Agile Cat — in the cloud

Issuu とは 7000 万人を魅了する、雑誌のための YouTube ?

Posted in eBook, Entertainment, Post-PC, Research by Agile Cat on October 18, 2013

70 Million People Used This Startup’s Software Last Month, But You’ve Never Heard Of It
http://wp.me/pwo1E-6N3
Nicholas Carlson – Sep. 27, 2013
http://www.businessinsider.com/70-million-people-used-this-startups-software-last-month-but-youve-never-heard-of-it-2013-9

_ Business Insider

Unless you’re plugged into the Danish startup scene, you’ve probably never heard of Issuu. What is weird about that: 70 million people used Issuu’s software last month.

あなたが、この Denmark のスタートアップに関与していないのなら、おそらく Issuu という名前を聞いたことがないはずだ。 ところが、奇妙なことに、先月には Issuu のソフトウェアが、70 million の人々に利用されているのだ。

Issuu is a YouTube-for-Magazines. This is what an Issuu embed looks like:

そう、Issuu とは 雑誌のための YouTube のようなものなのだ。そして、Issuu をエンベッドすると、以下のような感じになる:

Open publication
Free publishing

According to the company, Issuu gets 20,000 uploads each day, and serves up 5.5 billion pageviews per month.

同社によると、Issuu は 20,000 件のアップロードを毎日のように受け付け、また、月間の PV は 5.5 billion にいたるという。

You don’t have to pay to upload magazine PDFs to Issuu, but for $40 per month you get to dress-up your PDF with links and things. Small magazines, like Davidson College’s literary tabloid, Libertas, use Issuu. So do bigger ones like VICE.

Issuu へ向けて、PDF 化された雑誌をアップロードするのに対価は不要であるが、あなたの PDF を、リンクなども含めてドレスアップするには、$40/月の費用が発生する。 Davidson College の文学タブロイドや、Libertas といった、小規模な雑誌が Issuu を利用している。 それだけではなく、VICE のような大手も、それに追随している。

Issuu CEO Joe Hyrkin (an ex-Yahoo) says tens of thousands of magazines are paying each month. Issuu was founded in Copenhagen, but Hyrkin is moving its headquarters to Northern California, where he lives. Issuu obviously faces all kinds of challenges.

Issuu の CEO である Joe Hyrkin (元 Yahoo)は、数万タイトルの雑誌が、有償ユーザーになっていると発言している。 Issuu は Copenhagen で設立されたが、Hyrkin が住んでいる Northern California へと、その本社は移行中である。明らかに Issuu は、すべての課題に対して、正面から取り組んでいる。

Converting a printed magazine to a PDF is a quick and dirty way for a print magazine to go digital. But the number of print magazines in the world is shrinking. Won’t the magazines of the future build for digital first? Doesn’t that mean they’ll build apps for Apple or Amazon? Or webpages to be searched by Google?

紙媒体に印刷された雑誌を PDF に変換することは、デジタル化のための、間に合わせの方式である。しかし、紙媒体に印刷される雑誌は、その発行部数が世界中で縮小している。となると、未来の雑誌は、最初にデジタル版からとなるのだろうか? とは言え、Apple や Amazon に対応する、アプリケーションが構築されるのだろうか? それとも、Google で検索できる Web ページになる?

Hrykin has all kinds of answers for these questions. He says Google search doesn’t bring up good niche content. He says magazine apps are too hard to make.

Hrykin は、この種の、すべての質問に対する回答を有している。 彼は、Google の検索では、ニッチだが素晴らしいコンテンツを探すことができないと言う。 また、雑誌用のアプリを構築するのも、あまりにも難しい方式だと述べている。

We’ll see! At the very least, 70 million unique visitors is nothing to sniff at. To put that number in context, check out this cool chart Hyrkin sent us:

とにかく、観てみるべきだ! ただし、70 million ユニーク・ビジターがいるなんて、少なくとも、まったく感じられないだろう。 そして、その数量的な要素を文脈に加えたいなら、Hyrkin が送ってくれた、このクールなチャートをチェックすべきだろう:

Issuu

ーーーーー

TAG index翻訳リストに入っていながら、Issuu の意味が分からず、ずっと手つかずになっていました。 でも、よくよく見てみると、とても面白いサービなのだと思えてきて、時間が経ってしましましたが、訳してみたというわけです。 文中にも、YouTube-for-Magazines と説明されていますが、YouTube-for-PDF と言っても、Pinteret-for-Magazines と言い換えても、差し支えないと思います。 ようは、ビジュアル系雑誌(プロからインディースまで)のマーケットであり、それぞれのコンテントに広告が入っているので、購読料はタダになる。 そして、データをアップする出版社側が対価を支払う、、、というビジネス・モデルのようです。とても、シンプルですし、近未来を見せてくれるような気がします。 イイですよ、これ。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

「読む」が変わるということ from WIRED
Pinterest : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!
Salesforce が買収した Clipboard は、Pinterest クローンなのか?
学校教育の場で iPad に挑む Kindle と Whispercast
Kindle Fire は iPad 2 の市場を、どれだけ侵食するのか?

学校教育の場で iPad に挑む Kindle と Whispercast

Posted in .Selected, Amazon, eBook, Education by Agile Cat on November 17, 2012

Amazon’s New Whispercast Service is in Schools Now
http://wp.me/pwo1E-5ck

By
Guest Posts on November 3rd, 2012
http://techie-buzz.com/softwares/media-tools/whispercast-service.html

_ Techie Buzz_2

Amazon has been very busy in an attempt to compete with Apple in public schools.

Amazon は。公立学校で Apple と競合しようと、慌ただしく準備を進めている。

Wednesday, Oct. 17, 2012, Amazon launched Whispercast — a new service allowing an administrator to manage a large number of Kindle devices from one location. Amazon is desperately trying to compete with the iPad for market share in public schools. Kindles are sold at a break-even price, and Amazon has to recoup profits from the content sold for the Kindle.

2012年10月17日(水)に、Amazon は Whispercast という新しいサービスをローンチした。 それは、数多くの Kindle デバイスを、アドミンが 1つのロケーションから管理するというものである。 Amazon は、公立学校におけるシェアで iPad と競争しようと、死にものぐるいで取り組んでいるのだ。 Kindle の販売は、損益分岐点に設定された価格で進められており、また、Kindle の利益は、コンテントの販売で回収する必要がある。

In recent years, Amazon has been testing Kindles in public schools, in an effort to compete with Apple’s iPad. To encourage schools to buy Kindles, Amazon has been offering discounts for large quantities ordered. Two U.S. schools that have been testing Amazon Kindles are Clearwater High School in Florida, and St. Rose of Lima School in Rhode Island.

この数年、Amazon は、公立学校における Kindle のテストを進めてきたが、それは、Apple の iPad と競合するためのものである。 学校に Kindle を買わせるために、Amazon は大口顧客に対してディスカウントを提供している。 この Amazon Kindles のテストに協力した、アメリカ国内の 2つの学校は、Florida の Clearwater High School と、Rhode Island の St. Rose of Lima School である。

The new Whispercast service works well for businesses and organizations that want to provide uniform content to many users at once. It assists with teaching lectures, business meetings, employee training and gatherings, so that many people can access documents and materials all at the same time. Amazon’s Whispercast website boasts the following reasons to get the Kindle and Whispercast:

この、新しい Whispercast サービスは、数多くのユーザーに対して、統一されたコンテンツを一度に提供したいと望む、企業および組織にとって適切なものとなる。 つまり、講義/商談/トレーニング/ミーティングなどを支援するために、数多くの人々がドキュメントとマテリアルに、同時にアクセスするためのサービスを提供する。Amazon の Whispercast Web サイトは、以下のような理由から、Kindle と Whispercast の組合せを売物にしている:

  • Sign up for Whispercast is free
  • Wirelessly procure and distribute Kindle books
  • Meet the unique needs of your users
  • Share information
  • Let your users read on their own devices
  • Take advantage of apps
  • Whispercast への登録は無償である
  • Kindle Book は、ワイヤレスで入手/配信できる
  • ユーザーごとのユニークな要求に対応できる
  • 情報を共有できる
  • ユーザーごとのデバイスで、読書が可能になる
  • アプリによるアドバンテージを活用できる

Amazon’s new Whispercast service is looking to compete with Apple’s iPad in schools, and now has the technology to prove it.

Amazon が新たに提供する Whispercast サービスは、Apple の iPad と、学校教育の場で競合すると思われる。そして、いまや、それを証明するためのテクノロジーを備えている。

==== About the Author ====
Z.Love is an award-winning freelance writer, published on Yahoo! Finance, Yahoo! News, and Yahoo! Sports. He is also a finance blogger for BizLaunch and Rant Finance. You can view his personal blog at:
Z.Love’s Entertainment Blog .

ーーーーー

image2012年 Q3 では、久々の赤字を計上した Amazon ですが、このところの展開を見ると、攻めの姿勢を貫いた結果なのだろうと思えてきます。そして、『 Apple vs. Amazon : リテールの双璧をチャートで比較する 』 というポストで紹介しましたが、まったく正反対のビジネス・モデルを持ち、その両極に位置する両者が、学校教育の場で真っ向からぶつかっていくのは、とっても興味深い現象だと思います。image

ーーーーー

<関連>

Amazon 宣言 : すべてのデバイスを原価で提供する – Jeff Bezos
Amazon は久々の 四半期 赤字 : その内容は?
Amazon が CPU ビジネスに参入 : あの TI を買収する?
NASDAQ の FinQloud は、AWS ベースの金融サービス・プラットフォームだ
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている

 

Amazon がモバイルで狙っている、その広大なマーケットを探る

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, eBook, Entertainment, Mobile by Agile Cat on August 22, 2012

BII REPORT: How Amazon Is Trying To Create A Huge Mobile Business
http://wp.me/pwo1E-4CN

Business Insider | Aug. 16, 2012
http://www.businessinsider.com/bii-report-how-amazon-is-trying-to-create-a-huge-mobile-business-2012-8

_ Business Insider

U.S. mobile commerce is expected to hit $10 billion this year, up from $6 billion in 2010. Amazon, as a leading ecommerce site, is set to grab a big chunk of that.

アメリカのモバイル・コマース市場は、2010年の $6 billion から成長し、今年は $10 billion に達すると予想される。 そして、この市場をリードする、最大手コマース・サイトである Amazon は、そこから大きな利益を得ようとしている。

But when it comes to mobile, Amazon’s ambitions are anything but limited to ecommerce.

しかし、ことモバイルに関して、Amazon の野心がイー・コマースに留まることはないようだ。

Recent reports from BI Intelligence detail Amazon’s mobile ambitions, analyzing everything from the potential impact of a rumored Amazon smartphone to Amazon’s ability to become a huge player in mobile advertising.

先日に、Amazon のモバイルにおける狙いを取り上げた、BI Intelligence のレポートでは、ウワサの Amazon スマートフォンにおける潜在的な影響力から、モバイル広告ビッグ・プレーヤーとしての Amazon の可能性まで、そのすべてが分析されている。

Here’s a brief overview of Amazon’s mobile ambitions: 

  • Tablet Sales: Sales of the Kindle Fire have been lukewarm after blowing out of the gates at the end of last year. Sales in the subsequent two quarters are about half what the company sold in that quarter. Amazon is expected to announce a new Kindle Fire tablet very soon, with a reported Q3 release to the market. With the release of the Nexus and the iPad mini, the competition has never been hotter.
  • 昨年に、勢い良くゲートから飛び出した Kindle Fire だが、その後の売上は、鳴かず飛ばずの状況である。今年の Q2 の売上は、Q1 と比べて半分にしかならなかった。 Amazon の狙いには、Q3 にリリースされる、新しい Kindle Fire タブレットの早急なアナウンスメントがある。 しかし、Google Nexus 7 と iPad Mini のリリースに押され、Amzon は競争相手としてプレゼンスを発揮できないでいる。
  • Smartphone Sales: Amazon continues to push forward with the makings of a smartphone platform. The potential platform has been widely rumored but not yet confirmed. The beginnings of a platform strategy are coming together: a recent purchase of 3D mapping startup UpNext, last year’s acquisition of voice recognition software creator Yap, and the launch of a prepaid wireless service in Japan. However, big questions remain about its ability to build out and manage a software platform and design the hardware to deliver it.
  • Amazon は、自身のスマートフォン・プラットフォームを構築しようと、懸命になってプッシュし続けている。 そして、このプラットフォームに関するウワサが広まっているが、その実態はというと、依然として確認されていない状況にある。 ただし、このプラットフォームの情報が集まり始めている。 それらの情報には、最近に買収した 3Dマッピング・スタートアップの UpNext および、音声認識ソフトウェアの Yap、日本におけるプリペイド・ワイヤレス・サービスの立ち上げなどが含まれる。 しかし、依然として、ソフトウェア・プラットフォームの構築と管理について、またハードウェアの設計について、大きな疑問が残されている。
  • imageSoftware sales: The Amazon Appstore has been a huge success on the Kindle Fire. Developers make almost as much revenue per active user as they do on iOS, and Apple executives reportedly worry that Amazon’s controlled, iTunes-like approach makes it more competitive than other app stores, including one operated by Google. Given strong early results, Amazon shouldn’t have a hard time convincing developers to bring their apps to an Amazon phone.
  • Amazon Appstore は、Kindle Fire において大成功している。 デベロッパーが、アクティブ・ユーザー 1人あたりから得る売上は、ほとんど iOS と変わらないレベルにある。そして、伝えられるところによると、その Amazon の手腕について、Apple の経営陣が気をもんでいるらしい。その iTunes ライクなアプローチが、Google などを含めた他のアップ・ストアと比べて、強い競争力をもたらしている。これだけの成果を、短い期間で達成したことを前提にすると、Amazon がデベロッパーたちを説得し、彼らのアプリケーションを Amazon Phone に移植させるのは、それほど難しいことではない。
  • Mobile ads: Amazon has the potential to be a huge force in mobile advertising. Data is the lifeblood of online advertising and Amazon has a unique data trove. It’s not just data on what people like to buy, but data on what recommendations work in getting people to buy things.
  • Amazon は、モバイル広告における、巨大なパワーへを成長していく可能性を有している。 オンライン広告においては、データこそが活力源となるが、そして Amazon はユニークなデータを集め、また、所有している。 そこには、人々の消費行動に関するものだけではなく、どのようなリコメンデーションが、人々の消費を促進するのかという、重要なデータも含まれる。
  • Media sales: The Kindle Fire is best understood as an interactive catalog which drives sales of all sorts of Amazon products. The Kindle ecosystem includes ebooks (Kindle app), music (Amazon MP3), movies and TV shows (Amazon Prime), and apps.
  • Kindle Fire に関しては、Amazon における全プロダクトの販売を、強力に促進する対話型カタログだと解釈できる。 そして、Kindle エコシステムには、eBooks(Kindle App)および、Music(Amazon MP3)、Movie + TV(Amazon Prime)などのアプリケーションが含まれる。

Our reports and presentations on Android are full of charts and data that you can put to use.

ーーーーー

imageこの翻訳を始めて、すぐに思ったことは、まだまだデバイス作りのノウハウが足りないという点ですが、よくよく考えてみれば、それは台湾企業に集積され、また、簡単に買えるはずのものです。 しかし、エコシステムは、どこかへ行って、買ってくるというものではありません。 そして、リコメンデーションのノウハウに関しては、どう考えても Amazon が第一人者です。 もう、3年近く前のことですが、2009年の NY Hadoop World の時点で、Amazon がカッコよくプレゼンしていたことを思い出しました。Amazon のモバイル戦略は、そのデバイスを見て、すべてを評価してはいけないのでしょうね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

なぜ アプリの開発は、最初が iPhone で、次に Android なのか?
Kindle Fire 2 が、この夏に登場するらしい!
Amazon による UpNext の買収は、スマホ参戦の狼煙か?
Kindle Fire の販売量が急落:iPad 3 と Google Nexus の影響か?
Amazon Elastic MapReduce のアップデート – 5TB オブジェクトにも対応
クラウドで Big Data をハンドリングする 6 社の事例

 

いつになったら、Kindle はタダになるのか?

Posted in Amazon, eBook, Weekend by Agile Cat on October 16, 2011

CHART OF THE DAY: When Will Kindles Be Free?
Jay Yarow and Kamelia Angelova | Sep. 29, 2011
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-the-shrinking-price-of-the-kindle-2011-9

_ Business Insider

At yesterday’s Kindle presentation, Amazon CEO Jeff Bezos gave special attention to all the people in the media who were calling for a $99 Kindle.

昨日 (9/28) に開催された  Kindle のプレゼンテーションにおいて、 Amazon CEO である Jeff Bezos は、$99 Kindle を歓迎する全てのメディアに対して、特別な注意を与えた。

imageHe noted that pundits said a $99 Kindle would send people into a "fervor". Then Bezos whipped out a $99 Kindle Touch and said the "fervor" for cheap Kindles could begin.

そして彼は、$99 の Kindle が人々に熱気を送り届けるという、評論家たちの発言を紹介した。 続いて、$99 Kindle Touch を取り出し、安価な Kindle が火付け役になると発言した。

A few minutes later, (oddly) with less excitement, Bezos revealed a $79 Kindle. Considering the Kindle started at $399 four years ago, these are very impressive price cuts.

さらに数分後、(奇妙なことに)Bezos は冷静に、$79 の Kindle を披露した。4年前に、Kindle が $399 から始まったことを考えると、実に素晴らしい価格の引き下げである。

We’ll start the next round of questions from the pundits to Bezos: When will the Kindle be free? When will Amazon’s special offers, and Prime program make it cheap enough for Amazon to give away Kindles? Next year? The year after that?

そして、私たち、つまり評論家たちから、Bezos への質問タイムへと移行した。 いつになったら、Kindle はタダになるのか? いつになったら、Amazon はスペシャル・オファーを提供するのか? Prime プログラムにより、Kindke はタダ同然になるのか? 来年? それとも再来年?

ーーーーー

_weekendなんというか、このグラフを見る限り、やがて Kindle はタダになりますね。それにしても、お見事と、ただただ褒めるしかない、素晴らしいビジネスを展開している Amazon です。 それと、この記事を訳していて気づきましたが、Kindle Touch というのもあるのですね。 しかも、この値段ですから、こちらも驚きです。 Kindle 2 (その頃は日本語フォント・パッチが必要でした)を子供にあげてしまった Agile_Cat ですが、$99 の Touch を見て、また、欲しくなってしまいました :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPad はジャーナリズムの未来を破壊する – LTW の秀訳です
Kindle に電子ペーパーを提供している E Ink が、カラーにも対応
GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう
Kindle 2 と 青キン Direct でシアワセになれました!
電子ブック・リーダーの No.1 は、iPad ? それとも Kindle ?

 

iPad はジャーナリズムの未来を破壊する – LTW の秀訳です

Posted in .Selected, Apple, eBook, Miscs by Agile Cat on January 16, 2011

Why the iPad is Destroying the Future of Journalism
http://longtailworld.blogspot.com/2011/01/ipadwhy-ipad-is-destroying-future-of.html

Long Tail World

久々に、Long Tail World さんにお邪魔したら、とても興味深いコンテントを見つけましたので、以下に ご紹介したいと思います。 このポストでも、Satomi さんの訳したタイトルを、そのまま使わせていただいていますが、原題は 『 Why the iPad is Destroying the Future of Journalism 』で、Bradford さんという方のブログ・ポストです。 まずは、Satomi さんの訳による、その導入部分を以下に転記します。ーーー __AC Stamp 2

先日 iPad で Economistの 良記事を読んで、付き合いのある人たちに Facebook と Twitter で共有しようと思ったが、オールドメディアの記事はそれができない。

iPad が発売になった時、僕は大手メディアにもう1度だけチャンスを与えてやる気だった。これで彼らも目を覚まして新しいプロダクトやビジネスモデルを模索してくれるんじゃないかと思った。今のインターネット、分散化・シンジケート化したコンテンツモデル、ソーシャル・エコシステムと融合する道を模索してくれるかなと思った。が、全部同じ―単にブランド・チャンネルが量産されただけである。

iPad は「革命的デバイス」と銘打たれ、ジャーナリズム業界は我先にこれに飛びついた。が、それは抱擁と言うより、必死の形相で過去にしがみつく最後の悪あがきに近いものだった。

iPadは楽しいデバイスだ。が、その iPad にも、ジャーナリズムの今のモデルは救えない。

この Bradford さんのブログ・ポスト全体を、Satomi さんの訳文で読んで頂きたいのですが、その前に、Bradford さん自身を、以下にご紹介します。

image

Measuring Measures
Information from data. Intelligence from information.

About Bradford Cross

Bradford is the CEO of Woven and was most recently a co-founder of FlightCaster, where he built flight delay prediction algorithms and infrastructure. Prior to FlightCaster, Bradford worked at ThoughtWorks and Google after beginning his career developing statistical trading strategies for hedge funds. He studied Computer Engineering and Finance at Virginia Tech, but didn’t complete either degree. He currently studies Mathematics at Berkeley.

Bradford さんが立ち上げた Woven は、Gigaom でも 『 How Bradford Cross Plans to Save the Media Industry 』 というタイトルで紹介されています。 また、Wovenのサイトへいくと、以下のようなアンケートがありますので、そちらもご覧いただければと思います。 『 あなたは、どのような方式でニュースを探しだしていますか? 』 という主旨のもので、Agile_Cat も回答させ頂きました。

image

以上、前置きが長くなりましたが、この後は、以下のリンクから Long Tail World へ行き、その全訳をお楽しみください。 とても興味深く読めて、いろいろと考えさせてくれるブログ・ポストです。 もちろん、素晴らしい日本語訳があるからこそ、Bradford さんの考えに触れることが出来るわけで、その意味でも Satomi さんに大感謝です。 いつも、有難うございま~~~す!

iPad はジャーナリズムの未来を破壊する

ーーーーー

たまたま ですが、同じタイミングで日経新聞が、 『 グーグル、揺らぐネット覇者の座 フェイスブックに敗北 』という、とても力の入った記事を提供しているのですが、なんというか、『 とってもアイロニー 』という感じです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
アメリカの 新聞/TV 幹部への意識調査:先行きの見えないジャーナリズム
Google の Living Stories とは?
有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis
マードックが FTC へ
NHK クローズアップ現代 『電子書籍 新時代の衝撃』を観て・・・
日本の大企業には米クラウド勢の恐ろしさを知らない無垢な人が多すぎる

Kindle に電子ペーパーを提供している E Ink が、カラーにも対応

Posted in Amazon, eBook by Agile Cat on November 11, 2010

E Ink, maker of Kindle display, to offer color
By DANA WOLLMAN, AP Technology Writer 
Tue Nov 9, 12:44 pm ET
http://news.yahoo.com/s/ap/20101109/ap_on_hi_te/us_tec_e_ink_color_displays

imageNEW YORK – Up until now, people who have bought e-readers have had to make a compromise: either read in color on a highly reflective screen, or read in shades of gray on a display that’s easy to make out even outdoors.

NEW YORK – これまでのところ、eBook リーダーを購入した人々は、妥協しなければならなかった。 つまり、カラーだか眩しいスクリーン上で読むのか、あるいは、屋外であっても容易に判読できるが、濃淡のあるモノクロで我慢するのかという選択である。

E Ink Corp., the company that makes the black-and-white display for Amazon.com Inc.’s Kindle, said it will begin selling screens that also show colors.

しかし、Amazon の Kindle 用にモノクロのディスプレイを作っている E Ink Corp が、カラー・スクリーン販売し始めると発言した。

clip_image001

The new technology, called E Ink Triton, displays 16 shades of gray, along with thousands of colors. As with other E Ink displays, people should be able to read it anywhere without having to squint.

この E Ink Triton と呼ばれる新技術は、何千カラーとともに、16 レベルの濃淡を表現する。 その他の E Ink ディスプレイと同様に、人々は眩しがることなく、どこでも書籍を読めるようになるはずだ。

Amazon did not immediately respond to inquiries Tuesday on whether that means a color Kindle is coming.

このカラー・ディスプレイが Kindle が搭載されるかという点において、火曜日(11/9)の段階で Amazon はコメントを発していない。

Amazon has said that although it hasn’t ruled out color E Ink displays, the technology isn’t yet ready for prime time.

カラー化された E Ink ディスプレイを除外しなないが、マス・マーケットに対する準備が整っていないと、Amazon は発言してきた。

Even in color, E Ink still presents compromises. On the one hand, e-readers with E Ink screens have longer battery lives than those with reflective LCD displays, such as Apple Inc.’s iPad. But colors will appear more muted on E Ink displays. And E Ink’s technology still cannot play video, as the iPad and other tablets can.

カラー化されたとしても、まだ E Ink がには妥協が残されるようだ。 その一方で、E Ink の スクリーンを持つ eBook リーダーは、Apple  の iPad のような LCD ディスプレイよりも長い、バッテリー・ライフを持つ。 しかし、カラーの E Ink ディスプレイ上では、鮮やかさが抑制されるのであろう。 そして、iPad などの Tablet が実現しているような、ビデオ再生のテクノロジーが、E Ink には、まだ無い。

The first e-reader with a color E Ink screen will come from Chinese manufacturer Hanvon. The e-reader will have a display that measures 9.7 inches diagonally, and readers will be able to get online through either Wi-Fi or a 3G cellular connection. It is expected to go on sale in China for about $440.

カラー の E Ink スクリーンを持る最初の eBook リーダーは、中国の Hanvon から提供されるだろう。 同社の eBook リーダー は、9.7インチのディスプレイを持ち、また、Wi-Fi あるいは 3G を介した、オンライン接続を実現するだろう。このデバイスは、約 $440で、中国国内で販売される。

Hanvon, which sells other products such as tablets in American stores, said it might sell its newest e-reader in the U.S.

Hanvon は、アメリカ市場での Tablet などのプロダクトを販売している。 そして、最新の eBook リーダーも、アメリカで販売するかもしれないと発言している。

ーーーーー

昨日、幕張で展示されていたという、カラー電子ペーパーも、これと同じなのでしょうかね? ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
NHK クローズアップ現代 『電子書籍 新時代の衝撃』を観て・・・
iPad と Kindle DX を動画で比較
GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう
Kindle 2 と 青キン Direct でシアワセになれました!
電子ブック・リーダーの No.1 は、iPad ? それとも Kindle ?

 

Tagged with: , , , , ,

NHK クローズアップ現代 『電子書籍 新時代の衝撃』を観て・・・

Posted in eBook by Agile Cat on October 19, 2010

ちょっとハズレでしたが、次回に期待したいと・・・

__AC Stamp 2

昨晩(9/18)の NHK クローズアップ現代 『電子書籍 新時代の衝撃』ですが、正直なところ、期待はずれだったと言わざるを得ません。 そのコンテンツは、Sharp の GALPAGOS のデビューから始まり、[ 日本印刷+DoCoMo ] ライアンスと、[ ソニー+凸版印刷+KDDI+朝日新聞 ] ライアンスの動向、そして、アメリカの Kindle ユーザーへのインタビューなどといった順で構成されていました。 そして、アウトラインを一通りなぞった後に、コメンテータである津野海太郎氏がまとめるという内容です。

同氏の言う、コンテンツ/流通(配信)/デバイスの三拍子が揃わないと成功しないという論点は正しいのです。 ただし、デバイスは電気が必要であり、かつ、壊れるものである。 また、インターネットは繋がらないときがある。紙が駆逐されることはない。 ・・・ と言った発言(本音?)は、あくまでも業界を代表する声としか聞こえませんでした。

たしかに、電気を使う電子書籍ですが、たとえば 物理的な流通が省かれ、森林資源が保護されることで、CO2 排出が削減されるはずです。 30分という時間枠で、あまり多くのことに取り組めないでしょうが、電子というものに対するネガティブな側面が語られるなら、紙に対するネガティブも語られるべきだったと思います。

ここで、ちょっと別の視点から・・・

image

出版業界に関連する話として、やはりクローズアップ現代の 『 ランキング依存が止まらない 』という番組を Web で見つけました。 2年ほど前の、ちょうど草思社が破綻したころに放送された番組とのことですが、出版業界の問題を鋭く抉っていて、こちらの方が面白い内容になっていました。

出版点数の伸びと、中小書店数の減少は、ランキング重視の販売方法に原因があり、その背景に出版業界の特殊な慣行があるという論点です。 こちらは、昨晩も出演していた 中俣暁生氏がコメンテータであり、この好ましいとは思えない慣行を分析するという、かなり突っ込んだ内容となっていました。

① 本が出来上がると、予測値に基づいて出版社に対価が支払われる。

② 書店での売れ残りが生じると、場合によっては対価の返金も生じる。

③ 返金できない場合には、新たな書籍の出版により穴埋めする。

④ 出版点数の増加に対応するため、取次は効率のよい販売方法を求める。

⑤ そこでランキングが登場し、大型書店への集約が促進される。

⑥ 結果として、少数の売れ筋と、大量の売れない本が生じる。

⑦ 大量の売れ残り書籍が、出版社を追い詰めていく。

つまり、こうした悪循環に苦しんでいる出版業界に、電子書籍という新しいカードが舞い込んできたわけです。さらに、Amazon を例にして、さまざまな視点から、とりわけコンテンツの配信形態について、この業界としての研究も進んできたのでしょう。

・・・ ここで、話は戻ります。

image

前述の印刷業/出版業/キャリアにより構成されるアライアンスを見ると、まずは取次と書店に費やされていたコストをゼロにしようという合意が、形成されていると思って間違いないようです。 そして、Kindle をモデルにして登場人物を当てはめていくと、大日本印刷+DoCoMo や、凸版印刷+KDDI といったアライアンスが、Amazon と同じ役割を担うことになります。

昨夜の番組でも言っていましたが、Amazon の場合は書籍の価格が、平均して 1/3 に下がっているようです。 また、作家への対価も、これまでに比べると大幅にアップしているようです。 それと同等のレベルまでいければ、日本における電子出版も成功したことになるのでしょう。 しかし、これまでの複雑な流通形態を整理しても、そこで圧縮されたコストが、顧客や作家に還元されないのでは、せっかくの電子書籍も意味が半減してしまいます。

なんと言うか、クラウド・コンピューティング全体から見ると、電子書籍といっても 1つの SaaS に過ぎないわけですが、社会のあり方や個人のライフスタイルを、新しい概念で置き換えていく際の、モデル・ケースになることに間違いはありません。 そして、その後に続くのが、エネルギーという重要な課題です。 世界の中の日本を考えるとき、その特殊性をどのように維持して、どのように放棄するのかという、大きな岐路に対処する必要があるのですが、そこでのお手本になるような、うまい落しどころを、出版業界には見せてもらいたいものです。そしてクローズアップ現代には、2回目、3回目の、トレースを実施して欲しいと願っています。

ーーーーー

<関連>
日本の大企業には米クラウド勢の恐ろしさを知らない無垢な人が多すぎる
iPad と Kindle DX を動画で比較
Amazon Kindle 版で、Microsoft Press 本が 300冊!
GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう

iPad と Kindle DX を動画で比較

Posted in eBook by Agile Cat on October 17, 2010

Apple iPad vs the Amazon Kindle DX Graphite

__AC Stamp 2

さあ、Apple iPad と Dindle DX Graphite の比較テストを始めるよ。 Web や eMail、そして Facebook をやるには、どちらが良いのだろうか? でも、使いやすい eBook リーダーも欲しいんだよね。 iPad の良いところはタッチスクリーン。 Kindle の良いところは eInk。 どちらも捨てがたい。 そしてアウトドアに適した Kindle と、インドアに適した ipad と、それぞれの利点がある。キーボード のサポートだって、正反対だ。 まずは、画面の切替速度、つまり eBook リーダーとしての、ページめくりを比較してみよう。。。

・・・ という感じで、ローテーション(タテ・ヨコ)の切り替えや、それぞれの重量による、手持ちにした時の感覚的な比較など、短い時間で適切なレポートを提供してくれます。まぁ、読書が主体なら Kindle を、マルチメディアなら iPad をという、順当な結論に至るのですが、この 約9分のビデオは一見の価値があると思います。 とくに、どちらにしようかと迷っている人には、最適なガイドになるでしょう。 Agile_Cat 的には、想像していた以上に、Kindle のページめくりとローテーションが速いので、チョット そちらに傾き気味です :)

<関連>
電子ブック・リーダーの No.1 は、iPad ? それとも Kindle ?
日本の大企業には米クラウド勢の恐ろしさを知らない無垢な人が多すぎる
大は小を兼ねる – iPad As Mobile Phone(爆)
GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう
Kindle 2 と 青キン Direct でシアワセになれました!
TaTa に続け – インド製の Tablet は $35 だ!
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・
GIGAOM の分析 – iPad の 7 Inch 版を、ほんとうに Apple は推進しているのか?
iPad Reviews 英語版 まとめページ
買うべきか、買わざるべきか iPad ? アナタの悩みにお答えしましょう

Tagged with: , , , ,
%d bloggers like this: