Agile Cat — in the cloud

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのような属性のユーザーが、ビデオをアップしているのだろう?

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 10, 2015
Here’s the one big advantage YouTube has over Facebook’s new video platform
Dave Smith − Mar. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/why-youtube-isnt-as-vulnerable-as-it-seems-2015-3
 
_ Business Insider
 
Google should worry a little more about Facebook, especially now since the company introduced its own media player that can be shared and embedded on different websites, just like YouTube. But, YouTube has one key advantage over Facebook and other user-generated video sites like Vine: A healthy balance of creators.
 
Facebook が新しいメディア・プレーヤーを提供し、そこにアップロードされたビデオが、他の Web サイトにエンベッドできるようになった。 つまり、YouTube と同じような、ビデオの共有がサポートされたわけであり、Google も気にかけているはずだ。しかし、YouTube は、Facebook や Vine などに対して、大きなアドバンテージを有している。 つまり、ビデオの共有サイトとして、それらを作成するクリエーターのバランスが良いのだ。
 
video-creators
BI Intelligence
 
Based on recent data from Tubular charted for us by BI Intelligence, Facebook in January had a greater percentage of popular user-generated videos compared to YouTube, but YouTube has a pretty even distribution between amateurs, influencers, brands and media companies, so the company isn’t too reliant on any one particular group of uploaders. Compare that to Twitter’s Vine platform for 6-second videos, where the most influential users are in near-complete control of the platform’s popularity.
 
Tubular Labs のデータをベースにした BI Intelligence によると、この1月にユーザーが作成したビデオの本数に関しては、Facebook が YouTube を上回っている。しかし、YouTube は、Amateurs/Influencers/Brands/Media Companies で構成されるクリエーターのバランスが、きれいに分散している。つまり YouTube は、アップロードされるビデオに関して、特定のグループに依存していないことになる。たとえば、Twitter Vine 6秒ビデオに関しては、このプラットフォームの大半が、Influencers に支配されているという状況が見えてくる。
 
ーーーーー
research_55ビデオ・サイトの分析にも、いろいろな切り口があるようですね。先週に、「ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ」という抄訳をポストしましたが、そこでは旗色のよくなかった YouTube が、このチャートでは、素晴らしいバランスを見せています。 YoutTube がビデオをコアにしたサービスを提供する一方で、Facebook や Vine はソーシャルの中での、ビデオの取り扱いにフォーカスしているはずです。 このような違いが出る背景として、それが有ると思います。 これから先のビデオ・ストリーミングには、いま以上の期待が寄せられていくはずです。 そう考えると、とても興味深いデータですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータを、1枚のチャートで!

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 3, 2015
Here’s one big reason Google needs to worry about Facebook
Dave Smith – Mar. 25, 2015
http://www.businessinsider.com/one-big-reason-google-needs-to-worry-about-facebook-2015-3
 
_ Business Insider
 
Despite the massive library of content on Google’s YouTube service, Facebook was able to claim more videos with more than 1 million views in the last 30 days, according to data from Tubular Labs charted for us by BI Intelligence. This is a pretty impressive feat considering YouTube’s search functionality is far ahead of Facebook’s, and YouTube also offers fewer restrictions and more opportunities to make money through ads.
 
Tubular Labs のデータから作成された BI Intelligence のチャートを見ると、大規模なコンテント・ライブラリが、Google の YouTube サービス上にあるにもかかわらず、これまでの 30日間において、100万以上のビューを持つビデオの本数に関しては、Facebook の方が優っているようだ。 YouTube が Facebook に対して、サーチ機能で圧倒し、また、制約も緩く、広告によるマネタイズの機会も提供していることを考えると、この状況は驚くべきことである。
 
chart-video-upload
BI Intelligence
 
Yet, Facebook is becoming a more attractive place for people to upload their videos. Between auto-play and the lack of pre-roll ads, Facebook videos are getting lots of engagement: New data suggests more videos have been uploaded directly to Facebook than shared on the site via YouTube, which is pretty impressive, and the company on Wednesday announced a new video player that should improve engagement by letting any website embed its new video player, just like YouTube’s.
 
ところが、人々が自分のビデオをアップロードするという観点では、Facebook の方が魅力的になってきている。つまり、オート・プレイを実現し、再生時の広告を排除することで、Facebook のビデオは支持を得ているのだ。この新しいデータが示唆するのは、YouTube を介して共有されるビデオよりも、Facebook にダイレクトにアップロードされるビデオの方が多いという、大いに注目すべき状況なのである。そして、水曜日 (3/25) に Facebook がアナウンスした新しいビデオ・プレイヤーは、まさに YouTube がやっているように、アップロードされたビデオを、他の Web サイトに貼り付けられるというものであり、さらに支持を集めるはずだ。
 
ーーーーー
research_55たしかに、Facebook のタイムラインで、自動的に再生されるビデオを見てしまうことが多いですね。 なんというか、勝手に動いているものなのに、それに注目してしまうというのは、すべての動物に共通する習性であり、ヒトもネコもイヌも、みな同じという感じがします。 ひとことで言うと、YouTube の独壇場であったビデオ共有というサービスに、Facebook が強力なライバルとして登場してきたわけなのでしょう。 しかし、このチャートを見ると、Vine も頑張っていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Post-PC by agilecat.cloud on April 2, 2015
Google debuts the Chromebit, a Chromebook dongle for under $100
Karissa Bell – March 31, 2015
http://mashable.com/2015/03/31/chromebook-chromebit/
 
_ Mashable
 
Google has a new device in its growing Chromebook family, and it’s called Chromebit.
 
Google の Chromebook ファミリは成長し続けているが、そこに新たなデバイスとして Chromebit が加えられた。
 
The Chromebit looks more like Chromecast than a Chromebook, but the dongle has almost all of the internal components of Google’s browser-based laptops crammed into a stick smaller than an iPhone 6. Google revealed the new Chrome OS-based device, which will be available later this year, along with a new lineup of low-cost Chromebooks on Tuesday.
 
Chromebit は、Chromebook というより Chromecast のように見えるが、このドングルは iPhone 6 よりも小さなスティックの中に、Google のブラウザ・ベース・ラップトップの、大半のコンポーネントを詰め込んでいる。Google は火曜日 (4/1) に、廉価版 Chromebook の新ラインナップを発表したが、それと同時にお披露目された、この新しい Chrome OS ベースのデバイスは、今年の後半に提供が開始されるという。
 
The Asus-made Chromebit has the guts of a standard Chromebook — 2GB of RAM, Rockchip’s 3288 processor and 16GB of storage — all stuffed into a dongle that is closer to the size of a Roku Streaming Stick than a laptop. It will cost less than $100 when it goes on sale this summer, though exact pricing and availability aren’t yet clear.
 
Asus 製の Chromebit は、標準の Chromebook 機能を有し、2GB RAM および、Rockchip 3288 Processor、16 GByte Storage を搭載している。 その形状はというと、ラップトップ というより、Roku Streaming Stick に近いドングルになっている。 発売は夏に予定されていて、$100 以下の価格とされているが、正確な価格と発売日はまだ明確になっていない。
 
chromebitThis the new Asus Chromebit: a dongle that has the guts of a low-end Chromebook stuffed into a pocket-size stick for less than $100.
 
The Chromebit is equipped with two ports: one HDMI and one USB. The first is used to connect the Chromebit to an external display, while the USB 2.0 port is used for power and to connect peripherals like a keyboard or mouse (these can also be connected via bluetooth, as the device has bluetooth capabilities.)
 
Chromebit には、HDMI と USB のポートが、1つずつ装備されている。HDMI は、Chromebit と外部ディスプレイに接続するためのものだ。そして USB 2.0 ポートは、電源および、キーボードや、マウスなどを接続する(Bluetooth によるデバイス接続も可能)。
 
“Asus actually really pulled off a marvel of engineering here, squeezing everything into this size,” said Caesar Sengupta, VP of product management at Google, during a press event at the company’s San Francisco office.
 
「 Asus は、このサイズにすべてを取り込むという、まさに驚異的なエンジニアリングを確立した」と、Google の VP of Product Management である Caesar Sengupta は、San Francisco オフィス開催された同社のプレス・イベントで発言している。
 
While Sengupta mentioned a range of scenarios the Chromebit could be used in — from powering digital signage to a travel accessory to aiding displays at Internet cafes with outdated PCs — he added that the company is excited for new, unexplored use cases.
 
Sengupta は、Chromebit の利用シナリオについて、デジタル・サイネージへのパワーの提供から、インターネット・カフェのディスプレイを活用するトラベル・アクセサリ(時代遅れの PC は不要)にまでいたるが、誰も考え付かなかったユース・ケースも期待していると述べている。
 
For those who want more of a traditional form factor, Asus has another new Chromebook coming later this year: the $249 Chromebook Flip. The Flip’s design resembles Lenovo’s Yoga tablets and other convertible “all-in-ones,” in that it can operate as a traditional laptop with a keyboard and trackpad or as tablet when the touchscreen display is flipped around.
 
また、Asus は、従来からのフォームファクタを望むユーザに対して、$249 Chromebook Flip を用意しており、それも今年の後半に提供されるという。この Flip のデザインは、Lenovo Yoga タブレットや、その他のコンバーチブル All-in-One に似たものとなる。つまり、キーボードとトラックパッドによる、従来からのタップトップとして利用できるが、タッチ・スクリーン・ディスプレイを回転させると、タブレットになるというものだ。
 
Asus-Chromebook-FlipThe new $249 Asus Flip Chromebook will go on sale later this year.
Image: Google
 
With an all-metal yet lightweight body, the Flip was designed to feel like a “premium” device, despite its relatively modest price. It comes equipped with 4GB of RAM, 16GB of internal storage and a battery that tops out at 10 hours, according to Asus.
 
軽量なメタル・ボディの Flip は、プレミアム・デバイスのようなデザインだが、その価格は低く設定されている。Asus によると、4GB RAM と、16GB Storage が搭載され、バッテリー・ライフは 10時間 とのことだ。
 
As with other convertible devices, the operating system’s user interface changes depending on its mode. In tablet mode, for example, the device has a virtual keyboard that also supports handwriting recognition (that includes hand-drawn emoji).
 
その他のコンバーチブル・デバイスと同様に、OS のユーザ·インターフェイスは、そのモードに応じて変更される。たとえば、タブレット・モードのときには、仮想キーボードがサポートされ、手書き文字が認識される(絵文字も含む)。
 
Screenshot-ChromebookThe latest version of Chrome OS supports handwriting recognition and can recognize emoji.
Image: Google
 
Google also showed off low-cost Chromebooks from two new manufacturers, Hisense and Haier. The Hisense Chromebook and Haier 11 Chromebook are both available for preorder now and cost $149 each.
 
さらに Google は、Hisense と Haier という、新しいメーカーによる廉価版 Chromebook も披露している。Hisense Chromebook および Haier 11 Chromebook は、どちらも $149 で提供される。
 
Google is clearly targeting two of its key Chromebook demographics with these offerings: students and emerging markets.
 
明らかに Google は、Chromebook が大量に使用されている、教育フィールドと途上国マーケットを、この 2つの製品のターゲットにしている。
 
Google is clearly targeting two of its key Chromebook demographics with these offerings: students and emerging markets like India, Mexico and Thailand. Specs-wise, both fall on the lower end of the spectrum — even by Chromebook standards — with the same Rockchip processor, 2GB of RAM and 16GB of storage as the Chromebit.
 
つまり Google は、この 2つの Chromebook を、学校教育の現場と、India/Mexico/Thailand といった途上国市場に提供しようとしている。 スペック面では、Chromebook の標準である、ローエンドへ指向のものであり、Chromebit と同じ Rockchip プロセッサおよび、2GB RAM、16GB Storage を搭載する。
 
However, the $149 price tag is one of the cheapest that comes on a Chromebook, period. Both models boast an impressive battery life; Hisense’s clocks in at up to eight-and-a-half hours while Haier’s Chromebook 11 claims to last for up to 10 hours.
 
そして、$149 という価格は、これまでの Chromebook の中で、最も安価なものである。どちらのモデルも、すばらしいバッテリ・ライフが自慢である。Hisense は最大で 8時間30分であり、Haier 11 Chromebook は最大10時間となっている。
 
Hisense-ChromebookThe $149 Hisense Chromebook will get up to 8.5 hours of battery life.
Image: Google
 
All of the newest Chromebooks will ship with the latest version of Chrome OS, which comes with a host improvements, including better offline capabilities and the new Smart Lock features, which allows Android users to unlock Chromebooks with smartphones.
 
一連の、最新 Chromebook は、最新バージョンの Chrome OS と共に出荷される。つまり、改善されたオフライン機能や、Android スマホにより Chromebook をアンロックする、Smart Lock 機能などに対応している。
 
Chromebook owners can also expect to see many more Android apps running on their devices. The feature, which was first previewed last year during Google’s I/O developer conference, has been available to a limited number of developers, though Google is set to open up the program to more developers soon.
 
Chromebook オーナーたちは、数多くの Android アプリが、それらのデバイス上で走りだすことを期待してよい。昨年の Google I/O Developer Conference で、それらはプレビューされている。現時点では、限られたデベロッパーにだけ、そのための開発環境が提供されているが、これからは、より多くのデベロッパーに開放するよう、Google は準備を進めている。
 
These devices will join a handful of others for a total of about 10 new Chromebooks that will launch by the end of the year, including some higher-end models from Intel, which will have huge 15.5-inch displays powered by the same Broadwell chip as the the flagship Pixel 2.
 
これらのデバイスは、今年末までに発売される、約10 種類の新しい Chromebook の一員となる。そこには、フラッグシップ・モデルである Pixel 2 と同様に、Broadwell チップを搭載し、巨大な 15.5-inch ディスプレイを搭載する、Intel からのハイエンド・モデル群も含まれる。
 
ーーーーー
Post-PCいいですね、Chromebit は! これと、折りたたみ式の BT キーボードでも持っていれば、出張先のホテルなどでの作業が、ぐっと捗るようになるでしょう。そして、Chromebook Flip も魅力的です。 なんといっても、低価格であることが、これらの Asus 製品のステキなところです。 いま、Agile_Cat は、HP の Chromebook 11 に慣れようとしているところですが、可能なものをクラウドに移すという作業と発想の転換が前提になります。 それは、だいぶ進みましたが、HP の安っぽいトラック・パッドだけは我慢できません。 その辺りも、今年の Chromebook には期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?

Posted in .Chronicle, Google by agilecat.cloud on March 10, 2015
Google Launches Car Insurance Comparison Tool
David Curry – Mar 06, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/40962/20150306/google-launches-car-insurance-comparison-tool.htm
 
_China Topix
 
Google has announced a new comparison tool for people looking for car insurance. Named Google Compare, it looks to offer insurance quotes from 14 partners, with more coming on board in the next few months.
 
Google が発表した比較ツールだが、自分にあった自動車損保を探している人々にとって、有用なものになるはずだ。 この、Google Compare という名前のツールは、14社のパートナーからの保険見積を提供するが、これからの数ヶ月の間に、さらに多くのパートナーが加わる予定だ。
 
google-comparePhoto : Google Google Compare has been launched, allowing users to check car insurance quotes.
 
It’s similar to most comparison sites. Users input a wide variety of information, in this case information on the car, accidents, employment and age, and get quotes from the main providers.
 
その操作は、ほとんどの比較サイトと同様だ。 ユーザーたちは、事故/職業/年齢といった自走車損保に関する多様な情報を入力し、メインとなる保険会社から見積を得ていく。
 
Google believes this comparison tool could save customers thousands of dollars in insurance bills, especially if a user doesn’t know about deals from local or national providers.
 
Google は、この比較ツールにより、保険に費やされる対価を、数多くの人々が節約できると確信している。とりわけ、対象となるユーザーが、Local/National 保険会社の、特約情報を知らない場合に、その傾向は強くなる。
 
Mercury Insurance, MetLife, The General Insurance, 21st Century Insurance, Infinity Auto Insurance, Kemper Specialty, Titan Insurance, Stillwater Insurance and CSE Insurance Group are the nine major national auto insurance partners.
 
google-compare-insurancePhoto : Google
 
アメリカのマーケットにおいて、Mercury Insurance/MetLife/The General Insurance/21st Century Insurance/Infinity Auto Insurance/Kemper Specialty/Titan Insurance/Stillwater Insurance/CSE Insurance Group は、National 自動車損保の九大手であ。
 
Google said you can highlight what makes your business unique, whether that’s an “A” rating in customer service or better discounts for safe drivers. And when users adjust their deductible or add additional cars to their quote, you can show updated pricing that matches their needs. They can then buy their policy online or over the phone through one of your agents.
 
Google が言うには、あなたが入力すべき事柄を強調し、安全なドライバーに対して与えられる、お得な顧客サービスや低減された料率を得るための、評価「A」の取得を支援していくようだ。そして、ユーザーが控除額を調整し、別の自動車を追加した後に、自身のニーズにマッチした価格へとアップデートされるという。続いて、オンラインまたは電話により、対象となる保険代理店から、自身の保険を購入できるようになる。
 
Google Compare will only be available in California to start, but should come to other U.S. states within the next few months.
 
Google Compare の立ち上げ時は、California だけに範囲が限定されるが、これからの数ヶ月のうちに、他の州も加えられていくという。
 
ーーーーー
google-55a保険に加入する際には、込み入った契約条項を読む必要がありますが、それを、こんなかたちで簡略化してくれるなら、顧客にとって有り難いものになるはずです。 そして、Google が自動車損保の整理に取り組む背景には、自動操縦車の安全性と経済性を、この切り口からも証明したいという意図があるようにも思えてきます。 日本でも、このような試みが始まると良いですね。 膨大な広告予算を 新聞/TV に垂れ流す以外にも、保険会社と顧客の双方が、いまよりもハッピーになる方式が、必ずあるはずです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資?
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷をチャートで!
 

Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 4, 2015
Google confirms plans to become a mobile (virtual) network
Paul Sawers – March 2, 2015
http://venturebeat.com/2015/03/02/google-confirms-plans-to-become-a-virtual-mobile-network-in-the-coming-months/
 
_ VB
 
BARCELONA, Spain — Sundar Pichai, senior VP at Google and the man who heads up Android, Chrome, and Google Apps, has confirmed the long-standing rumors that it was planning to enter the mobile virtual network operator (MVNO) space in the U.S.
 
Google の Senior President であり、また、Android/Chrome/Google Apps を率いてきた Sundar Pichai が、US における MVNO (Mobile Virtual Network Operator) に参入するという、長年に渡って囁かれ続けてきたウワサを肯定した。
 
Taking to the stage at Mobile World Congress (MWC) in Barcelona, Pichai discussed many facets of Google and Android, but the one stand-out revelation was that the Internet giant is working with “carrier partners” and plans to announce something later this year.
 
Barcelona で開催されている Mobile World Congress(MWC)で、Pichai が時間を費やして説明したのは、Google 自身のことであり、また、Android のことであった。しかし、このインターネットの巨人は、キャリア・パートナーと協力している最中であり、今年の後半に何かを発表するという、ちょっと驚きのプランを披露した。
 
google-76522_640He didn’t reveal much about its plans to be a MVNO, which is when a company piggybacks off existing carriers to offer its own network service, and Pichai attempted to play things down by admitting it didn’t plan to do anything at scale. In other words, it seems like it plans to launch what will be a pilot project at first and see how things go, and it will likely involve the integration of wireless and cellular services.
 
彼は、そのプランが MVNO であるとは明言していない。それは、既存のキャリアに対して、同社のネットワーク・サービスへのオフ・ロードを提案するものであるが、何らかのスケールを持つプランではないと認めることで、その件を軽く取り扱おうとしていた。言い換えるなら、最初に実施すべきパイロット・プロジェクトのようなプランであり、また、物事が収束していく先を確認するものである。そして、おそらく、ワイヤレスとセルラーのサービスを、統合していくものになる。
 
Google has already been involved in a number of projects involving the “network” side that enables its various technologies and services, including Google Fiber, which is still slowly rolling out in the U.S., as well as Project Loon — its initiative aimed at bringing high-speed Internet access to remote areas of the world via hot air balloons.
 
すでに Google は、そのテクノロジーやサービスを、ネットワーク側で活用していこうという、数多くのプロジェクトに携わっている。 そこには、US で依然としてユックリ展開されている、Google Fiber が含まれる。さらには、熱気球を利用することで、世界の遠隔地に高速インターネット・アクセスを、率先して提供していこうという、Project Loon もある。
 
Amazon too is rumored to be entering the mobile network space, as more services shift to the mobile realm, and it does make sense for the big tech titans of the world to make moves into this sphere. But the intentions aren’t to make money from being a mobile network in the same way as a traditional carrier would; it’s more about improving “uptime” and ensuring users aren’t prevented from doing what they need to do on their phones.
 
そして Amazon も、数多くのサービスがモバイル分野へシフトするにつれて、モバイル・ネットワークの領域に参入するとウワサされている。 こうしたテック・ジャイアントたちが、ネットワーク・ビジネスの階層へと移行していくのは、それなりの意味をもつだろう。しかし、その意図はというと、従来からのキャリアと同じ方法で、モバイル・ネットワークから収益をあげようというものではない。つまり、アップタイムを改善し、ユーザーがスマホで処理することが、円滑に進むようにしたいのだ。
 
Rather than looking to ink a deal with a single carrier, it’s believed that plans are afoot to get multiple networks on board, thus letting Google identify the best network at any given time based on a user’s location and desired service — SMS, voice or data.
 
Google に関しては、単一のキャリアと契約を交わすというのではなく、複数のネットワークを得るためのプランが進行中だと思われる。 つまり、ユーザーのロケーションや、必要とするサービス (SMS/Voice/Data) に基づき、その時点でベストなネットワークを識別するようなものになるだろう。
 
So Google likely isn’t launching an MVNO as we’ve come to understand it, and it may not even be something that you’re able to sign up to as a standalone service. Whatever its plans are, all will be revealed “in the coming months,” according to Pichai. Google I/O at the end of May would be as good a time as any for the big reveal, though that is purely guesswork.
 
したがって Google が、普通の MVNO を立ち上げることはないだろうし、私たちも、それを理解するようになってきた。さらに言えば、何らかのスタンドアロン・サービスとして、ユーザーがサインアップするものでもない。 Pichai の話によると、いずれにせよ、そのプランは、数ヶ月のうちに明らかになるようだ。5月末に開催される Google I/O が、大きな発表に適したタイミングとなるが、それも単なる推量にすぎない。
 
ーーーーー
google-55aそうでなくては! ・・・と思わせてくれる、なかなかステキな発表だったようですね。 垂直方向へとカベをブチ抜いていく、こうした Google の発想は、さまざまな軋轢をもたらすでしょうが、それがなければ世界は変わっていきません。 話はアジアへと飛んでしまいますが、モバイル・ネットワークが進化の途上にある国々で、いま流行っているのは Dual SIM スマホなのです。 そして、ユーザーたちは、たとえば通話とデータにおいて、最も安価なキャリアを選ぶことで、それぞれの通信費を節約しているのです。 Google の考える新たな MVNO (?) が、どのような国でビジネスとして展開されるのか、その辺りは分かりませんが、4つも 5つものキャリアを、Single SIM で使い分けることができるなら、これほどユーザーにとって嬉しいことはありませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷をチャートで!
 
 

激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 28, 2015
Smartphone Duopoly Pushes Competition to the Fringes
Felix Richter – February 26th, 2015
http://www.statista.com/chart/3268/smartphone-os-market-share/
 
 Statista.png
 
Five years ago, the smartphone market was quite fragmented. BlackBerry was still going strong, Symbian was present on millions of Nokia phones and Samsung was still experimenting with its own operating system, Bada.
 
5年前のスマートフォン市場は、それぞれのプラットフォームにより切り分けられていた。 そのころの Blackberry は強さを維持し、Nokia のデバイスでは大量の Symbian が走り、Samsung は Bada という独自 OS を実験していた。
 
Smartphone_OS 2010-2014This chart breaks down global smartphone shipments by operating system.
 
このチャートは、グローバルにおけるスマホ OS 出荷台数を示している。
 
Nowadays, there are basically just two relevant smartphone platforms left. Devices running Android and iOS accounted for more than 96% of global smartphone shipments in 2014, according to data published by IDC. The only other platform with so much as a hint of relevance left is Windows Phone, although Microsoft surely had other numbers in mind when it debuted Windows Phone 7 in 2010.
 
しかし、いまでは、大まかなところで、2つのスマートフォン・プラットフォームだけが存在感を発揮する状況となっている。IDC が発表したデータによると、2014年のグローバル市場では、出荷されたスマートフォンの 96% 以上が、Android と iOS により占められている。その他のプラットフォームとしては、少ないながらも Windows Phone がシェアを確保しているが、2010年に Windows Phone 7 がデビューしたときの Microsoft は、いま以上の存在感を有していたのだ。
 
ーーーーー
mobile_552010年の 3億台から、2014年の 13億台へと、大きく成長したスマホ・マーケットの状況が、とても把握しやすいかたちでチャート化されていますね。 その内訳の変化も興味深いですが、2014年の iOS が 約2億台ですから、それを 1.5倍しただけで、2010年の全体に達してしまうというのも驚きです。 Agile_Cat の 2010年はというと、Symbian を使っていましたが(いわゆるノキチ)、もう無理だという思いから、試しに Android を触り始めたころだったと記憶しています。 すべてが、あっという間に変わってしまった、という感じです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 
%d bloggers like this: