Agile Cat — in the cloud

Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Posted in Asia, Government, Microsoft, Post-PC by agilecat.cloud on January 6, 2016
Microsoft Cozies Up to China With a Custom Version of Windows
Kif Leswing – December 17, 2015
http://fortune.com/2015/12/17/china-microsoft-windows-10/
 
_Fortune
 
The Chinese government is getting a version of Windows just for its workers.
 
China 政府だが、その職員のためだけの、専用 Windows バージョンを手にすることになった。
 
Microsoft will provide a customized version of Windows 10 to the Chinese government, the company announced on Thursday, as it continues to strengthen its relationship with Chinese regulators.
 
12月16日の Microsoft のアナウンスメントによると、China 政府のためにカスタマイズされた Windows 10 バージョンが提供されるが、それは、China 規制当局との関係が強化され続けていることの証でもある。
 
The partnership is a major turnaround for Microsoft’s ambitions in China. In 2014, regulators conducted an anti-monopoly investigation into the company over Windows’ dominance in the market, and even banned government purchases of computers running the operating system.
 
このパートナーシップは、China マーケットに野心を抱く Microsoft にとって、きわめて重要な転機となる。2014年、同国の規制当局は、マーケットにおける Windows の支配力に関して、同社にアンチ・トラストの疑いがあるとし、調査を実施している。さらに言えば、このオペレーティング・システムを走らせるコンピュータの、政府調達を禁止してもいた。
 
Microsoft AsiaThe custom Chinese version of Windows 10 will be “government-approved,” and will include Chinese-selected antivirus software. It will be distributed to Chinese government agencies and certain state-owned companies by C&M Information Technologies, a new Beijing-based venture created specifically for the partnership.
 
この、Windows 10 China カスタム・バージョンは、同政府が承認するものとなり、また、アンチ・ウイルス・ソフトウェアも China セレクションとなる。そして、China の政府機関や、特定の国有企業に配布されるが、その窓口となる C&M Information Technologies は、このパートナーシップのために設立された、Beijing ベースのベンチャーである。
 
From Microsoft’s blog post:
 
“We’re announcing a new joint venture that will license, deploy, manage and optimize Windows 10 for China’s government agencies and certain state owned enterprises and provide ongoing support and services for these customers.
 
「私たちがアナウンスした新たなジョイント・ベンチャーは、中国の政府機関および特定の国有企業に対して、Windows 10 のライセンスを提供/管理/最適化するという役割を担う。そして、それらの顧客に対して、継続的なサポートとサービスを提供していく」
 
The joint venture is not final, however. Microsoft says it is still subject to regulatory approval. The Chinese body participating in the joint venture is the China Electronics Technology Group. In September, Microsoft worked with CETG to make China’s top search engine, Baidu, the default homepage and search engine in its Edge browser in the region.
 
しかし、このジョイント・ベンチャーにより、すべてが解決したわけではない。Microsoft の発言によると、依然として規制当局が承認する対象になるという。そして、このジョイント・ベンチャーに参加する China の団体は、China Electronics Technology Group となる。2015年9月に、Microsoft は CETG と協力することで、この地域での Edge ブラウザーの、デフォルトのホームページと検索エンジンを、China のトップ・ブランド Baidu に切り替えている。
 
For Microsoft, the partnership not only secures the company a huge customer likely to spend hundreds of millions of dollars going forward, but also gives the company firm ground in a vast market where many of Microsoft’s most important vendors—such as Lenovo and Xiaomi ーare based.
 
Microsoft にとって、今回のパートナーシップは、これから数億ドルを費やすかもしれない、大手の顧客を確保するだけのものではない。つまり、同社にとって最も重要なベンダーである、Lenovo や Xiaomi などに対して、広大な基盤と市場を提供することにもなるのだ。
 
Microsoft says that “hundreds of millions” of PCs in China run Windows. However, one concern is that many of those copies are pirated. It’s very possible that Microsoft will look to work with Chinese regulators to try to crack down on software piracy.
 
Microsot が言うには、China には数億台の、Windows PC が存在していることになる。しかし、大量の無断複製と海賊版があることが、一つの懸念となっている。したがって、Microsoft と China の規制当局が協調して、ソフトウェアの海賊版を厳しく取り締まるという、大きな可能性も生じてくる。
 
In September, Microsoft CEO Satya Nadella met with Chinese president Xi Jinping to discuss concerns about intellectual property rights as well as how American tech firms can crack the huge market. Microsoft’s cloud server service, Azure, set up shop in China last year, partnering with Chinese company 21Vianet.
 
2015年9月に、Microsoft の CEO である Satya Nadella が、China の主席である Xi Jinping と会談し、知的財産権に関する懸念だけでなく、どのようにしてアメリカ企業が、この巨大市場を理解すべきかについて議論している。たとえば、Microsoft のクラウド・サービスである Azure は、China の 21Vianet と提携することで、昨年に China 対応を完了している。
 
The Chinese government can also chalk up its partnership with Microsoft as a win. Recently, Chinese officials have been publicly concerned about big U.S. tech firms including secret backdoors in its software in light of Edward Snowden’s revelations about the National Security Agency’s spying programs.
 
その一方で China 政府は、この Microsoft との提携を、成功事例として位置づけることができる。最近のことだが、China で当局は、大手 US テック・ベンダーに関して、公式に懸念を表明している。そこには、National Security Agency のスパイ・プログラムに関する、Edward Snowden の暴露を考慮した、ソフトウェアのバックドア問題も含まれていたのだ。
 
China removed several U.S. tech firms from government-approved purchase lists earlier this year, and even started to develop its own alternative to Windows, called NeoKylin. The deal with Microsoft presumably will allow China to inspect its version of Windows 10 to ensure there are no hidden surprises that might compromise state security.
 
2015年の初めに、China 政府が承認した調達リストから、いくつかの US テック・ベンダーが排除された。さらに言えば、Windows に対する独自の代替案として、NeoKylin と呼ばれる OS が開発されようとしていた。今回の Microsoft との契約を推定すると、おそらく China 政府は、国家の安全保障を守るために、対象となる Windows 10 のバージョンに関して、情報の開示を求め、また、検査を実施するのだろう。
 
Recently, it was revealed that China supports state-owned companies seeking to develop a homegrown secure smartphone operating system.
 
最近のことだが、その一方で China は、セキュアな国産スマートフォン OS を開発しようとしている、国有企業をサポートしていることを明らかにしている。
 
ーーーーー
MS2012年のことですが、21Vianet という ローカル DC事業者と Microsoft が提携し、中国国内に Azure を提供し始めるという、ニュースが流れていました。そして、昨年の 4月には、その提携が 2018年まで延長されるとも、報じられていました。また、中国の Nerflix という位置づけの、LeTV も Azure を活用しているようです。そして、最近は、中国政府による Windows 10 の調達という話まで、登場してきたわけです。昨年の 9月に、習近平 主席が訪米し、シアトルで 米テック・リーダーたちとミーティングを行いましたが、その後は Bill Gates とプライベート・ディナーをともにしたようです。おそらく、Microsoft は、持てる力を総動員して、中国に取り組んでいるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Posted in Enterprise Social, Government, On Monday, Social by agilecat.cloud on December 21, 2015
Social Media Compliance: Businesses Snagged By Social Media Violations
Dick Weisinger – December 9th, 2015
http://formtek.com/blog/social-media-compliance-businesses-snagged-by-social-media-violations/
_ formtek
Many businesses today are now using social media accounts to communicate directly with their customers.  Facebook, Twitter and company blogs are some of the most common social tools businesses use.  While businesses are finding that it’s easy to get started with social media, they also need to be aware of and be able to steer clear of potential compliance risks.
 
いまでは、数多くの企業が、ソーシャル・メディアのアカウントを用いて、顧客とのダイレクトなコミュニケーションを実現している。Facebook や Twitter、そして広報ブログなどが、それらの企業で利用される、最も一般的なソーシャル・ツールとなる。担当者たちはソーシャル・メディアについて、容易に使い始められるものと認識しているが、コンプライアンスに関する潜在リスクも認識すべきであり、また、適切に運用しなければならない。
 
Vermeer_3A study by Nexgate found that there are nine different regulations that have triggered social compliance incidents by Fortune 100 companies.  These include FINRA Retail Communications, FINRA Customer Response, FFIEC/Regulation Z, FTC Sweepstakes, and SEC Regulation FD.
 
Nexgate の調査 により、Fortune 100 企業が引き起こしたコンプライアンスに関する問題が、9種類の規制と関連付けられることが分かってきた。それらの規制には、FINRA Retail Communications および、FINRA Customer Response、FFIEC/Regulation Z、FTC Sweepstakes、SEC Regulation FD などが含まれている。
 
Some of the findings of the Nexgate study include:
 
Nexgate の調査結果には、以下の項目が含まれる:
 
  • Fortune 100 firm average 320 social media accounts and 213,539 followers.  Employees post an average of 500,000 comments and messages every year.
  • Fortune 100 businesses average 69 social compliance issues every year.  Employees were responsible for 12 of those and 57 of the incidents were caused by public commenters.
  • The 21 financial-service firms in the Fortune 100 had an average of 250 compliance issues per firm.
  • Healthcare companies most frequently run into compliance issues with the FDA on reports of reports of adverse drug experience risks
 
  • Fortune 100 企業は、平均で 320 のソーシャル・メディア・アカウントを持ち、また、213,539 のフォロワーを有している。 そして、従業員たちは、年間で 50万本のコメントやメッセージをポストしている。
  • Fortune 100 企業は、ソーシャル・コンプライアンスに関連する問題を、年間平均で 69 件も引き起こしている。その内訳は、従業員に起因するものが 12件であり、また、外部からのコメントに起因するものが 57件である。
  • Fortune 100 の、金融サービス企業 21社に限定すると、1社当たりのコンプライアンス問題は、平均で 250件に跳ね上がる。
  • ヘルスケア企業は、薬物経験におけるリスクという意味で、FDA (Food and Drug Administration) コンプライアンスに抵触する問題を、かなりの頻度で引き起こしている。
 
Devin Redmond, VP and general manager of Nexgate, said that “under FDA guidelines, healthcare firms are required to notify the FDA of any report of an adverse drug experience by a consumer.  Healthcare organizations must, therefore, monitor social channels for such reports.”
 
Nexgate の VP and General Manager である Devin Redmond は、「FDA ガイドラインを順守するヘルスケア企業は、消費者からの有害薬物に関する報告を網羅するために、あらゆるレポートを FDA に提出する必要がある。したがって、ヘルスケアに関連する組織は、そのような報告を見逃さないよう、ソーシャル・チャネルを監視する必要がある」と述べている
 
Ragy Thomas, founder and CEO of Sprinklr, said that “It’s hit critical mass now.  Ten years ago, most brands had some followers; now you look at a top 1,000 brand, and you can have 40 million people in their social audience. People don’t want to call; they just tweet and want a response.”
 
Sprinklr の Founder and CEO である Ragy Thomas は、「 現時点において、ある種の限界に達していると言えるだろう。10年前を振り返ると、大半のブランドは、少数のフォロワーを有しているだけだった。ところが、いまの Top-1000 ブランドを眺めてみると、4,000万人ものソーシャル・オーディエンスを抱えていることが分かる。そして、人々が電話で訴えることは稀である。 彼らは呟くだけで、救いを得たがる」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、ナルホドという話です。この FDA コンプライアンスですが、それに近いものが日本にもあるのでしょうかね?  ヘルスケア企業がソーシャルを持つと、このような、ある種の悩みが生じるのでしょうが、本質論からすると、救うべき人々が、そこに居るわけですから、なんとかしてあげたいですよね。 テクノロジーで必ず解決できるはずなので、FDA コンプライアンスに関係なく、この日本でも期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
 

Comments Off on Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この最大のインターネット市場に復帰できるのか?

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Google, Government by agilecat.cloud on October 21, 2015
Google buys stake in $300 million China startup Mobvoi
Reuters | Oct 20, 2015, 04.29 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-buys-stake-in-300-million-China-startup-Mobvoi/articleshow/49467879.cms
 
_ Times of India
 
BEIJING: Google will take a minority stake in Beijing-based artificial intelligence firm Mobvoi as part of a $75 million fundraising round, the startup said on Tuesday, as the US search giant tries to rebuild its presence in China.
 
BEIJING: Google だが、Beijing ベースの AI スタートアップ Mobvoi の株式 $75 million 相当を、同社の資金調達ラウンドで 取得した。 この火曜日に、Mobvoi が公表した出来事は、China でのプレゼンスを再構築しようとする、Google の方針を示している。
 
Mobvoi works on artificial intelligence (AI) voice-controlled software, like that used in Google’s Android products for mobile search, and also develops hardware like smart watches. Google’s parent company is now named Alphabet.
 
Mobvoi が取り組んでいる AI を用いた音声制御ソフトウェアは、Android のモバイル検索で用いられるものに似ている。 そして、同社は、スマートウォッチのようなハードウェアも開発している。なお、周知のとおり、いまの Google の親会社は、Alphabet である。
 
Google-in-ChinaFlickr
Jens Schott Knudsen
 
The Series-C funding was led by Google and has valued Mobvoi at $300 million. The deal comes at a time when Google is seeking to re-establish itself in China.
 
The Google-led Series C fundraising values Mobvoi at $300 million, with the start-up maintaining a controlling stake, said co-founder Li Yuanyuan in a telephone interview. The size of the US firm’s investment was not disclosed by Li or in Mobvoi’s e-mailed statement on Tuesday.
 
今回の、Google が主導する Series C 資金調達は、Mobvoi を $300 million で評価するものだが、このスタートアップの運営は、これまでの経営陣が継続していくことになると、Co-Founder である Li Yuanyuan が電話インタビューで答えている。 ただし、Google からの投資規模については、Li Yuanyuan のインタビューでも、Mobvoi のメール・ステートメントでも、明らかにされていない。
 
The deal, not Google’s first in China but one of few, comes as the company seeks to re-establish itself in the world’s largest internet market by population of users.
 
この取引は、Google が China で、最初に締結したものではないが、その件数は少ない。この動きは、ユーザー人口という面で、世界最大の規模を誇る、China のインターネット市場でのプレゼンスを、あらためて確立しようとする、Google の方針を示している。
 
Because services like its search, e-mail and mapping are blocked in China, the US firm is trying to cement partnerships with domestic providers like Mobvoi, which offers technology similar to Apple’s Siri and Google’s own version.
 
Google は、そのメールやマッピングなどのサービスが、China でブロックされているため、Mobvoi のような China プロバイダーとのパートナーシップを強化しようとしている。そして、このスタートアップは、Apple Siri や Google Now のようなテクノロジーを提供しているのだ。
 
Mobvoi previously partnered with Google to provide Chinese-language voice search for the latter’s Android Wear smartwatch operating system. The Chinese firm will use the money from its fundraising to invest in AI and robotics research.
 
これまでの Mobvoi は、最新のスマートウォッチ OS である Android Wear に対して、中国語音声検索を提供するには、Google と提携してきた。そして、このスタートアップは調達した資金を、AI と ロボティクスの研究に投入してきた。
 
Mobvoi is also developing voice search to be integrated into vehicles and a robot for families in China, said Li. When contacted, a Singapore-based Google spokesman declined to elaborate on how the Mobvoi investment fit with its China strategy.
 
Mobvoi は、China マーケットにおける車載および家庭用のロボットに、音声検索を組み込むための開発を推進していると、Li は発言している。ただし、私たちが、Google Singapore のスポークスマンと接触したとき、同社の China の戦略と Mobvoi への投資について、詳しい関連性は説明されなかった。
 
Although Google has maintained an engineering and sales presence in China, it largely withdrew its services out of China five years ago after refusing to continue self-censoring search results.
 
このように、Google は China において、エンジニアリングとセールスのプレゼンスを維持しているが、同国からサービスを撤退させたという、大きな現実に直面している。 それは、検索結果に対する自己検閲を拒否した、5年前の出来事にさかのぼる。
 
CEO Sundar Pichai has made no secret that he wants to get back into China, with his bet riding on Google Play, the app store for its Android mobile operating system, despite it currently being borderline inaccessible in China. He faces an uphill struggle.
 
CEO である Sundar Pichai は、Google Play を China 市場に展開しようと目論んでいることを、秘密にはしていない。しかし、この Android OS 用のアップ・ストアは、China 国内からはアクセス不可能である。つまり、彼は、苦しい闘いに直面しているのだ。
 
ーーーーー
google-55aあの大騒動から、もう5年が経つのですね。 当時のバックナンバーを拾ってみましたが、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、Wired のポストが秀逸です。 そのころのことを調べたいという方に、オススメしたいです。今日の記事を読んでも、マダマダ手強い Great Firewall という感じですが、なんらかの雪解けは訪れるのでしょうかね? でも、そのためには、中国側に変化が必要でしょうし、それまでは、中国企業と連携した範囲に、Google の動きも制約されるのでしょうね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google は 中国政府に TKO 負けしてしまったのか?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google の中国撤退声明文:対訳
中国国内の、DNS ルート・サーバーが閉鎖された?
中国の DNS 問題について、チリの NIC がリリースを!
 

Comments Off on Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この最大のインターネット市場に復帰できるのか?

米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!

Posted in Government, Microsoft, Privacy, Security, Strategy by agilecat.cloud on October 20, 2015
Researchers claim to have solved NSA crypto-breaking mystery
Juha Saarinen – Oct 16 2015
http://www.itnews.com.au/news/researchers-claim-to-have-solved-nsa-crypto-breaking-mystery-410560
 
_ it news
 
Able to decrypt almost a fifth of top million HTTPS websites.
 
Top-Million HTTPS Web サイトの、ほぼ 1/5 の暗号は解析されるだろう。
 
ーーーーー
 
Researchers believe they have worked out how the United States National Security Agency (NSA) is able to break digital encryption used on the internet and intercept potentially trillions of connections.
 
ある研究者たちのグループが、United States National Security Agency (NSA) について、インターネット上で用いられるデジタル暗号を解読し、何兆にもおよぶコネクションの傍受を可能にしていたとする、調査結果をまとめた。
 
A team of computer scientists from US and French universities alongside Microsoft looked into rumours that the NSA has in recent years been able to crack present encryption.
 
US および France の大学に所属するコンピュータ・サイエンティストと、Microrsoft によるチームは、この数年にわたって NSA が暗号を解読してきたという、ウワサについて調査した。
 
ImageResizer.ashxRalph Merkle, Martin Hellman and Whitfield Diffie, who developed the first public-key crypto exchange, in 1975. Source: Stanford University.
 
They studied the Diffie-Hellman method of exchanging digital keys between internet-connected computers to encrypt virtual private networking, website, email and other traffic.
 
彼らは調べたのは、インターネット接続されたコンピュータと、暗号化された VPN/Web Site/eMail などの間で交換される、トラフィックを保護するための Diffie-Hellman というディジタル・キーの方式である。
 
Diffie-Hellman has until now been thought to be safe against encryption breaking and protect against mass surveillance, if keys larger than 512 bits are used.
 
これまで、512 Bit 以上のキーを用いているなら、Diffie-Hellman は暗号破壊と監視社会に対して、安全性を担保できると考えられてきた。
 
The D-H protocol negotiation starts with the client and server agreeing on a large prime number with a particular form, which would require a vast amount of computational effort to calculate.
 
この DH プロトコルのネゴシエーションは、その計算に膨大なコンピューティング・リソースが必要となる大きな素数を、クライアントとサーバの間において、特定のフォーマットで一致させることでスタートする。
 
However, a paper entitled Imperfect Forward Secrecy: How Diffie-Hellman Fails In Practice [pdf] points to an implementation weakness within many clients and servers that means they reuse the same prime numbers.
 
しかし、Imperfect Forward Secrecy: How Diffie-Hellman Fails In Practice [pdf]  というタイトルの論文は、数多くのクライアントとサーバーにおいて、同じ素数を再利用するという、実装上の弱点を指摘している。
 
Two of the researchers, Alex Haldeman and Nadia Heninger, said that for 1024-bit primes, the most common D-H key strength used currently, a special-purpose hardware-equipped computer would cost a few hundred million US dollars to build.
 
Alex Haldeman と Nadia Heninger という二人の研究者は、現時点で最も一般的に用いられている、1024 Bit 素数による D-H キーの強度について、数億ドルをかけた専用ハードウェア・コンピュータに、ほぼ匹敵すると述べている
 
It’s a sum well within the NSA’s computer network exploitation budget of US$1 billion in 2013.
 
そして、この金額は、2013年に NSA が計上した、コンピュータ・ネットワーク活用という名目の、予算内に収まるのだ。
 
Such a system would be able to break one Diffie-Hellman prime a year.
 
このようなシステムを1年も運用すれば、1つの Diffie-Hellman 素数を破壊できるだろう。
 
Researcher Nicholas Weaver of the International Computer Science Institute in Berkeley, California, analysed the paper, and said the scientists were “almost certainly correct that the technique they describe is used by the NSA, in bulk, to perform a massive amount of decryption of internet traffic.”
 
International Computer Science Institute in Berkeley, California の研究者である Nicholas Weaver は、その論文を分析した後に、ほぼ間違えのない内容だと述べている。 つまり、そこに記載されている技法を、NSA はバルクで利用し、インターネット・トラフィックに含まれる、大量の暗号を解析したことになる。
 
Weaver noted that while an NSA supercomputer could break 1024-bit Diffie-Hellman, longer keys like 3072-bit, elliptic curve D-H and RSA encryption could not be cracked in the same way.
 
そして Weaver は、NSA のスーパー・コンピュータについて、1024 Bit の Diffie-Hellman は破壊できるだろうが、たとえば 3072 Bit のロング・キーや、楕円曲線 D-H、そして RSA 暗号などについては、同じ手法でクラックできないだろうと指摘している。
 
For the NSA, being able to break commonly used encryption would have an enormous payoff, the researchers said.
 
そして研究者たちは NSA にいて、莫大な予算さえ費やせば、一般的に使用される暗号は解読ができるだろうと述べている。
 
“Breaking a single, common 1024-bit prime would allow NSA to passively decrypt connections to two-thirds of VPNs and a quarter of all SSH servers globally,” they wrote.
 
彼らは、「一般に用いられる単一の 1024 Bit 素数を破壊することで、グローバルにおける VPN の 2/3 および、SSH サーバ の 1/4 に対する接続暗号を、NSA は受け身のかたちで解読できただろう」と言っている。
 
“Breaking a second 1024-bit prime would allow passive eavesdropping on connections to nearly 20 percent of the top million HTTPS websites. In other words, a one-time investment in massive computation would make it possible to eavesdrop on trillions of encrypted connections.”
 
そして、「第二の 1024 Bit 素数を破壊することで、Top-Million HTTPS Web サイトの 20% 近くに対して、その接続暗号を受け身で盗聴できるようになる。つまり、大量のコンピュータ・リソースに対して、集中的に資金を投入することで、無数の接続暗号の盗聴が可能になるだろう」と続けている。
 
While the researchers said they could not prove for certain that the NSA is breaking internet encryption and eavesdropping and intercepting traffic, they believe their analysis of the weaknesses in Diffie-Hellman implementations fits what is known already about the spy agency’s decryption abilities better than other explanations.
 
研究者たちは、NSA がインターネット暗号を破壊し、トラフィックを傍受/盗聴してきた方式について、確実に証明することはできないと述べている。その一方で、彼らが分析した Diffie-Hellman 実装の弱点と、この諜報機関の解読能力に関する情報は一致しており、その他の推測よりも適切だと確信しているようだ。
 
The NSA working as both the poacher and game keeper when it comes to encryption is problematic, Haldeman and Heninger said. It means the agency could be exploiting weak Diffie-Hellman while only taking small steps to fix the problems.
 
NSA の機能は、暗号化に問題が生じるときに、密猟者と猟場の番人という二面性を持つことになると、Haldeman と Heninger は述べている。 そして、この諜報機関は、Diffie-Hellman の弱点は利用するが、問題の修正のためには努力しないだろう。
 
“This state of affairs puts everyone’s security at risk. Vulnerability on this scale is indiscriminate—it impacts everybody’s security, including American citizens and companies—but we hope that a clearer technical understanding of the cryptanalytic machinery behind government surveillance will be an important step towards better security for everyone,” they wrote.
 
そして彼らは、「 この不安定な状態は、すべての人々に、セキュリティ上のリスクをもたらす。そして、このスケールの脆弱性は無差別なものとなり、アメリカの市民と企業を含む、全体的なセキュリティに悪影響をおよぼす。その一方で、この政府による監視の背景となる、暗号解読の手法を技術的に理解することで、すべての人々のための、より良いセキュリティへと向けた、重要な一歩が記されることを、私たちは願っている」と述べている。
 
Weaver said it was critical that users who wish to protect themselves from “Applied Kleptography” or stealing of digital keys for mass surveillance move away from 1024-bit Diffie-Hellman.
 
Weaver のマトメは、Applied Kleptography や監視社会のデジタル・キー盗難から身を守りたいユーザーは、1024 Bit Diffie-Hellman を捨てるべきというものだ。
 
Devices deployed today will be in use for a decade, the researchers wrote, which is as long as adverseries can use the above-mentioned techniques for eavesdropping and interception.
 
現時点でマーケットに供給されているデバイスは、これからの 10年に渡って使用されていくだろう。ただし、それは、前述の盗聴や傍受のテクニックに対して、それらが対抗できる場合に限るというのが、研究者たちの結論である。
 
ーーーーー
research_55この記事を、昨日の夕方に見つけてから、どうしたものかと悩みましたが、自分の中でもくすぶっていた疑問だったので、とにかく、再優先で訳してみました。 重たいテーマなので、ちょっと疲れましたが、分からなかったことが、少しでも明らかになると、これからウォッチすべきものも見えてきます。 それにしても、この記事を書いた  Juha Saarinen さんは素晴らしいジャーナリストですね。 先月にポストした「クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!」という抄訳も、オリジナルは彼のものです。文中で参照している Nicholas Weaver さんのサイトなどを、おそらく毎日のように、チェックしているのだと思います。こうして分かりやすく書いてもらえるので(訳は苦労しますが)、とても助かります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Cloud Storage の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使うために!
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける
 

Comments Off on 米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!

中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!

Posted in Asia, Businesses, Government by agilecat.cloud on October 16, 2015
China to invest US$188 billion in its Internet infrastructure by 2018
Nurdianah Md Nur – Oct. 7, 2015
http://www.mis-asia.com/tech/industries/china-to-invest-us188-billion-in-its-internet-infrastructure-by-2018/
 
_ MIS
 
China plans to invest RMB1.2 trillion (US$188 billion) to further develop its web infrastructure over the next three years, announced Lin Nianxiu, deputy director of the National Development and Reform Commission.
 
China 政府だが、国内における Web インフラを促進するするために、今後の 3年間で RMB1.2 trillion (US$188 billion) を投資していく計画だと、National Development and Reform Commission の Sub Director である Lin Nianxiu がアナウンスしている。
 
Red Flag Yellow StarsFlickr
John Roberts
 
While is it unclear if the figure includes private investments, the government will be spending a considerable sum of money on the supporting infrastructure and new technology. The move is hoped to spur growth in spending and invigorate the nation’s slowing economy, Lin told Chinese news agency Xinhua.
 
この投資策において、民間からの資金が含まれているかどうかは不明であるが、インフラのサポートと、新しいテクノロジーのために、同政府は相当量の金額を費やすことになる。こうした変化により、支出の増加に拍車がかかり、同国の減速する経済が活性化されることを期待していると、Lin は China ニューズ・メディアである Xinhua(新華社)に語っている。
 
The investment is part of the government’s Internet Plus campaign, which aims to establish new industrial modes for key traditional industries — such as the manufacturing and retail sectors — by leveraging cloud computing, big data, the Internet of Things, and other new technologies. Companies in these industries are thus urged to harness the power of those technologies to streamline operations and increase productivity, said Lin.
 
今回の投資は、同政府における Internet Plus キャンペーンの一環として実施され、従来型の主要産業のための、新たな業態の確立を目指すものとなる。具体的に言うと、クラウド・コンピューティングや、ビッグ・データ、IoT といった新しいテクノロジーを活用して、製造業や小売業などにテコ入れしていくものとなる。したがって、それらの業界に属する企業は、新しいテクノロジーを利用するようになり、結果的に業務を効率化と生産性の向上を達成すると、Lin は発言している。
 
China hopes that the Internet Plus will become the new economic model and an important driving force for economic and social innovation and development in the country by 2025. To do so, it will “solidify its development basis by promoting Internet technology, infrastructure, while tackling the technological bottlenecks of industries and strengthening risk control,” according to an action plan announced by Premier Li Keqiang.
 
China が望むのは、この Internt Plus が新しい経済モデルとなり、経済を活性化するための原動力になることだ。それにより、2025年までに、China 社会における革新と発展を達成したいとしている。Premier Li Keqiang は、それを実現するために、「インターネットのテクノロジーとインフラを促進することで、開発のための基盤を強化していく必要がある。その一方では、それぞれの産業の技術的なボトルネックを取り除き、リスク管理を強化していく必要もある」と、表明している。
 
ーーーーー
Asia PacificUS$188 billion ということですから、大雑把なところで 20兆円を超えたあたりの総額となるはずです。 それを、3年間で市場に投入するというのですから、一挙にインフラが整備されていくのは間違いないでしょう。 ただし、文中にもあるように、民間企業からの資金が含まれる可能性もあるようです。そして、三大テレコムが、すべて国営企業であることも、中国マーケットにおける特殊性です。 もし、それらのテレコムから資金が投入されるなら、政府からの資金なのか、民間からの資金なのか、そのあたりが曖昧になります。でも、まぁ、このケースでは、お金の出処よりも、その使い方に注目が集まります。先日に、「中国の清華大学が Western Digital に対して、なんと US $3.8 billion も投資している!」という抄訳をポストしましたが、欧米の企業に中国の資金が流れ込んでいく、というケースも増えるのでしょうかね?  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC を相互利用! 急接近の欧州と中国
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人に?
 

Comments Off on 中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!

Govt Cloud の調査:米政府機関のテック・リーダーたちは、クラウドへの移行を望んでいる

Posted in Government, On Monday, Research by agilecat.cloud on October 12, 2015
Cloud Computing: Governments Ripe for the Cloud
Dick Weisinger – October 6th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-governments-ripe-for-the-cloud/
_ formtek
All levels of government are expected to move their data from legacy on-premise systems to the cloud from now until 2020, according to a survey by Socrata and sponsored by EMC Research.
 
すべてのレベルの政府機関に対して、レガシーなオンプレミス・システムからクラウドへと、2020年までにはデータを移行して欲しいという、期待が寄せられている。それが、EMC Research が主催し、Socrata が調査した結果に表れている。
 
  • Chagall_179 percent of government agencies say that most or all of their current software and data are kept on on-premise hardware
  • 75 percent of government agencies that they’re both interested in and open to using cloud technology
  • 83 percent of government agencies say that it is important for them to have software that is user-friendly and easy to use
 
  • 79% の政府機関は、ほとんど、あるいは、すべてのソフトウェアとデータを、現時点ではオンプレミスのハードウェア上に保持していると述べている。
  • 75% の政府機関は、クラウド・テクノロジーの使用に対して、興味を持っており、また、閉鎖的ではない。
  • 83% の政府機関は、ユーザー・フレンドリーで利用し易いソフトウェアを持つことが、とても重要だと述べている。
 
Rick Howard, Research Director at Gartner, said that “the burden of legacy technologies in government puts innovation on a path of incremental improvement when agility and quick solution delivery is expected.  To demonstrate ‘digital now, digital first’ leadership in government, CIOs must flip their approach to managing IT from the inside-out perspective of legacy constraints to the outside-in view of citizen experience. It’s all about starting with the digital world and what is possible – thinking cloud, mobile and situational context first – and then considering, ‘How do we get there from here?’ using information and technology.”
 
Gartner の Research Director である Rick Howard は、「敏捷で迅速なソリューションの供給という、段階的な改善を要求する流れの中で、政府内でレガシー・テクノロジーを運用するという負担が、イノベーションを受け入れさせるだろう。政府内における Digital Now, Digital First のリーダーシップを証明するために、CIO たちは、これまでのアプローチを反転させなければならない。それは、制約だらけのレガシーな視点を、内側から外側へ向けて露呈させ、また、市民のエクスペリエンスが手にした視点を、外側から内側へ向けて取り込むことだ。それは、すべてのデジタルの世界で始まるものである。 そして、クラウドとモバイルについて考え、また、状況に応じた柔軟なスタンスを取ることで、実現できることを想定していくべきだ。続いて、いまの立ち位置から、次の立ち位置へ、移行するための方法について、情報と技術を活用しながら検討していくべきだ」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday本文だけだと、調査の対象がわからなかったので、参照元を確認してみました。 すると、City/County/State/Federal における、500人以上のテクノロジー・リーダーに対する調査であると記載されていました。 地域に関しては、なにも記されていないようですが、State という表記からして、おそらくアメリカが対象なのでしょう。つまり、アメリカ政府機関のテクノロジー・リーダーたちが、自らの属している組織に対して、早くクラウドへ移行すべきだと要求しているわけです。日本で、同じような調査を実施したら、どのような結果になるのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Hybrid Cloud の調査: ハイブリッドへの完全な移行には5年は要するだろう
High-Speed Optical の調査: 光子/量子ドットによるテラ・ヘルツ・コンピューティング時代!
Mobile Traffic の調査: 2015年のモバイル・データ通信量は、5200万テラ・バイトに至る
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
IDC の予測:2015年の パブリック市場は、製造/金融/小売などで $70 B を売り上げる!
 

Comments Off on Govt Cloud の調査:米政府機関のテック・リーダーたちは、クラウドへの移行を望んでいる

習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses, Government, Tencent by agilecat.cloud on September 25, 2015
Check out all the big-shot tech execs who met the Chinese president in Seattle
Eugene Kim – Sept 23, 2015
http://www.businessinsider.com/tech-leaders-greet-chinese-president-2015-9
 
_ Business Insider
 
Some of the most powerful tech leaders got together in Seattle to greet Chinese President Xi Jinping on his visit to the US Wednesday.
 
この水曜日(9/23)の、Chinese President である Xi Jinping(習近平)の訪米に際し、最もパワフルなテック・ジャイアントのリーダーたちが、同氏とのミーティングのために Seattle に集まった。
 
And based on the group photo tweeted out by Seattle Times reporter Matt Day, it was a star-studded event:
 
そして、Seattle Times のレポーターである  Matt Day が、Twittter にアップした集合写真を見れば、それがオールスター・イベントであったことが分かる。
 
chinese-tech-ceo-blowupClick to Large >>>
Matt Day via Twitter
 
Xi is in the center of the front row, wearing the purple tie.
 
最前列の中央で、紫色のネクタイを着けているのが、Xi Jinping(習近平)である。
 
In the front row, from left to right, here are the tech execs we could identify:
  • Facebook CEO Mark Zuckerberg
  • JD.com CEO Qiangdong Liu
  • Former Cisco CEO John Chambers
  • Alibaba founder Jack Ma
  • IBM CEO Ginni Rometty
  • Microsoft CEO Satya Nadella
  • Apple CEO Tim Cook
  • Tencent CEO Huateng Ma
  • Amazon CEO Jeff Bezos
Second row:
  • Sohu CEO Chaoyang Zhang
  • Lenovo CEO Yuanqing Yang
  • Microsoft executive VP Harry Shum
  • Qualcomm CEO Steven Mollenkopf
  • Intel CEO Brian Krzanich
  • LinkedIn founder Reid Hoffman
Third row:
  • Yahoo cofounder Jerry Yang (middle, glasses)
  • Nantworks founder (and the world’s richest doctor, according to Forbes) Patrick Soon-Shiong
  • Airbnb cofounder Brian Chesky
  • Baidu cofounder Robin Li
 
Thanks to all the commenters so far. Let us know in comments who else we missed.
 
これまでの、Twitter 上でのコメントに感謝する。また、特定できていない人物に関して、新たなコメントがあれば嬉しい。
 
Xi attended several events during the day. This picture was taken at an event hosted by Microsoft, which included China’s internet czar Lu Wei, who oversees Chinese restrictions on foreign tech companies. After the meeting, Xi is reported to be having a private dinner with Microsoft cofounder Bill Gates.
 
この日、いくつかのイベントに、Xi Jinping は出席している。そして、この写真は、Microsoft が主催したイベントにおけるものであり、また、海外テック・カンパニーの活動を制限する、China インターネット政策の第一人者である Lu Wei も同席している。伝えられるところによると、このミーティングが終了した後の Xi Jinping は、Microsoft Co-Funder である Bill Gates と、プライベート・ディナーをともにしたようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacificこれだけのメンバーが集まるのですから、いくらなんでも、突然の訪米ということでは無いのでしょうね。また、アメリカ側の CEO だけではなく、中国からも JD/Alibaba/Tencent/Sohu/Lenovo/Baidu などのトップが、この訪米に同行しているようです。大急ぎで、アジア系のメディアも調べてみしたが、Want China Times は「Hopes for BIT to take center stage when Xi meets Obama」というタイトルで、このトピックを取り扱っていました。 そして、この BIT ですが、US-China Bilateral Investment Treaty の意味であり、米中二国間投資協定と訳すようです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
 

Comments Off on 習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!

Posted in Asia Weekly, Government by agilecat.cloud on April 12, 2015
アジアへの露出を、Gov/Open Gov/Smart City というキーワードで・・・
 
_ cna-banner
 
Cloud News Asia には Government というカテゴリがあり、Telecom および Mobile とトピック数を競っているわけですが、その内訳というと、Censorship/Court/Defence/E-Gov/NSA/Open Gov/Patent/Regulation/Smart City/Surveillance という具合に、いろいろなものが、ごった煮になっています。 そして、NSA や Patent が、ここにあるのも不自然に思えるのですが、その辺りは、言語の課題として、整理していきたいと思っています。
 
CNA Gov Topicsそして、今週ですが、これらの中から、比較的ポジティブと思える 3つのカテゴリを選んで、その合計をチャートにしてみました。具体的に言うと、これまでの約一年の間の、E-Gov/Open Gov/Smart City に関連するトピックを、各国ごとに合計したものなのですが、その大半が Open Gov に関連していました。 それと比べると、E-Gov および Smart City は少数です。 また、China 5 という数字ですが、Huawei などが Smart City のソリューションを輸出する、といった感じのトピックが大半でした。 そして、日本の 4本は、以下のとおりでした。
 
2014/9/3: How CRM Transformed The Performance Of A Japanese Hospital
2014/9/20: Why The Japanese Gov Is Buying Satellite Images To Track Farmland
2014/11/30: Panasonic opens smart town targeting zero-emission houses
2015/2/15: Malaysian urban authority joins with Toyama to reduce carbon emissions
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 2/18: iiNet attacks software used in Dallas Buyers Club piracy hunt
AustraliaiiNet lawyers today sought to discredit the method by which Dallas Buyers Club LLC collected internet protocol (IP) addresses of those it claimed had downloaded and shared versions of its film of the same name. The internet service provider (ISP) is one of a handful resisting rights holder attempts to obtain customer details attached to IP addresses Dallas Buyers Club claimed were involved in copyright infringement.
 
② 4/4: TCS, Accenture, Oracle in fray to acquire 90% stake in Elitecore
IndiaMUMBAI: Tata Consultancy Services, Accenture and Oracle are in race to acquire around 90% stake in IT services provider Elitecore Technologies from global private equity fund Carlyle. The fund that invested Rs 50 crore in the company eight years ago is expected to make more than nine time returns with the company now being valued at Rs 500 crore, three people with knowledge of the deal said.
 
③ 4/6: WeChat tests out banner ads and promoted app installs in article view
ChinaWeChat, China’s most popular chat app, announced today it has begun testing out banner ads and promoted app installs on its “article view” pages. WeChat tends to attract the foreign tech industry’s attention for its growing number of services, like taxi booking and mobile payments. But it’s also a popular destination for news reading. Publishers will often push out content daily through their official accounts, using WeChat’s own publishing platform or a third-party one.
 
④ 4/6: Japan’s NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical. NTT Communications, a division of Japanese telecommunications conglomerate NTT, may have introduced one of the most practical vending machines since the original cold drink dispenser: one that spits out prepaid SIM cards.
 
⑤ 4/7: Southeast Asia to See Spending of USD19 B for Semiconductor Equipment
MalaysiaPenang, Malaysia, Apr 6, 2015 – (ACN Newswire) – Programme information is now available on the inaugural SEMICON Southeast Asia, which will run from 22-24 April at SPICE in Penang. The event, organised by SEMI, a global industry association, features an expanded programme and larger audience base focusing on Southeast Asia communities in the semiconductor and microelectronics sector. SEMI estimates spending of US$19 on semiconductor equipment and materials in the Southeast Asia region for 2015 and 2016.
 
⑥ 4/5: Singapore Cyber Security Agency goes live
SingaporeSingapore’s Cyber Security Agency (CSA) has this week started work, after being announced late last year by the Prime Minister. PM Lee Hsien Loong said on November 24 that “we already have cyber security duties residing in Ministry of Home Affairs and the Infocomm Development Authority. But I do not think that they are as strong as we would like them to be. We need to reorganise them, to strengthen our system and our institutions.”
 
⑦ 4/8: Singtel to buy Trustwave for $1 billion
SingaporeSoutheast Asia’s largest telecommunications operator Singapore Telecommunications will acquire US-based cybersecurity firm Trustwave for US$810 million (A$1 billion) in an effort to expand itscloud-based services. Trustwave will continue to operate as a stand-alone business unit, Singtel said. Its headquarters will remain in Chicago. “It will leverage Singtel Group Enterprise’s assets and market presence to broaden its overall security portfolio and address the fast growing emerging security market opportunity in the Asia Pacific region,” Singtel said in a statement.
 
⑧ 4/8: Bitcoin in China still chugging along, a year after clampdown
ChinaA year after China began tightening regulations around Bitcoin, the virtual currency is still thriving in the country, albeit on the fringes, according to its largest exchange. Bitcoin prices may have declined, but Chinese buyers are still trading the currency in high volumes with the help of BTC China, an exchange that witnessed the boom days back in 2013, only to see the bust following the Chinese government’s announcement, in December of that year, that banks would be banned from trading in bitcoin.
 
⑨ 4/2: Google Freezes Chinese Websites And Certificate Authority
ChinaThousands of Chinese websites will soon be marked unsafe by Google’s Chrome browser. Adam Langley, a Google security engineer, says, “On Friday, March 20th, we became aware of unauthorized digital certificates for several Google domains. The certificates were issued by an intermediate certificate authority apparently held by a company called MCS Holdings. This intermediate certificate was issued by CNNIC.”
 
⑩ 4/10: China’s Alibaba Sued For Patent Infringement In U.S.
ChinaExpress Mobile, an information technology company in the U.S., has sued China’s Alibaba for patent infringement. According to Express Mobile, the company filed the patent infringement lawsuit against the Alibaba Group in the United States District Court for the Eastern District of Texas, Marshall Division. In the statement, Express Mobile accused Alibaba for infringing its patent related to the development of platform independent websites. The involved patent record number is 6,546,397.
 
ーーーーー
cna_6他の国々と比べて、日本が少ないなぁと思いますし、もっとアピールできるものが有るはずなのにと感じます。 もちろん、こうしたデータの取り方に、正当性を主張するものではありませんし、それぞれの国々の実態と乖離しているところが多々あると推測しています。 ただ、ひとつだけ言えるのは、どれだけアジアのメディアに、英語でアピールできているのかという切り口が、ここには有るという点です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き

Comments Off on Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!

%d bloggers like this: