Agile Cat — in the cloud

オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on August 21, 2015
Facebook is now more important than Google for online publishers
Jillian D’Onfro – Aug. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-v-google-referral-traffic-2015-8
 
_ Business Insider
 
Facebook is starting to drive more traffic to digital media websites than Google is, according to new data from Parse.ly, an analytics firm which collects data for about 400 digital publishers, including Conde Nast, Reuters, Mashable, and The Atlantic.
 
Parse.ly の最新データによると、デジタル・メディアの Web サイトへ向けたトラフィック誘導において、Facebook が Google を上回り始めたようだ。なお、同社の調査では、Conde Nast/Reuters/Mashable/The Atlantic などを含む、約 400 のデジタル出版社からデータが収集されているという。
 
Facebook GlobalFlickr
Duncan Hull
 
Facebook’s rise has been slow and steady since at least 2012, as it has been gradually wining referral traffic marketshare from Google Sites, which includes properties like Google News and Google.com web search.
 
2012年あたりから、Facebook のトラフィックは、徐々にではあるが着実に上昇している。その様子はというと、Google News や Google Search を含む Google サイトから、ゆっくりとワインでも楽しむかのごとく、Facebook がリフェラル・トラフィックのシェアを奪い取っているように見える。
 
Instead of SEO experts popping up everywhere, now it’s social media optimizers.
 
何処であっても登場してくる SEO 専門家に代えて、いまや ソーシャル・メディアが、オプティマイザーになろうとしているのだ。
 
A shift like this lends some credence to the theory that the world’s biggest publishers saw a dramatic drop in web traffic in April  because of a Facebook algorithm tweak rolled out around the same time. (A Facebook spokesperson told Business Insider that it didn’t see an overall decline in aggregated referral traffic in April.)
 
このシフトに関しては、世界の大手パブリッシャーたちの Web トラフィックが、この 4月に大きく低下しているということで、なんらかの論理的な信憑性が付与される。なぜなら、そのタイミングで Facebook のアルゴリズムが、微妙に調整されていたからだ。( Facebook のスポークスマンは Business Insider に対して、この 4月に収集されたトラフィックの全体量が、減少していることはないと語っていた)
 
Here’s the main chart showing the traffic referral trend:
 
以下は、リフェラル・トラフックの動向を示す、きわめて重要なチャートである:
 
Parsely Chart_1
Parsely
 
And here’s where Parse.ly’s network gets most of its referral traffic overall:
 
以下は、Parse.ly が取得した、全体的なリフェラル・トラフックの内訳である:
 
Parsely Chart_2
Parsely
 
This shift comes even as Facebook reveals ambitions to get more of that content on its own site.
 
このシフトが明らかにする、もう1つの視点は、そのサイトに大量のコンテントを集約しようとする、Facebook の大いなる野望である。
 
Facebook launched its much discussed publishing product — Instant Articles — earlier this summer to let media companies post their articles directly to its iOS app. Although multiple reports have pointed to an upcoming onslaught of more Instant Articles from publishers like The New York Times and The Atlantic, those floodgates haven’t opened quite yet.
 
Facebook は、この夏が始まったころに、Instant Articles というパブリッシング・プロダクトを立ちあげ、また、喧々諤々の議論を引き起こしている。このプロダクトは、それぞれのメディアの記事を、iOS アプリからダイレクトにポストさせようとするものだ。したがって、The New York Times や The Atlantic といった大手パブリッシャーから、この Instant Articles に対する猛烈な反発があったと、いくつかのレポートが指摘している。 そして、このゲートは、いまだにオープンされていない
 
Facebook also just completely revamped its blogging product, Notes, to make it easier for them to write and read long-form stories (it looks like a Medium-competitor).
 
さらに Facebook は、ブログ作成のためのプロダクトである Notes を刷新している。つまり、長文のストーリーであっても、ユーザーたちは容易に、Write/Read できるようになる。(ある種の、メディアに対する競合とも思える)
 
Happily for Facebook, not all of the new traffic it’s funneling to digital sites comes for free.
 
Facebook にとって幸いなことに、それらのデジタル・サイトに流し込む新しいトラフィックの、すべてを無償にする必要もないのだ。
 
BuzzFeed, for example, spent millions of dollars last year to promote its clients’ ads, according to internal financial documents published by Gawker, and many other digital publications will occasionally pay to boost well-performing posts.
 
Gawker が内部的に公表した財務書類によると、たとえば昨年の BuzzFeed のケースでは、同社におけるクライアントの広告を展開するために、(Facebook に対する)膨大な支出が計上されている。また、数多くのデジタル出版物も、自身の記事の PV を稼ぐために、Facebook アドに対して支払うというケースが多いのだ。
 
SEE ALSO: Meet the scrappy team of Facebookers whose ‘explicit goal is to get you off Facebook’
 
ーーーーー
facebookこの、Google と Facebook の拮抗については、別件の仕事で「These Charts Reveal How Google And Facebook Run The Internet」という記事を訳していたので、かなり近づいていると感じていました。 そして Facebook は、単にリフェラルを増やすだけではなく、たとえば BuzzFeed などへのリンクを避け、オリジナル・サイトを抽出するなど、そのアルゴリズムを洗練させてきたようです。おそらく、Google と Facebook の闘いは続くと思いますが、Facbeook が特別なポジションを確保したのも間違いないでしょう。 前述の記事は、「あらゆる SEO に関する議論は、真っ先に Google とつながるだけに、原則として終始したと言えるだろう。 そして、トラフィックの成長が主たる関心事となる、ニュース・コンテント・サイトにおけるソーシャル戦略の中核には、Facebook が居座ることになるはずだ」と結論づけていました。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 2015-Q2 決算:欧米だけに依存しない、グローバル戦略が実を結んできた!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
 

Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!

Posted in Advertising, Businesses, Facebook, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 2, 2015
All of Facebook’s revenue growth since it went public comes from one source: mobile ads
Matt Rosoff Jul 31, 2015
http://www.businessinsider.com.au/facebook-mobile-ads-responsible-for-all-growth-since-ipo-2015-7
 
_ Business Insider
 
Facebook HQHistory of Facebook
Wikipedia
 
Facebook reported solid earnings yesterday, beating expectations on both revenue and earnings. It also revealed that more than 75% of its ad revenue comes from mobile advertising.
 
昨日 (7/30) の Facebook だが、売上と利益の双方で予測を上回るという、力強い決算内容を報告した。さらに言えば、同社の広告収入における 75% 以上が、モバイル・アドから生じていることも明らかにした。
 
That’s remarkable because when Facebook went public in May 2012, just three years ago, it had no mobile advertising business at all.
 
Facebook が株式を公開したのは、ちょうど 3年前の 2012年5月であり、そのときにモバイル広告は立ち上がっていなかっただけに、現状には目を見張るばかりだ。
 
Click to Large
Facebook Revenue Chart 2015 Q2
 
In fact, if you look at this chart from Statista based on Facebook earnings reports, it’s clear that mobile advertising is Facebook’s business. All of the company’s revenue growth since it went public came from mobile ads — desktop ads and payments revenue have remained about flat.
 
実際のところ、Facebook の決算報告をベースにして Statista が作成したチャートを見れば、モバイル広告こそが Facebook の基幹ビジネスであることが明らかになる。同社が株式を公開してからというもの、その収益面での成長は、すべてをモバイル広告が埋めつくしているのだ。また、デスクトップ広告や、ペイメントによる収益は、ほぼ横ばいで推移している。
 
ーーーーー
facebookそれにしても、お見事としか言いようのない展開ですね。 ただし、単にモバイル・ブームに乗っただけでは、このような成長は得られません。 スマホの小さなディスプレイで、ユーザーに嫌がれない広告のフォーマットを、試行錯誤しながら洗練させ、この結果に結びつけているのだろうと思います。 それだけではなく、Facebook Lite による途上国のプアな通信環境への対応や、徹底したモバイル・チューニング、そして、モバイルで消費する帯域の削減といった、とても地味な作業も積み重ねてきています。 そう考えると、得るべくして得た成功・・・ となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析する!
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
 

Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch

Posted in Advertising, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on July 8, 2015
Instagram will be Facebook’s next multibillion-dollar business
Matt Rosoff – Jun. 30, 2015
http://www.businessinsider.com/instagram-to-be-38-billion-business-by-2020-2015-6
 
_ Business Insider
 
Facebook is just about to turn on the money jets for Instagram, the photo-sharing app it acquired in 2012 for over $1 billion. (Remember when that seemed like a lot of money for a tech startup?)
 
Facebook は、2012年に $1 billion 以上をかけて Instagram を買収したわけだが、いま、まさに、このフォト・シェア・アプリの収益性を加速させようとしている状況にある。(このハイテク・スタート・アップに対して、多額とも思える資金を投入したときのことを、覚えているだろうか?)
 
Specifically, Facebook is going to let Instagram advertisers use Facebook’s targeting tools to reach users based on their interests.
 
具体的にいうと、Facebook は Instagram の広告主たちに対して、それぞれのユーザーの関心事をベースにリーチしていく、Facebook のターゲッティング・ツールを提供する計画だ。
 
Instagram Revenue
BofA Merrill Lynch
 
How much money are we talking about here? According to an analyst note yesterday from Bank of America Merrill Lynch, Instagram could be a $300 million business next year, growing more than 12x to over $3.8 billion by 2020. That $3.8 billion is about equal to Facebook’s total quarterly revenue today.
 
そこでの収益性であるが、どのくらいの規模になるのだろうか? Bank of America Merrill Lynch のアナリストが、昨日 (6/29) に指摘したところによると、Instagram の収益は、2016年には $300 million に届き、また、2020年には $3.8 billion を超えるという。つまり、この間で 12倍に成長していく可能性を持つことになる。そして、この $3.8 billion という規模であるが、いまの Facebook における、四半期分の収益に相当するものとなる。
 
As the analysts point out, the site has more than 300 million monthly users who spend an average of more than 20 minutes a day on the site, and 23% of US retailers already have an account there. “We see Instagram monetization as a lever Facebook can pull to maintain strong overall ad growth,” they write.
 
このアナリストが指摘するように、Insragram は 300 million 以上の MAU を確保している。そして、このサイトにおけるユーザーたちは、1日あたり平均で20分以上の時間を費やし、また、アメリカの小売業者の 23% が、すでにアカウントを有している。そして、「Facebook 全体における広告収益の、手堅い成長力を維持していく機能として、Instagram の収益性を評価している」と、述べてる。
 
ーーーーー
AdFacebook の成長要因は、その膨大なユーザー数をベースにして、素晴らしい精度でターゲティングを絞り込んでいく、独自の広告ビジネスを実現したところにあります。 そして、この広告モデルを、Instagram も共有していけば、同じような収益を上げられるというのは、それなりの説得力を持つ推論となります。 いまから、ちょうど1年前のことですが、「Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から Facebook Bare-Metal へ!」というポストで紹介したように、すでに、そのためのインフラは準備を整えています。Google に続いて Facebook も、既存の広告業界に依存しない、まったく新しいモデルを確立したと言えるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!
各サービス の モバイル率 : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など
15歳は言う : イケてるのは Snapchat と Instagramで、ダサい FB や TW はゴメンだわ!
 

モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

Posted in Advertising, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Mobile, Research, Social, Yahoo by agilecat.cloud on July 7, 2015
Facebook and Google are winning the app war
Matt Rosoff – Jun. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-and-google-are-winning-the-app-war-2015-6
 
_ Business Insider
 
 
Smartphone users spend more time with apps they’ve installed from Facebook and Google than with any other company, according to new research published today by Forrester.
 
Forrester の最新の調査(6/29)によると、スマートフォン・ユーザーたちは大半の時間を、Facebook および Google からダウンロードしたアプリで費やしており、その比重は他社を圧倒していることが分かる。
 
The company surveyed 2,000 smartphone owners between October and December 2014 to find out which apps they were using most. The poll excluded apps that ship with operating systems, so apps like Apple’s Mail, iMessage, Calendar, and Safari browser are not included.
 
Forrester は、2014年10月〜12月の間で 2,000人のスマホ所有者を対象とし、それらの人々が最も利用するアプリについて調査した。ただし、この調査では、たとえば Apple の Mail/iMessage/Calendar/Safari といった、OS にバンドルされているアプリは除外されている。(注記:ユーザーの意思で DL されたアプリを、対象にしているようです)
 
↓ クリックで拡大 ↓
Time Spend of Apps
Forrester
 
Of the apps they chose to download, users spent 13% of their total time in Facebook’s apps, and the bulk of that time (11.5% of total time spent) is spent doing social networking — probably Facebook’s main app and Instagram. The rest is split evenly between communication — most likely with messaging apps like Messenger and WhatsApp — and news reading, presumably through the main app.
 
それらのユーザーが、ダウンロードを選択したアプリの中では、Facebook のアプリ群が、全体における 13% の時間を占有している。Facebook アプリ群の内訳としては、ソーシャル・ネットワーキングが大半を占めているが(合計時間の 11.5%)、おそらく Facebook App と Instagram が、そのパーセンテージを占めているはずだ。メッセージング・アプリの内訳としては、Messenger や WhatsApp などが、その時間を均等に分割しているのだろう。また、ニュースに関しては、メインの Facebook App を介して消費されているはずだ。
 
Google has the second most-used collection of apps, taking up 12% of users’ total time. Most of this time (4.8% of total time spent) is on TV and video, presumably with YouTube.
 
このアプリ占有率の調査で、二番手となったのは Google であり、全体の時間における 12% を占めている。 その内訳だが、全体に対する 4.8% が TV や Video に関するものとなり、YouTube を介して消費される時間だと推測できる。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
research_55なんというか、異次元の強さを発揮する、Facebook と Google という感じですね。 文中にも注釈を入れましたが、あくまでも、ユーザーが意識的に、ダウンロードして利用しているアプリを、対象にした調査のようです。 したがって、たとえば iPhone 上の iTunes だけではなく、Android 上の Gmail なども、この調査の対象外になるのでしょうか? そのあたりのルールを、もう少し詳しく説明して欲しいですね。 そして、Facebook の強さに関してですが、「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という、先月のポストのことを思い出してしまいます。 なお、2011年2月の「Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間」という抄訳で紹介したように、この Top-2 が他を圧倒している状況が、もう4年以上も続いていることにも注目したいです。そして、最近は、Facebook App におけるビデオの利用時間が伸びており、新たなバトルが勃発という状況のようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った
 

Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!

Posted in Advertising, Asia, Facebook, Social by agilecat.cloud on June 18, 2015
Facebook is raking in massive amounts of money from one part of the world
Jennifer Saba, Reuters –  Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-is-raking-in-massive-amounts-of-money-from-one-part-of-the-world-2015-6
 
_ Business Insider
 
Overseas markets bring in more advertising revenue than the United States for Facebook, amounting to 51 percent of global ad sales in the first quarter, with growth in Asia the fastest in the world at 57 percent, company executives told Reuters.
 
Facebook の幹部が Reuters に語ったところによると、その収益において、海外マーケットが US マーケットを上回ったようだ。 この 2015年 Q1 には、海外の売上比率が 51% に達したとされるが、その中でも Asia の成長力が、57% という素晴らしい値を示している。
 
While Facebook has reported regional growth in percentage terms, this is the first time it has detailed ad sales outside the United States and Canada as a percent of worldwide sales.
 
これまでにも、Facebook は世界各地の広告収入をレポートしているが、グローバルにおける US/Canada の割合が、過半数を割り込んだのは初めてのことである。
 
Like the advertisers it courts, the world’s largest social media platform looks at international markets for growth.
 
広告主たちが求めるように、この世界最大のソーシャル・メディアのプラットフォームは、グローバル市場で成長力を示し始めている。 
 
Wikimedia
 
 “The next 1 billion consumers are going to come from these countries,” said Carolyn Everson, vice president, global marketing solutions at Facebook.
 
Facebook の VP Global Marketing Solutions である Carolyn Everson は、「 これから加わってくる、新たな 10億人の顧客は、それらの国々からやってくる」と述べている。
 
Total advertising revenue for the quarter increased 46 percent to $3.3 billion, the vast majority of Facebook’s $3.5 billion in quarterly revenue. Fifty-one percent of total ad revenue would be about $1.7 billion for international markets. International advertising revenue rose 36 percent from a year earlier, Facebook said.
 
2015年 Q1 における、Facebook の総売上は $3.5 billion であるが、そのうちの $3.3 billion を広告収入が占め、46% の成長を達成している。 そして、広告収入の 51% に相当する $1.7 billion が、グローバル市場から得られており、それ自体の成長率は前年比で 36% 増になると、Facebook は述べている。
 
While Europe is growing slower than the United States, the Asia Pacific region is ahead and a focus for Facebook.
 
つまり、US と比べて、Europe の成長率は鈍化しているが、Asia Pacific の成長率は最速であり、Facebook にとって注力すべき地域になってきている。
 
By comparison, Google said that 57 percent of its revenue was from international markets in the first quarter, although it did not break out ad revenue specifically.
 
同じ視点で Google を見ると、2015年 Q1 における同社のグローバル広告収入は、全体の 57% に達したとされるが、その詳細までは説明されていない。
 
Mobile advertising represents more than 70 percent of Facebook’s total ad revenue, and mobile is particularly strong and attractive to advertisers in emerging markets, Everson said.
 
また、Facebook の広告収入おいては、モバイルの占める比率が 70% 以上に達している。さらに言えば、広告主たちにとって、途上国マーケットにおけるモバイルは、先進国よりも魅力的な存在になっていると、Everson は述べている。
 
Facebook is benefiting from exporters in China trying to reach people outside its country and from an influx of venture capital funding into India, giving start-ups funds for advertising.
 
Facebook は、海外マーケットへリーチしたいと望む、China の輸出業者からも広告料を得ている。 また、India では、流入するベンチャー・キャピタルの資金により、スタートアップたちが広告事業に参入し始め、それも Facbeook の利益につながっている。
 
Chinese businesses are getting more sophisticated about promoting their brands, said Dan Neary, vice president of Facebook’s Asia Pacific region. “Increasingly manufactures are becoming savvy marketers in their own right,” he said.
 
Facebook の VP of Asia Pacific である Dan Neary は、「China における企業が、そのブランドのプロモーションに関して、次第に洗練されてきている。 つまり、単なる製造業から、適切にマーケティングを行えるメーカーへと、転身する企業が増えてきている」と発言している。
 
While Facebook has offices in Hong Kong, Everson said there is “no news to share” on further expansion in China.
 
Facebook は Hong Kong にオフィスを構えているが、China に対する展開については、いまのところシェアすべき情報はないと、Everson は述べている。
 
In India, e-commerce startups are exploding and many are using Facebook’s advertising platform to reach new consumers, Neary said.
 
Neary の発言によると、India では電子商取引のスタートアップが、爆発的に成長しているようだ。 そして、それらの企業の大半が、新たな顧客を獲得するために、Facebook の広告プラットフォームを活用していると、彼は説明している。
 
The company has also initiated specific methods tailored to the country including optimizing video and pictures for slower connections in India, where an ad product called “missed call” also helps customers avoid phone call charges.
 
また、Facebook は、India の事情に合わせて、低速のインターネットに最適化した、画像の配信方式などを具体化している。その、Missed Call と呼ばれる広告の手法により、顧客の通話料が増大しないように配慮している。
 
Many people in India dial a friend and hang up to send a signal without incurring charges.
 
India における大半のモバイル・ユーザーは、なんらかの情報を送るためにインターネットを利用するが、通話料の増大を抑えるために、その接続自体は遮断しおく。
 
Facebook incorporated this system into its ads. A person can place a “missed call” by clicking on a mobile ad from Facebook and receive a return call with information, for example the score of a cricket game, sponsored by a brand.
 
そのシステムを、Facebook は広告に組み込んでいる。つまり、Facebook からのモバイル広告は、Missed Call の状態に設定されていて、たとえば、ブランドがスポンサードするクリケット・ゲームの結果などと、一緒に受信されるような設定になっているのだ。
 
Facebook also plans to capitalize on the visual images, specifically photography and videos, that are being embraced by younger audiences across the world. Instagram, the popular photo app, announced on June 2 it is opening up its platform to all types of businesses, not just hand-selected brands and will begin rolling out more specific targeting capability globally this year.
 
また、Facebook は、世界中の若者たちに支持されている写真や動画といった、ビジュアル・イメージを活用しようと計画している。たとえば、人気のフォト・アプリである Instagram に関しては、 6月2日のアナウンスメントにおいて、すべての企業にとってオープンなプラットフォームにしていくと発表されている。この、ブランドを区別しない方針により、それぞれのターゲットに特化した、新たなマーケティング機能が、今年は立ち上がっていくことになる。
 
(Editing by Peter Henderson and Grant McCool)
 
ーーーーー
facebook以前に、「アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?」という抄訳をポストしましたが、2015年に入ったところから、アジアでの広告収入が急速に伸びたということなのでしょうね。 たしか、中国の Air China も、グローバル市場にリーチするために、Facebook 広告を活用していると、どこかに書いてありました。 おそらく、今年の後半にかけて、北米以外のマーケットからの広告収益が、さらに伸びていくのでしょう。 Agile_Cat の Facebook ページでも、100円とか300円とかの予算で、その広告を利用していますが、地域/年齢/性別/関心事といった属性で、いとも簡単にターゲティングがかけられてしまいます。これからの広告代理店の仕事って、いったい、どうなってしまうのかと、余計な心配までしてしまう、Facebook の広告プラットフォームという感じです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2015
Advertisers are flocking to Facebook video
Eugene Kim – Jun. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/marketers-are-more-excited-about-facebook-video-than-youtube-2015-6
 
_ Business Insider
 
Videos on Facebook now get 4 billion daily views, almost four times the figure from a year ago, according to Fortune. And it’s working for online publishers too: Buzzfeed had 500 million video views on Facebook in April, while Mic saw 33 million views from 8 videos in just two months.
 
Facebook Video だが、Fortune によると、現時点のビュー数は 40億回/日であり、1年前と比較して約4倍に成長している。そして、オンライン・パブリッシャーに対しても、ともて上手く機能している。4月の Buzzfeed における、Facebook Video のビュー数は5億回である。 また、Mic においては、わずか2ヶ月の間に、8本のビデオが 3300万回も再生されている。
 
fb youtube video_6_3_15
BI Intelligence
 
That kind of reach will increase Facebook video’s appeal to marketers. A recent survey by marketing firm Mixpo, charted for us by BI Intelligence, indicates Facebook is quickly becoming the choice of platform for video marketers. Of the 125 US marketing and media executives surveyed, 87% said they plan to run an ad campaign on Facebook’s video platform this year. That’s 24 percentage points up from the people who said they ran a video ad campaign on Facebook last year. Facebook’s video platform is also more popular than YouTube now, according to the survey.
 
このリーチ数により、Facebook Video の魅力が、マーケティング担当者たちに刷り込まれていく。マーケティング会社である Mixpo のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれた。 それによると、あっという間に Facebook Video が、マーケティング担当者の選ぶプラットフォームへと、成長していったことが分かる。マーケティングとメディアに従事する、アメリカ企業の 125人の経営者を調査したところ、そのうち 87% が、Facebook Video プラットフォーム上で、年内には広告キャンペーンを展開する予定だと発言している。つまり、昨年に Facebook Video 広告キャンペーンについて実施した、同じ調査での数字に対して、24% が上積みされたことになる。そして、この調査によると、いまの Facebook Video プラットフォームは、YouTube よりも人気を博しているという結論にいたる。
 
Since the survey only asked 125 people, the results should be taken with a grain of salt. And YouTube still owns a wider video creator base, a stronger copyright policy, and a more established revenue-sharing model than Facebook, BI Intelligence says. But it’s also proof that advertisers will only continue to spend more on social video, with Facebook being a major recipient of their spending.
 
この調査では、125人だけが対象となっているため、その結果といっても、すべてを表現しているとは言いがたい。そして、YouTube に関しては、幅広いビデオ・クリエーターによる支持や、強固なコピライト・ポリシー、そして、確立された収益分配モデルなどがあるため、それらの点で Facebook より優れていると、BI Intelligence は述べている。しかし、広告主たちは、ソーシャル・ビデオに対してのみ、支出を増やし続けるだろう。 そして、Facebook が最大の受け皿になっていくことも、この調査により証明されている。
 
ーーーーー
Ad次々とビデオをたどって行かせる、よく考えられた UI を提供している Youtube ですが、そこを訪れるときには、なんらかの目的が必要だと感じます。 その点で Facebook は、ちょっと手の空いたときに、ついつい見てしまうという性質を持っているようです。 そして、いまの  Facebook にはビデオが溢れていますし、広告とは分かっていても、Timeline をスクロールする手を休めて、見てしまうケースが多いですよね。 ビデオ自体を見させるための Youtube と、ソーシャルに紛れたビデオを見させる Facebook の戦いですが、広告に関しては Facebook の勝ちのように思えます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしているの?
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較
Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある
 

Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある

Posted in Advertising, Research, Telecom by agilecat.cloud on May 19, 2015
This chart shows one big reason why Verizon just spent $4.4 billion on AOL
Eugene Kim – May 12, 2015
http://www.businessinsider.com/aols-ad-tech-business-growing-fast-2015-5
 
_ Business Insider
 
Verizon announced on Tuesday that it’s acquiring AOL for roughly $4.4 billion. At a morning conference for analysts, John Stratton, head of Verizon’s operations, said its “principal interest was around the ad tech platform that Tim Armstrong and his team have done a really terrific job building.”
 
この火曜日(5/12)に、Verizon は AOL を、約 $4.4 billion で買収すると発表した。アナリスト向けの朝のカンファレンスで、Verizon のトップである John Stratton は、「 AOL に対する主要な関心事は、Tim Armstrong のチームが達成している、素晴らしいアド・テク・プラットフォームの周辺にある」と述べている。
 
aol-rev-share
BI Intelligence
 
So how big is AOL’s ad tech business? According to the chart below by BI Intelligence, AOL’s third-party platforms, which include programmatic and traditional ad marketplaces, is about a third of AOL’s total business. It accounted for 37% of total revenue in the last quarter, up from its 24% share just two years ago. Its publishing business, which includes big-name brands like Huffington Post and AOL.com, still comprise the bulk of the overall business, but the ad tech side is growing at a faster clip.
 
AOL のアド・テク・ビジネスは、どれほどの規模なのだろうか? BI Intelligence が作成したチャートによると、プログラマティック・アドと、従来からのアド市場を含む、AOL のサードパーティ・プラットフォームは、AOL 全事業の約 1/3 を占めている。そして、総収益に対する比率は、2年前の 24% から、直近の四半期における 37% へと、急上昇しているのだ。Huffington Post や AOL.com といったビッグネーム・ブランドで構成される、パブリッシング事業が依存として稼ぎ頭であるが、アド・テク事業のほうが成長力という観点では上回っている。
 
Verizon has seen its business slow down as its core mobile broadband and internet traffic turn into “dumb pipes,” BI Intelligence writes. The AOL acquisition instantly gives Verizon a new revenue source that could potentially make Verizon a major digital-advertising player in the ad tech space.
 
Verizon コア・ビジネスである、モバイル·ブロードバンドとインターネット・トラフィックは、単なるパイプへと変化し、成長力は鈍化していると、BI Intelligence は述べている。Verizon は AOL を買収することで、新たな収益源を直ちに確保できる。そして、アド・テクの世界における主要プレーヤーとして、今後の Verizon が活躍していく可能性も秘めている。
 
ーーーーー
Adこの勢いで AOL の広告事業が伸び続けると、2年後には同社の大黒柱に成長するのでしょうね。 Agile_Cat が利用している AOL のサービスというと、文中にもある Huffington Post と、音楽配信の Radio Tunes ですが、時代の流れに合わせて、しっかりと業態を変化させている感じがします。 そして、アド・テクに磨きをかけて、Verizon グループに加わるというのも、なかなかステキな展開です。 この老舗が、これからも活躍していきそうなので、ちょっと安心しました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
 

Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Twitter, Yahoo by agilecat.cloud on April 28, 2015
Google’s online advertising dominance explained in one chart
Eugene Kim – Apr. 15, 2015
http://www.businessinsider.com/wpp-advertising-spend-google-is-5x-ahead-of-nearest-competitor-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google controls roughly three-quarters of web search queries in the US and close to 90% worldwide. That kind of dominance, along with the effectiveness of search ads, makes Google an attractive partner for ad companies.
 
Google の Web サーチ・クエリーは、US の 75% を、そしてグローバルの 90% 近くをコントロールしている。この、ある種の支配は、検索広告における有効性を伴うものである。 それにより Google は、広告会社にとって、きわめて魅力的なパートナーとなる。
 
google-ad-wpp
BI Intelligence
 
As seen in the chart below, put together by BI Intelligence, WPP, the world’s largest advertising company, spent $2.9 billion, or roughly 3.9% of its total $75 billion online media bookings, on Google ads.
 
BI Intelligence がまとめたチャートによると、世界最大の広告代理店である WPP は、そのオンライン・メディア総予算である $75 billion の3.9% を、つまり $2.9 billion を、Google に注ぎ込んでいることになる。
 
Put another way, Google attracted more ad money from WPP than the next four digital properties combined. In fact, WPP spent about $2.5 billion on Fox and News Corp combined last year, while most major traditional companies received $1 billion at most from WPP.
 
別の言い方をすれば、Google が WPP からかき集めた広告掲載料は、後に続く 4つのデジタル・カンパニーの合計よりも大きいのだ。また、昨年に Fox と News Corp は、その合計として WPP から $2.5 billion を得ているが、その他の伝統的なメディアは、多くても $1 billion を得ているに過ぎない。
 
ーーーーー
AdWikipedia で WPP (Wire Plastic Products) を調べると、「税務上の理由から、登記上はアイルランドダブリンに本社を置いている。オムニコムとならぶ世界最大の広告代理店(2009-2011年現在)、107カ国に進出。グループ全体で2,400のオフィス、146,000人の従業員を擁する」と紹介されています。この規模であれば、文中にあるように、$75 billion という広告枠を埋めていけるのでしょう。 そして、Google の強さは、相変わらず、圧倒的なのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と4つの秘密とは?
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
 
%d bloggers like this: