Agile Cat — in the cloud

China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 20, 2015
China Mobile blasts from zero to 100M 4G subscribers in just 14 months
Steven Millward – Feb 17, 2015
https://www.techinasia.com/china-mobile-100m-4g-subscribers-aims-250m-end-2015/
 
_ tech in asia
 
China Mobile now has just over 100 million 4G subscribers, according to the newest data from the company. The major milestone comes 14 months after the nation’s top telco switched on China’s first 4G network.
 
China Mobile だが、同社から提供された最新データによると、その 4G サブスクライバー数が、ついに1億の大台に乗ったようだ。 この、China のトップに君臨するテレコムは、4G ネットワークをメインに切り替えてから僅か 14ヶ月後に、このマイルストーンに到達したことになる。
 
China-4G-subscribersChina Mobile’s newest 4G figure counts subscribers added by the end of January. The telco titan has so far set up more than 700,000 4G base stations covering over one billion people, the China Daily reports. The firm aims to have 250 million 4G users by the end of this year.
 
China Mobile の最新データは、この1月末までの、4G サブスクライバー数をカウントしている。これまでに、このテレコムの巨人は、1億以上の人々をカバーするために、70万ヶ所以上の 4G 基地局を準備してきたと、China Daily がレポートしている。そして、同社は、今年の末までに、2.5億人以上の 4G ユーザーを持とうとしている。
 
China has more than half a billion 3G subscribers, but that number will decline slowly as people shift over to similarly priced 4G data plans.
 
いまの China には、5億人以上の 3G サブスクライバーがいるが、価格の変わらない 4G データ・プランへと人々がシフトしていくにつれて、その数はゆっくりと低下するだろう。
 
Rival telcos China Unicom and China Telecom are not yet revealing their number of 4G subscribers in their customary monthly reports.
 
China-Mobile-reaches-100M-4G-subscribers-aims-at-250M-by-end-of-yearThis is the growth :
 
経緯を示すチャート:
 
ライバルのテレコムである China Unicom と China Telecom は、自身の月次サポートにおいて、その 4G サブスクライバー数を明らかにしていない。
 
Apple added support for China Mobile’s 4G network in its iPhones in January 2014, but it’s cheaper 4G-enabled phones from brands like Xiaomi, Coolpad, and Lenovo that will drive a greater number of people to switch to 4G.
 
2014年 1月に Apple は、iPhone の 4G ネットワーク・サポート・リストに、China Mobile を追加している。しかし、4G への切り替えを促進している原動力は、Xiaomi/Coolpad/Lenovo といったブランドの、4G 対応の低価格スマホなのである。
 
See: Everyone in China loves their smartphones, but people are using surprisingly little data each month
 
(Source: China Daily)
Editing by Josh Horwitz
 
ーーーーー
Asia Pacific14ヶ月で1億人という、ちょっと信じられないペースなのですが、さらに今年は、1.5 億人を上積みするとか ・・・  まぁ、モバイル人口が5億を超える国なので、当たり前といえば、当たり前なのでしょう。 それにしても、中国の iPhone ユーザーは自身のプロファイルを、中国国内に預けているのでしょうか? そして、Xioami の海外ユーザーは、グレート・ファイヤウォールの外側に、ほんとうにプロファイルを置けているのでしょうか? 人治から法治へと、中国の法律が整備されてくるのは、とても嬉しいことなのですが、iPhone と Xiaomi の件が、とても気になります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% 超:アジアのモバイル通信は独自路線?
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
 

中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!

Posted in Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 18, 2015
China now has 557M mobile internet users, grand total of 649M netizens
Steven Millward – Feb 3, 2015
https://www.techinasia.com/cnnic-china-577-million-mobile-web-users-and-649-internet-users-2014/
 
_ tech in asia
 
China now has 557 million mobile internet users, according to data released today by the China Internet Network Information Center (CNNIC). That figure for the end of 2014 is up from half a billion at the end of 2013.
 
China Internet Network Information Center (CNNIC) の調査によると、同国のモバイル・インターネット・ユーザー数は、現時点で 5.57 億人に達しているという。この数字は、2014年の終わりの時点のものであり、また、2013年末と比べて 5000万人も増えていることを示している。
 
China-mobile-internet-users-in-2014Here’s China’s growth in mobile web users since 2007:
 
このチャートが示すのは、China におけるモバイル・ユーザー数の、2007年からの成長曲線である:
 
For a sense of scale, India has 300 million mobile internet users at present. But China’s growth is slowing, while India’s growth spurts.
 
そのスケール感を掴んでもらうために India を引き合いにだすと、同国におけるモバイル・インターネット・ユーザー数は、現時点で 3億人に至っている。 そして、India は凄まじいスピードで成長しているが、China の方は減速している、という状況にある。
 
China-internet-users-in-2014The CNNIC also revealed today that China now has a grand total of 649 million web users. That’s up from 618 million at the end of 2013. Here’s the stratospheric growth since a mere 111 million in 2005.
 
さらに CNNIC は、China における Web ユーザー数が、現時点で 6.49億人に達していることも、同時に公表している。この数字は、2013年の終わりにおいて、6.18億人であった。 ここで注目して欲しいのは、1.11億人に過ぎなかった、2005年からの成長曲線である。
 
Ecommerce up, Weibo down
 
The new data (the full PDF file is embedded here) also calculated the number of China’s web users across certain activities. While ecommerce and social media in general went up, microblogging sites like Sina Weibo saw a drop in users.
 
一連の新しいデータには(ココから、フル・レポートを DL できる)、特定のアクティビティにおける、China の Web ユーザー数の算出結果が含まれている。 そして、全体を俯瞰すると、e-コマースとソーシャル・メディアのユーザー数が伸びているが、Sina Weibo などのマイクロ・ブログ・サイトはユーザー数を減らしている、という状況が見えてくる。
 
See: 1.3 billion smartphones shipped in 2014; Xiaomi ends year ranked 5th globally
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの動きが気になって仕方のない Agile Cat ですが、その根底にあるのは、中国やインドにおいて爆発的に増えているインターネット人口が、世界に及ぼす影響力ということになるのでしょう。 すでに 10億人近いインターネット・ユーザーがいるのですから、それだけで、驚くやら呆れるやら、、、という感じです。それにしても中国は、国有テコム三社による独占と、グレート・ファイアウォールによる国内産業の保護と育成を推し進めることで、ついに此処まで成長してきたのですね。 あらためて、内需の持つ強さを感じてしまいます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただしスマホは、まだ先のよう
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?

Posted in Asia, Facebook, Research by agilecat.cloud on February 17, 2015
Facebook hits 449M monthly active users in Asia, only monetizes $1.27 per person
David Corbin – Jan 29, 2015
https://www.techinasia.com/facebook-asia-growth-449-million-monthly-active-users/
 
_ tech in asia
 
Facebook shows no signs of slowing down in Asia Pacific.
 
Facebook の Asia Pacific 戦略からは、依然としてスローダウンの兆候が見えてこない。
 
fb-topThe social network’s 4th quarter earnings release shows that its expansion in the region continues to outpace Europe, US/Canada, and the nebulously titled, “rest of world.” Adding an additional 23 million monthly active users (MAU), Facebook now has 449 million MAUs in Asia, a 51 percent increase from the same period two years ago.
 
このソーシャル・ネットワークの 2014年 Q4 決算は、Europe/US・Canada/Rest of World(大まかな言い方だが)といった地域で、その成長が維持されていることを示している。そして、Facebook は Asia で、23 Million の MAU(Monthly Active Users)を上乗せし、2年前に対して 51% 増の 449 Million を数えるに至っている。
 
fb-mauThe “rest of world” comes in second with a 43 percent jump over two years while the US/Canada region pulls up the rear at a paltry 8 percent.
 
また、2年前との比較において、Rest of World も 43% の成長を遂げているが、US・Canada を見ると、その成長は 8% に過ぎない。
 
User growth may be slow in North America but that region is generating far more money than Asia-Pacific. The average revenue per user (ARPU) in US/Canada is a robust US$9.00, while in Asia-Pacific it is a relatively paltry US$1.27. That creates a revenue gap of US$1.7 billion to US$531 billion. Asia-Pacific accounts for 32 percent of Facebook MAUs but just a shade under 15 percent of its revenues. US/Canada is responsible for an outsized 48 percent of global revenue being generated by only 15 percent of the 1.39 billion user base.
 
たしかに、North America におけるユーザー数の伸びは遅いかもしれないが、この領域は Asia-Pacific と比べて、はるかに多くの収益をもたらす。US・Canada の ARPU(Average Revenue Per User)は、US$9.00 というレベルと確実に維持しているが、Asia-Pacific は US$1.27 に過ぎないのだ。それにより、US$1.7 billion に対する US$531 million という収益ギャップが生じている。Facebook において、Asia-Pacific の MAU は 32% に達するが、その収益は15% にも満たないのだ。言い換えるなら、グローバルにおける 1.39 billion というユーザー・ベースに対して、US・Canada のユーザーは 15% を占めるに過ぎないが、収益に関しては 48% という、大きな結果をもたらしている。
 
fb-chartsThe mixed results represent a conundrum for Facebook. The rapid adoption and spread of its service proves once again that users in Asia-Pacific are hungry for the online communities that Facebook supports. Even so, most of Facebook’s revenue comes from advertising fees and the company cannot charge North American prices in many parts of Asia-Pacific. Indonesian internet users are growing rapidly but their purchasing power is not.
 
こうした、複雑な結果が、Facebook にとっての難題を示している。同社のサービスにおける急速な普及と成長は、Facebook が提供するオンライン・コミュニティを、Asia-Pacific が渇望していることを、繰り返して証明している。しかし、そうは言っても、Facebook における収益の大半が、広告に依存しているという現実があり、また、North American のようなビジネス・モデルを、Asia-Pacific に持ち込めないのも明らかである。たとえば、Indonesia では、インターネット・ユーザーが急速に伸びているが、だからと言って、購買力を期待できるものにはなっていない。
 
How Facebook adapts to this challenge will be critical in the coming years. After all, what is the point of having a user base larger than the population of China if you cannot unlock their cash?
 
この課題に対する Facebook の取り組みは、これからの数年間で、きわめて重要なものになるだろう。結局のところ、China の人口よりも大きなユーザー・ベースを有するにしても、彼らの財布のヒモを緩められるかどうかが要点なのである。
 
See: Asia once again central to Facebook growth as region reaches 426 million monthly active users
 
ーーーーー
facebookその他のソーシャル・メディアと Facebook で、最も異なる点はというと、自前のインフラ(DC)を持っているか、持っていないかの違いだと思うのです。 普通にパブリック・クラウドを使っているのであれば、おそらく、いまのスケールを維持するのも難しいのでは、、、と想像してしまいます。 ユーザー・ベースを拡大しながら、まずはインフラの効率化を図り、途上国マーケットの成長を待つという戦略で乗りきれるのかどうか?  と言うか、なんとか乗り切って欲しいと思ってしまいますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!

Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile by agilecat.cloud on February 13, 2015
The hottest smartphone company in the world, Xiaomi, will start selling in the US soon. But it won’t be selling phones…
Sam Colt – Feb. 12, 2015
http://www.businessinsider.com/xiaomi-will-start-selling-in-the-us-soon-2015-2
 
_ Business Insider
 
Smartphone maker Xiaomi will start selling in the US through its website Mi.com “in a few months,” according to VP Hugo Barra.
 
スマホ・メーカー Xiaomi の VP である Hugo Barra によると、同社の Web サイトである Mi.com を介して、数ヶ月内に US 国内でのビジネスが開始されるとのことだ。
 
Barra said customers in the US will be able to buy things like batteries, routers, and fitness bands.
 
Barra の発言によると、US のユーザーたちは、バッテリー/ルーター/フィットネス・バンドなどを購入できるようになる。
 
Xiaomi_StoreAuthor : Vernon Chan

Bringing Xiaomi’s smartphones and tablets to new markets like the US is “an incredible amount of work,” according to Barra.
 
そして、Barra によると、Xiaomi のスマホやタブレットなどのプロダクツを、アメリカ国内に持ち込むためには、膨大な作業が残っているとのことだ。
 
Xiaomi doesn’t have a timeline for bringing its smartphones to the US.
 
実際のところ、Xiaomi は、アメリカでのスマホ発売に関しては、タイムラインを出していない。
 
Xiaomi has had tremendous success selling smartphones in China and is now the 3rd-largest smartphone maker worldwide, after Samsung and Apple.
 
Xiaomi は China 国内でのスマホ販売において、凄まじいほどの大成功を収めている。 そして、グローバル市場においては、Samsung と Apple に続く三番手までのし上がっている。
 
Part of Xiaomi’s success has come from selling to customers online at lower prices than its competitors.
 
Xiaomi が成功した背景には、オンラインでの販売に徹することで、コンペティタたちと比較して、スマホを低価格で販売してきたという戦略がある。
 
Xiaomi’s operating system, MIUI, is updated weekly and frequently incorporates features suggested by fans and users on its website Mi Forum.
 
Xiaomi の OS である MIUI は、毎週のようにアップデートされ、また、Mi Forum のファンやユーザーの声を、しばしば反映している。
 
SEE ALSO:  Xiaomi’s phones have a special feature to make your selfies more beautiful
 
ーーーーー
Asia Pacificいきなりスマホやタブレットを売り出さないというのは、賢明な判断だと思います。 日本と同様に、アメリカのユーザーはキャリア・プランと一緒に、デバイスを購入するケースが大半なので、Xiaomi の低価格路線の効果が低いはずです。 それと、インドなどでも、パテントに関する問題が収まったとは言えないい状況です。とは言え、一連の周辺機器で、アメリカのマーケットに参入するのが、早過ぎるということは無いでしょう。 アメリカでは、MVNO の動きはどうなんでしょうね? そして、それが動き出すとき、Xiaomi に勝機が訪れるはずです。 この数年で、何度か NY へ行っていますが、地下鉄の車内でスマホを触っている、アフリカ/ヒスパニック系の人たちは、ほとんどが Android を手にしていました。 この国も、すべてが裕福というわけではないのです。 それにしても、フォーラムでの声を聞きながら、プロダクトを改善していくというのは、まるで Evernote のようで、イイネです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が北京から脱出:海外ユーザーのデータは 海外 DC へ!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた

Posted in Asia, Telecom by agilecat.cloud on February 12, 2015
Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
Sami Ghanmi – Feb 09, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/36395/20150209/huawei-bt-ireland-test-400gbps-fiber-broadband-transmission.htm
 
_China Topix
 
Chinese telecom giant Huawei Technologies Co. Ltd. and telecom firm BT Ireland have successfully tested a 400 Gbps fiber broadband over fiber optics that connects the city of Dublin to Belfast.
 
China の大手通信機域メーカーである Huawei Technologies Co. Ltd と、欧州のテレコムである BT Ireland が、光ファイバーによる 400 Gbps ブロードバンドのテストを順調に進めている。 それにより、Dublin と Belfast が高速で接続されることになる。
 
Huawei and BT Ireland have transmitted 400 Gbps of data across existing 10 Gbps, 40 Gbps and 100 Gbps wavelengths.
 
Huawei と BT Ireland は、既存の 10 Gbps/40 Gbps/100 Gbps といったレベルを超えたところで、400 Gbps でデータを送信している。
 
Huawei
BT said it had chosen to carry out the test in Ireland due to its existing network infrastructure and the 200 km distance between Dublin and Belfast.
 
今回のテストで Ireland が選ばれたのは、Dublin と Belfast を接続する、200km におよぶ既存インフラがあったからだと、BT は発言している。
 
 “The results demonstrate how we can maximize the efficiency of our network investment, building on our core network infrastructure whilst continuing to meet the ever-increasing needs of our customers in a fast evolving digital world,” said Alex Crossan, BT Ireland’s managing director.
 
BT Ireland の Managing Director である Alex Crossan は、「 今回の結果は、私たちのコア·ネットワーク·インフラを拡張し、ネットワーク投資の効率を最大化していく方法を示している。それは、急速に進化しているデジタルの世界において、私たちの顧客が抱え込むニーズを、満たし続けるものとなる」と述べている。
 
“These in-life trials have also been crucial in understanding the capabilities of these new technologies, and have allowed us to accelerate our plans to deploy with confidence in the very near future.”
 
「 こうした、具体性のある試みが、新テクノロジーの能力を理解する上で、きわめて重要だっ。 そして、私たちは、目前に迫っている近未来へ向けて、いくつかのプランを、自信を持って加速していける」。
 
BT said it plans to deploy 200 Gbps and 400 Gbps commercial speeds using its core transmission network by March.
 
BT は、この 3月までに、今回のコア伝送ネットワークを用いて、200 Gbps と 400 Gbps の商用サービスをディプロイする計画を明らかにした。
 
“With the rapid growth of mobile broadband and video services generating tremendous volumes of traffic for backbone networks, the time is now for 400 Gbps.” said Ryan Ding, president of products and solutions at Huawei.
 
Huawei の President of Products and Solutions である Ryan Ding は、「モバイル・ブロードバンドとビデオ・サービスが急速に成長するにつれて、膨大なトラフックがバックボーン・ネットワーク上に生じてくる。 つまり、400 Gbps は、マッタ無しなのだ」と発言している。
 
Huawei also recently announced the testing of the world’s first uplink carrier aggregation, along with China Mobile Communications Corporation, over Jiangsu Mobile’s network in China.
 
最近になって Huawei は、China Mobile Communications Corporation と共同で、China の Jiangsu Mobile ネットワークを用いて、世界で初めてのアップリンク・キャリア・アグリゲーションをテスト中だと発表している。
 
The test successfully increased upload speeds by 180 percent. The Chinese tech giant had also deployed the world’s first atom router, along with China United Network Communications Group Co. Ltd.
 
このテストにより、アップロード・スピードを、180% も向上させることに成功している。さらに、この China のテック・ジャイアントは、China United Network Communications Group Co. Ltd と共同で、世界で初のアトム・ルーターをディプロイしている。
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの情報を意識的に探っているのですが、そこで明らかになってきているのが、この Huawei の強さです。 先日に、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳をポストしましたが、今日のポストに示されるように、ビジネスの成長を裏付けるテクノロジーの存在を感じます。 アメリカ市場からはシャットアウトされてしまったようですが、中国国内と、東南アジア、そして、ヨーロッパで、着々と実績を積み上げてきています。これからも、ウォッチしていきたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアは独自路線へと進むのか?
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on February 6, 2015
Digitimes Research: Global TD-LTE user base estimated at 96.1 million in 2014
Benson Wu, DIGITIMES Research – 12 Dec, 2014
http://www.digitimes.com/news/a20141212PD206.html
 
_ DiGiTimes
 
The total number of TD-LTE subscribers around the world will keep increasing to 96.1 million at the end of 2014, accounting for 21.6% of the global total number of LTE (4G) users. 81.8% of the total will be users in China, 8% in Saudi Arabia and 6.9% in Japan, according to Digitimes Research.
 
グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの合計は、2014年末の時点で 9610万人に達し、すべての LTE(4G)のユーザーの 21.6% を占めることになる。DigiTimes Research によると、そのうちの 81.8% が China、8% が Saudi Arabia、6.9% が Japan とされている。
 
China MobileOf the number of LTE networks around the world, 87% will be FDD LTE networks and 13% TD-LTE networks in 2014, Digitimes Research indicated.
 
また、Digitimes Research は、2014年のグローバル LTE ネットワークにおいて、87% が FDD LTE となり、13% がTD-LTE になると指摘している。
 
Asia accounted for 43% of TD-LTE networks around the world as of the end of the third quarter of 2014, but for over 95% of the global TD-LTE subscribers due to China Mobile’s active promotion of TD-LTE in the China market in 2014.
 
2014年 Q3  の時点で、グローバルでの TD-LTE ネットワークのうち、43% を Asia が占めていた。しかし、2014年における、グローバル TD-LTE サブスクライバーの 95% 以上が、China Mobile が国内で積極的に展開した、TD-LTE プロモーションの結果として得られている。
 
Unlike FDD LTE which is operated on a wide range of frequency bands, TD-LTE networks are operated mainly on medium and high frequency band units, with 900MHz and below taking up less than 10% of all band units.
 
広帯域にまたがる周波数で運用される FDD LTE と異なり、TD-LTE ネットワークは、主として 900MHz などの中高周波数帯域で運用され、すべての帯域の 10% 未満に収まるようだ。
 
Taiwan-based device makers will not benefit from the fast growing TD-LTE user base, with 2014 total production value of LTE data communication devices estimated at NT$5.53 billion (US$178 million), down 9.9% on year.
 
Taiwan ベースのデバイス・メーカーが、急成長している TD-LTE ユーザーベースから、恩恵を受けることは無さそうだ。2014年における LTE データ通信デバイスの総生産額は、NT$5.53 billion (US$178 million) と推測され、前年比で 9.9% のダウンになるとされている。
 
ーーーーー
Asia PacificLTE には、このように、TD-LTE と FDD LTE の二種類があります。 鉄道に例えれば、 TD-LTE が単線であり、FDD LTE が複線ということになります。 つまり、その時々の利用状況に応じて、上りと下りの構成を変化させられるのが TD-LTE の強みであり、また、文中にもあるように、絞り込んだ帯域で運用できることもメリットなのでしょう。 しかし、中国が TD-LTE へと進んだ背景には、西欧からの特許料の請求を回避し、さらには、そのテクノロジーを輸出していこうという、国家戦略が在るとされています。 そして、その尖兵としてグローバル市場を開拓しているのが、Huawei や ZTE といった企業になるのでしょう。 以下のリストは、Cloud News Asia から抜き出したものですが、西欧諸国と中国の間で、凄まじい戦いが繰り広げられている様子が窺えます。_AC Stamp
 
China Mobile Aims At 250 Million 4G Users In 2015
Singtel, Ericsson partner to test 5G technologies
Who offers the best 4G LTE connection in Indonesia? 
China’s Huawei Promises USD6.3 Million Investment For UK 5G
China’s ZTE Will Build 4G LTE Project In Cambodia
Xiaomi invests in 4G chip development, says sources
Chunghwa to reach domestic 4G market goal of 40 percent
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ

Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on January 30, 2015
One in five people now on Facebook: 1.39b monthly users
http://wp.me/pwo1E-8fH
Published: January 29, 2015
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/one-in-five-people-now-on-facebook-1.39b-monthly-users 
Malay mail online 
LOS ANGELES, Jan 29 — Facebook, as well as announcing rising profits in its latest earnings call, revealed that it’s still attracting new users and that membership has jumped another 13 per cent year on year to a remarkable 1.39 billion monthly users.
 
Facebook の収支報告だが、その増益に加えて、新規ユーザー数の伸びについても明らかにしている。その MAU(Monthly Active Users)は 13.9億人に届き、前年比で 13% の成長を達成している。
 
According to the calculations of the United Nations and the United States Census Bureau, there are seven billion people on the planet. That means that 20 per cent of the people on Earth are active Facebook users.
 
United Nations および United States Census Bureau の計算によると、この地球上には 70億の人々が生活している。つまり、それらの人々の 20% が、Facebook の MAU であることを意味している。
 
FacebookHalf of the world’s population has Internet access and almost half of that number also have a Facebook page.
 
However, not everyone in the world has Internet access. The most recent data puts the number of people around the globe with a web connection at just over three billion, meaning that in reality, if a person has web access, there’s also a 50/50 chance that they also have a Facebook page.
 
しかし、この世界では、誰もがインターネットにアクセスできるわけではない。最新のデータによると、世界の人々の中で Web にアクセスできるのは、実際のところ 30億人に過ぎないという。したがって、Web を使用する人々が、自身の Facebook ページを持っている可能性は、50% に近いと推測できる。
 
But as well as highlighting that the social network is almost as popular as the Internet itself, Facebook’s latest figures also offer insight into how consumer behaviour is changing thanks to the continued proliferation of mobile devices.
 
この数字を見れば、このソーシャル・ネットワークが、インターネット自身と同じくらいの、人気を博していることが強調される。 ただし、Facebook の収支内容からは、モバイル・デバイスが継続的に増殖しているという、消費者行動の変化についても、興味深い洞察が提供される。
 
Of its 1.39 billion active monthly users, 1.19 billion are accessing the network via an app. And when it comes to active daily users, 745 million of the 890 million total are daily mobile users.
 
その、13.9 億人という MAU だが、その中の 11.9 億人が、アプリを介してネットワークにアクセスしている。 そして、DAU(Daily Active Uses)になると、8.9 億人中の 7.45 億人が、モバイル・ユーザーとなるのだ。
 
As for consumers who have rejected the desktop altogether, Facebook says that it has 526 million active monthly users who are mobile only — i.e., they never log in via the desktop — and that this figure has jumped from 456 million in the previous quarter.
 
デスクトップ環境を完全に手放してしまったユーザーは、つまりモバイルのみの MAU は、5.26 億人に至ると Facebook は述べている。 つまり、デスクトップを介してログインしなくなった MAU は、2014年 Q3 の 4.56 億人から、大きくジャンプアップしていることになる。
 
In fact, over the past 15 months (five business quarters) Facebook has seen the number of mobile-only users jump by roughly 50 million each quarter. Back in the fourth quarter of 2013, only 296 million users were mobile only. — AFP-Relaxnews
 
実際のところ、これまでの 15ヶ月(5つの四半期)において、Facebook のモバイル・オンリー・ユーザーは、それぞれの四半期ごとに 5000 万人ずつ増えてきている。つまり、2013年 Q4 の時点では、モバイル・オンリー・ユーザーの数は、わずか 2.96 億人に過ぎなかったのだ。 – AFP-Relaxnews
 
ーーーーー
facebookこの Facebook に限らず、それぞれの IT 大手から、2014年 Q4 の収支レポートが提供されています。 Apple は増収増益の記録を塗り替え、Google や Facebook は順調に成長という感じのようです。 ほんとうは、もう少し詳しく説明している記事を訳したかったのですが、いつもヒマヒマな Agile Cat も、さすがに月末は忙しく、ネコの手も借りたいという状況なのです。 そのため、この MAU の推移だけを説明するポストを選んでしまいましたが、また来週にでも、チャート入りの収支レポートなどをポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さ!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ
 
%d bloggers like this: