Agile Cat — in the cloud

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by agilecat.cloud on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/04/15/china-data-center-server-standard-project-3-0-to-announce-at-year-end-2015-cloud-cloudcomputing-china-datacenter/
 
_ Digi Times
 
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
 
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
 
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
 
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
 
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
 
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
 
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
 
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
 
ーーーーー
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, Telecom, .Selected, Asia, Strategy, Huawei by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものになるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on April 15, 2015
Asia Pacific becomes frontline for IoT with US$583 billion market opportunity by 2020, says IDC
Alex Wolfgram – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PR200.html
 
_ Digi Times
 
The Asia Pacific Internet of Things (IoT) industry will continue its strong growth, with the number of units, or “things,” connected to increase from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020. Over this same period, the total Asia Pacific excluding Japan (APeJ) market size will increase from US$250 billion to US$583 billion, according to IDC.
 
Asia Pacific の Internet of Things (IoT) は、その力強い成長を継続し、インターネットの接続される Units もしくは Things の数は、2020年までに 31億個〜86億個へと増大していくだろう。それと同じ期間において、Asia Pacific excluding Japan (APeJ) の IoT マーケットは、US$250 billion〜US$583 billion へと成長すると、IDC は推測している。
 
Internet_of_ThingsWikipedia
 
“The Internet of Things industry has matured considerably over the past year, with a number of large government initiatives across APeJ, and China in particular, driving demand,” said Charles Reed Anderson, VP at IDC Asia Pacific. “This increase in market demand has led to an increased focus on IoT from leading ICT vendors, as well as start-ups – with each keen to grab their share of the growing IoT market.”
 
「 この 一年間の IoT は、APeJ 全体において、とりわけ China において、需要を促進していく各政府のイニシアチブにより、かなり成熟したと推測できる。 こうした、マーケットにおける需要の高まりが、大手 ICT ベンダーに加えてスタートアップの注目を集めている。つまり、誰もが、成長していく IoT マーケットで、シェアを掴もうとしているのだ」と、IDC Asia Pacific の VP である Charles Reed Anderson は述べている。
 
“While high level IoT market forecast information by region or country can be useful to certain audiences, it adds little value to those functional areas with more specific requirements,” said Anderson. “Sales and marketing, for instance, require IoT forecasts aligned to industry verticals so they can effectively set targets and tailor their go-to-market messaging; while product management requires IoT forecasts aligned to use cases (e.g. digital signage) so they can understand the addressable market for their solution portfolio across multiple industries.”
 
さらに Anderson は、「地域や国といった、大きな括りによる IoT 市場予測の情報は、特定の人々にとって有益だろうが、それぞれの機能分野と、それに伴う具体的な要件に対して、価値を与えるものにはならない。たとえば、セールスとマーケティングの観点からすると、業界を垂直に整理していく IoT 予測が必要となる。 そのため、そのような目的を持つ人々は、効果的に目標と対応を定めた、go-to-market  メッセージを設定できる。しかし、製品管理に携わる人々が必要とするのは、ユースケースを整理するための IoT 予測である(たとえばデジタル・サイネージ)。したがって、それらの人々が理解していくのは、複数の業界にまたがるソリューション・ポートフォリオのための、細分化された情報となる」と述べている。
 
China not only will continue to dominate the Asia Pacific region, accounting for 59% of the APeJ market opportunity by 2020, but also be one of the leading markets globally with nearly one out of every five units connected by 2020 to be in China. However, market size is not the same as market maturity, said IDC.
 
2020年までに APeJ 市場における 59% のビジネス・チャンスを占めるとされる China は、Asia Pacific 地域を支配し続けるだけではなく、グローバルをリードするマーケットの一角を占める。つまり、China は 2020年までに、インターネット接続された全デバイスの、5つに 1つを占めることになるのだ。しかし、マーケットの規模と、その成熟度が一致するわけではないと、IDC は述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT という言葉で一括りにしても、セールスとマーケティングの観点からの予測と、ユースケースという観点からの予測には、大きな違いがありそうですね。 そして、APAC (APeJ?) の IoT マーケットで、中国が存在感を増してくるという予測には、なるほどと頷いてしまいます。 スマホの世界を例にすると、Xiaomi のサプライチェーンが突出した存在として浮上してきますが、彼らが IoT を手にしたら、どのようなことが起こるのでしょうか? そして、中国国内で IoT を構成していくためのバックボーンは、おそらく Huawei や ZTE に委ねられるはずです。いろいろな意味で、とても気になるアジアの IoT ですね。_AC Stamp
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
ーーーーー
<関連>
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
 

Transcend の SSD 出荷数が、前年比で倍増しているらしい:台湾からのレポート

Posted in Asia, Data Center Trends, Storage by agilecat.cloud on April 14, 2015
Transcend 1Q15 SSD sales approach total for 1H14
Josephine Lien, Jessie Shen – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PD202.html
 
_ Digi Times
 
Transcend Information saw its cumulative 2015 shipments of SSD (solid state drive) products through March reach nearly the total shipped in the first half of 2014, according to the Taiwan-based company.
 
Taiwan に本社を置く Transcend だが、2015年 1月〜3月期における SSD プロダクツの出荷数が、2014年 1月〜6月期に相当するという情報を提供している。
 
Transcend SSDTranscend specializes in the manufacture of memory modules, but has in recent years put increased focus on SSDs and other industrial and strategic products. The company noted that March sales of its industrial and strategic products totaled NT$1.16 billion (US$37.1 million) accounting for 51.4% of its total revenues for the month.
 
Transcend は、メモリ・モジュールの製造に特化した企業であるが、この数年は、SSD に注力しており、また、戦略的な産業用プロダクツにフォーカスしている。同社が言うには、この 3月における産業用および戦略的なプロダクツの販売は、合計で NT$1.16 billion (US$37.1 million)  に至ると指摘している。それは、同月の総売上高に対して、51.4% を占める数字となる。
 
Meanwhile, Transcend’s NAND flash devices and DRAM modules generated revenues of NT$789 million and NT$310 million, respectively, in March 2015.
 
その一方で、2015年3月 の Transcend は、NAND フラッシュ・デバイスで NT$789 million を、DRAM モジュールで NT$310 million を稼ぎだしている。
 
Transcend reported consolidated revenues of NT$2.26 billion for March 2015, up 28.5% on month but down 2.4% on year. Revenues totaled NT$6.13 billion for the first three months of 2015.
 
Transcend のレポートによると、2015年3月の総売上は NT$2.26 billion であり、前月比で 28.5% の UP であり、前年比では 2.4% の DOWN となる。そして、2015年 Q1 の総売上は NT$6.13 billion であるという。
 
For 2014, Transcend reported net profits of NT43.74 billion, or NT$8.67 a share, on consolidated revenues of NT$27.22 billion.
 
また、2014年を通年で見ると、同社の粗利は NT43.74 million であり、株価はNT$8.67、総売上は NT$27.22 billion に至っている。
 
ーーーーー
datacenter_55Transcend の全体を見ると、昨年に対して大きく成長しているというわけでは無さそうです。 ただし、冒頭に記されているように、SSD の出荷数は倍増しているのであれば、その利益構造も大きく変化しているはずです。 どうせなら、SSD だけの数字を抜き出した、売上表のほうが見たかったですね。 この Transcend ですが、Agile_Cat は気に入っており、いまの Mac mini のメモリや、各種モバイル・デバイスの MicroSD などで、同社の製品を使っています。(本文の最後の段落ですが、原文の NT43.74 billion は、NT43.74 million の間違えだと思います) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
DynamoDB および、ホット SSD + コールド S3 というパターン
SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート
HGST の予測:今年の DC 市場では、ヘリウム充填型の HDD が大きく伸びる
 

2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Research by agilecat.cloud on April 9, 2015
These are the most popular marketplaces to buy stuff online
Dave Smith – Apr. 2, 2015
http://www.businessinsider.com/the-most-popular-marketplaces-to-buy-stuff-online-2015-4
 
_ Business Insider
 
Based on the latest data from company filings charted for us by BI Intelligence, China’s Alibaba was the most popular online marketplace in 2014, with more than 330 million customers purchasing a product on either the company’s Tmall or Taobao marketplaces (Tmall is an invite-only marketplace for brands, while Taobao is a consumer-to-consumer marketplace).
 
BI Intelligence からの最新データをチャートをみると、China の Alibaba が、2014年に最も人気を博したオンライン・マーケットであることが分かる。同社の傘下である Tmall および Taobao のマーケットプレイスで、3.3 億人以上の人々が買物をしているのだ (Tmall はブランドのための登録制マーケットであり、Taobao は C2C マーケットである)。
 
ecomm-marketplace-active-buyers
BI Intelligence
 
After Alibaba, Amazon had the next largest e-commerce marketplace last year — and the largest in the US — with more than 270 million customers. Meanwhile, don’t look now, but BI Intelligence believes Groupon is an “appealing operator” that could re-emerge as a major player in e-commerce. The daily deals site had nearly 44 million customers buying a product or service last year, and it just launched a third-party marketplace this week.
 
Alibaba に続いて、昨年の EC マーケットプレイスでは、Amazon が二番手となった。 同社は、US では最大の規模を誇り、全体で 2.7 億人の顧客を有している。その一方で、Groupon が EC の主要プレーヤーとして再浮上し、魅力的なオペレータとなる可能性がある。 いまは、そのように見えないが、BI Intelligence は Groupon を、そう評価している。この、クーポン・サービス系の情報サイトは、プロダクトやサービスの販売において、昨年は 4400万人ほどの顧客を獲得している。 そして、今週(4/2の週)のことだが、サードパーティのためのマーケットプレイスも立ち上げている
 
ーーーーー
Asia Pacificそれにしても、この Alibaba の伸びはスゴイですね。 インターネット・インフラだ整えば、素早く立ち上がるコマース・サイトという定説が有りますが、アメリカでは Amazon が、中国では Alibaba が、それを証明しているように思えます。 そして、まだ、ここには出てきていませんが、インドの Flipkart Snapdeal が、どのような成長を見せるのかと思うと、とてもワクワクしてきます。 なお、Groupon を説明する Daily Deals Site の意味は、クーポン・サービス・サイトと訳すようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 
 

iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on March 27, 2015
Apple rumored entry-level iPhone 6C to be made by Wistron
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Thursday 26 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150326PD202.html
 
_ Digi Times
 
Apple is reportedly planning to unveil a new range of iPhones in the second half, and among the new smartphones, the 4-inch entry-level iPhone 6C is expected to be manufactured by Wistron, according to sources from the upstream supply chain. However, the ODM declined to comment on clients or orders.
 
Apple だが、今年の後半に、iPhone の新しいラインナップを発表すると伝えられている。そして、新たな iPhone シリーズには、エントリー・モデルである、4-inch  iPhone 6C が含まれ、また、Wistron より製造されるだろうと、台湾の上流サプライチェーンから情報が流れてきている。しかし、この ODM は、顧客および注文については、ノーコメントを貫いている。
 
iPhone 5CWolf Gang
Flickr
 
Wistron and Compal Electronics recently joined as manufacturing partners of Apple. Wistron is mainly handling the vendor’s previous-generation iPhones while Compal assembles iPads.
 
最近のことだが、Wistron と Compal Electronics が、Apple のパートナーとして製造ラインに参加している。Wistron は 旧世代 iPhone を取り扱い、Compal は iPad をアセンブルするというのが、主要な業務となっているようだ。
 
To strengthen its competitiveness, Wistron established a touch panel business a few years ago, originally targeting the touchscreen notebook market; however, the business landed orders from Apple in 2014 for laminating touch panels for the iPhone 5 and the partnership later helped Wistron to receive orders for manufacturing the whole iPhone, and to be in charge of the upcoming iPhone 6C, the sources noted.
 
Wistron は数年前に、競争力を強化するために、タッチ・パネル事業を確立している。もともと Wistron は、タッチ・スクリーンのノート PC 市場をターゲットにしていたが、iPhone 5 用のタッチ・パネルを積層するために、2014年に Apple からの注文を得ることになった。そして、このパートナーシップが、iPhone 全体を製造するという作業を、Wistron が引き受けるキッカケとなった。そして、さらに、新たに登場する iPhone 6C を担当することになったと、情報筋は指摘している。
 
During its recent investors, Wistron noted that its mobile communications product shipments will reach 25 million units with an annual growth of 25% and its handheld device business will be the main revenue contributor of 2015.
 
Wistron は、先日の投資家たちへの説明会において、モバイル・コミュニケーション製品の出荷台数が 25万台に達すると予測し、また、25% の年間成長率を達成するだろうと述べている。つまり、同社のハンドヘルド・デバイス事業は、2015年における主要な収益源となってくのだ。
 
ーーーーー
appleこのポストと前後して、やはり DigiTimes からですが、「 TSMC to supply chips for rumored iPhone 6S and 6C 」というレポートが提供されています。 それによると、「20nm chips for an upcoming 6C model and 16nm FinFET chips for 6S models」との事のようです。 また価格に関しては、「 US$400-500」と述べられており、Xiaomi などのハイエンド機と、近いレベルまで降りてくるようです。 まだまだウワサなので、ほんとうに iPhone 6C が出てくるのかどうか、その辺りは不明ですが、ぜひ、実現して欲しいプロダクトですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに失速している?
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
Zuck が Cook に 一発かました:Apple は自分の顧客を大切にすべきだ!
 

Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!

Posted in .Chronicle, Asia, Wearable by agilecat.cloud on March 25, 2015
Say no-no to Xiaomi’s GoPro (REVIEW)
Paul Bischoff – Mar 18, 2015
https://www.techinasia.com/xiaomi-yicamera-review-gopro/
 
_ tech in asia
 
The YiCamera received a wave of international attention last week when it debuted on Xiaomi’s official estore in China for just RMB 399 (US$64). And for good reason.
 
この YiCamera だが、China における Xiaomi のオフィシャル・eストアに、RMB 399 (US$64) でデビューした時から、インターナショナルでも注目を浴びている。そして、それには正当な理由がある。
 
yicamera-reviewGoPros and other sports cameras are exploding in popularity, but high price tags leave many would-be buyers wondering if it’s really worth it. At less than half the price of the least expensive GoPro model, the YiCamera could be the answer many people have been waiting for.
 
GoPros などのスポーツ・カメラが爆発的な人気を博しているが、その高額に設定された価格により、潜在ユーザーたちは、本当に価値があるのかどうかと、二の足を踏んでしまっているのだ。GoPro の廉価版モデルの半額以下で提供される YiCamera は、それを待ち望んできた人々に対する答えになるかもしれない。
 
YiCamera SpecsHere’s a quick recap of the camera’s specs compared to the entry-level GoPro Hero.
 
これは、GoPro のエントリー・モデルである、GoPro Hero とのスペック比較である。
 
But let’s make one thing clear before we start talking about the YiCamera. This is not a Xiaomi product, despite the fact that even I constantly refer to it as “the Xiaomi GoPro.” It’s exclusively sold on Xiaomi’s website and probably gets a lot of support from the Chinese smartphone maker when it comes to marketing and supply chain resources, but no Xiaomi branding appears on the camera.
 
しかし、この YiCamera について説明する前に、明らかにしておくべきことが有る。 つまり、これまで私が、Xiaomi の GoPro と呼んできたにもかかわらず、それは Xiaomi プロダクトではないのだ。 Xiaomi の Web サイトだけで販売され、また、マーケティングについても、そしてサプライチェーン・リソースについても、Xiaomi からの多大なサポートを得ているはずだ。 しかし、Xiaomi のブランド名は、このカメラには刻まれていない。
 
The YiCamera is made by Xiaoyi, which also makes a webcam sold on Xiaomi’s store. It’s one of an increasing number of smart devices that Xiaomi is partnering with another company to sell.
 
この YiCamera は Xiaoyi により製造され、Xiaomi ストアで販売される Webcam を構成している。つまり、販売提携パートナーになることで、Xiaomi から提供されるスマート・デバイスの数を、さらに増大しようとしているようだ。
 
⇒ ⇒ ⇒ Youtube Demo
 
ーーーーー
Asia Pacific別ブランドとはいえ、その名前からして、Xiaomi グループであることに、間違いはないでしょう。 あらゆるスマートデバイス・メーカーが、そのマーケティングを洗練させることで、他者との差別化を図ろうとしているのに対して、Xiaomi は柔軟で強靭なサプライチェーンを育成することで、それに対抗しているようにも思えてきます。 つまり、その結果として、プロダクトの品質を維持したまま、驚くべき低価格を実現しているのです。 この1年ほど、ずっと Xiaomi に注目し続けてきましたが、これまでのデバイス・メーカーとは、まったく異なる考え方で、これからも突き進んでいく企業なのだと思えてきました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め
Xiaomi が米国でのビジネスを開始:本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く

Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 20, 2015
Taiwan white-box server makers land orders from Apple
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 18 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150318PD204.html
 
 _ Digi Times
 
Apple has joined the Facebook-established Open Compute Project in line with its plans to set up new cloud data centers and replace servers used in existing data centers. Some Taiwan-based white-box server makers have obtained orders from Apple and will begin shipments soon, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Apple は、新たなクラウド・データセンターを構築するために、そして、すでに稼働しているデータセンターのサーバーを刷新するために、Facebook が確立した Open Compute Project に参加した。Taiwan のサプライ・チェーン・メーカーからの情報によると、Taiwan をベースとする、いくつかのホワイトボックス・サーバー・メーカーが、すでに Apple からの受注を得ており、また、すぐに出荷が開始されるようだ。
 
OCP AppleApple is expanding its investments in datacenters and plans to invest US$2 billion to transform its sapphire glass factory in Arizona, the US to a datacenter and will invest EUR1.7 billion to establish datacenters in Ireland and Denmark. The datacenters in Europe are estimated to complete by 2017 to handle Apple’s online service in Europe.
 
Apple は、データセンターへの投資を拡大している。US の Arizona では、サファイア・ガラス工場をデータセンターに様変わりさせるために、US$2 billion を投資する計画が進んでいる。また、Ireland と Denmark にデータセンターを構築するために、EUR1.7 billion を投資するとされている。それらの、ヨーロッパにおけるデータセンターは、2017年までに完成すると予測されており、Apple のオンライン・サービスを、この地域に提供するために運用される。
 
Apple used to rely on Hewlett-Packard (HP) and Dell to supply servers, but is now looking to acquire servers with customized designs and cheaper prices, giving white-box server makers more chances on acquiring related orders, the sources said.
 
Apple は、データセンターで用いるサーバーを、Hewlett-Packard (HP) と Dell からの供給に依存してきた。しかし、これから購入するサーバーは、カスタマイズされたデザインと、引き下げられたコストを伴うものとなる。上記の情報筋によると、この Aplle の方針の転換により、ホワイトボックス・サーバー・メーカーにチャンスが訪れているようだ。
 
Apple is also said to be looking to enter the enterprise market with its existing business model for the consumer market and is cooperating with IBM for related applications, the sources noted.
 
さらに Apple は、コンシューマ市場のための既存ビジネス・モデルを、エンタープライズ市場に展開することで、同社にとって新しい市場に参入する糸口を、探しているとされる。つまり、それが、IBM との提携による、エンタープライズ・アプリケーションの供給であると、情報源は指摘している。
 
ーーーーー
open-compute先週にポストした「Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!」という抄訳で、その概要が報じられていますが、その後も動きも素早く展開しているようですね。 どこが受注しているのか、とても気になります。 そして、「Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!」で紹介されている試みが成功すえれば、Apple も OCP のネットワーク・スイッチを使用するようになるのでしょうか?  面白い展開なので、引き続き、ウォッチしていきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90%:Wiwynn は前年比で 100% 増
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Instagram の空前のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
 
 
%d bloggers like this: