Agile Cat — in the cloud

Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm

Posted in .Selected, Google, Research by Agile Cat on April 18, 2014

Google revenue, profit up in Q1, but Wall Street not impressed
http://wp.me/pwo1E-7pM

By
Lauren Hockenson – April 16, 2014
http://gigaom.com/2014/04/16/google-revenue-profit-up-in-q1-but-wall-street-not-impressed/

_ Giga Om

Summary: Google released its Q1 earnings report for 2014, and while the company continues to make lots of money the results were shy of analysts’ expectations.

Summary: Google が、2014年 Q1 の決算報告書をリリースした。 同社の収益は堅調ではあるが、アナリストたちの予測には足りなかったようだ。

ーーーーー

On Wednesday, Google released its earnings statement for Q1 of 2014, reporting revenue of $15.4 billion, up 19 percent year on year, and an increase in net income.

この水曜日(4/16)に、Google がリリースした 2014年 Q1 の収益レポートによると、この期の売上は $15.4 Billion であり、昨年同期に対して 19% の伸びを示し、純益も増大している。

photo: Ken Wolter Shutterstock.com

But the numbers come in shy of analysts’ expectations, which projected the company to rake in $15.58 billion. Google’s earnings-per-share came in at $6.27 — roughly five cents off from analysts’ projections of $6.33 to $6.41.

しかし、この数字は、$15.58 Billion の売上をかき集めるという、アナリストたちの予想を下回るものであった。そして、1株当たりの利益に関しても、$6.33〜$6.41という予想に対して、5セントほど低い $6.27 に留まってしまった。

According to Google, traffic acquisition costs increased to $3.23 billion in the first quarter of 2014, representing 23 percent of advertising revenues. Mean while, cost-per-click continues to go down, decreasing 9 percent over the first quarter of 2013 and remaining steady throughout the year, although the number of paid clicks on its advertising network jumped 26 percent compared to the same period last year.

Google によると、2014年 Q1 におけるトラフィック取得コストは、$3.23 Billion に達しており、広告収入の 23% に相当するものとなる。その一方で、Cost-Per-Click は一貫して下がり続け、2013年 Q1 と比較して 9% のダウンとなる。ただし、この広告ネットワークにおけるクリック数(Google に対価が発生する)は、前年同期に比較して 26% のアップとなっている。

One major point explored on the company’s earnings call Wednesday afternoon was the gap Google sees between declining cost-per-click numbers and the slow rise in value of mobile ads. When asked during the company’s earnings call, Nikesh Arora, SVP and CBO at Google, said that the gap will close in due time as mobile information becomes richer for ads:

水曜日の午後に行われた、同社の収支報告会において注目すべきは、Cost-Per-Click 数の低下と、モバイル広告の成長の遅れを、Google がギャップとして認識している点にあった。 そこでの質問に対して、Google の SVP and CBO である Nikesh Arora は、モバイル情報が広告にとってリッチになるにつれて、このギャップは、なんの問題もなく解消していくと述べていた。

The way to think about it is that in mobile, you have location and context of individuals, which you don’t have on the desktop. The more you know about the user in their context, the more effective advertising you can provide them. There’s a whole bunch of building blocks that need to come into play to close the gap.

モバイル広告における特質を考えるなら、デスクトップ上には存在しない、ロケーションとコンテキストという要素があることを指摘したい。そして、誰もが認識する以上に、それぞれのユーザーにはコンテキストがあり、また、より効果的な広告が、彼らにとって有益なものを提供していく。つまり、このギャップを埋めるためには、膨大なビルディング・ブロックの固まりが必要になるのだ。

This earnings report also calculated Google’s purchase of Nest for $3.2 billion, as well as the sale of Motorola to Lenovo for $2.91 billion – both of which happened in January of this year.

なお、この収支レポートには、今年の 1月に生じた、Nest の買収($ 3.2B)と、Motorola の Lenovo への売却($ 2.91B )が組み入れられている。

“Motorola had a great quarter in Q1, with the Moto G showing strong sales momentum, especially in emerging markets,” said Google CFO Patrick Pichette on the company’s earnings call. “The team continues to be hard at work, and we look forward to seeing them join up with Lenovo soon.”

「 Motorola にとって、この Q1 は素晴しいものであった。Moto G が、とりわけ途上国において、大きな販売量を示したのだ。このチームは、懸命な努力を続けている。 そして、もうじき始まる、Lenovo との連携を楽しみにしている」と、Google の CFO である Patrick Pichette は述べている。

Related research

Listening platforms: finding the value in social media data September 2012
Managing infinite choice: the new era of TV user interfaces October 2011
Connected Consumer Q3: Netflix fumbles; Kindle Fire shines October 2011

ーーーーー

imageこれだけの数字を上げながら、アナリストの予測を下回ったと、叩かれてしまうのは、かわいそうな気がします。 Google の広告事業が、いったいどれくらいの規模なのかという点ですが、以前にポストした「Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン」と、「Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告」という抄訳を見ていただければ、大まかなところで、見当がつくだろうと思います。 なお、文中のチャートは、Google が提供しているレポートから抽出したものです。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!
Big Data と 音楽:Google Play の Music Timeline が スゴイ!

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北

Posted in .Selected, Asia, Google, Strategy by Agile Cat on April 16, 2014

Cloud platform for Taiwanese enterprises rolled out by Google
http://wp.me/pwo1E-7pr
The China Post – April 16, 2014
http://www.chinapost.com.tw/business/company-focus/2014/04/16/405461/Cloud-platform.htm

TAIPEI — Google Inc. rolled out its cloud computing-based platform for enterprises in Taiwan yesterday on its first stop of an Asian tour to promote its cloud business services.

TAIPEI — クラウド・ビジネス・サービスを促進するために、アジア・ツアーを展開している Google だが、その最初の訪問国である Taiwan で、クラウド・コンピューティングをベースにした、ローカル企業のためのプラットフォームを披露した。

The Web search giant said the Google Cloud Platform will enable developers to build, test and deploy applications on Google’s infrastructure, including computing, storage and application services designed for Web-based, mobile and backend solutions.

この Web サーチの巨人が言うには、Google Cloud Platform によりデベロッパーたちは、アプリケーションの構築/テスト/ディプロイを、Google インフラ上で実現することになる。そして、このインフラには、Web/Mobile/Backend ソリューションのためにデザインされた、コンピューティング/ストレージ/アプリケーションのサービスなどが含まれる。

Google said it has added new language support for traditional Chinese and Japanese versions of the cloud platform’s website, and will later introduce the platform to more Asian markets, including Japan, South Korea and Hong Kong.

さらに Google は、このクラウド・プラットフォームの Web サイトで、新たな言語として Traditional Chinese と Japanese をサポートし、また、Japan/South Korea/Hong Kong などを含むアジア市場へ向けて、このプラットフォームを紹介していくことになる。

Daniel Powers, director of global sales for the Google Cloud Platform, told a press conference in Taipei that Google has spent 15 years building its cloud computing infrastructure.

Google Cloud Platform の Director of Global Sales である Daniel Powers は、Taipei で開催されたプレス・カンファレンスにおいて、同社が 15年を費やしてきた、そのプラウド・プラットフォーム・インフラについて説明した。

The company is glad to make that infrastructure available for developers and businesses around the world to help them build applications and scale up their businesses, he said.

そして、Daniel Powers は、世界中のデベロッパーやエンタープライスによる、アプリケーション構築とビジネス展開を支援するために、このインフラストラクチャを利用してもらえることを、嬉しく思うと述べている。

Google charges a basic fee for the business services based on the number of e-mail accounts opened. It said that businesses using the services can save money compared to the amount it would cost them to set up the same infrastructure on their own.

Google が言うには、それらのエンタープライスがすでに開設している、電子メールのアカウント数をベースにして、このビジネス·サービスをディスカウントしていくようだ。つまり、このサービスを利用するエンタープライズは、同一のインフラを活用するため、全体的な費用を低減できることになる。

Paid services on the platform, such as the Cloud Storage online storage solution and the Google BigQuery analytics tool for multi-terabyte datasets, are also now priced 30 to 85 percent lower than their previous versions, Google said.

このプラットフォーム上の有償サービスである、オンライン・ストレージ·ソリューションの Cloud Storage や、テラバイト・データセットのための分析ツールである Google BigQuery なども、以前のバージョンと比べて 30%〜85% ほど値下げされていると、Google は述べている。

The Google Cloud Platform currently supports more than 4.75 million applications, and the platform’s App Engine handles 28 billion online requests for computing per day, according to Google.

Google によると、現時点における Google Cloud Platform は 4.75 Million 以上のアプリケーションをサポートし、また、このプラットフォーム上の App Engine は 28 Billion/Day のオンライン・リクエストを処理しているようだ。

Research firm IDC has forecast that the cloud computing industry will grow to US$107 billion by 2017, more than double from an estimated US$47.4 billion in 2013.

調査会社である IDC が予測するには、クラウド・コンピューティング業界の売上は、2017年には $107 Billion に至るようだ。それは、2013年の $47.4 Billion と比較して、二倍以上の成長となる。

ーーーーー

imageいまは、16日の 5AM ですが、この China Post の他にも、以下のニュース・サイトが Google のアジア展開を報じています。また、 Google の日本語サイトも見てみましたが、上記の「ディスカウント」に関する記載は見つかりませんでした。どのような料金体系にしてくるのか、とても気になりますね。ac-stamp-232

Google Cloud expands footprint into Asia Pacific zones ZDNet 
Google steps up competition with Amazon, expands Cloud Platform to Asia InfoWorld 
Google Cloud Platform Expands To Asia Pacific With 2 New Compute Engine TechCrunch
Google fires up Asia Pacific region Cloud Platform ZDNet
Google bolsters global cloud presence with Asian data centers SiliconANGLE

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
Google Compute Engine の登場で、どのような影響が IssS 業界に?

Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

Posted in Google, Weekend by Agile Cat on April 13, 2014

Visit Cambodia’s Angkor Wat on Google Street View
http://wp.me/pwo1E-7oZ

By Stan Schroeder – April 3, 2014
http://mashable.com/2014/04/03/angkor-wat-street-view/

_ Mashable

Google has added panoramic imagery of Cambodia’s famous Angkor Wat temples to its Google Street View service.

Google Street View のサービスに、あのカンボジアのアンコールワットが、パノラマ画像として追加された。

Angkor Wat, literally meaning "Temple City" in Khmer, is a network of more than 100 temples spanning across an area of 400 square kilometers. It is considered to be the largest temple complex in the world.

アンコールワットの意味は、クメール語で「寺院の都市」であり、400平方キロメートルの地域にまたがる、100ヵ所以上の寺院で構成されるネットワークのことである。そして、寺院の複合体として、世界で最大級のものであると考えられている。

↓ クリックで Youtube へ ↓

_  space

You can start your exploring here; highlights include the Bayon Temple and Ramayana’s Battle of Lanka bas relief carvings.

ココから、アンコールワットの探索を開始できる。そして、ハイライトとして、Bayon Temple や Ramayana’s Battle of Lanka などの彫刻も含まれている。

All in all, 90,000 new panoramic images of Angkor Wat were taken. To capture the imagery, Google used Street View cars, Trekkers and tripods, says Group Product Manager at Google Maps Manik Gupta.

今回の撮影では、アンコールワットに関する、約 90,000 枚のパノラマ画像を撮影されている。 それらの画像をキャプチャするために Google は、Street View 車両および、トレッカー、三脚を用いたと、Google の Product Manager at Google Maps である Manik Gupta は述べている。

More information about Angkor, including images, renderings and videos, can be found through the Google Cultural Institute.

アンコールワットに関する、詳細なイメージおよび、レンダリング、ビデオに関しては、Google Cultural Institute で探すことが可能だ。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also: The 34 Most Beautiful Google Street View Sightings

ーーーーー

weekend行きたいと思っても、アンコールワットは、なかかな行けるものでは有りません。そして、極論すれば、どんなに金持ちで、時間を自由に使えるにしても、短い人生の中で行けるところは限られてしまいます。 その点、Google Street View はイイですね。 Agile_Cat のようなビンボー・ネコであっても、クリックひとつで、世界中のあらゆる場所へ飛んで行けるのですから。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Street View が、アマゾン流域に展開されるらしい!
Google Street View でグランド・キャニオン探検に出かけよう!
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
2013年 : 日曜版 の マトメ

iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on April 12, 2014

The Growing Gap In Price Between iPhones And Android Phones
http://wp.me/pwo1E-7oz

Jay Yarow – Feb. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/the-growing-gap-in-price-between-iphones-and-android-phones-2014-2

_ Business Insider

Apple’s iOS, and Google’s Android powered ~94% of all smartphones shipped last year, according to IDC. Of that, Android powered phones were 79% of smart phones shipped which is impressive.

IDC によると、昨年出荷されたスマホのうち、Apple の iOS と Google の Android が、全体の 94% 以上を占めているという。 その中でも、Android を搭載したスマホは、全出荷量の 79% という凄まじいシェアを得ている。

But, arguably even more impressive, analyst Tavis McCourt estimates that Apple took 87% of all smartphone profits. Samsung took 32.2% of the industry’s profits. Yes, that’s more than 100% because everyone else is losing money.

しかし、それよりも興味深いのは、スマートフォン市場の全利益のうち、Apple が 87% 以上を得ているという、アナリスト Tavis McCourt の推測である。 そして、この業界から、Samsung は 32.2% の利益を得ている。 この二社を合わせると、見ての通り 100% を超えてしまう。 そう! つまり、赤字を垂れ流している、誰かがいるのだ。

_  space

Business Insider

So how is this happening? How is Apple collecting all of the money? This chart from our partners at Statista should explain it. The price gap between an iPhone and an Android phone has grown through the years. Today, the average selling price for an Android is just $276. An iPhone goes for $650.

いったい、なにが、どうすれば、そうなるのだ? どのようにして Apple は、すべてのキャッシュをかき集めているのだ? 私たちのパートナーである Statista によるチャートが、それを説明しているはずだ。iPhone と Android Phone の価格差は、この数年を通じて拡大している。現時点において、Android Phone の平均価格は $276 に過ぎない。 しかし、iPhone はというと、$650 以上になるのだ。

In the long run, we’re not sure how Apple maintains its premium pricing if it wants to get iPhone sales cranking again. It has largely sold out its high end market. From now own, it will rely on churning its user base and picking up new customers here and there.

Apple が iPhone の販売量を、再び活性化させたいのかどうかはさておき、長い目で見て、そのプレミアムな価格設定を維持していく方式が見えてこない。つまり、主要なハイエンド市場では、売り尽くしてしまっているのだ。これからは、そのユーザーをベースにした乗り換えと、点在する新規のユーザーに、依存することになる。

ーーーーー

TAG index昨年に iPhone 5C  が発表されたとき、ついに Apple も、いわゆる廉価版マーケットに出て行くのだろうと、信じて疑わない人々が数多くいました。 実は、Agile_Cat も その一人でして、途上国マーケットで Android と、華々しく戦う 5C の姿を想像していました。しかし、Apple には、5C を積極的に売っていく気がなかったようで、その価格設定も 5S と較べて安価とはいえないものでした。その一方で、Android 勢は、着実に価格を引き下げ、途上国マーケットでは $100 スマホを実現しようという勢いでいます。もちろん、Android 勢の中にも、Samsung の Galaxy のようなハイエンド狙いの製品もありますが、Nexus 5 などを見ていると、Google 自身が低価格化を目指しているようです。この、Apple と Google のスタンスの違いが、とても興味深いですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

売れない iPhone 5C と、思惑どおりの Apple とは?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
iPhone 3G ~ iPhone 5S/5C の推移は どうなっている? それを示す1枚のチャート
Nexus 5 の発売日は 11月1日で、値段は $349 からというリーク情報が!
Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ!
Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600

2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 4, 2014

How big can Android device sales get? Think nearly 4x that of Windows in 2015
http://wp.me/pwo1E-7n4

By Kevin C. Tofel – March 27, 2014
http://gigaom.com/2014/03/27/how-big-can-android-device-sales-get-think-nearly-4x-that-of-windows-in-2015/

_ Giga Om

photo: Skakerman

Summary: Android continues to muscle its way into the overall computing device market, illustrating the continued shift from desktops to mobile. By next year, for every 1 Windows computer sold, expect 3.6 Android devices to be purchased.

Summary: Android は力強く、コンピューティング·デバイス市場を貫く道を切り拓き、デスクトップからモバイルへのシフトを例証し続けている。そして、来年までには、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況が予測される。

ーーーーー

By the end of next year, there could be nearly four times as many devices sold running on Google Android than on Microsoft Windows. That’s a staggering figure from research firm Gartner, which forecast device sales on Thursday. The company expects that of the 2.6 billion computers, tablets, and mobile phones sold in 2015, 1.3 billion of them will run Android.

2015年の末までに、Google の Android を搭載するデバイスは、Microsoft Windows に対して、約4倍の量に達するかもしれない。それは、木曜日(3/27)に、調査会社である Gartner が発表した、デバイスの販売を予測する驚異的な数字からのものである。同社は、2015年の時点で、26億台のコンピューター/タブレット/スマホが販売されるが、そのうちの 13億台を Android が占めると予測している。

That’s half of the total market for next year and I think it’s a reasonable estimate. Android accounts for the bulk of mobile phone sales around the world these days and last year it topped iOS in the tablet market too. Combine that market clout with falling traditional PC sales and it’s easy to see why Gartner’s figures are solid. It’s also easy to see how the early ripples of computing change have become big waves of a shift that are crashing down on Microsoft.

来年の段階で、マーケットの半分を占めるというのは、妥当な予測値だと、私も思う。この数年、世界で販売されるスマホの大部分を占めてきた Android だが、昨年はタブレットの市場でも iOS を追い抜いている。それと、従来からの PC が不振に陥っていることを合わせて考えれば、Gartner の示す数字が固いとする理由も見えてくる。さらに言えば、最初は小さかったコンピューティング・シフトのさざ波が、Microsoft を叩き潰すほどの大きな波になっているのも簡単に理解できる。

Of those expected 2.6 billion computing device sales, Gartner figures 379.3 million of them will run Microsoft Windows. That number includes Windows Phones, tablets running Windows as well as traditional laptops and desktops. Quickly doing the math, that means for every one Microsoft Windows device sold, 3.6 Android devices are purchased.

26億台のコンピューティング・デバイスという予測において、Microsoft Windows が占めるのは 3.793億台だと、Gartner は示している。その数字には、Windows を走らせるスマホとタブレットがけではなく、従来からのラップトップおよびデスクトップも含まれる。大雑把に計算すると、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況である。

Looking at 2013′s device sales puts that in perspective and further illustrates the shift towards mobile. Last year, Gartner says 325.1 million Windows devices were sold, so Microsoft isn’t expected to see much market share growth through 2015. Android will, however, as it ran on 879.8 million devices last year. It doesn’t take a rocket scientist to see the trend here, as well as to further suggest that Microsoft has missed much of the mobile transition of late.

2013年におけるデバイスの販売量を視野に入れると、さらなるモバイル・シフトが示されてくる。Gartner が言うには、昨年の Microsoft は 3.251億台の Windows デバイスを販売しており、そのシェアが 2015年までに伸びることはないようだ。しかし、昨年の段階で Android は、8.798億台のデバイスをドライブしている。その軌道を確認するのにロケット・サイエンティストは不要であり、さらに言えば、Microsoft のモバイル・シフトは遅すぎたとなる。

Still, there are many valid reasons for consumers and businesses to keep buying and using Windows devices; they’re not going away any time soon.

とは言え、Windows デバイスを購入して使用し続けるという、消費者と企業にも、数多くの妥当な理由がある。 つまり、彼らが、すぐに離れていくわけでもない。

But it looks like the long term trend is playing out how I suggested in 2012 when I said the “PC” you buy in three years won’t likely be a traditional desktop or laptop (Gigaom Research subscription required). More computing tasks are filtering down to phones and tablets that don’t require a traditional desktop software platform, which opens up the door for alternatives such as Android and iOS now and Chrome in the future.

しかし、長期的なトレンドに目を移すと、2012年の時点で予測した、これからの 3年間に販売される「PC」は、従来のデスクトップやラップトップではなくなるという、私の考えどおりに事態は展開している(GigaOm Research はサブスクリプションが必要)。 つまり、数多くのコンピューティング・タスクは、スマホやタブレットで実行できるようにフィルタリングされ、従来からのデスクトップ·ソフトウェア·プラットフォームを必要としていないのだ。そのような状況が、いまの Android や iOS に対して、そして、将来の Chrome OS に対して、新たなドアを開いている。

Related research

Noteworthy news in mobile from the fourth quarter 2012 January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile January 2013
The 2013 task management tools market January 2013

ーーーーー

image昨年の衝撃のチャートと言えるのが、7月19日の「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳におけるものです。このときで、Android と iOS の連合軍は、Windows に対してダブル・スコアという状況でしたが、それから 9ヶ月の間に Android が大きく伸びて、このような大差につながっています。 9インチ以下のデバイスに関しては、Windows がライセンス・フリーになるようですが、そうせざるを得ない背景が、このポストから読み取れますね。ただし、Microsoft が Android デバイスに課する特許料が、依然として売上をもたらしているようです。 したがって、Windows よりも Android が搭載される方が、Microsoft は儲かるという、奇妙な状況にあるのだと推測できます。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す1枚のチャート

Posted in Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on April 2, 2014

The Mobile Web Is Dead, It’s All About Apps
http://wp.me/pwo1E-7mQ

Jay Yarow – Apr. 1, 2014
http://www.businessinsider.com/the-mobile-web-is-dead-its-all-about-apps-2014-4

_ Business Insider

Everyone is freaking out about this chart from mobile analytics company Flurry on Twitter today. It shows people spend 86% of their time on iOS and Android devices in apps. The mobile browser only accounts for 14% of our time now.

モバイル分析のスペシャリストである Flurry が、この火曜日(4/1)に示したチャートは、すべての人々にとって幻覚のように捉えられるだろう。それが、何を示しているのかと言えば、iOS と Android のユーザーたちがモバイル・デバイスを使うとき、その時間の 86% を、各種のアプリに費やしているという状況である。逆に言えば、モバイル・ブラウザの比率は、いまや 14% に過ぎないのである。

_  space

Business Insider/Statista/Flurry

A year ago, 80% of time was spent in apps, and 20% was in the mobile browser. Chart via Statista.

1年前に Statista が提供したチャートによると、その時間の 80% がアプリに費やされ、20% がモバイル・ブラウザに費やされていた。

ーーーーー

TAG index言われてみれば、そんな感じがしますよね。 Agile_Cat の場合も、Android スマホを使っているときには、かなりを時間を Facebook で費やします。 そこには、News Feed とたけではなく、仕事のユニットごとに切り分けた Group があるので、一般的なソーシャルというより、業務用の連絡ツールという意味合いのほうが強いのかもしれません。 また、この Business Insider や Mashable などの、News アプリも多用します。 それらを利用することで、電車の中でも、バスの中でも、おもしろいニュースがあれば、どんどんと Evernote にクリップしています。というわけで、ブラウザの使用率は、やはり、かなり低いのです。 見方を換えれば、すべてが Chrome になっていまうよりも、健全なのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング
モバイル・アドが倍増したが、まだ 全体の 15% に過ぎない
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
Facebook が Wall Street に愛される理由 : モバイル・アドの 16% をゲット!
Pinterest : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

Posted in Amazon, Google, Microsoft, On Monday, Salesforce, Storage by Agile Cat on March 31, 2014

Cloud Computing: Reasons for Why Businesses are Adopting the Cloud
http://wp.me/pwo1E-7ms

By Dick Weisinger – March 18, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-reasons-for-why-businesses-are-adopting-the-cloud/

_ formtek

Global businesses are on track to spend $174.2 billion this year on cloud infrastructure and services.  That’s up 20% from the $145.2 billion of spending in 2013, according to IHS Technology.   Based on their report, spending is expected to increase by a factor of three from 2011 to 2017.

グローバル企業の群れは、クラウド上のインフラストラクチャやサービスに対して、今年は $174.2 Billion を費やすというペースで突き進んでいる。IHS Technology によると、2013年の支出である $145.2 Billion に対して 20% 増となる。また、同社のレポートをベースにすると、この種の支出は、2011年から 2017年にかけて、3倍に増大するとされる。

The IHS report identifies current leaders in the cloud market space as Amazon.com, Google and Microsoft, specialty vendors like Dropbox and Carbonite in the cloud storage space, and Salesforce.com and Workday in the software application space.

この IHS レポートは、Amazon.com および、Google、Microsoft を、現時点のクラウド市場におけるリーダーだとしている。また、特定の領域として、クラウド・ストレージでは Dropbox や Carbonite を、SaaS では Salesforce.com や Workday といったベンダーを、それぞれのリーダーだとしている。

Jagdish Rebello, analyst at IHS, said that ”with the cloud touching nearly every consumer and enterprise around the globe, spending for cloud-related storage, servers, applications and content will be dedicated toward building a framework that is rapidly scalable, highly dynamic, available on-demand and requiring minimal management…  Cloud services, applications, security and data analytics will account for an ever-growing portion of total information technology spending by enterprises, valued at about $2 trillion at present.”

「 クラウドが、世界中の、ほぼすべての消費者と企業に広まったことで、クラウド上のストレージ/サーバー/アプリケーション/コンテンツに関連する支出は、何らかのフレームワークの構築へ向けて集約されるようになってきた、それにより、スケールを動的かつ迅速に、オンデマンドで調整する機能が実現され、そのためのマネージメントも最小化されてきた。クラウドにおけるサービス/アプリケーション/セキュリティ/データ分析は、現時点で約 $2 Trillion と言われるエンタープライズ IT 総支出の中で、成長し続ける部分を押さえていることになる 」と、IHS のアナリストである Jagdish Rebello は述べている。

Five reasons why the cloud is rapidly being adopted by businesses as identified by Oxford Economics in a report written for IBM are as follows:

Oxford Economics が IBM に対して、エンタープライズにおいてクラウドが、急速に採用されている 5つの理由を、以下のようにレポートしている:

  1. Better insights and visibility.  The cloud provides better services at lower cost with flexible scalability.
  2. Better Collaboration.  More easily links employees with partners and customers
  3. Provides a Framework.  The cloud enables businesses to build an integrated and dynamic service chain
  4. Innovation.  Greater efficiency and productivity of workers nurtures an environment of innovation.
  5. Reduced Risk.  A more responsive IT infrastructure enables better controls on costs and risks.
  1. 洞察と可視化の改善.  クラウドは、すぐれたサービスを安価に提供し、柔軟性も備える。
  2. コラボレーションの改善.  パートナーやカスタマーに対する、従業員からの接触が容易になる。
  3. フレームワークの構築.  クラウドにより、サービス・チェーンを動的に統合できるようになる。
  4. イノベーション.  環境が進化することで、作業の効率と、従業員の生産性が、自動的に向上する。
  5. リスクの低減.  IT インフラの信頼性が高まることで、コストとリスクの管理が容易になる。

ーーーーー

クラウドは、テクノロジーの変化というより、ビジネス・スタイルの変化なのですね。もちろん、クラウドを実現するために、さまざまなテクノロジーが生み出されているので、その存在を否定するわけではありませんが、ユーザーが信頼することで、そのパワーが指数関数的に増大していくものなのだと思えてきます。 現時点では、IT 総支出の 10% にも満たないようですが、やがては、その大半を占めるようになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落

Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on March 30, 2014

In Just 2 Years, Google And Facebook Have Come To Control 75% Of All Mobile Advertising
http://wp.me/pwo1E-7mj
Jim Edwards – Mar. 20, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-dominate-mobile-advertising-2014-3

_ Business Insider

In the last two years, Facebook and Google have gone from a position of merely being two big, fast-growing players in mobile advertising to dominating it completely. Combined, they have cornered 75.2% of the entire mobile market in 2013, according to new data by eMarketer.

直近の 2年間を見ると、モバイル広告における Facebook とGoogle は、単なる Big 2 というポジションでは語れないほど急成長し、この領域を完全に支配するプレイヤーになっていることが分かる。 eMarketer からの最新データによると、2013年における、この二社の売上を合算すると、モバイル・マーケット全体の 75.2% を独占しているとされる。

_  space

Statista

In 2014, Google alone is expected to be roughly as big as all other companies combined, as this chart of mobile ad revenues from Statista shows.

Statista が示す、モバイル広告収入のチャートにあるように、2014年の Google は、その他すべての合計と、肩を並べるところまで巨大化しそうだ。

ーーーーー

TAG indexなんというか、言葉が有りませんね。 でも、2013年1月の、comScore による「Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング」を見たときから、このような結果は予測されていたのかもしれません。 そこには、こんなことが書かれていました。 ーーー Facebook は、モバイル・アプリ全体に費やされる時間の 23% を支配しており、また、提携関係にある Instagram も 3% を確保している。 Google のアプリに関しては、Gmail が 3% のシェアを保持しており、その他のアプリを加えていくと、全体で 10% の時間を支配していることになる。 この 2社を合計すると、モバイル・アプリに費やされるすべての時間の、1/3 を支配することになる。ーーー Google の場合は、こうしたアプリの外側で、Android というプラットフォームをコントロールできるのですから、こんな数字を叩き出すのも、当たり前のことかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!
Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: