Agile Cat — in the cloud

Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on January 30, 2015
One in five people now on Facebook: 1.39b monthly users
http://wp.me/pwo1E-8fH
Published: January 29, 2015
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/one-in-five-people-now-on-facebook-1.39b-monthly-users
 
_ Malay Mail Online
 
LOS ANGELES, Jan 29 — Facebook, as well as announcing rising profits in its latest earnings call, revealed that it’s still attracting new users and that membership has jumped another 13 per cent year on year to a remarkable 1.39 billion monthly users.
 
Facebook の収支報告だが、その増益に加えて、新規ユーザー数の伸びについても明らかにしている。その MAU(Monthly Active Users)は 13.9億人に届き、前年比で 13% の成長を達成している。
 
According to the calculations of the United Nations and the United States Census Bureau, there are seven billion people on the planet. That means that 20 per cent of the people on Earth are active Facebook users.
 
United Nations および United States Census Bureau の計算によると、この地球上には 70億の人々が生活している。つまり、それらの人々の 20% が、Facebook の MAU であることを意味している。
 
FacebookHalf of the world’s population has Internet access and almost half of that number also have a Facebook page.
 
However, not everyone in the world has Internet access. The most recent data puts the number of people around the globe with a web connection at just over three billion, meaning that in reality, if a person has web access, there’s also a 50/50 chance that they also have a Facebook page.
 
しかし、この世界では、誰もがインターネットにアクセスできるわけではない。最新のデータによると、世界の人々の中で Web にアクセスできるのは、実際のところ 30億人に過ぎないという。したがって、Web を使用する人々が、自身の Facebook ページを持っている可能性は、50% に近いと推測できる。
 
But as well as highlighting that the social network is almost as popular as the Internet itself, Facebook’s latest figures also offer insight into how consumer behaviour is changing thanks to the continued proliferation of mobile devices.
 
この数字を見れば、このソーシャル・ネットワークが、インターネット自身と同じくらいの、人気を博していることが強調される。 ただし、Facebook の収支内容からは、モバイル・デバイスが継続的に増殖しているという、消費者行動の変化についても、興味深い洞察が提供される。
 
Of its 1.39 billion active monthly users, 1.19 billion are accessing the network via an app. And when it comes to active daily users, 745 million of the 890 million total are daily mobile users.
 
その、1.39 億人という MAU だが、その中の 1.19 億人が、アプリを介してネットワークにアクセスしている。 そして、DAU(Daily Active Uses)になると、8.9 億人中の 7.45 億人が、モバイル・ユーザーとなるのだ。
 
As for consumers who have rejected the desktop altogether, Facebook says that it has 526 million active monthly users who are mobile only — i.e., they never log in via the desktop — and that this figure has jumped from 456 million in the previous quarter.
 
デスクトップ環境を完全に手放してしまったユーザーは、つまりモバイルのみの MAU は、5.26 億人に至ると Facebook は述べている。 つまり、デスクトップを介してログインしなくなった MAU は、2014年 Q3 の 4.56 億人から、大きくジャンプアップしていることになる。
 
In fact, over the past 15 months (five business quarters) Facebook has seen the number of mobile-only users jump by roughly 50 million each quarter. Back in the fourth quarter of 2013, only 296 million users were mobile only. — AFP-Relaxnews
 
実際のところ、これまでの 15ヶ月(5つの四半期)において、Facebook のモバイル・オンリー・ユーザーは、それぞれの四半期ごとに 5000 万人ずつ増えてきている。つまり、2013年 Q4 の時点では、モバイル・オンリー・ユーザーの数は、わずか 2.96 億人に過ぎなかったのだ。 – AFP-Relaxnews
 
ーーーーー
facebookこの Facebook に限らず、それぞれの IT 大手から、2014年 Q4 の収支レポートが提供されています。 Apple は増収増益の記録を塗り替え、Google や Facebook は順調に成長という感じのようです。 ほんとうは、もう少し詳しく説明している記事を訳したかったのですが、いつもヒマヒマな Agile Cat も、さすがに月末は忙しく、ネコの手も借りたいという状況なのです。 そのため、この MAU の推移だけを説明するポストを選んでしまいましたが、また来週にでも、チャート入りの収支レポートなどをポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さ!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ
 

インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!

Posted in .Chronicle, Asia, Government, IoT by agilecat.cloud on January 29, 2015
US joins Indian smart cities race, signs three deals
Immediately overtakes Singapore, New South Wales.
http://wp.me/pwo1E-8fv
By Joshua Chambers – Jan 26, 2015

http://www.futuregov.asia/articles/6083-us-joins-indian-smart-cities-race-signs-three-deals

_ Future Govt

The United States has joined the race to help India build 100 smart cities, signing memorandums of understanding with three Indian states to assist with new projects.
 
アメリカも、インドの100都市におけるスマートシティ構築というレースに参加する。 そして、この新しいプロジェクトを促進するために、インドの 3つの州との覚書にサインした。
 
The deals were signed this week as part of President Obama’s visit to India. The states of Andhra Pradesh, Uttar Pradesh and Rajasthan signed the deal with the U.S. Trade and Development Agency on 25 January to develop Vishakhapatnam, Allahabad and Ajmer.
 
具体的に言うと、今週に Obama 大統領がインドを訪問した際に、この試みに関する署名が交わされている。 それは 1月25日に、Andhra PradeshUttar PradeshRajasthan 州と、U.S. Trade and Development Agency が合意したものであり、VishakhapatnamAllahabadAjmer といった都市を開発していくことになる。
 
obama-modiAn initial commitment to develop a partnership was agreed in September last year during Prime Minister Modi’s state visit to the US, and this week’s partnership represents the culmination of negotiations.
 
このパートナーシップを促進する最初の取り組みは、昨年の 9月に Modi 首相が訪米した際の合意であり、その後の話し合いの結果として、今週のパートナーシップ発表につながっている。
 
Other countries are also vying to work closely with India on its smart cities projects. Singapore recently signed a deal to build one smart city, and has been lobbying for over a decade to assist Tamil Nadu but has been unsuccessful so far.
 
インドにおけるスマートシティ·プロジェクトに関しては、その他の国々も競合に参加している。最近、シンガポールも、1つのスマートシティ構築に関する契約を締結し、さらには Tamil Nadu 州の支援に関して 10年越しのロビー活動を展開しているが、これまでのところ、成功しているとは言えないようだ。
 
Meanwhile, Australia’s New South Wales announced plans this year to start pursuing deals for companies from its own region.
 
その一方で、Australia の New South Wales も、地元の企業による支援を促進していくという、新たな計画について発表している。
ーーーーー
Asia Pacificなにやら、インドのスマート・シティ開発が、すでにデッドヒート状態になっているようです。 モバイル・キャリアの誘致で大成功を収めたインド政府が、さらなる経済支援を得ようと動き、アメリカ/シンガポール/オーストラリアの各政府が、将来のビジネス展開を前提に、対応しているという図式のようです。 たくさんの地名が並んでいますが、まったくイメージが湧かないので、日本語訳の方には Wiki のリンクを貼っておきました。 州名に関しては日本語がありましたが、都市名に関しては英語のみでした。 今日は朝から、インドの地理の お勉強でした :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud News Asia – Smart City
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
2014 Agile Cat:とっても元気な アジア の マトメ

世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!

Posted in Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 28, 2015
10 charts explain the difference between China and India’s smartphone owners
http://wp.me/pwo1E-8fi
Paul Bischoff – Dec 16, 2014

https://www.techinasia.com/10-charts-explain-difference-china-indias-smartphone-owners/
_ tech in asia
China and India are two of the most lucrative markets in the world for smartphone makers. But even though both are developing countries, there’s no one-size-fits-all strategy to tackle them both.
 
China と India は、スマートフォン・メーカーから見ると、世界で最高の収益をあげられる二大マーケットとなる。しかし、この2つの途上国だが、どちにらにも効果のある万能の戦略があるかとなると、そのようなものは見当たらない。
 
India_China_LocatorChina’s massive, well-established mobile mobile market is nearing saturation, while India is just getting started.
 
China は大規模であり、上手く機能しているモバイル・マーケットを持つが、それは飽和点に近づいている。 その一方で、India のマーケットは立ち上がったばかりである。
 
A recent survey by Germany-headquartered B2X Care Solutions shows these contrasts. It was conducted among smartphone and tablet owners in five major economies: the US, Germany, Brazil, China, and India.
 
Germany に HQ を持つ、B2X Care Solutions による最近の調査結果が、この二国の違いを明確に示している。その調査とは、US/Germany/Brazil/China/India という5つの主要国で、スマホおよびタブレットの所有者に対して実施されたものである。
 
↓ クリックで Facebook ページヘ  ↓
India CH否Charts
 
We pulled out 10 slides (with their permission) that best exemplify how different the markets are in China and India. B2X surveyed over 500 respondents from each country.
 
私たちは同社の許可を得て、China と India のマーケットが大きく異なることを例証する、10枚のスライドをピックアップした。なお、B2X の調査は、それぞれの国の、500人の回答者に対して実施されている。
ーーーーー
Asia PacificIT の在り方に最大の影響を与えていく、この二国のマーケットを比較するデータが、これからも大量に出てくると思います。 そして、この B2X Care Solutions のレポートが、そんな流れに先鞭をつけるのかもしれません。 Facebook ページの方では、たとえば以下のように、個々のチャートに対しする説明文を訳していますので、お暇な時にでも、ぜひ、ご覧ください。 _AC Stamp

  • 01: 中国はインドと比べて、ビジネス・ユースの比率がきわめて高い。
  • 02: インドの方が、スーパーマーケットでスマホが購入される比率が高い。
  • 03: インド人は、最新のモデルや機能を求めるが、中国人は、こだわらない
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
インド Micromax の 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
 
 

Facebook Lite というモバイル・アプリがデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 27, 2015
Facebook Has A New App For Emerging Markets Called ‘Facebook Lite’
http://wp.me/pwo1E-8f4
Steven Tweedie – Jan. 26, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-lite-aimed-at-low-end-android-users-in-emerging-markets-2015-1
 
_ Business Insider
 
Facebook has launched a new simplified version of its mobile app called Facebook Lite, and it’s targeted toward Android users in developing countries.
 
Facebook だが、途上国の Android ユーザーを対象とした Facebook Lite という、簡易版モバイル・アプリを発表した。
 
Designed for older and low-end models of Android phones, Facebook Lite maintains the core functionality of Facebook while only taking up 252 KB of space. The app is also designed to run on the slower 2G internet connections, which will help people in developing countries with aging internet infrastructures still connect to Facebook.
 
古くて性能の低い Android フォン用にデザインされた Facebook Lite は、必要とされるメモリ空間を 252KB だけに抑えながらも、Facebook における主要な機能に対応している。 さらに、このアプリは、旧来のインターネット・インフラである ”2G” を介して Facebook に接続せざるを得ない、発展途上国の人々をサポートするためにデザインされている。
 
facebook lite
Google Play
 
To minimize the digital footprint required for the app, Facebook has included its messaging service inside Facebook Lite, a feature that exists only as the standalone Messenger app for US smartphone users. Facebook has also allowed push notifications and camera integration, two features that will help the pared-down app feel more like the full experience.
 
このアプリが要求するメモリ空間を最小限に抑えるために、Facebook Lite はメッセージング·サービスを内部に取り込んでいる。 この機能は、西欧向けバージョンでは、独立したものとなっているが、その点が Lite では大きく異る。 また、Facebook は、このアプリのプッシュ・ノーティフィケーションとカメラの統合を実現することで、フル機能バージョンとの使用感の違いを、最小限に押しとどめている。
 
Facebook Lite is a smart move to make Facebook’s services easily accessible in developing markets like Africa and Southeast Asia, which have increasingly using Facebook.
 
Facebook Lite は、Africa や Southeast Asia などの途上国マーケットで、Facebook サービスに対するアクセスを容易にするという、なかなか優れた戦略である。したがって、Facebook の利用を促進するものになるだろう。
 
Facebook Lite is currently a limited rollout: It’s only available in Nepal, Nigeria, Bangladesh, South Africa, Sudan, Sri Lanka, Vietnam and Zimbabwe. The app’s already seen decent adoption numbers with over 10,000 downloads and an average 4.6 rating on Google Play, according to TechCrunch.
 
Facebook Lite は、現時点おいて、限られた国々でのみ提供されている。 具体的には、Nepal/Nigeria/Bangladesh/South Africa/Sudan/Sri Lanka/Vietnam/Zimbabwe であり、TechCrunch によると、すでに 1万人以上が Google Play からダウンロードし、その評価も 4.6 という平均値を得ているという。
 
If you’re in one of the countries where Facebook Lite is live, you can download it right here.
ーーーーー
facebookこのところ、Facebook における途上国マーケットへの取り組みを追いかけてきましたが、この Facebook Lite が、とりあえずの結論ということなのでしょうね。 もちろん、ビジネスの一環として構築されるアプリであり、ボランティアとか言うものでは有りませんが、物事を中期的・長期的に捉えて、それを実践していく姿勢に拍手を送りたいと思います。 それと、提供国のリストにインドがいませんが、Facebook Lite が不要なほど、インフラの整備が進んできているのでしょうか? デバイスに関しても、Micromax が素晴らしいプロダクトを提供し始めていますので、その他の途上国とは、ちょっと事情が異なるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!

Posted in Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 23, 2015
Why Facebook Forces A Bunch Of Its Engineers To Use Terrible, Low-End Phones
http://wp.me/pwo1E-8e2 
Jillian D’Onfro – Dec. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-low-end-phones-bad-network-conditions-2014-12
 
_ Business Insider
 
You might not expect to find many flip phones in the high-tech and free-food laden Facebook offices, but your expectations would be wrong.
 
ハイテクとフリー・ランチが自慢の Facebook オフィスで、数多くのフリップ・フォン(折りたたみ)を見かけるなんて想像もしないだろうが、それは間違った思い込みだ。
 
Facebook is creating a special lab filled with low-end Android smartphones,”crappy old flip phones,” and weak networking to help the company study the computing conditions in parts of the world like rural India that either have limited internet or none at all.
 
Facebook が立ち上げた特別なラボは、ローエンドの Android スマホと、安くて古いフリップ・フォン、そして、脆弱なネットワーキングで構成されているのだ。それにより、たとえばインドの農村のような、インターネットが供給されるにしても、きわめて制約が多いという世界における、コンピューティングの条件を調査することが可能になる。
 
Facebook with old Android
Not actually
Facebook employees
 
Developers have to try to use Facebook’s apps on super-old versions of Android so they can understand what it’s like for people in areas without good network connection.
 
ここでの開発者たちは、きわめて古いバージョンの Android で、Facebook アプリを使用しなければならない。したがって、条件の整ったネットワークに接続できない地域の人々のために、何をすれば良いのかを理解できるようになる。
 
“It’s easy to not have empathy for what the experience is for the majority of people in the world,” Facebook CEO Mark Zuckerberg told Time’s Lev Grossman of Facebook’s employees.
 
「 この世界の大多数の人々のために、どのようなエクスペリエンスを持つべきかと言っても、それに対して容易には共感してもらえない」と、Facebook の CEO である Mark Zuckerberg が、一人の従業員である Lev Grossman に語った。
 
So, the team manufactures empathy.
 
そして、このチームは、その共感を作り出すことになった。
 
“I force a lot of the guys to use low-end phones now,” Javier Olivan, Facebook’s head of growth, says. “You need to feel the pain.”
 
Facebook の Head of Growth である Javier Olivan は、「 私の役割は、より多くの従業員にローエンド・スマホを持たせることだ。 そうすれば、痛みを共有できる」と発言している。
 
And Facebook employees aren’t the only ones getting the terrible-phone treatment.
 
そして、いまでは、そんな旧式フォンの面倒を見るのが、Facebook の従業員だけではなくなってきている。
 
“We brought in some phones, like very low-end Android, and we invited guys from the Valley here—the eBay guys, the Apple guys,” Olivan says. “It’s like, ‘Hey, come and test your applications in these conditions! Nothing worked.”
 
Olivan は、「 私たちは、このラボに、きわめてローエンドの Android などの、いくつかのフォンを持ち込んでいる。 そして、eBay や Apple の、つまりシリコンバレーの仲間たちを招待している。ここに来れば、そこらじゃ有り得ない、特殊な条件でアプリをテストできるという感じで誘っている 」と述べている。
 
That pain is of one of the things motivating Zuckerberg’s work on Internet.org, an initiative which aims to bring internet access to everyone in the world. Facebook recently released apps in Zambia and Tanzania with content like Wikipedia, Google Search, and AccuWeather that local people can get and use for free.
 
ここで言う痛みとは、Zuckerberg が Internet.org を立ち上げた、動機の1つでもあるのだ。 この組織は、世界のすべての人にインターネット・アクセスを提供することを目標としている。 最近のことだが、Facebook は Zambia と Tanzania の人々に、Wikipedia/Google Search/AccuWeather などを使用できるアプリをリリースしている。 そして、それらの地域の人々は、それらを無償で利用できるのだ。
 
Read the rest of Time’s profile of Zuckerberg and Internet.org here.
ーーーーー
facebookタイトルには「アジア」キーワードを使ってしまいましたが、それ以外にも、南米やアフリカのマーケットもあります。 低品質のネットワーク環境で、Facebook を使う貧しい人々のことを考えると、Menlo Park のキャンパスで、こうした取り組みが進められていることが、とても嬉しく思えてきます。 そして、以前にポストした「Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!」や、「Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!」といった抄訳を読み返すと、心から拍手を送りたくなってしまうのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
2012年:ネイティブの Facebook App for Android が、最終テストの段階らしい!
2012年:Droid フードって Cat フードよりも 不味いの? Facebook さん・・・
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

Posted in Asia, Mobile, Research by Agile Cat on January 21, 2015

China’s Biggest Smartphone Maker Tripled Its Phone Sales Last Year
http://wp.me/pwo1E-8dD
Dave Smith – Jan. 5, 2015
http://www.businessinsider.com/chart-xiaomi-exploded-in-2014-2015-1

_ Business Insider

Xiaomi has successfully targeted the low-end of the smartphone market: China’s biggest smartphone maker says it tripled its smartphone sales in 2014, selling more than 61 million phones. CEO Lei Jun says this contributed to more than $12 billion in revenue for the year.

Xiaomi はローエンド・スマホ市場を、首尾よくターゲットにしている。つまり、この China で最大のスマホ・メーカーは、2014年に 61 million 台以上のデバイスを販売し、前年比で三倍という成長を達成したと述べているのだ。 CEO である Lei Jun は、それにより年間の売上が、$12 billion を超えたと発言している。

_  space

BI Intelligence

Based on data charted for us by BI Intelligence, Xiaomi sold 17 million smartphones in the fourth quarter — an impressive jump of 233% year-over-year. For the full year, its 61 million smartphone shipments was a 227% jump from the 18.7 million units it shipped in 2013.

BI Intelligence がチャートにしたデータを見ると、Xiaomi は 2014年 Q4 に、17 million 台のスマホを販売している。 つまり、前年同期に対して、233% という、凄まじい成長率を示している。1年間を通じて見ると、61 million という出荷台数は、2013年の 18.7 million に対して、227% のジャンプアップとなる。

Xiaomi raised $1.1 billion in late December, and is now valued at $45 billion.

Xiaomi は、この 12月下旬に $1.1 billion を調達し、その評価額は $45 billion とされている。

ーーーーー

まるで誰かさんみたいに、Xiaomi の CEO である Lei Jun には、黒いシャツとジーンズがよく似合います。 そして、デバイスの販売においては、インターネットを活用する方式で、独自のスタイルを確立しています。 たとえば、インドネシアで1万台を40秒で売り切ったとか、インドでは4万台を4.5秒でとか、そんなふうに場所と台数を絞り込んで、ネットの話題をさらっていきます。その一方では、驚いたことに、中国国外の Xiaomi ユーザー・プロファイルを、シンガポールとアメリカのデータセンターに、さっさと移してしまいました。 それは、中国からグローバルを目指す企業として、実施すべき行動なのです。 そして、もちろん、Android とはいっても、AOSP の Android を採用し、Google からの影響力を排除した、独自のプラットフォームを有しています。 そんなこんなで、打つべき手を着実に打っていく、とても切れのよい新しいリーダーとして、認められているようです。 なんというか、アジアのお嬢さんたちが、シワシワの Tim Cook よりは、若くてスタイリッシュな Lei Jun にキャーとなり、その結果として Xiaomi がバンバン売れていくという、そんな光景が脳裏を横切ってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Apple と China Telecom:中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに、失速しているように見える

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on January 18, 2015

The iPhone Is Losing Ground In One Key Market
http://wp.me/pwo1E-8cN
Sam Mattera, The Motley Fool – Jan. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/the-iphone-is-losing-ground-in-one-key-market-2015-1

_ Business Insider

Demand for Apple’s iPhone 6 has been unprecedented. Collectively, the iPhone 6 and iPhone 6 Plus have smashed existing sales records, and when Apple reports earnings this season, investors may find that the Cupertino tech giant sold more than 70 million iPhones during the quarter.

Apple の iPhone 6 に対しては、前例のない需要が押しかけている。全体的に見て、iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、これまでの販売記録を塗り替えている。そして、Apple が今季の収益をレポートするときに、投資家たちが目の当たりにするのは、この Cupertino のテック・ジャイアントが、2014年 Q4 だけで 70 million もの iPhone を販売したという実績になるはずだ。

The company has seen great demand across the board — in North America and Europe, Apple market share increased last quarter, according to recent data from research firm Kantar Worldpanel.

調査会社である Kanter Worldpanel の最新データによると、North America と Europe において Apple のシェアが増加しているという。 つまり、この四半期での需要の高まりを、同社は確認しているはずだ。

Yet, there was one market where the latest iPhones received a surprisingly cool reception — Japan, where sales suffered a surprising double-digit decline.

しかし、この最新の iPhone に対して、驚くほど冷ややかな反応を見せたマーケットが1つだけある。 それは、販売量において二桁ダウンという、驚くべき結果をもたらした、Japan のマーケットである。

Kantar’s data

According to Kantar, the iPhone accounted for 48% of smartphones sold in Japan during the third quarter, which ran from the beginning of August through the end of October. The Android operating system powered a similar 48.1%.

Kanter によると、2014年 Q3(7月〜9月)の Japan において、iPhone はスマホ市場の 48% を占めている。それに対して、Android OS を搭載するスマホも、ほぼ同じ 48.1% を占めている。

注記)原文では、Q3 を 8月〜10月としていますが、おそらく勘違いでしょう。

That’s quite impressive, given that on a global basis, Android’s market share is approaching 85%. In fact, Japan remains Apple’s single strongest market, with more Japanese buyers (on a percentage basis) choosing the iPhone than Americans (in the same quarter, the iPhone accounted for 41.5% of the smartphones sold in the U.S.).

グローバルにおける Android のマーケット・シェアが 85% に近づいていることを考えると、この数字は、きわめて素晴らしいものである。実際のところ、Apple にとっての Japan は、最強のマーケットというポジションを維持している。 つまり、パーセンテージで比較すると、Japan のユーザーたちは、Amarica よりも高い比率で iPhone を選択しているのだ(同じ Q3 において、US での iPhone のシェアは 41.5% である)。

However, that figure is down significantly from last year. During the same period in 2013, nearly two-thirds (61.1%) of Japanese smartphone buyers chose an iPhone, compared to only 36.2% opting for an Android-powered device. With Windows Phone accounting for less than 1% of the Japanese smartphone market, Android OEMs appear to be taking share directly from Apple.

しかし、この数字は、前年と比べると大幅にダウンしている。2013年の Q3 において、Japan のスマホ・ユーザーの 約 2/3(61.1%)が iPhone を選択し、Android 搭載のデバイスは 36.2% に過ぎなかったのである。Japan での Windows Phone のシェアは、1% 未満である。したがって、Android OEM が Apple から、ダイレクトにシェアを奪っているように見える。

This stands in stark contrast to other markets, where the release of the iPhone 6 boosted market share significantly — Apple saw a 3.1% bump in Germany and 10.4% in Great Britain. In fact, of the major markets Kantar tracks, Japan was the only one where market share fell.

つまり、iPhone 6 のリリースにより、大幅にシェアを伸ばした他のマーケットとは、まったく対照的な結果を示している。 具体的に言うと、Apple は Germany で 3.1%、Great Britain で 10.4% という成長を達成している。 実際のところ、Kanter が調査した主要マーケットでは、Japan だけがシェアを落としているのだ。

A difficult comp and tougher competition

The decline in Japan might be partially explained by the year-over-year comparison itself — in September 2013, NTT Docomo, one of the country’s largest telecoms, began selling the iPhone for the very first time. The arrival of the iPhone 5s and iPhone 5c on the NTT Docomo network may have sparked an over-sized wave of iPhone purchases (as long waiting subscribers rushed to buy units), significantly inflating 2013 sales and thus making an annual comparison difficult.

Japan での落ち込みは、その前年と状況を比べることで、部分的には説明がつくのかもしれない。2013年9月のことだが、Japan で最大級のテレコムである NTT Docomo が、ようやく iPhone の販売を開始したのだ。NTT Docomo のネットワークに、iPhone 5S と iPhone 5c が登場したことで(待ち望んでいたサブスクライバーが殺到)、iPhone が売れ過ぎたという可能性もある。それにより、2013年の売上が増大し、前年との比較が困難になっているのかもしれない。

But Apple also faces intensifying competition from a number of home-grown competitors. The Sony Xperia line, despite falling short of company expectations on a global basis, has done relatively well in Japan. Other Japanese consumer electronic firms — including Sharp and Fujitsu — compete in their home country but have little presence elsewhere.

しかし、Japan における Apple は、激化する国産メーカーとの競合にも直面している。Sony Xperia シリーズは、グローバルでは振るわなくても、Japan では上手いビジネスを展開している。その他のメーカである、Sharp と Fujitsu は海外での存在感には乏しいが、母国では競合相手となる。

Another possibility is that Japanese consumers have less interest in large smartphones: the bigger screens offered by the iPhone 6 and iPhone 6 Plus may not be appealing. Notably, Samsung — whose high-end phones have long been known for their larger size — holds a relatively paltry 6% share of the Japanese smartphone market. Sony, on the other hand, has targeted Japan with mini versions of its flagship handsets.

もう1つ、Japan のユーザーたちが、大型のスマホに惹かれていないという可能性もある。 つまり、iPhone 6 と iPhone 6 Plus の大型スクリーンが、彼らにとって魅力的ではないのだ。ここで、Samsung のハイエンド大型デバイスが、その他の国々と比べて相対的に見て低いと思われる、6% のシェアに留まっている点に注目したい。 その一方で Sony は、フラッグシップ・スマホのミニ・バージョンで、Japan のマーケットを戦おうとしている。

Japan remains a key market

As one of the largest smartphone markets in the world and a longtime fan of Apple products, the drop in Japan is a development worth watching. With such a wealthy country and a history of generous carrier subsidies, Japan should be a perfect fit for the iPhone.

世界で最大級のスマホ・メーカーである Apple と、そのプロダクトを長年にわたり使ってきたファンにとって、Japan マーケットの低落は、価値を再考する機会を提供する。このように裕福あり、また、キャリアが膨大な補助金を提供してきた Japan は、iPhone の戦略と完全に一致する必要があるだろう。

To be clear, the 48% market share is still impressive, but a double-digit drop when every other region is showing growth is bound to raise some eyebrows. Future data may show it to be a temporary aberration, but if it turns into a long-term trend, that may serve as a clear signal that Japanese preferences are changing.

もう一度、明らかにしておくが、48% のマーケット・シェアは、依然として素晴らしいものである。 しかし、グローバルでの成長をよそに、二桁のダウンという状況には、注目せざるを得ない。将来のデータにより、一時的な異常であったと、安堵できるのかもしれない。しかし、この傾向が長く続くようなら、日本人の好みが変化したという明確なシグナルとして、対処されるべきものとなる。

ーーーーー

たしかに、2013年の Docomo 参入による、二年縛りの狭間と考えることもできますし、iPhone 6 はデカすぎるというシンプルな理由もあるでしょう。 でも、今年は iPhone 6 のコンパクト・バージョンが出るらしいので、来年の今頃には、その理由もハッキリしてくるはずです。 ただ、このニュアンスは、日本人でなければ伝わらないと思いますが、「消費行動に倦む若者たちの姿」というのが、Agile Cat の目には映るときがあるのです。自分で稼いだ金で、スマホを持つ年齢層へと入ってきた、そんな若者は、MVNOと激安スマホの組み合わせへと走るのかもしれません。単に、スマホが売れる売れないというような話ではなく、消費という行為に対する感覚が、大きく変化しているようにも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

なんと! キーボード・ワッフル 焼器だ:食べたい人は Kickstarter へ GO だ!
ルーブル危機を受けて、ロシアの Apple App Store が止まってしまったようだ
シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果
伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
2014 Agile Cat:日曜版の マトメ

Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

Posted in .Chronicle, Asia, Network, Research by Agile Cat on January 15, 2015

China’s Huawei Technologies says 2014 profit likely rose 17%
http://wp.me/pwo1E-8cg
January 13, 2015
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2015/01/13/Chinas-Huawei-Technologies-says-2014-profit-likely-rose-17/

_Star Online

BEIJING: Huawei Technologies Co Ltd likely booked a 17% increase in operating profit last year, as worldwide adoption of fourth-generation (4G) mobile technology boosted earnings at China’s leading telecommunications equipment maker.

BEIJING: Huawei Technologies Co Ltd は、2014年の営業利益として、約 17%増という実績を発表するだろう。つまり、グローバルにおける 4G モバイル・テクノロジーの採用が、この China で最大の通信機器メーカーの収益を押し上げたことになる。

Profit likely reached 33.9bil yuan (US$ 5.43 bil) to 34.3bil yuan (US$ 5.49bil) in 2014, on a roughly 20% increase in revenue at 287bil yuan (US$ 45.92 bil) to 289bil yuan (US$ 46.24 bil), the company said in unaudited results.

2014年における利益は、33.9bil yuan (US$ 5.43 bil) 〜 34.3bil yuan (US$ 5.49bil) というレベルが見込まれ、前年比で 20% ほどの増加となる。 また、売上に関しては、287bil yuan (US$ 45.92 bil) 〜 289bil yuan (US$ 46.24 bil) に達すると、非公式ながらも同社は発言している。

RISING STAR
Reuters

Huawei competes with Sweden’s Ericsson for the top spot in the market for communications towers and other infrastructure, while racing to develop 5G technology.

Huawei は、5G テクノロジーのレースで、つまり通信タワーや関連するインフラというマーケットにおいて、Sweden の Ericsson とトップの座を争っている。

In the meantime, the gradual switch to 4G networks has boosted business at both players. Huawei said revenue at its carrier network business rose 15% last year.

その一方では、4G ネットワーク市場へと向けた段階的な移行が、この両社のビジネスを促進している。 Huawei によると、キャリア・ネットワーク事業において、昨年の売上が 15% も上昇しているという。

China’s three carriers alone built close to 1 million 4G towers by the end of 2014, according to some estimates.

いくつかの推測によると、2014年末までに、China のモバイル・キャリア三社(Terecom/Unicom/Mobile)だけで、100万ヶ所に 4G 通信タワーが構築されるという。

Chief financial officer Meng Wanzhou said Huawei’s 2014 operating profit margin likely matched 2013’s 12%, and that the company would continue to invest 10% of revenue in research and development.

Huawei の CFO である Meng Wanzhou によると、2014年における同社の営業利益率は、2013年の 12% と同じレベルになるという。 そして、同社は、そのうちの 10% を、今年も R&D に投入していくという。

Huawei executives in 2013 said the company would invest US$600mil (RM2.13bil) in 5G research through 2017. At the same time, the company will continue to pursue its multi-year expansion into smartphones and enterprise computing.

2013年の時点で Huawei 首脳陣は、5G テクノロジーの研究のために、2017年までに US$600mil を費やすと発言していた。それと同時に、同社は複数年にわたるスパンの中で、スマートフォンおよびエンタープライズ·コンピューティングのマーケットを拡大していくだろう。

Revenue last year rose 32% in Huawei’s consumer devices business and 27% in its enterprise division.

Huawei における昨年の売上は、コンシューマ・デバイス事業で 32% の成長を、また、エンタープライズ事業では 27% の成長を達成している。

— Reuters

ーーーーー

このポストは、マレーシアの The Star からのものであり、原文では通貨として RM が用いられていましたが、その部分を US$ で換算しています。 このトピックに関しては、Light Reading も「Huawei Boasts 2014 Revenues of $46B」という記事をポストしてますので、タイトルに記載した売上額に間違いはないと思います。Huawei の規模を把握するために、2014年 Q3 の Google と比較してみましたが、その四半期は $16.6B であり、単純に4倍すると $60B 程度になります。また、Microsoft は 2014年 7月期で、$86.8B という年間売上を計上しています。 この二社と比較するだけで、Huawei の規模が見えてきます。 Agile Cat も、これには驚きました。

ーーーーー

<関連>

China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転
2015年のデバイス市場:中国の $1.8Bに対して、インドは $4.8Bの成長だ!

%d bloggers like this: