Agile Cat — in the cloud

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Amazon, Google, Research by Agile Cat on September 17, 2014

CHART OF THE DAY: Amazon Spends A Ton Of Money To Advertise Itself On Google
http://wp.me/pwo1E-7SA
Dave Smith – Sep 16, 2014 
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-amazon-spends-a-ton-of-money-to-advertise-itself-on-google-2014-9

_ Business Insider

Google’s main source of revenue is its advertising platform, AdWords — but it’s also the key portal for businesses to have their products seen on the web, and in search results. Companies pay millions of dollars to Google each year for quality real estate in Google, but no company spends more than Amazon, which reportedly dropped $157.7 million on US search ads in Google last year.

Google の主たる収入源は、その広告プラットフォームの AdWards である。 そして、各種のプロダクトを Web ページや、検索結果に表示したい企業にとって、それは主要なポータルでもある。それらの企業は、Google 内に広告スペースを確保するために、数百万ドルという対価を、毎年のように Google に支払うが、Amazon ほど突出した広告主は、他にはいない。伝えられるところによると、昨年の Amazon は、アメリカ国内における Google 検索広告に、$157.7 million という巨額を支払っている。

_  space

Business Insider Intelligence

According to a new ranking from Ad Age DataCenter charted for us by Business Insider Intelligence, Amazon spent nearly more than double the amount on Google search ads as the next group on the list, Priceline Group, which owns several properties related to travel-related purchases like airline tickets and hotel stays. But even though Amazon is spending a lot of capital to put its business ahead of others in search and display ads, the company also generated $750 million in ad revenue last year, and is expected to earn more than $1 billion this year, according to eMarketer.

Ad Age DataCenter のランキング をベースにして、Business Insider Intelligence が作成したチャートによると、Google 検索広告の売上リストでトップに立つ Amazon は、二番手の企業である Priceline Group(航空券やホテルなどの予約サイト)の 2倍近くの対価を支払っている。そしてAmazon は、検索とディスプレイの広告で、他社よりも多額の費用を支払っているにもかかわらず、自社でも $750 million という広告収入を、昨年に稼ぎだしている。eMarketer によると、今年の Amazon は、$1 billion 以上の広告収益を上げると予測されている。

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

$157.7 million というと、$1=100円で換算して 約160億円ですか。つまり、10億円以上の広告費が、Amazon から Google に流れているわけです。まぁ、この業界、激しく戦うところもありますが、持ちつ持たれつのところもあると、このチャートが語っているようにも思えてきます。 それにしても、凄まじいメカニズムを、Google は確立しているのですね。 それは、Facebook にも言えることなのですが・・・

ーーーーー

<関連>

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on July 29, 2014

THE PROGRAMMATIC ADVERTISING REPORT: Mobile, Video, and Real-Time Bidding Will Catapult Programmatic Ad Spend
http://wp.me/pwo1E-7HP

Mark Hoelzel – Jul. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/the-programmatic-ad-report-2014-7

_ Business Insider

Programmatic platforms are on pace to fundamentally reshape the entire digital advertising landscape.

この、プログラムで制御されるプラットフォームにより、デジタル・アドの世界を再編する、基本的なペースが構成されていく。

These platforms are automating much of the ad buying and selling process and increasing the accuracy of execution. Programmatic technologies are helping ad buyers find the right audience at the right price at the right time.

これらのプラットフォームは、広告の売り買いにおける大半のプロセスを自動化し、その運用の精度を高めていく。 具体的に言うと、プログラム化されたテクノロジーにより、適切なターゲットに対して、適切なコストとタイミングで広告が提供されるよう、その広告主を支援していくことになる。

A new report from BI Intelligence finds that real-time bidding (RTB), a key piece of the programmatic ecosystem, will account for over $18.2 billion in U.S. digital ad revenues in 2018, up from just $3.1 billion in 2013.

BI Intelligence新しいレポートが指摘するのは、このプログラムで結び付けられるエコシステムのコアとしての、Real-Time Bidding(RTB)の存在である。それにより、アメリカのデジタル広告は、2013年の $3.1 Billion から 2018年の $18.2 Billion へと、売上高を伸ばすとされる。

In the report, BI Intelligence looks at the drivers of programmatic adoption, sizes up the programmatic market, and outlines the barriers that some advertisers and publishers face when adopting programmatic technologies.

このレポートにおいて BI Intelligence は、プログラムの適用を推進する要素と、マーケット・サイズの拡大に注目している。 そして、このプログラムのテクノロジーを採用する場合に、広告主とパブリッシャーが直面する可能性のある、いくつかの障壁について概説している。

Here are some of the key takeaways from the report:

以下は、このレポートから抽出した、いくつかの要点である:

  • Programmatic and real-time bidding (RTB) ad spend is growing fast. RTB will account for over $18.2 billion of U.S. digital ad sales in 2018, up from just $3.1 billion in 2013, growing at a compound annual growth rate of 42%.
  • Mobile and video ads will be a major driver of this growth, with RTB sales for these formats topping $6.8 billion and $3.9 billion in 2018, respectively.
  • A number of companies are already cashing in on the growing programmatic market. Top programmatic ad companies include Criteo, Rocket Fuel, the Rubicon Project, and AOL. These four companies pulled in more than $1.5 billion in combined global ad revenue in 2013, accounting for more than one-tenth of global programmatic ad dollars.
  • Prices for programmatic ads are increasing for almost all ad types, as demand outpaces supply. The effective cost per thousand impressions (eCPM) for social ads was up by 64% between January through April 2014, compared to the same time period one year earlier, according to Turn.
  • There are still a number of barriers to adoption. Top barriers include brand worries that they will lose control over where their ads will appear, internal resistance at ad agencies, and lack of transparency in the industry over methods and results.
  • プログラムと RTB を用いる広告が、その規模を急速に成長させていく。RTB は 42% という平均年間成長率で拡大し、2013年の $3.1 Billion から 2018年の $18.2 Billion へと、売上高を伸ばしていく。
  • モバイルとビデオを介した広告が、この成長の主たる要因となる。それらのフォーマットの RTB セールスは、2018年の時点で、$6.8 Billion と $3.9 Billion に至る。
  • 数多くの企業が、この成長の途上にあるマーケットから、すでに利益を得ている。プログラムを用いた広告を展開するトップ企業には、Criteo/Rocket Fuel/Rubicon Project/AOL などが含まれる。これらの 4社は、2013年のグローバル・アド市場で、$1.5 Billion 以上の売上を占め、また、グローバル・プログラマブル・アド市場の 1/10 以上を占めている。
  • プログラムを用いた広告の、需要が供給をしのぐにつれて、ほぼすべての広告タイプの価格が上昇している。Turn によると、ソーシャル・アドにおける eCPM(effective cost per thousand impressions)は、2014年1月〜4月の期間において、前年比で 64% の上昇を見せている。
  • ただし、その採用においては、かなりの障壁が残ってる。その中では、広告が表示される場所のコントロールを失うという、広告主たちのメンタリティーの問題が顕著である。また、広告代理店における内部での抵抗感や、手法と結果を紐付けるための透明性の欠如などが挙げられる。

ーーーーー

先日、なにかの拍子に、「ここから上野駅」という音声入力で、目的地までの所要時間を検索できますという、Google のモバイル検索を紹介するビデオをみました。 それを検索する、旅先のロケーションが、とても長い名前の駅なので、しかも早口言葉のような駅名なので、そんなに難しいことをしなくても、Location Service さえ活かしておけば、「ここ」で代用できますよ、、、という話です。 そこで、気になるのが、検索結果を示すコンテントには、どのような広告が入ってくるのかという点です。 上野駅に着くのが夕方なら、レストランの広告が入るのかもしれません。この CM に登場するのは、三人のお嬢さんなので、おしゃれなワインバーが紹介されるのかもしれませんし、それがオッサンなら、居酒屋になるのかもしれません。 ・・・・・ そして、ここで言う広告が表示される数ミリ秒前に、広告スペースを売りたいメディアと、枠を買っている広告主との間で、RTB(Real-Time Bidding)が成立するのだそうです。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research by Agile Cat on July 18, 2014

CHART OF THE DAY: Google And Facebook Rule Mobile Advertising — And No One Else Is Even Close
http://wp.me/pwo1E-7G0

Dave Smith – Jul. 15, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-rule-mobile-advertising-2014-7

_ Business Insider

Google is the king of digital advertising, particularly on mobile devices, and the latest data from eMarketer charted for us by Statista proves it.

Google は、デジタル・アドの王者であり、とりわけモバイル・デバイスで勢力を誇るという、eMarketer による最新データを、Statista がチャートにしてくれた。

_  space

Statista

Google accounts for more than half of all mobile ad revenue worldwide, while Facebook has been steadily increasing its market share of mobile ad revenue each year since 2012, the year it went public. Facebook already accounts for more than one-fifth of all mobile ad revenue. Between Facebook and Google, the companies could rake in more than 70% of mobile ad money in 2014.

Google は、グローバルなモバイル・アド収入の過半数を占めているが、Facebook も、株式を公開した 2012年以来、毎年ごとにモバイル・アドにおけるシェアを高めてきている。 そして、すでに Facebook は、すべてのモバイル・アド売上に対して、1/5 以上のシェアを占めている。  つまり、Facebook と Google という二社により、2014年におけるモバイル・アドの 70%以上の売上が、掻き集められてしまう可能性があるのだ。

ーーーーー

誰もが知っているとおり、Google が広告ビジネスを成功させる以前の IT 業界にはに、プロダクトと対価を交換する以外に、利益を生み出す仕組みはありませんでした。 そして、プロダクトからサービスへの移行が進んでいますが、いまも数多くの企業が、それらに対する対価により、事業を営んでいるという現実があります。 しかし、Google と Facebook の二社は、集客する場を作り出し、そこに広告を導入することで、多額の収益を安定して得るという、とてもスペシャルなポジションを確保しています。 もちろん、ユーザーを集めるためのアイデアやテクノロジーを、継続して磨き続けなければなりませんが、それさえ確保すれば、この世界における商品経済が続く限り、その仕組みの根幹から、尽きることのないマージンを手にしていけるわけです。 

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Yandex by Agile Cat on May 30, 2014

It’s Good To Be A Search Engine
http://wp.me/pwo1E-7wX

Jay Yarow – May 14, 2014
http://www.businessinsider.com/its-good-to-be-a-search-engine-2014-5

_ Business Insider

Here’s a look at net revenue per user for a basket of big internet sites from digital media analyst Ian Maude.

以下に示すのは、デジタル·メディア·アナリストである Ian Maude から提供された、大手インターネット・サイトにおける、1人のユーザーあたりの純収益である。

_  space

Business Insider/Statista

As you can see, it’s good to be Google! It has a magic money machine called search that drums up more money per user than anyone else. That’s why the next two biggest sites on the chart, Yandex and Baidu, are also search engines.

ここから見て取れるように、Google にとって、素晴しい状況である! このサーチという錬金マシンは、他の誰よりも、1人あたりのユーザーから、多額の売上をかき集めてくる。それに続く Yandex と Baidu も、検索エンジンであるが故に、このポジションを確保している。

This is why Microsoft tried so hard to make Bing a dominant search engine. It’s also part of the reason Facebook keeps flirting with search.

また、Microsoft が Bing により、検索エンジンのマーケットを、懸命になって支配しようとした理由も見えてくる。さらに言えば、Facebook が検索に惹かれている、理由の一部にもなっている。

ーーーーー

どこかで、同じようなデータを見たことがあると思ったら、昨年の12月に 「 Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしていました。 ただし、その時は、Google とソーシャル・メディアたちの比較でしたが、今回は Yandex と Baidu が入ったことで、別の視点からの分析が可能になっているように思えます。 そして Facebook ですが、最近は検索結果に紐付いた広告が掲載されるようになってきましたね。 いま、Agile_Cat の Facebook には、Intel の SSD の広告(Amazon)が出ていますが、これは昨夜の検索結果を反映したものです。 やはり、検索は強いのですね。

ーーーーー

<関連>

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
オンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?

Posted in Advertising, Google, Yandex by Agile Cat on May 16, 2014

Yandex And Google Partner To Open Up RTB Display Inventory
http://wp.me/pwo1E-7v2
Feb 26, 2014 – Ginny Marvin
http://marketingland.com/yandex-google-partner-open-rtb-display-inventory-75269

_Marketing Land

Yandex, Russia’s largest search engine, has announced a new partnership with Google that will open up display inventory to their respective advertisers. Google’s DoubleClick clients will gain access to the display ad inventory available on the Yandex Advertising Network. Likewise, Yandex advertisers will be able to enter real-time bidding auctions on the DoubleClick AdExhange.

Russia 最大の検索エンジンである Yandex だが、Googleとの新しいパートナーシップを締結し、それぞれの広告主に対して、ディスプレイ広告の枠をオープンにすると発表した。それにより、Google DoubleClick のクライアントたちは、Yandex Advertising Network 上で利用可能な、ディスプレイ広告枠にアクセスできるようになる。同様に、Yandex の広告主は、DoubleClick の AdExhange で、リアルタイムな入札オークションに参加できるようになる。

The companies say the inventory overlap is minimal. ”Google and Yandex complement each other in terms of user data, audience-targeting and bid-optimisation, with Yandex’s machine learning technology MatrixNet providing fluidity and precision to behaviour-based targeting, and Google’s cutting-edge ad display optimisation giving all market participants the best value for their money,” says the Yandex press release.

両社とも、広告枠の重複を最小限にすると述べている。「 Google と Yandex は、ユーザー・データおよび、オーディエンス・ターゲティング、入札の最適化の面において相互に補完していく。そこで用いられるのは、Yandex の機械学習テクノロジーである MatrixNet であり、振る舞いベースのターゲティングに流動性と精度を提供していく。 また、Google における最先端のディスプレイ広告により最適化が行われるため、マーケットに参加する人々は最高の経済性を得ることになる」と、Yandex はプレスリリースで述べている。

The partnership covers display ads only and does not include text-based contextual or search advertising. The partnership expands the inventory pool available in the real-time bidding (RTB) systems of both companies.

このパートナーシップが対象とするのはディスプレイ広告のみであり、テキスト・ベースのコンテキスト広告やサーチ広告は含まれない。つまり、両社の Real-Time Bidding(RTB)システムにおける広告枠が、このパートナーシップにより拡張されることになる。

In addition to being able to offer their customers bigger pools of RTB accessible inventory, both companies clearly believe it’s good business for themselves and the publishers in their networks by increasing competition and bids for popular ad spaces. As the Yandex announcement puts it, expanding the RTB-based advertising market “gives a new kick to competition and boosts the quality of advertising space – the better is the inventory, the more desirable it is for buyers, the higher bids it generates in a real-time bidding auction.”

このパート-シップにより、両社の顧客たちに対して、より大きな RTB アクセス広告枠が提供されることになる。それに加えて、人気の広告スペースにおける入札が増加することで、Yandex と Google のビジネスが拡大され、また、同ネットワーク内のパブリッシャーにも恩恵がもたらされると、両社は考えているようだ。Yandex がアナウンスメントで述べているように、RTB ベースの広告マーケットが拡大することで、「 入札における新たな競争が始まり、広告スペースの品質が向上する。 つまり、広告枠が良い状態に保たれ、RTB 入札で高値で取引され、より望ましいバイヤーに提供される」ようになるのだろう。

The companies are working on the technical implementation of the project at this point.


両社は、このプロジェクトの、ここで述べたパートにおいて、テクニカルな実装に取り組んでいる。

Related Entries

ーーーーー

TAG index日本では、あまり馴染みのない Yandex ですが、ロシアの検索エンジンとして、同国内では Google と互角に戦う強者なのです。 2014年4月の、ロシアにおける検索エンジン・トラフィックを、StatCounter から切り取ってみましたので、よろしければ ご覧ください。 その強さを感じられると思います。ちょうど、日本の Yahoo Japan や、中国の Baidu のように、Google の世界征服を阻んでいる稀有な存在なのですが、広告枠に関しては相互に乗り入れた方が効果的だと判断したようです。 この Yandex、最近では Startup という映画のモデルになったようで、だんだんと世界に知られるようになってきました。 とてもユニークな会社なので、ご興味がありましたら、Yandex カテゴリも ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!

Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ

Posted in Advertising, Research by Agile Cat on April 5, 2014

モバイルにおけるマネタイズが、新しい経済を生み出していく・・・
http://wp.me/pwo1E-7nd

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、Gunosy も戻ってきて、2月よりは良くなってという感じです。そして、ずっとマイナス続きだった Twitter が、少しだけですが持ち直しました。 人それぞれだとは思いますが、Twitter がモバイルを、どのような方向へ成長させていきたいのか、その辺りが Agile_Cat にはよく分かりません。多くのユーザーが、「Twitter のマネタイズにおける迷い」を感じているはずだと推測しています。

そして、Facebook ですが、ページからのリーチ率が、かなり絞られてきたという感じがします。あくまでも、Agile_Cat のケースですが、これまでは Like 数の 15% くらいだったものが、その半分くらいに落ちているという状況です。 その一方で、広告を買ったときに反応が(500円程度ですが)、とても大きくなって来ています。 つまり、収益性を高める方向へ、Facebook の設定が変化してきたのだと推測します。こうした背景もあってか、その広告ビジネスは、とても順調なようです

_--space15_--space14

前述の話を受けた形になりますが、3月の Top-Post はモバイル広告に関するものでした。 そして、「1位の Google と 2位の Facebook を合わせると、全体の 75% を占有している」という、とんでもない数字が紹介されていました。 また、この記事によると、2014年における Google のモバイル広告売上は、なんと $14.7 Billion まで成長するようです。 電通の 2013年度の売上が 1兆4123億円(単体)ですから、モバイルだけで同じ規模に達することが分かります。

また、2月に特集を組んだ WhatsApp や Line といったソーシャル・メッセージングが伸びたことで、キャリアのドル箱であった SMS が衰退していくと分析されています。 Google や Facebook の広告モデルと同様に、それぞれの新興ソーシャルがマネタイズの方式を工夫していますが、このモバイルという領域で勢力を持ったサービスが、新しい経済のカタチを、次々と生み出していく未来が目に浮かんできます。

_--space13

1: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
2: Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
3: Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
4: OS X 10.9.2 のアップデートは要注意:AirPlay Mirroring が NG というレポートが!

5: iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!
6: iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!

7: Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
8: Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
9: Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?

10: Dropbox に挑戦する フランスの OVH:10 TB まで 1350円という月額は 1/100 だ!

11: iOS 7.1 のダウンロードが始まった:CarPlay/Siri/iTunes などがテンコ盛りだ!

12: Gmail for iPhone が、かなり高速化されたようだ : さっそく DL してみよう!

13: Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!
14: Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:WeChat も WhatsApp も強敵だ!

15: Google Drive が大幅に値下げされた:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!

16: DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?

17: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月

18: クラウド・ストレージ選手権 2013 : Box/Dropbox/Google/SkyDrive 
19: 米国のハイテク・インターンたちは、学生でありながら年間で 750万円も稼ぐらしい

20: SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

続いて、3月の Tumblr ですが、こうして眺めてみると、自分の興味がソーシャル/モバイル/データセンター/インフラに向かっていることを、あらためて認識します。 モバイルとデータセンターの間に、このブログの主題であるクラウドがいるのですが、そばに寄って眺めるよりも、それを包み込む側から、少し距離をおいて眺めるほうが、その全体像が掴みやすいと感じています。

↓ クリックで Tumblr へ ↓

ーーーーー

image2月から、ヒマを見てはコツコツと作り始めていた、Cloud News Asia というサイトが、それなりに、カタチになり始めてきました。テーマは、アジアのクラウドであり、それをアジアの人々と共有したいという思いがあります。 その構成は、テキスト・ベースの News Index であり、とてもシンプルなものとなります。しかし、切り貼りだけとはいえ、すべてが英語というのは初めてのことなので、戸惑いながら、試行錯誤を繰り返しているという状況です :)  よろしければ、以下の URL から、ご参照ください。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

WordPress : http://cloudnewsasia.com/

Facebook:https://www.facebook.com/cloudnewsasia

Twitter: https://twitter.com/cloudnewsasia

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW
Agile_Cat:2013年 12月の マトメ : ノンビリとした師走です
Agile_Cat:2013年 11月の マトメ : Gunosy は 17k リフェラル!
Agile_Cat:2013年 10月の マトメ : 脅威の Gunosy は 25k リフェラル!
Agile_Cat:2013年 9月の マトメ : やはり Gunosy はスゴイ!

%d bloggers like this: