Agile Cat — in the cloud

Hybrid File Sharing の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!

Posted in .Selected, Hybrid, Research, Storage by Agile Cat on March 17, 2014

Hybrid File Sharing: Blending Public and On-Premise Storage Options
http://wp.me/pwo1E-7kf
By Dick Weisinger – March 10, 2014 SEA-ME-WE 5
http://formtek.com/blog/hybrid-file-sharing-blending-public-and-on-premise-storage-options/

_ formtek

Businesses have relied on simple network file share drives for years.  Today, cloud file sharing services like Box and DropBox are becoming popular in the consumer world and to some extent within businesses.

それぞれの企業は、何年もに渡って、シンプルなネットワーク・ドライブに依存し、ファイルを共有してきた。しかし、今日では、Box や Dropbox といったクラウド・ファイル共有サービスが、コンシューマの世界で人気を博し、また、ビジネスの世界へも入り込んできている。

 Terri McClure, senior analyst at ESG, said that “although online file sharing and collaboration applications have provided a number of benefits for customers, they also report a number of ongoing challenges following adoption. Security is viewed as the biggest challenge among current Online File Sharing (OFS) users and the most significant concern among potential users. There is a shift in demand, and users now want the ability to retain some data in-house. With recent issues surrounding internet surveillance, we can expect to see a greater demand for hybrid cloud deployments that let enterprises choose where their data is housed – on premises, in the cloud, on US soil, or in a specific country.”

ESG のシニア・アナリストである Terri McClure は、「 オンラインでファイルを共有し、コラボレーションを促進するアプリケーションは、その顧客たちに対して、数多くのメリットを提供してきたが、山積みにされている課題については、これからの展開においては継続的に取り組んでいくともレポートされている。現時点における Online File Sharing (OFS) ユーザーにとって、最大の課題とみなされているのはセキュリティの問題であり、また、潜在的なユーザーにとっても最大の関心事となっている。 つまり、ユーザーたちは、一部のデータを社内に保持する能力を求めており、そこには異なる需要があるのだ。インターネットの監視という最近の問題に関連して、ハイブリッド・クラウド環境に対する需要が期待されている。つまり、データを収納する場所を、オンプレミスやクラウドから、さらにはアメリカ国内/国外から、それぞれの企業が選択できる環境が求められている」と、発言している

A recent report by ESG had the following findings:

ESG の最近のレポートは、以下の所見を提供している。

  • Only 9 percent of organization allow all categories of their data to be stored on third-party cloud-computing services
  • 84 percent of organizations have used public cloud computing services to store some of their business data
  • 36 percent of organizations worry that data stored by third-party public cloud services might experience accessibility issues.
  • 69 percent of organizations show “extreme interest” in being able to use a file sharing service where data could be selectively stored either in the cloud or in on-premise storage
  • 9% の法人が、サード・パーティのクラウド・サービス上に、そのカテゴリに応じてデータをストアすることを許可している。
  • 84% の法人が、パブリック・クラウド・サービスを使用し、そのビジネス・データの一部をストアしている。
  • 36% の法人が、サード・パーティのパブリック·クラウドにストアされたデータに対して、アクセシビリティの問題が発生する可能性を懸念している。
  • 69% の法人が、クラウドとオンプレミスの双方を採用することで、データに応じてストア先を選択できるファイル共有サービスに、きわめて強い関心を示している。

McClure said that ”IT groups realize that they have alternatives that may better meet their need for balancing control, security and leverage of existing assets.  Simply put, it’s a matter of providing customers with a choice.  The cloud is great for some data and use cases, but others, especially data sets that need to stay behind the firewall, need to be addressed and accessed differently.”

「 それぞれの法人における IT 部門は、既存に資産に対する、より優れたた管理/安全性/活用をバランスさせるという、自身のニーズを満たすであろう選択肢が存在すると認識している。簡単に言えば、それらの選択肢を顧客に提供することで、この問題は解決する。クラウド・サービスは、いくつかのデータやユースケースにとって最適であるが、とりわけ、ファイアウォールの背後に置くべきデータ·セットに関しては、それとは別の考え方で取り扱い、また、アクセスする必要がある」と、McClure は述べている。

ーーーーー

TAG indexこのポストを訳し終えて、プライベート・クラウドに関する記載が無いことに気づきました。 NSA による通信回線の傍受という、クラウドに対して大きなインパクトを持つ行為が、全体的な流れをオンプレミスへと、押し戻しているようにも思えます。そして、ファイアウォールの内と外に置くべきデータを整理し、それらをブレンドする機能を用意すべきという発想は、あらゆる法人および組織に受け入れられる、ゴールというよりはスタートを定義するものなのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落
IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない

Hybrid の調査 : ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから

Posted in Hybrid, Research by Agile Cat on November 25, 2013

Hybrid Cloud Computing: Businesses will Ultimately Blend the Best of Private and Public Clouds
http://wp.me/pwo1E-6Wp

By Dick Weisinger, on October 24th, 2013
http://formtek.com/blog/hybrid-cloud-computing-businesses-will-ultimately-blend-the-best-of-private-and-public-clouds/

_ FormTek

“In the past three years, private cloud computing has moved from an aspiration to a tentative reality for nearly half of large enterprises.  Hybrid cloud computing is at the same place today that private cloud was three years ago; as actual deployments are low, but aspirations are high,” notes Gartner in a recent press release.

「 これまでの 3年間において、プライベート·クラウド·コンピューティングは、およそ半分近くのエンタープライズたちを、強い願望の世界から、暫定的ではあっても現実的な世界へと、移行させてきた。そして、いま、ハイブリッド・クラウド・コンピューティングが、3年前にプライベート·クラウドが居た場所へとやってきた。 つまり、現実的なデプロイメントの比率は低く、願望の世界を強く抱かせている」と、Gartner が最近のプレスリリースで指摘している

While half of large enterprises already have already set up private cloud services, there are few examples of hybrid cloud solutions.  Despite that, Gartner sees hybrid cloud services as the best way for businesses to balance parameters like cost, performance and security, and they expect that nearly three-quarters of large enterprises will have hybrid cloud deployments by 2015.

すでに、半数のエンタープライズがプライベート・クラウド・サービスを構築しているが、ハイブリッド・クラウドのソリューションとなると、その実例も稀である。それにもかかわらず Gartner は、企業におけるコスト/パフォーマンス/セキュリティといった要因をバランスさせる、最良の方法としてハイブリッド・クラウド・サービスを評価している。そして、2015年までには、大規模なエンタープライズの 3/4 近くが、ハイブリッドクラウド環境を所有するようになると予測している。

Building a hybrid cloud isn’t easy.  There are both technology and cultural challenges that businesses need to overcome.  Thomas Bittman, vice president and distinguished analyst at Gartner, said that private cloud technologies are “relatively immature and evolving.”   And he notes that “an ingrained IT culture focused on technical expertise doesn’t fit a fully automated, self-service model that requires a service-oriented, team approach.”

ハイブリッド·クラウドの構築は、容易なものではない。 つまり、それを採用する企業は、テクノロジーとカルチャーの両面において、いくつかの課題を克服する必要がある。 Gartner の VP and Distinguished Analyst である Thomas Bittman は、「プライベート·クラウド・テクノロジーの進化は、相対的に見て未熟なものである。テクノロジーにフォーカスすることが身に染み付いた情シス・カルチャーは、サービス指向とチーム・アプローチを必要とする、完全に自動化されたセルフ・サービス·モデルに適合していない」と述べている。

Cloud computing provides very attractive benefits to businesses.  Bittman said that “virtualization reduces capital expenses, and standards and automation reduce operational expenses.”  But he warns that  ”too often, private cloud projects are started by choosing a technology, but technology itself does not solve the transformational people and process issues.  It is much better to focus first on an approach to make transformative changes.  In many cases, that means creating a separate organisation outside of traditional IT processes — at least to incubate these projects — and focusing first on a simple project that has buy-in between IT and IT’s customers.”

クラウド·コンピューティングは企業に対して、きわめて魅力的なメリットを提供する。Bittman は、「 仮想化により資本支出が削減され、スタンダードとオートメーションにより運用コストが低減される」と、述べている、そして、「 あまりにも多くのプライベート・クラウドのケースにおいて、テクノロジーの選択によりプロジェクトが始まっているが、人々とプロセスを変革するという本質的な課題を、テクノロジー自体が解決することは有り得ない。それは、変革へと目を向けさせる、最初のアプローチとして、優れたものであった。多くのケースにおいて、従来からの IT プロセスの外側に、それまでとは異なる組織を創りだした。そして、少なくとも、いくつかのプロジェクトをインキュベートしたはずだ。さらに言えば、ハッキリとした経済的な指標を持つ、シンプルななプロジェクトが、情シスと社内ユーザーとの間で、やりとりされたはずだ」という、警鐘も発している。

ーーーーー

TAG indexプライベートから、そしてパブリックから、ハイブリッドへと集約されていくのでしょうね。 エンタープライズではなくとも、仕事というものを考えてみれば、答えは明らかです。 すべからく、情報とは、公開と非公開、そして、その間のアイマイな領域に属しているのですから。。。 そして、そのデザインは、情報の所有者であるユーザー自身が行うべきものであり、テクノロジー・ベンダーに頼っても、カルチャーに関する答えは帰ってきません。 決してドラスティック変化することのないカルチャーを、少しずつでも日々変化させていくという、地味な努力が必要なのでしょうね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?
Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Mobile の調査 : 無償アプリが支配する モバイルの市場
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on October 28, 2013

Hybrid Cloud Computing: Private Clouds to Mutate into Hybrid Ones?
http://wp.me/pwo1E-6Pn

By Dick Weisinger, on October 17th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4098

_ formtek

Hybrid cloud computing is a combination of infrastructure and services built from combinations of public cloud-computing, a private cloud computing and an on-premises network.

ハイブリッド・クラウド・コンピューティングとは、パブリック/プライベート・クラウドおよびオンプレミス・ネットワークの組み合わせから構築される、インフラとサービスのコンビネーションのことである。

Jeff Wilson, principal analyst for security at Infonetics Research, when summarizing the findings of a study said that, “the best way that vendors can serve customers over the next 3 to 5 years is by delivering true hybrid solutions that seamlessly integrate deployment, policy management, enforcement mechanisms, and reporting across on-premise and hosted solutions.  And also by helping customers get more out of their existing solutions…  Businesses are hoping hybrid SaaS (security-as-a-service)/on-premise solutions will be the magic bullet that kills the security efficacy and complexity problem.”

Infonetics Research の主席アナリストである Jeff Wilson は、ある調査から得られた概要として、「 最もベストな展開は、それぞれのベンダーが、これからの 3年〜5年の間に、本当の意味でのハイブリッド・ソリューションを、彼らの顧客に提供できるようになることだ。そこでは、統合のためのシームレスなデプロイメントおよび、ポリシーの管理、執行のためのメカニズム、オンプレミスとホスティングのソリューションを横断するレポーティングなどが、解決していなければならない。そして、顧客が既存ソリューションから、より多くのものを引き出せるよう、支援することも必要である。数多くの企業が、SaaS(security-as-a-service)とオンプレミスを組み合わせたソリューションが、セキュリティの有効性と複雑さという問題を、完全に排除する特効薬になると期待している」 と述べている

ECM-vendor Alfresco, agrees with that vision and is one of very few software vendors that offer a true hybrid cloud solutionDavid Gildeh, Director of Cloud Services at Alfresco, said that “at Alfresco, we believe hybrid is the only way the enterprise today can address all their ECM needs. We’ve called cloud-only vendors bluff that everything can be managed in the cloud. We’ve also addressed the gaps of legacy on-premise only vendors who can’t meet the increasing needs for enterprises to securely share content outside their firewall with third parties or mobile devices.”

ECM ベンダーである Alfresco は、このビジョンに賛同し、また、本物のハイブリッド・クラウド・ソリューションを提供している、数少ないソフトウェア・ベンダーの中の一社である。Alfresco の Director of Cloud Services である David Gildeh は、「 Alfresco では、ECM における、すべてのニーズに対処するために、今日のエンタープライズが利用できる唯一の方式が、ハイブリッドだと考えられている。私たちは、すべてをクラウド上で管理できると言う、クラウドに特化したベンダーに対して、それはブラフだと主張してきた。また、私たちは、オンプレミスとレガシーのギャップに直面し、エンタープライズで増大しているニーズを満たせないベンダーたちにも、手を差し伸べてきた。 そこでは、ファイアウォールの外側で、コンテントをサード・パーティと共有し、さらにはモバイル・デバイスにも対応するというモデルを、セキュアにしていく必要がある」と発言している

Thomas Bittman, analyst at Gartner, said that “so what does all this mean now? It means look out – the world is not going to be neatly divided into separate private and public cloud services. To maximize efficiency and take advantage of publicly available cloud services, we’re going to munge them together. Private clouds, in particular, will not stay simply ‘private’ for long – Gartner expects most private cloud services to become hybrid.”

Gartner のアナリストである Thomas Bittman は、「 いまの、すべての状況は、何を意味するのだろうか?つまり、この世界は、プライベートとパブリックのクラウド・サービスに、きれいに分離されるものではない、というふうに見える。パブリックに利用できるクラウド・サービスの利点を活かし、効率を最大化していくためには、2つのクラウドを融合させなければならない。とりわけ、プライベート・クラウドについて言及するなら、長期間にわたって ” プライベート " に留まるとは思えない。Gartner が期待すりのは、ほとんどのプライベート・クラウドが、ハイブリッド・クラウドへと変化していく未来である 」と述べている

ーーーーー

research_55最近のハイブリッドに関する話題としては、なんといっても、CERN と Rackspace の協業が興味深いです。 これも、センタライズされた CERN の研究所と、世界中に散らばっている研究者を結びつける、ある種の Enterprise Content Management システムであり、本文で述べられているような懸念を、両者が協力して解決していくというものです。詳しくは、『 Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは? 』 という抄訳をご覧ください。 また、CERN って何? という場合には、『 Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか? 』のYoutube を お勧めします。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査
OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, IBM, OpenStack by Agile Cat on August 20, 2013

OpenStack Needs A Dominant Vendor, Not Interoperability
http://wp.me/pwo1E-6vC
Matt Asay – July 25, 2013
http://readwrite.com/2013/07/25/openstack-needs-a-dominant-vendor-not-interoperability

_ Read Write (2)

While the OpenStack community pines for interoperability, what it really needs is a dominant vendor.

The OpenStack community is infighting. Again. This time, as ever, some of OpenStack’s most prominent advocates are arguing over what interoperability means, and just who measures up. Ironically, what OpenStack needs to succeed has less to do with interoperable implementations of the OpenStack reference architecture and more to do with a single vendor imposing standardization on the community.

再び、OpenStack コミュニティに内紛が生じている。いつものように、いくつかの突出した OpenStack  支持者たちが、インターオペラビリティの意味するものについて、また、それを誰が測定すべきかという点について主張しているのだ。 皮肉なことに、OpenStack が成功するために必要なことは、OpenStack リファレンス·アーキテクチャにおけるインターオペラビリティ実装を最小に留めることであり、また、このコミュニティに標準化を課すシングル・ベンダーが、より多くの事柄に対応するようになることだ。

That’s right. OpenStack needs a hegemon.

正しく言えば、OpenStack は覇権者を必要としているのだ。

Every Community Needs A Leader

Red Hat Executive VP and President, Products and Technologies Paul Cormier

After all, no one talks about Amazon Web Services interoperability. Or, rather, we don’t ask Amazon to sit in committee rooms and conform its API to OpenStack, Cloudstack and other cloud offerings. Amazon dominates public clouds. It sets the standard and others either conform to its API or not. (At present, the OpenStack community continues to vote for "not," which leads industry pundits like Simon Wardley to dismiss it as a "dead duck.")

結局のところ、Amazon Web Services とのインターオペラビリティについては、誰も話題にしていない。 だからと言って、私たちは Amazon に対して、このコミッティの会合に参加し、OpenStack や CloudStack などのクラウド・サービスに対して、その API を準拠させたらどうかと、尋ねているわけでもない。Amazon は、パブリック・クラウドを支配している。 つまり、Amazon が標準を設定し、その API に、他者が準拠するか、しないかという状況にある。(現時点の OpenStack コミュニティは、" No" と投票している。 それは、Simon Wardley のような業界の専門家が、"Dead Duck" として、却下するような状況へと導く)

This is why Cloudscaling CTO and OpenStack luminary Randy Bias is spot on to deride OpenStack interoperability as key to its success:

以下は、Cloudscaling の CTO であり、OpenStack の指導者でもある Randy Bias が、その成功のカギとしての、OpenStack インターオペラビリティを冷笑する理由である:

The very idea that OpenStack requires interoperability to succeed is completely laughable. Interop doesn’t guarantee success.

OpenStack の成功において、インターオペラビリティが不可欠という発想は、きわめてバカバカしいものである。インターオペラビリティが、成功を保証するということはあり得ない。

— Randy Bias (@randybias) July 23, 2013

Far too often in the open-source community, we ascribe magical powers to committee-fostered interoperabilty, when the industry actually displays a remarkable tendency toward de facto standardization.

これまで、業界がデファクト・スタンダードへ向けて顕著な方向性を示すたびに、このオープンソース・コミュニティのコミッティが魔法のようなパワーを発揮し、インターオペラビリティを促進していくという期待が、あまりにも頻繁に生じてきた。

Linux, for example, really took off when the industry was able to rally around a single vendor, Red Hat, as its standard bearer. Perhaps it’s not surprising, then, that Red Hat executive vice president Paul Cormier declares that "OpenStack is Linux all over again," with a need for OpenStack’s disparate elements to cohere into a distribution that makes it consummable by the masses.

Linux の場合は、RedHat というシングル・ベンダーを、スタンダードの旗手として業界が認識したときに、ほんとうの意味で離陸している。おそらく、それは驚くべきことではない。 その後、Red Hat の Executive Vice President である Paul Cormier は、「OpenStack は Linux を再現するものだ」と宣言している。 それは、OpenStack における本質的に異なる各要素を、一貫性のあるディストリビューションに仕立て上げ、大衆が消費できるかたちにしていくという、ニーズを伴うものになる。

Red Hat At The Helm?

It’s not surprising that Cormier sees his company as the unifying center of the OpenStack universe. While there still is a long way to go in establishing OpenStack leadership, Red Hat currently sits in prime position to lead OpenStack just as it led Linux. Why? Because it contributes the most to the project:

Cormier が、OpenStack の宇宙を統一する中心として、自身の会社を認識しているに驚くべきではない。OpenStack がリーダーシップを確立するまでには、まだ、長い道のりが残っているが、いまの Red Hat は、Linux のときと同様に、OpenStack をリードするという重要なポジションを得ている。その理由は、このプロジェクトに、最も貢献しているからである:

クリックで拡大 ⇒
Source: OpenStack (Data compiled by Bitergia)

In open source, being the source of code matters more than source code. She who contributes most, controls (or influences) most.

オープンソースでは、コードのソースであることが、ソースコード自体よりも重要となる。 つまり、最大のコントリビューションを行なっている者が、最大のコントロール(影響力)を行使することになる。

Hence, even as the OpenStack community mulls over the introduction of RefStack, a proposed conformance testing system to help evaluate just how "pure" an OpenStack implementation is, OpenStack’s members are already jockeying to be RefStack. If Red Hat or another vendor establishes primacy in the community, its implementation will essentially become "RefStack."

したがって、OpenStack コミュニティが RefStack の導入を検討するのと同時に、そこで提案されるコンフォーマンス・テスト・システムが、"ピュア" な OpenStack 実装の評価を促進していくことになる。 そして、OpenStack のメンバーはたちは、RefStack なるための、主導権争いの中にある。 Red Hat などのベンダーが、コミュニティにおける優位性を確立した場合、その実装が、本質的な意味で "RefStack" になっていく。

Again, Linux illustrates how this will happen. As Red Hat established the lead in the early 2000s, the rest of the Linux vendors, led by Caldera, attempted to band together as United Linux. I was involved in these discussions and can report with some accuracy that they completely, totally failed. It turns out the market didn’t want a common Linux distribution created by committee. They wanted the industry standard, which happened to be Red Hat.

繰り返しになるが、こうした事象が起こることを、Linux が例証している。 2000年代の初めに、Red Hat が主導権を確立したとき、その他の Linux ベンダーは、Caldera が率いる United Linux として団結しようとした。私は、一連の議論に関与していたので、彼らが完全に失敗したことを、いくつかの正確性をもってレポートできる。そこで分かったことは、マーケットが欲したものが、コミッティにより作成された、 Common Linux ディストリビューションではないという事実であった。 マーケットが求めるものは、業界のスタンダードであり、たまたま Red Hat が、それになったということだ。

Choose Your Hegemon

There’s still a long way to go to determine who will lead OpenStack, though Red Hat currently occupies pole position. But whether Red Hat or Rackspace (which used to dominate) or IBM or another vendor, OpenStack’s success depends upon a single large vendor assuming leadership. Interoperability will follow, but it won’t be designed by committee. Rather, it will be imposed by a dominant OpenStack vendor, with the community necessarily conforming to its distribution.

現在のポール・ポジションは、Red Hat により占められているが、OpenStack のリードする者を決定するには、まだ長い道のりが残されている。それが、Red Hat もしくは、Rackspace(支配のために利用される)、IBM といったベンダーになるにしろ、OpenStack の成功は、大規模シングル・ベンダーが発揮するだろう、リーダーシップに依存することになる。そして、インターオペラビリティは、それに従うものであり、コミッティがデザインするものではない。むしろ、それは、支配的な OpenStack ベンダーにより課されるものであり、コミュニティとディストリビューションの間に、適合性が必ずしも存在するというものでもない。

ーーーーー

TAG index以下の事例にあるように、ユーザーとして Sony や、CERN、PayPal などが揃い、この 4月の Summit では、Bloomberg や、Comcast、HubSpot、Best Buy などがキーノートに登壇した OpenStack に、力強さを感じますね。 そして、最近は、AWS とのインターオペラビリティの、必要性に関する議論が盛んなようですが、そんなものは不要だと、バッサリ切り捨てているのが、この記事の言いたいところだと思います。その一方で、『 あなたは、Amazon から恩義を受けているが、それは一時的なものである。 その市場をとりまくエコシステムが、Amazon のエコシステム以上に成長するにつれて、現実には AWS クローンの市場が、AWS API をコントロールするようになり、その方向性を定めることになる 』という推測を、提供しているブログもあります。この戦い、ほんと、興味シンシンですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack が3歳になった : 素晴らしく成長したが、まだまだ頑張らねば!
Rackspace が Sony を支援 : PlayStation 用の OpenStack プライベート・クラウド?
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?

Posted in .Selected, Hybrid, OpenStack, Rackspace by Agile Cat on July 17, 2013

Rackspace and CERN collaborate on massive OpenStack hybrid cloud
http://wp.me/pwo1E-6nl
By
Barb Darrow – JUL. 1, 2013
http://gigaom.com/2013/07/01/rackspace-and-cern-collaborate-on-massive-hybrid-cloud/

_ Gigaom

Summary: CERN openlab is working with Rackspace to build and deploy a massive hybrid cloud that could prove OpenStack’s worth in huge research applications.

Summary: CERN の OpenLAB は、研究を目的とした膨大なアプリケーションで OpenStack の価値を証明するために、大規模ハイブリッド・クラウドの構築/展開において Rackspace と協調していく。

CERN, the hotbed of physicists exploring the origin of, well of everything,was already using OpenStack for private cloud infrastructure and now CERN’s openlab arm is partnering with Rackspace to build out a hybrid cloud as well. Rackspace announced the collaboration Monday, positioning the project as a way to show that hybrid cloud can suit even the biggest, and most data intensive jobs.

CERN の起源は、すべての事象を解明しようとする、物理学者たちの住処であり、すでにプライベート・クラウドのインフラとして OpenStack を使用している。 そして、いま、CERN OpenLAB 部門は、ハイブリッド·クラウドを構築するために、Rackspace社と提携している。今回ののコラボレーションについて、月曜日に Rackspace が発表した内容は、その最大級の規模を誇るデータ集約的な作業に対して、ハイブリッド·クラウドがフィットすることを示すという、このプロジェクトの位置づけである。

This is a pretty big reference account win for Rackspace, which, along with Hewlett-Packard, Red Hat, IBM, and Microsoft  is trying to show that hybrid cloud is the go-to implementation model for many organizations that want to keep some data and applications in-house while tapping public cloud as necessary for some loads. All of these vendors hope to use this hybrid cloud pitch as a counterweight to Amazon web Services huge public cloud push.

それは、Rackspace のアカウント戦略における大勝利であり、また、Hewlett-Packard や、Red Hat、IBM、そして Microsoftなどが、ハイブリッド・クラウドへの取り組みにおいて、喉から手の出るほど欲しがっている成果である。言うまでもなく、それは、要求される負荷にパブリック・クラウドをしながら、特定のデータやアプリケーションは、社内に置いておきたいという、数多くの組織が望んでいる実装モデルである。それらすべてのベンダーは、Amazon Web Services という巨大なパブリック・クラウドからの圧力に抗して、このハイブリッド·クラウドというセールス・トークを用いたいと願っている。

imageRackspace CTO John Engates

“We’re helping them make the vision of hybrid cloud do-able —  [CERN is] starting to federate their existing cloud, the cloud we’re building with them and the public cloud at Rackspace,” said John Engates, Rackspace CTO in an interview. Cern openlab is a mechanism  facilitate collaboration between commercial companies and the physics lab. It was unclear if this effort will bring revenue to Rackspace, but Engates said there is big potential upside, although CERN is already a Rackspace public cloud customer.

「 私たちは、彼らのハイブリッド·クラウドにおけるビジョンを支援している。 つまり CERN は、既存クラウドとのフェデレーションに着手しようとしているが、その対象は Rackspace で構築されているパブリック・クラウドなのだ」と、Rackspace の CTO である John Engates がインタビューで答えている。CERN の Open LAB という組織は、この物理学研究所と民間企業のコラボレーションを促進するものである。この試みにより、Rackspace にもたらされる収益は不明であり、また、すでに CERN が Rackspace パブリック・クラウドの顧客でであるにもかかわらず、大きな可能性が生じると Engates は発言している。

“Both CERN and Rackspace are putting something in and we get the benefit of doing something at scale with CERN in a context we don’t serve very well yet. Research is not something we’ve targeted as a company yet — we were more focused on pure commercial customers but with CERN doubling down on OpenStack and bringing us in gives us a big test bed and venue. We have aspirations to put our cloud in every context.

「 CERN と Rackspace は、そこに何かを期待している。そして、Rachspace が上手くサポートできない世界で、CERN のスケールを活用することで、何らかのメリットを得たい。当社がターゲットするものに、研究という切り口は無かった。 つまり、 私たちは、よりピュアなコマーシャル・カスタマーにフォーカスしてきた。しかし、CERN は OpenStack に対して積極的であり、また、私たちに対して巨大なテストベッドと場所を提供してくれる。私たちは、すべてのコンテキストに対して、自身のクラウドを適合させるという願望を持っている」

As GigaOM’s David Meyer reported a month ago, CERN moved away from one open source cloud, OpenNebula, to another in OpenStack. The latter was born out of NASA and Rackspace, but is now governed by the OpenStack Foundation. CERN infrastructure manager Tim Bell was an early supporter of OpenStack, and now a foundation board member. He will speak about his experience at GigaOM’s Structure Europe  in London Sept. 18-19.

1ヶ月前に、GigaOM の David Meyer がレポートしたように、CERN は OpenNebula から OpenStack へと、そのクラウドを移行している。そして、OpenStack は、NASA と Rackspace により誕生しているが、いまでは OpenStack Foundation により管理されている。CERN の Infrastructure Manager である Tim Bell は、OpenStack の初期におけるサポーターであり、また、いまでもファンデーションのボードメンバーを務めている。London Sept. 18-19 で開催される GigaOM Structure で、彼は自身のエクスペリエンスについて講演する。

Related research

 

 

 

ーーーーー

image数ヶ月前ですが、CERN が OpenNebula から OpenStack に切り替えたというニュースが流れていましたが、この記事によると、その背後で Rackspace が動いていた感じですね。 それにしても、CERN のような組織が、ハイブリッドに取り込むというのは、その理由も明らかでり、また、納得しやすい感じがしますね。 そして、OpenStack としては、PayPal 以来の大型顧客の獲得となり、また、自身の存在をアピールする、とても大きなチャンスをモノにしましたね。image

ーーーーー

<関連>

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?

VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?
OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用

 

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Posted in DevOps, Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on May 20, 2013

Survey Says: Multi-Cloud Usage Growing, DevOps on the Rise
http://wp.me/pwo1E-687

By: Jason Verge – April 25th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/04/25/survey-says-enterprise-cloud-maturing-devops-rising-multi-cloud-usage-growing/

_ DC Knowledge

Enterprise cloud usage has begun to hit a point of maturity, and there’s increasing preference for a multi-cloud approach, according to a survey from cloud management provider RightScale. The report also documents the rise of DevOps – the marriage and integration between Development and Operations – which has grown like a weed, taking a hold in 54 percent of respondents.

クラウド・マネージメントプロバイダである RightScale の調査によると、エンタープライズ・クラウドの用法は成熟のレベルを達成し始めており、また、マルチ・クラウドのアプローチを好む声が高まっている。 さらに、このレポートでは DevOps(Development と Operations の統合)への関心についても述べているが、それは雑草のように成長し、回答者の 54% に定着しているという。

The company assessed what stages businesses and enterprises were in their cloud strategies, with 49 percent either partially or heavily using cloud, 17 percent developing cloud strategies and 26 percent working on proof-of-concepts or first projects. That means only 8 percent of respondents weren’t thinking about or planning to use cloud.

同社は、中小から大手に至る企業のクラウド戦略についても、それぞれの状況を評価している。それによると、49% の回答者が、部分的あるいは全面的にクラウドを使用し、また、26% がクラウド戦略を立案中であり、17% は POC(proof-of-concepts )あるいは最初のプロジェクトに取り組んでいるようだ。つまり、クラウドの利用を計画していないのは、全回答者の僅か 8% に留まることになる。

Larger organizations are choosing multi-cloud and hybrid cloud strategies by a large margin. Seventy seven percent of large organizations said they’re going multi-cloud while close to half at 47 percent said they were planning or are using hybrid.  Enterprises with hybrid cloud strategies are making progress toward their goals, with 61 percent of those organizations already running apps in public cloud, 38 percent in private cloud and 29 percent in hybrid cloud environment.

大規模な組織では、マルチ・クラウドおよびハイブリッド・クラウドの戦略を、選択していケースが大半となっている。大規模組織における 77% は、マルチ・クラウドへ向かっているとし、また、半数近くにあたる 47% は、ハイブリッドを検討しているか、すでに使用していると述べている。ハイブリッド·クラウド戦略を持つ企業は、すでに、みずからの目標へ向けて進んでいる。具体的には、61% の回答者が、すでにパブリック・クラウドでアプリケーションを実行している。 そして、38% がプライベート・クラウドで、また、29% がハイブリッド・でクラウドで、アプリケーションを実行していると答えている。

The trend shows organizations moving up the maturity model, and reaping increasing benefits as they do. The top benefits reported in the survey are faster access to infrastructure, greater scalability, faster time to market with apps, and higher availability. The main issues surrounding cloud tend to disappear as these organizations move up in terms of cloud maturity.

つまり、それらの組織は、成熟したモデルへと移行しており、また、それが進むにつれて、大きな恩恵を被っているというトレンドが示されている。この調査でレポートされている主たるメリットは、インフラへの高速アクセスおよび、スケーラビリティの向上、アプリケーション開発時間の短縮、そして、高度な可用性である。クラウドを取り巻く、こうした重要な問題点は、クラウドの成熟度というが達成されることで消滅する傾向にある。

For example, security and compliance is often a major concern. It’s viewed as less of a challenge as cloud usage matures: 38 percent of beginners but only 18 percent of experienced cloud users viewed it as a challenge. Thirty percent of “Cloud Beginners” reported that they were gaining faster access to infrastructure, while 87 percent of “Cloud Focused” respondents realized that same benefit.

たとえば、セキュリティとコンプライアンスは、大半のケースにおける主たる関心事である。 しかし、クラウドの利用形態が成熟するにつれて、その課題は低減していくようだ。 具体的には、ビギナーの 38% が それを課題とするが、経験が豊富なクラウド利用者になると、課題とするのは 18% だけに留まっている。 また、Cloud Beginners の 30% が、インフラへの高速なアクセスが達成できたとレポートしているが、その一方では、Cloud Focused の 87% が、同じメリットを実現しているとレポートしている。

More cloud is being used, and it’s being used more often in a hybrid or multi-cloud situation, and DevOps has indeed taken a grip on the enterprise. RightScale has interest across the board here, from helping cloud watchers and beginners to more advanced users who want to scale out their use of cloud.  The full RightScale 2013 State of the Cloud report is available here (registration required), and last year’s survey here

クラウドの利用が伸びている。 そして、ハイブリッド・クラウドおよびマルチ・クラウドが広まりつつあり、DevOps がエンタープライズの要となってきている。RightScale は、クラウド・ウォッチャーやビギナーから、より高度なユーザーにいたるまで、クラウド利用をスケール・アウトしたいと考える組織をサポートするために、この領域に関心を払っている。RightScale 2013 State of the Cloud Report のフル・バージョンは、ここから入手できる。そして、最新の調査結果は、ここから入手できる。

RELATED POSTS:

ーーーーー

TAG indexとてもよい感じの、調査レポートですね。 すべてがクラウドへと向かい、その長所と短所を正確に理解し、また、ベンダーやプロバイダーの言いなりにならない、という意思を示しているように思えてきます。そのためには、複数のクラウドを並行していくという戦略が不可欠ですよね。 そして、開発と運用を一体化して考える DevOps も、とても重要なことだと思います。とても元気の出るレポートです! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step<

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

Posted in API, DaaP, Government, Hybrid, Research by Agile Cat on July 13, 2012

The next generation business: Data is the new platform
http://wp.me/pwo1E-4qw
By Ken Oestreich, The Fountainhead Blog Jul. 5, 2012
http://gigaom.com/cloud/the-next-generation-business-data-is-the-new-platform/

_ Gigaom

ーーーーー

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _2
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

ーーーーー

Where to start?

Does Data as a Platform beginning to sound interesting? It should. Plus, with the cost of data storage plummeting coupled with the onset of Big Data analytics, most enterprises should begin considering developing new IP – in the form of data.

Data as a Platform は、興味をもたらし始めているのだろうか? そうなるべきである。 それに加えて、Big Data 解析の立ち上がりにより、データ・ストレージのコストが急落するという状況にある。 つまり、大半のエンタープライズが、データに基づく新しい IP の作成を、考え始めるべき状況にある。

To get your juices flowing about creating a data platform business of your own, consider the following data attributes you may already be developing:

あなた自身のデータ・プラットフォーム・ビジネスを作り上げることで、そこからの成果が溢れ出るようにするためには、すでに対応しているかもしれないが、以下のデータ・アトリビュートについて考慮する必要がある:

  • Uniqueness – is your data unique to you, and therefore hard to replicate by others?
  • Size/completeness – how physically large is your data? Does it reach back temporally? Does it include deep details and/or trends? To whom would this be valuable, either pre- or post-analysis?
  • Desirability – in addition to uniqueness, would your data be useful/desirable by others in adjacent spaces? How marketable is it?
  • Complementarity – consider how valuable your data is to complement or complete other forms of data, or to build-upon other data sets in a mash-up fashion?
  • Statistical/correlative relevance – can your data be statistically analyzed for patterns? Are there correlations or patters that might be drawn between it, and other external data sets?
  • Long tail relevance – does your data contain elements that lie +/-3 sigma outside the norm? could this “fringe” data be valuable to incrementally increasing sales, or for addressing customer needs outside the core set?
  • Data gravity – this new term, coined by Dave McCrory, speaks to the physical immobility of data, and the tendency/requirement to co-locate other applications and data sets with it. Is your data potentially so large that it might actually attract actual applications onto the platform? Perhaps within a special purpose compute-cloud?

 

  • Uniqueness  ーーー あなたのデータの独自性のことであり、それゆえに、他者からコピーされ難い。
  • Size/completeness  ーーー データの物理的なサイズは、どのくらいだろう? それは、時間的に記憶をさかのぼるか? それは、詳細で深淵な情報を、含む傾向にあるのだろうか? それは、誰にとって価値があり、Pre/Post のどちらで分析するのだろうか?
  • Desirability ーーー Uniqueness に加えて、あなたのデータは隣接する領域の他者にとって、有用であり望まれるものだろうか? その市場価値は、どうだろうか?
  • Complementarity ーーー 別データとの組み合わせにおいて、それらを補足/完成させることで、また、マッシュアップ方式で別のデータセットを構築することで、あなたのデータの価値を高めるには?
  • Statistical/correlative relevance ーーー あなたのデータは、いくつかのパターンで統計的に分析ができるか? そこには、相互関係もしくは、データ間および外部データセットの間に描かれるパターンが存在するだろうか?
  • Long tail relevance ーーー あなたのデータに含まれる要素は、その標準の外側に +/- 3 Sigma で展開されるか? この「周辺」データは、セールスを継続的に増大させるために有効か? もしくは、コア・セットの外側で、顧客ニーズに取り組めるか?
  • Data gravity ーーー  この新しい用語は、Dave McCrory により作り出されたものである。データの物理的な不動性と、それを伴うアプリケーションとデータセットの位置を定める傾向/要件を論じるものである。 あなたのデータの潜在性は、対象となるプラットフォームにおける、実際のアプリケーションを引き付けるだけの、規模を有しているだろうか? クラウド・コンピューティングの、特殊な目的の中に存在するだろうか?

In closing, the coming age of big data isn’t just about storing and analyzing lots of bits. It’s about extending the core business models to leverage IP stored-up in your data, and creating new partner ecosystems – and data supply chains – to create even more value for your enterprise. That’s just where the fun starts.

締め括りになるが、来るべき Big Data の時代は、大量のデータをストアして分析するだけのものではない。 それは、あなたのデータに蓄積された IP をテコ入れし、エンタープライズにおける価値を高めるために、また、新しいパートナー・エコシステムやデータ・サプライチェーンを創造するために、コアとなるビジネス・モデルを拡張することである。 そして、いま、そこへ向けて興味が高まり始めている。

<終わり>

Ken Oestreich is a marketing veteran helping develop new categories in the Enterprise IT, Data Center, and cloud computing spaces. He has held product- and corporate marketing roles with Sun, Cassatt, Egenera, and EMC. Find him on twitter as @fountnhead.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _2
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

ーーーーー

imageこういう記事は、行間を深読みしないと訳せないので、ちょっと腰が引けるのですが、なんとか最後までたどり着きました。 クラウドが当たり前になってくると、こういう、データ・フュージョンというかマッシュアップというか、、、さまざまなデータ連携が展開されるのだと思います。 その2の事例にもあったように、アメリカの小売業とイギリスの旅行業が連携するなど、この流れは国内に留まるものでは無いようです。 日本とアジアで、なにか面白いことが始まらないかなぁ・・・ と期待してしまいますね :) ーーー image

ーーーーー

<関連>


すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは?
Data.gov が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
東日本大震災の規模と頻度を、Google Map + アニメーションで確認する

Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on July 10, 2012

After Amazon, how many clouds do we need?
http://wp.me/pwo1E-4pK

By
Barb Darrow May. 19, 2012
http://gigaom.com/cloud/after-amazon-how-many-clouds-do-we-need/

_ Gigaom

With news that Google and Microsoft plan to take on the Amazon Web Services monolith with infrastructure services of their own, you have to ask: How many clouds do we need?

Amazon Web  Services のモノリシックなインフラ・サービスに対して、Google と Microsoft が戦いを挑むというニュースを聞いて、あなたは疑問を持つだろう。 いったい、どれだけのクラウドが必要とされるのかと。 

This Google-Microsoft news broken this week by Derrick Harris,  proves to anyone who didn’t already realize it, that Amazon is the biggest cloud computing force (by far) and as such, wears a big fat target on its back. With the success of Amazon cloud services, which keep started out as plain vanilla infrastructure but have evolved to include workflow and storage gateways to enterprise data centers, Amazon’s got everyone — including big enterprise players like Microsoft, IBM and HP worried. Very worried.

今週(5月中旬)、この Google と Microsoft ニュースは、Derrick Harris により報じられたが、そのことにより、Amazon が遥かに強大なクラウド・コンピューティングの勢力であり、その背後に大きなターゲットを隠し持っているという現実が、クラウドに疎い一般大衆に対しても証明された。 プレーンなバニラ風味のインフラとして始まったが、エンタープライズ・データセンターにワークフローとストレージのゲートウェイを取り込むにまでに、Amazon クラウド・サービスは発展し、また、成功した。 そして、それにより Amazon は、すべてを取り込んでいる。 たとえば、Microsoft や、IBM、HP といった、大手のエンタープライズ・プレーヤーまで。 それが、心配のタネである。 とても、心配である。

These vendors are betting big that they can give Amazon a run for its money and that their cloud services will help them retain existing customers and (knock wood) win some newbies. Microsoft built Azure as a full-fledged platform as a service, but in the face of Amazon’s success had to tack to offer IaaS-type services, including VM Roles, which has been in beta for more than a year.

それらのベンダーたちは、大きな投資を行なっているが、そのことが、さらなる Amazon の利益に貢献ししてしまう可能性を有している。 もちろん、彼らのクラウド・サービスが、現在の顧客を保持し、また、いくつかの新規ユーザーを得ることに、間違いはないのだが。。。 たとえば Microsoft は、本格的な PaaS として Azure を構築したが、Amazon の成功に直面したことで、IaaS タイプのサービスを提供するという、進路の変更を余儀なくされた。そこには、1年以上もベータであった、VM Roles も含まれる。

Amazon as enterprise apps platform? Don’t laugh

Take the news late this week that IBM is working with Ogilvy and Mather to move the advertising giant’s SAP implementation from its current hosted environment to  ”SmartCloud for SAP Applications hosted in IBM’s state-of-the-art, green Smarter Data Center.” (Note to IBM: brevity is beauty when it comes to branding.)

また、今週の終わりには、IBM が Ogilvy & Mather のために作業を進めているというニュースがあった。 それは、この大手広告会社における SAP を用いた実装を、現在のホスティング環境から「IBM の最先端 Green Smarter Data Center にホストされた、SmartCloud for SAP Applications」へと、移行させるものである。(Note to IBM :ブランディングの話になるとき、簡潔さは美しくなる)

Don’t think that little tidbit is unrelated to last week’s announcement that SAP and Amazon together certified yet another SAP application — All-in-One — to run on Amazon’s EC2.  This sort of news validates Amazon as an enterprise-class cloud platform and that’s the last thing IBM or HP or Microsoft wants to see happen.  So every one of these players — plus Google — are taking aim at Amazon.

この小さなニュースが 、先週のアナウンスと無関係だと思ってはいけない。 それは SAP と Amazon が一緒に表明した、別の SAP アプリケーションである All-in-One を、Amazon EC2 上で走らせるというものだ。  この種のニュースは、Amazon がエンタープライズ・クラスのクラウド・プラットフォームであることを証明し、また、IBM や、HP、そして Microsoft にとって、最も聞きたくない話でもある。  そして、それらのプレーヤーの誰もが Amazon を狙い、さらに Google も参入してくる。

For some hardware players, including HP, which is reportedly about to cut 30,000 jobs see the cloud as a way to stay relevant, and oh by the way, keep customers workloads running on their hardware and software.  HP’s OpenStack-based public cloud went to public beta earlier this month.

伝えられるところによると、30,000 人以上を整理している HP を含めて、それらのハードウェア・プレーヤーたちは、適切な状態を維持するために、クラウドに留まるという認識でいる。そして、顧客たちのワークロードを、自身のハードウェアとソフトウェアの上で走らせたがっている。  その一環として、HP における OpenStack ベースのパブリック・クラウドは、今月の初めにパブリック・ベータの段階に入った。

imageCase in point: Along with the SAP migration news,  IBM also said its SmartCloud Enterprise+, IBM’s managed enterprise cloud infrastructure offers:

好事例: SAP マイグレーションのニュースに合わせて IBM は、そのマネージド・エンタープライズ・クラウド・インフラである SmartCloud Enterprise+ について、以下のように発言している:

“unprecedented support for both x86 and P-Series [servers] running … Windows, Linux and AIX on top of either VMware or PowerVM hypervisors….

x86 と P-Series [Server]の双方を実行し・・・ VMware および PowerVM ハイパーバイザー上で Windows/Linux/AIX を走らせる、前例のないサポート ・・・

and

SCE+ is designed to support different workloads and associated technology platforms including a new System z shared environment that will be available in the U.S. and U.K. later this year.

SCE+ は、新規の System Z 共有環境を含めた、各種のワークロードと関連するテクノロジー・プラットフォームを、サポートするようにデザインされている。 それらのサービスは、今年の終わり頃には、U.S. と U.K. で利用可能となる。

Hmmm. P-Series and System Z —  not exactly the sort of commodity hardware that modern webscale cloud companies run, but they are integral to IBM’s well-being.

ふむふむ。 P-Series と System Z ですか。 厳密に言えば、近代的な Web スケール・クラウド企業が運用するコモディティ・ハードウェアではないが、IBM の幸せを考えれば不可欠なものである。

Vendor clouds to lock customers in

This illustrates what prospective buyers should know: Despite all the talk about openness and interoperability, a vendor’s cloud will be that vendor’s cloud. It represents a way to keep customers running that company’s hardware and software as long as possible. But legacy IT vendors are not alone in trying to keep customers on the farm.

このことは、バイヤーが認識すべきで視野を例示する。 つまり、オープン性とインターオペラビリティに百言を費やすにもかかわらず、ベンダーのクラウドはベンダーのクラウドに過ぎないのだ。 それは、可能な限り長きにわたって、そのベンダー企業のハードウェアとソフトウェアを、顧客に使わせるための方式を示している。 しかし、レガシー IT ベンダーたちは、自らのファームに顧客を囲い込もうとする行為において、決して孤独ではない。

Amazon is making its own offerings stickier so that the more higher-value services a customer uses, the harder it will be to move to another cloud.  As Amazon continues what one competitor calls its “Sherman’s march on Atlanta,” legacy IT vendors are building cloud services as fast as they can in hopes that they can keep their customers in-house. For them, there had better be demand for at least one more cloud.

Amazon が提供するものは、顧客からみて、離れがたいものとなる。 つまり、それらの高付加価値サービスを顧客に使わせることで、他のクラウドに移行し難くしていく。  Amazon が競合相手を Sherman’s march on Atlanta と呼び続けるにつれて、レガシー IT ベンダーたちは、彼らが望む限りのスピードで、そのクラウド・サービスを構築していくだろう。 そして、彼らの顧客をインハウスに囲い込んでいく。つまり、そこに生じる要求は、少なくとも、もう1つの、別のクラウドとなっていく。

Photo courtesy of Shutterstock user Ohmega1982,

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

imageそれにしても、強すぎる Amazon という感じですね。 そして、AWS との全面戦争を避けて、プライベートへと逃げ込めば、そこで連携せざるを得ないパブリックとして、Amazon が唯一無二の存在になっていく。 そんな流れを、この記事は伝えたいのだと思います。 以前に、「身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?」という抄訳をポストしましたが、その Zynga にしろ、AWS の術中にはまっているのかも知れません。 なお、Sherman’s march on Atlanta というのは、南北戦争時代におけるテネシーの逸話のようです。 ーーー  image

ーーーーー

<関連>

AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Amazon の Virginia DC がダウン: Quora や Heroku に影響が!
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?
Amazon S3 にストアされる Object が [1兆 ] に近づいている
Amazon は新しい Cloud Search Service で、Google や HP を出し抜くのか ?

 

%d bloggers like this: