Agile Cat — in the cloud

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー:HVDC との相性も良さそう!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on August 21, 2014

A next-gen battery is coming soon to the power grid
http://wp.me/pwo1E-7LS

By Katie Fehrenbacher – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/the-power-grid-is-getting-a-lot-of-new-next-gen-battery-options-this-year/


_ Giga Om

Summary: Flow batteries are funky large batteries that use liquid tanks and pumps. There’s a new one being commercialized by a Silicon Valley startup.

Summary: フロー・バッテリーとは、液体のためのタンクやポンプを用いる、ちょっと型破りな大型のバッテリーのことである。そして、Silicon Valley のスタートアップにより商品化された、新しいプロダクトが登場した。

ーーーーー

2014 seems poised to be the year that next-generation battery technologies become more widely available for the power grid. On Tuesday a five-year-old venture capital-backed startup called Primus Power announced that it’s raised another round of $20 million in funding, which it will use to get its battery technology to its first utility and power customers this year.

2014年は、次世代バッテリー・テクノロジーが、送電網において広範囲に利用されるよう、準備を整える年になりそうだ。この火曜日(2/4)に、Primus Power( 5年間に渡りベンチャー・キャピタルの支援を受けてきた)というスタータップが、別のラウンドで $20 Million を調達したと発表した。そして、年内には、Utility and Power の顧客たちに、そのバッテリー・テクノロジーを提供できるようにするようだ。

Primus Power makes “flow batteries,” which store energy like the batteries in your laptop do, but which have the electrolyte (the substance that acts as the medium for the charging and discharging) separated out of the battery cell in liquid-filled tanks. The systems use a pump to move the liquid electrolyte over the electrode, which in turn stores energy.

Primus Power が作るフロー・バッテリーは、あなたのラップトップ PC に似たようなかたちで蓄電するが、その電解質(充放電のための媒体として作用する物質)は、液体で満たされたタンク内のバッテリー・セルから分離されている。つまり、このシステムはポンプを用いて、電極上に電解液を循環させることで蓄電していく。

The Primus Power shipping container, filled with flow batteries.

The benefit of this design is that flow batteries can be cheaper, can be more easily refillable, and can provide prolonged amounts of energy storage compared to traditional enclosed batteries. Primus Power’s flow batteries are supposed to be able to provide energy storage for over a period of four or five hours, while a lithium ion battery can provide energy storage for about an hour, Primus Power’s CEO Tom Stepien told me in an interview a couple years ago.

このデザインの利点として挙げられるのは、フロー・バッテリーが安価であり、電解液の充当が容易であり、また、従来からの封入型バッテリーと比べて、長時間にわたって電力を供給できる点にある。Primus Power のフロー・バッテリーは、4時間〜5時間にわたって放電できるようになっているが、リチウム・イオン電池の場合は、約1時間の放電が限界であると、Primus Power の CEO である Tom Stepien が、数年前のインタビューで語っていた

Primus Power sells an “EnergyPod,” (see above) which is basically a shipping container that’s filled with around a dozen flow batteries stacked on top of each other. Each EnergyPod has capacity to store 250 kW of energy for a cost of $500 per kWh. For large installations a utility can install multiple shipping containers and manage them with the computing and software that Primus Power also provides.

Primus Power が販売する EnergyPod は、輸送用コンテナをベースにしたものであり、その内部は、積み重ねられた十数基のフロー・バッテリーで満たされている。それぞれの EnergyPod は、250 kW を充電することが可能であり、そのコストは kWh あたり $500 となる。また、電力会社などが大規模な導入を行う際には、複数のコンテナをインストールすることが可能であり、Primus Power が提供するコンピューティングとソフトウェアにより、それらを管理できる。

The electrode sits at the top of the flow battery.

Power companies are looking to add energy storage technologies like batteries and flow batteries to the grid as a way to store energy generated by clean power sources like solar and wind, which only provide energy when the sun shines and wind blows. The idea is that a flow battery could store energy from, say, a wind turbine, when the wind is blowing extra hard, and the battery can release the extra energy over four or five hours as the wind dies down.

電力会社は、太陽光や風力といった、クリーンであっても生成が不安定なエネルギーを蓄積するための方式として、送電網にバッテリーやフロー・バッテリーなどの、エネルギー・ストレージ・テクノロジーを加えたいと考えている。この、フロー・バッテリーのアイデアにより、たとえば風力発電の場合なら、強風により余剰な電力が供給されるときに蓄電して、風が止んだらバッテリーから、4時間〜5時間ほどの放電が可能なるのだ。

While flow batteries have been on the market for awhile, Primus Power’s flow battery is supposed to be more efficient because it uses one tank, one flow loop, one pump, and no separator (many current ones on the market use two tanks and a separator). Primus’ electrode is also made of metal, compared to the felt or plastic electrodes of some competitors (so higher conductivity) and the electrolyte itself — that flows through the system — is zinc-based.

このところ、いくつかのフロー・バッテリーが市場に登場しているが、Primus Power のフロー・バッテリーは、タンク/フローループ/ポンプが1つずつで済み、また、セパレータが不要である(数多くのプロダクトが、市場で提供されているが、そのすべてが 2つのタンクを用い、セパレータを必要とする)。いくつかのコンペティタが、フェルトまたはプラスチック(もしくは、それ以上の導電率を持つ物質)の電極を用いているのとくらべて、Primus は金属製を用いている。また、そのシステムの全体を構成する電解質は、亜鉛ベースの材質となる。

An early version of Primus Power’s electrode.

Other startups that are building the next-generation of low cost batteries for the power grid include Ambri, Eos Energy, Aquion Energy and others. Several of these companies are looking to commercialize their technology this year. And it’s not just batteries that are emerging for energy storage and the power grid — startups like LightSail Energy and SustainX are working on reinventing compressed air energy storage.

その他にも、Ambri/Eos Energy/Aquion Energy などを含むスタートアップたちが、送電網用の低コスト次世代バッテリーを構築している。そして、そのうちの何社かは年内に、そのテクノロジーを商用化しようとしている。 ただし、こうした動きは、バッテリーだけにとどまらない。LightSail Energy や SustainX といったスタートアップは、圧縮空気によるエネルギー蓄積技術を改善することで、電力網のための電力ストレージに取り組んでいる。

Primus Power has raised a total of $35 million from investors including Kleiner Perkins, Chrysalix, DBL Investors and I2BF Global Ventures. The new round was led by South Africa-based resource developer Anglo American Platinum Limited. Primus has also received $20 million worth of grants from U.S. government agencies, like the Department of Energy.

Primus Power は、Kleiner Perkins/Chrysalix/DBL Investors/I2BF Global Ventures といった投資家たちから、合計で $35 Million の資金を調達している。今回のラウンドは、South Africa ベースの資源開発会社である Anglo American Platinum Limited が主催したものである。そして、ここでも Primus は、Department of Energy といったアメリカ政府機関から、$20 Million の助成金を得ている。

Primus Power is looking to use these latest funds to deliver their first EnergyPods to customers. Customers include a utility in Modesto, California, the Bonneville Power Administration in the Pacific Northwest, and a microgrid at the Marine Corps Air Station in Miramar, California. California could be home to many of these new power grid energy storage innovations, following the state’s decision to support a large amount of energy storage projects by 2020 in order to help the state meet its renewable energy mandate.

Primus Power は、それらの資金を用いて、最初の顧客たちに EnergyPods を供給しようとしている。そして、それらの顧客には、California の Modesto や、Pacific Northwest の Bonneville Power Administration といった電力会社や、California の Marine Corps Air Station におけるマイクログリッドなどが含まれる。California は、送電網のための、新たな電力ストレージ・テクノロジーの本拠地になれるかもしれない。それは、2020年までに再生可能エネルギーの活用を促進するという、州政府が決定した大量エネルギー・ストレージ・プロジェクトを、サポートするものでもある。

Related research

The fourth quarter of 2012 in clean tech – January 2013
The next generation of battery technology – October 2012
Cleantech third-quarter 2012 – October 2012

ーーーーー

今年の2月の記事であり、だいぶ時間が経ってしまいましたが、とても興味深い内容なので訳してみました。 日本でも、さくらインターネットなどによる 石狩超電導直流送電プロジェクトや、NTT Data による 高電圧直流給電(HVDC)テクノロジーといった、エネルギーとデータセンターの関係を再構築していこうという取り組みが進んでいます。 そして、この Primus Power の EnergyPods も、大がかりな蓄電は不可能という固定概念を、打ち破ろうとする試みとして捉えることが可能です。 まだまだ、時間はかかるでしょうが、それぞれの領域でテクノロジーが磨かれていくことで、安全でクリーンなエネルギーにより、データセンターが効率よく動き続けるという、新しい時代にたどり着けると信じています。

ーーーーー

<関連>

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えるべき
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Posted in Data Center Trends, Energy, Green IT, On Monday by Agile Cat on April 14, 2014

Green Data Centers: As Data Centers Multiple so do Attempts to Make the Operations Green
http://wp.me/pwo1E-7p9
By Dick Weisinger – April 3, 2014
http://formtek.com/blog/green-data-centers-as-data-centers-multiple-so-do-attempts-to-make-the-operations-green/

_ formtek

Data centers are changing.  Increased popularity of cloud computing and increased data volumes have led to the expansion of existing data centers and the building of new ones.  A report by UBT Tech and InformationWeek found that 60 percent of IT decision makers worry that the capacity of their data centers are close to be overwhelmed and rate the state of their facilities as being ”fair, serious or urgent.”

データセンターが変化している。クラウド・コンピューティングの人気と、増大するデータ量が、これまでのデータセンターに拡大を要求し、また、新たなデータセンター構築を生み出している。UBT Tech and InformationWeek からのレポートによると、IT 意思決定者の 60% が、自身のデータセンター・キャパシティについて心配し、そのファシリティが「きわめて深刻かつ切迫」している状況にあると見ているようだ。

Data Centers rank as one of the largest consumers of energy.  An NSA data center located in Bluffdale Utah, for example, consumes 65 megawatts of energy monthly at a cost of $1 million per month, which is enough to power 65,000 homes with electricity.  Increasingly there has been a focus on how to make data centers more energy efficient, to make them more ‘green’.

データセンターは、大量の電力を消費する事業者として、あまり嬉しくないランキングに入っている。たとえば、Utah の Bluffdale にある NSA のデータセンターは、毎月 65 mW の電力を消費し、$1 Million を支払っているが、それは 65,000戸の住宅分に相当する。したがって、データセンターにおけるエネルギー効率を改善し、より GREEN にしていこうという力が働いているのだ。

Eric Woods, research director at Navigant Research, said that ”there is not a single technology or design model that makes a data center green.  In fact, the green data center is connected to the broader transformation that data centers are undergoing — a transformation that encompasses technical innovation, operational improvements, new design principles, changes to the relationship between IT and business, and changes in the data center supply chain.”

Navigant Research の Research Director である Eric Woods は、「 データセンターを GREEN にするための、単一のテクノロジーやデザイン・モデルというものは存在しない。実際のところ、GREEN データセンターは、それを支える幅広い形質転換と連動している。具体的には、テクノロジーにおける革新や、オペレーションの改善、新たなデザインの原理、IT とビジネスの接点、そして、データセンター・サプライチェーンにおける変化などが、そこには含まれる」と、述べている

The green data center market is growing quickly.  In 2014, the size of the Green Data Center market will be $22.76 billion, but this is expected to increase 27 percent annually through 2019 when the market size will reach $75.89 billion, according to a report by MarketsandMarkets.  The APAC region is expected to see the highest pace of growth, but North America will continue to hold the largest market share.

GREEN データセンターのマーケットは、急速に成長している。 Marketsand Markets のレポートによると、2014年の GREEN センター市場の規模は $22.76 Billion にまで拡大するが、その後も 27% の成長率を維持し、2019年には $75.89 Billion にいたると予想される。とりわけ、APAC 地域の成長が著しいとされるが、North America が最大のマーケット・シェアを保持するだろう。

ーーーーー

4月3日の TechCrunch が、「グリーンピース、Amazonを叩き、Apple、Google、Facebookを賞賛」というタイトルで、Greenpeace のレポートを紹介していましたが、環境負荷という問題もデータセンターにはのしかかっているようです。 Agile_Cat でも、Greenpeace の初回のレポートの対訳をポストしていますが、Facebook の Oregon データセンター・プロジェクトが進んでいる頃のものだったと記憶しています。 そのときの Greenpeace の言い分は、石炭燃料を主体とする電力会社から、電気を買うなというものですが、そう言われても無理があるというのが、当時の Facebook の回答でした。 しかし、それがキッカケとなり、Facebook はデータセンターの情報を開示するようになりました。そして、Lulea では 100% 水力発電のデータセンターを実現するなど、グリーン化に取り組んだことで、このような評価を受けたのだと思います。 また、Google は、大西洋岸の風力発電や、Virginia での地熱発電を推進するなど、再生エネルギーへの取り組みが評価されたのだと思います。このポストの文中にもあるように、なかなか難しい問題があるようですが、徐々にでも、グリーン化が進むと良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?

Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Green IT, Open Compute by Agile Cat on March 12, 2014

Facebook: Open Compute Has Saved Us $1.2 Billion
http://wp.me/pwo1E-7j5

January 28th, 2014 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/28/facebook-open-compute-saved-us-1-2-billion/

_ DC Knowledge

SAN JOSE, Calif. – Over the last three years, Facebook has saved more than $1.2 billion by using Open Compute designs to streamline its data centers and servers, the company said today. Those massive gains savings are the result of hundreds of small improvements in design, architecture and process, write large across hundreds of thousands of servers.

Facebook は直近の 3年間において、データセンターやサーバーを効率化する Open Compute のデザインを使用しすることで、$1.2 Billion 以上のコスト削減を達成したと述べている。この、膨大なコストの削減は、デザイン/アーキテクチャ/プロセスにおける小さな改善の集大成であり、それらは、無数のサーバー群をまたぐかたちで顕在化している。

Facebook CEO Mark Zuckerberg, at left, discusses the company’s infrastructure with Tim O’Reilly of O’Reilly Media yesterday at the Open Compute Summit in San Jose, Calif. (Photo: Colleen Miller)

The savings go beyond the cost of hardware and data centers, Facebook CEO Mark Zuckerberg told 3,300 attendees at the Open Compute Summit in San Jose. The innovations from Open Compute Project have saved Facebook enough energy to power 40,000 homes, and brought carbon savings equivalent to taking 50,000 cars off the road, Zuckerberg said.

ハードウェアやデータセンターにおける、こうしたコストの削減は、Facebook の収益性を超えたところでも意味を持つと、San Jose で開催された Open Compute Summmit で、CEO である Mark Zuckerberg は 3300人の参加者に語っている。Open Compute Project から始まったイノベーションは、Facebook が消費するエネルギーから、40,000 戸分の電力を削減している。それは、路上を走行する自動車で換算すると、5万台分の二酸化酸素を削減することになると、Zuckerberg は述べている。

The innovations created by Open Compute provide a major opportunity for other companies to achieve similar gains, he said “People are spending so much on infrastructure,” said Zuckerberg, who discussed Facebook’s initiatives with technology thought leader Tim O’Reilly of O’Reilly Media. “It creates a pretty broad incentive for people to participate.”

Open Compute がもたらすイノベーションにより、それぞれの企業が同様のメリットを得るという、チャンスが提供される。この Facebook の取り組みについて Zuckerberg は、「 人々はインフラストラクチャに、あまりにも多くの労力を費やしている。 そして、Open Compute は、そこに参加する人々に対して、きわめて広範囲におよぶインセンティブをもたらす」と、O’Reilly Media の思想的リーダーである Tim O’Reilly に説明していた。

An Open Legacy for Facebook

The focus on open hardware was a logical outgrowth of the way the company views the world, according to Zuckerberg. “Facebook has always been a systems company,” he said. “A lot of the early work we did was with open systems and open source.”

Zuckerberg によると、オープンなハードウェアにフォーカスすることは、世界を見据える Facebook にとって論理的な帰結となる。そして、彼は、「 Facebook は、常にシステムの企業であり続けてきた。そして、私たちが取り組んできた、その初期における成果の多くは、オープンなシステムとなり、オープンソースとなってきた」と続けている。

The $1.2 billion in savings serves as a validation of Facebook’s decision to customize its own data center infrastructure and build its own servers and storage. These refinements were first implemented in the company’s data center in Prineville, Oregon and have since been used in subsequent server farms Facebook has built in North Carolina, Sweden and Iowa.

$1.2 Billion というコスト削減は、データセンターのインフラを独自にカスタマイズし、また、独自のサーバーとストレージを構築していくという、Facebook の判断における妥当性を確認するものでもある。これらの洗練された発想は、最初に Prineville, Oregon のデータセンターに実装された後に、North Carolina および Sweden、Iowa の Facebook サーバファームに適用されてきた。

“As you make these marginal gains, they compound dramatically over time,” said Jay Parikh, Vice President of Infrastructure Engineering at Facebook.”We’re actually saving a ton of money.”

[ こうした、小さなメリットの積み上げを、長期間に渡って継続していくことで、劇的な融合が生じる。現実に、私たちは、膨大なコスト削減を達成した 」と、Facebook の Vice President of Infrastructure Engineering である Jay Parikh は述べている。

The designs for Facebook’s servers, storage units and data centers have since been contributed to the Open Compute Project, the non-profit community organization driving the open hardware movement.

Facebook の サーバとストレージのユニットおよび、データセンターのデザインは、オープンなハードウェアのムーブメントを促進する、非営利コミュニティである Open Compute Project に、ずっとコントリビュートされ続けてきた。

This happened, Parikh said, because Facebook was willing to set aside the conventional ways that servers and data centers were built, and try something new. The Open Compute Project can extend these savings to other companies, he said.

Facebook は、サーバーやデータセンターを構築する、従来からの方法と平行して、新しいことに挑戦したいと望んできたので、こうした変化が生じた、と Parikh は発言している。そして、Open Compute Project により、その他の企業でも、同じようなコストの削減が達成される。

“You really should be looking at OCP,” said Parikh. “You could be saving a lot of money.

「 ぜひ、OCP に注目してほしい。そうすれば、膨大なコストの削減が可能になる」と、Parikh は述べている。

RELATED POSTS:

Open Compute Summit, 2014
Open Compute Reports Progress on Open Network Switch
Facebook Adapts Open Compute for Colo Space
Facebook Brings Open Compute into its Colo Space
Closer Look: Facebook’s Open Compute Servers

ーーーーー

TAG indexそれにしても、$1.2 Billion というのは大きいですね。 100円で換算しても 1200億円ですから、メガ・データセンターの構築費に相当するくらいのコストが浮いたことになります。ちょうど 3年前に、Oregon のデータセンターがオープンしていますから、年間で 400億円くらいの計算になりますね。 そして、その後も Noth Carolina と、Sweden、Iowa が構築されているのですから、この数値は年々拡大していくことになります。自然環境へ影響を考えても、素晴らしいことです! 今月は、台北に OCP サーティフィケーション・センターがオープンしました。 アジアにも、このような事例がほしいですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook が選んだ CA の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!

Posted in Data Center Trends, Energy, Google, Green IT by Agile Cat on October 29, 2013

Google could have a floating data center in Maine, too
http://wp.me/pwo1E-6PC

by
Daniel Terdiman – October 25, 2013
http://news.cnet.com/8301-1023_3-57609412-93/google-could-have-a-floating-data-center-in-maine-too/

image

The tech giant is likely building a floating data center in San Francisco Bay. But a very similar project rolled into the harbor in Portland, Maine, earlier this month. The two are definitely connected.

この、ハイテク界の巨人は、San Francisco Bay に浮かぶデータセンターを構築しているようだ。そして、きわめて似かよったプロジェクトが、Portland, Maine の港でも展開されていることが、今月の初めに分かった。この 2つのプロジェクトは、絶対に連携していると思う。

___space

(Credit:John Ewing/Portland Press Herald)

This structure, seen on a barge in Portland, Maine, could well be a Google floating data center. A very similar structure is under construction in San Francisco Bay.
Portland, Maine で確認された、このハシケの上に設置された構造物だが、Google の洋上データセンターである可能性が高い。 そして、きわめて似かよった構造物が、San Francisco Bay では建設中となっている。

___space

As CNET reported Friday, it looks very much like Google has been building a floating data center made from shipping containers on a barge in the middle of San Francisco Bay. But it may not be the only one of its kind.

CNET が、金曜日にレポートしたように、Google は San Francisco Bay の真ん中で、洋上のハシケの上に輸送用のコンテナを設置し、それをデータセンターに仕立てあげようとしている。 そして、Portland の構築物も、それに似ているように思える。 つまり、このプロジェクトは、二ヶ所で並行して推進されているのだろう。

Google has not responded to multiple requests for comment. But the project in San Francisco Bay appears likely to be the manifestation of a 2009 patent for a "water-based data center," and would likely leverage the fact that wave energy can provide cheap and plentiful power.

Google には何度か問い合わせているが、何のコメントも戻っていない。しかし、この San Francisco Bay におけるプロジェクトは、同社が 2009年に取得した特許である "water-based data center" を、具現化したものとも思える。つまり、波のエネルギーを活用する、安価で豊富な電力が供給されることになるのだろう。

Now it seems as though Google may well have built a sister version of the project, and, according to the Portland Press Herald, it recently showed up in the harbor in Portland, Maine.

そして、いま、Google は、このプロジェクトにおける姉妹版を構築したかのように見える。Portland Press Herald によると、その構築物が、最近になって Portland, Maine 港に現れたとのことである。

In both cases, the structures on both barges appear to be made from a number of shipping containers, many of which have small slats for windows, and each has one container that slants down to ground level at a 45-degree angle.

双方のケースとも、ハシケの上の構造物は複数の搬送用コンテナで構成されるが、その多くは芯棒により固定されている。 そして、1つのコンテナが、下向き 45度の角度で設置されている。

___space

(Credit:Tom Bell/Portland Press Herald)

The registration on the Portland barge is "BAL 0011," which ties it to the barge in San Francisco Bay, which has the registration number "BAL 0010." Both are owned by By and Large, LLC.
なお、Portland のハシケに記された登録番号は "BAL 0011" であり、San Francisco Bay の "BAL0010" と連番になっている。 そして、その所有者は、どちらも By and Large, LLC である。

___space

If that wasn’t enough to establish that the two are related, it’s also clear that both were built on barges owned by the same company. The one in San Francisco Bay was built on top of a barge with the registration "BAL 0010," while the one in Portland harbor is on a barge with the registration "BAL 0011." According to online documents, both are owned by By and Large, LLC. That company, which has a miniscule online profile, is also the current tenant in Hangar 3, an immense building alongside the pier where the San Francisco Bay project is under construction.

それだけでは、2つのプロジェクトの関連性を確証できないかもしれないが、少なくも、同じ会社が所有するハシケの上に構築されていることは明らかだ。 San Francisco Bay の構造物は、"BAL 0010" という登録番号のハシケに構築され、また、Portland のハシケは "BAL 0011" である。 そして、オンラインで検索したところ、どちらも By and Large, LLC に所有されていることが分かった。同社のオンライン・プロファイルは、あまり詳しいことを書いていないが、現時点で Hangar 3 のテナントになっているようだ。 そして、この埠頭で、巨大な構造物を建造するという、San Francisco Bay プロジェクトが進められているのだ。

___space

(Credit:James Martin/CNET)

The structure that is likely a Google floating data center, on a barge in San Francisco Bay.
San Francisco Bay のハシケ上で構築される、Google の洋上データセンターと思われる構造物。

___space

Now the question is, if there’s one in San Francisco Bay and another in Maine, are there more out there? If you’ve seen a barge with a large structure that looks like the ones pictured here, please let me know.

ここで疑問が生じてくるのだが、1つが San Francisco Bay にあり、もう1つが Maine にあるのなら、どこかに、もっとあるのではないだろうか?この記事で示されている、巨大な構造体を乗せたハシケを見かけたら、ぜひ、教えて欲しい。

ーーーーー

image128文中でも紹介されているように、Google の洋上データセンターに関しては、だいぶ前に特許が申請されたとき、ちょっとした騒ぎになっていました。そして、その後ですが、『 Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは? 』という抄訳でご紹介したように、すでに Google は、海水冷のデータセンターを運用しているので、さまざまなデータを所有しているはずです。あの、45度に傾いたコンテナは、熱交換器に吸い込まれてしまった魚などを、捨てるためにあるのでしょうか :) それにしても、デカイですね。 いったい、何本のコンテナを束ねているのでしょうかね?

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google が 5分ほど落ちた : そしたら 5千万円ほど 吹っ飛んだらしい
46MW を湖水で冷却し PUE 1.1 を実現する、アルプスの巨大データセンター
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!

 

SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on July 19, 2013

SoftBank, Bloom Energy joint venture will bring fuel cells to Japan
http://wp.me/pwo1E-6o7

By
Signe Brewster – July 17, 2013
http://gigaom.com/2013/07/17/softbank-bloom-energy-joint-venture-will-bring-fuel-cells-to-japan/

_ Gigaom

Summary: The compact, efficient power sources are suited to companies looking for an on-site alternative to Japan’s national energy grid.

Summary: この、コンパクトで効率の良い電力源は、電力網をオンサイト発電で代替しようとする、日本の企業に適している。

ーーーーー

Since the 2011 earthquake and resulting Fukushima nuclear meltdown, Japan has shut down nearly all of its nuclear power plants, causing a spike in electricity costs. SoftBank and Bloom Energy announced today they will begin offering fuel cells this fall as an alternative off-the-grid power source.

2011年の大地震と、福島でのメルトダウンが起こってからというもの、ほとんどの原子力発電所をシャットダウンた日本は、電力コストの急増に直面している。今日のことだが、SoftBank と Bloom Energy 社は、オフ・グリッド電源としての燃料電池を、この秋には提供すると発表した。

The 50-50 joint venture will target corporate offices, data centers, hospitals, government centers and other large buildings that would benefit from multiple power sources. Each fuel cell system generates enough electricity to power 500 homes.

そのための 50% – 50% のジョイント・ベンチャーがターゲットとするのは、企業のオフィス/データセンター/病院施設/行政センターなどの大規模な建造物である。 そして、そのどれもが、複数の電源を持つという恩恵を被るだろう。 なお、単体としての燃料電池システムは、500戸の家庭に電力を供給するだけの、充分な容量を持っている。

The cells also offer a way to decentralize power. They are completely separate from the national energy grid and generate power onsite. If another disaster hit and an area’s primary fuel source was taken out, a fuel cell could take over. This is often how they’re used in the U.S. at data centers, where companies can’t afford to ever lose power completely.

さらに、この燃料電池は、電力を分散するための方式を提供する。つまり、それぞれの国における電力網から、完全に独立したかたちで、オンサイトで電力を生成できるのだ。なんらかの災害が発生し、いずれかの地域における、主要電力の供給が止まるとき、この燃料電池が、そのあとを引き継ぐだろう。 したがって、アメリカでの導入ケースとしては、電源を完全に失うわけにはいかないデータセンターで、実績を積み重ねている状況にある。

Fuel cells are cleaner and more efficient than fossil fuel energy sources, but more costly. SoftBank and Bloom Energy say the cells offer a stable alternative to rising electricity prices in Japan. Clients will pay for the initial cost of the cells over the course of a 20 year contract.

燃料電池はクリーンであり、また、化石燃料エネルギーよりも効率が良いが、そのコストも高くなる。しかし、SoftBank と Bloom Energy は、価格が高騰する日本の電気料金に対して、この燃料電池は安定的な代替手段を提供すると発言している。そして顧客は、20年契約の期間において、その初期費用を償却していくことになる。

SoftBank and Bloom Energy are each investing 1 billion yen — a total of roughly $20 million — to start Bloom Energy Japan Limited. Bloom Energy is based out of Sunnyvale, Calif., and has provided fuel cells to American corporations like Apple, eBay and Verizon. Japan Limited is its first venture outside the U.S. SoftBank owns a range of telecommunications, internet and technology companies, including Sprint Nextel, which it acquired this month.

SoftBank と Bloom Energy は、それぞれが 10億円の投資を行い(合計で $20 million)、Bloom Energy Japan Limited を設立する。Bloom Energy は Sunnyvale, Calif に本拠を置き、AppleeBayVerizon などのアメリカ企業に燃料電池を提供してきた。 そして、今回の Japan Limited は、初めての海外展開となる。また、SoftBank は、テレコムとインターネットのテック・カンパニーであり、また、 今月には Sprint Nextel を傘下に収めている。

Bloom Energy’s fuel cells run off natural gas and biogas, as opposed to the more common hydrogen. The gas is modified and exposed to oxygen, creating a chemical reaction that produces electricity. A small amount of carbon dioxide is released as a byproduct.

Bloom Energy の燃料電池は、水素を用いるものとは対照的に、天然ガスやバイオガスを活用するものである。 そして、ガスと酸素の化学反応により電力を生成する。また、副生成物として、少量の CO2 が放出される。

Related research

ーーーーー

imageなぜ、Bloom Energy は日本に来ないのか? どうして、誰もビジネスとして、取り組まないのか? ・・・ というのが、Agile_Cat にとって、長い間の疑問でした。 でも、ついに Softbank が Japan Limited を設立するのですね! すばらしいことです。 ほんと、すばらしい!!! ぜひ、以下のリンクも、ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する

 

ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る

Posted in .Selected, Green IT, Mobile, Telecom by Agile Cat on February 21, 2013

ARM is already the brains of your smartphone. Now it wants to run the network too
http://wp.me/pwo1E-5G2
By
Kevin Fitchard – Feb 20, 2013
http://gigaom.com/2013/02/20/arm-is-already-the-brains-of-your-smartphone-now-it-wants-to-run-the-network-too/

_ Gigaom

Summary: LSI is the latest silicon vendor to incorporate an ARM architecture into its mobile base station chips. And it’s going all out, combining 16 ARM cores onto a single module.

Summary: LSI は、モバイル・ステーション・チップに、ARM アーキテクチャを取り込む、新しいシリコン・ベンダーである。 そして、シングル・モジュール上で、16 ARM コアを結合するために、全速力で突っ走っている。

ーーーーー

imageARM cores pretty much have the mobile applications processor market locked up, though Intel is trying to peck away at the dominance. But ARM isn’t content with its single mobile kingdom. It’s encroaching on the neighboring realm of mobile infrastructure as well, aiming to make its cores the workhorse processors in cellular base stations.

モバイル・アプリケーション・プロセッサ市場では、Intel が優位性を取り戻そうと試みるが、大半のエリアで、ARM コア陣営の守備網に弾き返されている。 しかし、ARM は、そのモバイル王国だけでは満足しないようだ。 つまり、セル・ベース基地局でも、そのコアを機能させるために、モバイル・インフラという領域にも進入しようとしている。

This week LSI announced its first ARM-based chip for the mobile base station. You thought Nvidia and Qualcomm’s quad-core smartphone processors were impressive, well LSI is embedding 16 ARM Cortex A15 cores, along with LSI’s networking accelerators and ARM’s low-latency CoreLink interconnect technology, onto a single 28-nanometer chip.

今週のことだが、その LSI が、モバイル・ベース・ステーション用の、初めての ARM ベース・チップを発表した。 あなたは、Nvidia や Qualcomm の、Quad Core スマートフォン・プロセッサを素晴らしいと思うだろう。そして LSI は、28 Nano シングル・チップ上に、16 ARM Cortex A15 コアを埋め込み、そこに、LSI ネットワーク・アクセラレータと、ARM の低レイテンシ CoreLink インターコネクト技術を加えている。

imageThe chip family is designed for base stations of all sizes, scaling from the macrocell down to the picocell, making similar to the flexible and modular platforms offered by competitors Texas Instruments (TXN) and Freescale. Both Freescale and TI have begun incorporating ARM cores into their base station chips, though neither one is a complete ARM convert. Freescale leans heavily on the PowerPC architecture, while TI is pairing ARM cores with its bread-and-butter digital signal processors (DSPs). But ARM is definitely taking bigger and bigger strides into the mobile network with its increasingly powerful but energy-efficient silicon designs.

このチップ・ファミリーは、マクロ・セルからピコ・セルにいたる、すべての規模の基地局を対象とするように、デザインされている。そして、コンペティタである Texas Instruments(TXN)と Freescale による、モジュール式の柔軟なプラットフォームに類似したもの提供する。そして、Freescale と TIも、自身の基地局チップに ARM コアを取り込み始めたが、どちらも完全な ARM コンバートではない。 Freescale は、PowerPC アーキテクチャに大きく依存している。しかし TI は、基本的な DSP(digital signal processors )と、ARM コアのペアリングを可能にする。 しかし ARM は、パワフルさを増しながら、エネルギー効率も良いという、そのシリコン・デザインを用いて、モバイル・ネットワークにおける、さらに大きな進歩を目論んでいる。

One company that’s hoping to join ARM within the guts of the mobile network is Intel, which is no stranger to skirmishes with the U.K. silicon giant in the infrastructure market. Intel is trying to establish a foothold for itself in the emerging technology cloud-RAN (RAN stands for radio access network). Cloud-RAN would separate the base station from the tower and move baseband processing into the cloud.

モバイル・ネットワークの経路内に、ARM が参入することを望んでいる会社には、このインフラ市場において、英国のシリコン・ジャイアントと小ぜり合いしても当然な、Intel もいるのだ。 Intel は、これからのテクノロジーである Cloud-RAN(RAN stands for radio access network)の、足場を固めようとしている。 Cloud-RAN は、基地局をタワーから分離し、そのベース・バンド処理を、クラウドへと移行するものである。

Related research

ーーーーー

TAG indexARM の快進撃が止まりませんね。たまに、思い出した時に見ているのですが、Amazon の Laptop 売れ筋では、ARM 版 Chromebook が昨秋からトップを譲りませんし、Macbook も ARM シフトするというウワサもあるくらいです。 でも、こうしたコンシューマ市場だけではなく、以下にもあるように、データセンターにも進出しています。 そして今回は、モバイル基地局という話であり、全方位へ向けて進出という感じになってきましたね。image

ーーーーー

<関連>

ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす
Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?

みんなを支える Data Center 特集

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Green IT, Open Compute by Agile Cat on December 22, 2012

データセンターの情報が公開され、認識が共有されてきました・・・
http://wp.me/pwo1E-5qA

image

Google と Facebook のグローバル・データセンター戦略が、明らかになった 2012年でしたね。 Google は、ヨーロッパ(Hamina)とアジア(Taiwan/Hong Kong/Singapore)だけではなく、南米でも投資を開始しています。 そして Facebook は、アメリカ国内を強化し(Oregon/North Carolina)を強化し、ヨーロッパ(Lulea)へと、その領域と規模を拡大しています。

その一方で、燃料電池や直流給電といったエネルギー供給の視点や、海水冷却や気化熱冷却といった熱対策の視点から、さまざまなアイデアが実装され、また、成果を上げてきた今年でした。 そして、Facebook が強力にサポートする OpenCompute Projectが、徐々にですが認識され始め、ハードウェアのエコシステムにおける変化が、広く一般にも認識されるようになって来ました。

ーーーーー

Dec 16: Google が 香港のデータセンターに、$300 Million を費やす背景とは
Dec 20:
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Feb 10:
Facebook が $1 Billion を費やす、データセンター連携の規模を探る
Feb 27:
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する
Mar   2:
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
Mar 31:
アメリカ DC 市場 – 2011年のマトメ
Apr 16:
オンプレミス DC は クラウド DC に、追い付けない運命にあるのか ?
Apr 26:
Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける
Apr 27:
Facebook の爆発的な成長と、それを支えるデータセンター戦略
May   8:
Open Compute の1年: 遠大な思想であり、混乱も生じないようだ
May 10:
ほんとうに Yahoo は、Open Compute や Facebook を告訴するのか?
May 15:
Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?
May 17:
VMware が考える、ソフトウェア定義によるデータセンターとは?
May 19:
100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
Jun   1:
Facebook にストアされた 100 PB のデータは、6,660 億枚分の写真に相当
Jun   5:
NTT Com が 85% を出資する、英 Gyron のデータセンター・ビジネスとは?
Jul   3: Dell が Quest を $2.4 Billion で買収 : 狙いは DC マネージメント
Jul 13:
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Jul 31:
Twitter は、データセンターの情報を開示すべきだ
Aug 15:
Apple や Facebook などの、インフラ投資比率をチャートで見比べる
Aug 17:
Facebook と Google の サーバー保有台数を推測する – James Hamilton
Aug 21:
Google データセンターを埋め尽くす、独自サーバーのコンセプトとは?
Aug 23:
無限のストレージを、$4/月で提供する Backblaze の秘密とは?
Aug 24:
Facebook が北欧に建設している、冷気と水力をフル活用の DC とは?
Aug 27:
Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラ
Aug 28:
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Aug 29:
Facebook の 巨大 DC を気化熱で冷やす、ミストの秘密について説明しよう
Aug 30:
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
Aug 31:
Facebook が Oregon に追加する、3つ目の小さなデータセンターとは?
Sep   5:
世界のサーバー市場 : Gartner はポジティブで、IDC はネガティブだ
Sep 11:
Facebook の Oregon に構築される、ストレージ専用データセンター
Sep 12:
Google データセンターの、南米への進出が始まった
Oct 25:
DC サービス市場の規模は、どうなっている?
Nov   1:
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
Nov   2:
Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
Nov 15:
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
Dec   6:
Facebook は Open Compute を、コ・ロケーションにも適用する
Dec 21:
マイクロ・サーバー Intel Atom S1200 とは – James Hamilton

ーーーーー

imageちなみに、Cisco の予測によると ーーー IP トラフィックの 70% 以上は、データセンター内部で発生するものとなる。 データセンターからエンドユーザーへ向けたトラフィックは、全体の約 17% であり、また、データセンター間でのトラフィックは、わずか 7% に過ぎない。大量のトラフィックが集中する場所に、データセンターは存在するのだが、Cisco の予測によると、専用サーバーのワークロードは、2011年の時点における 1.5 ポイントから、2.0 ポイントへ増えるだけであるが、クラウドに対するワークロード予測値は、2011年 4.2 ポイントからから、8.5 ポイントへと倍増する。ーーー とされています。こうした背景を抱えながら、2013年のデータセンターは、どのように変化していくのでしょう? とても楽しみですね。image

ーーーーー

<関連>

みんなが 期待の Open Cloud 特集
みんなが 注目の SDN/OpenFlow 特集
みんなの 先生 James Hamilton 特集
みんなを 支える Data Center 特集
2012 – 2013 海外 マトメ・ポストを、マトメてみました 62本
泣いて、笑って、驚いて、今年も暮れる WeekEnd 特集

MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?

Posted in .Selected, Apple, Green IT, Post-PC by Agile Cat on November 16, 2012

Apple switch from Intel chips? The real question may be when, not if
http://wp.me/pwo1E-5bS

Nov 6, 2012 – By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2012/11/06/apple-switch-from-intel-chips-the-real-question-may-be-when-not-if/

_ Gigaom

Will Apple replace the Intel processors in its Macbooks with ARM-based chips? In the last week new processor designs from ARM as well as Apple’s desire to merge the iOS and OS X experience have driven a new cycle of rumors. Here’s why they make sense.

Apple は Macbooks プロセッサを、Intel から ARM ベース・チップに移行させるのだろうか? 先週の、ARM デザインの新しいプロセッサの話だけではなく、iOS と OS X エクスペリエンスをマージしたい Apple の思惑もあり、新しいウワサのサイクルが回り始めた。 以下に、その意味について述べていく。

Once again there’s a rumor about Apple exploring plans to dump Intel chips on its Macbook line of computers. The rumor is a favorite, but the question is probably less a matter of whether or not Apple is weighing a switch and more about when such a switch would happen. From a chip point of view, the stars are lining up, but they aren’t in formation just yet.

もう一度くり返すが、Apple には Macbook のコンピュータ・ラインから、Intel チップを取り除く計画というウワサがある。 このウワサは、お気に入りであるが、そのスイッチングについて、Apple が秤にかけているかといえば、その可能性は少なく、その時期を予想するなどもっての外だ。 チップの視点から見れば、スターたちは並んでいるが、そのフォーメーションは完成していない。

The combination of the overall change in computing, from something that occurs at a desk to something that happens on a variety of devices throughout the day, and higher performance chips based on the ARM architecture planned for next year are probably the spur for the latest rumors. The change in computing has been happening for some time, but only last week did ARM announce its next generation processor cores, the A-53 and the A-57. The big focus of those cores was that they can support 64-bit computing — a necessity for servers and the personal computer markets today.

日々のコンピューティングを通じて、デスク上で生じるものから、各種のデバイスで生じるものまで、すべてを横断する変化がある。それと、来年に計画されるという、ARM アーキテクチャ高性能チップとの組み合わせは、最近のウワサの中でも図抜けて刺激的である。 コンピューティングにおける変化は、これまでにも何度か起こってきたが、先週に ARM が発表した次世代プロセッサ A-53 と A-57 は、ほんとうの意味で目新しいものである。 中核となるのは、それらが 64-bit コンピューティングにフォーカスしていることである。 つまり、それを必要とするのは、いまのサーバーや PC なのである。

Better chips mean a better experience.

In a conversation last week with Nole Hurley, VP of marketing and strategy for ARM’s processor division, we briefly discussed the likelihood of one of ARM’s new A-50 cores having the chops to make it into laptops and other devices dominated by CPUs. The 64-bit compatibility associated with the next generation ARMv8 architecture means that the cores will be able to address more memory. That gives devices the ability to support having scores of open tabs on their browsers while running a dozen different programs or apps.

先週のことだが、ARM Processor Division の VP of Marketing and Strategy である Nole Hurley と話す機会があった。そのとき、私たちは、CPU により独占されたラップトップなどのデバイスに、ARM の新しい A-50 コアを叩きこんでいく可能性について議論した。 この 64-bit は、次世代 ARM v8 アーキテクチャとの互換性を持ち、そこに含まれる複数のコアにより、より幅広いメモリ空間へのアクセスを実現する。 つまり、各種のデバイス上で、10種類以上のプログラムやアプリケーションを走らせながら、いくらでもブラウザのタブをオープンするだけのパワーを提供する。

Until these cores were announced, ARM cores have supported 32-bit processing. That’s fine for mobile devices where ARM has dominated, but when it comes to content creation, 64-bit compatibility is crucial, as you can see from my colleague Kevin Tofel’s review of a Chromebook running on an ARM chip versus one running an Intel chip. Thus, with these new cores, ARM has a product that could possibly compete in the laptop and personal computing market. Those cores will be out next year with devices running that IP expected in 2014.

一連のコアが発表されるまで、ARM のコアは 32-bit のプロセッシングをサポートするものであった。 それは、ARM が支配してきたモバイル・デバイスにとって素晴らしいものであるが、コンテントを作成するとなると、64-bit 互換性が不可欠となる。その理由は、私の同僚である Kevin Tofel の、Chromebook 上で Intel チップと ARM チップを比較した記事を見れば明らかになる。 したがって、これらの新しいコアを用いることで、 ARM はラップトップや PC のマーケットで競合が可能な、プロダクトを手にするかもしれない。 それらの新しいコアは来年に登場し、また、その IP を走らせるデバイスは、2014年になると予測される。

imageIf Apple is contemplating this switch it is because it realizes that now that computing has gone mobile, the x86 architecture, which was optimized for performance at all costs, has been superseded by the ARM instruction set that optimizes energy efficiency at all costs. The difference now is that ARM has also been boosting performance while optimizing for efficiency and has reached a level of performance parity that supports today’s application needs. Intel’s focus on efficiency in x86 is kind of like retrofitting a Ferrari to be more fuel-efficient while ARM has been building a Tesla.

もし Apple が、この切り替えについて熟考しているなら、コンピューティングがモバイルへと変容した、いまというタイミングを悟っているからである。つまり、いかなる代償を払っても、性能に最適化してきた x86 アーキテクチャが、あらゆる犠牲を払っても、エネルギー効率に最適化してきた ARM 命令セットにより、取って代わられるのである。 これまでとの相違点は、ARM が効率に最適化しながら、性能を引き上げてきたことにあり、また、いまのアプリケーションが必要とするだけの、性能をサポートしているところにある。Intel が x86 で効率にフォーカスすることは、Ferrari に燃料効率を求めて改造するようなものであるが、すでに ARM は、Tesla を作り上げているのだ。

Apple hasn’t stood still however waiting for better ARM cores. It has built a better core using its ARM architecture license to tweak the current generation ARMv7 instruction set to increase the performance of the A6 processor in the iPhone 5. (An architecture license lets Apple tweak the core designs that ARM builds.) As this deep dive from Anand Tech illustrates, Apple has already made a processor for phones that could rival a traditional CPU.

しかし Apple は、さらに優れた ARM コアを、じっと待ってはいなかった。つまり、iPhone 5 における A6 プロセッサの性能を引き上げるために、ARM アーキテクチャ・ライセンスにより、いまの ARM v7 命令セットを微調整し、さらに優れたコアを構築したのだ。(このアーキテクチャ・ライセンスにより、ARM が構築したコア・デザインを、Apple は微調整できる) Anand Tech からの探求が例証するように、すでにApple は、従来からの CPU に匹敵する、スマートフォンのためのプロセッサを作り上げている。

Apple hasn’t forgotten about the need for software

And Apple may have already started down the path of optimizing its OS X Mac operating system for the ARM-based architecture, one major step it needs to take before any transition off Intel’s x86 platform. Back in 2007 Apple said the iPhone runs OS X and Apple later clarified that it runs on the same kernel software. Thus, must of the optimization needed to fully retrofit OS X for the ARM instruction set may already be done. That only leaves the popular software running on the MacBook left for a retrofit, and because Apple already has adapted popular programs of its own such as iMovie and iPhoto for iOS, that work may also be done.

そして Apple は、ARM ベースのアーキテクチャへ向けて、OS X Mac OSオペレーティング・システムを最適化するというパスを、すでにたどり始めているのかもしれない。それは、Intel x86 プラットフォームから離れていくための、あらゆる変遷の前にとるべき大きなステップである。 2007年のことだが、iPhone は OS X を走らすと、Apple は発言している。 そして、後に、同じカーネル・ソフトウェア上で動作することを明確にした。 したがって、ARM 命令セットへ向けて、OS X を完全に改造するために求められる、必要不可欠なオプティマイゼーションは、すでに終了しているのかもしれない。つまり、MacBook 上で動作する人気のソフトウェアは、なんらかの改造を施すために、そのままにしておけばよい。また、すでに Apple は、iMovie や iPhoto といった人気の自社製プログラムを、iOS に適合させているため、それらの作業も、同じように処理されるのかもしれない。

The biggest holdout is probably Microsoft Office, and one would assume that Microsoft, once it got word of Apple’s plans it would act to preserve that software on the popular Macbook platform. However, Microsoft has been dragging its feet with ARM. For example it supports Windows RT and has a mobile platform that runs on ARM chips, but Windows 8 still doesn’t.

最大の難関は、おそらく Microsoft Office である。 しかし、Apple の計画を耳にすれば、人気の Macbook プラットフォームで、自身のソフトウェアを維持しようと、Microsoft は行動するであろう。しかし Microsoft は ARM のせいで、これまで足を引きずってきた。 たとえば、ARM チップ上で Windows RT をサポートし、それにモバイルプラット・フォームも続くが、依然として Windows 8 はそうならない。

So, as the rumor mill works over the possibility of an Apple switch from Intel to ARM-based chips in the Macbook, it’s worth noting that the hardware is almost in place and the software is probably mostly there. The biggest unknown in this plan is how Intel might react to the threat of an Apple defection.

したがって、うわさの出処が、Macbook を Intel から ARM ベース・チップへ切り替えるという、Apple の可能性について言及するとき、ハードウェアについては、ほとんど対応が済んでおり、おそらくソフトウェアが、これからの問題として残されれていると、指摘することに価値があるだろう。 この計画において、明らかにされていない最大の不確定要素は、Apple の亡命という脅威に際して、どのように Intel が反応するかという点に集約される。

Subscriber Content

ーーーーー

imageう~ん、どうなるんでしょうかね? 実際に、ARM を搭載した Samsung の Chromebook が快進撃している様子を見ると、すでに時代は変わったとも思えてきます。 実際に、iPad(2 ですが)を触っていると、パフォーマンスに関して不満はありませんし、この延長線上に Mac の未来がある方が、なんとなく自然な感じもしてきます。いまと同程度の性能で、10時間走ってくれる Macbook Air があったら、とても嬉しいですね。image

ーーーーー

<関連>

iPad Mini と 13-inch Pro の 広告ビデオ : Youtube だよ!
Apple の Web サイト 1996 – 2012 を振り返る
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
赤いオペラと 緑のエバノ _8 : PC と Mac の論理融合は可能なのか?

 

%d bloggers like this: