Agile Cat — in the cloud

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, IBM by Agile Cat on July 2, 2014

IBM expands SoftLayer into London with new data center
http://wp.me/pwo1E-7Dh
Suzanne Kattau | July 1st
http://siliconangle.com/blog/2014/07/01/softlayer-data-center/

_ Silicon Angle

IBM yesterday announced that it will open a new SoftLayer data center in London in July as part of the company’s $1.2B investment into its SoftLayer Cloud Services this year. Later in 2014, more countries will welcome new SoftLayer data centers as Big Blue aggressively grows the SoftLayer global cloud footprint to 40 data centers across five continents.

昨日(6/30)の IBM だが、SoftLayer のクラウド・サービスに対して計上されている、今年度の予算 $1.2B の一環として、SoftLayer London データセンターを、この 7月にオープンすると発表している。そして、2014年の後半には、SoftLayer のグローバル・クラウド・フットプリントを、5大陸 40ヶ所のデータセンターに成長させるという Big Blue の戦略に合わせて、より多くの国々に SoftLayer の新規データセンターが展開されることになる。

SoftLayer’s new London data center will house more than 15,000 physical servers and will offer all of SoftLayer’s cloud infrastructure services including bare metal servers, virtual servers, storage and networking. “We already have a large customer base in London and the region,” said Lance Crosby, CEO of SoftLayer, in a statement.

SoftLayer の新しい London データセンターは、15,000台以上の物理サーバーを収容する。 そして、SoftLayer のクラウド·インフラストラクチャーとして、ベアメタル・サーバー/仮想サーバー、ストレージ、ネットワークなどを含む、すべてのサービスを提供する。 SoftLayer の CEO である Lance Crosby は、「 すでに London および、その周辺の地域において、私たちは大規模な顧客ベースを有している」と、そのステートメントで述べている。

Looking to accelerate its public cloud presence, IBM last June made the strategic move to acquire cloud computing infrastructure provider SoftLayer, establishing the SoftLayer platform as the foundation of its newly created IBM Cloud Services division within its Global Services unit. SoftLayer continues to operate as a separate business entity inside of IBM Cloud Services. “I think [SoftLayer] was the most transformative, single acquisition that IBM has done,” remarked Holger Mueller, Vice President and Principal Analyst at Constellation Research, to theCUBE co-hosts John Furrier and Paul Gillin at IBM Impact in April 2014.

パブリック·クラウドにおけるプレゼンスを高めたかった IBM は、クラウド・コンピューティング・インフラ・プロバイダー である SoftLayer を、昨年の 6月に買収するという戦略的な動きを見せている。それにより、同社の Global Services 部門内に新設された、IBM Cloud Services 部門の基盤として、SoftLayer のプラットフォームを確立しようとしている。 ただし、SoftLayer は、IBM Cloud Services における、独立した事業体として継続されている。「 SoftLayer の買収は、これまでの IBM の歴史において、最大の変化をもたらすものだと、私は捉えている」と、2014年 4月に開催された theCUBE の IBM Impact において、Constellation Research の VP and Principal Analyst である Holger Mueller は、同イベントの共催者である John Furrier と Paul Gillin に述べている

Watch Holger Mueller of Constellation Research as he discusses IBM SoftLayer with theCUBE cohosts John Furrier and Paul Gillin at IBM Impact in April 2014: Day 2 Wrap Up – IBM Impact 2014 – theCUBE

In January 2014, IBM had announced its intention to invest $1.2B into expanding SoftLayer globally, including North America, South America, Europe, Asia and Australia. As predicted by Wikibon Chief Analyst Dave Vellante in a SiliconANGLE interview, IBM’s SoftLayer platform has become a “real growth engine” for IBM Cloud Services. And a much-needed one as IBM finds itself still playing catch-up to public cloud service provider Amazon Web Services, which started the public cloud race.

2014年 1月に IBM が発表したのは、SoftLayer をグローバルに展開するために $1.2B を投資するという意志であり、その対象として North America/South America/Europe/Asia/Australia などが含まれていた。 SiliconANGLE のインタビューにおいて、Wikibon の Chief Analyst である Dave Vellante は、IBM Cloud Services にとって SoftLayer のプラットフォームは、「本質的な成長のエンジン」になると述べている。そして、パブリック・クラウドのレースを開始した、Amazon Web Services を捉えるために、IBM が待ち望んでいたものであると、付け加えている。

ーーーーー

IBM の潤沢な予算を背景に、SoftLayer のグローバル展開が加速しています。短い記事ですが、Agile_Cat 的に気になるのは、London という金融の中心に、つまり LINX(London IX)の本拠地に、データセンターを展開するという戦略です。 また、ベアメタル・サーバーにも興味を引かれます。仮想化によるオーバーヘッドの排除という意味合いもありますが、専用の物理サーバーが顧客に提供されるという側面も見逃せません。 同じパブリック・クラウドでありながら、他社と比べてハイブリッド色が強いという戦略に思えます。 とても、興味深い展開ですね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Posted in Data Center Trends, Google, IBM, Samsung by Agile Cat on June 10, 2014

IBM Opens Chip Architecture, in Strategy of Sharing and Self-Interest
http://wp.me/pwo1E-7yZ

By
STEVE LOHR – April 23, 2014
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/23/ibm-opens-chip-architecture-in-strategy-of-sharing-and-self-interest/

 

IBM’s chip business needs help. So the company has opened up the technology of its Power microprocessors, inviting others to modify and manufacture Power-based designs pretty much as they see fit. This open, liberal licensing initiative is conducted under the auspices of the OpenPower Foundation, which was incorporated in December.

IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

The foundation now has two dozen members in addition to IBM, including Google, Samsung, Nvidia, Mellanox and Tyan. On Wednesday, IBM and the foundation are announcing the first fruits of that collaboration – server computers based on IBM’s new Power8 chip technology. The chips, experts say, are unusually fast, powerful and tuned for handling vast amounts of data.

いま、このファンデーションには、IBM に加えて、Google/Samsung/Nvidia/Mellanox/Tyan などを含む、20社以上の企業が参加している。この水曜日に、IBM とファンデーションが発表したのは、同社の新しい Power8 チップ・テクノロジーをベースにした、コラボレーションにおける最初の成果物としてのサーバーである。

Jack Plunkett
Feature Photo Service for IBM

Two IBM engineers working on a stack of servers using the company’s Power-based designs.

IBM and Google are the key strategic players in the foundation. IBM’s Power systems hold the largest share of the market for server computers running the Unix operating system. But the Unix server market is withering. Sales of IBM’s Power systems fell 31 percent last year.

IBM と Google は、このファンデーションをリードする、戦略的なプレーヤーである。 IBM の Power システムは、Unix オペレーティング・システムを走らせる、サーバー・コンピュータ市場において、最大のシェアを保持している。しかし、Unix サーバー市場は衰退しており、昨年の IBM Power システムは、その売上を 31% も減らしているのだ。

“For the Power technology to survive, IBM has to do this,” said Charles King, principal analyst for Pund-IT, a research firm. “It needs to find new markets for Power.”

「Power テクノロジーが生き残るためには、それを行わなければならない。 つまり、IBM は Power のための、新たなマーケットを探し出す必要がある」と、調査会社 Pond-IT の主席アナリストである Charles King は述べている。

The new market strategy is to become an attractive hardware home for Linux, the operating system of choice in Internet-era data centers. Linux typically runs on industry-standard chips, mainly produced by Intel but also Advanced Micro Devices.

この、新しいマーケットの戦略とは、インターネット時代のデータセンターにおける、最適なオペレーティング・システムとして認識される Linux のための、魅力的なハードウェア・プラットフォームになることだ。一般的に見て Linux は、主として Intel および AMD が製造する、業界標準チップ上で動作している。

“We really wanted to give people an alternative to Linux on Intel,” said Tom Rosamilia, senior vice president in charge of I.B.M.’s hardware business, a position he assumed last August.

「 私たちは、Intel 上で Linux を走らせる人々に対して、対案を提供したいと本気で考えている」と、IBM の VP of Hardware Business である Tom Rosamilia は語っている(昨年 8月時点の役職だと記憶している)。

IBM’s decision to open up its chip technology, Mr. Rosamilia said, takes a page from the playbook of ARM, whose open licensing policy has helped make its low-power processors a leader in the smartphone and tablet markets.

Rosamilia によると、このチップ・テクノロジーのオープン化は、ARM の戦略ノートから、ページを切り取ったものであるという。 ARM のオープン・ライセンス・ポリシーは、スマートフォンやタブレットにおける、低消費電力プロセッサー市場のリーダーとしてのポジションを確かなものにしている。

Gordon MacKean, who leads Google’s hardware teams, is the chairman of the OpenPower Foundation. In an interview, Mr. MacKean said opening up the Power technology allowed many groups to fine-tune it, potentially driving down the price and improving the performance of data-intensive computing.

Google のハードウェア·チームを率いる Gordon MacKean は、OpenPower Foundation の Chairman も務める。MacKean は、インタビューにおいて、多様なグループにフィットするよう、Power テクノロジーをオープンにしていくと述べている。それにより、コストの低減を推進し、データ集約型コンピューティング性能を向上させるという。

Mr. MacKean declined to discuss Google’s own plans for using Power-based technology in its many massive data centers. But analysts say the embrace of Power has two crucial advantages for Google. First, the Internet giant builds its own data centers and tweaks the technology in its server computers, and the licensing regime in the Power foundation is hacker-friendly in a way Intel’s handling of its intellectual property is not.

MacKean は、大規模なデータセンター群で Power ベース・テクノロジーを使用するという、Google の計画に関する議論を、当初は辞退したという。しかし、アナリストたちは、Power の提供は Google にとって、2つの重要なメリットを有していると発言した。第一に、このインターネット・ジャイアントは、、独自のデータセンターを構築し、そのサーバー・コンピュータ・テクノロジーを磨きあげている。そして、Power Foundation のライセンス制度は、Intel が知的財産を取り扱う方式の外側で、とてもハッカーフレンドリーである。

The second advantage for Google is negotiating power. In the heyday of the mainframe era, Japanese companies like Hitachi made machines that competed with IBM’s. In those days, corporate technology buyers used to refer to the “million-dollar Hitachi coffee cup.” When the IBM sales team arrived, they explained, having the Hitachi coffee cup on your desk was valuable indeed – a reminder to IBM that there was an alternative, which became a lever for negotiating lower prices.

Google にとっての第二のメリットは、交渉力である。メインフレームの全盛期においては、Hitachi などの日本企業が、IBM と競合するマシンを作っていた。当時のコーポレート·テクノロジー・バイヤーたちは、 “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” と言いながら、それらを使っていた。そして、IBM のセールス・チームが訪問したとき、その “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” を指差しながら、たしかな価値があると、顧客たちは説明したものだ。つまり、対案が存在することで、価格を引き下げるための交渉が始まることを、IBM は思い出すことになる。

An open Power technology, analysts say, could serve a similar role if it rises to become a genuine, price-competitive alternative to Intel-based servers.

アナリストたちによると、オープンな Power テクノロジーが、Intel ベース・サーバーに対して、価格面で本当に競争力のある対案として浮上した場合、メインフレームのときと同じような役割を果たすことになるという。

And Google, analysts say, is potentially a big enough customer to insure that Power technology is an alternative. “Google could make this a market on its own,” said Rob Enderle, an independent analyst in San Jose.

そして Google は、Power テクノロジーが対案になり得ることを証明できる、充分な規模を持った顧客である。「Google は、そのマーケットを、自分のものにもできる」と、San Jose 在住の独立系アナリストである Rob Endele は述べてる。

ーーーーー

この、IBM と Google の連携は、4月の末に報道され、世界を驚かせました。Gigazine では、Google におけるハードウェアとソフトウェアの刷新と、それに伴うリスクについて指摘していますが、Intel だけに依存する状態を継続することの方が、はるかにリスクが高いと考えているのだろう、と推察しています。かつて、Wintel という時代がありましたが、ユーザー主導のパワー・バランスが機能するようになり、コンシューマの世界においても、プロフェッショナルの世界においても、一人勝ちのベンダーを作らせない新たなステージへと、私たちは移行しているのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

Posted in Asia, Data Center Trends, IBM by Agile Cat on June 4, 2014

IBM Opens SoftLayer Data Center in Hong Kong as Part of $1.2 Billion Cloud Push
http://wp.me/pwo1E-7yf
by Nicole HendersonJune 2, 2014
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/chinese-government-reviews-whether-domestic-banks-use-ibm-servers-compromises-nations-financial-security

IBM opened up a new SoftLayer data center in Hong Kong over the weekend, a month later than the company expected after a slight delay in approval from the Chinese government.

この週末に、IBM は、新たな SoftLayer データ·センターを Hong Kong にオープンした。China 政府による承認に、いくぶん時間がかかったこともあり、同社の予想よりも1ヶ月ほど遅れてのオープンとなった

The SoftLayer data center in Hong Kong is the first of 15 data centers IBM will open as part of its $1.2 billion investment to extend its cloud services around the world.

この、SoftLayer Hong Kong データセンターは、そのクラウド・サービスを世界的に拡張するために、IBM が計画している $1.2 Billion の予算で構築する、15ヵ所のデータセンターの中の最初のものとなる

“Our expansion into Hong Kong gives us a stronger Asian market presence as well as added proximity and access to our growing customer base in region,” Lance Crosby, CEO of SoftLayer said. “This new data center gives the fast-growing, entrepreneurial businesses that Hong Kong is known for a local facility to tap into SoftLayer’s complete portfolio of cloud services.”

「 この、Hong Kong における拡張により、私たちは Asia 市場でプレゼンスを得るだけではなく、この地域で成長を続ける顧客たちに対して、近い位置からのアクセスを実現できるようになる。この新しいデータセンターは、これから立ち上がってくる企業や、急成長している企業に提供される。つまり、SoftLayer のクラウド・サービス・ポートフォリオを活用する、ローカルなファシリティとして、Hong Kong は認識されるようになる」と、SoftLayer の CEO である Lance Crosby は述べている。

SoftLayer already had a strong presence in Asia through Hong Kong and Singapore. Prior to IBM, SoftLayer’s Asian operations were headquartered in Singapore, and the company opened its Singapore data center in the fall of 2011, expanding its network to Tokyo and Hong Kong. SoftLayer cloud customers in Asia include website security provider Distil Networks, online booking agency Tiket.com and digital advertising platform Simpli.fi.

すでに SoftLayer は、Hong Kong および Singapore を介して、Asia における強固なプレゼンスを発揮している。 IBM に参画する以前の、Asia における SoftLayer の展開は、Singapore に HQ を置き、2011年秋には Singapore データセンターをオープンし、Tokyo と Hong Kong へ向けてネットワークを拡大するという状況にあった。 そして、SoftLayer の Asia の顧客としては、Web サイト・セキュリティ・プロバイダーである Distil Networks や、オンライン・チケット予約の Tiket.com、そして、デジタル広告プラットフォームの Simpli.fi などが挙げられる。

SoftLayer’s Hong Kong data center has capacity for more than 15,000 physical servers and network connectivity provided by multiple Tier 1 carriers including NTT, Tata, and Equinix.

SoftLayer の Hong Kong データセンターは、15,000 台以上の物理サーバーを収容するキャパシティを持ち、NTT/Tata/Equinix を含む、複数の Tier 1 キャリアによるネットワーク接続を提供する。

Hong Kong is a popular destination for cloud computing companies looking to serve Asian customers due to its connectivity and location within China. Most recently, Alibaba’s cloud division, Aliyun, opened a data center in Hong Kong, its first in mainland China.

Asia の顧客にサービスを提供するクラウド・プロバイダーにとって、Hong Kong が人気のロケーションとなるのは、China 国内へ向けたコネクティビティに優れるからである。最近では、Alibaba クラウド部門である Aliyun が、China 本土では初となるデータセンターを、Hong Kong にオープンしている

As SoftLayer begins taking cloud orders for its new data center in Hong Kong, its parent company IBM is facing some challenges in China as a new initiative is reviewing whether its domestic banks reliance on servers from IBM is a compromise to national financial security.

SoftLayer が Hong Kong に新しいデータセンターをオープンし、クラウド関連の受注を取り始めるのと平行して、その親会社である IBM は、China におけるいくつかの課題に直面している。つまり、国内の銀行が IBM のサーバーに依存することが、財政におけるナショナル・セキュリティとして、妥協なのかどうかを検討しようという、新たな動きが生じているのだ

ーーーーー

IBM から潤沢な資金を得た SoftLayer が、どのような展開を示すのか、とても気になるところです。 その意味で、これからの需要の拡大が予測されるアジアで、そのファシリティを強化するというのは、とても理にかなったことです。 2011年 8月にポストした、「マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画」という抄訳で、当時の Chief Strategy Officer である George Karidis が、ーーー 私たちの顧客の 40% が、United States of America の外に居る。インターネットが世界を平準化していっても、USA 中心のインフラでは、さまざまな制約が生じるかもしれない ーーー といったコメントを発していました。ほんと、そのとおりだと思いますので、シンガポールだけではなく、香港だけでもなく、この東京にも、ジャンジャン投資して欲しいですね!

ーーーーー

<関連>

IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート

Posted in Businesses, IBM, Research by Agile Cat on April 8, 2014

This Chart From IBM Explains Why Cloud Computing Is Such A Game-Changer
http://wp.me/pwo1E-7oa

Julie Bort – Apr. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/this-chart-from-ibm-explains-why-cloud-computing-is-such-a-game-changer-2014-4

_ Business Insider

All of the industry’s biggest tech players are going gaga chasing the cloud-computing market these days:

この業界における最大級のハイテク・プレーヤーたちが、皆してクラウド·コンピューティング市場を、夢中になって追いかけまわしているのが、いまの姿である。

What is it that has all of the biggest tech players drooling? This chart that IBM sent to its investors explains it all. To summarize, IBM says …

一連の、大手ハイテク・プレーヤーたちは、いったいに何に群がっているのだろうか?以下のチャートは、IBM から投資家たちに送られたものであり、また、すべての理由を説明している。IBM が述べていることを、要約すると・・・

  • 85% of new software today is being built for the cloud.
  • One-quarter of the world’s apps will be available on the cloud by 2016.
  • Almost three-quarters of developers say that they are using the cloud in apps they are developing now.
  • 現時点においては、新たに開発されるソフトウェアの 85% が、クラウドを対象としている。
  • すべてのアプリケーションの 1/4 が、2016年までに、クラウド上で利用可能となる。
  • デベロッパーの 3/4 が、開発中のアプリケーションにおいて、クラウドを活用していると言っている。

_  space

In other words, the shift from buying computers to renting them has begun big time, and there are billions of dollars up for grabs.

言い換えれば、コンピュータの所有から利用に向けたシフトが、最盛期を迎えつつあるのだ。 そして、誰もが、大きなビジネスを夢見ている。

By 2017, enterprises are expected to be spending $235 billion on the cloud, predicts market research firm IHS.

マーケット調査会社 IHS によると、2017年のエンタープライズ市場では、クラウドに $235 Billion が費やされると予測されている。

ーーーーー

TAG indexいまさら、取り立てて騒ぐほどのことでは無いと思うのですが、シッカリとした経済を伴うクラウド・シフトが、現実のものになってきたと表現すべきなんでしょう。 IBM については、先日の Business Insider に掲載された 「IBM Is Hiring Lots Of New Employees In The Middle Of A Layoff 」という記事により、人材の入れ替えが示唆されていました。 そこに、この投資家への説明資料が加わってくるということは、SoftLayer を軸としたクラウド戦略が、IBM のメイン・ビジネスになってきたことを示しているのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
http://wp.me/pwo1E-70J
By
Barb Darrow -DEC. 4, 2013
http://gigaom.com/2013/12/04/can-openstack-scale-ibm-and-mirantis-say-yes-and-aim-to-prove-it/

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。

ーーーーー

Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research

ーーーーー

openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート

 

IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon

Posted in .Selected, IBM, Linux by Agile Cat on September 26, 2013

IBM to invest $1B in Linux & open source technologies
IBM made the announcement at LinuxCon in New Orleans
http://wp.me/pwo1E-6Gy

September 17, 2013 –
Christina Farr
http://venturebeat.com/2013/09/17/ibm-to-invest-1b-in-linux-open-source-technologies/

_ VB Business

IBM just announced it will make a $1 billion investment to promote the development of Linux, a leading operating system for cloud and big data deployments in data centers. According to a media release, IBM also intends launch a new Power Development cloud, and fund a number of open source technology initiatives.

つい先日のことだが(9/17)、IBM は、 データセンターでクラウドやビッグデータをディプロイする際の、主要オペレーティング・システムである Linux の開発を促進するために、$1 billion の投資を行うと発表した。そのメディア・リリースによると、IBM は新しい Power Development クラウドを立ち上げ、いくつかのオープンソース・テクノロジーに対して資金を提供する方針だという。

Kansir/Flickr

IBM introduced its first Linux-only Power Systems in May of 2012, which now represents over 2,500 open source applications globally. The company intends to support this growing ecosystem, and attract more third party developers to the platform.

IBM は、2012年 5月に初めての Linux 専用の Power Systems を導入し、いまでは、2,500 種類のオープンソース・アプリケーションをグロ-バルに提供していると明言する。 同社は、この成長するエコシステムをサポートし、このプラットフォームに複数のサードパーティを誘致する予定である。

IBM currently operates Power Systems centers in locations like Montpellier, France, where developers learn onsite how to deploy applications using open source technologies. IBM made the official announcement at LinuxCon in New Orleans. The news comes over a decade since IBM announced it would back Linux, then in the early-stages of development.

IBM は現在、France の Montpellier などで Power Systems センターを運用し、オープンソース・テクノロジーを用いてアプリケーションをデプロイする方式を、オンサイトでデベロッパーたちに学習させている。この件について、IBM は New Orleans の LinuxCon で、オフィシャルにアナウンスしている。それは 同社が、黎明期にあった Linux の開発を支援するとアナウンスして以来、10年ぶりのニュースとして伝わるものである。

Onstage, IBM has stressed that it doesn’t intend to convert all of its existing customers to Linux. Instead, this investment is targeted at bringing new innovation to its cloud computing and analytics customers.

その席上で、IBM は、すべての既存の顧客を、Linux へシフトさせるものではないと強調していた。と言うより、むしろ、今回の投資は、クラウドとアナライズを必要とする顧客に、新たなイノベーションをもたらすものとなる。

Jim Zemlin, executive director of the Linux Foundation, said in a statement, “The last time IBM committed $1 billion to Linux, it helped start a flurry of innovation that has never slowed. We look forward to seeing how the Power platform can bring about further innovation on Linux, and how companies and developers can work together to get the most out of this open architecture.”

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「先日に IBM が、Linux に対する $1 billion の投資を約束してくれた。それは、イノベーションの流れを加速させるものであり、また、時期を逸したものではない。私たちは、この Power プラットフォームが Linux に対して、どのようにイノベーションをもたらすのか、そして、このオープン・アーキテクチャを最大限に活用するために、どのように企業や開発者が協調していくのかを楽しみにしている」と、そのステートメントの中で述べている。

ーーーーー

_ IBMLinux が無ければ、クラウドも成立していなかったでしょう。 つまり、ライセンス・ビジネスにより停滞していた IT が、オープンソースのパワーにより、一挙に問題を解決しようとしているのが、いまのアーキテクチャであり、ビジネスであり、マーケットなのです。 先日に、『 Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔 』という抄訳をポストしましたが、クラウドにかぎらず、この世界全体が、Linux に大きく依存している状況が分かります。 まだの方は、ぜひ ご覧ください。 この IBM の決定の、背景が見えてくると思います。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!
Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は?

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, IBM, OpenStack by Agile Cat on August 20, 2013

OpenStack Needs A Dominant Vendor, Not Interoperability
http://wp.me/pwo1E-6vC
Matt Asay – July 25, 2013
http://readwrite.com/2013/07/25/openstack-needs-a-dominant-vendor-not-interoperability

_ Read Write (2)

While the OpenStack community pines for interoperability, what it really needs is a dominant vendor.

The OpenStack community is infighting. Again. This time, as ever, some of OpenStack’s most prominent advocates are arguing over what interoperability means, and just who measures up. Ironically, what OpenStack needs to succeed has less to do with interoperable implementations of the OpenStack reference architecture and more to do with a single vendor imposing standardization on the community.

再び、OpenStack コミュニティに内紛が生じている。いつものように、いくつかの突出した OpenStack  支持者たちが、インターオペラビリティの意味するものについて、また、それを誰が測定すべきかという点について主張しているのだ。 皮肉なことに、OpenStack が成功するために必要なことは、OpenStack リファレンス·アーキテクチャにおけるインターオペラビリティ実装を最小に留めることであり、また、このコミュニティに標準化を課すシングル・ベンダーが、より多くの事柄に対応するようになることだ。

That’s right. OpenStack needs a hegemon.

正しく言えば、OpenStack は覇権者を必要としているのだ。

Every Community Needs A Leader

Red Hat Executive VP and President, Products and Technologies Paul Cormier

After all, no one talks about Amazon Web Services interoperability. Or, rather, we don’t ask Amazon to sit in committee rooms and conform its API to OpenStack, Cloudstack and other cloud offerings. Amazon dominates public clouds. It sets the standard and others either conform to its API or not. (At present, the OpenStack community continues to vote for "not," which leads industry pundits like Simon Wardley to dismiss it as a "dead duck.")

結局のところ、Amazon Web Services とのインターオペラビリティについては、誰も話題にしていない。 だからと言って、私たちは Amazon に対して、このコミッティの会合に参加し、OpenStack や CloudStack などのクラウド・サービスに対して、その API を準拠させたらどうかと、尋ねているわけでもない。Amazon は、パブリック・クラウドを支配している。 つまり、Amazon が標準を設定し、その API に、他者が準拠するか、しないかという状況にある。(現時点の OpenStack コミュニティは、" No" と投票している。 それは、Simon Wardley のような業界の専門家が、"Dead Duck" として、却下するような状況へと導く)

This is why Cloudscaling CTO and OpenStack luminary Randy Bias is spot on to deride OpenStack interoperability as key to its success:

以下は、Cloudscaling の CTO であり、OpenStack の指導者でもある Randy Bias が、その成功のカギとしての、OpenStack インターオペラビリティを冷笑する理由である:

The very idea that OpenStack requires interoperability to succeed is completely laughable. Interop doesn’t guarantee success.

OpenStack の成功において、インターオペラビリティが不可欠という発想は、きわめてバカバカしいものである。インターオペラビリティが、成功を保証するということはあり得ない。

— Randy Bias (@randybias) July 23, 2013

Far too often in the open-source community, we ascribe magical powers to committee-fostered interoperabilty, when the industry actually displays a remarkable tendency toward de facto standardization.

これまで、業界がデファクト・スタンダードへ向けて顕著な方向性を示すたびに、このオープンソース・コミュニティのコミッティが魔法のようなパワーを発揮し、インターオペラビリティを促進していくという期待が、あまりにも頻繁に生じてきた。

Linux, for example, really took off when the industry was able to rally around a single vendor, Red Hat, as its standard bearer. Perhaps it’s not surprising, then, that Red Hat executive vice president Paul Cormier declares that "OpenStack is Linux all over again," with a need for OpenStack’s disparate elements to cohere into a distribution that makes it consummable by the masses.

Linux の場合は、RedHat というシングル・ベンダーを、スタンダードの旗手として業界が認識したときに、ほんとうの意味で離陸している。おそらく、それは驚くべきことではない。 その後、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier は、「OpenStack は Linux を再現するものだ」と宣言している。 それは、OpenStack における本質的に異なる各要素を、一貫性のあるディストリビューションに仕立て上げ、大衆が消費できるかたちにしていくという、ニーズを伴うものになる。

Red Hat At The Helm?

It’s not surprising that Cormier sees his company as the unifying center of the OpenStack universe. While there still is a long way to go in establishing OpenStack leadership, Red Hat currently sits in prime position to lead OpenStack just as it led Linux. Why? Because it contributes the most to the project:

Cormier が、OpenStack の宇宙を統一する中心として、自身の会社を認識しているに驚くべきではない。OpenStack がリーダーシップを確立するまでには、まだ、長い道のりが残っているが、いまの Red Hat は、Linux のときと同様に、OpenStack をリードするという重要なポジションを得ている。その理由は、このプロジェクトに、最も貢献しているからである:

クリックで拡大 ⇒
Source: OpenStack (Data compiled by Bitergia)

In open source, being the source of code matters more than source code. She who contributes most, controls (or influences) most.

オープンソースでは、コードのソースであることが、ソースコード自体よりも重要となる。 つまり、最大のコントリビューションを行なっている者が、最大のコントロール(影響力)を行使することになる。

Hence, even as the OpenStack community mulls over the introduction of RefStack, a proposed conformance testing system to help evaluate just how "pure" an OpenStack implementation is, OpenStack’s members are already jockeying to be RefStack. If Red Hat or another vendor establishes primacy in the community, its implementation will essentially become "RefStack."

したがって、OpenStack コミュニティが RefStack の導入を検討するのと同時に、そこで提案されるコンフォーマンス・テスト・システムが、"ピュア" な OpenStack 実装の評価を促進していくことになる。 そして、OpenStack のメンバーはたちは、RefStack なるための、主導権争いの中にある。 Red Hat などのベンダーが、コミュニティにおける優位性を確立した場合、その実装が、本質的な意味で "RefStack" になっていく。

Again, Linux illustrates how this will happen. As Red Hat established the lead in the early 2000s, the rest of the Linux vendors, led by Caldera, attempted to band together as United Linux. I was involved in these discussions and can report with some accuracy that they completely, totally failed. It turns out the market didn’t want a common Linux distribution created by committee. They wanted the industry standard, which happened to be Red Hat.

繰り返しになるが、こうした事象が起こることを、Linux が例証している。 2000年代の初めに、Red Hat が主導権を確立したとき、その他の Linux ベンダーは、Caldera が率いる United Linux として団結しようとした。私は、一連の議論に関与していたので、彼らが完全に失敗したことを、いくつかの正確性をもってレポートできる。そこで分かったことは、マーケットが欲したものが、コミッティにより作成された、 Common Linux ディストリビューションではないという事実であった。 マーケットが求めるものは、業界のスタンダードであり、たまたま Red Hat が、それになったということだ。

Choose Your Hegemon

There’s still a long way to go to determine who will lead OpenStack, though Red Hat currently occupies pole position. But whether Red Hat or Rackspace (which used to dominate) or IBM or another vendor, OpenStack’s success depends upon a single large vendor assuming leadership. Interoperability will follow, but it won’t be designed by committee. Rather, it will be imposed by a dominant OpenStack vendor, with the community necessarily conforming to its distribution.

現在のポール・ポジションは、Red Hat により占められているが、OpenStack のリードする者を決定するには、まだ長い道のりが残されている。それが、Red Hat もしくは、Rackspace(支配のために利用される)、IBM といったベンダーになるにしろ、OpenStack の成功は、大規模シングル・ベンダーが発揮するだろう、リーダーシップに依存することになる。そして、インターオペラビリティは、それに従うものであり、コミッティがデザインするものではない。むしろ、それは、支配的な OpenStack ベンダーにより課されるものであり、コミュニティとディストリビューションの間に、適合性が必ずしも存在するというものでもない。

ーーーーー

TAG index以下の事例にあるように、ユーザーとして Sony や、CERN、PayPal などが揃い、この 4月の Summit では、Bloomberg や、Comcast、HubSpot、Best Buy などがキーノートに登壇した OpenStack に、力強さを感じますね。 そして、最近は、AWS とのインターオペラビリティの、必要性に関する議論が盛んなようですが、そんなものは不要だと、バッサリ切り捨てているのが、この記事の言いたいところだと思います。その一方で、『 あなたは、Amazon から恩義を受けているが、それは一時的なものである。 その市場をとりまくエコシステムが、Amazon のエコシステム以上に成長するにつれて、現実には AWS クローンの市場が、AWS API をコントロールするようになり、その方向性を定めることになる 』という推測を、提供しているブログもあります。この戦い、ほんと、興味シンシンですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

%d bloggers like this: