Agile Cat — in the cloud

世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on May 1, 2015
China sales of iPhones thump US
Zhu Shenshen – April 29, 2015
http://www.shanghaidaily.com/business/it/China-sales-of-iPhones-thump-US/shdaily.shtml
 
_ Shanghai Daily
 
APPLE Inc’s iPhone sales in China surpassed those of the United States for the first time in the first quarter of this year as domestic demand grew fueled by increased sales channels and the Spring Festival, the US giant said yesterday.
 
China での Apple iPhone の売上が、今年の Q1 において、初めて U.S. を上回ることになった。 同国内の販売チャネルが強化され、また、Spring Festival (春節) における需要に支えられたことで、この成長が達成されたと、昨日 (4/28) に Apple が発表している。
 
Chinese iPhoneApple, whose revenue climbed 27 percent to US$58 billion globally, said its iPhone sales by units surged 70 percent in China, making the country its world’s largest iPhone market, said Luca Maestri, chief financial officer of Apple, who didn’t give detailed figures.
 
Apple の収益は、グローバルで 27% の成長を示し、US$58 billion に達している。そして、iPhone の販売はというと、China において 70% という急成長が達成されたことで、同国が世界で最大の iPhone マーケットの座を獲得している。それは、Apple の CFO である Luca Maestri の発言だが、詳細な数字は明らかにされていない。
 
The larger-screen iPhone 6 and iPhone 6 Plus became popular as Chinese New Year’s gifts in February.
 
この 2月の、China の New Year を祝うプレゼントとして、大画面の iPhone 6と iPhone 6 Plus が人気を博していた。
 
Apple’s total revenue in China surged 71 percent to US$16.8 billion in the quarter, surpassing Europe to become the company’s second-biggest regional market by revenue, only behind the US.
 
グローバルにおける、Apple の 2015年 Q1 総売上高は、China での 71% を加えることで、US$16.8 billion に達している。 そして、全体的な売上においても、China が Europe を抜いて二位の座を確保し、U.S. の背後に迫ることになった。
 
In the middle of 2016, Apple is expected to have 40 retail stores in China, almost double from 21 now, according to Tim Cook, Apple’s chief executive.
 
Apple の CEO である Tim Cook によると、China における Apple Store は現在の 21店舗から、2016年の半ばには 40店舗へと倍増するようだ。
 
ーーーーー
apple今朝のアジアの各サイトは、この話題で持ちきりという感じでした。 Agile_Cat が最初に見つけたのは、毎朝の散歩道である Want China Times だったのですが、まったく数字が記されていなかったので、この Shanghai Daily にまで探しに行ったというわけです。 ひょっとすると、もっと詳しい情報があるのかもしれませんが、文中の Apple CFO の発言を読むと、こんな感じなのかとも思えてきます。それにしても、昨日の「中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!」に続いて、こんな記事が出てくるとは、、、ただただ驚くばかりです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホとスペクトラム・オークション

Posted in Asia Weekly, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on April 4, 2015
Digital India の確立へ向けて、爆走する政府と市場・・・
 
cna-banner
 
今週の Cloud News Asia で目立っていたのは、インドにおける 3/31 の激安スマホの発表です。 まず、Micromax が Bolt S300 のオンライン販売を開始しましたが、価格は Rs 3,300 ($53) とのことです。 それに続いて、Asus が Zenfone 2 を 4月にリリースし、Xiaomi も廉価版スマホを 4/8 にリリースすると発表しています。
 
Smartphone in IndiaHarsh Agrawal
Flickr
 
また、その他の目立った動きとしては、3/29 に Xiaomi がスマホを店頭で販売すると発表しています。 ちょっと、中国国内の動きが見えませんが、海外でのオフライン販売となると、インドが始めてになるのでしょう。 そして、Motorola も同じような展開を見せています。
 
その一方で、スペクトラム・オークションに関連するニュースも数多く報道されていました。 その内容を、詳細まで把握できているわけではありませんが、全体のトーンとしては、渋々ながらも入札するテレコム各社を、インド政府が急かしているという感じがします。以下が、そのリストです・・・
 
3/18: Telcos may face funding blues
3/18: Spectrum windfall hits record Rs 1.07L crore
3/19: Spectrum wars: Vodafone takes on RJio
3/23: Spectrum auction kitty dips to Rs 1.05 lakh crore
3/25: Reliance Jio Infocomm reignites 2G spectrum battle
3/26: Telecom spectrum auction concludes after 19 days
3/27: India’s top three telcos spend Rs 85k crore in auction
3/29: Tata Tele a surprise with its strong bids in spectrum auction
3/30: Why Idea isn’t losing sleep over spectrum bill
3/30: How telcos fought the bruising battle for spectrum
4/1: Airtel, Idea, Vodafone partly pay their upfront amount
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/31: TCS, Infosys, HCL Tech, Tech Mahindra in race to buy US IT firm
IndiaWhile the Indian IT firms are getting aggressive in buying smaller ticket size companies in the US, sources with direct knowledge share that one such candidate, Sierra-Cedar with HQ in Georgia, US is close to launching a sale process soon. Valuation expectation for a complete sale of Sierra-Cedar is pegged at around $350 million, a source said.
 
② 4/2: Asia-Pacific Cyber Security Market 2015-2019 – Cloud-based Solutions
APACThe analysts forecast the Cyber Security market in the APAC region to grow at a CAGR of 15.15 percent over the period 2014-2019. Demand for cloud-based security solutions is one key trend emerging in this market. End-users prefer cloud-based security solutions because they are cost-effective and can be easily managed. Therefore, both large enterprises and SMEs in the APAC region are increasingly adopting cloud-based cyber security solutions.
 
③ 4/2: What is going on with Chinese EC site Wowo’s long-delayed IPO?
ChinaChinese ecommerce and daily deals site Wowo (also known as 55tuan) is having a bit of a bumpy ride on its way to the US market. Wowo has been planning a US IPO for some time now, and was originally scheduled to list on the NASDAQ under the tag WOWO back in February. But that date came and went without an IPO. So did a subsequent date in March. Now, the company is reportedly scheduled for an April 1 IPO. But there are signs that might not come off either.
 
④ 1/28: Inotera on schedule to transition to 20nm process technology
TaiwanInotera Memories is making progress in transitioning to a newer 20nm node technology, according to the Taiwan-based DRAM memory maker. Industry observers recently indicated that four-gigabit DDR4 memory is unlikely to become mainstream for PCs until the first quarter of 2016, due to some chipmakers’ difficulty in transitioning to 20nm process technology that requires huge capital investments. Micron Technology has been identified as one of the suppliers facing the difficulty.
 
⑤ 4/2: Microsoft to Offer Free Cloud Service to Chinese Start-ups
ChinaMicrosoft has announed it plans to offer 100 million yuan worth of free cloud-computing services and software tools to 100 Chinese startups. The promotion is seen as bid to bolster its cloud-computing business in China. The new initiative will be launched in the next 6-months. Start-ups involved will have access to Microsoft’s Azure cloud-computing service, software and development tools.
 
⑥ 3/28: Oracle to hire 1,000 in Asia-Pacific, 300 in India
IndiaBENGALURU: Global datebase software product major Oracle has announced that it would hire about 1,000 people across Asia-Pacific (APAC) to expand and strengthen its sales force in the region. “About 300 of the specialized sales force will be hired in India for cloud and the expansion will help us to drive growth and support demand for our cloud solutions across the region,” the US-based multinational said in a statement here.
 
⑦ 3/25: Cloud association study lifts the veil on Asia’s SMEs
APACIT is a mantra uttered so often that it has become a commonly accepted statement of fact: That Asia will power the new global economy. “It’s become such a buzz topic,” said Lim May-Ann, executive director of the Asia Cloud Computing Association, who spoke to Digital News Asia (DNA) in Manila. “If we accept that Asia is going to be the engine of the new economy, and also that 99.95% of companies in the region are small and medium enterprises (SMEs), then it stands to reason that SMEs are going to be the ones powering the new economy.
 
⑧ 3/14: Xiaomi MiPad and budget Redmi 2 set to launch in India
IndiaAt an event this morning in Delhi, Chinese gadget maker Xiaomi revealed that its tablet, the MiPad, and the updated version of its cheapest phone, the Redmi 2, are set to launch in India on March 24. The budget-oriented Redmi 2 first launched in China in January, while the MiPad dates back to May 2014.
 
⑨ 3/31: Spotify comes to PlayStation, replaces Sony’s Music Unlimited
JapanNEW YORK: Spotify is coming to the PlayStation, replacing Sony’s own Music Unlimited service, as the company continues to expand the game console into an entertainment hub beyond video games. Spotify hits the PlayStation 3 and 4 on Monday, with a new app adapted for large television screens. Sony says partnering with Spotify expands its music service to 41 countries, rather than the 19 available with Music Unlimited, and offers better tools for playlists and music discovery.
 
⑩ 3/31: NewSat forced to halt trading over satellite funding
TaiwanNewSat has been forced to halt trading on the Australian Stock Exchange as it continues to battle to have funding for its Jabiru-1 satellite project reinstated. The company revealed mid-last year that financing for the satellite project had been put on hold over “alleged technical or documentary breaches of financial facilities” related to the drawdown of its loan from Ever Tycoon.
 
ーーーーー
cna_6昨日 (4/3) のことですが、Venture Beat が「Google and Mozilla decide to ban Chinese certificate authority CNNIC from Chrome and Firefox」という記事をポストしていました。エジプトの MCS Holdings という中間認証局(CA)から発行された、不正なデジタル証明書が発見され、そこに CNNIC が関連しているため、Google と CNNIC が共同で調査を行ったとのことです、その結果、これから CNNIC が発行するルート証明書を、Google サービスでは認識しないことにし、それに Mozilla も追随するということです。 その一方では、Microsoft が中国のスタートアップに対して、無償でクラウド・サービスを提供したり、Github に対して中国から大規模な DDoS が仕掛けられたりと、この二国の間に、さまざまな出来事が起こっています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
 

iPad が伸び悩んでいる:脇役から抜け出せないタブレットを1枚のチャートで!

Posted in Apple, Mobile, Research by agilecat.cloud on April 1, 2015
Here’s why Apple’s iPad business is sinking
Dave Smith – Mar. 26, 2015
http://www.businessinsider.com/why-apple-ipad-business-is-sinking-2015-3
 
_ Business Insider
 
Apple’s on top of the world right now, with strong sales across all its product lines — save for the iPad. Sales of the iPad have hit a wall, and while lots of people have different theories as to why that’s the case, Credit Suisse analyst Kulbinder Garcha believes there’s a simple answer: Large phones are to blame.
 
Apple のプロダクト・ラインは好調であり、そのすべてが世界でトップを走っているが、iPad だけは様子が異なる。iPad の売れ行きが、なんらかのカベに阻まれている。その理由については、数多くの人が、それぞれの視点を持っているようだが、Credit Suisse のアナリストである Kulbinder Garcha は、とてもシンプルな理由によると確信している。 つまり、大型になってきた、スマホに役割を奪われているというわけだ。
 
bii-sai-cotd-phablets
BI Intelligence/Credit Suisse
 
Based on data from IDC charted for us by Credit Suisse and BI Intelligence, sales of large-screened smartphones (a.k.a. “phablets”) have been growing consistently while tablet sales have been slipping over the last year. After all, why would you buy an iPad when you can buy a big phone that does everything the tablet does, and more?
 
IDC のデータをベースにして、Credit Suisse と BI Intelligence が作成したチャートを見ると、大型のスクリーンを持つスマホ(別名:ファブレット)の売上がコンスタントに上昇しているの対して、昨年のタブレット売上げはモタツイている。 結局のところ、あなたは、こんな疑問を持つ。それらのファブレットが、すべての必機能を充たしているのに、あえて iPad を購入する必要があるのだろうか?
 
ーーーーー
appleいまの Agile_Cat のモバイル・デバイスは、小さい方から ① LG G2 Mini、② Nexus 7 2003、③ iPad 4、④ Chromebook HP というラインナップですが、iPad と Chromebook は、机の脇のブックシェルフに立てられ、必要に応じて外に持ちだされるという使われ方です。 iPad の良いところは、どのような環境でも、VGA を介した画面出力が確実だという点なのですが、それだけでは、ちょっと寂しいですよね。 でも、LG G2 Mini と Nexus 7 で、だいたいのことが出来てしまうという現実もあるのです。 もちろん、使い方によりけりなのでしょうが、このポストで Kulbinder Garcha さんが言っていることに、とても納得してしまうのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
iPad オーナーの 約半数が、2年以上も昔のモデルを使っている
iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
iPad のシェアは、いつまでトップを維持できるのか?

iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on March 27, 2015
Apple rumored entry-level iPhone 6C to be made by Wistron
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Thursday 26 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150326PD202.html
 
_ Digi Times
 
Apple is reportedly planning to unveil a new range of iPhones in the second half, and among the new smartphones, the 4-inch entry-level iPhone 6C is expected to be manufactured by Wistron, according to sources from the upstream supply chain. However, the ODM declined to comment on clients or orders.
 
Apple だが、今年の後半に、iPhone の新しいラインナップを発表すると伝えられている。そして、新たな iPhone シリーズには、エントリー・モデルである、4-inch  iPhone 6C が含まれ、また、Wistron より製造されるだろうと、台湾の上流サプライチェーンから情報が流れてきている。しかし、この ODM は、顧客および注文については、ノーコメントを貫いている。
 
iPhone 5CWolf Gang
Flickr
 
Wistron and Compal Electronics recently joined as manufacturing partners of Apple. Wistron is mainly handling the vendor’s previous-generation iPhones while Compal assembles iPads.
 
最近のことだが、Wistron と Compal Electronics が、Apple のパートナーとして製造ラインに参加している。Wistron は 旧世代 iPhone を取り扱い、Compal は iPad をアセンブルするというのが、主要な業務となっているようだ。
 
To strengthen its competitiveness, Wistron established a touch panel business a few years ago, originally targeting the touchscreen notebook market; however, the business landed orders from Apple in 2014 for laminating touch panels for the iPhone 5 and the partnership later helped Wistron to receive orders for manufacturing the whole iPhone, and to be in charge of the upcoming iPhone 6C, the sources noted.
 
Wistron は数年前に、競争力を強化するために、タッチ・パネル事業を確立している。もともと Wistron は、タッチ・スクリーンのノート PC 市場をターゲットにしていたが、iPhone 5 用のタッチ・パネルを積層するために、2014年に Apple からの注文を得ることになった。そして、このパートナーシップが、iPhone 全体を製造するという作業を、Wistron が引き受けるキッカケとなった。そして、さらに、新たに登場する iPhone 6C を担当することになったと、情報筋は指摘している。
 
During its recent investors, Wistron noted that its mobile communications product shipments will reach 25 million units with an annual growth of 25% and its handheld device business will be the main revenue contributor of 2015.
 
Wistron は、先日の投資家たちへの説明会において、モバイル・コミュニケーション製品の出荷台数が 25万台に達すると予測し、また、25% の年間成長率を達成するだろうと述べている。つまり、同社のハンドヘルド・デバイス事業は、2015年における主要な収益源となってくのだ。
 
ーーーーー
appleこのポストと前後して、やはり DigiTimes からですが、「 TSMC to supply chips for rumored iPhone 6S and 6C 」というレポートが提供されています。 それによると、「20nm chips for an upcoming 6C model and 16nm FinFET chips for 6S models」との事のようです。 また価格に関しては、「 US$400-500」と述べられており、Xiaomi などのハイエンド機と、近いレベルまで降りてくるようです。 まだまだウワサなので、ほんとうに iPhone 6C が出てくるのかどうか、その辺りは不明ですが、ぜひ、実現して欲しいプロダクトですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに失速している?
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
Zuck が Cook に 一発かました:Apple は自分の顧客を大切にすべきだ!
 

Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, WhatsApp by agilecat.cloud on March 25, 2015
Facebook Messenger Opened to Third-Party Developers
David Curry  – Mar 23, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/43336/20150323/facebook-messenger-opened-third-party-developers.htm
 
_China Topix
 
Facebook is looking to branch out Messenger’s reach to third-parties, allowing developers to create apps on top of the messaging platform.
 
Facebook はサード・パーティへと向けて、Messanger を分岐させようとしている。つまり、このメッセージング・プラットフォーム上で、デベロッパーたちによるアプリ開発が可能になるのだ。
 
Facebook MessengerKārlis Dambrāns
Flickr
 
It will announce the new integration at the F8 Developer Conference in San Francisco next week. Facebook CEO Mark Zuckerberg will deliver the keynote and show the 20 apps developed on top of Messenger.
 
この、新しいインテグレーションは、来週の San Francisco next で開催される、F8 Developer Conference で発表される。そして、Facebook CEO の Mark Zuckerberg が登壇するキーノートで、Messenger 上に開発された 20種類のアプリがお披露目されるだろう。
 
These apps could offer games, navigation or even music sharing. Facebook recently launched a payments service on Messenger allowing users to pay friends. Expect most of the new apps launched at F8 to feature similar functionality to the payments service.
 
それらのアプリにより、ゲームやナビゲーションが共有され、また、ミュージック・シェアまでが実現されるという。先日に Facebook が立ち上げた、Messenger 上の Payment アプリにより、トモダチ間での支払いサービスも開始されている。そして F8 では、この Payment サービスのような機能を持つ、新しいアプリの発表が期待されている。
 
Facebook Messenger has grown into its own platform following the decision by the social network to remove messaging from its main mobile app. This was initially hit with anger by the Facebook community but it now sports 500 million active monthly users.
 
この Messenger は、メインの Facebook モバイル・アプリから外されるという、同社の判断に従って、独自のプラットフォームとして成長してきた。そのときには、Facebook コミュニティから反発を買ったが、いまでは 5億の MAU (Monthly Active Users) をサポートする存在へと至っている。
 
Creating a platform for developers to create new experiences is similar to WeChat or LINE in Asia. Both started out as messaging services but now offer payments, movies and even groceries shopping.
 
この、新たなエクスペリエンスを作り出す、デベロッパーのためのプラットフォームの開発は、Asia の WeChat や LINE の戦略に似ている。どちらも、メッセージング・サービスとしてスタートしているが、いまでは支払/映画/食品のサービスを提供するまで成長している。
 
The acquisition of TheFind earlier this month gives Facebook the technology to implement a sort of social shopping service through its Messenger app. It’s not clear if any of the 20 apps to be announced at F8 will be developed by Facebook or its subsidiaries.
 
今月の初めに実現した TheFind の買収により、Messenger アプリを介したソーシャル・ショッピングという、新しいサービスを実装するためのテクノロジーを、Facebook は手にしている。F8 でアナウンスされる 20種類のアプリの中で、どれらかのものが Facebook あるいは子会社から提供されるかどうかは、現時点で明らかになっていない。
 
Facebook is looking for ways to make its Messenger app less about messaging and more about quick time social interactions. This will move it away from WhatsApp — Facebook’s other messaging service — which is primarily about quick communication.
 
Facebook が、この Messenger アプリにより実現しようとしているのは。メッセージのための機能となるが、ソーシャルにおけるインタラクションを促進するものにもなる。それにより、Facebook において迅速なコミュニケーションを実現する、WhatsApp との差別化も用意になるだろう。
 
ーーーーー
facebookFacebook が WhatsApp を買収したとき、この Messenger アプリの未来が気になりましたが、着実に修正を重ねることで、とても好ましい循環が生まれてきたのでしょう。 それにしても、5億 MAU というのはスゴイですね。 どこかで、先進国のための Messenger と、途上国のための WhatsApp というふうに、そのターゲットが差別化されていくと聞きましたが、この記事を訳していて、そのとおりになっていると感じました。 つまり、Messenger の場合は、潤沢なモバイル通信帯域幅を活用しながら、リッチなサービスを提供し、Facebook も利益を得ていくことになるのでしょう。そして WhatsApp はというと、Facebook Lite の組み合わせにより、未成熟なモバイル・ネットワークしか持ち得ない、途上国の環境でも上手く機能していくのでしょう。 いまは、利益の回収よりも、MAU の拡大のほうが重要というわけです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook アプリ:Push+Delta+Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!
 

Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!

Posted in Mobile, On Monday by agilecat.cloud on March 23, 2015
Mobile Technology: An Engine of Economic Growth
By Dick Weisinger – March 16th, 2015
http://formtek.com/blog/mobile-technology-an-engine-of-economic-growth/
formtek.png
Mobile technology is a major engine for economic growth.  A recent study by Boston Consulting Group (BCG) found that mobile technologies accounted for $3.3 trillion in revenues and is responsible for 11 million jobs.
 
Mobile technology は、この世界における経済の成長を支える、きわめて重要な推進力である。Boston Consulting Group (BCG) の最新調査によると、Mobile Technology 全般における収益は $3.3 trillion に達し、また、1100 万人の雇用という責任を果たしていることが判明している。
 
Chagall_12David Michael, senior partner of BCG, said that ”the typical U.S. consumer reports that their mobile phone connection creates more than $5,800 in value for them per year, over and above what they pay. That surprised us.  It was amazing to see the value placed on mobile services by consumers in emerging markets.  More than 60% of Chinese and Indian consumers say that mobile services have enabled them to find new income-generating opportunities…  Mobile has been a huge driver of economic growth — creating jobs and improving consumers’ lives.  But much more innovation is still needed. Policymakers have an important role to play in sustaining innovation and R&D investment in mobile technologies.”
 
BCG の Senior Partner である David Michael は、「このレポートは、US における一般的な消費者のモバイル接続により、年間で $5,800 を超える経済効果が生じると述べている。そして、私たちを驚かせたのは、途上国の消費者がモバイル・サービスに見いだしている、新たな価値という観点での数字である。China と India における消費者の 60% 以上が、モバイル・サービスを活用することで、新たな収入を生み出すチャンスが生まれると、発言しているのだ。つまり、モバイルは、新たな雇用を創出し、消費者の生活を向上させるという意味で、グローバル経済を成長させる大きな推進力として機能しているのだ。しかし、イノベーションを推進すべき、数々の領域が残されている。政策の立案者たちは、モバイル・テクノロジーを継続して推進させ、また、R&D への投資を維持していくという観点で、大きな役割を果たさなければならない」と発言している
 
The BCG report found that the small and medium enterprises that adopt mobile technologies increase their revenues up to twice as fast as other businesses and eight times faster than businesses that haven’t.
 
この BCG レポートは、モバイル・テクノロジーを採用する中小企業は、それを持たない企業に対して 2倍の収益を上げることになり、また、成長力に関しては 8倍の速度に達すると述べている。
 
Further, the contribution from mobile to the GDP is growing at a rate of 10 to 20 percent annually and is expected to accelerate even more as businesses and consumers adopt ever more mobile technologies.
 
さらに言えば、モバイルによる GDP への貢献は、年間で10%〜20% という割合で成長している。そして、企業や消費者が、これまで以上にモバイル・テクノロジーを採用することになれば、さらなる加速が生じると予想されている。
 
ーーーーー
On Mondayいやはや、、、もの凄いことになっているのですね! この BCG のレポートは、PDF でダウンロードできるので、よろしければ ど〜ぞ! ちなみに、一人あたりの経済効果は、先進国としての US が $5,800、Germany が$6,300、Korea が $3,150 となっていました。 そこに、途上国としての Brazil が $2,270、China が $3,300、India が $770 というふうに加えられていますが、日本がいないのが寂しいです・・・ 一昨日に、「今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!」という、Cloud News Aisa からのマトメをポストしましたが、モバイルの成長がインフラの成長を促すという縮図が、そこにも表されていると思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
%d bloggers like this: