Agile Cat — in the cloud

HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!

Posted in .Selected, Network, On Monday, Standard by agilecat.cloud on June 15, 2015
HTTP/2: Blueprint for Speedier and More Secure Internet Communications
By Dick Weisinger – June 12th, 2015
http://formtek.com/blog/html2-blueprint-for-speedier-and-more-secure-internet-communications/
_ formtek
In February 2015 an overhaul of the HTTP protocol was approved, the first change since HTTP 1.1 was adopted in 1999.  The new protocol is being called HTTP/2.
 
2015年2月のことだが、HTTP プロトコルに関する徹底的な改善が承認された。 それは、1999年に HTTP 1.1 が採択されてから、初めての変更となる。 そして、この新しいプロトコルは、HTTP/2 と呼ばれている。
 
The new protocol was in development for two years by the IEFT (Internet Engineering Task Force) and is based on a protocol created by Google called SPDY.
 
この新しいプロトコルは、IEFT(Internet Engineering Task Force)が2年を費やして開発したものであるが、Google が作成した SPDY というプロトコルをベースにしている。
 
Chagall_15Some of the ways in which HTTP/2 will speed up internet communication is the compression of header information and the ability to send multiple requests over a single connection.  Web pages should load ten to forty times faster with HTTP/2.  The improvements are expected to speed up web traffic and improve efficiency so that mobile devices will consume less power when loading browser pages.
 
HTTP/2 がインターネット通信を高速化する手法としては、ヘッダ情報を圧縮する能力や、シングル・コネクション上でのマルチ・リクエストの送信などが挙げられる。そのため、HTTP/2 を用いた場合において、Web ページのロードは 10倍〜40倍も高速化されるという。この更新により、Web トラフィックが高速化され、効率がを改善されるはずだ。したがって、モバイル・デバイス上のブラウザで、Web ページをロードする際に、電力の消費が低減されることになる。
 
HTTP/2 was originally intended to have TLS (Transport Layer Security) encryption, or SSL, built in, but that idea was rejected because it was felt that doing so would make implementation of the new standard much more difficult for network operators and proxy vendors.
 
もともとの HTTP/2 構想では、TLS(Transport Layer Security)暗号化と、SSL をビルトインで取り込むことた意図されていたが、その考えは拒否された。なぜなら、そのセキュリティ対策を実施することで、ネットワーク・オペレータやプロキシー・ベンダーによる、この新しいスタンダードの実装が難しくなるという、懸念が生じたからである。
 
Mark Nottingham, chair of the IETF HTTP Working Group, said that “one of the big reasons that HTTP/2 took so long to get to is that upgrading the protocol in the deployed infrastructure is really hard; there are lots of boxes out there that assume HTTP/1 will never change.  So, if the transition from HTTP/1 to HTTP/2 goes well, it should be a lot easier to introduce the next version, because we can use the same mechanism that we used for the first big hop.”
 
IETF HTTP Working Group の Chair である Mark Nottingham は、「HTTP/2 の確定までに、かなりの時間が費やされた大きな理由として、インフラの深部にディプロイされたプロトコルを、アップグレードすることが、きわめて困難になるという捉え方があった。つまり、HTTP/1 が変化しないと想定すると、たくさんの障害が取り残されることになる。したがって、HTTP/1 から HTTP/2 への移行が上手くいけば、次期バージョンの導入が、きわめて容易になるはずだ。なぜなら、最初の大きな飛躍で用いたメカニズムを、再び利用できるようになるからだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayそんなに Web が速くしてくれるなら、HTTP/2 に対する期待が膨らみますね。 しかし、HTTP/1 のトラフックが飛び交う中で、HTTP/2 を増やしていく必要があるので、プロトコルの切り替えというのは、ほんとうにタイヘンですね。 そして、HTTP 2.1 の登場により、HTTP/2 の時代が幕を開けるのでしょう。 文中の最後の方で、「最初の大きな飛躍で用いたメカニズム」と表現されているのは、HTTP 1.0 から HTTP 1.1 へのステップ(たけけんのサーバー勉強日記)のことなのだろうと推測しています。 楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
 
 

Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!

Posted in .Selected, Cisco, Network, OpenStack by agilecat.cloud on June 4, 2015
Piston Acquisition Beefs Up Cisco OpenStack Cloud Team
Jason Verge – June 3, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/03/piston-acquisition-beefs-up-cisco-openstack-cloud-team/
 
_ DC Knowledge
 
Cisco announced it will acquire Piston Cloud Computing, a startup that began as a provider of private OpenStack cloud infrastructure on commodity hardware but earlier this year expanded via its CloudOS, becoming a provider of a simple way to deploy several open source platforms, such as Hadoop and Spark.
 
Cisco が、Piston Cloud Computing を買収すると発表した。Piston は、コモディティ・ハードウェア上で OpenStack プライベート・クラウド·インフラを構築するプロバイダーとして立ち上がったスタートアップだが、今年の初めに CloudOS を拡張したことで、Hadoop や Spark といった OSS プラットフォームを、容易にディプロイするプロバイダーへと転身している。
 
Cisco is acquiring Piston for its talent and expertise around distributed systems and quick and easy deployment and automation. This is a second Cisco OpenStack acquisition, following the purchase of Metacloud late last year. Both Piston and Metacloud are highly complementary to each other and in the wider Cisco “Intercloud” vision.
 
Cisco が Piston を買収するのは、その分散システムに関する能力と経験、そして、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションにおける実績を買ってのことである。そして、Cisco における OpenStack 関連企業の買収は、昨年末の Metacloud に続いて、これで二社目となる。Piston と Metacloud は、Cisco の壮大な Intercloud ビジョンにおいて、相互補完していくだろう。
 
Piston-Morrisroe-BagbyPiston CEO Jim Morrisroe (right) and COO Steve Bagby on the show floor at the 2014 OpenStack summit in Paris (Photo: Yevgeniy Sverdlik)
 
“Piston has focused on the deployment problem, while Metacloud has focused on the day-two probem,” said Scott Sanchez, director of Cisco OpenStack strategy. Sanchez came to Cisco via the Metacloud acquisition.
 
「Piston がデプロイメントの問題にフォーカスするのに対して、Metacloud は Day Two の問題にフォーカスしている」と、Director of Cisco OpenStack Strategy を務める Scott Sanchez は述べている。 Sanchez は、Metacloud の買収を介して Cisco に参画している。
 
“They built a great team,” he said about Piston. “One of the things they always focused on was the distributed systems aspect. They rebranded and took a step back from OpenStack to amplify the CloudOS message. It’s about how do we take these complicated platforms and make them easy to deploy in an automated way?”
 
Sanchez は Piston について、「彼らは、素晴らしいチームを構成している。彼らが常にフォーカスしてきたものに、分散システムという側面がある。そして、CloudOS というメッセージを増幅するために、彼らはブランドを変更し、OpenStack の外へと踏み出した。どのようにして、それらの複雑なプラットフォームを取り扱い、また、自動化された方式で容易にディプロイするのかを知りたくないか?」と述べている。
 
Cisco’s strategy has been centered on what it calls Intercloud. Intercloud is not a product but an overarching concept that basically means connected clouds, or a cloud of clouds. Sanchez said Cisco wants to play a similar role with cloud as it did with the larger internet, where it is a key player across hardware, software, and services centered on the network.
 
Cisco の戦略は、Intercloud と呼ばれるものに集約されている。Intercloud はプロダクトではなく、複数のクラウドや特定のクラウドを接続するための、基本的かつ包括的な概念のことである。Sanchez は Cisco の方針について、これまでの大規模インターネットで行ってきたように、クラウドでも同じ役割を果たしたいと述べている。つまり、ネットワークを中心として、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを取りまとめていく、キー・プレーヤーになりたいということだ。
 
Piston is more than a talent acquisition for the Cisco OpenStack team, as it brings a lot of automated deployment technology to the table as well. Its aim is to give companies that are not quite as large as Facebook or Google data center infrastructure capabilities the likes of Facebook and Google have.
 
Piston は Cisco OpenStack チームに対して、自動デプロイメントのテクノロジーを持ち込むため、単なる買収とは異なる成果をもたらすだろう。そして、Facebook や Google が有するような、巨大なデータセンターやインフラスを必要としない、ごく一般的なユーザー企業に対して、ソリューションを提供していく。
 
Piston accelerates Cisco’s ability to help customers deploy their clouds. If a private OpenStack cloud currently takes Cisco 14 days to deploy for a customer, Piston will help shave that time down. The distributed systems expertise means its easier to deploy more complex, distributed clouds and platforms as well.
 
Piston が Cisco の能力を加速させることで、顧客による容易なクラウドのディプロイが実現されていくだろう。つまり、OpenStack プライベート・クラウドのディプロイに、Cisco が 14日を必要としているなら、さらに短い期間で完了するよう、Piston が時間を削り取っていく。そして、Piston における分散システムの専門知識により、複雑に分散されたクラウドやプラットフォームであっても、容易なディプロイメントが可能になる。
 
“Today, we have multiple offerings working towards a more converged stack behind the scenes,” said Sanchez. OpenStack is just one ingredient in a larger cloud strategy for Cisco, albeit an important one.
 
Sanchez は、「これからの私たちは、さまざまな状況に潜む、より集約的なスタックに対して、多様なプロダクトを提案していける」と語っている。Cisco の壮大なクラウド戦略において、OpenStack は重要であっても、1つの構成要素に過ぎないのだろう。
 
“There’s a shift that has started to occur in the market,” said Sanchez. “It’s less about the technology platform and more about what you do with it. Cisco, Metacloud, and Piston all recognized this. OpenStack is a key part of our execution, but its just a piece of a recipe. We’re past the hype stage of OpenStack, and it’s execution time. We’re seeing tremendous traction.”
 
Sanchez が言うには、「 マーケットでは、発想のシフトが発生し始めている。 そのシフトは、テクノロジー・プラットフォームから、顧客が必要とするものへと向かうものである。そのことについて、Cisco/Metacloud/Piston の認識は一致している。OpenStack は、私たちが実施する重要なパートであるが、全体的なレシピの一部でもある。OpenStack を語る段階は過ぎ、実際に動かす時期に入っている。 そして、私たちは、きわめて強力な牽引力を確認している」となる。
 
Last year, Cisco pledged to spend $1 billion over two years in pursuit of the cloud market. Cisco is a massive business with networking equipment at its core. Its Intercloud retains that networking angle, with the company focusing on connection of clouds. However, Intercloud isn’t a product but rather a strategy and vision of hyper-connected clouds. Cisco is building out several pieces so it can be the hub across all points of the chain, from hardware to service provider.
 
昨年に Cisco は、クラウド市場を探求するために、2年間で $1 Billion を費やすと宣言した。Cisco は、ネットワーク機器のビジネスにおける大手であり、その中核を構成している。そして、Intercloud は、クラウド間の接続にフォーカスするという、同社におけるネットワークの観点を保持している。しかし、Intercloud はプロダクトではなく、ハイパー接続されたクラウドのための、ストラテジーとビジョンを指すものである。 Cisco は、いくつかのパートを構築していく最中にある。それらは、ハードウェアからサービス・プロバイダーにいたる連鎖において、すべての接続ポイント間でハブとして機能してくものになるのだろう。
 
ーーーーー
Ciscoクラウドは、すべてを変えていく・・・ それは、Cisco に対しても、新たな立ち位置と戦略を要求するだけの、大きなパワーを持つものなのでしょう。 そして、Intercloud という概念は、これからの Cisco を表現するフレームワークであり、Metacloud も Piston も、そして OpenStack も、そこにはめ込まれていくピースという感じなのでしょう。 Cisco が、どのように変化していくのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Google と Cisco が 特許・非訴訟で合意:IoT への備えなのか?
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
 

Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、この一年のトピックをまとめてみた

Posted in Asia Weekly, Network by agilecat.cloud on June 1, 2015
海でむすばれる、アジアの主要経済都市・・・
 
_ cna-banner
 
South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) という、シンガポール/マルセイユをつなぐ海底ケーブル・プロジェクトが、昨年の3月に発表されました。 そして、その後ですが、海で接するアジアの国々には、新たな海底ケーブル・プロジェクトが登場しているようです。そこで、この一年の間に、どのような動きがあったのかを確かめるため、海底ケーブルに関する主なトピックを取り出してみました。
 
まず、昨年6月の NTT ですが、日本/香港/シンガポールをつなぐ Asia Submarine-cable Express (ASE) を拡張し、カンボジアへも接続先を伸ばすと発表してます。 また、今年(2月)に入ってからは、その ASE を活用することで、Japan Exchange Group (JPX) と Singapore Exchange (SGX) の間で Co-Location Direct サービスを提供すると発表しています。
 
sea-me-we-5_aこれも、昨年 6月のニュースですが、シンガポール/チェンナイ/ムンバイをつなぐ Global Cloud Xchange (GCX) のプロジェクトが発表されています。ルートとしては SEA-ME-WE 5 と重複するのですが、別の海底ケーブル・プロジェクトなのかもしれません。
 
同様に、ベンガル湾ではミャンマーをめぐる競合が激しくなっているようです。SEA-ME-WE 5 の前身であり、すでにサービスを提供している SEA-ME-WE 3 海底ケーブルには、Myanma Posts and Telecommunications (MPT) と KDDI Summit Global Myanmar (KSGM) が参加しているようですが、その一方では、対抗勢力である Myanmar-Malaysia-Thailand Internet Connectivity(MYTHIC)も活発に動いていて、今年の2月にミャンマー/タイ/マレーシアをつなぐ海底ケーブル・プロジェクトを発表しています。
 
続いて、アメリカ西海岸と東南アジア諸国を接続する The Asia America Gateway (AAG) の話題です。昨年10月の記事では、マレーシア/シンガポール/タイ/ブルネイ/ベトナム/香港/フィリピン/ハワイを西海岸とつないでいると報じていましたが、今年の1月には、そこにオーストラリアも加わったと紹介されています。 以下は、その他のオーストラリア海底ケーブル・トピックです。
 
2014/7/2: NZ govt takes anchor tenancy on Hawaiki cable
2014/12/19: Telstra eyes undersea cable company Pacnet
2015/5/8: Australia-US project achieves SDN routing breakthrough
 
太平洋を横断する海底ケーブルには、Google と Microsoft も積極的に投資しています。 まず、昨年 8月の記事ですが、Google の Faster プロジェクトに、SingTel/China Mobile/China Telecom/KDDI などが参加し、トータルで 60TB のキャパシティを確保すると報道されています。 その一方で Microsoft も、海底ケーブルへの投資を開始しました。 こちらは、すでに「Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!」という対訳をポストしていますので、そちらを参照してください。
 
そして、先週末のことですが、Huawei が海底ケーブル・プロジェクトを受託したというニュースが報じられています。Telekom Malaysia/Cambodia Telcotech/Symphony Communication of Thailand が推進する、Malaysia-Cambodia-Thailand (MCT) というプロジェクトとのことですが、詳細については明らかにされていません。それにしても、Huawei は、全方位で攻めてくるという感じですね。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
① 5/29: Telin Singapore gets Cisco WebEx accreditation, first in APAC
IndonesiaTELEKOMUNIKASI Indonesia International Pte Ltd (Telin Singapore), a subsidiary of PT Telekomunikasi Indonesia, said it was the first in Asia Pacific to be certified a Cisco Systems Inc authorised technology provider for WebEx. With that, Telin Singapore has unveiled new business offerings to help telecommunication service providers and enterprise clients add automation to their Cisco web conference services-based clouds, it said in a statement.
 
② 5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
Hong KongREDWOOD CITY – Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced its plans to further expand its footprint inHong Kong. It will invest over $40 million to build the third phase of its second International Business Exchange ™ (IBX®) data center (HK2). It will also build the ninth phase of its first data center (HK1). The new facilities will meet strong demand from cloud and content and digital media (CDM) companies for data center and interconnection services inHong Kong.
 
③ 4/15: Tablet makers shift to smartphones with market saturated, from TW
ChinaWith price competition escalating and squeezing profitability in the global tablet computer sector, many manufacturer have shifted their production capacity to smartphones in a bid to find alternative profit sources, Shanghai’s China Business News reports. In a saturated worldwide market, tablet sales growth started to moderate in 2014 from the skyrocketing growth seen in the past, the report said. In addition to a price war, a relatively long life expectancy of tablets has also slowed down market demand.
 
④ 4/22: China’s Huawei targets July launch for public cloud service in China
ChinaChinese telecom equipment maker Huawei Technologies said on Tuesday it will launch its public cloud computing services for Chinese corporate customers in July, becoming the latest Chinese company to enter the fast-growing market. Speaking at Huawei’s Global Analyst Summit in Shenzhen on Tuesday, Huawei rotating chief executive Eric Xu did not name the Chinese telecom carrier with which it would partner to offer the service. But Xu said the strategy would not create competitive friction with Chinese carriers, which have already indicated they plan to offer public cloud services.
 
⑤ 5/16: TSMC expected to win most Apple A9 chip orders
TaiwanTAIPEI — Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. (TSMC, 台積電) is expected to win the majority of orders from Apple Inc. for next-generation A9 chips that will be used in new iPhones, as its production processes are faster than rival Samsung Electronics Co., according to an Asia-based brokerage firm. “Market disputes over how many A9 (chip) orders TSMC would gain from Apple against Samsung are coming to an end, in our opinion,” the brokerage firm said, adding that TSMC’s manufacturing processes were superior.
 
⑥ 4/18: Alibaba helps Sinopec with cloud computing, big data
ChinaChinese e-commerce titan Alibaba Group Holding Ltd has tied up with Sinopec, Asia’s biggest oil refiner, to provide cloud computing services and ‘big data’ analysis, the companies said. The link-up was for technical services and did not involve equity cooperation, China Petroleum & Chemical Corp, or Sinopec, said on its official microblog. It did not say how much money was involved. Cooperation between Alibaba, a poster child for private enterprise in China, and one of the country’s biggest state-owned companies dovetails with government policy.
 
⑦ 4/27: 21Vianet to Operate Azure Cloud in China into 2018
ChinaMicrosoft and 21Vianet, a provider of carrier neutral data center services in China, have extended their cloud partnership. 21Vianet will continue to offer Microsoft’s cloud in China, including Azure and Office 365 in China for an additional 4 years under the new agreement. 21Vianet acts as an operation entity for Azure, hosting Microsoft’s cloud infrastructure services and Office 365 in its data centers and handling customer relationships. A renewal agreement extends this setup to 2018 and suggests the partnership is bearing fruit for both companies.
 
⑧ 4/24: Rural internet users to grow five-fold by 2018, from IN
IndiaMUMBAI: The share of rural internet users will increase nearly fivefold to touch 28 crore by 2018, signalling higher online purchasers going forward from rural India, says a research report. By 2018, the country will have “as many as 55 crore internet users, of which 28 crore would be from smaller towns and cities, expanding at close to 40% a year from six crore in 2014,” forecasts a report on digital consumption by Boston Consulting Group (BCG).
 
⑨ 5/22: What is the best public sector ICT project in Singapore?
SingaporeWhich Singapore agency launched the best ICT project in the past year? Was it a smart housing scheme; a new e-government app; a transportation solution; migration of transactional services to the cloud; or something completely different? Will your agency be recognised during Singapore’s 50th anniversary year as a pioneer in using technology to transform service delivery? This can only happen if your agency enters the FutureGov Singapore Awards 2015.
 
⑩ 4/4: Office 365 cloud service unveiled, from Nepal
NepalKATHMANDU, APR 03 – Microsoft has launched Office 365 cloud service for businesses, educational institutions and consumers in Nepal. The service enables seamless sharing of data across personal computers and smartphones using cloud computing technology. Since it is internet-based, data and solutions can be accessed from anywhere using a browser, the company said.
 
ーーーーー
cna_6このポストを書きながら、アジアの国々が海でつながっていることを、あらためて認識しました。 つまり、大半の国々における主要経済都市が、海岸線に近い所に存在するため、陸揚げされた海底ケーブルが効果的に利用されていくはずです。アジアにおける IT は、その膨大な人口が支えるわけですが、そこに海の利まで加わるのですから、発展して当たり前ですよね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!

Posted in .Selected, Asia, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2015
Construction of Chunghwa Telecom-funded cross-Pacific cable begins
Jeffrey Wu – May 12, 2015
http://focustaiwan.tw/news/ast/201505120005.aspx
 
_ Focus Taiwan
 
Taipei, May 12 (CNA 中央通信社) Construction has begun on a multi-terabit submarine cable system co-funded by Chunghwa Telecom Co (中華電信), Taiwan’s largest telecom operator, and other leading carriers in Asia.
 
台北 5月12日(CNA 中央通信社):Taiwan 最大の通信事業者である Chunghwa Telecom Co(中華電信)や、アジアの主要通信事業者が共同で出資する、マルチ・テラビット海底ケーブル・システムの構築が始まった。
 

Chunghwa Telecom

Spanning more than 13,000 kilometers, the New Cross Pacific (NCP) cable network will connect Hillsboro, Oregon in the United States, Chongming, Nanhui and Lingang in China, Busan in South Korea, Toucheng in Taiwan and Maruyama in Japan, Chunghwa Telecom said in a statement on Monday.
 
この New Cross Pacific (NCP) は、米西海岸の Hillsboro, Oregon と、China の Chongming/Nanhui/Lingang および、South Korea の Busan、Taiwan の Toucheng、Japan の Maruyama をつなぐ、13,000 km の距離を持つケーブル・ネットワークだと、この月曜日に Chunghwa Telecom がステートメントを発している。
 
Adopting a state-of-the-art transmission system, the NCP will provide a design capacity up to 80 terabits per second, allowing the cable network to meet dynamic traffic needs of more than 100 gigabits per second in the future, the carrier added.
 
そして NCP は、最先端の伝送方式を採用することで、80T bps という設計容量を提供する。また、将来的には、100G bps 以上のトラフィック・ニーズに、ダイナミックに対応していくための、ケーブル・ネットワークになっていくと、このキャリアは述べている。
 
The NCP is designed to interconnect with other cable systems in the Trans-Pacific region to maximize the throughput of data and to support future upgrades, with the service expected to be launched in late 2017, the company said.
 
NCP は、Trans-Pacific(環太平洋)地域における他のケーブル・システムとの相互接続を実現するようにデザインされており、データのスループットを最大化し、また、将来のアップグレードをサポートしていく。そして、2017年の後半にはサービスが開始されると、同社は述べている。
 
“After investing in the Asia-Pacific Gateway (APG), Chunghwa Telecom started construction of NCP in order to establish a strong global network infrastructure,” said Tu Yuan-kuang (涂元光), president of Chunghwa Telecom’s international business group.
 
「Chunghwa Telecom は、グローバル・ネットワークの強固なインフラを確立するために、Asia-Pacific Gateway (APG) への投資に続き、NCP の構築に着手した」と、同社の International Business Group President である Tu Yuan-kuang (涂元光) は述べている。
 
With the trend toward high demand for international bandwidth, “we can provide the most reliable and (adequate capacity) to meet the most stringent requirements,” Tu said in the statement.
 
インターナショナル・バンドワイズへの需要が高まる中で、「最も厳しい要件を満たすために、最大級の信頼性と充分な容量を、私たちは提供ができるようになる」と、Tu はステートメントで述べている。
 
Participants in the NCP cable network consortium include Chunghwa Telecom of Taiwan, KT Corp. of South Korea, SoftBank Mobile Corp. of Japan, Microsoft Corp. and major carriers from China and the United States, who signed a construction and maintenance agreement along with a supply contract in October last year.
 
NCP ケーブル・ネットワーク・コンソーシアムへの参加者には、Taiwan の Chunghwa Telecom、South Korea の KT Corp、Japan の SoftBank Mobile Corp、Microsoft Corp、そして China と United States の主要キャリアが含まれる。それらの企業は、昨年の10月に、このネットワークの構築と維持に関する契約を締結している。
 
Chunghwa Telecom estimated the cost of building the NCP cable network at “several hundred million U.S. dollars.”
 
Chunghwa Telecom が、この NCP ケーブル・ネットワークに関して、”several hundred million U.S. dollars.” の構築コストになると予測している。
ーーーーー
MSこのニュースに関しては、Microsoft が海底ケーブル事業に参入という視点で、欧米のメディアも大きく取り扱っています。 ただ、Microsoft の戦略がグローバルなものであるため、それらのメディアは大西洋の話にフォーカスしてしまいます。 それではつまらないので、今朝は Chunghwa Telecom のステートメントを追いかけてみました。 Microsoft のブログを見ると、Hibernia とAqua Comms という会社と提携することで、ヨーロッパとのコネクションを強化し、アジアに関しては文中の NCP に参加することで、Mobile First と Cloud First の戦略を強化していくとのことです。 アジアと結ぶ海底ケーブルへの、クラウド・ベンダーによる投資に関しては、2009年の12月に「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳をポストしています。 そこで述べられている背景も、よろしければ、ぜひ、ご参照ください。 それと、Japan の Maruyama ですが、千倉の北にある町のことかと推測しています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
海底ケーブル SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
Gartner が インドの Tata を高く評価:決め手は途上国のサポート
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?
Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
 

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない

Posted in .Chronicle, .Selected, Cisco, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by agilecat.cloud on March 19, 2015
Facebook Just Gained A Big Ally In Its Battle With Cisco
Julie Bort – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-gains-juniper-as-new-ally-in-battle-with-cisco-2014-12
 
_ Business Insider
 
Last summer, an organization led by Facebook fired a huge shot at Cisco. On Thursday, on4e of Cisco’s oldest rivals, Juniper, jumped in to back Facebook in a big way.
 
昨年の夏のことだが、Facebook が率いる組織が、Cisco に対してきつい一撃を浴びせた。 そして、この木曜日(12/4)には、Cisco にとって最も古いライバルである Juniper が、この Facebook の試みに対して、最大級の支援を申し出るポジションへと飛び込んできたのだ。
 
Wedge_Mark_ZuckerbergJustin Sullivan Getty Images
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg
 
And the threat to Cisco from Facebook went from huge to enormous. It won’t kill Cisco, but it will shake the trees a little bit and force Cisco to make some uncomfortable choices.
 
それにより、Cisco が Facebook に対して抱く脅威が、さらに増大することになる。 Cisco が倒されるようなことは起こり得ないが、この大樹を多少は揺さぶり、また、時には不快な選択を促すことになるだろう。
 
The shot was a new piece of networking equipment called the Wedge, which pushed Facebook into the $23 billion Ethernet switch market, currently dominated by Cisco.
 
前述の一撃とは、Wedge という名の新しいネットワーク機器のことであり、Cisco が支配している $23 billion Ethernet スイッチ市場に、Facebook を参戦させるものである。
 
This new switch wasn’t an actual product. It was a design for a new product, one that Facebook gives away for free through its Open Compute Project (OCP).
 
とは言え、この新しいスイッチというものは、現実的なプロダクトにはなっていなかった。つまり、Facebook が率いる Open Compute Project(OCP)を介して、新たなプロダクトのために無償で提供される、デザインという位置づけとなっていた。
 
OCP is a radically new way to build and buy computer hardware. Anyone can contribute to the designs and use them for free, ordering them from a contract manufacturer.
 
OCP が実現するのは、コンピュータ・ハードウェアの構築/購入のための、まったく新しい方式である。誰もがデザインをコントリビュートすることが可能であり、また、無償で使用することも可能である。 つまり、契約を交わしたマニュファクチャに発注することで、それらを具体的なレベルで製造できるのだ。
 
Now, Juniper has done exactly that. It designed its own version of the OCP switch, which works with its operating system, Junos OS. It ordered this design from a contract manufacturer, Alpha Networks, and Juniper will sell this switch to enterprises with big data centers.
 
まさに、いま、Juniper は、それを行っている。 同社は、OCP スイッチと自身の Junos OS を連携させるという、独自のバージョンをデザインしたのだ。そして、そのデザインを、契約マニュファクチャである Alpha Networks に発注し、大規模データセンターを有するエンタープライズに、この製造されたスイッチを販売していく。
 
There are a few important things about all of this.
 
この、一連の流れにおいて、いくつかの重要なポイントがある。
 
Facebook’s switch isn’t just a radically new way to buy a piece of hardware, it’s also part of a radically new way to design networks called software-defined networking (SDN).
 
ただし、Facebook のスイッチは、ハードウェアを購入するための、新しい方法だけに本質があるわけではない。それは、Software-Defined Networking(SDN)と呼ばれるネットワークをデザインするための、まったく新しい方法としても機能する。
 
SDN takes all the fancy features found in networking equipment and puts them into software that runs on servers. You still need the network equipment, but you need less of it and less expensive varieties. It will almost certainly cause a price war one day, if companies start to experiment with it and like it.
 
SDN とは、ネットワーク機器上で検出された、すべての想像上の機能を受け取り、それらをサーバー上で走るソフトウェアに置き換えていく。依然として、誰もがネットワーク機器を必要とするが、その数を減らし、また、コストも引き下げる必要がある。その種の実験もしくは、それに類するものを、複数の企業が開始すると、いつの日にかは、ほぼ確実に価格戦争の原因になっていく。
 
Facebook’s involvement with SDN will encourage them to do just that. If it works for Facebook, it could work for them.
 
Facebook による SDN への取り組みは、同じことを行おうとする企業を勇気づける。つまり、そこでの成果は Facebook だけのものではなく、同じ方向を目指すエンタープライズにとっても、きわめて有用なものとなるはずだ。
 
The Wedge, and Juniper’s version of it (named the “OCX1100″), is designed to work with lots of open source software, too. People can program it with a common language like Python. It works with popular open source management tools from Chef and Puppet Labs.
 
この Wedge と Juniper のバージョン(OCX1100)は、膨大なオープンソース・ソフトウェアと連携して、動作するようにもデザインされている。そして、Python のような共通の言語を用いて、それらをプログラムすることが可能である。さらに、Chef や Puppet Labs などから提供される、人気のオープンソース・マネージメント・ツールとも協調する。
 
All the network equipment makers are creating SDN switches, Cisco included. In fact Cisco says that its SDN product released last year is selling well.
 
Cisco を含めて、すべてのネットワーク機器メーカーが、SDN スイッチを作成している。実際のところ、昨年に Cisco がリリースした、その SDN プロダクツはよく売れていると言う。
 
But Cisco’s gear is not like the Wedge. Traditional switches from Cisco or Juniper are a single piece of equipment. They look like this:
 
しかし、Cisco のギアは、Wedge のようなものではない。 Cisco や Juniper から提供される、従来からのスイッチは、以下のような一体型の機器となっている:
 
Wedge_CiscoCisco Catlyst switches
 
The Wedge is designed to stitch together standard bits of hardware, that you can change as you see fit. It’s like Legos, only for a computer server, like so:
 
その点、Wedge は、目的に合わせた変更が可能なよう、スタンダード・ハードウェアを集めて、組み上げていくためにデザインされている。 それは、以下のようなものであり、コンピュータ・サーバーを対象とした Lego のようなものだ:
 
Wedge_DesignFacebook Wedge 
network switch
 
Facebook has no interest in competing with Cisco. It just wants to build reliable, low-cost and easy-to-maintain equipment to use in its own data centers. OCP hardware saved Facebook over $1 billion in its first three years, CEO Mark Zuckerberg said. Many other companies want the same.
 
Facebook は、Cisco と競合しようとしているのではない。自身のデータセンターで使用するための、高信頼性/低コスト/容易なメンテナンスを実現する設備を、単に構築したいと考えているだけなのである。OCP ハードウェアを活用し始めた Facebook は、最初の 3年の間に $1 billion を節約できたと、CEO の Mark Zuckerberg が発言している。 そして、他の企業も、同じことを行いたいだけなのである。
 
Most enterprises, even big telecom companies, don’t want to deal with designing and building their own Lego-like servers.
 
それが大手のテレコムであったとしても、ほとんどのエンタープライズは、Lego のような独自サーバーを設計/構築したいとは考えていない。
 
That’s where Juniper comes in. They can buy a Wedge from Juniper.
 
そこが、Juniper の目の付け所である。 つまり、それらのエンタープライズは、Juniper から Wedge を購入できるのだ。
 
Cisco is well aware of the Wedge. In October, a few months after the Wedge launched, Cisco joined the OCP as a a Gold member. It told its customers that if they want OCP products, they can come to Cisco. They don’t need to go to Alpha Networks or Juniper.
 
Cisco は、Wedge のことをよく知っている。 Wedge がローンチした数ヶ月後の 10月に、Cisco は Gold メンバーとして OCP に参加した。そして、OCP プロダクトを欲しがる顧客がいるなら、彼らは Cisco に来ると語っていた。 つまり、Alpha Networks や Juniper に行く必要は無いというわけだ。
 
Still, should Juniper’s OCP switch become popular, this should put Cisco in an uncomfortable position. Should it jump on the bandwagon, create its own Wedge, and put a knife in the back of its own SDN switch, which is selling well? Cisco has spent about $1 billion to create that product.
 
とは言え、Juniper の OCP スイッチに人気が集まれば、Cisco にとっては不本意なポジションが待っている。この流れに乗って、独自の Wedge を構築すべきなのか? それは、よく売れている、独自の SDN スイッチを、背後からナイフで突き刺すことにならないのか? このプロダクトを作成するために、すでに Cisco は $1 billion も費やしているのだ。
 
Or should it watch customers go to Juniper and its other competitors involved with OCP, like Arista?
 
さもなければ、顧客が Juniper に流れていくのを黙ってみているのか? さらに言えば、そこには Arista のような、OCP のメンバーも参戦してくるだろう。
 
Cisco had no comment on the Juniper switch, but did tell us, “Cisco has been a leader in advancing multiple open source programs, including the Open Compute Project.”
 
この Juniper のスイッチについて、Cisco はノーコメントを貫いている。 しかし、同社は、「 Cisco の先進性は、多数のオープンソース・プログラムでリーダーを務めているところにもあり、そこには Open Compute Project も含まれる」と、私たちに答えている。
 
SEE ALSO:  Why Cisco Has Showered These 3 Men With Billions Of Dollars
 
ーーーーー
open-computeこのポストは、2014年12月のものであり、この後に続くコンセプトとして、すでに 6-pack が登場しています。 ここで紹介されている Wedge と Fabric をセットにしたものですが、それ自体も SDN のためのホワイトボックスという位置づけになります。すでに、Pluribus というスタートアップが動き出しているようです。 この会社は、長年にわたり Cisco の幹部を務めていた Kumer Srikantan に率いられ、Yahoo の創業者である Jerry Yang に支援され、$50 million を調達しているとのことです。 同社のプロダクトは、Facebook の Wedge と同様のスタイルで構築され、市販のコンポーネントでハードウェアを構成し、独自のオープンソース・フレーヴァーのソフトウェアを有しているようです。 まさに、OCP デザインを活用したビジネス・モデルというわけです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 

Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by agilecat.cloud on February 19, 2015
Facebook Launches Iowa Data Center With Entirely New Network Architecture
Yevgeniy Sverdlik – November 14, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/11/14/facebook-launches-iowa-data-center-with-entirely-new-network-architecture/
 
DC-Knowledge.png
 
Facebook announced the launch of its newest massive data center in Altoona, Iowa, adding a third U.S. site to the list of company-owned data centers and fourth globally.
 
Facebook は、最新の大規模データセンターを、Altoona, Iowa で立ち上げたと発表した。それは、US 国内においては 3番目の、そして、グローバルでは 4番目のファシリティとして、同社のリストに加えられることになる
 
The Altoona facility is the first in Facebook’s fleet to feature a building-wide network fabric – an entirely new way to do intra-data center networking the company’s infrastructure engineers have devised.
 
この Altoona ファシリティは、ビルディング全体をカバーするネットワーク·ファブリックを、Facebook DC 艦隊では初めて搭載している。それは、同社のインフラ・エンジニアが考案した、データセンター内のネットワーキングを刷新するものである。
 
Faacebook Iowa DCThe social network is moving away from the approach of arranging servers into multiple massive compute clusters within a building and interconnecting them with each other. Altoona has a single network fabric whose scalability is limited only by the building’s physical size and power capacity.
 
このソーシャル・ネットワークは、大量のサーバーを詰め込んだ、大規模コンピューティング・クラスタ間を、相互に接続していくアプローチから離れようとしている。そして、Altoona に配備されたシングル・ネットワーク・ファブリックの拡張性を制約するものは、ビルディングの物理的なサイズと、電力キャパシティだけとなる。
 
Inter-Cluster Connectivity Became a Bottleneck
 
Alexey Andreyev, network engineer at Facebook, said the new architecture addresses bandwidth limitations in connecting the massive several-hundred-rack clusters the company has been deploying thus far. A huge amount of traffic takes place within each cluster, but the ability of one cluster to communicate with another is limited by the already high-bandwidth, high-density switches. This means the size of the clusters was limited by capacity of these inter-cluster switches.
 
Facebook のネットワーク・エンジニアである Alexey Andreyev が言うには、これまでに同社がディプロイしてきた、数百台のラックで構成される巨大クラスタ間の、接続における帯域幅の制約に対して、この新しいアーキテクチャで取り組んでいくとのことだ。発生する膨大なトラフィックは、それぞれのクラスタ内で処理されるが、クラスタ間を通信させる能力は、高帯域幅/高密度といわれるスイッチが限界を定める。つまり、クラスタのサイズは、それらを接続するスイッチの容量により、制約されていたことになる。
 
By deploying smaller clusters (or “pods,” as Facebook engineers call them) and using a flat network architecture, where every pod can talk to every other pod, the need for high-density switch chassis goes away. “We don’t have to use huge port density on these switches,” Andreyev said.
 
小規模なクラスタをディプロイし(Facebook のエンジニアはポッドとも呼ぶ)、フラットなネットワーク・アーキテクチャを用いることで、すべてのポッド間でのコミュニケーションが可能となり、高密度スイッチ・シャーシへの必要性が消える。Andreyev は、「それらのスイッチ上の、膨大なポート密度を使用する必要がなくなった」と述べている。
 
It’s easier to develop lower-density high-speed boxes than high-density and high-speed boxes, he explained.
 
高密度のハイ・スピード・スイッチより、低密度のハイ・スピード・スイッチを作成する方が容易であると、彼は説明している。
 
Each pod includes four devices Facebook calls “fabric switches,” and 48 top-of-rack switches, every one of them connected to every fabric switch via 40G uplinks. Servers in a rack are connected to the TOR switch via 10G links, and every rack has 160G total bandwidth to the fabric.
 
個々のポッドには、Facebook が Fabric Switch と呼ぶ 4つのデバイスと、48 Top-Of-Rack スイッチが取り込まれ、それぞれの Fabric Switch が 40G Uplink を介して、すべての Fablic Switch に接続される。 また、ラック内のサーバーは 10G Link を介して TOR スイッチに接続され、すべてのラックと Fablic の間には、合計で 160G 帯域幅が確保される。
 
Facebook Iowa NetworkHere’s a graphic representation of the architecture, courtesy of Facebook:
 
The system is fully automated, and engineers never have to manually configure an individual device. If a device fails, it gets replaced and automatically configured by software. The same goes for capacity expansion. The system configures any device that gets added automatically.
 
このシステムは完全に自動化され、それぞれのデバイスに関するマニュアル・コンフィグレーションを、エンジニアに要求することはない。デバイスに障害が発生した場合は、ソフトウェアによる置換えと、自動的なコンフィグレーションが実施される。それと同じことが、キャパシティの拡張に対しても適用される。 つまり、このシステムにより、あらゆるデバイスがコンフィグレーションされ、自動的に追加されていく。
 
Using Simple OEM Switches
 
The fabric does not use the home-baked network switches Facebook has been talking about this year. Jay Parikh, the company’s vice president of infrastructure engineering, announced the top-of-rack switch and Facebook’s own Linux-based operating system for it in June.
 
ただし、今年になって Facebook が話していた内製のネットワーク・スイッチが、このファブリックに使われるわけではない。この 6月に、同社の VP of Infrastructure Engineering である Jay Parikh が、Top Of Rack スイッチと Facebook 独自の Linux ベース OS の存在について発表していたので、注釈として加えておく。
 
The new fabric relies on gear available from the regular hardware suppliers, Najam Ahmad, vice president of network engineering at Facebook, said. The architecture is designed, however, to use the most basic functionality in switches available on the market, which means the company has many more supplier options than it has had in the older facilities that rely on those high-octane chassis for inter-cluster connectivity. “Individual platforms are relatively simple and available in multiple forms or multiple sources,” Ahmad said.
 
新しいファブリックは、一般的なハードウェア・サプライヤーからの供給されるギアに依存していると、同社の VP of Network Engineering である Najam Ahmad が発言している。このアーキテクチャをデザインしたが、マーケットで入手可能な最も基本的なスイッチを使用することになる。それにより当社は、クラスタ間を接続するハイ・スペック・シャーシに依存した、古いファシリティを有するのではなく、より多くのサプライヤーからソリューションを選択できるようになる。そして、「個々のプラットフォームは、相対的に見て、複数のフォームまたは複数のソースから選ばれる、シンプルで利用しやすいものになる」と、Ahmad は述べている。
 
New Architecture Will Apply Everywhere
 
All data centers Facebook is going to build from now on will use the new network architecture, Andreyev said. Existing facilities will transition to it within their natural hardware refresh cycles.
 
これから Facebook が構築していく、すべてのデータセンターにおいて、この新しいネットワーク・アーキテクチャが採用される。そして、既存のファシリティも、それぞれのハードウェア・リフレッシュ・サイクルに合わせて、新しいアーキテクチャに移行していくと、Andreyev は発言している。
 
The company has built data centers in Prineville, Oregon, Forest City, North Carolina, and Luleå, Sweden. It also leases data centers space from wholesale providers in California and Northern Virginia, but has been moving out of those facilities and subleasing the space until its long-term lease agreements expire.
 
すでに同社は、Prineville, Oregon/Forest City, North Carolina/Luleå, Sweden にデータセンターを構築している。また、California と Northern Virginia では、卸売プロバイダからデータセンター・スペースをリースしているが、それらのファシリティからの転出が進められており、長期にわたるリース契約の残存期間は、サブリースされるものと思われる。
 
In April, Facebook said it had started the planning process for a second Altoona data center, before the first one was even finished, indicating a rapidly growing user base.
 
この 4月に Facebook は、Altoona データセンターにおける 2号棟の計画を、1号棟の完成を待たずにスタートするとアナウンスしている。 つまり、そのユーザー・ベースが、急速に成長しているのだ。
 
The company has invested in a 138 megawatt wind farm in Iowa that will generate electricity for the electrical grid to offset energy consumption of its data center there.
 
また、同社は、Iowa の 138 MW 風力ファームに投資している。それにより、自身のデータセンターが消費する電力を、送電網に対してオフセットしていくことになる。
 
ーーーーー
open-computeこれまでのような、クラスタに依存するアーキテクチャでは、いかに高帯域幅/高密度なスイッチを用いても、その処理能力が、クラスタ間での通信速度の限界を定める。そして、クラスタのサイズは、それらを接続するスイッチの容量により制約されるので、クラスタという考え方を捨てる。 つまり、10万台のサーバーで構成される、1棟のデータセンターが、1つのクラスタだ、、、という、いかにも Facebook らしいデータセンターが誕生しました。 それが、Prineville/Forest City/Lulea に続く4つ目の、この Iowa の Altoona なのです。 先日に、「アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?」という抄訳をポストしましたが、そのアジアのユーザーのために、このようなデータセンターを構築してくれたのでしょうか? ここは、ご好意に甘えるとして、バンバンと Facebook を使わせていただきましょう :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
 
 

Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

Posted in .Chronicle, Asia, Network, Research by Agile Cat on January 15, 2015

China’s Huawei Technologies says 2014 profit likely rose 17%
http://wp.me/pwo1E-8cg
January 13, 2015
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2015/01/13/Chinas-Huawei-Technologies-says-2014-profit-likely-rose-17/

_Star Online

BEIJING: Huawei Technologies Co Ltd likely booked a 17% increase in operating profit last year, as worldwide adoption of fourth-generation (4G) mobile technology boosted earnings at China’s leading telecommunications equipment maker.

BEIJING: Huawei Technologies Co Ltd は、2014年の営業利益として、約 17%増という実績を発表するだろう。つまり、グローバルにおける 4G モバイル・テクノロジーの採用が、この China で最大の通信機器メーカーの収益を押し上げたことになる。

Profit likely reached 33.9bil yuan (US$ 5.43 bil) to 34.3bil yuan (US$ 5.49bil) in 2014, on a roughly 20% increase in revenue at 287bil yuan (US$ 45.92 bil) to 289bil yuan (US$ 46.24 bil), the company said in unaudited results.

2014年における利益は、33.9bil yuan (US$ 5.43 bil) 〜 34.3bil yuan (US$ 5.49bil) というレベルが見込まれ、前年比で 20% ほどの増加となる。 また、売上に関しては、287bil yuan (US$ 45.92 bil) 〜 289bil yuan (US$ 46.24 bil) に達すると、非公式ながらも同社は発言している。

RISING STAR
Reuters

Huawei competes with Sweden’s Ericsson for the top spot in the market for communications towers and other infrastructure, while racing to develop 5G technology.

Huawei は、5G テクノロジーのレースで、つまり通信タワーや関連するインフラというマーケットにおいて、Sweden の Ericsson とトップの座を争っている。

In the meantime, the gradual switch to 4G networks has boosted business at both players. Huawei said revenue at its carrier network business rose 15% last year.

その一方では、4G ネットワーク市場へと向けた段階的な移行が、この両社のビジネスを促進している。 Huawei によると、キャリア・ネットワーク事業において、昨年の売上が 15% も上昇しているという。

China’s three carriers alone built close to 1 million 4G towers by the end of 2014, according to some estimates.

いくつかの推測によると、2014年末までに、China のモバイル・キャリア三社(Terecom/Unicom/Mobile)だけで、100万ヶ所に 4G 通信タワーが構築されるという。

Chief financial officer Meng Wanzhou said Huawei’s 2014 operating profit margin likely matched 2013’s 12%, and that the company would continue to invest 10% of revenue in research and development.

Huawei の CFO である Meng Wanzhou によると、2014年における同社の営業利益率は、2013年の 12% と同じレベルになるという。 そして、同社は、そのうちの 10% を、今年も R&D に投入していくという。

Huawei executives in 2013 said the company would invest US$600mil (RM2.13bil) in 5G research through 2017. At the same time, the company will continue to pursue its multi-year expansion into smartphones and enterprise computing.

2013年の時点で Huawei 首脳陣は、5G テクノロジーの研究のために、2017年までに US$600mil を費やすと発言していた。それと同時に、同社は複数年にわたるスパンの中で、スマートフォンおよびエンタープライズ·コンピューティングのマーケットを拡大していくだろう。

Revenue last year rose 32% in Huawei’s consumer devices business and 27% in its enterprise division.

Huawei における昨年の売上は、コンシューマ・デバイス事業で 32% の成長を、また、エンタープライズ事業では 27% の成長を達成している。

— Reuters

ーーーーー

このポストは、マレーシアの The Star からのものであり、原文では通貨として RM が用いられていましたが、その部分を US$ で換算しています。 このトピックに関しては、Light Reading も「Huawei Boasts 2014 Revenues of $46B」という記事をポストしてますので、タイトルに記載した売上額に間違いはないと思います。Huawei の規模を把握するために、2014年 Q3 の Google と比較してみましたが、その四半期は $16.6B であり、単純に4倍すると $60B 程度になります。また、Microsoft は 2014年 7月期で、$86.8B という年間売上を計上しています。 この二社と比較するだけで、Huawei の規模が見えてきます。 Agile Cat も、これには驚きました。

ーーーーー

<関連>

China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転
2015年のデバイス市場:中国の $1.8Bに対して、インドは $4.8Bの成長だ!

%d bloggers like this: