Agile Cat — in the cloud

GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Asia, Research, Wearable by agilecat.cloud on February 7, 2016
GoPro Has Trouble Sustaining Its Growth
Felix Richter – Jan 14, 2016
http://www.statista.com/chart/4234/gopro-s-revenue-growth/
 
_ Statista
 
On Wednesday evening, GoPro, the maker of portable action cameras that went public in 2014, released a statement saying it was cutting about 7 percent of its workforce. While officially labeled as a reallocation of resources, it’s hard not to read something into it, when the company announces its first-ever quarterly sales decline at the same time.
 
水曜日 (1/13) の夜に、GoPro (2014年に株式公開したポータブル・アクション・カメラ・メーカー) は、同社の従業員を 7% ほど削減すると発表した。オフィシャルには資源の再配分と名付けているが、同社としては初めてとなる四半期売上高の減少を、同じタイミングで発表しているため、それ以外の何かを読み取ることは難しいだろう。
 
gopro_s_revenue_growthThis chart shows GoPro’s revenue growth since 2010.
 
Looking at GoPro’s revenue growth since 2010, it appears as if the company is having trouble sustaining its growth. While it’s normal for growth rates to come down after a period of massive growth, the drop off in GoPro’s rate of revenue growth is rather steep. The company’s stock has been under pressure since autumn, when the company had (twice) slashed the price of the ultra-compact HERO4 Session camera just months after its July launch.
 
GoPro における 2010年からの収益成長率を見ると、同社が成長を持続することが、難しいのかと思う状況が示されている。大きく成長した後に、成長率は下がるのは正常なことであるが、GoPro における収益の下降線は、かなり急峻なものとなる。2015年7月に発売した超小型カメラである HERO4 Session の、価格が引き下げられた (二度目) 昨年の秋以降に、同社の株価にプレッシャーがのしかかっている。
 
ーーーーー
research_55このチャートを見て、すぐに思い浮かべたのが、他のメーカーとの競合の状況です。 2015年3月にポストした、「Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!」という抄訳では、両社の製品に関するコスパが比較されていますので、よろしければ、ご参照ください。 また、「Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう」という抄訳は、Xiaomi の戦略が、グローバル化していることを示しています。今年は、中国製のデバイスが、世界で大暴れする年になるのかもしれません。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:新たな勢力図をチャートで!
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!

Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Research by agilecat.cloud on February 3, 2016
Alphabet passes Apple as most valuable firm after hours
Ari Levy – Feb 1, 2016
http://www.cnbc.com/2016/02/01/google-passes-apple-as-most-valuable-company.htms
 
_CNBC
 
Google parent Alphabet was set to pass Apple as the most valuable company in the world on Tuesday. At Monday’s after-hours levels (which technically reflect an indication, but not the real-world value), Alphabet’s market cap would roughly be $570 billion, eclipsing Apple’s current market cap of about $535 billion.
 
この火曜日 (2/2) のことだが、Google の親会社である Alphabet が、世界で最も価値のある企業の座を、Apple から奪い取ることになった。 月曜日の時間外取引において(あるシステム内の指標であり、現実の価値を反映したものでない)、Alphabet の時価総額が約 $570 billion に至り、Apple の $535 billion を覆い隠したのだ。
 
Google CampusWikipedia
 
The last time Google was more valuable than Apple was in February 2010, when both companies were worth less than $200 billion. At the time, Apple had yet to release its first iPad, the newest iPhone on the market was the 3GS, and the Mac was the company’s biggest product line, accounting for one-third of revenue. Steve Jobs was still at the helm.
 
この資産価値の比較で、前回に Google が Apple を上回ったのは、2010年2月 のことであり、両社の評価額は $200 billion に至っていなかった。その当時の Apple は、iPad のデビューに邁進しており、マーケットに提供されている iPhone は 3GS という状況だった。 そして、稼ぎ頭である Mac が、収益の 1/3 を占め、Steve Jobs が実権を握っているという時代であった。
 
Google was being guided by Eric Schmidt, who would hand control back to co-founder Larry Page the following year. The company was a little more than half its current size.
 
Google の方はというと、Eric Schmidt が率いている状況であり(その後に、Co-Founder である Larry Page に、トップの座が戻されることになった)、その規模も現在の半分ほどのものであった。
 
Aple vs Google .JPGClick to Large >>>
Apple vs. Alphabet
Chart source: FactSet
 
Apple and Google actually flip-flopped multiple times between 2008 and early 2010, before Apple went on a historic tear, jumping from $180 billion in value to over $650 billion in September 2012. At that point, the two companies were separated by over $400 billion. In 2011, Apple passed Exxon to become the world’s most valuable company.
 
2008年 から 2010年の初頭にかけて、Apple と Google のポジションは、何度も入れ替わってきた。 しかし、当時で $180 billion と評価されていた Apple は、iPhone が歴史的な成長を達成したことで、2012年9月に $650 billion に至り、両社の差は $400 billion 以上に開くことになった。 なお、2011年に Apple は Exxon を追い抜き、最も価値のある企業の座を手に入れている。
 
It’s hard to believe that Google was the more valuable company from the time of its IPO in 2004 until April 2008. Then iPhone madness began.
 
2004年に IPO に至った Google が、2008年4月の時点で Apple を上回っていたというのは、いまとなってみれば信じがたいことである。 そして、その後に、iPhone の怒涛の快進撃が始まったのだ。
 
Google’s latest rise versus Apple began in July. From that point through the end of 2015, its shares soared 44 percent, while Apple’s sank 16 percent.
 
そして、昨年の 7月ころから、Google が Apple を猛追し始めた。その時点から、2015年の終わりまでの間で、Google の株価は 44% も上昇したが、Apple は 16% を失っている。
 
Apple’s main problem is its reliance on the iPhone, which now accounts for two-thirds of revenue. It’s a massive business, but sales in the fiscal first quarter increased only 1 percent from a year earlier, while iPad and Mac revenue dropped. Investors are concerned that unless Apple changes course and decides to compete with lower cost Android manufacturers on price, the iPhone’s best days are in the past.
 
いまの Apple にとっては、収益の 2/3 以上を iPhone だけに依存していることが、大きな問題となっている。もちろん、それはビッグ・ビジネスであるが、2015年 Q4 の売上はというと、前年比で 1% の成長に留まり、また、iPad と Mac の収益は低下しているのだ。そして、Apple が方針を変更し、低コスト Android のメーカーたちと、価格面で競争しないかぎり、iPhone の栄光が過去のものになると、投資家たちは懸念しているだ。
 
Meanwhile, Google is convincing investors that in the transition from Web to mobile it will maintain its dominance. According to eMarketer, Google is poised to capture 32 percent of the mobile ad market this year and next, staying well ahead of Facebook, which is around 20 percent. The company generates so much profit from its digital ad business that it can invest in all sorts of potential growth areas, namely autonomous driving and extending life.
 
その一方で Google は、Web から Mobile へと、その優位性を移行させるという点で、投資家たちの理解を得ている。eMarketer によると、今年から来年にかけて Google は、モバイル・アド市場で 32% のシェアを獲得するための、態勢を整えているようだ。 つまり、20% 前後といわれる Facebook に対して、かなり先行していることになる。周知のとおり、Google はデジタル・アド事業から、膨大な利益を生み出している。そして、それにより、自律走行車やヘルスケアといった、あらゆる成長分野への投資を可能にしているのだ。
 
ーーーーー
research_55これには、驚きましたね! Apple の調子が良くないことは、各種のメディアから報道されていましたが、こんなに Alphabet/Google が伸びているとは、まったく気づきませんでした。 昨年に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」と、「Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page」という抄訳を続けてポストしましたが、ビジネスの多角化と、Sundar Pichai への権限譲渡などが、安定した成長を達成する要素として評価されているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況チャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
 

Comments Off on Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 30, 2016
The iPhone lost market share in most of the world last year
Matt Rosoff – Jan. 27, 2016
http://www.businessinsider.com/iphone-market-share-by-country-2016-1
 
_ Business Insider
 
The iPhone juggernaut is finally slowing down. Growth slowed to a crawl in the last quarter of 2015, and on yesterday’s earnings call, Tim Cook admitted that iPhone sales will probably drop next quarter (quarter comparisons are from the previous year).
 
iPhone の絶対的なパワーが、ついに鈍化し始めた。具体的に言うと、その成長ぶりが 2015年 Q4 には勢いを失っており、また、昨日 (1/26) の収支報告では Tim Cook が、2016年 Q1 における iPhone も、(おそらく前年比でという意味で)シェアを下げるだろうと認めているのだ。
 
20160127_iphone_bi
Statista
 
This struggle is reflected in the latest market share numbers from Kantar Worldpanel, charted here by Statista. Between Q4 2014 and Q4 2015, the iPhone lost share in every major country except China. The drop was most pronounced in the US, Apple’s home country.
 
その苦しみは、Statista がチャートにした、Kantar Worldpanel の最新マーケット・シェア・データを見れば、一目瞭然だろう。 2014年Q4〜2015年Q4 の間において、China を除く すべての主要国で、iPhone はシェアを失っている。 そして、その低下率は、Apple のホームである、US マーケットで顕著なのである。
 
ーーーーー
appleiPhone の収益も気になったので検索してみたら、グローバルにおける iPhone は、前年比で 1% のマイナス成長とのことです。 Tim Cook のアナウンスメントによると、世界経済の停滞とドル高が大きな要因とのことですが、上記のチャートに示されているように、スマフォの浸透率が飽和点に近い日米欧のマーケットで、軒並みシェアを失っているのが気になります。途上国マーケットであれば、iPhone も伸びているけど、大半の新規ユーザーは、安価な Android に流れるという推測が成り立ちます。しかし、こうした先進国マーケットの状況を見ると、Android にシェアを食われているとしか思えないのです。 その一方で、Apple Music は好調とのことなので、デバイスも頑張るけど、さらにサービスに力を入れるという新しい方向性が、Apple には必要なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは、やはり3月なのか?
 

Comments Off on iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況を1枚のチャートで!

ファブレットが 絶好調だ! このブームは、どうやら本物らしい!

Posted in .Chronicle, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on January 27, 2016
Phablet Popularity Soars This Holiday Season
Felix Richter – Jan 4, 2016
http://www.statista.com/chart/4184/holiday-season-device-activations/
 
_ Statista
 
For the past few years now, smartphones and tablets have been among the most popular Christmas gifts around the world. Flurry Analytics examined data across more than 780,000 apps to determine which devices were particularly popular this holiday season. Since Christmas day typically sees the highest number of new device activations each year, it seems like a good metric to make out trends in consumer preferences.
 
これまでの数年において、スマートフォンとタブレットは、世界で最も人気のクリスマス・プレゼントとされてきた。そして、2015年のクリスマス・シーズンで、最も人気のデバイスを調べるために、Flurry Analytics は 780,000 ものアプリをトラッキングし、その結果となるデータを公表した。毎年のことだが、クリスマスには大量のデバイスがアクティベーションされるため、消費者の好みを探るには、とても良い基準になると思われる。
 
holiday_season_device_activationsClick to Large >>>
 
This chart breaks down new device activations in the 2015 holiday season by screen size.
 
According to Flurry’s data, Apple is the big winner this holiday season. Apple devices accounted for 49% of all new device activations between December 19 and 25 as consumers continue to show a growing appetite for phablet devices such as the iPhone 6s Plus.
 
Flurry’ のデータによると、このホリデー・シーズンでは、Apple が大勝利を収めている。12月19日〜25日の間で、新たにアクティベートされたデバイスのうち、Apple が 49%を占めることになった。その背景には、iPhone 6S Plus などのファブレット・デバイスが、消費者の注目を集め続けているという状況があるのだろう。
 
Phablets accounted for 27% of new device activations this holiday season, up from 13% in 2014 and just 4% during the same period in 2013. Considering these numbers, it becomes more and more clear that smartphones with 5+ inch screens, once derided as clunky niche devices, are here to stay and may soon become the de-facto standard in the smartphone industry.
 
ファブレットは 2015 クリスマス・シーズンで、新たにアクティベートされるデバイスの 27% を占めているが、2014年は 13% であり、2013年は 4% に過ぎなかったのだ。こうした数字ついて考えてみると、5-inch + のスクリーンを備えたスマートフォン(かつては不格好ニッチ・デバイスと言われた)が安定していることが分かる。 おそらく、時間をかけるこなく、スマートフォン業界のデファクト・スタンダードになっていくのだろう。
 
ーーーーー
mobile_55調べてみたら、日本で最初に販売された iPhone は、ソフトバンクによる iPhone 3G であり、発売日は 2008年7月とのことでした。その頃まで、ずっと Nokia を使い続けていた Agile Cat は、得意気に見せびらかす友人の、3.5-inch スクリーンの広大さに感激したことを、いまでも覚えています。しかも、その解像度はというと、320×480 もあったのです。Nokia も Blackberry も、2.4-inch 320×240 くらいのものでしたから、それは、もう、劇的な進歩だったわけです。ところが、その後の液晶技術の進化もめざましく、Nexus 6P では 5.7-inch 2560×1440 というディスプレイが搭載されるにいたっています。つまり、大型スクリーンがもたらす利便性と、使い勝手および可搬性とのトレードオフを経て、求められるスマフォのサイズが定まってきたのでしょう。言い換えるなら、iPhone 3G のサイズは、その当時の液晶技術が決めたものであり、もっと大きなデバイスを、大半のユーザーは望んでいたことになります。もちろん、それぞれの好みがありますし(Agile Cat も小ぶりが好きです)、それを否定する話ではありませんが、潜在的なマジョリティはファブレットにあるのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
次期 Nexus 6は Huawei 製になるのか? アメリカ市場で Huawei は復権するのか?
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
 

Comments Off on ファブレットが 絶好調だ! このブームは、どうやら本物らしい!

China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on January 26, 2016
China Mobile LTE base tops 300m in December
Dylan Bushell-Embling – January 25, 2016
http://www.telecomasia.net/content/china-mobile-lte-base-tops-300m-december
 
_ Telecom-Asia
 
China Mobile ended 2015 with over 312.2 million 4G customers, representing 37.7% of its total mobile customer base, operating statistics provided by the company show.
 
China Mobile の 2015年だが、その 4G ユーザー数は 3.12 億人に達し、モバイルユーザー全体の 37.7% を占めるに至ったと、同社が提供する運用統計データが示している。
 
BeijingWikipedia
 
The operator added 24.9 million 4G customers in the month of December alone, mostly through existing 3G users upgrading to 4G.
 
また、同社は、12月だけで 0.25 億人の 4G ユーザーを獲得したと述べているが、その大半が、既存の 3G ユーザーからのアップグレードだとしている。
 
But China Mobile reported total mobile net additions for the month of more than 1 million, taking its total customer base to 826.2 million.
 
そして、China Mobile では、モバイル・ユーザーが 100万人/月のペースで増加しており、そのトータルユーザー数が 8.26億人に達したと報告している。
 
Rival China Telecom meanwhile ended the year with 197.7 million mobile customers and 58.5 million users for its hybrid FDD/TDD LTE network.
 
ライバルである China Telecom だが、2015年は 1.98 億人のモバイル・ユーザー数に達し、また、Hybrid FDD/TDD LTE ネットワーク・ユーザーは、0.59 億人を占めるに至ったとしている。
 
China Unicom had 286.6 million total subscribers including 183.8 million combined 3G and 4G customers.
 
China Unicom のトータル・サブスクライバー数は 2.86億人となり、そのうちの 1.84 億人が 3G/4G ユーザーであるという。
 
The figures, combined with the three state operators’ ongoing LTE expansion plans, show that while the pace may be slowing down China’s 4G rollouts are far from over.
 
この、China Top-3 オペレータにおける、LTE 拡張計画の数字を合算すると、ペースの鈍化が予測される一方で、4G への転換が依然として続くことが示されている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2それにしても、China Mobile における 3億人の 4G ユーザーというのは、スゴイとしか言いようが有りませんね。そして、この三社を合計すると、10億人を超えるモバイル・ユーザー数となりますが、同じタイミングで見つけた、CNNIC(China Internet Network Information Center)のレポートによると、中国のインターネット・ユーザーは 6.88億人となります。 このギャップが、常に疑問として付きまといますが、いずれにしても、たいへんな規模であることは間違い有りませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
 

Comments Off on China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい

4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile by agilecat.cloud on January 23, 2016
Apple’s new 4-inch iPhone will be named ‘5se’ and pack updated hardware and Live Photos
Eugene Kim – Jan 22, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-to-name-new-iphone-5se-2016-1
 
_ Business Insider
 
Apple is coming out with a new iPhone called the “5se” that has a 4-inch screen and a number of new features, like curved edges and the Live Photos feature, 9to5Mac’s Mark Gurman reported on Friday.
 
Apple が、5se と名付けられた、新しい iPhone をデビューさせる。それは、エッジの滑らかなボディーや Live Photos といった新機能を伴う、4-inch スクリーンのスマフォだと、9to5Mac の Mark Gurman が金曜日にレポートしている。
 
iphone-6PIXABAY
 
The new phone, scheduled for release in April, is basically the same size as the old 5S, but comes with updated internal components and features that were previously only available on the newer 6-series iPhones.
 
この、4月のリリースが予定される、新しいスマフォは、基本的に古い iPhone 5S と同じサイズだが、iPhone 6 シリーズだけに提供されている、最新のコンポーネントと機能を伴うものになる。
 
Gurman reported that the “se” is supposed to mean the “special” and “enhanced” edition of the old 5S phone.
 
なお、Gurman は SE の意味について、従来の iPhone 5S を、Special に Enhance したものだと説明している。
 
Despite the popularity of the iPhone 6 series, there has been some demand for a smaller version of the iPhone, like the 5S. Gurman says that Apple is hoping the new 5se will cause those 5S users to upgrade their old phones.
 
iPhone 6 シリーズの人気にもかかわらず、5S のように小さな iPhone が、たしかに求められている。Apple は、この新しい 5SE により、いまだに 5S を使い続けているユーザーに、アップグレードを促そうとしていると、Gurman は述べている。
 
According to Gurman, the 5se also comes with similar curved edges like the 6S or 6S Plus, and features that include Live Photos and Apple Pay. It also comes with an 8-megapixel camera and the same color options as the 6S.
 
Gurman によると、この 5SE でも、6S/6S Plus のような滑らかなエッジが採用され、また、機能としては Live Photos と Apple Pay が取り込まれるという。 さらに、8M Pixel のカメラが提供され、6S のようなボディー・カラーが選べるという。
 
NOW WATCH: How Apple makes their Geniuses always seem so happy and helpful
 
ーーーーー
apple待っている人が多いでしょうね。 このスマフォが、たくさん売れて、Android でも小型版が復活してほしいです。 いろいろと着こむ冬場は、大きなスマフォも苦になりませんが、T シャツ一枚の夏場には、ズボンのポケットに収まる小さなスマフォが欲しくなります。そう考えると、4月ではなく、もう少し暑くなってからのほうが、売れそうな気もするのですが :) とにかく、大歓迎です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するという ウワサ が!
iPhone に押し込まれた、不要な Apple アプリのアイコンを、iOS から見えなくする秘策とは?
スマホ・ビジネスにおける iPhone の特殊性: 15% のシェアで、92% の利益をかき集める
iPhone は NG で、Android は OK: そんな指示が、Facebook 開発チーム内を 飛び交っている?
 

Comments Off on 4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!

Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Payment by agilecat.cloud on January 23, 2016
What Are Facebook Messenger Users Doing, Besides Sending Messages? (Infographic)
David Cohen – Jan 14, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/gwi-facebook-messenger-actions-infographic/632819
 
_Social_Time
 
person-woman-hand-smartphonePEXELS
 
It’s no surprise that the most popular action taken by users of Facebook’s Messenger application is sending messages, but what else are they doing with the app?
 
Facebook Messenger アプリ・ユーザーの、最も一般的なアクションが、メッセージの送受信であっても何の不思議もないが、その他のケースでは、どのように使われているのだろうか?
 
According to GlobalWebIndex, the most popular actions by Messenger users are:
 
GlobalWebIndexによると、以下のような頻度で、Messenger アプリは使われることになる:
 
  1. Sent a message, 90 %
  2. Sent a photo, 48 %
  3. Sent a sticker, 35 %
  4. Used Messenger.com on a PC or laptop, 22 %
  5. Sent a video, 21 %
  6. Made a video call, 18 %
  7. Sent a voice recording, 15 %
  8. Received a message from a brand or company, 15 %
 
GWI Infographic Messenger ActionsClick to Large >>>
 
GWI said in an email to SocialTimes:
 
GWI から SocialTimes へのメールには、以下が記されていた:
 
While receiving a message from a brand or company features at the bottom of our list (15 percent), it underlines the future direction of Messenger.
 
このリストの Brand および Company からのメッセージ受信は、8番手の 15% に過ぎないが、Mssenger における未来の方向性を明確に示している。
 
Having recently integrated Uber into its app, the service is following in the footsteps of WeChat in moving beyond a simple peer-to-peer messaging app to become a service-facilitating platform.
 
最近になって、このアプリに Uber が統合されたが、それは WeChat を追いかけた結果だと捉えられる。つまり、シンプルな P2P メッセージング・アプリから、特定のサービスを促進するプラットフォームへと、その機能が移行したことになるのだ。
 
It’s easy to see how, in the future, everyday activities such as shopping online, ordering food, making restaurant reservations and ordering taxis could all be done without leaving Facebook’s chat app.
 
そこから容易に推測できるのは、将来的におけるアクティビティが、つまり、
オンライン・ショッピング/食品の注文/レストランの予約/タクシーの予約といった日常の行動が、Facebook のチャット・アプリから離れることなく、すべて完了するという状況である。
 
Readers: What do you use Messenger for, besides the obvious?
 
Readers: 明確にされた用途に加えて、あなたは Messenger を、どのように使うのだろうか?
 
ーーーーー
facebook昨日にポストした、「WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る」という記事と、言わんとしていることが一致していますね。 つまり、企業ユーザーによる負担との引き換えで、エンド・ユーザー同士の会話は無償になるというロジックです。事例としてあげられている、Messenger と Uber のインタラクションですが、なかなかスムーズな流れになっているようです。 そして、こうしたトランザクションが発生するごとに、Uner から Facebook へと、何らかの対価が支払われるのでしょう。なお、文中でも指摘されている WeChat は、メッセンジャー・ペイメントのパイオニアと言っても過言ではない、という実績を積み上げているようです。この領域は、2016年の大きな目玉となりそうですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Photo Magic  : 撮りたて写真を Messenger で 速攻シェアだ!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on January 21, 2016
PC sales hit an eight-year low in 2015
Matt Rosoff – Jan. 13, 2016
http://www.businessinsider.com/pc-sales-by-year-2016-1
 
_ Business Insider
 
PC sales hit an eight-year low in 2015, according to Gartner, shrinking about 8% from the previous year.
 
Gartner によると、2015年における PC の販売台数が、前年比で 8% ほど下落し、過去 8年間で最低のレベルに至ったようだ。
 
20160113_pc_bi
Statista
 
As you can see in this chart compiled by Statista, global PC sales peaked in 2011 at 365 million units. One year later, Microsoft released Windows 8, and it’s been all downhill since then. One can’t blame Windows 8 entirely — there was also a broader slowdown in the economy, particularly in developing economies that had been growing very fast a few years ago, and new competition from the iPad and other tablets, and rapidly improving smartphones in a mobile workforce.
 
この、Statista が作成したチャートを見れば明らかだが、グローバルにおける PC のピークは、2011年の 3.65 億台である。 そして 2012年には、Microsoft が Windows 8 をリリースしたが、それ以降はずっと下り坂である。だからと言って、Windows 8 だけを責めることができないのは、世界規模での経済の減速があり、それまでは急成長してきた途上国も、勢いを失ってきたからである。さらに言えば、iPad などのタブレットと新たに競い合うことになり、また、スマートフォンを活用するモバイル・ワーカーが急速に増えてきたことも、それに追い打ちをかけた。
 
Whatever the reasons for the decline, both Gartner and IDC believe that the PC market has almost hit bottom, and are forecasting a slight recovery or at least flattening in late 2016, driven in part by the rise of convertible tablet-PC hybrids and in part by enterprise adoption of new Windows 10 PCs.
 
衰退の理由は さて置き、Gartner と IDC の双方が、PC マーケットの下落傾向が底を打ったようだと発言している。そして、2016年だが、回復は難しいかもしれないが、少なくとも横ばいを維持するとしている。その理由としては、Tablet/PC ハイブリッドの上昇および、エンタープライズにおける Windows 10 の採用を挙げている。
 
ーーーーー
Post-PC昨年のスマフォの出荷台数が、13億台〜14億台と言われていますので、最もパーソナルなコンピュータの座が、完全に入れ替わったと見るべきなんでしょうね。いまの Agile Cat のデスクトップとラップトップは Mac なのですが、そこでしか動かないようなアプリは使いませんし、すべてのデータがクラウド上にありますので、いつでも簡単に、Windows  に戻れると思っています。 しかし、いま以上に速いマシンが必要かと考えると、アップデートの必然性が見つからないというのが、正直なところなのです。スマフォの方は、SIM フリーの Android を使っていますので、契約のタイミングに影響を受けないのですが、それでも、1年置きくらいで買い替えになりますね。おそらく、それが、一般的な買い替えサイクルなのでしょう。そして、ハードウェアと OS は何でも良いという、面倒の少ない時代になってきましたが、その分だけ、クラウド・サービスを上手く使うという視点で、頭を悩ますことが増えたと感じています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
iPad の悩み:伸びない販売台数と、低下する平均単価を、2枚のチャートで!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!

%d bloggers like this: