Agile Cat — in the cloud

WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Research, Social, Twitter, WhatsApp by Agile Cat on January 10, 2014

Study: Facebook Messenger still reigns in the U.S. but other countries look to WhatsApp
http://wp.me/pwo1E-75X

By Kevin Fitchard – Nov 26, 2013
http://gigaom.com/2013/11/26/study-facebook-messenger-still-reigns-in-the-u-s-but-other-countries-look-to-whatsapp/

_ Giga Om

Summary: WhatsApp and a handful of other over-the-top communications apps — including BBM — are cementing their dominance in social messaging across the world. People still love Facebook Messenger, just not as much as they used to.

Summary: WhatsApp をはじめとする、一握りの突出したコミュニケーション・アプリ(BBMを含む)が、世界をまたにかけたソーシャル・メッセージング市場で、それぞれの優位性を踏み固めようとしている。 依然として、人々は Facebook Messager を好んでいるが、その人気と使用頻度は、必ずしも一致しないようだ。

ーーーーー

Facebook may be the world’s most popular social network, but when it comes to social messaging, other apps are usurping its dominance. Facebook Messenger is still the most popular smartphone social messaging app in the U.S., according to a survey conducted by On Device Research, but polls in four countries in different regions of the world found WhatsApp and WeChat are the reigning services.

Facebook は、世界で最も人気のソーシャル・ネットワークなのだろうが、ソーシャル・メッセージの話となると、その優位性を他のアプリに奪われようとしている。 On Device Research が実施した調査によると、アメリカで最も人気のスマートフォン・ソーシャル・メッセージング・アプリは Facebook であるが、その他の 4カ国では WhatsApp と WeChat が、その領域を支配しているという結果が出ている。

As you might expect, China’s homegrown WeChat dominates its home country with 93 percent of On Device’s respondents saying they use it weekly. Facebook services have been banned in most in China since 2009, but in Brazil, Indonesia and South Africa — countries where Facebook apps are readily available — WhatsApp is by far the most used app. In South Africa and Brazil, Facebook Messenger is firmly entrenched in the No. 2 slot, but in Indonesia it doesn’t make the top 3, according to On Device’s poll.

ご想像のとおり、China 製の WeChat は、On Device に対する回答者の 93% が、それを週に一度は使っていると答えるほどに、同国のマーケットを支配している。China における Facebook サービス群は、2009年かた利用を禁止されているが、そのような制約のない Brazil/Indonesia/South Africa といった国々においても、最も使用されるアプリとしては、WhatsApp が群を抜いているのである。さらに言えば、Facebook Messenger は、South Africa と Brazil では No.2 のポジションを確保しているが、Indonesia は Top-3 からも漏れている。

クリックで拡大 ⇒

Even in the U.S., WhatsApp is starting to challenge Facebook Messenger especially among 16-24 year olds where usage is almost evenly split between the two services. Snapchat’s user base is still tiny globally, but On Device found that 20 percent of younger smartphone users in the U.S. used the ephemeral photo messaging service at least once a week. In addition, the volumes of photos being shared on Snapchat, 400 million on a daily basis, now exceed those shared on Facebook, On Device discovered. (And as Om Malik reports, Facebook’s Instagram will get into the messaging game soon as well.)

さらに、アメリカにおいても、WhatsApp から Facebook Mesaenger へ向けた挑戦が始まっている。 とりわけ、16歳〜24歳のユーザー層では、この 2つのサービスの使用頻度が、ほぼ同等というところまできている。Snapchat のユーザーベースは、全体から見ると、まだ小さいが、アメリカの若年層スマホ・ユーザーの 20% は、少なくとも週に一度の頻度で、その揮発性フォト・メッセージング・サービスを使用している。それに加えて、Snapchat 上で共有される写真数は、現時点で 4億枚/日というペースであり、Facebook 上での共有を超えているることを、On Device は発見している。( ただし、Om Malik がレポートしたように、まもなく Facebook の Instagram が、このメッセージング競争に参加してくる)

クリックで拡大 ⇒

Focusing on single dominant apps, however, may not be the most relevant metric anymore. On Device found that the majority of its respondents — made up of 3,759 iOS and Android phone users — used multiple messaging tools. Some 58 percent said that multiple apps were necessary because different friends used different messaging platforms, while 52 percent said made use of different features on different apps.

しかし、それぞれのアプリ間の優位性を比較しても、もはや、それ程の意味を持たないのかもしれない。今回の On Device の調査(3759人の iOS/Android スマホ・ユーザーで構成される)では、大半のユーザーが、複数のメッセージング·ツールを使用しいると回答している。そして、そのうちの 58% は、それぞれのトモダチが、それぞれのメッセージング·プラットフォームを使用しているため、複数のアプリが必要になると述べている。その一方で、52% のユーザーは、アプリケーションごとの機能を利用したいからだと、その理由について述べている。

クリックで拡大 ⇒

While social messaging may be split between multiple apps, IP communications as a whole has definitely overtaken SMS as a means of daily communication. On Device found that 63 percent of respondents in all five countries used IP messaging apps 10 times or more daily, while the number was only 40 percent for SMS.

ここまでに説明してきたように、ソーシャル·メッセージングの市場は複数のアプリにより分断されているが、日常のコミュニケーション手段としての IP 通信全体は、間違いなく SMS を圧倒している。On Device の調査結果により、この 5カ国における回答者の 63% が、1日に 10回以上も、IP メッセージング・アプリを使用している状況が見えてきた。そして、この数字を SMS に当てはめてみると、40% に過ぎないことも分かった。

クリックで拡大 ⇒

Another surprising finding in On Device’s survey was the rapid adoption of BlackBerry Messenger on iPhones and Android devices. BBM only went live in the iTunes Store and Google Play in September, but On Device’s November poll found it had already become the second and third most popular messaging apps in Indonesia and South Africa respectively. WeChat is also showing signs of breaking out of China’s borders. It’s already a routinely used app in South Africa and Indonesia, and even 6 percent of U.S. respondents said they used it weekly.

なお、On Device 調査における、別の驚くべき発見は、iPhone/Android デバイス上での BlackBerry Messenger の急速な普及である。この 9月に、iTunes Store と Google Play に登場した BBM であるが、On Device の 11月の調査において、Indonesia では 2位、South Africa では 3位という、人気のメッセージング・アプリになっていることが分かった。 また、WeChat も、China の国境から飛び出してくるという兆しを見せている。 すでに、South Africa と Indonesia では日常的に使用されるアプリになっており、アメリカでも 6% の回答者が、週に一度は使っていると答えている。

ーーーーー

_ WhatsApp中国での WeChat や、アジアでの Line など、各種のメッセージング・アプリが大健闘していますが、このポストを見ると、ブラジル/南アフリカ/インドネシアの各国で、WhatApp がトップの座を占めていることがわかります。これらの途上国に共通するトレンドは、モバイル・デバイスにより、インターネット利用が爆発的に拡大するというものであり、PC というフェーズがパスされていることです。つまり、Facebook が PC 時代から積み上げてきた、時間的なアドバンテージが通じないという状況の中での、コンペティションが繰り広げられているわけです。メッセージングにかぎらず、これからのマーケットに共通する、なんらかの大きな流れが示されているようで、とても興味深いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

WhatsApp の インド市場 : あっという間に 3000万ユーザーに拡大!
Facebook は 本当にヤバイのか? その情報の出処を検証する
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート
ソーシャル と 年齢層: 若さの Twitter、平均的な Facebook、老成の LinkdIn
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!

%d bloggers like this: