Agile Cat — in the cloud

Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Amazon, Asia, Baidu by agilecat.cloud on February 5, 2016
Baidu builds empire with music, Amazon deals
AFP | Dec 5, 2015, 01.40 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Baidu-builds-empire-with-music-Amazon-deals/articleshow/50053568.cms
 
_ Times of India
 
SHANGHAI: Chinese internet giant has announced two deals linked to the entertainment industry, including a tie up with online retailer Amazon to provide it with search services.
 
SHANGHAI: China のインターネット・ジャイアントである Baidu が、エンターテインメント産業に関連する、2つの耳寄りな情報を発表した。そして、そこには、オンライン・リテーラーである Amazon に、検索サービスを提供するための提携も含まれているのだ。
 
Baidu, often described as the Chinese equivalent of Google, has been seeking to leverage its online dominance in a country where most of the US search giant’s websites are banned.
 
いつも Chinese Google と評される Baidu であるが、US 企業が提供する大半の Web サイト検索が禁止されている China で、オンラインを独占している優位性を、さらに活用しようとしてる。
 
Amazon BaiduBaidu has agreed with Amazon China to become the default search engine in the country for its e-book readers and also cooperate in app distribution and video content, according to a Baidu statement.
 
Baidu のステートメントによると、同社は Amazon China と合意し、China 国内における eブック・リーダー/アプリ配信/ビデオ・コンテンツなどで用いられる、デフォルトの検索エンジンを提供することになる。
 
Amazon will “integrate” with Baidu’s app store and online video platform iQIYI, it said, which is a rival of an Internet television company newly acquired by e-commerce behemoth Alibaba.
 
言い換えるなら、Baidu のアップ・ストアおよび、オンライン・ビデオ・プラットフォームである iQIYI と、Amazon は統合されることになる。そして、この iQIYI であるが、eコマース・ジャイアントである Alibaba が買収した、インターネット TV である YouKu の、ライバルになると伝えられている。
 
On the same day, Baidu said it would merge its music business with one of China’s biggest music rights holders, Taihe Entertainment Group, which covers mainland China, Taiwan, Hong Kong, Macau and Singapore. Taihe holds original rights to over 10,000 compositions and 700,000 recordings, the statement showed.
 
上記のアナウンスメントと日を合わせて Baidu は、China 最大の音楽著作権ホルダーである Taihe Entertainment Group と、自社の音楽ビジネスをマージし、China/Taiwan/Hong Kong/Macau/Singapore をカバーすることになったと発表している。この Taihe は、1万人以上の作家を組織化し、また、700,000件以上の録音データを有すると、Baidu のステートメントには示されている。
 
The deal marked the latest in a string of mergers and acquisitions by China’s top three Internet firms.
 
今回の取引により、China Top-3 インターネット企業による合併/買収のシナリオが、新たに記されることになった。
 
At the end of October, Baidu took the lead in the online travel sector after two of China’s largest online travel firms — Baidu-controlled Qunar and Ctrip — agreed a share swap and partnership deal to create the country’s biggest Internet travel service.
 
2015年10月の終わりに Baidu は、China オンライン・トラベル業界において、Qunar と Ctrip を買収することで、リードを奪っている。具体的に言うと、China で最大のインターネット・トラベル・サービスを構築するために、株式の交換とパートナーシップが締結されたのだ。
 
Two weeks prior to the deal, China’s e-commerce giant Alibaba announced plans to buy outstanding shares of Youku Tudou, the Asian country’s equivalent of YouTube, in a deal estimated to be worth $4.8 billion.
 
その二週間前のことであるが、China のコマース・ジャイアントである Alibaba が、Youku Tudou の発行済株式を購入すると発表している。同社は、Asia の YouTube と評されるベンダーであり、その対価は $4.8 billion に至ると推定されている。
 
RELATED
ーーーーー
Baidu先日にポストした、「Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!」という抄訳は、Oracle と Tencent の狙いを浮き彫りにする、とても興味深い洞察を提供していましたが、その Oracle と同じようなタイミングで、今度は Amazin の中国進出が明らかにされました。 パートナーは Baidu であり、このタッグにより Alibaba に対抗していくことになるのでしょう。そして、Microsoft と 21Vianet/Oracle と Tencent/Amazon と Baidu というチームが構成され、それぞれの中国展開が活性化することにもなります。 こうして、クラウドは分化の時代に、突入していくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

Posted in .Selected, Amazon, API, IoT, Strategy by agilecat.cloud on January 12, 2016
AWS Announces IoT Platform With Deep AWS Integration
Romin Irani, Contributing Writer – Oct. 15 2015
http://www.programmableweb.com/news/aws-announces-iot-platform-deep-aws-integration/2015/10/15
 
_ ProgrammableWeb
 
At the most recent re:Invent conference, Amazon Web Services (AWS) announced its entry in the Internet of Things (IoT) space. The AWS IoT platform as expected brings not just the scale expected of AWS, but introduces deep integration with services in the AWS ecosystem along with Device SDKs, and Starter Device Kits that are ready to kick-start your IoT development.
 
先日の re:Invent 2015 Conference において、Amazon Web Services(AWS)は、Internet of Things (IoT) スペースへの参入について発表した。この AWS の IoT プラットフォームは、AWS に期待されるスケールをもたらすだけではなく、これまでの AWS エコシステムのサービスと、Device SDKs および Starter Device Kits を緊密に統合するものだと紹介されていた。それにより、誰もが IoT の開発をキック・スタートできるようになる。
 
re_invent_2015At its heart, AWS IoT is a Managed IoT platform that provides a Message Broker which can handle messages published by your devices, as well as a Rules Engines that can transform and invoke actions both into other AWS Services and back to your devices.
 
AWS IoT の中核となるのは、Message Broker を提供する Managed IoT  プラットフォームであり、利用されているデバイスからのメッセージを処理することになる。 それに加えて、Rules Engines も提供され、各種の AWS サービスとデバイスの間で用いられるアクションを呼び出し、状況に応じて適合させていく。
 
これが、AWS IoT の概念図であり、緑の部分が IoT Platform となる。
 
A high level diagram of AWS IoT is shown below, with the IoT Platform shown in green.
 
AWS IoT PlatformClick to Large >>>
 
“Things” are devices that you need to control. They publish messages to the broker via the MQTT protocol (note that HTTP is also supported). The Message Broker can then deliver the message to subscribers, IoT Applications, or other Things. Security and Identity is a first-class citizen in this platform and needs to be taken care from the ground up. The Rules Engine is pretty interesting and it can not just transform the data but route the message back to not just subscribers/applications but also invoke the rest of the services available in the AWS Ecosystem like DynamoDB, Lambda functions and more.
 
“Things”  とは、ここでコントロールすべきデバイスのことである。それらが発行するメッセージは、MQTT プロトコル(HTTP もサポートされていることに注意)を介して Message Broker へと至る。続いて、この Message Broker は、受信したメッセージを、他の Subscriber/IoT Application/Things へと配信する。セキュリティと ID は、このプラットフォームで最も大切なオブジェクトであり、また、徹底的に精査される必要がる。Rules Engine は、とても興味深いものであり、データだけでなく、その転送ルートも変換する。 それによりメッセージは、Subscriber/Application 以外にも転送されることになる。それだけではなく、AWS Ecosystem における DynamoDB/Lambda といった、その他のサービスも呼び出せる。
 
The Thing Shadow is a very interesting concept and is key to disconnected Things. Given the conditions that Things would operate it, it is very likely that due to bad connectivity, they are not always in a connected state. This means that when a message is likely to be pushed to the Thing, it is not available. In comes the concept of Thing Shadow to address it.
 
Thing Shadow は、きわめて興味深いコンセプトであり、また、ディスコネクトされた Things にとって重要なものとなる。Things を運用する条件を考えると、コネクションが不良なケースと、たまにコネクトされるケースは、きわめて似ている。つまり、Things へ向けてメッセージがプッシュされたときに、相手が接続されていないこともある。Thing Shadow の in-comes のコンセプトが、そのような状況に対応する。
 
A Thing Shadow is a copy of your Thing state in the Cloud and contains the last known state and a desired state. When a Thing is connected again, the state is synced with the Thing Shadow. Applications too can control the state of a Thing by simply using the REST API to control the Thing Shadow state. Check out How It Works section for more details on the core building blocks of the AWS IoT Platform.
 
具体的に言うと、対象となる Thngs のコピーを、クラウド内に保持しているのが Thing Shadow であり、最終のステートと、望ましいステートを、その内部に確保している。そして、Things が再びコネクトされると、その時のステートが Thing Shadow と同期される。この、Thing Shadow のステートを、REST API を用いてシンプルにコントロールすることで、アプリケーションによる Things のステート管理が、きわめて容易になる。より詳細な情報に関しては、AWS IoT Platform コア・ビルディング・ブロックの、How It Works をチェックしてほしい。
 
Amazon has made sure that developers can interact with the IoT Platform via its standard SDK but it also has a Device SDK that you makes it easy for developers to connect to the IoT Gateway. The Device SDK is available for C, JavaScript and Arduino. Check out the Device SDK page, from where you can even download the same.
 
Amazon が検証してきたことは、開発者たちが標準の SDK を介して、この IoT Platform をインタラクトできることである。また、Device SDK を用いて、IoT Gateway へのコネクションを、容易に開発できることも、そこに含まれる。この、Device SDK は、C/JavaScript/Arduino に対応している。先ほどと同様に、コア・ビルディング・ブロックの、Device SDK ページをチェックしてほしい。
 
The maker community is well versed with using Kits that have helped them write IoT applications and it would be interesting to them that AWS has partnered with various Device Manufacturers to help jump start the applications. These starter kits contain all you need to get connected to the AWS IoT Gateway. The Starter kits are from various vendors including Intel Edison, Beaglebone and more.
 
一般的に、メーカー・コミュニティは、そのキットの使い方に精通しているため、IoT アプリケーションの記述を支援してくれるだろう。AWS と各種デバイス・メーカーが提携し、AWS アプリケーションのジャンプ・スタートを支援していくことに、それらのコミュニティは興味を示すだろう。それらのスタート・キットは、AWS IoT Gateway をコネクトするための、あらゆる情報を提供してくれる。Intel Edison や Beaglebone などを含む、各種のベンダーから、この Starter Kits は提供される。
 
For AWS developers, the IoT platform is an excellent gateway to help build their Internet of Things applications. If you are invested in the AWS Ecosystem, you are probably using multiple services and this close integration is a big win for developers.
 
AWS デベロッパーにとって、この IoT Platform は、IoT アプリケーションを開発するための、素晴らしいエントランスになるだろう。あなたが、AWS エコシステムにコミットしているなら、おそらく、数多くの既存サービスを利用できるだろう。 そして、この緊密なインテグレーションが、デベロッパーを勝利へと導く。
 
ーーーーー
IoTこの記事は、re:Invent 2015 の直後にポストされていたものであり、ちょっと間が空いてしまいましたが、ようやく対訳をポストできました。その後の AWS IoT ですが、昨年末に一般公開され、また、AWS Japan からも日本語ドキュメントが提供されています。訳していて、ナルホドなぁと思ったのは、Thing Shadow のところであり、ひとつの気づきを与えてもらった気分です。 昨日の後書きでも参照した、Gartner の Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 には、 Internet of Things Platforms という項目があり、「 IoT プラットフォー ムとは、アーキテクチャとテクノロジーの観点から IoT を実現していくという、IT の 舞台裏となる作業を構成するものとなる」と解説されていました。そして、いくつかの標準化が必要になるだろうが、暫くはベンダー間の競合が続くため、2018年までは難しいとも、述べられていました。今年は、この AWS IoT に限らず、いろいろな動きが見られるのでしょうね。 とても楽しみです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに
 

Comments Off on AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Network by agilecat.cloud on December 16, 2015
Google has quietly launched an Akamai competitor
JORDAN NOVET – Dec 9, 2015
http://venturebeat.com/2015/12/09/google-cloud-cdn/
 
_ VB
 
Google has quietly started offering Google Cloud CDN service, a new content-delivery network (CDN) that should appeal to independent developers who want their applications to load quickly.
 
Google Cloud CDN というサービス、静かに立ち上げられている。この、新しい CDN (content-delivery network) は、自身のアプリケーションを迅速に配信したい、独立系のデベロッパーにアピールするものになるはずだ。
 
GoogleFlickr
brionv
 
For its “alpha” release, Google is now accepting applications from people who want to try the new service, which is limited in geographical availability. More locations will be added when the service becomes generally available.
 
この新しいサービスにおいて、Google はアルファ・リリースを提供することで、試してみたいという人々から申請を受け付けているが、現時点では地理的な制約があるようだ。ただし、このサービスが一般に公開されるときには、より多くのロケーションが追加されることになる。
 
“Google Cloud CDN (Content Delivery Network) uses Google’s globally distributed edge caches to cache HTTP(S) Load Balanced content close to your users,” the product description states. “Caching content at the edges of Google’s network provides faster delivery of content to your users while reducing the load on your servers.”
 
Google のプロダクト説明によると、「 HTTP (S) Load Balanced コンテントを、あなたのユーザーの近くにキャッシュするために、グローバルに分散された Google Cloud CDN エッジを活用するものだ。Google のネットワーク・エッジに、対象となるコンテントをキャッシュすることで、それぞれのユーザーにに対して高速でコンテントを配信できるようになる。 また、それと平行して、サーバーに対する負荷も軽減される」となる。
 
This is yet another piece of the puzzle that will allow the Google Cloud Platform to compete with other major cloud providers, specifically market leader Amazon Web Services, which offers the CloudFront CDN.
 
この試みは、Google Cloud Platform が、主要なクラウド・プロバイダーと競合していく上で必要な、パズルのピースでもある。とりわけ、クラウド・リーダーとして CloudFront CDN を提供している、Amazon Web Services と戦うためには、不可欠なものとなるだろう。
 
Microsoft Azure has a CDN, as well. To broaden its public cloud portfolio, Google has been steadily adding features, including a tool for storing and editing application code. In addition to features, the Google cloud also competes on the price of raw cloud computing and storage infrastructure. Recently, Google made it possible for people to adjust the resource sizes of individual virtual machines they use in the Google Compute Engine.
 
同様に、Microsoft Azure も、CDN を持っている。それに対して Google は、パブリック・クラウドのポートフォリオを着実に拡大するために、アプリケーション・コードを格納/編集するためのツールなどを追加している。それらの機能に加えて、クラウドにおけるコンピューティングとストレージといったインフラに関しても、 Google は価格競争を仕掛けている。また、最近のことだが、Google Compute Engine を利用するユーザーが、個々の仮想マシンのリソース・サイズを調整できるよう、Google は改善を施している
 
Google already has partnerships with CDN providers like Fastly, CloudFlare, Highwinds, and Level 3.
 
すでに Google は、Fastly/CloudFlare/Highwinds/Level 3 といった、CDN プロバイダーとパートナーシップを結んでいる。
 
Google has also partnered with Akamai, the biggest company in the CDN business. AWS CloudFront has become big with web services that need to perform well around the world, which has challenged Akamai, to a degree. Now Google will also be competing, rather than just partnering.
 
さらに Google は、CDN 業界の最大手である Akamai とも提携している。 また、グローバルな CDN プラットホームを必要とする、各種の Web サービスと伴に、AWS CloudFront は次第に大きな存在へと成長している。 そして Google は、この新しいサービスにより、それらと協調するのではなく、競合していく道を選んだことになる。
 
ーーーーー
google-55a先月のことですが、「Google と Akamai が 提携: Google Cloud Platform のスピードとコストは、どのように変化するのか?」という抄訳をポストしています。そのときに、Google の CDN 戦略が定まったと思ったのですが、さらに新しい局面へと突入していくようです。 Akamai は、「世界で最大の分散 CDN プラット・フォーム・オペレーターとして、私たちは Google Cloud Platform と協調していく」と発言していたのですが、その辺りは、どうなるのでしょうかね? その一方で、中小の SaaS プロバイダーが、AWS 上で成長しているという記事を、先日に紹介していますが、CDN サービスが多様化していくことで、こうした動きがさらに加速していくはずです。 クラウドのためのインフラが、ものすごい勢いで整備されていきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
Akamai の 61,000 台のサーバーは、70カ国で 1,000 Networks をサポートする
Akamai がダウンすると、インターネットも道連れに?
 

Comments Off on Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?

SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている

Posted in Amazon, On Monday by agilecat.cloud on December 14, 2015
AWS is Used by 40 Percent of Small and Mid-sized SaaS Vendors
Dick Weisinger – December 8th, 2015
http://formtek.com/blog/saas-aws-is-used-by-40-percent-of-small-and-mid-sized-saas-vendors/
_ formtek
Amazon AWS is used by 40 percent of small and medium-sized SaaS businesses, based on a report from Pacific Crest.  That’s amazingly high.  Microsoft Azure and Salesforce only hold 5 percent and 3 percent of the market.
 
Pacific Crest のレポートによると、中小の SaaS 事業者の 40% が、Amazon AWS を使用しているようだ。それは、きわめて高い比率である。このマーケットにおけるシェアを見ると、Microsoft Azure は 5% であり、Salesforce 3% に過ぎない。
 
Sisley_2237 percent of SaaS businesses say that they are managing their own servers.  The report expects AWS market share to grow as the number of businesses managing their own servers declines.
 
また、 SaaS 事業者の 37% は、独自にサーバーを管理していると述べている。したがって、独自にサーバーを管理する企業の数が減るにつれて、AWS のマーケット・シェアが成長していくと、このレポートは予測している。
 
Other findings from the Pacific Crest report include:
 
Pacific Crest レポートに含まれる、興味深い視点を、以下に列挙する:
 
  • Gross Margins from SaaS Subscriptions are up 78 percent in 2015
  • Revenue growth from SaaS subscriptions is up 46 percent in 2015
  • Highest SaaS sales came from channel and inside sales
  • SaaS businesses in the $5M – $7.5M range grew 70 percent in 2014
  • The cost to add new revenue from an existing customer is only one-quarter of the cost required to get revenue from a new customer
 
  • SaaS サブスクリプションからの粗利率は、2015年に 78% もアップしている。
  • SaaS サブスクリプションからの収益率は、2015年に 46% もアップしている。
  • SaaS において、最も売上の多いセールス方式は、チャンネルと非対面である。
  • $5M – $7.5M レンジの SaaS ビジネスは、2014年に 70% も成長している。
  • 既存の顧客から新たな売上を得るために必要なコストは、新規の顧客から売上を得るために必要なコストの、わずか 1/4 に過ぎない。
 
ーーーーー
On MondayAWS のシェアも素晴らしいですが、SaaS の成長率に驚かされました。ホントかなと思い、Pacific Crest のレポートをダウンロードしてみましたが、2015-Pacific-Crest-SaaS-Survey-10.16.15 という PDF の中に、その根拠となるチャートが見つかりました。 メアドを要求されますが、豪華レポート5本セットが DL できるので、お勧めしたいです。 このレポートを読むと、SaaS ベンダーの HQ ローションが、米国に 211社も集中していて、その他の注記が 94社という状況が分かります。とくに、APAC は 13社という寂しさですが、ここも、これから爆発的に成長していく領域となるのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
 

Comments Off on SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている

Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Businesses, Strategy by agilecat.cloud on September 18, 2015
Alibaba is going after a Chinese market twice the size of the US
Sue-Lin Wong – Jul 31, 2015
http://www.businessinsider.com/r-in-rural-china-shoppers-go-online-with-a-little-help-2015-7
 
_ Business Insider
 
Zheng Liying looks at a computer screen in front of a picture of Alibaba founder Jack Ma, seen on the cover of a publication, at Zheng’s Alibaba rural service centre in Jinjia Village, Tonglu
 
Tongle の Jinjia 村にある Alibaba の農村向けサービス・センターでは、創業者である Jack Ma が表紙を飾る冊子の前で、Zheng Liying がコンピュータの画面に見入っていた。
 
Cheng Yonghao left his village in central Henan province almost 20 years ago, not expecting to return. He’s now back home, and this week opened a village store to help locals shop online.
 
Henan 省の中心にある村を、20年前にあとにした Cheng  Yonghao は、再び故郷へと帰れるとは思っていなかった。しかし、彼は実家へと戻り、村に店舗を構え、ローカルのオンラインストアをサポートすることになった。
 
Cheng is just one of an army of local recruits who are part of Alibaba Group’s big bet on rural e-commerce as China’s internet giants invest billions in outpost service hubs to tap a market twice the size of the United States.
 
Cheng は、ローカルでの人材採用を促進するという、Alibaba Group 特殊部隊の一員でもある。 つまり、United States の2倍と言われる、この China のコマース市場を開拓するために、Alibaba が巨額の費用を投資している、農村における前線基地を任されているのだ。
 
E-commerce growth in the countryside now outpaces that in major cities, though fewer than one tenth of online purchases made on Alibaba platforms were shipped to rural areas in the first quarter of this year. Alibaba estimates the potential market at 460 billion yuan ($US74 billion) by next year.
 
そして、地方における Alibaba プラットフォーム上でのオンライン販売額は、今年の Q1 時点で主要都市の 1/10 にも満たないが、成長率に関しては、すでに逆転という状況にいたっている。Alibaba は、この地方マーケットの潜在力について、来年は 460 billion yuan ($US74 billion) に至ると見積もっている
 
Rival JD.com also says that developing rural e-commerce is a key strategy this year. While the rewards are enticing, few are making money yet.
 
Alibaba のライバルである JD.com も、農村部における E コマースビジネスの開発は、今年の重要戦略であると述べている。 ただし、投資効果としては魅力的であるが、実際の売り上げに結びついているのは、ごく僅かである。
 
“We don’t know when our rural e-commerce operations will become profitable, but there’s value in what we’re doing, there’s consumer demand,” Gao Hongbing, director of Alibaba’s research arm, told reporters earlier this month.
 
Alibaba のリサーチ部門で Director を務める Gao Hongbing は、「農村部における E コマースが、利益をもたらす時期について、正確に理解しているわけではないが、私たちが推進していることには意味があり、また、コンシューマーからの需要もあるのだ」と述べている。
 
Train the trainer
 
Alibaba founder and chairman Ma makes a speech during the official opening of the CeBIT trade fair in Hanover
 
Hanover で CeBIT が開催されたとき、Alibaba の Founder である Ma は、オフィシャルにスピーチしている。
 
Before it can reap the rewards, Alibaba is having to teach a rural population – which tends to be older, poorer and less comfortable with technology – how to browse and buy.
 
Alibaba は、投資に対する是非を問う前に、膨大な農村人口に注目しているのだ。 しかし、オンラインで商品をブラウズして購入してもらう以前に、 古くて、貧しくて、テクノロジーに疎いという、農村の傾向を何とかしなければならない。
 
That’s where Cheng and the others come in.
 
そこに、農村で Cheng たちが、取り組んでいる意味があるのだ。
 
Alibaba has been on a recruitment drive to find and train local ‘partners’, who set up service centres in their home villages, helping locals shop online.
 
Alibaba は、ローカルにおけるパートナーを見つけ出し、彼らをトレーニングしたいと考えている。そして、それぞれの農村にサービス・センターを設置し、そこからローカルのオンライン・ショッピングをサポートしていこうとしている。
 
Partners – mostly younger, educated, and more familiar with navigating websites like Taobao, Alibaba’s online emporium – go through a written exam, computer test and interview. More than 1,000 applied for one batch of 50 jobs, said one applicant from Henan. Training takes place at local government business offices over 2-3 days in groups of around four dozen. Trainees are asked about their aspirations and how they can reach their potential.
 
それらのパートナーたちは、大半が高学歴の若者であり、Alibaba のオンライン・ストアである Taobao といった、Web サイトのナビゲートに長けている。彼らは、筆記試験をパスした後に、コンピュータに関する試験と、インタビューを通過しなければならない。50人の採用枠に対して、1000人以上が申し込んでくると、Henan 省からの採用希望者は述べている。そしてトレーニングは、それぞれの地方の役所において、2日〜3日間の時間をかけながら、40人〜50人ほどのグループ単位で行われるという。研修生たちは、それぞれの目標と、それを達成するための方式について、ヒヤリングされるようだ。
 
“My dreams aren’t that big,” said Cheng, 29. “I just want to live in the countryside and give back to the people there so they can have the same quality of life as people in cities.”
 
「 私は、大きな夢を持っているわけではない。単に、田舎に住みたいだけだ。そして、ここに住む人々が、都市の人々と同じレベルの生活を、得られるようにしたいと考えている」と、29歳の Cheng は発言している。
 
Having some of its surplus of university graduates return to the countryside also fits government policy for developing the rural economy.
 
大学を卒業する人々の中から、都市部では剰余となってしまう人々を、田舎へ返すという流れは、農村経済の活性化という、北京政府の政策にも適合する。
 
“Some are university students, others have spent a couple of years working in cities and want to come home, some have been working in the village all along,” said Xing Guanjie, who trained with Cheng. “You’ve got all kinds, but almost everyone is between 20 and 35 years old.”
 
Cheng からトレーニングを受けている Xing Guanjie は、「 これから大学を卒業する学生もいれば、何年かを都市で働き、実家へ帰りたいという人もいる。また、ずっと田舎で働いてきたという人もいる。ここには、いろいろな経歴の人々がいるが、その大半が、20歳〜35歳である」と述べている。
 
Training also covers Alibaba’s corporate values and history; how to choose where to set up shop, open a Taobao account, operate at village level, and match products to consumers.
 
このトレーニングは、Alibaba という企業の価値と歴史をカバーしている。そして、もちろん、ショップを開設する場所の選び方や、Taobao アカウントの作り方、農村というレベルでの運用方法、消費者にマッチした製品の選び方などが、教えられていく。
 
“There’s pressure for us to go out and promote the company,” said Zhu Ling, 25, who runs a service center in Zhejiang province. “But it’s difficult as I know most people here and they’re sceptical of my motives.”
 
Zhejiang 省でサービスセンターを運営する 25歳の Zhu Ling は、「 Alibaba の外に出て、プロモーションを展開することに、プレッシャーを感じている。ここの人々を知ってはいるが、私の動機に対して、彼らが懐疑的になってしまうと、さまざまな困難が生じてしまう」と発言している。
 
Alibaba declined to say how many partners it has trained, but it has said it plans more than 100,000 rural service centres.
 
トレーニングを受けているパートナーの数について、Alibaba は言及を避けているが、農村部に 10万ヶ所以上のサービス・センターを作るという、計画については明言している。
 
Shifting landscape
 
There are signs the rural retail landscape is shifting.
 
農村の小売というものに、シフトの兆候が見られる。
 
“I’m planning on retiring early, it’s getting too tough to do business here,” said Chen Tiehua, 45, who runs a lighting store in Zhejiang’s Tonglu county. “A lot of my friends who run small businesses face the same problem: we can’t compete against e-commerce.”
 
Zhejiang の Tonglu で照明器具を販売している、45歳の Chen Tiehua は、「 ここでビジネスを行うには、あまりにも厳しい状況となっているため、早期のリタイアを考えているところだ。中小企業を運営している多くの友人たちが、同じ問題に直面している。 つまり、E コマースに対抗する術がないのだ 」と述べている。
 
A half-hour’s drive away, villagers in Yuzhao fetch packages and check on orders at a Taobao service center – little more than a dusty computer and wall-mounted TV in a corner of the village general store.
 
Yuzhao の村人たちは、クルマで1時間半もかかる Taobao のサービス・センターへ行き、商品の受け取りと、それに対する支払いを済ませる。つまり、埃っぽいコンピュータや壁掛けテレビを、村の雑貨店で購入するケースが減っているのだ。
 
ecomm-marketplace-active-buyers
Click >>>
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
Dave Smith – Apr. 2, 2015
 
“I tell people to buy whatever’s ranked highest in terms of sales,” said Zhu, scrolling through recent orders that include a child’s bike, underwear, phone data packages, industrial gloves and a tent. “They often just want to buy the cheapest, but I tell them not to,” she said, adding some villagers worry that online shopping is a scam or that products ordered online won’t be as good as those bought in the store.
 
「 人々に対して、いわゆる売れ筋の商品を買うよう、アドバイスしている。 多くのケースにおいて、最も安価な商品が選ばれるが、それは止めるように説得する」と、Zhu は言う。 そして、子供用の自転車から下着まで、そして、携帯電話のデータ・パッケージや作業用の手袋、さらにはテントまでも含む、最近の注文リストをスクロールして見せてくれた。その一方では、オンライン・ショッピングは詐欺であり、村の店舗で購入する製品と比べて、オンラインで購入しする商品は品質が悪いと、吹聴するような村民がいることも、教えてくれた。
 
Zhu said she makes around 1,000 yuan ($US161) from Taobao sales each month.
 
その Zhu であるが、こうして Taobao を使いこなすことで、1,000 yuan ($US161) の利益を、毎月のように手にしているという。
 
In nearby Duji, Shen Zhixiang and his friends sit outside the village’s small general store, where the walls are lined with orange and green Taobao posters. Inside, the computer is switched off, and the store owner is out back playing mahjong.
 
Duji の近郊では、Shen Zhixiang と友人たちが、村の小さな雑貨店の外に座っていた。そのオレンジとグリーンの Taobao ポスターを掲げた、店舗に置かれたコンピュータはオフになっており、店のオーナーは麻雀のために外出中とのことだった。
 
“People come to order things after work,” said Shen, 52. “I buy everything on Taobao now. My online order for dog food just arrived, I’ll take it home later,” he said. “Not just dog food, but corn, flour, rice, millet, clothes, shoes, everything.”
 
52歳の Shen は、「人々は、仕事の帰り道に、ここで商品を注文していく。いまでは、私も、すべてを Taobao で購入している。今日は、ドッグ・フードが届いたというので、家に持ち帰るつもりだ。 ドッグ・フードだけではなく、トウモロコシや小麦粉や米などの穀類から、洋服や靴など、すべてを Taobao で買う」と言っていた。
 
While the potential is vast, these are early days, and Jin Jianhang, Alibaba Group president, concedes that China still lacks rural infrastructure.
 
Alibaba Group の President である Jin Jianhang は、可能性は計り知れないが、依然として黎明期にあると、China の農村部におけるインフラを欠如を認めている。
 
“Bluntly, China’s county-level towns are built like European ones, but its villages are like African ones,” he said in a speech promoting rural e-commerce this month.
 
今月に開催された、農村部に関する Eコーマスのプロモーション・イベントで、「 率直に言って、China の地方都市は Europe レベルだが、農村部は Africa レベルなのだ」と、彼は発言している。
 
($US1 = 6.2095 Chinese yuan renminbi)
 
(Reporting by Sue-Lin Wong, with additional reporting by Paul Carsten and the Shanghai Newsroom; Editing by John Ruwitch and Ian Geoghegan)
 
ーーーーー
Asia Pacificこの記事を訳しながら、いろいろなことを考えてしまいました。文中にもあるように、おそらく、中国の農村部は流通網も整備されず、いまの時代の商品経済から隔絶された状況にあるのでしょう。 そして、Alibaba の考えるコマースは、単なる受発注だけではなく、物流も含めたインフラから再構築し、中国の経済を根底から変えていこうとするものになりそうです。秦の始皇帝の功績として、馬車の轍の幅の標準化というものがあるそうです。それにより、悪路が緩和され、輸送量が一挙に増大したそうです。 あまりにも、強権国家であったが故、秦は短命で終わってしまいましたが、その資産を受け継ぐ漢が、400年の繁栄を享受しています。そんなスケールでのイノベーションを、この Alibaba の試みに対しても感じてしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba で、クラウドの Top-3 が構成される
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
 

Comments Off on Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!

NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

Posted in Amazon, Asia, Hybrid, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 28, 2015
NTT helps integrate private and public clouds with dedicated connectivity
Mikael Ricknäs – Aug 26, 2015
http://www.infoworld.com/article/2976189/cloud-computing/ntt-helps-integrate-private-and-public-clouds-with-dedicated-connectivity.html
 
_Info World
NTT Communications will provide its enterprise customers with direct private connectivity to Microsoft’s and Amazon Web Services’ public clouds through a new service, Multi-Cloud Connect.
 
NTT Communications だが、Multi-Cloud Connect という名称のダイレクト・プライベート接続をユーザー企業に提供することで、Microsoft や Amazon Web Services といったパブリック・クラウドの利用を促すことになる。
 
The more dependent enterprises become on public clouds, the more dependent they become on a network connection that doesn’t falter. Inconsistent Internet performance has become an impediment to widespread cloud adoption, according to NTT.
 
パブリック・クラウドに依存する企業は、より高精度なネットワーク接続に依存することになる。したがって、インターネットにおける不安定なパフォーマンスは、広範囲におよぶクラウドの適用にとって障害になり得ると、NTT は述べている。
 
NTT CloudNTT hopes to offer a better performing alternative with its Multi-Cloud Connect, which lets enterprises access public cloud services via its MPLS (Multi-protocol Label Switching) network.
 
NTT が提供したいと望んでいるのは、同社の Multi-Cloud Connect を用いた代案であり、MPLS (Multi-protocol Label Switching) ネットワークを介して、パブリック・クラウド・サービスへのアクセスを実現するものとなる。
 
The purported advantages include better reliability, faster speeds, lower latency and higher security. Enterprises can take advantage of that when building hybrid clouds where some applications or parts of applications run on-site and others in a public cloud. That could include a tiered storage architecture or a cloud-based disaster recovery solution.
 
そのアドバンテージには、信頼性/高速化/低遅延/高度なセキュリティなどが含まれるという。たとえば、特定のアプリケーションや、その一部をオン・サイトに配置し、その他をパブリック・クラウドに展開したいと考えるエンタープライズが、ハイブリッド・クラウドを構築する際などに、そのメリットを享受することになる。そして、そのようなクラウドは、階層型のストレージ・アーキテクチャや、クラウド・ベースの DR ソリューションを、容易に取り込めるようになる。
 
A dedicated connection to Microsoft Azure or Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) should also lower the bar for moving applications that depend on low latency to the cloud, such as virtual desktops.
 
また、Microsoft Azure や Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) と専用線で接続することで、対象となるクラウドは低遅延を約束されるものとなる。 したがって、たとえば仮想デスクトップなどのアプリケーションを移動させる際のロスも、低減されるはずである。
 
Multi-Cloud Connect became available in Tokyo on Wednesday, and will be expanded to London in December, followed by the U.S. and other parts of Asia.
 
この水曜日(8/26)に、Tokyo で Multi-Cloud Connect の提供が開始された。そして、12月には、London でサービス・インとなり、その後に US および Asia での運用が開始されるという。
 
Speeds from 10Mbps to 1Gbps are available when connecting to Microsoft and 50Mbps to 500Mbps to Amazon. NTT didn’t announce any pricing.
 
そして、前述のパブリック・クラウドとの接続スピードだが、Microsoft と接続するときは 10Mbps 〜 1Gbps が、Amazon との場合は 50Mbps 〜 500Mbps が提供されるという。 ただし、NTT は、それらの料金についてはアナウンスしていない。
 
NTT is far from the only company offering dedicated connectivity for public clouds. Amazon has partnered with service providers all over the world on AWS Direct Connect and Microsoft offers ExpressRoute. But the NTT launch highlights how the cloud market is maturing step by step to provide buyers with more choice and flexibility.
 
NTT だけが、専用線によるパブリック・クラウド接続を、提供する企業というわけではない。実際に、Amazon は Direct Connect を提供し、Microsoft は ExpressRoute を提供することで、グローバルにおけるサービス・プロバイダーたちと接続している。しかし、NTT が立ちあげた今回のサービスは、クラウドの利用者に数多くの選択肢と柔軟性を提供し、クラウド・マーケットを段階的に成熟させていくものとして評価できるだろう。
 
ーーーーー
Telecomこのところ、Cloud News Asia でも Hybrid 関連のトピックが目につきます。ひょっとして、アジアの企業文化がハイブリッド・クラウドを選ばせるのかと思うくらい、その数は多いと感じています。 今週は、香港ベースの Global Cloud Exchange に関する記事をポストしましたが、シンガポールを中心として Equinix Huawei も、ハイブリッド・クラウドのためのクラウド・エクスチェンジを増築しているという状況です。そして、この NTT の Multi-Cloud Connect が加わることで、アジアのマーケットは、さらに加熱していくのでしょう。 _AC Stamp
Hybrid IT and cloud-enabled technologies will define the new normal
Hybrid IT, cloud-enabled technologies fast becoming the ‘new normal’
Hybrid IT becoming the new normal in APAC
Will Hybrid IT and cloud-enabled technologies define the new normal?
Aligning IT and Lines of Business with Dynamic Hybrid Environments
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Comments Off on NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

%d bloggers like this: