Agile Cat — in the cloud

Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on January 30, 2015
One in five people now on Facebook: 1.39b monthly users
http://wp.me/pwo1E-8fH
Published: January 29, 2015
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/one-in-five-people-now-on-facebook-1.39b-monthly-users
 
_ Malay Mail Online
 
LOS ANGELES, Jan 29 — Facebook, as well as announcing rising profits in its latest earnings call, revealed that it’s still attracting new users and that membership has jumped another 13 per cent year on year to a remarkable 1.39 billion monthly users.
 
Facebook の収支報告だが、その増益に加えて、新規ユーザー数の伸びについても明らかにしている。その MAU(Monthly Active Users)は 13.9億人に届き、前年比で 13% の成長を達成している。
 
According to the calculations of the United Nations and the United States Census Bureau, there are seven billion people on the planet. That means that 20 per cent of the people on Earth are active Facebook users.
 
United Nations および United States Census Bureau の計算によると、この地球上には 70億の人々が生活している。つまり、それらの人々の 20% が、Facebook の MAU であることを意味している。
 
FacebookHalf of the world’s population has Internet access and almost half of that number also have a Facebook page.
 
However, not everyone in the world has Internet access. The most recent data puts the number of people around the globe with a web connection at just over three billion, meaning that in reality, if a person has web access, there’s also a 50/50 chance that they also have a Facebook page.
 
しかし、この世界では、誰もがインターネットにアクセスできるわけではない。最新のデータによると、世界の人々の中で Web にアクセスできるのは、実際のところ 30億人に過ぎないという。したがって、Web を使用する人々が、自身の Facebook ページを持っている可能性は、50% に近いと推測できる。
 
But as well as highlighting that the social network is almost as popular as the Internet itself, Facebook’s latest figures also offer insight into how consumer behaviour is changing thanks to the continued proliferation of mobile devices.
 
この数字を見れば、このソーシャル・ネットワークが、インターネット自身と同じくらいの、人気を博していることが強調される。 ただし、Facebook の収支内容からは、モバイル・デバイスが継続的に増殖しているという、消費者行動の変化についても、興味深い洞察が提供される。
 
Of its 1.39 billion active monthly users, 1.19 billion are accessing the network via an app. And when it comes to active daily users, 745 million of the 890 million total are daily mobile users.
 
その、13.9 億人という MAU だが、その中の 11.9 億人が、アプリを介してネットワークにアクセスしている。 そして、DAU(Daily Active Uses)になると、8.9 億人中の 7.45 億人が、モバイル・ユーザーとなるのだ。
 
As for consumers who have rejected the desktop altogether, Facebook says that it has 526 million active monthly users who are mobile only — i.e., they never log in via the desktop — and that this figure has jumped from 456 million in the previous quarter.
 
デスクトップ環境を完全に手放してしまったユーザーは、つまりモバイルのみの MAU は、5.26 億人に至ると Facebook は述べている。 つまり、デスクトップを介してログインしなくなった MAU は、2014年 Q3 の 4.56 億人から、大きくジャンプアップしていることになる。
 
In fact, over the past 15 months (five business quarters) Facebook has seen the number of mobile-only users jump by roughly 50 million each quarter. Back in the fourth quarter of 2013, only 296 million users were mobile only. — AFP-Relaxnews
 
実際のところ、これまでの 15ヶ月(5つの四半期)において、Facebook のモバイル・オンリー・ユーザーは、それぞれの四半期ごとに 5000 万人ずつ増えてきている。つまり、2013年 Q4 の時点では、モバイル・オンリー・ユーザーの数は、わずか 2.96 億人に過ぎなかったのだ。 – AFP-Relaxnews
 
ーーーーー
facebookこの Facebook に限らず、それぞれの IT 大手から、2014年 Q4 の収支レポートが提供されています。 Apple は増収増益の記録を塗り替え、Google や Facebook は順調に成長という感じのようです。 ほんとうは、もう少し詳しく説明している記事を訳したかったのですが、いつもヒマヒマな Agile Cat も、さすがに月末は忙しく、ネコの手も借りたいという状況なのです。 そのため、この MAU の推移だけを説明するポストを選んでしまいましたが、また来週にでも、チャート入りの収支レポートなどをポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さ!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ
 

Facebook Lite というモバイル・アプリがデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 27, 2015
Facebook Has A New App For Emerging Markets Called ‘Facebook Lite’
http://wp.me/pwo1E-8f4
Steven Tweedie – Jan. 26, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-lite-aimed-at-low-end-android-users-in-emerging-markets-2015-1
 
_ Business Insider
 
Facebook has launched a new simplified version of its mobile app called Facebook Lite, and it’s targeted toward Android users in developing countries.
 
Facebook だが、途上国の Android ユーザーを対象とした Facebook Lite という、簡易版モバイル・アプリを発表した。
 
Designed for older and low-end models of Android phones, Facebook Lite maintains the core functionality of Facebook while only taking up 252 KB of space. The app is also designed to run on the slower 2G internet connections, which will help people in developing countries with aging internet infrastructures still connect to Facebook.
 
古くて性能の低い Android フォン用にデザインされた Facebook Lite は、必要とされるメモリ空間を 252KB だけに抑えながらも、Facebook における主要な機能に対応している。 さらに、このアプリは、旧来のインターネット・インフラである ”2G” を介して Facebook に接続せざるを得ない、発展途上国の人々をサポートするためにデザインされている。
 
facebook lite
Google Play
 
To minimize the digital footprint required for the app, Facebook has included its messaging service inside Facebook Lite, a feature that exists only as the standalone Messenger app for US smartphone users. Facebook has also allowed push notifications and camera integration, two features that will help the pared-down app feel more like the full experience.
 
このアプリが要求するメモリ空間を最小限に抑えるために、Facebook Lite はメッセージング·サービスを内部に取り込んでいる。 この機能は、西欧向けバージョンでは、独立したものとなっているが、その点が Lite では大きく異る。 また、Facebook は、このアプリのプッシュ・ノーティフィケーションとカメラの統合を実現することで、フル機能バージョンとの使用感の違いを、最小限に押しとどめている。
 
Facebook Lite is a smart move to make Facebook’s services easily accessible in developing markets like Africa and Southeast Asia, which have increasingly using Facebook.
 
Facebook Lite は、Africa や Southeast Asia などの途上国マーケットで、Facebook サービスに対するアクセスを容易にするという、なかなか優れた戦略である。したがって、Facebook の利用を促進するものになるだろう。
 
Facebook Lite is currently a limited rollout: It’s only available in Nepal, Nigeria, Bangladesh, South Africa, Sudan, Sri Lanka, Vietnam and Zimbabwe. The app’s already seen decent adoption numbers with over 10,000 downloads and an average 4.6 rating on Google Play, according to TechCrunch.
 
Facebook Lite は、現時点おいて、限られた国々でのみ提供されている。 具体的には、Nepal/Nigeria/Bangladesh/South Africa/Sudan/Sri Lanka/Vietnam/Zimbabwe であり、TechCrunch によると、すでに 1万人以上が Google Play からダウンロードし、その評価も 4.6 という平均値を得ているという。
 
If you’re in one of the countries where Facebook Lite is live, you can download it right here.
ーーーーー
facebookこのところ、Facebook における途上国マーケットへの取り組みを追いかけてきましたが、この Facebook Lite が、とりあえずの結論ということなのでしょうね。 もちろん、ビジネスの一環として構築されるアプリであり、ボランティアとか言うものでは有りませんが、物事を中期的・長期的に捉えて、それを実践していく姿勢に拍手を送りたいと思います。 それと、提供国のリストにインドがいませんが、Facebook Lite が不要なほど、インフラの整備が進んできているのでしょうか? デバイスに関しても、Micromax が素晴らしいプロダクトを提供し始めていますので、その他の途上国とは、ちょっと事情が異なるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!

Posted in Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 23, 2015
Why Facebook Forces A Bunch Of Its Engineers To Use Terrible, Low-End Phones
http://wp.me/pwo1E-8e2 
Jillian D’Onfro – Dec. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-low-end-phones-bad-network-conditions-2014-12
 
_ Business Insider
 
You might not expect to find many flip phones in the high-tech and free-food laden Facebook offices, but your expectations would be wrong.
 
ハイテクとフリー・ランチが自慢の Facebook オフィスで、数多くのフリップ・フォン(折りたたみ)を見かけるなんて想像もしないだろうが、それは間違った思い込みだ。
 
Facebook is creating a special lab filled with low-end Android smartphones,”crappy old flip phones,” and weak networking to help the company study the computing conditions in parts of the world like rural India that either have limited internet or none at all.
 
Facebook が立ち上げた特別なラボは、ローエンドの Android スマホと、安くて古いフリップ・フォン、そして、脆弱なネットワーキングで構成されているのだ。それにより、たとえばインドの農村のような、インターネットが供給されるにしても、きわめて制約が多いという世界における、コンピューティングの条件を調査することが可能になる。
 
Facebook with old Android
Not actually
Facebook employees
 
Developers have to try to use Facebook’s apps on super-old versions of Android so they can understand what it’s like for people in areas without good network connection.
 
ここでの開発者たちは、きわめて古いバージョンの Android で、Facebook アプリを使用しなければならない。したがって、条件の整ったネットワークに接続できない地域の人々のために、何をすれば良いのかを理解できるようになる。
 
“It’s easy to not have empathy for what the experience is for the majority of people in the world,” Facebook CEO Mark Zuckerberg told Time’s Lev Grossman of Facebook’s employees.
 
「 この世界の大多数の人々のために、どのようなエクスペリエンスを持つべきかと言っても、それに対して容易には共感してもらえない」と、Facebook の CEO である Mark Zuckerberg が、一人の従業員である Lev Grossman に語った。
 
So, the team manufactures empathy.
 
そして、このチームは、その共感を作り出すことになった。
 
“I force a lot of the guys to use low-end phones now,” Javier Olivan, Facebook’s head of growth, says. “You need to feel the pain.”
 
Facebook の Head of Growth である Javier Olivan は、「 私の役割は、より多くの従業員にローエンド・スマホを持たせることだ。 そうすれば、痛みを共有できる」と発言している。
 
And Facebook employees aren’t the only ones getting the terrible-phone treatment.
 
そして、いまでは、そんな旧式フォンの面倒を見るのが、Facebook の従業員だけではなくなってきている。
 
“We brought in some phones, like very low-end Android, and we invited guys from the Valley here—the eBay guys, the Apple guys,” Olivan says. “It’s like, ‘Hey, come and test your applications in these conditions! Nothing worked.”
 
Olivan は、「 私たちは、このラボに、きわめてローエンドの Android などの、いくつかのフォンを持ち込んでいる。 そして、eBay や Apple の、つまりシリコンバレーの仲間たちを招待している。ここに来れば、そこらじゃ有り得ない、特殊な条件でアプリをテストできるという感じで誘っている 」と述べている。
 
That pain is of one of the things motivating Zuckerberg’s work on Internet.org, an initiative which aims to bring internet access to everyone in the world. Facebook recently released apps in Zambia and Tanzania with content like Wikipedia, Google Search, and AccuWeather that local people can get and use for free.
 
ここで言う痛みとは、Zuckerberg が Internet.org を立ち上げた、動機の1つでもあるのだ。 この組織は、世界のすべての人にインターネット・アクセスを提供することを目標としている。 最近のことだが、Facebook は Zambia と Tanzania の人々に、Wikipedia/Google Search/AccuWeather などを使用できるアプリをリリースしている。 そして、それらの地域の人々は、それらを無償で利用できるのだ。
 
Read the rest of Time’s profile of Zuckerberg and Internet.org here.
ーーーーー
facebookタイトルには「アジア」キーワードを使ってしまいましたが、それ以外にも、南米やアフリカのマーケットもあります。 低品質のネットワーク環境で、Facebook を使う貧しい人々のことを考えると、Menlo Park のキャンパスで、こうした取り組みが進められていることが、とても嬉しく思えてきます。 そして、以前にポストした「Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!」や、「Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!」といった抄訳を読み返すと、心から拍手を送りたくなってしまうのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
2012年:ネイティブの Facebook App for Android が、最終テストの段階らしい!
2012年:Droid フードって Cat フードよりも 不味いの? Facebook さん・・・
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さを見せつける!

Posted in Facebook, Pinterest, Research, Social, Twitter by Agile Cat on January 10, 2015

Facebook Dwarfs Competition in Terms of Referral Traffic
http://wp.me/pwo1E-8b3
Felix Richter, October 30th, 2014
http://www.statista.com/chart/2893/social-media-referrals-in-september-2014/

_ Statista

Facebook’s significance as a traffic source for any website owner cannot be overstated. According to a new report by Shareaholic, who analysed the traffic of more than 200,000 websites around the globe between September 2013 and September 2014, the world’s largest social network now drives more than a fifth of the overall traffic – direct traffic, social referrals, organic search, paid search, etc. – to these websites.

あらゆる Web サイト・オーナーにとって、トラフィックを生み出す存在としての Facebook は、決して誇張されることのない重要性を備えている。グローバルにおける 20万以上の Web サイト・トラフィックを分析している、Shareaholic の最新レポートによると、2013年9月〜2014年9月において、この世界で最大のソーシャル・ネットワークは、それらの Web サイトへと向かうトラフィック全体(Direct Traffic/Social Referral/Organic Search/Paid Search など)の、1/5 以上を運んでいることになる。

But not only is Facebook by far the most important source of social media traffic, it is also the fastest-growing one. In September 2014, Facebook referrals accounted for 22.4% of traffic to the sampled websites. That’s an increase of more than 115% compared to September of last year, when Facebook drove 10.4% of traffic.

そして Facebook は、ソーシャル・メディア・トラフィックの生成において、突出した存在として君臨するだけではなく、最も速いスピードで成長しているのだ。2014年9月の時点で、Facebook のリフェラルは、サンプリングされた Web サイト・トラフィック全体の 22.4% を占めている。つまり、10.4% のトラフィックを運んだ昨年の 9月と比べて、115% も増加しているのだ。

Twitter’s role as a traffic source pales when compared to its larger rival Facebook. The share of traffic driven by Twitter referrals recently dropped to 0.9%, down from 1.2% in September 2013. The second largest source of social media traffic is Pinterest, which accounted for 5.5% of visits to the sampled websites in September.

巨大なライバルである Facebook と比較すると、トラフィック・ジェネレータとしての Twitter のポジションは見劣ってしまう。Twitter リフェラルによるトラフィック・シェアは、2013年9月の1.2%から、0.9% へと低下している。ソーシャル・メディア・トラフィックにおける二番手は Pinterest であり、9月の時点でサンプリングされた Web サイト参照の 5.5% を占めている。

This chart shows the percentage of traffic to a large sample of websites that comes social media websites.

このチャートは、Web サイトに関するソーシャル・メディアからの参照について、大規模なサンプリングを行なった際の、トラフィック比率を示している。

ーーーーー

Agile Cat としても、この数字には実感を覚えます。 日本には Twitter が強いという、ちょっと特殊な事情があります。 そのため、この Agile Cat というサイトを立ち上げた当初は、かなり Twitter に依存していたのですが、いまでは、すっかり Facebook が頼りとなっています。 とは言え、上記のチャートほどには差がなく、3 対 1 で Facebook が優勢という感じです。 Facebook ページが機能し始め、Share というアクションを人々が抵抗なく使うようになるにつれて、この Facebook の強さが顕著になってきたと思っています。 

ーーーーー

<関連>

ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
ソーシャルと滞在時間:この Engagement Index でも FB がダントツだ!
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威と?
2014 Agile Cat:ソーシャル関連の マトメ

Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Strategy by Agile Cat on January 6, 2015

Mark Zuckerberg Slams Tim Cook: You’re Not In Alignment With Your Customers
http://wp.me/pwo1E-8as
Caroline Moss – Dec. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-slams-tim-cook-2014-12

_ Business Insider

Mark Zuckerberg just slammed Tim Cook and Apple. In an interview with Time magazine, he said:

Mark Zuckerberg が、Tom Cook と Apple を酷評している。Time 誌のインタビューで、彼は、以下のように述べている

A frustration I have is that a lot of people increasingly seem to equate an advertising business model with somehow being out of alignment with your customers … I think it’s the most ridiculous concept. What, you think because you’re paying Apple that you’re somehow in alignment with them? If you were in alignment with them, then they’d make their products a lot cheaper!

私が不満に思うのは、広告のビジネス・モデルと、Apple の顧客が望むものがズレている、という発想が蔓延していることだ。それは、とんでもない考え方だと思う。 Apple に対して、ユーザーが対価を支払うのは、そこに何らかの整合性があるからだと捉えられないのか? もし、広告とユーザーの間に、なんらかの整合性が存在するなら、Apple のプロダクトは、もっと安価になるのだ!

Previously, Cook went after advertising-supported businesses like Google and Facebook, saying they were not in alignment with customers because for them the customers served as the product.

以前、Cook は、Google や Facebook などが展開している広告サポート・ビジネスを追いかけていたが、プロダクト・ビジネスの顧客と、広告ビジネスの顧客は一致しないと発言していた。

AP, BI

Zuck スリーパー
ホールドが Cook にキマるの図

"If [companies are] making money mainly by collecting gobs of personal data, I think you have a right to be worried," Cook said in an interview. "And companies I think should be very transparent about it."

あるインタビューで Cook は、「 それらの企業が、個人データの塊を収集することで収益を上げるなら、その権利について考える必要があるだろう。そして、それらの企業は、きわめて透明に、それらの権利を取り扱う必要がある」と語っている。

It’s rare to see big technology executives — and in this case, two of the biggest — make such public attacks on each other’s companies.

Apple のような、大手のテック・カンパニーの幹部が、パブリックな場で他社を攻撃するというのは(この場合は Google と Facebook)、きわめて珍しいことである。

Facebook’s entire business is built around collecting personal data, then selling advertisements tailored to that personal data. Apple is the exact opposite. It sells hardware products, collecting very little data.

Facebook における全体的なビジネスは、ここで言う個人データを収集し、その属性に合わせた広告を販売するというものである。 そして、Apple は対極にいる。 つまり、ハードウェア製品を売るための、きわめて少量のデータを収集するのみである。

Cook has been using this as a selling point for Apple to consumers. The idea is that if you don’t want to turn over your personal information to a company, then you should use Apple products.

Cook は、Apple プロダクトを販売する際のセールス・ポイントとして、このロジックを用いている。つまり、それらの企業に、個人情報を運用させたくないなら、Apple プロダクトを使用すべきという理屈である。

This is a bit rich coming just months after the iCloud hacking scandal. Nude photos of celebrities were posted online after hackers accessed iPhone accounts on which they were stored. Apple says iCloud wasn’t breached. It says hackers used "phishing" tactics to get access to accounts.

しかし、数カ月前に iCloud のハッキングというスキャンダルが起こっているのに、それは言い過ぎだとも思える。ハッカーたちは、セレブの iPhone アカウントにアクセスし、そこにストアされていたヌード写真などをオンラインにばらまいてしまったのだ。Apple のコメントは、iCloud への侵入は無かったというものである。 つまり、ハッカーたちはフィッシング戦術を用いて、それらのアカウントにアクセスしたと言っている。

Still, it’s not good for Apple, especially if it wants to be seen a steward of users’ personal information.

そうだとしても、そんな発言は Apple のためにならない。 ユーザーの個人情報を預かる、執事として振る舞いたいなら、なおさらのことだ。

As for Zuckerberg’s counterpoint, it makes sense. Consumers have repeatedly shown that they are willing to give up a little privacy for a great, free product.

Zuckerberg が持ち出す争点として、それは理にかなっている。無償の素晴らしいプロダクトを得るために、消費者たちは多少のプライバシーは諦めるという現実が、随所で繰り返されているのだ。

Facebook has more than 1.3 billion users despite the fact that it uses personal information for advertising. Google has more than a billion users on its products, and it uses personal information. Twitter has hundreds of millions of users, and it relies on advertising based on personal information.

Facebook は、個人情報を広告のために使用しているにもかかわらず、13億人以上のユーザーを有している。 Google は、10億人以上のユーザーにプロダクトを提供し、その個人情報を使用している。 Twitter も、数億人のユーザーを持ち、それの個人情報に基づいた広告ビジネスを展開している。

People don’t mind ad-supported products.

つまり、人々は、広告の付いたプロダクトについて、それほど気にしていないのだ。

Further, the average iPhone costs over $600, while the average Android phone costs half that. Zuckerberg is saying that if Apple were on the side of the consumer, it would lower prices and make its products more broadly available. After all, Apple has $150 billion in cash on hand. It is the most profitable technology company in the world. It can afford to lower prices.

さらに言えば、iPhone の平均価格は $600 を超えているが、Android の場合は、その半分である。Zuckerberg が言わんとするのは、Apple がユーザーの側に立つなら、そのプロダクトの価格を引き下げ、より多くの人びとが利用できるようにすべきだという点だ。結局のところ、Apple は 15兆円というキャッシュを手にしている。つまり、世界で最も収益性の高いテック・カンパニーであり、余裕を持って低価格化に取り組めるのだ。

Facebook is free for everyone to use. The price for that is that it collects some user information. Zuckerberg and consumers, based on their actions, think that’s a fair deal.

Facebook は、誰もが無料で利用できる。 そのコストは、ユーザーたちから幾ばくかの情報を集めることで賄われている。つまり、Zuckerberg とユーザーたちの関係は、両者の判断に基づく、公正な取引の上に成り立っていると思えるのだ。

ーーーーー

まぁ、なんというか、iCloud のセレブ・プライバシーで問題が起きたとき、Tim Cook は対応を誤ったのだと思います。 フィッシングといえば、そうなのかもしれませんが、iCloud がブルート・フォースを許していたことが、そもそもの間違えなのです。 そして、それに対しては、何も言及せず、二段階認証にしたから良いだろうというのでは、あまりにも顧客に対して失礼な話です。 それを棚に上げて、Google や Facebook の透明性を突っついても、バシッと切り返されて終わりです。 もう一つ、言わせてもらえるなら、Steve Ballmer が Scroogled キャンペーンで孤軍奮闘しているときに、何の助け舟も出さずにいたくせに、いまさら、それは無いでしょう、と言いたくなってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
iPhone と Android の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

Posted in .Chronicle, Facebook, Open Compute by Agile Cat on December 27, 2014

意外と少なかった FB 関連のポスト数、、、でも、、、
http://wp.me/pwo1E-87I

OCP Japan をお手伝いしているという立場もあり、今年は無意識のうちに Facebook との距離感を考えていたのでしょう。 そのため、ポストするコンテントも絞り込んでいたのだと思いますが、こうして 2014年の Facebook を振り返ってみると、若さでゴリゴリ押していく企業から、大人の思慮がにじみ出てくる企業へと、そのポジションを引き上げてきた様子が浮かび上がってきます。おそらく、Open Compute Project や Internet.org といった、ノン・プロフィットの活動を生み出し、それを限りなくパブリックなものに変容させていくという Facebook のスタンスに、ある種の落ち着きが感じられるからなのでしょう。

とは言え、一介の企業が、こうした活動を推進していくためには、それを支える経済力が必要であり、また、その経営陣にはマネタイズとボランティアという、相反する局面を平行して推進していくだけの度量が求められます。 その意味でも、モバイル・アドを真っ先に成功させ、そこから生まれる余裕により、いくつかの社会貢献を成功させてきた手腕を評価したいです。

もっと現実的に見ていけば、それもビジネスなのですが、インフラに関する整備と情報共有を推進し、企業としての効率を高めた上で、そこから生まれる余剰を、途上国マーケットへ投資していくという、壮大なビジョンを実施してきたのは、この Facebook と Google だけだったと思います。 そして、一人のアジア人として、有難うと言いたいことなのです。

ーーーーー

01/28: Facebook は OCP のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
02/04: Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した
02/19: WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
02/19:
WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、FB よりも早く到達する? 
02/21: WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
02/20: WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分ける?
02/21: WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 B も奪い取られる
02/20:
WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリが破壊

ーーーーー

04/01: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有
04/04:
Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かう?
04/09: インドの FB ユーザー数が1億人:しかも 84% がモバイル接続だ!
04/22: 快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
04/28:
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
04/30:
Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
05/15:
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
05/20: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
05/23:
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャル・シェア
06/19: Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
06/20: 木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃?
06/30: Instagram:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

ーーーーー

07/15: Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
07/17:
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay の脅威に?
07/23:
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
07/24: FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3
07/28:
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
09/03: Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
09/05:
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
09/22:
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK!
09/26: ソーシャルと滞在時間:Engagement Index 指標で FB がダントツ!
09/26: 広告:Yahoo と AOL を統合しても、Google と Facebook は止まらない
09/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく

ーーーーー

10/06: クッキーは死んだ: そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
10/16: モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/20:
FB アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
10/28: Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
10/28: Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% はモバイルから
10/30: Facebook の Graph API がアップデート、そして AD API も強化!
11/05:
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
11/13:
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% を占有

ーーーーー

テック・ジャイアントには、未来を語って欲しいし、夢を見せて欲しいし、ロマンに浸らせて欲しい。 その意味で、2014年は Facebook と Google の、二強の年だったと、個人的に捉えています。そして、2015年は、それが四強に戻り、さらには五強・六強へと、育っていって欲しい年なのです。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!

Posted in .Selected, DevOps, Facebook, Mobile, Network, Post-PC by Agile Cat on December 11, 2014

Facebook Mobile Drops Pull For Push-based Snapshot + Delta Model
http://wp.me/pwo1E-85F
Monday, October 20, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/10/20/facebook-mobile-drops-pull-for-push-based-snapshot-delta-mod.html

We’ve learned mobile is different. In If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong we learned programming for a mobile platform is its own specialty. In How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks we learned bandwidth on mobile networks is a precious resource.

私たちは、モバイルが別の世界のものであることを学んできた。If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong では、モバイル・プラットフォームのためのプログラミングが、独特のものであることを知った。そして、How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks では、モバイル・ネットワークの帯域幅が、きわめて貴重なリソースであることを学習した。

Given all that, how do you design a protocol to sync state (think messages, comments, etc.) between mobile nodes and the global state holding servers located in a datacenter?

それら、すべてのことを考慮して、ステート(メッセージやコメントなど)をシンクさせるためのプロトコルを、どのようにデザインすべきなのだろうか? ここでは、複数のモバイル・ノードと、データセンターのサーバーに置かれたグローバル・ステートの、同期について考えていく。

Facebook recently wrote about their new solution to this problem in Building Mobile-First Infrastructure for Messenger. They were able to reduce bandwidth usage by 40% and reduced by 20% the terror of hitting send on a phone.

最近のことだが、Facebook の Building Mobile-First Infrastructure for Messenger というポストにおいて、この問題に関する彼らの新しいソリューションが紹介されている。それによると、帯域幅の使用率が 40% まで、そして、スマホでの送受信を阻害する要因が 20% まで、削減できたという。

That’s a big win…that came from a protocol change.

それは、素晴らしい成功体験であり、また、プロトコルの変更にもたらされたものである。

<関連> Facebook が語るモバイル・チューニングの極意

Facebook Messanger went from a traditional notification triggered full state pull:

The original protocol for getting data down to Messenger apps was pull-based. When receiving a message, the app first received a lightweight push notification indicating new data was available. This triggered the app to send the server a complicated HTTPS query and receive a very large JSON response with the updated conversation view.

Messenger がデータをダウンロードする際の、オリジナルのプロトコルは Pull ベースのものであった。 このアプリはメッセージを受信するとき、新しいデータがあることを示す、ライトウェイトなプッシュ通知を最初に受信する。それは、アプリに対するトリガーであり、その結果として、サーバーへ向けて複雑な HTTPS クエリーを送信し、また、アップデートされた会話を取り込んだ、きわめて大規模な JSON レスポンスを受信することになる。

To a more sophisticated push-based snapshot + delta model:

Instead of this model, we decided to move to a push-based snapshot + delta model. In this model, the client retrieves an initial snapshot of their messages (typically the only HTTPS pull ever made) and then subscribes to delta updates, which are immediately pushed to the app through MQTT (a low-power, low-bandwidth protocol) as messages are received. When the client is pushed an update, it simply applies them to its local copy of the snapshot. As a result, without ever making an HTTPS request, the app can quickly display an up-to-date view.

私たちは、前述のモデルに代えて、Push ベースの SnapShot + Delta モデルに移行することを決めた。 この新しいモデルでは、クライアントは自身のメッセージに関する、イニシャルの SnapShot を取得する(一般的には、これまでの HTTPS Pull のみとなる)。 続いて、Delta アップデートが読み込まれるが、それはメッセージを受信した直後に、MQTT(リソースと帯域において負荷の少ないプロトコル)を介してアプリに Push されるものである。また、クライアントからアップデートが Push されるときには、ローカルに保持される SnapShot に、その内容がコピーされる。その結果として、これまでのような HTTPS リクエストを必要とすることなく、アプリはアップデートされたビューを表示できるようになる。

We further optimized this flow by moving away from JSON encoding for the messages and delta updates. JSON is great if you need a flexible, human-readable format for transferring data without a lot of developer overhead. However, JSON is not very efficient on the wire. Compression helps some, but it doesn’t entirely compensate for the inherent inefficiencies of JSON’s wire format. We evaluated several possibilities for replacing JSON and ultimately decided to use Thrift. Switching to Thrift from JSON allowed us to reduce our payload size on the wire by roughly 50%.

さらに、私たちは、メッセージと Delta アップデートから、JSON エンコーディングを切り離すことで、このフローを最適化した。もし、開発者のオーバーヘッドを最低限に抑えたかたちで、ヒューマン・リーダブルで柔軟なデータ転送を実現するなら、JSON は素晴らしいソリューションとなる。しかし、JSON における送受信の形式は、きわめて効率が悪い。 圧縮により、いくつかの問題は解決するが、JSON の固有の非効率性を、完全に補完することは不可能だ。私たちは、JSON を置き換えるための、いくつかの可能性について評価し、最終的には Thrift を使用することにした。JSON から Thrift へ移行することで、転送における実質的なサイズを、およそ 50% に低減できた。

On the server side Facebook also innovated:

Iris is a totally ordered queue of messaging updates (new messages, state change for messages read, etc.) with separate pointers into the queue indicating the last update sent to your Messenger app and the traditional storage tier. When successfully sending a message to disk or to your phone, the corresponding pointer is advanced. When your phone is offline, or there is a disk outage, the pointer stays in place while new messages can still be enqueued and other pointers advanced. As a result, long disk write latencies don’t hinder Messenger’s real-time communication, and we can keep Messenger and the traditional storage tier in sync at independent rates. Effectively, this queue allows a tiered storage model based on recency.

Iris は、メッセージングのアップデート(新しいメッセージやメッセージ・リードによるステートの変化など)で用いる順列キューのことであり、Massenger アプリに送信された最新のアップデートと、伝統的なストレージ階層において、別々のポインタを持つことが可能になっている。ディスクおよびスマホへのメッセージ送信が成功すると、それに対応するポインタが前進する。もし、スマホがオフラインであったり、ディスクに障害が発生した場合には、対象となるポインタを所定の位置に留めながら、新しいメッセージをキューに保持し、他のポインタを前進させることができる。その結果として、ディスクへの書き込みなどの、大きなレイテンシが発生しても、Messenger のリアルタイム通信を妨げることはない。 そして、Messenger のレベルと伝統的なストレージ階層を、それぞれの頻度で同期させることも可能だ。このキューの効率性により、新しい階層型ストレージ·モデルが実現する。

Delta based syncing strategies are very common in Network Management systems where devices keep a north bound management system in sync by sending deltas. The problem with a delta based approach is it’s easy for clients to get out of sync. What if changes happen at a rate faster than than deltas can be moved through the system? Or queues get full? Or the network drops updates? The client will get out of sync and it won’t even know it. Sequence numbers can be used to trigger a full sync pull if there’s an out of sync situation.

Delta ベースの同期ストラテジーは、ネットワーク・マネージメント・システムにおいて、きわめて一般的なものである。 そこでは、デバイスが Delta を送信することで、上位階層のマネージメント・システムとの同期を維持する。 Delta ベースのアプローチにおける問題点は、その同期のメカニズムから、クライアントが容易に逸脱してしまうことである。 何らかの変更が Delta よりも速く、対象となるシステムを介して移動することが、実際に起こり得るだろうか? また、キューが溢れると、どうなるだろうか? さらに言えば、ネットワーク上でアップデートが失われたら、何が起こるだろうか? いずれにせよ、クライアントは同期から逸脱し、起こっていることを知ることもできない。そのような場合には、シーケンス・ナンバーを用いる。 それにより、完全な同期を引き起こし、同期から逸脱している状況を解消できる。

It’s also good to see Facebook got rid of JSON. The amount of energy and bandwidth wasted on moving and parsing fat JSON packets is almost criminal.

Facebook が JSON から離れることは、別の観点でも歓迎すべきことだ。このような巨大なシステムが、重たい JSON パケットを解析して転送するために、膨大なエネルギーと帯域幅を消費することは、きわめて罪作りなことでもあるのだ。

ーーーーー

先日にポストした「Facebook が語るモバイル・チューニングの極意」に続いて、今回も Todd Hoff さんの記事を紹介することができました。途上国におけるモバイル通信の状況を前提とした、ストレスを最小限に抑えた環境を提供したいという、Facebook の一貫したストラテジーが見えてきますね。 ただ、これは、途上国だけの問題ではなく、たとえば日本においても、モバイル・トラフィックの大幅な削減という、大きなメリットをもたらすはずです。 そして、私たちが使用している大半のサービスは、① モバイル・デバイス、② モバイル・インターネット環境、③ バックエンド・テクノロジー、④ データセンター・インフラのバランスの上に成り立っているわけですが、とりわけ途上国においては、① と ② のケアが不可欠なのでしょう。

ーーーーー

<関連>

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!
Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS

%d bloggers like this: