Agile Cat — in the cloud

Amazon の収支報告:AWS は $5 Billion ビジネスに成長し、収益も確保している

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses by agilecat.cloud on April 24, 2015
Amazon beats, stock jumps, and its cloud business is quite profitable
Matt Rosoff – Apr. 23, 2015, 3:59 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-earnings-q1-2015-2015-4
 
_ Business Insider
 
Amazon HQWikipedia Amazon
 
Amazon just reported earnings for the first quarter of 2015, and it was a nice beat. The stock bounced around after hours, but is now up almost 5%.
 
先ほど、Amazon は 2015年 Q1 における業績をレポートしたが、その内容は素晴らしいものである。その後の数時間で株価は跳ね上がり、現時点で 5% ほどのアップとなっている。
 
Here are the numbers:
 
  • $22.72 billion revenue, vs $22.39 billion expected.  — 売上は $22.72 billion で、アナリストたちの $22.39 billion という予測を上回っている。
  • EPS of ($0.12) versus ($0.13) expected. Net loss was $57 million, versus net income of $108 million a year ago.  — EPS は $0.12で、アナリストたちの $0.13 という予測を下回った。 $108 million という昨年の純利に対して、この期は $57 million の損失を計上している。
  • AWS revenue came in at $1.57 billion, or a run rate of a little over $6 billion a year. That’s up 49% from last year’s figure, and in line with what most analysts were expecting.  — AWS の売上は $1.57 billion であり、年間に均すと $6 billion 以上が見込まれる。 それは、昨年に対して 49% 増という数字であり、大半のアナリストの予測に沿ったものである。
  • AWS profits of $265 million, up from $245 million a year ago. Analysts had all kinds of expectations for AWS earnings, so this is a surprise. If it sticks to this rate, that means AWS earns more than $1 billion in profit a year.  — AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている。アナリストたちは AWS の収益に対して、あらゆる種類の予測を行っていたが、これは驚きである。
  • North American net sales of $13.41 billion, up 24% from a year ago. North American net income was $517 million.  — North American の純売上高は $13.41 billion であり、前年比で 24% の成長となる。また、North American の純益は $517 million である。
  • International net sales of $7.75 billion, down slightly from a year ago. Net loss in this segment was $76 million, more than double last year’s figure of ($33 million).  — International の純売上高は $7.75 billion であり、前年を少しだけ下回っている。このセグメントでは、$76 million の損失が生じており、前年の $33 million に対して2倍となっている。
 
Amazon also said that it’s expecting Q2 sales of between $20.6 billion and $22.8 billion, in line with consensus expectations of around $22.1 billion.
 
また、Amazon は、2015年 Q2 の売上高について、$20.6 billion と $22.8 billion の間になると述べているが、それは $22.1 billion という、大方の予測に沿ったものとなる。
 
The company is doing something it’s never done before: Breaking out finances for Amazon Web Services, its cloud computing service that companies use to host applications so they don’t need their own data centers full of hardware. We now know that AWS is on a $6 billion+ annual run rate, which makes it the biggest cloud service provider out there in terms of revenue. It’s also profitable, which we didn’t know before.
 
同社は、これまでに行なってこなかった、Amazon Web Services の収支報告も実施した。このクラウド・コンピューティング・サービスが、Amazon のアプリケーションをホストするため、ハードウェアを詰め込んだデータセンターを、自ら所有する必要がなくなっている。そして、いま、AWS の年間売上が、$6 billion を上回ることが明らかになった。それは、売上という面で、AWS が最大のクラウド·サービス·プロバイダーであることも示している。さらに言えば、私たちが予測していなかった収益性も確保しているのだ。
 
In a statement in the press release, CEO Jeff Bezos said “Amazon Web Services is a $5 billion business and still growing fast — in fact it’s accelerating. Born a decade ago, AWS is a good example of how we approach ideas and risk-taking at Amazon… We manage by two seemingly contradictory traits: impatience to deliver faster and a willingness to think long term. “
 
CEO である Jeff Bezos は、「Amazon Web Services は $5 billion のビジネスであり、依然として成長期にある。 さらに言えば、加速しているのだ。AWS は、10年前に誕生し、Amazon がアイデアやリスクに取り組むときの、素晴らしいアプローチを示すことになった。私たちは、矛盾する二つの特性を管理している。 つまり、迅速にデリバリーしたいという焦燥と、長期的に思考したいという意欲である」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
amazon-55a先月にポストした、「AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になる!」で、その収益性について Citi は、「2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎない」と推定していました。 今回のレポートでは、その点が「AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている」と述べらているので、良い意味で期待が裏切られたことになります。 クラウドは儲かる! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
 

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by agilecat.cloud on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/04/15/china-data-center-server-standard-project-3-0-to-announce-at-year-end-2015-cloud-cloudcomputing-china-datacenter/
 
_ Digi Times
 
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
 
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
 
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
 
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
 
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
 
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
 
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
 
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
 
ーーーーー
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Huawei, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものになるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Posted in .Chronicle, .Selected, DevOps, Microsoft, Strategy by agilecat.cloud on April 8, 2015
Microsoft mulls an open source Windows
Senior engineer spills the beans at ChefCon.
Russell Brownon – Apr 7, 2015
http://www.itnews.com.au/News/402396,xxxxx.aspx
 
_ it news
 
A senior engineer from Microsoft has hinted that the company could one day open source the entire Windows operating system.
 
Microsoft のシニア・エンジニアが、Windows オペレーティング・システム全体に関するオープンソース化について、いずれは実現するかもしれないと示唆している。
 
Mark Russinovich, a Microsoft technical fellow and senior engineer, dropped the bombshell in front of several hundred people during a panel discussion at the ChefCon DevOps conference in the United States.
 
Microsoft の Technical Fellow and Senior Engineer である Mark Russinovich が、United States で開催された ChefCon DevOps カンファレンスのパネル・ディスカッションで、数百人の聴衆を前にして、この爆弾を落とした。
 
Russinovich told the crowd it was “definitely possible” that Microsoft could, in the future, choose to open up the Windows source code.
 
Microsoft が将来的に、Windows ソースコードのオープン化を選択することは、「可能性として間違いなく有り得る」と、Russinovich は聴衆に語っている。
 
“It’s a new Microsoft,” he said.
 
そして、「それが、新しい Microsoft だ」と、彼は付け加えている。
 
ChefConThe prospect is not as surprising as it might once have been. Last November, the company announced plans to open source the full server-side .NET core stack and bring the open-sourced .NET core to Linux and Mac OS X – with everything happening in plain view on code repository GitHub.
 
こうした見通しは、これまでの経緯をみれば、それほど驚くべきことではない。 昨年の 11月に同社は、サーバー・サイドの .NET Core Stack を完全にオープン・ソース化し、その .NET Core を Linux および Mac OS X 上に提供するという、計画を発表している。さらに言えば、コード・リポジトリである GitHub 上で、すべての計画は進められるようだ。
 
The company now has more than 1000 software repositories on GitHub, but until now Windows, a US$4 billion (A$5.27 billion) a quarter cash cow, has looked untouchable.
 
現時点において同社は、GitHub 上に 1000 以上のソフトウェア・リポジトリを有している。しかし、四半期で US$4 billion ものキャッシュを稼ぎだす Windows は、そうならないだろうと、これまでは推測されてきた。
 
Russinovich asked for a show of hands from the audience on how many attending solely ran Windows. One single hand was raised from a crowd of hundreds.
 
Russinovich は、Windows の利用率を確認するために、聴衆に挙手を求めたが、数百の手が挙がるという結果が示された。
 
Russinovich – Microsoft’s chief technical officer of Azure – said in the company’s cloud computing service, almost 20 percent of virtual machines are Linux already.
 
Microsoft PDC
 
Microsoft Azure の CTO でもある Russinovich は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに関して、ほぼ 20% の仮想マシンが、すでに Linux で動いていると述べている。
 
He acknowledged that in the past it “would have freaked people out to think about Microsoft running Linux in our cloud”.
 
これまでも、「私たちのクラウドで、Microsoft が Linux を走らせることに、とても熱狂する人々がいる」と、彼は認めていた。
 
“Every conversation you can imagine about what should we do with our software — open versus not-open versus services — has happened,” he said. “It’s really a matter of choice. We’re going to continue to innovate and deliver cool stuff in Windows [while] we see customers that are making other choices.”
 
「 みなさんがイメージする、すべてのディスカッションにおいて、Open 対 Not-Open 対 Services という議論が生じている。それは、まさに選択の問題だ。 私たちは、さらにクールな Windows を目指して、イノベーションを継続していくが、他の選択肢を望むカスタマーがいることも知っている」と彼は発言している。
 
While developers were absorbing the news, Microsoft’s founder Bill Gates sent an open letter to the company’s staff as part of its 40th anniversary celebrations urging them to focus not on Microsoft’s legacy, but on its future.
 
このニュースに、デベロッパーたちは夢中になっている。その一方で、Microsoft の Founder である Bill Gates は、40周年の祝辞の一環として、全社員に公開書簡を送っている。そして、その内容はというと、Microsoft の歴史にではなく将来に対して、集中を促すものになっている。
 
Amid the birthday celebrations, the company confirmed the last few hundred of the 18,000 layoffs it began making last year.
 
こうした、お祝いムードの中で、昨年から進められている 18,000人 のレイオフの、最後の数百人が確定するという現実もある。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
MS昨年の 11月3日に、「Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!」という抄訳をポストしていますが、それもオーストラリアの iT News でした。そして、今回の Open Windows というニュースですが、、、Microsoft は Office 365 などにより、本質はサービスに有りという路線へ、すでに転換していると推測できます。 もちろん、手元のデバイスに価値が無いという話ではありませんが、Apple が主張する価値というより、Google の考え方に近いところへと、移行を完了しているように思えます。 それにしても、Mark Russinovich さんは、いつも歯切れがよくて、ナイスですね! これからが、とても楽しみです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Post-PC by agilecat.cloud on April 2, 2015
Google debuts the Chromebit, a Chromebook dongle for under $100
Karissa Bell – March 31, 2015
http://mashable.com/2015/03/31/chromebook-chromebit/
 
_ Mashable
 
Google has a new device in its growing Chromebook family, and it’s called Chromebit.
 
Google の Chromebook ファミリは成長し続けているが、そこに新たなデバイスとして Chromebit が加えられた。
 
The Chromebit looks more like Chromecast than a Chromebook, but the dongle has almost all of the internal components of Google’s browser-based laptops crammed into a stick smaller than an iPhone 6. Google revealed the new Chrome OS-based device, which will be available later this year, along with a new lineup of low-cost Chromebooks on Tuesday.
 
Chromebit は、Chromebook というより Chromecast のように見えるが、このドングルは iPhone 6 よりも小さなスティックの中に、Google のブラウザ・ベース・ラップトップの、大半のコンポーネントを詰め込んでいる。Google は火曜日 (4/1) に、廉価版 Chromebook の新ラインナップを発表したが、それと同時にお披露目された、この新しい Chrome OS ベースのデバイスは、今年の後半に提供が開始されるという。
 
The Asus-made Chromebit has the guts of a standard Chromebook — 2GB of RAM, Rockchip’s 3288 processor and 16GB of storage — all stuffed into a dongle that is closer to the size of a Roku Streaming Stick than a laptop. It will cost less than $100 when it goes on sale this summer, though exact pricing and availability aren’t yet clear.
 
Asus 製の Chromebit は、標準の Chromebook 機能を有し、2GB RAM および、Rockchip 3288 Processor、16 GByte Storage を搭載している。 その形状はというと、ラップトップ というより、Roku Streaming Stick に近いドングルになっている。 発売は夏に予定されていて、$100 以下の価格とされているが、正確な価格と発売日はまだ明確になっていない。
 
chromebitThis the new Asus Chromebit: a dongle that has the guts of a low-end Chromebook stuffed into a pocket-size stick for less than $100.
 
The Chromebit is equipped with two ports: one HDMI and one USB. The first is used to connect the Chromebit to an external display, while the USB 2.0 port is used for power and to connect peripherals like a keyboard or mouse (these can also be connected via bluetooth, as the device has bluetooth capabilities.)
 
Chromebit には、HDMI と USB のポートが、1つずつ装備されている。HDMI は、Chromebit と外部ディスプレイに接続するためのものだ。そして USB 2.0 ポートは、電源および、キーボードや、マウスなどを接続する(Bluetooth によるデバイス接続も可能)。
 
“Asus actually really pulled off a marvel of engineering here, squeezing everything into this size,” said Caesar Sengupta, VP of product management at Google, during a press event at the company’s San Francisco office.
 
「 Asus は、このサイズにすべてを取り込むという、まさに驚異的なエンジニアリングを確立した」と、Google の VP of Product Management である Caesar Sengupta は、San Francisco オフィス開催された同社のプレス・イベントで発言している。
 
While Sengupta mentioned a range of scenarios the Chromebit could be used in — from powering digital signage to a travel accessory to aiding displays at Internet cafes with outdated PCs — he added that the company is excited for new, unexplored use cases.
 
Sengupta は、Chromebit の利用シナリオについて、デジタル・サイネージへのパワーの提供から、インターネット・カフェのディスプレイを活用するトラベル・アクセサリ(時代遅れの PC は不要)にまでいたるが、誰も考え付かなかったユース・ケースも期待していると述べている。
 
For those who want more of a traditional form factor, Asus has another new Chromebook coming later this year: the $249 Chromebook Flip. The Flip’s design resembles Lenovo’s Yoga tablets and other convertible “all-in-ones,” in that it can operate as a traditional laptop with a keyboard and trackpad or as tablet when the touchscreen display is flipped around.
 
また、Asus は、従来からのフォームファクタを望むユーザに対して、$249 Chromebook Flip を用意しており、それも今年の後半に提供されるという。この Flip のデザインは、Lenovo Yoga タブレットや、その他のコンバーチブル All-in-One に似たものとなる。つまり、キーボードとトラックパッドによる、従来からのタップトップとして利用できるが、タッチ・スクリーン・ディスプレイを回転させると、タブレットになるというものだ。
 
Asus-Chromebook-FlipThe new $249 Asus Flip Chromebook will go on sale later this year.
Image: Google
 
With an all-metal yet lightweight body, the Flip was designed to feel like a “premium” device, despite its relatively modest price. It comes equipped with 4GB of RAM, 16GB of internal storage and a battery that tops out at 10 hours, according to Asus.
 
軽量なメタル・ボディの Flip は、プレミアム・デバイスのようなデザインだが、その価格は低く設定されている。Asus によると、4GB RAM と、16GB Storage が搭載され、バッテリー・ライフは 10時間 とのことだ。
 
As with other convertible devices, the operating system’s user interface changes depending on its mode. In tablet mode, for example, the device has a virtual keyboard that also supports handwriting recognition (that includes hand-drawn emoji).
 
その他のコンバーチブル・デバイスと同様に、OS のユーザ·インターフェイスは、そのモードに応じて変更される。たとえば、タブレット・モードのときには、仮想キーボードがサポートされ、手書き文字が認識される(絵文字も含む)。
 
Screenshot-ChromebookThe latest version of Chrome OS supports handwriting recognition and can recognize emoji.
Image: Google
 
Google also showed off low-cost Chromebooks from two new manufacturers, Hisense and Haier. The Hisense Chromebook and Haier 11 Chromebook are both available for preorder now and cost $149 each.
 
さらに Google は、Hisense と Haier という、新しいメーカーによる廉価版 Chromebook も披露している。Hisense Chromebook および Haier 11 Chromebook は、どちらも $149 で提供される。
 
Google is clearly targeting two of its key Chromebook demographics with these offerings: students and emerging markets.
 
明らかに Google は、Chromebook が大量に使用されている、教育フィールドと途上国マーケットを、この 2つの製品のターゲットにしている。
 
Google is clearly targeting two of its key Chromebook demographics with these offerings: students and emerging markets like India, Mexico and Thailand. Specs-wise, both fall on the lower end of the spectrum — even by Chromebook standards — with the same Rockchip processor, 2GB of RAM and 16GB of storage as the Chromebit.
 
つまり Google は、この 2つの Chromebook を、学校教育の現場と、India/Mexico/Thailand といった途上国市場に提供しようとしている。 スペック面では、Chromebook の標準である、ローエンドへ指向のものであり、Chromebit と同じ Rockchip プロセッサおよび、2GB RAM、16GB Storage を搭載する。
 
However, the $149 price tag is one of the cheapest that comes on a Chromebook, period. Both models boast an impressive battery life; Hisense’s clocks in at up to eight-and-a-half hours while Haier’s Chromebook 11 claims to last for up to 10 hours.
 
そして、$149 という価格は、これまでの Chromebook の中で、最も安価なものである。どちらのモデルも、すばらしいバッテリ・ライフが自慢である。Hisense は最大で 8時間30分であり、Haier 11 Chromebook は最大10時間となっている。
 
Hisense-ChromebookThe $149 Hisense Chromebook will get up to 8.5 hours of battery life.
Image: Google
 
All of the newest Chromebooks will ship with the latest version of Chrome OS, which comes with a host improvements, including better offline capabilities and the new Smart Lock features, which allows Android users to unlock Chromebooks with smartphones.
 
一連の、最新 Chromebook は、最新バージョンの Chrome OS と共に出荷される。つまり、改善されたオフライン機能や、Android スマホにより Chromebook をアンロックする、Smart Lock 機能などに対応している。
 
Chromebook owners can also expect to see many more Android apps running on their devices. The feature, which was first previewed last year during Google’s I/O developer conference, has been available to a limited number of developers, though Google is set to open up the program to more developers soon.
 
Chromebook オーナーたちは、数多くの Android アプリが、それらのデバイス上で走りだすことを期待してよい。昨年の Google I/O Developer Conference で、それらはプレビューされている。現時点では、限られたデベロッパーにだけ、そのための開発環境が提供されているが、これからは、より多くのデベロッパーに開放するよう、Google は準備を進めている。
 
These devices will join a handful of others for a total of about 10 new Chromebooks that will launch by the end of the year, including some higher-end models from Intel, which will have huge 15.5-inch displays powered by the same Broadwell chip as the the flagship Pixel 2.
 
これらのデバイスは、今年末までに発売される、約10 種類の新しい Chromebook の一員となる。そこには、フラッグシップ・モデルである Pixel 2 と同様に、Broadwell チップを搭載し、巨大な 15.5-inch ディスプレイを搭載する、Intel からのハイエンド・モデル群も含まれる。
 
ーーーーー
Post-PCいいですね、Chromebit は! これと、折りたたみ式の BT キーボードでも持っていれば、出張先のホテルなどでの作業が、ぐっと捗るようになるでしょう。そして、Chromebook Flip も魅力的です。 なんといっても、低価格であることが、これらの Asus 製品のステキなところです。 いま、Agile_Cat は、HP の Chromebook 11 に慣れようとしているところですが、可能なものをクラウドに移すという作業と発想の転換が前提になります。 それは、だいぶ進みましたが、HP の安っぽいトラック・パッドだけは我慢できません。 その辺りも、今年の Chromebook には期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定している!

Posted in .Chronicle, Alibaba, Amazon, Businesses, Research by agilecat.cloud on March 31, 2015
Amazon Web Services will lose money on $6.6 billion in revenue this year, says analyst
Matt Rosoff – Mar. 30, 2015
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-will-lose-money-on-66-billion-in-revenue-this-year-says-analyst-2015-3
 
Business-Insider.png
 
Amazon’s cloud computing business is growing fast and will grow from $4.6 billion in revenue in 2014 to $6.6 billion in 2015 and $9.2 billion in 2016, according to estimates by Citi.
 
Amazon のクラウド・コンピューティング事業だが、Citi の推計によると、2014年の $4.6 billion から、2015年の $6.6 billion へ、そしてさらに、2016年の $9.2 billion へと、その売上高を急成長させていくようだ。
 
what-is-awsBut its margins are razor-thin — Citi estimates it lost $123 million in 2014, and will earn only $69 million by 2016.
 
しかし、そのマージンはカミソリのように 薄い。 同じく Citi は、2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎないと推定している。
 
Amazon Web Services helped kick off the cloud computing revolution, where companies use online services for basic computing infrastructure like data storage and processing power, rather than relying on big banks of computers in their own data centers. AWS is widely considered to be the largest player in the market, ahead of Google, IBM, Microsoft, and others, but Amazon has never revealed exactly how big it is.
 
Amazon Web Services は、クラウド・コンピューティング革命を引き起こした存在である。それにより、ユーザー企業は、自身のデータセンター内にコンピュータを大量に配置するのではなく、基本的なコンピューティング·インフラであるデータ・ストレージやプロセシング・パワーを、各種のオンライン・サービスに委ねるようになった。AWS は、このマーケットにおける最大のプレイヤーであり、Google/IBM/Microsoft などに対して先行していると認識されているが、その正確な事業規模に関して、Amazon は明らかにしていなかった。
 
Now, Amazon is going to start breaking out AWS results in its Q1’15 earnings report, which is expected to come in late April.
 
しかし、ようやく Amazon は、4月下旬に開催される予定の 2015年 Q1 収益報告会で、AWS における収支を公開するようだ。
 
aws-revenue-margin-expected-citiCiti research
 
To come up with its estimates, Citi used prior comments from Amazon’s management, published financial information about cloud competitors like Rackspace, and other information from Amazon’s earnings reports. It believes AWS’s margins are lower than competitors because of “aggressive price cuts, heightened investment, and public cloud offering (which typically carries lower margins than private cloud services).”
 
そこでの数字を予測するために Citi が利用したのは、Amazon 首脳による以前のコメントや、Rackspace などのクラウドで競合する相手の公表財務情報、そして、Amazonの収益レポートから情報などである。そして、AWS は、積極的な価下げや、多大な投資を行い、また、パブリック・クラウドという特性を持つため(プライベート・クラウドとの比較という意味)、競合他社よりもマージンが低いと捉えている。
 
Amazon will also break out retail revenues in North America and the rest of the world (“International”). Here are Citi’s estimates for all three segments:
 
しかし、Amazon は、North America と International で、そのリテール・ビジネスを急成長させている。 上記のチャートが示すのは、Amazon の三事業に関する、Citi の推定値である。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aたまたまですが、昨日はプライベート・クラウドの難しさに関する抄訳をポストしましたが、その反対に、いまのパブリック・クラウドは、利益を度外視しても、シェアを確保しなければならないという、難題に立ち向かっているという感じですね。そして、プライベートを標榜する企業が、いずれはパブリックに流れてくると確信しているのでしょう。 攻める側も、守る側も、ぎりぎりの線で戦っているのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on March 27, 2015
Apple rumored entry-level iPhone 6C to be made by Wistron
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Thursday 26 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150326PD202.html
 
_ Digi Times
 
Apple is reportedly planning to unveil a new range of iPhones in the second half, and among the new smartphones, the 4-inch entry-level iPhone 6C is expected to be manufactured by Wistron, according to sources from the upstream supply chain. However, the ODM declined to comment on clients or orders.
 
Apple だが、今年の後半に、iPhone の新しいラインナップを発表すると伝えられている。そして、新たな iPhone シリーズには、エントリー・モデルである、4-inch  iPhone 6C が含まれ、また、Wistron より製造されるだろうと、台湾の上流サプライチェーンから情報が流れてきている。しかし、この ODM は、顧客および注文については、ノーコメントを貫いている。
 
iPhone 5CWolf Gang
Flickr
 
Wistron and Compal Electronics recently joined as manufacturing partners of Apple. Wistron is mainly handling the vendor’s previous-generation iPhones while Compal assembles iPads.
 
最近のことだが、Wistron と Compal Electronics が、Apple のパートナーとして製造ラインに参加している。Wistron は 旧世代 iPhone を取り扱い、Compal は iPad をアセンブルするというのが、主要な業務となっているようだ。
 
To strengthen its competitiveness, Wistron established a touch panel business a few years ago, originally targeting the touchscreen notebook market; however, the business landed orders from Apple in 2014 for laminating touch panels for the iPhone 5 and the partnership later helped Wistron to receive orders for manufacturing the whole iPhone, and to be in charge of the upcoming iPhone 6C, the sources noted.
 
Wistron は数年前に、競争力を強化するために、タッチ・パネル事業を確立している。もともと Wistron は、タッチ・スクリーンのノート PC 市場をターゲットにしていたが、iPhone 5 用のタッチ・パネルを積層するために、2014年に Apple からの注文を得ることになった。そして、このパートナーシップが、iPhone 全体を製造するという作業を、Wistron が引き受けるキッカケとなった。そして、さらに、新たに登場する iPhone 6C を担当することになったと、情報筋は指摘している。
 
During its recent investors, Wistron noted that its mobile communications product shipments will reach 25 million units with an annual growth of 25% and its handheld device business will be the main revenue contributor of 2015.
 
Wistron は、先日の投資家たちへの説明会において、モバイル・コミュニケーション製品の出荷台数が 25万台に達すると予測し、また、25% の年間成長率を達成するだろうと述べている。つまり、同社のハンドヘルド・デバイス事業は、2015年における主要な収益源となってくのだ。
 
ーーーーー
appleこのポストと前後して、やはり DigiTimes からですが、「 TSMC to supply chips for rumored iPhone 6S and 6C 」というレポートが提供されています。 それによると、「20nm chips for an upcoming 6C model and 16nm FinFET chips for 6S models」との事のようです。 また価格に関しては、「 US$400-500」と述べられており、Xiaomi などのハイエンド機と、近いレベルまで降りてくるようです。 まだまだウワサなので、ほんとうに iPhone 6C が出てくるのかどうか、その辺りは不明ですが、ぜひ、実現して欲しいプロダクトですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに失速している?
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
Zuck が Cook に 一発かました:Apple は自分の顧客を大切にすべきだ!
 

Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!

Posted in .Chronicle, Asia, Wearable by agilecat.cloud on March 25, 2015
Say no-no to Xiaomi’s GoPro (REVIEW)
Paul Bischoff – Mar 18, 2015
https://www.techinasia.com/xiaomi-yicamera-review-gopro/
 
_ tech in asia
 
The YiCamera received a wave of international attention last week when it debuted on Xiaomi’s official estore in China for just RMB 399 (US$64). And for good reason.
 
この YiCamera だが、China における Xiaomi のオフィシャル・eストアに、RMB 399 (US$64) でデビューした時から、インターナショナルでも注目を浴びている。そして、それには正当な理由がある。
 
yicamera-reviewGoPros and other sports cameras are exploding in popularity, but high price tags leave many would-be buyers wondering if it’s really worth it. At less than half the price of the least expensive GoPro model, the YiCamera could be the answer many people have been waiting for.
 
GoPros などのスポーツ・カメラが爆発的な人気を博しているが、その高額に設定された価格により、潜在ユーザーたちは、本当に価値があるのかどうかと、二の足を踏んでしまっているのだ。GoPro の廉価版モデルの半額以下で提供される YiCamera は、それを待ち望んできた人々に対する答えになるかもしれない。
 
YiCamera SpecsHere’s a quick recap of the camera’s specs compared to the entry-level GoPro Hero.
 
これは、GoPro のエントリー・モデルである、GoPro Hero とのスペック比較である。
 
But let’s make one thing clear before we start talking about the YiCamera. This is not a Xiaomi product, despite the fact that even I constantly refer to it as “the Xiaomi GoPro.” It’s exclusively sold on Xiaomi’s website and probably gets a lot of support from the Chinese smartphone maker when it comes to marketing and supply chain resources, but no Xiaomi branding appears on the camera.
 
しかし、この YiCamera について説明する前に、明らかにしておくべきことが有る。 つまり、これまで私が、Xiaomi の GoPro と呼んできたにもかかわらず、それは Xiaomi プロダクトではないのだ。 Xiaomi の Web サイトだけで販売され、また、マーケティングについても、そしてサプライチェーン・リソースについても、Xiaomi からの多大なサポートを得ているはずだ。 しかし、Xiaomi のブランド名は、このカメラには刻まれていない。
 
The YiCamera is made by Xiaoyi, which also makes a webcam sold on Xiaomi’s store. It’s one of an increasing number of smart devices that Xiaomi is partnering with another company to sell.
 
この YiCamera は Xiaoyi により製造され、Xiaomi ストアで販売される Webcam を構成している。つまり、販売提携パートナーになることで、Xiaomi から提供されるスマート・デバイスの数を、さらに増大しようとしているようだ。
 
⇒ ⇒ ⇒ Youtube Demo
 
ーーーーー
Asia Pacific別ブランドとはいえ、その名前からして、Xiaomi グループであることに、間違いはないでしょう。 あらゆるスマートデバイス・メーカーが、そのマーケティングを洗練させることで、他者との差別化を図ろうとしているのに対して、Xiaomi は柔軟で強靭なサプライチェーンを育成することで、それに対抗しているようにも思えてきます。 つまり、その結果として、プロダクトの品質を維持したまま、驚くべき低価格を実現しているのです。 この1年ほど、ずっと Xiaomi に注目し続けてきましたが、これまでのデバイス・メーカーとは、まったく異なる考え方で、これからも突き進んでいく企業なのだと思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め
Xiaomi が米国でのビジネスを開始:本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
%d bloggers like this: