Agile Cat — in the cloud

Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!

Posted in Education, Google, Post-PC by Agile Cat on October 30, 2014

ABI Research: Chromebook shipments up 67% in the past three months
http://wp.me/pwo1E-7Zj
Kevin C. Tofel – Oct 21, 2014
https://gigaom.com/2014/10/21/abi-research-chromebook-shipments-up-67-in-the-past-three-months/

_ Giga Om

Summary: Google Chromebooks continue to ship in record numbers as they account for a greater percentage of commercial channel sales. ABI suggests 2014 Chromebook shipments will double from last year, making Microsoft’s low-cost Windows strategy very important for the company.

Summary: Google Chromebooks だが、法人販売における売上比率を高めるのと平行して、その出荷数も記録を更新し続けている。ABI は、2014年の Chromebook について、前年比で 2倍の出荷数になるため、Microsoft における廉価版 Windows 戦略が、きわめて重要になると示唆している。

The back to school timeframe was good to Google’s Chrome OS devices. On Tuesday, ABI Research said it estimates that Chromebook shipments rose 67 percent in the third quarter of this year over the prior three months. That should help Chrome OS momentum for the full year as well, with the research firm suggesting a doubling of Chromebook shipments in 2014 as compared to last year.

今年の夏休み明けは、Google Chrome OS デバイスにとって嬉しい季節になったようだ。この火曜日に ABI Researchは、今年の Chromebook の出荷数を、Q2 と Q3 で比較すると、推定値で 67% の増加にいたると述べている。この伸びにより、通年における Chrome OS の勢いも促進されているはずであり、この調査会社の言葉を借りると、2013年と 2014年で倍増するという推測にいたる。

Shipments certainly don’t equal sales, of course. I literally just walked out of a Best Buy — yay Amazon Voyage purchase! — and saw Chromebooks sitting on shelves. So it’s difficult to gauge exactly how many Chromebooks have been sold in the past quarter.

もちろん、出荷数が売上高に等しいというわけではない。ついさっき、私は Best Buy にいて(Amazon Voyage を買ったよ!)、陳列台の Chromebooks を見てきた。そして、この Q3 に販売された、Chromebooks の台数を正確に知ることが難しいと思った。

Get all the news you need about Mobile with the Gigaom newsletter

Still, it’s promising news for Google, which continues to push Chromebooks in both the education and enterprise sectors. In fact, most Chromebook sales are actually through commercial channels and not consumer retail stores. NPD, for example, noted in July that Chromebook sales comprised 35 percent of the entire commercial sales channel.

それでも、教育と企業という2つの領域で、Chromebooks がプッシュされ続けているのは、Google にとって明るいニュースだ。実際のところ、Chromebook における大半の売上は、そのための販売経路を介したものであり、コンシューマのための店舗ではないのだ。NPD が指摘するように、こうした法人販売における 7月の売上の、35% を Chromebook が占めているという事例もある。

Although all signs have pointed to Chromebook sales on the rise for the past few years, Microsoft may be blunting that growth. Of late, the company has aggressively pointed out that much of the simplicity and speed of deployment features offered by Chromebooks are also available with Windows devices. And since eliminating the license fee for Windows 8.1 with Bing, Microsoft’s hardware partners are now starting to debut Windows laptops that are priced equal to or lower than Chromebooks.

この数年におけるすべての兆候は、Chromebook の売上が増加し、Microsoft の成長が鈍化したという、可能性を指摘している。そこから時間が経つにつれて、Chromebooks のデプロイメントにおけるスピーディでシンプルな機能は、Windows でも実現されていると、同社は積極的に主張するようになった。そして、Bing を伴う Windows 8.1 のライセンス料が無償化されたことで、ようやく Microsoft のハードウェア・パートナーたちは、Chromebooks の価格を下回るものもある、廉価版の Windows Note PC を、マーケットに投入できるようになったのだ。

Related research

Containers and clustering technology led third quarter cloud news Oct 2014
Best practices and technologies for cloud API management and governance Sep 2014
5 strategies for greening your data center Aug 2014

ーーーーー

企業向けに、そして、学校向けに、Chromebook が売れ始めたというのは、その価格を考えれば当然のことなのかもしれません。 また、単にデバイスの価格だけではなく、管理者から見て面倒が少ないはずの Chromebook だと、全体的なコストも引き下げられるのでしょう。 もちろん、Windows PC と比べて機能は制約されますが、それがニーズと一致するなら、大幅な効率化が達成されるはずです。

実は、Agile_Cat も HP の Chromebook 11 を試しに買って見ましたが、自分の用途に照らし合わせると、これで充分と思えるところが沢山あります。 いまは月末で忙しいので、ほとんど触る時間がありませんが、月が明けたら、いろいろと触ってみたいと、楽しみにしているところです。 とにかく、3万円台という価格帯には、MBA 11 を買う金額で 3台が調達できてしまうという、お手頃感があります。 その分だけ、トラックパッドなどは安っぽいでのですが、2〜3分も触っていれば、そこへ向けてユーザーの感覚が調整されていきます。

その他で気づいた点は、① Evernote のオフライン・アプリが提供されているが、まだ完成度が低い。いまなら Web の方が使いやすそう。 ② Chrome ブラウザはサクサクしていて快適。 ③ USB および Bluetooth のテザがサポートされないので、スマホの Wi-Fi ルーター化が必要。 ・・・といったところです :) 

ーーーーー

<関連>

教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さ!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!

アメリカの教育関係者の証言:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った

Posted in Education, Google, Post-PC by Agile Cat on July 31, 2014

Here’s Why This School District Chose Google Chromebooks Over Mac And Windows
http://wp.me/pwo1E-7I1

Eugene Kim – Jul. 18, 2014
http://www.businessinsider.com/school-district-chose-google-chromebooks-2014-7

_ Business Insider

When David Andrade became the CIO for the Bridgeport Public Schools District in Connecticut last year, he knew he was in for a big challenge.

昨年のことだが、Connecticut の Bridgeport 公立学校区の CIO に David Andrade が 就任したとき、そこには大きなチャンレンジがあると、彼は認識していた。

Only a few old desktop PCs were located in the district’s public schools, and his limited budget made it difficult to place a big order for new computers. Being in a working-class community, where 95% of the students receive free or reduced-cost lunches, most students didn’t have access to computers outside of school, either.

その校区の公立学校には、いくばくかの古いデスクトップ PC が置かれているだけであり、また、彼に与えられた限られた予算では、大量の新しいコンピュータを導入することは困難であった。また、そこは、生徒の 95% が無償化などの支援策により、学校給食を提供される労働者階級の社会であり、学外では大半の生徒がコンピュータにアクセスできない状況でもあった。

AP
Google Chromebook

So when he was asked to bring more computers to Bridgeport public schools, Andrade immediately thought of Google’s Chromebook. He had tried one of the first Chromebooks in 2010, when Google sent it to him for review on his blog, and was impressed by its price and functionality.

したがって、Bridgeport の公立学校から、より多くのコンピュータが欲しいと要求してきたとき、Andrade は直ぐに Google の Chromebook について検討した。 なぜなら、彼自身のブログで Chromebook のレビューを書くために、2010年に Google が最初のバージョンを送ってくれたときに、それを試し、価格と機能に感銘を受けていたからである。

“The affordability and easy maintenance of Chromebooks clinched the deal — we could buy three Chromebooks for the price of a single desktop computer,” Andrade wrote on Google’s official enterprise blog Friday. “We would also save on support time and costs since Chromebooks update automatically.”

「 手頃な価格と、容易なメンテナンスが、Chromebook を契約する要因になった。1台のデスクトップ・コンピュータを購入する費用で、3台の Chromebook が買えるだろう。また、Chromebook は自動的にアップデートされるため、サポートに要する時間とコストを、私たちは節約できる」と、この金曜日(7/18)に Andrade は、Google の Official Enterprise ブログに書いている

He initially bought 4,000 Chromebooks for the high schools, and started using Google Apps for Education to give every student an email address. He also transferred all the student documents to Google Drive to save time and storage costs. Now the district owns 9,000 Chromebooks in total, allowing every high school student to have one at their desk.

彼は、初回の導入として、いくつかの高校のために 4000台の Chromebook を購入し、すべての生徒にメール・アドレスを与えるために Google Apps for Education を使い始めた。また、運用の手間とストレージ・コストを節約するために、生徒に関するすべてのドキュメントを Google Drive に移した。そして、いまでは、この校区全体で 9,000台の Chromebook を所有し、高校生たちは自分の机の上に、1台のコンピュータを持てるようになった。

“The Chromebooks have already changed how teachers teach and students learn: there’s less ‘listen-to-me’ lecturing, and more active student involvement in creating their own projects,” he wrote in his blog post.

「 Chromebooks は、教師が教える方式と、生徒が学ぶ方式も、すでに変えつつある。 いわゆる、listen-to-me 式のレクチャーの時間が減り、生徒たちは自分のプロジェクトを作りながら、より積極的になっていく」と、彼は自分のブログに書いている。

Andrade’s story doesn’t come as a surprise considering Chromebook’s growing market share in education. During Thursday’s earnings call, Google’s Chief Business Officer Nikesh Arora said more than 1 million Chromebooks were sold to schools last quarter. That’s a huge spike compared with the 2.1 million Chromebooks sold in all of last year.

この、Andrade のストーリーだが、教育マーケットにおける Chromebook の成長を考えると、それほど驚くべきものでもない。木曜日に行われた Google の収支報告会でも、同社の Chief Business Officer である Nikesh Arora が、この 4月〜6月期に、1 million 以上の Chromebook が学校に導入されたと述べていた。昨年を通して、全体で 2.1 million しか売れなかったことを考えると、Chromebook は大きなピークが訪れている。

“It’s clearly a record quarter and the popularity of Chromecast continues to grow,” Arora said.

「 それは、明らかに、記録的な四半期であり、また、Chromecast の人気は高まり続けている」と、Arora は発言している。

As of last year, 22% of the school districts in the U.S. were using Google Chromebooks.

なお、昨年の時点で、US における学校区の 22% が、Google Chromebook を使用してる。

“Education is an extraordinarily important sector that Google is going to want to focus on,” Scott Strawn, analyst at IDC told Business Insider. “There’s still a long way to go but a million sales of Chromebooks does represent an alternative to Windows on a desktop, and that’s pretty meaningful.”

「 教育は、Google がフォーカスして行きたがっている、きわめて重要な分野である。その道のりは長いが、Chromebook におけるミリオン・セールスは、デスクトップ上の Windows を置き換える現象であり、とても有意義なことである」と、IDC の Analyst である Scott Strawn は Business Insider に語っている。

For Andrade, what makes this meaningful is the way it’s changing how his students learn. As one of his 10th-grade students told him, “they make it easier to hand in work and decrease your chance of failing.”

話は Andrade に戻るが、彼にとって、どのような意味があるのかといえば、それは、生徒たちが学ぶ方式が変わることにあるのだろう。ある生徒(10回生)が、「それにより、すべてが簡単になるね。 そして、先生たちも間違えなくなるね」と、彼に言ったそうだ。

ーーーーー

良かったですね! おそらく、生徒一人当たりのコストは、$300 以下で済んでいるのでしょう。コネチカットというと、NY の北に位置する金持ちの多い土地柄、、、というイメージを持ってしまいますが、Andrade さんの校区は、そのような状況ではないようです。 そして、地球全体を見渡してみると、廉価版の Android スマホが爆発的な勢いで広まっているわけですが、富める人々だけではなく、貧しい人々も つながるところに、インターネットの存在意義があるのだとすれば、この Google 先生の発想には、拍手を送らざるを得ません。 スバラシイ!

ーーーーー

<関連>

学校の先生なら Chromebooks が $99 : ただしアメリカの話
Facebook Group が教育現場で有用な理由 – 米高校生の手記
私たちの生徒のために、古い iPad を寄付してください
オランダの iPad 教育構想は、Steve Jobs スクールを体現できるのか
学校教育の場で iPad に挑む Kindle と Whispercast

オランダの iPad 教育構想は、Steve Jobs スクールを体現できるのか

Posted in .Selected, Apple, Education, Weekend by Agile Cat on July 14, 2013

The weird iPad-only school in the Netherlands that may be the future of education
http://wp.me/pwo1E-6mU

By
Erica Ogg – JUL. 2, 2013
http://gigaom.com/2013/07/02/the-weird-ipad-only-school-in-the-netherlands-that-may-be-the-future-of-education/

Summary: iPads will replace books, classrooms and, in some ways, teachers. A principal of the Steve Jobs school says in seven years their model will be totally normal.

Summary: iPad は教科書や教室を変えていくが、ある意味では教師も置き換えるだろう。かつて、Steve Jobs 校長は、『 それらのモデルは7年間で、まったく普通のものになる』と発言していた。

Image courtesy of
Flickr user mortsan.

LA Unified recently became one of the biggest school districts to buy iPads for all 30,000 students as additional learning aids for its traditional teacher-led classrooms. But a new series of schools being set up in the Netherlands is taking an even bigger leap forward: it’s going to be an iPad-only learning environment.

最近のことだが、LA Unified は、従来からの教師が主導する教室のための補助的な学習ツールとして、30,000 の生徒に iPad を買い与える、最大の学区となった。しかし、Netherlands で進められている新しい学校という考え方は、さらなる飛躍を狙っている。つまり、iPad だけを用いた、学習のための環境を作ろうとしているのだ。

That’s right: there will be no paper notebooks or books or laptops or chalkboards or whiteboards. The 11-campus “Steve Jobs school” system, as profiled in Spiegel Online, is nontraditional in many other ways too. And one of the school’s principals thinks that by 2020, this won’t sound weird at all:

ご推察のとおり、そこには、紙のノートも教科書もなく、ノートパソコンも、黒板も、ホワイトボードもない。Spiegel Online で紹介されるように、11-Cmpus Steve Jobs School のシステムは、あまりにも多くの点において、従来からの方式を覆している。ある学校の校長は、こうした風変わりな状況に対して、2020年までは動きがないだろうと考えている:

The Steve Jobs school will be open from 7:30 a.m. to 6:30 [p.m.] on every workday. The children will come and go as they please, as long as they are present during the core period between 10:30 a.m. and 3:00 p.m. The building will only be closed for Christmas and New Year’s. The children’s families will be able to go on vacation when they please, and no child will have to be worried about missing class as a result, since classes in the traditional sense will be nonexistent.

Steve Jobs School は、平日の朝 6:30 に始業し、夕方の 7:30 に就業する。そして、子供たちは、コア・タイムである 10:30~3:30 に在校すればよく、そのほかは、いつ来ても、いつ帰っても良い。その校舎は、クリスマスと新年の休暇の間だけ閉鎖される。伝統的な意味におけるクラスが存在しないので、その家族も、望みどおりの時期にバケーションを楽しめるようになる。その結果として、子供たちにとっても、クラスを失うという心配ごとがなくなる。

Only in exceptional cases will a teacher direct classes in groups. Normally, the children will learn by calling up a learning app on their iPad — which will be turned into a sort of interactive, multimedia schoolbook — whenever they want.

また、教師も、例外的な場合にのみ、クラスとしてのグループに指示すればよくなる。通常であれば、子供たちは何時でも、自分の iPad(インタラクティブなマルチメディア教科書のようなものになる)上に学習アプリを呼び出し、それを使って学習ができる。

The iPads are basically replacing both teachers and the physical classroom. And their constant connection to the web, allowing students to turn in school work and receive assignments at any hour of the day, means school never ends, really.

つまり、iPad が、教師と物理的な教室の双方を置き換えることになる。 そして、Web への常時接続により、生徒たちは日々の時間割を与えられ、学業に集中させられる。だから、学校は終業することなく、つねに動き続けることになる。

That might sound terrifying to some elementary and high school students now. But it might better prepare them for the future of higher education — where massive, online remote courses are gaining traction on college campuses. It’s also the current reality of many of today’s workplaces, where smartphones — depending on how you look at it — keep employees tethered to their job even after they’ve left the office or allow them to get work done remotely.

いまの小中学生や、高校生には、なになら恐ろしいものに聞こえるかもしれない。 しかし、高校を卒業するときのために、彼らにとって適切な準備となるかもしれない。なぜなら、それは、巨大なオンライン・リモート・コースが勢いを増している、大学のキャンパスへと通ずる道だからである。それは、今日の、数多の職場における現実でもある。あなたの捉え方により、その評価は異なるものになると思うが、スマートフォンの存在により、従業員たちは帰宅後も仕事に拘束されている。もちろん、リモートでの作業を、従業員たちが喜んで受け入れているという側面もあるのだが。

These futuristic Dutch learning facilities are being described as the ultimate “Steve Jobs school” because of the Apple co-founder’s professed dream of the post-PC world and his particular emphasis on education. But his namesake school might even be taking it a bit further than even Jobs imagined: after all, in his post-PC dream world, PCs still existed, they just were relegated to very specific tasks.

この、Dutch 未来派-学習施設が、究極の Steve Jobs School として表現されるのは、Post-PC の世界における教育の在り方という、この Apple の Co-Founder が公言してきた夢と合致するからである。しかし、彼の名前を冠する学校は、Jobs の想像していたレベルよりも、少しだけ前のめりで進むのかもしれない。結局のところ、彼が夢見た Post-PC の世界では、きわめて限定的なタスクを処理するものであっても、依然として PC が存在していたのである。

Related research

ーーーーー

weekend2この記事を訳していて思い出したのは、Apple や iPad の話ではなく、『 Facebook Group が教育現場で有用な理由 – 米高校生の手記 』という以前の抄訳でした。Agile_Cat の場合は、それまで考えていた、仕事の FB グループ化に踏み切ったのですが、おかげさまで随分とメールが減り、日常の効率がアップしています。 この、Facebook の記事には、仮想教室について言及されていますので、LA やオランダの構想というのは、さらに先を行っているのだと思います。具体化されると良いですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

私たちの生徒のために、古い iPad を寄付してください
学校教育の場で iPad に挑む Kindle と Whispercast
学校の先生なら Chromebooks が $99 : ただしアメリカの話

学校の先生なら Chromebooks が $99 : ただしアメリカの話

Posted in Education, Google, Post-PC by Agile Cat on December 14, 2012

Google drops Chromebooks down to $99 or less (for education)
http://wp.me/pwo1E-5mg
December 10, 2012
John Koetsier (Staff)
http://venturebeat.com/2012/12/10/google-drops-chromebooks-down-to-99-or-less-for-education/

_ VB Mobile

Forget Black Friday or Cyber Monday. Google just announced perhaps the best sale of the entire Christmas season, at least as far as electronics and computers are concerned.

Black Friday や Cyber Monday のことは、もう忘れてほしい。 なぜなら、少なくともエレクトロニクスとコンピュータにおいては、おそらく最高と思われるプロモーションが、このクリスマス・シーズンで提供されると、Google がアナウンスしたからだ。

Working with DonorsChoose.org, a charity that helps support public education in the U.S., Google is offering its Samsung Series 5 Chromeboooks — a $429 device with management and support — for just $99. And if you play your cards right, that price could be zero.

アメリカの公立学校を支援する、慈善団体の DonorsChoose.org を共同で、Google は Samsung Series 5 Chromeboooks を、$429(マネージメントとサポート付き)から$99 に引き下げて提供している。 そして、あなたが上手に立ち回るなら、その価格はゼロにもなり得るだろう。

The catch?

なにかの、ワナだと思うかい?

You have to be a full-time public school teacher in the U.S., and you have to set up a DonorsChoose.org account, where you’ll fill out a brief request form. Once that’s complete, an account will be set up on Donor’s Choose, and anyone can come to the site to make a donation. When your funding goal is complete, the Chromebooks will be sent.

そんなことはない。 ただし、あなたは、アメリカの公立学校でフルタイムで働く教師でなければならない。 そして、DonorsChoose.org に、アカウントを設定しなければならない。 さらに、簡単なリクエスト・フォームに書き込むことになる。 それが完了すれば、アカウントは Doner’s Choose 上にセットされ、誰かが寄付をするために、そのサイトに立ち寄るかもしれない。 そして、あなたのファンド・ゴールが達成されたときに、Chromebooks が送り届けられる。

A campaign for
Chromebooks on DonorsChoose.org

I checked the contest rules, and there’s nothing that says educators can’t effectively purchase Chromebooks for $99 just by donating to their own funding campaign. A Google representative did confirm with me, however, that schools cannot buy directly from Google and must use DonorsChoose.org.

私は、このコンテストのルールをチェックした。 そして、教育者であるなら、自身のファンド・キャンペーンに寄付することで、$99 という低価格で、Chromebooks を購入できないこともないようだ。 Google の窓口にも訊いてみたが、学校は Google からダイレクトに購入できず、DonorsChoose.org を使う必要があることが確認された。

One other detail the Google rep added: a maximum limit of 30 Chromebooks. So schools won’t be able to outfit all their classrooms with this strategy … unless they get creative and run a separate campaign for each class.

しかし、Google の代表者が付け加えるには、30台までの Chromebooks という制限があるとのことだ。 したがって、それの望む学校であっても、それぞれのクラスごとに別個のキャンペーンを実施しない限り、すべてのクラスにChromebook を供給することは不可能だ。

The Samsung Series 5 Chromebook is a 12.1″, 3-pound notebook with a 1.66Ghz Intel dual-core Atom CPU. It’s got WiFi and optional 3G, a 4-in-1 memory card slot, and a built-in webcam. The standard model comes with 2GB of RAM and a 16GB SSD disk. Most importantly for schools, it offers up to 8.5 hours of battery life.

この Samsung Series 5 Chromebook  は、12.1 inch のディスプレイと、1.66Ghz Intel Dual-Core Atom CPU を持つ、重さが  3-pound のノートブックである。 また、WiFi に加えて 3G のオプションがあり、4-in-1 のカード・スロットと、組込みの WebCam を持っている。 そして、標準的なモデルには、2GB の RAM と、16GB SSD ディスクが付いてくる。 そして、授業で使う際に重要になるのは、最高で 8.5 時間というバッテリー・ライフになるだろう。

More than a thousand schools are already using Chromebooks in classrooms, Google said.

すでに、1000 以上の学校が、Chromebook をクラスルームで使用していると、Google は発言している。

There is currently only one project up on DonorsChoose, although more will probably join quickly at this price.

現時点では、このプロジェクトだけが DonorsChoose 上にあるが、この価格に合わせた、他のプロジェクトも追加されるだろう。

One downside: School budgets are not the most flexible things in the world. In fact, the opposite may be true. Here’s hoping that at least some schools have some budget space to take advantage of this fantastic offer. Or, that benefactors on DonorsChoose.org will be very, very generous.

このプロジェクトにも、1つだけ欠点がある。 つまり、学校予算というものが、この世で最も受難なものではないという点だ。 実際のところ、その正反対なのかもしれない。 したがって、少なくとも、いくつかの学校が、この素晴らしいオファーを利用するための、予算としての余裕を持っていることを望む。 あるいは、 DonorsChoose.org の講演者たちが、とても、とても、寛大であってほしい。

Now if only Google would offer the same deal to non-education customers …

もし、Google が、教育関係以外の顧客にも、同じオファーを提供するなら・・・

ーーーーー

imageこの DonorsChoose.org って、なかなか面白い試みですね。そして、Chromebook のようなデバイスは、学教での利用などに適していますね。ただ、人気の ARM 版ではなく Intel 版なので、ひょっとすると在庫整理なのでしょうかね? Smile 最近は、Windows のホスティング・サービスが増えてきているので、リモート・デスクトップで、何でもできてしまいますね。 image

ーーーーー

<関連>

Google は Chromebook でも、タッチ・スクリーンに対応する?
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
スマホ が PC を置き換える:とってもビックリな証明 Youtube

 

学校教育の場で iPad に挑む Kindle と Whispercast

Posted in .Selected, Amazon, eBook, Education by Agile Cat on November 17, 2012

Amazon’s New Whispercast Service is in Schools Now
http://wp.me/pwo1E-5ck

By
Guest Posts on November 3rd, 2012
http://techie-buzz.com/softwares/media-tools/whispercast-service.html

_ Techie Buzz_2

Amazon has been very busy in an attempt to compete with Apple in public schools.

Amazon は。公立学校で Apple と競合しようと、慌ただしく準備を進めている。

Wednesday, Oct. 17, 2012, Amazon launched Whispercast — a new service allowing an administrator to manage a large number of Kindle devices from one location. Amazon is desperately trying to compete with the iPad for market share in public schools. Kindles are sold at a break-even price, and Amazon has to recoup profits from the content sold for the Kindle.

2012年10月17日(水)に、Amazon は Whispercast という新しいサービスをローンチした。 それは、数多くの Kindle デバイスを、アドミンが 1つのロケーションから管理するというものである。 Amazon は、公立学校におけるシェアで iPad と競争しようと、死にものぐるいで取り組んでいるのだ。 Kindle の販売は、損益分岐点に設定された価格で進められており、また、Kindle の利益は、コンテントの販売で回収する必要がある。

In recent years, Amazon has been testing Kindles in public schools, in an effort to compete with Apple’s iPad. To encourage schools to buy Kindles, Amazon has been offering discounts for large quantities ordered. Two U.S. schools that have been testing Amazon Kindles are Clearwater High School in Florida, and St. Rose of Lima School in Rhode Island.

この数年、Amazon は、公立学校における Kindle のテストを進めてきたが、それは、Apple の iPad と競合するためのものである。 学校に Kindle を買わせるために、Amazon は大口顧客に対してディスカウントを提供している。 この Amazon Kindles のテストに協力した、アメリカ国内の 2つの学校は、Florida の Clearwater High School と、Rhode Island の St. Rose of Lima School である。

The new Whispercast service works well for businesses and organizations that want to provide uniform content to many users at once. It assists with teaching lectures, business meetings, employee training and gatherings, so that many people can access documents and materials all at the same time. Amazon’s Whispercast website boasts the following reasons to get the Kindle and Whispercast:

この、新しい Whispercast サービスは、数多くのユーザーに対して、統一されたコンテンツを一度に提供したいと望む、企業および組織にとって適切なものとなる。 つまり、講義/商談/トレーニング/ミーティングなどを支援するために、数多くの人々がドキュメントとマテリアルに、同時にアクセスするためのサービスを提供する。Amazon の Whispercast Web サイトは、以下のような理由から、Kindle と Whispercast の組合せを売物にしている:

  • Sign up for Whispercast is free
  • Wirelessly procure and distribute Kindle books
  • Meet the unique needs of your users
  • Share information
  • Let your users read on their own devices
  • Take advantage of apps
  • Whispercast への登録は無償である
  • Kindle Book は、ワイヤレスで入手/配信できる
  • ユーザーごとのユニークな要求に対応できる
  • 情報を共有できる
  • ユーザーごとのデバイスで、読書が可能になる
  • アプリによるアドバンテージを活用できる

Amazon’s new Whispercast service is looking to compete with Apple’s iPad in schools, and now has the technology to prove it.

Amazon が新たに提供する Whispercast サービスは、Apple の iPad と、学校教育の場で競合すると思われる。そして、いまや、それを証明するためのテクノロジーを備えている。

==== About the Author ====
Z.Love is an award-winning freelance writer, published on Yahoo! Finance, Yahoo! News, and Yahoo! Sports. He is also a finance blogger for BizLaunch and Rant Finance. You can view his personal blog at:
Z.Love’s Entertainment Blog .

ーーーーー

image2012年 Q3 では、久々の赤字を計上した Amazon ですが、このところの展開を見ると、攻めの姿勢を貫いた結果なのだろうと思えてきます。そして、『 Apple vs. Amazon : リテールの双璧をチャートで比較する 』 というポストで紹介しましたが、まったく正反対のビジネス・モデルを持ち、その両極に位置する両者が、学校教育の場で真っ向からぶつかっていくのは、とっても興味深い現象だと思います。image

ーーーーー

<関連>

Amazon 宣言 : すべてのデバイスを原価で提供する – Jeff Bezos
Amazon は久々の 四半期 赤字 : その内容は?
Amazon が CPU ビジネスに参入 : あの TI を買収する?
NASDAQ の FinQloud は、AWS ベースの金融サービス・プラットフォームだ
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている

 

私たちの生徒のために、古い iPad を寄付してください

Posted in Apache, Education, Weekend by Agile Cat on September 24, 2011

Here’s Where Thousands Of Old First-Gen iPads Are Ending Up
Dylan Love | Sep. 22, 2011
http://www.businessinsider.com/ipad-teach-for-america-2011-9

_ Business Insider

Every single member of AmeriCorp’s Teach For America  — more than 9,000 strong in 38 states — has received a first-generation iPad, reports CNN.

38 州で 9,000 人以上にも達する、AmeriCorp’s Teach For America のメンバーたちが、第 1世代の iPad について、寄付を受け付けていると、CNN がレポートしている。  

Image: Hoguhton Mifflin   

Apple started collecting old iPads from customers buying iPad 2s, inviting them to donate their old devices to teachers in low-income areas.

Apple は、低所得者の多い地域の教師に iPads を寄付するために、iPad 2 を購入した顧客たちに、古いデバイスを提供するよう求め始めた。

The iPads were refurbished and distributed to the Teach For America staff over the past two weekends.

先週と先々週の週末に、それらの iPads はリファービッシュされ、Teach For America のスタッフに手渡されている。

Everyone receiving a device got the following email from Apple: “What could an iPad do for your classroom and your students? Well, we’re asking you to help us answer this question.”

デバイスを受け取った教師たちには、Apple からの以下のメールが送られている :「 あなたのクラスと生徒たちのために、iPad で何ができますか? この質問に答えてくれることが、私達自身への助けになるのです」

ーーーーー

weekend2Agile_Cat も欲しいのですが、なかなか手が出ない iPad。 アメリカでも、低所得者層の子供たちにとっては、やはり高嶺の花なのですね。 Apple らしくもあり、アメリカらしくもありという話ですが、日本で同じ事をやろうとすると、『 中立であるべき教育者が、特定のメーカを ・・・ 』 という議論になってしまうのでしょう。 子供たちに、何がもたらされるのかという視点で見れば、こういうことも可能になるのですがね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Steve Jobs の実妹 Mona Simpson は小説家として兄を描く
たかが Nano、されど Nano な iPod
でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
Apple – Grand Central – Store in NYC って?
iOS 5 マジックは本物だ! – キミの勝ちだよ スティーブ

 

Facebook Group が教育現場で有用な理由 – 米高校生の手記

Posted in .Selected, Education, Facebook, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on September 11, 2011

Why Facebook Groups is a Powerful Tool for Teachers
by Parth Dhebar | Tuesday, 06th Sep 2011
http://techie-buzz.com/social-networking/facebook-groups-is-a-powerful-tool-for-teachers.html

_ Techie Buzz

Currently, I’m a senior in high school and this year my Math teacher has started using Facebook Groups to collaborate with students. After making some observations, I’ve come to the conclusion Facebook Groups is a powerful tool for teachers. Here’s why.

現在、私はハイ・スクールの3年生だ。 今年になって、私のクラスの数学教師が Facebook Groups を用いて、学生たちとのコラボレーションを開始した。 しばらく、観察をしてきたが、Facebook Groups は教師にとってパワフルなツールだろという結論に至った。以下に、その理由を述べる:

1.  Facebook Groups brings the classroom experience online

Picture this: A student walks into class, pays attention to the lecture, but for some reason the students forgets everything about the lecture once the student comes home. Once home, the student starts to panic and tries to figure out a way to figure what the lecture was about, but nobody’s available to tell the student.

Picture this: 学生はクラスへやってきて講義に集中するが、家に帰った途端に、何らかの理由で、すべてを忘れることがある。 そのような学生は、自宅でパニックを起こし、その講義で理解した内容を思い出そうとするが、その学生に教えられる人は、そこにはいない。

Moral of the story: Asking a question regarding homework or the lecture outside of class has always been difficult and causes panic among the student. Either people are not available to answer your question or the teacher is not able to check their email in time.

Moral of the story: 宿題や課外講義での質問は、いつも困難であり、学生たちはパニックを起こす。 質問に答えるためのアクセス手段がないこともあれば、教師による電子メール・チェックが、時間的に間に合わないこともある。

clip_image001Thanks to Facebook Groups this problem is solved. When someone posts a question in the designated Facebook Group, the teacher and students in the group are notified all at once. Since majority of teenagers are constantly online on Facebook, receiving an answer is guaranteed. No more “Oh crap! I forgot what we learned in class moments”.

Facebook Groups を利用すると、こうした問題は解決される。 指定された Facebook Group に質問をポストすれば、グループ内の教師や学生たちに、一度に通知される。 大多数のティーンエージャーは、いつも Facebook にオンライン・アクセスしているため、質問に対する回答は必ず戻ってくる。 もう「 なんてことだ! さっき学校で勉強してきたことを忘れてしまった」は、無くなる。

For example, a few days ago, I posted in our math class group a question regarding why my calculator’s software wasn’t working, and BAM! Within 5 minutes, I got an answer from someone who had experienced the same issue! Facebook Groups allow students to have the same classroom like experience, but online.

たとえば、数日前のことだが、私の電卓ソフトウェアが上手く動かず、役立たずな理由を知りたくて、数学クラスの Facebook Group に質問をポストした! そうしたら、5分もしないうちに、同じ問題に悩んでいるクラス・メートから、答えが戻ってきたんだ! Facebook Groups は、まるで学校にいるようなエクスペリエンスを提供してくれるが、それはオンラインなのだ。

2. Collaborating among students and with the teacher made easy

It’s no longer a hassle for students to figure out if their classmates share the same teacher with them if they aren’t in the same class period. Before Facebook Groups, each student had to constantly ask other students which teacher they have. Thanks to Facebook Groups, this is no longer the case.

Facebook Groups は、まるで学校にいるようなエクスペリエンスを、オンラインで提供してくれる。もう学生たちは、同じ教師のクラスを共有していなら、同じ時空を共有していなくても、勉強に困ることはなくなる。 Facebook Group を始める前は、それぞれの学生は、お互いの教師が誰なのかを、いつも確認する必要があった。 Facebook Group のおかげで、そのような面倒もなくなった。

facebook_logoSince the teacher controls who can join the Facebook Group, the only students who are invited are ones who share the same teacher. This makes collaborating among students and the teacher easy!

それそれの Facebook Group に参加する学生は、その教師によりコントロールされるため、招待された学生だけが、その教師とのクラスを共有する。 それにより、教師とだけではなく、学生同士の協調も容易になる!

No longer is it a hassle to find students that share the same teachers with you. Instead, that same time is used productively by receiving help from others. Also, it is possible to receive help from the teacher outside of school hours.

もはや、学生同士が、同じ教師のクラスを共有しているか、どうかを、確認する面倒もない。 その代わりに、お互いに手助けすることで、無駄な時間を省き、勉強に専念できる。 さらに、学校にいない時間帯でも、教師からの支援を受けることが可能になる。

3. Simple to use

Facebook Groups is an easy to use tool, making it easy for the non-tech savvy people to use too. Usually, collaboration tools like this would be very expensive but Facebook offers a sufficient tool for free. All a student has to do is type some text and click the post button. That’s it! Facebook makes it affordable and easy to use for everyone.

また、 Facebook Group は使い易いツールであり、技術には疎くても、知見のある人々が簡単に使えるようになっている。このようなコラボレーション・ツールは、一般的に高価であるが、Facebook は十分な機能を無償で提供している。 そして、学生たちが行うべきことは、若干のテキスト入力と、その後の[POST]ボダン・クリックだけである。それで、全てだ! それを Facebook は、手ごろなかたちで、誰もが使い易いようにしている。

Conclusion:

Over the past few weeks, I have noticed that students have found the group to be very useful and wished every teacher used Facebook Groups to collaborate with their students.

これまでの数週間において、それらのグループが、きわめて有用であることに、学生たちは気付いた。 そして、すべての教師に Facebook Group を使って欲しいと望んでいる。それが、私のマトメだ。

My teacher has constantly been able to collaborate with his students, leading me to believe that Facebook Groups is indeed a powerful tool for teachers. I hope to see the use of Facebook Groups popularize among teachers in the near future.

私の教師は、学生たちとの協力を、いつでも可能にしている。そして私は、教師にとって Facebook Group が、きわめてパワフルなツールであと信じるようになった。近い将来、教師たちの間で、Facebook Group が広く利用されることを望む。

ーーーーー

weekend2タイトルには、高校生の手記と書きましたが、このブログのポストは、プロのライターによるものと思われます。 高校生の手記をリライトしたものなのか、そういう状況設定でプロが書き下ろしたものなのか、いずれにしても内容が面白いので良しとしましょう。それにしても、この Facebook Group は、Agile_Cat も重宝しているのです。 いまは、10個ほどのグループが、それぞれの仕事の括りで動いていますが、お陰さまでメールがガクッと減り、とても快適になってきました。 とにかく、とても便利で効率が良いので、せひ、お試し頂ければと思います。 それと、以下のリンクも、ご参照くださ~い! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Web メールの時代は 終わってしまうのか?

 

iPad は普通の人々のために存在する、、、と Woz は言う

Posted in .Selected, Apple, Education, Mobile by Agile Cat on April 7, 2011

Apple Co-Creator Says iPad is a Computer for “Normal People”
By
Darrell Etherington Apr. 6, 2011, 7:06am
http://gigaom.com/apple/apple-co-creator-says-ipad-is-a-computer-for-normal-people/

_ Gigaom

Speaking at a event Tuesday in Santa Clara, CA, Apple co-founder Steve Wozniak said that the “iPad is for the normal people of the world.” He was speaking at the Storage Network World conference (via The Telegraph), and made a distinction between his tech savvy audience and the average consumer. Wozniak’s statement has the ring of truth, but is it really accurate?

Santa Clara, CA で火曜日に開催されたイベントにおいて、Apple の Co-Founder である Steve Wozniak は「iPad は、世界中の普通の人々のために存在する」と発言した。 彼は Storage Network World カンファレンスで(Telegraph)、そこに集まった知見のあるはずの人々と、平均的な消費者を区別するスタンスでスピーチした。 Wozniak のステートメントは真実の響きを有しているが、それは正確なのだろうか?

Image(7)

According to Wozniak, it has always been Steve Jobs’ dream to create a computer that was easy enough for anyone to pick up and use, but “but it was just hard to get there, because we had to go through a lot of steps where you connected to things.” Anyone who’s had the pleasure of trying to set up a wireless network even just five to ten years ago can probably attest to this. If you remember connecting to the web in its earliest days, then you probably don’t need any more convincing.

Wozniak によると、誰もが入手でき、きわめて容易に利用できるコンピュータを作ることが、Steve Jobs の抱き続ける夢であった。しかし、そこへ辿りつくことが困難だったのは、簡単なネットワーク接続を達成するために、数多くのステップを通り抜ける必要があったからだと、彼は言う。 わずか 5年や 10年前のことであるが、そのときにワイヤレス・ネットワークの設定を行い、上手くできたことを喜んだ人々であれば、それを証明できる。そして、初めて Web に接続したことを覚えているかもしれないが、そんな話を聞いて喜ぶ人は、もう何処にもいないのも事実である。

Anecdotally, the iPad is the first computing device my mother has ever enjoyed being able to use. It’s also the only computer my girlfriend needs; she’s completely abandoned her aging Windows laptop (I actually haven’t even physically seen it in around six months) in favor of my first-gen iPad. And it’s the only computing device my luddite friend living in the wilderness of northern Ontario has ever asked me about with genuine curiosity. And of course, there’s the now famous story of the 100 year-old woman who was thrilled with her first computer purchase: a first-generation iPad:

余談になるが、iPad は私の母親にとって、初めてのコンピューティング・デバイスであり、楽しみながら使うことができたのだ。 さらに、それは私のガールフレンドが必要とする、唯一のコンピュータである。私が購入した第一世代の iPad を見て、彼女は古くなった Windows ラップトップを捨てた。( iPad が届いて半年ほどで、本当に処分してしまったのだ) また、それは、Ontario の北の荒地に住んでいる機械が大嫌いな友人が私に、本当の好奇心から尋ねたことのある、唯一のコンピューティング・デバイスである。 そして、もちろん、100歳の女性の有名なストーリーがある。彼女は初めてのコンピュータとして iPad を購入し、喜んで、それを使っているのだ。

image

← クリックで Youtube

Yet, many of the numbers detailing the average iPad user seem to go against such anecdotal findings. A November 2010 survey performed by SAI found that just 28.9 percent of respondents indicated that the iPad was their primary computing device. It’s an impressive number, but it still suggests that for the large majority, an iPad is a secondary device. Then there’s a December 2010 study performed by the Reynolds Journalism Institute that found that the average iPad owner is a college-educated 48-year old man, earning more than $100,000 per year. That’s hardly a picture of normalcy in the U.S., where 75 percent of the population earn less than $50,000 a year, and women make up a little more than half the total population, according to the latest census data.

しかし、平均的な iPad ユーザーを調べてみると、こうした逸話と食い違う部分に気づく。 SAI が 2010年11月に実施した調査によると、回答者の 28.9% が、iPad を主たるコンピューティング・デバイスとして使用している。 それは記憶に残る数字であるが、大半の人々が iPad を、第二のデバイスとして利用していることを示す。さらに、Reynolds Journalism Institute が 2010年12月に実施した調査によると、iPad の平均的な所有者は、大学卒の48歳の男性であり、$ 100,000 以上の年収を得ていることになる。 しかし、最新の人口調査よると、アメリカ国民の 75% 以上が年収 $50,000 以下であり、また、総人口の半分以上を女性が占めている。 つまり、iPad の平均的なユーザーが、アメリカの平均的な国民という構図にはない。

Of course, the iPad has only existed for a little over a year. Global adoption, especially among demographics that are traditionally slow-moving when it comes to new tech uptake, will take time, so it makes sense that early iPad owner statistics would be more indicative of what constitutes an early adopter than what best represents the target market of the iPad itself.

もちろん、iPad が市場に登場してから、まだ1年しか経っていない。人口統計において、新しいテクノロジーが浸透していくには、従来からのデータにおいても、時間がかかっている。したがって、iPad の初期における所有者の統計は、iPad 自身のターゲット市場というよりは、そのアーリー・アダプターの構成を示すという点で意味を持つ。

Wozniak may be over-generalizing when he says that the “iPad is for the normal people of this world,” but it still represents the best attempt we’ve yet seen to make computing easy enough for users who don’t have extensive computer-using experience. And the price of entry for ownership is on the low side not only for tablets, but also for computing devices in general. I suspect that the picture of the average iPad user depicted above won’t be the same one we see in two or three years, and that Woz’s statement will make even more sense as Apple continues to refine the iOS experience with the general computer user in mind.

Wozniak は、「iPad は、世界中の普通の人々のために存在する」と発言するが、それは一般論に過ぎないかもしれない。ただし、充分なコンピューティング・エクスペリエンスを持たないユーザーたちが、それを易々と使う光景は、私たちにとっても初めて見ることである。 そして、それを所有するための費用は、タブレットとの比較だけではなく、一般的なコンピューティング・デバイスとの比較においても低めである。さらに言えば、前述の平均的な iPad ユーザーが、2~3年後もそのままとは考えられない。そして Apple が、普通の人々のためのコンピュータを考えながら、iOS のエクスペリエンスを洗練し続けていけば、Woz のステートメントが大きな意味を持つことになる。

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

ーーーーー

Agile_Cat は iPad ユーザーではありませんが、Woz のいう「iPad は、世界中の普通の人々のために存在する」は真実だと思います。一言でいって、素晴らしいです! これからのコンピューティングの、ある種の起点を創りだしたと、評価すべきですよね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

マイクロソフトの最高研究戦略責任者曰く、タブレット熱は一時的なもの
iPad 2 の発表で Steve Jobs が登壇
Steve Jobs が Apple の仲間たちに書き残したメール
Bloomberg: Steve Jobs ドキュメンタリーからスナップショットを

%d bloggers like this: