Agile Cat — in the cloud

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute, Strategy by Agile Cat on June 20, 2014

Facebook to share first Open Compute Switch, the Wedge
http://wp.me/pwo1E-7AG

By Juha Saarinen on Jun 19, 2014
http://www.itnews.com.au/News/388499,facebook-to-share-first-open-compute-switch-the-wedge.aspx

Operates like an FBOSS.

Social networking site Facebook says it has built and is testing its first modular network switch, the Wedge, which it claims will provide the same power and flexibility as a server.

ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。

The work on the Wedge has been done by Facebook as part of the Open Compute Project, alongside vendors such as Broadcom, Intel, Mellanox and Accton which also contributed designs for open switches.

Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

Facebook engineers Yuval Bachar and Adam Simpkins say the Wedge switch represents a departure from current networking design paradigms, and aims to run more like the existing OCP servers the company operates already.

Facebook のエンジニアである Yuval Bachar と Adam Simpkins は、この Wedge スイッチについて、現在のネットワーク・デザイン・パラダイムからの旅立ちを表現し、数多くの企業ですでに稼働している、現在の OCP サーバーのような世界を目指していると言う


クリックで拡大 ⇒

Hardware schematic of Facebook’s OCP Wedge switch

To achieve this, Facebook added a "Group Hug" microserver that punts packets inside the Wedge.

このアーキテクチャを実現するために、Facebook は Wedge の内部に、パケットを運ぶための Group Hug マイクロサーバーを追加している。

This is based on a 64-bit ARM-based AMD Opteron A1100 processor that was announced in January this year and is substantially smaller than the switching backplane form the 16 40 gigabit per second ports.

それは、今年の 1月に発表された 64 Bit ARM ベースの、AMD Opteron A1100 プロセッサをベースにしたものであり、16 個の 40 G bps ポートを構成する、既存のスイッチング・プレーンよりも、かなり小型化されている。

Facebook said it wants a proper server in the switch to bring the devices into their distributed management systems and run a standard Linux-based operating environment.

そして Facebook は、自身の分散マネージメント・システムにデバイスを取り込み、また、標準的な Linux を運用するスイッチのための、適切なサーバーを作り上げたいと述べている。

The Linux-based operating system for the switch is aptly named FBOSS and uses existing software libraries and systems that manage Facebook’s servers. This includes initial installation, upgrades, downgrades and decommissioning of systems in data centres.

このスイッチのための Linux ベース OS は、FBOSSという適切な名前を持つものであり、また、Facebook のサーバーを管理するために、既存のソフトウェア・ライブラリやシステムを使用するものとなる。このマネージメントの概念には、データセンター内における、イニシャル・インストールおよび、アップグレード、ダウングレード、システムの廃止などが含まれている。

Both the Wedge and FBOSS are being tested in Facebook’s network at present, ahead of the release of the designs to the OCP so that other members can use them.

いま、Wedge と FBOSS の双方が、Facebook のネットワーク内でテストされており、また、OCP のメンバーたちが利用できるようにするために、そのリリースへ向けてデザインを固めている状況にある。

The Open Compute Project was launched by Facebook in 2011 and aims to innovate open, scalable data centre technologies, with hardware and software that can be modified and replaced by users.

この Open Compute Project とは、2011年に Facebook により立ち上げられたものであり、ユーザーによる改変/置換が可能なハードウェア/ソフトウェアを用いて、オープンでスケーラブルなデータセンター・テクノロジーを革新していこうという目的を持っている。

Beyond server and networking technologies, the OCP is also advancing designs for storage, chassis, power supplies, device racks, energy-efficient, low-loss data centre electricity supplies, as well as cooling of facilities.

OCP の目指すものは、サーバーとネットワークのテクノロジーだけではない。具体的に言うと、最先端のストレージ/シャーシ/パワー・サプライ/ラックをデザインし、さらには、エネルギー効率の良い、省電力型のデータセンターを、クーリングも含めて検討していく。

Facebook is aiming to build all its new data centres with OCP designs, so as to enjoy benefits of economies of scale as well as rapid deployment, and lowered power usage.

Facebook は、すべての新しいデータセンターを、OCP デザインを用いて構築しようとしている。つまり、スケールを達成するだけではなく、デプロイメントの期間を短縮し、電力の消費量を引き下げることで、経済的なメリットを実現しようとしているのだ。

ーーーーー

2013年 1月に Santa Clara で開催された Open Compute Summit では、「モノリスを破壊する」というメッセージが発信されていました。 その中の一つに、この Wedge と命名されたオープン・スイッチの構想も含まれていたのでしょう。 それから、数カ月後に方針が示され、さらに1年を経て、このようなアーキテクチャによるプロダクトが整って来たわけです。この間のヒストリーについては、OCP Japan からコントリビュートされた、OCP News Archive:Open Switch で参照できます。 以下は、Open Compute による、モノリス破壊宣言です。

すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

 

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Network by Agile Cat on April 23, 2014

Equinix Launches Performance Hubs
http://wp.me/pwo1E-7r2
Light Reading – 3/5/2014
http://www.lightreading.com/equinix-launches-performance-hubs/d/d-id/708078

_ Light Readingspacer

REDWOOD CITY, Calif. — Equinix, Inc., the global interconnection and data center company, today announced the Equinix Performance Hub, a new solution that uniquely combines elements of data centers, networking infrastructure and connectivity, and cloud computing access to improve application performance and deliver a globally consistent quality of experience to end users.

相互接続サービスとデータセンターを、グローバル・マーケットで展開する Equinix Inc. だが、3月5日に Equinix Performance Hub という新しいソリューションを発表した。それは、データセンター/ネットワーク・インフラ/コネクティビティにおける要素を、一意に取りまとめるものであり、また、アプリケーション性能を向上させるクラウド・コンピューティング・アクセスを実現し、グローバルにおける均一な品質とエクスペリエンスをエンドユーザーに提供するものとなる。

The Performance Hub serves as an extension of the private enterprise network into an Equinix International Business Exchange (IBX) data center, enabling enterprises to securely and reliably connect to network and cloud service providers using their own infrastructure or off-the-shelf equipment supplied as part of a bundled offer. Global enterprises such as Chevron, eBay, and Nvidia have already elected to deploy Performance Hub architectures in Equinix data centers around the world.

この Performance Hub は、プライベート・エンタープライズ・ネットワークを、Equinix International Business Exchange (IBX) へと向けて拡張させるものとして機能する。それにより、それぞれのエンタープライズは、安全かつ確実にネットワークに接続することが可能となり、その一方で、独自のインフラや既成品としての機材を使用するクラウド・プロバイダーは、そのサービスをバンドルして提供できるようになる。Chevron/eBay/NVIDIA といったグローバル・エンタープライズは、世界に展開する Equinix のデータセンターに、この Performance Hub アーキテクチャをディプロイするという方針でいる。

Global cloud traffic is forecast to grow 4.5 times between now and 2017, to 7.7 zettabytes a year, according to Cisco Systems. The combined forces of globalization and the reliance on collaborative, business-critical applications are causing significant demand on enterprise networks and IT architectures. As a result, these businesses need a robust, secure and distributed network to meet the performance needs of a dispersed user base.

Cisco Systems によると、グローバルにおけるクラウド・トラフィックは、2017年までの間に 4.5倍に成長し、7.7 Zetta Byte にいたると予測される。そして、グローバリゼーションへ向けた推進力と、コラボレーションにおける相互依存を組み合わせた、クリティカルなビジネス・アプリケーションが、エンタープライズ・ネットワークと IT アーキテクチャに大きな需要をもたらしている。 結論を述べるなら、それらのエンタープライズは、世界に点在するユーザー・ベースに応じて、パフォーマンスに関するニーズを満たすために、堅牢/安全/分散を保証するネットワークを必要としている。

Equinix developed the Performance Hub to address the needs of enterprises struggling to maintain the highest level of network performance and quality of service for global users. Performance Hub deployments include:

Equinix が開発した Performance Hub は、グローバル・ユーザーが要求するネットワーク性能とサービス品質を、最高レベルに維持するという困難なニーズに取り組む、エンタープライズのためのものである。Performance Hub のデプロイメントには、以下の項目が含まれる:

  • Equinix IBX data center hosting ̶ Cabinets, power, and cross connects
  • Network connectivity ̶ Metro-Ethernet, long-haul (MPLS-VPN), ISP
  • Network equipment ̶ Routing, switching, firewalls, SSL-VPN, load-balancers, WAN-acceleration
  • Cloud connectivity ̶ Private, high-bandwidth connectivity to leading public clouds such as Amazon Web Services (AWS), Microsoft Windows Azure and many others.

ーーーーー

TAG indexクラウドの定義って何なのだろうと考えると、ワークロードに応じた適切なリソースの設定が、つまり Elastic Computing が真っ先に頭に浮かんできますが、もう 1つのモノサシとして Networked Computing も重要だと思うのです。 このポストの最後に記されている、[ Cloud connectivity ] のところに AWS と Azure が並んでいますが、それらを Public というより、Elastic の代表格として捉えることも可能です。 そして、そこに Networked の代表格である Equinix が加わることで、エンタープライズのための Hybrid が完成するというシナリオを、同社はプッシュしていくのでしょう。 その一方では、DigitalOcean のような新興勢力も台頭してきているわけで、クラウドの世界は、なかなか勢力図か固まらないという、とても面白い状況にあるようです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Posted in Cisco, Mobile, Network, Research, Telecom by Agile Cat on March 20, 2014

The U.S. officially enters the gigabyte era of mobile data consumption
http://wp.me/pwo1E-7kX

By
Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/cisco-the-u-s-is-officially-in-the-gigabyte-era-of-mobile-data-consumption/

_ Giga Om

Summary: Average mobile data use in North America nearly doubled in 2013 to 1.38 GBs a month leading the world. The U.S. isn’t the biggest data hog — that would be Japan — but LTE is driving consumption.

Summary:  North America におけるモバイル・データの使用量は、2013年との比較で倍増しており、世界をリードする 1.38 GB まで上昇してきた。アメリカは、最大のデータ消費国ではないが(おそらく日本が一番)、LTE により消費は促進されている。

ーーーーー

Mobile users the world over came close to doubling their mobile data consumption between 2012 and 2013 as average monthly usage peaked well over 1 GB in the U.S, and several other countries, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index report on global mobile data trends.

Cisco Systems がグローバル・モバイル・データの傾向をまとめた、Visual Networking Index レポートによると、アメリカなどの国々におけるモバイル・データの平均使用量は、2012年から 2013年にかけて二倍弱に増え、1 GB/月の大台に達したようだ。

_  space

_  space

North America led the pack with the average mobile subscriber consuming 1.38 GBs a month, up from 752 MBs in 2012 and a full gigabyte more than the average global usage of 356 MBs. When looking at individual countries, Japanese users led the world with 1.87 GBs, followed by the U.S. at 1.41 GBs and South Korea with 1.25 GBs.

North America の平均的モバイル・サブスクライバーは、2012年の 752 MB から、2013年の 1.38 GB へと、その消費量を伸ばし、他の地域をリードしている。 国ごとの状況を見ると、トップは日本の 1.87 GB であり、その後にアメリカの 1.41GB と、韓国の 1.25 GB が続いている。

_  space

_  space

Those three countries happen to be the first to launch LTE networks on a large scale, and according to Cisco director of service provider marketing Thomas Barnett, 4G adoption has become the strongest indicator of skyrocketing mobile broadband use worldwide, a conclusion other studies have also reached. In Western Europe, where LTE only got off the ground recently, average mobile data usage is half that in North America, coming in at 717 MBs per month.

これらの 3つに国々は、大規模な LTE ネットワークが最初に立ち上がった国々でもある。Cisco の Director of Service Provider Marketing である Thomas Barnett によると、世界的なモバイル・ブロードバンド利用と、急激に上昇させるという点で、4G の採用は最も確かな指標であり、また、他の研究も、同じ結論に達しているという。ごく最近になって LTE が開始されたばかりの Western Europe では、その平均的なモバイル・データ使用量は 717 MB/月であり、North America の半分となっている。

_  space

_  space

As you might expect, smartphones are a big driver of that increased data appetite, but tablets are contributing as well. Cisco, however, is seeing a surprising surge in PC connections to mobile networks. Barnett attributes that to the fact that laptops are starting to resemble tablets, coming with touchscreen capabilities and retractable keyboards. As people start to use their laptops like tablets, they’re increasing treating them as mobile — not merely portable — devices.

誰もが想像するとおり、このデータ消費を増大させるのはスマホであるが、タブレットの存在も見逃せない。しかし Cisco は、モバイル・ネットワークへと向けた、PC コネクションの意外な流入を指摘している。Barnett が言うには、タッチ・スクリーンと格納式のキーボードを備えたラップトップは、タブレットに類似したもの成り始めているらしい。つまり、タブレットのようなラップトップを、人々が使い始めるにつれて、それらは、単なるポータブル・デバイスではなく、モバイル・デバイスとして扱われているという。

_  space

_  space

Last year the world saw 1.5 exabytes — an exabyte being 1 billion gigabytes — of data traverse its mobile networks each month. Cisco expects that number to grow to 15.9 exabytes in 2018.

昨年、この世界は、1.5 Exabyte/月のデータが(1 Exabyte = 10億 Gigabyte)、モバイル・ネットワークで転送されるのを確認している。そして Cisco は、2018年には、その数字が 15.9 Exabyte にまで成長すると予測している。

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 January 2014
How enterprise mobility management will shape the future of work October 2013
How to deliver the next-generation web experience January 2013

ーーーーー

TAG indexそういえば、毎年恒例の Cisco レポートの時期だと思い、探してみたら、このようなポストが見つかりました。 出張などがあり、バタバタしていて見落としたようです。 今年のスコープは 2018年までとなりますが、その手前の 2017年について、昨年のレポートと比較してみると、11.2 EB から 10.8 EB へと、下方修正されているようです。とは言え、いずれにしても、ものすごい成長率であることに変わりはなく、それを支えるのは、途上国におけるモバイルと、先進国における IoT の伸びなのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?
Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?

Posted in .Selected, Mobile, Network, Strategy, Telecom by Agile Cat on February 25, 2014

Sprint, Nokia squeeze a 2.6 Gbps connection out of a Spark network trial
http://wp.me/pwo1E-7fq

By Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/sprint-nokia-squeeze-a-2-6-gbps-connection-out-of-a-spark-network-trial/

_ Giga Om

Summary: Sprint and Nokia are showing off their latest feat, but it’s doubtful we’ll ever see such speeds in real life. Sprint likes to talk about the network it could build, but it never builds it.

Sprint と Nokia が、最新の偉業を披露しているが、私たちの実生活の中で、そのような通信速度が達成されるかというと、まだ、疑問が残る。Spring は、構築が可能なネットワークについて語るのが好きだが、それを構築したことがない。

ーーーーー

Nokia’s network division is returning to work at Sprint after a multiple-year hiatus, and it apparently wants to make a good impression. Nokia announced it has used its Flexi base station gear to transmit an eye-popping 2.6 Gbps downlink connection on Sprint’s Spark LTE network, breaking Sprint’s previous record of 1.6 Gbps.

Nokia のネットワーク部門が、数年の空白の後に Sprint での作業に戻ってきた。 そして、良い印象を与えたいと、明らかに望んでいるようだ。Nokia は、Sprint の Spark LTE ネットワーク上で、2.6 Gbps のダウン・リンクという、目を見張るような接続を実現するために、その Flexi 基地局ギアを使用したと発表している。それは、Sprint における 1.6 Gbps という記録を塗り替えるものとなる。

photo: Shutterstock / Ase

Nokia was able to accomplish this feat by tapping into Sprint’s enormous treasure trove of 2.5 GHz spectrum. Using LTE-Advanced carrier aggregation techniques, Nokia and Sprint bonded together 120 MHz of frequencies, giving it six times the bandwidth of most LTE networks deployed in the U.S. today.

Nokia は、2.5 GHz スペクトラムに存在する、Sprint の巨大な宝庫を活用することで、この偉業を達成できた。LTE-Advanced のキャリア・アグリゲーション・テクノロジーを用いて、Nokia と Sprint は 120MHz の周波数を結合することで、今日のアメリカにディプロイされている大半の LTE ネットワークに対して、6倍以上に達する帯域幅を提供する。

In addition, Nokia likely took advantage of the unique properties of the LTE technology variant Sprint uses in Spark. Time division-LTE uses the same frequencies to transmit to and from the tower – it just sends the uplink and downlink in different time intervals. Most other LTE network use frequency division configurations, which create separate channels for upstream and downstream connections. Think of FD-LTE as a divided highway, while TD-LTE is a single-track railroad.

それに加えて、Sprint が Spark で用いている、LTE テクノロジーの変種ともいえる、とてもユニークな性質を、Nokia は活用していると思われる。時分割 LTE は、タワーとの伝送において、同じ周波数を用いて、アップリンクとダウンリンクを時分割で送受信している。しかし、大半の LTE ネットワークは、周波数を分割するというコンフィグレーションがなされ、別個のチャネルを用いてアップストリームとダウンストリームが接続されている。つまり、FD-LTE は上下線が分割されたハイウェイに似ているが、TD-LTE は単線の鉄道のようなものである。

The advantage of TD-LTE is that it can devote a greater portion of its bandwidth to downstream communications if there isn’t much upstream traffic on the network. Consequently, Sprint can use nearly all of its 120 MHz to create a massive downlink pipe while other carriers would be limited to using half their bandwidth. Nokia and Sprint said they’ll recreate the trial at Mobile World Congress in Barcelona this year.

TD-LTE のアドバンテージは、ネットワーク上のアップストリームが空いているなら、その帯域幅の大部分を、ダウンストリームのトラフィックに費やせる点にある。その結果として、Sprint は、大規模なダウンリンク・パイプを作成するために、ほぼすべての 120 MHz 帯で使用できるが、他のキャリアは、使用できる範囲が半分の帯域幅に限定されるだろう。Nokia と Sprint は、Barcelona で開催される、今年の Mobile World Congress で、このトライアルを再構成すると述べている。

These trials show that Sprint has enormous pent-up capacity waiting to be unleashed. The problem is that the company isn’t in any hurry to unleash it. It just likes to flash these kinds of impressive speed results around, and talk about the network it could build.

これらのトライアルは、Sprint には膨大なキャパシティが鬱積しており、それが解放されるのを待っていると示している。ここでの問題は、それを必要とする状況が、同社を急がせていないという点である。つまり、それほど素晴らしいスピードが、結果として得られることを示し、それを構築できるネットワークについて話をするのが、好きなだけである。

Today, Sprint’s primary LTE network is the slowest in the country and has the smallest coverage footprint. Its new Spark service is definitely an improvement, but it’s still an average 4G system with the same capacity as the other carriers’ first-generation networks. Considering that Sprint is much smaller than AT&T or Verizon Wireless, it could get considerable mileage out of Spark – once it’s finally built. Right now Spark is in just 12 cities, and Sprint is moving very slowly to expand that coverage. Its target is 100 cities in three years.

今日において、Sprint の主たる LTE ネットワークは、アメリカ国内で最も遅く、また、カバレッジ・フットプリントも最小である。その、新たな Spark サービスは間違いなく改善されているが、依然として平均的な 4G システムであり、他のキャリアにおける第一世代のネットワークと同じキャパティシである。AT&T や Verizon Wireless と比べて、Sprint は遥かに小さな存在であることを考慮すると、Spark が構築された後に、かなりの有用性を引き出せると思われる。現時点において、Spark が供給されるのは 12都市に過ぎず、Sprint によるカバレッジの拡大は、きわめてユックリと動いている。その目標は、3年間で 100都市である。

As I’ve said before, Sprint has run out of excuses. With its acquisition of Clearwire it’s firmly in control of its spectrum future, and with SoftBank’s massive investment, it’s no longer financially strapped. If Sprint wants to convince us it’s investing in its network, then it should really invest in its network.

冒頭に述べたように、Sprint には、もう、言い訳が残っていない。Clearwire の買収により、将来におけるスペクトルのコントロールがシッカリとしてきたし、Softbank からの大規模な投資により、もはや財政難からも解放された。ネットワークへに投資すると、もし Sprint が、私たちを説得したいなら、本物のネットワークに投資する必要がある。

Photo courtesy of Shutterstock user SERHAT AKAVCI

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 – January 2014
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 – October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience – January 2013

ーーーーー

image141新しい世界を期待させてくれる、とてもワクワクする話ですね :)  いま、Barcelona で開催されている MWC で、なにか、もっと具体的な発表があると良いですね。そして、この記事を訳してみて、なんとなく Sprint という会社の持ち味が見えてきました。 Softbank からの資金により、このように新しい ワイヤレス・テクノロジーが、実験から運用へと移行していくなら、同じ日本人として、これほど嬉しい事はありません。 頑張って欲しいですね! image

ーーーーー

<関連>

1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, Network, Research by Agile Cat on November 28, 2013

Cisco Is Getting Destroyed In Premarket Trading
http://wp.me/pwo1E-6WV

Sam Ro – NOV. 14, 2013
http://www.businessinsider.com/cisco-down-in-premarket-trading-2013-11

_ Business Insider

Nov 14 ーーー Shares of Cisco are plunging ahead of the U.S. trading session.

11/14 の時点 ーーー Cisco の株価が、米国における取引の、開始時刻に先立って急落している。

The tech behemoth announced better-than-expected fiscal Q1 earnings after the closing bell on Wednesday.  However, revenue was weak and its fiscal Q2 guidance was ugly.

このハイテク界の巨人だが、水曜日の取引が終了した後に、予想以上とも思える Q1(9月期)の決算を発表している。しかし、その収益に力強さはなく、この年度における Q2 ガイダンスも荒れ模様である。

Getty Images/Ethan Miller
John Chambers

“Overall, Asia-Pacific, Japan and China was down 10%,” said CEO John Chambers on the earnings conference call. “China continued to decline as we and our peers worked through the challenging political dynamics in that country.”

「 全体的にみて、Asia-Pacific および、Japan、China が、10% のダウンとなっている。 China に関しては、同国における厄介な政治力学の中で奮闘したが、売上の減少が止まらなかった」と、CEO である John Chambers は、収支報告のカンファレンス・コールで発言している。

Chambers is referring to the revelations of recent leaks related to spying by the National Security Agency.

また、Chambers は、NSA(National Security Agency)による最近のスパイ活動について、情報がリークされていることにも触れている。

“Every one of our top 10 emerging countries missed their forecast and was off by a fair amount,” said Chambers. “So it wasn’t just that it was down, the last couple of weeks, they kept dropping and dropping.”

「 私たちのマーケットである、新興国 Top-10 の全てにおいて、かなりの範囲で予測がずれてしまった。そして、単にダウンするだけではなく、そのような状況が数週間も続いてしまった」と、Chambers は述べている。

“As we look to Q2 FY’14, we do not anticipate material improvement in our order growth. This is impacting our revenue guidance for Q2.” Here’s what Cisco sees in Q2:

そして、「 FY ’14 Q2 に目を向けるとき、私たちの成長の材料が、改善されているとは予想できない。 それが、Q2 における収益ガイダンスに影響を与えている」と続けている。 以下が、Cisco による Q2 の予測である:

  • Revenue: Down 8% to 10% year-over-year
  • Gross margin: 61% to 62%, non-GAAP
  • Operating margin: 27.5% to 28.5%, non-GAAP
  • EPS: $0.45 to $0.47, non-GAAP

“We suggest you model revenue conservatively,” warned Chambers.

「 私たちは、投資家たちの収益モデルについて、慎重に示唆する必要がある」と、Chambers は警告している。

Here’s a look at the premarket chart from MarketWatch:

ここで、MarketWatch による、最新のチャートが参照できる:

ーーーーー

image23すべての企業が、クラウド化からの影響を受けるはずであり、この Cisco という巨人も、例外ではないということなのでしょう。 昨日も、Open Compute によるスイッチ・コンペの記事をポストしましたが、この Facebook にかぎらず、Google や Amazon などを含む大手のサビサーたちが、データセンターとファシリティをデザインする時代になったようです。ただし、こうした、ファクトリまでも所有する大手と、中小の経済は異なるものであり、そのギャップを埋めていくことが、Open Compute などに期待される活動なのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に

 

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by Agile Cat on November 27, 2013

Facebook Likes Broadcom, Intel, Mellanox Switches
http://wp.me/pwo1E-6WG

Rick Merritt – 11/11/2013
http://www.eetimes.com/document.asp?doc_id=1320052

_ ee times

SAN JOSE, Calif. — Broadcom, Intel, and Mellanox have developed competing specifications for datacenter switches, responding to a call from the Facebook-led Open Compute Project.

SAN JOSE, Calif. — Broadcom および、Intel、Mellanox の各社は、Facebook が主導する Open Compute Project からの要請に応えるかたちで、データセンター・スイッチの仕様コンペに取り組んでいる。

OCP called earlier this year for open specs for software-agnostic leaf and spine switches to complement its existing specs for streamlined servers. The specs aim to speed innovation in networking hardware, "help software-defined networking continue to evolve and flourish," and give big datacenter operators more flexibility in how they create cloud computing systems, said Frank Frankovsky, a Facebook datacenter executive and chair of the OCP Foundation in a blog posted Monday.

今年の初めOCP は、既存のスイッチ・プロダクツを補完し、その合理化されたサーバーに順応させる、ソフトウェアを選ばない Leaf and Spine スイッチの、オープン仕様について呼びかけを行った。その仕様とは、ネットワーク・ハードウェアにおけるイノベーションのスピードを高め、また、「SDN の進化と普及を促進」し、さらには、大規模データセンター事業者によるクラウド·コンピューティング·システム開発に柔軟性を提供するものであると、Facebook データセンター部門のトップと、OCP Foundation 議長を兼任する Frank Frankovsky が、自身のブログ・ポストで発言している。

The project’s goal is to deliver a switch that can be rebooted to handle different jobs as needed. So far the OCP group received more than 30 proposals for systems or components.

このプロジェクトの目標は、異なるジョブを必要に応じて処理するための、リブートが可能なスイッチを提供することである。そして、これまでに、30種類を超えるシステムやコンポーネントの提案を、OCP グループは受け付けている。

Intel posted online a full reference design for its proposal for a 48×4 10/40G switch (below). The design uses Intel’s FM6764 switch acquired with Fulcrum Microsystems and two of Intel’s own SoCs — the Crystal Forest control plane processor and the Cave Creek chipset for daughter cards. Quanta and one other OEM built systems based on the design.

Intel からは、48×4 10/40G Seitch(以下)に関する提案のフル・リファレンス·デザインが、オンラインでポストされている。このデザインで用いられる Intel の FM6764 Switch は、Fulcrum Microsystems と Intel 自身の 2つの SoC と連携するが、後者に関しては、ドータ·カード用の Crystal Forest プロセッサと、 Cave Creek チップセットとなる。Quanta と、別の OEM によるシステムは、このデザインをベースに構築されている。

クリックで拡大 ⇒
Intel’s switch proposal uses three types of its chips.

Broadcom said it has delivered a spec and a working system based on its Trident II switching chip that meets OCP needs. However the company declined to release further details.

また、Broadcom からは、その Trident II Switch をベースにして、OCP のニーズを充たす仕様と稼働システムが提供されるようだ。ただし、同社は、その詳細についてリリースを行っていない。

Mellanox proposed a switch based on its SwitchX-2 switch and an x86 processor running the Open Network Install Environment (ONIE) software from Cumulus Networks. The switch supports either 48 SFP+ ports and 12 QSFP ports or 60 10GbE server ports when using QSFP+ to SFP+ breakout cables.

Mellanox からの提案は、その SwitchX-2 Switch と x86 プロセッサにより、Cumulus Networks から提供される Open Network Install Environment (ONIE) ソフトウェアを走らせるというものである。このスイッチは、48 SFP+ ポートと 12 QSFP ポートをサポートするが、SFP+ Breakout Cable を用いる際には、60 10GbE サーバー・ポートがサポートされる。

Separately, Cumulus submitted to OCP its ONIE software, a boot loader for installing software on network switches. It enables a generic switch to run a variety of networking software environments.

それとは別に Cumulus は、各種のネットワーク・スイッチ上にソフトウェアをインストールするための、ブート・ローダーとしてソフトウェアを OCP にサブミットしている。それにより、各種のソフトウェア・ネットワーク環境を実行するための、汎用的なスイッチが実現されるという。

Further work on networking specs and proposals continues at an OCP event this week in San Antonio.

今週に San Antonio で開催される OCP イベントにおいて、このネットワークに関する、さらなる仕様と提案が、明らかになるだろう。

— Rick Merritt, Silicon Valley Bureau Chief, EE Times

Related posts:

ーーーーー

open-computeOCP の Open Switch について詳しく説明しているのは、Facebook Tech Director Reveals Open Networking Plan というドキュメントだと思います。 その中で、Facebook の Najam Ahmad は、「私たちが取り組んでいる仕様は、本質的にコンピューティングのように振る舞うスイッチとなる。診断と試験のための BIOS 環境が起動した後に、実行可能なものが検索され、オペレーティング・システムが見つけ出される。つまり、一般的なオペレーティング・システムのように、どのように振舞い、なにを実行するのかを、それに伝えることができる」と説明しています。一言でいって、脱アプライアンスとなるわけですが、サーバーと同様に、無印スイッチが活躍できるのかどうか、とても興味深いテーマだと思います。image

ーーーーー

<関連>

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

 

NYC が 市民にサービスする、無償の高速 Wi-Fi とは?

Posted in Government, Network, Weekend by Agile Cat on November 9, 2013

NYC plans free public WiFi expansion in all five boroughs by December 2013
http://wp.me/pwo1E-6T3

By
Zach Honig – Sep 30th, 2013
http://www.engadget.com/2013/09/30/nyc-free-wifi-expansion/

_ engadget

A handful of neighborhoods in Manhattan, Brooklyn, Staten Island, Queens and the Bronx will have high-speed WiFi access available for businesses and residents by the end of this year.

Manhattan/Brooklyn/Staten Island/Queens/Bronx の一部では、この年末までに、そこにオフィスを構える企業や、居住する人々のために、高速の無線 LAN アクセスが提供されるようだ。

NYC Mayor Michael Bloomberg announced an expansion today that’ll roll out over the next few months, lighting up parts of downtown Brooklyn, lower Manhattan, Harlem and other areas by December 2013.

NYC 市長である Michael Bloomberg が、今日 (9/30) のアナウンスメントで説明したのは、この計画における対象範囲が、近々に拡大せれるという話である。 具体的には、Downtown Brooklyn や、Lower Manhattan、Harlem などで、2013年12月までに、このサービスが実現されるという。

Companies have invested $3.4 million in the new infrastructure, and the city has contributed $900,000 to get the job done.

そのための新たなインフラに対して、複数の企業が $3.4 million もの資金を投資している。 そして、同市としても、この作業を完了させるために、$900,000 の予算を注ぎ込んでいる。

We’re still a long way from having a city blanketed in completely free high-speed wireless internet, but with widespread availability in key areas, thousands of residents and smaller businesses should be able to drop their current internet providers before the ball drops to welcome 2014.

NYC 全体を、無料の高速ワイヤレス・インターネットで覆い尽くすには、まだ長い道のりが残っているが、主要な地域から利用できるようになっていく。そこに住む大勢の市民や、在住する中小企業は、新年を祝うイベントである Ball Drop の前に、いまのインターネット・プロバイダーとの契約を、解除できるようになるという。

[Image source: AP/Frank Franklin II]

Source: Michael Bloomberg

ーーーーー

weekend2いいですよねぇ~~~ NYC に住んでいる人たちは。 この Bloomberg 市長さんは、まさに インターネット市長さんであり、以下のリンクにあるように、スマホを使った地下鉄サービスを提供し、.nyc ドメインを取得してブランド化を図るなど、いろいろな領域で、さまざまな視点から、この大都会のインターネット化を推進しています。 そして、文中でも紹介されている大晦日の Ball Drop は、インターネット・ライブのショーウィンドウでもあります。 今年は、どんなライブを見せてくれるのでしょうか? それにしても、この Madison Square の写真、キレイですね :)  image

ーーーーー

<関連>

New York City が取得した .nyc ドメインと、経済における目論見
NY の地下鉄では、スマホ・チケットの試みが始まるらしい
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
Apple – Grand Central – Store in NYC って?

 

Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Telecom by Agile Cat on October 22, 2013

Alcatel-Lucent squeezes record-breaking 31Tbps through single “undersea” fiber
http://wp.me/pwo1E-6NZ
By David Meyer – JUL. 16, 2013
http://gigaom.com/2013/07/16/alcatel-lucent-squeezes-record-breaking-31tbps-through-single-undersea-fiber/

_ Gigaom

Summary: The latest tests by Alcatel-Lucent’s venerable Bell Labs division could presage submarine internet cables that are three times more capacious than those deployed today.

Alcatel-Lucent の由緒ある Bell Labs 部門だが、その最新テストの結果により、現時点でディプロイされている海底インターネット・ケーブルと比較して、3倍以上の容量を達成する可能性が生じたとしている。

ーーーーー

As the current surveillance scandal has reminded us, our data zips around the world through high-capacity, undersea fiber optic cables. Now Alcatel-Lucent says it has broken the record for the amount of data that can be pushed through such cables: 31 terabits per second over a single fiber that’s 7,200km (4,474 miles) long.

最近の監視スキャンダルが思い出させるように、海底に設置された大容量の光ファイバー・ケーブルを介して、私たちのデータは世界中を走り回っている。そして、最近の Alcatel-Lucent が言うには、そのようなケーブルを介してプッシュするデータ量が、大幅に改善されているようだ。 具体的には、7,200km (4,474 miles) の長さを持つ、1本のファイバーを介して、31 T Bit/秒という記録が達成されている。

This is a lab test we’re talking about here: it took place at Alcatel-Lucent’s Innovation City campus in Villarceaux near Paris, which you will note is nowhere near the sea, let alone under it. However, 31Tbps represents a ton of capacity – significantly more than the 21.7Tbps that NEC and Verizon managed last year over a land distance of 934 miles, and three times roomier than the fibers you’ll find in today’s most advanced commercial undersea cables.

ここで説明する、ラボ・テストとは、以下のものである:それは、Paris に近い Villarceaux にある、 Alcatel-Lucent の Innovation City キャンパスで実施されたものであり、海に近いというわけでもなく、また、海底に沈めているわけでもない。しかし、31Tbps が示す容量は膨大なものであり、NEC と Verizon が昨年に成し遂げた、934 miles の地上実験における、21.7Tbps を遥かに上回るものとなる。 それは、今日における最も先進的な商業海底ケーブルに対して、3倍もの容量を持つファイバーということになる。

What’s more, remember that that’s just one fiber and a transoceanic cable may have, say, eight pairs of fibers. Again, this is a lot of capacity. However, it’s also worth noting that Alcatel-Lucent’s tests were based on having a signal amplifier every 100km along the line.

それに加えて、覚えておいてほしいことは、それが 1本のファイバーだけで達成され、また、大洋横断ケーブルは 8本のファイバーで構成されていることだ。繰り返しになるが、この容量は、きわめて膨大なものである。しかし、Alcatel-Lucent のテストでは、そのラインの全域において、100km 間隔で信号増幅器が設置されていることも注目に値する。

Last month Alcatel-Lucent announced its “Shift Plan”, which involves moving from being a telecoms equipment generalist to a specialist in IP networking and mobile and fixed broadband access. So, while the company’s Bell Labs division has long undertaken the sort of research it’s trumpeting today, this kind of thing is now even more core than it previously was, strategically speaking.

先月のことだが、Alcatel-Lucent は  “Shift Plan” というものを発表している。そこには、ジェネラリストとしてのテレコム設備企業から、IP ネットワーク/モバイル/ブロードバンド・アクセスのスペシャリストへと、転身していく決意も含まれるようだ。 だからこそ、同社の Bell Labs 部門は、長期間に渡り研究に取り組み、それが日の目を見たわけである。この種の戦略的な発言は、これまで以上に、重要なコアとなる。

As Philippe Keryer, Alcatel-Lucent’s chief strategy and innovation officer, said in a statement on Tuesday:

火曜日のステートメントにおいて、Alcatel-Lucent の Chief Strategy and Innovation Officer である Philippe Keryer は、以下のように述べている:

“Undersea fiber-optic transmission is integral to the digital economy, delivering vast amounts of video and data between countries, regions and continents. As our customers cope with increasing demand on their networks for data capacity and higher-speeds of transmission, our researchers are intensifying their application with tests like this to develop new technology solutions to transform global data networks.”

海底に設置される光ファイバーによる伝送は、デジタル・エコノミーの要であり、また、国境/地域/大陸を超えて、大量のデータやビデオなどを供給していく。私たちの顧客が、大容量データの高速での転送を求められ、そのネットワーク上で需要の増大に応えているように、私たちの研究者も、グローバル・データ・ネットワークを転換させるための、新たなテクニカル・ソリューションを開発するために、このようなテストを通じて、自らの応用力を強化している。

The test was based on Bell Labs’s technique for squeezing 200Gbps through a single data channel. It used 155 lasers, each one carrying 200Gbps at a different frequency. This represents an enhancement to the wavelength division multiplexing (WDM) techniques that run at up to 100Gbps in today’s commercially deployed cables.

このテストは、シングル・データ·チャネルを介して、200 Gbps を絞りだすという、 Bell Labs の技術をベースにしている。そこでは、200 Gbps での転送を可能にするために、周波数の異なる 155本のレーザーを用いているという。つまり、今日の市販ケーブルでディプロイされる、100 Gbps クラスの Wavelength Division Multiplexing (WDM) テクノロジーを拡大するものである。

Related research

ーーーーー

image23このところ、光学テクノロジーに関する進歩がめざましいですね。この、Alcatel-Lucent のケースのように、海底ケーブルにおけるレイテンシを少しでも削っていこうとする努力や、Intel のように、データセンター内に光学バス(?)を通そうとする試みが、徐々に具体化されてきています。すべての IT の基盤となる、光学/電力/DC に関するインフラ・テクノロジーが進歩することで、ポケットやハンドバッグに収まっているスマホに、信じられないようなパワーとサービスが提供されていくのです。地味ですが、とても興味深い世界ですね。image

ーーーーー

<関連>

インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?
Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

 

%d bloggers like this: