Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される - Gartner

Posted in Businesses, Research by Agile Cat on January 27, 2014

Cloud Computing: Consolidation to Wipe Away a Quarter of Existing Top 100 Vendors
http://wp.me/pwo1E-79q
By Dick Weisinger – January 22nd, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-consolidation-to-wipe-away-a-quarter-of-existing-top-100-vendors/

_ formtek

Gartner is predicting a major reconsolidation of cloud vendors, so much so that by 2015 25 percent of today’s top 100 IT cloud service vendors will be gone.  That presents a certain amount of risks to the buyers of these services.

Gartner の予測によると、クラウド・ベンダー間での大規模な再総合が進むことで、現在の Top-100 に名前を連ねる IT クラウド·サービス·ベンダーの 25% が、2015年までには消え去っていくという。 そして、それらのサービスの購入者にとって、ある程度のリスクが生じるとしている。

Of attendees at the recent Gartner Data Center Conference, 50 percent said that adoption of cloud-based solutions presents a great deal of risk, 33 percent said that it was ‘somewhat’ risky, while just 12 percent thought that there was little risk.  But, despite the risk, 80 percent of organizations were already using cloud-based services at the end of 2013.

先日の Gartner Data Center Conference に参加した者のうち、クラウド・ベースのソリューション導入について、多くのリスクが存在すると述べたのは、全体の 50% にのぼっている。 また、そこそこのリスクを述べたのは 33% であり、わずかと述べたのは 12% に過ぎなかった。しかし、それらのリスクにもかかわらず、すでに 80% の企業が、2013年の終わりの時点で、クラウド・ベースのサービスを使用していた。

William Maurer, Gartner analyst, said that ”there is a real risk with these vendors,  but acquisition will be the main exit. You need to make to make sure that your service providers are successful. Give them a chance to make a reasonable return on their investments, give them a chance to make some money. Don’t take all the money off the table, because if you do, you are not going to have a lot of them around.”

Gartner のアナリストである William Maurer は、「それらのベンダーには、現実的なレベルでのリスクがあるが、企業買収が主たる解決策となる。したがって、利用しているサービス·プロバイダーが、成功していることを確認する必要がある。それらのプロバイダーに、投資に対するリーズナブルなリターンを、つまり、いくらかのキャッシュを得るチャンスがあることを前提とすべきだ。したがって、買収が行われても、すべての取引を停止してはいけない。 それを行うと、そのプロバイダーから得られるものを失ってしまう」 と発言している。

Michael Salvador, solutions manager at Belden, told Computerworld that ”we’re in the phase of buyer beware with cloud.  You better do your research — there’s no safety net out there.”

Belden の Solution Manager である Michael Salvador は、「 私たちは、クラウドの買い手が気をつけるべき局面にいる。セーフティ・ネットは存在しないのだから、しっかりと調査すべきである 」と、Computerworld に対して述べている。

ーーーーー

TAG indexクラウドというものを、その検定で支えているが規模の経済であるのなら、再編と再統合が際限なく続いていくでしょうし、それが当たり前の展開とも思えてきます。 それにしても、この Gartner の予測によると、2年間で 1/4 のプロバイダーが、しかも Top-100 入りしているプロバイダーが、より大きな企業に飲み込まれていくわけですから、これまでの IT 業界とは異なる、常識のレベルで物事が進んでいくのでしょうね。調べて、考えて、判断するという、プロセスにおけるスピードが重視されますね。__AC Stamp 2 @ Bay Area

ーーーーー

<関連>

Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: