Agile Cat — in the cloud

モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on October 22, 2014

Facebook may have solved mobile, but Google is still struggling with it
http://wp.me/pwo1E-7Yh
By Carmel DeAmicis – Oct 16, 2014
https://gigaom.com/2014/10/16/facebook-may-have-solved-mobile-but-google-is-still-struggling-with-it/

_ Giga Om

Summary: Although Google missed the earnings mark, its overall health is strong.

Summary: Google の収益は予想を下回ったが、全体的には強さを見せつけている。

Google’s mobile ad strategy is sounding a lot like Facebook’s these days. On its third quarter earnings call Thursday, the company fielded a lot of questions about its plan for making up lost ground in the mobile area. When asked whether Google login has been been adopted by enough mobile apps, Chief Financial Officer Patrick Pichette said, “Our focus [is] on helping developers generate app downloads.”

Google のモバイル広告ストラテジーは、最近の Facebook と、きわめて類似した雰囲気を醸し出している。 この木曜日に開催された同社の Q3 の収支報告会では、モバイル分野で失ってしまった領土を回復する計画について、数多くの質問が浴びせられていた。Google へのログインにおいて、モバイル・アプリからの比率は充分なのかと質問されたとき、Chief Financial Officer である Patrick Pichette は、「私たちが、現時点でフォーカスしているのは、アプリのダウンロードを生み出すデベロッパーの支援である」と答えていた。

photo:
John MacDougall/
AFP/Getty Images

The whole ethos of “helping developers” is the same one preached by Facebook since it acquired mobile server company Parse and introduced its Audience Network. Courting developers, making it easier for them to build their apps, gives these big tech companies an “in” to the new mobile app ecosystem. When they’re the ones offering up the server space, login infrastructure, and ad networks for mobile developers to make money, the big tech companies get big advantages, like valuable user data or advertising revenue.

「デベロッパーの支援」という精神は、モバイル・サーバー企業である Parse を買収し、その Audience Network を導入した、Facebook の考え方とまったく同じである。デベロッパーを大切にし、彼らによるアプリ構築を容易にすることで、新たなモバイル・アプリ・エコシステムの中に、それらの大手のテック・カンパニーを取り込んでいく。そして、モバイル・デベロッパーたちが利益を上げるための、サーバー・スペース/ログイン・インフラ/アド・ネットワークが提供できるようになるとき、それらの大手テック・カンパニーたちは、重要なユーザー・データや広告による収益といった、大きなアドバンテージを手にする。

Google was also asked about how it’s dealing with the problem of tracking users from desktop to mobile, where cookies containing information on them disappears. That information is key for targeted advertising. New Chief Business Officer Omid Kordestani (although back in his old job) admitted Google was watching Facebook’s activity in this area closely.

そして Google は、これまでのデスクトップから、クッキーの情報が使えなくなるモバイルへと、ユーザーが移行した際にトラッキングができなくなるという点を質問されていた。つまり、それらの情報が、ターゲッティング広告において不可欠なものとなる。 新たに Chief Business Officer に就任した Omid Kordestani は(以前の仕事に戻った)、この分野における Facebook のやり方を、Google が注視していたことを認めている。

Google missed the expected mark of its earnings this quarter by a small fraction. It also announced that Kordestani, a former Google sales VP, was back as its permanent Chief Business Officer.

ここで話は変わるが、Google は直近の四半期決算において、予想されていた水準を下回っている。そして、前職として Sales VP を務めていた Kordestani が、Chief Business Officer として復帰したことを、正式に発表した。

Here are the numbers:

Non-GAAP earnings per share: Expected to be $6.53, was in fact $6.35
Increase of paid clicks: Expected to be 22 percent, was in fact 17 percent
CPC decrease: Expected to be down 4 percent, was in fact down 2 percent
Revenue: Expected to be $16.6 billion, was in fact $16.52 billion

The big picture is that Google is still doing well — its executives repeated the word “thrilled” like a mantra on the earnings call — but investors do have concerns about slowing growth. The money Google makes when a user clicks an advertisement, the cost per click (CPC), has been on the decline for awhile now because advertisers pay less for mobile clicks. Today’s earnings don’t reverse that trend, even though the CPC dropped less than expected.

収支報告で首脳陣が「ワクワク」という言葉を繰り返したように、 Google が描く大規模な構想は順調に進んでいるようだが、投資家たちは成長が減速することを懸念している。ユーザーが広告をクリックしたとき、Google にもたらされる CPC(Cost Per Click)は、広告主がモバイル・クリックに支払う対価が少ないため、このところ減少している。今日の報告で、CPC の下落幅は予想よりも少ないと発表されたが、その全体的なトレンドを逆転することはなかった。

It hasn’t impacted Google’s bottom line much because while the money Google makes per click has decreased, the number of clicks it accumulates has gone up. As a result, Google is still raking in the cash and growing. At the same time though, the consumer move to mobile raises the question whether Google will be able to adapt over the long term and keep growing its revenue while maintaining its profit margins.

ただし、Google における CPC が下落していても、クリック数自体が上昇しているので、Google の基本的な収益構造に対して、大きな影響が生じたというわけではない。その結果として、Google は売上を伸ばし、また、成長を継続している。しかし、それと同時に、モバイルへと移行するコンシューマの動向を前提として、長期にわたり利益率を確保しながら、収益を成長し続けることが可能なのかという疑問が、Google に対して提起されている。

On the earnings call, Kordestani and Pichette received a handful of questions about rising expense costs — which Google chalked up to the recruitment cycle of hiring university grads — and CPC fluctuation. “If we have movements from one quarter to the next, that’s just the result of experimentation,” Pichette said.

この収支報告会では、Kordestani と Pichette が、コストの上昇に関する厄介な質問を受けていた。それにより、Google の新卒募集のサイクルが締め付けられる可能性が生じる。また、CPC の変動も気になる。 だが、「それぞれの四半期データを比較するだけでは、実験の結果を見るに過ぎない」と、Pichette は述べている。

Related research

Best practices and technologies for cloud API management and governance Sep 2014
5 strategies for greening your data center Aug 2014
What mattered in mobile during the second quarter of 2014 Jul 2014

ーーーーー

広告には欠かせないユーザー・トラッキングですが、Apple が iOS から Cookie を締め出したあたりから、Google の試行錯誤が続いているのかもしれませんね。 その点、Facebook は閉じた世界ながらも、SSO (Single Sign-On) というソリューションを見出し、そこに Instagram や WhatsApp などを取り込んでいく目論見なのでしょう。 さらには、Atlas のローンチにより、外の世界で Google AdWards と戦っていくようです。 このフィールドは、継続して追いかけて行きたいと思います。

ーーーーー

<関連>

Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?
Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?

Posted in Advertising, Google, Research by Agile Cat on October 21, 2014

GOOGLE PREVIEW: Here’s What Everyone Wants To See In Today’s Earnings
http://wp.me/pwo1E-7XV
Jillian D’Onfro – Oct. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/google-q3-earnings-preview-2014-10

_ Business Insider

Google reports earnings after the market closes at 4 pm, east coast time. We’ll be covering it live, so tune in!

Google は、東海岸時間の 16日の午後 4時に、マーケットが閉まった後に収益をレポートする。私たちは、ライブでもカバーするので、そちらも ど〜ぞ

Jacob Silberberg
REUTERS
Google founders Larry Page and Sergey Brin

It’s been a busy quarter for Google. It announced that it’s working on drones, investing in an Amazon competitor, Google Express, and it just released a new smartphone, TV gadget, and tablet. It has also continued to face regulatory heat in Europe.

この四半期は、Google にとって忙しい日々の連続であった。同社は、ドローンへの取り組みや、Amazon のライバルに対する投資、Google Express などについてアナウンスした。また、新しいスマートフォンや、TV ガジェット、タブレットなどをリリースしている。その一方で、欧州の規制当局とも対峙し続けている。

In its last earnings, Google announced the departure of its long-time sales boss Nikesh Arora. Early employee Omid Kordestani stepped into the role temporarily, but maybe we’ll hear about a more permanent candidate tomorrow.

前回の収益報告では、長年にわたり Sales Boss を務めてきた、Nikesh Arora の退任を、Google はアナウンスしていた。 古くからの社員である Omid Kordestani が、一時的な代役を務めているが、おそらく明日の説明会で、より長期的な人事が発表されるだろう。

In terms of numbers, here’s what analysts are expecting:

数字という観点では、アナリストたちが、以下のように推測している:

  • Revenue: $13.22 billion
  • EPS: $6.33

Here’s the other stuff everyone will be looking at…

以下に、誰もが知りたいと思っている項目をまとめてみた・・・

CPC and Paid Click Growth

Cost per click refers to what advertisers pay for each click on a search ad and growth in paid clicks measures how many users clicked on ads to generate revenue. Last quarter, paid clicks increased about 25% year-over-year while CPC was down 6% year-over-year. That was a modest increase of the first quarter of the year, when CPC was down 9% year-over-year.

CPC(Cost per Click)は、検索広告がクリックされるごとに、広告主が支払う対価のことである。また、Paid Click は、収益を生み出す広告を、どれだけの人々がクリックしたのかという指標である。そして、以下のチャートでは、双方の値を前年比で示している。前期(会計年度の 2014 Q3)では、Paind Click は 25% の情報を見せているが、CPCP は 6% 減となっている。なお、CPC に関しては、2014 Q1 に、前年比で 9% ダウンとなったところから、徐々に持ち直している。

Analysts want to see the CPC decline stabilize. If CPC keeps declining, paid click growth would have to be more dramatic to make up for it, and analysts fear that there could be limits to the speed of its growth. Although Google has said that it eventually expects mobile ads to be more lucrative than desktop ads, they’re not there yet.

アナリストたちは、CPC が上昇しないことを前提にしている。そして、CPC が下がり続けるなら、それを補うために、Paid Click が劇的に上昇しなければならない。ただし、その成長の速さには、限界があるかもしれないと、アナリストたちは恐れている。Google は、最終的にはモバイル広告が、デスクトップ広告よりも、大きな利益をもたらすだろうと言い続けているが、まだ、その段階には至っていない。

Analysts also expect to hear about the strength of Google’s product listing ads — PLAs — which are visual ads that give quick product information.

さらにアナリストたちは、Google の PLA(Product Listing Ads)が、強さを発揮していることを期待している。 それは、製品に関する情報を素早く提供する、ビジュアル広告のことである。

Jefferies

Analysts at Jefferies want to see a 5% decline in CPC year-over-year and a 22% increase in paid clicks year-over-year to maintain Google’s healthy ad business. Here’s a look at the change in Google’s CPC and paid click growth over the last few years, from Jefferies:

Jefferies のアナリストたちは、Google の広告ビジネスが良好であるためには、前年比で CPC が 5%減になるなら、Paid Click が 22% 増になる必要があると見ている。この Jefferies から提供されたチャートは、Google の CPC と Paid Click に関する、この数年間の前年比を示すものである。

YouTube

Google doesn’t break out specific ad revenues for YouTube, but analysts expect to hear about strong growth on the call. This year, Google started a new, premium sales initiative called "Google Preferred," which pairs advertisers with top YouTube content. Google announced that Preferred sold out this week.

Google は、YouTube における具体的な広告収入を公表していないが、今回の説明会では、力強い成長について話が聞けるはずだと、アナリストたちは期待している。今年は、Google Preferred というプレミアム・セールスがスタートしている。 それは、YouTube のトップ・コンテントと広告主を結びつけるものであり、すでに完売したと、今週に発表されている。

Google Play

Analysts also want to see growth driven by the Google Play store. Google also doesn’t break out specific Google Play revenue, but it falls in the "other revenues" category. An analyst at BGC Partners says that the "other revenue" category should be above 10% of the total (last quarter it was exactly 10%). He was also look for core growth ("sites revenue") to maintain 20% growth year-over-year.

アナリストたちは、Google Play Store の成長力にも注目している。Google Play に関しても、具体的な収益は公表されず、雑収入のカテゴリーに入れられている。BGC Partners のアナリストは、雑収入のカテゴリーが 10% 以上の上昇を見せるはずだと述べている(前期は 10% 増)。 彼は、コアとなる成長(Site Revenue)にも注目しており、前年比で 20% の成長が見込まれるとしている。

And that’s about it… As we said, we’ll be all over it, so tune in!

SEE ALSO:

How Google Is Going To Hurt Amazon During The Busiest Shopping Season Of The Year

Google’s First 21 Employees: Where Are They Now?

ーーーーー

10月16日に行われた、Google の 2014年 Q3 の収支報告では、以下のような内容が発表されています。EPS と売上において、予想をやや下回る結果となり、株価も若干ですが下がったとのことです。原因は、広告収益という切り口での、モバイルへの移行が遅れているからという見方が、全体的な評価となっています。

Non-GAAP earnings per share: Expected to be $6.53, was in fact $6.35
Revenue: Expected to be $16.6 billion, was in fact $16.52 billion

また、Youtube の売り上げについては、以下のレポートが見つかりました。

Google’s YouTube Ad Revenues May Hit $5.6 Billion In 2013

いろいろなところに収益への道があるように見えますし、その全てを使っていようにも思えます。 一言でいって、とても強い Google という感じがします。

ーーーーー

<関連>

Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?

Posted in Advertising, Amazon by Agile Cat on October 11, 2014

It Looks Like Amazon Wants To Go After Google’s Ad Business
http://wp.me/pwo1E-7Wv
Ramkumar Iyer, Reuters – Aug. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/amazon-advertising-2014-8

_ Business Insider

(Reuters) – Amazon Inc is planning to develop its own software for placing advertisements online, The Wall Street Journal reported, citing people with knowledge of the matter.

Amazon Inc が、オンライン広告を展開するための、独自ソフトウェアの開発を計画していると、この件に詳しい人々の言葉を引用する形で、The Wall Street Journal がレポートしている。

Getty / Scott Olson

While the in-house platform is initially planned to replace ads supplied by Google Inc on Amazon’s own website, the new system could challenge Google and Microsoft Corp’s advertising business in the future, the newspaper cited the people as saying.

この、内製プラットフォームは、Amazon 自身の Web サイトに供給される、Google からの広告を置き換えるために当初は計画されてたが、将来的には Google や Microsoft Corp などの広告ビジネスに挑戦していくだろうと、その情報筋の言葉を WSJ は引用している。

Amazon’s system would resemble Google’s AdWords, and is planned to make it easier for marketers to reach the company’s users, the newspaper reported the people as saying. The retailer is also building a tool that would help advertising agencies buy in bulk for thousands of advertisers, the Journal said, citing the people. (http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

この Amazon システムは、Google の AdWords に似たものであり、マーケティング担当者たちが、同社のユーザーに容易にリーチできるように計画されている。 そして、このリテーラーは、広告主のためにバルクで広告枠を購入する代理店にとって、役立つだろうツールを構築していくと、WSJ は述べている。(http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

Amazon is known as a sleeping giant in the ad industry because it has rich consumer data but has been tentative about using it for a lot of advertising. The company already has an advertising service it employs chiefly on its own website.

Amazon は、リッチなカスタマー・データを持っているため、広告業界における眠れる巨人として認識されているが、それらの情報を大規模な広告のために使用することをためらっている。すでに同社は、自身の Web サイト上で、主として従業員を対象とした広告サービスを提供している。

Amazon did not immediately respond to requests for comment.

この件について、Amazon にコメントを求めたが、回答は得られていない。

(Reporting by Ramkumar Iyer in Bangalore; Editing by Leslie Adler)

More from Reuters:


Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

This article originally appeared at Reuters. Copyright 2014. Follow Reuters onTwitter.

ーーーーー

Amazon のビジネスを一言で表現するなら、IT を用いた物販と流通の効率化というものになるのでしょう。 しかし、物を取り扱うだけに、どうしても人手に頼らざるを得ないという側面も持ちます。その点、デジタル広告の世界では、ビットを商うだけで、Google や Facebook などを成立させるだけの、大きな利益が生まれています。 そして、Amazon 自身が、Google AdWards を大量に消費しているという現実もあります。 そのような背景を考えると、Amazon が広告事業に参入しようとするのも、当然のことだと思えるのです。

ーーーーー

<関連>

Amazon の レモネード哲学 : こうすれば 新聞社くらい買収できる!
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
さぁ 来い iPhone 6! Amazon Fire Phone は 99セントで対抗だ!
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on October 10, 2014

A Yahoo-AOL Combination Still Wouldn’t Topple Google Or Facebook In Terms Of Ad Revenue
http://wp.me/pwo1E-7Wo
Dave Smith – Sep. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-would-still-dominate-a-yahoo-aol-combination-in-terms-of-ad-revenue-2014-9?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

In the land of digital ad revenue, Google is king. Facebook’s been slowly growing its ad business since its mid-2012 IPO, while Yahoo and AOL lag behind these companies based on this important metric. But what if Yahoo and AOL were to join forces, which might actually happen?

デジタル・アド収益の世界では、Google が王者である。そして、Facebook は 2012年半ばの IPO 以来、ゆっくりと広告事業を拡大しているが、その後に続く Yahoo と AOL といった企業は、この重要な指標において遅れを取っている。そして、Yahoo と AOL が力を合わせたとしても、どれだけのことが、実際に起こるのだろう?

_  space

Business Insider Intelligence

On Friday, the activist fund (and “significant” Yahoo investor) wrote a letter to Yahoo CEO Marissa Mayer suggesting she explore “a strategic combination with AOL.” According to Starboard’s Jeffrey Smith, Yahoo’s core business lies with its “search and display advertising businesses,” and adding AOL’s ad revenue would certainly help bolster its bottom line. But a “combination,” should it happen in the near future, would still fall short of Facebook’s ad efforts, and it wouldn’t even come close to the advertising empire Google has created on the Web.

この金曜日(9/26)のことだが、口うるさいファンド(そして Yahoo の大株主)が、「AOL との戦略的な協業」を検討すべきという手紙を、Yahoo の CEO である Marissa Mayer に送った。 Starboard の Jeffrey Smith によると、Yahoo の中核となる事業は、サーチとディスプレイにおける広告ビジネスであり、そこに AOL の広告収益を加える事で、同社の基盤が強化されるとのことだ。しかし、近々には実現しそうもない、その協業が成立するにしても、Facebook の広告収益と肩を並べることは不可能だ。さらに言えば、Google が Web 上に創造した、アド帝国の足元にも及ばないのだ。

ーーーーー

なにやら、この Starboard というファンドと、Yahoo の首脳陣との間で、一悶着あったような感じがします。 先日にポストした、「 Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている 」という抄訳には、同社を変えていきたい Marissa Mayer の意志が現れていましたが、投資会社としてのポジションを守りたい Starboard にとって、面白い話ではないはずです。 Snapchat と AOL に関する話の、どちらが先なのかは不明ですが、Alibaba IPO マネーを取り合うバトルなのだと思います。 そして、このチャートですが、これからの広告という世界では、強大な勢力を誇る Google と、徐々に力を付ける Facebook が、競い合っていくのだと、なんとなく納得してしまいますね。

ーーーーー

<関連>

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Amazon, Google, Research by Agile Cat on September 17, 2014

CHART OF THE DAY: Amazon Spends A Ton Of Money To Advertise Itself On Google
http://wp.me/pwo1E-7SA
Dave Smith – Sep 16, 2014 
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-amazon-spends-a-ton-of-money-to-advertise-itself-on-google-2014-9

_ Business Insider

Google’s main source of revenue is its advertising platform, AdWords — but it’s also the key portal for businesses to have their products seen on the web, and in search results. Companies pay millions of dollars to Google each year for quality real estate in Google, but no company spends more than Amazon, which reportedly dropped $157.7 million on US search ads in Google last year.

Google の主たる収入源は、その広告プラットフォームの AdWards である。 そして、各種のプロダクトを Web ページや、検索結果に表示したい企業にとって、それは主要なポータルでもある。それらの企業は、Google 内に広告スペースを確保するために、数百万ドルという対価を、毎年のように Google に支払うが、Amazon ほど突出した広告主は、他にはいない。伝えられるところによると、昨年の Amazon は、アメリカ国内における Google 検索広告に、$157.7 million という巨額を支払っている。

_  space

Business Insider Intelligence

According to a new ranking from Ad Age DataCenter charted for us by Business Insider Intelligence, Amazon spent nearly more than double the amount on Google search ads as the next group on the list, Priceline Group, which owns several properties related to travel-related purchases like airline tickets and hotel stays. But even though Amazon is spending a lot of capital to put its business ahead of others in search and display ads, the company also generated $750 million in ad revenue last year, and is expected to earn more than $1 billion this year, according to eMarketer.

Ad Age DataCenter のランキング をベースにして、Business Insider Intelligence が作成したチャートによると、Google 検索広告の売上リストでトップに立つ Amazon は、二番手の企業である Priceline Group(航空券やホテルなどの予約サイト)の 2倍近くの対価を支払っている。そしてAmazon は、検索とディスプレイの広告で、他社よりも多額の費用を支払っているにもかかわらず、自社でも $750 million という広告収入を、昨年に稼ぎだしている。eMarketer によると、今年の Amazon は、$1 billion 以上の広告収益を上げると予測されている。

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

$157.7 million というと、$1=100円で換算して 約160億円ですか。つまり、10億円以上の広告費が、Amazon から Google に流れているわけです。まぁ、この業界、激しく戦うところもありますが、持ちつ持たれつのところもあると、このチャートが語っているようにも思えてきます。 それにしても、凄まじいメカニズムを、Google は確立しているのですね。 それは、Facebook にも言えることなのですが・・・

ーーーーー

<関連>

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on July 29, 2014

THE PROGRAMMATIC ADVERTISING REPORT: Mobile, Video, and Real-Time Bidding Will Catapult Programmatic Ad Spend
http://wp.me/pwo1E-7HP

Mark Hoelzel – Jul. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/the-programmatic-ad-report-2014-7

_ Business Insider

Programmatic platforms are on pace to fundamentally reshape the entire digital advertising landscape.

この、プログラムで制御されるプラットフォームにより、デジタル・アドの世界を再編する、基本的なペースが構成されていく。

These platforms are automating much of the ad buying and selling process and increasing the accuracy of execution. Programmatic technologies are helping ad buyers find the right audience at the right price at the right time.

これらのプラットフォームは、広告の売り買いにおける大半のプロセスを自動化し、その運用の精度を高めていく。 具体的に言うと、プログラム化されたテクノロジーにより、適切なターゲットに対して、適切なコストとタイミングで広告が提供されるよう、その広告主を支援していくことになる。

A new report from BI Intelligence finds that real-time bidding (RTB), a key piece of the programmatic ecosystem, will account for over $18.2 billion in U.S. digital ad revenues in 2018, up from just $3.1 billion in 2013.

BI Intelligence新しいレポートが指摘するのは、このプログラムで結び付けられるエコシステムのコアとしての、Real-Time Bidding(RTB)の存在である。それにより、アメリカのデジタル広告は、2013年の $3.1 Billion から 2018年の $18.2 Billion へと、売上高を伸ばすとされる。

In the report, BI Intelligence looks at the drivers of programmatic adoption, sizes up the programmatic market, and outlines the barriers that some advertisers and publishers face when adopting programmatic technologies.

このレポートにおいて BI Intelligence は、プログラムの適用を推進する要素と、マーケット・サイズの拡大に注目している。 そして、このプログラムのテクノロジーを採用する場合に、広告主とパブリッシャーが直面する可能性のある、いくつかの障壁について概説している。

Here are some of the key takeaways from the report:

以下は、このレポートから抽出した、いくつかの要点である:

  • Programmatic and real-time bidding (RTB) ad spend is growing fast. RTB will account for over $18.2 billion of U.S. digital ad sales in 2018, up from just $3.1 billion in 2013, growing at a compound annual growth rate of 42%.
  • Mobile and video ads will be a major driver of this growth, with RTB sales for these formats topping $6.8 billion and $3.9 billion in 2018, respectively.
  • A number of companies are already cashing in on the growing programmatic market. Top programmatic ad companies include Criteo, Rocket Fuel, the Rubicon Project, and AOL. These four companies pulled in more than $1.5 billion in combined global ad revenue in 2013, accounting for more than one-tenth of global programmatic ad dollars.
  • Prices for programmatic ads are increasing for almost all ad types, as demand outpaces supply. The effective cost per thousand impressions (eCPM) for social ads was up by 64% between January through April 2014, compared to the same time period one year earlier, according to Turn.
  • There are still a number of barriers to adoption. Top barriers include brand worries that they will lose control over where their ads will appear, internal resistance at ad agencies, and lack of transparency in the industry over methods and results.
  • プログラムと RTB を用いる広告が、その規模を急速に成長させていく。RTB は 42% という平均年間成長率で拡大し、2013年の $3.1 Billion から 2018年の $18.2 Billion へと、売上高を伸ばしていく。
  • モバイルとビデオを介した広告が、この成長の主たる要因となる。それらのフォーマットの RTB セールスは、2018年の時点で、$6.8 Billion と $3.9 Billion に至る。
  • 数多くの企業が、この成長の途上にあるマーケットから、すでに利益を得ている。プログラムを用いた広告を展開するトップ企業には、Criteo/Rocket Fuel/Rubicon Project/AOL などが含まれる。これらの 4社は、2013年のグローバル・アド市場で、$1.5 Billion 以上の売上を占め、また、グローバル・プログラマブル・アド市場の 1/10 以上を占めている。
  • プログラムを用いた広告の、需要が供給をしのぐにつれて、ほぼすべての広告タイプの価格が上昇している。Turn によると、ソーシャル・アドにおける eCPM(effective cost per thousand impressions)は、2014年1月〜4月の期間において、前年比で 64% の上昇を見せている。
  • ただし、その採用においては、かなりの障壁が残ってる。その中では、広告が表示される場所のコントロールを失うという、広告主たちのメンタリティーの問題が顕著である。また、広告代理店における内部での抵抗感や、手法と結果を紐付けるための透明性の欠如などが挙げられる。

ーーーーー

先日、なにかの拍子に、「ここから上野駅」という音声入力で、目的地までの所要時間を検索できますという、Google のモバイル検索を紹介するビデオをみました。 それを検索する、旅先のロケーションが、とても長い名前の駅なので、しかも早口言葉のような駅名なので、そんなに難しいことをしなくても、Location Service さえ活かしておけば、「ここ」で代用できますよ、、、という話です。 そこで、気になるのが、検索結果を示すコンテントには、どのような広告が入ってくるのかという点です。 上野駅に着くのが夕方なら、レストランの広告が入るのかもしれません。この CM に登場するのは、三人のお嬢さんなので、おしゃれなワインバーが紹介されるのかもしれませんし、それがオッサンなら、居酒屋になるのかもしれません。 ・・・・・ そして、ここで言う広告が表示される数ミリ秒前に、広告スペースを売りたいメディアと、枠を買っている広告主との間で、RTB(Real-Time Bidding)が成立するのだそうです。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

%d bloggers like this: