Agile Cat — in the cloud

Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Netflix, Research, Twitter by agilecat.cloud on August 26, 2015
August has been a brutal month for some tech stocks
Matt Rosoff – Aug. 25, 2015, 9:51 AM
http://www.businessinsider.com/tech-stocks-august-2015-8
 
_ Business Insider
 
Monday’s stock market bloodbath capped off what was already shaping up to be a difficult month for tech stocks.
 
この月曜日の株式市場は惨憺たるものであり、8月における一連のハイテク株に対して、後退の月という烙印を焼き付けるかたちで収束した。
 
Screen Shot 2015-08-26 at 2.08.23 AMStatista charted the biggest losers for us as of market close on Monday August 24 — which some are calling Black Monday due to the huge drop in shares across the globe.
 
Statista が作成したチャートは、Monday August 24 のマーケットが閉まった時点で、下げ幅の大きかったハイテク企業の状況を示すものとなっている。世界中の株価を暴落させた今回の出来事について、何人かの人々は Black Monday と表現している。
 
But Tuesday morning saw a huge rally underway, so a lot of these losses are already being erased — for instance, Netflix is up more than 7% a few minutes after the market opened.
 
しかし、火曜日の朝のマーケットは、継続して大幅に反発しているため、これらの損失の多くは、すでに回復されているようだ。たとえば、Netflix などは、マーケットがオープンした数分後に、7% 以上のアップを記録している。
 
20150825_tech_stocks_bi
Statista
 
ーーーーー
research_55株というものと、まったくご縁のない Agile_Cat ですが、これだけの騒ぎになると、やはり気になります。 こうしてチャートを眺めてみると(Twitter は別の事情を抱えているようですが)、グローバル展開が急速に進んでいる Netflix や、ビジネスにおける中国の比重が大きい LinkedIn と Apple が、株価を大きく下げていたという感じがします。 その点、他と比べて Google の下げ幅が小さいのですが、中国と戦い続けてきた成果と見るべきなのでしょうかね :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google と 中国政府の予定調和を分析する
 

オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on August 21, 2015
Facebook is now more important than Google for online publishers
Jillian D’Onfro – Aug. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-v-google-referral-traffic-2015-8
 
_ Business Insider
 
Facebook is starting to drive more traffic to digital media websites than Google is, according to new data from Parse.ly, an analytics firm which collects data for about 400 digital publishers, including Conde Nast, Reuters, Mashable, and The Atlantic.
 
Parse.ly の最新データによると、デジタル・メディアの Web サイトへ向けたトラフィック誘導において、Facebook が Google を上回り始めたようだ。なお、同社の調査では、Conde Nast/Reuters/Mashable/The Atlantic などを含む、約 400 のデジタル出版社からデータが収集されているという。
 
Facebook GlobalFlickr
Duncan Hull
 
Facebook’s rise has been slow and steady since at least 2012, as it has been gradually wining referral traffic marketshare from Google Sites, which includes properties like Google News and Google.com web search.
 
2012年あたりから、Facebook のトラフィックは、徐々にではあるが着実に上昇している。その様子はというと、Google News や Google Search を含む Google サイトから、ゆっくりとワインでも楽しむかのごとく、Facebook がリフェラル・トラフィックのシェアを奪い取っているように見える。
 
Instead of SEO experts popping up everywhere, now it’s social media optimizers.
 
何処であっても登場してくる SEO 専門家に代えて、いまや ソーシャル・メディアが、オプティマイザーになろうとしているのだ。
 
A shift like this lends some credence to the theory that the world’s biggest publishers saw a dramatic drop in web traffic in April  because of a Facebook algorithm tweak rolled out around the same time. (A Facebook spokesperson told Business Insider that it didn’t see an overall decline in aggregated referral traffic in April.)
 
このシフトに関しては、世界の大手パブリッシャーたちの Web トラフィックが、この 4月に大きく低下しているということで、なんらかの論理的な信憑性が付与される。なぜなら、そのタイミングで Facebook のアルゴリズムが、微妙に調整されていたからだ。( Facebook のスポークスマンは Business Insider に対して、この 4月に収集されたトラフィックの全体量が、減少していることはないと語っていた)
 
Here’s the main chart showing the traffic referral trend:
 
以下は、リフェラル・トラフックの動向を示す、きわめて重要なチャートである:
 
Parsely Chart_1
Parsely
 
And here’s where Parse.ly’s network gets most of its referral traffic overall:
 
以下は、Parse.ly が取得した、全体的なリフェラル・トラフックの内訳である:
 
Parsely Chart_2
Parsely
 
This shift comes even as Facebook reveals ambitions to get more of that content on its own site.
 
このシフトが明らかにする、もう1つの視点は、そのサイトに大量のコンテントを集約しようとする、Facebook の大いなる野望である。
 
Facebook launched its much discussed publishing product — Instant Articles — earlier this summer to let media companies post their articles directly to its iOS app. Although multiple reports have pointed to an upcoming onslaught of more Instant Articles from publishers like The New York Times and The Atlantic, those floodgates haven’t opened quite yet.
 
Facebook は、この夏が始まったころに、Instant Articles というパブリッシング・プロダクトを立ちあげ、また、喧々諤々の議論を引き起こしている。このプロダクトは、それぞれのメディアの記事を、iOS アプリからダイレクトにポストさせようとするものだ。したがって、The New York Times や The Atlantic といった大手パブリッシャーから、この Instant Articles に対する猛烈な反発があったと、いくつかのレポートが指摘している。 そして、このゲートは、いまだにオープンされていない
 
Facebook also just completely revamped its blogging product, Notes, to make it easier for them to write and read long-form stories (it looks like a Medium-competitor).
 
さらに Facebook は、ブログ作成のためのプロダクトである Notes を刷新している。つまり、長文のストーリーであっても、ユーザーたちは容易に、Write/Read できるようになる。(ある種の、メディアに対する競合とも思える)
 
Happily for Facebook, not all of the new traffic it’s funneling to digital sites comes for free.
 
Facebook にとって幸いなことに、それらのデジタル・サイトに流し込む新しいトラフィックの、すべてを無償にする必要もないのだ。
 
BuzzFeed, for example, spent millions of dollars last year to promote its clients’ ads, according to internal financial documents published by Gawker, and many other digital publications will occasionally pay to boost well-performing posts.
 
Gawker が内部的に公表した財務書類によると、たとえば昨年の BuzzFeed のケースでは、同社におけるクライアントの広告を展開するために、(Facebook に対する)膨大な支出が計上されている。また、数多くのデジタル出版物も、自身の記事の PV を稼ぐために、Facebook アドに対して支払うというケースが多いのだ。
 
SEE ALSO: Meet the scrappy team of Facebookers whose ‘explicit goal is to get you off Facebook’
 
ーーーーー
facebookこの、Google と Facebook の拮抗については、別件の仕事で「These Charts Reveal How Google And Facebook Run The Internet」という記事を訳していたので、かなり近づいていると感じていました。 そして Facebook は、単にリフェラルを増やすだけではなく、たとえば BuzzFeed などへのリンクを避け、オリジナル・サイトを抽出するなど、そのアルゴリズムを洗練させてきたようです。おそらく、Google と Facebook の闘いは続くと思いますが、Facbeook が特別なポジションを確保したのも間違いないでしょう。 前述の記事は、「あらゆる SEO に関する議論は、真っ先に Google とつながるだけに、原則として終始したと言えるだろう。 そして、トラフィックの成長が主たる関心事となる、ニュース・コンテント・サイトにおけるソーシャル戦略の中核には、Facebook が居座ることになるはずだ」と結論づけていました。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 2015-Q2 決算:欧米だけに依存しない、グローバル戦略が実を結んできた!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
 

Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

Posted in .Selected, Asia, Google, Network by agilecat.cloud on August 18, 2015
Google’s 60Tbps Pacific cable will have highest-ever capacity across Pacific Ocean
Tim Hornyak | June 24, 2015
http://mis-asia.com/tech/industries/googles-60tbps-pacific-cable-will-have-highest-ever-capacity-across-pacific-ocean/
 
_ MIS
 
With bottles of bubbly and a purification ceremony, a Google-backed undersea cable was given a warm welcome on a beach in Japan last week, a critical step in building the highest capacity data link in the Pacific ever created.
 
シャンパン・パーティーと厳かな儀式。 Google が支援する海底ケーブルが、先週(6/24)に Japan サイドに陸揚げされたとき、そんな温かい歓迎を受けたようだ。最大のキャパシティで太平洋を横断する、このデータリンクを構築する上で、それも重要なステップだったのだろう。
 
google-faster-cableThe 9,000-kilometer FASTER cable will have a peak capacity of 60 terabytes per second (Tbps) when it enters operation next year, joining Japan with Oregon on the West Coast of the U.S. Apart from Google, the project is backed by telecom carriers KDDI of Japan, SingTel of Singapore, Global Transit of Malaysia, China Mobile International and China Telecom Global.
 
この 9,000km の FASTER ケーブルは、来年に運用が開始されると、60 Tbps (terabytes per second)という最大キャパシティで、Oregon と Japan を接続することになる。このプロジェクトには、Google だけではなく、Japan の KDDI/Singapore の SingTel/Malaysia の Global Transit/China Mobile International/China Telecom Global といった、テレコム・キャリアたちも相乗りしている。
 
At the landing site in Shima, Mie Prefecture, east of Osaka, a machine pulled the cable onto the beach from an offshore cable-laying ship while stacks of armored pipes, which shield the link from anchors near the shore, were piled nearby. A Shinto ritual was held to pray for the success of the project, which will cost roughly US$300 million. The cable was routed into a landing station building that houses optical equipment.
 
Mie Pref の Shima サイトでは、敷設船から海岸線へと、ケーブルが陸揚げされている。そして、このリンクは、何重にも装甲されたパイプにより、船のイカリから守られている。神道による祈願も、この US$300 million のプロジェクトを、成功へと導いていた。そして、光学機器を収容したステーションへと、このケーブルは無事に陸揚げされた。
 
The FASTER cable will also be connected to existing infrastructure offshore at Chikura, Chiba Prefecture, southeast of Tokyo, next month. With six fiber pairs and 100 wavelengths, it will have a peak capacity 300 million times greater than the TAT-1 transatlantic cable of 1956, which could handle 36 telephone calls, or roughly 200kbps, Google said.
 
FASTER ケーブルは、来月には Chiba Pref の Chikura でも、既存のインフラストラクチャに接続される。この 6 Fiber ペアと 100 Wavelength を有するケーブルは、1956年から運用されている TAT-1 海底ケーブルと比較すると、約 3億倍の最大キャパシティを有することになる。その当時は、200 Kbps のキャパシティにより、36回線の通話をサポートするものに過ぎなかったと、Google は述べている。
 
KDDI said it was 3000 times faster than the 20Gbps TPC-5 cable system, which began service in 1995. Consumers on either side of the Pacific, however, won’t have the option of choosing which of the several undersea cables their data goes through.
 
また、KDDI の説明によると、このケーブルは、1995年から運用されている 20Gbps TPC-5 システムに対して、約 3000倍の高速性を誇るものになるという。つまり、太平洋を挟んで通信する利用者たちは、どちらのケーブルを望むのかという点で、選択肢を持ち得ないことになる。
 
“It just means that there’s more capacity between United States and Japan, and the throughput will be better,” said Shota Masuda, a senior manager at the Submarine Network Division at NEC, which is building the new cable system. “You might feel that the Internet experience is a little smoother or faster.”
 
NEC Submarine Network Division の Senior Manager である Shota Masuda は、「U.S. と Japan を、これまで以上のキャパシティで接続することで、そのスループットも向上するだろう。そして、より高速で滑らかな、インターネット・エクスペリエンスを得るだろう」と述べている。
 
Roughly 99 percent of all transoceanic Internet data goes through submarine cables, which are designed to last decades. Several hundred systems link various parts of the world, and the FASTER cable is scheduled to be ready for service in the second quarter of 2016.
 
大海原を横断していくインターネット・データの約99%が、10年〜20年も前にデザインされた海底ケーブルを通過し、この世界における各地を、数百のシステムがリンクしている。そして、FASTER ケーブルは、2016年 Q2 にはサービス・インの予定である。
 
ーーーーー
google-55aこの FASTER ですが、約20年前の TPC-5 に対して、3000倍というキャパを持つようですね。Android フォンの Google Now で、音声が瞬時に解析されたときに、ビックしたのですが、それ以上の驚きが次々に登場してくるのでしょう。 海底ケーブルによる遅延が限りなくゼロに近づき、また、データセンターへの電力供給 (自給) の問題が解決されたとき、どんな災害にも負けないインターネット網が、ほんとうの意味で確立されるのです。楽しみですね〜〜〜 :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: ユーザー企業が賞賛!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
 

Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!

Posted in .Selected, Google, IoT, Weekend by agilecat.cloud on August 15, 2015
Google self-driving car meets accident, 4 injured
AP | Jul 17, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-self-driving-car-meets-accident-4-injured/articleshow/48111647.cms
 
_ Times of India
 
LOS ANGELES: Google Inc revealed that one of its self-driving car prototypes was involved in an injury accident for the first time.
 
LOS ANGELES: Google だが、その自動操縦プロトタイプ・カーが、事故に巻き込まれた件数などについて、初めて明らかにした。
 
In the collision, a Lexus SUV that the tech giant outfitted with sensors and cameras was rear-ended in Google’s home city of Mountain View, where more than 20 prototypes have been self-maneuvering through traffic.
 
このテック・ジャイアントのホームである Mountain View で、センサやカメラを装備した Lexus SUV をテストしている最中に、衝突されるという事故があった。 この街では、20台以上のプロトタイプが、公道上で自動操縦されているのだ。
 
The three Google employees on board complained of minor whiplash, were checked out at a hospital and cleared to go back to work following the July 1 collision, Google said. The driver of the other car also complained of neck and back pain.
 
この、7月1日の事故では、同乗していた 3人の Google 従業員が、軽いムチ打ち症を訴えていたが、病院から退院した後に仕事に戻っていると、Google は述べている。また、もう一方の車のドライバーは、首と背中の痛みを訴えていたという。
 
Google self-driving carFlickr
smoothgroover22
 
In California, a person must be behind the wheel of a self-driving car being tested on public roads to take control in an emergency. Google typically sends another employee in the front passenger seat to record details of the ride on a laptop. In this case, there was also a back seat passenger.
 
California では、公道上での自動操縦のテストにおいて、緊急時のコントロールが必要とされるため、ハンドルを操作できる座席にドライバーが座らなければならない。また、Google は、ドライバーの隣にも従業員を同乗させ、ラップトップ PC で詳細な記録を取るというのが常である。さらに、今回のケースでは、後部座席にもに同乗者がいた。
 
Google has invested heavily as a pioneer of self-driving cars, technology it believes will be safer and more efficient than human drivers.
 
Google は、自動操縦車のパイオニアとして、多額の研究費を投資している。 そして、このテクノロジーは、人間のドライバーよりも安全で効率が良いと確信している。
 
This was the 14th accident in six years and about 1.9 million miles of testing, according to the company. Google has said that its cars have not caused any of the collisions — though in 2011 an employee who took a car to run an errand rear-ended another vehicle while the Google car was out of self-driving mode.
 
Google によると、6年の歳月をかけ、約190万マイルの距離を走ったテストにおいて、今回の事故は 14件目のものであるという。そして Google は、いずれの事故においても、その原因を作り出してはいないと述べている。ただし、2011年に 1件だけ、用事のためにセルフ・モードを解除して運転していた従業員が、他車に追突するという事故があったという。
 
In 11 of the 14, Google said its car was rear-ended.
 
そして、14件のもらい事故のうち、11件が追突によるものだと、Google は述べている。
 
In a blog, the head of Google’s self-driving car program, Chris Urmson, wrote that his SUVs “are being hit surprisingly often” by distracted drivers, perhaps people looking at their phones.
 
Google の Self-Driving Car Program の責任者である Chris Urmson は、注意が散漫なドライバーにより、彼らの SUV が頻繁にぶつけられていると、そのブログに書いている。 それらのドライバーは、おそらくスマホを触っていたのだろう。
 
“The clear theme is human error and inattention,” Urmson wrote. “We’ll take all this as a signal that we’re starting to compare favorably with human drivers.”
 
Urmson は、「明らかなテーマは、人間は間違いを犯すし、不注意に陥りやすいという点だ。 私たちのテクノロジーは、人間であるドライバーに対して、良い意味で匹敵し始めているという、シグナルを受け取っている」と、発言している。
 
In a telephone interview, Urmson said his team was exploring whether its cars could do something to alert distracted drivers before a collision. Honking would be one possibility, but Urmson said he worried that could start to annoy residents of Mountain View.
 
Urmson は、電話を介したインタビューで、注意が散漫なドライバーが衝突しそうになる前に、なんらかの警告を発せないかと、彼のチームは考えていると述べていた。 ホーンを鳴らすというのが、1つの選択肢になるだろうが、Mountain View の住民に迷惑をかけるかもしれないと、Urmson は躊躇しているようだ。
 
According to an accident report that Google filed with the California Department of Motor Vehicles about the July 1 crash: Google’s SUV was going about 15mph in self-driving mode behind two other cars as the group approached an intersection with a green light.
 
Google が California Department of Motor Vehicles に提出した、7月1日の事故に関するレポートによると、セルフ・モードの Google SUV が、2台の車に続いて 15mph で走っており、青信号の交差点に差し掛かったときに、その事故が起きたようだ。
 
The first car slowed to a stop so as not to block the intersection — traffic on the far side was not moving. The Google car and the other car in front of it also stopped.
 
先頭の車が、交差点をブロックしないように、減速して停止した。 なぜなら、交差点を渡った向こう側が渋滞していたのだ。2番目の車と、Google SUV 自動操縦車も、それに合わせて停止した。
 
Within about a second, a fourth vehicle rear-ended the Google car at about 17 mph. On-board sensors showed the other car did not brake.
 
それから数秒後に、4番目の車が約 17 mph で、Google SUV の後部に突っ込んできた。なお、その車が、ブレーキをかけていないことを、オンボード・センサーが示していた。
 
The driver of that car reported “minor neck and back pain.” The SUV’s rear bumper was slightly damaged, while the vehicle that struck it lost its front bumper.
 
事故を起こした車のドライバーは、首と背中に、軽い痛みがあると訴えていた。SUV のリア・バンパーが、少し破損した。そして、もう一方の車は、フロント・バンパーを失ったという。
 
Mountain View police responded, but did not file an accident report.
 
Mountain View の警察が駆けつけたが、事故報告書は提出していないという。
 
ーーーーー
weekendGoogle のセルフ・ドライブ・カーというと、あの、小さくて丸っこいのを思い浮かべますが、Lexus SUV などでもテストされているようですね。 この、セルフ・ドライブには、多くの人が注目していると思います。 そして、自分で車を運転する人であれば、人間よりも機械のほうがマシと感づいているはずです。 こうして、Google のプロトタイプが、公道上でのテストを積み重ねて、人間のドライバーよりも安全であることを証明していけば、世界的な規模で変革が起こるでしょう。 とりわけ、都市部においては、自動車が所有物から共有物へと変化していくことで、交通渋滞が解消するかもしれません。 そして、高い駐車場代を支払いながら、目的地の駐車場が確保できないので、自動車が使えないというような矛盾も消え去っていくでしょう。 この分野は、明るい未来が見えていますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Maps のスタッフは 7000人 : Apple は どうするの?
Google Maps は、あなたの行動を記録している:心配な人はチェックしよう!
Google Maps の底力:膨大なデータを用いて、目的地までの時間を予測する!
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?
 
 

Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Google, Network by agilecat.cloud on August 6, 2015
Google is its own secret weapon against Amazon & Microsoft in cloud computing
By New York Times – 17 Jun, 2015
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2015-06-17/news/63540797_1_microsoft-azure-amazon-web-services-cloud-companies
 
_ Economic Times
 
Google is wielding a new weapon against Amazon and Microsoft for cloud computing customers: itself.
 
Google だが、クラウド・コンピューティングを改善するために、Amazon と Microsoft に対して、新しい武器で挑もうとしている。
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources, perhaps the largest on the planet. These include disclosures about Google’s ultrafast fiber network, its big data resources and the computers and software it has built for itself.
 
Google は、自身のクラウド・ビジネスを利用する企業に対して、以前よりもオープンに話しかけている。 そのため、この地球上で最大だと思われる、Google のコンピューティング・リソースについても、詳細が明らかになってきている。そこには、Google の超高速ファイバ・ネットワークや、ビッグデータ/コンピュータ/ソフトウェアといった、自社で構築してきたリソースも含まれている。
 
Check Out this Workshop near LA For you are in the LA Area (or willing to travel for an interesting workshop), join my friends Frederick Van and Joeseph Linashke for their workshop at nearby Joshua Tree.  These guys have worked hard to put together a really excellent program... you can visit the website to see everything that is included! New Interview Up with Ron Martinsen I had an interview with the extremely nice Ron Martinsen.  Head on over Ron's photography blog to have a loosee!  He also has a nice discount code on my textures tutorial, in case you have been waiting for a good deal!' Daily Photo - A Great Day at the Google HQ! Wow that was a cool experience.  Those guys and gals over there are super-nice.  You never know...  I guess maybe Google seems somewhat intimidating from the outside, but after I met guys like Cliff, Brian, and Chip -- I felt right at home. I gave an hour-long talk in one of their theaters there.  It was super-packed and people were standing all around because seats were gone.  We were graced with the presence of one Sara Jane Todd from @Peachpit to help out selling books - and we sold out!  Also, my Brazilian friend Fabio, the editor of Abduzeedo was there too, so it was great to see him. The Authors@Google (video link) program has a neat deal where they subsidize books, so Googlers don't have to pay full price.  I saw all kinds of cool stuff and took a lot of pics.  I have to get most cleared with Google Corp Comms before I can release... but I nabbed shots of a spaceship, a new pseudo-holodeck, and more mysteries await!  We even got to eat lunch there in the Google cafeteria, which had some of the most excellent food I've ever had in such a setting... they even have a small organic farm on the campus... well, I could go on and on...  but I was very impressed and happy to meet so many enthusiastic people! The video should be done in the next 2-3 weeks or so.  We've got good-man Brian at Google slaving away on editing the whole thing together! from Trey Ratcliff at www.stuckincustoms.com Flicker
Trey Ratcliff
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources.
 
The aim is to position Google as a company capable of handling the biggest and toughest computational exercises, lightning fast. The disclosures follow earlier moves by Google Cloud Platform, as the search company’s cloud computing business is called, to show off its data analysis capabilities.
 
その目的は、最大かつ最高のコンピューティング身体能力を、光の速さでハンドリングできる企業として、Google と位置づける点にある。一連の開示は、Google Cloud Platform の動向に追随するところから始まっている。それは、検索会社のクラウド・コンピューティング事業と呼ばれるように、データ解析能力を誇示するものとなっている。
 
Details like the ability to pass information between Europe and the United States in less than 100 milliseconds, and a practice of fully backing up user data in nine different locations, make Google seem both cutting edge and even bigger than most people suspected. But the company may also be borrowing a playbook from Amazon Web Services, which in 2013 started disclosing some mind-blowing metrics about its global computing network.
 
その能力の詳細はというと、Europe/United States 間のデータ送信を 100ミリ秒以下で完了し、また、9ヶ所に分散されたロケーションにユーザー・データをバックアップするという、人々が推測する以上の最先端かつ最大規模の存在として、Google を映し出すものになっている。さらに同社は、Amazon Web Services の脚本をなぞることも可能だ。2013年のことだが、AWS はグローバル・コンピューティング·ネットワークに関して、いくつかの素晴らしい指標を公開しているのだ。
 
At an event Tuesday for Google Cloud Platform – Google’s name for the computing, storage and networking it sells to business – Google will name the Taiwanese phone maker HTC as a customer. HTC has used Google to build a new kind of computing architecture that enables smartphone apps to update data fast and reliably to many devices at once, and look efficient even when the phones get poor reception.
 
この火曜日(6/16)に開催される Google Cloud Platform(企業向けに販売されるコンピューティング/ストレージ/ネットワークの名称)のイベントで、Google は Taiwan のスマホ・メーカーである HTC を、その顧客として公表する。新しいコンピューティング・アーキテクチャを構築する存在として、HTC は Google を採用している。それは、スマホ・アプリの高速アップデートと、大量のデバイスに対する一括処理を実現するものであり、また、通信環境がプアな場合であっても最善を目指すというものだ。
 
On Wednesday, a senior Google executive is expected to give what the company says will be an unprecedented look at the overall Google network design. This includes key tools that enable large-scale management of computing devices across the globe, according to one customer.
 
そして水曜日には Google の幹部が、そのネットワーク・デザインについて、前例のない様相を示していると、言及するだろうと期待されている。あるカスタマーによると、そこに含まれる重要なツールは、世界中に点在するコンピューティング·デバイスを、大規模なスケールで管理するものになるという。
 
telegeography-map“We are managing 2 million to 3 million smartphones in this network,” said John Song, the senior director of engineering at HTC. “Google is the only player in cloud that owns lots of fiber-optic cable worldwide, and it replicates its users’ data in nine different places at all times.” That kind of control, he said, enables users to do more technically difficult things.
 
HTC の Senior Director of Engineering である John Song は、「私たちは、このネットワーク上で、200万〜300万台のスマートフォンを管理している。Google は、世界に張りめぐらされた光ファイバ・ケーブルを所有しているという意味で、唯一のクラウド・プレーヤーである。そして、すべての状況において、9ヶ所の異なるロケーションに、そのユーザ・データを複製している」と述べている。彼によると、この種のコントロールがユーザー企業に提供されることで、より困難な技術的課題であっても実現できるという。
 
Song said HTC also looked at the cloud offerings of AWS and Microsoft Azure, along with IBM and Alibaba. Google was the dark horse, because it does not operate in China, and HTC wanted to be everywhere in the world. Google’s technical dedication won the day.
 
Song の発言によると、HTC は AWS と Microsoft Azure や、IBM と Alibaba からのクラウド提案も検討したようだ。そして、HTC はグローバルをサポートしたいのに、Google は China で使えないため、ダークホース的な存在であったようだ。しかし、Google の技術的な取り組みが、今日の勝利につながっている。
 
“The other salesmen just wanted to take orders,” he said. That may not be a winning approach for a mass of customers, but it does suggest how each cloud player is reflecting the nature of its core business.
 
つまり、「他社のセールスマンは、単に注文を取りたかっただけ」と、彼は述べている。 Google のアプローチは、マス・マーケットで勝つためのものではないだろうが、それぞれのプレイヤーにおけるコア・ビジネスの性質を反映した、クラウドへの取り組みという観点を示唆している。
 
Amazon, a retailer, is offering computing at scale and ease of use in data analysis. Microsoft, with decades of business ties, stresses its interoperability with current systems and data tools. And IBM has lots of high-level data analysts.
 
Amazon は小売業のメリットを活かし、規模のコンピューティングと、容易に利用できるデータ分析を提供している。Microsoft は、数十年におよぶ企業システムでの実績をベースに、現状のシステムおよびデータ·ツールとの、インターオペラビリティを押し出している。また、IBM もハイ・レベルのデータ分析を、数多く有している。
 
“Each of the cloud companies wants to store and process all of a company’s data,” said Sharmila Mulligan, co-founder and chief executive of ClearStory Data, a corporate data analysis company, who described all of the companies as “extremely partner-friendly” with companies like hers, owing to their urgency to offer more big data services.
 
企業データ分析会社 ClearStory Data の、Co-Founder and Chief Executive である Sharmila Mulligan は、「それぞれのクラウド企業が、顧客であるユーザーの、すべてのデータを保持/処理したいと考えている」と述べている。彼女は、「きわめてパートナー・フレンドリー」だと、それらの企業を表現している。 それは、ClearStory Data にも似たものであるが、その背景には Big Data サービスを急いで提供したいという、思惑があるという。
 
“Data analysis presents a stickiness – once you’ve put your corporate data in one of them and you’re analyzing it, you won’t move out,” she said. “You’ll be constantly ingesting new data – how could you afford to move? If they own your data, they own you.”
 
彼女は、「データ解析は、きわめて粘性の高いサービスである。それらのクラウドにデータを預け、すでに分析しているなら、他への移行は考えなくなるだろう。つまり、常に新しいデータが取り込まれている状況で、移行を考える余裕があるだろうか? それらのクラウドが、あなたのデータを所有しているなら、あなた自身を所有していることになる」と発言している。
 
Nobody crunches data like Google, and the new portrait of its resources is intended to show that handling almost any corporate task will be easy for it. Google Cloud Platform has built out specialties in areas like manufacturing, genomics and media to handle industry-specific needs on a global basis.
 
Google のように、データを高速処理しているクラウドはない。同社のリソースが写し出す光景は、大半の企業におけるタスクの処理を、簡潔なものにしようという発想である。Google Cloud Platform は、グローバルにおける業界固有のニーズに対応するものであり、また、製造業/ゲノム解析/メディアなどの分野に特化したかたちで構築されている。
 
“We have 90 points of presence around the world,” said Dan Powers, a Google Cloud sales executive, referring to places customers can get access to the Cloud.
 
Google Cloud の Sales Executive である Dan Powers は、「世界に点在する 90 の PoP(points of presence)を有している」と述べているが、その数自体が、同社のクラウドにアクセスできる場所を示すものとなる。
 
A point of presence, or PoP, is where a company’s computers get direct access to the Internet and a local telecommunications service provider.
 
それらの PoP はダイレクト・アクセスを実現するものであり、ユーザ企業のコンピュータを、インターネットやローカル通信サービス・プロバイダに接続していく場所となる。
 
Leah Bibbo, a spokeswoman for AWS, said her company currently had 53 PoPs worldwide. Also Tuesday, AWS announced that it would offer data analysis in Spark, a technology for handling very large data loads that is rapidly overtaking existing methods.
 
AWS のスポークスマンである Leah Bibbo は、現時点において 53ヶ所の PoP を、ワールドワイドで展開したと述べている。そして火曜日の AWS は、Spark によるデータ分析を提供すると発表している。このテクノロジーは、大量のデータをハンドリングするものであり、また、既存の方式を上回るとされている。
 
Powers also said Google runs 2 billion containers, or ways of managing software globally, every week: “We hope to run billions for customers.”
 
その一方で、Google の Powers は、ソフトウェアをグローバルで管理するために、1周間で20億個というペースで、コンテナを拡散しているという。 そして、「数十億のコンテナを、顧客のために拡散したい」と述べている。
 
ーーーーー
google-55a2009年のことですが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳のポストで、ネットワークに投資していく Google のスタンスを知りました。 そして、このポストで紹介されている HTC のコメントを読むと、その長期的な戦略が結果を生み出し始めたのだと思えてきます。 さらに言えば、膨大な数の Android デバイスに対して、アプリやコンテントを供給していくシステムとネットワークは、ある種の IoT だと捉えることも可能です。 これからも、継続してネットワークに投資していくであろう、Google の動きに注目ですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google の アジア・データセンター戦略とは?
 

Google+ が 終わってしまう? そんな ウワサが 流れはじめている

Posted in .Chronicle, Google, Social by agilecat.cloud on August 3, 2015
Google+ Ending: Google Plus Could Be Nearing To An End
Vinay Patel – Aug 02, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/60115/20150802/google-plus-google-google-shopping-google-plus-ends.htm
 
_China Topix
 
After its famed launch, Google+ has unsuccessful to live up to the expectations set by its makers as they failed to differentiate itself from the crowd; however, the platform can’t be written off so soon as it still has several new tools that are extremely useful and can transform its fate.
 
Google+ がローンチしたときの、あの騒ぎを覚えているだろうか? そして、その後の Google+ だが、数あるソーシャル・メディアの中で差別化に苦労するにつれて、Google 自身が設定した期待値に応えることが困難になってきている。しかし、このプラットフォームには、きわめて有用な、いくつかの最新ツールが含まれ、また、自身の運命を変えることも可能なはずだ。したがって、すぐに切り捨てられることもないだろう。
 
Google PlusFlickr
Yoel Ben-Avraham
 
According to USA Today, Google+, the once popular social media platform that was launched amidst great hype and fanfare, could be seeing the end of days. But, there are still some useful tools that this platform is offering though looks like Google plus has already given up the fight.
 
USA Today によると、鳴り物入りで発表されたソーシャル・メディアであり、かつては人気を誇った Google+ だが、終焉の可能性が取り沙汰されているようだ。このプラットフォームには、いくつかの有用なツールが含まれているのだが、Google は戦うことを諦めてしまったとされる。
 
Recently, it was announced that one does not need to have a Google plus account for YouTube and other Google platforms as users will now be able to access the platforms with their regular Google id itself, the Google plus sign in will no longer be compulsory.
 
最近のことだが、YouTube を含む Google プラットフォームへのサイン・インにおいて、Google+ のアカウントが不要になると発表されている。そして、ユーザーたちは通常の Google ID により、それらのプラットフォームにアクセスできるようになる。つまり、サイン・インにおける Google+ アカウントの強制が解けることになるのだ。
 
Initially, because Google had imposed the Google plus membership on the users, it created a certain hostility towards its services that never really disappeared. Basically, Google plus is a social media network that has users but still not many people who actually use it. As for the features, users have an excellent alternative to skype in the Hangouts that allows users to connect across the globe. In fact, Google’s hangouts offers the facility to chat with ten people at the same time. The Hangout app also allows users to make free phone calls.
 
これまでの Google は、ユーザーに対して Google+ メンバーシップを強要してきたので、消し去ることのできない反感を植え付けてしまった。基本に立ち返ってみれば、Google+ はソーシャル・メディアであり、それほど多くの人々が利用していないという現実を抱えていた。ただし、機能面においては、Skype に取って代わることが可能な、Hangouts の存在が光っている。実際のところ、Google の Hangouts を用いれば、グローバルにおけるユーザー接続が可能になるだけではなく、同時に10人とチャットする機能まで提供されるのだ。さらに言えば、Hangout を使えば、通話も無料になる。
 
Even the Photos option on Google plus is actually way better than the other options available across social media portals. For instance, Google Plus is programmed to take a direct back-up of every photo that is being clicked via the user’s device, including smartphone. Sadly, the feature was noticed only by photographs though Google’s idea of introducing the options was to improve display and attract more users. The clear trade off in this deal is that Google tends to lower the resolution of the picture in the process. Nevertheless, they remain usable even for printing.
 
また、Google+ の Photo オプションは、その他のソーシャル・メディアと比較しても、きわめて優秀なものとなっている。たとえば、Google+ の Photo は、クリックされている全写真を、スマホなどのユーザー・デバイスを介して、ダイレクトにバックアップするようにプログラムされている。こうしたオプションを導入するという Google アイデアは、表示を改善するだけではなく、より多くのユーザーを引き付けるものになったはずなのだが、残念なことに、写真の取り扱いだけが注目されてしまった。この機能における明確なトレード・オフは、画像を処理していくプロセスにおいて、解像度が低下する方向へと、Google が向かっていった点にある。 ただし、それにもかかわらず、印刷における有用性は維持されている。
 
Another report on The Guardian also said that Google was planning to venture into e-commerce to lure customers by offering them shopping options.
 
また、The Guardian からの別レポートによると、Google はショッピング・オプションを提供することで、顧客を惹きつけるというスタイルで、eコマースへの進出を計画していたらしい。
 
ーーーーー
google-55aChina Topix で Google+ のウワサ話というのも、ちょっと変な感じがしますが、文中で囲繞されている USA Today の記事を、このアジア・フォーカスのメディアが、先に拾ったということなのでしょう。 その他のメディアをググって見ましたが、Business Insider もオーストラリア版が先に報道しているようです。もっとも詳しく書いているのは Mashable で、かなり気合の入った内容となっています。さらに調べてみたら、「 Google Gives Up on Google+ as a Facebook Rival 」という記事を、WSJ が 7/27 にポストしていたので、この辺りがウワサの出処かもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる契約にサインした!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較をチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信! これは便利だ!

Posted in .Selected, Google, Mobile, WhatsApp by agilecat.cloud on July 30, 2015
You can now use Google Now to dictate messages on WhatsApp
Micah Singleton – July 28, 2015
http://www.theverge.com/2015/7/28/9057923/google-now-dictate-messages-whatsapp-viber-wechat
 
_ verge
 
Google is rolling out an update to Google Now that will allow you to dictate and send messages through a number of popular third-party messaging apps including WhatsApp, the company announced in a blog post.
 
Google Now の、新しいバージョンが展開されている。このバージョンでは、Google Now 上での指示により、WhatsApp などのサードパーティ・アプリを立ち上げ、Now の音声認識を介してテキスト化したメッセージを、それらのメッセージとして送信できるようになると、Google はブログ・ポストでアナウンスしている。
 
Googls Plus and WhatsAppGoogle Now will also send messages through Viber, WeChat, Telegram, and NextPlus
 
WeChat, Viber, Telegram, and NextPlus are the other initial third-party services that Google Now will be able to send messages through. Simply say “Ok Google, send a WhatsApp message to Tom,” and Google will render and send the message through the proper service.
 
Google Now がサポートすることになる、その他のサードパーティ・サービスとしては、WeChat/Viber/Telegram/NextPlus などが、第一陣として発表されている。単に[OK Google」と言い、[send a WhatsApp message to Tom]と続ければ、その音声が Google によりレンダリングされ、指定されているサービスを介したメッセージとして送信される。
 
whatsapp2.0The feature is currently only available in English, but Google says it will be adding more languages and more apps in the future. This is just the latest step in Google’s attempt to turn Google Now into your true personal assistant, and it’s a smart move. Google is consistently improving and adding features to Google Now, at a faster rate than Microsoft is with Cortana, and much faster than Apple has with Siri. At this rate, it won’t be a competition for much longer.
 
現時点において、この機能は英語のみに対応しているが、より多くの言語とアプリケーションに取り組んでいくと、Google は述べている。この試みは、Google Now をパーソナル・アシスタントにするための、最も新しいステップであり、とてもスマートなものである。Google は Now に対して、一貫性のある改善を施し、また、新しい機能を追加している。 そのスピードは、Microsoft の Cortana よりも速く、Apple の Siri と比べると、さらに速いものとなっている。このスピードで Google が突き進むと、そろそろ競争も終わるのかと思えてくる。
 
ーーーーー
google-55aこれはイイですね! じつは、Android には ListNote Speech-to-Text Notes というアプリがあり、これを使うと Now の音声認識結果をテキストにして、他のアプリにリダイレクトすることが可能なのです。 けっこう便利で面白いので、街を歩きながら Facebook メッセージを作るときなどに、たまに利用しています。 それが、Now のネイティブ機能として提供されるのですから、必ず使いやすくなるはずです。でも、いま調べたら、ListNote Pro という有償バージョンを買っていました。 そんなこんなで、Agile Cat にとっては、嬉しくて悔しい Google Now です :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?
Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google Now が iOS に侵攻 : Siri なんて単なるジョークだ
 

iPhone と Android のユーザーでは、こんなにもデバイスへの愛が異る:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 16, 2015
iPhone users upgrade a lot more often than Android users
Matt Rosoff – July 10, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-vs-android-upgrade-cycle-2015-7
 
_ Business Insider
 
Apple is turning the crank for its next iPhone release, expected this fall — it just put out a public preview of iOS 9, the updated operating system that will ship on new iPhones, and the leaks about the phone hardware are coming fast and furious.
 
Apple だが、次期 iPhone を、この秋にリリースするために、その動きを活性化している。そして、パブリック・プレビューが提供された iOS 9 は、新しい iPhone と共に出荷されるのだろう。さらに言えば、新しいハードウェアに関するリーク情報が、ものすごい勢いで発信されている
 
iPhone Upgrade
Gallup via Statista
 
Overall, it looks like the next iPhone will be a minor update — there won’t be a huge design change to the software like there was in 2013, or exciting new form factors like the larger-screen iPhone 6 and huge iPhone 6 Plus last year. But it might not matter, at least not in the U.S.
 
ただし、全体的にみて、次期 iPhone はマイナー・アップデートであり、また、2013年のように、ソフトウェアに関する大規模なデザインの変更は行われないだろう。言い換えるなら、昨年の iPhone 6 と iPhone 6 Plus で目玉となった大画面のような、ユーザーを新たに刺激するようなフォームファクターも含まれない。とは言え、少なくとも US のマーケットでは、そんなことは、問題にならないのかもしれない。
 
According to a spring 2015 poll by Gallup, compiled here by Statista, more than half of iPhone users upgrade as soon as their carrier allows them to — usually every two years. That means about half of people still sporting an iPhone 5S are likely to buy the new 6S (or whatever it turns out to be called) when it comes out. Only 47% of iPhone users keep their phones until they’re obsolete or stop working.
 
2015年の春に Gallup が実施した調査から、Statista がチャートを作り出している。つまり、iPhone ユーザーの場合、新たな iPhone がキャリアから提供されるとすぐに、その半分以上が買い替えを行なっていることになる。大まかなところで、そのサイクルは2年毎となる。そうだとすると、iPhone 5S ユーザーの半分くらいが、新しい 6S(名前が明らかになっているわけではないが)が提供されると同時に、それを購入するのだろう。iPhone ユーザーの場合、時代遅れや故障という理由が、買い替えの動機になるのは、わずか 47% に過ぎないのだ。
 
ーーーーー
mobile_55なかなか面白い視点ですね! Agile Cat の場合、これまでの買い時は、お目当てのデバイスの値段が Expansys のリストで暴落した時だったのですが、昨年に MVNO の LG G2 mini を買ってからというもの、デバイス探しの熱意も消えてしまいました。安物 Android でも、4-core のチップさえ載っていれば、だいたいのアプリが、ストレス無しに走る時代になりました。iPhone ファンの方には申し訳ありませんが、どんなデバイスで見ようが、Facebook は Facebook だし、WordPress は WordPress だし、、、という感覚になってしまうのです。それで OK と思えるのか、思えないのか、、、その辺りに、双方のユーザーの違いがあるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図を1枚のチャートで!
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
%d bloggers like this: