Agile Cat — in the cloud

Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!

Posted in Advertising, Businesses, Facebook, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 2, 2015
All of Facebook’s revenue growth since it went public comes from one source: mobile ads
Matt Rosoff Jul 31, 2015
http://www.businessinsider.com.au/facebook-mobile-ads-responsible-for-all-growth-since-ipo-2015-7
 
_ Business Insider
 
Facebook HQHistory of Facebook
Wikipedia
 
Facebook reported solid earnings yesterday, beating expectations on both revenue and earnings. It also revealed that more than 75% of its ad revenue comes from mobile advertising.
 
昨日 (7/30) の Facebook だが、売上と利益の双方で予測を上回るという、力強い決算内容を報告した。さらに言えば、同社の広告収入における 75% 以上が、モバイル・アドから生じていることも明らかにした。
 
That’s remarkable because when Facebook went public in May 2012, just three years ago, it had no mobile advertising business at all.
 
Facebook が株式を公開したのは、ちょうど 3年前の 2012年5月であり、そのときにモバイル広告は立ち上がっていなかっただけに、現状には目を見張るばかりだ。
 
Click to Large
Facebook Revenue Chart 2015 Q2
 
In fact, if you look at this chart from Statista based on Facebook earnings reports, it’s clear that mobile advertising is Facebook’s business. All of the company’s revenue growth since it went public came from mobile ads — desktop ads and payments revenue have remained about flat.
 
実際のところ、Facebook の決算報告をベースにして Statista が作成したチャートを見れば、モバイル広告こそが Facebook の基幹ビジネスであることが明らかになる。同社が株式を公開してからというもの、その収益面での成長は、すべてをモバイル広告が埋めつくしているのだ。また、デスクトップ広告や、ペイメントによる収益は、ほぼ横ばいで推移している。
 
ーーーーー
facebookそれにしても、お見事としか言いようのない展開ですね。 ただし、単にモバイル・ブームに乗っただけでは、このような成長は得られません。 スマホの小さなディスプレイで、ユーザーに嫌がれない広告のフォーマットを、試行錯誤しながら洗練させ、この結果に結びつけているのだろうと思います。 それだけではなく、Facebook Lite による途上国のプアな通信環境への対応や、徹底したモバイル・チューニング、そして、モバイルで消費する帯域の削減といった、とても地味な作業も積み重ねてきています。 そう考えると、得るべくして得た成功・・・ となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析する!
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
 

Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している

Posted in Businesses, On Monday by agilecat.cloud on July 21, 2015
Business Leaders View Technology as Key to Future Growth
By Dick Weisinger – July 13th, 2015
http://formtek.com/blog/business-leaders-view-technology-as-key-to-future-growth/
_ formtek
We’re nearly halfway through 2015 and most CEOs remain positive on business conditions and focusing on improving their use of technology.  A recent survey by Gartner or CEOs found that technology is viewed as a primary tool for achieving growth in 2015 and 2016.
 
すでに、2015年も半分が終わった。 そして、大半の CEO たちはというと、ビジネスの状況をポジティブに保ち、また、テクノロジー活用の向上にフォーカスしている。Gartner および、それらの CEO たちの、最近の観察によると、2015年から 2016年への成長を達成するためには、テクノロジーが最重要な手段であることが分かってきた。
 
Monet_1Mark Raskino, vice president and Gartner fellow, said that “this is the highest position we have ever seen for technology in this survey and it’s our firm belief that CEOs are more focused on this area than at any time since 1999.  When we examine the subtext of the responses, the purpose of CEOs’ interest in technology becomes immediately obvious. Over half of the responses relate to revenue- and growth-related technology issues such as multichannel, e-commerce and m-commerce.”
 
Gartner の VP and Fellow であるMark Raskino は、「今回の調査により、これまでの私たちが経験してきた以上に、テクノロジーが高く評価されている状況にある。1999年以降において、この領域を CEO たちは最も重視していると、当社は確信している。回答者たちの真意を調べたところ、CEO たちの関心がテクノロジーへと向いていることが、すぐに明らかになった。具体的に言うと、回答の半分以上が、マルチ・チャネル/eコマース/mコマースといった、収益と成長に関連するテクノロジーを課題としていた」と述べている
 
注:mコマース = Mobile コマース
 
CEOs are also concerned with the darker side of technology.  Many CEOs also expressed concerns with security and risk.  Three-quarters said that they agreed with the following statement that “the digital world is creating new types and levels of risk for our business,”, and two-thirds said that “Investment in risk management practices is not keeping up with new and higher levels of risk.”
 
その一方で CEO たちは、テクノロジーの暗部にも関心を示している。多くの CEO たちが、セキュリティとリスクに対して懸念を表明しているのだ。CEO たちの 3/4 が、「 デジタルの世界は、私たちのビジネスに対して、リスクに関する新しいタイプとレベルをもたらしている」という状況を認めている。また、彼らの 2/3 が、「リスク管理に対する実質的な投資が、それらの新たなリスク・レベルに追いついていない」と、述べている。
 
Raskino commented that “CEOs are right to be concerned. As products and services become digital they add far greater utility for the customer but also far greater power for those dark forces who might usurp digital control. CEOs and CIOs should collaborate to jolt the executive team out of cyber-risk complacency.”
 
Raskino は、それらの CEO たちが懸念するのは、当然のことだと述べている。そして、「 プロダクツとサービスがデジタル化するにつれて、顧客たちは膨大なメリットを享受している。 ただし、それだけではなく、デジタルによる制御を奪うような、強大なパワーを持つ暗部とも対峙している。CEO と CIO は協力して、現状における自己満足的なサイバー・リスク管理を捨て去り、新たなセキュリティ・チームを立ち上げるべきだ」と説いている。
 
ーーーーー
On Mondayテクノロジーにおける陰陽の両面が取り上げられていますが、それらに正面から取り組むことで、企業は成長を継続していくでしょうし、人々は平和を手にしていく・・・ と信じたいですね。  現実に、食料を大量に廃棄する国もあれば、飢えに苦しむ国もあるわけです。 また、それを解決できない近代国家という枠組みの、限界も見えてきているように思えます。 いま収穫したばかりの米や麦を、西へ向けて出荷すべきなのか、東へ向けて出荷すべきなのかを正確に教えてくれる、といったテクノロジーが待ち望まれますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!

Amazon の収支報告:AWS は $5 Billion ビジネスに成長し、収益も確保している

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses by agilecat.cloud on April 24, 2015
Amazon beats, stock jumps, and its cloud business is quite profitable
Matt Rosoff – Apr. 23, 2015, 3:59 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-earnings-q1-2015-2015-4
 
_ Business Insider
 
Amazon HQWikipedia Amazon
 
Amazon just reported earnings for the first quarter of 2015, and it was a nice beat. The stock bounced around after hours, but is now up almost 5%.
 
先ほど、Amazon は 2015年 Q1 における業績をレポートしたが、その内容は素晴らしいものである。その後の数時間で株価は跳ね上がり、現時点で 5% ほどのアップとなっている。
 
Here are the numbers:
 
  • $22.72 billion revenue, vs $22.39 billion expected.  — 売上は $22.72 billion で、アナリストたちの $22.39 billion という予測を上回っている。
  • EPS of ($0.12) versus ($0.13) expected. Net loss was $57 million, versus net income of $108 million a year ago.  — EPS は $0.12で、アナリストたちの $0.13 という予測を下回った。 $108 million という昨年の純利に対して、この期は $57 million の損失を計上している。
  • AWS revenue came in at $1.57 billion, or a run rate of a little over $6 billion a year. That’s up 49% from last year’s figure, and in line with what most analysts were expecting.  — AWS の売上は $1.57 billion であり、年間に均すと $6 billion 以上が見込まれる。 それは、昨年に対して 49% 増という数字であり、大半のアナリストの予測に沿ったものである。
  • AWS profits of $265 million, up from $245 million a year ago. Analysts had all kinds of expectations for AWS earnings, so this is a surprise. If it sticks to this rate, that means AWS earns more than $1 billion in profit a year.  — AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている。アナリストたちは AWS の収益に対して、あらゆる種類の予測を行っていたが、これは驚きである。
  • North American net sales of $13.41 billion, up 24% from a year ago. North American net income was $517 million.  — North American の純売上高は $13.41 billion であり、前年比で 24% の成長となる。また、North American の純益は $517 million である。
  • International net sales of $7.75 billion, down slightly from a year ago. Net loss in this segment was $76 million, more than double last year’s figure of ($33 million).  — International の純売上高は $7.75 billion であり、前年を少しだけ下回っている。このセグメントでは、$76 million の損失が生じており、前年の $33 million に対して2倍となっている。
 
Amazon also said that it’s expecting Q2 sales of between $20.6 billion and $22.8 billion, in line with consensus expectations of around $22.1 billion.
 
また、Amazon は、2015年 Q2 の売上高について、$20.6 billion と $22.8 billion の間になると述べているが、それは $22.1 billion という、大方の予測に沿ったものとなる。
 
The company is doing something it’s never done before: Breaking out finances for Amazon Web Services, its cloud computing service that companies use to host applications so they don’t need their own data centers full of hardware. We now know that AWS is on a $6 billion+ annual run rate, which makes it the biggest cloud service provider out there in terms of revenue. It’s also profitable, which we didn’t know before.
 
同社は、これまでに行なってこなかった、Amazon Web Services の収支報告も実施した。このクラウド・コンピューティング・サービスが、Amazon のアプリケーションをホストするため、ハードウェアを詰め込んだデータセンターを、自ら所有する必要がなくなっている。そして、いま、AWS の年間売上が、$6 billion を上回ることが明らかになった。それは、売上という面で、AWS が最大のクラウド·サービス·プロバイダーであることも示している。さらに言えば、私たちが予測していなかった収益性も確保しているのだ。
 
In a statement in the press release, CEO Jeff Bezos said “Amazon Web Services is a $5 billion business and still growing fast — in fact it’s accelerating. Born a decade ago, AWS is a good example of how we approach ideas and risk-taking at Amazon… We manage by two seemingly contradictory traits: impatience to deliver faster and a willingness to think long term. “
 
CEO である Jeff Bezos は、「Amazon Web Services は $5 billion のビジネスであり、依然として成長期にある。 さらに言えば、加速しているのだ。AWS は、10年前に誕生し、Amazon がアイデアやリスクに取り組むときの、素晴らしいアプローチを示すことになった。私たちは、矛盾する二つの特性を管理している。 つまり、迅速にデリバリーしたいという焦燥と、長期的に思考したいという意欲である」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
amazon-55a先月にポストした、「AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になる!」で、その収益性について Citi は、「2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎない」と推定していました。 今回のレポートでは、その点が「AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている」と述べらているので、良い意味で期待が裏切られたことになります。 クラウドは儲かる! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
 

AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定している!

Posted in .Chronicle, Alibaba, Amazon, Businesses, Research by agilecat.cloud on March 31, 2015
Amazon Web Services will lose money on $6.6 billion in revenue this year, says analyst
Matt Rosoff – Mar. 30, 2015
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-will-lose-money-on-66-billion-in-revenue-this-year-says-analyst-2015-3
 
Business-Insider.png
 
Amazon’s cloud computing business is growing fast and will grow from $4.6 billion in revenue in 2014 to $6.6 billion in 2015 and $9.2 billion in 2016, according to estimates by Citi.
 
Amazon のクラウド・コンピューティング事業だが、Citi の推計によると、2014年の $4.6 billion から、2015年の $6.6 billion へ、そしてさらに、2016年の $9.2 billion へと、その売上高を急成長させていくようだ。
 
what-is-awsBut its margins are razor-thin — Citi estimates it lost $123 million in 2014, and will earn only $69 million by 2016.
 
しかし、そのマージンはカミソリのように 薄い。 同じく Citi は、2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎないと推定している。
 
Amazon Web Services helped kick off the cloud computing revolution, where companies use online services for basic computing infrastructure like data storage and processing power, rather than relying on big banks of computers in their own data centers. AWS is widely considered to be the largest player in the market, ahead of Google, IBM, Microsoft, and others, but Amazon has never revealed exactly how big it is.
 
Amazon Web Services は、クラウド・コンピューティング革命を引き起こした存在である。それにより、ユーザー企業は、自身のデータセンター内にコンピュータを大量に配置するのではなく、基本的なコンピューティング·インフラであるデータ・ストレージやプロセシング・パワーを、各種のオンライン・サービスに委ねるようになった。AWS は、このマーケットにおける最大のプレイヤーであり、Google/IBM/Microsoft などに対して先行していると認識されているが、その正確な事業規模に関して、Amazon は明らかにしていなかった。
 
Now, Amazon is going to start breaking out AWS results in its Q1’15 earnings report, which is expected to come in late April.
 
しかし、ようやく Amazon は、4月下旬に開催される予定の 2015年 Q1 収益報告会で、AWS における収支を公開するようだ。
 
aws-revenue-margin-expected-citiCiti research
 
To come up with its estimates, Citi used prior comments from Amazon’s management, published financial information about cloud competitors like Rackspace, and other information from Amazon’s earnings reports. It believes AWS’s margins are lower than competitors because of “aggressive price cuts, heightened investment, and public cloud offering (which typically carries lower margins than private cloud services).”
 
そこでの数字を予測するために Citi が利用したのは、Amazon 首脳による以前のコメントや、Rackspace などのクラウドで競合する相手の公表財務情報、そして、Amazonの収益レポートから情報などである。そして、AWS は、積極的な価下げや、多大な投資を行い、また、パブリック・クラウドという特性を持つため(プライベート・クラウドとの比較という意味)、競合他社よりもマージンが低いと捉えている。
 
Amazon will also break out retail revenues in North America and the rest of the world (“International”). Here are Citi’s estimates for all three segments:
 
しかし、Amazon は、North America と International で、そのリテール・ビジネスを急成長させている。 上記のチャートが示すのは、Amazon の三事業に関する、Citi の推定値である。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aたまたまですが、昨日はプライベート・クラウドの難しさに関する抄訳をポストしましたが、その反対に、いまのパブリック・クラウドは、利益を度外視しても、シェアを確保しなければならないという、難題に立ち向かっているという感じですね。そして、プライベートを標榜する企業が、いずれはパブリックに流れてくると確信しているのでしょう。 攻める側も、守る側も、ぎりぎりの線で戦っているのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!

Posted in Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2015
Amazon still dominates the $16 billion cloud market
Julie Bort – Feb. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/synergy-research-amazon-dominates-16-billion-cloud-market-2015-2?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
Cloud computing, where companies rent computers hosted elsewhere, is the biggest change to enterprise tech since the PC.
 
この、クラウド・コンピューティングという、何処かにホストされているコンピュータを、ユーザー企業が借りて利用するという方式は、PC が登場してから最大の変化を、エンタープライズ・テクノロジーに突きつけている。
 
2014 Cloud Market ChartHere’s how Synergy saw the fourth quarter of 2014 shape up:
 
And the company that more or less invented the concept, Amazon, is still far and away the dominant leader of a market that generated $16 billion for its biggest players, says market research firm Synergy Research Group.
 
そして、調査会社である Synergy Research Group が言うには、いずれにしても、クラウドという考え方を生み出したのは Amazon であり、また、大手プレイヤーたちが $16 billion の年商を生み出す、このマーケットを支配する存在となる。
 
Synergy reports:
 
  • Amazon has 30% market share, compared to the next biggest player, Microsoft, with about 10%.
  • Microsoft is growing the fastest, a 96% year-over-year leap, with Google close behind: 87% year-over-year growth.
  • IBM is leading what’s known as the “hybrid cloud market.” That refers to when enterprises use the same cloud technologies in their own private data centers and also use a cloud provider.
 
  • Amazon のマーケット・シェアは 30% であり、それに続く2番手は、Microsoft の 10% となる。
  • 成長率に関しては、Microsoft が 前年比で 96% で1位であり、Google が  87% の2位である。
  • IBM は、ハイブリッド・クラウドとして認識されるマーケットをリードしている。それは、エンタープライズがクラウドを使用するときに、プライベートなデータセンターとパブリックなプロバイダーに、そのリソースを振り分けるという方式である。
 
It makes sense that IBM is leading the hybrid camp among this crop of vendors because it’s the only one of the bunch that sells computer hardware. IBM says that between its cloud services and the hardware it sells to companies to build their own clouds, cloud computing became a $7 billion business for the company in 2014.
 
この種のベンダーの中で、IBM だけがハードウェアも販売しているため、同社がハイブリッド・マーケットをリードすることは、理にかなっている。IBM が言うには、そのクラウド・サービスの提供と、ユーザー企業が自身のクラウドを構築するためのハードウェア販売の間に、ポジションを取っていることになる。 そして、同社のクラウド・コンピューティングは、2014年に $7 billion のビジネスにまで成長した。
 
The good news for all concerned: it’s still early days for cloud computing, as $16 billion is only a tiny fraction of the almost $4 trillion that companies spend on tech annually worldwide.
 
そして、すべての関係者にとって、素晴らしニュースがある。 つまり、グローバルにおけるエンタープライズが、年間で IT に費やす $4 trillion という総額と比べれば、この $16 billion は、ほんの一部に過ぎない。言い換えれば、クラウド・コンピューティングは、依然として黎明期にあるのだ。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aAmazon が、強いですね。そして、Microsoft と Google の成長率も凄まじいです。 さらに言えば、IBM はハイブリッドで高収益、Salesforce は競合に巻き込まれない独自路線、、、という感じなのでしょうか? ーーー  なお、$16 billion という数字ですが、この記事だけでは不明確なので、参照元である Synergy Research のポストを確認したら、年間の売上で間違い無さそうです。 ただし、チャートが示すシェアは、2014年 Q4 のものということです。 ちなみに、2014年を通したときのシェアですが、AWS (28%)/Microsoft (10%)/IBM (7%)/Google (5%)/salesforce (4%) /Rackspace (3%) となっていました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
 

Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!

Posted in Advertising, Businesses, Facebook, Mobile by Agile Cat on November 11, 2014

Facebook continues strong earnings streak
(and WhatsApp and Instagram aren’t even making real money yet)
http://wp.me/pwo1E-80K
Carmel DeAmicis Oct 28, 2014
https://gigaom.com/2014/10/28/even-without-revenue-from-mobile-acquisitions-facebook-continues-strong-earnings-streak/

_ Giga Om

Summary: Facebook just introduced ads on Instagram, and hasn’t tried to make money off WhatsApp yet, but the company’s revenue is robust nonetheless.

Summary:  Instagram に広告を導入したばかりの Facebook だが、WhatsApp におけるマネタイズには手を付けていない。 とは言え、同社における売上は、順調に伸びている。

ーーーー

Facebook beat analyst expectations for the ninth straight quarter in its third quarter earnings report Tuesday. Here are the numbers:

この火曜日(10/28)に発表された Facebook の収支報告だが、9つの四半期を通じて、アナリストたちの予測値を上回る結果となった。以下に、その数字を列挙する:

photo:Thinkstock

Revenue:

Analysts expected — $3.12 billion

Facebook actual — $3.20 billion

Earnings per share:

Analysts expected — $0.40

Facebook actual — $0.43

Monthly active users:

2nd quarter 2014: 1.32 billion

This quarter: 1.35 billion

Despite Facebook’s strong showing, its stock dipped a bit — 2 percent — in after-hours trading. Investors may have hoped for accelerated user growth, and Facebook’s user acquisition decelerated this quarter (just as it did at Twitter). That deceleration was by less than one percent, though.

Facebook が強さを見せつけたにもかかわらず、その発表が行われた後の時間外取引で、同社の株価は 2% ほど低下した。投資家たちは、ユーザー数の増大に期待していたようだが、その比率が少しだけ低下したのだ(Twitter と同様)。とは言え、Q2 と Q3 の比較において、その減速率は 1% 未満に過ぎない。

_  space

_  space

Stock fell even further during the earnings call, down ten percent, possibly because Facebook had conservative estimates for its revenue during the holiday quarter.

この収支報告が行われている最中に、Facebook 社の株価は 10% ほどダウンしたが、この Q4 における収益の見通しについて、同社が控えめな数字を示したからだと思われる。

Otherwise, though, the company looks to be very healthy. It pulled in $2.96 billion in advertising revenue, and its mobile monthly active users totaled 1.12 billion, a whopping 83 percent of its general monthly active users. Facebook has solved the problem of making money off users on smartphones, with 66 percent of its advertising revenue coming from mobile.

しかし、そのような状況にならなければ、同社は順調に成長していくだろう。同社は、広告収入として $2.96 billion を計上し、また、モバイル MAU(monthly active users)は 1.12 billion となり、全 MAU の 83% に到達したのだ。そして Facebook は、広告収入の 66% をモバイルから稼ぎ出し、スマートフォンおけるマネタイズという問題を解決している。

All this progress is occurring before Facebook has even started seriously tapping its key mobile properties, messaging service WhatsApp and photo sharing site Instagram. Instagram is in the early stages of experimenting with promoted images from advertisers. When ads are put into full swing, Instagram is expected to rake in boatloads of cash for Facebook. WhatsApp doesn’t have ads at all (yet).

つまり、すべての進捗は、メッセージング・サービスの WhatsApp や、フォト共有サイトの Instagram といった、Facebook が大切にしているモバイル資産を、真剣になって揺り動かす以前に発生している。Instagram に関しては、広告主のプロモーション・イメージを用いるという、実験の初期段階にある。この広告がフル回転すれば、Instagram は Facebook のために、莫大なキャッシュをすくい上げてくると予想される。さらに言えば、依然として WhatsApp は、まったく広告を行なっていない。

_  space

_  space

During the earnings call, CEO Mark Zuckerberg was asked about his “portfolio approach” to apps, and whether standalone products like WhatsApp and Instagram actually hurt Facebook’s user metrics. He denied that was the case, and said that consumers can expect more standalone apps from Facebook in the future. “The use cases for products like Instagram and WhatsApp are actually more different and nuanced than the products Facebook built,” Zuckerberg told the analyst. “[Facebook] Messenger and WhatsApp are growing quickly in a lot of the same countries…which suggests they’re more different than you would intuitively have thought.”

この収益報告において CEO である Mark Zuckerberg は、アプリに関する自身のポートフォリオ·アプローチについて質問を浴びていた。 つまり、WhatsApp や Instagram といった独立したプロダクトが、Facebook の目指すユーザーに関する目標を妨げないかというものである。彼は、そのようなケースを否定した。 そして、将来的にみてコンシューマたちは、Facebook から切り離された数多くのスタンドアロン・アプリを望むだろうと述べている。「Instagram や WhatsApp といったプロダクトのユースケースは、Facebook が構築してきたプロダクツを微妙に異なる。Facebook の Messenger と WhatsApp は、たとえば同じ国においても、双方とも急速に成長している。つまり、直感的な思い込みとは、大きく異なるものがあると示唆している」と、Zuckerbergは アナリストたちに述べている。

This quarter Facebook relaunched the Atlas ad server to take on Google’s DoubleClick. Add that property to the company’s mobile ad Audience Network, and it’s a good time to be Facebook. As each month passes, the company looks less and less like a simple social media play and more and more like a multi-pronged behemoth to rival Google.

この四半期において Facebook は、Google の DoubleClick を追走するために、Atlas アド・サーバーをリニューアルしている。 そして、同社のモバイル広告である Audience Network に、この新しい資産を追加できることも、Facebook にとって良い結果をもたらすだろう。数ヶ月後の Facebook は、シンプルなソーシャル・メディアから多頭巨獣へと変容し、Google に対抗していくことになるのだろう。

Google acknowledges the competitor in its midst; on its earnings call last week Google even admitted it was following Facebook’s lead on mobile ad targeting.

Google は、誰が最大の競争相手なのかを知っている。先週に行われた同社の収支報告において、モバイルのターゲット広告で Facebook にリードを許していると、Google は認めているのだ。

This story was updated Tuesday afternoon with information from Facebook’s earnings call.

Related research

ーーーーー

この決算の焦点は、なんといってもモバイル広告の成長ですね! すでに、Facebook の広告収入における 66% が、モバイルから得られているという状況には、とても驚いてしまいました。 きっと、Google が聞いたら、地団駄を踏んで悔しがるほどの、素晴らしいモバイル戦略だと思います。 そして、年間を通じた売上に関しても、すでに1兆円企業の規模に達しています。 イイネをたくさん付けてあげたい気分です :) 

ーーーーー

<関連>

Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 だ!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, IBM, Microsoft by Agile Cat on October 23, 2014

Microsoft and IBM partner to bring each other’s enterprise software to their respective cloud platforms
http://wp.me/pwo1E-7Yp
October 22, 2014 – Emil Protalinski
http://venturebeat.com/2014/10/22/microsoft-and-ibm-partner-to-bring-enterprise-software-to-their-respective-cloud-platforms/

_ VB

Microsoft and IBM today announced a partnership that will see the two companies bring their respective enterprise software to Microsoft Azure and IBM Cloud. The duo believe the relationship will help their respective clients, partners, and developers by offering more choice in the cloud.

今日(10/22)の Microsoft と IBM によるアナウンスメントは、それぞれのエンタープライズ・ソフトウェアを、Microsoft Azure と IBM Cloud に展開するためのパートナーシップを発表するものである。 この二社は、クラウドにおける多様な選択肢を提供することで、それぞれのカスタマー/パートナー/デベロッパーを支援していけると確信している。

Image Credit
Shutterstock
Pavelk

The companies will also let customers bring their own software licenses to the Microsoft and IBM clouds, with the goal of helping customers avoid extra costs. In turn, Microsoft and IBM hope to gain new business opportunities, spur innovation, and reduce costs.

そして両社は、すでに顧客が所有するソフトウェア・ライセンスを、Microsoft と IBM のクラウドに展開することを促し、余分なコストの排除を目標にしていく。つまり Microsoft と IBM は、新たなビジネス・チャンスの創出/イノベーションの促進/コストの削減を、合理的な順序で進めたいと考えているのだ。

The two are promising to make key IBM middleware such as WebSphere Liberty, MQ, and DB2 available in the Microsoft Azure Virtual Machines service. IBM will expand support of its software running on Windows Server Hyper-V, and the companies plan to make IBM Pure Application Service available on Azure. Microsoft will offer IBM middleware software licenses to Azure customers with pay-per-use pricing.

さらに両社は、IBM のミドルウェアである WebSphere Liberty/MQ/DB2 などを、Microsoft Azure Virtual Machines サービスに展開することを、重視していくと約束している。つまり IBM は、Windows Server Hyper-V 上で走る、自身のソフトウェア・サポートを拡大していく。 それにより両社は、Azure 上で走る IBM Pure Application Service というプランを、推進していけるようになる。Microsoft は Azure ユーザーに対して、IBM のミドルウェア·ソフトウェアのライセンスを、従量課金の形態で提供しくようになる。

The two will also work together to deliver Microsoft .NET runtimes, along with relevant tooling, for IBM’s Bluemix cloud development platform. At the same time, Windows Server and SQL Server will be offered on IBM Cloud.

なお、この二社は、IBM の Bluemix Cloud 開発プラットフォームに対して、Microsoft .NET ランタイムおよび、それに関連するツールと提供していく。それと同時に、Windows Server および SQL Server も、IBM Cloud 上に提供されるようになる。

The hope is that millions of .NET developers will want to build applications at scale for clients on IBM’s cloud platform. The duo say they will start by offering a limited preview of .NET operating within Bluemix, and then go from there.

つまり、膨大な数の .NET デベロッパーが、IBM のクラウド・プラットフォーム上のクライアントに合わせたスケールで、アプリケーションを構築していくように促していきたいのだ。このデュオは、Bluemix 上で動作する、限定された .NET プレビューを提供した後に、このプランを本格化していく。

We have asked Microsoft and IBM for more information regarding timing and will update this post if we learn more.

私たちは、Microsoft と IBM に対して、タイム・フレームに関する詳細を要求している。 したがって、何らかの情報が提供されるなら、このポストをアップデートしていく。

Update: Microsoft responded with the following details.

アップデート:Microsoft から、以下の情報が提供された。

  • In the coming weeks, Microsoft Open Technologies, a wholly owned subsidiary of Microsoft, will publish license-included virtual machine images with key IBM software pre-installed. Customers can take advantage of these virtual machines to use the included IBM software in a “pay-per-use” fashion.
  • Effective immediately, IBM has updated its policies to allow customers to bring their own license to Microsoft Azure by installing supported IBM software on a virtual machine in Azure.
  • Windows Server and SQL Server are available for use on IBM Cloud effective immediately.
  • For .NET operating within Bluemix, the companies will begin with a limited preview at a future date.
  • これからの数週間のうちに、Microsoft の完全子会社である Microsoft Open Technologies から、ライセンスが発行される。 そこには、IBM の主要ソフトウェアがプリ・インストールされた、仮想マシンのイメージが取り込まれている。顧客にとっては、IBM のソフトウェアを従量課金の形式で使用するために、それらの仮想マシンを利用できるというメリットが生じる。
  • 即効性を考慮して、すでに IBM ユーザーが所有するソフトウェアを、Microsoft Azure 上に展開できるよう、ライセンス・ポリシーが更新されている。したがって、Azure 仮想マシン上に、サポートされている IBM ソフトウェアをインストールすることが可能になっている。
  • 即効性を考慮して、Windows Server および SQL Server は、すでに IBM Cloud 上で利用できるようになっている。
  • Bluemix 内での .NET の運用に関しては、両社が日程を調整した後に、制限されたプレビューの提供を開始する。

IBM has yet to respond but we don’t expect the company will be able to share anything Microsoft hasn’t.

IBM からの反応はないが、Microsoft が言及していない何かが、同社から発表されることはないだろう。

ーーーーー

このポストを訳した限りでは、ユーザーとデベロッパーのことを考え、エコシステムを強化していこうという、両社の目論見がストレートに出ていて、とても良い感じがします。 それにしても、このところの IBM の動きの速さには、眼を見張るばかりです。 IBM が先手をとって動きまわることで、クラウド界の再編が、とても良いテンポで進んでいますね。 Ginni Rometty って、凄いなぁと感心しています。そして、Satya Nadella の柔軟な発想にも拍手です!

ーーーーー

<関連>

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses, Data Center Trends, Energy, Google by Agile Cat on October 2, 2014

Google Says Cloud Prices Will Follow Moore’s Law: Are We All Renters Now?
http://wp.me/pwo1E-7UY
Wednesday, May 14, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/5/14/google-says-cloud-prices-will-follow-moores-law-are-we-all-r.html

_ highscalability

After Google cut prices on their Google Cloud Platform Amazon quickly followed with their own price cuts. Even more interesting is what the future holds for pricing. The near future looks great. After that? We’ll see.

Google が、その Google Cloud Platform の価格を引き下げ、すぐに Amazon も追随した。さらに興味深いのは、将来における価格の設定である。 おそらく、近い将来に、素晴らしい状況になるだろうが、なにが、そうさせるのだろう?

Adrian Cockcroft highlights that Google thinks prices should follow Moore’s law, which means we should expect prices to halve every 18-24 months.

Google が考えているのは、その価格はムーアの法則に従うべきだというものであり、18ヶ月〜24カ月で半額になることを期待できるはずだと、Adrian Cockcroft は強調している。

That’s good news. Greater cost certainty means you can make much more aggressive build out plans. With the savings you can hire more people, handle more customers, and add those media rich features you thought you couldn’t afford. Design is directly related to costs.

それは良いニュースだ。 大幅にコストが引き下げられるなら、あらゆる計画を、より積極的に立案していける。クラウド・コストの削減により、より多くの人材を雇用し、より多くの顧客に対応し、余裕がなければ対処できないことを、それらのメディアを用いて実現していける。 デザインというものは、コストの影響をダイレクトに受けるのだ。

Without Google competing with Amazon there’s little doubt the price reduction curve would be much less favourable.

Amazon と競合する Google という存在がなければ、低価格化の曲線は、はるかに魅力のないものであったいう疑念が、少なからず残される。

As a late cloud entrant Google is now in a customer acquisition phase, so they are willing to pay for customers, which means lower prices are an acceptable cost of doing business. Profit and high margins are not the objective. Getting market share is what is important.

遅れてクラウド(IaaS の意味)に参入してきた Google にとって、いまは顧客を獲得するフェーズにある。 したがって、顧客がビジネスを展開しやすいような、低コストを提示するという、利益を度外視した戦略をとってきている。つまり、大きな利益やマージンは二の次なのである。 そして、マーケットでシェアを取ることが最優先されている。

Amazon on the other hand has been reaping the higher margins earned from recurring customers. So Google’s entrance into the early product life cycle phase is making Amazon eat into their margins and is forcing down prices over all.

その一方で、Amazon は、継続して利用してくれる顧客から、より高い利益率を享受してきた。つまり、確立しつつあるプロダクト・ライフサイクルのフェーズに、Google が乱入してきたことで、Amazon のマージンは圧縮され、すべてにおいて価格の引き下げを強いられている。

But there’s a floor to how low prices can go. Alen Peacock, co-founder of Space Monkey has an interesting graphic telling the story. This is Amazon’s historical pricing for 1TB of storage in S3, graphed as a multiple of the historical pricing for 1TB of local hard disk:

しかし、低価格化が行き着く先としての底値があるのだ。Space Monky の co-founder である Alen Peacock が、そのストーリーを説明する、興味深いチャートを提供している。それは、1TB のハードディスクをローカルで持つ場合と、1TB のストレージを Amazon の S3 に持つ場合で、何倍の対価が発生するのかを、時間軸の中に示すものとなっている。

_  space

Alen explains it this way:

Cloud prices do decrease over time, and have dropped significantly over the timespan shown in the graph, but this graph shows cloud storage prices as a multiple of hard disk prices. In other words, hard disk prices are dropping much faster than datacenter prices. This is because, right, datacenters have costs other than hard disks (power, cooling, bandwidth, building infrastructure, diesel backup generators, battery backup systems, fire suppression, staffing, etc). Most of those costs do not follow Moore’s Law — in fact energy costs are on a long trend upwards. So over time, the gap shown by the graph should continue to widen.

クラウドの価格は、時間の経過とともに低下し、また、前述のチャート(上記のものとは別のもの)における時間軸では、かなりのペースで下落している。 しかし、このチャートは、クラウド・ストレージの価格と比べて、何倍かの速度でハードディスクの価格が下落している様子を示している。つまり、ハードディスクの価格は、データセンターの価格よりも、はるかに速く下落しているのだ。なぜなら、データセンターのコストには、ハードディスク以外のもの(電源/冷却/帯域幅/建造物/非常用ジーゼル発電機/バッテリ·バックアップ·システム/消火設備/人材など)が含まれるからである。これらのコストの大半は、ムーアの法則に従わないものであり、実際のところ、電力コストの長期的な傾向は上昇曲線にある。 したがって、上記のチャートで示されるギャップは、時間をかけながら広がり続けるはずである。

The economic advantages of building your own (but housed in datacenters) is there, but it isn’t huge. There is also some long term strategic advantage to building your own, e.g., GDrive dropped their price dramatically at will because Google owns their datacenters, but Dropbox couldn’t do that without convincing Amazon to drop the price they pay for S3.

あなた自身でストレージを構築すれば(データセンターにホストされる)、経済的な利点があるが、それほど大きなものではない。それならば、長期的な戦略として、データセンターを自分で構築するという考え方もある。Google は、自身でデータセンターを所有しているため、GDrive の価格を意図的に引き下げることができる。 しかし、Dropboxが、同じように価格を引き下げようとするなら、S3 のコストを引き下げるよう、Amazon を説得しなければならない。

Costs other than hardware began dominating in datacenters several years ago, Moore’s Law-like effects are dampened. Energy/cooling and cooling costs do not follow Moore’s Law, and those costs make up a huge component of the overall picture in datacenters. This is only going to get worse, barring some radical new energy production technology arriving on the scene.

この数年、データセンターのコストは、ハードウェア以外のものに支配され始め、ムーアの法則の効果が希薄になっている。電力を冷却のコストが、ムーアの法則に従うことはなく、また、それらのコストは、データセンター全体という巨大なコンポーネントに影響している。つまり、何らかの革新的なエネルギー生産テクノロジーが登場しなければ、さらに事態は悪化していくだろう。

What we’re [Space Monkey] interested in, long term, is dropping the floor out from underneath all of these, and I think that only happens if you get out of the datacenter entirely.

私たち Space Monkey が、長期的な視点として興味を持っているのは、それらすべての背景から引き離して、いまの下限値を引き下げられるかどうか、という点である。 そして、あなたがデータセンターの中に、まったく踏み込まないのなら、そうなる可能性もあると思えるのだ。

As the size of cloud market is still growing there will still be a fight for market share. When growth slows and the market is divided between major players a collusionary pricing phase will take over. Cloud customers are sticky customers. It’s hard to move off a cloud. The need for higher margins to justify the cash flow drain during the customer acquisition phase will reverse the favorable trends we are seeing now.

クラウド・マーケットの規模が拡大するにつれて、マーケット・シェアの戦いも続いていく。しかし、その成長が減速し、主要なプレーヤーがマーケットを住み分けると、結託した価格政策の時代へと引き継がれていく。クラウドの顧客は、そこに寄り添う顧客である。 したがって、クラウドから逃げ出すのは難しい。将来における高いマージンへの期待が、いまの顧客獲得のフェーズにおける、キャッシュ·フローの流出を正当化しているのかもしれない。そうだとすると、いまの好ましい流れが、いずれは逆転する状況を、私たちは目にすることになる。

Until then it seems the economics indicate we are in a rent, not a buy world.

逆に言えば、経済的な観点において、そうなるまでの間は、買うのではなく借りるという方式が、好ましいのだろう。

Related Articles

  • IaaS Series: Cloud Storage Pricing – How Low Can They Go? – "For now it seems we can assume we’ve not seen the last of the big price reductions."
  • The Cloud Is Not Green
  • Brad Stone: “Bill Miller, the chief investment officer at Legg Mason Capital Management and a major Amazon shareholder, asked Bezos at the time about the profitability prospects for AWS. Bezos predicted they would be good over the long term but said that he didn’t want to repeat “Steve Jobs’s mistake” of pricing the iPhone in a way that was so fantastically profitable that the smartphone market became a magnet for competition.”

ーーーーー

久々の High Scalability からの翻訳ですが、さすがは Todd Hoff さん、視点が鋭いです。 サーバーにしろ、ストレージにしろ、IT 機器はムーアの法則に則って、これから先もコストを引き下げていくのでしょうが、クラウドにはデータセンターならではのコスト、というものが含まれます。そして、インフラのレイヤを下っていって、電気料金のところまでいくと、そこは固定されていて動かしようがない、というのが普通の状況です。でも、Google が、そう言うからには、再生可能エネルギーの生産まで含めて、将来をデザインしているのかもしれません。 とても興味深い話ですね!

ーーーーー

<関連>

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

%d bloggers like this: