Agile Cat — in the cloud

Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが始まる?

Posted in .Chronicle, Asia, Google, Microsoft, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on February 1, 2015
Microsoft Investing In Cyanogen To Take The Fight To Google
http://wp.me/pwo1E-8g9
David Curry – Jan 30, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/34941/20150130/microsoft-investing-cyanogenmod-take-fight-google.htm
 
_China Topix
 
Microsoft will reportedly becoming a minority investor in CyanogenMod, as the ROM provider looks to compete with Google.
 
Microsoft だが、伝えられるところによると、ROM プロバイダとして Google と競合していくと見られる CyanogenMod に対して、小口ながらも出資するようだ。
 
Microsoft wants to take another chunk out of Google by investing in ROM maker Cyanogen that’s developing its own version of the Andriod OS called CyanogenMod.
 
独自の Andriod OS バージョンを開発する、この CyanogenMod という ROM メーカーに投資することで、Microsoft は Google から、なんらかのご馳走を奪い取りたいと考えている。
 
CyanogenModCyanogen provides its ROM to suppliers like OnePlus and Micromax in 2014. Its CEO claims he wants to remove Android from Google by replacing the Google Play store with its own marketplace.
 
2014年の Cyanogen は、OnePlus や Micromax といったサプライヤーに、自身の ROM を提供している。
 
そして、同社の CEO は、独自のマーケット・プレイスにより、Google Play Store を置き換えることで、Google から Android を引き離したいと主張している。
 
To do this, Cyanogen needs developer support and enough love of the ROM, but even then it’s a risk to avoid Google Play that currently sells 1.3 million apps for an underwhelming alternative that may never reach full capacity.
 
それを実現するためには、Cyanogen の ROM に対する、デベロッパーからのサポートと、十分な LOVE が必要だ。 ただし、それにしても、現時点で 130万タイトルのアプリを販売している Google Play が、依然として未成熟な代替マーケット・プレイスを、色あせたものにしてしまうリスクが残る。
 
Microsoft will become a small investor in the latest funding round, valuing Cyanogen in the “high hundreds of millions” market.
 
そして、小口ながらも Microsoft が、直近の資金調達ラウンドで出資者になるなら、その広大なマーケットにおいて、Cyanogen に価値を与えるだろう。
 
Microsoft’s investment is also a bit weird considering the company has moved away from Android under CEO Satya Nadella. It also potentially pressures Microsoft’s patent relations with Google.
 
ただし、Microsoft が CEO である Satya Nadella の下で、Android から距離を置いていることを考えると、この出資は少し奇妙である。 さらに言えば、Microsoft と Google の間には、特許に関する潜在的な圧力が存在する。
 
Cyanogen does have 50 million users running its ROM, or five percent of Android to put it into perspective. It’s not clear how many of those 50 million are running the latest version, and who might be willing to leave Google Play for CyanogenMod.
 
Cyanogen の ROM には、5000万人のユーザーがいる。 それは、Android 全体の 5% に相当する規模である。そして、その 5000万人のうち、最新のバージョンが使用されている比率が分からない。 また、Google Play から CyanogenMod に、誰が移行するのかも分からない。
 
The move would make CyanogenMod similar to Amazon’s Fire OS by using the backbone of Android without the Google services. While this did work on the Kindle Fire, the Fire Phone was an absolute disaster due to the lack of apps and the high price point.
 
この一連の動きにより CyanogenMod は、Google サービスには依存せずに、Android バックボーンだけを利用する、Amazon Fire OS と似たものになるのだろう。 ただし、その考え方は Kindle Fire では功を奏したが、Fire Phone ではアプリの不足と高価なデバイスという意味で、ひどい目にあっている点を指摘しておく。
 
Fans have also criticized Cyanogen for moving away from Google and trying to promote themselves as a direct competitor. The exclusivity deal with Micromax also hurt Cyanogen’s reputation in India, after Cyanogen failed to tell OnePlus about the deal.
 
さらに言えば、Cyanogen ファンたちは、Google のライバルとなり、自身のマーケット・プレイスで対抗していく姿勢を批判している。 また、India においては、Micromax と独占契約を結んだことを、OnePlus に適切に伝えなかったことで、評判を傷つけている。
 
Microsoft hasn’t commented on the investment.
 
Microsoft は、この出資について、なにもコメントしていない。
 
ーーーーー
weekendCyanogenMod (Wiki) の名前を目にするようになったのは、最後の方に書かれている、India での Micromax と OnePlus の係争が起こった、昨年の 12月辺りからです。 そして、その後に、Micromax の戦略製品である Yureka が、CyanogenMod を搭載してデビューしたのです。 当初、Micromax が訴えたのは Xiaomi だったと記憶していますが、そちらは MIUI なので、おそらくセーフなのでしょう。 それにしても、CyanogenMod との距離を詰めていくなら、Microsoft は冴えていますね。 Windows Phone が、このまま鳴かず飛ばずなら、CyanogenMod ベースの Windows Phone を仕立てあげ、Android デベロッパー・エコシステムを、そのままイタダキという、戦略すら取れるのです。なんか、ワクワクしてくる展開ですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
2014年の Android と iOS:出荷数と売上額を1枚のチャートで!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

Posted in Data Center Trends, Equinix, Google, Hybrid, Network by Agile Cat on January 14, 2015

Google shacks up with Equinix for cloud boost
http://wp.me/pwo1E-8c8
Ari Levy – 5 Nov, 2014
http://www.cnbc.com/id/102151522

For the 100 billion Internet searches and more than 6 billion hours of YouTube videos streamed monthly, Google is building supersized data centers across the globe. But for certain functions, the company is better off using other people’s property.

1ヶ月の間に 1000億回のインターネット検索を処理し、YouTube による 60億時間以上のストリーミング配信に対応する Google は、世界中に超大型データセンターを構築している。 しかし、特定の機能に関しては、他社の資産を活用するほうが、同社にとって有益なのである。

Equinix, which operates more than 100 data centers in 32 metro areas worldwide, is announcing on Wednesday that Google will be using its facilities to help clients in 15 markets, including New York, Atlanta, Frankfurt, Germany, and Hong Kong, access Google’s business applications and cloud infrastructure.

世界における 32地域の大都市圏で、100ヶ所以上のデータセンターを運営する Equinix が、この水曜日(11/5)に発表したのは、Google が 15ヶ所のマーケットにおいてクライアントをサポートするために、同社のファシリティを使い始めるという内容である。それらのマーケットには、New York/Atlanta/Frankfurt/Germany/Hong Kong などが含まれ、また、そのリージョンの顧客たちは、Equinix のネットワークを介して、Google のビジネス・アプリや、クラウド・インフラにアクセスできるようになる。

Baran Ozdemir
Vetta
Getty Images

The Google cloud needs all the help it can get. While the Mountain View, California-based company dominates the online advertising market, it’s playing catch-up to Amazon Web Services in on-demand cloud computing as it also battles Microsoft’s Azure technology.

Google のクラウドは、手に入れることが可能な、すべてのサポートを必要としている。 つまり、この、Mountain View, California-based の会社は、オンライン広告のマーケットは支配していても、オンデマンドのクラウド・コンピューティングの世界では、Amazon Web Services に追い付くために努力し、また、Microsoft Azure のテクノロジーと戦わなければならないのだ。

The three companies are engaged in a brutal price war as they try to lure businesses looking to offload their computing and storage instead of handling it internally. Amazon and Microsoft are already Equinix customers. Now businesses can use any or all of them via Equinix.

この三社は、きわめて熾烈な価格戦争に突入している。そして、ユーザー企業を取り込む魅力的な価格を提示するために、自社のデータセンター内で処理していたコンピューティングとストレージの負荷を、Equinix のファシリティにオフロードすることで軽減しようとしている。 Amazon と Microsoft は、すでに Equinix の顧客である。 そして、いま、ユーザー企業は Equinix を介して、それらのクラウドにおける、ほとんどの機能にアクセスすることが可能になっている。

"This completes our access to the big three cloud providers," said Equinix Chief Technology Officer Ihab Tarazi. Businesses can "get significantly higher bandwidth for very low economics and be able to completely leverage the cloud."

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「クラウドの世界における Big-3 プロバイダが、私たちへのアクセスを完全なものにしたことで、ユーザー企業は、きわめて高速の帯域幅を確保し、また、優れた経済性を達成することになる。 つまり、完璧にクラウドを利用できるようになるのだ」と述べている。

Google disclosed the deal with Equinix on Tuesday as one of several announcements tied to its cloud platform. The company also introduced Google Container Engine and a partnership with Docker to make it easier to create and manage applications across machines.

Google は、この火曜日(11/4)に、そのクラウド・プラットフォームに関連する発表を行なっているが、その中の1つとして Equinix との今回の契約が明らかにされている。さらに Google は、より簡単にアプリケーションを作成し、また、マシン間での移動を管理するために、Google Container Engine を発表し、Docker との提携も明らかにしている。

It’s all part of Google’s deeper dive into the world of business software, and it’s not cheap. In the third quarter, Google spent $2.4 billion on capital expenditures, largely on data center construction and real estate costs.

Google がビジネス·ソフトウェアの世界に取り組んでいくという、この一連の発表により、その全容が明らかにされたが、それらは、決して安直なものではない。Google は 2014年 Q3 において、データセンターの建設と不動産の取得を主とする、 $2.4 billion もの設備投資を行なっているのだ。

"Everybody’s moving their infrastructures to the cloud," Google Chief Financial Officer Patrick Pichette said on the earnings call last month. "It is an area where we have fundamentally great assets to contribute to this industry, both in terms of the flexibility, the cost structure, the technology. And that’s why we’re investing heavily in there."

2014年10月の収支説明会において、Google の CFO である Patrick Pichette は、「すべての企業が、自身のインフラをクラウドに移行しようとしている。そして、そこは、私たちが大きな資産を形成しているエリアである。つまり、柔軟性/コスト構造/テクノロジーという基本的な観点において、この産業に貢献できるのだ。そして、私たちが多額の投資を行なっている理由が、そこにあるのだ」と述べている。

Google owns and operates 12 data centers in the U.S., Europe and Asia, according to its website. Much of the software that Google as well as Amazon and Facebook have developed to bolster the speed and capacity of servers and databases is being replicated across the technology industry.

Google の Web サイトによると、同社は US/Europe/Asia で、12ヶ所のデータセンターを所有/運用している。そして、Google/Amazon/Facebook などが、サーバーとデータベースの速度/能力を強化するために開発した、数多くのソフトウェア・テクノロジーが、この業界全体に広まりつつある。

But that doesn’t mean corporate America is ready to spin all of its most critical data up to the public cloud. Using Equinix, they can plug into the power of Google’s infrastructure without relying on it entirely.

しかし、それだけで、アメリカのユーザー企業が、すべての重要なデータをパブリック・クラウドに展開するための、準備を整えたというわけではない。そして、Equinix を利用するなら、すべての Google に頼ることなく、そのインフラを取り込めるようになるのだ。

Equinix has more than 4,500 customers using its facilities. In April, the Redwood City, California-based company launched a service called Cloud Exchange to provide an added layer of security and enhanced connectivity for businesses that may have previously been reluctant to move applications to the cloud.

Equinix のファシリティは、4500社以上のユーザー企業に使用されている。2014年4月に、Redwood City, California-based の同社は、ユーザー企業のためにセキュリティ層を加え、また、接続性を強化するための、Cloud Exchange と呼ばれるサービスを立ち上げている。それにより、これまでは移行が躊躇されていたアプリケーションの、クラウド化が促進されるかもしれない。

ーーーーー

2014年10月に、「Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは? 」というポストを訳していますが、この Equinix との提携は記載されていませんでした。 別の調べ物をしていて、今回の記事を見つけたわけですが、この提携に気づくことになり、ほんとうに良かったです :) なんというか、Google だけは独自ネットワーク路線かと思っていましたが、これで Equinix はグランド・スラム状態ですね。 ほんとうに、強いです。 また、年明けには、SofrLayer も Equinix の Cloud Exchange に対応、という記事がポストされていました。 近々に対訳を掲載しますので、そちらも、お楽しみに〜 

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

Posted in .Chronicle, Advertising, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on January 12, 2015

Google’s Revenue Dwarfs All The Biggest Media Companies
http://wp.me/pwo1E-8bV
Dave Smith – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/googles-revenue-dwarfs-all-the-biggest-media-companies-2014-12

_ Business Insider

As Business Insider’s founder and CEO said at Tuesday’s Ignition conference, “There is one law of media: money follows eyeballs.” To prove his point, Henry Blodget showed off this chart, which shows just how much Google dwarfs all the biggest media companies, from older companies like The New York Times to newer ones like Facebook.

Business Insider の Founder and CEO が、この火曜日(12/2)のIgnition Conference で述べたように、「注目度に応じて金が流れる」という、メディアの法則がある。その指摘を証明するために、Henry Blodget がチャートを作成した。 それが示すのは、Google と比較することで、すべての大手メディア企業が矮小化されるという現実である。つまり、New York Times のような老舗から、Facebook のような新進気鋭までが、小さな存在に見えてしまう。

_  space

BI Intelligence

Based on company filings charted by BI Intelligence, Google’s estimated $70 billion in revenue is more than twice that of Time Warner’s ($30 billion), five times that of Viacom’s ($14 billion), and 14 times more than Yahoo’s expected revenue this year. Even more impressive: Its revenue is almost half the size of all TV advertising around the globe ($174 billion).

BI Intelligence がチャートにしたのは、各社から提出されているデータである。 そして、2014年における Google の推定売上高は、約 $70 billion であり、Time Warner($30 billion)の2倍以上となる。さらに言えば、Viacom($14 billion1)の 5倍であり、また、Yahoo の14倍となる。それ以上に興味深いのは、Google の収益が、グローバルにおける全TV広告($174 billion)の、半分近い規模にまで達していることだ。

ーーーーー

本文の最後にあるように、世界中の TV 広告を合わせた売上額の半分近くまで、Google の売上が迫っているとのことです。 そうなると、そこに Facebook などを加えたディジタル広告の総額が、あと数年のうちに TV 業界を追い抜いていくという、未来図が見えてきますね。以下の関連リンクですが、その当時にメディア王と呼ばれていたマードックと、Google の戦いを取り上げている一番古い記事が(一番下)、2009年のものでした。 そこから、大よそのところで 5年が経過していますが、Google の勢力はというと、CNN などを傘下に治める Time Warner を、見下ろす存在へと拡大しています。 そして、2年前には $4B 前後の売上だった Facebook が、すでに $18B を稼ぎだすところまで駆け上ってきています。こうして振り返ると、この数年の間に引き起こされた、変化の大きさに驚いてしまいます。

ーーーーー

<関連>

新聞を読まない若者たちと、スマホに触らない老人たち
モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう
iPad はジャーナリズムの未来を破壊する – LTW の秀訳です
アメリカの 新聞/TV 幹部への意識調査:先行きの見えないジャーナリズム
有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis

インドの Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで、なんと $140 なのだ!

Posted in Asia, Google, Mobile by Agile Cat on January 7, 2015

Yureka! Micromax goes after Android fans with new CyanogenMod phone, starting at just $140
http://wp.me/pwo1E-8aC
Yuvraj Gurung – Dec 18, 2014
https://www.techinasia.com/micromax-yureka-launched-india/

_ tech in asia

Indian phone maker Micromax launched its newest – and perhaps most important – smartphone in India this afternoon.

India のスマホ・メーカーである Micromax が、今日(12/18)の午後にローンチする最新プロダクトは、同社にとって最も重要なものになるだろう。

Priced at US$142 (INR 8,999), the Micromax Yureka is the first phone from the company to be based on the CyanogenMod version of Android. The new Yureka will be available for pre-registration on Amazon India from tomorrow, December 19, and the sale is expected to start sometime January 2015.

その Micromax の Yureka は、同社にとっては初めての、Android CyanogenMod バージョン・ベースのスマホであり、US$142 (INR 8,999) という価格が設定されている。 Yureka の予約に関しては、明日(12/19)から Amazon India で事前登録が開始され、2015年の1月には販売となる予定である。

Micromax acquired rights to be Cyanogen’s exclusive partner in India earlier this year, which made life difficult for Chinese phone maker OnePlus when it entered India. Yesterday, the Delhi High Court barred OnePlus from selling, marketing, or importing phones in India as the disupte over Cyanogen rumbles on.

Micromax は今年の初めに、India における Cyanogen の独占的パートナー契約を締結しているため、China のメーカーである OnePlus の、India 市場への参入が難しくなっている。 昨日のことだが、Delhi 高等裁判所は、OnePlus の実体が Cyanogen であるという係争の結果として、India における販売/宣伝/輸入を禁止している。

Speaking at the launch, Rahul Sharma, co-founder of YU Televentures, a subsidiary of Micromax, termed CyanogenMod OS as a “temple of customization” and claimed that Yureka will focus on “personalization, security, and performance.” The co-founders of Cyanogen, Steve Kondik and Kirt McMaster, who joined the launch via videoconference, commented that Cyanongen will be localized for India in the near future.

Micromax の子会社である YU Televentures の Co-Founder として、今回のローンチに参加した Rahul Sharma は、CyanogenMod OS を「カスタマイズの聖堂」と評している。 そして、Yureka については、パーソナライゼーション/セキュリティ/パフォーマンスにフォーカスしていると述べている。また、ビデオ・カンファレンスを介して、このローンチに参加した、Cyanogen の  Co-Founder である Steve Kondik は、近い将来において Cyanongen を、India 向けにローカライズするとコメントしている。

Micromax has also gone after the budget phone market with its recent Android One-based model, the Canvas A1. Our review of the Canvas A1 is here.

また、Micromax は、最新の Android One ベース・モデルとして、Canvas A1 という廉価版スマホを市場に投入している。 そのレビューに関しては、ココを参照して欲しい。

That Android One-based phone was the first time Micromax tried selling exclusively online, and now it’s doing the same thing with the Yureka. Multiple brands have adopted an online-only strategy in India, such as Motorola and Xiaomi.

Micromax は India において、この Android One フォンをオンラインだけで販売した最初のメーカーであり、また、Yureka に関しても同じ販売方式を取ろうとしている。ただし、いまでは、Motorola や Xiaomi といった複数のブランドが、India ではオンライン販売のみというストラテジーを採用している。

Yureka specs

  • 5.5-inch 720p HD display
  • 2GB RAM
  • 16GB of internal storage with expansion slot
  • 13MP rear camera
  • 5MP front-facing camera
  • 4G and 3G support
  • Android 4.4.4 Kitkat, CyanogenMod skin
  • 2500mAh battery

ーーーーー

CPU に関する記述がありませんが、調べてみたら 1.5GHz octa-core 64-bit Qualcomm Snapdragon 615 SoC のようです。それと、この記事を読んでみて、CyanogenMod をめぐる動きの背景も理解できました。 それにしても、このスペックの Android スマホが、たったの $140 で手に入るインドの人たちが羨ましいです。

Delhi High Court bars OnePlus from selling in India 12/28
Delhi High Court stops sale of Xiaomi phones in India 12/11
Chinese phone maker OnePlus hit with sales ban in India 12/29
Delhi High Court lifts ban on sale of OnePlus handsets 12/25
OnePlus may contest High Court ban on import of its phone 12/18
Xiaomi’s India ban partially lifted 12/18
Xiaomi’s India ban exposes wider patent risks 12/16

ーーーーー

<関連>

2014年の Android と iOS:出荷数と売上額を1枚のチャートで!
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
Android の MAU が 11.5 億に近づいている:マネタイズの視点で分析する
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
iPhone と Android の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

2014 Agile Cat:王者の風格 Google のマトメ

Posted in .Chronicle, Google by Agile Cat on December 28, 2014

ずっと維持して欲しい、途上国のサポートと 知的財産権の解放・・・
http://wp.me/pwo1E-881

2014年は、Google にとって素晴らしい年だったようです。 とにかく、モバイルからデータセンターまでをカバーするテクノロジーに加えて、衛星や気球を用いた新しいネットワークの仕組みや、これまでの Maps で培ってきたノウハウを最大限に活かしたクルマの自動操縦など、あらゆる分野をリードしてきた実績は大きく評価されるべきです。

そして、それらが、先進国マーケットに閉じられることなく、途上国に目線が向かっているところを、Agile Cat 的には応援したいです。 その結果として、この年末で Android の累計アクティベーション数は 約16億に、MAU(Monthly Active Users)は 約12億に達するとのことです。 そして、このボリュームを前提に、あらゆるインフラへの投資が算出されているはずなのです。

しかし、このように Google が巨大化してくると、たとえば、EU が示唆している業態の分割や、明確に要求している「人々の忘れる権利の保護」といった、政治がらみのプレッシャーが増えてくると予測されるので、それらへの対応もたいへんな負担になっていくでしょう。とは言え、テクノロジーの進化を阻害する、現行の特許制度に立ち向かっていく姿は拍手ものであり、こうしたところを、アメリカ以外の国々にも理解してもらう必要があるはずです。

ーーーーー

01/06: Boston 市政:76,000人分の メールを、Microsoft から Google へ移行
01/09: Chromebooks:大半の Microsoft パートナーが参加する事態に!
01/15:
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、それで良いの?
01/16:
Big Data と 音楽:Google Play の Music Timeline が スゴイ!
01/30:
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答!
02/04: Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意:急成長する IoT への備え?
02/07: Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
02/10:
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
02/13:
Nokia X という Android フォンのウワサ:ベトナムでは価格まで公表
02/14: iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
02/14:
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらない
02/26:
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:同盟が誕生するのか?
03/04: Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇
03/04:
Web Programming の調査:Google Dart が Javascript を置換える?
03/05: Gmail for iPhone が、かなり高速化されたようだ : DL してみよう!
03/13: Google Drive が値下:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!
03/18: Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を!
03/20: Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施す!
03/20: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
03/27:
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
03/31:
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴は?

ーーーーー

04/01: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリが 86% を占有
04/03:
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube
04/16:
Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
04/16:
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた!
04/17:
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
04/23:
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は?
04/28: Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
04/30:
タブレット市場の成長は、ここで止まってしまうのか
05/13:
EU の 司法が Google に課した、人々の忘れる権利を護れという命題
05/14: Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
05/14:
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性
05/13:
Gmail for Android のダウンロード数が、ついに 10億に達した!
05/21:
Google Fiber:ピアリングに課金しない Win Win Win モデル
05/28:
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
05/30:
赤道上に 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指す?
05/31:
Google への 忘れてほしいリクエスト:初日だけで 12000 件が集まる
06/02: Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!
06/02:
WWDC における Tim Cook の Android 批判:誰にとってイタイ話?
06/03: メール・エクスチェンジの約 50% が、依然として非暗号化
06/06:
Android KitKat のシェア: 北米では 37% まで伸びているらしい
06/12:
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? 宇宙船を Youtube で!
06/18: 米教育関係者:Chromebook により全生徒にコンピューティングが!
06/21: Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis が有力候補として浮上!
06/23: Google: 始まりは 112台の自作サーバー、そして 5000億円の DC資産へ
06/26: Google I/O 2014 ニュース・リンク 90本!
06/26:
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
06/30: Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップ

ーーーーー

07/01: Android L の狙いは バッテリー・ライフ : KitKat に対して 36% 増
07/08: アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:Web トラフィック
07/09:
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ!
07/15:
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
07/17:
Google の 2014 Q2 :モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK!
07/25: Big Data の調査:Google DataFlow は、MapReduce の正当な継承者?
08/05: Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転
08/07:
Gmail の Unsubscribing 機能を活用し、不要なメールの配信を停止
08/12:
Acer Chromebook 13 と Tegra K1 のデュオ:安さ/軽さ/速さ
08/12:
Google Maps は 行動を記録している:Location History をチェック!
08/21: Florida のヘルスケア企業:従業員たちが Chromebooks を好んで使う?
08/27: Android L の L は、Lemon Meringue Pie の LMP の L なのだ!
09/05:
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てに?
09/12:
最新の Evernote for Android が、最高にイケている!
09/12:
Chrome for Mac 64-bit がリリース:11月の Ver 39 が待ち遠しい!
09/15: Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
09/16:
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさ
09/17:
192 Cores – K1 を搭載する、Nvidia SHIELD タブレットが登場!
09/23:
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?

ーーーーー

10/06: Samsung の Q3 収益が 60% に減少:スマホ・ビジネスの利益率が低下
10/06: クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
10/06: 伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
10/07: 2015年デバイス市場:中国の $1.8Bに対して、インドは $4.8Bの成長!
10/10: Siri と Cortana と Google Now の学力テスト
10/14:
Lollipop さんに負けてしまった、Android L な人たちのオーディション
10/16: Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
10/16:
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/21:
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 で 67% も伸びている!
10/22: Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
10/23:
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure
10/26:
広告:Yahoo と AOL を統合しても、Google と Facebook は止まらない
10/27: Android の MAU が 11.5 億に近づいている:マネタイズの視点で分析
10/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
11/05: iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
11/12:
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
11/13: Facebook と Google にでソーシャル・ログインの 80% を占有!
11/18:
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!

ーーーーー

こうして、今年の Google の足取りを追いかけてみると、この企業の魅力は「途上国のサポート」と「知的財産権の解放」に集約されるのだと思えてきます。 それは、Facebook にも言えることであり、この地球上で棚晒しになっている問題を、すばやく解消していくためのビジネス・モデルの提案でもあるのです。 インターネットという文明のトップ・ランナーには、ぜひとも取り組んで欲しいテーマであり、また、より多くの企業に理解して欲しいスタンスなのです。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?

Posted in .Selected, Google, Satellite, Strategy by Agile Cat on December 17, 2014

Google-backed Global Broadband Venture Secures Spectrum for Satellite Network
http://wp.me/pwo1E-86a
Peter B. de Selding | May. 30, 2014
http://www.spacenews.com/article/satellite-telecom/40736google-backed-global-broadband-venture-secures-spectrum-for-satellite

ーーーーー

<注記> ちょっと古い記事であり、ここで取り上げられている WorldVu は、最近では Elon Musk の SpaceX と提携するだろう、という記事も出ています。

ーーーーー

PARIS — A company based in Britain’s tax-friendly Channel Islands and backed by Google and the founder of satellite broadband trunking provider O3b Networks has secured radio spectrum rights to build a low-orbit satellite constellation to provide global broadband to individual consumers, industry officials said.

PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

Brian Holz, 03b’s former chief technology officer, is leaving the company for WorldVu. Credit: Photo courtesy of Brian Holz

The company, which uses the name L5 in its regulatory filings and is registered in St. Helier, Jersey, under the name WorldVu Satellites Ltd., has picked up Ku-band spectrum initially planned for use by a now-defunct company called SkyBridge to launch a constellation of 360 small satellites for a global Internet service.

その会社は、L5 という名称で規制当局への申請を行い、WorldVu Satellites Ltd. という名で St. Helier, Jersey 島に登記されている。そして、いまは消滅してしまった SkyBridge という会社が、グローバル・インターネット・サービスを提供するために、360個の小型衛星群を運用しようと計画したときの、Ku-band というスペクトルを拾い上げ、新たなビジネスを立ち上げようとしている。

The International Telecommunication Union (ITU), the Geneva-based United Nations affiliate that regulates satellite orbital slots and wireless broadcast spectrum, shows L5 filings as promising to start service in late 2019.

Geneva ベースの国連関連団体として The International Telecommunication Union (ITU) があるが、この人工衛星の軌道スロットと無線ブロードキャスト・スペクトルを規制する組織の報告書を見ると、2019年の後半には L5 がサービスを開始する可能性が高いと分かる。

The satellites, tentatively designed to operate in circular orbits of 800 and 950 kilometers inclined 88.2 degrees relative to the equator, have been given regulatory deadlines of between late 2019 and mid-2020 to enter service, according to ITU records.

この衛星は、赤道を基準に 88.2 度の緯度幅をカバーし、800km 〜 950km の高度で軌道を描くよう、暫定的にデザインされている。そして ITU の記録によると、サービスに入るための規制上のデッドラインとして、2019年の後半〜2020年の半ばという期限が与えられている。

WorldVu appears to be a Google response to the same question being asked by all the big global Internet service providers, search engines and social networks: How do you reach hundreds of millions of potential users residing in places without broadband access?

グローバルかつ大規模に展開される、すべてのインターネット·サービス·プロバイダ/検索エンジン/ソーシャル・ネットワークに共通する疑問への、Google の回答が WorldVu なのだと思われる。つまり、ブロードバンドでアクセスできない場所に住んでいるかもしれない無数のユーザーに、どのようにしてリーチするのかという問いに対する答えとなる。

Facebook purchased Britain’s Ascenta unmanned aerial systems designer as part of what it calls its Connectivity Lab project, which is exploring satellite and atmospheric Internet nodes. Google earlier this year purchased Titan Aerospace, a drone designer of what are sometimes called "atmospheric satellites." With WorldVu, Google appears to be adding a play in conventional exo-atmospheric version.

Facebook は Connectivity Lab プロジェクトと呼ぶ活動の一環として、イギリスの Ascenta という無人航空機システムのデザイナーを手にしており、それにより、衛星を用いた大気圏内インターネット・ノードの構築を模索している。その一方で Google は、今年の初めに Titan Aerospace を買収しているが、これも大気圏内衛星とも言える、ドローンのデザインが絡んでいる。つまり、Google は WorldVu により、これまでの大気圏バージョンでの活動を強化しているように見える。

注記:地球の大気圏は 1000km に及ぶ。

The ITU’s Master International Frequency Register is routinely peppered with filings — satellite networks in ITU parlance — that clog the system, hoard spectrum rights and ultimately never are built.

ITU の Master International Frequency Register は、ITU 用語で衛星ネットワークと呼ぶ書類により、毎日のように攻め立てられている。 つまり、それによりシステムが目詰りし、スペクトル権を買い溜めされるが、最終的には構築されないという状況が繰り返されていた。

In the case of L5/WorldVu, there is reason to suspect this is not just another paper satellite.

しかし、L5/WorldVu のケースでは、単なるペーパー・サテライトではないと、推測させる理由がある。

For starters, WorldVu is located in the same small town where Greg Wyler registered and founded O3b Networks, which also started with modest support from Google and is now building a business of providing high-speed fixed and mobile Internet links to customers located between 40 degrees north and 40 degrees south of the equator. O3b’s mission, as the company likes to point out, is to connect the “other 3 billion people” around the globe “who have been denied broadband access for reasons of geography, political instability and economics.”

まず、第一に、Greg Wyler が O3b Networks を設立/登記した、同じ小さな街に WorldVu は位置しており、また、Google からのささやかな支援が開始されている。そして、現在は、北緯 40度と 南緯 40度の間に住む人々をサポートするための、ワイヤー/モバイルによるインターネット·リンクを提供するためのビジネスを立ち上げている。O3b が、よく口にする同社の使命は、地理/政治/経済などの理由により、ブロードバンドへのアクセスが不可能だとされる、もう一方の世界の「 30億人 」をインターネットに接続することである。

Joining Wyler in the WorldVu venture are Brian Holz, O3b’s former chief technology officer; and David Bettinger, a long-time chief technology officer of satellite ground terminal provider iDirect.

WorldVu の冒険において、Wyler と行動を共にする Brian Holz の前職は O3b の CTO であり、また、David Bettinger は衛星用の地上ターミナル・プロバイダーである、iDirect の CTO を長年にわたって務めてきた。

Holz’s departure from O3b at this juncture in the company’s history — a component defect on the first four satellites has delayed the launch of the second four, now scheduled for July — might be viewed as curious.

同社の歴史おいて、つまり、第一陣の 4つの衛星におけるコンポーネントの欠陥により、第二陣の 4つの衛星の打ち上げが 7月にズレ込んでいるという時点で、O3b のプロジェクトから Holz が離脱するのは、不思議なことだと思われるだろう。

While the current satellites operate well, their life expectancy has been compromised by the defect in the onboard component, called the centralized power supply and frequency generator unit.

現時点で、それらの衛星は上手く機能しているが、集中電源と周波数ジェネレータをいう、オンボード・コンポーネントの欠陥により、その平均寿命は期待値に届かないだろう。

In a May 27 response to SpaceNews inquiries, O3b said Holz “is leaving us for Google, which as you know is an O3b shareholder, but he will continue to serve on O3b’s technical advisory committee.” Attempts to reach Wyler, or anyone else, at the address listed for WorldVu were unsuccessful.

5月27日の SpaceNews からの問い合わせに対して O3b は、「 周知のとおり、O3b の株主でもある Holz は Google へと去っていくが、O3b の技術諮問委員は継続して務めることになる」と述べている。つまり、Wyler たちが連携していくような、WorldVu が考えていた試みは、上手く行かなかったことになる。

Holz has been replaced at O3b by Stewart Sanders, a senior vice president at satellite fleet operator SES of Luxembourg, which is O3b’s biggest shareholder.

Holz の後任には、 O3b の最大の株主であり、複数の衛星を管理する SES of Luxembourg の、Senior VP である Stewart Sanders が就任することになった。

An industry official familiar with the move said Holz will remain active at O3b at least through the launch of the second group of satellites, and his departure was arranged in a way to minimize perturbations at O3b, which remains a startup enterprise.

この動きに詳しい業界関係者は Holz について、第二陣の衛星群と打ち上げるまで、彼は少なくとも O3b でのアクティブな状況を維持し、スタートアップ・エンタープライズである O3b の、不安要素を最小限に抑えるよう再考された、と述べている。

“There is no way that Brian was going to do anything that would hurt O3b,” the industry official said, adding that L5/WorldVu should not be seen as a future O3b competitor.

「 O3b を傷つけることなく、何らかの行動を Brian が起こせるかというと、それは不可能である」と、その業界関係者は述べているが、将来的に L5/WorldVu と O3b がライバル関係になるかというと、それも違うと、付け加えている。

“O3b provides low-latency broadband trunking to telcos and large mobile platforms through relatively expensive ground stations,” the official said. “WorldVu wants to connect the world with affordable links to millions of individuals not now on the grid.” Google’s ultimate involvement in the venture “remains speculative at this point,” the official said.

「 O3b は、相対的に見て費用のかかる地上局を介して、テレコムと大手モバイル・プラットフォームに、低レイテンシのブロードバンドをバルクで提供する。 その一方で、WorldVu は、いまはグリッドにアクセスできない無数の人々に、安価なリンクで接続したがっている」と、その業界関係者は述べている。 そして、最終的には、この冒険に Google も関与するだろうが、「現時点では推測も伴う」と付け加えている。

L5/WorldVu’s ambition is to succeed where previous global satellite Internet projects have failed. O3b is using Ka-band frequencies that were abandoned by the now-defunct Teledesic venture, in which more than $1 billion was invested before its backers threw in the towel.

L5/WorldVu の野望は、これまでのグローバル・サテライト・インターネット・プロジェクトが失敗した領域で、成功を収めることである。 O3b が使用している Ka-band 周波数帯域は、いまは無き Teledesic というベンチャーが放棄したものであり、その支持者たちが諦めるまでに、$1 Billion 以上が投資されている。

SkyBridge had a similar idea, but in Ku-band. It too was abandoned for lack of financing, and it is the legacy SkyBridge frequencies that L5/WorldVu proposes to use.

SkyBridge も、Ku-band においてだが、同じような考えを持っていた。 そして、あまりにも膨大な資金を必要とするため、SkyBridge が放棄したものを、L5/WorldVu が使用すると提案しているわけだ。

Youtube ⇒

The Teledesic and SkyBridge projects accomplished the key goal at ITU of securing regulatory approval for nongeostationary-orbiting satellite communications networks.

Teledesic と SkyBridge のプロジェクトは、非静止軌道衛星通信ネットワークのための、規制当局の承認を確かなものにするという意味で、ITU における主要な目標を達成している。

Both networks agreed to incorporate complicated power-flux-density adjustments so that their satellites’ frequencies would not disturb broadcasts from satellites using the same spectrum from higher geostationary orbit.

この 2つのネットワークは、複雑な電波密度の調整を組み込むことで合意していた。それにより、同じスペクトルを使用する、より高い高度の静止軌道衛星からのブロードキャストを、二社の衛星の周波数が妨害しないようになっている。

It is an issue that WorldVu will face — especially when its hundreds of satellites pass over the equator — as Ku-band is widely used by telecommunications operators who have priority rights to the same spectrum.

それは、WorldVu が直面することになる問題だ。 つまり、同じスペクトルにおいて優先権を持っているテレコム事業者が、Ku-band を広範囲で使用するにつれて生じることになる、何百もの衛星が赤道上を通過する際の問題である。

Just as important for L5/WorldVu is the dramatic decrease in prices for sophisticated satellite antennas, satellite power-generation systems and payload electronics. It is here that Teledesic and SkyBridge confronted issues that drove up the costs of the systems and ultimately forced their collapse.

また、L5/WorldVu にとって重要な事柄として、きわめて洗練された、衛星のアンテナおよび発電システムと、搭載する電子機器に関する、劇的なコストの削減が挙げられる。それこそが、Teledesic と SkyBridge の前に立ちはだかった問題であり、システムのコストをつり上げ、最終的にはプロジェクトを崩壊へと至らしめた。

“Lots of things have changed since then,” the industry official said. “Satellite technology is no longer considered black magic. Look what’s being done with Earth observation constellations like SkyBox Imaging and Planet Labs and the new generation of cubists.”

「 あれから、あらゆるものが変化した。もはや、衛星テクノロジーを魔術として捉えるべきではない。 SkyBox Imaging や Planet Labs といった、地球の観測を志す、新たな世代の台頭を見てほしい」と、前述の業界関係者は述べている。

SkyBox Imaging — a California company building a constellation of high-resolution optical Earth imaging satellites in which Google is said to be interested — and Planet Labs of San Francisco have both launched the first of their imaging satellites.

ちなみに、SkyBox Imaging とは、地上のイメージを高解像度で撮影する California の企業であり、Google が興味を示しているとされる。また、San Francisco の Planet Labs も、地上イメージを撮影するための、自身の衛星を打ち上げている。

In addition to offering limited scale economies in satellite production, smaller satellites hold out the hope for lower launch costs when measured on a per-delivered-megabit basis.

さらに言えば、配信するデータをメガビット単位で規定できるなら、その望みを叶える実用的な小型衛星を打ち上げるための、規模の経済が具体化してきているのである。

ーーーーー

とても夢のある話で、訳していてワクワクしてしまいました。 海底に設置されたケーブルと赤道上に並ぶ衛星により、多層化されたインターネット・バックボーンのメッシュが、この地球を包み込んでいくのでしょうね。 さらに言えば、より低軌道に浮かぶ衛星やドローンなどを介して、地上に網を張りにくいアフリカや南米などにも、インターネット接続を提供するという流れが、さらに加速していくかもしれません。また、Google に関しては、この記事がポストされた直後の 6月に、Skybox Imaging という衛星スタートアップを買収しているので、なんらかの方針の変更が生じているのかもしれません。 Elon Musk の SpaceX も含めて、2015年は衛星に関する動向も追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 9, 2014

Facebook Is Seeing More And More App Developers Go Android-First
http://wp.me/pwo1E-85q
Jim Edwards – Nov. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-sees-android-first-app-developer-trend-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Facebook is seeing a trend in Europe of app developers going "Android-first."

Facebook は、ヨーロッパにおけるアプリ開発者の、Android-First へと移りゆく動向を注視している。

That’s significant because for years, Apple’s iOS operating system for iPhone and iPad has been the preferred first stop for any company launching an app. If an app succeeds on iOS, then only later will a company think about making a version for Android. Often months or years later, and sometimes never.

それが、大きな意味を持つのは、この数年にわたり iPhone と iPad で走る Apple の iOS が、あらたなアプリを立ち上げる、あらゆる企業が最初に取り組むプラットフォームとして、不動の地位を維持し続けてきたからである。そして、対象となるアプリ が iOS 上で成功した後にのみ、デベロッパーたちは Android バージョンを考えるというのが常である。多くの場合、それらのアプリの iOS 版と Android 版には、数ヶ月から数年の時間差があり、時には iOS のみというケースもあった。

Stephan Ridgway
Flickr, CC

That’s why Android apps tend to look and feel a bit second-rate compared to the same apps on iPhone — they often are just that. The iOS/Android split is weird because globally 80% of users are on the Android system, yet iOS and its roughly 10% of users are the top priority for developers.

そこに、Android アプリののルック&フィールが、同じアプリの iPhone の二番煎じになりやすい理由があるのだ。そして、実際に、そのようなケースが多々ある。グローバル・ユーザーの 80% が Android システムを利用している一方で、およそ 10% という iOS のシェアが、開発者にとってトップ・プライオリティになっている。 それなのに、iOS と Android のアプリを切り分けるのは、ちょっと奇妙な選択となる。

So it would be dramatic for companies to reverse that trend.

つまり、トレンドが逆転するという、ドラマティックな展開もあり得るのだ。

Yet that is what Facebook is seeing among some companies in Europe, according to Facebook’s Europe, Middle East, and Africa platform director, Julien Codorniou. Developers are beginning to sense that because more people are Android users than Apple users, they’re losing money by working on the smaller iOS platform first, he told Business Insider UK.

しかし、Facebook はヨーロッパにおいて、いくつかの企業の動きを見続けていると、同社の Europe, Middle East, and Africa Platform Director である Julien Codorniou は Business Insider UK に述べている。そして、デベロッパーたちは気付き始めているのだ。Apple ユーザーよりも Android ユーザーの方が多数を占め、また、最初に規模の小さい iOS プラットフォームに対応することで、ビジネス・チャンスを失っていることに。

Historically, Apple has been the preferred platform. Apple’s higher-income users are often more lucrative targets for app advertisers and in-app payments and shopping. It’s also simpler for developers to use, Apple has only one version of iOS running at any one time (the newest one) and the vast majority of Apple users keep their devices updated to the newest version. Android, by contrast, is "fragmented" into several different versions across hundreds of different phones — and all those versions are a headache for developers who must make a separate app tailored for each one.

歴史的にみて、Apple は好ましいプラットフォームだと捉えられている。 Apple のユーザーは高所得者に偏っているため、広告/アプリ/ショッピングを展開する際に、ビジネスのターゲットに成りやすいのである。その一方で、デベロッパーにとっても、取り組みやすい環境となっている。つまり Apple は、常に最新の iOS バージョンのみをプッシュし、大半の Apple ユーザーは最新バージョンにアップデートされたデバイスを手にしている。それとは対照的に、Android は各種のスマホ上の、各種のバージョンとして「断片化」されている。 そして、それらのバージョンごとの、個別アプリを開発する必要性が、デベロッパーにとって頭痛の種となる。

Julien Cordoniou: "People look at the numbers. They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android."

But Codorniou told us Facebook has a team of evangelists encouraging Android developers to use Facebook as a way to build and promote their apps: "As of today, I have four guys from my team in Paris talking to Android developers about the greatness of Parse, Facebook login, app links, app events. It’s a very important bet for us."

しかし、Codorniou が言うには、デベロッパーたちが自身のアプリを構築し、プロモートするための手段として Facebook を活用するよう、Android の開発環境を支援するためのエバンジェリスト・チームがあるようだ。そして、 「現時点において、4人で構成されるチームが Paris にある。そして、Parse/Facebook LogIn/App Link/App Event の素晴らしさを、Android デベロッパーたちに説明している。 それは、私たちにとって、きわめて重要な賭けである」と、私たちに語ってくれた。

Wait, Android developers? Android-first, really?

なぜ、Android デベロッパーなのか? ほんとうに、Android-First を考えているのだろうか?

"People look at the numbers," he says. "They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android. Of course iOS is the better platform when it comes to monetization, but it’s easier to update your app on Android. There are many people on an Android phone. … The world you described [in which Apple is dominant] was true a year ago, but I see that things are changing."

彼は、「 開発者たちは、数字に注目している。彼らは、数多くのダウンロードとインストールを望んでいる。そして、Android におけるマネタイズが、iOS を捕まえかけていることを知っている。もちろん、マネタイズに関しては、iOS の方が優れたプラットフォームであるが、Android アプリのアップデートも簡単になっているのだ。周知のとおり、Android フォンには、膨大なユーザー数がある。あなた方が、Apple が支配する世界と説明してきたことは、1年前には本当だったが、物事が変化していることを、私は目にしている」と述べている。

"The vision we have with Parse and with the platform in general is to accelerate the time to market. It should not take you six months to develop from iOS to Android."

そして、「Parse と汎用プラットフォームを活用する、私たちのビジョンにより、出荷までの時間が大幅に短縮される。 iOS から Android に切り替わったとしても、その開発のために、6ヶ月も要することなど、あり得ないはずだ」と、彼は続ける。

"There is a pattern coming from Eastern Europe. The Russian developers develop on Android first because of a big audience, and it maybe being easier to develop. They liked the fact that they could submit a new version of the app every day. [With Apple, you have to get each new version of the app approved before it hits the App Store. There is no version-approval system for Android.] This is a trend that I see and I think it is going to accelerate."

最後に、「 Eastern Europe で生まれた、開発のパターンがある。それは、Russian のデベロッパーたちの進め方であり、多数のユーザーがいる Android の優先順位を上げるが、おそらく容易な開発を実現している。彼らは、新しいバージョンのアプリを、毎日のようにサブミットできる状況を好んでいる。Apple の場合には、App Store に出す前に、それぞれのバージョンについて承認を得なければならない。 しかし、Android では、バージョンに関する承認の仕組みは存在しない。そこに、Android が加速している要因があると、私は見ている」と、彼は述べていた。

Do you work at an app developer that switched to go Android first? Contact Business Insider UK at jedwards@businessinsider.com to tell us your story.

ーーーーー

途上国マーケットを支援するための Internet.org を作り、貧しい人々のためにインターネット環境を整備しようとしている Facebook にとって、Android ファーストへの転換は、きわめて整合性の高い戦略となるはずです。 とは言え、Apple 自体に対してはまだしも、iOS エコシステムを構成するデベロッパーには、気遣うことになりそうですね。 また、Facebook の収益の 66% が、モバイル広告からもたらされていることを考えれば、いずれは Android ファーストになっていくのでしょう。 問題は、そのタイミングですが、いつ頃なのでしょうか? とても気になりますね。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% はモバイルから!
FB+WhatsApp+Instagram のユーザー数は、世界の 1/3 に相当する 22億人だ!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Instagram が史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している

%d bloggers like this: