Agile Cat — in the cloud

iPhone 6 と Apple は、北京政府に ひじ鉄を食らってしまったのか?

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on September 21, 2014

Apple Is Down This Morning After A Report Says The iPhone 6 Won’t Be In China Until 2015
http://wp.me/pwo1E-7Tc

Jay Yarow – Sep. 16, 2014, 8:54 AM
http://www.businessinsider.com/rumor-iphone-6-wont-be-in-china-until-2015-2014-9

_ Business Insider

Apple is down 1.6% this morning in pre-market trading.

今朝(9/16)のプレ・マーケット取引で、Apple の株価が 1.6% もダウンしている。

The drop seems to be due to a report from China’s 21st Century Business Herald that says the iPhone 6 won’t be in China until 2015. Street Insider picked up on the 21st Century Business Herald story.

この株価の下落における要因は、China での iPhone 6 の販売が 2015年まで待たされると伝える、China 21st Century Business Herald のレポートにあると思われる。そして、Street Insider が、その 21st Century Business Herald の報道を拾い上げている

REUTERS
Kim Kyung-Hoon
Tim Cook in China

Apple has not said when the iPhone will be in China. Street Insider says, "there was a brief post that the devices would be available on September 26th. That has since been removed from Apple’s website.” If the iPhone 6 isn’t in China until next year, it could impact sales for the holiday quarter, which is why the stock is down.

China における iPhone の発売日について、Apple は何も述べていない。しかし、Street Insider は、「このデバイスが 9月26日には、China でも提供されるという簡単なポストがあったが、すでに Apple の Web サイトから削除されている」と発言している。来年まで、iPhone 6 が China では発売されないとなると、クリスマス・シーズンにおける Apple の売上に、大きな影響が生じるだろう。 それが、同社の株価を引き下げている理由である。

However, in a weird way, it could be okay for Apple since it would smooth out the sales cycle. Lately, Apple’s sales are loaded in the holiday quarter, then get progressively smaller through the year. If the iPhone 6 started in China in January or February, it would add another monster quarter for Apple’s earnings.

しかし、ちょっと奇妙な考え方になるが、それにより Apple の販売サイクルが平準化されるので、何の問題も生じないという可能性もある。この数年において、Apple の売上は 10月〜12月期に集中し、その後は落ち込んでいくという傾向を示している。もし、China における iPhone 6 の発売が、1月〜3月期にズレ込むなら、その四半期にも大きなセールスが期待できる。

A delay would also help Apple if it has trouble making the iPhone 6 or iPhone 6 Plus. The 5.5-inch iPhone 6 Plus already seems to be in short supply. So, if Apple immediately started selling it in China, then it would add more strain to the manufacturing line, which doesn’t really help Apple.

この遅れは、iPhone 6 および iPhone 6 Plus の、製造ラインにトラブルが生じるときにも、有効に機能するだろう。すでに、5.5-inch の iPhone 6 Plus は、供給不足に陥っているとも思われる。もし、iPhone 6 が China でも同時発売になるなら、より多くのストレスが製造ラインにもたらされるため、本当の意味で Apple にとってプラスにはならない。

At the very least, this shouldn’t impact iPhone sales overall. If Chinese consumers want an iPhone, they are generally going to wait for the new model. They aren’t going to suddenly scramble for and Android phone.

少なくとも、このことにより、iPhone 全体の販売に、影響が生じるはずもない。China のカスタマーたちは、新しい iPhone が発売されるのを、これまでは待つのが普通であった。つまり、彼らが混乱を引き起こしたり、Android に行ってしまうこともあり得ないだろう。

Of course, all of this is based on the assumption that the 21st Century Business Herald is right. And we don’t know if it is or is not.

もちろん、一連の情報は、21st Century Business Herald の報道が正しいという、仮定に基づいている。 そして、私たちは、真実を知らない。

ーーーーー

結局、中国での iPhone 6 の同時発売は行われなかったのですが、これまでの経緯として「Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ」や「China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?」という記事を読むと、ちょっと不思議な感じがします。そして、「iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう」といった予測も、ひょっとすると見直されるかもしれませんね。英語で恐縮ですが、以下の関連リンクは、この数ヶ月における、中国での Apple と Microsoft の動きです。 いろいろあって、タイヘンなんだなぁと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Apple loses China patent case, separate suit against Apple continues – Jul 10
Apple iPhone "threat to national security": Chinese media – Jul 15
China scrubs Apple’s iPad and MacBooks from government buying list – Aug 8

Microsoft CEO Nadella to visit China amid antitrust probe: source – Aug 28
Microsoft given deadline to answer Chinese monopoly claims – Sep 2
Microsoft Establishes Wholly-Owned Shanghai Subsidiary – Sep 20

Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!

Posted in Asia, Google, Mobile by Agile Cat on September 16, 2014

Google Unveils 3 Budget Smartphones for Android One
http://wp.me/pwo1E-7Sl

By Samantha Murphy Kelly – September 15, 2014
http://mashable.com/2014/09/15/android-one-smartphones/

_ Mashable

Google announced the first three smartphones that will be part of Android One, the company’s initiative to bring affordable Android smartphones to developing markets.

Google  が初めてアナウンスした、Android One を走らせる 3種類のスマホは、途上国マーケットに安価な Android スマホをもたらすという、同社の取り組みを構成するものである。

Each of the three devices, manufactured by Micromax, Spice and Karbonn, has a 4.5-inch display and will first ship in India. The phones will also come to Indonesia, the Philippines, Bangladesh, Nepal, Pakistan and Sri Lanka by the end of the year; Google said it would make Android One available in more countries next year.

それらのデバイスは、Micromax/Spice/Karbonn というマニュファクチャで製造される、4.5-inch ディスプレイを持つものであり、最初は India のマーケットで販売される。そして、この年末までには、Indonesia/Philippines/Bangladesh/Nepal/Pakistan/Sri Lanka といった国々でも発売される。Google は、より多くの国々で、来年は Android One が提供されると述べている。

Image
Google

Starting price for the phones is 6,399 Indian rupees ($105), according to a blog post by Google Android head Sundar Pichai.

Google の Android リーダーである、Sundar Pichai のブログ・ポストによると、そのスマホの価格は 6,399 Indian rupees ($105) からとなる。

To make the devices affordable, Google is working with smartphone partners like Acer, Asus, HTC and Lenovo, as well as silicon chip makers to use lower-cost components. The Android One devices are a step up from entry-level phones: Each phone has both a front (5MP) and rear-facing camera (2MP), dual SIM card slots, a replaceable battery and a built-in FM radio. Other specs include 1GB of RAM and a 1.3GHz quad-core MediaTek processors.

Google は、それらのデバイスの価格を引き下げるため、Google は Acer/Asus/HTC/Lenovo といったスマホ・パートナーと協業し、さらには、低コスト・コンポーネントを使用するシリコン・チップ・メーカーとも協力している。しかし、Android One デバイスは、エントリー・レベルと比べると、確実にステップ・アップしている。 具体的に言うと、フロント(5MP)とリア(2MP)のカメラ/Dual SIM カード・スロット/交換可能なバッテリー/ビルトイン FM ラジオなどが組み込まれているのだ。また、その他のスペックとしては、1GB の RAM と、MediaTek 1.3GHz Quad-Core プロセッサが決まっている。

The phones will run on Android L, Google’s upcoming mobile operating system, and will be eligible for all software updates, including security patches. Google first announced the Android One initiative in June during the Google I/O developers conference.

それらのスマホは、これから Google が提供を開始する、モバイル・オペレーティング・システム Android L を走らせることになる。また、セキュリティ・パッチを含む、すべてのソフトウェア・アップデートの対象にもなる。Google は、今年の 6月に開催された Google I/O Developers Conference において、この Android One イニシアチブを発表している。

There are more than 1.75 billion smartphone users worldwide, but a huge opportunity still exists for companies like Google to grab the attention of the 5 billion people without mobile devices.

ワールドワイドで見ると、現時点で 1.75 billion(17.5億)のスマホ・ユーザーがいるが、Google などの企業は、いまだにモバイル・デバイスを手にしていない 5 billion(50億)の人々を、取り込んでいくという大きなチャンスが残されているとしている。

Google focused on India first because of the country’s typically pricey hardware and data plans, as well as limited access to apps, the company said.

Google が最初に India にフォーカスするのは、同国におけるハードウェアやデータプランが高額であるだけではなく、アプリケーションへのアクセスも制限されているからである。

Youtube

"Even entry-level smartphones still remain out of reach for many (bear in mind that in some of these countries the average monthly income is around $250)," Pichai wrote in his post. "Second, many people in these markets do not have access to the latest Android software and popular applications. Finally, even where 3G and 4G networks are available, not enough people have phones that can support data and the plans can be expensive.”

Pichai は自身のブログ・ポストで、「まず、最初に、エントリー・レベルのスマホであっても、多くの人々にとっては、依然として手の届かないところにある(それらの国々では、平均月収は $250 というケースが有ることも心に留めておいてほしい)。 次に、それらのマーケットにおける大半の人々が、最新の Android ソフトウェアや人気のアプリにアクセスできないでいる。最後に、3G/4G ネットワークが利用できる場合であっても、データ通信をサポートするスマホを持つ人は限られ、また、そのキャリア・プランは高価なものになっている」と、述べている。

It makes sense that Google wants to bring budget phones to regions with less access. In addition to added mobile connectivity, it also gives new users access to its app store, Android ecosystem and, of course, its search engine.

Google が低価格のスマホを、モバイル・アクセスの少ない地域に、持ち込もうとしているのは理にかなっている。モバイル接続を増やすことに加えて、アップ・ストアや Android エコシステムにおいて、そして、もちろん、検索エンジンにおいても、新規のユーザー·アクセスを期待できるからだ。

See also: iPhone 6 and iPhone 6 Plus vs. the Competition

ーーーーー

先週の iPhone 6 フィーバーとは、まったく趣の異なる Google 発表です。 Apple は高級感のあるブランドを目指し、Google はユニクロ的な普遍性を目指すという感じで、1つのマーケットを両極へと引っ張ります。 そして、Android One がインドのマーケットから投入されますが、そこは、新興のスマホメーカーである MicromaxKarboonSpice が、想像を絶する次元で、戦いを開始するマーケットなのです。さらに言えば、Apple から見て、最も遠い国でもあるのです。

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場!
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

iPhone 6 が 中国マーケットで異常事態:ウラ市場では $5,000 の値付けとか?

Posted in Apple, Asia, Government, Mobile, Telecom by Agile Cat on September 12, 2014

China can’t wait. Grey market iPhone 6 selling for $5,000 with no official release date in sight
http://wp.me/pwo1E-7QM

September 11, 2014 – by Paul Bischoff
http://www.techinasia.com/china-wait-grey-market-iphones-selling-5000-official-release-date-sight/

_ tech in asia

The new iPhone 6 models didn’t get a simultaneous release in China this year, which has already created a lucrative grey market for Apple’s hit smartphones. China still doesn’t have an official release date, and some Apple fans are buying grey market units for up to RMB 30,000 (US$4,890), according to Techweb .

iPhone 6 が発表されたが、China における年内の同時リリースがハッキリしていない。そして、この Apple スマートフォンで、大儲けを狙うグレー・マーケットが、すでに形成されている。Techweb によると、China におけるオフィシャルなリリース日が、依然として発表されないため、一部の Apple ファンはグレー・マーケットから、RMB 30,000 (US $4,890) という対価で、iPhone 6 を買い求めようとしている。

The average grey market price for the Hong Kong and US versions is over RMB 10,000 (US $1,630). Once the phones actually launch, the unlocked prices are predicted to be as follows, according to ZOL, a Chinese gadget news and review site :

Hong Kong のグレー・マーケットでは、US バージョンの iPhone 6 が、RMB 10,000 (US$1,630) を上回る価格帯で取引されている。 China の Gadget News and Review サイトである ZOL によると、このデバイスが実際にローンチすると、以下のような価格になると予測されている:

  • 16GB iPhone 6 – RMB 5,288 (US$862)
  • 64GB iPhone 6 – RMB 6,088 (US$992)
  • 128GB iPhone 6 – RMB 6,888 (US$1,123)
  • 16GB iPhone 6 Plus – RMB 6,088 (US$992)
  • 64GB iPhone 6 Plus – RMB 6,888 (US$1,123)
  • 128GB iPhone 6 Plus – RMB 7,688 (US$1,253)

Keep in mind these are ZOL’s estimates, not official figures, and the price will likely vary between carriers.

ただし、心に留めておいて欲しいのは、ZOL は予測しているだけであり、それらがオフィシャルな価格ではないということだ。 さらに言えば、キャリアごとに、その価格も異なるものになる。

When the iPhone 5S and 5C launched last year, Apple for the first time simultaneously launched in China and the US. This time round, Apple has reneged on that game plan, instead opting for a staggered release. Some media reports point to China’s Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) delaying the issue of the new iPhones’ network licenses, but this was never confirmed.

昨年は Apple が iPhone 5S と 5C を、 US と China で、初めて同時発売した年であった。しかし、今年の Apple は、その計画を守ることができず、以前の状況に戻ってしまいそうな気配である。いくつかのメディアは、China の Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) が、新しい iPhone に対するネットワーク・ライセンスの発行を遅らせているとレポートしているが、その事実関係は未確認である。

The New York Times reports  Chinese carriers expected the release date to be September 19, but it was delayed without prior notice, catching many vendors off guard.

The New York Times のレポートによると、China のキャリアたちは 9月19日のリリースを予測していたが、事前の通告なしに遅れを生じている。 このように、多くのベンダーたちが、油断のすきを突かれる。

Editing by Terence Lee

See: iPhone 6 and 6 Plus hit Australia, Hong Kong, Japan, and Singapore on September 19

ーーーーー

Apple にとって、この出来事は大きな誤算でしょうね。先日に、「iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう」という抄訳をポストしましたが、それは中国での同時発売を織り込んだ数字のはずです。 また、「Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ」とあるように、北京政府からのプレッシャーが強まっているとも感じられます。 Apple にとって、しばらくの間は、悩ましい日々が続きそうですね。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、7000〜8000万台 規模になるらしい
China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る

Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile by Agile Cat on September 6, 2014

そして、スマホ は ユニクロ化 していくのか ・・・
http://wp.me/pwo1E-7P4

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

暑い夏も終わり、なんとなくホッとしますね。いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、久々なのか、初めてなのか、Facebook がトップという結果でした。 ただ、お盆休みのある 8月なので、その分だけ Google で検索される機会が減った結果とも言えます。 ソーシャルの使い方ですが、Agile_Cat の場合は、仕事とプライベートが半々という感じですが、そんな方が多いのかもしれませんね。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、Google Maps 履歴に関するポストが1位でした。 Google の Location Services を ON にしておくと、Maps をオープンした瞬間に、自分の居る位置を捉えてくれますが、その情報は当然、Google にも伝わっているわけです。 それを、Google Maps と重ねあわせて見せてくれるのが、このポストで紹介している機能なのです。 便利だという人もいれば、ギャーと叫びだす人もいて、反応を楽しませて頂きました。 もちろん、履歴を消すことも可能ですので、ご心配な方は、いまからでも ど~ぞ :)

_--space13

1: Google Maps は、あなたの行動を記録している:Location History をチェック!
2: Snapchat の凄まじい人気が、Twitter を追い抜いてしまった
3: Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期の DC 資産へ
4: iPhone の 価格は正しいのか? 途上国で Android に負け続けて良いのか?
5: VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを
6: Gmail の Unsubscribing 機能を活用し、不要なメールの配信を停止しよう
7: KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る!
8: スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる
9: Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さ!
10: 一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
11: Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
12: Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
13: iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ:Walmart の在庫一斉処分が始まった!
14: Cloud の調査:クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
15: Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
16: Hybrid の調査:企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
17: 15歳は言う:イケてるのは Snapchat と Instagramで、FB や TW はゴメンだわ!
18: Hybrid 対 Public:ユーザーの必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差する?
19: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/7月
20: Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

その他のポストとしては、「VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを 」に対する反応が、とても興味深かったです。 実は、このポスト、4年も前のものなのですが、VMware が Docker をサポートするというニュースを読み、そういえばと、思い出したのです。 その他にも、Google のサーバー昔話や、KDDI の新しいデータセンターAkamai と OpenDNS の話など、読んでもらいたいインフラ関連の記事が上位にきて、とても嬉しい 8月となりました。

ーーーーー

image早いもので、夏休みが終われば、もう 9月です。来週は、iPhone が発表されるようですが、Nexus 6 と 8 も、年内にはマーケットに投入されるようです。 そして、こうしたハイエンド機の騒ぎとは、遠く離れたインドでは、これから $50~$100 スマホのラッシュになるようです。日本にいてアメリカばかり見ていると、なかなか気付かないと思いますが、すでにマジョリティは、中国やインドなどに移行しているのです。ユニクロ的なスマホ(?)の時代に、徐々に近づいているという予感がします。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの
Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?
Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX 

 

Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力:それを示す1枚のチャート

Posted in Asia, Mobile, Research by Agile Cat on September 5, 2014

CHART OF THE DAY: The State Of The Smartphone Market Before Next Month’s Big Phone Announcements
http://wp.me/pwo1E-7Oo
Dave Smith – Aug. 29, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-the-state-of-the-smartphone-market-before-next-months-big-phone-announcements-2014-8

_ Business Insider

The biggest names in technology — Apple, Samsung, and Google, among others — will unveil their next-generation smartphones starting in September. So before the new smartphone season officially begins, we thought it’d be interesting to take a look at the current landscape and see where it’s moving.

テクノロジー・ビッグネームの中でも、最大級の存在である AppleSamsungGoogle が、この 9月に揃って、次世代のスマートフォンを発表する予定である。この、新たなスマートフォン・シーズン始まる前に、現状のマーケットを見渡し、また、その動向を確認することは、とても興味深いことだと考えている。

_  space

Business Insider Intelligence

Based on company data charted for us by Business Insider Intelligence, Samsung is the current market leader in terms of smartphone shipments, thanks to the growth of Android, while Apple’s market share has started to shrink, giving away some of its lead to emerging low-end smartphones from LG, Huawei, and Xiaomi, in particular. Still, as the competition heats up thanks to the newest cheap handsets coming out of China, Samsung and Apple maintain strong positioning as they head into the fall quarter and ever-important holiday season.

Business Insider Intelligence がチャートにしたデータを参照すると、Android の成長に支えられる Samsung が、出荷台数という面で、現在のマーケット・リーダーとなっている。そして、Apple のマーケット・シェアが縮小し始める一方で、とりわけ、LG/Huawei/Xiaomi といったメーカーたちが、新たなローエンド・スマートフォン市場をリードするという状況が見えてくる。China から投入される廉価版スマートフォンが、この競合をヒートアップさせてはいるが、この秋から冬へかけての、重要なホリデー・シーズンへ向けて、Samsung と Apple は、強いポジションを維持するだろう。

ーーーーー

Xiaomi などに代表される中国勢および、Sony と LG などが増えた分だけ、Samsung と Apple がシェアを減らしています。 そして、Other のところに加算されているはずのインド勢が、つまり Micromax/Karbonn/Spice などが、廉価版 Android による新しい市場を作り出しているのでしょう。そして、2014年 Q1 の総出荷数は、3億台の間近まで迫っています。 年間で 13億台〜14億台のレベルまで、間違いなく到達するでしょうね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる

Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート

スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く

スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを、インフォグラフィクスで比較する!

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Businesses, Research by Agile Cat on September 2, 2014

Alibaba vs Amazon in an infographic
http://wp.me/pwo1E-7NR
August 30, 2014 – by Willis Wee
http://www.techinasia.com/alibaba-amazon-infographic/

_ tech in asia

Alibaba vs Amazon? It’s tough to compare the two e-commerce companies given that each company subscribes to different business model. But that didn’t stop the guys at Smart Intern China to create an infographic  comparing the two giants.

Alibaba vs Amazon なのか? 2つのコマース・サイトを比較することは、両者が異なるビジネス・モデルを展開しているため、難しいものとなる。しかし、Smart Intern China の人たちは、二人の巨人を比較するインフォグラフィックの作成を止めようとしない。

Infographic ⇒ 

Infographic aside, it is perhaps important to note that Amazon and Alibaba each adopts different e-commerce models. Amazon follows the B2C model which purchases stock and maintains its own warehouse and logistics. Whereas Alibaba follows the C2C and B2B2C models (like Taobao and Tmall) which are open platforms and marketplaces.

このインフォグラフィックはさておき、Amazon と Alibaba が別々のコマース・モデルを採用していることに、注意する必要があるはずだ。Amazon は商品を仕入れ、また、独自の倉庫や物流を維持するかたちの B2C モデルを採用している。それに対して Alibaba は、C2C と B2B2C のモデル(たとえば TaobaoTmall)を採用し、オープンなプラットフォームとマーケットプレイスを目指している。

Despite generating substantially more revenue than Alibaba, Amazon isn’t yet profitable. Last year March, Alibaba’s Founder and Chairman Jack Ma slammed Amazon’s business model at a conference where he said the B2C model “is going to face a huge challenge.”

たしかに Amazon は、Alibaba よりも多くの売上を上げながら、それほどの利益を出していない。 昨年の 3月に、あるカンファレンスにおいて、Alibaba の Founder and Chairman である Jack Ma は、B2C モデルは「巨大な課題に直面しようとしている」と述べ、Amazon のビジネス・モデルを批判した。

We believe that putting (…) the traditional business just purely online – that’s not called e-commerce. In the future, business will not make money because of the scale, it’s because of the value – the different value – created. (…) I checked Amazon. They have $52 billion but they still do not make money, so ‘scale’ does not make any sense.

私たちの信念からすると(…)従来かのビジネスをオンラインに置き換えただけのものは、eコマースと呼べない。これからのビジネスでは、スケールだけを要因として、利益を得ることはできなくなる。なんらかの価値を、つまり別の価値を創造しなければならない。(…)私は、Amazon についてチェックした。彼らは、$52 billion の売上を有しているが、それほどの利益を上げていない。 つまり、スケールに意味が無いことを証明しているのだ。

He also went on to offer his opinion about e-commerce in China and in the US, describing e-commerce in the US a dessert.

また、彼は、China と US における eコマースについて見解を述べているが、US の eコマースをデザートのようなものだと評している。

“It’s supplementary to their main business, because the USA’s infrastructure of doing business is so good. So it is very difficult for e-commerce in the USA to grow, to develop, to surpass the traditional business,” Ma said. “But in China, because the infrastructure of commerce is too bad, then e-commerce becomes the main course.”

Jack Ma は、「 USA のインフラは、同国内でのメイン・ビジネスを実現する上で、とても素晴らしいものとなっている。したがって、US の eコマースは、そのメイン・ビジネスを補足するものであり、また、成長と進化に制約を持ち、従来からのビジネスを上回ることが、とても難である。しかし、China のビジネス・インフラは、あまりにも劣っているため、eコマースがメイン・コースになり得るのだ」と、述べている。

Alibaba is poised to go public on the New York Stock Exchange in what could be the biggest IPO in US and internet history.

Alibaba は、US 経済において、また、インターネットの歴史において、史上最大の IPO を達成するものとして、New York Stock Exchange で上場する態勢を整えている。

See: Jack Ma is now China’s richest person

ーーーーー

何度となく、その名前を聞く Alibaba ですが、その規模やビジネス・モデルは、この記事を読み、インフォグラフィクスを参照することで、初めて知ったという感じがします。また、Jack Ma の話のうまさと頭の良さも、この短い逸話から充分に伝わってきますね。 そして、最近の中国やインドの動きを見ていて、IT 産業における内需の強さをヒシヒシと感じるのですが、それは、そのまま、日本の危機感にもつながるわけで、とても心細くなってしまいます。

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 31, 2014

China Telecom Will Sell Unlocked iPhone 6
http://wp.me/pwo1E-7NC
Emery Dennel – Aug 22, 2014 
http://www.chinatopix.com/articles/7648/20140822/china-telecom-will-sell-unlocked-iphone-6.htm

_China Topix

China Telecom said all iPhone 6 units the company will sell will be unlocked and may be used on all wireless networks in China. China Telecom is the third largest telecommunications company in China, following China Mobile and China Unicom.

China Telecom が販売する、すべての iPhone 6 はアンロック・バージョンであり、また、すべてのワイヤレス・ネットワーク(China も含めて)で使用できると、同社は発言していた。 China Telecom は、同国における三番手のテレコムであり、China Mobile と China Unicom を追いかけるポジションにある。

Photo : www.zdnet.com
Deleted iPhone 6 
Post by China Telecom

At the moment, iPhone units being sold by China Telecom only accept SIM cards issued by the company. China Telecom’s early 4S to most recent 5S models only run under their 3G CDMA2000 network and 2G CDMA network.

これまで、China Telecom が販売してきた iPhone 現行モデルは、同社が発行する SIM カードのみを使用できるバージョンになっていた。 つまり、同社が提供する iPhone 4S および iPhone 5S は、その 3G CDMA2000 ネットワークと、2G CDMA ネットワークで動くものとなっている。

China Telecom’s Shanghai branch said the iPhone 6 units to be sold have the capability to support a dual 4G network, both TDD-LTE and FDD-LTE, and a number of networks, including  GSM, WCDMA, CDMA2000 and CDMA1X.

しかし、China Telecom の Shanghai 支社が言うには、新たに販売される iPhone 6 は、TDD-LTE と FDD-LTE の2つの 4G をサポートし、さらに GSM/WCDMA/CDMA2000/CDMA1X といった、多彩なネットワークもサポートすることになる。

The announcement follows the revelation last Tuesday the new version of the iPhone has the capacity to support faster LTE connectivity since the new mobile device will feature Qualcomm’s MDM9625 LTE modem. The post uploaded on Weibo detailing the next-generation mobile phone is attached to a photo of the model which comes in three colors: silver, gold and black.

この、火曜日に発表された驚くべきアナウンスメントによると、新しい iPhone は Qualcomm MDM9625 LTE モデムを搭載するため、最速の LTE 接続をサポートすることになる。 この次世代スマホの詳細は、Weibo に写真付きでアップロードされており、また、Silver/Gold/Black の三色がリリースされる。

After the post was forwarded over 300 times, however, China Telecom deleted the photo and text. Despite China Telecom’s move to "save market confidence" by selling unlocked units of the iPhone 6, the unwillingness of other telecom companies to do the same might prove to be China Telecom’s downfall.

しかし、このポストが 300回以上もフォーワードされた後に、China Telecom は写真とテキストを削除してしまったのだ。アンロック・バージョンの iPhone 6 を販売することで、ユーザーからの信頼を維持しようとした China Telecom であるが、同じ戦略を持つ China Moble や China Unicom からの横槍が入ったのだろう。 つまり、China Telecom の勢いが低下していることの、証明なのかもしれない。

According to China Telecom, the company’s mobile subscribers in July totaled at 180 million, a 200,000 decrease from June. Yicai.com also reported the company lost 5.54 million users in the first seven months of 2014.

China Telecom によると、7月の時点における同社のモバイル・サブスクライバー数は 180 million であり、前月比で 200,000 ほど減少しているのだ。そして、Yicai.com がレポートするには、今年に入ってからの7ヶ月間で、同社は 5.54 million ものユーザーを失っているという。

The iPhone 6, which is scheduled for release this September, has a sapphire glass display and will be available in 4.7-inch and 5.5-inch versions.

この iPhone 6 は、9月のリリースが予定されており、強固なサファイヤ・ガラスおよび、4.7-inch と 5.5-inch の大型スクリーンが、サポートされるらしい。

ーーーーー

SIM フリーであり、TDD-LTE もサポートされるのなら、中国国内でも 4G につながりますので、どう見ても、世界最強の iPhone 6 ということになりますね。 そして、Qualcomm MDM9625 LTE ですが、普通の iPhone 6 は、これとは別のモデムを載せるのでしょうかね? どこかで聞いた話によると、Qualcomm の新しいモデム・チップは、大半のネットワークをサポートしているわけですが、実装する種類が増えれば増えるほど、ライセンス費用が高くなるらしいです。 まぁ、中国のお金持ちには、関係のない話なのでしょうが・・・

ーーーーー

<関連>

iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る!

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on August 28, 2014

KDDI to Build New Telehouse Data Centers in Tokyo and Osaka
http://wp.me/pwo1E-7N3

By Marketwired  – August 27, 2014
http://www.sys-con.com/node/3162327

__ Market Wired

TELEHOUSE Invests in Expanding a Further 20MW of High Power Density Colocation Space in Japan

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — KDDI, the global telecommunications provider, announces today that it will invest $270 million (28 billion yen) investment ina the building of two new Telehouse data centers, "TELEHOUSE OSAKA 2," and "TELEHOUSE TOKYO Tama 3," scheduled to open in August 2015 and February 2016 respectively. These additional facilities will take the total amount of global TELEHOUSE data center space to approximately 4.0 million square feet, provided by 46 sites across 13 countries/territories and 24 major cities.

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — グローバル・テレコム・プロバイダである KDDI からの今日の発表によると、同社は $270 million (28 billion yen) を投資し、TELEHOUSE OSAKA2 および TELEHOUSE TOKYO Tama 3という、2つのデータセンターを構築し、それぞれを 2015年8月と 2016年2月にオープンすることになる。 これらのファシリティが追加されることで、13カ国/24主要都市の 46サイトに展開される、TELEHOUSE データセンターの総床面積は、400万平方フィート(約37万平米)に拡大される。

Both Osaka and Tokyo facilities will offer high-density colocation services enabling the hosting of heavy load IT infrastructure. The data centers will meet the growing demand for housing private enterprise clouds, along with public cloud service providers, online and media content companies. The facilities are designed to Tier 3+ data center standards in redundancy and uptime, and will be insusceptible to earthquakes by a long-period absorption structure, reflecting the high quality Global TELEHOUSE specifications. In addition, KDDI can provide a combined solution by providing direct access to the KDDI global network along with the data center.

Osaka と Tokyo のファシリティは、いずれも高負荷 IT インフラのホスティングを可能にする、高密度コロケーション・サービスを提供する。これらのデータセンターは、プライベート・エンタープライズ・クラウドにおける需要の高まりに対応するものとなるが、パブリック・クラウド・サービス・プロバイダーや、オンライン/メディア・コンテンツ事業にも提供される。 また、冗長性とアップタイムに関しては、高品質な Global TELEHOUSE スペックを反映した、Tier 3+ のデータセンター・スタンダードで設計され、また、地震に関しては長周期での吸収構造を用いることで、そのに影響を受けにくいデザインとなっている。それに加えて、KDDI Global Network へのダイレクト・アクセスを、これらのデータセンターに提供することで、KDDI は複合的なソリューションを実現していくとされる。

クリックでスペック・シート ⇒

Telehouse Osaka 2, located in the center of Osaka city, will offer 700 racks of tenancy space with up to 30kVA (designed) per rack. The technical and operations room will be situated above second floor avoiding the risk of potential flooding. Osaka 2 can be used as a disaster recovery and back-up site for the Tokyo data centers.

Telehouse Osaka 2 は、大阪市の中心部に位置し、ラックあたり 30kVA(designed)に対応する 700台のラックにより、テナント・スペースの構成する。テクニカルおよびオペレーションのための施設は、2階以上に配置され、水害による危険性を回避するものとなる。また、この Osaka 2 は、東京のデータセンター群のための、DR(disaster recovery)および Back-Up のサイトとしても用いられる。

Telehouse Tokyo Tama 3 will be located on the existing Tama data center campus, approximately 18 miles from the Tokyo city center in a highly guarded surrounding. The five story building will offer 1,300 racks of tenancy space with up to 42kVA (designed) power supply to racks, the highest(*1) in Japan and 5 times(*2) industry average, with a designed PUE 1.31 making it one of the most energy efficient data centers in Japan.

Telehouse Tokyo Tama 3 は、東京の中心部から 18マイルほど離れた、きわめてセキュアな環境の中で運用されている、Tama Data Center Campus 内に配置される。そして、5階建てのビルディングに収納される、ラックあたり 42kVA(designed)に対応する 1300台のラックにより、テナント・スペースの構成する。この電力密度は、日本で最高(*1)のものであり、また、業界平均の 5倍(*2)に達するものとなる。そして、PUE 1.31 を実現する、日本で最もエネルギー効率の良いデータセンターの1つとなる。

The Telehouse data center expansion reflects the growing demand for data center space in Japan’s metros, and the ability of KDDI to accommodate leading multinationals expanding their portfolios in Japan. By securing its domestic market share in Japan, KDDI continues to be the leader in premium data center facilities.

この、Telehouse Data Center の拡大は、日本における都市型データセンター・スペースに対する、需要の高まりを反映したものとなる。 そして、日本でのポートフォリオを拡大する、主だった多国籍企業を収容する、KDDI のキャパシティを拡大していくことになる。 日本国内でのマーケット・シェアを確かなものにすることで、KDDI は高品質データセンター・ファシリティのリーダーであり続けようとしている。

To learn more about TELEHOUSE America and KDDI visit http://www.telehouse.com and http://global.kddi.com/.

(*1) As of Aug 26. Research from KDDI based on public information.

(*2) Compared with TELEHOUSE data centers in Japan.

ーーーーー

Over 30kVA というのは凄まじいですね :) そろそろ、15kVA の時代かなぁ・・・ などと考えていた Agile_Cat などは、その予想を完全に覆されてしまい、かなりビックリしています。 もちろん、すべてのラックに、それだけの電力を供給できるという話ではなく、特定のラックに対してという話のはずですが、それにしてもスゴイことです。 排熱は、どうするのでしょうね? 今度、チャンスがあったら教えてもらいたいですねぇ。

ーーーーー

<関連>

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

%d bloggers like this: