Agile Cat — in the cloud

富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Posted in .Selected, Asia, Citrix, Google, Post-PC by agilecat.cloud on July 7, 2015
Fujitsu, Google collaborate on managed Chromebook Services delivery
Peter Dinham – July 07, 2015
http://www.itwire.com/business-it-news/enterprise-solutions/68556-fujitsu-google-collaborate-on-managed-chromebook-services-delivery
 
_ IT Wire
 
Fujitsu has teamed up with Google to deliver an enterprise-grade managed service offering in Australia and New Zealand that it says leverages the flexibility, simplicity and security of the Chrome platform (Chromebooks and Chromeboxes).
 
Fujitsu は Google と提携し、 Australia と New Zealand において、エンタープライズ・グレードのマネージド・サービスを提供しようとしている。つまり、それにより、Chrome プラットフォーム(Chromebook と Chromeboxes)の柔軟性/簡潔性/安全性を、エンタープライズのために活用しようと目論んでいるのだ。
 
ーーーーー
 
Under the partnership, the Fujitsu Managed Chromebook Service will equip organisations with a flexible, scalable and cost effective solution to employee mobility, comprehensively controlled by Fujitsu’s managed services.
 
このパートナーシップの下で、Fujitsu Managed Chromebook Service が顧客に提供するのは、従業員のためのモバイビリティを、Fuhitsu のマネージド・サービスで包括的に制御するための、柔軟性/拡張性/経済性に富んだソリューションとなる。
 
Fujitsu ChromebookThe Managed Chromebook Service is closely aligned with Fujitsu’s Virtual Workplace Solution, which will allow Chromebook users to access their traditional applications and data via virtual desktop technology. Fujitsu partners with Citrix to deliver the service.
 
この Managed Chromebook Service は、Fujitsu の Virtual Workplace Solution と密接に連携している。それにより、対象となる Chromebook ユーザーたちは、仮想デスクトップ・テクノロジーを介して、レガシーなアプリケーションやデータにアクセス可能となる。 なお、この種のサービスに関して、Fujitsu は Citrix と提携している。
 
Phil Dean-Jones, Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC, at Citrix, said, “As more and more Citrix customers move to cloud-based delivery of Windows Desktops and Applications, Fujitsu is a key Service Provider with a track record for hosting Citrix and managing these migrations across Australia and the world.
 
Citrix の Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC である Phil Dean-Jones は、「 Citrix における数多くの顧客が、Windows のデスクトップとアプリケーションを、クラウド・ベースで供給し始めている。それにつれて Fujitsu は、Citrix ホスティングに関する実績を積み上げ、また、Australia とグローバルで一連のマイグレーションを管理するという、きわめて重要な Service Provider となっている」と述べている。
 
“Momentum for Chromebooks has been building and the cost benefits are clear, however the first question asked by customers is ‘what about my Windows applications?’ which is why Citrix released our Receiver for Chromebook in 2013.
 
「Chromebook は勢いを生み出しており、そのコスト・メリットも明確である。しかし、顧客たちは、「私の Windows アプリケーションは、どうなる?」と、最初に必ず聞いてくる。そこに、2013年の時点で Citrix が、Chromebook レシーバをリリースした理由がある」
 
“We see the new Fujitsu Managed Chromebook Service as the next step for these devices, as the Chromebook gains mainstream business attention, now backed in Australia by a Tier 1 Citrix Service Provider in Fujitsu.”
 
「 Chromebook がビジネスのメインストリームで注目を集めるにつれて、一連のデバイスにおける次のステップとして、この新しい Fujitsu Managed Chromebook Service が必要になると、私たちは認識している。Australia においては、Fujitsu の Tier 1 Citrix Service Provider により、その試みが促進されているのだ」
 
The Fujitsu Managed Chromebook Service enables customers to select the Chromebook of their choice.  When combined with a Citrix virtual desktop or application environment, Dean-Jones says the service provides a versatile, highly secure and well managed client computing solution with seamless access to both Windows and Web based applications for the enterprise.
 
この Fujitsu Managed Chromebook Service により、顧客たちは自らの選択肢として Chromebook を取り上げることが可能になる。そして、このサービスと Citrix 仮想デスクトップおよび、アプリケーション環境を組み合わせるとき、汎用性と安全性が不可欠なエンタープライズのための、適切に管理されたクライアント·コンピューティング·ソリューションが実現されると、Dean-Jones は発言している。つまり、Windows と Web のアプリケーションをまたいだシームレスなアクセスが、エンタープライズに対して提供されるのだ。
 
Fujitsu then undertakes all user management; device configuration and management; provisioning of corporate approved applications from the Google Store, listing of sites that devices and users can access, environment look and feel, controlled OS updates, OS and hardware support, and hard installation.
 
さらに Fujitsu は、すべてのユーザー・マネージメントおよび、デバイスのコンフィグレーションとマネージメントを実現していく。具体的に言うと、Google Store におけるアプリケーションの中から、ユーザー企業が承認したものだけがプロビジョニングされ、また、デバイスおよびユーザーが、アクセス可能なサイトがリストアップされる。それだけではなく、環境のルック&フィールや、コントロールされた OS の更新、OS と ハードウェアのサポート、そして、ハード・インストールなども管理されていく。
 
According to Kevin Ackhurst, Director, Google for Work Asia Pacific, said: “Businesses around the world have found that Chromebooks provide them with a more secure and simple way of working. They’re fast, easy to share and easy to manage, and we’re delighted to be working with Fujitsu to bring these benefits to more businesses across Australia and New Zealand.”
 
Google for Work Asia Pacific の Director である Kevin Ackhurst は、「世界中の企業が Chromebook に対して、自社の IT を安全かつ簡単な方法で、提供することが可能なものだと認識するだろう。彼らは、容易な共有と、容易な管理を、あっという間に実現していく。Fujitsu と協調することで、Australia と New Zealand の数多くの企業に、こうしてメリットを提供できることを、私たちは喜んでいる」と述べている。
 
Mike Foster, Chief Executive Officer of Fujitsu Australia and New Zealand, said the company knew from discussions with its customers that there was a growing interest in the Chromebook as an enterprise platform.
 
Fujitsu Australia and New Zealand の CEO である Mike Foster は、エンタープライズ・プラットフォームとしての Chromebook に対して、関心が高まってきたことを、顧客とのディスカッションから得たと述べている。
 
“We are proud of our new partnership with Google and our ability to continue pushing innovation boundaries. We are the first SI to offer managed services to enterprises for Chromebooks as part of our vision of ‘Workplace Anywhere’.”
 
「私たちは、Google との新たなパートナーシップに関して、そして、イノベーションの限界を拡張し続けていく能力に関して、とても誇りに思っている。私たちは、”Workplace Anywhere” というビジョンの一環としての Enterprise Chromebook に対して、マネージド・サービスを提供する最初の SI である」
 
ーーーーー
Post-PCGoogle for Work Asia Pacific と Fujitsu Australia and New Zealand の提携ということなので、オーストラリアとニュージーランドに限定されるものなのか、それともグローバルに広がっていくものなのか、そのあたりは定かではありません。しかし、Citrix というパートナーを巻き込み、センスの良い SIer が顧客の要望に応えるなら、こんなソリューションが実現できるという、とても良い事例になるでしょう。 それにしても、面白い展開です。 これからの進み方に、注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
米教育関係者:Chromebook により、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
 

Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?

Posted in .Selected, Businesses, Citrix, Cloud Stack by Agile Cat on October 8, 2013

Citrix Sees Strong Cloud Sales Growth, Snaps Up Reuven Cohen As Chief Cloud Advocate
http://wp.me/pwo1E-6L1
8/16/2013 – Louis Columbus
http://www.forbes.com/sites/louiscolumbus/2013/08/16/citrix-sees-strong-cloud-sales-growth-snaps-up-reuven-cohen-as-chief-cloud-advocate/

_ Forbes

Citrix (NASDAQ: CTXS) continues to successfully launch and manage products in the areas of cloud, desktop, mobile and networking, reporting net revenue of $730M for their latest quarter (Q2, 2013), up 19% from Q2, 2012.  Product license revenue is up 21% from Q2, 2012 to $227M for the latest quarter as well.  In the interest of full disclosure, I have never held a position in Citrix stock and do not today, and they have never been a client.

Citrix (NASDAQ: CTXS) は、クラウド/デスクトップ/モバイル/ネットワークの分野で、次々とプロダクトを立ち上げ、また、ビジネスでも成功している。そして、2013年 Q2 の収益は $730M に至り、前年同期と比べて 19% の成長を達成したとレポートしている。プロダクト・ライセンスの収益も、2012年 Q2 から 21% の成長を達成し、この Q2 は $227M に至っている。私の立場を明らかしておくと、現時点で Citrix 株を保有ぜす、また、これまでに顧客として接したこともない。

The following table is from their 2Q13 Financial Results presentation:

以下のテーブルは、Citrix の 2Q13 Financial Results プレゼンテーションからのものである:

Managing Multiple Businesses And Making It Look Easy

Citrix continues to be a fascinating company to watch as it successfully competes across a broad range of businesses.  Cloud management, mobility and desktop management platforms, online collaboration, networking and security, and server virtualization are all revenue-generating businesses in the company today.

Citrix は、広範囲におよぶ他企業との競合に打ち勝った、魅力的な企業であり続けている。つまり、クラウド・マネージメント/モビリティとデスクトップの管理プラットフォーム/オンライン・コラボレーション/ネットワーク/セキュリティ/サーバーの仮想化といった、すべてのビジネスが、いまの Citrix の屋台骨となっている。

And while the majority of acquisitions in enterprise software struggle to deliver revenue or even fail, Citrix has been able to bolster is collaboration, enterprise mobility and telecom and networking businesses with solid additions.  Acquiring Zenprise in December, 2012 to bolster its mobile device management (MDM) strategy has led to increased sales, as has the acquisition of Podio in April of last year to augment its Online Services Division (OSD).  In June of last year Citrix also acquired ByteMobile, which gives the company entry into the telecom/carrier market.

そして、エンタープライズ・ソフトウェアおける大型の買収劇には、成功もあれば失敗もあるが、Citrix は実質を伴う拡張より、コラボレーション/エンタープライズ·モバイル/テレコム・ネットワークなどの事業を強化している。2012年 12月の Zenprise 買収では、その MDM (Mobile Device Management) 戦略の強化に成功し、また、売上の増加へとつなげている。そして、昨年 4月の Podio 買収では、その OSD(Online Services Division)を増強している。さらに、昨年 6月の ByteMobile 買収により、Citrix はテレコム/キャリアの市場に足がかりを得ている。

At Citrix Synergy 2013 held May 22 – 24 of this year in Anaheim, California the company hosted the Citrix Financial Analyst Track.  You can download the presentation from this track here.  This presentation shows how challenging it can be to manage a business with multiple revenue streams across a broad base of technologies.  The following slide taken from the Citrix Financial Analyst Track illustrates just how quickly Citrix is growing and how mobile & desktop, SaaS and networking & cloud are contributing to their growth.

今年の 5月22日~24日に California の Anaheim で開催された Citrix Synergy 2013 で、同社は Citrix Financial Analyst Track を展開した。このトラックにおけるプレゼンテーション資料は、ココでダウンロードできる。このプレゼンテーションでは、広範囲におよぶテクノロジーから生じる複数の収益源を、同社が管理していくために必要な、チャレンジの要素がが示されている。Citrix Financial Analyst Track から抜き取った以下のスライドは、Mobile & Desktop/SaaS/Networking & Cloud といった要素が、Citrix の成長スピードに貢献している様子が示される。

The addressable market opportunity for Citrix given the breadth of their product strategies is reflected in this slide, also from the Citrix Financial Analyst track:

同社の製品戦略に幅を与えると思われる、これからの取り組みが期待されるマーケットも、この Citrix Financial Analyst トラックに反映されている:

Why Citrix Snapped Up Reuven Cohen

With so much growth potential in their cloud-based businesses, Citrix needed a seasoned veteran from the cloud computing industry who had both developed and managed new cloud platforms, products and services to the stack level.

クラウドベースのビジネスにける成長を実現するために、Citrix はクラウド·コンピューティング業界のベテランを必要としていた。具体的に言うと、新しいクラウドのプラットフォーム/プロダクト/サービスを、スタック・レベルで開発/管理していける人材である。

They chose Reuven Cohen as their first-ever Chief Cloud Advocate based on his entrepreneurial expertise in Infrastructure-as-a-Service (IaaS) including being the founder and CEO of Enomaly which was sold to Virtustream in 2012. He is also actively involved in the National Institute of Standards Technology (NIST) cloud definition, and is a GSA Cloud IaaS BPA awardee, presented Great Britain’s G-Cloud initiative to the Parliament, and is an active delegate in the Sino-EU America Cooperation Workgroup.

彼らは、最初の Chief Cloud Advocate として Reuven Cohen を選んだが、そのベースになったのは、IaaS ビジネスにおける彼の起業ノウハウである。つまり、彼は、2012年に Virtustream に買収された Enomaly の Co-Founder and CEO という経歴を有していたわけである。そして 彼は、National Institute of Standards Technology (NIST) におけるクラウド定義にも積極的に関与し、また、イギリス議会を主導する Great Britain’s G-Cloud を発表したことで GSA Cloud IaaS BPA を受賞し、さらに、Sino-EU America Cooperation Workgroup における積極的なリーダーでもある。

He is responsible for leading Citrix’s cloud advocacy efforts with a specific focus on increasing the volume, reach and influence of Citrix’s extensive portfolio of cloud solutions used by more than 260,000 customers and 100 million end users across the globe.  He’ll also be responsible for increasing the adoption of several Open Source initiatives at Citrix as well.   Here are a few of the current Citrix open source projects now underway:

彼の責任範囲は、Citrix クラウドの提唱というアクティビティをリードしていくことである。 具体的には、この世界における 260,000 以上の顧客と、1億以上のエンドユーザーが使用する、同社のクラウド・ソリューション・ポートフォリオを、質的/量的な面から高めるという、特化されたフォーカスを伴うものとなる。また、Citrix における、いくつかのオープンソース・イニシアティブの採用を、増やしていくことにも責任を持つ。以下は、Citrix で推進されている、オープンソース・プロジェクトの一部である:

Apache CloudStack, an open source software designed to deploy and manage large networks of virtual machines, as a highly available, highly scalable Infrastructure as a Service (IaaS) cloud computing platform.

Apache CloudStack は、IaaS クラウド・コンピューティング・プラットフォームとしてデザインされた、 高度な可用性と拡張性を持つオープンソース・ソフトウェアであり、仮想マシンで構成される大規模なネットワークをディプロイ/管理する。

OpenDaylight, a community-led, open, industry-supported framework, for accelerating adoption, fostering new innovation, reducing risk and creating a more transparent approach to Software-Defined Networking.

OpenDaylight は、オープンなコミュニティが主導し、業界がサポートするフレームワークであり、Software-Defined Networking へ向けたアプローチの加速および、新たなイノベーションの育成、リスクの削減、そして、透明性の確保を促進する。

The Xen Project, the home for various virtualization technologies powering the world’s largest clouds in production and is the foundation of many commercial products.

The Xen Project は、多様な仮想化テクノロジーの拠であり、世界で最大級のプロダクション・クラウドにパワーを供給し、また、数多くの商用プロダクツの基盤となっている。

XenServer, an open source project and community managed by Citrix. The project develops open source software for securely running multiple operating systems and applications on a single device, enabling hardware consolidation and automation to reduce costs and simplify IT management of servers and applications.

XenServer は、Citrix が管理するオープンソースのプロジェクトであり、コミュニティでもある。このプロジェクトから生じるオープンソース・ソフトウェアは、シングル・デバイス上で複数のオペレーティング・システムとアプリケーションを、安全に実行するものとなる。そして、ハードウェアの統合と自動化を促進することで、サーバーとアプリケーションに関するコストを削減し、IT マネージメントの簡素化を達成していく。

Congratulations to Reuven on being named Chief Cloud Advocate at Citrix, I am sure he’ll accomplish much in his new role.

Citrix の Chief Cloud Advocate に任命された Reuven に、まずは祝辞を送りたい。 こうした新しい役割の中で、彼が大きな成果を残すことを、私は確信している。

ーーーーー

imageこの記事を訳していて、再確認したことは、Citrix の時代を読む目です。 ターゲットを絞り込んだムダのない投資を繰り返すことで、クラウド・ベンダーの一角を占めるベンダーへと成長してきました。 たいしたものです。それと、この Reuven Cohen ですが、NIST のクラウド定義に参加していたのですね。こうした人材の循環が、アメリカのクラウドを強くしているのでしょう。 なお、文中にある Virtustream は、『Gartner の IaaS マーケット論評:その 15 社とは?』の末尾で紹介されています。 よろしければ、ど~ぞ! ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち
Citrix は Zenprise を買収し、BYOD を促進する!
分散オブジェクト・ストアの Basho が CloudStack に参加
Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
みんなが 期待の Open Cloud 特集

Citrix は Zenprise を買収し、BYOD を促進する!

Posted in .Selected, Byod, Citrix, Cloud Stack, Post-PC by Agile Cat on December 7, 2012

Citrix, now all about mobility, buys Zenprise to boost BYOD effort
http://wp.me/pwo1E-5kj

Dec 5, 2012 – By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2012/12/05/citrix-now-all-about-mobility-buys-zenprise-to-boost-byod-effort/

_ Gigaom

Credit the BYOD boom with this one: Citrix is buying Zenprise for its mobile device management expertise. Citrix launched a new push on enterprise mobility at its Synergy conference last spring.

BYOD ブームは、認めざるを得ない。 つまり Citrix が、エンタープライズにおけるモバイル・デバイスに取り組むために、その専門家である Zenprise を買収しようとしているのだ。この春の Synergy カンファレンスにおいて、Citrix は大規模エンタープライズのモバイル化を、プッシュしていくことを明らかにしている。

ーーーーー

Citrix is buying Zenprise, a specialist in mobile device management, in a bid to solidify its BYOD strategy.

Citrix は BYOD 戦略を固めるために、MDM(Mobile Device Management)のスペシャリストである Zenprise を買収しようとしている

The bring-your-own-device wave that’s sweeping businesses, constitutes a huge quandary for those companies. They want their employees to be able to use their iPhone, Android phone or tablet of choice but they don’t want to give those devices willy nilly access to corporate assets. Cue companies like Zenprise, which swaddles smart phones and tablets with an extra layer of security that spots unusual usage patterns that could signal big problems.

BYOD(Bring Your Own Device)の波は、各種の企業に押し寄せ、それらを大きな困惑に陥れる。 それらの企業は、従業員が所有する iPhone や Android、あるいはタブレットを使えるようにしたいが、企業としての資産に対して、有無を言わせずアクセスするような事態は避けたい。 Zenprise のような Cue 会社は、追加されたセキュリティ・レイヤーを用いてスマートフォンやタブレットを包み込み、それにより、大きな問題を引き起こす、異常な利用法パターンを見つけだす。

imageAccording to the company press release,  Citrix will integrate Zenprise’s software with its own Citrix CloudGateway and Me@Work products for managing mobile apps and data.  The acquisition, terms of which were not announced, should be completed in the first quarter of 2013. The move is not surprising in that Citrix launched a big enterprise mobility push at its Synergy conference last spring.

同社のプレスリリースによると、モバイル・アプリとモバイル・データの管理において、Zenprise のソフトウェアを、Citrix の  CloudGateway と Me@Work に統合していくことになる。  この買収に関する条件は公表されていないが、2013年の Q1 には完了するはずだ。この春の Synergy カンファレンスにおいて、Citrix が大規模エンタープライズのモバイル化を、プッシュしていくことを明らかにしていることから、この動きは驚くべきものではない。

imageZenprise customers include the Boston Red Sox, Grant Thornton, and Monsanto. Zenprise’s products can perform up-front checks of the device in question and will block device access to corporate resources if it is “unmanaged,” jailbroken or out of compliance with the company’s blacklist or whitelist policy, according to Zenprise’s website.

Zenprise の顧客には、Boston Red Sox や、Grant Thornton、Monsanto などが含まれる。 Zenprise のプロダクトは、問題になるデバイスを前もってチェックすることが可能であり、また、それが Unmanaged もしくは Jailbroken であれば、さらに、企業ポリシーのブラックリスト/ホワイトリストに準拠していなければ、企業のリソースへのアクセスを阻止すると、Zenprise の Web サイトには記載されている。

BYOD is a huge problem for enterprise accounts — most of which are contending either with the fear of data breaches or breaches themselves. Even tech powers like IBM have dealt with the challenges of BYOD by actually neutering some popular features of user devices — Siri is muted for example.

BYOD は、エンタープライズ・アカウントにとって、大きな問題となっている。 つまり、それらの大半は、データの漏洩や侵害という不安と戦っているのだ。 IBM のようなテクノロジー企業でさえ、ユーザー・デバイスの特定機能を取り除くことで(たとえば Siri など) 、BYOD への挑戦に取り組んでいる。

Founded in 2003, Zenprise got funding from Greylock Partners, Shasta Ventures, the Mayfield Fund, Rembrandt Venture Partners and Bay Partners.

Zenprise は 2003年に設立され、その資金は、Greylock Partners/Shasta Ventures/Mayfield Fund/Rembrandt Venture Partners/Bay Partners などから拠出されている。

Subscriber Content

ーーーーー

imageここでは、デバイス自身にフォーカスする MDM だとされていますが、デバイスに配信されるアプリケーションを関心事とする MAM(Mobile Application Management )という考えからもあるようです。 MAM であれば、企業が所有しないデバイスにも、コーポレート・アプリケーションのインストールが可能になりますが、Zenprise の考え方だと、企業が提供するデバイスが前提となるのでしょうか? それとも、MDM の解釈が拡大されてきたのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

Apple と VMware がタッグを組んで、Microsoft Office を挟撃する
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
iPad 対 PC : 利用シーンをチャートで比較
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
Amazon が CPU ビジネスに参入 : あの TI を買収する?

%d bloggers like this: