Agile Cat — in the cloud

Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?

Posted in Google, Post-PC by Agile Cat on August 22, 2014

Healthcare employees in Florida choose Chromebooks over Windows, iPad
http://wp.me/pwo1E-7M4

By
Kevin C. Tofel  – Aug 21, 2014
http://gigaom.com/2014/08/21/healthcare-employees-in-florida-choose-chromebooks-over-windows-ipad/

_ Giga Om

Summary: Two-thirds of the employees at Chapters Health System opted to pick an HP Chromebook 14 over a Windows laptop or iPad, which has made the IT department happy. There are cheaper Windows laptops coming to compete but they don’t address reasons people pick a Chromebook.

Summary: Chapters Health System では、その従業員の 2/3 が 、iPad および Windows ではなく、HP Chromebook 14 を選択するという状況にあり、IT 部門を喜ばせている。すでに、Windows を搭載する安価なラップトップが登場しているが、人々が Chromebook 選択する背景に対して、取り組まれているとは言えない。

ーーーーー

Given a choice between a Chromebook, a Windows laptop and an iPad, which device would your business choose? There’s no “right” answer, but for Florida-based Chapters Health System, it’s a Chromebook. Actually, it’s a bunch of Chromebooks as the company has deployed Chrome OS laptops and plans to add even more in the future.

Chromebook/Windows/iPad から選択するなら、あなたの勤め先では、どのデバイスになるだろう? そこに正解というものは存在しないが、Florida ベースの Chapters Health System では、Chromebook が選ばれている。 実際のところ、同社では、この Chrome OS ラップトップを供給してからというもの、Chromebook の数が増え続けており、さらなる追加が計画されている。

It’s interesting to see why a majority of employees picked a Chromebook over the alternatives mainly because the reasons reiterate things I’ve said for the past two years. Rather than repeat myself, take a look at how employees ranked Chromebooks against Windows laptops and iPads for various attributes in this summary graphic posted on the Google Enterprise Blog:

そして、従業員の大半が、主として Chromebook を選んでいる理由が興味深いのは、私が 2年前から言い続けてきたことに、重ね合わさるからである。したがって、私から繰り返して説明するのではなく、さまざまな調査項目において従業員たちが、Chromebook/Windows/iPad を、どのように評価しているのかを確認していこう。この、グラフィカルなサマリーは、Google  Enterprise Blog からのものである:

クリックで拡大 ⇒

Convenience and ease of use is one of the main drivers for many to choose a Chromebook. Yes, it’s a limited device; that doesn’t mean it’s a bad device. In the case of Chapters Health System, the IT department has installed Citrix XenApp via Receiver for access to legacy systems. The devices are easier to deploy and maintain for IT, which says Windows laptops used to take 40 minutes of setup time while the Chromebooks take around 5 minutes each. Plus, a quick wipe, or Powerwash as it’s called in Google Chrome OS, completely resets the device in a minute or two if needed.

便利さと使い易さは、Chromebook を選択する上での、主たる要因を構成している。もちろん、Chromebook は制約されたデバイスであるが、能力に欠けるデバイスという意味ではない。Chapters Health System のケースでは、レガシー・システムへのアクセスを可能にするために、IT 部門により Citrix XenApp via Receiver がインストールされている。そして、このデバイスは、IT 部門にとってディプロイとメンテナンスが、容易なものとなっている。つまり、Windows ラップトップを使えるようにするには、約 40分のセットアップ時間が必要となるが、Chromebook の場合は 5分程度で完了してしまうのだ。 そして、Google Chrome OS 用語では Powerwash と呼ばれる、迅速なワイプ機能も提供されている。 それを、必要に応じて使えば、1〜2 分でデバイスのリセットが終了する。

Obviously, a Chromebook is not the best tool for every task or enterprise. Neither is Microsoft Windows or Apple Mac OS X, however. And that’s why Microsoft is starting to take Chromebooks seriously by pushing hardware partners to make $200 Windows laptops this year.

すべての企業における、すべてのタスクに対して、Chromebook が最高のツールと言えないのは明らかである。しかし、Microsoft Windows や、Apple Mac OS X とて同じことだ。そして、今年に入って Microsoft が Chromebook を真剣に意識し、ハードウェア・パートナーたち に $200 Windows を作るよう、強くプッシュしている理由も、そこにある。

That may help the issue of price in the value segment but it doesn’t do anything to bring convenience and ease of use compared to more expensive Windows laptops. That’s a problem.

それにより、価格というセグメントでの問題は解決されるだろうが、便利さと使い易さという観点で、Windows ラップトップの方が高く付くという状況は解決しない。 そこに問題がある。

Related research

The rebirth of hardware demands new definition of design – October 2013
What mattered in social business in the first quarter of 2014 – April 2014
How mobile will disrupt the living room in 2014 – February 2014

ーーーーー

ヘルスケアという業種だと、顧客に関連する情報が、自分のデバイス上にあるという状況を、企業も従業員も嫌がりますよね。 でも、それはヘルスケアに限らず、すべての業種において言えることなので、Citrix XenApp via Receiver などが利用されているのでしょう。 このリンク先を見ると、ライトユースの従業員なら仮想アプリを使用するよう、推奨されているように思えます。 そして、Chromebook は、そのようなユースケースを前提にデザインされている、初めてのコンピュータとも言えるでしょう。 先日は、教育現場での Chromebook の事例を紹介しましたが、エンタープライズでも強くなりそうですね。

ーーーーー

<関連>

Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!
Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on August 19, 2014

Google: From 112 Servers to a $5B-Plus Quarterly Data Center Bill
http://wp.me/pwo1E-7Lz

Yevgeniy Sverdlik – July 23, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/23/from-112-servers-to-5b-spent-on-google-data-centers-per-quarter/

_ DC Knowledge

It was only 15 years ago that Google was running on slightly more than 100 servers, stacked in racks Sergey Brin and Larry Page put together themselves using cheap parts – including insulating corkboard pads – to cut down the cost of their search engine infrastructure.

それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。

That do-it-yourself ethos has stayed with the company to this day, albeit it is now applied at much bigger scale.

この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

Google data centers cost the company more than $5 billion in the second quarter of 2014, according to its most recent quarterly earnings, reported earlier this month. The company spent $2.65 billion on data center construction, real estate purchases and production equipment, and somewhat south of $2.82 billion on running its massive infrastructure.

7月初めに報告された、直近の四半期決算によると、2014年 Q2 における Google データセンターのコストは、$5 billion 以上とされている。 同社は、データセンターの建設および、不動産の取得、設備の購入などに$2.65 billion を投資し、また、大規模なインフラストラクチャを運用するために、$2.82 billion を費やしている。

The $2.82 billion figure is the size of the “other cost of revenue” bucket the company includes its data center operational expenses in. The bucket includes other things, such as hardware inventory costs and amortization of assets Google inherits with acquisitions. The size of this bucket in the second quarter represented 18 percent of the company’s revenue for that quarter. It was 17 percent of revenue in the second quarter of last year.

この $2.82 billion という数字は、データセンターの運用コストを含む、同社における「その他のコスト」を、大まかなところでザックリと示している。この数字には、たとえばハードウェア在庫の金額や、Google の買収先から継承する償却資産といったものが含まれている。今年の Q2 における、この数字の規模は、同じ Q2 の売上高に対する 18% を占めている。そして、昨年の Q2 では、この数字は 17% であった。

Google’s largest server order ever

While the amount of money Google spends on infrastructure is astronomically higher than the amount it spent 15 years ago, the company makes much more money per server today than it did back then.

いまの Google が、インフラに費やすコストは、15年前とくらべて天文学的に膨らんでいる。つまり、当時と比べて、サーバーごとに費やす金額が大きくなっているのだ。

“In retrospect, the design of the [“corkboard”] racks wasn’t optimized for reliability and serviceability, but given that we only had two weeks to design them, and not much money to spend, things worked out fine,” Urs Hölzle, Google’s vice president for technical infrastructure, wrote in a Google Plus post today.

「 いまになって、振り返ってみると、あの “コルク・ボード” ラックのデザインは、信頼性と保守性という意味で最適化されていなかった。しかし、二週間でデザインを完了し、しかも、多額の費用をかけられなかったことを考えると、上手くいったのだろう」と、Google の VP for Technical Infrastructure である Urs Hölzle が、今日の Google+ にポストしている。

One of Google’s early “corkboard” racks is now on display at the National Museum of American History in Washington, D.C.

In the post, Hölzle reminisced about the time Google placed its largest server order ever: 1,680 servers. This was in 1999, when the search engine was running on 112 machines.

そのポストで Hölzle は、当時としては史上最大である、1680 台のサーバーを発注したときの思い出にも触れている。 それは、1999年のことであり、すでに同社の検索エンジンが、112台のマシン上で実行されていたときの話しでもある。

Google agreed to pay about $110,000 for every 80 servers and offered the vendor a $2,000 bonus for each of the 80-node units delivered after the first 10 but before the deadline of August 20th. The order was dated July 23, giving the vendor less than one month to put together 800 computers (with racks and shared cooling and power) to Google’s specs before it could start winning some bonus cash.

Google は、80台のサーバーで構成される1ユニットに対して、$110,000 を支払うことに合意した。 そして、8月20日までに、最初の 80 ノード x 10ユニットを納入することで、ユニットごとに $2000 のボーナスを提供すると、そのベンダーに約束した。 この発注は 7月23日付けであり、そのベンダーは 800台のコンピューターを、1ヶ月足らずで調達しなければならなかった(ラックと共有ファンと電源も含む)。 しかも、ボーナスを手にする前に、Google の要求するスペックに合わせなければならない。

Hölzle included a copy of the order for King Star Computer in Santa Clara, California. The order describes 21 cabinets, each containing 60 fans and two power supplies to power those fans.

Hölzle は、そのブログ・ポストに、Santa Clara, California の King Star Computer 宛に発行した、発注書をコピーしてくれた。それは、21台のユニットを発注するものであり、それぞれに 60台のファンと、そのための 2つの電源が取り込まれるものであった。

There would be four servers per shelf, and those four servers would share:

1つのシャシーに 4台のサーバーが配置され、以下を共有する:

  • 400-watt ball bearing power supply
  • Power supply connector connecting the individual computers to the shared power supply
  • Two mounting brackets
  • One plastic board for hard disks
  • Power cable

Each server would consist of:

個々のサーバーの構成要素:

  • Supermicro motherboard
  • 265 megabytes of memory
  • Intel Pentium II 400 CPU with Intel fan
  • Two IBM Deskstar 22-gigabyte hard disks
  • Intel 10/100 network card
  • Reset switch
  • Hard disk LED
  • Two IDE cables connecting the motherboard to the hard disk
  • 7-foot Cat. 5 Ethernet cable

Google’s founders figured out from the company’s early days that the best way to scale cost-effectively would be to specify a simple server design themselves instead of buying off-the-shelf all-included gear. It designs its hardware on its own to this day. Other Internet giants that operate data centers at Google’s scale have followed suit.

Google の創設メンバーたちは、同社が立ち上がったときから、すべてのギアが取り込まれた既成品サーバーを購入するのではなく、ニーズに適合するシンプルなサーバーを自らデザインすることが、大きなスケールで費用対効果を向上させる方法だと、理解していたことになる。そして、ハードウェアを独自にデザインするという考え方は、今日まで続いている。 さらに言えば、Google スケールでデータセンターを運営する、他のインターネット・ジャイアントたちも、それを追随してきたことになる。

ーーーーー

とても面白い話なので、楽しみながら訳すことができました :) そして、分かったことは、今日に至るまで Google が、既成品としてのサーバーを、まったく購入していないという、徹底したカスタム路線を貫いていることです(多少の例外はあるかも?)。 いつ頃から、台湾の ODM に発注先が切り替わったのか、そのあたりは分かりませんが、データセンターを運用する側が、つまりユーザー側が、サーバーをデザインすべきという発想の原点が、ここにあるのでしょう。 Open Compute Project Japan を、お手伝いしている Agile_Cat としても、このトピックを皆さんと共有できて嬉しいです。 何かの機会があり、Washington, D.C. へ行くことがあるなら、National Museum of American History で初代 Google サーバーを見学したいものですね。

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
Facebook と Open Compute が、Wedge という名の オープン・スイッチを発表!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Google Maps は、あなたの行動を記録している:心配な人は Location History をチェックしよう!

Posted in Big Data, Google, Mobile by Agile Cat on August 15, 2014

Use This Trick To See A Map Of Everywhere Google Knows You’ve Been
http://wp.me/pwo1E-7L3

Steven Tweedie – Aug. 12, 2014
http://www.businessinsider.com/see-what-google-knows-about-my-location-2014-8

_ Business Insider

If you have a Gmail account or use any of Google’s apps, there’s a good chance Google has some of your location data stored in its systems.

あなたが Gmail アカウントを持っている場合や、何らかの Google アプリを使用したとき、Google には、あなたのロケーション・データを貯めこむチャンスが生じている。

Business Insider

Google’s location data from my move to New York.

Luckily, there’s an easy way to see exactly what Google knows about where you’ve been, and you can even see a map of past locations you have visited.

ただし、幸いなことに、あなたの行動を、どのように Google が把握しているのかを、しっかりと確認するための、簡単な方法も提供されている。 つまり、過去にさかのぼって、あなた自身の移動履歴をマップの中で参照できるようになっているのだ。

This all depends on whether you have enabled two settings tied to your Google account: location reporting and location history. Of course Google lets you turn these settings off at any time, and it even offers step-by-step instructions.

この履歴であるが、あなたの Google アカウントに関連付けられる、Location Reporting と Location History という2つの設定が、有効になっているかどうかにより、その結果は異なるものになる。 もちろん Google は、これらの設定を、いつでも OFF にできるようにしている。 そして、必要があれば、Step-by-Step の説明も参照できる。

But you’re interested in seeing what has already been recorded. First, sign in to whichever Gmail or Google account you use the most. Then head on over to this little-known Google Maps website, where you’ll be greeted by a screen like this.

とは言え、あなたの行動が、どのように記録されいるのを知りたいだろう。 まず、いつも使っている Gmail もしくは Google のアカウントに Sign In する。 続いて、あまり知られていない、この Google Maps の Web サイトをオープンするのだが、そこへ行くと、[Location History]という表記が目に入ってくる。

Business Insider

You could see some data points pop up immediately, or you might see nothing; it all depends on if and when your phone recorded your location for apps like Google Maps.

いくつかの、あなたのデータ・ポイントが、直ちにポップアップ表示されるだろう。 もし、何も表示されないなら、先ほどの説明を思い出して欲しい。つまり、あなたのデバイスから、たとえば Google Maps のようなアプリに、ロケーションを記録しているのか、いつ記録したのか、という点に依存しているのだ。

The easiest way to thoroughly search your location history is to change the "Show" ticker from 1 Day to 30 Days, which will let you see all of your location data by the month. You can then work backward by the month until you start to see the red data points and lines pop up.

最も簡単に、あなたのロケーション履歴を、しっかりと把握したいなら、カレンダーの下に付いている[Show:表示]の設定を、1日から30日に変更してみて欲しい。 そうすれば、この1ヶ月間の、すべてのロケーション・データが表示される。カレンダーで月を特定して、その間の行動を確認することも可能である。 そこへカレンダーを移行させ、その内側をタップして反転表示させれば、その間のデータ・ポイントが赤く表示される。

Here, for example, you can see all the places I walked around my college campus this May. Because I used Google Maps during my move to New York, I can see my exact trip:

例として、この5月の個人的なデータをお見せする。 私の、キャンパス内の移動履歴である、すべてのロケーション・データが参照できるだろう。この時は、New York への移動があったので、Google Maps を使っていたのだ。 その結果として、自分の足取りを、正確に参照できるようになっている:

Business Insider

If you still can’t find anything, don’t worry — it just means that you probably haven’t authorized Google or any of its apps to report and record your location.

なにも表示されなくても、気にする必要はない。 おそらく、あなたが Google を承認していないか、ロケーションを記録/報告するアプリを承認していないだけである。

You’ll notice that Google offers a quick way to "Delete all history" or to "Delete history from this time period," so you can eliminate or alter your location history accordingly.

また、記録されていることが気になるなら、Google が提供している[Delete All History]と[Delete History From This Time Period]という機能を利用すればよい。 それにより、全履歴の削除もしくは、一定期間の履歴の削除が可能になる。

And remember, if you want to turn off location reporting and location history from your Google account and apps, you can follow the official instructions over here.

もう一度、確認しておくが、あなたの Google アカウントおよびアプリから、ロケーションの記録/報告を取り除くことが可能である。 その場合には、このオフィシャル・インストラクションを参照して欲しい。

NOW WATCH: If You Are Not Using These Google Maps Hacks, You Are Totally Lost

ーーーーー

まいりました! 降参です! Agile_Cat も、しっかりと足取りを捕捉されていました。抜き足、差し足、忍び足、、、を是とするネコが、ここまでトラッキングされてしまうと、もう、面目まるつぶれです。 ちなみに、このマップ(クリックで拡大)は、この1月の OCP Summit の時のものですが、Hide さんが強引に誘うので会場をは早めに抜け出し、Apple Store で Tシャツとボールペンを買った時の足取りが、記録されてしまっています。 マズイです :) でも、まぁ、Google が何を知っているのかを、こうしてユーザーに知らせてくれるのは、とても良いことだと思いますし、プライバシーは自分で管理すべきと、しっかりと認識させてくれるのも、とても良いことです。 ただ、こうして BI の記事を読まないことには、何が記録されているのかを、具体的にイメージ出来ないというのは、ちょっと困りものです。 せっかく、Gmail のような通知手段があるのですから、月に一度くらいは、「いまの、あなたの設定だと、コレと、コレが、記録されています」という感じの、確認メールなどを送って欲しいものだと思います。

ーーーーー

<関連>

Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
Google Maps の底力:膨大なデータを用いて、目的地までの時間を予測する!
Google への 忘れてほしいリクエスト:初日だけで 12000 件が集まる – from EU

Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!

Posted in Asia, Google, Post-PC by Agile Cat on August 14, 2014

Acer’s Chromebook 13 ― a featherweight computer with a heavyweight punch
http://wp.me/pwo1E-7KR
August 12, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/acers-chromebook-13-a-featherweight-computer-with-a-heavyweight-punch

_ Malay Mail Online

SAN FRANCISCO, Aug 12 ― The newest addition to Acer’s Chromebook range, simply called the Chromebook 13, offers an incredible 13-hour battery life and is just 18mm thick yet it can render and output 4K ultra-high-definition content.

SAN FRANCISCO, Aug 12 ― Acer の Chromebook シリーズに、シンプルに Chromebook 13 と呼ばれる新顔が加わった。 このマシンは、13時間のバッテリ・ライフを提供し、その厚さは 18mm である。 さらに言えば、4K Ultra HD コンテンツのレンダリングにも、外部出力として対応する。

And that’s because the little laptop, launched yesterday, is the first to use an Nvidia Tegra K1 processor. Chromebooks might still be niche products within the PC landscape but the computers, which run Google’s Chrome OS and run a host of web-based apps rather than software installed directly on the computer’s hard disk, are starting to make a name for themselves, especially within education.

この、昨日にローンチした小さなラップトップは、Nvidia Tegra K1 プロセッサを用いる最初のプロダクトとしても注目を集める。Google Chrome OS を走らせる Chromebooks は、PC の世界では依然としてニッチな存在ではあるが、ソフトウェアをコンピュータの HDD 内にインストールするというより、Web ベースのアプリケーションのホストするものであり、とりわけ教育マーケットにおいて実績を残し始めている。

The Acer Chromebook 13 can render 4K content yet has a 13-hour battery life. ― AFP 

Earlier this month, The Atlantic noted how a host of US schools, which had initially invested in iPads as technological educational aids for their students, were now ditching the tablets in favor for Chromebooks.

今月の初めに The Atlantic が指摘していたのは、生徒の教育のための補助的なテクノロジー・アイテムとして、当初は iPad を採用していた団体が、いまでは Chromebooks 切り替えているという状況である。

This is because as well as being cheaper, Chromebooks offer a full-size keyboard and, thanks to Google’s suite of educational apps and features such as Google Drive, they make sharing and collaboration simple.

その理由は、Chromebooks が安価というだけではなく、フルサイズのキーボードを提供するところにもある。 さらに言えば、Google による教育アプリと Google Drive の組み合わせにより、教室で必要とされる情報のシェアとコラボレーションもシンプルになる。

However, it’s not just in education where people are starting to take note. The fact that all of the programs and apps for Chromebooks are online and need to be accessed via a web connection means that they are essentially malware- and virus-free and are always up to date.

しかし、教育の現場以外でも、人々は、このノートを使い始めている。Chromebooks ための、すべてのプログラムやアプリがオンラインで提供され、必要に応じて Web からアクセスできるという事実は、マルウェアとウイルスを根本から排除し、最新の状態を常に維持できることを意味する。

It also means that you can pay for what you use, when you need to use it. Why spend hundreds of dollars on a copy of Photoshop that you’re only going to use a few times a year when you can simply access it online when you need it most?

さらに言えば、必要に応じて使用し、使用に応じて対価を支払う、というモデルも実現される。1年の間に数回しか使用しない Photoshop のコピーに対して、数百ドルを費やす理由は、いったい何処にあるのだろう?それを必要とするときに、オンラインでシンプルにアクセスすべきものではないだろうか?

And, because there is barely anything installed on the computers themselves, they are very, very fast: the Chromebook 13, for instance, can boot up in eight seconds.

また、このコンピュータにインストールされているものが、きわめて少ないため、その立ち上げは驚くほど高速である。ちなみに、Chromebook 13 の場合は、約 8秒で起動が完了する。

But as well as being fast, they’re affordable. The Chromebook 13 starts at US$279.99 (RM895) with a 16GB hard drive and a 720p HD display but can also be specified with a 32GB hard disk and with a full 1080p HD display.

そして、その高速性だけではなく、経済性についても触れておく必要があるだろう。Chromebook 13 のエントリー・モデルは、US $279.99(RM895)であるが、16GB の HDD と 720p HD ディスプレイを備えるが、32GB の HDD とFull 1080p HD ディスプレイを選ぶことも可能になっている。

The amount of power that the new Nvidia chip brings might seem a little excessive for a Chromebook, but as Nvidia points out, as Chromebooks become more popular, their potential uses will expand beyond word processing and web surfing and on to things likd video editing, 3D rendering and gaming.

この Chromebook 13 をドライブする最新の Nvidia チップは、少しパワフルすぎるのかもしれないが、Chromebooks が一般的になるにつれて、その用途は、ワープロ や Web サーフィンを超えて拡大していくと、Nvidia は指摘している。つまり、ビデオ編集や、3Dによるレンダリングやゲームなどの、その視野に入っているのだ。

Available to reserve now, the Acer Chromebook 13 will ship in the US in September, just in time for the start of the school year. Acer also plans to launch the computer in Europe and South Africa later in 2014. ― AFP-Relaxnews

すでに、予約は受け付けられている。 US マーケットにおいては、新学期が始まる 9月に、この Chromebook 13 の出荷が予定されている。 そして、Europe と South Africa でのローンチは、2014年の後半と予定されている。 ― AFP-Relaxnews

ーーーーー

昨年の 8月のことですが、投資家むけのカンファレンス・コールで Acer は、「 私たちは、non-Windows ビジネスを、可能な限り早く成長させていく」 と発言しています。 それは、Microsoft の Surface ビジネスに対向し、生き残っていくための決意だったのでしょう。 そして、Intel Haswell を搭載した Acer C720 が売れ始め、真打ちである Tegra K1 マシンを出すまでに、約1年を要したわけですが、その間に、以下の<関連>にあるような実績を、Chromebooks は残してきました。 これからが楽しみですね! 

ーーーーー

<関連>

Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebooks が絶好調:売れるだけではなく、実際に使われ始めている
HP Chromebook 11 は、$280 で、1kg で、カラフルで、USB 充電なのだ!
Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on August 8, 2014

CHART OF THE DAY: Android Surpasses iOS In One Key Area For The First Time
http://wp.me/pwo1E-7JK

Dave Smith – Aug. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-android-surpasses-ios-in-one-key-area-for-the-first-time-2014-8

_ Business Insider

Apple CEO Tim Cook used to make fun of how nobody uses Android tablets — but no longer. According to the latest data from Net Applications, which was charted for us by Statista, Android devices are now used to surf the web more than iOS devices for the first time ever.

以前から Apple の CEO である Tim Cook は、Android タブレットは買われても使われないと揶揄していたが、もう、そんなことも言えなくなる。 Statista がチャートにしてくれた、Net Applications の最新データによると、Web サーフィンに使われるデバイスとして、ついに Android iOS を上回った。 そして、それは、歴史上で初めてのことなのである。

_  space

Statista

What’s crazy is how Apple’s market share of mobile web usage almost doubled Android’s less than a year ago, when iPhones and iPads accounted for nearly 54% of mobile traffic and Android devices counted for only about 29%. Now, Android has closed the gap with Apple and even has a slight advantage over iOS, with 44.62% market share compared to 44.19% for iOS.

わずか1年前には、モバイル Web で利用される Apple のシェアは、Android の2倍もあったのだ。具体的に言うと、iPhone と iPad のモバイル・トラフィックは 54% もあったのに、Android デバイスの方は 29% に過ぎなかった。 どちらも数字も、おおまかなものではあるが、この1年間に起こったことは、まさにクレージーなものとなる。つまり、Android は Apple とのギャップを削り取り、この指標において優位に立ったのだ。 いまでは、iOS の 44.19% に対して、Android は 44.62% というマーケット・シェアを得るに至っている。

ーーーーー

 いつも、Agile_Cat が参照している StatCounter のチャートでは、だいぶ前から、こうした現象が訪れていると示されています。 したがって、この Statista のチャートにも、それほど驚くことはありませんでしたが、4月以降の動きが加速しているところが気になります。 販売されるデバイスの量からして、Android が iOS を上回るというのは、当たり前の結果だと思います。次の興味は、いつ頃になったら、Android と iOS の合計が、世界のトラフィック・チャンピオンである Windows 7 を追い抜くのか、というところに移ってきました。 なお、途上国のマーケットで、爆発な成長を見せる Android と比較すると、iOS に勢いがないように見えてしまいますが、PC を含めた全体的なマーケットでは、着々とトラフィック・シェアを伸ばしているのです。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの

Posted in Asia, Bare-Metal, Facebook, Google, Rackspace, Research by Agile Cat on August 3, 2014

ヒタヒタと、Bare-Metal の足音が・・・
http://wp.me/pwo1E-7IF

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、今月は月初も忙しく、このポストで紹介するデータは、8月3日の時点で抽出したものであり、モタモタしていた先月と、重複する部分がありますが、ご容赦ください。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、トップにある Instagram のマイグレーションが、とても多くの人々に読まれていました。 とにかく、ユーザーに気付かれることなく、200億枚の写真を移行できたことに拍手です。 そして、Facebook のベアメタル環境は、どれだけパフォーマンスを向上させ、コストを引き下げるのでしょうか。また、その他のポストを見ても感じるのですが、クラウドの常識というものが、少しづつ変化しているように思えます。まだまだ、すべてが黎明期と思い出させてくれる、そんな感じの 7月でした。

_--space13

1: Instagram が達成した史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
2:
世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
3: Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK !
4:
Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
5: 富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!
6:
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由

7:
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
8: アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:Web トラフィック

9: マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
10:
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
11: やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ!
12: Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
13:
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴!
14:
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

15: Office For iPad がリリース:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
16:
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

17:
米教育機関と Chromebook :すべての生徒にコンピューティングを!

18: iPhone 6 の初期オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模!
19:
Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?

20:
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

なお、ランクインはしていませんが、以下のポストも、とても興味深いものなので、まだ、という方は、ぜひ ご覧ください。なんといっても、最近の注目はベアメタルです。 なぜ、仮想化が必要なのかと考えると、その要因はユーザー側にはなく、プロバイダー側の運用やコストにあるわけです。 それなら、そのレイヤを取っ払ってしまえという動向に、なんとなく勢いが付いてきた感じです!

Internap の ベアメタル OpenStack が、Hong Kong DC にも展開される!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

ーーーーー

image今日は 8月3日で、今週から夏休みという方も多いことだと思います。 これから、お盆が明けるまで、文字どおりの真夏がやってきます。みなさん、海へ山でと、いろいろな計画をお持ちだと思います。 熱中症や事故などに気をつけて、楽しい夏休みをお過ごしくださ~い :)  image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?
Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW

 

iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Post-PC, Research by Agile Cat on August 3, 2014

The App Market Continues To Boom
http://wp.me/pwo1E-7Ix

Jay Yarow – May 28, 2014
http://www.businessinsider.com/the-app-market-continues-to-boom-2014-5

_ Business Insider

The market for apps is booming. According to the latest data from Distimo, via Ben Schachter at Macquarie Research, combined spending in Apple’s App Store and Google’s Play store, was up 83% year-over-year in April, hitting $1.4 billion.

アプリのマーケットは、依然として好調を維持している。 Macquarie Research の Ben Schachter を介して Distimo が提供する最新データによると、この 4月における Apple の App Store と Google Play の合計売上は、前年比で 83% の成長となり、$1.4 Billion に達しているという。

Chart via Statista

Statista
BusinessInsider

Right now, Apple takes 62% of the revenue, and Google takes 38%. However, Google is growing faster, up 166% year-over-year, versus Apple at 53%. This is a trend to watch. For years, Apple has been the best platform for developers despite a smaller user base. If this trend holds, then it will be even, which could hurt Apple’s app supremacy.

現時点において、Apple は売上が 62% となり、Google は 38% となっている。しかし、成長率となると、Google は前年比で 166% に達しており、Apple の 53% よりも勢いがある。これは、注目すべきトレンドである。この数年において、Apple はユーザー・ベースが小さいにもかかわらず、デベロッパーにとって最適なプラットフォームとされてきた。つまり、いまの傾向が継続していくなら、Apple のためのアプリ開発は最高だという通説が、覆される可能性もあるのだ。

ーーーーー

 この調子で伸び続けているなら、7月には $1.5 billion くらいに達しているのでしょうね。 $1=100円 で計算すると 1,500億円ですから、年間で考えれば、2兆円産業に育っている計算になります。 モバイルが流行りだしたころは、1本あたり 200円とか 300円のソフトウェアで、ほんとうに産業は成り立つのかと思っていましたが、そんな心配は余計なことだったようですね :)  そして、ここには中国勢が入っていないので、それらを加えると、さらに凄まじい成長を遂げていることになります。 さらに言えば、モバイル広告も絶好調であり、アップ・ストアの売上と並んで、エコシステムを成長させる原動力になっているのです。調べてみたら、最初の iPhone が登場してから、まだ 7年しか経っていないのです。 その頃は、アプリもアドもゼロだったわけですから、世界が一変したと言っても、過言ではないのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ

Posted in Google, Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on August 1, 2014

Google Fiber: we don’t charge for peering, don’t have fast lanes
http://wp.me/pwo1E-7Ia

By
Janko Roettgers – May 21, 2014
http://gigaom.com/2014/05/21/google-fiber-we-dont-charge-for-peering-dont-have-fast-lanes/

_ Giga Om

Summary: Actions may speak louder than words, but sometimes it doesn’t hurt to talk about your actions either: Google just explained how Google Fiber does peering — a clear stab at the big competitors that prefer paid peering deals.

Summary: 行動は言葉よりも雄弁かもしれない。 しかし、時には、行動について話すことで、身を守るということもあり得る。Google は、その ISP 事業である Google Fiber において、どのようにピアリングをしているのかを説明し始めた。 ただし、ピアリングに課金したがっている、強力なライバルたちとの差異を、明確に指摘している。

photo: Google

Google  used its Google Fiber internet access business Wednesday to chime in on the continuing debate around peering and internet fast lanes, and guess what: the company doesn’t use either. Fiber, which is slowly expanding its footprint, doesn’t have “any deals to prioritize (some content companies’) video ‘packets’ over others or otherwise discriminate among Internet traffic,” according to a blog post published Wednesday afternoon.

この水曜日に、 Google は Fiber Internet Access 事業部を介して、ピアリングとインターネット高速レーンに関連する議論に、継続的に参加していくことを表明した。 そして、想像するに、どちらも、Google は用いていない。ゆっくりと、カバーする範囲を広げているファイバーであるが、水曜日(5/21)にポストされたブログによると、「ビデオのパケットに優先順位をつけることや(一部の事業者で行われている)、特定のインターネット・トラフィックを区別するようなことは行っていない」とのことだ。

Google also said it doesn’t charge for peering, and instead invites content providers and content delivery networks to colocate within their facilities to get their content closer to the end user. Google identified Akamai and Netflix as two companies that make use of colocation; Netflix has for some time tried to partner with ISPs and place its own OpenConnect caching appliances within the ISPs’ networks.

さらに Google は、ピアリングを有料化することもなければ、コンテントとエンドユーザーの距離を縮めるために、自身のファシリティ内にコンテント・プロバイダーを招き入れても、CDN をコロケートしても、それらに課金することはないと述べている。Google は、コロケーションを適用している事業者として、Akamai と Netflix の存在を認めている。これまでにも、Netflix は ISP と提携しようとしてきた。 つまり、対象となる ISP のネットワーク内に、独自の OpenConnect キャッシング·アプライアンスを配置してきた。

From the blog post:

“We also don’t charge because it’s really a win-win-win situation. It’s good for content providers because they can deliver really high-quality streaming video to their customers. For example, because Netflix colocated their servers along our network, their customers can access full 1080p HD and, for those who own a 4K TV, Netflix in Ultra HD 4K. It’s good for us because it saves us money (it’s easier to transport video traffic from a local server than it is to transport it thousands of miles). But most importantly, we do this because it gives Fiber users the fastest, most direct route to their content.”

私たちが課金しないのは、それが、まさに Win Win Win の状況でもあるからだ。まず、コンテント・プロバイダーだが、きわめて高品質なビデオ・ストリーミングを、顧客に提供できるので、きわめて良いことになる。 たとえば Netflix の場合、私たちのネットワーク内にサーバーをコロケートしているため、その顧客たちは Full 1080 HD のビデオにアクセスできる。 そして、4K TV を持っているなら、Netflix の Ultra HD 4K を楽しめる。 そして、私たち ISP にとっても、コストを節約できるので、とても良いことだ (つまり、ローカル・サーバーから、何千マイルもビデオ・トラフィックを飛ばすよりも簡単だ) 。しかし、私たちが、そうする、最も重要な理由は、ファイバーのユーザーに最速を提供することにある。コンテントに対する、最もダイレクトなルートを提供するのだ。 

Of course, this was more that Google gloating about how fast Fiber is. The post also comes at a time where Netflix sees itself pressured to strike paid peering deals with companies like Comcast and Verizon to improve an otherwise subpar video streaming experience for the customers of those ISPs.

もちろん、こうした展開は、Google がフィアバーの高速性に、単に満足する以上のものとなっている。そして、このポストは、Netflix が有償のピアリング契約により、プレッシャーを受けているときに掲載された。つまり、Comcast や Verizon といった ISP が、基準以下としか考えられないビデオ・ストリーミング・エクスペリエンスを、それぞれの顧客に押し付け、それを改善するためという名目で対価を要求しているのだ。

Related research

Why broadcasters must adopt new over-the-top strategies to reach audiences Nov 2012
OTT technologies and strategies for broadcasters Nov 2012
A look back at the first quarter of 2014 Apr 2014

ーーーーー

3年ほど前に「Google の超高速インターネット(1G BPS)実験が、Kansas City に決定!」というポストで紹介したものが、Google Fiber という名称で実運用されているのだと思います。 Netflix にファスト・レーン料金を請求する他の ISP と比べて、そのインフラは先進的なものであり、それだからこそ、Win Win Win の関係が築けるのかもしれません。 とは言え、それで採算がとれているなら、他社にも出来ないはずはないわけです。 いわゆる、ネットの中立性に関して、既存の ISP たちが述べている論拠を、Google は根本から、ひっくり返そうとしているのでしょう。

ーーーーー

<関連>

アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!

%d bloggers like this: