Agile Cat — in the cloud

Hadoop 2 がリリースされた : MapReduce から YARN へ移行

Posted in .Selected, Apache, Big Data, Google, Hadoop, MapReduce by Agile Cat on October 17, 2013

Apache Software Foundation unveils Hadoop 2, replacing MapReduce with YARN
http://wp.me/pwo1E-6MQ

Loek Essers, IDG News Service @loekessers – Oct 16, 2013
http://www.pcworld.com/article/2055140/apache-software-foundation-unveils-hadoop-2-replacing-mapreduce-with-yarn.html

image

The Apache Software Foundation unveiled its latest release of its open source data processing program, Hadoop 2. It runs multiple applications simultaneously to enable users to quickly and efficiently leverage data in multiple ways at supercomputing speed, Apache said Wednesday.

Apache Software Foundation が、そのオープンソース・データ処理プログラムである、Hadoop 2 の最新リリースを発表した。水曜日の Apache の説明によると、マルチ・アプリケーションの同時実行が達成されることで、ユーザーは各種の方式を用いて、しかもスーパー・コンピューターの速度で、そのデータを迅速かつ効率よく活用できるようになる。

Apache Hadoop is a framework that allows for the distributed processing of large data sets across clusters of computers using simple programming models. It enables organizations to more efficiently and cost-effectively store, process, manage and analyze the growing volumes of data being created and collected every day.

Apache Hadoop は、シンプルなプログラミング·モデルを用いて、しかもコンピュータやクラスタを横断するかたちで、大規模データの分散処理を実現するフレームワークである。それにより、毎日のようにデータを収集/作成していく組織は、増え続ける情報の保存/処理/管理/分析を、効率よく低コストで達成していける。

Hadoop is deployed at enterprise organizations around the globe, including Amazon Web Services, AOL, Apple, eBay, Facebook, Netflix and Hewlett-Packard.

現時点において Hadoop は、Amazon Web Services/AOL/Apple/eBay/Facebook/Netflix/Hewlett-Packard といった、世界中のエンタープライズに展開されている。

The latest version of the platform, released Wednesday, has been more than four years in the making and has a number of new components. Most notable is the addition of YARN, (Yet Another Resource Negotiator), which is a successor to Hadoop’s MapReduce. The new version splits major functions into two separate daemons, with resource management in one, and job scheduling and monitoring in the other.

水曜日にリリースされた、このプラットフォームの最新バージョンは、その製作に 4年以上の歳月をかけ、また、いくつかの新しいコンポーネントを取り込むものとなる。その中でも、最も注目すべきは、Hadoop における MapReduce の後継者となる YARN(Yet Another Resource Negotiator)である。この新バージョンでは、主要な機能を、2つの Deamon に分割している。その 1つは、Resource Management であり、もう 1つは Job Scheduling and Monitoring となる。

Apache Software Foundation

YARN sits on top of the HDFS (Hadoop Distributed File System) and serves as a large-scale, distributed operating system for big data applications, enabling multiple applications to run simultaneously for more efficient support of data throughout its entire lifecycle, Apache said in a news release. Hadoop 2 and YARN gives users the ability to mix batch, interactive and real-time workloads within a stable foundational part of the Hadoop ecosystem, it said.

YARN は HDFS(Hadoop Distributed File System)の上に配置され、Big Data アプリケーションのための、大規模/分散オペレーティング・システムとして機能する。 それにより、ライフサイクル全体を通して、データを効率よくサポートとしていく、マルチ・アプリケーションの同時実行が可能となると、Apache はニュース・リリースで述べている。 そして、Hadoop 2 と YARN がユーザーに提供するものとして、バッチ/インタラクティブ/リアルタイムのワークロードなどを混在させる能力を、Hadoop エコシステムの安定した基盤を用いて実現することを挙げている。

Apache also refers to YARN as MapReduce Version 2. It retains API compatibility with the previous version, and applications written for MapReduce will run on YARN if recompiled, the foundation said.

また、Apache は YARN について、MapReduce の Version 2 だとしている。 つまり、これまでのバージョンとの API 互換を保持し、再コンパイルさえすれば、MapReduce 用のアプリケーションを YARN 上で実行できると、同ファンデーションは述べている。

More than a dozen Apache projects integrate with Hadoop, and ten more are about to follow, Apache said.

1ダース以上の Apache プロジェクトが Hadoop と統合されているが、その大半が、新たなプラットフォームに移行すると、Apache は述べている。

The General Availability (GA) release of Hadoop 2 follows a preview distribution that was released in June, that also included YARN. Apache Hadoop 2 will be released under the Apache License v2.0.

Hadoop 2 の General Availability (GA) リリースは、6月にリリースされたプレビューに、つまり YARN が含まれていたディストリビューションに従うものとなる。なお、Apache Hadoop 2 は、Apache License v2.0 の下でリリースされる。

ーーーーー

image Hadoop に関するポストというと、かなり久々のことなのですが、当然のものとして、広く浸透していることの、証明なのかもしれません。 昨年の、Apple Maps 騒動のときに、Wired が 面白い記事をポストしていました。 そこには ーーー このバトルの背景は、たった 2つの言葉で説明できる。 つまり、Google は Big Data を使いこなし、その一方で Apple は、Big Data を急いで準備している段階にある。ーーー という、とても分かりやすい一文が記されていました。そして、Hadoop も、ついに新世代なのですね。 ほんと、期待大です!image

ーーーーー

<関連>

IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
Facebook と Hadoop : どのように 100 Peta Byte ハンドリングするのか?
Facebook にストアされた 100 PB イメージ・データは、写真にすると 6,660 億枚になる!
ついに、Hadoop for Windows がデビューするらしい
Hadoop 王国は、戦国時代へと 突入する?

 

Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう

Posted in .Selected, Apache, PaaS, VMware by Agile Cat on March 19, 2013

Cloud Foundry faces fear of forking
http://wp.me/pwo1E-5MS

By
Barb Darrow – Feb. 27, 2013
http://gigaom.com/2013/02/27/cloud-foundry-faces-fear-of-forking/

_ Gigaom

Summary: Forking of open-source projects can be good or bad. Developers love freedom of choice but big customers fear lack of compatilbility. In either case the prospect of a Cloud Foundry fork is worth examining.

Summary: オープンソース・プロジェクトにおけるフォークは、良し悪しである。 開発者にとって選択の自由は魅力であるが、大口の顧客は互換性の欠落を恐れる。 いずれにしても、Cloud Foundry のフォークに関する見通しは、調べてみる価値を持っているようだ。

ーーーーー

photo: Flickr / Marshall Astor Food Fetishist

The rumblings have been around for weeks but now they’re breaking the surface: Cloud Foundry, the open source platform-as-a-service framework faces a bit of an insurrection. Several vendors, such as AppFog, ActiveState, Tier 3, Uhuru, etc. — have built PaaSes atop the framework and some have quietly been mulling forking the Cloud Foundry code, citing lack of clarity about the project’s future.

何週間も前から不満が募っていたようだが、いまでは、それが表面化している。つまり、PaaS である Cloud Foundry フレームワークに、ちょっとした反乱が生じているのだ。 たとえば、AppFog/ActiveState/Tier 3/Uhuru などののベンダーは、このフレームワーク上に、いくつかの PaaS を構築している。そして、Cloud Foundry の将来が不明確であることを引合いに出し、このプロジェクトからのフォークを、静かに検討しているところだ。

The attraction of the multi-vendor Cloud Foundry effort is that, in theory, it would provide customers an array of compatible PaaSes from different vendors. If they don’t like their experience with one, they can move their code elsewhere. But now the prospect of a “fork” looms with some other vendors thinking of splitting off and doing their own iterations. Worst case scenario: that could negate any promise of compatibility. And that raises the old bugaboo of vendor lock-in which even PaaS providers say has restricted business demand for PaaSes.

論理的にみて、マルチベンダーによる Cloud Foundry を促進してきたものは、それぞれのベンダーから顧客に提供される、一連の PaaSes が互換性を有している点に集約される。 もし、顧客が、何らかのエクスペリエンスが気に入らないのなら、彼らは他の PaaS へとコードを移動することが可能だ。 しかし、いま、それぞれのベンダーが分離し、それぞれのイテレーションを実施していくという、フォークの兆候が、ぼんやりと現われてきた。 最悪の場合、互換性に関するあらゆる約束すら、否定される可能性がある。 そして、さらに、それぞれの PaaS プロバイダが、そのビジネス・デマンドを制約してしまうと、昔からの心配の種である、ベンダー・ロックインの可能性も生じてくる。

Some background: late last year, VMware turned over the Cloud Foundry effort and related projects to the Pivotal Initiative spinoff. Since then some of the third-party Cloud Foundry crowd have complained that they have not gotten information  they need from Pivotal. And, they worry that Pivotal or VMware will push its own commercial, competitive version of Cloud Foundry. And so they privately discussed forking the Cloud Foundry code. Any fork or forks raises the specter of a fractured standard.

いくつかの背景:昨年の終わり近くに、VMware は Cloud Foundry の活動と、それに関連しするプロジェクトを、Pivotal Initiative に引き渡すことで、スピンオフした。 そのときから、Cloud Foundry のサードパーティーたちは、必要とされる情報が Pivotal から得られないと、不平を言い始めた。 そして、さらに、Cloud Foundry と競合する商用バージョンを、Pivotal あるいは VMware がプッシュすることを心配している。 したがって、彼らはプライベートな範囲で、Cloud Foundry コードのフォークについて議論している。 ただし、あらゆるフォークが、スタンダードの崩壊という不安を高めていく。

Sinclair Schuller, CEO of Apprenda, a non-Cloud Foundry PaaS, raised a ruckus last week when he posted his take on the impact of any fork or forks on Cloud Foundry. (Long story short: it will be bad for customers, Schuller wrote.) That caused a kerfuffle which Redmonk analyst Stephen O’Grady addressed in his blog post. O’Grady tried to downplay the negative impact of forks, writing:

先週(2月下旬)のことだが、Apprenda(非 Cloud Foundry PaaS) の CEO である Sinclair Schuller は、Cloud Foundry におけるフォークの影響について自身の見解を示し、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 (簡潔に言うと、顧客にとって良くないことになると、Schuller はのべている) それが、Redmonk のアナリストである Stephen O’Grady を刺激し、彼のブログ・ポストにより、さらなる騒動がもたらされた。 O’Grady は、以下の文章により、フォークに対するネガティブな影響を軽視しようとした:

“We reject the notion that forking is an undesirable outcome. Forking is, to the contrary, provably beneficial to modern open source projects – at least from a developmental perspective.”

私たちは、フォークが望ましくない結果をもたらすという概念を、受け入れない。 それとは反対に、少なくとも開発という視点から見ると、近代的なオープンソース・プロジェクトの有益性として、フォークのメリットは証明されている。

But O’Grady also conceded that, because Cloud Foundry is not licensed under the General Public License (GPL) — as Linux was — it faces different issues;

その点については、O’Grady も認めている。 なぜなら、Cloud Foundry は Linux とは異なり、General Public License(GPL)の下でライセンスされていなからだ。 そして、それらとは、異なる問題に直面すると言う;

“Compatibility, ultimately, is the key to determining whether the forks which are so beneficial to development are a problem for customers. Java, for example, had multiple distinct implementations, which ensured competition and thus continued innovation to benefit customers.”

最終的には、互換性が最大の判断材料になる。つまり、フォークが、開発において大きなメリットをもたらすか、顧客に問題をもたらすかという点だ。 たとえば Java は、多様なインプリメンテーションを持ち、それが競争をもたらし、顧客にとって有益なイノベーションを継続してきた。

In his own blog post, cloud pundit Ben Kepes cites “tensions in the Cloud Foundry world, ” and maintains the possibility of a fork should concern customers.

彼は自身のブログ・ポストで、クラウド学者である Ben Kepes の発言として、「Cloud Foundry の世界における緊張」という言葉を引合いに出し、また、顧客を立場を考慮して、フォークの可能性を論じるべきだと主張している。

“Quite simply a fork, or even worse multiple forks, too early in a project is a sign of bad governance and questions the validity of the entire initiative. Let me reiterate – these are very early days and any doubt that factions in the community sow in end users minds are wildly damaging to the community. This is especially the case since, from what I’m hearing, some of the conversation around forking is happening for all the wrong reasons – it comes down to vendors making the right decisions for the right reasons.”

率直に言って、プロジェクトの早期におけるフォークは、さらに言えば複数のフォークは、イニシアチブ全体の妥当性という観点から、ガバナンスの面で悪影響をもたらす。 繰り返しになるが、いまは、きわめて初期の段階にある。 そして、このコミュニティには多様な派閥があると、エンドユーザーに疑念をもたらすような行動は、このコミュニティに損害を与えるだろう。 とりわけ、このケースにおいて、私が聞いた範囲では、いくつかのフォークに関する議論が、不適切な理由から生じているのが気になる。 つまり、ベンダーにおける適切な理由に対して、適切な判断を下すことで、フォークは実施されるべきである。

I’ve asked Cloud Foundry and some of the third-party PaaS providers for comment and will update this when they get back to me.

私は、Cloud Foundry と、この PaaS のサードパーティー・プロバイダーに対して、コメントを求めている。 そして、回答があったなら、アップデートしていきたいと思っている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこの記事を読む限りでは、Cloud Foundry を推する立場にある Pivotal Initiative から、情報が出てこないのでデベロッパーたちが、フォークについて議論し始めているという感じですね。 そして、Pivotal が、もっとシッカリするなら、あえてフォークすることもないという論調だと感じます。これまでの経緯を考えても、もっと VMware が、舞台裏で頑張らるべきであり、また、それが不可能なら Apache に出してしまうとか、別の道を考えるべきなのでしょうね。 この動きは、引き続き、追いかける必要があると思っています。image

ーーーーー

<関連>

VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Cloud Foundry が .NET をサポートする!

ついに、Hadoop for Windows がデビューするらしい

Posted in .Selected, Apache, Big Data, Hadoop, Microsoft by Agile Cat on February 26, 2013

Hortonworks and Microsoft bring open-source Hadoop to Windows
http://wp.me/pwo1E-5GD

By
Barb Darrow – Feb 25, 2013
http://gigaom.com/2013/02/25/hortonworks-and-microsoft-bring-open-source-hadoop-to-windows/

_ Gigaom

Summary: Hortonworks Data Platform for Windows, now in beta, brings Hadoop to Excel and SQL Server (and vice versa.)

Summary: Hortonworks Data Platform for Windows はベータの段階にあるが、Excel と SQL Server に Hadoop をもたらすものとなる(その逆の見方もある)。

ーーーーー

imageThere’s probably no better way to open up big data to the masses than making it accessible and manipulatable — if that’s a word — via Microsoft Excel. And that ability gets closer to reality Monday with the beta release of Hortonworks Data Platform for Windows. The product of a year-old collaboration between Hortonworks and Microsoft is now downloadable.  General availability will come later in the second quarter, said Shawn Connolly, Hortonworks’ VP of corporate strategy,  in an interview.

Big Data を大衆に広めるという話しなら、Microsoft Excel を介して、そこへのアクセスを容易にし、また、操作しやすくする以上に、良い方法は無い。 そして、月曜日の Hortonworks Data Platform for Windows ベータのリリースにより、その機能の実現に近づいた。 Hortonworks と Microsoft による、1年間のコラボレーションの結果が、すでにダウンロードできるようになっている。  その全体が利用可能になるのは、Q2 の広範囲なるだろうと、 Hortonworks の VP of Corporate Strategy である Shawn Connolly が、インタビューに答えている。

The combination should  make it easier to integrate data from SQL Server and Hadoop and to funnel all that into Excel for charting and pivoting and all the tasks Excel is good at, Connolly added.

この組み合わせにより、SQL Server と Hadoop からのデータを統合し、その結果を Excel に流しこむことが容易になる。 そして、Excel の得意とする、作図やピボットといった作業で、それらのデータを利用できる、と Connolly は付け加えている。

imageHe stressed that this means the very same Apache Hadoop distribution will run on Linux and Windows. An analogous Hortonworks Data Platform for Windows Azure is still in the works.

さらに、彼は、同じ Apache Hadoop ディストリビューションが 、Linux と Windows で走ることになると強調している。 それと同様に、Hortonworks Data Platform for Windows Azure  が、開発の途上にある。

Microsoft opted to work with Hortonworks rather than to continue its own “Dryad” project, as GigaOM’s Derrick Harris reported a year ago. Those with long memories will recall this isn’t the first time that Microsoft relied on outside expertise for database work. The guts of early SQL Server came to the company via Sybase.

GigaOM の Derrick Harris が 1年前にレポートしたように、Microsoft は独自の「Dryad」プロジェクトを継続するより、Hortonworks と協調する道を選んだ。 昔のことを知っている人々は、社外のデータベース・エキスパートに Microsoft が依存することは、決して初めてのことではないと、思い出すだろう。 初期の SQL Server は、その内容を、Sybase に依存していたのだ。

The intersection of structured SQL and  unstructured Hadoop universes is indeed a hotspot, as Derrick Harris reported last week, with companies including Hadoop rivals Cloudera and EMC Greenplum all working that fertile terrain. That means Hortonworks/Microsoft face stiff competition. This topic, along with real-time data tracking, will be discussed at GigaOM’s Structure Data conference in New York on March 20-21.

Derrick Harris が先週に取り上げたように、構造化された SQL と、非構造の Hadoop が交わる点は、ほんとうの意味でホット・スポットである。そして、Hadoop のライバルである、Cloudera や EMC Greenplum などが、その興味深い領域に取り組んでいる。 それは、Hortonworks / Microsoft 連合軍が、厳しい戦いに直面することも意味する。 このトピックおよび、リアルタイム・データ・トラッキングは、3月 20-21日に New York で開催される、GigaOM Structure Data カンファレンスで解説される。

Upcoming: Structure:Data, Mar. 20-21, 2013, New York, Register by March 1 and save $200! More upcoming conferences.

Related research

ーーーーー

TAG indexこの Hortonwoks の Hadoop ですが、どのような形で Microsoft がまとめ上げるのか、とても気になっていました。Windows Azure の一部として、クラウドだけに特化するのであれば、Windows へのポーティングは不要です。 しかし、オンプレミスを前提とした、パッケージ化を考えるなら、Windows 版の Hadoop が不可欠です。 まぁ、どちらかをハッキリさせてというより、中庸をめざして、まずは、パッケージ化を進めていくという判断なのでしょう。いずれにせよ、OSS とは言え、Google の頭脳から生まれた Hadoop を、へんな拘りをもたずに、Microsoft が使うというのは、とても良いことだと思います。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Microsoft が発表した、OSS ベースのクラウド・サービスとは?
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
Facebook と Hadoop : どのように 100 Peta Byte ハンドリングするのか?
Hadoop 王国は、戦国時代へと 突入する?

 

世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

Posted in .Selected, Apache, Linux, Microsoft, Research, Strategy by Agile Cat on June 12, 2012

75% of top 10k websites served by open source software
http://wp.me/pwo1E-4jc
Posted in
Main on May 22nd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/22/75-percent-top-10k-websites-served-by-open-source-software/

_ pingdom

We have analyzed the top 10,000 websites in the world to find out what web server software they are running. Here is what we found out.

私たちは、世界中の Top-10,000 の Web サイトを分析し、そこで運用されている Web サーバー・ソフトウェアを調べてみた。 そして、私たちが見つけ出したものを、以下に記していく。

First of all, it is clear that open source software rules the roster. This largely thanks to two massively popular open source projects: The Apache web server, and the nginx web server. Together they account for at least 61% of the top 10k sites.

まず最初に、オープンソース・ソフトウェアが、この世界を支配していることが明らかになった。 それは、大いに人気を博している、2つのオープンソース・プロジェクトである、Apache Web サーバーnginxWeb サーバーの功績である。 それらを合わせると、Top-10000 サイトの 61% を占めることになる。

The main competitor to these is Microsoft’s IIS, with just under 14% of the sites. IIS, needless to say, isn’t open source.

最大のコンペティタは  Microsoft の IIS であるが、そのシェアは 14% 弱にとどまっている。 言うまでもなく、IIS はオープンソースではない。

These three web servers are far from alone, though. Others that make an appearance in the top 10k include Lighttpd, Apache’s Tomcat, LiteSpeed, Resin, Zeus, Jetty, Tengine and many others. (For our methodology, check out the bottom of this article.)

しかし、Web サーバーは 3つだけではない。 この Top-10000 を形成する他のプレイヤーとしては、Lighttpd/Apache’s TomcatLiteSpeedResinZeusJettyTengine などが含まれる(私たちの算出方法に関しては、文末の Methodology を参照して欲しい)。

Web servers used by the top 10k sites

When you break it down visually, it’s obvious how dominant Apache is. That said, nginx has risen quickly over the past few years and is becoming quite a contender. It has even passed Microsoft’s IIS, which used to hold the second place after Apache.

一連のデータをビジュアライズしてみると、Apache の支配が、きわめて強いことが明白になる。 それはさて置き、この数年の間に nginx が急速に成長し、なかなかの競争相手になってきた。 そして、Apache に続く2番手のポジションを、Microsoft の IIS から奪い取っている。

クリックで拡大 ⇒

It’s worth noting here that nginx is sometimes used as a reverse proxy, often in combination with Apache, so behind some of those nginx numbers there are also Apache web servers.

ただし、nginx に関しては、reverse proxy として用い、Apache と組み合わせる方式があることを、ここでは指摘しておく。そのため、この nginx に関するパーセンテージの背後には、Apache Web サーバーが存在するケースもある。

We have included a more comprehensive list at the bottom this article if you want to look closer at the numbers.

一連の数字に関して、さらなる詳細を調べたいなら、この記事の後半に掲載する、包括的なリストを参照して欲しい。

Open source dominance

We have mentioned before how the Web could be considered the greatest triumph of open source software, and this clearly extends to web server software. At least 75% of the sites use open source web servers.

私たちは以前に、オープンソース・ソフトウェアは、Web で素晴らしい勝利を収めたようだと書いたが、その傾向は、明らかに Web サーバー・ソフトウェアにも及んでいる。 ここで調べた Web サイトの、少なくとも 75% がオープンソースの Web サーバーを使っているのだ。

クリックで拡大 ⇒

When calculating the percentages above, we excluded the 1/10th of the sites that either didn’t respond, or didn’t include a server header in the response. If we had included them in the “undetermined” section in the chart, we would have had 66.8% open source, 17.3% proprietary, and 15.9% undetermined.

私たちが、このパーセンテージを計算したとき、レスポンスのないサーバーや、レスポンスにサーバー・ヘッダーが含まれないサイトの、1/10 を除外している。 もし、このチャートの Undetermined セクションに、それらを加算するなら、Open Sourse が 66.8% で、Proprietary が 17.3%、Undetermined が 15.9% となるだろう。

Some additional notes and thoughts

  • Web accelerator service CloudFlare is in the house. Out of the top 10k, 79 sites responded with server “cloudflare-nginx” (we folded those into the nginx numbers).
  • Amusingly, a few sites felt the need to point out that the server was confidential, instead of just leaving that header out.
  • Thanks to the large number of localized Google Search sites that show up in the top 10k, Google’s web server (GWS) made a strong appearance with 128 sites.
  • If we ignore the sites that didn’t respond or identify themselves with a server header, Apache’s share goes up from 39.8% to 44.4%, nginx goes from 21.6% to 24.2%, and IIS goes from 13.6% to 15.2%.
  • Web アクセラレータ・サービスである、CloudFlareも計算に入っている。 Top-10000 中の、79 のサイトが Server ”cloudflare-nginx” とレスポンスしている(それらは、nginx の値に組み入れている)。
  • 興味深いことに、いくつかのサイトでは、そのヘッダーを落とす代わりに、サーバーがコンフィデンシャルになっていた。そのことを、指摘する必要性を感じる。
  • Top-10000 に現われた、多数のローカライズ Google Search サイトにより、Google の Web サーバー(GWS)が、128 のサイトで利用されている状況が分かった。
  • もし、レスポンスのないサイトや、サーバー・ヘッダーを落としているサイトを無視するなら、Apache は 39.8% から 44.4% へ、nginx が 21.6% から 24.2% へ、そして IIS は 13.6% から 15.2% へと、それぞれのシェアを上げる。

More web servers…

As we promised, here is a table with a more detailed breakdown of the web servers we found.

私たちが約束したように、ここで参照したサーバーの詳細を、以下のテーブルに記す。

クリックで拡大 ⇒

That isn’t a complete list, though. If you absolutely want to see every single web server included, we have attached a zipped CSV file where you can check out the raw server headers if you’re interested in that kind of thing.

しかし、これは完全なリストではない。 この調査の対象となった、個々のサーバーに関する情報が必要であれば、この圧縮された Zipped CSV ファイルを参照して欲しい。この種のことに興味があるなら、生の Server Header をチェックできる。

Final words

Open source projects help drive web technology forward, and web servers is no exception. As a bonus, the diverse landscape we’re seeing should spur on competition among the different development teams. For example, we suspect the rise of nginx has given the Apache team some extra motivation and inspiration, and vice versa.

オープンソース・プロジェクトは、Web テクノロジー促進しているが、Web サーバーも例外ではない。 そして、その余録として、私達の視野にある多様性が、それぞれの開発チーム関における競争を奨励しているはずである。 たとえば、nginx の台頭により、Apache チームにはモチベーションとインスピレーションが与えられ、また、その逆もありだと思う。

Sometimes the web server landscape may seem like a three-horse race between Apache, nginx and IIS, but as you can see, there are many other web servers out there. One size doesn’t fit all, so we’re happy to see this kind of diversity.

Web サーバー の世界は、Apache と、nginx と、IIS の三強によるレースのように思えるかもしれない。 しかし、ここで確認したように、それ以外の Web サーバーも存在する。 1つのサーバーが、すべてのニーズに合致するわけではない。 したがって、この種の多様性を確認できたことは、大いに喜ぶべきことである。

Methodology: The starting point for this survey was the top 1M sites list (in the world) provided by Alexa. We extracted the top 10k from this list, and downloaded the server response headers from each of the sites. The vast majority identify their web server software with the “Server” header. We got the server id for roughly 90% of the sites this way.

ーーーーー

TAG indexいわゆる LAMP スタックの、圧倒的な強さを示す調査結果ですが、nginx の台頭にも注目したいですね。 昨日のポストでは、Microsoft の Linux シフトを紹介しましたが、プロプライエタリにおけるベンダーとデベロッパーの関係と、オープンソースにおけるエコシステムの間には、決して超えることのできない高い壁があるように思えてきました。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい
世界の DNS インフラも、地味ながら 頑張ってる!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
Web が膨張し続ければ、データセンター需要も拡大し続ける

 

私たちの生徒のために、古い iPad を寄付してください

Posted in Apache, Education, Weekend by Agile Cat on September 24, 2011

Here’s Where Thousands Of Old First-Gen iPads Are Ending Up
Dylan Love | Sep. 22, 2011
http://www.businessinsider.com/ipad-teach-for-america-2011-9

_ Business Insider

Every single member of AmeriCorp’s Teach For America  — more than 9,000 strong in 38 states — has received a first-generation iPad, reports CNN.

38 州で 9,000 人以上にも達する、AmeriCorp’s Teach For America のメンバーたちが、第 1世代の iPad について、寄付を受け付けていると、CNN がレポートしている。  

Image: Hoguhton Mifflin   

Apple started collecting old iPads from customers buying iPad 2s, inviting them to donate their old devices to teachers in low-income areas.

Apple は、低所得者の多い地域の教師に iPads を寄付するために、iPad 2 を購入した顧客たちに、古いデバイスを提供するよう求め始めた。

The iPads were refurbished and distributed to the Teach For America staff over the past two weekends.

先週と先々週の週末に、それらの iPads はリファービッシュされ、Teach For America のスタッフに手渡されている。

Everyone receiving a device got the following email from Apple: “What could an iPad do for your classroom and your students? Well, we’re asking you to help us answer this question.”

デバイスを受け取った教師たちには、Apple からの以下のメールが送られている :「 あなたのクラスと生徒たちのために、iPad で何ができますか? この質問に答えてくれることが、私達自身への助けになるのです」

ーーーーー

weekend2Agile_Cat も欲しいのですが、なかなか手が出ない iPad。 アメリカでも、低所得者層の子供たちにとっては、やはり高嶺の花なのですね。 Apple らしくもあり、アメリカらしくもありという話ですが、日本で同じ事をやろうとすると、『 中立であるべき教育者が、特定のメーカを ・・・ 』 という議論になってしまうのでしょう。 子供たちに、何がもたらされるのかという視点で見れば、こういうことも可能になるのですがね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Steve Jobs の実妹 Mona Simpson は小説家として兄を描く
たかが Nano、されど Nano な iPod
でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
Apple – Grand Central – Store in NYC って?
iOS 5 マジックは本物だ! – キミの勝ちだよ スティーブ

 

Red Hat の CEO は語る – Google や Facebook は、Linux と OSS に借りがあるはずだ

Posted in .Selected, Apache, Facebook, Google, Linux, Twitter by Agile Cat on August 22, 2011

Red Hat CEO: Google, Facebook owe it all to Linux, open source
By Paula Rooney | August 17, 2011
http://www.zdnet.com/blog/open-source/red-hat-ceo-google-facebook-owe-it-all-to-linux-open-source/9414

image

Summary: Red Hat’s CEO said the business models enabled by the Linux platform, namely cheap innovation, quick scale out and mass collaboration, is directly responsible for the success of top Web 2.0 companies including Google, Facebook and Amazon

概要:Red Hat の CEO は、Linux プラットフォームで実現される、すなわち、安価なイノベーション/迅速なスケールアウト/マス・コラボレーションによるビジネスモデルが、Google/Facebook/Amazon などを含む、Web 2.0 トップ企業における成功の要因だと発言している。

ーーーーーー

Google and Facebook owe their success largely to Linux — not the technology per se, but to the cheap innovation and mass collaboration it enables, Red Hat’s CEO says. Yes, free, as in freedom, but also free as in free beer, said Jim Whitehurst, CEO of Red Hat.

Google と Facebook は、その成功において、Linux に借りがあるはずだ。 つまり、そのテクノロジー自体にではなく、それが実現してきた 安価なイノベーションとマス・コラボレーションに対してだ。 たしかに、フリーであり、また、解放されたものであり、タダのビールみたいなものだがと、Red Hat の CEO である Jim Whitehurst は言う。

imageHad it not been for the no cost software, open licensing and mass collaboration, all business models enabled by Linux and open source, none of the top Web 2.0 companies — including the cloud crowd — would have been able to lift off, scale and run their businesses.

コストのからないソフトウェアと、オープンなライセンス、そしてマス・コラボレーションが無かったら、そしてLinux とオープンソースがもたらすビジネス・モデルが無かったら、Cloud and Crowd を含めた Web 2.0 のトップ企業群も、スケールから解放されたビジネスを展開できなかっただろう。

Backrub.Stanford.edu, a little experiment begun in the mid 90s that become Google, was written in Java and Python and on Linux. More importantly, the technical innovation that came at such a low pricetag is what changed the game forever, the Red Hat CEO said.

90代半ばに始まった、Backrub.Stanford.edu という小規模な実験が、後の Google になったわけであるが、それは Java と Python で書かれ、Linux 上で動作した。 さらに重要なことには、この安上がりなテクノロジー・イノベーションが、マーケットの形を永遠に変えてしまったことだ、と Red Hat の CEO は言う。

“Google would not exist today if it were not for Linux. Initially, the business model of throwing it out and making it free and scalable.. those business models only work if you can start them and get innovation going cheaply. If you can’t innovate cheaply, the amount of innovation stalls,” Whitehurst said at LinuxCon, which is being held this week in Vancouver.

「Google が Linux に適していなければ、今日の Google は無かったであろう。 Google を生み出した、このビジネスモデルだけが、自由でスケーラブルで、安価なイノベーションを活用する、新しい企業を立ち上げていく。 もし、安価なイノベーションが達成できないと言うなら、それを消化し切れていないだけだ」と、今週(8月中旬)の Vancouver で開催された LinuxCon で、Whitehurst は発言している。

Could Facebook have built and scaled its infrastructure without Linux and open source? Whitehurst said no. “The power of innovation that Linux [enables] from a business perspective is hallmark about what open source has done for Web 2.0,” he noted. “Web 2.0 would not exist in its current form if it weren’t for the business model of Linux.”

Linux とオープンソースに頼らず、Facebook のインフラストラクチャは構築され、スケールアウトされただろうか? それに対して Whitehurst は、No と答えている。 そして、「ビジネスの視点から Linux が実現してきたイノベーションのパワーこそが、オープンソースが Web 2.0 に対して示してきた、品質の証明である。Linux のビジネスモデルが無かったら、いまの形で Web 2.0は存在していないだろう」と、彼は指摘する。

Linux Foundation Exec VP Jim Zemlin noted during his opening keynote Wednesday that Red Hat is expected to break $1 billion in revenues this year. Whitehurt said he takes exception to analysts who describe Linux as simply a solid alternative to traditional platforms when it has become the default platform for next generation application development and platform computing. Wall Street knows: Red Hat’s stock has returned a 400 percent increase in price over the past 10 years while Microsoft’s has flattened and dipped some, he added.

imageLinux Foundation の Exec VP である Jim Zemlin は、自身の水曜日のキーノートにおいて、今年の Red Hat の収益が  $1 billion を突破するだろうと指摘した。そして Whitehurt は、Linux が次世代のアプリケーション開発のための、さらにはコンピューティングのための、デフォルト・プラットフォームになるとき、Linux を単なる代替物だと表現するアナリストたちに対して、意義を申し立てると言う。 Wall Street は知っている。 つまり、Microsoft の株価が伸び悩み、また、下落しているのに対して、Red Hat の株式は、これまでの 10年間に、400% の伸びを示している、と彼は付け加える。

Red Hat is a huge beneficiary from open source but Wall Street trading platforms, Facebook, Google and cloud companies are even bigger beneficiaries, he said, noting that 75 percent of stock exchanges now run Linux.

たしかに、Red Hat はオープンソースから莫大な利益を授かっているが、Wall Street のトレーディング・プラットフォームおよび、Facebook、Google などのクラウド大手は、さらなる受益者であり、また、証券取引所の 75% が Linux を運用していると指摘する。

“Now we have large companies doing the innovation … Google, Amazon and facebook are defining the next generation roadmap and where the next innovation is coming. It’s not Sun and Microsoft, but what’s happening in open source,” Whitehurst added.

「 このイノベーションを推進する、大手の企業群がある。 つまり、Google や、Amazon、Facebook などが、次世代のマップを定義し、次のイノベーションが生じる場所を明確にしている。 それは、Sun や Microsoft ではなく、オープンソースで起きているのである」と、Whitehurst が付け加えた。

Whitehurst said open source projects are also more powerful in defining next generation technologies than traditional software companies, citing the successes of Hadoop and Cassandra in the big data movement.

Whitehurst は、Big Data のムーブメントにおいて Hadoop や Cassandra などが成功を収めていることを引合いに出し、次世代のテクノロジーを定義していく上で、オープンソースプロジェクトの方が、従来からの商用ソフトウェアよりも、パワフルであるとも発言している。

“Innovation is happening in open source first and then established companies are working to implement them,” he added. “Linux is enabling business models that have nothing to do with technology [because]customers can do it cheaply, scale it and build businesses based on it,” he added.

「 イノベーションは、最初にオープンソースで発生し、それを実装する企業により確立されていく。 Linux により実現されるビジネスモデルには、テクノロジーを用いて、何かを追加するという必要性がない。 なぜなら、顧客自身が、それを安価に行い、スケールし、その上にビジネスを構築できるからだ」とも、彼は発言している。

Kick off your day with ZDNet’s daily e-mail newsletter. It’s the freshest tech news and opinion, served hot. Get it.

ーーーーー

最初に、このタイトルを見たときには、Google や Facebook に具体的な注文があるのかと思いましたが、そういうことでは無いようですね :)  まぁ、ひとつ言えるなら、もっと Linux を褒めてくれということなんでしょう。 たしかに、Amazon も、Rackspace も、Twitter も、Cloudera も、、、あまり Linux 自身には言及しませんものね。はい、分かりました、Whitehurst さん! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Big Data と LAMP Stack
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
Web デベロッパーが知っておくべき、15種類の オープンソース・プロジェクト
MySpace を殺したのは Microsoft ソフトウェア・スタックなのか?
MapReduce と Hadoop の将来について
Facebook は 30 P Bytes の Hadoop HDFS を、Oregon へ移動
Facebook は正攻法で、Billion 単位のメッセージを処理していく

Oracle に断固抗議 – ついに Apache が、Java Executive Committee から脱退

Posted in Apache, Oracle by Agile Cat on December 11, 2010

Apache Software Foundation Packs Its Toys and Goes Home
By Cyndy Aleo Dec. 9, 2010, 2:36pm PDT
http://gigaom.com/cloud/apache-software-foundation-packs-its-toys-and-goes-home/

_ Gigaom

Updated. The Apache Software Foundation resigned its seat on the Java SE/EE Executive Committee Thursday, the steering committee for the direction of the Java programming language as a protest on how Oracle is offering it a license to the technology. The issue is how open Java will remain. According to a blog post and email sent out to apache.org committers, Apache resigned from both the Executive Committee and the Java Community Process organization entirely, citing the Executive Committee’s failure “to demonstrate that the EC has any intent to defend the JCP as an open specification process, and demonstrate that the letter and spirit of the law matter.”

Updated. 木曜日(12/9)のことだが、Apache Software Foundation は、Java SE/EE Executive Committee の委員を辞任した。つまり、Java プログラム言語について、Oracle が提起しているライセンス方式への抗議として、この運営委員会から脱退したことになる。その論点は、オープンな Java が、どのようにして存続していくのかという点である。 apache.org のコミッターたちに送られたブログ・ポストと電子メールによると、『 オープンな仕様のためのプロセスとして、JCP を定義していくことへの注意と、遵守すべき合意への尊重 』を、この運営委員会が怠ったとして、Executive Committee と Java  Community Process 機構の双方から、Apache は完全に撤退したことになる。

image

The post mentions Apache’s 10-year committee membership, as well as its numerous contributions to the Java community, including Java Specification Requests (JSRs), project communities Tomcat, Ant, Xerces, Geronimo, and Velocity. As noted in the post, JSRs for Java 7 and 8 passed, despite Apache’s objections, as well as comments from several other members expressing concern over the Technology Compatibility Kit (TCK) license change. Apache had threatened to leave the committee last month if Oracle refused to grant a Java SE TCK license that would allow Apache to test and distribute the Apache Harmony project under Apache licensing. Apache argues that:

そのポストには、Apache の10年間におよぶ委員会でのメンバーシップだけではなく、Java Specification Requests(JSRs)/Tomcat プロジェクト・コミュニティ/Ant/Xerces/Geronimo/Velocity などを含む、Java コミュニティに対する数多くのコントリビューションが述べられている。 そして更に、Technology Compatibility Kit(TCK)ライセンスの変更に Apache が反対を表明し、他のメンバーも懸念を表明しているにもかかわらず、JSRs for Java 7 and 8 が可決されたことが指摘されている。 Apache ライセンスの下で、Apache Harmony プロジェクトのテストと配布を認める Java SE TCK ライセンスに対して、Oracle が拒否した場合は、Apache は委員会を去ると、先月から表明していた。 Apache 反論は、以下の通りである:

Oracle is violating their contractual obligation as set forth under the rules of the JCP by only offering a TCK license that imposes additional terms and conditions that are not compatible with open source or Free software licenses.

オープンソースあるいは Free software ライセンスと整合しない、その他の契約条件を押し付ける TCK ライセンスだけでも、JCP のルールに説明されているように、Oracle は自身の契約義務に違反している。

Oracle has come under a lot of fire this year from the open-source community, and as Matt Asay noted back in September, companies like Oracle need developers to maintain their market dominance. Oracle sued Google over Android’s Dalvik virtual machine; Stephen Colebourne called out he felt was Oracle stacking the deck for the JCP EC nominations, and back in September, Open Office developers forked the code into the LibreOffice suite to get out from Oracle’s thumb, and the OpenSolaris 2010.05 release was killed back in August, with rumors circulating that the project was essentially dead.

この 9月に Matt Asay が、Oracle などの企業は自身の市場独占を維持することを、デベロッパーに対して要求していると指摘したときから、このオープンソース・コミュニティは Oracle に対して非難を浴びせ続けている。 Android の Dalvik バーチャル・マシンに関して、Oracle はGoogle を告訴した。そのとき Stephen Colebourne は、JCP EC 委員会に対して、Oracle は不正を働いている非難した。そして9月には、Open Office デベロッパーたちが、Oracle の支配から逃れるために、LibreOffice スイートのコードをフォークした。そしてさらに、この 8月には、OpenSolaris プロジェクトは終わったというウワサが流れ、その 2010.05 のリリースが消滅した。

The JCP EC has seen other high-profile defections this year, including Java co-creator James Gosling, Tim Peierls (who cited the same licensing concerns as Apache), and Doug Lea, who refused to seek another term, stating:

そして JCP ECは、今年に起こった数々の逃亡劇にも注目している。 そこには、Java を作った1人である James Gosling や、Tim Peierls(ライセンスに関して Apache と同様に批判している)も含まれる。 そして、(Oracle に有利な)条件の検索を拒否した Doug Lea は、以下のように述べている:

Rather than fixing rules or ceasing violations, Oracle now promises to simply disregard them. If they indeed act as they have promised, then the JCP can never again become more than an approval body for Oracle-backed initiatives.

ルールの修正とか、違反の停止とかいうでベルではなく、いまの Oracle はシンプルに、それらを無視しようと目論んでいる。 その目論見通りに、ほんとうに彼らが行動するなら、Oracle が支援するイニシアティブに対して、JCP が単なる承認団体として機能する以上のことは、二度とあり得ないだろう。

Bob Lee, JSR-330 lead and former EC nominee, has also expressed concern regarding the future of the JCP and Oracle’s involvement with Java. In an interview with Structure, he said:

JSR-330 のリーダーであり、EC における前任の被任命者である Bob Lee も、 JCP の未来と、Oracle による Java への関与について懸念を表明している。 Structure とのインタビューにおいて、彼は以下のように発言している:

While Apache’s departure is huge loss for the JCP, the JCP is not Java. The JCP has been walking dead for years now, little more than a marketing ploy pretending to be a standards organization.

Apache の退席は JCP にとって大きな損失であるが、JCP は Java 自身ではない。 この何年かの間、JCP の活動は停滞しており、標準化団体であるための、マーケティング戦略を講じているに過ぎない。

Java’s future is open source, not so much OpenJDK’s GPLv2 patent booby trap, but in the greater, vital open source coral reef that sprung up around Java. In past years, innovation from the JCP has paled in comparison to contributions from external open source projects, several of which came from Google (Android, GWT, Guava, etc.). Hopefully, this open source competition and innovation continues despite Oracle’s shortsighted best efforts to control and profit from everything Java.

Java は、オープンソースであり続けることで、その将来を照らす。つまり、OpenJDK の GPLv2 特許に仕込まれたトラップではなく、Java を取り囲んで守る、オープンソースの活きたサンゴ礁が重要だ。 何年もの間、Google などから提起された(Android, GWT, Guava, etc.)、オープンソース・プロジェクトによるコントリビューションと比べて、JCP における革新は見劣りしていた。すべての Java を抑制し利益を得ようとする、Oracle の近視眼的な試みに対抗して、オープンにおける競争と革新が、継続されることを望む。

Image courtesy Flickr user Ernst Vikne.

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

文中のリンクからは、Oracle と同じスタンスの企業として、Microsoft や Apple の名前が挙げられています。 おそらく、ソフトウェアとは、膨大な投資のもとに開発される、企業にとっての重要な経営基盤であるべき、、、といった固定概念があるのでしょう。 もちろん、それを否定するものではありませんが、まったく別の視点から生まれたオープンソースにも、もう少し理解を深めてもらいたいと思います。 まぁ、市場での競合がある以上、不可能なことなのかもしれませんが。

ーーー A.C.

 

%d bloggers like this: