Agile Cat — in the cloud

Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix, Huawei by agilecat.cloud on August 11, 2015
Equinix Kicks Off Singapore Data Center Expansion
Yevgeniy Sverdlik – Aug 10, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/08/10/equinix-kicks-off-singapore-data-center-expansion/
 
_ DC Knowledge
 
Equinix has commenced build-out of the second phase of its largest data center in Asia-Pacific, located in Singapore. The company announced the launch of the first phase of SG3 only in March, and the latest announcement illustrates how high the demand for data center space in the tiny island nation is growing.
 
Equinix が Singapore において、その Asia-Pacific 大規模データセンターの構想の、第二段階に着手した。同社は 3月の時点で、SG3 データセンターに関する、第一段階の立ち上げだけを発表していたが、今回のアナウンスメントが示唆するのは、この小島に立脚する都市国家において、データセンター・スペースへの需要が高まっているという状況である。
 
Equinix DCInside Equinix’s SV5 data center in San Jose, California
(Photo: Equinix)
 
Recently valued at about $1 billion, the Singapore data center market is a hub for serving customers in Southeast Asia, China, and the rest of the Asia Pacific. Structure Research, the market research firm that pegged Singapore’s market size at $1 billion, expects it to reach $1.2 billion next year.
 
最近の調査において、$1 billion の時価総額になると評価された Singapore のデータセンター市場は、Southeast Asia と China を含む Asia Pacific のハブであり、また、それに相応しいサービスを顧客たちに提供している。この Singapore データセンター市場に対して、$1 billion という評価額を付けた、マーケット調査会社の Structure Research だが、来年には $1.2 billion の規模に達すると予想している。
 
There are about 50 data center service providers on the island, operating more than 40 data centers, according to Structure. Redwood City, California-based Equinix is the second-largest player in the Singapore data center market, following the local telco Singtel.
 
Structure Research によると、この小島には約 50社のデータセンター·サービス·プロバイダーがひしめいており、また、40ヶ所以上のデータセンターが運用されているという。Redwood City, California ベースの Equinix は、この市場を支配するローカル・テレコム Singtel に続いて、二番手の Singapore データセンター・プロバイダーとなっている。
 
Other major players are Singapore’s Keppel, UK’s Global Switch, and San Francisco-based Digital Realty Trust.
 
そして、Singapore の Keppel や、UK の Global Switch、そしてSan Francisco の Digital Realty Trust などが、主要プレイヤーとして名前を連ねている。
 
Following the 1,000-cabinet first phase, Equinix expects to build out enough space for 2,000 more cabinets this time around. The building’s total capacity is 5,000 cabinets.
 
Equinix は、第一段階における 1000 キャビネットに続いて、2000 キャビネット以上に対応するスペースを、今回の拡張において構築する予定である。おそらく、今回の建物の総容量は、5000 キャビネットに対応するものとなる。
 
The facility’s first two tenants were Datapipe and Orange. Another customer, revealed recently, is Fujitsu.
 
このファシリティにおける最初ののテナントは、Datapipe と Orange になるようだ。 そして、最新の情報では、Fujitsu もテナントとして名前を連ねている。
 
With the second phase, the company’s total investment in Singapore amounts to $350 million, Equinix said in a statement.
 
今回の第二段階となる拡張を加えると、Singapore への資額は $350 million という総額に至ると、Equinix はステートメントで述べている。
 
“Singapore is en-route to becoming a Smart Nation, integrating all aspects of technology into a coherent and cohesive whole to improve the way people live, work and play,” Clement Goh, Equinix’ managing director for South Asia, said in a statement. “SG3 phase two was launched to help companies like Fujitsu ensure that they are in a solid position to support their customers’ needs.”
 
Equinix の Managing Director for South Asia である Clement Goh は、「 Singapore は、Smart Nation と呼ばれる国策に邁進している最中だ。 それは、人々の生活と仕事を、そして人生の楽しみ方を改善するための、一貫性と持続性を兼ね備えたテクノロジーに、すべての側面を統合していくという戦略である。なお、SG3 データセンターにおける第二段階は、Fujitsu などの企業を支援するものとなる。つまり、それらの企業の顧客ニーズをサポートし得る、確固たるポジションを提供していくことになる」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
_Equinix先月にポストした「コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!」という抄訳でも、Equinix のマーケット支配力が明らかにされていました。 そして、二年以上も前の「シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る」を見ると、シンガポール政府と Equinix の Win-Win 関係が、そのときから約束されていたように思えてきます。Equinix もスゴイけど、シンガポールもスゴイと、思わず唸ってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix 接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
 

announced the launch of the first phase

Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Google, Network by agilecat.cloud on August 6, 2015
Google is its own secret weapon against Amazon & Microsoft in cloud computing
By New York Times – 17 Jun, 2015
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2015-06-17/news/63540797_1_microsoft-azure-amazon-web-services-cloud-companies
 
_ Economic Times
 
Google is wielding a new weapon against Amazon and Microsoft for cloud computing customers: itself.
 
Google だが、クラウド・コンピューティングを改善するために、Amazon と Microsoft に対して、新しい武器で挑もうとしている。
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources, perhaps the largest on the planet. These include disclosures about Google’s ultrafast fiber network, its big data resources and the computers and software it has built for itself.
 
Google は、自身のクラウド・ビジネスを利用する企業に対して、以前よりもオープンに話しかけている。 そのため、この地球上で最大だと思われる、Google のコンピューティング・リソースについても、詳細が明らかになってきている。そこには、Google の超高速ファイバ・ネットワークや、ビッグデータ/コンピュータ/ソフトウェアといった、自社で構築してきたリソースも含まれている。
 
Check Out this Workshop near LA For you are in the LA Area (or willing to travel for an interesting workshop), join my friends Frederick Van and Joeseph Linashke for their workshop at nearby Joshua Tree.  These guys have worked hard to put together a really excellent program... you can visit the website to see everything that is included! New Interview Up with Ron Martinsen I had an interview with the extremely nice Ron Martinsen.  Head on over Ron's photography blog to have a loosee!  He also has a nice discount code on my textures tutorial, in case you have been waiting for a good deal!' Daily Photo - A Great Day at the Google HQ! Wow that was a cool experience.  Those guys and gals over there are super-nice.  You never know...  I guess maybe Google seems somewhat intimidating from the outside, but after I met guys like Cliff, Brian, and Chip -- I felt right at home. I gave an hour-long talk in one of their theaters there.  It was super-packed and people were standing all around because seats were gone.  We were graced with the presence of one Sara Jane Todd from @Peachpit to help out selling books - and we sold out!  Also, my Brazilian friend Fabio, the editor of Abduzeedo was there too, so it was great to see him. The Authors@Google (video link) program has a neat deal where they subsidize books, so Googlers don't have to pay full price.  I saw all kinds of cool stuff and took a lot of pics.  I have to get most cleared with Google Corp Comms before I can release... but I nabbed shots of a spaceship, a new pseudo-holodeck, and more mysteries await!  We even got to eat lunch there in the Google cafeteria, which had some of the most excellent food I've ever had in such a setting... they even have a small organic farm on the campus... well, I could go on and on...  but I was very impressed and happy to meet so many enthusiastic people! The video should be done in the next 2-3 weeks or so.  We've got good-man Brian at Google slaving away on editing the whole thing together! from Trey Ratcliff at www.stuckincustoms.com Flicker
Trey Ratcliff
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources.
 
The aim is to position Google as a company capable of handling the biggest and toughest computational exercises, lightning fast. The disclosures follow earlier moves by Google Cloud Platform, as the search company’s cloud computing business is called, to show off its data analysis capabilities.
 
その目的は、最大かつ最高のコンピューティング身体能力を、光の速さでハンドリングできる企業として、Google と位置づける点にある。一連の開示は、Google Cloud Platform の動向に追随するところから始まっている。それは、検索会社のクラウド・コンピューティング事業と呼ばれるように、データ解析能力を誇示するものとなっている。
 
Details like the ability to pass information between Europe and the United States in less than 100 milliseconds, and a practice of fully backing up user data in nine different locations, make Google seem both cutting edge and even bigger than most people suspected. But the company may also be borrowing a playbook from Amazon Web Services, which in 2013 started disclosing some mind-blowing metrics about its global computing network.
 
その能力の詳細はというと、Europe/United States 間のデータ送信を 100ミリ秒以下で完了し、また、9ヶ所に分散されたロケーションにユーザー・データをバックアップするという、人々が推測する以上の最先端かつ最大規模の存在として、Google を映し出すものになっている。さらに同社は、Amazon Web Services の脚本をなぞることも可能だ。2013年のことだが、AWS はグローバル・コンピューティング·ネットワークに関して、いくつかの素晴らしい指標を公開しているのだ。
 
At an event Tuesday for Google Cloud Platform – Google’s name for the computing, storage and networking it sells to business – Google will name the Taiwanese phone maker HTC as a customer. HTC has used Google to build a new kind of computing architecture that enables smartphone apps to update data fast and reliably to many devices at once, and look efficient even when the phones get poor reception.
 
この火曜日(6/16)に開催される Google Cloud Platform(企業向けに販売されるコンピューティング/ストレージ/ネットワークの名称)のイベントで、Google は Taiwan のスマホ・メーカーである HTC を、その顧客として公表する。新しいコンピューティング・アーキテクチャを構築する存在として、HTC は Google を採用している。それは、スマホ・アプリの高速アップデートと、大量のデバイスに対する一括処理を実現するものであり、また、通信環境がプアな場合であっても最善を目指すというものだ。
 
On Wednesday, a senior Google executive is expected to give what the company says will be an unprecedented look at the overall Google network design. This includes key tools that enable large-scale management of computing devices across the globe, according to one customer.
 
そして水曜日には Google の幹部が、そのネットワーク・デザインについて、前例のない様相を示していると、言及するだろうと期待されている。あるカスタマーによると、そこに含まれる重要なツールは、世界中に点在するコンピューティング·デバイスを、大規模なスケールで管理するものになるという。
 
telegeography-map“We are managing 2 million to 3 million smartphones in this network,” said John Song, the senior director of engineering at HTC. “Google is the only player in cloud that owns lots of fiber-optic cable worldwide, and it replicates its users’ data in nine different places at all times.” That kind of control, he said, enables users to do more technically difficult things.
 
HTC の Senior Director of Engineering である John Song は、「私たちは、このネットワーク上で、200万〜300万台のスマートフォンを管理している。Google は、世界に張りめぐらされた光ファイバ・ケーブルを所有しているという意味で、唯一のクラウド・プレーヤーである。そして、すべての状況において、9ヶ所の異なるロケーションに、そのユーザ・データを複製している」と述べている。彼によると、この種のコントロールがユーザー企業に提供されることで、より困難な技術的課題であっても実現できるという。
 
Song said HTC also looked at the cloud offerings of AWS and Microsoft Azure, along with IBM and Alibaba. Google was the dark horse, because it does not operate in China, and HTC wanted to be everywhere in the world. Google’s technical dedication won the day.
 
Song の発言によると、HTC は AWS と Microsoft Azure や、IBM と Alibaba からのクラウド提案も検討したようだ。そして、HTC はグローバルをサポートしたいのに、Google は China で使えないため、ダークホース的な存在であったようだ。しかし、Google の技術的な取り組みが、今日の勝利につながっている。
 
“The other salesmen just wanted to take orders,” he said. That may not be a winning approach for a mass of customers, but it does suggest how each cloud player is reflecting the nature of its core business.
 
つまり、「他社のセールスマンは、単に注文を取りたかっただけ」と、彼は述べている。 Google のアプローチは、マス・マーケットで勝つためのものではないだろうが、それぞれのプレイヤーにおけるコア・ビジネスの性質を反映した、クラウドへの取り組みという観点を示唆している。
 
Amazon, a retailer, is offering computing at scale and ease of use in data analysis. Microsoft, with decades of business ties, stresses its interoperability with current systems and data tools. And IBM has lots of high-level data analysts.
 
Amazon は小売業のメリットを活かし、規模のコンピューティングと、容易に利用できるデータ分析を提供している。Microsoft は、数十年におよぶ企業システムでの実績をベースに、現状のシステムおよびデータ·ツールとの、インターオペラビリティを押し出している。また、IBM もハイ・レベルのデータ分析を、数多く有している。
 
“Each of the cloud companies wants to store and process all of a company’s data,” said Sharmila Mulligan, co-founder and chief executive of ClearStory Data, a corporate data analysis company, who described all of the companies as “extremely partner-friendly” with companies like hers, owing to their urgency to offer more big data services.
 
企業データ分析会社 ClearStory Data の、Co-Founder and Chief Executive である Sharmila Mulligan は、「それぞれのクラウド企業が、顧客であるユーザーの、すべてのデータを保持/処理したいと考えている」と述べている。彼女は、「きわめてパートナー・フレンドリー」だと、それらの企業を表現している。 それは、ClearStory Data にも似たものであるが、その背景には Big Data サービスを急いで提供したいという、思惑があるという。
 
“Data analysis presents a stickiness – once you’ve put your corporate data in one of them and you’re analyzing it, you won’t move out,” she said. “You’ll be constantly ingesting new data – how could you afford to move? If they own your data, they own you.”
 
彼女は、「データ解析は、きわめて粘性の高いサービスである。それらのクラウドにデータを預け、すでに分析しているなら、他への移行は考えなくなるだろう。つまり、常に新しいデータが取り込まれている状況で、移行を考える余裕があるだろうか? それらのクラウドが、あなたのデータを所有しているなら、あなた自身を所有していることになる」と発言している。
 
Nobody crunches data like Google, and the new portrait of its resources is intended to show that handling almost any corporate task will be easy for it. Google Cloud Platform has built out specialties in areas like manufacturing, genomics and media to handle industry-specific needs on a global basis.
 
Google のように、データを高速処理しているクラウドはない。同社のリソースが写し出す光景は、大半の企業におけるタスクの処理を、簡潔なものにしようという発想である。Google Cloud Platform は、グローバルにおける業界固有のニーズに対応するものであり、また、製造業/ゲノム解析/メディアなどの分野に特化したかたちで構築されている。
 
“We have 90 points of presence around the world,” said Dan Powers, a Google Cloud sales executive, referring to places customers can get access to the Cloud.
 
Google Cloud の Sales Executive である Dan Powers は、「世界に点在する 90 の PoP(points of presence)を有している」と述べているが、その数自体が、同社のクラウドにアクセスできる場所を示すものとなる。
 
A point of presence, or PoP, is where a company’s computers get direct access to the Internet and a local telecommunications service provider.
 
それらの PoP はダイレクト・アクセスを実現するものであり、ユーザ企業のコンピュータを、インターネットやローカル通信サービス・プロバイダに接続していく場所となる。
 
Leah Bibbo, a spokeswoman for AWS, said her company currently had 53 PoPs worldwide. Also Tuesday, AWS announced that it would offer data analysis in Spark, a technology for handling very large data loads that is rapidly overtaking existing methods.
 
AWS のスポークスマンである Leah Bibbo は、現時点において 53ヶ所の PoP を、ワールドワイドで展開したと述べている。そして火曜日の AWS は、Spark によるデータ分析を提供すると発表している。このテクノロジーは、大量のデータをハンドリングするものであり、また、既存の方式を上回るとされている。
 
Powers also said Google runs 2 billion containers, or ways of managing software globally, every week: “We hope to run billions for customers.”
 
その一方で、Google の Powers は、ソフトウェアをグローバルで管理するために、1周間で20億個というペースで、コンテナを拡散しているという。 そして、「数十億のコンテナを、顧客のために拡散したい」と述べている。
 
ーーーーー
google-55a2009年のことですが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳のポストで、ネットワークに投資していく Google のスタンスを知りました。 そして、このポストで紹介されている HTC のコメントを読むと、その長期的な戦略が結果を生み出し始めたのだと思えてきます。 さらに言えば、膨大な数の Android デバイスに対して、アプリやコンテントを供給していくシステムとネットワークは、ある種の IoT だと捉えることも可能です。 これからも、継続してネットワークに投資していくであろう、Google の動きに注目ですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google の アジア・データセンター戦略とは?
 

Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Huawei, Hybrid, Network, Strategy, Web Scale by agilecat.cloud on July 28, 2015
Huawei’s Johor regional cloud centre off to running start
AvantiKumar – July 9, 2015
http://mis-asia.com/resource/cloud-computing/huaweis-johor-regional-cloud-centre-off-to-running-start/
_ MIS
 
Chinese ICT firm Huawei, which recently launched its first Asia Pacific Digital Cloud Exchange in Iskandar, Johor, to help drive Malaysia’s regional ambition, has announced that several new projects are already off to a strong start.
 
China の ICT 企業である Huawei は、最近になって Malaysia の Iskandar, Johor に、同社の Asia Pacific Digital Cloud Exchange 構想における最初の拠点を立ち上げ、また、いくつかの新しいプロジェクトが順調に進んでいることを発表した。
 
CES_2012_-_HuaweiHuawei Malaysia chief executive officer Abraham Liu said the new initiatives included global mobile game distributor Uzone Games’ launch of its Mini 4WD game in Malaysia as well as Les’ Copaque Production, which owns Upin & Ipin, will provide digital content to the Asia Pacific region from the Huawei Digital Cloud Exchange in Iskandar.
 
Huawei Malaysia の CEO である Abraham Liu は、Malaysia で Mini 4WD ゲームを立ち上げた Uzone Games や、Upin & Ipin というゲームを所有する Les’ Copaque Production といった企業を、この新たな取り組みが後押しすると述べている。 つまり、それらのデジタル・コンテントが、Iskandar の Huawei Digital Cloud Exchange から、Asia Pacific リージョンへ向けて配信されていくことになる。
 
“As one of the fastest growing markets in the region, we are pleased to open our first Data Hosting Centre, the Huawei Digital Cloud Exchange, in Malaysia. Our investment in this facility is a major milestone in making Malaysia our regional business gateway,” said Liu, during the launch ceremony, which was officiated by Malaysian deputy prime minister, YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin and Wu Zhengping, the Economic and Commercial Counsellor at the Embassy of People’s Republic China in Malaysia.
 
そして  Abraham Liu は、「このリージョンにおける Malaysia は、最速で成長していると思えるマーケットであり、そこに最初の Data Hosting Centre を、つまり Huawei Digital Cloud Exchange をオープンできて嬉しく思う。このファシリティへの投資は、Malaysia をビジネス・ゲートウェイにするという意味で、きわめて重要なマイルストーンになる」と、今回の立ち上げに関するセレモニーで発言している。なお、このセレモニーは、Malaysia の副首相および、YAB Tan Sri Dato の HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin、そして、China 大使館の Economic and Commercial Counsellor である Wu Zhengping により主催されている。
 
“Malaysia’s investment-friendly policies, its skilled workforce and geographic advantages underline our confidence in the country’s potential as a Regional Digital Cloud Exchange,” he said.
 
Abraham Liu は、「Malaysia の投資に寛大な政策、洗練された労働力、そして地理的な利点は、Regional Digital Cloud Exchange を構築する上で、私たちの大きな自信となる」と、述べている。
 
In addition, Huawei signed memorandums of understanding (MoUs) with Uzone Games, Les’ Copaque Production, M-Mode Mobile and Elite Entertainment to promote digital business and with Universiti Teknologi Malaysia to encourage academia and industry collaborations.
 
さらに Huawei は、デジタル・ビジネスを促進するために、Uzone Games および Les’ Copaque Production、M-Mode Mobile、Elite Entertainment と MOU を交わし、また、Universiti Teknologi Malaysia と産学連携を推進している。
 
ICT convergence
 
Liu said the regional data hosting centre stemmed from an October 2013 agreement with government investment body Khazanah Nasional,
 
Abraham Liu が言うには、このリージョンにおける Data Hosting Center について、政府系の投資組織である Khazanah Nasional との契約は、2013年10月から生じている
 
Huaweis_Digital_Cloud_Exchange_JohorPhoto – YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin, Deputy Prime Minister of Malaysia visiting Huawei’s Digital Cloud Exchange Centre at Bandar Medini, Iskandar, Johor.
 
He said ICT convergence in the world will “continue to be the enabler in driving a new round of exponential growth across industries. By 2020, there will be 4.6 billion mobile users and 5.9 billion smartphones. One hundred (100) billion connections will be made and mobile market size will be over US$3.9 trillion.”
 
世界 の ICT コンバージェンスに関して、「 業界における指数関数的な成長が、新しいラウンドの推進を実現し続けるだろう。2020年までに、46億人のモバイル・ユーザーと、59億台のスマートフォンが、この世界に溢れることになる。そして、全体で 1000億のコネクションが存在することになり、モバイル市場の規模は US$3.9 trillion を超えることになる」と、彼は述べている。
 
Huawei’s Asia Pacific Cloud Exchange in Iskandar has aggregated more than 2,100 partners worldwide and more than 200,000 pieces of digital contents, including digital music, mobile game, video, open Application Program Interface (API), traffic monetisation, B2B cloud, and M2M.
 
Iskandar における Huawei の Asia Pacific Cloud Exchange は、世界中から 2100社以上のパートナーを集めることになる。そして、Digital Music/Mobile Game/Video/Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M などが、20万種類以上といわれるデジタル・コンテンツを構成することになる。
 
“Huawei’s Digital Cloud Exchange will not only help nurture Malaysia’s creative content and the vast pool of local talent and but also create a productive and innovative digital market worth billions of USD. We are keen on partnering with the public and private sectors to turn this vision into reality,” added Liu.
 
「Huawei の Digital Cloud Exchange は、Malaysia のデジタル・コンテントをもたらし、人材の育成を大規模に展開するだけではなく、そのデジタル・マーケットの生産性を、Billions of USD レベルへと引き上げていく。そのビジョンを実現するためにも、私たちは官民との提携を熱望している」と、Liu は付け加えている。
 
“We are grateful for the enormous support from the Malaysian government that continues to encourage a partnership approach with investors. Their policies and approach to foreign investment make investing in Malaysia win-win proposition. We are happy to share our experiences with other investors looking to expand to Malaysia,” he said.
 
「 私たちは、投資家とのパートナーシップを奨励し続けてくれる、Malaysia 政府の多大な支援に感謝している。私たちのような外資に対する、同政府のポリシーとアプローチが、Malaysia との Win-Win 関係をもたらす。そして、私たちは、Malaysia を成長させようとする、その他の投資家とも、これまでの経験を喜んで共有したい」と、彼は締め括っている。
 
ーーーーー
_ Huaweiこの記事を読む限り、Huawei の Cloud Exchange には Digital Music/Mobile Game/Video だけではなく、Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M なども含まれるということですから、Equinix の対抗馬として捉えられるのかもしれません。 しかし、その一方で、Huawai は通信機器メーカーであり、クラウド・プロバイダーではないという認識もあります。 そして、China Tech News を見ていたら、Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin というポストを見つけたのですが、それによると、Huawei がクラウド・プロバーイダーとして Aliyun と競合していくようです。 ほんとうにアジアの動きはダイナミックだと、あらためて認識しました。 なお、文中にある、マレーシアでの実績というのは、China Mobile の動きと絡んだものなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 24, 2015
As Colocation Market Consolidates, Who Are the Market Leaders?
Guest Author – June 29, 2015
http://www.datacenterjournal.com/colocation-market-consolidates-market-leaders/
 
_ Data Center Journal
 
New Q1 data from Synergy Research Group shows the leaders in the worldwide colocation market, with Equinix generating the most colocation revenue and achieving a 9.5% market share. It is followed by Digital Realty, NTT, Verizon, CenturyLink, KDDI, Global Switch and China Telecom.
 
Synergy Research Group が、2015年 Q1 におけるグローバル・コロケーション市場を、Equinix がリードしている状況を伝えている。同社は、その売上の大半をコロケーションから得ることで、9.5% というマーケット・シェアを達成している。そして、Equinix を追いかける存在として、Digital Realty および、NTT、Verizon、CenturyLink、KDDI、Global Switch、China Telecom などを挙げている。
 
An UK Data CenerFlicker
Cory Doctorow
 
The top twelve ranking features six colocation specialists and six telcos, though four of those telcos have achieved their standing in large part via the acquisition of companies that had substantial colocation product lines. It is particularly notable that market consolidation continues to play a large part in the market, with the top three companies all being active participants.
 
この Top-12 ランキングは、コロケーションに特化した 6つの事業者と、テレコムを主体とする 6つの事業者により構成されている。ただし、以下のテレコム事業者のうちの 4社は、大規模なコロケーション・プロダクト・ラインを所有する企業を買収することで、現在のポジションを確立している。ここで注目すべきことは、このマーケットにおいて統廃合が、大きな役割を果たし続けているという現実である。 それは、Top-3 である Equinix/Digital Reality/NTT が、積極的に展開している戦略でもあるのだ。
 
Equinix is in the process of acquiring tenth ranked TelecityGroup; Digital Realty is reportedly seeking to acquire top 20 player Telx; and NTT has just closed the latest in a series of data center and cloud-oriented investments, having acquired a majority stake in EMEA wholesale colocation specialist e-shelter.
 
具体的に言うと、Equinix は、10位にランクされている TelecityGroup を、買収するプロセスにある。Digital Reality は、20位にランクされている Telx を買収するようだ。そして NTT は、データセンターとクラウドへ向けた投資を継続しており、直近では EMEA の卸売コロケーション事業者である e-shelter の、50% 以上の株式を取得したばかりである。
 
Colocation Market LeaderClick to Large
 
In aggregate the top twelve colocation providers account for almost 40% of the total worldwide market. There is then a long tail of smaller providers, each with 1% or less market share. Nine of the top twelve colocation providers generate the bulk of their revenues from retail colocation, while three are focused primarily on wholesale. This split reflects the segmentation of the colocation market, where retail revenues outstrip wholesale revenues by a factor of over three to one.
 
この、Top-20 コロケーション・プロバイダーを合計すると、グローバル・マーケットの約 40% を占めることになる。それに続く、小規模プロバイダーは、いずれも 1% 以下のマーケット・シェアを持つという、ロングテールの様相を示している。Top-12 コロケーション・プロバイダーのうち、小売コロケーションから大半の収入を得ているのは 9社であり、また、卸売コロケーションにフォーカスしているのは 3社となる。この分類は、コロケーション市場におけるセグメントを反映するものであり、小売が卸売に対して、約 3倍の売上高を達成していることが分かる。
 
“There is no doubt that we will see further consolidation in the colocation market over the next five years,” said John Dinsdale, a Chief Analyst and Research Director at Synergy Research Group. “An ever-larger portion of the market is driven by service provider clients rather than enterprises, and this is helping fuel a need for both scale and breadth of geographic footprint. While they carry some risks, acquisitions are much faster than organic build in achieving the desired scale.”
 
Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は、「 これからの 5年間において、さらなる統廃合が、このコロケーションで必ず生じるだろう。その背景には、このマーケットの大半が、エンタープライズではなくサービス・プロバイダーにより、推進されているという現実がある。また、規模的/地理的な要因が、その傾向をさらに加速している。その一方で、それらの事業者は、いくつかのリスクを背負っている。つまり、必要とされるスケールを得るためには、自前による構築よりも、統廃合の方が話しが早いということだ」と述べている。
ーーーーー
datacenter_55以前に「コロケーション の世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する」という抄訳で、2014年の比較について紹介しましたが、小売と卸売の比較までをカバーする比較は初めて見ました。そして、卸売に関しては Digital Realty  Global Switch のカテゴリが、Cloud News Asia にありますので、ご興味のある方は、そちらをご覧ください。 また、2013年に Open IX を調べたときに、DuPont に関する情報も拾っていました。 それと、Equinix カテゴリ もありますので、ご利用ください。 このマーケットは、どのように動いていくのでしょうかね? 興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!
 

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by agilecat.cloud on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/06/02/21730-chinas-x86-server-market-grew-23-in-q1-2015
 
_ China Tech News
 
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
 
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
 
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
 
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
 
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
 
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
 
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
 
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
 
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
 
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Posted in Alibaba, Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on June 21, 2015
わずか2ヶ月で、こんなに変化するアジアのインフラに唖然・・・
 
_ cna-banner
 
ゴールデン・ウィーク明けに、Asia のデータセンター情報をまとめてみましたが、その後も続々と、インフラに関連する興味深いトピックが登場しています。そこで、今週は、5月と6月のクラウド/データセンター/サーバー動向についてトレースしていきたいと思います。その中には、対訳として Agile_Cat に掲載したトピックもありますので、まずは、それらを振り返ってみます。
 
At BeijingFlickr
Shreyans Bhansali
 
Cloud Asia News を立ち上げてから、すでに一年以上が過ぎていますが、中国人アナリストが分析するクラウド動向レポートを、初めて見つけたので訳してみました。 それは、Alibaba の勢いを説明するものであり、すでに同社は、世界の Top-3 を構成すると論じています。「5/19: 中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される」 いまでは、一般の中国人と疎遠になってしまった Google が、Alibaba にはじき出されたという感じですね。また、Allibaba は、グローバルでの展開を視野に入れた、Equinix との提携も進めています。「6/5: Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
 
ecomm-marketplace-active-buyersそして、どうしても気になるのが、同じコマース・サイトとしての規模の比較ですが、この 4月に Business Insiderが、両サイトにおけるアクティブ・サブスクライバーの数を、このようなチャートを用いて比較しています。その他にも、2014年8月の TechInAsia が「Alibaba と Amazon:両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!」というインフォグラフィクスを提供しています。
 
話は、鳴り物入りで始まった VCE の崩壊劇に飛びます。 つまり、VMware/Coiso/EMC 連合軍から Cisco が実質的に離脱したというトピックなのですが、そこに Quanta が一枚噛んでいるという、Taiwan からの興味深い情報です。「5/22: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?」こうした、グローバルでの勢力分布図を書き換えるような出来事の影に、ちゃんと台湾の大手が食い込んでいるのが印象的です。 そして Quanta の展開ですが、以下のトピックスを見る限り、より上位のレイヤまでを取り込んだ、ソリューション・ベンダーへの道を歩み始めたように感じますね。
 
5/04: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
6/17: Quanta to strengthen software R&D for enterprise server business
 
その他のデータセンター関連情報ですが、以下に示すとおり、Digital Reality の 進出が本格化し、Google が更なる投資を表明するなど、依然として Singapore ラッシュが続いています。しかし、その一方では、Apple が Foxconn と提携して、China 本土にデータセンターを構築すると発表しています。また、Open Data Center Alliance のボードに China Unicom と Infosys が参加するようですが、こうしたアジアの活気を見ると、当然のことなのでしょう。
 
5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
6/03: Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
6/14: Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
6/06: ODCA Welcomes Board Members from China Unicom, Infosys and Intel
 
以下は、この2ヶ月における、Asia のクラウド/データセンター/サーバー動向です。
 
5/18: Aliyun making inroads into Middle East, North Africa
5/21: China Unicom sets up cloud-based data centers
5/21: Alibaba to open more data centers in global cloud computing push
5/21: Singapore plans to build green data centre technology hub
5/22: Communications moves data centre offsite in $18m deal
5/23: IBM planning to set up second data centre in India
5/23: HP sells 51% stake in China server unit for $2.3 billion
5/25: Fujitsu Upgrading Australian Data Centers Starting With Perth
5/25: Big data, IoT to boost Taiwan’s information services sector
5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
5/27: DHS moves into new CDC data centre, from AU
5/29: Foxconn to continue expanding Big Data center in Guizhou
5/29: MacTel to sell Sydney data centre
 
6/2: Server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%
6/2: Unisplendour Acquires 51% Stake In H3C From HP
6/3: China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
6/5: 1-Net connects data centers in Asia, from SG
6/8: Wiwynn Adds Workload-Optimized Cavium ThunderX™-based Platforms
6/8: Aliyun Announces Global Partnership Program to Boost Public Cloud
6/11: NEC launches SDN-compatible switches for large data centers
6/11: Nutanix will go local for APAC, IPO for transparency
6/12: Shenzhen server maker Inspur targets HP’s clients in China
6/12: Fibre network outage affecting parts of Singapore resolved: NetLink
6/14: Chinese telecom firm Huawei supports Ghana’s ICT modernization
6/15: The ISPs take it all: No compensation for Vietnam’s snail-like Internet
6/19: NexGen Networks Works with iAdvantage to Build a Hong Kong Point
 
以下は、今週の Top-10 Posts です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/15: Singtel joints Alibaba cloud computing alliance
 
Singapore
Singaporean government-linked corporations are notable for their investments and dealings abroad, as well as their portfolio management methods, which are held up as models for state-owned enterprises.  State-owned Temasek Holdings, for instance is often noted has been the subject of an NUS-CIMA study.  Meanwhile, GIC has been the subject of much research often focused on sovereign wealth funds. Singtel has joined a network of partnerships led by Intel and Alibaba Group, while GIC is sourcing for more investment opportunities in West Bengal. In the energy sector, the Singapore-listed Ezra Group has secured contracts worth $115 million.
 
② 6/15: Australia’s internet hit hard by massive Malaysian route leak
 
AustraliaA misconfiguration at Telekom Malaysia late last week caused large-scale routing issues which cascaded through providers in Oceania and elsewhere in the world, resulting in customers experiencing severe network problems. The issue started at at 6:43pm AEST last Friday when Telekom Malaysia made changes to its routers using the border gateway protocol (BGP), which is used by providers and networks to decide how data traffic flows via prefixes inserted into the internet routing table.
 
③ 6/14: Yahoo mobile developer conference to be held in India
 
IndiaNEW DELHI: Yahoo announced that it will host its mobile developer meet in New Delhi on June 24 and in Bengaluru on June 26.  Jarah Euston, vice president of analytics and marketing at Flurry (owned by Yahoo), said: “India has a vibrant, rapidly growing app developer community. As a mobile-first company, we understand the need for app developers to have a strong mobile analytics and monetization engine.”
 
④ 6/17: Microsoft Azure & Office 365 achieve Level 3 of Singapore’s security standard
 
SingaporeMicrosoft’s Azure platform and Office 365 have achieved, Level 3, of the Multi-Tier Cloud Security (MTCS) Standard for Singapore (SS 584) which has been designed for regulated organizations with specific requirements and more stringent security requirements. Microsoft’s Dynamics CRM Online has also been assessed and certified as complying with Level 2 of MTCS SS, which is designed to address the needs of most organizations running business critical data and systems through a set of more stringent security controls to protect business and personal information in potentially moderate impact information systems using cloud services.
 
⑤ 6/18: TCS and IBM lead race for Volvo’s $500 million IT contract
 
IndiaBENGALURU: Tata Consultancy Services and International Business Machines have emerged as frontrunners in the race to win Swedish truckmaker AB Volvo’s IT outsourcing contract, worth about $500 million, according to people familiar with the matter. As part of the deal, which is expected to stretch over three to five years, Volvo will outsource its IT business unit, they said, adding that HP and Infosys are among the other firms being evaluated. Volvo may give out business worth at least $100 million a year as part of this deal, they said, requesting anonymity.
 
⑥ 6/12: Penang is on its way to becoming the Silicon Valley of the East, and IoT is how
 
MalaysiaIt is almost lunchtime when I step into Suntech Tower, an unspectacular office building which is home to several high-flying Penang startups. As is typical here, the afternoon sun is scorching, so the cold air-conditioning that greets me as I enter is a welcome reprieve. Today, I am here to visit Piktochart, whose infographic design app is arguably one of the Malaysian state’s most accomplished startups to date. It boasts 2.7 million users, of which 300,000 are active monthly.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 6/16: Telin Singapore launches telco hub
 
IndonesiaTelekomunikasi Indonesia International (Telin Singapore) has started construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Center Park (DCP) in Jurong. This new facility will be the third datacenter owned and managed by Telin Singapore. To be branded as Telin-3, it will address the growing demand for premium datacenter services to support Singapore’s Smart Nation vision. It will also address demand from the region and global markets where Telin Singapore is able to play a pivotal role in providing reliable, secured and seamless regional and global telecommunications connectivity services.
 
⑨ 6/17: China to implement semiconductor investment plans with CNY600B in funding
 
ChinaChina has begun to implement its investment plans aiming to boost development of the local semiconductor industry, and will inject a total of CNY600 billion (US$19.4 billion) into the industry over the next five years, according to industry sources. Almost 70% of the investment fund will be poured into the IC manufacturing and equipment sectors, with a focus on promoting locally produced logic chips, DRAM and NAND flash memory, said the sources. A group of logic chipmakers led by Semiconductor Manufacturing International (SMIC) has benefited from the first phase of investment, the sources observed.
 
⑩ 6/14: NTT Com Named as a Leader in APAC Managed Security Services 2015 byIDC
 
JapanNTT Communications announced today that it has been positioned as a Leader in International Data Corporation’s (IDC) first ever “IDC ITMarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2015 Vendor Assessment” report. The IDC ITMarketScape represents a vendor assessment including both quantitative and qualitative characteristics that define success in today’s managed security services market. IDC evaluated 16 organizations that offer managed security services (MSS) in Asia/Pacific by conducting in-depth interviews with MSS providers and more than 20 interviews with providers’ customers.
 
ーーーーー
cna_6この Top-10 にも入っていますが、インドネシアにおけるテレコムの動きが活発になってきているようです。 インフラに関しては、つまり、データセンターに関しては、シンガポールのファシリティを利用するケースが多いようです。 このインドネシアも、たいへんな数のモバイル・サブスクライバーを抱えていますので、それに対応すべく、データセンターへの投資が盛んになってきています。_AC Stamp
 
6/07: Telkom builds 3rd data center in Singapore, from Jakarta
6/08: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
6/16: Telin Singapore launches telco hub
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
 

Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, VMware by agilecat.cloud on June 16, 2015
And now people are saying that Cisco is trying to buy $2 billion startup Nutanix
Julie Bort – May 18, 2015
http://www.businessinsider.com/cisco-could-be-trying-to-buy-nutanix-2015-5
 
_ Business Insider
 
There’s rumbling in the tech world that Cisco is making a bid to buy hot data center startup Nutanix.
 
いつもの ハイテク世界のウワサだが、データセンター界のホット・スタートアップである Nutanix を買収しようと、Cisco が札束を積み上げているという。
 
The speculation of Cisco’s interest began on Friday when analyst Jared Rinderer published a blog post that indicated such talks were taking place, and could be announced in June.
 
この Cisco の関心事に対する憶測は、アナリストの Jared Rinderer がブログをポストした、この金曜日(5/15)から浮かび上がっている。 つまり、そのための協議が行われ、また、6月に何かが発表されるのかもしれないと、そのポストは示唆しているのだ。
 
Rinderer, a senior research analyst for Equity Capital Research Group, didn’t indicate the source of such information.
 
ただし、Equity Capital Research Group の Senior Research Analyst である Rinderer は、その情報源については、なにも示していない。
 
Cisco CEO John ChambersCisco CEO
John Chambers
 
We’ve reached out to our sources, but could not confirm that any such deal was taking place. We understand that Nutanix CEO Dheeraj Pandey internally told Nutanix employees that it was just a rumor and they should ignore it.
 
私たちも情報源について探ってみたが、そのような取引が生じていると、確認することはできなかった。そして、Nutanix の CEO である Dheeraj Pandy が従業員たちに、それは単なるウワサであり無視すべきものだ、と話しているところまで確認した。
 
And this would be a really expensive purchase for Cisco, right when it’s bringing in a new CEO.
 
そして、もし、この買収が成立するなら、新しい CEO を迎えたばかりの Cisco にとって、きわめて高価な買取になるだろう。
 
Nutanix raised a whopping $140 million round last summer ($312 million total) on a just over $2 billion valuation.
 
昨年の夏のラウンドで $140 million (累計で $312 million) を調達した Nutanix は、すでに $2 billion  の評価を得ているのだ。
 
Cisco would probably need to offer a huge premium over the company’s valuation. Nutanix has been gearing up for an IPO and its co-founder CEO dreams of being a huge independent company, the next EMC.
 
おそらく、Cisco にとっては、Nutanix の評価額を上回る、膨大なプレミアムが要求されるだろう。Nutanix は IPO へ向けて邁進しており、その C-Founder and CEO は、EMC の次を狙う夢を追い続けているのだ。
 
“We have so much more to do and we will take these big giant behemoths head on,” Dheeraj Pandey recently told Business Insider.
 
先日に Dheeraj Pandey は、「私たちには、行うべきことが山ほどあり、また、それらの巨大企業と、真正面からやり合うことになる」と、Bisiness Insider に語っている。
 
Nutanix CEO Dheeraj PandeyNutanix CEO
Dheeraj Pandey
 
 But if Cisco could pull this deal off, it would be brilliant. Nutanix could help Cisco with its ugly post-divorce war with EMC and its subsidiary VMware.
 
しかし、Cisco が、この買収を成立させるなら、それは、それで、見事なことである。EMC および、その子会社である VMware との、不快な離婚劇に苦しむ Cisco を、Nutanix が救うことになる。
 
Cisco and VMware/EMC used to be close partners, but they are increasingly in competition with each other.
 
Cisco と VMware/EMC の緊密なパートナーシップは、すでに冷えきったものに変わり、また、双方が競合を煽っている状況にある。
 
EMC even bought out most of Cisco’s stake in a joint company they had, VCE. Now, word is, VCE is dragging its feet to sell Cisco’s products, favoring VMware’s competitors instead.
 
このパートナーシップの下で設立された、合弁会社 VCE に関しては、Cisco の持株の大半を EMC が買い上げている。いまの状況を一言で表現すると、VCE からは Cisco 製品を販売するための機能が、つまり VMware のコンペティタにとって有利な状況が、取り除かれている。
 
Meanwhile, Nutanix is duking it out with EMC/VMware, and doing well — recently it joined other companies in a complaint that caused VMware to lose a $1.6 billion government contract.
 
その一方で、Nutanix は EMC/VMware と殴り合いの状況にあり、また、有利に戦いを進めている。そして、 最近は、まったく別の企業グループとの連携を深め、VMware が $1.6 Billion の政府契約を失う原因を作ったことで、さらなる不平の対象になっている。
 
So buying Nutanix would be a major coup for Cisco, and Cisco has enough cash to turn Nutanix’ investors heads, , with $3.2 billion in the U.S., and $50-ish billion overseas.
 
したがって、Nutanix の買収は、Cisco にとって見事な戦略となる。 そして Cisco には、Nutanix の投資家たちを説得するだけの、充分なキャッシュがある。 アメリカ国内では $3.2 billion を、そして海外では $50 billion ほどを、溜め込んでいるはずなのだ。
 
Then again, this latest acquisition rumor comes days after Chambers squashed the previous rumor last week that it was in talks to buy security company FireEye.
 
もう一度、明らかにしておくが、この Nutanix 買収のウワサは、Cisco がセキュリティ会社である FireEye を買収中というウワサを、Chambers が完全に否定した後に、登場しているのだ。
 
SEE ALSO: Why a startup called Nutanix is making VMware absolutely crazy
SEE ALSO: The Inside Story Of A $1 Billion Acquisition That Caused Cisco To Divorce Its Closest Partner, EMC
NOW WATCH: This simple exercise will work out every muscle in your body
 
ーーーーー
CiscoCisco は 6月4日に、Piston Cloud Computing の買収を発表しましたが、その前には、Nutanix の買収話で盛り上がっていたのです。 Piston を選んだ理由として、分散システムに関する能力と経験や、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションに関する実績などが挙げられていました。 そして、このあたりの領域は Nutanix の得意分野とカチ合うので、おそらく別の道を歩むことになるのだと予測します。これまでの、サーバー単体を販売するビジネスから、サーバーの集合体を販売するビジネスへと、商材としたのビルディング・ブロックが拡大しています。 言い換えるなら、パブリック・クラウドの存在を前提とした、つまり、クラウドとの兼ね合いを視野に入れた、新しいビジネス・モデルが要求されているのです。この記事に登場する、Cisco/EMC/Nutanixなどの勢力だけではなく、IBM/HP/Dell といった従来からの大手サーバー・メーカーたちも、新しいビジネスを追いかけ始めています。 そして、さらに、Lenovo や Huawei といった中国勢も、同じマーケットに参入してきます。どんな戦いが繰り広げられるのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
%d bloggers like this: