Agile Cat — in the cloud

最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, SOHO with Cloud by Agile Cat on September 28, 2014

Google Reveals First Wave of Android Apps for Chromebooks
http://wp.me/pwo1E-7Ut

By Karissa Bell – Sep 12, 2014
http://mashable.com/2014/09/11/android-apps-on-chromebooks/

_ Mashable

As promised during Google I/O earlier this year, the first Android apps for Chromebooks have arrived. Machines running Google’s Chrome OS can now run the Vine, Evernote, Duolingo and Sight Words Android apps on their desktops.

今年の Google I/O で約束されたとおり、Chromebooks でも動作する Android アプリの第一陣が到着した。 つまり、Google Chrome OS を走らせるマシンのデスクトップに、Vine/Evernote/Duolingo/Sight Words といった Android アプリが並ぶことになったのだ。

Google’s head of Android Sundar Pichai speaks about bring Android app to Chromebooks at Google I/O in San Francisco June 25, 2014.

Image: Google

The first class of apps are part of Google’s App Runtime for Chrome (beta), the project that Google’s head of Android Sundar Pichai first revealed earlier this year during Google I/O. The project is part of Google’s broader effort to make Android and Chrome OS a more unified experience.

これらの、ファースト・クラス・アプリは、Google の App Runtime for Chrome (beta) の一部であり、また、今年の Google I/O で Head of Android の Sundar Pichai が、初めに明らかにしたプロジェクトを構成するものとなる。このプロジェクトは、Android と Chrome OS を統合したエクスペリエンスを目指していくという、Google における大規模な試みの一環でもある。

Given Chromebook’s prevalence in schools, it’s not surprising that two of the first apps Google would choose to push to the platform first are educational apps: Duolingo and Sight Words. Duolingo is a language-learning app and Sight Words is an app to teach children how to read.

学校教育における Chromebook の浸透率を考慮するなら、Duolingo と Sight Words という教育アプリを、この新しいプラットフォームで Google がプッシュしても、それは当然のことだと思われる。ちなみに、Duolingo は語学学習のためのアプリであり、また、Sight Words は読み方を教えるためのアプリである。

Evernote is among the first set of Android apps to come to Chromebooks.

Image: Google

The other two apps— Vine and Evernote— were apps Pichai demoed onstage during I/O, though other apps that made an appearance during I/O, like Flipboard, were missing from the group of inaugural apps.

もう一方の Vine と Evernote は、Google I/O のステージで、Pichai がデモしたアプリである。 ただし、同様に I/O に登場した、たとえば Flipboard などのアプリは、今回のコケラ落としから漏れてしまった。

The company said in a blog post they are "working with a select group of developers" to bring more apps to the platform in "the coming months."

とは言え Google は、自身のブログ・ポストにおいて、数ヶ月のうちに Chrome OS 上に、より多くのアプリを取り込むために、選ばれたデベロッパーのグループを作業を進めていると述べている。

In the meantime, Google is also taking suggestions from Chromebook users on which apps they want to see come to Chromebook next.

また、それと平行して Google は、このプラットフォームで走らせるべきアプリについて、ユーザーから意見を求めているようだ。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also:25 Best Free Android Apps

ーーーーー

今月に入って、Evernote for Android が大きく変化しました。 何が変わったのかというと、様々なアプリからコンテントをクリップする際に、テキストとイメージで構成される、コンテント全体を取り込めるようになったのです。 そのプロセスを、4枚の画像でトレースできるようにしましたので、よろしければ、クリックしてみてください。

① BI アプリの Share で Evernote を選ぶ。 ② Evernote for Android がコンテント全体をクリップする。 ③ Evernote for Mac に結果が転送される。 ④ 同じく Mac 上でプレーンなフォーマットに変換する。 ーーー というわけで、Agile_Cat が夢にまで見ていた、理想の Web クリッピング環境が実現されたのです。

ちなみに、Evernote for Mac も、この変更にあわせて Ver 5.6 にアップデートされました(イメージのズームにも対応)。その結果、デスクトップ用 KB の上の特等席ですが、これまでの iPad に換わって、Nexus 7 が座ることになりました。 このような Share の機能が、iOS 8 でもサポートされることを期待していたので、とても残念な思いです。 なお、余談ですが、Nexus 7(2013)をタイマー・ログアウトさせないようにするには、この Wake Lock というアプリがお勧めです。iPad のような使い方が可能になります。

本題に戻りますが、Agile_Cat 的には、これで Chromebook がグッと身近な存在になってきました。 本家の Web 上でも、Evernote for Android Now on Chromebook (Posted by Taylor Pipes on 13 Sep 2014)や、REQUEST: Evernote for Chromebook といったコンテントを参照することが可能です。軽くて小さくて LTE にも対応する Chromebook が、早く出てくると良いですね :)

ーーーーー

<関連>

Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる : 素晴らしい品質だ!
Evernote を活用するための、14 の TIPS とは?
Evernote in China:進出から1年で 400万人のユーザーを獲得
Google Keep の狙いは、Evernote というより Apple なのか?
Evernote Business がやってくる : 企業ユーザーへの福音となるか?

iPhone 6 と Apple : 今年もリリース時の記録は更新したけど、違和感を伴うデビューだった

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on September 25, 2014

Apple’s Record Breaking Weekend In Context
http://wp.me/pwo1E-7TT
Dave Smith – Sep. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-first-weekend-iphone-sales-2014-9

_ Business Insider

Apple on Monday announced yet another record-breaking opening weekend for its latest iPhone lineup, which includes the iPhone 6 and the iPhone 6 Plus. But by now, it’s customary — even expected — for each new iPhone to break the opening weekend record of its predecessor.

この月曜日(9/22)に Apple は、iPhone 6 と iPhone 6 Plus を取り込んだ、最新ラインナップのオープニング・ウィークエンドついて、別の記録が達成されたと発表した。これまでと同様に、現時点では推測も含まれるのだろうが、それぞれの新しい iPhone が、前任者である iPhone 5S/5C の記録を破ったようだ。

_  space

Business Insider Intelligence

Based on company data charted for us by BI Intelligence, Apple has successfully one-upped itself each year since the first iPhone was released in June 2007.

同社のデータをベースにして、BI Intelligence が作成したチャートによると、最初の iPhone がリリースされた 2007年 6月から継続している毎年の成長を、Apple は今年も達成したようだ。

ーーーーー

おめでとう Apple ・・・ と言いたいところですが、今年のウィークエンドは、中国の転売業者のことがあり、Apple 自身も手放しでは喜べない、という状況だっと思えます。あのビデオを見てしまうと、並びたくても並べなかった Apple ファンだけではなく、年に一度の最大のイベントが大きく様変わりしてしまい、当惑している Apple Store の店員も可哀想に思えてきます。

こんなことが起きてしまう原因は、北京政府の政策に翻弄される、Apple の立場にあるのでしょう。 西欧諸国では想像できないような判断基準で、ライセンスの発行が調整され、貧富の差を利用した転売メカニズムが ON になっただけで、Apple Store におけるハレの日が、グレー・マーケットのための卸売市場に変容してしまったのです。だから、おめでとうと、素直には言えないのです。

China regulator says iPhone 6 in final review stages: Tencent Sep-24
Shanghai authorities ban government officials’ use of iPhone Sep-24

でも、転売業者たちは、「Apple はイニシャル・ロットを大量にさばき、店頭に並んだ人たちはボーナスを手にし、我々は適切なマージンを稼ぎ、中国の金持ちは最新の iPhone を喜んで使いはじめる。 みんな、ハッピーじゃないか 」と言うのでしょうね。たしかに、それは、資本主義の理にかなった、とてもシンプルな金と物の流れなのです。そして、ちょっと視点を変えてみると、Apple のハイエンド戦略は変わらなくても、それを維持するための仕組みが、相対的に見て複雑になってしまったから、、、という感覚が、どこからともなく浮かび上がってくるのです。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
iPhone 6 と Apple は、北京政府に ひじ鉄を食らってしまったのか?
iPhone 6 が 中国マーケットで異常事態:ウラ市場では $5,000 の値付けとか?
China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?
iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう

iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Mobile by Agile Cat on September 23, 2014

Meet the foot soldiers in the massive iPhone 6 grey market (video)
http://wp.me/pwo1E-7Tq

September 22, 2014 – by Terence Lee
http://www.techinasia.com/meet-foot-soldiers-massive-iphone-6-grey-market-video/

_ tech in asia

In China, where licensing problems prevent the iPhone 6 from getting sold, these devices fetch thousands of dollars on the grey market.

ライセンスの問題から iPhone 6 の発売が先送りになっている China では、膨大なキャッシュが、このデバイスにより、グレー・マーケットへと流れ込んでいる。

But where do these sellers get their phones? Apparently, from the hordes of stand-ins who sat in line for days outside Apple stores. These folks – the old woman who doesn’t speak a word of English, a mother huddled with her child in a blanket, a screaming lady who got arrested by the police after an unspecified altercation – were vividly captured in a mini-documentary shot in New York (below) by film producer Casey Neistat.

しかし、そのマーケットでの売り手は、どこで iPhone を仕入れるのだろう? どうやら、Apple Store の前で、何日も前から座り込んでいる、大量のダミー・ユーザーから調達しているようだ。それらの人々の New York における数日を、つまり、英語を話さない老婆や、子どもと一緒に毛布に包まる母親、そして、口論の末に警察に逮捕されて悲鳴をあげる女性たちの数日を、映画プロデューサーである Casey Neistat が、ミニ・ドキュメンタリーとして鮮やかに映し出している。

Youtube

The video gives a quick glimpse of how the massive Apple grey market works. Scalpers pay foot soldiers to stand in line, and they often crowd out  the Apple fans at the front of the queue. It’s a trend noticed not just in New York, but stores in San Francisco, Seattle, Louisville, and Kentucky too. The shadowy middlemen then round up the phones and ship them to wherever they’re sold. It’s probably a nice bit of side income for those who stood in line, but bigger profits for the brains behind the operation.

このビデオを観れば、Apple を取り巻く巨大グレー・マーケットが、どのように機能するのかを容易に把握できる。ダフ屋は、歩兵たちにキャッシュを掴ませ、待ち行列の前方に並ばせる。 そして、大半の Apple Store で、それらの群衆により、本当の Apple ファンは弾き出されてしまう。つまり、New York だけではなく、San Francisco や、Seattle、Louisville、Kentucky などでも、同じような光景が見られたのである。そして、彼らから iPhone を買い上げた仲買人たちは、それらを販売するところへと出荷していく。おそらく、何日も並んだ人々にも、かなりの副収入が転がり込むのだろうが、それを背後で操作する闇ビジネスは、法外な利益を手にするはずだ。

The documentary ends with the quote: “I don’t think this kind of business is good for anyone.” But even if Apple agrees and steps in, there’s not going to be a foolproof way to stop resellers from getting to the phones.

このドキュメンタリーは、“I don’t think this kind of business is good for anyone” という言葉で完結する。 そうは言っても、かりに Apple が同意し、こうした騒ぎに介入するにしても、転売という行為を確実に止める方法は見つからないだろう。

ーーーーー

なんというか、夢を売るはずの Apple が、とてもリアルな欲得の世界を、こんなにも鮮やかに、しかも世界中の人々に、イヤというほど見せつけていることが、とても皮肉に感じられます。それは、Apple が望んだことではないのですが、それを、回避できるのも Apple だけです。 今年は、おそらく北京政府の突然の翻意で、騒動が大きくなったのでしょうが、来年は繰り返されないという保証は、どこにもありません。 店頭に待ち行列を作らせて、人気をアピールするという手法が、変化してしまった世界に追い付いていけず、逆効果になっている感じです。 

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 が 中国マーケットで異常事態:ウラ市場では $5,000 の値付けとか?
Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、7000〜8000万台 規模になるらしい
China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?

iPhone 6 と Apple は、北京政府に ひじ鉄を食らってしまったのか?

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on September 21, 2014

Apple Is Down This Morning After A Report Says The iPhone 6 Won’t Be In China Until 2015
http://wp.me/pwo1E-7Tc

Jay Yarow – Sep. 16, 2014, 8:54 AM
http://www.businessinsider.com/rumor-iphone-6-wont-be-in-china-until-2015-2014-9

_ Business Insider

Apple is down 1.6% this morning in pre-market trading.

今朝(9/16)のプレ・マーケット取引で、Apple の株価が 1.6% もダウンしている。

The drop seems to be due to a report from China’s 21st Century Business Herald that says the iPhone 6 won’t be in China until 2015. Street Insider picked up on the 21st Century Business Herald story.

この株価の下落における要因は、China での iPhone 6 の販売が 2015年まで待たされると伝える、China 21st Century Business Herald のレポートにあると思われる。そして、Street Insider が、その 21st Century Business Herald の報道を拾い上げている

REUTERS
Kim Kyung-Hoon
Tim Cook in China

Apple has not said when the iPhone will be in China. Street Insider says, "there was a brief post that the devices would be available on September 26th. That has since been removed from Apple’s website.” If the iPhone 6 isn’t in China until next year, it could impact sales for the holiday quarter, which is why the stock is down.

China における iPhone の発売日について、Apple は何も述べていない。しかし、Street Insider は、「このデバイスが 9月26日には、China でも提供されるという簡単なポストがあったが、すでに Apple の Web サイトから削除されている」と発言している。来年まで、iPhone 6 が China では発売されないとなると、クリスマス・シーズンにおける Apple の売上に、大きな影響が生じるだろう。 それが、同社の株価を引き下げている理由である。

However, in a weird way, it could be okay for Apple since it would smooth out the sales cycle. Lately, Apple’s sales are loaded in the holiday quarter, then get progressively smaller through the year. If the iPhone 6 started in China in January or February, it would add another monster quarter for Apple’s earnings.

しかし、ちょっと奇妙な考え方になるが、それにより Apple の販売サイクルが平準化されるので、何の問題も生じないという可能性もある。この数年において、Apple の売上は 10月〜12月期に集中し、その後は落ち込んでいくという傾向を示している。もし、China における iPhone 6 の発売が、1月〜3月期にズレ込むなら、その四半期にも大きなセールスが期待できる。

A delay would also help Apple if it has trouble making the iPhone 6 or iPhone 6 Plus. The 5.5-inch iPhone 6 Plus already seems to be in short supply. So, if Apple immediately started selling it in China, then it would add more strain to the manufacturing line, which doesn’t really help Apple.

この遅れは、iPhone 6 および iPhone 6 Plus の、製造ラインにトラブルが生じるときにも、有効に機能するだろう。すでに、5.5-inch の iPhone 6 Plus は、供給不足に陥っているとも思われる。もし、iPhone 6 が China でも同時発売になるなら、より多くのストレスが製造ラインにもたらされるため、本当の意味で Apple にとってプラスにはならない。

At the very least, this shouldn’t impact iPhone sales overall. If Chinese consumers want an iPhone, they are generally going to wait for the new model. They aren’t going to suddenly scramble for and Android phone.

少なくとも、このことにより、iPhone 全体の販売に、影響が生じるはずもない。China のカスタマーたちは、新しい iPhone が発売されるのを、これまでは待つのが普通であった。つまり、彼らが混乱を引き起こしたり、Android に行ってしまうこともあり得ないだろう。

Of course, all of this is based on the assumption that the 21st Century Business Herald is right. And we don’t know if it is or is not.

もちろん、一連の情報は、21st Century Business Herald の報道が正しいという、仮定に基づいている。 そして、私たちは、真実を知らない。

ーーーーー

結局、中国での iPhone 6 の同時発売は行われなかったのですが、これまでの経緯として「Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ」や「China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?」という記事を読むと、ちょっと不思議な感じがします。そして、「iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう」といった予測も、ひょっとすると見直されるかもしれませんね。英語で恐縮ですが、以下の関連リンクは、この数ヶ月における、中国での Apple と Microsoft の動きです。 いろいろあって、タイヘンなんだなぁと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Apple loses China patent case, separate suit against Apple continues – Jul 10
Apple iPhone "threat to national security": Chinese media – Jul 15
China scrubs Apple’s iPad and MacBooks from government buying list – Aug 8

Microsoft CEO Nadella to visit China amid antitrust probe: source – Aug 28
Microsoft given deadline to answer Chinese monopoly claims – Sep 2
Microsoft Establishes Wholly-Owned Shanghai Subsidiary – Sep 20

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/8月

Posted in Mobile, Post-PC, Stat Counter by Agile Cat on September 17, 2014

Stat Counter で見た、2014年 8月までのデータです ・・・  
http://wp.me/pwo1E-7SG
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Mobile3_thumb_thumb_thumb_[1]

2014年 7月に引き続き、世界を二分する iOS と Android のトラフィックを、1:Africa/2:Asia/3:Europe/4:North America/5:South America の各大陸および、6:Brazil/7:Russia/8:India/9: China の BRIC 諸国を項目として、チャートで抜き出してみました。

Chrome と Android が強いですね。 例外は、やはり North America であり、ここでは Safari と iOS が安定した強さを示しています。 ただし、その他というと、ちょっとトリッキーな動き見せている Russia および、Africa の Opera と、India/China の UC Browser を除いて、すべてが Google プロダクツに傾いています。そして、Android の方は、そろそろ頭打ちという感じですが、Chrome には、まだまだ伸びしろが残されているように見えます。

この 8月は、「日本と世界のインターネット・トラフィック」で Singapore にスポットを当てましたが、このモバイルも同国を追いかけてみたいと思います。 切り出してみたチャートは、その他のものと同様に、Mobile と Tablet だけに絞りこんだ OS のシェアを示すものです。ただし、時間軸は 2年間であり、他のチャートに対して二倍の期間を取り込んだものとなっています。

スタート時点は、2012年の 9月ですから、iPhone 5 が発表される直前であり、チャレンジャーである Samsung Galaxy が力を付けてきた頃でもあります。 すでに、iOS と Android による寡占化が始まっていますが、その割合は 7対3 で iOS が優位という状況でした。 しかし、そこから 2年をかけて、徐々に差をつめてきた Android が、ついに iOS を捉えたというのが、最近の 2ヶ月間の出来事のようです。

途中、Nokia の Series 40 がピークを作り、いまは Balackberry OS が頑張っていますが、その背景に何があるのかは想像もつきません。 とは言え、キャリアか政府が絡み、バックエンド・サービスと連携しない限り、このようなシェアの取得は不可能ですし、その辺りで何かあったのだと捉えています。それにしても、興味深い現象です。__AC Stamp 2

ーーーーー

___space

Browser

OS

1

Africa:Browser

Africa:OS

2

Asia:Browser

Asia:OS

3

Europe:Browser

Europe:OS

4

North America:Browser

North America:OS

5

South America:Browser

South America:OS

6

Brazil:Browser

Brazil:OS

7

Russia:Browser

Russia:OS

8

India:Browser

India:OS

9

China:Browser

China:OS

___space 

ーーーーー

最近のモバイル市場を見ていると、中国とインドが突出したパワーを持ち、この両国の動きが、世界の方向性を決めているようにも思えてきます。今月は、iPhone 6 の月かもしれませんが、インドでは Android One を走らせる、$100 スマホが登場しています。そして、そこにいるチップ・メーカーは Qualcomm ではなく、台湾の MediaTek だという話も聞こえてきます。なにやら、台湾とインドが組んで、世界に飛び立って行きそうな感じもしますね!  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/7月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/6月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/4月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/3月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/2月

Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!

Posted in Asia, Google, Mobile by Agile Cat on September 16, 2014

Google Unveils 3 Budget Smartphones for Android One
http://wp.me/pwo1E-7Sl

By Samantha Murphy Kelly – September 15, 2014
http://mashable.com/2014/09/15/android-one-smartphones/

_ Mashable

Google announced the first three smartphones that will be part of Android One, the company’s initiative to bring affordable Android smartphones to developing markets.

Google  が初めてアナウンスした、Android One を走らせる 3種類のスマホは、途上国マーケットに安価な Android スマホをもたらすという、同社の取り組みを構成するものである。

Each of the three devices, manufactured by Micromax, Spice and Karbonn, has a 4.5-inch display and will first ship in India. The phones will also come to Indonesia, the Philippines, Bangladesh, Nepal, Pakistan and Sri Lanka by the end of the year; Google said it would make Android One available in more countries next year.

それらのデバイスは、Micromax/Spice/Karbonn というマニュファクチャで製造される、4.5-inch ディスプレイを持つものであり、最初は India のマーケットで販売される。そして、この年末までには、Indonesia/Philippines/Bangladesh/Nepal/Pakistan/Sri Lanka といった国々でも発売される。Google は、より多くの国々で、来年は Android One が提供されると述べている。

Image
Google

Starting price for the phones is 6,399 Indian rupees ($105), according to a blog post by Google Android head Sundar Pichai.

Google の Android リーダーである、Sundar Pichai のブログ・ポストによると、そのスマホの価格は 6,399 Indian rupees ($105) からとなる。

To make the devices affordable, Google is working with smartphone partners like Acer, Asus, HTC and Lenovo, as well as silicon chip makers to use lower-cost components. The Android One devices are a step up from entry-level phones: Each phone has both a front (5MP) and rear-facing camera (2MP), dual SIM card slots, a replaceable battery and a built-in FM radio. Other specs include 1GB of RAM and a 1.3GHz quad-core MediaTek processors.

Google は、それらのデバイスの価格を引き下げるため、Google は Acer/Asus/HTC/Lenovo といったスマホ・パートナーと協業し、さらには、低コスト・コンポーネントを使用するシリコン・チップ・メーカーとも協力している。しかし、Android One デバイスは、エントリー・レベルと比べると、確実にステップ・アップしている。 具体的に言うと、フロント(5MP)とリア(2MP)のカメラ/Dual SIM カード・スロット/交換可能なバッテリー/ビルトイン FM ラジオなどが組み込まれているのだ。また、その他のスペックとしては、1GB の RAM と、MediaTek 1.3GHz Quad-Core プロセッサが決まっている。

The phones will run on Android L, Google’s upcoming mobile operating system, and will be eligible for all software updates, including security patches. Google first announced the Android One initiative in June during the Google I/O developers conference.

それらのスマホは、これから Google が提供を開始する、モバイル・オペレーティング・システム Android L を走らせることになる。また、セキュリティ・パッチを含む、すべてのソフトウェア・アップデートの対象にもなる。Google は、今年の 6月に開催された Google I/O Developers Conference において、この Android One イニシアチブを発表している。

There are more than 1.75 billion smartphone users worldwide, but a huge opportunity still exists for companies like Google to grab the attention of the 5 billion people without mobile devices.

ワールドワイドで見ると、現時点で 1.75 billion(17.5億)のスマホ・ユーザーがいるが、Google などの企業は、いまだにモバイル・デバイスを手にしていない 5 billion(50億)の人々を、取り込んでいくという大きなチャンスが残されているとしている。

Google focused on India first because of the country’s typically pricey hardware and data plans, as well as limited access to apps, the company said.

Google が最初に India にフォーカスするのは、同国におけるハードウェアやデータプランが高額であるだけではなく、アプリケーションへのアクセスも制限されているからである。

Youtube

"Even entry-level smartphones still remain out of reach for many (bear in mind that in some of these countries the average monthly income is around $250)," Pichai wrote in his post. "Second, many people in these markets do not have access to the latest Android software and popular applications. Finally, even where 3G and 4G networks are available, not enough people have phones that can support data and the plans can be expensive.”

Pichai は自身のブログ・ポストで、「まず、最初に、エントリー・レベルのスマホであっても、多くの人々にとっては、依然として手の届かないところにある(それらの国々では、平均月収は $250 というケースが有ることも心に留めておいてほしい)。 次に、それらのマーケットにおける大半の人々が、最新の Android ソフトウェアや人気のアプリにアクセスできないでいる。最後に、3G/4G ネットワークが利用できる場合であっても、データ通信をサポートするスマホを持つ人は限られ、また、そのキャリア・プランは高価なものになっている」と、述べている。

It makes sense that Google wants to bring budget phones to regions with less access. In addition to added mobile connectivity, it also gives new users access to its app store, Android ecosystem and, of course, its search engine.

Google が低価格のスマホを、モバイル・アクセスの少ない地域に、持ち込もうとしているのは理にかなっている。モバイル接続を増やすことに加えて、アップ・ストアや Android エコシステムにおいて、そして、もちろん、検索エンジンにおいても、新規のユーザー·アクセスを期待できるからだ。

See also: iPhone 6 and iPhone 6 Plus vs. the Competition

ーーーーー

先週の iPhone 6 フィーバーとは、まったく趣の異なる Google 発表です。 Apple は高級感のあるブランドを目指し、Google はユニクロ的な普遍性を目指すという感じで、1つのマーケットを両極へと引っ張ります。 そして、Android One がインドのマーケットから投入されますが、そこは、新興のスマホメーカーである MicromaxKarboonSpice が、想像を絶する次元で、戦いを開始するマーケットなのです。さらに言えば、Apple から見て、最も遠い国でもあるのです。

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場!
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

それぞれのモバイル・ユーザーが、お気に入り Top-4 アプリを多用している:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on September 13, 2014

CHART OF THE DAY: Most People Use Only 4 Apps
http://wp.me/pwo1E-7Rm

Dave Smith – Sep. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-most-people-dont-use-more-than-30-apps-each-month-2014-7

_ Business Insider

In July, new data from Nielsen said there’s an “upper limit” to how many apps a person will use each month — roughly 22 to 28 apps, on average. But according to new data from comScore, which was charted for us by Statista, people spend the vast majority of their time on a small fraction of their total apps.

この 7月に Nielsen が更新したデータは、モバイル・ユーザーが 1ヶ月に使うアプリの種類には上限があると、つまり平均で 22〜28 タイトルであると述べていた。しかし、comScore からのデータを、Statista のチャートを介して確認すると、たとえ人々が多様なアプリを使うにしても、一握りのアプリに対して大半の時間が費やされている、という状況が見えてくる。

_  space

Statista

According to the report, when people use their phone, 75% of the time they are using one of their four favorite applications. A consumer’s most-used application is used about 42% of the time — this is likely a messaging application like iMessage, WhatsApp, or Facebook. Users’ other top three most-used apps are used 17%, 10%, and 6% of the time, respectively. Users generally spend about 12% of their phone time with all of their other lesser-used apps.

このレポートによると、人々がモバイルを使用するとき、その時間の 75% が、お気に入りアプリ Top-4 に費やされている。その中でも、ユーザーたちが最も使用している Topー1 アプリは、全体的な時間の 42% を占有しているが、おそらく IMessage や、WhatsApp や、Facebook といったメッセージング・アプリになるのだろう。そして、以下に続く Top-2・3・4 アプリが、17%、10%、6% という時間を、それぞれ占有している。そして、だいたいのユーザーが、その他の使用頻度の低いアプリに、全体の 12% に相当する時間を費やしている。

ーーーーー

こういう調査結果を読むと、なんとなく自分自身のモバイル利用が確かめたくなり、スマホを手に取り、じっと眺めてしまいます。このスクリーンショット(クリックで拡大)が、いまメインで使っている Android なのですが、Facebook、FB Message、WordPress、Business Insider を使っている時間が圧倒的に多く、やはり 4種類となりました。 そして、Top-5 以降ですが、、、カレンダーは Sunrise から Google を参照し、とても重宝していますが、あまり予定がないので、それほどは使いません。 メールには、来るなと念力をかけているので、これも、それほど使いません。 同様に、電話アプリにいたっては、第2スクリーンに押しやられています。 出かけるときには、Google Maps と SkyFM にお世話になっています。 この環境で Evernote を多用することは無いのですが、Business Insider からのクリッピングで、いつも頑張ってくれています。 SnapChat を使ってみようと思ってはいるのですが、立ち上がるといきなりカメラにつばがるので、ビビってしまいました :) それと、意外と重宝しているのが、Wired の下(左下)にある、Location Service ON/OFF ウィジェットです。 これがあれば、Google に足取りを補足されることもありません。 

ーーーーー

<関連>

モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る
あれっ? iPhone 6 の説明が 8分で終わりって記録ですよね?
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Hybrid 対 Public : ユーザーの必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?

iPhone 6 が 中国マーケットで異常事態:ウラ市場では $5,000 の値付けとか?

Posted in Apple, Asia, Government, Mobile, Telecom by Agile Cat on September 12, 2014

China can’t wait. Grey market iPhone 6 selling for $5,000 with no official release date in sight
http://wp.me/pwo1E-7QM

September 11, 2014 – by Paul Bischoff
http://www.techinasia.com/china-wait-grey-market-iphones-selling-5000-official-release-date-sight/

_ tech in asia

The new iPhone 6 models didn’t get a simultaneous release in China this year, which has already created a lucrative grey market for Apple’s hit smartphones. China still doesn’t have an official release date, and some Apple fans are buying grey market units for up to RMB 30,000 (US$4,890), according to Techweb .

iPhone 6 が発表されたが、China における年内の同時リリースがハッキリしていない。そして、この Apple スマートフォンで、大儲けを狙うグレー・マーケットが、すでに形成されている。Techweb によると、China におけるオフィシャルなリリース日が、依然として発表されないため、一部の Apple ファンはグレー・マーケットから、RMB 30,000 (US $4,890) という対価で、iPhone 6 を買い求めようとしている。

The average grey market price for the Hong Kong and US versions is over RMB 10,000 (US $1,630). Once the phones actually launch, the unlocked prices are predicted to be as follows, according to ZOL, a Chinese gadget news and review site :

Hong Kong のグレー・マーケットでは、US バージョンの iPhone 6 が、RMB 10,000 (US$1,630) を上回る価格帯で取引されている。 China の Gadget News and Review サイトである ZOL によると、このデバイスが実際にローンチすると、以下のような価格になると予測されている:

  • 16GB iPhone 6 – RMB 5,288 (US$862)
  • 64GB iPhone 6 – RMB 6,088 (US$992)
  • 128GB iPhone 6 – RMB 6,888 (US$1,123)
  • 16GB iPhone 6 Plus – RMB 6,088 (US$992)
  • 64GB iPhone 6 Plus – RMB 6,888 (US$1,123)
  • 128GB iPhone 6 Plus – RMB 7,688 (US$1,253)

Keep in mind these are ZOL’s estimates, not official figures, and the price will likely vary between carriers.

ただし、心に留めておいて欲しいのは、ZOL は予測しているだけであり、それらがオフィシャルな価格ではないということだ。 さらに言えば、キャリアごとに、その価格も異なるものになる。

When the iPhone 5S and 5C launched last year, Apple for the first time simultaneously launched in China and the US. This time round, Apple has reneged on that game plan, instead opting for a staggered release. Some media reports point to China’s Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) delaying the issue of the new iPhones’ network licenses, but this was never confirmed.

昨年は Apple が iPhone 5S と 5C を、 US と China で、初めて同時発売した年であった。しかし、今年の Apple は、その計画を守ることができず、以前の状況に戻ってしまいそうな気配である。いくつかのメディアは、China の Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) が、新しい iPhone に対するネットワーク・ライセンスの発行を遅らせているとレポートしているが、その事実関係は未確認である。

The New York Times reports  Chinese carriers expected the release date to be September 19, but it was delayed without prior notice, catching many vendors off guard.

The New York Times のレポートによると、China のキャリアたちは 9月19日のリリースを予測していたが、事前の通告なしに遅れを生じている。 このように、多くのベンダーたちが、油断のすきを突かれる。

Editing by Terence Lee

See: iPhone 6 and 6 Plus hit Australia, Hong Kong, Japan, and Singapore on September 19

ーーーーー

Apple にとって、この出来事は大きな誤算でしょうね。先日に、「iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう」という抄訳をポストしましたが、それは中国での同時発売を織り込んだ数字のはずです。 また、「Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ」とあるように、北京政府からのプレッシャーが強まっているとも感じられます。 Apple にとって、しばらくの間は、悩ましい日々が続きそうですね。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、7000〜8000万台 規模になるらしい
China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る

%d bloggers like this: