Agile Cat — in the cloud

Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, IBM, Microsoft by Agile Cat on October 23, 2014

Microsoft and IBM partner to bring each other’s enterprise software to their respective cloud platforms
http://wp.me/pwo1E-7Yp
October 22, 2014 – Emil Protalinski
http://venturebeat.com/2014/10/22/microsoft-and-ibm-partner-to-bring-enterprise-software-to-their-respective-cloud-platforms/

_ VB

Microsoft and IBM today announced a partnership that will see the two companies bring their respective enterprise software to Microsoft Azure and IBM Cloud. The duo believe the relationship will help their respective clients, partners, and developers by offering more choice in the cloud.

今日(10/22)の Microsoft と IBM によるアナウンスメントは、それぞれのエンタープライズ・ソフトウェアを、Microsoft Azure と IBM Cloud に展開するためのパートナーシップを発表するものである。 この二社は、クラウドにおける多様な選択肢を提供することで、それぞれのカスタマー/パートナー/デベロッパーを支援していけると確信している。

Image Credit
Shutterstock
Pavelk

The companies will also let customers bring their own software licenses to the Microsoft and IBM clouds, with the goal of helping customers avoid extra costs. In turn, Microsoft and IBM hope to gain new business opportunities, spur innovation, and reduce costs.

そして両社は、すでに顧客が所有するソフトウェア・ライセンスを、Microsoft と IBM のクラウドに展開することを促し、余分なコストの排除を目標にしていく。つまり Microsoft と IBM は、新たなビジネス・チャンスの創出/イノベーションの促進/コストの削減を、合理的な順序で進めたいと考えているのだ。

The two are promising to make key IBM middleware such as WebSphere Liberty, MQ, and DB2 available in the Microsoft Azure Virtual Machines service. IBM will expand support of its software running on Windows Server Hyper-V, and the companies plan to make IBM Pure Application Service available on Azure. Microsoft will offer IBM middleware software licenses to Azure customers with pay-per-use pricing.

さらに両社は、IBM のミドルウェアである WebSphere Liberty/MQ/DB2 などを、Microsoft Azure Virtual Machines サービスに展開することを、重視していくと約束している。つまり IBM は、Windows Server Hyper-V 上で走る、自身のソフトウェア・サポートを拡大していく。 それにより両社は、Azure 上で走る IBM Pure Application Service というプランを、推進していけるようになる。Microsoft は Azure ユーザーに対して、IBM のミドルウェア·ソフトウェアのライセンスを、従量課金の形態で提供しくようになる。

The two will also work together to deliver Microsoft .NET runtimes, along with relevant tooling, for IBM’s Bluemix cloud development platform. At the same time, Windows Server and SQL Server will be offered on IBM Cloud.

なお、この二社は、IBM の Bluemix Cloud 開発プラットフォームに対して、Microsoft .NET ランタイムおよび、それに関連するツールと提供していく。それと同時に、Windows Server および SQL Server も、IBM Cloud 上に提供されるようになる。

The hope is that millions of .NET developers will want to build applications at scale for clients on IBM’s cloud platform. The duo say they will start by offering a limited preview of .NET operating within Bluemix, and then go from there.

つまり、膨大な数の .NET デベロッパーが、IBM のクラウド・プラットフォーム上のクライアントに合わせたスケールで、アプリケーションを構築していくように促していきたいのだ。このデュオは、Bluemix 上で動作する、限定された .NET プレビューを提供した後に、このプランを本格化していく。

We have asked Microsoft and IBM for more information regarding timing and will update this post if we learn more.

私たちは、Microsoft と IBM に対して、タイム・フレームに関する詳細を要求している。 したがって、何らかの情報が提供されるなら、このポストをアップデートしていく。

Update: Microsoft responded with the following details.

アップデート:Microsoft から、以下の情報が提供された。

  • In the coming weeks, Microsoft Open Technologies, a wholly owned subsidiary of Microsoft, will publish license-included virtual machine images with key IBM software pre-installed. Customers can take advantage of these virtual machines to use the included IBM software in a “pay-per-use” fashion.
  • Effective immediately, IBM has updated its policies to allow customers to bring their own license to Microsoft Azure by installing supported IBM software on a virtual machine in Azure.
  • Windows Server and SQL Server are available for use on IBM Cloud effective immediately.
  • For .NET operating within Bluemix, the companies will begin with a limited preview at a future date.
  • これからの数週間のうちに、Microsoft の完全子会社である Microsoft Open Technologies から、ライセンスが発行される。 そこには、IBM の主要ソフトウェアがプリ・インストールされた、仮想マシンのイメージが取り込まれている。顧客にとっては、IBM のソフトウェアを従量課金の形式で使用するために、それらの仮想マシンを利用できるというメリットが生じる。
  • 即効性を考慮して、すでに IBM ユーザーが所有するソフトウェアを、Microsoft Azure 上に展開できるよう、ライセンス・ポリシーが更新されている。したがって、Azure 仮想マシン上に、サポートされている IBM ソフトウェアをインストールすることが可能になっている。
  • 即効性を考慮して、Windows Server および SQL Server は、すでに IBM Cloud 上で利用できるようになっている。
  • Bluemix 内での .NET の運用に関しては、両社が日程を調整した後に、制限されたプレビューの提供を開始する。

IBM has yet to respond but we don’t expect the company will be able to share anything Microsoft hasn’t.

IBM からの反応はないが、Microsoft が言及していない何かが、同社から発表されることはないだろう。

ーーーーー

このポストを訳した限りでは、ユーザーとデベロッパーのことを考え、エコシステムを強化していこうという、両社の目論見がストレートに出ていて、とても良い感じがします。 それにしても、このところの IBM の動きの速さには、眼を見張るばかりです。 IBM が先手をとって動きまわることで、クラウド界の再編が、とても良いテンポで進んでいますね。 Ginni Rometty って、凄いなぁと感心しています。そして、Satya Nadella の柔軟な発想にも拍手です!

ーーーーー

<関連>

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!

Posted in Data Center Trends, Businesses, .Chronicle, Amazon, Google, .Selected, Energy by Agile Cat on October 2, 2014

Google Says Cloud Prices Will Follow Moore’s Law: Are We All Renters Now?
http://wp.me/pwo1E-7UY
Wednesday, May 14, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/5/14/google-says-cloud-prices-will-follow-moores-law-are-we-all-r.html

_ highscalability

After Google cut prices on their Google Cloud Platform Amazon quickly followed with their own price cuts. Even more interesting is what the future holds for pricing. The near future looks great. After that? We’ll see.

Google が、その Google Cloud Platform の価格を引き下げ、すぐに Amazon も追随した。さらに興味深いのは、将来における価格の設定である。 おそらく、近い将来に、素晴らしい状況になるだろうが、なにが、そうさせるのだろう?

Adrian Cockcroft highlights that Google thinks prices should follow Moore’s law, which means we should expect prices to halve every 18-24 months.

Google が考えているのは、その価格はムーアの法則に従うべきだというものであり、18ヶ月〜24カ月で半額になることを期待できるはずだと、Adrian Cockcroft は強調している。

That’s good news. Greater cost certainty means you can make much more aggressive build out plans. With the savings you can hire more people, handle more customers, and add those media rich features you thought you couldn’t afford. Design is directly related to costs.

それは良いニュースだ。 大幅にコストが引き下げられるなら、あらゆる計画を、より積極的に立案していける。クラウド・コストの削減により、より多くの人材を雇用し、より多くの顧客に対応し、余裕がなければ対処できないことを、それらのメディアを用いて実現していける。 デザインというものは、コストの影響をダイレクトに受けるのだ。

Without Google competing with Amazon there’s little doubt the price reduction curve would be much less favourable.

Amazon と競合する Google という存在がなければ、低価格化の曲線は、はるかに魅力のないものであったいう疑念が、少なからず残される。

As a late cloud entrant Google is now in a customer acquisition phase, so they are willing to pay for customers, which means lower prices are an acceptable cost of doing business. Profit and high margins are not the objective. Getting market share is what is important.

遅れてクラウド(IaaS の意味)に参入してきた Google にとって、いまは顧客を獲得するフェーズにある。 したがって、顧客がビジネスを展開しやすいような、低コストを提示するという、利益を度外視した戦略をとってきている。つまり、大きな利益やマージンは二の次なのである。 そして、マーケットでシェアを取ることが最優先されている。

Amazon on the other hand has been reaping the higher margins earned from recurring customers. So Google’s entrance into the early product life cycle phase is making Amazon eat into their margins and is forcing down prices over all.

その一方で、Amazon は、継続して利用してくれる顧客から、より高い利益率を享受してきた。つまり、確立しつつあるプロダクト・ライフサイクルのフェーズに、Google が乱入してきたことで、Amazon のマージンは圧縮され、すべてにおいて価格の引き下げを強いられている。

But there’s a floor to how low prices can go. Alen Peacock, co-founder of Space Monkey has an interesting graphic telling the story. This is Amazon’s historical pricing for 1TB of storage in S3, graphed as a multiple of the historical pricing for 1TB of local hard disk:

しかし、低価格化が行き着く先としての底値があるのだ。Space Monky の co-founder である Alen Peacock が、そのストーリーを説明する、興味深いチャートを提供している。それは、1TB のハードディスクをローカルで持つ場合と、1TB のストレージを Amazon の S3 に持つ場合で、何倍の対価が発生するのかを、時間軸の中に示すものとなっている。

_  space

Alen explains it this way:

Cloud prices do decrease over time, and have dropped significantly over the timespan shown in the graph, but this graph shows cloud storage prices as a multiple of hard disk prices. In other words, hard disk prices are dropping much faster than datacenter prices. This is because, right, datacenters have costs other than hard disks (power, cooling, bandwidth, building infrastructure, diesel backup generators, battery backup systems, fire suppression, staffing, etc). Most of those costs do not follow Moore’s Law — in fact energy costs are on a long trend upwards. So over time, the gap shown by the graph should continue to widen.

クラウドの価格は、時間の経過とともに低下し、また、前述のチャート(上記のものとは別のもの)における時間軸では、かなりのペースで下落している。 しかし、このチャートは、クラウド・ストレージの価格と比べて、何倍かの速度でハードディスクの価格が下落している様子を示している。つまり、ハードディスクの価格は、データセンターの価格よりも、はるかに速く下落しているのだ。なぜなら、データセンターのコストには、ハードディスク以外のもの(電源/冷却/帯域幅/建造物/非常用ジーゼル発電機/バッテリ·バックアップ·システム/消火設備/人材など)が含まれるからである。これらのコストの大半は、ムーアの法則に従わないものであり、実際のところ、電力コストの長期的な傾向は上昇曲線にある。 したがって、上記のチャートで示されるギャップは、時間をかけながら広がり続けるはずである。

The economic advantages of building your own (but housed in datacenters) is there, but it isn’t huge. There is also some long term strategic advantage to building your own, e.g., GDrive dropped their price dramatically at will because Google owns their datacenters, but Dropbox couldn’t do that without convincing Amazon to drop the price they pay for S3.

あなた自身でストレージを構築すれば(データセンターにホストされる)、経済的な利点があるが、それほど大きなものではない。それならば、長期的な戦略として、データセンターを自分で構築するという考え方もある。Google は、自身でデータセンターを所有しているため、GDrive の価格を意図的に引き下げることができる。 しかし、Dropboxが、同じように価格を引き下げようとするなら、S3 のコストを引き下げるよう、Amazon を説得しなければならない。

Costs other than hardware began dominating in datacenters several years ago, Moore’s Law-like effects are dampened. Energy/cooling and cooling costs do not follow Moore’s Law, and those costs make up a huge component of the overall picture in datacenters. This is only going to get worse, barring some radical new energy production technology arriving on the scene.

この数年、データセンターのコストは、ハードウェア以外のものに支配され始め、ムーアの法則の効果が希薄になっている。電力を冷却のコストが、ムーアの法則に従うことはなく、また、それらのコストは、データセンター全体という巨大なコンポーネントに影響している。つまり、何らかの革新的なエネルギー生産テクノロジーが登場しなければ、さらに事態は悪化していくだろう。

What we’re [Space Monkey] interested in, long term, is dropping the floor out from underneath all of these, and I think that only happens if you get out of the datacenter entirely.

私たち Space Monkey が、長期的な視点として興味を持っているのは、それらすべての背景から引き離して、いまの下限値を引き下げられるかどうか、という点である。 そして、あなたがデータセンターの中に、まったく踏み込まないのなら、そうなる可能性もあると思えるのだ。

As the size of cloud market is still growing there will still be a fight for market share. When growth slows and the market is divided between major players a collusionary pricing phase will take over. Cloud customers are sticky customers. It’s hard to move off a cloud. The need for higher margins to justify the cash flow drain during the customer acquisition phase will reverse the favorable trends we are seeing now.

クラウド・マーケットの規模が拡大するにつれて、マーケット・シェアの戦いも続いていく。しかし、その成長が減速し、主要なプレーヤーがマーケットを住み分けると、結託した価格政策の時代へと引き継がれていく。クラウドの顧客は、そこに寄り添う顧客である。 したがって、クラウドから逃げ出すのは難しい。将来における高いマージンへの期待が、いまの顧客獲得のフェーズにおける、キャッシュ·フローの流出を正当化しているのかもしれない。そうだとすると、いまの好ましい流れが、いずれは逆転する状況を、私たちは目にすることになる。

Until then it seems the economics indicate we are in a rent, not a buy world.

逆に言えば、経済的な観点において、そうなるまでの間は、買うのではなく借りるという方式が、好ましいのだろう。

Related Articles

  • IaaS Series: Cloud Storage Pricing – How Low Can They Go? – "For now it seems we can assume we’ve not seen the last of the big price reductions."
  • The Cloud Is Not Green
  • Brad Stone: “Bill Miller, the chief investment officer at Legg Mason Capital Management and a major Amazon shareholder, asked Bezos at the time about the profitability prospects for AWS. Bezos predicted they would be good over the long term but said that he didn’t want to repeat “Steve Jobs’s mistake” of pricing the iPhone in a way that was so fantastically profitable that the smartphone market became a magnet for competition.”

ーーーーー

久々の High Scalability からの翻訳ですが、さすがは Todd Hoff さん、視点が鋭いです。 サーバーにしろ、ストレージにしろ、IT 機器はムーアの法則に則って、これから先もコストを引き下げていくのでしょうが、クラウドにはデータセンターならではのコスト、というものが含まれます。そして、インフラのレイヤを下っていって、電気料金のところまでいくと、そこは固定されていて動かしようがない、というのが普通の状況です。でも、Google が、そう言うからには、再生可能エネルギーの生産まで含めて、将来をデザインしているのかもしれません。 とても興味深い話ですね!

ーーーーー

<関連>

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

Eucalyptus を買収する HP : どのような戦略を展開するのだろう?

Posted in Businesses, HP, OpenStack by Agile Cat on September 16, 2014

HP to buy cloud software startup in rare acquisition
http://wp.me/pwo1E-7Sh

Reuters - Friday, Sep 12, 2014
http://digital.asiaone.com/digital/news/hp-buy-cloud-software-startup-rare-acquisition

SAN FRANCISCO – Hewlett-Packard Co plans to buy cloud software startup Eucalyptus Software, a rare acquisition for the company since its failed US$11 billion (S$13.9 billion) purchase of Britain’s Autonomy Plc in 2011.

Hewlett-Packard Co が、クラウド·ソフトウェアのスタートアップである Eucalyptus Software の買収を検討している。同社は、2011年にイギリスの Autonomy Plc を US$11 billion (S$13.9 billion) を取得しているが、その後の展開に失敗しているため、久々の買収となる。

In this August 20, 2005 file photo, the entrance of Hewlett-Packard (HP) headquarters in Palo Alto, California is shown.

HP did not say how much it will pay for Eucalyptus, which provides open-source software for building private and hybrid clouds, or Internet-based computing services. A source familiar with the deal told Reuters that HP would pay less than US$100 million. Tech blog Re/code first reported the price tag earlier on Thursday.

HP が買収する Eucalyptus は、プライベート/ハイブリッド・クラウドおよび、インターネット・ベースのコンピューティング·サービスを構築するための、オープンソース・ソフトウェアを提供している企業であるが、その対価については口をつぐんでいる。この買収撃に精通する情報筋は Reuters に対して、HP が支払う金額は US$100 million 以下になると語っている。 テック・ブログである RE /code が、その価格について、この木曜日に初めてレポートしている。

The acquisition is expected to close in the fiscal fourth quarter, after which Eucalyptus Chief Executive Officer Marten Mickos, a proponent of open-sourced software, will join HP as senior vice president and head of its cloud business.

この買収により、Eucalyptus の CEO であり、オープンソース・ソフトウェアの支持者でもある Marten Mickos が、HP の Senior VP and Head of Cloud Business に収まる。 そして手続きは、この Q4(HP の会計年度)に完了すると予測される。

He will report to CEO Meg Whitman. Among his duties will be building HP’s "Helion" cloud computing services, the company said on Thursday.

彼のレポート・ラインは CEO の Meg Whitman になり、また、その責任範囲には HP の "Helion" クラウド・コンピューティング・サービスも含まれると、同社は木曜日に説明している。

Martin Fink, who now leads the cloud business, will remain chief technology officer as well as director of HP Labs, which focuses on researching next-generation products.

いま現在、クラウド・ビジネスのリーダーは Martin Fink であるが、彼は CTO の職務を継続し、また、次世代プロダクツを研究する HP Lab の Director も兼務する。

HP, once the world’s largest PC maker but now trying to become a leading provider of hardware and software to corporate and government clients, was forced to write down much of Autonomy after the company said it discovered serious accounting irregularities.

かつての HP は、世界最大の PC メーカーであったが、いまは、企業や政府をクライアントとした、ハードウェアとソフトウェアのリーディング・プロバイダーになろうとしている。また、同社は、Autonomy の会計に問題を発見した後に、大量の損失処理を余儀なくされたと述べている。

It ended the July 2014 quarter with US$4.9 billion in operating company net cash. In August, Whitman told analysts HP was in a position to make acquisitions if needed, though it remains committed to returning half its cash to shareholders.

それも、2014年 7月に終わった。 なぜなら、同社は 4月〜6月期において、US$4.9 billion の純益を手にしたのだ。 そして 8月に、Whitman はアリストたちに、必要に応じて買収を行えるポジションへと、HP が戻ってきたことを説明した。しかし、そのキャッシュの半分は、株主に還元するという約束も残っている。

ーーーーー

先週は、VMware を買収するというウワサに巻き込まれた HP ですが、この Eucalyptus の話は確定のようですね。 それにしても、Helion に関する人事をも含む、大規模な組織改革を、HP は行なっていくようです。 HP は、この OpenStack ベースのクラウドを、インドや中国に持ち込もうとしているようであり、なかなか面白い展開が期待できそうです。 Autonomy ショックから立ち直り、HP に元気が戻ってきた感じですね。

ーーーーー

<関連>

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート
EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている
HP が $10B で 買収する Autonomy は、Big Data のスペシャリスト?
HP も OpenStack への参加を表明
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている : The Register のレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC denies VMware sale plan
http://wp.me/pwo1E-7R5
By Simon Sharwood, 12 Sep 2014
http://www.theregister.co.uk/2014/09/12/emc_denies_vmware_sale_plan/

_Register

Rumour and counter-rumour swirl around Wall Street

ーーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

EMC has reportedly denied it intends to sell a stake in VMware, after being reported as entertaining just such a sale.

伝えられるところによると、世間を騒がす売却話がレポートされた後に、EMC は VMware の株式売却を否定している。

Confused? Here’s how this is playing out.

混乱しているだろうか? 以下に、その経緯を説明する。

Back in July, activist investor Elliot Management picked up a stake in EMC. Someone then whispered in The Wall Street Journal’s ear that Elliot did so in order to engineer a spin-out of VMware, the better to line investors’ pockets.

話は 7月に戻るが、積極的に動きまわる投資家である Elliot Management が、EMC の株式を取得した。そして、誰か、VMware のスピンアウトを画策するために、つまり、投資家たちの懐を温めるために、Elliot が動いていると、The Wall Street Journal の耳元で囁いた。

In weeks since, EMC has acknowledged its duty to engage with shareholders in order to improve their prospects. It has also re-iterated the belief that EMC works best as a ”federation” of companies.

それから数週間が経過しているが、EMC は株主と密に接しながら、その見通しを改善していくという義務をまっとうしている。そして、複数の企業による Federation として、EMC が機能することがベストだという信念を、再繰り返して説明している。

Fast forward to Thursday, when The New York Post reported that EMC “has decided to explore selling its stake in VMware”.

ここで、再び、The New York Post が「EMC が VMware の売却を決心した」と報じた、この木曜日の時点まで時間を進める。

Not many hours after that story appeared, a credible source told Re/code that The Post’s story is bunk. Another 90 minutes or so later, Reuters heard similar whispers.

その売却話が浮上してから、数時間も経たないうちに、信頼できる情報筋が Re/code に、New York Post の話はガセだと語っている。 そこから、90分ほど後に、同じウワサを Reuters が拾った。

None of the allegations floating around can be tied down to an actual person willing to put their names to their “facts”. So this looks like either rumour-mongering or some kind of weird Wall Street leaking game in which players prod each other through the media.

いずれの主張も、話したとされる人物と、「事実」とされる内容が、結び付けられていない、あやふやなものである。

したがって、ウワサ商売のたぐいというか、Wall Street の奇妙なリーク・ゲームというか、そのようなものとして見るべきなのだろう。 つまり、メディアを通じてプレーヤーたちが、お互いを叩き合っているわけだ。

Let’s just keep the kit these players need to go about their business running, shall we?

それらの出来事は、プレイヤーたちがビジネスを展開するための、単なる道具として捉えるべきなのだろう。 それで、良いんじゃない?

ーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

真相は闇の中、、、という感じです。 この The Register のポストを読む限り、EMC もオフィシャルには否定していないようです。 続報があればと思い、ググッた結果は以下のとおりです(12日14時)。まだ、目を通してもいませんが、候補として IBM が登場したという説もあるようです。なにやら、話は広がり、いわゆる炎上モードに入っているような感じもしますね。

ーーーーー

<関連>

Channelnomics: EMC Considers Selling VMware to HP – Reports
Bnamericas: EMC may sell VMware to HP – report
ZDNet: EMC mulls selling stake in VMware, reportedly calls deal a ‘distraction’
Infotechlead: HP and IBM target VMware as EMC plans to exit
The Street: EMC Seen as Potential Target After Said to Mull VMware Stake Sale

 

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC considers selling stake in VMware: NY Post
http://wp.me/pwo1E-7QI

September 11, 2014 MYT 8:00:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/09/11/EMC-considers-selling-stake-in-VMware-NY-Post/

_Star Online

Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

データ・ストレージ・プロダクツのメーカーである EMC だが、同社の傘下で仮想化ソフトウェア・ユニットとして機能している、VMware を売却する方向で検討を始めたと、この状況に精通している情報筋の言葉を引用するかたちで、 New York Post がレポートしている。

Hewlett-Packard Co is a potential buyer for VMware, a source told the paper.

そして、この情報筋は、VMware の売却先が Hewlett-Packard Co になる可能性が高いと、紙面で述べている。

POTENTIAL SALE: Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

EMC has been resisting pressure from activist investor Elliott Management Corp to spin off VMware, saying that keeping the companies together helps the company win business.

これまでの EMC は、VMware のスピン・オフを推進すべきとする、投資家の Elliott Management Corp からの圧力に抵抗してきた。そして、両社が協調することで、ビジネスで勝利を収められると発言してきた。

Elliott has invested more than US $1 bil (RM 3.19 bil) in EMC with an aim to push it to spin off VMware, which has a market value of about US$41.88bil (RM 133.81 bil). EMC, which owns about 80% of VMware, had bought the company in 2004 for US $700 mil (RM 2.23 bil). VMware accounted for about 22% of EMC’s 2013 revenue of US $23.2 bil (RM 74.12 bil).

Elliott は EMC に US $1bil (RM 3.19 bil) 以上を出資しており、市場価格が US $41.88 bil (RM 133.81 bil) とされる VMware を、売却させようとしている。 また、EMC は、VMware の株式の約 80% を所有しているが、それは 2004年の時点で、US$700mil (RM2.23bil) という対価で買い求めたものである。そして、2013年の VMware は、EMC グループ全体の 22% に相当する、US $23.2 bil (RM 74.12 bil) という売上をあげている。

EMC may also look to put other assets on sale, another source told the Post. EMC, VMware and HP did not immediately respond to requests for comment.

また、EMC は、その他の資産の売却も検討していると、前述の情報筋は New York Post に語っている。EMC と、VMware と、HP にコメントを求めているが、いずれも無言を貫いている。

Up to Wednesday’s close, EMC shares had gained about 12% in 12 months, while the S&P 500 Index had risen about 21%. Shares of EMC, which has a market value of US$59.86bil (RM191.26bil), were up 2% at US$30.17 (RM96.40) in premarket trading. — Reuters

EMC の株価であるが、水曜日のマーケットが閉まる時点で、前年と比べて 12% の上昇を達成している。 ただし、S&P 500 Index が、21% の上昇を見せているという現実もある。 なお、EMC の株式総資産は  US $59.86 bil (RM 191.26 bil) であり、プレ・マーケット・トレーディングにおいて US $30.17 (RM 96.40) の上昇となっている。— Reuters

ーーーーー

否定説です:EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている

ーーーーー

今週は、この他にも、「Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポート」という話がありました。 この数年間を支配してきたとも言える、仮想化というテクノロジーは、クラウド・シフトと共に、次第に輝きを失っていくのでしょうか? もう、4年も前のポストですが、「VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを」という、Gogaom が付けたタイトルが、幾度となく脳裏を横切っていきます。

ーーーーー

<関連>

Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?

Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを、インフォグラフィクスで比較する!

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Businesses, Research by Agile Cat on September 2, 2014

Alibaba vs Amazon in an infographic
http://wp.me/pwo1E-7NR
August 30, 2014 – by Willis Wee
http://www.techinasia.com/alibaba-amazon-infographic/

_ tech in asia

Alibaba vs Amazon? It’s tough to compare the two e-commerce companies given that each company subscribes to different business model. But that didn’t stop the guys at Smart Intern China to create an infographic  comparing the two giants.

Alibaba vs Amazon なのか? 2つのコマース・サイトを比較することは、両者が異なるビジネス・モデルを展開しているため、難しいものとなる。しかし、Smart Intern China の人たちは、二人の巨人を比較するインフォグラフィックの作成を止めようとしない。

Infographic ⇒ 

Infographic aside, it is perhaps important to note that Amazon and Alibaba each adopts different e-commerce models. Amazon follows the B2C model which purchases stock and maintains its own warehouse and logistics. Whereas Alibaba follows the C2C and B2B2C models (like Taobao and Tmall) which are open platforms and marketplaces.

このインフォグラフィックはさておき、Amazon と Alibaba が別々のコマース・モデルを採用していることに、注意する必要があるはずだ。Amazon は商品を仕入れ、また、独自の倉庫や物流を維持するかたちの B2C モデルを採用している。それに対して Alibaba は、C2C と B2B2C のモデル(たとえば TaobaoTmall)を採用し、オープンなプラットフォームとマーケットプレイスを目指している。

Despite generating substantially more revenue than Alibaba, Amazon isn’t yet profitable. Last year March, Alibaba’s Founder and Chairman Jack Ma slammed Amazon’s business model at a conference where he said the B2C model “is going to face a huge challenge.”

たしかに Amazon は、Alibaba よりも多くの売上を上げながら、それほどの利益を出していない。 昨年の 3月に、あるカンファレンスにおいて、Alibaba の Founder and Chairman である Jack Ma は、B2C モデルは「巨大な課題に直面しようとしている」と述べ、Amazon のビジネス・モデルを批判した。

We believe that putting (…) the traditional business just purely online – that’s not called e-commerce. In the future, business will not make money because of the scale, it’s because of the value – the different value – created. (…) I checked Amazon. They have $52 billion but they still do not make money, so ‘scale’ does not make any sense.

私たちの信念からすると(…)従来かのビジネスをオンラインに置き換えただけのものは、eコマースと呼べない。これからのビジネスでは、スケールだけを要因として、利益を得ることはできなくなる。なんらかの価値を、つまり別の価値を創造しなければならない。(…)私は、Amazon についてチェックした。彼らは、$52 billion の売上を有しているが、それほどの利益を上げていない。 つまり、スケールに意味が無いことを証明しているのだ。

He also went on to offer his opinion about e-commerce in China and in the US, describing e-commerce in the US a dessert.

また、彼は、China と US における eコマースについて見解を述べているが、US の eコマースをデザートのようなものだと評している。

“It’s supplementary to their main business, because the USA’s infrastructure of doing business is so good. So it is very difficult for e-commerce in the USA to grow, to develop, to surpass the traditional business,” Ma said. “But in China, because the infrastructure of commerce is too bad, then e-commerce becomes the main course.”

Jack Ma は、「 USA のインフラは、同国内でのメイン・ビジネスを実現する上で、とても素晴らしいものとなっている。したがって、US の eコマースは、そのメイン・ビジネスを補足するものであり、また、成長と進化に制約を持ち、従来からのビジネスを上回ることが、とても難である。しかし、China のビジネス・インフラは、あまりにも劣っているため、eコマースがメイン・コースになり得るのだ」と、述べている。

Alibaba is poised to go public on the New York Stock Exchange in what could be the biggest IPO in US and internet history.

Alibaba は、US 経済において、また、インターネットの歴史において、史上最大の IPO を達成するものとして、New York Stock Exchange で上場する態勢を整えている。

See: Jack Ma is now China’s richest person

ーーーーー

何度となく、その名前を聞く Alibaba ですが、その規模やビジネス・モデルは、この記事を読み、インフォグラフィクスを参照することで、初めて知ったという感じがします。また、Jack Ma の話のうまさと頭の良さも、この短い逸話から充分に伝わってきますね。 そして、最近の中国やインドの動きを見ていて、IT 産業における内需の強さをヒシヒシと感じるのですが、それは、そのまま、日本の危機感にもつながるわけで、とても心細くなってしまいます。

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける

Posted in Businesses, On Monday, Research by Agile Cat on August 25, 2014

Cloud Computing Market: Growing at an Annual Rate of 23 Percent
http://wp.me/pwo1E-7Mw
By Dick Weisinger – Aug 19, 2014 
http://formtek.com/blog/cloud-computing-market-growing-at-an-annual-rate-of-23-percent/

_ formtek

The final tally for spending in the Public Cloud Computing market in 2013 comes in at a whopping $45.7 billion according to a recent study by IDC.  IDC also predicts that the cloud market will continue to grow at an average annual rate of 23 percent through 2018.

最近の IDC の調査によると、2013年の Public Cloud Computing 市場における最終的な収益は、驚くべきことに合計で $45.7 billion に達するという。さらに IDC は、クラウド・マーケットは 2018年に至るまで、年間の成長率として 23% 平均を維持し続けると予測している。

Cloud software spending, which includes both SaaS and PaaS, accounts for 86 percent of the cloud services market.  ERP and CRM are the two biggest components of this sector.  In 2013, $10.78 billion was spent on ERP and $8.13 billion was spent on CRM.  Salesforce.com and ADP are the two largest SaaS vendors, followed by Intuit, Oracle and Microsoft, according to IDC’s survey.

SaaS と PaaS の両者を含むクラウド·ソフトウェアにおける支出は、クラウド・サービス市場全体の86% を占めている。そして、この分野では、ERPと CRM が二大構成要素となる。2013年において、ERP には $10,78 billion が費やされ、CRM には  $8.13 billion が費やされた。 IDC の調査によると、Salesforce.com と ADP (Automatic Data Processing) が二大 SaaS ベンダーであり、そこに Intuit と Oracle と Microsoft が続くことになる。

Cloud infrastructure, which includes IaaS and storage solutions, accounts for 14 percent of the market share.  In this market, Amazon.com holds the top position with over 40 percent of market share, followed by RackSpace, IBM, CenturyLink, and Microsoft.

IaaS と Storage のソリューションを含む、クラウド・インフラストラクチャの領域は、クラウド市場全体の 14% を占めることになる。このマーケットでは、Amazon.com が 40% のシェアでトップの座を維持し、そこに、RackSpace および、IBM、CenturyLink、Microsoft などが続く。

Frank Gens, Senior Vice President and Chief Analyst at IDC, said that ”we are at a pivotal time in the battle for leadership and innovation in the cloud. IDC’s Public Cloud Services Tracker shows very rapid growth in customer cloud service spending across 19 product categories and within eight geographic regions. Not coincidentally, we see vendors introducing many new cloud offerings and slashing cloud pricing in order to capture market share. Market share leadership will certainly be up for grabs over the next 2-3 years.”

IDC の Senior VP and Chief Analyst である Frank Gens は、「 私たちは、クラウドのリーダーシップとイノベーションにおける戦いの、きわめて重要な時期に生きている。 IDC の Public Cloud Services Tracker サービスは、8つの地理的ロケーションを横断し、また、19 のプロダクト・カテゴリーを対象とする中で、顧客によるクラウド・サービスへの支出が、きわめて急速に成長していることを示している。そして、偶然ではなく、ベンダーたちがマーケット・シェアを獲得するために、数多くの新しいクラウド・サービスを導入し、それらの価格を切り下げている状況を目にしている。マーケット・シェアにおけるリーダーシップは、これからの 2年〜3年の間に、確実に趨勢を明らかにするだろう」と、述べている。

ーーーーー

昨年の5月の Gigaom で、2013年 Q1 の IaaS/PaaS における売上が、約 $2B に達していると紹介されていました。 そして、この記事では、IaaS の売上が $45.7B の 14% であると、つまり、$6.44 B であるとされているので、大まかなところで一致していると思えます。 それにしても、SaaS の売上が、これほどまで伸びているとは驚きです。 そして、ADP (Automatic Data Processing) という会社が、Salesforce.com と並ぶほどの売上を上げているのにも、驚きました。同社の Web を見ると、その対応分野として、Payroll/Taxes/HR/Time/Talent/Benefits/Retirement/Insurance といった項目が挙げられています。 なんか、ワクワクするような展開ですね。

ーーーーー

<関連>

Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる

Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威となり得るのか?

Posted in Businesses, Facebook, Social by Agile Cat on August 21, 2014

Facebook may make its ads shoppable: Meet the ‘Buy’ button
http://wp.me/pwo1E-7LY
July 17, 2014 – Kia Kokalitcheva
http://venturebeat.com/2014/07/17/facebook-may-make-its-ads-shoppable-meet-the-buy-button/

_ VB

Facebook is toying with the idea of becoming a meta-marketplace with a new “Buy” button for purchasing real, physical goods without ever leaving the site.

Facebook が漠然と考えているのは、新たに導入する BUY ボタンにより、そのサイトを離れることなく、リアルな商品の購入を実現するという、マーケット・プレイスの変革である。

After experimenting with “Autofill” in the last several months, Facebook is now letting you use those credit cards you keep on file on Facebook to actually purchase stuff without even leaving the site or app, just by clicking a button, according to a TechCrunch report.

Facebook は、この数ヶ月間で Autofill を実験した後に、そのサイト上にファイルとして保存するクレジット・カード情報を用いて、現実の商品を購入するよう促している。ただし、そのアクションは BUY ボタンをクリックするだけで完了し、また、サイトやアプリを離れる必要はないと、TechCrunch がレポートしている

Image Credit
Screen shot

Autofill lets Facebook users keep their credit card info on file in their Facebook profiles, then easily populate checkout fields with one click when shopping from merchants with Autofill integration. The idea is to use your Facebook login as your one-click checkout.

その Autofill 機能により、Facebook ユーザーたちは、自身の Facebook プロファイル内に、クレジットカード情報を保持することができる。 そして、Autofill とインテグレートされたショップから買い物をする際には、BUY ボタンをワン・クリックするだけで、それらの情報がチェック・アウト・フィールドへ取り込まれることになる。基本的なアイデアは、このワン・クリック決済のために、あなた自身の Facebook ログインを使用する点にある。

“The idea is that if we have your card credentials on file, we can prepopulate your info ahead of a purchase,” said Facebook head of retail and e-commerce Nicolas Franchet during a small press roundtable in March.

「 このアイデアは、そのファイルを介して Facebook に、あなたのカード信任が委ねられているなら、対象となる商品の購入に先立ち、一連の情報を自動的に入力できる点にある」と、3月に開催されたプレス向け座談会で、Head of Retail and e-Commerce である Nicolas Franchet が語っていた。

“[Right now] you click on the add, you go to Sephora.com you then have to enter your info – eventually you’d want to not have to do that,” he said.

「 現時点では、Add をクリックして Sephora.com へ移動した上で、一連の情報を入力する必要がある。 つまり、最終的には、このようなプロセスを取らなくても良いようにしたいのだ 」と、彼は発言していた。

Autofill was created to solve that problem and now the new button is taking it one step further, taking even more steps and friction away. Franchet hinted back then that this is where Autofill was headed as removing as much friction as possible, along with great ad targeting, is every advertiser’s dream.

Autofill は、この問題を解決するために開発されたものであり、いまでは、新たな BUY ボタンから利用することで、何段階かのステップと煩雑さを取り除くことになった。Franchet は、こうした背景を述べた後に、Autofill により煩雑さを取り除き、そこに素晴らしいターゲティング広告を組み込むことは、すべての広告主の夢であると示唆している。

On the advertier and merchant side, the new button will likely mean higher conversion rates from their ads on Facebook. The idea of a one-click or equally quick shopping experience is something Twitter and Amazon, for example, have also been working on. The two companies recently teamed up to let Amazon customers shop with a simple tweet, and a “Buy Now” button surfaced on Twitter a couple weeks ago, as well.

広告と販売を展開する側から見ると、この新しいボタンにより、Facebook 上の広告からの、高い収益率が予測されるだろう。ワン・クリックやクイック・ショッピングという発想は、たとえば Twitter と Amazon の提携にも見られるエクスペリエンスである。最近のことだが、Amazon のユーザーが、Twitter 上の簡単なツイートで、買い物を完了できるよう、この両社は協業を開始している。 そして、何週間か前には、Twitter 上に BUY NOW ボダンも登場している。

This could potentially affect ad rates, making them more valuable, although the ability of these special ads converting to sales will also depend on how well targeted they are, something any advertising platform is always working on.

それにより、広告の価値が高まれば、広告料金にも影響が生じるだろう。しかし、広告から販売へとつなげていく能力は、そのターゲティングの出来栄えに依存する。それこそが、あらゆる広告プラットフォームが、常に取り組んでいる課題でもある。

And while Facebook isn’t currently charging the few merchants it’s testing the new button with, it isn’t taking it off the table. Affiliate programs are an old and solid business program, so why wouldn’t Facebook roll that out.

現時点において、Facebook 上には少数のショップがあるが、この新しいボタンがテストされている間は、課金も行われていない。 つまり、ビジネスは、まだ始まっていないのだ。 アフィリエイトのプログラムは、従来からの実績のあるビジネス・プログラムであるが、それを Facebook が展開しない理由も、そこにあるのだろう。

Back in January, Facebook announced that it would be rolling out new advertising options, including a “Shop Now” button, which is likely the first iteration of the new button.

話は1月に戻るが、Facebook は、新しい広告オプションを展開すると発表していた。そこには SHOP NOW というボタンが取り込まれていたが、その最初のイテレーションが、BUY なのだろう。

ーーーーー

これはアリですね。 ユーザーを引きつけておく時間が長いソーシャル・メディアが、新しいコマースの形態を作り出していくというのは、充分にあり得るシナリオだと思います。 その中でも、以下の <関連> にあるように、圧倒的なパワーを持つ Facebook に BUY ボタンが付くなら、買い物における新たなスタイルとなる可能性が高いですね。  どんなものが売れるのかなぁと、ちょっと想像してみましたが、たとえばサプリメントなどの、繰り返して購入する確率の高いものなどが考えられます。 また、ロケーション・ターゲティングを活用することで、宅配ピザなどを効率よく販売することも可能です。 早く、日本でも使えるようになると、面白いですね!

ーーーーー

<関連>

モバイル Facebook が 他のソーシャルを圧倒 : それを示す1枚のチャート
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
Facebook ユーザーの 47% は、このソーシャルから News を得ている
ソーシャルからの参照数は Facebook がブッチギリで、PI と TW が追う
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

%d bloggers like this: