Agile Cat — in the cloud

Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来のスタンダードになり得るのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Energy, Green IT by Agile Cat on September 26, 2014

Dell, HP, Intel and Emerson partner to develop new industry standard: Redfish
http://wp.me/pwo1E-7U5
Brian Karlovsky | Sept. 9, 2014
http://www.arnnet.com.au/article/554452/dell-hp-intel-emerson-partner-develop-new-industry-standard-redfish/

Dell, HP, Intel and Emerson are set to develop a new industry standard to increase the productivity of system administrators through improved datacentre management, analysis and security.

Dell/Emerson/HP/Intel が、データセンターにおける管理/分析/セキュリティの改善を通じて、システム・アドミニストレータの生産性を向上させるべく、新しい業界スタンダードを作成しようとしている。

The new specification, Redfish, is still under development and will be one of the most comprehensive since the Intelligent Platform Management Interface (IPMI) was first launched in 1998, according to a statement.

この、新しい仕様である Redfish は、現時点において作成中である。 そして、このパートナーシップのステートメントによると、1998年に立ち上げられた Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 以来の、最も包括的なものになるという。

_  space

_  space

Redfish uses a modern network interface style, allowing access to data using even simple, script-based programming methods. It will be designed to improve scalability and expand data access and analysis, help lower costs, and further enable feature-rich remote management while ensuring a secure solution that protects investment.

Redfish では、きわめてシンプルなスクリプトベースのプログラミング・メソッドにより、データへのアクセスを実現するために、最新のネットワーク·インターフェース·スタイルが用いられる。そのデザインは、スケーラビリティを向上させ、データに関するアクセスと分析を強化し、また、コストの削減を促進しながら、さらにリッチなリモート・マネージメントを実現するものであるが、投資を保護するセキュアなソリューションも約束される。

According to a company statement, the group collaborating on Redfish development is focused on ensuring the specification enhances interoperability across multiple server environments and significantly simplifies management, allowing administrators to speak one language and be more productive. It will also enable access to massive amounts of information and the ability to translate the data into actionable insights for system monitoring and management.

この団体のステートメントによると、Radfish 仕様の作成におけるグループとしての協調は、マルチ・サーバー環境をカバーするインターオペラビリティと、大幅に簡素化された管理形態にフォーカスするものであり、その結果として、アドミニストレータが用いる言語を1つに集約し、さらなる生産的を目指すことになる。そして、さらに、システムの監視と管理を対象とした、膨大なデータへのアクセスと、実用的な洞察への転換を、実現していくものとなる。

The partner companies are working with industry standards bodies and associations to accelerate the development process, in anticipation of the broad adoption of Redfish.

ここでパートナーとなる企業は、Redfish の広範囲におよぶ採用を予測し、また、その作成プロセスを加速するために、業界標準のための団体や協会と協調して作業を進めている。

The specification will be submitted to the Distributed Management Task Force for consideration by the recently created Scalable Platform Management Forum, which has been chartered to publish a standard in this space. Once the specification is approved, it will be publicly available.

Redfish の仕様は、先日に立ち上げられた Scalable Platform Management Forum により、Distributed Management Task Force へと提出され、この分野におけるスタンダードを発行するための、骨格として検討されていく。 そこで、仕様が承認された後に、一般でも利用が可能なものとなる。

Read more:Synnex Australia adds HP Enterprise to portfolio

ーーーーー

現状でも、それぞれのデータセンターが工夫することで、それぞれのファシリティに適したマネージメント・システムが開発/運用されているはずです。 そして、RedFish が実現しようとしているのは、そのベースになる部分を標準化して、コストを下げようという試みなのだと思います。 ただ、いまの世の中のサーバー・ベンダーといっても、無印良品で市場を席巻している台湾の ODM たちを無視できません。 また、Facebook/Rackspace/Microsoft などによる Open Compute Project もあれば、Tencent/Alibaba/Baidu などによる Scorpio、そして、Google/IBM による OpenPower Foundation もあるという具合に、データセンターの効率化へ向けて活動している、オープン・ソースの存在も忘れてはなりません。たまたまですが、9/22 付で、Gartner が DCIM の Magic Quadrant を発表するほど、ここは、とてもホットな領域なのです。

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook が選んだ CA  の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

Facebook が選んだ CA Technologies の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Facebook, Open Compute by Agile Cat on February 7, 2014

Facebook Taps CA Technologies for Hyperscale DCIM
http://wp.me/pwo1E-7b7

January 29th, 2014 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/29/facebook-taps-ca-technologies-hyperscale-dcim/

_ DC Knowledge

SAN JOSE, Calif. - Facebook once contemplated building its own software to manage its massive data center infrastructure. But after a lengthy review of its options, the company has opted to use software from CA Technologies to track and manage its data center capacity.

SAN JOSE, Calif. – かつて、Facebook は、自身の巨大データセンターにおけるインフラストラクチャを管理するために、独自のソフトウェアを構築するという意図を持っていた。しかし、その選択肢について延々とレビューした後に、データセンターのキャパシティに関する追跡/管理を実現するために、同社は CA Technologies のソフトウェアを使用するという道を選んだ。

Facebook data center executive Tom Furlong discusses the company’s DCIm software during a session Tuesday at the Open Compute Summit in San Jose. (Photo: Rich Miller)

The announcement is a significant win for CA, which beat out a dozen companies for the high-profile deal. Facebook will use CA Data Center Infrastructure Management (DCIM) software to bring together millions of energy-related data points from physical and IT resources in its global data centers to improve power efficiency.

この発表は、CA にとって大きな勝利であり、誰もが注目するビジネスにより、競合他社を打ち負かすものとなる。Facebook は、グローバルに展開される各データセンター内の物理層から得られる、電力消費と IT リソースに関する無数のデータ・ポイントを、この CA Data Center Infrastructure Management (DCIM) により取りまとめ、 その電力効率を向上させることになる。

DCIM software is seen as a key growth sector, as companies struggle to gain control over increasingly complex data center environments. But many end users have struggled to make sense of the DCIM landscape, which is crowded with more than 70 providers selling software to manage the various aspects of data center operations.

こも DCIM ソフトウェアは、ますます複雑化していくデータセンター環境の、コントロールに苦労している各企業にとって、成長を実現するための重要な分野だと見られている。しかし、大半のエンドユーザー企業から眺めてみると、多様なデータセンター運用を管理するための DCIM ソフトウェアが、70 社以上のプロバイダーから提供されており、それぞれの意味を理解するのに苦労してきたという状況がある。

One System to Rule Them All

The hope is to find “one system to rule them all,” according to Tom Furlong, VP, Infrastructure Data Centers at Facebook, who discussed the company’s DCIM selection process Tuesday at the Open Compute Summit. Furlong said

Facebook の VP, Infrastructure Data Centers である Tom Furlong が、火曜日の Open Compute Summit で説明したところによると、同社における DCIM の選択プロセスは、「 すべてを規定する1つのシステム」を探し出すことにあった。

“We are on a mission to help connect the world, and our IT infrastructure is core to our success,” said Furlong. “We are continually looking at ways to optimize our data centers and bringing all of our energy-related information together in one spot was a core requirement.”

「 私たちのミッションは、つながり合う世界の促進であり、また、私たちの IT インフラは、私たちがビジネスを成功させる上でのコアとなる。 これまでも、私たちはデータセンターを最適化する方式に注目しており、電力消費に関するすべての情報を、1ヵ所に集めることが、要件におけるコアを形成していた」と、Furlong は述べている。

CA Technologies is a long-time player in the data center software arena that has repositioned itself for cloud computing workloads through a series of acquisitions. CA DCIM provides a web-based centralized solution for monitoring power, cooling and environmentals across facilities and IT systems in the data center as well as managing the use of space and lifecycle of assets which make up the data center infrastructure.

CA Technologies は、データセンター・ソフトウェアの分野における長年のプレーヤーであるが、それは一連の企業買収を介して、クラウド·コンピューティングのワークロードに対して、自社のポジションを適合させてきた結果でもある。CA DCIM は、データセンター内のファシリティと IT システムを横断するかたちで、電力/冷却/環境をモニタリングするための、Web ベースのセンタライズされたソリューションを提供している。 また、それだけではなく、データセンター・インフラストラクチャを構成する、資産としてのスペースとライフサイクルの用法も管理する。

Intensive Vendor Reviews

Facebook conducted an intensive DCIM vendor review process. CA was one of a dozen considered and completed a proof-of-concept, followed by a more extensive pilot in a 100,000 square foot section of Facebook’s data center in Prineville, Oregon. data center. This type of field test is a critical step in evaluating a DCIM vendor solution, Furlong said. “You have to figure out a way to try it before you buy it,” he said. CA then worked with Facebook to create a custom solution.

Facebook は、DCIM ベンダーに対する、徹底したレビュー・プロセスを実施した。そして CA は、10数社の候補に入り、POC(proof-of-concept)を達成し、Prineville Oregon における Facebook データセンターの 10万平方フィートのセクションで、より広範囲におよぶ試験を完了した。この種のフィールド・テストは、DCIM ベンダーのソリューションを評価する上で、とても重要なステップであると、Furlong は語っている。 そして、彼は、「 誰もが、それを購入する前に、実施する方式を理解する必要がある」と続けている。 その後に、CA は Facebook と協調して、カスタムなソリューションを構築することになった。

“Facebook’s IT team can now bring this energy-related data into their broader DCIM system for an even more complete view of overall system status.  said Terrence Clark, senior vice president, Infrastructure Management, CA Technologies. “They can then analyze all of the data in aggregate to make decisions to improve efficiency and reduce costs, while delivering a seamless customer experience and creating new opportunities for innovation.”

「 現時点において、Facebook の  ITチームは、全体的なシステム・ステータスを、より完全なかたちで参照するために、広範囲をカバーする彼らの DCIM システム内に、電力に関連する全データを取り込むことができる。そして、彼らは、効率の改善と、コストの削減に関する意思決定を行うために、すべての集約されたデータを分析できる。その一方で、この方式により、シームレスなカスタマー・エクスペリエンスを提供し、新しいイノベーションの機会を創出できる」と、CA Technologies の Senior VP of  Infrastructure Management である Terrence Clark は語っている。

Data Quality Matters

Facebook’s overall data center management strategy integrates several in-house tools, including Cluster Planner (used in deploying entire clusters) and Power Path, which provides data on electric consumption at many points within the data center.

Facebook における全体的なデータセンター・マネージメントの戦略は、データセンター内の多様な測定ポイントから、電気の消費量に関するデータを取り出す、Cluster Planner (全体的なクラスタをディプロイする際に使用) と Power Path を含む、いくつかの内製ツールを統合するところにある。

Despite its intense focus on data collection and management, the DCIM review process presented challenges and learning experiences, Furlong said.

そのフォーカスが、データの収集と管理に集約されているにもかかわらず、この DCIM のレビュー・プロセスが、課題と学習に関するエクスペリエンスを明らかにしてくれる、と Furlong は語っている。

“We learned how important data quality can be,” said Furlong. “You need to look at every single facility in nauseating detail. At the scale we’re at, you can miss stuff.”

「 私たちは、重要なデータの質を高める方式を学習した。 すべてのファシリティにおいて、気の遠くなるような詳細情報を調べる必要がある。 私たちが取り組んでいるスケールでは、その実態を取りこぼしがちになる」と、Furlong は述べている。

RELATED POSTS:

DCIM News: Nlyte Releases SaaS Version of DCIM Platform
RagingWire Boosts DCIM Offering With CA Technologies
A Storm of Servers: How the Leap Second Led Facebook to Build DCIM Tools
Schneider Electric Buys Viridity’s DCIM Software
DCIM: Creating a Holistic and Efficient Data Centre

ーーーーー

TAG index文中にもあるように、DCIM ソフトウェアは超乱立という状況であり、Agile_Cat としても、どのように調べれば良いのかが分からず、途方にくれていたところです。 それにしても、70 社以上ものプロバイダーがいることには、ちょっと驚いています。OCPJ からは HARDWARE MANAGEMENT(対訳付き)というドキュメントが提供されていますが、この Facebook の選択と、OCP で進めている体系化が、どのように関連して、また、どのように差別化されるのか、そのあたりが、とても興味深いですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook の 超絶 Web パフォーマンス : その秘密を解析する
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Facebook by Agile Cat on October 30, 2013

The Facebook DCIM whale that got away, Facebook builds its own DCIM solution
http://wp.me/pwo1E-6PQ

TUESDAY, JULY 30, 2013 AT 4:06PM
http://www.greendatacenternews.org/articles/share/625489/

image

Some use the term Whale Hunting to describe going for the big sale, and I would expect that some had used this term going for a DCIM sale at Facebook.

何人かの人々は、捕鯨という言葉を、大売出しを表現するために用いる。 そして、私は、Facebook における DCIM の大売出しのために、この言葉が使われることを期待していた。

If you don’t like the Whale analogy.  Another one is the biggest wins are many times like the "belle of the ball" where companies are the most attractive for a sale.

捕鯨という比喩を、あなたは気に入らないかもしれない。それなら、企業にとって最も魅力的な買い物は、パーティの華と知り合うような思わぬ幸運に似ている、はどうだろう。

Whatever analogy you use the Whale or Belle these companies are smart and know what the market looks like and is used to turning away advances and not taking the bait on a hook.

クジラにしろ、パーティの華にしろ、それらをモノにする企業はイカしている。 そして、マーケットが注目するものを知り、前払いには背を向け、釣針が潜むエサに飛びつくこともない。

Then Facebook sends this message out discussing DCIM at DCD SF.

そして Facebook は、DCD SF で DCIM について議論しようと、以下のメッセージを発信している:

The management tools used today are already a hodgepodge of DIY and third-party solutions. The DCIM solution Furlong hopes will emerge from the current effort will establish a line of communication between management tools on the server side and management tools on the data center side.

今日において用いられているマネージメント・ツールは、すでに DIY と サードパーティ・ソリューションの寄せ集めになっている。Furlong が望む DCIM ソリューションは、現時点での取り組みから生じるものであり、サーバー側とデータセンター側という、2つのマネージメント・ツールの間で、コミュニケーション・ラインを確立していくものである。

Facebook is stuck. With as important as DCIM is, it is not a high enough priority to dedicate the resources to solve.

Facebook は、立ち往生している。DCIM と同じくらい重要であり、それを解決するための専門的なリソースが割り振られていないという、ハイ・プライオリティの領域は他にない。

At the same time, using software-engineer hours to build a solution from the ground up does not make business sense. “Our software developers are better utilized worrying about our infrastructure and worrying about product than they are worrying about data center space.”

それと同時に、ソリューションをゼロから構築するためにソフトウェア·エンジニアの時間を使用することは、ビジネス面で妥当ではない。 「 私たちソフトウェア・デベロッパーたちは、データセンター・スペースを心配する以上に、インフラの活用とプロダクト自身のことを気にかけている」

You don’t hear glowing reviews of DCIM SW from the Whales or Belles in the industry.  Does this mean DCIM is only good enough for the smaller less attractive companies?

つまり、業界におけるクジラやパーティの華から提供される、DCIM ソフトウェアに関する称賛のレビューなど聞いたことがない。 結局のところ、DCIM は、魅力的な企業にとって、小さな問題なのだろうか?

Digital Realty has chosen to build its own DCIM which is part of why they’ll discuss their solution.

Digital Realty は、独自 DCIM の構築を選択している。 以下は、そのソリューションにおける背景と説明の一部である。

SAN FRANCISCO, May 13, 2013 /PRNewswire/ — Digital Realty Trust, Inc. (NYSE: DLR), a leading global provider of data center solutions, announced today that it launched EnVisionSM, a comprehensive data center infrastructure management (DCIM) solution.  EnVision provides increased visibility into data center operations, including the ability to analyze data in a manner that is digestible and actionable; a user interface with displays and reports that are tailored to data center operators; and access to historical data as well as predictive capabilities.

SAN FRANCISCO, May 13, 2013 /PRNewswire/ –  今日のことだが、データセンター・ソリューションのリーディング·グローバル·プロバイダである Digital Realty Trust  (NYSE: DLR) は、包括的な Data Center Infrastructure Management (DCIM) ソリューションである EnVisionSM を立ち上げたことを発表した。EnVision が実現するのは、データセンターの運用に関する高度な可視性であり、理解と対応が容易な形式でのデータ分析能力および、データセンター事業者に合わせて調整された、ディスプレイやレポートによるユーザー・インターフェイス、そして、過去のデータへのアクセスだけではなく、許容量に関する予測機能などを、取り込むものである。

"Up until now, data has been collected, but it has not necessarily been easily accessed or arranged in an intuitive manner that is helpful to a data center operator," said David Schirmacher, senior vice president of portfolio operations at Digital Realty. "The goal in rolling out EnVision across our global portfolio is to give our customers a common database that is structured around the specific needs of data center operators and can therefore manage the millions of data points that are found in today’s large-scale facilities."

「 これまでの方式では、データは収集されるにしても、データセンター・オペレータにとって有用かつ直感的な形式で、容易にアクセスできるように配置されているわけではない。グローバル・ポートフォリオを横断する、私たちの EnVision で実現するゴールは、顧客に対して共通データベースを提供することである。それは、データセンター・オペレータ固有のニーズに合わせて構成され、また、今日における大規模ファシリティで見られる、数百万のデータ·ポイントを管理を可能にするものである」と、 Digital Realty の Senior VP of Portfolio Operations である David Schirmacher は発言している。

DataCenterDynamics discusses this is not a threat.

DataCenterDynamics では、それが驚異的なものではないと、説明している。

DCIM vendors should not see this trend among hyper-scale operators as a threat, however, Ascierto says. Yes, their physical footprint does represent a sizable chunk of the addressable market, but the market is so immature, and the market penetration rate of DCIM is so low, there are plenty of other operators to go after, she says.

しかし、DCIM ベンダーは、ハイパー・スケール・オペレータにおける、このトレンドを脅威として捉えるべきではないと、Ascierto は述べている。たしかに、取り組みが可能と思われる市場において、それらの物理的なフットプリントは、相当量のカタマリを表現しているが、その市場は、とても未熟である。そして、市場での DCIM 浸透率は、とても低い。 つまり、数多くのデータセンター事業者が、それに続いていくことになる、と彼女は発言している。

Not getting the big win may not be a threat, but it never feels good to miss the big sale that could be bragged about as the Whale or Belle of the Ball.

大きな成果が得られていないことを恐れる必要はないが、クジラやパーティの華を自慢するような、大売出しが欠落していることを、良しと思うべきでもないのだ。

ーーーーー

image23DCIM というと、このところは CA や Schneider といったベンダーが頑張っていますが、ここで取り上げられている Facebook をはじめ、Google にしても、Amazon にしても、何らかのソリューションを持っているはずなので、それを公開してほしいと願う人も多いはずだと思います。 とくに、Facebook においては、Open Compute Project もあるのですから、その期待が、更に膨らむのも当然です。先月に、『 Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築 』という抄訳をポストしましたが、そこでは、Facebook は Do It Yourself オプションを見出していると、説明されていました。 そうなると、クジラとか、パーティの華とか、やはり期待してしまいますよね! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Facebook の空母のようなデータセンター: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Facebook が Iowa にもデータセンターを作る? これも デカイ!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!

Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築

Posted in .Selected, Data Center Trends, DCIM, Facebook, Open Compute by Agile Cat on September 19, 2013

Facebook building DCIM for own data centers
Wants to fill facilities with servers more efficiently
http://wp.me/pwo1E-6DW

16 July 2013 by Yevgeniy Sverdlik – DatacenterDynamics
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2013/07/facebook-building-dcim-own-data-centers

_ DC Dynamics

While for smaller data center operators decisions on technological solutions generally involve weighing options different vendors have made available on the market, for Internet businesses whose massive data center facilities contain all of their vital organs, there is also the option of doing it themselves.

小規模データセンター事業者の、一般的なテクニカル・ソリューションにおいては、量的なオプションに対する判断が必要となる。 そして、それらのソリューションを調達できるようにするために、さまざまなベンダーがビジネスを展開している。その一方で、インターネット企業に関して言えば、その大規模なデータセンター・ファシリティに、すべての重要な要素が含まれているため、前述のソリューションを自身で考えていくというオプションも存在している。

A server aisle at Facebook’s data center in Luleå, Sweden

In many cases, companies like Facebook, much of whose business success depends on the quality of its data center infrastructure, have found the do-it-yourself option to be the best one. The social-network company has designed its own data centers and much of what goes inside them, including IT gear and mechanical and electrical infrastructure components.

多くのケースにおいて、Facebook のような企業は、データセンター・インフラストラクチャの品質に依存することで、そのビジネスを成功に導いている。つまり、最高のソリューションとして、Do It Yourself オプションを見出しているのだ。このソーシャル·ネットワークは、データセンターを自身でデザインし、また、IT ギアや、機械的/電気的インフラ・コンポーネントを含めて、その内部に取り込むものにも、自分たちで取り組んでいる。

When time came to make a decision on what kind of data center infrastructure management (DCIM) solution Facebook’s infrastructure team should use to manage its massive portfolio, DIY turned out to be the only viable option. Tom Furlong, VP of site operations at Facebook, says the company has been developing its own DCIM solution that will most likely end up being a combination of home-grown and third-party elements.

Facebook のインフラ・チームが、その大規模なポートフォリオを管理するための、DCIM ソリューションの種類を選択するタイミングが訪れたとき、唯一の実現可能なオプションが DIY であると判明した。Facebook の VP of Site Operations である Tom Furlong は、同社が独自の DCIM ソリューションを開発してきたと発言している。 それは、自家製およびサードパーティ製のコンポーネントを組み合わせるものに、最終的に落ち着いたと言えるだろう。

What will it do?

Like any conversation about DCIM that takes place nowadays, Facebook’s conversation started by trying to figure out what the acronym means to Facebook. “Part of the challenge is just defining what DCIM is,” Furlong says.

最近、随所で繰り返される DCIM に関する会話のように、Facebook における議論も、この頭字語(DCIM)が Facebook にとって、何を意味するのかを把握するところから始まった。 「 このチャレンジにおける一部は、まさに、DCIM とは何かを定義することだった 」 と、Furlong は述べている。

“Today, we are developing some solutions in order to basically knit together the information we have in the data center with all of the information we have in our servers. For us, DCIM is the system that helps connect these two areas of information.”

「 今日、私たちは、データセンターが持っている情報と、サーバーに持ってい情報のすべてを、根本から組み合わせていくためのソリューションを開発している。 私たちにとって、DCIM とは、それらの 2つの情報領域の、接続を促進するシステムのことである」

The project’s ultimate goal is to build a system that will help the team find most efficient ways to fill the company’s data center buildings with racks of servers, Furlong said in an interview at the DatacenterDynamics Converged conference in San Francisco on 12 July. He was one of the keynote speakers at the event.

このプロジェクトの最終的な目標は、同社のデータセンターをサーバー・ラックで埋めつくしていくために、担当チームが最も効率のよい方式を見つけだせるよう、支援していくシステムを構築することであると、Furlong は語っている。 それは、12 July に San Francisco で開催された、DatacenterDynamics Converged カンファレンスのインタビューでのことである。 彼は、そのイベントの、キーノートの 1つを受け持っていた。

Facebook has built a custom repository for server data, which holds information such as a server’s physical location, its configuration (CPU, memory, storage, etc.), its power consumption, CPU utilization and so on. “We know what logical cluster it belongs to, what function it’s supposed to be performing,” Furlong says.

Facebook は、サーバー・データのカスタム・リポジトリを構築しており、そこに、サーバーの物理ロケーションや、コンフィグレーション(CPU/Memory/Storageなど)、消費電力、CPU 使用率といった情報を保持している。「 私たちは、そこに属する論理クラスタを認識し、また、そこで実行される機能を認識している」と、Furlong は述べている。

At the same time, the facilities are instrumented with tools for power monitoring (on the data center side) and computational fluid dynamics (CFD) modeling to manage temperature and humidity on data center floors.

それと同時に、データセンター・フロアの温度と湿度を管理するために、電力モニタリング(データセンター側)と、計算流体力学(CFD)モデリングのツールを用いて、一連のファシリティは測定されていく。

The management tools used today are already a hodgepodge of DIY and third-party solutions. The DCIM solution Furlong hopes will emerge from the current effort will establish a line of communication between management tools on the server side and management tools on the data center side.

現時点で使用されているマネージメント・ツールは、DIY とサードパーティのソリューションを寄せ集めたものである。Furlong が希望する DCIM ソリューションは、現在の取り組みから生まれてくるものであり、また、サーバー側とデータセンター側のマネージメント・ツールの間で、通信回線を確立するものとなる。

Extremes don’t work for Facebook

Going all the way with a third-party DCIM solution will not be optimal for Facebook, Furlong says. Neither will be developing the entire thing in-house.

サードパーティ製の DCIM ソリューションを用いて、すべてに対処していくことは、Facebook にとって最適な方法ではないだろうと、Furlong は述べている。同社内の、すべての事柄に対応する開発が、将来において行われるわけではない。

The third-party solutions on the market do not necessarily interface well with the home-grown server-data repository. “We find we have to do a lot of work on that third-party system to make it work with what we have.”

マーケットから調達されるサードパーティ製のソリューションは、自家製のサーバー・データ・リポジトリと、必ずしも適切にインターフェイスするわけではない。「 私たちが持っているものと連携させるために、それらのサードパーティ製システムに対して、大量の作業が必要になることを、私たちは知ることになった」

At the same time, using software-engineer hours to build a solution from the ground up does not make business sense. “Our software developers are better utilized worrying about our infrastructure and worrying about product than they are worrying about data center space.”

それと同時に、ソリューションをゼロから構築するためにソフトウェア·エンジニアの時間を使用することは、ビジネス面で妥当ではない。 「 私たちソフトウェア・デベロッパーたちは、データセンター・スペースを心配する以上に、インフラの活用とプロダクト自身のことを気にかけている」

Rhonda Ascierto, senior analyst who focuses on data center technologies at 451 Research, says that while there is not a lot of data center equipment on the market existing DCIM products do not interface with (most gear and DCIM software use open industry-standard communication protocols), it makes sense that a company like Facebook has taken the DIY route.

451 Research の Senior Analyst であり、データセンター・テクノロジーにフォーカスしている Rhonda Ascierto は、大量のデータセンター機器が、マーケットに出回っているわけではないが、既存 DCIM プロダクトは、それらの機器とインタフェースを持っていない、と発言している。( 大半のギアと DCIM ソフトウェアは、業界標準のオープンな通信プロトコルを使用している)したがって、Facebook のような企業が、DIY の道を選ぶことは理にかなっている。

“In theory, you can integrate with most if not all data enter equipment,” she says. But because of the level of customization in Facebook’s data centers, the integration may be harder in practice.

「 理論的に考えて、すべてのデータセンター機器を対象とするのではないければ、その大半を統合できる」と、彼女は言う。しかし、Facebook のデータセンターにおけるカスタマイズ・レベルを前提とすると、実際のところ、その統合は難しいかもしれない。

“Even though an open DCIM software or platform can be based on standards, not everything in the data center itself – chances are – is standard.”

「 たとえ、なんらかの Open DCIM ソフトウェアやプラットフォームが標準に基づいていても、データセンター内に配置されるすべての装置が、標準に基づいているわけではない(チャンスはあるにしても)」

Not a big threat to DCIM vendors

Facebook is not the only operator of what are often referred to as “hyper-scale” data centers that has not found a DCIM solution on the market that quite fits the bill. Microsoft has also written custom DCIM software to manage its massive global infrastructure.

完全に条件を充たす DCIM ソリューションを市場から見つけ出すという意味で、それを達成していないハイパー・スケール・データセンター事業者として、Facebook だけが存在するわけではない。Microsoft も、その大規模なグローバル・インフラを管理するために、カスタム DCIM ソフトウェアを書いている

Some hyper-scale operators, Ascierto says, “do use commercial DCIM products, but they only use components of them.” They may, for example, use a monitoring portion of a DCIM suite, while using their own asset-management component, she explains.

いくつかのハイパースケール事業者は、「 商用の DCIM プロダクツを使用するが、それと同時に、自身のコンポーネントのみを使用している 」 と、Ascierto は発言する。たとえば、DCIM スイートのモニタリング部分を使用しながら、自分のアセット管理コンポーネントを使用していると、彼女は説明している。

DCIM vendors should not see this trend among hyper-scale operators as a threat, however, Ascierto says. Yes, their physical footprint does represent a sizable chunk of the addressable market, but the market is so immature, and the market penetration rate of DCIM is so low, there are plenty of other operators to go after, she says.

しかし、DCIM ベンダーは、ハイパー・スケール・オペレータにおける、このトレンドを脅威として捉えるべきではないと、Ascierto は述べている。たしかに、取り組みが可能と思われる市場において、それらの物理的なフットプリントは、相当量のカタマリを表現しているが、その市場は、とても未熟である。そして、市場での DCIM 浸透率は、とても低い。 つまり、数多くのデータセンター事業者が、それに続いていくことになる、と彼女は発言している。

Recommended links

ーーーーー

image23Facebook のデータセンターのうち、写真でも紹介されている Luleå や、Priniville、North Carolina などに構築されている超大型データセンターは、一説によると 10万台のサーバーを収容すると言われています。そして、それを数人のエンジニアで管理するための工夫が凝らされているわけですが、その中の 1つに、この DCIM(center infrastructure management)があるのです。また、これまでに何度か紹介している Open Compute Project には、Open Hardware Management の Proposal Track があり、Agile_Cat 的には、この両者の関係が気になるところです。image

ーーーーー

<関連>

Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Facebook の空母のようなデータセンター: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Facebook が Iowa にもデータセンターを作る? これも デカイ!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!

%d bloggers like this: