Agile Cat — in the cloud

2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

Posted in Apple, Dell, HP, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on July 16, 2013

PC market’s Q2 decline might be even worse than we thought
http://wp.me/pwo1E-6ne

By
Zach Epstein on Jul 16, 2013
http://bgr.com/2013/07/16/pc-sales-q2-2013-decline/

_ BGR

Industry watchers collectively cringed last week when market research firms Gartner and IDC each published second-quarter shipment estimates that showed a huge decline of about 11% on-year. That massive slide is representative of Windows 8′s continued failure to prompt consumers and businesses to upgrade, though a new wave of Haswell-powered laptops with huge battery life improvements may finally sway some users in the coming months. In the meantime though, it looks like Q2′s shipment decline might have been even worse than Gartner and IDC estimated.

マーケット調査会社である Gartner と IDC が、2013 Q2 の出荷数について、前年比の 11% ダウンと推定しとたき、この業界のウォッチャーたちは身を縮めていた。 コンシューマおよびエンタープライズに対して、Windows 8 へのアップグレードが訴求できていないことが、この地滑り的な後退を言い表している。 そして期待されるのは、Haswell 搭載 Note PC がもたらす、ロング・バッテリー・ライフの新しい波が、今後の数ヶ月の間に、一定のユーザーに買い替えを促すことである。しかし、その一方では、2013 Q2 の出荷量が、Gartner と IDC は推定よりも、さらに悪化しているという見立てもある。

According to Dignities Research, which bases its numbers on data from its numerous supply chain and manufacturer sources, global notebook PC shipments declined 15.4% on-year in the second quarter, which is even worse than the 13.7% drop in the first quarter. Laptop sales outnumber desktop sales by a huge margin, so this is a very troubling trend to say the least.

DigiTimes Research が提供する、サプライチェーンやメーカーを情報源とする出荷数データによると、ワールドワイドにおける Note PC の出荷台数は、2013年 Q2 において、前年比で 15.4% の減少となっている。 つまり、2012年 Q1 における 前年比 13.7% 減という数字よりも、悪化していることになる。 Desktop と比べてマージンが大きとされる Note PC が、このように販売量を低下させることは、控えめに言っても、きわめて厄介なトレンドを示すことになる。

Digitimes Research noted that Lenovo and Dell were the only two notebook vendors to see sequential shipment growth last quarter, as Samsung, Apple, Toshiba and other vendors all saw global shipments decline quarter-over-quarter.

DigiTimes Research が指摘するように、2013年 Q1 よりも出荷量を増やしているのは、Lenovo と Dell だけであり、 Samsung および  Apple、Toshiba を含む、その他すべてベンダーが、グローバルにおける出荷台数を減らしている。

ーーーーー

image7月12日付の Business Insider が、この 11% 減という数字をベースに、PC 市場の低迷ぶりをチャートで表現していました。しかし、Digitimes Research の数字をベースにすると、この急落の角度が、さらに厳しくなります。そして、こうなってくると、年末の時点における PC と Tablet の逆転という説にも、それなりの信憑性を感じてしまいます。 ほんと、マーケットの動きが急加速し始めましたね。 image

ーーーーー

<関連>

iPad を止められない Windows 8 : それを示す1枚のチャート
モバイル・アプリのダウンロード数:2017年には 1600億!
Amazon のモバイル・ビジネス : その潜在能力を分析する
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
iOS と Android : バージョンによる分裂をチャートで比較する

 

どうなる? Microsoft 改革 : Steve Ballmer の手紙を分析してみる

Posted in Dell, HP, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on July 16, 2013

This Is The Only Paragraph You Need To Read To Understand Why Steve Ballmer Changed Microsoft
http://wp.me/pwo1E-6n8

Jay Yarow – Jul. 11, 2013
http://www.businessinsider.com/why-steve-ballmer-changed-microsoft-2013-7

_ Business Insider

Steve Ballmer officially announced a sweeping change to Microsoft’s corporate structure.

Steve Ballmer は、Microsoft の企業体質を抜本的に改革していくと、オフィシャルに発表した

Getty Images/Justin Sullivan

If you want all the particulars on who is doing what at the company now, and how Microsoft is reorganized into new business groups, we have those details here.

同社において、いま進められていることを、そして、どのような事業グループに、Microsoft が再編されいくのかを、詳細まで把握したいなら、ココを参照して欲しい

Ballmer is changing Microsoft’s structure, shifting away from a number of individual business units working on projects that don’t connect to a more integrated model where overlapping groups are working together.

Ballmer が刷新する Microsoft の構造とは、プロジェクトに取り組んでいる個別のビジネス・ユニットを、より統合されたモデルにシフトしていくものであり、重複するグループがあれば、それらを取りまとめるというものでもある。

If you want to know why Ballmer is doing this, you only have to read this paragraph Ballmer wrote last year in a letter to shareholders:

なぜ Ballmer は、そうするのかという理由を知りたなら、昨年に Ballmer からステークホルダーたちに送られた手紙の、以下の段落を読むべきである

We will continue to work with a vast ecosystem of partners to deliver a broad spectrum of Windows PCs, tablets and phones. We do this because our customers want great choices and we believe there is no way one size suits over 1.3 billion Windows users around the world. There will be times when we build specific devices for specific purposes, as we have chosen to do with Xbox and the recently announced Microsoft Surface. In all our work with partners and on our own devices, we will focus relentlessly on delivering delightful, seamless experiences across hardware, software and services.

私たちは、Windows を用いた PC、Tablet、Phone という、幅広い領域をカバーするために、パートナーたちと大規模なエコシステムを構築していく。私たちが、このような戦略をとるのは、カスタマーの偉大な選択に応えるためであり、世界中の13億人の Windows ユーザーに対して、1つの方式を適用することに無理があると、確信しているからである。すでに Xbox において選択し、また、最近に発表した Microsoft Surface で実践していくように、特定の目的のための、特定のデバイスを構築する時が、私たちに訪れている。すべてパートナーとの協業において、そして、私たち自身のデバイスにおいて、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを横断するかたちで、人々の心に響くシームレスなエクスペリエンスを提供することに、執拗なまでにフォーカスしていく。

This means as we, with our partners, develop new Windows devices we’ll build in services people want. Further, as we develop and update our consumer services, we’ll do so in ways that take full advantage of hardware advances, that complement one another and that unify all the devices people use daily. So right out of the box, a customer will get a stunning device that is connected to unique communications, productivity and entertainment services from Microsoft as well as access to great services and applications from our partners and developers around the world.

それは、新しいWindowsデバイスを開発する、私たちのパートナーと共に、人々が望むサービスを、私たちが構築していくことを意味するす。さらに言えば、私たちがコンシューマ向けのサービスを開発/更新するとき、ハードウェアのアドバンテージを最大限に活用することになる。 それらが相互に補完し合うことで、人々の日々の中で使用される、すべてのデバイスが統一されていく。したがって、素晴らしく魅力的なデバイスが、箱から取り出したばかりであっても、コミュニケーション/プロダクティビティ/エンターテイメントの領域において、Microsoft から提供されるユニークなサービスに、顧客たちは直ちに接続できるようになる。 それに加えて、世界中のパートナーデベロッパーから提供される、素晴らしいサービスやアプリケーションへのアクセスも、もちろん可能になる。

It’s a bit dense, which is Ballmer’s writing style.

こうした言葉が、びっしりと詰まっているのが Ballmer の文体である。

But, in short, what he’s trying to say is this: Microsoft has a lot of great products: Office,  Windows, Xbox, Bing, etc. We work with great hardware companies, like Lenovo, Samsung, HP, and Dell. We want Microsoft’s fantastic products to work flawlessly on our partner’s great hardware right out of the box to deliver a consumer experience that is 100X better than what Apple, or Google offer.

しかし、彼が言おうとしていることを簡潔にまとめると、以下のようになる。ーーー Microsoft は、Office/Windows/Xbox/Bing などの、素晴らしいプロダクトをたくさん持っている。私たちは、Lenovo/Samsung/HP/Dell といった、素晴らしいハードウェア・メーカーと連携している。私たちが望むのは、Microsoft の素晴らしいプロダクトが、パートナーの提供する素晴らしいハードウェアの上で、梱包を解いた途端に完ぺきに動き出すことであり、それにより、Apple や Google よりも 100倍も優れたエクスペリエンスを、コンシューマに提供することである。

ーーーーー

TAG indexう~ん、たしかに Ballmer の文体ですね。 彼の、こういうクセというか、コンサルタントのような口調は、やはり、期待している人々をガッカリさせるようです。 Agile_Cat が、最初に違和感を覚えたのは、Ray Ozzie が離脱するときのステートメントなのですが、美辞麗句を並べるだけで、サヨナラまでを言い切っています。 ちなみに、今回の Microsoft の改革については、各メディアも力を入れて解説していますが、その、どれもが、Ballmer に対して厳しい評価を下しているように思えます。以下は、ReadWrite Web および、Business Insider、GiaOM の論評からの抜粋です。

ReadWrite Web:Microsoft Tries Again To Aim All Its Guns Outside The Company
David Hamilton July 11, 2013
The new structure also clearly concentrates power with the CEO. That can be a great thing in the right hands—i.e., those of a CEO who can balance the need to keep the wheels turning while also being ready to cannibalize existing business in order to jump on a major new technology trend. Plenty of folks doubt that Ballmer is that guy. And if he’s not, his corner office could well become the next big bottleneck to innovation at Microsoft.

Business Insider:Microsoft Has An Identity Crisis
JAY YAROW JUL. 14, 2013
At the start of the letter, he says, "This company has always had a big vision — to help people realize their full potential." And later he says, "Going forward, our strategy will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most." I suppose those are mission statements, but, "empower people around the globe" just feels flat and corporate. It doesn’t have the same galvanizing force of "build the world’s best products." And for a customer, it’s not exactly easy to understand.

GiaOM:Why Microsoft’s reorganization closes the books on an era of computing
by Tom Krazit July 14, 2013
There are now 12 separate groups at Microsoft, and the descriptions of each group were populated with words only a management consultant could love, like “dotted-line report” and “cross-company looks.” But the vision was understandable: in order to become a modern technology company, Microsoft has to become a company that “… will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most,” Ballmer wrote.

また、GigaOM は、Steve Jobs が言い出した Post-PC 時代という言葉を、Microsoft が認めないことは分かるが、Ballmer の長い手紙の中に PC というキーワドが 4回しか出てこず、しかも、そのうちの 3回は歴史を説明するためだと指摘しています。その一方で、Devices という言葉は 18回も出ているとし、PC パートナーたちへの配慮の欠如を匂わしています。 意図どおりの文章なのか、意図と反する結果になってしまったのか、その辺りは不明ですが。。。image

ーーーーー

<関連>

Microsoft の Steve Ballmer という、悩ましき存在
詩人になってしまった Steve Ballmer さん
Steve Ballmer さん、いまでも Apple を、小物あつかいしたいのね?
PC と Tablet を チャートで比較 : わずか 2年で、シェアが 40% も変化!
崩壊が止まらない PC 市場: 年末には Tablet が追い抜きそう

 

トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Data Center Trends, Facebook, Google, HP, Microsoft, OpenStack, VMware by Agile Cat on March 20, 2012

Amazon is No. 1. Who’s next in cloud computing?
http://wp.me/pwo1E-42G
By
Barb Darrow Mar. 14, 2012
http://gigaom.com/cloud/amazon-is-no-1-whos-next-in-cloud-computing/

_ Gigaom

Amazon Web Services is, by all accounts, the largest cloud service provider by far, although good luck finding third-party numbers to verify that. Amazon, like most of the big cloud providers, doesn’t disclose much about current or planned data centers.

誰から聞いても、Amazon Web Services は、図抜けた規模のクラウド・サービス・プロバイダであるが、サードパーティーの数を確認するには幸運が必要らしい。 なぜなら、その他の大手クラウド・プロバイダの多くと同様、Amazon はデータセンターについて、その現状と計画を発表しないからだ。

Photo courtesy of Flickr user IntelFreePress.

New research from Accenture analyst Huan Liu estimates that Amazon’s Elastic Compute Cloud (EC2) runs on a whopping 450,000 servers. Amazon does not break out AWS revenue, but some say it could already be a billion dollar business.

Accenture アナリストである Huan Liu が、新たに調査した結果によると、Amazon の Elastic Compute Cloud(EC2)は、 450,000 ものサーバー上で動作しているとのことだ。 また、Amazon は AWS の収支を別枠で明示していないが、すでに Billion Dollar ビジネスになっているらしいと、何人かの人々が発言している。

So, stipulating AWS as No. 1, here are seven cloud rivals that could give it a run for its money over the next few years.

したがって、AWS を No. 1 として明記するが、これからの数年にわたって、投資の回収に取り組んでいく 7つのクラウド・ライバルもいる。

image1: Rackspace: While Rackspace encompasses managed services and pure hosting businesses, it’s also a major cloud provider with actual, paying customers.  Measuring by revenue and VMs, Rackspace currently has a lock on the No. 2 slot by a wide margin, said Gartner analyst Lydia Leong. As one data point, Rackspace public cloud revenue rose to $189 million in fiscal year 2011, up from $100M the previous year. Going forward, that business should only grow as Rackspace brings more OpenStack implementations online.

Rackspace は、マネージメント・サービスとピュア・ホスティングのビジネスをカバーする一方で、実際に対価を支払う顧客を抱えた、主要クラウド・プロバイダでもある。  その売上と VM の数で測定すると、現在の Rackspace が大差で No. 2 のポジションを確保していると、Gartner のアナリストである Lydia Leong は発言する。 1つのデータとして、Rackspace のパブリック・クラウド売上は、2011年に $189 million というふうに、その前年の $100 から上昇している。こうした前進に加えて、より多くの OpenStack 実装を、 Rackspace が稼働させていくにつれて、そのビジネスは成長の一途をたどるはずだ。

image2: Google: If you’re talking number of physical servers, Google could already be the biggest cloud player. As for paying customers? That’s harder to discern. Google is one of the few companies that can (and does) invest in the pure computing firepower to contend with AWS. If you count all that Google Apps and Gmail storage, then Google’s obviously a huge player. The Google App Engine platform-as-a-service is still around but isn’t a factor for business developers.

もし、物理サーバーの数を話題にするなら、すでに Google は、最大のクラウドプ・レーヤーになるのかもしれない。 しかし、対価を支払う顧客は? ・・・となると、その疑問に対する見極めが、とても難しい。 ピュアなコンピューティング・パワーへの投資という意味で、Google は AWS と競いあう、数少ない企業の 1つである。 もし、すべての Google Apps と Gmail ストレージを加えるなら、Google は明らかに巨大プレーヤーである。 ただし、Google App Engine PaaS は出回っていても、ビジネス・デベロッパーのための要因とはなっていない。

image3: Microsoft: Two-year-old Windows Azure has big capacity, but actual traction is unclear — but it is clear Microsoft is going for the gusto. Microsoft just launched an Azure-focused startup accelerator in Israel to help boost demand. Next week, it is expected to announce timing for the first of its ERP products — actually the first of any of its major products — to run on Azure. And, going forward, Microsoft Azure’s embrace of Hadoop could attract more of the next-generation big-data workloads that the cloud vendors compete for.

Windows Azure は、その立ち上げから 2年を経過しており、強大なキャパシティを誇るが、実際のトラクションについては不明である。しかし、Microsoft が活性化を求めていることは明確だ。 Microsoft は Israel において、その需要の引き上げを促進するために、Azure にフォーカスするスタートアップ育成を開始した。 来週には、その第一弾プロダクトとして、Azure 上で稼働する ERP プロダクトのアナウンスがあると期待されている(実際に、最初のメジャー・プロダクトとなる)。そして、さらなる前進として、Microsoft Azure における Hadoop の取り込みは、クラウド・ベンダーたちがしのぎを削る、次世代の Big Data ワークロードに対して、魅力的なものとなっていく。

image4: IBM: IBM SmartCloud is coming up fast on AWS and Rackspace even now, according to one cloud storage expert. That news surprised me but probably shouldn’t have, given IBM’s size and resources. And face it: IBM knows data centers. Like Microsoft, it is bringing Hadoop into its cloud with its InfoSphere BigInsights service.

あるクラウド・ストレージの専門家によると、いまもなお、IBM SmartCloud は AWS と Rackspace に、どんどんと近づいているとのことだ。 そのニュースには驚かされたが、IBM の規模とリソースを前提にすると、おそらく、それほどのものを持っているはずがないと思われる。 しかし、IBM がデータセンターを知り尽くしているという事実がある。 Microsoft と同じように、IBM は Hadoop と InfoSphere BigInsights サービスを、そのクラウドの中に取り込んでいる。

image5: Hewlett-Packard:  HP’s been all over the map on cloud plans, promising an Azure-based implementation a few years ago that has gone nowhere and more recently standing up an OpenStack-based public cloud. Zorawar “Biri” Singh, SVP for HP cloud services, told the New York Times last week that HP’s cloud will add features and capabilities beyond what AWS provides.  HP has also said it wants to challenge AWS for the hearts and minds of cloud developers. HP has had its share of woes lately, but it’s still a tech power, and provided the cloud is a priority with new management, it would be hard to rule out.

HPは、クラウドのプランニング・マップの、いたる所に存在している。たとえば、まったく進捗していないが、数年前から Azure ベースの実装を約束しており、また、最近では OpenStack ベースのパブリック・クラウドに、待ちぼうけを食わせている。 HP Cloud Services び SVP である Zorawar “Biri” Singh は、先週の New York Times で、HP は AWS を凌駕する機能と能力を、そのクラウドに加えていくと発言している。  さらに HP は、クラウド・デベロッパーの心意気として、AWS に挑戦していきたいと言う。 最近の HP は、いわゆる困難を経験してきたが、依然としてテクノジー・パワーを有し、また、新しい管理機能を用いたプライオリティ対応のクラウドを提供しているため、このレースから除外すべきではないだろう。  

image6: VMware: VMware’s vCloud already runs a ton of clouds for third-party providers, and the company’s Cloud Foundry platform-as-a-service is gaining traction. All of that plus the Mozy cloud storage service, which VMware manages for parent EMC, means that the company — which dominates server virtualization inside the firewall — is gaining a pretty impressive toehold in the cloud beyond as well.

すでに VMware の vCloud は、サードパーティのために膨大なクラウドを走らせている。 そして、同社の PaaS である Cloud Foundry が、推進力を獲得し始めている。 それら全てに加えて、親会社である EMC のために VMware が管理する、Mozy クラウド・ストレージ・サービスがある。 つまり、同社は(ファイヤウォール内の仮想サーバーを独占する)、クラウドとその周辺に、きわめて強固な足掛かりを確立していることになる。

image7: Facebook: Don’t laugh. It’s a wildcard, but Facebook is putting serious sweat into data centers. And it’s applying lessons learned to the Open Compute Project, which aims to apply open source development to hardware design. With more than 800 million users, Facebook knows a thing or two about cloud infrastructure. True, Facebook doesn’t offer cloud services now, but then again, Amazon used to just sell books. Facebook could evolve into many things. GigaOM’s Derrick Harris has already suggested that Facebook could be your next software vendor.

笑わないで欲しいのだが、それは、ある意味でワイルドカード的な存在である。 つまり、Facebook はデータセンターというものに対して、多大な貢献をしているのだ。 そして更に、オープンソースの発想ををハードウェア・デザインに適用する、Open Compute Project を学習するためのレッスンを提供している。 8億人以上のユーザーというボリュームを得ることで、Facebook はクラウドの基本的な構造について、1つや 2つのことを知ることになった。 実際のところ、いまの Facebook はクラウド・サービスを提供しないが、書籍を売っていた Amazon のような、新しい存在になり得るかもしれない。 Facebook は、数多くの発展を遂げてきた。 GigaOM の Derrick Harris が示唆するには、すでに Facebook は、次世代ソフトウェア・ベンダーになっているようだ。

Scrappy competitors could make a play, but…

“To compete with AWS you would need three things: Billions to invest, the wherewithal to manage technology on a massive scale and freedom from legacy constraints. Google and Microsoft surely have the money as well as the technology chops, but both are constrained by commitments to their valuable core businesses. Who might come in to compete out of the blue? Maybe Facebook, if they were looking for another line of business,” said Robert Shear, president of Greystone Solutions, a Boston consultancy that uses AWS for most of its development and deployment work. “My guess is that AWS will keep on growing until they bump up against anti-trust limitations in the US and the EU.”

「AWS と競合するためには、Billion 単位で投資していく財力と、大規模スケールのためのテクノロジーの管理、そして、レガシーな制約からの解放という、3つの要因が必要になるだろう。たしかに Google と Microsoft は、財力だけではなく、テクノロジーの固まりを有しているが、両社とも収益性の高い基幹ビジネスに対して、コミットしなければならないという制約を持つ。 思いもよらぬプレイヤーが、この競争に参入してくるだろうか? それは、おそらく Facebook だろう。もし、彼らが別の LOB(Line of Business)を探しているという話しなら」と、Greystone Solutions の President である Robert Shear は発言する。同社は、Boston のコンサルタント会社であり、その大半の開発と実装において、AWS を活用している。そして、「私の推測では、アメリカと EU のアンチ・トラストの限界にぶつかるまで、 AWS が成長し続けるだろう」と、付け加えている。

So there you have it: seven contenders who could duke it out for the No. 2 spot in cloud services over time — and maybe even battle AWS for the top spot. Who am I missing here?

したがって、それらの 7つのプレーヤーたちが、これからの長い期間をかけて、No.2 の座を目指して戦っていくことを、あなたに理解してもらえたと思う。 そして、その勝者は、AWS にさえ、戦いを挑むことになる。 この 7社以外に、誰かを取りこぼしているだろうか?

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

アマゾンのクラウドを支える謎のサーバー台数:推定約45万台か
Amazonクラウドの物理サーバは何台か?
超秘密主義グーグルのデータセンターは「真っ暗闇」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーー

TAG indexこのところ、何度かセミナーでしゃべることがあって、自分なりに今のクラウドマップを定義してみたのですが、大まかなところで合っていたのかと、ちょっと胸をなでおろしているところです。 この図の(クリックで拡大)、左側の円はプロプライエタリで、右側の円はオープンソースを示しています。 この記事を書いた Barb Darrow さんは、Agile_Cat が思うほど、OpenStack と HP の関係は密ではないと言っています。 また、iCloud に関しては、Mobile BaaS と定義する考え方もあるようです。 この先、どのような展開になっていくのでしょうね? ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Amazon の James Hamilton が語る、効率の良いデータセンター運用のコツとは?
Google のたまわく、Amazon だけにクラウド価格破壊はさせない!
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?
Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
結局のところ、いま ストレージに、何が起こっているのか?
Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!
Facebook が $1 Billion を費やす、データセンター連携の規模を探る
モバイル BaaS って何だ? Appcelerator による Cocoafish 買収から探ってみよう

 

HP が $10B で 買収する Autonomy は、Big Data のスペシャリスト?

Posted in .Selected, Big Data, HP by Agile Cat on August 20, 2011

HP’s reported $10B bet on big data
By
Stacey Higginbotham Aug. 18, 2011
http://gigaom.com/cloud/hps-reported-10b-bet-on-big-data/

_ Gigaom

Bloomberg is reporting that HP plans to announce a $10 billion deal to buy Autonomy, a U.K. based software company that has bought up a variety of assets over the years to create an unstructured data storage and analyzing powerhouse. The same story proposes that HP will also spin-out its PC business, but it’s HP’s big bet on software that’s more intriguing. Update: Autonomy has confirmed to the Wall Street Journal that it is in talks with HP.

Bloomberg のレポートによると、HP は Autonomy を $10 billion で買収すると公表するらしい。この U.K. ベースのソフトウェア企業は、非構造型のデータ・ストレージと分析パワーハウスを作成するために、この数年間に各種の資産を買い集めてきた。 また、HP は PC ビジネスを分離させるが、より興味深いソフトウェアの分野に、大きく賭けていくという、一連のストーリもある。Update:  Autonomy は Wall Street Journal に対して、HPと協議中であることを認めた。

imageAutonomy has a history in big enterprises, its software mimics the kind of natural language intelligence that people posses and applies that to structured and unstructured text data found in emails, voicemails, videos and other places. It also adds context beyond keywords to search, and applied that fundamental technology to a variety of products. This year it also bought the digital storage assets of Iron Mountain when the document storing business decided the online storage market wasn’t for it. Together with other products and acquisitions, Autonomy now has the ability to offer relevant information, insights and even patterns to natural language searches. This obviously helps open up access to documents across an enterprise, but can also be used to target advertising or even provide better customer service.

Autonomy は、大手のエンタープライズたちと歴史を築いてきた。 具体的には、メールや、ボイスメール、ビデオなどに含まれる、構造型/非構造型のテキストを探して応用するための、自然言語処理に準じたソフトウェアを提供してきた。 そこでは、検索対象となるキーワードを、超越したかたちの文脈も加えられ、それを基本とするテクノロジーが、各種のプロダクトに適用されている。 今年のことだが、ドキュメント・ストレージ業界の基準に、オンライン・ストレージ・マーケットが合致しないと判断されたとき、同社は Iron Mountain のデジタル・ストレージ資産を買収している。 こうしたプロダクトや企業買収を組み合わせることで、いまや Autonomy は、関連する情報と洞察を顧客に提供し、さらには、自然言語検索のパターンさえも提供するだけの、能力を有するに至った。 明らかに、エンタープライズ内に散在する、ドキュメントへのアクセスを可能にするが、広告をターゲットにした活用や、より良い顧客サービスの提供も、サポートできるだろう。

imageAs people generate and filter through terabytes of data on an annual basis trying to separate the wheat from the chaff, making that wheat readily available becomes more important. Other companies were rumored to be interested in Autonomy, but HP has needed to boost its big data story as EMC, IBM and other rivals snap up startups capable of analyzing, warehousing and deriving value from big data. In February, HP kicked off its efforts, paying an undisclosed amount for Vertica, a data warehousing and analytics company. Autonomy would give HP a way to add structure to unstructured content to its columnar database product, as well as a robust base of customers that can help teach HP about their expectations and demands for their data.

小麦をモミ殻から分離するかのように、年単位で数テラバイトのデータを生成し、フィルタリングしていくにつれて、その小麦を食べやすい形に加工していくことが、さらに重要になっていく。Autonomy に興味を持っていると、ウワサされる他の企業もあった。 そして、HP が必要としていたのは、ライバルである EMC や IBM などのように、価値のある Big Data を解析/保存/供給していくための、貴重な能力を有するスタートアップに、すばやく飛びつき、自身を強化することであった。この 2月に HPは、データ・ウエアハウジングと分析の企業である Vertica に、資金を提供しているが、その金額は明らかにされていない。 Autonomy は、カラム型データベース・プロダクトにおいて、非構造型のコンテントに構造を加えていく方式を、HP に提供していくだろう。それだけではなく、しっかりと顧客に根付いた基本が、そのデータに関する期待と要求について、HP に学習を促すことになる。

When talks of a deal between HP and TIBCO broke down in April, we reported that losing out on Spotfire, a data analytics product inside TIBCO would be a blow to HP’s emerging data platform. However, with Autonomy, it appears HP would get some of the leftover elements in what we have called the big data bundle.

HPと TIBCO の話し合いが、この 4月に不調に終わったとき、TIBCO のデータ分析プロダクトである Spotfire を逃したことが、HP 新しいデータ・プラットフォームに強打を見舞う可能性があると、私たちはレポートした。 しかし、Autonomy との連携により、Big Data バンドルと呼ばれる領域において、HP は福ある残り物を得ていくように思われる。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

ーーーーー

この Autonomy という会社ですが、構造化されていない Big Data の解析という、これからの花形とも言うべき領域で、しっかりとした実績を持っているようです。 webOS を止めにして、この分野に投資を集中する HP ですが、どのような結果をもたらすのか、とても興味深いですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Big Data を探せ! アメリカの 5つの具体的な事例とは?
Hadoop ビジネスで、EMC が仕掛ける大勝負とは?
クラウド・コンピューティングのビジネス規模を Infographic で見る
Mollom は、毎秒 100回のリクエストを発行し、3億 7300万のスパムを退治する
Real World NoSQL シリーズ – Openwave における Cassandra
Real World NoSQL シリーズ – 4PB を処理する Trend Micro の HBase

HP が webOS をあきらめた背景を説明しよう – Gigaom

Posted in Businesses, HP, Mobile by Agile Cat on August 19, 2011

Hewlett-Packard gives up on webOS
By
Ryan Kim Aug. 18, 2011, 12:50pm PT
http://gigaom.com/2011/08/18/hewlett-packard-gives-up-on-webos/

_ Gigaom

ーーーーー

<関連> HP が $10B で 買収する Autonomy は、Big Data のスペシャリスト?

ーーーーー

Well, that was quick. Just months after introducing what looked to be one of the most promising challengers to the iPad, Hewlett-Packard said it is getting out of the webOS business and discontinuing its Touchpad and webOS phones. The company is now looking to “optimize” the value of webOS, which could mean a sale of the operating system, licensing it to other manufacturers or just very specific uses of the platform in devices like printers.

早すぎる決断だ。 iPad に対抗する最も有望なチャレンジャーとも思われ、まだ立ち上げから、数ヶ月しか経っていないのに。。。 Hewlett-Packard は、webOS ビジネスから撤退し、Touchpad と webOS Phone のビジネスを終了すると発言した。 いま、同社は、この OS の販売につながるように、webOS の価値を「最適化」し、たとえば、プリンターなどのデバイスを取り扱うマニファクチャやプラットフォームを対象とした、特定の用途に向けて売却していくのかもしれない。  

imageIt’s a big turnaround for HP, which also announced that it was looking at spinning off its huge PC business. It sounds like HP is in search of profitability and has lost patience with webOS. It’s a shame because I and many others have also been enamored with the platform, which just never seemed to get enough support. Now, it appears HP will sit on webOS and see what it wants to do next.

それは、HP にとって大きな方向転換であり、その巨大化した PC ビジネスからの離脱も見据えていると、アナウンスしている。 つまり、HP が収益性を求めており、また、webOS に対する辛抱強さを失ったようにも聞こえる。 私たちは、決して充分なサポートが得られたいなかった、このプラットフォームに夢中になっていただけに、残念である。 いまは、HP が webOS について協議し、次に行うべきことを確認している段階だと思われる。

Just recently, HP was reportedly open to licensing the platform. There was hope that it might, with the right momentum, become a possible third-place challenger in the mobile wars. But the webOS phones haven’t caught on, and the TouchPad has gone through a number of price drops, which hasn’t instilled much confidence and suggested sales were meager.

つい最近、伝えられるところによると、このプラットフォームのライセンスを、HP は他社に開示するとしていた。 このモバイル戦争において、適切な推進力を与えることで、三番手のチャレンジャーになれるかもしれないという、希望があった。しかし、webOS Phone は流行らなかった。そして TouchPad は、信頼を植えつけることがかなわず、販売量が伸びず、値下げを繰り返した

It sounds like this is part of a bigger movement by HP to just distance itself from devices, not unlike what Cisco did with its Flip cameras. Ciscobought up Pure Digital Technologies’ Flip business only to kill it when it didn’t fit into its more back-to-basics focus. HP still gets value out of its $1.2 billion purchase of webOS maker Palm in the form of mobile patents, which are now worth a premium these days. But it’s a shame that webOS does not seem like it will be given a chance to be a contender in the mobile market.

それは、HP における大きな変化の断片である。 つまり、Cisco と Flip カメラの関係と同様に、デバイスから距離を取っていこうとする動きのようにも思われる。 ただし Cisco は、Pure Digital Technologies の Flip ビジネスを買収しものの、同社の基本に戻るというフォーカスにフィットしなかったので、殺すだけの結果に終わっていまった。 その点、いまや HP は、webOS のメーカーである Palm を $1.2 billion で買収したことで、きわめて価値の高まった、モバイル特許による利益を得ている。しかし、 モバイル・マーケットの強豪になり得ると、webOS が評価されなかったことは、きわめて残念なことである。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

とりあえずの、速報です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
Apple の快進撃 – 2011年 後半を支配するのか?
iPad のシェアが、PC 全体の 11% にまで伸びてきた
iPad 2 – 6月のタッチ・スクリーン出荷量が 500万枚に達したという情報
Samsung Galaxy – ヨーロッパでの販売が開始されるらしい

HP も OpenStack への参加を表明

Posted in .Selected, HP, OpenStack by Agile Cat on July 29, 2011

HP Joins OpenStack Cloud Project
By:
Jeffrey Burt 2011-07-27
HP is the latest tech vendor to join the open-source OpenStack cloud computing project.
http://www.eweek.com/c/a/Cloud-Computing/HP-Joins-OpenStack-Cloud-Project-884802/

image

Hewlett-Packard is jumping on the OpenStack cloud computing bandwagon, a day after rival Dell unveiled a cloud computing solution based on the open-source software stack.

Hewlett-Packard が、OpenStack クラウド・コンピューティングの流れに乗ってきた。ライバルである Dell が、このオープンソース・ソフトウェア・スタックをベースにした、ソリューションについて表明した 1日後に、このニュースが飛び込んできた。

In a blog post July 27, Emil Sayegh, vice president of cloud services for HP, said the company had joined the OpenStack project, which was kicked off a year ago by Rackspace and NASA and now has almost 100 organizations on its membership list.

7月 27日のブログ・ポストで、HP の vice president of cloud services  である Emil Sayegh は、すでに同社が、OpenStack プロジェクトに参加していることを表明した。言うまでもなく、OpenStack とは、Rackspace と NASA により、1年前に立ち上げられたプラットフォームであり、今では 100 以上の組織が、そのメンバーシップ・リストに掲載されている。

Sayegh noted that HP is the world’s largest technology company and has a broad portfolio of products—from PCs and servers to printers, software, services, storage and networking—that are all key points in a cloud computing environment.

Sayegh が指摘するのは、HP が世界最大のテクノロジー企業であり、また、PC と Server から、Printer および、Software、Service、Storage、Networking にいたるまでの、広範囲におよぶプロダクト・ポートフォリオを有していることである。そして、それら全てが、クラウド・コンピューティング環境における、主要なプロダクトになっていく。

image“HP recognizes that open and interoperable cloud infrastructure and services are critical in delivering the next generation of cloud-based services to developers, businesses and consumers,” he said in his blog post. “It is our belief that close collaboration with developer communities combined with HP’s global portfolio are cornerstones to delivering the right, seamless and secure experiences for our customers.”

「 HP は、次世代のクラウド・ベース・サービスを、開発者/企業/消費者に提供する上で、オープンでインターオペラブルなクラウド・インフラストラクチャが、クリティカルになると認識している。 HP のグローバル・ポートフォリオと連携する、デベロッパー・コミュニティろの密接な連携が、適切/円滑/安全なエクスペリエンスを顧客に提供する上で、きわめて重要になるというところに、私たちの信念がある 」と、彼は自身のブログ・ポストで発言している。

HP is joining a wide range of tech companies—including such rivals and partners as Citrix Systems, Dell, Intel, Advanced Micro Devices, Cisco Systems, Brocade and Mellanox Technologies—that have signed on to the year-old organization, whose goal is to create an open and standard cloud environment for both public and private clouds. All the code for OpenStack is available under the Apache 2.0 license.

HP は、広範囲におよぶテクノロジー企業のグループに加入する。 そこには、Citrix Systems および、Dell、Intel、Advanced Micro Devices、Cisco Systems、Brocade、Mellanox Technologies といった、ライバルやパートナーが居る。それらの企業のゴールは、パブリックとプライベートのクラウドの、オープンでスタンダードな環境を作ることであり、そのために、この、スタートして 1年の組織に参加している。 なお、OpenStack における、すべてのコードは、Apache 2.0 License の下で利用できる。

_openstack-logoAccording to the Website, members “strongly believe that an open development model is the only way to foster badly-needed cloud standards, remove the fear of proprietary lock-in for cloud customers, and create a large ecosystem that spans cloud providers.”

その Web サイトによると、「きわめて重要なクラウド・スタンダートを促進し、また、クラウドの顧客からロックインの危険性を取り除き、そして、クラウド・プロバイダーたちを網羅するエ・コシステムを作るためには、オープンな開発モデルが唯一の方法である」とメンバーたちは信じている。

Dell officials on July 26 rolled out their Dell OpenStack Cloud Solution, which brings together the vendor’s cloud-optimized PowerEdge C servers with the OpenStack cloud platform and Dell’s “Crowbar” OpenStack installer, which manages the deployment and operation of the OpenStack environment.

Dell は 7月 26日に、彼らの OpenStack Cloud Solution を公式に表明した。それは、クラウドに最適化された Dell PowerEdge C Server および、“Crowbar” OpenStack インストーラと、OpenStack クラウド・プラットフォームを組み合わせたものであり、OpenStack 環境におけるディプロイメントとオペレーションを管理するものとなる。

HP’s Sayegh said the company already is taking an active role in the OpenStack community.

HP の Sayegh は、すでに OpenStack コミュニティで、同社たアクティブな役割を果たしていると言う。

“We  see this as an opportunity to enable customers, partners and developers with unique infrastructure and development solutions across public, private and hybrid cloud environments,” he wrote, adding that members of HP’s cloud development group already are working on OpenStack’s Launchpad and channel projects.

「 私たちは、パブリック/プライベート/ハイブリッドのクラウド環境をまたいだ、ユニークなインフラストラクチャと開発ソリューションを顧客や開発者に提供していく、機会を得たと認識している 」と、彼は書き加えている。HP における、クラウド開発グループのメンバーたちは、OpenStack の Launchpad とチャネル・プロジェクトに、すでに取り組んでいるのだ。

HP also is a sponsor of the OpenStack Design Summit and OpenStack Conference in Boston in October.

さらに、HP は、Boston で10月に開催される、OpenStack Design Summit と OpenStack Conference のスポンサーにもなる。

ーーーーー

Dell の翌日に、今度は HP ですか。。。 いやぁ~~~、どんどん加速していますね。 HP に関しては、これも昨日のことですが、竹中工務店との連携の話もありましたね。 本気になってきましたね! スゴイ :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!
OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?
オープンソースはクラウドに適合するのか?

 

HP が構築する ポール・マッカートニーのプライベート・クラウド – 続報

Posted in Entertainment, HP by Agile Cat on September 23, 2010

Paul McCartney gets a little help from HP friends

__AC Stamp 2

さきほどのポストの後に、ちょっとググッてみたら、この件に関するポストが、すでに 100 以上もありました。 BBC News でコメントされていたように、エンタープライズと eGov をドライブしてきた HP のクラウドが、一転して アーティストをフューチャーするとは予想外でした。

でも、ちょっと考えて見れば解ることなのですが、すべてのアーティストが、データの永続性と、ユーザーからのアクセスを保証してくれるクラウドに対して、信頼を寄せるのは当然のことですよね。 これを機に、音楽産業のクラウド・シフトが始まるのでしょう。確実に、時代が変わりつつありますね。ーーー A.C.

ーーーーー

  clip_image001

Sir Paul McCartney and HP in technology duet
AFP – ‎15 hours ago‎
SAN FRANCISCO — Sir Paul McCartney and computer colossus Hewlett-Packard (HP) on Wednesday announced a duet to preserve the works and memorabilia of the …

   

HP to Create and Deliver Paul McCartney’s Digital Library via Private Cloud
MarketWatch (press release) – ‎Sep 22, 2010‎
"Paul McCartney has always been a trendsetter in the music industry and HP has been at the forefront of technology innovation," said Tom Hogan, …

   

HP provides private cloud service to McCartney Productions
Telecompaper (subscription) – ‎4 hours ago‎
HP and music publishing company McCartney Productions (MPL) have signed an agreement to digitise and deliver the library of musician Paul McCartney via a …

  image

Paul McCartney gets a little help from HP friends
TechEye –
Andrea Petrou – ‎1 hour ago‎
HP will be transferring the physical copies into high-definition digital built on a ‘private cloud’ for McCartney’s company MPL, served from a data centre. …

  clip_image001[4]

HP to build Paul McCartney a private cloud
Digitaltrends.com –
Geoff Duncan – ‎17 hours ago‎
An ex-Beatle is getting into cloud computing: HP is building a private cloud for Sir Paul’s vast library of art, images, video, and songs. …

   

Paul McCartney Library Gets Wings In HP Cloud
ChannelWeb –
Andrew R Hickey – ‎18 hours ago‎
22, 2010 HP said Wednesday that it is breathing new life into McCartney’s archives as the high-tech powerhouse is teaming up with McCartney’s company, …

   

McCartney in cloud digitise deal
BBC News –
Maggie Shiels – ‎16 hours ago‎
"It’s quite another when Sir Paul McCartney is talking Band on the Run and private clouds. I’m not sure how many cloud deals McCartney will win for HP, …

  image

Sir Paul Picks HP to Build, Operate His Private Cloud
eWeek –
Chris Preimesberger – ‎16 hours ago‎
HP has begun the digitizing process and is now building the infrastructure for the McCartney private cloud. "As it rolls out and he decides what he wants to …

   

HP to put Paul McCartney in the cloud
ComputerWeekly.com – ‎20 hours ago‎
The art collection of Paul McCartney will be available via a cloud computing platform following an agreement between the former Beatle’s own company and HP. …

   

HP Takes Paul McCartney Into the Cloud
Gearlog (blog) – ‎19 hours ago‎
Other pieces, meanwhile, will remain private for the fireman himself. The McCartney deal is the first of its kind for HP.

   

HP to digitise McCartney archive for cloud distribution
musicweek.com –
Eamonn Forde – ‎19 hours ago‎
Paul McCartney has signed a deal with computer company HP to digitise his library of images, artwork, films and videos for cloud …

  clip_image001[6]

Paul McCartney Digital Library Goes To HP
Gather.com –
Regina Avalos – ‎15 hours ago‎
Paul McCartney is going digital. At least his library is. The former Beatle has given the go ahead to HP to digitize his entire library and place it on a …

   

HP to deliver McCartney work through cloud
Bizjournals.com (blog) – ‎20 hours ago‎
… the library of musician Paul McCartney via a private cloud. Palo Alto-based HP and London-based MPL did not disclose financial terms of the deal. …

   

Even Paul McCartney is on the cloud computing bandwagon
ZDNet (blog) –
Larry Dignan – ‎22 hours ago‎
For HP, the McCartney deal is the first with a major artist. I’m not sure how many cloud deals McCartney will win for HP, but he’s certainly one of the more …

   

Sir Paul McCartney To Digitise Entire Library
NewsTime –
Siyabonga Ntshingila – ‎2 hours ago‎
Former Beatle Sir Paul McCartney has announced plans to have his entire media library digitised and stored in a cloud controlled …

   

Beatles archive heads for the cloud
NetworkWorld.com –
John E Dunn – ‎16 hours ago‎
The man who took skiffle to the world half a century ago, Sir Paul McCartney, is ‘getting a little help from his friends’ HP to …

   

The Personal Library of Sir Paul McCartney to Be Digitized
ResourceShelf (blog) – ‎22 hours ago‎
Today, we’ve read that HP is going to work with Sir Paul McCartney to digitize his personal library of images, artwork, paintings, film and videos, …

  clip_image001[8]

Paul McCartney to digitize himself for posterity
TG Daily –
Starr Keshet – ‎18 hours ago‎
After HP has finished digitizing the contents of McCartney’s collection, the material will be made available via a "private cloud environment. …

   

Sir Paul in digital deal with HP
Marketing Week –
Joanne Oatts – ‎2 hours ago‎
The deal with MPL, McCartney’s company, includes images, artwork, paintings, film and videos, as well as Sir Paul’s music library spanning his time in the …

   

HP to Create and Deliver Paul McCartney’s Digital Library via Private Cloud
DMN Newswire (press release) – ‎Sep 22, 2010‎
HP (NYSE:HPQ) and McCartney Productions Limited (MPL) today announced an agreement to digitize and deliver the library of legendary musician Paul McCartney …

ーーーーー

<関連>
Beatles も Wings も クラウド で! Paul McCartnet と HP が仰天プロジェクトを発表
HP が Dell の 3割増をオファー – エスカレートする 3PAR 争奪戦
HP のコンテナ・データセンター

Beatles も Wings も クラウド で! Paul McCartnet と Hewlett Packard が仰天プロジェクトを発表 – BBC News の対訳

Posted in .Chronicle, Entertainment, HP by Agile Cat on September 23, 2010

Sir Paul McCartney in HP cloud digitise deal
By Maggie Shiels Technology reporter, BBC News, Silicon Valley
22 September 2010 Last updated at 18:49 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/technology-11394194

image

mccartney

Music legend Sir Paul McCartney has teamed up with a technology giant to digitise his entire library.

音楽界における伝説である Paul McCartnet 卿が、自身の全てを取り込んだディジタル・ライブラルを創るために、テクノロジーの巨人と手を結んだ。

___space

ーーーーー

Lusy in the sky with diamonds ではなく、Paul in the cloud with HP という、お話しです。 それにしても、すごい、スゴイ、凄い !

ーーーーー

The project with Hewlett Packard includes music, artwork, photographs, paintings and videos collected over several decades in the business. It will span Sir Paul’s career from the Beatles to Wings to his solo years.

この Hewlett Packard とのプロジェクトには、数 10年にまたがるコレクションとして、音楽/アートワーク/写真/絵画/ビデオなどが含まれる。そして、Paul 卿の Beatles 時代から、Wings 時代、そしてソロ活動までが、その年代的な期間として網羅される。

"I’ve always been interested in creative ideas and new ways of reaching people, so this is really exciting for me," said Sir Paul. "I hope it will allow people who might be interested to access parts of our archives they might otherwise not be able to." The work will be stored in a private "cloud" created by HP and controlled by Sir Paul and his company.

『 これまでずっと、人々に届けるための創造的なアイデアと新しい手法に興味を持ち続けていたので、とてもエキサイティングなことになった。 私が望むのは、このアーカイブに興味を持つ人々や、そのための手段を持たない人々のために、作品にアクセスする環境を実現することだ 』だと、Paul 卿は発言している。 それは、HP が構築する プライベート・クラウドにストアされ、Paul 卿と彼の会社によりコントロールされる。

Cloud computing is the term given to the shift of computing power, storage and usage from the physical machine on people’s desks in homes and offices to the web. This is the first time HP has worked with an artist in this way.

クラウド・コンピューティングという用語は、家庭やオフィスに配置された物理的なマシンの計算能力および、ストレージ、用法を、Web へとシフトさせる意味を持つ。そして、このような手法により、HP がアーティストと組むのは初めてのことである。

"We typically tend to work with enterprise groups and government as opposed to individual artists to deliver cloud capabilities," Lynn Anderson, vice president of HP’s influencer marketing group told BBC News. "It is a sign of the times and Sir Paul is a perfect example of how cloud, social media and mobile computing can come together to deliver a unique fan experience.

『 クライド・コンピューティングの能力を提供するために、いつもは企業や行政と連携しているが、今回のような著名なアーティストと組むのは正反対のアプローチになる 』と、HP の VP である Lynn Anderson は BBC News に語っている。『 これは時代を映す出来事であある。 どのようにして。クラウドと、ソーシャル・メディアと、モバイル・コンピューティングを結びつけて、ユニークで楽しいエクスペリエンスを提供するのかという視点において、Paul 卿は完璧な事例になるだろう 』

"It allows Sir Paul to build a more personal connection between himself and his fan base without any intermediaries getting in the way and is an example of him setting a brand new trend in the music industry." The technology blogosphere has reacted to the deal with some amusement.

『 それにより Paul 卿は、一切の仲介物を排除したかたちで、彼自身とファンをつなぐパーソナル・コネクションを造る。 そして、音楽産業における、まったく新しい方向性を設定していくために、彼自身がサンプルとなっていく。』とも加えている。このテクノロジー・コミュニティは、新しい楽しみ方に、反応するものである。

"It’s one thing when every technology executive on the planet is yapping about cloud computing, private clouds and everything in between," said Larry Dignan of ZDnet.com. "It’s quite another when Sir Paul McCartney is talking Band on the Run and private clouds. I’m not sure how many cloud deals McCartney will win for HP, but he’s certainly one of the more notable reference customers."

『 この出来事は、世界中のテクノロジー・リーダーたちが、クラウド・コンピューティングやプライベート・クラウド、そして両者の間に位置する全てについて話をするときの、キー・フレーズになるだろう。Paul McCartney 卿が、Band on the Run について話すときと、プライベート・クラウドについて話すときでは、まったく異なるものになる。McCartney が HP に成功をもたらすために、どれほどのクラウドが必要とされるのか、私には予想がつかない。 しかし、HP にとって、McCartney が著名で有名なリファレンス・カスタマであることは確かだ』 と、ZDnet.com の Larry Dignan は発言している 』

ーーーーー

いやぁ~~~ 参りました、脱帽です。 これ 1本ですが、カテゴリ HP を作らせていただきます。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
HP が Dell の 3割増をオファー – エスカレートする 3PAR 争奪戦
HP のコンテナ・データセンター

%d bloggers like this: