Agile Cat — in the cloud

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 

iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに、失速しているように見える

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on January 18, 2015

The iPhone Is Losing Ground In One Key Market
http://wp.me/pwo1E-8cN
Sam Mattera, The Motley Fool – Jan. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/the-iphone-is-losing-ground-in-one-key-market-2015-1

_ Business Insider

Demand for Apple’s iPhone 6 has been unprecedented. Collectively, the iPhone 6 and iPhone 6 Plus have smashed existing sales records, and when Apple reports earnings this season, investors may find that the Cupertino tech giant sold more than 70 million iPhones during the quarter.

Apple の iPhone 6 に対しては、前例のない需要が押しかけている。全体的に見て、iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、これまでの販売記録を塗り替えている。そして、Apple が今季の収益をレポートするときに、投資家たちが目の当たりにするのは、この Cupertino のテック・ジャイアントが、2014年 Q4 だけで 70 million もの iPhone を販売したという実績になるはずだ。

The company has seen great demand across the board — in North America and Europe, Apple market share increased last quarter, according to recent data from research firm Kantar Worldpanel.

調査会社である Kanter Worldpanel の最新データによると、North America と Europe において Apple のシェアが増加しているという。 つまり、この四半期での需要の高まりを、同社は確認しているはずだ。

Yet, there was one market where the latest iPhones received a surprisingly cool reception — Japan, where sales suffered a surprising double-digit decline.

しかし、この最新の iPhone に対して、驚くほど冷ややかな反応を見せたマーケットが1つだけある。 それは、販売量において二桁ダウンという、驚くべき結果をもたらした、Japan のマーケットである。

Kantar’s data

According to Kantar, the iPhone accounted for 48% of smartphones sold in Japan during the third quarter, which ran from the beginning of August through the end of October. The Android operating system powered a similar 48.1%.

Kanter によると、2014年 Q3(7月〜9月)の Japan において、iPhone はスマホ市場の 48% を占めている。それに対して、Android OS を搭載するスマホも、ほぼ同じ 48.1% を占めている。

注記)原文では、Q3 を 8月〜10月としていますが、おそらく勘違いでしょう。

That’s quite impressive, given that on a global basis, Android’s market share is approaching 85%. In fact, Japan remains Apple’s single strongest market, with more Japanese buyers (on a percentage basis) choosing the iPhone than Americans (in the same quarter, the iPhone accounted for 41.5% of the smartphones sold in the U.S.).

グローバルにおける Android のマーケット・シェアが 85% に近づいていることを考えると、この数字は、きわめて素晴らしいものである。実際のところ、Apple にとっての Japan は、最強のマーケットというポジションを維持している。 つまり、パーセンテージで比較すると、Japan のユーザーたちは、Amarica よりも高い比率で iPhone を選択しているのだ(同じ Q3 において、US での iPhone のシェアは 41.5% である)。

However, that figure is down significantly from last year. During the same period in 2013, nearly two-thirds (61.1%) of Japanese smartphone buyers chose an iPhone, compared to only 36.2% opting for an Android-powered device. With Windows Phone accounting for less than 1% of the Japanese smartphone market, Android OEMs appear to be taking share directly from Apple.

しかし、この数字は、前年と比べると大幅にダウンしている。2013年の Q3 において、Japan のスマホ・ユーザーの 約 2/3(61.1%)が iPhone を選択し、Android 搭載のデバイスは 36.2% に過ぎなかったのである。Japan での Windows Phone のシェアは、1% 未満である。したがって、Android OEM が Apple から、ダイレクトにシェアを奪っているように見える。

This stands in stark contrast to other markets, where the release of the iPhone 6 boosted market share significantly — Apple saw a 3.1% bump in Germany and 10.4% in Great Britain. In fact, of the major markets Kantar tracks, Japan was the only one where market share fell.

つまり、iPhone 6 のリリースにより、大幅にシェアを伸ばした他のマーケットとは、まったく対照的な結果を示している。 具体的に言うと、Apple は Germany で 3.1%、Great Britain で 10.4% という成長を達成している。 実際のところ、Kanter が調査した主要マーケットでは、Japan だけがシェアを落としているのだ。

A difficult comp and tougher competition

The decline in Japan might be partially explained by the year-over-year comparison itself — in September 2013, NTT Docomo, one of the country’s largest telecoms, began selling the iPhone for the very first time. The arrival of the iPhone 5s and iPhone 5c on the NTT Docomo network may have sparked an over-sized wave of iPhone purchases (as long waiting subscribers rushed to buy units), significantly inflating 2013 sales and thus making an annual comparison difficult.

Japan での落ち込みは、その前年と状況を比べることで、部分的には説明がつくのかもしれない。2013年9月のことだが、Japan で最大級のテレコムである NTT Docomo が、ようやく iPhone の販売を開始したのだ。NTT Docomo のネットワークに、iPhone 5S と iPhone 5c が登場したことで(待ち望んでいたサブスクライバーが殺到)、iPhone が売れ過ぎたという可能性もある。それにより、2013年の売上が増大し、前年との比較が困難になっているのかもしれない。

But Apple also faces intensifying competition from a number of home-grown competitors. The Sony Xperia line, despite falling short of company expectations on a global basis, has done relatively well in Japan. Other Japanese consumer electronic firms — including Sharp and Fujitsu — compete in their home country but have little presence elsewhere.

しかし、Japan における Apple は、激化する国産メーカーとの競合にも直面している。Sony Xperia シリーズは、グローバルでは振るわなくても、Japan では上手いビジネスを展開している。その他のメーカである、Sharp と Fujitsu は海外での存在感には乏しいが、母国では競合相手となる。

Another possibility is that Japanese consumers have less interest in large smartphones: the bigger screens offered by the iPhone 6 and iPhone 6 Plus may not be appealing. Notably, Samsung — whose high-end phones have long been known for their larger size — holds a relatively paltry 6% share of the Japanese smartphone market. Sony, on the other hand, has targeted Japan with mini versions of its flagship handsets.

もう1つ、Japan のユーザーたちが、大型のスマホに惹かれていないという可能性もある。 つまり、iPhone 6 と iPhone 6 Plus の大型スクリーンが、彼らにとって魅力的ではないのだ。ここで、Samsung のハイエンド大型デバイスが、その他の国々と比べて相対的に見て低いと思われる、6% のシェアに留まっている点に注目したい。 その一方で Sony は、フラッグシップ・スマホのミニ・バージョンで、Japan のマーケットを戦おうとしている。

Japan remains a key market

As one of the largest smartphone markets in the world and a longtime fan of Apple products, the drop in Japan is a development worth watching. With such a wealthy country and a history of generous carrier subsidies, Japan should be a perfect fit for the iPhone.

世界で最大級のスマホ・メーカーである Apple と、そのプロダクトを長年にわたり使ってきたファンにとって、Japan マーケットの低落は、価値を再考する機会を提供する。このように裕福あり、また、キャリアが膨大な補助金を提供してきた Japan は、iPhone の戦略と完全に一致する必要があるだろう。

To be clear, the 48% market share is still impressive, but a double-digit drop when every other region is showing growth is bound to raise some eyebrows. Future data may show it to be a temporary aberration, but if it turns into a long-term trend, that may serve as a clear signal that Japanese preferences are changing.

もう一度、明らかにしておくが、48% のマーケット・シェアは、依然として素晴らしいものである。 しかし、グローバルでの成長をよそに、二桁のダウンという状況には、注目せざるを得ない。将来のデータにより、一時的な異常であったと、安堵できるのかもしれない。しかし、この傾向が長く続くようなら、日本人の好みが変化したという明確なシグナルとして、対処されるべきものとなる。

ーーーーー

たしかに、2013年の Docomo 参入による、二年縛りの狭間と考えることもできますし、iPhone 6 はデカすぎるというシンプルな理由もあるでしょう。 でも、今年は iPhone 6 のコンパクト・バージョンが出るらしいので、来年の今頃には、その理由もハッキリしてくるはずです。 ただ、このニュアンスは、日本人でなければ伝わらないと思いますが、「消費行動に倦む若者たちの姿」というのが、Agile Cat の目には映るときがあるのです。自分で稼いだ金で、スマホを持つ年齢層へと入ってきた、そんな若者は、MVNOと激安スマホの組み合わせへと走るのかもしれません。単に、スマホが売れる売れないというような話ではなく、消費という行為に対する感覚が、大きく変化しているようにも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

なんと! キーボード・ワッフル 焼器だ:食べたい人は Kickstarter へ GO だ!
ルーブル危機を受けて、ロシアの Apple App Store が止まってしまったようだ
シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果
伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
2014 Agile Cat:日曜版の マトメ

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Strategy by Agile Cat on January 6, 2015

Mark Zuckerberg Slams Tim Cook: You’re Not In Alignment With Your Customers
http://wp.me/pwo1E-8as
Caroline Moss – Dec. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-slams-tim-cook-2014-12

_ Business Insider

Mark Zuckerberg just slammed Tim Cook and Apple. In an interview with Time magazine, he said:

Mark Zuckerberg が、Tom Cook と Apple を酷評している。Time 誌のインタビューで、彼は、以下のように述べている

A frustration I have is that a lot of people increasingly seem to equate an advertising business model with somehow being out of alignment with your customers … I think it’s the most ridiculous concept. What, you think because you’re paying Apple that you’re somehow in alignment with them? If you were in alignment with them, then they’d make their products a lot cheaper!

私が不満に思うのは、広告のビジネス・モデルと、Apple の顧客が望むものがズレている、という発想が蔓延していることだ。それは、とんでもない考え方だと思う。 Apple に対して、ユーザーが対価を支払うのは、そこに何らかの整合性があるからだと捉えられないのか? もし、広告とユーザーの間に、なんらかの整合性が存在するなら、Apple のプロダクトは、もっと安価になるのだ!

Previously, Cook went after advertising-supported businesses like Google and Facebook, saying they were not in alignment with customers because for them the customers served as the product.

以前、Cook は、Google や Facebook などが展開している広告サポート・ビジネスを追いかけていたが、プロダクト・ビジネスの顧客と、広告ビジネスの顧客は一致しないと発言していた。

AP, BI

Zuck スリーパー
ホールドが Cook にキマるの図

"If [companies are] making money mainly by collecting gobs of personal data, I think you have a right to be worried," Cook said in an interview. "And companies I think should be very transparent about it."

あるインタビューで Cook は、「 それらの企業が、個人データの塊を収集することで収益を上げるなら、その権利について考える必要があるだろう。そして、それらの企業は、きわめて透明に、それらの権利を取り扱う必要がある」と語っている。

It’s rare to see big technology executives — and in this case, two of the biggest — make such public attacks on each other’s companies.

Apple のような、大手のテック・カンパニーの幹部が、パブリックな場で他社を攻撃するというのは(この場合は Google と Facebook)、きわめて珍しいことである。

Facebook’s entire business is built around collecting personal data, then selling advertisements tailored to that personal data. Apple is the exact opposite. It sells hardware products, collecting very little data.

Facebook における全体的なビジネスは、ここで言う個人データを収集し、その属性に合わせた広告を販売するというものである。 そして、Apple は対極にいる。 つまり、ハードウェア製品を売るための、きわめて少量のデータを収集するのみである。

Cook has been using this as a selling point for Apple to consumers. The idea is that if you don’t want to turn over your personal information to a company, then you should use Apple products.

Cook は、Apple プロダクトを販売する際のセールス・ポイントとして、このロジックを用いている。つまり、それらの企業に、個人情報を運用させたくないなら、Apple プロダクトを使用すべきという理屈である。

This is a bit rich coming just months after the iCloud hacking scandal. Nude photos of celebrities were posted online after hackers accessed iPhone accounts on which they were stored. Apple says iCloud wasn’t breached. It says hackers used "phishing" tactics to get access to accounts.

しかし、数カ月前に iCloud のハッキングというスキャンダルが起こっているのに、それは言い過ぎだとも思える。ハッカーたちは、セレブの iPhone アカウントにアクセスし、そこにストアされていたヌード写真などをオンラインにばらまいてしまったのだ。Apple のコメントは、iCloud への侵入は無かったというものである。 つまり、ハッカーたちはフィッシング戦術を用いて、それらのアカウントにアクセスしたと言っている。

Still, it’s not good for Apple, especially if it wants to be seen a steward of users’ personal information.

そうだとしても、そんな発言は Apple のためにならない。 ユーザーの個人情報を預かる、執事として振る舞いたいなら、なおさらのことだ。

As for Zuckerberg’s counterpoint, it makes sense. Consumers have repeatedly shown that they are willing to give up a little privacy for a great, free product.

Zuckerberg が持ち出す争点として、それは理にかなっている。無償の素晴らしいプロダクトを得るために、消費者たちは多少のプライバシーは諦めるという現実が、随所で繰り返されているのだ。

Facebook has more than 1.3 billion users despite the fact that it uses personal information for advertising. Google has more than a billion users on its products, and it uses personal information. Twitter has hundreds of millions of users, and it relies on advertising based on personal information.

Facebook は、個人情報を広告のために使用しているにもかかわらず、13億人以上のユーザーを有している。 Google は、10億人以上のユーザーにプロダクトを提供し、その個人情報を使用している。 Twitter も、数億人のユーザーを持ち、それの個人情報に基づいた広告ビジネスを展開している。

People don’t mind ad-supported products.

つまり、人々は、広告の付いたプロダクトについて、それほど気にしていないのだ。

Further, the average iPhone costs over $600, while the average Android phone costs half that. Zuckerberg is saying that if Apple were on the side of the consumer, it would lower prices and make its products more broadly available. After all, Apple has $150 billion in cash on hand. It is the most profitable technology company in the world. It can afford to lower prices.

さらに言えば、iPhone の平均価格は $600 を超えているが、Android の場合は、その半分である。Zuckerberg が言わんとするのは、Apple がユーザーの側に立つなら、そのプロダクトの価格を引き下げ、より多くの人びとが利用できるようにすべきだという点だ。結局のところ、Apple は 15兆円というキャッシュを手にしている。つまり、世界で最も収益性の高いテック・カンパニーであり、余裕を持って低価格化に取り組めるのだ。

Facebook is free for everyone to use. The price for that is that it collects some user information. Zuckerberg and consumers, based on their actions, think that’s a fair deal.

Facebook は、誰もが無料で利用できる。 そのコストは、ユーザーたちから幾ばくかの情報を集めることで賄われている。つまり、Zuckerberg とユーザーたちの関係は、両者の判断に基づく、公正な取引の上に成り立っていると思えるのだ。

ーーーーー

まぁ、なんというか、iCloud のセレブ・プライバシーで問題が起きたとき、Tim Cook は対応を誤ったのだと思います。 フィッシングといえば、そうなのかもしれませんが、iCloud がブルート・フォースを許していたことが、そもそもの間違えなのです。 そして、それに対しては、何も言及せず、二段階認証にしたから良いだろうというのでは、あまりにも顧客に対して失礼な話です。 それを棚に上げて、Google や Facebook の透明性を突っついても、バシッと切り返されて終わりです。 もう一つ、言わせてもらえるなら、Steve Ballmer が Scroogled キャンペーンで孤軍奮闘しているときに、何の助け舟も出さずにいたくせに、いまさら、それは無いでしょう、と言いたくなってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
iPhone と Android の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

Bing のバグで、Yahoo/Siri/Cortana が影響を受ける

Posted in Apple, Microsoft, Yahoo by Agile Cat on January 6, 2015

Buggy code update triggers Bing, Yahoo outage – Siri and Cortana also affected.
http://wp.me/pwo1E-8af
Jan 5, 2015
http://www.itnews.com.au/News/399110,buggy-code-update-triggers-bing-yahoo-outage.aspx

_ it news

Yahoo and Microsoft search engines went temporarily dark over the weekend for 20 minutes after Microsoft pushed out a bad code update and then struggled to roll it back.

この週末に、Yahoo と Microsoft の検索エンジンが、約 20分間にわたりダウンしたようだ。この出来事は、Microsoft がアップデートする際に、欠陥のあるコードを流し込んだ後に発生しており、そのロールバックに苦労したようだ。

Microsoft’s Bing search engine powers Yahoo search under a ten-year deal announced in 2009.

2009年に発表された 10年契約の下で、Microsoft は Yahoo に対して、Bing 検索エンジン・パワーを提供している。

During the outage users who typed search.yahoo.com received an error message saying that Yahoo engineers were working to resolve the issue.

このダウンの最中に、search.yahoo.com にアクセスしたユーザーたちは、Yahoo のエンジニアたちが問題を解決するために努力しているという、エラー・メッセージを受信している。

Mobile assistants Siri and Cortana, which leverage Bing, were also affected.

また、モバイル・アシスタントである Siri と Cortana も、Bing を利用しているため、同様に影響を受けている。

Both Microsoft and Yahoo confirmed the outage later in the day. “Microsoft customers have experienced a brief isolated services interruption,” said a Microsoft spokesman.

Microsoft と Yahoo は、その日の遅くに、このダウン・タイムについて正式に認めている。「Microsoft カスタマーたちは、一部のサービスにおいて、停止に遭遇してしまった」と、同社のスポークスマンは語っている。

Microsoft had to shut down its groups of linked servers to recover from the outage after rolling back the update failed.

Microsoft はシステムを回復させるために、失敗したアップデートをロールバックした後に、接続されているサーバーのグループをシャットダウンする必要があったようだ。

Yahoo faced difficulties in processing search requests, even after the problem was fixed and became fully operational by evening. A source in Yahoo confirmed that the outage was caused by the “bad code” and not a cyber-attack as was initially thought.

Yahoo の方は、問題が解決した後にも、検索リクエストの処理が困難という状況に直面していた。そして、その日の夕刻に、通常の運用に戻っている。 このダウンについて Yahoo は、「欠陥コード」により引き起こされたものであり、当初に心配されたサイバー攻撃ではなかった、という情報を提供している。

ーーーーー

すぐに普及して良かったですね。 それにしても、Bing のようなバックエンド・サービスが停止すると、いろいろと影響が出てくるようですね。 Yahoo との契約は公知のものなので納得ですし、Cortana についても当然だという感覚があります。 でも、Siri のバックエンドが Bing だったというのは、初めて知りました。 もう1つ、Facebook がありますが、こちらはラッキーなことに、昨年の 12月に Bing の利用を止めていました。 Agile Cat の場合は、WordPress.com のダウンが困るわけですが、最近は、有名どころのメディアにアクセスして、WordPress を使っているのかいないのかを、チェックするという楽しみを覚えました。 でも、ほとんどダウンしてくれません :) 

ーーーーー

<関連>

Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
世界中の DownTime をライブで表示:Pingdom の素敵なマップ
2014年 6月:Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
2014年 6月:Evernote を襲った DDoS 攻撃も、400 Gbps 規模だったのか?
2014年 2月:記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_1
Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2

ルーブル危機を受けて、ロシアの Apple App Store が止まってしまったようだ

Posted in Apple, Post-PC, Weekend by Agile Cat on December 20, 2014

Apple shuts down sales at its Russian online store after ruble value dives
http://wp.me/pwo1E-86v
December 16, 2014 – Mark Sullivan
http://venturebeat.com/2014/12/16/apple-shuts-down-sales-at-its-russian-online-store-after-ruble-value-dives/

_ VB

Apple turned off sales at its Russian online store due to a sharp fall in the value of the ruble, the company said Tuesday.

ルーブルの急落を受けて、Apple の Russia オンライン・ストアでの販売が停止されたと、この火曜日 (12/16) に同社が発表した。

“Our online store in Russia is currently unavailable while we review pricing,” said Apple spokesman Alan Hely in a statement to Bloomberg. “We apologize to customers for any inconvenience.”

「価格設定の見直しが行われている間、当社の Russia オンライン・ストアは使用できない。顧客に迷惑をかける事になり、申し訳ない」と、Apple のスポークスマンである Alan Hely が Bloomberg で述べている

Image Credit
Eric Blattberg
VentureBeat

The ruble lost 19 percent of its value today, even after the Russian government instituted an interest rate increase to stop the run on the currency. The ruble sank beyond 80 per dollar, and investors began rapidly selling off stocks and bonds.

Russia 政府が通貨危機を止めるために、金利の引き上げを定めたが、現時点で ルーブルは 19% も価値を下げている。現に、対ドル・レートで 80 ルーブルを超えており、投資家たちは株式や債券を、急いで処分している状況にある。

Apple has been adjusting the prices of its products on the site to deal with the ruble valuation shifts. It recently raised the price of the iPhone 6 by 25 percent to account for the change. But the company apparently feels the instability is too great to continue using price adjustments as a remedy.

Apple は、ルーブルの下落に対処するために、同社のサイトにおけるプロダクトの価格を調整している。その変更により、最近では Phone 6 の価格が 25% ほど引き上げられている。しかし、同社は、ルーブルの変動幅が大きすぎるため、対策としての価格調整を継続していく必要があると捉えている。

Apple has said in previous quarterly earnings reports that the strong value of the dollar is creating “headwinds” for the value of its sales overseas. The decline in the value of the ruble only compounded the problem for Apple today.

Apple は、前回の四半期決算レポートの中で、ドル高による逆風が、海外での販売に悪影響を与えていると述べている。ルーブルの価値の下落は、今日における Apple にとって、唯一の複合的な問題となっている。

ーーーーー

すでに iPhone 6 の価格変更は行われているが、膨大なタイトル数で構成されている App Store の調整は簡単ではない、、、ということなのでしょう。 ただし、Google Play については停止という話を聞きませんので、普通に動いているのでしょう。以前に、「そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって!」という抄訳をポストしましたが、クラシカルなセールス・モデルにおける弊害として、テリトリー/割当/手数料が挙げられています。 日本においても、US の Apple App Store からアプリが買えないという不便さがありますが、それも、まったく同じ問題に根ざしているはずです。 これを機に、Apple が方針を変えてくれたら良いなぁ〜〜〜 と思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on December 9, 2014

Facebook Is Seeing More And More App Developers Go Android-First
http://wp.me/pwo1E-85q
Jim Edwards – Nov. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-sees-android-first-app-developer-trend-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Facebook is seeing a trend in Europe of app developers going "Android-first."

Facebook は、ヨーロッパにおけるアプリ開発者の、Android-First へと移りゆく動向を注視している。

That’s significant because for years, Apple’s iOS operating system for iPhone and iPad has been the preferred first stop for any company launching an app. If an app succeeds on iOS, then only later will a company think about making a version for Android. Often months or years later, and sometimes never.

それが、大きな意味を持つのは、この数年にわたり iPhone と iPad で走る Apple の iOS が、あらたなアプリを立ち上げる、あらゆる企業が最初に取り組むプラットフォームとして、不動の地位を維持し続けてきたからである。そして、対象となるアプリ が iOS 上で成功した後にのみ、デベロッパーたちは Android バージョンを考えるというのが常である。多くの場合、それらのアプリの iOS 版と Android 版には、数ヶ月から数年の時間差があり、時には iOS のみというケースもあった。

Stephan Ridgway
Flickr, CC

That’s why Android apps tend to look and feel a bit second-rate compared to the same apps on iPhone — they often are just that. The iOS/Android split is weird because globally 80% of users are on the Android system, yet iOS and its roughly 10% of users are the top priority for developers.

そこに、Android アプリののルック&フィールが、同じアプリの iPhone の二番煎じになりやすい理由があるのだ。そして、実際に、そのようなケースが多々ある。グローバル・ユーザーの 80% が Android システムを利用している一方で、およそ 10% という iOS のシェアが、開発者にとってトップ・プライオリティになっている。 それなのに、iOS と Android のアプリを切り分けるのは、ちょっと奇妙な選択となる。

So it would be dramatic for companies to reverse that trend.

つまり、トレンドが逆転するという、ドラマティックな展開もあり得るのだ。

Yet that is what Facebook is seeing among some companies in Europe, according to Facebook’s Europe, Middle East, and Africa platform director, Julien Codorniou. Developers are beginning to sense that because more people are Android users than Apple users, they’re losing money by working on the smaller iOS platform first, he told Business Insider UK.

しかし、Facebook はヨーロッパにおいて、いくつかの企業の動きを見続けていると、同社の Europe, Middle East, and Africa Platform Director である Julien Codorniou は Business Insider UK に述べている。そして、デベロッパーたちは気付き始めているのだ。Apple ユーザーよりも Android ユーザーの方が多数を占め、また、最初に規模の小さい iOS プラットフォームに対応することで、ビジネス・チャンスを失っていることに。

Historically, Apple has been the preferred platform. Apple’s higher-income users are often more lucrative targets for app advertisers and in-app payments and shopping. It’s also simpler for developers to use, Apple has only one version of iOS running at any one time (the newest one) and the vast majority of Apple users keep their devices updated to the newest version. Android, by contrast, is "fragmented" into several different versions across hundreds of different phones — and all those versions are a headache for developers who must make a separate app tailored for each one.

歴史的にみて、Apple は好ましいプラットフォームだと捉えられている。 Apple のユーザーは高所得者に偏っているため、広告/アプリ/ショッピングを展開する際に、ビジネスのターゲットに成りやすいのである。その一方で、デベロッパーにとっても、取り組みやすい環境となっている。つまり Apple は、常に最新の iOS バージョンのみをプッシュし、大半の Apple ユーザーは最新バージョンにアップデートされたデバイスを手にしている。それとは対照的に、Android は各種のスマホ上の、各種のバージョンとして「断片化」されている。 そして、それらのバージョンごとの、個別アプリを開発する必要性が、デベロッパーにとって頭痛の種となる。

Julien Cordoniou: "People look at the numbers. They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android."

But Codorniou told us Facebook has a team of evangelists encouraging Android developers to use Facebook as a way to build and promote their apps: "As of today, I have four guys from my team in Paris talking to Android developers about the greatness of Parse, Facebook login, app links, app events. It’s a very important bet for us."

しかし、Codorniou が言うには、デベロッパーたちが自身のアプリを構築し、プロモートするための手段として Facebook を活用するよう、Android の開発環境を支援するためのエバンジェリスト・チームがあるようだ。そして、 「現時点において、4人で構成されるチームが Paris にある。そして、Parse/Facebook LogIn/App Link/App Event の素晴らしさを、Android デベロッパーたちに説明している。 それは、私たちにとって、きわめて重要な賭けである」と、私たちに語ってくれた。

Wait, Android developers? Android-first, really?

なぜ、Android デベロッパーなのか? ほんとうに、Android-First を考えているのだろうか?

"People look at the numbers," he says. "They want downloads, installs. They know that the monetization is catching up on Android. Of course iOS is the better platform when it comes to monetization, but it’s easier to update your app on Android. There are many people on an Android phone. … The world you described [in which Apple is dominant] was true a year ago, but I see that things are changing."

彼は、「 開発者たちは、数字に注目している。彼らは、数多くのダウンロードとインストールを望んでいる。そして、Android におけるマネタイズが、iOS を捕まえかけていることを知っている。もちろん、マネタイズに関しては、iOS の方が優れたプラットフォームであるが、Android アプリのアップデートも簡単になっているのだ。周知のとおり、Android フォンには、膨大なユーザー数がある。あなた方が、Apple が支配する世界と説明してきたことは、1年前には本当だったが、物事が変化していることを、私は目にしている」と述べている。

"The vision we have with Parse and with the platform in general is to accelerate the time to market. It should not take you six months to develop from iOS to Android."

そして、「Parse と汎用プラットフォームを活用する、私たちのビジョンにより、出荷までの時間が大幅に短縮される。 iOS から Android に切り替わったとしても、その開発のために、6ヶ月も要することなど、あり得ないはずだ」と、彼は続ける。

"There is a pattern coming from Eastern Europe. The Russian developers develop on Android first because of a big audience, and it maybe being easier to develop. They liked the fact that they could submit a new version of the app every day. [With Apple, you have to get each new version of the app approved before it hits the App Store. There is no version-approval system for Android.] This is a trend that I see and I think it is going to accelerate."

最後に、「 Eastern Europe で生まれた、開発のパターンがある。それは、Russian のデベロッパーたちの進め方であり、多数のユーザーがいる Android の優先順位を上げるが、おそらく容易な開発を実現している。彼らは、新しいバージョンのアプリを、毎日のようにサブミットできる状況を好んでいる。Apple の場合には、App Store に出す前に、それぞれのバージョンについて承認を得なければならない。 しかし、Android では、バージョンに関する承認の仕組みは存在しない。そこに、Android が加速している要因があると、私は見ている」と、彼は述べていた。

Do you work at an app developer that switched to go Android first? Contact Business Insider UK at jedwards@businessinsider.com to tell us your story.

ーーーーー

途上国マーケットを支援するための Internet.org を作り、貧しい人々のためにインターネット環境を整備しようとしている Facebook にとって、Android ファーストへの転換は、きわめて整合性の高い戦略となるはずです。 とは言え、Apple 自体に対してはまだしも、iOS エコシステムを構成するデベロッパーには、気遣うことになりそうですね。 また、Facebook の収益の 66% が、モバイル広告からもたらされていることを考えれば、いずれは Android ファーストになっていくのでしょう。 問題は、そのタイミングですが、いつ頃なのでしょうか? とても気になりますね。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% はモバイルから!
FB+WhatsApp+Instagram のユーザー数は、世界の 1/3 に相当する 22億人だ!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Instagram が史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している

iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく:それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on December 4, 2014

The iPhone 6 Is Killing The Need To Own An iPad
http://wp.me/pwo1E-84x
Jay Yarow – Nov. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/the-iphone-6-is-killing-the-need-to-own-an-ipad-2014-11

_ Business Insider

Pocket, a service that lets people save stories and videos to read/watch later, published data on how user habits are changing thanks to the bigger screens on the iPhone 6.

Pocket とは、ストーリーやビデオを保存した後に、参照や再生を可能にするサービスである。 そんな同社が発表したデータによると、iPhone 6 の大きなスクリーンが要因となり、人々の日常に変化が訪れているようだ。

The iPhone 6 has a 4.7-inch screen, and the iPhone 6 Plus has a 5.5-inch screen. The iPhone 5S has a 4-inch screen. The iPad Air has a 9.7-inch screen, and the iPad Mini has a 7.9-inch screen.

周知のとおり、iPhone 6 のスクリーンは 4.7 inch で、iPhone 6 Plus は 5.5 inch である。 そして、iPhone 5S は 4 inch のスクリーンを有する。 また、iPad Air のスクリーンは 9.7 inch であり、iPad Mini は 7.9 inch となる。

_  space

BII

As you can see in this chart, iPhone 5S users spent just under half of their time reading on the iPad versus the iPhone. But, once they got an iPhone 6, they only spent 28% of their time on the iPad. When they got an iPhone 6 Plus that dropped to just 20% of the time on the iPad.

このチャートは、iPhone と iPad の双方を所有しているユーザーを、調査した結果を示している。そこで確認できるのは、iPhone 5S ユーザーの場合だと、iPad の使用時間が半分弱に達しているという点である。しかし、iPhone 6 へ移行した途端に、iPad を使用する時間は 28% に下がり、さらに iPhone 6 Plus だと、わずか 20% というレベルまで低下する。

If this trend holds for other apps and services, it spells doom for the iPad. If someone only needs an iPad 20% of the time, Apple is not going to sell very many iPads.

もし、この傾向が、その他のアプリやサービスにも広がっているなら、悲運の iPad というシナリオが始まるだろう。 なぜなら、iPad に対するニーズが 20% だけに留まるなら、たくさんの iPad を販売しようとする、Apple の目論見が崩れるからだ。

ーーーーー

iPhone 5S/iPhone 6/iPhone 6 Plus のスクリーン・サイズに応じて、こんなに鮮やかに iPad の使用時間が変化するとは、ちょっとした驚きです。 デバイスのビジネスは難しいですね。 そして、Tablet shipments expected to decline 3.5% in 2015 というトピックにも見られるように、これは、Android にも共通する問題なのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:途上国のインターネットも OK!
Mobile の調査:厄介なエンタープライズを避けて、コンシューマへと流れる開発者
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査の結果
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びている

%d bloggers like this: