Agile Cat — in the cloud

Intel が強気に発言 : $99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドが登場する!

Posted in .Selected, Dell, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 24, 2013

Intel says hardware bargains to multiply this fall: $99 tablets, $299 Haswell laptops, $349 2-in-1 hybrids
http://wp.me/pwo1E-6OH

Dean Takahashi - October 15, 2013
http://venturebeat.com/2013/10/15/intel-says-hardware-bargains-to-multiply-this-fall-99-tablets-299-haswell-laptops-349-2-in-1-hybrids/

_ VB Gadget

Intel chief executive Brian Krzanich said he expects bargains galore this holiday season as computermakers take advantage of the latest Intel Haswell and Bay Trail microprocessors. Krzanich said he expects $99 tablets, $299 Haswell laptops, and $349 2-in-1 hybrid tablets and laptops.

Intel の Chief Executive である Brian Krzanich は、同社の提供する最新の Haswell および Bay Trail マイクロプロセッサをコンピューター・メーカーが活用するにつれて、この年末商戦に大量の掘り出し物が登場することになると発言している。そして、Krzanich は、$99 のタブレットや、$299 の Haswell ラップトップ、そして、$349 タブレット/ノートのハイブリッドなどを見込んでいると続けた。

Speaking in a conference call today with analysts, Krzanich said that touchscreen-based laptops based on Haswell processors, which have twice the graphics capability and 50 percent better battery life than previous versions, will be the mainstay of holiday PC offerings. For devices with Bay Trail chips, there will be eight to 10 models available in clamshell devices at around $299.

今日に行われたアナリストたちとのカンファレンス・コールで、タッチ・スクリーンのラップトップは Haswell プロセッサ・ベースになると、Krzanich は述べている。そして、これまでのバージョンと比べて、2倍のグラフィックス機能と、50% も優れたバッテリ性能を持つため、クリスマス・シーズンにおける主力になると説明している。さらに、Bay Trail チップを搭載したデバイスについて、8 inch〜10 inch のクラムシェル・モデルであれば、$299 前後の価格付けが可能になると発言している。「 私たちは、一斉にタッチが採用されることを、ずっと確認し続けている」と、Krzanich は言う。

Earlier, today Intel reported that it beat earnings expectations for revenues and profits as overall revenues grew 5 percent in the third quarter, thanks to both healthy data center revenue and the launch of Haswell-based laptops and portables.

これに先立ち、今日の Intel は、20123年 Q3 の収益が 5% の成長を示し、売上と利益に関する業績の予想値を上回ったことをレポートしている。そして、その要因として、データセンター・ビジネスにおける収益が順調であり、また、Haswell ベースのラップトップやポータブルのデバイスが立ち上がってきたことを挙げている。

Intel’s earnings are a bellwether for the computing industry. That industry has been mixed as PC sales drop in the face of competition from smartphones and tablets.

Intel の利益により、コンピューティング業界の景気が見えてくる。 この業界は、スマートフォンやタブレットとの競争に直面する、PC の売上の低下により混乱しているところだ。

Intel said that revenue was $13.48 billion in the third quarter, up 5 percent from the previous quarter and roughly flat compared to $13.46 billion a year earlier. Net income was 58 cents a share, up 49 percent from the previous quarter and flat with a year ago. Analysts were expecting earnings per share of 53 cents and revenue of $13.47 billion.

Intel は売上高について、前四半期と比べて 5% 増の $13.48 billion であるとし、年初の $13.46 billion レベルにまで回復したと発言している。また、当期の純利は、1株あたり 58 Cents であり、全四半期との比較で 49% 上昇し、昨年同期のレベルに戻ったとしている。なお、アナリストたちの予測は、1株あたり 53 Cents であり、売上は $13.47 billion であった。

ーーーーー

TAG index昨年の今ごろから、PC の低迷に引きづられるように、Intel の不調が取り沙汰されていましたが、このポストを見ると、見事に復調したという感じがしますね。 そして、$99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドという、とても魅力的な発言が目を引きます。 Android というか Google というか、新しいプラットフォームとの連携が、その背景にあるのは間違いなく、また、その勢力が、Intel の新しいビジネスを軌道に乗せていくのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
Intel が減速、そして TABLET と PC の明暗: JP Morgan が分析する
Intel の時代が1つ終わる : PC マザーボード・ビジネスから撤退
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

 

2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

Posted in Apple, Dell, HP, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on July 16, 2013

PC market’s Q2 decline might be even worse than we thought
http://wp.me/pwo1E-6ne

By
Zach Epstein on Jul 16, 2013
http://bgr.com/2013/07/16/pc-sales-q2-2013-decline/

_ BGR

Industry watchers collectively cringed last week when market research firms Gartner and IDC each published second-quarter shipment estimates that showed a huge decline of about 11% on-year. That massive slide is representative of Windows 8′s continued failure to prompt consumers and businesses to upgrade, though a new wave of Haswell-powered laptops with huge battery life improvements may finally sway some users in the coming months. In the meantime though, it looks like Q2′s shipment decline might have been even worse than Gartner and IDC estimated.

マーケット調査会社である Gartner と IDC が、2013 Q2 の出荷数について、前年比の 11% ダウンと推定しとたき、この業界のウォッチャーたちは身を縮めていた。 コンシューマおよびエンタープライズに対して、Windows 8 へのアップグレードが訴求できていないことが、この地滑り的な後退を言い表している。 そして期待されるのは、Haswell 搭載 Note PC がもたらす、ロング・バッテリー・ライフの新しい波が、今後の数ヶ月の間に、一定のユーザーに買い替えを促すことである。しかし、その一方では、2013 Q2 の出荷量が、Gartner と IDC は推定よりも、さらに悪化しているという見立てもある。

According to Dignities Research, which bases its numbers on data from its numerous supply chain and manufacturer sources, global notebook PC shipments declined 15.4% on-year in the second quarter, which is even worse than the 13.7% drop in the first quarter. Laptop sales outnumber desktop sales by a huge margin, so this is a very troubling trend to say the least.

DigiTimes Research が提供する、サプライチェーンやメーカーを情報源とする出荷数データによると、ワールドワイドにおける Note PC の出荷台数は、2013年 Q2 において、前年比で 15.4% の減少となっている。 つまり、2012年 Q1 における 前年比 13.7% 減という数字よりも、悪化していることになる。 Desktop と比べてマージンが大きとされる Note PC が、このように販売量を低下させることは、控えめに言っても、きわめて厄介なトレンドを示すことになる。

Digitimes Research noted that Lenovo and Dell were the only two notebook vendors to see sequential shipment growth last quarter, as Samsung, Apple, Toshiba and other vendors all saw global shipments decline quarter-over-quarter.

DigiTimes Research が指摘するように、2013年 Q1 よりも出荷量を増やしているのは、Lenovo と Dell だけであり、 Samsung および  Apple、Toshiba を含む、その他すべてベンダーが、グローバルにおける出荷台数を減らしている。

ーーーーー

image7月12日付の Business Insider が、この 11% 減という数字をベースに、PC 市場の低迷ぶりをチャートで表現していました。しかし、Digitimes Research の数字をベースにすると、この急落の角度が、さらに厳しくなります。そして、こうなってくると、年末の時点における PC と Tablet の逆転という説にも、それなりの信憑性を感じてしまいます。 ほんと、マーケットの動きが急加速し始めましたね。 image

ーーーーー

<関連>

iPad を止められない Windows 8 : それを示す1枚のチャート
モバイル・アプリのダウンロード数:2017年には 1600億!
Amazon のモバイル・ビジネス : その潜在能力を分析する
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
iOS と Android : バージョンによる分裂をチャートで比較する

 

どうなる? Microsoft 改革 : Steve Ballmer の手紙を分析してみる

Posted in Dell, HP, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on July 16, 2013

This Is The Only Paragraph You Need To Read To Understand Why Steve Ballmer Changed Microsoft
http://wp.me/pwo1E-6n8

Jay Yarow – Jul. 11, 2013
http://www.businessinsider.com/why-steve-ballmer-changed-microsoft-2013-7

_ Business Insider

Steve Ballmer officially announced a sweeping change to Microsoft’s corporate structure.

Steve Ballmer は、Microsoft の企業体質を抜本的に改革していくと、オフィシャルに発表した

Getty Images/Justin Sullivan

If you want all the particulars on who is doing what at the company now, and how Microsoft is reorganized into new business groups, we have those details here.

同社において、いま進められていることを、そして、どのような事業グループに、Microsoft が再編されいくのかを、詳細まで把握したいなら、ココを参照して欲しい

Ballmer is changing Microsoft’s structure, shifting away from a number of individual business units working on projects that don’t connect to a more integrated model where overlapping groups are working together.

Ballmer が刷新する Microsoft の構造とは、プロジェクトに取り組んでいる個別のビジネス・ユニットを、より統合されたモデルにシフトしていくものであり、重複するグループがあれば、それらを取りまとめるというものでもある。

If you want to know why Ballmer is doing this, you only have to read this paragraph Ballmer wrote last year in a letter to shareholders:

なぜ Ballmer は、そうするのかという理由を知りたなら、昨年に Ballmer からステークホルダーたちに送られた手紙の、以下の段落を読むべきである

We will continue to work with a vast ecosystem of partners to deliver a broad spectrum of Windows PCs, tablets and phones. We do this because our customers want great choices and we believe there is no way one size suits over 1.3 billion Windows users around the world. There will be times when we build specific devices for specific purposes, as we have chosen to do with Xbox and the recently announced Microsoft Surface. In all our work with partners and on our own devices, we will focus relentlessly on delivering delightful, seamless experiences across hardware, software and services.

私たちは、Windows を用いた PC、Tablet、Phone という、幅広い領域をカバーするために、パートナーたちと大規模なエコシステムを構築していく。私たちが、このような戦略をとるのは、カスタマーの偉大な選択に応えるためであり、世界中の13億人の Windows ユーザーに対して、1つの方式を適用することに無理があると、確信しているからである。すでに Xbox において選択し、また、最近に発表した Microsoft Surface で実践していくように、特定の目的のための、特定のデバイスを構築する時が、私たちに訪れている。すべてパートナーとの協業において、そして、私たち自身のデバイスにおいて、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを横断するかたちで、人々の心に響くシームレスなエクスペリエンスを提供することに、執拗なまでにフォーカスしていく。

This means as we, with our partners, develop new Windows devices we’ll build in services people want. Further, as we develop and update our consumer services, we’ll do so in ways that take full advantage of hardware advances, that complement one another and that unify all the devices people use daily. So right out of the box, a customer will get a stunning device that is connected to unique communications, productivity and entertainment services from Microsoft as well as access to great services and applications from our partners and developers around the world.

それは、新しいWindowsデバイスを開発する、私たちのパートナーと共に、人々が望むサービスを、私たちが構築していくことを意味するす。さらに言えば、私たちがコンシューマ向けのサービスを開発/更新するとき、ハードウェアのアドバンテージを最大限に活用することになる。 それらが相互に補完し合うことで、人々の日々の中で使用される、すべてのデバイスが統一されていく。したがって、素晴らしく魅力的なデバイスが、箱から取り出したばかりであっても、コミュニケーション/プロダクティビティ/エンターテイメントの領域において、Microsoft から提供されるユニークなサービスに、顧客たちは直ちに接続できるようになる。 それに加えて、世界中のパートナーデベロッパーから提供される、素晴らしいサービスやアプリケーションへのアクセスも、もちろん可能になる。

It’s a bit dense, which is Ballmer’s writing style.

こうした言葉が、びっしりと詰まっているのが Ballmer の文体である。

But, in short, what he’s trying to say is this: Microsoft has a lot of great products: Office,  Windows, Xbox, Bing, etc. We work with great hardware companies, like Lenovo, Samsung, HP, and Dell. We want Microsoft’s fantastic products to work flawlessly on our partner’s great hardware right out of the box to deliver a consumer experience that is 100X better than what Apple, or Google offer.

しかし、彼が言おうとしていることを簡潔にまとめると、以下のようになる。ーーー Microsoft は、Office/Windows/Xbox/Bing などの、素晴らしいプロダクトをたくさん持っている。私たちは、Lenovo/Samsung/HP/Dell といった、素晴らしいハードウェア・メーカーと連携している。私たちが望むのは、Microsoft の素晴らしいプロダクトが、パートナーの提供する素晴らしいハードウェアの上で、梱包を解いた途端に完ぺきに動き出すことであり、それにより、Apple や Google よりも 100倍も優れたエクスペリエンスを、コンシューマに提供することである。

ーーーーー

TAG indexう~ん、たしかに Ballmer の文体ですね。 彼の、こういうクセというか、コンサルタントのような口調は、やはり、期待している人々をガッカリさせるようです。 Agile_Cat が、最初に違和感を覚えたのは、Ray Ozzie が離脱するときのステートメントなのですが、美辞麗句を並べるだけで、サヨナラまでを言い切っています。 ちなみに、今回の Microsoft の改革については、各メディアも力を入れて解説していますが、その、どれもが、Ballmer に対して厳しい評価を下しているように思えます。以下は、ReadWrite Web および、Business Insider、GiaOM の論評からの抜粋です。

ReadWrite Web:Microsoft Tries Again To Aim All Its Guns Outside The Company
David Hamilton July 11, 2013
The new structure also clearly concentrates power with the CEO. That can be a great thing in the right hands—i.e., those of a CEO who can balance the need to keep the wheels turning while also being ready to cannibalize existing business in order to jump on a major new technology trend. Plenty of folks doubt that Ballmer is that guy. And if he’s not, his corner office could well become the next big bottleneck to innovation at Microsoft.

Business Insider:Microsoft Has An Identity Crisis
JAY YAROW JUL. 14, 2013
At the start of the letter, he says, "This company has always had a big vision — to help people realize their full potential." And later he says, "Going forward, our strategy will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most." I suppose those are mission statements, but, "empower people around the globe" just feels flat and corporate. It doesn’t have the same galvanizing force of "build the world’s best products." And for a customer, it’s not exactly easy to understand.

GiaOM:Why Microsoft’s reorganization closes the books on an era of computing
by Tom Krazit July 14, 2013
There are now 12 separate groups at Microsoft, and the descriptions of each group were populated with words only a management consultant could love, like “dotted-line report” and “cross-company looks.” But the vision was understandable: in order to become a modern technology company, Microsoft has to become a company that “… will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most,” Ballmer wrote.

また、GigaOM は、Steve Jobs が言い出した Post-PC 時代という言葉を、Microsoft が認めないことは分かるが、Ballmer の長い手紙の中に PC というキーワドが 4回しか出てこず、しかも、そのうちの 3回は歴史を説明するためだと指摘しています。その一方で、Devices という言葉は 18回も出ているとし、PC パートナーたちへの配慮の欠如を匂わしています。 意図どおりの文章なのか、意図と反する結果になってしまったのか、その辺りは不明ですが。。。image

ーーーーー

<関連>

Microsoft の Steve Ballmer という、悩ましき存在
詩人になってしまった Steve Ballmer さん
Steve Ballmer さん、いまでも Apple を、小物あつかいしたいのね?
PC と Tablet を チャートで比較 : わずか 2年で、シェアが 40% も変化!
崩壊が止まらない PC 市場: 年末には Tablet が追い抜きそう

 

Dell の Q1 収支報告 : 純利益が 79% も低下!

Posted in Businesses, Dell, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on May 20, 2013

Dell first quarter profits down a whopping 79 percent
http://wp.me/pwo1E-682
by
Lee Hutchinson – May 17 2013
http://arstechnica.com/information-technology/2013/05/dell-first-quarter-profits-down-a-whopping-79-percent/

_ ars technica

Various factions still sparring over how to take company private.

プライベート化の方式について、依然として収まらない内紛

Dell released its financial report yesterday for the first quarter of the company’s 2014 fiscal year and the overall numbers are positively dismal: a 79 percent drop in net income from the same quarter in FY13. In the first quarter last year Dell reported an overall net income (GAAP) of $635 million; this year for Q1, net income has plummeted to $130 million.

昨日、Dell は、同社における FY 2014年 Q1 の収支報告書を発表したが、全体的な数字はきわめて惨憺たるものである。つまり、FY 13 同期との比較において、純利益が 79% も低下しているのだ。昨年の Q1 において、Dell は $635 million の純利益を計上していたが (GAAP)、今年は $130 million に激減している。

Reuters, CBS News, and tons of other sites are carrying news of the sharp decrease in earnings along with much speculation on what the report means for the company’s future. Company founder Michael Dell is engaged in a war with the company’s board of directors and other shareholders over whether or not to take the company private and how much it should cost to do so, and the latest financial statements provide ammunition to both sides in that argument.

ReutersCBS News をはじめとする多数のニュース・サイトが、この収益減と、同社の将来に関する憶測を報道している。同社の Founder である Michael Dell は、プライベート企業になるという選択肢、および、そのために必要なコストの捻出について、取締役や株主との戦いに明け暮れている。 そして、最新の財務諸表は、双方の論拠に対して弾薬を提供する。

Yahoo! Finance

If Michael Dell is able to get shareholders to accept his $24.4 billion offer to buy back the company it’s a virtual certainty that he will push the company to shed its ailing consumer PC manufacturing and sales business. The numbers do indeed show that a strategy focusing on high-end (and high-margin) enterprise services and equipment has some merit. According to the Reuters report revenue from Dell’s enterprise solutions, services, and software group actually increased by 12 percent.

Michael Dell がオファーする $24.4 billion により、株主から同社を買い戻すことが可能な場合、その病原であるコンシューマ向け PC の、製造/販売に関する事業を取り除くことが実質的に必要になる。たしかに、この戦略は、ハイエンド・エンタープライズにおけるサービスや機器にフォーカスするものであり(利益率が高い)、いくつかのメリットがあることを示している。Reuters のレポートによると、Dell エンタープライズ·グループの、ソリューション/サービス/ソフトウェアから収入は、実際に 12% ほど増加している。

imageCBS points out however that two-thirds of Dell’s overall revenue still comes from PC sales. Weakening worldwide demand for PCs and laptops and increased competition from Asian manufacturers mean that in spite of gains in the enterprise, the shape of the PC market still sets the direction of Dell’s profits. For now this won’t change unless the company’s leadership (in whatever form that ends up taking) decides to massively restructure the company’s product offerings.

しかし CBS は、Dell における全体的な収入の 2/3 は、依然として PC の売上からもたらされると指摘している。ワールドワイドにおける PC および ラップトップへの需要が弱体化し、アジアのメーカーたちとの競合が激化するにしても、コンシューマ PC 市場の状況は、(エンタープライスにおける利益にもかかわらず)依然として Dell に利益をもたらす方向を示しているのだ。つまり、同社のリーダーシップに変化がない限り(動揺が収まらない限り)、プロダクト・ラインの大規模な再構築は進まないだろう。

ーーーーー

TAG indexDell の決算期は 1月31日直前の金曜日だと、Wikipedia は記載しているので、ここで取り上げられている数字は、2013年 2月~4月のものなのでしょう。それにしても、ここまで業績が悪化するとは、誰も想像していなかったはずだと思います。 以前に『 PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート 』という抄訳をポストしましたが、その中の「 定期的に買い換える必要のあるデバイスとして、PC は認識されなくなるだろう」という一言が印象に残っています。また、このチャートは、Mac と iPad の出荷量を示すものですが、Apple においても、このような Post-PC 化が進んでいるのです。

ーーーーー

<関連>


iPad を否定する Bill Gates : キーボードと Office が無いから、みんな不満だ!
女 が スマホ を愛するとき : インフォグラフィックス
Top-5 を合わせても、Mac 単体に負けている:PC マニュファクチャの営業利益
PC の販売が 14% 減 – 2013年 Q1 : それを示す1枚のチャート
そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって!

iPad 単体の売上が、Dell に迫っている!

Posted in Apple, Dell, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on January 29, 2013

CHART OF THE DAY: iPad Revenues Will Soon Pass Dell Revenues
http://wp.me/pwo1E-5Ai

Nicholas Carlson | Jan. 14, 2013, 3:22 PM
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-ipad-vs-dell-revenues-2013-1

_ Business Insider

Dell is in talks to go private. The main reason why it’s in trouble: consumers are buying smartphones and tablets instead of PCs.

Dell は、プライベート・カンパニーに戻ろうかと、協議している最中にある。 そして、困難な状況に陥っている主な理由は、消費者が PC から離れて、スマートフォンとタブレットを購入している点にある。

You can tell by looking at this chart from our presentation on the Death Of PCs.

以下のチャートは、Death Of PC に関する、私たちからの提示である。 これを見れば、あなたも、いまの状況を語れるようになる。

↓ クリックで拡大 ↓

___space

Look how well Apple is doing selling just iPads, versus how Dell is doing sell all products.

Apple に関しては、iPad だけの売上額を示している。 それに対して、Dell の方は、すべてのプロダクト売上である。

ーーーーー

TAG indexこういうチャートを見ると、やはり iPad は、新しい PC なのだと思えてきます。 Agile_Cat が持っているのは、中古の iPad 2(3G)なのですが、ほんとうに便利ですし、たいがいのことは、これで済んでしまいます。最近は、フタにもなる BT キーボードを買ってみようかと思っていますが、そうなると、MBA を持ち歩く機会も、かなり減ることになるでしょう。 先日、『 Microsoft から Dell への 出資はあるのか ? その背景を探る – GigaOM 』という抄訳をポストしましたが、いわゆる、従来型の PC ビジネスは、かなり厳しい状況にあるようです。image

ーーーーー

<関連>

Apple の 2012年 Q4 :売上額は $54.51B で、前年比 18% の成長
Google の 2012年 : $50B の年商と 36% の成長
iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
iOS と Android による 世界大戦 – 2012年/12月

Microsoft から Dell への 出資はあるのか ? その背景を探る – GigaOM

Posted in Byod, Dell, Microsoft, Mobile, Post-PC by Agile Cat on January 25, 2013

A Microsoft investment in Dell would show how vulnerable both IT giants are
http://wp.me/pwo1E-5zq

By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/01/23/a-microsoft-investment-in-dell-would-show-how-vulnerable-both-it-giants-are/

_ Gigaom

Summary: Both Microsoft and Dell face lagging stock prices and the perception that they both missed the boat in mobile. But the two companies also face very real threats to their core enterprise IT businesses.

Summary: Microsoft と Dell は、どちらも株価の低迷に直面し、また、モバイルのレースに乗り遅れたと認識している。 それに加えて、この両者は、コアとなるエンタープライズ IT ビジネスにおいて、きわめて深刻な脅威に晒されている。

Most of the commentary about a reported investment by Microsoft into hardware partner Dell has centered on the fact that both companies have missed the consumer, mobile boom and need to make up ground.

そのハードウェア・パートナーである Dell へ、Microsoft が出資するというレポートを受けた、数多くのコメンテーターが重視するのは、この両者が顧客を失い、モバイル・ブームに乗れずにいても、前進して行かざるを得ないという点だ。

But there is a very strong enterprise technology angle here as well. Microsoft needs to entrench Hyper-V and the latest Windows Server in data centers, something a Dell stake could accelerate. “Look, Microsoft needs a phone and a tablet buddy, but it also needs to make sure its core server and virtualization technologies get deployed,” said a former Dell executive who requested anonymity. (Spokesmen for Dell and Microsoft would not comment for this story.)

しかし、きわめて強固な、エンタープライズ・テクノロジーという視点も存在する。 Microsoft はデータセンターに、Hyper-V と最新の Windows Server を定着させる必要があり、また、Dell への出資により、それを加速させたがっている。 『 たしかに Microsoft は、フォンとタブレットの仲間を必要としているが、それと同様に、コアとなるサーバーと仮想化のテクノロジーが、着実にディプロイさせていく必要もある 』と、Dell の前役員が匿名でコメントしている。 (Dell と Microsoft のスポークスマンは、このストーリーについてコメントしないだろう)

Preserving the enterprise stake

“Dell, by virtue of its Wyse and Quest acquisitions has a robust zero client business and if you see a big flip in IT with people leaving local hardware and software for stuff driven from the data center via terminal services or VDI, Microsoft needs help there,” said Dana Gardner, principal analyst with Interarbor Solutions and a GigaOM Pro analyst. “It has to make sure its software is running in the data center whether it’s in the cloud or corporate,” he added.

『 Dell は Wyse Quest を買収したことで、ゼロ・クライアントにおける強固なビジネスを有している。そして、人々がローカルなハードウェアとソフトウェアから遠のき、ターミナル・サービスや VDI により、データセンターから実体を機能させるという、IT における大きな反転現象が確認されるなら、 そのための手助けが Microsoft には必要となる 』と、Interarbor Solutions の主席アナリストと、GigaOM Pro のアナリストを兼任する、Dana Gardner は発言している。そして、『 クラウドであっても、コーポレートであっても、Microsoft は自社のソフトウェアを、データセンターで確実に機能させなければならない 』と、付け加えている。

And, mobile is also driving corporate IT in a BYOD world where Apple’s iPhone and iPad schooled both Microsoft and Dell in part because it offered a tightly integrated hardware/software bundle. Microsoft and Dell together, in theory, could offer more of that integration together.  Microsoft CEO Steve Ballmer and counterpart Michael Dell have both been under fire for failing to keep their stock prices up and the perception that they missed the boat in mobility.

Apple の iPhone と iPad が、Microsoft と Dell の両者に教えてくれたように、コーポレート IT が モバイルにより、BYOD の世界へと突き動かされている。つまり、Apple から学ぶべきは、シッカリと統合されたハードウェア/ソフトウェアのバンドルである。 論理的に考えれば、Microsoft と Dell は一体となり、さらに幅広いインテグレーションを提供できたはずである。  Microsoft の CEO である Steve Ballmer と、そのカウンターパートである Michael Dell は、株価を維持し損ねていると、二人して砲火を浴びいているのだ。そして、モバイル・レースに参加し損ねていることも、認識しているはずだ。

MSFT data
by
YCharts

Still, the idea that Microsoft — which made its fortune parlaying an army of hardware partners and being careful not to play favorites — may now take a stake in a PC maker is mind boggling. Microsoft dipped its toe in hardware by deciding to make Surface, but if it wants to get serious, it needs to do something bold, and buying into Dell would be bold,Gardner said.

しかし、Microsoft が PC メーカーの株を所有しようとする発想は、依然として気の遠くなる話しである(同社は、一群のハードウェア・パートナーと交渉し、また、公平に接することで、富を築いてきた)。Microsoft は、Surface を製造するという判断において、ハードウェアの世界へツマ先を踏み入れた。しかし、さらに本格化したいのなら、何らかの大胆な取り組みが必要がある。そして、Dell の株主になることは、その要件を充たしているだろうと、Gardner は発言している。

It also might hedge bets if HP decides to spin off or sell its PC business.  HP is another huge Microsoft hardware partner in both consumer and corporate markets.

もし、HP が、自身の PCビジネスを独立させるか、あるいは、売却すると判断するなら、この賭けに負けても、損失は防げるかもしれない。  HP は コンシューマとコーポレートの市場において、もう1つの巨大な存在であり、また、Microsoft のハードウェア・パートナーでもあるのだ。

Dell management offers clues to buyout plan

Another former Dell exec, who said he has no knowledge of any deal, said a look at the company’s leadership offers a clue as to why it might opt to take itself private.

この取引に関して、何の情報も持っていないと明言する、もう1人の Dell 前役員は、プライベートなるかもしれない理由に応じて、同社のリーダーたちが、手掛かりを提供するだろうと発言している。

Two top-ranking Dell execs — John Swainson, president of software, came aboard after a stint as an advisor to Silverlake Partners — the private equity firm reportedly backing a buyout. And, Marius Haas, president of enterprise services, came from Kohlberg Kravis Roberts. If a buyout happens, it’s likely that Michael Dell would step down and one of those two executives would become CEO, this source said. Swainson, who was also once CEO of CA, might be the logical choice.

Dell には、2人のトップ・クラスの重役がいる。 その1人である John Swainson は、President of Software であり、また、伝えられるところによれば、買取りを支持している非公開投資会社のアドバイザーを経て、Dell に参画している。 そして、Marius Haas は、President of Enterprise Services であり、Kohlberg Kravis Roberts から参画している。 もし、買取りが起きるなら、Michael Dell は退任し、この2人のうちのどちらかが、新たな CEO になるだろうと、この情報提供者は発言している。 なお、Swainson は、以前に CA の CEO を務めており、論理的な選択になるのかもしれない。

Related research

ーーーーー

TAG indexこういう話を聞くたびに、iPhone という小さなデバイスが、これまでとは異なる方向へと、巨大な IT 業界全体を、導いてしまったことを実感します。 今月にアメリカへ出張した Agile_Cat は、なんと! 国内線に 6回も搭乗するという Crying face  幸運に恵まれたのですが、その機内は iPhone だらけ、Galaxy だらけという感じで(たまに Blackberry)、みなさん離陸直前までスマホを使っていますし、着陸したら直ぐに電源を ON にしていました。とにかく、スマホで、仕事、仕事です。

もちろん、日本から持ち込んだスマホも、ローミングを ON にすれば直ぐにつながりますし、その料金もリーズナブルになって来ました。また、Bay Area で Google Maps を使って、初めての場所へクルマを向かわせることも、Oregon の田舎道を走るクルマの中から、Facebook へ写真をアップロードすることも、まったく問題なく OK でした。ほんと、呆れるほどの便利さです。

こうした背景の中で、Microsoft と Dell が、その行く末を模索するというのは、言ってみれば当たり前の話であり、Post-PC 時代へと向けた、業界再編の一部なのだと思います。軌道の修正がすみやかに進めば、いろいろなチャンスが巡ってくるはずです。 頑張れ Microsoft、頑張れ Dell です!image

ーーーーー

<関連>

DELL による Wyse の買収は、Post-PC へ向けた新たなシフトなのか?
Apple の 2012年 Q4 :売上額は $54.51B で、前年比 18% の成長
Google の 2012年 : $50B の年商と 36% の成長
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる
Xmas の大記録: 1740万台の スマホとタブレットが 1日で アクティベート

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Cloud Stack, Dell, Joyent, OpenStack, Research by Agile Cat on January 15, 2013

Gartner’s IaaS Magic Quadrant: a who’s who of cloud market
http://wp.me/pwo1E-5wa
Gartner’s Magic Quadrant for IaaS has familiar names and surprising omissions
By
Brandon Butler – November 07, 2012
http://m.networkworld.com/news/2012/110712-gartner-magic-quadrant-264058.html

_Network World

この・・・現時点における MQ レポートは、2012年 6月の時点で一般に提供される IaaS クラウドを有するプロバイダーだけに、その範囲を限定しているのだ。 つまり、その時点において、Microsoft/HP/Google が有していたのは、ベータ段階の(IaaS)クラウドとなる。

<関連> PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

ーーーーー

Network World – The cloud market can be a big, daunting place. Seemingly every tech vendor has a cloud strategy, with new products and services dubbed "cloud" coming out every week. But who are the real market leaders? Research firm Gartner’s answer lies in its Magic Quadrant report for the infrastructure as a service (IaaS) market.

Network World – クラウド・マーケットは広大であり、また、手強い世界でもある。 表面上は、すべてのテック・ベンダーが、「クラウド」という用語を伴うプロダクトおよびサービスを、毎週のように提供するような、クラウドのためのストラテジーを有している。 しかし、ほんとうの意味での、マーケット・リーダーは誰なのであろう? リサーチ会社である Gartner の答えは、IaaS マーケットに関するMagic Quadrant レポートに示されている。

Unsurprisingly, Amazon Web Services is listed in the top, far-right corner, in the "leaders and visionaries" corner of the MQ.

予想どおり、Amazon Web Services が右上の高い位置に置かれいるが、それにより、この MQ(Magic Quadrant)における「 Leaders and Visionaries 」の、最高点を得ていることが分かる。

Amazon Web Services – The market share and thought-leader

Gartner reinforces what many in the cloud industry believe: Amazon Web Services is the 800-pound gorilla. The company is "extraordinarily innovative, exceptionally agile and has one of the richest IaaS portfolio of services." Its large pool of capacity in the cloud optimizes it for batch computing, high-performance computing and big data analytics.

Gartner は、クラウド産業における多くの人々が信じる、Amazon Web Services という強大な存在を追認している。 同社は、比類なきイノベーションと、並外れたアジリティを持ち、さらには、リッチは IaaS ポートフォリオ・サービスの 1つまで有している。 このクラウドにプールされる巨大なキャパシティにより、バッチ処理/HPC/Big Data 解析などのコンピューティングが最適化される。

There are some concerns, though, Gartner says. Namely, AWS has a "weak, narrowly defined" service-level agreement (SLA), which requires customers to spread workloads across multiple availability zones and only counts a violation of the SLA when both AZs are inaccessible. The SLAs also do not include the company’s popular Elastic Block Storage, which recently suffered an outage.

そして、いくつかの懸念があると、Gartner は発言している。 すなわち、AWS が有する、「脆弱で狭義」な SLA のことである。 AWS の顧客は、多数のアベイラビリティ・ゾーンを横断するかたちで、そのワークロードを分散するように要求される。そして、A~Z ゾーンの双方にアクセスできない場合に、SLA の対象になるという制限を含んでいる。 さらに、この SLA には、人気の Elastic Block Storage(先日にダウンしている)が含まれない。

Bluelock – The VMware public cloud

Bluelock is about the closest thing you’ll get to a VMware public cloud. The company is part of VMware’s vCloud Data Center Service, meaning it leverages VMware tools to power its offering. It is one of the first to roll out new VMware features and its product roadmap is aligned with that of VMware’s, Gartner says.

VMware パブリック・クラウドを得たいなら、最も身近な選択肢は Bluelock になる。同社は、VMware における vCloud  Data Center Service の一部であり、VMware ツールでテコ入れしたサービスを、提供していることになる。 とまり、VMware における新機能を、最初に展開する手段でもあり、そのプロダクト・ロードマップは、VMware のスケジュールに合わせられていると、Gartner は発言している。

CSC – The IT integrator goes to the cloud

CSC’s cloud division operates as a separate business unit within the larger traditional IT outsourcing company. It runs its two cloud services, CloudCompute, a public cloud offering, and BizCloud, a private cloud, on vCloud Data Center tools from VMware, and uses VCE blocks across an international set of data centers.

CSC のクラウド部門は、従来からの大手 IT アウトソーシング企業とは分離された、単独のビジネス・ユニットとして運営されている。 そこでは、VMware の vCloud  Data Center ツールと、世界中に展開される VCE データセンター・セットをベースに、パブリック・クラウドとしての CloudCompute および、プライベート・クラウドとしての BizCloud が提供される。

Dell – Traditional IT goes to the cloud

Dell’s VMware vCloud Data Center cloud is one of the prime examples of a traditional IT company attempting to transition to a cloud world. Gartner says Dell has a "realistic and logical" strategy for integrating between the company’s popular server hardware already installed across many enterprises and the company’s budding cloud offerings.

Dell の VMware vCloud  Data Center クラウドは、従来からの IT 企業が クラウドの世界に移行しようとする、最大級の事例の 1つである。 Gartner の発言によると、すでに Dell は、数多くのエンタープライズにインストールされた、同社の一般的なサーバー・ハードウェアと、同社が新たに着手するクラウドとの間で、現実的かつ論理的なストラテジーを統合する方式を、有しているとされる。

Dimension Data – Buying into cloud

Dimension Data, a system integrator and value-add reseller owned by the NTT Group, bought into the cloud market with its purchase of OpSource, which had specializes in software as a service (SaaS) hosting. Since then Dimension Data has integrated a VMware-based public and private cloud architecture that includes a 100% uptime SLA and AWS compatibility into the OpSource IP it acquired.

Dimension  Data は、NTT Group 傘下のシステム・インテグレーターであり、付加価値リセラーであるが、IaaS ホスティングに特化したソフトウェアを有する OpSource を買収し、クラウド・マーケットへと参入することになった。なぜなら、100% Uptime SLA と AWS 互換性を取り込んだ、Dimension Data における VMware ベースのパブリック/プライベート・クラウド・アーキテクチャと、同社が買収した OpSource IP が統合されたからである。

Fujitsu – Asian IT goes global, to the cloud

Fujitsu, the global tech company based in Japan, has a compressive cloud offering featuring a global public cloud, local regional public clouds and a private cloud service. All use Xen virtualization technology, although the company has been certified by VMware as a vCloud Data Center services, but has not yet rolled out those features.

Fujitsu は Japan ベースのグローバル・テック・カンパニーであり、グローバルなパブリック・クラウドおよび、ローカルなパブリック・クラウド、そしてプライベート・クラウドを特徴とする、凝縮されたクラウド・サービスを提供している。すべてにおいて Xen 仮想テクノロジーを用い、vCloud Data Center として VMware から承認されているが、その成果は現状では展開されていない。

GoGrid – The always-on cloud

GoGrid has some attractive qualities: 100% availability SLA; standard architectures across public and private cloud deployments; and GoGrid Exchange, a marketplace to run applications in its cloud. These have made GoGrid’s Xen-virtualized service become one of the top five IaaS providers by the number of VMs, Gartner says.

GoGrid には、いくつかの魅力的な特質がある。 たとえば、100% の可用性を約束する SLA や、パブリック/プライベートのクラウドをまたぐ標準的なディプロイメント・アーキテクチャ、GoGrid Exchange の存在、そして、そのクラウド上で運用されるアプリケーションのマーケットなどがある。 それにより GoGrid は、Xen 仮想サービスを用いる IaaS プロバイダのなかで、Top-5 に入る VM 数を有すると、Gartner は発言している。

Savvis – Cloud, etc.

Perhaps no other cloud provider combines a self-service, managed hosting and cloud model quite as well as CenturyLink and its Savvis cloud division, Gartner says. The VMware-powered IaaS offers customers a broad portfolio of cloud features and products, almost to a detriment, Gartner points out.

おそらく、セルフサービスと、マネージド・ホスティングと、クラウド・モデルを結合する、クラウド・プレイヤーは存在せず、また、CenturyLink と、そのクラウド部門である Savvis も同様であると、Gartner は発言している。 VMware パワーの IaaS は、一般的な災害などに対処するために、広範囲におよぶクラウドの機能とプロダクトで構成される、ポートフォリオを提供すると、Gartner が指摘する。

OVH – European flavor of cloud

One of Europe’s largest cloud providers by the number of VMs is OVH, an independent company with a history in Web hosting. OVH’s offering is tailored mostly for small and midsize businesses, but it combines an IaaS virtual machine capability with an object storage service.

VM 数という視点において、Europe で最大級のクラウド・プロバイダーといえば、Web ホスティングの歴史の中で独立系の道を歩んできた OVH となる。 OVH が提供するサービスは、主として中小企業びために仕立てられているが、同社では IaaS 仮想マシンの機能と、オブジェクト・ストレージ・サービスを組み合わせている。

SoftLayer – The SME cloud

CloudLayer, the name SoftLayer has given to its public and private cloud platform, is a Xen-virtualized IaaS targeted mainly at small and midsize businesses. It includes an OpenStack-powered object storage service that accompanies its offering of virtual machines. It also has a content delivery network, which it partners on with Internap.

CloudLayer という名の、SoftLayer のパブリック/プライベート・クラウド・プラットフォームは、主として中小企業にターゲットにする、Xen の仮想tクエのロジーを用いる IaaS である。 そこには、仮想マシンの提供に付随して生じる、OpenStack パワーのオブジェクト・ストレージ・サービスも含まれる。 さらに、Internap とのパートナシップにより、配信用のネットワークも含まれている。

Terremark – Verizon’s cloud play

In Gartner’s annual Magic Quadrant, the place companies want to be is in the top left corner, where Gartner names its leaders and visionaries. Behind Amazon Web Services, Terremark is the second-best positioned company on Gartner’s chart.

Gartner の Annual Magic Quadrant において、それぞれの企業が目指すのは、leaders and visionaries における左上のコーナーである。 その意味で、Terremark は Gartner のチャートにおける 2番目のポジションに位置し、Amazon Web Services を背後から追いかけている。

Owned by Verizon, Terremark has a long track record and a solid set of cloud and managed hosted products, including public and private single-tenant versions, an express version and one aimed specifically at the federal government.

Verizon 傘下の Terremark は、長期間におよぶ実績と、クラウドおよびマネージド・ホスティングに関する、充実したのプロダクトのセットを持しっている。 そして、そこには、パブリック/プライベートのシングル・テナント・バージョンが含まれ、また、連邦政府での採用をも狙う、特別なバージョンも含まれる。

Tier 3 – The pure-play cloud company

Tier 3 is all-in with the cloud. In addition to having a pay-by-the-virtual-machine IaaS, the company also offers a database as a service and has integrated VMware’s Cloud Foundry platform as a service (PaaS). It’s even extended Cloud Foundry PaaS framework to support .Net through a project named Iron Foundry. Gartner says Tier 3 has good features and an easy-to-use portal, plus an innovative and ambitious roadmap with a strong SLA.

Tier 3 には、すべてのクラウドが入っている。 同社は、pay-by-the-virtual-machine IaaS に加えて、サービスとしてのデータベースを提出し、また、PaaS としての VMware Cloud Foundry プラットフォームを統合している。 さらに、Cloud Foundry PaaS フレームワークを拡張した、Iron Foundry という名のプロジェクトを介して、.net をサポートしている。Tier 3 は、優れた機能と使いやすいポータル、そして、強力な SLA による、革新的で野心的なロードマップを有していると、Gartner は発言している。

Rackspace – The OpenStack cloud

Rackspace has bet big on OpenStack, which Gartner says is mostly a strength for the company, but it warns that OpenStack’s future is not only uncertain, but that the broader open source cloud deployment project can proceed, and succeed, with or without Rackspace also succeeding, given that Rackspace has ceded control of the project to a newly formed foundation.

Rackspace が OpenStack に大きく賭けていることが、その強みである一方で、OpenStack の未来が不確実なことに対して、Gartner は警告している。それだけではなく、Rackspace の成功とは関係のないところで、多様なオープンソース・クラウド・ディプロイメント・プロジェクトが促進され、また、成功を収めている。したがって、このプロジェクトのコントロールを、新たに作られた組織に対して、もっと Rackspace がオープンにしていればと考えてしまう。

Still, though, Rackspace has the second-largest market share in the cloud, provides excellent customer support — what it calls fanatical — and offers low-cost entry points into the cloud, making it ideal for experimentations. It uses Xen to virtualize its cloud, and has object storage, CDN and platform as a service (PaaS) offerings.

しかし、依然として Rackspace は、クラウドにおける 2番目のシェアを有している。そして、何を狂信的と呼ぶかは別にして、卓越した顧客サポートを提供し、低コストによるクラウド・エントリー・ポイントを提示し、理想的な実験環境を作り出している。 Rackspace は、クラウドを仮想化のために Xen を使用し、Object Storage/CDN/PaaS も有している。

Joyent – The biggest cloud provider you haven’t heard of

Joyent is an independent cloud provider and maker of the SmartOS operating system, which provides what Gartner calls a "holistic" approach to infrastructure, combining elements of compute, networking and storage into one cloud-delivered stack. With this converged infrastructure approach, Joyent targets high-performance apps to run on its cloud.

Joyent は、独立系のクラウド・プロバイダであり、また、SmartOS オペレーティング・システムのメーカでもある。Gartner が[総体的]と呼ぶインフラへのアプローチを、同社は提供している。つまり、コンピューティング/ネットワーク/ストレージの各要素を、クラウドとして提供される、単一のスタックに取りまとめているのだ。 この、集中型のインフラ・アプローチにより、Joyent のクラウドは、ハイ・パフォーマンス・アプリケーションの運用に目標を定める。

Virtustream – Wants your complex apps

Virtustream is the cloud for complex apps. A small, independent pure-play cloud, with an optional managed hosting service, Virtustream takes a consultation-type approach to selling its service, which makes it optimized for large, complex legacy or cloud-native applications to run in its public or private offering.

Virtustream は、複雑なアプリケーションに特化したクラウドである。 同社は、オプションでマネージド・ホスティング・サービスを持つ、小規模な独立系クラウド・プレイヤーである。Virtustream は、大規模で複雑なレガシー・アプリケーションから、クラウド・ネイティブのアプリケーションまでを、自身のパブリック/プライベートに最適化していくサービスを、コンサルティング・タイプのアプローチで販売している。

Network World staff writer Brandon Butler covers cloud computing and social collaboration. He can be reached at BButler@nww.com and found on Twitter at @BButlerNWW.

Read more about cloud computing in Network World’s Cloud Computing section.

ーーーーー

image

原文は、この何倍かの量になるのですが、どのようなプロバイダーが評価の対象となっているのかが、分かる形で抜粋してみました。冒頭にも書かれているように、昨年6月の段階で製品化されているものだけが対象となるため、Google Computing  などは入っていません。それらが、どのような評価を受けていくのか、とても興味があります。そして、AWS は、チャレンジャーたちに、どのようなハードルを突きつけていくのでしょうか? ほんとうに、興味の尽きないクラウド戦線ですね。image

ーーーーー

<関連>

PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
ーーーーー
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
NIST による SaaS/PaaS/IaaS の最新定義 – Jan 2011

 

Dell が Quest を $2.4 Billion で買収 : 狙いは DC マネージメント

Posted in .Selected, Data Center Trends, Dell, Management by Agile Cat on July 3, 2012

Dell Buys Quest for $2.4 Billion to Boost Data Center Management
http://wp.me/pwo1E-4nQ

By: Rich Miller – July 2nd, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/07/02/dell-buys-quest-2-4-billion-boost-data-center-management/

_ DC Knowledge

Dell today announced an agreement to acquire IT software specialist Quest Software for $2.4 billion.

今日(7/2)のことだが、Dell は $2.4 billion の対価で、IT ソフトウェア・スペシャリストである Quest Software を買収すると発表した。

After weeks of rumors, Dell today confirmed that it has a definitive agreement to acquire Quest Software for $2.4 billion in a deal which will strengthen Dell’s offerings for data center management software.  The acquisition is part of Dell’s broader strategy to increase its enterprise IT business, which offers better growth and profit margins than the consumer PC business. Software is a key part of that effort, as data center managers seek improved tools to manage their increasingly complex infrastructure.

今日(7/2)のことだが、Dell は $2.4 billion の対価で、IT ソフトウェア・スペシャリストである Quest Software を買収すると発表した。このウワサは何週間も前からあったが、Dell は $2.4 billion を支払うことで、Quest Software 買収が決定したことを認めた。それにより、Dell が提供するデータセンター・マネージメント・ソフトウェアが強化されることになる。  今回の買収は、エンタープライズ IT ビジネスの比率を高めるという、Dell の基本方針の一環であり、コンシューマ PC ビジネスと比較して、強い成長力と大きな利益をもたらすものとされる。増大の一途にあるインフラの複雑さを改善するための、ツールを探し求めるデータセンター のマネージャーたちにとって、ソフトウェアは最も重要なパートになる。

Quest (QSFT) has a diversified software portfolio that generated $857 million in revenue in fiscal year 2011, with gross margins of 86 percent and operating margins of 11 percent.  The company’s offerings include software for performance monitoring, server management, database tools, and security and access management.

Quest(QSFT)の多角的なソフトウェア・ポートフォリオは、2011年度に $857 million の売上をもたらし、その内訳は 86% の粗利益と、11% の営業利益により構成される。そして、同社の提供するソフトウェアには、パフォーマンス・モニタリングおよび、サーバー・マネージメント、データベース・ツール、セキュリティ、アクセス・マネージメントなどが含まれる。

“The addition of Quest will enable Dell to deliver more competitive server, storage, networking and end user computing solutions and services to customers,” said John Swainson, president, Dell Software Group. “Quest’s suite of industry-leading software products, highly-talented team members and unique intellectual property will position us well in the largest and fastest growing areas of the software industry. We intend to build upon the strong momentum Quest brings to Dell.”

Quest が提供する、先端のソフトウェア・プロダクトおよび、優秀な人材によるチーム、そしてユニークな知的財産のスィートは、ソフトウェア産業において最大であり、また、最も成長の速い領域において、私たちのポジションを押し上げるだろう。 Quest が Dell にもたらす大きな勢いの上に、私たちは新しいビジネスを構築していきたい」と、Dell Software Group の President である John Swainson は発言している。

imageDell has been on an acquisition spree, acquiring six companies thus far in 2012, including three deals in three days in April. The company has been sharpening its focus on software for enterprise data centers, seeking to extend the success it has seen with its Data Center Solutions (DCS) unit, which customizes hardware for the company’s largest data center customers.

2012年位入ってから Dell は 6社を買収しているが、その中には 4月の 3日間で、3社を買収するという賑わいも含まれる。同社は、エンタープライズ・データセンター用の、ソフトウェアに対するフォーカスを明確にしてきた。 それは、大手データセンター顧客のハードウェアをカスタマイズすることで成功を収めてきた、Data Center Solutions (DCS) 部門の方向性を強化しようとするものでもある。

Dell’s offer topped a previous bid of $2.17 billion from Insight Venture Partners. Under terms of the agreement, Dell will pay $28 in cash for each share of Quest. That was only a slight premium to Friday’s closing price of $27.81, which had risen following the company’s June 25 announcement of a $27.50 offer from a “strategic bidder,” widely rumored to be Dell (DELL). The deal has been approved by the boards of directors of both companies, and is expected to close before Sept. 30, subject to approval by Quest’s shareholders.

Dell のオファーは、以前に Insight Venture Partners が提示した  $2.17 billion の上をいくものであった。 今回の合意により、 Dell は Quest の1株あたりに対して、現金で$28 を支払うことになる。 それは、金曜日の終値である $27.81 に、少しだけプレミアムが付いたものであり、Dell (DELL)の相手はなるだろうとウワサされていた、「戦略入札者」が 6月25日のアナウンスしていた、$27.50 というオファーを上回っている。 この取引は、両社のボード・メンバーにより承認され、また、9月 30日以前に完了すると予想されるが、Quest の株主による承認が必要となる。

image“Clearly, Dell’s distribution, reach and brand are well recognized in the industry,” said Vinny Smith, chairman and chief executive officer of Quest Software. “Combine that with Quest’s software expertise and award-winning systems management products and you have a very powerful combination for our customers and partners. With this transaction, Quest’s products and employees become the foundation for Dell’s critical software business.”

「明らかに、Dell の販売力とブランドは、この業界で上手く認識されている。そして、Quest におけるソフトウェアの先進性と、数々賞を勝ち取ったシステム・マネージメント・プロダクト、カスタマーとパートナーのためのパワフルなコンビネーションを、組み合わせることになる。この買収により、Quest の製品群と従業員は、Dell のソフトウェア事業 における重要な資産となる」と、Quest Software の Chairman and CEO である Vinny Smith は発言している。

Quest is based in Aliso Viejo, Calif. and has more than 100,000 global customers, including 87 percent of the Fortune 500. The company has approximately 3,850 employees and operates 60 offices in 23 countries.

Quest は、Aliso Viejo、 Calif とベースとし、Fortune 500 の 87% を含む、100,000 社以上のグローバル・カスタマーを有している。 また、同社の従業員数は約 3,850人であり、23ヶ国の 60 事業所に展開されている。

ーーーーー

TAG index文中にある 4月の買収劇には、仮想デスクトップの Wyse も含まれています。その意味で、前回も今回も、Post-PC で向けた Dell の脱出劇の一幕であり、また、以下の OPC 関連のトピックで指摘されるように、サービス事業への転身なのだろうと思います。 この辺りの、Dell の逃げ足の速さは一級品であり、Agile_Cat も簡単に振り切られてしまったという経緯を持っているのですw ーーーac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

DELL による Wyse の買収は、Post-PC へ向けた新たなシフトなのか?
Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?
Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想である

 

%d bloggers like this: