Agile Cat — in the cloud

IoT と 自動車損保:明確な Win Win モデルが実現するだろう

Posted in .Selected, IoT, Research by agilecat.cloud on September 1, 2015
Auto insurers are using the Internet of Things to monitor drivers and cut costs
John Greenough – Aug. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/iot-is-changing-the-auto-insurance-industry-2015-8
 
_ Business Insider
 
Auto insurers like Progressive, Allstate, and State Farm are using the Internet of Things (IoT) to monitor drivers’ habits, including changes in speed, how often they drive, and the time of day they drive. For insurance firms, the expectation is that this will lead to lower costs through a better ability to assess clients’ risk levels. For consumers, this means better premium rates — assuming they drive well.
 
Progressive, Allstate, and State Farm といった自動車保険会社は、顧客であるドライバーの習慣をモニターするために Internet of Things(IoTを)を用いて、彼らが運転する際のスピードの変化や、運転する頻度や時間帯を記録している。保険会社が期待するのは、クライアントの危険レベルを評価するための、効率の良い能力を実現し、コスト削減につなげていくことである。消費者にとっては、自身が安全なドライバーであるなら、保険料率が引き下げられることを意味する。
 
US Free wayThe most prevalent way of monitoring driving habits is by using On Board Diagnostic (OBD-II) dongles, or plugs, that send analytics about the driver’s driving habits back to the insurance company. The dongles are plugged into the car’s port under the steering wheel. We estimate that there are 155 million cars currently on the road in North America that are compatible with OBD-II dongles, and this number will grow as cars from prior to 1996 are pulled off the road and replaced by new models.
 
運転の習慣をモニターする上で、最も行き渡っている方法は、On Board Diagnostic(OBD-II)のドングルおよびプラグを用いて、ドライバーの習慣を保険会社に送信し、その結果を分析するというものである。このドングルは、ステアリングホイールの下で、車載のポートに接続されている。私たちは、North America の路上に 1億5500万台の自動車が存在し、それと同数の OBD-II ドングルが配置されていると推測している。そして、この数は、利用が開始された1996年以前から、自動車の台数につれて増加し、また、新しいモデルにより置き換えられている。
 
In a new report from BI Intelligence, we examine the impact of the IoT on the insurance industry. We analyze current US insurance markets — including the auto, health, life, and property insurance markets — and look at ways insurers are integrating IoT devices.
 
BI Intelligence の新しいレポートは、IoT が保険業界に与えた影響を調査するものである。私たちは、自動車、健康、生命、不動産などのマーケットを含む、現在のアメリカにおける保険市場を分析し、保険会社が IoT デバイスを統合する方式を確認してきた。
 
Auto Insurers ChartBI Intelligence
 
注記: 上記のチャートは、トラックの事故と、セイフティー装置の有無について、その関連性を示しているようです。 こうしたデータがベースになって保険の料率が決まり、そこに事故に関するモニタリング・データが加われば、ほとんど人手を介さずに、責任の比率などが算出できるはずです。 ちなみに、チャートの各項目は、以下のように訳すのでしょう:
  • Lane Departure = 車線はみ出し
  • Improper Lane Change = 無理な車線変更
  • Unsafe Speed = 無理な速度
  • Unsafe Following Distance = 車間距離の不足
  • Rollover = 転覆/転倒事故
  • Rear-End Collision = 追突事故
Here are some key points from the report:
 
このレポートから得られた、いくつかの重要なポイントを以下に示す:
  • Auto insurers are the leading adopters of usage-based insurance (UBI) models. By 2020, over 50 million US drivers will have tried UBI insurance, according to our estimates.
  • 自動車損保は、Useage Based Insurance(UBI)モデルの適用において、他をリードしている。私たちの見積もりによると、2020年までに 5000万人のアメリカ人ドライバーが、UBI 保険を試すことになるだろう。
  • Auto insurers are offering clients the opportunity to potentially lower their premiums by allowing the insurance company to monitor their driving habits.
  • 自動車の損保において、ドライバーたちが保険会社に対して、自身の運転に関する習慣をモニターさせるなら、その保険料率を引き下げるチャンスが生じてくる。
  • The IoT is also helping other insurers reduce risk and mitigate costs.
  • IoT は、他の保険に関しても、リスクを低減し、コストを緩和する方向で機能していく。
  • Home insurance companies are incentivizing customers to install connected devices that warn of potential danger to properties.
  • 火災保険会社は、不動産に対する潜在な危険を警告するために、デバイスを配置接続することを奨励している。
  • IoT-based analytics can be used to predict future events, such as major weather patterns. This can help insurers better price policies and prepare customers for upcoming incidents, which should help reduce damages.
  • IoTベースの分析により、主要な気象パターンなどの、将来における出来事を予測できるようになる。それにより保険会社は、より適切な価格政策を促進し、被害を軽減する必要のある顧客に対して、災害への備えを促すことが可能になる。
  • Property insurance companies are increasingly using drones to assess damages after an incident has occurred. Consulting firm Cognizant estimates that drones will make insurance adjusters’ work flow 40%-50% more efficient.
  • 火災保険会社は、災害が発生した後の損害を把握するために、ドローンの利用頻度を高めていく。コンサルティング会社である Cognizant の見積もりによると、ドローンの活用により保険調停者の作業が、40%〜50% も効率化されるという。
ーーーーー
IoTどこかで、IoT と保険は相性が良いという話を聞いたことがあるのですが、こうして根拠を並べてもらえると、ものすごく分かりやすいですね。 それぞれの事故における責任の比率を、人手に頼って確定させていくのでは、あまりにもコストが掛かりすぎますし、それが保険の料金にも跳ね返っているはずなのです。 ただ、ひとつ心配なのは、モニタリングだけで全てが分かるのかという点です。 最終的には、事故の当事者と、保険会社の担当者が、話し合うはずなので、そのあたりも大丈夫だと信じたいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?
 

IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! そして、開発環境としては Microsoft Azure の支配が始まったようだ!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 20, 2015
Asia-Pacific Ahead of North America in Internet of Things Development: Report
Chris Burt – July 31, 2015
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/asia-pacific-ahead-of-north-america-in-internet-of-things-development-report
 
_ the whir
 
Developers are working on analytics and big data apps for the Internet of Things much more than connected devices like home appliances and cars, according to a new report from Evans Data Corporation. The survey shows that IoT development is shifting rapidly to the cloud, and also offers several more surprising takeaways.
 
データの分析やビッグ・データ・アプリに取り組んでいる開発者たちは、家電製品や自動車などに接続されたデバイスというより、圧倒的に Internet of Things を意識していると、Evans Data Corporation の最新レポートが示している。さらに、このレポートは、IoT の開発が急速にクラウド・シフトし、また、いくつかの驚くべき展開を提示するとも述べている。
 
Among the 578 developers surveyed, 37.9 percent of apps are currently being developed in the cloud. Within the next year, that number will rise to 49.6 percent, and 94.5 percent have plans to build IoT apps in the cloud at some point.
 
調査の対象となった 578人の開発者のうち、現時点でクラウド上で開発していると答えたのは 37.9% にも昇る。なお、その数字は、来年には 49.6% に上昇するとされるが、クラウド上での IoT アプリ構築を、どこかの時点で計画しているというケースが 94.5% に達している。
 
IoT-Global-Dev-2015 06Most IoT developers (79 percent) spend a quarter of their time or more on analytics and databases, while 42 percent focus on big data. Fifty-five percent connect to devices primarily through the cloud, versus only 32 percent using a hub or middle tier.
 
大半の IoT 開発者 (79%) は、自身に与えられた時間の 1/4 以上を、分析とデータベースに費やしており、また、42% がビッグ・データフォーカスしている。そして、55% の開発者は、IoT に関するデバイスを、クラウドを介して接続していると答え、また、32% の開発者は、ハブもしくは中間層を用いていると答えている。
 
IoT development is split regionally, but not exactly in the traditional way of Internet development, as developers in the Asia-Pacific region are most likely to be working on IoT projects (26 percent), ahead of North America (23 percent), which is closely followed by South America (22 percent) while the EMEA region lags at 17 percent.
 
従来からのインターネットに関連する開発とは別に、IoT に関する開発を、地域ごとに調べてみた。そうしたところ、Asia-Pacific のデベロッパーが、最も高い比率で IoT プロジェクト (26%) に関わっていた。その後に、North America (23%)、South America (22%)、EMEA (17%) が続いている。
 
The devices receiving the most attention from developers are workplace tools, which are the focus of 15.8 percent of all IoT app development, as opposed to home appliances and connected cars, which are being worked on by only 6.1 and 4.9 percent of developers, respectively. Similarly, commercial ISV applications and custom apps for system integrators and value-added resellers are the most common type of app in development, at 36.5 and 31.8 percent respectively, followed by enterprise apps at 18.3 percent.
 
そして、開発者たちが最も注目しているデバイスは Workplace Tools であり、すべての IoT アプリ開発の 15.8% という結果であった。それとは対照的に、家電や自動車に関連するデバイスは、それぞれが 6.1% と 6.4% というレベルに留まっている。同じように、開発中の最も一般的なアプリのタイプについても調べてみた。 その結果は、SI (system integrators) および VAR (value-added resellers) 向けの、商用 ISV アプリが 36.5% であり、カスタム・アプリが 31.8% というものであった。エンタプライズ・アプリに関しては、それに続く 18.3% というレベルであった。
 
Microsoft, which added real-time developer tools for big data and IoT to Azure last October, also provides the dominant platform for IoT development, as 94 percent use a version of Windows.
 
昨年 10月のことだが、Microsoft は Azure に Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールを追加している。 そして、IoT 開発における 94% がWindows を使用するというふうに、この分野における支配的なプラットフォームを提供している。
 
The top concern for 21.2 percent of developers is security, followed by technology exceeding demand for 15.8 percent. While security often appears near the top of lists of barriers and concerns relating to tech adoption, the notion that the demand may not support the industry’s IoT direction is likely a cause for concern, or at least further study, among companies working on it.
 
開発者にとって最大の懸念は、21.2% のセキュリティであり、また、15.8% が要求に耐え得るテクノロジーだと答えていた。採用するテクノロジーに関する障害と懸念のリストでは、多くのケースにおいてセキュリティが1位に登場している。ただし、製造業における IoT の方向性になると、そのような懸念は相対的に希薄なものとなる。 つまり、調査や研究のレベルというより、現実的な取り組みが進んでいるのであろう。
 
The Internet of Things and cloud computing are not just closely associated by developers. A Canonical survey from January showed that one third of enterprises say the IoT will be the biggest factor driving cloud adoption in the future.
 
開発者の観点からは、現時点における Internet of Things と Cloud Computing が、密接に関連付けられているとは言えないようだ。ただし、この1月から実施されている正式な調査では、その対象となった企業の 1/3 が、クラウドの採用を促進する最大の要因として、IoT の存在を指摘している
 
ーーーーー
IoTソースが Evens Data の有償レポートであり、ちょっと意味が分かりにくいところが有りますが、APAC における IoT 開発は順調に進んでいるようですね。 そして、驚いたのが、開発プラットフォームとしての、Microsoft Azure の頑張りです。 文中にもあるように、Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールの存在が大きいのでしょう。 なかなか面白そうな展開です! こんな感じのレポートが、たくさん出てくると良いですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!

Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on August 17, 2015
Industry 4.0 and the Internet of Things: Innovation on the Manufacturing Floor
By Dick Weisinger – August 11th, 2015
http://formtek.com/blog/industry-4-0-and-the-internet-of-things/
_ formtek
Manufacturers are talking about moving on to a new phase, Industry 4.0.  It’s a term that started in Germany and is now being used by analysts like McKinsey and Gartner.
 
Industry 4.0 という新たな段階への移行が、製造業界では話題になっている。 この Industry 4.0 は、Germany で始まったものであるが、いまでは McKinsey や Gartner といった調査会社も、利用する用語となっている。
 
Picasso_1But if we’re already at 4.0, then what were the milestones that made up Industry 1.0, 2.0 and 3.0?  In a piece for ZDNet, Joe McKendrick summarizes it nicely:
 
しかし、私たちが 4.0 の段階に至るとするなら、Industry 1.0/2.0/3.0 では何が達成されていたのだろう? Joe McKendrick による ZDNet への寄稿が、その辺りを上手く整理している:
 
  • Industry 1.0: Water/steam power
  • Industry 2.0: Electric power
  • Industry 3.0: Computing power
  • Industry 4:0: Internet of Things (IoT) power
 
The components that are work together to drive this fourth phase of innovation include:
 
そして、第4段階目となるイノベーションは、以下のコンポーネントを組み合わせることで達成される:
 
  • Collaboration tools
  • The Internet of Things
  • Cybersecurity
  • The Cloud
  • Big Data Analytics
  • Simulation
  • Robots
 
Brian Holliday, division director of Siemens Industry Automation, said that “Industry 4.0 is a 20-year journey.  It’s not something that’s going to come about in two or five year’s time … But the work that goes in now to create the platforms, the protocols and the connections between the smart devices that will enable the digitally designed factory environments, that is envisaged by programs like Industry 4.0.”
 
Siemens Industry Automation の Division Director である Brian Holliday は、「 Industry 4.0 は、20年におよぶ旅を経験している。それは、2とか 5年とかの期間で、到達し得るものではない・・・  そして、これまでの取り組みにより、いくつかのプラットフォームが生まれてきた。 スマート・デバイス間を結ぶプロトコルとコネクションは、現場での環境にデジタル的にデザインされた何かを持ち込むだろう。つまり、それが、たとえば Industry 4.0 のような、筋書きにおいて想定されるものだ 」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayたとえば、キャリアが運用するスマート・デバイス間通信は、製造とは切り離された M2M であり、その反対に、製造業が運用するスマート・デバイス間通信は、キャリアとは切り離された M2M であるという、漠然とした切り分けがありましたが、このポストの説明には、曖昧さを切り捨てた心地よさがありますね。 それにしても、ジーメンスは流石です。 これまでの実績は主張しながらも、新たな発想を正当に評価し、それらを取り入れることで、自らの次世代をデザインしようと考えているように受け取れます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイルは5倍のスピードで突っ走る!
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
 
 

Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!

Posted in .Selected, Google, IoT, Weekend by agilecat.cloud on August 15, 2015
Google self-driving car meets accident, 4 injured
AP | Jul 17, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-self-driving-car-meets-accident-4-injured/articleshow/48111647.cms
 
_ Times of India
 
LOS ANGELES: Google Inc revealed that one of its self-driving car prototypes was involved in an injury accident for the first time.
 
LOS ANGELES: Google だが、その自動操縦プロトタイプ・カーが、事故に巻き込まれた件数などについて、初めて明らかにした。
 
In the collision, a Lexus SUV that the tech giant outfitted with sensors and cameras was rear-ended in Google’s home city of Mountain View, where more than 20 prototypes have been self-maneuvering through traffic.
 
このテック・ジャイアントのホームである Mountain View で、センサやカメラを装備した Lexus SUV をテストしている最中に、衝突されるという事故があった。 この街では、20台以上のプロトタイプが、公道上で自動操縦されているのだ。
 
The three Google employees on board complained of minor whiplash, were checked out at a hospital and cleared to go back to work following the July 1 collision, Google said. The driver of the other car also complained of neck and back pain.
 
この、7月1日の事故では、同乗していた 3人の Google 従業員が、軽いムチ打ち症を訴えていたが、病院から退院した後に仕事に戻っていると、Google は述べている。また、もう一方の車のドライバーは、首と背中の痛みを訴えていたという。
 
Google self-driving carFlickr
smoothgroover22
 
In California, a person must be behind the wheel of a self-driving car being tested on public roads to take control in an emergency. Google typically sends another employee in the front passenger seat to record details of the ride on a laptop. In this case, there was also a back seat passenger.
 
California では、公道上での自動操縦のテストにおいて、緊急時のコントロールが必要とされるため、ハンドルを操作できる座席にドライバーが座らなければならない。また、Google は、ドライバーの隣にも従業員を同乗させ、ラップトップ PC で詳細な記録を取るというのが常である。さらに、今回のケースでは、後部座席にもに同乗者がいた。
 
Google has invested heavily as a pioneer of self-driving cars, technology it believes will be safer and more efficient than human drivers.
 
Google は、自動操縦車のパイオニアとして、多額の研究費を投資している。 そして、このテクノロジーは、人間のドライバーよりも安全で効率が良いと確信している。
 
This was the 14th accident in six years and about 1.9 million miles of testing, according to the company. Google has said that its cars have not caused any of the collisions — though in 2011 an employee who took a car to run an errand rear-ended another vehicle while the Google car was out of self-driving mode.
 
Google によると、6年の歳月をかけ、約190万マイルの距離を走ったテストにおいて、今回の事故は 14件目のものであるという。そして Google は、いずれの事故においても、その原因を作り出してはいないと述べている。ただし、2011年に 1件だけ、用事のためにセルフ・モードを解除して運転していた従業員が、他車に追突するという事故があったという。
 
In 11 of the 14, Google said its car was rear-ended.
 
そして、14件のもらい事故のうち、11件が追突によるものだと、Google は述べている。
 
In a blog, the head of Google’s self-driving car program, Chris Urmson, wrote that his SUVs “are being hit surprisingly often” by distracted drivers, perhaps people looking at their phones.
 
Google の Self-Driving Car Program の責任者である Chris Urmson は、注意が散漫なドライバーにより、彼らの SUV が頻繁にぶつけられていると、そのブログに書いている。 それらのドライバーは、おそらくスマホを触っていたのだろう。
 
“The clear theme is human error and inattention,” Urmson wrote. “We’ll take all this as a signal that we’re starting to compare favorably with human drivers.”
 
Urmson は、「明らかなテーマは、人間は間違いを犯すし、不注意に陥りやすいという点だ。 私たちのテクノロジーは、人間であるドライバーに対して、良い意味で匹敵し始めているという、シグナルを受け取っている」と、発言している。
 
In a telephone interview, Urmson said his team was exploring whether its cars could do something to alert distracted drivers before a collision. Honking would be one possibility, but Urmson said he worried that could start to annoy residents of Mountain View.
 
Urmson は、電話を介したインタビューで、注意が散漫なドライバーが衝突しそうになる前に、なんらかの警告を発せないかと、彼のチームは考えていると述べていた。 ホーンを鳴らすというのが、1つの選択肢になるだろうが、Mountain View の住民に迷惑をかけるかもしれないと、Urmson は躊躇しているようだ。
 
According to an accident report that Google filed with the California Department of Motor Vehicles about the July 1 crash: Google’s SUV was going about 15mph in self-driving mode behind two other cars as the group approached an intersection with a green light.
 
Google が California Department of Motor Vehicles に提出した、7月1日の事故に関するレポートによると、セルフ・モードの Google SUV が、2台の車に続いて 15mph で走っており、青信号の交差点に差し掛かったときに、その事故が起きたようだ。
 
The first car slowed to a stop so as not to block the intersection — traffic on the far side was not moving. The Google car and the other car in front of it also stopped.
 
先頭の車が、交差点をブロックしないように、減速して停止した。 なぜなら、交差点を渡った向こう側が渋滞していたのだ。2番目の車と、Google SUV 自動操縦車も、それに合わせて停止した。
 
Within about a second, a fourth vehicle rear-ended the Google car at about 17 mph. On-board sensors showed the other car did not brake.
 
それから数秒後に、4番目の車が約 17 mph で、Google SUV の後部に突っ込んできた。なお、その車が、ブレーキをかけていないことを、オンボード・センサーが示していた。
 
The driver of that car reported “minor neck and back pain.” The SUV’s rear bumper was slightly damaged, while the vehicle that struck it lost its front bumper.
 
事故を起こした車のドライバーは、首と背中に、軽い痛みがあると訴えていた。SUV のリア・バンパーが、少し破損した。そして、もう一方の車は、フロント・バンパーを失ったという。
 
Mountain View police responded, but did not file an accident report.
 
Mountain View の警察が駆けつけたが、事故報告書は提出していないという。
 
ーーーーー
weekendGoogle のセルフ・ドライブ・カーというと、あの、小さくて丸っこいのを思い浮かべますが、Lexus SUV などでもテストされているようですね。 この、セルフ・ドライブには、多くの人が注目していると思います。 そして、自分で車を運転する人であれば、人間よりも機械のほうがマシと感づいているはずです。 こうして、Google のプロトタイプが、公道上でのテストを積み重ねて、人間のドライバーよりも安全であることを証明していけば、世界的な規模で変革が起こるでしょう。 とりわけ、都市部においては、自動車が所有物から共有物へと変化していくことで、交通渋滞が解消するかもしれません。 そして、高い駐車場代を支払いながら、目的地の駐車場が確保できないので、自動車が使えないというような矛盾も消え去っていくでしょう。 この分野は、明るい未来が見えていますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Maps のスタッフは 7000人 : Apple は どうするの?
Google Maps は、あなたの行動を記録している:心配な人はチェックしよう!
Google Maps の底力:膨大なデータを用いて、目的地までの時間を予測する!
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?
 
 

Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 27, 2015
New Hardware: Enabler of IoT Innovation
By Dick Weisinger – July 21st, 2015
http://formtek.com/blog/new-hardware-enabler-of-iot-innovation/ 
_ formtek
Analysts have been all over the Internet of Things (IoT), predicting how billions and billions of dollars will be spent connecting billions and billions of devices.  But don’t confuse IoT with the many advances that we’re seeing with new hardware and new machines.
 
アナリストたちは、すべての Internet of Things (IoT) を見通すことで、数十億のデバイスを接続するために生じる、膨大な収益を予測しようとする。しかし、IoT と組み合わせるべき、新たなハードウェアとマシンがもたらす先進性と、これまでの概念を混同してはならない。
 
Gauguin_10But in a recent piece for O’Reilly, Jon Brunner identifies the New Machine market as one that is distinct from the Internet of Things.  Brunner says that the rapid rise in innovation in new machines, robots and devices is happening in parallel to IoT and is very distinct from it.
 
そして、O’Reilly の最近の記事ではJon Brunner が New Machine のマーケットを、IoT とは別のものとして識別している。Brunner の言葉によると、新たなマシン/ロボット/デバイスにおける急激なイノベーションは、IoT と平行して起こっているものであり、また、明確に区別すべきものとなる。
 
Brunner says that IoT is all about cheap hardware connected to the Internet, creating lots of data that can be crunched with cheap analytics and fed into machine learning.
 
さらに Brunner は、IoT の全体像について、インターネットに接続された安価なハードウェアがあり、そこで生成された大量のデータが安価に分析され、機械学習に受け渡されるだけのものと発言している。
 
On the other hand, Brunner says that the new tools that form the backbone of the New Hardware industry are being driven by advances in inexpensive hardware in the areas of 3D printing, new-generation CNC tooling, cheap microcontrollers, and new high-level programming languages to control embedded systems.  He sees the New Hardware Movement as more of an enabler of IoT.
 
その一方で Brunner は、安価なハードウェアが進化したことで、New Hardware 産業のバックボーンを形成する新しいツールが、新たな推進力を持ち始めているとも述べている。具体的に言うと、3D プリンティングや、次世代の CNC ツール、安価なマイクロコントローラ、そして、エンベッド・システムを制御するための、新たな高級プログラミング言語などが、その領域を構成していることになる。 つまり、IoT を実現する存在を超えたところで、彼は New Hardware Movement の動きを捉えている。
 
Brunner wrote that “the impact of the new hardware movement goes well beyond electronics and touches any industry that produces physical goods: it won’t be long before we see cars developed in an agile manner. On the other end of the spectrum, the new hardware movement is a primary enabler of the Maker movement; its accessible prototyping tools have become a popular hobbyist pastime.”
 
そして Brunner は、「 新しいハードウェアの動向は、物理的な商品を生産する大半の業界に、これまでのエレクトロニクスの概念を、遥かに超えたレベルで浸透していく。いわゆるアジャイルな手法で、自動車というものが開発されていく状況などが、それほど時間をかけずに現実のものとなっていく。そして、この領域の別のエッジでは、新しいハードウェアの動きが、メーカーの動きを率先して変革していくものとなる。つまり、誰もがアクセスできるプロトタイピング・ツールが、人々が好む趣味や娯楽の対象に変容していくのだ」と述べている。
 
ーーーーー
Youtube Hong KongOn Mondayたしかに、IoT によるイノベーションは、多様なスタイルを持つものになりそうですね。 たとえば、GoPro などのアクション・カメラと、ちょっと高級なドローンを組み合わせが、つまり安価で進化したハードウェアが、現実に大きな変化を生み出しているのです。 この Youtube の画像は、昨年の香港で生じた政権に対する抗議デモの様子を、安価な民生ハードウェアだけで、見事に捉えている実例と言えるでしょう。 もちろん、すべてがオンラインでつながっているわけではなく、人手による作業が介在しているのですが、あと数年で、全体が IoT に載ると、容易に推測できます。 この動画を観たとき、よく目にする「主催者側は10万人と発表し、政権側は3万人と発表」みたいな奇妙な報道が、すでに意味を失っていることに気づきました。 そして、維持費を含めれば何億円という費用がかかる報道ヘリが、都会の人々の動きを追うという範囲では、無用の長物になってしまったことに驚きました。 安価に利用できる IoT と、安価に手にできる高機能なハードウェアが広まるにつれて、ありのままに事実を共有できる、住みやすい世の中になっていくのだと、期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

Posted in IBM, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 13, 2015
Internet of Things (IoT): Less Than 10 percent of Mobile and IoT data is ever Analyzed or Acted on
By Formtek
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-less-than-10-percent-of-mobile-and-iot-data-is-ever-analyzed-or-acted-on/
_ formtek
The IoT market is expected to grow rapidly.  IDC estimates that it currently is growing at a rate of 13 percent annually, growing from a value greater than $1.3 trillion this year to more than $3.04 trillion in 2020.  Today there are roughly 9 billion IoT devices installed, and by 2020 that number is expected to rise to 28 billion.
 
IoT マーケットは、急速に成長すると予想されている。IDC の推定によると、その年間成長率は 13% となり、また、市場規模で言うと 2015年の $1.3 trillion が、2020年には $3.04 trillion に至るとされる。そして、現時点で約 90億の IoT デバイスが存在するが、2020年には 280億に達するらしい。
 
Seurat_10But a challenge has to do with how IoT and mobile device data can be effectively used.  IBM estimates that 90 percent of the data generated by IoT/mobile devices is never analyzed or acted on.  Much of the data is realtime and estimates are that 60 percent of this kind of data begins to lose data within just milliseconds after being created.
 
しかし、課題として取り組むべきものに、IoT/Mobile デバイスからのデータの、有効利用という視点がある。IBM の推定によると、IoT/Mobile デバイスが生成したデータの約 90% が、分析されることもなく、活用されることもなく、廃棄されていくという。この種のデータは、その大半がリアルタイムなものであり、さらに言えば、その 60% のデータが、生成された数ミリ秒以内に失われていくという。
 
Bob Picciano, senior vice president of IBM Analytics, said that “our knowledge of the world grows with every connected sensor and device, but too often we are not acting on it, even when we know we can ensure a better result…  [IoT] is a rich and broad-based opportunity where innovation matters.”
 
IBM Analytics の Senior VP である Bob Picciano は、「この世界において、私たちが手にする知識とは、すべての接続されたセンサーやデバイスにより成長していく。しかし、それらを活用しないケースが、あまりにも多すぎるのだ。それが出来るなら、より良い成果が約束されているのだ・・・ つまり、イノベーションが起きるところでは、広範囲におよぶリッチなチャンスを、IoT がもたらすことになる」と述べている
 
A statement from IBM said that up until now the IoT market has been relatively small because it has been too expensive for businesses to tap into.  Developments in cloud, mobile and APIs are expected to lower the cost of entry and enable growth in the market to explode.
 
IBM のステートメントは、企業が IoT を活用しようとしても、あまりにも大きなコストが生じるため、相対的に小規模なものになっていると伝えている。そして、Cloud/Mobile/API を用いた開発が、その参入障壁を引き下げ、また、マーケットの爆発的な成長を実現すると期待されている。
 
ーーーーー
On Mondayそのデータは大量であり、かつ、リアルタイム性を帯びたものになる、というのが IoT なのでしょうね。したがって、Big Data といっても、すべてを Hadoop 系のもので処理できるわけではなく、なんらかの、新しい方式が必要になるのでしょう。 先週にポストした、Snoeflake という Data Warehousing サービスが、Hadoop の排除を特徴としてプッシュしているのが、とても気になっています。そして、ネットワークとデータ処理を、シームレスに接続するという観点では、おそらく、お手本となるものを、Google が提示するのでしょう。 Google Now が提供する音声認識の精度と速度が、その可能性を示しているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Data Warehousing の調査: あの Bob Muglia が率いる Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む

Posted in Amazon, Data Warehousing, Big Data, Microsoft, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 6, 2015
Cloud-based Data Warehousing: Snowflake, Microsoft Azure and Amazon Redshift
Dick Weisinger – June 25th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-based-data-warehouse-snowflake-microsoft-azure-and-amazon-redshift/
_ formtek
Data warehousing traditionally required a company to extract and download huge volumes of data from various business software systems into a central repository for analysis.  The process to prep the data was slow which meant that the analysis was always run against data that was already partially stale.
 
データ·ウェアハウスの概念は、多様なビジネス·ソフトウェア·システムから、膨大なデータをダウンロードした後に、分析のためのセンター・リポジトリに展開するものとなる。 そして、それを実現する企業が、常に待ち望まれてきた領域である。つまり、データを準備するプロセスに時間がかかり、そこでの分析といっても、すでに意味を失ったデータまでが含まれてしまうという状況であった。
 
Vermeer_3But recently we’re seeing a new generation of data warehousing, one based on cloud computing.  This week saw the announcement of general availability of Snowflake.  Snowflake is a cloud-based data warehouse running on Amazon AWS.  The company is led by Microsoft veteran Bob Muglia.  Snowflake received $26 million in funding in October 2014 and has received another round of $45 million this past week.
 
しかし、最近は、クラウド·ベースのデータ・ウェアハウスが、新しい世代の到来を告げているようだ。今週は、Snowflake が、一般への提供が始まったと、アナウンスメントを発している。Snowflake とは、Amazon AWS 上で走る、クラウド・ベースのデータ・ウェアハウスのことである。そして、同社は、Microsoft で数々の実績を築きあげてきた、あの Bob Muglia により率いられている。なお、Snowflake は 2014年10月に $26 million のファンドを獲得し、さらに先週には、別のラウンドで $45 million の資金を得ている。
 
The Snowflake data warehouse is in direct competition with Microsoft’s Azure SQL Data Warehouse and Amazon’s Redshift cloud data warehouse.
 
もちろん、Snowfake のデータ・ウェアハウスは、Microsoft の Azure SQL Data Warehouse と Amazon の Redshift クラウド・データ・ウェアハウスに対して、ダイレクトなコンペを挑むものとなる。
 
What’s unique about Snowflake among the crowd of other recent data-focused startups is that it isn’t based on Hadoop and it was built from scratch with the cloud in mind. Features of Snowflake include:
 
このところ、データにフォーカスしたスタートアップたちが、かなりの勢いで登場してきているが、それらの中で Snowflake がユニークなのは、Hadoop をベースにしていない点である。つまり、クラウドを念頭に置いて、ゼロ・スタートで構築されているのだ。Snowflake の特徴とされる点は:
 
  • Native support for structured, machine-generated and semi-structured data
  • Scalability of data, workloads and users for multi-dimensional elasticity
  • Self tuning of data distribution and storage, and query execution
  • Security. Uses authentication, granular access control and data encryption
 
  • 構造化データ/機械生成データ/半構造化データを、ネイティブでサポート
  • データ/ワークロード/ユーザーをスケーラブルにすることで、多次元弾性を確保
  • データ配信/ストレージ/クエリー実行における、セルフ・チューニング
  • セキュリティ:ユーザー認証/緻密なアクセス・コントロール/データの暗号化
 
ーーーーー
On Monday誰が、何を、必要としているのかを、的確に理解している人が、自信作を世に問うというストーリーですね。 お久しぶりです、Bob Muglia さん。こうして、その後の活躍を知ることができて、とても嬉しい気分です。 そして、機械生成データをネイティブでサポートというのは、まさに IoT 時代のデータ・ウェアハウスという感じで、とてもイケていますよね。 Snowflake の活躍を期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
 

NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Security, Telecom by agilecat.cloud on July 5, 2015
NTT Docomo selects Gemalto for IoT applications
M2M MAGAZINE+ – July 2, 2015
http://www.machinetomachinemagazine.com/2015/07/02/ntt-docomo-selects-gemalto-for-iot-applications-in-japan/
 
_ M2M magazine
 
Gemalto, the world leader in digital security, announces that NTT Docomo, the largest mobile operator in Japan with about 65 million subscribers, has selected Gemalto to enable connectivity for Internet of Things (IoT) applications.
 
世界のデジタル·セキュリティーをリードする Gemalto のアナウンスメントによると、65 million のサブスクライバーを擁し、Japan で最大の規模を誇るモバイル・オペレーターである NTT Docomo が、IoT アプリケーションの接続を実現するために、同社を採用したようだ。
 
ーーーーー
 
Gemalto’s Cinterion® Machine Identification Module (MIM) complies with the most stringent industry standards1 and was first to meet the high quality requirements of the Japanese market.
 
Gemalto の Cinterion® Machine Identification Module (MIM) は、この業界で最も厳しい規格に準拠しており、また、Japan マーケットにおける高度な品質要件を、初めて満たすものとなった。
 
MIM_Gemalto-itusersJapan IoT and Machine-to-Machine (M2M) communication market is estimated to grow from $11.34 billion in 2014 to $41.61 billion by 2019¹ due to increasing demand for smart infrastructure and fully managed network appliances. The IoT applications will enable Japanese businesses to collect real-time information on mission-critical systems, better manage their networks and logistics and remotely perform intelligent operations, for increased efficiency and reliability.
 
Japan における IoT および Machine-to-Machine (M2M) の通信マーケットは、2014年の $11.34 billion から、2019年の $41.61 billion への成長が予測されている。そして、スマート・インフラとフル・マネージド・ネットワーク・アプライアンスへの需要の増加が、この成長を支えると言われている。IoT アプリケーションは Japan の企業に対して、効率性と信頼性を高めるための、さまざまなメリットをもたらすことになる。たとえば、ミッション・クリティカル・システム上でのリアルタイム情報の収集や、改善されたネットワークとロジスティクスの管理、リモートからのインテリジェントな操作などが、具体例として挙げられる。
 
Gemalto offers the highest quality of ruggedized MIM² that can sustain extreme environments of humidity, corrosion, vibration, and temperatures from -45 to 105 degrees Celsius. It also leverages Gemalto’s unique operating system to offer optimized memory management, data retention and one million erase/write cycles, which extend the lifespan of the device and prevent service disruptions.
 
Gemalto は、耐久性という観点でも、極端な湿気/腐食/振動にも耐え、摂氏 -45〜+105 度の環境で機能するなど、きわめて高品質の MIM² を提供している。 また、Gemalto は独自のオペレーティング・システムを活用することで、メモリ管理をデータ保持最適化し、100万回の Erase/Write サイクルも実現している。つまり、それによりデバイスの寿命を延長し、サービスの中断を防ぐことが可能となる。
 
“We have a long standing relationship with NTT Docomo, which includes Japan’s first (LTE) wireless connectivity in 2010, and more recently, the NFC deployment,” said Michael Au, President South Asia and Japan at Gemalto.
 
Gemalto の President South Asia and Japan である Michael Au は、「 私たちは、NTT Docomo と長年に渡る関係を有しており、そこには、2010年における Japan で最初の LTE ワイヤレス接続や、最近の NFC デプロイメントなどが含まれる」と述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT にも、いわゆる FA の延長戦上にある製造業の IoT と、そこから出荷された後にも製造業がトラッキングする IoT、そして、製造業者とは切り離されたところでサービス・プロバイダーがトラッキングする IoT があるように思えます。 そして、IoT が機能していくにつれて、いまの業種と業態における垣根が変化していくはずですが、誰がトリガーを引くのかというと、やはりモバイル・キャリアが最右翼なのでしょうね。 業種もボーダーレス、国境もボーダーレスの時代です。 日本のキャリアに頑張って欲しいです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
暗号化キーは盗まれていなかった! 世界最大手のSIMメーカーがスノーデンリークに反論
%d bloggers like this: