Agile Cat — in the cloud

Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この両社の提携を、どのように理解すべきなのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Advertising, Facebook, Google, Mobile, Strategy by on November 18, 2015
Google’s mobile search just got a boost from Facebook
Jillian D’Onfro – Nov 17, 2015
_ Business Insider
 Facebook just gave Google a nice boost in its quest to make search more useful on your smartphone. Facebook has begun allowing Google’s search engine to crawl and to index The Big Blue app, The Wall Street Journal reports.
Facebook から Google に、いま以上にスマホ検索を便利にするための、ステキな回答が手渡された。 The Wall Street Journal のレポートによると、The Big Blue アプリをインデックス化し、Google 検索エンジンによるクロールを許可するという、Facebook の判断がくだされたようだ。
Google with Facebook 3Google searches from Android smartphones will now display information from public Facebook profiles, Pages, Groups, and Events, and if a user clicks on a Facebook link, they’ll be directed to the right place within Facebook’s app.
それにより、Android スマホの Google 検索から、Facebook でパブリックになっている Profile/Page/Group/Event などを、探し出せるようになった。 つまり、それらの Facebook へのリンクをタップすると、Facebook アプリ内の適切なコンテントへとジャンプできるのだ。
This practice of making apps searchable in such a way that they launch to specific pieces of content via search is called “deep linking.” Google has been trying to convince all developers to index their apps to make it possible. If they don’t, Google’s mobile searches are much less useful (which could ultimately leads to fewer ad dollars from smartphone searches).
このような方式で、アプリを検索しようとする、Deep Linking と呼ばれる試みは、コンテントの特定部分を検索することで実現される。Google はデベロッパーたちに対して、彼らのアプリも Deep Linking インデックスに対応するよう説得している。この呼びかけに応じてもらえないと、Google のモバイル検索は、有用なものになれないのだ(つまり、スマホ検索から得られる広告費が増えていかない)。
Google has already convinced many other apps to index themselves for deep linking, too— the company says it has 100 billion app deep links total from upwards of 1,000 apps (all on Android). However, it’s not always the easiest sell: Deep linking can take up as much as 5% of the time it takes to develop an app, Alex Matjanec of ad agency AD:60 told Bloomberg earlier this year.
すでに Google は、数多くのサードパーティ・アプリが、この Deep Linking インデックスに対応したと確信している。さらに、同社の発言によると、1000本以上の Android アプリから、1000億ほどの Deep Link を得ているようだ。しかし、広告代理店である AD:60 の Alex Matjanec が、今年の初めに Bloomberg に語ったところによると、この方式により、広告の売上が、一挙に増大するわけでもない。なぜなら、Android アプリに Deep Linking を組み込むことで、5% ほどの開発時間が上乗せされるからだ。
This cooperation between the two tech giants also comes not long after Facebook revamped its own search function. That content — posts and photos that users see while they are logged in — still won’t be searchable through Google search, mobile or otherwise. Google’s search engine is not getting any additional Facebook content from this feature that it wasn’t getting on desktop search previously.
Facebook が独自の検索機能を刷新すると、このテック・ジャイアント同士の協力関係も、変化していくだろう。実際のところ、ユーザーが Facebook にログインしている状態であっても、このソーシャル上のポストやフォトを、Google を介して検索することは不可能だ。Google の検索エンジンが、Deep Linking インデックスを活用するにしても、Facebook 上の詳細なコンテントは取得できていない。それは、これまでのデスクトップ検索でも、実現されていないのだ。
For Facebook, allowing Google to start crawling its app might not have been an agonizing decision. If more people find their way onto Facebook through Google searches on mobile, that’s free traffic. And once they’re there, perhaps they’ll be distracted by the other content and stay even longer. Earlier this year, when Google announced on its earnings call that Etsy was seeing more traffic because of deep links in mobile search, stock of the arts-n-craft site exploded.
Facebook にとって、Google にアプリ・クロールを許可することが、それほど難しい判断になるとは思えない。まず、Google のモバイル検索を介して、より多くの人々が Facebook に到達するのであれば、そのトラフィックは無償で得られるものとなる。そして、Google 検索から Facebook に入ってきたユーザーは、他のコンテントにも興味を示すだろうし、長時間の滞在になる可能性もあるのだ。今年の初めの収支報告会において、Etsy のトラフィックが伸びていると、Google がアナウンスしたのは、モバイル検索の Deep Linking により、この arts-n-craft サイトの株価が急騰していたからである。
But the move is still fairly surprising considering how the two companies are starting to become bigger and bigger rivals as they fight for ad dollars, video views, and even the spread of connectivity.
SEE ALSO: Power players: the most important Facebook execs you’ve never heard of
facebookとても興味深い、展開ですね! 背景として、いろいろなことが考えられますが、一番に挙げられるのは、Facebook のモバイル広告戦略が確立され、強固なものに成長していることです。 それにより、Google に侵略されない領域が確保できたと、Facebook は判断しているのでしょう。 ただし、Google+ ほどに、Deep Linking インデックスを作り込んでいないのは、まだ様子見の状況だからだと推測できます。また、Facebook を見下していた(と思われる)Larry Page と Sergey Brin から、Sundar Pichai へと代替りしたことも、この提携の大きな要因になっていると考えられます。 さらに言えば、Apple の広告ブロックに対抗するという目論見が、両社で共有されているのも確かです。 Apple としては、Google と Facebook が連携することは無いという前提で、あらゆる戦略を考えてきたはずなので、なんらかの見直しが行われる可能性もありますね。 ーーー 今回の提携により、いろいろな影響が生じるはずなので、このトピックは追いかけ続けたいと思っています。 _AC Stamp
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される!
Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!

Comments Off on Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この両社の提携を、どのように理解すべきなのか?

YouTube Red が始まる: この有償バージョンについて、知っておくべき6つの項目とは?

Posted in .Selected, Advertising, Entertainment, Freemium, Google by on October 24, 2015
YouTube paid version launched: 6 things to know
TOI Tech & Agencies – Oct 22, 2015
_ Times of India
After months of speculation, Google has announced YouTube Red, a paid service based on the company’s free video-sharing platform, and music streaming app YouTube Music.
この数ヶ月の間、有償版 YouTube Red について、さまざまな情報が錯綜していたが、ついに Google がアナウンスした。 この有償サービスは、同社の無償ビデオ共有プラットフォームと、ミュージック・ストリーミング・アプリ YouTube Music を、ベースにしたものとなる。
YouTube RedYouTube Red builds on Google’s existing music streaming service by providing ad-free access to YouTube programming, along with features such as the ability to download videos to mobile devices and have music playing in the background while using other mobile apps.
Here are 6 things you should know about the two new versions of YouTube…
以下に示すのは、新たに追加された2種類の YouTube バージョンについて、知っておくべき6つの項目である・・・
1. YouTube will co-exist with the paid version(共存)
The launch of YouTube Red does not mean the end of YouTube as we know it. The free version of YouTube will still be available as a free, ad-supported product.
YouTube Red の立ちあげにより、私たちが慣れ親しんできた Free-YouTube が終了するわけではない。YouTube の無料版は、アド・サポート・プロダクトとして、今後も利用できる。
2. YouTube Red features(有償の意味)
YouTube Red will allow users to watch ad-free videos, download videos to mobile devices, and play videos in the background while using other mobile apps. Additionally, It will include exclusive shows and movies from the big names on YouTube, such as PewDiePie, Lilly Singh and The Fine Brothers.
YouTube Red を利用するユーザーは、広告なしのビデオを参照できる。 それに加えて、モバイル・デバイスへのビデオのダウンロードおよび、他のモバイル・アプリと平行した、バック・グラウンド・ビデオ再生が可能となる。さらに、PewDiePie/Lilly Singh/The Fine Brothers といった、YouTube のビッグネームが独占的に提供する、ショーやムービーを楽しめる。
3. What’s the price?(料金は?)
YouTube Red has been priced at $10 per month in the US, while the pricing for foreign market has not been announced yet.
YouTube Red の料金だが、US では月額 $10 に設定されている。 ただし、海外マーケットにおける料金は、現時点では公表されていない。
4. When will it launch?(立ちあげ日は?)
The paid YouTube service will be available in the US starting 28 October, with plans to roll it out worldwide in 2016.
この、有料 YouTube サービスは、US では 10月28日にローンチするが、グローバルは 2016年の展開が予定されている。
5. How will it affect users?(ユーザーへの影響は?)
With Google letting users skip ads for a fee, those who do not subscribe to YouTube Red may not get to watch original YouTube shows by popular content creators. In the Indian context, imagine it as a situation where you can watch a show like TVF’s Pitchers only if you pay the fee.
Google は、Free-YouTube のユーザーによる、広告のスキップを認めている。しかし、YouTube Red をサブスクライブせずに、そのような操作を好むユーザーが、人気のコンテンツ作成者が提供する YouTube ショーなどを、楽しめなくなる場合もある。India を例にするなら、TVF の Pitchers ショーなどが、有償ユーザーだけに提供される、というような状況をイメージして欲しい。
This may happen when YouTube Red is launched in India, as the chief business offer of YouTube Robert Kyncl said that the creators of 99% of the content watched on YouTube have agreed to make their videos available on the paid platform.
YouTube India の Chief Business Officer である Robert Kyncl は、YouTube Red が立ち上がるときに、このような変化が生じると発言している。そして、YouTube コンテントを提供しているクリエイターの 99% が、自身のビデオ・コンテントを、この有料のプラットフォーム上にも供給することに合意していると、述べている。
6. YouTube Music(音楽コンテント)
Google has also launched a new app called YouTube Music that is free to watch with ads. It will function much like a streaming platform, with organized channels that provide videos of each artist.
すでに Google は、広告付きの Free YouTube Music という、新しいアプリを立ち上げている。このアプリは、それぞれのアーティストのビデオを提供するための、分かりやすい構造を持つチャネル・ストリーミング・プラットフォームとして機能している。
google-55aついに来ましたね! そして、$10/月という料金は、かなり強気と感じますが、こうした価格戦略を支えるだけの広告収入が、すでに YouTube では確立しているのでしょう。 Agile Cat 的には、$5/月なら即サブスクライブというところですが、$10 だと考えてしまいますね。 ただ、YouTube Music が魅力的なコンテントになるなら、負けてしまうかもしれません :) そして、何年か後には、映像が収録されていないはずの、たとえば Keith Jarrett の Kern Concert などが、YouTube Music ムービーで楽しめる時代が訪れると、期待したいですね! _AC Stamp
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
YouTube 対 Facebook 対 Vine:ビデオをアップしているユーザーの属性は?
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータをチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国

Comments Off on YouTube Red が始まる: この有償バージョンについて、知っておくべき6つの項目とは?

Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Posted in .Selected, Advertising, Businesses, Google, Post-PC, Research by on October 24, 2015
Google goes nuts after earnings
Jillian D’Onfro – Jul 17, 2015
_ Business Insider
もう、Q3 の収支報告が始まりますよね・・・ :)
Google just reported steller Q2 earnings which sent the stock flying. Here are the numbers:
つい先ほど(7/17)、Google が発表した 2015年 Q2 の収支報告は、その株価を急上昇させる勢いを見せた。 以下は、その概要ある:
  • EPS: $US6.99 vs $US6.73 expected
  • Gross revenue: $US17.7 billion vs $US17.79 billion expected
Revenue is up 11% year-over year, and Google says that revenue would have been up 18% if it weren’t for currency fluctuations.
この期の売上は、前年比で 11% 増となっている。 そして Google は、為替が変動が少なければ、18% 増という売上になっただろうと述べている。
Larry PageGoogle CEO Larry Page
Stock was up more than 11% after hours on the beat, which included unexpectedly high paid click growth. Investors were also pleased that Google’s operating expenses decreased from last quarter.
株価に関しても、収支が発表された数時間後に 11% 増となったが、その背景には、予想外に高かった Paid Click の値がある。さらに投資家たちは、Google の運用コストが、2015年 Q1 よりも減少していることを歓迎していた。
This was the the first quarter under the leadership of new CFO Ruth Porat, and investors clearly felt encouraged both by Google’s numbers and what she said on the earnings call.
今回は、CFO に Ruth Porat が就任して最初の四半期であったが、Google の決算が示す数値と内容に対して、投資家たちは明らかに納得していたと思われる。
In particular, Wall Street has been barking for more disciplined spending, and Porat assured listeners that Google was taking great care to pour most of its money into the core business, while still taking advantage of strategic opportunities.
具体的に言うと、Wall Street 筋は、これまで以上に規律のある支出を求め、Porat はコア事業に大半の資金を注ぎこむと約束してきたが、その一方で Google は、依然として戦略的なチャンスにおいて先進を維持している。
Google still very much follows its “70 / 20 / 10″ rule: 70% of time, money, and effort goes to core competencies, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots” like smart contact lenses and internet balloons). As Google’s core business growth has decellerated, investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
つまり、いまでも Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に順守しているのだ。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。Google におけるコアビジネスの成長が減速するにつれて、最近では投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google に、あまりを好感を持たなくなってきたが、それが真実ではなかったことを、Porat が裏付けている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
Two of the most important numbers Google reports every quarter are cost per click, how much Google can charge for its ads, and paid clicks, how many times people click those ads.
Google が四半期ごとにレポートする、2つの重要なデータがある。 Cost Per Click という数値は、Google が広告に課金できた金額を指し、Paid Click という数値は、それらの広告を人々がクリックした回数を指す。
This quarter, CPC was down 11% year-over-year and paid clicks were up 18% year-over-year. Analysts were only expecting an increase of 14%. Last quarter, CPC was down 7% year-over-year and the number of paid clicks was up 13%.
この四半期だが、CPC は前年比で 11% のダウンとなり、また、Paid Click は前年比で 18% のアップであった。Paid Click に関するアナリストたちの予測は、14% アップというものであった。なお、前期における数値に関しては、CPC が前年比で 7% ダウンであり、Paid Click が前年比で 13% アップという状況だった。
CPC has been decreasing for a while — last quarter, Google attributed that decrease to the impact of YouTube ads, which don’t make as much money as regular ad clicks yet, which upset the popular theory that CPC is declining because advertisers don’t want to spend money on mobile ads. Paid click growth has experienced deceleration as well, so the jump from 13% growth to 18% growth is also likely behind Google’s stock surge.
このところ、CPC は減少し続けている。前記の決算において Google は、YouTube 広告の減少が全体的な CPC に影響をおよぼしているが、検索における広告とくらべて、取るに足らない存在であると述べている。つまり、広告主がモバイル広告を買わないから、CPC が低下するという理論を、Youtube 広告が混乱させているのだ。その一方で、Paid Click も減速の傾向にあったが、前期の 13% から、今期の 18% へと、大きくジャンプしたことが、Google の株価を急伸させる背景となった。
On the company’s earnings call, Porat and chief business officer Omid Kordestani also said that the monetisation gap between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says.
今回の収支報告において、Porat and Chief Business Officer である Omid Kordestani は、モバイルとデスクトップの広告における、収益性に関するギャップが縮小していると述べている。ただし、「モバイル CPC がアップしているのであり、デスクトップ CPC がダウンしているのはない」と、彼は付け加えている。
↓ Click to Large ↓
Google Ad Chart
Here are the other important numbers from Google’s report:
以下の各項目は、Google のレポートから抽出した、重要な数値である:
  • Google site revenues were $US12.4 billion, up 13% year-over-year, while Google Networks revenues were $US3.6 billion, up 2% year-over-year
  • That brought the total advertising revenues to $US16 billion, up 11% year-over-year
  • Other revenues, which includes Google’s enterprise business as well as Google Play Store revenues, were $US1.704 billion, up 17% year-over-year
  • Non-GAAP net income was $US4.82 billion, up 16% year-over-year
  • Operating expenses were $US6.31 billion down from $US6.5 billion last quarter, but up from $US5.58 billion Q2 2014
  • Google Site の売上は $US12.4 billion であり、前年比で 13% アップとなる。 また、Google Networks の売上は $US3.6 billion であり、前年比で 2% アップとなる。
  • 双方の合計である広告売上は $US16 billion であり、前年比で 11% のアップとなる。
  • Google Enterprise ビジネスと、Google Play ストアなどを収益を含む、Other の売上は $US1.704 billion であり、前年比で 17% アップとなる。
  • 非公式な純利益は $US4.82 billion であり、前年比で 16% アップとなる。
  • 営業経費は、前期の $US6.5 billion から $US6.31 billion へとダウンしたが、2014年 Q2 の $US5.58 billion との比較ではアップとなる。
Now, time for the Q2 earnings call.
Porat starts by highlighting growth in YouTube revenues and strength in mobile search as factors behind the strong quarter.
Porat は、この堅調だった四半期の要因として、YouTube における売上の伸びと、モバイル検索の強さから、その説明を開始した。
“Growth in watch time on YouTube has accelerated and is now up over 60% year over year, the fastest growth rate we’ve seen in two years,” Porat says. “Mobile watch time has more than doubled from a year ago.”
Porat は、「YouTube における再生時間が、大幅に拡大している。その成長率は、前年比で 60% 以上となっており、このような年次比較では最大となっている。 また、モバイルでの再生時間は、前年比で二倍以上に伸びている」と述べている。
Porat also says that Google continue to close gap between mobile and desktop search monetisation.
さらに Porat は、Google 検索におけるモバイルとデスクトップの、収益性に関するギャップが縮小し続けていると述べている。
Google’s operating expenses decreased from last quarter, and CAPEX spend was lower than both last quarter and year-over-year.
Google における営業費用は、この前の四半期と比べて減少している。 また、設備投資は、前四半期との比較においても、前年同期との比較においても減少している。
Porat also reiterated Google plans to be disciplined in managing expenses, while still pursuing strategic opportunities.
また、Porat は、Google が経費の管理について、継続して精査していく一方で、戦略的な機会を追求していくとも述べている。
“A key focus is on the levers within our control to manage the pace of expenses while still ensuring and supporting our growth,” she says. “We will do this while we continue to invest in engineering talent to keep us preeminent in innovation globally.”
Google’s chief business officer, Omid Kordestani, also spoke on the call. One interesting tidbit he gave was that the number of people who start their YouTube viewing sessions on the the site’s homepage — versus coming in through a specific video — is up 3x year-over-year. That’s achieving Google’s goal of making the YouTube experience more like that of television, where users tune in, knowing they will find a variety of things they want to watch.
この収支報告では、Google の Chief Business Officer である Omid Kordestani も発言している。彼が提供してくれた、興味深いトピックとして、YouTube サイトのホームページからビデオを再生する比率が、前年比で 3倍以上の伸びたという話があった(他サイトからのリンクではなく)。YouTube のエクスペリエンスを、TV のようなものにしていくという、Google の目標が達成されようとしているのだ。そこにユーザーが来たときに、彼らが見たいと思う多様なビデオが存在することを、認識するようになる。
On mobile, the average viewing session is now more than 40 minutes, up more than 50% year-over-year.
モバイル環境においては、平均的なセッションは 40分以上となり、前年比で 50% 以上の伸びとなっている。
Time for questions:
When one analyst asked about Google’s priorities, Porat said that the priority is revenue growth, but that pursuing revenue growth is not inconsistent with expense management.
あるアナリストが、Google における優先順位について尋ねたとき、収益における成長が優先するが、それを追求することが、支出の管理と矛盾してはならないと、Porat は回答していた。
Why has YouTube seen this resurgence in growth? one analyst asks.
YouTube の成長力が、復活している理由について、あるアナリストが質問していた。
“I think it’s really a combination of all the strengths of YouTube coming together,” Kordestani says. More than 1 billion people use YouTube, and we’re doing a much better job with our products and our salesforce, he says. “It’s really all the pieces coming together for us, but we still see a lot of opportunities ahead.”
Kordestani は、「YouTube の持つ強みが、一体化した結果だ。10億以上の人々が YouTube を使用し、私たちは製品と広告の展開を、とてもうまくこなしている。すべての要素が、ほんとうの意味で一体化してきたが、私たちは、これまでの以上のチャンスを見出すだろう」と答えていた。
Kordestani also touched upon ways that Google’s trying to make its search ads better across different screens, including through local inventory ads and product listing ads. Retailers can now better see how their Google search ads influence their in-store sales.
また、Kordestani は、Googleのは、複数のディスプレイを横断するかたちで、検索広告を改善しようとする、Google の試みにも触れていた。 たとえば、プロダクト・リストの広告と、手元の在庫に関する広告を、連携して表示できるようになる。Google の検索広告により、ストア内での販売に生じる影響を、小売業者たちは確認できるようになっている。
Porat once again celebrated the fact that the price difference Google can charge between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says. It took time to fully develop the pricing model for desktop, and we’re continually working on developing that ecosystem for mobile, she adds.
再び Porat は、Google 広告における、モバイルとデスクトップのギャップが、縮小しているという事実を歓迎していると述べていいた。「モバイル CPC がアップしているが、デスクトップ CPC は低下していない」と、Porat は発言している。デスクトップのための、完全な価格設定モデルを開発するために、膨大な時間を費やしてきた。そして、いま、モバイルのためのエコシステムの開発に、継続的に取り組んでいると、彼女は付け加えている。
She also once again assured investors that Google still very much follows the “70 / 20 / 10″ framework that it always as. That is, 70% of time and effort goes to core competences, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots”). Investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
そして、彼女は再び、Google が、 Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に守っていることを、投資家たちに保証した。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google を心配しているが、Porat は、事実とは異なると述べている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
google-55aちょっと、時間が空いてしまいましたが、Google の 2015年 Q2 の決算に関するレポートです。これまでの、収益性の低かったモバイル広告が、次第にデスクトップ広告とのギャップを埋め始めているというのは、Google が待ち望んできた状況なのだと思います。 Larry Page が CEO として、Google の決算を報告するのは、今回が最後となるわけですが、とてもよいかたちで、Sundar Pichai への引き継ぎが完了したようです。 そして、これからも、Google には 70 / 20 / 10 のルールを、守り続けてもらいたいですね。 _AC Stamp
Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう 

Comments Off on Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!

Posted in Advertising, Google, Mobile, Strategy, Twitter by on October 8, 2015
Google will crank the mobile web up to warp speed with Accelerated Mobile Pages
Mark Wilson – Oct 7, 2015
_ beta news 2
Google today announced a project which has the aim of speeding up the web for mobile users — Accelerated Mobile Pages, or AMP. While there are clearly benefits for users in speeding up the web, Google is pushing the benefits that advertisers could reap: if a page takes too long to load, visitors may give up and not see any ads at all.
先ほど (10/7) Google は、モバイル・ユーザーのために Web を高速化する、AMP(Accelerated Mobile Pages)というプロジェクトについてアナウンスした。この、Web における高速化は、ユーザーにとって確かに喜ばしいものであるが、Google としては広告主に対してもメリットをプッシュしていくようだ。つまり、ページの読み込みに時間がかかりすぎる場合、ユーザーは参照をあきらめてしまい、まったく広告が表示されないという状況に陥るからだ。
Christian Ortiz
The AMP project is an open source initiative that gives publishers the ability to optimize their site code for mobiles so it will “load instantly everywhere”. The aim is to be as platform independent as possible, allowing for optimize-once workflow. The result of a collaboration between Google, Twitter, WordPress, LinkedIn and others, a new open framework called AMP HTML has been put together from existing web technologies.
この AMP プロジェクトは、オープンソースとして促進されるものであり、パブリッシャー・サイトのコードをモバイルに最適化していく。 したがって、何時でも何処でも、インスタントなロードが可能になっていく。また、プラットフォームへの依存性を可能なかぎり払拭することで、Optimize-Once のフローを実現していくことを目標にする。この AMP HTML と呼ばれる新しいオープン・フレームワークは、Google/Twitter/WordPress/LinkedIn などによるコラボレーションの結果であり、既存の Web テクノロジーと共存するものとなる。
If the idea of pages loading “instantly” seems a little far fetched, Google says that smart caching and prediction help to facilitate it. As this is an architecture built with existing tools, publishers are free to continue creating and hosting their own content without having to worry about using new templates. The AMP Project website not only explains how the technology works and why it came about, but also demonstrates AMP HTML in action.
ページ・ロードを「瞬時」に処理するという考え方は、現状では難しいと思われてきたようだが、スマート・キャッシュと予測に基づいた読み込みにより、Google は容易に達成できるとしている。 また、既存のツールで構築されたアーキテクチャであるため、新しいテンプレートなどを必要とすることもない。 したがって、パブリッシャーは自身のコンテントの作成と配置を、これまでと同様に、自由に行えることになる。 AMP プロジェクト・サイトは、このテクノロジーの背景や機能を説明するだけではなく、AMP HTML のデモンストレーションにも取り組んでいる。
The framework is an extension of the idea of pre-rendering pages:
このフレームワークは、pre-rendering pages という考え方を拡張したものである:
Browsers have long supported pre-rendering through the <link rel=prerender> tag, but they need to be conservative about this mechanism because prerendering can be expensive. With AMP HTML we added the ability to tell a document: render yourself, but only as far as what is visible above the fold and only elements which are not CPU intensive to minimize the cost of pre-rendering. With this mechanism in place, referrers of AMP document can initiate rendering of docs before the user acts much more aggressively, so that in many cases the document will be done rendering by the time the user clicks.
ずっと以前から、各種のブラウザはプリ・レンダリングを、<link rel=prerender> タグを用いることでサポートしてきた。 しかし、プリ・レンダリングが大量のリソースを消費するため、このメカニズムが積極的に利用されることはなかった。AMP HTML において、私たちは、「伝える能力」をドキュメントに追加した。 つまり、エレメントは自身をレンダリングするが、その対象は Above The Fold なものに限定される。さらに、CPU に負荷をかけないエレメントだけに限定することで、プリレンダリングによるリソース消費を、最小限に抑えることが可能になっていく。つまり、AMP ドキュメントから参照される側は、このメカニズムを適切に配置することで、ユーザーが積極的にページを切り替える前に、対象となるドキュメントのレンダリングを開始できる。その結果、大半のケースにおいて、ユーザーがクリックする前に、レンダリングが完了することになる。
At the moment it is possible to speed up page load times by 15 to 85 percent, but as more work is done on optimizing the ecosystem, everyone using AMP HTML will automatically benefit — no need to go back and change code.
現時点でも、ページの読み込み時間を、15%〜85% ほど短縮することが可能であるが、エコシステムにおける最適化のための作業が、さらに推進されていくだろう。 AMP HTMLでは、コードの改変が不要となるため、すべての人々が自然にメリットを享受していく。
Google says that it already has nearly 30 publishers on board, and more will join the project as it develops and spreads. The company also says that a “core goal” of the AMP project is to support paywalls and subscriptions, giving publishers more ways to monetize their sites.
Google の話によると、すでに 30社ほどのパブリッシャーが、この話に乗っているという。 そして、このプロジェクトにおける開発と普及が進むにつれて、より多くが参加するだろうと、付け加えている。また、同社は、AMP プロジェクトの核心となる目標として、有償コンテントのサブスクリプションに関するサポートを挙げている。 それによりパブリッシャーは、自社のサイトにおけるマネタイズの方法を見つけ出していくだろう。
If you’re interested in getting started with AMP, the resources you need are on GitHub.
もし、AMP による開発をスタートしたいなら、必要となるリソースを GitHub で入手できる。
google-55a昨夜は早寝だったので、夜中の 12時ころに目が覚めてしまい、なにげなくアジアの情報を眺めていたら、この AMP (Accelerated Mobile Pages) の話題で、世界中が盛り上がっていた・・・ というわけです :) あまりにも、ニュース・ソースが多かったので、どれを読もうかと悩んでしまったのですが、この Beta News が面白そうでした。この他にも、HTTP/2 の話もありますし、100G Fiber もあれば、2020年の 5G もあるという、とても楽しみな展開になってきましたね。 _AC Stamp
Telegraph – Google announces AMP, a much faster way to load news articles
Engadget- Google wants to make mobile web browsing faster
ZDNet – Google launches project to speed up mobile, take away ad blocker
WSJ – Google’s ‘Accelerated Mobile Pages’ Promises Faster Loads
BI – Google has launched a major project that aims to make the entire mobile
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張! 北米/東南アジアが近くなる!
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング:またも全面戦争か?

Comments Off on Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!

クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!

Posted in .Selected, Advertising, Asia, Huawei, Microsoft, Security, Strategy by on September 30, 2015
Cookies can bypass HTTPS in web browsers
Juha Saarinen – Sep 25 2015
_ it news
The US Computer Emergency Response Team (CERT) has issued a vulnerability note warning that cookies in web browsers could allow remote attackers to bypass secured sessions and reveal private information.
US CERT (Computer Emergency Response Team) が発行した、脆弱性に関する新たな警告ノートが示すのは、Web ブラウザ内に保持されているクッキーが、セキュア・セッションをバイパスするリモート攻撃を許し、さらには、個人情報を流出させるという可能性である。
Cookies are small text files with data sent to web browsers that servers and applications use to keep track on what users do during their sessions.
クッキーとは、Web ブラウザに送り込まれる小さなテキスト・ファイルのデータであり、それをサーバーやアプリケーションから参照することで、ユーザー・セッションでの行動を追跡するというものである。
Fundamental flaw in state management feature could bust open secured web browsing.
They have long been thought to contain potential security issues, as the RFC 6265 specification does not give mechanisms for isolation and integrity guarantees, CERT said its 804060 notice.
これまでの長期にわたり、セキュリティ上の潜在的な問題を、クッキーは持っていると考えられてきた。そして、RFC 6265 スペックについては、分離性と完全性を保証するための、メカニズムを与えるものではないと、CERT が Note 804060 で述べている。
A group of researchers from the University of California, Tsinghua University, Huawei and Microsoft found that thanks to the lack of integrity guarantees, an attacker with a man in the middle position on a plain-text HTTP browsing session could inject cookies that will be used for secure HTTPS encrypted sessions.
University of California/Tsinghua University/Huawei/Microsoft の研究者で構成されるグループが、クッキーの完全性が保証されないことで、ある問題を生じることを発見した。つまり、HTTP ブラウジング・セッション(プレーン・テキスト)を行っている人を攻撃者が悪用することで、セキュアな HTTPS 暗号セッションで使用することになるクッキーに侵入できてしまうのだ。
This, the researchers wrote in the Cookies Lack Integrity: Real-World Implications paper [pdf], can be achieved even if the “secure” flag is set to the state-management feature, indicating the files should only be sent over an HTTPS connection.
この問題は、Cookies Lack Integrity: Real-World Implications という論文 [pdf] に記載されている。それによると、HTTPS 接続されているときだけに、送信されるべきファイルを示す “secure” フラグが、”state-management” 機能に対して設定されている場合であっても、上記の方式は成立してしまう。
Cookie attacks can be performed with most modern web browsers such as Apple Safari, Google Chrome, Mozilla Firefox and Microsoft Internet Explorer.
クッキーによる攻撃は、Apple Safari/Google Chrome/Mozilla Firefox/Microsoft Internet Explorer といった、最新の Web ブラウザでも防ぐことができない。
“We found cookie injection attacks are possible with very large websites and popular open source applications including Google, Amazon, eBay, Apple, Bank of America, BitBucket, China Construction Bank, China UnionPay,, phpMyAdmin, and MediaWiki, among others,” the researchers wrote.
この研究者のグループは、「きわめて大規模な Web サイトや、人気のオープンソース・アプリケーションであっても、このクッキー侵入攻撃が成立することを発見した。具体的に言うと、Google/Amazon/eBay/Apple/Bank of America/BitBucket/China Construction Bank/China UnionPay/ などであっても、その標的になってしまうのだ」と述べている。
Several types of attacks are possible with cookie injection, they said, including cross-site scripting, leaking of private data, cross-site request forgery (CSRF), fraud and theft of user account details.
このクッキー侵入を用いるとこで、いくつかのタイプの攻撃が成り立つと、研究者たちは説明している。そして、そこには、cross-site scripting/leaking of private data/cross-site request forgery (CSRF)/fraud and theft of user account details などが含まれるという。
To demonstrate the vulnerability, the researchers devised two exploits against Google, hijacking the Gmail chat gadget, and invisibly stealing a user’s search history.
研究者たちは、この脆弱性を実証するために、Google に対して2つの裏ワザを仕掛けてみた。それは、Gmail のチャット・ガジェットをハイジャックし、ユーザーに気づかれずに検索履歴を盗み出すというものだ。
This was possible because the base domain is not fully protected by HTTP strict transport security (HSTS), which allows a server to tell a client to only ever communicate over HTTPS.
ベースとなる ドメインが、HSTS(HTTP strict transport security)により完全に保護されているわけではないので、この擬似的な攻撃が成立してしまった。ちなみに、HSTS が機能していると、サーバーが通信するクライアントを、HTTPS を介するものだけに限定できる。
The researchers also found a corner case affecting shared domains used by content delivery networks such as Cloudflare, CacheFly and Microsoft’s Azure that permitted cookie injection attacks.
また、研究者たちは、CDN(content delivery networks)で利用される共有ドメインにおいても、稀に影響をが生じることを発見した。それらは、CloudFlare/CacheFly/Microsoft Azure などであり、このクッキー侵入攻撃を許してしまった。
Mitigation measures against cookie injection attacks include full HSTS protection, a public suffix list of top-level and shared domains, defensive cookie practises such as frequently invalidating them, and anomaly detection to ensure the state-management settings are valid.
このクッキー侵入攻撃に対する緩和策としては、完全な HSTS プロテクション/トップレベル・ドメインと共有ドメインに関するサフィックス・リストの公開/その機能を定期的に無効にしていくようなクッキー防御のプラクティス/ステート・マネージメント設定が有効性を確認するための異常検出などが挙げられる。
HSTS is however, problematic – Google, for instance, cannot fully deploy the security measure because it is required to support non-HTTPS access for mandatory adult content filtering in schools and other locations.
ただし、HSTS の運用には問題が残される。たとえば、Google のケースにおいても、完全なセキュリティ対策の導入は困難だ。なぜなら、学校などのロケーションにおいて、アダルト・コンテンツをフィルタリングするために、non-HTTPS アクセスのサポートが必要とされるからだ。
Social networks Facebook and Twitter cannot support HSTS fully either on all subdomains, and the researchers suggested a number of workarounds to prevent cookies being replaced or inserted secretly.
Facebook や Twitter などのソーシャル・ネットワークにおいても、すべてのサブ・ドメインまでを含めて、完全に HSTS をサポートすることは難しい。そして、クッキーの置き換えや挿入を防止するためには、かなりの作業量が必要になると、研究者たちは示唆している。
research_55文中で参照されている pdf を見ると、この問題は、8月中旬に開催された 24th USENIX Security Symposium で公表されたようです。そして興味深いのは、この研究者グループに、精華大学と Huawei が参加している点です。 先日の、習近平首相のアメリカ訪問時に、米中間におけるサイバー・セキュリティに関する合意が形成されたようですが、このクッキーに関する共同研究も、その伏線になっているのでしょうか。 そして、そうだとしたら、Microsoft のファイン・プレーです! それにしても、厄介な問題です・・・  以前に、「クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変」という抄訳をポストしましたが、セキュリティーの面でも、クッキーの次を考えるというトレンドが、加速していきそうですね。 _AC Stamp
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が出資!
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
Cloud Storage Gateways の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使う!
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!

Comments Off on クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!


Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Mobile, Twitter by on September 24, 2015
Social networks are falling over themselves to join the billion-dollar rush in mobile-app advertising
BI Intelligence – Mar. 30, 2015
_ Business Insider
The mobile app-install ad — an ad unit that directs users to download a mobile app – is closely identified with Facebook, the largest social network. But these ads have become so lucrative — driving one-third of all mobile ad revenue — that virtually every other internet property has created their own version.
モバイル・アプリにインストールされる広告とは、ダウンロードしたモバイル・アプリを使用するユーザーに対して、ダイレクトに働きかける広告ユニットのことであり、最近のケースでは、最大のソーシャル・ネットワークである Facebook に見いだせる。そして、この種の広告は、すべてのモバイル広告収入の 1/3 を稼ぎだすという、きわめて有利な状況を生み出している。したがって、実質的には、すべてのインターネット企業が、独自のバージョンを作成しているようだ。
Mobile AdsFlickr
Geoff Jones
Mobile app-install advertising is already found on Twitter, YouTube, and mobile ad networks like Millennial Media. Pinterest opened the door to the ad format recently  with “app pins,” and no online publisher wants to be left out of the rush.
このモバイル・アプリ・インストール広告であるが、すでに Twitter および YouTubeや、Millennial Media などの広告ネットワークで動き出している。そして、最近の Pinterest が、App Pin を用いた広告フォーマットをオープンにしたように、あらゆるオンライン・パブリッシャーが、この急速な流れから取り残されないように動き始めている。
Exclusive data from BI Intelligence finds that US mobile app-install ad revenue will top $4.6 billion this year and grow to $6.8 billion by the end of 2019, increasing by a compound annual growth rate of 14% from 2014. We believe mobile app install ads accounted for about 30% of mobile ad revenue last year.
BI Intelligence の独自データが示すのは、アメリカにおけるモバイル・アプリ・インストールの広告収入が、2015年には $4.6 billion を超えるという動向である。この数字は、2014年から 14% の複合年間成長率で増加し、2019年末までには $6.8 billion にまで伸びていくという。そして、私たちは、昨年のモバイル・アプリ・インストール広告は、モバイル全体における広告収入の約 30% を占めていると捉えている。
BI Intelligence
Here are some of the key takeaways:
  • モバイル・アプリ・インストール広告は、ゲーム・アプリ開発者だけではなく、各種のパブリッシャーにおいても、きわめて人気の高い広告ユニットになっている。アプリ・マーケティング担当者(eコマースやのブランドなどの企業を含むを)が、この種の広告を好むのは、大量のダウンロードが生じた結果として、ROI の測定が容易になるからだ。また、ソーシャル・ネットワークとアド・エクスチェンジが、この主の広告を好むのは、これまで以上の単価で、広告を売れるようになるからだ。
  • ROI の容易な測定が、次の需要を生み出していく。多くのケースにおいて、アプリ・インストール広告が一度でもダウンロードを引き起こせば、すべてのカスタマー情報が、そのアプリ内で処理されていく。具体的に言うと、”Lifetime Customer Value” などの情報を用いて、顧客を特定の広告へと誘導することが可能になる。
  • Facebook のモバイル・アプリ・インストール広告は、ハイ・パフォーマンスとターゲティング機能を実装しているため、標準的な広告ユニットと比較して、かなりのコストがかかっている。この有償レポートは、CPM コストと CTR レートに関して、平均な広告と Facebook の広告を比較している。
  • 広告の需要と供給が平行して上昇していくなら、その価格は相対的に安定したものになる。モバイル・インストール広告は、その点でにおいても、かなり成熟した広告ユニットであり、また、いまでは Twitter と Google の間でも、適切な競合関係が構築されている。しかし、アプリのマーケティング担当者の間で、この種の広告に対する需要が継続的に上昇するなら、その価格は下降線をたどっていくことになる。
  • トップ・クラスのモバイル・パブリッシャーや広告ネットワークは、モバイル・アプリ・インストール広告の価格と、アプリ開発者の取得において、激しく競合していくだろう。Twitter や Facebook は、アプリ開発者の支持を得るために、最善の方策を取っている。具体的に言うと、高度な広告分析や開発ツールを提供することで、自身のプラットフォームとアプリ・インストール広告の品質を高めている。モバイル・アプリ・インストールが、すべてのモバイル広告収入に対して、1/3 の比率を占めていく、私たちは予測している。
Access The Full Report And Data Sets By Signing Up For A Full-Access Trial»
Adたしか、Facebook も 2012年ころまでは、モバイル環境は HTML5 で行くと発言していたはずです。その年の12月の「Facebook for Android ネイティブが来たよぉ~~~ iOS 版もアップデート!」という抄訳には、「完全にリビルドされた Non-HTML5 の Android バージョン」と記されていました。 そして、この頃から、モバイルでの Facebook が使い易くなったのですが、HTML5 を捨てる Facebook の方針を説明する Mark Zuckkerberg が、珍しく歯切れが悪かったことも思い出しました。 いま、考えてみると、モバイル・アプリ+ネイティブ・アドという構想が、すでに出来上がっていたのかもしれませんね。 だたし、いまのような状況を予測して言うより、如何にして Google の影響力を排除するのかという点を、突き詰めて考えた結果なのだと思います。その意思が、ある種のゲーム・チェンジを生み出した、と言えるでしょう。 _AC Stamp
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう 

Comments Off on 各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!

Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう – Salesforce Blog

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Google, Salesforce, Strategy by on September 17, 2015
Advertising Insights: Ad Blocking, Display Ads, Global Mobile App Install Trends
Hilary Givens – Jul 22, 2015
_SF Blog
This week, we’re bringing you the latest information regarding ad blocking activities and how they affect your advertising. In addition, we’ll spend time talking about new data on Google versus Facebook display ads. Finally, check out some of the newest trends in Mobile App Install ads from our recent Salesforce Advertising Benchmark Report.
今週は、アド・ブロックのアクティビティと、それらが広告におよぼす影響について、最新の情報を提供していく。そして、ディスプレイ広告における Google と Facebook 比較する、新しいデータについても説明していく。さらに、Salesforce Advertising Benchmark Report から得られる、Mobile App Install Ads に関する最新のトレンドをチェックしていく。
SF weekly insightsPeople today care more about data security and privacy than ever before, and new behaviors have arisen that affect advertisers. GlobalWebIndex surveyed online adults to see how prevalent these behaviors are. In order to protect their online footprints, users have been acquiring the help of ad blocking methods. 46% of online adults are using a private browsing window, which prevents cookies from saving any online activity.
いまの時代を生きる人々は、データのセキュリティとプライバシーについて、これまで以上に気にしているが、それにより広告主にまで影響がおよぶような状況が生じている。GlobalWebIndex は、こうした影響が、どの程度までに広まっているのかを確認するために、オンラインに接続されている成人を調査した。つまり、オンラインにおけるフットプリントを保護するために、アド・ブロックという手法を用いているユーザー数を、洗い出そうと試みたわけだ。その結果、あらゆるオンライン・アクティビティを保護するために、プライベートなブラウジング・ウィンドウでクッキーを停止するという人が、46% に達しているという状況が浮かび上がってきた。
Anti tracking software is another ad blocking option that stop cookies form even being installed on your computer. You can also delete cookies off of your computer manually, done by 40% of online adults already. All three of these actions are meant to stop cookies from working, which explains why first party data is more valuable than third party data. First party data does not rely on cookies to proxy information about a user, but instead focuses on who a user actually is.
アンチ・トラッキングソフトウェアも、コンピュータにインストールされているクッキーを停止するという意味で、アド・ブロックの選択肢となる。また、コンピュータ上のクッキーをマニュアルで削除するという方式もあり、オンラインに接続している成人の 40% が、すでに対処しているという。これらの3種類のアクションは、いずれもクッキーを止めるものであり、ファースト・パーティのデータが、サードパーティのデータよりも、貴重だという理由も説明している。ファースト・パーティのデータは、クッキーに依存して、ユーザーに関するプロキシ情報を得るものではないが、実際のユーザーが誰であるかという点にフォーカスするものでもない。
An additional method, ad blocking software, allows consumers to never see web ads created by independent ad serving networks. Globally, 27% of online adults say they routinely use ad blockers on their computers, and Europe ranks the highest in ad blocking activity at 29%. This is why native advertising is far more advantageous than non-native formats. Native ads placed within a user’s newsfeed (such as Facebook, Twitter, or LinkedIn) and ads within mobile apps are still displayed to users who are using web ad blocking software in their browser.
そこに加わってきた方式がアド・ブロック・ソフトウェアの利用である。 つまり、第三者であるアド・ネットワークが作成した Web 広告を、ユーザー・サイドで表示を止めるというものだ。世界的にみて、オンライン接続する成人の 27% は、自身のコンピュータ上において、日常的にアド・ブロッカーを使用しているようだ。 地域別でみると、ヨーロッパ の 29% がトップとなる。そして、ネイティブ広告がノン・ネイティブ広告よりも圧倒的に有利になるのも、ここに理由がある。つまり、Facebook/Twitter/LinkedIn などにおけるネイティブ広告は、ユーザーのニュース・フィード内に配置されているのだ。また、モバイル環境においては、Web ブラウザでアド・ブロックを設定しても、モバイル・アプリ内の広告を止めることはできない。
social ad 1A recent study by Adobe has found that the global Facebook CTR continues to grow. Since 2014, Facebook CTR has created a 75 point gap in growth rate of the CTRs on Display, over Google. Facebook CTR is up 99% between Q2 2014 and Q2 2015, while Google’s CTR only increased by 24% in the same period. Some of Facebook’s increase is due to new, more engaging, Right Hand Side Ads, but the overall trend aligns with advantages of advertising on Facebook.
Adobe の最新レポートが指摘するのは、Facebook の CTR (click through rate) が、グローバルで成長し続けるという状況である。2014年以来、Facebook の CTR は、Google のディスプレイ広告 CTR に対して、75% を超える成長率を達成している。2014年 Q2〜2015年 Q2 という期間において、Facebook の CTR が 99% の成長を見せているのに対して、Google の成長率は 24% に過ぎないのだ。Facebook における増大の要因としては、新たな広告の展開(モバイル?)や、ユーザー数の増大、そして、右ペインに表示される広告などが挙げられるが、Facebook アドの先進性が、全体的なトレンドを支えていると思われる。
Unlike Google display ads, Facebook ads are native, and part of users newsfeed. Additionally, Facebook ads are effectively 100% of ads viewable. The same cannot be said for Google display ads, where Google itself has reported that only 44% of Google ads are viewable, reported by google. Additionally Facebook ads can be targeted based on a consumer’s real identity.
Google のディスプレイ広告とは異なり、Facebook の広告はネイティブであり、また、それぞれのユーザーの、ニュース・フィードの一部として表示される。そして、Facebook 広告が表示される確立は 100% である。同じ視点で Google のディスプレイ広告を見てみると、Google 自身がレポートしているように、それらが表示される可能性は 44% に留まっている。さらに、Facebook の広告は、利用者の ID をベースにした、ターゲティング広告の機能も有する。
Social ad 2
Salesforce recently released the Q1 2015 Advertising Benchmark Report, encompassing all of the latest trends in social advertising. One of the most interesting trends we examined is the growth in the usage of mobile apps and mobile app install ads. Mobile apps are where so many consumers are spending their time; According to Yahoo, 88% of the time that consumers spend on mobile devices is spent in apps, totaling 37:28 hours per month, according to Neilsen.
最近のことだが、Salesforce は、ソーシャル広告の最新トレンドを網羅する、Q1 2015 Advertising Benchmark Report をリリースしている。私たちが調査した中で、最も興味深いトレンドには、モバイル・アプリの利用時間と、モバイル・アプリにインストールされた広告が、大きく成長しているという状況も含まれている。具体的に言うと、きわめて多くのコンシューマが、モバイル・アプリに大量の時間を費やしているのだ。Yahoo によると、コンシューマがモバイル・デバイスで費やす時間の 88% が、モバイル・アプリに注ぎ込まれるという。また、Neilsen によると、その時間は、1ヶ月あたり、37時間 28分に至るという。
We examined the Cost Per Install (CPI) for mobile app install campaigns, and found that it varies widely by country. New Zealand and Sweden were the most expensive countries to run mobile app install campaigns in Q1, at $6.16 and $5.28 respectively. Conversely, Brazil and Malaysia have the least expensive CPIs of the examined countries.
さらに、私たちは、モバイル・アプリのインストール・キャンペーンについても調べてみたが、それぞれの国々により、Cost Per Install (CPI) に大きな違いが生じていることが分かった。今年の Q1 において、モバイル・アプリのインストール・キャンペーンを実施する際に、最もコストが大きかったのは New Zealand と Sweden であり、それぞれが  $6.16 と $5.28 という状況であった。その反対に、CPI が最も低かったのは Brazil と Malaysia になる。
Social ad 3eWord より
In addition, the CTR (Click Through Rate) for mobile app install ads also vary widely by country, from a low of 0.64% in Australia, or 0.65% in United Kingdom, to a high of 1.26% in Japan. Today, advertisers can examine what countries to target with app install campaigns, within a given region or as a part of a larger global rollout. Also, advertisers can test if adding different geographies can produce better results.
また、モバイル・アプリにインストールされた広告の CTR (Click Through Rate) に関しても、それぞれの国々により、大きく異なることが分かった。最も安価な Australia の 0.64% および、United Kingdom の i0.65% から、最も高価な Japan の 1.26% まで、大きなギャップが生じている。つまり、いまの広告主は、特定リージョンおよびグローバルでの展開の一環として、アプリ・インストールのキャンペーンを、どの国で実施するのかを調査できる。そして、他の地域を追加することで、より良い結果を得られるのかどうかを、テストすることさえ可能なのだ。
To get the most up-to-date trends in Advertising, download our full Q1 2015 Advertising Benchmark Report.
Adなんとなく、こういう事なのだろうと、多くの人々が想像していたはずですが、ほんとうに知りたいことを端的にまとめてもらい、とても感謝しています。Salesforce Blog はスゴイです :) この会社は、ずっと Facebook の行動を注視しているのだと思います。その意味で、とても印象に残っているのが、2010年12月にポストした「Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る」という抄訳です。そのころ、すでに Facebook は大きな存在ではありましたが、いまと比較すると、上場前のスタートアップ・ソーシャルという、イメージが強かったと記憶しています。 そして、いまでは、この広告ブロックに関しても、まったく影響を受けない、強固なプラットフォームへと成長してきたわけです。いま、SF で開催されている Dreamforce には、10万人とか 15万人とかの人々が集まっているようですが、あらゆる動向に注視し、そこから新しい発想を取り入れていくという、Salesforce の視点が高く評価された結果なのだと思います。 _AC Stamp
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!

Comments Off on Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう – Salesforce Blog

グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Google, Research by on September 15, 2015
Ad-block software is approaching 200 million users — here’s how publishers are reacting
BI Intelligence – Sep 10, 2015
_ Business Insider
Ad-block software usage may be more common than previously thought. There are nearly 200 million monthly active users (MAU) of ad-block software globally, according to data from a new study by PageFair and Adobe included in our latest ad-blocking report.
AD-Block ソフトウェアの利用だが、これまでに考えられていた以上に、一般的なものになっているようだ。当社における直近のアド・ブロッキング・レポートに含まれる、PageFair と Adobe の最新データによると、グローバルにおける AD-Block ソフトウェアには、200 Million ほどの MAU(monthly active users)がいることになる。
Adblock_logoAd_Block Logo
 That represents a big uptick in ad-block usage from just one year ago. The software, which blocks ads from appearing on websites, search, and social networks, is also catching on in the US. Ad-block MAU totaled 45 million in the US as of June 2015, increasing nearly 50% from last year, according to PageFair and Adobe.
そして、AD-Block の使用量だが、ちょうど1年前から大きく上昇している。このソフトウェアは、Web サイト/サーチ/ソーシャル・ネットワーク上で表示される広告をブロックするものであり、また、US でも人気を博しているものとなる。PageFair と Adobe によると、US における AD-Block の MAU は、2015年6月の時点で 45 Million であり、昨年同期と比べて 約 50% の増加となっている。
In this report, BI Intelligence looks at ad block usage rates, Apple’s newest ad block software and how it could make ad blocking more common on mobile, and examines solutions for publishers. There are several solutions that publishers can use to combat the growing ad-block problem, including education, technical solutions, and micropayments. Which solution publishers should opt for can be determined by their particular ad-block usage rates.
このレポートで BI Intelligence が注目しているのは、AD-Block の使用率および、Apple の最新 AD-Block ソフトウェア、モバイルにおける AD-Block の一般化、そして、パブリッシャーのためのソリューションといった視点である。その一方では、成長していく AD-Block の問題に対処するために、パブリッシャー(教育/技術/マイクロペイメントなどを含む)が利用できる、いくつかのソリューションが存在している。それぞれのパブリッシャーは、自身のサイトにおける AD-Block 使用率の測定と、最適なソリューションの選択が可能になるはずだ。
AD-Blocking Chart
BI Intelligence
Here are some of the key takeaways from the report:
  • AD-Block は、広告収益に依存するデジタル・メディアに対して、大きな脅威をもたらす。現在の使用率をベースに BI Intelligence が推計したデータによると、モバイル上の AD-Block 使用率が、デスクトップ PC と同じレベルにまで到達すると、デジタル・アド・フォーマット全体を通じて、$9.7 Billion の収益を失うという可能性が、2016年の US メディア産業に生じる。
  • AD-Block の使用率は、コンテントの種類と、オーディエンスの特性に応じて、大きく異なるものとなる。オーディエンスとして、若い男性にオーディエンスが集中する、ビデオ・ゲーム・サイトなどを運用するパブリッシャーは、一般的なニュース・サイトと比較して、はるかに高い AD-Block 使用率と直面する傾向にある。
  • AD-Block は、今年の後半から Apple が展開する戦略により、デスクトップ PC およびモバイル上で、より一般的なものとなるだろう。同社の Mac OS および iOS 9 が提供するフレームワークにより、とりわけモバイル用の AD-Block ソフトウェアを、デベロッパーたちは容易に作成できるようになる。
  • 一般的に見て、AD-Block は、広告のロードを防止する 2つの方法のうちの、1つを使用するだろう。ほとんどの場合において、アド・サーバー・リストが識別する URL からのデジタル広告が、AD-Block により読み込みを阻止される。こうしてブロックされる広告は、ディスプレイ/ビデオ/ソーシャル/サーチなどに含まれ、また、Web ブラウザに表示されるものとなる。
Access The Full Report By Signing Up For A Full-Access
Adたしかに、あまりにも関心のない広告には、ちょっとウンザリしますよね。 そして、Agile_Cat が最も嫌っているのが、遅いアド・サーバーの存在なのです。 このところ、Cloud News Asia のために、アジアのサイトを巡回しているのですが、やたらノロいアド・サーバーがあって、もう、ほんと、閉口ものなのです。 とは言え、そうした広告で、それらのサイトも成り立っているのでしょうし、なかなか難しい問題がありますね。 その意味で、Apple が投入してくる Freedum が、呼び起こす議論に注目したいです。 _AC Stamp
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
どれくらいの時間を、モバイルとテレビに消費しますか? アメリカでの調査結果をチャートで!

Comments Off on グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: