Agile Cat — in the cloud

Google I/O – 2013 の登録開始:しかし 48分間で売切れてしまった

Posted in Events, Google, Miscs by Agile Cat on March 14, 2013

Google I/O Sells Out In Less Than An Hour
http://wp.me/pwo1E-5Ll
Dan Rowinski – March 13, 2013
http://readwrite.com/2013/03/13/google-i-o-sells-out-in-less-than-an-hour

_ Read Write (2)

If you wanted to go to Google I/O this year, chances are you are out of luck.

今年の Google I/O に行きたいと、漠然と思っているだけなら、そのチャンスは、すでに消えている。

Tickets for Google’s developer’s conference, May 15-17 in San Francisco, went on sale this morning. Less than an hour later, they were gone.

5月15-17日に San Francisco で 開催される、この Google のデベロッパ・カンファレンスのチケットが、今朝に売り出された。 しかし、その1時間後には、売り切れてしまった。

The process was marred by long digital queues and some problems with Google processing payments for some would-be attendees. Tickets went on sale at 10 a.m. ET today. By 10:48 a.m., Google was notifying people that the event has sold out.

そのプロセスは、長いデジタル待ち行列と、チケット購入者を受け付ける、Google サイドの問題により、混乱していた。 そのチケットは、アメリカ東部時間で、今日(3/13)の 午前 0時から売り出された。 そして、午前10時48分までには、Google からの売り切れという通知が、待ち行列へ向けて伝えられていた。

As Google enthusiasts are known to do, they took to the company’s social network Google+ to vent their frustration.

いつもの Google 信者たちのパターンのとおり、彼れらは同社のソーシャル・ネットワーク Google+ で、その不満を発散させている

Google sells tickets to I/O for $900 for general admission and $300 for faculty and students. The high price of admission apparently didn’t scare anybody away.

Google I/O のチケットは、一般向けには $900で販売されたが、大学の教授と学生たちには $300 で販売された。 かなり高額なチケットであるが、見たところでは、それが原因で、売れ行きが鈍ることはなかった。

The conference is Google’s biggest event of the year. The company typically introduces the new flavor of Android (expected to be called Key Lime Pie this year), developer and manufacturer tools, improvements to its search algorithm and more. Google has also started using I/O to introduce new devices such as it did last year with the Nexus 7 Android tablet and the ill-fated Nexus Q.

このカンファレンスは、Google における今年最大のイベントである。 そして、いつもは、最新の Android および(今年は Key Lime Pie コード名が期待を集めている)、デベロッパとマニファクチャのためのツール、そして、改善された新しい探索アルゴリズムなどが紹介される。さらに Google は、この I/O で、新しいデバイスを紹介している。 昨年は、Android タブレットの Nexus 7 であり、不運に終わった Nexus Q であった。

Did you get a ticket to Google I/O? Or were you one of the thousands left in the lurch? Let us know in the comments.

あなたは、Google I/O のチケットを手に入れただろうか? それとも、見捨てられた何千人かの中の  1人なのだろうか?なにか言いたかったら、コメントで ど~ぞ。

ーーーーー

TAG index今年の Google I/O は、なかなかの人気になるはずとは思っていましたが、これほどまでとは予想もしていませんでした。 これじゃぁ、まるで、人気ロック・バンドなみですよね Winking smile 昨年が面白かったのと、Google Glass が貰えそう、という期待が入り混じって、こんな展開になったのかと、想像しています。いまから、3~4 時間前の、すでに過去の出来事です。3/14 – 2:20 AM。 image

ーーーーー

<関連>

Google I/O 2012 の Day 1 キーノートは、こんな感じ
Google I/O 2012 の Day 2 キーノートは、Chrome と IaaS
Google I/O 2012 を Youtube で見よう

アンチ Google キャンペーンは絶対に止めない – Microsoft 談

Posted in Google, Microsoft, Miscs, Privacy by Agile Cat on March 5, 2013

Microsoft: No, We’re Not Abandoning Our Anti-Google Campaign
http://wp.me/pwo1E-5IL

Julie Bort | Mar. 4, 2013
http://www.businessinsider.com/microsoft-to-keep-scroogled-campaign-2013-3

_ Business Insider

Microsoft has no intention of completely ending its Google-bashing ad campaign, "Scroogled," the company told Business Insider.

Microsoft は Google バッシング・キャンペーン「Scroogled」を、絶対に終わらせないというメッセージが、同社から Business Insider に届いた。

Reports flew on the Internet today that Microsoft would kill off the controversial effort when a report from Bay Area news site KQED said that Microsoft had stopped buying media space to run the ads on television, newspapers, and social media.

今日のインターネットには、をこの物議をかもしている行為を、Microsoft が終了するだろうという、Bay Area ニュース・サイトの KQED からのレポートが飛び交っていた。それは、この広告を流すための TV/新聞/ソーシャル・メディア上のスペースを、すでに Microsoft が買うのを止めたというものである。

Scroogled ads had criticized the search giant for accepting payment for product listings and scanning users’ emails for keywords to target ads.

この Scroogled 広告とは、Google がプロダクトで対価を受けながら、ターゲティング広告のために、ユーザの電子メールからキーワードをスキャンしていると、批判するものである。

"That part is about finished," Stefan Weitz, Microsoft senior director of online services, told KQED’s Laird Harrison.

「そのパートは完了した」と、Microsoft の Senior Director of Online Services である Stefan Weitz が、KQED の Laird Harrison に説明している。

Microsoft, however, tells us it’s just gearing up for another round. For now, that sounds like posting more Web videos to Microsoft’s Scroogled.com site.

しかし Microsoft は、次のラウンドへ向けて、準備しているだけのことだと言う。 現時点では、Microsoft の Scroogled.com サイトに、さらに多くの Web ビデオがポストされるような雰囲気だ。

Here’s Microsoft’s statement on how Scroogled will continue:

以下は、Microsoft の、Scroogled に関する、今後の指針である:

Scroogled will go on as long as Google keeps Scroogling people. We know Google doesn’t like it when the facts come out. Chapter two of the consumer education campaign has shown people care about their privacy. More than 3.5 million people visited scroogled.com, and nearly 115,000 people signed a petition asking Google to stop going through their Gmail. Stay tuned for the next chapter.

Google が 人々を Scroogling しようとする限り、Scroogled は続くであろう。 この事実が明かされることを、Google は嫌がっていることを、私たちは知っている。 この消費者教育キャンペーンの第 2章は、人々にプライバシーの大切さを伝えるものとなる。 3.5 million 以上の人々が、scroogled.com を訪れている。 そして、約 115,000人の人々が、Gmailでのスキャンを止めることを、 Google に求める請願書にサインしている。 次章にも、注目し続けて欲しい。

ーーーーー

TAG indexう~ん、なにか、一言とは思うのです、困ってしまいます。 まず、Scroogling の意味ですが、辞書を引くと[Scrooge = 名:守銭奴 ◆ Dickens 作 A Christmas Carol の主人公の名前より]というのが出てきます。 大まかなところで、こんな感じなんでしょうかね?  基本的に、Microsoft と Google の間のことなので、どちらの肩を持つこともしませんが、「consumer education campaign 」とまで言うなら、Microsoft 語ではなく、普通の言葉で説明しないと、普通の人を教育できないと思うのですが、どうなんでしょう?image

ーーーーー

<関連>

ショッピングの検索結果を金でねじまげているのはGoogleか?Bingか?
ーーーーー
Microsoft : Google は Enterprise Office Apps に真剣ではない
Google : Microsoft Office から、90% のユーザーを奪ってみせる
Google の時価総額が、一瞬だけど Microsoft を追い越した
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
Microsoft の Socl は、Facebook、Twitter、Google+ に対抗し得るのか?

WordPress からの Happy New Year カードが嬉しい!

Posted in .Chronicle, .Selected, Miscs, Weekend by Agile Cat on January 3, 2013

トータルで 2000ポストを超えたんですよ~~~
http://wp.me/pwo1E-5tU

_AC Stamp

今年で2回目ですが、WordPress からの Happy New Year カードが届きましたので、ご紹介します。前回に貰ったとき、とても嬉しかったので、今年も来ないかと密かに期待していたのです。

ーーーーー

毎年、リヒテンシュタインには、約 55,000 の旅行者が訪れる。 2012年、このブログは、600,000回ほど参照されている。 リヒテンシュタインと比較すると、11年分の訪問者に相当する人数が、このブログを見たことになる。つまり、あなたのブログは、このヨーロッパの小国より、たくさんの訪問者を集めている。

2012年、608 個の新しいポストがあり、トータルのアーカイブ数は 2,071 にまで成長した。

また、もっとも賑わったのは、7月 22日であり、6,530 View を数えた。 この日のポストで人気だったのは、「 なぜ アプリの開発は、最初が iPhone で、次に Android なのか?」であった。

___space

___space

131ヶ国から、訪問者があった。 最も訪問者が多かったのが Japan である。そして、United States と United Kingdom が後に続く。

___space

___space

ーーーーー

自分なりの一年間の積み重ねが、こんな結果につながっているのだと思うと、感無量です。しかし、何度かお話していると思いますが、Agile_Cat の一番の目的はアーカイブ作りであり、作ったからには簡単に参照したいと思っています。それもあり、以下の <関連> にあるような、マトメを作ってみたのですが、今年はさらに一工夫できればと考えています。image

ーーーーー

<関連>

2012年 Agile_Cat 総まとめ ページです

2012 – 2013 海外 マトメ・ポストを、マトメてみました 62本

Posted in .Chronicle, .Selected, Miscs by Agile Cat on December 29, 2012

Post-PC、Social、Open Cloud、SDN、Data Center ごった煮です
http://wp.me/pwo1E-5s5

Agile_Cat_2012

Net Vibes 上に構築された、Agile_Cat 自慢の RSS Feed ポータルに、たくさんのマトメ・ポストが押し寄せてきました。 最初は、これを訳してみようとか、あれはどうだろうとか、いといろと考えていたのですが、もう、途中から訳が分かんなくなり、とりあえずは、以下のようなマトメのマトメを作ることにしてみました。image98

ーーーーー

December 3, 2012
25 Standout Apps From 2012

December 4, 2012
Roundup of CRM Forecasts and Market Estimates, 2012

December 14, 2012
The 2013 Marketing Predictions Post: Content Marketing And Social Business
What we’ll see in 2013 in cloud computing

December 17, 2012
2012: The year software-defined networking sold out
Google In 2013: 11 Predictions

December 18, 2012
If Apple really wants to win, something crazy needs to happen in 2013
First Steps to Creating a Cloud Computing Strategy for 2013
Top 10 VDI news stories of 2012

December 19, 2012
IBM’s Cognitive Computing Plans: Giving Smartphones 5 Senses
Dan Swinhoe (Asia) – 2013 Predictions: Asia-Pacific
2012 Belonged to SDN & NFV. But Will They Deliver in 2013?

December 21, 2012
The Year in M&A: The Top 10 Data Center Deals of 2012
Cloudy Skies Ahead: 3 Cloud Computing Predictions for 2013
2012: The year Cloud computing took a bite out of IT

December 25, 2012
Broadcom Predicts Top 10 Technology Trends in 2013
5 charts that show the massive growth of solar in 2012 [charts]

December 26, 2012
2012: The year cloud computing took a bite out of IT
Does Microsoft Still Matter? 2013 Will Decide
2013: The year carriers choose whether Wi-Fi is friend or foe
BII MOBILE INSIGHTS: Here’s How The Tablet Market Evolved In 2012
2013: The Year IT Becomes Invisible
The Top Data Center Stories of 2012

December 27, 2012
SDN Startups That Could Become Acquisition Targets In 2013
7 Bold Predictions Of What The Mobile Industry Will Do In 2013
The 7 Technology Trends That Will Matter Most To Small Business in 2013
The Mobile Industry Matured In 2012 – And Grew Like Crazy
6 Trends Startups Must Cope With In 2013 – From Paul Kedrosky
5 Trends In HTML5 In 2012
3 Big Privacy Issues Of 2013 – And What You Can Do About Them
Rivalry between Amazon and Google to escalate in 2013
How Cloud Computing will Shape 2013
Top 10 Media Stories of 2012: Social Election; Facebook’s IPO; Drones

December 28, 2012
Social Media Marketing Trends in 2013 infographic
Top 10 Dachis Group Posts of 2012
This Year in Twitter: 9 Important Milestones
Facebook in 2012: A Billion Users and Counting
Top 10 Google Searches of 2012
25 Standout Apps From 2012
Google names 12 best Android apps of 2012
Google 2012: The Machines Are Getting Smarter
2013: The Cloud As Savior And Sinner
The best Pingdom blog posts of 2012
Top 7 trends for 2013: T Srinivasan
16 of the most useful cloud management tools
2012 Web Hosting Industry Year in Review – Appointments
Network Computing’s Best Stories of 2012
The Future Of Enterprise IT: 30 Executives Share Their 2013 Predictions
Airline marketing in 2013 all about connected travellers and the real world
8 Content Marketing Trends for B2B
Social media: The biggest stories of 2012
The Top Digital Trends of 2013
5 Social Media Habitudes to Leave Behind in 2013
Best of 2012: The Three Things Marketers Keep Forgetting About Facebook
Infographic: Biggest Social Media Moments of 2012
Best of Industry Perspectives 2012: Cloud Computing
Best of Industry Perspectives 2012: Storage
Best of the Data Center Blogs: Year-End Edition
Most Popular Data Center Articles for 2012
2013 Predictions for Networks
2013 Predictions: Cloud Impacts on Staffing
In 2012, we turned to Wikipedia to learn about … Facebook?

ーーーーー

Agile_Cat_2012サブ・タイトルに書いたように、Post-PC、Social、Open Cloud、SDN、Data Center などに関するマトメが、てんこ盛りの状態です。 これだけあると、リンクを埋め込んだタイトルを並べるだけで精一杯です Winking smile みなさんの興味の対象となる、面白いマトメ・ポストが、上手く見つかると良いですね。Good Luck!image

ーーーーー

<関連>

みんなが 期待の Open Cloud 特集
みんなが 注目の SDN/OpenFlow 特集
みんなの 先生 James Hamilton 特集
みんなを 支える Data Center 特集
2012 – 2013 海外 マトメ・ポストを、マトメてみました 62本
泣いて、笑って、驚いて、今年も暮れる WeekEnd 特集

Steve Ballmer さん、いまでも Apple を、小物あつかいしたいのね?

Posted in Apple, Microsoft, Miscs, Weekend by Agile Cat on November 4, 2012

Microsoft CEO Steve Ballmer Thinks Apple Is A ‘Low Volume Player’ Except For The iPad
http://wp.me/pwo1E-57Q

Jay Yarow | Oct. 30, 2012
http://www.businessinsider.com/microsoft-ceo-steve-ballmer-on-apple-2012-10

_ Business Insider

Microsoft’s CEO Steve Ballmer just can’t help himself when it comes to Apple.

Microsoft の CEO Steve Ballmer は、Apple の話になると、自らを律するという意味で、節度を失ってしまうようだ。  

In an interview with the Wall Street Journal, Ballmer was asked if he’d prefer Apple’s business model, which controls hardware and software.

Wall Street Journal とのインタビューで、ハードウェアとソフトウェアをコントロールする、Apple のビジネス・モデルを好むのかと、Ballmer は質問された。

His response: "We like our model, as we are evolving it. In every category Apple competes, it’s the low-volume player, except in tablets. In the PC market, obviously the advantage of diversity has mattered since 90-something percent of PCs that get sold are Windows PCs. We’ll see what winds up mattering in tablets."

それに対して彼は、「 我々が発展させてきたように、我々は我々のモデルを好んでいるのだ。 すべてのカテゴリで競合するが、タブレットで除いて、Apple は小規模なプレイヤーだ。 PC マーケットでは、販売されている PC の 90% ほどが Windows PC なのだから、我々のアドバンテージは明らかだ。 タブレットにおける重要性については、これから整理していく」と、答えている。

Newsflash: Apple is a high volume player in smartphones, too. And it was a pretty high volume player in the MP3 market with the iPod.

Newsflash: Apple は、スマートフォンにおいて、大規模なプレイヤーでもあるのだよ。 さらに言えば、MP3 のマーケットでも、iPod は大規模プレイヤーなのだよ。

So, all the new markets it’s entered lately (with the exception of Apple TV), it’s become a high-volume player.

つまり、最近における、すべての新しいマーケットにおいて(Apple TV は除く)、Apple は大規模プレイヤーになっている。

And it’s become such a high volume player that Microsoft has been forced to chase Apple. First with the Zune, then with Windows Phone, and after that, with the Surface tablet, Microsoft’s own attempt at doing both hardware and software.

そして、あまりにも大規模なプレイヤーになってしまったので、Microsoft は Apple を追いかける羽目になった。 最初は Zune で、続いて Windows Phone、さらには Surface タブレットで、 Microsoft は自らの発案において、ハードウェアとソフトウェアを統合してきたと言うのだね。

Not to mention that low-volume, high-volume, whatever, Apple’s revenue, profits, and market cap blew past Microsoft thanks to iPhones and iPads.

まぁ、大規模とか小規模とか、細かいことをゴタゴタ言わなくても、Apple は iPhone と iPad のおかげで、収入/利益/時価総額で Microsoft を軽く凌駕している。

Instead of blustering about Apple being a low volume player, all Ballmer had to say was, "Apple has incredible success, so congratulations to it. We believe our model, which brings in $80 billion per year in sales is also pretty good, so I’m not envious of what they’re doing."

Apple が小規模なプレイヤーであると、荒れ狂うのではなく、Ballmer が言うべきことは、「Apple が信じ難い成功を遂げていることに、おめでとう。 我々は我々のモデルを信じている。 それは、年間で $80 billion のセールスをもたらす、素晴らしいものである。 したがって、Apple のことを、羨ましいとは思わない」でなかったのでは?

ーーーーー

imageはい。 ノーコメントです。 コメントのつけようがありません。 人生いろいろ、人それぞれ、礼儀も作法も私の勝手だよね。 image

ーーーーー

<関連>

Windows Phone がヨーロッパで伸びている : 三番手の RIM を捕らえるか?
Microsoft Surface RT は $499 でデビュー
Netbook が iPad に踏み潰された状況を、チャートで再現してみる
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
iPhone 5 の発売日に、あえて Microsoft Store に行ったら、考え込んでしまった

Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Microsoft, Miscs by Agile Cat on June 11, 2012

Microsoft Joins The Cloud Mainstream
http://wp.me/pwo1E-4j3

June 8, 2012
http://seekingalpha.com/article/646791-microsoft-joins-the-cloud-mainstream

_ seeking alpha

While Oracle (ORCL) insists that a cloud is just Software as a Service, that it can indeed be proprietary and closed, that it’s not much different from old-fashioned enterprise computing, Microsoft (MSFT) is seeking to enter the cloud mainstream.

Oracle(ORCL) が主張するクラウドが単なる SaaS に過ぎず、実際にはプロプライエタリでクローズドなものに成り得るのに対して、つまり従来型のエンタープライズ・コンピューティングと大差がないのに対して、Microsoft(MSFT)はクラウドのメインストリームに参加しようとしている。

imageThe reason Microsoft was quietly running a Meet Azure webcast the same day Oracle was trotting out its cloud, assuring developers of their support for Linux and open source tools in its Infrastructure as a Service offering was because it has to.

Oracle が自身のクラウドを披露したのと同じ日に、Microsoft が静かに Meet Azure Web キャストを実施した理由は、 その IaaS における Linux と OSS ツールのサポートを、デベロッパーに対して保証することが、必須であった点にある。

The differentiation Microsoft wants to offer is enterprise surety. So it was important that CentOS, a small Linux vendor, announced at the event it would offer a Service Level Agreement for its software on Azure. Enterprise-quality support and enterprise-standard contracts are bound to be part of any successful pitch.

Microsoft が提供したいと望む別の切り口は、エンタープライズ・セキュリティにある。 したがって、そのイベントで、Azure 上のソフトウェアに SLA を提供したいと発表した、小規模 Linux ベンダーである CentOS が重要となってくる。 エンタープライズ品質のサポートと、エンタープライズ標準のコントラクトが、あらゆる成功モデルにおけるパートとして考慮されなければならない。

Microsoft first thought Azure would be a natural transition for its Windows-based enterprise clients. But many of those companies turned out to be more conservative than Microsoft thought. They didn’t move toward Amazon, but they didn’t move to Azure either.

最初に Microsoft が考えたことは、Windows ベースのエンタープライズ・クライアントにとって、Azure が自然な移行先になるというものだった。 しかし、顧客である企業は、Microsoft が考えたよりも保守的であることが分かった。それらの企業は、Amazon に近付くこともなく、また、Azure に移行することもなかった。

imageFor those companies that have embraced the cloud, concepts like commodity hardware and open source are basic to the decision. They want to build “hybrid clouds” in which work can move seamlessly from their own cloud-based systems to the public clouds of Amazon (AMZN), Rackspace (RAX) and others to achieve maximum bang for minimum buck.

それらの、クラウドを受け入れている企業にとっては、コモディティなハードウェアとオープンソースのようなコンセプトが、基本的な判断材料となる。 つまり、それらの企業は、自身のクラウド・システムから、Amazon や Rackspace のパブリック・クラウドへ向けたシームレスな移行を達成する、ハイブリッド・クラウドの構築を目指しているのだ。 そして、それにより、最大の費用対効果を得たいと望んでいる。

In short, for cloud buyers, cloud is a commodity. Amazon is the leading cloud vendor in part because it offers commodity pricing, even while cloud is a niche product. The ability of companies to move on-and-off the Amazon cloud is proven. The success of cloud-based, open source applications like Facebook is proven.

要するに、それらのクラウド購入者にとって、クラウドはコモディティなものとなる。 その点において、Amazon が主導的なクラウド・ベンダーとなっているのは、クラウドがニッチな製品であるにもかかわらず、コモディティな価格体系を提供しているからだ。 そして、顧客である企業の能力は、Amazon クラウドをオンデマンドで活用することで証明される。 また、Facebook のような、オープンソースによるクラウド・ベースのアプリケーションも、その成功を証明されている。

If Microsoft is to have any hope of competing in this new architecture, in other words, it has to join the cloud mainstream. The Meet Azure event was its assurance to customers that it has indeed done so, and that it will compete directly with Amazon on price and features.

もし Microsoft が、この新しいアーキテクチャ上での競合を望むなら、クラウドのメインストリームに参加しなければならない。 Meet Azure イベントの意味は、そこへの参加を顧客に対して約束するものである。そして、価格と機能という面で、Amazon とダイレクトに競合していくという、意志の表明でもある。

For customers this is great news. For Microsoft it’s a necessary step. For investors it means increased competition and the likelihood that they may have to wait a long time for cloud profits.

顧客にとって、この出来事は、すばらしいニュースである。 また、Microsoft にとっては、必要なステップである。 そして投資家にとっては、クラウドにおける競合の激化が生じ、そこからの利益の回収において、長期的な展望が必要となるという結果がもたらされる。

Disclosure:I am long AMZN, MSFT.

ーーーーー

imageこの件に関しては、「Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?」というポストで以前にお知らせしました。そして、いま、以下の関連リンクに示されるように、GigaOM や ZDNet などを含む数多くのメディアが、この Linux シフトを報じています。 紆余曲折があって、ここに到達した Microsoft に、幸あれと願わずにはいられません。 --- image@Taipei

ーーーーー

<関連>

Microsoft paints Azure with open source brush
Microsoft Azure gets a big assist from small PaaS companies‎
Windows Azure re-imagined: Microsoft’s fit for the cloud
Competing Against Amazon, Microsoft Adds Linux Support to Windows Azure
Microsoft launches support for Linux on Windows Azure

 

Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!

Posted in .Selected, Asia, Linux, Miscs, Mobile, Samsung by Agile Cat on June 6, 2012

Samsung joins Linux Foundation
http://wp.me/pwo1E-4ib

Dusan Belic – June 6th, 2012
http://www.intomobile.com/2012/06/06/samsung-joins-linux-foundation/

Image(5)_ into Mobile

Samsung is joining the Linux Foundation as a Platinum member, which gives it a seat on the Foundation’s Board of Directors. At the same time, the Korean giant has the opportunity to participate with the kernel community and adopt open source best practices.

Samsung は Linux Foundation に参加し、同ファンデーションの  Board of Directors の役職を与えられた。 それと同時に、この Kerea の巨人はカーネル・コミュニティに参加し、オープンソースのベスト・プラクティスを採用する、チャンスを得たことになる。

Linux is not just about phones — though Android is a Linux-based OS — with Sammy hoping to take advantage of the open-source community to make an array of its products that much better. TVs come to mind first, though as we know, Samsung is also involved in many other areas, computers being one of them (think Chromebook). Moreover, the company may also want to help push Tizen forward, now that it contributed its Bada platform to the project.

Android はLinux ベースの OS であるが、もちろんスマートフォンのためだけに、Linux が存在するという話ではない。Samusung は、このオープンソース・コミュニティを活用することで、その多様なプロダクト・ラインを、これまで以上に充実させたい望んでいる。 一番最初に TV がイメージされるが、私たちが認識しているように、Samsung には多様な製品エリアがあり、コンピュータも その1つである( たとえば Chromebook)。 さらに同社は、Tizen を促進しようとプッシュするだろう。 その理由は、このプロジェクトに対して、自身の Bada プラットフォームをコントリビュートしている点にある。

We’ll make sure to follow this and all other Samsung-related news closely and let you know as soon as we see the first (mobile) results coming out from this co-operation. Stay tuned in the meantime…

私たちは、この件を確実にフォローし、また、Samsung 関連のニュースに注目していく。 そして、この協調関係から何らかの結果が出てくるようなら、すぐに記事にしていく。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat が Samsung をメジャーと認識し始めたのは、1.8 inch HDD のノート PC が出始めた頃でしょうか。 この 1.8 HDD がやたら遅くて、Samsung の SSD は やたら高くてという、悶々とした状況を半年くらい続けるうちに、すっかりと Samsung が、一流ブランドとして、脳裏に焼き付いてしまったのです。 その SSD を購入してからは、他の製品を買うことはなかったのですが、Galaxy Note は欲しいですし、もちろん Galaxy S3 も欲しいですし、いまだに高嶺の花の Samsung に悶々とし続けています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
Kindle Fire の販売量が急落:iPad 3 と Google Nexus の影響か?
Samsung Galaxy S III は、4-Core、4.8 inch、8.6 mm だ! – from London
Samsung Galaxy Tab 2 は Kindle Fire キラーになれるのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

JavaScript が 年間 48% のペースで肥大化している

Posted in .Selected, HTML5, Miscs, Research by Agile Cat on May 24, 2012

Imminent bloat warning: JavaScript size up 48% in one year
http://wp.me/pwo1E-4fe
May 17th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/17/javascript-size-up-48-percent/

_ pingdom

Websites are getting more dynamic, and more heavily scripted. JavaScript is going through something of a renaissance. Perhaps, however, it is time to start reigning in the amount of JavaScript code that’s included on the average web page.

Web サイトは、どんどんとダイナミックになるが、そのためのスクリプトは大きくなる。 JavaScript が、ちょっとしたルネッサンス期を通過している。 平均的な Web ページに含まれる総量として、JavaScript コードが君臨し始めるときが訪れているのだろう。

This chart shows an average based on thousands of tested websites from the end of 2010 until now (HTTP Archive performs tests every month).

このチャートは、2010年の終わりから今までという期間で、何千という Web サイトをテストした結果の平均値を示す(HTTP Archive が毎月テストを行なっている)。

Stats from HTTP Archive show an alarming trend:

As you can see, a year ago the average web page included 128 kB of JavaScript. Now that number has risen to 189 kB. It’s gone up 48% in just a year.

ここで確認できるように、1年前における Web の平均値では、1ページあたりに128 kB の JavaScript が含まれていた。 しかし、いまでは、その値は 189 kB に上昇している。 つまり、たった 1年で、48% も上昇したのだ。

Another 50% increase over the coming 12 months would put us at 283 kB of JavaScript. Then add all the other stuff that’s also growing, such as image download size, and the picture for web performance enthusiasts start to get pretty bleak.

これからの 12ヶ月間にわたって、もう一度 50% の増加があると、JavaScript の平均バイト数は 283 kB に到達する。そして、イメージのダウンロード・サイズの増大がなども、この値に加えてれていくと、Web パフォーマンス優先主義者を取り巻く状況は、ますます悪化していく。

We’ve shown before how JavaScript is the fastest-growing contributor to web page size. Time to start paying more attention to this.

以前にも、JavaScript は Web ページ・サイズに対して、どれほどのコントリビュータであるかという記事をポストしている。 それについても、多くの注意を払い始めるべき、タイミングとなっている。

P.S. Yes, we’re aware this blog is an offender. One of the reasons we’re planning a revamp.

Top image via Shutterstock.

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat で Javascript の記事というのは、初めてのことだと思います。 いつもであれば、このキーワードはパスしてしまうのですが、ものすごいペースで成長というか肥大化というか、とにかく急速にサイズアップしているようなので、見逃せませんでした。そして、さらに気になるのは、モバイルおよび HTML5 との関係です。 ちょっと探してみたら、Gihyo.jp に「2012年のJavaScript~PCからモバイルの時代へ」という記事がポストされていました。 これを読むと、いまの Javascript の立ち位置が見えてくるように思えてきます。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

HTML5 は Web 3.0 になるのか?
HTML5 vs. Flash の現実的な論点は、いったい何処にあるのだろう?
HTML 5 について、パブリッシャーが知っておくべき 5つのポイント
Chrome が IE を抜いて、世界の No.1 になったが・・・
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/4月

 

%d bloggers like this: