Agile Cat — in the cloud

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ

Posted in Amazon, Bare-Metal, IBM by Agile Cat on October 17, 2014

IBM Scores Another Win Over Amazon’s Cloud Thanks To SAP
http://wp.me/pwo1E-7Xq
Julie Bort – Oct. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/ibm-and-sap-score-win-over-amazon-2014-10

_ Business Insider

On Tuesday, longtime partners IBM and SAP announced another new bond: SAP will use IBM’s cloud for its pride-and-joy database HANA.

この火曜日に、長年にわたる IBM と SAP のパートナーシップが、さらに関係を深めるという発表があった。 つまり、SAP は、その懐刀である、データベース HANA のために、IBM のクラウドを活用することになる。

IBM and SAP have long ago realized that the "enemy of my enemy is my friend." SAP developed its database HANA to stick it to its arch rival Oracle. HANA is known as an "in-memory" database, able to crunch through huge amounts of data really quickly.

ずっと以前から IBM と SAP は、「敵の敵は友」であることを認識している。SAP は、最大のライバルである Oracle に追い付くために、データベース HANA を開発した。HANA は、きわめて大量のデータを瞬時に処理する、In-Memory データベースとして認識されている。

 Flickr/IBM
IBM CEO
Ginni Rometty

Oracle has its own in-memory database, and it is selling it on its own hardware. In the process, Oracle execs have thoroughly trash-talked both SAP and IBM.

また、Oracle は、独自の In-Memory データベースを有し、それを独自のハードウェアに実装して販売している。 そして、これまでの経緯において、Oracle の首脳陣は IBMSAP  などは話にならないと述べている。

Meanwhile, IBM has banked its future on cloud computing, and it wants enterprise users to see it as the King of the Cloud, not Amazon.

その一方で、IBM はクラウド·コンピューティングに未来を賭け、エンタープライズ·ユーザーが Amazon に代えて、King of Cloud と認識してくれる状況を望んでいる。

IBM isn’t alone. All the big enterprise IT vendors are shooting to best Amazon’s cloud including Oracle, HP, and Microsoft. And there are new players wanting to grab some cloud-computing game like Google and hot startups like Digital Ocean.

しかし、そう考えるのは IBM だけではない。Oracle/HP/Microsoft などを含む、すべての大手エンタープライズ IT ベンダーが、Amazon が支配するクラウド・マーケットを狙っている。 さらに言えば、Google だけではなく、Digital Ocean のようなホット・スタートアップも、クラウド・コンピューティングでの戦いに参加しようとしている。

SAP has been offering its Oracle-killer database, HANA, as a cloud service for a while because SAP wants to be known as cloud royalty, too. Early on it signed on a cloud partner to sell a limited, cloud version of HANA. That partner was Amazon.

SAP は、Oracle キラー・データベースである HANA を、まずはクラウド・サービスとして提供する。なぜなら、SAP も、クラウドに対するロイヤリティを持っていると思われたいからである。今回のクラウド·パートナー契約では、HANA クラウド·バージョンに限定した販売から始まるが、そのパートナーは Amazon だったのである

But IBM has one-upped Amazon because IBM will be selling the full version of SAP’s database in the cloud, known as SAP HANA Enterprise. This is a critical difference for enterprises. While enterprises might test HANA using Amazon’s cloud, they couldn’t really use HANA for big apps. And the point of HANA is to use it for big apps.

そして、次のステップで IBM が販売することになるのは、SAP HANA Enterprise という、クラウドにおける SAP データベースのフル・バージョンである。 つまり、IBM は Amazon の先を行くことになる。それは、エンタープライズにとって、大きな差別化となるだろう。 つまり、Amazon クラウドを使用して、それらのエンタープライズは HANA をテストできるが、本当に大規模なアプリケーションのために、HANA を使用することができなかった。HANA の利点は、大規模アプリケーションのために活用できるところにある。

IBM has been selling SAP apps for enterprise customers for decades. So it makes sense that SAP would turn to IBM to help it host its cloud.

これまでの数十年にわたって、BM は SAP のアプリケーションを販売してきた。したがって、そのクラウドをホストする先を、IBM に切り替えるということは、SAP にとって理にかなっている。

There’s another benefit to the agreement. The NSA spying scandal has made European companies (particularly in SAP’s home country of Germany) suspicious of using cloud services hosted in the United States, such as Amazon’s. IBM has over a dozen data centers in Europe and is in the middle of building 15 more outside the US, too.

この契約は、別のメリットも含んでいる。NSA のスパイ行為というスキャンダルにより、クラウド・サービスを利用する欧州の企業が(特に SAP の母国であるドイツで)、米国でホスティングされる Amazon などに、懐疑の目を向けているのだ。その点において IBM は、欧州に 10ヶ所以上のデータセンターを有し、また、15ヶ所以上を米国外に構築中である。

With this agreement, SAP pushes its database out on a cloud around the world. And IBM gets some bragging rights over Amazon.

この契約により、SAP は世界中のクラウド上で、そのデータベースをプッシュできるようになる。そして IBM は Amazon に対して、何らかの自慢話をできる権利を手にする。

ーーーーーー

この記事は、あくまでもビジネス上の整合性や、データセンターのロケーションから、IBM が優位に立ったと述べていますが、ひょっとすると SoftLayer のベア・メタル対応も、1つの要因になっているのかもしれません。  以前に、「SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由」という抄訳をポストしましたが、この記事では HANA とベアメタルの相性について説明するものとなっています。 よろしければ、ご参照ください。

ーーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong DC にも展開される!
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?

Posted in Advertising, Amazon by Agile Cat on October 11, 2014

It Looks Like Amazon Wants To Go After Google’s Ad Business
http://wp.me/pwo1E-7Wv
Ramkumar Iyer, Reuters – Aug. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/amazon-advertising-2014-8

_ Business Insider

(Reuters) – Amazon Inc is planning to develop its own software for placing advertisements online, The Wall Street Journal reported, citing people with knowledge of the matter.

Amazon Inc が、オンライン広告を展開するための、独自ソフトウェアの開発を計画していると、この件に詳しい人々の言葉を引用する形で、The Wall Street Journal がレポートしている。

Getty / Scott Olson

While the in-house platform is initially planned to replace ads supplied by Google Inc on Amazon’s own website, the new system could challenge Google and Microsoft Corp’s advertising business in the future, the newspaper cited the people as saying.

この、内製プラットフォームは、Amazon 自身の Web サイトに供給される、Google からの広告を置き換えるために当初は計画されてたが、将来的には Google や Microsoft Corp などの広告ビジネスに挑戦していくだろうと、その情報筋の言葉を WSJ は引用している。

Amazon’s system would resemble Google’s AdWords, and is planned to make it easier for marketers to reach the company’s users, the newspaper reported the people as saying. The retailer is also building a tool that would help advertising agencies buy in bulk for thousands of advertisers, the Journal said, citing the people. (http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

この Amazon システムは、Google の AdWords に似たものであり、マーケティング担当者たちが、同社のユーザーに容易にリーチできるように計画されている。 そして、このリテーラーは、広告主のためにバルクで広告枠を購入する代理店にとって、役立つだろうツールを構築していくと、WSJ は述べている。(http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

Amazon is known as a sleeping giant in the ad industry because it has rich consumer data but has been tentative about using it for a lot of advertising. The company already has an advertising service it employs chiefly on its own website.

Amazon は、リッチなカスタマー・データを持っているため、広告業界における眠れる巨人として認識されているが、それらの情報を大規模な広告のために使用することをためらっている。すでに同社は、自身の Web サイト上で、主として従業員を対象とした広告サービスを提供している。

Amazon did not immediately respond to requests for comment.

この件について、Amazon にコメントを求めたが、回答は得られていない。

(Reporting by Ramkumar Iyer in Bangalore; Editing by Leslie Adler)

More from Reuters:


Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

This article originally appeared at Reuters. Copyright 2014. Follow Reuters onTwitter.

ーーーーー

Amazon のビジネスを一言で表現するなら、IT を用いた物販と流通の効率化というものになるのでしょう。 しかし、物を取り扱うだけに、どうしても人手に頼らざるを得ないという側面も持ちます。その点、デジタル広告の世界では、ビットを商うだけで、Google や Facebook などを成立させるだけの、大きな利益が生まれています。 そして、Amazon 自身が、Google AdWards を大量に消費しているという現実もあります。 そのような背景を考えると、Amazon が広告事業に参入しようとするのも、当然のことだと思えるのです。

ーーーーー

<関連>

Amazon の レモネード哲学 : こうすれば 新聞社くらい買収できる!
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
さぁ 来い iPhone 6! Amazon Fire Phone は 99セントで対抗だ!
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses, Data Center Trends, Energy, Google by Agile Cat on October 2, 2014

Google Says Cloud Prices Will Follow Moore’s Law: Are We All Renters Now?
http://wp.me/pwo1E-7UY
Wednesday, May 14, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/5/14/google-says-cloud-prices-will-follow-moores-law-are-we-all-r.html

_ highscalability

After Google cut prices on their Google Cloud Platform Amazon quickly followed with their own price cuts. Even more interesting is what the future holds for pricing. The near future looks great. After that? We’ll see.

Google が、その Google Cloud Platform の価格を引き下げ、すぐに Amazon も追随した。さらに興味深いのは、将来における価格の設定である。 おそらく、近い将来に、素晴らしい状況になるだろうが、なにが、そうさせるのだろう?

Adrian Cockcroft highlights that Google thinks prices should follow Moore’s law, which means we should expect prices to halve every 18-24 months.

Google が考えているのは、その価格はムーアの法則に従うべきだというものであり、18ヶ月〜24カ月で半額になることを期待できるはずだと、Adrian Cockcroft は強調している。

That’s good news. Greater cost certainty means you can make much more aggressive build out plans. With the savings you can hire more people, handle more customers, and add those media rich features you thought you couldn’t afford. Design is directly related to costs.

それは良いニュースだ。 大幅にコストが引き下げられるなら、あらゆる計画を、より積極的に立案していける。クラウド・コストの削減により、より多くの人材を雇用し、より多くの顧客に対応し、余裕がなければ対処できないことを、それらのメディアを用いて実現していける。 デザインというものは、コストの影響をダイレクトに受けるのだ。

Without Google competing with Amazon there’s little doubt the price reduction curve would be much less favourable.

Amazon と競合する Google という存在がなければ、低価格化の曲線は、はるかに魅力のないものであったいう疑念が、少なからず残される。

As a late cloud entrant Google is now in a customer acquisition phase, so they are willing to pay for customers, which means lower prices are an acceptable cost of doing business. Profit and high margins are not the objective. Getting market share is what is important.

遅れてクラウド(IaaS の意味)に参入してきた Google にとって、いまは顧客を獲得するフェーズにある。 したがって、顧客がビジネスを展開しやすいような、低コストを提示するという、利益を度外視した戦略をとってきている。つまり、大きな利益やマージンは二の次なのである。 そして、マーケットでシェアを取ることが最優先されている。

Amazon on the other hand has been reaping the higher margins earned from recurring customers. So Google’s entrance into the early product life cycle phase is making Amazon eat into their margins and is forcing down prices over all.

その一方で、Amazon は、継続して利用してくれる顧客から、より高い利益率を享受してきた。つまり、確立しつつあるプロダクト・ライフサイクルのフェーズに、Google が乱入してきたことで、Amazon のマージンは圧縮され、すべてにおいて価格の引き下げを強いられている。

But there’s a floor to how low prices can go. Alen Peacock, co-founder of Space Monkey has an interesting graphic telling the story. This is Amazon’s historical pricing for 1TB of storage in S3, graphed as a multiple of the historical pricing for 1TB of local hard disk:

しかし、低価格化が行き着く先としての底値があるのだ。Space Monky の co-founder である Alen Peacock が、そのストーリーを説明する、興味深いチャートを提供している。それは、1TB のハードディスクをローカルで持つ場合と、1TB のストレージを Amazon の S3 に持つ場合で、何倍の対価が発生するのかを、時間軸の中に示すものとなっている。

_  space

Alen explains it this way:

Cloud prices do decrease over time, and have dropped significantly over the timespan shown in the graph, but this graph shows cloud storage prices as a multiple of hard disk prices. In other words, hard disk prices are dropping much faster than datacenter prices. This is because, right, datacenters have costs other than hard disks (power, cooling, bandwidth, building infrastructure, diesel backup generators, battery backup systems, fire suppression, staffing, etc). Most of those costs do not follow Moore’s Law — in fact energy costs are on a long trend upwards. So over time, the gap shown by the graph should continue to widen.

クラウドの価格は、時間の経過とともに低下し、また、前述のチャート(上記のものとは別のもの)における時間軸では、かなりのペースで下落している。 しかし、このチャートは、クラウド・ストレージの価格と比べて、何倍かの速度でハードディスクの価格が下落している様子を示している。つまり、ハードディスクの価格は、データセンターの価格よりも、はるかに速く下落しているのだ。なぜなら、データセンターのコストには、ハードディスク以外のもの(電源/冷却/帯域幅/建造物/非常用ジーゼル発電機/バッテリ·バックアップ·システム/消火設備/人材など)が含まれるからである。これらのコストの大半は、ムーアの法則に従わないものであり、実際のところ、電力コストの長期的な傾向は上昇曲線にある。 したがって、上記のチャートで示されるギャップは、時間をかけながら広がり続けるはずである。

The economic advantages of building your own (but housed in datacenters) is there, but it isn’t huge. There is also some long term strategic advantage to building your own, e.g., GDrive dropped their price dramatically at will because Google owns their datacenters, but Dropbox couldn’t do that without convincing Amazon to drop the price they pay for S3.

あなた自身でストレージを構築すれば(データセンターにホストされる)、経済的な利点があるが、それほど大きなものではない。それならば、長期的な戦略として、データセンターを自分で構築するという考え方もある。Google は、自身でデータセンターを所有しているため、GDrive の価格を意図的に引き下げることができる。 しかし、Dropboxが、同じように価格を引き下げようとするなら、S3 のコストを引き下げるよう、Amazon を説得しなければならない。

Costs other than hardware began dominating in datacenters several years ago, Moore’s Law-like effects are dampened. Energy/cooling and cooling costs do not follow Moore’s Law, and those costs make up a huge component of the overall picture in datacenters. This is only going to get worse, barring some radical new energy production technology arriving on the scene.

この数年、データセンターのコストは、ハードウェア以外のものに支配され始め、ムーアの法則の効果が希薄になっている。電力を冷却のコストが、ムーアの法則に従うことはなく、また、それらのコストは、データセンター全体という巨大なコンポーネントに影響している。つまり、何らかの革新的なエネルギー生産テクノロジーが登場しなければ、さらに事態は悪化していくだろう。

What we’re [Space Monkey] interested in, long term, is dropping the floor out from underneath all of these, and I think that only happens if you get out of the datacenter entirely.

私たち Space Monkey が、長期的な視点として興味を持っているのは、それらすべての背景から引き離して、いまの下限値を引き下げられるかどうか、という点である。 そして、あなたがデータセンターの中に、まったく踏み込まないのなら、そうなる可能性もあると思えるのだ。

As the size of cloud market is still growing there will still be a fight for market share. When growth slows and the market is divided between major players a collusionary pricing phase will take over. Cloud customers are sticky customers. It’s hard to move off a cloud. The need for higher margins to justify the cash flow drain during the customer acquisition phase will reverse the favorable trends we are seeing now.

クラウド・マーケットの規模が拡大するにつれて、マーケット・シェアの戦いも続いていく。しかし、その成長が減速し、主要なプレーヤーがマーケットを住み分けると、結託した価格政策の時代へと引き継がれていく。クラウドの顧客は、そこに寄り添う顧客である。 したがって、クラウドから逃げ出すのは難しい。将来における高いマージンへの期待が、いまの顧客獲得のフェーズにおける、キャッシュ·フローの流出を正当化しているのかもしれない。そうだとすると、いまの好ましい流れが、いずれは逆転する状況を、私たちは目にすることになる。

Until then it seems the economics indicate we are in a rent, not a buy world.

逆に言えば、経済的な観点において、そうなるまでの間は、買うのではなく借りるという方式が、好ましいのだろう。

Related Articles

  • IaaS Series: Cloud Storage Pricing – How Low Can They Go? – "For now it seems we can assume we’ve not seen the last of the big price reductions."
  • The Cloud Is Not Green
  • Brad Stone: “Bill Miller, the chief investment officer at Legg Mason Capital Management and a major Amazon shareholder, asked Bezos at the time about the profitability prospects for AWS. Bezos predicted they would be good over the long term but said that he didn’t want to repeat “Steve Jobs’s mistake” of pricing the iPhone in a way that was so fantastically profitable that the smartphone market became a magnet for competition.”

ーーーーー

久々の High Scalability からの翻訳ですが、さすがは Todd Hoff さん、視点が鋭いです。 サーバーにしろ、ストレージにしろ、IT 機器はムーアの法則に則って、これから先もコストを引き下げていくのでしょうが、クラウドにはデータセンターならではのコスト、というものが含まれます。そして、インフラのレイヤを下っていって、電気料金のところまでいくと、そこは固定されていて動かしようがない、というのが普通の状況です。でも、Google が、そう言うからには、再生可能エネルギーの生産まで含めて、将来をデザインしているのかもしれません。 とても興味深い話ですね!

ーーーーー

<関連>

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Amazon, Google, Research by Agile Cat on September 17, 2014

CHART OF THE DAY: Amazon Spends A Ton Of Money To Advertise Itself On Google
http://wp.me/pwo1E-7SA
Dave Smith – Sep 16, 2014 
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-amazon-spends-a-ton-of-money-to-advertise-itself-on-google-2014-9

_ Business Insider

Google’s main source of revenue is its advertising platform, AdWords — but it’s also the key portal for businesses to have their products seen on the web, and in search results. Companies pay millions of dollars to Google each year for quality real estate in Google, but no company spends more than Amazon, which reportedly dropped $157.7 million on US search ads in Google last year.

Google の主たる収入源は、その広告プラットフォームの AdWards である。 そして、各種のプロダクトを Web ページや、検索結果に表示したい企業にとって、それは主要なポータルでもある。それらの企業は、Google 内に広告スペースを確保するために、数百万ドルという対価を、毎年のように Google に支払うが、Amazon ほど突出した広告主は、他にはいない。伝えられるところによると、昨年の Amazon は、アメリカ国内における Google 検索広告に、$157.7 million という巨額を支払っている。

_  space

Business Insider Intelligence

According to a new ranking from Ad Age DataCenter charted for us by Business Insider Intelligence, Amazon spent nearly more than double the amount on Google search ads as the next group on the list, Priceline Group, which owns several properties related to travel-related purchases like airline tickets and hotel stays. But even though Amazon is spending a lot of capital to put its business ahead of others in search and display ads, the company also generated $750 million in ad revenue last year, and is expected to earn more than $1 billion this year, according to eMarketer.

Ad Age DataCenter のランキング をベースにして、Business Insider Intelligence が作成したチャートによると、Google 検索広告の売上リストでトップに立つ Amazon は、二番手の企業である Priceline Group(航空券やホテルなどの予約サイト)の 2倍近くの対価を支払っている。そしてAmazon は、検索とディスプレイの広告で、他社よりも多額の費用を支払っているにもかかわらず、自社でも $750 million という広告収入を、昨年に稼ぎだしている。eMarketer によると、今年の Amazon は、$1 billion 以上の広告収益を上げると予測されている。

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

$157.7 million というと、$1=100円で換算して 約160億円ですか。つまり、10億円以上の広告費が、Amazon から Google に流れているわけです。まぁ、この業界、激しく戦うところもありますが、持ちつ持たれつのところもあると、このチャートが語っているようにも思えてきます。 それにしても、凄まじいメカニズムを、Google は確立しているのですね。 それは、Facebook にも言えることなのですが・・・

ーーーーー

<関連>

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する

さぁ 来い iPhone 6! Amazon Fire Phone は 99セントで対抗だ!

Posted in Amazon, Mobile by Agile Cat on September 9, 2014

Amazon slashes price of its Fire smartphone
http://wp.me/pwo1E-7PH
By AP | 8 Sep, 2014
http://economictimes.indiatimes.com/tech/hardware/amazon-slashes-price-of-its-fire-smartphone/articleshow/42050501.cms

NEW YORK: Amazon is slashing the price of its Fire smartphone, a day before Apple is expected to unveil its latest version of the iPhone.

NEW YORK: Amazon だが、Apple が iPhone の最新バージョンを発表する前日に、その Fire Smartphone の価格を大幅に値下げした。

Amazon says the Fire with 32 gigabytes of memory will now cost 99 cents when customers sign a two-year contract with AT&T. That’s down from $199.

The online retailer says the Fire with 32 gigabytes of memory will now cost 99 cents when customers sign a two-year contract with AT&T. That’s down from $199. The phone with 64 gigabytes of memory will now cost $99 with a two-year contract, down from $299.

このオンライン・リテーラーが言うには、AT&T との 2年契約が付くが、メモリ 32GB の Fire フォンが、いまは 99 セントで販売されている。 つまり、$199 から、大幅に値下げされているのだ。 また、64GB のバージョンは、やはり2年契約が付きとなるが、$299 から $99 へと値下げされている。

Amazon says the phones will still come with unlimited cloud storage for photos and a free 12 months of Amazon Prime, the company’s free shipping and video-streaming plan, which normally costs $99 a year.

Amazon の説明によると、フォト用の容量無制限のクラウド・ストレージおよび、Amazon プライムが(同社が $99/年で提供する、無料の送料とビデオ・ストリーミングのサービス)12ヶ月分無料で提供されるという。

Shares of Amazon.com Inc. are down $5.78, or 1.67 per cent to $340.60 in afternoon trading.

ーーーーー

Fire Phone って、アメリカだけで販売しているのですかね? もし、そうだと、新しい iPhone  の影響を、もろに浴びることになりますね。 Samsung の Galaxy もありますが、こうしてみると、その他は明確にアジアや南米へのシフトを完了しているという感じです。 それぞれのベンダーの、それぞれのマーケットに合わせた戦略が、とても興味深いです。

ーーーーー

<関連>

Amazon の 3D スマホが 6月18日に発表される:Youtube も あるよ!
Kindle Fire Phone のイメージがリーク:Amazon スマホ の発売が近いのか?
$99 の Kindle Fire HD という ウワサ は、どうなっているの?
Kindle Fire 8.9 の Retina は、iPad より $200 も 安い – Youtube
いつになったら、Kindle はタダになるのか?

Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを、インフォグラフィクスで比較する!

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Businesses, Research by Agile Cat on September 2, 2014

Alibaba vs Amazon in an infographic
http://wp.me/pwo1E-7NR
August 30, 2014 – by Willis Wee
http://www.techinasia.com/alibaba-amazon-infographic/

_ tech in asia

Alibaba vs Amazon? It’s tough to compare the two e-commerce companies given that each company subscribes to different business model. But that didn’t stop the guys at Smart Intern China to create an infographic  comparing the two giants.

Alibaba vs Amazon なのか? 2つのコマース・サイトを比較することは、両者が異なるビジネス・モデルを展開しているため、難しいものとなる。しかし、Smart Intern China の人たちは、二人の巨人を比較するインフォグラフィックの作成を止めようとしない。

Infographic ⇒ 

Infographic aside, it is perhaps important to note that Amazon and Alibaba each adopts different e-commerce models. Amazon follows the B2C model which purchases stock and maintains its own warehouse and logistics. Whereas Alibaba follows the C2C and B2B2C models (like Taobao and Tmall) which are open platforms and marketplaces.

このインフォグラフィックはさておき、Amazon と Alibaba が別々のコマース・モデルを採用していることに、注意する必要があるはずだ。Amazon は商品を仕入れ、また、独自の倉庫や物流を維持するかたちの B2C モデルを採用している。それに対して Alibaba は、C2C と B2B2C のモデル(たとえば TaobaoTmall)を採用し、オープンなプラットフォームとマーケットプレイスを目指している。

Despite generating substantially more revenue than Alibaba, Amazon isn’t yet profitable. Last year March, Alibaba’s Founder and Chairman Jack Ma slammed Amazon’s business model at a conference where he said the B2C model “is going to face a huge challenge.”

たしかに Amazon は、Alibaba よりも多くの売上を上げながら、それほどの利益を出していない。 昨年の 3月に、あるカンファレンスにおいて、Alibaba の Founder and Chairman である Jack Ma は、B2C モデルは「巨大な課題に直面しようとしている」と述べ、Amazon のビジネス・モデルを批判した。

We believe that putting (…) the traditional business just purely online – that’s not called e-commerce. In the future, business will not make money because of the scale, it’s because of the value – the different value – created. (…) I checked Amazon. They have $52 billion but they still do not make money, so ‘scale’ does not make any sense.

私たちの信念からすると(…)従来かのビジネスをオンラインに置き換えただけのものは、eコマースと呼べない。これからのビジネスでは、スケールだけを要因として、利益を得ることはできなくなる。なんらかの価値を、つまり別の価値を創造しなければならない。(…)私は、Amazon についてチェックした。彼らは、$52 billion の売上を有しているが、それほどの利益を上げていない。 つまり、スケールに意味が無いことを証明しているのだ。

He also went on to offer his opinion about e-commerce in China and in the US, describing e-commerce in the US a dessert.

また、彼は、China と US における eコマースについて見解を述べているが、US の eコマースをデザートのようなものだと評している。

“It’s supplementary to their main business, because the USA’s infrastructure of doing business is so good. So it is very difficult for e-commerce in the USA to grow, to develop, to surpass the traditional business,” Ma said. “But in China, because the infrastructure of commerce is too bad, then e-commerce becomes the main course.”

Jack Ma は、「 USA のインフラは、同国内でのメイン・ビジネスを実現する上で、とても素晴らしいものとなっている。したがって、US の eコマースは、そのメイン・ビジネスを補足するものであり、また、成長と進化に制約を持ち、従来からのビジネスを上回ることが、とても難である。しかし、China のビジネス・インフラは、あまりにも劣っているため、eコマースがメイン・コースになり得るのだ」と、述べている。

Alibaba is poised to go public on the New York Stock Exchange in what could be the biggest IPO in US and internet history.

Alibaba は、US 経済において、また、インターネットの歴史において、史上最大の IPO を達成するものとして、New York Stock Exchange で上場する態勢を整えている。

See: Jack Ma is now China’s richest person

ーーーーー

何度となく、その名前を聞く Alibaba ですが、その規模やビジネス・モデルは、この記事を読み、インフォグラフィクスを参照することで、初めて知ったという感じがします。また、Jack Ma の話のうまさと頭の良さも、この短い逸話から充分に伝わってきますね。 そして、最近の中国やインドの動きを見ていて、IT 産業における内需の強さをヒシヒシと感じるのですが、それは、そのまま、日本の危機感にもつながるわけで、とても心細くなってしまいます。

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Amazon の 3D スマホが 6月18日に発表される:Youtube も あるよ!

Posted in Amazon, Mobile by Agile Cat on June 5, 2014

Amazon’s 3D Smartphone Is Coming June 18
http://wp.me/pwo1E-7ys

Steve Kovach – Jun. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/amazon-event-2014-6

_ Business Insider

Amazon is holding a product announcement on June 18. It’s probably for the long-rumored Amazon smartphone. Amazon posted a video to YouTube that teases the device. The video shows a bunch of people moving their heads around and getting super excited.

Amazon が、あるプロダクトを、6月18日にアナウンスする。 これが、長い間にわたってウワサされていた、Amazon のスマートフォンなのだろう。 そして Amazon は、このデバイスの前宣伝となるビデオを YouTube にポストした。 このビデオが示すのは、とても楽しそうに、人々が頭を左右に動かす様子である。

クリック ⇒

That’s likely because Amazon’s smartphone is said to have several front-facing cameras that can track your head’s movement and display images on the screen in such a way that they appear to pop out in 3D.

その理由は、以前から言われているように、Amazon のスマホが複数のフロント・カメラを持っているからなのであろう。 それらのカメラが、あなたの頭の動きをトラッキングして、スクリーンから浮き上がるような、3D 表示を実現しているはずだ。

The phone will likely run a heavily modified version of Android, just like Amazon’s line of Kindle Fire tablets. That means you’ll have to get all your apps and services from Amazon’s own app store.

おそらく、この Amazon スマホは、Kindle Fire タブレット・シリーズのように、Android を大幅にモディファイしたバージョンを走らせている。 つまり、Amazon の App Store から、すべてのアプリやサービスを取得する必要があるということだ。

According to BGR, the Amazon phone may take advantage of AT&T’s sponsored data plan, meaning streaming content from Amazon’s video or music products won’t count against your monthly data allotment.

BGR によると、この Amazon スマホでは、AT&T がスポンサーするデータ・プランが利用できる。それにより、Amazon のビデオ/ミュージック・コンテントをストリーミングしても、毎月のデータ・プランから除外されることになる。

Amazon has made a big push in hardware recently. In addition to its Kindle Fire line of tablets, it now has Fire TV, a set-top box that lets you stream video from Amazon and other popular services like Netflix. Fire TV doubles as a gaming system for some Android games if you buy an extra controller.

最近の Amazon は、ハードウェア・プロダクツを積極的に展開している。その Kindle Fire タブレット・シリーズに加えて、いまでは Fire TV を提供している。 つまり、Amazon や Netflix といった人気サービスから、ビデオをストリーミングするためのセット・トップ・ボックスを持っていることになる。 そこに、コントローラーを追加すれば、いくつかの Android タイトルための、システムも兼ねることになる。

The event will be held in Seattle and appears to be open to the public. If you want to go, you can sign up here.

そして、お披露目イベントが Seattle で開催されるが、一般にも公開されるようだ。 参加したいのなら、ここでサイン・アップできる。

And that page shows what appears to be the edge of a smartphone:

そして、このページには、スマートフォンの最先端が示されているように思える:

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

いまのスマホ市場を眺めてみると、一本の軸線上の両端に、iPhone と Android Phone という、それぞれの個性を持ったプロダクトが存在していて、その中間に新たなプロダクトが着地するのが、とても難しい状況になっているように思えます。 つまり、第三のプロダクトに求められるのは、iPhone にも Android にも無い強烈な個性なのですが、この Amazon Phone の 3D フロント・カメラが、それになり得るのかと考えると、とても興味深いです。WWDC と Google I/O の間に割り込んでくる、6月18日が楽しみですね。 

ーーーーー

<関連>

Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?
Amazon スマホ 戦略: 無償の Kindle Phone と、衛星ワイヤレスって ホント?
Google と Android の売上 : 2017年 には 7000 億円に至る!
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!

Amazon, Netflix, Google And Others Put Pressure On FCC Over Net Neutrality
http://wp.me/pwo1E-7ty

Kyle Russell – May 7, 2014, 8:17 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-netflix-google-and-others-put-pressure-on-fcc-over-net-neutrality-2014-5

_ Business Insider

The pressure on the FCC to maintain net neutrality continues to mount.

ネット・ニュートラリティを維持するための、FCC に対する圧力が、増大し始めている。

In a letter directed to the chairman and commissioners of the Federal Communications Commission, tech companies expressed their disapproval of the proposals that are expected to be put forward regarding net neutrality.

Federal Communications Commission の 委員長および委員たちに送られた書簡において、いくつものハイテク企業たちが、ネットの中立性に関して推進されるだろう、(FCC の)提案に対して不満を表明している。

David Ryder
Getty Images

The letter claims that letting Internet service providers place technical and financial limitations on tech companies could pose a "grave danger to the Internet.”

その書簡は、テック・カンパニーに対して ISP が、テクノロジーとビジネスの面で規制をかけることが、「重大な危機をインターネットにもたらす可能性」について指摘している。

While the FCC has tried to argue that it won’t put the "open Internet" at risk, tech companies aren’t taking that chance.

FCC は、Open Internet を阻害することはないと主張するが、テック・カンパニーたちは、そのような言い分を認めていない。

Last week, a number of tech companies visited Washington, D.C., to argue their case for net neutrality, GigaOm’s Janko Roettgers reported.

GigaOm の Janko Roettgers は、それらのテック・カンパニーが Washington D.C. を訪れ、ネット・ニュートラリティに関する情報を訴えた。

With this letter, the number and size of tech companies publicly fighting for net neutrality has increased drastically. While more than 50 companies signed, just the first page of signatories alone contains giants like Amazon, Microsoft, Google, Netflix, and Facebook. We’ve embedded the letter below:

この書簡において、ネット・ニュートラリティのために公然と戦う、テック・カンパニーの規模は、質と量の両面で大幅に増大している。 50社以上の企業がサインしている状況に加えて、その最初のページには、Amazon/Microsoft/Google/Netflix/Facebook などが名前を連ねているのだ。 以下に、その書簡を添付しておく:

Federal Communications Commission

445 12th Street, SWWashington D.C. 20554

May 7, 2014

Dear Chairman Wheeler and Commissioners Clyburn, Rosenworcel, Pai, and O’Reilly:

We write to express our support for a free and open internet. Over the past twenty years, Americaninnovators have created countless Internet-based applications, content offerings, and services thatare used around the world. These innovations have created enormous value for Internet users, fueledeconomic growth, and made our Internet companies global leaders. The innovation we have seen todate happened in a world without discrimination. An open Internet has also been a platform for freespeech and opportunity for billions of users. 

The Commission’s long-standing commitment and actions undertaken to protect the open Internetare a central reason why the Internet remains an engine of entrepreneurship and economic growth.

According to recent news reports, the Commission intends to propose rules that would enable phoneand cable Internet service providers to discriminate both technically and financially against Internetcompanies and to impose new tolls on them. If these reports are correct, this represents a gravethreat to the Internet.

Instead of permitting individualized bargaining and discrimination, the Commission’s rules shouldprotect users and Internet companies on both fixed and mobile platforms against blocking, discrim-ination, and paid prioritization, and should make the market for Internet services more transparent. The rules should provide certainty to all market participants and keep the costs of regulation low.

Such rules are essential for the future of the Internet. This Commission should take the necessarysteps to ensure that the Internet remains an open platform for speech and commerce so that Americacontinues to lead the world in technology markets.

Sincerely,

Amazon Cogent Dropbox Ebay Etsy Facebook Foursquare Google Kickstarter Level 3 LinkedIn Lyft Microsoft Netflix Reddit Tumblr Twitter Vonage Holdings Corp. Yahoo! Inc. Zynga

ーーーーー

ついに、名立たるテック・カンパニーたちが、FCC が進めている「新たなネット・ニュートラリティの定義」に対して、公然と批判し始めました。 その背景には、全米のインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費している Netflix の存在があります。 そのような、サービス提供者に対して、ISP が個別に課金できるようにしようというのが、この FCC の新たな定義なのですが、そんなものを、中立性をもって決められる組織も個人も、この地球上には存在しないというのが、テック・カンパニーたちの主張です。詳しくは、5月1日にポストした、「 FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」をご覧ください。 来週は、この背景となった、Netflix と ISP の問題について、プチ特集していきたいと思っています。 Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

%d bloggers like this: