Agile Cat — in the cloud

リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on July 29, 2014

THE PROGRAMMATIC ADVERTISING REPORT: Mobile, Video, and Real-Time Bidding Will Catapult Programmatic Ad Spend
http://wp.me/pwo1E-7HP

Mark Hoelzel – Jul. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/the-programmatic-ad-report-2014-7

_ Business Insider

Programmatic platforms are on pace to fundamentally reshape the entire digital advertising landscape.

この、プログラムで制御されるプラットフォームにより、デジタル・アドの世界を再編する、基本的なペースが構成されていく。

These platforms are automating much of the ad buying and selling process and increasing the accuracy of execution. Programmatic technologies are helping ad buyers find the right audience at the right price at the right time.

これらのプラットフォームは、広告の売り買いにおける大半のプロセスを自動化し、その運用の精度を高めていく。 具体的に言うと、プログラム化されたテクノロジーにより、適切なターゲットに対して、適切なコストとタイミングで広告が提供されるよう、その広告主を支援していくことになる。

A new report from BI Intelligence finds that real-time bidding (RTB), a key piece of the programmatic ecosystem, will account for over $18.2 billion in U.S. digital ad revenues in 2018, up from just $3.1 billion in 2013.

BI Intelligence新しいレポートが指摘するのは、このプログラムで結び付けられるエコシステムのコアとしての、Real-Time Bidding(RTB)の存在である。それにより、アメリカのデジタル広告は、2013年の $3.1 Billion から 2018年の $18.2 Billion へと、売上高を伸ばすとされる。

In the report, BI Intelligence looks at the drivers of programmatic adoption, sizes up the programmatic market, and outlines the barriers that some advertisers and publishers face when adopting programmatic technologies.

このレポートにおいて BI Intelligence は、プログラムの適用を推進する要素と、マーケット・サイズの拡大に注目している。 そして、このプログラムのテクノロジーを採用する場合に、広告主とパブリッシャーが直面する可能性のある、いくつかの障壁について概説している。

Here are some of the key takeaways from the report:

以下は、このレポートから抽出した、いくつかの要点である:

  • Programmatic and real-time bidding (RTB) ad spend is growing fast. RTB will account for over $18.2 billion of U.S. digital ad sales in 2018, up from just $3.1 billion in 2013, growing at a compound annual growth rate of 42%.
  • Mobile and video ads will be a major driver of this growth, with RTB sales for these formats topping $6.8 billion and $3.9 billion in 2018, respectively.
  • A number of companies are already cashing in on the growing programmatic market. Top programmatic ad companies include Criteo, Rocket Fuel, the Rubicon Project, and AOL. These four companies pulled in more than $1.5 billion in combined global ad revenue in 2013, accounting for more than one-tenth of global programmatic ad dollars.
  • Prices for programmatic ads are increasing for almost all ad types, as demand outpaces supply. The effective cost per thousand impressions (eCPM) for social ads was up by 64% between January through April 2014, compared to the same time period one year earlier, according to Turn.
  • There are still a number of barriers to adoption. Top barriers include brand worries that they will lose control over where their ads will appear, internal resistance at ad agencies, and lack of transparency in the industry over methods and results.
  • プログラムと RTB を用いる広告が、その規模を急速に成長させていく。RTB は 42% という平均年間成長率で拡大し、2013年の $3.1 Billion から 2018年の $18.2 Billion へと、売上高を伸ばしていく。
  • モバイルとビデオを介した広告が、この成長の主たる要因となる。それらのフォーマットの RTB セールスは、2018年の時点で、$6.8 Billion と $3.9 Billion に至る。
  • 数多くの企業が、この成長の途上にあるマーケットから、すでに利益を得ている。プログラムを用いた広告を展開するトップ企業には、Criteo/Rocket Fuel/Rubicon Project/AOL などが含まれる。これらの 4社は、2013年のグローバル・アド市場で、$1.5 Billion 以上の売上を占め、また、グローバル・プログラマブル・アド市場の 1/10 以上を占めている。
  • プログラムを用いた広告の、需要が供給をしのぐにつれて、ほぼすべての広告タイプの価格が上昇している。Turn によると、ソーシャル・アドにおける eCPM(effective cost per thousand impressions)は、2014年1月〜4月の期間において、前年比で 64% の上昇を見せている。
  • ただし、その採用においては、かなりの障壁が残ってる。その中では、広告が表示される場所のコントロールを失うという、広告主たちのメンタリティーの問題が顕著である。また、広告代理店における内部での抵抗感や、手法と結果を紐付けるための透明性の欠如などが挙げられる。

ーーーーー

先日、なにかの拍子に、「ここから上野駅」という音声入力で、目的地までの所要時間を検索できますという、Google のモバイル検索を紹介するビデオをみました。 それを検索する、旅先のロケーションが、とても長い名前の駅なので、しかも早口言葉のような駅名なので、そんなに難しいことをしなくても、Location Service さえ活かしておけば、「ここ」で代用できますよ、、、という話です。 そこで、気になるのが、検索結果を示すコンテントには、どのような広告が入ってくるのかという点です。 上野駅に着くのが夕方なら、レストランの広告が入るのかもしれません。この CM に登場するのは、三人のお嬢さんなので、おしゃれなワインバーが紹介されるのかもしれませんし、それがオッサンなら、居酒屋になるのかもしれません。 ・・・・・ そして、ここで言う広告が表示される数ミリ秒前に、広告スペースを売りたいメディアと、枠を買っている広告主との間で、RTB(Real-Time Bidding)が成立するのだそうです。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!

Posted in Asia, Mobile, Research by Agile Cat on July 26, 2014

China’s mobile internet users now outnumber its PC internet users
http://wp.me/pwo1E-7Ht

July 22, 2014 − by Paul Bischoff
http://www.techinasia.com/chinas-mobile-internet-users-outnumber-pc-internet-users/

_ tech in asia

China now has 632 million internet users, according to the latest report from the China Internet Network Information Center (CNNIC). These numbers for June 2014 reveal internet penetration in the country is still shy of the halfway mark at 46.9 percent.

いまや、China のインターネット・ユーザー数は 6.32 億人に達したと、China Internet Network Information Center (CNNIC) の最新レポートが伝えている。そして、2014年 6月 における同国のインターネット普及率は、依然として半数に届かない、46.9% に留まっている。

Mobile internet users continued to surge to 527 million from 460 million six months ago. 83.4 percent of netizens access the web via mobile device, which for the first time ever has surpassed those who access the web via PC at 80.9 percent.

モバイル・インターネット・ユーザーに関しては、6ヶ月前の 4.6億人から 5.27億人へと大幅に増加した。 つまり、Netizen の 83.4% が、モバイル・デバイスを介して Web にアクセスし、初めて PC の 80.9% を上回ることになった。

The report shows that not only did number of mobile internet users rise, the number of people accessing the internet via PC actually dipped.

このレポートは、モバイル・インターネット・ユーザー数が上昇したことを示すだけではなく、PC を介してインターネットにアクセスする人々の数が減ったことも伝えている。

CNNIC attributes much of that mobile internet growth to ecommerce and gaming. 38.9 percent of mobile internet users now utilize mobile payments, up from 25.1 percent in December.

CNNIC は、主として eコマースやゲームが、モバイル・インターネットの成長を支えると捉えている。いまでは、モバイル・インターネット・ユーザーの 38.9 %が、モバイル決済を利用しているが、昨年 12月の時点では 25.1% に過ぎなかった。

About a quarter of all travel reservations are made via mobile. Much of those payments also go towards games. China has 368 million online gamers. 47.8 percent of them play mobile games.

また、すべての旅行の約 1/4 が、モバイルを介して予約されている。 また、ゲームにおいても、モバイル決済が主流である。China には、3.68億人のオンライン・ゲーマーがいるが、そのうちの 47.8% がモバイル・ゲームを楽しんでいる。

CNNIC notes over 10 percent of internet users in the country now invest in online banking products. That’s 63.8 million users just one year after services like Alibaba’s Yuebao and Baidu Jinrong were launched.

CNNIC の指摘によると、同国のインターネット・ユーザーの 10% 以上が、オンライン・バンキングを活用している。 つまり、Alibaba の Yuebao や、Baidu の Jinrong といったサービスが立ち上がってから、わずか1年で 6380万人のユーザーが、それらを使い始めたことになる。

Editing by Josh Horwitz

ーーーーー

それにしても、すごい勢いですね。 それは、ユーザー数だけだではなく、Alibaba/Tencent/Baidu などにおけるビジネスの成功にも現れています。その意味で、インターネットの経済面のみでの活用という、北京政府の思惑が成功しているようですが、それがすっと続くのか、あるいは、どこかで変化するのか、そのあたりが興味深いです。 ちなみに、2番目のチャートですが、文面と照らし合わせると「手机=モバイル」で良いようです。 それと、調べてみたら「台式電脳=デスクトップ PC」で、「筆記本電脳=ノートPC」のようです。 

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する 
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on July 24, 2014

China excites, Japan disappoints in Apple’s newest earnings
http://wp.me/pwo1E-7H6
July 23, 2014 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/apple-q3-fy2014-earnings-strong-revenue-rise-china/

_ tech in asia

Apple’s (NASDAQ:AAPL) newest financial earnings report (for fiscal 2014 Q3; or April to June in human time) shows stellar growth in China. Here’s Apple’s break-down (PDF) in revenue across Asia-Pacific for the past quarter:

Apple(NASDAQ AAPL)における最も新しい収支報告書 (会計年度 2014 Q3:4月〜6月) には、China での目覚ましい成長が記されている。 以下は、この四半期における Asia-Pacific の売上を、Apple が分析した結果である  (PDF):

Greater China (inc. Hong Kong and Taiwan): US$5.94 billion – up 28% year-on-year

Japan: US$2.56 billion – up 1% year-on-year

Rest of Asia-Pacific: US$2.16 billion – up 6% year-on-year

That amounts to a US$10.66 billion total revenue from across Asia-Pacific for Apple, which is up from US$9.23 billion for those three areas at the same period last year. So Apple’s Asia revenues have grown 15.5 percent in the past 12 months.

つまり、Asia-Pacific 全域から Apple に対して、US$10.66 billion の売上がもたらされたことになるが、それら 3つの地域における昨年同期の売上は US$9.23 billion であったとされる。したがって、Apple のアジアでの収益は、この12ヶ月間で 15.5% ほど成長していることになる。

All those numbers are from a grand total for Q3 of US$37.4 billion across all regions plus Apple’s retail segment. The company’s quarterly net profit was US$7.7 billion. Apple shifted 35.2 million iPhones in the past quarter, along with 13.3 million iPads, 4.4 million Macs, and 2.9 million iPods – but there’s no regional breakdown for those gadgets.

これらの、すべての数字は、Apple の小売部門の Q3 売上を、グローバルで合算した US$37.4 billion に基づいている。そして、同社の四半期純利益は US$7.7 billion となる。そして、台数ベースでは、35.2 million の iPhone と、13.3 million の iPad、4.4 million の Mac、2.9 million の iPod を、この四半期に販売しているが、地域ごとのデータは公表されていない。

China apps boom?

In Apple’s earnings conference call, CEO Tim Cook said (in a summary provided by the WSJ) that iTunes and the iOS App Store were the strongest growth elements for Apple in China. That’s perhaps surprising considering that iTunes has no music or movie offerings in China and is limited to just apps, free ebooks, podcasts (also free), and iTunesU (free).

Apple の収支報告カンファレンス・コールで CEO のTim Cook は、China で Apple が成長する上で、iTunes と iOS App Store は大きな要因になったと述べている(概要を WSJ が提供)。 つまり、iTunes が China に対して Music と Movie を供給せず、また、提供するものが、無償アプリおよび、無料の電子ブック、ポッドキャスト、iTunes U に制限されていることを考えると、おそらく、大きな驚きとなるはずだ。

China’s spending on apps tends to be low. A recent report from App Annie pointed out that China downloads the second largest number of iOS apps in the world after the US, but it still spends less money on them than the much less populated Japan.

China における、アプリへの支出は低迷の傾向にある。App Annie の最新レポートは、China は US に次いで、iOS アプリのダウンロード数で二番手であると指摘しているが、それに対する支出となると、はるかに人口の少ない Japan よりも、少額しか費やしていないのである。

Editing by Paul Bischoff

See: Apple to open new store in Chongqing on July 26 ahead of new retail push in China

ーーーーー

昨日ですが、NHK のニュースも、Apple の増収増益を報道していました。 そして、その推進力になっているのが、アジアのマーケットにおける成長だという、Apple のコメントも付け加えていました。 WWDC では Tim Cook が、中国における Android から iPhone への乗り換えの多さを指摘していましたが、このポストの数字を見ると、大きな成長が達成されたことが裏付けられますね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい

Posted in Apple, Asia, Mobile by Agile Cat on July 23, 2014

WSJ: Apple preparing 70M to 80M combined iPhone 6 units for biggest launch ever
http://wp.me/pwo1E-7GY
July 21, 2014 – By
AppleInsider Staff
http://appleinsider.com/articles/14/07/21/apple-preparing-70m-to-80m-combined-iphone-6-units-in-biggest-ever-iphone-launch-ever-

_ apple insider

Apple has reportedly asked partner suppliers in Asia to ramp up mass production of expected 4.7- and 5.5-inch "iPhone 6" models, with combined orders for both versions amounting to between 70 million and 80 million units.

伝えられるところによると、Apple はパートナーである Asia のサプライヤーたちに、4.7-inch と 5.5-inch と思われる iPhone 6 の両モデルを、量産するための指示を出したようだ。なお、双方のバージョンを合わせると、7000万〜8000万台にものぼる、発注の規模になるという。

"iPhone 6" and "iPhone 6c"
concepts by
Martin Hajek.

Citing sources familiar with the matter, The Wall Street Journal reports Apple is asking suppliers to produce between 70 million and 80 million 4.7-inch and 5.5-inch iPhone 6 models by the end of December, the biggest initial handset order in company history.

この件に精通している情報筋を引き合いに出すかたちで、The Wall Street Journal がレポートした内容によると、12月の終わりまでに Apple は、4.7-inch と 5.5-inch のモデルを合わせて、7000万〜8000万台もの iPhone 6 を製造したいと、サプライヤーたちに要求しているようだ。 同社の歴史の中で、このハンドセットの発注規模は、最大級のイニシャル・オーダーとなる。

As noted by the publication, the supposed order is much larger than the initial production run for combined iPhone 5s and 5c models, which came out to between 50 million and 60 million units in 2013.

今回の公表でも指摘されているように、想定されるイニシャル・オーダーの量は、2013年 の iPhone 5s/5c のときの 5000万〜6000万台と比べて、はるかに大きなものとなる。

In addition to the expectedly large launch offering, or offerings, Apple is reportedly asking suppliers to ready components for up to 120 million iPhones by the end of 2014 to compensate for possible display failures. With larger 4.7-inch and 5.5-inch screens, display makers are said to be seeing yield issues due to the inclusion of advanced in-cell touch technology. The overall figure is huge compared to last year, which saw Apple prepare parts for 90 million iPhones for its supply chain, sources said.

予想どおりの大規模なローンチに加えて、伝えられるところによると Apple は、ディスプレイの歩留まりを補正するために、この iPhone 用のコンポーネントを、2014年末を期限として 120万台分まで準備するよう、サプライヤーたちに求めているようだ。なお、4.7-inch と 5.5-inch という大型のスクリーンを採用することで、高度なセルタッチ・テクノロジーの取り込みが必要となり、また、ディスプレイ・メーカーたちは歩留まりの問題を気にしていると言われている。 全体的な発注量は、昨年と比べて大規模になっており、Apple は 9000万台の iPhone のための部品をサプライ・チェーンに要求していると、その情報筋は述べている。

It appears Apple may already be experiencing manufacturing delays, however, as the people said Foxconn and Pegatron are expected to start production of the 4.7-inch version in August. Foxconn is supposedly responsible for all 5.5-inch iPhone 6 orders and will begin manufacturing the "phablet" in September, suggesting the handset will not see release until October at the soonest.

そこから推測されるのは、すでに Apple は、製造ラインの遅れに悩まされているという可能性である。しかし、Foxconn と Pegatron は、8月から 4.7-inch の製造に入るだろうと、情報筋は述ている。また、Foxconn は、すべての 5.5-inch iPhone 6 の製造に責任を持っているはずであり、このファブレットの製造を 9月から開始するが、そのリリースは早くても 10月になると思われる。

The report contrasts a recent rumor that pegged iPhone 6 production to begin this week for the smaller version, while the larger next-gen model would hit the assembly line in August.

このレポートは、今週からの 4.7-inch の生産と、8月からの 5.5-inch の生産の開始という、最近のウワサを否定するものとなっている。

ーーーーー

一連のウワサを詳細まで見ているわけではありませんが、いつもの年より前倒しで、新しい iPhone をリリースというのは、ちょっと難しそうな感じですね。 このところ、台湾のマニュファクチャについても情報を漁っているのですが、大型スクリーンに関しては、歩留まりの問題もさることながら、製造が追いついていないという感じもします。 ひょっとすると、 Apple と Android 勢の間で、生産ラインの取り合いになっているのかもしれません。 これからも、いろいろなウワサが溢れ出てくるでしょうが、それを年中行事として楽しみたいと思っています。 :)

ーーーーー

<関連>

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
どうやら、Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?
Apple の 投資筋が iPhone 6 を熱望する理由:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
腕利きのアナリストが、Apple と iPhone 6 について分析する

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/6月

Posted in Mobile, Post-PC, Stat Counter by Agile Cat on July 21, 2014

Stat Counter で見た、2014年 6月までのデータです ・・・  
http://wp.me/pwo1E-7Gy
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Mobile3_thumb_thumb_thumb_[1]

2014年 5月に引き続き、世界を二分する iOS と Android のトラフィックを、1:Africa/2:Asia/3:Europe/4:North America/5:South America の各大陸および、6:Brazil/7:Russia/8:India/9: China の BRIC 諸国を項目として、チャートで抜き出してみました。

この 6月も、Android と Mobile Chrome の快進撃が続いています。以下のチャートは、Worldwide におけるスマホ/タブレットの OS トラフィック比較です。

クリックで拡大 ⇒

その抽出時の設定は、このポストの項目〔OS〕と同じであり、いつもの9枚のチャートで、表現しているデータの積み重ねが、この OS-Worlwide に集約されていると言ってもよいでしょう。 そして、モバイルの成長が著しい、BRIC 各国のデータと重ね合わせてみると、その中でも Brazil と India が、Android にとって大きな牽引力になっていることが分かります。もちろん、Russia と China でも伸びてはいるのですが、より新たな勢力が、このマーケットを成長させているようです。

とくにインドでは、Micromax などに代表される国内のメーカーが、5000 ルピー($80)にも満たない価格帯でスマホの普及を図っていますが、Samsung や HTC、LG、Sony、Xiaomi といったアジア勢も大挙して参入し、高級機だけではなく普及機も販売するという展開になっています。 おそらく、その大半が Android デバイスであり、2014年の India 国内だけで、2億台くらいの販売が見込まれているとのことです。 そして、この India では、iOS の影も形も見えないという状況になっています。つまり、逆に捉えると、Android による低価格機の普及が、この国における爆発的なモバイルの成長を可能にしたとも言えるでしょう。 __AC Stamp 2

ーーーーー

___space

Browser

OS

1

Africa:Browser

Africa:OS

2

Asia:Browser

Asia:OS

3

Europe:Browser

Europe:OS

4

North America:Browser

North America:OS

5

South America:Browser

South America:OS

6

Brazil:Browser

Brazil:OS

7

Russia:Browser

Russia:OS

8

India:Browser

India:OS

9

China:Browser

China:OS

___space 

ーーーーー

 日本では、たとえば、新しい iPhone が登場すれば、一般のためのメディアである新聞やテレビまでが、それをトピックとして大きく取り扱います。 それは、それで、とても歓迎すべきことなのですが、今年の中国とインドだけで、5億台のスマホが販売されるという、きわめて確度の高い推測については、まったくと言って良いほど、触れていないように思えます(こちらも新聞・TVとは縁が薄いので、不確かなのですが・・・)。 欧米へ向ける視線と、アジアへ向ける視線は、違っていて当たり前というのが、自分も含めた日本人の心理なのでしょうが、そろそろ変わらなければと、ネコが焦っても仕方のないことなのですが、なんとなく焦りを感じてしまいます。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/4月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/3月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/2月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/1月

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月
 

 

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/6月

Posted in Mobile, Post-PC, Stat Counter by Agile Cat on July 15, 2014

Stat Counter で見た、2014年 6月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7Fo
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 5月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

まず、項目1の Browser ですが、日本での IE の反攻が目立ちます。 しかし、同じ項目を、世界で見てみると、IE のシェアは依然として落ち続けています。 そして、Chrome も、Firefox も、落ちていることから、全体に占めるモバイル・デバイスの比率が、上昇し続けていると推測されます。このチャートからも、PC 系のシェアが落ちている分だけ、iPhone と Android のブラウザが伸びているという状況が読み取れます。

そして、こうした傾向は、項目3 の OS を見ると明らかになります。 日本でも世界でも、Windows 7 に代表される PC 系 OS がシェアを下げ、iOS と Andorid が力強く伸び続けています。 右のチャートは、項目 7 の Platform に該当するものであり、それと同じデータ項目をインドに限って抽出したものです。 時間軸は、普段の倍の 2年間にしていますが、その理由は、そこまで遡らないと、どの時期に PC と モバイルが逆転していたのかが、分からなかったからです。

先週に、「2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで! 」という抄訳をポストしましたが、世界の IT マーケットにおける、この両国の影響力の大きさをヒシヒシと感じられる内容になっています。 そして、インドに限って言えば、すでにモバイルのトラフィックが、圧倒的な量に達しているというわけです。しかし、正直なところ、2年も前に逆転しているとは思ってもみませんでした。 __AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

世界の方の、Search Engine と Social Media を見ると、Google と Facebook の強さをマザマザと見せつけられます。 そして、そのトラフィックから、両社は膨大な広告掲載料を稼ぎだしているわけです。 日本における Yahoo Japan と Twitter のトラフィックは、世界で見ると かなり特殊な事例となるのでしょう。 検索もソーシャルも、あまりにも寡占化が進んでしまうと面白くないので、強力なコンペティタの登場が待たれるところです。 その意味で、Line や WhatsApp や WeChat といった、メッセージング・サービスのトラフィックを知りたいのですが、P2P だと StatCounter もお手上げなのでしょうかね?  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/5月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/3月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/1月

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2013年/12月

やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Research by Agile Cat on July 14, 2014

CHART OF THE DAY: Android Leads iOS In Several Key Regions — Except Japan
http://wp.me/pwo1E-7EY
Dave Smith – Jul. 9, 2014
http://www.businessinsider.com/-android-leads-ios-in-several-key-regions-2014-7

_ Business Insider

As we mentioned in Tuesday’s Chart Of The Day, Android is far behind iOS in terms of mobile web traffic, but Google’s open operating system still maintains a strong lead over Apple’s mobile platform in terms of global market share of smartphone sales.

火曜日の Chart Of The Day で示したように、モバイル Web トラフィックの観点では、Android は iOS に大きく遅れをとっている。 しかし、この Google オープン・オペレーティング・システムを、グローバルにおけるスマートフォン販売の観点で見ると、Apple のモバイル・プラットフォームに対して、強烈なリードを保持していることが分かる。

_  space

Statista

Thanks to the latest data from Kantar Worldpanel charted for us by Statista, you can see how Android has maintained a clear advantage in several major regions over the last three months, including the U.S., China, and five prominent EU countries including Germany, France, Spain, Italy and the UK. But, by a narrow margin, Apple’s iOS is still more popular than Android in Japan, which is one of the leading nations in terms of science and technology R&D.

Kantar Worldpanel による最新データを、Statista がチャートにしてくれたことに感謝しなければならない。 この 3ヶ月の間、いくつかの主要マーケットにおいて、どれほど Android が優位性を維持しているのか、それを容易に確認できる。U.S. と China だけではなく、EU の主要 5カ国である、Germany/France/Spain/Italy/UK が、その中に含まれる。しかし、僅差ではあるが、Japan においては、Apple の iOS の方が Android よりも優位となっている。 言うまでもなく、同国は科学技術の研究開発の面で、世界の主要国の一角を占めている。

ーーーーー

先日に、「 アメリカの iOS は Android を寄せ付けない 」という抄訳をポストしましたが、アメリカ市場におけるデバイス数を比較すると、こんなに Android の方が多いのに、トラフィックは iOS が圧勝という、とても混沌とした状況にあることが分かります。 その理由を知りたいと、以前から情報をあさってはいるのですが、まだ、見つかりません。 この2つの OS の、平均的ユーザーのプロファイルを比較すると、とても興味深い事実が明らかになると思うのですが・・・ 

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る:それを示す1枚のチャート
世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?

Posted in Asia, Facebook, Google, Mobile, Research by Agile Cat on July 13, 2014

Asia、Bare-Metal、そして DDoS・・・
http://wp.me/pwo1E-7EM

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、今月は月初も忙しく、このポストで紹介するデータは、7月10日の時点で抽出したものになってしまいました。 ゴールデン・ウィークのある 5月と比べると、まぁまぁ という感じがします。 それと、チャートには反映していませんが、NewsPicks が 5月に 4000、6月に 2000というPV を得ています。7月にもリフェラルがあるのなら、新たに加えたいと思っています。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、サブ・タイトルに記したように、アジアとベアメタルと DDoS に関するトピックが上位を占めているように思えます。 Facebook のデータセンターは非仮想ですでの、Instagram マイグレーションの記事も、ベアメタルに関連します。 そして、6月ということは、ちょうど 2014年の折り返し地点にもなります。 この半年で、モバイルとクラウドが当たり前というふうに、広く認識されるようになったと思いますが、それぞれがアジアという地域で爆発的に成長する一方で、DDoS 攻撃という厄介な問題も、そのスケールを大きく広げています。そんな感じの 6月でした。

_--space13

1: 昨日に Evernote を襲った DDoS 攻撃も、400 Gbps 規模だったのか?
2:
Instagram が達成した史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
3: Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
4:
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: 大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
5: これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
6: 世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
7:
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
8: Facebook と Open Compute から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
9: 世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
10:
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化が、実績を残し始めている!
11: WWDC での Tim Cook の Android 批判:いったい、誰にとってイタイ話なのか?
12: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
13:
この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
14:
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
15: ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長
16:
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月
17:
Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
18: Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
19:
iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!
20:
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処に?


___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

なお、ランクインはしていませんが、以下のポストも、とても興味深いものなので、まだ、という方は、ぜひ ご覧ください。先月は、ダイレクト接続の話が多かったですが、それは Hybrid 絡みの動向でもあります。 そこに、Bare-Metal が加わり、Docker が後押しするような展開になるのでしょうかね? また、Post-PC 関連では、HTC に勢いが出てきた感じがします。 頑張って欲しいですね!

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?
SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート
PC の 伸びしろを、すべて食い尽くした Tablet : それを示す1枚のチャート
Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

ーーーーー

image繰り返しになりますが、アジアの持つポテンシャルは凄まじく、モバイルとクラウドが、その成長を支えるという構造が、世界の IT の基礎を作っていくことになりそうです。 もう、すでに、その片鱗が現れていますが、まだまだ余力は十分であり、少なくとも、2020年ころまでは、世界がアジアのマーケットに注目し続けるはずです。 その中でも、これから面白くなるのはインドだと思っています。 中国に匹敵する人口を有し、中国のように障壁を作ることもなく、ブロードバンドをパスして、一挙にモバイル・ネットワークでインフラを構築しようとしています。ご興味がありましたら、Cloud News Asia の India カテゴリをご覧ください。 ちょっと、驚くはずです :)  image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW
Agile_Cat:2013年 12月の マトメ : ノンビリとした師走です

%d bloggers like this: