Agile Cat — in the cloud

IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid, IBM by Agile Cat on January 20, 2015

IBM teams with Equinix to Boost Hybrid Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-8dq
Jan 5, 2015
http://www.dbta.com/Editorial/News-Flashes/IBM-teams-with-Equinix-to-Boost-Hybrid-Cloud-Computing-101343.aspx

IBM announced it is partnering with Equinix, Inc., an interconnection and data center company, to help provide enterprises direct access to the full portfolio of cloud services from SoftLayer, an IBM Company, via the Equinix Cloud Exchange. Equinix also announced Cloud Exchange enhancements, including API functionality that makes it easier for service providers to use a single interface to the Cloud Exchange, resulting in scalable, private and secure connections to their cloud services with near real-time provisioning.

IBM は、インターコネクションとデータセンターを提供する、Equinix との提携を発表した。それにより、ユーザーであるエンタープライズたちは、IBM 傘下である SoftLayer から Equinix Cloud Exchange を介して、クラウド・サービス群の完璧なポートフォリオに対して、ダイレクトにアクセスできるようになる。さらに Equinix は、API 機能を含む Cloud Exchange の機能強化を発表しており、サービス・プロバイダーがシングル・インターフェイスを介して、Cloud Exchange を容易に使用できるようにしていくようだ。それにより、スケーラブル/プライベート/セキュア・コネクションが、エンタープライズのクラウド・サービスにもたらされるが、リアルタイムとも言えるプロビジョニングも同時に実現される。

 Rob Purdie
IBM-590
Madison Ave

“SoftLayer, with its broad reach into the enterprise market and proven success in networking will be a great asset to Cloud Exchange, enabling customers to seamlessly replicate data between markets,” said Ihab Tarazi, chief technology Officer for Equinix. “Our direct access capabilities to cloud services such as SoftLayer, provide enterprise customer with a choice of multiple clouds to better enable their hybrid cloud strategies.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「エンタープライズ市場への幅広いリーチと、ネットワークで成功を収めている SoftLayer は、Cloud Exchange から見ても重要な資産となるだろう。それにより、顧客たちは、世界中に広がるマーケットの間で、データをシームレスに移動できるようになる。私たちのダイレクト・アクセス機能は、SoftLayer のようなクラウド・サービスのためのものである。つまり、エンタープライズ・カスタマーたちのハイブリッド・クラウド戦略を実現すためのる、多様なクラウドという選択肢が提供されるのだ」と述べている。

Equinix and SoftLayer previously partnered to offer customers direct cloud connection inside Equinix International Business Exchange (IBX) data centers via SoftLayer’s Direct Link service, a dedicated network connection. By extending the partnership to include additional secure and dynamic connections through Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers with the ability to easily move production workloads in and out of the cloud, thus better enabling them to fully realize their hybrid cloud strategies.

以前から Equinix と SoftLayer は提携しており、Equinix International Business Exchange (IBX) データセンター内へ向けたダイレクトなクラウド接続を、SoftLayer の専用線である Direct Link コネクションを介して顧客に提供してきた。今回のパートナーシップにより、Cloud Exchange によるセキュアでダイナミックな接続などが追加される。そして SoftLayer は、プロダクション・ワークロードをクラウド間で容易に移動する機能を提供するため、より完成度の高いハイブリッド・クラウド戦略を、その顧客たちは実現できるようになる。

By offering a connection to SoftLayer’s cloud services via the Equinix Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers additional choices, a global network that extends beyond the 40 cloud centers that IBM has committed to establishing, and peace of mind through a secure, low latency connection to the cloud.

SoftLayer は Equinix Cloud Exchange を介して、自社のクラウド・サービスへの接続を提供することで、IBM が構築を約束している 40ヶ所のクラウド・データ・センターを超えた範囲でも、そのグローバル・ネットワークを提供できるようになり、また、クラウドへに対するセキュアでハイ・スピードな接続という安心感がもたらされる。

The Equinix Cloud Exchange is currently available in 17 markets globally – Amsterdam, Atlanta, Chicago, Dallas, Frankfurt, Hong Kong, London, Los Angeles, New York, Paris, Seattle, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo, Toronto and Washington D.C. – with expansions planned to Osaka, Sao Paulo and Zurich. Access to SoftLayer cloud services will be available through the Equinix Cloud Exchange in nine markets spanning the Americas, Europe and Asia Pacific, including Amsterdam, Chicago, Dallas, Paris, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo and Washington, D.C.

Equinix Cloud Exchange は、現時点において、17のグローバル・マーケットで利用できる。 具体的に言うと、Amsterdam/Atlanta/Chicago/Dallas/Frankfurt/Hong Kong/London/Los Angeles/New York/Paris/Seattle/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Toronto/Washington D.C. が対象となるが、Osaka/Sao Paulo/Zurich への拡張も計画されている。 そして、Equinix Cloud Exchange を介した SoftLayer クラウド・サービスへのアクセスは、9つのマーケットで利用できるようになる。具体的には、Amsterdam/Chicago/Dallas/Paris/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Washington D.C. であり、それにより、Americas/Europe/Asia Pacific が接続されていく。

For more information on the Equinix Cloud Exchange,  visit.
More information on IBM is available at www.ibm.com.

ーーーーー

文中にあるように、以前から SoftLayer は IBX の利用者だったようです。 そのときは、SoftLayer の Direct Link を用いていたのが、Equinix の専用線を活用するように変化したのでしょう。 それにしても、Equinix の強さは只者ではないですね。 クラウド・プロバイダーの中では、ネットワークに多大な投資をしてきた Google に続き、SoftLayer/IBM までも顧客にしてしまうのですから。ただ、その一方では、ヨーロッパ・スタイルの IX を北米で展開しようとする、Open-IX の勢力も気になります。 この Open-IX カテゴリの中で[Equinix]を文字列検索すると、この両者の関係が、それとなく見えてきます。お暇な時にでも、ど〜ぞ!

ーーーーー

<関連>

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

Posted in Data Center Trends, Equinix, Google, Hybrid, Network by Agile Cat on January 14, 2015

Google shacks up with Equinix for cloud boost
http://wp.me/pwo1E-8c8
Ari Levy – 5 Nov, 2014
http://www.cnbc.com/id/102151522

For the 100 billion Internet searches and more than 6 billion hours of YouTube videos streamed monthly, Google is building supersized data centers across the globe. But for certain functions, the company is better off using other people’s property.

1ヶ月の間に 1000億回のインターネット検索を処理し、YouTube による 60億時間以上のストリーミング配信に対応する Google は、世界中に超大型データセンターを構築している。 しかし、特定の機能に関しては、他社の資産を活用するほうが、同社にとって有益なのである。

Equinix, which operates more than 100 data centers in 32 metro areas worldwide, is announcing on Wednesday that Google will be using its facilities to help clients in 15 markets, including New York, Atlanta, Frankfurt, Germany, and Hong Kong, access Google’s business applications and cloud infrastructure.

世界における 32地域の大都市圏で、100ヶ所以上のデータセンターを運営する Equinix が、この水曜日(11/5)に発表したのは、Google が 15ヶ所のマーケットにおいてクライアントをサポートするために、同社のファシリティを使い始めるという内容である。それらのマーケットには、New York/Atlanta/Frankfurt/Germany/Hong Kong などが含まれ、また、そのリージョンの顧客たちは、Equinix のネットワークを介して、Google のビジネス・アプリや、クラウド・インフラにアクセスできるようになる。

Baran Ozdemir
Vetta
Getty Images

The Google cloud needs all the help it can get. While the Mountain View, California-based company dominates the online advertising market, it’s playing catch-up to Amazon Web Services in on-demand cloud computing as it also battles Microsoft’s Azure technology.

Google のクラウドは、手に入れることが可能な、すべてのサポートを必要としている。 つまり、この、Mountain View, California-based の会社は、オンライン広告のマーケットは支配していても、オンデマンドのクラウド・コンピューティングの世界では、Amazon Web Services に追い付くために努力し、また、Microsoft Azure のテクノロジーと戦わなければならないのだ。

The three companies are engaged in a brutal price war as they try to lure businesses looking to offload their computing and storage instead of handling it internally. Amazon and Microsoft are already Equinix customers. Now businesses can use any or all of them via Equinix.

この三社は、きわめて熾烈な価格戦争に突入している。そして、ユーザー企業を取り込む魅力的な価格を提示するために、自社のデータセンター内で処理していたコンピューティングとストレージの負荷を、Equinix のファシリティにオフロードすることで軽減しようとしている。 Amazon と Microsoft は、すでに Equinix の顧客である。 そして、いま、ユーザー企業は Equinix を介して、それらのクラウドにおける、ほとんどの機能にアクセスすることが可能になっている。

"This completes our access to the big three cloud providers," said Equinix Chief Technology Officer Ihab Tarazi. Businesses can "get significantly higher bandwidth for very low economics and be able to completely leverage the cloud."

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「クラウドの世界における Big-3 プロバイダが、私たちへのアクセスを完全なものにしたことで、ユーザー企業は、きわめて高速の帯域幅を確保し、また、優れた経済性を達成することになる。 つまり、完璧にクラウドを利用できるようになるのだ」と述べている。

Google disclosed the deal with Equinix on Tuesday as one of several announcements tied to its cloud platform. The company also introduced Google Container Engine and a partnership with Docker to make it easier to create and manage applications across machines.

Google は、この火曜日(11/4)に、そのクラウド・プラットフォームに関連する発表を行なっているが、その中の1つとして Equinix との今回の契約が明らかにされている。さらに Google は、より簡単にアプリケーションを作成し、また、マシン間での移動を管理するために、Google Container Engine を発表し、Docker との提携も明らかにしている。

It’s all part of Google’s deeper dive into the world of business software, and it’s not cheap. In the third quarter, Google spent $2.4 billion on capital expenditures, largely on data center construction and real estate costs.

Google がビジネス·ソフトウェアの世界に取り組んでいくという、この一連の発表により、その全容が明らかにされたが、それらは、決して安直なものではない。Google は 2014年 Q3 において、データセンターの建設と不動産の取得を主とする、 $2.4 billion もの設備投資を行なっているのだ。

"Everybody’s moving their infrastructures to the cloud," Google Chief Financial Officer Patrick Pichette said on the earnings call last month. "It is an area where we have fundamentally great assets to contribute to this industry, both in terms of the flexibility, the cost structure, the technology. And that’s why we’re investing heavily in there."

2014年10月の収支説明会において、Google の CFO である Patrick Pichette は、「すべての企業が、自身のインフラをクラウドに移行しようとしている。そして、そこは、私たちが大きな資産を形成しているエリアである。つまり、柔軟性/コスト構造/テクノロジーという基本的な観点において、この産業に貢献できるのだ。そして、私たちが多額の投資を行なっている理由が、そこにあるのだ」と述べている。

Google owns and operates 12 data centers in the U.S., Europe and Asia, according to its website. Much of the software that Google as well as Amazon and Facebook have developed to bolster the speed and capacity of servers and databases is being replicated across the technology industry.

Google の Web サイトによると、同社は US/Europe/Asia で、12ヶ所のデータセンターを所有/運用している。そして、Google/Amazon/Facebook などが、サーバーとデータベースの速度/能力を強化するために開発した、数多くのソフトウェア・テクノロジーが、この業界全体に広まりつつある。

But that doesn’t mean corporate America is ready to spin all of its most critical data up to the public cloud. Using Equinix, they can plug into the power of Google’s infrastructure without relying on it entirely.

しかし、それだけで、アメリカのユーザー企業が、すべての重要なデータをパブリック・クラウドに展開するための、準備を整えたというわけではない。そして、Equinix を利用するなら、すべての Google に頼ることなく、そのインフラを取り込めるようになるのだ。

Equinix has more than 4,500 customers using its facilities. In April, the Redwood City, California-based company launched a service called Cloud Exchange to provide an added layer of security and enhanced connectivity for businesses that may have previously been reluctant to move applications to the cloud.

Equinix のファシリティは、4500社以上のユーザー企業に使用されている。2014年4月に、Redwood City, California-based の同社は、ユーザー企業のためにセキュリティ層を加え、また、接続性を強化するための、Cloud Exchange と呼ばれるサービスを立ち上げている。それにより、これまでは移行が躊躇されていたアプリケーションの、クラウド化が促進されるかもしれない。

ーーーーー

2014年10月に、「Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは? 」というポストを訳していますが、この Equinix との提携は記載されていませんでした。 別の調べ物をしていて、今回の記事を見つけたわけですが、この提携に気づくことになり、ほんとうに良かったです :) なんというか、Google だけは独自ネットワーク路線かと思っていましたが、これで Equinix はグランド・スラム状態ですね。 ほんとうに、強いです。 また、年明けには、SofrLayer も Equinix の Cloud Exchange に対応、という記事がポストされていました。 近々に対訳を掲載しますので、そちらも、お楽しみに〜 

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

2014 Agile Cat:新しい動向の マトメ

Posted in .Chronicle, Bare-Metal, Digital Ocean, Equinix, IoT, Net Neutrality by Agile Cat on December 27, 2014

IT の 一部であるクラウドが、IT の全体像を描き換えていく・・・
http://wp.me/pwo1E-87C

今年の新しい流れをピックアップし、4つの項目に分類してみました。 ただし、新しいというのは、Agile Cat の目線からの表現であり、もっと以前から知っているという方もいるはずだと思います。 というわけで、その辺りは、ちょっとユルく捉えて頂ければ幸いです。

最初の項目は、「Equinix/Digital Ocean/Interoute」であり、クラウドと言う括りの中で、それほど注目を集めていないプロバイダーの動向をまとめています。 たとえば、Equinix に関しては、ハイブリッド・クラウドのためのネットワーク・ハブ機能を提供するプロバイダーであり、その領域では一人勝ちしている存在だと言えるでしょう。 Digital Ocean は、いわゆる SSD クラウドの草分け的な存在であり、スタートアップでありながら、素晴らしい実績を残しています。 Interoute はヨーロッパ・ベースの、仮想 DC クラウドを提供するプロバイダーであり、今年はアジアと北米への進出を果たしています。

2番めの項目は、新しいクラウド・テクノロジーのキーワードである、「Bare-Metal/CoreOS/Docker」をまとめています。 この中で、個人的に印象深かったのは、Instagram の AWS から Facebook へのマイグレーションの話です。とても大規模なプロセスを経て、ベアメタルの環境へと移行したのですが、それに見合うだけのパフォーマンスの向上が得られたようです。また、CoreOS と Docker の組み合わせは、クラウド・ネイティブな運用のスタイルから生じたものであり、これから先の展開が、とても楽しみです。

3番目と、4番目は、「Net Neutrality」と「IoT」であり、どちらも、その名の通りのマトメとなっています。Net Neutrality の方は、集めたパブリック・コメントが消えてしまったり、FCC が Netflix を Fast Lane だと批判したりとかで、なにやらボロボロの状況になっているようです。IoT については、各社が一斉にコンセプトを打ち出している状況であり、2015年には、それらの整理が行われるのかと、期待しているところです。

ーーーーー

Equinix/Digital Ocean/Interoute

01/29: AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
03/05: Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
03:28:
コロケの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
04/07: ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に!
04/18: ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増す!
04/30: Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
05/21: DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
06/17:
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
06/18:
Interoute の 仮想 DC ゾーンは London - NY を 68ms で接続する!
09/05: DigitalOcean+CoreOS+Docker のトリオが 大変革を引き起こす!
12/25: DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

ーーーーー

Bare-Metal/CoreOS/Docker

06/30: Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から Facebook へ!
07/01: IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
07/01: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
07/01: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!
07/02: Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、香港 DC にも展開!
10/14: SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
11/11: CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編
11/18: Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に

ーーーーー

Net Neutrality

02/23: Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
02/25: Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
03/31: ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
04/14: Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
04/24: FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
04/28: ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
05/07: ネットの中立性を護れと、Amazon/Google などが FCC に圧力!
05/08: アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
05/21: Google Fiber:ピアリングに課金しない Win Win Win モデル

ーーーーー

IoT

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすが、まだまだ課題が山積みだ
02/04: Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:IoT への備えなのか?
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
05/23: IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
06/06: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
06/10: IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
07/11: IoT が 海に潜っていく: そのための、水中 WiFi テクノロジーとは?
10/08: BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
10/13: これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

ーーーーー

こうして眺めてみると、クラウドの多様性と、クラウド・ネイティブ・テクノロジー、クラウド時代のルール、クラウドの拡張、、、という切り口になっているようにも思えてきます。 2015年になり、それぞれが、どのように展開していくのか、そして、さらに新しいコンセプトなどが登場するのか、その辺りがとても楽しみですね。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

DigitalOcean の London がオープン:ここでも Equinix がファシリティを提供

Posted in Data Center Trends, Digital Ocean, Equinix by Agile Cat on December 25, 2014

DigitalOcean Expands into London With Equinix
http://wp.me/pwo1E-87n
Jason Verge – July 15, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/15/digitalocean-expands-london-equinix/

_ DC Knowledge

Cloud provider DigitalOcean has expanded to an Equinix data center in London. The company says this is just the beginning of a larger worldwide expansion. Fresh after a funding round, the company is gearing up to bring its easy-to-use cloud for developers everywhere.

クラウド·プロバイダーである DigitalOcean が、London の Equinix データセンター内で、その規模を拡大している。同社が言うには、より大規模なグローバル展開の、始まりに過ぎないとのことだ。資金調達ラウンドを終了した同社は、使いやすいクラウドを、あらゆるロケーションで開発者に提供するための準備を進めている。

DigitalOcean has been growing rapidly. In 2013, Netcraft noticed it was growing at an impressive clip despite it being a fairly late entrant into the cloud provider game.  The high adoption rates are often contributed the the user-friendly nature of its cloud.

DigitalOcean は、素晴らしい勢いで成長している。Netcraft が指摘するように、クラウド・プロバイダー市場には、かなり遅れて参戦したにもかかわらず、2013年には目覚ましい結果を残している。そして、その高い採用率により、クラウドにおけるユーザーフレンドリーな性質に、しばしば貢献している。

Inside one of the Equinix data centers in London. (Photo: Equinix) 

“Our mission is to simplify the complexity of cloud infrastructure for developers and user experience is number-one on the priority list,” said Mitch Wainer, co-founder and chief marketing officer at DigitalOcean. “AWS wants to offer anything and everything under the sun, but you can see they don’t prioritize user experience. We make it easy to use and easy understand how much you’ll spend a month.”

「私たちのミッションは、開発者のためにクラウド・インフラストラクチャの複雑さを軽減することであり、また、ユーザー・エクスペリエンスの優先順位を No.1  にすることである。 AWS は、この世における、あらゆるものと、すべてのものを、提供しようとしているが、ユーザー・エクスペリエンスが最優先されていないことが分かるだろう。 私たちは、それを使いやすいものにし、また、1ヶ月あたりのコストが、どれくらいになるのかを、簡単に理解できるようにしたいのだ」と、DigitalOcean の Co-Founder and CMO である Mitch Wainer は述べている。

This is the company’s third location in Europe. It has two data centers in the Amsterdam market with TeleCity Group.

同社は、TeleCity Groupe の Amsterdam データセンターに、すでに 2つのクラウドを有しており、この London は、Europe で 3番目となる。

Wainer said London was the next stop for DigitalOcean because it’s been a heavily requested region by customers. “The UK is going through a tech renaissance, and we want provide startups with the infrastructure to grow.”

DigitalOcean にとって、London が次のステップになったのは、このリージョンを要求する顧客からの声が大きかったからだと、Wainer は発言している。

Another reason for the location is the increasing need to host data within coutry borders. The London data center gives UK developers a native location to service their customers.

このロケーションを選んだ、もう1つの理由は、UK 内にデータを置きたいというニーズの高まりにある。 この London データセンターは、その顧客たちをサポートする国内の開発者に対して、ネイティブのロケーションを提供する。

The European Union’s Data Privacy Directive currently makes it difficult for data to be moved outside of the region. This is an issue that will keep coming up as the company grows its geographic reach.

European Union の Data Privacy Directive(規則)では、そのリージョンの外側にデータを移動することが、現在のところ難しいのである。したがって、この問題は、同社が地理的なリーチを広げるにつれて、浮上し続けるものとなる。

Wainer said DigitalOcean is also currently looking to expand into other countries, such as Canada, which has similar laws and regulations when it comes to data. “It’s going to be interesting to see what the adoption rate is in these new regions that prohibit storing data [on foreign territory].”

Wainer が言うには、DigitalOcean は現時点において、データの取り扱いについて同じような法律/規制を持つ、Canada などの国々にも事業を拡大していくようだ。「それらの新たなリージョンでの、つまり、国外でのデータ・ストアを禁止する国々での展開は、興味深い結果を見せてくれるだろう」と、彼は述べている。

The recent funding round gives the company enough cash to invest in expansion, Wainer said. “I’m happy to say, as of recent, we’ve secured a massive amount of credit to help us secure enough capacity for the future without limitations, driven by demand.”

先日の資金調達ラウンドにおいて、充分な投資を行うだけの現金を得ることができたと、Wainer は言っている。そして、「 最近の状況には満足している。私たちのビジネスは、需要によりドライブされていくものであるが、それを制約することがないだけの、将来へ向けた充分な規模の信用を確保できた」と、付け加えている。

The company recently announced the launch of a Singapore data center, its first location in Asia.

この 5月のアナウンスメントにより、同社は Asia における最初のロケーションとして、Singapore データセンターを立ち上げると表明している。

LON1 will be running the latest version of the company’s backend codebase, allowing for IPv6 support on all “Droplets” – the company’s branded term for cloud servers. The new codebase provides a number of benefits, including actions that can be initiated without needing to power off a Droplet (e.g. snapshots and enabling/disabling networking services), as well as a more reliable backup service architecture overall.

この LON1 では、同社のバックエンド・コードベースの最新バージョンが走ることになり、そのクラウド・サーバー・ブランドである Droplet の、すべてにおいて IPv6 がサポートされる。 さらに、この最新バージョンでは、Droplet を OFF にしなくても初期化が可能なアクションや(スナップショットの取得や、ネットワーク・サービスの ON/OFF 切り替えなど)、より信頼性の高い全体的なバックアップ・サービス・アーキテクチャを含めて、数多くのメリットが実現される。

IPv6 can also be added to existing Droplets without rebooting. DigitalOcean will be mandating IPv6 support as the standard for all locations moving forward.

さらに言えば、Droplet をリブートすることなく、IPv6 への切り替えが可能になっている。また、DigitalOcean は、IPv6 サポートを標準として、すべてのロケーションに展開する方針である。

“With this expansion, we’re using Equinix again, who have been a great partner,” said Wainer. “We feel very comfortable using them, and we’ve used them for years.”

「 今回の拡張においても、私たちの素晴らしいパートナーである Equinix を利用している。そのデータセンターは、私たちにとって、きわめて適した存在であり、また、長年にわたって使い続けている」と、Wainer は言っている。

Equinix was home to the company’s first data center in New Jersey. DigitalOcean also takes space at a Telx data center within the Google-owned carrier hotel at 111 8t Avenue in New York City.

同社が、New Jersey でデータセンターの利用を開始したときから、Equnix  はホーム・グラウンドのような存在である。また、同社は、New York City の 111 8t Avenue で Google が所有する、キャリア・ホテルにもデータセンター税を支払っている。

ーーーーー

DigitalOcean は、元気があって、とても良い感じですね。 CMO である Mitch Wainer の発言も、クラウドの多様化を促すという意味で新鮮です。 誰もが知っている存在として AWS を引き合いに出していますが、おそらく DigitalOcean と AWS は、まったく異なるゲームを戦っているのだと思います。そして、ゲームの数だけモノサシがあると主張しながら、素晴らしい勢いでビジネスを拡大しているわけです。 2015年も、この DigitalOcean は、目を離せない存在ですね!

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean+CoreOS+Docker:フレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:IP アドレス問題を悪化させない
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増強!

Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid by Agile Cat on September 3, 2014

Equinix Launches Cloud Exchange To Unlock Full Potential Of Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-7O4

By
cloudtweaks April 30, 2014
http://cloudtweaks.com/2014/04/equinix-launches-cloud-exchange-unlock-full-potential-cloud-computing/

_ Cloud Tweaks

Next-generation interconnection solution improves connectivity options for cloud buyers and service providers by making multi-cloud, multi-network access a reality

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced the launch of the Equinix Cloud Exchange, an advanced interconnection solution that enables seamless, on-demand and direct access to multiple clouds and multiple networks across the globe. By bringing together cloud service providers with cloud consumers and enabling them to establish private, high-performance connections, the Equinix Cloud Exchange gives enterprises direct access to the services they need to build sophisticated hybrid cloud solutions inside Equinix International Business Exchange™ (IBX®) data centers.

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、グローバルなインター・コネクトとデータセンターの企業である。そして、今日、世界に広がるマルチ・クラウドおよびマルチ・ネットワークに対して、シームレス/オンデマンド/ダイレクトにアクセスする、先進的な相互接続ソリューションである Equinix Cloud Exchange をローンチした。この Equinix Cloud Exchange により、クラウド・サービスのプロバイダーとコンシューマをつなぎあわせ、プライベートでハイパフォーマンスな接続を確立することで、顧客であるエンタープライズたちは、Equinix International Business Exchange™ (IBX®) データセンターの中で、洗練されたハイブリッド·クラウド·ソリューションを構築するために必要な、各種のサービスへのダイレクト・アクセスを実現していく。

Until now, companies concerned about relying on the open Internet for mission-critical business did not have a secure, reliable and scalable connectivity solution for a multi-cloud environment. By eliminating the bottlenecks associated with traditional cloud access across the public Internet, the Equinix Cloud Exchange provides a secure path for businesses to access cloud resources at much higher throughput. In fact, tests run in the Equinix Solution Validation Center showed increased throughput of 147 percent when connecting directly to the cloud as compared to public Internet connections.

これまで、ミッション・クリティカルなビジネスのために、オープンなインターネット活用したいと考える企業がいても、安全性と信頼性を備えたマルチ・クラウド環境の接続において、スケーラブルなソリューションが実現されていなかった。パブリックなインターネットを介した、これまでのクラウド・アクセスからボトルネックを排除することで、Equinix Cloud Exchange はエンタープライズに対して、はるかに高いスループットでクラウド・リソースにアクセスする、きわめてセキュアなパスを提供する。実際に、Equinix Solution Validation Center で実施されたテストでは、クラウドへの接続におけるダイレクト・アクセスとインターネット・アクセスの比較で、147% のスループットの向上が確認されている。

Systems integrators, IT services companies, SaaS and IaaS providers, networks and cloud enablers can all leverage the Equinix Cloud Exchange to rapidly advance their cloud computing agendas, scale their businesses globally and speed their time to market. At the same time, enterprises can achieve significant benefits by connecting through the Equinix Cloud Exchange, including increasing the privacy, performance and reliability of cloud service connections.

システム・インテグレーターや、IT サービサー、SaaS/IaaS、そしてネットワークとクラウドを実現していく全ての人々は、Equinix Cloud Exchange を利用することで、その計画を迅速に策定し、ビジネスをグローバルに拡大し、市場に提供するまでの時間を短縮できるようになる。それと同時に、 Equinix Cloud Exchange を介したコネクションを得ることで、クラウド・サービスのコネクションにおいても、プライバシーとパフォーマンスだけではなく、その信頼性までを高めていけるようになる。

Businesses can join the Equinix Cloud Exchange in 13 markets globally – Silicon Valley, Washington D.C., New York, Toronto, Seattle, Los Angeles, Atlanta, Dallas, Chicago, London, Amsterdam, Frankfurt and Paris – with expansion planned to a total of 19 markets by the end of 2014. Today customers can connect to Microsoft Azure ExpressRoute in Silicon Valley, Washington, D.C. and London with planned expansions into 13 additional markets by the end of 2014.

顧客である企業は、世界に広がる 13のマーケットで、Equinix Cloud Exchangeに参加することが可能である。 現時点では、Silicon Valley/Washington D.C./New York/Toronto/ Seattle/Los Angeles/Atlanta/Dallas/Chicago/London/Amsterdam/Frankfurt/Paris がカバーされているが、2014年の末までには、その範囲を19 マーケットに拡大する予定だ。 また、現時点においても、 Silicon Valley/Washington D.C./London では、Miacoroft Azure ExpressRoute への接続が可能であり、2014年の末までには 13 マーケットが追加される。

Customers can also access Amazon Web Services via the Equinix Cloud Exchange in Silicon Valley, Washington, D.C. and London. In addition, Equinix is working with other key cloud and network service providers to provide access to their services via the Cloud Exchange.

さらに、Amazon Web Services に関しては、 Silicon Valley/Washington, D.C/London において、 Equinix Cloud Exchange を介した接続がサポートされている。Equinix は、他のクラウド/ネットワーク・プロバイダーとの提携も進めており、それぞれのサービスへの、Cloud Exchange を介した接続を実現していく。

Next-Generation Interconnection Capabilities Enable High-Performance Multi-Cloud Environment

Representing an industry first, the Equinix Cloud Exchange will combine the automated interconnection of cloud, network and managed service providers with advanced service orchestration, providing enterprises with simple, scalable, direct access to the multiple cloud services they need to build highly flexible hybrid cloud solutions.

この種のサービスとして業界初となる Equinix Cloud Exchange は、先進的なサービス・オーケストレーションを用いて、クラウド/ネットワーク/マネージド・サービスのプロバイダーたちにおける、自動化されたインターコネクションを結合していく。それにより、きわめて柔軟なハイブリッド・クラウド・ソリューションを、構築する必要のあるエンタープライズたちは、マルチ・クラウド・サービスに対する、シンプルでスケーラブルなダイレクト・アクセスを実現していく。

Equinix’s Cloud Exchange Portal and APIs simplify the process of managing connections to multiple cloud services. Businesses can use the Portal and APIs to allocate, monitor and provision virtual circuits in near real-time with the provisioning of those circuits automated end-to-end from the Cloud Exchange to the service provider. This breakthrough capability provides faster performance, better reliability, increased security, and quicker and easier deployment of cloud applications, bringing significant benefits to the broad community of industry participants looking to realize the benefits of cloud computing.

Equinix における Cloud Exchange の Portal と API は、複数のクラウド・サービス間接続を管理するためのプロセスを簡素化する。顧客となる企業は、この Portal と API を用いることで、仮想ネットワークの割り当て/モニタリング/プロビジョニングを、ほぼリアルタイムで実現していける。もちろん、その際には、Cloud Exchange からサービス・プロバイダーのクラウドへ向けた、End-to-End のプロビジョニングも自動的に完了する。これらの画期的な機能により、高速性とパフォーマンス/優れた信頼性/セキュリティの強化が提供され、クラウド・アプリケーションの迅速かつ容易なデプロイメントが実現される。 そして、クラウド·コンピューティングのメリットを具体化しようとする、この産業の広範囲におよぶコミュニティに、大きなメリットがもたらされる。

“As an increasing number of enterprises move to the cloud, they require a new level of interconnectivity to access multiple clouds, across multiple sites, from a broad range of networks,” said Tony Bishop, chief strategy officer at The 451 Group. “With its global datacente footprint and extensive ecosystem of network and cloud service providers, the Equinix Cloud Exchange addresses many of the most pressing challenges holding corporate users back from relying on the cloud for mission-critical business including latency, security and performance issues.”

451 Group の Chief Strategy Officer である Tony Bishop は、「 クラウドへ移行するエンタープライズが増えるにつれて、広範囲におよぶネットワークから、複数のサイトを横断し、複数のクラウドにアクセスするための、新たなレベルのインターコネクションが要求される。グローバルに展開されたデータセンターおよび、広範囲に展開されるネットワーク・エコシステムと、クラウド・サービス・プロバイダーたちを組み合わせることで、企業ユーザーを制約している最も差し迫った課題を、Equinix Cloud Exchange は解決していく。それは、レイテンシー/セキュリティ/パフォーマンスといった問題を含む、ミッション・クリティカルなビジネスにおいて、クラウドに依存しているユーザーたちを救うものでもある」と、述べている。

Interconnection Track Record Positions Equinix to Solve Pressing Cloud Connectivity Challenges

Equinix earned a position as the world’s leading data center and interconnection company by enabling the growth of the most influential and highly interconnected business ecosystems in the IT industry. This 15-year track record has made the company the trusted home to the widest range of networks, cloud providers and prospective cloud services customers in the world.

Equinix は、IT 業界で最も影響力のある、高いレベルでインターコネクトされた、ビジネス・エコシステムを成長させ続けることで、世界をリードするデータセンターとインターコネクションの企業としてのポジションを確立している。この15年間にわたる実績により、世界に広がるネットワークおよび、クラウド・プロバイダー、そして将来のクラウド・サービス利用者にとって、信頼できる基盤が構築されてきた。

“Just as it was with the Internet, the key to realizing the business benefits of the cloud is how well connected it is,” said Ihab Tarazi, chief technology officer at Equinix. “But companies are recognizing that the Internet has security and performance limitations, given that it is inherently open and shared publicly. By utilizing direct access via the Equinix Cloud Exchange, businesses no longer have to compromise on these essential requirements when accessing cloud providers.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「 それこそが、インターネットに寄り添ってきたものである。 つまり、クラウドの世界において、企業のメリットを実現するためのカギは、どれだけ上手く接続できるのかという点に集約される。 そして、それらの企業は、オープンかつパブリックに共有されるインターネットを前提にするなら、そこにはセキュリティとパフォーマンスの制約があると認識している。 Equinix Cloud Exchange を介したダイレクト・アクセスを利用することで、それらのクラウド・プロバイダーにアクセスする企業において、この本質的な要件で妥協する必要性が消え去っていく」と、述べている。

Today over 4,500 customers, including 450 cloud service providers and 975 networks, are deployed within Equinix’s 100+ global data centers, which are located in close proximity to hundreds of thousands of enterprises. With the introduction of Cloud Exchange, Equinix is building upon its successful heritage and leveraging the power of interconnection to bring cloud buyers and providers together in new ways to realize the benefits of cloud computing.

現時点において、Equinix がグローバルに展開する、100 ヵ所以上のデータセンターに、450 のクラウド·サービス·プロバイダーと、975 のネットワークを含む、4,500 以上の顧客がリソースをディプロイしている。そして、それらのデータセンターは、無数とも言えるエンタープライズに隣接している。Cloud Exchange の導入は、インターコネクションのパワーを継承/活用するかたちで、Equinix が成功し続けることを意味する。それにより、クラウド·コンピューティングのメリットを実現するための新しい方式が、クラウドのバイヤーとプロバイダー、双方にもたらさせるようになる。

ーーーーー

実は、すでにカテゴリ<Equnix>は作ってあって、このポストで 10本目という計算になります。 同社の IBX(International Business Exchange)に Amazon AWS が接続されたのが 3年前であり、今年は Performance Hub がサポートされ、さらには、この Cloud Exchange が加わったわけです。コンピューティングやストレージの拡張性というより、ネットワークにおける品質を全面に押し出した Equinix の各種サービスが、クラウド・ビジネスにおける「美味しいとこ取り」をしているような気がしてならないのです。

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Digital Ocean, Equinix, Web Scale by Agile Cat on May 24, 2014

DigitalOcean Deploys in Singapore Data Center
http://wp.me/pwo1E-7w3

Singapore – 21 May 2014
http://www.bobsguide.com/guide/news/2014/May/21/digitalocean-deploys-in-singapore-data-center.html

Cloud service provider selects SG2 to support customers’ growth in the Asia-Pacific region

Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced that DigitalOcean has chosen one of its International Business Exchange™ (IBX®) data centers in Singapore (SG2) to support its expansion into the Asia-Pacific market. This Singapore data center deployment will allow the company to provide its existing customers with greater access to the Asian market and offer its cloud hosting services to the growing developer community in the region.

今日(5/21)、グローバル・インターコネクションとデータセンターの事業者である Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、Asia-Pacific 市場でのビジネスの拡大を目指す DigitalOcean が、同社の Singapore (SG2) における International Business Exchange™ (IBX®) データセンターを選択したと発表した。この、Singapore データセンターへのデプロイメントにより、DigitalOcean は顧客たちに対して、Asia 市場へ向けたアクセスを強化し、また、この地域で成長しているデベロッパー・コミュニティにたいして、クラウド・ホスティング・サービスを提供していく。

DigitalOcean is a cloud service provider. It offers fast, agile and secure cloud solutions and a seamless experience for developers with its reliable solid-state drive (SSD) cloud server infrastructure and simplified application programming interfaces.

DigitalOceanは、クラウド·サービス·プロバイダーである。そして、高信頼性の SSD(solid-state drive)と、クラウド・サーバー・インフラおよび、単純化された API を備えた、高速/アジャイル/セキュアなクラウド・ソリューションと、シームレスなエクスペリエンスを開発者に提供している。

Having grown its customer base to 200,000 within three years and with rising demand for its services in Asia-Pacific, DigitalOcean needed a way to rapidly scale to this key emerging region.

わずか 3年の間に、その顧客を 200,000 社に成長させ、Asia-Pacific においても需要を増大している DigitalOcean は、この急伸するマーケットにおいて、ビジネスを迅速にスケールしていく必要があった。

By deploying in Singapore, a fast-growing hub for cloud adoption and hosting services, DigitalOcean can better serve the international developer community and utilize SG2 as a gateway to Australia, India, Southeast Asia and Japan.

DigitalOceanは、クラウドやホスティング・サービスの運用において、急成長している Singapore というハブにディプロイすることで、インターナショナルなデベロッパー・コミュニティに対して、より優れたサービスを提供し、Australia/India/Southeast Asia/Japan へ向けたゲートウェイとして、この SG2 を活用することになる。

In addition to Singapore, DigitalOcean is also deployed in Equinix data centers in New York, Silicon Valley and Amsterdam.

なお、DigitalOcean は、今回の Singapore における展開に加えて、すでに New York/Silicon Valley/Amsterdam で、Equinix のデータセンターにディプロイを完了している。

Platform Equinix™ provides DigitalOcean with the close proximity it needs to reduce latency to 30 milliseconds compared to 200 milliseconds if connecting via Amsterdam or Silicon Valley. This enables DigitalOcean’s customers to offer their services to companies in the Asia-Pacific region with the highest level of performance uptime.

プラットフォームとしての Equinix™ が DigitalOcean に提供するのは、Amsterdam や Silicon Valley を介した接続では200 ミリ秒となるレイテンシを、30ミリ秒にまで短縮するというニーズに対応するものである。それにより、DigitalOcean の顧客は Asia-Pacific のエンドユーザーに対して、最高レベルのパフォーマンスを提供できるようになる。

Home to more than 975 network providers globally – 190 of which are accessible in Singapore – and with 19 data center locations in key Asia-Pacific markets, Equinix is the optimal choice for cloud providers who are looking to establish a point of presence in the region and better serve their customers with low-latency solutions.

Equinix は、その本拠地から、975以上のグルーバル・ネットワーク・プロバイダへのアクセスを提供し、そのうちの 190 は、Singapore からアクセスが可能である。 そして、Asia-Pacific の主要マーケットに、19ヶ所のデータセンターを有している。したがって、この地域に PoP(point of presence)を確立し、低レイテンシのソリューション・サービスを、顧客に提供しようとするクラウド·プロバイダーにとって、同社は最適な選択となる。

“By combining Level 3’s network with the Equinix Cloud Exchange, we are making it easier for our customers to grow and improve the efficiency of their business operations with access to a broader range of cloud services,” said Anthony Christie, Level 3’s chief marketing officer. “With pre-established network-to-network interfaces (NNIs) from Level 3 to Equinix, combined with Level 3’s dynamic bandwidth capability, customers can quickly turn up and scale their cloud solutions.”

「 広範囲におよぶクラウド・サービスへのアクセスを用いて、ビジネスを効率よく改善/成長したい顧客たちは、Level 3 のネットワークと Equinix の Cloud Exchange を組み合わせることで、それを容易にしていく。Level 3  から Equinix へ向けて、すでに確立されている NNI(network-to-network interfaces)を用い、Level 3 におけるダイナミックな帯域幅容量と組み合わせることで、顧客のクラウド・ソリューションは瞬時に立ち上がり、また、スケールしていくだろう」と、Level 3 の Chief Marketing Officer である Anthony Christie は述べている。

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: "As a startup, DigitalOcean needs to maintain an agile and flexible architecture to scale and support its operations and business plans, which Equinix provides. As a result of its global deployment through Equinix, the company’s customer base of developers, from startups as well as mature enterprises, can expect low-latency connectivity and minimal concerns of performance downtime, a key consideration in today’s demand for a constantly connected world.”

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: スタートアップとしての DigitalOcean は、その事業とビジネス・プランをスケール/サポートしていくために、アジャイルで柔軟なアーキテクチャを維持する必要があった。 そして、それを Equinix が提供した。Equinix を介してグローバルにディプロイした結果、スタートアップからエンタープライズまでにいたる、同社のカスタマー・ベースとしてのデベロッパーたちは、低レイテンシの接続性を期待し、また、パフォーマンスの低下を忘れ、ほんとうの意味での常時接続という、いまの世界における要求を満たせるようになってきた。

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: “With our rapidly growing customer base, it is critical that we are able to effectively meet increasing demand for capacity in a timely manner, without compromising on quality of service. Our experience with Equinix has shown that selecting a data center provider that consistently delivers excellent global connectivity and reliable infrastructure is absolutely vital. Deploying in the Equinix IBX data center in Singapore not only allows us to continue providing the highest level of service to existing customers, but also to access new customers in a thriving region.”

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: 私たちのカスタマー・ベースが急成長していることを考えると、タイムリーな方式で、サービスの品質を損なうことなく、増大するキャパシティへの要求という問題に、効果的に対応していくことが重要となる。Equinix を使用してきた私たちの経験が、常に優れたレベルでグローバルな接続性と信頼性を実現するための、高度なインフラストラクチャを提供するデータセンター·プロバイダーの選択が、絶対に不可欠であることを示している。Singapore における Equinix IBX データセンターへのディプロイにより、私たちは、これまでの顧客に最高レベルのサービスを提供し続けるだけではなく、この繁栄の地における新たな顧客へのアクセスも実現していく。

ーーーーー

このところ、インターコネシクョンを調べている Agile_Cat ですが、パブリック・クラウドのプロバイダーだけでは成り立たない世界というものを、それとなく認識し始める、、、という感じになってきました。 そして、つい数時間前に、この出来たてホヤホヤのブログ・ポストを見つけ、何が書いてあるのかを知りたくて、訳し終えたら夜が明けたという、土曜日の朝です :) DigitalOcean + Qquinix + Singapore という顔ぶれに、このところ気になってきた Level 3 まで参加するという、豪華絢爛なキャスティングですもの、寝るのを忘れても仕方ないですよね。 マーライオンの前方、数百メートルの海面が盛り上がり、そこからゴジラが登場してきたという感じがします。 なんか、ワクワクする展開ですね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on May 20, 2014

Equinix, NTT dominate North America, APAC colocation markets, says Synergy
http://wp.me/pwo1E-7vA
March 28, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/equinix-ntt-dominate-north-america-apac-colocation-markets-says-synergy/2014-03-28

Equinix (Nasdaq: EQIX) continues to be a frontrunner in the colocation market, taking charge of both the North America and EMEA market, while NTT took the top spot in the APAC region in the fourth quarter of 2013, according to a Synergy Research Group report.

Synergy Research Group のレポートによると、Equinix (Nasdaq: EQIX) はコロケーション市場のフロント・ランナーであり続け、North America と EMEA では手に負えない存在であるが、2013年 Q4 における APAC では NTT がトップに座っている。

There are some clear distinct dynamics in each of these markets, the report notes. "In APAC there are a lot of telcos and single-country operators, while the EMEA market is led by companies with operations in multiple countries and the U.S. is home to a long list of colocation specialists that focus solely on their home market," said John Dinsdale, a chief analyst and research director at Synergy Research Group. "Over time multi-country operators will account for an ever-increasing share of the market.”

このレポートは、いくつかの明確かつ個別のダイナミクスが、それぞれの市場にあると指摘している。具体的には、「 APAC の地域には、数多くの通信事業者と、国内に特化したオペレータが存在しているが、EMEA の市場では複数の国々にまたがる企業がリーダーであり、また、US には国内市場だけにフォーカスする、コロケーション・スペシャリストがたくさんいる。そして、時間が経つにつれて、複数の国々にまたがる事業者が、市場でのシェアを伸ばし続けることになる 」と、Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は述べている。

In North America, Equinix enjoys a wide lead over its nearest competitors Verizon Terremark (NYSE: VZ) and CenturyLink (NYSE: CTL). However, in EMEA Equinix is in a dead heat with TeleCity and Interxion.

North America における Equinix は、それに続くライバルである、Verizon Terremark (NYSE: VZ) と CenturyLink (NYSE: CTL) に対して大きなリードを保っているが、EMEA では TeleCity および Interxion とデッドヒートという状況にある。

"Equinix has aggressively built large-scale operations over a long period of time, including a clear focus on building a strong presence in EMEA and APAC in addition to North America," Dinsdale said in an e-mail to FierceTelecom. "It now has a data center presence in 6 EMEA countries and 5 APAC countries in addition to the US (plus Canada and Brazil). It has a lot of key countries around the world covered, which plays well to attracting multi-national enterprises as clients – in addition to winning local business."

「 Equinix は、これまでの長い期間にわたって、大規模なオペレーションを展開しているが、そこには North America だけではなく、EMEA および APAC でもプレゼンスを高めていこうという、明確な意志が含まれている。つまり、US( Canada と Brazil を含む)に加えて、EMEA 6カ国と APAC 5カ国において、データセンターのプレゼンスを示し始めている。つまり、同社は、この世界における大半の主要国をカバーし、ローカル企業だけではなくグローバル企業も、そのクライアントにしている」と、Dinsdale は FierceTelecom への電子メールで述べている。

Meanwhile, in APAC, NTT’s market share is double that of its closest rival, China Telecom, while Equinix has taken a third ranking spot.

その一方で、APAC では NTT が、次に続く China Telecom に対して二倍の規模を誇り、Equinix は 3番手に留まっている。

Similar to the European market, Dinsdale said that much of NTT and China Telecom’s power resides in their home countries where "they each control 30%-40% of their home markets which is the foundation of their leading positions in the region.”

Europe の市場と同様に、NTT と China Telecom は、自国のクライアントに大きく存在し、また、「 そうして確保している 30%〜40% のシェアが、それぞれの地域における主導的なポジションの基盤になっている」と、Dinsdale は述べている。

He added that "NTT does have a lot of data centers in other APAC countries, but still generates the bulk of its colocation revenue from Japan.”

そして、「NTT は APAC の全域に大量のデータセンターを保有しているが、そこでの利益の大半は、日本からのコロケーションに依存している」と、彼は付け加えている。

The fourth quarter was an overall positive time for the regional colocation market, having grown 8 percent year-over-year to $4.5 billion. What’s more, quarterly spending on wholesale colocation to some 26 percent of retail spend from three main providers: Digital Realty Trust, Global Switch and DuPont Fabros.

この、2013年 Q4 は、それぞれのコロケーション市場に対して追い風をもたらし、前年比で 8% の成長と、$4.5 Billion の収益を生み出した。さらに言えば、卸売されるコロケーションの 1/4 に相当する、全体の 26% ものビジネスが、Digital Realty Trust/Global Switch/DuPont Fabros から提供されているのだ。

For more: – see the release

Related articles:

Amazon, Salesforce, IBM dominate IaaS, PaaS cloud infrastructure segments, says Synergy
Week in Research: Cisco, HP battle for enterprise router supremacy; Q2 broadband CPE rises 5.6%
Synergy Research: SaaS-based conferencing boosts UC applications market

ーーーーー

TAG index別の探しものをしていて、とても興味深いポストを見つけたので、訳してみました。 これまでにも、Equinix の強さを感じてはいましたが、これほどまで、世界を網羅するかたちで、大きなシェアを有しているとは思っていませんでした。 昨日のポストに、「パブリック·クラウドのプラットフォームは 2020年までに、従来からのインフラストラクチャに匹敵するレベルでディプロイされるようになる」という、Forrester のコメントが有りましたが、裏を返せばコロケーションの強さを、そして、ネットワークド・コンピューティングの優位性を示していることになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Network by Agile Cat on April 23, 2014

Equinix Launches Performance Hubs
http://wp.me/pwo1E-7r2
Light Reading – 3/5/2014
http://www.lightreading.com/equinix-launches-performance-hubs/d/d-id/708078

_ Light Readingspacer

REDWOOD CITY, Calif. — Equinix, Inc., the global interconnection and data center company, today announced the Equinix Performance Hub, a new solution that uniquely combines elements of data centers, networking infrastructure and connectivity, and cloud computing access to improve application performance and deliver a globally consistent quality of experience to end users.

相互接続サービスとデータセンターを、グローバル・マーケットで展開する Equinix Inc. だが、3月5日に Equinix Performance Hub という新しいソリューションを発表した。それは、データセンター/ネットワーク・インフラ/コネクティビティにおける要素を、一意に取りまとめるものであり、また、アプリケーション性能を向上させるクラウド・コンピューティング・アクセスを実現し、グローバルにおける均一な品質とエクスペリエンスをエンドユーザーに提供するものとなる。

The Performance Hub serves as an extension of the private enterprise network into an Equinix International Business Exchange (IBX) data center, enabling enterprises to securely and reliably connect to network and cloud service providers using their own infrastructure or off-the-shelf equipment supplied as part of a bundled offer. Global enterprises such as Chevron, eBay, and Nvidia have already elected to deploy Performance Hub architectures in Equinix data centers around the world.

この Performance Hub は、プライベート・エンタープライズ・ネットワークを、Equinix International Business Exchange (IBX) へと向けて拡張させるものとして機能する。それにより、それぞれのエンタープライズは、安全かつ確実にネットワークに接続することが可能となり、その一方で、独自のインフラや既成品としての機材を使用するクラウド・プロバイダーは、そのサービスをバンドルして提供できるようになる。Chevron/eBay/NVIDIA といったグローバル・エンタープライズは、世界に展開する Equinix のデータセンターに、この Performance Hub アーキテクチャをディプロイするという方針でいる。

Global cloud traffic is forecast to grow 4.5 times between now and 2017, to 7.7 zettabytes a year, according to Cisco Systems. The combined forces of globalization and the reliance on collaborative, business-critical applications are causing significant demand on enterprise networks and IT architectures. As a result, these businesses need a robust, secure and distributed network to meet the performance needs of a dispersed user base.

Cisco Systems によると、グローバルにおけるクラウド・トラフィックは、2017年までの間に 4.5倍に成長し、7.7 Zetta Byte にいたると予測される。そして、グローバリゼーションへ向けた推進力と、コラボレーションにおける相互依存を組み合わせた、クリティカルなビジネス・アプリケーションが、エンタープライズ・ネットワークと IT アーキテクチャに大きな需要をもたらしている。 結論を述べるなら、それらのエンタープライズは、世界に点在するユーザー・ベースに応じて、パフォーマンスに関するニーズを満たすために、堅牢/安全/分散を保証するネットワークを必要としている。

Equinix developed the Performance Hub to address the needs of enterprises struggling to maintain the highest level of network performance and quality of service for global users. Performance Hub deployments include:

Equinix が開発した Performance Hub は、グローバル・ユーザーが要求するネットワーク性能とサービス品質を、最高レベルに維持するという困難なニーズに取り組む、エンタープライズのためのものである。Performance Hub のデプロイメントには、以下の項目が含まれる:

  • Equinix IBX data center hosting ̶ Cabinets, power, and cross connects
  • Network connectivity ̶ Metro-Ethernet, long-haul (MPLS-VPN), ISP
  • Network equipment ̶ Routing, switching, firewalls, SSL-VPN, load-balancers, WAN-acceleration
  • Cloud connectivity ̶ Private, high-bandwidth connectivity to leading public clouds such as Amazon Web Services (AWS), Microsoft Windows Azure and many others.

ーーーーー

TAG indexクラウドの定義って何なのだろうと考えると、ワークロードに応じた適切なリソースの設定が、つまり Elastic Computing が真っ先に頭に浮かんできますが、もう 1つのモノサシとして Networked Computing も重要だと思うのです。 このポストの最後に記されている、[ Cloud connectivity ] のところに AWS と Azure が並んでいますが、それらを Public というより、Elastic の代表格として捉えることも可能です。 そして、そこに Networked の代表格である Equinix が加わることで、エンタープライズのための Hybrid が完成するというシナリオを、同社はプッシュしていくのでしょう。 その一方では、DigitalOcean のような新興勢力も台頭してきているわけで、クラウドの世界は、なかなか勢力図か固まらないという、とても面白い状況にあるようです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

%d bloggers like this: