Agile Cat — in the cloud

Android デベロッパーに朗報 : Analytics 機能により Google Play 内でのトラッキングを実現

Posted in .Selected, DevOps, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 16, 2013

Google Developers Finally Get Analytics In Their App-Building Console
http://wp.me/pwo1E-6ME

Dan Rowinski – October 04, 2013
http://readwrite.com/2013/10/04/google-analytics-developer-console

_ Read Write (2)

Google just took another step in its mission to give Android developers better tools to analyze and monetize their apps.

Google は Android デベロッパーに対して、そのアプリを効率よく分析しマネタイズしていくためのツールを提供するという、新たなミッションへ向けて第一歩を踏み出した。

Google makes good on its promise at the I/O developers conference in May.

The company has officially announced that it has integrated Google Analytics into its Google Play Developer Console for Android developers. Google had said that Analytics was coming to the Developer Console at its I/O conference in May this year.

同社のオフィシャル・アナウンスメントによると、Google Play Developer Console に Google Analytics が統合され、Android デベロッパーの便宜が図られるようになる。Google は Analytics について、今年 5月の I/O カンファレンスで、Developer Console に取り込まれていたと発言している。

Android developers can now download the Google Analytics software developer kit (SDK) and place it into an app and upload it to the Google Play Store. The Analytics SDK is also available for iOS apps.

Android デベロッパーは、Google Analytics SDK をダウンロードし、それをアプリに埋め込み、Google Play にアップロードできるようになっている。また、この Analytics SDK は、iOS アプリにも対応できるという。

Google Analytics for the Developer Console has four main aspects:

Google の Analytics for the Developer Console は、以下の 4つの狙いを持つ:

クリックで拡大 ⇒

Google Play Referral Flow: Helps developers figure out where Google Play traffic is coming from (search, marketing campaigns, blogs or media articles etc.). This feature helps marketers figure out how successful their campaigns are and where the best traffic comes from.

Google Play Referral Flow: デベロッパーが、Google Play トラフィックの導線(サーチ/キャンペーン/ブログなど)を理解できるようにする。この機能により、マーケティング担当者は、最適なトラフィックが発生する場所を特定し、キャンペーンを成功へと導いていく。

Views in Google Play: Referral Flow shows how many people have viewed the app in Google Play.

Views in Google Play: 前述の Referral Flow により、どれだけの人々が対象アプリを参照したのかを、Google Play 内で把握できるようになる。

Installs: Once figuring out where the traffic came from through the Referral Flow, Analytics tracks users that actually clicked and downloaded the app through Google Play.

Installs: Referral Flow を介して、トラフィックが生じる場所が把握できると、Google Play でアプリをクリックし、ダウンロードしたユーザーを、Analytics が追跡することになる。

New Users: Goes beyond the straight download numbers to show people that have opened the app and begun to use it and become “Active Users.”

New Users: 単なるダウンロード数ではなく、実際にアプリをオープンして、使い始めている Active Users 数をを表示する。

クリックで拡大 ⇒

The goal for Google is to show not just the raw number of views and downloads, but also how much people have engaged with the app and what version of Android they are using. With the Analytics SDK, developers can know what Android API Level their users are employing. This is beneficial information for developers that need to know how many people are using older versions of Android, such as versions 2.3.7 Gingerbread that may not have certain capabilities that are in newer versions of the operating system.

Google のゴールは、単なる参照とダウンロードの数だけでなく、どのくらいの人々が対象アプリにつなぎとめられ、また、どの Android バージョンが使用されているのかを示すことにある。Analytics SDK を用いることで、ユーザーが利用している Android API Level を、デベロッパーは知ることが可能だ。 つまり、どれだけの人々が、たとえばバージョン 2.3.7 Gingerbread のような、古い Android バージョンを使用していのかを、知る必要のあるデベロッパーにとって、とても有益な情報となる。なぜなら、このオペレーティング・システムの、最新バージョンにおける特定の機能を、旧バージョンはサポートしていない可能性があるからだ。

Google employs “flow visualization” in Analytics to show how a user got to the app and what actions they took within the app.

Google は、Analytics において “flow visualization” を採用し、そのアプリをユーザーが取得する方式や、そのアプリで使用されるアクションなどを示すようにしている。

ーーーーー

image28この 8月にポストした『 Google I/O 2013 の約束 : すべて 順調! PHP もバッチリだ! 』という抄訳では、この Android デベロッパー・サポートに触れられていませんでした。 しかし、さすがは Google 先生、やることが理に適っていて、とても感心してしまいます。言われてみれば、当たり前のことなのですが、この記事を読むまで、アップ・ストアのトラッキング結果がデベロッパーにフォードバックされる世界など、思いもつかなかったことです。 これは、とてもカッコ良いですね!image

ーーーーー

<関連>

Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?
開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず
Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Google App Engine が PHP をサポートする: 75% の Web をカバーしているから

Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?

Posted in .Selected, DevOps, Research by Agile Cat on October 7, 2013

Software Developers: A Profile of the Modern-Day Developer
http://wp.me/pwo1E-6KQ

By Dick Weisinger, on October 2nd, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4063

_ formtek

Forrester Research recently looked at the types of projects and technologies that software developers are currently working on to get an idea about  which technologies are gaining traction and what kinds of applications we might expect in the near future.

最近の Forrester Research は、ソフトウェア開発者が現在の時点で取り組んでいる、プロジェクトやテクノロジーの種類に注目している。 それにより、勢いを増しているテクノロジーと、近い将来に望まれるアプリケーションの分類について、アイデアを得ようとしているのだ。

Somewhat surprisingly, the projects that the majority of developers surveyed are working are lagging industry trends.  Less than a quarter of all enterprise developers are developing for the cloud, and only about 30 percent of all developers have ever contributed to the development of a mobile app.  Part of the reason for the slow migration to these newer technologies is that businesses still need to keep their legacy apps running and just don’t have the bandwidth to take on new platforms.  The report found that compared to larger enterprises, small and mid-sized businesses are more likely to dabble with newer technologies like mobile (34 percent) and NoSQL (15 percent).

少し意外なのは、この調査の対象となった、大半のデベロッパーたちが取り組んでいる、それぞれのプロジェクトが業界のトレンドから遅れている点である。つまり、すべてのエンタープライズ開発者のうち、クラウドを開発しているという回答が 1/4 であり、また、これまでにモバイル・アプリを開発したことがあるという回答が 30% になっているのだ。それらの新しいテクノロジーへ向けた移行が遅れている理由として、依然としてエタープライズは、レガシー・アプリケーションの維持が必要であり、また、新しいプラットフォームに取り組むには、余力が不足しているという点が挙げられる。そして、このレポートは、大企業に比べて中小企業の方が、Mobile(34%)や NoSQL(15%)といった、新しいテクノロジーに手を出す可能性が高いとしている。

“read the trade press and you’d think that PCs and laptops have gone the way of the dodo, consigned to the dustbin of history by smartphones and tablets. Developers are certainly building more mobile apps than ever, but web applications and relational database applications are still a primary focus,” says the Forrester report. The report notes some characteristics of developers that have jumped to the cloud, finding them a bit of a different breed:

「 業界紙を読んで、PC や Laptop について考えれば、それらが絶滅への道を進んでいると思うだろう。 つまり、Smartphone や Tablet により、その歴史はお払い箱にされるのだ。 ただし、デベロッパーたちが、これまで以上にモバイル・アプリを構築していても、Web と RDB のアプリケーションが、依然として一番に優先されている」と、Forrester のレポートは述べている。そして、このレポートは、クラウドに飛び込んできたデベロッパーたちにには、いくつかの血統が見いだせると、その特徴について指摘している:

  • Cloud developers tend to be early adopters of technology in general. 19 percent of cloud developers use Windows 8, for example, compared to only 3 percent of non-cloud developers
  • Cloud developers tend to have more years of programming experience than non-cloud developers. 71 percent have been programming for at least six years and 11 percent have been programming for more than 20 years.
  • Cloud developers report greater job satisfaction. 64 percent feel that they are challenged every day while only 36 percent of non-cloud developers do.
  • 一般的に見て、クラウド開発者は、テクノロジーのアーリー・アダプターになるという傾向を持つ。たとえば、クラウド開発者の 19% が Windows 8 を使用しているが、その他の開発者となると、それは 3% のみとなる。
  • クラウド開発者は、その他の開発者と比べて、長年におよぶプログラミング・エクスペリエンスを有する傾向にある。そのうちの、71% は 6年以上の、また、11% は が 20年以上の、プログラミング経験を有している。
  • クラウド開発者は、その仕事の内容に満足している。毎日がチャレンジだと答えている、クラウド開発者は 64% に達するが、その他の開発者となると、36% にまで低下してしまう。

The Forrester report describes developers as follows:  ”Modern software developers are creative, learn socially, and generally enjoy being developers.  They’re creative professionals, not drones – and they’ll function better in co-located ‘feature teams’ of three to five people in a development shop with high transparency and a full understanding of the value business sponsors need them to deliver…  Most developers are intrinsically motivated. The way that developers view their craft adds fuel to the argument that writing software is more creative pursuit than algorithmic endeavor. We constantly speak with professionals who ‘are developers’ — they don’t just ‘develop software.’”

Forrester のレポートは、デベロッパーについて、以下のように説明している。「 一般的に見て、いまふうのソフトウェア・デベロッパーは、創造的であり、また、社会と上手く付き合い、開発者であることに喜びを見出している。 彼らは創造的なプロフェッショナルであり、怠け者ではない。 彼らは、3人~5人で構成される、役割を共有するチームの中で、高い透明性を持ちながら、上手く機能するだろう。 そして、ビジネスの主体(責任者)が持っている、その価値観を完全に理解し、それに応じたものを提供する。 ほとんどのデベロッパーは、本質的なレベルでモチベーションを有している。 デベロッパーが、自身の成果を評価する姿勢が、アルゴリズムへ向けた取り組みよりも、コードのライティングの方が、より創造的な探求であるという議論を促進している。 したがって、私たちは、デベロッパーであるプロフェッショナルとの対話を継続する。  彼らは、単にソフトウェアを開発してるのではないのだ 」

ーーーーー

TAG indexAgile_Catも、この2年ほど、OCDET に参加しており、デベロッパーの人たちと話をする機会に恵まれていますが、そう言えば、みなさん、この Forrester のレポートに書かれているように、とても強いモチベーションを持っているように思えます。 そして、そのベースにあるのが、オープンソースがもたらす広大で安定したエコシステムだと思えるのです。以前に、『 OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする 』という抄訳をポストしましたが、そこには、プロプライエタリにもオープンソースが取り込まれ、スキルのハイブリッド化が進むと書かれています。それそれの開発者の、それぞれの気持ちの話なので、傍から言及するのもおこがましいのですが、とても良い方向へ向かっていると感じます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの市場調査 : 大手プロバイダーが総売上の 2/3 を占有
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
アメリカの職場 : 従業員の 29% が仕事中に Facebook を使っている!
アメリカの職場 : Facebook 禁止は 20% に過ぎない!

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!

Posted in .Selected, BaaS, DevOps, Mobile, PaaS, Red Hat by Agile Cat on September 27, 2013

Kinvey Joins Red Hat’s OpenShift Platform as a Service Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6Hk
Sep 16, 2013 –
Kelly Rice
http://www.kinvey.com/blog/3246/kinvey-joins-red-hats-openshift-platform-as-a-service-ecosystem

_ Kinvey

Today, we are excited to announce that Kinvey is integrating with Red Hat’s OpenShift PaaS, allowing developers to mobilize business-critical data from on-premise or cloud environments into their mobile, tablet and web apps.

今日、私たちは、Red Hat の OpenShift PaaS と Kinvey との統合について、発表できたことを嬉しく思っている。それにより、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データを、オンプレミスおよびクラウドの環境から、モバイル/タブレット/Web アプリへ向けて、集約できるようになっていく。

Kinvey will make it easier for OpenShift customers to integrate securely with their organizations’ on-premise or cloud systems, such as CRM systems or JBoss environments, thereby accelerating development time for advanced mobile apps. An OpenShift cartridge will automate the process of deploying Kinvey’s Data Link connectors, allowing developers to more efficiently extract business-critical data into their apps.

Kinvey のい提供するテクノロジーにより OpenShift ユーザーは、CRM システムや JBoss 環境といった、クラウドおよびオンプレミスのシステムを、安全かつ容易に統合できるようになる。つまり、先進的なモバイル・アプリの開発時間が大幅に短縮されることになる。OpenShift カートリッジが、Kinvey Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化するため、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データの抽出を、これまで以上の効率で達成していける。

Our CEO, Sravish Sridhar, says: “Partnering with OpenShift gives our customers the flexibility to mobilize enterprise backend systems, such as JBoss, using OpenShift’s on-prem and cloud-based PaaS. We’re excited to become a part of their ecosystem, together helping developers build advanced applications.”

当社の CEO である Sravish Sridhar は、「 OpenShift との提携により、私たちの顧客はオンプレミスとクラウドをベースとした OpenShift PaaS を用いて、たとえば JBoss などのエンタープライズ・バックエンド・システムを柔軟に集約していくようになる。彼らのエコシステムの一部となり、デベロッパーによる先進アプリの構築を、一緒になって支援していくことを、とても楽しみにしている」と、述べている。

You can read the full press release here.

ーーーーー

imageなにかにつけて、どこが違うの? ・・・ と、よく比較される BaaS と PaaS ですが、かの Kinvey さんが統合と言うのなら、それなりの意味が、双方にあるのでしょう。 文中で指摘されるように、「 Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化 」というのが、ポイントのように思えます。それと、やはりエコシステムなのですね。 双方のエコシステムが、お互いを理解して協調できれば、Mobile App が簡単かつ安上がりに、どんどんと量産されるのでしょう。素晴らしいことです! image

ーーーーー

<関連>

Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
モバイル・デベロッパー 6000人に訊きました ⇒ $5000/月くらいは稼いでいるぜ!

 

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?

Posted in .Selected, DevOps, OpenStack, Research by Agile Cat on September 18, 2013

Guess what? OpenStack fans say OpenStack skills are in demand
http://wp.me/pwo1E-6DQ

Sep 16 2013 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/09/16/guess-what-openstack-fans-say-openstack-skills-are-in-demand/

_ Gigaom

Summary: The OpenStack Foundation says the world needs more mad OpenStack skills, so it’s launched a training marketplace to grease the skids.

Summary: OpenStack Foundation が言うには、この世界が大量の OpenStack スキルを必要としているため、すでに立ち上げられているトレーニング市場は、素晴らしい勢いで伸びているとのことだ。

ーーーーー

In what should come as as surprise to no one, the OpenStack Foundation says skills in building and deploying OpenStack cloud technology are very much in demand. (see the charts below).

誰にとっても、それほどの驚きではないと思うが、OpenStack Foundation は、OpenStack クラウド・テクノロジーにおける構築とデプロイのスキルに対して、きわめて大きな需要があると発言している。 (下のチャートを参照)

To address the skills gap, the Foundation is launching a Training Marketplace, with coursework from OpenStack partisans including Aptira, hastexo, The Linux Foundation, Mirantis, Morphlabs, Piston, Rackspace, Red Hat, SUSE and SwiftStack with more courses to come.

そして、こうしたスキル・ギャップに取り組むために、この Foundation は、Aptira/hastexo/The Linux Foundation/Mirantis/Morphlabs/Piston/Rackspace/Red Hat/SUSE/SwiftStack といった、OpenStack パルチザンが提供する授業で構成される Training Marketplace を立ち上げているところである。

OpenStack Jobs Pay
Infographics

Why would you want to bone up on your OpenStack skills? Because you can make more money, according to the foundation:

それまでして、誰もが OpenStack スキルで習得したがる理由について、より多くのビジネスがあるからだと、この Foundation は言っている:

Here’s another data point, there are more job postings mentioning OpenStack skills than there are for rival open-source clouds CloudStack and Eucalyptus, according to SimplyHired.com data, as shown below.

また、以下に示す SimplyHired.com からの別データによると、CloudStack や Eucalyptus といったライバルのオープンソース・クラウドと比較して、OpenStack スキルに対する求人は多いようだ。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs

But then again, when you talk about job postings requiring cloud skills, you’d be remiss not to include Amazon Web Services which brings us to this, provided Indeed.com knows what AWS is.

しかし、Indeed.com が認識していると思われる、Amazon Web Services に関するデータを取り込み、このクラウド・スキルに対する需要を整理し直すと、以下のようなチャートになる。

Openstack, Cloudstack, Eucalyptus, Aws trends
Openstack jobs | Cloudstack jobs | Eucalyptus jobs | Aws jobs

Data for the last two charts provided by SimplyHired.com, a search engine for jobs.

Related research

ーーーーー

openstack-55a1先月にポストした、『 OpenStack を Next Linux にする : Red Hat が考えるサーティフィケーションとトレーニングとは? 』という抄訳には、ーーー OpenStack には、多様なトレーニングが提供されている。OpenStack トレーニングを立ち上げたプロバイダーは Rackspace だったが、最近では OpenStack Bootcamp の提供者であり、システム・インテグレーターでもある Mirantis が、そのトレーニング・プログラムに関連して、$10 million のファンドを得ている。また、Piston Computing も OpenStack に関連して、クラウドのアドミン/エンドユーザー/デベロッパーのためのコースを提供し、そこには、Cloud Foundry インテグレーションまで取り込まれている。 ーーー と記載されていました。多種多様なトレーニング・コースが提供され、OpenStack への需要を後押ししているように思えますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!

PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート : 5つの簡潔なレシピとは?

Posted in Big Data, DevOps, Research by Agile Cat on July 10, 2013

5 Rockin’ Tips for Scaling PHP to 30,000 Concurrent Users Per Server
http://wp.me/pwo1E-6lX

July 3, 2013
http://highscalability.com/blog/2013/7/3/5-rockin-tips-for-scaling-php-to-30000-concurrent-users-per.html

_ highscalability

Jonathan Block, CTO at RockThePost.com, a crowd funding company, has written a nice set of tips for smaller sites on how to scale a service on EC2 using a small two person development team.

クラウド・ファンディング会社 RockThePost.com の CTO である Jonathan Block は、二名だけの小さな開発チームが EC2 上のサービスをスケールさせるという、小規模サイトのための素敵なヒント集を記述している。

Their service has a typical small scale structure:

  • PHP’s Zend Framework 2
  • Two m1.medium for web servers
  • ELB to split the load
  • master/slave MySQL database
  • Siege for load testing

彼らのサービスは、典型的な小規模スケールの構造を持っている:

  • PHP のための Zend Framework 2
  • Web サーバーのための 2つの m1.medium
  • 負荷分散のための ELB
  • MySQL Database(master/slave)
  • 負荷テストのための Siege

The very sensible tips that can handle 30,000 concurrent users per web server:

  • Use PHP’s APC feature. APC is opcode cache that is "really a requirement in order for a website to have a chance at performing well."
  • Put everything that’s not a .php request on a CDN. Don’t serve static files from your web server. They put everything on S3 and use CloudFront as their CDN. Recent CloudFront problems have caused them to serve directly from S3.
  • Don’t make connections to other servers in your PHP code. Making connections to other servers blocks the server and slows down processing. Use the APC key/value store for data storage and Varnish for caching full pages.
  • Use Varnish. Using Varnish mage the single biggest difference to their performance under a load test.
  • Use a c1.xlarge. The c1.xlarge has 8 CPUs which really helps under load. The m1.medium has only 1 CPU for processing requests.

1つの Web あたりで、30,000 人のコンカレント・ユーザーを処理するための、とても気の利いたティップス:

  • Use PHP’s APC feature. APC は Opcode Cache であり、きわめて適切なパフォーマンスを、Web サイトが発揮できるようにするための用件である。
  • Put everything that’s not a .php request on a CDN. 対象となる Web サーバーから、スタティック・ファイルを提供してはならない。彼らは、すべてのものを S3 にストアし、 CloudFront をCDN として使用している。最近の CloudFront における課題は、S3 からダイレクトに配信する状況を作ってしまうことである。
  • Don’t make connections to other servers in your PHP code. 他のサーバーへの接続を行うと、そのサーバーがブロックされ、処理が遅くなってしまう。データ・ストレージのために APC key/value ストアを使用し、フル・ページをキャッシュするために Varnish を使用する。
  • Use Varnish. Varnish マジックを利用することで、負荷テストにおけるパフォーマンスのばらつきを軽減する。
  • Use a c1.xlarge. c1.xlarge は、大きな負荷に対して、現実的な効力を持つ 8 CPU で構成されている。また、m1.medium は、1つの CUP でリクエストを処理する。

Pretty straightforward, yet good advice. The original article has many more details and is well worth reading.

かなりシンプルであるが、それなりのアドバイスになっていると思う。 オリジナルの記事は、詳細までの述べているので、読む価値があると思う。

ーーーーー

TAG index次々とマーケットに投入される、新しい概念と常識をベースにした、各種のオンライン・サービスを活用することで、ここで紹介されているような小規模なシステムであっても、信じられないようなパフォーマンスを引き出せる時代になったのですね。それにしても、先日に Google が、GAE での PHP サポートを表明したように、ものすごい勢いで、PHP の勢力が拡大しているように思えます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
PHP のクラウド API とオープンソース
PHP SDK for Windows Azure
Heroku の Java サポートと、その背景について
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic

Google App Engine が PHP をサポートする: なぜなら 75% の Web をカバーしているから

Posted in .Selected, DevOps, Google by Agile Cat on July 4, 2013

Google App Engine finally supports PHP, the language that runs 75% of the web
http://wp.me/pwo1E-6kp
May 17, 2013 –
John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/05/17/google-app-engine-finally-supports-php-the-language-that-runs-75-of-the-web/

_ VB Dev

Two days ago, Google announced it would finally support the most popular computing language on the planet, PHP, in its platform-as-a-service offering, Google App Engine.

二日前 (5/15) のことだが、Google は自社の PaaS において、つまり Google App Engine において、地球上で最も人気のあるコンピューティング言語 PHP をサポートすると発表した。

That means that yes, at some point you’ll be able to run your little WordPress-powered blog on the biggest server farms on the planet. But it also means that major companies will be able to use Google’s famously reliable services to run their enterprise-scale “big data,” backend, and, yes, consumer web projects, all in the PHP language that that is increasingly penetrating corporations.

そう。 いくつかの点で、とても興味深いところがある。 たとえば、WordPress パワーを供給する、あなたの小さなブログを、地球上で最大のサーバーファーム上で実行できるようになる。しかし、その一方で、大手の企業群が、自身のエンタープライズ・スケールのバックエンド・ビッグデータを、Google が提供する高信頼性のサービス上で実行できることも意味する。さらに、どんどんとエンタープライズに浸透している、すべてを PHP 言語で記述されたコンシューマ Web プロジェクトも同様である。

I talked to one of the three founding fathers of PHP and current Zend CEO, Andi Gutmans, about the implications for PHP.

私は、PHP を創りだした3人のうちの1人であり、また、Zend の CEO である Andi Gutmans に、そこに含まれる 要素について話を聞いた。

It’s a busy time for the Gutmans, the open-source programming language, and Zend, the company Gutmans formed to offer commercial support and tools for PHP. Engine Yard just recently added PHP to their Platform-as-a-Service as well. And Zend is expanding quickly in the enterprise as it has recently released integrated development tools for cloud-enabled mobile applications.

いま、Gutmans は、このオープンソース・プログラミング言語と Zend のために、多忙を極めている。 そして、Gutmans は同社により、PHP に関するサポートとツールを、商用化しようとしている。つい先日だが、Engine Yard の PsaS にも PHP が追加されている。さらに言えば、クラウド対応モバイル・アプリのための、統合開発ツールをリリースしたときから、Zend の勢いがエンタープライズの領域でも急速に拡大している。

But Gutmans, though busy, is thoroughly upbeat.

たしかに Gutmans は忙しいが、とても元気である。

And for good reason: The biggest web company on the planet just added support for the most widely used programming language on the planet. And in that support is a massive implied compliment to PHP — the first non-Google programming language to be supported by Google App Engine — and a potentially major boost to Zend’s business.

それには理由がある。つまり、この地球上で最大の Web 企業が、地球上で最も広く使われているプログラミング言語をサポートし始めたのだ。その企業がサポートすることは、PHP に対する最大級の賛辞である。つまり、Google App Engine がサポートされる、Google 以外から提供されるプログラミング言語となることで、Zend のビジネスが大きく後押しされる可能性が生じたのだ。

Andi Gutmans at ZendCon 2012.

VentureBeat: Did Google talk to you before adding PHP to Google App Engine?

Google App Engine に PHP を加えるという話が、この件に先立って Google からあったのか?

Andi Gutmans: I don’t know how to answer that. I was aware that they were going to make that announcement … I’ve worked with the product manager on the project before.

どのように答えたら良いのか、よく分かららない。 彼らが発表をするつもりだったことを、私は知っていた… つまり、このプロジェクトのプロダクト・マネージャーと、一緒に働いてきたのだ。

VentureBeat: Google didn’t formally brief you?

Google からの、正式な説明は無かったのか?

Gutmans: Let’s put it this way: It’s not a surprise that a platform-as-a-service (PaaS) player that’s serious about gaining market share added PHP support. Google App Engine was almost a science project for the first few years, only supporting languages that Google used internally. But in the past few months, there’s been a real attitude from Google that we’re going to go and compete with Amazon and with Microsoft, and we’re going to do it all fronts. They’ve become very aggressive on differentiating on performance and billing.

以下のようなロジックがありあるだろう。 つまり、マーケットでのシェアを真剣に獲得しようとする PaaS プレーヤーが、PHP をサポートすること自体は、それほどの驚きではない。Google App Engine における、最初の数年間は科学的なプロジェクトとも言えるものであり、Google の内部で使用される言語だけがサポートされていた。しかし、最近の数ヶ月において、Amazon および Microsoft と競合していくという、Google からの真摯な表明があり、私たちも前線に立つことを決意した。Google は、性能と料金における差別化も、とても積極的になってきた。

VentureBeat: What does this announcement say about PHP?

今回のアナウンスメントにおける、PHP への言及は?

Gutmans: We have internal jokes about PHP’s web penetration and have used the stat that PHP runs 39 percent of the web because it was the only number we could get from Netcraft. But I love Google’s stat, that 75 percent of the web runs PHP. No one knows the web better than Google. If they’re trying to gain market share and gain it quickly, there’s no other language to do it with. And this is the first non-Google language they’re supporting.

PHP の Web への浸透については、内輪で冗談を言い合っていた。 また、PHP が、39% の Web で走っているという統計データを持ってはいたが、それは Netcraft だけから得られるものであった。しかし、Google は、75% の Web で PHP が使われているという、独自の統計結果を持っている。 この点について、Google 以上に、正しい情報を持つ者はいないだろう。もし、Google がマーケット・シェアを得ようとし、また、短時間で達成したいなら、他の言語という選択肢はないだろう。そして PHP は、Google がサポートする、初めての Google 以外の言語である。

VentureBeat: How’s that feel? And how are your customers reacting?

一連のことを、どのように捉えている? そして、カスタマーたちの反応は?

Gutmans: I’m definitely excited about it. When any player does something like this — especially Google — it’s a huge validation. We got emails from some of our largest customers, saying this is great … it gives our enterprise customers a higher sense of confidence. And that stat that 75 percent of the web runs PHP is great for Zend – anything that is good for PHP, by proxy is good for Zend. In addition, they said that PHP was their top-requested feature, which means the developer community was very supportive of us.

ほんとうに、素晴らしいことだと思っている。なんらかのプレイヤーが、とりわけ Google が、この種の方針を選択するとき、それは大きな検証となる。私たちの大手カスタマーからも、自身を持って使い続けるという、喜びのメールが届いている。そして、75% の Web で PHP が使われているという統計は、Zend にとって素晴らしいことである。 つまり、PHP にとって素晴らしいことは、その代理人である Zend にとって素晴らしいことになる。それに加えてカスタマーたちは、最も必要なのが PHP だと発言しているが、それは、開発者コミュニティがとても協力的だったことに他ならない。

VentureBeat: Will you offer Google App Engine Support within Zend Studio, so developers can publish to Google right from within their Zend development environment?

Zend Studio 内で Google App Engine Support が実現するのか? そうなると、デベロッパーたちは、Zend の開発環境から 、Google が所有するソフトウェアをパブリッシュ できるようになるのか?

Gutmans: We don’t know yet … it’s early and we’re exploring what kind of relationship we can have with Google. We do support Google Compute Engine — that’s a full integration and some of the larger companies who run PHP already use it — but Google Apple Engine is just launched, it’s still in experimentation mode.

その点については、まだ不明である。 時期尚早だと思うし、Google との関係を、どのようにするのかを模索しているところだ。私たちは、Google Compute Engine もサポートする。 それは、完全なインテグレーションであり、すでに PHP は使用しているエンタープライズは、それを走らせることになる。しかし、Google App Engine 用のものは、まだ、立ち上がったばかりであり、まだ、実験モードにある。

VentureBeat: What took Google so long to add PHP support?

PHP をサポートするまでに、かなりの時間が経過したが、その間に Google の得たものは?

Gutmans: I can’t speak for Google, but my assumption is that I felt that Google App Engine in the first few years was something they knew they wanted to do really well but … they kinda went down the simple easy route. But we’ve seen a significant acceleration in the past 12 months. This will be a $20 billion market by 2016, and they moved from testing the waters to being very very aggressive right now. We recently surveyed 5,000 PHP developers, asking them where in the cloud do you think you’ll deploy. Fifty-one percent said Amazon Web Services, but Google was 21 percent … and we just support Compute Engine right now. It wasn’t even on the list last year, so that’s a big jump.

Google に代わって何かを話すことはできないが、最初の数年間において Google App Engine で本当にやってみたいことを、彼らは知ることになったと、私は推測するし、そう感じている。しかし、彼らは、シンプルで容易なルートを受け入れることになった。そして、この12ヶ月における、大幅に加速を確認してきた。このマーケットは、2016年 までに  $20 billion の規模に成長するとされ、また、Google はテストからビジネスへと向けて、積極的に転換していこうとしている。 5000人の PHP デベロッパーに対する、私たちの最近の調査では、どのクラウドにデプロイメントするつもりなのかを尋ねている。 Amazon Web サービスだと  51% が回答しているが、Google も 21% だった。 そして、私たちも、Compute Engine のサポートを決めたところだ。昨年の段階では、検討もされたなかったことであり、そこには大きな躍進があったことになる。

VentureBeat: What does this mean for the little guy building in PHP or hosting a WordPress blog?

WordPress ブログを PHP で構築しホスティングする、若干の人々にとって、どのような意味があるのだろう?

Gutmans: I think it gives another option for the guys who do the small stuff, who are using shared hosting for $20/month. What’s really great for the small developer is that it’s a nice value proposition — you can start at a lower cost. And, it’s a modern platform versus shared hosting, which is quite constrained.”

小規模な開発を行う人々に対して、$20/month でシェアード・ホスティング提供するという、別の選択肢が出てくると、私は考えている。小規模な開発者にとって、ほんとうに素晴らしいことは、適切な価値で提案がなされることだ。つまり、低コストでスタートできることである。そして、私たちが提供するものは、かなり制約を受けているシェアード・ホスティングに対向する、現代的なプラットフォームである。

VentureBeat: So what does this mean for PHP overall?

今回のことは、PHP 全体に対して、どのような意味を持つのだろう?

Gutmans: The number of requests that Google got from developers was very very significant. It exemplifies what we’ve been talking about … that PHP is very broadly adopted, but also by enterprise. And that is driven by web, mobile, and cloud, which is where PHP’s sweet spot is. We’re seeing a strong tailwind behind us.

デベロッパーたちから Google への要求は、きわめて意味のある、膨大なものとなっている。それが例証するのは、私たちが話していたことである。 つまり、きわめて広範囲で、PHP が採用されているが、それがエンタープライズによるものだという事実である。そして、それは、PHP のスイート・スポットである、Web/Mobile/Cloud によりドライブされている。私たち、大きな追い風を認識している。

ーーーーー

関連:PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート: 5つの簡潔なレシピとは?

ーーーーー

TAG indexプログラミング言語も開発環境も、クラウドのフレームワークに合わせて、大きく変化していくのでしょう。 PHP というと、WordPress と Facebook が頭に浮かびますが、そのあたりについては、『Facebook を 1.8 倍速に、WordPress を 2.7 倍速にする、HipHop とは ?』という抄訳を参照してください。 また、先日にポストした『開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず』という抄訳には ーーー クラウドはアプリケーションの、デザイン/テスト/ディプロイの手法を変化させ、アプリケーション開発における優先順位に大きな影響をもたらしているようだ。ーーー という、Gartner のコメントが添えられていました。これも、とても面白いコンテントなので、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
PHP のクラウド API とオープンソース
PHP SDK for Windows Azure
Heroku の Java サポートと、その背景について
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic

開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず

Posted in .Selected, DevOps, Strategy by Agile Cat on May 29, 2013

Why Cloud Development Environments Are Better Than Desktop Development
http://wp.me/pwo1E-6aj
Tyler Jewell – April 16th, 2013
http://readwrite.com/2013/04/16/why-cloud-development-environments-are-better-than-desktop-development

_ Read Write (2)

Guest author Tyler Jewell is CEO of Codenvy, a cloud development environment.

Over the past decade, cloud computing has disrupted nearly every facet of IT. Sales, marketing, finance and support – all of these applications are being reengineered to take advantage of cloud’s instant access, no download and pay-as-you-go attributes.

これまでの 10年間において、クラウド·コンピューティングは、IT における、ほぼ すべての局面を崩壊させてきた。 それにより、セールス/マーケティング/ファイナンスといった全てアプリケーションが、ダウンロードや pay-as-you-go といった属性から切り離された、クラウドへのインスタント・アクセスというアドバンテージを、活用するように再設計されてきた。

According to Gartner, the cloud is changing the way applications are designed, tested and deployed, resulting in a significant shift in application development priorities. Cost is a major driver, but so are agility, flexibility and speed to deploy new applications. The firm estimates that 90% of large enterprises and government agencies will use some aspect of cloud computing by 2015.

Gartner によると、クラウドはアプリケーションの、デザイン/テスト/ディプロイの手法を変化させ、アプリケーション開発における優先順位に大きな影響をもたらしているようだ。やはり、コストが最大の要因になるのだが、アジリティおよびフレキシビリティと、新しいアプリケーションをディプロイするまでのスピードも重視される。Gartner は、2015年までに大企業や政府機関の 90% が、いくつかの側面において、クラウド·コンピューティングを使用するようになると推定している。

Image courtesy of Shutterstock

The cloud has also begun to impact the tools and support solutions that drive IT. This includes performance management (New Relic), backup and recovery (Mozy), configuration management (Service Now), helpdesk (Zendesk), datacenter automation (Puppet Labs) and release management. The agility afforded by on-demand services is further penetrating the developer space.

さらにクラウドは、IT をドライブするツールとサポートのソリューションにに、その影響をおよぼし始めている。具体的には、Performance Management (New Relic) や、Backup and Recovery (Mozy)、Configuration Management (Service Now)、Helpdesk (Zendesk)、Datacenter Automation (Puppet Labs)、Release Management などのエリアが含まれる。 オンデマンド・サービスにより利用が可能になる(経済面で)、この種のアジリティは、デベロッパーの領域へと、さらに浸透していくだろう。

We’ve seen cloud versions of middleware in the form of Platform-as-a-Service (PaaS), agile solutions (Rally Software), Code Versioning Systems (CVS) (GitHub), continuous integration (CloudBees) and system testing (Soasta). The more than 100 companies in these segments have cumulatively raised more than $500 million in capital.

すでに、クラウド・バージョンのミドルウェアに関しては、Platform-as-a-Service (PaaS) および、Agile Solutions (Rally Software)、Code Versioning Systems (CVS) (GitHub)、Continuous Integration (CloudBees)、System TYesting (Soasta) などので、その形態を確認している。 それらのセグメントにおいては、100社以上の企業が、$500 million 以上の資本を積み上げている。

Yet despite this transformation, there has been little disruption to the integrated development environment (IDE) world. The world’s nearly 15 million developers, teams and organizations continue to use desktop IDEs as their workbench of choice. Why hasn’t the development environment moved to the cloud along with just about every other application?

しかし、こうした変化にもかかわらず、IDE( integrated development environment)の世界には、多少の崩壊/再生があるのみだ。 この世界には、約 1500万人の開発者だけではなく、数々のチームと組織が存在するが、彼らはワークベンチとしてデスクトップIDE を使用し続けている。なぜ、開発環境は、他のアプリケーションと一緒に、クラウドへと移動しないのか?

What’s Wrong With Desktop Development?

Desktop development environments are becoming outdated, failing more often and causing productivity issues for developers. Here’s why:

デスクトップの開発環境は、すでに時代遅れになってきている。 そして、頻繁に障害を起こし、開発者の生産性を低下させるというの問題を引き起こしてる。 以下に、その理由を列挙する。

Complicated configuration management: The substantial configuration management process for a developer’s workspace turns developers into part-time system administrators, responsible for their own mini-data center running entirely on the desktop. This is time consuming, error prone and challenging to automate. Many developers have multiple computers and are forced to repeat these tasks on each machine. There is no way to synchronize the configurations of components across different machines, and each machine requires similar hardware and operating systems to operate the components identically.

Complicated configuration management: 開発者のワークスペースにおける、本質的なコンフィグレーション管理プロセスとは、デベロッパーの役割を、デスクトップ上で完全に実行される独自ミニ・データセンターの、パートタイム・システム・アドミンに置き換えるものとなる。 それにより、時間が浪費され、エラーが発生しやすくなり、自動化という課題が残される。大半の開発者は、複数台のコンピュータを所有し、それぞれのマシン上で、一連のタスクを繰り返すことを余儀なくされる。そして、さまざまなマシンをまたいで、各種コンポーネントの設定を同期させる方法は存在しない、さらに、各マシンは、コンポーネント群を等しく動作させるために、類似のハードウェアおよびオペレーティング·システムを必要とする。

Decreased productivity: Many IDEs are memory and disk hogs, with significant boot times. They are so resource-hungry they can starve other applications, such as the Web browser. The net effect is a less productive developer due to a slower machine.

Decreased productivity: 大半の IDE は、相当量のメモリとディスクを消費し、また、ブートにも時間を必要とする。それらは、Web ブラウザなどのアプリケーションを餓死させるほど、リソースを大量に消費する。つまり、遅いマシンが原因となり、本質的には低い生産性を開発者にもたらすことになる。

Limited accessibility: Desktop developer workspaces are not accessible via mobile devices. Developers who need remote access have to resort to complex and slow solutions such as GotoMyPC – if their firewall allows it.

Limited accessibility: デスクトップ開発者のワークスペースには、モバイル・デバイスを介してアクセスすることが不可能だ。リモート・アクセスを必要とする開発者は、この GoToMyPC という複雑で遅いソリューションに頼らなければならない(ファイアウォール通過が許可されていても)。

Poor collaboration: These days, most developers work as part of a team, so communication and collaboration are critical. But desktop IDEs must outsource collaboration to communication systems outside the developer’s workflow, forcing developers to continuously switch between developing within the IDE and communicating with their team via other means.

Poor collaboration: 最近では、コミュニケーションとコラボレーションが重視されるため、ほとんどの開発者がチームの一員として作業する。しかし、デスクトップ IDE では、開発者のワークフローから見た外部システムに、コラボレーションをアウトソースする必要があるため、開発者は IDE 内で開発を継続しながら、他の手段を介してチームとコミュニケートするという、思考のスイッチングを強制される。

The Solution: Cloud Development

To solve these problems requires moving the entire development workspace into the cloud. The developer’s environment is a combination of the IDE, the local build system, the local runtime (to test and debug the locally edited code), the connections between these components and the their dependencies with tools such as Continuous Integration or central services such as Web Services, specialized data stores, legacy applications or partner-provided services.

これらの問題を解決するためには、開発のためのワーク・スペース全体を、クラウドに移行する必要がある。開発者のための、その環境では、IDE および、ローカル・ビルド・システム、ローカル・ランタイム(ローカル編集されたコードのテスト/デバッグ)などが組み合わされる。 そして、それらのコンポーネントと、Continuous Integration などのツールとの間に依存関係が構築される。さらに言えば、Webな Services や、特殊なデータ・ストア、レガシー・アプリケーション、パートナーのサービスなども、その対象となる。

The cloud-based workspace is centralized, making it easy to share. Developers can invite others into their workspace to co-edit, co-build, or co-debug. Developers can communicate with one another in the workspace itself – changing the entire nature of pair programming, code reviews and classroom teaching. The cloud can offer improvements in system efficiency & density, giving each individual workspace a configurable slice of the available memory and compute resources.

このクラウド・ベースのワーク・スペースでは、センタライズと共有化が簡単に実現される。デベロッパーたちは、自分のワーク・スペースに他者を招待し、共同で編集/構築/デバッグを進めていけるようになる。 そして、このワーク・スペース内で相互にコミュニケートし、ペアでのプログラミングやコード・レビューを達成し、また、教育の進め方などを自然な形態へと変質させていく。クラウドは、システムの効率と密度を向上させ、メモリやコンピューティング・リソースやメモリと有効利用したかたちで、それぞれのワーク・スペースをコンフィグレーションしていく。

Of course there is more work to do, and we are far from tapping into the endless possibilities the cloud computing offers developers. But the benefits are already clear.

もちろん、それを実現するためには、さらなる努力が必要になるが、クラウド・コンピューティングが開発者に提供する、無限の可能性を利用するという意味において、私たちは遥か手前にいるのも確かなことである。しかし、そのメリットは、すでに明らかになっている。

ーーーーー

image言われてみれば、たしかに・・・ と言う話ですね。 とくに、Off_Line で使うアプリというのは、いまや少数派のはずであり、開発と並行して行われるテストなどにおいても、クラウド上の環境がデベロッパーに優しいはずです。マーケットには高額なデベロッパー向けプロダクトも出回っているので、いろいろな観点から議論されると思いますが、ここも、『 すべてはクラウドへ』の、一部になっていくのでしょう。そして、他のフィールドと同様に、コストが劇的に下がっていくはずです。 そうでなければ、いまの大きなトレンドと逆行してしまいますし、クラウド・シフトの要であるデベロッパーだけが、その恩恵を受けられないというも、とても矛盾した話だと思うのです。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
CIO が クラウド とモバイル の分析を急ぐべき理由 : Gartner から学ぶ
SaaS の活用が、グローバル CRM で急加速
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ! 

%d bloggers like this: