Agile Cat — in the cloud

Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

Posted in .Selected, Government, Privacy, Twitter by Agile Cat on March 22, 2014

Twitter Won’t Encrypt Direct Messages, At Least For Now
http://wp.me/pwo1E-7lb
Selena Larson on March 19, 2014
http://readwrite.com/2014/03/19/twitter-wont-encrypt-direct-messages-at-least-for-now#awesm=~ozbHcT0BGd5aRd

_ Read Write (2)

Twitter is reportedly no longer working on a project to encrypt users’ direct messages—a move that would make its users’ communications better able to stand up to efforts by hackers and government spies to snoop on them.

伝えられるところによると、もはや Twitter は、ユーザーの DM(Direct Message)を暗号化するというプロジェクトに、取り組んでいないようだ。 それは、DM を覗き見しようとする、ハッカーや政府のスパイ行為に立ち向かい、ユーザー間のコミュニケーションを、より安全にするものであったはずだ。

Lead image courtesy of Reuters

As early as last October, Twitter was said to be working on strengthening the security of direct messages, the only private means of communications on the service. According to The Verge, the company has halted the program for no apparent reason.

昨年 10月の初旬から、Twitter における唯一のプライベート・コミュニケーション手段である、DM のセキュリティは強化されると言われていた。しかし、The Verge によると、同社は明確な理由もなく、その開発プログラムを停止したとされる。

The company has put an increased focus on its direct-messaging feature in recent months, completely overhauling the service late last year. If Twitter were to launch encrypted messages, it would bolster its offering against competition from the growing pool of standalone messaging applications that offer secure communications.

実際のところ、同社は昨年末にDM を根本から見直し、また、最近の数か月においては、その機能の強化にフォーカスしてきた。 もし、Twitter がメッセージの暗号化を達成するなら、セキュアなコミュニケーションを提供するという、スタンドアロン・メッセージング・アプリとの競合において、そのポジションを強化できただろう。

Twitter was one of the many technology companies that aimed to bolster privacy and security measures in the wake of revelations about the extent of US government spying by NSA whistleblower Edward Snowden in mid-2013. Because Twitter is a public platform, the only private conversations happen via protected accounts or direct messages, so it makes sense for the company to focus security efforts on direct messages or DMs.

2013年の中頃に、NSA の Edward Snowden が内部告発したことで、スパイ行為に対するアメリカ政府の関与が明らかになった。 そして、それをキッカケに Twitter は、プライバシーおよびセキュリティを強化する、テクノロジー・カンパニーの 1つとして数えられるようになった。周知のとおり、Twitter はパブリックなプラットフォームであるため、プライベートなコミュニケーションを提供するのは、DM もしくはプロテクト・アカウントのみとなる。したがって、同社が DM のセキュリティに注力することは理にかなっている。

The company is also among the most vocal in calling for more transparency from the federal government regarding requests for user data, and it was the only company to receive a perfect score on the Electronic Frontier Foundation’s “Who Has Your Back” report in 2013. The social network is not content with the agreement other tech companies have reached with the US government on data requests. Twitter contends that without the ability to specify exact numbers around national security requests, it’s not meaningful to users.

Twitter は、連邦政府が求めるユーザー・データの透明性において、最も口やかましく言われている 1社である。また、Electronic Frontier Foundation が 2013年に発行した、“Who Has Your Back” というレポートで満点を取っている、唯一の企業でもある。 さらに言えば、このソーシャル・ネットワークは他社と異なり、アメリカ政府によるデータへの要求に対して、甘んじているわけでもない。つまり、Twitter は、ナショナル・セキュリティが要求する、個人を特定する能力を超えたところで、国家権力と対峙しているのだ。 そして、それに応じることが、ユーザーにとって有意義ではないと主張している。

It’s unclear why Twitter halted its encryption efforts. For one thing, since users can opt to receive direct messages by SMS and email, encryption on Twitter’s own apps and websites may only give limited benefits. The company could also be choosing to put energy and attention into attracting new users rather than building new features. Though the company is seeing increasing revenues, user growth is slowing.

Twitter が、暗号化への取り組みを止、めてしまった理由は不明である。考えられる 1つの理由は、ユーザーが DM を受信する際に、SMS およびメールを選ぶことが可能なため、Twitter がアプリや Web サイトを暗号化しても、そのメリットが限定されるという点である。また、同社の選択肢が、新たな機能の開発ではなく、新しいユーザーを惹きつける方向へ振られたとも考えられる。同社は売上は伸びているが、そのユーザー数の伸びは鈍化しているのである。

Twitter did not respond to a request for comment. We’ll update the story if we hear back.

Twitter にコメントを求めているが、いまのところ反応はない。 なにかあったら、アップデートしていく。

ーーーーー

imageこの週末は、メールやメッセージの暗号化の話題が多くですね。 昨日に、Google が NSA に対抗して、Gmail のセキュリティを強化するというトピックをポストしましたが、その一方では、Windows 8 の情報リークを突き止めるため、Microsoft が Hotmail をスキャンしたのではないかというニュースも報じられています。 それに関連して、The Guardian は、Yahoo も Google も Apple も、みんなスキャンの権利は留保しているという記事をポストしています。 それに追い打ちをかけるように、Twitter の DM の暗号化が頓挫したという、このニュースです。 インターネットには、プライバシーはない、、、と割り切るべきなのでしょうか? Image(282)

ーーーーー

<関連>

Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?
アンチ Google キャンペーンは絶対に止めない – Microsoft 談
Zuck の 姉の Randi も困惑する、Facebook のプライバシー
Google トラッキングから身を守る秘伝とは?

Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!

Posted in .Selected, Google, Government, Privacy by Agile Cat on March 21, 2014

Google announces changes that will keep our emails safe from prying eyes
http://wp.me/pwo1E-7l2
by Robert Nazarian on Mar 20th 2014
http://www.talkandroid.com/200642-google-announces-changes-that-will-keep-our-emails-safe-from-prying-eyes/

_ Talk Android

Thanks to the NSA, privacy might be the biggest buzzword right now. A lot of people are concerned about who could be reading their emails. If you’re using Gmail, you might sleep better tonight after you read about the changes that Google has made.

NSA の功績により、いまや、プライバシーは、最大の流行語になったのかもしれない。数多くの人々が、誰かに自分の電子メールを読まれているのではないかと、いつも心配しているのだ。 しかし、あなたが Gmail を使っているなら、このポストで、Google が行っているアップデートについて確認して欲しい。 そうすれば、今夜から、マクラを高くして眠れるだろう。

The first change is that Gmail will always use an encrypted HTTPS. HTTPS has always been supported, but with the addition of encryption, nobody will be able to listen to your messages, even if you are using a public Wi-Fi. This goes for computers, phones, and tablets.

今回のアップデートは、2つのパートで構成されている。 まず、1つ目のアップデートだが、Gmail は常に、暗号化された HTTPS を使うようになる。 この HTTPS がサポートされることで、あなたのメールは暗号化される。 したがって、たとえばパブリックな Wi-Fi を使っている場合であっても、あなたのメッセージは、誰からも覗かれないようになる。そして、コンピュータだけではなく、スマホもタブレットも、同じように保護される。

The second big change is that Google will encrypt every single email as it moves internally. This would obviously be for all emails that you send or receive. What’s important here is that your emails are not only encrypted within Gmail’s servers, but also when traveling through Google’s data centers.

2つ目のアップデートは、かなり大掛かりな変更である。Google は、すべての電子メールに対して、それが内部に取り込まれるときに暗号化してしまう。つまり、あなたが送受信する、すべての電子メールが対象となるのは明らかだろう。ここで重要なのは、電子メールの暗号化が、Gmail サーバーの内部だけではなく、Google のデータセンター間を通過していく際にも施されていることである。

Google also shared that it’s important that Gmail has limited downtime. Nothing is 100%, but Google achieved an up time of 99.978% in 2013, which translates to a less than 2 hours of disruption per person for the entire year. Not bad.

この、暗号化のトピックとは別に、Google は Gmail のダウンタイムについても、重要な情報を提供している。100% とまではいかないが、2013年のアップタイムが 99.978% を達成したとのことだ。つまり、使用できない状況が、1年間に 2時間未満ということであり、悪くない数値である。

Are you feeling better about sending that next email?

これからは、安心して、電子メールを送れるようになるかい?

ーーーーー

image昨年の 5月〜6月ころに、突如として降って湧いた、いわゆる National Security Agency(NSA)による覗き見という現実ですが、インターネット上のデータを傍受するものであり、プロバイダーが関与していたわけではなかったようです。とは言え、ナショナル・セキュリティのためであれば、個人のプライバシーは保護されなくても良いのかという議論が起こり、その結果として、ついに Google が動き出したということなのでしょう。 まずは、Google 先生に拍手です!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

諜報機関 NSA による Prism 問題とは? とりあえずのリンク集を作りました
NSA の Prism は、プロバイダーの手を借りなくても、こんなふうに個人データを盗み出せる
PRISM 特需? Google から DuckDuckGo へ、大量のユーザーが流失
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?
Facebook のプライバシー : 知っておくべき 5つのポイント!
十代の若者とソーシャル : そのプライバシー意識をチャートで分析

Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?

Posted in .Selected, Businesses, Government, On Monday by Agile Cat on January 19, 2014

Open Data: Enabling $5 Trillion Annually in Value?
http://wp.me/pwo1E-787

By Dick Weisinger – Dec 30, 2013
http://formtek.com/blog/open-data-enabling-5-trillion-annually-in-economic-value/

_ formtek

Open Data has the potential to unlock between $3 trillion to $5 trillion annually in economic value, says a report by McKinsey. Specifically, the identify seven sectors of the global economy where the value could be attained.

McKinsey がレポートするには、Open Data により改善される経済的な価値が、年間で $3 trillion 〜 $5 trillion に至る可能性があるとのことだ。 そして、この経済価値の転換を可能にするものとして、グローバル経済における7分野を具体的に指摘している。

Michael Chui, principal at McKinsey, told CMSWire that that “open data has traditionally been motivated by societal goals such as improving transparency. But it is important to recognize that by opening data, you also create significant economic value.”

McKinsey の主席である Michael Chui が、「 Open Data は伝統的に、たとえば透明性の向上などの、社会的目標が動機とされている。しかし、データがオープン化されることで、夥しい経済的価値が生み出されると、認識することが重要である 」と、CMSWire に語っている。

While the McKinsey results are interesting, they seem a bit of a stretch. While certainly Open Data is one technology that can contribute in improving the areas that they suggest, Open Data alone will not be able to unlock the enormous projections that McKinsey forecasts. Parallel advances in Big Data, analytics, and computing all play an equally important role in helping to better utilize and achieve value from data.

McKinsey の結論は興味深いものではあるが、若干の誇大があるとも思える。確かに Open Data は、彼らが示唆する領域に貢献できる 1つのテクノロジーであるが、そこで予想されるような大きなビジョンを、単独で改善することは不可能だ。Big Data/分析/コンピューティングの、すべてが平行して進化し、また、データの価値を活用する上で、同じような重要な役割を担うことで、それは達成されるだろう。

The McKinsey report found that “Making data more ‘liquid’ (open, widely available, and in shareable formats) has the potential to unlock large amounts of economic value, by improving the efficiency and effectiveness of existing processes; making possible new products,services, and markets; and creating value for individual consumers and citizens.”

McKinsey のレポートで分かったことは、「 データを液状化(オープンでシェアが可能な、広く利用できるフォーマット)することに、膨大な経済的価値が解放される可能性が、秘められていることである。そして、既存のプロセスの効率性と有効性を改善することで、また、新しいプロダクト/サービス/マーケットを作ることで、さらには、一人一人の消費者と市民のための価値を創造することで、それは改善されていく」 という点である。

The seven sectors where McKinsey sees open data playing a major role in unlocking economic value include:

Open Data が重要な役割を担い、経済的な価値を創造していくと、McKinsey が認識している 7つの領域とは、以下のとおりである:

Education – Open data can enable $890 billion to $1.2 trillion annual savings by identifying effective teaching strategies, improving instruction, and better matching students to programs and jobs.

Open Data により、効果的な教育ストラテジーを認識し、インストラクションを改善し、より適切なプログラムやジョブと学生をマッチングさせることで、年間で $890 billion 〜 $1.2 trillion が節約できる。

Transportation – Open data could realize $720 billion to $920 billion in value by helping to improve planning and management of infrastructure. Open Data can also improve the purchasing, deployment and maintenance of fleets, and it can improve decision making by customers to better select from travel options so as to fit their needs and schedule.

Open Data により、インフラストラクチャに関する計画と管理を改善することで、$720 billion 〜 $920 billion の経済効果が達成される。さらに Open Data は、船舶の購入/展開/保守も改善する。そして、旅客に対しては、自身のニーズやスケジュールに合った、より適切なオプションから選択するよう、顧客の意思決定を向上させることができる。

Consumer Products – Open data can help achieve $520 billion to $1.5 trillion annually by improving product design and manufacturing, making store operations more efficient, better targeting sales and marketing, better informing consumers about food benefits and product recalls, and improving post-sales interactions.

Open Data によりプロダクトの設計と製造を改善することで、年間で $520 billion 〜 $1.5 trillion の節約が達成される。具体的には、店舗運営の効率化と、ターゲット販売およびマーケティングの改善、適切な食品および製品リコールに関する消費者への通知、プロダクトを販売した後のインタラクションを改善ことで、達成される。

Electricity – Open data can help enable $340 billion to $580 billion annually by helping to optimize how money is spent and invested for power generation. It can improve and make more efficient power generation. It can help to identify and develop ‘smart grid’ technologies for achieving more efficient transmission and distribution of power, and it can help consumers be better informed about the electrical appliances and the electric power services that they use.

Open Data により、発電に関する経費と投資を最適化することで、年間で $340 billion 〜 $580 billion の経済効果が達成される。 それにより、発電における効率も改善される。つまり、より効率的な送電と分電を達成するための、スマートグリッド・テクノロジーの開発を促進することであり、電化製品を使用する消費者たちに、電力サービスに関する十分な情報を提供することである。

Oil and Gas – Open data can enable $240 billion to $510 billion annually by providing better seismic and geologic information that can help oil and gas businesses better decide how to invest in future discovery. Better data can improve the efficacy of exploration and production, help businesses better select plant locations, and to improve the reliability of their refining, processing and retail operations.

Open Data により、地震や地質に関する適切な情報を、石油/ガスなどの企業に提供することで、将来の投資における意思決定を促進することで、年間で $240 billion 〜 $510 billion の経済効果を見いだせる。より適切なデータは、探査と生産の効率を向上させ、より良いプラント・ロケーションを知らしめ、精錬/加工/販売における信頼性を向上させる。

Health Care – Open data in the Health Care industry can help realize $300 billion to $450 billion annually. The data could help people make better lifestyle and treatment decisions. The data can guide practitioners into selecting more effective treatments. Consumers would be better able to wisely select providers that better match their needs, and also help them to be more cost-effective in the decisions that they do make. Health-related research, such as in the area of new drugs and better medical devices, could be make more productive.

Open Data を、Health Care 業界に適用することで、年間で $300 billion 〜 $450 billion が節約される。このデータにより、より良いライフ・スタイルや治療を、人々は得ていくことになる。また、このデータにより、開業医たちは、より効果的な治療法へと導かれていく。また、消費者たちは、自分のニーズに合ったサービスの提供者を、十分な情報に基づいて選んでいけるだろう。そして、可能な範囲で、もっとも費用対効果の高いサービスを得ていくだろう。たとえば、新薬や医療機器といった、健康に関する研究分野が、より生産的なものに変化していく。

Consumer Finance – Open data could unlock $210 billion to $280 billion annually. Better targeted and custom-designed financial products could be developed with better data. Consumer marketing could be more targeted. With better data, consumers would be able to make better informed financial decisions.

Open Data により、年間で $210 billion 〜 $280 billion の無駄を省くことができる。より適切なデータがあれは、ターゲットが絞り込まれ、カスタムにデザインされた、金融商品の開発が促進される。消費者を対象とした、ターゲット・マーケティングも促進されていく。より良いデータを活用することで、消費者たちは、自身の資産管理について、より適切な意思決定を下していくだろう。

ーーーーー

世界中で繰り返されている、気の遠くなるような無駄を、Open Data を用いて排除していけるなら、ここで述べられているような経済効果も夢ではないのだと思えます。 しかし、この世の中、その無駄に乗っかって生計を立てている人もいるわけで、上記のことを実施しようとするなら、たいへんな抵抗勢力と対峙しなければならないでしょう。 そして、それ以前に、戦争っていったい何なの? という議論があるでしょうし、武力とコストという問題も考えるべきなのでしょう。 単なるテクノロジーの話というより、人類の叡智の話という感じですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える

Boston 市政 : 76,000人分の メール・アカウントを、Microsoft から Google へ移行

Posted in Google, Government, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on January 7, 2014

Microsoft Just Lost A Huge Customer To Google: The City Of Boston
http://wp.me/pwo1E-75v
Julie Bort – Jan. 6, 2014
http://www.businessinsider.com/microsoft-loses-boston-to-google-apps-2014-1

_ Business Insider

The City of Boston has decided to rip out its Microsoft email technology and move 76,000 people to Google Apps. These email accounts were previously mostly using Microsoft Exchange, according to a blog post by Boston CIO Bill Oates.

City of Boston が Microsoft の電子メール・テクノロジーを捨て去り、76,000 人分のアカウントを Google Apps へと移行することに決めた。 Boston CIO Bill Oates のブログ・ポストによると、それらの電子メールカウントの大半は、Microsoft Exchange を使っていたものだという。

By Justin Sullivan/Getty Images
Google CEO Larry Page

This is one of the largest customers that Google has swiped from Microsoft to date and is significant for a few reasons. For one, it’s another feather in Google’s increasingly impressive cap. According to Google, Boston would be among the biggest contracts it has won for Apps. Other huge ones:

これまでにも、Google は Microsoft から、大口の顧客を奪い取ってきたが、いくつかの理由により、今回の一件は重要なものとなる。私見ではあるが、頂点を目指す Google にとって、力強い羽が得られたように思える。 Google によると、その Apps が勝ち取った中で、Boston の件は最大級であるという。 その他は、以下のとおりである:

Microsoft isn’t making it easy, though. In 2013, it announced lots of big contracts, too, such as a 100,000-seat deal with the State of Texas. Microsoft COO Kevin Turner even publicly bragged that Microsoft won back 430 customers from Google.

しかし Microsoft も、そう簡単には引き下がらない。 2013年には、State of Texas から 10万アカウント の大口契約を勝ち取ったとアナウンスしている。 さらに、Microsoft COO  である Kevin Turner は、430 社にものぼる顧客を Google から取り戻したと、公然と自慢している。

Still, Boston’s CIO Bill Oates made it clear that Google’s cloud won hands-down over Microsoft’s when the city was evaluating both of them. In a blog post announcing why the city chose Google apps, Oats wrote:

それでも、Boton の CIO である Bill Oates は、Google が Microsoft に対して楽勝だったという、両者を評価したときの結果を明らかにしている。その詳細については、Google アプリが選ばれた理由が、ブログ・ポストで説明されているので、そちらを参照してほしい:

In 2013, following an extensive review of the market, the city initiated a rigorous RFP process that attracted an wide array of bids, including multiple Microsoft and Google cloud offerings. A selection committee composed of members from our City IT organization, Boston Police, and Boston Public Schools evaluated 10 proposals based on both cost and technical capabilities. The committee unanimously chose Google Apps based on its ability to meet the needs of a fast moving city while providing a secure cloud environment.

2013年における、マーケットでの大掛かりな見直しに続くかたちで、私たちは幅広く集められた入札者たちに対して、きわめて厳格な RFP プロセスの適用を開始した。  もちろん、そこには、Microsoft と Google のクラウド・サービスも含まれていた。Boston 市の IT 部門および、警察組織、いくつかの公立学校などで構成される選考委員会は、コストとテクノロジーの両面において、10 の項目を評価した。そして、委員会が全会一致で選んだのは、セキュアなクラウド環境を提供しながら、将来へ向けて素早く駆け抜けていくという、この街のニーズを満たす Google Apps であった。

The message is clear from Google to Microsoft: Game on!

この Game On! というメッセージが、Google から Microsoft へと、明らかに投げかけられている。

ーーーーー

TAG indexこの、Google と Microsoft の競合について、Agile Cat で初めて取り上げてみたのは、2011年4月の 「Microsoft と Google が、政府調達で泥仕合を繰り返すのは?」でしたから、そこからは、すでに 2年近くが経っているのですね。それ以降も、いくつかの記事がありましたが、この間において Android が大きなシェアを勝ち取り、iOS と合わせると、大量の Mobile Gmail クライアントが、ちまたに溢れているという状況に変化しています。そして、なし崩し的に BYOD が広まり、それも Google の追い風になっていると感じます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Office 365 – Microsoft が本気の営業で Google Apps をツブシにかかる
Google の時価総額が、一瞬だけど Microsoft を追い越した
Google : Microsoft Office から、90% のユーザーを奪ってみせる
Microsoft : Google は Enterprise Office Apps に真剣ではない
アンチ Google キャンペーンは絶対に止めない – Microsoft 談
Google は エンタープライス Web アプリを理解していないと、MS は言うけれど

Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい

Posted in Asia, Government, Security by Agile Cat on December 6, 2013

Everyone hates Huawei: CEO says company is giving up on the US
http://wp.me/pwo1E-6Zq

December 3, 2013 –
Ricardo Bilton
http://venturebeat.com/2013/12/03/everyone-hates-huawei-ceo-says-company-is-giving-up-on-the-us/

_ VB Security

Okay, haters, you win: Huawei is nixing its growth plans in the US.

OK! 嫌っていた、あなたの勝ちだ。 つまり、Huawei が、アメリカ市場上における成長のプランを、投げ出そうとしているのだ。

For years, officials in the US and elsewhere have accused the tech company of being a proxy for the Chinese government. And while Huawei has long denied the claims, it seems like it’s just too tired to do it any longer.

この数年において、アメリカなどの政府当局者たちが、このハイテク企業は中国政府のプロキシであるとして、非難し続けてきた。そして Huawei は、こうした主張を長きにわたり否定してきたが、いまでは疲れ果ててしまい、これからも続けていこうとは思わなくなったようだ。

In a recent interview with French media, Huawei CEO Ren Zhengfei said the company will stop looking for new business in the US, where fears over its alleged spying are the highest.  ”It’s not worth it,” he said, according to a transcript of the interview.

最近のフランス・メディアとのインタビューにおいて、Huawei の CEO である Ren Zhengfei は、同社がスパイ活動をしたという疑惑が、最も深く浸透してしまったアメリカでの、新規事業を停止するだろうと発表した。 そして、インタビューのトランスクリプトによると、「 それは、単なる撤退というダメージ以上のものとなる」と、彼は発言したようだ。

Those fears sound like they’re torn out of a spy thriller: US officials say that Huawei, which makes routers as well as smartphones, could install backdoors into its products, making it easy for the Chinese government to spy on US companies that use them.

同社が、スパイ小説のような世界から、大急ぎで立ち去ろうとしているようにも聞こえる。 アメリカ政府の当局者は、ルーターに加えてスマホも作る Huawei であれば、そのプロダクツにバックドアを仕掛けることが可能だと発言している。 そして、それらを使用するアメリカ企業に対して、中国政府は容易にスパイ活動を行えるというわけだ。

While Zhengfei’s comments were a tad vague, a Huawei vice president told Foreign Policy that the company wasn’t pulling out of the US entirely — it’s just shifting its focus to markets like Europe, which “welcomes competition and investment.”

Zhengfei のコメントは少し曖昧だったのに対して、Huawei の VP は、同社がアメリカから完全撤退しなかったことを Foreign Policy 誌に語っている。つまり、「競争と投資を歓迎」してくれる、ヨーロッパ市場などに、フォーカスをシフトするという話だ。

While the shift seems drastic, it’s actually not surprising given that Huawei admitted as recently as this April that it had been effectively shut out of companies in the US.  That trouble came largely from a 2012 Congressional report that argued that Huawei and its fellow Chinese smartphone marker ZTE “cannot be trusted to be free of foreign state influence.”

このシフトは、ドラスティックなものに見えるが、いくつかのアメリカ企業から、Huawei が体よく締め出されてしまった 4月から、同社に対する認識が変化していないのなら、それほど驚くべきことではない。この問題は、Huawei および、中国のスマホ・メーカーである ZTE が、「 外国からの影響 」という面で信頼できない、2012 年版の議会レポートが主張したことで大騒ぎとなった。

Huawei denied those allegations (which weren’t built entirely on facts), but as the company’s recent news confirms, the damage has already been already done.

Huawei は、これらの主張( 実際には完全に立証されていなかった )を否定したが、最近のニュースで同社が認めているように、それによるダメージは、すでに排除できないものになっている。

ーーーーー

asia-pacificことの真意は、いったい何処にあるのか? それが曖昧なまま、Huawei が撤退してしまうという、きわめて稀な事件だと言えるのでしょう。 同じ、中国メーカーでも、たとえば Lenovo などは、しっかりとアメリカ市場でビジネスを確立しているのですから、やはり、腑に落ちないことだらけです。 文中にあるように、ヨーロッパへの参入がが本格化すれば、それなりの調査が実施され、シロなのかクロなのか、ハッキリするはずだと思います。 ぜひ、そうなって欲しいですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!

米国防省も モバイル・アップ・ストアと MDM で、新たな情報化に取り組む!

Posted in .Selected, Government, Mobile by Agile Cat on November 20, 2013

U.S. Department of Defense to Open Its Own App Store
http://wp.me/pwo1E-6Vw

By Colin Daileda – Oct 31, 2013
http://mashable.com/2013/10/30/department-of-defense-app-store/

_ Mashable

The U.S. Department of Defense is getting its very own app store, so soldiers can more efficiently book plane tickets and call in airstrikes.

アメリカの Department of Defense だが、 その目的に特化された独自のアップ・ストアを構築し、より効率の良いフライト・チケット予約を兵士たちに提供し、空からの作戦を円滑に進められるようにするとのことだ。

Image
Wikimedia Commons

The department awarded a contract to Digital Management, a Maryland-based firm, for an initial amount of $2.9 million to build the "mobile device management system," according to a release.

ニュース・リリースによると、ペンタゴンは Maryland ベースの Digital Management 社と契約を結び、MDM(Mobile Device Management)システムを構築するために、イニシャルで $2.9 million の予算を計上している。

Along with apps that would streamline paperwork and the airstrike process, the department is interested in translation software, facial-recognition apps and a more advanced Google Maps, among other tools.

この組織は、オフィス・ワークや空爆プロセスを合理化することになるアプリに加えて、翻訳アプリ/顔認識アプリ/より先進的な Google Maps といったソフトウェアに興味を示している。

"Across [the Department of Defense] there is a huge demand for applications," Alana Johnson, a department spokesperson, told Mashable in an email. "Our mission partners are looking for a solution, which closely resembles the experience and user interface that they have grown accustomed to while using their civilian devices."

「 この Department of Defense を横断するかたちで、アプリに対する大きな需要が生じている。私たちのミッション・パートナーたちは、市民としての兵士たちが、民生用のデバイスを使用している間に慣れ親しんでいる、エクスペリエンスとユーザー・インターフェイスに似たかたちの、ソリューションを模索している」と、この組織のスポークスマンである Alana Johnson が、Mashable にメールで知らせてくれた。

Jeff Gilmore, a former active duty Air Force officer who developed an app for military use and helped launched the first Defense Entrepreneurs Forum, said there is a desire to make military life more efficient.

Air Force で将校を務めていた Jeff Gilmore が、軍事用アプリを開発し、最初の Defense Entrepreneurs Forum を立ち上げた。 そして、軍人たちの生活を、より効率的していくという願望を述べている。

"There’s a niche need for tools, kind of like productivity tools, that help you out," Gilmore said. "They save you a heck of a lot of time."

「 ある種のプロダクティビティ・ツールのような、軍人たちを支援していくためのニッチなツールが存在する。 それらによち、膨大な時間が節約されるはずだ」

Only devices managed by the Defense Department will have access to the store, minimizing the risk of infiltration, Johnson said. What’s more, a security system will also be enforced to for protection, and the app store won’t contain any classified information that could compromise a defense department mission or plan.

Defense Department により管理されるデバイスだけが、このストアにアクセス可能であり、侵入のリスクを最小限に抑えると、Jonson は述べている。 さらに、セキュリティ・システムにより、その保護が強化される。また、このアップ・ストア自体に、機密情報が置かれることはないため、防衛部門のミッションやプランが損なわれる可能性は生じない。

The app store is scheduled to be completed in July 2014.

そして、このアップ・ストアだが、2014年 7月に完成するようだ。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

このストーリーについて、なにか加えるものがあったら、コメント欄でシェアして欲しい。

ーーーーー

TAG index以下の、古いバックナンバーにもあるように、ペンタゴンは 2009年からプライベート・クラウドに取り組んでいました。 そこでの目的の1つに、迅速なソフトウェアのデプロイメントがあったと記憶していますが、大きな役所において、権限に左右されずに IT 化を推進するために必要と、記述されていたはずです。つまり、ある種の DevOps に対応していたわけであり、また、今回は、Mobile App Store と MDM という、新たな目標にチャンレンジするようです。 どのような合理化が実現されるのか、興味シンシンですね! image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
アメリカ陸軍さま、65万台の iPhone と iPad、お買い上げ 有難うございます – Tim Cook
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドがペンタゴンの費用を低減する – Dec 4th, 2009
ペンタゴンのプライベート・クラウド – Apr 23, 2009

NYC が 市民にサービスする、無償の高速 Wi-Fi とは?

Posted in Government, Network, Weekend by Agile Cat on November 9, 2013

NYC plans free public WiFi expansion in all five boroughs by December 2013
http://wp.me/pwo1E-6T3

By
Zach Honig – Sep 30th, 2013
http://www.engadget.com/2013/09/30/nyc-free-wifi-expansion/

_ engadget

A handful of neighborhoods in Manhattan, Brooklyn, Staten Island, Queens and the Bronx will have high-speed WiFi access available for businesses and residents by the end of this year.

Manhattan/Brooklyn/Staten Island/Queens/Bronx の一部では、この年末までに、そこにオフィスを構える企業や、居住する人々のために、高速の無線 LAN アクセスが提供されるようだ。

NYC Mayor Michael Bloomberg announced an expansion today that’ll roll out over the next few months, lighting up parts of downtown Brooklyn, lower Manhattan, Harlem and other areas by December 2013.

NYC 市長である Michael Bloomberg が、今日 (9/30) のアナウンスメントで説明したのは、この計画における対象範囲が、近々に拡大せれるという話である。 具体的には、Downtown Brooklyn や、Lower Manhattan、Harlem などで、2013年12月までに、このサービスが実現されるという。

Companies have invested $3.4 million in the new infrastructure, and the city has contributed $900,000 to get the job done.

そのための新たなインフラに対して、複数の企業が $3.4 million もの資金を投資している。 そして、同市としても、この作業を完了させるために、$900,000 の予算を注ぎ込んでいる。

We’re still a long way from having a city blanketed in completely free high-speed wireless internet, but with widespread availability in key areas, thousands of residents and smaller businesses should be able to drop their current internet providers before the ball drops to welcome 2014.

NYC 全体を、無料の高速ワイヤレス・インターネットで覆い尽くすには、まだ長い道のりが残っているが、主要な地域から利用できるようになっていく。そこに住む大勢の市民や、在住する中小企業は、新年を祝うイベントである Ball Drop の前に、いまのインターネット・プロバイダーとの契約を、解除できるようになるという。

[Image source: AP/Frank Franklin II]

Source: Michael Bloomberg

ーーーーー

weekend2いいですよねぇ~~~ NYC に住んでいる人たちは。 この Bloomberg 市長さんは、まさに インターネット市長さんであり、以下のリンクにあるように、スマホを使った地下鉄サービスを提供し、.nyc ドメインを取得してブランド化を図るなど、いろいろな領域で、さまざまな視点から、この大都会のインターネット化を推進しています。 そして、文中でも紹介されている大晦日の Ball Drop は、インターネット・ライブのショーウィンドウでもあります。 今年は、どんなライブを見せてくれるのでしょうか? それにしても、この Madison Square の写真、キレイですね :)  image

ーーーーー

<関連>

New York City が取得した .nyc ドメインと、経済における目論見
NY の地下鉄では、スマホ・チケットの試みが始まるらしい
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
Apple – Grand Central – Store in NYC って?

 

中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?

Posted in .Selected, Asia, Facebook, Government, Social, Twitter by Agile Cat on September 27, 2013

China’s Facebook ban to be removed in Shanghai’s free-trade zone
http://wp.me/pwo1E-6He

September 24, 2013 –
Josh Horwitz
http://www.techinasia.com/chinas-facebook-ban-removed-shanghais-freetrade-zone/

_ tech in asia

China will lift its ban on sensitive international websites like Facebook, Twitter, and the New York Times within the perimeters of Shanghai’s free-trade zone, reports the South China Morning Post in an exclusive piece.

ついに 中国政府が、Facebook/Twitter/New York Times といった、神経に触るインターナショナル Web サイトを、上海の自由貿易ゾーンに限って解禁すると、South China Morning Post が特ダネとして報じている。

According to “government sources,” the decision has roots all the way up to the upper-echelons of the CCP. Chinese Premier Li Keqiang is said to be among the top-leaders to have endorsed the decision.

複数の政府筋によると、今回の決定は、CCP(Chinese Communist Party:中国共産党)の上層部から降りてきたとされている。 中国の首相である Li Keqiang(李克強)は、トップを構成するリーダーたちが、この決定を支持していると、発言している。

croson72/Flickr

Shanghai’s free-trade zone currently covers slightly under 30 square-kilometers in the city’s bustling Pudong district.

現時点において、上海の自由貿易ゾーンとしてカバーされるのは、繁華街である Pudong(浦東)地区の、30平方km 弱の地域となる。

Earlier this month Facebook’s Sheryl Sandberg visited Cai Mingzhao, director of China’s State Council and Internet Information Office (SCIO). The substance of their meeting wasn’t revealed to the press, however, and given the close timing between that event and the ban lift (not to mention’s Sandberg’s popular book Lean In), it’s unclear if that meeting had any influence on today’s news.

今月の初めに、Facebook の Sheryl Sandberg が、中国の State Council and Internet Information Office (SCIO) における Director である Cai Mingzhao を訪問している。その会談の内容は、プレスには公表されていないが、今回の禁止解除と、きわめて近いタイミングで行われている(Sandberg は Lean In の著者としても有名)。 とは言え、その会談が、今日のニュースに影響しているのはどうかは不明である。

It’s worth noting that the ban lift isn’t entirely unprecedented. The Fortune Global Forum 2013 had VPNs set up, and many 5-star hotels and Hong Kong-owned office towers do as well.

この禁止の解除が、注目に値するのは、これまでに まったく前例のない措置だからである。ここで開催された、The Fortune Global Forum 2013 でが VPN が設定され、また、数多くの5つ星ホテルと、香港所有のオフィス・ビルも同様である。

The ban lift comes at a somewhat unusual time as throughout the rest of China, the government currently waging the most severe crackdown on social media dissidence the state has ever undergone. Last week Charles Xue, a Chinese-American businessman who often posted politically sensitive material to his 12 million followers on Weibo, donned a prison vest and publicly apologized for his online conduct on Chinese television.

また、この解除は、中国全体を見ると、ちょっと奇妙なタイミングに実施される。 いまの 同政府は、ソーシャル・メディアに対して、最も厳しい取り締まりを繰り広げている最中にあるのだ。 先週のことだが、中国系アメリカ人の実業家である Charles Xue は、Weibo における 1200万人のフォロワーに対して、政治的に問題のある内容を繰り返してポストしたとして、囚人用のベストを着用したうえで、そのオンライン行為について、中国のテレビで謝罪させられている。

Head over to SCMP for the full piece.

ーーーーー

TAG index今月は iPhone 5S/5C のリリースがあり、世界中がフィーバーしていますが、Agile_Cat が最も注目したのは、China Mobile と Apple の契約であり、中国での販売価格の設定でした。 『Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!』という抄訳で お伝えしたように、かなりガッカリな結果でしたが、今後は、なし崩し的に引き下げられていくのだろうと予測しています。 以下のリンク集を見れば明らかですが、中国のマーケットは、すでに凄まじいパワーを持っています。 そして、上海の自由貿易ゾーンに限定されるとはいえ、そこで Facebook や、Twitter、New York Times などが解禁されるというのは、たとえウワサだとしても、とても興味深いことです。 もし、実現したら、それに続いて何が起こるのでしょうか? 引き続き、注目していきたい展開です。 image

ーーーーー

<関連>

Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
中国の検索マーケットは $39B に成長し、2016年には $75B にいたる!
Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能

 

%d bloggers like this: