Agile Cat — in the cloud

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

Posted in Data Center Trends, Equinix, Google, Hybrid, Network by Agile Cat on January 14, 2015

Google shacks up with Equinix for cloud boost
http://wp.me/pwo1E-8c8
Ari Levy – 5 Nov, 2014
http://www.cnbc.com/id/102151522

For the 100 billion Internet searches and more than 6 billion hours of YouTube videos streamed monthly, Google is building supersized data centers across the globe. But for certain functions, the company is better off using other people’s property.

1ヶ月の間に 1000億回のインターネット検索を処理し、YouTube による 60億時間以上のストリーミング配信に対応する Google は、世界中に超大型データセンターを構築している。 しかし、特定の機能に関しては、他社の資産を活用するほうが、同社にとって有益なのである。

Equinix, which operates more than 100 data centers in 32 metro areas worldwide, is announcing on Wednesday that Google will be using its facilities to help clients in 15 markets, including New York, Atlanta, Frankfurt, Germany, and Hong Kong, access Google’s business applications and cloud infrastructure.

世界における 32地域の大都市圏で、100ヶ所以上のデータセンターを運営する Equinix が、この水曜日(11/5)に発表したのは、Google が 15ヶ所のマーケットにおいてクライアントをサポートするために、同社のファシリティを使い始めるという内容である。それらのマーケットには、New York/Atlanta/Frankfurt/Germany/Hong Kong などが含まれ、また、そのリージョンの顧客たちは、Equinix のネットワークを介して、Google のビジネス・アプリや、クラウド・インフラにアクセスできるようになる。

Baran Ozdemir
Vetta
Getty Images

The Google cloud needs all the help it can get. While the Mountain View, California-based company dominates the online advertising market, it’s playing catch-up to Amazon Web Services in on-demand cloud computing as it also battles Microsoft’s Azure technology.

Google のクラウドは、手に入れることが可能な、すべてのサポートを必要としている。 つまり、この、Mountain View, California-based の会社は、オンライン広告のマーケットは支配していても、オンデマンドのクラウド・コンピューティングの世界では、Amazon Web Services に追い付くために努力し、また、Microsoft Azure のテクノロジーと戦わなければならないのだ。

The three companies are engaged in a brutal price war as they try to lure businesses looking to offload their computing and storage instead of handling it internally. Amazon and Microsoft are already Equinix customers. Now businesses can use any or all of them via Equinix.

この三社は、きわめて熾烈な価格戦争に突入している。そして、ユーザー企業を取り込む魅力的な価格を提示するために、自社のデータセンター内で処理していたコンピューティングとストレージの負荷を、Equinix のファシリティにオフロードすることで軽減しようとしている。 Amazon と Microsoft は、すでに Equinix の顧客である。 そして、いま、ユーザー企業は Equinix を介して、それらのクラウドにおける、ほとんどの機能にアクセスすることが可能になっている。

"This completes our access to the big three cloud providers," said Equinix Chief Technology Officer Ihab Tarazi. Businesses can "get significantly higher bandwidth for very low economics and be able to completely leverage the cloud."

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「クラウドの世界における Big-3 プロバイダが、私たちへのアクセスを完全なものにしたことで、ユーザー企業は、きわめて高速の帯域幅を確保し、また、優れた経済性を達成することになる。 つまり、完璧にクラウドを利用できるようになるのだ」と述べている。

Google disclosed the deal with Equinix on Tuesday as one of several announcements tied to its cloud platform. The company also introduced Google Container Engine and a partnership with Docker to make it easier to create and manage applications across machines.

Google は、この火曜日(11/4)に、そのクラウド・プラットフォームに関連する発表を行なっているが、その中の1つとして Equinix との今回の契約が明らかにされている。さらに Google は、より簡単にアプリケーションを作成し、また、マシン間での移動を管理するために、Google Container Engine を発表し、Docker との提携も明らかにしている。

It’s all part of Google’s deeper dive into the world of business software, and it’s not cheap. In the third quarter, Google spent $2.4 billion on capital expenditures, largely on data center construction and real estate costs.

Google がビジネス·ソフトウェアの世界に取り組んでいくという、この一連の発表により、その全容が明らかにされたが、それらは、決して安直なものではない。Google は 2014年 Q3 において、データセンターの建設と不動産の取得を主とする、 $2.4 billion もの設備投資を行なっているのだ。

"Everybody’s moving their infrastructures to the cloud," Google Chief Financial Officer Patrick Pichette said on the earnings call last month. "It is an area where we have fundamentally great assets to contribute to this industry, both in terms of the flexibility, the cost structure, the technology. And that’s why we’re investing heavily in there."

2014年10月の収支説明会において、Google の CFO である Patrick Pichette は、「すべての企業が、自身のインフラをクラウドに移行しようとしている。そして、そこは、私たちが大きな資産を形成しているエリアである。つまり、柔軟性/コスト構造/テクノロジーという基本的な観点において、この産業に貢献できるのだ。そして、私たちが多額の投資を行なっている理由が、そこにあるのだ」と述べている。

Google owns and operates 12 data centers in the U.S., Europe and Asia, according to its website. Much of the software that Google as well as Amazon and Facebook have developed to bolster the speed and capacity of servers and databases is being replicated across the technology industry.

Google の Web サイトによると、同社は US/Europe/Asia で、12ヶ所のデータセンターを所有/運用している。そして、Google/Amazon/Facebook などが、サーバーとデータベースの速度/能力を強化するために開発した、数多くのソフトウェア・テクノロジーが、この業界全体に広まりつつある。

But that doesn’t mean corporate America is ready to spin all of its most critical data up to the public cloud. Using Equinix, they can plug into the power of Google’s infrastructure without relying on it entirely.

しかし、それだけで、アメリカのユーザー企業が、すべての重要なデータをパブリック・クラウドに展開するための、準備を整えたというわけではない。そして、Equinix を利用するなら、すべての Google に頼ることなく、そのインフラを取り込めるようになるのだ。

Equinix has more than 4,500 customers using its facilities. In April, the Redwood City, California-based company launched a service called Cloud Exchange to provide an added layer of security and enhanced connectivity for businesses that may have previously been reluctant to move applications to the cloud.

Equinix のファシリティは、4500社以上のユーザー企業に使用されている。2014年4月に、Redwood City, California-based の同社は、ユーザー企業のためにセキュリティ層を加え、また、接続性を強化するための、Cloud Exchange と呼ばれるサービスを立ち上げている。それにより、これまでは移行が躊躇されていたアプリケーションの、クラウド化が促進されるかもしれない。

ーーーーー

2014年10月に、「Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは? 」というポストを訳していますが、この Equinix との提携は記載されていませんでした。 別の調べ物をしていて、今回の記事を見つけたわけですが、この提携に気づくことになり、ほんとうに良かったです :) なんというか、Google だけは独自ネットワーク路線かと思っていましたが、これで Equinix はグランド・スラム状態ですね。 ほんとうに、強いです。 また、年明けには、SofrLayer も Equinix の Cloud Exchange に対応、という記事がポストされていました。 近々に対訳を掲載しますので、そちらも、お楽しみに〜 

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

DigitalOcean の London がオープン:ここでも Equinix がファシリティを提供

Posted in Data Center Trends, Digital Ocean, Equinix by Agile Cat on December 25, 2014

DigitalOcean Expands into London With Equinix
http://wp.me/pwo1E-87n
Jason Verge – July 15, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/15/digitalocean-expands-london-equinix/

_ DC Knowledge

Cloud provider DigitalOcean has expanded to an Equinix data center in London. The company says this is just the beginning of a larger worldwide expansion. Fresh after a funding round, the company is gearing up to bring its easy-to-use cloud for developers everywhere.

クラウド·プロバイダーである DigitalOcean が、London の Equinix データセンター内で、その規模を拡大している。同社が言うには、より大規模なグローバル展開の、始まりに過ぎないとのことだ。資金調達ラウンドを終了した同社は、使いやすいクラウドを、あらゆるロケーションで開発者に提供するための準備を進めている。

DigitalOcean has been growing rapidly. In 2013, Netcraft noticed it was growing at an impressive clip despite it being a fairly late entrant into the cloud provider game.  The high adoption rates are often contributed the the user-friendly nature of its cloud.

DigitalOcean は、素晴らしい勢いで成長している。Netcraft が指摘するように、クラウド・プロバイダー市場には、かなり遅れて参戦したにもかかわらず、2013年には目覚ましい結果を残している。そして、その高い採用率により、クラウドにおけるユーザーフレンドリーな性質に、しばしば貢献している。

Inside one of the Equinix data centers in London. (Photo: Equinix) 

“Our mission is to simplify the complexity of cloud infrastructure for developers and user experience is number-one on the priority list,” said Mitch Wainer, co-founder and chief marketing officer at DigitalOcean. “AWS wants to offer anything and everything under the sun, but you can see they don’t prioritize user experience. We make it easy to use and easy understand how much you’ll spend a month.”

「私たちのミッションは、開発者のためにクラウド・インフラストラクチャの複雑さを軽減することであり、また、ユーザー・エクスペリエンスの優先順位を No.1  にすることである。 AWS は、この世における、あらゆるものと、すべてのものを、提供しようとしているが、ユーザー・エクスペリエンスが最優先されていないことが分かるだろう。 私たちは、それを使いやすいものにし、また、1ヶ月あたりのコストが、どれくらいになるのかを、簡単に理解できるようにしたいのだ」と、DigitalOcean の Co-Founder and CMO である Mitch Wainer は述べている。

This is the company’s third location in Europe. It has two data centers in the Amsterdam market with TeleCity Group.

同社は、TeleCity Groupe の Amsterdam データセンターに、すでに 2つのクラウドを有しており、この London は、Europe で 3番目となる。

Wainer said London was the next stop for DigitalOcean because it’s been a heavily requested region by customers. “The UK is going through a tech renaissance, and we want provide startups with the infrastructure to grow.”

DigitalOcean にとって、London が次のステップになったのは、このリージョンを要求する顧客からの声が大きかったからだと、Wainer は発言している。

Another reason for the location is the increasing need to host data within coutry borders. The London data center gives UK developers a native location to service their customers.

このロケーションを選んだ、もう1つの理由は、UK 内にデータを置きたいというニーズの高まりにある。 この London データセンターは、その顧客たちをサポートする国内の開発者に対して、ネイティブのロケーションを提供する。

The European Union’s Data Privacy Directive currently makes it difficult for data to be moved outside of the region. This is an issue that will keep coming up as the company grows its geographic reach.

European Union の Data Privacy Directive(規則)では、そのリージョンの外側にデータを移動することが、現在のところ難しいのである。したがって、この問題は、同社が地理的なリーチを広げるにつれて、浮上し続けるものとなる。

Wainer said DigitalOcean is also currently looking to expand into other countries, such as Canada, which has similar laws and regulations when it comes to data. “It’s going to be interesting to see what the adoption rate is in these new regions that prohibit storing data [on foreign territory].”

Wainer が言うには、DigitalOcean は現時点において、データの取り扱いについて同じような法律/規制を持つ、Canada などの国々にも事業を拡大していくようだ。「それらの新たなリージョンでの、つまり、国外でのデータ・ストアを禁止する国々での展開は、興味深い結果を見せてくれるだろう」と、彼は述べている。

The recent funding round gives the company enough cash to invest in expansion, Wainer said. “I’m happy to say, as of recent, we’ve secured a massive amount of credit to help us secure enough capacity for the future without limitations, driven by demand.”

先日の資金調達ラウンドにおいて、充分な投資を行うだけの現金を得ることができたと、Wainer は言っている。そして、「 最近の状況には満足している。私たちのビジネスは、需要によりドライブされていくものであるが、それを制約することがないだけの、将来へ向けた充分な規模の信用を確保できた」と、付け加えている。

The company recently announced the launch of a Singapore data center, its first location in Asia.

この 5月のアナウンスメントにより、同社は Asia における最初のロケーションとして、Singapore データセンターを立ち上げると表明している。

LON1 will be running the latest version of the company’s backend codebase, allowing for IPv6 support on all “Droplets” – the company’s branded term for cloud servers. The new codebase provides a number of benefits, including actions that can be initiated without needing to power off a Droplet (e.g. snapshots and enabling/disabling networking services), as well as a more reliable backup service architecture overall.

この LON1 では、同社のバックエンド・コードベースの最新バージョンが走ることになり、そのクラウド・サーバー・ブランドである Droplet の、すべてにおいて IPv6 がサポートされる。 さらに、この最新バージョンでは、Droplet を OFF にしなくても初期化が可能なアクションや(スナップショットの取得や、ネットワーク・サービスの ON/OFF 切り替えなど)、より信頼性の高い全体的なバックアップ・サービス・アーキテクチャを含めて、数多くのメリットが実現される。

IPv6 can also be added to existing Droplets without rebooting. DigitalOcean will be mandating IPv6 support as the standard for all locations moving forward.

さらに言えば、Droplet をリブートすることなく、IPv6 への切り替えが可能になっている。また、DigitalOcean は、IPv6 サポートを標準として、すべてのロケーションに展開する方針である。

“With this expansion, we’re using Equinix again, who have been a great partner,” said Wainer. “We feel very comfortable using them, and we’ve used them for years.”

「 今回の拡張においても、私たちの素晴らしいパートナーである Equinix を利用している。そのデータセンターは、私たちにとって、きわめて適した存在であり、また、長年にわたって使い続けている」と、Wainer は言っている。

Equinix was home to the company’s first data center in New Jersey. DigitalOcean also takes space at a Telx data center within the Google-owned carrier hotel at 111 8t Avenue in New York City.

同社が、New Jersey でデータセンターの利用を開始したときから、Equnix  はホーム・グラウンドのような存在である。また、同社は、New York City の 111 8t Avenue で Google が所有する、キャリア・ホテルにもデータセンター税を支払っている。

ーーーーー

DigitalOcean は、元気があって、とても良い感じですね。 CMO である Mitch Wainer の発言も、クラウドの多様化を促すという意味で新鮮です。 誰もが知っている存在として AWS を引き合いに出していますが、おそらく DigitalOcean と AWS は、まったく異なるゲームを戦っているのだと思います。そして、ゲームの数だけモノサシがあると主張しながら、素晴らしい勢いでビジネスを拡大しているわけです。 2015年も、この DigitalOcean は、目を離せない存在ですね!

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean+CoreOS+Docker:フレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:IP アドレス問題を悪化させない
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増強!

2014 Agile Cat:データセンター と インフラ の マトメ

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Network, Open Compute, Satellite by Agile Cat on December 23, 2014

2015年は アジアへのインフラ投資が盛んになる・・・
http://wp.me/pwo1E-876

今年も、いろいろな話題が満載の、データセンターとインフラ系のマトメです。 まず、1月に開催された OCP Summit では、Mark Zuckerberg が登壇し、Facebook は OCP により 1200億円も節約できたと説明しました。 また、新たなメンバーとして、このサミットで Microsoft の参加が発表され、10月には Cisco も参加しました。とにかく、どんどんと超党派化してきている OCP をみると、OCP Japan のお手伝いをしている Agile Cat としても、嬉しい限りです。また、誰もが注目する DCIM(Data center infrastructure management)に関しては、Dell/HP/Intel/Emerson などが推進する、Redfish という標準化案が気になるところですね。

そして、今年のメガ・データセンターですが、Facebook のスウェーデンとアイオワがオープンし、Google もオランダに大規模 DC を構築すると発表しています。また、Microsoft が韓国に構築するというウワサも流れています。 この、私たちの住むアジアは、爆発的に成長するデータセンター・トラフィックに対して、まだまだ供給が追いついていない地域であり、日本のテレコム勢も大規模な投資を継続しているようです。 そして、海底ケーブルに関しては、シンガポールからインド洋の沿岸を通り、フランスまで伸びていく SEA-ME-WE 5 が注目を集めています。 こんな話を聞くと、北極海経由で、日本とヨーロッパ、そして、日本とアメリカ東海岸をつなぐケーブルが欲しくなりますね。

ーーーーー

01/28: Facebook は OCP のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
01/28: Blu-ray ディスクを 10000枚:エクサ時代のコールド・ストレージとは?
01/28: Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
01/29:
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
01/29: FB が選んだ CA の DCIM:そのハイパー・スケール管理は?
02/04:
送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー!
02/05: Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps とは?
02/05: Cisco:モバイル・トラフィック No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!
02/13: Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい
03/05:
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
03/12:
海底ケーブル:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
03/28: コロケーションの世界:グローバルの Equinix と アジア NTT を比較する

ーーーーー

04/02: Digital Realty が 北米 4ヶ所の DC で、Open-IX サーティフィケーション
04/03: Green DC:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考慮すべき
04/04: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
04/17: Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
04/23:
台湾の Wistron と Inventec が、ARM サーバーの生産に着手する!
04/23: IBM はPower チップのオープン化と、Google の戦略
04/25:
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
04/29: Level 3 と Digital Realty が AWS と Azure を取り込む
05/07:
ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、Interoute クラウドが香港に進出!
05/13: SingTel と Telecity は、非インターネットで Azure 接続を実現する
05/14: Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
05/21: DigitalOcean が シンガポールに上陸! それを 支えるのは Equinix だ!
05/27: Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれる
05/30: 赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指す?
06/01: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
06/01: IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
06/02: SoftLayer の Hong Kong DC がオープン: IBM の $1.2B はアジアへ?
06/11: Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
06/12: Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? 宇宙船を Youtube で!
06/17: Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
06:18:
Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -NY を 68ms で接続する!
06/18: SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート
06/19: Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
06/23: Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
06/30: Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FBへ!

ーーーーー

07/01: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
07/02: Internap の ベアメタル OpenStack が、Hong Kong DC にも展開!
07/23: Google: 始まりは自作サーバー、そして 5000億円/四半期のDC 資産へ
08/27: KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC と超弩級の電力密度!
09/04: Telehouse の New York IX が CoreSite と接続:北米最大の GW を実現
09/05: Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
09/09:
Dell/HP/Intel/Emerson の Redfish は、IPMI 以来の標準に?
09/23: Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
10/22: Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
10/24:
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
10/28:
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・データは 海外 DC へ!
11/11: IDC : 2017年を境に DC数は減少にいたるが、キャパは成長し続ける
11/18: Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!
12/09: Cloud の調査:DC トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る

ーーーーー

さて、2015年の IT インフラは、どのように進化していくのでしょうかね? 個人的には、人工衛星を使ったインターネット・バックボーンに興味津々というところです。 Google や Facebook や SpaceX などが名乗りを上げているようですが、衛星が小型化/軽量化されてくると、その打ち上げコストも一挙に低下し、宇宙開発が大きく進歩するはずです。 それが、2015年なのか、まだ先なのか、その辺りが見えませんが、この領域は Agile Cat 2015 で追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Cloud の調査:データセンター・トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco

Posted in Cisco, Data Center Trends, On Monday, Research by Agile Cat on December 15, 2014

Cloud Computing: Data Center Traffic to Triple in Five Years
http://wp.me/pwo1E-85X
By Dick Weisinger – December 9, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-data-center-traffic-to-triple-in-five-years/

_ formtek

Over the next five years, global data center IP traffic is expected to triple, based on the Global Cloud Index report from Cisco Systems, reaching 8.6 zettabytes (ZB or a trillion gigabytes) per year.  An Infographic illustrating Cisco’s findings is available here.

Cisco Systems の Global Cloud Index レポートによると、2013年〜2018年の 5年間で、グローバルにおけるデータセンター IP トラフィックは 3倍に増大し、8.6 ZB(zettabytes = 1兆 gigabytes)に達するという。 その、Cisco の調査結果であるインフォグラフィックは、ここで参照できる。

The Cisco report notes the different use cases that are supported by private and public cloud implementations.  The private cloud, on the one hand, is focusing primarily on IaaS and PaaS, while the public cloud instead focuses on SaaS.  But both are seeing huge growth.  A Synergy Research estimates that the public cloud is growing at a 50 percent annual rate while both hybrid and private clouds are showing 40 and 45 percent growth.

Cisco のレポートは、それぞれのユースケースに応じて、プライベート/パブリックのクラウドが実装されていくと指摘している。その一方で、パブリック・クラウドは SaaS にフォーカスし、プライベート・クラウドは IaaS/PaaS にフォーカスするとも述べている。だたし、どちらも、大きな成長が見込まれている。Synergy Research の推測によると、パブリック·クラウドは年率で 50% の成長となり、また、ハイブリッド/プライベート・クラウドは 40%〜45% の成長となる。

Kelly Ahuja, senior vice-president at Cisco, said that “even with public cloud workloads having significant growth, by 2018, almost 70% of cloud workloads will still be private cloud-related, requiring the ability of workloads to bridge across a hybrid private/public cloud environment.”

Cisco の Senior VP である Kelly Ahuja は、「2018年までの期間で、パブリック・クラウド上で増大するワークロードは、かなりの量になると思われるが、クラウド·ワークロードの 70% は、依然としてプライベート・クラウドに関連するものとなる。したがって、プライベート/パブリックとブリッジする、ハイブリッド・クラウド・ワークロードに対する要求が高まっていく」と述べている

Another finding of the Cisco report is that by 2018, 53 percent of all global residential Internet users will have personal cloud storage, and the average consumer cloud storage traffic per user will be 811 megabytes per month by 2018, compared to 186 megabytes per month in 2013.

この Cisco レポートでは、すべてのグローバル・インターネット・ユーザーの 53% が、2018年までにパーソナル・クラウド・ストレージを持つと指摘されているが、その点も興味を引く。 また、それらのクラウド・ストレージに関する、ユーザーあたりの平均トラフィック消費量は、2013年の 186 MB/月から、2018年の 811MB/月へと成長していくとされている。

ーーーーー

この Cisco の資料を見ると、2013年の 3.1 ZB(従来 1.5 ZB + クラウド 1.6 ZB)が、2018年には 8.6 ZB(従来 2.1 ZB + クラウド 6.5 ZB)になると記されています。 まさに、雲を掴むような話であり、ZB と言われてもピンと来ませんが、それにもすぐに慣れてしまうのでしょう。 たしか、2010年だったと思いますが、Hadoop World NYC に参加したとき、あまりも皆さんが ペタ・ペタ・ペタ・ペタ・ペタと連呼するので、簡単に洗脳されてしまったという記憶があります :) なお、この Cisco レポートに関しては、Data Center Knowledge にも Cisco: Data Center Traffic Will Triple by 2018 という記事がポストされており、このようなチャートも添えられていました。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れる開発者たち
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく

Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 5, 2014

Xiaomi Moves Overseas Mobile Phone Data Away From Chinese Servers
http://wp.me/pwo1E-84C

October 28, 2014 
http://www.chinatechnews.com/2014/10/28/21076-xiaomi-moves-overseas-mobile-phone-data-away-from-chinese-servers

_ China Tech News

Hugo Barra, global vice president of Xiaomi, recently issued a statement that claims Xiaomi is moving its international user data from servers in Beijing to U.S. and Singapore.

Xiaomi の Global VP dearu Huge Barra が、同社のインターナショナル・ユーザー・データを、Beijing のサーバーから U.S. および Singapore に移行しているという、ステートメントを発表した。

This is reportedly a response to previous incidents which exposed that Xiaomi smartphones automatically returned global user data to Beijing servers. Chinese telecommunications regulations require Chinese companies to store domestic data on local Chinese servers.

それは、Beijin のサーバーへ向けて、自動的に Xiaomi スマホから送信されていた、グローバル・ユーザー・データの漏洩という、最近の出来事への対応だと伝えられている。China における電気通信法では、同国内のユーザー・データに関しては、China のローカル・サーバーにストアすべきと規制されている。

Is this move by Barra enough to quell security and privacy concerns that a Chinese mobile phone company may be in cahoots with the Chinese government for harvesting global user data?

この Barra のアクションにより、グローバルにおけるユーザー・データを刈り取るために、China の政府とスマホ・メーカーが共謀しているという、セキュリティとプライバシーの懸念は、鎮静化されるのだろうか?

According to Barra the international user data migration aims to improve experience of users all over the world, cut down latency and reduce failure rates. At the same time, it will help the company maintain high privacy standards and comply with local data protection regulations.

Barra の説明によると、今回のインターナショナル・ユーザー·データの移行は、グローバルにおけるユーザー・エクスペリエンスの向上および、レイテンシの低減、障害の回避を目指すものとなる。しかし、それと同時に、高度なプライバシー基準の維持と、それぞれの国々におけるデータ保護規制の遵守にも寄与するはずだ。

Based on Xiaomi’s plans, the company will first migrate their global e-commerce platforms and user data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in California, U.S. and Singapore, which is expected to be completed at the end of October 2014. It will benefit users in all international markets, including Hong Kong, India, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, and Taiwan.

Xiaomi は、今回の計画に基づき、グローバルなコマース・プラットフォームとインターナショナル・ユーザー・データから、全面的な移行を開始する。それは、Beijing のデータセンターから、California, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ向けたものであり、2014年10月末までに完了すると予測されている。 その結果として、Hong Kong/India/Indonesia/Malaysia/Philippines/Singapore/Taiwan などを含む、すべてのインターナショナル・マーケットのユーザーにメリットがもたらされる。

For the second step, Xiaomi will migrate their MIUI services and corresponding data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in Oregon, U.S. and Singapore, realizing the migration of Mi account, cloud messaging and Mi cloud services. The migration is expected to be completed at the end of 2014.

次のステップで Xiaomi は、すべてのインターナショナル・ユーザーのための、MIUI サービス(カスタム ROM?)と、それに対応するデータを、Beijing のデータセンターから、Oregon, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ移行する。それにより、Mi Account/Cloud Messaging/Mi Cloud Service の移行が達成される。それらは、2014年末までに完了するという。

Finally, Xiaomi plans to improve user experience in emerging markets such as India and Brazil in 2015. Due to the lack of Amazon AWS services in those markets, Xiaomi will cooperate with local data center providers.

最後になるが、Xiaomi が意図しているのは、2015年に急成長が期待される India や Barazil での、ユーザー・エクスペリエンスの向上である。 ただし、それらの国々では、Amazon AWS のデータセンターが欠落しているため、Xiaomi 自身がローカルのデータセンター・プロバイダと協調していくことになるだろう。

ーーーーー

とても興味深い展開ですね。これまで、すべてを呑み込んできた中国市場から、今度は外へと飛び出す企業が出てきたわけです。 この背景には、いわゆるバック・ドア問題が有ったわけですが、Xiaomi としては潔白を証明したいのでしょうし、北京政府としても同社のグローバル化を妨げることが、中国のためにならないと判断しているのでしょう。 GOOD ですね!

ーーーーー

<関連>

中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Apple と China Telecom :中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on December 3, 2014

Europe’s most distributed cloud comes to America
http://wp.me/pwo1E-84q
Interoute Virtual Data Centre takes its IaaS cloud platform global
London, 18 June, 2014
http://www.realwire.com/releases/Europes-most-distributed-cloud-comes-to-America

Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, has today launched a new Interoute Virtual Data Centre (VDC) zone in New York in a move that will further expand its cloud services globally. With latency as little as 68ms[1] between Interoute’s London and New York VDC zones, users of Interoute’s IaaS (Infrastructure as a Service) platform have the benefit of a low latency, globally distributed cloud at their fingertips.

Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを所有する Interoute だが、今日のアナウンスメントにより、新たな Interoute Virtual Data Centre (VDC) ゾーンを New York に立ち上げ、そのクラウド・サービスをグローバルへと向けて、さらに拡大していくことを明らかにした。London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms [1] で接続することで、Interoute IaaS のプラットフォームのユーザーたちは、低レイテンシのメリットを享受しながら、グローバル・スケールの分散クラウドを容易に展開できる。

[1] 68ms measured with a Ping test from the Interoute VDC London zone to the Interoute VDC New York zone conducted 6/6/2014.

Interoute CTO, Matthew Finnie, commented, "European developers and businesses with their sights set on the US need more than just a data centre to effectively gain a foothold there. They need a networked cloud to give them the speed and performance to compete. Interoute VDC provides massively distributed cloud architecture, globally, and we’ve thrown in the network for free. Opening our first US zone in New York is part of Interoute’s expansion beyond our European base, following the launch of our Hong Kong zone earlier this year.”

Interoute の CTO である Matthew Finnie は、「 US マーケットを視野に入れる、Europe の開発者や企業は、そこに足掛かりを得るだけの、単に効率だけを考えたデータセンター以上のものを必要としている。そこで必要となるのは、充分なスピードとパフォーマンスを提供する、ネットワーク化されたクラウドである。Interoute の VDC は、大規模な分散クラウド·アーキテクチャをグローバルに提供しており、また、その顧客たちはネットワークを自由に活用できる。最初の US ゾーンを New York にオープンすることは、Europe をベースにする Interoute の拡大政策の一部であり、年初の Hong Kong に続くものだ」と、コメントしている。

Interoute has VDC zones in eight countries across the globe, with six in Europe. Interoute VDC is built into the foundations of Interoute’s international MPLS and internet backbone, a key part of the internet in Europe, bringing businesses closer to their customers. The network extends beyond the data centre, providing connectivity to customers worldwide.

Interoute は、グローバルで 8カ国に VDC ゾーンを持ち、そのうちの 6つが Europe に置かれている。Interoute の VDC は、その International MPLS と Internot Backborn の上に構築されており、また、それらが Europe のインターネットにおける主要な部分を形成するため、企業と顧客の距離を縮めることが可能になる。 このネットワークは、最寄りのデータセンターの先へと伸びているため、顧客とのコネクティビティをワールドワイドで実現できる。

Interoute VDC customers are given access to the entire network of computing resource across the platform and can choose to create custom compute and storage in any location globally. Customers can also use quick deployments from the Interoute CloudStore to instantly create their machines through a series of simple menu-driven options. Interoute VDC offers the option of public, private (MPLS) or hybrid cloud services as standard, defined at the network level.

Interoute VDC の顧客は、このプラットフォームを横断するかたちで、コンピューティング・リソース・ネットワーク全体へのにアクセス権を与えられ、グローバルにおける任意のロケーションで、カスタムなコンピューティングとストレージを選択/作成することが可能となる。また、顧客たちは、一連のメニュー・オプションを介して、Interoute CloudStore から自身のマシンを作成し、瞬時にディプロイできる。そして、Interoute VDC では、Public/Private(MPLS)/Hybrid の各オプションを選択できるが、それらも、ネットワーク·レベルのスタンダードとして定義されている。

Customers have the flexibility to move and store data where it is needed, whether that is in Europe, North America or Asia. This high level of location density and automation means customers can restrict their data to a single location or distribute it rapidly across new geographies and markets to provide a faster end-user experience by minimising latency in their cloud architecture and  help ensure business compliance with relevant data legislation. Because the computing power of Interoute VDC is built into the network, data transfer between international Interoute VDC zones is free.

顧客たちは、それが Europe/North America/Asia であろうが、必要とされるロケーションへデータを移動して、ストアするという柔軟性を手にする。この、ロケーションに関するハイ・レベルな密度設定と自動化により、ビジネスとして取り組む新たな地域や市場で、分散されたデータをエンドユーザーたちに迅速に提供することが可能になる。 その一方で、単一のデータを集約するという制約を設けることも、もちろん可能となる。そして、それらを実現する要因として、このクラウド·アーキテクチャにおける最小化されたレイテンシと、適切なデータ法規を用いたビジネス・コンプライアンスの支援という側面が挙げられる。 その理由は、Interoute VDC のコンピューティング・パワーが、そのネットワークに組み込まれたものであり、International Interoute VDC ゾーン間でのデータ転送が無料になるところにある。

Jon Collins, Principal Advisor at Inter Orbis & Analyst at GigaOm Pro, commented: "Much of the focus in recent years has been on Infrastructure as a Service aspects of cloud computing – that is, how to make best use of the vast pools of hosted, virtualised servers now available. The benefits of this approach are widely appreciated and give us a direction of travel for future development. As our understanding has increased, so has the awareness that the traditional approach to cloud computing of "somewhere" in the cloud, without taking physical limitations of transmission into account, limits the potential scope and sophistication of applications. The next phase in development is total integration, incorporating networking constraints and opening the door to a massively distributed approach to computing. This shift will see increasing emphasis on the network as a differentiator, as use of the cloud continues to grow.”

GigaOm Pro において、Inter Orbis & Analyst の Principal Advisor である Jon Collins は、「 近年におけるクラウド·コンピューティングでは、大半の注目を IaaS が集めている。つまり、ホストされている仮想化されたサーバーの広大なプールを、その時々に最大限に活用するための方式が論じられている。このアプローチにおけるメリットは広く認識されており、また、将来のデプロイメントに関する方向性を与えてくれる。そして、私たちの理解が高まるにつれて、このクラウド・コンピューティングに対する伝統的なアプローチは、クラウド内の「どこか」という意識をもたらすようになる。しかし、そこには、考慮すべき物理伝送の制限や、アプリケーションの範囲と精度に関する潜在的な制限などは存在しない。次に開発すべきフェーズは、ネットワークに制約を取り込みながら、大規模コンピューティングへ向けた分散アプローチのドアを開くための、トータルなインテグレーションである。そのシフトにより、差別化要因としてのネットワークと、クラウド利用を継続して拡大させるネットクークの、重要性が増していくだろう」と、述べている。

ーーーーー

以前にも、この Interoute の香港 Virtual Data Centre (VDC) に関する抄訳をポストしましたが、アジアだけではなく北米をも含む 仮想データセンター・ゾーンに拡大しているようですね。 とは言え、その他の情報は少なく、以前としてナゾに包まれた Interoute ですが、このところの、たとば Google をめぐる EU の対応などをみても、そう簡単にはアメリカのクラウドには乗ってこないのかもしれませんね。 また、London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms で接続といのもスゴイです。引き続き、この Interoute の動きは追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!

Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!

Posted in Data Center Trends, Energy, Google, Green IT by Agile Cat on November 27, 2014

Google buys up Dutch wind energy for data center
http://wp.me/pwo1E-839
By AP | 18 Nov, 2014
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2014-11-18/news/56221929_1_wind-project-data-center-u-s-search-giant

_Economic Times

AMSTERDAM: Google says it will buy the entire output of an 18-turbine, 62-megawatt Dutch wind energy project in the Netherlands to supply power to a major data center it is building.

AMSTERDAM: Google だが、いま構築している大規模データセンターに電力を供給するために、Netherlands において 18 タービン/62 MW を実現する、Dutch wind energy の全出力を購入する予定だと発言している。

Company officials said Tuesday that Google wants both price certainty and to ensure that the 600 million euro ($750 million) data center in Eemshaven, Netherlands – due to be completed in 2017 – will be supplied by renewable energy from the start.

この火曜日 (11/18) の、同社によるオフィシャルな説明によると、2017年の完成を目指して Eemshaven, Netherlands に建設中のデータセンターに対して、600 million euro ($750 million) というコストが注ぎ込まれ、また、最初から再生可能エネルギーが供給されることが明らかになった。

The wind project is also still under construction at nearby Delfzijl, with turbines both onshore and off the coast in the North Sea.

また、北海に面した Delfzijl 付近の海岸線と沖合にタービンを配置する、この風力発電プロジェクトも、開発が進められているところだ。

Google did not disclose terms but said it has signed a 10-year contract. The U.S. search giant has inked similar deals in Finland and Sweden in the past two years.

この契約は、10年間に渡るものになるようだが、その点について、Google は明らかにしていない。 なお、これまでの 2年間に、この米検索大手は Finland と Sweden で、今回のような契約を結んでいる。

ーーーーー

この 9月に、「Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven データセンターとは?」という抄訳をポストしましたが、ちょっと供給電力の計算が合いませんね :) 今回の記事のほうが、オフィシャルな発言ということなので、正しいはずだと思います。それにしても、素晴らしいかたちで、自己完結しているプロジェクトであり、ヨーロッパにおける Google 大規模データセンターの、デザイン・パターンも完成という感じがします。 続報が楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

IDC : 2017年を境にDC 数は減少にいたるが、全体的なキャパは成長し続ける
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner

%d bloggers like this: