Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Posted in Cisco, Hybrid, On Monday by agilecat.cloud on October 19, 2015
Cloud Computing: IDC Says the “Second Wave” of the Cloud is Coming but Only 1 Percent Fully Prepared
By Dick Weisinger – October 13th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-idc-says-the-second-wave-of-the-cloud-is-coming-but-only-1-percent-fully-prepared/
_ formtek
Businesses no longer see the cloud as just a way to reduce costs.  They are turning to the cloud to achieve innovation, growth and disruption, according to a new report by IDC sponsored by Cisco.
 
それぞれの企業は、もはやコストを削減するだけの手法として、クラウドを捉えてはいない。 つまり、イノベーションを達成し、破壊に続く成長を実現するためのクラウドへと移行している。それが、Cisco の依頼により、IDC が実施した調査の結果である。
 
Gauguin_7The report said that companies are now entering the “second wave” of the cloud, but only 1 percent have been able to optimize their strategy for how they utilize the cloud.  And the report finds that about one-third of businesses don’t have any cloud strategy
 
ただし、このクラウド第二波が訪れているというのに、それを活用するための戦略を最適化している企業は、わずか 1% に過ぎないとも、前述のレポートは指摘している。 そして、さらに、何らかのクラウド戦略を有している企業は、全体の 1/3 程度であることも、指摘している。
 
Nick Earle, Cisco’s senior vice president, global cloud and managed services sales, said that “as we talk with customers interested in moving to the second wave of cloud, they are far more focused on private and hybrid cloud. Primarily because they realise that private and hybrid offer the security, performance, price, control and data protection organisations are looking for during their expanded efforts.”
 
Cisco の Senior VP, Global Cloud and Managed Services Sales である Nick Earle は、「 クラウド第二波への移行に関心のあるユーザー企業と話すにつれて、彼らの関心が、プライベート/ハイブリッド・クラウドに集中していることが分かってきた。なぜなら、それらの企業にとっては、クラウドの拡大/拡張に取り組んでいる間に、プライベートおよびハイブリッドが、セキュリティ/パフォーマンス/コスト/データの制御と保護を実現していったという、とても重要な理由があるがらだ」と述べている
 
Other findings from the IDC report include:
 
この IDC レポートにおける興味深い視点は、以下のとおりである:
 
  • Perceived benefits of the cloud include speed, efficiency and revenue growth
  • More than half of companies expect that the cloud will help them increase revenues over the next two years
  • Hybrid cloud is favored by many companies because of security, performance and control
  • Hybrid cloud is being selected to automate policy (67 percent) and improve security (47 percent)
  • 83 percent of businesses are looking to a major IT provider to handle cloud services
 
  • クラウドのメリットに関する認識には、迅速性/効率性/収益成長率が取り込まれている。
  • 半数以上の企業における期待は、いまのクラウドにより、これからの 2年間における売上増が促進されることだ。
  • ハイブリッド・クラウドが好まれているのは、そのセキュリティ/パフォーマンス/コントロールに理由がある。
  • ハイブリッド・クラウドが選択される理由としては、ポリシーの自動化(67%)と、セキュリティの向上(47%)が挙げられている。
  • クラウド・サービスの運用を、大手の IT プロバイダに委ねたいとする企業は、83% に至っている。
 
ーーーーー
Cisco-ReportOn Mondayこのコンテントが参照している IDC のレポートとは、今年の 8月に実施された調査の結果をまとめたもので、Cisco のサイトから簡単にダウンロードできるようになっています。 そして、何を主張しているのかというと、エンタープライズ・クラウドにおけるポリシー・コントロールを、どのように考えるべきなのかという点に集約されている感じがします。 ハイブリッド・クラウドを推奨する Cisco としては、そこが一番の強みであり、また、プッシュしていくべき点だと認識しているはずです。 ただし、このエリアには、EMC / VMware という勢力もあり、一時は VCE (VMware / Cisco / EMC) も成立しましたが結局は崩壊し、いまでは VMware / EMC / Dell 連合に落ち着きそうな展開です。その一方では、IBM や HP も独自の戦略を整えていますし、Nutanix などの新しい勢力も台頭してきました。 まだまだ再編が続きそうな、クラウドの世界という感じがしますね。ちなみに、このポストで引用している、1% や 1/3 という数字は、このチャートで用いられているものです。 全体で 17ページの、簡潔なスライドですので、ぜひ、参照してみてください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Gartner の サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
 

Comments Off on Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応

Posted in Data Center Trends, Google, Network, Facebook, Open Compute, Strategy, Cisco by agilecat.cloud on October 13, 2015
Facebook’s latest move should be making Cisco very nervous
Julie Bort – Mar. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/facebooks-shot-at-cisco-just-got-deadly-2015-3
 
 _ Business Insider
 
Facebook just made major progress in its plans to build a whole new kind of computer network. This news should be making Cisco very antsy.
 
Facebook は、まったく新種のコンピュータ・ネットワークを構築するという、そのプランにおいて大きな進歩を遂げた。このニュースにより、Cisco は落ち着かない状況に陥るはずである。
 
Mark ZuckerbergMark Zuckerberg
Kyle Russell
Business Insider
 
On Tuesday, Facebook’s vice president of infrastructure, Jason Taylor, made several announcements at the Open Compute Project Summit in San Jose spelling out how the company could topple Cisco’s dominance of the $23 billion Ethernet switch market. He said:
 
この火曜日(3/10)に、San Jose で開催された Open Compute Project Summit において、Facebook の VP of Infrastructure である Jason Taylor が、いくつかのアナウンスメントを行なっている。 それは、Cisco が支配する $23 billion の Ethernet スイッチ市場を、どのように変革していくのかを、詳述するものでもある。 Jason は、以下のように発言している:
 
1. The radical new network switch that Facebook invented called the Wedge for its own networks is now for sale through a company called Accton.
 
1. Facebook が自社のネットワークのためのに考案した、Wedge という革新的なネットワーク·スイッチが、Accton を介して販売されることになった。
 
2. Those that buy the switch have a choice of two software vendors, both direct competitors to Cisco: Cumulus and Big Switch. Cumulus is particularly interesting. It is a startup founded by ex-Cisco engineering star, JR Rivers. Big Switch is a player in a new technology called “software defined networking” that takes on Cisco.
 
2. このスイッチの購入者は、ソフトウェア・ベンダーとして Cisco とダイレクトに競合する、Cumulus および Big Switch という選択肢を手にしている。とりわけ、Cumulus は興味深い。 つまり、同社は、元 Cisco の花型エンジニアである、JR Rivers により設立されているからである。また、Big Switch については、Cisco に挑む SDN (Software Defined Networking) という、新たなテクノロジーのプレーヤーだといえる。
 
Jason TaylorLinkedIn Jason
Taylor
 
Vice President of Infrastructure Foundation Jason Taylor.
 
In other words, you can buy this alternative switch to Cisco, buy and load software, and plug it in.
 
言い換えれば、Cisco の代替となるスイッチを購入した後に、ソフトウェアを有料でダウンロードし、そこにプラグインできることになる。
 
3. Facebook has arranged it so anyone can easily create their own Ethernet hardware switches. Only the biggest enterprises would want to do this. But any startup with an idea of how to take on Cisco now has a shortcut through the hardest, most expensive part.
 
3. Facebook は、Ethernet ハードウェア·スイッチを、誰もが容易に自作できるようにと準備を進めている。しかし、それを実現したいと思うのは、大手エンタープライズだけだろう。とは言え、Cisco を攻めるためのアイデアを持つ、あらゆるスタートアップに対しては、最もコストを必要とする領域を、ショートカットしていくための手段を提供している。
 
To be specific: Broadcom has entered into an agreement with Facebook’s Open Compute Project, to open source some of its networking chips (a program called OpenNSL).
 
具体的にいうと、Broadcom は Facebook の Open Compute Project に参加しているが、その目的は、そのネットワーク·チップの一部をオープンソースにするためである (OpenNS というプログラム).。
 
Broadcom makes the networking chips that just about all the networking hardware vendors use, including Cisco (although Cisco also designs its own custom application-specific integrated circuit, ASIC, chips, a difficult and expensive thing to do). There’s a big trend in the industry to get away from custom ASICs such as the type Cisco makes and toward standard ones, mostly from Broadcom. That’s how Facebook and many others can offer network switches inexpensively.
 
Broadcom は、ほとんどすべてのネットワーク・ハードウェア・ベンダーが使用する、ネットワーク·チップを生産しており、その取引先には Cisco も含まれる(ただし Cisco は、開発が困難で費用もかかる ASIC もデザインしている)。そして、この業界の大きなトレンドとしては、Cisco 開発するようなカスタムな ASICS から離れ、Broadcom から供給される標準的なものへと向かっているようだ。つまり、Facebook などが、安価なネットワーク・スイッチを供給するための、方式を提供していることになる。
 
And Broadcom is standing by to plug these chips into own competitor to Cisco, a switch called StrataXGS.そして、Broadcom は、コンペティタである Cisco の StrataXGS というスイッチに、それらのチップを差し込もうと狙っている。
 
4. Facebook is also giving away for free the software it invented to run on its Wedge using the Broadcom chips.
 
4. さらに Facebook は、Broadcom のチップを用いる Wedge 上で動作する、ソフトウェアを開発して無償で配布している。
 
5. AND Facebook is also giving away the software it invented to watch these switches and sends alerts if they experience problems. This is a project called OpenBMC.
 
5. また、Facebook は、それらのスイッチを監視するためのソフトウェアを配布し、なんらかの問題が発生した場合に、アラートを送信する環境を整えている。 それが、OpenBMC というプロジェクトである。
 
WedgeFacebook
Wedge switch
 
With this, Facebook is offering a truckload of technology that lets anyone roll their own networking hardware and, more or less, become their own Cisco.
 
こうした、一連の試みにより、誰もが自社製ネットワーク·ハードウェアを作成し、Cisco と同じような役割を担うための道筋を、多かれ少なかれ Facebook は提供している。
 
Of course it’s not that easy
 
Computer networking engineering takes a special kind of genius. That’s why Acton, Dell, HP and Juniper are also standing by to sell ready-made versions.
 
コンピュータ・ネットワーク・エンジニアリングは、特別なノウハウを必要とする。 そこに、Acton/Dell/HP/Juniper といったベンダーが、既製のバージョンを販売できる理由がある。
 
All of this is part of the Open Compute Project, spawned by Facebook a few years ago to revolutionize the way computer hardware is designed, built and sold.
 
そのすべてが、数年前に Facebook が立ち上げた、Open Compute Project に取り込まれている。つまり、コンピュータ・ハードウェアの、設計/構築/販売に、革命をもたらそうとしているのだ。
 
It has since become an industry phenom with huge companies involved including Apple, Microsoft, Goldman Sachs, BofA, Capital One, Bloomberg, JPMorgan Chase and Fidelity.
 
それが設立されてからというもの、この業界のおける巨大企業が参加してきた。 そのリストには、Apple/Microsoft/Goldman Sachs/BofA/Capital One/Bloomberg/JPMorgan Chase/Fidelity などが含まれている。
 
What does Facebook get out of this?
 
It gets a community of hundreds of companies and thousands of engineers freely helping it build faster more efficient software to run its data centers.
 
それは、数百社の企業と、数千人のエンジニアで構成されるコミュニティであり、それぞれのデータセンターを効率よく動かすためのソフトウェアの開発を、迅速かつ無償で支援していくものとなる。
 
Taylor says Facebook has saved over $2 billion in the last three years thanks to OPC.
 
ちなみに、Facebook の Taylor は、これまでの 3年間で $2 billion 以上のコストが、OCP のおかげで節約てきたと述べている。
 
Cisco CEO is nonchalant
 
John ChambersCisco
John Chambers
 
Cisco CEO John Chambers says he’s not worried that Facebook’s plans will hurt its dominance of the $23 billion Ethernet switch market in any major way.
 
Cisco の CEO である John Chambers は、$23 billion の Ethernet スイッチ市場での優位性が、Facebook の計画により傷つくという心配は、あらゆる視点において皆無であると述べている
 
Cisco calls the switches from Facebook, Cumulous and others “white label,” “white box” or “merchant silicon-based switching,” networks, which means they use standard chips, mainly from Broadcom.
 
Cisco は、Facebook や Cumulous から提供されるスイッチを、White Label/White Box/Merchant Silicon-based Switching などと呼んでいる。つまり、主として Broadcom から提供される、標準チップが用いられていることを意味する。
 
Cisco CEO John Chambers says Cisco is going to “crush” the kind of thing that Facebook is doing, because Cisco offers more than just network switches. It offers its customers a whole suite of stuff with their networks, such as computer security. It also makes some of the most reliable, best performing hardware on the market.
 
Cisco の CEO である John Chambers が言うには、単なるネットワーク・スイッチ以上のものを提供している Cisco は、Facebook が進めていることを潰せるらしい。同社は、コンピュータ・セキュリティなどを含む、顧客のネットワーク全体をスイートとして提供してきた。しかも、それは、マーケットで最も信頼性の高い、ベスト・パフォーマンス・ハードウェアの一部となっている。
 
Cisco has also joined the OCP. It will be interesting to see what Cisco does with the membership and if it contributes any technology to the project.
 
とは言え、Cisco も OCP に参加している。 Cisco がメンバーとして行うことや、このプロジェクトにコントリビュートするものを、想像するのは興味深いことだ。
 
Chambers is right that customers won’t quickly or lightly ditch their Cisco networks for this kind of thing. But they’ll be watching and experimenting.
 
すぐに顧客たちが、Cisco のネットワークを離れ、他へ移行することはないという、Chambers の見方は正しい。 しかし、顧客たちは、それに注目し、それを試すだろう。
 
SEE ALSO: Cisco CEO — we’re going to ‘crush’ Facebook’s networking plans and ‘have fun’ beating VMware »
 
ーーーーー
open-computeちょっと古い記事ですが、とても重要な情報が提供されているので訳してみました。 この、Open Compute と Facebook の戦略が明らかになって間もない 6月には、 Open Networking Summit が開催され、OpenFlow を 用いるデータセンター・ネットワークを Google が明らかにし、それに追随すること を AT&T が表明しています。つまり、AT&Tは、こうした Web ジ ャイアントと同様に、スイッチやサーバーを提供する ODM に依存しながら、主としてオ ープンソース・ソフトウェアを用いて、ネットワークを管理していく方針にあるのです。こでまでのテレコムでは有り得なかった判断を、AT&A が下したことになるわけですが、それにより、アプライアンスからオープンへと向かう流れが、加速していくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
 

Comments Off on Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応

CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

Posted in .Selected, Baidu, Cisco, CloudFlare, Network, Security by agilecat.cloud on September 23, 2015
What started as a class project at Harvard just raised $110 million from Fidelity, Google, and Microsoft
Eugene Kim – September 22, 2015
http://www.businessinsider.com/cloudflare-raises-110-million-2015-9
 
_ Business Insider
 
It didn’t take too long for CloudFlare cofounders Matthew Prince and Michelle Zatlyn to realize they were on to something big when they launched their startup as a class project at Harvard Business School.
 
CloudFlare の C-Founders である Matthew Prince と Michelle Zatlyn は、Harvard Business School のクラス・プロジェクトとして立ち上げたスタートアップを、それほど時間をかけること無く、大きな存在へと変容させていった。
 
CloudFlare, a web-performance and security startup, was seeing quick traction after winning a contest at Harvard Business School in 2009. What started out as a class project to get course credit was turning into a real business that venture capitalists were lining up to invest in.
 
Web のパフォーマンスとセキュリティをソユーションとする、この CloudFlare というスタートアップは、2009年の Harvard Business School コンテストで優勝してからも、素晴らしいスピードで走り続けた。つまり、単位を取得するためにスタートしたクラス・プロジェクトが、投資を望むベンチャー・キャピタリストたちを従える、リアルなビジネスに変身したのだ。
 
20100929_techcrunch_mw_058Flickr
TechCrunch
 
CloudFlare
CEO
Matthew Prince
 
“I remember sending an email to Michelle that said, ‘I ran the numbers and here’s my prediction of what’s going to happen: I predict that Google will buy CloudFlare for $500 million within 2 1/2 years,'” Prince told Business Insider.
 
Prince は Business Insider に対して、「 Michelle に送った電子メールを覚えている。そして、これから起こることに、私は賭けたいと説明した。 具体的に言うと、2年半以内に Google が、$500 million で CloudFlare を買いに来る、と予言したのだ」と述べている。
 
Zatlyn, usually the more conservative one, was even more bold with her response: “If my numbers are right, I think CloudFlare will go public in seven years at a valuation of around $4 billion.”
 
いつもは控えめな Zatlyn だが、そのときの反応は、さらに大胆であった。「私の勘が当たっているなら、CloudFlareは 7年間以内に上場し、$4 billion の評価額を得ると思う」と、彼女は答えたのだ。
 
Fast forward six years, and Zatlyn is turning out to be closer to right. CloudFlare is now one of the fastest-growing startups in the world, with a valuation well north of a billion dollars.
 
そこから、あっという間に 6年の歳月が流れたが、Zatlyn の考え方が正しかったと、証明されようとしている。いまの CloudFlare は、この世界で最速で成長しているスタートアップであり、$1 billion 以上の評価を得ているのだ。
 
An early unicorn
 
On Tuesday, CloudFlare announced another huge round of funding that shows its rapid growth: It is raising $110 million in a round led by Fidelity and joined by Google Capital, Microsoft, Baidu, and Qualcomm Ventures.
 
この火曜日(9/22)に、CloudFlare は急速に成長している状況を、新たなラウンドの結果としてアナウンスした。この、$110 million と付けたラウンドは Fidelity がリードするものであり、そこに Google Capital/Microsoft/Baidu/Qualcomm Ventures といったメンバーが続いている。
 
CloudFlare was already reported to be a billion-dollar startup when it raised its $50 million Series C round in December 2013. Prince declined to mention the exact value of his company for that round, jokingly saying only that it was worth “multibillion dollars.”
 
伝えられるところによると、すでに CloudFlare は、2013年12月の $50 million Series C ラウンドにおいて、A Billion Dollar スタートアップになっているようだ。Prince の冗談めかした説明は、そのラウンドにおいて CloudFlare は、Multi Billion Dollars の企業になったというものであり、正確な評価額については言及していない。
 
So what exactly is making investors go crazy over CloudFlare?
 
なせ、それ程までに、投資家たちは CloudFlare に夢中になるのか?
 
CloudFlare basically works as a “digital bouncer” in that it filters all the internet traffic before it reaches its customers’ websites. It can clean that traffic, identifying the good and the bad, and accelerate traffic to the most efficient route.
 
CloudFlare は基本的に、デジタルの世界における警備員として機能する。つまり、すべてのインターネット・トラフィックに対して、それらが顧客の Web サイトに到達する前に、フィルタリングしていくのだ。その結果として、トラフィックの掃除が行われ、適切/不適切が識別され、さらには、最も効率の良いルートへと向けてトラフィックは加速していく。
 
Its service is as varied as the routing and switching that helps computers connect to the web, to load balancing and performance acceleration that helps ensure servers don’t get overloaded and makes websites run faster. And it doesn’t cost as much as some of the services from established companies, making its technology available to a lot of small and medium-size businesses as well.
 
このサービスは、Web/ロード・バランサー/パフォーマンス・アクセラレータなどに接続するコンピュータを、ルーティングとスイッチングのように変化しながら、支援していくものとなる。また、従来型の企業とは異なり、そのサービスはきわめて安価である。したがって、中小企業であっても、CloudFlare のテクノロジーを利用できるのだ。
 
Cisco as a service
 
“It’s happening at a fraction of a second and can decrease the load in the back-end infrastructure by over 80%,” Prince said. “On top of all that, we protect you from attacks. We’re almost like Cisco as a service.”
 
Prince が言うには、「 それは、秒単位で起動され、バックエンド・インフラにおける負荷を、80% も低減できるのだ。そして、すべてにおいて、アタックからの保護を実現していく。つまり、Cisco as a service という言い方が、もっとも当てはまるものだ」となる。
 
Prince says 5% of all internet requests go through CloudFlare’s network, with more than 4 million people across 30 countries using the company’s service. CloudFlare initially started out as a service focused mostly on small and medium-size businesses, but now nearly half of its customers are big enterprises, including Goldman Sachs, Salesforce, and the US State Department, Prince said.
 
そして Prince は、すべてのインターネット・リクエストの 5% が、CloudFlare のネットワークを通過し、また、30カ国にまたがる400万人以上の人々が、同社のサービスを利用していると言う。当初の CloudFlare は、中小企業にフォーカスするサービスとして立ち上がったが、しかし、いまでは半分近くが大企業ユーザーであり、そこには、Goldman Sachs/Salesforce/US State Department(米国国務省)などが含まれると、Prince は述べている。
 
CloudFlare turned profitable in 2014 and is expected hit a $100 million revenue run rate by the end of this year, Prince added. All signs point to a possible initial public offering, but Prince would not commit to anything yet — except to acknowledge that he thought Zatlyn’s early IPO prediction was a bit delusional.
 
CloudFlare は、2014年に黒字に転化しており、また、2015年末までに $100 million の売上に達すると、Prince は付け加えている。
 
すべてが、IPO へと向けた兆しとなっているが、Prince は何もコミットしたくないようだ。とは言え、以前に Zatlyn が言っていた、IPO という予測について、少し妄想的だと思ったことが、誤りだったとは認めているようだ。
 
“I think all founders have early confidence,” he told Business Insider. “It’s what allows you to walk away from much more sure paths. It’s typically delusional. We were delusional too. But we’ve been very fortunate to have built a great team, executed, and, in doing so, turn what originally was delusional into a real business.”
 
彼は Business Insider に対して、「すべての Founder たちは、そのスタートにおいて、自信に満ちあふれている。だが、その自信により、適切な道筋から外れやすくなる。つまり、得てして妄想に陥るのだが、私たちも同じであった。しかし、とても幸運なことに、素晴らしいチームを得ることができた。 それにより、妄想に過ぎなかったものが、実際のビオジネスへと、着実に転換されていく」と述べている。
 
SEE ALSO: This $1 billion startup handles 5% of all web traffic and is ready to take on Cisco
 
ーーーーー
Networkウワサの CloudFlare ですが、ついに軌道に乗ったようですね。出資者の顔ぶれも豪華ですし、顧客にも恵まれているようです。 2014年2月に、「この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!」という抄訳をポストしましたが、そこに Prince のコメントが載っていました。 その後も、CloudFlare を追いかけてきましたが、あるインタビューで、「今後のサービスは?」と聞かれたときに、「Cisco のカタリストを見てほしい」と答えていたのが印象に残っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
 

Comments Off on CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, VMware by agilecat.cloud on June 16, 2015
And now people are saying that Cisco is trying to buy $2 billion startup Nutanix
Julie Bort – May 18, 2015
http://www.businessinsider.com/cisco-could-be-trying-to-buy-nutanix-2015-5
 
_ Business Insider
 
There’s rumbling in the tech world that Cisco is making a bid to buy hot data center startup Nutanix.
 
いつもの ハイテク世界のウワサだが、データセンター界のホット・スタートアップである Nutanix を買収しようと、Cisco が札束を積み上げているという。
 
The speculation of Cisco’s interest began on Friday when analyst Jared Rinderer published a blog post that indicated such talks were taking place, and could be announced in June.
 
この Cisco の関心事に対する憶測は、アナリストの Jared Rinderer がブログをポストした、この金曜日(5/15)から浮かび上がっている。 つまり、そのための協議が行われ、また、6月に何かが発表されるのかもしれないと、そのポストは示唆しているのだ。
 
Rinderer, a senior research analyst for Equity Capital Research Group, didn’t indicate the source of such information.
 
ただし、Equity Capital Research Group の Senior Research Analyst である Rinderer は、その情報源については、なにも示していない。
 
Cisco CEO John ChambersCisco CEO
John Chambers
 
We’ve reached out to our sources, but could not confirm that any such deal was taking place. We understand that Nutanix CEO Dheeraj Pandey internally told Nutanix employees that it was just a rumor and they should ignore it.
 
私たちも情報源について探ってみたが、そのような取引が生じていると、確認することはできなかった。そして、Nutanix の CEO である Dheeraj Pandy が従業員たちに、それは単なるウワサであり無視すべきものだ、と話しているところまで確認した。
 
And this would be a really expensive purchase for Cisco, right when it’s bringing in a new CEO.
 
そして、もし、この買収が成立するなら、新しい CEO を迎えたばかりの Cisco にとって、きわめて高価な買取になるだろう。
 
Nutanix raised a whopping $140 million round last summer ($312 million total) on a just over $2 billion valuation.
 
昨年の夏のラウンドで $140 million (累計で $312 million) を調達した Nutanix は、すでに $2 billion  の評価を得ているのだ。
 
Cisco would probably need to offer a huge premium over the company’s valuation. Nutanix has been gearing up for an IPO and its co-founder CEO dreams of being a huge independent company, the next EMC.
 
おそらく、Cisco にとっては、Nutanix の評価額を上回る、膨大なプレミアムが要求されるだろう。Nutanix は IPO へ向けて邁進しており、その C-Founder and CEO は、EMC の次を狙う夢を追い続けているのだ。
 
“We have so much more to do and we will take these big giant behemoths head on,” Dheeraj Pandey recently told Business Insider.
 
先日に Dheeraj Pandey は、「私たちには、行うべきことが山ほどあり、また、それらの巨大企業と、真正面からやり合うことになる」と、Bisiness Insider に語っている。
 
Nutanix CEO Dheeraj PandeyNutanix CEO
Dheeraj Pandey
 
 But if Cisco could pull this deal off, it would be brilliant. Nutanix could help Cisco with its ugly post-divorce war with EMC and its subsidiary VMware.
 
しかし、Cisco が、この買収を成立させるなら、それは、それで、見事なことである。EMC および、その子会社である VMware との、不快な離婚劇に苦しむ Cisco を、Nutanix が救うことになる。
 
Cisco and VMware/EMC used to be close partners, but they are increasingly in competition with each other.
 
Cisco と VMware/EMC の緊密なパートナーシップは、すでに冷えきったものに変わり、また、双方が競合を煽っている状況にある。
 
EMC even bought out most of Cisco’s stake in a joint company they had, VCE. Now, word is, VCE is dragging its feet to sell Cisco’s products, favoring VMware’s competitors instead.
 
このパートナーシップの下で設立された、合弁会社 VCE に関しては、Cisco の持株の大半を EMC が買い上げている。いまの状況を一言で表現すると、VCE からは Cisco 製品を販売するための機能が、つまり VMware のコンペティタにとって有利な状況が、取り除かれている。
 
Meanwhile, Nutanix is duking it out with EMC/VMware, and doing well — recently it joined other companies in a complaint that caused VMware to lose a $1.6 billion government contract.
 
その一方で、Nutanix は EMC/VMware と殴り合いの状況にあり、また、有利に戦いを進めている。そして、 最近は、まったく別の企業グループとの連携を深め、VMware が $1.6 Billion の政府契約を失う原因を作ったことで、さらなる不平の対象になっている。
 
So buying Nutanix would be a major coup for Cisco, and Cisco has enough cash to turn Nutanix’ investors heads, , with $3.2 billion in the U.S., and $50-ish billion overseas.
 
したがって、Nutanix の買収は、Cisco にとって見事な戦略となる。 そして Cisco には、Nutanix の投資家たちを説得するだけの、充分なキャッシュがある。 アメリカ国内では $3.2 billion を、そして海外では $50 billion ほどを、溜め込んでいるはずなのだ。
 
Then again, this latest acquisition rumor comes days after Chambers squashed the previous rumor last week that it was in talks to buy security company FireEye.
 
もう一度、明らかにしておくが、この Nutanix 買収のウワサは、Cisco がセキュリティ会社である FireEye を買収中というウワサを、Chambers が完全に否定した後に、登場しているのだ。
 
SEE ALSO: Why a startup called Nutanix is making VMware absolutely crazy
SEE ALSO: The Inside Story Of A $1 Billion Acquisition That Caused Cisco To Divorce Its Closest Partner, EMC
NOW WATCH: This simple exercise will work out every muscle in your body
 
ーーーーー
CiscoCisco は 6月4日に、Piston Cloud Computing の買収を発表しましたが、その前には、Nutanix の買収話で盛り上がっていたのです。 Piston を選んだ理由として、分散システムに関する能力と経験や、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションに関する実績などが挙げられていました。 そして、このあたりの領域は Nutanix の得意分野とカチ合うので、おそらく別の道を歩むことになるのだと予測します。これまでの、サーバー単体を販売するビジネスから、サーバーの集合体を販売するビジネスへと、商材としたのビルディング・ブロックが拡大しています。 言い換えるなら、パブリック・クラウドの存在を前提とした、つまり、クラウドとの兼ね合いを視野に入れた、新しいビジネス・モデルが要求されているのです。この記事に登場する、Cisco/EMC/Nutanixなどの勢力だけではなく、IBM/HP/Dell といった従来からの大手サーバー・メーカーたちも、新しいビジネスを追いかけ始めています。 そして、さらに、Lenovo や Huawei といった中国勢も、同じマーケットに参入してきます。どんな戦いが繰り広げられるのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

Comments Off on Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Posted in Cisco, IoT, Research by agilecat.cloud on June 12, 2015
These are the top industries that will benefit from the ‘Internet of Things’
John Greenough – Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/top-the-internet-of-things-industries-2014-12 
 
_ Business Insider
 
The Internet of Things (IoT) will lead to a wholesale transformation of how large globe-spanning companies do business, but adoption will start in certain industries
 
The Internet of Things (IoT) は、グローバルでビジネスを展開する巨大企業に対して、大きな転換をもたらすが、誰が採用し始めるのかとなると、特定の産業に限定されると言わざるを得ない。
 
In a report from BI Intelligence, we examine the industries currently driving growth in the enterprise Internet of Things and how various sectors of the economy will embrace IoT innovations.
 
BI Intelligence のレポートをベースに、私たちが分析したのは、現時点でエンタープライズ IoT の成長を促進している業種が何処にあり、また、どのように IoT イノベーションを受け入れる経済分野が多様化していくのか、という二点である。
 
iot industry estimates
BI Intelligence
Estimates for total IoT devices globally, by year.
 
Almost every industry can benefit from investing in the IoT, which means adding data-collecting sensors to objects such as factory machinery, office buildings, and warehouse shelves. Based on trends in industry-specific capital expenditures, global size, current use of IoT devices, and through an analysis of where IoT vendors are focused on selling, we estimate enterprise IoT spending by industry.
 
大半の産業が、IoT に投資することで利益を享受していくだろう。つまり、工場の生産ラインや、オフィス・ビル、そして、倉庫の在庫棚などを対象とした、データ収集のためのセンサーがメリットをもたらすことになる。 今回の調査でベースとしたのは、それぞれの業界ごとの設備投資の動向や、グローバルにおける規模、現時点で使用されている IoT デバイス、IoT ベンダーがビジネスを展開しようと狙っている領域などである。そこから、私たちたちは、業種ごとのエンタープライズ IoT 支出を推定していった。
 
Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Membership >>
 
Here are a few of the key findings from the BI Intelligence report:
 
以下は、今回の BI Intelligence レポートから取り出した、いくつかの注目すべきポイントである:
 
  • Globally, manufacturers will invest $140 billion in IoT solutions over the next five years. Of all of the industries analyzed, manufacturers will be the earliest adopters of IoT solutions and will invest heavily in new IoT solutions for factory floors.
  • 世界的に見て、これからの5年の間に、製造業は $140 billion 相当の投資を、IoT ソリューションに対して実施していく。今回の分析における全産業の中で、先陣を切って IoT ソリューションを導入するのは製造業となる。 つまり、工場の生産ラインに IoT ソリューションを組み込むために、膨大な投資を行っていくことになる。
  • 18% of industrial machinery companies (i.e., manufacturers) are already using IoT devices, according to a SAS study.While this doesn’t measure the extent that the IoT has been implemented by manufacturers, it’s notable that almost one-fifth of manufacturing companies are already using the IoT to increase production and reduce costs.
  • SAS の調査によると、産業機械メーカーの 18% は(製造業の 18%)、すでに IoT デバイスを使用している。それは、製造業が実装している IoT の広がりを測定する値ではないが、生産性向上とコスト削減のために、すでに製造業の 1/5 が、IoT を活用している点に注目すべきだ。
  • Nearly as many automotive companies, 17%, are using IoT devices in the production of their vehicles. Volkswagen added an SAP system that keeps track of all of their parts’ supply pipeline to help them track where items are located at all times.
  • 同様に、自動車産業の 17% が、その生産ラインで IoT デバイスを使用している。Volkswagen の場合は、すべてのパーツ供給パイプラインを追跡するために、SAP のシステムを追加している。それにより、すべての品目について、常にトラッキングが機能するようになった。
  • We expect the transportation and warehousing industry, that is, logistics companies, to also invest a significant amount in automating their warehouses and shipping: roughly $112 billion in 2019.
  • 私たちは、輸送業と倉庫業において、つまり物流産業において、膨大な投資が行われると予測している。倉庫と配送の管理を自動化するために、2019年までに約 $112 billion が費やされるだろう。
  • The third-largest industry will be the information sector, including tech and telecommunications, which will expand investment to accommodate the increase in data and data-analysis demands generated by the IoT.
  • 三番目の規模を持つのは、ハイテクやテレコムなどを含む、情報産業になるだろう。 つまり、IoT から生じるデータの、解析に関する需要が高まるにつれて、その投資が拡大していく。
 
ーーーーー
IoT上記のチャートが示しているのは、6社による IoT 接続デバイス数の予測値です。 ここでは、Cisco/ABI Research/IDC がイケイケ組で、BI Intelligence/Harbor/Gartner が慎重組という感じですね。 ただし、IDC は、すでに IoT は機能しており、そんなに目新しいものではないというスタンスのようです。そして、箇条書きが示しているのが、BI Intelligence における予測の根拠です。 IoT の時代になると、FA という言葉が無くなってしまうのかもしれませんが、製造業と自動車産業における 20% 近い実績を、どのように評価するのかで、IoT の成長曲線も変わってくるのでしょうね。まだまだ、喧々諤々が続きそうです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべき
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Comments Off on IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?

Posted in .Selected, Asia, Cisco, SDN, Telecom by agilecat.cloud on June 9, 2015
Singtel launches software-defined WAN service
By Networks Asia staff | Monday, June 8, 2015 – 09:48
http://www.networksasia.net/article/singtel-launches-software-defined-wan-service.1433728137
 
_Network Asia
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) has announced a partnership with Viptela Inc. (Viptela) to launch SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) service. This cloud-based solution helps enterprises in Asia Pacific, Australia, Europe and the US simplify the management of their networks.
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) が、Viptela Inc. (Viptela) とパートナーシップを交わすことで、SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) サービスを立ち上げると発表した。このクラウド・ベースのソリューションを採用することで、Asia Pacific/Australia/Europe/US などのエンタープライスは、自身のネットワーク管理を簡素化できるようになる。
 
The Singtel ConnectPlus SD-WAN solution enables enterprises to simplify and centralize their network provisioning and policy management, and configure network requirements in real-time.
 
具体的に言うと、この Singtel ConnectPlus SD-WAN ソリューションにより、それぞれのエンタプライズ・ネットワークにおける、プロビジョニングとポリシーの管理を簡素化/一元化し、また、ネットワーク要件をリアルタイムで設定することも可能になる。
 
SingTel_phone_boothwikimedia
 
“Singtel is empowering enterprises with the capability to adapt and programme their network operations based on their needs. Using a self-service portal, they can exercise dynamic control over network issues such as performance, bandwidth utilisation and security,” said Lee Han Kheng, Vice President (Global Products), Singtel Group Enterprise.
 
Singtel Group Enterprise の VP である Lee Han Kheng は、「Singtel は、それぞれのニーズに基づいて、それぞれのエンタープライズが、ネットワーク・オペレーションを適用し、また、プログラムしていく能力を提供したいと考えている。セルフ・サービスのポータルを利用することで、たとえばパフォーマンス/バンドワイズ/セキュリティといった、ネットワークに関連する問題を、それらの企業は学習しながら、動的にコントロールできるようになっていく」と述べている。
 
He added: “Singtel ConnectPlus SD-WAN is one of several software-based innovations that we are implementing to help our customers enhance their networks and improve business productivity.”
 
そして彼は、「Singtel ConnectPlus SD-WAN は、ソフトウェアをベースにした、いくつかのイノベーションの1つである。そして、自社のネットワークを強化し、ビジネスにおける生産性を向上させたいと願う顧客のために、私たちが実装していく」と、付け加えている。
 
Amir Khan, CEO of Viptela said: “ By combining Singtel’s global reach and market-leading network services with Viptela’s SD-WAN technology, Singtel ConnectPlus customers can easily change their network requirements, regardless of the number of physical locations, networking devices and underlying transport technologies. This helps businesses reduce operating costs by providing one point of control for all their IP VPN, private line and Internet services anywhere in the world.”
 
Viptela の CEO である Amir Khan は、「 Singtel のグローバル・リーチおよび、マーケットをリードするネットワーク·サービスと、Viptela SD-WAN を組み合わせたものが、Singtel ConnectPlus である。それにより、Singtel の顧客は、物理的ロケーションの量や、ネットワーク・デバイスの種類、そして、基礎をなすトランスポート・テクノロジーなどに制約されることなく、自身のネットワーク要件を容易に変更できる。つまり、世界中に点在する、すべての IP VPN/専用線/インターネット・サービスに関するコントロールを、シングル・ポイントで提供することで、エンタープライズにおける運用コストの削減が達成される」と述べている。
 
Singtel and Viptela are currently working with multiple Global 2000 enterprise customers in pilot deployments of the service.
 
Singtel と Viptela は、このサービスをパイロット・ディプロイするために、Global 2000 の企業と協力している。
 
Singtel ConnectPlus IPVPN has an extensive network of more than 200 Points-of-Presence (PoP) around the world.
 
Singtel ConnectPlus IPVPN は、世界中に展開された 200 以上の Points-of-Presence (PoP) という、広大なネットワークを有している。
 
ーーーーー
SDNSingTel というと、とてもセンスの良いテレコムというイメージがあります。 あの、データセンターとサービスが密集しているシンガポールで、ほどよい感じで存在感を示しながら、あまり出しゃばりもせずに、その規模を着々と拡大しています。 もちろん、狙うべきマーケットは、シンガポールをベースにしたグローバルとなりますので、APAC 内でのパートナーシップも大切にしています。 そして、今回の Singtel ConnectPlus SD-WAN ですが、Viptela と組んでポリシー・コントロールまでカバーしている点が、とても気になります。 このあたりは、Cisco のお家芸とも言える領域なので、新たなガチンコ勝負が始まるのではと、期待が膨らんでしまうのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、この一年のトピックをまとめてみた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
 

Comments Off on Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by agilecat.cloud on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150601PR219.html
 
_ Digi Times
 
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
 
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
 
serversWikipedia
 
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
 
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
 
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
 
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
 
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
 
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
 
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
 
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
 
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
 
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
 
ーーーーー
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<対訳>
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

Comments Off on Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!

Posted in .Selected, Cisco, Network, OpenStack by agilecat.cloud on June 4, 2015
Piston Acquisition Beefs Up Cisco OpenStack Cloud Team
Jason Verge – June 3, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/03/piston-acquisition-beefs-up-cisco-openstack-cloud-team/
 
_ DC Knowledge
 
Cisco announced it will acquire Piston Cloud Computing, a startup that began as a provider of private OpenStack cloud infrastructure on commodity hardware but earlier this year expanded via its CloudOS, becoming a provider of a simple way to deploy several open source platforms, such as Hadoop and Spark.
 
Cisco が、Piston Cloud Computing を買収すると発表した。Piston は、コモディティ・ハードウェア上で OpenStack プライベート・クラウド·インフラを構築するプロバイダーとして立ち上がったスタートアップだが、今年の初めに CloudOS を拡張したことで、Hadoop や Spark といった OSS プラットフォームを、容易にディプロイするプロバイダーへと転身している。
 
Cisco is acquiring Piston for its talent and expertise around distributed systems and quick and easy deployment and automation. This is a second Cisco OpenStack acquisition, following the purchase of Metacloud late last year. Both Piston and Metacloud are highly complementary to each other and in the wider Cisco “Intercloud” vision.
 
Cisco が Piston を買収するのは、その分散システムに関する能力と経験、そして、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションにおける実績を買ってのことである。そして、Cisco における OpenStack 関連企業の買収は、昨年末の Metacloud に続いて、これで二社目となる。Piston と Metacloud は、Cisco の壮大な Intercloud ビジョンにおいて、相互補完していくだろう。
 
Piston-Morrisroe-BagbyPiston CEO Jim Morrisroe (right) and COO Steve Bagby on the show floor at the 2014 OpenStack summit in Paris (Photo: Yevgeniy Sverdlik)
 
“Piston has focused on the deployment problem, while Metacloud has focused on the day-two probem,” said Scott Sanchez, director of Cisco OpenStack strategy. Sanchez came to Cisco via the Metacloud acquisition.
 
「Piston がデプロイメントの問題にフォーカスするのに対して、Metacloud は Day Two の問題にフォーカスしている」と、Director of Cisco OpenStack Strategy を務める Scott Sanchez は述べている。 Sanchez は、Metacloud の買収を介して Cisco に参画している。
 
“They built a great team,” he said about Piston. “One of the things they always focused on was the distributed systems aspect. They rebranded and took a step back from OpenStack to amplify the CloudOS message. It’s about how do we take these complicated platforms and make them easy to deploy in an automated way?”
 
Sanchez は Piston について、「彼らは、素晴らしいチームを構成している。彼らが常にフォーカスしてきたものに、分散システムという側面がある。そして、CloudOS というメッセージを増幅するために、彼らはブランドを変更し、OpenStack の外へと踏み出した。どのようにして、それらの複雑なプラットフォームを取り扱い、また、自動化された方式で容易にディプロイするのかを知りたくないか?」と述べている。
 
Cisco’s strategy has been centered on what it calls Intercloud. Intercloud is not a product but an overarching concept that basically means connected clouds, or a cloud of clouds. Sanchez said Cisco wants to play a similar role with cloud as it did with the larger internet, where it is a key player across hardware, software, and services centered on the network.
 
Cisco の戦略は、Intercloud と呼ばれるものに集約されている。Intercloud はプロダクトではなく、複数のクラウドや特定のクラウドを接続するための、基本的かつ包括的な概念のことである。Sanchez は Cisco の方針について、これまでの大規模インターネットで行ってきたように、クラウドでも同じ役割を果たしたいと述べている。つまり、ネットワークを中心として、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを取りまとめていく、キー・プレーヤーになりたいということだ。
 
Piston is more than a talent acquisition for the Cisco OpenStack team, as it brings a lot of automated deployment technology to the table as well. Its aim is to give companies that are not quite as large as Facebook or Google data center infrastructure capabilities the likes of Facebook and Google have.
 
Piston は Cisco OpenStack チームに対して、自動デプロイメントのテクノロジーを持ち込むため、単なる買収とは異なる成果をもたらすだろう。そして、Facebook や Google が有するような、巨大なデータセンターやインフラスを必要としない、ごく一般的なユーザー企業に対して、ソリューションを提供していく。
 
Piston accelerates Cisco’s ability to help customers deploy their clouds. If a private OpenStack cloud currently takes Cisco 14 days to deploy for a customer, Piston will help shave that time down. The distributed systems expertise means its easier to deploy more complex, distributed clouds and platforms as well.
 
Piston が Cisco の能力を加速させることで、顧客による容易なクラウドのディプロイが実現されていくだろう。つまり、OpenStack プライベート・クラウドのディプロイに、Cisco が 14日を必要としているなら、さらに短い期間で完了するよう、Piston が時間を削り取っていく。そして、Piston における分散システムの専門知識により、複雑に分散されたクラウドやプラットフォームであっても、容易なディプロイメントが可能になる。
 
“Today, we have multiple offerings working towards a more converged stack behind the scenes,” said Sanchez. OpenStack is just one ingredient in a larger cloud strategy for Cisco, albeit an important one.
 
Sanchez は、「これからの私たちは、さまざまな状況に潜む、より集約的なスタックに対して、多様なプロダクトを提案していける」と語っている。Cisco の壮大なクラウド戦略において、OpenStack は重要であっても、1つの構成要素に過ぎないのだろう。
 
“There’s a shift that has started to occur in the market,” said Sanchez. “It’s less about the technology platform and more about what you do with it. Cisco, Metacloud, and Piston all recognized this. OpenStack is a key part of our execution, but its just a piece of a recipe. We’re past the hype stage of OpenStack, and it’s execution time. We’re seeing tremendous traction.”
 
Sanchez が言うには、「 マーケットでは、発想のシフトが発生し始めている。 そのシフトは、テクノロジー・プラットフォームから、顧客が必要とするものへと向かうものである。そのことについて、Cisco/Metacloud/Piston の認識は一致している。OpenStack は、私たちが実施する重要なパートであるが、全体的なレシピの一部でもある。OpenStack を語る段階は過ぎ、実際に動かす時期に入っている。 そして、私たちは、きわめて強力な牽引力を確認している」となる。
 
Last year, Cisco pledged to spend $1 billion over two years in pursuit of the cloud market. Cisco is a massive business with networking equipment at its core. Its Intercloud retains that networking angle, with the company focusing on connection of clouds. However, Intercloud isn’t a product but rather a strategy and vision of hyper-connected clouds. Cisco is building out several pieces so it can be the hub across all points of the chain, from hardware to service provider.
 
昨年に Cisco は、クラウド市場を探求するために、2年間で $1 Billion を費やすと宣言した。Cisco は、ネットワーク機器のビジネスにおける大手であり、その中核を構成している。そして、Intercloud は、クラウド間の接続にフォーカスするという、同社におけるネットワークの観点を保持している。しかし、Intercloud はプロダクトではなく、ハイパー接続されたクラウドのための、ストラテジーとビジョンを指すものである。 Cisco は、いくつかのパートを構築していく最中にある。それらは、ハードウェアからサービス・プロバイダーにいたる連鎖において、すべての接続ポイント間でハブとして機能してくものになるのだろう。
 
ーーーーー
Ciscoクラウドは、すべてを変えていく・・・ それは、Cisco に対しても、新たな立ち位置と戦略を要求するだけの、大きなパワーを持つものなのでしょう。 そして、Intercloud という概念は、これからの Cisco を表現するフレームワークであり、Metacloud も Piston も、そして OpenStack も、そこにはめ込まれていくピースという感じなのでしょう。 Cisco が、どのように変化していくのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Google と Cisco が 特許・非訴訟で合意:IoT への備えなのか?
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
 

Comments Off on Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!

%d bloggers like this: