Agile Cat — in the cloud

iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC, Research, Samsung by agilecat.cloud on August 4, 2015
Apple no longer dominates the tablet market it created
Matt Rosoff – Aug 1, 2015
http://www.businessinsider.com.au/apple-no-longer-dominates-the-tablet-market-it-created-2015-7
 
_ Business Insider
 
When the iPad first came out in spring 2010, tablets were a rarity. Of course, Microsoft and some of its PC partners had experimented with PCs in a touch-screen slate format, but those tablets never took off.
 
2010年の春に初代の iPad が登場したとき、タブレットと呼ばれるものは存在していなかった。 もちろん、Microsoft を中心とするパートナーたちが、スレート系式のタッチス・クリーン PC を実験的に製造していたが、それらが本格的な勢いを有することもなかった。
 
iPadFlickr
John Karakatsanis
 
A year later, Apple was selling about 10 million iPads per quarter, and other manufacturers raced to capitalise on the trend. For a couple years, Apple was the tablet market.
 
そのデビューから1年が経過したとき、Apple は四半期ごとに 1000万台の iPad を販売し、また、その他のメーカーも、このトレンド・レースに参戦してきた。 そして、そこから数年は、Apple を中心にタブレット市場が動いていた。
 
As this chart from Statista based on IDC data shows, things have changed.
 
この、Statista のチャートは、IDC のデータをベースにしたものであり、タブレット市場の変遷を示すものとなっている。
 
Tablet Share Chart
 
Samsung has come close to matching the iPad’s market share for the last year, and nearly 60% of tablets sold now come from a group of smaller players, with nobody consistently dominating that group. (Lenovo is currently the biggest of that group with about 6% share.)
 
昨年あたりから、iPad と Samsung のシェアが拮抗しているが、現時点におけるタブレットの 60% ほどが、小規模なメーカーのグループから提供されている。 ただし、そのグループを継続的に支配するメーカーは登場していない(現時点では、Lenovo の 6% が、そのグループの最大シェアとなっている)。
 
Meanwhile, the overall tablet market has been in decline for the last couple years — earlier this week, IDC reported that Q2 tablet sales were down 7% from a year ago.
 
その一方で、タブレット全体としてのマーケットは、この数年間で縮小している。2015年 Q2 のタブレット売上高は、前年比で 7% 減だったと、今週の初めに(6月末)IDC がレポートしている。
 
ーーーーー
Post-PC一言で表現すると、勝者のいないタブレット市場という感じですね。 とは言え、たとえば途上国マーケットでは、廉価版のタブレットが増えているはずなので、それを活用するユーザーが勝者になるのかもしれません。ただし、二年サイクルで買い替えが促進されるスマホというより、従来からの PC に近いプロダクト・セグメントに属するようであり、 そのマーケットの規模も、限定されたものになりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
iPad が伸び悩んでいる:脇役から抜け出せないタブレットを1枚のチャートで!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が iOS を追い越してしまった!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
 

Google+ が 終わってしまう? そんな ウワサが 流れはじめている

Posted in .Chronicle, Google, Social by agilecat.cloud on August 3, 2015
Google+ Ending: Google Plus Could Be Nearing To An End
Vinay Patel – Aug 02, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/60115/20150802/google-plus-google-google-shopping-google-plus-ends.htm
 
_China Topix
 
After its famed launch, Google+ has unsuccessful to live up to the expectations set by its makers as they failed to differentiate itself from the crowd; however, the platform can’t be written off so soon as it still has several new tools that are extremely useful and can transform its fate.
 
Google+ がローンチしたときの、あの騒ぎを覚えているだろうか? そして、その後の Google+ だが、数あるソーシャル・メディアの中で差別化に苦労するにつれて、Google 自身が設定した期待値に応えることが困難になってきている。しかし、このプラットフォームには、きわめて有用な、いくつかの最新ツールが含まれ、また、自身の運命を変えることも可能なはずだ。したがって、すぐに切り捨てられることもないだろう。
 
Google PlusFlickr
Yoel Ben-Avraham
 
According to USA Today, Google+, the once popular social media platform that was launched amidst great hype and fanfare, could be seeing the end of days. But, there are still some useful tools that this platform is offering though looks like Google plus has already given up the fight.
 
USA Today によると、鳴り物入りで発表されたソーシャル・メディアであり、かつては人気を誇った Google+ だが、終焉の可能性が取り沙汰されているようだ。このプラットフォームには、いくつかの有用なツールが含まれているのだが、Google は戦うことを諦めてしまったとされる。
 
Recently, it was announced that one does not need to have a Google plus account for YouTube and other Google platforms as users will now be able to access the platforms with their regular Google id itself, the Google plus sign in will no longer be compulsory.
 
最近のことだが、YouTube を含む Google プラットフォームへのサイン・インにおいて、Google+ のアカウントが不要になると発表されている。そして、ユーザーたちは通常の Google ID により、それらのプラットフォームにアクセスできるようになる。つまり、サイン・インにおける Google+ アカウントの強制が解けることになるのだ。
 
Initially, because Google had imposed the Google plus membership on the users, it created a certain hostility towards its services that never really disappeared. Basically, Google plus is a social media network that has users but still not many people who actually use it. As for the features, users have an excellent alternative to skype in the Hangouts that allows users to connect across the globe. In fact, Google’s hangouts offers the facility to chat with ten people at the same time. The Hangout app also allows users to make free phone calls.
 
これまでの Google は、ユーザーに対して Google+ メンバーシップを強要してきたので、消し去ることのできない反感を植え付けてしまった。基本に立ち返ってみれば、Google+ はソーシャル・メディアであり、それほど多くの人々が利用していないという現実を抱えていた。ただし、機能面においては、Skype に取って代わることが可能な、Hangouts の存在が光っている。実際のところ、Google の Hangouts を用いれば、グローバルにおけるユーザー接続が可能になるだけではなく、同時に10人とチャットする機能まで提供されるのだ。さらに言えば、Hangout を使えば、通話も無料になる。
 
Even the Photos option on Google plus is actually way better than the other options available across social media portals. For instance, Google Plus is programmed to take a direct back-up of every photo that is being clicked via the user’s device, including smartphone. Sadly, the feature was noticed only by photographs though Google’s idea of introducing the options was to improve display and attract more users. The clear trade off in this deal is that Google tends to lower the resolution of the picture in the process. Nevertheless, they remain usable even for printing.
 
また、Google+ の Photo オプションは、その他のソーシャル・メディアと比較しても、きわめて優秀なものとなっている。たとえば、Google+ の Photo は、クリックされている全写真を、スマホなどのユーザー・デバイスを介して、ダイレクトにバックアップするようにプログラムされている。こうしたオプションを導入するという Google アイデアは、表示を改善するだけではなく、より多くのユーザーを引き付けるものになったはずなのだが、残念なことに、写真の取り扱いだけが注目されてしまった。この機能における明確なトレード・オフは、画像を処理していくプロセスにおいて、解像度が低下する方向へと、Google が向かっていった点にある。 ただし、それにもかかわらず、印刷における有用性は維持されている。
 
Another report on The Guardian also said that Google was planning to venture into e-commerce to lure customers by offering them shopping options.
 
また、The Guardian からの別レポートによると、Google はショッピング・オプションを提供することで、顧客を惹きつけるというスタイルで、eコマースへの進出を計画していたらしい。
 
ーーーーー
google-55aChina Topix で Google+ のウワサ話というのも、ちょっと変な感じがしますが、文中で囲繞されている USA Today の記事を、このアジア・フォーカスのメディアが、先に拾ったということなのでしょう。 その他のメディアをググって見ましたが、Business Insider もオーストラリア版が先に報道しているようです。もっとも詳しく書いているのは Mashable で、かなり気合の入った内容となっています。さらに調べてみたら、「 Google Gives Up on Google+ as a Facebook Rival 」という記事を、WSJ が 7/27 にポストしていたので、この辺りがウワサの出処かもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる契約にサインした!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較をチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 22, 2015
More global operators working on TDD LTE network development
Staff Reporter – July 20, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150720000020
 
_Want China Times
 
More and more telecom operators around the world that have deployed Frequency Division Duplex (FDD) networks are considering exploring the global Time Division Duplex (TDD) LTE market on the 3.5 GHz band, reports Shanghai’s China Business News.
 
この世界では、たくさんのテレコム事業者が、Frequency Division Duplex(FDD)ネットワークをディプロイしているが、Shanghai の China Business News によると、Time Division Duplex(TDD)LTE の 3.5 GHz マーケットを、検討している事業者も多いようだ。
 
China Telecom and China Unicom, two of China’s three major telecom operators, have begun carrying out trials on TDD and FDD integration after both of them obtained FDD and TDD-LTE hybrid networking pre-commercial operating licenses earlier this year, allowing them to each carry out initial trials in 16 pilot cities.
 
China の三大テレコムを構成する、China Telecom と China Unicom の二社は、FDD/TDD LTEハイブリッド・ネットワークに関する事前の商用ライセンスを、今年の初めに取得した後、TDD/FDD インテグレーションの試験に移行している。具体的に言うと、それぞれの事業者が 16 都市において、パイロット運用に入っているのだ。
 
China TelecomA China Telecom stand at a communications technology expo in Nanjing. (File photo/CNS)
 
NTT DoCoMo, the largest telecom operator in Japan, which is considered a major developer of 4G FDD technologies, is set to launch an FDD-TDD LTE network in 2016.
 
また、Japan で最大のテレコム事業者であり、4G FDD テクノロジーの主要デベロッパーと思われる NTT DoCoMo も、2016年には FDD/TDD LTE ネットワークを立ち上げる予定である。
 
There are two kinds of 4G networks — FDD-LTE and TDD-LTE — which are becoming popular around the world.
 
前述のとおり、この世界には FDD-LTE と TDD-LTE という、2つの 4G ネットワークが存在するのだが、どちらが好まれるのだろうか?
 
The number of 4G LTE subscribers around the globe in 2014 grew 45% year-on-year to 400 million. China started its LTE deployment at the end of 2013. As the first player in the 4G market, China Mobile, the country’s largest telecomm operator, announced that it had reached over 90 million 4G subscribers in one year as of the end of December 2014.
 
グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、2013年〜2014年で 45% の成長を遂げ、その時点で 4億人になっている。China は 2013年の末に、LTE のディプロイを開始している。China の 4G マーケットに最初に参入したのは、同国で最大のテレコム事業者である China Mobile だった。そして同社は、2014年12月末の時点で、9000万人の 4G サブスクライバーを、その1年の間で獲得したと発表している。
 
In 2014, the number of China Mobile’s TDD-LTE subscribers increased to account for 90% of all LTE (including FDD-LTE) users, according to data issued by the Ministry of Industry and Information Technology.
 
Ministry of Industry and Information Technology が発表したデータによると、2014年に China Mobile が獲得した TDD-LTE サブスクライバーの数は、FDD-LTE を含む全 LTE ユーザーの 90% を占めるまで増加しているという。
 
According to the latest figures released by China Mobile, its 4G subscribers have reached nearly 200 million.
 
また、China Mobile がリリースした最新の統計データによると、同社の 4G サブスクライバーは 2億人に達しているという。
 
Global 4G LTE subscribers are projected to grow 35% compounded annually over the next five years, from 516 million to 2.3 billion, according to the latest market study by TeleGeography.
 
そして、TeleGeography の最新市場調査によると、グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、現在の 5.16億人から 23億人へと、これからの5年間で 35% ずつ成長していくとされる。
 
The development of the global 4G LTE market has gained momentum with the entry of China because by 2019, China is expected to account for nearly one-third of all global LTE subscribers, according to the market study.
 
グローバルにおける 4G LTE 市場は、China が参入することで、2019年までは勢いを保つとされる。前述の市場調査によると、グローバルの LTE サブスクライバーに対して、China の比率は 1/3 のレベルに至ると予想されている。
 
The world has more than 600 million LTE subscribers, over 300 million of whom are in Asia.
 
世界の LTE サブスクライバー数は、現時点で 6億人とされるが、そのうちの 3億人以上は Asia に居る。
 
China’s Ministry of Industry and Information Technology is seeking to coordinate the development of 5G standards, according to the report.
 
このレポートによると、China の Ministry of Industry and Information Technology
は、5G スタンダードにおける主導権を狙っているようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific中国のモバイル・ユーザーは、ガラケーを含むと 13 億人を超え、そのうちの 7億人がスマホへ移行しているようです。そして、その 7億人のうちの 2億人が、約 1年半の間に 4G へと移行したのですね。 このペースで行くと、今年の末には 3億人に届くのかもしれません。 Agile Cat が仕事でお世話になっている方が、「中国は別の惑星と考えるべき」と言っていましたが、その意味が分かるようになってきました。 その一方で、インドは 2017年までに約 3億人のモバイル・サブスクライバーを獲得しアメリカを抜いて世界で 2番手のモバイル大国になるようです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
China Mobile がマレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた – May 2013
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 

iPhone と Android のユーザーでは、こんなにもデバイスへの愛が異る:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on July 16, 2015
iPhone users upgrade a lot more often than Android users
Matt Rosoff – July 10, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-vs-android-upgrade-cycle-2015-7
 
_ Business Insider
 
Apple is turning the crank for its next iPhone release, expected this fall — it just put out a public preview of iOS 9, the updated operating system that will ship on new iPhones, and the leaks about the phone hardware are coming fast and furious.
 
Apple だが、次期 iPhone を、この秋にリリースするために、その動きを活性化している。そして、パブリック・プレビューが提供された iOS 9 は、新しい iPhone と共に出荷されるのだろう。さらに言えば、新しいハードウェアに関するリーク情報が、ものすごい勢いで発信されている
 
iPhone Upgrade
Gallup via Statista
 
Overall, it looks like the next iPhone will be a minor update — there won’t be a huge design change to the software like there was in 2013, or exciting new form factors like the larger-screen iPhone 6 and huge iPhone 6 Plus last year. But it might not matter, at least not in the U.S.
 
ただし、全体的にみて、次期 iPhone はマイナー・アップデートであり、また、2013年のように、ソフトウェアに関する大規模なデザインの変更は行われないだろう。言い換えるなら、昨年の iPhone 6 と iPhone 6 Plus で目玉となった大画面のような、ユーザーを新たに刺激するようなフォームファクターも含まれない。とは言え、少なくとも US のマーケットでは、そんなことは、問題にならないのかもしれない。
 
According to a spring 2015 poll by Gallup, compiled here by Statista, more than half of iPhone users upgrade as soon as their carrier allows them to — usually every two years. That means about half of people still sporting an iPhone 5S are likely to buy the new 6S (or whatever it turns out to be called) when it comes out. Only 47% of iPhone users keep their phones until they’re obsolete or stop working.
 
2015年の春に Gallup が実施した調査から、Statista がチャートを作り出している。つまり、iPhone ユーザーの場合、新たな iPhone がキャリアから提供されるとすぐに、その半分以上が買い替えを行なっていることになる。大まかなところで、そのサイクルは2年毎となる。そうだとすると、iPhone 5S ユーザーの半分くらいが、新しい 6S(名前が明らかになっているわけではないが)が提供されると同時に、それを購入するのだろう。iPhone ユーザーの場合、時代遅れや故障という理由が、買い替えの動機になるのは、わずか 47% に過ぎないのだ。
 
ーーーーー
mobile_55なかなか面白い視点ですね! Agile Cat の場合、これまでの買い時は、お目当てのデバイスの値段が Expansys のリストで暴落した時だったのですが、昨年に MVNO の LG G2 mini を買ってからというもの、デバイス探しの熱意も消えてしまいました。安物 Android でも、4-core のチップさえ載っていれば、だいたいのアプリが、ストレス無しに走る時代になりました。iPhone ファンの方には申し訳ありませんが、どんなデバイスで見ようが、Facebook は Facebook だし、WordPress は WordPress だし、、、という感覚になってしまうのです。それで OK と思えるのか、思えないのか、、、その辺りに、双方のユーザーの違いがあるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図を1枚のチャートで!
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート

Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Social by agilecat.cloud on July 14, 2015
Facebook Messenger crosses 1 billion downloads on Play Store
AFP – Jun 10, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Facebook-Messenger-crosses-1-billion-downloads-on-Play-Store/articleshow/47611992.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Facebook has announced that an Android version of its Messenger app has been downloaded more than a billion times from the Google Play store.
 
SAN FRANCISCO: Facebook のアナウンスメントによると、同社の Messenger の Android バージョンが、Google Play で 10億回以上のダウンロードを記録したようだ。
 
“Happy to make it to the very exclusive Android 1 billion+ downloads club,” the head of the Messenger team David Marcus said in an online post.
 
Messenger Team の責任者である David Marcus が、「 Google に独占されているとも言える、Android 10億ダウンロード・クラブに入れて嬉しい」と、あるオンライン・メディアで述べている。
 
Facebook Messenger
Other than Facebook, only Google boasts apps with more than a billion Google Play downloads onto Android-powered mobile devices, according to technology news website TechCrunch.
 
TechCrunch によると、Google Play 上で 10億以上のダウンロード数を有し、Android デバイスにパワーを供給しているのは、Google 自身のアプリを除くと Facebook のみとなる。
 
A chat forum on Messenger’s page at Google Play was rich with accolades but peppered with comment that the high download count was driven by Facebook spinning the widely used service out of the social network, compelling people to get the app.
 
Google Play の Messenger ページでは、数多くの賞賛の声がチャット・フォーラムを埋め尽くしていたが、中には辛口のコメントもあった。つまり、これだけのダウンロード数が得られた背景には、Facebook アプリ本体において広く使用されていた、このサービスを外部に切り出してまで使わせようとした、Facebook の意図があるという指摘である。
 
Facebook last year broke off Messenger from the main Facebook application for mobile users, creating a separate platform that claims more than 600 million users.
 
たしかに、このソーシャル・メディアは、昨年に Facebook モバイル・アプリの本体から Messenger を分離している。 そして、独立したプラットフォームを構築することで、6億人以上のユーザーを、新たに獲得したと主張している。
 
Facebook in April began rolling out video calling on its Messenger mobile application, enabling face-to-face conversations among users of the app around the world. With the new feature, users can add video to calls to another person with the same application. Similar services are offered by Microsoft’s Skype, Google Hangouts and Apple’s FaceTime.
 
そして、今年の 4月には、Facebook Messenger モバイル・アプリにビデオ・コーリングが提供され、世界中のユーザーが Face-to-Face の会話を楽しむようになった。 つまり、Messenger という共通のアプリ内の、新しい機能を用いることで、ビデオ・コーリングを実現しているのだ。周知のとおり、それと同じ機能は、Microsoft Skype や、Google Hangouts、そして Apple FaceTime でも提供されている。
 
Free calling has been available for two years to users of Messenger, although people may be required to pay for data used during the connections. The world’s biggest social network also opened up Messenger to outside developers as part of its strategy to create a “family” of apps that also includes Instagram and WhatsApp.
 
Messenger ユーザーに対しては、無料での利用が 2年間にわたり提供される。 ただし、その後は、コネクションで使用されたデータ量に基いて、課金が実施されることになるだろう。さらに、この世界最大のソーシャル・ネットワークは、Instagram や WhatsApp などのアプリ群で構成される、Family というコンセプトを推進する戦略の一環として、外部デベロッパーに Messenger をオープンにしている。
 
Facebook has offered few hints on how it will monetize Messenger, but recently unveiled a system of peer-to-peer payments which could be adapted as an e-commerce platform.
 
Facebook は、サードパーティが Messenger でマネタイズを実現するための、いくつかのヒントを提供している。そして、最近では、電子商取引プラットフォームとして利用できる、P-to-P のペイメント・システムを発表している。
 
Messenger also lets users communicate with online merchants, essentially turning formerly impersonal Internet shopping into ongoing text message conversations.
 
この Messenger は、ユーザーとオンライン・ショップとの間での、意思の疎通を改善していくものになるだろう。つまり、人間味に欠けるインターネット・ショッピングを、テキスト・メッセージによる会話へと変容させるのだ。
 
ーーーーー
facebookAgile Cat も Android ユーザーなので、Messenger が分離されるときに、「なぜ?」と感じたことを思い出しました。 しかし、いまになって思えば、分離してくれて良かったとと捉えています。 そして、さらに言うなら、Page Manager と Group まで別になり、4つの Facebook アプリが動いているという状況です :) このような、アプリを分離していく Facebook の戦略は、Instagram あるいは WhatsApp をメインとするユーザーにも、使いやすさをもたらしているはずです。 また、途上国マーケットを重視する Facebook にとっても、デバイスやネットワークのレベルに応じた、多様な戦略をもたらしているはずです。 ひょっとして、すでに Facebook は、穏やかな Android-First を達成しているのかもしれません。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が語るモバイル・チューニング:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析した!
 

Nokia の Android スマホが 来年に登場か? 熱烈希望 QWERTY バージョン!

Posted in .Chronicle, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on July 11, 2015
Foxconn Will Make Nokia’s First Android Phone
July 6, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/07/06/21840-foxconn-will-make-nokias-first-android-phone
 
_ China Tech News
 
Nokia’s chief executive officer Rajeev Suri has confirmed that after the company’s licensing agreement with Microsoft expires in 2016, Nokia will return to the smartphone market.
 
Nokia の CEO である Rajeev Suri は、2016年に Microsoft とのライセンス契約が終了した後に、新たなプロダクト・ラインと共に、スマホ市場に戻ってくることを認めている。
 
Nokia AndroidAs part of this transition, Foxconn will make Nokia’s first Android smartphone, which will be first released in China, India, and some European countries. Foxconn is a Taiwan-based original equipment manufacturer and already produces many Apple iPhone components.
 
この戦略転換の一環として、Nokia は China/India/European の国々で、同社としては初の Android スマホを提供するが、その生産はというと Foxconn が担うことになる。Foxconn は Taiwan から登場した機器製造メーカーであり、これまでにも Apple の iPhone に対して、数多くのコンポーネントを供給している。
 
At present, Foxconn makes N1 tablets for Nokia. This product is reportedly the first product developed by the technical department of Nokia. N1 has been launched in the Chinese mainland and Taiwan and is reportedly well received by consumers. Nokia plans to make it available in more markets in the future.
 
現時点でも、Foxconn は Nokia に対して、N1 タブレットを製造している。伝えられるところによると、この製品は、Nokia の技術部門が開発した、最初の Android 製品ということになる。そして N1 タブレットは、China と Taiwan で立ち上げられただけではなく、コンシューマ市場に供給されている。今後、Nokia は、こうした戦略を、その他のマーケットに対して展開していく計画だ。
 
In regards to its first Android smartphone, Nokia plans to launch a global marketing campaign for it before the end of 2015 and will launch an official product website then.
 
そして、Nokia として初めての Android スマホに関しては、グローバルでのマーケティング・キャンペーンが、2015年末までに開始される予定であり、また、年明けには製品を販売するための、オフィシャルな Web サイトが立ち上がるようだ。
 
Financial details concerning Foxconn’s manufacturing of the Nokia phone were not released.
 
なお、Nokia スマホの、Foxconn による製造に関して、その契約規模などは公表されていない。
 
ーーーーー
weekend先日の Blackberry の話しに続いて、今度は Nokia も Android で復帰するようです。 ちょっと、経緯を整理しますと、Nokia のデバイス事業部門が Microsoft に吸収され、それまでに販売されていた Lumia シリーズが、Microsoft ブランドで継続されています。 そして、混乱を避けるために、2015年いっぱいは、Nokia は Nokia ブランドでスマホを販売しないという、契約になっているようです(タブレットは OK)。
 
また、Nokia として初めての Android フォンだと書かれていますが、これは間違いです。とても限定的なプロダクトだったようですが、Nokia X という Android フォンが販売されていたようです。さらに言えば、2011年の時点で Symbian コミュニティは、Nokia デバイス上で Android を動かしていたのです。でも、まぁ、いろいろな大人の事情があったようで、周知のとおり Nokia のデバイス事業は、2013年に Microsoft に売却されたのです。
 
だからと言って、Nokia という会社が無くなってしまったのではありません。 Nokia はテレコム向けの通信機器メーカーとして、大きなシェアを維持していますし、Nokia Map というプロダクトも持っているのです。 そして、来年ですが、Microsoft に売却されなかった部門が、新たに Android フォンを販売することになるのです。
 
Nokia Android 2長々と書いてしまいましたが、元ノキチの Agile Cat としては、Nokia にも Blackberry のように、QWERTY Android で勝負して欲しいのです。 ちなみに、この、いま撮った写真ですが、左から Nokia E72(懐かしの Symbian メモリは 192M くらい)、真ん中は LG G2 mini(Lolipop が来なくて KitKat 漬けの現行機種)、右は Motorola Pro-Plus(Android だけど 4G 移行で捨てられた)という、満身創痍の My スマホ系譜なのです。あぁ、Nokia の最新 QWERTY Android が欲しい〜〜〜  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は?
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート
Nokia 以降の Windows Phone のシェア : それを示す1枚のチャート

NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Security, Telecom by agilecat.cloud on July 5, 2015
NTT Docomo selects Gemalto for IoT applications
M2M MAGAZINE+ – July 2, 2015
http://www.machinetomachinemagazine.com/2015/07/02/ntt-docomo-selects-gemalto-for-iot-applications-in-japan/
 
_ M2M magazine
 
Gemalto, the world leader in digital security, announces that NTT Docomo, the largest mobile operator in Japan with about 65 million subscribers, has selected Gemalto to enable connectivity for Internet of Things (IoT) applications.
 
世界のデジタル·セキュリティーをリードする Gemalto のアナウンスメントによると、65 million のサブスクライバーを擁し、Japan で最大の規模を誇るモバイル・オペレーターである NTT Docomo が、IoT アプリケーションの接続を実現するために、同社を採用したようだ。
 
ーーーーー
 
Gemalto’s Cinterion® Machine Identification Module (MIM) complies with the most stringent industry standards1 and was first to meet the high quality requirements of the Japanese market.
 
Gemalto の Cinterion® Machine Identification Module (MIM) は、この業界で最も厳しい規格に準拠しており、また、Japan マーケットにおける高度な品質要件を、初めて満たすものとなった。
 
MIM_Gemalto-itusersJapan IoT and Machine-to-Machine (M2M) communication market is estimated to grow from $11.34 billion in 2014 to $41.61 billion by 2019¹ due to increasing demand for smart infrastructure and fully managed network appliances. The IoT applications will enable Japanese businesses to collect real-time information on mission-critical systems, better manage their networks and logistics and remotely perform intelligent operations, for increased efficiency and reliability.
 
Japan における IoT および Machine-to-Machine (M2M) の通信マーケットは、2014年の $11.34 billion から、2019年の $41.61 billion への成長が予測されている。そして、スマート・インフラとフル・マネージド・ネットワーク・アプライアンスへの需要の増加が、この成長を支えると言われている。IoT アプリケーションは Japan の企業に対して、効率性と信頼性を高めるための、さまざまなメリットをもたらすことになる。たとえば、ミッション・クリティカル・システム上でのリアルタイム情報の収集や、改善されたネットワークとロジスティクスの管理、リモートからのインテリジェントな操作などが、具体例として挙げられる。
 
Gemalto offers the highest quality of ruggedized MIM² that can sustain extreme environments of humidity, corrosion, vibration, and temperatures from -45 to 105 degrees Celsius. It also leverages Gemalto’s unique operating system to offer optimized memory management, data retention and one million erase/write cycles, which extend the lifespan of the device and prevent service disruptions.
 
Gemalto は、耐久性という観点でも、極端な湿気/腐食/振動にも耐え、摂氏 -45〜+105 度の環境で機能するなど、きわめて高品質の MIM² を提供している。 また、Gemalto は独自のオペレーティング・システムを活用することで、メモリ管理をデータ保持最適化し、100万回の Erase/Write サイクルも実現している。つまり、それによりデバイスの寿命を延長し、サービスの中断を防ぐことが可能となる。
 
“We have a long standing relationship with NTT Docomo, which includes Japan’s first (LTE) wireless connectivity in 2010, and more recently, the NFC deployment,” said Michael Au, President South Asia and Japan at Gemalto.
 
Gemalto の President South Asia and Japan である Michael Au は、「 私たちは、NTT Docomo と長年に渡る関係を有しており、そこには、2010年における Japan で最初の LTE ワイヤレス接続や、最近の NFC デプロイメントなどが含まれる」と述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT にも、いわゆる FA の延長戦上にある製造業の IoT と、そこから出荷された後にも製造業がトラッキングする IoT、そして、製造業者とは切り離されたところでサービス・プロバイダーがトラッキングする IoT があるように思えます。 そして、IoT が機能していくにつれて、いまの業種と業態における垣根が変化していくはずですが、誰がトリガーを引くのかというと、やはりモバイル・キャリアが最右翼なのでしょうね。 業種もボーダーレス、国境もボーダーレスの時代です。 日本のキャリアに頑張って欲しいです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
暗号化キーは盗まれていなかった! 世界最大手のSIMメーカーがスノーデンリークに反論

Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:その新たな勢力図を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on June 22, 2015
Here’s what $6 billion Fitbit really needs to worry about
Eugene Kim – Jun. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/heres-what-6-billion-fitbit-really-needs-to-worry-about-2015-6
 
_ Business Insider
 
Fitbit finally went public on Thursday, opening up nearly 50% on its first day of trading. It is now worth about $6 billion.
 
先週の木曜 (6/18) に株式を公開した Fitbit だが、その初日の株価は 50% UP で推移していた。 そして、いまでは、$6 billion の資産価値に達しているのだ。
 
With $745.4 million in sales last year, Fitbit is the clear leader in the wearable market. In the first quarter of 2015 alone, it shipped roughly 3.9 million devices, which accounted for an industry-leading 34.2% of the market.
 
昨年に $745.4 million を売り上げた Fitbit は、ウェアラブル市場における明確なリーダーである。そして、2015年 Q1 だけで、約 390 万台のデバイスを出荷し、この業界をリードする 34.2% のシェアを占めている。
 
bii_wearable_device 6_18_15
BI Intelligence
 
But Fitbit needs to be wary of the competition coming from China’s Xiaomi. As seen in the chart below, by BI Intelligence, Fitbit has lost nearly 10 percentage points of the market share in the first quarter of 2015 compared to a year ago. Meanwhile, Xiaomi’s share jumped to 25% of the market in the first three months of this year.
 
しかし Fitbit は、China の Xiaomi との競合を考えなければならない。BI Intelligence によるチャートを見れば、2015年 Q1 における Fitbit が、前年同期と比べて約 10% のシェアを失っている状況が分かる。その一方で、Xiaomi のシェアはというと、今年に入ってからの 最初の3ヶ月間で、25% のシェアを獲得するという、急成長を示している。
 
Although most of Xiaomi’s Mi Band sales are estimated to have come from the Chinese market, Xiaomi has made it clear that it wants to expand globally. Just last month, it launched a new online store that made its wearables available in the US and UK.
 
Xiaomi Mi Band の売上高は、その大半が China 市場にあると推定されているが、グローバル展開を進めることを、同社は明らかにしている。そして、ちょうど1ヶ月前に、ウェアラブル製品を販売するためのオンライン・ストアを、US と UK で新たに立ち上げている。
 
ーーーーー
research_55なんとフレッシュな顔ぶれなのでしょう! 先進国で飽和しながらも、途上国へ浸透していくという、大きな過渡期を迎えているスマホ・ビジネスを横目で見ながら、Fitbit と Xiaomi が、ものすごい勢いで突っ走っています。 Samsung や Apple は、これまでの蓄積を武器にして、どのように巻き返していくのでしょうか? それとも、このマーケットには、新しい秩序が生まれていくのでしょうか? 正直なところ、こんなにおもしろい展開になっているとは、予想もしていませんでした! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!
スマート・ウォッチへの期待: iOS ユーザーが Android ユーザーを、大幅に上回る!
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
 
%d bloggers like this: