Agile Cat — in the cloud

DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Strategy by Agile Cat on January 16, 2014

Intel set to bring DDR4 DRAM to computers in third quarter
http://wp.me/pwo1E-77u
By Agam Shah | Published: 19:52, 08 January 2014
http://news.techworld.com/storage/3496247/intel-set-to-bring-ddr4-dram-to-computers-in-third-quarter/

Intel will add support for DDR4 memory to its high-end computers in the third quarter, sources familiar with the company’s plans said.

Intel は、ハイエンド・コンピューター向け DDR4 メモリのサポートを、今年の Q3  には開始すると、同社のプランに詳しい情報筋が語っている。

The new DDR4 memory, which has been under development for more than five years, will speed up computer performance while reducing power consumption. It will also mean a progressive slowdown in the adoption of DDR3 memory, which currently goes into most laptops, tablets and servers.

この、新しい DDR4 メモリは、5年以上にもわたり開発が進められてきたものであり、コンピュータのパフォーマンスを高めながら、消費電力も低減していく。その一方で、現時点において、大半のラップトップ/タブレット/サーバーに搭載されている DDR3 メモリだが、その採用が段階的に減速していくことを意味する。

The adoption of DDR4 by chip makers at the motherboard and chip level is the first step to bringing the new memory type to computers. DDR4 chip support will come with Intel’s next-generation Xeon server processors code-named Grantley, which will be based on the Haswell architecture, to be released in the third quarter, sources said.

DDR4 採用の最初のステップは、この新しいメモリ·タイプをコンピュータに搭載していく、マザーボードとチップのメーカーから始まるだろう。続いて、DDR4 チップのサポートは、Grantley というコードネームの、次世代 Intel Xeon サーバー・プロセッサに対して行われる。このプロセッサは、Haswell ベースのアーキテクチャを持ち、今年の Q3 はリリースされると、前述の情報源は述べている。

DDR4 could then make its way to laptops and PCs in 12 to 18 months. Lenovo has said it will launch new types of servers based on the Grantley chips in the third quarter.

また、12ヶ月〜18ヶ月後には、ラップトップや PC での DDR4 対応が始まる。 ただし Lenovoは、今年の Q3  に、Grantley チップ・ベースの、新たなサーバー・ラインアップを発売すると述べている。

DDR (double data rate) DRAM (dynamic random access memory) is the main volatile memory used in PCs, servers and mobile devices today. It does not retain information once a device is turned off.

DDR (double data rate) DRAM (dynamic random access memory) とは、今日の PC/サーバー/モバイル・デバイスなどで使用される、主要な揮発性メモリであり、そのデバイスが OFF にされると、そこに蓄えられら情報は消滅してしまう。

Intel declined to comment on DDR4 memory support on its chips.

なお、Intel がだ、DDR4 メモリをサポートするチップについては、コメントを避けている。

Modules of DDR4 memory on gaming boards with Intel’s chips were demonstrated at the Intel Developer Forum in September. Intel’s high-end desktop processors for gaming are also expected to support DDR4. An Intel spokesman said the company is working "with the industry" to bring support DDR4 to its high-end systems, but did not provide a date.

とは言え、Intel チップを搭載したゲーム・ボード上の DDR4 メモリ・モジュールが、9月に開催された Intel Developer Forum でデモされている。つまり、Intel のゲーム用ハイエンド・デスクトップ·プロセッサでは、DDR4 がサポートされると思われる。ある、Intel のスポークスマンは、ハイエンド・システムを DDR4 でサポートするために、「業界」と伴に取り組んでいるが、日程に関しては明らかにできないと述べている。

Laptops will be faster and get longer battery life with DDR4 memory, though the current DDR3 DRAM is considered sufficient in most cases. DDR4 provides 50 percent more bandwidth than DDR3, and 35 percent more power savings.

DDR4 メモリにより、ラップトップは高速化され、バッテリ・ライフも伸びるだろう。大半のケースにおいて、現在の DDR3 DRAM で十分だと思われているが、DDR4 と DDR3 を比較すると、バンドワイズで 50%、省電力で 35% 以上のメリットが生じることになる。

The new form of memory could prompt Apple to upgrade its Mac Pro, which just started shipping with the Intel’s latest Xeon processors based on the Ivy Bridge microarchitecture, which supports DDR3. System builders have already been testing boards with DDR4 memory.

このメモリに関する新しい形態は、Apple に対して Mac Pro のアップグレードを促すことになる。このプロダクトは出荷が始まったばかりだが、DDR3 をサポートする Ivy Bridge マイクロ・アーキテクチャをベースにした、Intel の 最新 Xeon プロセッサを搭載しているのだ。また、システム・ビルダーたちは、すでに DDR4 メモリを搭載したボードをテストしている。

Mobile devices won’t get DDR4 memory anytime soon since tablets and smartphones are just getting equipped using low-power DDR3 (LP-DDR3) DRAM. Memory standards-setting organization JEDEC is still developing the mobile DDR4 specification, and Samsung last week announced an LP-DDR4 module for mobile devices.

ただし、モバイル・デバイスに関しては、直ちに DDR4 メモリに移行することはないだろう。なぜなら、タブレットやスマートフォンは、Low-Power DDR3(LP-DDR3)DRAM の組み込みに追われているからである。また、メモリ規格化団体である JEDEC も、依然として モバイル DDR4 仕様を作成している段階にあるが、先週に Samsung がモバイル・デバイス用の LP-DDR4 モジュールを発表している。

Early adopters will pay a hefty premium for DDR4, but the prices will fall as adoption grows. Analysts expect a 30 percent price premium on DDR4 memory over DDR3, which could drop to 10 percent in 2015.

DDR4 のアーリー・アダプターは、多額のプレミアムを支払うことになるが、採用が進むにつれて、その価格も下がっていく。アナリストたちの予測によると、DDR4 は DDR3 に対して、30% のプレミアムを要求するが、2015年には 10% にまで低減されるようだ。

Some of the first applications for DDR4 will likely be in high-end database and ERP (enterprise resource planning) programs, which are increasingly utilizing in-memory processing. The memory will also be beneficial for complex calculations in supercomputers.

最初に DDR4 を活用する、いくつかのアプリケーションは、インメモリ処理を多用するハイエンドのデータベースと ERP (enterprise resource planning) になるだろう。また、このメモリは、スーパー・コンピューターにおける複雑な計算にとっても有益である。

"It will only get used in places where the performance is necessary," said Dean McCarron, principal analyst at Mercury Research. "It won’t be in low-end web servers.”

「 このメモリは、ハイ・パフォーマンスが必須とされる領域で使用されるが、ロー・エンドの Web サーバーは対象外となるだろう」と、Mercury Research の主席アナリストである Dean McCarron は述べている。

The adoption of DDR4 was delayed as DDR3 DRAM prices stabilized last year. Higher margins prompted memory makers like SK Hynix and Samsung to continue making DDR3 instead of moving over production capacity to DDR4, which would have been more expensive to make. Memory makers also delayed DDR4 after demand for PCs fell. In addition, Intel and Advanced Micro Devices delayed DDR4 adoption after the emergence of ultrabooks, which use low-power DDR3 memory.

昨年に、DDR3 DRAM が低価格で安定供給されたことで、DDR4 の採用は遅れている。また、高いマージンを引き出そうとする、SK Hynix や Samsung といったメモリ・メーカーも、DDR4 へを生産ラインを移行することなく、高利益の DDR3 を製造し続けてきた。さらに言えば、パソコンへの需要の落ち込みも、メモリメーカーによる DDR4 の採用を遅らせた。そして、Intel と AMD は、Low-Power DDR3 メモリを使用する Ultrabooks が登場するまで、DDR4 の採用を遅らせた。

Companies like Samsung, Micron and Kingston demonstrated DDR4 memory after the DRAM specification was finalized in September 2012. Samsung has already started manufacturing the memory for commercial use, and Micron’s Crucial business unit is demonstrating DDR4 memory at the International CES show being held this week in Las Vegas.

その一方で、2012年9月に、この DRAM 仕様が完成した後に、Samsung/Micron/Kingston といったメーカーは DDR4 のデモンストレーションを行っている。また、Samsung は商用へと向けて、このメモリの製造をすでに開始し、Micron の Crucial ビジネス·ユニットは、今週に Las Vegas で開催される International CES で DDR4 メモリをデモする。

The DDR4 bus clock speed will top out at 3200MHz, an improvement from 2400MHz for DDR3, and 1.2 volts will be supplied for DDR4 compared to 1.5 volts for DDR3. DDR4 reliability is considered higher because of more debugging and diagnostic tools to prevent data errors.

DDR4 のバス・クロック速度は 3200MHz に達し、DDR3 の 2400MHz から大幅に向上する。 また、必要とされる供給電圧も、DDR4 は 1.2V であり、DDR3 の 1.2V から低減される。また、これまで以上のと診断のツールが提供されるため、DDR4 の方が信頼性が高いと考えられる。

DDR4 is expected to be the final iteration of DDR DRAM. There is a move to others forms of non-volatile memory that can retain data. Alternative forms of memory under development include phase-change memory, RRAM (resistive RAM) and MRAM (magnetoresistive RAM). Memory makers like Micron are also stacking chips to deliver faster throughput, and Nvidia plans to stack memory chips in its upcoming graphics chip code-named Volta.

DDR4は、DDR DRAM における最後のイテレーションであると予想されている。つまり、電圧がゼロになっても、データを保持できる不揮発性メモリへの移行が期待されているのだ。この開発中のメモリの形態は、Phase-Change Memory および、RRAM (resistive RAM)、MRAM (magnetoresistive RAM) などを含むものとなる。その一方で、Micron などのメモリ・メーカーは、高速スループットを提供するための積層チップに取り組み、また、NVIDIA は Volta というコードネームの、グラフィック用の積層メモリ・チップを計画している。

Agam Shah covers PCs, tablets, servers, chips and semiconductors for IDG News Service. Follow Agam on Twitter at @agamsh. Agam’s e-mail address is agam_shah@idg.com

ーーーーー

TAG indexいまの DDR3 が主流になってから、何年が経つのでしょう? モバイルからデータセンターに至るまでの、すべてに関連する基盤のアップグレードとして、DRAM ほどの影響力を持つものは他には無いですね。Facebook や Google などの、何十万台というサーバーをハウジングしているデータセンターでは、その処理能力が一挙に高まると同時に、消費電力が大幅に低減されることになります。 とても、素晴らしいことです! そして、Mac Pro の買い時を、この DDR4 に合わせる人も多いのではないかと思います :) その意味で、エンタープライズからコンシューマまで、随所で買い控えが起こるのも やむを得ませんし、ビジネスを推進する側としては、そこが頭痛の種になりそうですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: