Agile Cat — in the cloud

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!

Posted in .Selected, Businesses, Research by agilecat.cloud on January 7, 2016
Buying Services from Multiple Cloud Providers Could Result in Big Savings: Report
Nov 24, 2015 – Nicole Henderson
http://talkincloud.com/cloud-computing-research/buying-services-multiple-cloud-providers-could-result-big-savings-report
 
_Talkin Cloud
 
While a one-stop shop may be more convenient, buyers who mix services such as compute and storage from multiple cloud providers can save significantly more money, up to 74 percent for a large application.
 
ワンストップ・ショッピングは便利なものであるが、複数のクラウド・プロバイダーから、コンピューティングやストレージをいったサービスを買い集めるなら、大規模アプリケーションにおけるコストは、最大で 74% まで削減することが可能だという。
 
Shopping CartFlickr
Polycart
 
According to the latest quarterly update to the Cloud Price Index by analyst firm 451 Research, savings start at 58 percent for a small application, and go up to 74 percent for a large application, which, over three years, equals up to $23,000 in savings per web application.
 
調査会社である 451 Research による、最新の Cloud Price Index を参照してみると、前述の節約幅は小規模アプリケーションの 58% から始まり、大規模アプリケーション 74% にいたる。それを、3年間に展開してみると、Web アプリケーションあたりの削減幅は $23,000 ほどになる。
 
The Cloud Price Index aims to help enterprises and service providers make more “informed decisions when buying and selling cloud services.” The price index is made up of a basket of goods that “is a specification of the services required to operate a typical web server application including compute, storage, databases, management and more.”
 
この Cloud Price Index は、エンタープライズやサービス・プロバイダーに対して、「クラウド・サービスを売り買いする際の、情報に基づいた意思決定」を促すものとなる。具体的に言うと、「コンピューティング/ストレージ/データベース/マネージメントなどを含む、一般的な Web サーバー・アプリケーションを運用するときに、そのサービスが要求する仕様」に応じた、買い物リストにより構成されている。
 
CPI_Q4_GraphicClick to Large >>> 
 
451 Research surveyed 26 cloud providers as part of its regular quarterly pricing update. For each service within its basket of goods, analysts chose the cheapest cloud provider and added costs of bandwidth using data collected in October.
 
451 Research は、26社のクラウド・プロバイダーを調査対象とし、また、四半期ごとに個々の価格を更新している。そして、この 10月にはアナリストたちが、買い物かごに投げ込まれる個々のサービスに対して、最も安価なクラウド・プロバイダーを選び出し、サービスの規模に応じた分類を付け加えている。
 
 “The CPI shows it is possible to achieve substantial savings by using multiple providers; however, we believe the complexity of dealing with various providers offsets any advantage at this time. Technically, there is no reason why applications can’t be architected across multiple clouds, but the potential challenges organizations face include latency between datacenters, managing different GUIs and APIs, invoicing, documentation, and support functions. As a result, we believe most users would prefer to pay a premium for an integrated solution from a single provider,” Dr. Owen Rogers, Research Director of 451 Research’s Digital Economics Unit.
 
451 Research の Digital Economics Unit における、Research Director である Dr. Owen Rogers は、「 この CPI (Cost Price Index) は、複数のプロバイダーを使用するなら、実質的なコスト・ダウンが可能であることを示している。しかし、現時点において私たちは、多様なプロバイダーと取引するという複雑さが、あらゆるアドバンテージを相殺すると考えている。ここで対象としているアプリケーションを、複数のクラウドをまたいでデザインすることは、テクノロジーの面では可能であるが、それを実施しようとする組織は、潜在的な課題に直面するはずだ。つまり、データセンター間のレイテンシーや、各種の GUI と API の管理、請求書やドキュメントの発行、そして、サポートといった機能を再考する必要が生じるのだ。その結果として、ほとんどのユーザーは、シングル・プロバイダーが提供する統合的なソリューションに対して、保険料を支払おうとするのだと、私たちは捉えている」と述べている。
 
“Through this analysis, we believe we have identified a tremendous opportunity for providers to bring a retail-model discipline to cloud service selection and creation,” Rogers added. “For example, providers could offer decision engines to help enterprises choose the best-value mix of services to suit their needs, and then integrate and manage these services as a managed offering.”
 
そして Rogers は、「今回の分析を通じて、私たちが確信したのは、クラウド・サービスの選択と構築において、規律のあるリテール・モデルを有するプロバイダーに、きわめて大きなチャンスが訪れるという点である。たとえば、それらのプロバイダーたち、個々のエンタープライズのニーズに合わせて、最適な手法でサービスを組み合わせるための選択肢を、意思決定のエンジンとして提供できる。そして、適切なオファーに基づいて、それらのサービスを統合/管理していく」と付け加えている。
 
The latest CPI is available in North America, but will be launched in Europe, Asia and Latin America early next year.
 
今回の CPI (Cost Price Index) は、North America を対象としたものであるが、来年早々には、Europe/Asia/Latin America を対象とするものが立ち上がるという。
 
ーーーーー
research_55とても興味深い調査レポートなのですが、たとえばチャート内の On-Demand と Best-Case の違いが明記されないなど、このコンテントの言いたいことが、正確に理解できないところが、ちょっと残念です。 On-Demand の方は、ユーザー側からの要望をダイレクトに示すものであり、Best-Case の方は、対象となるサービスに最適化されたリソースを選ぶなら、つまり、不要な買物を避けるならという意味なのでしょうか? それに加えて、リセーラーを介して購入すれば、ディスカウントされるケースがあることをも、示唆しているように思えます。 この辺り、なにかお気づきの点がありましたら、FB ページなどでお知らせください。なお、451 Research のサイトでも、以下のようなドキュメントが提供されています。
Cloud Price Index
Cloud Price Index Methodology
それにしても、複数のプロバイダーを使い分け、それらを上手に結合できれば、かなりのコスト・ダウンが達成できるようです。ただし、そのためには、ディープなノウハウと経験が必要となり、また、その辺りが Managed Service Provider の腕の見せ所なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
 

Comments Off on クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!

Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Businesses, Research by agilecat.cloud on December 20, 2015
Uber is now more valuable than Ford, GM, and a bunch of huge public companies
Matt Rosoff − Dec. 4, 2015
http://www.businessinsider.com/uber-valuation-vs-market-cap-of-publicly-traded-stocks-2015-12
 
_ Business Insider
 
Uber is reportedly shopping itself to investors for another round of funding, and this time it’s seeking a valuation of $62.5 billion.
 
Uber だが、伝えられるところによると、次の資金調達ラウンドで投資家に提供するために、自社株を買い求めているようだ。 そして、その評価額だが、いまや $62.5 billion に達しようとしている。
 
20151204_uber_bi
Statista
 
As this chart from Statista shows, that means Uber is now more valuable than the major U.S. car companies Ford and GM, more than media giants like Fox and Time-Warner Cable, and almost twice as much as eBay.
 
この、Statista のチャートが示すように、現時点における Uber の評価額は、米国の大手自動車会社である Ford および GM を上回っている。さらに言えば、Fox や Time-Warner Cable といったメディア・ジャイアントをも上回り、eBay の約二倍というレベルに至っている。
 
This is despite the fact that Uber almost certainly loses money, and has a fraction of these companies’ revenue. Uber was expected to have net revenue of about $2 billion this year, compared with 2014 revenues of almost $18 billion for eBay, $23 billion for Time-Warner, and $136 billion for Ford.
 
こうした評価は、Uber が明らかに赤字であり、並んでいる企業と比較して、僅かの売上しか得ていないという事実を、否定するものとも思える。今年の Uber の売上は、約 $2 billion だと予測されている。それに対して、2014年の売上ベースで言うと、eBay は $18 billion であり、Time-Warner は $23 billion であり、Ford にいたっては $136 billion なのである。
 
But Uber is growing much faster than these companies, and that’s what private investors value most.
 
しかし、それらの企業と比較して、Uber の成長力は群を抜いており、それこそが、一般の投資家にとって、最も大切なものなのだ。
 
ーーーーー
research_55昨日の八子クラウドは、デジタライゼーションがテーマでした。 デジタライズとデジタライゼーションの違いを考えるという意味で、とても有意義なディスカッションができたと思っています。 そして、デジタライゼーションに成功した企業として、Google や Amazon や Facebook とならんで、この Uber が挙げられていたのが印象的でした。 これまで、Uber と Airbnb については、上手く理解できないこともあり、Agile_Cat では取り上げずにきてしまいましたが、ちょっと考えな直さなければなりません。これからも、興味深いトピックを見つけたら、訳していきたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
米国/欧州/中国の GDP をチャートで比較すると、IT を支える 三極構造が見えてくる!
2015年の スマホは 14.3億台: 前年比 9.8% の成長は 初めての 一桁台
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!

中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 今日は 11/11 の Singles Day

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Businesses, Research by agilecat.cloud on November 11, 2015
China’s online retail sales to touch $1.6 trillion by 2020
PTI | Nov 10, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Chinas-online-retail-sales-to-touch-1-6-trillion-by-2020/articleshow/49737955.cms
 
_ Times of India
 
BEIJING: China’s online retail sales fired by firms like Alibaba are expected to rise to $1.6 trillion by 2020 emerging as one of the main growth engines for the Chinese economy, a report said.
 
BEIJING:  Alibaba などがドライブし続ける、China におけるオンライン・コマースの売上高は、その経済成長に後押しされながら、2020年には $1.6 trillion にいたると、あるレポートが伝えている。
 
Online CommerceRetail sales by online firms are expected to rise to 10 trillion yuan ($1.6 trillion) by 2020 becoming one of the main growth engines for the economy, the report said.
 
The e-commerce sales will have penetration rate doubling from the 2014 level to 22%, a report by Bain&Company and Alibaba said.
 
Bain&Company のレポートおよび、Alibaba のコメントによると、オンライン・コマースの浸透率は、2014年のレベルから倍増し、今年は 22% にいたるという。
 
Business to customer, mobile internet commerce and trans-border internet commerce will be the main growth engines. Retail sales by online firms are expected to rise to 10 trillion yuan ($1.6 trillion) by 2020 becoming one of the main growth engines for the economy, the report said.
 
B2C/Mobile/International という、それぞれのインターネット・コマースが、この成長を支える原動力になっている。そして、それらのオンライン企業によるリテール売上高は、China の経済成長に後押しされながら、2020年には 10 trillion yuan ($1.6 trillion) にいたると、このレポートは伝えている。
 
It said Chinese consumers’ awareness of brands has been growing in the last several years. Ding Jie, a partner at Bain&Company, said internet commerce helped the brands accommodate segmented demands and reach the market in third and four-tier Chinese cities.
 
そこて、このレポートは、China の消費者におけるブランド意識も、この数年で着実に伸びていると説明している。 Bain&Company のパートナーである Ding Jie は、インターネット・コマースにより、セグメント化された需要とブランドが合致し、また、China では中規模とされる都市の、マーケットへのリーチが促進されていると、述べている。
 
In this transformation, companies should build digitalized operation models and understand digitalization’s impact on research and development, supply chain and sales, state-run Xinhua news reported.
 
こうした、ビジネスにおける変化に伴い、それぞれの企業が取り組むべきものとして、デジタル・オペレーション・モデルの構築と、ディジタル時代の R&D への対応だけではなく、新たなサプライ・チェーンとセールス・モデルへの理解が重要になると、Xinhua (新華社) のニュースが報じている。
 
ーーーーー
Asia Pacific今日の Singles Day (11/11) に合わせて、先日である 10日にポストされた記事ですね。 そして、Black Friday と Cyber Monday を合わせても敵わないという、中国の大特売日 Singles Day ですが、Tech In Asia の速報(午前5時)によると、明けて11日の 午前1時30分の時点で、すでに Alibaba は US$ 5 billion を売り上げているそうです。 昨年の Singles Day は、終日で US$ 9 billion だったので、記録の更新は間違いないでしょう。上海市場がクラッシュしてからというもの、中国経済に対して様々な見解が述べられていますが、インターネットの世界を見る限り、そんなの どこ吹く風、、、という感じの勢いです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
中国の主張:Amazon と Microsoft と Alibaba が、クラウドの Top-3 だ
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
 

Comments Off on 中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 今日は 11/11 の Singles Day

Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!

Posted in .Selected, Businesses, Facebook, Social, Strategy by agilecat.cloud on November 10, 2015
Facebook hits an all-time high after earnings beat
Jillian D’Onfro – Nov 4, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-q3-earnings-2015-11
 
_ Business Insider
 
Facebook_2015_Q3Wikipedia
 
Facebook stock hit an all-time high after-hours after the company reported its Q3 earnings, beating analyst expectations on the top and bottom line. Here are the most important numbers:
 
Facebook が Q3 の収支をレポートした後、同社の株価は時間外でも上昇し続けた。つまり、売上と利益の両面において、アナリストたちの予想を上回ったのだ。 以下に、この決算における重要な数値を示す:
 
  • Revenue: $4.5 billion vs. analyst expectations of $4.37 billion, up 41% year-over-year.
  • Adjusted EPS: $0.57 vs. analyst expectations of $0.52.
  • MAUs: 1.55 billion monthly active users vs. 1.52 billion expected.
 
  • 売上: $4.5 billion vs. アナリスト予測 $4.37 billion, 前年比で 41% の成長
  • 1株あたりの利益: $0.57 vs. アナリスト予測 $0.52
  • MAU: 1.55 billion(monthly active users) vs. 1.52 billion アナリスト予測
 
The after-hours stock was up nearly 5% initially, dipped down to +2%, and settled around 4% after the earnings call. At about 107.7, Facebook’s stock is at a new all-time high and shares are up roughly 25% since mid-August.
 
収支報告が始まった直後の株価は、最大で 5% ほど上昇した後に、+2% まで低下し、最終的には +4% 前後に落ち着いたようだ。 Facebook の株価が $107.7 の時点で、8月中旬と比較して 25% 増であり、もちろん、これまでの最高値となっている。
 
Facebook_2015_Q3_AClick to Large >>>
 
Here’s a look at where Facebook’s revenue comes from:
 
これは、Facebook における、地域ごとの売上である:
 
None of the numbers reported in the release were hugely surprising. Its expenses were up 68% year-over-year,  that it plans to invest heavily this year. Also as expected, Facebook saw an increase in the percentage of its revenue coming from mobile.
 
このリリースで報告された数値は、どれを取っても驚くべきものではなかった。前年比で 68% アップした経費は、今年の投資が多額なものになるという、以前からの計画に沿ったものだ。そして、予想どおりに、Facebook はモバイル収益の比率も伸ばしている。
 
Facebook_2015_Q3_BClick to Large >>>
 
And you can see that Facebook also makes more per user in the US than it used to, likely attributable to the rollout of video and Instagram ads:
 
Facebook の収益が、US のユーザーに大きく依存していることを確認できるだろうが、その理由は Video とInstagram における広告の展開に起因するようようだ:
 
One of the most mind-blowing numbers came in the earnings call, though, when the company shared that Facebook now has 8 billion video views per day. That’s double the 4 billion daily views the company reported in April. Those views come from the 500 million users who are watching videos every day.
 
そして、この収支報告会を通じて、誰もが魅了された瞬間はというと、Facebook におけるビデオ参照が、いまでは 80億本/日に達しているという、新しい情報が共有されたときだ。それは、同社が 4月の時点で報告した、40億本/日と比較して、2倍という成長率になる。この数値を裏付けるのは、5億人のユーザーが、毎日のようにビデオを観ているという情報である。
 
“We’re just so early in this right now,” CEO Mark Zuckerberg said when asked about video on the call. “It’s pretty amazing how quickly it’s growing. But there’s a lot more to do.” Here are the other important numbers:
 
このビデオについて質問がとんだとき、「現時点では、とても早く成長していると、言えるだけだ。 そのスピードは、きわめて高いものであり、また、驚くべきことだ。しかし、取り組むべきことが、私たちにはたくさん残されている」と、CEO である Mark Zuckerberg は答えている。以下の数値も、とても重要なものである:
 
  • 1.01 billion daily active users on average for September, which is up 17% year-over-year, and 894 million people use Facebook on their phone every day.
  • Of Facebook’s 1.5 billion monthly active users, 1.38 billion are accessing the site on mobile, and 727 million are mobile-only users. That’s up 37% year-over-year, likely driven by Facebook’s adoption in emerging markets like India and Africa, where people primarily access the internet on smartphones.
  • Costs and expenses of $3.04 billion, which is up 68% year-over-year, with R&D more than doubling year-over-year to $1.27 billion. That’s also up significantly from $2.76 billion in costs and expenses last quarter.
  • The adjusted operating margin was 54%, down from 57% year-over-year.
  • About 78% of advertising revenue came from mobile, up from 66% at this time last year and 76% last quarter.
  • As usual, most of Facebook’s revenue came from advertising, but about 4%, or $202 million, came from payments and other fees. That’s down from 7% in Q3 2014, which Facebook has, in the past, attributed to a drop in revenue from gaming apps.
  • Free cash flow was $1.41 billion in the third quarter.
  • Most of Facebook’s revenue comes from North America and Europe, with only about 25% ($1.1 billion) coming from Asia-Pacific and the rest of the world. But those areas account for 65% of its monthly active users. The average revenue per user in those regions is still tiny, compared to in the US — $1.39 and $0.94, respectively, vs. $10.49 and $3.47 in the US and Europe.
  • Facebook recently made a big press push around its efforts in emerging markets, and how it’s optimizing its content and, importantly, its advertising to work well in areas of the world. But it seems those efforts haven’t shifted the average revenue-per-user numbers yet.
 
  • 9月の平均 DAU (Daily Active Uses) は 10.1 億人であり、前年比で 17% のアップとなる。 そして、8.94 億人のユーザーが、毎日のようにモバイル環境から、Facebook を使っていることになる。
  • 15億人という、Facebook の MAU のうち、13.8億人がモバイルがらサイトにアクセスしており、また、7.27億人がモバイル・オンリーのユーザーである。この数字は、前年比で 37% のアップとなるが、India や Africa といった途上国マーケットで、Facebook の利用が進んだ結果と思われる。それらの地域の人々は、主としてスマホから、インターネットにアクセスしている。
  • 経費と支出は $3.04 billion であり、前年比で 68% のアップとなるが、その内訳としては、$1.27 billion で前年比2倍という、R&D への対価が大きい。全体の経費とコストが上昇したのは直近の四半期であり、その期間だけで $2.76 billion に達している。
  • 最終的な営業利益率は 54% であり、前年の 57% からダウンしている。
  • これまでと同様に、Facebook における収入の大部分は、広告に依存している。ただし、全体の 約 4% に相当する $202 million が、ペイメントなどからもたらされている。この数値は、2014年 Q3 の時点と比較して 7% ほどの減少となるが、以前に Facebook が言及していた、ゲーム・アプリの収入減に起因するものとなる。
  • Q3 の時点で、自由に動かせるキャッシュ・フローは $1.41 billion  である。
  • Facebook における大半の収入は、North America と Europe からもたらされる。そして、Asia-Pacific と Rest of World の比率は、わずか 25%($1.1 billion)であるが、MAU は 65% を占めている。また、ユーザーごとの平均売上を US 比べると、それらの地域は依然として低い。Asia-Pacific が $1.39 で、Rest of World が $0.94 であるのに対して、US は $10.49 で、Europe は $3.47 となる。
  • 最近の Facebook は、劣悪な通信環境に対してもコンテンツを最適化していくなど、途上国マーケットに対して大攻勢を仕掛けている。そして、重要なのは、同社の広告ビジネスが、そのような地域でも上手く機能していることだ。しかし、一連の努力にもかかわらず、いまの段階では、ユーザーあたりの平均売上を、加速できていないようだ。
 
Some highlights from the earnings call. Zuckerberg and COO Sheryl Sandberg shared some stats on the call:
 
以下は、この収支報告における、いくつかのハイライトである。 Zuckerberg と COO の Sheryl Sandberg が、いくつかの情報を共有してくれた:
 
  • There are 8 billion daily video views on Facebook. That’s up from 4 billion a few months ago.
  • Lots of those views are coming from the 500 million people who are watching video on FB daily.
  • Over 1.5 million small businesses posted a video — organic posts and ads — on Facebook in September.
  • 1 billion people use Facebook on Android.
  • 925 million people use Groups — and in some countries, more than half the population use them.
  • People share 80 million photos a day on Instagram.
  • 1 in 5 of the minutes that people spend on their phones per day is with Facebook and Instagram.
  • More than 9.5 billion photos are now sent on the chat app Messenger.
 
  • Facebook におけるビデオ参照が、80億本/日に達している。4ヶ月前と比較して、2倍の成長率になる。
  • 上記の数値を達成されたのは、5億人の Facbeook ユーザーが、毎日のようにビデオを参照するからである。
  • この9月には、150万の中小企業がプロモーションのために、モバイルからビデオをポストしているが、その中に広告としてのものも含まれる。
  • 10億以上の人々が、Android から Facebook を使っている。
  • 9.25億の人々が、Groups を使用している。 また、いくつかの国では、人口の半分以上がユーザーとなっている。
  • Instagram 上で共有されるフォトは、8,000万枚/日を数える。
  • 世界のモバイル・ユーザーの平均値として、彼らがスマホを 5分間使えば、そのうちの 1分は、Facebook もしくは Instagram を使っている。
  • チャット・アプリである Messnger を介して、95億枚のフォトが送受信されている。
 
Zuckerberg also said that Facebook-led Internet.org, which aims to spread connectivity to parts of the world that don’t have it, has made significant progress in places like Africa.
 
Zuckerberg は、Facebook が主導する Internet.org についても言及した。それは、インターネットが提供されていない世界の、コネクティビティ拡大を目的とする組織であり、Africa などの地域で大きな実績を上げている。
 
Facebook_2015_Q3_CClick to Large >>>
 
And here’s Facebook’s state of the union as far as the size of its various products:
 
これは、Facebook 連合国の構成と、それぞれのプロダクト規模を示している:
 
Sandberg also gave some updates on its ad products, including that there are 2.5 million active advertisers on the service. The price per ad was up 61% in Q3, though total ad impressions fell 10%.
 
Sandberg は、アド・プロダクトに関する情報をアップデートした。このサービスを積極的に使用する広告主は、現時点で 250万社を数えるという。そして、表示回数が全体で 10% ほど減少しているが、Q3 における広告1本あたりの価格は、61% ほど増大しているという。
 
She also subtly burned YouTube: “People come to Facebook and Instagram because we have the best-performing mobile-video ad products.”
 
さらに彼女は、「 私たちが、最も適切に機能するモバイル・ビデオの、アド・プロダクトを提供しているため、Facebook と Instagram が人々を引き付ける」というふうに、やんわりと YouTube を批判している。
 
The company added 1,000 new employees this quarter for a total of 12,000 employees, up 44% year-over-year. Facebook also said that it expects its total 2015 capital expenditures to be between $2.5 billion and $2.7 billion.
 
同社は、この四半期に 1,000人の従業員を新たに採用し、前年比で 44% 増の 12,000人体制になった。Facebook は、2015年における設備投資の総額が、$2.5 billion 〜 $2.7 billion に至ると予想している。
 
When asked about Facebook in China, Zuckerberg said it was a “complex situation.” “You can’t have the mission of wanting to connect everyone in the world and leave out one of the biggest countries,” he said. “We need to try to figure out a way forward on that issue.”
 
China における Facebook について質問されたとき、Zuckerberg は「複雑な状況」にあると答えていた。そして、「 この世界における、すべての人々を接続するという使命は、最大の国を置き去りにして、達成することはできない。この問題を解決していく方法を、私たちたちは理解しなければならない」と続けていた。
 
He did say that people who think that Facebook isn’t in China at all are wrong, though. Although the app isn’t allowed in the country, China is “one of the biggest advertising markets” that Facebook has. Big Chinese companies use FB as one of their primary tools to spread info about what they’re doing to people outside the country, he said.
 
しかし彼は、「China で Facebook が、まったくプレゼンスを発揮していないと考える人がいるが、それば間違いだ」と発言している。つまり、China では Facebook アプリが許可されていないが、最大級の広告マーケットとして機能しているのだ。China の大手企業は、主要なツールとして Facebook を活用し、国外の人々に情報を提供していると、彼は述べている。
 
SEE ALSO: Facebook’s 3-step plan to take over the rest of the world
 
ーーーーー
facebookまず、売上ですが、四半期で $4.5 billion という数字は、単純に4倍するだけで $18 billion ですから、来年は少なくとも $20 billion を超えていくでしょうね。そして、ついに MAU が 15億人を超えましたが、別のコンテントからはアジアが 5億人という情報も得ています。 もちろん、そこには中国が入っていないので、世界の 1/3 という数字は、いまのアジアのパワーを、充分に反映したものだと思います。 また、文中では説明されていませんが、先日のポストで紹介した、エンタープライズ向けの Facebook At Work も、新しい収益源として期待できそうです。 とにかく、先進国のマーケットから得た利益を、途上国へと投資していく姿勢に拍手です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
Facebook が語るモバイル・チューニング:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
 

Comments Off on Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!

中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Posted in .Selected, Asia, Businesses, IoT by agilecat.cloud on October 27, 2015
IoT services revenues in China to surpass $41 bn by 2020
24/10/2015 10:54 AM
http://www.infotechlead.com/it-statistics/iot-services-revenues-in-china-to-surpass-41-bn-by-2020-35719
 
_Infotech Lead
 
Internet of Things (IoT) services revenues in China will grow more than five times in the next five years, surpassing $41 billion by 2020, according to ABI Research’s IoT Market Tracker.
 
China マーケットにおける IoT サービスの収益は、これからの 5年間で 5倍以上に成長し、2020年には $41 Billion を上回ると、ABI Research の IoT Market Tracker が伝えている。
 
shanghaiDriving the growth of IoT in China will be the smart meter segment.
 
この China において IoT の成長を促進するのは、スマート・メーターのセグメントになるだろう。
 
“It leads all other segments in both connections and revenues. By 2020, smart meter connections will exceed the next highest market segment in total connections by nearly 10 to 1,” said Dan Shey, VP and IoT Practice Director at ABI Research.
 
ABI Research の VP and IoT Practice Director である Dan Shey は、「 このセグメントは、接続数と収益性の双方で、すべてをリードしている。2020年までに、スマート・メーターの接続数は、二番手のセグメントに対して、10倍位の差をつけることになるだろう」と述べている。
 
Besides smart meters, home security and automation, OEM telematics, video surveillance, home appliances, aftermarket telematics and home monitoring will also be driving the Chinese IoT market.
 
スマート・メーター/ホーム・セキュリティ/オートメーションといったセグメント以外では、OEM テレマティックス/ビデオ監視/家電製品/アフター・マーケット・テレマティックス/ホーム・モニタリングなどが、China の IoT 市場を加速させていく。
 
ABI Research said home monitoring is expected to become an important market in China as it attempts to care for its aging population, which will reach nearly 340 million people in 2020 for citizens age 55 and older.
 
ABI Research が言うには、China において重要な市場に育ってくるのは、ホーム・モニタリングになるという。 つまり、2020年には 55歳以上の人口が 3.4億人前後に達するという、China の高齢化社会に対応するためのセグメントとなるわけだ。
 
Data analytics revenues will generate the most IoT revenues in China. It is indicative of the relative lack of revenues in both platform and professional services in the China market. Platform revenues are not as high due to a higher share of proprietary embedded telematics deployments, especially by domestic OEM brands.
 
データ分析による収益が、China における 最大の IoT ビジネスとなる。なせなら、China マーケットのプラットフォーム/プロフェッショナル・サービス分野では、相対的にみて収益性が欠如していると思われるからだ。プラットフォームの収益性が低いのは、China の国内 OEM ブランドが展開している、プロプライエタリな組み込みテレマティクスが、高いシェアを確保しているからである。
 
Professional services revenues are not big due to fewer connections in the telematics segments, a higher proportion of tethered solutions and lack of maturity in IT and consultancy services.
 
また、プロフェッショナル・サービスの収益性も低いが、その理由としては、テレマティックス・セグメントにおける、接続数の不足が挙げられる。その他にも、高い比率の独自接続ソリューションや、IT およびコンサルティング・サービスにおける、成熟度の不足などが挙げられている。
 
ーーーーー
IoT先日に Google OnHub に関するコンテントをポストしましたが、この種の IoT 対応ルータが、おそらく Huawei や ZTE などから供給されるのでしょう。 そして、Cloud News Asia の 5G カテゴリを見れば明らかように、この新しいワイヤレス・テクノロジーへ向けて、アジアは突進しているという感じです。ひょっとすると、外は 5G でつながる IoT ルータになるのかもしれませんね。そうなると、China Mobile だけで8億人と言われる中国のスケールが生きてくるでしょう。これからのアジアで、イノベーションを促進するのも、そして世界が注目するのも、こうした新しいマーケットにおける成長と都市化なのです。文中にもあるように、海外勢にとっては敷居の高いマーケットになりそうですが、どの国というより、どのメーカー/プロバイダーが、この中国市場に参入していくのでしょうか。 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
 

Comments Off on 中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Posted in .Selected, Advertising, Businesses, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on October 24, 2015
Google goes nuts after earnings
Jillian D’Onfro – Jul 17, 2015
http://www.businessinsider.com.au/google-q2-earnings-2015-7
 
_ Business Insider
 
この記事ですが、訳しておきながら、ポストし忘れていました。
もう、Q3 の収支報告が始まりますよね・・・ :)
 
ーーーーー
 
Google just reported steller Q2 earnings which sent the stock flying. Here are the numbers:
 
つい先ほど(7/17)、Google が発表した 2015年 Q2 の収支報告は、その株価を急上昇させる勢いを見せた。 以下は、その概要ある:
 
  • EPS: $US6.99 vs $US6.73 expected
  • Gross revenue: $US17.7 billion vs $US17.79 billion expected
 
Revenue is up 11% year-over year, and Google says that revenue would have been up 18% if it weren’t for currency fluctuations.
 
この期の売上は、前年比で 11% 増となっている。 そして Google は、為替が変動が少なければ、18% 増という売上になっただろうと述べている。
 
Larry PageGoogle CEO Larry Page
 
Stock was up more than 11% after hours on the beat, which included unexpectedly high paid click growth. Investors were also pleased that Google’s operating expenses decreased from last quarter.
 
株価に関しても、収支が発表された数時間後に 11% 増となったが、その背景には、予想外に高かった Paid Click の値がある。さらに投資家たちは、Google の運用コストが、2015年 Q1 よりも減少していることを歓迎していた。
 
This was the the first quarter under the leadership of new CFO Ruth Porat, and investors clearly felt encouraged both by Google’s numbers and what she said on the earnings call.
 
今回は、CFO に Ruth Porat が就任して最初の四半期であったが、Google の決算が示す数値と内容に対して、投資家たちは明らかに納得していたと思われる。
 
In particular, Wall Street has been barking for more disciplined spending, and Porat assured listeners that Google was taking great care to pour most of its money into the core business, while still taking advantage of strategic opportunities.
 
具体的に言うと、Wall Street 筋は、これまで以上に規律のある支出を求め、Porat はコア事業に大半の資金を注ぎこむと約束してきたが、その一方で Google は、依然として戦略的なチャンスにおいて先進を維持している。
 
Google still very much follows its “70 / 20 / 10″ rule: 70% of time, money, and effort goes to core competencies, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots” like smart contact lenses and internet balloons). As Google’s core business growth has decellerated, investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
つまり、いまでも Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に順守しているのだ。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。Google におけるコアビジネスの成長が減速するにつれて、最近では投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google に、あまりを好感を持たなくなってきたが、それが真実ではなかったことを、Porat が裏付けている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
Two of the most important numbers Google reports every quarter are cost per click, how much Google can charge for its ads, and paid clicks, how many times people click those ads.
 
Google が四半期ごとにレポートする、2つの重要なデータがある。 Cost Per Click という数値は、Google が広告に課金できた金額を指し、Paid Click という数値は、それらの広告を人々がクリックした回数を指す。
 
This quarter, CPC was down 11% year-over-year and paid clicks were up 18% year-over-year. Analysts were only expecting an increase of 14%. Last quarter, CPC was down 7% year-over-year and the number of paid clicks was up 13%.
 
この四半期だが、CPC は前年比で 11% のダウンとなり、また、Paid Click は前年比で 18% のアップであった。Paid Click に関するアナリストたちの予測は、14% アップというものであった。なお、前期における数値に関しては、CPC が前年比で 7% ダウンであり、Paid Click が前年比で 13% アップという状況だった。
 
CPC has been decreasing for a while — last quarter, Google attributed that decrease to the impact of YouTube ads, which don’t make as much money as regular ad clicks yet, which upset the popular theory that CPC is declining because advertisers don’t want to spend money on mobile ads. Paid click growth has experienced deceleration as well, so the jump from 13% growth to 18% growth is also likely behind Google’s stock surge.
 
このところ、CPC は減少し続けている。前記の決算において Google は、YouTube 広告の減少が全体的な CPC に影響をおよぼしているが、検索における広告とくらべて、取るに足らない存在であると述べている。つまり、広告主がモバイル広告を買わないから、CPC が低下するという理論を、Youtube 広告が混乱させているのだ。その一方で、Paid Click も減速の傾向にあったが、前期の 13% から、今期の 18% へと、大きくジャンプしたことが、Google の株価を急伸させる背景となった。
 
On the company’s earnings call, Porat and chief business officer Omid Kordestani also said that the monetisation gap between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says.
 
今回の収支報告において、Porat and Chief Business Officer である Omid Kordestani は、モバイルとデスクトップの広告における、収益性に関するギャップが縮小していると述べている。ただし、「モバイル CPC がアップしているのであり、デスクトップ CPC がダウンしているのはない」と、彼は付け加えている。
 
↓ Click to Large ↓
Google Ad Chart
 
Here are the other important numbers from Google’s report:
 
以下の各項目は、Google のレポートから抽出した、重要な数値である:
 
  • Google site revenues were $US12.4 billion, up 13% year-over-year, while Google Networks revenues were $US3.6 billion, up 2% year-over-year
  • That brought the total advertising revenues to $US16 billion, up 11% year-over-year
  • Other revenues, which includes Google’s enterprise business as well as Google Play Store revenues, were $US1.704 billion, up 17% year-over-year
  • Non-GAAP net income was $US4.82 billion, up 16% year-over-year
  • Operating expenses were $US6.31 billion down from $US6.5 billion last quarter, but up from $US5.58 billion Q2 2014
 
  • Google Site の売上は $US12.4 billion であり、前年比で 13% アップとなる。 また、Google Networks の売上は $US3.6 billion であり、前年比で 2% アップとなる。
  • 双方の合計である広告売上は $US16 billion であり、前年比で 11% のアップとなる。
  • Google Enterprise ビジネスと、Google Play ストアなどを収益を含む、Other の売上は $US1.704 billion であり、前年比で 17% アップとなる。
  • 非公式な純利益は $US4.82 billion であり、前年比で 16% アップとなる。
  • 営業経費は、前期の $US6.5 billion から $US6.31 billion へとダウンしたが、2014年 Q2 の $US5.58 billion との比較ではアップとなる。
Now, time for the Q2 earnings call.
 
Porat starts by highlighting growth in YouTube revenues and strength in mobile search as factors behind the strong quarter.
 
Porat は、この堅調だった四半期の要因として、YouTube における売上の伸びと、モバイル検索の強さから、その説明を開始した。
 
“Growth in watch time on YouTube has accelerated and is now up over 60% year over year, the fastest growth rate we’ve seen in two years,” Porat says. “Mobile watch time has more than doubled from a year ago.”
 
Porat は、「YouTube における再生時間が、大幅に拡大している。その成長率は、前年比で 60% 以上となっており、このような年次比較では最大となっている。 また、モバイルでの再生時間は、前年比で二倍以上に伸びている」と述べている。
 
Porat also says that Google continue to close gap between mobile and desktop search monetisation.
 
さらに Porat は、Google 検索におけるモバイルとデスクトップの、収益性に関するギャップが縮小し続けていると述べている。
 
Google’s operating expenses decreased from last quarter, and CAPEX spend was lower than both last quarter and year-over-year.
 
Google における営業費用は、この前の四半期と比べて減少している。 また、設備投資は、前四半期との比較においても、前年同期との比較においても減少している。
 
Porat also reiterated Google plans to be disciplined in managing expenses, while still pursuing strategic opportunities.
 
また、Porat は、Google が経費の管理について、継続して精査していく一方で、戦略的な機会を追求していくとも述べている。
 
“A key focus is on the levers within our control to manage the pace of expenses while still ensuring and supporting our growth,” she says. “We will do this while we continue to invest in engineering talent to keep us preeminent in innovation globally.”
 
彼女は、「私たちがコントロールしていくべき主要なポイントは、支出におけるペースを管理しながら、企業としての成長を確実にサポートする点に集約される。それを実行に移しながら、グローバルでの傑出したイノベーションを維持するための、優れたエンジニアリングに継続して投資していく」と述べている。
 
Google’s chief business officer, Omid Kordestani, also spoke on the call. One interesting tidbit he gave was that the number of people who start their YouTube viewing sessions on the the site’s homepage — versus coming in through a specific video — is up 3x year-over-year. That’s achieving Google’s goal of making the YouTube experience more like that of television, where users tune in, knowing they will find a variety of things they want to watch.
 
この収支報告では、Google の Chief Business Officer である Omid Kordestani も発言している。彼が提供してくれた、興味深いトピックとして、YouTube サイトのホームページからビデオを再生する比率が、前年比で 3倍以上の伸びたという話があった(他サイトからのリンクではなく)。YouTube のエクスペリエンスを、TV のようなものにしていくという、Google の目標が達成されようとしているのだ。そこにユーザーが来たときに、彼らが見たいと思う多様なビデオが存在することを、認識するようになる。
 
On mobile, the average viewing session is now more than 40 minutes, up more than 50% year-over-year.
 
モバイル環境においては、平均的なセッションは 40分以上となり、前年比で 50% 以上の伸びとなっている。
 
Time for questions:
 
When one analyst asked about Google’s priorities, Porat said that the priority is revenue growth, but that pursuing revenue growth is not inconsistent with expense management.
 
あるアナリストが、Google における優先順位について尋ねたとき、収益における成長が優先するが、それを追求することが、支出の管理と矛盾してはならないと、Porat は回答していた。
 
Why has YouTube seen this resurgence in growth? one analyst asks.
 
YouTube の成長力が、復活している理由について、あるアナリストが質問していた。
 
“I think it’s really a combination of all the strengths of YouTube coming together,” Kordestani says. More than 1 billion people use YouTube, and we’re doing a much better job with our products and our salesforce, he says. “It’s really all the pieces coming together for us, but we still see a lot of opportunities ahead.”
 
Kordestani は、「YouTube の持つ強みが、一体化した結果だ。10億以上の人々が YouTube を使用し、私たちは製品と広告の展開を、とてもうまくこなしている。すべての要素が、ほんとうの意味で一体化してきたが、私たちは、これまでの以上のチャンスを見出すだろう」と答えていた。
 
Kordestani also touched upon ways that Google’s trying to make its search ads better across different screens, including through local inventory ads and product listing ads. Retailers can now better see how their Google search ads influence their in-store sales.
 
また、Kordestani は、Googleのは、複数のディスプレイを横断するかたちで、検索広告を改善しようとする、Google の試みにも触れていた。 たとえば、プロダクト・リストの広告と、手元の在庫に関する広告を、連携して表示できるようになる。Google の検索広告により、ストア内での販売に生じる影響を、小売業者たちは確認できるようになっている。
 
Porat once again celebrated the fact that the price difference Google can charge between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says. It took time to fully develop the pricing model for desktop, and we’re continually working on developing that ecosystem for mobile, she adds.
 
再び Porat は、Google 広告における、モバイルとデスクトップのギャップが、縮小しているという事実を歓迎していると述べていいた。「モバイル CPC がアップしているが、デスクトップ CPC は低下していない」と、Porat は発言している。デスクトップのための、完全な価格設定モデルを開発するために、膨大な時間を費やしてきた。そして、いま、モバイルのためのエコシステムの開発に、継続的に取り組んでいると、彼女は付け加えている。
 
She also once again assured investors that Google still very much follows the “70 / 20 / 10″ framework that it always as. That is, 70% of time and effort goes to core competences, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots”). Investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
そして、彼女は再び、Google が、 Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に守っていることを、投資家たちに保証した。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google を心配しているが、Porat は、事実とは異なると述べている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
ーーーーー
google-55aちょっと、時間が空いてしまいましたが、Google の 2015年 Q2 の決算に関するレポートです。これまでの、収益性の低かったモバイル広告が、次第にデスクトップ広告とのギャップを埋め始めているというのは、Google が待ち望んできた状況なのだと思います。 Larry Page が CEO として、Google の決算を報告するのは、今回が最後となるわけですが、とてもよいかたちで、Sundar Pichai への引き継ぎが完了したようです。 そして、これからも、Google には 70 / 20 / 10 のルールを、守り続けてもらいたいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう 
各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!
 

Comments Off on Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Square が IPO へ向けて走りだした:そのペイメント・ビジネスを1枚のチャートで!

Posted in Businesses, Mobile, Research by agilecat.cloud on October 18, 2015
The Numbers Behind Square’s Payment Business
Felix Richter − October 15th, 2015
http://www.statista.com/chart/3881/square-financials/
 
_ Statista
 
Mobile payment provider Square is going public. The company, led by co-founder and Twitter CEO Jack Dorsey, filed for its initial public offering and plans to be listed on the New York Stock Exchange under the symbol “SQ”.
 
モバイル・ペイメント・プロバイダー の Square が、IPO へ向けて突き進んでいる。同社は Co-Founder であり、Twitter の CEO でもある Jack Dorsey に率いられ、すでに新規株式公開を申請しており、また、シンボル SQ で New York Stock Exchange に上場する予定だ。
 
Square-Payment
This chart shows the financials behind the mobile payments company Square.
 
Square enables merchants to process card payments on smartphones and tablets, offering both the hardware and the software necessary to do so. In 2014, the company processed payments worth $23.8 billion, generating revenue of $850 million. As many other companies in the late startup stage, Square has yet to become profitable, having posted a net loss of $154 million in 2014.
 
Square はスマホやタブレットでカード決済を行うために必要な、ハードウェアとソフトウェアを店舗に提供することで、そのビジネスを推進してきた。同社は 2014年に、$23.8 billion という規模の決済額を処理し、$850 million の収益を上げている。数多くのスタートアップが、なかなか黒字化しないのと同様に、2014年の Square も $154 million の純損失を計上している。
 
ーーーーー
research_55あまり、Square のことは追いかけてきませんでしたが、このチャートをみると、かなり順調に伸びている感じがしますね。この 1月〜6月期で、約 $16 Billion の取扱高なので、単純に計算すると、2015年は $32 Billion 程度となります。また、収益も $1.2 Billion くらいになりそうですが、半年で $77.6 Million という純損失は、どうなるのでしょうかね? でも、まぁ、倍増しても昨年と同じレベルに収まるので、イケそうに思えてきます。 モバイル・ペイメントの世界は、Apple Pay が参入してきたり、Google Walllet が強化されたりと、競合が厳しくなってきていますが、Square はカード決済なので、セグメントとしては重複しないのでしょう。それにしても、こういうチャートは、状況が一目でわかるので、とても有り難いですね :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
クレジット・カード決済における手数料を分析してみた:Apple Pay の予習に ど〜ぞ!
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!
PayPal の決済アプリが、Galaxy S5 の指紋リーダーと連携:時代はバイオメトリクスだ!
Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは?
 

Comments Off on Square が IPO へ向けて走りだした:そのペイメント・ビジネスを1枚のチャートで!

%d bloggers like this: