Agile Cat — in the cloud

IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する

Posted in IoT, Research by Agile Cat on March 24, 2014

Internet Of Things: Tech Vendors See Path to Consumer Market
http://wp.me/pwo1E-7lx
By Dick Weisinger – March 17th, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-tech-vendors-see-path-to-consumer-market/

_ formtek

Revenues from technology and services related to the Internet of Things (IoT) is expected to grow 8.8 percent annually from $4.8 trillion in 2012 to $7.3 trillion by 2017.  The main areas of growth are with the  consumer, discrete manufacturing and government vertical industries.  That’s the result of research from IDC on the IoT market.

Internet of Things (IoT) に関連するテクノロジーとサービスによる収益は、2012年の $4.8 Trillion から、2017年の $7.3  Trillion へと伸び、その年間成長率は 8.8% に至ると見込まれている。そして、主要な成長分野としては、一般的な消費者マーケットから、個々の製造業、そして、行政に関連する垂直マーケットにまでをカバーしていくようだ。それが、IoT マーケットに関する、IDC の調査結果である。

The report suggests that this is a market that many tech vendors can’t pass up.  The report recommends that “as the IoT market starts to coalesce in both concept and solution offering, vendors take the next step and look at this huge IT opportunity in a more realistic and valuable framework.”  IDC thinks that many IT vendors that today focus primarily on business customers will be able to become more active in reaching out to consumers.  The interconnections of houses and cars will enable these vendors to create B2B2C services.

このレポートは、数多くのハイテク・ベンダーにとって、IoT の市場が見過ごせないものであると示唆している。 そして、「 IoT が提供するコンセプトとソリューションが結合し始めるにつれて、より現実的で価値のあるフレームワークの中で、この巨大な IT のチャンスを捉え、次のステップへと進むことを、ベンダーたちに推奨する」と、述べている。IDC の見立ては、主としてビジネス・ユーザーに焦点を当てるという、現時点におけるベンダーたちの取り組みが、やがては一般的な消費者に対して、より積極的な接点を持つかたちに変化するというものである。住宅や自動車との相互接続により、それらのベンダーたちは、B2B2C サービスを構築できるようになっていく。

Mark Zack, global VP of semiconductor product for Digi-Key, said that “innovative suppliers are eyeing new opportunities for new product development strategies, creative partnerships that leverage this disruptive technology to improve how people live and work in a more connected environment.”

Digi-Key の Global VP of Semiconductor Product である Mark Zack は、「 革新的なサプライヤーたちは、新たな製品開発の戦略である、創造的なパートナーシップのチャンスを狙っている。 この破壊的なテクノロジーを活用することで、人々の生活や仕事は、より多くのコネクションを持つ環境において、その在り方から変化していく」と、発言している

Scott Tiazkun, senior research analyst for IDC’s Global Technology, said that ”the Internet of things market must be understood in terms of vertical markets because the value of IoT is based on individual use cases across all markets.  Successful sales and marketing efforts by vendors will be based on understanding the most lucrative verticals that offer current growth and future potential and then creating solutions for specific use cases that address industry-specific business processes…   The IoT market will greatly impact and offer the potential for vertical-aligned businesses to improve both performance and profitability.  The IoT solutions space will expand exponentially and will offer every business endless IoT-focused solutions. The initial strategy of businesses should be to avoid choosing IoT-based solutions that will solve only immediate concerns and lack ‘staying power.”

IDC Global Technology の Senior Research Analyst である Scott Tiazkun は、「 IoT の市場は、バーチカル・マーケットの観点で理解される必要がある。 なぜなら、IoT の価値は、すべてのマーケットに見られる、個々のユースケースに基づいているからである。 ベンダーの努力がもたらすセールスとマーケティングの成功は、最も多くの利益をもたらす垂直市場への、理解に基づくものとなるだろう。それは、現時点における成長と将来の可能性を提示するものであり、さらには、業界固有のビジネス・プロセスに取り組む、個別のソリューションを作り出していくことになる。 IoT のマーケットが、垂直に配置された企業群に対して、大きな影響を与え、また、可能性を提供することで、効率と利益の両面からの改善が進んでいく。 IoT ソリューションの空間は指数関数的に拡大し、すべての企業に対して、無限の IoT 指向ソリューションを提供していく。 それらの企業における初期の戦略は、当面の関心事だけを解決し、また、持久力を欠くような、IoT ベースのソリューションの選択を避けるところから、開始されるべきであろう」と、述べている

ーーーーー

TAG indexすぐにでも、手を付けられそうな多様な切り口と、想像し難いほどの潜在的なマーケット。 それが、この IoT の世界を狙っていく企業にとって、大きな魅力なのでしょう。 そして、このポストに書かれている、バーチカル・マーケットへの理解というのが、ほんとうに大切なことなのでしょう。 実際に、Amazon.com や iTunes の事例を考えてみても、書籍や音楽というマーケットへの理解が、大きな要因になっていると思えます。 それらを、IoT の先駆けとして捉えると、なんとなくイメージが掴める気がしてきます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落
IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ

iOS 7.1 のダウンロードが始まった:CarPlay/Siri/iTunes 関連などがテンコ盛りだ!

Posted in .Selected, Apple, IoT, Mobile, Post-PC by Agile Cat on March 11, 2014

Apple releases iOS 7.1 with reboot fix, UI tweaks, and CarPlay
http://wp.me/pwo1E-7iV

By Tom Warren on March 10, 2014
http://www.theverge.com/2014/3/10/5354266/ios-7-1-features-download

_ verge

The long-awaited iOS 7.1 update is now available. While this is a point release, Apple has made several tweaks to the iOS user interface, alongside the usual bug fixes and some feature additions. The main visual changes can be found in the phone dialer and power off features. iOS 7.1 switches to rounded UI elements in both of these areas, and the incoming call interface now includes separate decline and accept buttons below floating circular icons for the Remind Me and Message options.

待望の iOS 7.1 アップデート版が、ついに利用できるようになった。 それは、マイナー・アップデートのリリースではあるが、いつものバグ修正および、いくつかの機能の追加と平行して、iOS のユーザインター・フェイスに関しても、Apple は何点かの微調整を施している。ビジアライズにおける主たる変化は、ダイヤラとパワーオフの機能に見いだせる。新しい iOS 7.1 では、これらのエリアにおいて、丸みを帯びた UI エレメントに切り替えられている。具体的に言うと、Remind Me と Message のオプションの下に、Decline と Accept のボタンが間隔をあけて配置されるようになった。

Other UI tweaks are fairly minor, including a slight music app refresh with prominent repeat and shuffle icons, and the option to disable wallpaper motion when selecting an image. iOS 7.1 also includes improvements to the keyboard interface, making the shift and delete keys easier to see. Perhaps the best visual tweak in iOS 7.1 is a change to the Notification Center, which appears to allow you to clear notifications more accurately.

その他の UI の変化は、いわゆるマイナーなものであるが、Music App では Repeat と Shuffle のアイコンが刷新され、カベ紙にイメージを選択した際の、動きを無効にするオプションなどが含まれる。また、iOS 7.1 では、キーボード・インタフェースが改良され、Shft や Delete などのキーが、見つけやすくなっている。そして、iOS 7.1 のビジュアルで、最も素晴らしい変化はノーティフィケーション・センターであり、それぞれのアプリに関する通知を、より明確/正確に設定できるようになっている。

Aside from the visual tweaks, iOS 7.1 finally includes a fix for something you hopefully won’t see anymore: random reboots that iPhone 5S, iPad mini with Retina display, and iPad Air users have been experiencing. Apple promised a fix in January, and the issues have existed since the launch of iOS 7, causing some devices running the latest OS to randomly reset for no apparent reason. Some iPhone 5S users have also complained of Touch ID issues, and Apple has tweaked the recognition to make it faster and more accurate in the latest update. If you’re stuck on an iPhone 4 and you’ve not yet upgraded, Apple has also optimized iOS 7.1 to run faster on iPhone 4 hardware. The same goes for older iPads, like the iPad 2, and third-generation iPad.

ビジュアルな側面はさておき、もう、まっぴらだと誰もが思う弱点が、ようやく iOS 7.1 で修正されることになった。それは、iPhone 5S/iPad mini Retina/iPad Air のユーザーを悩ませてきた、予期せぬリブートである。この、iOS 7 のリリースと同時に発生した、明確な理由もなくデバイスがリセットしまう問題に関して Apple は、1月の時点で修正を約束していた。また、一部の iPhone 5S ユーザーは、Touch ID に関する不満を訴えていたが、より速やかで正確な反応を実現するためのアップデートを、Apple は提供している。まだ、iPhone 4 を使っているなら、ぜひ、アップグレードすべきである。 Apple は、iPhone 4 のハードウェアも高速化できるよう、iOS 7.1 を最適化している。それは、iPad 2 および iPad 3 というった、古い iPad に対しても言えることである。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

_  space

iOS 7.1 also includes support for Apple’s new CarPlay feature. Known previously as iOS in the Car, CarPlay is built primarily around the use of Siri voice commands and prompts, providing an “eyes-free” experience where you can respond to incoming calls, dictate text messages, or access your music library from a vehicle. Ferrari, Mercedes-Benz, and Volvo will support CarPlay in some of their new cars at launch, and a broader range of carmakers, including Ford and BMW, are promising to integrate CarPlay with their future in-car entertainment systems.

iOS 7.1 では、Apple の新しい戦略である、CarPlay の機能もサポートされている。以前には iOS in Car と呼ばれてた CarPlay は、Siri の 音声によるコマンドとプロンプトを中心に構築されている。それにより、視覚から離れたところで、着信コールに対する応答や、テキスト・メッセージの口述、そしてミュージック・ライブラリへのアクセスが実現される。 Ferrari/Mercedes-Benz/Volvo は、いくつかの新車において、この CarPlay をサポートする。また、Ford や BMW を含む、いくつかの自動車メーカーは、CarPlay と車載エンターテイメント・システムを、今度において統合していくと予測される。

iTunes Radio has also been tweaked in iOS 7.1, allowing you to search within featured stations and more quickly create new stations based on searches for songs and artists. And for the first time, Apple now lets people subscribe to iTunes Match right from their device, instead of in the desktop version of iTunes. This removes the ads in iTunes Radio, and provides a year of Apple’s scan and match music service.

iOS 7.1 では、iTunes Radio も更新されている。 曲名とアーティストの、より高速化された検索をベースに、目的のチャネルのサーチや、新しいチャネルの作成が、きわめて迅速に行えるようになった。そして、今回が初めてのことになるが、これまでのデスクトップ・バージョンに代えて、これらのデバイスからも、iTunes Match のサブスクライブが可能になったのだ。この、iTunes Match を年間ベースで契約すれば、ラジオから広告が消え、Apple がスキャンするユーザーのミュージック・ライブラリがオンラインで楽しめるようになる。

Another change in iOS 7.1 is an adjustment to how Siri is triggered. Siri still activates using the home button, but in iOS 7.1 you can hold the home button down to ensure Siri listens for longer and doesn’t cut off any pauses in your query. This is useful for speaking long items like calendar events. You can also now access Siri using switch controls, a feature designed for accessibility. With these, you can set your iPhone or iPad to track left or right head movement using the camera.

iOS 7.1 の、もう1つの変化は、Siri をトリガーにした、調整のための機能である。依然として、Siri は Home ボタンを介してアクティベートされるが、iOS 7.1 ではボタンを長押しすることで、Siri に対する指示を確実に行い、また、クエリーにおけるポーズを排除することが可能になっている。具体的にいうと、Calendar のような、読み上げに長い時間を要するイベントに適している。また、アクセシビリティを考えてデザインされた機能である、スイッチ・コントロールを介した Siri へのアクセスも可能になっている。この機能を活用することで、たとえばカメラを使用しているときに、左右にパンする動きを追跡するよう、iPhone や iPad を設定できるようになる。

Overall, the changes iOS 7.1 brings are minor, but welcome, additions to an operating system that powers millions of devices. Since releasing iOS 7 back in September, Apple has fixed lock-screen security issues, iMessage problems, FaceTime call drops, and a major security flaw. The latest iOS 7.1 update is available immediately.

全体的に見て、iOS 7.1 がもたらす変化はマイナーなものであるが、無数のデバイスにパワーを与える OS として、歓迎すべきものである。昨年 9月にリリースされた iOS 7 に対して、ロック画面におけるセキュリティ問題、および、IMessage の問題FaceTime でのコールの漏れ、そして、主要なセキュリティ上の問題を、Apple は修正したことになる。この、最新の iOS 7.1 アップデートは、すぐに提供されることになる。

ーーーーー

TAG indexこのポストを見つけたのは、3月11日の3時過ぎだっと思いますが、その時点で、すでに iOS 7.1 をダウンロードできました。 Agile_Cat は iPad しか持っていませんが、キーボードの変更などは確認できています。 Siri の活用や、iTunes Match などは、これから試してみたいと思っています。 しかし、、、 たとえば BI アプリなどからの共有先には、依然として Evernote が含まれていません。 なぜなの、Apple さん! と、せっかくの iOS 7.1 ですが、不平タラタラな Agile_Cat なのです。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iOS in the Car:ついに Ferrari/Mercedes/Volvo への搭載が始まる!
Apple の iOS in Car:画面イメージがリークされた!
Apple が iOS 7 に最適化した、Find My Friends とは?
Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは?
iOS 8 のマルチ・タスクは こうなる! Youtube で、コンセプト・デモを ど〜ぞ

Apple CarPlay の動作:Volvo/Mercedes/Ferrari のアプローチを Youtube で ど〜ぞ!

Posted in .Selected, Apple, IoT by Agile Cat on March 6, 2014

Watch Apple CarPlay in Action
http://wp.me/pwo1E-7hh
By Adario Strange – March 4, 2014
http://mashable.com/2014/03/04/apple-carplay-demos/

_ Mashable
Details about Apple’s CarPlay system are gradually trickling out following its highly anticipated debut on Monday.

Apple の CarPlay システムだが、この月曜日に待望のデビューを果たしたに続き、その詳細が徐々に伝わり始めている。

Apple and the automakers have released plenty of details, but nothing beats a firsthand look at how the system actually works. Apple’s initial partners — Volvo, Mercedes-Benz and Ferrari — have all released demonstration videos of the system in action, and the footage is revealing.

Apple と自動車メーカーたちは、その詳細までをリリースしているが、どのようにシステムが機能するのかを知りたいなら、実際の動きを見るのに勝るものはない。Apple の最初のパートナーである、Volvo/Mercedes-Benz/Ferrari が、このシステムに関するビデオで提供し、それぞれの動きを映像によりデモしているのだ。

クリックで Youtube ⇒

By far the slickest and most Apple-esque of the demo videos is Volvo’s (see above), in a brief spot laden with visual effects and accompanied by the kind of inspirational music usually heard in an iPhone commercial. There’s not much operational information in this video, but the sheer beauty of the system, as enhanced by Volvo’s video wizardry, will probably be enough to stir wide interest in CarPlay on a mainstream level.

Apple ふうのデモ・ビデオとして、もっとも洗練されているのは Volvo のものである。ビジュアル効果が満載であり、いつもの iPhone コマーシャルで聞き慣れた、気分を高揚させる音楽を伴っている。このビデオは、操作に関する情報主体としたものではない、システムの純粋な美しさが、Volvo の魔法により引き立たされている。CarPlay に対する関心を、広範囲にカバーするという意味で、それは十分に機能していくだろう。

On the other side of the spectrum, Mercedes-Benz takes a very deep dive into CarPlay’s system during a seven-minute pre-recorded demonstration that mostly focuses on the voice control features of the system. Here we truly get to see how Siri can be utilized within the CarPlay system to send and receive messages, as well as navigate maps.

それとは対照的な視点を持つのが、Mercedes-Benz の詳細なデモ・ビデオである。この 7分間のビデオでは、主としてシステムのボイス・コントロール機能にフォーカスしたかたちで、CarPlay の細部にまでを紹介している。 具体的には、メッセージの送受信だけではなく、マップのナビゲーションにおいても、どのように Siri が、CarPlay の中できのうするのかが示されている。

クリックで Youtube ⇒

This video is also the first time we get to see a user go through the process of plugging the iPhone into the CarPlay system via lightning cable. But the real surprise in the Mercedes video is introduction of a mouse-like device situated next to the driver’s leg.

また、このビデオでは、CarPlay システムと iPhone が、Lightning ケーブルと介して接続されるプロセスが初めて紹介されている。しかし、Mercedes のビデオにおける本当の驚きは、ドライバーの手元に置かれた、マウスのような入力デバイスの存在である。

The circular mechanism can be turned like a dial and clicked like a mouse, and buttons sit to the left and right of it. The specifics of how the buttons and click wheel work have yet to be revealed, but the tool is an attractive and practical touch that will likely be a boon for drivers who still haven’t made the leap into touchscreen interfaces.

その円形のハンドルは、ダイヤルのように回転させ、マウスのように左右のボタンをクリックする構造になっている。

現状では、ハンドル操作とボタン・クリックの詳細が明らかにされていないが、タッチ・スクリーンのインターフェースに慣れていないドライバーにとって、このツールは魅力的で実用的なものになりそうだ。

クリックで Youtube ⇒

Ferrari takes a different approach by actually showing off how CarPlay operates, right from the showroom floor of the International Geneva Motor Show. In some ways, this is the most useful video we’ve seen, as it shows how CarPlay works outside of a controlled environment, giving the viewer a realistic sense of just how responsive CarPlay is in the wild.

そして Ferrari だが、今回の International Geneva Motor Show において、まったく異なるアプローチで、この CarPlay の利用方法を示している。それは、どのうように CarPlay が、ワイルドに反応するのかを示すものであり、CarPlay の外側に広がるリアルな感覚を提供するという意味で、もっとも優れたビデオになっている。

Based on the video, CarPlay’s touchscreen functions are just as snappy as the iPhone, which should make the context transition from mobile device to dashboard that much easier for longtime iOS users.

これらのビデオをベースにして推測すると、CarPlay のタッチ・スクリーン機能は iPhone のように快適であり、また、モバイル・デバイスからダッシュボードへとコンテキストを移行するものであるため、iOS を使い慣れているユーザーにっとって、とても簡単に利用できるものになる。

See also: Apple Announces CarPlay Infotainment System

ーーーーー

TAG index一言でいって CarPlay は、iOS エクスペリエンスを自動車の操作に応用するものになり、また、自動車をインテリジェントなものに変えるものになるのでしょうね。 クルマを運転するドライバーには、クルマを降りたときの日常があるわけですから、双方のコンテキストを接続するという発想は理に適っているはずです。 それを、高級車に対応させていく Apple の話ですが、Google の戦略は どうなるのでしょうね? モバイル・デバイスと同様、とても面白い対比が見られるのだろうと期待してしまいます。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Apple の iOS in Car:画面イメージがリークされた!
iOS in the Car:ついに Ferrari/Mercedes/Volvo への搭載が始まる!
IoT の 凄まじい成長力には、Mobile も Wearable も タジタジ だ:それを示す1枚のチャート!
Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?
IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

iOS in the Car:ついに Ferrari/Mercedes/Volvo への搭載が始まる!

Posted in Apple, IoT, Mobile by Agile Cat on March 2, 2014

Apple is reportedly launching iOS in the Car next week with Ferrari, Mercedes and Volvo
http://wp.me/pwo1E-7gL

BY Jon Fingas – February 28th, 2014
http://www.engadget.com/2014/02/28/ios-in-the-car-leak/

_ engadget

Apple’s iOS in the Car has been a long time in coming — we first heard about the automotive interface last June, and it still isn’t ready despite the presence of relevant code in recent iOS 7 builds.

Apple の iOS in Car だが、ずいぶんと長いこと、誰もか、その登場を待ちわびている。この、車載インターフェイスについては、昨年の 6月に初めて話を聞いており、また、最新の iOS 7 に関連するコードが存在するにもかかわらず、依然として準備が整っていなかった。

The wait may soon be over, though, as the Financial Times hears that Apple will unveil formal car integration deals with Ferrari, Mercedes-Benz and Volvo next week. There aren’t more forthcoming details, although the rumored announcement implies that the automakers could name compatible models and possibly show the technology in action.

しかし、この自動車との統合が、来週から Ferrari および、Mercedes-Benz、Volvo への正式な搭載が始まると、Financial Times が発表しているところをみると、それを待つことも無くなるようだ。現時点では、詳細な情報が存在しないが、それらの自動車メーカーが互換性のあるモデル名で、このテクノロジーを活して運転中に何かを示す、というふうにウワサされている。

We wouldn’t refer to iOS in the Car as Apple’s "first in-car operating system," like the FT does — it’s still dependent on an iPad or iPhone to work. Even so, any potential launch next week would represent a big step forward for 1 Infinite Loop’s in-car efforts, which haven’t advanced much since iPod Out.

FT が言うように、Apple における最初の車載 OS として、この iOS in the Car を捉えるべきではないと思う。その機能は、依然として iPad や iPhone に依存するものとなる。 iPod Out 以来、それほど進化しているとは思えないが、この車載システムに関する来週の立ち上げは、Infinite Loop One における、大きな前進に相当するだろう。

ーーーーー

TAG indexこの 1月にアメリカ出張があり、Silicon Valley 界隈をレンタカーで移動していたのですが、ナビゲーター役の Agile_Cat はスマホを片手に、それなりに任務を全うすることができました。 ただし、この時は Google Maps だったので、Apple Maps で大丈夫なのかという心配がありますが、それも、時間とともに解決していくでしょう。 運転に集中すべきドライバーを、適切な場所をリードするという特殊なニーズが、いまのカーナビを作り出してきましたが、それもモバイル・デバイスに取って代わられるタイミングに差し掛かってきた感じがしますね。 ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Apple の iOS in Car:画面イメージがリークされた!
Google Maps の底力:膨大なデータを用いて、目的地までの時間を予測する!
新しい Google Maps が絶好調 : Android に続いて iOS にも提供!
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
IoT の 凄まじい成長力には、Mobile も Wearable も タジタジ だ:それを示す1枚のチャート!
IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ

Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on February 27, 2014

The first smartphone powered end-to-end by Qualcomm will debut this year
http://wp.me/pwo1E-7gk

By Kevin Fitchard – Feb 6, 2014
http://gigaom.com/2014/02/06/the-first-smartphone-powered-end-to-end-by-qualcomm-will-debut-this-year/

_ Giga Om

Summary: Qualcomm is on a mission to dominate the guts of our smartphones, and this year it will get one step closer as the first smartphone debuts using Qualcomm components from the antenna to the processor.

Summary: Qualcomm のミッションは、私たちのスマートフォンの核心を支配することにある。 そして、アンテナからプロセッサに至るまで Qualcomm のコンポーネントを用いた、初のスマートフォン・デビューへと、今年は一歩近づくようだ。

ーーーーー

Qualcomm dominates the smartphone silicon space so thoroughly that its hard to imagine there’s a component in a phone’s communication system that it doesn’t design. It leads the market in both the processors that run our phone apps and the baseband chips that interpret wireless signals. But if Qualcomm has it its way it will one day be supplying every communication component in the phone, from the base of the antenna to the multimedia engine.

スマートフォン・シリコン・スペースを、Qualcomm は完全に支配しており、そのコンポーネントを用いてデザインされない、スマートフォンの通信システムが存在すると、想像するのは困難なほどである。それらは、スマートフォンのアプリを駆動するプロセッサと、ワイヤレス信号を解釈するベースバンド・チップの双方で、このマーケットをリードしている。しかし、もし Qualcomm がその気になるなら、アンテナのベースからマルチメディアのエンジンに至るまでの、フォン内の全通信コンポーネントを、1日で供給できるだろう。

Until recently Qualcomm was a non-factor when it came to the myriad of radio frequency (RF) components that reside between the baseband and the antenna. That part of the phone has always been the playground of specialty companies like RF Micro Devices, Avago Technologies and Skyworks.

最近まで、Qualcomm の領域ではなかったが、ベースバンドとアンテナとの間に存在する、広範囲におよぶ無線周波数(RF)コンポーネントに、同社は参入してきている。 このスマートフォンにおける領域は、RF Micro DevicesAvago TechnologiesSkyworks といった特定の企業が、常に活躍する場として存在していたのだ。

Last February, though, Qualcomm signaled its intentions of treading deep into their turf with a new product called the RF360. Qualcomm’s claim was it could build a better set of RF technologies in the phone, one that consumes less power, takes up less space and, most importantly, supports the rapidly proliferating number of LTE bands used throughout the world.

しかし、昨年の 2月に Qualcomm は、RF360 と呼ばれる新しいプロダクトにより、その芝生を深々と削り取っていくという意図を示した。Qualcomm の主張は、それにより RF テクノロジーの、より優れたセットで、スマートフォンを構築できるというものであった。まず、消費電力が少なくなり、より少ないスペースに収まるという話であるが、最も重要なのは、世界中で使用され、急速に増殖している、各 LTE の帯域をサポートできるという論旨である。

Qualcomm’s quest toward phone domination has been slow going so far. The RF360 is actually a collection of four different components, each with a specialized task, and so far Qualcomm has only landed design wins for two of them. The Google Nexus 5 and the Samsung Galaxy Note 3 both use RF360’s envelope tracker, which cuts down on the power a phone needs to connect to a tower. Nokia is using Qualcomm’s antenna tuner in the new Lumia 1520.

Qualcomm における、スマートフォンのマーケットを支配しようとする歩みは、遅いながらも、これまで続いている。この RF360 は、4種類のコンポーネントのコレクションであり、それぞれが、それぞれのタスクを受け持っている。 これまでの Qualcomm は、その内の 2つの領域でしか、勝利を納めていなかったのだ。そして、Google の Nexus 5  と、Samsung の Galaxy Note 3 が、RF360 の Envelope Tracker を使用し、ワイヤレス接続で消費される電力を見定めようとしている。その一方で、Nokia の最新機種である Lumia 1520 でも、Qualcomm の Antenna Tuner が採用されている。

But according to Cristiano Amon, EVP and co-president of Qualcomm Technologies, the heart of the RF360 is a component called the RF Pop, a 3D circuit that can support up to 40 different 2G, 3G and LTE bands when paired with one of Qualcomm’s baseband chips. That RF Pop — along with the fourth component, a power amplifier — will make it into commercial handsets this year, Amon said. And by the end of the year, the first smartphone using Qualcomm technologies front-to-back will make its commercial debut, he said.

しかし、Cualcomm Technologies の EVP & Co-President である Cristiano Amon によると、RF360 の心臓部分はは、RF Pop と呼ばれる 3D 回路コンポーネントであり、Qualcomm ベースバンド・チップの 1つと組み合わせることで、40種類にもおよぶ 2G/3G/LTE バンドをサポートできるという。この、4番目のコンポーネントとして組み合わされ、パワーを増幅していく PF Pop は、年内には、商業スマートフォンに導入されると、Amon は述べている。そして、今年の年末までには、すべてに Qualcomm テクノロジーを用いた最初のスマートフォンは、コマーシャル・デビューをするだろうと、彼は続けている。

Cristiano Amon

Will that phone be a truly global phone? Not quite. Just because the RF360 can support 40 bands doesn’t mean it will support them all at once. But Amon said that device makers who use the RF360 will get a lot closer to that holy grail of a single phone that can work in every region of the world.

そのスマート・フォンは、ほんとうの意味でグローバル・フォンになり得るのか? その答えは、完全ではない、となる。RF360 が、40種類の帯域をサポートできるからといって、それがすべてが、一度にサポートされるわけではない。しかし、RF360 を採用するデバイス・メーカーは、世界の全地域で動作する、まるで聖杯のようなスマートフォンに、大きく近づくと、Amon は発言している。

Amon is hoping Qualcomm can cut the number of separate variants a vendor has to produce by a third if not half. For a device maker like Apple that means it could reduce the number of iPhone variants it produces from five to just two or three. And as Qualcomm improves its technology it hopes to eventually achieve that goal of a single global phone, Amon said.

Amon の考えは、ベンダーが生産しなければならない、派生物の数を削減することであり、その半分とまでは言わなくても、Qualcomm が支援することで 1/3 だけでも減らしたいというものだ。つまり、Apple のようなデバイス・メーカーは、その変種を、5種類から、2〜3種類に削減できることを意味する。

そして、Qualcomm におけるテクノロジーが進化するにつれて、グローバル・フォンという目標が、最終的には達成されるようにしたいと、Amon は述べている。

Of course, Qualcomm isn’t the only one working on these technologies. The traditional RF component makers, along with specialty vendors like Nujira and Quantance, all have their own envelope trackers and multi-band RF technologies either on the market or in the works. Peregrine Semiconductor this week unveiled an RF front end technology that it claims will let a single phone connect to more than 40 LTE bands.

もちろん、Qualcomm だけが、それらのテクノロジーに取り組んでいる、唯一の企業というわけではない。NujiraQuantance といった専業ベンダーと協調してきた、従来からの全 RF コンポーネント・メーカーたちが、自身の Envelope Tracker を持ち、また、マルチバンド RF テクノロジーを開発/商用化しようとしている。そして、今週のことだが、Peregrine Semiconductor が RF Front-End テクノロジーを発表した。 それは、単一のフォン接続により、40 種類以上の LTE 帯域に接続できると、主張するものである。

Related research

The rebirth of hardware demands new definition of design October 2013
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience January 2013

ーーーーー

image141Qualcomm は強力ですね。 この記事は、All Qualcomm チップのスマホが作れますという流れですが、裏を返せば、Qualcomm ブランドのスマホも可能ということです。実際に、$350 だった Toq smartwatch を、$250 に値下げしていて、ひょっとするとウェアラブル市場で、それなりのシェアを取る可能性も出てきています。 それとは別の話ですがChromecast を製造しているのは Marvell ですし、こうしたチップ・メーカーが大挙して、デバイス市場に参入し始めているのです。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
MWC 2014 速報 : IntoMobile 版 ニュース・インデックス

IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ

Posted in IoT, Research by Agile Cat on February 17, 2014

Internet of Things (IoT): Another Technology Poised to Revolutionize Businesses that Few Businesses Fully Yet Grasp
http://wp.me/pwo1E-7d5
By Dick Weisinger  – January 13th, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-another-technology-poised-to-revolutionize-businesses-that-few-businesses-fully-yet-grasp/

_ formtek

The Internet of Things (IoT) is targeted as one of the top-ten technologies that will make an impact in 2014.  Gartner has identified IoT as a top-ten strategic  technology for 2014.  It’s on Forrester’s top 10 technology trends for 2014 too.  Frost & Sullivan call IoT a ‘pivotal catalyst’ and ‘key technology’ for 2014.

Internet of Things (IoT) だが、2014年に影響をもたらすことになる、Top-10 テクノロジーの 1つとして注目を集めている。Gartner は、2014年の戦略的テクノロジー Top-10 として、IoT を指定している。それは、Forrester の、2014年 Top-10 テクノロジー・トレンドでも同様である。また、Frost & Sullivan は IoT を、2014年における「極めて重要な触媒」および「カギとなるテクノロジー」と呼んでいる。

Frost & Sullivan predicts that there will be 80 billion connected IoT devices by 2020.  Gartner’s predictions are a bit more subdued but still draw a picture of a technology that will experience tremendous growth.  Gartner estimates that there will be 26 billion IoT-enabled objects by 2020 and that the IoT market segment will be generating in excess of $300 billion annually.  IoT is poised to reach and touch every industry, particularly areas like healthcare, logistics, transportation, and automotive.

Frost & Sullivan は、2020年までに 80 Billion の IoT デバイスが接続されると予測している。Gartner の予測は、もう少し控えめであるが、それにしても驚異的な成長を経験するという、テクノロジーの風景を描いている。Gartner が推測するのは、2020年までに 26 Billion の IoT 対応オブジェクトが登場し、IoT マーケットのセグメントは、年間で $300 Billion 以上のビジネスを生み出すとしている。IoT は、あらゆる業界に到達/接触する態勢を整えているが、医療/物流/運輸/自動車といった領域で、特に活性化していくという。

Ian Ferguson, VP of Segment Marketing at ARM, said that “the first places where these connected devices are being deployed in enterprises is in manufacturing and the second was actually in construction and real estate. My sense from talking to a few people in those industries is that there are very obvious benefits to deploying these sensors. We have actually seen in manufacturing the use of sensors to give better ground level control of where resources’ are and managing how to deploy and manage equipment more efficiently such as within food plants for instance.

ARM の VP of Segment Marketing である Ian Ferguson は、「 これらの、接続されたデバイスがエンタープライズでディプロイされていくのは、最初が製造業であり、第二に建設および不動産になる。 これらの産業に従事する、何人か人々を話したところ、センサーを配置することで、きわめて明白なメリットが生じると感じている。実際に確認しているが、リソースが存在する場所において、基本的レベルでのコントロールを実現するために、センサーを使用することが可能となる。たとえば、食品工場内などの機器を効率よく管理するために、そのディプロイメントの方式をコントロールできる 」と、述べている

A report by ARM finds that 75 percent of companies across all industries are investigating the use of IoT technology.

ARM のレポートには、すべての業界を横断するかたちで、75% の企業が IoT テクノロジーに投資していると記されている。

James Chambers, editor of the report, said that “the self-stocking intelligent fridge is a step closer to becoming an everyday reality, but conversations about IoT are clearly moving on. Two in five C-level executives are now telling us that they discuss IoT regularly. Whether we will all end up wearing clothes connected to the Internet remains to be seen – but it’s hard to think of any business that can’t be part of the IoT revolution.”

そのレポートのエディタである James Chambers は、「 セルフ・ストックを実現する、インテリジェントな冷蔵庫が、日々の現実に近づいていくが、IoT に関する会話は明らかに移行していく。C-Level の経営層における、5人に 2人の人々と、定期的に IoT に関する議論の場を持っている。最終的に、インターネットに接続される服を着るようになるのかどうかは、依然として見守らなければならないが、IoT 革命に参加しない企業が存在すると、考えるのは困難だ」と、発言している

Chris Rezendes, president of INEX Advisors, said that ”The big challenge is that many companies do not have the internal resources to drive Internet of Things adoption or deployment. They are lacking the specific education, training and opportunity identification resources that are required to position themselves, and their partners, to make IoT investment decisions quickly and with confidence.”

INEX Advisors の President である Chris Rezendes は、「 そこでの大きな課題は、IoT の採用や展開を促進するための内部リソースを、多くの企業が持っていないことだ。 IoT 投資に関する判断を、自信を持って迅速に進めるには、自分自身とパートナーを位置づけるための、教育/訓練/機会発見といったリソースが必要とされるが、そのすべてが欠落している」と、述べている

Pam Sefrino, principal at INEX Advisors, said that “the challenge is getting beyond just the technology itself to deeply considering and mapping the authentic value that the new Internet of Things solution will provide.  A deep understanding of the requirements for creating real meaning and impact for stakeholders up and down the value chain is critical for driving scale, revenue growth and ultimately, sustainable margins. There are important considerations and questions, requiring new ways of thinking, that must be addressed before a company ever gets to the pilot stage.”

INEX Advisors の Principal である Pam Sefrino は、「 そこでの課題は、新たな IoT が提供することになる本物の価値について、テクノロジー自体を超えたところで深く考え、それらをマッピングしていくことにある。バリュー・チェーンを上下に見渡しながら、そこでの利害関係者たちに本質的な意味と影響をもたらす、要件を深く理解することが、スケールを拡大させ、収益を伸ばし、最終的には持続可能なマージンをもたらすために重要となる。検討と課題における重要な項目が、新たな発想の道筋を要求するが、パイロット・ステージに到達する前に、それらに取り組む必要がある」と、発言している

ーーーーー

TAG index一挙に普及しそうな IoT ですが、それ故に、慎重に考えなければならないのでしょうね。ふと気づいてみれば、モバイル・ネットワークや、Bluetooth や、NFC(Near field communication)などが遍在化していて、あらゆるものを簡単に接続できる世の中になっているのですが、闇雲につないでも、なんの意味もありません。 対象が物だけに、油断すると、そこに従事する人々への優しさを欠いてしまいそうで心配ですが、それこそ、日本の強い分野のはずなので、期待大ですね! image

ーーーーー

<関連>

Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Apple の iOS in Car:画面イメージがリークされた!

Posted in Apple, IoT by Agile Cat on January 23, 2014

Apple’s ‘iOS in the Car’ System Screenshots Show Up on Twitter
http://wp.me/pwo1E-78N

By Adario Strange – Jan 21, 2014
http://mashable.com/2014/01/21/apple-ios-in-the-car-preview/

_ Mashable

Image: Apple

Apple announced iOS in the Car last year, but so far the company’s official web page for the product still sports a “coming soon” message. However, on Tuesday one developer based in Europe tweeted what appears to be an early look at Apple’s in-car system in action.

Apple は昨年に iOS in the Car を発表したが、これまでのところ、オフィシャルな Web ページには、Coming Soon というメッセージを出すに過ぎなかった。しかし、この火曜日(1/21)に、ヨーロッパ・ベースのデベロッパーが、Apple 車載システムで最初にアピールされると思われる、いくつかの動作についてツイートした。

Posted by Dublin, Ireland-based Steven Troughton-Smith, the screenshots show off several images of the iOS in the Car version of Apple Maps, most likely displayed via the iOS Simulator toolkit that developers use to test apps.

Ireland の Dublin ベースの Steven Troughton-Smith がポストしたスクリーンショットは、Apple Maps の iOS in the Car における、いくつかのイメージを伝えるものである。そして、デベロッパーたちがアプリのテストに用いる、iOS Simulator Toolkit を介して表示されている可能性が高い。

Although unconfirmed by Apple, this early look at the in-car version of iOS offers users a peek at a completely different take on the company’s mobile operating system, as well as an early look for for the developers planning to create apps for the new mobile environment.

この件について、Apple は何も認めていないが、この iOS 車載バージョンの外観が、同社のモバイル・オペレーティング・システムとは、まったくの別物であることを、ユーザーに知らしめている。また、それだけでなく、車載という新しいモバイル環境のための、アプリを開発していくデベロッパーに対しても、先行した情報を提供するものになる。

Unveiled at last year’s WWDC, iOS in the Car will allow users to connect their iOS device to the car and then use the car’s dashboard touchscreen or Siri Eyes Free voice interface to control a number of functions.

昨年の WWDC で発表された iOS in Car では、ユーザー iOS デバイスと車両との接続が可能になり、その多様な機能をコントロールするために、車載ダッシュボードのタッチスクリーンや、Siri Eyes Free の音声インターフェイスを使うというものであった。

The system’s feature set will include the ability to get directions on Apple Maps, send text messages via iMessage, select and control music from your mobile device as well as make phone calls from the iPhone.

そして、このシステムには、 Apple Maps 上で道順を取得し、IMessage を介してテキスト・メッセージを送信し、iPhone から音楽を再生し、通話も実現するという、機能のセットが含まれていくだろう。

Automobile manufacturers mentioned as being part of the upcoming commercial launch of the system include Honda, Mercedes, Nissan, Chevy, Kia, Volvo and Acura.

このシステムの商用バージョンが立ち上がるときに、参加すると言っている自動車会社には、Honda/Mercedes/Nissan/Chevy/Kia/Volvo/Acura などが含まれる。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also: How Android and iOS Should Work in Your Car

ーーーーー
TAG indexつい先日に、Google が中心となり、Open Auto Alliance (OAA) が立ち上がっています。 そして、そこには、GM/Audi/Honda/Hyundai が参加していたはずです。 この Android 陣営の動きをけん制する、iOS in Car のリークなのかもしれませんね。これも IoT の一種であり、従来からのカーナビとも、激しく戦っていくものになるのでしょう。目の離せないセグメントですね。image

ーーーーー

<関連>

IoT の 凄まじい成長力には、Mobile も Wearable も タジタジ だ!
Google の Chromecast は、ある種のゲーム・チェンジをもたらす
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代へ
Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ

%d bloggers like this: