Agile Cat — in the cloud

わっつ WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Posted in Facebook, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 28, 2014

Facebook’s $19 billion WhatsApp bet explained in two simple charts
http://wp.me/pwo1E-7gr

By John McDuling – February 20, 2014
http://qz.com/179154/facebook-whatsapp-bet-explained-in-two-simple-charts/

Quartz

Facebook’s astonishing $19 billion splurge on WhatsApp is the biggest acquisition of a venture-capital-backed company ever, and the largest internet deal since Time Warner merged with AOL in 2001 (and that didn’t turn out well).

Facebook が WhatsApp に注ぎ込んだ、$19 Billion という驚異的な散財は、ベンチャー・キャピタルに支援される企業の範囲で括ると、これまでにおける最大の買収となる。そして、インターネット企業の買収という視点では、2001年に行われた、AOL による Time Warner の合併以来のものとなる(その結果は失敗であった)。

But there looks to be a method to Mark Zuckerberg’s madness. So called “over-the-top” messaging services (where text messages are sent using data rather than carriers’ SMS systems) are surging in popularity, thanks mainly to WhatsApp. According to Analysys Mason, a wireless research firm, such apps are now used by more than half of all smartphone users globally, with WhatsApp dominating the market with a 45% share of its market.

クリックで拡大 ⇒

しかし、Mark Zuckerberg の狂気にも、勝算があるように思えてくる。いわゆる、Over The Top のメッセージング・サービスが (このテキスト・メッセージは、キャリアの SMS システムではなく、データ用いて送受信される)、主として WhatsApp のおかげで、急激に人気を集め始めているのだ。 ワイヤレス調査会社である Analysys Mason によると、現時点におけるワールドワイド・マーケットにおいて、このようなアプリが、半数以上のスマホ・ユーザーに使用されており、そのうちの 45% のシェアを、WhatsApp が押さえていることになる。 

The number of mobile messages sent over the internet rather than SMS surpassed 10 trillion last year. And the volume is expected to double again this year, reaching nearly 37.8 trillion messages by 2018 (labeled in the chart below as “OTT IP messaging.”)

SMS ではなく、インターネットを介して送信されたモバイル・メッセージの数は、昨年の時点で 10兆を超えている。そして、その数は今年も倍増し、2018年までには、約 37.8兆に達すると予想されている。(このチャートでは、OTT IP messaging とラベル付けされている)

クリックで拡大 ⇒

Not only is WhatsApp the undisputed leader in this area, with a base of 450 million users, its users are generally younger than Facebook’s, Analysys Mason says. (Internet companies are always looking for ways to attract young adults, in the hope that they remain loyal users over time.)

この分野で、4.5 億人ユーザー・ベースを持つ WhatsApp は、誰もが認めるリーダーというだけではなく、Facebook と比べて若いユーザー層で構成されていると、Analysys Mason は述べている。( 一般的に見て、インターネット企業は、若年層を引き込むための方式を模索しているが、その理由は、彼らが成長するにつれて、ロイヤリティを発揮してくれると期待しているからだ)

Facebook has already identified mobile as a central driver of its growth going forward. The WhatsApp deal is a logical way to try to turbocharge that.

すでに Facebook は、その成長を牽引するものとして、モバイルに中心的な役割を期待している。 そして、WhatsAppとの契約は、その考え方を、さらに加速させていく上で、論理的な手法となる。

ーーーーー

_ WhatsAppOver The Top(OTT)メッセージング・サービスというのは、なかなか上手い表現ですね。そして、昨年の SMS が 6兆メッセージだったのに対して、WhatsApp/Line/Skype などの連合軍は 10兆メッセージも生成しているようです。さらに、2018年には、OTT は 37.8兆メッセージを生成するという、凄まじい予測値が提供されています。 昨日ですが、Softbank による Line の株式取得はあり得ないというコメントが、Line 側から発信されていましたが、アジア(中国と韓国を除く)を制覇しかかっている Line が、強気な理由も、この辺りにあるのだと推測できます。 ・・・ というわけで、連載<わっつ WhatsApp>も、今日で終了です。 この、超弩級買収劇により、いろいろなことが分かって良かったです :) __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on February 27, 2014

The first smartphone powered end-to-end by Qualcomm will debut this year
http://wp.me/pwo1E-7gk

By Kevin Fitchard – Feb 6, 2014
http://gigaom.com/2014/02/06/the-first-smartphone-powered-end-to-end-by-qualcomm-will-debut-this-year/

_ Giga Om

Summary: Qualcomm is on a mission to dominate the guts of our smartphones, and this year it will get one step closer as the first smartphone debuts using Qualcomm components from the antenna to the processor.

Summary: Qualcomm のミッションは、私たちのスマートフォンの核心を支配することにある。 そして、アンテナからプロセッサに至るまで Qualcomm のコンポーネントを用いた、初のスマートフォン・デビューへと、今年は一歩近づくようだ。

ーーーーー

Qualcomm dominates the smartphone silicon space so thoroughly that its hard to imagine there’s a component in a phone’s communication system that it doesn’t design. It leads the market in both the processors that run our phone apps and the baseband chips that interpret wireless signals. But if Qualcomm has it its way it will one day be supplying every communication component in the phone, from the base of the antenna to the multimedia engine.

スマートフォン・シリコン・スペースを、Qualcomm は完全に支配しており、そのコンポーネントを用いてデザインされない、スマートフォンの通信システムが存在すると、想像するのは困難なほどである。それらは、スマートフォンのアプリを駆動するプロセッサと、ワイヤレス信号を解釈するベースバンド・チップの双方で、このマーケットをリードしている。しかし、もし Qualcomm がその気になるなら、アンテナのベースからマルチメディアのエンジンに至るまでの、フォン内の全通信コンポーネントを、1日で供給できるだろう。

Until recently Qualcomm was a non-factor when it came to the myriad of radio frequency (RF) components that reside between the baseband and the antenna. That part of the phone has always been the playground of specialty companies like RF Micro Devices, Avago Technologies and Skyworks.

最近まで、Qualcomm の領域ではなかったが、ベースバンドとアンテナとの間に存在する、広範囲におよぶ無線周波数(RF)コンポーネントに、同社は参入してきている。 このスマートフォンにおける領域は、RF Micro DevicesAvago TechnologiesSkyworks といった特定の企業が、常に活躍する場として存在していたのだ。

Last February, though, Qualcomm signaled its intentions of treading deep into their turf with a new product called the RF360. Qualcomm’s claim was it could build a better set of RF technologies in the phone, one that consumes less power, takes up less space and, most importantly, supports the rapidly proliferating number of LTE bands used throughout the world.

しかし、昨年の 2月に Qualcomm は、RF360 と呼ばれる新しいプロダクトにより、その芝生を深々と削り取っていくという意図を示した。Qualcomm の主張は、それにより RF テクノロジーの、より優れたセットで、スマートフォンを構築できるというものであった。まず、消費電力が少なくなり、より少ないスペースに収まるという話であるが、最も重要なのは、世界中で使用され、急速に増殖している、各 LTE の帯域をサポートできるという論旨である。

Qualcomm’s quest toward phone domination has been slow going so far. The RF360 is actually a collection of four different components, each with a specialized task, and so far Qualcomm has only landed design wins for two of them. The Google Nexus 5 and the Samsung Galaxy Note 3 both use RF360’s envelope tracker, which cuts down on the power a phone needs to connect to a tower. Nokia is using Qualcomm’s antenna tuner in the new Lumia 1520.

Qualcomm における、スマートフォンのマーケットを支配しようとする歩みは、遅いながらも、これまで続いている。この RF360 は、4種類のコンポーネントのコレクションであり、それぞれが、それぞれのタスクを受け持っている。 これまでの Qualcomm は、その内の 2つの領域でしか、勝利を納めていなかったのだ。そして、Google の Nexus 5  と、Samsung の Galaxy Note 3 が、RF360 の Envelope Tracker を使用し、ワイヤレス接続で消費される電力を見定めようとしている。その一方で、Nokia の最新機種である Lumia 1520 でも、Qualcomm の Antenna Tuner が採用されている。

But according to Cristiano Amon, EVP and co-president of Qualcomm Technologies, the heart of the RF360 is a component called the RF Pop, a 3D circuit that can support up to 40 different 2G, 3G and LTE bands when paired with one of Qualcomm’s baseband chips. That RF Pop — along with the fourth component, a power amplifier — will make it into commercial handsets this year, Amon said. And by the end of the year, the first smartphone using Qualcomm technologies front-to-back will make its commercial debut, he said.

しかし、Cualcomm Technologies の EVP & Co-President である Cristiano Amon によると、RF360 の心臓部分はは、RF Pop と呼ばれる 3D 回路コンポーネントであり、Qualcomm ベースバンド・チップの 1つと組み合わせることで、40種類にもおよぶ 2G/3G/LTE バンドをサポートできるという。この、4番目のコンポーネントとして組み合わされ、パワーを増幅していく PF Pop は、年内には、商業スマートフォンに導入されると、Amon は述べている。そして、今年の年末までには、すべてに Qualcomm テクノロジーを用いた最初のスマートフォンは、コマーシャル・デビューをするだろうと、彼は続けている。

Cristiano Amon

Will that phone be a truly global phone? Not quite. Just because the RF360 can support 40 bands doesn’t mean it will support them all at once. But Amon said that device makers who use the RF360 will get a lot closer to that holy grail of a single phone that can work in every region of the world.

そのスマート・フォンは、ほんとうの意味でグローバル・フォンになり得るのか? その答えは、完全ではない、となる。RF360 が、40種類の帯域をサポートできるからといって、それがすべてが、一度にサポートされるわけではない。しかし、RF360 を採用するデバイス・メーカーは、世界の全地域で動作する、まるで聖杯のようなスマートフォンに、大きく近づくと、Amon は発言している。

Amon is hoping Qualcomm can cut the number of separate variants a vendor has to produce by a third if not half. For a device maker like Apple that means it could reduce the number of iPhone variants it produces from five to just two or three. And as Qualcomm improves its technology it hopes to eventually achieve that goal of a single global phone, Amon said.

Amon の考えは、ベンダーが生産しなければならない、派生物の数を削減することであり、その半分とまでは言わなくても、Qualcomm が支援することで 1/3 だけでも減らしたいというものだ。つまり、Apple のようなデバイス・メーカーは、その変種を、5種類から、2〜3種類に削減できることを意味する。

そして、Qualcomm におけるテクノロジーが進化するにつれて、グローバル・フォンという目標が、最終的には達成されるようにしたいと、Amon は述べている。

Of course, Qualcomm isn’t the only one working on these technologies. The traditional RF component makers, along with specialty vendors like Nujira and Quantance, all have their own envelope trackers and multi-band RF technologies either on the market or in the works. Peregrine Semiconductor this week unveiled an RF front end technology that it claims will let a single phone connect to more than 40 LTE bands.

もちろん、Qualcomm だけが、それらのテクノロジーに取り組んでいる、唯一の企業というわけではない。NujiraQuantance といった専業ベンダーと協調してきた、従来からの全 RF コンポーネント・メーカーたちが、自身の Envelope Tracker を持ち、また、マルチバンド RF テクノロジーを開発/商用化しようとしている。そして、今週のことだが、Peregrine Semiconductor が RF Front-End テクノロジーを発表した。 それは、単一のフォン接続により、40 種類以上の LTE 帯域に接続できると、主張するものである。

Related research

The rebirth of hardware demands new definition of design October 2013
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience January 2013

ーーーーー

image141Qualcomm は強力ですね。 この記事は、All Qualcomm チップのスマホが作れますという流れですが、裏を返せば、Qualcomm ブランドのスマホも可能ということです。実際に、$350 だった Toq smartwatch を、$250 に値下げしていて、ひょっとするとウェアラブル市場で、それなりのシェアを取る可能性も出てきています。 それとは別の話ですがChromecast を製造しているのは Marvell ですし、こうしたチップ・メーカーが大挙して、デバイス市場に参入し始めているのです。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
MWC 2014 速報 : IntoMobile 版 ニュース・インデックス

わっつ WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる

Posted in Facebook, Line, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 27, 2014

WhatsApp, Texting Apps Will Drain $33 Billion From Telecoms This Year
http://wp.me/pwo1E-7g2

By Todd Wasserman – Feb 21, 2014
http://mashable.com/2014/02/21/whatsapp-texting-telecoms/

_ Mashable

Facebook sees WhatsApp as the future of communication. Telecoms view it another way: as a menace that is extracting revenues.

Facebook は WhatsApp を、未来のコミュニケーション手段として見ている。しかし、テレコムたちの視点は異なる。 つまり、収益を吸い上げていく脅威として、それを見ている。

Telecoms have typically charged users for texting plans, especially outside the United States. WhatsApp or one of its many competitors, including Line, WeChat, Apple’s iMessage and BlackBerry’s BBM, will deprive the carriers of such revenues to the tune of $32.5 billion this year, according to researcher Ovum. By 2016, Ovum predicts that figure will jump to $54 billion.

テレコムたちは、とりわけアメリカ国外で、テキスト・メッセージのプランをユーザーに提供し、そこに課金するのが一般である。Ovum のリサーチャーによると、その一方で、WhatsApp および、そのコンペティタである Line/WeChat/Apple IMessage/BlackBerry BBM などが、今年は $32.5 Billion に相当する売上を、キャリアたちから奪っていくとされる。そして Ovum は、この数字が 2016年までに、$54 Billion まで跳ね上がると予測している。

Image: Mashable
Will Fenstermaker

U.S. carriers often throw in unlimited texting with their data plans. Abroad, it’s a different story. Since carriers charge for texting, adoption of such work-around apps has risen dramatically. For wireless telecoms, it’s a repeat of the growth of Skype in the 2000s, another workaround that deflated revenues charged for international calls.

多くの場合、アメリカのキャリアは、それらのデータ・プランに無制限のテキスト・メッセージを付けている。しかし海外では、それは別の話となる。つまり、キャリアたちがテキスト・メッセージに課金しているため、それらのバイパス・アプリの利用が、劇的に上昇しているのである。ワイヤレス・テレコムたちにとっては、2000年代に国際電話の収益を圧縮させた、Skype の成長の再来である。

Texting has been a lucrative sideline for telecoms. It costs little to provide the service, so the revenues are almost all profit. Analysts estimate global annual revenues for texting reach $100 billion.

テキスト・メッセージはテレコムたちにとって、利益の得られるサイド・ビジネスとなっている。 そして、このサービスを提供するためのコストは小さく、その売上の大半が利益となる。アナリストたちは、テキスト・メッセージに関するグローバルでの年間売上が、$100 Billion に達すると推定している。

Roger Entner, an analyst with Recon Analytics, noted that 2012 was the first year that carrier-based messaging declined in the U.S. Entner attributed that largely to Apple’s iMessage, which provided free messaging to other iPhones, cutting out the phone companies. Entner says U.S. telecoms were smart to start bundling messaging into their service plans, thus hiding the charges. "They were concerned they’d get disintermediated, so they bundled and it worked," he says.

Recon Analytics に所属する Roger Entner は、アメリカにおけるキャリア・ベースのメッセージングが、2012年から減少し始めていると、指摘している。 そして、Entner は、iPhone 上で無料のメッセージングを提供する Apple の IMessage が、キャリアの収益を切り崩す最大の要因だったとしている。アメリカのキャリアたちは、そのサービス・プランにメッセージングを最初からバンドリングするという、つまり、費用を隠してしまうというスマートな対応をしていたと、Entner は述べている。「 彼らは、中抜きされてしまうことを心配していたので、それらをバンドルし、そのまま機能するようにした」と、彼は言う。

The one factor working in the telecoms’ favor is the closed nature of such apps. To send a text via WhatsApp, the recipient must also have the app. This hasn’t stopped WhatsApp from attracting some 430 million users, but it has also attracted competitors. With so many apps on the market, some consumers might conclude that it’s easier to stick with their telecom, even if it’s a bit more expensive.

そして、テレコムたちにとって、有利に働いていた要因として、このようなアプリの閉鎖性が挙げられる。つまり、WhatsApp 経由でテキストを送信するには、このアプリを、相手となる受信者が持っている必要がある。しかし、4.3億人のユーザーを集めてしまった WhatsApp を、それで止めることは、もはや不可能だ。 そして、さらに、他のコンペティタたちが群がる状況を作り出している。マーケットで提供される多様なアプリを使用すれば、一定のコンシューマたちは、それが少し高価だとしても、テレコムに縛られるよりも面倒がないと結論づけるだろう。

See also: Steve Case on 10 Lessons We Can Learn From WhatsApp

ーーーーー

_ WhatsAppテキスト・メッセージのグローバル年間売上が、$100 Billion に達するというのは、ちょっとした驚きですね。 大まかなところで、Microsoft の年商くらい有るのでしょうか? そして、その 1/3 を、WhatsApp/Line/iMessage/BBM などが奪い取っているという構図なのですね。 Softbank が Line を買収したいらしいですが、奪い取られる側から、奪い取り側に乗り換えられるなら、それは、そうしたいですよね。 そして、メールの利用頻度が、コンシューマだけではなく、エンタープライズでも、どんどんと減っていくのでしょうね。 先日に、Facebook がメール・サービスを廃止するというニュースが流れていましたが、そういう時代になってきた証なのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 26, 2014

AMS-IX Opens Internet Exchange in the New York Market
http://wp.me/pwo1E-7fD

November 6th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/11/06/ams-ix-opens-internet-exchange-in-the-new-york-market/

_ DC Knowledge

The European Internet exchanges keep coming. The latest provider to enter the US market in AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) today announced plans to create an exchange spanning four data centers in New York and New Jersey. The move reflects growing momentum for Open-IX, the movement to spread the European model for exchanging traffic between major networks.

Europe  のインターネットエクスチェンジがやってくる。 最近になって、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)の米国市場に参入することになった、このプロバイダーだが、本日、New York と New Jersey に展開される 4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画を発表した。この動きは、主要ネットワーク間のトラフィックを交換するために、ヨーロッパモデルを広めるという、Open-IX ムーブメントの勢いを反映したものとなる。

An aerial view of the DuPont Fabros NJ1 data center in Piscataway, New Jersey, which will be one of the sites for a new Internet Exchange from AMS-IX. (Photo: DuPont Fabros Technology.)

AMS-IX USA Inc. has struck deals with Digital Realty, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson in the New York/New Jersey area to build and operate a distributed Internet Exchange, named AMS-IX New York.

AMS-IX USA Inc は、AMS-IX New York という名前の分散インターネットエクスチェンジを構築運用するために、New Jersy エリアにおける Digital Reallity および、DuPont Fabor Technology、Sabey Data Center、325 Hudson などと契約を結んでいる。

AMS-IX says it will also deploy new Open-IX exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which will go live in the first and second quarter of 2014, respectively. This new business initiative is a response to the certification process by the Open-IX Association for the setup of neutral and distributed Internet Exchanges in the United States.

AMS-IX が言うには、Chicago と Silicon Valley にも、新しい Open IX エクスチェンジがディプロイされ、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するらしい。この新しいビジネス·イニシアチブは、アメリカ市場において、中立を維持する分散型インターネットエクスチェンジを構築するための、Open IX Association によるサーティフィケーション・プロセスに責任を持つ。

Surge of Entrants from Europe

This makes AMS-IX the third major European exchange operator to enter the US market this year. The London Internet Exchange (LINX) is launching the LINX NoVa exchange across three sites in northern Virginia, while Frankfurt-based DE-CIX is setting up an exchange in the New York market.

今回の AMS-IX による進出は、アメリカ市場に参入する主要ヨーロッパ・エクスチェンジとして、今年に入ってから三度目の出来事となる。London Internet Exchange(LINX)は、Virginia 北部の 3つのサイト連携する、LINX Nova エクスチェンジを立ち上げている。その一方で、Frankfurt ベースの DE-CIX は、New York 市場におけるエクスチェンジを立ち上げている最中だ。

The recent rise of the Open-IX movement has reinvigorated efforts to bring the European approach to exchanges to the US market. In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model has struggled to establish itself in the U.S., where peering has been focused on commercial exchanges, especially thoses operated by Equinix. The Open-IX framework is emphasizing a neutral governance model and the technical compliance of any participating data center providers.

このところの Open IX ムーブメントの盛り上がりは、アメリカ市場のエクスチェンジに対して、ヨーロッパのアプローチを持ち込もうとする展開を、さらに活発にしている。このヨーロッパ相互接続モデルにおいては、インターネット・トラフィック・エクスチェンジの管理が、インフラをホスティングするコロケーション·プロバイダーではなく、そこへの参加者により行われている。アメリカ市場において、このモデルがポジションを確立するのに苦労しているのは、ピアリングが商用エクスチェンジに集約され、さらに言えば、それらが Equinix により運営されているからである。Open IX フレームワークは、中立的なガバナンス·モデルを大切にし、また、そこに参加する、あらゆるデータセンター·プロバイダーによる、テクニカル・コンプライアンスを重視しているのだ。

The new AMS-IX exchange will be spread across three data centers in Manhattan and one in central New Jersey:

この新しい AMS-IX エクスチェンジは、Manhattan における 3つにデータセンターと、New Jersey のセントラルデータセンターに分散される。

  • Digital Realty Trust, 111 8th Avenue, New York
  • DuPont Fabros Technology, Piscataway, NJ
  • 325 Hudson Street, New York
  • Sabey Data Centers, Intergate.Manhattan (375 Pearl Street) in New York

AMS-IX said it could add more locations in the New York market if it sees market demand and interest from other data center providers. In Amsterdam, the AMS-IX exchange platform is distributed across 12 different data centers serving more than 600 IP networks from around the globe. Established in the early 1990s, AMS-IX has a traffic peak of around 2.5 terabits per second.

AMS-IX が言うには、マーケットにおける需要と、他のデータセンター·プロバイダーからの関心が見いだせるなら、より多くのロケーションを、New York 市場に追加していくようだ。 Amsterdam において、AMS-IX エクスチェンジ・プラットフォームは、12 ヶ所のデータセンターに分散され、世界と連携する 600 以上の IP ネットワーク・サービスを提供している。 1990年代の初頭に設立された AMS-IX は、毎秒約 2.5 Tera Bit のピーク・トラフィックを有する。

“The opportunity to start neutral, distributed Internet Exchanges in the US with the endorsement of the Open-IX community fits our strategy of building Internet Exchanges in connectivity hub locations around the world,” said Job Witteman, Chief Executive Officer of AMS-IX. “We believe the model will bring the North American IP interconnection market tremendous value by decreasing complexity as well as the associated costs. AMS-IX is committed to bringing about this market transformation, and is pleased to have found initial partners in two major market participants Digital Realty and DuPont Fabros Technology.”

「 Open-IX コミュニティ に承認された分散型の Internet Exchanges を、アメリカにおいて中立を維持しながら運営していくチャンスは、世界にまたがる接続ハブに適したロケーションで、Internet Exchanges を構築していくという、私たちの戦略に適合している。このモデルにより、複雑さが低減されるだけではなく、関連するコストが圧縮されることで、North American IP インターコネクションに莫大な価値をもたらされると、私たちは確信している。AMS-IX は、このマーケットに変革をもたらすことを約束し、また、Digital Realty と DuPont Fabros Technology という、2つの初期のパートナーを迎え入れられたことを喜んでいる」と、AMS-IX の Chief Executive Office である Job Witteman は述べている。

“We are pleased to be collaborating with AMS-IX on this important initiative,” said Michael Foust, Chief Executive Officer at Digital Realty (DLR). “By helping establish a truly open Internet Exchange environment, we are supporting the Open-IX community’s desire for neutral exchanges that are more efficient and cost-effective than those available today. The end result for our customers will be access to enhanced interconnectivity and Internet peering capabilities.”

「 私たちは、この重要なイニシアチブにおいて、AMS-IX とコラボレートできることを喜んでいる。真にオープンな Internet Exchange 環境の立ち上げを支援することで、現時点で利用できるものよりも、さらに効率と費用対効果に優れる、中立的なエクスチェンジを望む Open IX コミュニティを支援することになる。そして、強化された相互接続性とインターネット・ピアリング機能へのアクセスが、私たちの顧客にとっての最終的な結果となる」と、 Digital Realty の Chief Executive Office である Michael Foust は述べている。

Customer Benefit Seen

“Building upon our carrier-neutrality principle, we are glad to support the Open-IX Association and encourage the deployment of the AMS-IX New York Internet Exchange in our Piscataway NJ1 data center,” said Hossein Fateh, President and Chief Executive officer of DuPont Fabros Technology (DFT). The AMS-IX Internet Exchange at NJ1 will complement the network providers and the New York Stock Exchange currently providing connectivity services to our customers. We expect our customers to benefit from this open Peering and Interconnectivity environment.”

「 キャリアに対して中立で臨むという、私たちの原則を確立するために、喜んで Open-IX Association を支援していく。 そして、私たちの Piscataway NJ1 データセンター内への、AMS-IX New York Internet Exchange のディプロイメントを推進していく。 NJ1 における AMS-IX Internet Exchange は、私たちの顧客に対して、現時点でサービスを提供している、ネットワーク・プロバイダー や  New York Stock Exchange を補完するものとなる。私たちは、このオープンな Peering と Interconnectivity の環境から、顧客たちが恩恵を被ることを期待している」と、DuPont Fabros Technology の President and Chief Executive Office である Hossein Fateh は述べている。

“We are very happy to partner with AMS-IX New York on this important market-changing initiative. Offering more choice in the New York City market to carriers and customers is good for everyone,” added John Sabey, President of Sabey Data Centers.

「 私たちは、マーケットを変えていこうとする、この重要なイニシアティブを確立するために、喜んで AMS-IX New York と提携していく。キャリアとカスタマのための選択肢が、New York City マーケットで増えることは、誰にとっても素晴らしいことだ」と、Sabey Data Centers の President である John Sabey は述べている。

AMS-IX New York is currently accepting orders in the 111 8th Digital Realty facility, where it says it is ready to provision customer ports.

現時点において AMS-IX New York は、すでにカスタマーにポートを提供する準備を整えている、111 8th の Digital Realty ファシリティでオーダーを受け付けている。

“With our experience of building and managing Internet Exchanges in Europe, Asia, the Caribbean and East Africa we have a blueprint for rolling out new exchange platforms,” Henk Steenman, Chief Technical Officer of AMS-IX. “All of the configurations, management and monitoring systems are pre-defined and ready for deployment. The main priority is to extend the organization, the team and to deploy the equipment and local Dark Fiber between the several data centers, as well as with other companies that are willing to partner with AMS-IX, and are Open-IX certified and commercially feasible.”

「 Europe/Asia/Caribbean/East Africa などで、いくつかの Internet Exchange を確率/運用してきた経験により、新しい Exchange プラットフォームを展開するための青写真を手にしている。すべての、コンフィグレーション/マネージメント/モニタリングのためのシステムが、すでに定義され、また、デプロイメントの準備も整っている。そして、優先されるべき事柄は、この環境をディプロイするための組織とチームを拡張し、いくつかのデータセンター間に、ローカルな Dark Fiber を展開していくことである。 それに加えて、AMS-IX との提携を望む企業と連携し、Open-IX サーティフィケーションを推進し、商業的な可能性を具体化していくことになる」と、AMS-IX の Chief Technical Officer である Henk Steenman は述べている。

RELATED POSTS:

German Internet Exchange DE-CIX Enters NY Market
Open Internet Exchange Movement Organizing
London Internet Exchange Enters U.S. Market With EvoSwitch in Virginia
Digital Realty Launching Open Internet Exchange Initiative
CoreSite Connects With Amsterdam’s AMS-IX

ーーーーー

10月に相次いで発表された、London Internet Exchange (LINX) の Virginia 進出に続いて、11月には AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)のアメリカ市場進出が発表されました。 それが展開されるリージョンは、New York と New Jersey であり、4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画です。そして、本文では触れていませんが、このファシリティは NetFlix にも採用されたようです。昨日の Wireless Wire に「米でネットワーク中立性に赤信号 – ネットフリックス、コムキャストへの支払いに合意」という記事が掲載されていましたが、この Open IX をめぐる動向と、ひょっとすると絡み合っているのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

わっつ WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?

Posted in Facebook, Line, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 26, 2014

This Map Shows The Countries Where WhatsApp Is Used The Most
http://wp.me/pwo1E-7fv

Ryan Bushey – Feb. 20, 2014
http://www.businessinsider.com/whatsapp-chart-global-market-app-annie-2014-2

_ Business Insider

Yesterday, Facebook confirmed it bought messaging app WhatsApp for $19 billion. The app is used by 450 million people who talk with anyone all over the world free of charge. Once you download the app, it’s free to use for one year before you have to pay $0.99 for each additional year.

昨日(2/19)のことだが、Facebook が $19 Billion を投じて、メッセージング・アプリである WhatsApp を買収したことが確認された。この、4.5億人の人々が利用するアプリは無料であり、誰とでも国境を超えて話すことができる。なお、このアプリをダウンロードしてから、1年間は無料で使用できるが、継続して利用していく場合には、$0.99/年という対価が発生する。

This map from App Annie, a marketing and analytics platform for apps, was part of a report explaining 2013′s biggest app trends. It compiled data based on revenue from the Apple App Store and Google Play Store and showed the top five messaging apps used in each country.

各種アプリのマーケティングやプラットフォームの分析に用いられる、この App Annie から提供されるマップは、2013年におけるアプリのマクロ的な動向を説明する、レポートの一部を構成するものである。具体的に言うと、Apple App Store および Google Play における売上データに基づいて編纂され、それぞれの国々で利用されている、メッセージング·アプリの Top-5 を示している。

App Annie

One of the big reason’s behind Facebook’s huge investment in WhatsApp is that it wants to gain a foothold in other countries where Facebook messaging isn’t very popular, especially in South America, Europe, and Africa.

Facebook が WhatsApp に対して、巨額の投資を行う大きな理由の 1つには、Facebook のメッセージング・アプリが人気を得ることが難しい国々で、なんらかの足掛かりを得ようとしているところがある。とりわけ、南アメリカや、ヨーロッパ、アフリカのマーケットを、好転させなければならない。

However, Asia is a bit of an issue for WhatsApp: apps like LINE, WeChat, and KakaoTalk are already immensely popular there and provide many of the same services Facebook does.

しかし、アジアのマーケットでは、WhatsApp だといっても、いくつかの問題が残されている。つまり、LINE/WeChat/Kakao Talk という、きわめて人気の高いアプリが存在し、Facebook のようなサービスを、すでに数多く提供しているのだ。

While Facebook wants to obtain global domination over messaging, WhatsApp still faces a big threat from Skype. Microsoft’s voice communication platform is used by 300 million people, is very popular in the U.S. and Europe but the recent infusion of cash from Facebook could propel the app to the top.

Facebook の望みは、メッセージングにおけるグローバルな覇権を得ることだが、WhatsApp においても、依然として Skype という大きな脅威と対峙する状況にある。この、Microsoft のボイス・プラットフォームは 3億人に使用され、また、アメリカとびヨーロッパで、とても人気を博している。しかし、Facebook からのキャッシュが、このような形で注入されてことにより、このアプリを Top に押し上げることが、現実性を帯びてきたと言えるだろう。

ーーーーー

_ WhatsAppこのマップを左から見ていくと、アメリカ大陸とヨーロッパは、Skype と WahtsApp がせめぎ合っていて、アジアに目を移すと、中国の WeChat、韓国の Kakao Talk、オーストラリアの Skype を除いて、その他の国々では Line が強いという感じですね。 そして、東南アジアは、インターネット人口が爆発的に増大している地域の1つであり、そこに Softbank が興味をもっているわけです。その理由ですが、明日の「今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も出し抜かれしまう」を、お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?

Posted in .Selected, Mobile, Network, Strategy, Telecom by Agile Cat on February 25, 2014

Sprint, Nokia squeeze a 2.6 Gbps connection out of a Spark network trial
http://wp.me/pwo1E-7fq

By Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/sprint-nokia-squeeze-a-2-6-gbps-connection-out-of-a-spark-network-trial/

_ Giga Om

Summary: Sprint and Nokia are showing off their latest feat, but it’s doubtful we’ll ever see such speeds in real life. Sprint likes to talk about the network it could build, but it never builds it.

Sprint と Nokia が、最新の偉業を披露しているが、私たちの実生活の中で、そのような通信速度が達成されるかというと、まだ、疑問が残る。Spring は、構築が可能なネットワークについて語るのが好きだが、それを構築したことがない。

ーーーーー

Nokia’s network division is returning to work at Sprint after a multiple-year hiatus, and it apparently wants to make a good impression. Nokia announced it has used its Flexi base station gear to transmit an eye-popping 2.6 Gbps downlink connection on Sprint’s Spark LTE network, breaking Sprint’s previous record of 1.6 Gbps.

Nokia のネットワーク部門が、数年の空白の後に Sprint での作業に戻ってきた。 そして、良い印象を与えたいと、明らかに望んでいるようだ。Nokia は、Sprint の Spark LTE ネットワーク上で、2.6 Gbps のダウン・リンクという、目を見張るような接続を実現するために、その Flexi 基地局ギアを使用したと発表している。それは、Sprint における 1.6 Gbps という記録を塗り替えるものとなる。

photo: Shutterstock / Ase

Nokia was able to accomplish this feat by tapping into Sprint’s enormous treasure trove of 2.5 GHz spectrum. Using LTE-Advanced carrier aggregation techniques, Nokia and Sprint bonded together 120 MHz of frequencies, giving it six times the bandwidth of most LTE networks deployed in the U.S. today.

Nokia は、2.5 GHz スペクトラムに存在する、Sprint の巨大な宝庫を活用することで、この偉業を達成できた。LTE-Advanced のキャリア・アグリゲーション・テクノロジーを用いて、Nokia と Sprint は 120MHz の周波数を結合することで、今日のアメリカにディプロイされている大半の LTE ネットワークに対して、6倍以上に達する帯域幅を提供する。

In addition, Nokia likely took advantage of the unique properties of the LTE technology variant Sprint uses in Spark. Time division-LTE uses the same frequencies to transmit to and from the tower – it just sends the uplink and downlink in different time intervals. Most other LTE network use frequency division configurations, which create separate channels for upstream and downstream connections. Think of FD-LTE as a divided highway, while TD-LTE is a single-track railroad.

それに加えて、Sprint が Spark で用いている、LTE テクノロジーの変種ともいえる、とてもユニークな性質を、Nokia は活用していると思われる。時分割 LTE は、タワーとの伝送において、同じ周波数を用いて、アップリンクとダウンリンクを時分割で送受信している。しかし、大半の LTE ネットワークは、周波数を分割するというコンフィグレーションがなされ、別個のチャネルを用いてアップストリームとダウンストリームが接続されている。つまり、FD-LTE は上下線が分割されたハイウェイに似ているが、TD-LTE は単線の鉄道のようなものである。

The advantage of TD-LTE is that it can devote a greater portion of its bandwidth to downstream communications if there isn’t much upstream traffic on the network. Consequently, Sprint can use nearly all of its 120 MHz to create a massive downlink pipe while other carriers would be limited to using half their bandwidth. Nokia and Sprint said they’ll recreate the trial at Mobile World Congress in Barcelona this year.

TD-LTE のアドバンテージは、ネットワーク上のアップストリームが空いているなら、その帯域幅の大部分を、ダウンストリームのトラフィックに費やせる点にある。その結果として、Sprint は、大規模なダウンリンク・パイプを作成するために、ほぼすべての 120 MHz 帯で使用できるが、他のキャリアは、使用できる範囲が半分の帯域幅に限定されるだろう。Nokia と Sprint は、Barcelona で開催される、今年の Mobile World Congress で、このトライアルを再構成すると述べている。

These trials show that Sprint has enormous pent-up capacity waiting to be unleashed. The problem is that the company isn’t in any hurry to unleash it. It just likes to flash these kinds of impressive speed results around, and talk about the network it could build.

これらのトライアルは、Sprint には膨大なキャパシティが鬱積しており、それが解放されるのを待っていると示している。ここでの問題は、それを必要とする状況が、同社を急がせていないという点である。つまり、それほど素晴らしいスピードが、結果として得られることを示し、それを構築できるネットワークについて話をするのが、好きなだけである。

Today, Sprint’s primary LTE network is the slowest in the country and has the smallest coverage footprint. Its new Spark service is definitely an improvement, but it’s still an average 4G system with the same capacity as the other carriers’ first-generation networks. Considering that Sprint is much smaller than AT&T or Verizon Wireless, it could get considerable mileage out of Spark – once it’s finally built. Right now Spark is in just 12 cities, and Sprint is moving very slowly to expand that coverage. Its target is 100 cities in three years.

今日において、Sprint の主たる LTE ネットワークは、アメリカ国内で最も遅く、また、カバレッジ・フットプリントも最小である。その、新たな Spark サービスは間違いなく改善されているが、依然として平均的な 4G システムであり、他のキャリアにおける第一世代のネットワークと同じキャパティシである。AT&T や Verizon Wireless と比べて、Sprint は遥かに小さな存在であることを考慮すると、Spark が構築された後に、かなりの有用性を引き出せると思われる。現時点において、Spark が供給されるのは 12都市に過ぎず、Sprint によるカバレッジの拡大は、きわめてユックリと動いている。その目標は、3年間で 100都市である。

As I’ve said before, Sprint has run out of excuses. With its acquisition of Clearwire it’s firmly in control of its spectrum future, and with SoftBank’s massive investment, it’s no longer financially strapped. If Sprint wants to convince us it’s investing in its network, then it should really invest in its network.

冒頭に述べたように、Sprint には、もう、言い訳が残っていない。Clearwire の買収により、将来におけるスペクトルのコントロールがシッカリとしてきたし、Softbank からの大規模な投資により、もはや財政難からも解放された。ネットワークへに投資すると、もし Sprint が、私たちを説得したいなら、本物のネットワークに投資する必要がある。

Photo courtesy of Shutterstock user SERHAT AKAVCI

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 – January 2014
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 – October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience – January 2013

ーーーーー

image141新しい世界を期待させてくれる、とてもワクワクする話ですね :)  いま、Barcelona で開催されている MWC で、なにか、もっと具体的な発表があると良いですね。そして、この記事を訳してみて、なんとなく Sprint という会社の持ち味が見えてきました。 Softbank からの資金により、このように新しい ワイヤレス・テクノロジーが、実験から運用へと移行していくなら、同じ日本人として、これほど嬉しい事はありません。 頑張って欲しいですね! image

ーーーーー

<関連>

1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

わっつ WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー

Posted in Facebook, WhatsApp by Agile Cat on February 25, 2014

‘It’s The Only App We’ve Ever Seen With Higher Engagement Than Facebook Itself’
http://wp.me/pwo1E-7fi

Jay Yarow – Feb. 21, 2014
http://www.businessinsider.com/whatsapp-engagement-chart-2014-2

_ Business Insider

There are a lot of ways (and a lot of charts!) to explain why Mark Zuckerberg felt compelled to spend $19 billion on WhatsApp. This chart from Statista is one of the best.

Mark Zuckerberg が、WhatsApp に $19 Billion を費やすべきと感じた、その理由を説明する記事はたくさんある(たくさんのチャートも)。 その中で、この Statista のチャートは、ある意味で最も優れたものである。

_  space

Statista/Business Inside

When Zuckerberg explained the deal to analysts, he said, "It’s the only app we’ve ever seen with higher engagement than Facebook itself." Here’s a look at WhatsApp’s engagement compared to other social networks.

そして、今回の買収について、Zuckerberg がアナリストたちに説明したとき、「 Facebook よりも、パワフルなエンゲージメントを実現する、これまでで唯一のアプリだ」と述べている。 このチャートが、他のソーシャル・ネットワークと比べて、WhatsApp のエンゲージメントが強力なことを示している。

ーーーーー

_ WhatsAppよく、エンゲージメントという尺度が使われますが、このチャートを見る限り、Daily Users / Monthly Uses という計算ですね。 Agile_Cat の場合は、Facebook と Twitter ですが、どちらも Daily Use です。 その他のソーシャルも使ってみたいと思っているのですが、どうしても Facebook に居る時間が長く、そこまで時間が取れないという状況です。 その反面、Twitter には多くの時間を使いませんし、Google+ にもブログ・リンクを毎日貼りますが、ほとんど時間を使わないという状況です。 ですから、エンゲージメントにも、いろいろあるのだろうと思います。そして、WhatsApp のエンゲージメントですが、そのサービスの内容からして、ほんとうにガッチリと、ユーザーを掴んでいるのだろうと想像してしまいますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

MWC 2014 速報 : IntoMobile 版 ニュース・インデックス

Posted in .Selected, Events, Mobile, Post-PC by Agile Cat on February 25, 2014

あきれるほどの、ニュースの量です・・・
http://wp.me/pwo1E-7fa

_ into Mobile

今朝は MWC 2014 の様子から見ようと思い、いつものとおり、自分の RSS ポータルを開きました。そして、今日ばかりは Business Intelligence でもなく、Mashable でも、Gigaom でも、TechCrunch でもなく、IntoMobile だろうと、ソコを開いてみて大正解! まぁ、素晴らしい気合の入れようで、Barcelona からニュースの雨を降らせてくれています。 なお、MWC 以外の場所から発信されているトピックもありますが、おそらく、ココに合わせてポストされたものと思えますので、まったく関係なさそうなものだけを外すという処理となっています。

ーーーーー

Microsoft at MWC 2014: Windows Phone 8.1 to get support for additional chipsets

Huawei Ascend G6 officially announced: 4.5-inch qHD screen, 1.2GHz quad-core CPU, LTE

Huawei TalkBand B1 smart watch unveiled as “Talk and Track” companion

Huawei MediaPad M1 with 8-inch screen unveiled in Barcelona

Huawei MediaPad X1 officially announced, too

MediaTek 64-bit LTE SoC announced for the new “super-mid market”

BBM beta gets stickers

Firefox OS at MWC 2014: Mozilla Unveils Reference Smartphone and Tablets, Alcatel

MWC 2014: LG Unleashes Two Mid-Range LTE Smartphones, LG F70 and F90

MWC 2014: Lenovo Announces Premium App Suite for iOS, Android and Windows PC

MWC 2014: LG Announces LG G2 mini

LG G Pro 2 Makes a Splash at MWC 2014

Orange unveils a pair of own-brand smartphones: Orange Gova and Orange Reyo

MWC 2014: Sony Announces Xperia Z2, Xperia Z2 Tablet and Xperia M2

MWC 2014: Sony Announces SmartBand SWR 10 and Lifelog App, Available March

Nokia X, Nokia X+ and Nokia XL all unveiled at MWC

Qualcomm Snapdragon 801 unveiled: faster Snapdragon 800 with integrated dual SIM

Qualcomm Snapdragon 610 and 615 64-bit LTE-enabled chips unveiled: mid-range phones

YotaPhone 2 officially official: 5-inch main screen, 4.7-inch e-ink one, Snapdragon 800

Alcatel OneTouch POP S series with LTE connectivity unveiled: POP S3, POP S7 and POP S9

Alcatel OneTouch POP 7S tablet with 4G LTE connectivity and Android 4.4 KitKat unveiled

Intel unveils two 64-bit mobile chips: dual-core Merrifield and quad-core Moorefield

SanDisk unveils 128GB microSD card!

ZTE Grand Memo II LTE unveiled: Mid-range phablet with 6-inch HD, Snapdragon 400, 4G

MWC 2014: HTC Unveils Mid-Range Smartphones Desire 816 and 610

Asus Fonepad 7 gets LTE and dual-SIM variants

Nokia 220 and Nokia Asha 230 feature phones unveiled

Alcatel shows off smartbook concept at MWC

Watch Samsung Unveil the Galaxy S5 at MWC 2014 in Barcelona at Unpacked 5 Event

Intel Unveils New 64-Bit Processors Aimed at Tablets and Smartphones, Z3480 and Z3580

MWC 2014: Samsung Reveals the Galaxy S5, Snapdragon 800, 16MP Camera, Fingerprint

Samsung Unleashes Gear Fit, A Lightweight Gear Wearable with Curved AMOLED Display

ーーーーー

TAG index正直なところ、Agile_Cat 自身も、それぞれの内容については、まったく目を通していない状況です。というわけで、このリストをポストしてから、ゆっくりと観ていきたいと思っています。それにしても、呆れるほどの情報の量です。 それほどメジャーなメディアではありませんが、これだけのニュースをマトメてくれた IntoMobile に感謝ですね。ac-stamp-232

%d bloggers like this: