Agile Cat — in the cloud

欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on December 3, 2014

Europe’s most distributed cloud comes to America
http://wp.me/pwo1E-84q
Interoute Virtual Data Centre takes its IaaS cloud platform global
London, 18 June, 2014
http://www.realwire.com/releases/Europes-most-distributed-cloud-comes-to-America

Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, has today launched a new Interoute Virtual Data Centre (VDC) zone in New York in a move that will further expand its cloud services globally. With latency as little as 68ms[1] between Interoute’s London and New York VDC zones, users of Interoute’s IaaS (Infrastructure as a Service) platform have the benefit of a low latency, globally distributed cloud at their fingertips.

Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを所有する Interoute だが、今日のアナウンスメントにより、新たな Interoute Virtual Data Centre (VDC) ゾーンを New York に立ち上げ、そのクラウド・サービスをグローバルへと向けて、さらに拡大していくことを明らかにした。London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms [1] で接続することで、Interoute IaaS のプラットフォームのユーザーたちは、低レイテンシのメリットを享受しながら、グローバル・スケールの分散クラウドを容易に展開できる。

[1] 68ms measured with a Ping test from the Interoute VDC London zone to the Interoute VDC New York zone conducted 6/6/2014.

Interoute CTO, Matthew Finnie, commented, "European developers and businesses with their sights set on the US need more than just a data centre to effectively gain a foothold there. They need a networked cloud to give them the speed and performance to compete. Interoute VDC provides massively distributed cloud architecture, globally, and we’ve thrown in the network for free. Opening our first US zone in New York is part of Interoute’s expansion beyond our European base, following the launch of our Hong Kong zone earlier this year.”

Interoute の CTO である Matthew Finnie は、「 US マーケットを視野に入れる、Europe の開発者や企業は、そこに足掛かりを得るだけの、単に効率だけを考えたデータセンター以上のものを必要としている。そこで必要となるのは、充分なスピードとパフォーマンスを提供する、ネットワーク化されたクラウドである。Interoute の VDC は、大規模な分散クラウド·アーキテクチャをグローバルに提供しており、また、その顧客たちはネットワークを自由に活用できる。最初の US ゾーンを New York にオープンすることは、Europe をベースにする Interoute の拡大政策の一部であり、年初の Hong Kong に続くものだ」と、コメントしている。

Interoute has VDC zones in eight countries across the globe, with six in Europe. Interoute VDC is built into the foundations of Interoute’s international MPLS and internet backbone, a key part of the internet in Europe, bringing businesses closer to their customers. The network extends beyond the data centre, providing connectivity to customers worldwide.

Interoute は、グローバルで 8カ国に VDC ゾーンを持ち、そのうちの 6つが Europe に置かれている。Interoute の VDC は、その International MPLS と Internot Backborn の上に構築されており、また、それらが Europe のインターネットにおける主要な部分を形成するため、企業と顧客の距離を縮めることが可能になる。 このネットワークは、最寄りのデータセンターの先へと伸びているため、顧客とのコネクティビティをワールドワイドで実現できる。

Interoute VDC customers are given access to the entire network of computing resource across the platform and can choose to create custom compute and storage in any location globally. Customers can also use quick deployments from the Interoute CloudStore to instantly create their machines through a series of simple menu-driven options. Interoute VDC offers the option of public, private (MPLS) or hybrid cloud services as standard, defined at the network level.

Interoute VDC の顧客は、このプラットフォームを横断するかたちで、コンピューティング・リソース・ネットワーク全体へのにアクセス権を与えられ、グローバルにおける任意のロケーションで、カスタムなコンピューティングとストレージを選択/作成することが可能となる。また、顧客たちは、一連のメニュー・オプションを介して、Interoute CloudStore から自身のマシンを作成し、瞬時にディプロイできる。そして、Interoute VDC では、Public/Private(MPLS)/Hybrid の各オプションを選択できるが、それらも、ネットワーク·レベルのスタンダードとして定義されている。

Customers have the flexibility to move and store data where it is needed, whether that is in Europe, North America or Asia. This high level of location density and automation means customers can restrict their data to a single location or distribute it rapidly across new geographies and markets to provide a faster end-user experience by minimising latency in their cloud architecture and  help ensure business compliance with relevant data legislation. Because the computing power of Interoute VDC is built into the network, data transfer between international Interoute VDC zones is free.

顧客たちは、それが Europe/North America/Asia であろうが、必要とされるロケーションへデータを移動して、ストアするという柔軟性を手にする。この、ロケーションに関するハイ・レベルな密度設定と自動化により、ビジネスとして取り組む新たな地域や市場で、分散されたデータをエンドユーザーたちに迅速に提供することが可能になる。 その一方で、単一のデータを集約するという制約を設けることも、もちろん可能となる。そして、それらを実現する要因として、このクラウド·アーキテクチャにおける最小化されたレイテンシと、適切なデータ法規を用いたビジネス・コンプライアンスの支援という側面が挙げられる。 その理由は、Interoute VDC のコンピューティング・パワーが、そのネットワークに組み込まれたものであり、International Interoute VDC ゾーン間でのデータ転送が無料になるところにある。

Jon Collins, Principal Advisor at Inter Orbis & Analyst at GigaOm Pro, commented: "Much of the focus in recent years has been on Infrastructure as a Service aspects of cloud computing – that is, how to make best use of the vast pools of hosted, virtualised servers now available. The benefits of this approach are widely appreciated and give us a direction of travel for future development. As our understanding has increased, so has the awareness that the traditional approach to cloud computing of "somewhere" in the cloud, without taking physical limitations of transmission into account, limits the potential scope and sophistication of applications. The next phase in development is total integration, incorporating networking constraints and opening the door to a massively distributed approach to computing. This shift will see increasing emphasis on the network as a differentiator, as use of the cloud continues to grow.”

GigaOm Pro において、Inter Orbis & Analyst の Principal Advisor である Jon Collins は、「 近年におけるクラウド·コンピューティングでは、大半の注目を IaaS が集めている。つまり、ホストされている仮想化されたサーバーの広大なプールを、その時々に最大限に活用するための方式が論じられている。このアプローチにおけるメリットは広く認識されており、また、将来のデプロイメントに関する方向性を与えてくれる。そして、私たちの理解が高まるにつれて、このクラウド・コンピューティングに対する伝統的なアプローチは、クラウド内の「どこか」という意識をもたらすようになる。しかし、そこには、考慮すべき物理伝送の制限や、アプリケーションの範囲と精度に関する潜在的な制限などは存在しない。次に開発すべきフェーズは、ネットワークに制約を取り込みながら、大規模コンピューティングへ向けた分散アプローチのドアを開くための、トータルなインテグレーションである。そのシフトにより、差別化要因としてのネットワークと、クラウド利用を継続して拡大させるネットクークの、重要性が増していくだろう」と、述べている。

ーーーーー

以前にも、この Interoute の香港 Virtual Data Centre (VDC) に関する抄訳をポストしましたが、アジアだけではなく北米をも含む 仮想データセンター・ゾーンに拡大しているようですね。 とは言え、その他の情報は少なく、以前としてナゾに包まれた Interoute ですが、このところの、たとば Google をめぐる EU の対応などをみても、そう簡単にはアメリカのクラウドには乗ってこないのかもしれませんね。 また、London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms で接続といのもスゴイです。引き続き、この Interoute の動きは追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on October 1, 2014

Interoute opens in Hong Kong data center
New facility expands reach at a time when more companies are looking east
http://wp.me/pwo1E-7UP
7 April 2014 by Eira Hayward
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2014/04/interoute-opens-hong-kong-data-center

_ DC Dynamics

Interoute is taking its cloud computing solution to the Far East with the opening of a Virtual Data Center (VDC) in Hong Kong. It means Interoute customers can now choose from seven VDC zones – Amsterdam, Berlin, London, Paris, Milan or Hong Kong – to gain fast access to their applications and data.

Interoute は Hong Kong に Virtual Data Center(VDC)をオープンすることで、そのクラウド·コンピューティング·ソリューションを Far East に持ち込もうとしている。それにより、Interoute の顧客たちは、アプリケーションとデータへの高速でのアクセスを達成するために、Amsterdam/Berlin/London/Paris/Milan/Hong Kong などで構成される 7つの VDC ゾーンを選択できるようになる。

Interoute plays to its network advantage, offering one SLA for both networking and cloud computing and not charging for data transfer. Interoute general manager for cloud computing Lee Myall said the expansion has come primarily as a result of European businesses pushing east.

Interoute の特徴は、ネットワークのアドバンテージにあり、ネットワーキングとクラウド・コンピューティングの双方を網羅する単一の SLA を提供するが、データ転送について課金することはない。Interoute の General Manager for Cloud Computing である Lee Myall は、今回の拡張について、欧州企業をアジアにプッシュするという、主要な目標を達成するための結果だと説明している。

クリックで拡大 ⇒ 

He said there would be more VDCs to come, both in the Far East and elsewhere, as Interoute continues to expand. “This expansion is about pushing compute power to the boundaries of our network, but I can foresee that computing will start dragging the network to a few places,” Myall said. “Hong Kong is already filling up – we have customers with big migration plans who are going live at the moment.”

Myall が言うには、Interoute が拡大し続けるにつれて、Far East などの地域で、これまで以上の VDC が立ち上がっていくようだ。「 この拡張は、私たちのネットワークの境界線へ向けて、コンピューティング・パワーをプッシュするものだが、そのコンピューティングが私たちの領域を、押し広げ始めると予見している。すでに Hong Kong は満杯であり、これから移行しようと計画している、たくさんの顧客を持っている」と、彼は続けている。

The VDC is built into the core of Interoute’s network and, according to the company, this means it can deliver a fully networked cloud which is faster and has greater resilience and security than other cloud computing services.

この VDC は、Interoute ネットワークのコアに組み込まれる。そして、同社によると、他のクラウド・コンピューティング・サービスと比較して高速であり、高い弾力性と安全性を保持する、フル・ネットワーク化されたクラウドを提供できることになる。

Interoute’s move comes at a time when spending on cloud services in Asia Pacific is growing at a CAGR of 30%, according to IDC, and the Asian market is providing robust growth for both local and Western multinationals.

この、Interoute の動きは、Asia Pacific のクラウド・サービスに対する支出が、30% の CAGR で成長していると、IDC が述べるタイミングで生じている。また、Asia のマーケットは、ローカルの企業と、西欧の多国籍企業に対して、堅調な成長をもたらしている。

Last week, for example, IBM announced that luxury children’s fashion retailer Club 21 will be using its cloud, e-commerce and analytics software to expand its online presence across Asia-Pacific, increasing its reach from four to 15 countries across the region.

例を挙げると、先週に IBM が発表したのは、高級子供服のリテーラーである Club 21 が、Asia-Pacific 全体にまたがるオンライン・プレゼンスを高めるために、そのクラウド/コマース/分析のソフトウェアを使用するというものだ。それにより、この地域においてリーチしていく対象が、4カ国から 15カ国に増えることになる。

The importance of Asian markets for multinational businesses was reinforced by recent pan-Asian large research project from Telstra Global which found that 83% of multinationals in Asia expect to either meet or exceed their financial and strategic objectives in the next three years.

多国籍企業にとって、Asia のマーケットの重要性は、Telstra Global が実施した Pan-Asia 大規模調査により裏付けられている。その調査では、Asia における多国籍企業の 83% が、今後の3年間で、それぞれの財務および戦略の目標を達成したいと望んでいることが分かった。

Telstra Global’s Connecting Countries report found that the ICT industry in particular is a stand-out success in Asia, with 71% of ICT companies having been very successful in Asia in the past three years, compared to 61% of companies across other sectors.

Telstra Global の Connecting Countries レポートは、とりわけ ICT 産業が、Asia のマーケットで成功していると指摘している。この地域における、これまでの 3年間のデータによると、ICT 企業の 71% が成功を収めているが、他の地域での成功率は 61% となる。

“Over the next three years both financial services and insurance companies and those in the ICT sector are most bullish about exceeding their objectives in Asia, with 55 and 51% respectively, compared to 42% across the board,” said Telstra Global managing director Martijn Blanken.

「 これからの 3年間において、金融サービスおよび保険会社と、その ICT 部門が、Asia で成功していくだろう。 それぞの目標値は、55% と 51% であるが、世界の平均は 42% である」と、Telstra Global の Managing Director である Martijn Blanken は述べている。

ーーーーー

ヨーロッパのクラウドは、いったい、どうなっているのかと、以前から不思議に思っていました。 そして、数ヶ月ほど前に、この Interoute の存在を知ったのですが、同社の Web ページから拾ってきたマップを見ても、「なるほど、ヨーロッパ的だ」という雰囲気が漂ってきます。 アメリカ型の巨大データセンターを中心とする構造ではなく、それぞれの国や都市に分散するデータセンターを、メッシュ状にネットワークしていくという考え方のようです。 何年か前に、スマートグリッドのことを調べていて、国ごとに経済エリアを区切ることが、ヨーロッパでは必要だからという理由に、納得したことを思い出しました。 送電網もファイバー網も、国境ををまたいで物理的に結ばれているわけですが、経済を考えた場合に、どこかに論理的な仕切を入れる必要があるのでしょう。 ひょっとすると、1つの事業体に見える Interoute も、各国に分散する企業の集合体なのかもしれません。 この、謎だらけのヨーロッパ・クラウドを、これからも追いかけてみたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Hybrid 対 Public : ユーザーの必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポートしているが・・・

Posted in Bare-Metal, Hybrid, Rackspace, Telecom by Agile Cat on September 9, 2014

Rackspace may get acquired by telecom CenturyLink
http://wp.me/pwo1E-7PC

September 7, 2014 – Tom Cheredar
http://venturebeat.com/2014/09/07/rackspace-may-get-acquired-by-telecom-centurylink/

_ VB

In an odd turn of events, major web hosting company Rackspace is allegedly in negotiations to sell itself to Louisiana-based telecommunications firm CenturyLink.

一連の流れの中で、また、興味深い話が出てきた。 伝えられるところによると、メジャー Web ホスティング会社である Rackspace が、Louisiana ベースのテレコムである CenturyLink に対して、自身を売却するための交渉に入っているというのである。

Image Credit
Garrett Heath/Flickr

The news, first reported by Bloomberg earlier today, wouldn’t be a complete shock if true. Rackspace first notified shareholders that it was interested in selling the company back in May, which actually had a negative effect on its stock price, as VentureBeat previously reported.

この、今朝一番に Bloomberg から報じられたニュースだが、それが事実であっても、さして驚くべきものではない。話は 5月に戻るが、Rackspace は株主たちに、自社の売却について興味が有ることを伝えていたのだ。そして、以前に VentureBeat がレポートしたように、そのことが同社の株価に対してマイナスの影響を及ぼした。

Rackspace declined comment to VentureBeat about any such acquisition negotiations.

VentureBeat は Rackspace に対して、それらの買収交渉に関するコメントを求めているが、無視されている。

Part of the stock downturn has to do with major potential buyers like IBM showing no interest in an acquisition. Also, few analysts believed the company would take itself private to avoid scrutiny by shareholders as Rackspace attempts to shift away from the commodity public-cloud business to focus instead on its support and managed services.

同社の株価が低迷している背景として、IBM のような大手が買収に関心を示さないという状況にも一因がある。また、何人かのアナリストは、株主による監視を避けるために、Rackspace がプライベート・カンパニーに戻る可能性にも言及している。それは、これまでにサポートしてきたマネージド・サービスに換えて、コモディティなパブリック・クラウド・ビジネスを選ぶという路線から、Rackspace が離れようとするにつれて、生じてきた話でもある。

CenturyLink doesn’t have a strong background in cloud computing and cloud services, so its interests in Rackspace are valid. Bloomberg’s sources also indicate that expanding its cloud services is a main reason for CenturyLink’s interest.

その一方で CenturyLink は、クラウド・コンピューティングとクラウド・サービスにおける、強力なバック・グラウンドを持っていないため、Rackspace に興味を示すという説は有力である。また、Bloomberg の情報筋は、CenturyLink の主たる関心事について、クラウド・サービスの拡大があるはずと指摘している。

Based on its current stock price, Rackspace has a $5.33 billion valuation. That said, it might be difficult for CenturyLink to come up with the kind of money needed to push the acquisition deal through.

なお、Rackspace の現在の株価をベースにすると、その評価額は $5.33 billion になる。つまり、CenturyLink が、この取引をプッシュするにしても、そのための対価をひねり出すのは難しいという可能性もある。

ーーーーー

今年の初めに、Gartner が「これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される」という予測を出していました。最近の Rackspace は、OmMetal サービスという路線を打ち出し、いわゆるパブリック・クラウド価格競争から抜け出そうとしているように思えます。そして CenturyLink ですが、気になる会社ではあっても、これまでに記事を訳したことはありませんでした。 唯一、Agile_Cat で登場してくるのは、「コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する」という抄訳ですが、このポストに含まれるチャートを見ると、かなりの企業規模を有していることが分かります。 この買収に関するウワサですが、実現すると両者ともパッピーなのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Rackspace が Sony を支援 : PS 用の OpenStack プライベート・クラウドか?

Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid by Agile Cat on September 3, 2014

Equinix Launches Cloud Exchange To Unlock Full Potential Of Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-7O4

By
cloudtweaks April 30, 2014
http://cloudtweaks.com/2014/04/equinix-launches-cloud-exchange-unlock-full-potential-cloud-computing/

_ Cloud Tweaks

Next-generation interconnection solution improves connectivity options for cloud buyers and service providers by making multi-cloud, multi-network access a reality

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced the launch of the Equinix Cloud Exchange, an advanced interconnection solution that enables seamless, on-demand and direct access to multiple clouds and multiple networks across the globe. By bringing together cloud service providers with cloud consumers and enabling them to establish private, high-performance connections, the Equinix Cloud Exchange gives enterprises direct access to the services they need to build sophisticated hybrid cloud solutions inside Equinix International Business Exchange™ (IBX®) data centers.

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、グローバルなインター・コネクトとデータセンターの企業である。そして、今日、世界に広がるマルチ・クラウドおよびマルチ・ネットワークに対して、シームレス/オンデマンド/ダイレクトにアクセスする、先進的な相互接続ソリューションである Equinix Cloud Exchange をローンチした。この Equinix Cloud Exchange により、クラウド・サービスのプロバイダーとコンシューマをつなぎあわせ、プライベートでハイパフォーマンスな接続を確立することで、顧客であるエンタープライズたちは、Equinix International Business Exchange™ (IBX®) データセンターの中で、洗練されたハイブリッド·クラウド·ソリューションを構築するために必要な、各種のサービスへのダイレクト・アクセスを実現していく。

Until now, companies concerned about relying on the open Internet for mission-critical business did not have a secure, reliable and scalable connectivity solution for a multi-cloud environment. By eliminating the bottlenecks associated with traditional cloud access across the public Internet, the Equinix Cloud Exchange provides a secure path for businesses to access cloud resources at much higher throughput. In fact, tests run in the Equinix Solution Validation Center showed increased throughput of 147 percent when connecting directly to the cloud as compared to public Internet connections.

これまで、ミッション・クリティカルなビジネスのために、オープンなインターネット活用したいと考える企業がいても、安全性と信頼性を備えたマルチ・クラウド環境の接続において、スケーラブルなソリューションが実現されていなかった。パブリックなインターネットを介した、これまでのクラウド・アクセスからボトルネックを排除することで、Equinix Cloud Exchange はエンタープライズに対して、はるかに高いスループットでクラウド・リソースにアクセスする、きわめてセキュアなパスを提供する。実際に、Equinix Solution Validation Center で実施されたテストでは、クラウドへの接続におけるダイレクト・アクセスとインターネット・アクセスの比較で、147% のスループットの向上が確認されている。

Systems integrators, IT services companies, SaaS and IaaS providers, networks and cloud enablers can all leverage the Equinix Cloud Exchange to rapidly advance their cloud computing agendas, scale their businesses globally and speed their time to market. At the same time, enterprises can achieve significant benefits by connecting through the Equinix Cloud Exchange, including increasing the privacy, performance and reliability of cloud service connections.

システム・インテグレーターや、IT サービサー、SaaS/IaaS、そしてネットワークとクラウドを実現していく全ての人々は、Equinix Cloud Exchange を利用することで、その計画を迅速に策定し、ビジネスをグローバルに拡大し、市場に提供するまでの時間を短縮できるようになる。それと同時に、 Equinix Cloud Exchange を介したコネクションを得ることで、クラウド・サービスのコネクションにおいても、プライバシーとパフォーマンスだけではなく、その信頼性までを高めていけるようになる。

Businesses can join the Equinix Cloud Exchange in 13 markets globally – Silicon Valley, Washington D.C., New York, Toronto, Seattle, Los Angeles, Atlanta, Dallas, Chicago, London, Amsterdam, Frankfurt and Paris – with expansion planned to a total of 19 markets by the end of 2014. Today customers can connect to Microsoft Azure ExpressRoute in Silicon Valley, Washington, D.C. and London with planned expansions into 13 additional markets by the end of 2014.

顧客である企業は、世界に広がる 13のマーケットで、Equinix Cloud Exchangeに参加することが可能である。 現時点では、Silicon Valley/Washington D.C./New York/Toronto/ Seattle/Los Angeles/Atlanta/Dallas/Chicago/London/Amsterdam/Frankfurt/Paris がカバーされているが、2014年の末までには、その範囲を19 マーケットに拡大する予定だ。 また、現時点においても、 Silicon Valley/Washington D.C./London では、Miacoroft Azure ExpressRoute への接続が可能であり、2014年の末までには 13 マーケットが追加される。

Customers can also access Amazon Web Services via the Equinix Cloud Exchange in Silicon Valley, Washington, D.C. and London. In addition, Equinix is working with other key cloud and network service providers to provide access to their services via the Cloud Exchange.

さらに、Amazon Web Services に関しては、 Silicon Valley/Washington, D.C/London において、 Equinix Cloud Exchange を介した接続がサポートされている。Equinix は、他のクラウド/ネットワーク・プロバイダーとの提携も進めており、それぞれのサービスへの、Cloud Exchange を介した接続を実現していく。

Next-Generation Interconnection Capabilities Enable High-Performance Multi-Cloud Environment

Representing an industry first, the Equinix Cloud Exchange will combine the automated interconnection of cloud, network and managed service providers with advanced service orchestration, providing enterprises with simple, scalable, direct access to the multiple cloud services they need to build highly flexible hybrid cloud solutions.

この種のサービスとして業界初となる Equinix Cloud Exchange は、先進的なサービス・オーケストレーションを用いて、クラウド/ネットワーク/マネージド・サービスのプロバイダーたちにおける、自動化されたインターコネクションを結合していく。それにより、きわめて柔軟なハイブリッド・クラウド・ソリューションを、構築する必要のあるエンタープライズたちは、マルチ・クラウド・サービスに対する、シンプルでスケーラブルなダイレクト・アクセスを実現していく。

Equinix’s Cloud Exchange Portal and APIs simplify the process of managing connections to multiple cloud services. Businesses can use the Portal and APIs to allocate, monitor and provision virtual circuits in near real-time with the provisioning of those circuits automated end-to-end from the Cloud Exchange to the service provider. This breakthrough capability provides faster performance, better reliability, increased security, and quicker and easier deployment of cloud applications, bringing significant benefits to the broad community of industry participants looking to realize the benefits of cloud computing.

Equinix における Cloud Exchange の Portal と API は、複数のクラウド・サービス間接続を管理するためのプロセスを簡素化する。顧客となる企業は、この Portal と API を用いることで、仮想ネットワークの割り当て/モニタリング/プロビジョニングを、ほぼリアルタイムで実現していける。もちろん、その際には、Cloud Exchange からサービス・プロバイダーのクラウドへ向けた、End-to-End のプロビジョニングも自動的に完了する。これらの画期的な機能により、高速性とパフォーマンス/優れた信頼性/セキュリティの強化が提供され、クラウド・アプリケーションの迅速かつ容易なデプロイメントが実現される。 そして、クラウド·コンピューティングのメリットを具体化しようとする、この産業の広範囲におよぶコミュニティに、大きなメリットがもたらされる。

“As an increasing number of enterprises move to the cloud, they require a new level of interconnectivity to access multiple clouds, across multiple sites, from a broad range of networks,” said Tony Bishop, chief strategy officer at The 451 Group. “With its global datacente footprint and extensive ecosystem of network and cloud service providers, the Equinix Cloud Exchange addresses many of the most pressing challenges holding corporate users back from relying on the cloud for mission-critical business including latency, security and performance issues.”

451 Group の Chief Strategy Officer である Tony Bishop は、「 クラウドへ移行するエンタープライズが増えるにつれて、広範囲におよぶネットワークから、複数のサイトを横断し、複数のクラウドにアクセスするための、新たなレベルのインターコネクションが要求される。グローバルに展開されたデータセンターおよび、広範囲に展開されるネットワーク・エコシステムと、クラウド・サービス・プロバイダーたちを組み合わせることで、企業ユーザーを制約している最も差し迫った課題を、Equinix Cloud Exchange は解決していく。それは、レイテンシー/セキュリティ/パフォーマンスといった問題を含む、ミッション・クリティカルなビジネスにおいて、クラウドに依存しているユーザーたちを救うものでもある」と、述べている。

Interconnection Track Record Positions Equinix to Solve Pressing Cloud Connectivity Challenges

Equinix earned a position as the world’s leading data center and interconnection company by enabling the growth of the most influential and highly interconnected business ecosystems in the IT industry. This 15-year track record has made the company the trusted home to the widest range of networks, cloud providers and prospective cloud services customers in the world.

Equinix は、IT 業界で最も影響力のある、高いレベルでインターコネクトされた、ビジネス・エコシステムを成長させ続けることで、世界をリードするデータセンターとインターコネクションの企業としてのポジションを確立している。この15年間にわたる実績により、世界に広がるネットワークおよび、クラウド・プロバイダー、そして将来のクラウド・サービス利用者にとって、信頼できる基盤が構築されてきた。

“Just as it was with the Internet, the key to realizing the business benefits of the cloud is how well connected it is,” said Ihab Tarazi, chief technology officer at Equinix. “But companies are recognizing that the Internet has security and performance limitations, given that it is inherently open and shared publicly. By utilizing direct access via the Equinix Cloud Exchange, businesses no longer have to compromise on these essential requirements when accessing cloud providers.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「 それこそが、インターネットに寄り添ってきたものである。 つまり、クラウドの世界において、企業のメリットを実現するためのカギは、どれだけ上手く接続できるのかという点に集約される。 そして、それらの企業は、オープンかつパブリックに共有されるインターネットを前提にするなら、そこにはセキュリティとパフォーマンスの制約があると認識している。 Equinix Cloud Exchange を介したダイレクト・アクセスを利用することで、それらのクラウド・プロバイダーにアクセスする企業において、この本質的な要件で妥協する必要性が消え去っていく」と、述べている。

Today over 4,500 customers, including 450 cloud service providers and 975 networks, are deployed within Equinix’s 100+ global data centers, which are located in close proximity to hundreds of thousands of enterprises. With the introduction of Cloud Exchange, Equinix is building upon its successful heritage and leveraging the power of interconnection to bring cloud buyers and providers together in new ways to realize the benefits of cloud computing.

現時点において、Equinix がグローバルに展開する、100 ヵ所以上のデータセンターに、450 のクラウド·サービス·プロバイダーと、975 のネットワークを含む、4,500 以上の顧客がリソースをディプロイしている。そして、それらのデータセンターは、無数とも言えるエンタープライズに隣接している。Cloud Exchange の導入は、インターコネクションのパワーを継承/活用するかたちで、Equinix が成功し続けることを意味する。それにより、クラウド·コンピューティングのメリットを実現するための新しい方式が、クラウドのバイヤーとプロバイダー、双方にもたらさせるようになる。

ーーーーー

実は、すでにカテゴリ<Equnix>は作ってあって、このポストで 10本目という計算になります。 同社の IBX(International Business Exchange)に Amazon AWS が接続されたのが 3年前であり、今年は Performance Hub がサポートされ、さらには、この Cloud Exchange が加わったわけです。コンピューティングやストレージの拡張性というより、ネットワークにおける品質を全面に押し出した Equinix の各種サービスが、クラウド・ビジネスにおける「美味しいとこ取り」をしているような気がしてならないのです。

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Hybrid 対 Public : ユーザーとっての必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on August 26, 2014

Hybrid and private vs. public cloud strategies: Assessing the duel
http://wp.me/pwo1E-7MI

By Larry Dignan for Between the Lines |July 6, 2014
http://www.zdnet.com/hybrid-and-private-vs-public-cloud-strategies-assessing-the-duel-7000031172/

_ zdnet normal

Summary: EMC will talk hybrid cloud this week—and new systems of course. AWS will obviously pitch public cloud. Your cloud reality will probably land in the middle.

Summary: 今週は(7月初旬の話)、EMC からハイブリッド・クラウドと、新しいシステムに関する説明がある。 そして AWS は、明らかにパブリック・クラウドをプッシュしてくるだろう。 あなたにとって、現実的なクラウドは、その中間に位置するのだろう。

ーーーーー

Welcome to a week of dueling cloud strategies. As noted in our special report on the hybrid cloud, many enterprises will mix and match their data centers with private and public computing resources, but the balance will be critical.

いくつかのクラウド戦略が、対決する週がやってきた。私たちもスペシャル・レポートで述べたように、ハイブリッド·クラウドについては、数多くのエンタープライズが自身のデータセンターと、プライベート/パブリック·コンピューティングのリソースを、上手く混ぜ合わせているが、そのバランスはクリティカルになっていく。

This week will feature an EMC event called "Redefine Possible." The July 8 event, hosted in London, promises to offer "game-changing innovations for your hybrid cloud." Two days later in New York, Amazon Web Services will drop into New York City with its Summit 2014, which offers technical sessions and bootcamps.

今週の目玉は、"Redefine Possible” という名の EMC のイベントである。 この、London で 7月8日に開催されるイベントには、ハイブリッド·クラウドのイノベーションをゲーム・チェンジさせるものが登場するという。 その 2日後には、Amazon Web Services が New York 入りして、テクニカル・セッションやブートキャンプで構成される Summit 2014 を開催する。

AWS CTO Werner Vogels is likely to talk about how most compute and storage will move to the public cloud. Privacy and security? Well good architecture can take care of that.

AWS の CTO である Werner Vogels は、大半のコンピューティングとストレージを、パブリック・クラウドへと移行する方式について、おそらく話をするだろう。プライバシーとセキュリティについては、適切なアーキテクチャが対処するという考え方である。

EMC will give a nod to the public cloud but also acknowledge—just like its VMware unit does—that the hybrid cloud will be reality for a long time. Companies aren’t going to simply chuck their data centers.

その一方で EMC は、パブリック・クラウドに同意はしても、VMware 部門が言い続けてきたように、長期的に見ればハイブリッド·クラウドが現実解になるとプッシュしてくる。つまり、自社データセンターを簡単に放棄するなと、エンタープライズたちを説得するだろう。

In the end, the truth is likely to lie somewhere between EMC’s take and AWS’ version of the truth. Discerning what’s real is one reason that hardware spending in the enterprise has slowed. Every IT buyer is wondering whether they really want to buy that one more server or storage array. Especially when CFOs and CEOs are questioning hardware spending and floating the cloud as an option.

結局のところ、EMC の主張と AWS の見解の間のどこかに、真実は存在するのだろう。 何が現実なのかを確認する時期に差し掛かっているためか、エンタープライズにおけるハードウェア支出が鈍化している。 すべての IT 購入部門は、さらにサーバーやストレージアレイを購入すべきかどうかと、疑問を抱いている。 とりわけ、ハードウェアへの支出と、クラウドの選択の間で、CFO と CEO が迷っているとき、その傾向が顕著に現れる。

The stakes are high for all vendors. The likes of IBM, EMC, NetApp, Hewlett-Packard and Oracle are looking to manage a transition to a cloud. If everyone goes cloud happy at once, the growth won’t offset lumpy hardware sales. Software companies have to worry about license and maintenance revenue being offset by subscriptions.

すべてのベンダーにとって、大きな利害関係が生じてくる。IBM/EMC/NetApp/Hewlett-Packard/Oracle といったベンダーたちは、クラウドへの移行をビジネスにしようと狙っている。誰もが一足飛びにクラウドへ移行してしまうと、ハードウェア販売における変動幅を調整できなくなってしまう。また、ソフトウェア・ベンダーは、ライセンスとメンテナンスによる収益が、クラウドのサブスクリプションで相殺されてしまうことを心配するはずだ。

For a vendor like VMware the question becomes whether the company is the last great enterprise software company or one of the first cloud innovators.

つまり、VMware のような企業は、最後まで偉大なエンタープライズ・ソフトウェア・ベンダーとして残るべきか、最初のクラウド·イノベーターになるべきかという、大きな岐路に差し掛かることになる。

In either case, the cloud game—public, private or hybrid—won’t be zero sum. Nevertheless, this week’s news could portray a zero sum game. As I said last week, the most important thing for an infrastructure buyer is to assess whether hybrid cloud architecture will tip more to public resources or private. Those educated guesses for your organization will inform what vendor you continue to use.

パブリック/プライベート/ハイブリッドが入り乱れるクラウド・ゲームは、いずれにしてもゼロ・サムにはなり得ない。それにもかかわらず、今週に登場するニュースは、ゼロ・サム・ゲームで脚色したものになるだろう。先週に、私たちが述べたように、インフラの購入担当者にとって最も重要なことは、ハイブリッド·クラウドのアーキテクチャと、パブリック/プライベートのリソースとの関係を評価することである。それを適切に調べあげることができれば、あなたの組織が継続して付き合うべきベンダーが見えてくるだろう。

Research: 70 percent using or evaluating a hybrid cloud solution | Hybrid cloud: Which way will the balance tip between public and private? | Hybrid cloud adds fizz for Coke

ーーーーー

訳していて、なかなか面白い記事でした。 また、文中には登場してきませんでしたが、キャリア系のプライベート・クラウドも育ってきていますし、さらに言えば、この領域でコロケーションを展開して、一大勢力となってきた Equinix の存在もあります。 なんとなく、クラウドはパブリックだけで完結するものではなく、そろそろ第2ラウンドの幕が開く・・・ という感じですね。 お楽しみは、これからです!

ーーーーー

<関連>

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?

Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる

Posted in Hybrid, On Monday by Agile Cat on August 4, 2014

Hybrid Cloud Computing: Providing Incremental Movement Towards the Cloud
http://wp.me/pwo1E-7IN

By Dick Weisinger – July 29, 2014
http://formtek.com/blog/hybrid-cloud-computing-incremental-movement-towards-the-cloud/

_ formtek

In yesterday’s blog we reported on the hypergrowth that the cloud computing industry is experiencing.  IDC estimates that in 2014 more than $100 billion will be spent on the cloud.

私たちは、昨日のブログで、クラウド·コンピューティング業界が経験している、素晴らしい成長についてレポートした。 IDC の予測によると、2014年には $100 billion 以上が、クラウドに費やされることになる。

While the speed of transition to the cloud has been blistering, reports also show that businesses are still not comfortable with security of data in the cloud.  And that lurking feeling of insecurity will likely mean that businesses still will hold back on pushing all their data and apps into the cloud.  Some data is just too confidential or important to risk storing in the cloud.

クラウドへ向けた移行のスピードが高まっているが、クラウドに置かれたデータのセキュリティについて、ユーザー企業は違和感を持ち続けていると、いくつかのレポートが指摘している。つまり、セキュリティに関する不安が潜んでいる限り、すべてのデータやアプリケーションをクラウドに展開するという意味において、それらの企業は躊躇し続けるだろう。クラウドにストアするには、あまりにもリスクが高すぎる、重要かつ機密性の高い情報が存在するのだ。

Alfresco, an Enterprise Content Management software vendor, see business more comfortable with what they call a 20-60-20 hybrid cloud scenario.  There’s about 20 percent of data that businesses are fully comfortable in moving to the cloud.  And at the other end of the spectrum there’s another 20 percent of their data that no way would they ever risk putting into the cloud or for regulatory reasons are currently restricted from being placed in the cloud.  And then there is another 60 percent of their data that those businesses want have some control over but still also want to share with others, like partners, suppliers and customers, outside their business.  To enable this kind of scenario, Alfresco built software that allows a subset of their on-premise data to be synchronized with data stored in the cloud.

Enterprise Content Management ソフトウェア・ベンダーである Alfresco には、ハイブリッド・クラウドにおける 20-60-20 のシナリオと呼ばれるものがあり、また、こうした企業に受け入れられ易いことが確認されている。まず、クラウドへ完全に移行できるデータが、全体の 20% 程度はある。その対極には、リスクが大きすぎて、クラウドには置けないという 20% のデータがある。 そこには、何らかの規制により、クラウドに移行できないデータも含まれている。そして、残りの 60% のデータが、コントロールを効かせながらも、パートナー/サプライヤー/カスタマーなどと共有したいものとなる。この種のシナリオを、実現可能なものにするために、クラウドに保存されたデータと、オンプレミスのサブセット・データを、同期させるソフトウェアを Alfresco は構築している。

Similarly, Lance Crosby, CEO of SoftLayer, an IBM company, said that “unlike our competitors, we don’t think everything is going to the cloud. We think 50-80% will be going to the cloud.”

IBM Company である SoftLayer CEO の Lance Crosby も、「 ライバルのクラウドとは異なり、すべてをクラウドに移行させようとは思わない。50〜80% がクラウドに展開されるべきだ」と、述べている

Esmeralda Swartz, CMO of MetraTech, said that “organizations take time to evolve. That’s why we’re bound for a hybrid future, where public and private clouds blend to create a shared infrastructure that spans application, organization and data center boundaries. Companies need the freedom to evolve and optimize applications and data for SLAs tuned for price, policy and performance. A future that blends the best of public and private clouds, provides the right balance of an elastic cloud infrastructure to meet the range of requirements from applications and users.”

MetraTech の CMO である Esmeralda Swartz は、「 組織が進化するには、時間がかかる。将来のハイブリッドへと向けて、パブリックとプライベートのクラウドをブレンドし、アプリケーションと組織とデータセンターの境界にまたがる、共通のインフラを作成する理由は、そこにある。ユーザー企業にとって、価格/規約/性能を考慮した SLA も必要だが、最適化されたアプリケーションとデータへ向けて、進化していく自由も必要なのだ。パブリックとプライベートを適切にブレンドし続けていくことで、アプリケーションやユーザーからの要求を満たし続ける、エラスティックなクラウド・インフラにおける、適切なバランスが提供される」と、述べている

ーーーーー

20−60−20 というのは、かなりザックリとした切り分けに見えますが、アベレージで考えると、こんな感じなのかもしれませんね。そして、こうした切り分けが出来ないことには、本格的なクラウド移行もあり得ないはずです。 かなり不適切な例だとは思いますが、Agile_Cat のケースにしたって、各種のアカウント情報などを記録したドキュメントを、クラウドに置こうとは考えません。 いま、Dropbox を 100GB ほど持っていて、だぶん、年間で $60 くらいを支払っているはずですが、もっともっとセキュリティを強化したプライベート・ストレージであれば、1GB = $60 でも使いたいですね。 ローカルよりも安全ならば、それもアリだと思えるのです。 まぁ、Agile_Cat の場合は、50−49−1 くらいの比率になるのかもしれませんが :) 

ーーーーー

<関連>

Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

Level 3 と Digital Realty:ネットワーク帯域幅をスケールさせる環境に、AWS と Azure を取り込む

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Telecom by Agile Cat on July 30, 2014

Level 3, Digital Realty provide direct connection to Amazon, Microsoft cloud services
http://wp.me/pwo1E-7HU
April 29, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/level-3-digital-realty-provide-direct-connection-amazon-microsoft-cloud-ser/2014-04-29

_ fiercetelecom

Level 3 Communications has established a new partnership with Digital Realty Trust where it will provide the data center provider’s customers in 14 U.S. and European markets access to its growing base of cloud service partners including Amazon Web Services (AWS Direct Connect) (NASDAQ: AMZN) and Microsoft Azure (NASDAQ: MSFT) (ExpressRoute).

Level 3 Communications が Digital Realty Trust と、新たなパートナーシップを確立した。それにより、U.S. と Europe における、14 ヶ所のデータセンター・プロバイダーを利用する顧客に対して、クラウド・サービス・パートナーへのアクセス基盤が拡張されるが、その中には Amazon Web Services(AWS Direct Connect)と、Microsoft Azure(ExpressRoute)も含まれる。

Through this relationship, the Digital Realty customers will have a new route to migrate and operate their applications to a hybrid cloud environment with the backing of Level 3’s deep network presence.

この提携により、Digital Realty の顧客は、Level 3 の緊密に張り巡らされたネットワークを後ろ盾とする、ハイブリッド・クラウド環境へとアプリケーションを移行する、新しい道筋を持つことになる。

While Level 3 is hardly alone in providing a direct access route to AWS and Microsoft Azure, Anthony Christie, chief marketing officer for Level 3, told FierceTelecom what sets it apart is the global nature of the offering.

Level 3 は、AWS や Microsoft Azure にダイレクト・アクセスのルートを提供する際に、それを単独で行うわけではないが、グローバルな性質により際立ったものになると、同社の Chief Marketing Officer である、Anthony Christie が FierceTelecom に語っている。

"One of the things that you’ll see from us that is different than what you’ll see from some of the other network service providers is we continue to leverage the global nature of our network," he said. "With Amazon, Level 3 will be listed as the most connected player to Amazon’s hosting and data centers around the world.”

「 誰もが分かる、他のネットワーク・サービス・プロバイダーの違いは、私たちのネットワークがグローバルな性質を活用している点である。Amazon においては、世界に点在する AWS ホスティング/データセンターと、最も数多く接続されているプレーヤーとして表示される」と、彼は発言している。

Another potential benefit of this pact for enterprise customers is they can adjust network bandwidth and storage levels as needed. During a holiday shopping season, a retailer could dynamically scale their bandwidth and only pay for what they consume as demand for computing capacity ramps.

エンタープライズ・カスタマーにおける、この協定による別の潜在能力は、ネットワーク帯域幅とストレージ・レベルを、必要に応じて調整できる点にある。たとえば、ホリデー・ショッピング・シーズン中の小売業者は、帯域幅をダイナミックに拡張することが可能であり、その突出したコンピューティング容量に対してのみ、対価を支払えば良いことになる。

In addition to scaling bandwidth, Digital Realty customers will gain the flexibility to choose the cloud model and cloud provider that best meet their needs, access bandwidth dynamically and pay only for what they use.

この帯域幅のスケーリングに加えて、Digital Realty の顧客たちは、クラウド·モデルとクラウド・プロバイダーを柔軟に選択するという、メリットを手にすることになる。 つまり、自身のニーズにフィットしたクラウドを選び、アクセス帯域幅をダイナミックに調整し、使用した分だけ対価を支払えるようになる。

Level 3 is also providing connectivity under its Cloud Connect Solutions program, including Layer 1, Layer 2 and Layer 3 connectivity.

さらに Level 3は、Cloud Connect Solutions プログラムのもとでコネクティビティを提供しており、そこには Layer 1/Layer 2/Layer 3 が取り込まれている。

"On a global scale, we can guarantee latency for connectivity for public and hybrid cloud environments at Layer 1," Christie said. "We’re working on Layer 2 and Layer 3, but because of the switched nature of those products, it’s a bit tricky."

「 グローバル・スケールにおいて、パブリック/ハイブリッド·クラウド環境での接続のために、レイテンシーを保証するのは Layer 1 となる。Layer 2 と  Layer 3 にも取り組んでいるが、それらのプロダクトにおけるスイッチの性質は少々トリッキーである 」と、Christie は発言している。

Christie added that "with our Layer 3 MPLS offer, what we’re enabling is instantaneous consumption by pre-provisioning ports into Amazon and into Azure so they can burst through and consume Amazon Web Services in the future."

私たちが提供する Layer 3 MPLS により、Amazon および Azure に対して、事前にプロビジョニングしたポートを介したバーストが可能になる。したがって、将来的には、バーストを介した Amazon Web Services の利用も実現される」と、Christie は付け加えている。

Related articles:

Level 3 gets ISO certification for security services in Latin America
Level 3 grabs two new multi-national enterprise wins
Level 3 connects network to 50 U.S. Air Force sites
Level 3’s Storey: M&A is an option, not a necessity

ーーーーー

このところ、「AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結」や「ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon 」といった抄訳をポストしましたが、この Level 3 と Digital Realty の戦略も同じところを狙っているように思えます。つまり、ダーク・ファイバーに投資してきた事業者が、帯域幅をスケールさせるネットワークの中に、コンピューティングとストレージをスケールさせるパブリック・クラウドを、つなぎ込んでいくという構図です。そして、ハイブリッド・クラウドを目指すエンタープライズにとっては、おそらく、最も分かりやすく、安心できるフレームワークなのでしょう。 とても、興味深いトレンドです。

ーーーーー

<関連>

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:シンガポールとフランスを接続する!

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

%d bloggers like this: