Agile Cat — in the cloud

Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013

Posted in Cloud Stack, Joyent, Microsoft, Oracle, Research, Virtualization, VMware by Agile Cat on July 8, 2013

Gartner releases its 2013 Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure
http://wp.me/pwo1E-6ly

Posted by Kenneth van Surksum   | July 2nd, 2013
http://virtualization.info/en/news/2013/07/gartner-releases-its-2013-magic-quadrant-for-x86-server-virtualization-infrastructure.html

image

Gartner has released its annual Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure, positioning VMware and Microsoft in the leaders Quadrant. Leaders in this market have a clear strategy and road map for their offerings, understand virtualization’s role in infrastructure and operations transformation, and have a clear vision with respect to cloud computing.

Gartner がリリースした、今年の Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure では、 VMware と Microsoft が、この Quadrant の Reader として位置づけられている。 このマーケットにおける Leader は、自社プロダクトに対して明確な戦略とロードマップを有し、インフラとオペレーションを変革させる仮想化の役割を理解し、さらには、クラウド・コンピューティングに対して明確なビジョンを持つものとなる。

It’s interesting to notice that Citrix has left the leaders Quadrant (where it was in 2012) and can now be found in the visionairies Quadrant. Visionaries in the x86 server virtualization infrastructure market have a differentiated approach or product, but they aren’t meeting their potential from an execution standpoint. It will be interesting to see, if Citrix is able to become a leader again after its recent decision to hand over the development of the Xen Hypervisor to the Linux Foundation. For now, the just released XenServer 6.2, contains new features, but also has lost support of a lot retired and deprecated features as mentioned in the Release notes. For more information also read the post on XenServer 6.2 by Andreas Groth, who also publishes the Virtualization Matrix.

興味深いのは、この Quadrant における Citrix のポジションが、Leader から Visionairies へと後退していることだ(2012年は Leader)。 x86 Server 仮想インフラストラクチャ市場の Visionaries は、差別化が可能なアプローチやプロダクトを持っているが、実行力という観点からすると、そのポテンシャルを満たしていないものとなる。Xen Hypervisor の開発を Linux Foundation に譲り渡すという、Citrix における最近の判断が実施された後に、再び同社が Leader に返り咲くなら、とても興味深い展開となるだろう。いまは、XenServer 6.2 がリリースされたばかりであるが、新機能が含まれるだけではないのだ。 つまり、Rerlease Note に記載されるように、廃止された機能に対するサポートの喪失が問題となっている。詳細については、Virtualization Matrix を発行している Andreas Groth の XenServer 6.2 に関するポストを参照して欲しい。

Oracle stays in the challengers Quadrant. Challengers in this market have a strong ability to execute but a more focused marketing or product vision.And both Parallels and Red Hat stay in the nice player Quadrant. Niche Players have either not capitalized on their opportunity yet or are focused on specific niches where they can be successful versus competitors that have a more general approach.

この Quadrant において、Oracle は Challengers の位置に留まっている。このマーケットにおける Challengers は、その目的を遂行するためのパワフルな能力を有するが、マーケティングとプロダクトにおけるビジョンに対してフォーカスするものとなる。Parallels と Red Hat は、Niche Player のポジションに留まっている。Niche Player の定義は、そのチャンスを具体的なビジネスに転化できていないもの、もしくは、グローバルなアプローチをつ競合他社との比較において、特定されたニッチな市場で、成功することに焦点を当てているものとなる。

ーーーーー

imageこの Gartner の Magic Quadrant ですが、いつ頃からあるのでしょうかね? もう、すっかりお馴染みになってきましたが、今回のように、Leaders/Visionaries/Challengers/Niche Player の定義を完結にまとめてくれる記事は初めてだったので、とても助かりますというのが本音です。 それにしても、この仮想化の分野になると VMware の強さが目立ちます。Microsoft については、何の言及もありませんでしたが、Citrix と Oracle へのコメント見ると、ナルホドと思えてきますね。image

ーーーーー

<関連>

VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する – Gartner

 

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Cloud Stack, Dell, Joyent, OpenStack, Research by Agile Cat on January 15, 2013

Gartner’s IaaS Magic Quadrant: a who’s who of cloud market
http://wp.me/pwo1E-5wa
Gartner’s Magic Quadrant for IaaS has familiar names and surprising omissions
By
Brandon Butler – November 07, 2012
http://m.networkworld.com/news/2012/110712-gartner-magic-quadrant-264058.html

_Network World

この・・・現時点における MQ レポートは、2012年 6月の時点で一般に提供される IaaS クラウドを有するプロバイダーだけに、その範囲を限定しているのだ。 つまり、その時点において、Microsoft/HP/Google が有していたのは、ベータ段階の(IaaS)クラウドとなる。

<関連> PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

ーーーーー

Network World – The cloud market can be a big, daunting place. Seemingly every tech vendor has a cloud strategy, with new products and services dubbed "cloud" coming out every week. But who are the real market leaders? Research firm Gartner’s answer lies in its Magic Quadrant report for the infrastructure as a service (IaaS) market.

Network World – クラウド・マーケットは広大であり、また、手強い世界でもある。 表面上は、すべてのテック・ベンダーが、「クラウド」という用語を伴うプロダクトおよびサービスを、毎週のように提供するような、クラウドのためのストラテジーを有している。 しかし、ほんとうの意味での、マーケット・リーダーは誰なのであろう? リサーチ会社である Gartner の答えは、IaaS マーケットに関するMagic Quadrant レポートに示されている。

Unsurprisingly, Amazon Web Services is listed in the top, far-right corner, in the "leaders and visionaries" corner of the MQ.

予想どおり、Amazon Web Services が右上の高い位置に置かれいるが、それにより、この MQ(Magic Quadrant)における「 Leaders and Visionaries 」の、最高点を得ていることが分かる。

Amazon Web Services – The market share and thought-leader

Gartner reinforces what many in the cloud industry believe: Amazon Web Services is the 800-pound gorilla. The company is "extraordinarily innovative, exceptionally agile and has one of the richest IaaS portfolio of services." Its large pool of capacity in the cloud optimizes it for batch computing, high-performance computing and big data analytics.

Gartner は、クラウド産業における多くの人々が信じる、Amazon Web Services という強大な存在を追認している。 同社は、比類なきイノベーションと、並外れたアジリティを持ち、さらには、リッチは IaaS ポートフォリオ・サービスの 1つまで有している。 このクラウドにプールされる巨大なキャパシティにより、バッチ処理/HPC/Big Data 解析などのコンピューティングが最適化される。

There are some concerns, though, Gartner says. Namely, AWS has a "weak, narrowly defined" service-level agreement (SLA), which requires customers to spread workloads across multiple availability zones and only counts a violation of the SLA when both AZs are inaccessible. The SLAs also do not include the company’s popular Elastic Block Storage, which recently suffered an outage.

そして、いくつかの懸念があると、Gartner は発言している。 すなわち、AWS が有する、「脆弱で狭義」な SLA のことである。 AWS の顧客は、多数のアベイラビリティ・ゾーンを横断するかたちで、そのワークロードを分散するように要求される。そして、A~Z ゾーンの双方にアクセスできない場合に、SLA の対象になるという制限を含んでいる。 さらに、この SLA には、人気の Elastic Block Storage(先日にダウンしている)が含まれない。

Bluelock – The VMware public cloud

Bluelock is about the closest thing you’ll get to a VMware public cloud. The company is part of VMware’s vCloud Data Center Service, meaning it leverages VMware tools to power its offering. It is one of the first to roll out new VMware features and its product roadmap is aligned with that of VMware’s, Gartner says.

VMware パブリック・クラウドを得たいなら、最も身近な選択肢は Bluelock になる。同社は、VMware における vCloud  Data Center Service の一部であり、VMware ツールでテコ入れしたサービスを、提供していることになる。 とまり、VMware における新機能を、最初に展開する手段でもあり、そのプロダクト・ロードマップは、VMware のスケジュールに合わせられていると、Gartner は発言している。

CSC – The IT integrator goes to the cloud

CSC’s cloud division operates as a separate business unit within the larger traditional IT outsourcing company. It runs its two cloud services, CloudCompute, a public cloud offering, and BizCloud, a private cloud, on vCloud Data Center tools from VMware, and uses VCE blocks across an international set of data centers.

CSC のクラウド部門は、従来からの大手 IT アウトソーシング企業とは分離された、単独のビジネス・ユニットとして運営されている。 そこでは、VMware の vCloud  Data Center ツールと、世界中に展開される VCE データセンター・セットをベースに、パブリック・クラウドとしての CloudCompute および、プライベート・クラウドとしての BizCloud が提供される。

Dell – Traditional IT goes to the cloud

Dell’s VMware vCloud Data Center cloud is one of the prime examples of a traditional IT company attempting to transition to a cloud world. Gartner says Dell has a "realistic and logical" strategy for integrating between the company’s popular server hardware already installed across many enterprises and the company’s budding cloud offerings.

Dell の VMware vCloud  Data Center クラウドは、従来からの IT 企業が クラウドの世界に移行しようとする、最大級の事例の 1つである。 Gartner の発言によると、すでに Dell は、数多くのエンタープライズにインストールされた、同社の一般的なサーバー・ハードウェアと、同社が新たに着手するクラウドとの間で、現実的かつ論理的なストラテジーを統合する方式を、有しているとされる。

Dimension Data – Buying into cloud

Dimension Data, a system integrator and value-add reseller owned by the NTT Group, bought into the cloud market with its purchase of OpSource, which had specializes in software as a service (SaaS) hosting. Since then Dimension Data has integrated a VMware-based public and private cloud architecture that includes a 100% uptime SLA and AWS compatibility into the OpSource IP it acquired.

Dimension  Data は、NTT Group 傘下のシステム・インテグレーターであり、付加価値リセラーであるが、IaaS ホスティングに特化したソフトウェアを有する OpSource を買収し、クラウド・マーケットへと参入することになった。なぜなら、100% Uptime SLA と AWS 互換性を取り込んだ、Dimension Data における VMware ベースのパブリック/プライベート・クラウド・アーキテクチャと、同社が買収した OpSource IP が統合されたからである。

Fujitsu – Asian IT goes global, to the cloud

Fujitsu, the global tech company based in Japan, has a compressive cloud offering featuring a global public cloud, local regional public clouds and a private cloud service. All use Xen virtualization technology, although the company has been certified by VMware as a vCloud Data Center services, but has not yet rolled out those features.

Fujitsu は Japan ベースのグローバル・テック・カンパニーであり、グローバルなパブリック・クラウドおよび、ローカルなパブリック・クラウド、そしてプライベート・クラウドを特徴とする、凝縮されたクラウド・サービスを提供している。すべてにおいて Xen 仮想テクノロジーを用い、vCloud Data Center として VMware から承認されているが、その成果は現状では展開されていない。

GoGrid – The always-on cloud

GoGrid has some attractive qualities: 100% availability SLA; standard architectures across public and private cloud deployments; and GoGrid Exchange, a marketplace to run applications in its cloud. These have made GoGrid’s Xen-virtualized service become one of the top five IaaS providers by the number of VMs, Gartner says.

GoGrid には、いくつかの魅力的な特質がある。 たとえば、100% の可用性を約束する SLA や、パブリック/プライベートのクラウドをまたぐ標準的なディプロイメント・アーキテクチャ、GoGrid Exchange の存在、そして、そのクラウド上で運用されるアプリケーションのマーケットなどがある。 それにより GoGrid は、Xen 仮想サービスを用いる IaaS プロバイダのなかで、Top-5 に入る VM 数を有すると、Gartner は発言している。

Savvis – Cloud, etc.

Perhaps no other cloud provider combines a self-service, managed hosting and cloud model quite as well as CenturyLink and its Savvis cloud division, Gartner says. The VMware-powered IaaS offers customers a broad portfolio of cloud features and products, almost to a detriment, Gartner points out.

おそらく、セルフサービスと、マネージド・ホスティングと、クラウド・モデルを結合する、クラウド・プレイヤーは存在せず、また、CenturyLink と、そのクラウド部門である Savvis も同様であると、Gartner は発言している。 VMware パワーの IaaS は、一般的な災害などに対処するために、広範囲におよぶクラウドの機能とプロダクトで構成される、ポートフォリオを提供すると、Gartner が指摘する。

OVH – European flavor of cloud

One of Europe’s largest cloud providers by the number of VMs is OVH, an independent company with a history in Web hosting. OVH’s offering is tailored mostly for small and midsize businesses, but it combines an IaaS virtual machine capability with an object storage service.

VM 数という視点において、Europe で最大級のクラウド・プロバイダーといえば、Web ホスティングの歴史の中で独立系の道を歩んできた OVH となる。 OVH が提供するサービスは、主として中小企業びために仕立てられているが、同社では IaaS 仮想マシンの機能と、オブジェクト・ストレージ・サービスを組み合わせている。

SoftLayer – The SME cloud

CloudLayer, the name SoftLayer has given to its public and private cloud platform, is a Xen-virtualized IaaS targeted mainly at small and midsize businesses. It includes an OpenStack-powered object storage service that accompanies its offering of virtual machines. It also has a content delivery network, which it partners on with Internap.

CloudLayer という名の、SoftLayer のパブリック/プライベート・クラウド・プラットフォームは、主として中小企業にターゲットにする、Xen の仮想tクエのロジーを用いる IaaS である。 そこには、仮想マシンの提供に付随して生じる、OpenStack パワーのオブジェクト・ストレージ・サービスも含まれる。 さらに、Internap とのパートナシップにより、配信用のネットワークも含まれている。

Terremark – Verizon’s cloud play

In Gartner’s annual Magic Quadrant, the place companies want to be is in the top left corner, where Gartner names its leaders and visionaries. Behind Amazon Web Services, Terremark is the second-best positioned company on Gartner’s chart.

Gartner の Annual Magic Quadrant において、それぞれの企業が目指すのは、leaders and visionaries における左上のコーナーである。 その意味で、Terremark は Gartner のチャートにおける 2番目のポジションに位置し、Amazon Web Services を背後から追いかけている。

Owned by Verizon, Terremark has a long track record and a solid set of cloud and managed hosted products, including public and private single-tenant versions, an express version and one aimed specifically at the federal government.

Verizon 傘下の Terremark は、長期間におよぶ実績と、クラウドおよびマネージド・ホスティングに関する、充実したのプロダクトのセットを持しっている。 そして、そこには、パブリック/プライベートのシングル・テナント・バージョンが含まれ、また、連邦政府での採用をも狙う、特別なバージョンも含まれる。

Tier 3 – The pure-play cloud company

Tier 3 is all-in with the cloud. In addition to having a pay-by-the-virtual-machine IaaS, the company also offers a database as a service and has integrated VMware’s Cloud Foundry platform as a service (PaaS). It’s even extended Cloud Foundry PaaS framework to support .Net through a project named Iron Foundry. Gartner says Tier 3 has good features and an easy-to-use portal, plus an innovative and ambitious roadmap with a strong SLA.

Tier 3 には、すべてのクラウドが入っている。 同社は、pay-by-the-virtual-machine IaaS に加えて、サービスとしてのデータベースを提出し、また、PaaS としての VMware Cloud Foundry プラットフォームを統合している。 さらに、Cloud Foundry PaaS フレームワークを拡張した、Iron Foundry という名のプロジェクトを介して、.net をサポートしている。Tier 3 は、優れた機能と使いやすいポータル、そして、強力な SLA による、革新的で野心的なロードマップを有していると、Gartner は発言している。

Rackspace – The OpenStack cloud

Rackspace has bet big on OpenStack, which Gartner says is mostly a strength for the company, but it warns that OpenStack’s future is not only uncertain, but that the broader open source cloud deployment project can proceed, and succeed, with or without Rackspace also succeeding, given that Rackspace has ceded control of the project to a newly formed foundation.

Rackspace が OpenStack に大きく賭けていることが、その強みである一方で、OpenStack の未来が不確実なことに対して、Gartner は警告している。それだけではなく、Rackspace の成功とは関係のないところで、多様なオープンソース・クラウド・ディプロイメント・プロジェクトが促進され、また、成功を収めている。したがって、このプロジェクトのコントロールを、新たに作られた組織に対して、もっと Rackspace がオープンにしていればと考えてしまう。

Still, though, Rackspace has the second-largest market share in the cloud, provides excellent customer support — what it calls fanatical — and offers low-cost entry points into the cloud, making it ideal for experimentations. It uses Xen to virtualize its cloud, and has object storage, CDN and platform as a service (PaaS) offerings.

しかし、依然として Rackspace は、クラウドにおける 2番目のシェアを有している。そして、何を狂信的と呼ぶかは別にして、卓越した顧客サポートを提供し、低コストによるクラウド・エントリー・ポイントを提示し、理想的な実験環境を作り出している。 Rackspace は、クラウドを仮想化のために Xen を使用し、Object Storage/CDN/PaaS も有している。

Joyent – The biggest cloud provider you haven’t heard of

Joyent is an independent cloud provider and maker of the SmartOS operating system, which provides what Gartner calls a "holistic" approach to infrastructure, combining elements of compute, networking and storage into one cloud-delivered stack. With this converged infrastructure approach, Joyent targets high-performance apps to run on its cloud.

Joyent は、独立系のクラウド・プロバイダであり、また、SmartOS オペレーティング・システムのメーカでもある。Gartner が[総体的]と呼ぶインフラへのアプローチを、同社は提供している。つまり、コンピューティング/ネットワーク/ストレージの各要素を、クラウドとして提供される、単一のスタックに取りまとめているのだ。 この、集中型のインフラ・アプローチにより、Joyent のクラウドは、ハイ・パフォーマンス・アプリケーションの運用に目標を定める。

Virtustream – Wants your complex apps

Virtustream is the cloud for complex apps. A small, independent pure-play cloud, with an optional managed hosting service, Virtustream takes a consultation-type approach to selling its service, which makes it optimized for large, complex legacy or cloud-native applications to run in its public or private offering.

Virtustream は、複雑なアプリケーションに特化したクラウドである。 同社は、オプションでマネージド・ホスティング・サービスを持つ、小規模な独立系クラウド・プレイヤーである。Virtustream は、大規模で複雑なレガシー・アプリケーションから、クラウド・ネイティブのアプリケーションまでを、自身のパブリック/プライベートに最適化していくサービスを、コンサルティング・タイプのアプローチで販売している。

Network World staff writer Brandon Butler covers cloud computing and social collaboration. He can be reached at BButler@nww.com and found on Twitter at @BButlerNWW.

Read more about cloud computing in Network World’s Cloud Computing section.

ーーーーー

image

原文は、この何倍かの量になるのですが、どのようなプロバイダーが評価の対象となっているのかが、分かる形で抜粋してみました。冒頭にも書かれているように、昨年6月の段階で製品化されているものだけが対象となるため、Google Computing  などは入っていません。それらが、どのような評価を受けていくのか、とても興味があります。そして、AWS は、チャレンジャーたちに、どのようなハードルを突きつけていくのでしょうか? ほんとうに、興味の尽きないクラウド戦線ですね。image

ーーーーー

<関連>

PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
ーーーーー
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
NIST による SaaS/PaaS/IaaS の最新定義 – Jan 2011

 

OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!

Posted in .Selected, Cloud Stack, Joyent, Linux, OpenFlow, OpenStack, Research by Agile Cat on September 5, 2011

Open Source: Enterprises Prefer Open Source
By Dick Weisinger, on August 31st, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2367

_ formtek

In another sign that use of Open Source software in organizations is now mainstream, FuseSource, an open source integration and messaging solutions company, released the results of a survey that attempts to profile the usage of Open Source within the enterprise.

組織における Open Source Software の利用が、いまでは主流になっているという示唆として、オープンソース統合とメッセージ交換を提供するソリューション会社である FuseSource が、ある調査結果をリリースした。 それは、エンタープライズ内での OSS の利用を、プロファイル化しようと試みるものである。

The survey reported the following:

  • 51 percent of respondents said that they plan to deploy Open Source software in more than 50 percent of their enterprise application projects.
  • 73 percent of respondents said that Open Source provided them greater flexibility than traditional software license models
  • 58 percent of respondents said that Open Source helped them to reduce their development time schedule
  • 89 percent of respondents said that the potential cost savings of Open Source is a driving factor that caused them to consider the use of Open Source
  • 73 percent of respondents said that Open Source software often offered superior technical benefits when compared to traditional software

この調査からもたらされた結果は、以下のとおりである:

  • 51 % の回答者: エンタープライズ・アプリケーション・プロジェクトの半分以上で、OSS を計画している。
  • 73 % の回答者: OSS は従来からのライセンス・モデルと比較して、大きな柔軟性を提供する。
  • 58 % の回答者: OSS は開発時間の短縮を促進する。
  • 89 % の回答者: コスト抑制の可能性が、OSS の利用を検討する要因になっている。
  • 73 % の回答者: OSS は従来からのソフトウェアと比較して、テクニカル面で優れたメリットを提供する。

Larry Alston, president at FuseSource said that “Open source solutions – as a category – are now legitimately viewed as a highly attractive alternative to proprietary, high-priced solutions from traditional commercial vendors, and in fact are creating new market opportunities.”

FuseSource の President である Larry Alston は、「 カテゴリーとしての  OSS は、従来からの商用ベンダーが提供する、プロプライエタリで高価なソリューションに代わる、きわめて魅力的な選択肢として、いまでは適正に評価されている。そして、現実に、新しいマーケットの機会をもたらしている」と発言している。

ーーーーー

TAG index6月にポストした、やはり Formtek からの、『 この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった 』 というポストが多くの人に読まれました。 この調査結果には、Agile_Cat も ちょっと驚いたのですが、たたえば Facebook や Twitter といった大規模なソーシャル・サイトにおける、OSS の活用と成功が、大きな理由になっていると思われます。 あれだけのスケーラビリティを、LAMP スタックを用いて達成しているという事実が、ものすごい説得力を発揮しているのでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
モバイル・アプリ市場が、2015年には $29 billion に達する!
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学

 

未来派 クラウド OS を、かたちにする Joyent とは?

Posted in .Selected, Joyent by Agile Cat on August 17, 2011

Joyent launches a new OS for the cloud
By Stacey Higginbotham Aug. 15, 2011
http://gigaom.com/cloud/joyent-launches-a-new-os-for-the-cloud/

_ Gigaom

Joyent, the company behind private cloud software and the Node.js event-driven programming language, has open-sourced its cloud operating system. Called SmartOS and already utilized in Joyent’s public cloud and SmartDataCenter private-cloud software, it will be available via an open-source license much like the Joyent-led Node.js effort is, says Joyent CTO Jason Hoffmann.

プライベート・クラウド・ソフトウェアと、Node.js イベント駆動型プログラム言語を支える Joyent は、そのクラウド OS をオープン化している。それは SmartOS と呼ばれ、また、Joyent パブリック・クラウドと、SmartDataCenterプライベート・クラウドにおいて、すでに利用されている。そして、Joyent がリードする Node.js のケースのように、オープンソース・ライセンスにより利用できるようになると、Joyent の CTO である Jason Hoffmann は発言する。

Jason Hoffman ⇒

Hoffman calls SmartOS the “only modern OS,” and the only new one developed in about a decade. In a conversation with me, he went through the details of SmartOS as well as the changes occurring in IT that merit a new operating system.

Hoffman は SmartOS のことを「 唯一の近代的な OS」と呼び、また、この 10年で開発された、唯一の新しい OS だとする。 私との会話の中で彼は、SmartOS の細部を説明するだけではなく、新しいオペレーティング・システムにメリットをもたらす、IT に起こりつつある変化についても言及した。

Regardless of what the rest of the world thinks of the offering, Joyent will be using SmartOS as part of its cloud buildouts for companies, including telecommunications firms; it is more efficient and more secure because it offers a container model. From the release:

Hoffman は SmartOS のことを「 唯一の近代的な OS」と呼び、また、この 10年で開発された、唯一の新しい OS だとする。 私との会話の中で彼は、SmartOS の細部を説明するだけではなく、新しいオペレーティング・システムにメリットをもたらす、IT に起こりつつある変化についても言及した。Joyent のオファーに対して、その他の世界が何を考えるかには関係なく、Joyent はSmartOS を、顧客となる企業のクラウドを形成する、パーツとして利用していくだろう。それらの顧客には、テレコム企業も含まれるが、コンテナ・モデルが提供されるため、さらなる効率と安全が実現される。 以下は、同社のリリースから:

Joyent is the only vendor that offers enterprises and developers the best of both virtualization worlds in a single operating system: One can employ hardware virtualization with KVM when there are operating system dependencies, and operating system-level virtualization when the language runtime is important, as in a Platform as a Service (PaaS) or Software as a Service (SaaS) offering. With Joyent’s operating system-level virtualization, companies are able to host more users on a single server, realizing greater efficiency and increased revenue potential while saving on unnecessary hardware investments.

Joyent は、エンタープライズとデベロッパーの両者に対して、シングル OS によりベストな仮想化の世界を提供する、唯一のベンダーである:OS への依存性があるときには、KVM を用いたハードウェア仮想化を利用できる。 そして、開発言語ランタイムが重要なときには、OS レベルの仮想化を利用できる。さらに、それらは、SaaS においても PaaS においても、同様に提供される。 Joyent における OS レベルの仮想化を用いれば、顧客となる企業は、シングル・サーバー上に、これまで以上のユーザーをホストできる。それにより、不要なハードウェア投資を抑えながら、さらなる効率化と、増収の可能性が得られる。

Because it is open source, anyone can license it if they like. Hoffman says Joyent open-sourced the OS because it was good, and Hoffman believes in offering high-quality tools back to the community and “making the world a better place.”

それがオープン・ソースであるが故に、それを望む誰もが、それを利用できる。 そして、良いものであるから、この OS を Joyent はオープン・ソースにしたと Hoffman は発言する。 そして、さらに、高品質のツールがコミュニティを支え、[ この世界をもっと良い場所にする」と、Hoffman は信じている。

So what exactly is SmartOS? It’s an OS for servers akin to Windows Server or RHEL from Red Hat, or VMware’s ESX. Here is a breakdown of the OS package:

正確にいうと、SmartOS とは、どのようなものなのだろう?それは、Windows Server と同類と言えるし、Red Hat に基づく RHEL や、VMware の ESX とも同類だと言える。以下に、この OS のパッケージ分類を示す:

  • KVM Hypervisor: for abstracting the software from the underlying hardware
  • DTrace: for troubleshooting and systems monitoring
  • ZFS file system: to connect the servers to a variety of storage systems

KV-what? Just tell me why this is happening!

_ joynetMore than what it is, a more interesting question about this is, Why? While some might point to Android or iOS as entirely new operating systems, Hoffman has a more narrow view and is thinking in terms of servers and webscale applications. But Smart OS tries to build on that to take advantage of the virtualization hooks now built into chips and then looks ahead. As I see it, SmartOS could take advantage of the following trends:

それが何かという質問よりも、それは何故かという問のほうが、興味深くないだろうか? 何人かの人々は、Android や iOS を、まったく新しい OS として指摘するかもしれないが、Hoffman は、さらに絞り込んだ視界を持っており、サーバーと Web スケール・アプリケーションについて考えている。 そして、まさに Smart OS は、いまではチップに実装されている仮想化のアドバンテージの上に構築され、さらなる未来を見つめている。 私の観点からすると、SmartOS は、以下のトレンドを活用することが見えてきた:

  • A flatter network architecture inside the data center. By using ZFS, which allows data-center architects to connect a variety of storage to their servers, the Smart OS falls in line with those toward more commodity gear and less hierarchy in the data center. Where there was once a fine line between servers and storage, that line is blurring as companies want faster access to stored data.
  • ZFS を用いることで、各種ストレージとサーバーを接続するための、データセンター・アーキテクチャを実現すしていく。 そして、Smart OS は、データセンター内のコモディティ製品に浸透させ、階層を減らしていく。 かつて、サーバーとストレージの間に、紙一重の違いがあった場合、ストレージ・データへの高速アクセスが望まれるにつれて、その境界線が曖昧になっていった。
  • Distributed compute nodes. The addition of DTrace helps sys admins see where issues might arise in their architectures when they are running SmartOS, and because they can see them, theoretically they can solve those issues quickly, making it faster and easier to build out distributed nodes.
  • DTrace を追加することで、SmartOS を実行する個々のアーキテクチャに生じる問題を、システム管理者が探し易くする。そして、それらを発見した後に、問題を論理的かつ迅速に解決することが可能となり、その結果として分散型ノードを、さらに短期間で容易に構築させる。
  • The rise of embedded devices. SmartOS only requires 128 MB of RAM to boot, which means it can be used for a variety of smaller gadgets such as digital signs, set-top boxes and even high-end sensors. Looking ahead, having an OS that can work at both the data-center level and on sensors in the field enables a sensor-rich network.
  • SmartOS のブートに必要なのは、128MB の RAM に過ぎない。 したがって、デジタル・サインや、セット・トップ・ボックス、ハイエンド・センサーといった、多様で小型のガジェットにも利用できる。 将来を見据えて、データセンターとフィールド・センサーの双方で機能する OS により、センサー・リッチなネットワークを実現していく。
  • The acceptance of virtualization. The KVM hypervisor aspect of SmartOS takes advantage of virtualization hooks that chip makers have been including in their silicon for the past few years. This makes it run faster and more efficiently. Other hypervisors also take advantage of these hooks but in their second- or third-generation versions.
  • SmartOS における KVM ハイパーバイザーのアスペクトは、この何年かの間にチップ・メーカーがシリコンの中に取り込んだ、仮想化のための Hook を活用するものとなる。 それにより、されに高速で、効率のよい環境が実現する。 もちろん、他のハイパーバイザーも、これらの Hook を利用するが、その 第2世代あるいは、第3世代のバージョンでとなる。

Joyent launched SmartOS soon after VMware upset some of its customers by changing its VSphere licensing model. Although it changed the pricing in response to customer complaints, it’s possible that SmartOS could rise in popularity as folks become disenchanted with VMware, although there are still other options available. For more on SmartOS, check out the page dedicated to it.

VMware が、VSphere ライセンス・モデルを変更したことで、その顧客に若干の動揺がが走った直後に、 Joyent は SmartOS を立ち上げた。 WMware は顧客からの苦情に応えるかたちで、その価格設定を変更したが、人々が VMware に幻滅するなら、その他の選択肢の中から、SmartOS が急上昇する可能もある。 SmartOS の詳細については、以下のページでチェックして欲しい

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

ーーーーー

Amazon-EC2-Comparison1-525x389いままで、ずっと気になっていた Joyent ですが、ようやく、概要を説明する記事に出会って、とても嬉しいです。 今年の初めに、Jack of all Clouds で存在を知りましたが、4月には ProgrammableWeb が、右のグラフにあるような、Joyent の強烈なパフォーマンスを説明するにいたりました。 その時にも、訳しておきたいと思ったのですが、手付かずで今日まで来てしまいました。 この Gigaom の記事を読むと、AWS との違いや、このフラフが示すデータの、裏付けも分かってきます。 なお、vSphere 対抗とのことですが、同じフィールドには Citrix もいれば、Red Hat もいます。  そんな強敵を相手にして、どこまで Joyent が頑張るのか、興味シンシンといったところです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった

%d bloggers like this: