Agile Cat — in the cloud

IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート

Posted in Businesses, IBM, Research by Agile Cat on April 8, 2014

This Chart From IBM Explains Why Cloud Computing Is Such A Game-Changer
http://wp.me/pwo1E-7oa

Julie Bort – Apr. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/this-chart-from-ibm-explains-why-cloud-computing-is-such-a-game-changer-2014-4

_ Business Insider

All of the industry’s biggest tech players are going gaga chasing the cloud-computing market these days:

この業界における最大級のハイテク・プレーヤーたちが、皆してクラウド·コンピューティング市場を、夢中になって追いかけまわしているのが、いまの姿である。

What is it that has all of the biggest tech players drooling? This chart that IBM sent to its investors explains it all. To summarize, IBM says …

一連の、大手ハイテク・プレーヤーたちは、いったいに何に群がっているのだろうか?以下のチャートは、IBM から投資家たちに送られたものであり、また、すべての理由を説明している。IBM が述べていることを、要約すると・・・

  • 85% of new software today is being built for the cloud.
  • One-quarter of the world’s apps will be available on the cloud by 2016.
  • Almost three-quarters of developers say that they are using the cloud in apps they are developing now.
  • 現時点においては、新たに開発されるソフトウェアの 85% が、クラウドを対象としている。
  • すべてのアプリケーションの 1/4 が、2016年までに、クラウド上で利用可能となる。
  • デベロッパーの 3/4 が、開発中のアプリケーションにおいて、クラウドを活用していると言っている。

_  space

In other words, the shift from buying computers to renting them has begun big time, and there are billions of dollars up for grabs.

言い換えれば、コンピュータの所有から利用に向けたシフトが、最盛期を迎えつつあるのだ。 そして、誰もが、大きなビジネスを夢見ている。

By 2017, enterprises are expected to be spending $235 billion on the cloud, predicts market research firm IHS.

マーケット調査会社 IHS によると、2017年のエンタープライズ市場では、クラウドに $235 Billion が費やされると予測されている。

ーーーーー

TAG indexいまさら、取り立てて騒ぐほどのことでは無いと思うのですが、シッカリとした経済を伴うクラウド・シフトが、現実のものになってきたと表現すべきなんでしょう。 IBM については、先日の Business Insider に掲載された 「IBM Is Hiring Lots Of New Employees In The Middle Of A Layoff 」という記事により、人材の入れ替えが示唆されていました。 そこに、この投資家への説明資料が加わってくるということは、SoftLayer を軸としたクラウド戦略が、IBM のメイン・ビジネスになってきたことを示しているのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

Comcast が Time Warner Cable を買収か? その総額は、なんと 4.5 兆円!

Posted in .Selected, Businesses, Entertainment, Netflix by Agile Cat on February 14, 2014

Comcast to Acquire Time Warner Cable in Industry-Shaking Deal: Report
http://wp.me/pwo1E-7cB

By Jason Abbruzzese – Feb 12, 2014
http://mashable.com/2014/02/12/comcast-acquire-time-warner-cable/

_ Mashable

Comcast has reached an agreement to acquire Time Warner Cable in a deal that will have major ramifications for the cable market, as well as the media industry as a whole.

Comcast による Time Warner Cable の買収が合意に達したことで、CATV 業界だけではなく、メディア産業全体に対して、大きな影響が生じることになりそうだ。

The news, first reported by CNBC’s David Faber, would mark one of the largest acquisitions in history.

このニュースを最初にレポートしたのは、CNBC の David Faber であり、歴史的に見ても最大級の規模になるとしている。

The all-share deal would value Time Warner Cable at around $158.82 per share, a 17% premium on its Wednesday closing price of $135.51. The total value of the acquisition is around $45 billion.

すべての Time Warner Cable 株式は、水曜日の終値である $135.51 に 17% のプレミアムを乗せた、1株当たりの $158.82 の価値を持つことになる。つまり、買収総額は $45 billion(4.5兆円)に達することになる。

The deal, which would combine the largest and second-largest U.S. cable companies, will need to be approved by the Federal Communications Commission, which could raise questions about the deal’s impact on competitiveness in the cable industry.

ただし、アメリカの CATV 業界における、最大手と二番手が合併する契約になるため、Federal Communications Commission(連邦通信委員会)による承認が必要となる。 そして、CATV 業界における競争力に対する、大きな影響力について、疑問が提起させる可能性も残っている。

Charter Communications had reportedly been working on a deal, but its offer of around $135 per share was deemed too low by Time Warner Cable. One of the more recent attempts at a media mega-merger — AT&T’s attempted purchase of T-Mobile — was struck down by government regulators.

今回の取引をコーディネートしている Charter Communications によると、1株当たり約 $135 というオファーに対して、Time Warner Cable は低すぎると判断したようだ。また、最近における巨大メディア同士の合併である、AT&T による T-Mobile 買収は、政府の規制当局により止められている

Consolidation in the cable industry has been expected by analysts, and pushed for by executives. Larger companies, it is claimed, would have a better chance of negotiating with content providers, leading to smaller bills for customers.

CATV 業界の統合は、アナリストたちが予測するものであり、また、実力者たちに後押しされている。つまり、より大きな事業者のほうが、コンテンツ・プロバイダーとの交渉を優位に行い、また、消費者の支出を抑えることが可能なるという主張だ。

Critics say such a merger would reduce competition in an industry that is already dominated by large companies with little overlap or motivation to offer customers better terms.

その一方で、批評家たちは、このような合併が実現すると、また、業界における競争原理が低下すると発言している。 しかし、より良い条件を消費者に提供するという理屈により、すでに大手に支配されているという現実もある。

ーーーーー

TAG indexもう、2年以上も前のことですが、アメリカの CATV 業界を調べるために、「アメリカ CATV 業界を襲う、深刻な顧客ばなれとは?」というポストを訳しました。その時には、たとえばキャリアなどからのプレッシャーにより、とても深刻な状況にあるとレポートされていましたが、それからの間に、Hulu や Netflix といった、まったく新しいコンペティタが登場しています。そういう意味では、もう、すでに、業界を超えたレベルでの戦いへと変化していのでしょうね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

世界最大の TV Maker – Samsung が、Google TV を採用するらしい
YouTube が Disney と Pixar のレンタル権を取得
Netflix の業績をインフォグラフで見る
Netflix は Verizon に買収されてしまうのか?
Facebook Timeline に集まった、12種類の メディア・アプリとは?
Youtube で スローモーション! : サンプルを見てみよう

Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される - Gartner

Posted in Businesses, Research by Agile Cat on January 27, 2014

Cloud Computing: Consolidation to Wipe Away a Quarter of Existing Top 100 Vendors
http://wp.me/pwo1E-79q
By Dick Weisinger – January 22nd, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-consolidation-to-wipe-away-a-quarter-of-existing-top-100-vendors/

_ formtek

Gartner is predicting a major reconsolidation of cloud vendors, so much so that by 2015 25 percent of today’s top 100 IT cloud service vendors will be gone.  That presents a certain amount of risks to the buyers of these services.

Gartner の予測によると、クラウド・ベンダー間での大規模な再総合が進むことで、現在の Top-100 に名前を連ねる IT クラウド·サービス·ベンダーの 25% が、2015年までには消え去っていくという。 そして、それらのサービスの購入者にとって、ある程度のリスクが生じるとしている。

Of attendees at the recent Gartner Data Center Conference, 50 percent said that adoption of cloud-based solutions presents a great deal of risk, 33 percent said that it was ‘somewhat’ risky, while just 12 percent thought that there was little risk.  But, despite the risk, 80 percent of organizations were already using cloud-based services at the end of 2013.

先日の Gartner Data Center Conference に参加した者のうち、クラウド・ベースのソリューション導入について、多くのリスクが存在すると述べたのは、全体の 50% にのぼっている。 また、そこそこのリスクを述べたのは 33% であり、わずかと述べたのは 12% に過ぎなかった。しかし、それらのリスクにもかかわらず、すでに 80% の企業が、2013年の終わりの時点で、クラウド・ベースのサービスを使用していた。

William Maurer, Gartner analyst, said that ”there is a real risk with these vendors,  but acquisition will be the main exit. You need to make to make sure that your service providers are successful. Give them a chance to make a reasonable return on their investments, give them a chance to make some money. Don’t take all the money off the table, because if you do, you are not going to have a lot of them around.”

Gartner のアナリストである William Maurer は、「それらのベンダーには、現実的なレベルでのリスクがあるが、企業買収が主たる解決策となる。したがって、利用しているサービス·プロバイダーが、成功していることを確認する必要がある。それらのプロバイダーに、投資に対するリーズナブルなリターンを、つまり、いくらかのキャッシュを得るチャンスがあることを前提とすべきだ。したがって、買収が行われても、すべての取引を停止してはいけない。 それを行うと、そのプロバイダーから得られるものを失ってしまう」 と発言している。

Michael Salvador, solutions manager at Belden, told Computerworld that ”we’re in the phase of buyer beware with cloud.  You better do your research — there’s no safety net out there.”

Belden の Solution Manager である Michael Salvador は、「 私たちは、クラウドの買い手が気をつけるべき局面にいる。セーフティ・ネットは存在しないのだから、しっかりと調査すべきである 」と、Computerworld に対して述べている。

ーーーーー

TAG indexクラウドというものを、その検定で支えているが規模の経済であるのなら、再編と再統合が際限なく続いていくでしょうし、それが当たり前の展開とも思えてきます。 それにしても、この Gartner の予測によると、2年間で 1/4 のプロバイダーが、しかも Top-100 入りしているプロバイダーが、より大きな企業に飲み込まれていくわけですから、これまでの IT 業界とは異なる、常識のレベルで物事が進んでいくのでしょうね。調べて、考えて、判断するという、プロセスにおけるスピードが重視されますね。__AC Stamp 2 @ Bay Area

ーーーーー

<関連>

Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか? アナリストたちの推測値を並べてみた!

Posted in Apple, Businesses, Mobile, Research by Agile Cat on January 26, 2014

How many iPhones did Apple sell last quarter?
http://wp.me/pwo1E-79d
By Philip Elmer-DeWitt – January 19, 2014
http://tech.fortune.cnn.com/2014/01/19/apple-iphone-q1-2014/

The analysts’ estimates range from 50 million to nearly 60 million. Average: 55.3 million.

_cnnmoney_mainnav

FORTUNE — There’s a lot chatter in the tech press right now about iPhone sales to China Mobile (CHL), Apple’s (AAPL) newest and biggest partner.

FORTUNE — Apple (AAPL)にとって、最も新しく、また、最大のパートナーである  China Mobile (CHL) が、いったい、どれだけの iPhone を販売したのかという、いまのテック・プレスを賑わすたくさんの会話がある。

Source: Analysts notes.
Click to enlarge.

But when the company reports its earnings a week from Monday, the iPhone result traders will be keyed in on is how many units Apple sold in the quarter before the China Mobile deal.

しかし、Apple が来週に予定している収支報告が行われると、China Mobile との契約が締結される以前の 2013年 Q4  に、どれだけ販売されたのかという点に、それらの iPhone 追跡者たちは釘付けにされるだろう。

With a crop of new phones, a year’s pent-up demand, plenty of supply, more Apple stores and lots of holiday shoppers, there’s no reason Apple shouldn’t turn in another record quarter of iPhone sales — Android and Samsung be damned.

新しいデバイスによる収穫と、年間における累積の需要/供給、そして、休日の Apple Store に群がる大勢の買物客たちという要因があるなら、Apple にとって、次の四半期まで iPhone 販売の新記録を待たせるという理由はない。そして、Android と Samsung にとっては、残念な結果となってしまった。

The consensus estimate among the 44 analysts we’ve heard from so far — 27 professionals and 17 amateurs — is unit sales of 55.3 million iPhones, up 16% from the same quarter last year.

27人のプロと、17人のアマチュアで構成される、44人のアナリストたちが共有する予測値は、昨年同期に対して 16%増の、5530万という iPhone の販売台数になると、私たちは聞いている。

This time, the pros and the amateurs are not that far apart.

今回は、プロとアマチュアの間に、それ程の乖離が見られない。

The average among the more bullish indies is 57.1 million iPhones; the pros are at 54.1 million. The gap between the highest individual estimate and lowest is 9.7 million. A year ago, the gap between high and low was almost 20 million.

もっとも強気なインディーズたちの平均は、57.1 Million で、プロたちの平均は 54.1 Million となり、その中の最高値と最低値のギャップは 970万となる。 昨年のケースでは、この値が 2000万もあったのだ。

We’ll find out who was closest to the mark when Apple reports its fiscal Q1 2014 earnings after the markets close on Monday, Jan 27.

1月27日(月曜日)にクローズする、Apple としての 2014年 Q1 収支報告を目にするとき、最も近い推測値を出しているのが誰なのか、それが分かるだろう。

Below: The individual analyst’s estimates — pros in blue, indies in green. Thanks as always to Posts at Eventide‘s Robert Paul Leitao for pulling together the Braeburn Group numbers.

このリストが、それぞれのアナリストたちの推測値を示している。Blue がプロであり、Green がインディーズたちである。Braeburn Group からの推測値を、このようなリストにマトメてくれた、 Posts at Eventide の Robert Paul Leitao にお礼を言いたい。

ーーーーー

TAG indexアマチュアのアナリストという人たちがいて、また、インディーズとカテゴライズされているのが、とても面白いですね。 そして、こういうアマチュアの中で、これはと思える推測値を出す人が、プロのアナリストとして、認められていくのでしょうか?  そして、文中にもあるように、ちょうど今週に、Apple の収支報告が行われるようです。たしか、Apple は、10月が会計年度の始まりなので、2014 Q1 が 2013 Q4 にあたります。クリスマス商戦の結果は、いったい、どのような結果になっているのでしょうか? とても、楽しみですね!image

ーーーーー

<関連>

Mobile の調査 : 2013年は 10億台超の スマホが販売され、前年比で 40% 増となる!
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
iPhone 5S/5C の週末 : ワールドワイドで 900万台を販売
iPhone 5S/5C の最初の週末 : 600~800万台の販売が予測されている
2011年 Q4 のアメリカ市場では、1000万台を超える iPhone が販売されたらしい

 

Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?

Posted in .Selected, Businesses, Government, Research by Agile Cat on January 19, 2014

Open Data: Enabling $5 Trillion Annually in Value?
http://wp.me/pwo1E-787

By Dick Weisinger – Dec 30, 2013
http://formtek.com/blog/open-data-enabling-5-trillion-annually-in-economic-value/

_ formtek

Open Data has the potential to unlock between $3 trillion to $5 trillion annually in economic value, says a report by McKinsey. Specifically, the identify seven sectors of the global economy where the value could be attained.

McKinsey がレポートするには、Open Data により改善される経済的な価値が、年間で $3 trillion 〜 $5 trillion に至る可能性があるとのことだ。 そして、この経済価値の転換を可能にするものとして、グローバル経済における7分野を具体的に指摘している。

Michael Chui, principal at McKinsey, told CMSWire that that “open data has traditionally been motivated by societal goals such as improving transparency. But it is important to recognize that by opening data, you also create significant economic value.”

McKinsey の主席である Michael Chui が、「 Open Data は伝統的に、たとえば透明性の向上などの、社会的目標が動機とされている。しかし、データがオープン化されることで、夥しい経済的価値が生み出されると、認識することが重要である 」と、CMSWire に語っている。

While the McKinsey results are interesting, they seem a bit of a stretch. While certainly Open Data is one technology that can contribute in improving the areas that they suggest, Open Data alone will not be able to unlock the enormous projections that McKinsey forecasts. Parallel advances in Big Data, analytics, and computing all play an equally important role in helping to better utilize and achieve value from data.

McKinsey の結論は興味深いものではあるが、若干の誇大があるとも思える。確かに Open Data は、彼らが示唆する領域に貢献できる 1つのテクノロジーであるが、そこで予想されるような大きなビジョンを、単独で改善することは不可能だ。Big Data/分析/コンピューティングの、すべてが平行して進化し、また、データの価値を活用する上で、同じような重要な役割を担うことで、それは達成されるだろう。

The McKinsey report found that “Making data more ‘liquid’ (open, widely available, and in shareable formats) has the potential to unlock large amounts of economic value, by improving the efficiency and effectiveness of existing processes; making possible new products,services, and markets; and creating value for individual consumers and citizens.”

McKinsey のレポートで分かったことは、「 データを液状化(オープンでシェアが可能な、広く利用できるフォーマット)することに、膨大な経済的価値が解放される可能性が、秘められていることである。そして、既存のプロセスの効率性と有効性を改善することで、また、新しいプロダクト/サービス/マーケットを作ることで、さらには、一人一人の消費者と市民のための価値を創造することで、それは改善されていく」 という点である。

The seven sectors where McKinsey sees open data playing a major role in unlocking economic value include:

Open Data が重要な役割を担い、経済的な価値を創造していくと、McKinsey が認識している 7つの領域とは、以下のとおりである:

Education – Open data can enable $890 billion to $1.2 trillion annual savings by identifying effective teaching strategies, improving instruction, and better matching students to programs and jobs.

Open Data により、効果的な教育ストラテジーを認識し、インストラクションを改善し、より適切なプログラムやジョブと学生をマッチングさせることで、年間で $890 billion 〜 $1.2 trillion が節約できる。

Transportation – Open data could realize $720 billion to $920 billion in value by helping to improve planning and management of infrastructure. Open Data can also improve the purchasing, deployment and maintenance of fleets, and it can improve decision making by customers to better select from travel options so as to fit their needs and schedule.

Open Data により、インフラストラクチャに関する計画と管理を改善することで、$720 billion 〜 $920 billion の経済効果が達成される。さらに Open Data は、船舶の購入/展開/保守も改善する。そして、旅客に対しては、自身のニーズやスケジュールに合った、より適切なオプションから選択するよう、顧客の意思決定を向上させることができる。

Consumer Products – Open data can help achieve $520 billion to $1.5 trillion annually by improving product design and manufacturing, making store operations more efficient, better targeting sales and marketing, better informing consumers about food benefits and product recalls, and improving post-sales interactions.

Open Data によりプロダクトの設計と製造を改善することで、年間で $520 billion 〜 $1.5 trillion の節約が達成される。具体的には、店舗運営の効率化と、ターゲット販売およびマーケティングの改善、適切な食品および製品リコールに関する消費者への通知、プロダクトを販売した後のインタラクションを改善ことで、達成される。

Electricity – Open data can help enable $340 billion to $580 billion annually by helping to optimize how money is spent and invested for power generation. It can improve and make more efficient power generation. It can help to identify and develop ‘smart grid’ technologies for achieving more efficient transmission and distribution of power, and it can help consumers be better informed about the electrical appliances and the electric power services that they use.

Open Data により、発電に関する経費と投資を最適化することで、年間で $340 billion 〜 $580 billion の経済効果が達成される。 それにより、発電における効率も改善される。つまり、より効率的な送電と分電を達成するための、スマートグリッド・テクノロジーの開発を促進することであり、電化製品を使用する消費者たちに、電力サービスに関する十分な情報を提供することである。

Oil and Gas – Open data can enable $240 billion to $510 billion annually by providing better seismic and geologic information that can help oil and gas businesses better decide how to invest in future discovery. Better data can improve the efficacy of exploration and production, help businesses better select plant locations, and to improve the reliability of their refining, processing and retail operations.

Open Data により、地震や地質に関する適切な情報を、石油/ガスなどの企業に提供することで、将来の投資における意思決定を促進することで、年間で $240 billion 〜 $510 billion の経済効果を見いだせる。より適切なデータは、探査と生産の効率を向上させ、より良いプラント・ロケーションを知らしめ、精錬/加工/販売における信頼性を向上させる。

Health Care – Open data in the Health Care industry can help realize $300 billion to $450 billion annually. The data could help people make better lifestyle and treatment decisions. The data can guide practitioners into selecting more effective treatments. Consumers would be better able to wisely select providers that better match their needs, and also help them to be more cost-effective in the decisions that they do make. Health-related research, such as in the area of new drugs and better medical devices, could be make more productive.

Open Data を、Health Care 業界に適用することで、年間で $300 billion 〜 $450 billion が節約される。このデータにより、より良いライフ・スタイルや治療を、人々は得ていくことになる。また、このデータにより、開業医たちは、より効果的な治療法へと導かれていく。また、消費者たちは、自分のニーズに合ったサービスの提供者を、十分な情報に基づいて選んでいけるだろう。そして、可能な範囲で、もっとも費用対効果の高いサービスを得ていくだろう。たとえば、新薬や医療機器といった、健康に関する研究分野が、より生産的なものに変化していく。

Consumer Finance – Open data could unlock $210 billion to $280 billion annually. Better targeted and custom-designed financial products could be developed with better data. Consumer marketing could be more targeted. With better data, consumers would be able to make better informed financial decisions.

Open Data により、年間で $210 billion 〜 $280 billion の無駄を省くことができる。より適切なデータがあれは、ターゲットが絞り込まれ、カスタムにデザインされた、金融商品の開発が促進される。消費者を対象とした、ターゲット・マーケティングも促進されていく。より良いデータを活用することで、消費者たちは、自身の資産管理について、より適切な意思決定を下していくだろう。

ーーーーー

TAG index世界中で繰り返されている、気の遠くなるような無駄を、Open Data を用いて排除していけるなら、ここで述べられているような経済効果も夢ではないのだと思えます。 しかし、この世の中、その無駄に乗っかって生計を立てている人もいるわけで、上記のことを実施しようとするなら、たいへんな抵抗勢力と対峙しなければならないでしょう。 そして、それ以前に、戦争っていったい何なの? という議論があるでしょうし、武力とコストという問題も考えるべきなのでしょう。 単なるテクノロジーの話というより、人類の叡智の話という感じですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える

Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Research by Agile Cat on January 6, 2014

Business Technology: Top Trends for 2014
http://wp.me/pwo1E-75m

December 31, 2013 ー By Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/business-technology-top-trends-for-2014/

_ formtek

Brian Hopkins, analyst at Gartner, reported three main categories of technology trends that will characterize technology change in 2014.  They are:

Gartner のアナリストである Brian Hopkins が、2014年におけるテクノロジーの変遷を特徴づける、3つの主要カテゴリ・トレンドについて、以下のようにレポートしている:

  • Engagement – Businesses need to create a compelling digital experience to attract and engage their customers
  • Smart – Smart systems will allow business to derive competitive advantage
  • Nimble – IT must embrace change to help the business become both nimble and secure
  • Engagement - 企業は顧客に対して、魅力的で求心力のあるディジタル・エクスペリエンスを作成し、抗しがたいものとして提供していく必要がある。
  • Smart – 洗練されたシステムにより、競争力のあるビジネスが実現される。
  • Nimble - IT 部門にとっては、迅速で安全なビジネスを展開するための、変化を受け入れる必要性が生じる。

More specifically, over the next 18 months, Gartner identifies the following top 10 technology trends:

より具体的に言うと、Gartner は今後の 18ヶ月において、以下のテクノロジー・トレンドが、Top-10 を構成していくとしている:

  1. Digital convergence erodes boundaries – consumers increasingly don’t distinguish between physical and digital experiences
  2. Digital experiences increasingly define businesses
  3. APIs become the digital glue for building new services
  4. Businesses adopt new data concepts like Big Data, Open Data, analytics, and collaboration
  5. We’ll move closer to a reality of the internet of things as we increasingly see more connectivity with devices
  6. Businesses need to rethink security and ‘trust’ and how best to avoid loss of data
  7. Infrastructure will change from being a barrier to progress to a being a catalyst for it
  8. Mobile and cloud will become better understood, better implemented, and more frequently adopted
  9. IT increasingly will lose ownership of processes and systems to business groups
  10. IT will need to become an agile service broker or lose relevance

_  space

  1. ディジタルへの集約が境界線を侵食する – これまでにも増して、一般的な消費者たちは、現実とディジタルのエクスペリエンスを識別しなくなる。
  2. ディジタル・エクスペリエンスにより構成される企業が、ますます増えてくる。
  3. API がディジタルの接着剤となり、新たなビジネスを構築していく。
  4. 多くの企業が、Big Data や、Open Data、分析、コラボレーションといった、新たなデータのための概念を採用する。
  5. 私たちが、デバイスを介したコネクティビティを認めるにつれて、IOT(internet of things)のリアリティに近づいていく。
  6. 数多くの企業にとって、データの喪失を防ぐための、最適なセキュリティと TRUST に関して、再考が必要となる。
  7. インフラストラクチャは、進化を阻害するものから、それらを媒介するものへと、ポジションを変化させていく。
  8. モバイルとクラウドに対する理解と実装が進み、より多くのケースにおいて、それらは採用されるようになる。
  9. 事業体における IT 部門は、プロセスとシステムに対する支配権を失っていく。
  10. IT 部門は、アジャイル・サービス・ブローカーへと転身しなければならない。そうしないと、妥当性を失うことになる。

ーーーーー

TAG indexAPI の存在が、上位に置かれているのが、いい感じですね。 昨年にポストした、「API により拡大する、サービスの可能性 と 新たなリスクとは?」では、以下のように API が紹介されていました。ーーー API は、プログラム内の機能の一部を、限られた方式で外の世界へエクスポーズすることで、そのすべてを実現していく。 それにより、2つのアプリケーション間でデータが共有され、双方のアクションが互いに代行されるようになるが、そのソフトウェアにおける全コードの共有が、開発者に求められることはない。<中略> それは、オープンソース・プログラムとして考えても、とても意味のあることだ。 ーーー API により、いろいろなものが接続される世界が、どんどんと広がってほしいと思います。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

 

四強の 2013年 : Amazon の マトメ
四強の 2013年 : Apple の マトメ
四強の 2013年 : Facebook の マトメ
四強の 2013年 : Google の マトメ

2013年 : OpenStack の マトメ
2013年 : Post-PC と 地殻変動 の マトメ
2013年 : Asia の 炸裂するパワーの マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 日曜版 の マトメ

Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Businesses, Google, Social, Twitter by Agile Cat on December 22, 2013

Google’s Ad Revenue Per User Is Insanely Ahead Of Its Rivals
http://wp.me/pwo1E-72F

Jay Yarow – Dec. 19, 2013
http://www.businessinsider.com/googles-ad-revenue-per-user-2013-12

_ Business Insider

Here’s a good chart tweeted by analyst Ian Maude. He says, "Thinking about Twitter monetisation- ad revenue per user under 1/2 FB and 1/3 LinkedIn- lots of headroom for growth." And that’s certainly one way to look at it.

以下の素晴らしいチャートは、アナリストである Ian Maude がツイートしているものである。 彼は、「 Twitter のマネタイズに関して、1人のユーザーあたりの広告収入が、Facebook の 1/2 および LinkedIn の 1/3 に相当し、まだまだ大きな伸びしろを残している」と、発言している。 たしかに、それは、このチャートから見て取れる、1つの論点である。

_  space

Business Insider

Another way to look at it is how insane Google’s ad revenue per user is compared to other ad-supported web companies. This is what happens when you have a magic money machine called search ads.

そして、もう 1つの論点は、Google におけるユーザー当たりの広告収入が、やはり広告に支えられる、他の Web カンパニーと比べて、図抜けて大きいという事実である。 それこそが、魔法の錬金マシンと言われるサーチ広告に、みなさんが触れるときに生じる Google の利益である。

ーーーーー

image18私たちが、知りたいことを何気なくググって、そこに表示される広告を見て、それに惹かれてクリックするたびに、Google の魔法の錬金マシンがグルグルと回転し、その総額たるや $10/月というレベルにまで至るようです。 これが、インターネット・ユーザーの大半を巻き込むかたちで、地球規模で展開しているですから、たまったものではありません。 以前に Eric Schmidt が、ソフトウェアのライセンス・ビジネスを時代遅れなものにしたと、どこかで豪語していましたが、錬金術という側面で捉えると、たしかに、それが言えるのです。 そして、ここにも Line が顔を出しているのが、嬉しいですね!Image(221)

ーーーーー

<関連>

モバイル・アドが倍増したが、まだ 全体の 15% に過ぎない : それを示す1枚のチャート
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
モバイル・アドを支配する Google : それを示す1枚のチャート
Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!
Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート

Posted in .Selected, Asia, Businesses, Line, Research, Social by Agile Cat on December 20, 2013

LINE Is Not Just About Sticker Revenue – Business Insider
http://wp.me/pwo1E-72o
Snapchat Could Learn From The Explosive Growth In This Messaging App’s Sticker And Ad Revenue
John Heggestuen – Dec. 17, 2013
http://www.businessinsider.com/line-is-not-just-about-sticker-revenue-2013-12

_ Business Insider

Messaging app LINE has seen revenue grow explosively over the last year, providing a clue into how other mobile messaging apps, like Snapchat, might generate revenue. LINE’s revenue was $157 million in the third quarter, compared to just $10 million a year ago, a 1,500% increase.

メッセージング・アプリである LINE が、この 1年間にわたって売上高を爆発的に伸ばしているが、そこからは、Snapchat のようなモバイル・メッセージング・アプリが、収益を生み出すための手掛かりも提供される。この Q3 における LINE の収益は $157 million に達し、前年同期の $10 million に対して、1500% という成長率を見せているのだ。

LINE is much bigger than you might expect. It now has 300 million registered users globally. Its top five markets are Japan, Thailand, Taiwan, Indonesia and Spain. It’s rumored to be heading for an IPO next year.

LINE の事業規模は、あなたが想像するより遥かに大きい。 現時点で、300 million グローバル・ユーザーが登録されており、その Top-5 市場はというと、Japan/Thailand/Taiwan/Indonesia/Spain となる。 そして、来年の IPO へ向けて邁進しているという、ウワサも流れている。

Brands pay to operate
‘avatars’ on LINE

As the chart shows, the Japan-based messaging app drives revenue in two main ways. One, by selling digital goods: tokens purchased within its in-app games (LINE’s equivalent to Facebook games), and stickers similar to emoticons.

以下のチャートが示すように、この Japan ベースのメッセージング・アプリは、主として 2つの収益源によりドライブされている。1つ目は、In-App ゲームにおけるトークン( Facebook のゲームに相当)と、絵文字のようなステッカーの販売という、デジタル・グッズによる収益である。

Secondly, it’s getting deeper into advertising, including paid brand accounts. The chart below shows how diversified LINE’s revenue has become.

2つ目は、有償のブランド・アカウントも含めた、広告ビジネスへの踏み込んだ対応である。 そして、LINE の収益モデルが、多角化され始めていることも、このチャートは示している。

For hundreds more charts and datasets like the one below, please sign up for a free two week trial to BI Intelligence, Business Insider’s tech research service covering mobile computing, the social Web, and digital payments.

LINE has a pretty
diversified revenue stream

Here’s what its revenue breakdown looks like, and it’s not just stickers:

以下で、この収益を分析していくが、ステッカーだけではないことが分かる:

  • At $94.5 million, games are 60% of LINE’s revenue. That share has grown 10 percentage points since the first quarter of 2013.
  • Sticker revenue is now at $31.5 million, or 20% of revenue. Sticker revenue has shrank as a share of the total by 10 percentage points this year.
  • The "other" category includes ads and the paid official accounts program, through which advertisers pay LINE for access to its platform. This revenue stream was on par with sticker revenue, at $32 million, and has held steady this year as a share of LINE’s revenue.
  • LINE の収益の 60% に相当する $94.5 million が、ゲームからもたらされている。 全体におけるゲームの比率は、2013年 Q1 との比較で、10% ほど上昇している。
  • ステッカーの収益は $31.5 million であり、全体の 20% に相当する。 今年のスティッカーの売上高は、全体の中で 10% ほど比率を下げている。
  • そして、"Other” のカテゴリには広告収益が含まれるが、このプラットフォームにアクセスするために広告主たちが支払う、オフィシャル・アカウント・プログラムからの収益も加えられる。この収益は、ステッカー売上に匹敵する $32 million であり、今年の LINE の収益を、堅調な方向へと導いている。

LINE’s results translate to $0.10 per registered user in sticker revenue and about $0.52 per registered user in overall revenue. By comparison, Facebook brought in $0.81 per user in the third quarter in the Asia-Pacific region, where LINE also has the majority of its users.

LINE の収益を、1人の登録ユーザーあたりで換算すると、スティッカーの場合で $0.10 であり、全体では $0.52 となる。比較対象として Facebook で見ると、この Q3 では 1人の登録ユーザーあたり $0.81 という数字が、LINE のユーザーが集まる Asia-Pacific において達成されている。

What are the revenue streams other messaging apps should study? Probably LINE’s ads, paid accounts and sticker sales. Snapchat, for example, already has a product called "Stories," through which users can send video and photo packages that don’t disappear for 24 hours. Brands could pay for the privilege to have accounts and send stories.

ここから、他のメッセージング・アプリが学ぶべき収益源とは、いった何なのだろう? おそらく、LINE における広告や、アカウント、ステッカー販売などになるのだろう。Snapchat を例にすると、すでにユーザーには Stories というプロダクトが提供され、24時間は保持されるビデオやフォトを送信できるようになっている。 つまり、そのアカウントを購入し、Stories を送信する権利をえるために、ブランドは対価を支払うことになる。

Games, which can be played within LINE but have to be downloaded separately, are a tricky revenue stream to cultivate. It’s not likely that many messaging apps will be able to build out their own gaming platforms.

そして、LINE 内で実行されるゲームであるが、そのダウンロードは切り離されたかたちで処理されるという、巧妙な収益源になっている。 それは、独自のゲーム・プラットフォームを構築するよになる、大半のメッセージング・アプリとは異なるものである。

We should also mention that the above revenue figures are for "gross sales," not the net amount once 30% of game sales get paid out to Google and Apple’s app stores. So the game figure is inflated a bit. Still we thought it was more useful to include gross sales since that is the real value captured in the transactions, and if the company was ever able to do without outside app stores, it would keep all this revenue for itself.

なお、上記の売上高については、Google や Aplle のストアに 30% を支払った後の、グロスであり、ネットではないと説明する必要がある。そして、このゲームに関する数字は、もう少し膨らむことになる。なお、トランザクションをキャプチャした実測値を、グロスとして取り込んむほうが、有用な数字だと考えている。なぜなら、これまでの同社が、外部のアップ・ストアを介さずにビジネスを展開できていたなら、すべての収益を、自社で得ていたのである。

ーーーーー

_ Lineそれにしても、四半期で $150 Millions というのは、すばらしい成長ですね。このペースで行けば、来年の総売上は、One Bollion を超えるでしょうし、Facebook を除いたソーシャル系プロバイダーの中では、トップクラスになりますね。そして、これからのポイントは、ブランド・マーケティングに関連する、広告収入になると予測できます。 Facebook の例を見るまでもなく、検索に集まっていた広告収入が、徐々にではありますが、ソーシャル系に分散しているように思えます。image

ーーーーー

<関連>

恐るべき アジアのソーシャルたち : LINE は 世界ランキング8位!
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
Line のユーザー数が、ワールド・ワイドで1億6千万人を超えた
Line の 売上は、2012 Q4 の時点で $58 Million もあるのだ!
Line の Kawaii キャラクター TV アニメ・シリーズ : 海外での評判は?

%d bloggers like this: