Agile Cat — in the cloud

Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?

Posted in .Chronicle, Google by agilecat.cloud on March 10, 2015
Google Launches Car Insurance Comparison Tool
David Curry – Mar 06, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/40962/20150306/google-launches-car-insurance-comparison-tool.htm
 
_China Topix
 
Google has announced a new comparison tool for people looking for car insurance. Named Google Compare, it looks to offer insurance quotes from 14 partners, with more coming on board in the next few months.
 
Google が発表した比較ツールだが、自分にあった自動車損保を探している人々にとって、有用なものになるはずだ。 この、Google Compare という名前のツールは、14社のパートナーからの保険見積を提供するが、これからの数ヶ月の間に、さらに多くのパートナーが加わる予定だ。
 
google-comparePhoto : Google Google Compare has been launched, allowing users to check car insurance quotes.
 
It’s similar to most comparison sites. Users input a wide variety of information, in this case information on the car, accidents, employment and age, and get quotes from the main providers.
 
その操作は、ほとんどの比較サイトと同様だ。 ユーザーたちは、事故/職業/年齢といった自走車損保に関する多様な情報を入力し、メインとなる保険会社から見積を得ていく。
 
Google believes this comparison tool could save customers thousands of dollars in insurance bills, especially if a user doesn’t know about deals from local or national providers.
 
Google は、この比較ツールにより、保険に費やされる対価を、数多くの人々が節約できると確信している。とりわけ、対象となるユーザーが、Local/National 保険会社の、特約情報を知らない場合に、その傾向は強くなる。
 
Mercury Insurance, MetLife, The General Insurance, 21st Century Insurance, Infinity Auto Insurance, Kemper Specialty, Titan Insurance, Stillwater Insurance and CSE Insurance Group are the nine major national auto insurance partners.
 
google-compare-insurancePhoto : Google
 
アメリカのマーケットにおいて、Mercury Insurance/MetLife/The General Insurance/21st Century Insurance/Infinity Auto Insurance/Kemper Specialty/Titan Insurance/Stillwater Insurance/CSE Insurance Group は、National 自動車損保の九大手であ。
 
Google said you can highlight what makes your business unique, whether that’s an “A” rating in customer service or better discounts for safe drivers. And when users adjust their deductible or add additional cars to their quote, you can show updated pricing that matches their needs. They can then buy their policy online or over the phone through one of your agents.
 
Google が言うには、あなたが入力すべき事柄を強調し、安全なドライバーに対して与えられる、お得な顧客サービスや低減された料率を得るための、評価「A」の取得を支援していくようだ。そして、ユーザーが控除額を調整し、別の自動車を追加した後に、自身のニーズにマッチした価格へとアップデートされるという。続いて、オンラインまたは電話により、対象となる保険代理店から、自身の保険を購入できるようになる。
 
Google Compare will only be available in California to start, but should come to other U.S. states within the next few months.
 
Google Compare の立ち上げ時は、California だけに範囲が限定されるが、これからの数ヶ月のうちに、他の州も加えられていくという。
 
ーーーーー
google-55a保険に加入する際には、込み入った契約条項を読む必要がありますが、それを、こんなかたちで簡略化してくれるなら、顧客にとって有り難いものになるはずです。 そして、Google が自動車損保の整理に取り組む背景には、自動操縦車の安全性と経済性を、この切り口からも証明したいという意図があるようにも思えてきます。 日本でも、このような試みが始まると良いですね。 膨大な広告予算を 新聞/TV に垂れ流す以外にも、保険会社と顧客の双方が、いまよりもハッピーになる方式が、必ずあるはずです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資?
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷をチャートで!
 

Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 4, 2015
Google confirms plans to become a mobile (virtual) network
Paul Sawers – March 2, 2015
http://venturebeat.com/2015/03/02/google-confirms-plans-to-become-a-virtual-mobile-network-in-the-coming-months/
 
_ VB
 
BARCELONA, Spain — Sundar Pichai, senior VP at Google and the man who heads up Android, Chrome, and Google Apps, has confirmed the long-standing rumors that it was planning to enter the mobile virtual network operator (MVNO) space in the U.S.
 
Google の Senior President であり、また、Android/Chrome/Google Apps を率いてきた Sundar Pichai が、US における MVNO (Mobile Virtual Network Operator) に参入するという、長年に渡って囁かれ続けてきたウワサを肯定した。
 
Taking to the stage at Mobile World Congress (MWC) in Barcelona, Pichai discussed many facets of Google and Android, but the one stand-out revelation was that the Internet giant is working with “carrier partners” and plans to announce something later this year.
 
Barcelona で開催されている Mobile World Congress(MWC)で、Pichai が時間を費やして説明したのは、Google 自身のことであり、また、Android のことであった。しかし、このインターネットの巨人は、キャリア・パートナーと協力している最中であり、今年の後半に何かを発表するという、ちょっと驚きのプランを披露した。
 
google-76522_640He didn’t reveal much about its plans to be a MVNO, which is when a company piggybacks off existing carriers to offer its own network service, and Pichai attempted to play things down by admitting it didn’t plan to do anything at scale. In other words, it seems like it plans to launch what will be a pilot project at first and see how things go, and it will likely involve the integration of wireless and cellular services.
 
彼は、そのプランが MVNO であるとは明言していない。それは、既存のキャリアに対して、同社のネットワーク・サービスへのオフ・ロードを提案するものであるが、何らかのスケールを持つプランではないと認めることで、その件を軽く取り扱おうとしていた。言い換えるなら、最初に実施すべきパイロット・プロジェクトのようなプランであり、また、物事が収束していく先を確認するものである。そして、おそらく、ワイヤレスとセルラーのサービスを、統合していくものになる。
 
Google has already been involved in a number of projects involving the “network” side that enables its various technologies and services, including Google Fiber, which is still slowly rolling out in the U.S., as well as Project Loon — its initiative aimed at bringing high-speed Internet access to remote areas of the world via hot air balloons.
 
すでに Google は、そのテクノロジーやサービスを、ネットワーク側で活用していこうという、数多くのプロジェクトに携わっている。 そこには、US で依然としてユックリ展開されている、Google Fiber が含まれる。さらには、熱気球を利用することで、世界の遠隔地に高速インターネット・アクセスを、率先して提供していこうという、Project Loon もある。
 
Amazon too is rumored to be entering the mobile network space, as more services shift to the mobile realm, and it does make sense for the big tech titans of the world to make moves into this sphere. But the intentions aren’t to make money from being a mobile network in the same way as a traditional carrier would; it’s more about improving “uptime” and ensuring users aren’t prevented from doing what they need to do on their phones.
 
そして Amazon も、数多くのサービスがモバイル分野へシフトするにつれて、モバイル・ネットワークの領域に参入するとウワサされている。 こうしたテック・ジャイアントたちが、ネットワーク・ビジネスの階層へと移行していくのは、それなりの意味をもつだろう。しかし、その意図はというと、従来からのキャリアと同じ方法で、モバイル・ネットワークから収益をあげようというものではない。つまり、アップタイムを改善し、ユーザーがスマホで処理することが、円滑に進むようにしたいのだ。
 
Rather than looking to ink a deal with a single carrier, it’s believed that plans are afoot to get multiple networks on board, thus letting Google identify the best network at any given time based on a user’s location and desired service — SMS, voice or data.
 
Google に関しては、単一のキャリアと契約を交わすというのではなく、複数のネットワークを得るためのプランが進行中だと思われる。 つまり、ユーザーのロケーションや、必要とするサービス (SMS/Voice/Data) に基づき、その時点でベストなネットワークを識別するようなものになるだろう。
 
So Google likely isn’t launching an MVNO as we’ve come to understand it, and it may not even be something that you’re able to sign up to as a standalone service. Whatever its plans are, all will be revealed “in the coming months,” according to Pichai. Google I/O at the end of May would be as good a time as any for the big reveal, though that is purely guesswork.
 
したがって Google が、普通の MVNO を立ち上げることはないだろうし、私たちも、それを理解するようになってきた。さらに言えば、何らかのスタンドアロン・サービスとして、ユーザーがサインアップするものでもない。 Pichai の話によると、いずれにせよ、そのプランは、数ヶ月のうちに明らかになるようだ。5月末に開催される Google I/O が、大きな発表に適したタイミングとなるが、それも単なる推量にすぎない。
 
ーーーーー
google-55aそうでなくては! ・・・と思わせてくれる、なかなかステキな発表だったようですね。 垂直方向へとカベをブチ抜いていく、こうした Google の発想は、さまざまな軋轢をもたらすでしょうが、それがなければ世界は変わっていきません。 話はアジアへと飛んでしまいますが、モバイル・ネットワークが進化の途上にある国々で、いま流行っているのは Dual SIM スマホなのです。 そして、ユーザーたちは、たとえば通話とデータにおいて、最も安価なキャリアを選ぶことで、それぞれの通信費を節約しているのです。 Google の考える新たな MVNO (?) が、どのような国でビジネスとして展開されるのか、その辺りは分かりませんが、4つも 5つものキャリアを、Single SIM で使い分けることができるなら、これほどユーザーにとって嬉しいことはありませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷をチャートで!
 
 

激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 28, 2015
Smartphone Duopoly Pushes Competition to the Fringes
Felix Richter – February 26th, 2015
http://www.statista.com/chart/3268/smartphone-os-market-share/
 
 Statista.png
 
Five years ago, the smartphone market was quite fragmented. BlackBerry was still going strong, Symbian was present on millions of Nokia phones and Samsung was still experimenting with its own operating system, Bada.
 
5年前のスマートフォン市場は、それぞれのプラットフォームにより切り分けられていた。 そのころの Blackberry は強さを維持し、Nokia のデバイスでは大量の Symbian が走り、Samsung は Bada という独自 OS を実験していた。
 
Smartphone_OS 2010-2014This chart breaks down global smartphone shipments by operating system.
 
このチャートは、グローバルにおけるスマホ OS 出荷台数を示している。
 
Nowadays, there are basically just two relevant smartphone platforms left. Devices running Android and iOS accounted for more than 96% of global smartphone shipments in 2014, according to data published by IDC. The only other platform with so much as a hint of relevance left is Windows Phone, although Microsoft surely had other numbers in mind when it debuted Windows Phone 7 in 2010.
 
しかし、いまでは、大まかなところで、2つのスマートフォン・プラットフォームだけが存在感を発揮する状況となっている。IDC が発表したデータによると、2014年のグローバル市場では、出荷されたスマートフォンの 96% 以上が、Android と iOS により占められている。その他のプラットフォームとしては、少ないながらも Windows Phone がシェアを確保しているが、2010年に Windows Phone 7 がデビューしたときの Microsoft は、いま以上の存在感を有していたのだ。
 
ーーーーー
mobile_552010年の 3億台から、2014年の 13億台へと、大きく成長したスマホ・マーケットの状況が、とても把握しやすいかたちでチャート化されていますね。 その内訳の変化も興味深いですが、2014年の iOS が 約2億台ですから、それを 1.5倍しただけで、2010年の全体に達してしまうというのも驚きです。 Agile_Cat の 2010年はというと、Symbian を使っていましたが(いわゆるノキチ)、もう無理だという思いから、試しに Android を触り始めたころだったと記憶しています。 すべてが、あっという間に変わってしまった、という感じです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Android powers 81.5% of smartphones globally: IDC
AFP – Feb 25, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Android-powers-81-5-of-smartphones-globally-IDC/articleshow/46366055.cms
 
_ Times of India
 
Google Android dominated the global smartphone market in 2014, holding an 81.5% market share, with Apple’s iOS second and no strong third player, market tracker IDC said.
 
Google の Android は、2014年のグローバル・スマホ市場を、81.5% シェアで支配した。それに続くのは Apple の iOS であるが、第三のプレイヤーは存在感に乏しいと、マーケット調査会社である IDC は述べている。
 
Android
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million.
 
Despite Apple’s late surge on its newly released iPhones, the California giant saw its market share for the year drop slightly to 14.8%. The fourth quarter was better for Apple as it claimed 19.7%, IDC data showed.
 
新しくリリースされた iPhone により、直近では Apple が市場を賑わしているが、この California の巨人のシェアは 14.8% であり、前年比で多少だが下落している。ただし、2014年 Q4 のシェアは 19.7% であり、Apple にとって素晴らしいものであったと、IDC のデータが示している。
 
With Android and iOS holding some 96% of the market, there has been little progress from alternative platforms, with Windows Phone losing momentum and BlackBerry nearly disappearing, IDC said.
 
Android と iOS を合わせると、マーケットの の 96% に達してしまう。そして、Windows Phone は勢いを失い、BlackBerry は消えつつありという具合に、代替となるプラットフォームには、ほとんど進展が見られなかったと、IDC は述べている。
 
“Instead of a battle for the third ecosystem after Android and iOS, 2014 instead yielded skirmishes, with Windows Phone edging out BlackBerry, Firefox, Sailfish and the rest, but without any of these platforms making the kind of gains needed to challenge the top two,” said Melissa Chau, an IDC analyst.
 
「 Android と iOS に続く、第3 のエコシステム争いどころか、Windows Phone と BlackBerry と Firefox と Sailfish などが小競り合いしただけというのが、2014年の特徴であった。そして、これらのプラットフォームのすべてが、Top-2 に挑戦するために必要な力を得られなかった」と、IDC のアナリストである Melissa Chau は述べている。
 
“This isn’t to say that vendors aren’t making moves, especially for the growth segments — the low-end markets. With Microsoft bringing ever-cheaper Lumia into play and Tizen finally getting launched to India early this year, there is still a hunger to chip away at Android’s dominance.”
 
「 ただし、それらのベンダーが、成長の著しいローエンド市場へ向けて、まったく動きを見せていないと言うわけではない。Microsoft は最も安価な Lumia を投入し、今年のインドでは Tizen も立ち上がっている。つまり、Android 独占している市場を、貪欲に削り取ろうとしているのだ」
 
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million. Windows phone saw its market share slip to 2.7% in 2014 from 3.3% a year earlier. And BlackBerry managed just 0.4%, sliding from 1.9% in 2013.
 
IDC が言うには、Android フォンのメーカーたちは、グローバルで 13億台以上のデバイスを販売し、それに続くApple は 1.92億を販売したことになる。 Windows Phone のシェアは前年の 3.3% から、2014年は 2.7% に下げている。BlackBerry は、2013年の 1.9% から、わずか 0.4% へと下げている。
 
ーーーーー
mobile_55Android と iOS で 96% というのは、とても興ざめという感じがしますが、Agile_Cat 的に気になるのは、この Android の内訳なのです。 つまり、Google Play にアクセスする純正 Android 派と、Xiaomi などの AOSP 派の比率に、一番に注目したいと思っています。 途上国のローエンド市場では、それほど純正 Android が伸びているはずもなく、また、Android を一括りにしてしまうのも、実態から乖離していると思えるのです。 昨年は、2月7日の「 Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか? 」というポストで、それが明らかになっていたのですが・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人?
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使用!
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Dropbox の新機能により、ローカル・アプリとの連携がシームレスに!

Posted in Google, Post-PC, Storage by agilecat.cloud on February 10, 2015
Dropbox’s new Open button launches desktop applications right from the web
Paul Sawers – February 5, 2015
http://venturebeat.com/2015/02/05/dropboxs-new-open-button-launches-desktop-applications-right-from-the-web/
VB.png
If you get frustrated transferring files from the cloud to your desktop, Dropbox has revealed an interesting new feature that will make the transition from browsing a file on the Web to editing it on your PC just that little bit easier.
 
もし、クラウドからデスクトップへと、ファイルを転送するのが面倒だと思っているなら、この Dropboxは の新機能がお勧めだ。それを使えば、Web 上のファイル・ブラウジングから、PC 上での編集までの流れが、とても簡単なものになるのだ。
 
Dropbox ImageDropbox ‘Open’ Button
Image: Paul Sawers
VentureBeat
 
Let’s say you have a bunch of Excel documents stored in your Dropbox account. If you double-click on these files from the desktop version of Dropbox, it will open them directly in the relevant application on your desktop — because the file is already stored locally on the computer. But if you double-click the same files in the Web-based version of Dropbox, you’re given a preview pane, through which you can click to share or download to your machine.
 
あなたの Dropbox アカウントに、たとえば 大量の Excel ドキュメントが、保存されているとしよう。そして、Dropbox デスクトップ・バージョンで、それらのファイルをダブル・クリックすれば、関連付けられたデスクトップ・アプリが、対象となるファイルをダイレクトにオープンする。 なぜなら、誰もが知っているように、そのファイルが、すでにローカル PC 上に保存されているからだ。しかし、これまでの Dropbox の Web ベース・バージョンで、ファイルをダブル・クリックしても、対象となるファイルを共有したり、ローカル・マシンにダウンロードするための、プレビュー・ペインが提供されるのみであった。
 
Now, however, Dropbox is making the switch from the Web to your computer more seamless. With an automatic update that’s rolling out in the next few weeks, you’ll start seeing a new “Open” button when you click a file, assuming it exists in the locally stored Dropbox folder on your PC. You’ll then be taken directly to the file to read or edit it within the native application.
 
そして、いま、Dropbox が取り組んでいるものとして、この Web から PC への連携を、よりシームレスにするための機能がある。いまから数週間のうちに、自動アップデートで提供される、この新しい機能を用いれば、Web 上でファイルをクリックしたときに、[Open]ボタンを目にすることになる。そして、そのボタンをクリックすると、ローカル PC の Dropbox フォルダに、同じファイルが保存されていると想定されるのだろう。 結果として、対象となるファイルをダイレクトに、ネイティブ・アプリで参照・編集できるようになる。
 
dropboxgif
 
While this may seem like a relatively trivial update, it does in fact make the Web-based version of the service a lot more useful, as it saves you from having to create two versions of the same file by downloading it. It keeps everything nicely in sync.
 
これは、ちょっとしたアップデートのように見えるかもしれないが、実際のところ、その Web ベース・サービスとしてのバージョンを、とても有用なものにする。つまり、対象となるファイルをダウンロードすることで、同じファイルを重複して作成するという面倒が回避される。言い換えるなら、すべての同期がキレイに行われる、ということになる。
 
Dropbox said that enabling this was a “technically challenging” endeavor, but given that 50 percent of Dropbox Web app users also use the desktop client, this feature really does make sense. This also echoes a move made by Google back in November, when it rolled out a new Chrome extension for doing exactly the same thing with Google Drive, so kudos to Dropbox for managing this without the need to install an extra add-on in your browser.
 
この機能の実現は、「技術的な課題」を伴う試みだったと、Dropbox は述べている。しかし、Dropbox の Web アプリ·ユーザーの 50% が、デスクトップ・クライアントも利用していることを考えると、今回の機能は重要なものとなるはずだ。そして、昨年の 11月に Google が、新しい Chrome Extension を展開したときに、Google Drive との組み合わせで実現した機能にも似たものとなる。ただし、ブラウザにアドオンをインストールすることなく、それを実現することで、Dropbox の名声が保たれたとも思える。
 
Meanwhile, if you can’t wait for the automatic Dropbox update to land, you can grab version 3.2.2 of the desktop client manually now.
 
なお、Dropbox の自動アップデートが待てないというなら、マニュアルでアクセスして、version 3.2.2 of the desktop client を手にすることも可能である。
 
ーーーーー
CloudOnPost-PCAgile Cat の日常でも、すでに Dropbox は欠かすことの出来ない環境になっています。 そして、文中にもある Chrome の新機能ですが、先日にスタバで Chromebook を触っていたときに、メールに添付されてきた PPTX をクリックしてしまい、「あっ間違えた」と思っていたら、PowerPoint スライドが立ち上がってきたので驚きましたが、その機能のことのようです。 今回の Dropbox は、ネイティブ・デスクトップ・アプリとの統合ですが、Web アプリの準備も着々と進めているようです。このイメージ(クリックで拡大)は、CloudOn から送られてきたメールの一部なのですが、Dropbox に買収され、統合されると伝えています。CloudOn は、だいぶ前から有償ユーザーとして利用していますが、結構、イケているので、Dropbox との統合が楽しみです。 
 
最近は、こうしたブログのポストも、Evernote で完成させ、WordPress 内のエディタで成形して、最後に Mars Editor でフォントを指定するという手順に変わってきました(ツール間で Draft をキャッチボールです)。 また、Chrome Extension の ScribFire も良さそうなので、そのうち試してみようと思っています。 いまは、Chromebook でルーチンワークが完結するようにと、意識的にツールを置き換えているところなのですが、その考え方の基本となっているのが、すべてを Web 上に移行すれば、すべてがシンプルになるという発想なのです。 _AC Stamp
ーーーーー
 
<関連>
Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Dropbox の パスワードが流出: いまこそ、二段階認証を考えるべきとき!
Google Drive が大幅に値下げ:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!
クラウド・ストレージ選手権 2013 : Box/Dropbox/Google/SkyDrive
Dropbox for Business とは? そのエンタープライズ戦略が明らかになった
 

Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Google, Research by agilecat.cloud on February 5, 2015
Google’s Growth Is Slowing Down
Dave Smith – Jan. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/googles-growth-is-slowing-down-2015-1
 
_ Business Insider
 
Google reported earnings for its fiscal fourth quarter of 2014 on Thursday. The company announced $6.88 EPS on $14.48 billion in net revenue, both of which fell below Wall Street expectations. And, as expected, Google’s advertising revenue continues to slow down.
 
Google だが、この木曜日(1/29)に、2014年 Q4 の収支をレポートした。同社の発表内容は、純利が $14.48 billion、EPS が $6.88 というものであり、どちらも Wall Street の予測値を下回ってしまった。
 
Google CPC 2014
BI Intelligence
 
Based on company data charted for us by BI Intelligence, Google’s ad revenue grew about 14% year-over-year in Q4, but its growth has been slowing down since in the middle of last year. Generally, Google’s ad revenue growth has been trending downward for the past two years. Even though Google is getting more paid clicks as its audience grows, its cost-per-click has been going down pretty consistently over the last few years, so advertisers have been paying Google less.
 
BI Intelligence がチャートにした Google のデータを見ていくと、2014年 Q4 の広告収入は、前年比で 14% ほど増加しているが、その成長率はというと、昨年の中頃から減速し続けている。そして、全体的に見ても、Google における広告収入の成長率は、この 2年間に渡って減少の傾向を示している。Google の利用者が増えるにつれて、Google の 有償クリックも増大しているが、その CPC(cost-per-click)が、この数年をまたぐかたちで下げ続けている。 つまり、広告主たちが Google に支払う対価が減少しているのだ。
 
SEE ALSO:  One Of The Hottest Payment Apps Of 2014 Is Suddenly Slowing Down
 
ーーーーー
google-ad-revenuegoogle-55aGoogle という会社は、基本的に、広く薄く利益を得ていくという考え方なので、それほど大した問題ではないのでしょう。 先月にポストした、「 Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない? 」という抄訳をみると、なんか、もう、好きにやってください、、、という気分になります。そして、この CPC(cost-per-click)という指標も重要なのでしょうが、Facebook の方では一度も見たことがないというのも、とても興味深い状況です。 文中にもあるように、ディジタル広告市場というパイが拡大し続けるのであれば、広告単価は下がり続けても、スケールしていくインフラがコストを吸収していくのでしょう。 そして、ディジタル広告の単価が下がるにつれて、新聞や TV といった、従来からのメディアが衰退していくのだろうと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% をモバイルから稼いでいる!
2014 Agile Cat:ディジタル広告の マトメ

2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!

Posted in Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2015
Amazon still dominates the $16 billion cloud market
Julie Bort – Feb. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/synergy-research-amazon-dominates-16-billion-cloud-market-2015-2?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
Cloud computing, where companies rent computers hosted elsewhere, is the biggest change to enterprise tech since the PC.
 
この、クラウド・コンピューティングという、何処かにホストされているコンピュータを、ユーザー企業が借りて利用するという方式は、PC が登場してから最大の変化を、エンタープライズ・テクノロジーに突きつけている。
 
2014 Cloud Market ChartHere’s how Synergy saw the fourth quarter of 2014 shape up:
 
And the company that more or less invented the concept, Amazon, is still far and away the dominant leader of a market that generated $16 billion for its biggest players, says market research firm Synergy Research Group.
 
そして、調査会社である Synergy Research Group が言うには、いずれにしても、クラウドという考え方を生み出したのは Amazon であり、また、大手プレイヤーたちが $16 billion の年商を生み出す、このマーケットを支配する存在となる。
 
Synergy reports:
 
  • Amazon has 30% market share, compared to the next biggest player, Microsoft, with about 10%.
  • Microsoft is growing the fastest, a 96% year-over-year leap, with Google close behind: 87% year-over-year growth.
  • IBM is leading what’s known as the “hybrid cloud market.” That refers to when enterprises use the same cloud technologies in their own private data centers and also use a cloud provider.
 
  • Amazon のマーケット・シェアは 30% であり、それに続く2番手は、Microsoft の 10% となる。
  • 成長率に関しては、Microsoft が 前年比で 96% で1位であり、Google が  87% の2位である。
  • IBM は、ハイブリッド・クラウドとして認識されるマーケットをリードしている。それは、エンタープライズがクラウドを使用するときに、プライベートなデータセンターとパブリックなプロバイダーに、そのリソースを振り分けるという方式である。
 
It makes sense that IBM is leading the hybrid camp among this crop of vendors because it’s the only one of the bunch that sells computer hardware. IBM says that between its cloud services and the hardware it sells to companies to build their own clouds, cloud computing became a $7 billion business for the company in 2014.
 
この種のベンダーの中で、IBM だけがハードウェアも販売しているため、同社がハイブリッド・マーケットをリードすることは、理にかなっている。IBM が言うには、そのクラウド・サービスの提供と、ユーザー企業が自身のクラウドを構築するためのハードウェア販売の間に、ポジションを取っていることになる。 そして、同社のクラウド・コンピューティングは、2014年に $7 billion のビジネスにまで成長した。
 
The good news for all concerned: it’s still early days for cloud computing, as $16 billion is only a tiny fraction of the almost $4 trillion that companies spend on tech annually worldwide.
 
そして、すべての関係者にとって、素晴らしニュースがある。 つまり、グローバルにおけるエンタープライズが、年間で IT に費やす $4 trillion という総額と比べれば、この $16 billion は、ほんの一部に過ぎない。言い換えれば、クラウド・コンピューティングは、依然として黎明期にあるのだ。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aAmazon が、強いですね。そして、Microsoft と Google の成長率も凄まじいです。 さらに言えば、IBM はハイブリッドで高収益、Salesforce は競合に巻き込まれない独自路線、、、という感じなのでしょうか? ーーー  なお、$16 billion という数字ですが、この記事だけでは不明確なので、参照元である Synergy Research のポストを確認したら、年間の売上で間違い無さそうです。 ただし、チャートが示すシェアは、2014年 Q4 のものということです。 ちなみに、2014年を通したときのシェアですが、AWS (28%)/Microsoft (10%)/IBM (7%)/Google (5%)/salesforce (4%) /Rackspace (3%) となっていました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
 
%d bloggers like this: