Agile Cat — in the cloud

ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

Posted in Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on June 7, 2014

Will Netflix Speeds Improve For Verizon, AT&T Internet Customers Anytime Soon?
http://wp.me/pwo1E-7yH
By Chris Morran March 31, 2014
http://consumerist.com/2014/03/31/will-netflix-speeds-improve-for-verizon-att-internet-customers-anytime-soon/

Starting in the second half of 2013, Netflix speeds on several major Internet service providers began to sink drastically as the ISPs allowed Netflix downstream traffic to bottleneck, resulting in slow, fitful delivery to consumers who had paid Netflix for the service and the ISPs for broadband access. Earlier this year, Comcast speeds turned up out of their nosedive when the company made a profitable deal with Netflix, but what about everyone else?

2013年の下期に入ったころに始まった、Netflix のスピード・ダウンだが、そのダウン・ストリームの遅延について、それぞれの IPS が許容するにつれて、その深刻さを増している。その結果として、そのビデオ・サービスのために Netflix へと、そして、ブロードバンド・アクセスのために ISP へと、対価を支払っている消費者にとって、配信の遅延や画像の劣化という問題が生じている。そして、今年の初めに、Comcast は Netflix から、収益の分前を受け取る契約を交わし、その速度の劣化から抜けだしているが、その他の ISP は、どうするのだろう?

A recent story from ArsTechnica looks at the possible cause for a delay in a paid-peering deal between Netflix and two major SPs whose customers are currently lucky if they are able to access Netflix at all — Verizon FiOS and AT&T U-Verse.

先日の ArsTechnica の記事では、Verizon FiOS および  AT&T U-Verse と、Netflix との間における、有償ピアリング契約が遅れている原因が注目されていたが、この ISP の顧客で、まったく問題なく Netflix にアクセスできるなら、それはラッキーだと言わざるを得ない。

クリックで拡大 ⇒

As you can see from the Netflix-supplied chart above, U-Verse speeds have been sinking last September, rebounding slightly in February, but still barely watchable at below 1.7 Mbps.

Netflix が提供する、このチャートからも見て取れるように、U-Verse におけるスピードは昨年の 9月に沈み始め、2月に少しだけ反発しているが、視聴可能帯域である 1.7 Mbps には僅かに足りていない。

Verizon FiOS speeds were actually improving until the fall of 2013, when they began to drop. Then between December and January — a time period that just happens to coincide with a federal court’s gutting of the FCC’s net neutrality rules — they sank like a wily coyote with an Acme safe around his ankle, and have continued to slide.

Verizon FiOS のスピードに関しては、2013年の秋まで上昇しているが、そこから低下し始めたという現実がある。そして、年末から年始にかけて、つまり、FCC のネット・ニュートラリティの規則を、連邦裁判所の骨抜きにしたタイミングに合わせて、狡猾なコヨーテのように Acme パケットを絞り込み、その後も低下させ続けている。

It’s been reported that Netflix is in talks to make a Comcast-like deal with these two companies, one that would either put Netflix servers in the ISPs’ data centers or give it more direct access to the ISPs network. But why haven’t there been any deals made?

また、Netflix は Comcast のケースのように、この二社とも契約を交わす準備を進めているというレポートもある。その場合には、対象となる ISP のデータセンター内に Netflix のサーバーを設置するか、ISP のネットワークをダイレクトにアクセスする形になるだろう。しかし、それが進んでいないのだろうか?

The better question might be why did the Comcast deal come together when it did?

最も適切な問いは、Comcast が上手く契約できた、その要因を考えることではないだろうか?

Ars reports that Comcast had initially wanted a significant amount of money ($.01 per GB) from Netflix, but that it ultimately settled for less than that in order to get the deal done in time to help make the company’s “We’re pro-consumer” case to regulators.

Ars のレポートによると、当初 Comcast は Netflix に対して、かなりの金額($0.1/GB)を要求していたが、同社の “We’re pro-consumer” という訴えを、規制当局にアピールしていく流れの中で、それよりも少ない金額に、最終的には落ち着いたとされている。

Additionally, as part of its previous acquisition of NBC Universal, Comcast has agreed to abide by the net neutrality rules through 2018, regardless of the court’s trashing of the guidelines. While allowing the Netflix bottlenecks is not explicitly in violation of those rules, the last thing Comcast wants when it’s trying to buy Time Warner Cable is additional scrutiny from regulators.

また、それに加えて、以前に行われた NBC Universal に対する買収時に、法廷における些細なガイドラインとは関係なく、2018年まで Comcast は、ネット・ニュートラリティの規則に従うことに同意している。Netflix に対するボトルネックを許容しても、それらのルールに明示的に違反するものとはならないが、最終的に Comcast が望んだのは、Time Warner Cable を買収する際の、規制当局からの追加の監査であった。

But Verizon and AT&T aren’t in the process of trying to acquire a major competitor, so they lack that motivation to capitulate on pricing or other Netflix demands.

しかし、Verizon と AT&T は、このような大手コンペティタを買収するプロセスにないので、Netflix の言う価格や要求に、屈服する要因を持ち得ないのだ。

Likewise, neither Verizon nor AT&T have a customer base the size of Comcast, so Netflix may think it can play chicken as it can better handle losing angry FiOS and U-Verse subscribers than those companies can.

さらに言えば、Verizon も AT&T も、Comcast のようなユーザー・ベースを持っていない。したがって、Netflix は、FiOS および U-Verse と取引するよりも、それらのサブスクライバーの怒りをかわす道があると考えているのかもしれない。

One final thing to consider is that FiOS and U-Verse often exist in the few markets where there is some sort of competition for cable and Internet service, so Netflix may be banking that disgruntled subscribers may flee Verizon or AT&T for another company.

FiOS と U-Verse について、最後に考えるべきことは、ケーブル TV およびインターネットのサービスと競合する、数少ないマーケットの大半に、彼らが顔を出している点である。したがって、Netflix は、不満を持つ FiOS と U-Verse のサブスクライバーたちが、他の ISP に乗り換えるように仕向けていくだろう。

Rest assured that, barring more strenuous net neutrality rules that ban bottlenecks, these deals will be made at some point. But Netflix will go as long as it can before having to shell out hundreds of millions of dollars for the access it once enjoyed without that toll, and the ISPs are going to try to get as much for access to their pipelines as possible.

ネット・ニュートラリティの規則が、ボトルネックを禁止するよう、これまで以上に促進される一方で、こうした契約が、いくつかのケースで実現していくだろう。しかし、Netflix は、かつては無料であったアクセスのために、膨大な対価を支払うことになる前に、行けるところまで突き進むだろう。そして ISP たちは、そのパイプラインへのアクセスに関して、可能な限りの対価を得ようとしていくだろう。

ーーーーー

先日に、「 Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか? 」という抄訳をポストしましたが、このコンテントの方が先行して提供されていたようです。Verison も AT&T も、いわゆる Slow Lane の存在を否定しますが、このチャートを見ると何かが変だと、思えてきてしまいます。 その一方で、Comcast のケースのように、Fast Lane を購入するというソリューションは、ユーザーにとって良い結果をもたらすことが可能ですが、それでネットの中立性が保てるのかというと、やはり疑問が残ります。たしか、いまは、FCC がパブリック・コメントを集めている時期だったと思いますが、良い機会なので、議論を尽くして欲しいですね。

ーーーーー

<関連>

Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る

%d bloggers like this: