Agile Cat — in the cloud

APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on April 15, 2015
Asia Pacific becomes frontline for IoT with US$583 billion market opportunity by 2020, says IDC
Alex Wolfgram – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PR200.html
 
_ Digi Times
 
The Asia Pacific Internet of Things (IoT) industry will continue its strong growth, with the number of units, or “things,” connected to increase from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020. Over this same period, the total Asia Pacific excluding Japan (APeJ) market size will increase from US$250 billion to US$583 billion, according to IDC.
 
Asia Pacific の Internet of Things (IoT) は、その力強い成長を継続し、インターネットの接続される Units もしくは Things の数は、2020年までに 31億個〜86億個へと増大していくだろう。それと同じ期間において、Asia Pacific excluding Japan (APeJ) の IoT マーケットは、US$250 billion〜US$583 billion へと成長すると、IDC は推測している。
 
Internet_of_ThingsWikipedia
 
“The Internet of Things industry has matured considerably over the past year, with a number of large government initiatives across APeJ, and China in particular, driving demand,” said Charles Reed Anderson, VP at IDC Asia Pacific. “This increase in market demand has led to an increased focus on IoT from leading ICT vendors, as well as start-ups – with each keen to grab their share of the growing IoT market.”
 
「 この 一年間の IoT は、APeJ 全体において、とりわけ China において、需要を促進していく各政府のイニシアチブにより、かなり成熟したと推測できる。 こうした、マーケットにおける需要の高まりが、大手 ICT ベンダーに加えてスタートアップの注目を集めている。つまり、誰もが、成長していく IoT マーケットで、シェアを掴もうとしているのだ」と、IDC Asia Pacific の VP である Charles Reed Anderson は述べている。
 
“While high level IoT market forecast information by region or country can be useful to certain audiences, it adds little value to those functional areas with more specific requirements,” said Anderson. “Sales and marketing, for instance, require IoT forecasts aligned to industry verticals so they can effectively set targets and tailor their go-to-market messaging; while product management requires IoT forecasts aligned to use cases (e.g. digital signage) so they can understand the addressable market for their solution portfolio across multiple industries.”
 
さらに Anderson は、「地域や国といった、大きな括りによる IoT 市場予測の情報は、特定の人々にとって有益だろうが、それぞれの機能分野と、それに伴う具体的な要件に対して、価値を与えるものにはならない。たとえば、セールスとマーケティングの観点からすると、業界を垂直に整理していく IoT 予測が必要となる。 そのため、そのような目的を持つ人々は、効果的に目標と対応を定めた、go-to-market  メッセージを設定できる。しかし、製品管理に携わる人々が必要とするのは、ユースケースを整理するための IoT 予測である(たとえばデジタル・サイネージ)。したがって、それらの人々が理解していくのは、複数の業界にまたがるソリューション・ポートフォリオのための、細分化された情報となる」と述べている。
 
China not only will continue to dominate the Asia Pacific region, accounting for 59% of the APeJ market opportunity by 2020, but also be one of the leading markets globally with nearly one out of every five units connected by 2020 to be in China. However, market size is not the same as market maturity, said IDC.
 
2020年までに APeJ 市場における 59% のビジネス・チャンスを占めるとされる China は、Asia Pacific 地域を支配し続けるだけではなく、グローバルをリードするマーケットの一角を占める。つまり、China は 2020年までに、インターネット接続された全デバイスの、5つに 1つを占めることになるのだ。しかし、マーケットの規模と、その成熟度が一致するわけではないと、IDC は述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT という言葉で一括りにしても、セールスとマーケティングの観点からの予測と、ユースケースという観点からの予測には、大きな違いがありそうですね。 そして、APAC (APeJ?) の IoT マーケットで、中国が存在感を増してくるという予測には、なるほどと頷いてしまいます。 スマホの世界を例にすると、Xiaomi のサプライチェーンが突出した存在として浮上してきますが、彼らが IoT を手にしたら、どのようなことが起こるのでしょうか? そして、中国国内で IoT を構成していくためのバックボーンは、おそらく Huawei や ZTE に委ねられるはずです。いろいろな意味で、とても気になるアジアの IoT ですね。_AC Stamp
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
ーーーーー
<関連>
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
 

IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 13, 2015
Internet Of Things (IoT): Businesses That Ignore It Risk Falling Behind
By Dick Weisinger – April 2, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-businesses-that-ignore-it-risk-falling-behind/
_ formtek
Businesses that are ignoring investment in Internet of Thing (IoT) technology risk losing out in terms of future productivity, according to a new report on the Internet of Things (IoT) by Verizon.  The report estimates that adopters will be able to be 10 percent more profitable if they use IoT than if they ignore it because of gains in efficiency, quality and customer satisfaction.
 
Verizon の Internet of Things (IoT) 最新レポートによると、IoT テクノロジーへの投資を無視している企業は、将来における生産性という観点で、敗者になっていくリスクを抱えるという。IoT を採用する企業は、それを無視する企業と比較して、10% 以上の生産性を積み上げると推定されている。なぜなら、効率/品質/顧客満足度が、その分だけ向上するからである。
 
Sisley_5The report finds that “IoT isn’t just for multinational companies investing tens of millions of dollars.  A few dozen sensors and simple automated alerts can cut costs, create new revenue opportunities, and transform customer service.”
 
このレポートは、「数千万ドルの投資が可能な、多国籍企業のためだけに、IoT が存在するのではない。中小の企業においても、数十個のセンサーと、自動化された簡潔なアラートがコストを削減し、新たな収益のチャンスを生み出し、顧客サービスを改善していく」と指摘している。
 
Business sectors that are expected to see the most growth include
 
IoT により最大の成長が期待される業種は、以下などにより構成される:
 
  • Manufacturing (204 percent)
  • Finance and Insurance (128 percent)
  • Media and Entertainment (120 percent)
  • Healthcare and Pharmaceutical (40 percent)
  • 製造業(204%)
  • 金融・保険(128%)
  • メディア・エンタテーメント(120%)
  • ヘルスケア・製薬(40%)
 
Additional benefits from using Internet of Things technology include:
 
また、IoT を採用することで、以下のようなメリットも生じてくる:
 
  • Improved customer experience.  Businesses will be able to speed logistics and delivery of products.  They’ll also be able to better understand and respond to the needs of their customers.
  • Increased productivity.  Businesses that use Internet of Things will be able to improve their efficiency and productivity.
  • Reduced risk.  Businesses will be able to better address regulatory requirements, monitor equipment and improve employee safety
  • 顧客満足度の向上:IoT を導入する企業は、製品に関連する物流および供給の高速化を実現する。そして、さらに、顧客ニーズを適切を理解し、対応していけるようになる。
  • 生産性の向上:IoT を導入する企業は、その効率と生産性の向上を実現する。
  • リスクの削減:IoT を導入する企業は、法的規制への取り組みや、設備を監視、従業員の安全性などについて、より有利な観点で臨めるようになる。
 
Verizon found that there are already more than a billion devices today connected and running business-to-business IoT operations, and by 2020, they expect the number of connected devices to grow to 5.4 billion.
 
Verizon の調査によると、現時点において、すでに 10億を超えるデバイスが接続され、B2B IoT で運用されているという。そして、2020年までに、それらの接続されたデバイス数は、54億個に成長すると予測している。
 
Mark Bartolomeo, vice president IoT Connected Solutions at Verizon, said that “within the past year, amid an improving economy, we’ve seen a number of new entrants starting to use IoT as a roadmap to improve their customers’ experiences, accelerate growth and create new business models that are driving societal innovation.”
 
Verizon の VP IoT Connected Solutions である Mark Bartolomeo は、「この一年の間に、つまり、景気が回復してきた中で、ロードマップとして IoT を採用する、新たな勢力の増大を確認している。それらの企業は、顧客エクスペリエンスを向上させ、自身の成長を加速させ、社会のイノベーションを推進するための、新たなビジネス・モデルを生み出している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、へぇ〜 と思ったのは、Verizon に VP IoT Connected Solutions というタイトルの重役がいることです。 そして、すでに 10億個の B2B IoT デバイスが機能している(Runnning)というのが、かなり新鮮な情報でした。 なぜ Verizon が、分かるのでしょうかね? このポストの冒頭にあるリンクから、20ページ以上もある、立派なサポートが PDFで でダウンロード出来ましたので、これから眺めてみたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
 

IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言

Posted in .Selected, IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 6, 2015
Internet of Things: Security Device Access Rights with Identity Management
By Dick Weisinger − March 27, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-security-device-access-rights-with-identity-management/
_ formtek
The ability to be able to control identity and access rights is a critical component for ensuring the security of devices communicating within the Internet of Things.  But Gartner says that today’s identify and access rights management (IAM) tools are inadequate for handling the scale and complexity of identity management that the IoT will bring.  Within an IoT framework, identity management will expand to include not only people, but also systems and the things that people own, share and use.
 
IoT におけるデバイス間の通信で、そのセキュリティを確保するためには、ID とアクセス権のコントロールが欠かせない。しかし Gartner は、IoT がもたらすスケールと ID 管理の複雑さの取り扱いについて、今日の IAM (Identify and Access rights Management) ツールでは、不十分だと発言している。IoT のフレームワーク内における ID 管理は、人間にだけ適用されるものではなく、システムにまで広がり、また、人々が共有/使用/所有するものも取り込んでいく。
 
Vermeer_5Earl Perkins, research vice president at Gartner, said that ”identity and access management leaders must reconsider how traditional approaches to cybersecurity and identity and access management work in a world where devices and services are so abundant, in so many different forms and positioned at so many different points within the IT ecosystem… ”
 
Gartner の Research VP である Earl Perkins は、「 IAM のリーダーたちは、まだ見ぬ世界のサイバー・セキュリティと、ID およびアクセス管理に対処するため、これまでのアプローチを再考する必要がある。つまり、そこでは、きわめて多様な形態と位置付けを持つデバイスとサービスが、IT エコシステム内の膨大なポイントで接続されていく 」と発言している。
 
Ant Allan, research VP at Gartner, said that ”the Identity of Things (IDoT) requires a new taxonomy for the participants in IAM systems.  People, software that makes up systems, applications and services, and devices will all be defined as entities and all entities will have the same requirements to interact.”
 
Gartner の Research VP である Ant Allan は、「 Identity of Things (IDoT) が要求するのは、IAM システムにおける新たな参加者と分類法である。そこには、人々がいて、システム/アプリケーション/サービス構成するソフトウェアがあり、多様なデバイスもある。そのすべてが、エンティティとして定義され、すべてのエンティティがインタラクトするための共通要件を持つことになる」と述べている。
 
Earl added that “existing identity data and policy planning give IAM leaders and technology service providers (TSPs) a narrow view of entities leading to a static approach that does not consider the dynamic relationships between them. However, the concept of dynamic relationships is vital to the success of future IAM solutions. In fact, the concept of the relationship will become as important as the concept of identity is for IAM in the IDoT. It allows the IDoT to exist and become part of new responsibilities for IAM in the enterprise.”
 
Earl は、「 既存の ID におけるデータとポリシーの発想は、IAM のリーダーや TSP (Technology Service Provider) たちに、きわめて狭い視野を与えるのみである。それは、静的なアプローチであり、すべての接点における動的な関係を考慮していない。つまり、動的な関係というコンセプトが、将来の IAM ソリューションを成功に導くためには不可欠となる。実際のところ、このリレーションシップの概念が重要になっており、それは、IDot における IAM のための ID の概念に等しい。言い換えるなら、エンタープライズにおける IAM のために IDot が存在し、また、新たな責任の一部を担うというシナリオが成り立つ」と付け加えている。
 
ーーーーー
 On Mondayたしかに、IoT を語るなら、その前に Identity of Things (IDoT) の議論が必要ですね。 先週の Weisinger さんは、このコンテントの他にも 「Internet of Things: RFID Makes Strong Comeback as Low-Cost IoT Sensor 」をポストしています。 また、以前には、「BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ! 」という記事もありました。 まぁ、とにかく IoT に関しては、突出した企業がいるわけもなく、文中にもあるように、新たな参加者と分類法が必要なのでしょう。 そして、もちろん、それらをニュートラルな観点で議論していかなければなりません。 人類の叡智が試される、一大事業になるのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Posted in Government, IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 23, 2015
Internet of Things: Cooperation Between Industry and Government
Dick Weisinger – Feb 18, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-cooperation-between-industry-and-government/
formtek.png
The British government recently published a detailed report about the impact of the Internet of Things (IoT) on government, something that they’re calling the ‘second digital revolution’.  The report is called the Blackett Review, named after the Nobel Prize winner Baron Blackett, a physicist who is known for his operations research contributions during World War II.
 
最近の英国政府が公表したレポートでは、IoT が「Second Digital Revolution」として位置づけされ、その影響に関する詳細が述べられている。ノーベル賞受賞者である Baron Blackett にちなんで、このレポートは Blackett Review と呼ばれるが、この物理学者は第二次世界大戦中に、Operation Reserch で貢献したとして広く知られる存在である。
 
Renoir_5The report looks at how the Internet of Things is expected to radically transform the technologies in government, energy, transport and healthcare sectors.  While much of the data in the report are references to other studies, the Blackett Review does a good job of pulling together information about the current state of IoT.  The report also identifies many areas, particularly from the perspective of governments,  that the technology is expected to affect.
 
このレポートは、行政/エネルギー/輸送/ヘルスケアといった各分野におけるテクノロジーに注目し、それらが IoT により、どれほどまで変革されるのかを予測している。そして、他の調査による多数のデータを参照してはいるが、それらの情報と IoT の現状を結び付けるという意味で、この Blackett Review は良い仕事をしている。そして、さらに、それらのテクノロジーが影響を及ぼすと思われる分野を、とりわけ政府の観点から、このレポートは数多く特定している。
 
Some of the findings of the report include:
 
このレポートから参照される、いくつかの興味深い点を列挙する:
 
  • Recommendation for government to back open, interoperable and secure standards.
  • Establishment of a government advisory board that can advise and coordinate IoT efforts on-going between the private and public sectors.
  • Continue and expand the publishing of real-time government Open Data
  • Government and Industry need to work together to come up with best principles for security and privacy
  • Government and Industry need to work together to maximize connectivity and continuity of IoT devices
  • Data Science needs to be prioritized and encouraged in secondary and tertiary education
 
  • オープン/インターオペラブル/セキュアなスタンダードを支援すべきと、政府に対して推奨する
  • 政府内に諮問委員会を設立し、民間と公共の間で進められる IoT への取り組みに対する、助言と調整を実施すべきだ
  • 政府における Open Data のリアルタイムな公開を、継続するだけではなく拡大すべきだ
  • セキュリティとプライバシーに関する最適な原則を作り出すために、政府と産業界は協調すべきだ
  • IoT デバイスの接続性と継続性を最大にするために、政府と産業界は協調すべきだ
  • Data Science の優先順位を引き上げ、高等教育での取り組みを推奨すべきだ
ーーーーー
Blacket Review of IoTOn Mondayもし、私たちの生活や社会が、インターネットにより変化していないなら、このような IoT に関する議論は、唐突なものに過ぎないでしょう。しかし、誰もが体感しているは、モバイルやクラウドの登場に伴い大きく変化してきた、それぞれの日常 そのものなのです。それならば、IoT の将来についてもイメージが出来るはずであり、怖がらずに先へ進むべきという論調が、このところ強まってきたと感じています。 しかし、行政と民間が二人三脚で進まなければ、それも絵に描いた餅に終わります。 さて、日本は、どのように進むべきなのでしょうか。。。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 9, 2015
Internet of Things (IoT): Driving a Revolution in Digital Manufacturing
By Dick Weisinger – Feb 6, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-driving-a-revolution-in-digital-manufacturing/
 
formtek.png
 
The Internet of Things (IoT) is a vision of a world where almost any kind of object can and many will carry some kind of transmitter to send and receive data from the internet.  Think sensors and smart appliances everywhere, and all able to communicate, both by M2M (machine to machine) and M2H (machine to human).
 
IoT のビジョンとは、あらゆる種類のオブジェクトおよび数多くの人々が、なんらかの転送方式とインターネットを介して、データを送受信する世界のことである。すべてのロケーションにセンサーとスマート家電が配備され、M2M (machine to machine)M2H (machine to human) により、それらが通信し合う状況を想像して欲しい。
 
Dali_1Gartner estimates that in 2020 more than 26 billion devices will be able to communicate and signal via the internet.  Cisco estimates the IoT market will add more than $14 trillion to the global economy, of which McKinsey says $310 billion represents incremental revenue for businesses.
 
Gartner の推定によると、2020年には 260億個のデバイスが、インターネットを介して通信し、信号を交換し合うことになる。Cisco の推定では、IoT は $14 trillion 以上のビジネスを生み出し、グローバル経済に寄与することになる。 また、それにより、年間で $310 billion の増収を、グローバルにおける企業群が、積み上げていくと McKinsey は発言している
 
Susan Hauser, Microsoft Vice President, said that “the challenge for successful companies in the coming year will be to harness this data to act on key insights, improve customer service, reduce time to market, enable new innovation in product and services development, and ultimately transform themselves with new business models and revenue streams.”
 
Microsoft の VP である Susan Hauser は、「来年に成功する企業にとっての課題は、それらのデータを活用することで、顧客サービスの向上や、製品開発に費やす時間の短縮を、重要な洞察をベースにしながら推進し、プロダクトとサービスの開発で新たなイノベーションを達成する点に集約される。そして、最終的には、新たなビジネス・モデルと収益の流れを作りだし、自社の体質を変革させることになる」と述べている
 
One area where IoT is poised to drive innovation in particular is manufacturing. By embedding sensors across all devices and elements of the shop floor, businesses will be able to collect real time manufacturing data, enabling very precise monitoring of the production process.  Companies will be able to do predictive maintenance to reduce downtime, better manage their inventories, and also to become more flexible and responsive to changes in market conditions.  A SAS survey found that 18 percent of industrial machinery companies have already started to use ‘IoT devices’ to increase production and reduce costs.
 
IoT によるイノベーション態勢を整えている分野として、とりわけ注目されるのは製造業だろう。すべてのデバイスなどにセンサーをエンベッドすることで、その工場を運用する企業はデータをリアルタイムで収集し、きわめて正確に生産プロセスをモニタリングできるようになる。その結果として、それらの企業は、生産ラインを止めないための予知メンテナンスや、効率のよい在庫の管理を可能にし、さらには、市況の変化に応じた柔軟な操業を実現していく。SAS の調査によると、産業用機器を製造する企業の 18% が、生産の向上とコストの削減を目指して、すでに IoT デバイスを活用していることが分かっている。
 
Sansa Security predicts that 2015 will be the year where device sensors will by default use common, rather than proprietary, protocols to communicate, enabling devices to better interact and be controlled through a single interface.  But businesses will need to make investments.  Old equipment will need to be upgraded or replaced in order to support the new paradigm of digital manufacturing.
 
Sansa Security の予測によると、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルが、2015年にはプロプライエタリからコモンへと変化するようだ。つまり、デバイス間での対話性が向上し、シングル・インタフェースを介した制御が可能になっていく。ただし、依然として企業は、投資を継続していく必要があるだろう。この、デジタル製造業という新しいパラダイムをサポートするために、旧来からの機器を更新/交換していく必要があるのだ。
 
John Nesi, Vice President at Rockwell Automation, said that IoT technology is needed to address “global competitive pressures that are challenging industrial and manufacturing companies to drive inefficiencies out of their systems, manage workforce skills gaps and uncover new business opportunities.”  Done properly, the benefits will be “faster time to market, improved asset utilization and optimization, lower total cost of ownership, workforce efficiency, enterprise risk management and smarter expenditures.”
 
Rockwell Automation の VP である John Nesi は、「IoT テクノロジーが必要とされるのは、製造に携わる企業から非効率なシステムを排除し、グローバルな競争におけるプレッシャーに取り組んでいくためである。それにより、従業員のスキル・ギャップが管理され、新しいビジネス・チャンスが発見される。あらゆる課題に適切に対処していけば、製造期間の短縮/資産の利活用と最適化/所有コストの低減/労働環境の改善/適正なリスク管理/効果的な投資などの、数多くのメリットが生まれてくる」と述べている
 
ーーーーー
On MondayGE の言う Industrial IoT が、まさに製造業のための IoT であり、そのゴールが明確だと感じていました。 そして、こうしてマトメてもらえると、とても具体的なイメージで、目の前に迫った未来像を捉えられます。 いろいろなメーカーやベンダーが、それぞれの IoT を語っていて、インターフェイスからプロプライエタリを排除できるのかどうか、その辺りが疑問として残っていたのですが、それらが共通化されると、一挙の広まりそうな感じがします。 ただし、それとは裏腹にセキュリティに代表される、さまざまな問題も浮上してくるでしょう。 なにやら、インターネットというエクスペリエンスを持つ人類が、総力戦で臨む DevOps が始まりそうな感じですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測されるz

Agile_Cat:2015年 1月の マトメ : なぜ Equinix は強いのか?

Posted in IoT, Research by agilecat.cloud on February 2, 2015

クラウド とは、ネットワークド・コンピューティング のことなのか ・・・  
Agile Cat – Feb 02, 2015 

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb 

年が明けて最初マトメですが、いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数から見ていきます。 昨年の 11月ほどでは有りませんでしたが、この 1月も数多くの人々に参照していただけました :) ただ、こうしてチャートを見ていると、Web への導線が、検索系からソーシャル系へと移行しているように思えてきます。 もちろん、これは Agile_Cat というサイトの、特質を表しているだけなのかもしれませんが、それ以外のところでも、何かが起こっているという感じがします。 とても、興味深いですね

Screen Shot 2015-02-02 at 1.53.52 AM  

今月の上位は、Apple/Google/Facebook/WhatsApp といった、おなじみの顔ぶれが揃ったという感です。 しかし、「5: Google も Cloud Exchange だ:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!」と「9: IBM と Equinix が提携:Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!」にみられるように、ここだけは組まないと思っていた、Google と IBM/SoftLayer までが、Equinix と提供するという状況に至っています。 Equinix の強みは、世界の主要な金融マーケットのある都市で、その IX に近いところにデータセンターを持ち、また、それらをダーク・ファイバーでつなぐことで、この地球上を低レイテンシ/高品質のネットワークで覆っている点だと思えるのです。 言い換えれば、テレコムとナショナリズムの間隙を突く、グローバルなビジネスを成立させているわけです。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングとは、ネトワークド・コンピューティングのことであると、証明しているようにも思えてくるのです。

1: iPhone と 日本:グローバルの成長をよそに、失速しているように見える
2: IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
3: Apple は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている
4: WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!
5: Google も Cloud Exchange だ:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
6: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/12月
7: Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的にアジアを知る!
8: Intel が IoTivity を発表:IoT OSS に Linux Foundation が 全面支援!
9: IBM と Equinix が提携:Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
10: Chromebook :アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
11: Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
12: 台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上
13: Zuck が Cook に 一発かました:自分の顧客を大切にすべきだ!
14: Google はメディアの新王者? 新聞/TV が束になっても敵わない?
15: SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
16: クッキーは死んだ:Facebook/Google/Apple の広告が激変している
17: Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現?
18: Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
19: 今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
20: メッセージング・アプリの人気と経済:それを示す1枚のチャート

ーーーーー

image後書きでの説明になってしましたが、IoT のイメージが少しずつ見えてきた感じがします。 とは言え、まだまだ拡散していくところもあり、、、という感覚は、みなさんも同じではないかと思っています。その意味で、「2: IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する」で引用されている、「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」という表現が、信じるべき何かを伝えているように感じられます image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 12月の マトメ : Facebook に学ぶ モバイル・デザインとは?
Agile_Cat:2014年 11月の マトメ : マルチ・デバイスとクッキーの関係
Agile_Cat:2014年 10月の マトメ : バトル・フィールドが見えてきた
Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める
Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの  

%d bloggers like this: