Agile Cat — in the cloud

Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 27, 2015
New Hardware: Enabler of IoT Innovation
By Dick Weisinger – July 21st, 2015
http://formtek.com/blog/new-hardware-enabler-of-iot-innovation/ 
_ formtek
Analysts have been all over the Internet of Things (IoT), predicting how billions and billions of dollars will be spent connecting billions and billions of devices.  But don’t confuse IoT with the many advances that we’re seeing with new hardware and new machines.
 
アナリストたちは、すべての Internet of Things (IoT) を見通すことで、数十億のデバイスを接続するために生じる、膨大な収益を予測しようとする。しかし、IoT と組み合わせるべき、新たなハードウェアとマシンがもたらす先進性と、これまでの概念を混同してはならない。
 
Gauguin_10But in a recent piece for O’Reilly, Jon Brunner identifies the New Machine market as one that is distinct from the Internet of Things.  Brunner says that the rapid rise in innovation in new machines, robots and devices is happening in parallel to IoT and is very distinct from it.
 
そして、O’Reilly の最近の記事ではJon Brunner が New Machine のマーケットを、IoT とは別のものとして識別している。Brunner の言葉によると、新たなマシン/ロボット/デバイスにおける急激なイノベーションは、IoT と平行して起こっているものであり、また、明確に区別すべきものとなる。
 
Brunner says that IoT is all about cheap hardware connected to the Internet, creating lots of data that can be crunched with cheap analytics and fed into machine learning.
 
さらに Brunner は、IoT の全体像について、インターネットに接続された安価なハードウェアがあり、そこで生成された大量のデータが安価に分析され、機械学習に受け渡されるだけのものと発言している。
 
On the other hand, Brunner says that the new tools that form the backbone of the New Hardware industry are being driven by advances in inexpensive hardware in the areas of 3D printing, new-generation CNC tooling, cheap microcontrollers, and new high-level programming languages to control embedded systems.  He sees the New Hardware Movement as more of an enabler of IoT.
 
その一方で Brunner は、安価なハードウェアが進化したことで、New Hardware 産業のバックボーンを形成する新しいツールが、新たな推進力を持ち始めているとも述べている。具体的に言うと、3D プリンティングや、次世代の CNC ツール、安価なマイクロコントローラ、そして、エンベッド・システムを制御するための、新たな高級プログラミング言語などが、その領域を構成していることになる。 つまり、IoT を実現する存在を超えたところで、彼は New Hardware Movement の動きを捉えている。
 
Brunner wrote that “the impact of the new hardware movement goes well beyond electronics and touches any industry that produces physical goods: it won’t be long before we see cars developed in an agile manner. On the other end of the spectrum, the new hardware movement is a primary enabler of the Maker movement; its accessible prototyping tools have become a popular hobbyist pastime.”
 
そして Brunner は、「 新しいハードウェアの動向は、物理的な商品を生産する大半の業界に、これまでのエレクトロニクスの概念を、遥かに超えたレベルで浸透していく。いわゆるアジャイルな手法で、自動車というものが開発されていく状況などが、それほど時間をかけずに現実のものとなっていく。そして、この領域の別のエッジでは、新しいハードウェアの動きが、メーカーの動きを率先して変革していくものとなる。つまり、誰もがアクセスできるプロトタイピング・ツールが、人々が好む趣味や娯楽の対象に変容していくのだ」と述べている。
 
ーーーーー
Youtube Hong KongOn Mondayたしかに、IoT によるイノベーションは、多様なスタイルを持つものになりそうですね。 たとえば、GoPro などのアクション・カメラと、ちょっと高級なドローンを組み合わせが、つまり安価で進化したハードウェアが、現実に大きな変化を生み出しているのです。 この Youtube の画像は、昨年の香港で生じた政権に対する抗議デモの様子を、安価な民生ハードウェアだけで、見事に捉えている実例と言えるでしょう。 もちろん、すべてがオンラインでつながっているわけではなく、人手による作業が介在しているのですが、あと数年で、全体が IoT に載ると、容易に推測できます。 この動画を観たとき、よく目にする「主催者側は10万人と発表し、政権側は3万人と発表」みたいな奇妙な報道が、すでに意味を失っていることに気づきました。 そして、維持費を含めれば何億円という費用がかかる報道ヘリが、都会の人々の動きを追うという範囲では、無用の長物になってしまったことに驚きました。 安価に利用できる IoT と、安価に手にできる高機能なハードウェアが広まるにつれて、ありのままに事実を共有できる、住みやすい世の中になっていくのだと、期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実

Posted in IBM, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 13, 2015
Internet of Things (IoT): Less Than 10 percent of Mobile and IoT data is ever Analyzed or Acted on
By Formtek
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-less-than-10-percent-of-mobile-and-iot-data-is-ever-analyzed-or-acted-on/
_ formtek
The IoT market is expected to grow rapidly.  IDC estimates that it currently is growing at a rate of 13 percent annually, growing from a value greater than $1.3 trillion this year to more than $3.04 trillion in 2020.  Today there are roughly 9 billion IoT devices installed, and by 2020 that number is expected to rise to 28 billion.
 
IoT マーケットは、急速に成長すると予想されている。IDC の推定によると、その年間成長率は 13% となり、また、市場規模で言うと 2015年の $1.3 trillion が、2020年には $3.04 trillion に至るとされる。そして、現時点で約 90億の IoT デバイスが存在するが、2020年には 280億に達するらしい。
 
Seurat_10But a challenge has to do with how IoT and mobile device data can be effectively used.  IBM estimates that 90 percent of the data generated by IoT/mobile devices is never analyzed or acted on.  Much of the data is realtime and estimates are that 60 percent of this kind of data begins to lose data within just milliseconds after being created.
 
しかし、課題として取り組むべきものに、IoT/Mobile デバイスからのデータの、有効利用という視点がある。IBM の推定によると、IoT/Mobile デバイスが生成したデータの約 90% が、分析されることもなく、活用されることもなく、廃棄されていくという。この種のデータは、その大半がリアルタイムなものであり、さらに言えば、その 60% のデータが、生成された数ミリ秒以内に失われていくという。
 
Bob Picciano, senior vice president of IBM Analytics, said that “our knowledge of the world grows with every connected sensor and device, but too often we are not acting on it, even when we know we can ensure a better result…  [IoT] is a rich and broad-based opportunity where innovation matters.”
 
IBM Analytics の Senior VP である Bob Picciano は、「この世界において、私たちが手にする知識とは、すべての接続されたセンサーやデバイスにより成長していく。しかし、それらを活用しないケースが、あまりにも多すぎるのだ。それが出来るなら、より良い成果が約束されているのだ・・・ つまり、イノベーションが起きるところでは、広範囲におよぶリッチなチャンスを、IoT がもたらすことになる」と述べている
 
A statement from IBM said that up until now the IoT market has been relatively small because it has been too expensive for businesses to tap into.  Developments in cloud, mobile and APIs are expected to lower the cost of entry and enable growth in the market to explode.
 
IBM のステートメントは、企業が IoT を活用しようとしても、あまりにも大きなコストが生じるため、相対的に小規模なものになっていると伝えている。そして、Cloud/Mobile/API を用いた開発が、その参入障壁を引き下げ、また、マーケットの爆発的な成長を実現すると期待されている。
 
ーーーーー
On Mondayそのデータは大量であり、かつ、リアルタイム性を帯びたものになる、というのが IoT なのでしょうね。したがって、Big Data といっても、すべてを Hadoop 系のもので処理できるわけではなく、なんらかの、新しい方式が必要になるのでしょう。 先週にポストした、Snoeflake という Data Warehousing サービスが、Hadoop の排除を特徴としてプッシュしているのが、とても気になっています。そして、ネットワークとデータ処理を、シームレスに接続するという観点では、おそらく、お手本となるものを、Google が提示するのでしょう。 Google Now が提供する音声認識の精度と速度が、その可能性を示しているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?

Data Warehousing の調査: あの Bob Muglia が率いる Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む

Posted in Amazon, Big Data, Data Warehousing, IoT, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on July 6, 2015
Cloud-based Data Warehousing: Snowflake, Microsoft Azure and Amazon Redshift
Dick Weisinger – June 25th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-based-data-warehouse-snowflake-microsoft-azure-and-amazon-redshift/
_ formtek
Data warehousing traditionally required a company to extract and download huge volumes of data from various business software systems into a central repository for analysis.  The process to prep the data was slow which meant that the analysis was always run against data that was already partially stale.
 
データ·ウェアハウスの概念は、多様なビジネス·ソフトウェア·システムから、膨大なデータをダウンロードした後に、分析のためのセンター・リポジトリに展開するものとなる。 そして、それを実現する企業が、常に待ち望まれてきた領域である。つまり、データを準備するプロセスに時間がかかり、そこでの分析といっても、すでに意味を失ったデータまでが含まれてしまうという状況であった。
 
Vermeer_3But recently we’re seeing a new generation of data warehousing, one based on cloud computing.  This week saw the announcement of general availability of Snowflake.  Snowflake is a cloud-based data warehouse running on Amazon AWS.  The company is led by Microsoft veteran Bob Muglia.  Snowflake received $26 million in funding in October 2014 and has received another round of $45 million this past week.
 
しかし、最近は、クラウド·ベースのデータ・ウェアハウスが、新しい世代の到来を告げているようだ。今週は、Snowflake が、一般への提供が始まったと、アナウンスメントを発している。Snowflake とは、Amazon AWS 上で走る、クラウド・ベースのデータ・ウェアハウスのことである。そして、同社は、Microsoft で数々の実績を築きあげてきた、あの Bob Muglia により率いられている。なお、Snowflake は 2014年10月に $26 million のファンドを獲得し、さらに先週には、別のラウンドで $45 million の資金を得ている。
 
The Snowflake data warehouse is in direct competition with Microsoft’s Azure SQL Data Warehouse and Amazon’s Redshift cloud data warehouse.
 
もちろん、Snowfake のデータ・ウェアハウスは、Microsoft の Azure SQL Data Warehouse と Amazon の Redshift クラウド・データ・ウェアハウスに対して、ダイレクトなコンペを挑むものとなる。
 
What’s unique about Snowflake among the crowd of other recent data-focused startups is that it isn’t based on Hadoop and it was built from scratch with the cloud in mind. Features of Snowflake include:
 
このところ、データにフォーカスしたスタートアップたちが、かなりの勢いで登場してきているが、それらの中で Snowflake がユニークなのは、Hadoop をベースにしていない点である。つまり、クラウドを念頭に置いて、ゼロ・スタートで構築されているのだ。Snowflake の特徴とされる点は:
 
  • Native support for structured, machine-generated and semi-structured data
  • Scalability of data, workloads and users for multi-dimensional elasticity
  • Self tuning of data distribution and storage, and query execution
  • Security. Uses authentication, granular access control and data encryption
 
  • 構造化データ/機械生成データ/半構造化データを、ネイティブでサポート
  • データ/ワークロード/ユーザーをスケーラブルにすることで、多次元弾性を確保
  • データ配信/ストレージ/クエリー実行における、セルフ・チューニング
  • セキュリティ:ユーザー認証/緻密なアクセス・コントロール/データの暗号化
 
ーーーーー
On Monday誰が、何を、必要としているのかを、的確に理解している人が、自信作を世に問うというストーリーですね。 お久しぶりです、Bob Muglia さん。こうして、その後の活躍を知ることができて、とても嬉しい気分です。 そして、機械生成データをネイティブでサポートというのは、まさに IoT 時代のデータ・ウェアハウスという感じで、とてもイケていますよね。 Snowflake の活躍を期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
 

NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Security, Telecom by agilecat.cloud on July 5, 2015
NTT Docomo selects Gemalto for IoT applications
M2M MAGAZINE+ – July 2, 2015
http://www.machinetomachinemagazine.com/2015/07/02/ntt-docomo-selects-gemalto-for-iot-applications-in-japan/
 
_ M2M magazine
 
Gemalto, the world leader in digital security, announces that NTT Docomo, the largest mobile operator in Japan with about 65 million subscribers, has selected Gemalto to enable connectivity for Internet of Things (IoT) applications.
 
世界のデジタル·セキュリティーをリードする Gemalto のアナウンスメントによると、65 million のサブスクライバーを擁し、Japan で最大の規模を誇るモバイル・オペレーターである NTT Docomo が、IoT アプリケーションの接続を実現するために、同社を採用したようだ。
 
ーーーーー
 
Gemalto’s Cinterion® Machine Identification Module (MIM) complies with the most stringent industry standards1 and was first to meet the high quality requirements of the Japanese market.
 
Gemalto の Cinterion® Machine Identification Module (MIM) は、この業界で最も厳しい規格に準拠しており、また、Japan マーケットにおける高度な品質要件を、初めて満たすものとなった。
 
MIM_Gemalto-itusersJapan IoT and Machine-to-Machine (M2M) communication market is estimated to grow from $11.34 billion in 2014 to $41.61 billion by 2019¹ due to increasing demand for smart infrastructure and fully managed network appliances. The IoT applications will enable Japanese businesses to collect real-time information on mission-critical systems, better manage their networks and logistics and remotely perform intelligent operations, for increased efficiency and reliability.
 
Japan における IoT および Machine-to-Machine (M2M) の通信マーケットは、2014年の $11.34 billion から、2019年の $41.61 billion への成長が予測されている。そして、スマート・インフラとフル・マネージド・ネットワーク・アプライアンスへの需要の増加が、この成長を支えると言われている。IoT アプリケーションは Japan の企業に対して、効率性と信頼性を高めるための、さまざまなメリットをもたらすことになる。たとえば、ミッション・クリティカル・システム上でのリアルタイム情報の収集や、改善されたネットワークとロジスティクスの管理、リモートからのインテリジェントな操作などが、具体例として挙げられる。
 
Gemalto offers the highest quality of ruggedized MIM² that can sustain extreme environments of humidity, corrosion, vibration, and temperatures from -45 to 105 degrees Celsius. It also leverages Gemalto’s unique operating system to offer optimized memory management, data retention and one million erase/write cycles, which extend the lifespan of the device and prevent service disruptions.
 
Gemalto は、耐久性という観点でも、極端な湿気/腐食/振動にも耐え、摂氏 -45〜+105 度の環境で機能するなど、きわめて高品質の MIM² を提供している。 また、Gemalto は独自のオペレーティング・システムを活用することで、メモリ管理をデータ保持最適化し、100万回の Erase/Write サイクルも実現している。つまり、それによりデバイスの寿命を延長し、サービスの中断を防ぐことが可能となる。
 
“We have a long standing relationship with NTT Docomo, which includes Japan’s first (LTE) wireless connectivity in 2010, and more recently, the NFC deployment,” said Michael Au, President South Asia and Japan at Gemalto.
 
Gemalto の President South Asia and Japan である Michael Au は、「 私たちは、NTT Docomo と長年に渡る関係を有しており、そこには、2010年における Japan で最初の LTE ワイヤレス接続や、最近の NFC デプロイメントなどが含まれる」と述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT にも、いわゆる FA の延長戦上にある製造業の IoT と、そこから出荷された後にも製造業がトラッキングする IoT、そして、製造業者とは切り離されたところでサービス・プロバイダーがトラッキングする IoT があるように思えます。 そして、IoT が機能していくにつれて、いまの業種と業態における垣根が変化していくはずですが、誰がトリガーを引くのかというと、やはりモバイル・キャリアが最右翼なのでしょうね。 業種もボーダーレス、国境もボーダーレスの時代です。 日本のキャリアに頑張って欲しいです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
暗号化キーは盗まれていなかった! 世界最大手のSIMメーカーがスノーデンリークに反論

China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?

Posted in Asia, IoT, Telecom by agilecat.cloud on June 19, 2015
Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
May 29, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/05/29/21722-internet-of-things-platform-boosts-china-mobiles-services
_ China Tech News
 
China Mobile has launched two Internet of Things platforms targeting Chinese enterprise users.
 
China Mobile が、同国のエンタープライズ・ユーザーをターゲットに、2種類の IoT プラットフォームを立ち上げた。
 
During CES Asia 2015, the telecommunications company unveiled its Internet of Things exclusive business management platform and its OneNet device cloud platform.
 
先日に開催されていた CES Asia 2015 において、このテレコム企業は、IoT Exclusive Business Management Platform と、OneNet Device Cloud Platform を発表している。
 
China Mobile IoTThe Internet of Things business management platform combines statistical analysis and an API interface for businesses to build hardware and software tools around China Mobile’s offering. China Mobile says its IoT exclusive business management platform has already been tested on networks comprising a real-time management scenario of nearly five million devices.
 
その IoT Exclusive Business Management Platform は、China Mobile が提供するハードウェアやソフトウェア・ツールの構築を推進するために、エンタープライズのための統計分析と API インターフェイスを統合するものである。China Mobile の発言によると、この IoT プラットフォームは、約 500万台のデバイスに対応する、リアルタイム・マネージメントのシナリオを含んだ、ネットワーク上でテストされているという。
 
The OneNet device cloud platform is a cloud service and information handling platform the connects terminals and applications. It provides Internet of Things enterprises with multiple protocols and access support and it can realize connection between smart devices and applications. In addition, it provides professional PaaS cloud services, targeting product prototyping, commercial use, and daily management.
 
そして、OneNet Device Cloud Platform はというと、クラウド・サービスと情報ハンドリングのプラットフォームであり、ターミナルとアプリケーションを接続するものになる。それは、マルチ・プロトコルとアクセス・サポートを用いて、IoT エンタープライズを提供していくものとなる。さらに言えば、スマート・デバイスとアプリケーションの接続を、具体的に実現していくものとなる。それに加えて、製品プロトタイプ/商用における利用/日常での管理という流れをターゲットにした、プロフェッショナルのための PaaS クラウド・サービスも提供する。
 
China Mobile also displayed its energy consumption monitoring platform, smart community platform, and communication module for use in industrial applications. By using a wireless sensing device, the energy consumption monitoring platform can use data to dynamically adjust related equipment to promote a good allocation of energy. The smart community platform can integrate residential properties, family security services, household services and LBS applications to create a secure environment.
 
さらに China Mobile は、産業用アプリケーションで使用するための、エネルギー消費を監視するプラットフォーム、および、スマート・コミュニティのためのプラットフォーム、そして、通信モジュールを展示していた。このエネルギー消費監視プラットフォームは、なんらかのワイヤレス・センサー・デバイスを用いて、データを有効利用していく。 たとえば、相互に関連し合う生産ラインを動的に調整し、適切なエネルギー配分を促進していくようなことが考えられる。また、スマート・コミュニティ・プラットフォームは、安全な生活環境を実現するために、住宅と家族のセキュリティ・サービスや、家庭用のサービス、そして LBS アプリケーションなどを統合していく。
 
These IoT services are slowly rolling out throughout China. China Mobile says it plans to be the cornerstone service provider for all IoT services in both hardware and software areas.
 
一連の IoT サービスは、ゆっくりと時間をかけながら、China 全土に展開されていく。 China Mobile は、ハードウェアとソフトウェアにおいて、すべての IoT サービスを展開していく、不可欠なサービス・プロバイダになっていく計画だと発言している。
 
ーーーーー
IoT現時点で、6億人とか 7億人とか言われているモバイル・ユーザーを、抱え込んでいる中国の余裕を感じてしまう計画ですが、どちらかと言うと、製造業から固めていく方針のようですね。 そして、訳しながら考えていたのは、台湾や中国のような ODM を抱える国々が、独自の IoT を生産ラインに組み込んでいき、そこで生産されたプロダクトが国外の消費者に手渡されたとき、どのような状況が生じるのかという点です。 たとえば、Foxconn で製造された iPhone は、ユーザーが利用する段階になっても、Foxconn とつながっているのいないのか・・・ という疑問なのです。 もちろん、ユーザーも Apple も、それを望まないでしょうが、たとえばリコールなどが発生したときや、新たなロットを他国で製造するときに、Apple は Foxconn に頼ることなく、すべてを処理できるのでしょうか?  製造という行為に対して、IoT が新たな付加価値を与えていくように思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Posted in Cisco, IoT, Research by agilecat.cloud on June 12, 2015
These are the top industries that will benefit from the ‘Internet of Things’
John Greenough – Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/top-the-internet-of-things-industries-2014-12 
 
_ Business Insider
 
The Internet of Things (IoT) will lead to a wholesale transformation of how large globe-spanning companies do business, but adoption will start in certain industries
 
The Internet of Things (IoT) は、グローバルでビジネスを展開する巨大企業に対して、大きな転換をもたらすが、誰が採用し始めるのかとなると、特定の産業に限定されると言わざるを得ない。
 
In a report from BI Intelligence, we examine the industries currently driving growth in the enterprise Internet of Things and how various sectors of the economy will embrace IoT innovations.
 
BI Intelligence のレポートをベースに、私たちが分析したのは、現時点でエンタープライズ IoT の成長を促進している業種が何処にあり、また、どのように IoT イノベーションを受け入れる経済分野が多様化していくのか、という二点である。
 
iot industry estimates
BI Intelligence
Estimates for total IoT devices globally, by year.
 
Almost every industry can benefit from investing in the IoT, which means adding data-collecting sensors to objects such as factory machinery, office buildings, and warehouse shelves. Based on trends in industry-specific capital expenditures, global size, current use of IoT devices, and through an analysis of where IoT vendors are focused on selling, we estimate enterprise IoT spending by industry.
 
大半の産業が、IoT に投資することで利益を享受していくだろう。つまり、工場の生産ラインや、オフィス・ビル、そして、倉庫の在庫棚などを対象とした、データ収集のためのセンサーがメリットをもたらすことになる。 今回の調査でベースとしたのは、それぞれの業界ごとの設備投資の動向や、グローバルにおける規模、現時点で使用されている IoT デバイス、IoT ベンダーがビジネスを展開しようと狙っている領域などである。そこから、私たちたちは、業種ごとのエンタープライズ IoT 支出を推定していった。
 
Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Membership >>
 
Here are a few of the key findings from the BI Intelligence report:
 
以下は、今回の BI Intelligence レポートから取り出した、いくつかの注目すべきポイントである:
 
  • Globally, manufacturers will invest $140 billion in IoT solutions over the next five years. Of all of the industries analyzed, manufacturers will be the earliest adopters of IoT solutions and will invest heavily in new IoT solutions for factory floors.
  • 世界的に見て、これからの5年の間に、製造業は $140 billion 相当の投資を、IoT ソリューションに対して実施していく。今回の分析における全産業の中で、先陣を切って IoT ソリューションを導入するのは製造業となる。 つまり、工場の生産ラインに IoT ソリューションを組み込むために、膨大な投資を行っていくことになる。
  • 18% of industrial machinery companies (i.e., manufacturers) are already using IoT devices, according to a SAS study.While this doesn’t measure the extent that the IoT has been implemented by manufacturers, it’s notable that almost one-fifth of manufacturing companies are already using the IoT to increase production and reduce costs.
  • SAS の調査によると、産業機械メーカーの 18% は(製造業の 18%)、すでに IoT デバイスを使用している。それは、製造業が実装している IoT の広がりを測定する値ではないが、生産性向上とコスト削減のために、すでに製造業の 1/5 が、IoT を活用している点に注目すべきだ。
  • Nearly as many automotive companies, 17%, are using IoT devices in the production of their vehicles. Volkswagen added an SAP system that keeps track of all of their parts’ supply pipeline to help them track where items are located at all times.
  • 同様に、自動車産業の 17% が、その生産ラインで IoT デバイスを使用している。Volkswagen の場合は、すべてのパーツ供給パイプラインを追跡するために、SAP のシステムを追加している。それにより、すべての品目について、常にトラッキングが機能するようになった。
  • We expect the transportation and warehousing industry, that is, logistics companies, to also invest a significant amount in automating their warehouses and shipping: roughly $112 billion in 2019.
  • 私たちは、輸送業と倉庫業において、つまり物流産業において、膨大な投資が行われると予測している。倉庫と配送の管理を自動化するために、2019年までに約 $112 billion が費やされるだろう。
  • The third-largest industry will be the information sector, including tech and telecommunications, which will expand investment to accommodate the increase in data and data-analysis demands generated by the IoT.
  • 三番目の規模を持つのは、ハイテクやテレコムなどを含む、情報産業になるだろう。 つまり、IoT から生じるデータの、解析に関する需要が高まるにつれて、その投資が拡大していく。
 
ーーーーー
IoT上記のチャートが示しているのは、6社による IoT 接続デバイス数の予測値です。 ここでは、Cisco/ABI Research/IDC がイケイケ組で、BI Intelligence/Harbor/Gartner が慎重組という感じですね。 ただし、IDC は、すでに IoT は機能しており、そんなに目新しいものではないというスタンスのようです。そして、箇条書きが示しているのが、BI Intelligence における予測の根拠です。 IoT の時代になると、FA という言葉が無くなってしまうのかもしれませんが、製造業と自動車産業における 20% 近い実績を、どのように評価するのかで、IoT の成長曲線も変わってくるのでしょうね。まだまだ、喧々諤々が続きそうです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべき
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!

Posted in Asia Weekly, IoT by agilecat.cloud on June 6, 2015
 そして、中国の巨大マーケットは、どのように IoT に取り組むのか・・・
 
_ cna-banner
 
今週末は、アジアの IoT 関連情報についてまとめてみました。 各国の動向を参照していこうと思いますが、とても興味深いマトメ的な記事を3つほど見つけましたので、そちらから眺めていきましょう。 まず、4月14日の IDC のレポートですが、それによると、APAC の IoT 産業は 2020年までに、インターネットに接続されるモノを 31 億個から 86億個へと増やし、また、APeJ(Asia Pacific excluding Japan)のマーケットは US$250 billion から US$583 billion に成長するとのことです。
 
Taipei Night ViewFlickr
Arlene Hsu
 
続いて、4月27日の Smart City に関する記事ですが、シンガポールで開催された Asia IoT というイベントで、Schneider が IoT の大切さを説いています。 そして、政府や自治体が主導していく Smart City ですが、なんらかの決定に際しては、必ずエンドユーザーの意見を尊重すべきだ、と指摘しています。 そして、5月8日の ARM CEO へのインタビューですが、2014年の時点で 120億個の ARM-based SoC が、すでに出荷されていると自慢しています。 また、TSMC との協調により、次世代 16nm および 10nm プロセッサを成功させたいと、台湾のメディアに対して発言しています。
 
4/14: APAC becomes frontline for IoT with US$583 billion market by 2020, says IDC
4/27: Smart Cities: Need for co-creation and collaboration underlined in IoT Asia
5/8: The mbed IoT ecosystem: Q&A with ARM CEO Simon Segars, from TW
 
<台湾>
 
ここからは、国別に見ていきますが、以下のとおり、台湾からのニュースが最多でした。今週に開催されていた Computex も、Computex of Things と呼ばれていたようで、最近の台湾は IoT 一色という勢いがあります。 前述の ARM だけではなく、Intel も積極的にアプローチしているようであり、台湾のモテ方が羨ましいですね。
 
・政府系
3/5: Advantech, ITRI to set up Industry 4.0 system integration joint venture
3/12:Taiwan government lab announces self-powered solution for IoT
 
・ソリューション系
4/12:Acer partners with Taiwan venture fund AppWorks for IoT business
4/14: Notebook ODMs partnering with IoT startups, from TW
5/19: Microsoft promotes IoT solutions with Taiwan partners
5/30: Acer opts for slow approach to apps for IoT
3/9: Foxconn expects robots to take over more factory work
 
・セミコンダクター系
4/2: M31 offers low-voltage-power physical IP solutions for TSMC targeting IoT
4/15: MediaTek launches new platform for IoT developers
4/22: IoT to drive semiconductor growth, says TSMC co-CEO
 
・Computex 系
6/3: Welcome to the Computex of Things
6/4: Don’t miss partnership with Taiwan on IoT, says Acer founder
6/4: MediaTek unveils IoT chip targeting smart home market
6/4: COMPUTEX: Intel unveils IoT solutions with Taiwanese partners
 
<中国>
 
IoT に限らずですが、中国の半導体産業が、どのように成長していくのかが、とても気になっています。 4月16日の Digitimes が、SMIC および XMC、HGSM といった中国セミコンダクターに注目しているようですが、ソロソロなのかもしれませんね。以前に、Qualcomm の独禁法についてポストしましたが、国内の半導体産業の成長とバランスを取りながら、そのような政策を展開しているはずです。 そして、6月5日の China Mobile ですが、CES Asia in Shanghaiで、IoT Private Network と OneNet Open Platform を発表し、このプライベート・ネットワークでは、すでに 500万台のデバイスが接続され、リアルタイムでモニターしていると豪語しています。
 
3/12: Baidu Working On Self-Driving Car This Year
4/15: Tencent to partner with Shanghai gov to establish smart IoT city, says report
4/16: Digitimes Research: China foundry houses to optimize specialty processes for IoT
4/17: Xiaomi-backed robotics company Ninebot acquires Segway
5/21: Huawei launches new operating system for Internet of Things
6/1: Huawei launches new operating system, LiteOS, for the Internet of Things
6/3:Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
6/5: China Mobile unveils IoT for enterprises
 
<日本・韓国・シンガポール・インド>
 
台湾および中国と比べてしまうと、その他の国々からの情報は少ないです。 しかし、話を Smart City まで拡大すると、シンガポールとインドの情報が増えるような気がします。 なるべく早めに、Smart City についてもマトメたいと思っています。
 
3/25: Panasonic Working on Royalty Free IoT Software
5/2: Hitachi bets big on IoT, sees $2-trillion business opportunity
5/2: India, Japan look to boost ties in IT sector; eye IoT, Big Data
6/2: Telstra wins $23m Komatsu deal extension
 
3/9: LG Uplus chief bets on IoT
5/24: KT, TeliaSonera teaming up over IoT
5/24: Samsung, TeliaSonera discuss tie-up over IoT
 
2/25: Ericsson Partners with Bridge Alliance on the IoT
4/7: Silicon Cloud, Cisco push IoT design boundaries in Singapore
 
2/22: TCS, Wipro, Infosys eye robotics, driverless cars for next round of growth
4/8: Vishal Sikka’s strategy sees Infosys shift focus to IoT and AI
4/25: Indian city police buys pepper spray drones for crowd control
 
以下は、今週の Top-10 です・・・・
 
ーーーーー
 
① 6/3: AAG submarine Internet cable ruptures again
VietnamA source from the managing center of the Asia America Gateway (AAG) said the cable ruptured at around 4:30 p.m. Details of where the break occurred have remained sketchy. In the past the AAG cable, which is used by VNPT and three other Internet providers, FPT Telecom, Viettel and SPT, took place at the portion between southern Vietnam and Hong Kong. News website VnExpress quoted unidentified sources as saying that the rupture occurred at a section around 38 kilometers off the coast of Vung Tau.
 
② 5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
SingaporeDigital Realty is investing $150 million on a second, 13.2-megawatt data center in Singapore to address growing demand for data center infrastructure in the city-state and interconnection needs in Asia Pacific. Delivery of the powered shell and an initial 3.2 megawatts is expected in late 2015. The company entered into a purchase agreement for a former 175,000 square foot paper storage facility and is converting the non-technical building into a data center. Legal completion of the deal will occur sometime next month, although power and fiber works are already underway.
 
③ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
④ 6/3: Google to build second Singapore data centre
SingaporeGoogle will build a second data centre in Singapore next-door to its existing facility, with plans to have the centre operational by mid-2017. The company’s first Singaporean data centre was opened in 2013 at an estimated cost of US$120 million (A$156 million). The new data centre will bring Google’s investment in its Singaporean infrastructure to US$500 million, and investment in Asia to US$1 billion.  In a blog post today, Google vice president of data centres Joe Kava said the facility would use 100 percent recycled water for its critical operations.
 
⑤ 6/4: Indonesia’s Netflix-type Genflix service opts for Irdeto technology
IndonesiaAMSTERDAM-headquartered Irdeto has announced that PT Mega Media Indonesia Group, owner of satellite pay TV service Orange TV, has selected its end-to-end Multiscreen services to support the launch of Genflix. Genflix, also under PT Mega Media Indonesia Group, was established in September 2013 as Indonesia’s first-ever commercial over-the-top (OTT) content delivery service, Irdeto said in a statement.
 
⑥ 6/1: China set to enter 5G era by 2020: white papers
Image.gifChina expects to enter the 5G era in mobile telecom technology and industry in 2020 as the country has just issued two 5G technology white papers on May 29 during the annual 5G summit held by the China IMT-2020 (5G) Promotion Group, reports Tencent’s tech news portal. Released by the China Academy of Telecommunication Research (CATR), the two white papers, 5G Wireless Technology Architecture and 5G Network Technology Architecture, outlined 5G key technologies as well as the process of the 5G research and development in China and tasks for standardization.
 
⑦ 5/29: Telin Singapore gets Cisco WebEx accreditation, first in APAC
IndonesiaTELEKOMUNIKASI Indonesia International Pte Ltd (Telin Singapore), a subsidiary of PT Telekomunikasi Indonesia, said it was the first in Asia Pacific to be certified a Cisco Systems Inc authorised technology provider for WebEx. With that, Telin Singapore has unveiled new business offerings to help telecommunication service providers and enterprise clients add automation to their Cisco web conference services-based clouds, it said in a statement.
 
⑧ 6/5: Indonesia’s smartphone revolution starts now
IndonesiaIn three to four years, consumers in Indonesia will only pay Rp 400,000 (US$30) for 4G smartphones, Indonesia’s tech minister Rudiantara announced last month. 4G technology is only now beginning to enter Indonesia on a large scale. All three major operators are currently engaged in country-wide 4G infrastructure upgrades. And while Indonesia has a mobile phone penetration of over 100 percent, as little as 23 percent of those are smartphones.
 
⑨ 6/1: LG U+ finishing up mega data center
Image1.gifPYEONGCHON, Gyeonggi – To the trained tech eye, it is obvious how a huge dark gray building in Pyeongchon, Gyeonggi, still under construction will be used.  The structure – the size of 12 soccer stadiums – is telecommunications company LG U+’s data center. And it will be Asia’s largest when completed in July.  The nation’s third largest telecom company will invite corporate clients to locate their servers and storage devices at Pyeongchon Mega Center.  Data centers house servers, cables and connections to the Internet with supporting equipment for supplying power, cooling and fire protection.
 
⑩ 5/22: Qualcomm to step out of TSMC top-5 client list in 2H15
TaiwanQualcomm may not serve as one of the top-five clients for Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) in the second half of 2015 as the US-based chipmaker has placed more 14nm orders with Samsung Electronics, while giving more 28nm orders to United Microelectronics Corporation (UMC) and Semiconductor Manufacturing International Corporation (SMIC), according to industry sources. Qualcomm’s decision may aim to reduce its reliance on TSMC and to avoid its previous experience of not being able to gain enough 28nm foundry capacity from TSMC, the sources noted.
 
ーーーーーー
cna_6こうして眺めてみると、IoT にしても、Top-10 にしても、日本からの情報が少ないですね。 日本語のメディアを読んでいると、もっと色々なことがあるので、英語での発信が少ないというだけの話なのでしょう。 もちろん、収益性という問題があるので、英語のメディアといっても簡単な話ではないのでしょうが、日本の IT 企業の頑張りを、もっと海外の人々に知ってほしいですね。_AC Stamp
ーーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

Posted in .Selected, Google, IoT by agilecat.cloud on May 24, 2015
Google Developing ‘Brillo’ Software for Internet of Things
Amir Efrati and Steve Nellis – May 21, 2015
https://www.theinformation.com/Google-Developing-Brillo-Software-for-Internet-of-Things
 
_ The Information
 
Google wants its software to power any electronic device that connects to the Internet, whether or not it has a digital screen.
 
Google が供給していくソフトウェアは、対象となる電子デバイスがスクリーンを持っていようがいまいが、そのすべてをインターネットに接続することを想定している。
 
Tony Fadell, CEO
Google’s Nest Labs
 
To that end, Google is working on technology that could run on low-powered devices, possibly with as few as 64 or 32 megabytes of random-access memory, according to people who have been briefed about the project.
 
それを実現するために、Google は低電力デバイス上に展開するテクノロジーに取り組んでいる。 そのプロジェクトに関する説明を聞いたという人物によると、64MB もしくは 32 MB という、きわめて小容量のランダム·アクセス·メモリで走るソフトウェアになるようだ。
 
Google is likely to release the software under the Android brand, as the group developing the software is linked to the company’s Android unit. The lower memory requirements for devices running the new software would mark a sharp drop from the latest versions of Android, which are primarily aimed at mobile phones with at least 512 megabytes of memory.
 
Google は Android ブランドの下で、そのソフトウェアをリリースする可能性があり、その開発グループは Android 部門と連携することになるかもしれない。 この新しいソフトウェアを実行するデバイスは、少なくとも 512 MB のスマホを前提とする、Android の最新バージョンに対して、さらに小容量のメモリ要件を指し示すものとなる。
 
The technology could make it easier for other companies to build everything from “smart” fridges and light bulbs to garden monitors.
 
なお、このテクノロジーは、Google 以外の企業にもオープンなものとなり、スマート冷蔵庫から庭を照らすライトにいたるまでの、すべてを構築するために利用できるという。
 
ーーーーー
google-55aいろいろなテクノロジーを開発している Google ですから、その中には IoT 的なものも含まれているはずですが、ここまでストレートであり、しかも汎用性のあるテクノロジーというと、これまでとは一線を画したものになるでしょう。 もちろん。正式なアナウンスではありませんが、今週に開催される Google I/O 2015 に先行して、ちょっとリークしたという可能性もありますね。 昨年の 2月に、「Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?」という抄訳をポストしていますが、その時から、Google の IoT に対する取り組みを期待していました。 Google I/O で、なにか発表されるとイイですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon レポート:10億個以上の B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
 
%d bloggers like this: