Agile Cat — in the cloud

Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

Posted in Asia Weekly, Net Neutrality by agilecat.cloud on April 18, 2015
ユニバーサル・コネクティビティとネット・ニュートラリティは共存できるのか ・・・
 
_ cna-banner
アメリカのネット・ニュートラリティ問題が、歯切れの悪い FCC の説明にもかかわらず、ほぼ収束という状況になりましたが、今度はインドで大きな出来事がありました。 インドの大手モバイル・キャリアである Airtel が、同社と契約を交わしたアプリに関して、その通信量を無償にする Airtel Zero というプランを発表し、喧々諤々の議論になってしまったのです。 いまは、この Airtel Zero プランの取り下げが推測されていますが、いったい、なにが起こったのでしょうか?
 
Airtel事の始まりは、3/10 の 「Free internet: Airtel’s Mittal takes on Facebook CEO」 に書かれているように、MWC で Bharti Airtel のトップである Sunil Mittal が、Facebook の Mark Zuckerberg に噛み付いたところにあるようです。 つまり、Internet.org の発想は、モバイル・キャリアにとって困った存在であると、攻め立てたようです。
 
Mittal, who met Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg here at the Mobile World Congress, said that the social networking major is right in its thinking that such a would expand the market, but telecom operators also need to get their revenues and charge for the services.
 
“I told him (Zuckerberg) that you are right that this (internet.org) expands the market. At the end, you must understand that we (telecom operators) need to charge you for something. SMSes have gone more or less, voice is going down and they (Facebook) recognize that,” Mittal said in a media interaction here.
 
また、Vodafone の Global CEO である Vittorio Colao も、「Internet.org は、Zuckerberg による社会貢献のようなものだが、そのコストを負担するのは我々だと同調した」と伝えられています。
 
そして、Airtel の Zero プランですが、インドのメディアに叩かれ、NewYork Times などにも叩かれ、頓挫しそうな状況へと追い込まれているようです。 さらに、今日になって、この議論に Mark Zuckerberg も参加してきたと、The Times of India が報道しています。
 
In a Facebook post Zuckerberg said: “But net neutrality is not in conflict with working to get more people connected. These two principles — universal connectivity and net neutrality — can and must coexist.”
 
Internet.org とネット・ニュートラリティの整合性を取ることは、とても難しいことであり、だからこそ、Facebook は慎重に事を進めているはずなのです。 つまり、この Airtel の短絡的なプランと、一緒にされるのは御免だという話なのでしょう。
 
4/7: Airtel Zero: Another blow to net neutrality
4/9: App developers, tech startups slam Airtel Zero
4/10: Net neutrality: Airtel Zero is threat to Digital India plan
4/14: International media supports India’s fight for net neutrality
4/15: Flipkart pulls out of Airtel’s net neutrality violating Airtel Zero
4/16: Neutral net must for India to produce next Google
4/17: Airtel may withdraw Zero plan: Analysts
 
この件は、Cloud News Asia の Net Neutrality カテゴリで、継続して追いかけていくつもりです。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
② 4/14: Dallas Buyers Club pirates could be told to ‘name a price’
AustraliaWhile much attention has been focused on how much the owners of Dallas Buyers Club might demand Australian pirates pay for sharing their film online, a new option has emerged: ‘name your price’. According to Channel News Asia, the first batch of demand letters sent by Dallas Buyers Club to 77 of 500 alleged pirates in Singapore did not demand a particular sum.
 
③ 4/5: Microsoft promises $16M in cloud services for 100 Chinese startups
ChinaOn Wednesday, Microsoft China announced that 100 Chinese tech startups are about to get lucky. The company is promising RMB 100 million (US$16 million) in cloud services and support to 100 Chinese startups. Reportedly, Microsoft is also partnering with Northern Light Venture Capital, DCM, and Gobi Partners to offer financial investments in addition to the cloud services and support. The first batch of 100 startups will be hand-picked by Microsoft and its VC partners.
 
④ 4/15: NSW govt embraces PayPal, Apple Pay, from AU
AustraliaNSW residents should be able to pay for a licence renewal or parking fine with PayPal, Apple Pay from their smartphone, or streamlined credit card payment processes like Visa Checkout within 12 months. NSW Minister for Finance and Services Dominic Perrottet today announced the state government would integrate the modern payment capabilities into Service NSW’s new whole-of-government payments platform.
 
⑤ 4/6: In vending machines, NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical.
 
⑥ 4/15: China DC server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
ChinaThe third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain. China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
⑦ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/13: AT&T eyes Vietnam market
VietnamSandy Verma, Senior Director in charge of Internet of Things Solutions of AT&T Asia Pacific said, according to PricewaterhouseCoopers, up to 86% of CIOs worldwide said that technology was changing their business practice. Data analysis and Internet of Things – IoT – are emerging as the most significant technologies. With IoT, mobile phones are not just used for making calls or sending text messages but can open doors, turn on smart devices in homes, and connect devices in workshops and medical devices monitoring human health.
 
⑨ 1/11: NHN Entertainment looks to offer game cloud platform service
KoreaNHN Entertainment has launched a business-to-business (B2B) game cloud platform service to make up for its weakening profits in its top income source ― gambling games. Releasing the cloud service named “TOAST Cloud,” the company said it will diversify its business portfolio to game cloud platforms from existing online and mobile games, and e-commerce to survive as a general IT company.
 
⑩ 4/15: TSMC aiming to start production of 10-nm chips by 2016: CEO
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing (TSMC), the world’s largest semiconductor contract manufacturer, has set a goal of beginning mass production of chips on the 10-nanometer technology by the end of 2016, Mark Liu, its president and chief executive officer, said Wednesday in California. TSMC last year won huge orders for Apple’s next-generation mobile device processors, which had previously been awarded to Samsung of South Korea.
 
ーーーーー
cna_6今週の Top-10 ですが、Amazon Japan の幼児ポルノ事件がトップに来ています。 3ヶ月ほど前の事件なのですが、忘れてはいけない出来事なのだと、海外の人々から釘を刺されているように感じてしまいます。 その他では、Scorpio 3.0 に関する記事が興味深いです。 OCP との時間差を考えると、この 3.0 には Widget のようなスイッチが入ってくると推測できますし、それを Huawei などが担いだら、どのような展開になるのでしょうか? アメリカと中国を秤にかける、ヨーロッパの市場が注目されます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
 

2014 Agile Cat:新しい動向の マトメ

Posted in .Chronicle, Bare-Metal, Digital Ocean, Equinix, IoT, Net Neutrality by Agile Cat on December 27, 2014

IT の 一部であるクラウドが、IT の全体像を描き換えていく・・・
http://wp.me/pwo1E-87C

今年の新しい流れをピックアップし、4つの項目に分類してみました。 ただし、新しいというのは、Agile Cat の目線からの表現であり、もっと以前から知っているという方もいるはずだと思います。 というわけで、その辺りは、ちょっとユルく捉えて頂ければ幸いです。

最初の項目は、「Equinix/Digital Ocean/Interoute」であり、クラウドと言う括りの中で、それほど注目を集めていないプロバイダーの動向をまとめています。 たとえば、Equinix に関しては、ハイブリッド・クラウドのためのネットワーク・ハブ機能を提供するプロバイダーであり、その領域では一人勝ちしている存在だと言えるでしょう。 Digital Ocean は、いわゆる SSD クラウドの草分け的な存在であり、スタートアップでありながら、素晴らしい実績を残しています。 Interoute はヨーロッパ・ベースの、仮想 DC クラウドを提供するプロバイダーであり、今年はアジアと北米への進出を果たしています。

2番めの項目は、新しいクラウド・テクノロジーのキーワードである、「Bare-Metal/CoreOS/Docker」をまとめています。 この中で、個人的に印象深かったのは、Instagram の AWS から Facebook へのマイグレーションの話です。とても大規模なプロセスを経て、ベアメタルの環境へと移行したのですが、それに見合うだけのパフォーマンスの向上が得られたようです。また、CoreOS と Docker の組み合わせは、クラウド・ネイティブな運用のスタイルから生じたものであり、これから先の展開が、とても楽しみです。

3番目と、4番目は、「Net Neutrality」と「IoT」であり、どちらも、その名の通りのマトメとなっています。Net Neutrality の方は、集めたパブリック・コメントが消えてしまったり、FCC が Netflix を Fast Lane だと批判したりとかで、なにやらボロボロの状況になっているようです。IoT については、各社が一斉にコンセプトを打ち出している状況であり、2015年には、それらの整理が行われるのかと、期待しているところです。

ーーーーー

Equinix/Digital Ocean/Interoute

01/29: AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
03/05: Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
03:28:
コロケの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
04/07: ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に!
04/18: ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増す!
04/30: Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
05/21: DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
06/17:
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
06/18:
Interoute の 仮想 DC ゾーンは London - NY を 68ms で接続する!
09/05: DigitalOcean+CoreOS+Docker のトリオが 大変革を引き起こす!
12/25: DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

ーーーーー

Bare-Metal/CoreOS/Docker

06/30: Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から Facebook へ!
07/01: IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
07/01: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
07/01: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!
07/02: Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、香港 DC にも展開!
10/14: SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
11/11: CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編
11/18: Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に

ーーーーー

Net Neutrality

02/23: Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
02/25: Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
03/31: ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
04/14: Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
04/24: FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
04/28: ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
05/07: ネットの中立性を護れと、Amazon/Google などが FCC に圧力!
05/08: アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
05/21: Google Fiber:ピアリングに課金しない Win Win Win モデル

ーーーーー

IoT

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすが、まだまだ課題が山積みだ
02/04: Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:IoT への備えなのか?
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
05/23: IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
06/06: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
06/10: IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
07/11: IoT が 海に潜っていく: そのための、水中 WiFi テクノロジーとは?
10/08: BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
10/13: これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

ーーーーー

こうして眺めてみると、クラウドの多様性と、クラウド・ネイティブ・テクノロジー、クラウド時代のルール、クラウドの拡張、、、という切り口になっているようにも思えてきます。 2015年になり、それぞれが、どのように展開していくのか、そして、さらに新しいコンセプトなどが登場するのか、その辺りがとても楽しみですね。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ

Posted in Google, Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on August 1, 2014

Google Fiber: we don’t charge for peering, don’t have fast lanes
http://wp.me/pwo1E-7Ia

By
Janko Roettgers – May 21, 2014
http://gigaom.com/2014/05/21/google-fiber-we-dont-charge-for-peering-dont-have-fast-lanes/

_ Giga Om

Summary: Actions may speak louder than words, but sometimes it doesn’t hurt to talk about your actions either: Google just explained how Google Fiber does peering — a clear stab at the big competitors that prefer paid peering deals.

Summary: 行動は言葉よりも雄弁かもしれない。 しかし、時には、行動について話すことで、身を守るということもあり得る。Google は、その ISP 事業である Google Fiber において、どのようにピアリングをしているのかを説明し始めた。 ただし、ピアリングに課金したがっている、強力なライバルたちとの差異を、明確に指摘している。

photo: Google

Google  used its Google Fiber internet access business Wednesday to chime in on the continuing debate around peering and internet fast lanes, and guess what: the company doesn’t use either. Fiber, which is slowly expanding its footprint, doesn’t have “any deals to prioritize (some content companies’) video ‘packets’ over others or otherwise discriminate among Internet traffic,” according to a blog post published Wednesday afternoon.

この水曜日に、 Google は Fiber Internet Access 事業部を介して、ピアリングとインターネット高速レーンに関連する議論に、継続的に参加していくことを表明した。 そして、想像するに、どちらも、Google は用いていない。ゆっくりと、カバーする範囲を広げているファイバーであるが、水曜日(5/21)にポストされたブログによると、「ビデオのパケットに優先順位をつけることや(一部の事業者で行われている)、特定のインターネット・トラフィックを区別するようなことは行っていない」とのことだ。

Google also said it doesn’t charge for peering, and instead invites content providers and content delivery networks to colocate within their facilities to get their content closer to the end user. Google identified Akamai and Netflix as two companies that make use of colocation; Netflix has for some time tried to partner with ISPs and place its own OpenConnect caching appliances within the ISPs’ networks.

さらに Google は、ピアリングを有料化することもなければ、コンテントとエンドユーザーの距離を縮めるために、自身のファシリティ内にコンテント・プロバイダーを招き入れても、CDN をコロケートしても、それらに課金することはないと述べている。Google は、コロケーションを適用している事業者として、Akamai と Netflix の存在を認めている。これまでにも、Netflix は ISP と提携しようとしてきた。 つまり、対象となる ISP のネットワーク内に、独自の OpenConnect キャッシング·アプライアンスを配置してきた。

From the blog post:

“We also don’t charge because it’s really a win-win-win situation. It’s good for content providers because they can deliver really high-quality streaming video to their customers. For example, because Netflix colocated their servers along our network, their customers can access full 1080p HD and, for those who own a 4K TV, Netflix in Ultra HD 4K. It’s good for us because it saves us money (it’s easier to transport video traffic from a local server than it is to transport it thousands of miles). But most importantly, we do this because it gives Fiber users the fastest, most direct route to their content.”

私たちが課金しないのは、それが、まさに Win Win Win の状況でもあるからだ。まず、コンテント・プロバイダーだが、きわめて高品質なビデオ・ストリーミングを、顧客に提供できるので、きわめて良いことになる。 たとえば Netflix の場合、私たちのネットワーク内にサーバーをコロケートしているため、その顧客たちは Full 1080 HD のビデオにアクセスできる。 そして、4K TV を持っているなら、Netflix の Ultra HD 4K を楽しめる。 そして、私たち ISP にとっても、コストを節約できるので、とても良いことだ (つまり、ローカル・サーバーから、何千マイルもビデオ・トラフィックを飛ばすよりも簡単だ) 。しかし、私たちが、そうする、最も重要な理由は、ファイバーのユーザーに最速を提供することにある。コンテントに対する、最もダイレクトなルートを提供するのだ。 

Of course, this was more that Google gloating about how fast Fiber is. The post also comes at a time where Netflix sees itself pressured to strike paid peering deals with companies like Comcast and Verizon to improve an otherwise subpar video streaming experience for the customers of those ISPs.

もちろん、こうした展開は、Google がフィアバーの高速性に、単に満足する以上のものとなっている。そして、このポストは、Netflix が有償のピアリング契約により、プレッシャーを受けているときに掲載された。つまり、Comcast や Verizon といった ISP が、基準以下としか考えられないビデオ・ストリーミング・エクスペリエンスを、それぞれの顧客に押し付け、それを改善するためという名目で対価を要求しているのだ。

Related research

Why broadcasters must adopt new over-the-top strategies to reach audiences Nov 2012
OTT technologies and strategies for broadcasters Nov 2012
A look back at the first quarter of 2014 Apr 2014

ーーーーー

3年ほど前に「Google の超高速インターネット(1G BPS)実験が、Kansas City に決定!」というポストで紹介したものが、Google Fiber という名称で実運用されているのだと思います。 Netflix にファスト・レーン料金を請求する他の ISP と比べて、そのインフラは先進的なものであり、それだからこそ、Win Win Win の関係が築けるのかもしれません。 とは言え、それで採算がとれているなら、他社にも出来ないはずはないわけです。 いわゆる、ネットの中立性に関して、既存の ISP たちが述べている論拠を、Google は根本から、ひっくり返そうとしているのでしょう。

ーーーーー

<関連>

アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!

アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する

Posted in Entertainment, Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on July 5, 2014

Netflix to Start Offering ‘Breaking Bad’ in Glorious 4K in June
http://wp.me/pwo1E-7DI

By Stan Schroeder – May 8, 2014
http://mashable.com/2014/05/08/breaking-bad-4k-netflix/

_ Mashable

Netflix will start offering Breaking Bad as a 4K streaming option starting this June, the company has confirmed.

Netflix は、この 6月から、Beaking Bad の4Kストリーミングを、オプションとして開始する。 それは、同社が確認していることでもある。

The company has been licensed by Sony to offer the series, and a remaster with 4K resolution (that’s 3840×2160 pixels), and 5.1 surround sound is almost complete, Pocket-lint reports.

Pocket-lint のレポートによると、このシリーズを提供するために、Netflix は Sony とライセンス契約をかわしており、4K の解像度(3840 x 2160 Pixel)と 5.1 サラウンドのためのリマスタリングが、ほぼ完成しているという。

Image: AMC

Netflix launched its first Ultra HD videos in Nov. 2013, and made a deal focusing on 4K content with Sony in Jan. 2014. The first series to receive the 4K treatment was Netflix’s own House of Cards this April. The company also plans to release its original series Orange is the new Black in 4k, with other shows to follow.

Netflix が、初の Ultra HD ビデオを開始したのは 2013年11月であり、2014年1月には Sony から 4K コンテンツを入手するための取り引きに入っている。最初に 4K 対応が済んだのは、Netflix 自身の House of Cards シリーズ あり、この 4月のことであった。 さらに同社は、オリジナル 4K シリーズとして、Orange is the new Black のリリースを計画しており、その他のコンテントも続いていく。

“You’ll see us license more and more content. So we’ll do Breaking Bad, but we’ll also do all of the Originals that make sense that have a format or style that benefit from that better video quality,” Greg Peters, chief streaming and partnerships officer at Netflix, told The Telegraph.

「私たちが、より多くのコンテント・ライセンスを得ていくことを目にするだろう。まずは、Breaking Bad から始まるが、それに続いて、すべてのオリジナルを 4K 化していく。 つまり、より優れたビデオ品質のための、フォーマットとスタイルを、それにより確立していく」と、Netflix の Chief Streaming and Partnerships Officer である、Greg Peters  が The Telegraph に語っている。

As for TVs that actually let you enjoy Ultra HD content, the situation is getting better by the day. Sony and Samsung will soon be devoting special areas in Best Buy stores, showcasing their 4K TVs. Meanwhile, the prices of 4K sets are falling dramatically, with several manufacturers planning to offer sub-$1,000 models.

実際に Ultra HD コンテンツを TV で楽しめるように、状況は日ごとに良くなっている。すぐに Sony と Samsung が、彼らの 4K テレビを展示するために、Best Buy の店舗にスペシャル・コーナーを設けるだろう。その一方で、4K セットの価格は、劇的に低価格化していく。いくつかのメーカーが、$1000 を切るモデルを計画しているほどである。

See also: 4K vs. HD: Here’s the Difference

ーーーーー

今回の W杯でも HD 品質のビデオがたくさん流れていますが、より以上の高品質を売りものにするストリーミング・サービスが始まるようです。この、5月にポストされた記事では、6月から開始の予定とされているので、もう、すでに始まっているのでしょう。 しかし、HD の 4枚分に相当するピクセル数を要求する、この 4K ストリーミングが始まると、どの程度の負荷が ISP たちに生じるのでしょうか? Netflix は、Comcast や Verizon といった ISP と、有償のピアリング契約を結んでいるので、それなら 4K も流し込むぞというスタンスなのでしょう。 ネットの中立性をめぐる騒動を考えると、火に油を注ぐような展開になってきました。

ーーーーー

<関連>

ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?

Posted in Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on June 18, 2014

Netflix And Verizon Just Reached A Deal To Improve Video-Streaming Quality
http://wp.me/pwo1E-7Al

Kyle Russell – Apr. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/netflix-and-verizon-just-reached-a-deal-to-improve-video-streaming-quality-2014-4

_ Business Insider

Netflix and Verizon have come to an arrangement that should ensure quality television and movie streams for Verizon customers for the foreseeable future.

Netflix と Verizon は、そう遠くない将来において、Verizon のサブスクライバーに高品質のテレビ/映画ストリーミングを約束するための、段取りを整えている。

JD Lasica
Socialmedia.biz
Netflix CEO
Reed Hastings

While details remain confidential, the deal is likely similar to the deal made between Netflix and Comcast back in February.

詳細について明らかにされていないが、この 2月に Netflix と Comcast の間で交わされたものと、似たような契約になるだろう。

As we wrote in our guide to understanding the Netflix-Comcast deal, here’s what it boils down to: Netflix will pay Verizon an undisclosed sum, and in exchange Verizon will connect directly to Netflix’s servers, improving streaming quality for all Netflix content.

私たちがポストした、Netflix‐Comcast 取引を理解するためのガイドとして、ここでの出来事を要約すると、Netflix は Verison に対して、何らかの対価を支払うことになる。 そして、それと引き換えに、Verizon は Netflix サーバーとのダイレクト接続を確立し、そのコンテンツ・ストリーミングにおける品質を改善していく。

Netflix VP Joris Evers confirmed the deal in a tweet this afternoon:

Netflix の VP である Joris Evers は、この取引について、今日の午後にツイートしている:

According to Verizon CEO Lowell McAdam, Verizon and Netflix have been negotiating over this deal for more than a year now; shortly after the Comcast deal, he said that he expected Netflix and his company to come to a similar arrangement.

Verison の CEO である Lowwell McAdam によると、Verizon と Netflix は、1年以上もの時間をかけて、この契約について交渉してきた。 そして、Comcast との契約の直後に、Netflix と Verizon も同様の契約に至ることを期待していると述べていた。

But in the two months since he agreed to pay Comcast, Hastings and Netflix have been arguing against such arrangements, calling for a "stronger" understanding of net neutrality and claiming that Comcast is "double-dipping" by charging its customers to access Netflix and charging Netflix to access its customers.

しかし、Comcast への支払に同意してからの 2ヶ月間というもの、Hastings と Netflix はネットの中立性に対する強い理解を求め、また、このような状況を批判してきた。そして Comcast は、Netflix が顧客にアクセスするときと、顧客が Netflix にアクセスするときに、料金を二重取りしていると主張してきた。

While Verizon customers tired of poor stream quality can be happy about the news, it’s been interesting to watch Netflix executives angrily yell about Internet service provider practices while paying money to enable those very same practices. As we’ve written before, it’s not entirely clear what Hastings is hoping for in the long term.

ストリーミングのプアな品質にうんざりしていた Verizon の顧客は、このニュースを喜んで受け入れているのだが、その ISP の行動について Netflix の経営陣たちが腹を立て、また、その行為に対して対価を支払うというのは、興味深い状況であった。 だたし、以前にも述べたように、長期的なスパンにおいて、Hastings が望んでいるものが、完全に見えているわけではない

SEE ALSO:  What the heck is Netflix CEO Reed Hastings up to?

ーーーーー

この、ネットの中立性に関しては、かなりの時間を費やして追いかけているのですが、全体的な動きが速すぎて、なかなかリアルタイムに翻訳できていないという状況です。前回の「ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた」という抄訳では、この両社で起こっている遅延を視覚化していますが、それが不可抗力によるものなのか、恣意的に操作されているものなのか、そのあたりが議論の対象になっているように思えます。

ーーーーー

<関連>

Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

Posted in Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on June 7, 2014

Will Netflix Speeds Improve For Verizon, AT&T Internet Customers Anytime Soon?
http://wp.me/pwo1E-7yH
By Chris Morran March 31, 2014
http://consumerist.com/2014/03/31/will-netflix-speeds-improve-for-verizon-att-internet-customers-anytime-soon/

Starting in the second half of 2013, Netflix speeds on several major Internet service providers began to sink drastically as the ISPs allowed Netflix downstream traffic to bottleneck, resulting in slow, fitful delivery to consumers who had paid Netflix for the service and the ISPs for broadband access. Earlier this year, Comcast speeds turned up out of their nosedive when the company made a profitable deal with Netflix, but what about everyone else?

2013年の下期に入ったころに始まった、Netflix のスピード・ダウンだが、そのダウン・ストリームの遅延について、それぞれの IPS が許容するにつれて、その深刻さを増している。その結果として、そのビデオ・サービスのために Netflix へと、そして、ブロードバンド・アクセスのために ISP へと、対価を支払っている消費者にとって、配信の遅延や画像の劣化という問題が生じている。そして、今年の初めに、Comcast は Netflix から、収益の分前を受け取る契約を交わし、その速度の劣化から抜けだしているが、その他の ISP は、どうするのだろう?

A recent story from ArsTechnica looks at the possible cause for a delay in a paid-peering deal between Netflix and two major SPs whose customers are currently lucky if they are able to access Netflix at all — Verizon FiOS and AT&T U-Verse.

先日の ArsTechnica の記事では、Verizon FiOS および  AT&T U-Verse と、Netflix との間における、有償ピアリング契約が遅れている原因が注目されていたが、この ISP の顧客で、まったく問題なく Netflix にアクセスできるなら、それはラッキーだと言わざるを得ない。

クリックで拡大 ⇒

As you can see from the Netflix-supplied chart above, U-Verse speeds have been sinking last September, rebounding slightly in February, but still barely watchable at below 1.7 Mbps.

Netflix が提供する、このチャートからも見て取れるように、U-Verse におけるスピードは昨年の 9月に沈み始め、2月に少しだけ反発しているが、視聴可能帯域である 1.7 Mbps には僅かに足りていない。

Verizon FiOS speeds were actually improving until the fall of 2013, when they began to drop. Then between December and January — a time period that just happens to coincide with a federal court’s gutting of the FCC’s net neutrality rules — they sank like a wily coyote with an Acme safe around his ankle, and have continued to slide.

Verizon FiOS のスピードに関しては、2013年の秋まで上昇しているが、そこから低下し始めたという現実がある。そして、年末から年始にかけて、つまり、FCC のネット・ニュートラリティの規則を、連邦裁判所の骨抜きにしたタイミングに合わせて、狡猾なコヨーテのように Acme パケットを絞り込み、その後も低下させ続けている。

It’s been reported that Netflix is in talks to make a Comcast-like deal with these two companies, one that would either put Netflix servers in the ISPs’ data centers or give it more direct access to the ISPs network. But why haven’t there been any deals made?

また、Netflix は Comcast のケースのように、この二社とも契約を交わす準備を進めているというレポートもある。その場合には、対象となる ISP のデータセンター内に Netflix のサーバーを設置するか、ISP のネットワークをダイレクトにアクセスする形になるだろう。しかし、それが進んでいないのだろうか?

The better question might be why did the Comcast deal come together when it did?

最も適切な問いは、Comcast が上手く契約できた、その要因を考えることではないだろうか?

Ars reports that Comcast had initially wanted a significant amount of money ($.01 per GB) from Netflix, but that it ultimately settled for less than that in order to get the deal done in time to help make the company’s “We’re pro-consumer” case to regulators.

Ars のレポートによると、当初 Comcast は Netflix に対して、かなりの金額($0.1/GB)を要求していたが、同社の “We’re pro-consumer” という訴えを、規制当局にアピールしていく流れの中で、それよりも少ない金額に、最終的には落ち着いたとされている。

Additionally, as part of its previous acquisition of NBC Universal, Comcast has agreed to abide by the net neutrality rules through 2018, regardless of the court’s trashing of the guidelines. While allowing the Netflix bottlenecks is not explicitly in violation of those rules, the last thing Comcast wants when it’s trying to buy Time Warner Cable is additional scrutiny from regulators.

また、それに加えて、以前に行われた NBC Universal に対する買収時に、法廷における些細なガイドラインとは関係なく、2018年まで Comcast は、ネット・ニュートラリティの規則に従うことに同意している。Netflix に対するボトルネックを許容しても、それらのルールに明示的に違反するものとはならないが、最終的に Comcast が望んだのは、Time Warner Cable を買収する際の、規制当局からの追加の監査であった。

But Verizon and AT&T aren’t in the process of trying to acquire a major competitor, so they lack that motivation to capitulate on pricing or other Netflix demands.

しかし、Verizon と AT&T は、このような大手コンペティタを買収するプロセスにないので、Netflix の言う価格や要求に、屈服する要因を持ち得ないのだ。

Likewise, neither Verizon nor AT&T have a customer base the size of Comcast, so Netflix may think it can play chicken as it can better handle losing angry FiOS and U-Verse subscribers than those companies can.

さらに言えば、Verizon も AT&T も、Comcast のようなユーザー・ベースを持っていない。したがって、Netflix は、FiOS および U-Verse と取引するよりも、それらのサブスクライバーの怒りをかわす道があると考えているのかもしれない。

One final thing to consider is that FiOS and U-Verse often exist in the few markets where there is some sort of competition for cable and Internet service, so Netflix may be banking that disgruntled subscribers may flee Verizon or AT&T for another company.

FiOS と U-Verse について、最後に考えるべきことは、ケーブル TV およびインターネットのサービスと競合する、数少ないマーケットの大半に、彼らが顔を出している点である。したがって、Netflix は、不満を持つ FiOS と U-Verse のサブスクライバーたちが、他の ISP に乗り換えるように仕向けていくだろう。

Rest assured that, barring more strenuous net neutrality rules that ban bottlenecks, these deals will be made at some point. But Netflix will go as long as it can before having to shell out hundreds of millions of dollars for the access it once enjoyed without that toll, and the ISPs are going to try to get as much for access to their pipelines as possible.

ネット・ニュートラリティの規則が、ボトルネックを禁止するよう、これまで以上に促進される一方で、こうした契約が、いくつかのケースで実現していくだろう。しかし、Netflix は、かつては無料であったアクセスのために、膨大な対価を支払うことになる前に、行けるところまで突き進むだろう。そして ISP たちは、そのパイプラインへのアクセスに関して、可能な限りの対価を得ようとしていくだろう。

ーーーーー

先日に、「 Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか? 」という抄訳をポストしましたが、このコンテントの方が先行して提供されていたようです。Verison も AT&T も、いわゆる Slow Lane の存在を否定しますが、このチャートを見ると何かが変だと、思えてきてしまいます。 その一方で、Comcast のケースのように、Fast Lane を購入するというソリューションは、ユーザーにとって良い結果をもたらすことが可能ですが、それでネットの中立性が保てるのかというと、やはり疑問が残ります。たしか、いまは、FCC がパブリック・コメントを集めている時期だったと思いますが、良い機会なので、議論を尽くして欲しいですね。

ーーーーー

<関連>

Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る

Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?

Posted in Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on May 28, 2014

Comcast customers get much faster Netflix streams, thanks to peering deal
http://wp.me/pwo1E-7wu
By Janko Roettgers – April 14, 2014 
http://gigaom.com/2014/04/14/comcast-faster-netflix/

_ Giga Om

Summary: Netflix may have only signed the peering agreement with Comcast because it had to, but the results clearly show a better performance for Comcast subscribers.

Summary: おそらく、Netflix は、その必要性があった Comcast とだけ、ピアリング契約を締結しているのだろう。その結果は明らかであり、Comcast のサブスクライバーにとって、嬉しいパフォーマンスが示されている。

The peering deal between Netflix and Comcast seems to be paying off for consumers: The average speed of Netflix streams consumed by Comcast subscribers has increased by 65 percent over the last two months, according to Netflix’s most recent ISP Speed Index. In January, Comcast customers accessed Netflix with an average bit rate of 1.51 Mbps. By March, that rate was up to 2.5 Mbps.

Netflix と Comcast のピアリング契約は、消費者にとって、良い結果をもたらしているようだ。Netflix が実施した最近の ISP Speed Index によると、Comcast のサブスクライバーが消費する、Netflix のストリーム平均速度は、直近の 2ヶ月間に対して 65% の増大となっている。Comcast の顧客たちは、Netflix へアクセスに関して、1月の時点では平均で 1.51 Mbps のビットレートだったが、3月には 2.5 Mbps まで上昇している。

The average performance of Netflix streams consumed by Comcast subscribers. Data: Netflix.

This increase led to Comcast climbing the charts in Netflix’s monthly speed index, where the company is now fifth among the country’s big ISPs. Comcast still comes in behind Charter, Suddenlink, Cablevision and Cox, but is faster than Time Warner Cable, Verizon or AT&T.

この上昇により、Netflix の Monthly Speed Index を、Comcast は駆け上ることになり、アメリカ国内の大手 ISP の中で5番目のポジションを確保している。そして、Comcast の上には、依然として Charter/Suddenlink/Cablevision/Cox などが並んでいるが、Time Warner Cable/Verizon/AT&T よりも高速であると示している。

Netflix entered a paid peering agreement with Comcast in February after previously resisting demands by internet providers to pay for peering. The agreement guarantees Netflix enough peering capacity to prevent slow-downs when its traffic enters Comcast’s network, but it also sets a precedent for content providers paying ISPs for their traffic.

当初 Netflix は、ISP に対してピアリング対価を支払うことに抵抗していたが、この 2月に Comcast との契約を締結している。この契約は、Netflix のトラフィックが Comcast のネットワークに入る際に、充分なピアリング・キャパシティを保証することで、スローダウンを防止するものであるが、コンテンツ・プロバイダーが自身のトラフィックのために、ISP に対価を支払うという前例にもなり得る。

Netflix subsequently called on the FCC to make peering a net neutrality issue and prevent ISPs from charging these kinds of peering fees, but the commission declined to take up the issue.

その後も Netflix は FCC に対して、ピアリングをネット・ニュートラリティの問題として取り扱い、ISP によるピアリング課金を抑制すべきと呼びかけているが、同委員会は、それを問題視することに否定的である。

Correction: A previous version of this story said that the average speed for Comcast customers in January was 1.15 Mbps, when in fact it was 1.51 Mbps. We updated the story at 1:08 pm with the correct number.

Related research

How consumer media consumption shifted in the second quarter July 2013
How mobile will disrupt the living room in 2014 February 2014
How the truly smart home could finally become a reality August 2013

ーーーーー

先日にポストした、「 Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る 」という抄訳と合わせて読めば、Netflix として背に腹の変えられない状況であったことが、最初のチャートから伝わってきます。 しかし、このピアリング契約に Netflix が喜んでいるかといえば、そうでもなく、だいぶ怒っているようです。 ネット・ニュートラリティの議論に大きく関わる1つの事象でもあるだけに、Netflix には、今後も継続して情報を開示してほしいと思います。 また、有償/無償の議論は別にして、ダイレクト・ピアリングの有効性を、このチャートが示していますね! そう考えると、とても興味深い展開です。

ーーーーー

<関連>

Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
米ネットフリックス第1四半期は予想以上の増益、値上げも発表

Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!

Posted in Government, Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on May 14, 2014

Verizon and AT&T Have Netflix Deals in the Works, Too
http://wp.me/pwo1E-7uH

By Jason Abbruzzese – Feb 25, 2014
http://mashable.com/2014/02/24/netflix-verizon-deal/

_ Mashable

UPDATE: Feb. 24, 2014 at 4:15 p.m. ET: AT&T has confirmed to Mashable that is also in negotiations with Netflix to connect networks in an effort to improve performance.

UPDATE: Feb. 24, 2014 at 4:15 p.m. ET: AT&T も Mashable に対して、パフォーマンス改善のためのネットワーク接続に関して、Netflix と交渉中だと回答してきた。

A day after Comcast signed a network connection deal with Netflix to boost data speeds, Verizon’s chief executive told CNBC that his company has been in talks with the streaming video pioneer for the past year.

Comcast と Netflix が、そのビデオ・ストリーミングのためにデータ転送速度を高める、ネットワーク接続の契約を締結した翌日に、Verizon の CEO が CNBC に語ったのは、このビデオ・ストリーミング企業と、すでに昨年から交渉の途に付いているという内容であった。

Just a day after Comcast and Netflix announced a new peering deal, Verizon’s CEO said it had also been in talks with the stream video service.

Image: Michael Probst
Associated Press

The statements from Verizon CEO Lowell McAdams highlights how the Comcast/Netflix deal may become the first of many arrangements in which money is paid to gain physical access to networks and therefore greater speeds.

Verizon の CEO である Lowell McAdams からのステートメントは、Comcast/Netflix の契約が、これから生じるであろう、数多くの契約の最初の事例になるという点を強調するものであった。ただし、ネットワークへの物理アクセスは有償になるため、より以上のスピードを得るには対価が必要になるとしている。

McAdams said the agreement was not a surprise, and that something had to be done to address the increasing demands of streaming video from sources like Netflix.

そして、McAdams は、この契約について、驚くべきものではないとし、また、Netflix などからのビデオ・ストリーミングに関する需要の増加に対して、何らかの対処が必要であると述べている。

"In order to keep the Internet vibrant, we have to make the investments. And if you see someone come in with a lot of load on the Internet, the video, you have got to get that in an efficient place," McAdams told CNBC in an interview. "Making the connection far out in the network is a good thing, and frankly paying for it, the commercial model, I think will work pretty well.

「 インターネットの活気を保つためには、投資をしなければならない。そして誰かが、つまりビデオが、インターネットの負荷を高めるにしても、効率の良い場所で、それを取得することが可能である。このネットワークにおいて、長距離の接続を実現することは、とても素晴しいことである。 しかし、率直に言って、それには費用がかかる。 つまり、商用モデルが必要であり、それは、かなり上手く機能すると、私は考えている」と、McAdams は CNBC のインタビューで語っている

He also implied that these types of deals showcase the ability for companies to come to agreements that benefit consumers without interference from government regulators.

そして、彼は、この種の契約は、政府の規制当局からの干渉なしに、消費者のメリットを達成するという意味で、一連の企業におけるショーケースになると示唆している。

"That shows that you don’t necessarily need a lot of regulation in a dynamic market," he added.

そして、「 それは、ダイナミックな市場において、数多くの規制を必要とせずに、実現できることを示している」と加えている。

Regulation of such deals has sparked controversy, as so-called "peering" arrangements of the type that Comcast and Netflix have struck fall outside of typical Internet regulation, including net neutrality.

このような契約における規制とは、「ピアリング」と呼ばれる協定に関する論争を示している。つまり、Comcast と Netflix は、ネット ニュートラリティも取り込んだ、総論としてのインターネット規制の、外側へと抜け出していることになる。

But as these deals become more common and begin to affect the market, the chance of regulators stepping in grows.

しかし、こうした契約が一般的になり、また、マーケットに対して影響を与え始めると、規制当局が介入してくる可能性が高くなる。

"Net neutrality rules fashioned by the FCC were largely thought to deal with retail access by customers — what consumers could and couldn’t be restricted from doing online — rather than on the internal peering arrangements within the system," Jonathan Zittrain, a professor of Internet law at Harvard University, told Mashable in an email. "Though the latter is no doubt something of great interest for the FCC to be following, since it can have such an impact on consumers.”

「 FCC により作成されたネット・ニュートラリティのルールは、システム内におけるピアリングの協定というより、小口の顧客がインターネットにアクセスする際のものとして考えられていた。つまり、オンラインに受け入れるべき消費者と、排除すべき消費者を、識別するためのものであった。それにもかかわらず、ピアリング協定が、FCC が関心をもつ何かになったことに、疑いの余地はない。なぜなら、それは、消費者に大きな影響を与えるものに、なり得るからである」と、Harvard University の Professor of Internet Law である、Jonathan Zittrain は Mashable に語っている。

ーーーーー

今週も、FCC がネット・リュートラリティに関して、その新しい提案内容を再考するというようなニュースが流れています。 そして、Netflix をめぐる話ですが、Comcast にかぎらず Verizon も AT&T も、2月の時点で交渉を進めていたようです。 これで、背景となる、これまでの経緯シリーズは終わりです。 次回は、Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリングで、どのような変化が生じたのかを、実測値で示すコンテントをポストする予定です。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る

%d bloggers like this: