Agile Cat — in the cloud

NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Security, Telecom by agilecat.cloud on July 5, 2015
NTT Docomo selects Gemalto for IoT applications
M2M MAGAZINE+ – July 2, 2015
http://www.machinetomachinemagazine.com/2015/07/02/ntt-docomo-selects-gemalto-for-iot-applications-in-japan/
 
_ M2M magazine
 
Gemalto, the world leader in digital security, announces that NTT Docomo, the largest mobile operator in Japan with about 65 million subscribers, has selected Gemalto to enable connectivity for Internet of Things (IoT) applications.
 
世界のデジタル·セキュリティーをリードする Gemalto のアナウンスメントによると、65 million のサブスクライバーを擁し、Japan で最大の規模を誇るモバイル・オペレーターである NTT Docomo が、IoT アプリケーションの接続を実現するために、同社を採用したようだ。
 
ーーーーー
 
Gemalto’s Cinterion® Machine Identification Module (MIM) complies with the most stringent industry standards1 and was first to meet the high quality requirements of the Japanese market.
 
Gemalto の Cinterion® Machine Identification Module (MIM) は、この業界で最も厳しい規格に準拠しており、また、Japan マーケットにおける高度な品質要件を、初めて満たすものとなった。
 
MIM_Gemalto-itusersJapan IoT and Machine-to-Machine (M2M) communication market is estimated to grow from $11.34 billion in 2014 to $41.61 billion by 2019¹ due to increasing demand for smart infrastructure and fully managed network appliances. The IoT applications will enable Japanese businesses to collect real-time information on mission-critical systems, better manage their networks and logistics and remotely perform intelligent operations, for increased efficiency and reliability.
 
Japan における IoT および Machine-to-Machine (M2M) の通信マーケットは、2014年の $11.34 billion から、2019年の $41.61 billion への成長が予測されている。そして、スマート・インフラとフル・マネージド・ネットワーク・アプライアンスへの需要の増加が、この成長を支えると言われている。IoT アプリケーションは Japan の企業に対して、効率性と信頼性を高めるための、さまざまなメリットをもたらすことになる。たとえば、ミッション・クリティカル・システム上でのリアルタイム情報の収集や、改善されたネットワークとロジスティクスの管理、リモートからのインテリジェントな操作などが、具体例として挙げられる。
 
Gemalto offers the highest quality of ruggedized MIM² that can sustain extreme environments of humidity, corrosion, vibration, and temperatures from -45 to 105 degrees Celsius. It also leverages Gemalto’s unique operating system to offer optimized memory management, data retention and one million erase/write cycles, which extend the lifespan of the device and prevent service disruptions.
 
Gemalto は、耐久性という観点でも、極端な湿気/腐食/振動にも耐え、摂氏 -45〜+105 度の環境で機能するなど、きわめて高品質の MIM² を提供している。 また、Gemalto は独自のオペレーティング・システムを活用することで、メモリ管理をデータ保持最適化し、100万回の Erase/Write サイクルも実現している。つまり、それによりデバイスの寿命を延長し、サービスの中断を防ぐことが可能となる。
 
“We have a long standing relationship with NTT Docomo, which includes Japan’s first (LTE) wireless connectivity in 2010, and more recently, the NFC deployment,” said Michael Au, President South Asia and Japan at Gemalto.
 
Gemalto の President South Asia and Japan である Michael Au は、「 私たちは、NTT Docomo と長年に渡る関係を有しており、そこには、2010年における Japan で最初の LTE ワイヤレス接続や、最近の NFC デプロイメントなどが含まれる」と述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT にも、いわゆる FA の延長戦上にある製造業の IoT と、そこから出荷された後にも製造業がトラッキングする IoT、そして、製造業者とは切り離されたところでサービス・プロバイダーがトラッキングする IoT があるように思えます。 そして、IoT が機能していくにつれて、いまの業種と業態における垣根が変化していくはずですが、誰がトリガーを引くのかというと、やはりモバイル・キャリアが最右翼なのでしょうね。 業種もボーダーレス、国境もボーダーレスの時代です。 日本のキャリアに頑張って欲しいです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
暗号化キーは盗まれていなかった! 世界最大手のSIMメーカーがスノーデンリークに反論

Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:その新たな勢力図を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on June 22, 2015
Here’s what $6 billion Fitbit really needs to worry about
Eugene Kim – Jun. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/heres-what-6-billion-fitbit-really-needs-to-worry-about-2015-6
 
_ Business Insider
 
Fitbit finally went public on Thursday, opening up nearly 50% on its first day of trading. It is now worth about $6 billion.
 
先週の木曜 (6/18) に株式を公開した Fitbit だが、その初日の株価は 50% UP で推移していた。 そして、いまでは、$6 billion の資産価値に達しているのだ。
 
With $745.4 million in sales last year, Fitbit is the clear leader in the wearable market. In the first quarter of 2015 alone, it shipped roughly 3.9 million devices, which accounted for an industry-leading 34.2% of the market.
 
昨年に $745.4 million を売り上げた Fitbit は、ウェアラブル市場における明確なリーダーである。そして、2015年 Q1 だけで、約 390 万台のデバイスを出荷し、この業界をリードする 34.2% のシェアを占めている。
 
bii_wearable_device 6_18_15
BI Intelligence
 
But Fitbit needs to be wary of the competition coming from China’s Xiaomi. As seen in the chart below, by BI Intelligence, Fitbit has lost nearly 10 percentage points of the market share in the first quarter of 2015 compared to a year ago. Meanwhile, Xiaomi’s share jumped to 25% of the market in the first three months of this year.
 
しかし Fitbit は、China の Xiaomi との競合を考えなければならない。BI Intelligence によるチャートを見れば、2015年 Q1 における Fitbit が、前年同期と比べて約 10% のシェアを失っている状況が分かる。その一方で、Xiaomi のシェアはというと、今年に入ってからの 最初の3ヶ月間で、25% のシェアを獲得するという、急成長を示している。
 
Although most of Xiaomi’s Mi Band sales are estimated to have come from the Chinese market, Xiaomi has made it clear that it wants to expand globally. Just last month, it launched a new online store that made its wearables available in the US and UK.
 
Xiaomi Mi Band の売上高は、その大半が China 市場にあると推定されているが、グローバル展開を進めることを、同社は明らかにしている。そして、ちょうど1ヶ月前に、ウェアラブル製品を販売するためのオンライン・ストアを、US と UK で新たに立ち上げている。
 
ーーーーー
research_55なんとフレッシュな顔ぶれなのでしょう! 先進国で飽和しながらも、途上国へ浸透していくという、大きな過渡期を迎えているスマホ・ビジネスを横目で見ながら、Fitbit と Xiaomi が、ものすごい勢いで突っ走っています。 Samsung や Apple は、これまでの蓄積を武器にして、どのように巻き返していくのでしょうか? それとも、このマーケットには、新しい秩序が生まれていくのでしょうか? 正直なところ、こんなにおもしろい展開になっているとは、予想もしていませんでした! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!
スマート・ウォッチへの期待: iOS ユーザーが Android ユーザーを、大幅に上回る!
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
 

Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2015
Advertisers are flocking to Facebook video
Eugene Kim – Jun. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/marketers-are-more-excited-about-facebook-video-than-youtube-2015-6
 
_ Business Insider
 
Videos on Facebook now get 4 billion daily views, almost four times the figure from a year ago, according to Fortune. And it’s working for online publishers too: Buzzfeed had 500 million video views on Facebook in April, while Mic saw 33 million views from 8 videos in just two months.
 
Facebook Video だが、Fortune によると、現時点のビュー数は 40億回/日であり、1年前と比較して約4倍に成長している。そして、オンライン・パブリッシャーに対しても、ともて上手く機能している。4月の Buzzfeed における、Facebook Video のビュー数は5億回である。 また、Mic においては、わずか2ヶ月の間に、8本のビデオが 3300万回も再生されている。
 
fb youtube video_6_3_15
BI Intelligence
 
That kind of reach will increase Facebook video’s appeal to marketers. A recent survey by marketing firm Mixpo, charted for us by BI Intelligence, indicates Facebook is quickly becoming the choice of platform for video marketers. Of the 125 US marketing and media executives surveyed, 87% said they plan to run an ad campaign on Facebook’s video platform this year. That’s 24 percentage points up from the people who said they ran a video ad campaign on Facebook last year. Facebook’s video platform is also more popular than YouTube now, according to the survey.
 
このリーチ数により、Facebook Video の魅力が、マーケティング担当者たちに刷り込まれていく。マーケティング会社である Mixpo のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれた。 それによると、あっという間に Facebook Video が、マーケティング担当者の選ぶプラットフォームへと、成長していったことが分かる。マーケティングとメディアに従事する、アメリカ企業の 125人の経営者を調査したところ、そのうち 87% が、Facebook Video プラットフォーム上で、年内には広告キャンペーンを展開する予定だと発言している。つまり、昨年に Facebook Video 広告キャンペーンについて実施した、同じ調査での数字に対して、24% が上積みされたことになる。そして、この調査によると、いまの Facebook Video プラットフォームは、YouTube よりも人気を博しているという結論にいたる。
 
Since the survey only asked 125 people, the results should be taken with a grain of salt. And YouTube still owns a wider video creator base, a stronger copyright policy, and a more established revenue-sharing model than Facebook, BI Intelligence says. But it’s also proof that advertisers will only continue to spend more on social video, with Facebook being a major recipient of their spending.
 
この調査では、125人だけが対象となっているため、その結果といっても、すべてを表現しているとは言いがたい。そして、YouTube に関しては、幅広いビデオ・クリエーターによる支持や、強固なコピライト・ポリシー、そして、確立された収益分配モデルなどがあるため、それらの点で Facebook より優れていると、BI Intelligence は述べている。しかし、広告主たちは、ソーシャル・ビデオに対してのみ、支出を増やし続けるだろう。 そして、Facebook が最大の受け皿になっていくことも、この調査により証明されている。
 
ーーーーー
Ad次々とビデオをたどって行かせる、よく考えられた UI を提供している Youtube ですが、そこを訪れるときには、なんらかの目的が必要だと感じます。 その点で Facebook は、ちょっと手の空いたときに、ついつい見てしまうという性質を持っているようです。 そして、いまの  Facebook にはビデオが溢れていますし、広告とは分かっていても、Timeline をスクロールする手を休めて、見てしまうケースが多いですよね。 ビデオ自体を見させるための Youtube と、ソーシャルに紛れたビデオを見させる Facebook の戦いですが、広告に関しては Facebook の勝ちのように思えます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしているの?
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較
Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある
 

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 

台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?

Posted in .Chronicle, Asia, Cisco, Data Center Trends, Open Compute, Private Cloud, SDN, Storage, VMware by agilecat.cloud on May 22, 2015
Quanta Computer exclusively supplies VCE with servers used in VxRack System, say Taiwan makers
Aaron Lee, Taipei; Adam Hwang – May 19, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150519PD214.html
 
_ Digi Times
Quanta Computer has become VCE’s exclusive supplier of servers used in its VxRack System, a hyper-converged rack-scale system for private cloud applications unveiled by VCE in early May, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Taiwan のサプライチェーン・メーカーたちの話によると、今月の初めに VCE が発表したプライベート・クラウド・アプリケーション用の、ハイパー・コンバージェンスド VxRack System に搭載されるサーバーに関して、Quanta Computer が独占供給元になるようだ。
 
vxrackHowever, Quanta declined to comment on the report.
 
しかし、この件に関して、Quanta はコメントを拒否している。
 
VCE is a joint venture set up by EMC and Cisco Systems mainly for integrating EMC-developed storage equipment, Cisco-developed servers and VMware-developed virtualization software to provide private cloud computing solutions for enterprise users.
 
VCE とは、EMC と Cisco System によるジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ・ユーザーに対して、プライベート·クラウドのソリューションを提供するために、EMC のストレージ機器および、Cisco のサーバー、VMware の仮想化ソフトウェアを統合するという目的を持っていた。
 
While having cooperated with Cisco to launch Vblock System-series products, VCE recently selected Quanta in place of Cisco as the exclusive supplier of servers for use in its VxRack System, the sources indicated. The replacement of Cisco is because Cisco is unable to mass produce servers for use in VxRack Systems, the sources said.
 
そして、Vblock System シリーズ・プロダクツを立ち上げるために Cisco と協業していたが、最近になって VCE は、VxRack System に搭載するサーバーの独占サプライヤーとして、Cisco の代わりに Quanta を選んだと、この情報筋は示唆している。 Cisco の置き換えに関して、VxRack System で使用するサーバーの大量生産に問題があるためと、情報源は述べている。
 
Quanta has developed and produced white-box servers mainly for data centers for years, with clients including Google, Amazon, Facebook and Microsoft, the sources said. As many server ODMs have entered the white-box segment, price competition for orders has been increasing and therefore Quanta has started tapping the business-use segment, the sources noted. Since enterprise users mostly trust leading vendors such as Hewlett-Packard and Dell for product quality, Quanta’s supply to VCE may help it land orders from enterprise users, the sources indicated.
 
この数年、Quanta は主としてデータセンター用のホワイトボックス・サーバーを開発/生産しており、その顧客には Google/Amazon/Facebook/Microsoft などが含まれると、情報筋は述べている。しかし、数多くのサーバー ODM 企業が、このホワイト・ボックス・セグメントに参入するにつれて、価格競争が激化してきた。したがって Quanta は、ビジネス・ユース・セグメントに興味を示していたと、情報筋は指摘している。つまり、こうしたプロダクツの品質に関して、依然としてエンタープライズ·ユーザーは、Hewlett-Packard や Dell といった大手ベンダーを信頼しているという背景がある。そして、Quanta のサーバーが VCE に供給されることで、同社はエンタープライズ・ユーザーからの要求に応えられると、情報筋は示唆している。
 
ーーーーー
datacenter_55この記事は、コストの面で Quanta が Cisco をリプレイスしたと述べていますが、すでに VCE から Cisco は離脱 (?) しているようなので、Quanta のビジネス領域が広がったという、シンプルな展開なのだと思えます。 さらに言えば、文中で紹介されているクラウド・プロバイダーや、Open Compute Project などがサーバー市場を再編してきたことで、また一歩、ハードウェアのコモディティ化が進んだと捉えるべきなのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
OCP と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる、新たな契約に両者がサインした!

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Social, Twitter by agilecat.cloud on May 20, 2015
Twitter-Google deal puts tweets in search results
By AFP | May 20, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/twitter-google-deal-puts-tweets-in-search-results/articleshow/47350809.cms
 
 _ Economic Times
 
SAN FRANCISCO: Google and Twitter have announced a partnership to display tweets in search results, renewing a tie-up that ended in 2011. The move will allow Google to get more real-time results in its search queries, and help Twitter boost engagement after a period of sluggish user growth which has weighed on its stock price.
 
SAN FRANCISCO: GoogleTwitter が、2011年に終了したパートナーシップを改定し、ツイートを検索結果に表示するという提携を発表した。この、新たな提携により、Google の検索クエリには、よりリアル・タイムな結果が表示される。 そして、ユーザー数の伸びに悩む Twitter にとっては、それを改善する支援策になるはずであり、発表後の同社の株価も上昇している。
 
Twitter-Googleflickr
Aidan Jones
 
“We’re excited to team up with Google to bring Twitter’s unique, real-time content to Google’s search results,” said Twitter vice president Jana Messerschmidt, yesterday. The deal will start with search results within the Google app and mobile Web, with a desktop version coming, said Messerschmidt, adding that the feature is due to reach more countries “in the coming months.”
 
Twitter の VP である Jana Messerschmidt は、「 Google の検索結果に対して、Twitter 独自のリアルタイム・コンテントを提供するという、同社との提携を喜んでいる」と、昨日にコメントを提供している。今回の契約により、まずは Google アプリおよび モバイル Web の検索結果に、そして今後はデスクトップ・バージョンにも、ツイートが反映されることになる。 そして、この機能は、これからの数ヶ月の間に、より多くの国々に提供されていくと、彼女は付け加えている。
 
“For example, if you’re interested in hearing more from Taylor Swift, a quick search on Google will pull up her most recent tweets,” she said in a blog post. “Or, if you’re a TV buff, a search for #Madmen will bring up the most relevant news and Tweets about Sunday’s series finale.”
 
Taylor Swift のファンならば、Google のクイック検索から、彼女の最新ツイートやブログ・ポストが探せる。そして、TV 録画をしているなら、#Madmen ダグの検索により、それに関連するニュースや、Sunday’s Series Finale を取り出せるだろう」と、彼女は述べている。
 
The two firms had a similar arrangement dating back to 2009, but tweets disappeared from Google search results in 2011.
 
この両社は、2009年にも同様の提携を行なっていたが、2011年の時点で Google 検索結果からツイートは姿を消していた。
 
“It’s a great way to get real-time info when something is happening,” Google product manager Ardan Arac said in a separate post. “And it’s another way for organisations and people on Twitter to reach a global audience at the most relevant moments.”
 
「 何が起こっているのかを、リアルタイムな情報として取得するには、この方式が最善である。そして、Twitter を利用する組織や人々が最短の時間で、世界のオーディエンスに立直するための、もう1つの方法になる」と、Google の Product Manager である Ardan Arac は発言している。
 
Microsoft’s Bing search engine has a similar function of integrating Twitter messages.
 
すでに Microsoft の Bing も、Twitter メッセージを統合するために、同じような方式を提供している。
 
Danny Sullivan of the tech blog Search Engine Land said the deal calling for a graphical display of tweets may give Twitter more traffic, if not revenue. “It’s important to note that this is NOT tweets coming into Google for the first time, or the first time since the last formal deal ended,” he said in a blog post. “Tweets have continued to be in Google since that last deal. The new deal just allows for more of (that) and with deeper integration.”
 
ハイテク・ブログ Search Engine Land の Danny Sullivan は、この契約により、リアルタイムなツイートが表示され、また Twitter へ向けたトラフィックを増大させる。しかし、ツイートが Google 検索に反映されるというのは、初めてのことではなく、以前の契約が終了しているという点にも注目すべきだ。 前回の提携におけるツイートが、いまでも Googl 検索結果に残っているが、この新しい契約では、より踏み込んだ統合が可能になるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
twitter-55aこれは、両者にとって素晴らしい展開だと思います。 いまは、Facebook の一人勝ち状態であり、Google はまだしも、今後の Twitter が心配という状況でした。 この提携により、Twitter へのトラフックが増えて、ユーザー数も増えて、さらには売上も増えるという展開になって欲しいです。 Google 側から見れば、Bing が対応しているという状況もあるのだと思えます。 いずれにせよ、寡占化はマーケットを不活性なものにしますので、上手くいって欲しいと願います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしている?
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
 

世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on May 1, 2015
China sales of iPhones thump US
Zhu Shenshen – April 29, 2015
http://www.shanghaidaily.com/business/it/China-sales-of-iPhones-thump-US/shdaily.shtml
 
_ Shanghai Daily
 
APPLE Inc’s iPhone sales in China surpassed those of the United States for the first time in the first quarter of this year as domestic demand grew fueled by increased sales channels and the Spring Festival, the US giant said yesterday.
 
China での Apple iPhone の売上が、今年の Q1 において、初めて U.S. を上回ることになった。 同国内の販売チャネルが強化され、また、Spring Festival (春節) における需要に支えられたことで、この成長が達成されたと、昨日 (4/28) に Apple が発表している。
 
Chinese iPhoneApple, whose revenue climbed 27 percent to US$58 billion globally, said its iPhone sales by units surged 70 percent in China, making the country its world’s largest iPhone market, said Luca Maestri, chief financial officer of Apple, who didn’t give detailed figures.
 
Apple の収益は、グローバルで 27% の成長を示し、US$58 billion に達している。そして、iPhone の販売はというと、China において 70% という急成長が達成されたことで、同国が世界で最大の iPhone マーケットの座を獲得している。それは、Apple の CFO である Luca Maestri の発言だが、詳細な数字は明らかにされていない。
 
The larger-screen iPhone 6 and iPhone 6 Plus became popular as Chinese New Year’s gifts in February.
 
この 2月の、China の New Year を祝うプレゼントとして、大画面の iPhone 6と iPhone 6 Plus が人気を博していた。
 
Apple’s total revenue in China surged 71 percent to US$16.8 billion in the quarter, surpassing Europe to become the company’s second-biggest regional market by revenue, only behind the US.
 
グローバルにおける、Apple の 2015年 Q1 総売上高は、China での 71% を加えることで、US$16.8 billion に達している。 そして、全体的な売上においても、China が Europe を抜いて二位の座を確保し、U.S. の背後に迫ることになった。
 
In the middle of 2016, Apple is expected to have 40 retail stores in China, almost double from 21 now, according to Tim Cook, Apple’s chief executive.
 
Apple の CEO である Tim Cook によると、China における Apple Store は現在の 21店舗から、2016年の半ばには 40店舗へと倍増するようだ。
 
ーーーーー
apple今朝のアジアの各サイトは、この話題で持ちきりという感じでした。 Agile_Cat が最初に見つけたのは、毎朝の散歩道である Want China Times だったのですが、まったく数字が記されていなかったので、この Shanghai Daily にまで探しに行ったというわけです。 ひょっとすると、もっと詳しい情報があるのかもしれませんが、文中の Apple CFO の発言を読むと、こんな感じなのかとも思えてきます。それにしても、昨日の「中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!」に続いて、こんな記事が出てくるとは、、、ただただ驚くばかりです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 
%d bloggers like this: