Agile Cat — in the cloud

NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

Posted in Amazon, Asia, Hybrid, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 28, 2015
NTT helps integrate private and public clouds with dedicated connectivity
Mikael Ricknäs – Aug 26, 2015
http://www.infoworld.com/article/2976189/cloud-computing/ntt-helps-integrate-private-and-public-clouds-with-dedicated-connectivity.html
 
_Info World
NTT Communications will provide its enterprise customers with direct private connectivity to Microsoft’s and Amazon Web Services’ public clouds through a new service, Multi-Cloud Connect.
 
NTT Communications だが、Multi-Cloud Connect という名称のダイレクト・プライベート接続をユーザー企業に提供することで、Microsoft や Amazon Web Services といったパブリック・クラウドの利用を促すことになる。
 
The more dependent enterprises become on public clouds, the more dependent they become on a network connection that doesn’t falter. Inconsistent Internet performance has become an impediment to widespread cloud adoption, according to NTT.
 
パブリック・クラウドに依存する企業は、より高精度なネットワーク接続に依存することになる。したがって、インターネットにおける不安定なパフォーマンスは、広範囲におよぶクラウドの適用にとって障害になり得ると、NTT は述べている。
 
NTT CloudNTT hopes to offer a better performing alternative with its Multi-Cloud Connect, which lets enterprises access public cloud services via its MPLS (Multi-protocol Label Switching) network.
 
NTT が提供したいと望んでいるのは、同社の Multi-Cloud Connect を用いた代案であり、MPLS (Multi-protocol Label Switching) ネットワークを介して、パブリック・クラウド・サービスへのアクセスを実現するものとなる。
 
The purported advantages include better reliability, faster speeds, lower latency and higher security. Enterprises can take advantage of that when building hybrid clouds where some applications or parts of applications run on-site and others in a public cloud. That could include a tiered storage architecture or a cloud-based disaster recovery solution.
 
そのアドバンテージには、信頼性/高速化/低遅延/高度なセキュリティなどが含まれるという。たとえば、特定のアプリケーションや、その一部をオン・サイトに配置し、その他をパブリック・クラウドに展開したいと考えるエンタープライズが、ハイブリッド・クラウドを構築する際などに、そのメリットを享受することになる。そして、そのようなクラウドは、階層型のストレージ・アーキテクチャや、クラウド・ベースの DR ソリューションを、容易に取り込めるようになる。
 
A dedicated connection to Microsoft Azure or Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) should also lower the bar for moving applications that depend on low latency to the cloud, such as virtual desktops.
 
また、Microsoft Azure や Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) と専用線で接続することで、対象となるクラウドは低遅延を約束されるものとなる。 したがって、たとえば仮想デスクトップなどのアプリケーションを移動させる際のロスも、低減されるはずである。
 
Multi-Cloud Connect became available in Tokyo on Wednesday, and will be expanded to London in December, followed by the U.S. and other parts of Asia.
 
この水曜日(8/26)に、Tokyo で Multi-Cloud Connect の提供が開始された。そして、12月には、London でサービス・インとなり、その後に US および Asia での運用が開始されるという。
 
Speeds from 10Mbps to 1Gbps are available when connecting to Microsoft and 50Mbps to 500Mbps to Amazon. NTT didn’t announce any pricing.
 
そして、前述のパブリック・クラウドとの接続スピードだが、Microsoft と接続するときは 10Mbps 〜 1Gbps が、Amazon との場合は 50Mbps 〜 500Mbps が提供されるという。 ただし、NTT は、それらの料金についてはアナウンスしていない。
 
NTT is far from the only company offering dedicated connectivity for public clouds. Amazon has partnered with service providers all over the world on AWS Direct Connect and Microsoft offers ExpressRoute. But the NTT launch highlights how the cloud market is maturing step by step to provide buyers with more choice and flexibility.
 
NTT だけが、専用線によるパブリック・クラウド接続を、提供する企業というわけではない。実際に、Amazon は Direct Connect を提供し、Microsoft は ExpressRoute を提供することで、グローバルにおけるサービス・プロバイダーたちと接続している。しかし、NTT が立ちあげた今回のサービスは、クラウドの利用者に数多くの選択肢と柔軟性を提供し、クラウド・マーケットを段階的に成熟させていくものとして評価できるだろう。
 
ーーーーー
Telecomこのところ、Cloud News Asia でも Hybrid 関連のトピックが目につきます。ひょっとして、アジアの企業文化がハイブリッド・クラウドを選ばせるのかと思うくらい、その数は多いと感じています。 今週は、香港ベースの Global Cloud Exchange に関する記事をポストしましたが、シンガポールを中心として Equinix Huawei も、ハイブリッド・クラウドのためのクラウド・エクスチェンジを増築しているという状況です。そして、この NTT の Multi-Cloud Connect が加わることで、アジアのマーケットは、さらに加熱していくのでしょう。 _AC Stamp
Hybrid IT and cloud-enabled technologies will define the new normal
Hybrid IT, cloud-enabled technologies fast becoming the ‘new normal’
Hybrid IT becoming the new normal in APAC
Will Hybrid IT and cloud-enabled technologies define the new normal?
Aligning IT and Lines of Business with Dynamic Hybrid Environments
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Netflix, Research, Twitter by agilecat.cloud on August 26, 2015
August has been a brutal month for some tech stocks
Matt Rosoff – Aug. 25, 2015, 9:51 AM
http://www.businessinsider.com/tech-stocks-august-2015-8
 
_ Business Insider
 
Monday’s stock market bloodbath capped off what was already shaping up to be a difficult month for tech stocks.
 
この月曜日の株式市場は惨憺たるものであり、8月における一連のハイテク株に対して、後退の月という烙印を焼き付けるかたちで収束した。
 
Screen Shot 2015-08-26 at 2.08.23 AMStatista charted the biggest losers for us as of market close on Monday August 24 — which some are calling Black Monday due to the huge drop in shares across the globe.
 
Statista が作成したチャートは、Monday August 24 のマーケットが閉まった時点で、下げ幅の大きかったハイテク企業の状況を示すものとなっている。世界中の株価を暴落させた今回の出来事について、何人かの人々は Black Monday と表現している。
 
But Tuesday morning saw a huge rally underway, so a lot of these losses are already being erased — for instance, Netflix is up more than 7% a few minutes after the market opened.
 
しかし、火曜日の朝のマーケットは、継続して大幅に反発しているため、これらの損失の多くは、すでに回復されているようだ。たとえば、Netflix などは、マーケットがオープンした数分後に、7% 以上のアップを記録している。
 
20150825_tech_stocks_bi
Statista
 
ーーーーー
research_55株というものと、まったくご縁のない Agile_Cat ですが、これだけの騒ぎになると、やはり気になります。 こうしてチャートを眺めてみると(Twitter は別の事情を抱えているようですが)、グローバル展開が急速に進んでいる Netflix や、ビジネスにおける中国の比重が大きい LinkedIn と Apple が、株価を大きく下げていたという感じがします。 その点、他と比べて Google の下げ幅が小さいのですが、中国と戦い続けてきた成果と見るべきなのでしょうかね :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google と 中国政府の予定調和を分析する
 

IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! そして、開発環境としては Microsoft Azure の支配が始まったようだ!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 20, 2015
Asia-Pacific Ahead of North America in Internet of Things Development: Report
Chris Burt – July 31, 2015
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/asia-pacific-ahead-of-north-america-in-internet-of-things-development-report
 
_ the whir
 
Developers are working on analytics and big data apps for the Internet of Things much more than connected devices like home appliances and cars, according to a new report from Evans Data Corporation. The survey shows that IoT development is shifting rapidly to the cloud, and also offers several more surprising takeaways.
 
データの分析やビッグ・データ・アプリに取り組んでいる開発者たちは、家電製品や自動車などに接続されたデバイスというより、圧倒的に Internet of Things を意識していると、Evans Data Corporation の最新レポートが示している。さらに、このレポートは、IoT の開発が急速にクラウド・シフトし、また、いくつかの驚くべき展開を提示するとも述べている。
 
Among the 578 developers surveyed, 37.9 percent of apps are currently being developed in the cloud. Within the next year, that number will rise to 49.6 percent, and 94.5 percent have plans to build IoT apps in the cloud at some point.
 
調査の対象となった 578人の開発者のうち、現時点でクラウド上で開発していると答えたのは 37.9% にも昇る。なお、その数字は、来年には 49.6% に上昇するとされるが、クラウド上での IoT アプリ構築を、どこかの時点で計画しているというケースが 94.5% に達している。
 
IoT-Global-Dev-2015 06Most IoT developers (79 percent) spend a quarter of their time or more on analytics and databases, while 42 percent focus on big data. Fifty-five percent connect to devices primarily through the cloud, versus only 32 percent using a hub or middle tier.
 
大半の IoT 開発者 (79%) は、自身に与えられた時間の 1/4 以上を、分析とデータベースに費やしており、また、42% がビッグ・データフォーカスしている。そして、55% の開発者は、IoT に関するデバイスを、クラウドを介して接続していると答え、また、32% の開発者は、ハブもしくは中間層を用いていると答えている。
 
IoT development is split regionally, but not exactly in the traditional way of Internet development, as developers in the Asia-Pacific region are most likely to be working on IoT projects (26 percent), ahead of North America (23 percent), which is closely followed by South America (22 percent) while the EMEA region lags at 17 percent.
 
従来からのインターネットに関連する開発とは別に、IoT に関する開発を、地域ごとに調べてみた。そうしたところ、Asia-Pacific のデベロッパーが、最も高い比率で IoT プロジェクト (26%) に関わっていた。その後に、North America (23%)、South America (22%)、EMEA (17%) が続いている。
 
The devices receiving the most attention from developers are workplace tools, which are the focus of 15.8 percent of all IoT app development, as opposed to home appliances and connected cars, which are being worked on by only 6.1 and 4.9 percent of developers, respectively. Similarly, commercial ISV applications and custom apps for system integrators and value-added resellers are the most common type of app in development, at 36.5 and 31.8 percent respectively, followed by enterprise apps at 18.3 percent.
 
そして、開発者たちが最も注目しているデバイスは Workplace Tools であり、すべての IoT アプリ開発の 15.8% という結果であった。それとは対照的に、家電や自動車に関連するデバイスは、それぞれが 6.1% と 6.4% というレベルに留まっている。同じように、開発中の最も一般的なアプリのタイプについても調べてみた。 その結果は、SI (system integrators) および VAR (value-added resellers) 向けの、商用 ISV アプリが 36.5% であり、カスタム・アプリが 31.8% というものであった。エンタプライズ・アプリに関しては、それに続く 18.3% というレベルであった。
 
Microsoft, which added real-time developer tools for big data and IoT to Azure last October, also provides the dominant platform for IoT development, as 94 percent use a version of Windows.
 
昨年 10月のことだが、Microsoft は Azure に Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールを追加している。 そして、IoT 開発における 94% がWindows を使用するというふうに、この分野における支配的なプラットフォームを提供している。
 
The top concern for 21.2 percent of developers is security, followed by technology exceeding demand for 15.8 percent. While security often appears near the top of lists of barriers and concerns relating to tech adoption, the notion that the demand may not support the industry’s IoT direction is likely a cause for concern, or at least further study, among companies working on it.
 
開発者にとって最大の懸念は、21.2% のセキュリティであり、また、15.8% が要求に耐え得るテクノロジーだと答えていた。採用するテクノロジーに関する障害と懸念のリストでは、多くのケースにおいてセキュリティが1位に登場している。ただし、製造業における IoT の方向性になると、そのような懸念は相対的に希薄なものとなる。 つまり、調査や研究のレベルというより、現実的な取り組みが進んでいるのであろう。
 
The Internet of Things and cloud computing are not just closely associated by developers. A Canonical survey from January showed that one third of enterprises say the IoT will be the biggest factor driving cloud adoption in the future.
 
開発者の観点からは、現時点における Internet of Things と Cloud Computing が、密接に関連付けられているとは言えないようだ。ただし、この1月から実施されている正式な調査では、その対象となった企業の 1/3 が、クラウドの採用を促進する最大の要因として、IoT の存在を指摘している
 
ーーーーー
IoTソースが Evens Data の有償レポートであり、ちょっと意味が分かりにくいところが有りますが、APAC における IoT 開発は順調に進んでいるようですね。 そして、驚いたのが、開発プラットフォームとしての、Microsoft Azure の頑張りです。 文中にもあるように、Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールの存在が大きいのでしょう。 なかなか面白そうな展開です! こんな感じのレポートが、たくさん出てくると良いですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!

モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

Posted in Advertising, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Mobile, Research, Social, Yahoo by agilecat.cloud on July 7, 2015
Facebook and Google are winning the app war
Matt Rosoff – Jun. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-and-google-are-winning-the-app-war-2015-6
 
_ Business Insider
 
 
Smartphone users spend more time with apps they’ve installed from Facebook and Google than with any other company, according to new research published today by Forrester.
 
Forrester の最新の調査(6/29)によると、スマートフォン・ユーザーたちは大半の時間を、Facebook および Google からダウンロードしたアプリで費やしており、その比重は他社を圧倒していることが分かる。
 
The company surveyed 2,000 smartphone owners between October and December 2014 to find out which apps they were using most. The poll excluded apps that ship with operating systems, so apps like Apple’s Mail, iMessage, Calendar, and Safari browser are not included.
 
Forrester は、2014年10月〜12月の間で 2,000人のスマホ所有者を対象とし、それらの人々が最も利用するアプリについて調査した。ただし、この調査では、たとえば Apple の Mail/iMessage/Calendar/Safari といった、OS にバンドルされているアプリは除外されている。(注記:ユーザーの意思で DL されたアプリを、対象にしているようです)
 
↓ クリックで拡大 ↓
Time Spend of Apps
Forrester
 
Of the apps they chose to download, users spent 13% of their total time in Facebook’s apps, and the bulk of that time (11.5% of total time spent) is spent doing social networking — probably Facebook’s main app and Instagram. The rest is split evenly between communication — most likely with messaging apps like Messenger and WhatsApp — and news reading, presumably through the main app.
 
それらのユーザーが、ダウンロードを選択したアプリの中では、Facebook のアプリ群が、全体における 13% の時間を占有している。Facebook アプリ群の内訳としては、ソーシャル・ネットワーキングが大半を占めているが(合計時間の 11.5%)、おそらく Facebook App と Instagram が、そのパーセンテージを占めているはずだ。メッセージング・アプリの内訳としては、Messenger や WhatsApp などが、その時間を均等に分割しているのだろう。また、ニュースに関しては、メインの Facebook App を介して消費されているはずだ。
 
Google has the second most-used collection of apps, taking up 12% of users’ total time. Most of this time (4.8% of total time spent) is on TV and video, presumably with YouTube.
 
このアプリ占有率の調査で、二番手となったのは Google であり、全体の時間における 12% を占めている。 その内訳だが、全体に対する 4.8% が TV や Video に関するものとなり、YouTube を介して消費される時間だと推測できる。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
research_55なんというか、異次元の強さを発揮する、Facebook と Google という感じですね。 文中にも注釈を入れましたが、あくまでも、ユーザーが意識的に、ダウンロードして利用しているアプリを、対象にした調査のようです。 したがって、たとえば iPhone 上の iTunes だけではなく、Android 上の Gmail なども、この調査の対象外になるのでしょうか? そのあたりのルールを、もう少し詳しく説明して欲しいですね。 そして、Facebook の強さに関してですが、「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という、先月のポストのことを思い出してしまいます。 なお、2011年2月の「Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間」という抄訳で紹介したように、この Top-2 が他を圧倒している状況が、もう4年以上も続いていることにも注目したいです。そして、最近は、Facebook App におけるビデオの利用時間が伸びており、新たなバトルが勃発という状況のようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った
 

Data Warehousing の調査: あの Bob Muglia が率いる Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む

Posted in Amazon, Big Data, Data Warehousing, IoT, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on July 6, 2015
Cloud-based Data Warehousing: Snowflake, Microsoft Azure and Amazon Redshift
Dick Weisinger – June 25th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-based-data-warehouse-snowflake-microsoft-azure-and-amazon-redshift/
_ formtek
Data warehousing traditionally required a company to extract and download huge volumes of data from various business software systems into a central repository for analysis.  The process to prep the data was slow which meant that the analysis was always run against data that was already partially stale.
 
データ·ウェアハウスの概念は、多様なビジネス·ソフトウェア·システムから、膨大なデータをダウンロードした後に、分析のためのセンター・リポジトリに展開するものとなる。 そして、それを実現する企業が、常に待ち望まれてきた領域である。つまり、データを準備するプロセスに時間がかかり、そこでの分析といっても、すでに意味を失ったデータまでが含まれてしまうという状況であった。
 
Vermeer_3But recently we’re seeing a new generation of data warehousing, one based on cloud computing.  This week saw the announcement of general availability of Snowflake.  Snowflake is a cloud-based data warehouse running on Amazon AWS.  The company is led by Microsoft veteran Bob Muglia.  Snowflake received $26 million in funding in October 2014 and has received another round of $45 million this past week.
 
しかし、最近は、クラウド·ベースのデータ・ウェアハウスが、新しい世代の到来を告げているようだ。今週は、Snowflake が、一般への提供が始まったと、アナウンスメントを発している。Snowflake とは、Amazon AWS 上で走る、クラウド・ベースのデータ・ウェアハウスのことである。そして、同社は、Microsoft で数々の実績を築きあげてきた、あの Bob Muglia により率いられている。なお、Snowflake は 2014年10月に $26 million のファンドを獲得し、さらに先週には、別のラウンドで $45 million の資金を得ている。
 
The Snowflake data warehouse is in direct competition with Microsoft’s Azure SQL Data Warehouse and Amazon’s Redshift cloud data warehouse.
 
もちろん、Snowfake のデータ・ウェアハウスは、Microsoft の Azure SQL Data Warehouse と Amazon の Redshift クラウド・データ・ウェアハウスに対して、ダイレクトなコンペを挑むものとなる。
 
What’s unique about Snowflake among the crowd of other recent data-focused startups is that it isn’t based on Hadoop and it was built from scratch with the cloud in mind. Features of Snowflake include:
 
このところ、データにフォーカスしたスタートアップたちが、かなりの勢いで登場してきているが、それらの中で Snowflake がユニークなのは、Hadoop をベースにしていない点である。つまり、クラウドを念頭に置いて、ゼロ・スタートで構築されているのだ。Snowflake の特徴とされる点は:
 
  • Native support for structured, machine-generated and semi-structured data
  • Scalability of data, workloads and users for multi-dimensional elasticity
  • Self tuning of data distribution and storage, and query execution
  • Security. Uses authentication, granular access control and data encryption
 
  • 構造化データ/機械生成データ/半構造化データを、ネイティブでサポート
  • データ/ワークロード/ユーザーをスケーラブルにすることで、多次元弾性を確保
  • データ配信/ストレージ/クエリー実行における、セルフ・チューニング
  • セキュリティ:ユーザー認証/緻密なアクセス・コントロール/データの暗号化
 
ーーーーー
On Monday誰が、何を、必要としているのかを、的確に理解している人が、自信作を世に問うというストーリーですね。 お久しぶりです、Bob Muglia さん。こうして、その後の活躍を知ることができて、とても嬉しい気分です。 そして、機械生成データをネイティブでサポートというのは、まさに IoT 時代のデータ・ウェアハウスという感じで、とてもイケていますよね。 Snowflake の活躍を期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
 

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 

Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Posted in Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 25, 2015
Internet Browsers: Microsoft Deprecates Internet Explorer and Introduces Spartan
Dick Weisinger – May 13, 2015
http://formtek.com/blog/internet-browsers-microsoft-deprecates-internet-explorer-and-introduces-spartan/
_ formtek
Coming this Summer, Microsoft plans to release the next version of the Windows OS, version 10.  Microsoft also recently announced that they will be phasing out Internet Explorer in this version of the operating system, being replaced by a new browser that is currently being code-named ‘Spartan’.  Internet Explorer 11 is expected to be released alongside Spartan on the new OS, but going forward, the focus will be on Spartan.  Spartan is available for preview now as part of early releases of Windows 10.
 
この夏に Microsoft は、次期 Windows OS である Version 10 をリリースする予定だ。さらに Microsoft は、次期 Windows OS では Internet Explorer を段階的に廃止し、いまは Spartan というコードネームで呼ばれる新しいブラウザで置き換えていくと、最近になってアナウンスしている。この新しい OS でも、Internet Explorer 11 が Spartan と平行してリリースされるだろうが、今後の焦点は Spartan へと向かっていく。そして Spartan は、Windows 10 のアーリー・リリースの一部として、すでにプレビューが可能となっている。
 
Dali_3While Internet Explorer is still the most widely used browser, its user base has been eroding, and it has a bad reputation among web designers, developers and other techies.  Microsoft even poked fun at itself with the introduction of Internet Explorer version 9 in 2012, calling Internet Explorer the “browser you loved to hate”.
 
いまでも、Internet Explorer は最も利用されているブラウザであるが、そのユーザー・ベースは侵食されている。そして、Web デザイナーや、デベロッパー、マニアたちの間では、評判が良くない。さらに言えば、Microsoft は 2012年に Internet Explorer Version 9 と投入したときに、“browser you loved to hate” という表現で、悪ふざけまでしてしまった。
 
Joe Belfiore of Microsoft, wrote that Spartan is “fast, compatible, and built for the modern Web.  Project Spartan is designed to work the way you do, with features enabling you to do cool things like write or type on a webpage.  It’s a browser that is made for easy sharing, reading, discovery and getting things done online.”
 
Microsoft の Joe Belfiore は Spartan について、「高速性と互換性を重視し、最新の Web のために構築してきた。プロジェクトとしての Spartan は、あなたが行いたいことを、サポートするようにデザインされている。つまり、Web ページ上での入力といった、クールな操作を実現するものである。そして、もちろん、ブラウザであるからには、容易な共有/参照/発見を実現し、また、すべてをオンラインで完結させるために作られている」と述べている。
 
Some highlights of the new browser include:
 
  • A faster and standards-compliant rendering engine
  • Cortana, a Siri-like assistant, to assist with web browsing
  • Annotation and note taking directly on the web page
  • Easy capture and clipping of web pages
 
この新しいブラウザには、以下のような、いくつかの特徴がある:
 
  • 高速性と標準への準拠を両立させるレンダリング・エンジン
  • Siri ライクな Cortana による、Web 参照のアシスト
  • Web ページ上に注釈やメモを、ダイレクトに書き込む機能
  • Web ページの、容易なキャプチャやクリッピング
 
While there has been some criticism of the Spartan browser, much of the pess has been good.  For example, Mike O’Brien, head of platform for the Javascript framework Famo.us, said that the new Chakra JavaScript engine in Spartan “seems to just be hands down the fastest JavaScript engine out there now.”
 
この Spartan ブラウザに対しては、いくつかの批判もあったが、プレスの多くは満足しているようだ。たとえば、JavaScript フレームワーク Famo.us の Head of Platform である Mike O’Brien  は、Spartan に搭載される最新の Chakra JavaScript エンジン について、「現存する JavaScript エンジンの中で、図抜けたスピードを実現していると思われる」と述べている。
 
ーーーーー
On MondaySteve Ballmer 時代の Microsoft は、Internet Explorer という強力なブラウザを持ちながらも、Web の価値を矮小化させることで、Office のプレゼンスを高めようとしていたはずです。 しかし、Satya Nadella が CEO に就任してからというもの、Cloud-First Mobile-First へのシフトが速やかに進められています。 その意味で、Windows 10 と Spartan は、新しい Microsoft が世に問う、新しいプラットフォームになるはずです。 期待したいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
 

Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!

Posted in .Selected, Asia, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2015
Construction of Chunghwa Telecom-funded cross-Pacific cable begins
Jeffrey Wu – May 12, 2015
http://focustaiwan.tw/news/ast/201505120005.aspx
 
_ Focus Taiwan
 
Taipei, May 12 (CNA 中央通信社) Construction has begun on a multi-terabit submarine cable system co-funded by Chunghwa Telecom Co (中華電信), Taiwan’s largest telecom operator, and other leading carriers in Asia.
 
台北 5月12日(CNA 中央通信社):Taiwan 最大の通信事業者である Chunghwa Telecom Co(中華電信)や、アジアの主要通信事業者が共同で出資する、マルチ・テラビット海底ケーブル・システムの構築が始まった。
 

Chunghwa Telecom

Spanning more than 13,000 kilometers, the New Cross Pacific (NCP) cable network will connect Hillsboro, Oregon in the United States, Chongming, Nanhui and Lingang in China, Busan in South Korea, Toucheng in Taiwan and Maruyama in Japan, Chunghwa Telecom said in a statement on Monday.
 
この New Cross Pacific (NCP) は、米西海岸の Hillsboro, Oregon と、China の Chongming/Nanhui/Lingang および、South Korea の Busan、Taiwan の Toucheng、Japan の Maruyama をつなぐ、13,000 km の距離を持つケーブル・ネットワークだと、この月曜日に Chunghwa Telecom がステートメントを発している。
 
Adopting a state-of-the-art transmission system, the NCP will provide a design capacity up to 80 terabits per second, allowing the cable network to meet dynamic traffic needs of more than 100 gigabits per second in the future, the carrier added.
 
そして NCP は、最先端の伝送方式を採用することで、80T bps という設計容量を提供する。また、将来的には、100G bps 以上のトラフィック・ニーズに、ダイナミックに対応していくための、ケーブル・ネットワークになっていくと、このキャリアは述べている。
 
The NCP is designed to interconnect with other cable systems in the Trans-Pacific region to maximize the throughput of data and to support future upgrades, with the service expected to be launched in late 2017, the company said.
 
NCP は、Trans-Pacific(環太平洋)地域における他のケーブル・システムとの相互接続を実現するようにデザインされており、データのスループットを最大化し、また、将来のアップグレードをサポートしていく。そして、2017年の後半にはサービスが開始されると、同社は述べている。
 
“After investing in the Asia-Pacific Gateway (APG), Chunghwa Telecom started construction of NCP in order to establish a strong global network infrastructure,” said Tu Yuan-kuang (涂元光), president of Chunghwa Telecom’s international business group.
 
「Chunghwa Telecom は、グローバル・ネットワークの強固なインフラを確立するために、Asia-Pacific Gateway (APG) への投資に続き、NCP の構築に着手した」と、同社の International Business Group President である Tu Yuan-kuang (涂元光) は述べている。
 
With the trend toward high demand for international bandwidth, “we can provide the most reliable and (adequate capacity) to meet the most stringent requirements,” Tu said in the statement.
 
インターナショナル・バンドワイズへの需要が高まる中で、「最も厳しい要件を満たすために、最大級の信頼性と充分な容量を、私たちは提供ができるようになる」と、Tu はステートメントで述べている。
 
Participants in the NCP cable network consortium include Chunghwa Telecom of Taiwan, KT Corp. of South Korea, SoftBank Mobile Corp. of Japan, Microsoft Corp. and major carriers from China and the United States, who signed a construction and maintenance agreement along with a supply contract in October last year.
 
NCP ケーブル・ネットワーク・コンソーシアムへの参加者には、Taiwan の Chunghwa Telecom、South Korea の KT Corp、Japan の SoftBank Mobile Corp、Microsoft Corp、そして China と United States の主要キャリアが含まれる。それらの企業は、昨年の10月に、このネットワークの構築と維持に関する契約を締結している。
 
Chunghwa Telecom estimated the cost of building the NCP cable network at “several hundred million U.S. dollars.”
 
Chunghwa Telecom が、この NCP ケーブル・ネットワークに関して、”several hundred million U.S. dollars.” の構築コストになると予測している。
ーーーーー
MSこのニュースに関しては、Microsoft が海底ケーブル事業に参入という視点で、欧米のメディアも大きく取り扱っています。 ただ、Microsoft の戦略がグローバルなものであるため、それらのメディアは大西洋の話にフォーカスしてしまいます。 それではつまらないので、今朝は Chunghwa Telecom のステートメントを追いかけてみました。 Microsoft のブログを見ると、Hibernia とAqua Comms という会社と提携することで、ヨーロッパとのコネクションを強化し、アジアに関しては文中の NCP に参加することで、Mobile First と Cloud First の戦略を強化していくとのことです。 アジアと結ぶ海底ケーブルへの、クラウド・ベンダーによる投資に関しては、2009年の12月に「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳をポストしています。 そこで述べられている背景も、よろしければ、ぜひ、ご参照ください。 それと、Japan の Maruyama ですが、千倉の北にある町のことかと推測しています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
海底ケーブル SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
Gartner が インドの Tata を高く評価:決め手は途上国のサポート
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?
Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
 
%d bloggers like this: