Agile Cat — in the cloud

Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Huawei, Hybrid, Network, Strategy, Web Scale by agilecat.cloud on July 28, 2015
Huawei’s Johor regional cloud centre off to running start
AvantiKumar – July 9, 2015
http://mis-asia.com/resource/cloud-computing/huaweis-johor-regional-cloud-centre-off-to-running-start/
_ MIS
 
Chinese ICT firm Huawei, which recently launched its first Asia Pacific Digital Cloud Exchange in Iskandar, Johor, to help drive Malaysia’s regional ambition, has announced that several new projects are already off to a strong start.
 
China の ICT 企業である Huawei は、最近になって Malaysia の Iskandar, Johor に、同社の Asia Pacific Digital Cloud Exchange 構想における最初の拠点を立ち上げ、また、いくつかの新しいプロジェクトが順調に進んでいることを発表した。
 
CES_2012_-_HuaweiHuawei Malaysia chief executive officer Abraham Liu said the new initiatives included global mobile game distributor Uzone Games’ launch of its Mini 4WD game in Malaysia as well as Les’ Copaque Production, which owns Upin & Ipin, will provide digital content to the Asia Pacific region from the Huawei Digital Cloud Exchange in Iskandar.
 
Huawei Malaysia の CEO である Abraham Liu は、Malaysia で Mini 4WD ゲームを立ち上げた Uzone Games や、Upin & Ipin というゲームを所有する Les’ Copaque Production といった企業を、この新たな取り組みが後押しすると述べている。 つまり、それらのデジタル・コンテントが、Iskandar の Huawei Digital Cloud Exchange から、Asia Pacific リージョンへ向けて配信されていくことになる。
 
“As one of the fastest growing markets in the region, we are pleased to open our first Data Hosting Centre, the Huawei Digital Cloud Exchange, in Malaysia. Our investment in this facility is a major milestone in making Malaysia our regional business gateway,” said Liu, during the launch ceremony, which was officiated by Malaysian deputy prime minister, YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin and Wu Zhengping, the Economic and Commercial Counsellor at the Embassy of People’s Republic China in Malaysia.
 
そして  Abraham Liu は、「このリージョンにおける Malaysia は、最速で成長していると思えるマーケットであり、そこに最初の Data Hosting Centre を、つまり Huawei Digital Cloud Exchange をオープンできて嬉しく思う。このファシリティへの投資は、Malaysia をビジネス・ゲートウェイにするという意味で、きわめて重要なマイルストーンになる」と、今回の立ち上げに関するセレモニーで発言している。なお、このセレモニーは、Malaysia の副首相および、YAB Tan Sri Dato の HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin、そして、China 大使館の Economic and Commercial Counsellor である Wu Zhengping により主催されている。
 
“Malaysia’s investment-friendly policies, its skilled workforce and geographic advantages underline our confidence in the country’s potential as a Regional Digital Cloud Exchange,” he said.
 
Abraham Liu は、「Malaysia の投資に寛大な政策、洗練された労働力、そして地理的な利点は、Regional Digital Cloud Exchange を構築する上で、私たちの大きな自信となる」と、述べている。
 
In addition, Huawei signed memorandums of understanding (MoUs) with Uzone Games, Les’ Copaque Production, M-Mode Mobile and Elite Entertainment to promote digital business and with Universiti Teknologi Malaysia to encourage academia and industry collaborations.
 
さらに Huawei は、デジタル・ビジネスを促進するために、Uzone Games および Les’ Copaque Production、M-Mode Mobile、Elite Entertainment と MOU を交わし、また、Universiti Teknologi Malaysia と産学連携を推進している。
 
ICT convergence
 
Liu said the regional data hosting centre stemmed from an October 2013 agreement with government investment body Khazanah Nasional,
 
Abraham Liu が言うには、このリージョンにおける Data Hosting Center について、政府系の投資組織である Khazanah Nasional との契約は、2013年10月から生じている
 
Huaweis_Digital_Cloud_Exchange_JohorPhoto – YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin, Deputy Prime Minister of Malaysia visiting Huawei’s Digital Cloud Exchange Centre at Bandar Medini, Iskandar, Johor.
 
He said ICT convergence in the world will “continue to be the enabler in driving a new round of exponential growth across industries. By 2020, there will be 4.6 billion mobile users and 5.9 billion smartphones. One hundred (100) billion connections will be made and mobile market size will be over US$3.9 trillion.”
 
世界 の ICT コンバージェンスに関して、「 業界における指数関数的な成長が、新しいラウンドの推進を実現し続けるだろう。2020年までに、46億人のモバイル・ユーザーと、59億台のスマートフォンが、この世界に溢れることになる。そして、全体で 1000億のコネクションが存在することになり、モバイル市場の規模は US$3.9 trillion を超えることになる」と、彼は述べている。
 
Huawei’s Asia Pacific Cloud Exchange in Iskandar has aggregated more than 2,100 partners worldwide and more than 200,000 pieces of digital contents, including digital music, mobile game, video, open Application Program Interface (API), traffic monetisation, B2B cloud, and M2M.
 
Iskandar における Huawei の Asia Pacific Cloud Exchange は、世界中から 2100社以上のパートナーを集めることになる。そして、Digital Music/Mobile Game/Video/Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M などが、20万種類以上といわれるデジタル・コンテンツを構成することになる。
 
“Huawei’s Digital Cloud Exchange will not only help nurture Malaysia’s creative content and the vast pool of local talent and but also create a productive and innovative digital market worth billions of USD. We are keen on partnering with the public and private sectors to turn this vision into reality,” added Liu.
 
「Huawei の Digital Cloud Exchange は、Malaysia のデジタル・コンテントをもたらし、人材の育成を大規模に展開するだけではなく、そのデジタル・マーケットの生産性を、Billions of USD レベルへと引き上げていく。そのビジョンを実現するためにも、私たちは官民との提携を熱望している」と、Liu は付け加えている。
 
“We are grateful for the enormous support from the Malaysian government that continues to encourage a partnership approach with investors. Their policies and approach to foreign investment make investing in Malaysia win-win proposition. We are happy to share our experiences with other investors looking to expand to Malaysia,” he said.
 
「 私たちは、投資家とのパートナーシップを奨励し続けてくれる、Malaysia 政府の多大な支援に感謝している。私たちのような外資に対する、同政府のポリシーとアプローチが、Malaysia との Win-Win 関係をもたらす。そして、私たちは、Malaysia を成長させようとする、その他の投資家とも、これまでの経験を喜んで共有したい」と、彼は締め括っている。
 
ーーーーー
_ Huaweiこの記事を読む限り、Huawei の Cloud Exchange には Digital Music/Mobile Game/Video だけではなく、Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M なども含まれるということですから、Equinix の対抗馬として捉えられるのかもしれません。 しかし、その一方で、Huawai は通信機器メーカーであり、クラウド・プロバイダーではないという認識もあります。 そして、China Tech News を見ていたら、Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin というポストを見つけたのですが、それによると、Huawei がクラウド・プロバーイダーとして Aliyun と競合していくようです。 ほんとうにアジアの動きはダイナミックだと、あらためて認識しました。 なお、文中にある、マレーシアでの実績というのは、China Mobile の動きと絡んだものなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Equinix, Hybrid by agilecat.cloud on June 11, 2015
Equinix to Offer Private Links to Alibaba Cloud Data Centers
Yevgeniy Sverdlik – June 4, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/04/equinix-to-offer-private-links-to-alibaba-cloud-data-centers/
 
_ DC Knowledge
 
As it prepares to launch its first cloud data center in the U.S., Aliyun, the cloud services arm of Chinese internet giant Alibaba has struck a partnership with American data center services giant Equinix that will expand its ability to cater to enterprise cloud users.
 
US Aliyun が初めて構築する、クラウド・データセンターの準備が進んでいるが、この Chinese Alibaba の右腕である同社は、それと平行して、US の データセンター・サービス大手 Equinix とのパートナーシップを締結した。つまり、エンタープライズ・クラウド・ユーザーの要望に応えるため、その能力を拡大しているのだ。
 
Equinix will provide private direct network connections to Aliyun’s cloud from its data centers as a service to its customers. The Redwood City, California-based colocation provider already offers such connections to data centers operated by Aliyun’s major U.S.-based competitors, such as Amazon Web Services, Microsoft Azure, Google Cloud Platform, IBM SoftLayer, and Verizon.
 
Equinix は Aliyun クラウドに対して、プライベート・ネットワークをダイレクトに接続していくが 、そのサービス自身は、同社が顧客に対して DaaS(data centers as a service)として提供しているものとなる。 この Redwood City, California ベースのコロケーション・プロバイダーは、今回のパートナーシップにより Aliyun に提供するサービスを、その他のコンペティターたちに提供している。 具体的に言うと、 Amazon Web Services/Microsoft Azure/Google Cloud Platform/IBM SoftLayer/Verizon などが挙げられるが、ここに Aliyun も参加することになる。
 
EquinixSVDCInside an Equinix data center. (Photo: Equinix)
 
The point is to provide access to cloud services that are usually accessed via the internet through dedicated private network connections that bypass the public internet. Reportedly, such connections are faster and more secure than the internet, making public cloud services more palatable for security- and performance-conscious enterprises.
 
一般的なクラウド・サービスへのアクセスが、インターネットを介して行われるのに対して、それを迂回した専用プライベート・ネットワーク接続を提供するのが、ここでの要点となる。伝えられるところによると、このようなプライベート接続はインターネットに対して、高速性と安全性の観点でアドバンテージをもたらすという。つまり、セキュリティとパフォーマンスを意識した、エンタープライズにとって受け入れやすい、パブリック・クラウド・サービスが実現されるのだ。
 
Equinix will start offering direct access to Aliyun’s cloud from its Silicon Valley and Hong Kong data centers in the near future. Asian tech companies favor Silicon Valley as a hub for accessing U.S. cloud services markets. Hong Kong is one of two main hubs in Asia international companies use to serve customers in the region and, importantly, in mainland China. The other one is Singapore.
 
近い将来に Equinix は、同社の Silicon Valley および  Hong Kong のデータセンターから、Aliyun クラウドに対してダイレクト・アクセスを提供し始めるだろう。 Asia のユーザー企業が、US のクラウド・サービス市場にアクセスするときには、Silicon Valley がハブとして好まれるだろう。また、Asia でビジネスを展開する企業にとっては、その顧客にサービスを提供するためのハブとして、Hong Kong と Singapore が重要になる。 そして、前者は、China メイン・ランドに隣接するという特殊性を持つ。
 
Aliyun recently announced it would establish its first U.S. cloud data center in Silicon Valley. Direct links from Equinix data centers in the region are likely to provide customers access to that facility.
 
先日に Aliyun は、US 初のクラウド・データセンターを、Silicon Valley に構築すると発表している。同地域における Equinix データセンターからのダイレクト・リンクは、このファシリティから顧客に提供されるのだろう。
 
Aliyun has not provided much detail about its strategy for the Silicon Valley data center, but the company is most likely leasing a big chunk of capacity from one of the area’s big wholesale data center providers, such as CoreSite, Vantage, QTS, DuPont Fabros, or Digital Realty.
 
Aliyun は、この Silicon Valley データセンターの戦略について、まったくと言ってよいほど詳細を提供していないが、大量のキャパシティを他からリースする可能性が高い。おそらく、CoreSite/Vantage/QTS/DuPont Fabros/Digital Realty といった、大手卸売データセンター·プロバイダーから、提供を受けるようになるのだろう。
 
Chris Sharp, vice president of cloud innovations at Equinix, said for his company the partnership’s value was in being able to better cater to its multinational clients. “Now you can privately consume the Aliyun services in Hong Kong and Silicon Valley, which is a huge advantage for a lot of our multinational customers,” he said. Expanding their reach into Asia is a “critical next step for a lot of our multinational customers.”
 
Equinix の VP of Cloud Innovations である Chris Sharp は、これまでのパートナーシップについて、国籍企業の要望に応えるという点で、価値を有していたいと述べている。そして彼は、「 Aliyun サービスを Hong Kong とSilicon Valley で、プライベート・ネットワークを介して利用する、私たちの顧客である多国籍企業に、大きなメリットを提供できるようになった。それらの企業のリーチを、Asia へ向けて拡大してあげることは、多国籍企業にとって重要な、次のステップへとつながっていく」と続けている。
 
A recent Cisco Cloud Survey forecasted that by 2018, most cloud traffic will originate in Asia Pacific. China is the biggest market in the region, and Aliyun owns about 23 percent of the country’s Infrastructure-as-a-Service market, according to the research firm IDC.
 
最近の Cisco Cloud Survey によると、2018年までに大半のクラウド ・トラフィックが、Asia Pacific で生じることになるようだ。 そして、この地域で最大のマーケットは China であり、同国内の IaaS 市場で 23% のシェアを占めているのが Aliyun になると、調査会社である IDC が伝えている。
 
Aliyun is the largest cloud service provider in the country. With more than 1.4 million customers, it is China’s answer to Amazon Web Services. This means Equinix, via its new Chinese partner, can now provide customers the “ability to go deeper into Asia than they ever had before,” Sharp said.
 
Aliyun は、China における最大のクラウド·サービス·プロバイダーである。 そして、140万人以上の顧客を有するというのが、China から Amazon Web Services への回答になる。
 
つまり Equinix は、この China のパートナーシップを介して、「これまでには有り得なかった、Asia のマーケットに深々と侵入していく能力」を、顧客たちに提供できることになったと、Sharp は発言している。
 
But the deal is also advantageous for Aliyun, because it gets access to the rich ecosystem of customers and service providers that interconnect at Equinix data centers around the world. A big part of that ecosystem is in Silicon Valley, but the partnership is not limited to the two initial locations. There are plans to expand it to other markets as well.
 
とは言え、今回のパートナーシップは、Aliyun にとって有利となる。つまり、Aliyun は Eqinix のインターコネクトを介して、この世界の中心に配置された、カスタマーとサービス・プロバイダーの、リッチなエコシステムへのアクセスを得ることになるのだ。このエコシステムの大半は Silicon Valley に存在しているが、今回のパートナーシップは、当初の目的である US と Asia だけに限定されたものではない。したがって、世界中のあらゆるマーケットへと、拡大するための計画が実施されるだろう。
 
Earlier this week Equinix announced an agreement to acquire European data center provider TelecityGroup. If completed, the deal will make Equinix the biggest data center provider in Europe.
 
今週の初めに、Europe のデータセンタープロバイダーである TelecityGroupを、Equinix は買収すると発表している。この買収が完了すると、Equinix は Europe においても、最大のデータセンター·プロバイダーになるのだ。
 
ーーーーー
Equinix今年に入って、Alibaba はアメリカ進出を果たし、Equinix はアジアとヨーロッパでの勢力を拡大しています。 そんな、ノリノリの二社が手を組むことで、いったい何が起こるのでしょうか? そう考えるだけで、ワクワクしてきます。 アジアでの Equinix は、この1ヶ月の間に、シンガポールと、シドニーと、香港で、データセンターを拡張しています。そして、文中にもあるように、この香港 DC が、Aolibaba(Aliyun)との提携のカギになるのでしょう。 その一方で、北京政府の法整備に関して、Microsoft が懸念を示すなど、依然として中国市場はベールに包まれています。経済のパイプが太くなれば、その分だけ、政治的な軋轢を軽減できるはずです。 ここは、ぜひ、世界のクラウド業界に頑張って欲しいところですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud by agilecat.cloud on May 1, 2015
Interoute Sets Up in Singapore
Light Reading – April 28, 2015
http://www.lightreading.com/services/cloud-services/interoute-sets-up-in-singapore/d/d-id/715352
 
_ Light Reading
 
LONDON — Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, today announced that it has extended the global reach of its network to Singapore. The new Point of Presence (PoP) will support Interoute’s enterprise customers with an additional location in the Asia-Pacific region. Interoute’s network connects Europe, USA, the Middle East and Africa, extending to Hong Kong and now Singapore in the East.
 
LONDON — 今日 (4/28) のことだが、Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを運用する Interoute が、同社のネットワークにおけるグローバル・リーチを、Singapore まで拡張すると発表した。この、新たな Point of Presence (PoP) により追加される、Asia-Pacific リージョンのロケーションを用いて、Interoute のエンタープライズ・カスタマーのサポートが開始される。Interoute のネットワークは、Europe/USA/Middle East/Africa に展開されており、さらには Hong Kong にも拡張され、今回は Singapore を加えることになった。
 
Interoute SingaporeBuilding on Interoute’s two existing PoPs in Hong Kong, the new site gives businesses expanding in Asia a connectivity, communications and computing hub in one of the world’s most important financial cites. Businesses can enjoy high capacity, local routing capability and global reach as part of Interoute’s networked cloud platform.
 
すでに Interoute は、Hong Kong に 2つの PoP を構築している。そして、顧客であるエンタープライズたちは、今回の新しいサイトを活用することで、Asia におけるコネクション/コミュニケーション/コンピューティングのハブを、世界で最も重要ともいえる金融都市で展開できるようになる。つまり、それらのユーザー企業は、Interoute のネットワーク・クラウド・プラットフォームの一部として提供される、高度なキャパシティ/ローカル・ルーティング機能/グローバル・リーチを享受できるようになるわけだ。
 
The wealthy city-state’s political climate, competitive corporate tax rates and openness to foreign investment mean that it is attracting growing interest from businesses worldwide. In fact, it was ranked as the number one best place in the world to do business in 2014 for the seventh consecutive year and also topped the World’s Bank’s ease of doing business report. Customers in Singapore can now connect directly to Interoute’s assured performance network, and access its portfolio of enterprise cloud computing, voice, video and data services.
 
この裕福な都市国家における、政治状況および、競争力のある法人税率、海外投資家への開放性が、世界中の企業からの関心を集めている。実際のところ、2014年の Sigapore は 7年連続で、世界で最もビジネスを行いやすい場所としてランクされており、また、World’s Bank の Ease of Doing Business レポートでもトップに立っている。そして、Singapore の顧客たちは、Interoute が保証するパフォーマンス・ネットワークをダイレクトに接続し、エンタープライズのためのクラウド・コンピューティング/ボイス/ビデオ/データ·サービスなどで構成される、ポートフォリオにアクセスできるようになる。
 
Interoute’s Enterprise Unified ICT strategy is focused on creating and managing all Enterprise ICT Infrastructure as a Service, delivered from its advanced and secure networking and cloud platform. Interoute’s integrated network and data centre platform provides customers with the innovative and cost effective ICT solutions needed to gain a competitive business advantage.
 
Interoute の Enterprise Unified ICT 戦略は、すべての Enterprise ICT IaaS の作成/管理にフォーカスするものであり、また、同社の高度で安全なネットワークとクラウド・プラットフォームから供給されるものである。Interoute の統合するネットワークとデータセンターのプラットフォームは、厳しい競合に直面するユーザー企業が必要とする、革新的で費用対効果の高いICTソリューションを提供する。
 
ーーーーー
Asia Pacificこの Interoute というクラウドの存在を知ったのは、2014年に同社が香港に進出したときでした。 そして、「欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!」という抄訳では、New York 進出について お伝えしました。その一方、シンガポールですが、Cloud News Asia の Singapore カテゴリを見て頂ければ一目瞭然ですが、最近では Linode が進出したり、ちょっと前は CenturyLink が進出したりというふうに、アジアのハブとしてのポジションを強固なものにしていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

VMware と Google の提携:両社の発言を整理してみた

Posted in Google, Hybrid, VMware by agilecat.cloud on February 3, 2015
VMware and Google in enterprise public cloud tie-up
vCloud Air gets Google Cloud Platform service access
By Juha Saarinen on Jan 30, 2015
http://www.itnews.com.au/News/399838,vmware-and-google-in-enterprise-public-cloud-tie-up.aspx
 
_ it news
 
VMware vCloud Air customers will have access to a range of Google Cloud Platform services from today, the two companies said.
 
VMware の vCloud Air ユーザーは、そのアクセスの範囲を、Google Cloud Platform にまで拡大できるようになると、今日(1/30)に両社が発言している。
 
Google’s Cloud Storage, BigQuery data analytics, Datastore NoSQL database and its low-latency globally distributed domain name system (DNS) service will be the initial set of services for vCloud Air.
 
Google の Cloud Storage および、BigQuery データ分析、Datastore NoSQL データベース、そして、低レイテンシとグローバル分散が売りの DNS が、vCloud Air のためのイニシャル・サービス・セットに取り込まれる。
 
vmware googlrThe Google Cloud Platform services will be integrated with vCloud Air, and available on a pay-as-use basis under existing contracts and network interconnects.
 
Google Cloud Platform サービスは vCloud と統合され、また、既存の契約およびネットワーク・インターコネクションの下で、pay-as-use ベースで利用できるようになる。
 
Google Cloud Platform services will be avaliable to VMware customers later this year, but the companies did not give an exact date.
 
Google Cloud Platform サービスが VMware に提供されるのは、今年の後半になるとされるが、具体的な日程については、両者とも明言していない。
 
VMware’s vice president of cloud services, Matthew Lodge, said the company’s networks will be directly connected with Google’s.
 
VMware の VP of Cloud Services である Matthew Lodge は、同社のネットワークが Google とダイレクト接続されるようになると述べている。
 
Google for Work’s managing director of global partner strategy and alliances, Murali Sitaram, said support for vCloud Air customers using Cloud Platform services will be handled by VMware.
 
Google for Work の Managing Director of Global Partner Strategy and Alliances である Murali Sitaram は、同社の Cloud Platform サービスを利用する vCloud Air カスタマーへのサポートは、VMware がハンドリングするようになると述べている。
 
Sitaram also said VMware was looking into extended support for Google Cloud Platform through the vRealize Cloud Management Suite for hybrid clouds.
 
また、Sitaram は、vRealize Cloud Management Suite を介したハイブリッド・クラウドに関して、VMware は Google Cloud Platform にまでサポート範囲を拡大しようと考えていたはずだと述べている。
 
vCloud Air is VMware’s public cloud platform, launched in 2013. In Australia, Telstra is scheduled to host a local vCloud Air node in Melbourne, starting this year.
 
vCloud Air は、2013年に立ち上げられた VMware のパブリック・クラウド・プラットフォームである。 Australia における vCloud Air ノードは、今年から Melbourne に、Telstra がホストすると予定されている。
 
ーーーーー
vmwarer-55aこの提携に関しては、日本でも様々なメディアが、先週の末に報道していましたが、この VMware と Google に限らず、今後は、あらゆるプライベート・クラウドとパブリック・クラウドが提携していくようになるのかもしれませんね。そして、Docker に代表されるコンテナを用いて、アプリがプライベートとパブリックの間を、そして複数のパブリック間を行き来するようになるのでしょう。さらに言えば、プライベート・クラウド・プロバイダーが、最も適したパブリック・クラウドを自動的に判別し、そこへ切り替えていくかもしれません  まぁ、次から次へかたちを変える雲のように、クラウドも変化し続けていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google も Cloud Exchange に乗った:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!
なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013
 

IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid, IBM by Agile Cat on January 20, 2015

IBM teams with Equinix to Boost Hybrid Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-8dq
Jan 5, 2015
http://www.dbta.com/Editorial/News-Flashes/IBM-teams-with-Equinix-to-Boost-Hybrid-Cloud-Computing-101343.aspx

IBM announced it is partnering with Equinix, Inc., an interconnection and data center company, to help provide enterprises direct access to the full portfolio of cloud services from SoftLayer, an IBM Company, via the Equinix Cloud Exchange. Equinix also announced Cloud Exchange enhancements, including API functionality that makes it easier for service providers to use a single interface to the Cloud Exchange, resulting in scalable, private and secure connections to their cloud services with near real-time provisioning.

IBM は、インターコネクションとデータセンターを提供する、Equinix との提携を発表した。それにより、ユーザーであるエンタープライズたちは、IBM 傘下である SoftLayer から Equinix Cloud Exchange を介して、クラウド・サービス群の完璧なポートフォリオに対して、ダイレクトにアクセスできるようになる。さらに Equinix は、API 機能を含む Cloud Exchange の機能強化を発表しており、サービス・プロバイダーがシングル・インターフェイスを介して、Cloud Exchange を容易に使用できるようにしていくようだ。それにより、スケーラブル/プライベート/セキュア・コネクションが、エンタープライズのクラウド・サービスにもたらされるが、リアルタイムとも言えるプロビジョニングも同時に実現される。

 Rob Purdie
IBM-590
Madison Ave

“SoftLayer, with its broad reach into the enterprise market and proven success in networking will be a great asset to Cloud Exchange, enabling customers to seamlessly replicate data between markets,” said Ihab Tarazi, chief technology Officer for Equinix. “Our direct access capabilities to cloud services such as SoftLayer, provide enterprise customer with a choice of multiple clouds to better enable their hybrid cloud strategies.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「エンタープライズ市場への幅広いリーチと、ネットワークで成功を収めている SoftLayer は、Cloud Exchange から見ても重要な資産となるだろう。それにより、顧客たちは、世界中に広がるマーケットの間で、データをシームレスに移動できるようになる。私たちのダイレクト・アクセス機能は、SoftLayer のようなクラウド・サービスのためのものである。つまり、エンタープライズ・カスタマーたちのハイブリッド・クラウド戦略を実現すためのる、多様なクラウドという選択肢が提供されるのだ」と述べている。

Equinix and SoftLayer previously partnered to offer customers direct cloud connection inside Equinix International Business Exchange (IBX) data centers via SoftLayer’s Direct Link service, a dedicated network connection. By extending the partnership to include additional secure and dynamic connections through Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers with the ability to easily move production workloads in and out of the cloud, thus better enabling them to fully realize their hybrid cloud strategies.

以前から Equinix と SoftLayer は提携しており、Equinix International Business Exchange (IBX) データセンター内へ向けたダイレクトなクラウド接続を、SoftLayer の専用線である Direct Link コネクションを介して顧客に提供してきた。今回のパートナーシップにより、Cloud Exchange によるセキュアでダイナミックな接続などが追加される。そして SoftLayer は、プロダクション・ワークロードをクラウド間で容易に移動する機能を提供するため、より完成度の高いハイブリッド・クラウド戦略を、その顧客たちは実現できるようになる。

By offering a connection to SoftLayer’s cloud services via the Equinix Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers additional choices, a global network that extends beyond the 40 cloud centers that IBM has committed to establishing, and peace of mind through a secure, low latency connection to the cloud.

SoftLayer は Equinix Cloud Exchange を介して、自社のクラウド・サービスへの接続を提供することで、IBM が構築を約束している 40ヶ所のクラウド・データ・センターを超えた範囲でも、そのグローバル・ネットワークを提供できるようになり、また、クラウドへに対するセキュアでハイ・スピードな接続という安心感がもたらされる。

The Equinix Cloud Exchange is currently available in 17 markets globally – Amsterdam, Atlanta, Chicago, Dallas, Frankfurt, Hong Kong, London, Los Angeles, New York, Paris, Seattle, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo, Toronto and Washington D.C. – with expansions planned to Osaka, Sao Paulo and Zurich. Access to SoftLayer cloud services will be available through the Equinix Cloud Exchange in nine markets spanning the Americas, Europe and Asia Pacific, including Amsterdam, Chicago, Dallas, Paris, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo and Washington, D.C.

Equinix Cloud Exchange は、現時点において、17のグローバル・マーケットで利用できる。 具体的に言うと、Amsterdam/Atlanta/Chicago/Dallas/Frankfurt/Hong Kong/London/Los Angeles/New York/Paris/Seattle/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Toronto/Washington D.C. が対象となるが、Osaka/Sao Paulo/Zurich への拡張も計画されている。 そして、Equinix Cloud Exchange を介した SoftLayer クラウド・サービスへのアクセスは、9つのマーケットで利用できるようになる。具体的には、Amsterdam/Chicago/Dallas/Paris/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Washington D.C. であり、それにより、Americas/Europe/Asia Pacific が接続されていく。

For more information on the Equinix Cloud Exchange,  visit.
More information on IBM is available at www.ibm.com.

ーーーーー

文中にあるように、以前から SoftLayer は IBX の利用者だったようです。 そのときは、SoftLayer の Direct Link を用いていたのが、Equinix の専用線を活用するように変化したのでしょう。 それにしても、Equinix の強さは只者ではないですね。 クラウド・プロバイダーの中では、ネットワークに多大な投資をしてきた Google に続き、SoftLayer/IBM までも顧客にしてしまうのですから。ただ、その一方では、ヨーロッパ・スタイルの IX を北米で展開しようとする、Open-IX の勢力も気になります。 この Open-IX カテゴリの中で[Equinix]を文字列検索すると、この両者の関係が、それとなく見えてきます。お暇な時にでも、ど〜ぞ!

ーーーーー

<関連>

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

Posted in Data Center Trends, Equinix, Google, Hybrid, Network by Agile Cat on January 14, 2015

Google shacks up with Equinix for cloud boost
http://wp.me/pwo1E-8c8
Ari Levy – 5 Nov, 2014
http://www.cnbc.com/id/102151522

For the 100 billion Internet searches and more than 6 billion hours of YouTube videos streamed monthly, Google is building supersized data centers across the globe. But for certain functions, the company is better off using other people’s property.

1ヶ月の間に 1000億回のインターネット検索を処理し、YouTube による 60億時間以上のストリーミング配信に対応する Google は、世界中に超大型データセンターを構築している。 しかし、特定の機能に関しては、他社の資産を活用するほうが、同社にとって有益なのである。

Equinix, which operates more than 100 data centers in 32 metro areas worldwide, is announcing on Wednesday that Google will be using its facilities to help clients in 15 markets, including New York, Atlanta, Frankfurt, Germany, and Hong Kong, access Google’s business applications and cloud infrastructure.

世界における 32地域の大都市圏で、100ヶ所以上のデータセンターを運営する Equinix が、この水曜日(11/5)に発表したのは、Google が 15ヶ所のマーケットにおいてクライアントをサポートするために、同社のファシリティを使い始めるという内容である。それらのマーケットには、New York/Atlanta/Frankfurt/Germany/Hong Kong などが含まれ、また、そのリージョンの顧客たちは、Equinix のネットワークを介して、Google のビジネス・アプリや、クラウド・インフラにアクセスできるようになる。

Baran Ozdemir
Vetta
Getty Images

The Google cloud needs all the help it can get. While the Mountain View, California-based company dominates the online advertising market, it’s playing catch-up to Amazon Web Services in on-demand cloud computing as it also battles Microsoft’s Azure technology.

Google のクラウドは、手に入れることが可能な、すべてのサポートを必要としている。 つまり、この、Mountain View, California-based の会社は、オンライン広告のマーケットは支配していても、オンデマンドのクラウド・コンピューティングの世界では、Amazon Web Services に追い付くために努力し、また、Microsoft Azure のテクノロジーと戦わなければならないのだ。

The three companies are engaged in a brutal price war as they try to lure businesses looking to offload their computing and storage instead of handling it internally. Amazon and Microsoft are already Equinix customers. Now businesses can use any or all of them via Equinix.

この三社は、きわめて熾烈な価格戦争に突入している。そして、ユーザー企業を取り込む魅力的な価格を提示するために、自社のデータセンター内で処理していたコンピューティングとストレージの負荷を、Equinix のファシリティにオフロードすることで軽減しようとしている。 Amazon と Microsoft は、すでに Equinix の顧客である。 そして、いま、ユーザー企業は Equinix を介して、それらのクラウドにおける、ほとんどの機能にアクセスすることが可能になっている。

"This completes our access to the big three cloud providers," said Equinix Chief Technology Officer Ihab Tarazi. Businesses can "get significantly higher bandwidth for very low economics and be able to completely leverage the cloud."

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「クラウドの世界における Big-3 プロバイダが、私たちへのアクセスを完全なものにしたことで、ユーザー企業は、きわめて高速の帯域幅を確保し、また、優れた経済性を達成することになる。 つまり、完璧にクラウドを利用できるようになるのだ」と述べている。

Google disclosed the deal with Equinix on Tuesday as one of several announcements tied to its cloud platform. The company also introduced Google Container Engine and a partnership with Docker to make it easier to create and manage applications across machines.

Google は、この火曜日(11/4)に、そのクラウド・プラットフォームに関連する発表を行なっているが、その中の1つとして Equinix との今回の契約が明らかにされている。さらに Google は、より簡単にアプリケーションを作成し、また、マシン間での移動を管理するために、Google Container Engine を発表し、Docker との提携も明らかにしている。

It’s all part of Google’s deeper dive into the world of business software, and it’s not cheap. In the third quarter, Google spent $2.4 billion on capital expenditures, largely on data center construction and real estate costs.

Google がビジネス·ソフトウェアの世界に取り組んでいくという、この一連の発表により、その全容が明らかにされたが、それらは、決して安直なものではない。Google は 2014年 Q3 において、データセンターの建設と不動産の取得を主とする、 $2.4 billion もの設備投資を行なっているのだ。

"Everybody’s moving their infrastructures to the cloud," Google Chief Financial Officer Patrick Pichette said on the earnings call last month. "It is an area where we have fundamentally great assets to contribute to this industry, both in terms of the flexibility, the cost structure, the technology. And that’s why we’re investing heavily in there."

2014年10月の収支説明会において、Google の CFO である Patrick Pichette は、「すべての企業が、自身のインフラをクラウドに移行しようとしている。そして、そこは、私たちが大きな資産を形成しているエリアである。つまり、柔軟性/コスト構造/テクノロジーという基本的な観点において、この産業に貢献できるのだ。そして、私たちが多額の投資を行なっている理由が、そこにあるのだ」と述べている。

Google owns and operates 12 data centers in the U.S., Europe and Asia, according to its website. Much of the software that Google as well as Amazon and Facebook have developed to bolster the speed and capacity of servers and databases is being replicated across the technology industry.

Google の Web サイトによると、同社は US/Europe/Asia で、12ヶ所のデータセンターを所有/運用している。そして、Google/Amazon/Facebook などが、サーバーとデータベースの速度/能力を強化するために開発した、数多くのソフトウェア・テクノロジーが、この業界全体に広まりつつある。

But that doesn’t mean corporate America is ready to spin all of its most critical data up to the public cloud. Using Equinix, they can plug into the power of Google’s infrastructure without relying on it entirely.

しかし、それだけで、アメリカのユーザー企業が、すべての重要なデータをパブリック・クラウドに展開するための、準備を整えたというわけではない。そして、Equinix を利用するなら、すべての Google に頼ることなく、そのインフラを取り込めるようになるのだ。

Equinix has more than 4,500 customers using its facilities. In April, the Redwood City, California-based company launched a service called Cloud Exchange to provide an added layer of security and enhanced connectivity for businesses that may have previously been reluctant to move applications to the cloud.

Equinix のファシリティは、4500社以上のユーザー企業に使用されている。2014年4月に、Redwood City, California-based の同社は、ユーザー企業のためにセキュリティ層を加え、また、接続性を強化するための、Cloud Exchange と呼ばれるサービスを立ち上げている。それにより、これまでは移行が躊躇されていたアプリケーションの、クラウド化が促進されるかもしれない。

ーーーーー

2014年10月に、「Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは? 」というポストを訳していますが、この Equinix との提携は記載されていませんでした。 別の調べ物をしていて、今回の記事を見つけたわけですが、この提携に気づくことになり、ほんとうに良かったです :) なんというか、Google だけは独自ネットワーク路線かと思っていましたが、これで Equinix はグランド・スラム状態ですね。 ほんとうに、強いです。 また、年明けには、SofrLayer も Equinix の Cloud Exchange に対応、という記事がポストされていました。 近々に対訳を掲載しますので、そちらも、お楽しみに〜 

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される

Posted in Docker, Hybrid, Microsoft, On Monday, Security by Agile Cat on January 5, 2015

Cloud Computing 2015: Expect Strong Performances from REST, Docker and Hybrid Cloud
http://wp.me/pwo1E-8a7

By Dick Weisinger – Dec 26, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-2015-expect-strong-performances-from-rest-docker-and-hybrid-cloud/

_ formtek

What can we expect will happen with cloud computing in 2015? Forrester has announced their predictions for the 2015 cloud which include:

2015年のクラウド・コンピューティングにおいて、何が起こるのだろう? Forrester がアナウンスした、2015 Cloud に関する予測には、以下の項目が含まれている:

Microsoft cloud revenues will trump Microsoft on-premise revenues – Microsoft Azure is seeing gangbuster growth.  While Microsoft cloud revenues today only account for about 5 percent of of the company’s total revenues, Forrester expects that in 2015 the cloud profit margin percentage for Microsoft will best what Microsoft is able to capture from the rest of their business.

Microsoft ではクラウドとオンプレミスの収益が逆転する – Microsoft は、Azure における大幅な成長を確認している。現時点において、Microsoft のクラウド収益は総売上の 5% 程度に過ぎないが、Forrester の予測によると、2015年の Microsoft におけるクラウドの利益率は、同社のビジネス全体の中で、最高の数字に達するとされる。

RESTful interfaces will rule – This may not be much of a prediction since REST services seems a given nowadays for most apps, although it is less clear how many companies are using them.  James Staten, Forrester analyst notes that, “if you want your back-office applications to be part of this move forward, relying on traditional integration methods such as enterprise service buses, JDBC connections and SOAP is inadequate for modern applications.  You’ll have to evolve your integration architecture to REST in 2015.”

RESTful インターフェイスの支配が強まる – いまでは、大半のアプリケーションにとって REST サービスが前提になっているように思えるが、どれだけの企業が使用しているのかは不明であるため、多くのことを予測するのは難しいだろう。Forrester のアナリストである James Staten は、「 もし、バック・オフィス・アプリケーションも進化の一部に加えたいなら、エンタープライズ・サービス・バスとしての JDBC や SOAP といった、従来からのインテグレーション方式に頼っても、最新の運用環境に追い付くことはできない。つまり、2015年には、REST へと向けて、インテグレーション・アーキテクチャを、進化させる必要性が生じるだろう」と指摘している

Other Forrester 2015 cloud predictions listed by ZDNet include:

また、ZDNet が取り上げた Forrester 2015 Cloud 予測には、以下の項目が含まれる:

Cloud Breaches will continue – Governance failures, poor key management and lax security will continue to leave many cloud applications vulnerable.  This prediction seems likely.

クラウドの脆弱性は止まらない – ガバナンスの欠落/貧弱なキー・マネージメント/不完全なセキュリティなどにより、数多くの脆弱性がクラウド・アプリケーションに残り続ける。この予測が、現実のものとなる可能性はが高いと思われる。

Docker containers will see wide acceptance – With support from EBay, Amazon, Google, Microsoft and other companies, this prediction doesn’t seem too risky.

Docker が広く利用されていく – eBay/Amazon/Google/Microsoft などの IT 企業がサポートしているための、Docker が広まるという予測は、それほどリスキーなものにはならない。

SaaS vendors to provide more Hybrid – Increasingly SaaS providers will offer ways to connect on-premise and cloud applications and data.

SaaS ベンダーが Hybrid を広めていく – オンプレミスとクラウドの間で、アプリケーションとデータを接続していく SaaS プロバイダーが増えていくだろう。

Cloud Storage pricing will claim lives – The cloud storage pricing wars among Google, Amazon and Microsoft is expected to make this market sector a difficult one to compete in.  Backup and disaster recovery services are especially expected to be hit hard.

クラウド・ストレージの価格戦争 – Google/Amazon/Microsoft によるクラウド・ストレージ価格戦争があるため、このセグメントに他社が参入するのは困難になると予測される。バックアップおよび DR(Disaster Recovery)のサービスに関しては、さらに厳しくなるだろう。

ーーーーー

こうして全体を眺めてみると、クラウドへ行くのか行かないのかという議論があったことが、遠い昔のように思えてしまいますが、それは、わずか 2年前のことだったはずです。 そして、Microsoft が新たな Heart&Soul を手にしたことが、端から見ていても、とても嬉しく思えてきます。時代はクラウド、そして運用です。 この記事自体は、年末のものですが、2015年の最初の月曜日に相応しいですよね。 今年も頑張っていきましょう! 

ーーーーー

<関連>

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ
ーーーーー
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れる開発者たち
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に

欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on December 3, 2014

Europe’s most distributed cloud comes to America
http://wp.me/pwo1E-84q
Interoute Virtual Data Centre takes its IaaS cloud platform global
London, 18 June, 2014
http://www.realwire.com/releases/Europes-most-distributed-cloud-comes-to-America

Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, has today launched a new Interoute Virtual Data Centre (VDC) zone in New York in a move that will further expand its cloud services globally. With latency as little as 68ms[1] between Interoute’s London and New York VDC zones, users of Interoute’s IaaS (Infrastructure as a Service) platform have the benefit of a low latency, globally distributed cloud at their fingertips.

Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを所有する Interoute だが、今日のアナウンスメントにより、新たな Interoute Virtual Data Centre (VDC) ゾーンを New York に立ち上げ、そのクラウド・サービスをグローバルへと向けて、さらに拡大していくことを明らかにした。London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms [1] で接続することで、Interoute IaaS のプラットフォームのユーザーたちは、低レイテンシのメリットを享受しながら、グローバル・スケールの分散クラウドを容易に展開できる。

[1] 68ms measured with a Ping test from the Interoute VDC London zone to the Interoute VDC New York zone conducted 6/6/2014.

Interoute CTO, Matthew Finnie, commented, "European developers and businesses with their sights set on the US need more than just a data centre to effectively gain a foothold there. They need a networked cloud to give them the speed and performance to compete. Interoute VDC provides massively distributed cloud architecture, globally, and we’ve thrown in the network for free. Opening our first US zone in New York is part of Interoute’s expansion beyond our European base, following the launch of our Hong Kong zone earlier this year.”

Interoute の CTO である Matthew Finnie は、「 US マーケットを視野に入れる、Europe の開発者や企業は、そこに足掛かりを得るだけの、単に効率だけを考えたデータセンター以上のものを必要としている。そこで必要となるのは、充分なスピードとパフォーマンスを提供する、ネットワーク化されたクラウドである。Interoute の VDC は、大規模な分散クラウド·アーキテクチャをグローバルに提供しており、また、その顧客たちはネットワークを自由に活用できる。最初の US ゾーンを New York にオープンすることは、Europe をベースにする Interoute の拡大政策の一部であり、年初の Hong Kong に続くものだ」と、コメントしている。

Interoute has VDC zones in eight countries across the globe, with six in Europe. Interoute VDC is built into the foundations of Interoute’s international MPLS and internet backbone, a key part of the internet in Europe, bringing businesses closer to their customers. The network extends beyond the data centre, providing connectivity to customers worldwide.

Interoute は、グローバルで 8カ国に VDC ゾーンを持ち、そのうちの 6つが Europe に置かれている。Interoute の VDC は、その International MPLS と Internot Backborn の上に構築されており、また、それらが Europe のインターネットにおける主要な部分を形成するため、企業と顧客の距離を縮めることが可能になる。 このネットワークは、最寄りのデータセンターの先へと伸びているため、顧客とのコネクティビティをワールドワイドで実現できる。

Interoute VDC customers are given access to the entire network of computing resource across the platform and can choose to create custom compute and storage in any location globally. Customers can also use quick deployments from the Interoute CloudStore to instantly create their machines through a series of simple menu-driven options. Interoute VDC offers the option of public, private (MPLS) or hybrid cloud services as standard, defined at the network level.

Interoute VDC の顧客は、このプラットフォームを横断するかたちで、コンピューティング・リソース・ネットワーク全体へのにアクセス権を与えられ、グローバルにおける任意のロケーションで、カスタムなコンピューティングとストレージを選択/作成することが可能となる。また、顧客たちは、一連のメニュー・オプションを介して、Interoute CloudStore から自身のマシンを作成し、瞬時にディプロイできる。そして、Interoute VDC では、Public/Private(MPLS)/Hybrid の各オプションを選択できるが、それらも、ネットワーク·レベルのスタンダードとして定義されている。

Customers have the flexibility to move and store data where it is needed, whether that is in Europe, North America or Asia. This high level of location density and automation means customers can restrict their data to a single location or distribute it rapidly across new geographies and markets to provide a faster end-user experience by minimising latency in their cloud architecture and  help ensure business compliance with relevant data legislation. Because the computing power of Interoute VDC is built into the network, data transfer between international Interoute VDC zones is free.

顧客たちは、それが Europe/North America/Asia であろうが、必要とされるロケーションへデータを移動して、ストアするという柔軟性を手にする。この、ロケーションに関するハイ・レベルな密度設定と自動化により、ビジネスとして取り組む新たな地域や市場で、分散されたデータをエンドユーザーたちに迅速に提供することが可能になる。 その一方で、単一のデータを集約するという制約を設けることも、もちろん可能となる。そして、それらを実現する要因として、このクラウド·アーキテクチャにおける最小化されたレイテンシと、適切なデータ法規を用いたビジネス・コンプライアンスの支援という側面が挙げられる。 その理由は、Interoute VDC のコンピューティング・パワーが、そのネットワークに組み込まれたものであり、International Interoute VDC ゾーン間でのデータ転送が無料になるところにある。

Jon Collins, Principal Advisor at Inter Orbis & Analyst at GigaOm Pro, commented: "Much of the focus in recent years has been on Infrastructure as a Service aspects of cloud computing – that is, how to make best use of the vast pools of hosted, virtualised servers now available. The benefits of this approach are widely appreciated and give us a direction of travel for future development. As our understanding has increased, so has the awareness that the traditional approach to cloud computing of "somewhere" in the cloud, without taking physical limitations of transmission into account, limits the potential scope and sophistication of applications. The next phase in development is total integration, incorporating networking constraints and opening the door to a massively distributed approach to computing. This shift will see increasing emphasis on the network as a differentiator, as use of the cloud continues to grow.”

GigaOm Pro において、Inter Orbis & Analyst の Principal Advisor である Jon Collins は、「 近年におけるクラウド·コンピューティングでは、大半の注目を IaaS が集めている。つまり、ホストされている仮想化されたサーバーの広大なプールを、その時々に最大限に活用するための方式が論じられている。このアプローチにおけるメリットは広く認識されており、また、将来のデプロイメントに関する方向性を与えてくれる。そして、私たちの理解が高まるにつれて、このクラウド・コンピューティングに対する伝統的なアプローチは、クラウド内の「どこか」という意識をもたらすようになる。しかし、そこには、考慮すべき物理伝送の制限や、アプリケーションの範囲と精度に関する潜在的な制限などは存在しない。次に開発すべきフェーズは、ネットワークに制約を取り込みながら、大規模コンピューティングへ向けた分散アプローチのドアを開くための、トータルなインテグレーションである。そのシフトにより、差別化要因としてのネットワークと、クラウド利用を継続して拡大させるネットクークの、重要性が増していくだろう」と、述べている。

ーーーーー

以前にも、この Interoute の香港 Virtual Data Centre (VDC) に関する抄訳をポストしましたが、アジアだけではなく北米をも含む 仮想データセンター・ゾーンに拡大しているようですね。 とは言え、その他の情報は少なく、以前としてナゾに包まれた Interoute ですが、このところの、たとば Google をめぐる EU の対応などをみても、そう簡単にはアメリカのクラウドには乗ってこないのかもしれませんね。 また、London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms で接続といのもスゴイです。引き続き、この Interoute の動きは追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!

%d bloggers like this: