Agile Cat — in the cloud

Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Posted in Apple, Asia, Government, Telecom by Agile Cat on August 15, 2014

Apple moves data storage onto Chinese soil through China Telecom deal
http://wp.me/pwo1E-7La

Friday August 15, 2014 MYT 7:31:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/15/Apple-moves-data-storage-onto-Chinese-soil-through-China-Telecom-deal/

_Star Online

BEIJING: Apple Inc has begun storing personal data for some Chinese users on servers provided by China Telecom, marking the first time that the company has stored user data on mainland Chinese soil.

BEIJING: Apple だが、China Telecom が提供するサーバー上に、中国人ユーザーのパーソナル・データを部分的にストアし始めている。つまり、自社ユーザーのデータを、中国本土のファシリティにストアするという、これまでにはなかった動きを示し始めている。

Apple attributed the move to an effort to improve the speed and reliability of its service. It also represents a departure from the policies of some technology companies, notably Google Inc, which has long refused to build data centres in China due to censorship and privacy concerns.

Apple は、この転換について、同社のサービスにおけるスピードと信頼性を、向上させるための取り組みだとしている。しかし、それは、Google などに代表されるテック・カンパニーが護ってきた、ポリシーからの逸脱を示すものとなる。それらの企業は、北京政府による検閲やプライバシー侵害という懸念から、長年にわたって、中国国内にデータセンターを構築することを拒否してきたのだ。

All data stored with China Telecom, as with all data centre providers worldwide, will be encrypted, Apple said in a statement on Friday.

China Telecom によりストアされる全データは、グローバルに展開されるデータセンター·プロバイダーを利用するときと同様に、(私たちの手で)暗号化されていると、Apple は金曜日(8/15)にステートメントを発している。

"Apple takes user security and privacy very seriously," it said. "We have added China Telecom to our list of data centre providers to increase bandwidth and improve performance for our customers in mainland china. All data stored with our providers is encrypted. China Telecom does not have access to the content.” A spokesman for China Telecom declined to comment.

「 Apple は、きわめて真剣に、ユーザーのセキュリティとプライバシーのことを考えている。 私たちのデータセンター・プロバイダーのリストに China Telecom を加えたのは、中国本土の顧客に対して充分な帯域幅を提供し、そのパフォーマンスを改善するためである。私たちが契約するプロバイダーによりストアされる、すべてのデータは暗号化されている。 つまり、その内容に対して、China Telecom はアクセスできない」と、同社は述べている。その一方で、China Telecom のスポークスマンは、コメントを拒否している。

Technology companies seek to position data centres as close to their customers as possible because smaller physical distances mean faster service speeds. — Reuters

テック・カンパニーたちは、サービス提供における高速化を図るため、可能な限り顧客に近いロケーションにデータセンターを配置し、その伝送距離を縮めようとしている。 — Reuters

ーーーーー

まず、中国市場における Apple の立場ですが、iPhone に関しては China Mobile と契約を結び、中国独自の TD-LTE に対応するカスタム・デバイスを提供しているという状況にあります。 そして、中国の Big-3 キャリアである、China Mobile/China Telecom/China Unicom は、いずれも国有企業であり、いろいろな意味で相互補完している関係にあると言えるでしょう。 Apple は、ユーザーの利便性だけを考えてと発言していますが、そんなに簡単な話ではないはずです。 Google が中国本土から撤退したときに、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、とても興味深い記事を Wired が書いています。よろしければ、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!

Posted in Government, Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on May 14, 2014

Verizon and AT&T Have Netflix Deals in the Works, Too
http://wp.me/pwo1E-7uH

By Jason Abbruzzese – Feb 25, 2014
http://mashable.com/2014/02/24/netflix-verizon-deal/

_ Mashable

UPDATE: Feb. 24, 2014 at 4:15 p.m. ET: AT&T has confirmed to Mashable that is also in negotiations with Netflix to connect networks in an effort to improve performance.

UPDATE: Feb. 24, 2014 at 4:15 p.m. ET: AT&T も Mashable に対して、パフォーマンス改善のためのネットワーク接続に関して、Netflix と交渉中だと回答してきた。

A day after Comcast signed a network connection deal with Netflix to boost data speeds, Verizon’s chief executive told CNBC that his company has been in talks with the streaming video pioneer for the past year.

Comcast と Netflix が、そのビデオ・ストリーミングのためにデータ転送速度を高める、ネットワーク接続の契約を締結した翌日に、Verizon の CEO が CNBC に語ったのは、このビデオ・ストリーミング企業と、すでに昨年から交渉の途に付いているという内容であった。

Just a day after Comcast and Netflix announced a new peering deal, Verizon’s CEO said it had also been in talks with the stream video service.

Image: Michael Probst
Associated Press

The statements from Verizon CEO Lowell McAdams highlights how the Comcast/Netflix deal may become the first of many arrangements in which money is paid to gain physical access to networks and therefore greater speeds.

Verizon の CEO である Lowell McAdams からのステートメントは、Comcast/Netflix の契約が、これから生じるであろう、数多くの契約の最初の事例になるという点を強調するものであった。ただし、ネットワークへの物理アクセスは有償になるため、より以上のスピードを得るには対価が必要になるとしている。

McAdams said the agreement was not a surprise, and that something had to be done to address the increasing demands of streaming video from sources like Netflix.

そして、McAdams は、この契約について、驚くべきものではないとし、また、Netflix などからのビデオ・ストリーミングに関する需要の増加に対して、何らかの対処が必要であると述べている。

"In order to keep the Internet vibrant, we have to make the investments. And if you see someone come in with a lot of load on the Internet, the video, you have got to get that in an efficient place," McAdams told CNBC in an interview. "Making the connection far out in the network is a good thing, and frankly paying for it, the commercial model, I think will work pretty well.

「 インターネットの活気を保つためには、投資をしなければならない。そして誰かが、つまりビデオが、インターネットの負荷を高めるにしても、効率の良い場所で、それを取得することが可能である。このネットワークにおいて、長距離の接続を実現することは、とても素晴しいことである。 しかし、率直に言って、それには費用がかかる。 つまり、商用モデルが必要であり、それは、かなり上手く機能すると、私は考えている」と、McAdams は CNBC のインタビューで語っている

He also implied that these types of deals showcase the ability for companies to come to agreements that benefit consumers without interference from government regulators.

そして、彼は、この種の契約は、政府の規制当局からの干渉なしに、消費者のメリットを達成するという意味で、一連の企業におけるショーケースになると示唆している。

"That shows that you don’t necessarily need a lot of regulation in a dynamic market," he added.

そして、「 それは、ダイナミックな市場において、数多くの規制を必要とせずに、実現できることを示している」と加えている。

Regulation of such deals has sparked controversy, as so-called "peering" arrangements of the type that Comcast and Netflix have struck fall outside of typical Internet regulation, including net neutrality.

このような契約における規制とは、「ピアリング」と呼ばれる協定に関する論争を示している。つまり、Comcast と Netflix は、ネット ニュートラリティも取り込んだ、総論としてのインターネット規制の、外側へと抜け出していることになる。

But as these deals become more common and begin to affect the market, the chance of regulators stepping in grows.

しかし、こうした契約が一般的になり、また、マーケットに対して影響を与え始めると、規制当局が介入してくる可能性が高くなる。

"Net neutrality rules fashioned by the FCC were largely thought to deal with retail access by customers — what consumers could and couldn’t be restricted from doing online — rather than on the internal peering arrangements within the system," Jonathan Zittrain, a professor of Internet law at Harvard University, told Mashable in an email. "Though the latter is no doubt something of great interest for the FCC to be following, since it can have such an impact on consumers.”

「 FCC により作成されたネット・ニュートラリティのルールは、システム内におけるピアリングの協定というより、小口の顧客がインターネットにアクセスする際のものとして考えられていた。つまり、オンラインに受け入れるべき消費者と、排除すべき消費者を、識別するためのものであった。それにもかかわらず、ピアリング協定が、FCC が関心をもつ何かになったことに、疑いの余地はない。なぜなら、それは、消費者に大きな影響を与えるものに、なり得るからである」と、Harvard University の Professor of Internet Law である、Jonathan Zittrain は Mashable に語っている。

ーーーーー

今週も、FCC がネット・リュートラリティに関して、その新しい提案内容を再考するというようなニュースが流れています。 そして、Netflix をめぐる話ですが、Comcast にかぎらず Verizon も AT&T も、2月の時点で交渉を進めていたようです。 これで、背景となる、これまでの経緯シリーズは終わりです。 次回は、Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリングで、どのような変化が生じたのかを、実測値で示すコンテントをポストする予定です。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る

Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る

Posted in .Selected, Government, Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on May 12, 2014

Netflix paying Comcast to stream its content smoothly
http://wp.me/pwo1E-7uk

February 23, 2014 – Eric Blattberg
http://venturebeat.com/2014/02/23/netflix-paying-comcast-to-stream-its-content-smoothly/

_ VB

注記:すでに、FCC における新たなネット・ニュートラリティの定義が、さまざまな議論を引き起こしていますが、その要因となっているのが、この Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約です。

Comcast’s broadband customers will soon be able to stream Netflix content with fewer hiccups — the result of a landmark deal between the two companies with major implications for Netflix’s bottom line.

Comcast のブロードバンド・ユーザーは、ガクガクしない Netflix コンテンツ・ストリーミングを、じきに楽しめるようになるだろう。 それは、この二社間で交わされた、画期的な契約の結果であり、また、Netflix の収益にも大きな影響をおよぼすものである。

Netflix has agreed to pay Comcast for a direct connection to the Internet service provider’s network, which will improve its streaming video quality for Comcast customers, the Wall Street Journal reported today. Comcast confirmed the “mutually beneficial interconnection agreement” in a statement emailed to VentureBeat, but declined to provide the terms of the deal.

Photo Illustration
Eric Blattberg
VentureBeat

今日(2/23)の Wall Street Journal によると、Comcast のネットワークにダイレクト接続し、この ISP の顧客に高品質のビデオ・ストリーミングを提供するために、Netflix は対価の支払いに合意したことになる。Comcast は VentureBeat へのメール・ステートメントにおいて、「互恵的な相互接続契約」を交わしたと明言しているが、その契約条件の提供は拒否している。

Whatever Netflix is paying Comcast, the multiyear deal could force Netflix to cough up money to other major broadband providers for similar performance guarantees. Streaming quality has suffered in recent months, especially for Comcast and Verizon customers.

Netflix は Comcast に対価を支払うのだが、この複数年の契約により同社は、他の主要ブロードバンド・プロバイダーに対しても、同様のパフォーマンスを確保してもらうために、ダイレクト接続を必要とするかもしれない。そのストリーミング品質は、この数カ月の間、とりわけ Comcast と Verizon に対して劣化していたのだ。

Netflix was pushing Comcast to connect to its servers without compensation, but the broadband provider refused to take on the heavy traffic load free of charge. After seeing average speeds to Comcast customers drop as much as 27 percent during peak hours since October, Netflix buckled and agreed to pay.

Netflix は Comcast のサーバーに対して、代償を伴わずに接続したいとプッシュしていたが、このブロードバンド・プロバイダーは、大量のトラフィック負荷を無償で受け取ることを拒否した。そして、昨年の 10月以降、ゴールデン・アワーにおける Comcast ユーザーへの配信速度が、平均で 27% に低下するという状況に陥り、Netflix は支払いに合意するという、本気での取り組みを示したのだ。

Netflix chief executive Reed Hastings had wanted to put Netflix servers directly inside Comcast’s data centers, but Comcast will connect to Netflix’s servers through third-party data centers, according to the Journal.

Netflix の CEO である Reed Hastings は、Comcast のデータセンター内に、Netflix のサーバーをダイレクトに配置したいと望んだが、Comcast はサードパーティのデータセンターを介して、Netflix ののサーバーを接続していると、WSJ は述べている。

News of this deal comes just 10 days after Comcast announced its intention to buy Time Warner Cable for $45.2 billion. If regulators allow that merger to proceed, Comcast would become the largest broadband provider in the U.S. by a significant margin, serving 30 million paying households.

この契約に関するニュースは、Time Warner Cable を $45.2 Billion で、Comcast が買収したがっているという意思を示した、わずか 10日後に浮上している。規制当局が、この買収を認めるなら、Comcast は 3000万世帯にサービスを提供し、大幅なマージンを獲得する、アメリカで最大のブロードバンド・プロバイダーとなる。

Here’s the official statement from Comcast on its agreement with Netflix:

以下は、Netflix との契約に関して、Comcast がオフィシャルに発したステートメントである:

Comcast Corporation (Nasdaq: CMCSA, CMCSK) and Netflix, Inc. (Nasdaq: NFLX) today announced a mutually beneficial interconnection agreement that will provide Comcast’s U.S. broadband customers with a high-quality Netflix video experience for years to come. Working collaboratively over many months, the companies have established a more direct connection between Netflix and Comcast, similar to other networks, that’s already delivering an even better user experience to consumers, while also allowing for future growth in Netflix traffic. Netflix receives no preferential network treatment under the multi-year agreement, terms of which are not being disclosed.

今日、Comcast Corporation (Nasdaq: CMCSA, CMCSK) と Netflix, Inc. (Nasdaq: NFLX) は、US における Comcast ブロードバンド・ユーザーに対して、Netflix の高品質ビデオ・エクスペリエンスを提供するために、互恵的な相互接続契約を締結したことをアナウンスする。この数ヶ月に渡って、Netflix と Comcast は共同で作業を推進し、両者間におけるダイレクト接続を確立している。それは、すでに適切なユーザー・エクスペリエンスを提供している、他のネットワークと同様のものであり、また、Netflix トラフィックの将来における成長も可能にするだろう。ただし、この複数年におよぶ契約において、Netflix に優先的なネットワーク処理を提供するものではなく、その条件は明らかにされない。

ーーーーー

冒頭でも注釈したように、FCC とネット・ニュートラリティをめぐって、大きな問題が生じています。 そして、その背景となるのが、この Netflix という怪物のようなトラフィック・イーターの存在です。 いくつかの調査で、この Netflix はアメリカにおけるインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費していると言われています。それに対して ISP たちは充分な帯域を確保しないというか、できないというか、その辺りは定かではありませんが、結果として Netflix のストリーミング品質が低下するという事態にいたったようです。 このトピックについては、この後もトラッキングしていきたいと思っています。Image(282)

ーーーーー

<関連>

ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?

さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!

Amazon, Netflix, Google And Others Put Pressure On FCC Over Net Neutrality
http://wp.me/pwo1E-7ty

Kyle Russell – May 7, 2014, 8:17 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-netflix-google-and-others-put-pressure-on-fcc-over-net-neutrality-2014-5

_ Business Insider

The pressure on the FCC to maintain net neutrality continues to mount.

ネット・ニュートラリティを維持するための、FCC に対する圧力が、増大し始めている。

In a letter directed to the chairman and commissioners of the Federal Communications Commission, tech companies expressed their disapproval of the proposals that are expected to be put forward regarding net neutrality.

Federal Communications Commission の 委員長および委員たちに送られた書簡において、いくつものハイテク企業たちが、ネットの中立性に関して推進されるだろう、(FCC の)提案に対して不満を表明している。

David Ryder
Getty Images

The letter claims that letting Internet service providers place technical and financial limitations on tech companies could pose a "grave danger to the Internet.”

その書簡は、テック・カンパニーに対して ISP が、テクノロジーとビジネスの面で規制をかけることが、「重大な危機をインターネットにもたらす可能性」について指摘している。

While the FCC has tried to argue that it won’t put the "open Internet" at risk, tech companies aren’t taking that chance.

FCC は、Open Internet を阻害することはないと主張するが、テック・カンパニーたちは、そのような言い分を認めていない。

Last week, a number of tech companies visited Washington, D.C., to argue their case for net neutrality, GigaOm’s Janko Roettgers reported.

GigaOm の Janko Roettgers は、それらのテック・カンパニーが Washington D.C. を訪れ、ネット・ニュートラリティに関する情報を訴えた。

With this letter, the number and size of tech companies publicly fighting for net neutrality has increased drastically. While more than 50 companies signed, just the first page of signatories alone contains giants like Amazon, Microsoft, Google, Netflix, and Facebook. We’ve embedded the letter below:

この書簡において、ネット・ニュートラリティのために公然と戦う、テック・カンパニーの規模は、質と量の両面で大幅に増大している。 50社以上の企業がサインしている状況に加えて、その最初のページには、Amazon/Microsoft/Google/Netflix/Facebook などが名前を連ねているのだ。 以下に、その書簡を添付しておく:

Federal Communications Commission

445 12th Street, SWWashington D.C. 20554

May 7, 2014

Dear Chairman Wheeler and Commissioners Clyburn, Rosenworcel, Pai, and O’Reilly:

We write to express our support for a free and open internet. Over the past twenty years, Americaninnovators have created countless Internet-based applications, content offerings, and services thatare used around the world. These innovations have created enormous value for Internet users, fueledeconomic growth, and made our Internet companies global leaders. The innovation we have seen todate happened in a world without discrimination. An open Internet has also been a platform for freespeech and opportunity for billions of users. 

The Commission’s long-standing commitment and actions undertaken to protect the open Internetare a central reason why the Internet remains an engine of entrepreneurship and economic growth.

According to recent news reports, the Commission intends to propose rules that would enable phoneand cable Internet service providers to discriminate both technically and financially against Internetcompanies and to impose new tolls on them. If these reports are correct, this represents a gravethreat to the Internet.

Instead of permitting individualized bargaining and discrimination, the Commission’s rules shouldprotect users and Internet companies on both fixed and mobile platforms against blocking, discrim-ination, and paid prioritization, and should make the market for Internet services more transparent. The rules should provide certainty to all market participants and keep the costs of regulation low.

Such rules are essential for the future of the Internet. This Commission should take the necessarysteps to ensure that the Internet remains an open platform for speech and commerce so that Americacontinues to lead the world in technology markets.

Sincerely,

Amazon Cogent Dropbox Ebay Etsy Facebook Foursquare Google Kickstarter Level 3 LinkedIn Lyft Microsoft Netflix Reddit Tumblr Twitter Vonage Holdings Corp. Yahoo! Inc. Zynga

ーーーーー

ついに、名立たるテック・カンパニーたちが、FCC が進めている「新たなネット・ニュートラリティの定義」に対して、公然と批判し始めました。 その背景には、全米のインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費している Netflix の存在があります。 そのような、サービス提供者に対して、ISP が個別に課金できるようにしようというのが、この FCC の新たな定義なのですが、そんなものを、中立性をもって決められる組織も個人も、この地球上には存在しないというのが、テック・カンパニーたちの主張です。詳しくは、5月1日にポストした、「 FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」をご覧ください。 来週は、この背景となった、Netflix と ISP の問題について、プチ特集していきたいと思っています。 Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている

Posted in Government, On Monday by Agile Cat on May 7, 2014

Open Data: Unlocking $3 Trillion of Untapped Value
http://wp.me/pwo1E-7tj

By Dick Weisinger – May 2, 2014
http://formtek.com/blog/open-data-unlocking-3-trillion-of-untapped-value/

_ formtek

The Open Data 500 is a study conducted at New York University’s GovLab and funded by the Knight Foundation.  The purpose of the project is to promote the dissemination and use of data collected by the government.  The project encourages the creation of new open data companies and promotes the use of open data by existing companies.

この Open Data 500 は、Knight Foundation が資金を提供し、New York University の GovLab が実施した、調査による成果物である。このプロジェクトの目的は、政府が収集したデータを普及させ、その利用を促進することにある。また、このプロジェクトは、オープン・データを取り扱う、新たな企業の創出を促進し、また、既存企業によるオープン·データ利用を促進していく。

Research by McKinsey suggests that by sharing government data openly with business, more than $3 trillion a year in new value can be generated.  Open data can become the foundation for new products and even new market segments.  Open Data can also be used to improve the efficiency and effectiveness of business operations.

McKinsey による調査が示唆するのは、政府によるデータが、企業によりオープンに共有されることで、年間で $3 Trillion という、新たな価値が創出されるというものである。オープン・データは、新たなプロダクトだけではなく、新たなマーケット・セグメントの基礎にもなり得る。さらに言えば、オープン・データを活用することで、業務における効率と効果も改善できる。

Joel Gurin, senior advisor at the GovLab and director of the Open Data 500 project, said that ”2014 feels like the year open data is coming of an age as a source for business ideas…  People are doing more than developing apps… They’re building something bigger. We’re seeing it all over the country. While California and New York are way ahead, there are companies in Massachusetts, Washington, Virginia, Illinois, Texas, and beyond. We’re seeing [open data] businesses in 36 states. This is the kind of tech that can be applied everywhere…  In talking to federal agencies there’s a large enthusiasm for it, but it’s very hard to do.  We believe that by setting up really effective information lanes about the business uses of open data and by bringing government and business together in roundtables that we can help government agencies prioritize the data they think are most important based on user need.”  That makes the problem of utilizing government open data more manageable.

GovLab の Senior Advisor と Open Data 500 Project の Director を兼務する Joel Gurin は、「 この、2014年は、ビジネスにアイデアをもたらす資源として、オープン・データが到来した年だと感じる。人々は、アプリケーションを開発する以上のことを、実施している。彼らは、何か大きなものを構築している。 私たちは、国内のあらゆる場所で、それを認識している。California と New York が先陣を切っているが、Massachusetts/Washington/Virginia/Illinois/Texas などでも、その徴候が見られる。私たちは、36の州で、Open Data によるビジネスを観察している。それは、あらゆる領域に適用できる、ある種のテクノロジーである。連邦政府について言及するなら、そこに大きな熱意あると言えるが、それを実施していくには、大きな困難が伴う。実際に企業が利用するオープン・データの流れと道筋を効果的に設定し、政府と企業が集まるラウンド・テーブルを開催することが重要だと考える。そうすれば、ユーザー・ニーズに基づく、最も重要だと思われるデータに、政府機関は優先順位を付けていけるだろう」と述べている。つまり、政府によるオープン・データを、効率よく管理していくことが、大きな課題となる。

Mark Doms, undersecretary of commerce for economic affairs, said that “there’s a tsunami of information.  We’re faced with ‘how do we make that tsunami more valuable?’ How do we make this information more valuable?’ We want the best data in the hands of the end users.”

連邦政府の商務担当官である Mark Doms は、「 そこには、情報の津波がある。私たちが直面している、その津波を、どのようにすれば、より価値のあるものに変えられるのだろうか? 私たちは、エンドユーザーに対して、最良のデータを手渡したいのだ」と述べている

ーーーーー

アメリカという国は、良くも悪くも、実験国家である、、、と、司馬遼太郎が言っていましたが、このオープン・データをめぐる動きを見ていると、その実験国家という言葉を思い出します。その点、日本を含むアジアの国々は、古代からの官尊民卑を引き継ぐ重文化の国々であり、どしても歩みが遅くなります。 オバマ政権が誕生したときに、外交と軍事を除いて、すべての情報をオープンにするというステートメントがありましたが、オープン・データを信じてもらうには、「この一言」が大切なのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な、外部とのコラボレーションとは?
IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない
Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

Posted in .Selected, Government, Net Neutrality, Netflix, Standard, Telecom by Agile Cat on May 1, 2014

FCC fails to clarify new net neutrality plans
http://wp.me/pwo1E-7s8

By Chris Welch on April 24, 2014
http://www.theverge.com/2014/4/24/5647452/fcc-offers-vague-promises-to-keep-internet-open

_ verge

FCC Chairman Tom Wheeler has just published a blog post that expands on a statement he gave last night on the topics of net neutrality and an open internet. Earlier yesterday, The Wall Street Journal issued a troubling report alleging that the FCC will soon propose new rules that effectively spell the end of net neutrality. Wheeler came out hard against that notion last night, and he continues to refute the doomsday scenario today. Despite his best efforts, Wheeler’s words won’t do much to calm the storm.

昨夜(4/23)のことだが、FCC の Chairman である Tom Wheeler が、渦中のトピックであるネット・ニュートラリティとオープン・インターネットについて、自身のステートメントをブログ・ポストとして公開した。それに先立つように、昨日の朝に The Wall Street Journal が、ネット・ニュートラリティを効果的に終焉させる新たなルールを、直ぐにでも FCC は提示すると主張する、彼から見れば厄介なレポートを開示していたのだ。それに対して、昨夜に Wheeler が強く反発し、今日になっても、その最悪のシナリオに反論し続けている。しかし、彼の最善の努力にもかかわらず、Wheeler の言葉は、この嵐を静めるために必要な、数多くの事柄を語ろうとはしていない。

"There has been a great deal of misinformation that has recently surfaced regarding the draft Open Internet Notice of Proposed Rulemaking that we will today circulate to the Commission," he says. "The Notice does not change the underlying goals of transparency, no blocking of lawful content, and no unreasonable discrimination among users established by the 2010 Rule." Wheeler’s goal is to have enforceable Open Internet rules in place by the end of 2014.

「 このところ、Open Internet Notice of Proposed Rulemaking のドラフトに関して、重大な誤情報が浮上している。 それについて、私たちは、今日中に Commission に伝える。この Notice により、透明性という基本的な目的や、法的なコンテンツ・ブロッキングの排除、そして、不合理な差別の排除という、2010 Rule で確立されたユーザーの定義が変化することはない」と、彼は述べている。Wheeler の目標は、2014年末までに、強制力のある Open Internet のルールを発動することにある。

"Limiting the openness of the Internet will not be permitted."

"To be very direct, the proposal would establish that behavior harmful to consumers or competition by limiting the openness of the internet will not be permitted." But here again, Wheeler carefully steps around a major aspect of the Journal’s report, which claims that under the proposed rules, internet providers will be able to charge companies for speedier access to consumers. A so-called internet "fast lane" will allegedly be permitted so long as ISPs charge "commercially reasonable" rates.

しかし、Wheeler は、「 きわめて直接的に言うと、このプロポーザルが確立しようするのは、インターネットのオープン性を制限することなく、消費者や公平や競争に害をおよぼすものへ対応することである 」と言い、WSJ レポートの主張を慎重に回避しようとしている。WSJ の主張は、提案中のルールの下では、より高速でのアクセスを消費者に促す企業に対して、インターネット・プロバイダが対価を請求できるというものだ。伝えられるところでは、「高速レーン」という名のインターネットは、ISP が「商業的に合理的」な課金をする範囲で認められるようになる。

The big question is what the FCC considers to be reasonable. Right now, the commission doesn’t have a final answer. "We don’t know," a spokesperson said today. "We want to have a broad public debate. We want to know how people are affected in their daily life. We want to know how businesses are being affected. We want to know if innovation is being affected.” Based on that statement, the FCC seems aware that this "pay for access" aspect could bring on some trouble. But the FCC won’t eliminate the idea entirely. "After all, a prioritized connection for a heart monitor may be a good thing at home without harming anyone else." But even this positive example falls apart quickly because traffic prioritization for any service means some level of discrimination for everyone else.

最大の疑問は、なにをもって、FCC が合理的だと考えるのかという点である。 いまのところ、Commission は最終的な答えを持っていない。 今日の時点で、「 私たちは分かっていない。私たちは、広範囲におよぶパブリックな議論を持ちたい。 私たちは、人々の日常で生じる影響を知りたい。そして、企業に生じる影響を知りたい。イノベーションに影響が生じるなら、それも知りたい」と、スポークスマンは述べている。そのステートメントに基づいて考えると、この “Pay for Access” という側面がもたらす、いくつかの問題について、FCC は認識しているようだ。しかし、FCC は、その考えを、完全に排除していない。結局のところ、心臓モニターの接続に、優先順位を付けたとしても、それが家庭の中で行われるなら、他の誰も傷つけることがないので、良いことになのかもしれない。しかし、何らかのサービスのトラフィックに優先順位を付けることは、誰かを差別するという、何らかのレベル付けにつながるため、肯定的な事例が急速に崩壊してしまう。

Wheeler closes his blog post by outlining 3 principles that the new rules seek to protect. First, ISPs must "transparently disclose to their subscribers and users all relevant information as to the policies that govern their network." Second, no legal content can be blocked at the ISP level. And finally, Wheeler insists the new rules will forbid service providers from acting "in an unreasonable manner to harm the internet," and that’s said to include favoring traffic from an "affiliated entity" or business partner. Public debate will prove crucial in steering the conversation from here, so now’s the time to make your voice heard.

Wheeler は、新たなルールが保護しようとする 3つの原則を概説し、自身のブログ・ポストを書き終えている。第1に、ISP は、「 自身のネットワークを制御するポリシーに従って、自身のサブスクライバーやユーザーに対して、すべての適切な情報を、透過的に開示」する必要がある。 第2に、ISP レベルにおいて、法によるコンテンツのブロックはできない。そして最後に、Wheeler が強調しているのは、「インターネットに害を与える不当な方法」を実施する、サービス・プロバイダーを差し止めるという点である。そして、ここで言う、差し止めるべきトラフィックには、対象となるサービス・プロバイダーに関連する、なんらかの事業体やビジネス・パートナーからのものも含まれると述べている。ここでの気取らない会話が、パブリックな議論の本質を証明していくはずだ。あなたの声を、いまこそ聞かせて欲しい

ーーーーー

この背景にあるのは、言うまでもなく Netflix の存在です。 なんせ、アメリカのインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費しているのですから、キャリアや ISP から見ると、少しはインフラのコストを負担して欲しいという話につながるのです。 実際に、Comcast とはダイレクト・ピアリングを行っていますし、昨日には Verizon とも合意に至ったと報道されていました。もちろん、それらのピアリングは、民間企業同士の自由なビジネスというかたちで進められているのですが、それを FCC は、構成力のあるルールにしたいと考えているようです。ほんとうに、それで良いのかと、Newsweek に 瀧口範子さんが、「ネット・ニュートラリティーはなぜ万人にとって大問題なのか」という、すばらしい記事をポストしています。 ぜひ、ご覧いただければと思います。Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する
Real World NoSQL シリーズ – Netflix における Amazon SimpleDB

Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

Posted in .Selected, Government, Privacy, Twitter by Agile Cat on March 22, 2014

Twitter Won’t Encrypt Direct Messages, At Least For Now
http://wp.me/pwo1E-7lb
Selena Larson on March 19, 2014
http://readwrite.com/2014/03/19/twitter-wont-encrypt-direct-messages-at-least-for-now#awesm=~ozbHcT0BGd5aRd

_ Read Write (2)

Twitter is reportedly no longer working on a project to encrypt users’ direct messages—a move that would make its users’ communications better able to stand up to efforts by hackers and government spies to snoop on them.

伝えられるところによると、もはや Twitter は、ユーザーの DM(Direct Message)を暗号化するというプロジェクトに、取り組んでいないようだ。 それは、DM を覗き見しようとする、ハッカーや政府のスパイ行為に立ち向かい、ユーザー間のコミュニケーションを、より安全にするものであったはずだ。

Lead image courtesy of Reuters

As early as last October, Twitter was said to be working on strengthening the security of direct messages, the only private means of communications on the service. According to The Verge, the company has halted the program for no apparent reason.

昨年 10月の初旬から、Twitter における唯一のプライベート・コミュニケーション手段である、DM のセキュリティは強化されると言われていた。しかし、The Verge によると、同社は明確な理由もなく、その開発プログラムを停止したとされる。

The company has put an increased focus on its direct-messaging feature in recent months, completely overhauling the service late last year. If Twitter were to launch encrypted messages, it would bolster its offering against competition from the growing pool of standalone messaging applications that offer secure communications.

実際のところ、同社は昨年末にDM を根本から見直し、また、最近の数か月においては、その機能の強化にフォーカスしてきた。 もし、Twitter がメッセージの暗号化を達成するなら、セキュアなコミュニケーションを提供するという、スタンドアロン・メッセージング・アプリとの競合において、そのポジションを強化できただろう。

Twitter was one of the many technology companies that aimed to bolster privacy and security measures in the wake of revelations about the extent of US government spying by NSA whistleblower Edward Snowden in mid-2013. Because Twitter is a public platform, the only private conversations happen via protected accounts or direct messages, so it makes sense for the company to focus security efforts on direct messages or DMs.

2013年の中頃に、NSA の Edward Snowden が内部告発したことで、スパイ行為に対するアメリカ政府の関与が明らかになった。 そして、それをキッカケに Twitter は、プライバシーおよびセキュリティを強化する、テクノロジー・カンパニーの 1つとして数えられるようになった。周知のとおり、Twitter はパブリックなプラットフォームであるため、プライベートなコミュニケーションを提供するのは、DM もしくはプロテクト・アカウントのみとなる。したがって、同社が DM のセキュリティに注力することは理にかなっている。

The company is also among the most vocal in calling for more transparency from the federal government regarding requests for user data, and it was the only company to receive a perfect score on the Electronic Frontier Foundation’s “Who Has Your Back” report in 2013. The social network is not content with the agreement other tech companies have reached with the US government on data requests. Twitter contends that without the ability to specify exact numbers around national security requests, it’s not meaningful to users.

Twitter は、連邦政府が求めるユーザー・データの透明性において、最も口やかましく言われている 1社である。また、Electronic Frontier Foundation が 2013年に発行した、“Who Has Your Back” というレポートで満点を取っている、唯一の企業でもある。 さらに言えば、このソーシャル・ネットワークは他社と異なり、アメリカ政府によるデータへの要求に対して、甘んじているわけでもない。つまり、Twitter は、ナショナル・セキュリティが要求する、個人を特定する能力を超えたところで、国家権力と対峙しているのだ。 そして、それに応じることが、ユーザーにとって有意義ではないと主張している。

It’s unclear why Twitter halted its encryption efforts. For one thing, since users can opt to receive direct messages by SMS and email, encryption on Twitter’s own apps and websites may only give limited benefits. The company could also be choosing to put energy and attention into attracting new users rather than building new features. Though the company is seeing increasing revenues, user growth is slowing.

Twitter が、暗号化への取り組みを止、めてしまった理由は不明である。考えられる 1つの理由は、ユーザーが DM を受信する際に、SMS およびメールを選ぶことが可能なため、Twitter がアプリや Web サイトを暗号化しても、そのメリットが限定されるという点である。また、同社の選択肢が、新たな機能の開発ではなく、新しいユーザーを惹きつける方向へ振られたとも考えられる。同社は売上は伸びているが、そのユーザー数の伸びは鈍化しているのである。

Twitter did not respond to a request for comment. We’ll update the story if we hear back.

Twitter にコメントを求めているが、いまのところ反応はない。 なにかあったら、アップデートしていく。

ーーーーー

imageこの週末は、メールやメッセージの暗号化の話題が多くですね。 昨日に、Google が NSA に対抗して、Gmail のセキュリティを強化するというトピックをポストしましたが、その一方では、Windows 8 の情報リークを突き止めるため、Microsoft が Hotmail をスキャンしたのではないかというニュースも報じられています。 それに関連して、The Guardian は、Yahoo も Google も Apple も、みんなスキャンの権利は留保しているという記事をポストしています。 それに追い打ちをかけるように、Twitter の DM の暗号化が頓挫したという、このニュースです。 インターネットには、プライバシーはない、、、と割り切るべきなのでしょうか? Image(282)

ーーーーー

<関連>

Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?
アンチ Google キャンペーンは絶対に止めない – Microsoft 談
Zuck の 姉の Randi も困惑する、Facebook のプライバシー
Google トラッキングから身を守る秘伝とは?

Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!

Posted in .Selected, Google, Government, Privacy by Agile Cat on March 21, 2014

Google announces changes that will keep our emails safe from prying eyes
http://wp.me/pwo1E-7l2
by Robert Nazarian on Mar 20th 2014
http://www.talkandroid.com/200642-google-announces-changes-that-will-keep-our-emails-safe-from-prying-eyes/

_ Talk Android

Thanks to the NSA, privacy might be the biggest buzzword right now. A lot of people are concerned about who could be reading their emails. If you’re using Gmail, you might sleep better tonight after you read about the changes that Google has made.

NSA の功績により、いまや、プライバシーは、最大の流行語になったのかもしれない。数多くの人々が、誰かに自分の電子メールを読まれているのではないかと、いつも心配しているのだ。 しかし、あなたが Gmail を使っているなら、このポストで、Google が行っているアップデートについて確認して欲しい。 そうすれば、今夜から、マクラを高くして眠れるだろう。

The first change is that Gmail will always use an encrypted HTTPS. HTTPS has always been supported, but with the addition of encryption, nobody will be able to listen to your messages, even if you are using a public Wi-Fi. This goes for computers, phones, and tablets.

今回のアップデートは、2つのパートで構成されている。 まず、1つ目のアップデートだが、Gmail は常に、暗号化された HTTPS を使うようになる。 この HTTPS がサポートされることで、あなたのメールは暗号化される。 したがって、たとえばパブリックな Wi-Fi を使っている場合であっても、あなたのメッセージは、誰からも覗かれないようになる。そして、コンピュータだけではなく、スマホもタブレットも、同じように保護される。

The second big change is that Google will encrypt every single email as it moves internally. This would obviously be for all emails that you send or receive. What’s important here is that your emails are not only encrypted within Gmail’s servers, but also when traveling through Google’s data centers.

2つ目のアップデートは、かなり大掛かりな変更である。Google は、すべての電子メールに対して、それが内部に取り込まれるときに暗号化してしまう。つまり、あなたが送受信する、すべての電子メールが対象となるのは明らかだろう。ここで重要なのは、電子メールの暗号化が、Gmail サーバーの内部だけではなく、Google のデータセンター間を通過していく際にも施されていることである。

Google also shared that it’s important that Gmail has limited downtime. Nothing is 100%, but Google achieved an up time of 99.978% in 2013, which translates to a less than 2 hours of disruption per person for the entire year. Not bad.

この、暗号化のトピックとは別に、Google は Gmail のダウンタイムについても、重要な情報を提供している。100% とまではいかないが、2013年のアップタイムが 99.978% を達成したとのことだ。つまり、使用できない状況が、1年間に 2時間未満ということであり、悪くない数値である。

Are you feeling better about sending that next email?

これからは、安心して、電子メールを送れるようになるかい?

ーーーーー

image昨年の 5月〜6月ころに、突如として降って湧いた、いわゆる National Security Agency(NSA)による覗き見という現実ですが、インターネット上のデータを傍受するものであり、プロバイダーが関与していたわけではなかったようです。とは言え、ナショナル・セキュリティのためであれば、個人のプライバシーは保護されなくても良いのかという議論が起こり、その結果として、ついに Google が動き出したということなのでしょう。 まずは、Google 先生に拍手です!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

諜報機関 NSA による Prism 問題とは? とりあえずのリンク集を作りました
NSA の Prism は、プロバイダーの手を借りなくても、こんなふうに個人データを盗み出せる
PRISM 特需? Google から DuckDuckGo へ、大量のユーザーが流失
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?
Facebook のプライバシー : 知っておくべき 5つのポイント!
十代の若者とソーシャル : そのプライバシー意識をチャートで分析

%d bloggers like this: