Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査:データセンター・トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco

Posted in Cisco, Data Center Trends, On Monday, Research by Agile Cat on December 15, 2014

Cloud Computing: Data Center Traffic to Triple in Five Years
http://wp.me/pwo1E-85X
By Dick Weisinger – December 9, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-data-center-traffic-to-triple-in-five-years/

_ formtek

Over the next five years, global data center IP traffic is expected to triple, based on the Global Cloud Index report from Cisco Systems, reaching 8.6 zettabytes (ZB or a trillion gigabytes) per year.  An Infographic illustrating Cisco’s findings is available here.

Cisco Systems の Global Cloud Index レポートによると、2013年〜2018年の 5年間で、グローバルにおけるデータセンター IP トラフィックは 3倍に増大し、8.6 ZB(zettabytes = 1兆 gigabytes)に達するという。 その、Cisco の調査結果であるインフォグラフィックは、ここで参照できる。

The Cisco report notes the different use cases that are supported by private and public cloud implementations.  The private cloud, on the one hand, is focusing primarily on IaaS and PaaS, while the public cloud instead focuses on SaaS.  But both are seeing huge growth.  A Synergy Research estimates that the public cloud is growing at a 50 percent annual rate while both hybrid and private clouds are showing 40 and 45 percent growth.

Cisco のレポートは、それぞれのユースケースに応じて、プライベート/パブリックのクラウドが実装されていくと指摘している。その一方で、パブリック・クラウドは SaaS にフォーカスし、プライベート・クラウドは IaaS/PaaS にフォーカスするとも述べている。だたし、どちらも、大きな成長が見込まれている。Synergy Research の推測によると、パブリック·クラウドは年率で 50% の成長となり、また、ハイブリッド/プライベート・クラウドは 40%〜45% の成長となる。

Kelly Ahuja, senior vice-president at Cisco, said that “even with public cloud workloads having significant growth, by 2018, almost 70% of cloud workloads will still be private cloud-related, requiring the ability of workloads to bridge across a hybrid private/public cloud environment.”

Cisco の Senior VP である Kelly Ahuja は、「2018年までの期間で、パブリック・クラウド上で増大するワークロードは、かなりの量になると思われるが、クラウド·ワークロードの 70% は、依然としてプライベート・クラウドに関連するものとなる。したがって、プライベート/パブリックとブリッジする、ハイブリッド・クラウド・ワークロードに対する要求が高まっていく」と述べている

Another finding of the Cisco report is that by 2018, 53 percent of all global residential Internet users will have personal cloud storage, and the average consumer cloud storage traffic per user will be 811 megabytes per month by 2018, compared to 186 megabytes per month in 2013.

この Cisco レポートでは、すべてのグローバル・インターネット・ユーザーの 53% が、2018年までにパーソナル・クラウド・ストレージを持つと指摘されているが、その点も興味を引く。 また、それらのクラウド・ストレージに関する、ユーザーあたりの平均トラフィック消費量は、2013年の 186 MB/月から、2018年の 811MB/月へと成長していくとされている。

ーーーーー

この Cisco の資料を見ると、2013年の 3.1 ZB(従来 1.5 ZB + クラウド 1.6 ZB)が、2018年には 8.6 ZB(従来 2.1 ZB + クラウド 6.5 ZB)になると記されています。 まさに、雲を掴むような話であり、ZB と言われてもピンと来ませんが、それにもすぐに慣れてしまうのでしょう。 たしか、2010年だったと思いますが、Hadoop World NYC に参加したとき、あまりも皆さんが ペタ・ペタ・ペタ・ペタ・ペタと連呼するので、簡単に洗脳されてしまったという記憶があります :) なお、この Cisco レポートに関しては、Data Center Knowledge にも Cisco: Data Center Traffic Will Triple by 2018 という記事がポストされており、このようなチャートも添えられていました。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れる開発者たち
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく

Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 5, 2014

Xiaomi Moves Overseas Mobile Phone Data Away From Chinese Servers
http://wp.me/pwo1E-84C

October 28, 2014 
http://www.chinatechnews.com/2014/10/28/21076-xiaomi-moves-overseas-mobile-phone-data-away-from-chinese-servers

_ China Tech News

Hugo Barra, global vice president of Xiaomi, recently issued a statement that claims Xiaomi is moving its international user data from servers in Beijing to U.S. and Singapore.

Xiaomi の Global VP dearu Huge Barra が、同社のインターナショナル・ユーザー・データを、Beijing のサーバーから U.S. および Singapore に移行しているという、ステートメントを発表した。

This is reportedly a response to previous incidents which exposed that Xiaomi smartphones automatically returned global user data to Beijing servers. Chinese telecommunications regulations require Chinese companies to store domestic data on local Chinese servers.

それは、Beijin のサーバーへ向けて、自動的に Xiaomi スマホから送信されていた、グローバル・ユーザー・データの漏洩という、最近の出来事への対応だと伝えられている。China における電気通信法では、同国内のユーザー・データに関しては、China のローカル・サーバーにストアすべきと規制されている。

Is this move by Barra enough to quell security and privacy concerns that a Chinese mobile phone company may be in cahoots with the Chinese government for harvesting global user data?

この Barra のアクションにより、グローバルにおけるユーザー・データを刈り取るために、China の政府とスマホ・メーカーが共謀しているという、セキュリティとプライバシーの懸念は、鎮静化されるのだろうか?

According to Barra the international user data migration aims to improve experience of users all over the world, cut down latency and reduce failure rates. At the same time, it will help the company maintain high privacy standards and comply with local data protection regulations.

Barra の説明によると、今回のインターナショナル・ユーザー·データの移行は、グローバルにおけるユーザー・エクスペリエンスの向上および、レイテンシの低減、障害の回避を目指すものとなる。しかし、それと同時に、高度なプライバシー基準の維持と、それぞれの国々におけるデータ保護規制の遵守にも寄与するはずだ。

Based on Xiaomi’s plans, the company will first migrate their global e-commerce platforms and user data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in California, U.S. and Singapore, which is expected to be completed at the end of October 2014. It will benefit users in all international markets, including Hong Kong, India, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, and Taiwan.

Xiaomi は、今回の計画に基づき、グローバルなコマース・プラットフォームとインターナショナル・ユーザー・データから、全面的な移行を開始する。それは、Beijing のデータセンターから、California, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ向けたものであり、2014年10月末までに完了すると予測されている。 その結果として、Hong Kong/India/Indonesia/Malaysia/Philippines/Singapore/Taiwan などを含む、すべてのインターナショナル・マーケットのユーザーにメリットがもたらされる。

For the second step, Xiaomi will migrate their MIUI services and corresponding data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in Oregon, U.S. and Singapore, realizing the migration of Mi account, cloud messaging and Mi cloud services. The migration is expected to be completed at the end of 2014.

次のステップで Xiaomi は、すべてのインターナショナル・ユーザーのための、MIUI サービス(カスタム ROM?)と、それに対応するデータを、Beijing のデータセンターから、Oregon, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ移行する。それにより、Mi Account/Cloud Messaging/Mi Cloud Service の移行が達成される。それらは、2014年末までに完了するという。

Finally, Xiaomi plans to improve user experience in emerging markets such as India and Brazil in 2015. Due to the lack of Amazon AWS services in those markets, Xiaomi will cooperate with local data center providers.

最後になるが、Xiaomi が意図しているのは、2015年に急成長が期待される India や Barazil での、ユーザー・エクスペリエンスの向上である。 ただし、それらの国々では、Amazon AWS のデータセンターが欠落しているため、Xiaomi 自身がローカルのデータセンター・プロバイダと協調していくことになるだろう。

ーーーーー

とても興味深い展開ですね。これまで、すべてを呑み込んできた中国市場から、今度は外へと飛び出す企業が出てきたわけです。 この背景には、いわゆるバック・ドア問題が有ったわけですが、Xiaomi としては潔白を証明したいのでしょうし、北京政府としても同社のグローバル化を妨げることが、中国のためにならないと判断しているのでしょう。 GOOD ですね!

ーーーーー

<関連>

中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Apple と China Telecom :中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on December 3, 2014

Europe’s most distributed cloud comes to America
http://wp.me/pwo1E-84q
Interoute Virtual Data Centre takes its IaaS cloud platform global
London, 18 June, 2014
http://www.realwire.com/releases/Europes-most-distributed-cloud-comes-to-America

Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, has today launched a new Interoute Virtual Data Centre (VDC) zone in New York in a move that will further expand its cloud services globally. With latency as little as 68ms[1] between Interoute’s London and New York VDC zones, users of Interoute’s IaaS (Infrastructure as a Service) platform have the benefit of a low latency, globally distributed cloud at their fingertips.

Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを所有する Interoute だが、今日のアナウンスメントにより、新たな Interoute Virtual Data Centre (VDC) ゾーンを New York に立ち上げ、そのクラウド・サービスをグローバルへと向けて、さらに拡大していくことを明らかにした。London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms [1] で接続することで、Interoute IaaS のプラットフォームのユーザーたちは、低レイテンシのメリットを享受しながら、グローバル・スケールの分散クラウドを容易に展開できる。

[1] 68ms measured with a Ping test from the Interoute VDC London zone to the Interoute VDC New York zone conducted 6/6/2014.

Interoute CTO, Matthew Finnie, commented, "European developers and businesses with their sights set on the US need more than just a data centre to effectively gain a foothold there. They need a networked cloud to give them the speed and performance to compete. Interoute VDC provides massively distributed cloud architecture, globally, and we’ve thrown in the network for free. Opening our first US zone in New York is part of Interoute’s expansion beyond our European base, following the launch of our Hong Kong zone earlier this year.”

Interoute の CTO である Matthew Finnie は、「 US マーケットを視野に入れる、Europe の開発者や企業は、そこに足掛かりを得るだけの、単に効率だけを考えたデータセンター以上のものを必要としている。そこで必要となるのは、充分なスピードとパフォーマンスを提供する、ネットワーク化されたクラウドである。Interoute の VDC は、大規模な分散クラウド·アーキテクチャをグローバルに提供しており、また、その顧客たちはネットワークを自由に活用できる。最初の US ゾーンを New York にオープンすることは、Europe をベースにする Interoute の拡大政策の一部であり、年初の Hong Kong に続くものだ」と、コメントしている。

Interoute has VDC zones in eight countries across the globe, with six in Europe. Interoute VDC is built into the foundations of Interoute’s international MPLS and internet backbone, a key part of the internet in Europe, bringing businesses closer to their customers. The network extends beyond the data centre, providing connectivity to customers worldwide.

Interoute は、グローバルで 8カ国に VDC ゾーンを持ち、そのうちの 6つが Europe に置かれている。Interoute の VDC は、その International MPLS と Internot Backborn の上に構築されており、また、それらが Europe のインターネットにおける主要な部分を形成するため、企業と顧客の距離を縮めることが可能になる。 このネットワークは、最寄りのデータセンターの先へと伸びているため、顧客とのコネクティビティをワールドワイドで実現できる。

Interoute VDC customers are given access to the entire network of computing resource across the platform and can choose to create custom compute and storage in any location globally. Customers can also use quick deployments from the Interoute CloudStore to instantly create their machines through a series of simple menu-driven options. Interoute VDC offers the option of public, private (MPLS) or hybrid cloud services as standard, defined at the network level.

Interoute VDC の顧客は、このプラットフォームを横断するかたちで、コンピューティング・リソース・ネットワーク全体へのにアクセス権を与えられ、グローバルにおける任意のロケーションで、カスタムなコンピューティングとストレージを選択/作成することが可能となる。また、顧客たちは、一連のメニュー・オプションを介して、Interoute CloudStore から自身のマシンを作成し、瞬時にディプロイできる。そして、Interoute VDC では、Public/Private(MPLS)/Hybrid の各オプションを選択できるが、それらも、ネットワーク·レベルのスタンダードとして定義されている。

Customers have the flexibility to move and store data where it is needed, whether that is in Europe, North America or Asia. This high level of location density and automation means customers can restrict their data to a single location or distribute it rapidly across new geographies and markets to provide a faster end-user experience by minimising latency in their cloud architecture and  help ensure business compliance with relevant data legislation. Because the computing power of Interoute VDC is built into the network, data transfer between international Interoute VDC zones is free.

顧客たちは、それが Europe/North America/Asia であろうが、必要とされるロケーションへデータを移動して、ストアするという柔軟性を手にする。この、ロケーションに関するハイ・レベルな密度設定と自動化により、ビジネスとして取り組む新たな地域や市場で、分散されたデータをエンドユーザーたちに迅速に提供することが可能になる。 その一方で、単一のデータを集約するという制約を設けることも、もちろん可能となる。そして、それらを実現する要因として、このクラウド·アーキテクチャにおける最小化されたレイテンシと、適切なデータ法規を用いたビジネス・コンプライアンスの支援という側面が挙げられる。 その理由は、Interoute VDC のコンピューティング・パワーが、そのネットワークに組み込まれたものであり、International Interoute VDC ゾーン間でのデータ転送が無料になるところにある。

Jon Collins, Principal Advisor at Inter Orbis & Analyst at GigaOm Pro, commented: "Much of the focus in recent years has been on Infrastructure as a Service aspects of cloud computing – that is, how to make best use of the vast pools of hosted, virtualised servers now available. The benefits of this approach are widely appreciated and give us a direction of travel for future development. As our understanding has increased, so has the awareness that the traditional approach to cloud computing of "somewhere" in the cloud, without taking physical limitations of transmission into account, limits the potential scope and sophistication of applications. The next phase in development is total integration, incorporating networking constraints and opening the door to a massively distributed approach to computing. This shift will see increasing emphasis on the network as a differentiator, as use of the cloud continues to grow.”

GigaOm Pro において、Inter Orbis & Analyst の Principal Advisor である Jon Collins は、「 近年におけるクラウド·コンピューティングでは、大半の注目を IaaS が集めている。つまり、ホストされている仮想化されたサーバーの広大なプールを、その時々に最大限に活用するための方式が論じられている。このアプローチにおけるメリットは広く認識されており、また、将来のデプロイメントに関する方向性を与えてくれる。そして、私たちの理解が高まるにつれて、このクラウド・コンピューティングに対する伝統的なアプローチは、クラウド内の「どこか」という意識をもたらすようになる。しかし、そこには、考慮すべき物理伝送の制限や、アプリケーションの範囲と精度に関する潜在的な制限などは存在しない。次に開発すべきフェーズは、ネットワークに制約を取り込みながら、大規模コンピューティングへ向けた分散アプローチのドアを開くための、トータルなインテグレーションである。そのシフトにより、差別化要因としてのネットワークと、クラウド利用を継続して拡大させるネットクークの、重要性が増していくだろう」と、述べている。

ーーーーー

以前にも、この Interoute の香港 Virtual Data Centre (VDC) に関する抄訳をポストしましたが、アジアだけではなく北米をも含む 仮想データセンター・ゾーンに拡大しているようですね。 とは言え、その他の情報は少なく、以前としてナゾに包まれた Interoute ですが、このところの、たとば Google をめぐる EU の対応などをみても、そう簡単にはアメリカのクラウドには乗ってこないのかもしれませんね。 また、London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms で接続といのもスゴイです。引き続き、この Interoute の動きは追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!

Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!

Posted in Data Center Trends, Energy, Google, Green IT by Agile Cat on November 27, 2014

Google buys up Dutch wind energy for data center
http://wp.me/pwo1E-839
By AP | 18 Nov, 2014
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2014-11-18/news/56221929_1_wind-project-data-center-u-s-search-giant

_Economic Times

AMSTERDAM: Google says it will buy the entire output of an 18-turbine, 62-megawatt Dutch wind energy project in the Netherlands to supply power to a major data center it is building.

AMSTERDAM: Google だが、いま構築している大規模データセンターに電力を供給するために、Netherlands において 18 タービン/62 MW を実現する、Dutch wind energy の全出力を購入する予定だと発言している。

Company officials said Tuesday that Google wants both price certainty and to ensure that the 600 million euro ($750 million) data center in Eemshaven, Netherlands – due to be completed in 2017 – will be supplied by renewable energy from the start.

この火曜日 (11/18) の、同社によるオフィシャルな説明によると、2017年の完成を目指して Eemshaven, Netherlands に建設中のデータセンターに対して、600 million euro ($750 million) というコストが注ぎ込まれ、また、最初から再生可能エネルギーが供給されることが明らかになった。

The wind project is also still under construction at nearby Delfzijl, with turbines both onshore and off the coast in the North Sea.

また、北海に面した Delfzijl 付近の海岸線と沖合にタービンを配置する、この風力発電プロジェクトも、開発が進められているところだ。

Google did not disclose terms but said it has signed a 10-year contract. The U.S. search giant has inked similar deals in Finland and Sweden in the past two years.

この契約は、10年間に渡るものになるようだが、その点について、Google は明らかにしていない。 なお、これまでの 2年間に、この米検索大手は Finland と Sweden で、今回のような契約を結んでいる。

ーーーーー

この 9月に、「Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven データセンターとは?」という抄訳をポストしましたが、ちょっと供給電力の計算が合いませんね :) 今回の記事のほうが、オフィシャルな発言ということなので、正しいはずだと思います。それにしても、素晴らしいかたちで、自己完結しているプロジェクトであり、ヨーロッパにおける Google 大規模データセンターの、デザイン・パターンも完成という感じがします。 続報が楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

IDC : 2017年を境にDC 数は減少にいたるが、全体的なキャパは成長し続ける
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner

IDC : 2017年を境にデータセンター数は減少にいたるが、全体的なキャパシティは成長し続ける

Posted in Data Center Trends, Research by Agile Cat on November 13, 2014

IDC: Amount of World’s Data Centers to Start Declining in 2017
http://wp.me/pwo1E-81a
Yevgeniy Sverdlik – November 11, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/11/11/idc-amount-of-worlds-data-centers-to-start-declining-in-2017/

_ DC Knowledge

The number of data centers being built in around the world will continue growing until it peaks at 8.6 million in 2017, at which point it will begin to decline, according to a recent report by IDC.

グローバルにおけるデータセンター数だが、IDC の最新レポートによると、2017年の 860万ヶ所というピークまで成長し続けた後に、減少の傾向に至るという。

As the data center becomes a strategic asset to more and more companies, viewed as a way to generate more revenue rather than a back-office support asset, more companies will outsource data center management to service providers, the market research firm said.

データセンターが大半の企業にとって戦略的な資産になるにつれて、そして、バックオフィスとしてサポートされる資産よりも、大きな収益を生み出す手法として認識されるにつれて、より多くの企業におけるデータセンター管理が、サービス・プロバイダーにアウトソースされるようになったきたと、この市場調査会社は述べている。

QTS Realty Trust is known for building massive data centers, like this huge facility in Suwanee, Georgia. (Photo: QTS Realty)

“They (companies) will make greater use of on-premise and hosted managed services for their existing IT assets, and turn to dedicated and shared cloud offerings in service provider data centers for new services,” Richard Villars, vice president of data center and cloud research at IDC, said in a statement. “This will result in the consolidation and retirement of some existing internal datacenters, particularly at the low end.

IDC の VP of Data Center and Cloud Research である Richard Villars は、「それらの企業は、既存の IT 資産のために、さらなるオンプレミスの活用を図り、また、マネージド・サービスをホストしてきた。そして、新規のサービスに関しては、サービス·プロバイダーが提供する、専用/共有データセンターで管理するようになってきた。そのため、とりわけ小規模なレベルにおいて、社内に置かれた既存データセンターの統合/廃止が推進されている」と述べている。

“At the same time, service providers will continue their race to build, remodel, and acquire datacenters to meet the growing demand for capacity.”

そして、「それと同時に、サービス・プロバイダーたちは、増大するキャパシティへの要求に対応するために、データセンターの構築/再生/買収というレースを続けていく」とも述べている。

The report points out the rise of mega data centers service providers are building around the world. These facilities will account for more than 70 percent of all data center construction by 2018, IDC said.

このレポートが指摘するのは、世界中でメガ・データセンターを構築する、サービス・プロバイダーたちの台頭である。この種のファシリティは、2018年までに、すべてのデータセンターの 70% 以上を占めるようになると、IDC は述べている。

It’s unclear what IDC’s definition of a “mega data center” is, but the Data Center Institute, an AFCOM data center industry think tank, defines it as a facility that yields space for more than 9,000 racks or has more than 225,000 square feet of compute space. (Disclaimer: AFCOM is a sister company of Data Center Knowledge.)

IDC の言う「メガ・データセンター」の定義が不明であるが、データセンター業界におけるシンク・タンクである AFCOM によると、9,000台分以上のラック空間もしくは、225000平方フィート以上のサーバー室を持つファシリティが、メガ・データセンターとして定義されている。(注記: AFCOM と Datacenter Knowledge は提携関係にある)

IDC isn’t saying there will be less need for data center space. Rather, the analysts are forecasting that the amount of data center space in the world will continue growing, but since it will be growing within large facilities, fewer data center buildings will be constructed.

IDC だが、全体的なデータセンター・スペースに対する要求が、減少すると言っているわけではない。むしろ、同社のアナリストたちは、グローバルにおけるキャパシティは成長し続けると予測している。しかし、それは大規模ファシリティの成長に集約されるため、データセンターの数は縮小するという話である。

The company estimates that the amount of data center space worldwide will grow from about 1.58 billion square feet total in 2013 to 1.94 billion square feet in 2018.

同社の概算によると、グローバルにおけるデータセンター・スペースは、2013年の 158万平方フィートから、2018年の 194万平方フィートへと、成長することになる。

ーーーーー

データセンターが大規模化し、その件数が減っていくというのは、やはり自然な流れなのでしょうね。 ちなみに、AFCOM のメガ・データセンター定義ですが、大まかなところで 「22.5万平方フィート=2.1万平方メートル」になります。ジャパニーズ・スタンダードである、東京ドームは 4.6万平方メートルとのことなので、そう考えると、なんとなく規模感が掴めてきます。ちなみに、Facebook の Oregon は、1棟あたり 2.8万平方メートルだったはずです。つまり、歩いていては仕事にならないということなのでしょう :)

ーーーーー

<関連>

Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来の標準になるのか?

Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner

Posted in Data Center Trends, On Monday, Research by Agile Cat on November 4, 2014

Data Centers: Ripe for Dramatic Changes
http://wp.me/pwo1E-7ZO
By Dick Weisinger – Oct 24, 2014
http://formtek.com/blog/data-centers-ripe-for-dramatic-changes/

_ formtek

Data Center spending is expected to exceed $143 billion this year.  And with huge growth of applications and infrastructure moving to the cloud, the future of data center spending looks rosy.  But Gartner warns that the rosy expectations are likely superficial in that the current data center landscape is likely to dramatically change.  While there will be growth, there will also be fierce competition, disruption, and enormous changes in the data center market.

データセンターへの支出だが、今年は $143 billion を超えると予想されている。さらに言えば、アプリとインフラのクラウドへの移行がもたらす大きな巨大な成長により、これからのデータセンターに対する支出はバラ色に見える。しかし Gartner は、現時点におけるデータセンターに関する見通しが、劇的に変化するかもしれないと指摘し、そのバラ色の期待が表層的なものに終わる可能性を警告している。もちろん成長は継続するだろうが、データセンター市場における激しい競争/破壊/変革も起こり得る。

Four significant factors are brewing that are likely to drive disruption and conflict in the data market segment:

このデータセンター市場のセグメントで、混乱や衝突を引き起こす可能性がある、以下の四大要因が発生しようとしている:

  • Fierce Disruptive Competition(極端に破壊的な競合)
  • Big Cloud provider dominance(クラウド大手による占有)
  • Economic Warfare(経済的な戦い)
  • Nationalism(ナショナリズム)

Data Center vendors will likely fall into one of the following three categories:

データセンター事業者たちは、おそらく、以下の 3つのカテゴリに分類される:

  • Protectors – vendors with large installed bases that will attempt to protect their market share, revenue and profit margins
  • Evolutionary Disruptors – vendors that while trying to maintain their own installed base, but also seek to disrupt the business models of Protectors
  • Revolutionary Disruptors – vendors that try to break into the market with simpler and more revolutionary solutions
  • Protectors – マーケットにおいて広大なインストール・ベースを有し、自身の勢力/売上/利幅を守ろうとする事業者。
  • Evolutionary Disruptors – 自身のインストール・ベースを維持する一方で、Protectors のビジネス・モデルを破壊しようとする事業者。
  • Revolutionary Disruptors – よりシンプルで革新的なソリューションで、マーケットに参入しようとする事業者。

Joe Skorupa, vice president at Gartner, said that “underneath this calm surface, increasing market pressures are driving a change in vendor behaviours, which, along with the four disruptive factors, make the market ripe for a period of major disruption. These behaviours will become more obvious as the pace of change increases…  Elements of are already in play, and will become visible no later than early 2016; however, radical action by just one significant player could accelerate the market disruption of any of the factors .”

Gartner の VP である Joe Skorupa は、「表面上は静寂を保っているが、その水面下では、マーケットからの圧力が高まってきたことで、事業者たちの行動に変化が生じている。つまり、前述の4つの破壊的な要因を伴うものであり、マーケットに大変革が起こり得る状況になってきた。それらの行動は、変化のスピートが高まるにつれて、より明白になるだろう。それらの兆候は、すでに見え始めており、遅くとも 2016年の初頭には、よりハッキリとしてくるだろう。とは言え、メジャー・プレイヤーによる過激な行動により、あらゆるマーケットにおける破壊が加速される可能性もある」と述べている。

ーーーーー

データセンターの需要と供給のバランスというのは、ほんとに難しい問題なのだと思います。 テクノロジーの進化により、コンピューティング密度は高まっていますが、その一方で、ハンドリングする処理量も急速に高まっています。 この、正反対の結果を生じる変化が、どんどんスピードを高める一方で、電力とネットワークの供給や、利便性と安全性を考慮した用地の取得などの、とても多様な要因も複雑に絡まり合います。 それらを含めて、投資と回収のモデルを考えなければならないので、とても大変なことなのだと、あらためて感じてしまいます。

ーーーーー

<関連>

Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?

Google データセンターの世界:とても豪華な写真集

Posted in Data Center Trends, Google by Agile Cat on October 31, 2014

Take A Rare Peek Inside The Massive Data Centers That Power Google
http://wp.me/pwo1E-7Zt
Christian Storm – Oct. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/google-data-centers-2014-10

_ Business Insider

Data centers are typically shrouded in secrecy because they are the brains behind tech companies.

データセンターというものは、テック・カンパニーたちの頭脳であるため、秘密に包まれているのが普通である。

But not Google. The search giant has shared with the world photos that lift the veil off its massive and beautiful data centers around the world, in places both domestic, including Iowa, Oregon, Georgia, South Carolina, and Oklahoma, and abroad, in Finland and Belgium.

しかし、Google は違うようだ。 このサーチ・ジャイアントは、世界に点在する美しい大規模データセンターのベールを開き、その写真をシェアしてくれたのだ。アメリカ国内からは Iowa/Oregon/Georgia/South Carolina/Oklahoma が、また、国外からは Finland/Belgium が、この写真集に参加している。

Google says when you’re on its website, you’re accessing one of the most powerful server networks in the known universe. Looking at these images, it’s hard to disagree.

Google が言うには、あなたが同社の Web サイトにいるとき、この世界で最もパワフルなサーバー·ネットワークの何処かにアクセスしていることになる。 これらのイメージを見ると、それを否定するのも難しくなる。

Google has been working on building its data centers for over 12 years. The search giant’s centers are efficient, take advantage of renewable energy, and are as environmentally friendly as possible.

Googleは 12年以上に渡り、自身でデータセンターの構築に取り組んできた。 このサーチ・ジャイアントのデータセンターは、きわめて効率的であり、また、再生可能エネルギーを活用し、可能な限り環境に優しいデザインとなっている。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

_  space

The following tour is a glimpse inside a few of Google’s data centers, which it calls the "physical internet."

このツアーでは、一部の Google データセンターの、その内部を垣間見ることができる。 それは、物理層のインターネットと呼ばれるものである。

Kevin Smith wrote an earlier version of this post.

ーーーーー

データセンターの話になると、その規模や、ユニークなデザイン、そして情報の透明性という意味で、この Google と Facebook が抜きん出た存在となります。 そして、写真を用いた紹介となると、Facebook の方が開放的と思っていましたが、今回の写真集でそのイメージも大きく変わりました。 外気導入と自然空冷を用いる Facebook とは異なり、水冷を多用する Google のデータセンターは、その内部に張りめぐらされたパイプが特徴ですが、カラフルなペイントで色分けすることで、とてもポップな雰囲気を生み出していますね

ーーーーー

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期の DC 資産へ
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう

 

Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:放置すれば クラウドの普及が IP アドレスの問題を悪化させる

Posted in Data Center Trends, Digital Ocean, Network by Agile Cat on October 9, 2014

Upstart cloud player Digital Ocean to roll out IPv6 worldwide
http://wp.me/pwo1E-7Wg

By Barb Darrow – Jun. 17, 2014
https://gigaom.com/2014/06/17/upstart-cloud-player-digital-ocean-embraces-ipv6/

_ Giga Om

Summary: Digital Ocean needs a ton more IP addresses for all those compute “droplets” it runs for customers. So it’s moving all its data centers to IPv6 by years’ end.

Summary: Digital Ocean は、その顧客たちが実行する、Droplets という名のコンピューティングのために、膨大な IP アドレスを必要としている。 それ故に、今年の末までに、すべてのデータセンターを IPv6 に移行するという。

photo
Digital Ocean

We’ve heard the IPv6 wave is coming — although none too soon — and Digital Ocean is going to ride it. The New York City-based IaaS provider plans to announce Tuesday that it is adding support for the new protocol — which will open up millions of new IP addresses — in its data centers in Singapore, Amsterdam, New York, and San Francisco.

以前から、IPv6 の波は来ているのだが、誰もが知らぬ素振りをする中で、Digital Ocean は乗ると決めたようだ。この New York ベースの IaaS プロバイダーは、無数の IP アドレスへ向けてドアを開ける新しいプロトコルのサポートを、Singapore/Amsterdam/New York/San Francisco のデータセンターに加えると、火曜日(6/17)に発表する予定である。

It’s a sort of rolling release, however. Singapore is up first, where the support will be tested out and the company will use that experience to implement across the other data centers, CEO Ben Uretsky said in a recent interview. All of those data centers should be fully aboard IPv6 by years’ end, he added.

しかし、このリリースでは大雑把すぎる。CEO である Ben Uretsky が最近のインタビューで語ったところによると、そのためのテストを行なっている Sigapore が、最初に IPv6 サービスを立ち上げ、そのエクスペリエンスを他のデータセンターに展開していくようだ。この年末までに、すべてのデータセンターは、完全に IPv6 に乗っているはずだと、彼は付け加えている。

With more mobile devices, sensors and — face it — virtual machines running in clouds coming online by the minute, the demand for unique IP addresses is exploding and that’s leading to IPv4 IP address exhaustion. “The issue is that IPv4 provides something like 4 billion unique addresses, which seemed sufficient in 1980 when the protocol was created, but nowadays there are billions of smartphones alone,” he noted. There are IPv4 workarounds, but they are not elegant, he said.

大量のモバイル・デバイスとセンサーに対応するためには、クラウド上の仮想マシンを次々と立ち上げ、オンライン接続していく必要がある。ユニークな IP アドレスに対する需要は爆発的なものとなり、また、IPv4 IP アドレスは枯渇へと向かっていく。Ben Uretsky は、「 IPv4 プロトコルが作成された 1980年当時には、40億の IP アドレスで充分だと思われていたが、そこに問題が生じている。しかし、いまでは、スマートフォンだけでも数十億台が存在しているのだ。IPv4 による、その場しのぎの回避策もあるが、エレガントではない 」と、指摘している。

The regional IP address authorities — the American Registry for Internet Numbers (ARIN) in the U.S. — have pretty much hit the bottom of the barrel. Uretsky said there are about 15 million IPv4 addresses left in the U.S. with Europe and Asia pretty much sold out, while there is some remaining capacity in Latin America and Africa. (Microsoft already occasionally assigns IP addresses from other regions to U.S. workloads and if Microsoft can’t get new IPv4 addresses you know we’re in dire straits.)

US におけるリージョナル IP アドレス管理組織である American Registry for Internet Numbers (ARIN) は、その枯渇を訴えている。 それでも、US には 1500万ほどの IPv4 アドレスが残っているが、Europe と Asia の状況は悪化しており、Latin America と Africa には若干の余裕があると、Uretsky は述べている。(すでに Microsoft は、US のワークロードに対して、他の地域からの IP アドレスを割り当てている。 このようなかたちで、Microsoft が新たな IPv4 アドレスを取得できなくなると、私たちは苦境に陥ると認識すべきだ)

Source: Akamai

“Cloud computing has accelerated pace of IP address consumption — each of these Droplets we sell and every single Amazon EC2 server needs one. Cloud vendors lowered the barriers to entry but we also exacerbated this address problem,” Uretsky said.

「 クラウド・コンピューティングにより、IP アドレスの消費ペースが加速している。 私たちが販売している個々の Droplets や、それぞれの Amazon EC2 などが、1つの IP アドレスを必要とする。クラウド·ベンダーにより参入障壁が引き下げられたが、このアドレスの問題を、私たちは悪化させている 」と、Uretsky は発言している。

What this means is that all the big cloud providers — Microsoft Azure, Amazon Web Services, Google etc — need to get off the stick vis-a-vis IPv6 support in their clouds which should happen sooner rather than later. (Google App Engine does support IPv6, as does Amazon’s ELB load balancing service.) IBM SoftLayer already supports IPv6 and Verizon Cloud, due out this year, also supports IPv6.

彼が言いたいのは、すべての大手クラウド・プロバイダーたち(Microsoft Azure/Amazon Web Services/Google など)が、IPv6 サポートに関する睨み合いをやめて、それぞれのクラウドにおいて、直ちに対応すべきという点に集約される(Google App Engine や、Amazon ELB load balancing service などは、IPv6 をサポートしている)。IBM Softlayer は、すでに IPv6 をサポートしている。 また、Verizon Cloud も、年内には IPv6 をサポートするとしている。

Related research

What developers should know when choosing an MBaaS solution Sept 2013
The importance of benchmarking clouds June 2014
Consumer products will drive enterprise breakthroughs June 2014

ーーーーー

最後のマトメを読むと、それぞれのクライド・プロバイダーが、IPv6 サポートに取り組んでいるようですが、この元気の良いスタートアップが、それらの先輩たちを急かしているように見えてきます。 文中にもあるように、1980年当時は 40億の IP アドレスで充分と思われたとしても、少なくとも 10億台近いスマホが、今年だけで増えそうというご時世なのですから、やはり、クラウド事業者には考えて欲しい問題ですよね。

ーーーーー

<関連>

これが DigitalOcean だ! AWS 以上のペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
Facebook と Open Compute から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

%d bloggers like this: