Agile Cat — in the cloud

IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート

Posted in Businesses, IBM, Research by Agile Cat on April 8, 2014

This Chart From IBM Explains Why Cloud Computing Is Such A Game-Changer
http://wp.me/pwo1E-7oa

Julie Bort – Apr. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/this-chart-from-ibm-explains-why-cloud-computing-is-such-a-game-changer-2014-4

_ Business Insider

All of the industry’s biggest tech players are going gaga chasing the cloud-computing market these days:

この業界における最大級のハイテク・プレーヤーたちが、皆してクラウド·コンピューティング市場を、夢中になって追いかけまわしているのが、いまの姿である。

What is it that has all of the biggest tech players drooling? This chart that IBM sent to its investors explains it all. To summarize, IBM says …

一連の、大手ハイテク・プレーヤーたちは、いったいに何に群がっているのだろうか?以下のチャートは、IBM から投資家たちに送られたものであり、また、すべての理由を説明している。IBM が述べていることを、要約すると・・・

  • 85% of new software today is being built for the cloud.
  • One-quarter of the world’s apps will be available on the cloud by 2016.
  • Almost three-quarters of developers say that they are using the cloud in apps they are developing now.
  • 現時点においては、新たに開発されるソフトウェアの 85% が、クラウドを対象としている。
  • すべてのアプリケーションの 1/4 が、2016年までに、クラウド上で利用可能となる。
  • デベロッパーの 3/4 が、開発中のアプリケーションにおいて、クラウドを活用していると言っている。

_  space

In other words, the shift from buying computers to renting them has begun big time, and there are billions of dollars up for grabs.

言い換えれば、コンピュータの所有から利用に向けたシフトが、最盛期を迎えつつあるのだ。 そして、誰もが、大きなビジネスを夢見ている。

By 2017, enterprises are expected to be spending $235 billion on the cloud, predicts market research firm IHS.

マーケット調査会社 IHS によると、2017年のエンタープライズ市場では、クラウドに $235 Billion が費やされると予測されている。

ーーーーー

TAG indexいまさら、取り立てて騒ぐほどのことでは無いと思うのですが、シッカリとした経済を伴うクラウド・シフトが、現実のものになってきたと表現すべきなんでしょう。 IBM については、先日の Business Insider に掲載された 「IBM Is Hiring Lots Of New Employees In The Middle Of A Layoff 」という記事により、人材の入れ替えが示唆されていました。 そこに、この投資家への説明資料が加わってくるということは、SoftLayer を軸としたクラウド戦略が、IBM のメイン・ビジネスになってきたことを示しているのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
http://wp.me/pwo1E-70J
By
Barb Darrow -DEC. 4, 2013
http://gigaom.com/2013/12/04/can-openstack-scale-ibm-and-mirantis-say-yes-and-aim-to-prove-it/

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。

ーーーーー

Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research

ーーーーー

openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート

 

IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon

Posted in .Selected, IBM, Linux by Agile Cat on September 26, 2013

IBM to invest $1B in Linux & open source technologies
IBM made the announcement at LinuxCon in New Orleans
http://wp.me/pwo1E-6Gy

September 17, 2013 –
Christina Farr
http://venturebeat.com/2013/09/17/ibm-to-invest-1b-in-linux-open-source-technologies/

_ VB Business

IBM just announced it will make a $1 billion investment to promote the development of Linux, a leading operating system for cloud and big data deployments in data centers. According to a media release, IBM also intends launch a new Power Development cloud, and fund a number of open source technology initiatives.

つい先日のことだが(9/17)、IBM は、 データセンターでクラウドやビッグデータをディプロイする際の、主要オペレーティング・システムである Linux の開発を促進するために、$1 billion の投資を行うと発表した。そのメディア・リリースによると、IBM は新しい Power Development クラウドを立ち上げ、いくつかのオープンソース・テクノロジーに対して資金を提供する方針だという。

Kansir/Flickr

IBM introduced its first Linux-only Power Systems in May of 2012, which now represents over 2,500 open source applications globally. The company intends to support this growing ecosystem, and attract more third party developers to the platform.

IBM は、2012年 5月に初めての Linux 専用の Power Systems を導入し、いまでは、2,500 種類のオープンソース・アプリケーションをグロ-バルに提供していると明言する。 同社は、この成長するエコシステムをサポートし、このプラットフォームに複数のサードパーティを誘致する予定である。

IBM currently operates Power Systems centers in locations like Montpellier, France, where developers learn onsite how to deploy applications using open source technologies. IBM made the official announcement at LinuxCon in New Orleans. The news comes over a decade since IBM announced it would back Linux, then in the early-stages of development.

IBM は現在、France の Montpellier などで Power Systems センターを運用し、オープンソース・テクノロジーを用いてアプリケーションをデプロイする方式を、オンサイトでデベロッパーたちに学習させている。この件について、IBM は New Orleans の LinuxCon で、オフィシャルにアナウンスしている。それは 同社が、黎明期にあった Linux の開発を支援するとアナウンスして以来、10年ぶりのニュースとして伝わるものである。

Onstage, IBM has stressed that it doesn’t intend to convert all of its existing customers to Linux. Instead, this investment is targeted at bringing new innovation to its cloud computing and analytics customers.

その席上で、IBM は、すべての既存の顧客を、Linux へシフトさせるものではないと強調していた。と言うより、むしろ、今回の投資は、クラウドとアナライズを必要とする顧客に、新たなイノベーションをもたらすものとなる。

Jim Zemlin, executive director of the Linux Foundation, said in a statement, “The last time IBM committed $1 billion to Linux, it helped start a flurry of innovation that has never slowed. We look forward to seeing how the Power platform can bring about further innovation on Linux, and how companies and developers can work together to get the most out of this open architecture.”

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「先日に IBM が、Linux に対する $1 billion の投資を約束してくれた。それは、イノベーションの流れを加速させるものであり、また、時期を逸したものではない。私たちは、この Power プラットフォームが Linux に対して、どのようにイノベーションをもたらすのか、そして、このオープン・アーキテクチャを最大限に活用するために、どのように企業や開発者が協調していくのかを楽しみにしている」と、そのステートメントの中で述べている。

ーーーーー

_ IBMLinux が無ければ、クラウドも成立していなかったでしょう。 つまり、ライセンス・ビジネスにより停滞していた IT が、オープンソースのパワーにより、一挙に問題を解決しようとしているのが、いまのアーキテクチャであり、ビジネスであり、マーケットなのです。 先日に、『 Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔 』という抄訳をポストしましたが、クラウドにかぎらず、この世界全体が、Linux に大きく依存している状況が分かります。 まだの方は、ぜひ ご覧ください。 この IBM の決定の、背景が見えてくると思います。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, IBM, OpenStack by Agile Cat on August 20, 2013

OpenStack Needs A Dominant Vendor, Not Interoperability
http://wp.me/pwo1E-6vC
Matt Asay – July 25, 2013
http://readwrite.com/2013/07/25/openstack-needs-a-dominant-vendor-not-interoperability

_ Read Write (2)

While the OpenStack community pines for interoperability, what it really needs is a dominant vendor.

The OpenStack community is infighting. Again. This time, as ever, some of OpenStack’s most prominent advocates are arguing over what interoperability means, and just who measures up. Ironically, what OpenStack needs to succeed has less to do with interoperable implementations of the OpenStack reference architecture and more to do with a single vendor imposing standardization on the community.

再び、OpenStack コミュニティに内紛が生じている。いつものように、いくつかの突出した OpenStack  支持者たちが、インターオペラビリティの意味するものについて、また、それを誰が測定すべきかという点について主張しているのだ。 皮肉なことに、OpenStack が成功するために必要なことは、OpenStack リファレンス·アーキテクチャにおけるインターオペラビリティ実装を最小に留めることであり、また、このコミュニティに標準化を課すシングル・ベンダーが、より多くの事柄に対応するようになることだ。

That’s right. OpenStack needs a hegemon.

正しく言えば、OpenStack は覇権者を必要としているのだ。

Every Community Needs A Leader

Red Hat Executive VP and President, Products and Technologies Paul Cormier

After all, no one talks about Amazon Web Services interoperability. Or, rather, we don’t ask Amazon to sit in committee rooms and conform its API to OpenStack, Cloudstack and other cloud offerings. Amazon dominates public clouds. It sets the standard and others either conform to its API or not. (At present, the OpenStack community continues to vote for "not," which leads industry pundits like Simon Wardley to dismiss it as a "dead duck.")

結局のところ、Amazon Web Services とのインターオペラビリティについては、誰も話題にしていない。 だからと言って、私たちは Amazon に対して、このコミッティの会合に参加し、OpenStack や CloudStack などのクラウド・サービスに対して、その API を準拠させたらどうかと、尋ねているわけでもない。Amazon は、パブリック・クラウドを支配している。 つまり、Amazon が標準を設定し、その API に、他者が準拠するか、しないかという状況にある。(現時点の OpenStack コミュニティは、" No" と投票している。 それは、Simon Wardley のような業界の専門家が、"Dead Duck" として、却下するような状況へと導く)

This is why Cloudscaling CTO and OpenStack luminary Randy Bias is spot on to deride OpenStack interoperability as key to its success:

以下は、Cloudscaling の CTO であり、OpenStack の指導者でもある Randy Bias が、その成功のカギとしての、OpenStack インターオペラビリティを冷笑する理由である:

The very idea that OpenStack requires interoperability to succeed is completely laughable. Interop doesn’t guarantee success.

OpenStack の成功において、インターオペラビリティが不可欠という発想は、きわめてバカバカしいものである。インターオペラビリティが、成功を保証するということはあり得ない。

— Randy Bias (@randybias) July 23, 2013

Far too often in the open-source community, we ascribe magical powers to committee-fostered interoperabilty, when the industry actually displays a remarkable tendency toward de facto standardization.

これまで、業界がデファクト・スタンダードへ向けて顕著な方向性を示すたびに、このオープンソース・コミュニティのコミッティが魔法のようなパワーを発揮し、インターオペラビリティを促進していくという期待が、あまりにも頻繁に生じてきた。

Linux, for example, really took off when the industry was able to rally around a single vendor, Red Hat, as its standard bearer. Perhaps it’s not surprising, then, that Red Hat executive vice president Paul Cormier declares that "OpenStack is Linux all over again," with a need for OpenStack’s disparate elements to cohere into a distribution that makes it consummable by the masses.

Linux の場合は、RedHat というシングル・ベンダーを、スタンダードの旗手として業界が認識したときに、ほんとうの意味で離陸している。おそらく、それは驚くべきことではない。 その後、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier は、「OpenStack は Linux を再現するものだ」と宣言している。 それは、OpenStack における本質的に異なる各要素を、一貫性のあるディストリビューションに仕立て上げ、大衆が消費できるかたちにしていくという、ニーズを伴うものになる。

Red Hat At The Helm?

It’s not surprising that Cormier sees his company as the unifying center of the OpenStack universe. While there still is a long way to go in establishing OpenStack leadership, Red Hat currently sits in prime position to lead OpenStack just as it led Linux. Why? Because it contributes the most to the project:

Cormier が、OpenStack の宇宙を統一する中心として、自身の会社を認識しているに驚くべきではない。OpenStack がリーダーシップを確立するまでには、まだ、長い道のりが残っているが、いまの Red Hat は、Linux のときと同様に、OpenStack をリードするという重要なポジションを得ている。その理由は、このプロジェクトに、最も貢献しているからである:

クリックで拡大 ⇒
Source: OpenStack (Data compiled by Bitergia)

In open source, being the source of code matters more than source code. She who contributes most, controls (or influences) most.

オープンソースでは、コードのソースであることが、ソースコード自体よりも重要となる。 つまり、最大のコントリビューションを行なっている者が、最大のコントロール(影響力)を行使することになる。

Hence, even as the OpenStack community mulls over the introduction of RefStack, a proposed conformance testing system to help evaluate just how "pure" an OpenStack implementation is, OpenStack’s members are already jockeying to be RefStack. If Red Hat or another vendor establishes primacy in the community, its implementation will essentially become "RefStack."

したがって、OpenStack コミュニティが RefStack の導入を検討するのと同時に、そこで提案されるコンフォーマンス・テスト・システムが、"ピュア" な OpenStack 実装の評価を促進していくことになる。 そして、OpenStack のメンバーはたちは、RefStack なるための、主導権争いの中にある。 Red Hat などのベンダーが、コミュニティにおける優位性を確立した場合、その実装が、本質的な意味で "RefStack" になっていく。

Again, Linux illustrates how this will happen. As Red Hat established the lead in the early 2000s, the rest of the Linux vendors, led by Caldera, attempted to band together as United Linux. I was involved in these discussions and can report with some accuracy that they completely, totally failed. It turns out the market didn’t want a common Linux distribution created by committee. They wanted the industry standard, which happened to be Red Hat.

繰り返しになるが、こうした事象が起こることを、Linux が例証している。 2000年代の初めに、Red Hat が主導権を確立したとき、その他の Linux ベンダーは、Caldera が率いる United Linux として団結しようとした。私は、一連の議論に関与していたので、彼らが完全に失敗したことを、いくつかの正確性をもってレポートできる。そこで分かったことは、マーケットが欲したものが、コミッティにより作成された、 Common Linux ディストリビューションではないという事実であった。 マーケットが求めるものは、業界のスタンダードであり、たまたま Red Hat が、それになったということだ。

Choose Your Hegemon

There’s still a long way to go to determine who will lead OpenStack, though Red Hat currently occupies pole position. But whether Red Hat or Rackspace (which used to dominate) or IBM or another vendor, OpenStack’s success depends upon a single large vendor assuming leadership. Interoperability will follow, but it won’t be designed by committee. Rather, it will be imposed by a dominant OpenStack vendor, with the community necessarily conforming to its distribution.

現在のポール・ポジションは、Red Hat により占められているが、OpenStack のリードする者を決定するには、まだ長い道のりが残されている。それが、Red Hat もしくは、Rackspace(支配のために利用される)、IBM といったベンダーになるにしろ、OpenStack の成功は、大規模シングル・ベンダーが発揮するだろう、リーダーシップに依存することになる。そして、インターオペラビリティは、それに従うものであり、コミッティがデザインするものではない。むしろ、それは、支配的な OpenStack ベンダーにより課されるものであり、コミュニティとディストリビューションの間に、適合性が必ずしも存在するというものでもない。

ーーーーー

TAG index以下の事例にあるように、ユーザーとして Sony や、CERN、PayPal などが揃い、この 4月の Summit では、Bloomberg や、Comcast、HubSpot、Best Buy などがキーノートに登壇した OpenStack に、力強さを感じますね。 そして、最近は、AWS とのインターオペラビリティの、必要性に関する議論が盛んなようですが、そんなものは不要だと、バッサリ切り捨てているのが、この記事の言いたいところだと思います。その一方で、『 あなたは、Amazon から恩義を受けているが、それは一時的なものである。 その市場をとりまくエコシステムが、Amazon のエコシステム以上に成長するにつれて、現実には AWS クローンの市場が、AWS API をコントロールするようになり、その方向性を定めることになる 』という推測を、提供しているブログもあります。この戦い、ほんと、興味シンシンですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

Posted in .Selected, Data Center Trends, IBM, Storage by Agile Cat on July 2, 2013

Want 12TB of flash memory for your server rack? $331,000, please
IBM is investing $1 billion in R&D for new flash memory systems.
http://wp.me/pwo1E-6jY
by
Jon Brodkin – Apr 13 2013
http://arstechnica.com/information-technology/2013/04/want-12tb-of-flash-memory-for-your-server-rack-331000-please/

_ ars technica

IBM said yesterday that it will spend $1 billion on the research and development of new flash memory systems to accompany its various servers, storage, and middleware products.

昨日(4/12)に IBM は、各種のサーバー/ストレージ/ミドルウェア・プロダクトに取り込むための、新たなフラッシュ·メモリ·システムの R&D に、$1 billion を費やすと発言した。

Of course, IBM is expecting a big return on that investment. IBM already purchased flash memory vendor Texas Memory Systems last October for an undisclosed sum. Along with the $1 billion R&D investment, IBM announced the availability of all-flash storage appliances based on Texas Memory technology.

もちろん、IBM は、こに投資からの大きなリターンを期待している。 すでに同社は、昨年の 10月に、Texas Memory Systems(非公開企業)というフラッシュ・メモリ・ベンダーを買収している。そして IBM は、$1 billion の R&D 投資に加えて、Texas Memory のテクノロジーをベースにした、すべてをフラッシュで構成するストレージ·アプライアンスを発表した。

The president of IBM’s flash storage division.
DC Comics

The suggested price list for the new IBM FlashSystem appliances shows the big investment in solid state storage should be well worth it. The IBM FlashSystem 720 and FlashSystem 820, both 1U-sized rack-mounted systems, start at $16,000 each. A choice between four 8Gbps Fibre Channel or 40Gbps quadruple data rate InfiniBand interface ports adds another $8,000.

この、新しいIBM FlashSystem アプライアンスのた価格表は、ソリッド·ステート·ストレージにへの膨大な投資が、充分な価値を生み出すものだと示唆している。 IBM FlashSystem 720 と FlashSystem 820は、1U サイズのラックにマウントされるシステムであり、どちらの価格帯も $16,000 からスタートする。そして、$8,000 を追加することで、48 Gbps ファイバー·チャネル、もしくは、40 Gbps 4倍速 InfiniBand の、インターフェイス・ポートが選択できる。

Then you actually buy the flash storage. FlashSystem 720 comes with 6TB or 12TB of SLC flash (5TB or 10TB of usable capacity) for $166,000 and $331,000, respectively. FlashSystem 820 comes with 12TB or 24TB (10TB or 20TB usable) of eMLC flash for $166,000 and $331,000, respectively.

続いて、実際のフラッシュ・ストレージを購入する。 FlashSystem 720 には、6TB もしくは 12TB の SLC フラッシュが付属するが(使用可能な容量は 5TB と 10TB)、それぞれの価格は $166,000  と $331,000 になる。FlashSystem 820 には、12TB もしくは 24TB の eMLC フラッシュが付属するが(使用可能な容量は 10TB と 20TB)、こちらの価格も $166,000  と $331,000 になる。

SLC flash is well-suited to write-heavy workloads distributed across multiple servers, while eMLC flash is suitable for read-heavy workloads, according to Big Blue.

Big Blue によると、SLC フラッシュは 複数サーバーに分散された Write-Heavy なワークロードに適しているが、eMLC フラッシュは Read-Heavy なワークロード向きだとされる。

“FlashSystem 720 and FlashSystem 820 storage systems may deliver significant benefits to server-based infrastructures which depend on large quantities of locally attached flash devices, such as PCIe Flash cards or SAS/SATA SSDs,” IBM said. “While locally attached flash devices typically work well for accelerating applications located on single servers, such devices can be more difficult to share across multiple servers, scale to large capacities, and centrally manage than FlashSystem 720 and FlashSystem 820 storage systems. Additionally, FlashSystem 720 and FlashSystem 820 storage systems have sophisticated reliability features like Variable Stripe RAID that are typically not present on locally attached Flash devices.”

「 FlashSystem 720 と FlashSystem 820 ストレージ・システムは、サーバー・ベースのインフラに対して大きなメリットをもたらすだろう。それらのインフラとは、PCIe Flash Card や SAS/SATA SSD といった、ローカル接続された大量のフラッシュ・デバイスに依存しているものである。一般に、ローカル接続されたフラッシュ・デバイスは、シングル・サーバー上のアプリケーションをアクセラレートするには上手く機能するが、それらのデバイスと FlashSystem 720/FlashSystem 820 ストレージ·システムを比較すると、複数サーバー間での共有/大容量に対するスケール/一元化された管理などが困難になる。それに加えて、FlashSystem 720 と FlashSystem 820 ストレージ・システムには、一般的なローカル接続フラッシュ・デバイスでは対応していない、Variable Stripe RAID のような信頼性のための先進的な機能を備えている」と、IBM は述べている。

FlashSystem is at least the fourth flash storage product released by IBM, alongside the Storwize V7000, System Storage DS8870, and XIV Storage System.

FlashSystem は、 Storwize V7000/System Storage DS8870/XIV Storage System と並行してリリースされる、IBM としての 第4のフラッシュ・ストレージ製品である。

IBM’s expanded embrace of flash shouldn’t be called revolutionary. Old storage industry stalwarts like EMC have been selling flash products into data centers for years, as have a variety of newer vendors like Fusion-io and Violin Memory.

IBM が拡大していく、フラッシュ取り込み戦略は、革命と呼ぶべきものではない。 EMC のようなストレージ業界の重鎮たちは、Fusion-io や Violin Memory などの新しいベンダーと連携することで、この数年の間に、データセンターた対してフラッシュ製品を販売してきた。

But as it so often does, IBM will likely find a way to make flash storage a profitable part of its business. Already, Sprint Nextel has purchased 150TB of flash storage from IBM. And IBM has a good sales pitch, saying flash will improve data center reliability while cutting response times from milliseconds to microseconds.

しかし、いつものように IBM は、そのビジネスにおける収益を生み出す部門へと、フラッシュ・ストレージを展開していくための方法を見つけるだろう。すでに Sprint Nexte 社は、IBM から 150TB のフラッシュ・ストレージを購入している。そして IBM は、データセンターの信頼性を向上させながら、応答時間をミリ秒からマイクロ秒へと短縮するという、素晴らしいセール・トークを持っている。

“Flash systems can provide up to 90 percent reductions in transaction times for applications like banking, trading, and telecommunications; up to 85 percent reductions in batch processing times in applications like enterprise resource planning and business analytics; and up to 80 percent reductions of energy consumption in data center consolidations and cloud deployments,” IBM said.

「 フラッシュ・システムは、銀行/貿易/通信などのアプリケーションにおいて、そのトランザクション時間を 90% 低減できる。また、ERP や BI での分析といったアプリケーションでは、バッチ処理の時間を 85% 短縮する。さらに、データセンター・コンソリデーションやクラウド・デプロイメントでは、その消費電力を 80% も削減する」と、IBM は述べている。

IBM did not say how many years the $1 billion R&D investment will be spread over. But as part of its sales pitch, it will open 12 “Centers of Competency” across the globe to show customers proof-of-concept scenarios for speeding up performance of workloads such as “credit card processing, stock exchange transactions, manufacturing and order processing systems.”

IBM は、$1 billion の R&D 投資が、どれくらい継続するのかという点に言及していない。しかし、そのセールストークの一環として、「クレジットカード処理/株式交換取引/製造業/受発注」システムなどにおける、ワークロードのパフォーマンスをアップしていくと発言している。 そして、世界に 12ヶ所の “Centers of Competency” を開設し、顧客に対して POC(proof-of-concept)シナリオを示していくことになるようだ。

ーーーーー

imageたいへんな時代になったものですね。 こうした Flash Memory アプライアンスにより、データセンターにおけるワークロードが、大幅に改善されていくのでしょうが、いきなり 12TB で $331,000 と言われても、あまりのスゴさに驚くばかりですね。 そして、この IBM だけではなく、Intel も取り組んでいる、シリコン・フォトニクスにより、サーバーとラックの単位が、根本的なレベルから再構成されていくのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!
Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics!
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?
やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, PaaS, Research, Salesforce, Telecom, VMware by Agile Cat on June 1, 2013

Surprised? Cloud providers bring in $2B in first quarter
http://wp.me/pwo1E-6b5

By
Barb Darrow – May. 30, 2013
http://gigaom.com/2013/05/30/surprised-cloud-providers-bring-in-2b-in-first-quarter/

_ Gigaom

Summary: What company remains atop the heap of IaaS/PaaS providers in Q1 2013? I’ll give you three guesses and the first two don’t count.

Summary: 2013年 Q1 において、IaaS / PaaS の頂上に、誰が立ったのだろうか? あなたに、3つの視点を提供するが、最初の 2つはそれほど重要ではない。

ーーーーー

Given all the hoopla surrounding cloud computing it, it’s not surprising that revenue from cloud services is growing. Total worldwide revenue from top Infrastructure-as-a-Service and Platform-as-a-Service players hit $2 billion for the first quarter of 2013. That’s up a healthy 56 percent from the year ago period, according to Synergy Research Group.

クラウド·コンピューティングを取り巻く、すべての喧騒について考えれば、クラウド・サービスにおける収益が成長していることは、それほど驚くべきことではない。ワールドワイドにおいて、トップ・グループを形成する IaaS / PaaS プレイヤーの、2013年 Q1 の売上は $2 billion に達した。 Synergy Research Group によると、昨年同期との比較において 56% の成長という、きわめて健康的な状態にある。

These numbers factor in AWS and Amazon’s Elastic Beanstalk on the PaaS side; Google App Engine; IBM’s SmartCloud and SmartCloud Application Services; Microsoft Azure and Cloud Services for Windows Azure; Salesforce.com’s Heroku and Force.com (but not its bigger Software-as-a-Service applications business.) Key takeaways:

これらの数値は、AWS と Amazon Elastic Beanstalk(PaaS)および、Google App Enginen、IBM SmartCloud と SmartCloud Application Services、Microsoft Azure と Cloud Services for Windows Azure、Salesforce.com の Heroku と Force.com(ただし SaaS 部門は含まない)などで構成されている。主要なポイントは:

  • Amazon Web Services remains alone atop the heap with  27 percent of total IaaS and PaaS revenue in Q1, up from 24.7 percent for the year-ago period.
  • Salesforce.com is second largest but it’s revenue share decline year over year to 6.8 percent from 7.9 percent.
  • North America accounts for more than half the worldwide IaaS/PaaS revenue.
  • Amazon Web Services は、この Q1 における IaaS / PaaS の、27% を占めている。 また、前年同期との比較で、24.7% の成長を示している。
  • Salesforce.com は売上シェアで 2位を確保しているが、その占有率は、昨年の 7.9% から 6.8% へとダウンしている。
  • ワールドワイドの IaaS / PaaS 市場に対して、北米市場のシェアは 50% を上回る。

These figures won’t surprise folks who already see Amazon Web Services at a $2 billion-a-year revenue rate. Morgan Stanley thinks AWS alone will hit $24 billion in revenue in the next decade. While other players — Microsoft, IBM, Google and Fujitsu all saw slight growth.  Some of the major telcos – AT&T, NTT and Verizon — were off slightly year over year.

すでに Amazon Web Service の年商が、$2 billion に達していることを知っているなら、これらの数字に驚くこともないだろう。Morgan Stanley は、AWS の売上だけに限定して、10年後には $24 billion に達すると見ている。その他のプレイヤーである、Microsoft/IBM/Google/Fujitsu などは、ゆるやかに成長している。また、メジャー・テレコムである  AT&T/NTT/Verizon などは、前年比で少しだけ下げている。

These numbers beg the question of whether anyone can catch Amazon. Google just made its Google Compute Engine IaaS generally available, and Microsoft launched its Azure IaaS capabilities in April. Those well-funded entries along with VMware’s hybrid cloud service coming online, will pose more competition for the AWS monolith.

これらの数字は、誰が Amazon を捉えるかという疑問を、巧みにはぐらかしている。 Google は、その Google Compute Engine IaaS が立ち上がったところである。Microsoft は 4月に、Azure IaaS を提供し始めたところだ。それらの、潤沢は資金に支えられた参入者は、これから立ち上がる VMware Hybrid Cloud Service と共に、AWS の占有に対抗していくだろう。

AWS  boosters say the company’s 6-year-head start makes it invincible, but many workloads have yet to migrate: IDC estimates that just 5 percent of total IT spend is now in the cloud. That leaves lots of upside opportunity for the companies who delivers the best, most flexible and cost efficient services.

AWS の支持者たちは、同社の 6年の先行が無敵の状況をもたらすと言うが、数多くのワークロードが、まだクラウドに移行していないのも事実である。その点について IDC は、すべての IT ワークロードの、わずか 5% がクラウドに移行したに過ぎないと推定している。 したがって、品質と、柔軟性と、費用対効果の高いサービスを提供する企業には、逆転のための様々なチャンスが残されている。

Who that might be is up in the air, but one place you can hear all about the top candidates will be at GigaOM’s Structure where a list of cloud powerhouses including VMware CEO Pat Gelsinger, Amazon CTO Werner Vogels and Microsoft Server and Tools group president Satya Nadella will all be on hand to talk up their companies’ cloud strategies.

漠然としているものが多々あるが、トップ・フループの情勢について話を聞きたければ、GigaOM Structure がある。そこでは、VMware CEO Pat Gelsinger および、Amazon CTO Werner Vogels 、Microsoft Server and Tools group president Satya Nadella などが登壇し、それぞれのクラウド・ストラテジーについて語ってくれる。

Related research

ーーーーー

TAG indexずいぶんと、アッサリ書いていますが、少なくとも Agile_Cat は、この手の売上比較を初めて見ましたし、同じように思う人も多いはずです。 それぞれのプロバイダーが、クラウドに関するビジネス規模を隠したがったり、過小/過大に見せたがったりと、いろいろあるので、比較が難しかったのだろうと推測しています。 この何年かの、様々な疑問が氷解して、とてもスッキリした気分です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている
Microsoft は Azure が、$1 Billion ビジネスになったと言っているが?
Amazon S3 の Object が、あっという間に2兆を超えた!
Windows Azure Storage – 4 Trillion Objects and Counting
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する

IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!

Posted in .Chronicle, .Selected, BaaS, IBM, Mobile, Post-PC by Agile Cat on February 22, 2013

IBM’s mobile first plan is really about cloud first. That’s all you need to know
http://wp.me/pwo1E-5Gd

By
Stacey Higginbotham – Feb 21, 2013
http://gigaom.com/2013/02/21/ibms-mobile-first-plan-is-really-about-cloud-first-thats-all-you-need-to-know/

_ Gigaom

Summary: IBM’s mobile first strategy is not only about mobile, but about IBM’s attempt to remake the entire IT infrastructure at many companies to use the cloud, data, and real-time nature of social networks to serve customers.

IBM のモバイル・ファースト戦略は、単にモバイルを優先するだけのものではない。 つまり IBM は、クラウドとデータ、そしてソーシャル・ネットワークのリアルタイム性をエンドユーザーに提供していく、数多くの企業のための IT インフラ全体を、作り直そうとしているのだ。

IBM launched its mobile first strategy this morning with several media stories and more fanfare than facts. At the core of the strategy is that IBM (and its customers) have realized that mobile is changing the game in terms of how customers expect to interact with businesses, but also that in putting mobile first they need to change their entire IT to take advantage of it.

今朝のことだが、いくつかのメディア・ストーリーを介して、そして高らかなファンファーレをかき鳴らし、IBM のモバイル・ファースト戦略が立ち上がった。 この戦略のコアとなる IBM(そして顧客)は、モバイルによるゲーム・チェンジを理解している。それは、顧客とビジネスが相互作用していく際の、望むべき方式という観点から生じたものである。 そして、変化を望む顧客に対して、モバイル・ファースト戦略を提供することは、そのアドバンテージを得るために、顧客の IT 全体を変化させる必要性も生じる。

As James Governor, an analyst at Redmonk, puts it in his very astute take on IBM’s news:

Redmonk のアナリストである James Governor は、IBM のニュースに対して、自身の明快な視点を加えている:

MobileFirst is a really big deal, because it doesn’t come alone. Mobile first means Cloud First. It also means Social First. It also means Big Data First. API-first. You get the picture. When a customer has a problem they think is a mobile problem, it turns out its a Cloud-hosting problem, and so on. Every mobile engagement IBM does with a client is going to have significant pull through in other areas. In that respect IBM’s mobile commitment is somewhat like its Linux commitment back in the day. IBM won’t make money directly selling a mobile operating system (it will leave that space to the likes of Google), but in associated revenue streams and product lines.

Mobile First は、きわめて重要な事柄である。 なぜなら、それが単独で帰結するものではないからだ。 Mobile First は Cloud First を意味する。 そして、Social First も意味する。 Big Data First も意味する。さらに、API First も意味する。 こうした図式を、あなたは理解する必要がある。 ユーザーが問題を抱えると、彼らはモバイルの問題であると考え、また、クラウド・ホスティングの問題でもあると、理解していくことになる。 IBM がクライアントと進める、すべてをモバイルに結びつける戦略は、さまざまなエリアを大きく好転させるだろう。 その点に関して、IBM のモバイル・コミットメントは、過去における Linux コミットメントと、いくつかの類似性を持つ。 モバイル OS の販売から、IBM がダイレクトに収益を上げることはないが(Google と同様に、他社に開放される)、そこには一定の収入とプロダクト・ラインが結び付けられていく。

That right there is a point I tried to bring up with Paul Bloom, the Research CTO of IBM Telecom last week when we chatted about the announcement. I was excited about how IBM could pull all of those things together — after all, this is the company that makes billions on middleware — but Bloom was more focused on the telecommunications side of things. And IBM does have an impressive telecom heritage with a history of developing everything from the technologies used on the chips inside some networks to the software pulling the networks together. That doesn’t even count the IBM gear inside telco data centers.

一連の指摘は、今回のアナウンスについて、IBM Telecom の Research CTO である Paul Bloom から、先週に聴きだしたものと一致する。 それらの、すべての要因を、IBM が結びつけていく方式は、とても興味深いものとなる。 結局のところ、ミドルウェア上に無数のものと作り上げていく、同社たる所以の話である。 しかし Bloom は、テレコム・サイドに、さらに傾注していく様子であった。 そして IBM は、これまでの開発の歴史において、素晴らしいテレコムの資産を有している。それらは、いくつかのネットワークにおけるチップに使われたテクノロジーから、ネットワークを集約させるソフトウェアにまでの、すべてに至る。 つまり、テレコム・データセンター内で、IBM ギアを数え上げることなど、とてもではないが、不可能なことなのである。

Bloom said that IBM has pulled together roughly 10 acquisitions since 2006 that will help with this effort with a special emphasis on WorkLight, a mobile application development platform, and BigFix, which manages distributed endpoints (like thousands of mobile phones!). Building the underlying infrastructure to support the mobile first world is tough.

Bloom の発言によると、IBM は 2006年から、およそ 10件の買収を通じて、こうした集約を図ってきている。そして、モバイル・アプリ開発プラットフォームとしての WorkLight と、分散されたエンドポイントを管理する BigFix が(無数のモバイルフォンなど)、この動きを大きく促進していくとする。 Mobile First の世界をサポートする、基本的なインフラ構築は、とてもタフな作業となる。

Connecting federated apps via APIs and across different platforms is a problem CIOs and developers are just now trying to solve. And making sure those pieces are then delivered in a beautiful and timely fashion to a massive number of different devices with different operating systems and capabilities is like asking a chef to make a meal that will appeal to every human on earth. That IBM is going after this is not unexpected, but it is a tough order.

API を介してアプリケーションをフェデレートし、異なるプラットフォームを横断していくことは、CIO とデベロッパーが、まさに解決しようとしている、現時点の問題である。 そして、それらのパートが、洗練されたタイムリーな方式で、それぞれの OS と機能を持った、無数のデバイスに届けられることを確認していく。 それは、この世界のすべての人々の口にあう、料理を頼まれたシェフの仕事である。 その意味において、これからの IBM が、何らかの特殊なものを追いかけていくわけではない。 だた、とてもタフな仕事なだけである。

Related research

ーーーーー

imageイイですね! 特に、『 Mobile First は Cloud First を意味する。 そして、Social First も意味する。 Big Data First も意味する。さらに、API First も意味する 』がステキです。 ちなみに、WorkLight は MEAP であり、IBM とモバイル・エコシステムをつなぐ、重要な役割を担うはずです。これで、Blackberry と組んだりすると、とても面白そうなのですが・・・ image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
BaaS で自由になる? それとも便利になる? そして DoCoMo の i-Concier は?
AWS イベントでの Parse が スゴそう – BaaS の勢いが加速する?
モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ

 

%d bloggers like this: