Agile Cat — in the cloud

Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses, Data Center Trends, Energy, Google by Agile Cat on October 2, 2014

Google Says Cloud Prices Will Follow Moore’s Law: Are We All Renters Now?
http://wp.me/pwo1E-7UY
Wednesday, May 14, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/5/14/google-says-cloud-prices-will-follow-moores-law-are-we-all-r.html

_ highscalability

After Google cut prices on their Google Cloud Platform Amazon quickly followed with their own price cuts. Even more interesting is what the future holds for pricing. The near future looks great. After that? We’ll see.

Google が、その Google Cloud Platform の価格を引き下げ、すぐに Amazon も追随した。さらに興味深いのは、将来における価格の設定である。 おそらく、近い将来に、素晴らしい状況になるだろうが、なにが、そうさせるのだろう?

Adrian Cockcroft highlights that Google thinks prices should follow Moore’s law, which means we should expect prices to halve every 18-24 months.

Google が考えているのは、その価格はムーアの法則に従うべきだというものであり、18ヶ月〜24カ月で半額になることを期待できるはずだと、Adrian Cockcroft は強調している。

That’s good news. Greater cost certainty means you can make much more aggressive build out plans. With the savings you can hire more people, handle more customers, and add those media rich features you thought you couldn’t afford. Design is directly related to costs.

それは良いニュースだ。 大幅にコストが引き下げられるなら、あらゆる計画を、より積極的に立案していける。クラウド・コストの削減により、より多くの人材を雇用し、より多くの顧客に対応し、余裕がなければ対処できないことを、それらのメディアを用いて実現していける。 デザインというものは、コストの影響をダイレクトに受けるのだ。

Without Google competing with Amazon there’s little doubt the price reduction curve would be much less favourable.

Amazon と競合する Google という存在がなければ、低価格化の曲線は、はるかに魅力のないものであったいう疑念が、少なからず残される。

As a late cloud entrant Google is now in a customer acquisition phase, so they are willing to pay for customers, which means lower prices are an acceptable cost of doing business. Profit and high margins are not the objective. Getting market share is what is important.

遅れてクラウド(IaaS の意味)に参入してきた Google にとって、いまは顧客を獲得するフェーズにある。 したがって、顧客がビジネスを展開しやすいような、低コストを提示するという、利益を度外視した戦略をとってきている。つまり、大きな利益やマージンは二の次なのである。 そして、マーケットでシェアを取ることが最優先されている。

Amazon on the other hand has been reaping the higher margins earned from recurring customers. So Google’s entrance into the early product life cycle phase is making Amazon eat into their margins and is forcing down prices over all.

その一方で、Amazon は、継続して利用してくれる顧客から、より高い利益率を享受してきた。つまり、確立しつつあるプロダクト・ライフサイクルのフェーズに、Google が乱入してきたことで、Amazon のマージンは圧縮され、すべてにおいて価格の引き下げを強いられている。

But there’s a floor to how low prices can go. Alen Peacock, co-founder of Space Monkey has an interesting graphic telling the story. This is Amazon’s historical pricing for 1TB of storage in S3, graphed as a multiple of the historical pricing for 1TB of local hard disk:

しかし、低価格化が行き着く先としての底値があるのだ。Space Monky の co-founder である Alen Peacock が、そのストーリーを説明する、興味深いチャートを提供している。それは、1TB のハードディスクをローカルで持つ場合と、1TB のストレージを Amazon の S3 に持つ場合で、何倍の対価が発生するのかを、時間軸の中に示すものとなっている。

_  space

Alen explains it this way:

Cloud prices do decrease over time, and have dropped significantly over the timespan shown in the graph, but this graph shows cloud storage prices as a multiple of hard disk prices. In other words, hard disk prices are dropping much faster than datacenter prices. This is because, right, datacenters have costs other than hard disks (power, cooling, bandwidth, building infrastructure, diesel backup generators, battery backup systems, fire suppression, staffing, etc). Most of those costs do not follow Moore’s Law — in fact energy costs are on a long trend upwards. So over time, the gap shown by the graph should continue to widen.

クラウドの価格は、時間の経過とともに低下し、また、前述のチャート(上記のものとは別のもの)における時間軸では、かなりのペースで下落している。 しかし、このチャートは、クラウド・ストレージの価格と比べて、何倍かの速度でハードディスクの価格が下落している様子を示している。つまり、ハードディスクの価格は、データセンターの価格よりも、はるかに速く下落しているのだ。なぜなら、データセンターのコストには、ハードディスク以外のもの(電源/冷却/帯域幅/建造物/非常用ジーゼル発電機/バッテリ·バックアップ·システム/消火設備/人材など)が含まれるからである。これらのコストの大半は、ムーアの法則に従わないものであり、実際のところ、電力コストの長期的な傾向は上昇曲線にある。 したがって、上記のチャートで示されるギャップは、時間をかけながら広がり続けるはずである。

The economic advantages of building your own (but housed in datacenters) is there, but it isn’t huge. There is also some long term strategic advantage to building your own, e.g., GDrive dropped their price dramatically at will because Google owns their datacenters, but Dropbox couldn’t do that without convincing Amazon to drop the price they pay for S3.

あなた自身でストレージを構築すれば(データセンターにホストされる)、経済的な利点があるが、それほど大きなものではない。それならば、長期的な戦略として、データセンターを自分で構築するという考え方もある。Google は、自身でデータセンターを所有しているため、GDrive の価格を意図的に引き下げることができる。 しかし、Dropboxが、同じように価格を引き下げようとするなら、S3 のコストを引き下げるよう、Amazon を説得しなければならない。

Costs other than hardware began dominating in datacenters several years ago, Moore’s Law-like effects are dampened. Energy/cooling and cooling costs do not follow Moore’s Law, and those costs make up a huge component of the overall picture in datacenters. This is only going to get worse, barring some radical new energy production technology arriving on the scene.

この数年、データセンターのコストは、ハードウェア以外のものに支配され始め、ムーアの法則の効果が希薄になっている。電力を冷却のコストが、ムーアの法則に従うことはなく、また、それらのコストは、データセンター全体という巨大なコンポーネントに影響している。つまり、何らかの革新的なエネルギー生産テクノロジーが登場しなければ、さらに事態は悪化していくだろう。

What we’re [Space Monkey] interested in, long term, is dropping the floor out from underneath all of these, and I think that only happens if you get out of the datacenter entirely.

私たち Space Monkey が、長期的な視点として興味を持っているのは、それらすべての背景から引き離して、いまの下限値を引き下げられるかどうか、という点である。 そして、あなたがデータセンターの中に、まったく踏み込まないのなら、そうなる可能性もあると思えるのだ。

As the size of cloud market is still growing there will still be a fight for market share. When growth slows and the market is divided between major players a collusionary pricing phase will take over. Cloud customers are sticky customers. It’s hard to move off a cloud. The need for higher margins to justify the cash flow drain during the customer acquisition phase will reverse the favorable trends we are seeing now.

クラウド・マーケットの規模が拡大するにつれて、マーケット・シェアの戦いも続いていく。しかし、その成長が減速し、主要なプレーヤーがマーケットを住み分けると、結託した価格政策の時代へと引き継がれていく。クラウドの顧客は、そこに寄り添う顧客である。 したがって、クラウドから逃げ出すのは難しい。将来における高いマージンへの期待が、いまの顧客獲得のフェーズにおける、キャッシュ·フローの流出を正当化しているのかもしれない。そうだとすると、いまの好ましい流れが、いずれは逆転する状況を、私たちは目にすることになる。

Until then it seems the economics indicate we are in a rent, not a buy world.

逆に言えば、経済的な観点において、そうなるまでの間は、買うのではなく借りるという方式が、好ましいのだろう。

Related Articles

  • IaaS Series: Cloud Storage Pricing – How Low Can They Go? – "For now it seems we can assume we’ve not seen the last of the big price reductions."
  • The Cloud Is Not Green
  • Brad Stone: “Bill Miller, the chief investment officer at Legg Mason Capital Management and a major Amazon shareholder, asked Bezos at the time about the profitability prospects for AWS. Bezos predicted they would be good over the long term but said that he didn’t want to repeat “Steve Jobs’s mistake” of pricing the iPhone in a way that was so fantastically profitable that the smartphone market became a magnet for competition.”

ーーーーー

久々の High Scalability からの翻訳ですが、さすがは Todd Hoff さん、視点が鋭いです。 サーバーにしろ、ストレージにしろ、IT 機器はムーアの法則に則って、これから先もコストを引き下げていくのでしょうが、クラウドにはデータセンターならではのコスト、というものが含まれます。そして、インフラのレイヤを下っていって、電気料金のところまでいくと、そこは固定されていて動かしようがない、というのが普通の状況です。でも、Google が、そう言うからには、再生可能エネルギーの生産まで含めて、将来をデザインしているのかもしれません。 とても興味深い話ですね!

ーーーーー

<関連>

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, SOHO with Cloud by Agile Cat on September 28, 2014

Google Reveals First Wave of Android Apps for Chromebooks
http://wp.me/pwo1E-7Ut

By Karissa Bell – Sep 12, 2014
http://mashable.com/2014/09/11/android-apps-on-chromebooks/

_ Mashable

As promised during Google I/O earlier this year, the first Android apps for Chromebooks have arrived. Machines running Google’s Chrome OS can now run the Vine, Evernote, Duolingo and Sight Words Android apps on their desktops.

今年の Google I/O で約束されたとおり、Chromebooks でも動作する Android アプリの第一陣が到着した。 つまり、Google Chrome OS を走らせるマシンのデスクトップに、Vine/Evernote/Duolingo/Sight Words といった Android アプリが並ぶことになったのだ。

Google’s head of Android Sundar Pichai speaks about bring Android app to Chromebooks at Google I/O in San Francisco June 25, 2014.

Image: Google

The first class of apps are part of Google’s App Runtime for Chrome (beta), the project that Google’s head of Android Sundar Pichai first revealed earlier this year during Google I/O. The project is part of Google’s broader effort to make Android and Chrome OS a more unified experience.

これらの、ファースト・クラス・アプリは、Google の App Runtime for Chrome (beta) の一部であり、また、今年の Google I/O で Head of Android の Sundar Pichai が、初めに明らかにしたプロジェクトを構成するものとなる。このプロジェクトは、Android と Chrome OS を統合したエクスペリエンスを目指していくという、Google における大規模な試みの一環でもある。

Given Chromebook’s prevalence in schools, it’s not surprising that two of the first apps Google would choose to push to the platform first are educational apps: Duolingo and Sight Words. Duolingo is a language-learning app and Sight Words is an app to teach children how to read.

学校教育における Chromebook の浸透率を考慮するなら、Duolingo と Sight Words という教育アプリを、この新しいプラットフォームで Google がプッシュしても、それは当然のことだと思われる。ちなみに、Duolingo は語学学習のためのアプリであり、また、Sight Words は読み方を教えるためのアプリである。

Evernote is among the first set of Android apps to come to Chromebooks.

Image: Google

The other two apps— Vine and Evernote— were apps Pichai demoed onstage during I/O, though other apps that made an appearance during I/O, like Flipboard, were missing from the group of inaugural apps.

もう一方の Vine と Evernote は、Google I/O のステージで、Pichai がデモしたアプリである。 ただし、同様に I/O に登場した、たとえば Flipboard などのアプリは、今回のコケラ落としから漏れてしまった。

The company said in a blog post they are "working with a select group of developers" to bring more apps to the platform in "the coming months."

とは言え Google は、自身のブログ・ポストにおいて、数ヶ月のうちに Chrome OS 上に、より多くのアプリを取り込むために、選ばれたデベロッパーのグループを作業を進めていると述べている。

In the meantime, Google is also taking suggestions from Chromebook users on which apps they want to see come to Chromebook next.

また、それと平行して Google は、このプラットフォームで走らせるべきアプリについて、ユーザーから意見を求めているようだ。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also:25 Best Free Android Apps

ーーーーー

今月に入って、Evernote for Android が大きく変化しました。 何が変わったのかというと、様々なアプリからコンテントをクリップする際に、テキストとイメージで構成される、コンテント全体を取り込めるようになったのです。 そのプロセスを、4枚の画像でトレースできるようにしましたので、よろしければ、クリックしてみてください。

① BI アプリの Share で Evernote を選ぶ。 ② Evernote for Android がコンテント全体をクリップする。 ③ Evernote for Mac に結果が転送される。 ④ 同じく Mac 上でプレーンなフォーマットに変換する。 ーーー というわけで、Agile_Cat が夢にまで見ていた、理想の Web クリッピング環境が実現されたのです。

ちなみに、Evernote for Mac も、この変更にあわせて Ver 5.6 にアップデートされました(イメージのズームにも対応)。その結果、デスクトップ用 KB の上の特等席ですが、これまでの iPad に換わって、Nexus 7 が座ることになりました。 このような Share の機能が、iOS 8 でもサポートされることを期待していたので、とても残念な思いです。 なお、余談ですが、Nexus 7(2013)をタイマー・ログアウトさせないようにするには、この Wake Lock というアプリがお勧めです。iPad のような使い方が可能になります。

本題に戻りますが、Agile_Cat 的には、これで Chromebook がグッと身近な存在になってきました。 本家の Web 上でも、Evernote for Android Now on Chromebook (Posted by Taylor Pipes on 13 Sep 2014)や、REQUEST: Evernote for Chromebook といったコンテントを参照することが可能です。軽くて小さくて LTE にも対応する Chromebook が、早く出てくると良いですね :)

ーーーーー

<関連>

Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる : 素晴らしい品質だ!
Evernote を活用するための、14 の TIPS とは?
Evernote in China:進出から1年で 400万人のユーザーを獲得
Google Keep の狙いは、Evernote というより Apple なのか?
Evernote Business がやってくる : 企業ユーザーへの福音となるか?

Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven データセンターとは?

Posted in Data Center Trends, Google by Agile Cat on September 24, 2014

Google to build gigantic 120-megawatt data center in the Netherlands
http://wp.me/pwo1E-7TH
By David Meyer – Sep 23, 2014
https://gigaom.com/2014/09/23/google-to-build-gigantic-120-megawatt-data-center-in-the-netherlands/

_ Giga Om

Summary: The $772 million facility in Eemshaven will benefit from proximity to the landing point of major international submarine cables, as well as a good deal of renewable energy, reports say.

Summary: この、Eemshaven における $772 million のファシリティは、 主要な国際海底ケーブルの陸揚げポイントに近いというだけではなく、再生可能エネルギーの安価な供給という意味でも恩恵を被ると、いくつかのレポートが述べている。

ーーーーー
Google is set to build an enormous data center in Eemshaven, in the Dutch province of Groningen. According to local reports, it will invest €600 million ($772 million) in the project over four years.

Google は、Groningen, Dutch 地方の Eemshaven に、巨大なデータセンターを構築するための準備を進めている。 その地方の報道によると、4年間のプロジェクトに €600 million ($772 million) が費やされるとされる。

photo
Eemshaven.net

The company already uses a TCN-owned, 20-megawatt data center in Eemshaven, which pitches itself as an ideal location for such things – it has access to many kinds of renewable energy, it’s a landing station for international internet cables and it has a mild climate that’s conducive to cheaper cooling.

すでに同社は、各種の再生可能エネルギーにアクセスできるという意味で、理想的なロケーションだと主張する Eemshaven で、TCN が所有する 20 MW のデータセンターを使用している。さらに言えば、Eemshaven には国際インターネット・ケーブルの陸揚げ局があり、また、穏やかな気候を活用した安価なクーリングも実現できる。

According to De Telegraaf, the new 120-megawatt data center will create 100 to 200 new jobs in Groningen. Construction will begin in 2016. Apple has also reportedly considered siting a new data center there, and Microsoft is also building a large new data center in Middenmeer, Noord-Holland.

De Telegraaf によると、この 2016年から構築が開始される、新しい 120 MW のデータセンターは、Groningen に 100人〜200人 の新規雇用をもたらす。

伝えられるところによると Apple も、この地に新しいデータセンターを構築すると推測される。さらに Microsoft も、Middenmeer, Noord-Holland に大規模なデータセンターを構築している。

Google already has three major European data centers of its own: in Hamina, Finland; St. Ghislain, Belgium; and Dublin, Ireland. The need to build out capacity in Europe comes not only from requirements for low latency from Google’s streaming media services, but also from unease — particularly among enterprise customers — over using services that are based in the U.S., due to the revelations of NSA whistleblower Edward Snowden.

すでに Google は、Hamina, Finland および、St. Ghislain, Belgium、そして Dublin, Ireland という、3つの主要データセンターをヨーロッパに所有している。ヨーロッパにおけるキャパシティの拡大は、Google のストリーミング・メディア・サービスで必要となる、低レイテンシの実現という要求に対応するものだ。ただし、Edward Snowden の内部告発が暴露した NSA による監視という、アメリカ・ベースのサービスにまつわる、エンタープライズ顧客の不安を取り除くという意味もあるのだろう。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
What mattered in mobile during the second quarter of 2014 July 2014
How the mobile payment market is shaping up in 2014 May 2014

ーーーーー

地理的に見て、London のマーケットにも近く、また、Ghislain, Belgium にも近い北海に面した海辺という感じですね。 Hamina で実現している海水冷を、ここでも活用するのでしょうか?  また、再生可能エネルギーが潤沢と書かれていますが、オランダということは、風力発電が盛んなのでしょうかね? これから、完成まで、いろいろなレポートが登場するはずなので、とても楽しみです :)

ーーーーー

<関連>

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ
Google データセンターを埋め尽くす、独自サーバーのコンセプトとは?
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Facebook が北欧に建設している、冷気と水力をフル活用の DC とは?

192 Cores – K1 を搭載し、32GB + 4G LTE をサポートする、Nvidia SHIELD タブレットが登場!

Posted in Game, Google, Post-PC, Weekend by Agile Cat on September 20, 2014

32GB 4G LTE NVIDIA SHIELD Tablet Pre-Orders in Europe and the U.S. Begin, Ships October 1st
http://wp.me/pwo1E-7T1

September 17, 2014 by
Ian Kersey
http://www.intomobile.com/2014/09/17/32gb-4g-lte-nvidia-shield-tablet-pre-orders-open-ships-september-30th/

_ into Mobile

A 32GB 4G LTE enabled NVIDIA SHIELD Tablet is now up for pre-order int he U.S. and Europe and should begin shipping on October 1st.

32GB + 4G LTE の NVIDIA SHIELD Tablet だが、アメリカとヨーロッパで予約注文が始まり、10月1日には出荷が開始されるはずだ。

Coming in at $399, the 32GB LTE SHIELD Tablet is certified for use on AT&T’s network, but plays nice with other North American and European carriers as well. Here’s a rundown of which cellular bands the unlocked 4G LTE SHIELD Tablet supports:

$399 で提供される 32GB + LTE の SHIELD Tablet は、AT&T ネットワーク上でのサーティフィケーションが行われているが、北米および欧州の、その他のキャリアでも動くものとと思われる。以下に示すのは、Unlocked 4G LTE SHIELD Tablet がサポートする、モバイル通信の周波数帯域に関する概要である。

North America

  • LTE, HSPA+, 3G, 2G, GSM, EDGE
  • LTE: Bands 2,4,5,7,17 (1900, 1700, 850, 2600, 700)
  • HSPA+: Bands 1,2,4,5 (2100, 1900, 1700, 850)

Outside North America

  • LTE, HSPA+, 3G, 2G, GSM, EDGE
  • LTE: Bands 1*,3,7,20 (2100/1800/2600/800)
  • HSPA+: Bands 1,2,5,8 (2100/1900/850/900)
  • * In certain regions band 1 and voice support is enabled

The 32GB LTE SHIELD Tablet is identical to the current 16GB version which is packed with all sorts of awesome specs, including the NVIDIA K1 mobile processor. The Tegra K1 has 192 cores at its disposal, and supports GRID Cloud Streaming, PC Streaming and is the first Android tablet to feature Twitch support. Storage can be expanded up to 128GB via a microSD card slot, and is fully compatible with apps and games from the Google Play Store. Like the Tegra Note 7, a Direct Stylus is on board, as well as front-facing stereo speakers and an 8-inch full HD display.

32GB LTE の SHIELD Tablet は、現行の 16GB バージョンと同じものであり、NVIDIA K1 モバイル・プロセッサを含む、素晴らしいスペックをパッケージングしたものとなる。その Tegra K1 だが、 GRID Cloud Streaming と PC Streaming のために、192個のコアを配置している。 そして、この Android ダブレットは、Twitch をサポートする最初のものとなる。ストレージに関しては、microSD カード・スロットを介して 128GB まで拡大することが可能であり、また、Google Play からアプリやゲームを取得するための互換性を持つ。Tegra 7 と同様に、ディスプレイ上で Direct Stylus を使えるだけではなく、フロントにステレオ・スピーカーを持ち、ディスプレイは 8-inch フル HD に対応する。

Youtube

Head here to pre-order yourself a 32GB LTE enabled SHIELD Tablet. You can also pick up the WiFi only 16GB version from NVIDIA or from Amazon, Best Buy, Fry’s Electronics, GameStop, Micro Center, Newegg and Tiger Direct.

32GB LTE 対応の SHIELD Tablet は、ココから予約注文が可能である。また、WiFi only の 16GB バージョンは、NVIDIA/AmazonBest Buy/Fry’s Electronics/GameStop/Micro Center/Newegg/Tiger Direct などから購入できる。

ーーーーー

Nexus 7 2013 の発売から約一年で、Nvidia K1 というパワフルなプロセッサを搭載する、この SHIELD Tablet が登場することになります。 しかも、これまでのマニュファクチャではなく、Nvidia 自身からプロダクトとして提供されるところが、とても興味深いです。 Youtube で示されるとおり、ゲーム市場を強く意識した、グラフィックの高速描画にポイントがあることは明らかです。 そして、値段も安いです。 Post-PC デバイスの付加価値は、ネットを介して提供されるコンテントにあるのだから、低価格でシンプルな機能を提供すべきという Google と、デバイス自体をリッチにして、それを付加価値にする Apple の戦略に、ハッキリとした違いが見えてきた感じがします。

ーーーーー

<関連>

Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは? -2011
NVIDIA Tegra 3 アーキテクチャは、4-PLUS-1 という名前になる! – 2012
Nvidia と Citrix のチームがドライブする、クラウド・グラフィック・パワーとは? – 2012
Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 が繰り出す、安さ/軽さ/速さ!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?

HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?

Posted in Google, Post-PC by Agile Cat on September 18, 2014

HP Offers New Pair of Chromebooks, One With Nvidia’s K1 Processor
http://wp.me/pwo1E-7SM

Marco Foronda – Sep 05, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/8927/20140905/hp-offers-new-pair-chromebooks-one-nvidias-k1-processor.htm

_China Topix

Hewlett-Packard (HP) won’t be left behind Acer and Toshiba as it announced new pair of competitive Chromebooks today. The HP Chromebooks come in two screen sizes; 11-inch and 14-inch.

今日のことだが、Hewlett-Packard (HP) は 2種類の Chromebooks を発表し、Acer や Toshiba に取り残されないという意思を示した。この HP Chromebooks は、11-inch と 14-inch の、ディスプレイ・サイズを持つ。

The 11-inch model seems like a big leap from its predecessor. Previously, HP used the ARM-based Exynos processor but now uses Intel’s Bay Trail Celeron processor. It also features 4 GB of RAM from 2 GB. It’s expected to have a 1366 x 768 screen resolution; 16 GB file storage with additional 100GB of Google Drive space and an improved battery that lasts for more than eight hours. Users shouldn’t expect a stylish new Chromebook and it only comes in silver and turquoise colors.

この 11-inch モデルは、従来のバージョンと比較すると、大きな飛躍を遂げているように思える。以前の HP は、ARM ベースの Exynos プロセッサを使用していたが、今回は、Intel の Bay Trail Celeron プロセッサを使用している。 また、RAM の容量は、2GB から 4GB へと増えている。そして、ディスプレイ解像度は 1366 x 768 になり、16GB のファイル・ストレージに、100GB の Google Drive スペースが追加され、バッテリー駆動時間は 8時間以上になると予測される。ユーザーたちは、新しい Chromebook が、こんなにスタイリッシュ(シルバー&トルコ・ブルー)になるとは期待していなかったはずだ。

The 14-inch Chromebook is a little different from the previous year’s model. HP is now using Nvidia’s K1 processor. The Chromebook can be configured with 2 GB or 4 GB of RAM. It can either have 16 GB or 32 GB of storage, with an added 100 GB of Google Drive storage.

そして、14-inch Chromebook も、従来からのモデルとは、少し異なるものになる。 今回の HP は、Nvidia K1 プロセッサを採用している。こちらの方の Chromebook は、2GB もしくは 4GB の RAM と、16GB もしくは 32GB のストレージを選択でき、また、100GB の Google Drive スペースが追加される。

HP, however, didn’t clarify if its 14-inch Chromebook has a screen resolution of 1366 x 768. If it does, it won’t be a good feature for the new line-up. On a brighter side, HP’s new 14-inch Chromebook is a bit slimmer and lighter. It also has a battery that will last for over eight hours.

しかし、HP は、この 14-inch Chromebook のディスプレイ解像度が、1366 × 768 になるのかどうか、明らかにしていない。もし、この解像度なら、新しいラインナップにとって、嬉しいものとはならない。 その一方で、この 14-inch Chromebook は、以前と比べて薄くて軽くなるという、嬉しい情報も提供されている。また、バッテリー駆動時間は、少なくとも 8時間以上になるようだ。

The 11-inch Chromebook will be available on October 5 at US$279.99. On the other hand, the 14-inch model goes for US$299.99 and will be available on October 22.

発売日と価格であるが、11-inch Chromebook は 10月 5日に US$279.99 で売り出される。 また、14-inch Chromebook が、10月 22日に US$299.99 で発売される。

ーーーーー

なんといっても、3万円で買えるというのが嬉しいですね。 外出時の作業といっても、その時々の状況に応じて、かなり異なるものになりますが、Agile_Cat の場合だと、日帰りの出張くらいまでなら、11-inch の Chromebook があれば充分という気がします。 もちろん、そこには、Evernote がいてくれないと仕事にならないのですが、第一陣の Chromebook 対応アプリに、しっかりと入っているようなので安心しています。 HP 以外にも、Acer や Toshiba など、各メーカーが参入していますので、とても楽しみにしています!

ーーーーー

<関連>

Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 が繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!
アメリカの教育:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebooks が絶好調:売れるだけではなく、実際に使われ始めている
Chromebooks:大半の Microsoft パートナーが参加する事態に!

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Amazon, Google, Research by Agile Cat on September 17, 2014

CHART OF THE DAY: Amazon Spends A Ton Of Money To Advertise Itself On Google
http://wp.me/pwo1E-7SA
Dave Smith – Sep 16, 2014 
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-amazon-spends-a-ton-of-money-to-advertise-itself-on-google-2014-9

_ Business Insider

Google’s main source of revenue is its advertising platform, AdWords — but it’s also the key portal for businesses to have their products seen on the web, and in search results. Companies pay millions of dollars to Google each year for quality real estate in Google, but no company spends more than Amazon, which reportedly dropped $157.7 million on US search ads in Google last year.

Google の主たる収入源は、その広告プラットフォームの AdWards である。 そして、各種のプロダクトを Web ページや、検索結果に表示したい企業にとって、それは主要なポータルでもある。それらの企業は、Google 内に広告スペースを確保するために、数百万ドルという対価を、毎年のように Google に支払うが、Amazon ほど突出した広告主は、他にはいない。伝えられるところによると、昨年の Amazon は、アメリカ国内における Google 検索広告に、$157.7 million という巨額を支払っている。

_  space

Business Insider Intelligence

According to a new ranking from Ad Age DataCenter charted for us by Business Insider Intelligence, Amazon spent nearly more than double the amount on Google search ads as the next group on the list, Priceline Group, which owns several properties related to travel-related purchases like airline tickets and hotel stays. But even though Amazon is spending a lot of capital to put its business ahead of others in search and display ads, the company also generated $750 million in ad revenue last year, and is expected to earn more than $1 billion this year, according to eMarketer.

Ad Age DataCenter のランキング をベースにして、Business Insider Intelligence が作成したチャートによると、Google 検索広告の売上リストでトップに立つ Amazon は、二番手の企業である Priceline Group(航空券やホテルなどの予約サイト)の 2倍近くの対価を支払っている。そしてAmazon は、検索とディスプレイの広告で、他社よりも多額の費用を支払っているにもかかわらず、自社でも $750 million という広告収入を、昨年に稼ぎだしている。eMarketer によると、今年の Amazon は、$1 billion 以上の広告収益を上げると予測されている。

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

$157.7 million というと、$1=100円で換算して 約160億円ですか。つまり、10億円以上の広告費が、Amazon から Google に流れているわけです。まぁ、この業界、激しく戦うところもありますが、持ちつ持たれつのところもあると、このチャートが語っているようにも思えてきます。 それにしても、凄まじいメカニズムを、Google は確立しているのですね。 それは、Facebook にも言えることなのですが・・・

ーーーーー

<関連>

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する

Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!

Posted in Asia, Google, Mobile by Agile Cat on September 16, 2014

Google Unveils 3 Budget Smartphones for Android One
http://wp.me/pwo1E-7Sl

By Samantha Murphy Kelly – September 15, 2014
http://mashable.com/2014/09/15/android-one-smartphones/

_ Mashable

Google announced the first three smartphones that will be part of Android One, the company’s initiative to bring affordable Android smartphones to developing markets.

Google  が初めてアナウンスした、Android One を走らせる 3種類のスマホは、途上国マーケットに安価な Android スマホをもたらすという、同社の取り組みを構成するものである。

Each of the three devices, manufactured by Micromax, Spice and Karbonn, has a 4.5-inch display and will first ship in India. The phones will also come to Indonesia, the Philippines, Bangladesh, Nepal, Pakistan and Sri Lanka by the end of the year; Google said it would make Android One available in more countries next year.

それらのデバイスは、Micromax/Spice/Karbonn というマニュファクチャで製造される、4.5-inch ディスプレイを持つものであり、最初は India のマーケットで販売される。そして、この年末までには、Indonesia/Philippines/Bangladesh/Nepal/Pakistan/Sri Lanka といった国々でも発売される。Google は、より多くの国々で、来年は Android One が提供されると述べている。

Image
Google

Starting price for the phones is 6,399 Indian rupees ($105), according to a blog post by Google Android head Sundar Pichai.

Google の Android リーダーである、Sundar Pichai のブログ・ポストによると、そのスマホの価格は 6,399 Indian rupees ($105) からとなる。

To make the devices affordable, Google is working with smartphone partners like Acer, Asus, HTC and Lenovo, as well as silicon chip makers to use lower-cost components. The Android One devices are a step up from entry-level phones: Each phone has both a front (5MP) and rear-facing camera (2MP), dual SIM card slots, a replaceable battery and a built-in FM radio. Other specs include 1GB of RAM and a 1.3GHz quad-core MediaTek processors.

Google は、それらのデバイスの価格を引き下げるため、Google は Acer/Asus/HTC/Lenovo といったスマホ・パートナーと協業し、さらには、低コスト・コンポーネントを使用するシリコン・チップ・メーカーとも協力している。しかし、Android One デバイスは、エントリー・レベルと比べると、確実にステップ・アップしている。 具体的に言うと、フロント(5MP)とリア(2MP)のカメラ/Dual SIM カード・スロット/交換可能なバッテリー/ビルトイン FM ラジオなどが組み込まれているのだ。また、その他のスペックとしては、1GB の RAM と、MediaTek 1.3GHz Quad-Core プロセッサが決まっている。

The phones will run on Android L, Google’s upcoming mobile operating system, and will be eligible for all software updates, including security patches. Google first announced the Android One initiative in June during the Google I/O developers conference.

それらのスマホは、これから Google が提供を開始する、モバイル・オペレーティング・システム Android L を走らせることになる。また、セキュリティ・パッチを含む、すべてのソフトウェア・アップデートの対象にもなる。Google は、今年の 6月に開催された Google I/O Developers Conference において、この Android One イニシアチブを発表している。

There are more than 1.75 billion smartphone users worldwide, but a huge opportunity still exists for companies like Google to grab the attention of the 5 billion people without mobile devices.

ワールドワイドで見ると、現時点で 1.75 billion(17.5億)のスマホ・ユーザーがいるが、Google などの企業は、いまだにモバイル・デバイスを手にしていない 5 billion(50億)の人々を、取り込んでいくという大きなチャンスが残されているとしている。

Google focused on India first because of the country’s typically pricey hardware and data plans, as well as limited access to apps, the company said.

Google が最初に India にフォーカスするのは、同国におけるハードウェアやデータプランが高額であるだけではなく、アプリケーションへのアクセスも制限されているからである。

Youtube

"Even entry-level smartphones still remain out of reach for many (bear in mind that in some of these countries the average monthly income is around $250)," Pichai wrote in his post. "Second, many people in these markets do not have access to the latest Android software and popular applications. Finally, even where 3G and 4G networks are available, not enough people have phones that can support data and the plans can be expensive.”

Pichai は自身のブログ・ポストで、「まず、最初に、エントリー・レベルのスマホであっても、多くの人々にとっては、依然として手の届かないところにある(それらの国々では、平均月収は $250 というケースが有ることも心に留めておいてほしい)。 次に、それらのマーケットにおける大半の人々が、最新の Android ソフトウェアや人気のアプリにアクセスできないでいる。最後に、3G/4G ネットワークが利用できる場合であっても、データ通信をサポートするスマホを持つ人は限られ、また、そのキャリア・プランは高価なものになっている」と、述べている。

It makes sense that Google wants to bring budget phones to regions with less access. In addition to added mobile connectivity, it also gives new users access to its app store, Android ecosystem and, of course, its search engine.

Google が低価格のスマホを、モバイル・アクセスの少ない地域に、持ち込もうとしているのは理にかなっている。モバイル接続を増やすことに加えて、アップ・ストアや Android エコシステムにおいて、そして、もちろん、検索エンジンにおいても、新規のユーザー·アクセスを期待できるからだ。

See also: iPhone 6 and iPhone 6 Plus vs. the Competition

ーーーーー

先週の iPhone 6 フィーバーとは、まったく趣の異なる Google 発表です。 Apple は高級感のあるブランドを目指し、Google はユニクロ的な普遍性を目指すという感じで、1つのマーケットを両極へと引っ張ります。 そして、Android One がインドのマーケットから投入されますが、そこは、新興のスマホメーカーである MicromaxKarboonSpice が、想像を絶する次元で、戦いを開始するマーケットなのです。さらに言えば、Apple から見て、最も遠い国でもあるのです。

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場!
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Chrome for Mac 64-bit がリリースされる:11月の Ver 39 が待ち遠しい!

Posted in Apple, Google, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on September 14, 2014

Public version of Google Chrome for Mac will go exclusively 64-bit in November
http://wp.me/pwo1E-7Rz
MIKE BEASLEY – September 12, 2014
http://9to5mac.com/2014/09/12/public-version-of-google-chrome-for-mac-will-go-exclusively-64-bit-in-november/

_ 9 to 5 Mac

Last month Google released a 64-bit version of the Chrome browser for OS X on its developer channel. However, this version of the app has not yet been made available to the general public. Google announced today in a blog post (via iMore) that the browser would be updated in version 39 not only to add 64-bit support, but to remove 32-bit support.

先月のことだが、Google は Chrome Browser for OS X の、64-Bit バージョンをリリースしている。ただし、この Chrome Version 38 は、まだ一般向けに提供されていなかった。そして、今日の Google だが、次の Chrome Version 39 は、64-bit をサポートし 32-bit を削除する、正式リリースになるとブログ・ポストiMore 経由)を介して発表した。

_  space

_  space

That means that any 32-bit plugins built on the Netscape Plugin API will no longer function until they are updated for 64-bit systems. This update will be released in November, though an exact release date hasn’t been given yet. Because Chrome uses a silent auto-update mechanism, users won’t have to do anything special to get the update.

そうなると、Netscape Plugin API 上に構築された、あらゆる 32-bit プラグインは、新たに 64-bit システムに対応するまで機能しなくなる。Chrome 39 のリリース日は、まだオフィシャルには報じられていないが、11月にはアップデートが配信されるだろう。ただし、Chrome は、自動的なサイレント・アップデート・メカニズムを使用しているため、なにか特別なことを、ユーザーが行う必要はない。

Google silently launches Chrome 64-bit Canary and Dev channel for Mac OS X users
Google releases desktop Chrome App Launcher to all Mac users

ーーーーー

モバイルはアプリを介して、デスクトップ/ラップトプは Chrome for Mac を介して、Web から情報を集めるというのが、このところの Agile_Cat の、決まりパターンとなっています。 それだけに、この 64-bit バージョンには期待してしまうのですが、心配なのはプラグインです。 Evernote Clipper が出遅れることは、おそらく無いと思いますが、「強制メイリオちゃん」は大丈夫なのでしょうかね? ぜひとも、頑張ってほしいと思います。

ーーーーー

<関連>

Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
Mac の 8つの隠し機能 : スクリーン・キャプチャ や タブ操作など
Mac Rumors の、ウワサで固めた Apple 製品購入ガイドとは?
27年前の Mac で、いまのインターネットに接続してみた – YouTube で ど~ぞ!

%d bloggers like this: