Agile Cat — in the cloud

Google が擁護する、App Engine におけるロックインの定量化とは?

Posted in .Selected, Google, Interoperability, PaaS by Agile Cat on September 12, 2013

Google defends, quantifies App Engine lock-in concerns
http://wp.me/pwo1E-6Cw
By
Derrick Harris – JUL. 9, 2013
http://gigaom.com/2013/07/09/google-defends-quantifies-app-engine-lock-in-concerns/

_ Gigaom

Summary: Google App Engine’s engineering director, Peter Magnusson, took to Google+ on Tuesday to dispute a lingering reputation the company is trying to lock in developers with its PaaS offering.

Summary: 火曜日のことだが、Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、同社が提供する PaaS により開発者をロックするという、いつまでも消えない評判を戦うために、Google+ に登場した。

photo: Shutterstock / Mopic

Google App Engine engineering director Peter Magnusson has some good news and some bad news about his product. The good news: Contrary to its reputation among some people, Google isn’t locking anybody in by design. The bad news: In practice, it is kind of locking in developers, though.

Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、自身のプロダクトに関して、いくつかの Good News と Bad News を持っている。Good News:何人かの人々が言う悪評に反して、Google はデザイン面で誰もロックしていない。 Bad News:しかし、実際のところ、それは開発者をロックする、ある種のものである。

Magnusson laid out his case in a lengthy Google+ post Tuesday morning in which he explains away lock-in as a case of necessary trade-offs. Essentially, he argues, you can either have access to the guts of the infrastructure and the flexibility — and operational effort — that comes along with that, or you can free yourself of those headaches by using someone else’s abstractions. If you’re using App Engine, that means you also get to use rad features such as Datastore and take advantage of Google’s know-how around things such as load balancing and fending off DDoS attacks.

火曜日の朝の長い Google+ ポストで Magnusson は、必要なトレードオフのケースとして、ロックインとは切り離した自身の経験について説明している。彼の基本的な主張は、インフラとフレキシビリティの本質にアクセスし、また、それに伴う運用上の取り組みを達成できるというものである。さもなければ、他の誰かが考えた、抽象化の概念を用いて、それらの悩みから自身を解放できるという。 つまり、あなたが App Engine ユーザーなら、すでに Datastore などの素晴らしい機能を利用し、また、ロード・バランシングや DDoS 対策といった、先進的な機能を利用していることになる。

With the right practices, portability is possible

Additionally, Magnusson writes, there are generic best practices developers can use to create applications that should be relatively easy to port between modern web application platforms. And, he continues:

それに加えて Magnusson は、アプリケーション構築にデベロッパーが用いる、汎用的なベスト・プラクティスが存在しており、最新の Web アプリケーション・プラットフォームを結びつけるために、それほど難しくなく移植できるはずだと述べている。さらに続けて:

“The stacks that these abstractions map to are replaceable by you. The Google Cloud Datastore is “just” anther NoSQL/NearSQL solution and can be replaced by stacks such as MongoDB; memcache is memcache; MySQL can obviously replace Google Cloud SQL; and the language containers are mostly forward compatible with other containers. Significant portions of the client environment, such as NDB, are open sourced by us already. When we add new building blocks like the Go language, we open source the whole language.”

これらの抽象概念がマップするスタックは、あなたによりリプレースが可能である。たとえば Google Cloud Datastoreは、まさに別の NoSQL/ NearSQL ソリューションであり、MongoDB といったスタックによりリプレースできる。 memcache は memcache のままであが、言語コンテナは他のコンテナに対して上位互換性を持つ。たとえば NDB などの、クライアント環境における重要な部分は、すでにオープンソース化されている。 さらに言えば、Go 言語のような新しいビルディング・ブロックを追加するとき、その言語全体が、オープンソース化されていく。

Want more proof? Magnusson points to Google’s partnership with open-source App Engine implementations such as AppScale, as well its work with Red Hat to bring the App Engine APIs to the JBoss and OpenShift platforms. Oh, and the rollout of the Google Compute Engine platform for users who really do want control at the infrastructural level.

これ以上の証明が、必要とされるだろうか? Magnusson は、オープンソース App Engine 実装する、たとえば AppScale と Google のパートナーシップを指摘するだけではなく、JBoss および OpenShift のプラットフォームに、App Engine の API を取り込むための、Red Hat との協業にも触れている。そして、インフラレベルでのコントロールを必要とするユーザーに対しては、Google Compute Engine プラットフォームを展開しているのだ。

The App Engine homepage.

Now here comes the “but …”

All that said, there is the cold, hard truth that running on a platform like Google App Engine (or, one could argue, almost any other cloud platform) inherently involves some degree of lock-in. Google does exit interviews with large-scale customers when they leave, and it has found the average time for them to successully move their application to a new platform is three to four months. “I would posit that this is not materially worse than any other public-cloud-to-public-cloud transition once you have a complex system up and running,” Magnusson wrote.

ここで述べてきた、すべての事柄を、Google App Engine(大半のクラウド・プラットフォームも同じだといえる)のような、いくつかの点でロックインと本質的に絡み合うプラットフォーム上で実現するにしても、ある種の冷たい響きを拭い去れない。 大口の顧客が Google から去るとき、彼らは出口インタビューを行なっている。 そして、それらの顧客が、新しいプラットフォームへアプリケーションを移動するために、平均で 3~4ヶ月を要しているという事実を見つけた。「それは、複雑なシステムを構築/運用し始めた後に、あるパブリック・クラウドから他のパブリック・クラウドへと移行するのと比較して、大きく悪化することはないと、私は仮定していたのだろう 」と、Magnusson は述べている。

All biases considered, Magnusson does make some good points. I’ve argued essentially the same thing before about Amazon Web Services — it’s a matter of expectation lock-in more than technological lock-in — and it probably holds true for just about every Platform-as-a-Service and Infrastructure-as-a-Service offering around. You could technically rewrite an application for any number of similar database or storage services, for example, but it’s the parts you like about a particular provider’s service that are hard to replicate.

すべてのバイアスを考慮した上で、Magnusson は、いくつかの興味深い点を指摘している。以前に、Amazon Web Services について、本質的に同じことだと主張している。 それは、テクニカルなロックインというより、期待どおりのロックインである。そして、おそらく、ほぼすべての Platform-as-a-Service と Infrastructure-as-a-Service について言えることでもある。 たとえば、技術面で類似したデータベースやストレージ・サービスへ向けて、あらゆるアプリケーションを書き換えられるだろうが、特定のプロバイダが提供するサービスを好むなら、その複製も難しくなってしまう。

Even with an open source project like OpenStack, easy portability isn’t guaranteed. Yes, the underlying code and building blocks might be the same, but it’s the differences among OpenStack-based providers that makes a market. If everyone looked and functioned exactly the same, there would be no reason to consider anything other than Rackspace in the public cloud.

OpenStack のようなオープンソース・プロジェクトであっても、容易なポータビリティが保証されるわけではない。Yes! 基本的なコードやビルディング・ブロックは同じかもしれないが、そこには、市場を構成する OpenStack ベース・プロバイダごとの差異がある。誰もが見ても、まったく同じように機能するなら、パブリック・クラウドにおいて、Rackspace の以外の環境を検討する必要もなくなるだろう。

Beside, moving a serious application from one cloud to another will never be enjoyable no matter how architecturally similar they are. Although, management layers such as RightScale, Scalr or Enstratius (now Dell Multi-Cloud Manager) could help mitigate some of that pain, and the Cloud Foundry community is trying to make portability among Cloud Foundry instances, at least, relatively pain-free.

話はそれるが、きわめて重要なアプリケーションを、あるクラウドから他のクラウドに移行することは、どれほどアーキテクチャが似通っていても、決して楽しい作業ではない。しかし、RightScale や、ScalrEnstratius (現 Dell Multi-Cloud Manager)などのマネージメント・レイヤを用いることで、その痛みも、いくぶんは軽減されるかもしれない。また、Cloud Foundry のコミュニティでは、Cloud Foundry インスタンス間でのポータビリティを実現しようとしている。そうなれば、少なくとも、痛みから開放される。

As with so many things in life, the “which cloud to choose?” debate really boils down to picking your poison. You can probably count on loving some aspects and hating others. But you’re also probably stuck with it for a while, so choose carefully.

人生における数多くの物事と同じように、「どのクラウドを選ぶべきか?」という議論は、「毒を食らわば」という発想に至りやすい。 おそらく、いくつかの側面は好ましく、いくつかは好ましくないという、何らかの判断に依存することになるのだろう。しかし、多くの人びとは、まだ、躊躇しているのだろう。 だからこそ、慎重に選択して欲しい。

Feature image courtesy of Shutterstock user Mopic.

Related research

ーーーーー

google-55a昨年の 9月にポストした、『 クラウド・ベンダー・ロックインと闘うための 五箇条の御誓文 』という抄訳には ーーー 数多くの人々が、そうしたように、私も App Engine の学習に、長い時間を費やしてきた。そして、App Engine を使っている多くの人々のように、それは間違いなのかと案じている。なぜなら、あなたの投資と開発の産物である、あらゆるアプリケーションが、App Engine だけで走るのものになってしまうのだから ーーー という、Google Groups フォーラムに書かれたメッセージが引用されていました。抽象度が高まれば、互換性が薄れていく。 だからといって、互換性に固執すれば、イノベーションの速度が落ちていく。とても難しい問題です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
NIST の Cloud Architecture 序文
NIST の Cloud Architecture 概要
NIST の Cloud Architecture – プロバイダとユーザーのスコープ

AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Interoperability, Private Cloud, Rackspace by Agile Cat on June 20, 2012

Cloud Bursting between AWS and Rackspace
http://wp.me/pwo1E-4kG

Image43Nati ShalomFriday, June 15, 2012
http://highscalability.com/blog/2012/6/15/cloud-bursting-between-aws-and-rackspace.html

_ highscalability

Cloud bursting is an application deployment model in which an application runs in a private cloud or data center and bursts into a public cloud when the demand for computing capacity spikes. The advantage of such a hybrid cloud deployment is that an organization only pays for extra compute resources when they are needed. (Source: SearchCloudComputing)

クラウド・バーストとは、プライベート・クラウドやデータセンターで実行されるアプリケーションを、コンピューティングの容量に対する要求が急上昇するときに、パブリック・クラウドへと一斉に移行するための、アプリケーション・ディプロイメント・モデルのことである。この種のハイブリッド・クラウド・ディプロイメントの利点は、追加のリソースが必要とされる時だけに、その対価を支払えば良いという点に集約される。 (Source:SearchCloudComputing

Neal Sample the former CTO – X.commerce at eBay gave an interesting talk last year on the economic benefit of Cloud Bursting. Neal pointed out eBay traffic statistics and showed some real numbers of the business impact of bursting peak load activities using on-demand cloud resources as presented in the diagram from his talk.

昨年のことだが、eBay- X.commerce で CTO を務めていた Neal Sample が、Cloud Bursting における経済的なメリットについて、面白い話をしていた。Neal は eBay のトラフィック統計について指摘し、クラウド・バーストがビジネスに与える影響を、具体的な数値で示した。それは、オンデマンドでクラウド・リソースを使用する際の、ピーク時におけるアクティビティのことであり、彼の話で用いられた図は以下のものとなる。

In order to use cloud bursting effectively we need to address the following set of challenges:

  • Workload migration – specifically the ability to clone our application environment in a consistent way across sites in an on demand fashion.
  • Data Synchronization – The ability to maintain real time copy of the data between the two sites.
  • Network connectivity – The ability to enable flow of netwrok traffic between between two sites.

クラウド・バーストを効果的に用いるには、以下の課題に取り組む必要がある:

  • Workload migration – とりわけ重視される能力は、オンデマンドでサイト間をまたぐアプリケーション環境のクローンを、一貫した方式で作成するためのものとなる。
  • Data Synchronization – 2つのサイト間で、リアルタイムでデータをコピーする能力。
  • Network connectivity – 2つのサイト間で、ネットワーク・トラフィックのフローを実現する能力。

A Step By Step example:
Migrating Workload and Data from AWS to Rackspace

To make things simpler we piked Amazon and Rackspace as the two target sites. We have tried the same example with a combination of HP Cloud Services and a flavor of a Private cloud.

話をシンプルにするために、私たちは Amazon と Rackspace をターゲット・サイトとして取り上げた。 さらに、HP Cloud Services とプライベート・クラウドの組み合わせも試してみた。

The example demonstrates a simple web application with global load-balancer (Rackspace), and Web Application (Petclinic) based on Tomcat as the Web front end and MySQL as the database.

このサンプルが例証するのは、グローバル・ロードバランサ(Rackspace)を用いるシンプルなWeb アプリケーションと、Tomcat ベースの Web Application(Petclinic)であり、Web フロント・エンドとして機能する。 さらに、データベースとして機能する MySQL もある。

On both ends we used GigaSpaces XAP Transactional WAN replication as a replication channel between the two instances of MySQL and Cloudify to handle the workload migration between the sites.

そして、双方のバックエンドに、GigaSpaces XAP Transactional WAN リプリケーションを配置している。 それにより、2つのインスタンスである MySQL と Cloudifyの間にリプリケーション・チャネルが確立され、サイト間のワークロード・マイグレーションが処理される。

The Goal: Cloud Bursting and Fail-Over with no change to the target application

The goal that we set to ourself is that all that would be done seamlessly without any change to the target application or database. We achieved that by plugging the replication service to the existing instances of MySQL. The replicating service listen to the MySQL events and replicate every change to its peer MySQL instance – Cloudify enabled us to clone the same application in in both Amazon and Racksapce while maintaining consistent configuration setup as well as consistent scaling and fail-over SLA’s. Cloudify does that by abstracting all this inforamtion through portable recipe definition. Cloudify wraps the application instances with its management and control services based on the defintion that is provided in the recipie. This enabled us to clone the environment as well as add elastic scaling without changing the target application (Petclinic in this specific case).

The Goal: Cloud Bursting と Fail-Over は、ターゲット・アプリケーションに対して、何の変化も及ぼさない。

私たちのために設定したゴールは、ターゲットであるアプリケーションとデータベースに対して、如何なる変更を及ぼすこと無く、シームレスに処理する点に、その全てが集約される。 そして、既存の MySQL インスタンスに対して、リプリケーション・サービスを接続することで、このゴールに到達した。 このリプリケーション・サービスは MySQL イベントをリッスンし、その全ての更新を、相手方の MySQL インスタンスに複写していく。そして Cloudify により、Amazon と Racksapce の双方で、同じアプリケーションのクローンが作成されるが、その同一性は、一貫したコンフィグレーションの維持だけではなく、スケーリングとフェイルオーバーの SLA にまで及ぶ。 Cloudify は、ポータブルなレシピ定義を介して、すべての情報を抽象化することで、この処理を達成する。 具体的には、このレシピにより提供される定義をベースにして、アプリケーション・インスタンスとManagement/Control サービスをラップしてくれる。 それにより、対象となる環境をクローン化するだけではなく、ターゲット・アプリケーションを変更することなく、エラスティックなスケーリングも達成する(このケースでは Petclinic)。

You can read the full details including code references on Github on Dotan Horvitz blog post Bursting into the Clouds – Experimenting with Cloud Bursting

すべのて詳細に関しては、Github 上でコード・リファレンスを含めて参照できる。 また、Dotan Horvitz のブログ・ポストである、Bursting into the Clouds – Experimenting with Cloud Bursting も参照して欲しい。

ーーーーー

TAG indexこの手の記事は、初めて見ました。クラウドの運用は、こんな感じで、どんどんとハイブリッド化していくのでしょうね。 以前に、「身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?」という抄訳をポストしましたが、必要に応じてワークロードを、安全かつ簡単に移動させていくことが、これからの運用に求められるようです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook が発表した Folly は、宝石のような オープンソース C++ ライブラリ
Facebook にストアされた 100 Peta Byte は、写真に換算すると 6,660 億枚になる!
Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは
Facebook Timeline は、データの非正規化という破壊力で誘う
とっても ラブラブな Linux と Big Data

PayPal と eBay が、X.commerce カンファレンスを共催

Posted in API, Interoperability by Agile Cat on September 21, 2011

PayPal and eBay Merge for X.commerce Innovate Conference
Garrett Wilkin, September 14th, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/09/14/paypal-and-ebay-merge-for-xcommerce-innovate-conference/

_ ProgrammableWeb

X.commerce is the new brand for the developer commerce tools that include the eBay API and PayPal API. The first conference under this new brand is coming in October to San Francisco. As a media partner, we have a promo code, as well as a little more information about how the company is looking to create a sum greater than its parts with the X.commerce platform.

X.commerce とは、デベロッパー・コマース・ツールにおける新しいブランドであり、eBay APIPayPal API を取り込んでいる。この新しいブランドによる最初のカンファレンスが、10月に San Francisco で開催される。 メディア・パートナーとして、当社もプロモーション・コードを持っているが、それだけではなく、X.commerce プラットフォームをパーツとして利用する企業が、より大きな価値を生み出そうと注目している、という情報も有している。

clip_image001The conference takes place on October 12-13 in San Franscisco. Speakers include eBay CEO John Donahoe; Blake Mycoskie, founder of TOMS Shoes, the company that donates a pair of shoes for each one that you buy; Katie Burke Mitic, Technology Executive at Facebook, and many more.  After the days of presentations and strategy discussion you can take part in X DevCamp on Friday the 14th.  It will give you a chance to work with seasoned veterans who will guide you through PayPal, eBay, Magento, and X.commerce implementations. ProgrammableWeb readers will save $100 off the registration fee using promo code “INN2011PW.”

そのカンファレンスは San Franscisco で、10月12-13日に開催される。 スピーカーには、eBay の CEO である John Donahoe および、TOMS Shoes の設立者 Blake Mycoskie(同社からは 1足のクツがプレゼントされる)、Facebook の Technology Executive である Katie Burke Mitic などが含まれる。  プレゼンテーションとづとラテじー・ディスカッションの後、14日(金)には X DevCamp に参加することも可能だ。  そこでは、PayPal および、eBay、Magento、X.commerceの実装を通じてガイドしていく、それらに精通したベテランと共に学ぶというチャンスが得られるだろう。 ProgrammableWeb 読者であれば、プロモコード「INN2011PW」を使うことで、参加費から $100 が差し引かれる

clip_image001[5]X.commerce is a platform that combines eBay and PayPal APIs with breadth and depth. PayPal API has options to allow your customers an express checkout option or to schedule recurring payments.  EBay opens up just about all its site features to developers, whether its listing, buying or searching for items. Filling out the trio of the X.commerce platform is Magento, a company which provides a range of solutions from small DIY website design and hosting tools to full-fledged enterprise level e-commerce consultancy services.

X.commerce は、eBay と PayPal における 各種 API の、間口と奥行きを組み合わせるためのプラットフォームである。 PayPal の API は、エンドユーザーによる迅速なチェックアウトや、スケジューリングされた毎月の支払などを実現するための、いくつかのオプションを持っている。  そして eBay は、商品の Listing/Buying/Searching において、そのサイトの、ほぼ全ての機能をデベロッパーに開放する。 さらに、X.commerce プラットフォームのトリオを構成する、Magento というコンサルティング会社がある。 それにより、小規模な DIY Web サイト・デザインから、フル・エンタープライズ・レベルのインターネット・コマース用ホスティング・ツールにいたる、広範囲におよぶソリューションが提供される。

imageThe web is still a wide open field for small businesses and X.commerce is helping them connect to customers online. Even if you aren’t selling products yourself, developers can benefit by using the APIs to help those small businesses integrate with eBay, PayPal and Magento.

ここで言う Web とは、中小企業のために開放されたオープンなフィールドであり、また、X.commerce により顧客とのオンライン接続がサポートされる。 たとえ、独自の商材を持っていなくても、中小企業を eBay/PayPal/Magento と統合させるための API により、デベロッパーは大きなメリットを得ることが可能となる。

ーーーーー

今年の 2月に、eBay と PayPal が、オープンなプラットフォームを推進するために、その API と統合していくと発表しました。PayPal が、eBay の 100% 子会社であっても、API とデベロッパー・リレーションのフィールドで、協力体制の確立が望まれ、それぞれの API チームが協力しあうかたちに再編されたようです。それが、この X.commerce へと発展してきたのだろうと思います。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

eBay と PayPal が、API 統合のための開発チームを結成
eBay が買収する、モバイル・ペイメントの Zong とは?
Foursquare と Amex の大型提携とは?

 

RightScale の MyCloud は、Zynga エクスペリエンスを活かしたハイブリッド・クラウドを実現する

Posted in Game, Hybrid, Interoperability by Agile Cat on June 10, 2011

RightScale brings Zynga-like hybrid clouds to the masses
By Derrick Harris Jun. 7, 2011, 7:55am
http://gigaom.com/cloud/rightscale-brings-zynga-like-hybrid-clouds-to-the-masses/

_ Gigaom

Cloud-management platform provider RightScale is launching a new service to help customers manage private and hybrid clouds similar to what RightScale customer Zynga does with its vaunted Z Cloud infrastructure. Hybrid cloud computing appears to be the end-game for many companies’ cloud strategies right now, and RightScale’s new MyCloud service might represent an ideal way of thinking about the model. 

クラウド・マネージメント・プラットフォーム・プロバイダーである RightScale は、プライベートおよびハイブリッドのクラウドを管理する顧客を支援するための、新しいサービスを立ち上げようとしている。それは、同社の顧客である Zynga が自慢する、Z Cloud インフラストラクチャに類似したものとなる。 ハイブリッド・クラウド・コンピューティングは、数多くの企業における、現時点のクラウド戦略の大詰めになるように思われる。そして RightScale の新しい MyCloud サービスは、このモデルについて考える際の、理想的な方法を示すのかもしれない。

imageRightScale’s new offering provides the proverbial single pane of glass through which to manage private-cloud infrastructure based on either Eucalyptus Systems or Cloud.com as well as public cloud-based resources that are managed via RightScale. And although Zynga built its RightScale-based cloud setup from scratch, RightScale CEO Michael Crandell said it offers what might be the ideal model for doing hybrid cloud computing. Rather than focusing on simple cloudbursting, which Crandell calls “naive” in certain situations, Zynga honed in on standardization as a focus of its cloud efforts.

RightScale の新しいサービスは、Eucalyptus Systems あるいは Cloud.com をベースにしたプライベート・クラウドのインフラストラクチャだけではなく、RightScale を介してパブリック・クラウド・ベースのリソースも管理するという、評判のガラス・パネルを提供する。Zynga はスクラッチから RightScale ベースのクラウドを構築してきた。 しかし、今回のサービスにより、ハイブリッド・クラウド・コンピューティングを実現するための、理想的なモデルを提供していくと、RightScale CEO である Michael Crandell は発言している。ある特定の状況において「頼りなくなる」と Crandell が言う、単純なクラウド・バーストに焦点を合せてデザインするのではなく、Zynga はクラウドにおける作業に焦点を合わせた標準化へと向かっていった。

imageBy utilizing standard server templates, Zynga is able to stage, test and launch games in Amazon EC2, then easily migrate them to its private cloud when the time comes by launching a cluster of identically configured servers in-house. Last week, RightScale opened its MultiCloud Marketplace, which is like an app store for infrastructure configurations that features a wide range of templates for everything from web servers to Hadoop clusters. With MyCloud, users can now create their own Zynga-like experience by utilizing Marketplace templates on private cloud infrastructure as well as in the public cloud.

Zynga は標準的なサーバー・テンプレートを利用することで、ゲームのステージングと、テスト、そして立ち上げまでを 、 Amazon EC2 で行えるようになった。 そして、同様にコンフィグレーションされたクラスタを立ち上がるタイミングになったときに、それらをプライベート・クラウドに、容易に移行させていった。 先週のことだが、RightScale はインフラストラクチャのコンフィグレーションのためのアップ・ストアのような、MultiCloud Marketplace をオープンした。そこでは、Web サーバーから Hadoop クラスターにまでいたる、広範囲におよぶテンプレートが強く押し出されている。 MyCloud の Marketplace テンプレートを利用することで、プライベート・クラウドに加えてパブリック・クラウドにおいても、ユーザーは Zynga のようなエクスペリエンスを構築できる。

Another use case for MyCloud, Crandell said, might be to spread different components of an application architectures across both public and private resources. Depending on bandwidth costs and the need for high-speed interconnects, it might make sense for certain parts (e.g., an on-demand processing engine) to run in the public cloud while others remain on premise.

MyCloud のユースケースでは、アプリケーション・アーキテクチャにおける個々のコンポーネントを、プライベートとパブリックのリソースをまたいだ形で配布できると、Crandell は発言している。 ネットワーク帯域のコストと、高速接続の必要性に応じて、特定の部分(たとえばオン・デマンドの処理エンジン)をパブリック・クラウドで走らせ、その他はオンプレミスに残すといった方式が、意味をなすかもしれない。

Crandell will be present at Structure 2011, being held June 22-23 in San Francisco, to discuss the future of cloud application platforms and what issues they’ll need to address as mainstream interest picks up. MyCloud is currently available for free through an early access program, although more-functional, and paid, Standard and Enterprise versions are on the way.

6月 22-23日 に San Francisco で開催される Structure 2011 に、Crandell は出席するだろう。そして、クラウド・アプリケーション・プラットフォームの将来と、彼らが取り組むべきメインストリームとしての、テーマについて議論することになる。 MyCloud はアーリー・アクセス・プログラムの期間にあるため、現時点では無償で利用できる。 そして、更に機能を加えた、Standard と Enterprise の有償バージョンが開発中とされている。

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

ーーーーー

とても評判の良い RightScale ですが、Zynga のインフラストラクチャを構築していたのですね。これで、なんとなく、その理由が分かったような気がします。 そして、今後の関心事になっていくと思われる、パブリックとのハイブリッドという流れにおいて、とても優位なポジションを確保しているように見えます。 要チェックですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CA が買収した(?) NimSoft のクラウド・モニターが面白い
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る
Elastic Beanstalk とは? – Amazon CTO の Werner Vogels が語る
Heroku は、Facebook のオフィシャル・クラウド・アプリケーションになれるのか?

 

VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える

Posted in Businesses, Interoperability, PaaS, VMware by Agile Cat on June 3, 2011

VMware Acquires Enterprise Microblogging Company Socialcast
By Klint Finley / May 31, 2011 3:00 PM
http://www.readwriteweb.com/enterprise/2011/05/vmware-acquires-socialcast.php

_ Read Write

VMware announced today that it will acquire Socialcast, an enterprise microblogging and social network software-as-a-service. The move expands VMware’s software-as-a-service portfolio, which also includes Zimbra, Mozy and SlideRocket. VMware is owned by EMC.

今日のことだが、VMware は、エンタープライズ・マイクロブログととソーシャル・ネットワークを SaaS として提供する Socialcast を買収すると発表した。 この同郷により、VMware だけではなく、Zimbra と、MozySlideRocket を含む、SaaS ポートフォリオが拡大される。 もちろん、VMware 自身は EMC により所有される。

VMware has been expanding expanding its product line-up beyond virtualization in the past 18 months. It acquired the Web-based e-mail and office suite Zimbra from Yahoo in January of 2010. In April of this year it took control of Mozy and announced its cloud computing platform CloudFoundry. Later that month it acquired SlideRocket. This month it launched Horizon App Manager, a single sign-on service for various Web applications. App Manager is just one part of Project Horizon, VMware’s cloud identity initiative.

これまでの 18ヶ月間において、VMware は仮想化という領域を超えたところで、そのプロダクト・ラインナップを拡大し続けてきた。 同社は 2010年 1月に、Web ベースの電子メールとオフィス・スイートである Zimbra を、Yahoo から買収した。 今年の 4月には、Mozy の経営権と、クラウド・コンピューティング・プラットフォームである CloudFoundry について発表した。 そして、4月の終りには、SlideRocket を獲得した。 さらに同社は、各種 Web アプリケーションのためのシングル・サインオン・サービスである Horizon App Manager を、今月になって立ち上げた。 この App Manager は、VMware のクラウド ID イニシアティブである Project Horizon の、まさに一部分となる。

_VMware"We’re realizing there’s a new way to work using cloud applications," says Brian Byun, VP of VMware’s Cloud Applications business unit.He says Project Horizon is at the core of VMware’s strategy for enterprise applications, but it’s about more than just connecting companies to existing applications. It’s about creating a whole new way of working.

『 私たちは、クラウド・アプリケーションを利用する、新しい方法があると認識している 』と、VMware の Cloud Applications Business Unit VP である Brian Byun は言う。 そして更に、VMware のエンタープライズ・アプリケーション戦略のコアに Project Horizon が位置するが、既存のアプリケーションを接続するだけではないとも発言している。 そこでは、まったく新しい方式が考案される。

When asked whether Socialcast and SlideRocket would become part of the Zimbra office suite, Byun said that VMware believes in the "Modular Web" and therefore the three services will remain distinct. However, he expects integrations will come soon. Socialcast wasn’t one of the apps initially supported by Horizon App Manager, but he does expect Socialcast support to be added in the near future.

Socialcast と SlideRocket が Zimbra オフィス・スートの一部になるのはという問に対して、VMware が「モジュール式の Web」を信じており、それ故に、この 3つのサービスは独立したものになるだろうと、Byun は発言している。 その一方で、インテグレーターが早急に登場することを、彼は期待している。 Socialcast は、Horizon App Manager がサポートした最初のアプリケーション群には入っていないが、近い将来に加えられたらと期待されている。

imageEarlier this month Gary Orenstein wrote at GigaOM that VMware is "new Microsoft" but without an operating system. Robert Scoble agreed. It’s been a bit easy to forget Zimbra in the Google Apps vs. Microsoft Office 365 slugfest. Zimbra has been a bit quiet since VMware acquired it. But we have the feeling we’ll be seeing more action coming from VMware’s stable of Web applications in the near future.

今月の初旬に、Gary Orenstein は GigaOM において、VMware は「新しい Microsoft」であるが、オペレーティング・システムを持たないという記事を書いた。 それに対して、Robert Scoble は同意している。 Google Apps 対 Microsoft Office 365の激戦が続く中で、少々 Zimbra は忘れられがちである。 VMware による買収が成立した時から、Zimbra は静かに進み続けている。 しかし、近い将来において、VMware の高品質 Web アプリケーションが、様々な展開を見せるだろうと、私たちは感じている。

It may not be as visible as competitors like Yammer and Salesforce.com Chatter, but Socialcast is one of the most successful enterprise microblogging companies out there, having landed companies like GM, NASA and Nokia as customers. Byun points out that even without a strong enterprise brand behind it Socialcast has built an impressive customer base. He expects that momentum to be even stronger thanks to VMware.

それは、YammerSalesforce.com Chatter といったコンペティターほどには、目立つ存在にはならないかも知れない。しかし Socialcast は、最も成功しているエンタープライズ・マイクロ・ブログの 1つであり、GM/NASA/Nokia などを顧客として獲得している。パワフルなエンタープライズ・ブランドの後ろ盾がなくても、Socialcast は素晴らしい顧客ベースを築いていると、Byun は指摘する。そして、VMware が後押しすることで、その勢いがさらに強まると、彼は予想している。

Socialcast has long been one of our favorite enterprise social software offerings. We called Socialcast one of our Top 10 Enterprise Products of 2009, and looked at how the company knocked it out of the park in 2010.

私たちにとっても、Socialcast は長い間に渡ってお気に入りのエンタープライズ・ソーシャル・ソフトウェアを提供し続けている。 そして私たちは、Top 10 Enterprise Products of 2009 を選出し、また、2010年にはホームランをかっ飛ばす様を見ていた。

Socialcast is based in San Francisco and was founded in 2005. It was funded by True Ventures and Menlo Ventures.

Socialcast のベースは San Francisco であり、その設立は 2005 年である。また、そのファウンダーとしては、True Ventures と Menlo Ventures の名前が挙げられる。

Disclosure: VMware is a ReadWriteWeb sponsor

See Also

ーーーーー

VMware というか、Paul Maritz というか、その企業買収に関するセンスには脱帽です。 しかも、『 モジュール式の Web を信じており、それ故に、この 3つのサービスは独立したものになるだろうと 』という発言には、クラウドのミッシング・リングであるネットワークの仮想化へ向けた、何らかの秘策があるのではと思わされてしまいます。 ますます注目の、VMware ですね。 ーーー __AC Stamp 2 @ Taipei

ーーーーー

<関連>

Hadoop ビジネスで、EMC が仕掛ける大勝負とは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
VMware は WaveMaker を買収し、開発スタイルを変革する

GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう

Posted in Amazon, Businesses, eBook, Interoperability by Agile Cat on July 7, 2010

Why Amazon’s Kindle Will Eventually Win the e-Book Wars
By
Om Malik
Jun. 21, 2010, 4:30pm PDT
http://gigaom.com/2010/06/21/why-amazons-kindle-will-eventually-win-the-e-book-wars/

Gigaom

To paraphrase Yoda: Begun, the e-book wars have.

kindle2

Barnes & Noble started the week off by cutting prices on its Nook e-book reader to $199 from $259, while also introducing a new, $149 Wi-Fi model. Not to be left behind, Amazon, which helped jump-start the e-book reader craze, decided to cut the price on its entry-level Kindle model to $189 from $259. The punch and counterpunch has prompted more than one watcher of the space to declare that an e-book price war is about to break out.

Barnes & Noble は、Nook e-book の価格を $259 から $199 に引き下げる一方で、$149 の Wi-Fi モデルを投入するという週末に突入した。 それに遅れまいと、電子ブック・リーダーのジャンプスタートを成し遂げた Amazon も、Kindle のエントリー・モデルの価格を $259 から $189 に引き下げて対抗した。 そして、このパンチの応酬により、電子ブックに関心を持っている人々は、価格競争が発生していると宣言するように促された。

Others are musing about Amazon’s fate. All this hand-wringing is old hat for our community, because Kindle hardware or not, Amazon is expected to make a billion dollars from its digital book-related business this year. From where I stand, Amazon has nothing to worry about, as long as it pays attention to a few details. (And no, that doesn’t mean sharing a bigger cut of revenues with publishers.) Regardless, there are three technological reasons why the online retail giant can and will win the e-book war.

その他の人々は、Amazon の命運を案じている。しかし、こうした心配は、この世界においては時代遅れであり、Kindle のハードウェアが有ろうが無かろうが、Amazon は今年、デジタル・ブック関連のビジネスから、10億ドルの売上を得ると予測されている。 私の視点から見ると、いくつかの細部に注意を払う限り、Amazon には心配すべき事柄がない。 (ただし、出版社との利益配分の問題は別である) いずれにしても、この巨大オンライン・ショップが、電子ブック戦争に勝利する理由として、3つの技術的な要因が挙げられる。

1. Buy once, read anywhere

The day I first laid hands on Apple’s iPad I banished my Amazon Kindle to the back of the proverbial drawer. And yet, I have been spending, on average, about $10 every 3-5 days on Amazon’s site buying a book to read using the Kindle application on the iPad. In fact, the reading experience on the iPad is so superior to that of the Kindle I often find myself staying up later than usual reading a book.

私が Apple iPad を手にした日に、Amazon Kindle は、いつもの引き出し送りとなった。 それにも拘わらず、私は iPad 上の Kindle アプリケーションで読む本を、Amazon サイトで 3~5日ごとに、平均して $10 を使って購入し続けている。 実際のところ、iPad の読書エクスペリエンスは Kindle よりも優れているため、いつもより夜更かしすることになる。

In comparison, I’ve bought three books from the iBooks store and quite frankly, see no reason to go back. It has fewer options, but more importantly, I can only read those books on the iPad. The books I buy in a Kindle store will work on an Android device, as well as on an iPad, iPhone or Mac. Oh, also on my Kindle by the way, which I can take out of my drawer at any time.

比較のため、私は iBook ストアから 3冊の本を買ったが、率直に言って、そこへ戻る理由が見つからない。 そこには少しの選択肢しかないが、それより重要な問題は、iBook の本が iPad だけでしか読めないことだ。 Kindle ストアで買う本は、 iPad、iPhone、Mac だけではなく、Android でも読めるようになるだろう。もちろん、Kindle でも読めるから、たまには引き出しから取り出すことになるだろう。

This is a big advantage for Amazon, for as more people start living multidevice lifestyles, such cross-platform availability of content will increasingly become a big deal. Unlike Amazon’s Kindle store, iBooks is going to be limited to the iPad/iPhone platform — which is not good enough for me. I like the flexibility of the Kindle app, even if it offers books to me in somewhat of a less attractive format. In other words, Amazon should be thinking about Kindle as a platform that leverages other people’s hardware.

このことは、Amazon にとって大きなアドバンテージとなる。なぜなら、多くの人々がマルチ・デバイスのライフ・スタイルを取り入れるにつれて、コンテントのクロス・プラットフォーム能力が、ますます重要になっていくからだ。 Amazon Kindle と異なり、iBook は iPad/iPhone プラットフォームだけを対象にするが、私にとっては充分とは言えない。それほど魅力的ではないと思われるフォーマットで本を提供するにしても、私は Kindle アプリケーションの柔軟性が好きだ。 言い換えれば、Amazon は他ハードウェアを活用するプラットフォームとして、Kindle を捉えていくべきだ。

2. We go way back

Most people already associate Amazon with buying books online. Meanwhile Barnes & Noble, while a great brick-and-mortar brand, hasn’t been able to translate its offline presence into a digital one. As a customer, Amazon has all my billing information and has built a profile of books and digital goods that I like. Could Amazon’s recommendation system be better? Absolutely. But in comparison to Barnes & Noble and other booksellers, it’s good enough.

大半の人々が、オンラインで本を買うという点で、Amazon との関係を持っている。 一方、これまでの Barnes & Noble は、オンラインを持たないビッグ・ブランドであり、オフラインでの実績をデジタル変換できないでいる。 一人の客として言うと、Amazon は私の課金情報を持っていて、好みの本とデジタル・グッズのプロファイルも持っている。Amazon のリコメンデーション・システムが役に立っているかと聞かれれば、  絶対に "???" と答えるだろう。 しかし、Barnes & Noble などとの比較において、それは充分に役立っている。

I do wish Amazon would take some time to improve the customer experience. For example, I recently bought the printed collected works of John Cheever’s short stories — after already buying it on my Kindle. It would have been great if the service had reminded me that I d already bought a digital copy and then asked if I was sure about buying an analog version. There have been other times when I’ve reordered a book I originally purchased, say, 10 years ago — it would be nice for Amazon to ask me: Do you still want it? Or, did you lose it and want a new copy? You get the drift.

Amazon は、顧客のエクスペリエンスを改善するために、しばらく時間をかけたほうが良いと思う。 たとえば、最近になって John Cheever の短編小説全集を印刷版で購入したが、それは Kindle 版を購入した後のことだった。 このサービスが、その時に私にリマインドしてくれたら、つまり、すでにデジタル・コピーを購入しているが、ほんとうにアナログ・バージョンを買うのかと確認してくれたら、とても素晴らしかっただろう。たとえば、それが 10年前であっても、購入している本を Amazon に再注文するとき、「まだ欲しいのですか?」と聞いてくれたら素晴らしい。 あるいは、「無くしたのですか?」でも「新しいコピーが欲しいのですか?」でも良い。 少なくとも、状況が把握できる。

What I’m suggesting is nothing radical. Mining data and deriving intelligence from it is a fast-growing field and Amazon has 15 years’ worth that can be used to its advantage.

私の提案は、急進的なものではない。 データ・マイニングと知識の抽出は成長の速いフィールドであり、また、そのアドバンテージを得るための、15年にわたる蓄積を、Amazon は持っているのだ。

3. It’s always about the software

When I see companies such as Barnes & Noble try and diversify by building technology products, I laugh; they just don’t have the DNA. Barnes & Noble is a retailer first and everything else later. It’s even funnier to watch the company think it can wage wars with hardware. If that was indeed the case, Samsung, Nokia and others wouldn’t be running scared of Google and Apple.

Barnes & Noble のような企業が、テクノロジー・プロダクトを構築することで多角化を試みるとき、私は笑ってしまう。 なぜなら、彼らは DNA を持っていないからだ。 Barnes & Noble は小売業者としてはトップだが、その他は遅れている。 そんな会社が、ハードウェアを絡めた戦いを、遂行できると考えていること自体が奇異である。Samsung の Nokia も、Google と Apple におびえて手を出さないというところが 実態だろう。

The reason the mobile industry is all topsy-turvy is because Apple and Google have made the hardware industry about the software. Sure, the latest features matter, but what matters more is the ability to create and release software at a rapid clip, thus improving the platforms on an ongoing basis. Traditional handset makers are on a product release cycle that’s at odds with such agile development.

モバイル業界がメチャクチャになっている理由は、Apple と Google が、ソフトウェアにしたがうハードウェア産業を作り出したからだ。 もちろん、最新の機能は重要だが、それよりも重要なことは、ソフトウェアを素早く作成してリリースする能力であり、それにより、実際に利用されているプラットフォームが改善されていく。 従来からのハンドセット・メーカーは、このようなアジャイル開発とはかみ合わない、プロダクトのリリース・サイクルに乗っている。

Barnes & Noble — and any other competing e-reader makers — are going to find themselves in the same place as well. I think this is Amazon’s third technological advantage: It is, at heart, a software company that sells books and other things. Given the rapid speed with which it has been innovating with its cloud computing offerings, it’s clearly also a disciple of agile development methodologies.

Barnes & Noble や、その他の競合する電子ブック・リーダー・メーカーも、自分たちがハンドセット・メーカーと同じ場所にいることに気づくだろう。 私が考えるには、それが Amazon における 3番目のテクニカル・アドバンテージになる。つまり、本質的なところで、本などを販売するソフトウェア会社であるという点だ。 クラウド・コンピューティングがもたらす革新性が、さらにスピードを速めていくが、それは明らかに、アジャイルな開発手法の門弟である。

Amazon should indeed be spending all its energies on furthering its app experience to make it the best book-buying and reading application on any platform. That, in my opinion, would be money well spent. The user experience is why Apple is able to command a premium for its products. Amazon can do the same.

Amazon は、あらゆるプラットフォームで動作する、電子ブックの購入と読書のためのベスト・アプリケーションを創り出すべきだ。 そのためには、すべてのエンジニアを投入して、これまでのアプリケーション・エクスペリエンスを拡大していく必要が生じるだろう。 私見ではあるが、そうすれば投資も上手く回転するはずだ。 Apple が自身のプロダクトにプレミアムを付けられる理由が、ユーザー・エクスペリエンスにあることを思い出すべきだ。 Amazon にも、同じことができる。

So what about Kindle — the device?

そして、Kindle というデバイスは、どうすべきなのか?

If Amazon wants to keep the device around, it will have to transform it from a mere e-book reader to a content consumption device that matches the iPad in its capabilities. Otherwise, like the Nook, it’s already dated.

もし Amazon が、このデバイスを手元に置いておきたいのなら、単なる電子ブック・リーダーから、iPad に匹敵するコンテント・デバイスにまで、それを引き上げなければならない。そうしないなら、Nook のように、すでに時代遅れである。

ーーーーー

さすが Om Malik さん! 洞察が深いですよね。 後出しジャンケンみたいですが、Agile_Cat といたしても、Kindle for iPad が出た時点で Amazon 優位と思ったわけでして、こういう人に、ここまでハッキリと言ってもらえるとスカッとします。

Kindle と同じ立ち位置にいる Evernote についても、Om Malik さんに論評して欲しいですね。 短いトピックは読んだことがあるのですが、この Kindle 研究のような、踏み込んだのが読みたいですよね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Kindle と Linux にもおよぶ クロス・ライセンスを締結と、Microsoft がニュースリリース
Kindle 2 と 青キン Direct でシアワセになれました!
Apple は Web-based サービスの重要性を理解していない、、、と Tim O’Reilly
米当局が Apple を反トラスト法で調査? May 3, 2010
歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある

Tagged with: , , ,

メインのブラウザは IE8 + Chrome Frame です!

Posted in Interoperability, SOHO with Cloud by Agile Cat on March 28, 2010

IE9 にも期待しています !

AC

多くのインターネット・ユーザーの方々と同様に、ずっと IE を使い続けてきた Agile_Cat ですが、昨年の秋あたりから、そのパターンが変化し始めてきました。 かなりの期待を抱きながら、IE7 から IE8 へと移行したはずなのですが 、チットも早くなっていないと感じ始め、FireFox をインストールしたのが、その始まりでした。慣れないブラウザで、使い勝手もよく分からない状況でしたが、速度に関しては IE8 と段違いであることが分かり、しばらくの間は 2つのブラウザを並行してい使うという状況が続きました。

IE FF

しかし、メインのブラウザを FireFox に切り替えるという決心がつかなかったのは、私にとって Favorites(BookMark)のカスタマイズが、どうしても必要だったからです。 ちゃんと Add-In を探せば、FireFoX にもあるのかもしれませんが、Favorites 内の小さなアイコンを好きなものにカスタマイズできる IE は、手放せないブラウザだったのです。

Agile_Cat の本業はコンサルティングであり、お客さんにとって有益な情報を探しだすために、一日の大半をブラウザを眺めて暮らすという生活をおくっています。ブラウザへの依存度はきわめて高く、気になる Web ページを Favorites に溜め込んでは、複数の情報の意味をつなぎ合わせていくという作業を繰り返していきます。 その際に重要なのは、サイドバー・ツリーの文字を読むというステップを飛ばして、目的のページを開くという流れです。その点で、FireFox では黄色いフォルダ・アイコンが並んでいるだけなので、メインのブラウザとしては使えません。

Chrome Chart

そんなこんなで、遅いながらも IE8 をメインで使い続けていたときに、気になる存在として浮かび上がってきたのが Google の Chrome Frame です。 最初は、Google のクライアント・テクノロジーというものが、なんとなくピンとこなくて躊躇していたのですが、いろいろなベンチマークを見るにつれて、だんだんと惹かれてきました。 そして、試しにサブ・ノートにインストールしてみたのですが、その速度には目を見張るものがありました。 Chrome Frame という名前のとおり、描画のためのフレーム・エンジンを差し替えるだけですから、IE8用にカスタマイズした Favorites  のアイコンもそのまま使えます。

セキュリティについては、いろいろと論争があり、その点が気になっていたのですが、速さの魅力にはかないません。 また、描画についても、オリジナルの IE8 と大きな相違点がないことから、メインで使っているデスクトップ・マシンにも、その直後から Chrome Frame を入れて使い始めることにまりました。 これまでのところ、約 5ヶ月が経過していますが、セキュリティで問題が起きたことはありません。 好みは人それぞれなので一概には言えませんが、私としてはお薦めできるセットかと思っています。

IE9 Chart

そして、IE9 が出てくるわけですが、IE8 + Chome Frame より良ければ、そちらへ移行するつもりです。 もちろん、そのときにはカスタマイズされた Favorites アイコンを引き連れてということになりますが、もし仮に、メインのブラウザを FireFox に移していたとすると、その大切な Favorites は、すでに消えて無くなっていたことでしょう。 以下は、Gartner の Ray Ozzie インタビューからの一説ですが、彼の発言にあるように、ブラウザの重要性は高まり続けると思います。

< Gartner の Ray Ozzie インタビューより >

私が話したいのは、3つのスクリーン・クラスである、電話/PC/TV のクラスです。 それらすべてがブラウザを持ちます。 それらすべてにおける、最大の共通項がブラウザです。 何人かの人々は、すくなくともブラウザは共通の分母であると言いますが、私としては、偉大な共通項として、もっと敬意を払いたいですね。 一般に、それらのスクリーンで消費されるエクスペリエンスと、ユーザーとしての私たちが望むことは、ブラウザを使う人々と接続し、また、私たちが必要とする情報を手に入れることで、実現されなければなりません。 そこで私たちが活用するものは、TV/PC/電話のエクスペリエンスといった、デバイスのクラスに適合するエクスペリエンスになります。

これまで、さまざまなアプリケーションを使い続け、また、その乗換も行ってきた Agile_Cat ですが、よくよく考えてみると、今回のブラウザの移行ほど、慎重に考えたことは無かったと思います。 それほどまでに、敬意を払うべきアプリケーションというか、その他とは比較にならない重要なエクスペリエンスを、ブラウザは持ち始めているのでしょう。インターネットとの接し方、そしてブラウザとの接し方は、人それぞれだと思いますので、どうぞ、目的にあった最適のブラウザを選んでください。

とても便利な OData のまとめページ — Noelios Technologies

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on March 19, 2010

Restlet supports OData, the Open Data Protocol
March 15, 2010
Posted by Jerome Louvel
http://blog.noelios.com/2010/03/15/restlet-supports-odata-the-open-data-protocol/>

image

OData adoption

Since the release of our Restlet extension for ADO.NET Data Services in September 2009, many changes happened on this front. Microsoft has been busy enhancing their technology, splitting it into an open specification for the REST API called OData, for Open Data Protocol, and using WCF Data Services for the server-side framework. This article gives an overview of the technology, and this page the full specifications of the protocol.

私たちの Restlet extension for ADO.NET Data Services が 2009年 9月にリリースから、数々の変化が目の前で起こった。 Microsoft は自身のテクノロジーを、OData という REST API と Open Data Protocol のオープン仕様に適応させるためにのために分割し、サーバーサイドのフレームワークのために WCF Data Services を使用するという、積極的な拡張を行った。この記事では、そのテクノロジーの概要を提供するが、ココではプロトコルのフルの仕様も提供している。

The OData protocol has also been embraced by IBM in its Java-based WebSphere eXtreme Scale product and Microsoft has leveraged it in several of its products like Excel PowerPivot, SharePoint Server, Windows Azure Table Storage and SQL Server Reporting. Other recent initiatives are the project code-named “Dallas“, which offers a market place for data services with full support for access control and billing, and the OData visualizer part of Visual Studio 2010.

OData プロトコルは、Java ベースの WebSphere eXtreme Scale にも、IBM により取り入れられた。 そして Microsoft は、Excel PowerPivot や、SharePoint Server、Windows Azure Table Storage、SQL Server Reporting に見られるような拡張を行っている。 その他にも、最近の構想として “Dallas“ プロジェクトがある。それは、アクセス・コントロールと決済処理、そして Visual Studio 2010 の OData visualizer をフル・サポートする、データ・サービスに関するマーケット・プレイスのコードネームのことである。

In addition, public OData services are starting to pop-up, like the one to access Netflix’s media catalog. Microsoft has been providing examples via the OGDI initiative and for the MIX’10 conference. Here is a longer list of producers.

それに加えて、公共の OData サービスとしては、Netflix のメディア・カタログにアクセスするようなものが立ち上がり始めている。 Microsoft は OGDI イニシアティブや、MIX10 のカンファレンスなどを介して、いくつかのサンプルを提供している。 ここに OData producers の長いリストがある。

Enhanced Restlet extension

While preparing our recent Restlet Framework 2.0 RC1 release, we enhanced our Restlet extension for OData, moving it from the “org.restlet.ext.dataservices” to the “org.restlet.ext.odata” package and adding support for those advanced features:

ココに、OData producers の長いリストがある。 最近は Restlet framework 2.0 RC1 のリリースを準備しながら、"org.restlet.ext.dataservices” から ”org.restlet.ext.odata” パッケージへ移行させ、また、そこでの最新の機能を加えることで、Restlet を OData に適合させるための拡張を行ってきた:

  • Projections, similar to database views
  • Transparent server-side paging
  • Blobs, to expose media resources
  • Row counts retrieval
  • Customizable Atom feeds
  • Version headers
  • Operations, to expose stored procedures

The extension is also available on the Restlet edition for Android, allowing you to directly access OData services, for example hosted on Azure cloud computing platform, from a smart phone.

この拡張は、Restlet edition for Android でも利用可能であり、たとえばスマート・フォンからの、Azure クラウド・コンピューティング・プラットフォームへのアクセスといった、OData サービスの利用を実現する。

clip_image001

The diagram above illustrates how useful the Restlet extension for OData is becoming, as a high-level client for data services powered by a growing number of server-side technologies. For explanation on how to use this extension, read the Restlet user guide page for the extension as well as a detailed tutorial.

上記の図が示すのは、OData に対する Restlet 拡張が、サーバーサイド・テクノロジーによりパワーアップされたデータ・サービスに対して、ハイレベルなクライアントが効果的に機能する様子である。 こうした拡張部分を利用するためには、Restlet user guide page だけではなく、詳細なチュートリアルも参照してほしい。

Towards standardization

All those initiatives have caught attention with articles and posts like:

これまでに説明したすべての事柄が、以下のような記事やポストで注目を集めている:

An interesting thing to watch going forward is how this technology will be compared with Google Data Protocol (GData) alternative. In his OData Q&A page, Microsoft hopes for a collaboration with Google on an official set of extension to the Atom suite of standards. Yahoo! has also worked on a similar technology called DataRSS, and finally the W3C is pushing the Linked Data, an application of the Semantic Web, as a way to transform the Web of documents into a Web of data, with technologies like RDF and SPARQL.

このテクノロジーの行末において興味深いのは、Google Data Protocol (GData) との比較だろう。 Microsoft は自身の OData Q&A ページで、 Atom suite スタンダードの公式なセットについて、Google とのコラボレーションを望んでいる。Yahoo! においても DataRSS と呼ばれる類似のテクノロジーが用いられているが、最終的には W3C が Linked Data をプッシュするだろう。それは、RDF や SPARQL のようなテクノロジーを用いて、Web ドキュメントを Web データに変換する方法としての、 Semantic Web の応用形態である。

ーーーーー

delicious の http://delicious.com/msinteroperability は面白いですよ~~~ A.C.

%d bloggers like this: