Agile Cat — in the cloud

日本の大企業には米クラウド勢の恐ろしさを知らない無垢な人が多すぎる

Posted in Amazon, eBook, Interviews by Agile Cat on July 30, 2010

角川書店の新名氏、夙川学院の湯浅先生とのディスカッション

image

先日の Twitter で、いつも仲良くしている http://twilog.org/hi_ro_shi さん、そして http://twitter.com/dentomo さんから、min2-fly さんのブログ・ポストを教えていただきました。 前書きと目次などから、要点を抜粋して掲載しますので、ご興味のある方は、ぜひ、以下の URL から原文をご参照ください。『メディアが明かさないメディアのこと』 が解ります。

http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20100724/1279976162

ーーーーー<抜粋です>ーーーーー

今月の三田図書館・情報学会の月例会も角川書店の新名さん、『出版流通合理化構想の検証』等の著書でも知られる湯浅先生のお二人を招いての、電子書籍関連のテーマについての会でした。ディスカッションでの新名さんのAmazonに関するお話が大変刺激的でしたが、それに限らず新名さんからは角川書店自身の状態も含めて数字を大いに取り入れたご発表があり、湯浅先生からは今こうして電子書籍が話題になる以前からの流れも踏まえてのお話があってと、とても面白い会でした。

電子書籍の現在:2010年、出版界に何が起きつつあるのか
新名新さん、株式会社
角川書店常務取締役

まず現在の出版業がどうなっているかについて
角川書店がどうなっているかについて
角川の電子出版でどんなものが売れている?
電子出版の特色を活かした企画
電子出版をめぐる環境
Amazonの動向1:
なか見!検索
Amazonの動向2:Kindle
Googleの動向:Google books
結論として:出版社の直面する問題

再編される出版コンテンツ市場と図書館の役割
湯浅俊彦先生、夙川学院短期大学准教授/
国立国会図書館納本制度審議会委員

2000年の湯浅の主張は外れたか?
2010年現在、ふたたび本を書こうと考えているが・・・
では
講談社の経営実態は?
一方、
国立国会図書館納本制度審議会では・・・
各端末・サービスの話
出版社の取組み・・・
結局、コンテンツの
データベース化と利用をめぐるビジネスの問題?
電子出版と電子図書館
Ariadneについてもそうだった・・・
日本の
電子書籍を阻むもの:
国立国会図書館の新たな挑戦
Google国立国会図書館
事例:『小田実全集』

そして、以下の 新名新さん(角川)とのQA も、とても興味深い内容となっています。朝日新聞に限らず、さらには、従来型マスメディアという業種に限らず、現実と大きく乖離した感覚をお持ちの方々が多いのだと推測できます。

Q&A からの抜粋

朝日新聞から来たのは書評の担当であった人でもあるが、そのとき半分からかい、半分本気でいったのは、「朝日新聞は大企業だと思っているだろうが、零細である我々(角川)から見たら朝日新聞は Amazon より小さい。本当に(朝日新聞で)できるの?」と言ったら絶句していた。日本の大企業には Google、Amazon、Apple の恐ろしさを知らない無垢な人々が多すぎる。仕事でそれらとやり合うことは多いが、例えば Amazon の Kindle で最初から大量にデータがあったのは、あれは Amazon が作ってくれとお願いしたって出版社がやってくれるわけはない。

じゃあなんで出来たかと言えば、print on demand のためのデータというのものがアメリカでは最初からあった。そのデータを、日本の出版社や書店なら品切れ重版未定のために使うと考えるだろうが、Amazon は違う。Amazon は例えばダヴィンチ・コード発売時に10万部買ったとして、1週間持つだろうと考えていたのが3日で売り切れたとする。

そこでもし出版社にも在庫がなければ、Amazon は迷わず print on demand で刷って売る。その print on demand の本には ISBN も入るし、print on demand であることは読者に明示しない。さすがに paper back に限られているし、print on demand の方が原価は高いが、そうすることで「Amazon に品切れはない」というブランドを作る。

そのための print on demand データがアメリカの出版社にはあって、それがKindle に流された。だから Kindle には最初からデータが大量にあって売れた。こういう発想を日本の出版社は持てるか? そういう相手と一戦交えようとしているのを朝日新聞の人たちはわかっているのか?

ーーーーー

日本の従来型マスメディア(Web も含む)が、うろたえながら、決断を先送りにしている間に、日本の産業全体にとって必要な情報の流れに、放置できない澱みが生じていると感じられます。それを何とか解消しようという意味において、min2-fly さんのブログも素晴らしければ、新名氏と湯浅先生の説明も素晴らしいです。

ーーーーー

<関連>
アメリカの 新聞/TV 幹部への意識調査:先行きの見えないジャーナリズム
Kindle 2 と 青キン Direct でシアワセになれました!
電子ブック・リーダーの No.1 は、iPad ? それとも Kindle ?
歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある

Tagged with: ,

Real World Windows Azure: Interview が 14本になっていた!

Posted in Interviews, Microsoft by Agile Cat on April 9, 2010

こういう事例の紹介は大歓迎です
http://blogs.msdn.com/windowsazure/

Windows Azure

おっ、またきた、、、という感じで、なにげなく見てきた Real World Windows Azure: Interview シリーズですが、先ほど数えてみたら14本になっていました。1月から始まった (?)この企画ですが、興味深い内容が並んでいます。でも、なんでタイトルに連番をふらないのでしょうかね? ーーー A.C.

Thursday, January 14, 2010 5:41 PM
Real World Windows Azure: Interview with Ezequiel Steiner, CEO at Acumatica
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to CEO Ezequiel Steiner about the cloud-based enterprise resource planning (ERP) application that Acumatica developed on the Windows Azure technology platform and the benefits it provides. Here’s

Thursday, January 21, 2010 6:26 PM
Real World Windows Azure: Interview with Anthony Du Preez, Founder of Tradeslot and Adslot
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Anthony Du Preez, Founder of Tradeslot and Adslot, about how the companies use the Windows Azure technology platform for their combinatorial auction platform and the benefits that Windows Azure

Tuesday, February 02, 2010 11:52 PM
Real World Windows Azure: Interview with Conor O’Riordan, CEO at TradeFacilitate
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Conor O’Riordan, CEO at TradeFacilitate, about using the Windows Azure technology platform to build the company’s premier Web site and the benefits that Windows Azure provides. Here’s what he

Thursday, February 04, 2010 7:57 PM
Real World Windows Azure: Interview with Joannès Vermorel, CEO of Lokad
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to CEO Joannès Vermorel about using the Windows Azure technology platform to deliver powerful forecasting models to Lokad customers. Here’s what he had to say: MSDN: What services does Lokad provide?

Thursday, February 11, 2010 5:08 PM
Real World Windows Azure: Interview with Michael Lucaccini, President of Archetype
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Michael Lucaccini, President of Archetype, about using the Windows Azure technology platform for the company’s media management system. Here’s what he had to say: MSDN: What services does Archetype

Thursday, February 18, 2010 5:55 PM
Real World Windows Azure: Interview with Phil Calvin, CTO at Sitemasher
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Phil Calvin, CTO at Sitemasher, about using the Windows Azure platform to deliver the company’s Web development software platform and the benefits that Windows Azure provides. Here’s what he

Azure Interview 1

Wednesday, February 24, 2010 5:32 PM
Real World Windows Azure: Interview with James Osteen, Assistant Director of Information Technology for the City of Miami
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to James Osteen, Assistant Director of Information Technology for the City of Miami, about using the Windows Azure platform to deliver the city’s 311 citizen response application and the benefits that Windows Azure provides. Here’s what he had to say:

Azure Interview 2

Thursday, February 25, 2010 5:24 PM
Real World Windows Azure: Interview with Jim Graham, Technical Manager at 3M
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Jim Graham, Technical Manager at 3M, about using the Windows Azure platform for the company’s innovative Visual Attention Service. Here’s what he had to say: MSDN: Tell us about 3M-what kind

Azure Interview 3

Thursday, March 11, 2010 6:01 PM
Real World Windows Azure: Interview with Jacqueline McGlade, Executive Director for the European Environment Agency
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Jacqueline McGlade, Executive Director for the European Environment Agency (EEA), about using the Windows Azure platform to deliver the agency’s environmental awareness communication platform and the benefits that Windows Azure provides. Here’s what she had to say:

Azure Interview 4

Thursday, March 18, 2010 6:05 PM
Real World Windows Azure: Interview with Sarim Khan, Chief Executive Officer and Co-Founder of sharpcloud
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Sarim Khan, CEO and Co-Founder of sharpcloud, about using the Windows Azure platform to run its visual business road-mapping solution. Here’s what he had to say:

Monday, March 22, 2010 7:07 PM
Real World Windows Azure: Interview with Jim Zimmerman, Chief Technology Officer at Outback Steakhouse
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Jim Zimmerman, CTO at Outback Steakhouse, about using the Windows Azure platform to host the restaurant’s social-networking application and the benefits that Windows Azure provides. Here’s what

Thursday, March 25, 2010 6:19 PM
Real World Windows Azure: Interview with Madhuri Tambe, Senior Product Manager at Persistent Systems
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Madhuri Tambe, Senior Product Manager at Persistent Systems, about using the Windows Azure platform to deliver the company’s e-governance solution for developing regions. Here’s what she had

Thursday, April 01, 2010 5:49 PM
Real World Windows Azure: Interview with Andy Lapin, Director of Enterprise Architecture at Kelley Blue Book
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Andy Lapin, Director of Enterprise Architecture at Kelley Blue Book about using the Windows Azure platform to create the company’s premier Web site and the benefits that Windows Azure provides. Find out what he had to say:

Thursday, April 08, 2010 9:53 PM
Real World Windows Azure: Interview with Patricio Jutard, Chief Technology Officer at Three Melons
As part of the Real World Windows Azure series, we talked to Patricio Jutard, CTO at Three Melons, about using the Windows Azure platform to deliver Bola-an online soccer game available on social networks, such as Facebook  and Orkut. Here’s what he had to say:

ーーーーー

それと、この TEAM BLOG のアーカイブから探すと、アチラ コチラ にスクリプトらしきものが、、、 本来はコンテンツのヘッダーが出てくるべきところなんでしょうが、、、

<関連>
Microsoft における eGov 2.0 への取り組み
とても便利な OData のまとめページ — Noelios Technologies
TechDays のキーノートは、ここに注目!
Tech-Days 2010 での Ray Ozzie からのメッセージ
MIX2010: Day 1 Keynote の概要
Windows Azure Toolkit for Facebook の提供が開始に!

Tagged with: , , , ,

Gartner : Ray Ozzie – Interview 0

Posted in Businesses, Interviews, Microsoft by Agile Cat on December 26, 2009

Gartner Fellows Interview With Microsoft’s Ray Ozzie on Cloud Computing
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

Gartner RAS Core Research Note G00172235

image

Cloud-based computing will create the biggest discontinuity of the IT landscape since the Internet. We sat down with Ray Ozzie, chief software architect at Microsoft, to discuss his vision for cloud computing, and the impact on enterprise computing and the IT industry.

クラウドベースのコンピューティングにより、Internet が始まって以来、経験したことの無い最大の断層が、IT にもたらされるだろう。 私たちは、Microsoft のチーフ・ソフトウェア・アーキテクトである Ray Ozzie にインタビューを試み、クラウド・コンピューティングおよび、エンタープライズ・コンピューティングと IT 業界への影響について、彼のビジョンを聞き出し、ディスカッションした。

Overview

Cloud-based computing will fundamentally transform how enterprises procure and consume technology solutions. Vendors such as Microsoft, which rely almost exclusively on revenue from traditional shrink-wrapped software, are threatened by the shift, but must embrace the technological and business model discontinuities. At this critical transition point for Microsoft, and nearly a year after Microsoft publicly disclosed its cloud-computing strategy, Gartner Fellows Neil MacDonald and David Smith met with Microsoft Chief Software Architect Ray Ozzie to talk about how Microsoft and the industry have progressed during the past year, and to look ahead at what’s next for cloud computing.

クラウドベースのコンピューティングにより、企業におけるテクノロジー・ソリューションの、入手と消費の方式が根本的に変化するだろう。Microsoft のような企業は、つまり、これまでのパッケージ・ソフトウェアからの収益に大きく依存するベンダーは、こうした大転換により脅やかされるが、テクノロジーとビジネスにおける不連続なモデルは受け入れなくてはならない。 Microsoft がクラウド・コンピューティング戦略を発表してから 1年がたった。この、クリティカルな移行期において、Gartner Fellows である Neil MacDonald と David Smith は Ray Ozzie と会見した。 そして、これまでの 1年間に 、どのように Microsoft と業界が進歩してきたのか、また、クラウド・コンピューティングの先に何を見ているのか、という視点から議論した。

Key Findings

Ozzie’s (and thus, Microsoft’s) vision of cloud computing emphasizes hybrid enterprise/cloud computing, where organizations choose when and where computing takes place locally versus in cloud-based infrastructure, and emphasizes that the on-premises and cloud-based solutions work seamlessly together.

Ozzie と Microsoft のクラウド・コンピューティングに関するビジョンは、エンタープライズとクラウドのハイブリッドを強調するものである。 つまり、ローカルとクラウドをベースとしたインフラストラクチャを、どのような方式で、また、どのようなタイミングで活用するのかという点を、企業が選択できるものである。それは、オンプレミスとクラウドをベースとしたソリューションが、シームレスに機能することを意味する。

As with early encryption issues, Ozzie believes that security and privacy issues will be addressed as the industry matures in a combination of legislative advances, as well as industry cooperation.

セキュリティとプライバシーの問題は、暗号化の問題における初期の頃のように、法的な整備だけではなく、そこに業界での協調が加わり、双方が成熟するにつれて、取り組みが進んでいくと Ozzie は信じている。

Ozzie’s vision for cloud computing includes system infrastructure, an application platform and finished applications being delivered as a service.

クラウド・コンピューティングに関する Ozzie のビジョンには、サービスとして提供される、システム・インフラストラクチャと、アプリケーションプ・ラットフォーム、そして、最終的なアプリケーションが含まれる。

Microsoft is investing in its own data centers because it must in order to provide its consumer-based services. It believes it is helping to lead the industry in providing innovations in data center architectures.

Microsoft はが自身のデータセンターに投資するのは、コンシューマ・ベースのサービスを提供するために、それが必要だからだ。 それにより、データセンターのアーキテクチャにおいて、この業界にインベーションを提供する事になると信じている。

Ozzie believes the future of cloud computing is in the experience delivered via a browser across multiple devices — mobile, PC and TV-type screens — which is a vision he refers to as "three screens and a cloud."

クラウド・コンピューティングの未来は、Ozzie が「3つのスクリーンとクラウド」として参照するビジョンにおいて、つまりモバイル/PC/TV タイプのスクリーンという、マルチ・デバイスをまたいだブラウザにより実現されるエクスペリエンスにあると信じている。

Recommendation

Use this discussion to better understand the vision behind Microsoft’s cloud-based strategy and how it differs from other cloud-based providers.

Microsoft におけるクラウド・ベースの戦略と、他のクラウド・プロバイダーとの違いを理解するために、このディスカッションを使って欲しい。

Table of Contents

Analysis

1.0      Ozzie’s Vision for Cloud-Based Computing
2.0      The Importance of Microsoft Data Centers to Its Vision
3.0      Changes Needed for Developers and Operations to Embrace Cloud Computing
4.0      Addressing the Security Concerns of Cloud Computing
5.0      Beyond Cloud Computing
6.0      Thoughts on Following Bill Gates

ーーーーー

とりあえず、前書きの部分だけですがポストします。かなりのボリュームのインタビューなので、間があくかもしれませんが、4~5 回に分けてポストしていくつもりです。 このインタビューの存在を教えてくれた、http://twitter.com/nsharp_2ch さんに感謝です。 ーーー A.C.

 

Gartner : Ray Ozzie – Interview_1

Posted in Businesses, Interviews, Microsoft, Network by Agile Cat on December 23, 2009

1.0 Ozzie’s Vision for Cloud-Based Computing
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

Gartner RAS Core Research Note G00172235

image

Gartner: If someone were to ask you, "Ray, what’s this cloud computing thing all about," do you have a simple explanation?

Gartner: "Ray、クラウド・コンピューティングって何のことか?" と聞く人がいたら、それは簡単に説明できるものなのですか?

Ray Ozzie: I wish I could be that concise. Internally, we have two viewpoints. As an industry, we really need to figure this thing out. We confuse utility computing in many ways with the cloud. One might ask, "What’s the difference between efficient use of the computing resources versus cloud computing?" In my mind, I separated these two views by saying that we will all be using utility computing — that is, we will provide ways, and other people will provide ways of using virtualization and good management software to run workloads very efficiently on large sets of relatively horizontal machines in relatively homogeneous hardware environments. We’ll all be doing utility computing.

Ray Ozzie: それほどに、簡潔であり得ることを望みます。 その内側に、私たちは 2つの観点を持っています。 ひとつの産業として、それを解明していく必要があります。 私たちは、ユーティリティ・コンピューティングとクラウドを、いろいろな意味で混同します。 「コンピューティング・リソースの有効利用と、クラウド・コンピューティングの相違点は何か?」と、尋ねる人がいるかもしれません。私の考えでは、すべての人々がユーティリティ・コンピューティングを利用することで、この2つの視点を切り離しています。すなわち、相対的に均一化されたハードウェア環境内の、相対的に水平化された大規模なマシン・セット上でワークロードを処理する、仮想化と適切な管理のためのソフトウェアを活用する方式を、私たちは提供するでしょうし、他の企業も提供するでしょう。 私たちはすべて、ユーティリティ・コンピューティングを利用するでしょう。

However, cloud computing is the ability to flow workloads into your own infrastructure, as well as outside sets of infrastructure, for whatever reason you want. Whether it’s for agility, cost or scale, you would use the same programming models and tools that you would for the utility computing on-premises. I know it gets very confusing in terms of private cloud versus public cloud. I would be very open to the industry having that discussion and standardizing the terminology.

しかしながら、クラウド・コンピューティングとは、あなたが望む何らかの理由に関わらず、あなた自身のインフラストラクチャ・セットの内外に、ワークロードを流し込む能力のことです。 その理由が、アジリティ/コスト/スケールのためのものであっても、オンプレミスでのユーティリティ・コンピューティングと同等の、プログラミングに関するモデルとツールを使うでしょう。 そのことが、プライベートとパブリックのクラウドの観点で、きわめて紛らわしくなることは理解しています。 この業界でのオープンなディスカッションを行い、特殊な用語を標準化していくことに対して、オープンに取り組みたいと思います。

Gartner: What you’ve described so far focuses on cloud-based system infrastructure and application platform as a service, as well as the ability to move workloads seamlessly between on-premises and the cloud. However, does your vision also include things like applications, information or processes that might be consumed? Is it a "full IT stack" so to speak?

Gartner: これまでのところで、あなたが説明した範囲では、サービスとしてのクラウド・ベースのシステム・インフラストラクチャと、アプリケーション・プラットフォームだけではなく、オンプレミスとクラウドの間でシームレスに、ワークロードを移動させることに焦点を合わせていますね。そこでお聞きしますが、あなたのビジョンには、消費されるだろうアプリケーション/情報/プロセスなどは含まれますか? それとも、説明されたことが「フルのIT スタック」ですか?

Ozzie: In most conversations, when I’m talking about cloud computing, I’m generally talking about the lower layers. It’s just the nature of the conversations that I’m in. When people are at the higher layers, they’re using other terms, like "software as a service," to talk about the shift that’s happening at those higher layers. We call this "software plus services."

Ozzie: 大半のディスカッションにおいて、私がクラウド・コンピューティングについて話すときには、一般によりも低い階層について話をしています。 それが、私の話の特質です。 より高い階層にいる人々は、そのレイヤーで起きているシフトについて話すために、 "software as a service" のような用語を使います。私たちは、それを "software plus services" と呼びます。

At a macrolevel, the world we’re moving into is basically "three screens and a cloud." It’s a cloud, in terms of where the back end of the computing happens. That could be a private cloud, a public cloud or a partner cloud. That’s the back end of the stuff. And the three screens that I’m talking about are a phone class of screen, a PC class of screen and a TV class of screen. All of them have a browser. The browser is kind of the greatest common factor among all of them. Some people say that the browser is the least common denominator, but I like to pay it more respect as the greatest common factor. In general, the experiences that we consume on these screens, and what we will aspire to do as users, have to do with getting the information we need and connecting with the people we want using the browser. The things that we use a lot will have an experience that’s tuned to that class of device — TV experiences, PC experiences, phone experiences and so on.

マクロなレベルにおいて、私たちが進んでいこうとする世界は、基本的に "three screens and a cloud" です。 そのためのコンピューティングが実行されるのが、バックエンドであるという観点で、クラウドです。 それは、プライベート・クラウドおよび、パブリック・クラウド、そして パートナー・クラウドになり得ます。 そして、物事のバックエンドになります。 そして、私が話したいのは、3つのスクリーン・クラスである、電話/PC/TV のクラスです。 それらすべてがブラウザを持ちます。 それらすべてにおける、最大の共通項がブラウザです。 何人かの人々は、すくなくともブラウザは共通の分母であると言いますが、私としては、偉大な共通項として、もっと敬意を払いたいですね。 一般に、それらのスクリーンで消費されるエクスペリエンスと、ユーザーとしての私たちが望むことは、ラウザを使う人々と接続し、また、私たちが必要とする情報を手に入れることで、実現されなければなりません。 そこで私たちが活用するものは、TV/PC/電話のエクスペリエンスといった、デバイスのクラスに適合するエクスペリエンスになります。

Ultimately, it will be as seamless as clicking on something on the Web and having it deposit and cache that application on the device, or having that data synchronized among the devices or to the cloud and so on. That’s more or less the pattern that we’re optimizing at Microsoft — whether it’s connected to entertainment, productivity or the operating system (OS) itself.

最終的には、Web 上でのクリックにより、デバイスにアプリケーションを蓄えること、あるいは、デバイス間やクラウド間でデータを同期するのと同じぐらいに、シームレスなエクスペリエンスとなるでしょう。それらが、エンターテイメント/ビジネス/オペレーティング・システムの、いずれに接続するとしても、多かれ少なかれ、 Microsoft で最適化しているパターンになります。

Gartner: Has the cloud computing part of what you described been characterized as a return to centralization, with the industry building these massive data centers all over the world?

Gartner: あなたが説明している、クラウド・コンピューティング領域は、世界中に大規模データセンターを建てるという業界の動向にならって、中央集権への帰着と特徴づけられますか?

Ozzie: It sounds like it’s the return of decentralized centralization.

Ozzie: それは、センタライズされない中央集権への帰着という感じのものです。

Gartner: With the emphasis on centralization and all the focus on building massive data centers, are we possibly going too far in that direction? Are we building the analogy to the water-powered mills that will end up being condos someday because things end up being redistributed back out to personal and enterprise-owned data centers?

Gartner: 中央集権化と、大規模データセンターの構築にフォーカスすることを、もしかすると、あまりに強調し過ぎていますか? 言い換えると、昔の水車小屋を集合住宅に建て替えるように、それらの大規模データセンターは、最終的には個人や企業に再配分されますか?

Ozzie: I believe in a hybrid model. I fundamentally, deeply believe in a hybrid model at the experience side and at the back-end side.

Ozzie: 私は、ハイブリッド・モデルを信じています。基本的に、エクスペリエンスとバックエンドの両面において、ハイブリッド・モデルを深く信じています。

At the back-end side, it depends on the size of enterprise and the workload, as well as the segment of the enterprise and whether it is highly regulated or whatever. The decisions regarding what to keep on-premises versus what to distribute into the cloud will vary dramatically. Very small businesses will put almost everything into the cloud. Very large businesses will put all their infrastructural systems, such as mail, phone systems and document management, into the cloud. Enterprise applications that have high integration requirements and a lot of legacy issues will stay on-premises. What happens in the middle is a mix.

バックエンドにおいては、エンタープライズの規模とワークロードに依存するだけではなく、そのセグメントや制約事項などにも依存していきます。オンプレミスに何を留め、クラウドに何を展開するのかという議論は、きわめて多様なものとなるでしょう。小規模のビジネスでは、ほとんどすべてがクラウドに展開されるでしょう。 大規模のビジネスでは、メールや、電話システム、ドキュメント管理といった、基本的なシステムがクラウドに展開されるでしょう。高度なインテグレーション要件と、数多くのレガシーな問題を抱えるエンタープライズ・アプリケーションは、オンプレミスに留まるでしょう。中規模のビジネスでは、それらがミックスされるでしょう。

Gartner: I’m thinking more along the lines of exploiting the local hardware and the ability to use technologies like peer-to-peer networking that will take advantage of the processing power and the storage capacity that people will continue to have in their PCs.

Gartner: 一連のローカル・ハードウェアを活用することや、PC が持ち続ける処理能力と記憶容量のアドバンテージを利用する、P2P ネットワーキングのようなテクノロジーを活用することに、私の考え方は傾倒しています。

Ozzie: The peer-to-peer capability is not yet well used, but it will be for content delivery networks (CDNs) as one more tier in a CDN hierarchy. Now, we have centralized serving of applications and content. There are CDNs like Akamai and some companies like us and Google that invest in our own CDNs. We float some percentage to commercial CDNs and do some ourselves. But then the third tier will be peer to peer, because the communication costs are high, and it’s very efficient to go peer to peer.

Ozzie: 現時点では、P2P の能力は適切に使われていませんが、CDN(content delivery networks)や、CDN の別の階層で利用されるでしょう。 私たちは、アプリケーションとコンテントの提供を、センタライズしたところです。Akamai のような CDN と、私たちや Google のように自身の CDN に投資する企業があります。 私たちは数パーセントを商用 CDN で提供し、その他は自身で利用しています。 しかし、3番目の階層は P2Pでしょう。そこでの 通信コストは一般に高いわけですから、P2P はきわめて効率的です。

Yesterday, all user-generated content was at the edge. The industry digerati paint a picture of all content flowing to the center, but that’s unrealistic. It’s going to be some hybrid of the two. Even at our scale — or a Facebook scale — it’s expensive to put all photographs in the cloud or all videos in the cloud. I’m sure YouTube has this issue. It’s problematic to have all that egress being paid for by one party. In that case, peer to peer makes a huge amount of sense. But again, it’s a hybrid architecture. If you don’t have the center, then you can’t rendezvous. You can’t find each other. You can’t connect in any way, shape or form. However, if you don’t have the edge, then you don’t have the agility. You pay for ingress and egress when you don’t have to.

過日、ユーザーが生成した全てのコンテントが、エッジにありました。 この業界の情報通は、すべてのコンテントをセンターに流し込む絵を描きますが、それは非現実的です。 2 つのものを組み合わせる、ハイブリッドになるべきです。 私たちのスケールにおいても、Facebook のスケールにおいても、すべての写真とビデオを、クラウドに置くことは高価になります。 YouTube にしても、この問題を持っていると確信しています。 すべての出口を、1 つのパーティーがまかなうことは問題です。 このようなケースにおいて、P2P が大きな意味をなします。 しかし、それもハイブリッドのアーキテクチャになります。 そして、センターがなければ、集合することができません。 つまり、お互いを見いだすことができません。 どのような形をとるにしても、連結することができません。 しかし、エッジを持たない場合には、アジリティを持てません。 出入口に対して対価を支払えば、それを持たなくて済みます。

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

Gartner : Ray Ozzie – Interview_2

Posted in Data Center Trends, Interviews, Microsoft by Agile Cat on December 22, 2009

2.0 The Importance of Microsoft Data Centers to Its Vision
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

Gartner RAS Core Research Note G00172235

image

Gartner: Why do you think it is so important for Microsoft to get into owning the physical data centers and spending billions of dollars building its own cloud infrastructure versus just enabling others to do this with your software? It seems like there’s a big bet being placed that you have to own this infrastructure.

Gartner: Microsoft が物理的なデータセンターを所有して、クラウド・インフラストラクチャを構築して何十億ドルも投資することは、ソフトウェアを用いて実現していくことと比べて、どれほど重要だと思いますか? インフラストラクチャを自身で所有しなければならないということは、大きな賭けだと思われますが。

Ozzie: There are several reasons. The first is we’re not just a platform company. We’re an application company. So, we have huge infrastructure needs just for the applications we directly serve our consumers — Hotmail on the consumer side, Messenger, Xbox Live and the media service that supports Zune. Just on the consumer side, we have the need for enormous scale.

Ozzie: そこには、いくつかの理由があります。 最初の理由は、私たちがプラットフォームを提供する企業ではないということです。 私たちは、アプリケーションを提供する会社です。 そのため、私たちの顧客に対して、アプリケーションを来レクトに提供するための、膨大なインフラストラクチャが必要になります。 それらのアプリケーションには、コンシューマ向けの Hotmail や Xbox Live と、メディア・サービスとしての Zune などが含まれます。 コンシューマ向けのサービスだけでも、私たちは膨大なスケールを必要としています。

When I started at Microsoft, each one of these was a stovepiped application. They had their own servers. They had their own people that operated them, even in the common data centers. In essence, each was mirroring its own profit and loss all the way down the technology stack.

Microsoft での私の仕事が始まった時、それらのひとつひとつが、ストーブパイプのようなアプリケーションでした。そして、それらは独自のサーバーを持っていました。 共通のデータセンターの中でさえ、個別のオペレーション要員を持っていたのです。 本質に見て、それぞれのチームの利益と損失が、テクノロジー層の隅々にまで反映されていました。

I fundamentally believe that all the enterprise applications that we sell as software will also be a service. I know that every time you add a zero to the order of magnitude, you can do it more efficiently. So, if we are serving 100 million Exchange mailboxes, we’ll do it better than if we’re serving 1 million or 100,000. There is a significant advantage there.

私が確信しているのは、ソフトウェアとして販売する、すべてのエンタープライズ・アプリケーションがサービスにもなるということです。 私が常に認識しているのは、指標には何も加えなことであり、それにより効率が生じます。したがって、100 万や 10万の Exchange メールボックスをサポートしているなら、1 億をサポートしようとする時にも上手くいくでしょう。 そこに、重要なアドバンテージがあります。

If we’re doing it efficiently for ourselves, why not do it for others? One might ask, "Isn’t Microsoft a platform company? Doesn’t it have a lot of partners and a tremendous ecosystem?" Between 90% and 95% of our revenue comes through partners. It doesn’t come directly to us. And we want to keep a healthy worldwide ecosystem of partners alive. Just because we build our own data centers doesn’t mean we become the cloud.

私たち自身のために、それが出来るなら、他者のために出来ないはずはありません。 誰かが ”Microsoft はプラットフォームの会社ではないのですか? そして、パートナーとの間に強力なエコシステムを持っていませんか?" と尋ねるかもしれません。 実際に、私たちの収入における 90%~95% がパートナーを経由しています。 つまり、それだけの収益が、間接的にもたらされているのです。 そして、このワールドワイド・パートナーとの健全エコシステムを、維持したいと望みます。 私たちはのデータセンターを構築するだけであり、自身でクラウドになることを意味するわけではありません。

For this to be successful to enterprises, we must have this capability in every country — literally in every jurisdiction, all of which have different laws about information handling and privacy. It is a very complex environment. Although we can touch major markets, we cannot get everywhere. Therefore, we need ecosystem partners.

エンタープライズを成功させるためには、情報の管理とプライバシーについて異なる法を持つ、文字通り、すべての国とすべての地域で、こうした能力を発揮しなければなりません。 それは、とても複雑な環境です。 私たちが、主要なマーケットにアクセスできるとしても、すべての場所をカバーしているわけではありません。 そのために、私たちはエコシステムにおけるパートナーを必要とします。

Gartner: How can Microsoft differentiate itself in data centers?

Gartner: どのようにして、Microsoft は自身のデータセンターを差別化していくのですか?

Ozzie: In terms of data center evolution, I don’t think people really understand the importance of the advancement of data-center-level technology:

Ozzie: データセンターの進化という観点で、データセンター・レベルの先進的なテクノロジーの進化を、人々が本当の意味で理解するとは思いません:

In a first-generation data center, you’d get screwdrivers out and boot CDs. You’d install the machines in the racks, lay down the OS, configure the networks and so on. When I first came Microsoft just four years ago, that’s where we were — and I think that’s where most people were. Let’s just stay at the hardware level. I won’t even touch on the software level yet.

第 1世代のデータセンターでは、ネジ回しを取り出して、CD からブートしたでしょう。マシンをラックにインストールして、 OS を規定して、ネットワークを構成するなどしたでしょう。 私が 4年前に Microsoft に入社した時、それが実情であり、大半の場所でも同様だったと思います。 それは、ハードウェアのレベルに留まり、ソフトウェアのレベルに触れることはありませんでした。

A second-generation data center is what we referred to as a rack level of deployment. You might buy up to 100 machines or a couple of racks. You’d have them prebuilt by some third party. You’d bring it in and configure it all at once. It’s not like you’re assembling them — you aren’t building things yourself.

第 2世代のデータセンターでは、ラック・レベルのディプロイメントと呼ばれるものです。100 台くらいまでのマシンと、いくつかのラックが購入されたことでしょう。 サードパーティーが前もって作成した製品を、購入したはずです。 そして、一度にデータセンターに持ち込んで、コンフィグレーションしたでしょう。 それは、自身で構築したものでもなく、また、組み立てたものでもありませんでした。

The third generation is what we’re deploying now, which is bringing modularity to the level of containers. We build the shell of the building and deploy these containers into it. The first, second and third generation required that you determine how big the property you’re going to acquire is, as well as the availability of power. You build massive generators out to cover when the power fails. You build a huge shell of a building where all these racks will go, and then you start filling them until they are done. That filling takes a while, so you’ve got this big empty shell and big generators sitting there for a while, while you are filling them. The third-generation data center still has that shell, but it’s now containers — 2,000 or so computers in each— not a rack wall at a time.

第 3世代は、現時点でディプロイされているものであり、コンテナ・レベルのモジュール性に至るものです。簡単な建物を作り、その中にコンテナを配置します。 第 1/第 2/第 3世代のデータセンターで要求されたのは、必要とされる不動産と電力における許容力を、決定することでした。 そして、停電に備えて、外部に巨大な発電機を用意します。 すべてのラックを搬入する先として、巨大な建物を作り、そこがいっぱいになるまで満たしていきます。 しかし、そのためには少しの時間が必要です。 そのため、空の建物と巨大な発電機を設定した後で、その空間を埋めていくことになります。
第 3世代のデータセンターは建物を持ちますが、現時点では 2000 台ほどのコンピュータを取り込み、壁のように配置されたラックは存在しません。

The fourth generation, which is in trial now — and I’ll say we’ll move to that as a primary model within a year or so — is fully modular where you’re bringing in machines and power backup, and cooling on a modular basis as needed. This generation includes the whole supply chain from creation of the computers all the way up, and we’re trying to optimize that to weeks of lead time.

そして、私たちが現時点で試みているのが第 4世代であり、1~2年の間に、そのレベルに移行すると言えるようになるでしょう。そこには、必要とされるにマシンと、補助電源、冷却装置がモジュールとして取り込まれます。 この世代は、コンピュータの作成レベルからの、すべてのサプライチェーンを含み、数週間の準備期間で最適化できるようにトライしています。

This is all important because for a company like ours, which is building a lot of stuff, we don’t want to spend hundreds of millions of dollars that’s going to be sitting idle. Every enterprise will have some level of prebuild that they need to do. Every telecom partner and every government that builds data centers have the issue of how much they plan for and how much power they are wasting.

私たちのような、数多くのデータセンターを構築する企業は、アイドリング状態の設備に何億も使いたくないため、それらすべての特質が重要になってきます。 すべてのエンタープライズが、実施する必要のあるプリ・ビルドを、いくつかのレベルで持つことになるでしょう。 たとえば、データセンターを運用している、すべての通信パートナーと行政機関は、どれだけの電力を必要とし、また、浪費してしまうのかという問題を抱えています。

That’s just the hardware foundation. Then you overlay the software on top of that so that the systems we’re deploying are no longer deployed as stovepipes. There is a management fabric monitoring these, and dynamically moving workloads and powering off machines when they’re not in use and so on.

ただし、それは、単にハードウェアレベルの問題です。続いて、そこにソフトウェアの階層を載せて、実装するシステムがストーブパイプとしてディプロイされないようにします。 さらに、それらのファブリックに関するモニタリングや、データセンターの使用量に応じた、ワークロードのダイナミックな移行と、省電力などについても考えなければなりません。

If we didn’t need the scale that we’re doing, we wouldn’t be driving the innovation down this curve. I never realized until we started to engage with these major telecom partners how much they need R&D, because they’re mostly still at the first generation, or between the first and second generation.

私たちが具現化しようとしている、このスケールを必要としていなければ、イノベーション曲線をドライブすることはなかったでしょう。 私たちは、通信パートナーとの関わりを持ち始めるまで、彼らの R&D で、どれだけの費用が必要とされているのかを知りませんでした。つまり、彼らは第 1世代もしくは、第 1世代と第 2世代の間にいるのです。

Gartner: Do you think the typical enterprise data center will follow this same path of evolution?

Gartner: 一般的なエンタープライズ・データセンターも、そのような進化のパスをたどると思いますか?

Ozzie: Most enterprises don’t have the dynamic expansion and contraction that we need at our scale. Most still operate with stovepiped workload machine combinations. Most of them are still built with heterogeneous hardware configurations — not homogeneous. I think over time enterprises will absolutely benefit — even on-premises — from the fact that we will drive the hardware ecosystem into producing modular containers and providing more choice.

Ozzie: 大半のエンタープライズは、ダイナミックな拡大と収縮を持ちません。 それは、私たちのスケールにおいて必要とされるものです。 大半のケースで、ストーブパイプで接続されたマシンを用いて、ワークロードをこなしています。 また、大部分が異種ハードウェアでコンフィグレーションされ、同種にはなっていません。 私たちがモジュール式のコンテナを生産し、さらに多様な選択肢を提供するために、ハードウェアのエコシステムをドライブしていくという現実に基づき、いずれは、エンタープライズにおける絶対的な利益が生じるでしょう。 それは、オンプレミスであっても同じです。

Gartner: Do you see the evolution of the enterprise data center and the evolution of cloud computing infrastructure as being tightly coupled? Do you think that they converge?

Gartner: エンタープライズ・データセンターの展開と、クラウド・コンピューティング・インフラストラクチャの展開が、しっかりと連携する状況を確認していますか? それらは、一点に集約されると思いますか?

Ozzie: I believe that, generally, you take what you have and you incrementally get it to where it’s going. Historically, we’ve been building scale-up architectures in the data centers. We’ve been building systems with storage area networks, and we’ve been compensating for reliability by buying expensive hardware that’s reliable, as opposed to doing horizontal application models where you can kill a node and the system keeps operating. We then took the scale-up architectures and layered virtualization onto them to have more-flexible consolidation of workload management on this heterogeneous scale-up hardware. One customer’s cluster of machines that it runs virtualization on may be completely different from another’s. Even in a data center, you might have different classes of clustered machines. Some have a lot of memory, and some have reliable disks. It’s a patchwork.

Ozzie: 一般論でいうと、そうなると信じています。それらは段階的に具体化していくでしょう。 歴史的に見て、私たちのデータセンターでは、拡大のアーキテクチャを構築してきました。私たちは、システムの連続した運用や、ノードの削除などを可能にする、水平型のアプリケーション・モデルに対応するために、SAN(storage area network)を用いてシステムを構築し、また、高信頼性の高価なハードウェアを購入してきました。続いて、スケールアップのアーキテクチャを採用し、そこに何層かの仮想化レーヤーを載せました。 それにより、異種ハードウェアをスケールアップさせる、ワークロード管理における更に柔軟なコンソリデーションを実現しました。 仮想化されたマシン上の、ある顧客のクラスタは、他とは完全に分離されるかもしれません。 データセンターのレベルであっても、異なるクラスでクラスタ化されたマシンを持つかもしれません。 いくつかのマシンは、大量のメモリを持ち、また、いくつかは、信頼性の高いディスクを持ちます。 つまり、パッチワークのようなものになります。

The difference between where we’re going is that we’re very rigorous about saying, "No. It’s all horizontal." We’re going for homogeneity. And you don’t get the choice of having 10 machines with a ton of memory and 10 machines with bigger disks. We just say there are limited footprints. And maybe there are three: a big disk footprint, a big memory footprint and a big input/output footprint. However, there is limited choice, and you must program in an environment that lets you move in this direction. I think that this model will come into the data center, and you’ll end up with a split data center. You’ll have the current heterogeneous model and sitting side-by-side with it, literally, will be the homogeneous one. And you’ll begin to move workloads from one to the other as the vendors provide rewritten software to fit this new model.

私たちが到達しようとする領域の特異性は、「いいえ、それはまったく水平です」とは言いにくい点にあります。 私たちは、同種性を目指しています。 そして、膨大なメモリを持つ 10台のマシンと、大容量ディスクを持つ 10台のマシンを用意するという選択肢は、一般的にはあり得ません。 私たちが言えることは、そこには限定されたフットプリントがあるということです。 おそらく、大容量のィスク/メモリ/IO という、3つのフットプリントです。 しかし、限定された選択肢があり、その方向へと移行する環境の中で、プログラミングしなくてはなりません。 このモデルが、データセンターに入って来るだろうと思います。 そして、データセンターを分散させることが最終目標です。 現在の異種モデルを持ち、それらを並べて配置することになるでしょう。 それが、同種モデルになっていくのです。 そして、この新しいモデルに適合させるために、ベンダーが修正されたソフトウェアを提供するにつれて、そこにワークロードを移動していきます。

ーーー

最後の方は独演会みたいな感じで、う~ん、難しいですなぁ、、、としか言いようがありませんが、Ozzie の言う、データセンターの世代の定義がわかりました。 ーーー A.C.

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

Gartner : Ray Ozzie – Interview_3

Posted in Interviews, Microsoft by Agile Cat on December 19, 2009

3.0 Changes Needed for Developers and Operations to Embrace Cloud Computing
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

Gartner RAS Core Research Note G00172235

image

Gartner: How do people get from one model to the other — particularly developers. What kind of tools will be available? Will this require a change in mind-set? Or can they just rely on you for what’s necessary?

Gartner: 特にデベロッパー など、どのようにして人々は、いまのモデルから次へと移行しますか。 どんな種類のツールがが利用可能でしょうか? そこでは、固定観念の変更が必要とされるしょうか? さもなければ、必要な事柄について、あなたに頼ることができますか?

Ozzie: Cloud computing won’t be successful if organizations and developers have to reinvent everything. That’s not what customers want. They want a smooth transition. This notion of the two approaches sitting side by side is very important. That’s why, at least from Microsoft’s perspective, the System Center management portal will let you manage workloads in both. The technologies in Azure are the technologies that are being brought into the enterprise for the more homogeneous side of that equation.

Ozzie: もし組織とデベロッパーが、すべての事柄を新たに考案しなければならないのなら、クラウド・コンピューティングは成功しないでしょう。 それは顧客が欲するものではありません。 彼らは、スムースな移行を欲します。 2つの並行したアプローチという考え方は、きわめて重要です。System Center マネージメント・ポータルであれば、少なくとも、その2つのワークロードを実施できるというのが、Microsoft からの視点です。 Azure のテクノロジーとは、その方程式における同種の側面へ向けて、エンタープライズに引き寄せていくテクノロジーです。

From a developer perspective, I can only model what I have been through at Microsoft with our own development groups. That’s the best pattern that I have in my mind. When I first started talking about this vision in 2006, when I really started getting traction, talking to internal development groups about "you have to shift," the developers went through seven stages of denial. People who have spent their whole life building software the same way really don’t get that they can’t get to the next level without revisiting something.

デベロッパーの視点から見て、私がモデル化できるものは、Microsoft における、私たちの開発グループを介した事柄だけです。 それは、私が考える、最適のパターンです。 そのビジョンについて、私が最初に話したのは 2006年のことであり、社内の開発グループに対して "you have to shift" と促しました、デベロッパーたちは 7 段階の否定を体験しました。一生を通じて同じ方式でソフトウェアを構築するデベロッパーは、何らかの再考を無しに、次のレベルに達することはできません。

The thing that benefited Microsoft internally was that we have had MSN since the mid-1990s growing and serving half a billion users. I created a small internal conference called "SoftServe" that meets annually and brings software development people together with service people. At these events, the service people get up and tell horror stories, such as:

Microsoft の内部で役立ったことは、MSN が 1990年代半ばから成長して、5億人のユーザーをサポートしているという現実でした。 私は "SoftServe” という名の内部の会合を作り、ソフトウェア開発の人々とサービスの人々が、毎年集うようにしました。 こうしたイベントにおいて、サービスの人々は、以下のようなホラー・ストーリーで注意を喚起しました:

It’s 4 a.m. and the phone rings. It’s this guy who works for me:
"I have bad news and really bad news."
"What’s the bad news?"
"The bad news is we’re down and we’ve lost n customers worth of data."
"What’s the really bad news?"
"I think we might not be able to get it up again for two weeks. If we get it up, then we’ll permanently lose all the customers’ data. There’s no way to recover."

午前4時の電話は、ヤツが働けという電話だ:
”悪いニュースだ、最悪のニュースだ”
”いったい どうしたんだ?”
”システムが落ちて、大量のデータが喪失したんだ”
”どこが最悪なんだ?”
”2週間以内に、再立ち上げすることは不可能だ。 そうしても、顧客のデータは戻らない。 復旧の道が無いんだ”

There are many horror stories, such as the inability to scale, having to debug complex interdependencies among live services and how you have to develop systems differently to change the engines in flight, which I don’t think people appreciate enough. We as an industry have come to assume that the IT guy can bring the server down over the weekend, do the migration or upgrade, and then bring it up. It’s just how we’ve operated. You just can’t do that anymore. This means having a very rigorous model view separation, preprovisioning the database in a phase on a live system, and adding the columns that you need so you can start to bring the service live for subsets of users. It means teaching people about behavioral analytics, using A/B testing and watching a subset of users as they start to use the new service, and getting the bugs fixed with them before they start deploying further and further. There’s a lot of learning. And then there are things like horizontal programming. The programming in roles are deployed as front ends, as midtier and as back ends. How do you do system integration creating a VLAN or equivalent between the on-premises and off-premises systems that need to integrate to deliver a real solution to a customer? These are tremendous issues.

他にもあります。 たとえば、スケールを拡大する方法がない、そして、運用中のサービスで複雑な従属関係をデバッグしなければならい、運用中のエンジンを入れ替えるためにシステムを新たに開発しなければならない、などです。こうした状況を、人々が正当に評価するとは思えません。 産業を支える立場として、IT 担当者が週末にサーバーをダウンさせるようにし、続いて、移行や更新を行えるレベルに引き上げていきました。 それは、単に私たちの運用方法です。 ただ、そのようなことは、これからは行えません。つまり、きわめて厳格なモデル・ビューと、運用中のシステム・フェーズでデータベースのプリ・プロビジョニング、必要とするカラムの追加を行わなくてはなりません。 そして、ユーザーの小グループに対する、サービスの提供が始まります。 そこから学習したことは、振る舞いの分析と、A/B Tesiting の実施、ユーザーの一部が新しいサービスを使い始めた時のチェック、そして、ディプロイのたびのバグ・フィックスです。 多くの学習があります。 その後に、水平的なプログラミングの思考のようなものが出てきます。 役割り分担されたプログラミングは、フロント・エンド/ミッド・ティア/バック・エンドとしてディプロイされます。VLAN などを設定するシステムを、オンプレミスをオフプレミスの間で、どのようにして統合しますか?それは、現実のソリューションを提供するために、顧客にとって必要とされる統合です。 それらは、途方もなく、大きな問題です。

The opportunity for Microsoft is to lay down design patterns for applications, and to provide sample applications and sample solutions that people can look at and then just delete the insides and start putting their own code in it. This gets people started into the best practices of this new world, because I don’t think people will just slip into that mentality overnight.

Microsoft における機会は、アプリケーションのためデザイン・パターンを定めることです。そして、人々が参照できる、サンプル・アプリケーションとサンプル・ソリューションを提供した後に、内部で用いるコードを削除して、本来のコードを入れ始めます。 それにより、この新しい世界のベスト・プラクティスへと入り込みます。なぜなら、こうした考え方は、眠っている間に自然と身につくものではないと、私は思うからです。

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

Gartner : Ray Ozzie – Interview_4

Posted in Interviews, Microsoft, Security by Agile Cat on December 16, 2009

4.0 Addressing the Security Concerns of Cloud Computing
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

Gartner RAS Core Research Note G00172235

image

Gartner: How do you see the security concerns of moving to cloud computing being addressed?

Gartner: クラウド・コンピューティングへの移行に伴い、どのようにセキュリティの問題が取り上げられていると見ますか?

Ozzie: There’s no perfect solution. Security is inherently risk management. If it’s described as a "black-and-white issue," we’ll never get there. Whether on-premises or off-premises, everything is vulnerable. So, we just basically invest at different layers of the architecture. There are different aspects of that investment. Oddly enough, it starts with the lawyers and with our policy folks. We have to understand the regulatory environment in every single jurisdiction that we or our customers want to serve. The analogy that I’ll make that might resonate is that we are with cloud computing right now where we were with encryption with mass market products and exports controls in the early 1990s — which is that everybody had their own export and import restrictions, which prevented a software developer from writing something with crypto in it and getting it shipped.

Ozzie: パーフェクトなソリューションなど有りません。 セキュリティとは、本質的にリスク・マネージメントのことです。 もし、それが ”黒と白つけるという問題" だとすれば、決して正解は得られないでしょう。 オンプレミスであっても、オフプレミスであっても、すべてが攻撃の対象です。 したがって、基本的には、アーキテクチャの各層に対して投資していきます。 それらの投資には、各種の局面があります。 とても奇妙に思えるでしょうが、それは弁護士とポリシー担当者との議論から始まります。 私たちが理解すべきことは、私たち自身や私たちの顧客が所属する、すべての司法権において、規制された環境があることです。1990年代の初めに登場した、マス・マーケット製品と輸出のコントロールと一体となる場所で、クラウド・コンピューティングも暗号化を施すような方式に、私は共鳴したいと考えます。それは、すべての人々にとっての輸出入の制約であり、何らかを暗号化し出荷するという行為に基づいて、ソフトウェア開発者を制御するものになります。

The No. 1 priority is understanding the environment. The No. 2 priority is making sure that, at the infrastructure level, we understand the roles of the various human beings involved who might touch the hardware, and understand what is on that hardware that is in the clear and encrypted. Understand what is on the wire that is in the clear and encrypted. Moving up the stack to the keys that we manage, we need to understand those keys and their flow. You have to understand the threat models. We have threat models for certain applications that we have to guard against, such as someone coming in and physically taking the computer or gaining physical access. The customer is less concerned with an oscilloscope on the circuit board on a live system, but we are.

第一に優先すべきことは、環境を理解することです。 第二に優先すべきことは、インフラストラクチャレベルにおいて、そこに関連する人的要因を理解することです。そして、明示と暗号においてハードウェア上で理解されるべきことに、それらの人々は触れることになります。 つまり、明示化され暗号化され、送信されるものを理解します。 私たちが管理する主要なタックを上に動かすことで、それらの要点と、その流れを理解する必要があります。そのためには、脅威のモデルを理解しなければなりません。私たちは、特定アプリケーションにおける脅威のモデルを持っています。そこでガードすべきことは、 誰かが物理的にコンピュータへ侵入すること、そして、物理的なアクセスを得てしまうことです。 顧客は回路基盤上でオシロスコープを用いるほど、そこに注意を払うことはありませんが、私たちは、それを行います。

Ultimately, what’s going to make customers trust the cloud is if we put their most valuable data in there, and others put their most valuable data in there — and, thus, prove over time that we are trustworthy. The same will be true of our competitors. Thank goodness we went through HailStorm and Passport, because we learned a lot, and I would argue that we are the most trustworthy — and the Federal Trade Commission has made sure that we understand privacy practices and that we understand how to handle personally identifiable information within our infrastructure. The European Union (EU) is making sure that we understand how to deal with privacy in a way that reflects its laws and its regulatory environment, which is different from the U.S.

究極的に、クラウドに顧客の貴重なデータを置かせることができれば、信頼させる何ものかが生じます。それに続いて、さらに貴重なデータが置かれるようになるでしょう。そのようにして、長い時間をかけて、信頼できることを証明していきます。私たちのコンペティタにおいても、同じこと言えるでしょう。HailStorm と Passport での出来事について神に感謝するのは、そこで多くのことを学んだからです。そして、私たちが、最もに足る存在だと主張したいと思います。つまり、インフラストラクチャにおいて、どのようにして個人情報を処理すべきかという点で、プライバシー・プラクティスへの私たちの理解を、 Federal Trade Commission が確認しました。European Union(EU)は、その法律と規制の環境を反映した方向性において、私たちが理解しているプライバシーの取り扱い方式を、確認している最中です。それは、アメリカとは異なるものです。

Gartner: With the encryption export controls, ultimately we relaxed the export controls. For cloud computing, do you think that the answer is that Canada, the U.S. and the EU should relax some of these constraints?

Gartner: 暗号化の輸出において、私たちは最終的に、その規制を緩めました。 クラウド・コンピューティングのために、カナダ/アメリカ/ヨーロッパが、それぞれの制約を少し緩和すべきだと考えますか?

Ozzie: I think things will ultimately get relaxed. I’ll give you an example of something that probably should be relaxed. I was talking to a customer who was looking at cloud computing and who deals with health information in the U.K. A citizen in Ireland and a citizen in England cannot store their records in the other country, even within one health service that services both. They can’t even have replica copies for redundant backup. Therefore, you have to spend the money to have all the redundancy within one jurisdiction. I think there are things where we just haven’t been educated yet to understand what Larry Lessig [professor at Stanford Law School] means by "the code is the law." The architectural possibilities have to come together with the law in some way, shape or form, and that will take time. It isn’t that all these things will be repealed. Encryption keys are more important than the physical location of the data.

Ozzie: 最終的に緩和へ向かうだろうと思います。おそらく、こんな感じの緩和が行われるという例を示しましょう。 クラウド・コンピューティングに注目している、U.K でヘルス情報を取り扱う顧客と話したことがあります。 Ireland と England の双方へサービスを提供する医療サービスであっても、それぞれの国の人々は、他国に情報を置くことが出来ません。冗長性のためのバックアップでさえ、レプリカ・コピーを相互に持つことができません。そのため、1 つの司法権の中で、すべての冗長性を持つための費用を負担しなければなりません。 Larry Lessig [professor at Stanford Law School]が "the code is the law" で説明していることを、理解するだけの教養を、まだ、私たちが身につけていないということです。 アーキテクチャ上の可能性は、いずれかの方式や、形状、形式において、法律を伴う必要があり、それは時間がかかることになります。そして、それら全ての事柄は、繰り返されることではありません。 暗号化のカギは、データの物理的なロケーションと比べて、さらに重要な事柄です。

I don’t see legislation that says that the keys must be in this or that country. They say the data must be in this or that country. There are a lot of nuances that we have going on between developers/architects and lawyers trying to get around the laws based on architecture. Cooler heads must prevail, and that only happens with time. It happens when it’s driven by customers. The customers will want to do things that they can’t do. The vendors can spend money on lawyers and lobbyists to help. But, ultimately, it’s going to be the customers who come back, apply pressure and make these things happen.

そのカギが、この国や、あの国にあるべきだと主張する、立法行為を見たことがありません。法学者たちは、データが、この国や、あの国にあるべきだと言います。 アーキテクチャをベースにして法的な問題を回避するために、デベロッパー/アーキテクトと弁護士の間で、私たちが行うべきことががあります。 もっと冷静な思考が広まる必要があり、また、そこでも時間がかかります。 それは顧客の行為により、引き起こされます。 顧客は、出来ないことを、可能にしたいと望むでしょう。 ベンダーは、そこに手を貸すべき弁護士とロビイストに対価を提供できます。しかし、究極的には、顧客による反論と圧力を引き起こすことになるでしょう。

Gartner: Do you think that this is a decade off?

Gartner: これからの 10年で、何らかの変化があると思いますか?

Ozzie: I’m more optimistic because the economic value of what we are talking about is so huge and because there are environmental issues.

Ozzie: ここで話している経済の価値がきわめて大きく、また、環境の問題もあるため、私は楽観視しています。

We’ll begin to see progress locally and jurisdictionally in the three- to five-year time frame. Ten years from now, we’ll look back and say, "I remember when… ." Universally, things will be pretty clear in 10 or more years.

3年から 5年の間に、地域的あるいは法律的な進歩が見え始めるでしょう。 今から10年後には、”あの時を思い出せ” と、私たちは振り返るでしょう。 世界的なスコープで、10 数年で、ものごとはクリアになるでしょう。

Gartner: Is this a scenario where you, Google and Amazon collectively work to get the regulations changed?

Gartner: あなたの言うシナリオは、Google や Amazon と協調できるようにするための、法規制の変更でしょうか?

Ozzie: Consider the crypto analogy. We had the BSA [Business Software Alliance] and all the competitors, such as Microsoft and Lotus, give a common voice. We went on a roadshow to all the senators to force change.

Ozzie: 暗号化における類似性を考えてください。私たちには BSA[ Business Software Alliance ]がありますが、Microsoft や Lotus のような、すべての競合関係が、そこでは協調の声をあげます。私たちは、変化を促進するために、すべての上院議員に働きかけてきました。

Gartner: Is there a similar initiative for cloud computing?

Gartner: クラウド・コンピューティングのための、同様のイニシアチブが存在すますか?

Ozzie: I don’t think it is as formal as the BSA right now, but I’m sure these things will happen. There are places where competitors get together and make these changes happen. A lot of it is just education. Everybody needs to know what this cloud thing is. For reasons that you said, the industry is not helping.

Ozzie: 現時点では、BSA のようにフォーマルなものとなるとは思いませんが、そのような動きが起こると確信しています。 競合する各社が集まり、そのような変化を引き起こしていく場が形成されます。 そこで必要とされる多くの事柄は、まさに教育です。 クラウドが何であるかと、誰もが知る必要があります。 あなたが言った理由では、つまり国レベルの問題を解決するために、この業界が動くことはないでしょう。

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

Gartner : Ray Ozzie – Interview_5

Posted in Interviews, Microsoft by Agile Cat on December 14, 2009

5.0 Beyond Cloud Computing
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

image

Gartner: What’s next beyond the cloud?

Gartner: クラウドの次に来るものは何ですか?

Ozzie: I believe we are moving to a world with three screens and the cloud. Our experience model is repivoting to be cloud-based as the hub, and delivered across the phone, PC and TV. We’ve only begun to conceptualize that. If there are no programming models for the back end and the cloud stuff, then patterns and practices will emerge. We don’t have things to copy on the front end.

Ozzie: 私たちは、3つのスクリーンとクラウドと共に、何らかの世界に移行すると信じます。 私たちのエクスペリエンス・モデルは、ハブとしてのクラウドをベースとして、再び回転しだしました。そして、電話、PC、TV の至るところに届けられます。私たちが始めたことは、その概念化に過ぎません。 もし、バックエンドとクラウドの構成要素のためのプログラミングモデルがないなら、パターンとプラクティスが出現するでしょう。初期段階においては、コピーするものを持っていません。

We’ve talked about how we can use the parallel resources on the client to make a better client. But we really haven’t talked about the design patterns for solutions. To deliver your photos, it’s a canonical one. What is the right architecture if you wanted to write a photo service? How do you build a project and write it so that there is a service component that delivers stuff through a browser, and has the right back-end pieces? Can you build a separate but related piece of code that relates to the service and the phone that does very efficient notifications, so that it doesn’t drain the battery? Is there code for the TV so that it understands how you deal with remotes, so that when you come into a living room and you happen to have a phone and the phone pairs with the TV, you can flip photos from the phone onto the TV? There are scenarios that we will want to develop, and we don’t just want to build a vertical solution. We want developers to have the capabilities of figuring out how to build solutions and stand by these things. Beyond the cloud is related to the cloud, but it’s more at the experience level.

現時点で私たちが議論しているのは、さらに優れたクライアントを作るための、クライアント上でのパラレル・リソースの利用方法です。しかし、ソリューションのためのデザイン・パターンについて、実際には話をしませんでした。 たとえば、あなたの写真を配信するためには、それが規準的なものとなります。 もし、フォト・サービスを記述するとしたら、正しいアーキテクチャは何ですか? ブラウザを介して内容を配信し、また、適格なバックエンドを構成するサービス・コンポーネントを得るために、どのようにプロジェクトを構築して、それを記述しましか? 分離されても関連している断片的なコードが、とても効率のよい通知を行う電話と、サービスとの関係を作りますが、バッテリーを消耗しないようにできますか? ユーザーのリモコン操作を理解し、また、ユーザーリビングルームに入ってきた時の、電話と TV の組み合わせを理解し、電話から TV に写真を転送するような、TV 用のコードがありますか? 私たちが開発したいと思う、いくつかのシナリオがありますが、垂直型ののソリューションだけは構築したくありません。そのためのソリューションを構築できるデベロッパーが、正しいスタンスを持って欲しいと望みます。クラウドを超えた向こう側でも、クラウドとの関係を持ち続けますが、さらにエクスペリエンスのレベルに近づきます。

What is the experience transformation? If you want something to reference when you are writing it, then take a look at the office lab site. We’ve been playing "the future of productivity" knowledge navigator era videos that lead you through the life of someone who is traveling. Yes, they are kind of out there, but they ask the questions: Where is that thing running? How did it move from that thing in their hand to that thing on the wall? How did that thing get on the desktop that was just sitting in the room? It’s not all science fiction. There are real system issues that we need to develop to get to that world, and it’s very relevant.

エクスペリエンスの転換とは、何ですか? それについて、何かを記述するときに、参照すべき何かが必要になるなら、オフィス・ラボ・サイトを見てください。 そのサイトでは、旅行というシチュエーションで視聴者をリードしていく、”the future of productivity” というナレッジ・ナビゲーター時代のビデオを参照できます。それは、向こう側の世界のことですが、そこでの登場人物は ”Where is that thing running?” と、質問します。 それは、掌にあるデバイスから、壁に架けられたデバイスへと、どのようにして移行するのでしょうか? 彼が部屋に入ってきたときに、どのようにしてデスクトップに移行するのでしょうか? その全てが、SF物語というわけではありません。 それらは、現実の世界で実現すべき、システムにおける本質でもあり、きわめて関連性の高いものです。

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

%d bloggers like this: