Agile Cat — in the cloud

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Google, Web Scale by Agile Cat on June 17, 2014

The price of being webscale: Google spent $2.35B on infrastructure in Q1
http://wp.me/pwo1E-7Ae

k Harris – APR. 17, 2014
http://gigaom.com/2014/04/17/the-price-of-being-webscale-google-spent-2-34b-on-infrastructure-in-q1/

_ Giga Om

Summary: Google continued its heavy infrastructure spending in the first quarter of 2014, to the tune of more than $2.3 billion. It’s the third consecutive quarter the company has topped $2 billion in capital expenditures.

Summary:  Google は、2014年 Q1 においても、インフラへの支出を継続し、その総額たるや $2.3 Billion に至るという。これで、同社における $2 Billion レベルの設備投資が、三回の四半期収支をまたいで連続することになる。

ーーーーー

Google announced its first-quarter earnings on Wednesday, which included — as usual the past few quarters — an unparalleled amount of spending on data centers. The company spent $2.35 billion on infrastructure in the first quarter (much of which goes to building and filling data centers), up from $2.26 billion in last year’s fourth quarter and nearly double the $1.2 billion it spent in the first quarter of 2013.

この水曜日(4/16)に、Google が 2014年 Q1 の収支を発表した。これまでの四半期終始と同様に、データセンターに対する支出が、圧倒的なものとなっている。同社は、この四半期においてインフラストラクチャに対して $2.35 Billion を費やしているのだ(その大半は、データセンターを構築/実装に当てられている)。それは、2013年 Q4 の $2.26 Billion から増額し、また、2013年 Q1 の $1.2 Billion に対して約二倍というレベルに達している。

We have been following Google’s spending for years, because it’s such a good example of how much money web companies need to spend on infrastructure if they want to achieve massive scale in terms of users, services and data. Just think about Google’s products — search, cloud computing, Maps, Drive, Gmail, Google+ and more — and consider how many servers it takes to run them and ensure there’s enough capacity to scale them, handle failures or just experiment with new stuff. Inadequate infrastructure (in terms of both hardware and software) means a poorer user experience and less room to innovate.

これまでの何年かにわたって、私たちは Google の支出を追いかけている。なぜなら、ユーザー/サービス/データという観点でスケールしようとする企業が、Web のインフラストラクチャに対して、どれだけのコストを費やすのかという意味で、絶好の事例となるからである。 Google の Search/Cloud/Maps/Drive/Gmail/Google+ などを考えてみよう。そして、さらに、それらを走らせるために必要なサーバーの量と、スケールを実現するためのキャパティティについても考えてみよう。それは、障害に対する処理や、新しいものを試すプロセスに対しても言えることだ。つまり、不適切なインフラストラクチャでは(ハードウェアとソフトウェアの両面)、ユーザー・エクスペリエンスが劣化し、イノベーションも進まないのだ。

That’s why Microsoft spends so much on infrastructure, too, and why Facebookis ramping up its spending. In Microsoft’s latest earnings report (announced on Jan. 23, for its fiscal second quarter), the company reported it spent $1.73 billion on infrastructure.

それは、Microsoft がインフラストラクチャに多額を費やし、Facebook が支出に備える理由でもある。Microsoft における直近の収支報告書では(同社の Q2 に相当する、1/23 に発表されたもの)、インフラストラクチャに $1.73 Billion を費やしたとレポートされている。

Here’s what Google Senior Vice President and Chief Financial Officer Patrick Pichette had to say on Wednesday’s earnings call, according to a transcript published by research firm Morningstar:

以下は、調査会社である Morningstar が書き起こした、水曜日の Google の 収支報告会における、Senior VP and CFO である Patrick Pichette の発言である:

As it relates to CapEx, listen, you’re right, that we – and I’ve mentioned this in the last couple of quarters, where we have – and just a reminder to everybody, right, if you think of the CapEx categories, right, data centers first and data center construction, then production equipment, then all other facilities is kind of like the hierarchy of needs. In the case of data center construction, we have found that the option value of having more capacity on standby and available to us to grow versus not having it is actually a real strategic issue for the Company.

設備投資に関連することだが、誰もが思うように、このところの四半期決算で、私たちが説明してきた通りの状況となっている。 そして、覚えているだろうが、その設備投資の区分については、データセンターの構築が最大であり、それに続くのが基本的な設備となる。 それから先は、各種のファシリティに対して、必要性に応じた支出が生じている。データセンターを構築する場合に、私たちが検討することは、キャパシティを拡大し得るだけの、オプションとしての価値である。そのような余力を持たないという選択肢もあるが、私たちにとっては、成長のための余地を持つことが、ほんとうの意味での戦略的な課題となっている。

In that sense, if for whatever reason, we had a spike in demand that was really pronounced and sustained for a couple of quarters and we did not have the capacity, it would be a real issue strategically for us relative to the quite low cost of having the infrastructure in place. So that’s why we’re really pushing ahead of the curve, and so it’s with this view of long-term. So, from that perspective, you’re also right that, that’s the mindset we’re applying. And we’ve always said that CapEx was lumpy, so you have a good manifestation of it right now right here.

その意味において、何かの理由があったのかというのなら、このところの四半期において、明確で持続性のある需要のピークが生じていたが、それに対応するだけのキャパシティを持ち得なかったということになる。それは、適材適所にインフラを配置し、きわめて低コストでの運用を実現していくという、私たちの戦略において重要な問題となる。私たちは、時代を先取りしていきたいと、真剣に考えている。 したがって、長期的な視野に立たざるをえない。その観点からすると、現時点で私たちが推し進めている考え方を、正しく理解してもらえると思う。これまでにも、何度も言及してきたが、設備投資には大きな波が生じる。 それが、いま、来ていることを分かって欲しい。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
In Q3, Big Data Meant Big Dollars October 2010
Why going “green” matters for high-performance computing October 2013

ーーーーー

たしかに、これまでも、Google における設備投資には、大きな波が周期的に生じていたように思えます。 そして、2013年には、Taiwan/Hong Kong/Singapore のデータセターが立ち上がっていますし、南米でも同じような状況だったと思います。 しかし、上記のチャートを見ると、この一年での投資額は $8 Billion(8000億円)にもなります。もちろん、データセンターへの投資が抜きん出ているのでしょうが、かなりの規模での投資が、ネットワークに対しても、密かに推し進められているのでは、と思ってしまいます。とにかく、気の遠くなるような金額ですね。 

ーーーーー

<関連>

Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: