Agile Cat — in the cloud

Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!

Posted in Advertising, Businesses, Facebook, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 2, 2015
All of Facebook’s revenue growth since it went public comes from one source: mobile ads
Matt Rosoff Jul 31, 2015
http://www.businessinsider.com.au/facebook-mobile-ads-responsible-for-all-growth-since-ipo-2015-7
 
_ Business Insider
 
Facebook HQHistory of Facebook
Wikipedia
 
Facebook reported solid earnings yesterday, beating expectations on both revenue and earnings. It also revealed that more than 75% of its ad revenue comes from mobile advertising.
 
昨日 (7/30) の Facebook だが、売上と利益の双方で予測を上回るという、力強い決算内容を報告した。さらに言えば、同社の広告収入における 75% 以上が、モバイル・アドから生じていることも明らかにした。
 
That’s remarkable because when Facebook went public in May 2012, just three years ago, it had no mobile advertising business at all.
 
Facebook が株式を公開したのは、ちょうど 3年前の 2012年5月であり、そのときにモバイル広告は立ち上がっていなかっただけに、現状には目を見張るばかりだ。
 
Click to Large
Facebook Revenue Chart 2015 Q2
 
In fact, if you look at this chart from Statista based on Facebook earnings reports, it’s clear that mobile advertising is Facebook’s business. All of the company’s revenue growth since it went public came from mobile ads — desktop ads and payments revenue have remained about flat.
 
実際のところ、Facebook の決算報告をベースにして Statista が作成したチャートを見れば、モバイル広告こそが Facebook の基幹ビジネスであることが明らかになる。同社が株式を公開してからというもの、その収益面での成長は、すべてをモバイル広告が埋めつくしているのだ。また、デスクトップ広告や、ペイメントによる収益は、ほぼ横ばいで推移している。
 
ーーーーー
facebookそれにしても、お見事としか言いようのない展開ですね。 ただし、単にモバイル・ブームに乗っただけでは、このような成長は得られません。 スマホの小さなディスプレイで、ユーザーに嫌がれない広告のフォーマットを、試行錯誤しながら洗練させ、この結果に結びつけているのだろうと思います。 それだけではなく、Facebook Lite による途上国のプアな通信環境への対応や、徹底したモバイル・チューニング、そして、モバイルで消費する帯域の削減といった、とても地味な作業も積み重ねてきています。 そう考えると、得るべくして得た成功・・・ となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析する!
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
 

Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信! これは便利だ!

Posted in .Selected, Google, Mobile, WhatsApp by agilecat.cloud on July 30, 2015
You can now use Google Now to dictate messages on WhatsApp
Micah Singleton – July 28, 2015
http://www.theverge.com/2015/7/28/9057923/google-now-dictate-messages-whatsapp-viber-wechat
 
_ verge
 
Google is rolling out an update to Google Now that will allow you to dictate and send messages through a number of popular third-party messaging apps including WhatsApp, the company announced in a blog post.
 
Google Now の、新しいバージョンが展開されている。このバージョンでは、Google Now 上での指示により、WhatsApp などのサードパーティ・アプリを立ち上げ、Now の音声認識を介してテキスト化したメッセージを、それらのメッセージとして送信できるようになると、Google はブログ・ポストでアナウンスしている。
 
Googls Plus and WhatsAppGoogle Now will also send messages through Viber, WeChat, Telegram, and NextPlus
 
WeChat, Viber, Telegram, and NextPlus are the other initial third-party services that Google Now will be able to send messages through. Simply say “Ok Google, send a WhatsApp message to Tom,” and Google will render and send the message through the proper service.
 
Google Now がサポートすることになる、その他のサードパーティ・サービスとしては、WeChat/Viber/Telegram/NextPlus などが、第一陣として発表されている。単に[OK Google」と言い、[send a WhatsApp message to Tom]と続ければ、その音声が Google によりレンダリングされ、指定されているサービスを介したメッセージとして送信される。
 
whatsapp2.0The feature is currently only available in English, but Google says it will be adding more languages and more apps in the future. This is just the latest step in Google’s attempt to turn Google Now into your true personal assistant, and it’s a smart move. Google is consistently improving and adding features to Google Now, at a faster rate than Microsoft is with Cortana, and much faster than Apple has with Siri. At this rate, it won’t be a competition for much longer.
 
現時点において、この機能は英語のみに対応しているが、より多くの言語とアプリケーションに取り組んでいくと、Google は述べている。この試みは、Google Now をパーソナル・アシスタントにするための、最も新しいステップであり、とてもスマートなものである。Google は Now に対して、一貫性のある改善を施し、また、新しい機能を追加している。 そのスピードは、Microsoft の Cortana よりも速く、Apple の Siri と比べると、さらに速いものとなっている。このスピードで Google が突き進むと、そろそろ競争も終わるのかと思えてくる。
 
ーーーーー
google-55aこれはイイですね! じつは、Android には ListNote Speech-to-Text Notes というアプリがあり、これを使うと Now の音声認識結果をテキストにして、他のアプリにリダイレクトすることが可能なのです。 けっこう便利で面白いので、街を歩きながら Facebook メッセージを作るときなどに、たまに利用しています。 それが、Now のネイティブ機能として提供されるのですから、必ず使いやすくなるはずです。でも、いま調べたら、ListNote Pro という有償バージョンを買っていました。 そんなこんなで、Agile Cat にとっては、嬉しくて悔しい Google Now です :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?
Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google Now が iOS に侵攻 : Siri なんて単なるジョークだ
 

中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 22, 2015
More global operators working on TDD LTE network development
Staff Reporter – July 20, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150720000020
 
_Want China Times
 
More and more telecom operators around the world that have deployed Frequency Division Duplex (FDD) networks are considering exploring the global Time Division Duplex (TDD) LTE market on the 3.5 GHz band, reports Shanghai’s China Business News.
 
この世界では、たくさんのテレコム事業者が、Frequency Division Duplex(FDD)ネットワークをディプロイしているが、Shanghai の China Business News によると、Time Division Duplex(TDD)LTE の 3.5 GHz マーケットを、検討している事業者も多いようだ。
 
China Telecom and China Unicom, two of China’s three major telecom operators, have begun carrying out trials on TDD and FDD integration after both of them obtained FDD and TDD-LTE hybrid networking pre-commercial operating licenses earlier this year, allowing them to each carry out initial trials in 16 pilot cities.
 
China の三大テレコムを構成する、China Telecom と China Unicom の二社は、FDD/TDD LTEハイブリッド・ネットワークに関する事前の商用ライセンスを、今年の初めに取得した後、TDD/FDD インテグレーションの試験に移行している。具体的に言うと、それぞれの事業者が 16 都市において、パイロット運用に入っているのだ。
 
China TelecomA China Telecom stand at a communications technology expo in Nanjing. (File photo/CNS)
 
NTT DoCoMo, the largest telecom operator in Japan, which is considered a major developer of 4G FDD technologies, is set to launch an FDD-TDD LTE network in 2016.
 
また、Japan で最大のテレコム事業者であり、4G FDD テクノロジーの主要デベロッパーと思われる NTT DoCoMo も、2016年には FDD/TDD LTE ネットワークを立ち上げる予定である。
 
There are two kinds of 4G networks — FDD-LTE and TDD-LTE — which are becoming popular around the world.
 
前述のとおり、この世界には FDD-LTE と TDD-LTE という、2つの 4G ネットワークが存在するのだが、どちらが好まれるのだろうか?
 
The number of 4G LTE subscribers around the globe in 2014 grew 45% year-on-year to 400 million. China started its LTE deployment at the end of 2013. As the first player in the 4G market, China Mobile, the country’s largest telecomm operator, announced that it had reached over 90 million 4G subscribers in one year as of the end of December 2014.
 
グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、2013年〜2014年で 45% の成長を遂げ、その時点で 4億人になっている。China は 2013年の末に、LTE のディプロイを開始している。China の 4G マーケットに最初に参入したのは、同国で最大のテレコム事業者である China Mobile だった。そして同社は、2014年12月末の時点で、9000万人の 4G サブスクライバーを、その1年の間で獲得したと発表している。
 
In 2014, the number of China Mobile’s TDD-LTE subscribers increased to account for 90% of all LTE (including FDD-LTE) users, according to data issued by the Ministry of Industry and Information Technology.
 
Ministry of Industry and Information Technology が発表したデータによると、2014年に China Mobile が獲得した TDD-LTE サブスクライバーの数は、FDD-LTE を含む全 LTE ユーザーの 90% を占めるまで増加しているという。
 
According to the latest figures released by China Mobile, its 4G subscribers have reached nearly 200 million.
 
また、China Mobile がリリースした最新の統計データによると、同社の 4G サブスクライバーは 2億人に達しているという。
 
Global 4G LTE subscribers are projected to grow 35% compounded annually over the next five years, from 516 million to 2.3 billion, according to the latest market study by TeleGeography.
 
そして、TeleGeography の最新市場調査によると、グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、現在の 5.16億人から 23億人へと、これからの5年間で 35% ずつ成長していくとされる。
 
The development of the global 4G LTE market has gained momentum with the entry of China because by 2019, China is expected to account for nearly one-third of all global LTE subscribers, according to the market study.
 
グローバルにおける 4G LTE 市場は、China が参入することで、2019年までは勢いを保つとされる。前述の市場調査によると、グローバルの LTE サブスクライバーに対して、China の比率は 1/3 のレベルに至ると予想されている。
 
The world has more than 600 million LTE subscribers, over 300 million of whom are in Asia.
 
世界の LTE サブスクライバー数は、現時点で 6億人とされるが、そのうちの 3億人以上は Asia に居る。
 
China’s Ministry of Industry and Information Technology is seeking to coordinate the development of 5G standards, according to the report.
 
このレポートによると、China の Ministry of Industry and Information Technology
は、5G スタンダードにおける主導権を狙っているようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific中国のモバイル・ユーザーは、ガラケーを含むと 13 億人を超え、そのうちの 7億人がスマホへ移行しているようです。そして、その 7億人のうちの 2億人が、約 1年半の間に 4G へと移行したのですね。 このペースで行くと、今年の末には 3億人に届くのかもしれません。 Agile Cat が仕事でお世話になっている方が、「中国は別の惑星と考えるべき」と言っていましたが、その意味が分かるようになってきました。 その一方で、インドは 2017年までに約 3億人のモバイル・サブスクライバーを獲得しアメリカを抜いて世界で 2番手のモバイル大国になるようです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
China Mobile がマレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた – May 2013
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 

iPhone と Android のユーザーでは、こんなにもデバイスへの愛が異る:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 16, 2015
iPhone users upgrade a lot more often than Android users
Matt Rosoff – July 10, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-vs-android-upgrade-cycle-2015-7
 
_ Business Insider
 
Apple is turning the crank for its next iPhone release, expected this fall — it just put out a public preview of iOS 9, the updated operating system that will ship on new iPhones, and the leaks about the phone hardware are coming fast and furious.
 
Apple だが、次期 iPhone を、この秋にリリースするために、その動きを活性化している。そして、パブリック・プレビューが提供された iOS 9 は、新しい iPhone と共に出荷されるのだろう。さらに言えば、新しいハードウェアに関するリーク情報が、ものすごい勢いで発信されている
 
iPhone Upgrade
Gallup via Statista
 
Overall, it looks like the next iPhone will be a minor update — there won’t be a huge design change to the software like there was in 2013, or exciting new form factors like the larger-screen iPhone 6 and huge iPhone 6 Plus last year. But it might not matter, at least not in the U.S.
 
ただし、全体的にみて、次期 iPhone はマイナー・アップデートであり、また、2013年のように、ソフトウェアに関する大規模なデザインの変更は行われないだろう。言い換えるなら、昨年の iPhone 6 と iPhone 6 Plus で目玉となった大画面のような、ユーザーを新たに刺激するようなフォームファクターも含まれない。とは言え、少なくとも US のマーケットでは、そんなことは、問題にならないのかもしれない。
 
According to a spring 2015 poll by Gallup, compiled here by Statista, more than half of iPhone users upgrade as soon as their carrier allows them to — usually every two years. That means about half of people still sporting an iPhone 5S are likely to buy the new 6S (or whatever it turns out to be called) when it comes out. Only 47% of iPhone users keep their phones until they’re obsolete or stop working.
 
2015年の春に Gallup が実施した調査から、Statista がチャートを作り出している。つまり、iPhone ユーザーの場合、新たな iPhone がキャリアから提供されるとすぐに、その半分以上が買い替えを行なっていることになる。大まかなところで、そのサイクルは2年毎となる。そうだとすると、iPhone 5S ユーザーの半分くらいが、新しい 6S(名前が明らかになっているわけではないが)が提供されると同時に、それを購入するのだろう。iPhone ユーザーの場合、時代遅れや故障という理由が、買い替えの動機になるのは、わずか 47% に過ぎないのだ。
 
ーーーーー
mobile_55なかなか面白い視点ですね! Agile Cat の場合、これまでの買い時は、お目当てのデバイスの値段が Expansys のリストで暴落した時だったのですが、昨年に MVNO の LG G2 mini を買ってからというもの、デバイス探しの熱意も消えてしまいました。安物 Android でも、4-core のチップさえ載っていれば、だいたいのアプリが、ストレス無しに走る時代になりました。iPhone ファンの方には申し訳ありませんが、どんなデバイスで見ようが、Facebook は Facebook だし、WordPress は WordPress だし、、、という感覚になってしまうのです。それで OK と思えるのか、思えないのか、、、その辺りに、双方のユーザーの違いがあるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図を1枚のチャートで!
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート

Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 15, 2015
Ericsson forecasts LTE subscriptions to increase seven-fold by 2020
Scott Bicheno – June 3, 2015
http://telecoms.com/424181/ericsson-forecasts-lte-subscriptions-to-increase-seven-fold-by-2020/
 
_ telecoms
 
Networks giant Ericsson has published its latest Mobility Report, in which it forecasts massive LTE subscriber growth over the next five years, as well as an IoT explosion.
 
ネットワーク・ジャイアントである Ericsson が、最新の Mobility Report を発行した。そこでは、今後の 5年間において、LTE と IoT が爆発的に成長すると予測されている。
 
ーーーーー
 
Ericsson-june-report-0
 
Ericsson measures traffic from over 100 networks around the world and collates this data in its quarterly report. Inevitably there is a lot of data, much of which Ericsson extrapolates into forecasts, and it offers a regular barometer of how things are going in the comms world.
 
Ericsson だが、世界を網羅する 100 のネットワークからトラフィックを抽出し、また、同社の四半期レポートに、それらの測定データが並べている。必然的に膨大なデータとなっているが、その大半をベースに、Ericsson は推測を行なっている。そして、このコミュニケーションの世界で起こっている事象について、規則的な(時間軸に基づく)バロメーターを提示している。
 
Among the headline numbers were the forecast that 70% of the global population will be using smartphones by 2020, resulting in a doubling of global smartphone subscriptions in that period. This trend, as with most in the report, will be primarily due to growth in developing regions such as APAC and Africa, where there is still a lot of latent demand.
 
その見出しにおいて予想されているのは、2020年までに、世界人口の 70% に相当する人々が、スマートフォンを使用するという点である。つまり、それまでの間に、グローバルにおけるスマートフォン・サブスクリプションが、2倍に増加すると結論づけている。 このレポートの随所で触れられている拡大のトレンドは、依然として潜在的な需要を残している APAC や Africa などの、発展途上地域の成長からもたらされている。
 
Ericsson-june-report-1Developing countries are also the main drivers of current overall mobile subscriber growth, with India alone accounting for a quarter of the 108 million new subscribers in Q1 2015. China is second on 8 million, but is a more mature mobile market than India. A surprising third is Myanmar with 5 million adds, which represented around 10% of the total population.
 
また、それらの途上国は、モバイル全体におけるサブスクリプションを増加させる、主だった要因でもある。具体的に言うと、2015年 Q1 における新規サブスクライバーは 1億800万人であるが、その 1/4 を India だけで占めてる。第二位は 800万人の China であるが、India と比べて、同国は成熟したモバイル市場を有している。驚くべきことに、第三位は Myanmar であり、その総人口の約 10% に相当する 500万人が、新規サブスクライバーになっている。
 
Ericsson-june-report-2While LTE is already a reality in many developed markets, it’s still in its relative infancy globally. Ericsson says there were around 500 million LTE subscriptions in 2014, but expects this to leap to 3.7 billion by 2020. Even then LTE will still account for the minority of a forecast 9.2 billion total mobile subscriptions (note an individual can have more than one subscription) in 2020. Note Ericsson expects there to already be a small number of 5G subscriptions by 2020.
 
先進国のマーケットにおいて、すでに LTE は現実のものとなっているが、世界のマーケットで捉えると、相対に見て初期段階にある。Ericsson のコメントによると、2014年の段階で、約 5億人の LTE サブスクライバーがいるが、2020年までに 37億人へと飛躍することになる。しかし、2020年における総モバイル・サブスクリプションは 92億であるため、そこまで到達しても LTE は少数派となる(注記:とりわけ先進国においては、一人の個人が複数のサブスクリプションを持つようになる)。 また、2020年の時点で、少数ではあっても、5G サブスクリプションが存在すると、Ericsson は指摘している。
 
Ericsson-june-report-3
 
One other interesting nugget was Ericsson’s forecast for the growth of IoT devices. While fixed-line phones are in slow decline and little growth is expected from phones, tablets and PCs, Ericsson is expecting connected consumer electronics and especially M2M devices such as smart meters and connected cars to increase rapidly and account for a far greater proportion of connected devices in 2020 than they do now. Finally, all this increased activity is expected to lead mobile data traffic to increase 13x between 2014 and 2020.
 
その一方で、Ericsson の予測における興味深いデータは、IoT デバイス数の成長である。固定ラインは緩やかに減少し、スマホ/タブレット/PC などは緩やかに成長すると予想されるが、インターネット接続された家電およびスマート·メーターや、車載の M2M デバイスなどが急激に増大すると、Ericsson は予測している。2020年におけるインターネット人口は、現在よりも増大しているはずであるが、IoT 接続の数は、それをも上回るものになるだろう。結論として、このように増大していくアクティビティの積み上げにより、モバイル・データ・トラフィックは 2014年から2020年の間で、13倍に膨れ上がると予測されている。
 
Ericsson-june-report-4
 
“This immense growth in advanced mobile technology and data usage, driven by a surge in mobile connectivity and smartphone uptake, will make today’s big data revolution feel like the arrival of a floppy disk,” said Rima Qureshi, Chief Strategy Officer at Ericsson. “We see the potential for mass-scale transformation, bringing a wealth of opportunities for telecom operators and others to capture new revenue streams. But it also requires greater focus on cost efficient delivery and openness to new business models to compete and remain effective.”
 
Ericsson の Chief Strategy Officer である Rima Qureshi は、「モバイル接続とスマートフォンの急増により、さらにモバイル・テクノロジーが先鋭化し、データ使用量の増大という現象を引き起こす。したがって、未来の私たちは、今日における Big Data 革命の存在を、フロッピー・ディスクの到来のように捉えるだろう。きわめて大規模な変革が起こるという予兆を、私たちは確認している。テレコム事業者には機会の富がもたらされ、その周囲には新たな収益の流れが生じる。しかし、コスト面においては効率に配慮した配信が要求され、また、競争と効率と維持していくための、開放的で新しいビジネス・モデルも要求されるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
research_55タイトルにある、LTE における 7倍の成長を示しているのは、3番目のチャートのグルーンの部分です。また、2番めのチャートを見ると、2015年 Q1 だけで、世界のモバイル・サブスクリプションは1億ほど増えていますが、APAC/インド/中国の合計が、そのうちの 6000万を占めている状況が見えてきます。 さらに、4番目のチャートで伸びているのは、グリーンの M2M であり、IoT の成長と同期しているわけです。 それにしても、モバイルの成長は、まだまだ止まりませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図をチャートで!
Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、10位に Micromax が大躍進!
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Social by agilecat.cloud on July 14, 2015
Facebook Messenger crosses 1 billion downloads on Play Store
AFP – Jun 10, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Facebook-Messenger-crosses-1-billion-downloads-on-Play-Store/articleshow/47611992.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Facebook has announced that an Android version of its Messenger app has been downloaded more than a billion times from the Google Play store.
 
SAN FRANCISCO: Facebook のアナウンスメントによると、同社の Messenger の Android バージョンが、Google Play で 10億回以上のダウンロードを記録したようだ。
 
“Happy to make it to the very exclusive Android 1 billion+ downloads club,” the head of the Messenger team David Marcus said in an online post.
 
Messenger Team の責任者である David Marcus が、「 Google に独占されているとも言える、Android 10億ダウンロード・クラブに入れて嬉しい」と、あるオンライン・メディアで述べている。
 
Facebook Messenger
Other than Facebook, only Google boasts apps with more than a billion Google Play downloads onto Android-powered mobile devices, according to technology news website TechCrunch.
 
TechCrunch によると、Google Play 上で 10億以上のダウンロード数を有し、Android デバイスにパワーを供給しているのは、Google 自身のアプリを除くと Facebook のみとなる。
 
A chat forum on Messenger’s page at Google Play was rich with accolades but peppered with comment that the high download count was driven by Facebook spinning the widely used service out of the social network, compelling people to get the app.
 
Google Play の Messenger ページでは、数多くの賞賛の声がチャット・フォーラムを埋め尽くしていたが、中には辛口のコメントもあった。つまり、これだけのダウンロード数が得られた背景には、Facebook アプリ本体において広く使用されていた、このサービスを外部に切り出してまで使わせようとした、Facebook の意図があるという指摘である。
 
Facebook last year broke off Messenger from the main Facebook application for mobile users, creating a separate platform that claims more than 600 million users.
 
たしかに、このソーシャル・メディアは、昨年に Facebook モバイル・アプリの本体から Messenger を分離している。 そして、独立したプラットフォームを構築することで、6億人以上のユーザーを、新たに獲得したと主張している。
 
Facebook in April began rolling out video calling on its Messenger mobile application, enabling face-to-face conversations among users of the app around the world. With the new feature, users can add video to calls to another person with the same application. Similar services are offered by Microsoft’s Skype, Google Hangouts and Apple’s FaceTime.
 
そして、今年の 4月には、Facebook Messenger モバイル・アプリにビデオ・コーリングが提供され、世界中のユーザーが Face-to-Face の会話を楽しむようになった。 つまり、Messenger という共通のアプリ内の、新しい機能を用いることで、ビデオ・コーリングを実現しているのだ。周知のとおり、それと同じ機能は、Microsoft Skype や、Google Hangouts、そして Apple FaceTime でも提供されている。
 
Free calling has been available for two years to users of Messenger, although people may be required to pay for data used during the connections. The world’s biggest social network also opened up Messenger to outside developers as part of its strategy to create a “family” of apps that also includes Instagram and WhatsApp.
 
Messenger ユーザーに対しては、無料での利用が 2年間にわたり提供される。 ただし、その後は、コネクションで使用されたデータ量に基いて、課金が実施されることになるだろう。さらに、この世界最大のソーシャル・ネットワークは、Instagram や WhatsApp などのアプリ群で構成される、Family というコンセプトを推進する戦略の一環として、外部デベロッパーに Messenger をオープンにしている。
 
Facebook has offered few hints on how it will monetize Messenger, but recently unveiled a system of peer-to-peer payments which could be adapted as an e-commerce platform.
 
Facebook は、サードパーティが Messenger でマネタイズを実現するための、いくつかのヒントを提供している。そして、最近では、電子商取引プラットフォームとして利用できる、P-to-P のペイメント・システムを発表している。
 
Messenger also lets users communicate with online merchants, essentially turning formerly impersonal Internet shopping into ongoing text message conversations.
 
この Messenger は、ユーザーとオンライン・ショップとの間での、意思の疎通を改善していくものになるだろう。つまり、人間味に欠けるインターネット・ショッピングを、テキスト・メッセージによる会話へと変容させるのだ。
 
ーーーーー
facebookAgile Cat も Android ユーザーなので、Messenger が分離されるときに、「なぜ?」と感じたことを思い出しました。 しかし、いまになって思えば、分離してくれて良かったとと捉えています。 そして、さらに言うなら、Page Manager と Group まで別になり、4つの Facebook アプリが動いているという状況です :) このような、アプリを分離していく Facebook の戦略は、Instagram あるいは WhatsApp をメインとするユーザーにも、使いやすさをもたらしているはずです。 また、途上国マーケットを重視する Facebook にとっても、デバイスやネットワークのレベルに応じた、多様な戦略をもたらしているはずです。 ひょっとして、すでに Facebook は、穏やかな Android-First を達成しているのかもしれません。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が語るモバイル・チューニング:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析した!
 

Nokia の Android スマホが 来年に登場か? 熱烈希望 QWERTY バージョン!

Posted in .Chronicle, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on July 11, 2015
Foxconn Will Make Nokia’s First Android Phone
July 6, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/07/06/21840-foxconn-will-make-nokias-first-android-phone
 
_ China Tech News
 
Nokia’s chief executive officer Rajeev Suri has confirmed that after the company’s licensing agreement with Microsoft expires in 2016, Nokia will return to the smartphone market.
 
Nokia の CEO である Rajeev Suri は、2016年に Microsoft とのライセンス契約が終了した後に、新たなプロダクト・ラインと共に、スマホ市場に戻ってくることを認めている。
 
Nokia AndroidAs part of this transition, Foxconn will make Nokia’s first Android smartphone, which will be first released in China, India, and some European countries. Foxconn is a Taiwan-based original equipment manufacturer and already produces many Apple iPhone components.
 
この戦略転換の一環として、Nokia は China/India/European の国々で、同社としては初の Android スマホを提供するが、その生産はというと Foxconn が担うことになる。Foxconn は Taiwan から登場した機器製造メーカーであり、これまでにも Apple の iPhone に対して、数多くのコンポーネントを供給している。
 
At present, Foxconn makes N1 tablets for Nokia. This product is reportedly the first product developed by the technical department of Nokia. N1 has been launched in the Chinese mainland and Taiwan and is reportedly well received by consumers. Nokia plans to make it available in more markets in the future.
 
現時点でも、Foxconn は Nokia に対して、N1 タブレットを製造している。伝えられるところによると、この製品は、Nokia の技術部門が開発した、最初の Android 製品ということになる。そして N1 タブレットは、China と Taiwan で立ち上げられただけではなく、コンシューマ市場に供給されている。今後、Nokia は、こうした戦略を、その他のマーケットに対して展開していく計画だ。
 
In regards to its first Android smartphone, Nokia plans to launch a global marketing campaign for it before the end of 2015 and will launch an official product website then.
 
そして、Nokia として初めての Android スマホに関しては、グローバルでのマーケティング・キャンペーンが、2015年末までに開始される予定であり、また、年明けには製品を販売するための、オフィシャルな Web サイトが立ち上がるようだ。
 
Financial details concerning Foxconn’s manufacturing of the Nokia phone were not released.
 
なお、Nokia スマホの、Foxconn による製造に関して、その契約規模などは公表されていない。
 
ーーーーー
weekend先日の Blackberry の話しに続いて、今度は Nokia も Android で復帰するようです。 ちょっと、経緯を整理しますと、Nokia のデバイス事業部門が Microsoft に吸収され、それまでに販売されていた Lumia シリーズが、Microsoft ブランドで継続されています。 そして、混乱を避けるために、2015年いっぱいは、Nokia は Nokia ブランドでスマホを販売しないという、契約になっているようです(タブレットは OK)。
 
また、Nokia として初めての Android フォンだと書かれていますが、これは間違いです。とても限定的なプロダクトだったようですが、Nokia X という Android フォンが販売されていたようです。さらに言えば、2011年の時点で Symbian コミュニティは、Nokia デバイス上で Android を動かしていたのです。でも、まぁ、いろいろな大人の事情があったようで、周知のとおり Nokia のデバイス事業は、2013年に Microsoft に売却されたのです。
 
だからと言って、Nokia という会社が無くなってしまったのではありません。 Nokia はテレコム向けの通信機器メーカーとして、大きなシェアを維持していますし、Nokia Map というプロダクトも持っているのです。 そして、来年ですが、Microsoft に売却されなかった部門が、新たに Android フォンを販売することになるのです。
 
Nokia Android 2長々と書いてしまいましたが、元ノキチの Agile Cat としては、Nokia にも Blackberry のように、QWERTY Android で勝負して欲しいのです。 ちなみに、この、いま撮った写真ですが、左から Nokia E72(懐かしの Symbian メモリは 192M くらい)、真ん中は LG G2 mini(Lolipop が来なくて KitKat 漬けの現行機種)、右は Motorola Pro-Plus(Android だけど 4G 移行で捨てられた)という、満身創痍の My スマホ系譜なのです。あぁ、Nokia の最新 QWERTY Android が欲しい〜〜〜  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は?
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート
Nokia 以降の Windows Phone のシェア : それを示す1枚のチャート

モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

Posted in Advertising, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Mobile, Research, Social, Yahoo by agilecat.cloud on July 7, 2015
Facebook and Google are winning the app war
Matt Rosoff – Jun. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-and-google-are-winning-the-app-war-2015-6
 
_ Business Insider
 
 
Smartphone users spend more time with apps they’ve installed from Facebook and Google than with any other company, according to new research published today by Forrester.
 
Forrester の最新の調査(6/29)によると、スマートフォン・ユーザーたちは大半の時間を、Facebook および Google からダウンロードしたアプリで費やしており、その比重は他社を圧倒していることが分かる。
 
The company surveyed 2,000 smartphone owners between October and December 2014 to find out which apps they were using most. The poll excluded apps that ship with operating systems, so apps like Apple’s Mail, iMessage, Calendar, and Safari browser are not included.
 
Forrester は、2014年10月〜12月の間で 2,000人のスマホ所有者を対象とし、それらの人々が最も利用するアプリについて調査した。ただし、この調査では、たとえば Apple の Mail/iMessage/Calendar/Safari といった、OS にバンドルされているアプリは除外されている。(注記:ユーザーの意思で DL されたアプリを、対象にしているようです)
 
↓ クリックで拡大 ↓
Time Spend of Apps
Forrester
 
Of the apps they chose to download, users spent 13% of their total time in Facebook’s apps, and the bulk of that time (11.5% of total time spent) is spent doing social networking — probably Facebook’s main app and Instagram. The rest is split evenly between communication — most likely with messaging apps like Messenger and WhatsApp — and news reading, presumably through the main app.
 
それらのユーザーが、ダウンロードを選択したアプリの中では、Facebook のアプリ群が、全体における 13% の時間を占有している。Facebook アプリ群の内訳としては、ソーシャル・ネットワーキングが大半を占めているが(合計時間の 11.5%)、おそらく Facebook App と Instagram が、そのパーセンテージを占めているはずだ。メッセージング・アプリの内訳としては、Messenger や WhatsApp などが、その時間を均等に分割しているのだろう。また、ニュースに関しては、メインの Facebook App を介して消費されているはずだ。
 
Google has the second most-used collection of apps, taking up 12% of users’ total time. Most of this time (4.8% of total time spent) is on TV and video, presumably with YouTube.
 
このアプリ占有率の調査で、二番手となったのは Google であり、全体の時間における 12% を占めている。 その内訳だが、全体に対する 4.8% が TV や Video に関するものとなり、YouTube を介して消費される時間だと推測できる。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
research_55なんというか、異次元の強さを発揮する、Facebook と Google という感じですね。 文中にも注釈を入れましたが、あくまでも、ユーザーが意識的に、ダウンロードして利用しているアプリを、対象にした調査のようです。 したがって、たとえば iPhone 上の iTunes だけではなく、Android 上の Gmail なども、この調査の対象外になるのでしょうか? そのあたりのルールを、もう少し詳しく説明して欲しいですね。 そして、Facebook の強さに関してですが、「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という、先月のポストのことを思い出してしまいます。 なお、2011年2月の「Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間」という抄訳で紹介したように、この Top-2 が他を圧倒している状況が、もう4年以上も続いていることにも注目したいです。そして、最近は、Facebook App におけるビデオの利用時間が伸びており、新たなバトルが勃発という状況のようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った
 
%d bloggers like this: