Agile Cat — in the cloud

Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ

Posted in Books, Facebook, Social, Weekend by Agile Cat on February 17, 2013

Zuckraking! Randi Zuckerberg Is Writing A Book About Facebook
http://wp.me/pwo1E-5Fm

David Hamilton – Fe 15, 2013
http://readwrite.com/2013/02/15/zuckraking-randi-zuckerberg-is-writing-a-book

_ Read Write (2)

Apparently it’s not enough being a former Facebook marketing manager, owner of your own self consciously hip-yet-somehow-bottom-feeding media company, executive producer of the Bravo realityfest dot-bomb Silicon Valley, and social-media manners maven. Oh, right, and Mark Zuckerberg’s sister.

前職が Facebook の Marketing Manager であり、何らかの方法で情報をかき集めようとする、イカしたメディア会社のオーナーであり、Silicon Valley に実弾を降らす Bravo の Executive Producer であり、ソーシャル・メディア・マナーの専門家でもあるのだが、それだけでは説明が不充分だろう。 そう! 彼女は Mark Zuckerberg の姉さんなのだ。

So the notoriously shy and retiring Randi Zuckerberg, who has never traded on her better-known billionaire brother’s success and influence to further her own ambitions, has decided to grace the world with what the Associated Press describes as a "memoir/lifestyle book" about her time at Facebook. Titled, naturally, Dot Complicated, which coincidentally is also what the demure Ms. Z calls her invitation-only "modern lifestyle newsletter." About which a little more in a moment.

内気だとされ、第一線から引いてしまった  Randi Zuckerberg だが、彼女の弟でもある億万長者を利用したこともなければ、自身の望みを達成するために、その影響力を行使したこともない。 その彼女が、自身の Facebook 時代を本に綴ると決めた。Associated Press によると、回想録/ライフ・スタイルの本になるという。 そのタイトルは Dot Complicated であり、控えめな Ms.Z が Modern Lifestyle と呼ぶ、会員限定のニュースレターと同じ名前になるようだ。 もう少し、詳細について説明したい。

A Good Zuckraking

What’s RZ going to tell us? HarperCollins tells us she’ll relate her "entrepreneurial journey" through her time at Facebook and beyond. You can probably count on her to give a whitewashed version of her parting of the ways with Facebook, which so far sounds pretty spicy. (Ms. Zuck herself has previously described herself at the time as being "a little irresponsible with my creativity" and going "a little rogue.")

RZ は、何を伝えたいのだろうか? HarperCollins は、彼女の Facebook 時代と、その後を通して見た、「企業家の旅」に関連するものになると言う。 おそらく、Facebook を去ることになった、彼女なりの理由が聞けるはずであり、これまでに伝えられてきた、かなりスパイスの効いた話とは、異なるものになるはずだ。 (Ms. Zuck は、「自分の創造力に対して少し無責任になり、疎外感を覚えるようになっていた」と、以前に発言していた

You’ll also doubtless be fascinated to learn that RZ’berg will also enlighten the masses on – believe it or not – "the multifaceted complications of our socially transparent world today, including issues of privacy, social identity, authenticity, crowd sourcing and the future of social change." Surely the ethics and human decency of photo sharing deserves its own chapter.

大衆を啓発しようとする RZ ‘berg にも、間違いなく魅了されるだろう。あなたが信じようが信じまいが、「 今日の世界における社会的な透明性には、多面的な複雑さが存在する。そこには、プライバシーおよび、社会的アイデンティティ、信ぴょう性、群衆情報源、未来へ向けた社会の変化が含まれる」と、彼女は発言しているのだ。 たしかに、写真の共有における倫理と品位は、一章に値する問題である。

But wait, that’s not all! Dot Complicated will also come as an enhanced e-book with "innovative and engaging interactive components," including a "platform for crowd sourced stories and social media integration" – whatever that is. Who wants to wager that Ms. Zuck will herself skillfully navigate the multifaceted complications of our socially transparent world by steering entirely clear of any controversies involving privacy, social identity, authenticity, crowd sourcing and the future of social change? The divine Ms. Z had this to say for herself in the HarperCollins press release:

しかし、待って欲しい。それだけが、すべてではないのだ! 詳しい形態は知らされていないが、この Dot Complicated は、先進のエンゲージ・コンポーネントによる、対話性を用いた拡張型 e-Book として登場し、そこに、群衆情報源およびソーシャル・メディアのインテグレーションも取り込むことになる。Ms. Zuck 自身が巧みにナビゲートする、私たちの世界の社会的な透明性における、多面的で複雑な問題について、誰が一緒に取り組むのだろうか? それは、プライバシーおよび、社会的アイデンティティ、信ぴょう性、群衆情報源、未来へ向けた社会の変化というテーマを含む、あらゆる論争を明らかにしようと、舵を取ることで達成されるものだ。この、Ms. Z が推し進めようとするものについて、彼女自身が HarperCollins のプレス・リリースで発言している:

Technology has changed virtually every part of our lives, resulting in a modern, digital society that feels a lot like the wild, wild west. I am thrilled to be working with HarperCollins to share some of my own crazy experiences on the front lines of social media, and to inspire people of all ages to embrace technology, as well as the new set of social norms that come along with it.

テクノロジーにより、私たちの実質的な生活における、大半の部分が変化した。そして、フロンティア精神にも通ずる、近代的なデジタル社会をもたらした。 そして、ソーシャル・メディアの最前線で得た、私自身の気違いじみたエクスペリエンスのいくつかを、HarperCollins と共に共有していくことに、胸を躍らせている。そして、すべての年齢層の人々に対して、このテクノロイジーに接するように触発し、新しい社会規範のセットが、それと共に登場してくるようにしたい。

As for what to expect from the "lifestyle" parts of the book, you can’t do better than to sample Z’s Dot Complicated newsletter and blog. (Invites to the newsletter are apparently pretty easy to come by, as I had no trouble acquiring one – though you never know when the velvet rope will go up.) The blog, for instance, currently features:

この本の Lifestyle の部分から、何を期待すべきかだが、Ms.Z が提供する Dot Complicated のニュースレターやブログを手本する以上に、あなた自身で上手くやることは不可能だろう。 (このニュースレターへの招待状を得ることは、かなり容易であり、私もまったく手こずらなかった。 ただし、ベルベットのロープが、いつ引き上げられてしまうかは分からない) 実際のところ、このブログは、以下のような役割を果たしている:

But even a talent as unassuming as Randi Zuckerberg can’t be confined to one book. She’ll also publish a children’s picture book simultaneously with Dot Complicated, about which she and HarperCollins had virtually nothing else to say. If you needed a new reason to fear for the next generation, you’re apparently in luck.

しかし、Randi Zuckerberg のような気取らない資質であっても、1冊の本に限定されることはない。彼女は、Dot Complicated と同じタイミングで、子供向けの絵本を発行するようだ。 それについては、彼女も HarperCollins も、何もコメントしていない。もし、次の世代を気遣う、新しい理由があるなら、あなたはラッキーなのかもしれない。

Both books are due out in the fall. At least you have plenty of time to brace yourself.

どちらの本も、この秋には発行される予定だ。 少なくとも、準備のために時間は、充分にあるはずだ。

Photo via Flickr user nrkbeta.no under CC 2.0 license.

See also Yes, Randi Zuckerberg, Please Lecture Us About ‘Human Decency’

ーーーーー

image昨年の 12月に、Randi のプライベートな写真が、パブリックに流れてしまい、ちょっとした騒ぎになったことを思い出しました。結局は、Facebook のプライバシー設定に関連する問題であり、誤解もとけて無事に沈静化したのですが、そのときの Randi のスタンスが、ちょっと印象的でした。 この本は、何となく期待してしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Zuck の 姉の Randi も困惑する、Facebook のプライバシー
Zuck の姉が、Facebook を辞めて 新会社を立ち上げる
次に来る Facebook ブランドは、Woodstock 世代の ジジ・ババ がターゲットだ!
Facebook の偽アカウント対策は、どうなっているのか?
Facebook の Graph Search について、簡単だが説明したい : GigaOM

国内で提供される eBook デバイスの最新情報を一覧

Posted in Books, Miscs by Agile Cat on October 1, 2010

 

親しくしていただいている、下川和男さんから頂いた情報です。 先行する iPad や、Kindle、Sony に続いて、Samsung、Sharp、Toshiba、Microsoft が続き、もう、何が何だかわからない状態だった Agile_Cat にとっては、涙が出るほど有難い資料です。 おそらく、みなさんも同じではないかと思います。 ーーー A.C.

クリックで拡大↓

ebook-shimokawa

PDF で頂きましたが、ビットマップにしてしまったので、図の中の Link を以下にコピーしておきます。 ご利用ください。

Apple iPad: http://www.apple.com/jp/ipad/
Amazon Kindle: http://japanese.engadget.com/2010/07/28/kindle-wifi-139-3g-189/
SONY Reader:
http://japanese.engadget.com/2010/09/01/sony-reader/ 
Sharp GALAPAGOS: http://www.sharp.co.jp/mediatablet/ 
Samsung Galaxy Tab: http://japanese.engadget.com/2010/09/02/android-galaxy-tab/ 
Toshiba Folio 100: http://japanese.engadget.com/2010/09/02/android-folio-100/ 
Microsoft Slate PC: http://onkyodirect.jp/pc/slate/ 
XMDF3: http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/a00i/106510/ 
Blio: http://www.blio.com/ 
Reader Store 凸版 au 朝日: http://ebookstore.sony.com/ 
Space Town: http://www.spacetown.ne.jp/ 
Toshiba Book Space: http://toshibabookplace.com/

なお、原本の PDF は、以下の下川さんのブログから DL できます:
http://bizpal.jp/eijyo/02037

ーーーーー

このまま混戦状態が続くのか、どれかが抜け出すのか、まったく予想がつきません。 それにしても、この資料、とっても助かるぅ ~~~ A.C.

ーーーーー

<関連>
Amazon Kindle 版で、Microsoft Press 本が 300冊!
Kindle と Linux にもおよぶ クロス・ライセンスを締結と、Microsoft がニュースリリース
電子ブック・リーダーの No.1 は、iPad ? それとも Kindle ?
Kindle 2 と 青キン Direct でシアワセになれました!
GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう

Tagged with: ,

Google Maps を アート にしてしまう ・・・

Posted in Books, Google, Out Of Scope by Agile Cat on September 14, 2010

If Google Maps Were Real: An Artist’s Vision
http://mashable.com/2010/09/12/google-maps-art/

つい先ほど、Facebook の Friend になった Alejo Malia さんの作品を ご紹介しましょう。 なんというか、Google Maps の世界の住人の視点というのでしょうか、なるほどなぁ と思わせてくれる作品です。 ようやく秋らしい夜。。。  たまには、こんなポストも良いですね。 ーーー A.C.

クリックで拡大 ↓

googles-map-museum-1 googles-map-museum-2
googles-map-museum-3 googles-map-museum-4

The above image is one of several from Alejo Malia that depict a world in which all the elements of Google Maps (Google Maps) — place markers, public transit symbols and even the yellow street view guy — are completely real and physical objects looming over our buildings, streets and heads.
Malia is a Spanish illustrator and designer who, while relatively unknown, has a very strong social media presence. He’s on
Twitter (Twitter), Facebook (Facebook), YouTube (YouTube), Blogspot and Flickr (Flickr).

He uploaded this set of images (titled “Google’s World“) yesterday, but it’s not his first literal imagination of the technological world of the web; he also produced an image that incorporated Facebook’s “Like” button into a real photograph.

Here’s the rest of the “Google’s World” set. Enjoy, and be sure and tweet your appreciation at Malia if you like his work.

[Via Gizmodo]

70 歳の Alan Kay へ捧ぐ

Posted in .Selected, Books by Agile Cat on August 4, 2010

こんな本があったとは ・・・

__AC Stamp 2

昨日の Twitter で @ishisaka さんに教えていただきました。 今日のコンピューティングの在り方を、Alan Kay さんが言い当てたのか、それとも、彼のイメージの中で、多くの人々が思考を積み重ねてきたのか、どちらなのかは分かりませんが、いずれかなのでしょうね。 PDF 版もあるので、この夏休みの一冊にと考える方もいらっしゃるのでは。 ーーー A.C.

ーーーーー 

Points of View is a collection of previously-unpublished essays written to celebrate Alan Kay’s 70th birthday. Twenty-nine luminaries from diverse disciplines contributed original material for this book.

Points of View は、Alan Kay の 70歳を祝うために寄せられた、これまでに出版されていないエッセイのコレクションである。多様な専門分野に属する 29名の著名人が、この本のためにオリジナルの原稿をコントリビュートしている。

Alan Key

We believe this volume will appeal to readers and collectors looking to learn more about Alan through the eyes of his colleagues past and present, or to gain some unique insights into computer science, management, music and the arts.

この書籍は、Alan のことを知りたい読み手とマニアにとって、魅力的なものになると信じる。 それは、彼の、これまでの仲間の視点から語られるものであり、また、コンピュータによる科学や管理、さらには音楽と芸術へといたる、独自の洞察をもたらすものでもある。

This second printing is being offered to the public in return for a $55 donation to Viewpoints Research. Your donation will help us to recover the costs of printing and shipping.

この第二版の発行にあたり、Viewpoints Research に対する $55 の寄付をお願いしている。 それは、印刷や送付といった経費の足しとなる。
acf0940f-d27d-49da-ab6c-393104e0d2f9
The book is also available for download as a PDF file. Click on the cover image (to the right) to begin the transfer. If you choose to make a donation for the online version, no matter how small, it will be very much appreciated.

また、この本は PDF ファイルとしてダウンロードすることも可能である。 右記の表紙のイメージをクリックすれば、ダウンロードが始まる。 このオンライン・バージョンについても、寄付を考えてもらえるなら、いくらでも構わない。 とても有難いことである。

Bibliographic information

Ian Piumarta and Kimberly Rose (eds), Points of View — a tribute to Alan Kay.
Viewpoints Research Institute, May 2010. ISBN 978-0-9743131-1-5
272 pages, hardbound, foil stamped, color illustrated.

Alan Kay Smile

Contents

Kim Rose
Preface

Bob Sproull
Alan Kay: visionary designer

Ivan Sutherland
Old Salt Lake stories that you may not have heard

Adele Goldberg
Alan Kay and the Search for the Holy Grail

Bert Sutherland
Manager as Pupil

Bob Stein
Do it

Leonard Kleinrock
About an Ageless Alan Kay

John Sculley
Genius is Seeing the Obvious Twenty Years Ahead of Everyone Else

Bobby Blatt
The Vivarium—a place to learn about learning, and to think about thinking

Chunka Mui
Notes on a twenty-five-year collaboration

Mel Bergstein
Context, Inspiration and Aspiration: Alan Kay’s Influence on Business

Larry Smarr
The Emergence of a Planetary-Scale Collaboratory for Data-Intensive Research

Andy van Dam
Reflections on what Alan Kay has meant to me, on the occasion of his 70th birthday

Raj Reddy
Alan Kay and the Creation of the Centre Mondial Informatique et Ressources Humaines in Paris

Nicholas Negroponte
The Book in Dynabook?

David P. Reed
Get the verbs right

Chuck Thacker
A Tiny Computer

Douglas B. Lenat
The K Factor

Butler Lampson
Declarative Programming: The Light at the End of the Tunnel

Vishal Sikka
Some timeless lessons on software design

Vint Cerf
Thoughts on Alan’s 70th Birthday

Mitchel Resnick
Life as a Learning Lab

Bran Ferren
AK—A Graphic Exposé

Betty Edwards
A Tribute to Alan Kay

Bob Lucky
Portraits of Alan Kay

Greg Harrold
Greg and Alan conspire to create a wonderful new pipe organ

Quincy Jones
A three-sixty human being

Gordon Bell
Dear Alan, Re: What about your digital afterlife ?

Danny Hillis
The Power of Conviction

Ian Piumarta
Afterword

 

O’Reilly の Hadoop 本が、1月23日に日本で発売!

Posted in Books, Hadoop by Agile Cat on January 13, 2010

待ちに待った Hadoop: The Definitive Guide, First Edition の訳本です!

昨年の 11月の、Hadoop Conference の会場で、校正の段階に入りましたと玉川さんから聞いて以来、まだか、まだかと、待ちわびていたのですが、ついに 1月 23日の発売が決まったとのご連絡をいただきました。 よくよく考えてみると、この訳本なしに、日本の Hadooper は長いこと頑張ってきたわけですが、、、それも あと少しの辛抱で、23日以降は日本語で Hadoop の勉強ができるようになるんです。 スバラシイ!

O’Reilly Japan の URL は、ここ ↓ で~す!
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873114392/

oreilly_header2

Hadoop Book J

● Tom White 著 、玉川 竜司、兼田 聖士 訳
● 2010年01月23日 発売予定
● 568ページ
● 定価4,830円
● ISBN978-4-87311-439-2
● 原書:
Hadoop: The Definitive Guide, First Edition

本書は、Hadoopの基礎から応用までを包括的に解説する書籍です。はじめに、Hadoopの分散ファイルシステムHDFSやI/Oの効率化の仕組みなど、Hadoopの基礎を説明し、なかでもMapReduceについて詳しく解説します。MapReduceのアプリケーションを開発するために必要なステップを一通り紹介し、さらにユーザの目から見てMapReduceがどう実装されるのかを詳述します。後半ではHadoop管理者のために、HDFSと MapReduceを実行するためのHadoopクラスタの立ち上げと管理の方法を紹介。さらにPig、HBase、ZooKeeperについて述べ、 Apache Hadoopコミュニティメンバーから寄せられた、FacebookやLast.fmなどの大規模なケーススタディ集を収録しています。信頼ある Hadoopコミッターが執筆した本書は、Hadoopに関心あるすべての人に必携の一冊です。

序文
訳者まえがき
はじめに
1章 Hadoop事始め
    1.1 データ!
    1.2 データの保管と分析
    1.3 他のシステムとの比較
    1.4 Hadoopの歴史
    1.5 Apache Hadoopプロジェクト
2章 MapReduce
    2.1 気象情報データセット
    2.2 Unixのツールによるデータ分析
    2.3 Hadoopによるデータの分析
    2.4 スケールアウト
    2.5 Hadoopストリーミング
    2.6 Hadoop Pipes
3章 Hadoop分散ファイルシステム
    3.1 HDFSの設計
    3.2 HDFSに関する概念
    3.3 コマンドラインインターフェース
    3.4 Hadoopのファイルシステム群
    3.5 Javaインターフェース
    3.6 データフロー
    3.7 distcpによる並列コピー
    3.8 Hadoopアーカイブ
4章 HadoopのI/O
    4.1 データの整合性
    4.2 圧縮
    4.3 シリアライゼーション
    4.4 ファイルベースのデータ構造
5章 MapReduceアプリケーションの開発
    5.1 設定API
    5.2 開発環境の設定
    5.3 ユニットテストの作成
    5.4 テストデータを使ったローカルでの実行
    5.5 クラスタでの実行
    5.6 ジョブのチューニング
    5.7 MapReduceのワークフロー
6章 MapReduceの動作
    6.1 MapReduceジョブの実行の内幕
    6.2 障害
    6.3 ジョブのスケジューリング
    6.4 シャッフルとソート
    6.5 タスクの実行
7章 MapReduceの型とフォーマット
    7.1 MapReduceの型
    7.2 入力フォーマット
    7.3 出力フォーマット
8章 MapReduceの機能
    8.1 カウンター
    8.2 ソート
    8.3 結合
    8.4 サイドデータの配布
    8.5 MapReduceライブラリクラス
9章 Hadoopクラスタの構築
    9.1 クラスタの仕様
    9.2 クラスタのセットアップとインストール
    9.3 SSHの設定
    9.4 Hadoopの設定
    9.5 インストールの後処理
    9.6 Hadoopクラスタのベンチマーク
    9.7 クラウドにおけるHadoop
10章 Hadoopの管理
    10.1 HDFS
    10.2 モニタリング
    10.3 メンテナンス
11章 Pig
    11.1 Pigのインストールと実行
    11.2 例
    11.3 データベースとの比較
    11.4 Pig Latin
    11.5 ユーザー定義関数
    11.6 データ処理オペレータ
    11.7 実践Pig
12章 HBase
    12.1 Hbaseの基礎
    12.2 概念
    12.3 インストール
    12.4 クライアント
    12.5 例
    12.6 HBase対RDBMS
    12.7 実践
13章 ZooKeeper
    13.1 ZooKeeperのインストールと実行
    13.2 例
    13.3 ZooKeeperサービス
    13.4 ZooKeeperによるアプリケーションの構築
    13.5 ZooKeeperの実用化
14章 ケーススタディ
    14.1 Last.fmにおけるHadoopの利用
    14.2 FacebookにおけるHadoopとHive
    14.3 Nutch検索エンジン
    14.4 Rackspaceにおけるログの処理
    14.5 Cascading
    14.6 Apache Hadoopでのテラバイトソート
付録A Apache Hadoopのインストール
    A.1 必要事項
    A.2 インストール
    A.3 設定
    A.3.1 スタンドアロンモード
    A.3.2 擬似分散モード
    A.3.3 完全分散モード
付録B ClouderaのDistribution for Hadoopについて
    B.1 必要事項
    B.2 スタンドアロンモード
    B.3 擬似分散モード
    B.4 完全分散モード
    B.5 Hadoopの関連パッケージ
付録C NCDC気象情報データの準備

ーーー

O’Reilly Japan サイトには、もっと詳細な目次が掲載されていますよ。 最後になってしまいましたが、玉川さん、兼田さん、おめでとうございます。 そして、お疲れ様でした。 ーーー A.C. 

<関連>
楽天の河村さん:Hadoop Conference Japan 2009に参加しました
This is ARAKI’s daily notes 前半 後半
Hadoop World 2009 レポート
Hadoop Conference Japan 2009 が、もう満員だって!
北京でも Hadoop World を開催
台湾でも Hadoop World を開催
Hadoop World Report:優良企業はなぜ Hadoop に走るのか
Hadoopが秘める可能性:オンプレミスでもクラウドでも使えるプラットフォームの魅力
Hadoopの最新動向を「Hadoop World:NY 2009」の資料から

司馬遼太郎的クラウド観_1

Posted in Books by Agile Cat on September 23, 2009

クラウドは文化ではなく文明である

20092009076

司馬遼太郎の作品の中に、アメリカ素描というエッセイがあります。日本や中国、そしてモンゴルについて書かれた作品は多々ありますが、おそらく、アメリカを書いたものとしては、唯一のものではないかと思います。

この本で司馬は、風習や集落の以前に、法から始まった唯一の国家が、アメリカであると定義しています。つまり、文化ではなく、文明からスタートしている実験国家が、アメリカであると言っているのです。

なにやら、オンプレミスとクラウドの対比に似ていると思い出し、以前に読んだ本を引っ張り出し、再読している最中なのですが、そこから以下のくだりをご紹介したいと思います。

___space

ここで定義を設けておきたい。文明は「誰もが参加できる普遍的なもの、合理的なもの、機能的なもの」をさすのに対し、文化はむしろ不合理なものであり、特定の集団(たとえば民族)においてのみ通用する特殊なもので、他に及ぼしがたい。つまりは普遍的でない。

たとえば、青信号で人や車は進み、赤信号で停止する、この取り決めは世界に及ぼしうるし、げんに及んでいる。普遍的という意味で交通信号は文明である。逆に文化とは、日本で言うと、婦人がふすまをあけるとき、両ひざをつき、両手であけるようなものである。立ってあけてもいい、という合理主義はここでは、成立しえない。不合理さこそ文化の発光物質なのである。同時に文化であるために美しく感じられ、その美しさが来客に秩序についての安堵感をあたえ、自分自身にも、魚巣に住む魚のような安堵感をもたらす。ただし、スリランカの住宅にもちこむわけにはいかない。だからこそ文化であるといえる。

ーーー アメリカ素描:司馬遼太郎(著):新潮文庫

なにやら、霞ヶ関クラウドというものが、どのようなものになるのかと、とても気になってしまう論旨です。やはり、黒船が着てくれないと、日本のクラウドは始まらないのでしょうか?

司馬遼太郎的クラウド観_1
司馬遼太郎的クラウド観_2
司馬遼太郎的クラウド観_3
司馬遼太郎的クラウド観_4

<関連>
個人情報と日米欧
海外 Internet 速度テスト

司馬遼太郎的クラウド観_2

Posted in Books by Agile Cat on September 22, 2009

クラウドはステイツの所産なのか

言うまでも無く、アメリカは世界で唯一の移民でできあがった国家であり、新大陸を求めるヨーロッパからの人々により建国されたのちに、アジアや中南米などからの人々を受け入れることで、人種という壁を希薄なものにしようと試み続けてきました。

もちろん、 良いことだけがあったわけではなく、人種の差別に根ざした数々の問題も引き起こしてきましたが、オバマ大統領を選んだことにより、ひとつのハードルを飛び越えたようにも思えます。

ここで、アメリカ素描から引用 ・・・

「ザ・ステイツ(the states)」

とよんでいることに関心があった。合衆国という簡略語である、といってしまえばそれでしまいだが、私の感覚には語感として、

「アタシの人工的な国家は」

といっているように、ついひびいてしまう。法でつくられたる国というひびきである。

言いかえれば、文明という人工でできあがった国ということばに違いない。逆にいえば、韓国やアイルランドや日本のように文化の累積でできあがった国は、State ではない。

人間は群れてしか生存できない。その集団をささえているものが、文明と文化である。いずれもくらしを秩序づけ、かつ安らがしている。

ーーー アメリカ素描:司馬遼太郎(著):新潮文庫

たしかに、私たち日本人が、日本を指して国というものを考えるとき、理屈で割り切れない何ものかがが渦巻いてしまい、その抽象化も困難なものとなりますが、明確なルールに基づいた国というイメージが、アメリカ人の中には存在するのだと思います。

持ち続けてきた文化を捨てて、アメリカという合理に署名した人々や、その子孫にとって、IT による合理化、あるいは、IT 自身の合理化であるクラウドなどは、朝飯前のことなのでしょうし、それを諦めた途端に、ステイツを支える合理性が崩壊してしまうのでしょう。

司馬遼太郎的クラウド観_1
司馬遼太郎的クラウド観_2
司馬遼太郎的クラウド観_3
司馬遼太郎的クラウド観_4

司馬遼太郎的クラウド観_3

Posted in Books by Agile Cat on September 21, 2009

エネルギーとクラウドに浮かぶアメリカ

シリコンバレーを南北に走る 101 は有名なフリーウェイですが、それと平行して、西側の稜線をつたってサンフランシスコとサンノゼを結ぶのが 280 です。その近辺は、いかにもアメリカの南という感じで、夜には不気味なほどの樹木が、それこそ Billie Holiday の奇妙な果実の世界のように鬱蒼としています。

もう 10年以上も昔のことですが、その近辺にお呼ばれがあり、道すがらの緑の深さに驚いたと、招かれた家の主人に話したときに、すべて散水で生きながらえている木々だと教えてもらったことがあります。

ここで、アメリカ素描から引用 ・・・

さて、ツタと並木や農場の緑である。
「雨が降らないのに、どうしてあれが生えてくるんです」
と、車にのせてくれているマーガレット・鳴海にきいてみた。

「スプリンクラーです」

よくみると、ところどころに、地表から十センチばかり、土壌色に塗られたパイプラインが出ている。間歇的に、下からシャワーを噴き上げ四方をうるおしているのである。

「その水は、どこからひいているんです」

「遠くの川や湖から」

と、マーガレットは気のなさそうにいう。彼女にとってこれほど退屈な話題はないだろう。彼女のうまれるよりはるかなむかしからこうなっていて、はるかな水源地で働いている揚水ポンプも、また送りだしのための電気装置も、あるいは噴きあがらせる装置も、彼女にとってはもはや自然の一部のようなものであるにちがいない。カリフォルニア州が世界一の農業生産地であることは周知のことだが、本来砂漠であっていい土地に灌水して農地にし、あとは太陽にキスさせるということでなりたっているのである。

「そういう装置がないとどうなるのでしょう」

「砂漠になります」

ーーー アメリカ素描:司馬遼太郎(著):新潮文庫

本文中で司馬も言っているように、カリフォルニアは肥沃な土地ではなく、肥沃な太陽とエネルギーの上に成り立っている州なのです。そう考えてみると、アメリカという国自体が、エネルギーの上に浮かんでいるような気がしてきます。

クラウド、そして、スマート・グリッドへと邁進していくのは、誰も止めようがないことなのだとも思ってしまいますね。

 

司馬遼太郎的クラウド観_1
司馬遼太郎的クラウド観_2
司馬遼太郎的クラウド観_3
司馬遼太郎的クラウド観_4
グリーンピースに反応する Google と Microsoft
Facebook と Greenpeace : Oregon のデータセンターをめぐって対峙

%d bloggers like this: