Agile Cat — in the cloud

ルーブル危機を受けて、ロシアの Apple App Store が止まってしまったようだ

Posted in Apple, Post-PC, Weekend by Agile Cat on December 20, 2014

Apple shuts down sales at its Russian online store after ruble value dives
http://wp.me/pwo1E-86v
December 16, 2014 – Mark Sullivan
http://venturebeat.com/2014/12/16/apple-shuts-down-sales-at-its-russian-online-store-after-ruble-value-dives/

_ VB

Apple turned off sales at its Russian online store due to a sharp fall in the value of the ruble, the company said Tuesday.

ルーブルの急落を受けて、Apple の Russia オンライン・ストアでの販売が停止されたと、この火曜日 (12/16) に同社が発表した。

“Our online store in Russia is currently unavailable while we review pricing,” said Apple spokesman Alan Hely in a statement to Bloomberg. “We apologize to customers for any inconvenience.”

「価格設定の見直しが行われている間、当社の Russia オンライン・ストアは使用できない。顧客に迷惑をかける事になり、申し訳ない」と、Apple のスポークスマンである Alan Hely が Bloomberg で述べている

Image Credit
Eric Blattberg
VentureBeat

The ruble lost 19 percent of its value today, even after the Russian government instituted an interest rate increase to stop the run on the currency. The ruble sank beyond 80 per dollar, and investors began rapidly selling off stocks and bonds.

Russia 政府が通貨危機を止めるために、金利の引き上げを定めたが、現時点で ルーブルは 19% も価値を下げている。現に、対ドル・レートで 80 ルーブルを超えており、投資家たちは株式や債券を、急いで処分している状況にある。

Apple has been adjusting the prices of its products on the site to deal with the ruble valuation shifts. It recently raised the price of the iPhone 6 by 25 percent to account for the change. But the company apparently feels the instability is too great to continue using price adjustments as a remedy.

Apple は、ルーブルの下落に対処するために、同社のサイトにおけるプロダクトの価格を調整している。その変更により、最近では Phone 6 の価格が 25% ほど引き上げられている。しかし、同社は、ルーブルの変動幅が大きすぎるため、対策としての価格調整を継続していく必要があると捉えている。

Apple has said in previous quarterly earnings reports that the strong value of the dollar is creating “headwinds” for the value of its sales overseas. The decline in the value of the ruble only compounded the problem for Apple today.

Apple は、前回の四半期決算レポートの中で、ドル高による逆風が、海外での販売に悪影響を与えていると述べている。ルーブルの価値の下落は、今日における Apple にとって、唯一の複合的な問題となっている。

ーーーーー

すでに iPhone 6 の価格変更は行われているが、膨大なタイトル数で構成されている App Store の調整は簡単ではない、、、ということなのでしょう。 ただし、Google Play については停止という話を聞きませんので、普通に動いているのでしょう。以前に、「そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって!」という抄訳をポストしましたが、クラシカルなセールス・モデルにおける弊害として、テリトリー/割当/手数料が挙げられています。 日本においても、US の Apple App Store からアプリが買えないという不便さがありますが、それも、まったく同じ問題に根ざしているはずです。 これを機に、Apple が方針を変えてくれたら良いなぁ〜〜〜 と思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 9, 2014

Facebook Is Seeing More And More App Developers Go Android-First
http://wp.me/pwo1E-85q
Jim Edwards – Nov. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-sees-android-first-app-developer-trend-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Facebook is seeing a trend in Europe of app developers going "Android-first."

Facebook は、ヨーロッパにおけるアプリ開発者の、Android-First へと移りゆく動向を注視している。

That’s significant because for years, Apple’s iOS operating system for iPhone and iPad has been the preferred first stop for any company launching an app. If an app succeeds on iOS, then only later will a company think about making a version for Android. Often months or years later, and sometimes never.

それが、大きな意味を持つのは、この数年にわたり iPhone と iPad で走る Apple の iOS が、あらたなアプリを立ち上げる、あらゆる企業が最初に取り組むプラットフォームとして、不動の地位を維持し続けてきたからである。そして、対象となるアプリ が iOS 上で成功した後にのみ、デベロッパーたちは Android バージョンを考えるというのが常である。多くの場合、それらのアプリの iOS 版と Android 版には、数ヶ月から数年の時間差があり、時には iOS のみというケースもあった。

Stephan Ridgway
Flickr, CC

That’s why Android apps tend to look and feel a bit second-rate compared to the same apps on iPhone — they often are just that. The iOS/Android split is weird because globally 80% of users are on the Android system, yet iOS and its roughly 10% of users are the top priority for developers.

そこに、Android アプリののルック&フィールが、同じアプリの iPhone の二番煎じになりやすい理由があるのだ。そして、実際に、そのようなケースが多々ある。グローバル・ユーザーの 80% が Android システムを利用している一方で、およそ 10% という iOS のシェアが、開発者にとってトップ・プライオリティになっている。 それなのに、iOS と Android のアプリを切り分けるのは、ちょっと奇妙な選択となる。

So it would be dramatic for companies to reverse that trend.

つまり、トレンドが逆転するという、ドラマティックな展開もあり得るのだ。

Yet that is what Facebook is seeing among some companies in Europe, according to Facebook’s Europe, Middle East, and Africa platform director, Julien Codorniou. Developers are beginning to sense that because more people are Android users than Apple users, they’re losing money by working on the smaller iOS platform first, he told Business Insider UK.

しかし、Facebook はヨーロッパにおいて、いくつかの企業の動きを見続けていると、同社の Europe, Middle East, and Africa Platform Director である Julien Codorniou は Business Insider UK に述べている。そして、デベロッパーたちは気付き始めているのだ。Apple ユーザーよりも Android ユーザーの方が多数を占め、また、最初に規模の小さい iOS プラットフォームに対応することで、ビジネス・チャンスを失っていることに。

Historically, Apple has been the preferred platform. Apple’s higher-income users are often more lucrative targets for app advertisers and in-app payments and shopping. It’s also simpler for developers to use, Apple has only one version of iOS running at any one time (the newest one) and the vast majority of Apple users keep their devices updated to the newest version. Android, by contrast, is "fragmented" into several different versions across hundreds of different phones — and all those versions are a headache for developers who must make a separate app tailored for each one.

歴史的にみて、Apple は好ましいプラットフォームだと捉えられている。 Apple のユーザーは高所得者に偏っているため、広告/アプリ/ショッピングを展開する際に、ビジネスのターゲットに成りやすいのである。その一方で、デベロッパーにとっても、取り組みやすい環境となっている。つまり Apple は、常に最新の iOS バージョンのみをプッシュし、大半の Apple ユーザーは最新バージョンにアップデートされたデバイスを手にしている。それとは対照的に、Android は各種のスマホ上の、各種のバージョンとして「断片化」されている。 そして、それらのバージョンごとの、個別アプリを開発する必要性が、デベロッパーにとって頭痛の種となる。

Julien Cordoniou: "People look at the numbers. They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android."

But Codorniou told us Facebook has a team of evangelists encouraging Android developers to use Facebook as a way to build and promote their apps: "As of today, I have four guys from my team in Paris talking to Android developers about the greatness of Parse, Facebook login, app links, app events. It’s a very important bet for us."

しかし、Codorniou が言うには、デベロッパーたちが自身のアプリを構築し、プロモートするための手段として Facebook を活用するよう、Android の開発環境を支援するためのエバンジェリスト・チームがあるようだ。そして、 「現時点において、4人で構成されるチームが Paris にある。そして、Parse/Facebook LogIn/App Link/App Event の素晴らしさを、Android デベロッパーたちに説明している。 それは、私たちにとって、きわめて重要な賭けである」と、私たちに語ってくれた。

Wait, Android developers? Android-first, really?

なぜ、Android デベロッパーなのか? ほんとうに、Android-First を考えているのだろうか?

"People look at the numbers," he says. "They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android. Of course iOS is the better platform when it comes to monetization, but it’s easier to update your app on Android. There are many people on an Android phone. … The world you described [in which Apple is dominant] was true a year ago, but I see that things are changing."

彼は、「 開発者たちは、数字に注目している。彼らは、数多くのダウンロードとインストールを望んでいる。そして、Android におけるマネタイズが、iOS を捕まえかけていることを知っている。もちろん、マネタイズに関しては、iOS の方が優れたプラットフォームであるが、Android アプリのアップデートも簡単になっているのだ。周知のとおり、Android フォンには、膨大なユーザー数がある。あなた方が、Apple が支配する世界と説明してきたことは、1年前には本当だったが、物事が変化していることを、私は目にしている」と述べている。

"The vision we have with Parse and with the platform in general is to accelerate the time to market. It should not take you six months to develop from iOS to Android."

そして、「Parse と汎用プラットフォームを活用する、私たちのビジョンにより、出荷までの時間が大幅に短縮される。 iOS から Android に切り替わったとしても、その開発のために、6ヶ月も要することなど、あり得ないはずだ」と、彼は続ける。

"There is a pattern coming from Eastern Europe. The Russian developers develop on Android first because of a big audience, and it maybe being easier to develop. They liked the fact that they could submit a new version of the app every day. [With Apple, you have to get each new version of the app approved before it hits the App Store. There is no version-approval system for Android.] This is a trend that I see and I think it is going to accelerate."

最後に、「 Eastern Europe で生まれた、開発のパターンがある。それは、Russian のデベロッパーたちの進め方であり、多数のユーザーがいる Android の優先順位を上げるが、おそらく容易な開発を実現している。彼らは、新しいバージョンのアプリを、毎日のようにサブミットできる状況を好んでいる。Apple の場合には、App Store に出す前に、それぞれのバージョンについて承認を得なければならない。 しかし、Android では、バージョンに関する承認の仕組みは存在しない。そこに、Android が加速している要因があると、私は見ている」と、彼は述べていた。

Do you work at an app developer that switched to go Android first? Contact Business Insider UK at jedwards@businessinsider.com to tell us your story.

ーーーーー

途上国マーケットを支援するための Internet.org を作り、貧しい人々のためにインターネット環境を整備しようとしている Facebook にとって、Android ファーストへの転換は、きわめて整合性の高い戦略となるはずです。 とは言え、Apple 自体に対してはまだしも、iOS エコシステムを構成するデベロッパーには、気遣うことになりそうですね。 また、Facebook の収益の 66% が、モバイル広告からもたらされていることを考えれば、いずれは Android ファーストになっていくのでしょう。 問題は、そのタイミングですが、いつ頃なのでしょうか? とても気になりますね。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% はモバイルから!
FB+WhatsApp+Instagram のユーザー数は、世界の 1/3 に相当する 22億人だ!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Instagram が史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している

iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく:それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on December 4, 2014

The iPhone 6 Is Killing The Need To Own An iPad
http://wp.me/pwo1E-84x
Jay Yarow – Nov. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/the-iphone-6-is-killing-the-need-to-own-an-ipad-2014-11

_ Business Insider

Pocket, a service that lets people save stories and videos to read/watch later, published data on how user habits are changing thanks to the bigger screens on the iPhone 6.

Pocket とは、ストーリーやビデオを保存した後に、参照や再生を可能にするサービスである。 そんな同社が発表したデータによると、iPhone 6 の大きなスクリーンが要因となり、人々の日常に変化が訪れているようだ。

The iPhone 6 has a 4.7-inch screen, and the iPhone 6 Plus has a 5.5-inch screen. The iPhone 5S has a 4-inch screen. The iPad Air has a 9.7-inch screen, and the iPad Mini has a 7.9-inch screen.

周知のとおり、iPhone 6 のスクリーンは 4.7 inch で、iPhone 6 Plus は 5.5 inch である。 そして、iPhone 5S は 4 inch のスクリーンを有する。 また、iPad Air のスクリーンは 9.7 inch であり、iPad Mini は 7.9 inch となる。

_  space

BII

As you can see in this chart, iPhone 5S users spent just under half of their time reading on the iPad versus the iPhone. But, once they got an iPhone 6, they only spent 28% of their time on the iPad. When they got an iPhone 6 Plus that dropped to just 20% of the time on the iPad.

このチャートは、iPhone と iPad の双方を所有しているユーザーを、調査した結果を示している。そこで確認できるのは、iPhone 5S ユーザーの場合だと、iPad の使用時間が半分弱に達しているという点である。しかし、iPhone 6 へ移行した途端に、iPad を使用する時間は 28% に下がり、さらに iPhone 6 Plus だと、わずか 20% というレベルまで低下する。

If this trend holds for other apps and services, it spells doom for the iPad. If someone only needs an iPad 20% of the time, Apple is not going to sell very many iPads.

もし、この傾向が、その他のアプリやサービスにも広がっているなら、悲運の iPad というシナリオが始まるだろう。 なぜなら、iPad に対するニーズが 20% だけに留まるなら、たくさんの iPad を販売しようとする、Apple の目論見が崩れるからだ。

ーーーーー

iPhone 5S/iPhone 6/iPhone 6 Plus のスクリーン・サイズに応じて、こんなに鮮やかに iPad の使用時間が変化するとは、ちょっとした驚きです。 デバイスのビジネスは難しいですね。 そして、Tablet shipments expected to decline 3.5% in 2015 というトピックにも見られるように、これは、Android にも共通する問題なのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Mobile の調査:厄介なエンタープライズを避けて、コンシューマへと流れる開発者
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査の結果
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びている

急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on November 28, 2014

CHART OF THE DAY: Samsung’s Mobile Market Share Is Tumbling
http://wp.me/pwo1E-83s
Dave Smith – Nov. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-samsungs-mobile-market-share-is-tumbling-2014-11

_ Business Insider

We’ve previously reported on the troubled state of Samsung’s mobile business, but the cheese became a little more binding on Monday with a report from The Wall Street Journal saying the South Korean company is considering replacing some of its top executives as a result of its cratering smartphone business.

先日のレポートでは、Samsung のモバイル・ビジネスが問題を抱えている状況を伝えたが、月曜日の Wall Street Journal によると、同社の体制に動きが見られるようだ。そして、この South Korean カンパニーは、スマートフォン事業における問題を解決するために、トップ人事の変更を検討していると述べている。

To get an idea of the pressure Samsung is facing in the mobile sphere, check out the company’s global smartphone market share. Based on IDC data charted for us by BI Intelligence, Samsung’s market share is getting eaten not only by Apple, representing the high-end smartphone market, but most notably from low-end phone makers in China including Lenovo, Huawei, and Xiaomi, which has come out of nowhere to become the biggest smartphone maker in China and the third-biggest in the world. (The "Other" section in this chart includes a bunch of smaller phone makers in India, Indonesia, and other big countries. But they’re all much smaller than HTC.)

モバイル分野で Samsung が直面しているプレッシャーを理解するためには、グローバル・スマートフォン市場における同社のシェアを確認する必要がある。IDC のデータから BI Intelligence が作成したチャートによると、Samsung のシェアは、ハイエンド・スマートフォンを代表する Apple にも攻めこまれているが、最も注目すべきは、Lenovo/Huawei/Xiaomi といった China ローエンド・スマホ・メーカーによる浸食である。とりわけ、この Xiaomi は、China で最大のスマホ・メーカーになっただけではなく、グローバル市場でも三番手に成長してきている。( なお、このチャートの Other のセクションには、India や Indonesia などのスマホ・メーカーが含まれているが、それらは、HTC よりもは遥かに小規模である)

Samsung’s mobile profits and revenue are both tumbling, but that only partially explains the shakeup. As for what Samsung should actually do about its mobile woes, Business Insider’s Jay Yarow has a far-out idea to save the company.

Samsung の モバイル事業は、売上と利益の両方で急降下している状況にあるが、その大改革といっても、部分的なものに留まるようだ。 Samsung が、モバイル事業を苦境が救うために実施すべき点については、Business Insider の Jay Yarow もアイデアを提供している。

SEE ALSO:  CHART OF THE DAY: Apple Has Nearly A Billion Payment Cards On File

ーーーーー

この Samsung の苦境は、単にシェアを減らすだけではなく、そのビジネスを縮小させるという深刻な状況にあるようです。 11/18 には China Topix が、「Samsung Reducing Smartphone Range By 30% In 2015」という記事をポストしていますが、アジアの途上国マーケットで戦っていくために、中国勢と同じレベルで価格競争していくという判断なのかもしれません。 おそらく、同じことは Sony にも言えることであり、ハイエンド・スマホというカテゴリーが、大きな転換期に差し掛かっているのかもしれません。

ーーーーー

<関連>

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
Samsung と Apple がシェアを落とす、2014 Q3 の スマホ 攻防戦
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Android の MAU が 11.5 億に近づいている:アドとアプリを分析する
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% がモバイルから!

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Mobile, Research by Agile Cat on November 20, 2014

Google’s Massive Android Platform Is Driving Billions Of Dollars In E-Commerce, Apps, And Advertising
http://wp.me/pwo1E-82g
Marcelo Ballve – Nov. 12, 2014
http://www.businessinsider.com/android-e-commerce-and-market-numbers-2014-11

_ Business Insider

Android is underappreciated as a commercial platform — as a revenue driver for the e-commerce, advertising, and software industries.

Android は、コマース/広告/ソフトウェアといった業界を加速させているが、商用のプラットフォームという観点では過小評価されている。

_  space

BI Intelligence

Android is much bigger than iOS.

実際のところ、Android の規模は、iOS よりも遥かに大きい。

Consider:

  • Android is crushing it as a driver of ad revenue. In this year’s second quarter, Android’s share of mobile ad traffic passed the share controlled by Apple’s iPhone and iPad devices. Android at 39% still lags iOS in ad revenue share, but it is gaining share twice as fast.
  • Android is exploding as an e-commerce driver. Android’s share of mobile commerce orders is up 26% year-over-year. Android devices now account for just over one-fifth of all mobile e-commerce orders in the US.
  • It’s also the fastest-growing major app ecosystem. Global revenue on Google Play more than doubled year-over-year in the first quarter of 2014. That’s faster growth than iOS, according to App Annie. Some analysts believe Google Play will overtake the Apple App Store in revenue within five years.
  • Android を広告収益という視点で見ると、依然として垢抜けない状況にある。今年の Q2 には、モバイル広告トラフィックにおける Android のシェアが、Apple の iPhone/iPad がリードしていたシェアを逆転した。しかし Android の広告収入は 39% というシェアであり、iOS に遅れているが、その二倍近いスピードでシェアを増やしている。
  • Android はインターネット・コマースを爆発的に加速させると期待されている。モバイル・コマースにおける Android のシェアは、前年比で 26% の増加を示している。 しかし、現時点のアメリカにおけるモバイル電子コマースにおいて、Android デバイスのシェアは僅か 1/5 を占めるに過ぎない。
  • Android は、大規模アプリ・エコシステムにおいて、最高のスピードで成長している。2014年 Q1 のグローバルにおける Google Play は、前年比で二倍の成長を達成している。App Annie によると、その成長のスピードは iOS を上回っているとのことだ。一部のアナリストは、Google Play は 5年以内に、収益面で Apple の App Store を追い越すと確信している。

In a new BI Intelligence report, we show how Android has translated its massive audience — an estimated 1.2 billion active users globally by the end of this year — into a solid platform for mobile-based businesses.

新しい BI Intelligence レポートでは、どのようにして Android における膨大なオーディエンスが(この年末までに、グローバルにおいて 1.2 billion に至るとされる MAUが)、モバイル・ベースのビジネスのための強固なプラットフォームに変換されるのかを解説している。

Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Today >>

ーーーーー

この(累計)チャートを見る限りでは、Android のアクティベーション数は 16億に届きそうなのに、マトメの部分では、今年の末で MAU は 12億と記述されています。つまり、古くなって使われていない Android デバイスが、すでに 4億台ほどあるということなのでしょう。 大ざっぱなところで、活きているデバイスは、出荷台数の 3/4 程度ということになりますが、これを iOS の 8億台(?)にも当てはめてみると、約 6億台の MAU になると推測できます。いずれにしろ、現時点では、飽和してしまった先進国ではなく、広大な伸びしろを残している途上国にフォーカスするという、Android の戦略が功を奏しているように思えます。昨日ですが、Samsung が 30% の価格引き下げを行うと発表(?)したようです。 また、インドでは、ASUS Zenfone 5 が、Budget Smart Phone Of The Year を受賞しました。富める国の人々も、貧しい国の人々も、同じサービスを利用し、同じ情報にアクセスできるところに、モバイル革命の意味があるのだろうと、最近は思うようになってきました。

ーーーーー

<関連>

2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している

Posted in .Chronicle, .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC, Strategy by Agile Cat on November 12, 2014

The cookie is dead. Here’s how Facebook, Google, and Apple are tracking you now
http://wp.me/pwo1E-80T
October 6, 2014 – Richard Byrne Reilly
http://venturebeat.com/2014/10/06/the-cookie-is-dead-heres-how-facebook-google-and-apple-are-tracking-you-now/

_ VB

The lifespan of the tracking cookie is about to expire. With the rapid emergence of mobile devices, the big three — Facebook, Google, and Apple — have turned to new and more potent methods for advertisers to keep track of you across multiple devices.

クッキーのトラッキングという手法だが、その寿命が尽きようとしている。モバイル・デバイスの急速な台頭により、Big-3 である Facebook/Google/Apple は、マルチ・デバイスを前提としてユーザーを追跡する、より新しく強力な手法を、広告主のために作りだそうとしている。

Image Credit
SVLuma
Shutterstock

The impending death of the cookie can be traced to the launch of the iPhone in 2007. Apple decided to disable cookie functionality in iPhones because it believed advertisers would be able to garner too much personal information as they tracked you across websites, according to Medialets chief executive Eric Litman. Third-party cookies still work on Google’s Chrome browser and the Android OS, but they don’t function effectively on a large number of smartphones and tablets produced by other companies. Also, because cookies can only track you while you’re using a browser — not a mobile app — they have very limited relevance on mobile devices.

クッキーに差し迫った死であるが、その発端は、2007年 の iPhone の発売まで遡ることになる。Medialets の CEO である Eric Litman によると、複数の Web サイトをまたいでユーザーを追跡するのは、あまりにも多くの個人情報を、広告主が集めすぎるという考えに基づき、Apple は iPhone のクッキー機能を無効にすることに決めたのだ。サードパーティのクッキーは、依然として Google の Chrome ブラウザおよび、Android OS 上で動作しているが、その他の企業が作成した多様なスマホやタブレットの上では効果的に機能していない。さらに言えば、クッキーはブラウザ上のみで有効であり、モバイル・アプリ上でのトラッキングができない。つまり、モバイル・デバイス上のクッキーは、きわめて限定された関連性を持つのみである。

Here’s how each of the big mobile players is trying to replace the cookie with its own brand of tracking.

それらのモバイル・ビッグ・プレイヤーたちが、自身のトラッキング手法を用いて、どのようにクッキーを置き換えようとしているのか、以下に示していく。

Facebook

For Menlo Park, Calif.-based Facebook, it all comes down to the billions of metric tons of highly personal metadata the company has amassed from its 1.3 billion users, such as shoe size, hair color, where your grandmother is buried, and where you went to school, for example.

Menlo Park, Calif. ベースの Facebook には、1.3 billion のユーザーから集まってくる、気の遠くなるほど膨大で、きわめてパーソナルなメタ・データが降り注いでいる。それらのデータには、靴のサイズや髪の色だけではなく、祖母の眠る墓地や、通っていた学校まで含まれる。

The social network relies on its SSO (Single Sign-On) to follow the movement of users. SSO allows you to use your Facebook credentials on third-party websites and apps. When you do this, Facebook is watching, following, and cataloging your destination points. This data drives, to a degree, what ads turn up on your Facebook news feed. Maybe you’ve noticed.

このソーシャル・ネットワークは、ユーザーの動きを追いかけるために、SSO(Single Sign On)という仕組みに依存している。SSO を利用するユーザーは、サードパーティの Webサイトやアプリに、自身の Facebook のクレデンシャルを適用することも可能だ。そのような操作が行われると、ユーザーのディスティネーションは、Facebook により参照/追跡され、さらにはカタログ化されることになる。このデータにより、ユーザーの Facebook のニュース・フィードにアップされる広告が、ある程度まで絞り込まれることになる。おそらく、誰もが、それに気づいている。

Facebook-owned apps, WhatsApp and Instagram, along with the company’s internally developed apps like Messenger and Paper, increase the data flow, though for now, these apps don’t yet feature ads.

Facebook は WhatsApp と Instagram を所有しており、Messenger や Paper といったアプリも内製している。それらが、データ・フローを増加させているが、現時点では、まだ広告を展開していない。

But this method only works within Facebook’s ecosystem. The company is looking to expand and recently unveiled a new version of the Atlas ad platform (which Facebook acquired from Microsoft last year) at Advertising Week in New York. The new platform is Facebook’s attempt to serve ads outside its existing ecosystem, on both desktop and mobile.

しかし、この手法は、Facebook エコシステム内だけで機能するものである。同社は、それを拡大していくが、先日に New York で開催された Advertising Week では、広告プラットフォームである Atlas の新バージョンを発表している(昨年に Microsoft から買収)。この新しいプラットフォームにより、Facebook は自身のエコシステムの外側で、デスクトップとモバイルの両方に広告を提供しようとしている。

Google

Like its Facebook friends just down the freeway, Google also relies heavily on its SSO. Logging into any of your Google accounts ties you to the entire Google network, which is massive.

Facebook のトモダチがフリーウェイを駆け下りてくるように、Google も自身の SSO に大きく依存している。つまり、ユーザーが Google の何処かにログインすると、その広大な Google ネットワーク全体と結び付けられることになる。

And then of course, Google has its Android mobile operating system, which assigns each user a Google Ad ID. Many of Google’s ad products — AdSense, AdMob, and DoubleClick — pull in your device’s ad identifier. Together with the information it already has from its many web properties, including YouTube, Gmail, Voice, and Search, the company can compile a dossier, as it were, of your digital history. The websites you visit tell Google plenty, and the information comes in handy no matter what device you’re using.

そして Google は Android モバイル OS を持っているため、そのプラットフォーム上の各ユーザーは、Google Ad ID を割り当てられることになる。そして、Google における多様なアド・プロダクトである、AdSense/AdMob/DoubleClick などが、ユーザー・デバイスの Ad ID を引き出していく。 YouTube/Gmail/Voice/Search といった、Web プロパティに取り込まれている情報を集約することで、ユーザーのデジタル・ヒストリーとも言える関連書類一式を、同社は容易に編纂することが可能となる。どのようなデバイスを利用していようと、ユーザーが訪問した Web サイトが、完全かつ使い易い情報として、Google に伝えられるようになる。

Apple

As for Apple, its tracking techniques are focused primarily on two things: your email address, which ties you to all of Apple’s services running on any iOS or OS X device, and your iTunes account, which gives Apple your credit card data and ties you most closely to its ecosystem.

Apple におけるトラッキング技術は、主として 2つの項目にフォーカスしている。1つはメール・アドレスであり、あらゆる iOS/OS X デバイス上で実行されている、すべての Apple サービスを結び付けている。もう1つは、iTunes アカウントであり、ユーザーのクレジットカード・データを Apple に提供させることで、そのエコシステムとの間で最も密接な関係を構築していく。

Your login identity is tied to your Apple “identifier for advertisers,” or IDFA. It’s a unique string of characters assigned to every user buying and using an iOS device. So when ads run on Apple’s advertising network iAd for example, Apple is able to determine who’s receiving the ad, and potentially to connect that back to everything that person did elsewhere in Apple’s system.

ユーザーのログイン ID は、Apple の IDFA(Identifier For Advertisers)と接続されている。それは、すべてのユーザーが購入/使用している iOS デバイスに割り当てられた、ユニークな文字のことである。したがって、Apple の広告ネットワークである iAd で、なんらかの広告が展開されるとき、Apple は広告を受け取ったユーザーを識別できる。そして、Apple システムの何処かで実施された、すべての事柄の履歴に対して、接続するという可能性も有する。

Fix it, or opt out

If that’s not enough, many big advertisers also rely on extremely detailed data from third parties like LiveRamp and Experian. LiveRamp, for instance, can deliver clients huge volumes of data about everyday online transactions with only a single email address. And these companies can tell whether an ad displayed to an online user led to a purchase at a store.

それでも不十分だという場合だが、大手広告主の大半は、LiveRamp や Experian といったサードパーティから、きわめて詳細なデータを取得するようになる。実際のところ LiveRamp の場合は、日々のオンライン・トランザクションの中から、単一の電子メール・アドレスと結び付けられる、膨大なデータをクライアントに提供できる。それらの企業は、オンラインでユーザーに示された広告が、現実の店舗における購入行動につながったのかどうかを、見分けることも可能にする。

“Google, Apple, and Microsoft, as the dominant operating system vendors, could easily fix this problem of cross-device user identification for advertising in a consistent, privacy-friendly way if they wanted to,” Litman said. “IDFA and Google AdID are steps in the right direction, and hopefully Apple and Google will continue to improve them and and create a standard that everyone can support.”

Litman は、「 OS を支配するベンダーとしての Google/Apple/Microsoft は、その必要性に応じたプライバシー・フレンドリーな方式で、広告のためのクロス・デバイス・ユーザーの識別という問題を、一貫性を保持しながら実現できるだろう。 IDFA と Google の Ad ID は、正しい方向への踏み出している。 それらを、Apple と Google が改善することで、誰もがサポートできるスタンダードが、うまく構築されることを願っている」と述べている。

But it’s also crucial to remember that, whether you’re using an iOS or Android device, you are able to turn off most of the tracking mechanisms — the settings menus of both operating systems help you do this.

しかし、忘れてはならないのは、あなたのデバイスで iOS が走っていようが、Android が走っていようが、そのトラッキング・メカニズムの大半を解除できる環境が必要になるということだ。 双方のオペレーティング・システムにおける設定メニューが、それを実施するのに役立つ。

And for people who don’t want to be tracked by Atlas, Eyeo released an updated version of its popular AdBlock browser plug-in, AdBlock Plus, on October 1.

なお、Atlas にトラッキングされたくない人々のためには、Eyeo の Ad Block Plus がある。この、ポピュラーな AdBlock ブラウザ・プラグインの、アップデート・バージョンが 10月1日に提供されている。

ーーーーー

モバイルへの移行が上手くいっている Facebook と、なかなか上手くいかない Google という対比を、いろいろなところで見ますし、この Agile_Cat でも何度か ご紹介してきました。 しかし、このポストを見つけるまで、その背景や経緯を、分かり易く説明してくれるものに、お目にかかったことがありませんでした。 ーーー いくつかのキーワードでググってもみましたが、2013年2月26日の TechCrunch の、Appleがクッキーを利用しているアプリを拒絶へ: Ad Identifierへの統一がねらい といものが、唯一の関連記事でした。 ーーー Google が全力で Andorid を立ち上げた背景にも、Facebook が早々にモバイル・アプリにシフトした背景にも、この クッキーの廃止に関連する、ターゲティング広告の手法が絡んでいたのでしょうね。 なんというか、自分にとっての大きなナゾが解けて、とてもスッキリした気分です。

ーーーーー

<関連>

Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
モバイル・アドの急成長:2018年には全米デジタル広告の 50% を超えるだろう!
モバイル広告:トラッキング方式/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook

クレジット・カード決済における手数料を分析してみた:Apple Pay の予習に ど〜ぞ!

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on October 22, 2014

Tech Disruption Will Create New Winners And Losers In The Massive Credit Card Business
http://wp.me/pwo1E-7Y9
John Heggestuen – Aug. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/new-winners-and-losers-in-the-credit-card-business-2014-8

_ Business Insider

Credit and debit card payments made in physical stores add up to a huge amount of economic value — $4 trillion in transaction volume in the U.S. alone in 2013, and that volume is growing as more and more people move away from cash.

2013年の米国だけで $4 trillion という金額が通過する、現実世界の店舗におけるクレジット・カードおよびデビット・カードの利用は、人々が現金から離れていくにつれて取引額を増やし続け、また、きわめて大きな価値を積み上げている。

クリックで拡大 ⇒ BII
The middle-men are most vulnerable to disruption 

In a recent report from BI Intelligence, we look at the complicated series of interactions among different legacy players that powers each credit card payment, outlining the six types of companies that play key roles in the credit credit payment chain. We explain what each of these players do, and how much value they add, and explain why two parts of this chain — the hardware providers and merchant service providers (MSPs) — are particularly vulnerable to disruption.

先日の BI Intelligence レポートにおいて、各種のレガシー・プレーヤー間を接続する、複雑なインタラクションがあることを理解した。 そこでは、個々のクレジット・カード支払いを、大まかなところで 6種類の企業群が支配し、また、決済の連鎖における重要な役割を果たしている。まず、それらのプレーヤーたちが何を行い、どれだけの付加価値を発揮しているのかを説明する。続いて、この連鎖における 2つのパートである、ハードウェア・プロバイダと MSP(Merchant Service Providers)が何故に混乱しやすいのか、その理由について説明していく。

Here are some of our key findings:

  • Credit card processors like First Data that actually do the work of processing merchants’ credit card transactions on the back-end are also in a strong position.
  • But it’s not all doom and gloom yet for legacy MSPs: they have existing relationships with the majority of merchants who accept credit cards and with banks. They also have established marketing channels and large sales forces. Large MSPs will move to acquire new payments technologies to squelch the disruption threat.
  • Visa などの、電子決済ネットワークに、いまのところ消え去る兆候はない。とりわけ、Visa と MasterCard は、この連鎖における不可欠なパートであり続けるのは、それらの企業が、実際の支払処理を行わないためである。それらは、クレジット・カード·システムを実行すためのレールを、シンプルに提供するだけである。
  • First Data のようなクレジット・カード・プロセッサは、実際の商取引におけるクレジット・カード・トランザクションを、バックエンドで処理するため、強固なポジションを維持している。
  • この連鎖において、とりわけ混乱を生じやすい、2つのパートがある。商取引のためのハードウェアを提供するメーカーと、決済サービスを提供する仲介者が挙げられる。 基本的にハードウェア・メーカーは、カード・リーダーやレジスターといった、店舗での物理的なカード決済のための環境を提供する。そして、MSP(Merchant Service Providers)と呼ばれる数多くのベンダーたちが、商店などにおけるクレジット・カードを受け入れ体制を構築していく。なお、数多くのケースにおいて、MSP はサービスを販売するために、ISO(Independent Sales Organizations)と協業していく。(上記のチャートを参照)
  • レジスター·システムのメーカーは、脆弱である。いまの POS(Point Of Sales)ハードウェアは、モバイル・デバイスからの脅威に直面している。それらのデバイスは、安価であり、また、実装が容易である。また、消費者たちに新しい振る舞いを要求しない。もし、モバイルにより代替されるなら、大がかりなハードウェアが占拠していた、小売店のペースが解放される。
  • さらに、PayPal/Revel Systems/Square などを含む、新たな形態の決済会社が、オフラインとオンラインの世界をブリッジすることで、従来からの MSP を切り崩していくだろう。それらの企業は、消費者側のスマホ・アプリと、自身のモバイル・レジスタを組み合わせていく。そして、多くのケースにおいて、ロイヤルティの向上や消費者データの解析といったソフトウェアを、付加価値として提供していく。それらの新しい企業群は、主として物流にフォーカスする従来からの事業者を置き換え、クレジット・カード決済を推進していくだろう。
  • しかし、レガシー MSP たちが、絶望に覆い尽くされているわけではない。それらの企業は、クレジットカードを受け入れる大半の商店および銀行と、古くからの関係を持っている。そして、マーケティング・チャネルおよび、大規模な販売力を確立している。大手の MSP たちは、こうした混乱からの脅威を抑えこむために、新しいペイメント・テクノロジーを買収していくだろう。

Access The Full Report And Data By Signing Up For A Free Trial Today

ーーーーー

こうして全体を眺めてみると、Apple Pay が入り込もうとしている範囲が見えてきますね。その領域は、上記のチャートにもあるように、1回のトランザクションにおいて、$0.35/$100(0.35%)という比率を持っています。2013年におけるアメリカでは、$4 trillion という金額がカードで決済されているということなので、この領域には $14 billion が落ちていることになります(オンライン決済も含まれる)。もちろん、そこには、これまでの MSP という既存勢力や、PayPal などに代表される新興勢力がひしめいているので、そのすべてを Apple Pay がリプレイスできるというものではありません。 そう考えると、驚くほど大きなビジネス規模だとは思えませんが、もし仮に、バック・エンドにまで攻め込むことができるなら、その規模も大きく膨らむのでしょうか? とは言え、将来におけるカード決済は、大きな成長が見込まれているので、そんなに欲張らなくても充分なのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは?
Google と PayPal の オサイフ携帯レースが、海の向こうで始まったようだが
PayPal の決済アプリが、Galaxy S5 の指紋リーダーと連携する!
PayPal と eBay が、X.commerce カンファレンスを共催
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

 

iPad オーナーの 約半数が、2年以上も昔のモデルを使っている:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on October 21, 2014

CHART OF THE DAY: Half Of All iPad Owners Have A Tablet That’s At Least Two Years Old
http://wp.me/pwo1E-7Y2
Dave Smith – Oct. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-half-of-all-ipad-owners-have-a-tablet-thats-at-least-two-years-old-2014-10

_ Business Insider

Apple introduced its iPad Air 2 and iPad Mini 3 on Thursday. The iPad Air 2 is thinner and faster than its predecessor, while the iPad Mini 3 didn’t see any internal improvements. Both tablets, however, now come with Touch ID, which allows them to make online payments through Apple Pay (there’s no NFC for any retail use, however).

この木曜日(10/16)に、Apple は iPad Air 2 と iPad Mini 3 を お披露目した。iPad Air 2 は、以前のモデルより薄くて速くなったが、iPad Mini 3 に関しては、これといった改良ポイントはないようだ。ただし、どちらのタブレットも Touch ID がサポートされたことで、Apple Pay を介したオンライン決済に対応できるようになっている(NFC の用途はペイメント以外にもある)。

_  space

BI Intelligence

The new iPads face an uphill battle, though. Based on Localytics data from September charted for us by BI Intelligence, 48% of all iPad owners around the world still own iPad models that are at least two years old — that includes the first iPad, iPad 2, and third-generation iPad. This comes as no surprise; iPad owners tend to upgrade their tablet hardware more like laptop hardware (every 3-4 years) as opposed to phone hardware (every 1-2 years). With very few new features to show off this year, except for Touch ID, Apple might have a difficult time persuading current iPad owners to upgrade to one of its new tablets.

しかし、それらの新しい iPad は、苦しい戦いに直面している。Localytics から提供された 9月のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれたが、グローバルにおける iPad オーナーのうち、2年以上も以前のモデル(iPad/iPad 2/iPad 3)を使っている人々が、全体の 48% を占めているのだ。ただし、iPad オーナーたちは、モバイル・フォンとは対照的に(1年〜2年)、ノート PC のように(3年〜4年)、自身のタブレットアップグレードする傾向にあるため、この結果に驚くべきではない。 そして、今年の iPad は Touch ID を除いて、それほどの新機能が追加されたという状況ではない。つまり、これまでの iPad オーナーに対して、新しい iPad へアップグレードさせようとしても、Apple にとって困難な時期が訪れる可能性があるのだ。

SEE ALSO: CHART OF THE DAY: The Fastest Internet Speeds Aren’t In The US

ーーーーー

ちなみに、Agile_Cat の iPad は第4世代のものです。 博物館的に、初代の iPad が手元に残っていますが、いまの iPad 4 を買い換える予定はありません。 むしろ、タブレットとして活躍しているのは、小さくて軽い Nexus 7 であり(落としても精神的ダメージが少ない)、iPad を持って外へ出るという機会が、ほとんど無くなってしまいました。おそらく、それがファブレットへのニーズなのだと思いますし、iPhone 6 Plus が人気を集める理由なのだと思います。 12インチくらいのモデルが登場するというウワサがありますが、iPhone に突き上げられる iPad は、次第に大型化していくのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズを!
iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
iPad のシェアは、いつまでトップを維持できるのか? それを示す1枚のチャート
Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
iPad Pro 13-inch の 勝手コンセプト・ビデオ:Youtube で ど〜ぞ!

%d bloggers like this: