Agile Cat — in the cloud

Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

Posted in .Selected, Google, IoT by agilecat.cloud on May 24, 2015
Google Developing ‘Brillo’ Software for Internet of Things
Amir Efrati and Steve Nellis – May 21, 2015
https://www.theinformation.com/Google-Developing-Brillo-Software-for-Internet-of-Things
 
_ The Information
 
Google wants its software to power any electronic device that connects to the Internet, whether or not it has a digital screen.
 
Google が供給していくソフトウェアは、対象となる電子デバイスがスクリーンを持っていようがいまいが、そのすべてをインターネットに接続することを想定している。
 
Tony Fadell, CEO
Google’s Nest Labs
 
To that end, Google is working on technology that could run on low-powered devices, possibly with as few as 64 or 32 megabytes of random-access memory, according to people who have been briefed about the project.
 
それを実現するために、Google は低電力デバイス上に展開するテクノロジーに取り組んでいる。 そのプロジェクトに関する説明を聞いたという人物によると、64MB もしくは 32 MB という、きわめて小容量のランダム·アクセス·メモリで走るソフトウェアになるようだ。
 
Google is likely to release the software under the Android brand, as the group developing the software is linked to the company’s Android unit. The lower memory requirements for devices running the new software would mark a sharp drop from the latest versions of Android, which are primarily aimed at mobile phones with at least 512 megabytes of memory.
 
Google は Android ブランドの下で、そのソフトウェアをリリースする可能性があり、その開発グループは Android 部門と連携することになるかもしれない。 この新しいソフトウェアを実行するデバイスは、少なくとも 512 MB のスマホを前提とする、Android の最新バージョンに対して、さらに小容量のメモリ要件を指し示すものとなる。
 
The technology could make it easier for other companies to build everything from “smart” fridges and light bulbs to garden monitors.
 
なお、このテクノロジーは、Google 以外の企業にもオープンなものとなり、スマート冷蔵庫から庭を照らすライトにいたるまでの、すべてを構築するために利用できるという。
 
ーーーーー
google-55aいろいろなテクノロジーを開発している Google ですから、その中には IoT 的なものも含まれているはずですが、ここまでストレートであり、しかも汎用性のあるテクノロジーというと、これまでとは一線を画したものになるでしょう。 もちろん。正式なアナウンスではありませんが、今週に開催される Google I/O 2015 に先行して、ちょっとリークしたという可能性もありますね。 昨年の 2月に、「Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?」という抄訳をポストしていますが、その時から、Google の IoT に対する取り組みを期待していました。 Google I/O で、なにか発表されるとイイですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon レポート:10億個以上の B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
 

Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測

Posted in .Selected, Education, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on May 23, 2015
Chromebook sales to soar in 2015 as tablets take a tumble
Dominic Sacco – May 21, 2015
http://www.pcr-online.biz/news/read/chromebook-sales-to-soar-in-2015-as-tablets-take-a-tumble/036207
 
_ PCR
 
Worldwide Chromebook sales to end users will reach 7.3 million units in 2015, a 27 per cent increase from 2014, according to Gartner. Education is the primary market for Chromebooks and represented 72 per cent of the global Chromebook market in 2014.
 
ワールドワイドにおける Chromebook のエンド・ユーザー販売数だが、2015年は 730万台に達し、2014年に対して 27% の成長になると、Gartner は述べている。そして、Chromebook の主要マーケットは教育分野であり、グローバル Chromebook 2014 市場の 72% を占めている。
 
Acer ChromebookThe news comes as the tablet market takes a hit, with tablet and 2-in-1 shipments in Central and Eastern Europe declining 20 per cent year-on-year during the first quarter of 2015, according to data from IDC. At PCR Boot Camp last week, GfK also revealed that UK tablet sales were down 28 per cent in volume and 38 per cent in value during Q1 2015.
 
このニュースは、タブレット市場への打撃も伴うものである。 IDC のデータによると、2015年 Q1 の Central and Eastern Europe 市場では、Tablet/2-in-1 の出荷台数が、前年比で 20% も低下しているのだ。 また、先週の PCR Boot Camp においても、2015年 Q1 の UK タブレット市場が、台数ベースで 28% ダウン、売上ベースで 38% ダウンの状況であることを、GfK が明らかにしている。
 
In terms of the top-selling Chromebook vendors, after Samsung’s decision to exit the European Chromebook market and focus on tablets, Acer took the lead to become the number one worldwide Chromebook vendor in 2014. It sold more than two million units in 2014, with Samsung selling 1.7 million units and HP selling one million units.
 
Chromebook のベストセラー・ベンダーという観点から見ると、Samsung が Europian Chromebook 市場から離脱し、タブレットにフォーカスすると決定した後に、2014年の Chromebook トップ・ベンダーとして、Acer がリードを奪っている。2014年の Chromebook 市場において、Acer は 200万台以上、Samsung は 170万台、そして HP は 100万台を販売している。
 
From a regional perspective, 84 per cent of Chromebooks were sold in North America in 2014, with the US market the largest single market in 2014. EMEA, which represented 11 per cent of total sales of Chromebooks in 2014, is the secondary focus for vendors with Western Europe as the primary target.
 
2014年の実績を地域別に見ると、Chromebook の 84% が North America で販売され、US 市場が最大のマーケットとなった。そして、総売上高の 11% を占めた EMEA は、重要なターゲットである Western Europe と同様に、ベンダーたちにとって 2番目にフォーカスしていくマーケットになる。
 
In Asia/Pacific the Chromebook market represented less than three per cent in 2014, with demand coming from Australia, New Zealand and Japan.
 
Asia/Pacific における 2014年の Chromebook 市場は、全体の 3% に過ぎず、その需要は Australia/New Zealand/Japan からのものであった。
 
“Since the first model launched in mid-2011, Google’s Chromebook has seen success mainly in the education segment across all regions,” said Isabelle Durand, principal analyst at Gartner.
 
「2011年の半ばに立ち上がった Google の Chromebook は、その最初のモデルから、すべての地域における教育セグメントで成功を収めている」と、Gartner の Principal Analyst である Isabelle Durand は述べている。
 
“The majority of Chromebook users are tech-savvy individuals who purchase one as a companion device to their primary notebook or desktop PC. Others are buying a Chromebook for the household to use as a second low-cost PC alternative.
 
「Chromebook ユーザーの大半は、テクノロジーに精通した個人であり、メインである Note PC や Desktop PC と組み合わせて、それらを活用している。また、家庭用の セカンド PC あるいは、低コスト PC の代替として、Chromebook を購入する人もいる」
 
“The major factors that affect the adoption of Chromebooks by consumers remain the connectivity issue in emerging markets, but also the ability for users to understand and get used to cloud-based applications, and keep content in the cloud and ecosystem.”
 
「 途上国マーケットでの Chromebook の採用に、影響をおよぼす主な要因としては、ネットワーク環境の問題が残されている。 それだけではなく、クラウド・ベース・アプリケーションを利用し、クラウド/エコシステムにコンテンツを保持することに、ユーザーが理解を示し、精通しなくてはならない」
 
Gartner added that Google has to improve brand awareness with Chromebooks, however, especially outside the US market, “where consumers who may be familiar with apps such as Google Docs do not know what a Chromebook is and what value it may bring”.
 
そして Gartner は、Google は Chromebook ブランドの認知度を向上させるべきだと述べている。しかし、特に US 市場以外では、「 Google Docs などのアプリケーションに、精通していると思われるユーザーであっても、Chromebook が何であるかを知らず、それがもたらす可能性を理解していない」と、指摘している。
 
In the business segment, Gartner says that sales of Chromebooks remain low, despite interest from SMBs and vertical industries. Google is increasingly targeting the business segment with its Chromebook for Work suite of office applications.
 
ビジネス・ユースのセグメントに関して、Chromebook は SMB や 垂直マーケットで関心を集めているが浸透していないと、Gartner は述べている。 そして Google は、オフィス・アプリケーションである Chromebook for Work Suite により、ビジネス・セグメントを開拓しようとしている。
 
Chromebooks ChartSource: Gartner May 2015
 
“Chromebook is a device that can be considered by SMBs or new startup companies that do not have the resources to invest too much in IT infrastructure,” said Durand. “Chromebooks will become a valid device choice for employees as enterprises seek to provide simple, secure, low-cost and easy-to-manage access to new web applications and legacy systems, unless a specific application forces a Windows decision.”
 
「 Chromebook は、ITインフラスに多くを投資することが不可能な、SMB や スタートアップにとって、導入を検討しやすいデバイスである。エンタープライズが、シンプルな運用/簡潔性/安全性/低コスト/容易なアクセス管理を重視するにつれて、Chromebook は従業員に使わせるデバイスとして、有効な選択肢となっていく。それは、新しい Web アプリに対応することが可能であり、Windows を必須とするアプリでなければ、レガシーなシステムにも対応できる 」と、Gartner の Durand は述べている。
 
Chromebooks are mobile computing devices from a range of manufacturers that run Google’s Chrome OS, designed mainly to access cloud services, cloud storage and web-based applications.
 
Chromebook とは、いくつかのメーカーから提供される、モバイル・コンピューティング・デバイスのことである。そして、クラウド・サービス/クラウド・ストレージ/Web ベース・アプリなどにアクセスするために設計された、Google の Chrome OS を走らせるものである。
 
ーーーーー
Post-PC手元には何も置かないという、Chrome OS の基本コンセプトは、いまの時代に合っていると思います。 と言いながら、このポストは Mac mini で書いているのですが、その理由は Chrome OS 自体の完成度にあるのでしょう。 大まかな方向性としてはベストなのですが、対応しているアプリも含めて、まだまだ洗練が必要という感じがします。 じゃぁ、なんでベストと言い切れるのかと自問してみると、Mac でも Windows でも、オフラインでは仕事にならないという現実が浮かび上がってきます。 そして、データはクラウドに置いておく方が、安全で便利だというふうに、自分の捉え方も変化しています。 もちろん、ドキュメントが主体という、Agile_Cat の仕事を前提にしての話ですが、クラウド・サービスが多様化するにつれて、あらゆるものがクラウドへと移行していくはずです。 そんなこんなで、Chrome OS がと言うより、Chrome OS 的な発想が、今後の主流になっていくと思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる、新たな契約に両者がサインした!

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Social, Twitter by agilecat.cloud on May 20, 2015
Twitter-Google deal puts tweets in search results
By AFP | May 20, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/twitter-google-deal-puts-tweets-in-search-results/articleshow/47350809.cms
 
 _ Economic Times
 
SAN FRANCISCO: Google and Twitter have announced a partnership to display tweets in search results, renewing a tie-up that ended in 2011. The move will allow Google to get more real-time results in its search queries, and help Twitter boost engagement after a period of sluggish user growth which has weighed on its stock price.
 
SAN FRANCISCO: GoogleTwitter が、2011年に終了したパートナーシップを改定し、ツイートを検索結果に表示するという提携を発表した。この、新たな提携により、Google の検索クエリには、よりリアル・タイムな結果が表示される。 そして、ユーザー数の伸びに悩む Twitter にとっては、それを改善する支援策になるはずであり、発表後の同社の株価も上昇している。
 
Twitter-Googleflickr
Aidan Jones
 
“We’re excited to team up with Google to bring Twitter’s unique, real-time content to Google’s search results,” said Twitter vice president Jana Messerschmidt, yesterday. The deal will start with search results within the Google app and mobile Web, with a desktop version coming, said Messerschmidt, adding that the feature is due to reach more countries “in the coming months.”
 
Twitter の VP である Jana Messerschmidt は、「 Google の検索結果に対して、Twitter 独自のリアルタイム・コンテントを提供するという、同社との提携を喜んでいる」と、昨日にコメントを提供している。今回の契約により、まずは Google アプリおよび モバイル Web の検索結果に、そして今後はデスクトップ・バージョンにも、ツイートが反映されることになる。 そして、この機能は、これからの数ヶ月の間に、より多くの国々に提供されていくと、彼女は付け加えている。
 
“For example, if you’re interested in hearing more from Taylor Swift, a quick search on Google will pull up her most recent tweets,” she said in a blog post. “Or, if you’re a TV buff, a search for #Madmen will bring up the most relevant news and Tweets about Sunday’s series finale.”
 
Taylor Swift のファンならば、Google のクイック検索から、彼女の最新ツイートやブログ・ポストが探せる。そして、TV 録画をしているなら、#Madmen ダグの検索により、それに関連するニュースや、Sunday’s Series Finale を取り出せるだろう」と、彼女は述べている。
 
The two firms had a similar arrangement dating back to 2009, but tweets disappeared from Google search results in 2011.
 
この両社は、2009年にも同様の提携を行なっていたが、2011年の時点で Google 検索結果からツイートは姿を消していた。
 
“It’s a great way to get real-time info when something is happening,” Google product manager Ardan Arac said in a separate post. “And it’s another way for organisations and people on Twitter to reach a global audience at the most relevant moments.”
 
「 何が起こっているのかを、リアルタイムな情報として取得するには、この方式が最善である。そして、Twitter を利用する組織や人々が最短の時間で、世界のオーディエンスに立直するための、もう1つの方法になる」と、Google の Product Manager である Ardan Arac は発言している。
 
Microsoft’s Bing search engine has a similar function of integrating Twitter messages.
 
すでに Microsoft の Bing も、Twitter メッセージを統合するために、同じような方式を提供している。
 
Danny Sullivan of the tech blog Search Engine Land said the deal calling for a graphical display of tweets may give Twitter more traffic, if not revenue. “It’s important to note that this is NOT tweets coming into Google for the first time, or the first time since the last formal deal ended,” he said in a blog post. “Tweets have continued to be in Google since that last deal. The new deal just allows for more of (that) and with deeper integration.”
 
ハイテク・ブログ Search Engine Land の Danny Sullivan は、この契約により、リアルタイムなツイートが表示され、また Twitter へ向けたトラフィックを増大させる。しかし、ツイートが Google 検索に反映されるというのは、初めてのことではなく、以前の契約が終了しているという点にも注目すべきだ。 前回の提携におけるツイートが、いまでも Googl 検索結果に残っているが、この新しい契約では、より踏み込んだ統合が可能になるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
twitter-55aこれは、両者にとって素晴らしい展開だと思います。 いまは、Facebook の一人勝ち状態であり、Google はまだしも、今後の Twitter が心配という状況でした。 この提携により、Twitter へのトラフックが増えて、ユーザー数も増えて、さらには売上も増えるという展開になって欲しいです。 Google 側から見れば、Bing が対応しているという状況もあるのだと思えます。 いずれにせよ、寡占化はマーケットを不活性なものにしますので、上手くいって欲しいと願います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしている?
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
 

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Twitter, Yahoo by agilecat.cloud on April 28, 2015
Google’s online advertising dominance explained in one chart
Eugene Kim – Apr. 15, 2015
http://www.businessinsider.com/wpp-advertising-spend-google-is-5x-ahead-of-nearest-competitor-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google controls roughly three-quarters of web search queries in the US and close to 90% worldwide. That kind of dominance, along with the effectiveness of search ads, makes Google an attractive partner for ad companies.
 
Google の Web サーチ・クエリーは、US の 75% を、そしてグローバルの 90% 近くをコントロールしている。この、ある種の支配は、検索広告における有効性を伴うものである。 それにより Google は、広告会社にとって、きわめて魅力的なパートナーとなる。
 
google-ad-wpp
BI Intelligence
 
As seen in the chart below, put together by BI Intelligence, WPP, the world’s largest advertising company, spent $2.9 billion, or roughly 3.9% of its total $75 billion online media bookings, on Google ads.
 
BI Intelligence がまとめたチャートによると、世界最大の広告代理店である WPP は、そのオンライン・メディア総予算である $75 billion の3.9% を、つまり $2.9 billion を、Google に注ぎ込んでいることになる。
 
Put another way, Google attracted more ad money from WPP than the next four digital properties combined. In fact, WPP spent about $2.5 billion on Fox and News Corp combined last year, while most major traditional companies received $1 billion at most from WPP.
 
別の言い方をすれば、Google が WPP からかき集めた広告掲載料は、後に続く 4つのデジタル・カンパニーの合計よりも大きいのだ。また、昨年に Fox と News Corp は、その合計として WPP から $2.5 billion を得ているが、その他の伝統的なメディアは、多くても $1 billion を得ているに過ぎない。
 
ーーーーー
AdWikipedia で WPP (Wire Plastic Products) を調べると、「税務上の理由から、登記上はアイルランドダブリンに本社を置いている。オムニコムとならぶ世界最大の広告代理店(2009-2011年現在)、107カ国に進出。グループ全体で2,400のオフィス、146,000人の従業員を擁する」と紹介されています。この規模であれば、文中にあるように、$75 billion という広告枠を埋めていけるのでしょう。 そして、Google の強さは、相変わらず、圧倒的なのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と4つの秘密とは?
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
 

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのような属性のユーザーが、ビデオをアップしているのだろう?

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 10, 2015
Here’s the one big advantage YouTube has over Facebook’s new video platform
Dave Smith − Mar. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/why-youtube-isnt-as-vulnerable-as-it-seems-2015-3
 
_ Business Insider
 
Google should worry a little more about Facebook, especially now since the company introduced its own media player that can be shared and embedded on different websites, just like YouTube. But, YouTube has one key advantage over Facebook and other user-generated video sites like Vine: A healthy balance of creators.
 
Facebook が新しいメディア・プレーヤーを提供し、そこにアップロードされたビデオが、他の Web サイトにエンベッドできるようになった。 つまり、YouTube と同じような、ビデオの共有がサポートされたわけであり、Google も気にかけているはずだ。しかし、YouTube は、Facebook や Vine などに対して、大きなアドバンテージを有している。 つまり、ビデオの共有サイトとして、それらを作成するクリエーターのバランスが良いのだ。
 
video-creators
BI Intelligence
 
Based on recent data from Tubular charted for us by BI Intelligence, Facebook in January had a greater percentage of popular user-generated videos compared to YouTube, but YouTube has a pretty even distribution between amateurs, influencers, brands and media companies, so the company isn’t too reliant on any one particular group of uploaders. Compare that to Twitter’s Vine platform for 6-second videos, where the most influential users are in near-complete control of the platform’s popularity.
 
Tubular Labs のデータをベースにした BI Intelligence によると、この1月にユーザーが作成したビデオの本数に関しては、Facebook が YouTube を上回っている。しかし、YouTube は、Amateurs/Influencers/Brands/Media Companies で構成されるクリエーターのバランスが、きれいに分散している。つまり YouTube は、アップロードされるビデオに関して、特定のグループに依存していないことになる。たとえば、Twitter Vine 6秒ビデオに関しては、このプラットフォームの大半が、Influencers に支配されているという状況が見えてくる。
 
ーーーーー
research_55ビデオ・サイトの分析にも、いろいろな切り口があるようですね。先週に、「ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ」という抄訳をポストしましたが、そこでは旗色のよくなかった YouTube が、このチャートでは、素晴らしいバランスを見せています。 YoutTube がビデオをコアにしたサービスを提供する一方で、Facebook や Vine はソーシャルの中での、ビデオの取り扱いにフォーカスしているはずです。 このような違いが出る背景として、それが有ると思います。 これから先のビデオ・ストリーミングには、いま以上の期待が寄せられていくはずです。 そう考えると、とても興味深いデータですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータを、1枚のチャートで!

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 3, 2015
Here’s one big reason Google needs to worry about Facebook
Dave Smith – Mar. 25, 2015
http://www.businessinsider.com/one-big-reason-google-needs-to-worry-about-facebook-2015-3
 
_ Business Insider
 
Despite the massive library of content on Google’s YouTube service, Facebook was able to claim more videos with more than 1 million views in the last 30 days, according to data from Tubular Labs charted for us by BI Intelligence. This is a pretty impressive feat considering YouTube’s search functionality is far ahead of Facebook’s, and YouTube also offers fewer restrictions and more opportunities to make money through ads.
 
Tubular Labs のデータから作成された BI Intelligence のチャートを見ると、大規模なコンテント・ライブラリが、Google の YouTube サービス上にあるにもかかわらず、これまでの 30日間において、100万以上のビューを持つビデオの本数に関しては、Facebook の方が優っているようだ。 YouTube が Facebook に対して、サーチ機能で圧倒し、また、制約も緩く、広告によるマネタイズの機会も提供していることを考えると、この状況は驚くべきことである。
 
chart-video-upload
BI Intelligence
 
Yet, Facebook is becoming a more attractive place for people to upload their videos. Between auto-play and the lack of pre-roll ads, Facebook videos are getting lots of engagement: New data suggests more videos have been uploaded directly to Facebook than shared on the site via YouTube, which is pretty impressive, and the company on Wednesday announced a new video player that should improve engagement by letting any website embed its new video player, just like YouTube’s.
 
ところが、人々が自分のビデオをアップロードするという観点では、Facebook の方が魅力的になってきている。つまり、オート・プレイを実現し、再生時の広告を排除することで、Facebook のビデオは支持を得ているのだ。この新しいデータが示唆するのは、YouTube を介して共有されるビデオよりも、Facebook にダイレクトにアップロードされるビデオの方が多いという、大いに注目すべき状況なのである。そして、水曜日 (3/25) に Facebook がアナウンスした新しいビデオ・プレイヤーは、まさに YouTube がやっているように、アップロードされたビデオを、他の Web サイトに貼り付けられるというものであり、さらに支持を集めるはずだ。
 
ーーーーー
research_55たしかに、Facebook のタイムラインで、自動的に再生されるビデオを見てしまうことが多いですね。 なんというか、勝手に動いているものなのに、それに注目してしまうというのは、すべての動物に共通する習性であり、ヒトもネコもイヌも、みな同じという感じがします。 ひとことで言うと、YouTube の独壇場であったビデオ共有というサービスに、Facebook が強力なライバルとして登場してきたわけなのでしょう。 しかし、このチャートを見ると、Vine も頑張っていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!
%d bloggers like this: