Agile Cat — in the cloud

激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 28, 2015
Smartphone Duopoly Pushes Competition to the Fringes
Felix Richter – February 26th, 2015
http://www.statista.com/chart/3268/smartphone-os-market-share/
 
 Statista.png
 
Five years ago, the smartphone market was quite fragmented. BlackBerry was still going strong, Symbian was present on millions of Nokia phones and Samsung was still experimenting with its own operating system, Bada.
 
5年前のスマートフォン市場は、それぞれのプラットフォームにより切り分けられていた。 そのころの Blackberry は強さを維持し、Nokia のデバイスでは大量の Symbian が走り、Samsung は Bada という独自 OS を実験していた。
 
Smartphone_OS 2010-2014This chart breaks down global smartphone shipments by operating system.
 
このチャートは、グローバルにおけるスマホ OS 出荷台数を示している。
 
Nowadays, there are basically just two relevant smartphone platforms left. Devices running Android and iOS accounted for more than 96% of global smartphone shipments in 2014, according to data published by IDC. The only other platform with so much as a hint of relevance left is Windows Phone, although Microsoft surely had other numbers in mind when it debuted Windows Phone 7 in 2010.
 
しかし、いまでは、大まかなところで、2つのスマートフォン・プラットフォームだけが存在感を発揮する状況となっている。IDC が発表したデータによると、2014年のグローバル市場では、出荷されたスマートフォンの 96% 以上が、Android と iOS により占められている。その他のプラットフォームとしては、少ないながらも Windows Phone がシェアを確保しているが、2010年に Windows Phone 7 がデビューしたときの Microsoft は、いま以上の存在感を有していたのだ。
 
ーーーーー
mobile_552010年の 3億台から、2014年の 13億台へと、大きく成長したスマホ・マーケットの状況が、とても把握しやすいかたちでチャート化されていますね。 その内訳の変化も興味深いですが、2014年の iOS が 約2億台ですから、それを 1.5倍しただけで、2010年の全体に達してしまうというのも驚きです。 Agile_Cat の 2010年はというと、Symbian を使っていましたが(いわゆるノキチ)、もう無理だという思いから、試しに Android を触り始めたころだったと記憶しています。 すべてが、あっという間に変わってしまった、という感じです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Apple is losing the tablet market it created with the iPad
Dave Smith – Feb 25, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-tablet-market-share-2015-2
 
_ Business Insider
 
Global tablet shipments are rising, but a new report from Strategy Analytics says Apple’s tablet market share continues to slip, despite its utter dominance just a few years ago. Based on Strategy Analytics data charted for us by BI Intelligence, the iPad’s global market share dropped 20%, from a 32.6% share in 2013 to 26.1% in 2014.
 
Strategy Analytics の新しいレポートによると、グローバルにおけるタブレットの出荷台数は上昇している。 しかし、このタブレット市場で、わずか数年前には圧倒的な優位性を誇っていた、Apple のシェアは下落し続けている。Strategy Analytics のデータをベースに、BI Intelligence が作成したチャートを見ると、グローバルにおける iPad は、2013年の 32.6% から 2014年の 26.1% へと、6% ほどシェアを落としている。
 
Tablet 2014
BI Intelligence
 
注記: チャートの文章の内容に、食い違いがあります。とりあえず、チャートに合わせて文章を修正していますが、あくまでも参考としてください。 Strategy の Web ページも調べてみましたが、有償レポートの購入ページであり、確認できませんでした。
 
Strategy Analytics says the leading tablet makers can no longer “rely on inertia alone” as other smaller players are beginning to offer cheaper tablets with competitive features. But Apple CEO Tim Cook is still confident in the iPad, especially in businesses: Last month, he said the company’s partnership with IBM could help “move the dial” with sales, and the rumored 12-inch iPad could certainly improve Apple’s tablet market share, especially if it offers businesspeople more features for advanced productivity.
 
Strategy Analytics に言わせると、充分な機能を備えた競争力のあるタブレットを、弱小メーカーが安価に提供し始めるにつれて、もはや大手メーカーは「慣性に依存」するだけの存在になっているようだ。しかし、Apple の CEO である Tim Cook は、とりわけエンタープライズにおいて、これからの iPad に自信を覗かせている。先月に Cook は、Apple が IBM と提携したことで販売が促進され、また、ウワサの 12-inch iPad が必ず Apple のシェアを回復させると述べている。さらに、優れた生産性を必要とするビジネス・ユースに対して、より多くの機能を提供するときに、その傾向は顕著になると続けている。
 
ーーーーー
Post-PCスマホのような小型化が不要で、大型のバッテリーの搭載も容易なタブレットの世界は、すでに価格という要因が、もっとも重要になっているのでしょうかね?  さらに言えば、もともと PC を持っていない、途上国のマーケットが、このマーケット全体を押し上げているので、iPad が苦戦している状況となっているのでしょうか? 上記のチャートの、赤い [Other] の内訳が知りたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
iPad オーナーの 約半数が、2年以上も昔のモデルを使っている
iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
IBM と Apple: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 

2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Android powers 81.5% of smartphones globally: IDC
AFP – Feb 25, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Android-powers-81-5-of-smartphones-globally-IDC/articleshow/46366055.cms
 
_ Times of India
 
Google Android dominated the global smartphone market in 2014, holding an 81.5% market share, with Apple’s iOS second and no strong third player, market tracker IDC said.
 
Google の Android は、2014年のグローバル・スマホ市場を、81.5% シェアで支配した。それに続くのは Apple の iOS であるが、第三のプレイヤーは存在感に乏しいと、マーケット調査会社である IDC は述べている。
 
Android
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million.
 
Despite Apple’s late surge on its newly released iPhones, the California giant saw its market share for the year drop slightly to 14.8%. The fourth quarter was better for Apple as it claimed 19.7%, IDC data showed.
 
新しくリリースされた iPhone により、直近では Apple が市場を賑わしているが、この California の巨人のシェアは 14.8% であり、前年比で多少だが下落している。ただし、2014年 Q4 のシェアは 19.7% であり、Apple にとって素晴らしいものであったと、IDC のデータが示している。
 
With Android and iOS holding some 96% of the market, there has been little progress from alternative platforms, with Windows Phone losing momentum and BlackBerry nearly disappearing, IDC said.
 
Android と iOS を合わせると、マーケットの の 96% に達してしまう。そして、Windows Phone は勢いを失い、BlackBerry は消えつつありという具合に、代替となるプラットフォームには、ほとんど進展が見られなかったと、IDC は述べている。
 
“Instead of a battle for the third ecosystem after Android and iOS, 2014 instead yielded skirmishes, with Windows Phone edging out BlackBerry, Firefox, Sailfish and the rest, but without any of these platforms making the kind of gains needed to challenge the top two,” said Melissa Chau, an IDC analyst.
 
「 Android と iOS に続く、第3 のエコシステム争いどころか、Windows Phone と BlackBerry と Firefox と Sailfish などが小競り合いしただけというのが、2014年の特徴であった。そして、これらのプラットフォームのすべてが、Top-2 に挑戦するために必要な力を得られなかった」と、IDC のアナリストである Melissa Chau は述べている。
 
“This isn’t to say that vendors aren’t making moves, especially for the growth segments — the low-end markets. With Microsoft bringing ever-cheaper Lumia into play and Tizen finally getting launched to India early this year, there is still a hunger to chip away at Android’s dominance.”
 
「 ただし、それらのベンダーが、成長の著しいローエンド市場へ向けて、まったく動きを見せていないと言うわけではない。Microsoft は最も安価な Lumia を投入し、今年のインドでは Tizen も立ち上がっている。つまり、Android 独占している市場を、貪欲に削り取ろうとしているのだ」
 
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million. Windows phone saw its market share slip to 2.7% in 2014 from 3.3% a year earlier. And BlackBerry managed just 0.4%, sliding from 1.9% in 2013.
 
IDC が言うには、Android フォンのメーカーたちは、グローバルで 13億台以上のデバイスを販売し、それに続くApple は 1.92億を販売したことになる。 Windows Phone のシェアは前年の 3.3% から、2014年は 2.7% に下げている。BlackBerry は、2013年の 1.9% から、わずか 0.4% へと下げている。
 
ーーーーー
mobile_55Android と iOS で 96% というのは、とても興ざめという感じがしますが、Agile_Cat 的に気になるのは、この Android の内訳なのです。 つまり、Google Play にアクセスする純正 Android 派と、Xiaomi などの AOSP 派の比率に、一番に注目したいと思っています。 途上国のローエンド市場では、それほど純正 Android が伸びているはずもなく、また、Android を一括りにしてしまうのも、実態から乖離していると思えるのです。 昨年は、2月7日の「 Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか? 」というポストで、それが明らかになっていたのですが・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人?
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使用!
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている

Posted in .Chronicle, Apple, Weekend by agilecat.cloud on February 22, 2015
Steve Jobs’ desk at Apple hasn’t been touched since his death
Jillian D’Onfro – Feb. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-left-steve-jobs-office-exactly-the-way-it-was-2015-2
 
_ Business Insider
 
Steve Jobs’ legacy lives on at Apple in a very physical way: The company has left his top-floor, corner office completely untouched since his death. His name is still on the door. The inside hasn’t been changed.
 
Steve Jobs の名残りは、とても物理的な方法で護られている。 つまり、最上階の角にあった彼のオフィスは、あの日から手付かずの状態で残されているのだ。 もちろん、彼の名札はドアに付けられたままであり、その内側にも、誰も手を触れていない。
 
Steve JobsThe detail surfaced in an in-depth New Yorker profile of Apple designer Jony Ive. Ive and Jobs worked together extremely closely.
 
この件に関する詳細が、Apple のデザイナーである Jony Ive の、New Yorker プロファイルに登場したのだ。Ive と Jobs は、とても密接に働いていたという。
 
Jobs’ office, in One Infinite Loop, connected to Ive’s lab, in Two Infinite Loop, via a covered corridor. Those were the only two buildings on Apple’s campus connected that way.
 
One Infinite Loop の Jobs のオフィスと、Two Infinite Loop の Ive のラボは、屋根のある渡り廊下でつながれている。 Apple のキャンパスで、このように接続している建物は、他にはない。
 
The two were also very close friends. When Ive spoke at Jobs’ memorial service in late 2011, he called his former boss his closest and most loyal friend.
 
また、二人は、とても親しい友人同士でもあった。 2011年の終わりころの、Jobs の追悼式において Ive は、この尊敬する元上司を、最も親しい友人とも表現していた。
 
CEO Tim Cook also referenced Jobs’ unchanged office in an interview with Charlie Rose last year, in which he also said he still thought about Jobs every day. “He is in my heart,” Cook said. “His spirit will always be at the foundation of the company.”
 
CEO である Tim Cook も、昨年の Charlie Rose のインタビューで、誰も手を触れない Jobs のオフィスについて言及していた。そして、いまでも、Jobs のことを毎日、考えていると述べていた。 さらに Cook は、「彼は、私の心の中に生きている。 彼のスピリットは、常に Apple の基本であり続けている」と発言していた。
 
SEE ALSO:  Tim Cook may have been hinting at an Apple car last year
 
ーーーーー
weekend久々の、Jobs に関するトピックです。 あれから、すでに三年が経っているのですね。たしか、iPhone 4S がデビューした秋でしたから、iPhone 自身も、その後に 5/5S/6 へと姿を変えているわけです。 そう言えば、、、 Agile Cat の周辺にいる、熱烈な Apple ファンというより Jobs ファンで、いまだに iPhone 4S を使っている人たちのことを思い出しました。 彼らにとっては、それが Jobs の iPhone なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
FORTUNE の Jobs 特集
訃報 – Steve Jobs 氏 逝く
Steve Jobs のアルバムを二点 ・・・
Xmas イブだから、リメンバー Steve Jobs
Steve Jobs 伝記が、Amazon の 2011年ベストセラーに
Disney の CEO に、つまらん映画ばかりだと文句を言っていた Jobs
 

iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Mobile, Research, Samsung by agilecat.cloud on February 11, 2015
Apple is taking 93% of the profits in the smartphone industry now
http://wp.me/pwo1E-8iD
Jay Yarow – Feb. 9, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-is-taking-93-of-the-profits-in-the-smartphone-industry-now-2015-2
 
_ Business Insider
 
Apple is basically the only company making money from smartphones anymore.
 
もはや、スマホから利益を生み出す企業は、Apple だけになっている。
 
Every quarter, Canaccord Genuity analyst Michael Walkley takes a look at the state of the profits of smartphone companies. This quarter, Walkley found Apple had a record breaking 93% of the industry’s profits.
 
Canaccord Genuity のアナリストである Michael Walkley は、デバイス・メーカーたちの利益に関して、四半期ごとにデータをまとめている。そして、2014年 Q4 においては、全スマホ業界の利益の 93% を、Apple が手にするという記録が達成されたとしている。
 
smartphone-profits-2014-q4
BI Intelligence
 
Apple is always the leader, but for a short while, it looked like Samsung was going to catch Apple. Those days are long gone. Apple has blasted away from the pack.
 
この統計において、Apple は常にリードし続けてきたが、一時的には Samsung が追いつくようにも思われていた。 しかし、いまとなれば、それも終わっている。 つまり、Apple は、その戦いから抜けだしたのだ。
 
Samsung’s share of the industry’s profits is down to 9%, its lowest point since 2008 as its profits crater. Samsung is under attack from Apple at the high end with the iPhone 6 and 6 Plus, which both have big screens.
 
Samsung の利益は、この業界の 9% に過ぎず、2008年以降における最大の落ち込みを記録している。ハイエンド市場で Apple と戦う Samsung は、大型スクリーンの iPhone 6 および 6 Plus に攻め立てられているのだ。
 
It’s also under attack at the low-end from cheap Chinese phone makers like Xiaomi. Walkley doesn’t have Chinese phone maker Xiaomi in his table, saying, “since Xiaomi is a private company, we are unable to get their sales and profit metrics. If I could get their profit metrics, then I would certainly include.”
 
Samsung はローエンド市場においても、China の Xiaomi などのメーカーから攻められている。ただし、Walkley のデータには、Xiaomi が入っていない。そして、「 Xiaomi は未上場企業であるため、同社の売上と利益に関するデータが取得できない。 もし、Xiaomi の指標が得られるなら、ただちに取り込みたい」と、Walkley は述べている。
 
Apple sold 74.5 million iPhones last quarter, generating roughly $12.6-$13.5 billion in profits.
 
2014年 Q4 において、Apple は 7450 万台の iPhone を販売し、$12.6-$13.5 billion ほどの利益を手にしている。
 
ーーーーー
mobile_55Mobile OS 2015-01いわゆるハイエンド・スマホ市場は、Apple が独占していくという展開なのでしょうね。 そして Samsung のモバイル・デバイス部門は、2014年 Q4 の収支で、前年比 64% ダウンという状況に陥ったようです。 その一方で、昨年の秋ごろから、スマホの価格帯を 30% も引き下げるという方針を打ち出しているようです。ということは、Samsung も薄利多売の戦略に切り替えるのかもしれません。 とはいえ、次期 iPhone のチップに関しては、メイン・サプライヤーのポジションを確保したようであり、iPhone が売れると Samsung も儲かるという図式は維持されそうな感じです。 こうしたハイエンド機に縁のない Agile Cat にとっては、雲上の戦いに見えてしまうのですが、それにしても業界の 93% というのはスゴイです。 そして、iPhone と Android Phone のトラフィックを比較してみると、このチャート(クリックで拡大)が示すように、Apple とは異なるビジネス・モデルが動いているように思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが・・・
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
 
 

Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが、売上はマダマダ・・・

Posted in Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 3, 2015
Google Play has more apps than Apple now, but it’s still behind in one key area
Dave Smith – Feb. 2, 2015
http://www.businessinsider.com/google-play-vs-apple-app-store-2015-2
 
_ Business Insider
 
App-analytics firm App Annie released its 2014 Retrospective report, which confirms that Google Play passed Apple’s App Store in the number of available apps to download in 2014.
 
アプリ分析企業である App Annie がリリースした、2014年を振り返るレポートによると、Google Play でダウンロードできるアプリのタイトル数が、Apple の App Store を上回ったことが確認されている。
 
Google Apple app-numbers
BI Intelligence
 
Based on App Annie data, charted for us by BI Intelligence, Google Play has over 1.4 million available apps, compared to just over 1.2 million for Apple’s App Store. It exceeded Apple’s digitalstore in download volume.
 
この、App Annie のデータをベースにした、BI Intelligence のチャートによると、Google Play の 140万に対して、Apple App Store は 120万に過ぎないという状況が見えてくる。つまり、ディジタル・ストアでのダウンロード・タイトル数において、Google が Apple を追い越したことになる。
 
But Google’s marketplace falls behind in one key area: iOS still makes much more money than the Google Play store, and App Store apps brought in 70% more revenue than Google Play apps for the whole year.
 
しかし、きわめて重要な尺度において、Google Play は劣っている。 つまり、依然として iOS の収益性が Android を大きく上回り、2014年を通じて Apple App Store は、Google Play よりも 70% も多くの売上をもたらしているのだ。
 
Piracy has something to do with that revenue disparity.
 
ただし、この売上に関する不均衡の背景には、海賊版の存在もあるようだ。
 
ーーーーー
mobile_55ほんとうに、興味深い対比ですね。 Google と Android が、途上国マーケットへ向けてアクセルを踏み続けるのに対して、Apple と と iOS は、価格を維持しながら先進国マーケットを最優先にという考え方です。その結果が、こうしてチャートで示されているわけです。 そして、忘れてはならないのが、Xiaomi に代表される、自社の App Store を持つ勢力の台頭です。ひょっとすると、このチャートにおける Amazon 規模のサードパーティ・アップ・ストアが、続々と登場してくるのが、今年なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが?
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
 

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 
%d bloggers like this: