a surprise that you’d eventually come to see privacy more as a privilege than a right. And if your company happens to make its money by mining personal data, well, that’s all the more reason to convince yourself that other people’s privacy may not be so important.

これらのリッチでパワフルな人々が、プライバシーについて語る様を見て、彼らが話していることは他人のプライバシーのことであり、自身のプライバシーではないという疑念が湧いてくる。 もし、プライベート・ジェットの個人的な Green Zone 内の、フェンスで仕切られた人目のない場所で、最高の法律事務所と PR 機関がファイアーウォールを提供してくれるなら、権利いうより特典として、プライバシーを覗き見ることができるようになっても、何の驚きもない。さらに、あなたの会社が個人情報のマイニングにより対価を得るなら、他人のプライバシーがそれほど重要ではないかもしれないと、あなた自身を説得するための、たくさんの理由があれば良い。

There’s a deeper danger here. The continuing denigration of privacy may begin to warp our understanding of what “privacy” really means. As Bruce Schneier has written, privacy is not just a screen we hide behind when we do something naughty or embarrassing; privacy is “intrinsic to the concept of liberty”:

そこに深遠な脅威がある。 プライバシーを侮辱し続けることが、「プライバシー」が本当に意味するものへの理解を、歪め始めるかもしれない。 Bruce Schneier が述べているように、プライバシーというものは、私がちが公序良俗に反する行為をするときに、身を隠すためのカベではなく、「自由という概念の本質的」なのである:

For if we are observed in all matters, we are constantly under threat of correction, judgment, criticism, even plagiarism of our own uniqueness. We become children, fettered under watchful eyes, constantly fearful that – either now or in the uncertain future – patterns we leave behind will be brought back to implicate us, by whatever authority has now become focused upon our once-private and innocent acts. We lose our individuality, because everything we do is observable and recordable.

なぜなら、すべての事柄において、我々が問題で観察されるなら、いつも罰則や、審判、批判、さらには自身の独創性における plagiarism さえ、脅威にさらされる。監視により束縛され、いつも恐れ、- 今日あるいは不確実な未来に -我々が後世に残すパターンが、我々を巻き込むために思い出され、権威が持っている、あらゆるものが、かつてはプライベートであったもの、そして罪がない行為に狙いを定めることで、我々は子供になっていく。我々が自身の個性を失うのは、我々の全ての行為が、観察可能で記録可能であるからだ。

Privacy is not only essential to life and liberty; it’s essential to the pursuit of happiness, in the broadest and deepest sense of that phrase. It’s essential, as Schneier implies, to the development of individuality, of unique personality. We human beings are not just social creatures; we’re also private creatures. What we don’t share is as important as what we do share. The way that we choose to define the boundary between our public self and our private self will vary greatly from person to person, which is exactly why it’s so important to be ever vigilant in defending everyone’s ability and power to set that boundary as he or she sees fit. Today, online services and databases play increasingly important roles in our public and our private lives – and in the way we choose to distinguish between them. Many of those services and databases are under corporate control, operated for profit by companies like Google and Facebook. If those companies can’t be trusted to respect and defend the privacy rights of their users, they should be spurned.

この文章において奥行きを持って語られていることは、プライバシーとは、人生と自由の本質であるだけではなく、幸福の追求における本質だということだ。 Schneier が暗示するように、それはユニークな性格の発達における個性の本質的である。 私たち人間は、単に社交的な生き物ではなく、プライベートな生き物でもある。私たちが共有しない事柄は、私たちが共有する事柄と同様に重要である。パブリックな自己とプライベートな自己の間に、境界線を定義するための方式は、ぞれぞれの選択によるだろう。すべての人々の才能と知力を保護するための、誰からも適切と見られるような境界線を設定する際には、これまで以上に慎重に進めるべきだろう。今日において、オンラインのサービスとデータベースが、私たちのパブリックでプライベートな生活において、そして、それらを区別するための選択枝として、重要な役割を担っている。 それらのサービスとデータベースの多くが、 Google や Facebook のような企業の利益のために、制御され操作されている。もし、ユーザーのプライバシーに敬意を払い防御するという点で、それらの企業が信頼に足りないなら、はねつけるべきである。

Privacy is the skin of the self. Strip it away, and in no time desiccation sets in.

プライバシーとは自己の皮膚である。それを引き剥がしてしまえば、たちどころに乾いて朽ち果てる。

ーーーーー

<めちゃ関連 : http://twitter.com/tsureto さんが探してくれました!>
Facebookの新しいプライバシー方式は大惨事の序曲
The Facebook Privacy Fiasco Begins
記事毎のプライバシー:Facebookがプライバシー設定を改訂
Privacy-Per-Post: Facebook Rolls Out Its New Privacy Settings

<関連>
Google Atmosphere での Nicholas Carr
Nicholas Carr vs. Google
McKinsey よ、クラウドへゆけ!
Nicholas Carr が McKinsey をメッタ斬り

Google Atmosphere での Nicholas Carr

Posted in Google, Nicholas Carr by Agile Cat on November 1, 2009

"クラウドの時代” を語る

Google Atmosphere

The Big Switch(クラウド化する世界)の著者である Nicholas Carr 氏が、10月22日に London で開催された Google Atmosphere のキーノートに登壇したとのことです。 Carr 氏の動画って初めて見ましたが、なかなかの説得力だと感心してしまいましたね。。。

約 30分のステージですが、話している内容は The Bog Switch の前半部分、つまり、これまでの社会資本としての電力が歩んできた道を、必ず IT も進むことになるというものです。 数年というスパンから、数十年というスパンにスイッチして俯瞰するとき、やはり Carr 氏の言葉に一番の説得力があるように思えます。

そのほかにも、おそらく 一年ほど前の、 The Bog Switch を出版した後のものだと思いますが、3つほどショート・インタビューを見つけましたので貼っておきます。

 

 

ROUGH TYPE では、いつも難しそうなことを書いていますが、しゃべりは端的で明瞭なので、とりあえず見てみてくださいな。。。 一番最後のやつでは、Microsoft による Yahoo の買収にも言及していて、面白いですよ --- A.C.

<関連>
「データセンターは発電所のようなもの」ニコラス・カー氏がグーグルにてクラウドを語る

Nicholas Carr vs. Google

Posted in Google, Nicholas Carr by Agile Cat on June 26, 2009

Nicholas Carr 対 Google の熾烈な戦い

どうも Google がビットマップを使った広告を画策しているらしい、、、という情報をつかんだ Nicholas Carr さん、そんな非人道的な Google で良いのでしょうかと、ROUGHTYPE で強烈な噛み付き

なんでも、2001年には、心臓に病気を持つ人が  、他の検索エンジンで病院を探したところ、バナーのダウンロードでページが開かず、Google に切り替えて一命を取り留めたとか、、、 そんなエピソードを持ち出してキャンペーンを展開。

「いまでも、ダイアルアップで Google を使う人が、世界中にたくさんいるんです!」

そうしたら、Google site:roughtype.com を消されてしまったとのことです。(Google site:agilecat.wordpress.com でさえあるのだから、いくら何でも、それはまずいでしょう。。。)

googlesearch-thumb

そこで Caar さん、命乞いならぬ、Google 乞い。決め手は「もう Bing は使いません」の一言。

そして、めでたく、Google site:roughtype.com は復帰しましたと。。。

 

Tagged with: , ,

McKinsey よ、クラウドへゆけ!

Posted in Businesses, Nicholas Carr by Agile Cat on May 19, 2009

McKinsey Cloud Report’s Popularity Disproves Its Own Analysis
Information Week より
Posted by Joe Weinman @ 10:15:AM | May, 8, 2009

From http://www.informationweek.com/cloud-computing/blog/archives/2009/05/mckinsey_cloud.html?catid=cloud-computing

——–

たたかれ続ける Mckinsey です。Nicholas Carr が指摘する運用コストに続いて、ここではピーク時に関する分析がなっていないとボロクソです。あのレポートを書いた二人のアナリストは、どうしているのでしょう? 人事ながら、ちょっと心配になってしまいます。 --- A.C.

——–

McKinsey におけるクラウド・コンピューティング・レポートが突然の盛り上がりを見せたが、なぜ、コンサルティング会社が、コスト分析を誤ってしまうかという事実を証明することになってしまった。 あのレポートが、Amazon EC2 にフォーカスしていたため、その根拠を確かめようと思い、皮肉にも Amazon が所有する Alexa Web モニタリング・サービスで、データを調べることになってしまった。

McKinsey と Uptime Institute による、クラウドコンピューティングに関する最新の見立ては、たとえば、時間当たりの Linux サーバーのユニットコストにおいて、エンタープライズ・データセンターでのコンピューティングに対して、クラウドは 2倍もの高価なものになり得るというものだった。 そのため、エンタープライズは、パブリック・クラウドサービスへの移行を延期すべきと結論つけた。 データセンター・エンジニアリング部門を持つ Uptime が、クラウド・サービスの価値について発したコメントは、自動車ディーラーから顧客に向けられた、レンタカーは損だと言うコメントに似たようなものであったが、多くの CIO やアナリストたちによるクラウドの世界は、ハチの巣をつついたような状態になった。

以前に Gigaom.com のブログにポストしたように、McKinsey レポートの最大の誤りは、トータル・コストではなく、ユニット・コストにフォーカスしてしまった点にある。 これは、単なるクイズではなく、ビジネス上の重要な関心事である。 オン・デマンドの「pay-per-use」サービスのアドバンテージは、つまり、クラウド・コンピューティングや、IssS、レンタカー、ホテル、そして電気などの利点は、使ったときにだけ支払うというところにある。それは、インフラストラクチャを所有し、アイドル状態における過度なキャパシティ供給でも、支払いが生じてしまう状況の、対極にある。

したがって、McKinsey の場合は、そのようなサービス利用の一部始終を示さずに、同等のユニット容量における価格にだけ焦点を合わせることになってしまった。つまり、トータル・コストを評価するためには、サービスが利用されないゼロ・コストを、つまりピーク時以外についても参照する必要があった。

Alexa で UptimeInstitute.org を調べてみると、あのレポートが発表された時にピーク・トラフィックが生じている。そして、速度的なカベに当たることなく、それまでの平均の 5倍にまで、トラフィックが増加している状況が示されている。

IFW McKinsey 2

ピークに達したときの Uptime のページ・ビューは、グローバル・ページビューの約 0.0001% に相当する。そして、同社の平均的なページ・ビューは 0.00002% である。言い換えると、同社は 5倍のトラフィック容量を保持しており、そのピーク/アベレージ比率は「5」となる。 ピーク/アベレージ比率が重要だという理由を、以下に示す。つまり、インフラストラクチャを所有するコストは、ピーク時に要求されるキャパシティに比例したものとなる。それに対して、「pay-per-use」サービスのコストは、平均的なキャパシティに比例したものとなる。 たとえば、100組のカップルを招待するパーティーを、年に一回のペースで催したいなら、100 室の家を所有するより、その時にホテルの部屋を借りるほうが安上がりである。

アベレージの負荷に対して十分なキャパシティを所有し、ピーク時のためにクラウド戦略を組み合わせる方式(ベースのための所有とピークのためのレンタル)が、最も安上がりになるだろう。 とにかく、クラウド・サービスのアプローチを用いることにより、Uptime Institute はトータル・コストを半分にできるはずである。 もし、同社と McKinsey が、あのレポートの結論を無視して、このデータに従うならであるが。

もちろん、Alexa サンプリング方式について、正確さや、統計上の正当性など、いくつかの議論すべきポイントがある。たとえば、グローバル・ページビューの絶対量は、サンプルの期間に変化していないのか? どのようにして、ページビューとサーバー負荷を関連するのか? コンテント・サーバーの負荷は、Web サーバーの負荷に匹敵するのか? そのような疑問が残る一方で、このレポートが 1MB の PDF であるため、一般的な Web ページと比べて、この期間のサーバー負荷は 5 倍以上だった、という見方もあるかもしれない。

肝心なことは、トータル・コストである。 通常の支払いを少しでも減らして、必要なときに追加料金を支払うほうが良いだろう。 極論すれば、通常の支払いがゼロになることに、越したことはない。 仮に、必要なとされるときの追加料金が高くても、トータルではコストが削減されるはずだ。

Joe Weinman is Strategy and Business Development VP for AT&T Business Solutions.

From http://www.informationweek.com/cloud-computing/blog/archives/2009/05/mckinsey_cloud.html?catid=cloud-computing

Nicholas Carr が McKinsey をメッタ斬り

Posted in Businesses, Nicholas Carr by Agile Cat on April 20, 2009

The big company and the cloud
Nicholas Carr の ROUGH TYPE より
April 15, 2009

http://www.roughtype.com/archives/2009/04/the_big_company.php

コンサルティング会社である McKinsey & Company の分析は、今日の ForbesNew York Times でもカバーされていた。そのリリースに、何らかの落ち度があるにしても、クラウド・コンピューティングの誇張された報道に一石を投じるものである。 McKinsey は「クラウドが非常に高い費用効果」を中小企業にもたらすとを認めているが、大企業については異なる論点を提供している。 大企業の場合は、もし自前のデータセンターを閉じて、クラウド上のユーティリティー・コンピューティングで全てのアプリケーションを実行するなら、いま以上の費用を使うことになると言う。匿名の顧客への見積もりによると、Amazon の EC2 クラウド・システムを用いる際の、1ヵ月ごとの CPU 使用料が 366ドルであるのに対して、インハウスの費用は 150ドルであり、クラウドは 2 倍以上のコスト増になるとしている:

Nicholas Carr 09_04_21a

もちろん McKinsey は、大規模で複雑な IT をインハウスで運用する企業を、元気付けようとしている。 コンサルティング会社はこの何年かにわたり、コーポレート IT における膨大な複雑さと支出から、つまり、システム統合や、IT ビジネス提携、データセンターの最適化といったメニューから、たくさんのご馳走を得てきた。そして指摘すべきは、 McKinsey が提供する数字が、少し歪んでいると思われる点である。つまり、クラウドへ移行することで軽減される経費などが、いくぶん控え目に述べられている。 匿名顧客の例を、再び参照してみよう。たとえば、インハウスのデータセンターをクラウド・サービスに置き換えることで、たった 10~15 % の IT人件費しか軽減されないと McKinsey は示唆している:

Nicholas Carr 09_04_21b

これらの数値の、さらなる分析を、私は楽しみにしている。とくに、McKinsey による比較について、Amazon にヒアリングしたいと思っている。

それにもかかわらず McKinsey 分析は、グリッド上のユーティリティー・コンピューティングの開発に、どれくらいの時期に移行できるかという点を強調する意味で貴重である。そして、大企業が近いうちにデータセンターを閉じると期待しても、仕方ないことも解らせてくれる。今日の動向について大企業が何を考えているのか、そして、適切な提案を行うアナリストがいるのかどうか、その辺りについて、私はまったく分からない。ただし、外部のクラウドでレンタルされるスペースを用いて、エンタープライズ・コンピューティング運用を大幅に置き換えるという、McKinsey が分析するシナリオは、いかにもマヌケである。 現時点において、クラウドが大企業に提供するリアルな機会とは、コンピューティングの完全な置き換えではなく、インハウス運用に対する補足物や補完物として考えるべきものである。クラウド・モデルが提供するものは、付加的なコンピューティングやストレージへのアクセスである。つまり、新しい装置に対する投資や、大量の従業員の採用を必要とせずに、変動する需要への対応や、短期的なデータ運用のための方法を実現するわけだ。さらにクラウドは、パワフルな SaaS アプリケーションにアクセスするための方式を提供し、大幅なコスト削減を可能にする。そこでは、インハウス・アプリケーションをインストールする際に必要な、設備や労働力でだけではなく、ライセンスと維持費が削減される。(この点を、McKinsey の分析は無視している)

クラウド・プロバイダーたちが価格を引き下げ、サービスを改善しながら、そのスケールを拡大し、経験を蓄積するにつれて、従来からの公共システムのように、クラウド・コンピューティングは魅力的なものになっていく。年が過ぎいくにつれて、実用的なシステムを拡大する経済のアドバンテージが、企業における別の現実を作り出す。 しかし、そのプロセスは時間を必要とする。大企業が数年の間に、データセンターをクローズすると予測することに、何の意味もないだろう。 さらに言えば、最終的なクラウドは、従来からの古いコンピューティング・モデルとは異なり、もっと面白いものになるだろう。

UPDATE: Here is the full McKinsey report.

本:クラウド化する世界

Posted in Books, Nicholas Carr by Agile Cat on April 1, 2009

The Big Switch

Nicholas Carr の有名な著作である、「The Big Switch」なんだけど「クラウド化する世界」を読みました。 ・・・ と言う、トゲのある書き出しには、それなりの理由がありますが、それはさて置き、良書だと思います。ちょっと厚くて重たいですが、電車の友になりますので、お勧めです。

とくに前半の、公共的な電力ビジネスの成り立ちについての説明と、ユーティリティ・コンピューティングとの対比は、とても分かりやすく、また、IT を捨てられなくなる私たちの世界を的確に表現しています。この部分だけでも、読む価値はあると思います。 ただ、そこに至る過程で、儲けすぎてしまった Bill Gates を目の敵にしても、仕方ないのかとも考えてしまいます。

クラウド化する世界

Thomas Friedman  は「The World is Flat : フラット化する世界」で 、インターネット・インフラへの過大な投資が、その後の M&A や整理統合をもたらし、ネットワークを安価なものにしたと述べています。ユーティリティ・コンピューティングにおいては、さらにメモリやストレージというハードウェアに対して、そしてソフトウェアに対して、積み上げられた過大な投資が基盤を作っているのではないでしょうか? そこにいたのは無数の敗者たちで、一握りの勝者だけではないですよね。

と、ついつい、タイトルから比較してしまうのですが、この本は「クラウド化する世界」ではないので、Friedman  と並べて考えていけないのでしょう。前半はまだしも、後半になると、Carr 自身が抱えている恐怖があふれ出てきます。でも、「The Big Switch」なので、つまり大転換期なので当然なのですよ。この本を読みながら、「アレ?」と思うときには、その原題を思い起こしてみると納得できるのではないでしょうか。

ものごと急には変わりません。さまざまな流れの中で紆余曲折があって、大きな流れに束ねられていくのだと思います。パターン言語の考案者であり、ファウラーたちに大きな影響をおよぼした Christopher Alexander は、その著書である「オレゴン大学の実験」で、ものごとは漸進的にしか進まないと言っています。 それが、この世の道理です。その点、Carr は、これまでのプロセスを飛ばして考え過ぎると、感じてしまうところもあります。

最後に、David Chappell の一言を転記します ・・・

需要に応じてピークを処理することが可能な、火力発電所に依存する電気事業者のように、オンデマンドにおけるコンピューティングの負荷を、余裕を持って安価に処理できるのがクラウド・プラットフォームである、という主張をしばしば耳にする。 しかし、それが可能になるのは、クラウドでもオンプレミスでも、ひとつのアプリケーションを変更することなく実行できる場合に限られる(そして、同じバージョンのアプリケーションとデータを、双方の環境で得られるなら、、、と私は思う)。

・・・ う~ん、解らない。いろいろと考えてはいるのですが、解らない。 ひょっとして、オンプレミスからクラウドへ向けた、売電ができなければダメとでもいって言ってるのでしょうかね?

 

%d bloggers like this: