Agile Cat — in the cloud

Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを、インフォグラフィクスで比較する!

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Businesses, Research by Agile Cat on September 2, 2014

Alibaba vs Amazon in an infographic
http://wp.me/pwo1E-7NR
August 30, 2014 – by Willis Wee
http://www.techinasia.com/alibaba-amazon-infographic/

_ tech in asia

Alibaba vs Amazon? It’s tough to compare the two e-commerce companies given that each company subscribes to different business model. But that didn’t stop the guys at Smart Intern China to create an infographic  comparing the two giants.

Alibaba vs Amazon なのか? 2つのコマース・サイトを比較することは、両者が異なるビジネス・モデルを展開しているため、難しいものとなる。しかし、Smart Intern China の人たちは、二人の巨人を比較するインフォグラフィックの作成を止めようとしない。

Infographic ⇒ 

Infographic aside, it is perhaps important to note that Amazon and Alibaba each adopts different e-commerce models. Amazon follows the B2C model which purchases stock and maintains its own warehouse and logistics. Whereas Alibaba follows the C2C and B2B2C models (like Taobao and Tmall) which are open platforms and marketplaces.

このインフォグラフィックはさておき、Amazon と Alibaba が別々のコマース・モデルを採用していることに、注意する必要があるはずだ。Amazon は商品を仕入れ、また、独自の倉庫や物流を維持するかたちの B2C モデルを採用している。それに対して Alibaba は、C2C と B2B2C のモデル(たとえば TaobaoTmall)を採用し、オープンなプラットフォームとマーケットプレイスを目指している。

Despite generating substantially more revenue than Alibaba, Amazon isn’t yet profitable. Last year March, Alibaba’s Founder and Chairman Jack Ma slammed Amazon’s business model at a conference where he said the B2C model “is going to face a huge challenge.”

たしかに Amazon は、Alibaba よりも多くの売上を上げながら、それほどの利益を出していない。 昨年の 3月に、あるカンファレンスにおいて、Alibaba の Founder and Chairman である Jack Ma は、B2C モデルは「巨大な課題に直面しようとしている」と述べ、Amazon のビジネス・モデルを批判した。

We believe that putting (…) the traditional business just purely online – that’s not called e-commerce. In the future, business will not make money because of the scale, it’s because of the value – the different value – created. (…) I checked Amazon. They have $52 billion but they still do not make money, so ‘scale’ does not make any sense.

私たちの信念からすると(…)従来かのビジネスをオンラインに置き換えただけのものは、eコマースと呼べない。これからのビジネスでは、スケールだけを要因として、利益を得ることはできなくなる。なんらかの価値を、つまり別の価値を創造しなければならない。(…)私は、Amazon についてチェックした。彼らは、$52 billion の売上を有しているが、それほどの利益を上げていない。 つまり、スケールに意味が無いことを証明しているのだ。

He also went on to offer his opinion about e-commerce in China and in the US, describing e-commerce in the US a dessert.

また、彼は、China と US における eコマースについて見解を述べているが、US の eコマースをデザートのようなものだと評している。

“It’s supplementary to their main business, because the USA’s infrastructure of doing business is so good. So it is very difficult for e-commerce in the USA to grow, to develop, to surpass the traditional business,” Ma said. “But in China, because the infrastructure of commerce is too bad, then e-commerce becomes the main course.”

Jack Ma は、「 USA のインフラは、同国内でのメイン・ビジネスを実現する上で、とても素晴らしいものとなっている。したがって、US の eコマースは、そのメイン・ビジネスを補足するものであり、また、成長と進化に制約を持ち、従来からのビジネスを上回ることが、とても難である。しかし、China のビジネス・インフラは、あまりにも劣っているため、eコマースがメイン・コースになり得るのだ」と、述べている。

Alibaba is poised to go public on the New York Stock Exchange in what could be the biggest IPO in US and internet history.

Alibaba は、US 経済において、また、インターネットの歴史において、史上最大の IPO を達成するものとして、New York Stock Exchange で上場する態勢を整えている。

See: Jack Ma is now China’s richest person

ーーーーー

何度となく、その名前を聞く Alibaba ですが、その規模やビジネス・モデルは、この記事を読み、インフォグラフィクスを参照することで、初めて知ったという感じがします。また、Jack Ma の話のうまさと頭の良さも、この短い逸話から充分に伝わってきますね。 そして、最近の中国やインドの動きを見ていて、IT 産業における内需の強さをヒシヒシと感じるのですが、それは、そのまま、日本の危機感にもつながるわけで、とても心細くなってしまいます。

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Amazon の 3D スマホが 6月18日に発表される:Youtube も あるよ!

Posted in Amazon, Mobile by Agile Cat on June 5, 2014

Amazon’s 3D Smartphone Is Coming June 18
http://wp.me/pwo1E-7ys

Steve Kovach – Jun. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/amazon-event-2014-6

_ Business Insider

Amazon is holding a product announcement on June 18. It’s probably for the long-rumored Amazon smartphone. Amazon posted a video to YouTube that teases the device. The video shows a bunch of people moving their heads around and getting super excited.

Amazon が、あるプロダクトを、6月18日にアナウンスする。 これが、長い間にわたってウワサされていた、Amazon のスマートフォンなのだろう。 そして Amazon は、このデバイスの前宣伝となるビデオを YouTube にポストした。 このビデオが示すのは、とても楽しそうに、人々が頭を左右に動かす様子である。

クリック ⇒

That’s likely because Amazon’s smartphone is said to have several front-facing cameras that can track your head’s movement and display images on the screen in such a way that they appear to pop out in 3D.

その理由は、以前から言われているように、Amazon のスマホが複数のフロント・カメラを持っているからなのであろう。 それらのカメラが、あなたの頭の動きをトラッキングして、スクリーンから浮き上がるような、3D 表示を実現しているはずだ。

The phone will likely run a heavily modified version of Android, just like Amazon’s line of Kindle Fire tablets. That means you’ll have to get all your apps and services from Amazon’s own app store.

おそらく、この Amazon スマホは、Kindle Fire タブレット・シリーズのように、Android を大幅にモディファイしたバージョンを走らせている。 つまり、Amazon の App Store から、すべてのアプリやサービスを取得する必要があるということだ。

According to BGR, the Amazon phone may take advantage of AT&T’s sponsored data plan, meaning streaming content from Amazon’s video or music products won’t count against your monthly data allotment.

BGR によると、この Amazon スマホでは、AT&T がスポンサーするデータ・プランが利用できる。それにより、Amazon のビデオ/ミュージック・コンテントをストリーミングしても、毎月のデータ・プランから除外されることになる。

Amazon has made a big push in hardware recently. In addition to its Kindle Fire line of tablets, it now has Fire TV, a set-top box that lets you stream video from Amazon and other popular services like Netflix. Fire TV doubles as a gaming system for some Android games if you buy an extra controller.

最近の Amazon は、ハードウェア・プロダクツを積極的に展開している。その Kindle Fire タブレット・シリーズに加えて、いまでは Fire TV を提供している。 つまり、Amazon や Netflix といった人気サービスから、ビデオをストリーミングするためのセット・トップ・ボックスを持っていることになる。 そこに、コントローラーを追加すれば、いくつかの Android タイトルための、システムも兼ねることになる。

The event will be held in Seattle and appears to be open to the public. If you want to go, you can sign up here.

そして、お披露目イベントが Seattle で開催されるが、一般にも公開されるようだ。 参加したいのなら、ここでサイン・アップできる。

And that page shows what appears to be the edge of a smartphone:

そして、このページには、スマートフォンの最先端が示されているように思える:

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

いまのスマホ市場を眺めてみると、一本の軸線上の両端に、iPhone と Android Phone という、それぞれの個性を持ったプロダクトが存在していて、その中間に新たなプロダクトが着地するのが、とても難しい状況になっているように思えます。 つまり、第三のプロダクトに求められるのは、iPhone にも Android にも無い強烈な個性なのですが、この Amazon Phone の 3D フロント・カメラが、それになり得るのかと考えると、とても興味深いです。WWDC と Google I/O の間に割り込んでくる、6月18日が楽しみですね。 

ーーーーー

<関連>

Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?
Amazon スマホ 戦略: 無償の Kindle Phone と、衛星ワイヤレスって ホント?
Google と Android の売上 : 2017年 には 7000 億円に至る!
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!

Amazon, Netflix, Google And Others Put Pressure On FCC Over Net Neutrality
http://wp.me/pwo1E-7ty

Kyle Russell – May 7, 2014, 8:17 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-netflix-google-and-others-put-pressure-on-fcc-over-net-neutrality-2014-5

_ Business Insider

The pressure on the FCC to maintain net neutrality continues to mount.

ネット・ニュートラリティを維持するための、FCC に対する圧力が、増大し始めている。

In a letter directed to the chairman and commissioners of the Federal Communications Commission, tech companies expressed their disapproval of the proposals that are expected to be put forward regarding net neutrality.

Federal Communications Commission の 委員長および委員たちに送られた書簡において、いくつものハイテク企業たちが、ネットの中立性に関して推進されるだろう、(FCC の)提案に対して不満を表明している。

David Ryder
Getty Images

The letter claims that letting Internet service providers place technical and financial limitations on tech companies could pose a "grave danger to the Internet.”

その書簡は、テック・カンパニーに対して ISP が、テクノロジーとビジネスの面で規制をかけることが、「重大な危機をインターネットにもたらす可能性」について指摘している。

While the FCC has tried to argue that it won’t put the "open Internet" at risk, tech companies aren’t taking that chance.

FCC は、Open Internet を阻害することはないと主張するが、テック・カンパニーたちは、そのような言い分を認めていない。

Last week, a number of tech companies visited Washington, D.C., to argue their case for net neutrality, GigaOm’s Janko Roettgers reported.

GigaOm の Janko Roettgers は、それらのテック・カンパニーが Washington D.C. を訪れ、ネット・ニュートラリティに関する情報を訴えた。

With this letter, the number and size of tech companies publicly fighting for net neutrality has increased drastically. While more than 50 companies signed, just the first page of signatories alone contains giants like Amazon, Microsoft, Google, Netflix, and Facebook. We’ve embedded the letter below:

この書簡において、ネット・ニュートラリティのために公然と戦う、テック・カンパニーの規模は、質と量の両面で大幅に増大している。 50社以上の企業がサインしている状況に加えて、その最初のページには、Amazon/Microsoft/Google/Netflix/Facebook などが名前を連ねているのだ。 以下に、その書簡を添付しておく:

Federal Communications Commission

445 12th Street, SWWashington D.C. 20554

May 7, 2014

Dear Chairman Wheeler and Commissioners Clyburn, Rosenworcel, Pai, and O’Reilly:

We write to express our support for a free and open internet. Over the past twenty years, Americaninnovators have created countless Internet-based applications, content offerings, and services thatare used around the world. These innovations have created enormous value for Internet users, fueledeconomic growth, and made our Internet companies global leaders. The innovation we have seen todate happened in a world without discrimination. An open Internet has also been a platform for freespeech and opportunity for billions of users. 

The Commission’s long-standing commitment and actions undertaken to protect the open Internetare a central reason why the Internet remains an engine of entrepreneurship and economic growth.

According to recent news reports, the Commission intends to propose rules that would enable phoneand cable Internet service providers to discriminate both technically and financially against Internetcompanies and to impose new tolls on them. If these reports are correct, this represents a gravethreat to the Internet.

Instead of permitting individualized bargaining and discrimination, the Commission’s rules shouldprotect users and Internet companies on both fixed and mobile platforms against blocking, discrim-ination, and paid prioritization, and should make the market for Internet services more transparent. The rules should provide certainty to all market participants and keep the costs of regulation low.

Such rules are essential for the future of the Internet. This Commission should take the necessarysteps to ensure that the Internet remains an open platform for speech and commerce so that Americacontinues to lead the world in technology markets.

Sincerely,

Amazon Cogent Dropbox Ebay Etsy Facebook Foursquare Google Kickstarter Level 3 LinkedIn Lyft Microsoft Netflix Reddit Tumblr Twitter Vonage Holdings Corp. Yahoo! Inc. Zynga

ーーーーー

ついに、名立たるテック・カンパニーたちが、FCC が進めている「新たなネット・ニュートラリティの定義」に対して、公然と批判し始めました。 その背景には、全米のインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費している Netflix の存在があります。 そのような、サービス提供者に対して、ISP が個別に課金できるようにしようというのが、この FCC の新たな定義なのですが、そんなものを、中立性をもって決められる組織も個人も、この地球上には存在しないというのが、テック・カンパニーたちの主張です。詳しくは、5月1日にポストした、「 FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」をご覧ください。 来週は、この背景となった、Netflix と ISP の問題について、プチ特集していきたいと思っています。 Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Posted in Amazon, Businesses, Social, Twitter by Agile Cat on May 6, 2014

Twitter, Amazon team up for in-app purchasing
http://wp.me/pwo1E-7t5

AFP/Lionel Bonaventure – May 4, 2014
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/twitter-amazon-team-up/1095760.html

_Channel News Asia

WASHINGTON: Amazon rolled out a new feature on Monday allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

この月曜日から、Amazon が展開する新しい機能により、そのメッセージング・プラットフォームを離れることなく、このオンライン・リテール・サイトで、Twitter ユーザーは購入アイテムを選択できるようになる。

The new feature called #AmazonCart allows people to link their Twitter and Amazon accounts for in-app purchases.

この新しい機能は、#AmazonCart と呼ばれるものであり、ユーザーの Amazon と Twitter のアカウントを連携させ、アプリ内購入を実現していく。

Internet retail titan Amazon has rolled out a new feature allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

"We know that discovering products and services on Twitter is a natural, and we always look for ways to make that easier for users," said Twitter spokesman Will Stickney in a statement. "That’s why we built this capability through our relationship with Amazon."

「 私たちは、Twitter 上でプロダクトサービスを探すことが、とても自然であると認識している。 そして、ユーザーにとって、それが容易になる方式を、常に探し求めている。そこに、Amazon との連携を通じて、この機能を構築してきた理由がある」と、Twitter のスポークスマンである Will Stickney はステートメントで述べている。

Terms of the deal were not announced. Amazon made the announcement in a tweet, calling it "an exciting new way to add Amazon products to your cart, without leaving Twitter."

この提携について、詳細は明らかにされていない。 しかし Amazon は自身ののツイートで、「 Twitter を離れることなく、Amazon のプロダクトを、あなたのカートに取り込む、新しくてエキサイティングな方式」だとアナウンスしている。

Amazon spokeswoman Julie Law, in a statement, explained the process: "It’s simple. When a customer discovers a tweet from their favourite artist, expert, brand, or friend with an Amazon.com product link, they simply add ‘#AmazonCart’ to their reply on Twitter and the product is added to their Amazon.com Shopping Cart,” she said. "Customers who have not connected their Twitter and Amazon.com accounts will receive a reply tweet asking them to connect their accounts to enable the new feature."

Amazon のスポークスマンである Julie Law は、ユーザーが行うべき手続きについて、「 それは、シンプルなものだ。Twitter 上で、Amazon.com のプロダクト・リンクを含んだ、自分の好きなアーティストや、信頼できるスペシャリスト、ブランド、トモダチからのツイートを発見したとき、’#AmazonCart’ を書き加えてリプライするだけで済む。そうすれば、彼らの Amazon.com Shopping Cart に、対象となるプロダクトが追加される」と説明している。 そして、もし、Twitter と Amazon.com のアカウントを接続していない顧客であれば、この新しい機能を有効にするに、それらのアカウントに接続するかどうかを、確認するための返信ツイートを受け取ることになる」と付け加えている。

The Amazon website explains the process, showing how Twitter users can select items, and then later go to the Amazon site for payment. The service is available for customers of Amazon in the United States and in Britain, where it is called #AmazonBasket.

Amazon の Web サイトには、ユーザーが Twitter 上でアイテムを選択した後に、Amazon でペイメントを行うまでの流れが説明されている。このサービスは、#AmazonBasket と呼ばれるものであり、United States と Britain の Amazon ユーザーのみに提供されている。

Some reports pointed out a potential privacy issue: that because tweets are mostly public, the Amazon purchases would likely be visible on Twitter.

なお、いくつかのレポートが、プライバシーに関する潜在的な問題を指摘している。 つまり、ツイートは、ほとんどパブリックなものなので、Amazon での購入が Twitter 上で可視化されるだろうというものだ。

ーーーーー

image商品を販売して、利益を出すために生まれた Amazon と、人気はあるのだけど、なかなか上手にマネタイズできない Twitter の、あっと驚くコラボレーションが始まるようです。 それなりの、エコシステムになっていくでしょうし、Twitter がクラックされた場合の被害も、買う気のない商品で Cart が埋め尽くされる、というレベルで留まるはずなので、これは良い感じです。IPO はしたものの、鳴かず飛ばずが続いていた Twitter ですが、2014年 Q1 は予想以上の利益とか。 そこに、Amazon とのコラボを付け加え、なんとか頑張って欲しい Twitter です。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?

Posted in Amazon, Mobile by Agile Cat on May 4, 2014

Amazon’s smartphone revealed — looks like every other phone
http://wp.me/pwo1E-7sw

May 1, 2014 – Devindra Hardawar
http://venturebeat.com/2014/05/01/amazons-smartphone-revealed-looks-like-every-other-phone/

The tech world just can’t get enough of leaked device images.

私たちのテクノロジーの世界は、このデバイスのイメージに関して、充分なリーク情報を得ていない。

Today we’ve got our closest look yet at Amazon’s upcoming smartphone, courtesy of the gadget site BGR. The render shows a device that looks like every cookie-cutter Android phone we’ve seen, crossed with a few design elements from Apple’s iPhone 5.

しかし、今日(5/1)、ガジェットサイトである BGR が提供してくれた情報により、これから登場してくる Amazon スマホの、最も新しいイメージが伝わってくる。このレンダリングが示すのは、これまでに見てきた無個性な Android フォンに似ているが、Apple iPhone 5 を思わせるデザイン要素も取り込まれている。

Image Credit: BGR

Last month, BGR also released purported photos of Amazon’s phone, but the device’s design was hidden by a protective case. Multiple sources tell the site that this render was created by Amazon’s graphic designers.

先月にも BGR は、ウワサの Amazon スマホだという写真をリリースしていたが、プロテクト・ケースに隠されたものであり、そのデザインまでは分からなかった。しかし、いくつかの情報筋が、そのレンダリングを掲載したサイトは、Amazon のグラフィック・デザイナーが作ったとものだと、私たちに教えてくれた。

Amazon could have changed aspects of its design after this render was created, so don’t be surprised if the final product looks a bit different.

もちろん、今回のレンダリングが作成された後に、Amazon がデザインを変更している可能性があるため、最終的なプロダクトが、少し異なるものになっても驚かないでほしい。

Amazon’s smartphone is expected to feature a 4.7-inch screen and four front-facing infra-red cameras, which will be used to create a 3D-like interface. It will also reportedly run a custom version of Android, just like the Kindle Fire tablets and the Fire TV. BGR also previously reported that the phone will sport a special data plan dubbed “Prime Data,” which may also offer subscribers some free content from Amazon’s digital stores.

この Amazon のスマホには、4.7 inch のスクリーンと、3D ライクなインターフェイスのために用いられる、4つのフロント赤外線カメラが実装されるという。また、伝えられるところによると、このスマホも Kindle Fire タブレットや Fire TV と同じように、Android のカスタム・バージョンを走らせるようだ。また、以前から BGR もレポートしているように、このスマホでは、Prime Data というスペシャルなデータ・プランがサポートされる。それにより、サブスクライバーには、Amazon Digital Store から、いくつかの無料コンテントが提供されるようだ。

ーーーーー

amazon-55a最初にウワサされてから、もう2年くらい経つのでしょうか? その間に、ますます Android は強くなり、また、Apple の iPad + iThunes や、PayPal と Samsung の連合軍で、指紋認証による決済への取り組みが始まっています。 Amazon が Kindle Phone で実現したいのは、簡単で安全な買い物のはずです。 文中にある、赤外線カメラが、そのあたりで、新しいテクノロジーを見せてくれると推測してしまいますね。 それと、Amazon が Kindle Fire Phone を出すと、さらに Android Open Source Project(AOSP)が活気づきます。 先日に、Microsoft による Nokia の買収が完了したというニュースがありましたが、以下の Nokia Android が直ぐに消えなければ、Microsoft も Android フォークに興味有りと思って良いのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Amazon スマホ 戦略: 無償の Kindle Phone と、衛星ワイヤレスって ホント?
Google と Android の売上 : 2017年 には 7000 億円に至る!
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

Posted in Amazon, Google, Microsoft, On Monday, Salesforce, Storage by Agile Cat on March 31, 2014

Cloud Computing: Reasons for Why Businesses are Adopting the Cloud
http://wp.me/pwo1E-7ms

By Dick Weisinger – March 18, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-reasons-for-why-businesses-are-adopting-the-cloud/

_ formtek

Global businesses are on track to spend $174.2 billion this year on cloud infrastructure and services.  That’s up 20% from the $145.2 billion of spending in 2013, according to IHS Technology.   Based on their report, spending is expected to increase by a factor of three from 2011 to 2017.

グローバル企業の群れは、クラウド上のインフラストラクチャやサービスに対して、今年は $174.2 Billion を費やすというペースで突き進んでいる。IHS Technology によると、2013年の支出である $145.2 Billion に対して 20% 増となる。また、同社のレポートをベースにすると、この種の支出は、2011年から 2017年にかけて、3倍に増大するとされる。

The IHS report identifies current leaders in the cloud market space as Amazon.com, Google and Microsoft, specialty vendors like Dropbox and Carbonite in the cloud storage space, and Salesforce.com and Workday in the software application space.

この IHS レポートは、Amazon.com および、Google、Microsoft を、現時点のクラウド市場におけるリーダーだとしている。また、特定の領域として、クラウド・ストレージでは Dropbox や Carbonite を、SaaS では Salesforce.com や Workday といったベンダーを、それぞれのリーダーだとしている。

Jagdish Rebello, analyst at IHS, said that ”with the cloud touching nearly every consumer and enterprise around the globe, spending for cloud-related storage, servers, applications and content will be dedicated toward building a framework that is rapidly scalable, highly dynamic, available on-demand and requiring minimal management…  Cloud services, applications, security and data analytics will account for an ever-growing portion of total information technology spending by enterprises, valued at about $2 trillion at present.”

「 クラウドが、世界中の、ほぼすべての消費者と企業に広まったことで、クラウド上のストレージ/サーバー/アプリケーション/コンテンツに関連する支出は、何らかのフレームワークの構築へ向けて集約されるようになってきた、それにより、スケールを動的かつ迅速に、オンデマンドで調整する機能が実現され、そのためのマネージメントも最小化されてきた。クラウドにおけるサービス/アプリケーション/セキュリティ/データ分析は、現時点で約 $2 Trillion と言われるエンタープライズ IT 総支出の中で、成長し続ける部分を押さえていることになる 」と、IHS のアナリストである Jagdish Rebello は述べている。

Five reasons why the cloud is rapidly being adopted by businesses as identified by Oxford Economics in a report written for IBM are as follows:

Oxford Economics が IBM に対して、エンタープライズにおいてクラウドが、急速に採用されている 5つの理由を、以下のようにレポートしている:

  1. Better insights and visibility.  The cloud provides better services at lower cost with flexible scalability.
  2. Better Collaboration.  More easily links employees with partners and customers
  3. Provides a Framework.  The cloud enables businesses to build an integrated and dynamic service chain
  4. Innovation.  Greater efficiency and productivity of workers nurtures an environment of innovation.
  5. Reduced Risk.  A more responsive IT infrastructure enables better controls on costs and risks.
  1. 洞察と可視化の改善.  クラウドは、すぐれたサービスを安価に提供し、柔軟性も備える。
  2. コラボレーションの改善.  パートナーやカスタマーに対する、従業員からの接触が容易になる。
  3. フレームワークの構築.  クラウドにより、サービス・チェーンを動的に統合できるようになる。
  4. イノベーション.  環境が進化することで、作業の効率と、従業員の生産性が、自動的に向上する。
  5. リスクの低減.  IT インフラの信頼性が高まることで、コストとリスクの管理が容易になる。

ーーーーー

クラウドは、テクノロジーの変化というより、ビジネス・スタイルの変化なのですね。もちろん、クラウドを実現するために、さまざまなテクノロジーが生み出されているので、その存在を否定するわけではありませんが、ユーザーが信頼することで、そのパワーが指数関数的に増大していくものなのだと思えてきます。 現時点では、IT 総支出の 10% にも満たないようですが、やがては、その大半を占めるようになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落

2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Posted in .Selected, Amazon, On Monday, Strategy by Agile Cat on January 14, 2014

Cloud Computing: Four Trends for 2014
http://wp.me/pwo1E-77c

By Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/cloud-computing-four-trends-for-2014/

_ formtek

Werner Vogels, Vice President & Chief Technology Officer at Amazon.com, recently described to the Guardian the top four trends that he sees for Cloud Computing in 2014.

Amazon.com の Vice President & Chief Technology Officer である Werner Vogels が、2014年のクラウド・コンピューティング・トレンドに関して、先日の Guardian で述べている。

ーーーーー

Cloud content will follow you wherever you go.  Data in the  cloud means that content is device independent and available anywhere, whether from desktops and laptops, smartphones and tablets.  ”Regardless of which device we use, or the location, we have will access to our content and subscriptions.”

あなたが何処に居ようが、その隣にはクラウド・コンテントが居る. クラウド上のデータとは、デバイス(デスクトップ/ラップトップ/スマートフォン/タブレット)から切り離されたものであり、また、何処からでも利用できるものである。つまり、「 私たちが使用するデバイスや、私たちの居場所に関係なく、自身のコンテンツやサブスクリプションにアクセスできる」ものとなる。

Cloud analytics will increasingly measure and interact with the offline world.  Vogels alludes to a world that is slowly realizing the concept of the “Internet of Things”.  Machine-generated data, originating from scientific projects like the Mars rover and DNA sequencing are happening, but there’s also closer-to-home data feeds coming from things like transportation vehicles and  industrial and home-based sensors which are changing the way we live and perceive our lives.

クラウドでの分析が進化したことで、オフラインだった世界がつながり、その測定が進んでいく. Vogels は、この世界における “Internet of Things” の概念が、ゆっくりと実現されていくと示唆している。マシンが生成するデータは、火星探査や DNA 配列といったサイエンス・プロジェクトに起源があるが、交通や産業や住宅などのためのセンサーから得られるデータも同様に、私たちの生活を変えているという実感が生じてくる。

Everyone will be able to publish to the cloud.  “In 2014 expect a great rise in organizations that are adding media capabilities to their offerings…  Cloud based services for pre and post production, as well as distribution, are readily available such that anyone can become an internet broadcaster operating worldwide without any capital investment.”  Vogels gives just a few examples of the many industries and organizations that have been able to broaden public exposure to their offerings by developing cloud-based content.  Vogels mentions performing arts organizations, like the Berlin Philharmonic, and sports clubs, like LiverpoolTV.

誰もがクラウド・パブリッシャーになれる.Vogels は、「2014年には、自社のプロダクトやサービスに対して、メディア的な機能を付加する組織が、そのプレゼンスを高めると予測される… つまり、クラウドベースのサービスは、プロダクトの生産工程だけではなく、その供給プロセスに対しても適切に機能し、なんの設備投資も要求することなく、誰もがワールドワイドなインターネット放送局になるという状況をもたらす」と述べている。 さらに Vogels は、クラウド・ベースのコンテントを作成することにより、自社の提供物を広く知らしめてきた組織について、いくつかの事例を提供している。そこには、Berlin Philharmonic のような芸術団体や、LiverpoolTV のようなスポーツクラブも含まれている。

Cloud data processing will increasingly reflect real-time information.  ”We see almost every industry taking advantage of the cloud to radically improve the speed at which they can process their data…  There has always been a close relationship between big data and cloud computing as it requires no limits in terms of compute and storage but by adding real-time processing capabilities, we will see a rise in data analytics that are able to produce results in real-time, radically changing the products companies can build.”

クラウドにおけるデータ処理により、情報のリアルタイムな活用が拡大する.「 私たちは、大半の産業がクラウドを活用し、そのデータ処理速度を根本から改善している状況を、目の当たりにしている … そこには常に、ビッグ・データとクラウド·コンピューティングの密接な関係が存在し、また、コンピューティングとストレージの両面において、あらゆる制約を取り除かれてきた。しかし、リアルタイム処理を加えることで、瞬時にデータを分析するという手法が実現されてくる。それにより、プロダクトの製造工程が、根本から変革される」

ーーーーー

Werner Vogels に関しては、これまでにも、「Elastic Beanstalk とは?」と「クラウド・エコシステムを語る」というコンテントを訳したことがありますが、どちらの場合も、要点を適切かつ完結に語る人という印象でした。 そして、今回も、さすがオピニオン・リーダーだと、感心してしまう内容です。時間があったら、Guardian の原文も、読んでみたいなぁと思っています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
Hybrid の調査 : ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?

四強 の 2013年 : Amazon の マトメ

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon by Agile Cat on December 12, 2013

ブッチギリの強さを見せつけました・・・
http://wp.me/pwo1E-71a

Agile_Cat_Loupe

 

IaaS の王者として君臨する Amazon にとって、この 2013年は順風満帆の年だったと言えるでしょう。 以下のリストにもある、『 Amazon の レモネード哲学 : こうすれば 新聞社くらい買収できる!』というポストを読んで頂ければ分かると思いますが、Amazon はすべての利潤を顧客に還元することで、他の参入を許さないという徹底した戦略を展開しています。しかし、リテール・ビジネスを収益源とする Amazon のように、まったく異なる分野で大きな利益を上げ、また、クラウドのリテラシとインフラを有している企業となると、話は別です。 その最右翼は Google であり、これまでの GAE(Google App Engine)に加えて、GCE(Google Compute Engine)という IaaS プラットフォームを投入してきました。 また、オープンソース・クラウドである OpenStack と CloudStack も、徐々に浸透し始めています。 こちらの強みは、ユーザーとして利用する側が、その全体をデザインしている点です。 とは言え、こうしたコンペティターたちが成長してきたのも、クラウドの原型を生み出し、磨き上げてきた、Amazon があってこその話です。その意味において、Amazon AWS の 2013年は、素晴らしい進化を遂げ、また、大きな成果をもたらしてきた年だったのです。

 _  space

1/15: Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
1/22: PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
2/06: Kindle Fire 8.9 の Retina は、iPad より $200 も 安い – Youtube
2/18: Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle
2/20:
Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る
3/12: Amazon の Kindle Phone だが、その量産が 6月以降に ズレ込むらしい
3/17: Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
3/21: $99 の Kindle Fire HD という ウワサ は、どうなっているの?
4/09: Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か?
4/10: Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
4/15: Amazon は Storage Gateway で オンプレミス を吸い上げる
4/16: Apple vs. Amazon : リテールの収益をチャートで比較
4/19: Amazon S3 の Object が、あっという間に2兆を超えた!
4/23: Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
6/01: 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
6/12: Amazon AWS には、リージョン間で 200倍もの速度差があるって?
6/19: Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?
7/01: Amazon のモバイル・ビジネス : その潜在能力を分析する
7/21: App Store の名称をめぐる、Apple と Amazon の係争が収束した
7/31: Amazon の 従業員数は 97,000 人 : ついに Microsoft に迫ってきた
8/20: 今度は Amazon.com がダウン : US リージョンで 約 45分間
9/07: Amazon スマホ 戦略: 無償の Kindle Phone と衛星ワイヤレス
11/08: Amazon の レモネード哲学 : こうすれば 新聞社くらい買収できる!
11/18: AWS re:Invent を、Kinvey の ワン・ストップ Hub から俯瞰する

 _  space

amazon-55aもう1つ、どのように Amazon が考えているのか、気になるところがあります。それは、AWS 上でのモバイル・アプリ開発を促進するための、Mibile BaaS(Backend as a Services)プロバイダーとの連携に関することです。ちょうど、昨年の今ごろは、Parse との間に蜜月感が漂っていたのですが、その Parse を買収したのは Facebook でした。また、それと同時に Google は、やはり BaaS の実力者である、Kinvery との提携を発表しています。もともと、ビジネスとしての水平分散を目指している、Parse や Kinvey といった BaaS プロバイダーたちは、特定の大手クラウド・プロバイダーとは馴染まない、彼ら独自のビジネス・モデルを持っています。したがって、Google と Kinvey の関係も、垂直統合には至りませんでした。この、モバイルバック・エンドという領域で、Amazon は、どのような方針を打ち出すのか? それも、2014年の見どころの 1つです。

%d bloggers like this: