Agile Cat — in the cloud

Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, VMware by agilecat.cloud on June 16, 2015
And now people are saying that Cisco is trying to buy $2 billion startup Nutanix
Julie Bort – May 18, 2015
http://www.businessinsider.com/cisco-could-be-trying-to-buy-nutanix-2015-5
 
_ Business Insider
 
There’s rumbling in the tech world that Cisco is making a bid to buy hot data center startup Nutanix.
 
いつもの ハイテク世界のウワサだが、データセンター界のホット・スタートアップである Nutanix を買収しようと、Cisco が札束を積み上げているという。
 
The speculation of Cisco’s interest began on Friday when analyst Jared Rinderer published a blog post that indicated such talks were taking place, and could be announced in June.
 
この Cisco の関心事に対する憶測は、アナリストの Jared Rinderer がブログをポストした、この金曜日(5/15)から浮かび上がっている。 つまり、そのための協議が行われ、また、6月に何かが発表されるのかもしれないと、そのポストは示唆しているのだ。
 
Rinderer, a senior research analyst for Equity Capital Research Group, didn’t indicate the source of such information.
 
ただし、Equity Capital Research Group の Senior Research Analyst である Rinderer は、その情報源については、なにも示していない。
 
Cisco CEO John ChambersCisco CEO
John Chambers
 
We’ve reached out to our sources, but could not confirm that any such deal was taking place. We understand that Nutanix CEO Dheeraj Pandey internally told Nutanix employees that it was just a rumor and they should ignore it.
 
私たちも情報源について探ってみたが、そのような取引が生じていると、確認することはできなかった。そして、Nutanix の CEO である Dheeraj Pandy が従業員たちに、それは単なるウワサであり無視すべきものだ、と話しているところまで確認した。
 
And this would be a really expensive purchase for Cisco, right when it’s bringing in a new CEO.
 
そして、もし、この買収が成立するなら、新しい CEO を迎えたばかりの Cisco にとって、きわめて高価な買取になるだろう。
 
Nutanix raised a whopping $140 million round last summer ($312 million total) on a just over $2 billion valuation.
 
昨年の夏のラウンドで $140 million (累計で $312 million) を調達した Nutanix は、すでに $2 billion  の評価を得ているのだ。
 
Cisco would probably need to offer a huge premium over the company’s valuation. Nutanix has been gearing up for an IPO and its co-founder CEO dreams of being a huge independent company, the next EMC.
 
おそらく、Cisco にとっては、Nutanix の評価額を上回る、膨大なプレミアムが要求されるだろう。Nutanix は IPO へ向けて邁進しており、その C-Founder and CEO は、EMC の次を狙う夢を追い続けているのだ。
 
“We have so much more to do and we will take these big giant behemoths head on,” Dheeraj Pandey recently told Business Insider.
 
先日に Dheeraj Pandey は、「私たちには、行うべきことが山ほどあり、また、それらの巨大企業と、真正面からやり合うことになる」と、Bisiness Insider に語っている。
 
Nutanix CEO Dheeraj PandeyNutanix CEO
Dheeraj Pandey
 
 But if Cisco could pull this deal off, it would be brilliant. Nutanix could help Cisco with its ugly post-divorce war with EMC and its subsidiary VMware.
 
しかし、Cisco が、この買収を成立させるなら、それは、それで、見事なことである。EMC および、その子会社である VMware との、不快な離婚劇に苦しむ Cisco を、Nutanix が救うことになる。
 
Cisco and VMware/EMC used to be close partners, but they are increasingly in competition with each other.
 
Cisco と VMware/EMC の緊密なパートナーシップは、すでに冷えきったものに変わり、また、双方が競合を煽っている状況にある。
 
EMC even bought out most of Cisco’s stake in a joint company they had, VCE. Now, word is, VCE is dragging its feet to sell Cisco’s products, favoring VMware’s competitors instead.
 
このパートナーシップの下で設立された、合弁会社 VCE に関しては、Cisco の持株の大半を EMC が買い上げている。いまの状況を一言で表現すると、VCE からは Cisco 製品を販売するための機能が、つまり VMware のコンペティタにとって有利な状況が、取り除かれている。
 
Meanwhile, Nutanix is duking it out with EMC/VMware, and doing well — recently it joined other companies in a complaint that caused VMware to lose a $1.6 billion government contract.
 
その一方で、Nutanix は EMC/VMware と殴り合いの状況にあり、また、有利に戦いを進めている。そして、 最近は、まったく別の企業グループとの連携を深め、VMware が $1.6 Billion の政府契約を失う原因を作ったことで、さらなる不平の対象になっている。
 
So buying Nutanix would be a major coup for Cisco, and Cisco has enough cash to turn Nutanix’ investors heads, , with $3.2 billion in the U.S., and $50-ish billion overseas.
 
したがって、Nutanix の買収は、Cisco にとって見事な戦略となる。 そして Cisco には、Nutanix の投資家たちを説得するだけの、充分なキャッシュがある。 アメリカ国内では $3.2 billion を、そして海外では $50 billion ほどを、溜め込んでいるはずなのだ。
 
Then again, this latest acquisition rumor comes days after Chambers squashed the previous rumor last week that it was in talks to buy security company FireEye.
 
もう一度、明らかにしておくが、この Nutanix 買収のウワサは、Cisco がセキュリティ会社である FireEye を買収中というウワサを、Chambers が完全に否定した後に、登場しているのだ。
 
SEE ALSO: Why a startup called Nutanix is making VMware absolutely crazy
SEE ALSO: The Inside Story Of A $1 Billion Acquisition That Caused Cisco To Divorce Its Closest Partner, EMC
NOW WATCH: This simple exercise will work out every muscle in your body
 
ーーーーー
CiscoCisco は 6月4日に、Piston Cloud Computing の買収を発表しましたが、その前には、Nutanix の買収話で盛り上がっていたのです。 Piston を選んだ理由として、分散システムに関する能力と経験や、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションに関する実績などが挙げられていました。 そして、このあたりの領域は Nutanix の得意分野とカチ合うので、おそらく別の道を歩むことになるのだと予測します。これまでの、サーバー単体を販売するビジネスから、サーバーの集合体を販売するビジネスへと、商材としたのビルディング・ブロックが拡大しています。 言い換えるなら、パブリック・クラウドの存在を前提とした、つまり、クラウドとの兼ね合いを視野に入れた、新しいビジネス・モデルが要求されているのです。この記事に登場する、Cisco/EMC/Nutanixなどの勢力だけではなく、IBM/HP/Dell といった従来からの大手サーバー・メーカーたちも、新しいビジネスを追いかけ始めています。 そして、さらに、Lenovo や Huawei といった中国勢も、同じマーケットに参入してきます。どんな戦いが繰り広げられるのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Posted in Cisco, IoT, Research by agilecat.cloud on June 12, 2015
These are the top industries that will benefit from the ‘Internet of Things’
John Greenough – Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/top-the-internet-of-things-industries-2014-12 
 
_ Business Insider
 
The Internet of Things (IoT) will lead to a wholesale transformation of how large globe-spanning companies do business, but adoption will start in certain industries
 
The Internet of Things (IoT) は、グローバルでビジネスを展開する巨大企業に対して、大きな転換をもたらすが、誰が採用し始めるのかとなると、特定の産業に限定されると言わざるを得ない。
 
In a report from BI Intelligence, we examine the industries currently driving growth in the enterprise Internet of Things and how various sectors of the economy will embrace IoT innovations.
 
BI Intelligence のレポートをベースに、私たちが分析したのは、現時点でエンタープライズ IoT の成長を促進している業種が何処にあり、また、どのように IoT イノベーションを受け入れる経済分野が多様化していくのか、という二点である。
 
iot industry estimates
BI Intelligence
Estimates for total IoT devices globally, by year.
 
Almost every industry can benefit from investing in the IoT, which means adding data-collecting sensors to objects such as factory machinery, office buildings, and warehouse shelves. Based on trends in industry-specific capital expenditures, global size, current use of IoT devices, and through an analysis of where IoT vendors are focused on selling, we estimate enterprise IoT spending by industry.
 
大半の産業が、IoT に投資することで利益を享受していくだろう。つまり、工場の生産ラインや、オフィス・ビル、そして、倉庫の在庫棚などを対象とした、データ収集のためのセンサーがメリットをもたらすことになる。 今回の調査でベースとしたのは、それぞれの業界ごとの設備投資の動向や、グローバルにおける規模、現時点で使用されている IoT デバイス、IoT ベンダーがビジネスを展開しようと狙っている領域などである。そこから、私たちたちは、業種ごとのエンタープライズ IoT 支出を推定していった。
 
Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Membership >>
 
Here are a few of the key findings from the BI Intelligence report:
 
以下は、今回の BI Intelligence レポートから取り出した、いくつかの注目すべきポイントである:
 
  • Globally, manufacturers will invest $140 billion in IoT solutions over the next five years. Of all of the industries analyzed, manufacturers will be the earliest adopters of IoT solutions and will invest heavily in new IoT solutions for factory floors.
  • 世界的に見て、これからの5年の間に、製造業は $140 billion 相当の投資を、IoT ソリューションに対して実施していく。今回の分析における全産業の中で、先陣を切って IoT ソリューションを導入するのは製造業となる。 つまり、工場の生産ラインに IoT ソリューションを組み込むために、膨大な投資を行っていくことになる。
  • 18% of industrial machinery companies (i.e., manufacturers) are already using IoT devices, according to a SAS study.While this doesn’t measure the extent that the IoT has been implemented by manufacturers, it’s notable that almost one-fifth of manufacturing companies are already using the IoT to increase production and reduce costs.
  • SAS の調査によると、産業機械メーカーの 18% は(製造業の 18%)、すでに IoT デバイスを使用している。それは、製造業が実装している IoT の広がりを測定する値ではないが、生産性向上とコスト削減のために、すでに製造業の 1/5 が、IoT を活用している点に注目すべきだ。
  • Nearly as many automotive companies, 17%, are using IoT devices in the production of their vehicles. Volkswagen added an SAP system that keeps track of all of their parts’ supply pipeline to help them track where items are located at all times.
  • 同様に、自動車産業の 17% が、その生産ラインで IoT デバイスを使用している。Volkswagen の場合は、すべてのパーツ供給パイプラインを追跡するために、SAP のシステムを追加している。それにより、すべての品目について、常にトラッキングが機能するようになった。
  • We expect the transportation and warehousing industry, that is, logistics companies, to also invest a significant amount in automating their warehouses and shipping: roughly $112 billion in 2019.
  • 私たちは、輸送業と倉庫業において、つまり物流産業において、膨大な投資が行われると予測している。倉庫と配送の管理を自動化するために、2019年までに約 $112 billion が費やされるだろう。
  • The third-largest industry will be the information sector, including tech and telecommunications, which will expand investment to accommodate the increase in data and data-analysis demands generated by the IoT.
  • 三番目の規模を持つのは、ハイテクやテレコムなどを含む、情報産業になるだろう。 つまり、IoT から生じるデータの、解析に関する需要が高まるにつれて、その投資が拡大していく。
 
ーーーーー
IoT上記のチャートが示しているのは、6社による IoT 接続デバイス数の予測値です。 ここでは、Cisco/ABI Research/IDC がイケイケ組で、BI Intelligence/Harbor/Gartner が慎重組という感じですね。 ただし、IDC は、すでに IoT は機能しており、そんなに目新しいものではないというスタンスのようです。そして、箇条書きが示しているのが、BI Intelligence における予測の根拠です。 IoT の時代になると、FA という言葉が無くなってしまうのかもしれませんが、製造業と自動車産業における 20% 近い実績を、どのように評価するのかで、IoT の成長曲線も変わってくるのでしょうね。まだまだ、喧々諤々が続きそうです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべき
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?

Posted in .Selected, Asia, Cisco, SDN, Telecom by agilecat.cloud on June 9, 2015
Singtel launches software-defined WAN service
By Networks Asia staff | Monday, June 8, 2015 – 09:48
http://www.networksasia.net/article/singtel-launches-software-defined-wan-service.1433728137
 
_Network Asia
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) has announced a partnership with Viptela Inc. (Viptela) to launch SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) service. This cloud-based solution helps enterprises in Asia Pacific, Australia, Europe and the US simplify the management of their networks.
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) が、Viptela Inc. (Viptela) とパートナーシップを交わすことで、SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) サービスを立ち上げると発表した。このクラウド・ベースのソリューションを採用することで、Asia Pacific/Australia/Europe/US などのエンタープライスは、自身のネットワーク管理を簡素化できるようになる。
 
The Singtel ConnectPlus SD-WAN solution enables enterprises to simplify and centralize their network provisioning and policy management, and configure network requirements in real-time.
 
具体的に言うと、この Singtel ConnectPlus SD-WAN ソリューションにより、それぞれのエンタプライズ・ネットワークにおける、プロビジョニングとポリシーの管理を簡素化/一元化し、また、ネットワーク要件をリアルタイムで設定することも可能になる。
 
SingTel_phone_boothwikimedia
 
“Singtel is empowering enterprises with the capability to adapt and programme their network operations based on their needs. Using a self-service portal, they can exercise dynamic control over network issues such as performance, bandwidth utilisation and security,” said Lee Han Kheng, Vice President (Global Products), Singtel Group Enterprise.
 
Singtel Group Enterprise の VP である Lee Han Kheng は、「Singtel は、それぞれのニーズに基づいて、それぞれのエンタープライズが、ネットワーク・オペレーションを適用し、また、プログラムしていく能力を提供したいと考えている。セルフ・サービスのポータルを利用することで、たとえばパフォーマンス/バンドワイズ/セキュリティといった、ネットワークに関連する問題を、それらの企業は学習しながら、動的にコントロールできるようになっていく」と述べている。
 
He added: “Singtel ConnectPlus SD-WAN is one of several software-based innovations that we are implementing to help our customers enhance their networks and improve business productivity.”
 
そして彼は、「Singtel ConnectPlus SD-WAN は、ソフトウェアをベースにした、いくつかのイノベーションの1つである。そして、自社のネットワークを強化し、ビジネスにおける生産性を向上させたいと願う顧客のために、私たちが実装していく」と、付け加えている。
 
Amir Khan, CEO of Viptela said: “ By combining Singtel’s global reach and market-leading network services with Viptela’s SD-WAN technology, Singtel ConnectPlus customers can easily change their network requirements, regardless of the number of physical locations, networking devices and underlying transport technologies. This helps businesses reduce operating costs by providing one point of control for all their IP VPN, private line and Internet services anywhere in the world.”
 
Viptela の CEO である Amir Khan は、「 Singtel のグローバル・リーチおよび、マーケットをリードするネットワーク·サービスと、Viptela SD-WAN を組み合わせたものが、Singtel ConnectPlus である。それにより、Singtel の顧客は、物理的ロケーションの量や、ネットワーク・デバイスの種類、そして、基礎をなすトランスポート・テクノロジーなどに制約されることなく、自身のネットワーク要件を容易に変更できる。つまり、世界中に点在する、すべての IP VPN/専用線/インターネット・サービスに関するコントロールを、シングル・ポイントで提供することで、エンタープライズにおける運用コストの削減が達成される」と述べている。
 
Singtel and Viptela are currently working with multiple Global 2000 enterprise customers in pilot deployments of the service.
 
Singtel と Viptela は、このサービスをパイロット・ディプロイするために、Global 2000 の企業と協力している。
 
Singtel ConnectPlus IPVPN has an extensive network of more than 200 Points-of-Presence (PoP) around the world.
 
Singtel ConnectPlus IPVPN は、世界中に展開された 200 以上の Points-of-Presence (PoP) という、広大なネットワークを有している。
 
ーーーーー
SDNSingTel というと、とてもセンスの良いテレコムというイメージがあります。 あの、データセンターとサービスが密集しているシンガポールで、ほどよい感じで存在感を示しながら、あまり出しゃばりもせずに、その規模を着々と拡大しています。 もちろん、狙うべきマーケットは、シンガポールをベースにしたグローバルとなりますので、APAC 内でのパートナーシップも大切にしています。 そして、今回の Singtel ConnectPlus SD-WAN ですが、Viptela と組んでポリシー・コントロールまでカバーしている点が、とても気になります。 このあたりは、Cisco のお家芸とも言える領域なので、新たなガチンコ勝負が始まるのではと、期待が膨らんでしまうのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、この一年のトピックをまとめてみた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
 

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by agilecat.cloud on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150601PR219.html
 
_ Digi Times
 
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
 
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
 
serversWikipedia
 
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
 
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
 
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
 
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
 
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
 
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
 
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
 
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
 
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
 
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
 
ーーーーー
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<対訳>
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!

Posted in .Selected, Cisco, Network, OpenStack by agilecat.cloud on June 4, 2015
Piston Acquisition Beefs Up Cisco OpenStack Cloud Team
Jason Verge – June 3, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/03/piston-acquisition-beefs-up-cisco-openstack-cloud-team/
 
_ DC Knowledge
 
Cisco announced it will acquire Piston Cloud Computing, a startup that began as a provider of private OpenStack cloud infrastructure on commodity hardware but earlier this year expanded via its CloudOS, becoming a provider of a simple way to deploy several open source platforms, such as Hadoop and Spark.
 
Cisco が、Piston Cloud Computing を買収すると発表した。Piston は、コモディティ・ハードウェア上で OpenStack プライベート・クラウド·インフラを構築するプロバイダーとして立ち上がったスタートアップだが、今年の初めに CloudOS を拡張したことで、Hadoop や Spark といった OSS プラットフォームを、容易にディプロイするプロバイダーへと転身している。
 
Cisco is acquiring Piston for its talent and expertise around distributed systems and quick and easy deployment and automation. This is a second Cisco OpenStack acquisition, following the purchase of Metacloud late last year. Both Piston and Metacloud are highly complementary to each other and in the wider Cisco “Intercloud” vision.
 
Cisco が Piston を買収するのは、その分散システムに関する能力と経験、そして、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションにおける実績を買ってのことである。そして、Cisco における OpenStack 関連企業の買収は、昨年末の Metacloud に続いて、これで二社目となる。Piston と Metacloud は、Cisco の壮大な Intercloud ビジョンにおいて、相互補完していくだろう。
 
Piston-Morrisroe-BagbyPiston CEO Jim Morrisroe (right) and COO Steve Bagby on the show floor at the 2014 OpenStack summit in Paris (Photo: Yevgeniy Sverdlik)
 
“Piston has focused on the deployment problem, while Metacloud has focused on the day-two probem,” said Scott Sanchez, director of Cisco OpenStack strategy. Sanchez came to Cisco via the Metacloud acquisition.
 
「Piston がデプロイメントの問題にフォーカスするのに対して、Metacloud は Day Two の問題にフォーカスしている」と、Director of Cisco OpenStack Strategy を務める Scott Sanchez は述べている。 Sanchez は、Metacloud の買収を介して Cisco に参画している。
 
“They built a great team,” he said about Piston. “One of the things they always focused on was the distributed systems aspect. They rebranded and took a step back from OpenStack to amplify the CloudOS message. It’s about how do we take these complicated platforms and make them easy to deploy in an automated way?”
 
Sanchez は Piston について、「彼らは、素晴らしいチームを構成している。彼らが常にフォーカスしてきたものに、分散システムという側面がある。そして、CloudOS というメッセージを増幅するために、彼らはブランドを変更し、OpenStack の外へと踏み出した。どのようにして、それらの複雑なプラットフォームを取り扱い、また、自動化された方式で容易にディプロイするのかを知りたくないか?」と述べている。
 
Cisco’s strategy has been centered on what it calls Intercloud. Intercloud is not a product but an overarching concept that basically means connected clouds, or a cloud of clouds. Sanchez said Cisco wants to play a similar role with cloud as it did with the larger internet, where it is a key player across hardware, software, and services centered on the network.
 
Cisco の戦略は、Intercloud と呼ばれるものに集約されている。Intercloud はプロダクトではなく、複数のクラウドや特定のクラウドを接続するための、基本的かつ包括的な概念のことである。Sanchez は Cisco の方針について、これまでの大規模インターネットで行ってきたように、クラウドでも同じ役割を果たしたいと述べている。つまり、ネットワークを中心として、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを取りまとめていく、キー・プレーヤーになりたいということだ。
 
Piston is more than a talent acquisition for the Cisco OpenStack team, as it brings a lot of automated deployment technology to the table as well. Its aim is to give companies that are not quite as large as Facebook or Google data center infrastructure capabilities the likes of Facebook and Google have.
 
Piston は Cisco OpenStack チームに対して、自動デプロイメントのテクノロジーを持ち込むため、単なる買収とは異なる成果をもたらすだろう。そして、Facebook や Google が有するような、巨大なデータセンターやインフラスを必要としない、ごく一般的なユーザー企業に対して、ソリューションを提供していく。
 
Piston accelerates Cisco’s ability to help customers deploy their clouds. If a private OpenStack cloud currently takes Cisco 14 days to deploy for a customer, Piston will help shave that time down. The distributed systems expertise means its easier to deploy more complex, distributed clouds and platforms as well.
 
Piston が Cisco の能力を加速させることで、顧客による容易なクラウドのディプロイが実現されていくだろう。つまり、OpenStack プライベート・クラウドのディプロイに、Cisco が 14日を必要としているなら、さらに短い期間で完了するよう、Piston が時間を削り取っていく。そして、Piston における分散システムの専門知識により、複雑に分散されたクラウドやプラットフォームであっても、容易なディプロイメントが可能になる。
 
“Today, we have multiple offerings working towards a more converged stack behind the scenes,” said Sanchez. OpenStack is just one ingredient in a larger cloud strategy for Cisco, albeit an important one.
 
Sanchez は、「これからの私たちは、さまざまな状況に潜む、より集約的なスタックに対して、多様なプロダクトを提案していける」と語っている。Cisco の壮大なクラウド戦略において、OpenStack は重要であっても、1つの構成要素に過ぎないのだろう。
 
“There’s a shift that has started to occur in the market,” said Sanchez. “It’s less about the technology platform and more about what you do with it. Cisco, Metacloud, and Piston all recognized this. OpenStack is a key part of our execution, but its just a piece of a recipe. We’re past the hype stage of OpenStack, and it’s execution time. We’re seeing tremendous traction.”
 
Sanchez が言うには、「 マーケットでは、発想のシフトが発生し始めている。 そのシフトは、テクノロジー・プラットフォームから、顧客が必要とするものへと向かうものである。そのことについて、Cisco/Metacloud/Piston の認識は一致している。OpenStack は、私たちが実施する重要なパートであるが、全体的なレシピの一部でもある。OpenStack を語る段階は過ぎ、実際に動かす時期に入っている。 そして、私たちは、きわめて強力な牽引力を確認している」となる。
 
Last year, Cisco pledged to spend $1 billion over two years in pursuit of the cloud market. Cisco is a massive business with networking equipment at its core. Its Intercloud retains that networking angle, with the company focusing on connection of clouds. However, Intercloud isn’t a product but rather a strategy and vision of hyper-connected clouds. Cisco is building out several pieces so it can be the hub across all points of the chain, from hardware to service provider.
 
昨年に Cisco は、クラウド市場を探求するために、2年間で $1 Billion を費やすと宣言した。Cisco は、ネットワーク機器のビジネスにおける大手であり、その中核を構成している。そして、Intercloud は、クラウド間の接続にフォーカスするという、同社におけるネットワークの観点を保持している。しかし、Intercloud はプロダクトではなく、ハイパー接続されたクラウドのための、ストラテジーとビジョンを指すものである。 Cisco は、いくつかのパートを構築していく最中にある。それらは、ハードウェアからサービス・プロバイダーにいたる連鎖において、すべての接続ポイント間でハブとして機能してくものになるのだろう。
 
ーーーーー
Ciscoクラウドは、すべてを変えていく・・・ それは、Cisco に対しても、新たな立ち位置と戦略を要求するだけの、大きなパワーを持つものなのでしょう。 そして、Intercloud という概念は、これからの Cisco を表現するフレームワークであり、Metacloud も Piston も、そして OpenStack も、そこにはめ込まれていくピースという感じなのでしょう。 Cisco が、どのように変化していくのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Google と Cisco が 特許・非訴訟で合意:IoT への備えなのか?
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
 

台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?

Posted in .Chronicle, Asia, Cisco, Data Center Trends, Open Compute, Private Cloud, SDN, Storage, VMware by agilecat.cloud on May 22, 2015
Quanta Computer exclusively supplies VCE with servers used in VxRack System, say Taiwan makers
Aaron Lee, Taipei; Adam Hwang – May 19, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150519PD214.html
 
_ Digi Times
Quanta Computer has become VCE’s exclusive supplier of servers used in its VxRack System, a hyper-converged rack-scale system for private cloud applications unveiled by VCE in early May, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Taiwan のサプライチェーン・メーカーたちの話によると、今月の初めに VCE が発表したプライベート・クラウド・アプリケーション用の、ハイパー・コンバージェンスド VxRack System に搭載されるサーバーに関して、Quanta Computer が独占供給元になるようだ。
 
vxrackHowever, Quanta declined to comment on the report.
 
しかし、この件に関して、Quanta はコメントを拒否している。
 
VCE is a joint venture set up by EMC and Cisco Systems mainly for integrating EMC-developed storage equipment, Cisco-developed servers and VMware-developed virtualization software to provide private cloud computing solutions for enterprise users.
 
VCE とは、EMC と Cisco System によるジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ・ユーザーに対して、プライベート·クラウドのソリューションを提供するために、EMC のストレージ機器および、Cisco のサーバー、VMware の仮想化ソフトウェアを統合するという目的を持っていた。
 
While having cooperated with Cisco to launch Vblock System-series products, VCE recently selected Quanta in place of Cisco as the exclusive supplier of servers for use in its VxRack System, the sources indicated. The replacement of Cisco is because Cisco is unable to mass produce servers for use in VxRack Systems, the sources said.
 
そして、Vblock System シリーズ・プロダクツを立ち上げるために Cisco と協業していたが、最近になって VCE は、VxRack System に搭載するサーバーの独占サプライヤーとして、Cisco の代わりに Quanta を選んだと、この情報筋は示唆している。 Cisco の置き換えに関して、VxRack System で使用するサーバーの大量生産に問題があるためと、情報源は述べている。
 
Quanta has developed and produced white-box servers mainly for data centers for years, with clients including Google, Amazon, Facebook and Microsoft, the sources said. As many server ODMs have entered the white-box segment, price competition for orders has been increasing and therefore Quanta has started tapping the business-use segment, the sources noted. Since enterprise users mostly trust leading vendors such as Hewlett-Packard and Dell for product quality, Quanta’s supply to VCE may help it land orders from enterprise users, the sources indicated.
 
この数年、Quanta は主としてデータセンター用のホワイトボックス・サーバーを開発/生産しており、その顧客には Google/Amazon/Facebook/Microsoft などが含まれると、情報筋は述べている。しかし、数多くのサーバー ODM 企業が、このホワイト・ボックス・セグメントに参入するにつれて、価格競争が激化してきた。したがって Quanta は、ビジネス・ユース・セグメントに興味を示していたと、情報筋は指摘している。つまり、こうしたプロダクツの品質に関して、依然としてエンタープライズ·ユーザーは、Hewlett-Packard や Dell といった大手ベンダーを信頼しているという背景がある。そして、Quanta のサーバーが VCE に供給されることで、同社はエンタープライズ・ユーザーからの要求に応えられると、情報筋は示唆している。
 
ーーーーー
datacenter_55この記事は、コストの面で Quanta が Cisco をリプレイスしたと述べていますが、すでに VCE から Cisco は離脱 (?) しているようなので、Quanta のビジネス領域が広がったという、シンプルな展開なのだと思えます。 さらに言えば、文中で紹介されているクラウド・プロバイダーや、Open Compute Project などがサーバー市場を再編してきたことで、また一歩、ハードウェアのコモディティ化が進んだと捉えるべきなのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
OCP と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない

Posted in .Chronicle, .Selected, Cisco, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by agilecat.cloud on March 19, 2015
Facebook Just Gained A Big Ally In Its Battle With Cisco
Julie Bort – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-gains-juniper-as-new-ally-in-battle-with-cisco-2014-12
 
_ Business Insider
 
Last summer, an organization led by Facebook fired a huge shot at Cisco. On Thursday, on4e of Cisco’s oldest rivals, Juniper, jumped in to back Facebook in a big way.
 
昨年の夏のことだが、Facebook が率いる組織が、Cisco に対してきつい一撃を浴びせた。 そして、この木曜日(12/4)には、Cisco にとって最も古いライバルである Juniper が、この Facebook の試みに対して、最大級の支援を申し出るポジションへと飛び込んできたのだ。
 
Wedge_Mark_ZuckerbergJustin Sullivan Getty Images
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg
 
And the threat to Cisco from Facebook went from huge to enormous. It won’t kill Cisco, but it will shake the trees a little bit and force Cisco to make some uncomfortable choices.
 
それにより、Cisco が Facebook に対して抱く脅威が、さらに増大することになる。 Cisco が倒されるようなことは起こり得ないが、この大樹を多少は揺さぶり、また、時には不快な選択を促すことになるだろう。
 
The shot was a new piece of networking equipment called the Wedge, which pushed Facebook into the $23 billion Ethernet switch market, currently dominated by Cisco.
 
前述の一撃とは、Wedge という名の新しいネットワーク機器のことであり、Cisco が支配している $23 billion Ethernet スイッチ市場に、Facebook を参戦させるものである。
 
This new switch wasn’t an actual product. It was a design for a new product, one that Facebook gives away for free through its Open Compute Project (OCP).
 
とは言え、この新しいスイッチというものは、現実的なプロダクトにはなっていなかった。つまり、Facebook が率いる Open Compute Project(OCP)を介して、新たなプロダクトのために無償で提供される、デザインという位置づけとなっていた。
 
OCP is a radically new way to build and buy computer hardware. Anyone can contribute to the designs and use them for free, ordering them from a contract manufacturer.
 
OCP が実現するのは、コンピュータ・ハードウェアの構築/購入のための、まったく新しい方式である。誰もがデザインをコントリビュートすることが可能であり、また、無償で使用することも可能である。 つまり、契約を交わしたマニュファクチャに発注することで、それらを具体的なレベルで製造できるのだ。
 
Now, Juniper has done exactly that. It designed its own version of the OCP switch, which works with its operating system, Junos OS. It ordered this design from a contract manufacturer, Alpha Networks, and Juniper will sell this switch to enterprises with big data centers.
 
まさに、いま、Juniper は、それを行っている。 同社は、OCP スイッチと自身の Junos OS を連携させるという、独自のバージョンをデザインしたのだ。そして、そのデザインを、契約マニュファクチャである Alpha Networks に発注し、大規模データセンターを有するエンタープライズに、この製造されたスイッチを販売していく。
 
There are a few important things about all of this.
 
この、一連の流れにおいて、いくつかの重要なポイントがある。
 
Facebook’s switch isn’t just a radically new way to buy a piece of hardware, it’s also part of a radically new way to design networks called software-defined networking (SDN).
 
ただし、Facebook のスイッチは、ハードウェアを購入するための、新しい方法だけに本質があるわけではない。それは、Software-Defined Networking(SDN)と呼ばれるネットワークをデザインするための、まったく新しい方法としても機能する。
 
SDN takes all the fancy features found in networking equipment and puts them into software that runs on servers. You still need the network equipment, but you need less of it and less expensive varieties. It will almost certainly cause a price war one day, if companies start to experiment with it and like it.
 
SDN とは、ネットワーク機器上で検出された、すべての想像上の機能を受け取り、それらをサーバー上で走るソフトウェアに置き換えていく。依然として、誰もがネットワーク機器を必要とするが、その数を減らし、また、コストも引き下げる必要がある。その種の実験もしくは、それに類するものを、複数の企業が開始すると、いつの日にかは、ほぼ確実に価格戦争の原因になっていく。
 
Facebook’s involvement with SDN will encourage them to do just that. If it works for Facebook, it could work for them.
 
Facebook による SDN への取り組みは、同じことを行おうとする企業を勇気づける。つまり、そこでの成果は Facebook だけのものではなく、同じ方向を目指すエンタープライズにとっても、きわめて有用なものとなるはずだ。
 
The Wedge, and Juniper’s version of it (named the “OCX1100″), is designed to work with lots of open source software, too. People can program it with a common language like Python. It works with popular open source management tools from Chef and Puppet Labs.
 
この Wedge と Juniper のバージョン(OCX1100)は、膨大なオープンソース・ソフトウェアと連携して、動作するようにもデザインされている。そして、Python のような共通の言語を用いて、それらをプログラムすることが可能である。さらに、Chef や Puppet Labs などから提供される、人気のオープンソース・マネージメント・ツールとも協調する。
 
All the network equipment makers are creating SDN switches, Cisco included. In fact Cisco says that its SDN product released last year is selling well.
 
Cisco を含めて、すべてのネットワーク機器メーカーが、SDN スイッチを作成している。実際のところ、昨年に Cisco がリリースした、その SDN プロダクツはよく売れていると言う。
 
But Cisco’s gear is not like the Wedge. Traditional switches from Cisco or Juniper are a single piece of equipment. They look like this:
 
しかし、Cisco のギアは、Wedge のようなものではない。 Cisco や Juniper から提供される、従来からのスイッチは、以下のような一体型の機器となっている:
 
Wedge_CiscoCisco Catlyst switches
 
The Wedge is designed to stitch together standard bits of hardware, that you can change as you see fit. It’s like Legos, only for a computer server, like so:
 
その点、Wedge は、目的に合わせた変更が可能なよう、スタンダード・ハードウェアを集めて、組み上げていくためにデザインされている。 それは、以下のようなものであり、コンピュータ・サーバーを対象とした Lego のようなものだ:
 
Wedge_DesignFacebook Wedge 
network switch
 
Facebook has no interest in competing with Cisco. It just wants to build reliable, low-cost and easy-to-maintain equipment to use in its own data centers. OCP hardware saved Facebook over $1 billion in its first three years, CEO Mark Zuckerberg said. Many other companies want the same.
 
Facebook は、Cisco と競合しようとしているのではない。自身のデータセンターで使用するための、高信頼性/低コスト/容易なメンテナンスを実現する設備を、単に構築したいと考えているだけなのである。OCP ハードウェアを活用し始めた Facebook は、最初の 3年の間に $1 billion を節約できたと、CEO の Mark Zuckerberg が発言している。 そして、他の企業も、同じことを行いたいだけなのである。
 
Most enterprises, even big telecom companies, don’t want to deal with designing and building their own Lego-like servers.
 
それが大手のテレコムであったとしても、ほとんどのエンタープライズは、Lego のような独自サーバーを設計/構築したいとは考えていない。
 
That’s where Juniper comes in. They can buy a Wedge from Juniper.
 
そこが、Juniper の目の付け所である。 つまり、それらのエンタープライズは、Juniper から Wedge を購入できるのだ。
 
Cisco is well aware of the Wedge. In October, a few months after the Wedge launched, Cisco joined the OCP as a a Gold member. It told its customers that if they want OCP products, they can come to Cisco. They don’t need to go to Alpha Networks or Juniper.
 
Cisco は、Wedge のことをよく知っている。 Wedge がローンチした数ヶ月後の 10月に、Cisco は Gold メンバーとして OCP に参加した。そして、OCP プロダクトを欲しがる顧客がいるなら、彼らは Cisco に来ると語っていた。 つまり、Alpha Networks や Juniper に行く必要は無いというわけだ。
 
Still, should Juniper’s OCP switch become popular, this should put Cisco in an uncomfortable position. Should it jump on the bandwagon, create its own Wedge, and put a knife in the back of its own SDN switch, which is selling well? Cisco has spent about $1 billion to create that product.
 
とは言え、Juniper の OCP スイッチに人気が集まれば、Cisco にとっては不本意なポジションが待っている。この流れに乗って、独自の Wedge を構築すべきなのか? それは、よく売れている、独自の SDN スイッチを、背後からナイフで突き刺すことにならないのか? このプロダクトを作成するために、すでに Cisco は $1 billion も費やしているのだ。
 
Or should it watch customers go to Juniper and its other competitors involved with OCP, like Arista?
 
さもなければ、顧客が Juniper に流れていくのを黙ってみているのか? さらに言えば、そこには Arista のような、OCP のメンバーも参戦してくるだろう。
 
Cisco had no comment on the Juniper switch, but did tell us, “Cisco has been a leader in advancing multiple open source programs, including the Open Compute Project.”
 
この Juniper のスイッチについて、Cisco はノーコメントを貫いている。 しかし、同社は、「 Cisco の先進性は、多数のオープンソース・プログラムでリーダーを務めているところにもあり、そこには Open Compute Project も含まれる」と、私たちに答えている。
 
SEE ALSO:  Why Cisco Has Showered These 3 Men With Billions Of Dollars
 
ーーーーー
open-computeこのポストは、2014年12月のものであり、この後に続くコンセプトとして、すでに 6-pack が登場しています。 ここで紹介されている Wedge と Fabric をセットにしたものですが、それ自体も SDN のためのホワイトボックスという位置づけになります。すでに、Pluribus というスタートアップが動き出しているようです。 この会社は、長年にわたり Cisco の幹部を務めていた Kumer Srikantan に率いられ、Yahoo の創業者である Jerry Yang に支援され、$50 million を調達しているとのことです。 同社のプロダクトは、Facebook の Wedge と同様のスタイルで構築され、市販のコンポーネントでハードウェアを構成し、独自のオープンソース・フレーヴァーのソフトウェアを有しているようです。 まさに、OCP デザインを活用したビジネス・モデルというわけです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 

Cisco 予測:世界のモバイル・トラフィックは、2019年 までに 10倍増する

Posted in Cisco, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 15, 2015
Global Smartphone Traffic to Increase Tenfold by 2019
Felix Richter − February 13th, 2015
http://www.statista.com/chart/3227/global-smartphone-traffic-to-increase-tenfold-by-2019/
 
Statista.png
 
Global smartphone data traffic is expected to continue its meteoric rise over the next few years.
 
グローバルにおけるスマートフォン・データ・トラフィックは、これからの数年のうちに、凄まじい勢いで上昇し続けると予想される。
 
According to Cisco’s Visual Networking Index, smartphone traffic is set to grow from 1.74 exabyte per month in 2014 to more than 18 exabyte per months in 2019. Cisco further estimates that smartphones will account for 75% of mobile traffic in 2019, up from 69% in the past year.
 
Cisco の Visual Networking Index によると、スマートフォンのトラフィックは、2014年の 1.74 ExaByte/月 から、2019年の 18 ExaByte/月 に成長すると想定されている。さらに Cisco は、モバイル・トラフィックに占めるスマートフォンの割合が、昨年までの 69% から、2019年には 75% に増えると推定している。
 
lobal_Smartphone_Traffic_to_Increase_Tenfold_by_2019_nThis chart shows the expected increase in global smartphone traffic between 2014 and 2019.
 
このチャートは、2014年から2019年にかけて、グローバル・スマートフォンのトラフィック量が、増加していく予測を示している。
 
The increase in smartphone data consumption will be fuelled by two factors that work in the same direction: the ever-growing number of smartphones in use and the increase of individual data consumption.
 
スマートフォンにおけるデータ消費量の増加は、同じ方向性を持つ、2つの要因により促進される。 つまり、スマートフォンの利用台数の増加と、それぞれのユーザーによるデータ消費量の増加である。
 
As mobile networks grow faster, users are expected to adapt their usage and consume more data-intensive content, such as high-definition video, on their phones. The average smartphone will expectedly generate 4 GB of traffic per months in 2019, a fivefold increase over last year’s global average.
 
モバイル・ネットワークの速度が高まるにつれて、ユーザーによる利用方法が変化し、より多くのデータを必要とするコンテントが消費されていく。 具体的に言うと、スマホ上での HDV(High Definition Video)の再生などが、例として挙げられる。2019年には、平均的なスマートフォン・ユーザーが、月間で 4 Giga Byte のトラフィックを発生させるが、その値は、昨年におけるグローバル平均の、5倍に相当するものである。
 
ーーーーー
weekend毎年、今頃になると、Cisco の Visual Networking Index が気にっなてきますが、その中でも、最も注目したいのが、このモバイル・トラフィックの成長予測です。 文中の数字から逆算すると、いま現在のグローバル・モバイルトラフィックの平均は、月ベースで 300 MB/5 = 60 MB くらいのようです。 Agile Cat の場合で、2〜3 GB は使っていると思いますので、やはり、日本は恵まれていますね。 そして、途上国のトラフィックが、これから日本並みに増えてくるわけですが、そうなると、どのような世界が見えてくるのでしょうか?  良い方向へ、変化して欲しいと願います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 
%d bloggers like this: