Agile Cat — in the cloud

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research by Agile Cat on July 18, 2014

CHART OF THE DAY: Google And Facebook Rule Mobile Advertising — And No One Else Is Even Close
http://wp.me/pwo1E-7G0

Dave Smith – Jul. 15, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-rule-mobile-advertising-2014-7

_ Business Insider

Google is the king of digital advertising, particularly on mobile devices, and the latest data from eMarketer charted for us by Statista proves it.

Google は、デジタル・アドの王者であり、とりわけモバイル・デバイスで勢力を誇るという、eMarketer による最新データを、Statista がチャートにしてくれた。

_  space

Statista

Google accounts for more than half of all mobile ad revenue worldwide, while Facebook has been steadily increasing its market share of mobile ad revenue each year since 2012, the year it went public. Facebook already accounts for more than one-fifth of all mobile ad revenue. Between Facebook and Google, the companies could rake in more than 70% of mobile ad money in 2014.

Google は、グローバルなモバイル・アド収入の過半数を占めているが、Facebook も、株式を公開した 2012年以来、毎年ごとにモバイル・アドにおけるシェアを高めてきている。 そして、すでに Facebook は、すべてのモバイル・アド売上に対して、1/5 以上のシェアを占めている。  つまり、Facebook と Google という二社により、2014年におけるモバイル・アドの 70%以上の売上が、掻き集められてしまう可能性があるのだ。

ーーーーー

誰もが知っているとおり、Google が広告ビジネスを成功させる以前の IT 業界にはに、プロダクトと対価を交換する以外に、利益を生み出す仕組みはありませんでした。 そして、プロダクトからサービスへの移行が進んでいますが、いまも数多くの企業が、それらに対する対価により、事業を営んでいるという現実があります。 しかし、Google と Facebook の二社は、集客する場を作り出し、そこに広告を導入することで、多額の収益を安定して得るという、とてもスペシャルなポジションを確保しています。 もちろん、ユーザーを集めるためのアイデアやテクノロジーを、継続して磨き続けなければなりませんが、それさえ確保すれば、この世界における商品経済が続く限り、その仕組みの根幹から、尽きることのないマージンを手にしていけるわけです。 

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Yandex by Agile Cat on May 30, 2014

It’s Good To Be A Search Engine
http://wp.me/pwo1E-7wX

Jay Yarow – May 14, 2014
http://www.businessinsider.com/its-good-to-be-a-search-engine-2014-5

_ Business Insider

Here’s a look at net revenue per user for a basket of big internet sites from digital media analyst Ian Maude.

以下に示すのは、デジタル·メディア·アナリストである Ian Maude から提供された、大手インターネット・サイトにおける、1人のユーザーあたりの純収益である。

_  space

Business Insider/Statista

As you can see, it’s good to be Google! It has a magic money machine called search that drums up more money per user than anyone else. That’s why the next two biggest sites on the chart, Yandex and Baidu, are also search engines.

ここから見て取れるように、Google にとって、素晴しい状況である! このサーチという錬金マシンは、他の誰よりも、1人あたりのユーザーから、多額の売上をかき集めてくる。それに続く Yandex と Baidu も、検索エンジンであるが故に、このポジションを確保している。

This is why Microsoft tried so hard to make Bing a dominant search engine. It’s also part of the reason Facebook keeps flirting with search.

また、Microsoft が Bing により、検索エンジンのマーケットを、懸命になって支配しようとした理由も見えてくる。さらに言えば、Facebook が検索に惹かれている、理由の一部にもなっている。

ーーーーー

どこかで、同じようなデータを見たことがあると思ったら、昨年の12月に 「 Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしていました。 ただし、その時は、Google とソーシャル・メディアたちの比較でしたが、今回は Yandex と Baidu が入ったことで、別の視点からの分析が可能になっているように思えます。 そして Facebook ですが、最近は検索結果に紐付いた広告が掲載されるようになってきましたね。 いま、Agile_Cat の Facebook には、Intel の SSD の広告(Amazon)が出ていますが、これは昨夜の検索結果を反映したものです。 やはり、検索は強いのですね。

ーーーーー

<関連>

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
オンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?

Posted in Advertising, Google, Yandex by Agile Cat on May 16, 2014

Yandex And Google Partner To Open Up RTB Display Inventory
http://wp.me/pwo1E-7v2
Feb 26, 2014 – Ginny Marvin
http://marketingland.com/yandex-google-partner-open-rtb-display-inventory-75269

_Marketing Land

Yandex, Russia’s largest search engine, has announced a new partnership with Google that will open up display inventory to their respective advertisers. Google’s DoubleClick clients will gain access to the display ad inventory available on the Yandex Advertising Network. Likewise, Yandex advertisers will be able to enter real-time bidding auctions on the DoubleClick AdExhange.

Russia 最大の検索エンジンである Yandex だが、Googleとの新しいパートナーシップを締結し、それぞれの広告主に対して、ディスプレイ広告の枠をオープンにすると発表した。それにより、Google DoubleClick のクライアントたちは、Yandex Advertising Network 上で利用可能な、ディスプレイ広告枠にアクセスできるようになる。同様に、Yandex の広告主は、DoubleClick の AdExhange で、リアルタイムな入札オークションに参加できるようになる。

The companies say the inventory overlap is minimal. ”Google and Yandex complement each other in terms of user data, audience-targeting and bid-optimisation, with Yandex’s machine learning technology MatrixNet providing fluidity and precision to behaviour-based targeting, and Google’s cutting-edge ad display optimisation giving all market participants the best value for their money,” says the Yandex press release.

両社とも、広告枠の重複を最小限にすると述べている。「 Google と Yandex は、ユーザー・データおよび、オーディエンス・ターゲティング、入札の最適化の面において相互に補完していく。そこで用いられるのは、Yandex の機械学習テクノロジーである MatrixNet であり、振る舞いベースのターゲティングに流動性と精度を提供していく。 また、Google における最先端のディスプレイ広告により最適化が行われるため、マーケットに参加する人々は最高の経済性を得ることになる」と、Yandex はプレスリリースで述べている。

The partnership covers display ads only and does not include text-based contextual or search advertising. The partnership expands the inventory pool available in the real-time bidding (RTB) systems of both companies.

このパートナーシップが対象とするのはディスプレイ広告のみであり、テキスト・ベースのコンテキスト広告やサーチ広告は含まれない。つまり、両社の Real-Time Bidding(RTB)システムにおける広告枠が、このパートナーシップにより拡張されることになる。

In addition to being able to offer their customers bigger pools of RTB accessible inventory, both companies clearly believe it’s good business for themselves and the publishers in their networks by increasing competition and bids for popular ad spaces. As the Yandex announcement puts it, expanding the RTB-based advertising market “gives a new kick to competition and boosts the quality of advertising space – the better is the inventory, the more desirable it is for buyers, the higher bids it generates in a real-time bidding auction.”

このパート-シップにより、両社の顧客たちに対して、より大きな RTB アクセス広告枠が提供されることになる。それに加えて、人気の広告スペースにおける入札が増加することで、Yandex と Google のビジネスが拡大され、また、同ネットワーク内のパブリッシャーにも恩恵がもたらされると、両社は考えているようだ。Yandex がアナウンスメントで述べているように、RTB ベースの広告マーケットが拡大することで、「 入札における新たな競争が始まり、広告スペースの品質が向上する。 つまり、広告枠が良い状態に保たれ、RTB 入札で高値で取引され、より望ましいバイヤーに提供される」ようになるのだろう。

The companies are working on the technical implementation of the project at this point.


両社は、このプロジェクトの、ここで述べたパートにおいて、テクニカルな実装に取り組んでいる。

Related Entries

ーーーーー

TAG index日本では、あまり馴染みのない Yandex ですが、ロシアの検索エンジンとして、同国内では Google と互角に戦う強者なのです。 2014年4月の、ロシアにおける検索エンジン・トラフィックを、StatCounter から切り取ってみましたので、よろしければ ご覧ください。 その強さを感じられると思います。ちょうど、日本の Yahoo Japan や、中国の Baidu のように、Google の世界征服を阻んでいる稀有な存在なのですが、広告枠に関しては相互に乗り入れた方が効果的だと判断したようです。 この Yandex、最近では Startup という映画のモデルになったようで、だんだんと世界に知られるようになってきました。 とてもユニークな会社なので、ご興味がありましたら、Yandex カテゴリも ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!

Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ

Posted in Advertising, Research by Agile Cat on April 5, 2014

モバイルにおけるマネタイズが、新しい経済を生み出していく・・・
http://wp.me/pwo1E-7nd

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、Gunosy も戻ってきて、2月よりは良くなってという感じです。そして、ずっとマイナス続きだった Twitter が、少しだけですが持ち直しました。 人それぞれだとは思いますが、Twitter がモバイルを、どのような方向へ成長させていきたいのか、その辺りが Agile_Cat にはよく分かりません。多くのユーザーが、「Twitter のマネタイズにおける迷い」を感じているはずだと推測しています。

そして、Facebook ですが、ページからのリーチ率が、かなり絞られてきたという感じがします。あくまでも、Agile_Cat のケースですが、これまでは Like 数の 15% くらいだったものが、その半分くらいに落ちているという状況です。 その一方で、広告を買ったときに反応が(500円程度ですが)、とても大きくなって来ています。 つまり、収益性を高める方向へ、Facebook の設定が変化してきたのだと推測します。こうした背景もあってか、その広告ビジネスは、とても順調なようです

_--space15_--space14

前述の話を受けた形になりますが、3月の Top-Post はモバイル広告に関するものでした。 そして、「1位の Google と 2位の Facebook を合わせると、全体の 75% を占有している」という、とんでもない数字が紹介されていました。 また、この記事によると、2014年における Google のモバイル広告売上は、なんと $14.7 Billion まで成長するようです。 電通の 2013年度の売上が 1兆4123億円(単体)ですから、モバイルだけで同じ規模に達することが分かります。

また、2月に特集を組んだ WhatsApp や Line といったソーシャル・メッセージングが伸びたことで、キャリアのドル箱であった SMS が衰退していくと分析されています。 Google や Facebook の広告モデルと同様に、それぞれの新興ソーシャルがマネタイズの方式を工夫していますが、このモバイルという領域で勢力を持ったサービスが、新しい経済のカタチを、次々と生み出していく未来が目に浮かんできます。

_--space13

1: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
2: Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
3: Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
4: OS X 10.9.2 のアップデートは要注意:AirPlay Mirroring が NG というレポートが!

5: iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!
6: iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!

7: Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
8: Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
9: Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?

10: Dropbox に挑戦する フランスの OVH:10 TB まで 1350円という月額は 1/100 だ!

11: iOS 7.1 のダウンロードが始まった:CarPlay/Siri/iTunes などがテンコ盛りだ!

12: Gmail for iPhone が、かなり高速化されたようだ : さっそく DL してみよう!

13: Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!
14: Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:WeChat も WhatsApp も強敵だ!

15: Google Drive が大幅に値下げされた:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!

16: DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?

17: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月

18: クラウド・ストレージ選手権 2013 : Box/Dropbox/Google/SkyDrive 
19: 米国のハイテク・インターンたちは、学生でありながら年間で 750万円も稼ぐらしい

20: SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

続いて、3月の Tumblr ですが、こうして眺めてみると、自分の興味がソーシャル/モバイル/データセンター/インフラに向かっていることを、あらためて認識します。 モバイルとデータセンターの間に、このブログの主題であるクラウドがいるのですが、そばに寄って眺めるよりも、それを包み込む側から、少し距離をおいて眺めるほうが、その全体像が掴みやすいと感じています。

↓ クリックで Tumblr へ ↓

ーーーーー

image2月から、ヒマを見てはコツコツと作り始めていた、Cloud News Asia というサイトが、それなりに、カタチになり始めてきました。テーマは、アジアのクラウドであり、それをアジアの人々と共有したいという思いがあります。 その構成は、テキスト・ベースの News Index であり、とてもシンプルなものとなります。しかし、切り貼りだけとはいえ、すべてが英語というのは初めてのことなので、戸惑いながら、試行錯誤を繰り返しているという状況です :)  よろしければ、以下の URL から、ご参照ください。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

WordPress : http://cloudnewsasia.com/

Facebook:https://www.facebook.com/cloudnewsasia

Twitter: https://twitter.com/cloudnewsasia

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW
Agile_Cat:2013年 12月の マトメ : ノンビリとした師走です
Agile_Cat:2013年 11月の マトメ : Gunosy は 17k リフェラル!
Agile_Cat:2013年 10月の マトメ : 脅威の Gunosy は 25k リフェラル!
Agile_Cat:2013年 9月の マトメ : やはり Gunosy はスゴイ!

Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on March 30, 2014

In Just 2 Years, Google And Facebook Have Come To Control 75% Of All Mobile Advertising
http://wp.me/pwo1E-7mj
Jim Edwards – Mar. 20, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-dominate-mobile-advertising-2014-3

_ Business Insider

In the last two years, Facebook and Google have gone from a position of merely being two big, fast-growing players in mobile advertising to dominating it completely. Combined, they have cornered 75.2% of the entire mobile market in 2013, according to new data by eMarketer.

直近の 2年間を見ると、モバイル広告における Facebook とGoogle は、単なる Big 2 というポジションでは語れないほど急成長し、この領域を完全に支配するプレイヤーになっていることが分かる。 eMarketer からの最新データによると、2013年における、この二社の売上を合算すると、モバイル・マーケット全体の 75.2% を独占しているとされる。

_  space

Statista

In 2014, Google alone is expected to be roughly as big as all other companies combined, as this chart of mobile ad revenues from Statista shows.

Statista が示す、モバイル広告収入のチャートにあるように、2014年の Google は、その他すべての合計と、肩を並べるところまで巨大化しそうだ。

ーーーーー

TAG indexなんというか、言葉が有りませんね。 でも、2013年1月の、comScore による「Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング」を見たときから、このような結果は予測されていたのかもしれません。 そこには、こんなことが書かれていました。 ーーー Facebook は、モバイル・アプリ全体に費やされる時間の 23% を支配しており、また、提携関係にある Instagram も 3% を確保している。 Google のアプリに関しては、Gmail が 3% のシェアを保持しており、その他のアプリを加えていくと、全体で 10% の時間を支配していることになる。 この 2社を合計すると、モバイル・アプリに費やされるすべての時間の、1/3 を支配することになる。ーーー Google の場合は、こうしたアプリの外側で、Android というプラットフォームをコントロールできるのですから、こんな数字を叩き出すのも、当たり前のことかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!
Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート

今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

Posted in Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on March 6, 2014

Facebook becomes the world’s #2 seller of online ads
http://wp.me/pwo1E-7ha
Curt Hopkins – December 19, 2013
http://venturebeat.com/2013/12/19/facebook-becomes-the-worlds-2-online-seller-of-online-ads/

For the first time, Facebook will be the number two seller of digital ads in both the U.S. and worldwide, according to a new forecast by market research firm eMarketer. Pushed by mobile growth, the social network will move up from fourth place to sit between ad leader Google and third-place Microsoft.

マーケット調査会社である eMarketer の新たな予測によると、デジタル広告販売事業者として Facebook は初めて、アメリカとグローバルの双方における、2位の座を得ることになりそうだ。モバイルの成長に後押しされるかたちで、このソーシャル・ネットワークは、広告界のリーダーである Google と、3位の Microsoft の間に、これまでの 4位のポジションからジャンプ・アップしていく。

Image Credit:
Owen W Brown

In 2010, mobile contributed only 3% of global digital ad revenues. In the intervening years, it has rocketed to 22%, contributing $9.6 billion of the online ad sector. The advance of mobile use, with its rich ecosystem of applications and an increasing inventory of devices, has turned this once negligible slice of the ad market into a major factor.

2010年の時点では、グローバルなデジタル広告収入に占めるモバイルの割合は、わずか 3% に過ぎなかった。 そこから、現在に至るまでの間に、モバイルの比率はオンライン広告の 22% にまで達し、$9.6 Billion を売り上げるに至った。つまり、リッチなエコシステムとアプリを擁し、デバイスの質と量を向上させてきたモバイルは、広告マーケットにおける取るに足らない存在から、きわめて重要な構成要素へと転身しているのだ。

Microsoft will drop one place this year, from second to third, according to the eMarketer forecast, losing .3% of market share to 5.9% and Yahoo will follow suit, declining a full point to 5.8% and dropping to fourth.

eMarketer の予測によると、今年の Microsoft は 2位から 3位へと順位を落とし、そのシェアも 0.3% 下げの 5.9% になるという。それを追うのは、 シェアが 5.8% の Yahoo であるが、順位は 4位に落ちる。

According to eMarketer, Facebook will take 7.4% of American digital advertising for a total of $3.17 billion this year, with Google capturing about a fourth of the market, for $17 billion in income.

eMarketer は、今年の Facebook の売上は $3.17 Billion にいたり、アメリカにおける デジタル広告の 7.4% を占めるという。Google の売上は $17 Billion にいたり、4年連続で首位を守っている。

Facebook will gain the #2 position globally as well as nationally, taking 5.64% of the worldwide market to Google’s 31.91%.

グローバルに目を移すと、Facebook のシェアは 5.64% であり、ここでも 2位となる。 なお、Google のシェアは 31.91% である。

ーーーーー

TAG indexグローバルとアメリカ国内に関する情報が混在していて、ちょっと分かりにくいですが、どちらも1位が Google で、2位が Facebook になるという予測です。ただし、この1位と2位は大差であり、Facebook 以下は混戦模様のようです。 モバイルの躍進に支えられるかたちで、デスクトップも含めたオンライン広告全体において、Facebook の売上が急成長しているのは間違いなさそうですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート
モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!
Super Bowl 対決:勝つのは TV か、FB か、TW か?

Super Bowl 対決:勝つのは TV か、FB か、TW か?

Posted in Advertising, Facebook, Social, Twitter, Weekend by Agile Cat on February 2, 2014

INFOGRAPHIC: Super Bowl TV Ads Get The Glory, But Is Facebook A Better Buy?
http://wp.me/pwo1E-7a5
David Cohen on January 29, 2014
http://allfacebook.com/infographic-super-bowl-ads-ampush_b128755

_ All Facebook

It sometimes seems as if Super Bowl ads draw more attention than the big game itself, but Ampush, a Facebook Strategic Preferred Marketing Developer, shared some statistics which show that advertising on the social network may actually be more beneficial to brands than shelling out some $4 million for 30-second spots during the telecast. Numbers pointed out by Ampush included:

Super Bowl での広告対決 の方が、このビッグゲームそのものよりも、注目を集めているかのように思える時がある。そして、Facebook Strategic Preferred Marketing Developer である Ampush が、いくつかの統計をシェアしている。それを見ると、ゲームの放映中に 30秒のスポット広告を、$4 Million もかけて挟み込む TV よりも、ソーシャル・ネットワークで広告を展開するほうが、ブランドにとって有益となる可能性が示唆される。 Ampush が示す数字には、以下の項目が含まれる:

クリックでインフォグラフィクス ⇒ 

  • Facebook boasts the largest national audience, with 198 million monthly active users in the U.S., followed by the 108 million people projected to watch the Super Bowl in the U.S., and Twitter’s 49 million monthly U.S. users.
  • Facebook blows away TV in terms of ad targeting, with a 90 percent accuracy rate, compared with 38 percent for the small screen.
  • Campaigns on Facebook drive more sales than campaigns on TV and Twitter combined.
  • More time is now spent on digital media than watching TV.
  • The $4 million cost of a Super Bowl ad could drive 6.8 billion Facebook impressions.
  • Facebook の自慢は、198 million というアクティブ・ユーザー(月)を、アメリカ国内に持つ点であり、それに続くのが、TV で Super Bowl を観たという 108 million の人々、そして、49 million(月)の Twitter となる。
  • ターゲティング広告における正確さという観点で、Facebook は 90% というレベルに達しており、TV 広告の 38% という数字を、軽く吹き飛ばしてしまう。
  • Facebook 上でのキャンペーンは、TV と Twitter を合わせた数字よりも、大きな売上をもたらす。
  • 現時点において、ディジタル・メディアで費される時間の方が、TV で消費される時間よりも長い。
  • Super Bowl 広告に費やされる $4 Million というコストを Facebook 広告に当てはめてみると、6.8 Billion というインプレッションが得えられる計算になる。

Readers: Will you interact on Facebook during Super Bowl XLVIII?

ーーーーー

weekendこの Ampush という会社は、Open Graph の使い手だったと記憶しています。 Facebook Strategic Preferred Marketing Developer と紹介されているわけですですから、両社にとって有利な情報を提供するはずですが、一連の数字に関しては、それなりの裏付けのあるものと推測できます。 そして、この Super Bowl だけではなく、今年は オリンピックもあれば、サッカーのワールドカップもあります。 ほんと、ソーシャルと TV の対決のほうが、ゲームそのものよりも面白いという局面もありそうですね :) ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!
Facebook を活用する、日産 Note のソーシャル・プロモーションとは?

%d bloggers like this: