Agile Cat — in the cloud

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on August 19, 2014

Google: From 112 Servers to a $5B-Plus Quarterly Data Center Bill
http://wp.me/pwo1E-7Lz

Yevgeniy Sverdlik – July 23, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/23/from-112-servers-to-5b-spent-on-google-data-centers-per-quarter/

_ DC Knowledge

It was only 15 years ago that Google was running on slightly more than 100 servers, stacked in racks Sergey Brin and Larry Page put together themselves using cheap parts – including insulating corkboard pads – to cut down the cost of their search engine infrastructure.

それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。

That do-it-yourself ethos has stayed with the company to this day, albeit it is now applied at much bigger scale.

この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

Google data centers cost the company more than $5 billion in the second quarter of 2014, according to its most recent quarterly earnings, reported earlier this month. The company spent $2.65 billion on data center construction, real estate purchases and production equipment, and somewhat south of $2.82 billion on running its massive infrastructure.

7月初めに報告された、直近の四半期決算によると、2014年 Q2 における Google データセンターのコストは、$5 billion 以上とされている。 同社は、データセンターの建設および、不動産の取得、設備の購入などに$2.65 billion を投資し、また、大規模なインフラストラクチャを運用するために、$2.82 billion を費やしている。

The $2.82 billion figure is the size of the “other cost of revenue” bucket the company includes its data center operational expenses in. The bucket includes other things, such as hardware inventory costs and amortization of assets Google inherits with acquisitions. The size of this bucket in the second quarter represented 18 percent of the company’s revenue for that quarter. It was 17 percent of revenue in the second quarter of last year.

この $2.82 billion という数字は、データセンターの運用コストを含む、同社における「その他のコスト」を、大まかなところでザックリと示している。この数字には、たとえばハードウェア在庫の金額や、Google の買収先から継承する償却資産といったものが含まれている。今年の Q2 における、この数字の規模は、同じ Q2 の売上高に対する 18% を占めている。そして、昨年の Q2 では、この数字は 17% であった。

Google’s largest server order ever

While the amount of money Google spends on infrastructure is astronomically higher than the amount it spent 15 years ago, the company makes much more money per server today than it did back then.

いまの Google が、インフラに費やすコストは、15年前とくらべて天文学的に膨らんでいる。つまり、当時と比べて、サーバーごとに費やす金額が大きくなっているのだ。

“In retrospect, the design of the [“corkboard”] racks wasn’t optimized for reliability and serviceability, but given that we only had two weeks to design them, and not much money to spend, things worked out fine,” Urs Hölzle, Google’s vice president for technical infrastructure, wrote in a Google Plus post today.

「 いまになって、振り返ってみると、あの “コルク・ボード” ラックのデザインは、信頼性と保守性という意味で最適化されていなかった。しかし、二週間でデザインを完了し、しかも、多額の費用をかけられなかったことを考えると、上手くいったのだろう」と、Google の VP for Technical Infrastructure である Urs Hölzle が、今日の Google+ にポストしている。

One of Google’s early “corkboard” racks is now on display at the National Museum of American History in Washington, D.C.

In the post, Hölzle reminisced about the time Google placed its largest server order ever: 1,680 servers. This was in 1999, when the search engine was running on 112 machines.

そのポストで Hölzle は、当時としては史上最大である、1680 台のサーバーを発注したときの思い出にも触れている。 それは、1999年のことであり、すでに同社の検索エンジンが、112台のマシン上で実行されていたときの話しでもある。

Google agreed to pay about $110,000 for every 80 servers and offered the vendor a $2,000 bonus for each of the 80-node units delivered after the first 10 but before the deadline of August 20th. The order was dated July 23, giving the vendor less than one month to put together 800 computers (with racks and shared cooling and power) to Google’s specs before it could start winning some bonus cash.

Google は、80台のサーバーで構成される1ユニットに対して、$110,000 を支払うことに合意した。 そして、8月20日までに、最初の 80 ノード x 10ユニットを納入することで、ユニットごとに $2000 のボーナスを提供すると、そのベンダーに約束した。 この発注は 7月23日付けであり、そのベンダーは 800台のコンピューターを、1ヶ月足らずで調達しなければならなかった(ラックと共有ファンと電源も含む)。 しかも、ボーナスを手にする前に、Google の要求するスペックに合わせなければならない。

Hölzle included a copy of the order for King Star Computer in Santa Clara, California. The order describes 21 cabinets, each containing 60 fans and two power supplies to power those fans.

Hölzle は、そのブログ・ポストに、Santa Clara, California の King Star Computer 宛に発行した、発注書をコピーしてくれた。それは、21台のユニットを発注するものであり、それぞれに 60台のファンと、そのための 2つの電源が取り込まれるものであった。

There would be four servers per shelf, and those four servers would share:

1つのシャシーに 4台のサーバーが配置され、以下を共有する:

  • 400-watt ball bearing power supply
  • Power supply connector connecting the individual computers to the shared power supply
  • Two mounting brackets
  • One plastic board for hard disks
  • Power cable

Each server would consist of:

個々のサーバーの構成要素:

  • Supermicro motherboard
  • 265 megabytes of memory
  • Intel Pentium II 400 CPU with Intel fan
  • Two IBM Deskstar 22-gigabyte hard disks
  • Intel 10/100 network card
  • Reset switch
  • Hard disk LED
  • Two IDE cables connecting the motherboard to the hard disk
  • 7-foot Cat. 5 Ethernet cable

Google’s founders figured out from the company’s early days that the best way to scale cost-effectively would be to specify a simple server design themselves instead of buying off-the-shelf all-included gear. It designs its hardware on its own to this day. Other Internet giants that operate data centers at Google’s scale have followed suit.

Google の創設メンバーたちは、同社が立ち上がったときから、すべてのギアが取り込まれた既成品サーバーを購入するのではなく、ニーズに適合するシンプルなサーバーを自らデザインすることが、大きなスケールで費用対効果を向上させる方法だと、理解していたことになる。そして、ハードウェアを独自にデザインするという考え方は、今日まで続いている。 さらに言えば、Google スケールでデータセンターを運営する、他のインターネット・ジャイアントたちも、それを追随してきたことになる。

ーーーーー

とても面白い話なので、楽しみながら訳すことができました :) そして、分かったことは、今日に至るまで Google が、既成品としてのサーバーを、まったく購入していないという、徹底したカスタム路線を貫いていることです(多少の例外はあるかも?)。 いつ頃から、台湾の ODM に発注先が切り替わったのか、そのあたりは分かりませんが、データセンターを運用する側が、つまりユーザー側が、サーバーをデザインすべきという発想の原点が、ここにあるのでしょう。 Open Compute Project Japan を、お手伝いしている Agile_Cat としても、このトピックを皆さんと共有できて嬉しいです。 何かの機会があり、Washington, D.C. へ行くことがあるなら、National Museum of American History で初代 Google サーバーを見学したいものですね。

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
Facebook と Open Compute が、Wedge という名の オープン・スイッチを発表!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

Dell が Bitcoin で、PC を販売すると発表した!

Posted in .Chronicle, Businesses, Dell by Agile Cat on July 22, 2014

Dude, you’re getting a Dell, with Bitcoin
http://wp.me/pwo1E-7GL

Brad Chacos – Jul 18, 2014
http://www.pcworld.com/article/2455557/dude-youre-getting-a-dell-with-bitcoin.html

_ PC World

In case the headline didn’t tip you off: Yep, you can buy Dell products with Bitcoin now, as Michael Dell himself proudly trumpeted on Twitter earlier today.

こんなヘッドラインは、 あなたにとって、初めてでは? そう! Michael Dell が自身の Twitter で誇らしげに伝えたように、Dell のプロダクトを Bitcoins で購入できるようになる。

クリックで Dell サイトへ ⇒

A post in the Dell blog revealed some of the finer details. Just like Expedia, Overstock.com, Dish TV, and the boutique PC builders at Xidax (who also accept Dogecoin), Dell is partnering with Coinbase to provide a Bitcoin payment option on Dell.com. Electronic retailers Tiger Direct and Newegg use Bitpay’s processing services, though the end result is the same: You give them your virtual Bitcoins, and they’ll give you their physical tech goodies. Details such as how returns will be handled haven’t been revealed yet.

Dell のブログ・ポストでも、詳細の一部が明らかにされている。Expedia や、Overstock.comDish TV、Xidax の PC Builderたち (Dogecoin も受け付ける) と同様に、Dell.com で Bitcoins 支払いオプションを提供するために、Dell は Coinbase と提携した。電子機器リテーラーである Tiger DirectNewegg が、Bitpay のプロセシング・サービスを使用しているが、最終的な結果は同じである。つまり、あなたが仮想通貨である Bitcoin を差し出せば、彼らは物理的なハイテク・グッズを手渡してくれるのだ。その結果として、実施される詳細な処理については、まだ明らかにされていない。

Dell says Bitcoin payment options will start appearing on the site within 14 days. Once they do, Dell plans to kickstart sales by offering a 10 percent discount (with a $150 cap) on Alienware rigs purchased using the e-currency that the IRS doesn’t consider to be a currency.

Dell が言うには、Bitcoin で支払うというオプションは、そのサイト内で 14日以内に表示される予定だ。 その後に Dell は、この電子通貨(IRS は通貨として認めていない)で購入した Alienware 一式に対して、10% のキックスタート・ディスカウント(上限は $150)を提供するという。

If you plan to drop your dough on one of those high-end gaming systems, don’t forget to budget for it–did I mention Mint.com keeps tabs on your Bitcoin now, too?

もし、これらのハイエンド・ゲーム・システムを購入する予定があるなら、そのための予算を忘れてはならない。 そこまで言うと、あまりにも Mint.com を推薦しすぎだろうか?

Geez, these Bitcoins might just become a thing before long.

そうだね。 Bitcoins は、長続きするかもしれないね。

If you’re wondering what all the hubbub is about, be sure to check out PCWorld’s Bitcoin explainer and our guide to mining virtual currencies with your very own rig, because there’s nothing like using your current PC to pay for new PCs.

一連の騒動について、何らかの疑問があるなら、 PCWorld の Bitcoin explainer をチェックしてほしい。 また、自身の道具を用いて、この仮想通貨を採掘するという、私たちのガイドもお勧めだ。つまり、新しい PC を入手するために、いまの PC を占有することなど、ありえないのだ。

ーーーーー

あぁ〜〜〜 驚いた・・・ 

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Google, Web Scale by Agile Cat on June 17, 2014

The price of being webscale: Google spent $2.35B on infrastructure in Q1
http://wp.me/pwo1E-7Ae

k Harris – APR. 17, 2014
http://gigaom.com/2014/04/17/the-price-of-being-webscale-google-spent-2-34b-on-infrastructure-in-q1/

_ Giga Om

Summary: Google continued its heavy infrastructure spending in the first quarter of 2014, to the tune of more than $2.3 billion. It’s the third consecutive quarter the company has topped $2 billion in capital expenditures.

Summary:  Google は、2014年 Q1 においても、インフラへの支出を継続し、その総額たるや $2.3 Billion に至るという。これで、同社における $2 Billion レベルの設備投資が、三回の四半期収支をまたいで連続することになる。

ーーーーー

Google announced its first-quarter earnings on Wednesday, which included — as usual the past few quarters — an unparalleled amount of spending on data centers. The company spent $2.35 billion on infrastructure in the first quarter (much of which goes to building and filling data centers), up from $2.26 billion in last year’s fourth quarter and nearly double the $1.2 billion it spent in the first quarter of 2013.

この水曜日(4/16)に、Google が 2014年 Q1 の収支を発表した。これまでの四半期終始と同様に、データセンターに対する支出が、圧倒的なものとなっている。同社は、この四半期においてインフラストラクチャに対して $2.35 Billion を費やしているのだ(その大半は、データセンターを構築/実装に当てられている)。それは、2013年 Q4 の $2.26 Billion から増額し、また、2013年 Q1 の $1.2 Billion に対して約二倍というレベルに達している。

We have been following Google’s spending for years, because it’s such a good example of how much money web companies need to spend on infrastructure if they want to achieve massive scale in terms of users, services and data. Just think about Google’s products — search, cloud computing, Maps, Drive, Gmail, Google+ and more — and consider how many servers it takes to run them and ensure there’s enough capacity to scale them, handle failures or just experiment with new stuff. Inadequate infrastructure (in terms of both hardware and software) means a poorer user experience and less room to innovate.

これまでの何年かにわたって、私たちは Google の支出を追いかけている。なぜなら、ユーザー/サービス/データという観点でスケールしようとする企業が、Web のインフラストラクチャに対して、どれだけのコストを費やすのかという意味で、絶好の事例となるからである。 Google の Search/Cloud/Maps/Drive/Gmail/Google+ などを考えてみよう。そして、さらに、それらを走らせるために必要なサーバーの量と、スケールを実現するためのキャパティティについても考えてみよう。それは、障害に対する処理や、新しいものを試すプロセスに対しても言えることだ。つまり、不適切なインフラストラクチャでは(ハードウェアとソフトウェアの両面)、ユーザー・エクスペリエンスが劣化し、イノベーションも進まないのだ。

That’s why Microsoft spends so much on infrastructure, too, and why Facebookis ramping up its spending. In Microsoft’s latest earnings report (announced on Jan. 23, for its fiscal second quarter), the company reported it spent $1.73 billion on infrastructure.

それは、Microsoft がインフラストラクチャに多額を費やし、Facebook が支出に備える理由でもある。Microsoft における直近の収支報告書では(同社の Q2 に相当する、1/23 に発表されたもの)、インフラストラクチャに $1.73 Billion を費やしたとレポートされている。

Here’s what Google Senior Vice President and Chief Financial Officer Patrick Pichette had to say on Wednesday’s earnings call, according to a transcript published by research firm Morningstar:

以下は、調査会社である Morningstar が書き起こした、水曜日の Google の 収支報告会における、Senior VP and CFO である Patrick Pichette の発言である:

As it relates to CapEx, listen, you’re right, that we – and I’ve mentioned this in the last couple of quarters, where we have – and just a reminder to everybody, right, if you think of the CapEx categories, right, data centers first and data center construction, then production equipment, then all other facilities is kind of like the hierarchy of needs. In the case of data center construction, we have found that the option value of having more capacity on standby and available to us to grow versus not having it is actually a real strategic issue for the Company.

設備投資に関連することだが、誰もが思うように、このところの四半期決算で、私たちが説明してきた通りの状況となっている。 そして、覚えているだろうが、その設備投資の区分については、データセンターの構築が最大であり、それに続くのが基本的な設備となる。 それから先は、各種のファシリティに対して、必要性に応じた支出が生じている。データセンターを構築する場合に、私たちが検討することは、キャパシティを拡大し得るだけの、オプションとしての価値である。そのような余力を持たないという選択肢もあるが、私たちにとっては、成長のための余地を持つことが、ほんとうの意味での戦略的な課題となっている。

In that sense, if for whatever reason, we had a spike in demand that was really pronounced and sustained for a couple of quarters and we did not have the capacity, it would be a real issue strategically for us relative to the quite low cost of having the infrastructure in place. So that’s why we’re really pushing ahead of the curve, and so it’s with this view of long-term. So, from that perspective, you’re also right that, that’s the mindset we’re applying. And we’ve always said that CapEx was lumpy, so you have a good manifestation of it right now right here.

その意味において、何かの理由があったのかというのなら、このところの四半期において、明確で持続性のある需要のピークが生じていたが、それに対応するだけのキャパシティを持ち得なかったということになる。それは、適材適所にインフラを配置し、きわめて低コストでの運用を実現していくという、私たちの戦略において重要な問題となる。私たちは、時代を先取りしていきたいと、真剣に考えている。 したがって、長期的な視野に立たざるをえない。その観点からすると、現時点で私たちが推し進めている考え方を、正しく理解してもらえると思う。これまでにも、何度も言及してきたが、設備投資には大きな波が生じる。 それが、いま、来ていることを分かって欲しい。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
In Q3, Big Data Meant Big Dollars October 2010
Why going “green” matters for high-performance computing October 2013

ーーーーー

たしかに、これまでも、Google における設備投資には、大きな波が周期的に生じていたように思えます。 そして、2013年には、Taiwan/Hong Kong/Singapore のデータセターが立ち上がっていますし、南米でも同じような状況だったと思います。 しかし、上記のチャートを見ると、この一年での投資額は $8 Billion(8000億円)にもなります。もちろん、データセンターへの投資が抜きん出ているのでしょうが、かなりの規模での投資が、ネットワークに対しても、密かに推し進められているのでは、と思ってしまいます。とにかく、気の遠くなるような金額ですね。 

ーーーーー

<関連>

Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Toshiba と SanDisk が多層フラッシュ・メモリで協業:スマホに 1TB の時代がやってくる!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Mobile, Wearable by Agile Cat on May 15, 2014

Toshiba, SanDisk to mass produce high-power ‘3D’ memory
http://wp.me/pwo1E-7uN

14 May 2014 – AFP / Josep Lago
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/toshiba-sandisk-to-mass/1105076.html

_Channel News Asia

TOKYO: Japan’s Toshiba is teaming up with US chip giant SanDisk to produce a "3D" memory chip they hope will allow users to save up to 50 hours of ultra-high definition video.

TOKYO: Japan の Toshiba と US のチップ・ジャイアントである SanDisk が協業し、“3D” メモリ・チップを製造することになった。それは、多層型のメモリ・チップのことであり、50時間分の Ultra HD ビデオをストアできるものになる。

In a deal worth a reported 500 billion yen ($4.84 billion) the companies will build a factory to make flash memory consisting of several layers of semiconductors stacked together to give as much as a terabyte — 1,000 gigabytes — of storage.

この、興味深いレポートによると、5000億円($4.84 billion)相当の契約において、この両社はフラッシュ・メモリを製造するための工場を建設する。このメモリは、何層にも積み重ねられた半導体のレイヤで構成されるものであり、Tera Byte(1000 GB)のストレージを実現する。

File photo of a SanDisk memory card. Japan’s Toshiba is teaming up with US chip giant SanDisk to produce a "3D" memory chip they hope will allow users to save up to 50 hours of ultra-high definition video. (AFP/Josep Lago)

That is around 16 times bigger than the largest 64-gigabyte Toshiba memory currently available in smart phones and tablet devices.

具体的に言うと、スマホやタブレットで使用するために、現時点で Toshiba が供給している 64 GB メモリの、約16倍の容量を実現するものになる。

Toshiba will demolish its existing plant in Japan to build a new facility that will house production apparatus using technologies from both firms and which the firms hope will start operating in 2016, a statement said. "In about five years (from the planned start of the factory), we would like to produce one-terabyte products," said a Toshiba spokeswoman.

Toshiba は、新しいファシリティを建設するために、Japan における既存の工場を閉鎖する。そして、新たな製造ラインを構成するための機器は、両社から提供され、2016年から稼働するという、ステートメントが発表されている。「この工場が開設されてから 5年以内に、1TB のプロダクトが製造されるだろう 」と、Toshiba のスポークスマンは述べている。

The plan comes at a time of increasing competition among the world’s technology firms to meet demand for ever-higher capacity memory chips for consumers increasingly using mobile devices such as smart phones, tablet computers and wearable gadgets.

この計画は、これまでには想像もしなかった大容量メモリ・チップへの、消費者からの需要を満たすために、世界中のテック・カンパニーが競争を激化させるタイミングに合わせたものとなる。それにより、スマホ/タブレット/ウェアラブルといった、モバイル・デバイスやガジェットなどの利用が促進されていく。

The spread of high-definition video, with so-called 4K screens at the leading edge, is boosting demand for computing memory to store content. "Small, high-capacity memories can of course be applied to smartphones, but they could also be used for wearable devices," the Toshiba spokeswoman said.

この需要を、最先端で引っ張っていくのは、4K スクリーンを備えた DH ビデオの普及であり、コンテントをストアするコンピュータ・メモリへの要求を高めるものとなる。「 もちろん、小型で大容量のメモリはスマホでも活用されるが、ウェアラブル・デバイスへの適用もあり得る」と、Toshiba のスポークスマンは述べている。

Manufacturers have traditionally competed with regular chips by trying to make the physical object smaller. Toshiba, along with major rivals such as Samsung, believe they are reaching the physical limit, and are shifting toward 3D memories, where layering — effectively a third dimension — is used to boost the capacity of objects the same size.

いくつかのメーカーは、これまでのチップ・テクノロジーを、さらに小型化することで、この需要に対応しようとしている。しかし、Toshiba だけではなく、その最大のライバルである Samsung も、チップの小型化は物理的な限界に達していると考え、3D 多層化メモリへ向けてシフトしている。 つまり、効率よく三次元化することで、同じサイズのチップであっても、その容量を飛躍的に高めることが可能になる。

Yasuo Naruke, Toshiba senior vice president, said in a statement: "Our determination to develop advanced technologies underlines our commitment to respond to continued demand (for) flash memory.” SanDisk president and chief executive Sanjay Mehrotra said the plant "will advance our leadership in memory technology into the 3D… era”.

Toshiba の Senior VP である Yasuo Naruke は、「 この、先端テクノロジーに取り組んでいくという決意は、フラッシュ・メモリに関する継続的な需要に対する、私たちのコミットメントを強調するものである」と述べている。そして、SanDisk の President and CEO である Sanjay Mehrotra は、「 このプラントにより、3D メモリ・テクノロジー時代における、当社のリーダーシップが強化される」と述べている。

- AFP/fa

ーーーーー

TAG indexアメリカでは、すでに Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングを開始すると発表しています。 このトレンドは、一挙に世界中へ広まり、スマホに DL した 4K ビデオを、たとえば Chromecast のようなインターフェイスで、大画面の TV  へ送信して楽しむ、、、というような使い方が一般的なものになるのでしょう。 また、日本でも iTunes Match のサービスが開始されまいsたが、このような大容量メモリがスマホに搭載されると、すのすべてを Off Line で楽しむことも可能になります。それにしても、テクノロジーの進化って、ぜんぜん止まらないものなのですね。 ため息が出てきます :) __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?
DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
いまの iPhone を、1991年に戻って製造すると 3.5 億円になる! その内訳は?

DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Strategy by Agile Cat on January 16, 2014

Intel set to bring DDR4 DRAM to computers in third quarter
http://wp.me/pwo1E-77u
By Agam Shah | Published: 19:52, 08 January 2014
http://news.techworld.com/storage/3496247/intel-set-to-bring-ddr4-dram-to-computers-in-third-quarter/

Intel will add support for DDR4 memory to its high-end computers in the third quarter, sources familiar with the company’s plans said.

Intel は、ハイエンド・コンピューター向け DDR4 メモリのサポートを、今年の Q3  には開始すると、同社のプランに詳しい情報筋が語っている。

The new DDR4 memory, which has been under development for more than five years, will speed up computer performance while reducing power consumption. It will also mean a progressive slowdown in the adoption of DDR3 memory, which currently goes into most laptops, tablets and servers.

この、新しい DDR4 メモリは、5年以上にもわたり開発が進められてきたものであり、コンピュータのパフォーマンスを高めながら、消費電力も低減していく。その一方で、現時点において、大半のラップトップ/タブレット/サーバーに搭載されている DDR3 メモリだが、その採用が段階的に減速していくことを意味する。

The adoption of DDR4 by chip makers at the motherboard and chip level is the first step to bringing the new memory type to computers. DDR4 chip support will come with Intel’s next-generation Xeon server processors code-named Grantley, which will be based on the Haswell architecture, to be released in the third quarter, sources said.

DDR4 採用の最初のステップは、この新しいメモリ·タイプをコンピュータに搭載していく、マザーボードとチップのメーカーから始まるだろう。続いて、DDR4 チップのサポートは、Grantley というコードネームの、次世代 Intel Xeon サーバー・プロセッサに対して行われる。このプロセッサは、Haswell ベースのアーキテクチャを持ち、今年の Q3 はリリースされると、前述の情報源は述べている。

DDR4 could then make its way to laptops and PCs in 12 to 18 months. Lenovo has said it will launch new types of servers based on the Grantley chips in the third quarter.

また、12ヶ月〜18ヶ月後には、ラップトップや PC での DDR4 対応が始まる。 ただし Lenovoは、今年の Q3  に、Grantley チップ・ベースの、新たなサーバー・ラインアップを発売すると述べている。

DDR (double data rate) DRAM (dynamic random access memory) is the main volatile memory used in PCs, servers and mobile devices today. It does not retain information once a device is turned off.

DDR (double data rate) DRAM (dynamic random access memory) とは、今日の PC/サーバー/モバイル・デバイスなどで使用される、主要な揮発性メモリであり、そのデバイスが OFF にされると、そこに蓄えられら情報は消滅してしまう。

Intel declined to comment on DDR4 memory support on its chips.

なお、Intel がだ、DDR4 メモリをサポートするチップについては、コメントを避けている。

Modules of DDR4 memory on gaming boards with Intel’s chips were demonstrated at the Intel Developer Forum in September. Intel’s high-end desktop processors for gaming are also expected to support DDR4. An Intel spokesman said the company is working "with the industry" to bring support DDR4 to its high-end systems, but did not provide a date.

とは言え、Intel チップを搭載したゲーム・ボード上の DDR4 メモリ・モジュールが、9月に開催された Intel Developer Forum でデモされている。つまり、Intel のゲーム用ハイエンド・デスクトップ·プロセッサでは、DDR4 がサポートされると思われる。ある、Intel のスポークスマンは、ハイエンド・システムを DDR4 でサポートするために、「業界」と伴に取り組んでいるが、日程に関しては明らかにできないと述べている。

Laptops will be faster and get longer battery life with DDR4 memory, though the current DDR3 DRAM is considered sufficient in most cases. DDR4 provides 50 percent more bandwidth than DDR3, and 35 percent more power savings.

DDR4 メモリにより、ラップトップは高速化され、バッテリ・ライフも伸びるだろう。大半のケースにおいて、現在の DDR3 DRAM で十分だと思われているが、DDR4 と DDR3 を比較すると、バンドワイズで 50%、省電力で 35% 以上のメリットが生じることになる。

The new form of memory could prompt Apple to upgrade its Mac Pro, which just started shipping with the Intel’s latest Xeon processors based on the Ivy Bridge microarchitecture, which supports DDR3. System builders have already been testing boards with DDR4 memory.

このメモリに関する新しい形態は、Apple に対して Mac Pro のアップグレードを促すことになる。このプロダクトは出荷が始まったばかりだが、DDR3 をサポートする Ivy Bridge マイクロ・アーキテクチャをベースにした、Intel の 最新 Xeon プロセッサを搭載しているのだ。また、システム・ビルダーたちは、すでに DDR4 メモリを搭載したボードをテストしている。

Mobile devices won’t get DDR4 memory anytime soon since tablets and smartphones are just getting equipped using low-power DDR3 (LP-DDR3) DRAM. Memory standards-setting organization JEDEC is still developing the mobile DDR4 specification, and Samsung last week announced an LP-DDR4 module for mobile devices.

ただし、モバイル・デバイスに関しては、直ちに DDR4 メモリに移行することはないだろう。なぜなら、タブレットやスマートフォンは、Low-Power DDR3(LP-DDR3)DRAM の組み込みに追われているからである。また、メモリ規格化団体である JEDEC も、依然として モバイル DDR4 仕様を作成している段階にあるが、先週に Samsung がモバイル・デバイス用の LP-DDR4 モジュールを発表している。

Early adopters will pay a hefty premium for DDR4, but the prices will fall as adoption grows. Analysts expect a 30 percent price premium on DDR4 memory over DDR3, which could drop to 10 percent in 2015.

DDR4 のアーリー・アダプターは、多額のプレミアムを支払うことになるが、採用が進むにつれて、その価格も下がっていく。アナリストたちの予測によると、DDR4 は DDR3 に対して、30% のプレミアムを要求するが、2015年には 10% にまで低減されるようだ。

Some of the first applications for DDR4 will likely be in high-end database and ERP (enterprise resource planning) programs, which are increasingly utilizing in-memory processing. The memory will also be beneficial for complex calculations in supercomputers.

最初に DDR4 を活用する、いくつかのアプリケーションは、インメモリ処理を多用するハイエンドのデータベースと ERP (enterprise resource planning) になるだろう。また、このメモリは、スーパー・コンピューターにおける複雑な計算にとっても有益である。

"It will only get used in places where the performance is necessary," said Dean McCarron, principal analyst at Mercury Research. "It won’t be in low-end web servers.”

「 このメモリは、ハイ・パフォーマンスが必須とされる領域で使用されるが、ロー・エンドの Web サーバーは対象外となるだろう」と、Mercury Research の主席アナリストである Dean McCarron は述べている。

The adoption of DDR4 was delayed as DDR3 DRAM prices stabilized last year. Higher margins prompted memory makers like SK Hynix and Samsung to continue making DDR3 instead of moving over production capacity to DDR4, which would have been more expensive to make. Memory makers also delayed DDR4 after demand for PCs fell. In addition, Intel and Advanced Micro Devices delayed DDR4 adoption after the emergence of ultrabooks, which use low-power DDR3 memory.

昨年に、DDR3 DRAM が低価格で安定供給されたことで、DDR4 の採用は遅れている。また、高いマージンを引き出そうとする、SK Hynix や Samsung といったメモリ・メーカーも、DDR4 へを生産ラインを移行することなく、高利益の DDR3 を製造し続けてきた。さらに言えば、パソコンへの需要の落ち込みも、メモリメーカーによる DDR4 の採用を遅らせた。そして、Intel と AMD は、Low-Power DDR3 メモリを使用する Ultrabooks が登場するまで、DDR4 の採用を遅らせた。

Companies like Samsung, Micron and Kingston demonstrated DDR4 memory after the DRAM specification was finalized in September 2012. Samsung has already started manufacturing the memory for commercial use, and Micron’s Crucial business unit is demonstrating DDR4 memory at the International CES show being held this week in Las Vegas.

その一方で、2012年9月に、この DRAM 仕様が完成した後に、Samsung/Micron/Kingston といったメーカーは DDR4 のデモンストレーションを行っている。また、Samsung は商用へと向けて、このメモリの製造をすでに開始し、Micron の Crucial ビジネス·ユニットは、今週に Las Vegas で開催される International CES で DDR4 メモリをデモする。

The DDR4 bus clock speed will top out at 3200MHz, an improvement from 2400MHz for DDR3, and 1.2 volts will be supplied for DDR4 compared to 1.5 volts for DDR3. DDR4 reliability is considered higher because of more debugging and diagnostic tools to prevent data errors.

DDR4 のバス・クロック速度は 3200MHz に達し、DDR3 の 2400MHz から大幅に向上する。 また、必要とされる供給電圧も、DDR4 は 1.2V であり、DDR3 の 1.2V から低減される。また、これまで以上のと診断のツールが提供されるため、DDR4 の方が信頼性が高いと考えられる。

DDR4 is expected to be the final iteration of DDR DRAM. There is a move to others forms of non-volatile memory that can retain data. Alternative forms of memory under development include phase-change memory, RRAM (resistive RAM) and MRAM (magnetoresistive RAM). Memory makers like Micron are also stacking chips to deliver faster throughput, and Nvidia plans to stack memory chips in its upcoming graphics chip code-named Volta.

DDR4は、DDR DRAM における最後のイテレーションであると予想されている。つまり、電圧がゼロになっても、データを保持できる不揮発性メモリへの移行が期待されているのだ。この開発中のメモリの形態は、Phase-Change Memory および、RRAM (resistive RAM)、MRAM (magnetoresistive RAM) などを含むものとなる。その一方で、Micron などのメモリ・メーカーは、高速スループットを提供するための積層チップに取り組み、また、NVIDIA は Volta というコードネームの、グラフィック用の積層メモリ・チップを計画している。

Agam Shah covers PCs, tablets, servers, chips and semiconductors for IDG News Service. Follow Agam on Twitter at @agamsh. Agam’s e-mail address is agam_shah@idg.com

ーーーーー

TAG indexいまの DDR3 が主流になってから、何年が経つのでしょう? モバイルからデータセンターに至るまでの、すべてに関連する基盤のアップグレードとして、DRAM ほどの影響力を持つものは他には無いですね。Facebook や Google などの、何十万台というサーバーをハウジングしているデータセンターでは、その処理能力が一挙に高まると同時に、消費電力が大幅に低減されることになります。 とても、素晴らしいことです! そして、Mac Pro の買い時を、この DDR4 に合わせる人も多いのではないかと思います :) その意味で、エンタープライズからコンシューマまで、随所で買い控えが起こるのも やむを得ませんし、ビジネスを推進する側としては、そこが頭痛の種になりそうですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!

Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, On Monday by Agile Cat on January 6, 2014

Business Technology: Top Trends for 2014
http://wp.me/pwo1E-75m

December 31, 2013 ー By Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/business-technology-top-trends-for-2014/

_ formtek

Brian Hopkins, analyst at Gartner, reported three main categories of technology trends that will characterize technology change in 2014.  They are:

Gartner のアナリストである Brian Hopkins が、2014年におけるテクノロジーの変遷を特徴づける、3つの主要カテゴリ・トレンドについて、以下のようにレポートしている:

  • Engagement – Businesses need to create a compelling digital experience to attract and engage their customers
  • Smart – Smart systems will allow business to derive competitive advantage
  • Nimble – IT must embrace change to help the business become both nimble and secure
  • Engagement - 企業は顧客に対して、魅力的で求心力のあるディジタル・エクスペリエンスを作成し、抗しがたいものとして提供していく必要がある。
  • Smart – 洗練されたシステムにより、競争力のあるビジネスが実現される。
  • Nimble - IT 部門にとっては、迅速で安全なビジネスを展開するための、変化を受け入れる必要性が生じる。

More specifically, over the next 18 months, Gartner identifies the following top 10 technology trends:

より具体的に言うと、Gartner は今後の 18ヶ月において、以下のテクノロジー・トレンドが、Top-10 を構成していくとしている:

  1. Digital convergence erodes boundaries – consumers increasingly don’t distinguish between physical and digital experiences
  2. Digital experiences increasingly define businesses
  3. APIs become the digital glue for building new services
  4. Businesses adopt new data concepts like Big Data, Open Data, analytics, and collaboration
  5. We’ll move closer to a reality of the internet of things as we increasingly see more connectivity with devices
  6. Businesses need to rethink security and ‘trust’ and how best to avoid loss of data
  7. Infrastructure will change from being a barrier to progress to a being a catalyst for it
  8. Mobile and cloud will become better understood, better implemented, and more frequently adopted
  9. IT increasingly will lose ownership of processes and systems to business groups
  10. IT will need to become an agile service broker or lose relevance

_  space

  1. ディジタルへの集約が境界線を侵食する – これまでにも増して、一般的な消費者たちは、現実とディジタルのエクスペリエンスを識別しなくなる。
  2. ディジタル・エクスペリエンスにより構成される企業が、ますます増えてくる。
  3. API がディジタルの接着剤となり、新たなビジネスを構築していく。
  4. 多くの企業が、Big Data や、Open Data、分析、コラボレーションといった、新たなデータのための概念を採用する。
  5. 私たちが、デバイスを介したコネクティビティを認めるにつれて、IOT(internet of things)のリアリティに近づいていく。
  6. 数多くの企業にとって、データの喪失を防ぐための、最適なセキュリティと TRUST に関して、再考が必要となる。
  7. インフラストラクチャは、進化を阻害するものから、それらを媒介するものへと、ポジションを変化させていく。
  8. モバイルとクラウドに対する理解と実装が進み、より多くのケースにおいて、それらは採用されるようになる。
  9. 事業体における IT 部門は、プロセスとシステムに対する支配権を失っていく。
  10. IT 部門は、アジャイル・サービス・ブローカーへと転身しなければならない。そうしないと、妥当性を失うことになる。

ーーーーー

API の存在が、上位に置かれているのが、いい感じですね。 昨年にポストした、「API により拡大する、サービスの可能性 と 新たなリスクとは?」では、以下のように API が紹介されていました。ーーー API は、プログラム内の機能の一部を、限られた方式で外の世界へエクスポーズすることで、そのすべてを実現していく。 それにより、2つのアプリケーション間でデータが共有され、双方のアクションが互いに代行されるようになるが、そのソフトウェアにおける全コードの共有が、開発者に求められることはない。<中略> それは、オープンソース・プログラムとして考えても、とても意味のあることだ。 ーーー API により、いろいろなものが接続される世界が、どんどんと広がってほしいと思います。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

 

四強の 2013年 : Amazon の マトメ
四強の 2013年 : Apple の マトメ
四強の 2013年 : Facebook の マトメ
四強の 2013年 : Google の マトメ

2013年 : OpenStack の マトメ
2013年 : Post-PC と 地殻変動 の マトメ
2013年 : Asia の 炸裂するパワーの マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 日曜版 の マトメ

あけまして おめでとうございます

Posted in .Chronicle by Agile Cat on January 1, 2014

今年は、どんな年になるのでしょうか・・・
http://wp.me/pwo1E-74v

__AC Stamp 2

無尽蔵に拡大されていく、コンピューティング・パワーとストレージへの要求。 そして、それに応えるべく、毎年のようにアップグレードされていく手元のデバイス。 そんな、20年以上にもわたって、このマーケットを支配してきたシナリオが、いとも簡単に消え去ってしまったのが、2013年という年だったのでしょう。

_  space

だからといって、人々が抱く IT への期待が減退したわけではなく、これまで以上にリソースを必要とするサービスを要求し、それに応えるべく、クラウドがフル回転するというのが、いまという時代を、端的に言い表す言葉だと思います。そして、決してつり合うことない、ニーズとソリューションの経済的ギャップを、広告を介在させることで緩和しているわけです。

これまでの主要メディアであった、新聞/テレビ/出版なども、インターネットを構成する一部として再編されていくでしょうし、クラウド・ソーシングなどの新しい産業も、インターネットを加速していくでしょう。 言い換えれば、新旧を問うことなく、領域も問うことなく、あらゆるものがインターネットを共有する時代が近づいているのです。

そして、Agile_Cat としては、どんなにインターネットが、便利で有益なものになるにしても、所詮は人と人をつなぐパイプに過ぎないことを、忘れないようにと心がけながら、今年もポストを積み重ねていきたいと思っています。 今年も一年、どうぞ、よろしく お願い致します。

Tagged with:
%d bloggers like this: