Agile Cat — in the cloud

わっつ WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる

Posted in .Selected, Facebook, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 23, 2014

Facebook Buying WhatsApp for $19 Billion: Yup, It’s a Deal of Historic Proportions
http://wp.me/pwo1E-7eP
Remember when $1 billion seemed like a lot of money for a hot app?
By Harry McCrackenFeb. 19, 2014
http://techland.time.com/2014/02/19/facebook-buying-whatsapp/

_ Time Tech

Facebook is buying WhatsApp, the wildly popular communications app for smartphones that has 450 million users a month. The price it’s paying is $19 billion: $12 billion in Facebook stock, $4 billion in cash and $3 billion in restricted stock units. Even in an era of stunning prices for hot startups, that’s a stunner. (Was it really less than two years ago that the $1 billion Facebook paid for Instagram sounded like an epic price?)

Facebook が買収する WhatsApp とは、450 Million/月というユーザー数を持つ、大人気のコミュニケーション・スマホ・アプリのことである。この買収における対価は、総額で $19 Billion であるが、その内訳は、Facebook の株式で $12 Billionと、キャッシュで $12 Billion、そして、制限付きの株式で $3 Billion というものである。たとえ、ホットなスタートアップが魅力的な資金を手にする時代とはいえ、この買収額は、大きな衝撃をもたらしている。(実際のところ、2年ほど前に Facebook が Instagram に支払った $1 Billion は、叙情詩のような響きを持っていなかったか?)

This is by far the biggest tech-related deal since AOL agreed to buy Time Warner in 2000 for $160 billion — a deal that was far more epic, but which involved venerable, highly profitable assets such as TV networks, movie studios, cable-TV systems and (*cough cough*) magazines rather than one really popular app.

それ以上の叙情詩としては、2000年の AOL による Time Warner の買収があり、$160 Billion という、はるかに規模の大きなハイテク関連の取引が行われている。しかし、その契約には、TV ネットワークや、映画スタジオ、CATV システム、そして、単なるアプリより由緒のある雑誌(笑)といった、収益性の高い資産が含まれていた。

WhatsApp was formed in 2009 and is profitable, even though it spurns advertising: After the first year, it charges users a service fee of 99 cents a year. It’s already been disrupting the test-messaging business, historically a cash cow for wireless carriers. But what Facebook is buying is the potential WhatsApp  has to grow even further, until it matches or exceeds Facebook’s own scale and impact. (Facebook says it’s going to leave WhatsApp’s brand and management alone, much as it’s done with Instagram.)

2009年に設立された WhatsApp は、広告を拒否しているにもかかわらず、高い収益性を確保している。 つまり、最初の年から同サービスは、ユーザーに対して 99セント/年のサービス料を請求していたのだ。ワイヤレス・キャリアの歴史において、ドル箱であったテスト·メッセージングの事業は、すでに崩壊の途にあるのだ。そして、Facebook が買ったものは、自身の規模や影響力を同じレベルまで、あるいは、それ以上のレベルまで成長していく、WhatsApp のポテンシャルなのだ。(Facebook は、Instagram の場合と同様に、WhatsApp のブランドやマネージメントについても、その独立性を約束すると発言している)

If you try to compare this acquisition with other big acquisitions of tech startups, you quickly realize that in terms of scale, there really is no comparison. Here’s an incomplete list of other deals north of $1 billion made over the past 15 years, mostly involving the purchasing of a startup superstar by a large, well-established tech company.  None of them reach the total of $19 billion that WhatsApp is getting, and the one that comes closest — HP’s acquisition of EDS — involved an acquisition of a company that was making around $22 billion a year in revenue.

ハイテク・スタートアップにおける他の大型買収と、今回の件を比較するなら、そのスケールという観点で、比類の無いものであることが、直ちに認識できる。以下のチャートは完全なものとは言えないが、充分な実績と規模を持ったハイテク企業による、$1 Billion 以上の買収劇を、過去 15年に渡って比較するものであり、その中には、スーパースター・スタートアップの買収も含まれる。WhatsApp が得た $19 Billion というキャッシュに、肩を並べるものは何処にもいないが、最も近いものとなると、HP による EDS の買収が挙げられる。 ただし、その当時の EDS は、年間で $22 Billion という売上を得ていたのだ。

Just scanning this list is sobering: While there are some acquisitions in there that look like steals in retrospect (such as YouTube), it’s possible that the majority were lousy ideas, at least at the price paid. (In some instances that was even pretty obvious when the deal was done.) In this case, Facebook owning WhatsApp makes a world of sense. Just as important, so does Facebook preventing some other big Silicon Valley company from snapping it up. So the big question involves that doozy of a price tag — and it may be years before we know for sure whether it was a sound investment.

ただ、ありのままでに、このリストを眺めるのみだ。振り返ってみると、いくつかのクールに進められた買収があったが(YouTube など)、その大多数は、支払った対価に対して、アイデアが付いて行かなかったという可能性がある。(いくつかのケースでは、取引が締結された段階で、それが明白だった事例もある)今回の、Facebook による WhatsApp の所有は、感覚の世界の出来事になる。そして、まさに重要なのは、Silicon Valley における、いくつかの大手企業が、WhatsApp を拾い上げることを阻止したところにある。したがって、この途轍もいない買収額は、大きな論点を含んでいる。 そして、それが健全な投資なのかどうかを知るまでには、数年を要するだろう。

ーーーーー

_ WhatsApp今週は、<わっつ WhatsApp> という名前で、久々の連載をやってみます。 たしかに、WhatsApp はスゴイ勢いで成長していますが、1兆 9000億円 に相当する買収額というのが、どれほど図抜けたものなのかを、このポストで確認してもらえればと思っています。そして、次回ですが、これだけ出したからには、さっさと 10億ユーザーに、Facebook としては到達して欲しいはずですが、その時期を推測するという、ポストの予定です。 お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: