Agile Cat — in the cloud

iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 30, 2014

Walmart Offers iPhone 5C for Just 97 Cents
http://wp.me/pwo1E-7Nv

Marco Foronda  – Aug 22, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/7589/20140822/walmart-apple-inc-iphone-5c-iphone-5s-iphone-price-drop-tech-gadget-smartphone-ios-phone.htm

Walmart has drastically slashed its price tag for the iPhone 5C and 5S. The retail store’s move prepares it for the upcoming debut of iPhone 6 in September by getting rid of as many of the old iPhone models as fast as it can.

Walmart における iPhone 5C/5S の値下げが、大幅なものになっている。このリテーラーは、古い iPhone を可能な限り早く処分することで、9月に登場してくる iPhone 6 に対して、準備を整えようとしている。

iPhone 5C

Walmart cut the price of iPhone 5S (16 GB) from US$99 to just US$79. Its colorful lineup iPhone 5C (16 GB and in any color) has been cut from US$29 to just US$.97 cents. This very cheap offer of Walmart for iPhone 5S and iPhone 5C, however, comes with a two-year contract from Verizon, U.S. Cellular, AT&T and Sprint.

Walmart は、 iPhone 5S (16 GB) については、US$99 から US$79 に値下げし、カラフルな iPhone 5C (16 GB) についてはUS$29 から US$0.97 に引き下げている。 この、Walmart による iPhone 5S と iPhone 5C のオファーは激安だが、Verizon/U.S. Cellular/AT&T/Sprint などの二年縛りがついてくる。

The price cut is only good in stores and not for online purchases. Customers can also avail of an unlocked and contract-free iPhone 5C which costs US$549 directly from Apple, Inc.

なお、このバーゲンはリアル店舗のみで展開されており、オンラインでの購入には適用されていない。 もちろん、キャリア縛りのないアンロック iPhone 5C を Apple から購入できるが、こちらは US$549 になる。

Electronic and gadget stores are slashing their prices for existing iPhone stocks before the rumored arrival of the new model this September. Walmart’s price drop also confirm about rumors regarding the release date of the iPhone 6.

いくつかの家電/ガジェット・ストアでは、新しい iPhone が 9月に登場するというウワサが出まわる前から、このような値下げ販売が行われている。 そして、この Walmart の再値下げは、iPhone 6 について囁かれているリリース日を、裏付けするものとなる。

Price drops on Apple products are rare because the company limits how it retail partners can price its products. Walmart is the only retail store that can sell Apple products below Apple’s manufacturer suggested retail price (MSRP).

リテーラーの値付けが制約されているため、このような、Apple 製品に関する値下げは珍しいことでもある。そして、Walmart だけが、Apple の MSRP(manufacturer suggested retail price)を下回る値付けを許さてている。

Meanwhile, Apple fans are really excited about the launch of the iPhone 6 that is rumored to have a reversible USB Lightning cable, an almost unbreakable sapphire glass display and two larger screen versions, 4.7-inch and 5.5-inch.

その一方で、Apple ファンたちは、iPhone 6 のローンチを心待ちにしている。 リバーシブル USB Lightning ケーブルや、強固なサファイヤ・ガラス、4.7-inch と 5.5-inch の大型スクリーンが、サポートされるというウワサである。

ーーーーー

文中にもあるように、このような形での、iPhone の在庫処分というのは珍しいですね。 売れ残りがあるということは、Apple というブランドにとって好ましくないので、可能であれば買い戻してしまい、中国などで販売したほうが良いのでしょうが、LTE の方式が違うので、それも不可能であり、、、という感じなのでしょう。 それにしても、iPhone 6 は、これまでの価格帯を踏襲するのでしょうか? それとも、引き下げへと向かうのでしょうか? そして、Apple が最重視する交渉相手は、これまでどおり Verizon/AT&T なのでしょうか? それとも、7億人サブスクライバーの、China Mobile なのでしょうか? Agile_Cat 的には、iPhone 6 のスペックよりも、ビジネス・モデルの変化に興味シンシンです。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on August 23, 2014

The iPhone 6 Could Give Apple Yet Another Record-Breaking Sales Weekend
http://wp.me/pwo1E-7Mg

Dave Smith – Aug. 20, 2014
http://www.businessinsider.com/the-iphone-6-could-give-apple-yet-another-record-breaking-sales-weekend-2014-8

_ Business Insider

The iPhone has consistently topped itself each year, posting record-breaking sales weekends for each of the past four major launches. As for this year, which should see Apple debut at least one new large-screened iPhone, RBC Capital Markets analyst Amit Daryanani says (via Electronista) Apple could easily sell 10 million iPhone 6 units in its debut weekend alone.

iPhone だが、これまでの大規模な 4回のローンチにおいて、それらが発売された週末の販売記録を更新し続けている。そして、今年は、大型スクリーンを持つ iPhone を、少なくとも1種類は見ることになるはずだが、RBC Capital Markets のアナリストである Amit Daryanani は、iPhone 6 がデビューする週末だけで、Apple は 1000万台を容易に売りさばくだろうと、Electronista を介して述べている。

_  space

Statista

Last year’s iPhone launch saw 9 million units sold in the opening weekend, but Apple had two different iPhone models to sell last year as opposed to one. With Apple’s stock reaching an all-time high this week, it seems reasonable to predict 10 million iPhone 6 units sold in the opening weekend, but that’s more likely to happen if Apple releases two different iPhone models like it did last year. Apple is expected to debut a 4.7-inch iPhone 6; there have also been rumors of a larger 5.5-inch iPhone, but various reports have said that phone’s launch may be delayed due to production issues.

昨年における iPhone のローンチは、発売後の週末だけで 900万台という数字を示していたが、いつもの年とは異なり、二種類の iPhone モデルが存在していた。そして、今年だが、Apple の今週の株価が、最高値を更新し続けていることからして、iPhone 6 がローンチする週末で、1000万台の販売量を予測することは合理的に思える。 ただし、昨年のように二種類の iPhone モデルがリリースされるなら、その数はさらに伸びるだろう。 Apple は、4.7-inch の iPhone 6 をデビューさせるようだが、より大きな 5.5-inch iPhone のウワサもある。しかし、この大型 iPhone の出荷は、生産ラインの問題で遅れるだろうと、さまざまなレポートが述べている。

ーーーーー

いよいよ発売ですね。 昨年の「iPhone 5S/5C の週末 : ワールドワイドで 900万台を販売」という記事を調べたら、中国での販売量が最初から加算されるようになったのが、2013年だと記載されていました。 つまり、2012年の iPhone 5 のときまでは、Chine Mobile が正式に対応していなかった、ということになります。 そして、中国での販路が確立してからの iPhone は、同国内だけで日本の 2倍以上の売上額を達成するに至っています。しばらくは、Apple と China Mobile の蜜月が続きそうな感じですね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい
IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Posted in Apple, Asia, Government, Telecom by Agile Cat on August 15, 2014

Apple moves data storage onto Chinese soil through China Telecom deal
http://wp.me/pwo1E-7La

Friday August 15, 2014 MYT 7:31:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/15/Apple-moves-data-storage-onto-Chinese-soil-through-China-Telecom-deal/

_Star Online

BEIJING: Apple Inc has begun storing personal data for some Chinese users on servers provided by China Telecom, marking the first time that the company has stored user data on mainland Chinese soil.

BEIJING: Apple だが、China Telecom が提供するサーバー上に、中国人ユーザーのパーソナル・データを部分的にストアし始めている。つまり、自社ユーザーのデータを、中国本土のファシリティにストアするという、これまでにはなかった動きを示し始めている。

Apple attributed the move to an effort to improve the speed and reliability of its service. It also represents a departure from the policies of some technology companies, notably Google Inc, which has long refused to build data centres in China due to censorship and privacy concerns.

Apple は、この転換について、同社のサービスにおけるスピードと信頼性を、向上させるための取り組みだとしている。しかし、それは、Google などに代表されるテック・カンパニーが護ってきた、ポリシーからの逸脱を示すものとなる。それらの企業は、北京政府による検閲やプライバシー侵害という懸念から、長年にわたって、中国国内にデータセンターを構築することを拒否してきたのだ。

All data stored with China Telecom, as with all data centre providers worldwide, will be encrypted, Apple said in a statement on Friday.

China Telecom によりストアされる全データは、グローバルに展開されるデータセンター·プロバイダーを利用するときと同様に、(私たちの手で)暗号化されていると、Apple は金曜日(8/15)にステートメントを発している。

"Apple takes user security and privacy very seriously," it said. "We have added China Telecom to our list of data centre providers to increase bandwidth and improve performance for our customers in mainland china. All data stored with our providers is encrypted. China Telecom does not have access to the content.” A spokesman for China Telecom declined to comment.

「 Apple は、きわめて真剣に、ユーザーのセキュリティとプライバシーのことを考えている。 私たちのデータセンター・プロバイダーのリストに China Telecom を加えたのは、中国本土の顧客に対して充分な帯域幅を提供し、そのパフォーマンスを改善するためである。私たちが契約するプロバイダーによりストアされる、すべてのデータは暗号化されている。 つまり、その内容に対して、China Telecom はアクセスできない」と、同社は述べている。その一方で、China Telecom のスポークスマンは、コメントを拒否している。

Technology companies seek to position data centres as close to their customers as possible because smaller physical distances mean faster service speeds. — Reuters

テック・カンパニーたちは、サービス提供における高速化を図るため、可能な限り顧客に近いロケーションにデータセンターを配置し、その伝送距離を縮めようとしている。 — Reuters

ーーーーー

まず、中国市場における Apple の立場ですが、iPhone に関しては China Mobile と契約を結び、中国独自の TD-LTE に対応するカスタム・デバイスを提供しているという状況にあります。 そして、中国の Big-3 キャリアである、China Mobile/China Telecom/China Unicom は、いずれも国有企業であり、いろいろな意味で相互補完している関係にあると言えるでしょう。 Apple は、ユーザーの利便性だけを考えてと発言していますが、そんなに簡単な話ではないはずです。 Google が中国本土から撤退したときに、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、とても興味深い記事を Wired が書いています。よろしければ、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on August 8, 2014

CHART OF THE DAY: Android Surpasses iOS In One Key Area For The First Time
http://wp.me/pwo1E-7JK

Dave Smith – Aug. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-android-surpasses-ios-in-one-key-area-for-the-first-time-2014-8

_ Business Insider

Apple CEO Tim Cook used to make fun of how nobody uses Android tablets — but no longer. According to the latest data from Net Applications, which was charted for us by Statista, Android devices are now used to surf the web more than iOS devices for the first time ever.

以前から Apple の CEO である Tim Cook は、Android タブレットは買われても使われないと揶揄していたが、もう、そんなことも言えなくなる。 Statista がチャートにしてくれた、Net Applications の最新データによると、Web サーフィンに使われるデバイスとして、ついに Android iOS を上回った。 そして、それは、歴史上で初めてのことなのである。

_  space

Statista

What’s crazy is how Apple’s market share of mobile web usage almost doubled Android’s less than a year ago, when iPhones and iPads accounted for nearly 54% of mobile traffic and Android devices counted for only about 29%. Now, Android has closed the gap with Apple and even has a slight advantage over iOS, with 44.62% market share compared to 44.19% for iOS.

わずか1年前には、モバイル Web で利用される Apple のシェアは、Android の2倍もあったのだ。具体的に言うと、iPhone と iPad のモバイル・トラフィックは 54% もあったのに、Android デバイスの方は 29% に過ぎなかった。 どちらも数字も、おおまかなものではあるが、この1年間に起こったことは、まさにクレージーなものとなる。つまり、Android は Apple とのギャップを削り取り、この指標において優位に立ったのだ。 いまでは、iOS の 44.19% に対して、Android は 44.62% というマーケット・シェアを得るに至っている。

ーーーーー

 いつも、Agile_Cat が参照している StatCounter のチャートでは、だいぶ前から、こうした現象が訪れていると示されています。 したがって、この Statista のチャートにも、それほど驚くことはありませんでしたが、4月以降の動きが加速しているところが気になります。 販売されるデバイスの量からして、Android が iOS を上回るというのは、当たり前の結果だと思います。次の興味は、いつ頃になったら、Android と iOS の合計が、世界のトラフィック・チャンピオンである Windows 7 を追い抜くのか、というところに移ってきました。 なお、途上国のマーケットで、爆発な成長を見せる Android と比較すると、iOS に勢いがないように見えてしまいますが、PC を含めた全体的なマーケットでは、着々とトラフィック・シェアを伸ばしているのです。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?

Posted in .Selected, Apple, Asia, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on August 5, 2014

Apple’s iPhone 6 Faces A Big Pricing Problem Around The World
http://wp.me/pwo1E-7IX
Jim Edwards – Jul. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/android-and-iphone-market-share-and-the-iphone-6-2014-7

_ Business Insider

Nearly 90% of people in Brazil have Android phones, and almost none of them have Apple’s iPhones, according to Kantar. That astonishing statistic, and the equally dramatic news that Android has more than 75% of smartphone market share in Argentina, Brazil, and Mexico, gives you an idea of the headwinds facing Apple’s new iPhone 6 when it launches in September.

Kanter によるとBrazil では約 90% の人々が Android Phone を使い、また、それらの人々の大半が  Apple iPhone を所有していない。 この、驚くべき統計値は、Argentina/Brazil/Mexico のスマートフォン市場で、Android が 75% 以上をシェアを得ているのと、同じレベルで衝撃的なニュースとなっている。つまり、この 9月に Apple が、新しい iPhone 6 を立ち上げるときに、逆風に直面するだろうという考えが、あなたの脳裏をよぎるだろう。

Mario Tama
Getty Images

Fans went crazy at the first Apple Store in Brazil earlier this year — but can enough Brazilians afford iPhones?

These are modern economies with millions of phone users but they also have huge numbers of poor consumers. Few of them will be able to afford the iPhone 6.

いまの経済は、無数のスマートフォン・ユーザーに支えられているが、その大半が貧しい状況に置かれている。 その一方で、余裕で iPhone を購入できるユーザーはというと、ごく僅かなのである。

Kantar

Android market share in Argentina, Brazil, and Mexico.

Yet, Apple is about to go to war with an iPhone 6 that will likely cost nearly $700 per unit. It will be competing in markets where a slew of $100 and $200 large-format Androids are about to be launched.

そして Apple は、ユニットあたり $700 程度の価格になる、iPhone 6 を手にして勝負しようとしている。つまり、$100〜$200 で大型ディスプレイを持ち、人々を喜ばせている Android が待ち受けるマーケットで、Apple は戦うことになるのだ。

The Kantar numbers suggest that even Microsoft’s Windows phones actually have a greater market share than Apple’s iOS mobile devices in some Latin American countries. eMarketer has slightly different numbers, but even then it’s clear that no matter how you measure it the stats show iOS is an also-ran mobile operating system in many modern but still developing economies. In Spain, for instance, Android’s market share declined from 93% to 87% mostly because it lost share to Windows, not Apple.

この Kanter の見積は、いくつかの Latin American 諸国においては、実際のところ Microsoft の Windows Phone の方が、Apple の iOS モバイル・デバイスよりも、大きなマーケット・市場シェアを持っていると、示唆している。eMarketer の推測は、わずかに異なっているが、それでも明らかなのは、統計を取るための測定方式には関係なく、モバイル・オペレーティング・システムとして iOS を走らせるデバイスは、近代的な国家には受け入れられても、発展途上国に入り込めない状況である。実際に、Spain のマーケットでは、Android のマーケット・シェアが 93% から 87% に減少しているが、その要因は Windows であり、Apple ではない。

This is important because as more and more of the world comes online via mobile, all the growth is going to be in poor countries. Apple doesn’t even have distribution in some of these countries. It only just opened its first store in Brazil last year.

この世界がモバイルを介して、次々とインターネットに接続されるという観点で、すべての成長が POOR な国々に依存しているところが、きわめて重要である。 さらに Apple は、それらの国々で、十分な供給体制を整えているとは言えない。 昨年に、初めてのストアが Brazil に登場したが、それが唯一の事例である。

The term "poor" here is being used in the relative, macroeconomic sense as a contrast to the "rich" countries of North America and Western Europe. To put this in perspective, per capita income in the U.S. is about $47,000 annually. In India it’s $3,560, according to the World Bank. That is significant because an iPhone in the U.S. costs $700. iPhones are nearly $1,200 in Brazil and more expensive than the U.S. in every other country where they are sold. In the U.S., you can save your wages for a couple of weeks and buy a new iPhone. In Brazil or India, you’ll have to save more than a month of your wages.

なお、ここで使う POOR をいう言葉は、マクロ経済における相対的な意味でのものであり、その対極には、北米と西欧の RICH な国々が存在する。この視点で、World Bank からのデータを比較すると、US における1人当たりの収入は $47000/年であるが、India では $3560/年となる。US では iPhone が $700で販売されているが、Brazil では $1200 ほどになってしまうように、すべての国々で US より高価なものになっている。つまり、US では、数週分の蓄財で新しい iPhone を購入できるが、Brazil や India では、1ヶ月分の賃金でも足りないのだ。

BII

If you’re an Apple user, you can say one good thing about Android: It sure helped bring down the average selling price of an iPhone, if only briefly. Average iPhone prices have gone beneath $550 since Apple began selling the iPhone 4 and iPhone 4S as entry-level models at discount prices in places like India.

あなたが Apple ユーザーであるにしても、1つだけ Android に感謝すべきことがある。簡単に言うと、iPhone の平均的な販売価格を、引き下げるという効果をもたらしているのだ。 たとえば India などで Apple が、低価格のエントリー・モデルとしての iPhone 4 および iPhone 4S を販売し始めてから、iPhone の平均価格は $550 を下回るようになった

Arguably, the iPhone 4 range is Apple’s competitor to cheaper Androids: It’s the iPhone you can get if you want to pay $0 down and walk out of the store with an Apple.

おそらく、iPhone 4 の価格帯を引き下げることで、ライバルである Android に対抗するつもりなのだろう。キャリアとの契約を抱き合わせるなら、$0 の値札の iPhone を、Apple Store から持って帰れるのだ。

But now there are questions about that strategy, too. Those iPhone 4 models will be going up against the new Android One, Google’s bare-bones Android for India, which will cost $100.

しかし、いまとなっては、その戦略にも疑問が生じてきた。それらの iPhone 4 モデルは、新たに登場する Android One と戦わざるを得ない。 この、Google が India に供給する Android ベアボーンは、そのコストが $100 に抑えられている。

Areppim

Mobile operating system market share for South America.

There are a range of Chinese companies undercutting the bottom of the market with cheap Android copies of Samsung phones. Many of them, particularly Android One, are likely to be much better value for money than an iPhone 4 or — if you’re poor and every penny counts — an iPhone 6. The cheap, modern Androids have big screens and the same apps and features as the older iPhones.

Samsung Android をコピーするかのように、China 系の企業が、このマーケットの下限をさらに引き下げている。それらのプロダクトの大半は、さらに言えば Android One は、iPhone 4 よりも費用対効果が高いだろう。あなたが POOR であり、節約しなければならないなら、iPhone 6 よりも価値が有るだろう。それらの、最新の Android は安価なだけではなく、大型のスクリーンを持ち、従来からの iPhone と同じレベルの、機能やアプリを提供しているのだ。

Apple’s strategy is not to care about the bottom of the market. Apple has always wanted to dominate only the most profitable, high-end section of the market where all the profits are.

Apple のストラテジーは、マーケットの底辺のことを気にかけていない。 常に Apple は、最も収益性の高いハイ・エンド市場を支配したがり、また、すべての利益を、そこから得てきた。

The strategy appears to be working, for now. Samsung may get hurt most in the short-run — why bother with an expensive Samsung Android when a cheap Xiaomi Android will do? But a cheaper, better Android would be more of a threat to Apple than Samsung is now.

このストラテジーは、いまのところ、上手く機能しているように見える。しかし、安価な Xiaomi Android が登場すると、高価な Samsung Android が食われてしまうので、短期的に見ると Samsung に大きな影響が生じるだろう。しかし、安価で有能な Android は、いまの Samsung にとってというより、将来の Apple にとって大きな脅威になるだろう。

What is the point of a mobile platform that only 20% of the world uses? Most developers want their apps exposed to as many people as possible, not a select few. And why would you want a tiny old 3.5-inch iPhone 4 when you can get a 5-inch Android for the same price?

世界の 20% だけが使用する、モバイル・プラットフォームの、どこに魅力があるのだろう? ほとんどのデベロッパーは、自分のアプリを少数の人々にではなく、より多くの人々に提供したいと考えるだろう。そして、同じ価格で、5-inch の Android を得ることができるのに、3.5-inch の古い iPhone 4 を欲しがる理由は、いったい何処にあるのだろう?

That is why it would not be a surprise to see the iPhone 5C get offered at a further discount once iPhone 6 launches. Its screen is larger than the iPhone 4 series, and it’s still a pretty good phone. But it probably won’t fall as far as $100 for most buyers — and that is where it will be interesting to see how Apple responds.

iPhone 6 が立ち上がれば、iPhone 5C が大幅にディスカウントされるだろうが、それほどの驚きでもない。iPhone 5C のスクリーンは、iPhone 4 シリーズよりも大きく、また、機能も優れている。しかし、多くの買い手が望んでいる $100 のレンジまで、その価格は引き下がらないだろう。 そこが、Apple の対応を見る上で、最も興味深いところである。

•  You’re Delusional If You Think The Price Of The iPhone 6 Won’t Be Crucial To Its Success

•  Proof That Android Really Is For The Poor

•  I Ditched My iPhone For A Samsung Galaxy S5 And Was Blown Away By What I Was Missing With Apple

ーーーーー

いまの、大きな利益を確保しながら、iPhone の価格戦略を大転換するのは、ほとんど不可能なことなのでしょう。 しかし、中長期的に見て、iPhone が世界の国々に浸透していく状況を願うのであれば、何らかの方針転換が Apple には必要です。 なんというか、一挙に広がり始めたマーケットに、Apple は付いて行けてないという感じがしてしまいます。 世界で一番のお金持ちなのですから、多少の赤字などは気にしないで、$100 iPhone 5C をばらまいて欲しいですね。 Agile_Cat は、緑色のやつが欲しいです :) 

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/6月
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
スマートフォン戦争は終結した: そして勝ったのはユーザーである

iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Post-PC, Research by Agile Cat on August 3, 2014

The App Market Continues To Boom
http://wp.me/pwo1E-7Ix

Jay Yarow – May 28, 2014
http://www.businessinsider.com/the-app-market-continues-to-boom-2014-5

_ Business Insider

The market for apps is booming. According to the latest data from Distimo, via Ben Schachter at Macquarie Research, combined spending in Apple’s App Store and Google’s Play store, was up 83% year-over-year in April, hitting $1.4 billion.

アプリのマーケットは、依然として好調を維持している。 Macquarie Research の Ben Schachter を介して Distimo が提供する最新データによると、この 4月における Apple の App Store と Google Play の合計売上は、前年比で 83% の成長となり、$1.4 Billion に達しているという。

Chart via Statista

Statista
BusinessInsider

Right now, Apple takes 62% of the revenue, and Google takes 38%. However, Google is growing faster, up 166% year-over-year, versus Apple at 53%. This is a trend to watch. For years, Apple has been the best platform for developers despite a smaller user base. If this trend holds, then it will be even, which could hurt Apple’s app supremacy.

現時点において、Apple は売上が 62% となり、Google は 38% となっている。しかし、成長率となると、Google は前年比で 166% に達しており、Apple の 53% よりも勢いがある。これは、注目すべきトレンドである。この数年において、Apple はユーザー・ベースが小さいにもかかわらず、デベロッパーにとって最適なプラットフォームとされてきた。つまり、いまの傾向が継続していくなら、Apple のためのアプリ開発は最高だという通説が、覆される可能性もあるのだ。

ーーーーー

 この調子で伸び続けているなら、7月には $1.5 billion くらいに達しているのでしょうね。 $1=100円 で計算すると 1,500億円ですから、年間で考えれば、2兆円産業に育っている計算になります。 モバイルが流行りだしたころは、1本あたり 200円とか 300円のソフトウェアで、ほんとうに産業は成り立つのかと思っていましたが、そんな心配は余計なことだったようですね :)  そして、ここには中国勢が入っていないので、それらを加えると、さらに凄まじい成長を遂げていることになります。 さらに言えば、モバイル広告も絶好調であり、アップ・ストアの売上と並んで、エコシステムを成長させる原動力になっているのです。調べてみたら、最初の iPhone が登場してから、まだ 7年しか経っていないのです。 その頃は、アプリもアドもゼロだったわけですから、世界が一変したと言っても、過言ではないのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し

Posted in Apple, Post-PC, Weekend by Agile Cat on August 2, 2014

Why One Professional Photographer Ditched Her Camera To Shoot Full-Time With An iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ii

Caroline Moss – Jul. 13, 2014
http://www.businessinsider.com/kat-sloma-iphone-artist-2014-7

_ Business Insider

18 months ago, Kat Sloma made a decision: She would start only be using her iPhone to take photographs and make art.

Kat Sloma は、18ヶ月前に、ある決断を下した。 彼女は、写真の撮影とアートの作成に、iPhone だけを使おうと決めたのだ。

Google +

Sloma, an artist based in Oregon, has been using a 35mm camera for over ten years, including the two years her family lived in Milan, Italy. But she never wanted to learn Photoshop, and after awhile felt her art was hitting a roadblock.

Sloma は、Oregon をベースにするアーティストであり、家族と共に Milan, Italy に住んでいた 2年間を含めて、35mm カメラを 10年以上にわたって使用し続けていた。しかし、彼女は Photoshop をを学ぶことを嫌い、そのことが、アートの作成にとって壁のような存在になっていった。

That’s when a friend gifted her with a used iPod touch in 2011, reports The Statesmen Journal, and introduced her to photo apps like Instagram and Snapseed.

The Statesmen Journal のレポートによると、2011年に友人から中古の iPod touch がプレゼントされたとき、Instagram や Snapseed といったフォト・アプリを、彼女は知ることになる。

Sloma said she was hooked, and decided to purchase an iPhone — just for the camera.

そして、それらに夢中になった Sloma は、カメラとして iPhone を購入することに決めた、と発言している。

It was then that she realized she could be much more creative with her work, thanks to the dozens and dozens of photo apps she could download. Now she only shoots with an iPhone, and edits the photos she takes with her collection of apps on an iPad.

それ以来、彼女の才能は開花し、よりクリエイティブな作品を生み出し始めた。 それは、ダウンロードが可能な、数十種類のフォト・アプリのおかげでもある。いまの彼女は、iPhone を撮影だけに利用し、iPad 用のアプリを用いて編集し、その結果をコレクションとしている。

Here’s one of Sloma’s pieces:

Kat Sloma

"There’s a very different experience for me processing photos while sitting at a computer with a mouse than sitting with a phone or a tablet in a comfortable space," she told The Statesmen Journal. "Using my finger or a stylus has that tactile interaction like drawing or painting more so than sitting at a computer.”

「 コンピュータの前に座ってマウスを操作するのではなく、快適な空間でフォンやタブレットを触りながら、写真を処理していくことは、私にとって別次元の経験であった。 指やスタイラスによる感覚的なインタラクションは、コンピュータの操作というより、絵を描くことに似ている」と、彼女は The Statesmen Journal に語っている

Her photography business, Kat Eye Studios, now teaches courses and workshops on iPhone photography and editing, like a "Smartphone Art" class. All attendees need is an iPad or iPhone.

Kat Eye Studios における彼女のフォト・ビジネスは、iPhone による写真の撮影と編集のコースおよび、ワークショップで教えるものとなっており、Smartphone Art クラスという感じになっている。 もちろん、すべての参加者は、iPad や iPhone を持っていなければならない。

Kat Sloma

The judges at the annual Salem Arts Festival named her one of two emerging artists this year and Sloma says she’s not surprised that fellow photographers are more accepting of art created with new technology. She receives the most resistance from painters.

毎年恒例の Salem Arts Festival の審査員たちは、今年の新進アーティストの 1人として、彼女を選んだ。そして、Sloma は、彼女はフォトグラファー仲間が、より新しいテクノロジーで作成されたアートを受け入れていることに、驚きは感じないと言っている。しかし、大半の画家からは、反感を買っているようだ。

"They think it’s easy. They don’t understand that I’ve gone through hours and hours of work to learn how to compose an image.”

「画家たちは、それが安易なことだと思っている。 つまり、私がイメージを構成するために学んできた、膨大な時間について、何も理解していないのです」と、彼女は付け加えている。

このリンク先、ステキです: You can see more of Sloma’s work here.

ーーーーー

初めて Instagram を触ったとき、アーティストの道具立てが変わるだろうという、漠然とした感覚が頭をよぎりました。 たとえば、被写体の側に主権がある、高級車やブランド品の写真には、これまで通りに Photoshop が利用され、商品を魅力的に見せるための、つまりマーケティングを成功させるための作業が、繰り返されていくでしょう。 しかし、 撮る側に主権のあるアートの世界では、もはや Photoshop なんて無用の長物です。そして、新しいツールが、アートのカテゴリも変えていくのでしょう。 絵具や 画材や カメラや Photoshop という、商品経済の上に成り立っていたアートの世界を、Post-PC デバイスとクラウド・サービスが、新しいものに置き換えようとしているのです。とても興味深いトレンドですね。

ーーーーー

<関連>

告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz
FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数でも競い合う スター・プレイヤーたち
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!
Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・
S.F. の Apple Store が建て替えられる:新しい場所は Union Square だ!

%d bloggers like this: