Agile Cat — in the cloud

モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on October 22, 2014

Facebook may have solved mobile, but Google is still struggling with it
http://wp.me/pwo1E-7Yh
By Carmel DeAmicis – Oct 16, 2014
https://gigaom.com/2014/10/16/facebook-may-have-solved-mobile-but-google-is-still-struggling-with-it/

_ Giga Om

Summary: Although Google missed the earnings mark, its overall health is strong.

Summary: Google の収益は予想を下回ったが、全体的には強さを見せつけている。

Google’s mobile ad strategy is sounding a lot like Facebook’s these days. On its third quarter earnings call Thursday, the company fielded a lot of questions about its plan for making up lost ground in the mobile area. When asked whether Google login has been been adopted by enough mobile apps, Chief Financial Officer Patrick Pichette said, “Our focus [is] on helping developers generate app downloads.”

Google のモバイル広告ストラテジーは、最近の Facebook と、きわめて類似した雰囲気を醸し出している。 この木曜日に開催された同社の Q3 の収支報告会では、モバイル分野で失ってしまった領土を回復する計画について、数多くの質問が浴びせられていた。Google へのログインにおいて、モバイル・アプリからの比率は充分なのかと質問されたとき、Chief Financial Officer である Patrick Pichette は、「私たちが、現時点でフォーカスしているのは、アプリのダウンロードを生み出すデベロッパーの支援である」と答えていた。

photo:
John MacDougall/
AFP/Getty Images

The whole ethos of “helping developers” is the same one preached by Facebook since it acquired mobile server company Parse and introduced its Audience Network. Courting developers, making it easier for them to build their apps, gives these big tech companies an “in” to the new mobile app ecosystem. When they’re the ones offering up the server space, login infrastructure, and ad networks for mobile developers to make money, the big tech companies get big advantages, like valuable user data or advertising revenue.

「デベロッパーの支援」という精神は、モバイル・サーバー企業である Parse を買収し、その Audience Network を導入した、Facebook の考え方とまったく同じである。デベロッパーを大切にし、彼らによるアプリ構築を容易にすることで、新たなモバイル・アプリ・エコシステムの中に、それらの大手のテック・カンパニーを取り込んでいく。そして、モバイル・デベロッパーたちが利益を上げるための、サーバー・スペース/ログイン・インフラ/アド・ネットワークが提供できるようになるとき、それらの大手テック・カンパニーたちは、重要なユーザー・データや広告による収益といった、大きなアドバンテージを手にする。

Google was also asked about how it’s dealing with the problem of tracking users from desktop to mobile, where cookies containing information on them disappears. That information is key for targeted advertising. New Chief Business Officer Omid Kordestani (although back in his old job) admitted Google was watching Facebook’s activity in this area closely.

そして Google は、これまでのデスクトップから、クッキーの情報が使えなくなるモバイルへと、ユーザーが移行した際にトラッキングができなくなるという点を質問されていた。つまり、それらの情報が、ターゲッティング広告において不可欠なものとなる。 新たに Chief Business Officer に就任した Omid Kordestani は(以前の仕事に戻った)、この分野における Facebook のやり方を、Google が注視していたことを認めている。

Google missed the expected mark of its earnings this quarter by a small fraction. It also announced that Kordestani, a former Google sales VP, was back as its permanent Chief Business Officer.

ここで話は変わるが、Google は直近の四半期決算において、予想されていた水準を下回っている。そして、前職として Sales VP を務めていた Kordestani が、Chief Business Officer として復帰したことを、正式に発表した。

Here are the numbers:

Non-GAAP earnings per share: Expected to be $6.53, was in fact $6.35
Increase of paid clicks: Expected to be 22 percent, was in fact 17 percent
CPC decrease: Expected to be down 4 percent, was in fact down 2 percent
Revenue: Expected to be $16.6 billion, was in fact $16.52 billion

The big picture is that Google is still doing well — its executives repeated the word “thrilled” like a mantra on the earnings call — but investors do have concerns about slowing growth. The money Google makes when a user clicks an advertisement, the cost per click (CPC), has been on the decline for awhile now because advertisers pay less for mobile clicks. Today’s earnings don’t reverse that trend, even though the CPC dropped less than expected.

収支報告で首脳陣が「ワクワク」という言葉を繰り返したように、 Google が描く大規模な構想は順調に進んでいるようだが、投資家たちは成長が減速することを懸念している。ユーザーが広告をクリックしたとき、Google にもたらされる CPC(Cost Per Click)は、広告主がモバイル・クリックに支払う対価が少ないため、このところ減少している。今日の報告で、CPC の下落幅は予想よりも少ないと発表されたが、その全体的なトレンドを逆転することはなかった。

It hasn’t impacted Google’s bottom line much because while the money Google makes per click has decreased, the number of clicks it accumulates has gone up. As a result, Google is still raking in the cash and growing. At the same time though, the consumer move to mobile raises the question whether Google will be able to adapt over the long term and keep growing its revenue while maintaining its profit margins.

ただし、Google における CPC が下落していても、クリック数自体が上昇しているので、Google の基本的な収益構造に対して、大きな影響が生じたというわけではない。その結果として、Google は売上を伸ばし、また、成長を継続している。しかし、それと同時に、モバイルへと移行するコンシューマの動向を前提として、長期にわたり利益率を確保しながら、収益を成長し続けることが可能なのかという疑問が、Google に対して提起されている。

On the earnings call, Kordestani and Pichette received a handful of questions about rising expense costs — which Google chalked up to the recruitment cycle of hiring university grads — and CPC fluctuation. “If we have movements from one quarter to the next, that’s just the result of experimentation,” Pichette said.

この収支報告会では、Kordestani と Pichette が、コストの上昇に関する厄介な質問を受けていた。それにより、Google の新卒募集のサイクルが締め付けられる可能性が生じる。また、CPC の変動も気になる。 だが、「それぞれの四半期データを比較するだけでは、実験の結果を見るに過ぎない」と、Pichette は述べている。

Related research

Best practices and technologies for cloud API management and governance Sep 2014
5 strategies for greening your data center Aug 2014
What mattered in mobile during the second quarter of 2014 Jul 2014

ーーーーー

広告には欠かせないユーザー・トラッキングですが、Apple が iOS から Cookie を締め出したあたりから、Google の試行錯誤が続いているのかもしれませんね。 その点、Facebook は閉じた世界ながらも、SSO (Single Sign-On) というソリューションを見出し、そこに Instagram や WhatsApp などを取り込んでいく目論見なのでしょう。 さらには、Atlas のローンチにより、外の世界で Google AdWards と戦っていくようです。 このフィールドは、継続して追いかけて行きたいと思います。

ーーーーー

<関連>

Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?
Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?

Posted in Advertising, Google, Research by Agile Cat on October 21, 2014

GOOGLE PREVIEW: Here’s What Everyone Wants To See In Today’s Earnings
http://wp.me/pwo1E-7XV
Jillian D’Onfro – Oct. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/google-q3-earnings-preview-2014-10

_ Business Insider

Google reports earnings after the market closes at 4 pm, east coast time. We’ll be covering it live, so tune in!

Google は、東海岸時間の 16日の午後 4時に、マーケットが閉まった後に収益をレポートする。私たちは、ライブでもカバーするので、そちらも ど〜ぞ

Jacob Silberberg
REUTERS
Google founders Larry Page and Sergey Brin

It’s been a busy quarter for Google. It announced that it’s working on drones, investing in an Amazon competitor, Google Express, and it just released a new smartphone, TV gadget, and tablet. It has also continued to face regulatory heat in Europe.

この四半期は、Google にとって忙しい日々の連続であった。同社は、ドローンへの取り組みや、Amazon のライバルに対する投資、Google Express などについてアナウンスした。また、新しいスマートフォンや、TV ガジェット、タブレットなどをリリースしている。その一方で、欧州の規制当局とも対峙し続けている。

In its last earnings, Google announced the departure of its long-time sales boss Nikesh Arora. Early employee Omid Kordestani stepped into the role temporarily, but maybe we’ll hear about a more permanent candidate tomorrow.

前回の収益報告では、長年にわたり Sales Boss を務めてきた、Nikesh Arora の退任を、Google はアナウンスしていた。 古くからの社員である Omid Kordestani が、一時的な代役を務めているが、おそらく明日の説明会で、より長期的な人事が発表されるだろう。

In terms of numbers, here’s what analysts are expecting:

数字という観点では、アナリストたちが、以下のように推測している:

  • Revenue: $13.22 billion
  • EPS: $6.33

Here’s the other stuff everyone will be looking at…

以下に、誰もが知りたいと思っている項目をまとめてみた・・・

CPC and Paid Click Growth

Cost per click refers to what advertisers pay for each click on a search ad and growth in paid clicks measures how many users clicked on ads to generate revenue. Last quarter, paid clicks increased about 25% year-over-year while CPC was down 6% year-over-year. That was a modest increase of the first quarter of the year, when CPC was down 9% year-over-year.

CPC(Cost per Click)は、検索広告がクリックされるごとに、広告主が支払う対価のことである。また、Paid Click は、収益を生み出す広告を、どれだけの人々がクリックしたのかという指標である。そして、以下のチャートでは、双方の値を前年比で示している。前期(会計年度の 2014 Q3)では、Paind Click は 25% の情報を見せているが、CPCP は 6% 減となっている。なお、CPC に関しては、2014 Q1 に、前年比で 9% ダウンとなったところから、徐々に持ち直している。

Analysts want to see the CPC decline stabilize. If CPC keeps declining, paid click growth would have to be more dramatic to make up for it, and analysts fear that there could be limits to the speed of its growth. Although Google has said that it eventually expects mobile ads to be more lucrative than desktop ads, they’re not there yet.

アナリストたちは、CPC が上昇しないことを前提にしている。そして、CPC が下がり続けるなら、それを補うために、Paid Click が劇的に上昇しなければならない。ただし、その成長の速さには、限界があるかもしれないと、アナリストたちは恐れている。Google は、最終的にはモバイル広告が、デスクトップ広告よりも、大きな利益をもたらすだろうと言い続けているが、まだ、その段階には至っていない。

Analysts also expect to hear about the strength of Google’s product listing ads — PLAs — which are visual ads that give quick product information.

さらにアナリストたちは、Google の PLA(Product Listing Ads)が、強さを発揮していることを期待している。 それは、製品に関する情報を素早く提供する、ビジュアル広告のことである。

Jefferies

Analysts at Jefferies want to see a 5% decline in CPC year-over-year and a 22% increase in paid clicks year-over-year to maintain Google’s healthy ad business. Here’s a look at the change in Google’s CPC and paid click growth over the last few years, from Jefferies:

Jefferies のアナリストたちは、Google の広告ビジネスが良好であるためには、前年比で CPC が 5%減になるなら、Paid Click が 22% 増になる必要があると見ている。この Jefferies から提供されたチャートは、Google の CPC と Paid Click に関する、この数年間の前年比を示すものである。

YouTube

Google doesn’t break out specific ad revenues for YouTube, but analysts expect to hear about strong growth on the call. This year, Google started a new, premium sales initiative called "Google Preferred," which pairs advertisers with top YouTube content. Google announced that Preferred sold out this week.

Google は、YouTube における具体的な広告収入を公表していないが、今回の説明会では、力強い成長について話が聞けるはずだと、アナリストたちは期待している。今年は、Google Preferred というプレミアム・セールスがスタートしている。 それは、YouTube のトップ・コンテントと広告主を結びつけるものであり、すでに完売したと、今週に発表されている。

Google Play

Analysts also want to see growth driven by the Google Play store. Google also doesn’t break out specific Google Play revenue, but it falls in the "other revenues" category. An analyst at BGC Partners says that the "other revenue" category should be above 10% of the total (last quarter it was exactly 10%). He was also look for core growth ("sites revenue") to maintain 20% growth year-over-year.

アナリストたちは、Google Play Store の成長力にも注目している。Google Play に関しても、具体的な収益は公表されず、雑収入のカテゴリーに入れられている。BGC Partners のアナリストは、雑収入のカテゴリーが 10% 以上の上昇を見せるはずだと述べている(前期は 10% 増)。 彼は、コアとなる成長(Site Revenue)にも注目しており、前年比で 20% の成長が見込まれるとしている。

And that’s about it… As we said, we’ll be all over it, so tune in!

SEE ALSO:

How Google Is Going To Hurt Amazon During The Busiest Shopping Season Of The Year

Google’s First 21 Employees: Where Are They Now?

ーーーーー

10月16日に行われた、Google の 2014年 Q3 の収支報告では、以下のような内容が発表されています。EPS と売上において、予想をやや下回る結果となり、株価も若干ですが下がったとのことです。原因は、広告収益という切り口での、モバイルへの移行が遅れているからという見方が、全体的な評価となっています。

Non-GAAP earnings per share: Expected to be $6.53, was in fact $6.35
Revenue: Expected to be $16.6 billion, was in fact $16.52 billion

また、Youtube の売り上げについては、以下のレポートが見つかりました。

Google’s YouTube Ad Revenues May Hit $5.6 Billion In 2013

いろいろなところに収益への道があるように見えますし、その全てを使っていようにも思えます。 一言でいって、とても強い Google という感じがします。

ーーーーー

<関連>

Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!

Posted in Google, Network, Satellite by Agile Cat on October 16, 2014

Google and Virgin Galactic Negotiate Stake in Satellite Technology
http://wp.me/pwo1E-7Xi
By Sean MartinJune 12, 2014 14:41 BST
http://www.ibtimes.co.uk/google-virgin-galactic-negotiate-stake-satellite-technology-1452418

_ IBT

Technology giant Google is in talks with Sir Richard Branson’s Virgin Galactic to strike a deal that will give the search engine access to the former’s satellite-launch technology, as well as handing over an equity stake in its space travel endeavour, according to Sky News.

テクノロジー・ジャイアントの Google だが、Richard Branson 卿の Virgin Galactic と交渉し、その検索エンジンと衛星打ち上げテクノロジーを結びつけようとしている。 それだけではなく、未来の宇宙旅行に関する取り組みについても、資本参加する可能性があると、Sky News が伝えている。

Google is in talks with Virgin Galactic to buy a stake in the business Reuters

The talks with Branson’s £1.2bn (€1.5bn, $2bn) company are part of Google’s strategy to put hundreds of satellites into orbit as it hopes to make the internet more accessible across the globe.

この、Branson の £1.2bn (€1.5bn, $2bn) の会社との交渉は、インターネットへのアクセスを世界中から容易に行えるようにするために、数百の衛星を軌道上に浮かべたいとする、Google におけるストラテジーの一部である。

Negotiations are at an advanced stage as the two firms have been discussing the venture for several months, according to Sky.

この冒険について、両社が数ヶ月もかけて交渉するつれて、議論の内容も前進していると、Sky News は述べている。

There are apparently two parts to any potential deal. The first would see Google pump millions of pounds into a joint project which will see Virgin Galactic fold its technology that it has in the pipeline.

この契約には、二通りの可能性があることが、明らかになっている。1つ目は、ジョイント・プロジェクトを立ち上げ、そこへ向けて Google が数百万ポンドのキャッシュを注ぎ込む方式だが、準備しているテクノロジーを、Virgin Galactic が止めてしまう可能性もある。

The second part will see Google spend roughly £17.8m for a stake in Virgin Galactic’s holding company, which would equate to roughly 1.5% of the business.

2つ目は、Virgin Galactic の持株会社に対して、その事業の約 1.5%に相当する £17.8m を、Google が注ぎ込むことで株式を取得するという方式である。

Youtube ⇒

Sky goes on to say that no deal is yet set in stone and that the terms and conditions could change before any deal is announced.

Sky は、この契約については、まだ何も決定されていなく、その内容が発表される前に、条項や条件が変更されるだろうとしている。

Although Virgin has been adamant that the service will begin this year, some quarters have suggested that problems with its development will dampen its practicality.

このサービスについて Virgin は、年内に開始すると強く主張しているが、いくつかの情報筋が、開発に伴う問題により、その実用性が減退していると示唆している。

However, a deal with one of the technology sectors’ leading pioneers, as well as one of the most commercially viable companies in the world, could prove to be the confidence booster that Virgin Galactic may need.

しかし、このテクノロジー分野をリードする先駆者として、さらに言えば、商用的な実現性に世界で最も近づいている企業として、Virgin Galactic が必要とする具現化を、この契約は促進するだろう。

Google is currently embroiled in a race against its internet rivals to be the first one to offer worldwide internet access.

その一方で、いまの Google は、グローバルなインターネット·アクセスを最初に提供するという、インターネットの世界におけるライバルたちとのレースに巻き込まれている。

Related

ーーーーー

それにしても、凄まじく、また、カッコの良い映像ですね。 なんというか、スペースシャトルのコンセプトを、つまり着陸が可能で、使い回しできる宇宙船を、もっと小型にして、経済性を高めたという感じですね。 おそらく、成層圏までは行かない低軌道に衛星を浮かべるための、有人作業船なのでしょう。 これ以外にも、Google はいくつかの宇宙開発に取り組み始めているようです。 それらも、順を追って紹介していきたいと思います。

ーーーーー

<関連>

インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?

2015年の デバイス市場:中国の $1.8B に対して、インドは $4.8B の成長だ!

Posted in Asia, Google, Mobile, Research by Agile Cat on October 14, 2014

Emerging Markets to Lead Tech Sector Growth in 2015
http://wp.me/pwo1E-7X0
from Felix Richter, October 7th, 2014
http://www.statista.com/chart/2799/emerging-markets-to-lead-tech-sector-growth-in-2015/

_ Statista

The global consumer electronics market has been stagnant at around $1 trillion for the past three years. However, while mature markets are in a slump, there are other countries that continue to see considerable growth. According to a recent GfK report, the Top 10 growth markets in 2015 will all be emerging economies.

グローバルにおける家電マーケットだが、約 $1 trillion の売上で 3年ほど停滞している。その要因は、すでに成熟してしまったマーケットの低迷にあるが、かなりの成長を遂げている国々もある。最近の GfK レポートによると、2015年における成長市場の Top-10 は、すべてが途上国により占められることになる。

Contrary to the common assumption that China is the largest growth market for the tech industry, GfK predicts that India’s market for tech devices will see the biggest growth in 2015. GfK expects total sales of tech devices in India to reach $34.8 billion in 2015, up $4.8 billion from this year’s expected total. Smartphones are the main growth driver in India, as handset prices have come down to a price that is affordable to many Indians.

ハイテク業界における最大の成長市場は、China であるという大方の予測に反して、2015年に最大の成長を遂げるのは、India の市場だと GfK は見ている。GfK は、2015年の India におけるハイテク・デバイスの売上について、$34.8 billion に達すると予想している。 それは、2014年の予測値に対して、$4.8 billion の伸びしろが加えられることを意味する。そして、India マーケットを成長させる最大の推進力は、スマートフォンである。 なぜなら、このデバイスの価格が低下し、数多くの国民が手の届くプロダクトに変化してきたからである。

China’s tech market, while much bigger in size than India’s, is predicted to grow by $1.8 billion in 2015, which would be a meager 1% increase over the estimated 2014 total but still enough to make China the second largest growth market in dollar terms.

China のハイテク市場は、India よりも遥かに大きな規模を持つが、2015年における伸びしろは $1.8 billion 程度だと予測される。その値は、2014年における推定額に対して、わずか 1% の増加となる。とは言え、ドル換算で比較してみると、China は 2番目の成長を誇るマーケットとなる。

This chart shows which markets for technology devices and consumer electronics are expected to see the biggest growth in 2015.

このチャートは、2015年におけるハイテク・デバイスおよび家電のマーケットが、大きく伸びると予測される国々を列挙するものである。

ーーーーー

インドの成長力には、アゼン・ボーゼンですね。 この4月に、「インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される」という抄訳をポストしましたが、そこで紹介されている $50 前後の廉価版スマホに加えて、Android One を搭載する $100 スマホも、続々と市場に投入されるようです。先日、Agile_Cat も新しいスマホに切り替えたのですが、その LG G2 mini というデバイスのスペックは、Quad-Core で 1G Ram + 8G Flash というものです。つまり、Android One で規定されているハードウェア・スペックと、ほぼ同じレベルなのですが、それが $100 で提供されるというマーケットに、強さを感じてしまいます。2014年も中国とインドの市場を合わせると、約 5億台のスマホが販売されるようです。これからの IT におけるマジョリティが何処にあるのか、だんだんとハッキリしてきましたね。

ーーーーー

<関連>

Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで ど〜ぞ!

Posted in Google, Weekend by Agile Cat on October 12, 2014

22 Mouthwatering Pictures Of Google’s Legendary Free Food
http://wp.me/pwo1E-7WJ
Madeline Stone – Oct. 6, 2014
http://www.businessinsider.com/22-amazing-dishes-at-the-googleplex-2014-10

_ Business Insider

Google’s free food is the stuff of legends.

Google には、無料のフードという伝説がある。

With close to 30 cafés at the company’s Mountain View, California headquarters, no Googler could ever go hungry.

つまり、同社の Mountain View HQ には、 30ヶ所ほどの Cafe があるから、腹を減らしている Googler を見かけることはないのだ。

Instagram
@kellyquadro

According to former head chef Nate Keller, who left the company in 2008, at one point Google was serving more than 40,000 gourmet meals a day, spending $80 million a year on food alone.

2008年まで Head Chief として在籍していた Nate Keller によると、当時の Google は 40000 食以上のご馳走を毎日のように振る舞い、その費用たるや年間で $80 million に至っていたという。

From vegan truffles to full-blown Indian feasts, there’s plenty of food to choose from for every meal of the day.

菜食主義者のためのトリュフから、インドの本格的な催事メニューに至るまで、あらゆる料理を好きなだけ、胃袋に詰め込むという日々が繰り返されているのである。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

ーーーーー

Google に入社した皆さんが、どんどんと成長していくという都市伝説がありますが、この豪華メニューを見れば、さもありなんです :)  ハッキリ言って、普通にはあり得ない話ですが、それをエネルギーとする Googler たちが、普通ではないテクノロジーとサービスを生み出していると思うと、なんとなく納得してしまう話でもあります。 それにしても、チャンスがあったら、一度は潜入してみたい Google 社食ですね。 誰か、連れて行ってくださ〜い!

ーーーーー

<関連>

スマホ 歩き 専用 レーン って、中国はマヂですか?
Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
192 Cores-K1 を搭載し、4G LTE 対応の、Nvidia SHIELD タブレットが登場!
Chrome for Mac 64-bit がリリースされる:11月の Ver 39 が待ち遠しい!
IT 億万長者たちの愛車をチェック: Mark Z の $1.3M から Jeff B の $4000 まで

Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on October 11, 2014

CHART OF THE DAY: Google Now Is The Smartest Virtual Assistant
http://wp.me/pwo1E-7WD
Dave Smith – Oct. 10, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-google-now-vs-siri-vs-cortana-2014-10

_ Business Insider

Earlier this week, Stone Temple Consulting compiled over 3,000 different queries tested against three major virtual assistant platforms: Google Now, Apple’s Siri, And Microsoft’s Cortana. The comprehensive study looked at how many sources of data these assistants use, comparing the accuracy of the results and keeping track of all the mistakes. It wasn’t a straight comparison of the personal assistants, but rather, the “knowledge” they are able to return when queried.

今週のはじめに Stone Temple Consulting が、3つの主要仮想アシスタント·プラットフォームである、Google Now/Apple Siri/Microsoft Cortana に対して、3000種類以上の問い合わせを投げかけるというテストを行い、その結果をまとめ上げた。 この包括的な調査は、個々のアシスタントが用いるデータ・ソース量と、回答結果における精度の比較、そして、すべての間違いのトラッキングに注目するものである。そして、パーソナル・アシスタントのダイレクトな比較というより、それらが質問を受けたときの、回答に用いることのできる「ナレッジ」を調べるものである。

In the end, Google Now was crowned the victor.

最後的な勝者は、Google Now である。

_  space

BI Intelligence

Based on Stone Temple’s data charted for us by BI Intelligence, Google Now returned results with correct answers 88% of the time. But even though Siri and Cortana look like they fail miserably in this test, the consulting team insists “scoring here was harsh,” and the company was looking for answers to be placed directly in a “knowledge panel,” which is defined as “content in the search results that attempts to directly answer a question asked in a search query.” In other words, yes, Google’s virtual assistant is much further along than others when it comes to having an accurate knowledge graph, but Siri and Cortana still offered results that were “at least somewhat helpful,” even if they weren’t direct answers to the questions.

Stone Temple のデーターから BI Intelligence が作成したチャートによると、Google Now は 88% の確率で、正しい答えを返している。しかし、このコンサルティング・チームは、実施したテストで Siri と Cortana が、無残な結果を生じたとしても、そのスコアは酷なものであると主張している。つまり、同社は、ナレッジ・パネル内にダイレクトに置かれる回答を探したのである。それは、検索クエリーでの質問に対して、ダイレクトに答える検索結果のコンテントとして、定義されているものである。Google の仮想アシスタントについては、お察しのとおりである。 つまり、正確な Knowledge Graph を手にしたときから、他とは異なるレベルまで、突き進んでしまったのだ。とは言え Siri と Cortana も、質問と咬み合わない答えを返す場合があるにしても、少なくと何らかの役に立つという結果を残している。

SEE ALSO: CHART OF THE DAY: The Ever-Changing Relationship Between Parents, Kids, And Their Multimedia

ーーーーー

この Stone Temple によるテストの内容は、3086 の質問に対して答えられたのが、Google Now で 1795回、Apple Siri で 908回、Microsoft Cortana で 630回というものであり、さらに、その中での正解率となると、文中のチャートになるというものです。 そして、全問に対する正解率を計算したところ、Google Now が 51%、Apple Siri が 16%、Microsoft Cortana が 8% という結果になりました。Google Now に関しては、Knowledge Graph の成長に応じて、その精度が向上していくのでしょうが、Siri と Cortana が Google Now に対抗していくなら、何らかの基本となるテクノロジーが必要だと感じてしまいます。Google Now に追いつけ追い越せという気概で、長い戦いになるでしょうが、頑張ってほしいと思います。

ーーーーー

<関連>

Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google Now が iOS に侵攻 : Siri なんて単なるジョークだ
Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?

広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on October 10, 2014

A Yahoo-AOL Combination Still Wouldn’t Topple Google Or Facebook In Terms Of Ad Revenue
http://wp.me/pwo1E-7Wo
Dave Smith – Sep. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-would-still-dominate-a-yahoo-aol-combination-in-terms-of-ad-revenue-2014-9?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

In the land of digital ad revenue, Google is king. Facebook’s been slowly growing its ad business since its mid-2012 IPO, while Yahoo and AOL lag behind these companies based on this important metric. But what if Yahoo and AOL were to join forces, which might actually happen?

デジタル・アド収益の世界では、Google が王者である。そして、Facebook は 2012年半ばの IPO 以来、ゆっくりと広告事業を拡大しているが、その後に続く Yahoo と AOL といった企業は、この重要な指標において遅れを取っている。そして、Yahoo と AOL が力を合わせたとしても、どれだけのことが、実際に起こるのだろう?

_  space

Business Insider Intelligence

On Friday, the activist fund (and “significant” Yahoo investor) wrote a letter to Yahoo CEO Marissa Mayer suggesting she explore “a strategic combination with AOL.” According to Starboard’s Jeffrey Smith, Yahoo’s core business lies with its “search and display advertising businesses,” and adding AOL’s ad revenue would certainly help bolster its bottom line. But a “combination,” should it happen in the near future, would still fall short of Facebook’s ad efforts, and it wouldn’t even come close to the advertising empire Google has created on the Web.

この金曜日(9/26)のことだが、口うるさいファンド(そして Yahoo の大株主)が、「AOL との戦略的な協業」を検討すべきという手紙を、Yahoo の CEO である Marissa Mayer に送った。 Starboard の Jeffrey Smith によると、Yahoo の中核となる事業は、サーチとディスプレイにおける広告ビジネスであり、そこに AOL の広告収益を加える事で、同社の基盤が強化されるとのことだ。しかし、近々には実現しそうもない、その協業が成立するにしても、Facebook の広告収益と肩を並べることは不可能だ。さらに言えば、Google が Web 上に創造した、アド帝国の足元にも及ばないのだ。

ーーーーー

なにやら、この Starboard というファンドと、Yahoo の首脳陣との間で、一悶着あったような感じがします。 先日にポストした、「 Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている 」という抄訳には、同社を変えていきたい Marissa Mayer の意志が現れていましたが、投資会社としてのポジションを守りたい Starboard にとって、面白い話ではないはずです。 Snapchat と AOL に関する話の、どちらが先なのかは不明ですが、Alibaba IPO マネーを取り合うバトルなのだと思います。 そして、このチャートですが、これからの広告という世界では、強大な勢力を誇る Google と、徐々に力を付ける Facebook が、競い合っていくのだと、なんとなく納得してしまいますね。

ーーーーー

<関連>

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する

Samsung の Q3 収益が 60% に減少:スマホ・ビジネスの利益率が低下している!

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile by Agile Cat on October 7, 2014

Samsung Warns Another Disappointing Earnings Report Is Coming
http://wp.me/pwo1E-7VS
Steve Kovach – Oct. 6, 2014
http://www.businessinsider.com/samsung-warns-weak-q3-earnings-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Samsung warned Monday night that its third-quarter earnings will be weaker than expected. In its Q3 guidance, the company blamed lower average selling prices (ASP) of its smartphones. Operating profit could be 4.1 trillion won, or just under $4 billion US. That’s down nearly 60% from a year ago. Samsung’s operating profit was $7.9 trillion won last quarter.

Samsung だが、この月曜日 (10/6) の夜に、第3四半期の収支が、予想を下回るものになると表明した。その Q3 ガイダンスにおいて、同社はスマートフォンの低い ASP(Average Selling Prices)を問題視している。当期の営業利益は 4.1 trillion won であり、$4 billion US を下回るものとなる。つまり、昨年同期の $7.9 trillion won と比較して、Samsung の営業利益は 60%(52%)に減少しているのだ。

AP
Samsung Mobile
CEO JK Shin

This is a similar story to the one we heard last quarter. Samsung’s profit is declining as its mobile business faces competition from companies that sell smartphones and tablets at much cheaper prices. That eats into Samsung’s profits.

このストーリーは、今年の Q2 に聞いたものと似ている。はるかに安価なスマートフォンやタブレットを販売する会社との競争に、そのモバイル・ビジネスが直面するにつれて、Samsung の利益は減少している。つまり、それらの企業に、Samsung の利益が奪われているわけだ。

Samsung’s high-end phones run Android, and don’t offer features much different from the cheaper Android devices. In fact, some manufacturers like the Chinese startup Xiaomi are starting to make high-end Android devices that cost about half as much as Samsung’s best phones.

Samsung のハイエンド・モバイル・デバイスは Android を走らせるものであり、安価な Android デバイスと比べて、大きく異なる特徴を提供しているわけではない。実際のところ、China のスタートアップである Xiaomi などのメーカーたちは、Samsung の上位機種に匹敵するハイエンド Android デバイスを、その半分くらいのコストで作り始めている。

There’s also new competition from the high end. Apple just released two new iPhones, the iPhone 6 and 6 Plus, which have larger screens that rival the big-screen Samsung devices. Samsung is about to release its latest phablet, the 5.7-inch Galaxy Note 4, in the US. But that device will have to compete against Apple’s new 5.5-inch iPhone 6 Plus, which received stellar reviews.

また、ハイエンドにおいても、新しい競争が生まれている。 Apple は、iPhone 6/6 Plus という、2つのニュー iPhone をリリースしたが、それらは Samsung の Big Screen デバイスと対抗する大画面を持つものとなっている。いま、Samsung は、5.7-inch のスクリーンを持つ、最新ファブレットである Galaxy Note 4 を、US のマーケットでリリースしようとしている。しかし、このデバイスは、最高のレビューを受けた、最新の Apple 5.5-inch iPhone 6 Plus に対抗していく必要がある。

China will be an especially tough place for Samsung to compete. Interest for the iPhone 6 and iPhone 6 Plus is through the roof. And China is where many of those cheaper Android phones are sold. Samsung seems to be cutting the prices of its devices to compensate.

また、Samsung が競合していくマーケットとして、特に China は厳しい場所になる。上を見れば、iPhone 6 と iPhone 6 Plus という強敵がいる。そして China は、前述の廉価版 Android フォンが、大量に販売されているマーケットである。こうした不利を補うために、Samsung はデバイスの価格を押さえ込んでいるように見える。

SEE ALSO: The best smartphones in the world

ーーーーー

ハイエンド・スマホという戦略が大当たりして、これまで大きな利益を上げ続けてきた Samsung ですが、チップの性能が向上し、メモリや液晶などのコストが下がるにつれて、廉価版 Android との差別化に苦労しているのだと思います。 先週に Agile_Cat も、Android スマホを新調したのですが、LG の廉価版 SIM フリー・スマホを選びました。 でも、安かろう、悪かろうではなく、Quad-Core + 1G RAM + 8G Flash という、とても立派な基本スペックを備えたスマホなのです。 個人的な感想を言わせてもらえば、外を持ち歩けば落としたりブツケたりで、すぐにキズだらけになるし、ムーアの法則がはたらくので、2年前のモデルなどは使いたくなくなるのが、スマホというプロダクツなのです。 それならば、ユニクロ的な廉価版 Android の方が、気楽に使い捨てができて幸せなんだろうと、自らのビンボーさ加減を棚に上げて、なんとなく満足している Agile_Cat なのです :)

ーーーーー

<関連>

Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新興スマホ勢力
Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこに?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!

%d bloggers like this: