Agile Cat — in the cloud

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Research by agilecat.cloud on February 3, 2016
Alphabet passes Apple as most valuable firm after hours
Ari Levy – Feb 1, 2016
http://www.cnbc.com/2016/02/01/google-passes-apple-as-most-valuable-company.htms
 
_CNBC
 
Google parent Alphabet was set to pass Apple as the most valuable company in the world on Tuesday. At Monday’s after-hours levels (which technically reflect an indication, but not the real-world value), Alphabet’s market cap would roughly be $570 billion, eclipsing Apple’s current market cap of about $535 billion.
 
この火曜日 (2/2) のことだが、Google の親会社である Alphabet が、世界で最も価値のある企業の座を、Apple から奪い取ることになった。 月曜日の時間外取引において(あるシステム内の指標であり、現実の価値を反映したものでない)、Alphabet の時価総額が約 $570 billion に至り、Apple の $535 billion を覆い隠したのだ。
 
Google CampusWikipedia
 
The last time Google was more valuable than Apple was in February 2010, when both companies were worth less than $200 billion. At the time, Apple had yet to release its first iPad, the newest iPhone on the market was the 3GS, and the Mac was the company’s biggest product line, accounting for one-third of revenue. Steve Jobs was still at the helm.
 
この資産価値の比較で、前回に Google が Apple を上回ったのは、2010年2月 のことであり、両社の評価額は $200 billion に至っていなかった。その当時の Apple は、iPad のデビューに邁進しており、マーケットに提供されている iPhone は 3GS という状況だった。 そして、稼ぎ頭である Mac が、収益の 1/3 を占め、Steve Jobs が実権を握っているという時代であった。
 
Google was being guided by Eric Schmidt, who would hand control back to co-founder Larry Page the following year. The company was a little more than half its current size.
 
Google の方はというと、Eric Schmidt が率いている状況であり(その後に、Co-Founder である Larry Page に、トップの座が戻されることになった)、その規模も現在の半分ほどのものであった。
 
Aple vs Google .JPGClick to Large >>>
Apple vs. Alphabet
Chart source: FactSet
 
Apple and Google actually flip-flopped multiple times between 2008 and early 2010, before Apple went on a historic tear, jumping from $180 billion in value to over $650 billion in September 2012. At that point, the two companies were separated by over $400 billion. In 2011, Apple passed Exxon to become the world’s most valuable company.
 
2008年 から 2010年の初頭にかけて、Apple と Google のポジションは、何度も入れ替わってきた。 しかし、当時で $180 billion と評価されていた Apple は、iPhone が歴史的な成長を達成したことで、2012年9月に $650 billion に至り、両社の差は $400 billion 以上に開くことになった。 なお、2011年に Apple は Exxon を追い抜き、最も価値のある企業の座を手に入れている。
 
It’s hard to believe that Google was the more valuable company from the time of its IPO in 2004 until April 2008. Then iPhone madness began.
 
2004年に IPO に至った Google が、2008年4月の時点で Apple を上回っていたというのは、いまとなってみれば信じがたいことである。 そして、その後に、iPhone の怒涛の快進撃が始まったのだ。
 
Google’s latest rise versus Apple began in July. From that point through the end of 2015, its shares soared 44 percent, while Apple’s sank 16 percent.
 
そして、昨年の 7月ころから、Google が Apple を猛追し始めた。その時点から、2015年の終わりまでの間で、Google の株価は 44% も上昇したが、Apple は 16% を失っている。
 
Apple’s main problem is its reliance on the iPhone, which now accounts for two-thirds of revenue. It’s a massive business, but sales in the fiscal first quarter increased only 1 percent from a year earlier, while iPad and Mac revenue dropped. Investors are concerned that unless Apple changes course and decides to compete with lower cost Android manufacturers on price, the iPhone’s best days are in the past.
 
いまの Apple にとっては、収益の 2/3 以上を iPhone だけに依存していることが、大きな問題となっている。もちろん、それはビッグ・ビジネスであるが、2015年 Q4 の売上はというと、前年比で 1% の成長に留まり、また、iPad と Mac の収益は低下しているのだ。そして、Apple が方針を変更し、低コスト Android のメーカーたちと、価格面で競争しないかぎり、iPhone の栄光が過去のものになると、投資家たちは懸念しているだ。
 
Meanwhile, Google is convincing investors that in the transition from Web to mobile it will maintain its dominance. According to eMarketer, Google is poised to capture 32 percent of the mobile ad market this year and next, staying well ahead of Facebook, which is around 20 percent. The company generates so much profit from its digital ad business that it can invest in all sorts of potential growth areas, namely autonomous driving and extending life.
 
その一方で Google は、Web から Mobile へと、その優位性を移行させるという点で、投資家たちの理解を得ている。eMarketer によると、今年から来年にかけて Google は、モバイル・アド市場で 32% のシェアを獲得するための、態勢を整えているようだ。 つまり、20% 前後といわれる Facebook に対して、かなり先行していることになる。周知のとおり、Google はデジタル・アド事業から、膨大な利益を生み出している。そして、それにより、自律走行車やヘルスケアといった、あらゆる成長分野への投資を可能にしているのだ。
 
ーーーーー
research_55これには、驚きましたね! Apple の調子が良くないことは、各種のメディアから報道されていましたが、こんなに Alphabet/Google が伸びているとは、まったく気づきませんでした。 昨年に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」と、「Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page」という抄訳を続けてポストしましたが、ビジネスの多角化と、Sundar Pichai への権限譲渡などが、安定した成長を達成する要素として評価されているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況チャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
 

Comments Off on Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!

Posted in .Selected, Enterprise Social, Google, Microsoft, Research by agilecat.cloud on January 22, 2016
These charts show just how popular Microsoft still is with big businesses
Max Slater-Robins – Jan 21, 2016
http://www.businessinsider.com/gartner-microsoft-is-the-most-popular-big-business-email-provider-2016-1
 
_ Business Insider
 
Gartner has published research that shows which companies provide the online services used by multi-billion-dollar companies.
 
Gartner が、いわゆる Multi Billion Dollar 企業が利用する、オンライン・サービスのプロバイダーについて、調査結果を発表した。
 
The report, titled “Microsoft Dominates Clould Email in Large Public Companies,” looks at how Office 365, the cloud services component, compares to Google’s Apps for Work. Garnter looked at over 5,000 companies in total.
 
この、Microsoft Dominates Clould Email in Large Public Companies というタイトルのレポートは、クラウド・サービス・コンポーネントである Office 365 と、Google Apps for Work の違いに注目している。そのために Gartner は、合計で 5,000社以上の企業を調査したという。
 
Office365RetailPackWikimedia
 
According to the research, Microsoft is the winner when it comes to really big business. The top category — a company with over 100,000 employees or revenues of over $10 billion (£7 billion) — sees Microsoft with an 85% share.
 
今回の調査によると、ユーザー企業が超大手の場合に、勝者となるのは Microsoft となる。たとえば、対象となるユーザー企業が、(チャートの左端)10万人以上の従業員を持つケースや、$10 billion (£7 billion) 以上の売上をもたらすケースでは、Microsoft のシェアが 85% だと示されている。
 
The second top category — a company with over 5,000 employees or revenues between $1 billion (£650 million) and $9 billion (£6.3 billion) — has Microsoft with an 80% share.
 
続いて、(チャートの左から2番め)従業員数が 5万人以上のケースや、売上が $1 billion (£650 million) 〜 $9 billion (£6.3 billion) のケースでは、Microsoft が 80% のシェアを得ている。
 
Google’s popularity grew as the companies became smaller, but Microsoft was the clear winner with companies that bought tens of thousands of subscriptions to software services.
 
ユーザー企業の規模が小さくなるにつれて、Google の人気が上昇していくが、数万のソフトウェア・サービスをサブスクリプションする企業の領域となると、明らかに Microsoft が勝者だ。
 
Here are the charts (via CMSWire):
 
Share of online software services in companies, ranked by number of employees.
 
従業員数でランク付けしたときの、オンライン・ソフトウェア・サービスのシェア。
 
2016-19-01 microsoft google cloud email share by enterprise employees
Gartner
 
Microsoft has the biggest share of online cloud services among businesses with over 100,000 employees.
 
Microsoft は、10万人以上の従業員を抱えるユーザー企業の領域で、最大のオンライン・クラウド・サービス・シェアを獲得している。
 
Share of online software services in companies, ranked by revenue.
 
売上でランク付けしたときの、オンライン・ソフトウェア・サービスのシェア。
 
2016-19-01 microsoft google cloud email share by enterprise revenue
Gartner
 
Microsoft has the largest share of online software services among companies with revenues of over $10 billion (£7 billion).
 
Microsoft は、$10 billion (£7 billion) 以上の売上を生み出すユーザー企業の領域で、最大のオンライン・クラウド・サービス・シェアを獲得している。
 
NOW WATCH: This is what your phone looks like when you have 8 million Instagram followers
 
ーーーーー
MSこういう傾向だろうと、予測はしていましたが、かなりの差が付いているのに驚きました。ほんと、長い時間をかけて蓄積された、ユーザー・エクスペリエンスの力を感じてしまいます。 そして、これらのチャートは、単に Office 365 だけではなく、Acrtive Directory までを含めた、エンタープライズとしてのユーザー・エクスペリエンスが機能していると、示唆しているのでしょう。さらに言えば、このパワーが、Azure をブーストしていくと推測できます。今年の Microsoft からは、ほんと、目が離せませんね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!

iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するという、とんでもない ウワサ が!

Posted in Apple, Google, Mobile, Telecom, Weekend by agilecat.cloud on January 17, 2016
Apple ‘helping’ iPhone users switch to Android
Techradar | Jan 11, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Apple-helping-iPhone-users-switch-to-Android/articleshow/50533718.cms
 
_ Times of India
 
Apple may be about to make it a lot simpler to switch from the iPhone to an Android phone. The rumour is that Apple is building a tool to make it easier to put your contacts, photos and other data onto an Android handset.
 
Apple だが、iPhone から Android Phone への乗り換えを、ずっとシンプルにするのかもしれない。このウワサは、コンタクトやフォトといったデータを、Android Phone に簡単に移動させるツールを、Apple が構築しているという話から生まれている。
 
Infinite LoopAn “industry source” has spoken to The Telegraph and claimed Apple will be making the tool after pressure from a selection of European telecom operators.
 
It would work in a similar way to the ‘Move To iOS’ app on the Google Play Store, but obviously the other way around. An “industry source” has spoken to The Telegraph and claimed Apple will be making the tool after pressure from a selection of European telecom operators.
 
Google Play で提供されている Move To iOS アプリに似ているが、逆方向で機能することは明らかだ。ある業界筋が The Telegraph に話したところによると、Europe のテレコム・オペレータたちに選ばれるために、Apple はプレッシャーをかけられ、このツールを作ることになるという。
 
Bridging the divide
 
Apparently, with only a limited amount of customers switching over to Android after being integrated in iOS, it means it weakens operator’s commercial negotiations with Apple. Apple is working on the tool at the moment, but there’s no confirmation it will ever see the light of day.
 
iOS を使い始めた後に、Android に切り替えるユーザーは、限られた範囲になるようだが、それによりテレコム・オペレータたちは、Apple との駆け引きで後手に回ることになる。現時点において Apple は、このツールの開発に取り組んでいるようだが、それが日の光を見ることになるのかといえば、何の確証もない。
 
It’d be another step away from former CEO Steve Jobs’ vision for the iPhone as he believed in locking customers further into the ecosystem and wouldn’t want to see customers leaving iOS.
 
それが現実のものとなるなら、前 CEO である Steve Jobs が、iPhone に対して想い描いていたビジョンから、離れていくものにもなるだろう。彼は iPhone について、そのエコシステムに顧客をロックできると信じ、また、顧客が iOS から去っていくのを見たくないと思っていたはずだ。
 
Apple hasn’t confirmed the news but the rumour seems to come from a competent source, however we don’t expect to see anything come from the company until it’s ready to release official news.
 
Apple は、このニュースを認めてはいないが、このウワサの出どころからすると、いい加減な話ではなさそうだ。とは言え、オフィシャルなニュース・リリースが到着するまで、同社からは何も得られないと思っている。
 
ーーーーー
weekendまず、Apple のビジネス・モデルですが、いわゆる二年縛りの契約で iPhone を提供するテレコムは、周知のとおり、逆ザヤであっても Apple からデバイスを仕入れ、その後の通信料で仕入れコストを回収しているわけです。そして、本音としては、どこか別のところで、ユーザーが好みのデバイスを購入し、自社からは通信回線だけを提供するという、シンプルなビジネス・モデルに切り替えたいと思っているはずなのです。もちろん、テレコムで開発された素晴らしいサービスもありますが、それらにしても、テレコムとしてのビジネスから切り離し、もっと広い OTT の世界で勝負したほうが良いはずなのです。そんな背景があってか、最近のアメリカを見ていても、T-Mobile AT&T は SIM フリーの方向へ向かっているように思えます。 それは、ヨーロッパのテレコムにおいても同じであり、また、そのような Apple とせめぎあいの中から、このようなプレッシャーが生まれているのでしょう。ここは、テレコムたちに頑張って欲しいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
スマホ・ビジネスにおける iPhone の特殊性: 15% のシェアで、92% の利益をかき集める
iPhone に押し込まれた、不要な Apple アプリのアイコンを、iOS から見えなくする秘策とは?
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という Morgan Stanley の予測が!
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは、やはり3月なのか?
iPad Pro が充電時にクラッシュするという問題:Apple がオフィシャルに認めたようだ!
 

Comments Off on iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するという、とんでもない ウワサ が!

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

2015 Google: 人工知能と機械学習を駆使した、パーソナル・アシスタントを実現する

Posted in .Chronicle, AI ML, Google by agilecat.cloud on December 30, 2015
膨大な数の Android デバイスを支援する、Google のバックエンドが さらに成熟してきた・・・
December 30, 2015
 
AC 2015
 
Google先日の 2015 Advertising というポストでも説明しましたが、広告業界における Google の強さは圧倒的であり、商品経済というものが存続する限り、その資金源が尽きることもないでしょう。 こうした強みを活かして、着実にバックエンド・インフラを整備し、売上と利益を積み上げていく姿は圧巻です。 そして、この 2015年だけで、広告を売るための OS である Android が、10億台ほど出荷されたことで、その基盤はさらに強化されていくはずです。
 
しかし、Android の強みは、それぞれのユーザーの手元にあるデバイスにではなく、Google のバックエンドから供給される、高品質のサービスにより達成されていることを忘れてはなりません。 たとえば、その屋台骨である検索に関しても、あらたなアルゴリズムが導入され、また、RankBrain という人工知能/機械学習のテクノロジーが導入され、その精度を高めているのです。
 
smartphone_os-2010-2014さらに言うなら、この Google のコアとも呼べるテクノロジーが、Google Now が生み出した VPA(virtual personal assistants)という世界を、リードしていることも指摘しておきたいです。つい先日にポストした、「いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?」に対して、たくさんのコメントが FB や TW を介して寄せられましたが、すでに数多くの人々が、Post-Smartphone を予測していることの証だと捉えています。
ーーーーー
 
Q1
 
インドの Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 !
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との戦いが?
VMware と Google の提携:両社の発言を整理してみた
Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが・・・
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
Dropbox の新機能により、ローカル・アプリとの連携がシームレスに!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?
 
Q2
 
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータを、1枚のチャートで!
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしている?
Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!
中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が iOS を追い越した!
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる新たな契約!
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
モバイルの調査:1位 Samsung、2位 Apple、10位にインドの Micromax が大躍進!
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
 
Q3
 
Blackberry が Android に改宗か? 喜べ QWERTY スマホ派!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのソリューションを Chromebook 上で実現!
Nokia の Android スマホが 来年に登場か? 熱烈希望 QWERTY バージョン!
iPhone と Android のユーザーでは、こんなにもデバイスへの愛が異る
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google+ が 終わってしまう? そんな ウワサが 流れはじめている
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか?
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
次期 Nexus 6は Huawei 製になるのか? アメリカ市場で Huawei は復権するのか?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
Google Keep の iPhone 版が 登場! クロス・デバイスの メモ環境が、さらに便利に!
迷えるメール・ユーザーへ、Google 先生が BLOCK ボタンなる 福音を鳴らしたもう・・・
 
Q4
 
Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される! 90カ国語に対応だ!
Google が 中国の AI スタートアップに出資: このインターネット市場に復帰できるのか?
Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持!
YouTube Red が始まる: この有償バージョンについて、知っておくべき6つの項目とは?
Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!
Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
iPad も不調だが、Android タブレットも大きく落ち込んでいる!
Google の大転換:Chrome OS を廃止して、すべてを Android に統合するらしい!
Chrome OS を終わりにしたい、Google の事情が見えてくる、1枚のチャートとは?
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率!
最凶の Android マルウェアが発見された: ファクトリ・リセットでも削除できない!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この提携を、どのように理解する?
Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った
Google+は死んでいない! 米国の 18% の人々が利用という、調査結果が発表された!
Google と Akamai が 提携: Google Cloud Platform のスピードとコストは?
Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
 
ーーーーー
AC_tempそれと、今年の Google について特筆すべきは、Alphabet という親会社が設立され、Larry Page と Sergey Brin の職務が移行し、Google の CEO に Sundar Pichai が就任したことです。 突然の発表であり、また、大規模な組織変更なので、Agile Cat は驚いたのですが、多くの方々も同じように感じていたはずです。 さらに言うなら、その理由がよく分からないという思いもあったはずです。
 
app-store-revenue-value-shareしかし、10月末から11月の初めにかけて、Larry Page が Fortune Global Forum で質問に答え、また、Sergey Brin がインタビューに答えたことで、その狙いが中国マーケットに有るのだろうと、推測できるようになってきました。Google は 2010年の時点で、検閲をめぐる論争や、Gmail ユーザーへの攻撃を理由に、中国マーケットから全面撤退しています。しかし、Nest のような IoT デバイスなら、別ブランドで市場に参入できるかもしれませんし、また、それ以前の問題として Google Play を、この巨大マーケットに持ち込みたいはずなのです。2016年は、Google と北京政府の間で、さまざまな駆け引きが繰り広げられるのだろうと推測しています。 _AC Stamp
 

Comments Off on 2015 Google: 人工知能と機械学習を駆使した、パーソナル・アシスタントを実現する

Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!

Posted in Facebook, Google, Instagram, Mobile, Netflix, Network, Research, SnapChat, Social, Yahoo by agilecat.cloud on December 19, 2015
These Apps Are Putting a Strain on Mobile Networks
Felix Richter – Dec 9, 2015
http://www.statista.com/chart/4124/mobile-traffic-by-application/
 
_ Statista
 
In recent years, larger smartphone screens and faster mobile networks have led to a surge in video and other rich content consumption on mobile devices. Mobile data traffic subsequently surged and, according to estimates by Cisco , will continue to do so for years.
 
この数年のことだが、大型化されたスマートフォンのディスプレイと、高速化されたモバイル・ネットワークにより、ビデオなどのリッチ・コンテントが、大量に消費されるようになってきた。Cisco の推計によると、急増しているモバイル・データ・トラフィックは、これからの数年においても、その傾向を保つとされる。
 
chartoftheday_4124_mobile_traffic_by_application_nClick to Large >>> 
 
This chart breaks down mobile data traffic in North America during peak times by application.
 
このチャートは、アプリが押し寄せるピーク・タイムの、北米におけるモバイル・データ・トラフィックを分析するものだ。
 
Interestingly, it is just a handful of apps that account for the lion’s share of mobile data consumption. According to a recent report by broadband equipment company Sandvine, YouTube and Facebook alone account for 36 percent of North America’s mobile traffic during peak hours. In total, the seven most data-hungry applications combined with plain old web browsing (HTTP) account for two thirds of mobile data traffic while the millions of other apps account for the remaining third.
 
興味深いことに、ほんの一握りのアプリが、全体的なモバイル・データ消費量に対して、最大のシェアを占めている。ブロードバンド機器メーカーである、Sandvine の最新レポートによると、北米のピーク・アワーにおいて、モバイル・トラフィックの 36% が、YouTube と Facebook に占有されていることになる。全体を見通すと、7種類のデータ・ハングリーなアプリと、昔ながらの Web ブラウジング (HTTP) の合計が、その 2/3 を占めている。そして、無数のアプリが 1/3 を占めている。
 
ーーーーー
research_55あれから、どれくらいの時間が経ったのかと思い調べてみたら、ネット・ニュートラリティに関して FCC がモメたのは、昨年のことだったのですね。そんな騒ぎも収まって、Youtibe も Facebook も心おきなく、ガンガンとトラフィックを使っているようです :) つい先日のことですが、Airtel の CTO である Abhay Savargaonkar が、OTT サービスが無ければ、インターネットの急速な成長はあり得なかったと、述べていました。そして時代は、4.x G から 5G へと進んでいきます。この先、なにが起こるのか、とても楽しみです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った!
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒する
 

Comments Off on Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!

Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Network by agilecat.cloud on December 16, 2015
Google has quietly launched an Akamai competitor
JORDAN NOVET – Dec 9, 2015
http://venturebeat.com/2015/12/09/google-cloud-cdn/
 
_ VB
 
Google has quietly started offering Google Cloud CDN service, a new content-delivery network (CDN) that should appeal to independent developers who want their applications to load quickly.
 
Google Cloud CDN というサービス、静かに立ち上げられている。この、新しい CDN (content-delivery network) は、自身のアプリケーションを迅速に配信したい、独立系のデベロッパーにアピールするものになるはずだ。
 
GoogleFlickr
brionv
 
For its “alpha” release, Google is now accepting applications from people who want to try the new service, which is limited in geographical availability. More locations will be added when the service becomes generally available.
 
この新しいサービスにおいて、Google はアルファ・リリースを提供することで、試してみたいという人々から申請を受け付けているが、現時点では地理的な制約があるようだ。ただし、このサービスが一般に公開されるときには、より多くのロケーションが追加されることになる。
 
“Google Cloud CDN (Content Delivery Network) uses Google’s globally distributed edge caches to cache HTTP(S) Load Balanced content close to your users,” the product description states. “Caching content at the edges of Google’s network provides faster delivery of content to your users while reducing the load on your servers.”
 
Google のプロダクト説明によると、「 HTTP (S) Load Balanced コンテントを、あなたのユーザーの近くにキャッシュするために、グローバルに分散された Google Cloud CDN エッジを活用するものだ。Google のネットワーク・エッジに、対象となるコンテントをキャッシュすることで、それぞれのユーザーにに対して高速でコンテントを配信できるようになる。 また、それと平行して、サーバーに対する負荷も軽減される」となる。
 
This is yet another piece of the puzzle that will allow the Google Cloud Platform to compete with other major cloud providers, specifically market leader Amazon Web Services, which offers the CloudFront CDN.
 
この試みは、Google Cloud Platform が、主要なクラウド・プロバイダーと競合していく上で必要な、パズルのピースでもある。とりわけ、クラウド・リーダーとして CloudFront CDN を提供している、Amazon Web Services と戦うためには、不可欠なものとなるだろう。
 
Microsoft Azure has a CDN, as well. To broaden its public cloud portfolio, Google has been steadily adding features, including a tool for storing and editing application code. In addition to features, the Google cloud also competes on the price of raw cloud computing and storage infrastructure. Recently, Google made it possible for people to adjust the resource sizes of individual virtual machines they use in the Google Compute Engine.
 
同様に、Microsoft Azure も、CDN を持っている。それに対して Google は、パブリック・クラウドのポートフォリオを着実に拡大するために、アプリケーション・コードを格納/編集するためのツールなどを追加している。それらの機能に加えて、クラウドにおけるコンピューティングとストレージといったインフラに関しても、 Google は価格競争を仕掛けている。また、最近のことだが、Google Compute Engine を利用するユーザーが、個々の仮想マシンのリソース・サイズを調整できるよう、Google は改善を施している
 
Google already has partnerships with CDN providers like Fastly, CloudFlare, Highwinds, and Level 3.
 
すでに Google は、Fastly/CloudFlare/Highwinds/Level 3 といった、CDN プロバイダーとパートナーシップを結んでいる。
 
Google has also partnered with Akamai, the biggest company in the CDN business. AWS CloudFront has become big with web services that need to perform well around the world, which has challenged Akamai, to a degree. Now Google will also be competing, rather than just partnering.
 
さらに Google は、CDN 業界の最大手である Akamai とも提携している。 また、グローバルな CDN プラットホームを必要とする、各種の Web サービスと伴に、AWS CloudFront は次第に大きな存在へと成長している。 そして Google は、この新しいサービスにより、それらと協調するのではなく、競合していく道を選んだことになる。
 
ーーーーー
google-55a先月のことですが、「Google と Akamai が 提携: Google Cloud Platform のスピードとコストは、どのように変化するのか?」という抄訳をポストしています。そのときに、Google の CDN 戦略が定まったと思ったのですが、さらに新しい局面へと突入していくようです。 Akamai は、「世界で最大の分散 CDN プラット・フォーム・オペレーターとして、私たちは Google Cloud Platform と協調していく」と発言していたのですが、その辺りは、どうなるのでしょうかね? その一方で、中小の SaaS プロバイダーが、AWS 上で成長しているという記事を、先日に紹介していますが、CDN サービスが多様化していくことで、こうした動きがさらに加速していくはずです。 クラウドのためのインフラが、ものすごい勢いで整備されていきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
Akamai の 61,000 台のサーバーは、70カ国で 1,000 Networks をサポートする
Akamai がダウンすると、インターネットも道連れに?
 

Comments Off on Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?

%d bloggers like this: