Agile Cat — in the cloud

新聞を読まない若者たちと、スマホに触らない老人たち:それを示す1枚のチャート

Posted in Entertainment, Mobile, Research by Agile Cat on December 19, 2014

Young People Don’t Care About Newspapers, Old People Don’t Care About Smartphones
http://wp.me/pwo1E-86p
Dave Smith – Dec. 3, 2014
http://www.businessinsider.com/media-sources-every-age-group-cant-live-without-2014-12

_ Business Insider

Kicking off Business Insider’s Ignition event on Tuesday, Business Insider CEO Henry Blodget detailed where digital business is headed. And of all the interesting visuals from that presentation, this chart, based on Ofcom data charted by BI Intelligence, stood out. It shows a major shift in the types of media most important to various generations.

この火曜日に開催された、Business Insider の IGNITION イベントのキックオフで、当社の CEO である Henry Blodget は、デジタル・ビジネスの方向性について、詳しく解説していた。彼のプレゼンテーションでは、さまざまなデータがビジュアライズされていたが、その中でも Ofcom のデータを BI Intelligence がチャート化したものが際立っていた。それは、さまざまな世代において、最も重要とされるメディアが、大きくシフトしている状況を示したものである。

_  space

BI Intelligence

People between the ages of 16 and 24, for example, would not blink an eye if newspapers and magazines went extinct; smartphones are the "must-have" device of the younger generation. The breakdown among all adults shows a much stronger craving for TV over smartphones and computers, and the older generations (those over 75) don’t care much about computers and have absolutely no problem living without smartphones.

例をあげると、16歳〜24歳の人々は、新聞や雑誌が絶滅しても、瞬きすらしないだろう。それらの若い世代にとっては、スマホが必須のデバイスとなる。すべての成人に関するデータを平均してみると、スマホやコンピューターよりも、TV に対する要求が強いという結果が示されている。そして、古い世代(75歳以上)は、コンピュータに対する関心は薄く、さらに言えば、スマホのない生活も、まったく問題ないという結果になっている。

ーーーーー

若年層と老年層で、こんなにも利用するメディアが異なるのですね。 そして、驚くのが、すべての世代における新聞/雑誌への依存度の低さです。 アメリカでは新聞とテレビの間に慣れ合いがないため、日本よりも既存メディアが元気なようにみえますが、それでも先行きは明るくないようです。 同じような調査を、日本で行ったら、どんな結果になるのでしょう? 

ーーーーー

<関連>

ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
2014年の Android と iOS:出荷数と売上額を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国

Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Entertainment, Research by Agile Cat on December 10, 2014

CHART OF THE DAY: YouTube’s Revenue Is Catching Up With TV Networks
http://wp.me/pwo1E-85y
Dave Smith – Dec. 8, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-youtubes-revenue-is-catching-up-with-tv-networks-2014-12?&platform=bi-androidappIAC,

_ Business Insider

Speaking at Business Insider’s IGNITION Conference last week, IAC chairman Barry Diller predicted a major shakeup in the cable and satellite TV model within the next five to 10 years. And based on the data out there filed for us by BI Intelligence, it looks like digital streaming is already beginning to catch up to traditional TV networks, at least in terms of revenue.

先週に開催された Business Insider IGNITION Conference の会見で、IAC の Chairman である Barry Diller が、今後の 5年〜10年において、ケーブル/サテライト TV のモデルに起こるであろう、重要な変革について予測していた。そして、BI Intelligence が提供するデータを眺めると、少なくとも収入という面において、すでにデジタル・ストリーミングは、従来からの TV ネットワークに追いき始めているように見える。

_  space

BI Intelligence

As you can see in this chart, YouTube’s annual ad revenue has been rapidly catching up to that of CBS, one of the biggest and most lucrative TV networks, and has more than twice as much revenue as AMC, which owns several popular shows including “Breaking Bad” and “The Walking Dead.” But CBS hopes to maintain and increase its lead over YouTube by embracing a new model: the company recently announced it’ll have a streaming subscription service available next year that’ll let you watch shows for a monthly fee, similar to Netflix.

このチャートに示されているように、Youtube における年間広告収入が、TV ネットワークでも収益性が高いとされる CBS に、急激に追い付き始めている。そして、“Breaking Bad” や  “The Walking Dead” といった、人気番組を所有している AMC に対しては、すでに二倍の収益を上げているのだ。しかし、CBS も、新しいビジネス・モデルを導入することで、Youtube に対するリードを広げたいと考えているようだ。最近になって同社は、ストリーミング・サブスクリプション・サービスを、来年から提供すると発表している。それは、Netflix に似たモデルであり、最初の1ヶ月は、無料で受信できるものになる。

ーーーーー

日本とアメリカの TV 産業には、それぞれでメインとなるのが、地上波とケーブルという差異があるようですが、ここに引っ張りだされてきた CBS を、日本でいう ”日テレ” や ”フジ” などの同類として、捉えても良さそうな感じがします。 対する Youtube ですが、この数字がアメリカ国内のものなのか、グローバルのものなのか、そのあたりが分かりません。とは言え、ゼロだったものが、わずか数年で、ここまで成長してきたことに、従来からの産業が神経をとがらすのは、当然のことなのでしょうね。

ーーーーー

<関連>

モバイル・アドの急成長:2018年には全米デジタル広告の 50% を超えるだろう!
モバイル広告:トラッキング/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% をモバイルから!

 

Web 上でフォーカスが変化する写真:それを実現する Lytro フォーマットが GitHub に!

Posted in Entertainment, Weekend by Agile Cat on August 16, 2014

Lytro Debuts New File Format, Partners With 500px
http://wp.me/pwo1E-7Lf

By Karissa Bell – June 12, 2014
http://mashable.com/2014/06/11/lytro-new-file-format-500px/

_ Mashable

Lytro’s cameras first entered the spotlight because they enabled users to change the focus of images after they were already shot.

Lytro のカメラがスポットライトを浴び始めたのは、すでに撮影されたイメージであっても、そのフォーカスをユーザーが変更できるからである。

But one obstacle holding the light-field platform back — other than expensive hardware — is that the greater photography ecosystem isn’t equipped to handle Lytro’s "living pictures," which use a file type not widely supported on the web. But that’s about to change.

しかし、明視野像プラットフォームの展開を妨げるものとして、そのハードウェアが高価なこと以外にも、Living Picture を取り扱うための、大規模なフォト・エコシステムが存在していないことが挙げられていた。つまり、そこで用いられるファイル・タイプは、Web 上で広く普及しているものではないのだ。しかし、それも、変わろうとしている。

Image: Flickr
Max Braun

The company is altering the way it stores images, which will now use a new open-file format that applies the WebGL standard for 3D graphics, according to Recode.

Recode説明によると、そのイメージをストアする方式を、同社は変更しているようだ。 具体的に言うと、3D グラフィックスのための WebGL スタンダードを適用する、新たなオープン・ファイル・フォーマットを使用することになる。

The first third-party platform that will take advantage of Lytro’s new format is online-photography community 500px, whose users will be able to view, edit and share Lytro photos. Lytro’s images will likely start appearing in other places around the web, too, as the company plans to make its new format available on GitHub, so anyone can take advantage of it.

この、Lytro の新しいフォーマットを活用する最初のサードパーティは、500px というオンライン·フォトコミュニティのプラットフォームだ。そのユーザーたちは、Lytro で撮影した写真の、参照/編集/共有を実現していくことになる。そして、Lytro のイメージは、数多くの Web 環境に登場してくるだろう。 つまり、GitHub 上の新しいフォーマットとして提供し、誰もが活用できるようにするという計画を、同社は持っている。

Lytro’s first cameras, which focused on light-field photography, became available in 2012. The company introduced its second-generation camera, the $1,599 Illum, earlier this year.

この、明視野像にフォーカスする、Lytro による最初カメラは、2012年に登場している。 そして同社は、第二世代のカメラである Illum を、$1599 という価格で、今年の初めに投入している。

Lytro has focused on consumer photography up until now. Last year, the company’s secured a $40 million round of funding to apply its technology to new categories.

そして、いま、Lytro がフォーカスしているのは、コンシューマの市場である。 この新しいカテゴリに、同社のテクノロジーを適用するための資金として、昨年のラウンドで $40 million を得ているのだ。

See also: Lytro Unveils Its Second-Generation Camera, the Illum

ーーーーー

カメラのことが、なにも分からない Agile_Cat であり、[light-field を 明視野 ] と、そのまま訳していますが、これで正解なのでしょうか? 変なところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。 それにしても、この Lytro のサンプル・ページは面白いですよ。 写真のフォーカスを後から変えることで、そして、その変化を見せることで、素晴らしい表現力が得られています。 言い換えるなら、印画紙に焼き付けられるところから始まり、Web 上でも固定されていた写真というものが、まさに Living Picture として、新たな生命を授けられたという感じです。 これからの展開が、とても楽しみです!

ーーーーー

<関連>

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz

アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する

Posted in Entertainment, Net Neutrality, Netflix by Agile Cat on July 5, 2014

Netflix to Start Offering ‘Breaking Bad’ in Glorious 4K in June
http://wp.me/pwo1E-7DI

By Stan Schroeder – May 8, 2014
http://mashable.com/2014/05/08/breaking-bad-4k-netflix/

_ Mashable

Netflix will start offering Breaking Bad as a 4K streaming option starting this June, the company has confirmed.

Netflix は、この 6月から、Beaking Bad の4Kストリーミングを、オプションとして開始する。 それは、同社が確認していることでもある。

The company has been licensed by Sony to offer the series, and a remaster with 4K resolution (that’s 3840×2160 pixels), and 5.1 surround sound is almost complete, Pocket-lint reports.

Pocket-lint のレポートによると、このシリーズを提供するために、Netflix は Sony とライセンス契約をかわしており、4K の解像度(3840 x 2160 Pixel)と 5.1 サラウンドのためのリマスタリングが、ほぼ完成しているという。

Image: AMC

Netflix launched its first Ultra HD videos in Nov. 2013, and made a deal focusing on 4K content with Sony in Jan. 2014. The first series to receive the 4K treatment was Netflix’s own House of Cards this April. The company also plans to release its original series Orange is the new Black in 4k, with other shows to follow.

Netflix が、初の Ultra HD ビデオを開始したのは 2013年11月であり、2014年1月には Sony から 4K コンテンツを入手するための取り引きに入っている。最初に 4K 対応が済んだのは、Netflix 自身の House of Cards シリーズ あり、この 4月のことであった。 さらに同社は、オリジナル 4K シリーズとして、Orange is the new Black のリリースを計画しており、その他のコンテントも続いていく。

“You’ll see us license more and more content. So we’ll do Breaking Bad, but we’ll also do all of the Originals that make sense that have a format or style that benefit from that better video quality,” Greg Peters, chief streaming and partnerships officer at Netflix, told The Telegraph.

「私たちが、より多くのコンテント・ライセンスを得ていくことを目にするだろう。まずは、Breaking Bad から始まるが、それに続いて、すべてのオリジナルを 4K 化していく。 つまり、より優れたビデオ品質のための、フォーマットとスタイルを、それにより確立していく」と、Netflix の Chief Streaming and Partnerships Officer である、Greg Peters  が The Telegraph に語っている。

As for TVs that actually let you enjoy Ultra HD content, the situation is getting better by the day. Sony and Samsung will soon be devoting special areas in Best Buy stores, showcasing their 4K TVs. Meanwhile, the prices of 4K sets are falling dramatically, with several manufacturers planning to offer sub-$1,000 models.

実際に Ultra HD コンテンツを TV で楽しめるように、状況は日ごとに良くなっている。すぐに Sony と Samsung が、彼らの 4K テレビを展示するために、Best Buy の店舗にスペシャル・コーナーを設けるだろう。その一方で、4K セットの価格は、劇的に低価格化していく。いくつかのメーカーが、$1000 を切るモデルを計画しているほどである。

See also: 4K vs. HD: Here’s the Difference

ーーーーー

今回の W杯でも HD 品質のビデオがたくさん流れていますが、より以上の高品質を売りものにするストリーミング・サービスが始まるようです。この、5月にポストされた記事では、6月から開始の予定とされているので、もう、すでに始まっているのでしょう。 しかし、HD の 4枚分に相当するピクセル数を要求する、この 4K ストリーミングが始まると、どの程度の負荷が ISP たちに生じるのでしょうか? Netflix は、Comcast や Verizon といった ISP と、有償のピアリング契約を結んでいるので、それなら 4K も流し込むぞというスタンスなのでしょう。 ネットの中立性をめぐる騒動を考えると、火に油を注ぐような展開になってきました。

ーーーーー

<関連>

ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

Big Data と 音楽:Google Play の Music Timeline が スゴイ!

Posted in Big Data, Entertainment, Google by Agile Cat on March 27, 2014

Google analyzed our MP3 libraries to visualize the evolution of music
http://wp.me/pwo1E-7m1
By Derrick Harris – JAN. 16, 2014
http://gigaom.com/2014/01/16/google-analyzed-our-mp3-libraries-to-visualize-the-evolution-of-music/

_ Giga Om
Summary: Google knows a lot about what people listen to because its Play Music service knows what’s in users’ MP3 libraries. A new tool lets people investigate which albums, artists and genres are most popular over time.

Summary: Google は、人々が聴いている音楽について、たくさんのことを知っている。なぜなら、その Play Music サービスを介して、ユーザーの MP3 ライブラリの内容を調べられるからだ。新しいツールが提供されたことで、最も好まれてきたアルバム/アーティスト/ジャンルなどを、一定の時間軸の中で調べられるようになった。

ーーーーー

Google Play knows a lot about what its users listen to, and on Thursday Google shared some of those insights via a new tool called Music Timeline. It’s an interactive feature that shows the popularity of genres over time, as well as the popularity of subgenres and artists within them. It’s also a great way to show off Google Play as a worthy competitor to more widely used streaming services such as Spotify or Pandora, or more popular MP3 stores such as iTunes.

Google Play は、人々が聴いている音楽について、たくさんのことを知っている。 そして、この木曜日(1/16)には、Music Timeline と呼ばれる新しいツールを用いて解析した、一部の情報を Google は開示している。それは、インタラクティブな機能を持ち、経過する時間の中で、人々に好まれているジャンルを示し、さらには、人気のサブ・ジャンルやアーティストなども示してくれる。それは、Spotify や Pandora などの著名なストリーミング・サービスに対して、さらに言えば、iTunes などの一般的な MP3 ストアに対して、Google Play を強力なライバルとして誇示する、素晴らしい方法でもある。

This type of knowledge is a big deal. As I explained earlier this month, the battle to become the world’s dominant streaming service is heating up as more listening goes digital. Google is a late-comer, but one with some serious potential.

この種のナレッジは、きわめて価値のあるものとなる。 今月の初めに説明したように、音楽のデジタル化が進むにつれて、この世界を支配しようとするストリーミング・サービス間での戦いが激化していく。 その意味で、Google は後発であるが、いくつかの、強力なポテンシャルを秘めたチャレンジャーである。

I don’t know how Google Play’s recommendation algorithms work, but it seems like Google could make a pretty good first hack at classifying someone’s taste just by comparing his or her MP3 library against the aggregate data it has gathered as a part of Timeline. If the Metal line on my graph is disproportionately thick, it probably says something about what I like to hear. Add to that information about what I stream, and the picture becomes clearer.

Google Play のリコメンデーション・アルゴリズムが、どのように動作しているのか、理解しているわけではない。しかし、Timeline の一部として収集されたデータと、自分の MP3 ライブラリを比較することで、好まれているものを分類するという点で、Google は最初から、かなり良い仕事をしているように思える。私のグラフにおいて、Metal の項目が不釣り合いに分厚いなら、おそらく、私が知りたいことについて、何かを言っていることになる。そして、私がストリーミングしている楽曲を追加するにつれて、それを示すチャートが鮮明になっていく。

Across all industries, companies are figuring out how to turn the data they’re collecting into better products. In fact, that’s one of the driving themes of our Structure Data conference in March.

あらゆる産業において、それぞれの企業は、収集してきたデータを、より良い形でプロダクトに転化する方式を考え出そうとしている。実際のところ、昨年の 3月に開催した Structure Data カンファレンスにおいても、それは重要なテーマであった。

Anyhow, here are some screenshots of Music Timeline to highlight the types of things it will let you dig into. Overall, rock and pop music are very popular.

以下に並べていくのは、各種の情報をハイライトで表示する、Music Timeline のスクリーン・ショットであり、そこから深堀りしていくことが可能になる。 全体的に見ると、Rock と Pop に、人気が集まっている。

_  space

_  space

In thrash metal, one of my favorite genres, Metallica dominates.

私の、お気に入りジャンルである、Thrash Metal では Metallica が支配的である。

_  space

_  space

Here’s the career arc of one of my favorite bands, Corrosion of Conformity. I must be the only one who bought its last album.

以下は、私の好きなバンドである、Corrosion of Conformity の勢力を示す曲線である。その最後のアルバムを買った1人として、私がいるはずだ。

_  space

_  space

Of course, this is what a long, successful career looks like. I only wish Music Timeline featured relative comparisons, so we could compare the Rolling Stone to less-popular artists like, well, Corrosion of Conformity to see how they stack up. I suspect even Voodoo Lounge is much more popular overall than COC’s most-popular album. Guess there’s no accounting for taste.

もちろん、このチャートは、長期間における成功のキャリアを示すものである。私が Music Timeline に望むのは、相対的な比較のための機能である。したがって、メジャーな Rolling Stone と、マイナーな Corrosion of Conformity を、並べて比較してみた。私の疑念は、Voodoo Lounge の方が、COC で最も人気のアルバムよりも、売れているだろうというものだ。推測するに、好みに関する正確さというものは、存在しないのだ。

_  space

_  space

Related research

How the consumer space battled licensing issues in the fourth-quarter 2013
How to compete with Facebook in 2013

ーーーーー

TAG indexこの、MP3 の再生回数に関するチャートは、すでに いくつかのメディアで取り上げられていますが、やはり Google の Big Data は強いなぁ、、、と感じさせられますね。 そして、音楽ですが、最近の Youtube の充実ぶりは素晴らしく、それと、このような分析が加わると、iTunes もウカウカしてはいられなくなりそうです。 なんというか、この領域だけは、Google 先生には攻め込んでほしくないという気持ちもありますが、逆に iTnunes が更に充実という展開になるかもしれません。 いろいろな局面で起こっている AG 対決ですが、ここも注目ですね!image

ーーーーー

<関連>

YouTube が 30分もダウンした : しかし、世界は いつも通りだった
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
iTunes の収益構造を解析する
Final Fantasy VI が、この秋には iOS に登場する!

Comcast が Time Warner Cable を買収か? その総額は、なんと 4.5 兆円!

Posted in .Selected, Businesses, Entertainment, Netflix by Agile Cat on February 14, 2014

Comcast to Acquire Time Warner Cable in Industry-Shaking Deal: Report
http://wp.me/pwo1E-7cB

By Jason Abbruzzese – Feb 12, 2014
http://mashable.com/2014/02/12/comcast-acquire-time-warner-cable/

_ Mashable

Comcast has reached an agreement to acquire Time Warner Cable in a deal that will have major ramifications for the cable market, as well as the media industry as a whole.

Comcast による Time Warner Cable の買収が合意に達したことで、CATV 業界だけではなく、メディア産業全体に対して、大きな影響が生じることになりそうだ。

The news, first reported by CNBC’s David Faber, would mark one of the largest acquisitions in history.

このニュースを最初にレポートしたのは、CNBC の David Faber であり、歴史的に見ても最大級の規模になるとしている。

The all-share deal would value Time Warner Cable at around $158.82 per share, a 17% premium on its Wednesday closing price of $135.51. The total value of the acquisition is around $45 billion.

すべての Time Warner Cable 株式は、水曜日の終値である $135.51 に 17% のプレミアムを乗せた、1株当たりの $158.82 の価値を持つことになる。つまり、買収総額は $45 billion(4.5兆円)に達することになる。

The deal, which would combine the largest and second-largest U.S. cable companies, will need to be approved by the Federal Communications Commission, which could raise questions about the deal’s impact on competitiveness in the cable industry.

ただし、アメリカの CATV 業界における、最大手と二番手が合併する契約になるため、Federal Communications Commission(連邦通信委員会)による承認が必要となる。 そして、CATV 業界における競争力に対する、大きな影響力について、疑問が提起させる可能性も残っている。

Charter Communications had reportedly been working on a deal, but its offer of around $135 per share was deemed too low by Time Warner Cable. One of the more recent attempts at a media mega-merger — AT&T’s attempted purchase of T-Mobile — was struck down by government regulators.

今回の取引をコーディネートしている Charter Communications によると、1株当たり約 $135 というオファーに対して、Time Warner Cable は低すぎると判断したようだ。また、最近における巨大メディア同士の合併である、AT&T による T-Mobile 買収は、政府の規制当局により止められている

Consolidation in the cable industry has been expected by analysts, and pushed for by executives. Larger companies, it is claimed, would have a better chance of negotiating with content providers, leading to smaller bills for customers.

CATV 業界の統合は、アナリストたちが予測するものであり、また、実力者たちに後押しされている。つまり、より大きな事業者のほうが、コンテンツ・プロバイダーとの交渉を優位に行い、また、消費者の支出を抑えることが可能なるという主張だ。

Critics say such a merger would reduce competition in an industry that is already dominated by large companies with little overlap or motivation to offer customers better terms.

その一方で、批評家たちは、このような合併が実現すると、また、業界における競争原理が低下すると発言している。 しかし、より良い条件を消費者に提供するという理屈により、すでに大手に支配されているという現実もある。

ーーーーー

TAG indexもう、2年以上も前のことですが、アメリカの CATV 業界を調べるために、「アメリカ CATV 業界を襲う、深刻な顧客ばなれとは?」というポストを訳しました。その時には、たとえばキャリアなどからのプレッシャーにより、とても深刻な状況にあるとレポートされていましたが、それからの間に、Hulu や Netflix といった、まったく新しいコンペティタが登場しています。そういう意味では、もう、すでに、業界を超えたレベルでの戦いへと変化していのでしょうね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

世界最大の TV Maker – Samsung が、Google TV を採用するらしい
YouTube が Disney と Pixar のレンタル権を取得
Netflix の業績をインフォグラフで見る
Netflix は Verizon に買収されてしまうのか?
Facebook Timeline に集まった、12種類の メディア・アプリとは?
Youtube で スローモーション! : サンプルを見てみよう

YouTube が 30分もダウンした : しかし、世界は いつも通りだった

Posted in Entertainment, Google, Social by Agile Cat on November 19, 2013

YouTube Was Down for 30 Minutes and the World Didn’t Collapse
http://wp.me/pwo1E-6Vm

By Christina Warren – Nov 18, 2013
http://mashable.com/2013/11/18/youtube-down-2013/

_ Mashable

Update, Nov, 18, 5:55 p.m. ET: YouTube is now back up and functioning properly.

Update, Nov, 18, 5:55 p.m. ET: YouTube だが、つい先ほど復旧し、適切に機能している。

ーーーーー

YouTube is currently down. The world’s biggest video host and second-largest search engine is inaccessible as of 5:25 p.m. ET, meaning that instead of seeing your favorite viral videos, cats and memes, visiting the site serves up a big ol’ 500 Internal Server Error:

いま、YouTube がダウンしている。 この、世界で最大のビデオ・ホスティング・サイトが、そして世界で2番目のサーチ・エンジンが、5:25 p.m. ET の時点で、アクセス不能になっている。 つまり、お気に入りのビデオや、可愛いネコや愛しいママのビデオを見ようとしても、このサイトには、無粋な 500 Internal Server Error が表示されるだけなのだ:

クリックで拡大 ⇒

Early Monday morning, YouTube experienced some sporadic outages affecting how certain videos were viewed. Since you can’t visit YouTube, let us know your favorite alternatives in the comments. In a statement, YouTube said:

実は、月曜日の早朝の YouTube においても、特定のビデオを見れないといった、いくつかの散発的な障害が起きていた。 もし、あなたが YouTube で問題に遭遇しているなら、どのビデオが見れないのかを、コメント欄で教えて欲しい。YouTube のステートメントから、以下の部分を抜粋した:

"Some people are encountering errors, or a slower than normal experience on YouTube today. We’re working to fix the problem as soon as possible."

「 一部のユーザーが、エラーに陥ったり、通常の YouTube よりも遅いというレスポンスを経験している。 この問題を、可能な限り早く解決するために、いま、取り組んでいるところだ」

Image: YouTube, Mashable composite; Screenshot by Mashable

ーーーーー

entertainment_55パッと見だと、時系列が錯綜しているように思えますが、こういうことのようです。 ーーー ① 東海岸時間の月曜日の早朝に、YouTube が不調になった。 ② そして、同じく月曜日の 5:25 pm にダウンした。 ③ ただし、5:55 pm には回復した。ーーー したがって、タイトルには 30分間のダウンと書かれているのでしょう。 それにしても、「 the World Didn’t Collapse」 というのは、YouTube というサイトの性格を表しているようで面白いです。 でも、その 30分間に、どれだけの広告料が消し飛んでしまったのかというと、やはり、「 世界は いつも通りではなかった」、なのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Youtube で スローモーション! : サンプルを見てみよう
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
YouTube が Disney と Pixar のレンタル権を取得
iOS 6 の最新ベータに、YouTube アプリが無いのですが?

 

Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!

Posted in Entertainment, Google, Open Graph by Agile Cat on October 27, 2013

Google’s Music Knowledge Graph With YouTube, Google Now, New Carousel & More
http://wp.me/pwo1E-6Pf

Oct 23, 2013 –
Barry Schwartz
http://searchengineland.com/googles-music-knowledge-graph-with-youtube-google-now-new-carousel-more-174893

image

Part of Google’s big birthday event & Hummingbird announcement was that Google has made some serious strides to the knowledge graph. One such example was visible a week or so after the announcement, which was a major improvement and user interface change for musician-related search terms.

Google のビッグな誕生日イベントと、Hummingbird に関する発表の一部は、そのナレッジ・グラフが、いくつかの点で大幅な進歩を遂げているというものだった。その事例となるものが、一週間ほど前というか、その発表の後に見かけられるようになった。 具体的に言うと、ミュージシャン関連の検索用語が大幅に改善され、また、ユーザー・インターフェースも変更されている。

For example, when you search for [neil young] you are given a typical knowledge graph on the right side. If you search for [neil young songs] you are presented with a new songs carousel, displaying the songs Neil Young has published over the years.

たとえば、[neil young] を検索すると、画面の右側に、典型的なナレッジ・グラフが提供される。また、[ neil young songs ] を検索するなら、その新曲が表示されるが、カルーセルを回転させることで、この数年における Neil Young の曲が表示される。

Here is a picture of what I see:

これが、私が参照した、画面のクリップである:

If you click on a song, you are given a rich experience, showing a YouTube video of the song, with more details about the song, the artist, and the song carousel at the top. You can even click on the “keep you updated” link to get Google Now alerts on this artist.

そして、いずれかの曲をクリックすると、とてもリッチなエクスペリエンスが提供される。つまり、その曲の YouTube ビデオが表示され、アーティストなどに関する詳細が説明され、その曲のためのカルーセルがトップに表示される。さらに、 “keep you updated” リンクをクリックすると、そのアーティストに関するアラートを、Google Now が伝えてくれる。

Some readers are reporting not seeing the music carousel, but only seeing the YouTube videos. We cannot replicate that action.

一部の読者は、ミュージック・カルーセルが出てこないので、YouTube の動画だけを見ていると、レポートしてくれた。 そして、私たちも、アクションを再現できないでいる。

ーーーーー

TAG indexそぉかぁ~~~ :) Knowledge Graph + YouTube + Google Now の組み合わせって、言われてみれば、音楽のための、これほど美しいというか、ドンピシャなものは無いですよね。 さすがですという感じで、このところ文句を言わせるスキすら見せない、Google 先生です。 Facebook の Open Graph が、ユーザーによる知の集合体を目指すなら、Google の Knowledge Graph は、もっとフォーマライズされた知の体系を目指すという意味が、だんだんと分かってきたように思えます。 なお、文中にある Hummingbird については、以下の 「検索アルゴリズム」のリンクを、ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Google の Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook の超高速ストレージ : TAO の詳細を説明しよう

%d bloggers like this: