Agile Cat — in the cloud

2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 4, 2014

How big can Android device sales get? Think nearly 4x that of Windows in 2015
http://wp.me/pwo1E-7n4

By Kevin C. Tofel – March 27, 2014
http://gigaom.com/2014/03/27/how-big-can-android-device-sales-get-think-nearly-4x-that-of-windows-in-2015/

_ Giga Om

photo: Skakerman

Summary: Android continues to muscle its way into the overall computing device market, illustrating the continued shift from desktops to mobile. By next year, for every 1 Windows computer sold, expect 3.6 Android devices to be purchased.

Summary: Android は力強く、コンピューティング·デバイス市場を貫く道を切り拓き、デスクトップからモバイルへのシフトを例証し続けている。そして、来年までには、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況が予測される。

ーーーーー

By the end of next year, there could be nearly four times as many devices sold running on Google Android than on Microsoft Windows. That’s a staggering figure from research firm Gartner, which forecast device sales on Thursday. The company expects that of the 2.6 billion computers, tablets, and mobile phones sold in 2015, 1.3 billion of them will run Android.

2015年の末までに、Google の Android を搭載するデバイスは、Microsoft Windows に対して、約4倍の量に達するかもしれない。それは、木曜日(3/27)に、調査会社である Gartner が発表した、デバイスの販売を予測する驚異的な数字からのものである。同社は、2015年の時点で、26億台のコンピューター/タブレット/スマホが販売されるが、そのうちの 13億台を Android が占めると予測している。

That’s half of the total market for next year and I think it’s a reasonable estimate. Android accounts for the bulk of mobile phone sales around the world these days and last year it topped iOS in the tablet market too. Combine that market clout with falling traditional PC sales and it’s easy to see why Gartner’s figures are solid. It’s also easy to see how the early ripples of computing change have become big waves of a shift that are crashing down on Microsoft.

来年の段階で、マーケットの半分を占めるというのは、妥当な予測値だと、私も思う。この数年、世界で販売されるスマホの大部分を占めてきた Android だが、昨年はタブレットの市場でも iOS を追い抜いている。それと、従来からの PC が不振に陥っていることを合わせて考えれば、Gartner の示す数字が固いとする理由も見えてくる。さらに言えば、最初は小さかったコンピューティング・シフトのさざ波が、Microsoft を叩き潰すほどの大きな波になっているのも簡単に理解できる。

Of those expected 2.6 billion computing device sales, Gartner figures 379.3 million of them will run Microsoft Windows. That number includes Windows Phones, tablets running Windows as well as traditional laptops and desktops. Quickly doing the math, that means for every one Microsoft Windows device sold, 3.6 Android devices are purchased.

26億台のコンピューティング・デバイスという予測において、Microsoft Windows が占めるのは 3.793億台だと、Gartner は示している。その数字には、Windows を走らせるスマホとタブレットがけではなく、従来からのラップトップおよびデスクトップも含まれる。大雑把に計算すると、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況である。

Looking at 2013′s device sales puts that in perspective and further illustrates the shift towards mobile. Last year, Gartner says 325.1 million Windows devices were sold, so Microsoft isn’t expected to see much market share growth through 2015. Android will, however, as it ran on 879.8 million devices last year. It doesn’t take a rocket scientist to see the trend here, as well as to further suggest that Microsoft has missed much of the mobile transition of late.

2013年におけるデバイスの販売量を視野に入れると、さらなるモバイル・シフトが示されてくる。Gartner が言うには、昨年の Microsoft は 3.251億台の Windows デバイスを販売しており、そのシェアが 2015年までに伸びることはないようだ。しかし、昨年の段階で Android は、8.798億台のデバイスをドライブしている。その軌道を確認するのにロケット・サイエンティストは不要であり、さらに言えば、Microsoft のモバイル・シフトは遅すぎたとなる。

Still, there are many valid reasons for consumers and businesses to keep buying and using Windows devices; they’re not going away any time soon.

とは言え、Windows デバイスを購入して使用し続けるという、消費者と企業にも、数多くの妥当な理由がある。 つまり、彼らが、すぐに離れていくわけでもない。

But it looks like the long term trend is playing out how I suggested in 2012 when I said the “PC” you buy in three years won’t likely be a traditional desktop or laptop (Gigaom Research subscription required). More computing tasks are filtering down to phones and tablets that don’t require a traditional desktop software platform, which opens up the door for alternatives such as Android and iOS now and Chrome in the future.

しかし、長期的なトレンドに目を移すと、2012年の時点で予測した、これからの 3年間に販売される「PC」は、従来のデスクトップやラップトップではなくなるという、私の考えどおりに事態は展開している(GigaOm Research はサブスクリプションが必要)。 つまり、数多くのコンピューティング・タスクは、スマホやタブレットで実行できるようにフィルタリングされ、従来からのデスクトップ·ソフトウェア·プラットフォームを必要としていないのだ。そのような状況が、いまの Android や iOS に対して、そして、将来の Chrome OS に対して、新たなドアを開いている。

Related research

Noteworthy news in mobile from the fourth quarter 2012 January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile January 2013
The 2013 task management tools market January 2013

ーーーーー

image昨年の衝撃のチャートと言えるのが、7月19日の「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳におけるものです。このときで、Android と iOS の連合軍は、Windows に対してダブル・スコアという状況でしたが、それから 9ヶ月の間に Android が大きく伸びて、このような大差につながっています。 9インチ以下のデバイスに関しては、Windows がライセンス・フリーになるようですが、そうせざるを得ない背景が、このポストから読み取れますね。ただし、Microsoft が Android デバイスに課する特許料が、依然として売上をもたらしているようです。 したがって、Windows よりも Android が搭載される方が、Microsoft は儲かるという、奇妙な状況にあるのだと推測できます。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: