Agile Cat — in the cloud

AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

Posted in .Selected, Amazon, API, IoT, Strategy by agilecat.cloud on January 12, 2016
AWS Announces IoT Platform With Deep AWS Integration
Romin Irani, Contributing Writer – Oct. 15 2015
http://www.programmableweb.com/news/aws-announces-iot-platform-deep-aws-integration/2015/10/15
 
_ ProgrammableWeb
 
At the most recent re:Invent conference, Amazon Web Services (AWS) announced its entry in the Internet of Things (IoT) space. The AWS IoT platform as expected brings not just the scale expected of AWS, but introduces deep integration with services in the AWS ecosystem along with Device SDKs, and Starter Device Kits that are ready to kick-start your IoT development.
 
先日の re:Invent 2015 Conference において、Amazon Web Services(AWS)は、Internet of Things (IoT) スペースへの参入について発表した。この AWS の IoT プラットフォームは、AWS に期待されるスケールをもたらすだけではなく、これまでの AWS エコシステムのサービスと、Device SDKs および Starter Device Kits を緊密に統合するものだと紹介されていた。それにより、誰もが IoT の開発をキック・スタートできるようになる。
 
re_invent_2015At its heart, AWS IoT is a Managed IoT platform that provides a Message Broker which can handle messages published by your devices, as well as a Rules Engines that can transform and invoke actions both into other AWS Services and back to your devices.
 
AWS IoT の中核となるのは、Message Broker を提供する Managed IoT  プラットフォームであり、利用されているデバイスからのメッセージを処理することになる。 それに加えて、Rules Engines も提供され、各種の AWS サービスとデバイスの間で用いられるアクションを呼び出し、状況に応じて適合させていく。
 
これが、AWS IoT の概念図であり、緑の部分が IoT Platform となる。
 
A high level diagram of AWS IoT is shown below, with the IoT Platform shown in green.
 
AWS IoT PlatformClick to Large >>>
 
“Things” are devices that you need to control. They publish messages to the broker via the MQTT protocol (note that HTTP is also supported). The Message Broker can then deliver the message to subscribers, IoT Applications, or other Things. Security and Identity is a first-class citizen in this platform and needs to be taken care from the ground up. The Rules Engine is pretty interesting and it can not just transform the data but route the message back to not just subscribers/applications but also invoke the rest of the services available in the AWS Ecosystem like DynamoDB, Lambda functions and more.
 
“Things”  とは、ここでコントロールすべきデバイスのことである。それらが発行するメッセージは、MQTT プロトコル(HTTP もサポートされていることに注意)を介して Message Broker へと至る。続いて、この Message Broker は、受信したメッセージを、他の Subscriber/IoT Application/Things へと配信する。セキュリティと ID は、このプラットフォームで最も大切なオブジェクトであり、また、徹底的に精査される必要がる。Rules Engine は、とても興味深いものであり、データだけでなく、その転送ルートも変換する。 それによりメッセージは、Subscriber/Application 以外にも転送されることになる。それだけではなく、AWS Ecosystem における DynamoDB/Lambda といった、その他のサービスも呼び出せる。
 
The Thing Shadow is a very interesting concept and is key to disconnected Things. Given the conditions that Things would operate it, it is very likely that due to bad connectivity, they are not always in a connected state. This means that when a message is likely to be pushed to the Thing, it is not available. In comes the concept of Thing Shadow to address it.
 
Thing Shadow は、きわめて興味深いコンセプトであり、また、ディスコネクトされた Things にとって重要なものとなる。Things を運用する条件を考えると、コネクションが不良なケースと、たまにコネクトされるケースは、きわめて似ている。つまり、Things へ向けてメッセージがプッシュされたときに、相手が接続されていないこともある。Thing Shadow の in-comes のコンセプトが、そのような状況に対応する。
 
A Thing Shadow is a copy of your Thing state in the Cloud and contains the last known state and a desired state. When a Thing is connected again, the state is synced with the Thing Shadow. Applications too can control the state of a Thing by simply using the REST API to control the Thing Shadow state. Check out How It Works section for more details on the core building blocks of the AWS IoT Platform.
 
具体的に言うと、対象となる Thngs のコピーを、クラウド内に保持しているのが Thing Shadow であり、最終のステートと、望ましいステートを、その内部に確保している。そして、Things が再びコネクトされると、その時のステートが Thing Shadow と同期される。この、Thing Shadow のステートを、REST API を用いてシンプルにコントロールすることで、アプリケーションによる Things のステート管理が、きわめて容易になる。より詳細な情報に関しては、AWS IoT Platform コア・ビルディング・ブロックの、How It Works をチェックしてほしい。
 
Amazon has made sure that developers can interact with the IoT Platform via its standard SDK but it also has a Device SDK that you makes it easy for developers to connect to the IoT Gateway. The Device SDK is available for C, JavaScript and Arduino. Check out the Device SDK page, from where you can even download the same.
 
Amazon が検証してきたことは、開発者たちが標準の SDK を介して、この IoT Platform をインタラクトできることである。また、Device SDK を用いて、IoT Gateway へのコネクションを、容易に開発できることも、そこに含まれる。この、Device SDK は、C/JavaScript/Arduino に対応している。先ほどと同様に、コア・ビルディング・ブロックの、Device SDK ページをチェックしてほしい。
 
The maker community is well versed with using Kits that have helped them write IoT applications and it would be interesting to them that AWS has partnered with various Device Manufacturers to help jump start the applications. These starter kits contain all you need to get connected to the AWS IoT Gateway. The Starter kits are from various vendors including Intel Edison, Beaglebone and more.
 
一般的に、メーカー・コミュニティは、そのキットの使い方に精通しているため、IoT アプリケーションの記述を支援してくれるだろう。AWS と各種デバイス・メーカーが提携し、AWS アプリケーションのジャンプ・スタートを支援していくことに、それらのコミュニティは興味を示すだろう。それらのスタート・キットは、AWS IoT Gateway をコネクトするための、あらゆる情報を提供してくれる。Intel Edison や Beaglebone などを含む、各種のベンダーから、この Starter Kits は提供される。
 
For AWS developers, the IoT platform is an excellent gateway to help build their Internet of Things applications. If you are invested in the AWS Ecosystem, you are probably using multiple services and this close integration is a big win for developers.
 
AWS デベロッパーにとって、この IoT Platform は、IoT アプリケーションを開発するための、素晴らしいエントランスになるだろう。あなたが、AWS エコシステムにコミットしているなら、おそらく、数多くの既存サービスを利用できるだろう。 そして、この緊密なインテグレーションが、デベロッパーを勝利へと導く。
 
ーーーーー
IoTこの記事は、re:Invent 2015 の直後にポストされていたものであり、ちょっと間が空いてしまいましたが、ようやく対訳をポストできました。その後の AWS IoT ですが、昨年末に一般公開され、また、AWS Japan からも日本語ドキュメントが提供されています。訳していて、ナルホドなぁと思ったのは、Thing Shadow のところであり、ひとつの気づきを与えてもらった気分です。 昨日の後書きでも参照した、Gartner の Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 には、 Internet of Things Platforms という項目があり、「 IoT プラットフォー ムとは、アーキテクチャとテクノロジーの観点から IoT を実現していくという、IT の 舞台裏となる作業を構成するものとなる」と解説されていました。そして、いくつかの標準化が必要になるだろうが、暫くはベンダー間の競合が続くため、2018年までは難しいとも、述べられていました。今年は、この AWS IoT に限らず、いろいろな動きが見られるのでしょうね。 とても楽しみです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに
 

Comments Off on AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday by agilecat.cloud on January 4, 2016
Internet of Things (IoT): The Number of Connected IoT Devices Expected to Grow Exponentially
Dick Weisinger – December 24th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-the-number-of-connected-iot-devices-expected-to-grow-exponentially/
 _ formtek
McDonald’s restaurants used to count the number of hamburgers sold.  In 1962 they hit one million.  By the mid-1970’s they were counting in the billions.  In 1976 it was 20 billion.  The signage displayed on the golden arch logo at each restaurant kept a rough tally of the count of how many hamburgers all restaurants had sold.  Eventually the count got too high and the golden arch sign changed to read simply “billions and billions”.  Basically the number got too big to keep tracking.
 
その昔、マクドナルドは、販売されたハンバーガーの数をカウントしており、その数が 100万に達したのは 1962年だとされる。そして、1970年代の半ばには 10億となり、1976年には20億に到達した。それぞれのマクドナルド店に設置された黄金のアーチは、どれだけのハンバーガーが売れたのかという大まかな累計を、サイネージ表示するためのものであった。しかし、最終的には、その数が大きくなり過ぎたので、黄金アーチのディスプレイは、Billions and Billions というシンプルなものに変更された。 なぜなら、継続してトラッキングできないほどに、その数が膨大になっていったからだ。
 
Sisley_24Will the same fate eventually hit the Internet of Things (IoT)?  That we’ll lose track of how many devices we’ve connected to the internet?  In our now digitally- and data-obsessed world, probably not.  Especially since devices aren’t consumed the same way that hamburgers are.  By any count though, there are already a lot of IoT devices.
 
それと同じ運命が、最終的に Internet of Things (IoT) にも訪れるのだろうか? つまり、インターネット接続されたデバイス数も、トラッキングできなくなるのか? 心配は無用だ。現代に生きる私たちは、デジタルとデータをコントロールしているため、そんな事にはならないだろう。さらに言うなら、デバイスはハンバーガーとは異なり、人間の胃袋に収まってしまうものでもない。しかし、大量の IoT デバイスが、すでに存在しているとは言え、その数え方は様々だ。
 
Gartner estimates that by next year there will be about 6 billion internet-connected devices with 5.5 million devices added daily, eventually growing to 20.1 billion by 2020.  Cisco estimates that there are actually 10 billion IoT devices among a pool of potentially 1.5 trillion devices that could be enabled.
 
Gartner の推定によると、2016年は 1日あたり 550万のデバイスが追加され、全体では 60億の IoT デバイス数に達し、2020年には 201億まで成長することになる。 Cisco の推定よると、現時点で 100億の IoT デバイスが存在するが、IoT に対応が可能な母数としてのデバイス数は、1.5兆に至るという。
 
Jim Tully, vice president and analyst at Gartner, said that “IoT services are the real driver of value in IoT, and increasing attention is being focused on new services by end-user organisations and vendors.  Aside from connected cars, consumer uses will continue to account for the greatest number of connected things, while enterprise will account for the largest spending.  Connected things for specialized use are currently the largest category, however, this is quickly changing with the increased use of generic devices. By 2020, cross-industry devices will dominate the number of connected things used in the enterprise.”
 
Gartner の VP and Analyst である Jim Tully は、「IoT の価値という観点では、実際の推進役は IoT サービスとなる。そして、エンドユーザー企業やベンダーたちは、新たなサービスにフォーカスしようとしている。自動車からの接続とは別に、一般の消費者も、あらゆるものを接続しようとし、それに対応する企業は、大規模な支出を求められる。現時点における大規模なカテゴリは、特殊な用途のために IoT 接続されるものだが、汎用的なデバイスの利用が広まるにつれて、カテゴリの構造が大きく変化していく。また、2020年までには、複数の業界を横断するデバイスが、エンタープライズで使用され接続デバイスの、大半を支配するようになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayこのポスト自体は、昨年のクリスマス・イブのものです。 なんか、普段とはちょっと違う、年末・年始モードの Dick Weisinger さんという感じです :) それにしても、1962年から、こんなことをマックは考えていたのですね。 この年は、ビートルズがデビューした年であり、日本の TV 受信者が1000万件を突破した年なのです。一方は伝説という称号を得て、もう一方は主役から降りていくという、50年という時間の長さを感じてしまいますが、やはりコンテントは強いですね! その反面、それらの情報を支える、プラットフォームやインフラの世界は儚いです。 まぁ、儚いからこそ、大きなイノベーションが起こるので、それは、それで良いのでしょう。 それと、こちらが本題なのでですが、そろそろ、それぞれの調査会社による IoT に関する数値が、もう少し歩み寄っても良い頃だと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
 

Comments Off on IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!

2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに

Posted in .Chronicle, IoT by agilecat.cloud on December 27, 2015
産業構造と消費社会の再定義が始まる・・・
December 26, 2015
 
AC 2015
 
2015年の IoT 関連ポストを並べてみましたが、この前書きで何を書くべきかとなると、とてもではないけど、総括できるものではないなぁ・・・ というのが正直なところです。 たしかに、1月の IoT 調査レポートで、「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」と、あるアーキテクトが述べているように、テクノロジーとしての IoT は着々と進化し、さまざまなデバイスをインターネットに接続していくでしょう。
 
IoTそれにより、この世界に存在する不合理を解消し、提供する企業の側と、利用する消費者の側に、Win Win の関係が構築される・・・というのも分かりますが、その不合理って、いったい誰が、どうやって、生み出してきたものなのでしょうか? そんなことを自問してみても、答えが見つかるわけもなく、すべてが自由経済の所産であるとしか、言い様がないのも事実です。 その意味で、いまの産業構造と消費社会に対して、Uber や Airbnb が突きつけた問いかけが、どのように収束していくのか、とても気になるところです。
 
ちょっと、IoT から逸脱していますが、さらに言うなら、たとえばフィンランドでベーシック・インカムが検討されたり、ジンバブエで人民元が通貨にされたりと、国家の再定義みたいなことも、地球のアチラコチラで起こり始めています。 もちろん Bitcoin も、国家権力の一つである通貨の発行という行為を、その根底から揺さぶるものになっていくでしょう。 おそらく、IoT は、地球全体を覆っていく、このような大きなウネリと共に浸透し、変革を推進する側と阻止する側の双方が、最大限に利用していくものになるはずです。 いろいろな意味で、ポリシーの時代になっていきますね。
ーーーーー
 
Q1
 
Intel が IoTivity を発表:Linux Foundation が 全面支援を申し出た!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
 
Q2
 
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、IDoT を考えるべきと Gartner が発言
IoT の調査: Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
 
Q3
 
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! 開発環境としては Azure の支配が始まる?
IoT と 自動車損保:明確な Win Win モデルが実現するだろう
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
 
Q4
 
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける
Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率!
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、大半がセキュリティを考慮しない
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
 
ーーーーー
AC_tempもう、かれこれ5年も前のことになりますが、このブログで、司馬遼太郎の「アメリカ素描」というエッセイを紹介したことがあります。その中で、カリフォルニアが砂漠であり、電力を用いた水の供給により成り立っていることを説明するくだりが、とても面白いのです。 そして、シリコンバレーから生まれた、いまのインターネット産業が、世界というものを再定義しようとしているのも、とても興味深いことです。このところ、アジアを中心に情報を漁っていますが、お正月休みに、このエッセイを再読してみたいと思っています。 _AC Stamp
 
Tagged with: , , ,

Comments Off on 2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに

今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on December 9, 2015
IoT to generate $24.2b in revenue this year
Enterprise Innovation editors – December 01, 2015
http://www.telecomasia.net/content/iot-generate-242b-revenue-year
 
_ Telecom-Asia
 
The global IoT market is expected to generate $24.2 billion in revenue in 2015 and is on track to grow to $79.3 billion in 2020, Frost & Sullivan predicts.
 
グローバル (?) における IoT マーケットだが、2015年の売上は $24.2 billion に達し、また、2020年には $79.3 billion にまで成長する軌道に乗っていると、Frost & Sullivan は予測している。(注記:グローバルではなく APAC だと推測されます )
 
From 2015 to 2020, the expected to grow at a CAGR of 27%, with services accounting for nearly three quarters of the market by the end of the period.
 
また、2015年〜2020年の成長は CAGR で 27% となり、この期間の終わりまでには、マーケットの 3/4 程度まで、なんらかのサービスが浸透すると予測している。
 
IoT_SamsungFlickr
Samsung Newsroom
 
“The major IoT opportunities will be in the deployment and management of IoT projects,” said Andrew Milroy, SVP of ICT practice in Asia Pacific. “This will lead to a requirement for new skill sets which are currently scarce in the APAC region.”
 
同社の SVP of ICT practice in Asia Pacific である Andrew Milroy は、「 IoT がもたらす主だったビジネス・チャンスは、IoT プロジェクトに関する展開と管理になるだろう。それにより、APAC 地域で不足している、新しいスキル・セットも充実していくはずだ」と述べている。
 
The IoT market is one of the fastest growing segments in the Asia-Pacific technology industry. The total regional spending on IoT is forecast to be $79 billion by 2020.
 
この IoT マーケットは、APAC のテクノロジー業界で、最も急速に成長している分野でもある。そして、この地域における IoT 支出は、2020年までに $79 billion にいたると予測されている。(注釈:冒頭ではグローバルと言っています)
 
There will also be a shift towards computing decentralization as the IT industry gradually shifts towards using more IoT technology. Examples include P2P networks becoming more widely used, allowing connected devices to communicate directly with each other rather instead of being routed through a centralized data center.
 
さらに言えば、IoT テクノロジーの活用へ向けたシフトが進めば、P2P ネットワークの更なる利用なども含むかたちで、コンピューティングの分散化も進んでいく。 それにより接続されたデバイスは、センタライズされたデータセンターを介してルーティングされるのではなく、ダイレクトな通信を実現していくようになる。
 
Milroy also expects IoT to be heavily influenced by “cloudification” and this will lead to its own set of challenges. These include the large amounts of data involved, realignment of existing processes and security solutions.
 
また、Milroy は IoT について、クラウド化に大きく影響され、また、課題に対する独自のセットを、持つようになると予測している。そこには、関連する膨大なデータや、既存のプロセスの再編、そして、セキュリティ・ソリューションなどが含まれる。
 
Cyber security is also paramount as the security paradigm is increasingly shifting to the physical domain in 2016. The increasing use of mobile devices and the gradual spread of the Internet of Things will offer many more attack vectors, and increases the risks of successful attacks enormously.
 
2016年には物理ドメインへと向けたセキュリティ・パラダイム・シフトが生じるため、これまで以上に、サイバー・セキュリティが優先されるだろう。モバイル・デバイスが増大し、IoT の普及が進むにつれて、サイバー攻撃のベクトルが多様化し、また、それらの攻撃が防げなくなるというリスクが増えていく。
 
“The Product as a Service model will become the norm in many industries,” said Milroy. “Over 70% of Fortune 500 companies will operate Product as a Service business models, with the automotive industry and electronics industry expected to lead this revolution at 15% and 13% respectively.”
 
また、Milroy は、「 この Product as a Service モデルは、数多くの産業における標準となるだろう。 そして、Fortune 500 の70% 以上の企業が、この Product as a Service モデルを運用するようになる。そのうちの、15% を占める自動車産業と、13% を占めるエレクトロニクス産業などが、この革命をリードすると期待される」とも発言している。
 
Key examples of Product as a Service include auto makers offering car sharing services on a pay per use system (automotive), medical device manufacturers offering health monitoring systems (healthcare) and IT hardware providers offering separation of products and services businesses.
 
なお、Product as a Service の主要な事例には、自動車メーカーが提供する pay per use の カー・シェアリング・サービス(automotive)や、医療機器メーカーが提供するヘルス・モニタリング・システム(healthcare)、そして、IT ハードウェア・プロバイダーが提供する分離されたプロダクトとサービスの業態などが含まれるだろう。
 
ーーーーー
IoT2020年までに $79 billion という肝心の数字ですが、冒頭で述べているグローバルは、APAC の間違えだろうと思います。たとえば、WSJ の Internet of Things Market to Reach $1.7 Trillion by 2020: IDC (2015/06) では、「The global Internet of Things market will grow to $1.7 trillion in 2020 from $655.8 billion in 2014」と述べています。また、Internet of Things Revenue to Hit $7.1 Trillion in 2020 という、IDC の調査結果をベースにした、eWeek の記事 (2014/06) もありますので、APAC の数字だと解釈すべきなのでしょう。なにが正しくて、なにが間違っているというより、IoT の市場規模と考えるべき範囲が変化しているようにも思えます。 いずれにしろ、Agile Cat 的には、スゴイとか、デカイ とか、そんな感覚でしかない、ケタ違いの市場規模です 😃 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円 ($41 billion) に至るという予測!
IoT と 自動車損保:明確な Win Win モデルが実現するだろう
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率をチャートで!
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
 

Comments Off on 今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう

IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on November 16, 2015
Internet of Things: Software Leading Hardware in IoT Innovation
By Dick Weisinger – November 9th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-software-leading-hardware-in-iot-innovation/
_ formtek
Internet of Things (IoT) is predicted to break the $7-trillion mark over next five years.  50 billion new IoT connected devices are expected to go online over the next five years.
 
Internet of Things (IoT) の近未来であるが、これからの 5年間で、$7 trillion 以上の経済をもたらすと予測されている。また、同じく 5年間で、500億もの新たな IoT デバイスが、オンラインで接続されるという。
 
Chagall_13According to a new IDC survey, three-quarters of business decision makers have either already deployed IoT or have plans to do so in the next 12 months.
 
IDC の最新調査によると、ビジネスにおける意思決定者の 3/4 が、すでに IoT をディプロイしているか、これからの12ヶ月の間にディプロイする計画だと回答している。
 
Vernon Turner, senior vice-president at IDC, said that  “momentum continues to grow and … [and IoT is increasingly] seen as strategic to the enterprise.”
 
IDC の Senior VP である Vernon Turner は、「 この勢いが止まらずに、さらに IoT が広まっていくと、エンタープライズの重要なストラテジーとして、位置づけられていくだろう」と述べている。
 
Findings from the IDC survey include:
 
IDC の調査で、注目すべき点は:
 
  • Security is a leading challenge for businesses, but even more so are the upfront and ongoing costs of achieving security.
  • Software vendors, rather than hardware vendors, actually were more aggressive in leading IoT in 2015
  • IoT happening “at the edge of the network”, not at the enterprise, will become a requirement that will be difficult to meet with an IoT architecture design
 
  • 企業にとって、セキュリティが主たる課題となる。 ただし、それを達成するためには、先行投資という問題をクリアし、さらに言えば、継続的なコストの負担に耐えなければならない。
  • 2015年について言うなら、ハードウェア・ベンダーよりもソフトウェア・ベンダーの方が、実態としての IoT を積極的にリードしてきた。
  • IoT が実際に機能するのは、エンタープライズの内側ではなく、ネットワークのエッジとなる。したがって、必要とされる要件と、IoT アーキテクチャ・デザインの、整合性を取ることが難しくなっていく。
 
Industries that are showing the most interest in IoT technology are:
 
以下の産業が、IoT テクノロジーに対して、最も関心を示している:
  • 72 percent – Health Care
  • 67 percent – Transportation
  • 66 percent – Manufacturing
ーーーーー
On Mondayモバイルが日常を変えたと思うなら、IoT が新しい未来を創りだすことも、信じられるだろう・・・ という理屈がなりたちます。 とは言え、モバイルに関して言うなら、iPhone 以前の Nokia なんかは、OS である Symbian のアップデートが、ユーザー・グループの担当だったりと、きわめて緩いところから始まっています。 それは、PC についても、インターネットについても言えることであり、使いたいなら使いなよという、助走期間があったはずだと思います。 ところが、IoT に関しては、待ったなしで衆目にさらされるわけで、それが大変だなぁと感じてしまいます。 この業界に蓄積された、これまでの知識と経験で、なんとか乗り切って欲しいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
 

Comments Off on IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる

IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める

Posted in IoT, On Monday, Security by agilecat.cloud on November 9, 2015
Internet of Things Security: Most Early-entry IoT Devices have Weak Security at Best
By Dick Weisinger – November 6th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-security-most-early-entry-iot-devices-have-weak-security-at-best/
_ formtek
The IoT security market is expected to grow from $6.89 billion to $28.90 billion by 2020, according to Markets and Markets.  Gartner, Inc. estimates 4.9 billion “Things” will be used this year and that should reach 25 billion by 2020.
 
Markets and Markets によると、IoT セキュリティのマーケットは、2020年までに $6.89 billion から $28.90 billion へと成長するようだ。また、Gartner は、今年には 49億個の Things が使用され、2020年には 250億個に到達するはずと推定している。
 
Klimt_2While growth in the market is explosive, many worry about the security of the devices.  The FBI released a report that warns consumers that putting any of these devices on the Internet is very risky.  The FBI report warns of UPnP vulnerabilities, unchanged default passwords, denial-of-service attacks, and can potentially even result in physical harm.  The warning applies to a wide variety of devices, including  closed-circuit TVs to Wi-Fi, thermostats, garage doors, smart appliances, office equipment, TVs, and home healthcare and medical products.
 
このマーケットの成長は爆発的であるが、数多くの人々が、デバイスのセキュリティについて心配している。 FBI がリリースしたレポートには、インターネット上にデバイスを安易に配置することは、きわめて危険だという、消費者に対する警告が記されている。 この FBI のレポートが、具体的に指摘するのは、UPnP の脆弱性および、デフォルト・パスワードの利用、サービス拒否攻撃などに関するものであり、その結果として、物理的な被害が生じる可能性も否定できないというものだ。 この警告が対象とするデバイスは、TV と Wi-F を結ぶ閉回路や、サーモスタット、ガレージドア、スマート家電、オフィス機器、テレビ、ホーム・ヘルスケア、医療機器などを含む、きわめて多様なものとなる。
 
The FBI report found that “deficient security capabilities and difficulties for patching vulnerabilities in these devices, as well as a lack of consumer security awareness, provide cyber actors with opportunities to exploit these devices.  Criminals can use these opportunities to remotely facilitate attacks on other systems, send malicious and spam e-mails, steal personal information, or interfere with physical safety.”
 
この FBI レポートには、「これらのデバイスの脆弱性にパッチを適用しようとしても、セキュリティ機能の欠落や、対応の困難さが障害となる。また、消費者におけるセキュリティ意識の欠如により、それらのデバイスを悪用する機会が、サイバー・アクターたちに提供されてしまう。犯罪者たちは、転がり込んできたチャンスを悪用することで、他のシステムへのリモート攻撃を容易に実現し、悪質なメールやスパム・メールを送信し、個人情報を盗み出すだろう。 そして、最終的には、物理的な安全性をも侵害する」と記述されている。
 
Shankar Somasundaram, senior director of Internet of Things Security at Symantec, said that “as IoT innovation and adoption continues to grow, so has the opportunity for new cybersecurity risks. This is the next frontier. In the automotive industry, hackers can literally steer the car and ‘hit the brakes’ from their keyboards.”
 
Symantec の Senior Director of IoT である Shankar Somasundaram は、「IoT が革新され続け、その適用が広がるにつれて、サイバー・セキュリティにおける、新種のリスクが生じてくる。 つまり、次の未開拓な分野へと進んでいくわけだ。 たとえば、自動車という世界においては、ハッカーたちは、キーボードからハンドルを乗っ取り、ブレーキを攻撃することもあり得るのだ」と述べている
 
The main problem is that vendors are trying to rush products to market without taking the time to consider security.  An HP Fortify study found, for example that 100 percent of smartwatches tested had significant vulnerabilities.  A study by Rapid7 looked at the security of baby monitors and found that of the ten products selected, all failed except one product that scored a “D”.
 
最も重要な問題は、セキュリティを検討するための、充分な時間を確保することなく、ベンダーたちが急いでマーケットに、プロダクトを提供してしまうことだ。 HP Fortify の調査によると、たとえばスマート・ウォッチをテストすると、100% の確率で重大な脆弱性が見つかるという。また、Rapid7 はベビー・モニタのセキュリティをチェックしているが、10 種類のプロダクトをサンプリングしてテストしたところ、1つのプロダクトを除いて、すべてが失格だっという。 ただし、テストを通過したプロダクトも、その評価は「D」クラスだったという。
 
ーーーーー
On Monday今年の1月にポストした、IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測するという抄訳には、「IoT データへの侵害は、確実に起こるだろう。 2年以内に、IoT システムの 90%が、セキュリティ侵害に遭遇するだろう」と記されています。IoT により、便利で効率の良い社会が実現されていくはずですが、それとは裏腹に、たくさんの心配事も生じてくるようです。 IoT のデバイスには、データを送信するだけのものと、インターネットを介して受信した指示から、なんらかの装置などを制御するものに、大別されるはずです。 そして、後者のケースでは、侵害による物理的な被害も起こり得るわけです。 たとえば、インターネット経由で送られてくる、それぞれの指示を分析するだけではなく、それらを実行していった結果を、デバイス自体が自律的に判断し、異常であればセーフガードを動かすといった、新たな種類のセキュリティ対策が必要になるのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
 

Comments Off on IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める

米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Energy, Google, IoT, Research, Salesforce by agilecat.cloud on November 3, 2015
U.S. Leads the Way in Smart Home Adoption
Felix Richter – October 27th, 2015
http://www.statista.com/chart/3919/smart-home-adoption/
 
_ Statista
 
Over the past few years, smart home technology has made huge strides. There is hardly any part of the home that cannot be automated or controlled via smartphone / tablet app. Automated lighting, smart heaters and wireless audio systems are just some aspects of what is already a multi-billion dollar market.
 
この数年において、いわゆる Smart Home テクノロジーが、大幅な進歩を遂げている。住宅内に配置される、あらゆる機器において、スマートフォン/タブレットのアプリを介したコントロールが不可能というものは、ほとんど無いと言って差し支えないだろう。たとえば、照明の自動化や、スマート・ヒーター、ワイヤレス・オーディオなどが思い浮かぶだろうが、このような一部のマーケットだけでも、すでに数十億ドル規模に育っているのだ。
 
chart_of_smart_home_adoption_2015Click to Large >>>
 
This chart shows the estimated number of smart homes in the five largest markets for smart home technology.
 
このチャートが示すのは、Smart Home テクノロジーを利用する、現状と5年後の世帯数である。
 
According to Statista’s Digital Market Outlook, the five largest markets for smart home technology are currently the United States, Japan, Germany, China and the United Kingdom, with the U.S. leading the pack both in terms of revenue and household adoption. There are currently 4.6 million smart homes in the United States, a number that is expected to increase fivefold by 2020.
 
Statista の Digital Market Outlook によると、この Smart Home テクノロジーに関するマーケットは、現時点で United States/Japan/Germany/China/United Kingdom がリードする展開になっている。その中で、先頭を走るのは US マーケットであり、収益と利用者数の両面で、他を圧倒している。いまの US には、460万戸の Smart Home 世帯があるが、2020年までに5倍の規模に成長すると予測されている。
 
ーーーーー
IoT実生活において、スマート・ホームなどと言うものには、とんとご縁のない Agile_Cat ですので、あまり実感が湧かないというのが正直なところです。とは言え、Nest のポスターが、サンフランシスコの地下鉄には、たくさん貼ってあるとか、、、Honeywell と Salesforce のチームが、このマーケットに積極的に取り組んでいるとか、、、という話を人づてに聞いたりはしています。そこで、Youtube を調べてみたら、Nest と Honeywell に関するコンテントがみつかりました。それぞれの長さは、1分と4分です。
Meet Nest Learning Thermostat
Honeywell Salesforce の IoT 導入事例
率直なところで、便利さと同時に、不安も感じます。 つまり、こうしたビジネスが、浸透/成長していく過程において、いわゆるセキュリティとプライバシーの問題が生じるわけですが、それはスマホにも言えることです。 そして、私たちの日常が、スマホにより大きく変わったことを肯定するなら、スマート・ホームは否定されるべきものではありません。 さらに言うなら、貴重なエネルギー資源を、効率よく使っていくための手段でもあるのです。おそらく、このセグメントが突破口となり、IoT が広く認知されていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on 米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率を1枚のチャートで!

中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Posted in .Selected, Asia, Businesses, IoT by agilecat.cloud on October 27, 2015
IoT services revenues in China to surpass $41 bn by 2020
24/10/2015 10:54 AM
http://www.infotechlead.com/it-statistics/iot-services-revenues-in-china-to-surpass-41-bn-by-2020-35719
 
_Infotech Lead
 
Internet of Things (IoT) services revenues in China will grow more than five times in the next five years, surpassing $41 billion by 2020, according to ABI Research’s IoT Market Tracker.
 
China マーケットにおける IoT サービスの収益は、これからの 5年間で 5倍以上に成長し、2020年には $41 Billion を上回ると、ABI Research の IoT Market Tracker が伝えている。
 
shanghaiDriving the growth of IoT in China will be the smart meter segment.
 
この China において IoT の成長を促進するのは、スマート・メーターのセグメントになるだろう。
 
“It leads all other segments in both connections and revenues. By 2020, smart meter connections will exceed the next highest market segment in total connections by nearly 10 to 1,” said Dan Shey, VP and IoT Practice Director at ABI Research.
 
ABI Research の VP and IoT Practice Director である Dan Shey は、「 このセグメントは、接続数と収益性の双方で、すべてをリードしている。2020年までに、スマート・メーターの接続数は、二番手のセグメントに対して、10倍位の差をつけることになるだろう」と述べている。
 
Besides smart meters, home security and automation, OEM telematics, video surveillance, home appliances, aftermarket telematics and home monitoring will also be driving the Chinese IoT market.
 
スマート・メーター/ホーム・セキュリティ/オートメーションといったセグメント以外では、OEM テレマティックス/ビデオ監視/家電製品/アフター・マーケット・テレマティックス/ホーム・モニタリングなどが、China の IoT 市場を加速させていく。
 
ABI Research said home monitoring is expected to become an important market in China as it attempts to care for its aging population, which will reach nearly 340 million people in 2020 for citizens age 55 and older.
 
ABI Research が言うには、China において重要な市場に育ってくるのは、ホーム・モニタリングになるという。 つまり、2020年には 55歳以上の人口が 3.4億人前後に達するという、China の高齢化社会に対応するためのセグメントとなるわけだ。
 
Data analytics revenues will generate the most IoT revenues in China. It is indicative of the relative lack of revenues in both platform and professional services in the China market. Platform revenues are not as high due to a higher share of proprietary embedded telematics deployments, especially by domestic OEM brands.
 
データ分析による収益が、China における 最大の IoT ビジネスとなる。なせなら、China マーケットのプラットフォーム/プロフェッショナル・サービス分野では、相対的にみて収益性が欠如していると思われるからだ。プラットフォームの収益性が低いのは、China の国内 OEM ブランドが展開している、プロプライエタリな組み込みテレマティクスが、高いシェアを確保しているからである。
 
Professional services revenues are not big due to fewer connections in the telematics segments, a higher proportion of tethered solutions and lack of maturity in IT and consultancy services.
 
また、プロフェッショナル・サービスの収益性も低いが、その理由としては、テレマティックス・セグメントにおける、接続数の不足が挙げられる。その他にも、高い比率の独自接続ソリューションや、IT およびコンサルティング・サービスにおける、成熟度の不足などが挙げられている。
 
ーーーーー
IoT先日に Google OnHub に関するコンテントをポストしましたが、この種の IoT 対応ルータが、おそらく Huawei や ZTE などから供給されるのでしょう。 そして、Cloud News Asia の 5G カテゴリを見れば明らかように、この新しいワイヤレス・テクノロジーへ向けて、アジアは突進しているという感じです。ひょっとすると、外は 5G でつながる IoT ルータになるのかもしれませんね。そうなると、China Mobile だけで8億人と言われる中国のスケールが生きてくるでしょう。これからのアジアで、イノベーションを促進するのも、そして世界が注目するのも、こうした新しいマーケットにおける成長と都市化なのです。文中にもあるように、海外勢にとっては敷居の高いマーケットになりそうですが、どの国というより、どのメーカー/プロバイダーが、この中国市場に参入していくのでしょうか。 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
 

Comments Off on 中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

%d bloggers like this: