Agile Cat — in the cloud

Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?

Posted in .Selected, Businesses, Government, Research by Agile Cat on January 19, 2014

Open Data: Enabling $5 Trillion Annually in Value?
http://wp.me/pwo1E-787

By Dick Weisinger – Dec 30, 2013
http://formtek.com/blog/open-data-enabling-5-trillion-annually-in-economic-value/

_ formtek

Open Data has the potential to unlock between $3 trillion to $5 trillion annually in economic value, says a report by McKinsey. Specifically, the identify seven sectors of the global economy where the value could be attained.

McKinsey がレポートするには、Open Data により改善される経済的な価値が、年間で $3 trillion 〜 $5 trillion に至る可能性があるとのことだ。 そして、この経済価値の転換を可能にするものとして、グローバル経済における7分野を具体的に指摘している。

Michael Chui, principal at McKinsey, told CMSWire that that “open data has traditionally been motivated by societal goals such as improving transparency. But it is important to recognize that by opening data, you also create significant economic value.”

McKinsey の主席である Michael Chui が、「 Open Data は伝統的に、たとえば透明性の向上などの、社会的目標が動機とされている。しかし、データがオープン化されることで、夥しい経済的価値が生み出されると、認識することが重要である 」と、CMSWire に語っている。

While the McKinsey results are interesting, they seem a bit of a stretch. While certainly Open Data is one technology that can contribute in improving the areas that they suggest, Open Data alone will not be able to unlock the enormous projections that McKinsey forecasts. Parallel advances in Big Data, analytics, and computing all play an equally important role in helping to better utilize and achieve value from data.

McKinsey の結論は興味深いものではあるが、若干の誇大があるとも思える。確かに Open Data は、彼らが示唆する領域に貢献できる 1つのテクノロジーであるが、そこで予想されるような大きなビジョンを、単独で改善することは不可能だ。Big Data/分析/コンピューティングの、すべてが平行して進化し、また、データの価値を活用する上で、同じような重要な役割を担うことで、それは達成されるだろう。

The McKinsey report found that “Making data more ‘liquid’ (open, widely available, and in shareable formats) has the potential to unlock large amounts of economic value, by improving the efficiency and effectiveness of existing processes; making possible new products,services, and markets; and creating value for individual consumers and citizens.”

McKinsey のレポートで分かったことは、「 データを液状化(オープンでシェアが可能な、広く利用できるフォーマット)することに、膨大な経済的価値が解放される可能性が、秘められていることである。そして、既存のプロセスの効率性と有効性を改善することで、また、新しいプロダクト/サービス/マーケットを作ることで、さらには、一人一人の消費者と市民のための価値を創造することで、それは改善されていく」 という点である。

The seven sectors where McKinsey sees open data playing a major role in unlocking economic value include:

Open Data が重要な役割を担い、経済的な価値を創造していくと、McKinsey が認識している 7つの領域とは、以下のとおりである:

Education – Open data can enable $890 billion to $1.2 trillion annual savings by identifying effective teaching strategies, improving instruction, and better matching students to programs and jobs.

Open Data により、効果的な教育ストラテジーを認識し、インストラクションを改善し、より適切なプログラムやジョブと学生をマッチングさせることで、年間で $890 billion 〜 $1.2 trillion が節約できる。

Transportation – Open data could realize $720 billion to $920 billion in value by helping to improve planning and management of infrastructure. Open Data can also improve the purchasing, deployment and maintenance of fleets, and it can improve decision making by customers to better select from travel options so as to fit their needs and schedule.

Open Data により、インフラストラクチャに関する計画と管理を改善することで、$720 billion 〜 $920 billion の経済効果が達成される。さらに Open Data は、船舶の購入/展開/保守も改善する。そして、旅客に対しては、自身のニーズやスケジュールに合った、より適切なオプションから選択するよう、顧客の意思決定を向上させることができる。

Consumer Products – Open data can help achieve $520 billion to $1.5 trillion annually by improving product design and manufacturing, making store operations more efficient, better targeting sales and marketing, better informing consumers about food benefits and product recalls, and improving post-sales interactions.

Open Data によりプロダクトの設計と製造を改善することで、年間で $520 billion 〜 $1.5 trillion の節約が達成される。具体的には、店舗運営の効率化と、ターゲット販売およびマーケティングの改善、適切な食品および製品リコールに関する消費者への通知、プロダクトを販売した後のインタラクションを改善ことで、達成される。

Electricity – Open data can help enable $340 billion to $580 billion annually by helping to optimize how money is spent and invested for power generation. It can improve and make more efficient power generation. It can help to identify and develop ‘smart grid’ technologies for achieving more efficient transmission and distribution of power, and it can help consumers be better informed about the electrical appliances and the electric power services that they use.

Open Data により、発電に関する経費と投資を最適化することで、年間で $340 billion 〜 $580 billion の経済効果が達成される。 それにより、発電における効率も改善される。つまり、より効率的な送電と分電を達成するための、スマートグリッド・テクノロジーの開発を促進することであり、電化製品を使用する消費者たちに、電力サービスに関する十分な情報を提供することである。

Oil and Gas – Open data can enable $240 billion to $510 billion annually by providing better seismic and geologic information that can help oil and gas businesses better decide how to invest in future discovery. Better data can improve the efficacy of exploration and production, help businesses better select plant locations, and to improve the reliability of their refining, processing and retail operations.

Open Data により、地震や地質に関する適切な情報を、石油/ガスなどの企業に提供することで、将来の投資における意思決定を促進することで、年間で $240 billion 〜 $510 billion の経済効果を見いだせる。より適切なデータは、探査と生産の効率を向上させ、より良いプラント・ロケーションを知らしめ、精錬/加工/販売における信頼性を向上させる。

Health Care – Open data in the Health Care industry can help realize $300 billion to $450 billion annually. The data could help people make better lifestyle and treatment decisions. The data can guide practitioners into selecting more effective treatments. Consumers would be better able to wisely select providers that better match their needs, and also help them to be more cost-effective in the decisions that they do make. Health-related research, such as in the area of new drugs and better medical devices, could be make more productive.

Open Data を、Health Care 業界に適用することで、年間で $300 billion 〜 $450 billion が節約される。このデータにより、より良いライフ・スタイルや治療を、人々は得ていくことになる。また、このデータにより、開業医たちは、より効果的な治療法へと導かれていく。また、消費者たちは、自分のニーズに合ったサービスの提供者を、十分な情報に基づいて選んでいけるだろう。そして、可能な範囲で、もっとも費用対効果の高いサービスを得ていくだろう。たとえば、新薬や医療機器といった、健康に関する研究分野が、より生産的なものに変化していく。

Consumer Finance – Open data could unlock $210 billion to $280 billion annually. Better targeted and custom-designed financial products could be developed with better data. Consumer marketing could be more targeted. With better data, consumers would be able to make better informed financial decisions.

Open Data により、年間で $210 billion 〜 $280 billion の無駄を省くことができる。より適切なデータがあれは、ターゲットが絞り込まれ、カスタムにデザインされた、金融商品の開発が促進される。消費者を対象とした、ターゲット・マーケティングも促進されていく。より良いデータを活用することで、消費者たちは、自身の資産管理について、より適切な意思決定を下していくだろう。

ーーーーー

TAG index世界中で繰り返されている、気の遠くなるような無駄を、Open Data を用いて排除していけるなら、ここで述べられているような経済効果も夢ではないのだと思えます。 しかし、この世の中、その無駄に乗っかって生計を立てている人もいるわけで、上記のことを実施しようとするなら、たいへんな抵抗勢力と対峙しなければならないでしょう。 そして、それ以前に、戦争っていったい何なの? という議論があるでしょうし、武力とコストという問題も考えるべきなのでしょう。 単なるテクノロジーの話というより、人類の叡智の話という感じですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: