Agile Cat — in the cloud

Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 30, 2014

Apple’s $10 Billion In App Store Sales
http://wp.me/pwo1E-79L
Jay YarowJan. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/apples-10-billion-in-app-store-sales-2014-1

_ Business Insider

Apple’s App Store did $10 billion in gross revenue last year. Of that, Apple keeps $3 billion and the rest goes to developers.

Apple の App Store だが、昨年の総売上が $10 Billion に達した。 そのうち、$3 Billion が Apple に残り、その他がデベロッパーたちの取り分となる。

To put that big number in context, we’ve charted out the growth of App Store revenue versus mobile ad revenue, using data from BI Intelligence.

この莫大な金額を把握しやすくするための、BI Intelligence のデータを用いて、App Store における売上とモバイル広告ビジネスを、成長率で比較するグラフを作成した。

The overall mobile ad market is bigger, but not by much — $15 billion versus Apple’s $10 billion in App Sales last year. But if you drill down, the non-search part of the mobile ad market is $7 billion. That’s exactly the same as what Apple is paying out to developers.

全体的なモバイル広告マーケット市場の方が大きいが、それほどの大差ではない。 昨年のデータによると、Apple の $10 Bollion に対して、$15 Billion となる。 そして、モバイル広告の内訳を調べると、検索以外のマートは $7 Billion となる。それは、Apple がデベロッパーたちに支払う金額と、ちょうど同じ規模となる。

This is good for Apple as it wants to keep developers on its platform. It can say that it is paying out $7 billion in sales to developers. Presumably, they can make a decent amount through ads, as well. This keeps them on iOS, despite it having a smaller share of the overall smartphone market than Android.

それは、自社のプラットフォームに開発者をつなぎとめておきたい、Apple にとって素晴らしい展開となる。つまり、その販売額の中から、$7 Billion を開発者たちに支払っているのである。そして、開発者たちは広告を介して、それなりの利益も回収できているはずだ。グローバル・スマートフォン市場において、iOS のシェアは Android より小さいが、こうした金の流れにより、開発者たちをつなぎとめていられるのだ。

ーーーーー

TAG indexApple App Store と モバイル・アドを比較するというのは、とても面白い試みですし、アプリ・デベロッパーの人たちにとっては、大切な指標になりますよね。なんというか、このモバイルの世界、この2つのお金の流れが、エコシステムを機能させるうえで、とても重要になります。 これは、iOS に限ったことではなく、Android にも言えることなので、Google Play も含めたチャートが見れるようになると嬉しいですね! ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Apple App Store の年商が、ついに1兆円に到達した!
Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?
モバイル・デベロッパー 6000人に訊きました ⇒ $5000/月くらいは稼いでいるぜ!
Google Play も 500億 ダウンロードを通過した!
9億の Android に、480億の Google Play : 脅威の I/O 発表
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Apple は App Store から、いくら稼いでいるのか?

Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?

Posted in Data Center Trends, Open Compute, Storage by Agile Cat on January 29, 2014

Facebook has built a prototype system for storing petabytes on Blu-ray
http://wp.me/pwo1E-79F

By Derrick Harris – Jan 28, 2014
http://gigaom.com/2014/01/28/facebook-has-built-a-prototype-system-for-storing-petabytes-on-blu-ray/

_ Giga Om

Summary: During the Open Compute Summit in San Jose, Facebook VP of Engineering Jay Parikh shared some big statistics for the company’s cold storage efforts, including those for a protoytpe Blu-ray system capable of storing a petabyte of data today.

Summary: San Jose で開催中の Open Compute Summit において、Facebook VP of Engineering である Jay Parikh は、同社におけるコールド・ストレージに関する、いくつかの情報を共有したが、そこには、すでにペタバイト・データをストアできる、Blu-ray システムを用いるものが含まれていた。

ーーーーー

At last year’s Open Compute Summit, Facebook VP of Engineering Jay Parikh suggested the company might consider Blu-ray discs as a medium for improving durability and cutting costs for its long-term cold storage efforts. Now, Parikh said Tuesday during a keynote at this year’s event, the company is actually doing it.

昨年の Open Compute Summit でも、Facebook VP of Engineering である Jay Parikh は、Blu-ray ディスクが活用されるかもしれないと発言していたが、このメディアを用いることで、これまでの長期間において取り組んできた、コールド・ストレージの耐久性が向上し、また、コストが低減されることを示唆する内容であった。そして、今年のイベントのキーノートでは、同社が実際に、それを推進していることを発表した。

Facebook has built a prototype Blu-ray system capable of storing 10,000 discs and 1 petabyte of data in a single cabinet, with plans to scale it to 5 petabytes per cabinet. Blu-ray storage would save the company 50 percent in costs and 80 percent in energy usage over its existing hard-disk-based cold storage methods, Parikh said, and will provide 50 years worth of durability for data stored on the discs.

Facebook が開発しているプロトタイプは、10000 枚のディスクをシングル・キャビネットに格納し、1 Peta Byte ストレージを構築する Blu-ray システムのことであり、キャビネットごとの容量を 5 Peta Byte にスケールする計画も進んでいるという。そして、この Blu-ray ストレージは、同社における既存の HDD ベースのコールド・ストレージと比べて、50% のコストを低減し、80% の電力を削減し、また、ディスクに保存されたデータに対して 50年の耐久性を提供するものになると、Parikh は発言している。

That’s not the only tidbits Parikh shared about the company’s cold storage efforts, though. He said that the first site is now in production and storing 30 petabytes of data, but a second will be coming online soon. Within a couple months, Facebook expects to have 150 petabytes of data in cold storage, which is just a fraction of the 3 exabytes each facility is designed to house.

しかし、Parikh が共有したものは、同社のコールド・ストレージに関する、ちょっとしたトピックというものではない。彼が言うには、30 Peta Byte のデータをストアする最初のサイトが、すでにプロダクション・システムとして運用されており、2番目のサイトも近々に運用に入るらしい。そして Facebook は、数ヶ月以内に 150 Peta Byte のデータをコールド・ストレージに取り込む予定だが、その容量については、それぞれのファシリティで設定している、3 Exa Byte の一部に過ぎないとしている。

One other nugget worth noting from the morning as it relates to Facebook’s innovation on the storage front: In order to save money over data center-grade SSDs but still speed up the process, Facebook is now booting web servers using netbook-grade SSDs, hardware executive Matt Corddry said.

また、今日の午前中に Facebook が明らかにした、ストレージのイノベーションに関連する、もう1つの貴重な情報は、データセンター・グレードの SSD に対するコストを削減しても、プロセスの処理速度をスピード・アップできるというものだ。具体的には、ネットブック・グレードの SSD の活用であり、Facebook では、それを用いて Web サーバーをブートしていると、Hardware Executive である Matt Corddry が発言している。

Related research

The fourth quarter of 2012 in cloud January 2013
How direct-access solutions can speed up cloud adoption December 2012
The role of converged infrastructure in the data center December 2012

ーーーーー

TAG indexこういう発想は、プロダクトを売る側では、絶対に生まれてこないものなのでしょうね。文中にもあるように、これまで通りに、HDD をコールド・ストレージに使ってもらえるなら、単純に考えて、売上が2倍になるのですから。。。 しかし、ペタやエクサのレベルで、大量のデータをストアしなければならない、ユーザーのニーズを考えれば、このような方式が優れていることが一目で分かります。そして、さらに素晴らしいのが、電力コストを 80% も削減できるという点です。イイですね! これ! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Linaro が OCP に参加 : Linux on ARM in DC が加速していく!
OCP オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Posted in .Selected, Facebook, Microsoft, Open Compute by Agile Cat on January 28, 2014

Microsoft joins Facebook-founded Open Compute Project, touts its ‘unprecedented’ contributions
http://wp.me/pwo1E-79A

By Kaylene Hong, jan 28, 2014
http://thenextweb.com/microsoft/2014/01/28/microsoft-joins-facebook-founded-open-compute-project-touts-its-unprecedented-contributions/

_TNW

The fifth summit of the Open Compute Project is happening on Tuesday, and Microsoft has revealed that it is the latest member to join the group, a Facebook-founded initiative that sees the company and its partners commit to developing and sharing designs for data center infrastructure.

Open Compute Project5回目のサミットが、この火曜日(1/28)に開催されるが、このグループに参加する、最も新しいメンバーの中に、Microsoft がいることが明らかになってきた。つまり、同社とパートナーたちが、データセンター・インフラストラクチャに関する成果やデザインを、この Facebook が設立/主導するイニシアチブと、共有していくことをコミットするわけだ。

Bill Laing, Microsoft’s corporate vice president for cloud and enterprise, says in a blog post that Microsoft will contribute what it calls its “cloud server specification” to OCP — referring to the designs for server hardware in Microsoft data centers that are being deployed for its largest global cloud services including Windows Azure, Bing, and Office 365.

Microsoft の Corporate VP for Cloud and Enterprise である Bill Laing は、「 Microsoft は、同社における Cloud Server Specification と呼ばれるものを、OCP にコントリビュートする」と、自身のブログ・ポストで述べている。 つまり、それは、Miicrosoft のデータセンターにおける、サーバー・ハードウェアのデザインを指し示すものであり、Windows Azure および、Bing、Office 365 などの、世界でも最大級のクラウド·サービスをディプロイするためのハードウェアが含まれる。

Microsoft says these servers are built to deal with the “enormous availability, scalability and efficiency requirements” of Windows Azure, its cloud platform. It says that compared to traditional enterprise server designs, the data center servers it has built to deliver its cloud services bring “up to 40 percent server cost savings, 15 percent power efficiency gains and 50 percent reduction in deployment and service times.”

Microsoft の発言によると、それらのサーバーは、同社のクラウド·プラットフォームである Windows Azure の、 「 きわめて大規模な環境における可用性/拡張性/効率性の要件」に対応するために構築されたものとなる。そして、従来からのエンタープライズ・サーバーのデザインと比較して、クラウド・サービスのために構築されたデータセンター・サーバー」は、最大で 40% のサーバー・コストの削減をもたらし、15% の電力効率の向上を達成し、さらには、デプロイメントとサービスに費やされる時間を 50% も削減するという。

Laing notes that Microsoft is the only other cloud service provider, other than Facebook, to publicly release its server specifications, and says the depth of information it is sharing with OCP is “unprecedented.”

Laing は Microsoft の取り組みについて、Facebook 以外のクラウド·サービス·プロバイダーとして、サーバーの仕様を公開していく唯一の存在であり、OCP と共有される情報は、「これまでにない、奥行き持つものになる」と指定している。

To show its commitment, Microsoft Open Technologies is also open sourcing the software code it created for the management of hardware operations including server diagnostics, power supply and fan control. The code is available on GitHub from today onwards.

このコミットメントを示すために、Microsoft Open Technologies も、ハードウェア運用におけるマネージメントのために作成された、ソフトウェア·コードをオープン・ソースにしている。それらは、サーバーの診断や、パワー・サプライ、ファン・コントロールを含むものである、今日から GitHub で提供されている。

“The Microsoft cloud server specification for OCP will help drive hardware innovation for cloud computing, which strengthens the Cloud OS vision to give customers a consistent platform for better IT efficiency and economics,” Laing says.

そして Laing は、「 OCP にコントリビュートされる Microsoft のクラウド・サーバー仕様は、クラウド・コンピューティングのためのハードウェア・イノベーションを促進するものになる。それは、顧客に提供される、Cloud OS のビジョンを強化するものとなり、より優れた IT のために、効率性と経済性を考慮した、一貫性のあるプラットフォームを実現していく」と述べている。

Headline image via Eric Piermont/AFP/Getty Images

ーーーーー

TAG indexアメリカ時間の 1月28日に開催される、OCP Summit に参加するため、San Jose に来ています。いまは、夜中の3時ですが、時差で眠れないので、OCP 関連の情報を探していたら、こんなニュースが提供されていました。 昨日には、登録を済ませてきたので、イベントのスケジュールも受け取って入るのですが(クリックで拡大)、詳細は明日にならないと分からないそうです。それにしても、Microsoft も OCP に参加するというのは、とても良いニュースですね。おそらく、9時から始まるキーノートで紹介されるのだと予測していますが、どんな話が出てくるのか、それが楽しみで、ワクワクしています。image

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Linaro が OCP に参加 : Linux on ARM in DC が加速していく!
OCP オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

Posted in .Selected, Advertising, Research, Strategy by Agile Cat on January 28, 2014

Why Traffic Is Digital Marketing’s Foundational Metric
http://wp.me/pwo1E-79u
By Dani Fankhauser – Dec 1, 2013
http://mashable.com/2013/11/30/visit-rate-metrics/

_ Mashable

If you take the retail marketing adage "location, location, location," and translate it to digital, the result would be visit rate, or traffic. In the physical world, it’s possible to pay premium rent to get your product in front of lots of people, but on the web, garnering traffic is a bit more nuanced. The medium requires strategies that are focused on targeted audiences rather than the general public, not because products are narrow, but because methods of measuring efficacy enable marketers to see more success this way.

もし、あなたが、リテール・マーケティングの格言として “Location, Location, Location” を持ち出すなら、そして、さらにデジタルの世界に置き換えるなら、それは Visit Rate となり、Traffic となるだろう。現実の世界において、たくさんの人々の前にプロダクトを並べるために、プレミアムな家賃を支払うことがあり得るが、Web において Traffic を集めることは、もう少し微妙なニュアンスを持つ。このメディアが必要とするストラテジーは、広く一般へ向けてというより、ターゲットを絞った観客にフォーカスする点にある。しかし、その理由は、プロダクトがカバーするレンジが狭いからではなく、この方式の方が、有効性を測定するという意味で、マーケティング担当者を成功へと導きやすいからである。

Visit rate is likely the oldest metric on the Internet, and continues to be highly relevant for every kind of businesses. The most widely used statistic is visits per day, although unique visitors per day is usually seen as more actionable. This rate is often compared month-to-month or year-over-year and is often paired with frequency of visits, return visits or daily return visits.

おそらく、Visit Rate は、インターネットにおける最も古い測定基準であり、また、あらゆる種類の企業にとって、きわめて関連性の強い数値であり続けている。一般的には、1日あたりのユニーク・ビジター数の方が実用的だと見られているが、統計において最も広く使用されているのは、1日あたりのビジター数である。この数値は、月次や年次で比較されることが多いが、その頻度や、再ビジット数、当日の再ビジット数などと、組み合わされることも多い。

Mashable composite.
iStock, mathisworks

"Visit rate is always the ‘basic’ indicator for everything," says Susan McPherson, SVP of CSR at Fenton. "It sets the stage for the deeper, more substantive engagement that is required.”

「 Visit Rate は、すべてにおける、基本的な指標である。そして、必要とされる、より深淵で本質的なエンゲージメントのために、ステージを設定する 」と、Fenton の SVP of CSR である Susan McPherson は述べている。

Because visit rate is a basic temperature-taker for your business’ web presence, you need to keep track of visit rate to determine what’s working and what’s not. Tying traffic spikes and dips to specific events (perhaps a mention on a local TV show, a flash sale or a social media faux pas) help gauge interest in your brand, and can influence your future marketing efforts.

Visit Rate は、あなたのビジネスにおける Web プレゼンスを測定する基本的な体温計である。したがって、機能しているものと、機能していなものを判断するためにも、日々の Visit Rate を追跡する必要がある。具体的に言うなら、トラフィックのピークとディップを結ぶことで、特定の出来事によるブランドへの影響を判断できる(ローカルTV での紹介や、特売、ソーシャル・メディアでの失敗など)。 そして、将来のマーケティング活動にも、影響を与える可能性もあるのだ。

The methods for logging traffic will vary based on your type of business and how you generate revenue, but we’ve outlined some basic strategies below.

ビジネスの種類やマネタイズの方式などに応じて、Traffic を記録する方式は大きく変化するが、すべての基本となるストラテジーを、以下に概説していく:

The Data Points to Count

Daily and monthly traffic, counted as unique visitors or total visits, is easily accessible in any analytics software. From there, you can dig deeper by looking at audience, sources and entrance and exit pages.

Unique Visitor や Total Visit としてカウントされる、日々や月次の Traffic は、各種の分析ソフトウェアから簡単にアクセスできる。そして、そこから、Audience や、SourcesEntrance and Exit Page などを深堀りしていける。

If your product can only be shipped to certain regions, it’s helpful to ensure that your traffic is indeed coming from that area — if significant traffic comes from elsewhere, you might consider making business changes. Your sources of traffic will indicate what social channels, search terms or other referrals to optimize. Entrance and exit pages can help you determine if the layout of your website is doing its job — are people having to navigate to many pages before they find what they’re looking for? Are they bouncing at a high rate? You may want to add additional paths to a certain page on your site if it proves to be popular (or is especially timely, like a holiday special).

あなたのプロダクツが、特定の地域だけに出荷されているなら、それらの Traffic が、対象とする地域から来ているのかどうかを確認できる。もし、大量のトラフィックが別の地域から来ている場合には、ビジネス展開の変更について検討してほしい。Traffic における Source は、最適化すべきソーシャル・チャネルや、サーチ用語、参照元などを示すようになるだろう。また、Entrance and Exit Page は、Web サイトのレイアウトが、上手く機能しているのかどうかを判断するのに役立つ。具体的に言うと、人々は探しているものを見つけるために、数多くのページを移動するかどうかという視点である。また、高い比率で Bouncing されてもイケない。したがって、あなたのサイトに人気のページがあるなら(休日の特売といったタイムリーなものも)、そこへのダイレクトなパスを追加すべきである。

While traffic is an important base metric, it must be built upon — organic traffic alone can’t sustain your business. You need conversion, too.

Traffic は重要かつ基本的な指標であるが、自然に発生する Organic Traffic だけでは、ビジネスの維持が難しいため、何かを積み上げていかなければならない。 つまり、それを変換していくことも必要となるのだ。

"Visit rate is one of the primary indicators that a brand is reaching users online," Jason Squardo, executive vice president of optimization at ZOG Digital, "but it is incorrect to assume it will automatically lead to increased leads and sales."

「 Visit Rate は、ブランドによるオンライン·ユーザーへのリーチという意味で、主要な指標の 1つになるが、それだけで、販売と売上が自動的に増大すると考えるのは、正しいことではない」と、ZOG Digital の Executive VP of Optimization である Jason Squardo は発言している。"

Bucketing traffic by source, demographic and more can help you pinpoint what portion of your traffic is indeed providing value so you can optimize these channels and drive even more value.

Source や人口統計などを用いて、Traffic を汲み上げることで、情報の絞り込みが達成される。つまり、どのようなトラフィックが、現実的な価値をもたらすのかが明らかになり、対象となるチャネルの最適化と、さらなる価値の活用が、促進されていく。

What Traffic Means for Different Kinds of Businesses

How you view traffic depends on your business. Media businesses are a prime example of all traffic being equal — traffic, more or less, equals dollars. Each page view is essentially a piece of inventory.

それぞれのビジネスに応じた、Traffic の見方について説明したい。 メディアを取り扱う企業は、すべてのトラフィックが売上の多寡に直結する、典型的な例である。本質的な意味で、それぞれの Page View は、商品目録の一部となる。

For an ecommerce business, traffic is critical for different reasons — more traffic means a greater potential for conversion.

eコマース・ビジネスにおいては、別の意味でトラフィックが重要となる。つまり、より多くのトラフィックがあれば、価値の変換のための可能性が高くなっていく。

"This is the equivalent to the old retail adage ‘location, location, location’; the more people you have in the store, the more sales you can have," says Jon Gibs, VP of analytics at Huge.

「 それは、昔からリテール業界に伝わる、“Location, Location, Location” という格言と一致する。 つまり、より多くの人々を店内に引き込めれば、より多くの売上に結びつく」と、Huge の VP of Analystics である Jon Gibs は発言している。

But visits to an ecommerce site that do not result in a purchase aren’t to be ignored completely. Perhaps the consumer came to check your hours, find a location or compare prices. If they had a good experience, they might come back to buy at some point in the future (or maybe they bought in your brick-and-mortar store).

しかし、eコマースサイトへの訪問が、必ずしも購入に結びつかないという説も、完全に無視されるべきものではない。おそらく、消費者は、営業時間をチェックし、また、ロケーションを確認し、価格を比較するようになってはいる。そして、それらの印象が良ければ、将来のある時点で、購入のために戻ってくるだろう(さもなければ、あなたのリアルな店舗で購入する)。

If you’re looking to drive return traffic, content marketing is one tactic. "Engaging, fresh and compelling content posted on a regular basis" is essential for driving return visits and developing brand ambassadors, says marketer Rob Longert. The more this content adds value, the more users will come to your site to consume … and they just might convert while they’re there.

もし、Return Traffic を増やしたいと考えているなら、コンテント・マーケティングは 1つの戦術となる。「 求心力と、新鮮さと、魅力を兼ね備えたコンテントを、常にポストし続ける」ことで、本質的なレベルにおいて、再 Visit が促進され、ブランドを託すことが可能になると、マーケティング担当者である Rob Longert は述べている。つまり、より多くのコンテントにより価値が上乗せされ、より多くのユーザーが購入を目的として、あなたのサイトにやってくる。 そして、そこにユーザーたちが居るあいだに、価値の変換が生じていくだろう。

Turning Traffic Into Business

Whatever traffic-related data is most relevant to your business is the traffic to optimize — and most businesses will pick one type of traffic to focus on. It might be referrals from Facebook, or traffic to a "How It Works" page that indicates serious user interest.

どのような Traffic 関連のデータであれ、あなたのビジネスに最も深く関連するのは、その Traffic を最適化していくことである。そして、ほとんどの企業が、フォーカスする Traffic として、1つのものを選択している。おそらく、それは Facebook からの参照であり、ユーザーからの関心度という、大切なものを指し示す、"How It Works” ページへの Traffic になるだろう。

"Visits to a website are great, but not all are created equal. It’s important to target those who are more likely to buy," says Squardo, explaining that a marketer’s goal is to correlate a traffic metric with conversions.

「 Web サイトへの Visit は素晴らしいものであるが、すべてが同じように生じているわけではない。 プロダクトを購入しそうな人々を、ターゲットにすることが重要だ 」と、Squardo は言う。 そして、Traffic における指標と変換を、強く関連付けるところに、マーケティング担当者のゴールがあると、説明している。

For a media business and an ecommerce business alike, the cost of acquisition will be higher than the cost of bringing back repeat visitors, since there’s no previously demonstrated interest in the company.

メディア・ビジネスにとって、また、eコマース・ビジネスにとっても、企業買収のコストは、Visitor をリピートさせる場合よりも高くつく。 なぜなら、購入の対象となる資産への、従来からのユーザーの関心事が、買収する側の企業に対して、証明されないからである。

"Levels of return visitation can be more important than the actual number of raw visitors," says Gibs. "If you assume there is a cost to acquire any given customer, having a high level of return visitation allows you to amortize your acquisition cost across multiple visits, or more specifically, the revenue that any given user drives."

「 リターン Visitor のレベルは、実際の Visitor 数よりも、重要なものになり得る。なんらかの形で、その顧客ごと、企業を買収するためのコストが必要だと仮定すると、高いレベルのリターン Visitor が維持されているなら、これからの Visit 数で取得コストを割り算することが可能となり、償却への道筋が見えてくる。具体的に言うなら、新たに加わるユーザーが促進する、売上増を織り込むことが可能なるのだ」と、Gibs は述べている。

ーーーーー

TAG indexこんな、Agile_Cat のようなブログでも、やはり PV が気になります。 ただ、その量が仕事に直結するわけではありませんので、たかがトラフィック、されどトラフィックといいう程度の、ノンビリした気分でいられます。しかし、これがショッピング・サイトだとしたら、そうもいきませんよね。リピーターを大切にしながら、新規のビジターも確保しなければなりません。 でも、その点に関しては Agile_Cat も同じでして、これからも頑張っていきますので、よろしく、お願いしま〜す。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

2013年 : Agile_Cat の 総マトメ Top-10
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
API により拡大する、サービスの可能性 と 新たなリスクとは?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
CIA の Prism と Big Data : 作り方を 見積つきで 教えましょう

 

Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される - Gartner

Posted in Businesses, On Monday by Agile Cat on January 27, 2014

Cloud Computing: Consolidation to Wipe Away a Quarter of Existing Top 100 Vendors
http://wp.me/pwo1E-79q
By Dick Weisinger – January 22nd, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-consolidation-to-wipe-away-a-quarter-of-existing-top-100-vendors/

_ formtek

Gartner is predicting a major reconsolidation of cloud vendors, so much so that by 2015 25 percent of today’s top 100 IT cloud service vendors will be gone.  That presents a certain amount of risks to the buyers of these services.

Gartner の予測によると、クラウド・ベンダー間での大規模な再総合が進むことで、現在の Top-100 に名前を連ねる IT クラウド·サービス·ベンダーの 25% が、2015年までには消え去っていくという。 そして、それらのサービスの購入者にとって、ある程度のリスクが生じるとしている。

Of attendees at the recent Gartner Data Center Conference, 50 percent said that adoption of cloud-based solutions presents a great deal of risk, 33 percent said that it was ‘somewhat’ risky, while just 12 percent thought that there was little risk.  But, despite the risk, 80 percent of organizations were already using cloud-based services at the end of 2013.

先日の Gartner Data Center Conference に参加した者のうち、クラウド・ベースのソリューション導入について、多くのリスクが存在すると述べたのは、全体の 50% にのぼっている。 また、そこそこのリスクを述べたのは 33% であり、わずかと述べたのは 12% に過ぎなかった。しかし、それらのリスクにもかかわらず、すでに 80% の企業が、2013年の終わりの時点で、クラウド・ベースのサービスを使用していた。

William Maurer, Gartner analyst, said that ”there is a real risk with these vendors,  but acquisition will be the main exit. You need to make to make sure that your service providers are successful. Give them a chance to make a reasonable return on their investments, give them a chance to make some money. Don’t take all the money off the table, because if you do, you are not going to have a lot of them around.”

Gartner のアナリストである William Maurer は、「それらのベンダーには、現実的なレベルでのリスクがあるが、企業買収が主たる解決策となる。したがって、利用しているサービス·プロバイダーが、成功していることを確認する必要がある。それらのプロバイダーに、投資に対するリーズナブルなリターンを、つまり、いくらかのキャッシュを得るチャンスがあることを前提とすべきだ。したがって、買収が行われても、すべての取引を停止してはいけない。 それを行うと、そのプロバイダーから得られるものを失ってしまう」 と発言している。

Michael Salvador, solutions manager at Belden, told Computerworld that ”we’re in the phase of buyer beware with cloud.  You better do your research — there’s no safety net out there.”

Belden の Solution Manager である Michael Salvador は、「 私たちは、クラウドの買い手が気をつけるべき局面にいる。セーフティ・ネットは存在しないのだから、しっかりと調査すべきである 」と、Computerworld に対して述べている。

ーーーーー

クラウドというものを、その検定で支えているが規模の経済であるのなら、再編と再統合が際限なく続いていくでしょうし、それが当たり前の展開とも思えてきます。 それにしても、この Gartner の予測によると、2年間で 1/4 のプロバイダーが、しかも Top-100 入りしているプロバイダーが、より大きな企業に飲み込まれていくわけですから、これまでの IT 業界とは異なる、常識のレベルで物事が進んでいくのでしょうね。調べて、考えて、判断するという、プロセスにおけるスピードが重視されますね。__AC Stamp 2 @ Bay Area

ーーーーー

<関連>

Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか? アナリストたちの推測値を並べてみた!

Posted in Apple, Businesses, Mobile, Research by Agile Cat on January 26, 2014

How many iPhones did Apple sell last quarter?
http://wp.me/pwo1E-79d
By Philip Elmer-DeWitt – January 19, 2014
http://tech.fortune.cnn.com/2014/01/19/apple-iphone-q1-2014/

The analysts’ estimates range from 50 million to nearly 60 million. Average: 55.3 million.

_cnnmoney_mainnav

FORTUNE — There’s a lot chatter in the tech press right now about iPhone sales to China Mobile (CHL), Apple’s (AAPL) newest and biggest partner.

FORTUNE — Apple (AAPL)にとって、最も新しく、また、最大のパートナーである  China Mobile (CHL) が、いったい、どれだけの iPhone を販売したのかという、いまのテック・プレスを賑わすたくさんの会話がある。

Source: Analysts notes.
Click to enlarge.

But when the company reports its earnings a week from Monday, the iPhone result traders will be keyed in on is how many units Apple sold in the quarter before the China Mobile deal.

しかし、Apple が来週に予定している収支報告が行われると、China Mobile との契約が締結される以前の 2013年 Q4  に、どれだけ販売されたのかという点に、それらの iPhone 追跡者たちは釘付けにされるだろう。

With a crop of new phones, a year’s pent-up demand, plenty of supply, more Apple stores and lots of holiday shoppers, there’s no reason Apple shouldn’t turn in another record quarter of iPhone sales — Android and Samsung be damned.

新しいデバイスによる収穫と、年間における累積の需要/供給、そして、休日の Apple Store に群がる大勢の買物客たちという要因があるなら、Apple にとって、次の四半期まで iPhone 販売の新記録を待たせるという理由はない。そして、Android と Samsung にとっては、残念な結果となってしまった。

The consensus estimate among the 44 analysts we’ve heard from so far — 27 professionals and 17 amateurs — is unit sales of 55.3 million iPhones, up 16% from the same quarter last year.

27人のプロと、17人のアマチュアで構成される、44人のアナリストたちが共有する予測値は、昨年同期に対して 16%増の、5530万という iPhone の販売台数になると、私たちは聞いている。

This time, the pros and the amateurs are not that far apart.

今回は、プロとアマチュアの間に、それ程の乖離が見られない。

The average among the more bullish indies is 57.1 million iPhones; the pros are at 54.1 million. The gap between the highest individual estimate and lowest is 9.7 million. A year ago, the gap between high and low was almost 20 million.

もっとも強気なインディーズたちの平均は、57.1 Million で、プロたちの平均は 54.1 Million となり、その中の最高値と最低値のギャップは 970万となる。 昨年のケースでは、この値が 2000万もあったのだ。

We’ll find out who was closest to the mark when Apple reports its fiscal Q1 2014 earnings after the markets close on Monday, Jan 27.

1月27日(月曜日)にクローズする、Apple としての 2014年 Q1 収支報告を目にするとき、最も近い推測値を出しているのが誰なのか、それが分かるだろう。

Below: The individual analyst’s estimates — pros in blue, indies in green. Thanks as always to Posts at Eventide‘s Robert Paul Leitao for pulling together the Braeburn Group numbers.

このリストが、それぞれのアナリストたちの推測値を示している。Blue がプロであり、Green がインディーズたちである。Braeburn Group からの推測値を、このようなリストにマトメてくれた、 Posts at Eventide の Robert Paul Leitao にお礼を言いたい。

ーーーーー

TAG indexアマチュアのアナリストという人たちがいて、また、インディーズとカテゴライズされているのが、とても面白いですね。 そして、こういうアマチュアの中で、これはと思える推測値を出す人が、プロのアナリストとして、認められていくのでしょうか?  そして、文中にもあるように、ちょうど今週に、Apple の収支報告が行われるようです。たしか、Apple は、10月が会計年度の始まりなので、2014 Q1 が 2013 Q4 にあたります。クリスマス商戦の結果は、いったい、どのような結果になっているのでしょうか? とても、楽しみですね!image

ーーーーー

<関連>

Mobile の調査 : 2013年は 10億台超の スマホが販売され、前年比で 40% 増となる!
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
iPhone 5S/5C の週末 : ワールドワイドで 900万台を販売
iPhone 5S/5C の最初の週末 : 600~800万台の販売が予測されている
2011年 Q4 のアメリカ市場では、1000万台を超える iPhone が販売されたらしい

 

Samsung の売れ筋を分析すれば、ファブレットの難しさが見えてくる

Posted in Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on January 25, 2014

CHART OF THE DAY: The Most Popular Samsung Smartphones
http://wp.me/pwo1E-794
Jay Yarow – Jan. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-the-most-popular-samsung-smartphones-2014-1

_ Business Insider

Here, via ad network Chitika, are the most popular Samsung phones in North America.

以下に示すのは、広告ネットワークである Chitika を介して分析された、北米での Samsung スマホに関する人気の順位である。

Business Insider

The SIII, which is two years old is the most popular. The S4, which came out last year is the second most popular. Interestingly, its phablets aren’t all that popular here in the U.S. Only 13% of web traffic from Samsung phones comes from the Galaxy Note I, II, or III.

S3は 2年前のモデルであるが、いまだに最も人気がある。去年に登場してきた S4 は、二番手である。興味深いことに、ここ北米では、同社のファブレット全体が、それほど普及していない。 Samsung スマホからの Web トラフィックのうち、Galaxy Note I/II/III が発しているものは、僅か 13% に過ぎない。

The lack of phablet traction in the U.S. is interesting. People here were dismissive of phablets when they first hit the market. It looks like they’re still not popular here. It seems they’re more of a global phenomenon where smartphones are serving as tablets, PCs, and phones, more so than here where those are three different devices.

アメリカにおいて、ファブレットの普及が進んでいないことは、とても興味深い現象である。ファブレットが市場に出始めた時、人々は否定的だった。 そして、依然として、普及が進んでいないように見える。しかし、Tablet/PC/Phone という 3種類のデバイスが成り立っている北米の状況と比べて、それらすべてをスマホが肩代わりするというグローバル市場を見ると、より多くのファブレットが利用されているように思える。

ーーーーー

TAG indexたしか、Galaxy Note は通話もできるはずなので、ここではタブレットではなく、ファブレットとして分類されているのでしょう。こういうデバイスを、上着やズボンのポケットに入れて持ち運びたい男性にとって、5-inch は大きすぎると感じてしまいますが、ハンドバッグを常用する女性にとっては、あまり関係のないことなのでしょう。というわけで、女性優位の消費社会において、どこまでスマホは大きくなるのかと、とくに男性は気になってしまうわけで、この調査結果に胸をなでおろしている方も多いはずだと思います。しかし、忘れてはならないのが、文中でも指摘されている途上国マーケットの動向です。やはり、スマホは大きくなってしまうのでしょうかね? とても心配です。image

ーーーーー

<関連>

女 が スマホ を愛するとき : インフォグラフィックス
英国におけるタブレット所有は、その半分以上が女性により占められている
スマホ で Facebook : その使い方を、1枚のチャートで分析する
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
BlackBerry 10 対 Galaxy Note II : Youtube 10分間 1本勝負!
Galaxy S3 が iPhone 4S を抑えて No.1 に – 2012年 Q3

Facebook を PC から使うアナタは、すでに超少数派:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on January 24, 2014

Facebook Usage By Platform
http://wp.me/pwo1E-78Y

Jay Yarow – Jan. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-usage-by-platform-2014-1

_ Business Insider

Analyst Benedict Evans tweeted this chart about the most popular platforms for Facebook users. His take away: Look at how few Facebook users are "never" mobile.

アナリストである Benedict Evans が、Facebook ユーザーにとって、最も一般的なプラットフォームについて、以下のチャートをツイートした。彼の視点は、モバイルではない Facebook ユーザーが、いかに少ないかに注目せよというものだ。

_  space

Business Insider

ーーーーー

TAG index自宅の Mac に、ほぼ、張り付きっぱなしの Agile_Cat は、世界における 8% を構成する、超少数派の1人だったというわけですね。 Feature Phone が 27% もいるので、調査の対象はワールドワードのはずだと思います。 Facebook の場合は、中国ではシャットアウトされていて、インドもこれからだと思うので、やはり東南アジアや南アメリカが多いのでしょうね。そして、当然の事とはいえ、あらためて見せつけられるのは、Android の強さです。image

ーーーーー

<関連>

Facebook for Android ネイティブが来たよぉ~~~ iOS 版もアップデート!
Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS
スマホ で Facebook : その使い方を、1枚のチャートで分析する
Facebook Messenger for Android に ステッカー機能 がついたよ!
Facebook がトップの国々:世界 137カ国中 127カ国を数える
Amazon と Facebook は、無意識のうちに Android エバンジェリストになってる!
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
Line のユーザー数が、ワールド・ワイドで1億6千万人を超えた – from Indonesia
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!

%d bloggers like this: