Agile Cat — in the cloud

Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Posted in Cisco, Mobile, Network, Research, Telecom by Agile Cat on March 20, 2014

The U.S. officially enters the gigabyte era of mobile data consumption
http://wp.me/pwo1E-7kX

By
Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/cisco-the-u-s-is-officially-in-the-gigabyte-era-of-mobile-data-consumption/

_ Giga Om

Summary: Average mobile data use in North America nearly doubled in 2013 to 1.38 GBs a month leading the world. The U.S. isn’t the biggest data hog — that would be Japan — but LTE is driving consumption.

Summary:  North America におけるモバイル・データの使用量は、2013年との比較で倍増しており、世界をリードする 1.38 GB まで上昇してきた。アメリカは、最大のデータ消費国ではないが(おそらく日本が一番)、LTE により消費は促進されている。

ーーーーー

Mobile users the world over came close to doubling their mobile data consumption between 2012 and 2013 as average monthly usage peaked well over 1 GB in the U.S, and several other countries, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index report on global mobile data trends.

Cisco Systems がグローバル・モバイル・データの傾向をまとめた、Visual Networking Index レポートによると、アメリカなどの国々におけるモバイル・データの平均使用量は、2012年から 2013年にかけて二倍弱に増え、1 GB/月の大台に達したようだ。

_  space

_  space

North America led the pack with the average mobile subscriber consuming 1.38 GBs a month, up from 752 MBs in 2012 and a full gigabyte more than the average global usage of 356 MBs. When looking at individual countries, Japanese users led the world with 1.87 GBs, followed by the U.S. at 1.41 GBs and South Korea with 1.25 GBs.

North America の平均的モバイル・サブスクライバーは、2012年の 752 MB から、2013年の 1.38 GB へと、その消費量を伸ばし、他の地域をリードしている。 国ごとの状況を見ると、トップは日本の 1.87 GB であり、その後にアメリカの 1.41GB と、韓国の 1.25 GB が続いている。

_  space

_  space

Those three countries happen to be the first to launch LTE networks on a large scale, and according to Cisco director of service provider marketing Thomas Barnett, 4G adoption has become the strongest indicator of skyrocketing mobile broadband use worldwide, a conclusion other studies have also reached. In Western Europe, where LTE only got off the ground recently, average mobile data usage is half that in North America, coming in at 717 MBs per month.

これらの 3つに国々は、大規模な LTE ネットワークが最初に立ち上がった国々でもある。Cisco の Director of Service Provider Marketing である Thomas Barnett によると、世界的なモバイル・ブロードバンド利用と、急激に上昇させるという点で、4G の採用は最も確かな指標であり、また、他の研究も、同じ結論に達しているという。ごく最近になって LTE が開始されたばかりの Western Europe では、その平均的なモバイル・データ使用量は 717 MB/月であり、North America の半分となっている。

_  space

_  space

As you might expect, smartphones are a big driver of that increased data appetite, but tablets are contributing as well. Cisco, however, is seeing a surprising surge in PC connections to mobile networks. Barnett attributes that to the fact that laptops are starting to resemble tablets, coming with touchscreen capabilities and retractable keyboards. As people start to use their laptops like tablets, they’re increasing treating them as mobile — not merely portable — devices.

誰もが想像するとおり、このデータ消費を増大させるのはスマホであるが、タブレットの存在も見逃せない。しかし Cisco は、モバイル・ネットワークへと向けた、PC コネクションの意外な流入を指摘している。Barnett が言うには、タッチ・スクリーンと格納式のキーボードを備えたラップトップは、タブレットに類似したもの成り始めているらしい。つまり、タブレットのようなラップトップを、人々が使い始めるにつれて、それらは、単なるポータブル・デバイスではなく、モバイル・デバイスとして扱われているという。

_  space

_  space

Last year the world saw 1.5 exabytes — an exabyte being 1 billion gigabytes — of data traverse its mobile networks each month. Cisco expects that number to grow to 15.9 exabytes in 2018.

昨年、この世界は、1.5 Exabyte/月のデータが(1 Exabyte = 10億 Gigabyte)、モバイル・ネットワークで転送されるのを確認している。そして Cisco は、2018年には、その数字が 15.9 Exabyte にまで成長すると予測している。

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 January 2014
How enterprise mobility management will shape the future of work October 2013
How to deliver the next-generation web experience January 2013

ーーーーー

TAG indexそういえば、毎年恒例の Cisco レポートの時期だと思い、探してみたら、このようなポストが見つかりました。 出張などがあり、バタバタしていて見落としたようです。 今年のスコープは 2018年までとなりますが、その手前の 2017年について、昨年のレポートと比較してみると、11.2 EB から 10.8 EB へと、下方修正されているようです。とは言え、いずれにしても、ものすごい成長率であることに変わりはなく、それを支えるのは、途上国におけるモバイルと、先進国における IoT の伸びなのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?
Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, Network, Research by Agile Cat on November 28, 2013

Cisco Is Getting Destroyed In Premarket Trading
http://wp.me/pwo1E-6WV

Sam Ro – NOV. 14, 2013
http://www.businessinsider.com/cisco-down-in-premarket-trading-2013-11

_ Business Insider

Nov 14 ーーー Shares of Cisco are plunging ahead of the U.S. trading session.

11/14 の時点 ーーー Cisco の株価が、米国における取引の、開始時刻に先立って急落している。

The tech behemoth announced better-than-expected fiscal Q1 earnings after the closing bell on Wednesday.  However, revenue was weak and its fiscal Q2 guidance was ugly.

このハイテク界の巨人だが、水曜日の取引が終了した後に、予想以上とも思える Q1(9月期)の決算を発表している。しかし、その収益に力強さはなく、この年度における Q2 ガイダンスも荒れ模様である。

Getty Images/Ethan Miller
John Chambers

“Overall, Asia-Pacific, Japan and China was down 10%,” said CEO John Chambers on the earnings conference call. “China continued to decline as we and our peers worked through the challenging political dynamics in that country.”

「 全体的にみて、Asia-Pacific および、Japan、China が、10% のダウンとなっている。 China に関しては、同国における厄介な政治力学の中で奮闘したが、売上の減少が止まらなかった」と、CEO である John Chambers は、収支報告のカンファレンス・コールで発言している。

Chambers is referring to the revelations of recent leaks related to spying by the National Security Agency.

また、Chambers は、NSA(National Security Agency)による最近のスパイ活動について、情報がリークされていることにも触れている。

“Every one of our top 10 emerging countries missed their forecast and was off by a fair amount,” said Chambers. “So it wasn’t just that it was down, the last couple of weeks, they kept dropping and dropping.”

「 私たちのマーケットである、新興国 Top-10 の全てにおいて、かなりの範囲で予測がずれてしまった。そして、単にダウンするだけではなく、そのような状況が数週間も続いてしまった」と、Chambers は述べている。

“As we look to Q2 FY’14, we do not anticipate material improvement in our order growth. This is impacting our revenue guidance for Q2.” Here’s what Cisco sees in Q2:

そして、「 FY ’14 Q2 に目を向けるとき、私たちの成長の材料が、改善されているとは予想できない。 それが、Q2 における収益ガイダンスに影響を与えている」と続けている。 以下が、Cisco による Q2 の予測である:

  • Revenue: Down 8% to 10% year-over-year
  • Gross margin: 61% to 62%, non-GAAP
  • Operating margin: 27.5% to 28.5%, non-GAAP
  • EPS: $0.45 to $0.47, non-GAAP

“We suggest you model revenue conservatively,” warned Chambers.

「 私たちは、投資家たちの収益モデルについて、慎重に示唆する必要がある」と、Chambers は警告している。

Here’s a look at the premarket chart from MarketWatch:

ここで、MarketWatch による、最新のチャートが参照できる:

ーーーーー

image23すべての企業が、クラウド化からの影響を受けるはずであり、この Cisco という巨人も、例外ではないということなのでしょう。 昨日も、Open Compute によるスイッチ・コンペの記事をポストしましたが、この Facebook にかぎらず、Google や Amazon などを含む大手のサビサーたちが、データセンターとファシリティをデザインする時代になったようです。ただし、こうした、ファクトリまでも所有する大手と、中小の経済は異なるものであり、そのギャップを埋めていくことが、Open Compute などに期待される活動なのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に

 

Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, Network, OpenFlow, Research, SDN by Agile Cat on March 1, 2013

Chart: Cisco owns the switching and routing world
http://wp.me/pwo1E-5H1

By
Stacey Higginbotham – Fab 27, 2013
http://gigaom.com/2013/02/27/chart-cisco-owns-the-switching-and-routing-world/

_ Gigaom

Summary: Cisco may be facing an existential threat to its switching and router business, but a chart out from a research firm shows exactly how much the networking giant stands to lose.

Summary: Cisco は、スイッチとルーターのビジネスが、脅かされるという危機感に直面しているかもしれないが、あるリサーチ会社から提供されたチャートを見れば、このネットワークの巨人が維持しているものが正確に把握できる。

ーーーーー

While Cisco may see long-term threats to its business from software-defined networking, VoIP and competing collaboration and video conferencing products, the networking giant is sitting pretty with 54 percent of the market share in the six networking categories shown below for 2012.

Cisco のビジネスは、SDN および、VoIP の競合、ビデオ会議プロダクトといった、長期間におよぶチャレンジを受けているが、 このネットワークの巨人は、2012年においても、以下の6つのネットワーク・カテゴリーにおいて、54% ものシェアを確保している。

Research from Synergy shows that Cisco has the lion’s share of the market in switches and routing, reaching roughly 65 percent and 70 percent respectively. In 2012 the six main segments within the enterprise networking market generated $45 billion in revenues for technology vendors, with Ethernet switches now accounting for almost half of all spending.

Synergy が提供する調査結果によると、Cisco はスイッチとルーターのカテゴリーにおいて、65% と 70% という、圧倒的なシェアを保持していることが分かる。 2012年のエンタープライズ・ネットワーク市場では、テクノロジー・ベンダーたちが $45 billion を稼ぎ出している。そして、その市場を、6つのメイン・セグメントに分けてみると、Ethernet Switches の項目が、全体の約半分を占めるという状況が分かってくる。

So even as Cisco comes off a successful reorganization and faces existential threats to its networking business from the commodification of the router, it’s daunting to see what its fighting to keep. It will not go gently.

Cisco は組織の再編を終え、また、ルーターのコモディティ化という、ネットワーク・ビジネスにおける現実的な脅威に立ち向かっていくが、このチャートを見れば、そのコンペティタたちも怯むだろう。決して、ヤワな相手ではないのだ。

Check out Cisco at our Structure Data conference in New York City March 20 and 21.

Related research

 

 

 

ーーーーー

imageモバイル以前に、そして、クラウド以前に、プレゼンスを発揮していた大手企業が、このところ、ハードもソフトも軒並み不調という流れですが、Cisco に関しては、そんな心配も不要のようですね。文中にあるように、時代に合わせた組織の再編が、とても大切なんだろうと思えてきます。image

ーーーーー

<関連>

Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Cisco の経営陣は、Google と IBM から学ぶべきだ
Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月

 

Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?

Posted in .Selected, Cisco, OpenStack by Agile Cat on February 8, 2013

Cisco Invests In Piston Cloud, OpenStack; Hedges Parallels Bet?
http://wp.me/pwo1E-5Dd

Feb. 5th, 2013 by
The VAR Guy
http://www.thevarguy.com/2013/02/05/cisco-invests-in-piston-cloud-openstack-hedges-parallels-bet/

image

Cisco Systems (NASDAQ: CSCO) has invested in Piston Cloud Computing, which develops an OpenStack distribution for private enterprise clouds. The investment comes only a few weeks after Cisco pumped money into Parallels, which develops cloud automation software. Is Cisco hedging its cloud bets? Sort of.

Cisco Systems (NASDAQ: CSCO) が、プライベート・エンタープライズクラウド用の OpenStackディストリビューションを開発する、Piston Cloud Computing への出資を開始した。 この話は、クラウド・オートメーションソフトウェアを開発する Parallels に対して、Cisco からの資金が流れ込んだ、わずか数週後に浮上してきている。 Cisco は、クラウドへの投資において、ヘッジをかけているのだろうか? ある程度は、それもあるのだろう。

imageGenerally speaking Parallels is used to stand up and automate public clouds. OpenStack can also be used in public clouds but does not necessarily compete with Parallels on all fronts. Also, OpenStack is gaining momentum as a private cloud platform that enterprises can use to deploy IaaS (infrastructure as a service).

一般的に言って、Parallelsが利用されるケースは、パブリック・クラウドを立ちあげ、その後を自動化するときとなる。 OpenStack も、パブリック・クラウドで使用されるが、すべての領域において、必ずしも Parallels と競合するわけではない。さらに言えば、エンタープライズが IaaS をディプロイする、プライベート・クラウド・プラットフォームとして、OpenStack は勢いを増している。

Clearly, Cisco is spreading its chips around and making multiple public and private cloud bets. Piston Cloud raised $8 million in Series B funding — with Cisco among those pumping money into the company.

明らかなのは、数多くのパブリック・クラウドと、多様なプライベート・クラウドに賭けていくため、Cisco はチップスをばらまいている点である。Piston Cloud は Series B ファンドにおいて、$8 million の資金を集めた。そして Cisco も、そこに資金を注ぎ込んだ一人である。

At the same time, Cisco has been shedding lower-margin businesses that are not part of the company’s long-term focus. The latest such move involved Cisco selling its Linksys business to Belkin.

それと同時に、Cisco は、同社の長期戦略に入らない、採算性の低いビジネスを整理し始めている。 最近では、Cisco 傘下にあった Linksys のビジネスが、Belkin に売り渡されている

ーーーーー

TAG indexOpenStack というと、Internap がパブリック向けに先行し、それに続いて Piston Cloud がプライベート向けに進出するという流れだったと記憶しています。 そして、以前にポストした 『 Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?』という抄訳では、同社について、以下のように記述されています。image

Piston Enterprise OS は、主としてエンタープライズ・プライベート・クラウドにおけるセキュリティと、容易なオペレーションにフォーカスした、最初の OpenStack ディストリビューションである。 Piston Cloud のイノベーションである  Null-Tier Architecture は、高度なスケーラビリティと前例のないコスト効率を提供するために、すべてのノード上にストレージ/コンピューティング/ネットワーキングを結合するものとなる。 カスタムなビルドとして取り組む規制に関する要件として、Piston Enterprise OS は、クラウドと仮想環境のためのオープン・セキュリティス・タンダードである、CloudAudit の業界初の実装も提示している。

ーーーーー

<関連>

Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
Internap が構築する、OpenStack-Based のパブリック・クラウドとは?
OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる
OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用

 

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月

Posted in .Selected, Asia, Cisco, Mobile, Network, Research, Strategy, Web Scale by Agile Cat on February 7, 2013

Cisco: Our mobile data appetite doubled in size in 2012 (and it’s getting bigger)
http://wp.me/pwo1E-5D3

By
Kevin Fitchard
http://gigaom.com/2013/02/05/cisco-our-mobile-data-appetites-doubled-in-size-in-2012/

_ Gigaom

Summary: Globally the average mobile user consumed 201 MB a month in 2012. In North America, we binged on more than triple that amount. By 2017, Cisco says, those numbers will increase by a factor of 10.

2012年において、地球上の平均的なモバイル・ユーザーは、201MB/月のペースでトラフィックを消費している。 North America では、そのトラフィック量が、3倍以上になるという、大盤振る舞いの状況であった。 そして、Cisco が発言するには、2017年までの増加は、10という因数で計算されれるようだ。

Buffet image courtesy of Flickr user Wesley Fryer

ーーーーー

The average global mobile user consumed 201 MBs of data a month in 2012, more than doubling the 92 MBs monthly average from 2011, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index (VNI) for mobile traffic.

Cisco Systems の新しい Visual Networking Index(VNI)によると、グローバルにおける 2011年の平均的モバイル・ユーザーは、1ヶ月あたり 201 MB というデータを消費しているが、その量は2011年の 92MB に対して、2倍以上の増加となる。

That may not seem like a huge amount, but it’s spread out over the entire world’s population, including parts of the world where 3G connections are still rare and smartphone uptake negligible. When broken down by region, the numbers really pop. Cisco found the typical North American accounted for 752 MBs a month, while Western Europeans ate up a monthly average of 491 MBs.

その量が膨大だと認識されない可能性があるが、このネットワークは世界の全人口をカバーするものであり、その中には 3G 接続が稀な国や、スマートフォンのシェアがごく僅かな国々も含まれているのだ。そして、大きな地域ごとに切り分けてみると、その違いが明瞭になる。その典型的な例として、North American では 1ヶ月に 752MB が消費されたが、Western Europeans では 491MB だったと、Cisco は指摘している。

クリックで拡大 ⇒

In total, devices with mobile connections generated 900 petabytes of traffic (a petabyte being 1 million GBs) each month in 2012. And we ain’t seen nothing yet. Cisco is projecting global mobile traffic will grow at compounded annual rate of 66 percent for the next five years, doubling 13 times by 2017. This year, monthly mobile traffic will enter the exabyte era (an exabyte being 1 billion GBs). By 2017 global mobile users will eat up 11.2 EBs each month, according to the VNI.

モバイル接続された、すべてのデバイスが 2012年に生み出したトラフィックは、1ヶ月あたり 900 Peta Byte(1PB = 100万GB)に達する。 それは、これまでに見たことのない量である。 Cisco の予測によると、グローバル・モバイル・トラフィックは、これからの 5年間を 66% の CAGR(複合年間成長率)で成長し、2017年までに 13倍に増大するとされる。 そして、今年には、毎月のモバイル・トラフィックが、Exa Byte(1EB = 10億GB)の時代へと突入するだろう。 そして VNI によると、グローバル・モバイル・ユーザにより、2017年には 11.2 EB/月が消費されることになる。

Cisco is tracking the culmination of many trends. Not only are the number of smartphones and tablets increasing, but more devices from cameras to cars are getting connected. The average data usage per device is on the rise, but so is the total number of connected devices each person owns.

Cisco は、数多くのトレンドにおける、突出した部分を追跡している。 つまり、スマートフォンやタブレットの数が増大しているだけではなく、カメラから自動車に至るまでの、数多くのデバイスが接続されていく。 個々のデバイスで消費される、平均的なデータ量が上昇しているが、それぞれの人々が所有する、モバイル接続デバイスの総数も上昇しているのだ。

The result is explosion of mobile data consumption across an explosion of new devices – even if the number of actual subscribers is only increasing incrementally. There are 4.3 billion mobile subscribers today, by Cisco’s estimates. We’ll add less than a billion to that figure by 2017.

したがって、実際のサブスクリプション数が、ゆるやかに増加しているだけであっても、新しいデバイスが爆発的に増大することを前提に、モバイル・データ消費の爆発が引き起こされるのである。現時点の Cisco の見積もりによると、約 43億人のモバイル・サブスクライバーが存在する。 そして、その数は 2017年までに、10億弱まで上昇すると思われる。

クリックで拡大 ⇒

In that year, the average global consumer will be responsible for 2 GB each month, but North America will go for extra helpings at the mobile broadband buffet. Cisco predicts that the average U.S. or Canadian subscriber will account for 6.2 GBs of consumption each month, spread out over multiple devices. Western European usage will be nearly half that number.

2017年位は、平均的なグローバル・コンシューマは、1ヶ月あたり 2GB の負担をもたらすだろう。 そして、North America はもバイス・ブロードバンドの消費において、さらなる負荷を生み出すだろう。 Cisco の予測によると、America と Canada の平均的サブスクライバーは、複数のデバイスを利用することで、1ヶ月あたり 6.2GB を消費する。また、Western European における消費量は、その半分程度になるだろう。

The average Asian consumer will fall below the 2 GB mark, but they’ll make up plenty of ground in sheer volume of users. In 2017, Asia will have 2.8 billion people hooked into the mobile internet using a total of 5.2 billion connected devices. In North America there will only be 316 million subscribers sporting 841 million individual connections. Despite their data heavy diets, American and Canadians will account for only 19 percent of global mobile traffic, while Asia will consume nearly half.

そして、Asia における平均的な消費量は、1ヶ月あたり 2GB を下回るあたりまで上昇する。しかし、ユーザー数の多さにより、その総量は相当なものとなる。 2017年の Asia では、28億人がモバイル・インターネットに接続され、52億台のデバイスを使用することになるだろう。 また、North America には 3億1600万人のサブスクライバーが生じるが、そこで使用されるデバイスは、8億4100万台になると思われる。ただ、そのデータ大食漢ぶりにもかかわらず、American と Canadian はグローバル・トラフィックの 19% を消費するに過ぎず、Asian たちが半分近くを消費することになる。

クリックで拡大 ⇒

Not all of that traffic will traverse cellular networks. Cisco counts mobile traffic offloaded onto Wi-Fi networks or carrier femtocells in its calculations, though it doesn’t count Wi-Fi-only devices such as a tablet without 3G/4G radio. According to Cisco’s calculations, 33 percent of all mobile device traffic never reached a cell tower and was shunted into an access point or femtocell instead.

しかし、そのトラフィックのすべてが、セルラ・ネットワークを渡り歩くわけでもない。 Cisco の計算によると、モバイル・トラフィックは、Wi-Fi ネットワークもしくは小型基地局にオフロードされる(このレポートには、3G/4G を持たない、Wi-Fi 専用タブレットなどは含まれていない)。 そして、すべてのモバイル・デバイス・トラフィックにおいて、セル基地局には届かないトラフィックは 33% となり、代替えのアクセスポイントや小型基地局に振り分けられると、Cisco は計算している。

By 2017, Cisco expects Wi-Fi and femtos to handle nearly half of all mobile traffic. For data-centric devices like tablets, that number will be as high as 71 percent. North America is already well ahead in the offload curve. About 47 percent of our region’s mobile bits traversed local area networks in 2012.

Cisco の予測によると、2017年までに、すべてのモバイル・トラフィック半分近くが、Wi-Fi ネもしくは小型基地局で処理される。 タブレットのようなデータ・セントリックはデバイスに関しては、その比率が 71% 程度まで上昇する。 North America では、そのオフロード曲線が、すでに良い傾向を示している。この地域では、2012年の時点で、モバイル・ビットの約 47% が、ローカルエリア・ネットワークを渡り歩いている。

クリックで拡大 ⇒

Cisco compiles its numbers through a combination of multiple independent analyst reports, direct measurements from its speed-test apps and metrics it collects from its operator customers. Because Cisco has a vested interest in selling hardware that pushes packets through the mobile internet, its VNI has faced criticism in the past, particularly as carriers use Cisco’s projections to justify their spectrum acquisition sprees.

Cisco が編纂した一連の数値は、多数の独立系アナリストのレポートや、スピード・テスト・アプリからダイレクトに集められた測定値、そして、顧客であるキャリア・オペレータからの情報などを、組み合わせた結果となっている。モバイル・インターネットを介してパケットをプッシュするハードウェアについて、Cisco が販売の既得権を持っていることで、過去において VNI の調査結果は批判され続けてきた。とりわけ、Cisco の予測を利用して、法外な帯域幅の獲得を、キャリアが正当化しているというケースが多かった。

For the last five years, Cisco has revised VNI projections each year to account for new variables and the previous years recorded measurements. Last year it revised its projections upwards, finding its 2011 analysis too conservative. This year Cisco lowered its projections downwards slightly. Cisco analysts said new tiered plans in North America and Europe applied the brakes on average consumption, especially in Europe where there is a high concentration of 3G/4G connected laptops.

そして、最近の 5年間において Cisco は、新しい変数を明らかにするために、VNI 予測を修正しており、昨年は測定値も記録している。 さらに、2011年の分析が、あまりにも慎重すぎるとして、予測値を上方修正している。 しかし、今年の Cisco は、その予測値を、若干だが下方修正している。 Cisco アナリストが説明するには、North America と Europe で計画されている新しいステップが、平均消費量の伸びにブレーキをかけているようだ。 特に Europe では、3G/4G 接続されたラップトップ PC の利用が、極端に限定されているとしている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこうしてみると、Cisco の予測に基づいて、さまざまな組織や企業において、具体的な計画が組まれていくという図式が見えてきますね。 文中にもあるように、様々な批判にも直面するでしょうが、誰かが行わないと話が先に進みません。その意味で、とても大切なことなんだと、訳していて再認識しました。 以下の、トラフィック分析/予測に関するバックナンバーも、ぜひ、ご利用ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2012: Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
2012: IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の半分を Samsung と Apple が分け合う
2012: アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
2011: Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
2011: モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, Network, Research, Web Scale by Agile Cat on November 1, 2012

Cisco predicts that by 2016 datacenter traffic will reach 6.6 zettabytes
http://wp.me/pwo1E-56G

By
David Chernicoff  | October 26, 2012
http://www.zdnet.com/cisco-predicts-that-by-2016-datacenter-traffic-will-reach-6-6-zettabytes-7000006462/

_ zdnet normal

Summary: Cloud traffic will grow at incredible rate, but business use will remain low

ーーーーー

In the recently released Cisco Global Cloud Index:  Forecast and Methodology, 2011–2016 Cisco extrapolates that by 2016, two-thirds, or 4.3 zettabytes, of the total datacenter traffic will be cloud traffic representing the lion’s share of an overall six fold growth in total IP traffic.

つい先日にリリースされた、Cisco Global Cloud Index: Forecast and Methodology, 2011–2016において、同社は以下のように推定している。 2016年までに、データセンターのトラフィックは、4.3 zettabytes(IP トラフィック全体の 2/3)にいたる。 つまり、クラウドのトラフィックは、6倍の成長を達成する、圧倒的なものになるだろう。

For those not familiar with terminology for really big numbers, a zettabyte is equal to 1000 exabytes or 10^21 bytes.  And if exabytes aren’t familiar, that’s one billion gigabytes (10^18 bytes). And despite the way users perceive the way that data is used, over 70% of that IP traffic will be internal to datacenters. Datacenter to end-user represents about 17% of that traffic, while datacenter to datacenter traffic is only 7%.

こうした用語に慣れ親しんでいない人のために説明すると、Zettabyte とは 1000 Exabytes のことであり、また、10^21 Bytes のことである。  Exabytes も知らないということなら、10億 gigabytes(10^18)という表現でどうだろう。 そして、ユーザーたちは、そのデータを使用する方式を理解しているが、IP トラフィックの 70% 以上は、データセンター内部で発生するものとなる。 データセンターからエンドユーザーへ向けたトラフィックは、全体の約 17% であり、また、データセンター間でのトラフィックは、わずか 7% に過ぎない。

While datacenter will be where the bulk of the traffic exists, Cisco forecasts that dedicated server workloads will only increase from 1.5 workloads per server (as of 2011), to and average of 2 workloads per server, while the expectation is that cloud workloads will double from the 4.2 per server average in 2011 to 8.5 workloads per cloud server.

大量のトラフィックが集中する場所に、データセンターは存在するのだが、Cisco の予測によると、専用サーバーのワークロードは、2011年の時点における 1.5 ポイントから、2.0 ポイントへ増えるだけであるが、クラウドに対するワークロード予測値は、2011年 4.2 ポイントからから、8.5 ポイントへと倍増する。

Interestingly enough, the forecast expects the growth in cloud use to be primarily consumer driven. In 2011 consumer use of the cloud averaged 4.5 times that of business us. By 2016, the forecast is that consumers will utilize the cloud more than 6 times as much as business, with business use in 2016 little more than consumer use in 2011.

きわめて興味深いことに、この予測では、クラウドの利用の増大は、主としてコンシューマによりドライブされるとしている。 2011年における、コンシューマ・クラウドの使用量は、ビジネス利用に対して、平均で 4.5倍という値になる。 そして、2016年までに、その比率は 6倍以上に至ると予測されている。なお、2016年のビジネス需要は、2011年のコンシューマ需要に対して、わずかに上回る程度である。

If you really want to crunch the numbers yourself, you can download the 28 pages of data directly.

ーーーーー

image昨年 Cisco レポートは、11月末に発行されていましたが、今年は 1ヶ月ほど前倒しのようですね。 そのレポートでは、IP トラフィックは 2015年までに 4.8 zettabytes/年に達し、その中でクラウド・コンピューティングが占める比率は 1/3(1.6 zettabytes )になるとされていました。 そちらも合わせて、お読みくださ~い! image

ーーーーー

<関連>

Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラストラクチャ
DC サービス市場の規模は、どうなっている?
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則

 

Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する

Posted in .Selected, Cisco, Network, OpenStack, SDN, Virtualization by Agile Cat on October 5, 2012

Cisco buys vCider to boost its distributed cloud vision
http://wp.me/pwo1E-4YJ

By
Barb Darrow – Oct 4, 2012
http://gigaom.com/cloud/cisco-buys-vcider-to-boost-its-distributed-cloud-vision/

_ Gigaom

vCider’s virtual networking smarts will help Cisco build distributed cloud infrastructure that ties into its own Open Networking Environment. The move is seen as a counter to VMware’s acquisition of Nicira.

vCider の仮想ネットワークにおける賢さは、Cisco が構築する分散クラウドインフラと、自身の Open Networking Environment の接続を、促進するものになるだろう。 この動きは、VMware による Nicira 買収へのカウンターのようにも見えてくる。

ーーーーー

Cisco is buying vCider, a specialist in virtual network overlay technology (and a former GigaOM Structure LaunchPad finalist). The move is a response to  VMware’s acquisition of Nicira and its software-defined networking technology in July which has strained the once close partnership between Cisco and VMware.

Cisco が買収する vCider は、仮想ネットワーク・オーバーレイ・テクノロジーのスペシャリストである(前回の GigaOM Structure LaunchPad のファイナリストでもある)。 そして、この動きは、7月に Nicira と SDN テクノロジーを買収した、VMware に対する回答でもある。 なぜなら、その買収劇により、Cisco と VMware を結んでいたパートナーシップに、歪が生じていたからである。

vCider’s technology works in much the same way as VXLAN, VMware’s attempt to get virtual machines to span dispersed data centers as part of the same local area network.

vCider のテクノロジーは、大まかなところで VXLAN と同じように機能する。 つまり、仮想マシンを用いることで、同一のローカルエリア・ネットワークの一部として、複数のデータセンターを分散させていこうとする、VMware の試みに似ている。

Cisco can use vCider’s expertise to build a unified yet distributed Cisco-based cloud. The networking giant will also integrate technology vCider used in its multi-tenant distributed virtual network controller into its work on the OpenStack Quantum network subsystem, according to a Cisco blog post announcing the deal, terms of which were not disclosed.

Cisco は vCider のテクノロジーを用いて、集約と分散という 2つの属性を持った、Cisco ベースのクラウドを構築できる。 さらに、このネットワーク界の巨人は、OpenStack Quantum ネットワーク・サブ・システムで、マルチ・テナント分散された仮想ネットワーク・コントローラを機能させるために、vCider のテクノロジーを統合するだろう。このことは発表されていないが、Cisco のブログ・ポストには、そのように記述されている。

Mountain View, Calif.-based vCider, as Stacey Higginbotham reported last year, aims to help companies, “span clouds while keeping security and compliance intact by installing software on a virtual machine instance in a cloud and then creating a mesh-like Layer 2 network that the administrator can control.”

Mountain View, Calif. をベースとする vCider は、昨年に Stacey Higginbotham がレポートしたように、『 クラウド上の仮想マシン・インスタンスに、ソフトウェアをインストールすることで、セキリティとコンプライアンスが損なわれないことを担保しながら、アドミンが制御できる、メッシュ上の Layer 2 ネットワークを構築するクラウド 』を目指す企業を支援してきた。

imageIn theory, vCider’s smarts will make it easier for Cisco to build easily distributed cloud infrastructure and incorporate that into Quantum. Quantum’s goal is to boost programmability of both virtual and physical networks that tie into Cisco’s own Open Networking Environment (ONE), according to the blog.

理論上は、vCider の賢さにより、Cisco は分散クラウド・インフラを容易に構築し、それを Quantum に取り込んでいくだろう。そのブログによると、Quantum の目標は、Cisco の Open Networking Environment(ONE)に接続される、物理/仮想ネットワークの双方において、プログラミング能力を引き上げることだとされている。

Cisco’s plans call for vCider to be integrated into Cisco’s Cloud Computing group which reports to CTO Lew Tucker. Cisco joined the OpenStack open-source cloud computing effort nearly two years ago and Tucker is vice chairman of OpenStack Foundation board.

Cisco のプランは、同社 CTO の Lew Tucker にレポートラインを持つ、Cisco Cloud Computing グループに、vCider を統合していくことである。 約 2年前から、Cisco は OpenStack OSS クラウド・コンピューティングに参加しており、また、Tucker は OpenStack Foundation ボードの Vice Chairman を務めている。

For more on the state of network come to Structure:Europe in Amsterdam on Oct. 16 and 17, to hear Nicira’s former CEO Steve Mullaney respond to the news.

さらなる詳細については、Structure:Europein Amsterdam on Oct. 16 and 17 に参加して欲しい。 そこでは、Nicira の前 CEO である Steve Mullaney が、このニュースに触れるはずだ。

Subscriber Content

 

 

 

ーーーーー

image名前は知っていましたが、どのような SDN を目指しているのかまでは、調べてことのない vCider です。 先ほど、急いで Web を見に行きましたが、すでに 『 vCider is now part of Cisco 』と書き換えられていました。 したがって、いまは Cisco のブログが頼りなのですが、この GigaOM の記事と比較して、それほど詳しい情報が記載されているとも思えません。 Cisco と vCider が、具体的に、どのような展開を見せるのかとなると、まだ、見えてこない状況です。 image

ーーーーー

<関連>

Apigee は、テレコムのための SDN を考える
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_2
Intel が思い描く、コモディティ SDN の構想 _1
Intel が思い描く、コモディティ SDN の構想 _2

 

%d bloggers like this: