Agile Cat — in the cloud

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 

Intel が IoTivity を発表:この IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援を申し出た!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Linux, Strategy by Agile Cat on January 17, 2015

Intel Unveils ‘Internet of Things’ Open-Source Framework
http://wp.me/pwo1E-8cI
Sami Ghanmi – Jan 15, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/32646/20150115/intel-unveils-internet-things-open-source-framework.htm

_China Topix

Multinational chip maker Intel Corporation’s Open Interconnect Consortium (OIC) recently unveiled IoTivity, an open-source software framework for providing connectivity to IoT devices.

多国籍チップ・メーカーである Intel だが、その Open Interconnect Consortium (OIC) が先日に、IoT デバイスに接続性を提供するための、オープンソース・ソフトウェア・フレームワークである IoTivity を発表した。

"The ability for devices and machines to communicate will unleash a whole new world of technology innovation," said Jim Zemlin, executive director at the Linux Foundation.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「このデバイスやマシンを接続する能力により、テクノロジー・イノベーションが新たな世界へ向けて解き放たれる」と述べている。

Photo : Intel
OIC’s IoTivity Open Source Software Framework

"Open-source software and collaborative development are the building blocks to get us there. IoTivity is an exciting opportunity for the open-source community to help advance this work."

そして、「オープン·ソース·ソフトウェアと共同開発が、私たちが取得すべきビルディング・ブロックである。そして、この作業を促進していくオープンソース・コミュニティにとって、IoTivity は素晴らしいチャンスとなる」と続けている。

An independent steering committee will oversee the open-source framework while communicating with Intel’s OIC.

なんらかの独立した運営委員会が、Intel の OIC と連携しながら、このオープンソース・フレームワークを監督していくことになる。

"We believe that an open-source project combined with the OIC’s standards efforts is critical to driving true interoperability for the billions of IoT devices that will be coming online over the next few years," said Mark Skarpness, Intel’s director of embedded software at its Open Source Technology Center, and the chair of the IoTivity Steering Group.

Intel の Open Source Technology Center で Director of Embedded Software を務め、IoTivity Steering Group の Chair も兼任する Mark Skarpness は、「私たちは、なんらかのオープンソース・プロジェクトと、OIC における標準化の取り組みが連携することで、数十億になるとも言われる IoT デバイスのための、ほんとうの意味でのインターオペラビリティが促進されると信じている。それらが、これからの数年間で、オンラインで接続されていく」と述べている。

"We are pleased to be working with The Linux Foundation and the open-source community to advance the project."

そして、「私たちは、このプロジェクトを前進させるために、Linux Foundationおよびオープンソース·コミュニティと協力できることを、とても喜んでいる」と続けている。

IoTivity’s features will include device-to-device connectivity, information exchange, messaging connectivity, APIs, an SDK, secure connection and device discovery.

IoTivity は、その機能として、デバイス間の接続性/情報エクスチェンジ/メッセージング接続/API/SDK/セキュア接続/デバイス検出などを取り込んでいる。

"All developers are welcome to join the community and start contributing by submitting code, bug fixes or suggestions for new features, all using IoTivity’s online project tools that are also being made available today," Skarpness added.

そして Skarpness は、「すべてのデベロッパーを歓迎する。 ぜひ、コミュニティに参加し、コードの提供や、バグ・フィックス、新しい機能の提案といった、コントリビューションを開始して欲しい。また、すべての IoTivity オンライン・プロジェクト・ツールが、今日から使用できるようになっている」と呼びかけている。

ーーーーー

なんか、来たぞ、来たぞ、という感じですね。 もちろん、Intel がコアとして存在するところに求心力を感じますが、こういう展開には Linux Foundation が不可欠ですよね。 なんというか、OSS の支援がないと、つまり、そのエコシステムが機能しないと、IoT も成り立たないという雰囲気があります。 すべての領域において、オープン・ソースが重要な役割を担っていますが、この IoT も決して例外ではないはずです。 

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

Posted in .Chronicle, Asia, Network, Research by Agile Cat on January 15, 2015

China’s Huawei Technologies says 2014 profit likely rose 17%
http://wp.me/pwo1E-8cg
January 13, 2015
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2015/01/13/Chinas-Huawei-Technologies-says-2014-profit-likely-rose-17/

_Star Online

BEIJING: Huawei Technologies Co Ltd likely booked a 17% increase in operating profit last year, as worldwide adoption of fourth-generation (4G) mobile technology boosted earnings at China’s leading telecommunications equipment maker.

BEIJING: Huawei Technologies Co Ltd は、2014年の営業利益として、約 17%増という実績を発表するだろう。つまり、グローバルにおける 4G モバイル・テクノロジーの採用が、この China で最大の通信機器メーカーの収益を押し上げたことになる。

Profit likely reached 33.9bil yuan (US$ 5.43 bil) to 34.3bil yuan (US$ 5.49bil) in 2014, on a roughly 20% increase in revenue at 287bil yuan (US$ 45.92 bil) to 289bil yuan (US$ 46.24 bil), the company said in unaudited results.

2014年における利益は、33.9bil yuan (US$ 5.43 bil) 〜 34.3bil yuan (US$ 5.49bil) というレベルが見込まれ、前年比で 20% ほどの増加となる。 また、売上に関しては、287bil yuan (US$ 45.92 bil) 〜 289bil yuan (US$ 46.24 bil) に達すると、非公式ながらも同社は発言している。

RISING STAR
Reuters

Huawei competes with Sweden’s Ericsson for the top spot in the market for communications towers and other infrastructure, while racing to develop 5G technology.

Huawei は、5G テクノロジーのレースで、つまり通信タワーや関連するインフラというマーケットにおいて、Sweden の Ericsson とトップの座を争っている。

In the meantime, the gradual switch to 4G networks has boosted business at both players. Huawei said revenue at its carrier network business rose 15% last year.

その一方では、4G ネットワーク市場へと向けた段階的な移行が、この両社のビジネスを促進している。 Huawei によると、キャリア・ネットワーク事業において、昨年の売上が 15% も上昇しているという。

China’s three carriers alone built close to 1 million 4G towers by the end of 2014, according to some estimates.

いくつかの推測によると、2014年末までに、China のモバイル・キャリア三社(Terecom/Unicom/Mobile)だけで、100万ヶ所に 4G 通信タワーが構築されるという。

Chief financial officer Meng Wanzhou said Huawei’s 2014 operating profit margin likely matched 2013’s 12%, and that the company would continue to invest 10% of revenue in research and development.

Huawei の CFO である Meng Wanzhou によると、2014年における同社の営業利益率は、2013年の 12% と同じレベルになるという。 そして、同社は、そのうちの 10% を、今年も R&D に投入していくという。

Huawei executives in 2013 said the company would invest US$600mil (RM2.13bil) in 5G research through 2017. At the same time, the company will continue to pursue its multi-year expansion into smartphones and enterprise computing.

2013年の時点で Huawei 首脳陣は、5G テクノロジーの研究のために、2017年までに US$600mil を費やすと発言していた。それと同時に、同社は複数年にわたるスパンの中で、スマートフォンおよびエンタープライズ·コンピューティングのマーケットを拡大していくだろう。

Revenue last year rose 32% in Huawei’s consumer devices business and 27% in its enterprise division.

Huawei における昨年の売上は、コンシューマ・デバイス事業で 32% の成長を、また、エンタープライズ事業では 27% の成長を達成している。

— Reuters

ーーーーー

このポストは、マレーシアの The Star からのものであり、原文では通貨として RM が用いられていましたが、その部分を US$ で換算しています。 このトピックに関しては、Light Reading も「Huawei Boasts 2014 Revenues of $46B」という記事をポストしてますので、タイトルに記載した売上額に間違いはないと思います。Huawei の規模を把握するために、2014年 Q3 の Google と比較してみましたが、その四半期は $16.6B であり、単純に4倍すると $60B 程度になります。また、Microsoft は 2014年 7月期で、$86.8B という年間売上を計上しています。 この二社と比較するだけで、Huawei の規模が見えてきます。 Agile Cat も、これには驚きました。

ーーーーー

<関連>

China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転
2015年のデバイス市場:中国の $1.8Bに対して、インドは $4.8Bの成長だ!

Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

Posted in .Chronicle, Advertising, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on January 12, 2015

Google’s Revenue Dwarfs All The Biggest Media Companies
http://wp.me/pwo1E-8bV
Dave Smith – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/googles-revenue-dwarfs-all-the-biggest-media-companies-2014-12

_ Business Insider

As Business Insider’s founder and CEO said at Tuesday’s Ignition conference, “There is one law of media: money follows eyeballs.” To prove his point, Henry Blodget showed off this chart, which shows just how much Google dwarfs all the biggest media companies, from older companies like The New York Times to newer ones like Facebook.

Business Insider の Founder and CEO が、この火曜日(12/2)のIgnition Conference で述べたように、「注目度に応じて金が流れる」という、メディアの法則がある。その指摘を証明するために、Henry Blodget がチャートを作成した。 それが示すのは、Google と比較することで、すべての大手メディア企業が矮小化されるという現実である。つまり、New York Times のような老舗から、Facebook のような新進気鋭までが、小さな存在に見えてしまう。

_  space

BI Intelligence

Based on company filings charted by BI Intelligence, Google’s estimated $70 billion in revenue is more than twice that of Time Warner’s ($30 billion), five times that of Viacom’s ($14 billion), and 14 times more than Yahoo’s expected revenue this year. Even more impressive: Its revenue is almost half the size of all TV advertising around the globe ($174 billion).

BI Intelligence がチャートにしたのは、各社から提出されているデータである。 そして、2014年における Google の推定売上高は、約 $70 billion であり、Time Warner($30 billion)の2倍以上となる。さらに言えば、Viacom($14 billion1)の 5倍であり、また、Yahoo の14倍となる。それ以上に興味深いのは、Google の収益が、グローバルにおける全TV広告($174 billion)の、半分近い規模にまで達していることだ。

ーーーーー

本文の最後にあるように、世界中の TV 広告を合わせた売上額の半分近くまで、Google の売上が迫っているとのことです。 そうなると、そこに Facebook などを加えたディジタル広告の総額が、あと数年のうちに TV 業界を追い抜いていくという、未来図が見えてきますね。以下の関連リンクですが、その当時にメディア王と呼ばれていたマードックと、Google の戦いを取り上げている一番古い記事が(一番下)、2009年のものでした。 そこから、大よそのところで 5年が経過していますが、Google の勢力はというと、CNN などを傘下に治める Time Warner を、見下ろす存在へと拡大しています。 そして、2年前には $4B 前後の売上だった Facebook が、すでに $18B を稼ぎだすところまで駆け上ってきています。こうして振り返ると、この数年の間に引き起こされた、変化の大きさに驚いてしまいます。

ーーーーー

<関連>

新聞を読まない若者たちと、スマホに触らない老人たち
モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう
iPad はジャーナリズムの未来を破壊する – LTW の秀訳です
アメリカの 新聞/TV 幹部への意識調査:先行きの見えないジャーナリズム
有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

あけまして、おめでとうございます

Posted in .Chronicle by Agile Cat on January 1, 2015

今年の主役は、アジアのマーケットです・・・
http://wp.me/pwo1E-896

 

2015年という新しい年を迎えるにあたって、いまの大きな流れは何なのかと考えているところです。 大まかに分類すると、What と Why は、クラウドとモバイルが渾然一体化したものということで、それに対する異論も消え去っているはずです。 その勢いが、2015年以降も ずっと続くものと思われます。 Who は、コンシューマとエンタープライズという分類になるのでしょう。 そして、BYOD という言葉が示すように、コンシューマの勢いが、エンタープライズの在り方を、今後も継続して変化させていくはずです。

_  space

_  space
この、5W1H 分類で、いつもは脇役的な存在となってしまう Where と When ですが、2015年は 彼らが主役になると予測しています。 まず、Where ですが、それは アジアです。 When は、まさに今年です。 そして、その背景にあるのは、西欧と中国による IT 経済主導権の争いです。ご存知のように、中国のモバイル通信は、TD-LTE 方式を採用しています。 西欧のスタンダードである FDD-LTE を、中国政府が採用しなかったのは、知的財産の使用における西欧の権利を回避し、そのテクノロジーを国外へ輸出するという、戦略に則ったものだと言われています。

この中国ですが、すでに 6億人というインターネット人口を抱え、2018年には 8億人近くまで伸びていくようです。 その数たるや、先進国マーケットである北米と欧州に対して、単独で対抗し得る規模なのです。 つまり、2010年代に台頭してきた国が中国だけなら、すでに主導権を手にしていると言えるでしょう。 しかし、この 2年ほどで、インドが急成長しています。 そして、中国に対するカウンターとして育て上げるべく、西欧の政治と経済がこぞって、インドを支援しているのです。 さらに言えば、東南アジアやインドにおいて、モバイル・ネットワーク整備が急ピッチで進められている状況でもあるのです。かなり飛躍した見方かもしれませんが、アジアの広大なマーケットが世界を動かす、と言っても過言ではありません。

そして、How ですが、それは、日本の IT 企業が、こうした状況の中で取るべき戦略のことなのでしょう。 ですから、まだ「???」です。 ひとつだけですが、何かの足しになればと思い、Agile Cat が準備しているのが、Cloud News Asia という、アジアのクラウドに関連するニュースを整理していくサイトです。ただし、それでなにが変わるのかと言われると、その答えは「???」です。 とは言え、巨大なカオスが、はたして丸いのか四角いのか、青っぽいのか赤っぽいのか、、、とういくらいは、それとなく見えてくるはずだと思います。

・・・というわけで、今年の Agile Cat の目標は、アジアの動きをウォッチし続け、その結果をアウトプットしていくことにします。どこまで出来るのかは、まったく分かりませんが、始めてみないことには、なにも始まりません。 そんな、こんなで、今年も どうぞ よろしく お願い致します。

2015年 元旦

Tagged with: , ,

2014 Agile Cat:Top-20 ポストと 総マトメ

Posted in .Chronicle, .Selected, Research by Agile Cat on December 31, 2014

途上国のモバイル・アクセスが生み出す、新しいビジネスとインフラ・・・
http://wp.me/pwo1E-88I

今年を振り返るときに注目したいのは、5月5日にポストした、「 Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図 」で紹介しているチャートだと思っています。それが示すのは、10億以上のユーザー数に達したソフトウェア・プロダクツ/サービスであり、その中の 4つを Google が所有しているという現実です。ただし、Google がマネタイズに成功しているのは Search ビジネスであり、徐々に Youtube が利益を出し始めているという感じです。

ここで考えるべきは、Google が有している金脈の、とてつもない潜在能力となるのでしょう。そして、10億というハードルを取り払ってしまえば、Apple の App Store や iTunes、Facebook の Instagram と WhatsApp、また、Line や、WeChat、Snapchap、Pinterest なども、大きな可能性を秘めたサービスとして浮上してくるはずです。

周知のとおり、Microsoft の収益はライセンスから生じていますが、サービスである Office 365 への切り替えなどが順調に進んでいることから、2015年には強さを取り戻してくると思えます。 その一方で、Google と Facebook の収益は、その大半がディジタル広告から生じています。 そして、おそらく、この広告の領域が、これからの IT エコシステムを支える、大きな収入源になっいくはずです。

<2014年:マトメの一覧>
2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

また、誰もが納得していると思いますが、これからの時代において、ラップトップ/デスクトップ PC が大きく成長していくことは無さそうです。 そして、それらの領域は、Android/iOS/Chrome OS などを搭載した、タブレットもしくはシン・クライアントにより、徐々に置き換えられると予測されています。 ただし、その勢いはというと、穏やかなものになりそうです。 言い換えるなら、スマホとファブレットのみが、図抜けた成長力を有するという結論に達しています。

そして、こうした成長力をもつデバイスを、充分に機能させていくために、クラウドや、データセンター、モバイル・キャリア、テレコムなどの事業者たちが、インフラ整備に邁進しているというのが、2014年という年を写し出すスナップ・ショットなのでしょう。 このようなインフラ投資を引き出す推進力は、中国とインドに代表される、アジア市場の途方もない成長力です。 また、アジアの後には、南アメリカやアフリカが続いてくるでしょう。

途上国における人々がモバイル・デバイスに触れることで、まずはディジタル・ベースの広告と物販が動き出し、その勢いがモバイル・ネットワークなどのインフラを整備していきます。 まぁ、この辺りは、鶏と卵の話なので簡単では無いのでしょうが、すでに中国では Alibaba が大きく成長し、インドでも FlipKart というスタートアップが育ちつつあるようです。

なんというか、とても大雑把なマトメですが、こんなことを考えながら、以下の Top-20 2014 を選び出してみました。 お時間があるときにでも、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

January 10
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!
Facebook は、世界で最も人気のソーシャル・ネットワークなのだろうが、ソーシャル・メッセージの話となると、その優位性を他のアプリに奪われようとしている。 On Device Research が実施した調査によると、アメリカで最も人気のスマートフォン・ソーシャル・メッセージング・アプリは Facebook であるが、その他の 4カ国では WhatsApp と WeChat が、その領域を支配しているという結果が出ている。

February 4
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。

February 12
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
新しいグループが、アメリカ国内におけるネットワーク接続の方法を、別のものに変更しようとしている。そして、インターネットの物理接続における、コストを低減し信頼性を向上させることが可能だと言っている。Open IX は、Internet exchange points (IXPs) による新しいネットワークを構成し、メンバーによる中立な管理を実現し、さらには、参加者がトラフィックを交換できる状況を目指している。このグループは、非営利のモデルを採用し、すでにヨーロッパで広く利用され、マーケットにおける複数のデータセンター間でのエクスチェンジ・オペレーションを拡大しているところである。

February 15
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Google が約束している、Android プラットフォームについて、きわめて異なる方向へと転換し始めていると、BI Intelligence は見ている。Android は世界で最大のスマートフォン・プラットフォームであるが、それを支えてきた最大の要因は、出発点である 2007年当時に、Android Open Source Project(AOSP)を選択したところにある。そのときの Google は、モバイル市場のシェアがゼロであった。したがって、サードパーティであるベンダーや開発者が、自身のモバイル・デバイス上で走らすための、フォークが可能なオープンソース・プラットフォームを提供したのだ。

April 2
モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリが 86% を占有
モバイル分析のスペシャリストである Flurry が、この火曜日(4/1)に示したチャートは、すべての人々にとって幻覚のように捉えられるだろう。それが、何を示しているのかと言えば、iOS と Android のユーザーたちがモバイル・デバイスを使うとき、その時間の 86% を、各種のアプリに費やしているという状況である。逆に言えば、モバイル・ブラウザの比率は、いまや 14% に過ぎないのである。

April 22
これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増設!
Beyonce が音楽業界に嵐を巻き起こした、昨年の 12月のことを覚えているだろうか? つまり、Amazon や Target といったリテーラーを一週間も待たせながら、自分の Web サイトと iTunes で、新しいアルバムをリリースしてしまった、あの騒動のことだ。そして、この騒ぎには、3人の男が関与しているのだが、そんなことは誰も知らない。彼らの会社は DigitalOcean であり、Beyonce の Web サイトをホストする、クラウド・サービスを運営しているのだ。

May 20
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と NTT を比較する
Synergy Research Group のレポートによると、Equinix (Nasdaq: EQIX) はコロケーション市場のフロント・ランナーであり続け、North America と EMEA では手に負えない存在であるが、2013年 Q4 における APAC では NTT がトップに座っている。APAC の地域には、数多くの通信事業者と、国内に特化したオペレータが存在しているが、EMEA の市場では複数の国々にまたがる企業がリーダーであり、また、US には国内市場だけにフォーカスする、コロケーション・スペシャリストがたくさんいる。

June 10
IBM が Power チップをオープン化:Google の戦略は何処に?
IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

June 20
Facebook と OCP から、Wedge という名のスイッチが発表された!
ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

July 8
Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から Facebook DC へ!
先週のことだが、Instagram は史上最大規模のデータ·マイグレーションへの取り組みの中で、Amazon Web Services (AWS)に保存された何百億枚というイメージを取り出し、Facebook が提供する独自のサーバー群に投げ込んだと発表した。 この出来事に関するニュースは、Facebook の Infrastructure Engineer と Open Compute Foundation の Program Developer を兼任する Charlie Manese とのインタビューから得られたものである。

August 5
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
Kanter によると、Brazil では約 90% の人々が Android Phone を使い、また、それらの人々の大半が  Apple iPhone を所有していない。 この、驚くべき統計値は、Argentina/Brazil/Mexico のスマートフォン市場で、Android が 75% 以上をシェアを得ているのと、同じレベルで衝撃的なニュースとなっている。つまり、この 9月に Apple が、新しい iPhone 6 を立ち上げるときに、逆風に直面するだろうという考えが、あなたの脳裏をよぎるだろう。

August 15
Google Maps は行動を記録している:Location History をチェック!
あなたが Gmail アカウントを持っている場合や、何らかの Google アプリを使用したとき、Google には、あなたのロケーション・データを貯めこむチャンスが生じている。 ただし、幸いなことに、あなたの行動を、どのように Google が把握しているのかを、しっかりと確認するための、簡単な方法も提供されている。 つまり、過去にさかのぼって、あなた自身の移動履歴をマップの中で参照できるようになっているのだ。

August 19
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 膨大な DC 資産へ
それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

September 16
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
Google  が初めてアナウンスした、Android One を走らせる 3種類のスマホは、途上国マーケットに安価な Android スマホをもたらすという、同社の取り組みを構成するものである。それらのデバイスは、Micromax/Spice/Karbonn というマニュファクチャで製造される、4.5-inch ディスプレイを持つものであり、最初は India のマーケットで販売される。

September 30
香港での抗議を支える Off-The-Grid チャット: それが FireChat だ!
昨夜(9/28)の Hong Kong は、平和的なデモ行動が、警察の攻撃対象になるという、歴史的瞬間を迎えてしまったようだ。Occupy Central というスローガンの下、数万という人々が Hong Kong の金融街に集結したが(主催者によると 60,000人:メディアの報道は 30,000人)、それは Hong Kong の行政長官選挙制度をめぐり、先月に China 政府が下した決定に反発する行動である。さらに言えば、この夏から生じている、抗議行動の一環として始まったものでもある。

October 1
ヨーロッパを 仮想 DC でカバー: 謎の Interoute クラウドが香港に進出!
Interoute は Hong Kong に Virtual Data Center(VDC)をオープンすることで、そのクラウド·コンピューティング·ソリューションを Far East に持ち込もうとしている。それにより、Interoute の顧客たちは、アプリケーションとデータへの高速でのアクセスを達成するために、Amsterdam/Berlin/London/Paris/Milan/Hong Kong などで構成される 7つの VDC ゾーンを選択できるようになる。

October 11
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果のチャートで!
今週のはじめに Stone Temple Consulting が、3つの主要仮想アシスタント·プラットフォームである、Google Now/Apple Siri/Microsoft Cortana に対して、3000種類以上の問い合わせを投げかけるというテストを行い、その結果をまとめ上げた。 この包括的な調査は、個々のアシスタントが用いるデータ・ソース量と、回答結果における精度の比較、そして、すべての間違いのトラッキングに注目するものである。

November 12
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
クッキーのトラッキングという手法だが、その寿命が尽きようとしている。モバイル・デバイスの急速な台頭により、Big-3 である Facebook/Google/Apple は、マルチ・デバイスを前提としてユーザーを追跡する、より新しく強力な手法を、広告主のために作りだそうとしている。クッキーに差し迫った死であるが、その発端は、2007年 の iPhone の発売まで遡ることになる。

December 11
Facebook アプリ:Push+Delta+Thrift で モバイル帯域を 40% 削減!
私たちは、モバイルが別の世界のものであることを学んできた。If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong では、モバイル・プラットフォームのためのプログラミングが、独特のものであることを知った。そして、How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks では、モバイル・ネットワークの帯域幅が、きわめて貴重なリソースであることを学習した。

December 17
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指す?
PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

このポストに貼ってある、「ネコの手 2014」を右ペインにバナーとして貼っておきます。 そのため、年が明けても、2014年を振り返るときに、このポストをすぐに参照できます。 ぜひ、ご利用ください。

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

ーーーーー

それでは、良いお年をお迎えくださ〜い :) 2014年 大晦日

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

Posted in .Chronicle, On Monday by Agile Cat on December 29, 2014

クラウド全体を俯瞰する視点から・・・
http://wp.me/pwo1E-889

今年から、月曜日の朝にポストし始めたシリーズであり、On Monday という名前を付けていますが、その大元は、Formtek の Dick Weisinger さんのブログです。 彼が毎日のようにポストするコンテントから、今週の1本を選んで訳しています。 この Weisinger さんのコンテントの特徴は、有益な情報をシンプルかつタイムリーに提供してくれるところです。さらに言えば、あまり各論には踏み込まず、最も重要なポイントを大づかみにしていくところが、気に入っています。

そして、近視眼的になりがちな Agile Cat を、クラウド全体を俯瞰する位置へと、週の始まりに引き上げてくれるという、とても有り難い存在になってきています。 なにぶん、内容がシブめなので、どれくらいの人が読んでくれるのかと、当初は不安だったのですが、回を追うごとに PV も増えてきて、とても嬉しい気分で年末を迎えることができました。

それにしても、この Weisinger さんは、どのようにして情報を集めているのでしょうかね? 視野の広さと、すばらしい選別眼がなければ、こんなに沢山の、しかも 有益性の高い情報を、集められるものではありません。 そんなわけで、Agile Cat 的には、High Scalability の Todd Hoff さんと並んで、二大スター・ブロガーとして尊敬する存在になってきているのです。世界は広い!

ーーーーー

12/12: 2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
12/30:
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
12/31:
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10

ーーーーー

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーだが課題が山積
01/20: Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
01/22: Cloud の調査:Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
01/31:
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
02/17: Hadoop と Big Data の調査:問題点は信頼性/使い易さ/解決策の欠落
02/26: Mobile Security の調査:エンタープライズと Androidと フリー・アプリ
03/04: Web Programming の調査:Google Dart が Javascript を置換える?
03/10: Hybrid File Sharing の調査:パブリックとオンプレの自由なブレンド!
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索
03/18: Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

ーーーーー

04/03: Green DC の調査:ビジネスでの優位性と、環境への影響
04/04:
Storage の調査:Long-Term Low-Costのコールド・ストレージは 5PB?
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
04/18: Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な外部との協調とは?
05/02: Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが 3兆ドル分!
05/06:
Open Source の調査:ユーザー主導の確立が、人々と組織を惹きつける
05/16: Cloud Computing の調査:オンプレミスの補完から置き換えへ
05/23:
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
05/27: Data Center の調査: 未来の DC は、小型で手元に置かれるものになる
06/06: Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ
06/10:
IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
06/19:
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
06/24:
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

ーーーーー

07/01: Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化と大きな実績!
07/11: SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供!
07/16: Cloud の調査:マイグレ期間から、クラウド・ネイティブ・アプリ時代へ
07/25: Big Data の調査:Google DataFlow は、MapReduce の正当な継承者?
07/29: Hybrid の調査: 企業データの分析と、20-60-20 の 仕分けシナリオ
07/30: Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題を根絶
08/08: Cloud の調査:クラウドだからといって、プロジェクトの失敗は減らない
08/19: Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
08/27:
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、約2兆円の節約
09/04: Security の調査: 優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供
09/08: Technology の調査:IBM による 7 NANO チップへの取り組み
09/09:
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へと向かう
09/24:
Open Source の調査:OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
09/25: SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

ーーーーー

10/08: IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT に応用できるはずだ!
10/13:
Gartner の調査:私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
10/23:
Security の調査:Google と Dropbox の Simply Secure とは?
10/24:
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
11/06:
Social の調査:Twitter と MIT が、膨大なソーシャル・ストリームを分析
11/11: CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux を再編する
11/18: Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げる
11/28:
Mobile App の調査:エンタープライズからコンシューマへ流れる開発者
12/03: Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が?
12/09:
Cloud の調査:DC トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る
12/16: Cloud の調査:クラウドへの投資は、2018年までにオンプレを追い越す

ーーーーー

それと、月曜の朝を爽やかな気分で迎えられるようにと思い、Agile Cat のお気に入り画家の、しかも雲が描かれた作品を差し込んでいるのですが、気に入ってもらえているでしょうか? ポストの内容を自分なりに考え、季節にも気遣いながら、1枚の絵を選んでいるのですが、それが、月曜の朝の、ちょっとした楽しみになってきました。 来年も、今年と同様、絵付きでお届けしていきま〜す!

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

%d bloggers like this: