Agile Cat — in the cloud

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on July 24, 2014

China excites, Japan disappoints in Apple’s newest earnings
http://wp.me/pwo1E-7H6
July 23, 2014 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/apple-q3-fy2014-earnings-strong-revenue-rise-china/

_ tech in asia

Apple’s (NASDAQ:AAPL) newest financial earnings report (for fiscal 2014 Q3; or April to June in human time) shows stellar growth in China. Here’s Apple’s break-down (PDF) in revenue across Asia-Pacific for the past quarter:

Apple(NASDAQ AAPL)における最も新しい収支報告書 (会計年度 2014 Q3:4月〜6月) には、China での目覚ましい成長が記されている。 以下は、この四半期における Asia-Pacific の売上を、Apple が分析した結果である  (PDF):

Greater China (inc. Hong Kong and Taiwan): US$5.94 billion – up 28% year-on-year

Japan: US$2.56 billion – up 1% year-on-year

Rest of Asia-Pacific: US$2.16 billion – up 6% year-on-year

That amounts to a US$10.66 billion total revenue from across Asia-Pacific for Apple, which is up from US$9.23 billion for those three areas at the same period last year. So Apple’s Asia revenues have grown 15.5 percent in the past 12 months.

つまり、Asia-Pacific 全域から Apple に対して、US$10.66 billion の売上がもたらされたことになるが、それら 3つの地域における昨年同期の売上は US$9.23 billion であったとされる。したがって、Apple のアジアでの収益は、この12ヶ月間で 15.5% ほど成長していることになる。

All those numbers are from a grand total for Q3 of US$37.4 billion across all regions plus Apple’s retail segment. The company’s quarterly net profit was US$7.7 billion. Apple shifted 35.2 million iPhones in the past quarter, along with 13.3 million iPads, 4.4 million Macs, and 2.9 million iPods – but there’s no regional breakdown for those gadgets.

これらの、すべての数字は、Apple の小売部門の Q3 売上を、グローバルで合算した US$37.4 billion に基づいている。そして、同社の四半期純利益は US$7.7 billion となる。そして、台数ベースでは、35.2 million の iPhone と、13.3 million の iPad、4.4 million の Mac、2.9 million の iPod を、この四半期に販売しているが、地域ごとのデータは公表されていない。

China apps boom?

In Apple’s earnings conference call, CEO Tim Cook said (in a summary provided by the WSJ) that iTunes and the iOS App Store were the strongest growth elements for Apple in China. That’s perhaps surprising considering that iTunes has no music or movie offerings in China and is limited to just apps, free ebooks, podcasts (also free), and iTunesU (free).

Apple の収支報告カンファレンス・コールで CEO のTim Cook は、China で Apple が成長する上で、iTunes と iOS App Store は大きな要因になったと述べている(概要を WSJ が提供)。 つまり、iTunes が China に対して Music と Movie を供給せず、また、提供するものが、無償アプリおよび、無料の電子ブック、ポッドキャスト、iTunes U に制限されていることを考えると、おそらく、大きな驚きとなるはずだ。

China’s spending on apps tends to be low. A recent report from App Annie pointed out that China downloads the second largest number of iOS apps in the world after the US, but it still spends less money on them than the much less populated Japan.

China における、アプリへの支出は低迷の傾向にある。App Annie の最新レポートは、China は US に次いで、iOS アプリのダウンロード数で二番手であると指摘しているが、それに対する支出となると、はるかに人口の少ない Japan よりも、少額しか費やしていないのである。

Editing by Paul Bischoff

See: Apple to open new store in Chongqing on July 26 ahead of new retail push in China

ーーーーー

昨日ですが、NHK のニュースも、Apple の増収増益を報道していました。 そして、その推進力になっているのが、アジアのマーケットにおける成長だという、Apple のコメントも付け加えていました。 WWDC では Tim Cook が、中国における Android から iPhone への乗り換えの多さを指摘していましたが、このポストの数字を見ると、大きな成長が達成されたことが裏付けられますね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい

Posted in Apple, Asia, Mobile by Agile Cat on July 23, 2014

WSJ: Apple preparing 70M to 80M combined iPhone 6 units for biggest launch ever
http://wp.me/pwo1E-7GY
July 21, 2014 – By
AppleInsider Staff
http://appleinsider.com/articles/14/07/21/apple-preparing-70m-to-80m-combined-iphone-6-units-in-biggest-ever-iphone-launch-ever-

_ apple insider

Apple has reportedly asked partner suppliers in Asia to ramp up mass production of expected 4.7- and 5.5-inch "iPhone 6" models, with combined orders for both versions amounting to between 70 million and 80 million units.

伝えられるところによると、Apple はパートナーである Asia のサプライヤーたちに、4.7-inch と 5.5-inch と思われる iPhone 6 の両モデルを、量産するための指示を出したようだ。なお、双方のバージョンを合わせると、7000万〜8000万台にものぼる、発注の規模になるという。

"iPhone 6" and "iPhone 6c"
concepts by
Martin Hajek.

Citing sources familiar with the matter, The Wall Street Journal reports Apple is asking suppliers to produce between 70 million and 80 million 4.7-inch and 5.5-inch iPhone 6 models by the end of December, the biggest initial handset order in company history.

この件に精通している情報筋を引き合いに出すかたちで、The Wall Street Journal がレポートした内容によると、12月の終わりまでに Apple は、4.7-inch と 5.5-inch のモデルを合わせて、7000万〜8000万台もの iPhone 6 を製造したいと、サプライヤーたちに要求しているようだ。 同社の歴史の中で、このハンドセットの発注規模は、最大級のイニシャル・オーダーとなる。

As noted by the publication, the supposed order is much larger than the initial production run for combined iPhone 5s and 5c models, which came out to between 50 million and 60 million units in 2013.

今回の公表でも指摘されているように、想定されるイニシャル・オーダーの量は、2013年 の iPhone 5s/5c のときの 5000万〜6000万台と比べて、はるかに大きなものとなる。

In addition to the expectedly large launch offering, or offerings, Apple is reportedly asking suppliers to ready components for up to 120 million iPhones by the end of 2014 to compensate for possible display failures. With larger 4.7-inch and 5.5-inch screens, display makers are said to be seeing yield issues due to the inclusion of advanced in-cell touch technology. The overall figure is huge compared to last year, which saw Apple prepare parts for 90 million iPhones for its supply chain, sources said.

予想どおりの大規模なローンチに加えて、伝えられるところによると Apple は、ディスプレイの歩留まりを補正するために、この iPhone 用のコンポーネントを、2014年末を期限として 120万台分まで準備するよう、サプライヤーたちに求めているようだ。なお、4.7-inch と 5.5-inch という大型のスクリーンを採用することで、高度なセルタッチ・テクノロジーの取り込みが必要となり、また、ディスプレイ・メーカーたちは歩留まりの問題を気にしていると言われている。 全体的な発注量は、昨年と比べて大規模になっており、Apple は 9000万台の iPhone のための部品をサプライ・チェーンに要求していると、その情報筋は述べている。

It appears Apple may already be experiencing manufacturing delays, however, as the people said Foxconn and Pegatron are expected to start production of the 4.7-inch version in August. Foxconn is supposedly responsible for all 5.5-inch iPhone 6 orders and will begin manufacturing the "phablet" in September, suggesting the handset will not see release until October at the soonest.

そこから推測されるのは、すでに Apple は、製造ラインの遅れに悩まされているという可能性である。しかし、Foxconn と Pegatron は、8月から 4.7-inch の製造に入るだろうと、情報筋は述ている。また、Foxconn は、すべての 5.5-inch iPhone 6 の製造に責任を持っているはずであり、このファブレットの製造を 9月から開始するが、そのリリースは早くても 10月になると思われる。

The report contrasts a recent rumor that pegged iPhone 6 production to begin this week for the smaller version, while the larger next-gen model would hit the assembly line in August.

このレポートは、今週からの 4.7-inch の生産と、8月からの 5.5-inch の生産の開始という、最近のウワサを否定するものとなっている。

ーーーーー

一連のウワサを詳細まで見ているわけではありませんが、いつもの年より前倒しで、新しい iPhone をリリースというのは、ちょっと難しそうな感じですね。 このところ、台湾のマニュファクチャについても情報を漁っているのですが、大型スクリーンに関しては、歩留まりの問題もさることながら、製造が追いついていないという感じもします。 ひょっとすると、 Apple と Android 勢の間で、生産ラインの取り合いになっているのかもしれません。 これからも、いろいろなウワサが溢れ出てくるでしょうが、それを年中行事として楽しみたいと思っています。 :)

ーーーーー

<関連>

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
どうやら、Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?
Apple の 投資筋が iPhone 6 を熱望する理由:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
腕利きのアナリストが、Apple と iPhone 6 について分析する

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on July 16, 2014

This Chart Shows How Incredible And Important Apple’s iPhone Business Is For Apple
http://wp.me/pwo1E-7FM

Jay Yarow – Jul 15, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-apples-revenue-2014-7

_ Business Insider

Analyst Jan Dawson of Jackdaw Research has a giant new report on Apple. In the report, he includes the following chart which is pretty breath taking.

Jackdaw Research のアナリストである Jan Dawson が、Apple に関する重要なレポートを提供している。 その中でも、彼が作成した以下のチャートには、思わず息を呑む。

_  space

Jackdaw Research

You can see how the iPhone has just taken off as a business for Apple. You can also see why everyone thought the iPad was going to do the same until it suddenly, unexpectedly hit a wall.

Apple のビジネスとして、どのように iPhone が離陸したかのを、あなたも確認できるだろう。そして、素晴らしい勢いで飛び立った iPad も、予期せぬ壁に突然ぶつかるまでは、同じような状況にあったことも。

ーーーーー

これまでにも、iPad が iPhone のように成長していかないと、いくつかの記事が指摘していましたが、こんなふうに売上ベースで、分かりやすくマトメているチャートは初めて見ました。 どう見ても、Apple の売上の半分くらいを iPhone が稼ぎ出し、その依存度がますます高まっている状況が見えてきます。 それに続くという意味で、iPad が期待されていたのでしょうが、スマホとタブレットの間には、超えられないカベが存在するようです。IBM との提携により、エンタープライズ市場を開拓しようとする、Apple の決断の裏側には、こんな背景もあるのでしょう。

ーーーーー

<関連>

iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
iPad のシェアは、いつまでトップを維持できるのか? それを示す1枚のチャート
iPad の グローバル・シェアが 30% を切ってしまった : どう巻き返す?
iPad の減速を チャートで分析 : なぜ、iPhone のように成長できないのか?
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Research by Agile Cat on July 14, 2014

CHART OF THE DAY: Android Leads iOS In Several Key Regions — Except Japan
http://wp.me/pwo1E-7EY
Dave Smith – Jul. 9, 2014
http://www.businessinsider.com/-android-leads-ios-in-several-key-regions-2014-7

_ Business Insider

As we mentioned in Tuesday’s Chart Of The Day, Android is far behind iOS in terms of mobile web traffic, but Google’s open operating system still maintains a strong lead over Apple’s mobile platform in terms of global market share of smartphone sales.

火曜日の Chart Of The Day で示したように、モバイル Web トラフィックの観点では、Android は iOS に大きく遅れをとっている。 しかし、この Google オープン・オペレーティング・システムを、グローバルにおけるスマートフォン販売の観点で見ると、Apple のモバイル・プラットフォームに対して、強烈なリードを保持していることが分かる。

_  space

Statista

Thanks to the latest data from Kantar Worldpanel charted for us by Statista, you can see how Android has maintained a clear advantage in several major regions over the last three months, including the U.S., China, and five prominent EU countries including Germany, France, Spain, Italy and the UK. But, by a narrow margin, Apple’s iOS is still more popular than Android in Japan, which is one of the leading nations in terms of science and technology R&D.

Kantar Worldpanel による最新データを、Statista がチャートにしてくれたことに感謝しなければならない。 この 3ヶ月の間、いくつかの主要マーケットにおいて、どれほど Android が優位性を維持しているのか、それを容易に確認できる。U.S. と China だけではなく、EU の主要 5カ国である、Germany/France/Spain/Italy/UK が、その中に含まれる。しかし、僅差ではあるが、Japan においては、Apple の iOS の方が Android よりも優位となっている。 言うまでもなく、同国は科学技術の研究開発の面で、世界の主要国の一角を占めている。

ーーーーー

先日に、「 アメリカの iOS は Android を寄せ付けない 」という抄訳をポストしましたが、アメリカ市場におけるデバイス数を比較すると、こんなに Android の方が多いのに、トラフィックは iOS が圧勝という、とても混沌とした状況にあることが分かります。 その理由を知りたいと、以前から情報をあさってはいるのですが、まだ、見つかりません。 この2つの OS の、平均的ユーザーのプロファイルを比較すると、とても興味深い事実が明らかになると思うのですが・・・ 

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る:それを示す1枚のチャート
世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

どうやら、Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on July 12, 2014

Apple Has Relaunched Its ‘Secret’ eBay Store To Unload Refurbished Phones
http://wp.me/pwo1E-7EF

Sam Colt – Jul. 8, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-relaunches-secret-ebay-store-2014-7

_ Business Insider

If you’re looking to score an iPhone 5 on the cheap, head on over to eBay immediately.

もし、あなたが、格安の iPhone を探しているなら、すぐに eBay へ行ってみるべきだ

Apple’s eBay store — which undercuts the prices on Apple’s online store — appears to be back up, according to TechCrunch. The store originally appeared in October 2012.

TechCrunch によると、それは Apple の eBay ストア であり、正式なオンラインストアよりも低価格で販売するという働きを持っているようだ。 このストアは、2012年 10月にも登場している。

It makes sense that Apple might link arms with eBay once again. Apple doesn’t sell refurb phones online, but with the iPhone 6 on its way this fall, the company could be looking to rid itself of excess inventory.

Apple が eBay に対して、再びリンクしたとしても、それは理にかなっている。Apple のオンライン・ストアでは、リファービッシュ製品を販売していないが、この秋に iPhone 6 を発売する準備として、その過剰な在庫を処分している可能性があるのだ。

Right now a refurbished, unlocked 64GB iPhone 5 can be yours for $499. You can’t buy an iPhone 5 from Apple anymore; they discontinued it when the iPhone 5C came out. Black 32GB models are going for $479, also unlocked.

いまならば、 iPhone 5 の Unlocked 64GB リファービッシュが、$499 であなたのものになる。iPhone 5C  の登場と同時に、Apple は iPhone 5 を止めたので、すでに他所では販売されていない製品となる。また、同じく Unlocked バージョンの、32BG Black モデルなら $479 である。

In fact, all of the phones in eBay stores are unlocked GSM models, meaning you can take them to a carrier like AT&T or T-Mobile and sign up for a plan.

実際のところ、eBay で販売されている iPhone は、すべてが Unlocked GSM モデルである。つまり、AT&T や T-Mobile といったキャリアであれば、そのプランを契約することで、使いはじめることが可能になる。

It’s still unclear if this is a legitimately Apple-run store, but these refurbs come fully tested and in good condition. They even include a one-year warranty.

このストアが、Apple により運営されているのかどうかは、依然として不明であるが、一連のリファービッシュ製品は厳格なテストを通過し、新品同様というものらしい。 さらに言えば、1年間の保証も含まれているのだ。

ーーーーー

まだ、誰も手を触れていない iPhone 5 が、リファービッシュという扱い方で処分されるのでしょうかね? その、eBay のページを見てみましたが、たしかに、Apple による検査が行われ、また、Apple 自身が1年間の保証を行うというふうに読めます。 言い換えれば、もし Apple の関与なしに、このような eBay ストアを運営するなら、すぐに訴えられてしまうはずです。まぁ、いずれにしても、iPhone 6登場の前触れであることに間違いはありません。 楽しみにですね!

ーーーーー

<関連>

Apple の 投資筋が iPhone 6 を熱望する理由:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
腕利きのアナリストが、Apple と iPhone 6 について分析する

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on July 11, 2014

CHART OF THE DAY: iOS Continues To Dominate Android In Web Traffic
http://wp.me/pwo1E-7Ey

Dave Smith – Jul. 8, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-ios-continues-to-dominate-android-in-web-traffic-2014-7

_ Business Insider

As has been the case for the last few years, Apple’s mobile operating system has remained dominant in the U.S., successfully fending off Android, Windows 8, and others in terms of market share of mobile web traffic.

この数年の間において、Apple のモバイル・オペレーティング・システムは、U.S. のマーケットを支配し続けている。つまり、モバイル Web トラフィックという観点において、Android や Windows 8 などの追撃を、かわし続けているのだ。

_  space

Statista

According to the latest data from Quantcast and Wall Street firm Piper Jaffray — charted for us by Statista — iOS is still responsible for the lion’s share of mobile web traffic, accounting for 60%. Android, meanwhile, has increased its web traffic market share from a year ago from 29% to 33%, but it still has a long way to go before it can catch up to Apple.

Wall Street グループの Piper Jaffray および、Quantcast からの最新データを、Statista がチャートにしてくれた。それによると、依然として iOS のモバイル Web トラフィックは、全体の半数以上となる 60% を占めている。その一方で Android は、前年の 29% から 33% へと、Web トラフィックのシェアを増やしている。しかし、Apple に追い付けるかとなると、まだまだ長い道のりを残している。

It’s important to note, however, that Android is dominating iOS when it comes to market share of global sales, with Android owning north of 81% while iOS only accounts for about 13% of all smartphones sold around the world, according to IDC.

それは、きわめて重要な指摘であるが、IDC によると、グローバルにおけるモバイル・フォンに関しては、Android が販売量を支配している。つまり、Android の 81% に対して、iOS のシェアは 13% 程度に過ぎないのだ。

ーーーーー

これとは別の、デバイスの販売量を示すデータでは、アメリカ市場でも Android が優位に立っていますが、Web トラフィックとなると、iOS の支配が続いているようです。 従量制の課金へ移行してしまったアメリカのモバイル市場では、iPhone を所有する富裕層の人々が、使いたいだけトラフィックを消費し、その結果が、こうした数字に現れているとでも言うのでしょうかね?  3年ほど前のことですが、OCP Summit で NY に行ったときの地下鉄で、スマホを触っているヒスパニック系やアフリカ系の人たちの手元を覗いてみると、その大半が Android だったことを思い出しました。もちろん、複数の要因が絡み合った結果なのでしょうが、とても興味深い現象です。

ーーーーー

<関連>

Apple が Google を攻める 米国スマホ市場 : それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る:それを示す1枚のチャート
世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!

Posted in Apple, Research, Wearable by Agile Cat on June 28, 2014

Here’s What People Would Pay For The iWatch
http://wp.me/pwo1E-7CP
Lisa Eadicicco – Jun. 25, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-iwatch-price-predictions-2014-6

_ Business Insider

Although Apple is expected to release its first smartwatch later this year, the truth is we still don’t know anything about the device — including how much it will cost. What we  can estimate, however, is how much people are willing to pay for it.

今年の後半には、Apple から初のスマートウォッチが発売されるようだが、何が真実なのかとなると、価格も含めて、このデバイスについては、まったく分からないという状況にいる。しかし、何かを推定することは可能である。 つまり、いくらまでなら、それに対して人々は、喜んで対価を支払うのかという仮説である。

_  space

Business Insider/Statista

Earlier this week, investment firm Piper Jaffray published results from a study which found that most adult consumers wouldn’t be interested in buying an iWatch for $350. The firm then asked respondents how much they would consider paying for an iWatch.

今週の初めになるが、投資会社である Piper Jaffray が、そんな調査の結果を発表した。そして、もし iWatch が $350 だったら、ほとんどの人々が、興味を示さないだろうということが分かった。続いて同社は、いくらなら、iWatch に支払う気になるのかと、回答者たちに尋ねた。

While most consumers said they wouldn’t purchase one regardless of the price, more than 30% said they would buy the iWatch if it fell in the $100-$200 price range. Only 10% said they would buy the watch if it was priced at $100 or less, as shown in the chart from Statista posted below.

最も多い回答は、その価格が安かろうが高かろうが、購入しないだろうというものだった。次に多かったのは、$100〜$200 であれば、iWatch を買うだろうという回答だった。また、$100 以下なら購入すると言う人々は、10% しかいなかった。 このチャートに示されるように、Statista が調査結果をマトメてくれた。

ーーーーー

なんとなく、回答者の気持ちが分かる、調査の結果です。 実は、Agile_Cat も Sony SmartWatch 2 を、香港の通販サイトで狙って居るのですが、ズルズルと 1万8000円くらいまで下がってきたので、「もう一声」を待っているという状況なのです。 W杯記念の、ブラジル・カラーのベルトのものは、すでに 1万5500円 まで来ているのですが、それだと恥ずかしくて使えません。 やはり目立たない、黒が良いです。 これは、Android ウォッチの話しなので、iWatch だと、もっと高くても売れるのかと思っていましたが、みなさん、考えることは同じようですね :)  なお、調査の母数は 100人とのことなので、かなり簡易的なものだと思います。 しかも、投資会社がアクセスできる 100人ですから、実際には、もう少し安い方へと、回答者の立ち位置は振れるのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley
Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得/年末までに 6500万台を販売?
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です

%d bloggers like this: