Agile Cat — in the cloud

Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid by Agile Cat on September 3, 2014

Equinix Launches Cloud Exchange To Unlock Full Potential Of Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-7O4

By
cloudtweaks April 30, 2014
http://cloudtweaks.com/2014/04/equinix-launches-cloud-exchange-unlock-full-potential-cloud-computing/

_ Cloud Tweaks

Next-generation interconnection solution improves connectivity options for cloud buyers and service providers by making multi-cloud, multi-network access a reality

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced the launch of the Equinix Cloud Exchange, an advanced interconnection solution that enables seamless, on-demand and direct access to multiple clouds and multiple networks across the globe. By bringing together cloud service providers with cloud consumers and enabling them to establish private, high-performance connections, the Equinix Cloud Exchange gives enterprises direct access to the services they need to build sophisticated hybrid cloud solutions inside Equinix International Business Exchange™ (IBX®) data centers.

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、グローバルなインター・コネクトとデータセンターの企業である。そして、今日、世界に広がるマルチ・クラウドおよびマルチ・ネットワークに対して、シームレス/オンデマンド/ダイレクトにアクセスする、先進的な相互接続ソリューションである Equinix Cloud Exchange をローンチした。この Equinix Cloud Exchange により、クラウド・サービスのプロバイダーとコンシューマをつなぎあわせ、プライベートでハイパフォーマンスな接続を確立することで、顧客であるエンタープライズたちは、Equinix International Business Exchange™ (IBX®) データセンターの中で、洗練されたハイブリッド·クラウド·ソリューションを構築するために必要な、各種のサービスへのダイレクト・アクセスを実現していく。

Until now, companies concerned about relying on the open Internet for mission-critical business did not have a secure, reliable and scalable connectivity solution for a multi-cloud environment. By eliminating the bottlenecks associated with traditional cloud access across the public Internet, the Equinix Cloud Exchange provides a secure path for businesses to access cloud resources at much higher throughput. In fact, tests run in the Equinix Solution Validation Center showed increased throughput of 147 percent when connecting directly to the cloud as compared to public Internet connections.

これまで、ミッション・クリティカルなビジネスのために、オープンなインターネット活用したいと考える企業がいても、安全性と信頼性を備えたマルチ・クラウド環境の接続において、スケーラブルなソリューションが実現されていなかった。パブリックなインターネットを介した、これまでのクラウド・アクセスからボトルネックを排除することで、Equinix Cloud Exchange はエンタープライズに対して、はるかに高いスループットでクラウド・リソースにアクセスする、きわめてセキュアなパスを提供する。実際に、Equinix Solution Validation Center で実施されたテストでは、クラウドへの接続におけるダイレクト・アクセスとインターネット・アクセスの比較で、147% のスループットの向上が確認されている。

Systems integrators, IT services companies, SaaS and IaaS providers, networks and cloud enablers can all leverage the Equinix Cloud Exchange to rapidly advance their cloud computing agendas, scale their businesses globally and speed their time to market. At the same time, enterprises can achieve significant benefits by connecting through the Equinix Cloud Exchange, including increasing the privacy, performance and reliability of cloud service connections.

システム・インテグレーターや、IT サービサー、SaaS/IaaS、そしてネットワークとクラウドを実現していく全ての人々は、Equinix Cloud Exchange を利用することで、その計画を迅速に策定し、ビジネスをグローバルに拡大し、市場に提供するまでの時間を短縮できるようになる。それと同時に、 Equinix Cloud Exchange を介したコネクションを得ることで、クラウド・サービスのコネクションにおいても、プライバシーとパフォーマンスだけではなく、その信頼性までを高めていけるようになる。

Businesses can join the Equinix Cloud Exchange in 13 markets globally – Silicon Valley, Washington D.C., New York, Toronto, Seattle, Los Angeles, Atlanta, Dallas, Chicago, London, Amsterdam, Frankfurt and Paris – with expansion planned to a total of 19 markets by the end of 2014. Today customers can connect to Microsoft Azure ExpressRoute in Silicon Valley, Washington, D.C. and London with planned expansions into 13 additional markets by the end of 2014.

顧客である企業は、世界に広がる 13のマーケットで、Equinix Cloud Exchangeに参加することが可能である。 現時点では、Silicon Valley/Washington D.C./New York/Toronto/ Seattle/Los Angeles/Atlanta/Dallas/Chicago/London/Amsterdam/Frankfurt/Paris がカバーされているが、2014年の末までには、その範囲を19 マーケットに拡大する予定だ。 また、現時点においても、 Silicon Valley/Washington D.C./London では、Miacoroft Azure ExpressRoute への接続が可能であり、2014年の末までには 13 マーケットが追加される。

Customers can also access Amazon Web Services via the Equinix Cloud Exchange in Silicon Valley, Washington, D.C. and London. In addition, Equinix is working with other key cloud and network service providers to provide access to their services via the Cloud Exchange.

さらに、Amazon Web Services に関しては、 Silicon Valley/Washington, D.C/London において、 Equinix Cloud Exchange を介した接続がサポートされている。Equinix は、他のクラウド/ネットワーク・プロバイダーとの提携も進めており、それぞれのサービスへの、Cloud Exchange を介した接続を実現していく。

Next-Generation Interconnection Capabilities Enable High-Performance Multi-Cloud Environment

Representing an industry first, the Equinix Cloud Exchange will combine the automated interconnection of cloud, network and managed service providers with advanced service orchestration, providing enterprises with simple, scalable, direct access to the multiple cloud services they need to build highly flexible hybrid cloud solutions.

この種のサービスとして業界初となる Equinix Cloud Exchange は、先進的なサービス・オーケストレーションを用いて、クラウド/ネットワーク/マネージド・サービスのプロバイダーたちにおける、自動化されたインターコネクションを結合していく。それにより、きわめて柔軟なハイブリッド・クラウド・ソリューションを、構築する必要のあるエンタープライズたちは、マルチ・クラウド・サービスに対する、シンプルでスケーラブルなダイレクト・アクセスを実現していく。

Equinix’s Cloud Exchange Portal and APIs simplify the process of managing connections to multiple cloud services. Businesses can use the Portal and APIs to allocate, monitor and provision virtual circuits in near real-time with the provisioning of those circuits automated end-to-end from the Cloud Exchange to the service provider. This breakthrough capability provides faster performance, better reliability, increased security, and quicker and easier deployment of cloud applications, bringing significant benefits to the broad community of industry participants looking to realize the benefits of cloud computing.

Equinix における Cloud Exchange の Portal と API は、複数のクラウド・サービス間接続を管理するためのプロセスを簡素化する。顧客となる企業は、この Portal と API を用いることで、仮想ネットワークの割り当て/モニタリング/プロビジョニングを、ほぼリアルタイムで実現していける。もちろん、その際には、Cloud Exchange からサービス・プロバイダーのクラウドへ向けた、End-to-End のプロビジョニングも自動的に完了する。これらの画期的な機能により、高速性とパフォーマンス/優れた信頼性/セキュリティの強化が提供され、クラウド・アプリケーションの迅速かつ容易なデプロイメントが実現される。 そして、クラウド·コンピューティングのメリットを具体化しようとする、この産業の広範囲におよぶコミュニティに、大きなメリットがもたらされる。

“As an increasing number of enterprises move to the cloud, they require a new level of interconnectivity to access multiple clouds, across multiple sites, from a broad range of networks,” said Tony Bishop, chief strategy officer at The 451 Group. “With its global datacente footprint and extensive ecosystem of network and cloud service providers, the Equinix Cloud Exchange addresses many of the most pressing challenges holding corporate users back from relying on the cloud for mission-critical business including latency, security and performance issues.”

451 Group の Chief Strategy Officer である Tony Bishop は、「 クラウドへ移行するエンタープライズが増えるにつれて、広範囲におよぶネットワークから、複数のサイトを横断し、複数のクラウドにアクセスするための、新たなレベルのインターコネクションが要求される。グローバルに展開されたデータセンターおよび、広範囲に展開されるネットワーク・エコシステムと、クラウド・サービス・プロバイダーたちを組み合わせることで、企業ユーザーを制約している最も差し迫った課題を、Equinix Cloud Exchange は解決していく。それは、レイテンシー/セキュリティ/パフォーマンスといった問題を含む、ミッション・クリティカルなビジネスにおいて、クラウドに依存しているユーザーたちを救うものでもある」と、述べている。

Interconnection Track Record Positions Equinix to Solve Pressing Cloud Connectivity Challenges

Equinix earned a position as the world’s leading data center and interconnection company by enabling the growth of the most influential and highly interconnected business ecosystems in the IT industry. This 15-year track record has made the company the trusted home to the widest range of networks, cloud providers and prospective cloud services customers in the world.

Equinix は、IT 業界で最も影響力のある、高いレベルでインターコネクトされた、ビジネス・エコシステムを成長させ続けることで、世界をリードするデータセンターとインターコネクションの企業としてのポジションを確立している。この15年間にわたる実績により、世界に広がるネットワークおよび、クラウド・プロバイダー、そして将来のクラウド・サービス利用者にとって、信頼できる基盤が構築されてきた。

“Just as it was with the Internet, the key to realizing the business benefits of the cloud is how well connected it is,” said Ihab Tarazi, chief technology officer at Equinix. “But companies are recognizing that the Internet has security and performance limitations, given that it is inherently open and shared publicly. By utilizing direct access via the Equinix Cloud Exchange, businesses no longer have to compromise on these essential requirements when accessing cloud providers.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「 それこそが、インターネットに寄り添ってきたものである。 つまり、クラウドの世界において、企業のメリットを実現するためのカギは、どれだけ上手く接続できるのかという点に集約される。 そして、それらの企業は、オープンかつパブリックに共有されるインターネットを前提にするなら、そこにはセキュリティとパフォーマンスの制約があると認識している。 Equinix Cloud Exchange を介したダイレクト・アクセスを利用することで、それらのクラウド・プロバイダーにアクセスする企業において、この本質的な要件で妥協する必要性が消え去っていく」と、述べている。

Today over 4,500 customers, including 450 cloud service providers and 975 networks, are deployed within Equinix’s 100+ global data centers, which are located in close proximity to hundreds of thousands of enterprises. With the introduction of Cloud Exchange, Equinix is building upon its successful heritage and leveraging the power of interconnection to bring cloud buyers and providers together in new ways to realize the benefits of cloud computing.

現時点において、Equinix がグローバルに展開する、100 ヵ所以上のデータセンターに、450 のクラウド·サービス·プロバイダーと、975 のネットワークを含む、4,500 以上の顧客がリソースをディプロイしている。そして、それらのデータセンターは、無数とも言えるエンタープライズに隣接している。Cloud Exchange の導入は、インターコネクションのパワーを継承/活用するかたちで、Equinix が成功し続けることを意味する。それにより、クラウド·コンピューティングのメリットを実現するための新しい方式が、クラウドのバイヤーとプロバイダー、双方にもたらさせるようになる。

ーーーーー

実は、すでにカテゴリ<Equnix>は作ってあって、このポストで 10本目という計算になります。 同社の IBX(International Business Exchange)に Amazon AWS が接続されたのが 3年前であり、今年は Performance Hub がサポートされ、さらには、この Cloud Exchange が加わったわけです。コンピューティングやストレージの拡張性というより、ネットワークにおける品質を全面に押し出した Equinix の各種サービスが、クラウド・ビジネスにおける「美味しいとこ取り」をしているような気がしてならないのです。

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Digital Ocean, Equinix, Web Scale by Agile Cat on May 24, 2014

DigitalOcean Deploys in Singapore Data Center
http://wp.me/pwo1E-7w3

Singapore – 21 May 2014
http://www.bobsguide.com/guide/news/2014/May/21/digitalocean-deploys-in-singapore-data-center.html

Cloud service provider selects SG2 to support customers’ growth in the Asia-Pacific region

Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced that DigitalOcean has chosen one of its International Business Exchange™ (IBX®) data centers in Singapore (SG2) to support its expansion into the Asia-Pacific market. This Singapore data center deployment will allow the company to provide its existing customers with greater access to the Asian market and offer its cloud hosting services to the growing developer community in the region.

今日(5/21)、グローバル・インターコネクションとデータセンターの事業者である Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、Asia-Pacific 市場でのビジネスの拡大を目指す DigitalOcean が、同社の Singapore (SG2) における International Business Exchange™ (IBX®) データセンターを選択したと発表した。この、Singapore データセンターへのデプロイメントにより、DigitalOcean は顧客たちに対して、Asia 市場へ向けたアクセスを強化し、また、この地域で成長しているデベロッパー・コミュニティにたいして、クラウド・ホスティング・サービスを提供していく。

DigitalOcean is a cloud service provider. It offers fast, agile and secure cloud solutions and a seamless experience for developers with its reliable solid-state drive (SSD) cloud server infrastructure and simplified application programming interfaces.

DigitalOceanは、クラウド·サービス·プロバイダーである。そして、高信頼性の SSD(solid-state drive)と、クラウド・サーバー・インフラおよび、単純化された API を備えた、高速/アジャイル/セキュアなクラウド・ソリューションと、シームレスなエクスペリエンスを開発者に提供している。

Having grown its customer base to 200,000 within three years and with rising demand for its services in Asia-Pacific, DigitalOcean needed a way to rapidly scale to this key emerging region.

わずか 3年の間に、その顧客を 200,000 社に成長させ、Asia-Pacific においても需要を増大している DigitalOcean は、この急伸するマーケットにおいて、ビジネスを迅速にスケールしていく必要があった。

By deploying in Singapore, a fast-growing hub for cloud adoption and hosting services, DigitalOcean can better serve the international developer community and utilize SG2 as a gateway to Australia, India, Southeast Asia and Japan.

DigitalOceanは、クラウドやホスティング・サービスの運用において、急成長している Singapore というハブにディプロイすることで、インターナショナルなデベロッパー・コミュニティに対して、より優れたサービスを提供し、Australia/India/Southeast Asia/Japan へ向けたゲートウェイとして、この SG2 を活用することになる。

In addition to Singapore, DigitalOcean is also deployed in Equinix data centers in New York, Silicon Valley and Amsterdam.

なお、DigitalOcean は、今回の Singapore における展開に加えて、すでに New York/Silicon Valley/Amsterdam で、Equinix のデータセンターにディプロイを完了している。

Platform Equinix™ provides DigitalOcean with the close proximity it needs to reduce latency to 30 milliseconds compared to 200 milliseconds if connecting via Amsterdam or Silicon Valley. This enables DigitalOcean’s customers to offer their services to companies in the Asia-Pacific region with the highest level of performance uptime.

プラットフォームとしての Equinix™ が DigitalOcean に提供するのは、Amsterdam や Silicon Valley を介した接続では200 ミリ秒となるレイテンシを、30ミリ秒にまで短縮するというニーズに対応するものである。それにより、DigitalOcean の顧客は Asia-Pacific のエンドユーザーに対して、最高レベルのパフォーマンスを提供できるようになる。

Home to more than 975 network providers globally – 190 of which are accessible in Singapore – and with 19 data center locations in key Asia-Pacific markets, Equinix is the optimal choice for cloud providers who are looking to establish a point of presence in the region and better serve their customers with low-latency solutions.

Equinix は、その本拠地から、975以上のグルーバル・ネットワーク・プロバイダへのアクセスを提供し、そのうちの 190 は、Singapore からアクセスが可能である。 そして、Asia-Pacific の主要マーケットに、19ヶ所のデータセンターを有している。したがって、この地域に PoP(point of presence)を確立し、低レイテンシのソリューション・サービスを、顧客に提供しようとするクラウド·プロバイダーにとって、同社は最適な選択となる。

“By combining Level 3’s network with the Equinix Cloud Exchange, we are making it easier for our customers to grow and improve the efficiency of their business operations with access to a broader range of cloud services,” said Anthony Christie, Level 3’s chief marketing officer. “With pre-established network-to-network interfaces (NNIs) from Level 3 to Equinix, combined with Level 3’s dynamic bandwidth capability, customers can quickly turn up and scale their cloud solutions.”

「 広範囲におよぶクラウド・サービスへのアクセスを用いて、ビジネスを効率よく改善/成長したい顧客たちは、Level 3 のネットワークと Equinix の Cloud Exchange を組み合わせることで、それを容易にしていく。Level 3  から Equinix へ向けて、すでに確立されている NNI(network-to-network interfaces)を用い、Level 3 におけるダイナミックな帯域幅容量と組み合わせることで、顧客のクラウド・ソリューションは瞬時に立ち上がり、また、スケールしていくだろう」と、Level 3 の Chief Marketing Officer である Anthony Christie は述べている。

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: "As a startup, DigitalOcean needs to maintain an agile and flexible architecture to scale and support its operations and business plans, which Equinix provides. As a result of its global deployment through Equinix, the company’s customer base of developers, from startups as well as mature enterprises, can expect low-latency connectivity and minimal concerns of performance downtime, a key consideration in today’s demand for a constantly connected world.”

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: スタートアップとしての DigitalOcean は、その事業とビジネス・プランをスケール/サポートしていくために、アジャイルで柔軟なアーキテクチャを維持する必要があった。 そして、それを Equinix が提供した。Equinix を介してグローバルにディプロイした結果、スタートアップからエンタープライズまでにいたる、同社のカスタマー・ベースとしてのデベロッパーたちは、低レイテンシの接続性を期待し、また、パフォーマンスの低下を忘れ、ほんとうの意味での常時接続という、いまの世界における要求を満たせるようになってきた。

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: “With our rapidly growing customer base, it is critical that we are able to effectively meet increasing demand for capacity in a timely manner, without compromising on quality of service. Our experience with Equinix has shown that selecting a data center provider that consistently delivers excellent global connectivity and reliable infrastructure is absolutely vital. Deploying in the Equinix IBX data center in Singapore not only allows us to continue providing the highest level of service to existing customers, but also to access new customers in a thriving region.”

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: 私たちのカスタマー・ベースが急成長していることを考えると、タイムリーな方式で、サービスの品質を損なうことなく、増大するキャパシティへの要求という問題に、効果的に対応していくことが重要となる。Equinix を使用してきた私たちの経験が、常に優れたレベルでグローバルな接続性と信頼性を実現するための、高度なインフラストラクチャを提供するデータセンター·プロバイダーの選択が、絶対に不可欠であることを示している。Singapore における Equinix IBX データセンターへのディプロイにより、私たちは、これまでの顧客に最高レベルのサービスを提供し続けるだけではなく、この繁栄の地における新たな顧客へのアクセスも実現していく。

ーーーーー

このところ、インターコネシクョンを調べている Agile_Cat ですが、パブリック・クラウドのプロバイダーだけでは成り立たない世界というものを、それとなく認識し始める、、、という感じになってきました。 そして、つい数時間前に、この出来たてホヤホヤのブログ・ポストを見つけ、何が書いてあるのかを知りたくて、訳し終えたら夜が明けたという、土曜日の朝です :) DigitalOcean + Qquinix + Singapore という顔ぶれに、このところ気になってきた Level 3 まで参加するという、豪華絢爛なキャスティングですもの、寝るのを忘れても仕方ないですよね。 マーライオンの前方、数百メートルの海面が盛り上がり、そこからゴジラが登場してきたという感じがします。 なんか、ワクワクする展開ですね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on May 20, 2014

Equinix, NTT dominate North America, APAC colocation markets, says Synergy
http://wp.me/pwo1E-7vA
March 28, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/equinix-ntt-dominate-north-america-apac-colocation-markets-says-synergy/2014-03-28

Equinix (Nasdaq: EQIX) continues to be a frontrunner in the colocation market, taking charge of both the North America and EMEA market, while NTT took the top spot in the APAC region in the fourth quarter of 2013, according to a Synergy Research Group report.

Synergy Research Group のレポートによると、Equinix (Nasdaq: EQIX) はコロケーション市場のフロント・ランナーであり続け、North America と EMEA では手に負えない存在であるが、2013年 Q4 における APAC では NTT がトップに座っている。

There are some clear distinct dynamics in each of these markets, the report notes. "In APAC there are a lot of telcos and single-country operators, while the EMEA market is led by companies with operations in multiple countries and the U.S. is home to a long list of colocation specialists that focus solely on their home market," said John Dinsdale, a chief analyst and research director at Synergy Research Group. "Over time multi-country operators will account for an ever-increasing share of the market.”

このレポートは、いくつかの明確かつ個別のダイナミクスが、それぞれの市場にあると指摘している。具体的には、「 APAC の地域には、数多くの通信事業者と、国内に特化したオペレータが存在しているが、EMEA の市場では複数の国々にまたがる企業がリーダーであり、また、US には国内市場だけにフォーカスする、コロケーション・スペシャリストがたくさんいる。そして、時間が経つにつれて、複数の国々にまたがる事業者が、市場でのシェアを伸ばし続けることになる 」と、Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は述べている。

In North America, Equinix enjoys a wide lead over its nearest competitors Verizon Terremark (NYSE: VZ) and CenturyLink (NYSE: CTL). However, in EMEA Equinix is in a dead heat with TeleCity and Interxion.

North America における Equinix は、それに続くライバルである、Verizon Terremark (NYSE: VZ) と CenturyLink (NYSE: CTL) に対して大きなリードを保っているが、EMEA では TeleCity および Interxion とデッドヒートという状況にある。

"Equinix has aggressively built large-scale operations over a long period of time, including a clear focus on building a strong presence in EMEA and APAC in addition to North America," Dinsdale said in an e-mail to FierceTelecom. "It now has a data center presence in 6 EMEA countries and 5 APAC countries in addition to the US (plus Canada and Brazil). It has a lot of key countries around the world covered, which plays well to attracting multi-national enterprises as clients – in addition to winning local business."

「 Equinix は、これまでの長い期間にわたって、大規模なオペレーションを展開しているが、そこには North America だけではなく、EMEA および APAC でもプレゼンスを高めていこうという、明確な意志が含まれている。つまり、US( Canada と Brazil を含む)に加えて、EMEA 6カ国と APAC 5カ国において、データセンターのプレゼンスを示し始めている。つまり、同社は、この世界における大半の主要国をカバーし、ローカル企業だけではなくグローバル企業も、そのクライアントにしている」と、Dinsdale は FierceTelecom への電子メールで述べている。

Meanwhile, in APAC, NTT’s market share is double that of its closest rival, China Telecom, while Equinix has taken a third ranking spot.

その一方で、APAC では NTT が、次に続く China Telecom に対して二倍の規模を誇り、Equinix は 3番手に留まっている。

Similar to the European market, Dinsdale said that much of NTT and China Telecom’s power resides in their home countries where "they each control 30%-40% of their home markets which is the foundation of their leading positions in the region.”

Europe の市場と同様に、NTT と China Telecom は、自国のクライアントに大きく存在し、また、「 そうして確保している 30%〜40% のシェアが、それぞれの地域における主導的なポジションの基盤になっている」と、Dinsdale は述べている。

He added that "NTT does have a lot of data centers in other APAC countries, but still generates the bulk of its colocation revenue from Japan.”

そして、「NTT は APAC の全域に大量のデータセンターを保有しているが、そこでの利益の大半は、日本からのコロケーションに依存している」と、彼は付け加えている。

The fourth quarter was an overall positive time for the regional colocation market, having grown 8 percent year-over-year to $4.5 billion. What’s more, quarterly spending on wholesale colocation to some 26 percent of retail spend from three main providers: Digital Realty Trust, Global Switch and DuPont Fabros.

この、2013年 Q4 は、それぞれのコロケーション市場に対して追い風をもたらし、前年比で 8% の成長と、$4.5 Billion の収益を生み出した。さらに言えば、卸売されるコロケーションの 1/4 に相当する、全体の 26% ものビジネスが、Digital Realty Trust/Global Switch/DuPont Fabros から提供されているのだ。

For more: – see the release

Related articles:

Amazon, Salesforce, IBM dominate IaaS, PaaS cloud infrastructure segments, says Synergy
Week in Research: Cisco, HP battle for enterprise router supremacy; Q2 broadband CPE rises 5.6%
Synergy Research: SaaS-based conferencing boosts UC applications market

ーーーーー

TAG index別の探しものをしていて、とても興味深いポストを見つけたので、訳してみました。 これまでにも、Equinix の強さを感じてはいましたが、これほどまで、世界を網羅するかたちで、大きなシェアを有しているとは思っていませんでした。 昨日のポストに、「パブリック·クラウドのプラットフォームは 2020年までに、従来からのインフラストラクチャに匹敵するレベルでディプロイされるようになる」という、Forrester のコメントが有りましたが、裏を返せばコロケーションの強さを、そして、ネットワークド・コンピューティングの優位性を示していることになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Network by Agile Cat on April 23, 2014

Equinix Launches Performance Hubs
http://wp.me/pwo1E-7r2
Light Reading – 3/5/2014
http://www.lightreading.com/equinix-launches-performance-hubs/d/d-id/708078

_ Light Readingspacer

REDWOOD CITY, Calif. — Equinix, Inc., the global interconnection and data center company, today announced the Equinix Performance Hub, a new solution that uniquely combines elements of data centers, networking infrastructure and connectivity, and cloud computing access to improve application performance and deliver a globally consistent quality of experience to end users.

相互接続サービスとデータセンターを、グローバル・マーケットで展開する Equinix Inc. だが、3月5日に Equinix Performance Hub という新しいソリューションを発表した。それは、データセンター/ネットワーク・インフラ/コネクティビティにおける要素を、一意に取りまとめるものであり、また、アプリケーション性能を向上させるクラウド・コンピューティング・アクセスを実現し、グローバルにおける均一な品質とエクスペリエンスをエンドユーザーに提供するものとなる。

The Performance Hub serves as an extension of the private enterprise network into an Equinix International Business Exchange (IBX) data center, enabling enterprises to securely and reliably connect to network and cloud service providers using their own infrastructure or off-the-shelf equipment supplied as part of a bundled offer. Global enterprises such as Chevron, eBay, and Nvidia have already elected to deploy Performance Hub architectures in Equinix data centers around the world.

この Performance Hub は、プライベート・エンタープライズ・ネットワークを、Equinix International Business Exchange (IBX) へと向けて拡張させるものとして機能する。それにより、それぞれのエンタープライズは、安全かつ確実にネットワークに接続することが可能となり、その一方で、独自のインフラや既成品としての機材を使用するクラウド・プロバイダーは、そのサービスをバンドルして提供できるようになる。Chevron/eBay/NVIDIA といったグローバル・エンタープライズは、世界に展開する Equinix のデータセンターに、この Performance Hub アーキテクチャをディプロイするという方針でいる。

Global cloud traffic is forecast to grow 4.5 times between now and 2017, to 7.7 zettabytes a year, according to Cisco Systems. The combined forces of globalization and the reliance on collaborative, business-critical applications are causing significant demand on enterprise networks and IT architectures. As a result, these businesses need a robust, secure and distributed network to meet the performance needs of a dispersed user base.

Cisco Systems によると、グローバルにおけるクラウド・トラフィックは、2017年までの間に 4.5倍に成長し、7.7 Zetta Byte にいたると予測される。そして、グローバリゼーションへ向けた推進力と、コラボレーションにおける相互依存を組み合わせた、クリティカルなビジネス・アプリケーションが、エンタープライズ・ネットワークと IT アーキテクチャに大きな需要をもたらしている。 結論を述べるなら、それらのエンタープライズは、世界に点在するユーザー・ベースに応じて、パフォーマンスに関するニーズを満たすために、堅牢/安全/分散を保証するネットワークを必要としている。

Equinix developed the Performance Hub to address the needs of enterprises struggling to maintain the highest level of network performance and quality of service for global users. Performance Hub deployments include:

Equinix が開発した Performance Hub は、グローバル・ユーザーが要求するネットワーク性能とサービス品質を、最高レベルに維持するという困難なニーズに取り組む、エンタープライズのためのものである。Performance Hub のデプロイメントには、以下の項目が含まれる:

  • Equinix IBX data center hosting ̶ Cabinets, power, and cross connects
  • Network connectivity ̶ Metro-Ethernet, long-haul (MPLS-VPN), ISP
  • Network equipment ̶ Routing, switching, firewalls, SSL-VPN, load-balancers, WAN-acceleration
  • Cloud connectivity ̶ Private, high-bandwidth connectivity to leading public clouds such as Amazon Web Services (AWS), Microsoft Windows Azure and many others.

ーーーーー

TAG indexクラウドの定義って何なのだろうと考えると、ワークロードに応じた適切なリソースの設定が、つまり Elastic Computing が真っ先に頭に浮かんできますが、もう 1つのモノサシとして Networked Computing も重要だと思うのです。 このポストの最後に記されている、[ Cloud connectivity ] のところに AWS と Azure が並んでいますが、それらを Public というより、Elastic の代表格として捉えることも可能です。 そして、そこに Networked の代表格である Equinix が加わることで、エンタープライズのための Hybrid が完成するというシナリオを、同社はプッシュしていくのでしょう。 その一方では、DigitalOcean のような新興勢力も台頭してきているわけで、クラウドの世界は、なかなか勢力図か固まらないという、とても面白い状況にあるようです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on March 13, 2014

Equinix and AT&T Form Alliance for Enterprise Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-7jh

January 29th, 2014 – By: John Rath
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/29/equinix-att-form-alliance-enterprise-cloud-services/

_ DC Knowledge

Equinix (EQIX) and AT&T announced a new alliance that will deploy AT&T networking technology across select Equinix data centers globally. AT&T NetBond will be installed in those data centers, enabling customers to connect to their cloud services using their private AT&T VPN networks, which deliver highly secure connections with high reliability and performance capabilities, rather than relying on access via the public Internet. The alliance will create the opportunity for cloud providers to allow access to their services via AT&T NetBond from Equinix data centers around the world.

Equinix と AT&T が発表したのは、Equinix のグローバル・データセンターの中から選択された、いくつかの拠点間に AT&T のネットワーク・テクノロジーをディプロイしていくという、新たなアライアンスである。つまり、AT&T の NetBond を、それらのデータセンター内にインストールすることで、顧客自身が所有する AT&T VPN ネットワークを用いて、クラウド・サービスを接続できるようになる。それにより、パブリックなインターネットに依存する以上の、高度な信頼性と性能を備えた、きわめてセキュアな接続が実現される。そして、このアライアンスは、各種のクラウド·プロバイダーに対して、グローバルに展開される Equinix データセンターを利用し、また、AT&T NetBond を介してたサービスへのアクセスを可能にするという、ビジネスの機会をもたらすことになる。

Cable trays filled with fiber within an Equinix data center. (Photo: Equinix)

“The AT&T and Equinix alliance will boost enterprise customers’ confidence in the security, reliability and performance of the cloud,” said Mike Sapien, Principal Analyst – Enterprise at Ovum. “The companies are addressing many of customers’ concerns about moving applications to the cloud and will ultimately speed up enterprise cloud adoption. This is a great example of AT&T’s open network initiatives aligning with Equinix’s cloud ecosystem.”

「AT&T と Equinix のアライアンスは、クラウドという環境における、安全性/信頼性/性能という面で、エンタープライズ・カスタマーの信頼を高めていく。アプリケーションのクラウド移行に懸念を示す、数多くのカスタマーに対して、両社は取り組んでおり、エンタープライス・クラウド導入を、最終的にはスピードアップしていく。 これは、AT&Tのオープン・ネットワークへの取り組みと、Equinix のクラウド·エコシステムを組み合わせるという意味で、素晴らしい事例になる」と、Ovem の Principal Analyst – Enterprise である、Mike Sapien は述べている。

Available in the first half of 2014, the AT&T NetBond service will combine the security of AT&T virtual private networking with cloud resources.

このアライアンスの運用は、2014年の前半に始まるとされ、AT&T NetBond サービスが、それらのクラウド・リソースと、AT&T VPN のセキュリティを結合していく。

“Business customers want rock solid network-based security protecting their traffic and applications when they use cloud services,” said Jon Summers, senior vice president growth platforms, AT&T Business Solutions. “Virtual private networking gives them better protection against Internet threats while also delivering the reliability, agility and performance they need when accessing the cloud.”

「 エンタープライズ・カスタマーたちは、自身でクラウド・サービスを使用するならば、トラフィックとアプリケーションを保護するための、ネットワーク·ベースの強固なセキュリティをかけたいと要求する。そして VPN は、クラウドにアクセスするときに必要とされる、セキュリティ/アジリティ/パフォーマンスを提供する一方で、インターネットの脅威に対抗するための、より優れたプロテクションを提供する」と、AT&T Business Solutions の Semior VP Growth Platforms である、Jon Summers は述べている。

“Equinix sits at the intersection of cloud service providers, network service providers and enterprise customers that want to use those services,” said Pete Hayes, chief sales officer for Equinix. “The alliance lets AT&T quickly expand its portfolio of AT&T NetBond-enabled cloud services by using our position as a cloud hub. Together, we’re making the network as flexible as the cloud and giving enterprises confidence they can move their most demanding applications to the cloud and still meet their security, scalability and performance requirements.”

「 Equinix は、クラウド・サービス・プロバイダーと、ネットワーク·サービス·プロバイダーと、エンタープライズ・カスタマーが出会う場所にポジションを確保しており、それらの企業が利用したいと考えるサービスを提供している。 今回のアライアンスは、私たちのクラウド・ハブとしてのポジションを利用することで、AT&T NetBond 対応のクラウド・サービス・ポートフォリオを、迅速に拡大していくものである。そして、私たちは、クラウドと同じレベルまでネットワークの柔軟性を高め、また、顧客が熱望するアプリケーションのクラウド移行を実現し、さらには、セキュリティ/スケーラビリティ/パフォーマンスへの要件を満たしていく」と、Equinix の Chief Sales Officer である、Pete Hayes は述べている。

RELATED POSTS:

Verizon Offering Private IP Out of 16 Equinix Data Centers
RightScale, Equinix Partner on Cloud Services
CloudAudit Joins Cloud Security Alliance
Equinix Boosts Glowpoint Video Services
Telehouse, CIBER Form Alliance

ーーーーー

TAG index普通に考えて、AT&T のようなテレコムがグローバルな戦略を展開するなら、各国のテレコムと相互乗り入れしていくカタチが思い浮かびますが、そうならないのが、クラウドの面白いところなのでしょう。 同じように、Verizon は Teremark を買収し、NTT は Dimension Data を買収しています。 また、KDDI は Telehouse というブランドを世界戦略の要としています。また、Equinix は、今回の AT&T だけではなく、AWS とも提携することで、グローバル市場の中に、確固たるポジションを築きつつあります。 このように、クラウドをめぐるテレコムの動きが、さまざまなかたちで顕在化してくる、2014年になりそうですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO

Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on September 18, 2013

Equinix Hits 110,000 Cross-Connects
http://wp.me/pwo1E-6DH

August 15th, 2013By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/08/15/inside-the-new-equinix-tokyo-data-center/

_ DC Knowledge

Here’s a data point that illustrates the central role that Equinix has come to play in the Internet: The colocation provider recently disclosed that its data centers now house more than 110,000 cross-connects, the physical intersections between networks that make the Internet work. Each Equinix customer averages about 25 interconnections with other customers, the company said.

このデータが例証しているのは、Equinix における中心的な役割が、インターネットに移行していという事実である。このコロケーション·プロバイダは、データセンター内に 11万以上の Cross-Connect を保持していると、つい最近に公表している。それは、インターネットを機能させるために、複数のネットワークを物理的に接続するものである。それぞれの、Equinix カスタマーは、平均して 25 チャネルの相互接続を、他のカスタマーとの間に有していると、同社は述べている。

The blue-lit interior of one of the rooms inside the new Equinix TY4 data center in Tokyo (Image: Equinix)

Equinix experienced 10 percent growth in interconnections in the 12 months that ended June 30, despite the fact that it divested 16 data centers to 365 Main during that period.

Equinix は、この 6月30日までの12ヶ月間で、16ヶ所のデータセンターを売却しながら、365日の稼働を達成しているという事実にもかかわらず、この相互接続数を 10% も成長させている。

It’s been a busy week for Equinix, which also opened a new data center in Tokyo and announced the appointment of Charles Meyers to the newly-created role of Chief Operating Officer. The COO post was created as part of a reorganization to realign its global operations. Meyers had previously been President of the Americas for Equinix.

いまは、Equinix にとって忙しい時期である。 と言うのも、Tokyo に新しいデータセンターをオープンし、また、新たに設けられた COO というポジションに、Charles Meyers が就いたばかりだからだ。この COO のポストは、同社のグローバル事業を再編成するための、組織の再編の一環として設けられている。 そして、Meyers の前職は、Americas for Equinix の President である。

“The changes we are making today will sharpen our global execution as we pursue our strategy to be the interconnection platform for the world’s leading businesses,” said Steve Smith, President and CEO of Equinix. “ In the role of COO, Charles will bring proven leadership and deep operating experience to the task of further aligning our global team for maximum effectiveness.”

「 現時点において、私たちが取り組んでいる変革により、グローバルな運営が先鋭化されていく。世界で有数の企業のための相互接続プラットフォームとしての、私たちの戦略がさらに進展することになる。COO という役割において Charles は、私たちのグローバル・チームに最高の効率をもたらす再編というタスクに、実績のあるリーダーシップと、豊富な経営経験で臨んでいくだろう 」と、Equinix の  President and CEO である Steve Smith は述べている。

“As Equinix continues to grow, we must deliver compelling products and offers that provide clearly quantifiable value to our customers with the right balance between global consistency and local responsiveness,” said Meyers. “I look forward to working with the leadership team in a new capacity to position Equinix for growth and enhance the way we serve our customers and present our company to the marketplace.”

「 Equinix が成長し続けるにつれて、私たちは説得力のあるプロダクツを提供していく必要がある。そして、グローバルな一貫性とローカルな応答性の間で、適切なバランスを実現するための、明確に定量化できる価値を顧客に提示しなければならない。私は、このチームを率いて、Equinix を成長へと導くための、新たな能力を手にすることを楽しみにしている。そして、顧客にサービスを提供する方式を強化し、私たちのマーケット・プレゼンスを高めていく」と、Meyers は述べている。

Last week Equinix opened its TY4 data center located in the Ōtemachi section of Tokyo. The company invested $43 million in the facility, which has a total capacity of 750 cabinet equivalents. TY4 is located in an earthquake-resistant building in one of the most secure locations in Tokyo with multiple anti-disaster measures.

先週のことだが、Equinix は Tokyo の Ōtemachi に、TY4 データセンターをオープンしている。そして、この 750 キャビネット相当のキャパシティを持つ施設に対して、同社は $43 million を投資している。この TY4 は、多様な災害対策が施された、Tokyo で最も安全なロケーションの、耐震構造を持ったビル内に配置されている。

“The opening of our fourth data center in Tokyo is in response to the ongoing high demand for interconnectivity, efficient space and power capacity we are experiencing from customers in the region,” said Kei Furuta, managing director, Equinix Japan. “We already have some of the world’s leading financial services firms, network providers, and cloud companies located in our existing facilities in Japan who are benefitting greatly from access to our established ecosystems within Platform Equinix. Our expanded presence in the market with TY4 further strengthens our twin-metro strategy, following our announcement last month to open our first data center in Osaka in the fourth quarter of this year. Customers in Tokyo will be able to benefit from access to sites in the two locations and take advantage of what the market has to offer.”

「 Tokyo における第4データセンターのオープンは、この地域の顧客たちが求める、相互接続、効率的な空間、電源容量という、従来からの高度な需要に対応するものである」と、Equinix Japan の Managing Director である Kei Furuta は発言している。そして、「すでに私たちは、世界で有数の金融サービス企業や、ネットワーク・プロバイダ、クラウド事業者などを、Japan のファシリティ内にホスティングしている。 そして、それらの顧客たちは、Platform Equinix 内で確立されたエコシステムにアクセスするという、恩恵を被っている。 私たちのマーケット・プレゼンスは、この TY4 により拡大され、さらに Twin-Metro 戦略により強化される。つまり、先月にアナウンスしたように、今年の Q4 には、初めての Osaka データセンターをオープンすることになる。Tokyo の顧客たちは、2つのロケーションに展開されたサイトへのアクセスを実現し、また、マーケットが提供する先進性を活用できるようになる」と続けている。

Check out the Equinix Interconnections blog for some cool photos of the new TY4 facility.

Equinix Interconnections をチェックして、TY4 ファシリティのクールな写真を参照して欲しい。

RELATED POSTS:

 

 

ーーーーー

image23以前に、仕事の納品物として翻訳したことのある、『 Equinix’s Journey From IPO To The Nasdaq 100 Through Near Bankruptcy 』というドキュメントには、ーーー Cross-Connects の顧客数が着実に増加している状況は、Equinix の非財務指標における、最も興味深い現象とされる。 およそ 99% のマージンがあるリッチなサービスとして、この Cross-Connects の利益は、ダイレクトに最終損益へと転がり込み、また、キャビネットなどで構成されるファシリティごとの利益を、毎月のように繰り返して押し上げていくと、Equinix はレポートしている。ーーー という、 Cross-Connects に関する説明がありました。なんというか、Cloud Exchange みたいなビジネスを、この Equinix は目指しているのだろうと思います。とても、興味深いです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
DropBox を追撃せよ : SugarSync と Equinix がエンタープライズを狙って提携
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
アメリカの キャリア・エクスチェンジについて DCN が概説する
Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?

 

DropBox を追撃せよ : SugarSync と Equinix がエンタープライズを狙って提携

Posted in .Selected, Businesses, Equinix, Storage, Telecom by Agile Cat on July 12, 2013

SugarSync Grows Cloud Business with Equinix
http://wp.me/pwo1E-6mw

June 27, 2013
http://www.equinix.com/company/news-and-events/press-releases/sugarsync-grows-cloud-business-with-equinix/

image

REDWOOD CITY, Calif. – June 27, 2013 – Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced that, a premium service that lets you access, sync and share all of your files and folders across all your computers and mobile devices, has renewed its contract with Equinix and continues to expand in Equinix’s SV4 International Business Exchange™ (IBX®) data center in Silicon Valley.

REDWOOD CITY, Calif. – June 27, 2013 – 本日、Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX グローバル・インターコネクションをデータセンターの企業)は、SugarSync との提携について発表した。この提携により、すべてのコンピューターおよびモバイル・デバイスを横断するかたちで、すべてのファイルとフォルダの同期/共有を実現する、プレミアム・サービスが提供されることになる。なお、Equinix と SugerSync の契約は、Silicon Valley における Equinix’s SV4 International Business Exchange™ (IBX®) において、継続して拡大していくことになる。

An Equinix customer since 2007, SugarSync has experienced significant growth over the last three years. Accordingly, its infrastructure has doubled in Equinix’s SV4 and SV2 data centers. The company plans to expand its footprint in SV4 while consolidating some of the equipment in its older cages.

2007 年以来、Equinix を顧客として利用している SugarSyncは、これまでの 3年間で著しく成長している。つまり、同社のインフラは、Equinix の SV4 および SV2 データセンターで倍増している。また、SugarSync は、その古くなった設備を、SV4 においてコンソリデートし、フットプリントを拡大する計画を持っている。

Highlights / Key Facts

  • With Equinix, SugarSync has direct access to the world’s top Tier-1 carriers, networks and internet service providers (ISPs) making it easy for SugarSync to quickly and efficiently connect with its business partners and end-users.
  • According to a recent survey conducted by SugarSync, the cloud is now considered a critical small business tool, with 90 percent of respondents seeing file and folder sync and 85 percent viewing back up as “very important.” New work styles and mobility are driving cloud adoption, as indicated by the 80 percent of respondents who have remote workers.
  • Remote access is a critical feature for SugarSync’s end-users, giving them anytime, anywhere access to their documents, photos, videos, music and more from any computer or mobile device. Equinix provides close proximity to mobile carriers so that SugarSync can ensure an optimal mobile experience to its customers and continued growth in the mobile market.
  • Equinix との提携により SugarSync は、世界のトップクラスである Tier-1キャリアおよび、ネットワーク、ISP へのダイレクト・アクセスを実現し、ビジネス・パートナーおよびエンド・ユーザーからの、迅速かつ効率の良い接続を可能にする。
  • 最近になって SugarSyncの が実施した調査によると、今のクラウドは中小企業にとって重要な、ツールとして認識されているようだ。回答者の 90% がファイルとフォルダの同期を、また、回答者の 85% がバックアップを、それぞれの用途として指摘している。また、新しいワーク・スタイルとモビリティも、クラウドを促進しており、回答者の 80% がリモートワーカーのために採用していると答えている。
  • リモート・アクセスは、SugarSync のエンド・ユーザーにとって重要な機能であり、ドキュメント/フォト/ビデオ/ミュージックなどへのアクセスを、あらゆるコンピューターおよびモバイル・デバイスから、時間と場所を選ばずに実現する。Equinix は、きわめて近いところで、モバイル・キャリアを接続しているため、SugarSync はモバイル・ユーザーたちに、最適化されたエクスペリエンスと、モバイル・マーケットでの継続的な成長を約束できる。

Quotes

  • Jason Mikami, vice president of Operations, SugarSync:
  • “Thanks to our relationship with Equinix, we’ve had the physical density and flexibility to partner with a number of carriers using different networking options over time. With high availability and plentiful network options to choose from, Equinix is ideally suited to provide SugarSync the low-latency bandwidth and high uptime we need to continue to grow our business.”
  • Equinix との提携により、物理的な密度と柔軟性を手にするが、それは、長期間にわたって数々キャリアたちが使用してきた、それぞれのネットワーク・オプションとつながることである。そこから、高度な可用性と豊富なネットワーク・オプションを選択することで、Equinix は SugarSync に対して、ビジネスを成長させるために必要な、低レイテンシの・バンドワイズと高い稼働率という理想形を提供する。
  • Chris Sharp, general manager, Cloud & Content, Equinix:
  • “Our ongoing relationship with SugarSync demonstrates our commitment to providing maximum value to our customers. As SugarSync continues to grow globally, we hope that Equinix’s geographically dispersed footprint gives the company the scalability and reach to cost-effectively take on new customers.”
  • SugarSync との継続的なリレーションシップは、顧客に対して最大の価値を提供するという、私たちのコミットメントを例証するものとなる。 SugarSync がグローバルで成長し続けるにつれて、Equinix の地理的に分散されたフットプリントがスケーラビリティを提供し、また、新たな顧客を獲得するための、費用対効果を達成することを願っている。

ーーーーー

image昨日にポストした、『Dropbox for Business とは? そのエンタープライズ戦略が明らかになった』という抄訳には、ーーー 「 272社もの Small Middle において、なんと 93% ものエンドユーザーが、Dropbox という選択肢を支持するという結果が得られたのだ。 それと比較すると、IT プロフェッショナルたちからの支持は低いが、162人の回答者のうちの 40% が、最も好ましい FSS プロダクトとして、Dropbox の名前をあげている 」ーーー という一文がありました。そうなると、エンタープライズ市場の雄である Equinix と組むことで、SugarSync に勝機が訪れるというのが、この提携の背景なのでしょう。興味シンシンの、今後の展開ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
アメリカの キャリア・エクスチェンジについて DCN が概説する
Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
個人で使うクラウドは 1位 Apple、2位 Dropbox、3位 Amazon : チャートで比較

 

シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix, Government, Research, Telecom by Agile Cat on May 24, 2013

Clement Goh (Asia) – Singapore Swings Ahead in 2013 Trends
http://wp.me/pwo1E-69l

Posted by Clement Goh Company Equinix 03/12/2013
http://www.idgconnect.com/blog-abstract/766/clement-goh-asia-singapore-swings-ahead-2013-trends?region=asia

image

After a year of robust growth, 2013 is poised to be another season of data-driven acceleration for the Asia-Pacific data center markets. Singapore has been uniquely placed to take advantage of the data surge.

力強く成長した 1年が終わり、2013年の Asia-Pacific データセンター市場は、データ駆動型という、もう 1つのテーマを加速させる時期を迎えている。 そして、Singapore は、急上昇するデータ量というアドバンテージを活かす、ユニークなポジションを確保している。

Image credit: taylor.f11 via Flickr

The new data stimulants of cloud services, mobile content, personal content, social media and the big data demands of MNC-driven sectors are set to take us to new data consumption highs in 2013. We spotlight the key themes facing the Singapore market.

クラウド・サービスや、モバイル・コンテンツ、パーソナル・コンテンツ、ソーシャル・メディア、そして MNC ドリブンなセクタからの要求であるビッグデータといった、新しいタイプのデータが刺激することで、2013年における新たなデータ消費は最高潮に達するだろう。したがって、ここでは、Singapore マーケットが直面している、主要なテーマにスポットライトを当てることにした。

Data protection

The Singapore government has committed heavily to the issues surrounding security and regulation for storing structured and unstructured data. It has implemented a lot of law and regulation around how this data is housed, providing a safer environment for data and protecting local investors.

Singapore 政府は、構造化/非構造化データのストアに関連する、セキュリティと基準の問題に、大胆に取り組んでいくと約束した。 そして、対象となるデータのハウジングについて、数多くの法律と基準を実施することで、データのための安全な環境を提供し、また、地元の投資家を保護した。

A regulatory trend is emerging across Asia-Pacific where data housing must be localized as countries have different key industries they want to protect. Data center operators that can invest locally will be well placed to be the heroes in the battle for data protection.

規制上のトレンドは、さまざまな国々が基幹産業を持ち、それらを保護したいと考えるにつれて、データ・ハウジングのローカライズが必要な、Asia-Pacific 全体に出現してきている。 ローカルで投資していくデータセンター事業者たちは、データ保護のための戦いにおける、ヒーローとしてのポジションを与えられるだろう。

Geography and digital destiny

As a regional subsea cable hub, Singapore enjoys the established position of being one of the biggest ports in the world for trade and for digital sailing. This is not just an efficient way to distribute traffic through the region but also the safest in terms of insulation from natural disasters.

この地域における海底ケーブルのハブとして、Singapore はデジタルの海を航海し、大きな交易を生み出すことが可能な、世界で有数の港としてのポジションを享受している。 それは、この地域にトラフィックを配給するための、効率の良い方式を提供するだけではなく、自然災害を遠ざけるという観点でも、最も安全な方式をもたらしいている。

なぜ、Google はアジアの
海底ケーブルに投資する? ⇒

Recently we have seen a shift in the types of investors in those cable consortiums, from pure telecommunications players to content providers like Google, Facebook and Yahoo! who are investing heavily in new cable projects. As bandwidth demands accelerate, the new protagonists driving the subsea cable investment market will emerge from the digital content sectors.

最近は、それらのケーブル・コンソーシアムにおける投資家のタイプが、純粋なテレコム・プレーヤーからコンテンツ・プロバイダーへと変化している。つまり、Google や、Facebook、 Yahoo などが、新しいケーブル・プロジェクトに大きく投資しているのだ。 バンドワイズへの需要が加速するにつれて、海底ケーブル投資マーケットを促進する新しい主役は、デジタル・コンテンツ・セクタから登場してくるだろう。

Singapore’s data honey hub

The Singapore government knows how to attract the Queen Bees of the economy. The strategy is simple, by attracting the big players in key sectors like the finance sector, the smaller competitors inevitably follow. This will lead to an increase in demand for data housing. To draw high value businesses and services into Singapore, the government offers a range of indirect or direct incentives from tax incentives to low cost industrial rate land allocation, to creating the right university courses to stimulate the talent pool for IT graduates in demand.

Singapore 政府は、この経済における女王バチを、どのようにすれば引き付けられるのかを知っている。 そのための戦略はシンプルである。つまり、金融セクターなどにおける重要で大規模なプレーヤーを引き付けることで、それよりも規模が小さいコペティタも必然的に、その後に続いてくるようになる。それにより、データ・ハウジングにおける需要を、増大の方向へと導けるだろう。 高い価値を持ったビジネスとサービスを Singapore に引き込むために、この政府は直接的/間接的に、広範囲におよぶインセンティブを提供している。それは、低コストの工業地域の提供するための税制優遇措置から、IT 教育における才能のプールを、要求に応じて促進するための、適切な大学コースを作成にまでいたる。

Skills pipeline

Producing the right talent for emerging industries is core to the Singaporean agenda. Looking ahead we will see an increase in the talent pool with local universities producing more graduates in electronic engineering and cloud specialists. Singapore has evolved from being manufacturing-focussed to a technology and biotech center of excellence.

新興産業のための、適切な才能を作り出すことは、Singaporean のコアとなる政策である。 今後の対策として、地元の大学がエレクトリック・エンジニアリングと、クラウド・スペシャリストの領域で、より多くの卒業生を産み出し、才能のプールを強化していく状況になるだろう。 Singapore の発展形態は、製造業へのフォーカスから、テクノロジーとバイオテックのセンターへと向かっている。

Data growth gets deeper than cloud demand

A driver that will remain key in the year ahead is mobile. The increasing use of mobile devices means that a constant stream of structured and unstructured data is being created. The next evolution will be the mining of this fixed and mobile data in more pervasive ways. Data mining will emerge as the dominant force for market analysis, decision-making and trend forecasts.

今年も、この市場を牽引していくのは、モバイルであり続けるだろう。 モバイル・デバイスの広く利用されると、構造化/非構造化データのストリームが、一定のレベルで作られるようになる。 そして、蓄積されたモバイル・データを、普及した方式によりマイニングしていくことが、次に来る進化となるだろう。 このデータ・マイニングは、市場分析および、意志決定、傾向予測のための、圧倒的なパワーとして登場してくるだろう。

The mobile battle will continue

The rise and growth of the mobile app economy will be unstoppable in the year ahead but the battle across competing standards will also continue without a resolution. It will take years for any kind of consolidation among competing operating systems to take place. The battle will not be won this year and ultimately may become more complicated. WiFi will also continue to embed itself and don’t be surprised if cameras enjoy liberation from the handset and vice versa.

モバイル・アプリにおける経済性の上昇と成長は、止められない勢いを、今年も維持するだろう。 しかし、競い合うスタンダードをまたいだ戦いも、解決を見いだせないまま、続いていくだろう。 そして、競合するオペレーティング・システムがもたらす、あらゆるコンソリデーションのために、何年も要するだろう。 その戦いにおいて、今年に勝者が登場することはなく、これから先は、さらに複雑になるかもしれない。 たとえば、WiFi がエンベッドされるカメラが、ハンドセットからの解放を喜ぶにしても、その逆が起こるにしても、驚いてはいけない。

By Clement Goh, Managing Director, Equinix South Asia

ーーーーー

TAG indexまいったなぁ~~~ というのが正直なところです。先日に 『 iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く! 』という抄訳をポストしましたが、中国を別に勘定してみても、アジアのモバイル・トラフィックは、凄まじい勢いで伸びています。 そして、それらをホストする国が、ぐぐっとシンガポールに引き寄せられているというのが現状なのでしょう。文中にもあるように、経済における女王バチと表現されるデータセンターを、日本にも誘致していけると良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NTT と KDDI の アジア戦略をアメリカ目線で確認する
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
Google の アジア・データセンター戦略とは?
Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
Agile_Cat アジア 特集 : クリックすると元気が出てくるリンク集です!

%d bloggers like this: