Agile Cat — in the cloud

2013年 : OpenStack の マトメ

Posted in .Chronicle, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 19, 2013

着実に成長した1年だが、ライバルたちも強力だ ・・・
http://wp.me/pwo1E-72h

agile_cat_loupe1

_  space

2012年11月に Gartner から発行された、IaaS Magic Quadrant の抄訳として、以前に『 Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?』をポストしましたが、その中で OpenStack の存在が言及されていたのは、わずか 2社のみでした。具体的には、SoftLayer と Rackspace となりますが、前者は IBM に買収され、そのクラウド・ビジネスの中核に置かれ、後者は OpenStack の旗振り役として、プレゼンスを発揮してきました。 そして、つい先日ですが、以下のような動きが生じています(英文へのリンク)。

_  space

12/11: Oracle Embraces OpenStack
12/11: Alcatel now supports OpenFlow, OpenStack on switches
12/12:
Dell and Red Hat team to sell enterprise OpenStack
12/16:
Salesforce.com to Join OpenStack Cloud Project

_  space

面白いもので、誰かが動き出すと、それに追随する者が必ず出てきます。 このオープンソース・コミュニティは、2013年を通じて、そのような形で成長を遂げてきました。そして 2014年ですが、Amazon AWS に対抗する勢力として、さらなる求心力を発揮できるのかどうか、OpenStack の真価が問われる年になりそうですね。

_  space

2/08: Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
3/26: VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
4/19: OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
4/22: Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
4/23: VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
7/17: Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
7/23: OpenStack が3歳になった:素晴らしく成長したが、まだ頑張らねば!
8/18: Rackspace が Sony を支援:PS 用の OpenStack プライベート?
8/20: OpenStack に必要なのはベンダー:インターオペラビリティではない!
8/21: 成長する OpenStack と 呼応する アジア:次のサミットは 11月の 香港だ!
8/22: OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
8/23: Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
8/29: Red Hat と OpenStack:サーティフィケーションとトレーニングとは?
8/29: Pivotal と Piston : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
9/18: OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
10/01: Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
10/08: Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?
12/04: OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

_  space

openstack-55a1この 11月ですが、『 Hey, Enterprise Developers! Get Agile Or Get Steamrollered 』という記事に、Synergy Research Group による、とても興味深いチャートが掲載されていたので、それをご紹介したいと思います。 これは、2012年 Q3 と 2013年 Q3 における、大手クラウド・プロバイダーの売上を比較したものであり、まず目につくのは、Amazon AWS の巨大さです。 そして、OpenStack の視点から眺めてみると、この中に割り込んでいきたいところですが、IBM および Salesforce と連携できるなら、オープンソース・クラウドとしての存在感を示すことも可能なはずです。 来年の OpenStack に期待したいですね!image

Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?

Posted in .Selected, Businesses, Citrix, Cloud Stack by Agile Cat on October 8, 2013

Citrix Sees Strong Cloud Sales Growth, Snaps Up Reuven Cohen As Chief Cloud Advocate
http://wp.me/pwo1E-6L1
8/16/2013 – Louis Columbus
http://www.forbes.com/sites/louiscolumbus/2013/08/16/citrix-sees-strong-cloud-sales-growth-snaps-up-reuven-cohen-as-chief-cloud-advocate/

_ Forbes

Citrix (NASDAQ: CTXS) continues to successfully launch and manage products in the areas of cloud, desktop, mobile and networking, reporting net revenue of $730M for their latest quarter (Q2, 2013), up 19% from Q2, 2012.  Product license revenue is up 21% from Q2, 2012 to $227M for the latest quarter as well.  In the interest of full disclosure, I have never held a position in Citrix stock and do not today, and they have never been a client.

Citrix (NASDAQ: CTXS) は、クラウド/デスクトップ/モバイル/ネットワークの分野で、次々とプロダクトを立ち上げ、また、ビジネスでも成功している。そして、2013年 Q2 の収益は $730M に至り、前年同期と比べて 19% の成長を達成したとレポートしている。プロダクト・ライセンスの収益も、2012年 Q2 から 21% の成長を達成し、この Q2 は $227M に至っている。私の立場を明らかしておくと、現時点で Citrix 株を保有ぜす、また、これまでに顧客として接したこともない。

The following table is from their 2Q13 Financial Results presentation:

以下のテーブルは、Citrix の 2Q13 Financial Results プレゼンテーションからのものである:

Managing Multiple Businesses And Making It Look Easy

Citrix continues to be a fascinating company to watch as it successfully competes across a broad range of businesses.  Cloud management, mobility and desktop management platforms, online collaboration, networking and security, and server virtualization are all revenue-generating businesses in the company today.

Citrix は、広範囲におよぶ他企業との競合に打ち勝った、魅力的な企業であり続けている。つまり、クラウド・マネージメント/モビリティとデスクトップの管理プラットフォーム/オンライン・コラボレーション/ネットワーク/セキュリティ/サーバーの仮想化といった、すべてのビジネスが、いまの Citrix の屋台骨となっている。

And while the majority of acquisitions in enterprise software struggle to deliver revenue or even fail, Citrix has been able to bolster is collaboration, enterprise mobility and telecom and networking businesses with solid additions.  Acquiring Zenprise in December, 2012 to bolster its mobile device management (MDM) strategy has led to increased sales, as has the acquisition of Podio in April of last year to augment its Online Services Division (OSD).  In June of last year Citrix also acquired ByteMobile, which gives the company entry into the telecom/carrier market.

そして、エンタープライズ・ソフトウェアおける大型の買収劇には、成功もあれば失敗もあるが、Citrix は実質を伴う拡張より、コラボレーション/エンタープライズ·モバイル/テレコム・ネットワークなどの事業を強化している。2012年 12月の Zenprise 買収では、その MDM (Mobile Device Management) 戦略の強化に成功し、また、売上の増加へとつなげている。そして、昨年 4月の Podio 買収では、その OSD(Online Services Division)を増強している。さらに、昨年 6月の ByteMobile 買収により、Citrix はテレコム/キャリアの市場に足がかりを得ている。

At Citrix Synergy 2013 held May 22 – 24 of this year in Anaheim, California the company hosted the Citrix Financial Analyst Track.  You can download the presentation from this track here.  This presentation shows how challenging it can be to manage a business with multiple revenue streams across a broad base of technologies.  The following slide taken from the Citrix Financial Analyst Track illustrates just how quickly Citrix is growing and how mobile & desktop, SaaS and networking & cloud are contributing to their growth.

今年の 5月22日~24日に California の Anaheim で開催された Citrix Synergy 2013 で、同社は Citrix Financial Analyst Track を展開した。このトラックにおけるプレゼンテーション資料は、ココでダウンロードできる。このプレゼンテーションでは、広範囲におよぶテクノロジーから生じる複数の収益源を、同社が管理していくために必要な、チャレンジの要素がが示されている。Citrix Financial Analyst Track から抜き取った以下のスライドは、Mobile & Desktop/SaaS/Networking & Cloud といった要素が、Citrix の成長スピードに貢献している様子が示される。

The addressable market opportunity for Citrix given the breadth of their product strategies is reflected in this slide, also from the Citrix Financial Analyst track:

同社の製品戦略に幅を与えると思われる、これからの取り組みが期待されるマーケットも、この Citrix Financial Analyst トラックに反映されている:

Why Citrix Snapped Up Reuven Cohen

With so much growth potential in their cloud-based businesses, Citrix needed a seasoned veteran from the cloud computing industry who had both developed and managed new cloud platforms, products and services to the stack level.

クラウドベースのビジネスにける成長を実現するために、Citrix はクラウド·コンピューティング業界のベテランを必要としていた。具体的に言うと、新しいクラウドのプラットフォーム/プロダクト/サービスを、スタック・レベルで開発/管理していける人材である。

They chose Reuven Cohen as their first-ever Chief Cloud Advocate based on his entrepreneurial expertise in Infrastructure-as-a-Service (IaaS) including being the founder and CEO of Enomaly which was sold to Virtustream in 2012. He is also actively involved in the National Institute of Standards Technology (NIST) cloud definition, and is a GSA Cloud IaaS BPA awardee, presented Great Britain’s G-Cloud initiative to the Parliament, and is an active delegate in the Sino-EU America Cooperation Workgroup.

彼らは、最初の Chief Cloud Advocate として Reuven Cohen を選んだが、そのベースになったのは、IaaS ビジネスにおける彼の起業ノウハウである。つまり、彼は、2012年に Virtustream に買収された Enomaly の Co-Founder and CEO という経歴を有していたわけである。そして 彼は、National Institute of Standards Technology (NIST) におけるクラウド定義にも積極的に関与し、また、イギリス議会を主導する Great Britain’s G-Cloud を発表したことで GSA Cloud IaaS BPA を受賞し、さらに、Sino-EU America Cooperation Workgroup における積極的なリーダーでもある。

He is responsible for leading Citrix’s cloud advocacy efforts with a specific focus on increasing the volume, reach and influence of Citrix’s extensive portfolio of cloud solutions used by more than 260,000 customers and 100 million end users across the globe.  He’ll also be responsible for increasing the adoption of several Open Source initiatives at Citrix as well.   Here are a few of the current Citrix open source projects now underway:

彼の責任範囲は、Citrix クラウドの提唱というアクティビティをリードしていくことである。 具体的には、この世界における 260,000 以上の顧客と、1億以上のエンドユーザーが使用する、同社のクラウド・ソリューション・ポートフォリオを、質的/量的な面から高めるという、特化されたフォーカスを伴うものとなる。また、Citrix における、いくつかのオープンソース・イニシアティブの採用を、増やしていくことにも責任を持つ。以下は、Citrix で推進されている、オープンソース・プロジェクトの一部である:

Apache CloudStack, an open source software designed to deploy and manage large networks of virtual machines, as a highly available, highly scalable Infrastructure as a Service (IaaS) cloud computing platform.

Apache CloudStack は、IaaS クラウド・コンピューティング・プラットフォームとしてデザインされた、 高度な可用性と拡張性を持つオープンソース・ソフトウェアであり、仮想マシンで構成される大規模なネットワークをディプロイ/管理する。

OpenDaylight, a community-led, open, industry-supported framework, for accelerating adoption, fostering new innovation, reducing risk and creating a more transparent approach to Software-Defined Networking.

OpenDaylight は、オープンなコミュニティが主導し、業界がサポートするフレームワークであり、Software-Defined Networking へ向けたアプローチの加速および、新たなイノベーションの育成、リスクの削減、そして、透明性の確保を促進する。

The Xen Project, the home for various virtualization technologies powering the world’s largest clouds in production and is the foundation of many commercial products.

The Xen Project は、多様な仮想化テクノロジーの拠であり、世界で最大級のプロダクション・クラウドにパワーを供給し、また、数多くの商用プロダクツの基盤となっている。

XenServer, an open source project and community managed by Citrix. The project develops open source software for securely running multiple operating systems and applications on a single device, enabling hardware consolidation and automation to reduce costs and simplify IT management of servers and applications.

XenServer は、Citrix が管理するオープンソースのプロジェクトであり、コミュニティでもある。このプロジェクトから生じるオープンソース・ソフトウェアは、シングル・デバイス上で複数のオペレーティング・システムとアプリケーションを、安全に実行するものとなる。そして、ハードウェアの統合と自動化を促進することで、サーバーとアプリケーションに関するコストを削減し、IT マネージメントの簡素化を達成していく。

Congratulations to Reuven on being named Chief Cloud Advocate at Citrix, I am sure he’ll accomplish much in his new role.

Citrix の Chief Cloud Advocate に任命された Reuven に、まずは祝辞を送りたい。 こうした新しい役割の中で、彼が大きな成果を残すことを、私は確信している。

ーーーーー

imageこの記事を訳していて、再確認したことは、Citrix の時代を読む目です。 ターゲットを絞り込んだムダのない投資を繰り返すことで、クラウド・ベンダーの一角を占めるベンダーへと成長してきました。 たいしたものです。それと、この Reuven Cohen ですが、NIST のクラウド定義に参加していたのですね。こうした人材の循環が、アメリカのクラウドを強くしているのでしょう。 なお、文中にある Virtustream は、『Gartner の IaaS マーケット論評:その 15 社とは?』の末尾で紹介されています。 よろしければ、ど~ぞ! ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち
Citrix は Zenprise を買収し、BYOD を促進する!
分散オブジェクト・ストアの Basho が CloudStack に参加
Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
みんなが 期待の Open Cloud 特集

Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013

Posted in Cloud Stack, Joyent, Microsoft, Oracle, Research, Virtualization, VMware by Agile Cat on July 8, 2013

Gartner releases its 2013 Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure
http://wp.me/pwo1E-6ly

Posted by Kenneth van Surksum   | July 2nd, 2013
http://virtualization.info/en/news/2013/07/gartner-releases-its-2013-magic-quadrant-for-x86-server-virtualization-infrastructure.html

image

Gartner has released its annual Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure, positioning VMware and Microsoft in the leaders Quadrant. Leaders in this market have a clear strategy and road map for their offerings, understand virtualization’s role in infrastructure and operations transformation, and have a clear vision with respect to cloud computing.

Gartner がリリースした、今年の Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure では、 VMware と Microsoft が、この Quadrant の Reader として位置づけられている。 このマーケットにおける Leader は、自社プロダクトに対して明確な戦略とロードマップを有し、インフラとオペレーションを変革させる仮想化の役割を理解し、さらには、クラウド・コンピューティングに対して明確なビジョンを持つものとなる。

It’s interesting to notice that Citrix has left the leaders Quadrant (where it was in 2012) and can now be found in the visionairies Quadrant. Visionaries in the x86 server virtualization infrastructure market have a differentiated approach or product, but they aren’t meeting their potential from an execution standpoint. It will be interesting to see, if Citrix is able to become a leader again after its recent decision to hand over the development of the Xen Hypervisor to the Linux Foundation. For now, the just released XenServer 6.2, contains new features, but also has lost support of a lot retired and deprecated features as mentioned in the Release notes. For more information also read the post on XenServer 6.2 by Andreas Groth, who also publishes the Virtualization Matrix.

興味深いのは、この Quadrant における Citrix のポジションが、Leader から Visionairies へと後退していることだ(2012年は Leader)。 x86 Server 仮想インフラストラクチャ市場の Visionaries は、差別化が可能なアプローチやプロダクトを持っているが、実行力という観点からすると、そのポテンシャルを満たしていないものとなる。Xen Hypervisor の開発を Linux Foundation に譲り渡すという、Citrix における最近の判断が実施された後に、再び同社が Leader に返り咲くなら、とても興味深い展開となるだろう。いまは、XenServer 6.2 がリリースされたばかりであるが、新機能が含まれるだけではないのだ。 つまり、Rerlease Note に記載されるように、廃止された機能に対するサポートの喪失が問題となっている。詳細については、Virtualization Matrix を発行している Andreas Groth の XenServer 6.2 に関するポストを参照して欲しい。

Oracle stays in the challengers Quadrant. Challengers in this market have a strong ability to execute but a more focused marketing or product vision.And both Parallels and Red Hat stay in the nice player Quadrant. Niche Players have either not capitalized on their opportunity yet or are focused on specific niches where they can be successful versus competitors that have a more general approach.

この Quadrant において、Oracle は Challengers の位置に留まっている。このマーケットにおける Challengers は、その目的を遂行するためのパワフルな能力を有するが、マーケティングとプロダクトにおけるビジョンに対してフォーカスするものとなる。Parallels と Red Hat は、Niche Player のポジションに留まっている。Niche Player の定義は、そのチャンスを具体的なビジネスに転化できていないもの、もしくは、グローバルなアプローチをつ競合他社との比較において、特定されたニッチな市場で、成功することに焦点を当てているものとなる。

ーーーーー

imageこの Gartner の Magic Quadrant ですが、いつ頃からあるのでしょうかね? もう、すっかりお馴染みになってきましたが、今回のように、Leaders/Visionaries/Challengers/Niche Player の定義を完結にまとめてくれる記事は初めてだったので、とても助かりますというのが本音です。 それにしても、この仮想化の分野になると VMware の強さが目立ちます。Microsoft については、何の言及もありませんでしたが、Citrix と Oracle へのコメント見ると、ナルホドと思えてきますね。image

ーーーーー

<関連>

VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する – Gartner

 

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Cloud Stack, Dell, Joyent, OpenStack, Research by Agile Cat on January 15, 2013

Gartner’s IaaS Magic Quadrant: a who’s who of cloud market
http://wp.me/pwo1E-5wa
Gartner’s Magic Quadrant for IaaS has familiar names and surprising omissions
By
Brandon Butler – November 07, 2012
http://m.networkworld.com/news/2012/110712-gartner-magic-quadrant-264058.html

_Network World

この・・・現時点における MQ レポートは、2012年 6月の時点で一般に提供される IaaS クラウドを有するプロバイダーだけに、その範囲を限定しているのだ。 つまり、その時点において、Microsoft/HP/Google が有していたのは、ベータ段階の(IaaS)クラウドとなる。

<関連> PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

ーーーーー

Network World – The cloud market can be a big, daunting place. Seemingly every tech vendor has a cloud strategy, with new products and services dubbed "cloud" coming out every week. But who are the real market leaders? Research firm Gartner’s answer lies in its Magic Quadrant report for the infrastructure as a service (IaaS) market.

Network World – クラウド・マーケットは広大であり、また、手強い世界でもある。 表面上は、すべてのテック・ベンダーが、「クラウド」という用語を伴うプロダクトおよびサービスを、毎週のように提供するような、クラウドのためのストラテジーを有している。 しかし、ほんとうの意味での、マーケット・リーダーは誰なのであろう? リサーチ会社である Gartner の答えは、IaaS マーケットに関するMagic Quadrant レポートに示されている。

Unsurprisingly, Amazon Web Services is listed in the top, far-right corner, in the "leaders and visionaries" corner of the MQ.

予想どおり、Amazon Web Services が右上の高い位置に置かれいるが、それにより、この MQ(Magic Quadrant)における「 Leaders and Visionaries 」の、最高点を得ていることが分かる。

Amazon Web Services – The market share and thought-leader

Gartner reinforces what many in the cloud industry believe: Amazon Web Services is the 800-pound gorilla. The company is "extraordinarily innovative, exceptionally agile and has one of the richest IaaS portfolio of services." Its large pool of capacity in the cloud optimizes it for batch computing, high-performance computing and big data analytics.

Gartner は、クラウド産業における多くの人々が信じる、Amazon Web Services という強大な存在を追認している。 同社は、比類なきイノベーションと、並外れたアジリティを持ち、さらには、リッチは IaaS ポートフォリオ・サービスの 1つまで有している。 このクラウドにプールされる巨大なキャパシティにより、バッチ処理/HPC/Big Data 解析などのコンピューティングが最適化される。

There are some concerns, though, Gartner says. Namely, AWS has a "weak, narrowly defined" service-level agreement (SLA), which requires customers to spread workloads across multiple availability zones and only counts a violation of the SLA when both AZs are inaccessible. The SLAs also do not include the company’s popular Elastic Block Storage, which recently suffered an outage.

そして、いくつかの懸念があると、Gartner は発言している。 すなわち、AWS が有する、「脆弱で狭義」な SLA のことである。 AWS の顧客は、多数のアベイラビリティ・ゾーンを横断するかたちで、そのワークロードを分散するように要求される。そして、A~Z ゾーンの双方にアクセスできない場合に、SLA の対象になるという制限を含んでいる。 さらに、この SLA には、人気の Elastic Block Storage(先日にダウンしている)が含まれない。

Bluelock – The VMware public cloud

Bluelock is about the closest thing you’ll get to a VMware public cloud. The company is part of VMware’s vCloud Data Center Service, meaning it leverages VMware tools to power its offering. It is one of the first to roll out new VMware features and its product roadmap is aligned with that of VMware’s, Gartner says.

VMware パブリック・クラウドを得たいなら、最も身近な選択肢は Bluelock になる。同社は、VMware における vCloud  Data Center Service の一部であり、VMware ツールでテコ入れしたサービスを、提供していることになる。 とまり、VMware における新機能を、最初に展開する手段でもあり、そのプロダクト・ロードマップは、VMware のスケジュールに合わせられていると、Gartner は発言している。

CSC – The IT integrator goes to the cloud

CSC’s cloud division operates as a separate business unit within the larger traditional IT outsourcing company. It runs its two cloud services, CloudCompute, a public cloud offering, and BizCloud, a private cloud, on vCloud Data Center tools from VMware, and uses VCE blocks across an international set of data centers.

CSC のクラウド部門は、従来からの大手 IT アウトソーシング企業とは分離された、単独のビジネス・ユニットとして運営されている。 そこでは、VMware の vCloud  Data Center ツールと、世界中に展開される VCE データセンター・セットをベースに、パブリック・クラウドとしての CloudCompute および、プライベート・クラウドとしての BizCloud が提供される。

Dell – Traditional IT goes to the cloud

Dell’s VMware vCloud Data Center cloud is one of the prime examples of a traditional IT company attempting to transition to a cloud world. Gartner says Dell has a "realistic and logical" strategy for integrating between the company’s popular server hardware already installed across many enterprises and the company’s budding cloud offerings.

Dell の VMware vCloud  Data Center クラウドは、従来からの IT 企業が クラウドの世界に移行しようとする、最大級の事例の 1つである。 Gartner の発言によると、すでに Dell は、数多くのエンタープライズにインストールされた、同社の一般的なサーバー・ハードウェアと、同社が新たに着手するクラウドとの間で、現実的かつ論理的なストラテジーを統合する方式を、有しているとされる。

Dimension Data – Buying into cloud

Dimension Data, a system integrator and value-add reseller owned by the NTT Group, bought into the cloud market with its purchase of OpSource, which had specializes in software as a service (SaaS) hosting. Since then Dimension Data has integrated a VMware-based public and private cloud architecture that includes a 100% uptime SLA and AWS compatibility into the OpSource IP it acquired.

Dimension  Data は、NTT Group 傘下のシステム・インテグレーターであり、付加価値リセラーであるが、IaaS ホスティングに特化したソフトウェアを有する OpSource を買収し、クラウド・マーケットへと参入することになった。なぜなら、100% Uptime SLA と AWS 互換性を取り込んだ、Dimension Data における VMware ベースのパブリック/プライベート・クラウド・アーキテクチャと、同社が買収した OpSource IP が統合されたからである。

Fujitsu – Asian IT goes global, to the cloud

Fujitsu, the global tech company based in Japan, has a compressive cloud offering featuring a global public cloud, local regional public clouds and a private cloud service. All use Xen virtualization technology, although the company has been certified by VMware as a vCloud Data Center services, but has not yet rolled out those features.

Fujitsu は Japan ベースのグローバル・テック・カンパニーであり、グローバルなパブリック・クラウドおよび、ローカルなパブリック・クラウド、そしてプライベート・クラウドを特徴とする、凝縮されたクラウド・サービスを提供している。すべてにおいて Xen 仮想テクノロジーを用い、vCloud Data Center として VMware から承認されているが、その成果は現状では展開されていない。

GoGrid – The always-on cloud

GoGrid has some attractive qualities: 100% availability SLA; standard architectures across public and private cloud deployments; and GoGrid Exchange, a marketplace to run applications in its cloud. These have made GoGrid’s Xen-virtualized service become one of the top five IaaS providers by the number of VMs, Gartner says.

GoGrid には、いくつかの魅力的な特質がある。 たとえば、100% の可用性を約束する SLA や、パブリック/プライベートのクラウドをまたぐ標準的なディプロイメント・アーキテクチャ、GoGrid Exchange の存在、そして、そのクラウド上で運用されるアプリケーションのマーケットなどがある。 それにより GoGrid は、Xen 仮想サービスを用いる IaaS プロバイダのなかで、Top-5 に入る VM 数を有すると、Gartner は発言している。

Savvis – Cloud, etc.

Perhaps no other cloud provider combines a self-service, managed hosting and cloud model quite as well as CenturyLink and its Savvis cloud division, Gartner says. The VMware-powered IaaS offers customers a broad portfolio of cloud features and products, almost to a detriment, Gartner points out.

おそらく、セルフサービスと、マネージド・ホスティングと、クラウド・モデルを結合する、クラウド・プレイヤーは存在せず、また、CenturyLink と、そのクラウド部門である Savvis も同様であると、Gartner は発言している。 VMware パワーの IaaS は、一般的な災害などに対処するために、広範囲におよぶクラウドの機能とプロダクトで構成される、ポートフォリオを提供すると、Gartner が指摘する。

OVH – European flavor of cloud

One of Europe’s largest cloud providers by the number of VMs is OVH, an independent company with a history in Web hosting. OVH’s offering is tailored mostly for small and midsize businesses, but it combines an IaaS virtual machine capability with an object storage service.

VM 数という視点において、Europe で最大級のクラウド・プロバイダーといえば、Web ホスティングの歴史の中で独立系の道を歩んできた OVH となる。 OVH が提供するサービスは、主として中小企業びために仕立てられているが、同社では IaaS 仮想マシンの機能と、オブジェクト・ストレージ・サービスを組み合わせている。

SoftLayer – The SME cloud

CloudLayer, the name SoftLayer has given to its public and private cloud platform, is a Xen-virtualized IaaS targeted mainly at small and midsize businesses. It includes an OpenStack-powered object storage service that accompanies its offering of virtual machines. It also has a content delivery network, which it partners on with Internap.

CloudLayer という名の、SoftLayer のパブリック/プライベート・クラウド・プラットフォームは、主として中小企業にターゲットにする、Xen の仮想tクエのロジーを用いる IaaS である。 そこには、仮想マシンの提供に付随して生じる、OpenStack パワーのオブジェクト・ストレージ・サービスも含まれる。 さらに、Internap とのパートナシップにより、配信用のネットワークも含まれている。

Terremark – Verizon’s cloud play

In Gartner’s annual Magic Quadrant, the place companies want to be is in the top left corner, where Gartner names its leaders and visionaries. Behind Amazon Web Services, Terremark is the second-best positioned company on Gartner’s chart.

Gartner の Annual Magic Quadrant において、それぞれの企業が目指すのは、leaders and visionaries における左上のコーナーである。 その意味で、Terremark は Gartner のチャートにおける 2番目のポジションに位置し、Amazon Web Services を背後から追いかけている。

Owned by Verizon, Terremark has a long track record and a solid set of cloud and managed hosted products, including public and private single-tenant versions, an express version and one aimed specifically at the federal government.

Verizon 傘下の Terremark は、長期間におよぶ実績と、クラウドおよびマネージド・ホスティングに関する、充実したのプロダクトのセットを持しっている。 そして、そこには、パブリック/プライベートのシングル・テナント・バージョンが含まれ、また、連邦政府での採用をも狙う、特別なバージョンも含まれる。

Tier 3 – The pure-play cloud company

Tier 3 is all-in with the cloud. In addition to having a pay-by-the-virtual-machine IaaS, the company also offers a database as a service and has integrated VMware’s Cloud Foundry platform as a service (PaaS). It’s even extended Cloud Foundry PaaS framework to support .Net through a project named Iron Foundry. Gartner says Tier 3 has good features and an easy-to-use portal, plus an innovative and ambitious roadmap with a strong SLA.

Tier 3 には、すべてのクラウドが入っている。 同社は、pay-by-the-virtual-machine IaaS に加えて、サービスとしてのデータベースを提出し、また、PaaS としての VMware Cloud Foundry プラットフォームを統合している。 さらに、Cloud Foundry PaaS フレームワークを拡張した、Iron Foundry という名のプロジェクトを介して、.net をサポートしている。Tier 3 は、優れた機能と使いやすいポータル、そして、強力な SLA による、革新的で野心的なロードマップを有していると、Gartner は発言している。

Rackspace – The OpenStack cloud

Rackspace has bet big on OpenStack, which Gartner says is mostly a strength for the company, but it warns that OpenStack’s future is not only uncertain, but that the broader open source cloud deployment project can proceed, and succeed, with or without Rackspace also succeeding, given that Rackspace has ceded control of the project to a newly formed foundation.

Rackspace が OpenStack に大きく賭けていることが、その強みである一方で、OpenStack の未来が不確実なことに対して、Gartner は警告している。それだけではなく、Rackspace の成功とは関係のないところで、多様なオープンソース・クラウド・ディプロイメント・プロジェクトが促進され、また、成功を収めている。したがって、このプロジェクトのコントロールを、新たに作られた組織に対して、もっと Rackspace がオープンにしていればと考えてしまう。

Still, though, Rackspace has the second-largest market share in the cloud, provides excellent customer support — what it calls fanatical — and offers low-cost entry points into the cloud, making it ideal for experimentations. It uses Xen to virtualize its cloud, and has object storage, CDN and platform as a service (PaaS) offerings.

しかし、依然として Rackspace は、クラウドにおける 2番目のシェアを有している。そして、何を狂信的と呼ぶかは別にして、卓越した顧客サポートを提供し、低コストによるクラウド・エントリー・ポイントを提示し、理想的な実験環境を作り出している。 Rackspace は、クラウドを仮想化のために Xen を使用し、Object Storage/CDN/PaaS も有している。

Joyent – The biggest cloud provider you haven’t heard of

Joyent is an independent cloud provider and maker of the SmartOS operating system, which provides what Gartner calls a "holistic" approach to infrastructure, combining elements of compute, networking and storage into one cloud-delivered stack. With this converged infrastructure approach, Joyent targets high-performance apps to run on its cloud.

Joyent は、独立系のクラウド・プロバイダであり、また、SmartOS オペレーティング・システムのメーカでもある。Gartner が[総体的]と呼ぶインフラへのアプローチを、同社は提供している。つまり、コンピューティング/ネットワーク/ストレージの各要素を、クラウドとして提供される、単一のスタックに取りまとめているのだ。 この、集中型のインフラ・アプローチにより、Joyent のクラウドは、ハイ・パフォーマンス・アプリケーションの運用に目標を定める。

Virtustream – Wants your complex apps

Virtustream is the cloud for complex apps. A small, independent pure-play cloud, with an optional managed hosting service, Virtustream takes a consultation-type approach to selling its service, which makes it optimized for large, complex legacy or cloud-native applications to run in its public or private offering.

Virtustream は、複雑なアプリケーションに特化したクラウドである。 同社は、オプションでマネージド・ホスティング・サービスを持つ、小規模な独立系クラウド・プレイヤーである。Virtustream は、大規模で複雑なレガシー・アプリケーションから、クラウド・ネイティブのアプリケーションまでを、自身のパブリック/プライベートに最適化していくサービスを、コンサルティング・タイプのアプローチで販売している。

Network World staff writer Brandon Butler covers cloud computing and social collaboration. He can be reached at BButler@nww.com and found on Twitter at @BButlerNWW.

Read more about cloud computing in Network World’s Cloud Computing section.

ーーーーー

image

原文は、この何倍かの量になるのですが、どのようなプロバイダーが評価の対象となっているのかが、分かる形で抜粋してみました。冒頭にも書かれているように、昨年6月の段階で製品化されているものだけが対象となるため、Google Computing  などは入っていません。それらが、どのような評価を受けていくのか、とても興味があります。そして、AWS は、チャレンジャーたちに、どのようなハードルを突きつけていくのでしょうか? ほんとうに、興味の尽きないクラウド戦線ですね。image

ーーーーー

<関連>

PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
ーーーーー
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
NIST による SaaS/PaaS/IaaS の最新定義 – Jan 2011

 

みんなが 期待の Open Cloud 特集

Posted in .Selected, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 17, 2012

OpenStack と CloudStack だけではありません・・・
http://wp.me/pwo1E-5n5

Agile_Cat_2012

imageこうしてみると、オープン系のトピックが、今年の前半に集中していることが分かります。もちろん、後半も情報は出ていたのでしょうが、OpenStack と CloudStack の評価が安定し、また、『 どうなるの? 』 的な議論が終了し、尖った記事が減った結果なのだと思います。 これからのクラウドを担う重要なプラットフォームとして、多くの人々に認識された、オープン・クラウドに期待が集まっています。

それと、たった1本しか抄訳が有りませんが、OpenNebula がヨーロッパを中心に、しっかりと利用されている状況も掴めてきました。 そしてアメリカには OpenStack があり、また、Amazon AWS との互換性を重視する CloudStack や、Basho などのストレージもあり、来年の展開が楽しみ、、、という状況ですね。

ーーーーー

Jan   5: Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
Jan 10: さらなる クラウド M&A が押し寄せる
Jan 16: AT&T が OpenStack に参加した!
Jan 25: Piston Cloud が提供する、OpenStack エンタープライズ・プライベート
Jan 30: クリエーションラインが展開する統合戦略とは?
Feb   1: Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
Feb   9: OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らった Microsoft Hyper-V
Feb 14: Citrix の CloudStack 3 がデビュー! ユーザーにセキュアな OSS クラウドを
Feb 20: OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする
Mar   1: OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference
Mar   1: Amazon が安い? Hosting が安い? コスト分析モデルで比較する!
Mar   7: オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?
Mar 13: 身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
Mar 11: Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
Mar 20: トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
Mar 28: CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは?
Mar 30: AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Apr   3: Eucalyptus と OpenStack のファイトが、高度なクラウド戦争を引き起こす
Apr   5: CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
Apr   6: Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
Apr 12: OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
Apr 17: OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝!– including Midokura
Apr 18: Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
Jun 14: NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?
May   1: Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
May   7: Yahoo の Mojito は、Mobile 対応の OSS Dev プラットフォームなのだ
May 18: Nvidia と Citrix のチームがドライブする、グラフィック・パワーとは?
May 22: CloudStack vs. OpenStack:Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
May 22: CloudStack vs. OpenStack:Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _2
May 28: OpenLogic のスキャン調査 : オープンソースが 730% も増えているらしい
Jun 12: 世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
Jun 14: 調査 : ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
Jun 27: Azure の OSS デベロッパーも Github が好きなんだ
Aug 22: VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?
Sep   4: ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack
Sep   5:分散オブジェクト・ストアの Basho が CloudStack に参加
Sep 10: お待たせしました VMware さん – from OpenStack
Oct   5: Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Oct 19: OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用
Nov   2: Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
Nov 12: Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
Nov 22: CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

ーーーーー

Agile_Cat_20122009年の Hadoop World NYC で、あるプレゼンテーターが、『 おれたちは、もう ◯◯ のデータベースに、カネを払う気なんか無いんだ! 』と発言し、大喝采を浴びていましたが、 重要なソフトウェアであれば、あるほど、その所有権はユーザーにというか、万人にあるという新しいかたちに、この世の中は確実に変化しているようです。 Winking smile  image

ーーーーー

<関連>

みんなが 期待の Open Cloud 特集
みんなが 注目の SDN/OpenFlow 特集
みんなの 先生 James Hamilton 特集
みんなを 支える Data Center 特集
2012 – 2013 海外 マトメ・ポストを、マトメてみました 62本
泣いて、笑って、驚いて、今年も暮れる WeekEnd 特集

Citrix は Zenprise を買収し、BYOD を促進する!

Posted in .Selected, Byod, Citrix, Cloud Stack, Post-PC by Agile Cat on December 7, 2012

Citrix, now all about mobility, buys Zenprise to boost BYOD effort
http://wp.me/pwo1E-5kj

Dec 5, 2012 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2012/12/05/citrix-now-all-about-mobility-buys-zenprise-to-boost-byod-effort/

_ Gigaom

Credit the BYOD boom with this one: Citrix is buying Zenprise for its mobile device management expertise. Citrix launched a new push on enterprise mobility at its Synergy conference last spring.

BYOD ブームは、認めざるを得ない。 つまり Citrix が、エンタープライズにおけるモバイル・デバイスに取り組むために、その専門家である Zenprise を買収しようとしているのだ。この春の Synergy カンファレンスにおいて、Citrix は大規模エンタープライズのモバイル化を、プッシュしていくことを明らかにしている。

ーーーーー

Citrix is buying Zenprise, a specialist in mobile device management, in a bid to solidify its BYOD strategy.

Citrix は BYOD 戦略を固めるために、MDM(Mobile Device Management)のスペシャリストである Zenprise を買収しようとしている

The bring-your-own-device wave that’s sweeping businesses, constitutes a huge quandary for those companies. They want their employees to be able to use their iPhone, Android phone or tablet of choice but they don’t want to give those devices willy nilly access to corporate assets. Cue companies like Zenprise, which swaddles smart phones and tablets with an extra layer of security that spots unusual usage patterns that could signal big problems.

BYOD(Bring Your Own Device)の波は、各種の企業に押し寄せ、それらを大きな困惑に陥れる。 それらの企業は、従業員が所有する iPhone や Android、あるいはタブレットを使えるようにしたいが、企業としての資産に対して、有無を言わせずアクセスするような事態は避けたい。 Zenprise のような Cue 会社は、追加されたセキュリティ・レイヤーを用いてスマートフォンやタブレットを包み込み、それにより、大きな問題を引き起こす、異常な利用法パターンを見つけだす。

imageAccording to the company press release,  Citrix will integrate Zenprise’s software with its own Citrix CloudGateway and Me@Work products for managing mobile apps and data.  The acquisition, terms of which were not announced, should be completed in the first quarter of 2013. The move is not surprising in that Citrix launched a big enterprise mobility push at its Synergy conference last spring.

同社のプレスリリースによると、モバイル・アプリとモバイル・データの管理において、Zenprise のソフトウェアを、Citrix の  CloudGateway と Me@Work に統合していくことになる。  この買収に関する条件は公表されていないが、2013年の Q1 には完了するはずだ。この春の Synergy カンファレンスにおいて、Citrix が大規模エンタープライズのモバイル化を、プッシュしていくことを明らかにしていることから、この動きは驚くべきものではない。

imageZenprise customers include the Boston Red Sox, Grant Thornton, and Monsanto. Zenprise’s products can perform up-front checks of the device in question and will block device access to corporate resources if it is “unmanaged,” jailbroken or out of compliance with the company’s blacklist or whitelist policy, according to Zenprise’s website.

Zenprise の顧客には、Boston Red Sox や、Grant Thornton、Monsanto などが含まれる。 Zenprise のプロダクトは、問題になるデバイスを前もってチェックすることが可能であり、また、それが Unmanaged もしくは Jailbroken であれば、さらに、企業ポリシーのブラックリスト/ホワイトリストに準拠していなければ、企業のリソースへのアクセスを阻止すると、Zenprise の Web サイトには記載されている。

BYOD is a huge problem for enterprise accounts — most of which are contending either with the fear of data breaches or breaches themselves. Even tech powers like IBM have dealt with the challenges of BYOD by actually neutering some popular features of user devices — Siri is muted for example.

BYOD は、エンタープライズ・アカウントにとって、大きな問題となっている。 つまり、それらの大半は、データの漏洩や侵害という不安と戦っているのだ。 IBM のようなテクノロジー企業でさえ、ユーザー・デバイスの特定機能を取り除くことで(たとえば Siri など) 、BYOD への挑戦に取り組んでいる。

Founded in 2003, Zenprise got funding from Greylock Partners, Shasta Ventures, the Mayfield Fund, Rembrandt Venture Partners and Bay Partners.

Zenprise は 2003年に設立され、その資金は、Greylock Partners/Shasta Ventures/Mayfield Fund/Rembrandt Venture Partners/Bay Partners などから拠出されている。

Subscriber Content

ーーーーー

imageここでは、デバイス自身にフォーカスする MDM だとされていますが、デバイスに配信されるアプリケーションを関心事とする MAM(Mobile Application Management )という考えからもあるようです。 MAM であれば、企業が所有しないデバイスにも、コーポレート・アプリケーションのインストールが可能になりますが、Zenprise の考え方だと、企業が提供するデバイスが前提となるのでしょうか? それとも、MDM の解釈が拡大されてきたのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

Apple と VMware がタッグを組んで、Microsoft Office を挟撃する
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
iPad 対 PC : 利用シーンをチャートで比較
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
Amazon が CPU ビジネスに参入 : あの TI を買収する?

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

Posted in .Selected, Cloud Stack, Telecom by Agile Cat on November 27, 2012

Leading Telecommunications Companies Choose Apache CloudStack to Power their Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-5gs

2012/10/17
http://www.citrix.com/news/announcements/oct-2012/leading-telecommunications-companies-choose-apache-cloudstack-to.html

image

Citrix CloudPlatform, Powered by Apache CloudStack, Selected as the Foundation for Successful Global Cloud Deployments

ーーーーーImage(2)

Citrix today announced that more than a half a dozen of the world’s leading telecommunications companies have chosen Citrix CloudPlatform, powered by Apache CloudStack, as the foundation for their next generation cloud computing offerings, including: BT, China Telecom, EVRY, IDCFrontier, KDDI, KT, NTT Communications and Slovak Telecom. These recent wins by Citrix in the global telecommunications market add to company’s already successful track record in helping the world’s largest providers build highly scalable and successful cloud computing businesses.

今日のことだが、Citrix は半ダース以上の世界のリーディング・テレコム・カンパニーが、次世代クラウ・ドコンピューティングの基盤として Apache CloudStack が提供する、Citrix CloudPlatform を採用していると発表した。 そして、そこには、BT/China Telecom/EVRY/IDCFrontier/KDDI/KT/NTT Communications/Slovak Telecom が含まれている。 最近のグローバル・テレコム市場における Citrix の躍進は、スケーラブルなクラウド・コンピューティングを構築し、そのビジネスを成功させてきた世界の大手プロバイダーのリストに、新たなページを付け加えるものとなる。

The emergence of public Infrastructure as a Service (IaaS) clouds in the last several years is changing the way that individuals, developers and businesses utilize computing power. Unpredictable demand, aggressive development schedules and cost savings are some of the reasons that end-users are signing up for cloud computing offerings and moving their applications to the cloud. With CloudPlatform, Citrix offers all of the necessary management software and infrastructure technology for global telecommunications providers to take advantage of this market demand and deliver cloud computing services that are custom tailored to their customers and market.

この数年における IaaS クラウドの台頭は、コンピューティング・パワーを活用する、個人/開発者/企業の通るべき道筋を変化させている。 予想できない負荷の変動および、積極的な開発スケジュール、そしてコストの削減といった要因の背景には、クラウド・コンピューティングが提供するものに、エンドユーザーがサインアップし、そこに自身のアプリケーションを移動してくるという形態が存在する。 Citrix は CloudPlatform により、グローバル・テレコム・プロバイダが必要とする、すべてのマネージメント・ソフトウェアとインフラ・テクノロジーを提供する。 それにより、それぞれのプロバイダーは、この市場における需要を先取りし、顧客と試乗に合わせて仕立て上げられた、カスタムなクラウド・コンピューティング・サービスを供給していく。

Image(48)

Citrix CloudPlatform is based on Apache CloudStack, the market leading open source cloud computing project currently undergoing incubation in the Apache Software Foundation. Since its introduction, Apache CloudStack has rapidly become the leading open source platform for building, managing and delivering highly scalable infrastructure-as-a-service clouds for a wide range of customers such as these leading providers. CloudStack has more than 30,000 community members, thousands of certified apps, and hundreds of production clouds, collectively generating more than $1 billion in cloud revenue from some of the biggest brands in the industry.

Citrix CloudPlatform は、マーケットをリードし、また、Apache Software Foundation でインキュベートされている、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プロジェクトである、Apache CloudStack をベースにしたものである。 その立ち上がりから、Apache CloudStack は、きわめてスケーラブルな IaaS クラウドを構築/管理/供給する、最先端のオープンソース・プラットフォームへの道を、素晴らしいスピードで駆け上がり、また、以下に紹介するリーディング・プロバイダーを含む、広範囲におよぶレンジをカバーしている。 CloudStack には、30,000人以上のコミュニティ・メンバーがいて、数千の保証されたアプリケーションと、数百のプロダクション・クラウドがある。そして、この業界における、いくつかのビッグ・ブランドから、少なくとも $1 billion のクラウドによる収入を生み出している。

Leading telecommunications companies are increasingly choosing Citrix CloudPlatform as the platform for their next-generation cloud services because it is the most proven way to build production ready clouds on an open source platform designed for economics, elasticity and scale – complete with commercial engagement and support from Citrix. Already proven in deployment at over 140 customers worldwide, Citrix CloudPlatfom delivers a powerful, proven, hypervisor-agnostic platform that helps customers of all sizes build true Amazon-style clouds.

リーディング・テレコム企業が、自身の次世代クラウド・サービスのために、Citrix CloudPlatform をプラットフォームとして選ぶケースが増えている。なぜなら、経済性/柔軟性/スケールを考慮して設計された、オープンソース・プラットフォーム上で、プロダクション・クラウドを構築する上で、最も広い範囲で証明された方法であり、また、しっかりと商用を意識し、Citrix からサポートされるからである。 Citrix CloudPlatfom は、すでにワールドワイドで 140社以上の顧客にディプロイメントされ、すべてのサイズの Amazon スタイル・クラウドを、構築を促進するためのパワフルさを証明された、ハイパーバイザを意識しないで済むプラットフォームを供給する。

ーーーーー

Li JinLing
General Manager of Software Development Dept.
China Telecom System Integration Co.,Ltd.

Cloud computing is one of the fastest growing technology movements in China, attracting customers across all industries, regions and sizes of organizations that are looking for the efficiencies and economics associated with on-demand IT services. China Telecom has a long-standing history of working with open source technologies and have been working extensively with Apache CloudStack as the foundation for our new cloud service. We chose CloudStack because of its technical maturity, it’s broad ecosystem of supporters and our ability to participate in its open source community.

クラウド・コンピューティングは China において、最も成長の速いテクノロジーの流れを作り出している。そして、オン・デマンドの IT サービスと結び付けられる、効率と経済に注目している、すべての業種/地域/規模における組織をまたいで、顧客たちを引き付けている。 China Telecom は、オープンソース・テクノロジーと、長期間にわたって協調してきた歴史を持ち、また、私たちの新しいクラウドサービスのための基盤として、Apache CloudStack と幅広く協調している。CloudStack を選択したのは、テクニカルにおいて成熟しているからである。そして、サポートのための広範囲におよぶエコシステムがあり、そのオープンソース・コミュニティに参加していけるところに、私たちの理由がある。

ーーーーー

Baard Mühlbradt
Managing Director
EVRY

As one of the largest providers of Telecommunications and IT services to the Nordic region, when EVRY looked to build out a comprehensive cloud service portfolio of on-demand computing resources, on-demand connectivity, and on-demand managed services for smb and enterprise customers, it was important that we picked a proven platform that met the high standards and functionality that our customers expect. After evaluating the options on the market, we chose Citrix CloudPlatform and CloudPortal as the foundation to our service. Based on the leading open source Apache CloudStack project and proven with large scale deployments in the IT Services industry, it was clear to EVRY that Citrix CloudPlatform gave us the fastest time to market and the richest feature-set that enables us to deliver high quality enterprise cloud services to our customers.

スカンジナビアにおける最大手のテレコムとして、また IT サービス・プロバイダとして、EVRY は包括的なクラウド・サービス・ポートフォリオの構築に注目している。 それは、SMB とエンタープライズのための、オン・デマンドのコンピューティング・リソース/コネクティビティ/マネージメント・サービスで構成されるものであり、また、標準化と機能を高度なレベルで満たすと証明された、プラットフォームの選択を、私たちの顧客は期待していた。 そのマーケットにおける選択肢を評価した後に、私たちのサービスの基盤として、Citrix の CloudPlatform と CloudPortal が選ばれた。 オープンソースをリードする Apache CloudStack プロジェクトが基盤となり、また、IT Services 業界で大規模スケール・ディプロイメントが証明されていた。 したがって、Citrix CloudPlatform が、市場へ向けた最短の道のりと、最もリッチな機能を提供することが、EVRY にとって明らかにされていた。それは、高品質のエンタープライズ・クラウド・サービスを、私たちの顧客に提供できるものであった。

ーーーーー

Mr. Ichiro Nakayama
Division Director of Business Development
IDCFrontier

For the last year, IDC Frontier has been at the forefront of bringing innovative cloud computing services and technologies to businesses in Japan with our leading IDCF Cloud Self Type. In order to take advantage of the the growing interest in public cloud services in Japan, we needed to partner with a technology provider that enabled us to get to market quickly with a solution that met the quality, reliability and technology needs of our demanding customers. IDC Frontier was the first provider to bring Citrix CloudPlatform and the Apache CloudStack project to the Japanese market and we look forward to working with Citrix and the community to advance cloud computing across our region.

昨年を通じて、IDC Frontier は、先進の IDCF Cloud Self Type を用いて、日本企業におけるクラウド・コンピューティングのサービスとテクノロジーを、革新していく最前線に立ち続けた。日本において増大するパブリック・クラウド・サービスへの関心という、最先端のトレンドを形にするために、テクノロジー・プロバイダーとのパートナシップを、私たちは必要としていた。そして、そのパートナシップは、私たちの顧客が要求していくる、品質/安定性/先進技術というニーズを充たすソリューションで、IDCF のビジネスを素早く支援する必要があった。こうした背景により IDC Frontier は、Citrix CloudPlatform と Apache CloudStack プロジェクトを、日本市場にもたらす最初のプロバイダーとなった。 そして、さらに、このリージョンを横断するクラウド・コンピューティングを推進するために、Citrix およびコミュニティと協調できることを、私たちは楽しみにしている。

ーーーーー

Mr. Akihiro Nakashima
General Manager, Cloud Services Planning and Development Department
KDDI

In July, KDDI introduced the KDDI Cloud Platform Service, a highly reliable cloud service specifically focused on addressing the growing needs of enterprises in Japan that have higher requirements around control, security and reliability that typically found in most public cloud services. Citrix CloudPlatform’s proven success with the world’s largest Cloud Service Providers coupled with its commitment to openness and interoperability made it the ideal solution when we were evaluating the various cloud management solutions. We are excited to be working with Citrix on the innovation and evolution of the cloud computing market.

この 7月に、KDDI が導入した KDDI Cloud Platform Service は、日本のエンタープライズの間で増大するニーズにフォーカスする、とりわけ信頼性を重視したクラウド・サービスである。 具体的には、大半のパブリック・クラウド・サービスに顕著な、制御/安全性/信頼性をとりまく、きわめて厳格な要件に対応するものとなる。 Citrix CloudPlatform の成功体験は、オープン性とインターオペラビリティの約束と結び付けられたものであり、また、世界で有数の Cloud Service Provider たちが証明するものである。そして、私たちが、各種のクラウド・マネージメント・ソリューションを評価したとき、そこに理想的なソリューションを見出すことができた。 クラウド・コンピューティング市場にイノベーションと進化をもたらすために、私たちは Citrix と協調している。 とてもエキサイティングである。

ーーーーー

Ji-Yun Kim
SVP of Cloud BU
KT

For the past 2 years, KT has been partnering with Citrix in delivering the ucloud biz,, an innovative public cloud service based on Apache CloudStack. When building cloud systems, choosing pertinent partners is critical for business success. We used Citrix CloudPlatform as the foundation for our private cloud and found it to be an extremely robust solution that minimized the overhead costs of integration and complex deployment schedules. Citrix CloudPlatform technology seamlessly integrated with our existing technology and is allowing us to create a strong and agile public cloud.

これまでの 2年間において、KT は Apache CloudStack ベースの革新的なパブリック・クラウド・サービスである、ucloud biz を展開するために、Citrix とパートナーシップを作り上げてきた。クラウド・システムの構築に際して、適切なパートナーを選択することが、ビジネスを成功に導くために重要となる。私たちは、プライベート・クラウドの基盤として、Citrix CloudPlatform を用いている。そして、インテグレーションにおける間接コストと、ディプロイメント・スケジュールにおける複雑さを最小化する、堅牢なソリューションであると認識している。 Citrix CloudPlatform てテクノロジーは、私たちの既存テクノロジーとシームレスに統合され、強固でアジャイルなパブリック・クラウドの構築を実現している。

ーーーーー

Mr. Motoo Tanaka
Senior Vice President, Cloud Services
NTT Communications

As the industry continues to move to Cloud-based solutions, we focused on developing offerings that help partners leverage the rapid growth taking place in this segment, while also bringing the benefits of Cloud to small and medium businesses. By partnering with Citrix around Apache CloudStack and utilizing the commercial Citrix CloudPlatform, we have launched flexible, scalable, and cost-effective global public cloud service called “Cloudⁿ” which can expedite time to market and develop highly reliable solutions to expand our partners’ business opportunities.

IT 産業がクラウド・ベースのソリューションへ向けて移行するにつれて、このセグメントにおけるパートナーたちが、素早く成長していくための支援を目標に、私たちは自身の開発にフォーカスしてきた。その一方で、クラウドのメリットを、中小企業にもたらすことにも注力してきた。Apache CloudStack に関連するパートナーシップを Citrix と作り上げ、商用の Citrix CloudPlatform を活用することで、 私たちは、フレキシブルで、スケーラブルで、コスト・エフェクティブなグローバル・パブリック・クラウド・サービスを立ち上げた。 それが、Cloudn であり、 私たちのパートナーにおけるビジネスチャンスを拡大するために、彼らのサービス開発サイクルを早め、きわめて信頼性の高いソリューションを実現している。

ーーーーー

Ján Adamec
Chief ICT and Corporate Segment Officer
Slovak Telekom

Earlier this month Slovak Telekom launched TelekomCloud, our innovative public IaaS cloud service portfolio of on-demand computing resources to address the growing interest in cloud computing in the region – the first of its kind in Slovakia. After an extensive search to find the right partner for our service, we chose Citrix CloudPlatform as it provided us with a proven cloud management platform that enabled us to get to market quickly and provided advanced features like billing, self-service portal, networking as a service and a software catalog, helping us operate our cloud as a business.

今月の初めに、Slovak Telekom は TelekomCloud をローンチした。それは、オン・デマンドのコンピューティング・リソースに関する、革新的なパブリック IaaS クラウド・サービス・ポートフォリオであり、私たちの地域において増大する、クラウド・コンピューティングへの関心に取り組むためのものである。 つまり、Slovakia における最初のクラウドである。 私たちのサービスにとって、最適なパートナーを探すための大規模な調査の後に、すでに実績の証明されたクラウド・マネージメント・プラットフォームを提供するものとして、Citrix CloudPlatform を選んだ。それにより、迅速なビジネスの立ち上げが可能となった。そして、先進的な機能である、課金サービスや、セルフサービス・ポータル、サービスとしてのネットワーク、ソフトウェア・カタログなどが提供され、ビジネスとしての私たちのクラウドを、容易に運用することができた。

ーーーーー

Sameer Dholakia
Group VP and GM of Cloud Platforms
Citrix

We believe the biggest winners in the Cloud Era will be clouds built on a platform that is designed from the ground up with a true Amazon-style architecture, proven at scale in real production clouds, compatible with the Amazon architecture and fully committed to open source. The magnitude of global adoption among these telecommunications providers entrusting their core infrastructure service to the Citrix CloudPlatform is tremendous validation and proof of our position in the marketplace.

私たちが確信するのは、まさに Amazon スタイルのアーキテクチャを用いて、ゼロからデザインされたプラットフォーム上のクラウドが、Cloud Era における最大の勝者になる点に集約される。つまり、プロダクション・スケールで証明されたクラウドであり、また、Amazon アーキテクチャとの完全な互換性を持ち、完全なオープンソースを約束するものである。 Citrix CloudPlatform にコアとなるインフラ・サービスを託す、一連のテレコム・プロバイダーに対する、グローバルで大規模なアダプションは、とてつもなく大きな評価を意味し、マーケットにおける私たちのポジションを証明する。

ーーーーー

imageベンダーさんのニュースを訳すのは、ほんとうに久々のことです。 もともと、なぜ CloudStack が、これほどまでテレコムに導入されるのかという、とてもシンプルな興味があったのですが、このレビューを見ても分かるように、世界の 8社の中で、日本勢が 3社を占めるという状況にも惹かれます。 それぞれの理由があるようですが、全体に共通するのは、オープンソースであり、実運用環境での証明が済んでいるという、ふたつのポイントです。 そして、同じレンジで競い合うものとして、OpenStackOpenNebula があります。まさに、使う側の視点から構成された、新しいクラウドの世界へと、私たちは進み行っているわけで、そう考えると、とてもワクワクな気分になってきますね! image

ーーーーー

<関連>

調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
クリエーションラインと、CloudStack/MidoNet/Cloudian の統合戦略とは?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura

Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表

Posted in .Selected, Cloud Stack by Agile Cat on November 12, 2012

Apache Steers CloudStack Forward with new Incubator Version
http://wp.me/pwo1E-5al

by
Sam Dean – Nov. 08, 2012
http://ostatic.com/blog/apache-steers-cloudstack-forward-with-new-incubator-version

_ ostatic

In late October, we reported that It’s been six months since Citrix contributed its CloudStack open source cloud computing platform to the Apache Software Foundation. Back in February of this year, we covered Citrix’s announcement of the CloudStack 3 open source cloud platform, but ever since then OpenStack has generated most of the buzz surrounding open source cloud computing platforms.

私たちは 10月の下旬に、Citrix が CloudStack OSS クラウド・プラットフォームを、Apache Software Foundation に寄付してから 6ヶ月が経ったとレポートした。 今年 2月の時点に戻って、Citrix の CloudStack 3 OSS クラウド・プラットフォームのアナウンスをカバーしてみたが、その時から OpenStack は、OSS クラウド・プラットフォームを取り巻く大量のバズを生み出していた。

This week, the Apache CloudStack project announced the 4.0.0-incubating release of the CloudStack Infrastructure-as-a-Service (IaaS) cloud platform. This is the open source arm of the CloudStack effort, and Citrix has its own commercial arm. As the new open source platform spreads out, it has a lot to offer.

そして、今週、Apache の CloudStack プロジェクトは、CloudStack IaaS クラウド・プラットフォームの、4.0.0-Incubating のリリースを発表した。 それは、CloudStack におけるオープンソースの紋章であり、また、Citrix は商用としての紋章を持っている。この新しいオープンソース・プラットフォームは、横に展開しながら、数多くのオファーを備えてきた。

One of the biggest enhancements to the new version of CloudStack is the support for Amazon Web Services APIs. These extend to the Elastic Compute Cloud API, and Amazon cloud integration is basically now baked into CloudStack, where it wasn’t before.

CloudStack の新バージョンにおける最大の拡張は、Amazon Web Services API のサポートである。 一連の拡張は、Elastic Compute Cloud API だけではなく、以前には対応していなかった Amazon クラウドとの基本的なインテグレーションを、CloudStack でサポートしていくという範囲にまで及んでいる。

These are some of the other new additions:

そして、以下のような心機能が加えられている:

  • Inter-VLAN Routing (VPC)
  • KVM Hypervisor support now works with Ubuntu 12.04 and RHEL 6.3
  • Site-to-Site VPN
  • Local Storage Support for Data Volumes
  • Virtual Resource Tagging
  • Secure Console Access on XenServer

imageInfoWorld has a good discussion of how Inter-VLAN Routing, which sounds like a major addition:

InfoWorld は、Inter-VLAN Routing の方式について、重要な補足とも言える、適切な説明を提供している:

"Also new is an inter-VLAN routing capability, which enables users to set up virtual private clouds holding multitier applications deployed on disparate VLANs. Virtual machines can be deployed on different tiers, such as Web, Application, or Database. The VLANs, meanwhile, are connected to a virtual router, which facilities communication among the VMs. This feature is supported on XenServer and VMware hypervisors."

さらに、Inter-VLAN Routing の機能が加わった。それを用いることでユーザーは、異なる VLAN 上にディプロイされる、マルチティア・アプリケーション群を保持する、バーチャル・プライベート・クラウドのセットアップを実現していく。つまり、Web/Application/Database といった各種の階層上に、仮想マシンをディプロイしていくようになる。その一方で VLAN は、いずれかの VM との通信を促進する、バーチャル・ルータと接続される。 この機能は、XenServer と VMware のハイパーバイザ上でサポートされる。

You can read much more about the new additions here.

この新機能について、さらなる詳細は、ココで参照できる。

According to Citrix’s recent post summarizing the overall reach of CloudStack:

また、最近の Citrix からのポストでは、CloudStack の全体像がサマライズされている:

"CloudStack continues to gain rapid adoption with large scale deployments around the world, both with major service provider and enterprise customers. While you might not realize it from reading the press releases, CloudStack is far and away the most widely deployed open source platform in the cloud. It’s not even a close race. While other platforms have lots of ‘PR wins,’ very few have been successful in real deployments."

CloudStack は、世界をまたにかける大規模スケールのディプロイメントを用いて、主要なサービス・プロバイダとエンタープライズに対して、迅速なアダプションを提供し続けていく。 私たちのプレス・リリースからは読み取れないかもしれないが、クラウドの世界で最も広い範囲でディプロイされている、オープンソース・プラットフォームが CloudStack なのである。 それは、接戦というレベルの話ではない。 他のプラットフォームが、たくさんの「PR 上の勝利」を謳っているが、実際のディプロイメントにおいて、成功を収めているのは、ごく僅かである。

CloudPlatform, the commercial arm of CloudStack run by Citrix, is in use at over 130 organizations, according to Citrix.

Citrix によると、同社の商用版 CloudStack である CloudPlatform は、130以上の組織で利用されているとのことだ。

Related Blog Posts

ーーーーー

imageCloudStack は以前から、Amazon AWS との互換性を強くプッシュしてきました。 しかし、以下の関連にもあるように、その不備を指摘されてきたわけですが、この 4.0.0-Incubating では Amazon Web Services API のサポートが強化されたようです。また、Inter-VLAN Routing や Site-to-Site VPN なども、とても有益な機能になるはずなので、楽しみですね。image

ーーーーー

<関連>

CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _2
分散オブジェクト・ストアの Basho が CloudStack に参加
Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!

%d bloggers like this: